[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2008年 大問一 内容一致問題

内容一致問題
■第1段落
1:1 The Thomas A. Edison National Historic Site in West Orange attracts thousands of people who would normally avoid the harsh, deindustrialized landscape of northern New Jersey.
1:1 ウエスト・オレンジにあるトーマス=A.エジソン国立史跡は、ニュージャージー州北部の産業の空洞化を思わせる荒れた景色を普通なら避けるような、そんな人々を多く引きつけている。

1:2 Situated about forty five minutes from New York City, the site of Edison laboratory and museum is one of the most popular national parks on the East Coast.
1:2 エジソンの研究所や博物館のあるこの史跡は、ニューヨーク市から45分のところに位置しており、東海岸地域で最も人気のある国立公園のひとつである。
1:3 The Park Service estimated that over 50,000 people visited the site in 1987, its 100″ anniversary.
1:3公園管理局では、100周年にあたる1987年には5万人以上がその史跡を訪れたと算定している。
1:4 These visitors came from all parts of the nation and a large portion came from abroad.
1:4 これらの訪問者は全米各地から来ており外国からの来訪者の占める割合も大きい。
1:5 It is [1] (1. similarly 2. exceedingly 3. hardly) surprising that Edison’s laboratory is most popular with Japanese tourists, who share his work ethic and commitment to innovation.
1:5 エジソンの研究所が日本人観光客に大変人気があることは驚くようなことではない。というのは、エジソンの労働観や技術革新への献身は日本人のそれと相通ずるものがあるからである。
■第2段落
2:1 The creators of today’s microelectronics “revolution” find relevance in the “Second Industrial Revolution,” which began in the 1880s and [2] (1. ended 2. completed 3. lasted) until the Great War of 1914-18.
2:1今日のマイクロ電子工学の「革命」を生み出す人々は、1880年代に始まって1914年から18年の大戦まで続いた「第2次産業革命」の中に関連性を見出している。
2:2 This period of rapid economic growth came after the first wave of industrialization had begun to transform the economy and society of the United States.
2:2経済が急成長したこの時期は、工業化の最初の波が合衆国の経済と社会を変え始めた後にやって来た。
2:3 Edison’s invention of the incandescent light bulb marked the beginning of the second burst of innovation, one that created several major new industries.
2:3 エジソンによる白熱電球の発明は、数々の新しい主要産業を生み出す、技術革新の第二の到来の始まりを示していた。
2:4 This second wave of industrialization does not have the same powerful images as the first;
2:4 この工業化の第二の波は第一の波が持っていたのと同じような強烈なイメージを持つものではない。

2:5 the steam engine and textile mill are universally recognized as the symbols for the first great movement, which began in Great Britain and [3] (1. led 2. spread 3. continued) to the United States in the early nineteenth century.
2:5 というのも、蒸気機関と織物工場は、英国で始まり19世紀初頭にアメリカ合衆国に広がった第一の大きな革新のシンボルとして、世界的に認識されている。
2:6 The new industries of the 1870s and 1880s do not have the same familiar symbols.
2:6 1870年代から1880年代の新しい産業には、それと同じようなよく知られたシンボルがないのである。
2:7 Edison’s Pearl Street station in downtown Manhattan – the first architectural relic of the electrical industry is no longer standing.
2:7 マンハッタン中心部のパール街にあるエジソンの発電所は、電気産業の最初の建築遺跡であったが、今はもうない。
2:8 But Edison’s laboratory in West Orange is both a [4] (1. accessible 2. attainable 3. adaptable) and appropriate symbol of this movement.
2:8 しかしウエスト・オレンジにあるエジソンの研究所はこの第二の革新を示すシンボルであり、実際に訪れることができるだけでなくシンボルとしてふさわしいものである。
■第3段落
3:1 The complex of buildings in West Orange was erected in the late 1880s, when the Second Industrial Revolution was just beginning.
3:1 ウエスト・オレンジにある一群の建物は、ちょうど第2次産業革命が始まろうとする1880年代後半に造られた。
3:2 As the greatest industrial research facility in the United States, the laboratory was the breeding ground for a new generation of technology and the starting point of some important new industries of the twentieth century.
3:2合衆国最大の産業研究施設として、その研究所は、新世代の科学技術の発生地であり、また20世紀の重要な新産業のための出発点であった。

3:3 Here Edison worked at spreading his electrical lighting systems throughout the industrialized West and [5] (1. estimating 2. lowering. dispersing) the price of electricity until it was available to everyone.
3:3 この場所で、エジソンは、自ら考案した電気照明装置を工業化の進んだ西部地方一帯へ広め、電気の値段を誰もが使える程度にまで下げることに取り組んだ。
3:4 The motion picture camera was invented at the laboratory, along with a host of other important products, such as the Edison storage battery and the dictating machine.
3:4映画の撮影機がその研究所で発明され、またエジソン式蓄電池や口述録音機など、他の重要な製品も多数発明された。
3:5 Edison perfected the phonograph at this facility and manufactured thousands of them at his nearby factories.
3:5 エジソンはこの施設で蓄音機を完成させ、近くの自分の工場で大量に生産した。
3:6 Two of the twentieth century’s most influential media industries -motion pictures and musical entertainment – had their humble beginnings in this cluster of brick buildings.
3:6 20世紀で最も影響力のあった2つのメディア産業、つまり映画と音楽の娯楽産業は、このれんが造りの建物の一群から、静かに始まったのである。
[21] Which of the following statements about the Edison National Historic Site is not correct?
1. It attracts many visitors, including Japanese.
2. It is located next to the Pearl Street station.
3. It has the complex of buildings originally erected in the 1880s.
4. It is a rare symbol of the Second Industrial Revolution.

・解答 [21]―2
>[21]
エジソン国立史跡に関して誤っているものは?
1.日本を含む多くの訪問者を引き付ける。
2.パールストリート駅の隣に位置する。
3.もともとは1880年代に建てられた建物の複合体を持っている。
4.第二次産業革命の稀な記号がある。
エジソン国立史跡について正しくない記述を選ぶ。第1段第2文に「ニューヨーク市から45分のところに位置している」とある。一方、「パール街の発電所(Pearl Street station)」は、問題[4]の1つ前の文に書かれているように「マンハッタン中心部(downtown Manhattan)」つまりニューヨークの中心部にある。したがって2の「パール街の発電所のとなりに位置する」が本文と一致しないので正解となる。
1は第1段第1文の「多くの人々を引きつけている(attracts thousands of people)」と、最終文の「日本人観光客に大変人気がある(most popular with Japanese tourists)」の部分と一致する。
3は第3段第1文(The complex of…)と一致する。
4は第2段第4文(This second wave of…)の内容(第2次産業革命には第1次産業革命のシンボルのような有名なシンボルがない)と最終文の記述「(エジソンのウエスト・オレンジにある研究所は)この革新を示すにふさわしいシンボル(appropriate symbol of this movement)」より、内容に一致する。

[22] In the 3rd paragraph, the phrase “the breeding ground” refers to the birthplace of
1. new sciences.
2. a new breed of people.
3. new industries and technologies.
4. new start­up companies.

・解答 [22]―3
>[22]
[22]3番目の段落では、「温床」とは~発祥の土地を示す
1.新しい科学。
2人の新品種。
3.新しい産業や技術。
4.新しい新興企業。
第3段の「発生地(the breeding ground)」とは何が生まれる場所であるかを答える。第3段第2文(As the greatest…)中に「新世代の科学技術の発生地であり、また20世紀の重要な新産業のための出発点(the breeding ground・・・century)」とあることから3が正解。

■第5段落
5:1 When Edison reached the age of forty in February 1887, he had achieved more than many men do in their [8](1. Scopes 2. Areas 3. Lifetimes).
5:1 エジソンは1887年2月に40歳を迎えた時、多くの男性が生涯でなし得る以上のことをすでに達成していた。
5:2 The development of commercial electric lighting had brought him worldwide fame and a considerable fortune.
5:2商業としての電気照明の発達が、彼に世界的名声とかなりの富をもたらしていた。
5:3 The famous invention of his incandescent lamp had taken place in 1879 at his laboratory in Menlo Park, New Jersey, the “invention factory” where groups of [9](1. investors 2. experimenters 3. executives) had developed a stream of new products that included electric lighting.
5:3有名な白熱灯の発明が、1879年に、ニュージャージーのメンロ・パークにある彼の研究所、すなわち「発明工場」でなされており、そこでは何班もの実験者らが電気照明を含む一連の新製品を開発していた。
5:4 In the years that [10](1. made 2. continued 3. followed) the invention of the electric lamp, Edison and his men built the first complete supply system based on a central power station.
5:4電灯の発明後の期間には、エジソンとその部下達は中心となる発電所を基盤とする完全な電気供給設備を初めて建設した。

5:5 New York’s Pearl Street station was completed in 1882.
5:5 ニューヨークのパール街にある発電所は1882年に完成された。
5:6 It distributed electricity to a few blocks of the business district in lower Manhattan.
5:6 それは南部マンハッタン地区の数ブロックにわたる商業地区へ電気を送った。
5:7 This was not the first electric light in New York City.
5:7 これがニューヨーク市の最初の電灯というわけで、はなかった。
5:8 [11](1.when 2. for 3. although) Charles Brush and Edward Weston had already installed arc lights in public places, but it was the prototype of the commercial distribution of electricity.
5:8 というのは、すでにチャールズ=ブラッシュとエドワード=ウエストンが公共の場所にアーク灯を設置していたからである。しかしそれは商業的な電気の配給の原形であった。
5:9 The plain, shop­front facade of the Pearl Street station did not do justice to this historic installation, which proved that large-scale electricity supply was technologically feasible.
5:9 パール街発電所の建物の質素な正面部分からはうかがいしれないかもしれないが、この歴史的な設備は大規模な電気の供給が技術的に実現可能であることを証明するものであった。
5:10 It was a triumph for Edison and the small beginning of a great new industry.
5:10 それは、エジソンにとっての勝利であり、また偉大なる新産業の小さな始まりでもあった。
5:11 [12] (1. The structures 2. The features 3. Copies) of the station soon appeared on both sides of the Atlantic, as affluent city dwellers clamored for the new light and entrepreneurs rushed to form local Edison lighting companies.
5:11裕福な都市居住者が新しい照明を要求しそして起業家達がこぞって地元にエジソン照明会社を設立するにつれ、その発電所と同じものが、ほどなくして大西洋の両側に出現した。
5:12 To his contemporaries, Edison, now known as the “Wizard of Menlo Park,” stood astride a mighty business empire.
5:12 エジソンは同時代の人々にとって目下「メンロ・パークの魔術師」として知られ、強大なビジネス帝国の上に立っていた。
[23] Which of the following is not one of Edison’s inventions?
1. The arc light.
2. The storage battery.
3. The phonograph.
4. The motion picture camera.

・解答 [23]―1
>[23]
[23]次のうちどれがエジソンの発明の一つではないか?
1.アークライト。
2.蓄電池。
3.蓄音機。
4.映画用カメラ。
エジソンの発明ではないものを選ぶ。1のarc light「アーク灯」は、本文の問題[11]の文にあるようにブラッシュとウエストンが作ったものである。

[24] As regards electricity and electric light, which of the following is Edison’s contribution?
1. The scientific discovery of electricity.
2. The supply of electric power to new industries.
3. The first electric light in use in New York City.
4. The first electric power supply system for the public.

・解答 [24]―4
>[24]
「電気と電灯に関しては、次のうちどれがエジソンによる貢献か」
1.電気の科学的発見。
2.新産業への電力供給。
3.ニューヨーク市で使用されている最初の電灯。
4.公共のための第一の電力供給システム
As regards~「~に関して」
第5段の問題[10]の文に「完全な電気供給設備を初めて建設した(built the first complete supply system)」とあり、続く2文にも実際に発電所から電気を供給したことが書かれており、4の内容がこれと一致する。
1は電気そのものがエジソンによって発見されたという記述はないので誤り。
2は第2段第3文(Edison’s invention…)に「エジソンによる白熱電球の発明は、数々の新しい主要産業を生み出す、技術革新の第二の到来の始まりを示していた」とあることからわかるように、新産業がすでに生まれていたわけではないので誤り。

[25] According to the article, which of the following statements about industrialization is not correct?
1. The steam engine and textile mill are symbols of the first wave of industrialization.
2. The electrical industry was born at the beginning of the second wave of industrialization.
3. None of the powerful symbols of the second wave of industrialization remains today.
4. The microelectronics “revolution” is under way as a third wave of industrialization.

・解答 [25]―3
>[25]工業化に関する記述で、正しくないものを選べ。
1.蒸気機関や織物工場は、工業化の第一波のシンボルである。
2.電気産業は工業化の第二波の初めに生まれた。
3.工業化の第二波の強力な記号のいずれも、今日残っていない。
4.マイクロ電子工業「革命」は、工業化の第三の波として進行中である。
3は「工業化の第二の波の強力なシンボルは今日一つも残っていない」だが、第2段最終文に「ウエスト・オレンジにあるエジソンの研究所は…シンボルとしてふさわしいものである」とあるので、「一つも残っていない」という記述は誤り。
1は第2段第4文(This second wave of…)の後半部分、the steam engine and textile mill…movementの部分と一致する。
2は第2次産業革命が1880年代に始まったと第2段第1文に書かれていること、そして1882年にパール街の発電所が完成して電力供給が始まったことが第5段第5文(NewYork’s…)以降に書かれていることなどから一致。
4は「マイクロ電子工学の『革命』は工業化の第三の波として進行中である」という意味だが、第2段冒頭に記述がある。「マイクロ電子工学の『革命』」が「第三の波」となることを示す直接的な記述がないが、「第2次産業革命(=第二の波)との関連性を見出した」とあるため、マイクロ電子工学の「革命」を第三の波と考えてもよいだろう。

■第7段落
7:1 In Edison’s view a patent was hardly worth the trouble of inventing something.
7:1 エジソンの考え方では、特許とは、物を発明する苦労ほどの価値はほとんどない。

7:2 He knew from experience that selling patents to businessmen often left the inventor shortchanged.
7:2実業家に特許を売り渡してしまえば、発明者の方に残るべき金が少なくなりがちだということを、彼は経験から知っていた。
7:3 More often than not the returns from a new idea went to the financier or manufacturer, while the inventor struggled to protect his patent in the courts and [16] (1. lose 2. enlarge 3. obtain) his share of the profits.
7:3新しい着想から得られる利益は資本家や製造業者の元に渡ってしまうことがしばしばあり、発明者の方は特許を守って利益の取り分を得ようと法廷で苦闘した。
7:4 A patent alone was not enough, nor was an invention.
7:4特許だけでは十分でなく、発明もまたそうであった。
7:5 The original idea had to be developed into something more tangible than a patent;
7:5最初のアイデアは特許権よりももっと実質的なものに発展させる必要があった。
7:6 it had to be transformed, or “perfected,” into a working model or a prototype – something a businessman could see and touch rather than [17](1. imagine 2. create 3. materialize.
7:6 つまり形を変え、あるいは「完成」させて、実用模型や試作品―実業家が頭で想像するのではなくむしろ見たり触ったりできるようなもの―にする必要があった。
7:7 This was essential to obtaining financial support.
7:7 このことは金銭的な援助を得るためには不可欠であった。
7:8 In Edison’s words, “the money people” had to see money in an invention before they would invest in it.
7:8エジソンの言葉で言えば、「金にかかわる人々」は、ひとつの発明に投資する前に、そこに金の存在を見出す必要があった。
7:9 Perfecting an invention included finding and remedying the bugs – the defects and design problems – that inevitably [18](1. broke down 2. went through 3. cropped up) in the development of an idea into a working model or process.
7:9 ひとつの発明を完成させることには、バグ、つまり欠陥や設計上の問題点を見つけ、除去していくことも含まれていた。それはあるアイデアを実用模型や製作過程の段階へと発展させていく際に必ず発生するものであった。
7:10 This stage of innovation ended when the invention was translated into a factory ready prototype.
7:10技術革新のこの段階は、その発明が工場ですぐに生産できる試作品へと転化された時終了するのであった。
7:11 The idea was now embodied in a technology, an amalgamation of ideas, knowledge, and hardware all directed [19] (1. in 2. toward 3. under) a practical goal.
7:11 その時点ではもう、最初のアイデアは、ひとつの技術、つまりアイデアと知識と機器の融合物の中に具体化されており、そのすべては実際的な目標へと向けられていた。
7:12 Its value was much greater than a patent.
7:12 その価値は特許よりもずっと大きかった。
7:13 The final step was “pioneering” a technology by putting it into production and proving its commercial feasibility.
7:13 そして最後の段階は、ひとつの技術を生産ベースに乗せ、商業的な実現可能性を証明することによって「開拓する」ことであった。
7:14 This meant financing and administrating a manufacturing operation until it could be sold to entrepreneurs.
7:14 このことは、起業家に売れるようになるまで、製造作業の資金を調達し、管理することを意味した。

[26] According to the article, which of the following best represents Edison’s general attitude toward Science?
1. Science should not be evaluated on the basis of its commercial feasibility.
2. Scientific progress can lead to new commercial possibilities.
3. Scientific research should follow industrial revolutions.
4. Scientific findings should be accumulated for scholarly purposes.

・解答 [26]―2
>[26]問の文は「本文によると、次のうち、エジソンの科学に対する全体的な姿勢を最もよく表しているのはどれか」という意味。
第7段の最後から2つ自の文(The final…)に「最後の段階は、ひとつの技術を生産ベースに乗せ、商業的な実現可能性を証明することによって『開拓する』ことであった」とあり、商業的な可能性を重要視していることから、2の「科学の進歩は新たな商業的可能性につながりうる」と主旨が近いと言える。
1の「科学は、商業的な実現可能性に基づいて評価されるべきではない」はエジソンの考えとは逆である。
3は「科学的研究は産業革命のあとに続いてなされるべきである」という意味だが、「発明が新産業につながる」という順序と全く逆なので誤り。
4の「科学上の発見は、学術目的のために蓄積されるべきである」は、特に本文に記述はない。

[27] Which of the following statements best summarizes Edison’s view of patents?
1. Obtaining patents is the crucial step in the process of invention.
2. Protecting patents through the legal system is highly important.
3. Patents do not guarantee commercial success.
4. Patents are essential to obtaining financial support.

・解答 [27]―3
>[27]「特許(patent)」に対するエジソンの考え方を最もよく表した文を選ぶ。第7段(In Edison’s view…)全体にエジソンの考えが述べられている。
特に問題[16]の後の2文に「特許だけでは十分でなく、発明もまたそうであった。最初のアイデアは特許権よりももっと実質的なものに発展させる必要があった(A patent alone … than a patent)」とあり、3の「特許は商業的成功を保証するものではない」と内容が一致する。3以外の選択肢はいずれも特許を重視した内容なので不適。
1.「特許の取得は発明過程において必要不可欠な段階である」
2.「法的なシステムによって特許を守ることは非常に重要である」
4.「特許は金銭的援助を受けるために必要不可欠である」

[28] Edison regarded those he called “the money people” as
1. intrusive and demanding.
2. congenial and supportive.
3. irrelevant to his business.
4. potential partners and supporters.

・解答 [28]―4
>[28]
「エジソンは『金にかかわる人々』と自分が呼んでいる人々を…だと見なしていた」
1.出しゃばりで要求が多い
2.気が合い、協力的
3.彼のビジネスに無関係
4.潜在的なパートナーとサポーター
第7段問題[17]の後の2文に「このことは金銭的な援助を得るためには不可欠であった。エジソンの言葉で言えば、『金にかかわる人々』は、ひとつの発明に投資する前に、そこに金の存在を見出す必要があった(This was … in it.)」とある。「金にかかわる人々」は、ひとつの発明が商品として完成される過程で「金銭的な援助」をしてくれる存在であると読み取れる。第7段最終文の「製造作業の資金を調達し管理する(financing and administrating a manufacturing operation)」という表現からもうかがえる。したがって4の「パートナーおよび援助者となってくれそうな人」が最も近い。
3の「彼のビジネスとは無関係」は内容が正反対。2の「気が合う(congenial)」や、1の「出しゃばりで要求が多い」という表現は、本文からは読み取れない。

■第6段落
6:1 Innovation is a term that Edison did not use.
6:1技術革新というのはエジソンが使わなかった言葉である。
6:2 He described himself as an inventor and the work he did in the laboratory as invention.
6:2彼は自分を発明家と呼び、研究所でやる仕事を発明と呼んだ。
6:3 Yet to label Edison a mere inventor does not do justice to his genius, nor does it [13] (1. account for 2. turn out 3. lead to) the enormous impact he had.
6:3 しかしエジソンを単なる発明家と呼ぶのは、彼の天性を十分には表しておらず、また彼の与えた莫大な影響も説明してはいない。
6:4 Inventing was the idea stage, the first step in a long process.
6:4発明することは着想、の段階であり、長い過程の第一歩であったにすぎない。
6:5 Its formal ending came when a patent was filed.
6:5 それが正式に完了するのは特許が申請された時であった。
6:6 Edison considered getting ideas for an invention the easy part;
6:6 エジソンは、ある発明品のアイデアを思いつくことは容易な部分であると考えていた。
6:7 the hard part was “the long laborious trouble of working them out and producing apparatus which is commercial.”
6:7困難な部分は「それらを練り上げ、市販できるような装置を作り出すことの長くて大変な苦労」であった。
6:8 Innovation defines Edison’s work, [14] (1. leaving 2. keeping 3 taking) it from the laboratory into the commercial world.
6:8技術革新はエジソンの仕事の大きな特徴であり、彼の仕事を研究所から商業的世界へと導いた。

6:9 Innovation covers the setting up of a commercial enterprise based on an idea.
6:9技術革新とは、ある着想に基づいて営利的事業を設立することを含む。
6:10 Edison’s record number of U. patents [15] (1. might as well 2. should not 3. cannot but) obscure his even greater achievement of founding several industries.
6:10 エジソンは合衆国で記録的な数の特許を取ったが、それによって数々の産業の創設という、さらに大きな業績がかすんでしまうことはないはずである。
■第8段落
8:1 Innovation covers what Edison called inventing, perfecting, and pioneering a new technology.
8:1技術革新とは、エジソンの言う新技術の発明、完成、そして開拓を含む。
8:2 The business of innovation encompasses decision making, from establishing the technical goals of a research program to devising a marketing strategy for a new product.
8:2技術革新のビジネスとは研究プログラムの技術的目標を設置することから新製品の販売戦略の考案にいたるまでの意志決定を含む。
8:3 It also covers the management of the research and development effort and the financing of the whole operation.
8:3 またそれは、研究や開発の仕事の管理や、事業全体の資金調達をも含む。
8:4 Inventors in the nineteenth century had often [20] (1. emphasized 2. imagined 3. ignored) the business of innovation, preferring to remain in the technical domain.
8:4 19世紀の発明家達は、技術的な領域にとどまることを好み、技術革新のビジネスをしばしば無視していた。
8:5 This was fine for the individual who did not mind a life of poverty and obscurity, but for the operator of an invention factory, the management of resources was of primary importance.
8:5 これは貧困と無名の生活を気にしない人にとっては問題ないが、発明品工場の経営者にとっては、資金の管理は何より重要なことであった。

[29] Which of the following statements best summarizes the concept of innovation as used in the article?
1. The main point of innovation is to do new research.
2. The objective of innovation is to create new technologies.
3. The process of innovation involves trial and error.
4. The aim of innovation is to realize the commercial value of an invention.

・解答 [29]―4
>[29]本文で用いられている「技術革新(innovation)」の概念を最もよく表しているものを選ぶ。第6段の問題[14]の後の文「技術革新とはある着想に基づいて営利的事業を設立することを含む(Innovation covers…)」や、最終段第2文「技術革新のビジネスとは、研究プログラムの技術的目標を設置することから新製品の販売戦略の考案にいたるまでの意志決定を含む(The business…)」などから、4の「技術革新の目的は、発明の商業的価値を実現することである」が正解。
1.「技術革新の主要な点は新しい研究をすることである」
2.「技術革新の目的は新技術を生み出すことである」
3.「技術革新の過程は試行錯誤である」内容としては間違っていないかもしれないがそれだけでは概念の説明として不十分。

[30] Based on the entire reading, which of the following best summarizes Edison’s overall contribution?
1. He produced many of our current technologies by concentrating purely on invention.
2. He built a number of significant edifices as symbols of industrial progress.
3. He pioneered the process of developing, modifying, and commercializing inventions.
4. He successfully promoted his electric technology to countries outside the United States.

・解答 [30]―3
>[30]エジソンの「全体的な貢献(overall contribution)」を最もよく表した文を選ぶ。第6段から最終段まで、エジソンが単なる発明にとどまらず商業的な成功を目指していたことが何度も述べられている。特に最終段冒頭文(Innovation covers…)に「技術革新とは、エジソンの言う新技術の発明、完成、そして開拓を含む」とあり、その「開拓(pioneering)」とは第7段の最後から2つ自の文にあるように「(ある技術を)生産ベースに乗せ、商業的な実現可能性を証明すること(putting it into production and proving its commercial feasibility)」である。3の「彼は発明を発展させ、修正し商業化する過程を切り開いた」がこの主旨と一致する。
1.「彼は我々が現在利用している技術の多くを純粋に発明のみに集中することによって生み出した」「純粋に発明のみに集中することによって」の部分がおかしい。
2.「彼は産業の発展のシンボルとしていくつもの重要な大建造物を建てた」エジソンは工場や研究所を設立したかもしれないがシンボルとして建てたわけではない。
4.「彼は電気の技術を合衆国以外の国に広めるのに成功した」発電所が国外にも(=大西洋の両側で)建てられたという記述はあるが、それは特にエジソンの貢献ではない。

copyright 2016/Everyday school