[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2007年 大問一 内容一致問題

内容一致問題
■第2段落
2:1 During the 19th century, however, education by postal correspondence was
established in some areas of England, Germany, the U.S., and Sweden.
2:1 しかし19世紀には、イングランド、ドイツ、アメリカスウェーデンのいく
つかの地域で、郵便を使った通信教育が確立された。
2:2 In the 20th century, additional forms of distance education that made use of
radio and television emerged.
2:2 20世紀にはさらにラジオやテレビを利用した遠隔教育の形態が現れた。
2:3 Virtual schooling, another [1](1. ancestor of 2. type of 3. alternative to)
distance learning that uses online computers to provide some or all of a
student’s education, first appeared in the closing years of the 20century.
2:3 バーチャル教育、つまり生徒の教育の一部またはすべてを供給するために
インターネットに接続されたコンピューターを利用する、遠隔学習のもう一つ
の形が20世紀も終わりを告げるころに初めて現れた。

[21]The world’s first virtual schools
1. can be traced to Aristotle’s time.
2. taught by means of correspondence more than a century ago.
3. do not exist anymore.
4. came into existence just a few years ago.

・解答 [21]―4
世界初のバーチャル教育機関は
1. アリストテレスの時代までさかのぼることができる。
2. 1世紀以上前の文書を使って教育を行った。
3. もはや存在しない。
4. ほんの数年前に誕生した。
>[21]2:3(Virtual schooling、another…)に、バーチャル=スクールは「20
世紀も終わりを告げるころに初めて現れた(first appeared in the closing years
of the 20th century)」とあるので、4の「ほんの数年前に誕生した。」が正解。

[22]Which of the following best describes the authors feeling about the
future of virtual schooling?
1. Optimistic.
2. Pessimistic.
3. Indifferent
4. Intolerant.

・解答 [22]―1
次のうち、バーチャル教育の将来について筆者が感じていることを最も適切に
述べたものはどれか。
1. 楽観的
2. 悲観的
3. 無関心
4. 受け入れられない
>[22]12:2で「熱い議論が交わされるだろう」とした上で、12:3では「望
まれるのは、こういった意見交換の結果が、現代社会における教育の手段と目
的を新たに考え直すことにつながるということである」と述べていることから
1の「楽観的」と判断できる。2の「悲観的な」、3の「無関心で」、4の「受
け入れられない」はいずれも否定的な意味で、当てはまらない。

■第5段落
5:1 Perhaps the most serious concern about virtual schools is whether they can
teach students to work cooperatively, and to [4](1. acquire 2. interrupt 3. reject)
the humanistic and egalitarian values that are the foundations of democratic
society.
5:1 バーチャル=スクールに関する最も深刻な懸念は、おそらく協力して物事
に取り組んだり、民主的社会の基礎である人道的・平等主義的価値観を獲得す
ることを生徒に教えられるかどうかであろう。
5:2 Many who oppose on demand virtual schools claim that, because such
schools do not [5](1. prevent 2. provide 3. propose) live interaction, they are
destined to diminish civic engagement and deepen the social isolation that can
be seen among so many of today’s young people.
5:2 オンデマンド方式のバーチャル=スクールに反対する人の多くは、そのよ
うな学校では生きたやりとりができないため、市民としての参加が減少し、今
日の非常に多くの若者の間に見られるような社会的孤立を深めてしまうと主張
している。
■第7段落
7:1 Defenders of conventional schooling make parallel arguments, claiming that
children need the physical and emotional peer connections that they experience
in classroom activities, school assemblies, club meetings, and the like in order
to develop the social skills they will need to [9]( 1 .participate in 2. borrow from
3. retreat from) democratic society.
7:1従来の学校教育の擁護者も類似した主張をしており、民主的社会に参加す
るのに必要な社交技術を発達させるためには、子供は教室での活動、学校の集
会、クラブでの集会などにおいて経験する、仲間との物理的・情緒的つながり
が必要なのだと説いている。
7:2 On the other hand, some argue that virtual schooling can actually promote
civic participation because it provides a [10](1.measurement 2. mechanism 3.
messenger) by which thoughtful communication can take place among a nearly
limitless range of students.
7:2一方、バーチャル教育は無限に近い範囲の生徒問で、思慮に富んだコミュ
ニケーションが行われるメカニズムを提供するため、市民参加を実際に促進し
うると主張する者もいる。

■第8段落
8:1 This point, however, is called into question by the fact of socioeconomic
inequality.
8:1 しかしこの論点は社会経済的な不平等という事実からは問題視されている。
8:2 Technology mediated education may, at least in the short term, prevent
people at the lower end of the income scale from participating in online
education.
8:2科学技術が媒体となる教育では、少なくとも短期的には、収入面で最下層
の人々がオンライン教育に参加することができないかもしれない。

8:3 Indeed, students whose families can afford Internet access and the required
hardware and software currently [11](1. regulate 2. reduce 3. constitute) the
majority of those participating in virtual schooling.
8:3確かに、現在バーチャル教育に参加している者の大多数を構成しているの
はインターネットによるアクセスやそれに必要なハードウェアとソフトウェア
が金銭的にまかなえる家庭の生徒である。
8:4 However, as computers and Internet access become less expensive, they
will come within reach even of disadvantaged groups.
8:4 しかしコンピューターやインターネットのアクセスにかかる費用が安くな
るにつれ、不利な境遇の人々でも手が届くようになるであろう。
8:5 At that point, debate will likely focus on the overall quality of the online
educational experience rather than on [12](1. access 2. excess 3. success)
itself.
8:5 その時点で、論点はおそらく、アクセスそのものよりもオンライン教育の
経験の全体的な質へと焦点が向けられることになるだろう。
8:6 Therefore, it will probably become necessary to demonstrate to potential
users that high-quality education is being provided.
8:6 したがって、質の高い教育が供給されていることを、利用者となる可能性
のある人々に説明することがおそらく必要になるだろう。
8:7 One way this can be accomplished is by establishing standards for teacher
certification and course content with which virtual schools must [13](1.comply 2.
contend 3. contract).
8:7 このことを達成する方法の一つはバーチャル=スクールが従うべき教員免
許付与や課程内容の基準を確立することである。
[23] Which of the following does the author not mention in relation to virtual
schooling?
1. Social isolation.
2. Increasing dropout rates.
3. Inequality of opportunity.
4. Civic disengagement.
次のうち、バーチャル教育に関連して筆者が述べていないものはどれか。
1. 社会的孤立
2. 増加しつつある中退率
3. 機会の不平等
4. Civic束縛からの解放

・解答 [23]―2
>[23]「次のうち、バーチャル教育に関連して筆者が述べていないものはど
れか」という質問に答える。2の「増加しつつある中退率」は本文に記述がな
い。
1の「社会的孤立」は第5段最終文(Many who oppose…)に記述がある。3
の「機会の不平等」については、8:1 (This point, however…)で「社会経済的
な不平等(socioeconomic inequality)」に言及した後、8:2「収入面で最下層の
人々がオンライン教育に参加することを妨げる(prevent people at the lower
end of the income scale from participating in online education)」と説明してい
る。4 のdisengagement は「(束縛からの) 解放、自由」で、civic
disengagement とは「市民としての束縛から解放される」ということ。
7:2(On the other hand,…)でバーチャル教育が「人々の参加を促進する
(promote civic participation)」とある。

■第9段落
9:1 Another point in favor of virtual schooling can be seen in the positive effects
of on demand discussions.
9:1 バーチャル教育を支持するもう一つの点はオンデマンド式討論のプラス効
果の中に見ることができる。
9:2 In most conventional school classes, discussions tend to be dominated by
the few, most [14] (1. excluded 2. extroverted 3. indifferent) students.
9:2従来からある学校の授業ではほとんど、議論の場は少数あuc2のフ最も外向的な生
徒によって支配される傾向がある。
9:3 Also, the number and variety of students in a given class are [15](1. limited
2. multiplied 3. unrestricted) by the size and location of the classroom in which
they gather.
9:3 また、決められたクラス内では、生徒の数や多様性は、集合する教室のサ
イズや場所によって制限されてしまう。
9:4 In the online classroom environment, spatial barriers are removed, and
discussions enter a new dimension.
9:4 オンライン教室の環境では空間の障壁は取り除かれ、議論は新たな次元へ
広がってゆく。
9:5 When a virtual school instructor posts a question on an online discussion
board, students are given a certain number of days in which to respond.
9:5 バーチャル=スクールの教員がオンライン上の討論用掲示板に質問を掲示
すると、生徒は返答するまでの期間を何日か与えられる。
9:6 For many introverted students, this type of discussion [16](1. rejects 2.
revives 3. represents) a first opportunity to “speak up” in class.
9:6 内向的な生徒の多くにとって、このタイプの討論はクラスで「声を上げ
る」最初の機会となる。
9:7 Also, the fact that classmates cannot see each other promotes the
participation of students who are socially marginalized for one reason or
another.
9:7 また、クラスメートが互いの姿を見られないという事実は、何らかの理由
により社会的に周辺的な地位に追いやられた生徒の参加を促すことになる。
9:8 Finally, because the discussions do not take place in [17](1. broadband
2.cyberspace 3. real time), nonnative speakers have the extra time they need to
contemplate questions and contribute their points of view.
9:8 そして最後に、議論が即時応答の形式で行われないため、母国語の異なる
者にとっては、質問を熟考して自分の観点を述べるのに必要な時間的余裕が生
まれる。

[24] According to the article, which of the following types of students can online
discussions benefit the most?
1. Extroverted students.
2. Nonnative speakers.
3. Students with fast Internet access.
4. Students in the U.S. and Europe.

・解答 [24]―2
本文によると、オンラインの議論が最も利益を与えるのは、次の生徒のタイプ
のうちのどれか
1. 外向的な生徒
2. 母国語がそれとは異なる人
3. インターネットに高速でアクセスできる生徒
4. 欧米に住む生徒
>[24]「本文によると、オンラインの議論が最も利益を与えるのは、次の生
徒のタイプのうちのどれか」という質問に答える。本文に記述があるのは1と
2のみ。1の「外向的な生徒」については、オンラインではない旧来の学校で
議論の場を支配していたのだから、オンライン化によってそれほど大きな利益
を得たとは言えない。2 の「母国語がそれとは異なる人」については、
9:8(Finally, because the discussions…)に「母国語の異なる者は質問を熟考
して自分の観点を述べるのに必要な余分の時間を得る(______________=時間的余裕ができ
る)」とありオンライン化によって利益を得られると断言できる。
contemplate「熟考する」contribute their points of view「自分の観点を述べる」

■第5段落
5:1 Perhaps the most serious concern about virtual schools is whether they can
teach students to work cooperatively, and to [4](1. acquire 2. interrupt 3. reject)
the humanistic and egalitarian values that are the foundations of democratic
society.
5:1 バーチャル=スクールに関する最も深刻な懸念は、おそらく協力して物事
に取り組んだり、民主的社会の基礎である人道的・平等主義的価値観を獲得す
ることを生徒に教えられるかどうかであろう。
5:2 Many who oppose on demand virtual schools claim that, because such
schools do not [5](1. prevent 2. provide 3. propose) live interaction, they are
destined to diminish civic engagement and deepen the social isolation that can
be seen among so many of today’s young people.
5:2 オンデマンド方式のバーチャル=スクールに反対する人の多くは、そのよ
うな学校では生きたやりとりができないため、市民としての参加が減少し、今
日の非常に多くの若者の間に見られるような社会的孤立を深めてしまうと主張
している。

[25] According to the article, opponents of virtual schooling think that increasing
numbers of young people
1. do not like to speak up in class.
2. will not have Internet access in the future.
3. lack a significant connection to anyone.
4. have a great deal of civic awareness.

・解答 [25]―3
本文によると、バーチャル教育に反対する人々が考えるのは、ますます多くの
若者が
1. 授業中に発言するのを好まない。
2. 将来インターネットにアクセスしない。
3. 他人との有意義なかかわりを持たない。
4. 市民意識を大いに持つ。
>[25]3は「他人との有意義な関わりをもたない」という意味。lackは「~を
欠く、~がない」という意味の動詞。5:2(Many who oppose…)に「今日の
非常に多くの若者の間に見られるような社会的孤立」とあり、内容的に一致す
る。

■第10段落
10:1 Supporters of virtual schooling also argue that, while virtual Schools may
not be for everyone, they play an [18](1. questionable 2. trivial 3. vital) role as
policy levers in contemporary educational politics.
10:1 バーチャル教育の支持者らはまた、バーチャル=スクールが万人向けでは
ないにしろ、現代の教育行政における政策手段として重要な役割を果たすもの
だ、と主張している。
10:2 Their very presence and proliferation continue to challenge the status quo
on issues of instructional equality, the quality of teaching, and the way schools
are organized to deliver services.
10:2 それらがまさしく存在し、急増していることは、教育の平等、授業の質、
そしてサービス供給のために学校がどう編成されるかという問題に関する現状
に異議を唱え続けるであろう。
[26] In the 10th paragraph, “lever” is intended to mean
1. an instrument used to prevent change within a system.
2. a compromise offered in order to reach consensus.
3. a means of maintaining the status quo.
4. a means of promoting reform.

・解答 [26]―4
第10段落で、“lever”__________は次のうちどのような意味で用いられているか
1. 組織の中の変化を妨げるために用いられる道具
2. 合意に至るために示される妥協案
3. 現状を維持する手段
4. 改革を促進する手段
>[26]このlever は「手段」という意味。policy levers in contemporary
educational politicsとは「現代の教育行政における政策手段」であり、さらに
その次の文に「現状に異議を唱える(challenge the status quo)」とあること
から、4の「改革を促進する手段」が正解。
1は「組織の中の変化を妨げるために用いられる道具」、2は「合意に至るた
めに示される妥協案」、3は「現状を維持する手段」で、いずれも4のような
積極的な意味はない。なおstatus quoは連語で「現状」という意味。

■第6段落
6:1 Arguments [6](1.related 2. responsible. resistant) to direct experience are
not new.
6:1直接的経験に関する主張は目新しいものではない。
6:2 The Greek philosopher Aristotle argued in The Rhetoric that temporal
distancing [7](1. compares with 2.contrasts with 3. contributes to) a lack of
sympathy, because it is difficult for people to feel close to events of the past or
future.
6:2 ギリシアの哲学者アリストテレスは『修辞学』の中で、時間的な隔たりは
共感の欠如の一因となるなぜなら人は過去や未来の事象を近い存在と感じるこ
とは難しいからである、と主張している。

6:3 The English philosopher David Hume made similar comments about spatial
distancing in A Treatise on Human Nature (1740), maintaining that it is difficult
for people to feel any relation to objects from which they are [8](1. logically
derived 2. far removed 3. separated by time).
6:3 イギリスの哲学者デイピッド=ヒュームは『人間本性論』(1740年)の中で
空間的な隔たりについて似た意見を述べており、人は自分から遠く離された物
に対して関わりを感じることは難しいと主張している。
[27] The author cites Aristotle and Hume in order to emphasize that spatial and
temporal distancing can
1. remove barriers to communication among a wide variety of participants.
2. hinder the development of sympathy.
3. help people to develop the skills they need in democratic society.
4. bring people closer to the events of the past or future.

・解答 [27]―2
筆者がアリストテレスやヒュームを引用することで強調しようとしていること
は空間的に、また時間的に遠ざかることによって以下のことがありうるという
ことである。
1. 広範囲の参加者同士の意思疎通を阻む障壁を取り除く。
2. 共感する気持ちの発達を妨げる。
3. 人が民主社会で必要とする技術を発達させる助けになる。
4. 人を過去や未来の出来事に近づける。
>[27]citeは「引用する」という意味。
2の「共感する気持ちの発達を妨げる」は、第6段落の内容と一致する。
1の「広範囲の参加者同士の意思疎通を阻む障壁を取り除く」、3の「人が民
主社会で必要とする技術を発達させる助けになる」は、ともにこれとは反対の
内容が述べられている。
4の「人を過去や未来の出来事に近づける」は6:2後半(because it is…)「人
が過去や未来の出来事を近い存在と感じることは難しい」という記述に反する。

■第5段落
5:1 Perhaps the most serious concern about virtual schools is whether they can
teach students to work cooperatively, and to [4](1. acquire 2. interrupt 3. reject)
the humanistic and egalitarian values that are the foundations of democratic
society.
5:1 バーチャル=スクールに関する最も深刻な懸念は、おそらく協力して物事
に取り組んだり、民主的社会の基礎である人道的・平等主義的価値観を獲得す
ることを生徒に教えられるかどうかであろう。
5:2 Many who oppose on demand virtual schools claim that, because such
schools do not [5](1. prevent 2. provide 3. propose) live interaction, they are
destined to diminish civic engagement and deepen the social isolation that can
be seen among so many of today’s young people.
5:2 オンデマンド方式のバーチャル=スクールに反対する人の多くは、そのよ
うな学校では生きたやりとりができないため、市民としての参加が減少し、今
日の非常に多くの若者の間に見られるような社会的孤立を深めてしまうと主張
している。
■第8段落
8:1 This point, however, is called into question by the fact of socioeconomic
inequality.
8:1 しかしこの論点は社会経済的な不平等という事実からは問題視されている。
8:2 Technology mediated education may, at least in the short term, prevent
people at the lower end of the income scale from participating in online
education.
8:2科学技術が媒体となる教育では、少なくとも短期的には、収入面で最下層
の人々がオンライン教育に参加することができないかもしれない。

8:3 Indeed, students whose families can afford Internet access and the required
hardware and software currently [11](1. regulate 2. reduce 3. constitute) the
majority of those participating in virtual schooling.
8:3確かに、現在バーチャル教育に参加している者の大多数を構成しているの
はインターネットによるアクセスやそれに必要なハードウェアとソフトウェア
が金銭的にまかなえる家庭の生徒である。
8:4 However, as computers and Internet access become less expensive, they
will come within reach even of disadvantaged groups.
8:4 しかしコンピューターやインターネットのアクセスにかかる費用が安くな
るにつれ、不利な境遇の人々でも手が届くようになるであろう。
8:5 At that point, debate will likely focus on the overall quality of the online
educational experience rather than on [12](1. access 2. excess 3. success)
itself.
8:5 その時点で、論点はおそらく、アクセスそのものよりもオンライン教育の
経験の全体的な質へと焦点が向けられることになるだろう。
8:6 Therefore, it will probably become necessary to demonstrate to potential
users that high-quality education is being provided.
8:6 したがって、質の高い教育が供給されていることを、利用者となる可能性
のある人々に説明することがおそらく必要になるだろう。
8:7 One way this can be accomplished is by establishing standards for teacher
certification and course content with which virtual schools must [13](1.comply 2.
contend 3. contract).
8:7 このことを達成する方法の一つはバーチャル=スクールが従うべき教員免
許付与や課程内容の基準を確立することである。
■第12段落
12:1 As virtual schools become more prevalent, they will compete with
conventional schools for funding, teachers, and students.
12:1 バーチャル=スクールがより普及するにつれ、資金、教員、生徒をめぐっ
て従来の学校と競争することになるであろう。
12:2 It is likely that there will be [20] ( 1. a lack of interest in 2. harmonious
discussions on 3. heated debates on) issues such as teacher training, course
certification, academic standards, teaching methods, access, and socialization.
12:2教員の訓練、修了の証明、教育水準、教授法、アクセス、社会化といった
問題について、熱い議論が交わされることになるだろう。
12:3 It is to be hoped that the result of these exchanges will be a renewed
consideration of the means and ends of education in contemporary society.
12:3望まれるのは、こういった意見交換の結果が、現代社会における教育の手
段と目的を新たに考え直すことにつながるということである。

[28] Which of the following is not mentioned as an issue related to virtual
schooling?
1. The quality of parental supervision is likely to vary by household.
2. Students cannot experience live, facetoface interactions.
3. Students with slower computers have a lowerquality online experience.
4. Virtual and conventional schools will have to compete for funding.

・解答 [28]―1
バーチャル教育に関する問題として本文で述べられていないものはどれか。
1. 親による監督(管理)の質は、家庭によって変わることが多い。
2. 生徒は生きた面と向かってのやりとりを経験できない。
3. 持っているコンビューターの速度が遅い生徒は、より質の低いオンライン
経験をする。
4. バーチャルスクールと従来からある学校は、資金を得る競争をしなければ
ならなくなるだろう。
>[28]2 の「生徒は生きた面と向かってのやりとりを経験できない」は、
5:2(Many who oppose…)と内容が一致するので不正解。
3の「持っているコンビューターの速度が遅い生徒は、より質の低いオンライ
ン経験をする」は、本文中に直接的な記述はないものの、8:1のsocioeconomic
inequality「社会経済的な不平等」と8:2「収入面で最下層の人々がオンライ
ン教育に参加することができないかもしれない」か______________ら、バーチャル教育に対す
る筆者の社会経済学的な視点が推測されるので、3は内容に一致すると考えら
れ、不正解。
4の「バーチャルスクールと従来からある学校は、資金を得る競争をしなけれ
ばならなくなるだろう」は11:1(As virtual schools…)と一致するので不正解。
1 の「親による監督(管理)の質は、家庭によって変わることが多い」は、
「親による監督」についての記述が本文にはないので、1が正解。

■第11段落
11:1 Over the past century, we have witnessed an evolution of approaches,
structures, and technologies related to distance education.
11:1 この100年間、遠隔教育に関係する方法、構造技術の発展を我々は目にし
てきた。
11:2 Since the advent of the computer and the Internet, this evolution has [19]
(1. accelerated 2. accentuated 3. accorded) to the point that no one can
confidently predict how the educational landscape will look in the future.
11:2 コンピューターとインターネットの出現以来、この発展は、教育界が将来
どのようになるかを確実に予測できる者が誰もいない状況になるまでに加速し
てきている。
11:3 While there is ample research on distance education, research on virtual
schooling is still in its infancy.
11:3遠隔教育については十分な研究がなされている一方、バーチャル教育の研
究はまだ初期段階にある。

[29] Research on the effectiveness of virtual schooling is
1. conclusive.
2. questionable.
3. misleading.
4. incomplete.

・解答 [29]―4
バーチャル教育の効率性についての研究は
1. 決定的である。
2. 疑わしい。
3. 誤解を招く。
4. 未完成である。
>[29]11:3(While there is…)に「バーチャル教育の研究はまだ初期段階に
ある」とあり4が最も近い。本文のinfancyは「初期(の段階)」という意味。

[30] According to the article, computers and the Internet will
1. replace books, paper, and pens in conventional schools.
2. be provided to most disadvantaged students.
3. change the way school-based education is approached.
4. worsen the problems of race and class in our society.

・解答 [30]―3
本文によると、コンピューターとインターネットは
1. 従来からある学校の本や紙やペンに取って代わるだろう。
2. 最も不利な立場の生徒に供給されるだろう。
3. 学校を基礎とした教育の取り組み方を変えるだろう。
4. 社会における人種や階級の問題を悪化させるだろう。
>[30]「本文によると、コンピューターとインターネットは…」に続くもの
を選ぶ。12:2(It is likely that…)で、バーチャル=スクールが普及するにつれ
て「教員の訓練、修了の証明、教育水準、教授法、アクセス、社会化といった
問題について、熱い議論が交わされるだろう」とある。It is likely that…「おそ
らく…となるだろう」さらに12:3(It is to be hoped…)では、「現代社会にお
ける教育の手段と目的を新たに考え直すこと(a renewed consideration of the
means and ends of education in contemporary society)」とあることから、3
の「学校を基礎とした教育の取り組み方を変えるだろう」と一致している。
(the way+S+V)の形で「~する方法」を表す。1は「従来からある学校の本や
紙やペンに取って代わるだろう」、2は「最も不利な立場の生徒に供給される
だろう」、4は「社会における人種や階級の問題を悪化させるだろう」という
意味で、いずれも本文では述べられていない。

copyright 2016/Everyday school