[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2012年 大問一 内容一致問題

内容一致四択問題

■ 第6段落
6:1 サンデル:親が子どもを過度に管理したり,型にはめようとしたりすることです。
6:1 MS: I mean the excessive parental management and molding of children.

6:2 「デザイナー=チルドレン」を得るために遺伝子工学を利用することの危険はそれが過干渉教育の傾向を強め,親が子どもを,自分たちの望みを叶えるための道具のように考えてしまうことにあります。
6:2 The danger of using genetic technologies to get “designer children” is that it will [6](1. distrust 2. forget 3. reinforce) the tendency of hyperparents to see their children as instruments of their own ambition.
6:3私が憂慮するのは,この完璧さを求める傾向がある点についてなのです。
6:3 It’s this aspect of the drive for perfection that worries me.
6:4子どもを独立した人間だと見なすのではなく,子どもを自分たちの創作の材料,あるいは購入可能な商品に変え,子どもに持たせたい特徴をあれこれ選ぶようになる,という危険があります。
6:4 The risk is that we will turn children into objects of manufacture, into commodities to be purchased, picking and choosing the traits we want in our children, rather than viewing them as independent persons.

6:5 また,子どもが生まれもしないうちに,我々が髪の毛の色や目の色や背丈や性別や頭のよさを決め始めたら親が子どもに持つ無条件の愛が損なわれる危険性もあります。
6:5 There is the risk, too, of undermining the [7](1. unconditional 2. unexpected 3. uninformed) love parents have for their children, if we begin to specify hair color, eye color, height, sex, and intelligence, before they are even born.
6:6子育てを消費社会の延長に変えてしまう危険もあります。
6:6 There is the risk of turning parenting into an extension of the consumer society.

6:7 そしてこのことが,子どもに対する親の愛情をむしばんでしまうかもしれないのです。
6:7 And that could [8](1. erode 2. subtract 3. extract) the love of parents for their children.

[21] The term “hyperparenting” is used in the article in reference to those cases in which
1. parents care enough about their children.
2. parents try to excessively manipulate their children’s lives.
3. parents resort to genetic technologies for medical purposes.
4. the government takes control of parenting, education, and healthcare.

・解答 [21]―2
>[21]「『過干渉教育』という言葉は,文中では(     )場合に関して使われている」
1.「親が十分に子どもの世話をする」
2.「親が子どもの人生を過度に操作しようとする」
3.「親が医療目的で遺伝子工学を用いる」
4.「政府が子育て,教育,健康管理を掌握する」
hyperparenting「過干渉教育」については,第6段第1文(I mean the …) に,「親が子どもを過度に管理したり,型にはめようとしたりすること」と端的に説明されている。よって正解は2である。1は「十分に世話をする」には「行き過ぎた」というニュアンスがない。3は「医療目的」で用いることを過干渉教育と考える,という記述はない。サンデルが危惧する遺伝子工学の使用は,第2段第3文(But Sandel also…) にあるnon-medical uses「医療以外の用途」である。4も該当する記述はない。なお,hyperという接頭辞は,「過度の」という意味を加えるために用いられることがある(例:hyperinflation「超インフレ」)。

[22] According to the 6th paragraph, what are “designer children”?
1. Children who are well cared for by their parents and society.
2. Children who are overly competitive, and overly controlling.
3. Children whose high intelligence leads to a strong interest in design.
4. Children whose traits are preselected by their parents.

・解答 [22]―4
>[22]「第6パラグラフによると,『デザイナー=チルドレン』とは何か」
1.「親と社会によって十分に世話を受けた子ども」
2.「過剰に競争心が旺盛で,過度に支配欲の強い子ども」
3.「高い知能を持つことで,デザインに強い関心を示す子ども|
4.「親によって資質をあらかじめ選択された子ども」
第6段第4文 (The risk is that…)の「子どもに持たせたい特徴をあれこれ選ぶようになる」,同段第5文 (There is the risk, …) の「子どもが生まれもしないうちに,我々が髪の毛の色や目の色や背丈や性別や頭のよさを決め始めたら」から判断すると,正解は4である。他の選択肢の記述は,同段落中には見られない。なお,designer child「デザイナー=チャイルド」とは,ある特質を持たせるために親が持たない遺伝子を意図的に組み込むことで生まれる子どものこと。「親がデザインしてできた子ども」ということで生まれた呼び名である。

[23] In the 6th paragraph, Sandel explains his opinion that genetic engineering may
1. make children dislike their parents.
2. discourage racism and advance freedom.
3. make children into products.
4. allow everyone to have perfect lives.

・解答 [23]―3
>[23]「第6パラグラフでは、サンデルは、遺伝子工学は(     )かもしれない、という自説を説明している」
1.「子どもが親を嫌いにさせる」
2.「人種差別をやめさせ、自由を促進する」
3.「子どもを製品にする」
4.「みんなが完全な人生を送れるようにする」
第6段第4文(The risk is that…) にあるように、子どもをobjects of manufacture「創作の材料」 commodities to be purchased「購入可能な商品」に変えてしまう、という記述、また、同段第6文 (There is the risk…) の the risk of turning parenting into an extension of the consumer society「子育てを消費社会の延長に変えてしまう危険」といった記述から、正解は3だとわかる。他の選択肢の記述は、同段落中には見られない。

■ 第8段落
8:1サンデル:自分はこの衝動には無縁だったと言ったら、それは正直ではないですね。
8:1 MS: It would be dishonest to claim that I am [9](1. indebted 2. immune 3. obliged) to this urge.
8:2誰しもが過干渉教育をしたいという気持ちを持った経験があると、私は思います。
8:2 I think everyone has experienced the inclination to hyperparent.
8:3我々は子育てをする時に、過度に管理をしてはいけないのです。確かに過干渉教育は、特に最近は魅力的ではあるのですが。
8:3 We must not be overly controlling when raising children, though hyperparenting is [10](1. an outdated 2. an annoying 3. a tempting) thing to do, especially these days.
8:4今日では,特に裕福な郊外の学校ではそうですが、親は周りを見渡すと、軍拡競争志向のようなものが存在することを感じます。
8:4 Today, parents look around, especially in affluent suburban schools, and feel that there’s a kind of arms-race [11](1. compromise 2. mentality 3. reduction).
8:5他のみんなが大学準備科目を履修していると、そうしないことが自分の子どもから競争力を奪ってしまうと思えるのでしよう。
8:5 Since everyone else is taking college prep courses, not to do so seems to be [12](1. depriving 2. accusing . informing) one’s child of a competitive advantage.
8:6過干渉教育の持つ真の危険が訪れるのは、親が自分の子どもに競争力を持たせるために、遺伝子工学を用いるよう圧力を感じる時なのです。
8:6 The real danger of hyperparenting will come when parents feel pressured to resort to genetic engineering for the sake of giving their children a competitive [13](1. wedge 2. edge 3. pledge).

8:7我々はすでにこのことを、限られた範囲ではありますが子どもの身長を高くすることができるヒト成長ホルモンの使用に関連して見ています。
8:7 We see this already in a limited way with the use of human growth hormone, which can increase the height of children.
8:8 このホルモンはホルモン欠乏症の子どもを救うために導入されましたが、それだけでなく、背が低いこと以外は身体的問題がない子どもにも有効なのです。
8:8 It was introduced to help children with a hormonal deficiency, but it also works with short, but otherwise healthy, children.

[24] According to the 8th paragraph, we can assume that Sandel thinks that the use of human growth hormone
1. can be problematic when it is extended to non-medical purposes.
2. should be limited because it can cause severe medical problems.
3. should be promoted because it enables the creation of “designer children.”
4. should be allowed for everyone who wishes to be tall and handsome.

・解答 [24]―1
>[24]「第8パラグラフによると、我々は、サンデルがヒト成長ホルモンの使用を(     )と考えていると推測することができる」
1.「医療目的以外に用途が広がると、問題となる可能性がある」
2.「深刻な医学的問題を引き起こす可能性があるので、制限されるべきだ」
3.「デザイナー=チルドレン」を生み出すことが可能になるので、促進されるべきだ」
4.「背が高く、ハンサムになることを願う人全員に認められるべきだ」
第8段第6文 (The real danger…)から、サンデルは「遺伝子工学が親が自分の子どもに競争力を持たせるために」使われることを問題視していることがわかる。ヒト成長ホルモンの例は、同様の問題点を抱える現実の話として取り上げられているので、正解は1である。2の、Severe medical problems「深刻な医学的問題」を引き起こす、という記述はない。3と4は医療目的以外の用途に肯定的な意見なので、正しくない。

■ 第10段落
10:1 サンデル:私が懸念するのは遺伝子工学そのものではなく、激化する競争社会における社会的、文化的な姿勢を伴った新しい遺伝子工学の利用可能性なのです。
10:1 MS: What worries me are not the genetic technologies by themselves but the availability of new genetic technologies together with social and cultural attitudes in an increasingly competitive society.
10:2大問題になるのは、この組み合わせです。
10:2 It is this combination that is so troubling.
10:3私は遺伝学における技術革新は、医療や、苦痛の緩和にとっては大いに喜ぶべきことだと考えています。
10:3 I should emphasize that I consider breakthroughs in genetics a great blessing for medicine and for the relief of [14](1. debt 2. suffering 3. oppression).

10:4私が心配するのは、遺伝子工学の医療以外での利用なのです。
10:4 My concern is with non-medical uses of genetic technologies.
10:5私は遺伝学の研究や技術革新を抑制したくはありません。
10:5 I would not want to restrain research and breakthroughs in genetics.
10:6 それどころか、それらは健康にとっては極めて大切です。
10:6 [15](1. Likewise 2. In the meantime 3. On the contrary), they are crucially important for health.
10:7私が心配なのは、健康を促進するために考案された科学技術が、医療とは関係のない目的に使われ。消費主義社会において競争の道具にされてしまうことなのです。
10:7 My concern is when technologies that were designed for promoting health are used for non-medical purposes, and are turned into instruments of competition in a consumer-driven society.
10:8 これらの道徳的な懸念は、ナチスドイツの優生学の歴史に遡ります。
10:8 These moral concerns go back to the history of eugenics in Nazi Germany.

10:9 その当時、優生学は生殖における強制と国家による管理に関わるものでした。
10:9 Eugenics was then associated with coercion and state control of reproduction.
10:10今日、優生学は復活しつつありますが、国家による強制はありません。
10:10 Today it is making a comeback, but without state coercion.
10:11現在では民営化された、自由市場における優生学という形になります。
10:11 It’s now in the form of privatized, free-market eugenics.
10:12私は優生学には、国家による強制がなくても道徳的に問題があると思います。なぜなら現在では、優生学的な野望は、競争社会においては、消費主義に結びつけられるからです。
10:12 I think that eugenics is morally troubling even without the state coercion because now the eugenic [16](1. completion 2. prohibition 3. ambition) is connected to consumerism in a competitive society.
10:13 だから親は、競争社会で子どもを優位に立たせるためには遺伝子工学を用いなくては、という圧力をますます強く感じるのです。
10:13 So, parents will feel increasing pressures to resort to genetic engineering in order to give their children a leg up in a
competitive society.

10:14私が心配なのは、この組み合わせなのです。
10:14 It’s this combination that worries me.

[25] Which of the following best represents Sandel’s thoughts on modern eugenics?
1. It should be promoted only under the guidance by the government.
2. It can be of some use in a consumer-driven, free-market society.
3. It is problematic on ethical grounds especially in a consumer-driven society.
4. It should be promoted without state coercion in order to create designer children.

・解答 [25]―3
>[25]「現代の優生学に対するサンデルの考えを最もよく表しているのは以下のどれか」
1.「優生学は政府の指導の下でのみ推進されるべきだ」
2.「消費者中心の自由市場社会では役に立つ可能性がある」
3.「特に消費者中心社会では,倫理的見地から問題がある」
4.「デザイナー=チルドレンを作るためには,国家の強制なしで推進されるべきだ」
modern eugenics「現代の優生学」については,第10段第12文 (I think that…) に,「国家による強制がなくても道徳的に問題があると思います」とあることから,サンデルは否定的立場だとわかる。その理由は,同文のbecause以下に「競争社会においては,消費主義に結びつけられるから」と述べられている。よって内容が一致するのは,3である。他の選択肢は,優生学を肯定的にとらえているので一致しない。

[26] The term “a leg up” in the 10th paragraph can be taken to mean
1. a competition.
2. an advantage.
3. a higher purpose.
4. a medical condition.

・解答 [26]―2
>[26]「第10パラグラフの“a leg up” という語句は,(     )を意味するために用いられている」
1.「競争」
2.「優位性,強み」
3.「より高い目的」
4.「病状」
A leg upを含む第10段第13文 (So,parents will…) のin order to give their children a leg upは,競争社会において,親が遺伝子工学を用いる目的を述べた部分である。「子どもに(     )を与えるために」の空欄を埋める問題だと考えれば,2が正解。

[27] According to the article, which of the following best represents Sandel’s position?
1. Competition among parents is morally wrong, whereas competition among young people is to be highly encouraged.
2. Competition is part of modern life, and therefore parents should be allowed to use genetic technologies to create perfect children.
3. In a competitive society, parents may want to genetically enhance their children, but it is morally questionable.
4. Parents are encouraged to use genetic technologies for their children so that they may become winners in a competitive society.

・解答 [27]―3
>[27]「この文章によると,サンデルの立場を最もよく表しているのは以下のどれか」
1.「親どうしの競争は道徳的に問題があるが,その一方で若者どうしの競争は大いに奨励されるべきだ」
2.「競争は現代の生活の一部であり,それゆえ親は完璧な子どもを作り出すために遺伝子工学を用いることを認められるべきだ」
3.「競争社会では,親は子どもを遺伝子的に強化したいと考えるかもしれないがそれは道徳的に問題がある」
4.「親は子どもが競争社会において勝者となるように彼らのために遺伝子工学を使うことを奨励されている」
第10段第7文(My concern is…)によると,サンデルは,遺伝子工学が「医療とは関係のない目的に使われ,消費主義社会において競争の道具にされてしまう」ことを心配している。次の同段第8文(These moral concerns…)にmoral concerns「道徳的な懸念」とあり,サンデルの心配は道徳面での懸念だとわかる。この部分が3に一致する。1は,親どうしの競争や若者どうしの競争についての良し悪しは,本文中では言及されていない。2と4は,子どもに対する医療目的でない遺伝子工学の使用に賛成しているので,サンデルの意見とは正反対である。

[28] In the 12th paragraph, Sandel states that “the gap between rich and poor will be genetically reinforced.” What does he mean?
1. Rich people can receive proper medical care, whereas poor people cannot, but this situation will change in the future.
2. Both rich and poor will be able to take advantage of genetic technologies in the future, thus bridging the gap between them.
3. Rich people are genetically stronger and healthier than poor people, and the difference between them will increase in the future.
4. Rich people will remain rich, and poor people will remain poor, because only the former can afford genetic enhancement for their children.

・解答 [28]―4
>[28]「第12パラグラフでサンデルは『貧富の格差が遺伝子的に強化される」と述べている。彼の言いたいことは何か」
1.「金持ちは適切な医療を受けられるが,貧乏人は受けられない。しかしこの状況は将来変わる」
2.「将来は金持ちも貧乏人も遺伝子工学を利用できる。よって両者の差は埋められる」
3.「金持ちは貧乏人よりも遺伝子的に強く,健康である。そしてその差は将来大きくなる」
4.「金持ちは金持ちのままで,貧乏人は貧乏のままである。なぜなら金持ちだけが子どものために遺伝子の強化をする経済的余裕があるからだ」
第12段第2文 (Now that eugenics…)に,遺伝子工学を利用できるのは経済的に余裕がある人だとある。つまり経済格差が遺伝子工学を使用できるか否かを決める要件になる,と言っているわけである。それに続くのが「貧富の格差が遺伝子的に強化される」であることを考えると,金持ちは遺伝子工学が使え,貧しい人は遺伝子工学が使えないことから,両者の経済格差が遺伝子工学の利用の有無によって強化される,と述べられていることがわかる。よって正解は4である。1はmedical care「医療」全般についての話でテーマ自体が無関係。2は「格差が埋まる」という正反対の内容である。3のgenetically stronger「遺伝子的に強い」は遺伝子工学には関係のない,持って生まれた遺伝子を比較しているので正しくない。

■ 第14段落
14:1 サンデル:私の見方では、天からの授かり物という考えは、人生における予測不可能さを喜んで受け入れることと同調するのです。
14:1 MS: In my view, the idea of giftedness goes along with a willingness to be open to the unpredictability of life.
14:2子どもを贈り物と考えることは、生まれたままの子どもを受け入れることで、我々が「デザイン」するかもしれないものを受け入れることではありません。
14:2 To appreciate children as gifts is to accept them as they come, not as we might “design” them.
14:3 それにはある程度の謙遜と自制が伴われ、私にとっては道徳的に重要なだけではなく、社会に資する結果をももたらすように思えます。
14:3 It involves a certain [17](1. humility 2. desirability . offense) and restraint, and it seems to me to not only be important morally, but to also have civic consequences.
14:4連帯に関しては、「社会において、なぜ恵まれた人は恵まれない人に対して借りがあるのか?」を考えてみてください。
14:4 As for solidarity, just think, “Why do the fortunate owe anything to the less fortunate in a society?”
14:5 この問いに対する一つの答えは、天分という考えに依存するところが大きいのです。
14:5 One answer to that question depends [18](1. lightly 2. densely . heavily) on the idea of giftedness.
14:6 たまたま幸運で才能に恵まれた人がいるのです。
14:6 Some people are fortunate or gifted by chance.
14:7 もし我々が持つ優位性の多くが、我々自身の行いによるものだと言えないのなら、それは連帯に対する大きな原動力となります。連帯とは、共存しているという思いと、自分よりも恵まれていない人と経験を分かち合うことなのです。
14:7 If many of our advantages can’t be said to be our own [19](1. showing 2. doing 3. playing), then that gives a powerful drive to solidarity, to feelings of togetherness and shared experience with those less fortunate than us.

14:8 もし将来、ある人々が遺伝子工学を用いて人類の進歩のすべての面を管理したら、その人たちが他人の抱える困難を知ることは決してないでしょう。
14:8 If in the future certain people use genetic technologies to control all aspects of human development, those people may feel [20](1. in no way 2. by all means 3. to some extent) connected to the difficulties of others.

[29] According to Sandel, we feel a sense of solidarity when we realize that
1. genetic technologies make life more predictable.
2. people around us are more gifted and fortunate than we are.
3. we owe what we are to our own efforts and hard work.
4. the difference between the fortunate and the less fortunate is simply by chance.

・解答 [29]―4
>[29]「サンデルによると,我々は(     )ことを理解したときに連帯という感覚を理解する」
1.「遺伝子工学によって,人生がもっと予見可能になる」
2.「周りの人が我々よりも共能にあふれ,幸運である」
3.「我々の現在は,我々自身の努力と働きによって決まる」
4.「幸運な人と,比較的に幸運でない人の差は,偶然にすぎない」
第14段第6文(Some people are…)「たまたま幸運で才能に恵まれた人がいる」と,続く第7文(If many of…)「もし我々が持つ優位性の多くが,我々自身の行いによるものだと言えないのなら,それは連帯に対する大きな原動力となる」の内容から,4が正解。1と2は本文中に該当する記述がない。3は,サンデルの主張と正反対である。

[30] Which of the following is in accordance with Sandel’s opinion regarding genetic technologies?
1. Though useful to humankind, when misused, genetic technologies can cause problems.
2. Genetic technologies are extremely dangerous and should be suspended immediately.
3. Genetic technologies may help humanity, but they can also cause serious illnesses.
4. The use of genetic technologies should create perfect children, but it is expensive.

・解答 [30]―1
>[30]「遺伝子工学に関するサンデルの意見と一致するのは,以下のどれか」
1.「人類にとっては有用だが,使い方を誤ると,遺伝子工学は問題を引き起こす可能性がある」
2.「遺伝子工学は極めて危険なので,即刻中止されるべきだ」
3.「遺伝子工学は人間の役に立つかもしれないが,同時に深刻な病気を引き起こす」4.「遺伝子工学の利用は完全な子どもを作り出すはずだが, 高価である」
第10段第3文 (I should emphasize…) や同段第5文 (I would not…) にあるように, サンデルは遺伝学の進歩に対して反対なのではなく, 医療等のために利用することには賛成である。彼が懸念するのは, 同段第4文 (My concern is with…) や続く第7文 (My concern is when…) にあるように, 「遺伝子工学が医療目的以外に使われること」であり,それが消費者中心の社会で, instruments of competition「競争のための道具」に使われ,道徳的な問題を引き起こすことを心配している。よって,サンデルの意見と一致するのは1である。2については,上記の通りサンデルは「遺伝子工学が危険だ」とも「即刻中止すべきだ」とも言っていないので不一致。3は「深刻な病気を引き起こす」という記述が,本文中にない。4は「完全な子どもを作り出す」という記述が本文にはない。

copyright 2016/Everyday school