[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2013年 大問一 本文対訳

本文

■ 第1段落
1:1 グーグルとフェイスブックは,「個人化」,つまり,どんな種類の情報を提供するかを利用者の要求にあわせる方法の開発において最先端をいっている。
1:1 Google and Facebook are leading the development of “personalization”―the process through which the type of information offered is adjusted to users’ demands.
1:2 個人化技術が人の個性を形成する方法は,まだ明らかになりつつある途上にある。その理由はとりわけ,たいていの人がインターネット上で流されている個人化されたコンテンツよりも放送メデイアを消費するのにより多くの時間を使っているからである。
1:2 The way that personalization shapes identity is still becoming clear―especially because most of us spend more time consuming broadcast media than personalized content streams on the Internet.
1:3 しかし,ウェブにおけるこの2大プレーヤーが個性というものをどう捉えているかを検討することによって,これらの変化がどのようになっていくかを予測することが可能になりつつある
1:3 But by looking at how those two major players on the web conceive of identity, it’s becoming possible to predict what these changes might look like.
1:4人格とは何か,つまり,ある人が何者であるかを確かめるのにどのようなデータが最も重要であるかについての理論が,個人化には必要となるのである。そして,その2大ウェブ企業は全く異なった方法でその問題に取り組んでいる。
1:4 Personalization requires a theory of what makes a person―of what bits of data are most important to ascertain whom someone is, and the two web giants have quite different ways of approaching the problem.

■ 第2段落
2:1 グーグルの個人化のシステムは,ウェブの閲覧履歴と何をクリックしたかを大いにもとにしてその人の嗜好を推測するというものである
2:1 Google’s personalization system relies heavily on web history and what you click on to [1](1. infer 2. defer 3. prefer) what you like and dislike.
2:2 これらのクリックは全く私的な環境でなされるものである。
2:2 These clicks often happen in an entirely private context:
2:3 つまり,「腸ガス」と有名人のゴシップを検索したことは,自分とブラウザの間の出来事だと想定しているのだ。
2:3 The assumption is that searches for “intestinal gas” and celebrity gossip are between you and your browser.
2:4 もし検索していることを他人が知りえると思っていれば,あなたは違う行動を取るかもしれない。
2:4 You might behave differently if you thought other people were going to see your searches.
2:5 しかしこの行動こそが,グーグルニュースで何を見るかやグーグルでどんな広告を目にするか,つまり,グーグルがあなたの人格をどう理論化するかを決めているのである。
2:5 But its that behavior that determines what content you see in Google News, what ads Google displays that determines, in other words, Googles theory of you.

■ 第3段落
3:1 フェイスブックが個人化の基礎としているのはまったく異なるものだ。
3:1 The basis for Facebooks personalization is entirely different.
3:2 フェイスブックもおそらくはクリックを追跡しているが,個性に対する主な考え方は,何を共有し誰とやりとりしたか,である。
3:2 [2](1. Unless 2. While 3. Since) Facebook undoubtedly tracks clicks, its primary way of thinking about your identity is to look at what you share and with whom you interact.
3:3 これはグーグルが使っているのとはまったく異なる種類のデータである。
3:3 That’s a whole different kettle of data from Google’s:
3:4私たちがクリックするものには,ステータスアップデートで友人全員と共有したくないような奇妙で恥ずかしいものがたくさんある。
3:4 There are plenty of odd and embarrassing things we click on that we’d be [3](1. ready 2. reluctant . flattered) to share with all of our friends in a status update.
3:5 そして,逆のことも言えるのである。
3:5 And the reverse is true, too.
3:6 ハイチの再建に関する長文の調査記事や注目を集めている政治的ニュースなどのほとんど自分が読まないようなリンクを,それがもたらす自分の他人への見え方を好んで,共有することがあるのは認めよう。
3:6I’ll admit to sometimes sharing links I’ve barely read―the long investigative piece on the reconstruction of Haiti, the bold political headline―because I like the way it makes me [4](1. turn 2. Stick 3. look) to others.
3:7 つまり,グーグル上での自分とフェイスブック上での自分とはまったく違う人なのである。
3:7 The Google self and the Facebook self, in other words, are radically different people.
3:8 「クリックしたところのものからなる自分」と「共有したところのものからなる自分」とでは,大きな違いがある。
3:8 There’s a big difference between “you are what you click “and “you are what you share.”

■ 第4段落
4:1 どちらの考え方にもそれぞれの利点と欠点がある。
4:1 Both ways of thinking have their benefits and drawbacks.
4:2 グーグルのクリックにもとづいた自己について言えば,両親にカミングアウトしていないゲイの10代の少年でも,より広範囲に及ぶゲイの共同体から,自分がひとりではないことがわかる個人化されたグーグルニュースのフィードが得られるのである。
4:2 With Google’s click-based self, the gay teenager who hasn’t [5](1. run up 2. come out .3 looked up) to his parents can still get a personalized Google News feed with pieces from the broader gay community that affirm that he’s not alone.
4:3 しかし同時に,クリックにもとづいた自己によって,我々はもともと見る傾向があるものによけいに引き寄せられてしまうということもある。
4:3 But at the same time, a self built on clicks will tend to draw us even more toward the items we’re [6]1, predisposed 2. entitled 3. embarrassed) to look at already.
4:4有名人のゴシップを扱うサイトの記事に目を通したという情報が保存されると,次回ニュースをみるときに,ある俳優の不倫について下品な詳報が画面に出る可能性が高いのである。
4:4 Your perusal of an article on a celebrity gossip site is [7]1.filed 2. thrown 3. given) away and the next time you’re looking at the news, you are more likely to find salacious details about an actor’s infidelity on the screen.

■ 第5段落
5:1 フェイスブックでの共有にもとづく自己は,より向上心をかきたてるものである。
5:1 Facebook’s share-based self is more aspirational:
5:2 フェイスブックは,あなたをあなたが言ったこと以上に評価してくれるものであり,他人にそう見られたいと思っている通りに自分を表してくれるのである。
5:2 Facebook takes you more at your word, presenting you as you’d like to be seen by others.
5:3 フェイスブック上の自己は,ブラックボックスにたとえられるものよりもむしろ演技に近いものであり,究極的にはグーグルが追跡する信号のまとまりよりも社会性がはっきりしたものである。
5:3 Your Facebook self is more of a performance, less of a metaphorical black box, and ultimately it may be more prosocial than the bundle of signals Google tracks.
5:4 しかし,フェイスブック上の自己にも欠点はある。フェイスブックが他人に見せようとする自分をもとにすればするほど,私的な興味や関心が入り込む余地は少なくなるのである。
5:4 But the Facebook approach has its downsides as well―to the extent that Facebook draws on the more public self, it necessarily has [8](1. no rooms 2. less room 3. a tiny room) for private interests and concerns.
5:5先に取り上げたカミングアウトしていないゲイの少年のフェイスブック上での情報環境は,不完全なままになるのだ。
5:5 The same closeted gay teenager’s information environment on Facebook remains [9](1 inhuman 2, incomplete . indifferent).

■ 第6段落
6:1 どちらも我々自身の表象としてはきわめて不完全なものであるが,その理由の1つは,どのようなデータの集積も実質的に個人の人物像を描き出さないからだ。
6:1 Both are pretty poor representations of who we are, in part because there is no one set of data that substantively describes who we are.
6:2 「個人の資産,職業,購入,財政状況や医療歴に関する情報だけでは,個人のすべてを語ることはできない」と,個人情報保護の専門家であるダニエル=ソロブは書いている。
6:2 “Information about our property, our professions, our purchases, our finances, and our medical history does not tell the whole story,” writes privacy expert Daniel Solove.
6:3 「我々は,生活する際に発せられる情報以上の存在なのだ」と。
6:3 “We are more than the bits of data we [10](1. put 2. take 3. give off as we go about our lives.”

■ 第7段落
7:1 ロボット工学の専門家は,生きているものによく似たものを作ろうとするときにさまざまな問題に遭遇する。
7:1 Robotics engineers frequently run [11](1. down 2. into 3. over) problems when attempting to create realistic reflections of life.
7:2中途半端に生きているように見せられた人型のものや,プラスチックのような質感の人面ロボットを見ると,関係がとり結べないという違和感を覚えるものである。いわゆる「不気味の谷現象」だ。
7:2 There can actually be an uncomfortable sense of disconnect that one feels when looking at imperfectly animated humans or plastic-looking, human-faced robots―the so-called “uncanny valley.”
7:3問題なのは,データが必ずしも現実を表すとは限らない点である。
7:3 The problem is that the data do not necessarily represent reality.
7:4 フェイスブックやグーグルも実は,個人の人格を把握しようとするうえで似たような問題を経験していると言える。
7:4 We can say that Facebook and Google are in fact experiencing similar problems in their efforts to capture individual personalities.
7:5 フェイスブックについて言えば,利用者は世界に対して見せる仮面,現在のところは不完全で説得力のないものを実のところは作っているのである。
7:5 With Facebook, users are actually creating a mask to show the world, but at the moment it is an imperfect and unconvincing one.
7:6 グーグルの枠組みについて言えば,利用者について作成された人格の素描にも,フェイスブックとは異なるものだが,欠点がある。
7:6 With the Google paradigm, the personality sketch created of users is also flawed, albeit differently.
7:7 この点は,あるユーザーがオンライン上でとる行動の諸要素がその人の個性を表すと誤解していることに原因がある。
7:7 This is due to misinterpreting aspects of a given customer’s online behavior as being indicative of his or her identity.
7:8 インターネットは個人を十分に表現するものではなく,今のところはまがいものの複製自己しか提示できないと言える。
7:8 It could be said that rather than a good representation of self, right now the Internet can only provide a shoddy doppelganger.

■ 第8段落
8:1 フェイスブックの創業者であるマーク=ザッカーバーグは,我々の
「自己は1つ」であると主張しているが,この主張がフェイスブックの個人化モデルの根本となっている。
8:1 Mark Zuckerberg, the founder of Facebook, claims that we have “one identity”, a claim that has become the foundation of the Facebook personalization model.
8:2 しかし,心理学者はこうした誤解に警鐘を鳴らす。
8:2 Psychologists, however, warn us against this misconception.
8:3 しかし,心理学者はこうした誤解に警鐘を鳴らす。
8:3 We tend to explain people’s behavior in terms of their unchanging inner traits rather than the situations in which they’re placed.
8:4 その場の状況が大きな役割を果たしているのが明らかな場面においても,個人の行動と人格とを区別するのは難しいのである。
8:4 Even in situations where the context clearly plays a major role, we find it hard to separate [12](1. how 2. when 3.where) someone behaves from who she is.

■ 第9段落
9:1人格というのは変化するものである。
9:1 Our personalities are fluid.
9:2幸福だと人づきあいがよく外向的な人でも,ストレスを受けると内向的になることもある。
9:2 Someone who’s gregarious and outgoing when happy may be introverted when [13](1. stressed 2. excited 3.joyful).
9:3人格というのは変わらず,行動は予測可能だと考えるかもしれないが,これは必ずしもそうではない。
9:3 We may think that our personalities are set, and our behaviors are predictable, but this is not necessarily the case.
9:4自分は温和でおとなしいと考えている人でも,ある状況下では残忍な行動をとることがある。
9:4 Even people who think themselves to be gentle and mild-mannered may act brutally under certain conditions.
9:5こうしたことは,1960年代にエール大学で心理学者スタンレー=ミルグラムが行った,よく引き合いに出される実験で明らかになった。そこで彼は,権威の象徴である白衣を着た研究者からの指示によって,普通のまともな人に他の被験者に対し電気による処罰めいたことをさせたのである。
9:5 This was demonstrated by psychologist Stanley Milgram in his oft-cited experiment at Yale in the 1960s where he got decent ordinary people to apparently electrocute other subjects upon the instruction of a researcher in a white lab coat, a symbol of authority.

■ 第10段落
10:1 このように行動するのには理由がある。
10:1 There is a reason that we act this way:
10:2家族と夕食をともにしているときにはうまくやってくれる人格の特徴が,列車の乗客と口論になったときや仕事で報告書を完成させようとしているときには妨げとなることもあるのだ。
10:2 The personality traits that serve us well when we’re at dinner with our family might get [14](1. on 2. along 3. in) the way when we’re in a dispute with a passenger on the train or trying to finish a report at work.
10:3 このような自己の可変性は,我々がいつもまったく同じように行動するのであれば対処不能だったり耐えられなかったりするような社会的状況を想定したものである。
10:3 The [15](1. platitude 2. plasticity . profusion) of the self allows for social situations that would be impossible or intolerable if we always behaved exactly the same way.
10:4広告業界の人間はこの現象をずっと前から理解している。
10:4 Advertisers have understood this phenomenon for a long time.
10:5朝出勤するときにビールの広告をあまり耳にしないのは偶然ではないのだ。
10:5 It’s no accident that you don’t hear many beer ads as you’re driving to work in the morning.
10:6 午前8時と午後8時とでは,必要なものやしたいことは異なるのである。
10:6 People have different needs and aspirations at eight a.m. than they do at eight p.m.
10:7同様に,歓楽街に立っている屋外広告板は,そこを訪れたご一行が帰る住宅地に立っている屋外広告板とは違うものを宣伝しているのだ。
10:7 [16](1. By contrast 2. On the contrary 3. By the same token), billboards in the night­life district promote different products than billboards in the residential neighborhoods the same partiers go home to.

■ 第11段落
11:1自己を1つと考えることの問題は,自己とは何かについてゆがんだ見方をしている企業に対し,最も秘密にしておくべき情報を渡してしまうことがはらむ危険性を示している。
11:1 The one-identity problem illustrates one of the dangers of [17](1. running 2. turning 3. getting) over your most personal details to companies who have a skewed view of what identity is.
11:2自分のすることが,何でも永久に,そして広範囲に及ぶオンラインの記録に残るとわかると,もう1つの問題が生じる。
11:2 And when we’re aware that everything we do enters a permanent, pervasive online record, another problem emerges:
11:3自分の行いが,自分の目にするものや企業が自分をどう見るかを左右するという知識は,ぞっとするような結果をもたらしうるのだ。
11:3 The knowledge that what we do affects what we see and how companies see us can create a chilling effect.
11:4遺伝情報保護の専門家であるマーク=ロススタインは,遺伝情報に関する規制が緩いと,ある特定の病気の検査を受けようとする人が実際に少なくなりうる,と述べている。
11:4 Genetic privacy expert Mark Rothstein describes how lax regulations around genetic data can actually reduce the number of people willing to be tested for certain diseases:
11:5 パーキンソン病と関係する遺伝子をもっているからといって差別を受けたり保険を断られたりする可能性があれば,検査を受けずにおいてそこから生じるやっかいな情報を避けようとするのは,理不尽なことではないからだ。
11:5 If you might be discriminated against or denied insurance for having a gene linked to Parkinson’s disease, it’s not unreasonable just to skip the test and the troubling knowledge that might result.

■ 第12段落
12:1 しかしながら,自己を1つだけと考えることの問題は,根本的な欠陥ではない。
12:1 However, the one-identity problem isn’t a fundamental flaw.
12:2 むしろプログラムのミスのようなものである。
12:2 It’s more of a [18] (1. bug 2. bit 3. virus):
12:3 フェイスブックは自己は1つだけだと考えているが,実際にはそうではないので,情報環境をうまく個人化できなくなるのである。
12:3 Because Facebook thinks you have one identity and you don’t, it will do a worse job of personalizing your information environment.
12:4 ある友人が私に言うように,「技術の捉えるニュアンスに反映されているかぎり,我々は,人間であることの意味がもつニュアンスからはほど遠いのである」。
12:4 As a friend of mine told me, “We’re so far away from the nuances of what it means to be human, as reflected in the nuances of the technology.”
12:5 あらゆる状況において,人は単一の確立した自己をもっているのではなく,すぐにも消え去ってしまう幻像は人の核心にある欲求や興味を示すものではないのだ。
12:5 People don’t have a single, tidy identity in all contexts, and every [19] (1. increasing 2. dropping 3.passing) fancy is not demonstrative of some core desire or interest.
12:6 しかし理論上は,自己が1つだけだと考え,また状況を考慮しないという問題は,解決不可能なものではない。
12:6 In theory, however, the one-identity, context-blind problem isn’t impossible to fix.
12:7個人化は,間違いなく,状況の判断を改善するだろうし,実際その分野の研究者はそれに取り組んでいるのだ。
12:7 Personalization will undoubtedly get better at sensing context, and, in fact, people in the field are working on it.
12:8長期的な興味と短期的な興味とのバランスをうまくとれるようになりさえするかもしれないのだ。
12:8 They might even be able to better balance long-term and short-term interests.
12:9 しかし,それができるようになれば,利用者の心の働きが精密に測れるようになり,事態はよりやっかいなことになりさえするであろう。
12:9 But when they do―when they are able to accurately [20](1. dial 2. gauge 3. switch) the workings of your psyche―things will get even more uncomfortable.

copyright 2016/Everyday school