[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2007年 大問二 内容一致問題

内容一致問題
■第1段落
1:1 Sarah Kallie is a Manhattan executive who is so busy at her job that she does not
have time to do her laundry, visit her parents, or clean the cats sand box.
1:1 サラ=カリニーは、仕事が大変忙しいため、洗濯をしたり両親に会いに
行ったり、猫の砂箱を掃除したりする時間のない、マンハッタンの管理職であ
る。
1:2 She eats out six nights a week and gets her groceries delivered to her doorstep.
1:2週に6回は夕食を外食で済ませ、食料雑貨は玄関先まで届けてもらっている。

1:3 But she recently spent nearly 10 hours battling her mobile phone company
because they charged her 9 in late fees.
1:3 しかし彼女は最近、携帯電話会社が料金支払いの遅延に対して9ドルを請求
したため、10時間近くも費やして言い争った。
[51] According to the article, some people save time by
1. visiting their parents to get help with household tasks.
2. relaxing with a variety of leisure-time activities.
3. buying a garlic press device in order to taste fresh garlic.
4. eating out and having daily necessities delivered to their homes.
・解答 [51]―4
>[51]時間を節約する人々がいるがそれは何をすることによってなのかを考
える。1の「家事を手伝ってもらうため親を訪問すること」と2の「さまざま
な余暇活動をしてくつろぐこと」は本文に記述なし。3の「新鮮なニンニクを
味わうためにニンニクおろし器を買うこと」は「ビン詰めのニンニク」を買う
方が時間の節約となるので不正解。4の「外食し、日常の必需品は家に配達し
てもらうこと」は、本文第1段に登場する多忙なカリニーさんのしていること
で本文の内容と一致する。
■第6段落
6:1 But economists recognize that for many families, you must adjust these calculations
using what they call “psychological variables.”
6:1 しかし経済学者らは、多くの家族の場合、これらの計算にはいわゆる「心
理的変数」を用いて調整しなければならないと認識している。

6:2 Some divide household [43](1. expenditures 2. management 3. activities) into two
categories:
6:2学者の中には、家庭での活動を2つの部門に分ける者もいる。
6:3“consumption,” which should be something you enjoy, and “production,” which is
anything that feels like work.
6:3一方は「消費」で、楽しんでするものであり、他方は「生産」で、仕事のよ
うに感じられるものすべてである。
6:4 If you love gardening, it is consumption, but if you hate gardening, it is production
and you will be more [44](1. reluctant 2. inclined 3. able) to hire someone else to do it.
6:4 もし庭いじりが好きならば、それは消費であるが、庭いじりが嫌いならば、
それは生産であり、むしろ誰か他の人を雇ってそれをやってもらいたいと思う
だろう。
6:5 As one economist says, “it’s not just about the money.”
6:5 ある経済学者が言うように「お金に関することだけではない」のである。
6:6 That was how Sarah Kallie [45] (1. justified 2. uncovered 3. undermined) her long
battle with the telephone company.
6:6 そのような考え方で、サラ=カリニーは電話会社と長時間争ったことを正当
化した。
6:7 It was worth it for the satisfaction, says Ms. Kalliney.
6:7満足するためにはそうする価値があった、とカリニーさんは言う。
■第8段落
8:1 Many do-it-yourself veterans are grappling with these same issues.
8:1自分でする経験が豊富な人の多くも、これらと同じ問題に取り組んでいる。
8:2 We tried two tasks:
8:2我々は2つの課題を試した。
8:3 one, filling in our tax forms by ourselves versus hiring a tax accountant;
8:3 1つ目は、税の申告書を自分で記入するか税理士を雇うか。
8:4 two, buying a jar of pre-chopped garlic versus buying a garlic press device and
doing it ourselves.
8:4 2つ目は、刻みニンニクのビン詰めを買うかニンニクおろし器を買って自分
でやるか、である。
8:5 The tax accountant finished his work only two minutes faster than we did ourselves
when we used a software program, if we include the time it took to travel to his office.
8:5税理士が作業を終えたのは、我々がソフトウェアのプログラムを使って自分
でやった場合と比べると、彼の事務所まで行くのに要した時間を含めれば、わ
ずか2分早いだけだった。
8:6 However, employing him cost $100 more.
8:6 しかし、彼を雇うことには100ドル余計にかかっている。

8:7 Buying the jar of garlic saved us 22 minutes of chopping and slicing by ourselves,
making it worthwhile, but the garlic in the jar does not taste as good as fresh garlic.
8:7 ビン詰めのニンニクを買うと自分で刻んだりスライスしたりする時間を22
分節約できたが、それはそれで価値があるとはいえ、ビン詰めのニンニクは新
鮮なニンニクほど味がよくない。
8:7 We then hired a professional to organize our desk.
8:7次に我々は、机を整理する専門家を雇った。
8:8 She did half of it, but [49](1. charged 2. paid 3. saved) nearly $100 per hour, during
which we had to stay with her to help her understand the piles of papers, making it not
worthwhile.
8:8彼女はその半分しかしなかったが、1時間あたり100ドル近くを請求した。
その間我々は彼女と一緒にいて山積みの書類を彼女が理解するのを手助けせね
ばならず、したがってお金をかける価値のないものだった。

[52] According to the article, which of the following would result from miscalculating
the value of our time ?
1. Assuming that having another person do certain tasks for us is cost-efficient.
2. Calculating the “psychological variables” of doing tasks we enjoy.
3. Spending too much time on leisure activities and not enough on work.
4. Not using our work time as productively as we could.
・解答 [52]―1
>[52]「本文から時間の価値の計算を誤ったことから生じることは次のうち
どれか」という質問に答える。1の「ある仕事を別の人に代わりにやってもら
うことが費用面で効率的だと考えること」は第8段に挙げられたいくつかの例
(税の申告書作成や、机の整理のために人を雇うこと)を参考にすると時間の
価値の計算を誤った結果であることがわかる。よってこれが正解。2の「やっ
て楽しい仕事をすることの『心理的変数』を計算すること」は、第6段第1文
(But economists recognize…)に記述があるが、これは「計算を調整する
(adjust these calculations)」ために必要なことである。3の「余暇活動に時間を
かけすぎて仕事に十分な時聞をかけないこと」、および4の「仕事の時間を最
大限効果的に使おうとしないこと」は本文に記述なし。
■第4段落
4:1 It the past, economists looked [37](1. liberally 2. unwillingly. strictly) at your
income in order to calculate the value of your leisure hours.
4:1 かつて経済学者らは、余暇時間の価値を計算するため、収入を厳密に調査
していた。
4:2 Now, the study of the “household economy” is getting fresh encouragement.
4:2 現在では「家庭経済」の研究は新たな促進材料を得つつある。
4:3 It is even beginning to take into account intangible factors such as satisfaction and
pleasure.
4:3 満足とか喜びといった無形の要素を考慮に入れようとさえしているのであ
る。
4:4 Many governments have conducted surveys on the use of time within the household,
in an effort to provide reliable data.
4:4 多くの政府が、信頼できるデータを提供しようとして、家庭内の時間の使い
方について調査を行った。

4:5 Some use a monthly survey, [38](1. if 2. where 3. which) they ask people to report
how much time they spend doing such things as exercising or driving their kids to
various places.
4:5 月単位で調査を行うところもあり、その場合には運動したり子供をいろい
ろな場所に車で、連れて行ったりするようなことにどれだけ時間を使うかを
人々に尋ねている。
4:6 A large number of academic essays on this topic are also circulating.
4:6 この話題に関しては多数の学術論文が読まれている。
4:7 Some of them address issues such as the impact of timesaving technology, including
microwave ovens and washing machines.
4:7 それらのうちいくつかは、電子レンジや洗濯機を含めた時間節約技術の影
響といった問題を取り扱っている。
4:8 This kind of scholarship is gaining new relevance now that lower household budgets
are [39] (1. forcing 2. requesting 3. helping) some people to work longer hours, which
emphasizes the importance of the cost-effective use of free time.
4:8 この種の学問はいまや、新たな関連性を得つつある。というのは、より低
収入の家庭では、より長時間働かざるをえない人々がおり、そのことが自由時
間を費用面で効率的に使うことの重要性を際立たせているからである。
[53] In the 4th paragraph, the notion of the “household economy” is introduced in order
to emphasize
1. the economic value of the earnings of all family members.
2. the time used for various activities of the entire household as a unit.
3. the psychological value of the time spent by all family members.
4. the value placed on shrinking household budgets.
・解答 [53]―2
>[53]第4段でhousehold economyの考え方が紹介されているのは、何を強調
するためかを答える。2の「単位としての家庭全体の、さまざまな活動に使わ
れる時間」は、第4段第4文(Many governments have…)に「多くの政府が家庭
内の時間の使い方について調査を行った」とあり、内容が一致する。1の「家
族全員の所得の経済的価値」3の「家族全員が使う時間の心理的価値」、およ
び4の「家計を縮小することに置かれる価値」は、いずれも記述がない。
■第3段落
3:1 Some economics professors regard a household as a small company that employs
labor, buys technology, and makes decisions about what services to outsource.
3:1 経済学の教授らの中には家庭を、労働力を雇い、先端技術を購入し、どの
サービスを外部委託するかを決定する小さな企業のようにみなす者がいる。
3:2 But the household is a “company” that nowadays needs [34] (1. welfare 2.
management 3. tax) consultants.
3:2 しかし家庭は今や経営コンサルタントを必要とする「会社」である。
3:3 People often make drastic miscalculations about the [35](1. value 2. pace 3. amount)
of their time, and take a do-it-yourself approach to tasks that might be less costly in time
and money if they were hired out.
3:3 人々は、しばしば自分たちの時間の価値について重大な計算違いをし、お
金を払って人にやってもらった方が、時間的にも金銭的にもより負担が小さい
かもしれぬ仕事に対し、自分でやるという方法を選んでいる。
3:4 A simple oil change for your car, for example, costs the equivalent of $25 at some
gasoline stations, [36] ( 1. or 2. if 3. while) buying the supplies to do it yourself costs at
least 20, meaning it is cost-efficient to let the gasoline station do it for you.
3:4 例えば単なる車のオイル交換の場合、25ドル相当の経費でやってくれるガ
ソリンスタンドがあるのに対し、それを自ら行うために必要なものを自分で買
いそろえると最低で、20ドルはかかってしまう。これはガソリンスタンドで
やってもらった方が費用的に効率がよいということを意味している。

3:5 Yet millions of people say that they change the oil in their cars themselves.
3:5しかし何百万という人々が自分の車のオイルは自分で交換すると言っている。
■第6段落
6:1 But economists recognize that for many families, you must adjust these calculations
using what they call “psychological variables.”
6:1 し__________かし経済学者らは、多くの家族の場合、これらの計算にはいわゆる「心
理的変数」を用いて調整しなければならないと認識している。
6:2 Some divide household [43](1. expenditures 2. management 3. activities) into two
categories:
6:2学者の中には、家庭での活動を2つの部門に分ける者もいる。
6:3“consumption,” which should be something you enjoy, and “production,” which is
anything that feels like work.
6:3一方は「消費」で、楽しんでするものであり、他方は「生産」で、仕事のよ
うに感じられるものすべてである。
6:4 If you love gardening, it is consumption, but if you hate gardening, it is production
and you will be more [44](1. reluctant 2. inclined 3. able) to hire someone else to do it.
6:4 もし庭いじりが好きならば、それは消費であるが、庭いじりが嫌いならば、
それは生産であり、むしろ誰か他の人を雇ってそれをやってもらいたいと思う
だろう。
6:5 As one economist says, “it’s not just about the money.”
6:5 ある経済学者が言うように「お金に関することだけではない」のである。
6:6 That was how Sarah Kallie [45] (1. justified 2. uncovered 3. undermined) her long
battle with the telephone company.
6:6 そのような考え方で、サラ=カリニーは電話会社と長時間争ったことを正当
化した。
6:7 It was worth it for the satisfaction, says Ms. Kalliney.
6:7満足するためにはそうする価値があった、とカリニーさんは言う。

■第8段落
8:1 Many do-it-yourself veterans are grappling with these same issues.
8:1自分でする経験が豊富な人の多くも、これらと同じ問題に取り組んでいる。
8:2 We tried two tasks:
8:2我々は2つの課題を試した。
8:3 one, filling in our tax forms by ourselves versus hiring a tax accountant;
8:3 1つ目は、税の申告書を自分で記入するか税理士を雇うか。
8:4 two, buying a jar of pre-chopped garlic versus buying a garlic press device and
doing it ourselves.
8:4 2つ目は、刻みニンニクのビン詰めを買うかニンニクおろし器を買って自分
でやるか、である。

8:5 The tax accountant finished his work only two minutes faster than we did ourselves
when we used a software program, if we include the time it took to travel to his office.
8:5税理士が作業を終えたのは、我々がソフトウェアのプログラムを使って自分
でやった場合と比べると、彼の事務所まで行くのに要した時間を含めれば、わ
ずか2分早いだけだった。
8:6 However, employing him cost $100 more.
8:6 しかし、彼を雇うことには100ドル余計にかかっている。
8:7 Buying the jar of garlic saved us 22 minutes of chopping and slicing by ourselves,
making it worthwhile, but the garlic in the jar does not taste as good as fresh garlic.
8:7 ビン詰めのニンニクを買うと自分で刻んだりスライスしたりする時間を22
分節約できたが、それはそれで価値があるとはいえ、ビン詰めのニンニクは新
鮮なニンニクほど味がよくない。
8:7 We then hired a professional to organize our desk.
8:7次に我々は、机を整理する専門家を雇った。
8:8 She did half of it, but [49](1. charged 2. paid 3. saved) nearly $100 per hour, during
which we had to stay with her to help her understand the piles of papers, making it not
worthwhile.
8:8彼女はその半分しかしなかったが、1時間あたり100ドル近くを請求した。
その間我々は彼女と一緒にいて山積みの書類を彼女が理解するのを手助けせね
ばならず、したがってお金をかける価値のないものだった。

[54] According to the article, which of the following is not a cost-effective use of free
time?
1. Organizing your desk at your workplace by yourself.
2. Filling in your yearly tax forms rather than hiring an accountant to do it.
3. Changing the oil in your car by yourself.
4. Working all the time and asking the phone company for a refund.
・解答 [54]―3
>[54]「本文によると、次のうち『経費の面で効率的な自由時間の使い方』
ではないものはどれか」という質問に答える。1の「職場の机を自分で整理す
ること」は、第8段最終文(We then hired…)から「専門家」を雇って机の整理
をすることは、費用がかかって「価値のない」ことであるから、自分でするこ
とが効率的となる。よって不正解。2の「税理士を雇わないで自分で年間の税
金の申告書を書くこと」は第8段第3・4文(The tax accountant…)から、税理士
を雇っても「自分でやった場合より2分早いだけ」で、しかも雇うのに「100
ドル余計にかかった」とあるから自分ですることが効率的となる。よって不正
解。3の「車のオイルを自分で交換する」は、第3段第4文(A simple oil
change…)の後半に「ガソリンスタンドでやってもらった方が費用的に効率が
よい」とあり、自分ですることは効率的でない。よって正解となる。4の「常
に仕事をし、そして電話会社に払い戻しを求めること」はおそらく第1段で登
場したカリニーさんの行動のことだと思われるが、第6段最終文(That was
how…)に「(電話会社と争ったことは)満足のためには価値あることだっ
た」とあり、その意味では「効率的」だったのだから不正解。
■第4段落
4:1 It the past, economists looked [37](1. liberally 2. unwillingly. strictly) at your
income in order to calculate the value of your leisure hours.
4:1 かつて経済学者らは、余暇時間の価値を計算するため、収入を厳密に調査
していた。
4:2 Now, the study of the “household economy” is getting fresh encouragement.
4:2 現在では「家庭経済」の研究は新たな促進材料を得つつある。
4:3 It is even beginning to take into account intangible factors such as satisfaction and
pleasure.
4:3 満足とか喜びといった無形の要素を考慮に入れようとさえしているのであ
る。
4:4 Many governments have conducted surveys on the use of time within the household,
in an effort to provide reliable data.
4:4 多くの政府が、信頼できるデータを提供しようとして、家庭内の時間の使い
方について調査を行った。
4:5 Some use a monthly survey, [38](1. if 2. where 3. which) they ask people to report
how much time they spend doing such things as exercising or driving their kids to
various places.
4:5 月単位で調査を行うところもあり、その場合には運動したり子供をいろい
ろな場所に車で、連れて行ったりするようなことにどれだけ時間を使うかを
人々に尋ねている。

4:6 A large number of academic essays on this topic are also circulating.
4:6 この話題に関しては多数の学術論文が読まれている。
4:7 Some of them address issues such as the impact of timesaving technology, including
microwave ovens and washing machines.
4:7 それらのうちいくつかは、電子レンジや洗濯機を含めた時間節約技術の影
響といった問題を取り扱っている。
4:8 This kind of scholarship is gaining new relevance now that lower household budgets
are [39] (1. forcing 2. requesting 3. helping) some people to work longer hours, which
emphasizes the importance of the cost-effective use of free time.
4:8 この種の学問はいまや、新たな関連性を得つつある。というのは、より低
収入の家庭では、より長時間働かざるをえない人々がおり、そのことが自由時
間を費用面で効率的に使うことの重要性を際立たせているからである。
■第5段落
5:1 Some economists say that one of the most common miscalculations in households is
“outsourcing” child care, in order to free both parents to [40](1. contribute 2. attribute.
conform) to the household income.
5:1何人かの経済学者は、家庭内での最も一般的な計算違いの1つは、両方の親
を自由にして家庭の収入に貢献できるよう、子供の世話を「外部委託」するこ
とであると述べている。
5:2 Many parents stay in the labor force because they enjoy their jobs, but others stay
because they think that they cannot [41](1. prefer 2. begin 3. afford) to quit.
5:2仕事が楽しいから仕事を続ける親も多いが、金銭的に仕事をやめる余裕が
ないと思ってそうしている親もいる。

5:3 Yet sometimes a mathematical calculation proves otherwise.
5:3 しかし数学的に計算すると時にはそうではないことがわかる。
5:4 One example was found in a couple who earned a combined income of 120,000 per
year.
5:4 2人合わせて12万ドルの年収を得ているある夫婦にその一例が見られた。
5:5 They looked at what the mothers job was actually costing” the household.
5:5彼らは、妻の方の仕事が家庭にとって実際どれだけ「お金がかかっている」
かを調べてみた。
5:6 Child care was costing 15,000 per year, and because their combined income was
[42](1. estimated 2. high 3. Realized), they were losing another 12,000 in taxes.
5:6子供の世話は年に1万5000ドルかかり、また夫婦合わせての収入が高いた
め、税金としてさらに1万2000ドルを失っていた。
5:7 They also calculated the “work-related costs,” such as car parking at the office, dry
cleaning, and restaurant meals because they ate out frequently.
5:7彼らはまた「仕事に関係する費用」、例えば会社での駐車やドライクリー
ニング、またしょっちゅう外食するためレストランでの食事の費用を計算して
みた。
5:8 Finally, they determined that if the mother quit her job, they would not lose too
much money.
5:8最終的に彼らは、妻が仕事をやめてもそんなに多くのお金を失うことはな
いと結論づけた。
■第7段落
7:1 A more traditional economic approach measured the value of leisure time based on
one’s hourly wage, and it was made famous by the American economist Gary Becker in
1965.
7:1 より伝統的な経済学的研究方法では、余暇時間の価値をその人の時給に基
づいて測っていた。それは1965年に、アメリカの経済学者ゲーリー=ベッカー
によって広く知られるようになった。
7:2 The idea was that any time that went toward leisure could be reinvested in work.
7:2その考__________え方は、余暇に使うための時間は、いかなるものでも仕事に再投入
できる、というものであった。
7:3 But income based formulas have [46](1. negligible 2. contrasting. obvious)
limitations.
7:3 しかし収入を基礎とする数式では、明らかな制限がある。
7:4 For instance, many people on a fixed salary do not have the choice of getting extra
pay if they work overtime.
7:4例えば、固定給をもらっている多くの人々は、超過勤務をして余計に給料を
もらうという選択はできない。
7:5 In addition, some people’s work is keeping house, which usually does not [47](1.
come 2. advance 3. decrease) with a salary.
7:5 さらに、家事をすることが仕事である人もいるが、それは給与を伴わない
のが普通である。
7:6 Yet in figuring out how to maximize your time, salary is a logical starting point.
7:6 しかし自分の時間を最大限に利用する方法を算出する際には、給料という
ものは論理的な出発点である。
7:7 Economists suggest that you begin by calculating what an hour of your time is
worth, based on your salary.
7:7経済学者らは、給料を基にして、自分の時間が1時間あたりどれくらい価値
があるかを計算することから始めてみることを提案している。
7:8 Using that figure, you can then compare the cost of doing a task yourself versus
outsourcing it.
7:8 この数字を用いれば、ある仕事を自分でやる場合と外部に委託する場合と
で費用を比較することができる。

7:9 If you do it yourself, you have to add the price of materials or supplies.
7:9自分でやるならば、材料や必要なものの値段を加えなければならない。
7:10 If you hire someone else, of course, you have to calculate the time it takes to find
and manage that person.
7:10誰か他の人を雇うなら、もちろん、その人を見つけ、管理することに要す
る時間を計算しなければならない。
7:11 Then you are [48](1. ready 2. opposed 3. ineligible) to tackle the other half of the
calculation.
7:11 それが済むと計算の残り半分に取り組む準備ができる。
7:12 This looks at the nonfinancial costs and benefits.
7:12 これは、お金とは別の犠牲や利益を検査するものである。
7:13 Among the factors to consider are how much you enjoy doing the job yourself, and
what you are willing to give up in order to do it.
7:13考慮すべき要因の中には、その仕事を自分でやってどれくらい楽しいか、
そしてそれをするために放棄してもよいと思うことが含まれる。
■第8段落
8:1 Many do-it-yourself veterans are grappling with these same issues.
8:1自分でする経験が豊富な人の多くも、これらと同じ問題に取り組んでいる。
8:2 We tried two tasks:
8:2我々は2つの課題を試した。
8:3 one, filling in our tax forms by ourselves versus hiring a tax accountant;
8:3 1つ目は、税の申告書を自分で記入するか税理士を雇うか。

8:4 two, buying a jar of pre-chopped garlic versus buying a garlic press device and
doing it ourselves.
8:4 2つ目は、刻みニンニクのビン詰めを買うかニンニクおろし器を買って自分
でやるか、である。
8:5 The tax accountant finished his work only two minutes faster than we did ourselves
when we used a software program, if we include the time it took to travel to his office.
8:5税理士が作業を終えたのは、我々がソフトウェアのプログラムを使って自分
でやった場合と比べると、彼の事務所まで行くのに要した時間を含めれば、わ
ずか2分早いだけだった。
8:6 However, employing him cost $100 more.
8:6 しかし、彼を雇うことには100ドル余計にかかっている。
8:7 Buying the jar of garlic saved us 22 minutes of chopping and slicing by ourselves,
making it worthwhile, but the garlic in the jar does not taste as good as fresh garlic.
8:7 ビン詰めのニンニクを買うと自分で刻んだりスライスしたりする時間を22
分節約できたが、それはそれで価値があるとはいえ、ビン詰めのニンニクは新
鮮なニンニクほど味がよくない。
8:7 We then hired a professional to organize our desk.
8:7次に我々は、机を整理する専門家を雇った。
8:8 She did half of it, but [49](1. charged 2. paid 3. saved) nearly $100 per hour, during
which we had to stay with her to help her understand the piles of papers, making it not
worthwhile.
8:8彼女はその半分しかしなかったが、1時間あたり100ドル近くを請求した。
その間我々は彼女と一緒にいて山積みの書類を彼女が理解するのを手助けせね
ばならず、したがってお金をかける価値のないものだった。
[55] According to the article, time-value calculations can show us how much money
1. we spend outsourcing a task, compared to our income during the time that task takes.
2. we spend going to the places that provide services for us.
3. we should try to eliminate from expenditures by cooking for ourselves. 4. we would
save if every household had one parent who stayed home to raise children.
・解答 [55]―1
>[55]「本文によると、時間の価値の計算によって示されるのはどれほど多
くのお金を…」に続くものを選ぶ。各選択肢をhow much moneyをつけて訳す
と以下のようになる。
1.「ある仕事を外部委託することは、その仕事が要する時間に得られる収入と
比較して、どれほど多くのお金を我々が費やすか」
2.「サービスを提供してくれる場所へ行くのにどれほど多くのお金を費やす
か」3.「自分で料理をすることによって、どれほど多くのお金を支出から削る
ようにすべきか」
4.「もしもすべての家庭で子育てのために一方の親が家庭に残ればどれほど多
くのお金を節約できるか」
1は第7段第7文(Economists suggest that…)に「給料を基にして、自分の時聞
が1時間あたりどれくらい価値があるか(what an hour of your time is worth)を
計算する」とあり、さらに第8文に「この数値を使うことによってある仕事を
自分でやる場合と外部に委託する場合とで、費用を比較することができる」と
あるから、内容に一致する。2は、第4段第5文(Some use…)の「子供をさま
ざまな場所へ車で連れて行くこと」、また第8段第3文(The tax accountant…)
の「彼(税理士)の事務所まで行く」にはいずれもお金についてではなくその
時間が問われているから、不適切。3は、第5段最後から2つ目の文(They also
calculated…)に外食費の話題があるが、「自分で料理をして支出を削減すべ
き」とまでは述べていない。4も第5段で例として取り上げられているが、「す
べての家庭(every household)」について述べてはいないから、不適切。
■第6段落
6:1 But economists recognize that for many families, you must adjust these calculations
using what they call “psychological variables.”
6:1 しかし経済学者らは、多くの家族の場合、これらの計算にはいわゆる「心
理的変数」を用いて調整しなければならないと認識している。
6:2 Some divide household [43](1. expenditures 2. management 3. activities) into two
categories:
6:2学者の中には、家庭での活動を2つの部門に分ける者もいる。

6:3“consumption,” which should be something you enjoy, and “production,” which is
anything that feels like work.
6:3一方は「消費」で、楽しんでするものであり、他方は「生産」で、仕事のよ
うに感じられるものすべてである。
6:4 If you love gardening, it is consumption, but if you hate gardening, it is production
and you will be more [44](1. reluctant 2. inclined 3. able) to hire someone else to do it.
6:4 もし庭いじりが好きならば、それは消費であるが、庭いじりが嫌いならば、
それは生産であり、むしろ誰か他の人を雇ってそれをやってもらいたいと思う
だろう。
6:5 As one economist says, “it’s not just about the money.”
6:5 ある経済学者が言うように「お金に関することだけではない」のである。
6:6 That was how Sarah Kallie [45] (1. justified 2. uncovered 3. undermined) her long
battle with the telephone company.
6:6 そのような考え方で、サラ=カリニーは電話会社と長時間争ったことを正当
化した。
6:7 It was worth it for the satisfaction, says Ms. Kalliney.
6:7満足するためにはそうする価値があった、とカリニーさんは言う。
[56] Which of the following is closest to the meaning of “psychological variables” in
the 6th paragraph?
1. The personal value of leisure time within the household.
2. The choice of emotional satisfaction or economic feasibility.
3. The choice between consumption and investment.
4. Ones like or dislike of a task in relation to the cost of outsourcing it.
・解答 [56]―4
>[56]第6段の「心理的変数(psychological variables)」の意味に最も近いもの
を選ぶ。variableは「変わりやすいもの」「変数」などといった意味で、
psychological variables「心理状態によって変わるもの」
1.「家庭内での余暇の個人的価値」
2.「感情的な満足か経済的な実現可能性かの選択」
3.「消費と投資との間の選択」
4.「外部委託する際の費用に関連したある仕事の好き嫌い」
第6段第2文(Some divide…)で、やって楽しいことを「消費」、仕事のよう
に感じられることを「生産」として分類しさらに次の第3文では「庭いじり」
を例に挙げ、好きか嫌いかでどちらにもなりうること、嫌いならば「誰か他の
人を雇う」気持ちになることを説明している。これは4と内容が最も近い。
■第6段落
6:1 But economists recognize that for many families, you must adjust these calculations
using what they call “psychological variables.”
6:1 しかし経済学者らは、多くの家族の場合、これらの計算にはいわゆる「心
理的変数」を用いて調整しなければならないと認識している。
6:2 Some divide household [43](1. expenditures 2. management 3. activities) into two
categories:
6:2学者の中には、家庭での活動を2つの部門に分ける者もいる。

6:3“consumption,” which should be something you enjoy, and “production,” which is
anything that feels like work.
6:3一方は「消費」で、楽しんでするものであり、他方は「生産」で、仕事のよ
うに感じられるものすべてである。
6:4 If you love gardening, it is consumption, but if you hate gardening, it is production
and you will be more [44](1. reluctant 2. inclined 3. able) to hire someone else to do it.
6:4 もし庭いじりが好きならば、それは消費であるが、庭いじりが嫌いならば、
それは生産であり、むしろ誰か他の人を雇ってそれをやってもらいたいと思う
だろう。
6:5 As one economist says, “it’s not just about the money.”
6:5 ある経済学者が言うように「お金に関することだけではない」のである。
6:6 That was how Sarah Kallie [45] (1. justified 2. uncovered 3. undermined) her long
battle with the telephone company.
6:6 そのような考え方で、サラ=カリニーは電話会社と長時間争ったことを正当
化した。
6:7 It was worth it for the satisfaction, says Ms. Kalliney.
6:7満足するためにはそうする価値があった、とカリニーさんは言う。
[57] According to the 6th paragraph, which of the following can we determine by
distinguishing between “consumption” and “production”?
1. Gardening is less time-consuming when we hire a gardener to help us.
2. The cost basis of outsourcing a task, measured against our hourly income.
3. Whether hiring an accountant saves time but will cost the same as doing it yourself.
4. How enjoyment or the feeling of “work” helps us in measuring the value of our
time.
・解答 [57]―4
>[57]「第6段落によると『消費』と『生産』を区別することによって決定づ
けられることは次のうちどれか」という質問に答える。4の「楽しむこと、も
しくは『仕事』の感覚が、いかに時間の価値を測ることの助けとなるか」は、
言い換えれば「楽しんでするか、仕事だと思ってするかによって、それにかけ
る時間の価値が変わる」ということであり、第6段第2文(Some divide…)の
内容に一致する。これに対して1~3は「どちらが効率的か」だけを述べている
ので不適当で、ある。それぞれの意味は以下のようになる。
1.「庭いじりは庭師を雇ってする方が時間の無駄が少ない」
2.「1時間あたりの収入と比べて計算された、仕事を外部委託することの経費
の基準」
3.「税理士を雇うことは時間の節約になるが自分でやるのと同じ経費がかかる
のかどうか」
■第7段落
7:1 A more traditional economic approach measured the value of leisure time based on
one’s hourly wage, and it was made famous by the American economist Gary Becker in
1965.
7:1 より伝統的な経済学的研究方法では、余暇時間の価値をその人の時給に基
づいて測っていた。それは1965年に、アメリカの経済学者ゲーリー=ベッカー
によって広く知られるようになった。
7:2 The idea was that any time that went toward leisure could be reinvested in work.
7:2その考え方は、余暇に使うための時間は、いかなるものでも仕事に再投入
できる、というものであった。
7:3 But income based formulas have [46](1. negligible 2. contrasting. obvious)
limitations.
7:3 しかし収入を基礎とする数式では、明らかな制限がある。

7:4 For instance, many people on a fixed salary do not have the choice of getting extra
pay if they work overtime.
7:4例えば、固定給をもらっている多くの人々は、超過勤務をして余計に給料を
もらうという選択はできない。
7:5 In addition, some people’s work is keeping house, which usually does not [47](1.
come 2. advance 3. decrease) with a salary.
7:5 さらに、家事をすることが仕事である人もいるが、それは給与を伴わない
のが普通である。
7:6 Yet in figuring out how to maximize your time, salary is a logical starting point.
7:6 しかし自分の時間を最大限に利用する方法を算出する際には、給料という
ものは論理的な出発点である。

7:7 Economists suggest that you begin by calculating what an hour of your time is
worth, based on your salary.
7:7経済学者らは、給料を基にして、自分の時間が1時間あたりどれくらい価値
があるかを計算することから始めてみることを提案している。
7:8 Using that figure, you can then compare the cost of doing a task yourself versus
outsourcing it.
7:8 この数字を用いれば、ある仕事を自分でやる場合と外部に委託する場合と
で費用を比較することができる。

7:9 If you do it yourself, you have to add the price of materials or supplies.
7:9自分でやるならば、材料や必要なものの値段を加えなければならない。
7:10 If you hire someone else, of course, you have to calculate the time it takes to find
and manage that person.
7:10誰か他の人を雇うなら、もちろん、その人を見つけ、管理することに要す
る時間を計算しなければならない。
7:11 Then you are [48](1. ready 2. opposed 3. ineligible) to tackle the other half of the
calculation.
7:11 それが済むと計算の残り半分に取り組む準備ができる。
7:12 This looks at the nonfinancial costs and benefits.
7:12 これは、お金とは別の犠牲や利益を検査するものである。
7:13 Among the factors to consider are how much you enjoy doing the job yourself, and
what you are willing to give up in order to do it.
7:13考慮すべき要因の中には、その仕事を自分でやってどれくらい楽しいか、
そしてそれをするために放棄してもよいと思うことが含まれる。
[58] According to the article, which of the following do income-based formulas ignore?
1. Some uses of time or some tasks are not paid or do not earn income.
2. You Will receive overtime pay when you stay late at work.
3. Ones income can vary throughout the year or throughout life.
4. Income-based formulas do not calculate how much we spend.
・解答 [58]―1
>[58]「本文によると、収入を基礎とした数式が無視していることは次のう
ちどれか」という質問に答える。1の「時間の利用法もしくは仕事の中には、
給料が支払われなかったり収入を得られなかったりするものもある」は、第7
段第3文(But income-based formulas…)で「収入を基礎とする数式では明らか
な制限がある」とあり、その例として超過勤務に対する報酬が得られない人や
家事に給料が支払われない人のことを述べており、1の内容と一致するので正
解。2の「残業すると超過勤務手当がもらえる」は、1といわば逆の内容。3の
「人の収入は年間、あるいは生涯を通して変化しうる」はその通りかもしれな
いが本文に記述なし。4の「収入を基礎とする数式は、いくら費やすかを計算
するものではない」は、第7段第8文(Using that figure,…)に「ある仕事を自
分でやる場合と外部に委託する場合とで、費用を比較することができる」とあ
り、明らかに「いくら費やすかを計算」しているわけであるから選択肢の文そ
のものが誤り。
[59] According to the article, where should you start in order to calculate the worth of
your time?
1. The value of your feeling of enjoyment or feeling of sacrifice.
2. The value of materials and supplies you need to do tasks at home.
3. The value of your salary divided by the number of hours you work.
4. The value of the salary of the person you hire to do tasks for you.
・解答 [59]―3
>[59]「本文によると、時間の価値を計算するためにはどこから始めるべき
か」という質問に答える。3の「給料を労働時間数で、割った数値」は、第7
段第6文(Yet in figuring out…)「給料は論理的な出発点である(salary is a
logical starting point)」、さらに次の文で「経済学者らは、給料を基にして、自
分の時間が1時間あたりどれくらい価値があるかを計算することから始めてみ
ることを提案している」とあるから内容は一致する。1以外の選択肢は関連す
る記述が本文にあるが「どこから始めるべきか」という問いの答えとはならな
い。各選択肢の意味は以下のようになる。
1.「楽しみの感覚あるいは犠牲の感覚の値」
2.「自宅で仕事をするために必要な材料や必需品の価値」
4.「自分の代わりに仕事をしてもらうために雇う人の給料の価値」
[60] As a whole, this article stresses the importance of
1. calculating the real value of your time.
2. measuring the impact of psychological variables.
3. balancing consumption and production in the household.
4. Saving time and money by doing things yourself.
・解答 [60]―1
>[60]全体を通して何の重要性が強調されているかを選ぶ。stressは「強調す
る」という意味の動詞。
1.「時間の真の価値を計算すること」
2.「心理的変数の影響を測ること」
3.「家庭内での消費と生産のバランスをとること」
4.「物事を自分でやって時間とお金を節約すること」全体的に「時間の価値」
について論じられていると判断できるので、1が最適。2は「時間の真の価値を
計算する」ための手段。3は本文中に記述なし。4は時間の価値の計算を間違っ
たために生じがちなことであるから、不適切。

copyright 2016/Everyday school