[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2009年 大問一 内容一致問題

内容一致問題
■第1段落
1:1 If Bangladesh were to count her blessings, they would number three: the Brahmaputra, the Meghan and the mighty Ganges.
1:1 もしバングラデシュが自分に与えられた恵みを数えるなら、以下の3つを挙げるだろう。すなわち、ブラマプトラ川、メグナ川、そして広大なガンジス川である。
1:2 These great rivers are practically Bangladesh’s only natural resources.
1:2 これらの大河はバングラデシュ唯一の天然資源と言ってもよい。
1:3 In a predominately rural country in which agriculture and freshwater fishing are the keys to the economy, the rivers are the people’s lifeblood.
1:3農業と淡水漁業が経済のカギを握る、農村が大部分を占めるこの国では、これらの河川は人々にとって不可欠な存在なのである。
■第2段落
2:1 But these blessings, allied with the regions summer monsoon climate, are also a curse.
2:1 しかしこれらの恵みはまた、その地域の夏のモンスーン気候と結びついて災いにもなる。
2:2 Although almost two meters of rain fall on Bangladesh each year, more than two thirds [1] (1. go in 2. get in 3. arrive in) just four months.
2:2 バングラデシュでは年間に2メートル近い降雨があるが、その3分の2以上はわずか4カ月の聞に降り注ぐ。
2:3 For much of the year, the vast delta formed by the three rivers is parched, but in many summers their banks burst, causing massive floods.
2:3 1年の大半の期間、3つの河川によって作られる巨大な三角州は干上がっているが、夏にはしばしば堤防が決壊し大規模な洪水を引き起こす。

2:4 Lacking proper sanitation and water storage facilities, Bangladesh is also [2] (1. prone to 2. immune to 3. adapted to) epidemics of waterborne disease.
2:4十分な下水設備や水の貯蔵施設がないため、同時にバングラデシュでは水を媒介とする病気が流行しやすい。
2:5 Even during floods, the major problem is the availability of safe water.
2:5洪水の最中でさえ、いかに安全な水を手にするか、ということが大きな問題となる。
[21] Which of the following agrees with the description of Bangladesh’s natural environment in the 1st and 2nd paragraphs?
1. The three major rivers in Bangladesh are the country’s only means for supplying safe, sanitary water throughout the year.
2. The cycle of dry and rainy seasons causes flood and drought, changing the features of the rivers.
3. The combination of the rivers and summer monsoon climate creates a good natural environment for supplying safe water.
4. Bangladeshs abundant rainfall keeps the country green all the year round.

・解答 [21]―2
>[21]「第1・2段で述べられているバングラデシュの自然環境に一致するものはどれか」
1.「バングラデシュの3つの主要河川は、国にとって1年を通して安全で衛生的な水を供給するための唯一の手段である」
3つの河川は農業と漁業のために重要(第1段最終文)なのであり、水の供給のためではないので不一致。
2.「乾季と雨季の循環が、洪水と干ばつを招き、河川の様子を変える」
第2段第1~3文の内容に一致する。
3.「河川と夏のモンスーン気候の組み合わせが、安全な水を供給するのに適した自然環境を作り出す」
第2段第1~3文によると、河川とモンスーン気候がもたらすのは洪水である。同段最終文には洪水の最中でも安全な水を確保するのが困難だ、という記述もあるので不一致。
4.「バングラデシュは降水量が豊富なため、1年を通じて緑が多い」
第2段第2・3文(Although almost two meters…)に、降水の3分の2以上が4カ月に集中し、1年の大半は乾燥している、という主旨の記述があるので不一致。

■第5段落
5:1 Worse still, the issues are overlaid by fractious regional politics.
5:1 さらに悪いことに、それらの問題には、手に余る地域的政治問題が覆いかぶさっている。
5:2 For decades, Bangladesh has been [6](1. in harmony with 2. in dispute with 3. in correspondence with) its neighbours ― particularly India― over their management of the rivers that drain into Bangladeshi territory.
5:2何十年もの間、バングラデシュは、自国の領土に流れ込む河川の管理に関して隣国、特にインドと争ってきた。
5:3 For the country’s politicians, water is the defining issue, and the Ganges ― known in Bangladesh as the Padma ― whose basin is home to some 400 million people, is a perennial bone of contention.
5:3 バングラデシュの政治家にとって、水は決定的な問題で、流域に約4億人が住むガンジス川―バングラデシュではパドマ川として知られているが―は、絶えず繰り返される紛争の火種となっている。
5:4 Despite some progress in reaching agreement over the river’s management, Bangladesh still blames India for [7](1. holding back 2. taking back 3. giving back) too much water in the dry season, and letting the floodgates open each time the monsoon threatens.
5:4河川の管理に関する合意の形成にはいくらかの進展があったにせよ、バングラデシュは、インドが乾季に過度に大量の水をせき止めていること、モンスーンが迫る度に水門を開けたままにしていることを、今でも非難している。

[22] How does the political relationship between Bangladesh and India relate to the problem of obtaining safe water?
1. Bangladesh and India have been working together to construct wells in order to use underground water.
2. Bangladesh and India have somehow managed to solve the problem together.
3. Bangladesh and India have seen some progress in the rivers management, but serious disputes still remain.
4. After years of serious discussion, each country now respects the others position with regard to the use of water.

・解答 [22]―3
>[22〕「バングラデシュとインドの政治的な関係は、安全な水を入手する問題とどのように関係しているか」
1.「バングラデシュとインドは、地下水を利用する目的で井戸を作るためにずっと協力してきている」
両国が協力を試みたのはガンジス川の管理についてであり(第5段最終文)、「井戸を作るために協力している」という記述はないので不適。
2.「バングラデシュとインドは、共同でその問題をどうにか解決した」
「その問題」、つまり「安全な水を入手する問題」は、解決済みの問題ではないので不適。manage to~「どうにか~する」
3.「バングラデシュとインドは河川の管理についてある程度の前進を見たが、まだ大きな対立が残っている」
第5段最終文(Despite some progress…)の記述に一致する。
4.「何年もの真剣な議論の後、それぞれの国は水の使用に関するお互いの立場を尊重しあっている」
第5段最終文に、バングラデシュはインドの河川管理を非難しているという記述がある。ここからも「お互いの立場を尊重しあっている」とは言えないので不一致。

■第6段落
6:1 The picture looks bleak, but experts point out that Bangladesh is, in some ways, a victim of its own success.
6:1見通しは暗いが、バングラデシュはある意味、自らの成功の犠牲者である、と専門家は指摘する。
6:2 Given the hydrological hand they were dealt, the inhabitants of the Bengal Delta traditionally grew low-yielding but flood tolerant rice, and fished wetlands and pools that were recharged by annual floods.
6:2彼らに与えられた水文学的な手札を考えると、ベンガル=デルタの住民は、低収穫でも洪水に強い種類の米を伝統的に栽培し、毎年の洪水で補充される湿地や水溜りで漁業をしていた。
6:3 This could support a modest population at [8](1. Flat 2. Similar 3. Subsistence) levels, but no more.
6:3 これはささやかな数の人が、何とか食べていくことを可能にしたが、それ以上は無理であった。
6:4 Since the late 1950s, however, aid­donor-backed irrigation schemes, later incorporating groundwater pumping, have opened up vast areas of fertile delta soil to the plough.
6:4 しかし1950年代の終わり頃から、援助国の支援による灌漑計画が、後に地下水の汲み上げと一緒になって肥沃な三角州の広大な土地を開発し耕作地へと変えた。
6:4 Now almost all of the land in Bangladesh that is suitable for agriculture is in use.
6:4現在では、農業に適したバングラデシュの土地は、ほとんどすべてが利用されている。
6:5 High-yielding rice varieties have boosted productivity hugely, while the development of coastal areas for shrimp farming has also provided further food and revenue.
6:5高収穫な品種の米が生産性を大幅に向上させ、その一方でエビの養殖を目的とした沿岸地域の土地の開発もまた、さらに多くの食糧と歳入をもたらした。

■第7段落
7:1 As a result, the population has quadrupled since 1950.
7:1その結果、1950年以降人口は4倍に増えた。

7:2 Today, an average of 920 people crowd into each square kilometer of Bangladesh, making it one of the most [9](1. largely 2. densely 3. appropriately) populated countries in the world.
7:2今日では、平均920人が1平方キロメートル当りにひしめきバングラデシュを世界で最も人口密度が高い国の1つに押し上げている。
7:3 Therein lies the problem:
7:3 そこに問題が存在する。
7:4 population pressure has helped to make droughts more severe and floods potentially more [10](1. devastating 2. demanding 3. enriching).
7:4 つまり、人口により圧力がかけられたことで干ばつはより厳しくなり、洪水の潜在的な脅威はさらに大きくなった。

7:3 Also, with sanitation still inadequate, the rapid population growth of the past half century has exacerbated problems with waterborne disease.
7:3 また、下水設備がいまだ不十分なことと相まって、過去半世紀聞の急激な人口の増加は、水を媒介とする病気の問題を深刻化させた。
7:4 Environmental scientist Atiq Rahman [11](1. prefers 2. likens 3. ascribes) Bangladesh to a giant toilet flushed just once a year.
7:4環境科学者のアティク=ラーマンは、バングラデシュを、年に1度しか水が流れない巨大な水洗トイレに喩えた。
[23] Which of the following best fits the interpretation of the phrase “a victim of its own success” in the 6th paragraph?
1. Initial success creates serious problems later.
2. Success and failure are opposite sides of the same coin.
3. One man’s meat is another man’s poison.
4. Failure is the basis for success.

・解答 [23]―1
>[23]「第6段の『自らの成功の犠牲者』という表現の解釈として、下記のいずれが最も適しているか」
1.「最初の成功が、後に深刻な問題を引き起こした」
a victim of its own successという語句は第1文で登場する。第2文以降に、バングラデシュの経済的成功の話が紹介されているが続く第7段でその成功が人口の急増を招き、洪水や伝染病の流行につながったとある。よってa victim of its own successの解釈としては最も適切である。
2.「成功と失敗は、1つのコインの裏表である」
失敗と成功が裏表であることを表現する記述はないので不適。
3.「甲の薬は乙の毒」
成功を手にしたのも、そこから生まれた被害を受けたのもバングラデシュ自身なので、この表現は適当ではない。
4.「失敗は成功の礎」
失敗がその先の成功につながった、という話ではないので不適切。

[24] According to this article, aid­donor-backed irrigation schemes incorporating groundwater pumping
1. benefited only the international donors and local companies providing the pumping equipment.
2. increased the risk of infectious diseases among people in the Bengal Delta.
3. alleviated international tensions concerning the water of the Ganges.
4. made more land suitable for agriculture, accelerating the population explosion.

・解答 [24]―4
>[24]「本文によると、支援国の援助を受けた地下水の汲み上げを組み入れた潅減計画は…」
1.「海外の支援者と、揚水装置を提供する地元の会社のみを潤わせた」
第6段第5・6文(Now almost all of…)の内容から、農業従事者や漁業従事者も収入を増やしたと考えられるので、不一致。
2.「ベンガル=デルタの人が伝染病にかかる危険を高めた」
第7段第4文(Also, with sanitation…)に、伝染病にかかる危険を高めたのは不十分な下水設備と急激な人口の増加である、という主旨の記述があるので不一致。
3.「ガンジス川の水に関する国際的緊張を和らげた」
灌漑計画と国際的緊張との関係については、本文では述べられていないので不一致。
4.「農業に適した土地を増やし、人口の増加を加速させた」
第6段第5・6文と第7段第1文(As a result,…)に一致する。

■第9段落
9:1 If only things were that simple:
9:1物事がこれほど単純だったらどんなによかっただろう。
9:2 the tragedy that has subsequently unfolded reveals in stark terms how “solutions” to water resource problems can go astray if our knowledge of a region’s hydrology and geology is [14] (1. incomplete 2. sufficient 3. accumulated).
9:2後に明らかになる悲劇は、ある土地について我々の水文学や地質学に関する知識が不十分だと水源問題に関する「解決策」がいかに迷走するかを、如実に物語る。
9:3 It was Dipankar Chakraborty, an epidemiologist, who first raised the alarm.
9:3最初に警鐘を鳴らしたのは伝染病学者のデイパンカー=チャクラボルテイだった。
9:4 In 1988, on a visit to his Bengali parents’ rural village, Chakraborty noticed that many local people were suffering from skin lesions and cancers that seemed to be [15] (1. independent of 2. causing 3. consistent with) arsenic poisoning.
9:4 1988年に、ベンガル人の両親が住む田舎の村を訪ねたときに、チャクラボルテイは多くの地元民が、ヒ索中毒と見られる皮膚病やガンを患っているのに気がついた。

9:5 When he tested samples of well water in his laboratory at Jabalpur University in Calcutta, it became clear why:
9:5 カルカッタのジャダヴプル大学の自分の実験室で、井戸水のサンプルを調べると、その理由が明らかになった。
9:6 the villagers’ water supply was massively tainted with the metal.
9:6村民の水源は、その金属によってひどく汚染されていたのだ。
[25] According to this article, sinking tube wells into underground reservoirs
1. caused the sinking of the ground level.
2. decreased the amount of arable land.
3. increased the damage caused by the annual monsoons.
4. made the name Devils Water” unfortunately appropriate.

・解答 [25]―4
>[25]「本文によれば、地下の溜り池に井戸を掘ることにより…」
1.「地表面が低下した」
2.「耕地が減少した」
3.「毎年のモンスーンによる被害が大きくなった」
4.「不幸にも『悪魔の水』という呼び名がふさわしくなった」
上記1~3に該当する記述は本文には見られないので不適。第9段と第10段に、井戸の水に含まれていたヒ素がもたらした被害の実態が紹介されている。この事実からもともとは迷信に過ぎない「悪魔の水」という呼び名が、不幸にも現実化したと考えられるので4が正解。

■第8段落
8:1 By the 1970s, it was clear that something had to be done, and aid agencies ― led by the World Bank and UNICEF ― [12] ( 1. caught up with 2. hit on 3. got away with) the idea of sinking tube wells into the underground water reservoirs that lie beneath the deltas surface.
8:1 1970年代までには何らかの対策が必要で、あることは明らかになり、世界銀行やユニセフに率いられた支援組織が、三角州表面の地下に存在する地下水の溜りに掘り抜き井戸を掘る計画を思いついた。
8:2 Local people, [13](1. dependent on 2. fearful of 3. indifferent to) this subterranean source, initially called it the Devils water.”
8:2地元民は、この地下に潜む水源を恐れ、当初は「悪魔の水」と呼んでいた。
8:3 But when rates of diarrheal disease halved, the programmer was deemed an unqualified success.
8:3 しかし下痢を伴う疾患の発症率が半分になると、計画は大成功と考えられるようになった。

8:4 By the 1990s, as many as 10 million wells had been sunk, many of them by local companies.
8:4 1990年代までには1000万もの井戸が、多くは地元の会社によって掘られた。
[26] The statement “the programme was deemed an unqualified success” in the 8th paragraph means that
1. the programme was considered a complete success.
2. the programme was considered a partial success.
3. the programme was considered a conditional success.
4. the programme was considered an unjustifiable success.

・解答 [26]―1
>[26]「第8段の『計画は大成功と考えられるようになった』という文が意味するのは…」
1.「その計画は完全な成功だと見なされた」
2.「その計画は部分的には成功したと見なされた」
3.「その計画は条件つきの成功だと見なされた」
4.「その計画は不当な成功だと見なされた」
ここではunqualifiedは「完全な」「制限のない」という強意を意味する。よって1が正解。他の文はすべて、限定された成功を表しているので不適。

■第9段落
9:1 If only things were that simple:
9:1物事がこれほど単純だったらどんなによかっただろう。
9:2 the tragedy that has subsequently unfolded reveals in stark terms how “solutions” to water resource problems can go astray if our knowledge of a region’s hydrology and geology is [14] (1. incomplete 2. sufficient 3. accumulated).
9:2後に明らかになる悲劇は、ある土地について我々の水文学や地質学に関する知識が不十分だと水源問題に関する「解決策」がいかに迷走するかを、如実に物語る。
9:3 It was Dipankar Chakraborty, an epidemiologist, who first raised the alarm.
9:3最初に警鐘を鳴らしたのは伝染病学者のデイパンカー=チャクラボルテイだった。

9:4 In 1988, on a visit to his Bengali parents’ rural village, Chakraborty noticed that many local people were suffering from skin lesions and cancers that seemed to be [15] (1. independent of 2. causing 3. consistent with) arsenic poisoning.
9:4 1988年に、ベンガル人の両親が住む田舎の村を訪ねたときに、チャクラボルテイは多くの地元民が、ヒ索中毒と見られる皮膚病やガンを患っているのに気がついた。
9:5 When he tested samples of well water in his laboratory at Jabalpur University in Calcutta, it became clear why:
9:5 カルカッタのジャダヴプル大学の自分の実験室で、井戸水のサンプルを調べると、その理由が明らかになった。
9:6 the villagers’ water supply was massively tainted with the metal.
9:6村民の水源は、その金属によってひどく汚染されていたのだ。
■第10段落
10:1 Over the ensuing five years, Chakraborty and his colleagues at Dhaka Community Hospital showed that the problem extends across large areas of the Bengal Delta on both sides of the India-Bangladesh border.
10:1 その後の5年の問に、チャクラボルティとダッカ地域病院の同僚たちは、その問題がインド・バングラデシュ国境の両側にまたがる、ベンガル=デルタの広範な地域に拡大していることを証明した。

10:2 Some wells contain 400 times the World Health Organization (WHO) safe drinking water standard for arsenic.
10:2世界保健機関(WHO)が定める飲料水用基準の400倍のヒ素が水に含まれた井戸もあった。
10:3 Current estimates are that 80 million Bangladeshis are [16] ( 1. at large 2. at odds 3. at risk), with 30 million drinking water containing five times the WHO arsenic limit.
10:3現在の推定では、8000万人のバングラデシュ人が危機的状況にあり、そのうち3000万人がWHOの定める上限の5倍のヒ素を含む水を飲んでいる。

10:4 “The danger is very, very real,” says Chakraborty.
10:4 「その危険は、間違いのない現実である」とチャクラボルテイは言う。
[27] According to the 9th and 10th paragraphs, epidemiologist Dipankar Chakraborti asserted that
1. the problem of contaminated water is confined to the areas of the Bengal Delta on one side of the India­Bangladesh border.
2. the increase in skin lesions and cancers in Bengali villages was caused by well water massively contaminated by arsenic.
3. 30 million people drink water that is safe by WHO standards.
4. wells, once proven safe, are unlikely to become unsafe over time.

・解答 [27]―2
>[27]「第9・10段によると、伝染病学者のデイパンカー=チャクラボルティが主張したのは…」
1.「汚染水の問題は、ベンガル=デルタ地域の、インド・バングラデシュ国境の片側に限られている」
第10段第1文(Over the ensuing…)に、インド・バングラデシュ国境の「両側」に問題が広がった、という記述があるので不適。
2.「ベンガル州の村における皮膚病やガンの増加は、ヒ素によってひどく汚染された井戸水によって起こった」
第9段第2・3文(It was Dipankar Chakraborti,…)に一致する。
3.「WHOの基準で安全とされている水を飲んでいる人は3000万人である」
第10段第3文(Current estimates are that…)によると、「3000万人」は、WHOの基準の5倍のヒ素を含んだ、水を飲んでいる人の数であるので不適。
4.「いったんは安全だとされた井戸が、再び安全でなくなることはない」
第9・10段には該当する記述はないが、第12段最終文(Chakrabortihasalsofound…)に、チャクラボルティが、安全だった井戸がそうでなくなった例を発見したことが述べられているので不適。

■第10段落
10:1 Over the ensuing five years, Chakraborty and his colleagues at Dhaka Community Hospital showed that the problem extends across large areas of the Bengal Delta on both sides of the India-Bangladesh border.
10:1 その後の5年の問に、チャクラボルティとダッカ地域病院の同僚たちは、その問題がインド・バングラデシュ国境の両側にまたがる、ベンガル=デルタの広範な地域に拡大していることを証明した。
10:2 Some wells contain 400 times the World Health Organization (WHO) safe drinking water standard for arsenic.
10:2世界保健機関(WHO)が定める飲料水用基準の400倍のヒ素が水に含まれた井戸もあった。
10:3 Current estimates are that 80 million Bangladeshis are [16] ( 1. at large 2. at odds 3. at risk), with 30 million drinking water containing five times the WHO arsenic limit.
10:3現在の推定では、8000万人のバングラデシュ人が危機的状況にあり、そのうち3000万人がWHOの定める上限の5倍のヒ素を含む水を飲んでいる。

10:4 “The danger is very, very real,” says Chakraborty.
10:4 「その危険は、間違いのない現実である」とチャクラボルテイは言う。
■第11段落
11:1 The arsenic was washed from the sediments of the Himalayas, and is thought to have been accumulating beneath the Bengal Delta for at least 2 million years.
11:1 ヒ素はヒマラヤ山脈の堆積物から洗い出され、少なくとも200万年の間ベンガル=デルタの地下に堆積していたと考えられている。
11:2 The puzzle is why it is now being drawn to the surface in some wells, but not in others.
11:2不思議なのは、なぜ現在そのヒ素を表面に引き寄せる井戸もあれば、そうでない井戸もあるのか、ということだ。
11:3 One leading theory is that the arsenic is released from the sediments into groundwater under oxygen-free, reducing conditions.
11:3有力な説の1つは、ヒ素は酸素のない還元状態で、堆積物から離れて地下水に入り込む、という考えだ。
11:4 And some researchers suspect that rotting vegetation in the uppermost 30 meters or so of sediment creates just such an environment.
11:4 そして、堆積物最上層30メートルほどにある腐敗した植物層が、ちょうどそのような環境を作っているのだと考える研究者もいる。
11:5 That would help to explain why the problem seems worse in shallower wells, and adds to hopes that it may be possible to [17] (1. modify 2. identify. overcome) and selectively shut down those that are hazardous.
11:5 この説は、浅い井戸で問題がより深刻な理由を説明する助けになるであろうしまた危険な井戸を特定し慎重に選別して閉鎖できる可能性を大きくする。

[28] Which of the following statements is supported by the 10th and 11th paragraphs?
1. Almost all of the wells in the Bengal Delta do not contain water with arsenic levels above the WHO limit.
2. Deeper wells have a high probability of including a high concentration of arsenic in the water.
3. Shallower wells are more likely to contain an unacceptable concentration of arsenic.
4. The concentration of arsenic in well water is not dependent on factors such as the depth of the well.

・解答 [28]―3
>[28]「第10・11段から正しいと認められる文は次のうちどれか」
1.「ベンガル=デルタにあるほとんどすべての井戸の水には、WHOの基準を超えるレベルのヒ素は含まれていない」
2.「深い井戸には、水に高濃度のヒ素が含まれている可能性が高い」
3.「浅い井戸の方が、許容範囲を超えた濃度のヒ素を含んでいる可能性が高い」
4.「井戸水のヒ素濃度は、井戸の深さといった要素には左右されない」
第10段第2・3文(Some wells contain-)にWHOの基準の400倍や5倍のレベルのヒ素を含む井戸水があったことが述べられているので1は不適。
第11段最終文(That would help to…)の記述(浅い井戸の方がヒ素の汚染が深刻である)より、2と4は不一致で、3は一致するとわかる。

■第12段落
12:1 But recent research from a team led by Shaniqua Islam, a Bangladeshi hydrologist, suggests that the pumping of groundwater for irrigation seems to be drawing arsenic into deeper wells.
12:1 しかしバングラデシュの水文学者シャフイクル=イスラムが中心となった最近の研究によると、灌漑目的の地下水の汲み上げが、ヒ素をより深い井戸へと導くようなのだ。
12:2 The mechanism remains [18] (1. unclear 2. transparent 3. simple, but Islam suspects that deep groundwater is being replaced by surface water that is rich in organic material, which then mobilizes previously insoluble arsenic.
12:2 その仕組みは明らかではないが、イスラムは、深層部の地下水が多量の有機物を含む表面の水に取って代わられ、その地下水がそれまで、は不溶性だったヒ素を移動させるのでは、と考えている。
12:3 Chakraborty has also found that wells that his group tested and marked as safe had become dangerous when surveyed again a few years later.
12:3 チャクラボルティもまた、自分たちのグループが検査をして安全を確認した井戸が、何年か後の再検査では危険になっていた事例を見つけた。

[29] What is the implication of Chakraborti’s finding mentioned in the 12th paragraph?
1. It contradicts previous research findings.
2. It opens up a new interpretation of the behavior of arsenic.
3. It rejects Shafiqul Islams theory about arsenic.
4. It supports Shafiqul Islams theory about arsenic.

・解答 [29]―4
>[29]「第12段にあるチャクラボルテイの発見の意味するところは何か」
1.「その発見は、それ以前の研究による発見とは矛盾する」
2.「その発見は、ヒ素の性質に関する新しい説明を導く」
3.「その発見は、シャフイクル=イスラムのヒ素に関する理論を否定する」
4.「その発見は、シャフイクル=イスラムのヒ素に関する理論を裏付ける」
第12段によると、イスラムは地下水の汲み上げによって有機物を含んだ浅い地下水が深い場所へ移動し不溶性だったヒ素を動かしているのではないかと考えている。つまりヒ素の汚染の拡大を指摘しているのである。第12段最終文にhakraborti has also found…)のチャクラボルティの発見は、ヒ素汚染が1度は安全と見なされた井戸にも広まっていることを示しており、イスラムの考えを裏付けるものとして、紹介されている。よって4が正解である。1と3は本文に該当する記述がなく、2は発見とヒ素の「性質」とは無関係であるので不適。

[30] Which of the following statements best summarizes this article?
1. A solution to the complex problems relating to water management can be found by international collaboration.
2. Global climate change limits people’s ability to manage safe water supplies.
3. Scientific, engineering, and political factors all need to be incorporated in order to manage safe water supplies.
4. Arsenic in drinking water is less of a problem than diarrhea and drought.

・解答 [30]―3
>[30]「次の文の中で本文の要約として、最もよいものはどれか」
1.「水の管理に関する複雑な問題の解決策は、国際的な協調によって見つけることが可能である」
水の管理について国際協調が必要だ、という記述はないので不適。
2.「地球の気候の変動は、人間が安全な水の供給を管理する能力を制限する」気候の変動と、安全な・水の供給を管理する能力の関係については、本文中で は述べられていないので不適。
3.「安全な水の供給を管理するには、科学的要素、工学的要素、そして政治的要素のすべてが1つになる必要がある」
正解。チャクラボルテイやイスラムの研究の成果が、第9段から第12段に紹介されている。また最終段でも、問題解決のための調査や新技術の開発の大切さが述べられている。そして第5段ではバングラデシュとインドが、ガンジス川の管理に関して協力しているという主旨の記述も見られ、政治的な要素の大切さにも触れている。
4.「飲料水に含まれるヒ素は、下痢や干ばつほどの大きな問題ではない」
ヒ素の問題と、下痢や干ばつのどちらが深刻か、という比較をする記述はないので不適。

copyright 2016/Everyday school