[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2012年 大問二 本文対訳

本文

■ 第1段落
1:1多くの人とつながりを持った,インターネットが利用可能な社会に住むことに,多くの利点があるのは明らかである。しかしその利点の中には個人のプライバシーと安全に対する,憂慮すべき危険な要素をもたらすものがある。
1:1 There are clearly many benefits to living in a well-connected, Internet-enabled society, but some of the benefits bring with them worrying elements of risk to personal privacy and safety.
1:2現在我々は,広範囲にわたる,地理的な制約がない友情や仕事上のつながりを,以前は想像すらできなかったほど容易に築き,維持することが可能である。
1:2 We can now make and sustain wide-ranging, geographically unconstrained friendships and business connections with an ease previously unimaginable.
1:3世界中の人によって蓄積された知識の多くは,現在では簡単なキーワード検索によって,瞬時に自由にアクセス可能になっている。
1:3 Much of the world’s collected knowledge is now freely accessible at a moment’s notice with simple keyword searches.
1:4影響力の大きいウェブ上のフォーラムとソーシャルネットワーキングデータベースによって,我々は相性のよい恋人や,元クラスメートや,興味や悩みを分かち合える人を,新しく刺激的な方法で見つけることが可能になっている。
1:4 Powerful web-based forums and social networking databases enable us to find compatible lovers, former classmates, and people with shared interests or problems, in new and exciting ways.

■ 第2段落
2:1我々の多くにとって,これらのソーシャルネットワーキングツールは必要不可欠のものになったが,同時にスパイ活動,政府による過剰な監視,ストーカー行為,不正な商取引や,その他の非合法で反社会的,非道徳的な,またはそれ以外の有害な行為に対する恐怖を呼び起こすことになった。
2:1 [31](1. Unless 2. As 3. Far from) indispensable as these social networking tools have become to many of us, they also call up fears of spying, excessive government monitoring, stalking, crooked business dealings, and other illegal, antisocial, unethical, and otherwise destructive behaviors.
2:2法律,倫理学,社会学,心理学やその他多くの学問分野は,我々が科学技術を基盤としたこれら新しいコミュニケーション様式の全潜在能力をよりよく理解し,そのリスクを管理できるよう支援をするために,いずれ意見を求められるのは間違いないだろう。
2:2 The fields of law, ethics, sociology, psychology and many others will no doubt be [32](1. asked after 2. called upon 3. taken over) over time to help us better understand the full potential, and manage the risks, of these new modes of technology-based communication.
2:3 この記事では,小さいが我々が現在直面している重要な問題,すなわちインターネットの時代における「監視」という概念の進化について見ることになる。
2:3 In this article, we will look at one small but central issue currently [33](1. facing 2. heading 3. backing) us, namely, the evolution of the concept of surveillance” in the Internet age.

■ 第3段落
3:1 「監視」という言葉は,フランス語のsurveillerという言葉に由来するが,単に「見張る(watch over)こと」と訳される。
3:1 The word “surveillance” comes from the French word surveiller, which translates simply as to “watch over.”
3:2 この訳語は,誰かが人や物を上からじっと見つめている,というイメージを思い起こさせる。
3:2 This translation suggests the image of a person looking carefully at someone or something from above.
3:3 しかし,日常会話と学術的な議論の両方において,「監視」という語は,監視する行為の全般を意味する,決まった言い方になった。
3:3 But both in ordinary language and academic debate, the word “surveillance” has become the conventional way of describing the activity of monitoring in general.
3:4人々が英語の”surveillance”を使う時は,ほとんど常に否定的な含意を持つ。
3:4 When people use the word “surveillance” in English, it almost always has a negative [34] (1. campaign 2. assumption 3. connotation).
3:5例えば,「警察が犯罪者を監視中だ」とか「政府はテロの容疑者を追跡するために,ハイテクの監視システムを使った」などと耳にするかもしれない。
3:5 One may hear, for example, “the police have a criminal under surveillance” or “the government used a high-tech surveillance system to follow a suspected terrorist.”
3:6 そのイメージは,たいていは誰かが社会に対して良からぬことを企んでいると疑って,その行動を密かに見る,といったものであろう。
3:6 The image is often that of secretly viewing someone’s activities, suspecting that they are up to something harmful to society.
3:7 このマイナスのイメージは,ネット上のソーシャルネットワーキングの場合にも当てはまる。
3:7 This negative image [35](1. holds true 2. fades away 3. goes off) in the context of online social networking.
3:8 ネット上の監視は,しばしばスパイ行為やプライバシーの侵害に結びつけられる。そして,監視に関連するものは可能な限り,すべて避けられるべきだという考えが広まることになった。
3:8 Online surveillance is frequently associated with spying and privacy invasion, and it has become a [36](1. preliminary 2. prevalent 3. privileged) view that everything related to it should be avoided if at all possible.

■ 第4段落
4:1 インターネットの発達が,我々の世の中に対する見方を急激に変えた,ということを否定する人はほとんどいないだろう。
4:1 There are few who would deny that the development of the Internet has drastically changed the way that we see the world.
4:2 しかし,おそらく我々が気づくべき同じくらい重要なことは,インターネットは,一良きにつけ悪しきにつけ一世界の我々に対する見方をどのように変えたかということである。
4:2 Perhaps of equal importance for us to note, however, is how the Internet has changed the way that the world sees us―for good and bad.
4:3 ハッキングや,個人情報の盗難や,ネットワーク上の金銭詐欺やその他のネット上の悪事や犯罪行為のニュースを目にすると,インターネットをいつも利用していることで,自分たちが望まない監視を受ける危険の中に置かれていることに,不安を募らせるのは容易い。
4:3 With news stories about hacking, identity theft, online financial scams, as well as other cyber crimes and misdemeanors, it is easy for us to grow [37](1. doubtful 2. anxious 3. contented) that using the Internet constantly puts us at risk of unwanted surveillance.
4:4常に監視され,行動は記録され,見知らぬ人間からのあり得る攻撃を受けやすいのではないか,と感じるかもしれない。
4:4 You might feel that you are constantly being watched, that your movements are being logged, and that you may be [38](1. longing for 2. particular about 3. susceptible to) possible attacks from strangers.
4:5 この感覚は,グーグル=ストリート=ビューや,撮影地のタグを付けられる写真のような科学技術によってひどくなる。これらのものは,人々の現実の行動に関する情報を,ネット上での行動から割り出してしまう可能性があるのだ。それもしばしば知らないうちに,同意もないままに,である。
4:5 That feeling is worsened by technologies such as Google Street View or location-tagged photographs, which may reveal information about peoples physical movements from their cyber activities, often without their knowledge or consent.

■ 第5段落
5:1 インターネットや,それに似たような形式の相互に接続された情報技術は,ジョージ=オーウェルの著作のように,プライバシーを完全に消滅させる可能性を潜在的に秘めているのかもしれない,と恐れる人もいる。
5:1 Some people fear that the Internet and related forms of interconnected information technology may potentially lead to a complete loss of privacy, [39](1. in the manner of 2. at the rate of 3. in the name of) the writings of George Orwell.
5:2彼の傑作である『1984年』でオーウェルは,政府が常に国民を監視することで,彼らを管理する社会を描いている。
5:2 In his masterpiece, 1984, he describes a society where the government controls the people by constantly spying on them.
5:3国民の同意に基づかない,このタイプの24時間監視体制は,自由な社会にとっては大変な害毒である。
5:3 This type of round-the-clock surveillance without peoples consent would be totally destructive to a free society.

■ 第6段落
6:1 しかし,我々は少なくともインターネット上での新しい情報開放性の一部は自己選択によるものであり,プライバシーの設定,コメントの管理いくつかのサービスを選択しないことを通じて,他人に公開する情報への十分な管理能力を持っていることを認識すべきである。
6:1 However, we should recognize that at least some of the new openness of information on the Internet is [40](1. self-employed 2. self-important 3. self-selected) and that people still have a good amount of control over what they reveal to others, through privacy settings, comment moderation, or opting out of certain services.
6:2我々は,個人の意見,才能,風変わりな性質,興味などを,ネット上に公開できることを喜ぶ人がいることを,忘れるべきではない。
6:2 We should not forget that some people are glad to be able to put their personal opinions, talents, oddities, or interests online.
6:3 そのような人たちは,インターネットが彼らに創造性を表現する手段や,彼らが演技できる舞台や,前の時代には手に入らなかった会場と観客を与えてくれることで,世界中の人が彼らのことを見て評価してくれるのがうれしいのだ。
6:3 They are happy for the whole world to see and judge them, as it gives them [41](1. an outlet for 2. an exhaustion of 3. a retreat from) their creativity, a stage upon which they can perform, a venue and an audience which in previous times would have been unavailable.
6:4 まれなケースではそのようなインターネットの持つ露出性が,職業につながることすらあった。
6:4 In some rare cases, such Internet [42](1. humanism 2. conservatism 3. exhibitionism) has even led to careers.
6:5例えば,ジャスティン=ビーバーは,ユーチューブのおかげで,郊外に住む普通の子どもから世界的な音楽界のスーパースターになった。
6:5 Justin Bieber, for example, went from being an average suburban kid to being an international music superstar with the help of YouTube.
6:6同様に,レディ=ガガの名声は驚くほどの成功を収めたフェイスブックのページと,他のインターネット上の自己宣伝によって広まった。
6:6 Similarly, Lady Gaga’s fame spread through her incredibly successful Facebook page and other forms of online self-promotion.
6:7 その一方でそのようなインターネット上の活動が,時にマイナスの結果を生じることもあり得るのだ。例えば,ツイッターのフォロワー全員に,恥ずかしいプライベートでの写真とメッセージをうっかり送ってしまい,キャリアを台無しにしてしまったアメリカの政治家アンソニー=ウィーナーの例がそうである。
6:7 [43](1. Simply put 2. As a matter of fact 3.On the other hand), such online activities can sometimes have negative consequences, as in the case of American politician Anthony Weiner, whose career was ruined when he accidentally sent embarrassing private photos and messages to all of his followers on Twitter.
6:8 このように,この新しいタイプの自発的な監視は,諸刃の剣なのである。
6:8 As we can see, this new type of voluntary surveillance is a [44](1. one-dimensional design 2. double-edged sword 3. half-finished tool).

■ 第7段落
7: デンマークにあるオーフス大学のアンダース=アルブレヒツルンドはコミュニケーションとプライバシーとウェブ上での倫理に関する著作の中で,インターネットのソーシャルネットワーキングに見られるこの新しいタイプの交流のことを「参加型の監視」と呼んでいる。
7:1 In his writings on communication, privacy, and web ethics, Anders Albrechtslund of Aarhus University in Denmark refers to this new type of interaction found in online social networking as “participatory surveillance.
7:2彼は階層的な力関係という概念は,「監視」という語の古典的な解釈のためには極めて重要である,と主張する。
7:2 “He argues that the concept of a hierarchical power relation is [45](1. absent from 2. crucial to 3. opposed to) a classical interpretation of the term “surveillance.”
7:3 この見方によると,監視者は,比喩的には監視される側より高いところにいる。
7:3 From this perspective, the watcher occupies a position metaphorically above the watched.
7:4 しかし,新しい形の監視では,その関係は「平らな」権力構造によって特徴づけられその関係の中では,監視する側とされる側は,対等な立場なのだ。
7:4 In the new form of surveillance, however, the relation is characterized by a “flat” power structure wherein the watcher and watched are of equal standing.
7:5彼はこの考えを,現代のインターネットによるソーシャルメディアが含まれるところまで拡大し,我々はみな,お互いのことを監視し合っており,それと同時にお互いに監視され合ってもいるのだ,と主張する。
7:5 He extends this notion as far as including modern online social media, arguing that we are all surveilling each other as well as being surveilled ourselves.
7:6 さらに,彼はこの発展はおおむね肯定的なものだと主張している。
7:6 [46](1. Moreover 2. On the contrary . For instance), he argues that this development is largely a positive one.

■ 第8段落
8:1 アルブレヒツルンドによれば,ネット上のソーシャルネットワーキングに加わることは,自主的に他人と関わり,アイデンティティを築くための方法なのである。
8:1 According to Albrechtslund, to participate in online social networking is a way to voluntarily engage with other people and construct identities.
8:2 また同時に,自分自身を,あるいは築かれたアイデンティティを他人と共有する行為なのだ。
8:2 It is also the act of sharing yourself―or your constructed identity―with others.
8:3 したがって,自分自身(の情報)を共有することの役割は,過小評価されるべきではない。なぜなら,人々が共有する,プロフィールや活動,信条,居所,地位,好みなどの個人情報は,求められていないレベルのコミュニケーションを表している。
8:3 Accordingly, the role of sharing should not be underestimated, as the personal information people share―profiles, activities, beliefs, whereabouts, status, preferences, etc.―represents a level of communication that is not asked for.
8:4 それはただ,「そこに存在」し,誰からも求められないが,ある種のグループに属す人々にとっては,交流の一部なのだ。
8:4 It is just “out there”, unasked for, but something that is part of the socializing in certain groups of people.
8:5事実,大多数の十代の若者は実生活ではめったに会わない友達と連絡を保つためにインターネットのソーシャルネットワーキングを利用することがわかっている。
8:5 Actually, it has been found that a great majority of teens use online social networking to keep in touch with friends they rarely see in real life.
8:6 この場合は参加型の監視は,他人が分け与えてくれる情報をチェックすることで友人関係を維持するための方策なのである。
8:6 In this case, participatory surveillance is a way of maintaining friendships by [47](1. hanging on to 2. checking up on 3. getting away with) information that other people share.
8:7 そのような友情は浅いものに思えるが,たくさんの友人と連絡をとり続けるためには便利なやり方である。
8:7 Such a friendship might seem shallow, but it is a convenient way of keeping in touch with a large circle of friends.
8:8 だからこそ,現代の参加型の監視は,個人の成長やアイデンティティの創造と,実りがあり多様で広範な社会的つながりを発展させることを可能にするのである。
8:8 Thus, modern participatory surveillance [48](1. gives out 2. takes to . allows for) individual growth and identity creation, and the possibility of developing rewarding and diverse extended social relationships.

■ 第9段落
9:1 しかし,アルブレヒツルンドの「参加型の監視」という考えは,監視という言葉が持つ普通の意味とは大きくかけ離れているので,まったく新しい言葉が必要になる可能性はある。
9:1 Albrechtslund’s concept of “participatory surveillance” is so radically different from the standard meaning of surveillance, however, that it may require an entirely new term.
9:2科学技術は発展し,文化は変容するが,言葉が常に追いついていけるとは限らない。
9:2 As technology develops and culture changes, language cannot always [49](1. keep pace 2. make haste . fall behind).
9:3新しい種類の人間どうしの交流には,それらについての新しい考え方が必要となるが,同時にそれに付随する新しい言葉も必要になる。
9:3 New kinds of human interaction require new ways of thinking about them, as well as new words to [50](1.go along with 2. put up with 3. do away with) them.
9:4 おそらく,新しい世界を表す新しい言葉を発明するのは,現在と未来の世代に与えられた課題である。
9:4 It is, perhaps, a task for this and future generations to invent a new vocabulary for a new world.

copyright 2016/Everyday school