[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2011年 大問二 語法三択問題

語法三択問題

■ 第1段落
1:1 インターネットの影響に関する私自身の考えについて思うとき、私はいつも同じ比喩に戻ってくる。
1:1 When I consider the effect of the Internet on my thought, I keep coming back to the same metaphor.
1:2 インターネットを、全く新しい人間のコミュニケーションのシステムたらしめているものは、それが可能にする多数対多数の結びつきなのである。つまり、インターネットを使う技術を身につけた任意の二人の人間は、原則的にいかなる情報でも、柔軟に、かつ効率的に転送しあうことが突然可能になった。
1:2 What makes the Internet a fundamentally new human communication system is the many-to-many connections it allows: suddenly any two Internet-equipped humans can transfer essentially any information, flexibly and efficiently.
1:3我々は言葉、暗号、方程式、また音楽やビデオを、いつでも誰にでも、本質的には無料で転送することができる。
1:3 We can transfer words, code, equations, music or video anytime to anyone, essentially for free.
1:4我々は、自分たちどうしが結びつくために出版社やメディアの製作者にはもはや頼らずともよい。
1:4 We are no longer dependent on publishers or media producers to connect us.
1:5 これは、動物の進化の過程で起きたことと似ている。我々は自分たちの行動を司る複雑な脳を、それ以前から存在した基本的にはホルモンの一対多数のシステムに、部分的に取って代わることで発達させたからである。
1:5 This [31] (1. parallels 2. contradicts 3. supports) what happened in animal evolution, as we evolved complex brains controlling our behavior, partially displacing the basically hormonal, one-to-many systems that came before.
1:6 そこで、この新しい様式のコミュニケーションを、過去5億年にわたる動物の進化の過程で起きた情報革命、つまり脳の進化と比較することで、長期的な進化の視点から考えてみよう。
1:6 So let’s consider this new mode of communication from the long evolutionary viewpoint, by [32] ( 1. adding 2. comparing 3. subordinating) it to the information revolution that occurred during animal evolution over the last half-billion years: the evolution of brains.

・解答 [31]―1
>[31] 文頭にあるThisが指すのは、第3文(We can transfer … )、第4文(We are no … )で述べられたように「情報の伝達を、送り手と受け手が何者も介在させずに一対一でできるようになった」ことである。これと、動物の進化の過程で起きたこと、つまり空欄のあとのas we evolved … 以下「脳の発達によって人間が、ホルモンの一対多数のシステムに部分的に取って代わるものを作った」ことは,一対多数から一対一の情報の伝達に変わった点で類似性があると考えられるので1のparallels「〜と似ている」が正解。2. contradicts「〜と矛盾する,〜を否定する」,3. supports「〜を支持する」は文脈に合わない。

・解答 [32]―2
>[32] 空欄直後のitは,同じ文のthis new mode of communication「この新しい様式のコミュニケーション」,つまり第1段第2文(What makes…)・第3文(We can transfer … )で述べられている,インターネットを媒体としたコミュニケーションを指す。この新しいコミュニケーションについて,「過去5億年にわたる動物の進化の過程で起きた情報革命,つまり脳の進化(    )ことで,長期的な進化の視点から考えてみよう」の空欄を埋める問題なので,2のcomparing「〜と比較すること」を選ぶと意味が通る。Compare A to B で「AをBと比較する」という意味である。1. addingは「〜を加えること」,3. subordinatingは「〜を従属させること」で,意味が通らない。

■ 第2段落
2:1地球は約45億年前から存在しており、生命は非常に早い時期、つまり40億年近く前に出現した。
2:1 Our planet has been around for 4.5 billion years, and life appeared very early, almost 4 billion years ago.
2:2 しかし、それに続く期間のうち4分の3の間は、生命は単細胞のものだけで、今日のバクテリアや酵母、アメーバに似たものだった。
2:2 But for three quarters of the subsequent period, life was [33] ( 1. indivisibly 2. invisibly 3. exclusively) unicellular, similar to today’s bacteria, yeast or amoebae.
2:3 したがって、生命誕生以降の最も重大な生物の革命は、樹木やキノコのような複雑な多細胞生物への変異だった。
2:3 The most profound organic revolution, after life itself, was thus the transition to complex multi-cellular organisms like trees and mushrooms.

・解答 [33]―3
>[33] かつての生命については空欄のあとにsimilar to today’s bacteria … 「今日のバクテリアや … と似ていた」とあり,今日も存在する単細胞生物に似たものであったとわかる。よって3のexclusively「もっぱらまったく~のみ」を入れて「単細胞のものだけだった」という意味にする。1. indivisibly「不可分に」,2. invisibly「見えずに」では意味が通らない。

■ 第3段落
3:1 この変異を単細胞生命体の視点から考えてみよう。
3:1 Consider this transition from the viewpoint of a single-celled organism.
3:2 アメーバは自立して生存できる個体で、他の細胞に頼ることなく、動き、知覚し、摂食し、繁殖する。
3:2 An amoeba is a self-sufficient entity, moving, sensing, feeding and reproducing [34] (1. independent of 2. in addition to 3. at a distance from) other cells.
3:3進化の過程のうち30億年間は、我々の祖先は皆このような自由生活性の細胞で、それぞれが「自立して生きて」おり、この長い時間をかけて、我々の多細胞の体が持つどの細胞よりも多芸で有能な、小さな有機体へと進化を遂げた。
3:3 For three billion years of evolution, our ancestors were all free-living cells like this, independently “doing it for themselves,” and were evolved over this long period into tiny organisms more [35] ( 1. versatile and competent 2. intense and energetic 3. strategic and influential) than any cell in our multicellular bodies.
3:4 もしアメーバに軽蔑する能力があれば、赤血球細胞のことを、多細胞の専門化という圧政のもとに飼い馴らされてかろうじて生きている、原形質の詰まった袋よりは多少ましなだけのものだとあざ笑うだろう。
3:4 Were it capable of scorn, an amoeba would surely scoff at a red blood cell as little more than a bag of protoplasm*, barely alive, over-domesticated by the tyranny of multi-cellular specialization.

・解答 [34]―1
>[34] 空欄を含む文は,self-sufficient entity「自立した個体」であるというアメーバの特徴について述べている。よって「他の細胞に頼らず」に「動き,知覚し,摂食し,繁殖する」,と述べられていると考えて,1のindependent of~「〜に頼らない」を選ぶ。2. in addition to~「〜に加えて」は意味的に合わないし,3. at a distance from~「〜から距離を置いて」は,他の細胞との物理的な距離は問題にされていないので不適。

・解答 [35]―1I
>[35] 空欄を含む文では,進化した単細胞生物が多細胞の我々の体と比較されており,その比較の基準が,空欄に入る形容詞の意味するものである。単細胞生物はindependently“doing it for themselves”「それぞれが『自立して生きている』」とあるように,一つの細胞がいろいろな役割を持つことが特徴なので1のversatile and competent「多面的に働き有能な」が文意に合う。2. intense and energetic「激しく,活発な」3. strategic and influential「戦略的で影響力のある」は,意味的に合わない。

■ 第4段落
4:1 とは言っても、「何でも屋」であることで、このような細胞には傑出した点がなかった。
4:1 Nonetheless, being “jacks of all trades”, such cells were [36] ( 1. rulers 2. dictators 3. masters) of none.
4:2共同的多細胞性は細胞が専門化し、補助的支援、食料摂取、生殖等の個別の役割に集中することを可能にした。
4:2 Cooperative multi-cellularity allowed cells to specialize, focusing on the individual tasks of support, feeding, and reproduction.
4:3専門化と労働の分業により、細胞の一団が、個体の大きさや、効率性や、複雑さにおいて単細胞の祖先たちを大きく凌駕することを可能にし、全く新しい種類の生物を作るに至った。
4:3 Specialization and division of labor allowed teams of cells to vastly outclass their single-celled ancestors in terms of size, efficiency, and complexity, leading to a whole new class of organisms.
4:4 しかし、この新しい生物は、自分たち自身のコミュニケーションに関わる問題を作りだした。それは、この個々の細胞すべての間で、円滑で効率的な協調体制をいかに保持するか、という問題であった。
4:4 But this new organization created its own problems of communication: how to [37] ( 1. empower 2. ensure 3. entitle) smooth, effective cooperation among all of these independent cells.
4:5 この問題は、専門技能を身につけた人間によって構成される社会の起源と非常に似ている。
4:5 This question directly parallels the origin of societies of specialized humans.

・解答 [36]―3
>[36] 第3段では単細胞生物は細胞単位で存在できるという,多細胞生物と比べて優位な点について言及されている。空欄を含む文はNonetheless「それにもかかわらず」で始まるので,ここでは単細胞生物が劣る点が言及されていると予想できる。3のmasters「達人」を選ぶと,“jacks of all trades”「あらゆる仕事をこなす職人」であっても,such cells「そのような細胞(単細胞生物)」は,masters of none「何事においても達人ではない」となり意味が通る。これはJack of all trades , master of none「多芸は無芸」という慣用表現を元にしている。1. rulersは「統治者」2. dictatorsは「独裁者」という意味。

・解答 [37]―2
>[37] 空欄を含む文では,多細胞化に問題が生じたことが述べられており,コロン( : )に続くhow to以下がその具体的内容である。「これらの独立した細胞すべての間の円滑で効率的な協調体制をいかに (    )かということ」の空欄には2のensure「〜を保持する」がふさわしい。1. empower「〜に権限を与える」,3. entitle「〜に資格を与える」は意味的に合わない。

■ 第5段落
5:1我々の体は、何十億の半独立細胞を統合することによって起こる組織的な問題を解決するうえで基本的に2通りのやり方を持っている。
5:1 Our bodies have essentially two ways of solving the organizational problems raised by coordinating billions of semi-independent cells.
5:2 ホルモンにおいては、主制御細胞が他の細胞すべてが従わなければならない影響力を持つ信号を発信する。
5:2 In hormonal systems, master control cells broadcast potent signals all other cells must obey.
5:3 ホルモンは体の細胞に入り、細胞核を貫いて、直接遺伝子発現を制御する。
5:3 Hormones enter the body’s cells, penetrating their nuclei and directly controlling gene expression.
5:4 ホルモンは、ものすごく強い力を持った独裁者のようで、すべてが従わなければならない全体に向けた命令を下す。
5:4 The hormonal system is like an [38] (1. intimately 2. immensely 3. intricately) powerful dictatorship, issuing sweeping orders that all must obey.

・解答 [38]―2
>[38』第5段第2文 (In hormonal systems … ),第3文 (Hormones enter … )から,ホルモンはmaster control cells「主制御細胞」が他の細胞を統制する仕組みであることがわかる。空欄を含む文ではその仕組みをlike an (    )powerful dictatorship「(    )強力な独裁政権のようだ」と述べている。よって空欄に入る適切な語はpowerfulを強調する2のimmensely|非常に」である。1. intimately「親密に」3. intricately「複雑に」は意味がずれる。

■ 第6段落
6:1 もう一つのやり方は情報伝達のために特化した新しいタイプの細胞,つまりニューロンが関係するものであった。
6:1 The other approach involved a novel cell type specialized for information processing: the neuron.
6:2 ホルモン型のやり方は植物や菌類ではうまく働くが,多細胞の動物が動いたり知覚したり行動したりするためには,もっと鋭敏な神経の制御形態が必要になる。
6:2 While the hormonal approach works fine for plants and fungi, multi-cellular animals move, sense and act, [39] (1. transforming 2. making 3. requiring) a more subtle neural form of control.
6:3最初からニューロンはネットワークとして組織されていた。つまりニューロンはチームとして働いており,協力して情報を伝達し,集団としての決定に到達するのである。
6:3 From the beginning, neurons were organized into networks: they are teamworkers collaboratively processing information and reaching group decisions.
6:4運動ニューロンのように,最後の出力段階のニューロンだけが体を制御する直接的な力を持っている。
6:4 Only neurons at the final output stage, like motor neurons, retain direct power over the body.
6:5 そして運動ニューロンでさえも,コントロール不能なけいれんではない協調的な動きを作り出すためには,協力して活動しなければならない。
6:5 And even motor neurons must act together to produce [40] (1. moderate 2. accelerated 3. coordinated) movement rather than uncontrolled twitching.

・解答 [39]―3
>[39] while以下の従属節でthe hormonal approach「ホルモン型のやり方」がplants and fungi「植物や菌類」にはうまく働くがと述べた後の主節で,multi-cellular animals「多細胞動物」が行動するために必要な条件について述べている。空欄以下は,a more subtle neural form of control「もっと鋭敏な神経の制御形態」が必要だという意味を付け加える分詞構文だと考えると,3のrequiring「〜を必要とする」が選択できる。1. transforming「〜を変形する」,2. making「〜を作る」は意味的に合わない。

・解答 [40]―3
>[40] rather than uncontrolled twitching「制御不能なけいれんではなく」に注目する。内容的に「制御不能な動き」と対照的な表現を作ることを考え,3のcoordinated「協調的な」を選択すると文意が通る。1. moderateは「適度の」,2. acceleratedは「加速された」という意味でここでは合わない。

■ 第7段落
7:1人類においては,言語が意思伝達の組織的なシステムの発端を備え,個々の人間を大きな組織化された集合体にまとめた。
7:1 In humans, language provided the beginnings of a communicative organizational system, [41] (1. identifying 2. unifying 3. categorizing) individuals into larger, organized collectives.
7:2 すべての動物は意思の伝達を行うが,その経路はたいてい狭く,ありとあらゆる思考の表現を支えるものではない。
7:2 Although all animals communicate, their channels are typically narrow and do not [42] (1. receive 2. support 3. broadcast) expression of any and all thoughts.
7:3言語によって人類は,自由な考えを一人の頭から別の人の頭に移すことを可能にし,集団組織という新しい文化的な発展段階を作り出した。
7:3 Language enables humans to move arbitrary thoughts from one mind to another, creating a new, cultural level of group organization.
7:4人類の進化の大部分において,このシステムは非常に地域的で,小さな集団が地域的な組織集団を作るのを可能にしただけだった。
7:4 For most of human evolution, this system was very local, allowing small bands of people to form local clusters of organization.
7:5話し言葉は狩猟採集民が狩猟採集の成果をまとめたり,小さな農耕共同体が作物をまとめたりすることを可能にしたが,それ以上のものではなかった。
7:5 Spoken language allowed hunter-gatherers to organize their foraging efforts, or small farming communities their harvest, but not much more.

・解答 [41]―2
>[41] 空欄を含む文は,人間社会における言語の役割について述べている。空欄以下はlanguage「言語」を意味上の主語とする分詞構文で「個々の人間を大きな組織化された共同体に (    )」の空欄を埋める問題だと考えればよい。Unify A into B で「AをBに統一する」なので2のunifyingを選ぶ。1. identifying「〜を特定する」,3. categorizing「〜に分類する」は意味的に合わない。

・解答 [42]―2
>[42] 空欄を含む文は,動物のコミュニケーションの特徴を述べている。主節のtheir channels are typically narrow「動物の (コミユニケーションの)経路はたいてい狭く」とあるので,その帰結と考えられる内容が続くはずである。Expression of any and all thoughtsは名詞構文で「ありとあらゆる考えを表現すること」という意味になる。よって2のsupport「〜を支える」が最適である。ここではexpressionは個別のメッセージではなく表現することそのものを指しているため,broadcast「〜を広める,放送する」対象にならないため,3は不可。1. receive「〜を受け取る」

■ 第8段落
8:1書き言葉の発明は,階層的な序列を基盤に組織された,最初の大規模な社会の成立を可能にした。そういった組織では,少数の権力を持った王と書記官がコミュニケーションの経路を支配し,すべての人間に対して命令を下した。この一対多数のモデルは基本的にホルモン型である。
8:1 The invention of writing allowed the first largescale societies, organized on [43] (1. hierarchical 2. horizontal 3. diagonal) lines: a few powerful kings and scribes had control over the communication channels and issued orders to all. This one-to-many model is essentially hormonal.
8:2技術的には高度であるにもかかわらず,ラジオやテレビはこの方式を共有する。
8:2 Despite their [44](1. chronological 2. ecological 3. technological) sophistication, radio and television share this mode.
8:3布告や支配者(あるいはテレビ製作者)による法的決定は我々の体内でホルモンによって運ばれる命令と類似している。つまり命令はすべてのものに発信され,すべてがそれに従わなければならないのである。
8:3 The proclamations and legal [45] (1. maneuvers 2. properties 3. decisions) of the ruler (or television producer) parallel the orders carried by hormones within our bodies: commands issued to all, which all must obey.

・解答 [43]―1
>「43] コロン ( : )の持つ「すなわち」と言い換える役割から,a few powerful kings … orders to all「少数の権力を持った〜命令を出した」は,on (    )linesを具体的に説明していることがわかる。よって内容から1のhierarchical「階層的な,階級性の強い」が正解。2. horizontal「水平の」は意味が逆で3. diagonal「対角線の,斜めの」も意味が合わない。

・解答 [44]―3
>[44] Despite their (    )sophistication「それらの (    )高度さにもかかわらず」のtheirが指すのは,後ろに出てくるradio and television「ラジオとテレビ」である。よってその特徴を表すものとして適切なのは,3のtechnological「技術的な」である。1. chronological「年代順の」,2. ecological「生態学の」では意味が通らない。

・解答 [45]―3
>[45] The proclamations and legal (    )of the ruler (or television producer)「布告や支配者の (あるいはテレビ製作者の)法的 (    )」とthe orders carried by hormones within our bodies「我々の体内のホルモンによって運ばれる命令」を比較して,似ていると述べている。よって,空欄に入るのは,支配者,あるいはテレビ製作者から出される指示を意味する語句だとわかるので3のdecisions「決定」を選ぶ。1. maneuvers「策略」,2. properties「財産」は文脈に合わない。

■ 第9段落
9:1 グーテンベルク以来,人間社会は新しい組織原理に向かってゆっくりと手探りで進んできた。
9:1 Since Gutenberg, human society has slowly groped its way towards a new organizational principle.
9:2読み書き,郵便,電報,そして民主主義はホルモンよりも神経組織に近い,比喩的な新しい組織に向かう途中の段階だった。
9:2 Literacy, mail, telegraphs and democracy were steps along the way to a new organizational metaphor, more like the nervous system than hormones.
9:3 インターネットがそのプロセスを完結させる。つまり現在では各地に散らばった任意の個人が結びつき、情報を共有し、この新しく、共有された情報の源泉に基づいて、自分たちの決断を行うことが可能になった。
9:3 The Internet completes the process: now [46] (1. necessarily 2. slightly 3. arbitrarily) far-flung individuals can link, share information, and base their decisions upon this new, shared source of meaning.
9:4我々の脳内に存在する個々のニューロンのように、個々の人間は潜在的に影響力を持ち、またどこからでも誰からでも突然発信される情報に影響を与えられたりする。
9:4 [47] (1. Like 2. As for 3. As in) individual neurons in our brain, each human can potentially influence and be influenced, rapidly, by information from anyone, anywhere.
9:5比喩的な意味で世界脳のニューロンである我々は、全く新しい社会組織のシステムへと変わる寸前であり、その新しいシステムは,我々を一つにつなぐインターネットという比喩上の軸索によって、世界全体を繋げるのである。
9:5 We, the metaphoric neurons of the global brain, are on the brink of a wholly new system of societal organization, one spanning the globe with the metaphoric axons** of the Internet linking us together.

・解答 [46]―3
>[46] コロン ( : )以下はThe Internet completes the process (インターネットがこのプロセスを完成させる)の内容を具体的に説明している部分である。far-flung individualsで「各地に散らばった個人個人」という意味。インターネットによって結びつけられる人どうしの関係には,第1段第2文 (What makes the … )にもany two … humans「任意の・二人」とある通り制限がない。よって3のarbitrarily「任意に,自由に」が正しい。1. necessarily「必ず」,2. slightly「わずかに」では文脈に合わない。

・解答 [47]―1
>[47] 空欄で始まる文は,脳の中のニューロンと,社会における人間の関係との類似性について述べた文であると考えると意味が通る。よって1のLike「〜のように」が正解。2. As for ~「〜に関しては」では意味が通らない。3. As in〜「〜におけるのと同様に」では,ニューロンと人間を直接比較していることにはならないので,正しくない。

■ 第10段落
10:1 これらの軸索は、実質的にはすでに配置されている。
10:1 These axons are already essentially [48] (1. in place 2. in touch 3. in shape) .
10:2 HTMLやTCP/IPのような情報伝達のための世界共通のプロトコルは、台頭する世界脳が持つ神経伝達物質である。
10:2 Universal protocols for information transfer such as HTML and TCP/IP are the neurotransmitters of the emerging global brain.
10:3 まもなく、英語や中国語やスペイン語のような少数の有力な言語が、世界的な情報伝達を可能にするであろう。
10:3 Soon a few dominant languages like English, Chinese and Spanish will provide for universal information exchange.
10:4 グーグルやウィキペディアのような強い連結力を持った集合体が、他のすべての情報の集まりが適応しなければならない脳幹の核の役割を果たすことになるだろう。
10:4 Well-connected collective entities like Google and Wikipedia will play the role of brainstem nuclei to which all other information nexuses must [49] (1. apply 2. adapt 3. distribute) .

・解答 [48]―1
>[48] 空欄を含む文を具体的に説明している次文でHTMLやTCP/IPが,global brain「世界脳」におけるneurotransmitters「神経伝達物質」の役割をするものとして存在すると述べている。筆者はこれらを世界脳におけるaxons「軸索」である,と述べていると考え,1のin place「すでに存在している」を選ぶ。2. in touch「連絡して」,3. in shape「体調がよくて」は意味が合わない。

・解答 [49]―2
>[49] the role of brainstem nuclei to which all other information nexuses must (    )「他のすべての情報の集合体が (    )なければならない脳幹の核の役割」の空欄を埋める問題である。to whichのtoに注目する。2のadaptを選ぶとadapt toで「〜に順応する,適合する」なので,グーグルやウィキペディアのようなwell-connected collective entities「利用者の多い大きな集合体」に,他のinformation nexuses「情報集合体」が適合する,となり文意が通じる。1. applyは,apply to〜で「〜に適用する」,3. distributeはdistribute4to3で「4を3に配る」という意味で,ここでは意味が通じない。

■ 第11段落
11:1 2つの大きな問題が、この「世界脳」という比喩を損なっている。
11:1 Two main problems mar this “global brain” metaphor.
11:2第一に、現在の世界脳は、世界的に力を持つ組織と弱く結びついているにすぎない。
11:2 First, the current global brain is only weakly linked to the organs of international power.
11:3政治的、経済的、そして軍事的な勢力は世界脳とは絶縁されたままであり、力を持った個人は、ホルモン型の統治モデルと情報交換にしがみついて離れないかもしれない。
11:3 Political, economic and military power remains insulated from the global brain, and powerful individuals can be expected to cling tightly to the [50] (1. hormonal 2. neuronal 3. collective) model of control and information exchange.
11:4第二に、我々の神経回路は4億年にわたる自然選択を経て進化してきており、その間に何十億もの出だしでつまずいた競争相手や、誤って結びついた個々の細胞は容赦なく淘汰された。
11:4 Second, our nervous systems evolved over 400 million years of natural selection, during which billions of competing false starts and miswired individuals were ruthlessly weeded out.
11:5 しかし、今日においては、世界脳は一つしかない。そして実用的な構成を、可能性を持った何兆もの候補から選び出すための試行錯誤の過程はないのである。
11:5 But there is only one global brain today, and no trial and error process to extract a functional configuration from the trillions of possible configurations.
11:6 このやっかいなデザインの作業は、我々の手に委ねられているのである。
11:6 This formidable design task is left up to us.

・解答 [50]―1
>[50] 最終段第2文 (First,the current … ),第3文 (Political,economic and … )では,ニューロンによる情報伝達にたとえられる「世界脳」のモデルを脅かす可能性のある2つの問題の1つめについて述べられている。よって,powerful individuals「力を持った個人」がホルモン型の「統治モデルと情報交換に執拗に固執する」場合だと考えると意味が通るので,1のhormonal「ホルモンの」が正解。2. neuronal「ニューロンの」を入れると,global brain「世界脳」と同じモデルになってしまうので,ここではふさわしくない。3. collective「集団の,集合の」では意味が通らない。

copyright 2016/Everyday school