[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2012年 大問一 本文対訳

本文

■ 第1段落
1:1人間の生殖と発達に関する科学が進歩するにつれて,多くの倫理的な,そして法的な問題が提起されている。
1:1 As the science of human reproduction and development advances, many ethical and legal questions are being raised.
1:2 『完璧であることに反対する申し立て:遺伝子工学の時代における倫理』(直訳のタイトル。翻訳本のタイトルは『完全な人間を目指さなくてもよい理由遺伝子操作とエンハンスメントの倫理』)という著作の中で,マイケル=サンデル教授は,性別の選択クローン作成,自由市場での優生学,その他の形式のバイオ技術によるエンハンスメント(強化)は社会的問題を深刻なものにする可能性がある,と主張している。
1:2 In his book, The Case Against Perfection: Ethics in the Age of Genetic Engineering, Professor Michael Sandel argues that sex-selection, cloning, free-market-eugenics*, and other forms of biotechnological enhancement may deepen social problems.

■ 第2段落
2:1遺伝学のブレイクスルー(飛躍的進歩)は,「我々に大きな期待感を抱かせてくれるが,それと同時に,多くの問題ももたらす」とサンデル氏は書いている。
2:1 Breakthroughs in genetics “present us with great promise, but also a fair number of problems,” writes Sandel.
2:2現在の研究は,筋肉の疾患や糖尿病,その他の病気の治療法を発見することに役立っているし,また老化による骨の脆弱化や記憶力の減退のようなさらに別の症状を手当てしたり予防したりするための治療法を与えてくれるだろう。
2:2 Current research may [1](1. help discover 2. keep down 3. preserve) treatments for muscle diseases, diabetes, and other illnesses as well as provide therapies for treating and preventing still other conditions such as the weakening of bones and memory [2](1. gain 2. recovery 3. loss) associated with aging.
2:3 しかしサンデル氏は,これらの技術が医療以外の用途のために利用可能になり,また彼が非常に問題だと考えている完璧さの追求の中で,親が子どもを人工的な方法で改良する場合に,大きな問題が引き起こされることも視野に入れている。
2:3 But Sandel also sees major problems arising when these technologies become available for non-medical uses, and parents attempt to artificially improve their children in a quest for perfection that he finds deeply worrisome.
2:4以下のインタビューで,彼はこれらの懸念について論じている。
2:4 In the following interview, he discusses these concerns.

■ 第3段落
3:1先生は興味深いタイトルを,ご自身の本のために選ばれましたね。
3:1 You have chosen an interesting title for your book.
3:2 このタイトルはどういう意味なのでしょうか?
3:2 What does the title mean?
3:3 どのような人が完璧であることに反対するのでしょう?
3:4 Who would be opposed to perfection?

■ 第4段落
4:1 マイケル=サンデル:道徳的な懸念を生み出すのは,完璧であるという目標よりも,完璧さを求める意欲に伴う態度や習慣や尊大さなのです。
4:1 Michael Sandel: It’s less the goal of perfection that creates moral [3](1. engagement 2. stability 3. anxiety) than the attitudes, habits, and arrogance that attend the drive for perfection.
4:2 それが問題の核心のように,私には思えるのです。
4:2 That seems to me to be the [4](1. back 2. heart 3. brain) of it.
4:3親が子どものために最高のものを,例えば最高の教育や健康管理などを求めることには,何の問題もありません。
4:3 There’s nothing wrong with parents seeking the best for their children: the best education, healthcare, etc.
4:4 しかし同時に,過干渉教育に向かう傾向があり,それが子どもにとって危険で,また健全な社会にとって有害になり得るのです。
4:4 At the same time, there is [5](1. an immediacy 2. a tendency 3. a hesitancy) toward hyperparenting, which can be harmful to children and destructive to a healthy society.
4:5遺伝子工学の利用に関する明確な政府規制を作ることに関して,アメリカはヨーロッパに後れを取っています。
4:5 The United States has fallen behind Europe in terms of creating clear government regulations concerning the use of genetic technologies.
4:6 このルールの欠如こそが,非常に大きな問題なのです。
4:6 This lack of rules is extremely problematic.

■ 第5段落
5:1 「過干渉教育」とは,何を意味するのでしょう?
5:1 What do you mean by “hyperparenting”?

■ 第6段落
6:1 サンデル:親が子どもを過度に管理したり,型にはめようとしたりすることです。
6:1 MS: I mean the excessive parental management and molding of children.
6:2 「デザイナー=チルドレン」を得るために遺伝子工学を利用することの危険はそれが過干渉教育の傾向を強め,親が子どもを,自分たちの望みを叶えるための道具のように考えてしまうことにあります。
6:2 The danger of using genetic technologies to get “designer children” is that it will [6](1. distrust 2. forget 3. reinforce) the tendency of hyperparents to see their children as instruments of their own ambition.
6:3私が憂慮するのは,この完璧さを求める傾向がある点についてなのです。
6:3 It’s this aspect of the drive for perfection that worries me.
6:4子どもを独立した人間だと見なすのではなく,子どもを自分たちの創作の材料,あるいは購入可能な商品に変え,子どもに持たせたい特徴をあれこれ選ぶようになる,という危険があります。
6:4 The risk is that we will turn children into objects of manufacture, into commodities to be purchased, picking and choosing the traits we want in our children, rather than viewing them as independent persons.
6:5 また,子どもが生まれもしないうちに,我々が髪の毛の色や目の色や背丈や性別や頭のよさを決め始めたら親が子どもに持つ無条件の愛が損なわれる危険性もあります。
6:5 There is the risk, too, of undermining the [7](1. unconditional 2. unexpected 3. uninformed) love parents have for their children, if we begin to specify hair color, eye color, height, sex, and intelligence, before they are even born.
6:6子育てを消費社会の延長に変えてしまう危険もあります。
6:6 There is the risk of turning parenting into an extension of the consumer society.
6:7 そしてこのことが,子どもに対する親の愛情をむしばんでしまうかもしれないのです。
6:7 And that could [8](1. erode 2. subtract 3. extract) the love of parents for their children.

■ 第7段落
7:1先生も親です。
7:1 You are a parent.
7:2今までに過干渉教育をしてしまいそうな欲求を我慢しなければならなかった経験はありますか?
7:2 Have you ever had to restrain yourself from engaging in hyperparenting?

■ 第8段落
8:1サンデル:自分はこの衝動には無縁だったと言ったら、それは正直ではないですね。
8:1 MS: It would be dishonest to claim that I am [9](1. indebted 2. immune 3. obliged) to this urge.
8:2誰しもが過干渉教育をしたいという気持ちを持った経験があると、私は思います。
8:2 I think everyone has experienced the inclination to hyperparent.
8:3我々は子育てをする時に、過度に管理をしてはいけないのです。確かに過干渉教育は、特に最近は魅力的ではあるのですが。
8:3 We must not be overly controlling when raising children, though hyperparenting is [10](1. an outdated 2. an annoying 3. a tempting) thing to do, especially these days.
8:4今日では,特に裕福な郊外の学校ではそうですが、親は周りを見渡すと、軍拡競争志向のようなものが存在することを感じます。
8:4 Today, parents look around, especially in affluent suburban schools, and feel that there’s a kind of arms-race [11](1. compromise 2. mentality 3. reduction).
8:5他のみんなが大学準備科目を履修していると、そうしないことが自分の子どもから競争力を奪ってしまうと思えるのでしよう。
8:5 Since everyone else is taking college prep courses, not to do so seems to be [12](1. depriving 2. accusing . informing) one’s child of a competitive advantage.
8:6過干渉教育の持つ真の危険が訪れるのは、親が自分の子どもに競争力を持たせるために、遺伝子工学を用いるよう圧力を感じる時なのです。
8:6 The real danger of hyperparenting will come when parents feel pressured to resort to genetic engineering for the sake of giving their children a competitive [13](1. wedge 2. edge 3. pledge).
8:7我々はすでにこのことを、限られた範囲ではありますが子どもの身長を高くすることができるヒト成長ホルモンの使用に関連して見ています。
8:7 We see this already in a limited way with the use of human growth hormone, which can increase the height of children.
8:8 このホルモンはホルモン欠乏症の子どもを救うために導入されましたが、それだけでなく、背が低いこと以外は身体的問題がない子どもにも有効なのです。
8:8 It was introduced to help children with a hormonal deficiency, but it also works with short, but otherwise healthy, children.

■ 第9段落
9:1一つには、先生はこれらの大きな科学的な誘惑について心配されており、その理由は、そのための費用を払える財力を持った人がこれらを抱え込んでしまうことを恐れているからのようですね。
9:1 In part, you seem worried about these great scientific temptations because you fear that people with the money to pay for them will embrace them.
9:2 そう考えてよろしいでしょうか?
9:2 Is that right?

■ 第10段落
10:1 サンデル:私が懸念するのは遺伝子工学そのものではなく、激化する競争社会における社会的、文化的な姿勢を伴った新しい遺伝子工学の利用可能性なのです。
10:1 MS: What worries me are not the genetic technologies by themselves but the availability of new genetic technologies together with social and cultural attitudes in an increasingly competitive society.
10:2大問題になるのは、この組み合わせです。
10:2 It is this combination that is so troubling.
10:3私は遺伝学における技術革新は、医療や、苦痛の緩和にとっては大いに喜ぶべきことだと考えています。
10:3 I should emphasize that I consider breakthroughs in genetics a great blessing for medicine and for the relief of [14](1. debt 2. suffering 3. oppression).
10:4私が心配するのは、遺伝子工学の医療以外での利用なのです。
10:4 My concern is with non-medical uses of genetic technologies.
10:5私は遺伝学の研究や技術革新を抑制したくはありません。
10:5 I would not want to restrain research and breakthroughs in genetics.
10:6 それどころか、それらは健康にとっては極めて大切です。
10:6 [15](1. Likewise 2. In the meantime 3. On the contrary), they are crucially important for health.
10:7私が心配なのは、健康を促進するために考案された科学技術が、医療とは関係のない目的に使われ。消費主義社会において競争の道具にされてしまうことなのです。
10:7 My concern is when technologies that were designed for promoting health are used for non-medical purposes, and are turned into instruments of competition in a consumer-driven society.
10:8 これらの道徳的な懸念は、ナチスドイツの優生学の歴史に遡ります。
10:8 These moral concerns go back to the history of eugenics in Nazi Germany.
10:9 その当時、優生学は生殖における強制と国家による管理に関わるものでした。
10:9 Eugenics was then associated with coercion and state control of reproduction.
10:10今日、優生学は復活しつつありますが、国家による強制はありません。
10:10 Today it is making a comeback, but without state coercion.
10:11現在では民営化された、自由市場における優生学という形になります。
10:11 It’s now in the form of privatized, free-market eugenics.
10:12私は優生学には、国家による強制がなくても道徳的に問題があると思います。なぜなら現在では、優生学的な野望は、競争社会においては、消費主義に結びつけられるからです。
10:12 I think that eugenics is morally troubling even without the state coercion because now the eugenic [16](1. completion 2. prohibition 3. ambition) is connected to consumerism in a competitive society.
10:13 だから親は、競争社会で子どもを優位に立たせるためには遺伝子工学を用いなくては、という圧力をますます強く感じるのです。
10:13 So, parents will feel increasing pressures to resort to genetic engineering in order to give their children a leg up in a
competitive society.
10:14私が心配なのは、この組み合わせなのです。
10:14 It’s this combination that worries me.

■ 第11段落
11:1 そしてその分かれ目は、誰がそれを利用する余裕があるか、ということですよね?
11:1 And the dividing line is who can afford it, is that right?

■ 第12 落
12:1 サンデル:はい、そしてそれがとても大事なポイントです。
12:1 MS: Yes, and that’s a very important point.
12:2現在では優生学は基本的には自由市場における活動なので、遺伝子が強化された子どもを手に入れられるのは、経済的にそれが可能な人です。
12:2 Now that eugenics is basically a free-market activity, those who will avail themselves of genetically enhanced children will be those who can afford it.
12:3危険なのは貧富の格差が遺伝子的に強化され、これらの遺伝子工学の利用に反映されることで、それは非常に深刻な懸念です。
12:3 The risk is that the gap between rich and poor will be genetically reinforced, will be reflected in the use of these genetic technologies, and that is a very serious concern.

■ 第13段落
13:1先生は「連帯と天からの授かり物との関係は、能力主義の社会が、自己中心主義に陥るのを防ぐ」と書かれていますが、どのような意味でしようか?
13:1 You write, “The connection between solidarity and giftedness saves a merit-based society from sliding into self-centeredness.” What did you mean?

■ 第14段落
14:1 サンデル:私の見方では、天からの授かり物という考えは、人生における予測不可能さを喜んで受け入れることと同調するのです。
14:1 MS: In my view, the idea of giftedness goes along with a willingness to be open to the unpredictability of life.
14:2子どもを贈り物と考えることは、生まれたままの子どもを受け入れることで、我々が「デザイン」するかもしれないものを受け入れることではありません。
14:2 To appreciate children as gifts is to accept them as they come, not as we might “design” them.
14:3 それにはある程度の謙遜と自制が伴われ、私にとっては道徳的に重要なだけではなく、社会に資する結果をももたらすように思えます。
14:3 It involves a certain [17](1. humility 2. desirability . offense) and restraint, and it seems to me to not only be important morally, but to also have civic consequences.
14:4連帯に関しては、「社会において、なぜ恵まれた人は恵まれない人に対して借りがあるのか?」を考えてみてください。
14:4 As for solidarity, just think, “Why do the fortunate owe anything to the less fortunate in a society?”
14:5 この問いに対する一つの答えは、天分という考えに依存するところが大きいのです。
14:5 One answer to that question depends [18](1. lightly 2. densely . heavily) on the idea of giftedness.
14:6 たまたま幸運で才能に恵まれた人がいるのです。
14:6 Some people are fortunate or gifted by chance.
14:7 もし我々が持つ優位性の多くが、我々自身の行いによるものだと言えないのなら、それは連帯に対する大きな原動力となります。連帯とは、共存しているという思いと、自分よりも恵まれていない人と経験を分かち合うことなのです。
14:7 If many of our advantages can’t be said to be our own [19](1. showing 2. doing 3. playing), then that gives a powerful drive to solidarity, to feelings of togetherness and shared experience with those less fortunate than us.
14:8 もし将来、ある人々が遺伝子工学を用いて人類の進歩のすべての面を管理したら、その人たちが他人の抱える困難を知ることは決してないでしょう。
14:8 If in the future certain people use genetic technologies to control all aspects of human development, those people may feel [20](1. in no way 2. by all means 3. to some extent) connected to the difficulties of others.

Note:
*eugenics: the controlling of human reproduction through genetic modification or selective mating.

copyright 2016/Everyday school