[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2006年 大問一 本文対訳

本文
■第1段落
1:1 As soon as infants can crawl, they begin to explore their environments.
1:1赤ん坊は、ハイハイができるようになるとすぐに、自分の周囲を探索し始める。
1:2 These explorations are usually limited to relatively circumscribed areas, such as a single room or adjacent rooms.
1:2 このような探索は、通常、1つの部屋ないしは隣接する部屋といった、比較的限定された区域に限られる。
1:3 In these settings, finding the way to a particular location is not complicated because the destination can usually be seen from the outset.
1:3 このような状況では、ある特定の場所までたどりつくことは、目的地が通常初めから見えているので複雑な行程ではない。
1:4 Within a few years, however, children begin to explore much larger realms.
1:4 しかし、数年以内に子供はそれよりはるかに広い範囲を探索し始める。
1:5 They may move freely within an entire house or apartment building and in the surrounding environments.
1:5家やアパート全体の中、そして周囲の環境の中を自由に移動する。
1:6 Now way-finding skills become essential because the child’s destination often cannot be seen from the start.
1:6 その際は、その子にとっての目的地が最初から見えないことが多いため、方向を定める技術が必要になってくる。
1:7 When a 3­year-old playing outdoors realizes that she’s hungry, the kitchen may not be in sight.
1:7外で遊んでいる3歳児が、自分が空腹であることに気づいても、台所は視界にはないかもしれない。
1:8 To get there, she must know a route that will lead her indoors and [1](1. for 2. into 3. around) the kitchen.
1:8台所へ行くためには、家の中へ、そして台所へと続く道筋を知っていなければならない。
1:9 Learning to find ones way in an environment involves three related skills.
1:9 ある環境において、ある場所へたどりつけるようになるには、3つの関連した技術が必要とされる。
1:10 First, children must identify landmarks, distinctive locations in an environment.
1:10 まず、子供は、目印となる所、つまりある環境において他との区別を示す場所を特定しなければならない。
1:11 Second, a child uses landmarks to form routes, sequences of action that lead from one landmark to another.
1:11 2番目に、子供は、目印を利用して道筋を、つまりある目印から別の目印へと続く行動の連続を形成する。
1:12 Third, landmarks and routes are formed into clusters, or configurations.
1:12 3番目に、目印と道筋が束ねられたもの、あるいは配列されたものへと形作られる。
1:13 These ultimately form a cognitive map – a unified mental configuration of an environment that [2] (1. integrates 2. constructs 3. scatters) many landmarks and routes.
1:13 これらが最終的に認知地図―つまり多数の目印や道筋を統合する、ある環境についてのひとまとまりの配列―を頭脳中に形成するのである。
■第2段落
2:1 Landmarks are salient objects or points of decision in the environment that are noticed and remembered and [3] (1. in 2. around 3. for) which the child’s actions and decisions are coordinated.
2:1目印(ランドマーク)とは、環境の中で方向を決定するための目立った物や決定点のことであり、認知されて記憶され、その周囲で子供の行動や決定が調和して働く。
2:2 For children, landmarks might be a candy store, a playground, and a school crossing.
2:2子供にとって、目印とは菓子屋や運動場や通学路の横断歩道かもしれない。
2:3 Children move and travel to and from these landmarks, and they are used to maintain ones course during travel.
2:3子供はこれらの目印を行ったり来たりして移動し、それらは移動中の経路を維持するために利用される。
2:4 Learning about landmarks begins very early in life.
2:4目印について学習することは人生の非常に早い時期から始まる。
2:5 Before children can walk, they move through environments in parents’ arms, in strollers, and in automobiles.
2:5歩けるようになる前から、子供は、親に抱かれたりベビーカーや自動車に乗せられたりしてさまざまな環境の中を通る。
2:6 Even when they are [4](1. stuck 2. away 3. Still), infants see people and objects move in their environments.
2:6自分が静止しているときでも、乳幼児は環境の中で人や物が動くのを目にする。
2:7 According to Piaget, a child first thinks of the position of an object in space exclusively in [5] (1. terms 2. spite 3. case) of the objects position relative to the child’s own body what Piaget called an egocentric frame of reference.
2:7 ピアジェによると、子供は最初、空間の中のある物体の位置を、その物体と自分の体との相対的な位置関係という観点からのみ考えるということだが、これはピアジェの言うところの自己中心的視点である。
2:8 Only later do children acquire an objective frame of reference in which an objects location is thought of relative to the positions of other objects in space.
2:8後になってようやく、子供は、物体の位置を空間中の他の物体の位置と相対的に比較して考える客観的視点を習得する。
2:9 Not all elements in an environment are equally [6](1. suited 2. bound 3. Combined) to be landmarks.
2:9環境におけるすべての要素が等しく目印に適しているわけではない。
2:10 An essential skill in way­finding is to identify distinctive landmarks that will be recognized when one travels the route again.
2:10方向を定める際に必要不可欠な技術は、同じ道筋をもう一度通ったときに認識されるような、他との区別を示す目印を特定することなのである。
■第3段落
3:1 Landmarks are essential to way­finding in large environments, but [7] (1. alone 2. relatively 3. primarily) they are not sufficient for travel.
3:1目印は大きな環境の中で方向を定める際に不可欠であるが、それだけでは移動するのに十分ではない。
3:2 Instead, landmarks must be linked in a particular Sequence, forming a route in which the last landmark is the destination.
3:2 それよりも、目印は特定の順序でつながれ、最後の目印が目的地となる道筋を形成しなければならない。
3:3 If the sequence of landmarks does not [8](1. refer 2. come 3. conform) to our expectations, we quickly have the feeling of “being lost.”
3:3 その目印の順序が我々の予想と一致しなかった場合、我々はすぐさま「道に迷った」という感覚を持つ。
3:4 Routes can thus be considered a kind of spatial “glue” that links environmental landmarks.
3:4 このように、道筋は環境の中の目印を結びつける一種の空間的「接着剤」と考えられる。
3:5 The ability to learn routes improves consistently throughout the preschool years.
3:5道筋を覚える能力は就学前の期間を通してずっと安定的に向上する。
3:6 Hazen, Luckman, and Pick found that year-olds needed 50 percent more [9](1. doses 2. trials 3. ways) than 5­yea-rolds to learn a route through four rooms.
3:6 ヘイズン、ロックマン、そしてピックは、4つの部屋を通る道筋を覚えるのに、3歳児は5歳児よりも50パーセント多くの試行を必要とすることを発見した。
3:7 By school age, children have acquired considerable skill in route learning.
3:7学童期までに子供は道筋を覚える技術をかなり習得する。
3:8 In one study, subjects saw a sequence of photographs [10](1. depicting 2. to depict 3. having depicted) a walk through hallways.
ある研究で、被験者は廊下を歩いて通って行く道のりを写した一連の写真を見せられた。
3:9 Each photograph contained an intersecting hallway, and the subject’s task was to learn the sequence of left and right turns that would lead to the end of the corridor.
3:9それぞれの写真には交差する廊下が写っており、被験者に与えられた課題は廊下の端まで行き着くための左折や右折の順序を覚えることであった。
3:10 Seven-year-olds and adults learned this sequence at approximately the same rate.
3:10 7歳児と大人はこの順序をおおむね同じ割合で覚えた。
3:11 In addition, school age children and adolescents are very good at arranging photographs of landmarks in [11](1. the order 2. the method 3. the distance) in which they were encountered along a route.
3:11加えて、学童期の子供と青年期の若者は、目印の写った写真を、道筋にそって出くわした順番通りに並べるのがとても上手だった。
■第4段落
4:1 Although children can readily learn the sequences in which landmarks appear, they are less skilled than adults in estimating the distances between landmarks.
4:1子供は目印が現れる順序をたやすく覚えることができるが、目印と目印の間の距離を見積もる技術は大人よりも低い。
4:2 Judging distance is important because it allows people to estimate the time needed to travel between two points.
4:2距離を判断することが重要なのは、それによって2点間を移動するために要する時聞を見積もることができるからである。
4:3 This, in turn, allows a traveler to estimate when a landmark should appear along a journey;
4:3 その結果、移動者は行程中に目印がいつ現れるかを概算することができる。
4:4 we feel lost when a landmark that is [12](1. constructed 2. expected 3. ranked) after a certain distance fails to appear.
4:4 そして一定の距離を進んだ、後に予想される目印が現れないとき、我々は「道に迷った」と感じる。
4:5 A number of factors influence the accuracy with which people judge distances.
4:5 いくつかの要因は、人が距離を判断する際の正確さに影響を与える。
4:6 For instance, when a barrier separates two landmarks so that one is not visible from the other, children and adults usually overestimate the distance between them.
4:6例えば、ある障害物が2つの目印を隔て、片方からもう一方が見えないようになっている場合、子供も大人もたいていそれらの間の距離を過大に見積もってしまう。
■第5段落
5:1 When adults first encounter a novel environment, they often use maps to guide them.
5:1大人は新しい環境に出くわしたとき、案内のための地図をしばしば使う。
5:2 Children, too, can learn about environments from maps.
5:2子供もまた、地図から環境を学習することができる。
5:3 In one study, ­ and ­year-olds were asked to learn a specific route that [13](1. generated 2. differentiated 3. connected) six landmarks.
5:3 ある研究で、4歳児と5歳児が6カ所の目印を結びつけたある特定の道筋を覚えるように言われた。
5:4 Children who had memorized a map beforehand learned the route more rapidly than children who had not seen the map.
5:4事前に地図を記憶していた子供は、地図を見ていなかった子供よりも早くその道筋を覚えた。
5:5 Giving a map to children may help them to form their own cognitive maps of the environment.
5:5子供に地図を与えることは、自分自身の環境の認知地図を形成する手助けとなることがある。
■第6段落
6:1 Learning 10 to 100 or 1,000 different routes through an environment is not effective.
6:1 ある環境の中を通る、10から100ないし1,000通りの異なる道筋を覚えることは効果的ではない。
6:2 A cognitive map is the mental structure by which humans apparently store the way­finding information about an environment.
6:2認知地図とは、人聞がある環境について方向を定める際に情報を蓄積すると思われる知的な構造である。
6:3 It might seem that an easy way to examine children’s cognitive maps would be to ask them to draw maps of familiar environments.
6:3見慣れた環境の地図を書いてもらうことが、子供の認知地図を検査する簡単な方法の1つのように思えるかもしれない。
6:4 Actually, this method is not satisfactory because children know much more about their environments than they can draw accurately.
6:4 しかし実際はこの方法は十分ではない。なぜなら子供は、自分の環境については正確に描くよりももっと多くのことを知っているからである。
6:5 Investigators have used a number of ingenious approaches to [14](1. probe 2. create 3. use) configurational knowledge.
6:5研究者らは配列の知識を調べるのにいくつかの独創的な方法を用いてきた。
6:6 Consider the two routes shown in the “Neighborhood Map” below.
6:6 下の「近隣の地図」に示された2つの道筋を考えてみよう。
6:7 A child’s knowledge of that neighborhood would be called configurational when, [15](1. because 2. regardless 3. out) of his or her specific position within the environment, the child would know the relative location of all four houses.
6:7子供が持つその地域の知識がうまく配列されていると呼べるのは、子供がその環境内の特定の位置に関係なく4つの家すべての相対的位置がわかったときである。
6:8 If, for example, a child is walking east past the bank, his or her knowledge is configurational if the child knows that (1) house D is straight ahead; (2) house C is directly behind ; (3) house B is ahead, off to the left ; and (4) house A is behind, off to the left.
6:8例えば、子供が銀行の前を東向きに歩いているとき、(1)家Dが前方のまっすぐ行った所にあること、(2)家Cが真後ろの方向であること、(3)家Bが前方の左側にあること、(4)家Aが後方の左側にあることがわかっていれば、その子供の知識はうまく配列されていることになる。
■第7段落
7:1 When people’s knowledge of their environment is assessed in this manner, accuracy is seen to improve gradually throughout childhood.
7:1自分の環境について人が持つ知識はこのような方法で測られるが、幼少時代を通してずっと、正確さが徐々に向上していく様子が見られる。
7:2 In several studies, subjects have been [16](1. made 2. given 3. taken) to various locations in an environment and asked to try to point toward other landmarks.
7:2 いくつかの研究で、被験者達はある環境の中のさまざまな場所に連れて行かれ、他の目印の方を指差すように言われた。
7:3 By 7 years of age, children’s estimates of the direction toward a landmark that is out of sight indicate that they are aware of the general locations of landmarks.
7:3 7歳の年齢までは、視界にない目印の方向を子供が推測してみると、目印のだいたいの方向がわかっていることが示されている。
7:4 Anosmia and Young found an average error of 27 degrees for 7­year-olds.
7:4 アヌーシャンとヤングは、7歳の子供に関しては平均27度の誤りがあることを発見した。
7:5 This is less accurate than the estimates of 10­ and 13­yearolds ―17 and 14 degrees, [17] (1. respectively 2. independently 3. differently) ― and it is certainly not the sort of precision that would allow one to navigate accurately from Vancouver to Honolulu.
7:5 これは10歳と13歳の子供による推測の場合―それぞれ17度と14度―よりも正確さは低く、バンクーバーからホノルルまでを正確に航行できるような種類の正確さでは決してない。
7:6 However, for 7­year-olds’ needs for traveling within a neighborhood, this degree of precision is more than [18] (1. approximate 2. clear 3. adequate).
7:6 しかし、近隣地域の中を移動するのに7歳の子供が必要とするものとしては、この程度の正確さで十二分である。
7:7 Further, knowing the direction of a landmark is only one part of configurational knowledge.
7:7 さらに、ある目印の方向を知っていることは配列の知識の一部にすぎない。
7:8 Children must also know the approximate distance of that landmark.
7:8子供はその目印のだいだいの距離も知っていなければならない。
7:9 Children could well know that a landmark is in a particular direction but at the same time have a relatively [19] (1. poor 2. fine 3. realistic) idea of how far to travel in that direction.
7:9子供はある目印がある特定の方向であることは十分理解しうるけれども、その一方で、その方向へどれくらいの距離を進むべきかについては比較的わかっていない。
7:10 Children estimate distances between landmarks along familiar routes more accurately than distances between landmarks that are not connected by routes.
7:10子供は見慣れた道筋にある目印の聞の距離の方が、道筋によって結ばれていない目印の聞の距離よりも正確に見積もることができる。
7:11 But estimates of these latter distances become increasingly accurate [20](1. with 2. on 3. of) age.
7:11 しかしこの後者の方の距離の見積もりは、年齢と共に正確さが増していく。

copyright 2016/Everyday school