[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2014年 大問一 内容一致問題

内容一致四択問題

■ 第1段落
1:1 ハリケーンサンディがアメリカ合衆国の大西洋岸に大きな被害をもたらしたあと,気候変動に関する論争が再び人々の想像力をひきつけるようになった。
1:1 After Hurricane Sandy devastated the US Atlantic coast the debate over climate change recaptured the public imagination.

1:2 2012年に全米を襲った記録的な熱波と干ばつによっても,より多くの人々が地球温暖化は現実に起こっている現象であると確信するようになっている。どれほど極端なものであれ,たった1つの気象現象の原因を気温の上昇傾向に帰するのはほとんど意味をなさないにもかかわらず,である。
1:2 The record heat wave and drought across the United States in 2012seems also to have convinced more people that global warming is a real phenomenon even though it makes little sense to[1](1. engage 2 attribute 3. instill) a single weather event―no matter how extreme―to an upward trend in temperature.

[21] Which of the following is true, according to the 1st paragraph?
1. After Hurricane Sandy, the term global warming was coined.
2. After Hurricane Sandy, the worst drought in American history hit the Atlantic coast.
3. Prior to Hurricane Sandy, Americans were unaware of global warming.
4. Prior to Hurricane Sandy, there was a period of lessened interest in global warming.

・解答 [21]-4
>[21] 「第1段の内容に照らして正しいのは次のどれか」に対する正解は,同段第1文にrecaptured「再び〜を捉えた」という表現がある。その内容から考えて4の「ハリケーンサンディ以前は,地球温暖化に関する関心が薄れていた時期があった」である。Prior to「より前に」
1.「ハリケーンサンディ以降,地球温暖化という用語がつくられた」
2.「ハリケーンサンディの後,アメリカ史上最悪の干ばつが大西洋岸を襲った」
3.「ハリケーンサンディ以前,アメリカ人は地球温暖化のことを知らなかった」

■ 第2段落
2:1 地球温暖化が現実に起こっていることは研究から証明されており,科学者はふつう,人々の見解を左右しようと個々の研究やメタ分析から得られた結果を指摘する。
2:1 Research proves global warming exists and scientists typically point to results from independent studies and meta-analyses to try to sway people’s views.
2:2 地球温暖化が現実に起こっていることは研究から証明されており,科学者はふつう,人々の見解を左右しようと個々の研究やメタ分析から得られた結果を指摘する。
2:2 But people seem to rely on factors other than data to inform themselves about the likelihood of global warming.
2:3 「データでは人々に想像してもらうことができない」とジェーン=ライゼン教授は言う。
2:3 “Data cannot move people to imagine.” says professor Jane Risen.
2:4 彼女の研究では,地球温暖化が生じていると考えるかどうかを決めるのは,統計やデータではなく,人々が地球温暖化の影響を想像できるかどうかであると示唆されている。
2:4 Her research suggests that it is people’s ability to imagine the [2](1.affects 2. effects 3. efforts)of global warming, not the statistics or data, that determine belief in global warming.

[22] Which of the following is included among the “factors other than data” as mentioned in the 2nd paragraph?
1 Imaginative capacity.
2 Numerical inconsistency.
3. Statistical accuracy.
4. Temperature fluctuation.

・解答 [22]-1
>[22]「第2段に出てくる『データ以外の要因』に含まれるのは次のうちどれか」に対する正解は,「データ以外の要因」が同段最終文のpeople’s ability to imagine…であると考えられるので,1の「想像力」が正解である。
2.「数字が合わないこと」
3.「統計の正確さ」
4.「気温の変動」

■ 第4段落
4:1 高温,空腹やのどの渇きといった身体的感覚により,人々はこうした感覚がより恒常化した世界のくっきりとした心象を頭に思い描きやすくなり,考え方が左右されることがある。
4:1 Physical sensations of warmth, hunger, or thirst can influence people’s beliefs by helping them form clear mental images [4](1. in 2. of 3. on)a world where those sensations are more common.

4:2 研究の結果からは,頭がよく教養もある人を含むふつうの人たちは,地球温暖化やその他の差し迫った環境・社会問題を知的というより直感的にとらえる場合があることがわかっている。
4:2 The results of the Study Suggest that ordinary people―including bright and educated ones―may think of global warming and other pressing environmental and social concerns in intuitive rather than [5](1.intelectual 2.interpretive 3.inteligible) ways.
4:3 科学者たちは,気候変動に関する研究結果を,この問題の緊急性や重大な結果を人々が想像しやすくすることで伝えることがうまくいくかもしれないのだ。
4:3 Scientists maybe more successful in communicating their findings about climate change if they make it easier for people to imagine the urgency and consequences of this issue.

[23] What would be a logical application of the findings of Risen and Critcher to effectively change people’s opinions about world hunger?
1. Produce documentary films that graphically show the difficulties of poverty.
2. Create situations wherein participants are hungry while learning about the issue.
3. Separate liberals and conservatives into different groups with different presentations.
4. Quickly flash words such as “hunger,” “famine,” “poverty,” and “deprivation” in between slides.

・解答 [23]-2
>[23]「ライゼンとクリッチャーの知見を,世界の飢餓に対する人々の意見を効果的に変えるための応用として論理的に正しいものはどれか」に対する正解は,2の「その問題について学んでいる間に被験者が空腹を感じる状況をつくりだすこと」である。第4段第1文によれば,自分の身体で暑さ・空腹・のどの渇きといった感覚を直接経験すると,それに関連する問題がより深刻なものだと感じられる,とあるから,空腹を自分の身体で直接経験することで,飢餓問題がより深刻に感じるようになると言える。
1. 「貧困の問題を視覚的に示すドキュメンタリー映画を制作すること」
3. 「自由主義者と保守主義者を別々のグループに分け,異なる情報を提示すること」
4. 「『飢餓』『飢籠』『貧困』や『欠乏』などの語をスライドの間に素早く 映写すること」

■ 第5段落
5:1 ある実験では,学生を異なる日に戸外に出し,いくつか質問した。そのうちの1つは彼らが地球温暖化について持っている見解の強さを尋ねるものであった。
5:1 In an experiment, Students were taken outside on different days and asked questions, one of which [6](1.fabricated 2.mirored 3.solicited) the strength of their views on global warming.

5:2 ライゼンとクリッチャーは,戸外が暑いときのほうが学生は地球温暖化が現実のものだと考える傾向が強いことを見出した。
5:2 Risen and Critter found that students tended to believe more in global warming when it was hotter outside.
5:3 言うまでもなく,彼らの答えは地球が温暖化していることを頭で想像する以外の要因にも関係している
5:3 Of course, their answers may have been related to factors other than their mental images of a hotter planet.
5:4 戸外がうだるように暑いと,人々は地表の平均気温が実際に上昇していると思いうる。
5:4 [7](1. Blemishing 2. Bruising 3.Blistering) heat outdoors could lead people to think that the earth’s average surface temperature is indeed rising.
5:5地球温暖化によって実際に生じるのは地球の平均気温が緩やかに上昇することであるのを忘れて,地球の気候が変化していると推測するのが理にかなっていると考えるのかもしれない。
5:5 They may think it reasonable to [8](1.imply 2.infer 3.induce) that the global climate is changing, for getting that global warming actually entails a gradual elevation in the earth’s average temperature.

[24] Why did the researchers move the experiment indoors as mentioned in the 6th paragraph?
1. To avoid unforeseen circumstances.
2. To increase the number of eligible participants.
3. To control for the rapid increase of external temperature.
4. To clarify the results of the earlier experiment.

・解答 [24]-4
>[24]「なぜ研究者たちは第6段で述べられているように実験を屋内で行うようにしたのか」に対する正解は,4の「先に行った実験結果をより明らかなものとするため」である。同段第1文では,第5段で述べられている実験で得られた結果,つまり,気温と回答内容に相関が見られるという結果が,実験を屋内で行うようになっても変わらなかったと述べられている。また,この内容は同段第4文でも引き続き述べられている。これらのことから,実験の結果を実験方法を変えて確認しようとしたのではないかと判断できる。
1. 「予測できない状況を避けるため」
2. 「対象として適した被験者の数を増やすため」
3. 「外気温の急激な上昇を統制するため」

■ 第6段落
6:1 しかし,ライゼンとクリッチャーが室内で実験を行ったときでも,暖房の効いた個室で調査票に記入するように求められた学生は,地球温暖化が現実に起こっていると考える可能性が高いことがわかった。
6:1 But even when Risen and Critter took the experiment indoors, they found that students who were asked to complete a survey in a cubicle that had been heated were more likely to believe in global warming.
6:2 さらに別の実験では,地球温暖化に関する質問に答える前に,部屋がどの程度暑いあるいは寒いと感じているかを学生に尋ねた。
6:2 Furthermore, students were asked in another experiment [9](1.to what extent 2. on what grounds 3. on whose authority) they felt the room was warm or cold before responding to the global warming question.
6:3自らの見解が部屋の温度に無意識にもとづくものだったならば,学生は部屋の温度に注意を向けることでその考えを「補正」したはずである。
6:3 Calling attention to the temperature in the room should have led students to “correct” their views if those had been unintentionally based on the room’s temperature.

6:4しかし,暑さの感覚は,考え方に重大な影響を及ぼし続けたのである。
6:4 But the feeling of heat continued to have a significant [10](1. collision 2 hit 3.impact) on belief.
6:5 これらの結果からうかがえるのは暑さがもたらした情報というより,暑さの経験が,学生が地球温暖化をどれだけ強く感じるかを左右したということだ。
6:5 These results Suggest that the experience of heat―rather than the information it conveyed―influenced how strongly the students felt about global warming.
6:6 暑さを現実に自分の身体で経験したことが,単にそれに言及したことよりも強力だったということなのだ。
6:6 The actual physical experience of heat was more powerful than the [11](1.solitary 2.mere 3. only) mention of it.

[25] The reason that the researchers called attention to the room’s temperature in the 6th paragraph is
1. to see if the participants could discount physical sensations when forming opinions.
2. to subliminally suggest that the world was getting hotter.
3. to make it difficult for the participants to focus on the activities in the experiment.
4. to create a situation where people felt irritable and negative.

・解答 [25]-1
>[25] 「第6段で研究者たちが室温に注意を向けさせた理由は ( ) である」の正解は,1の「意見が形づくられる際に身体で感じることを被験者が無視できるかどうかを確かめるため」である。これは,同段第3文 の内容に照らして正しい。
2. 「世界の気温が上がっていることをサブリミナルの方法を使って暗示するため」
3. 「実験でするべきことに被験者が集中するのを難しくするため」
4. 「いらいらして悪い気分になるような状況をつくりだすため」

■ 第7段落
7:1別の実験で研究者たちは,学生に「部屋は暑い」とか「ベーコンがジュージュー焼けている」という文を見聞きさせると,暑さの観念を想起させることはうまくできても,地球温暖化について彼らが抱いている考えが左右されることはないことを見出した。
7:1 In another experiment, the authors found that exposing Students to sentences such as “the room is hot” or “the bacon is [12](1. sizzling 2. growling 3. banging)” successfully summoned the concept of heat but did not influence their beliefs in global warming.

[26] Why was bacon mentioned in the experiment described in the 7th paragraph?
1. To make the participants hungry.
2. To evoke images of heat in the participants’ minds.
3. To make an authentic atmosphere for the experiment.
4. To distract the participants from the topic.

・解答 [26]-2
>[26]「第7段で述べられている実験でベーコンについて言及されるのはなぜか」の正解は,2の「被験者の頭の中に暑いというイメージを想起させるため」である。同段のsuccessfully summoned the concept of heat の部分がこの選択肢の内容と一致する。summon「を呼び起こす、奮起する」
1. 「被験者を空腹にするため」
3. 「実験がもっともらしく感じられるような雰囲気を出すため」
4. 「被験者の意識を話題からそらすため」

■ 第8段落
8:1 ライゼンとクリッチャーは分析の範囲を広げて,のどの渇きの感覚がもう1つの環境問題についての考えを左右するかどうかを検討した。
8:1 Risen and Critter expanded their analysis to look at the effect of thirst on the belief in another environmental problem: drought and desertification.

8:2 すなわち,干ばつと砂漠化である。彼らはある被験者たちにはプレッツェルを食べさせてのどを渇かさせる一方,他の被験者たちにはコンピュータの画面に0.017秒間「のどの渇き」という語を表示してのどの渇きに関するサブリミナルメッセージを見せ,さらに別の被験者たちにはのどの渇きと無関係なあたりさわりのない課題をやってもらった。
8:2 They had some participants eat pretzels to become thirsty, while they showed other participants a [13](1. subversive 2. substandard 3. subliminal) message about thirst―they flashed the word“thirst” on a computer screen for 17 milliseconds, and had a third group of participants complete a neutral task that was unrelated to thirst.
8:3 のどの渇きを経験した学生のほうが,砂漠化の脅威を現実のものだと考える可能性が高いことがわかった。
8:3 They found that the students who physically experienced thirst were more likely to believe in the threat of desertification.
8:4 のどの渇きを感じることで,被験者は渇きについてより考えるようになった(渇きという語を素早く表示させた場合と同様である)が意見を左右するには現実の体験が必要だったのである。
8:4 Feeling thirsty led people to think about thirst more (as did the quickly flashed presentation of the word), but the actual physical experience was necessary to affect people’s views.
8:5 「渇きについての思考プロセスに,経験抜きで「渇き」の観念を呼び起こすことによって途中で割り込んでも,学生の考えは変わらなかったのです」とライゼンは言う。
8:5 “Jumping in the process midway, by activating the thought without having the physical experience, did not lead to a change in belief,” says Risen.

[27] What can be said to be a goal of Risen and Critcher’s research?
1. To teach people how to be more intuitive.
2. To create political policies that reduce global warming.
3. To understand how physical sensation affects belief.
4. To increase people’s awareness of their physical condition.

・解答 [27]-3
>[27]「ライゼンとクリッチャーの研究の目標は何であると言えるか」の正解は,3の「身体で感じることが考えをどう左右するかを理解すること」である。両者が行った実験について,その意図が明かされている箇所,第8段第1文・第9段第1文の内容から判断できる。
1. 「より直感に従って行動する方法を人々に教えること」
2. 「地球温暖化を緩和する政策をつくること」
4. 「身体の状況に対する人々の意識を高めること」

■ 第9段落
9:1高温を感じることで人々は世界が温暖化しているという心象をより先鋭化させるという仮説を確かめるために,ライゼンとクリッチャーは,被験者が温度の高い部屋にいると,どの程度高温の風景の映像を想像しやすくなるかを測定する新しい方法を使った。
9:1 To test the idea that feeling warm leads people to form sharper mental images of a world becoming hotter Risen and Critcher used a new technique that measured how easily participants in a warm room imagined a picture of a hot landscape.

9:2 この実験に参加した学生は,暖房の効いた個室と常温の個室に無作為に割り当てられた。
9:2 Students who participated in this experiment were randomly assigned to heated or room-temperature cubicles.
9:3個室にいる間に,彼らはまず,戸外の暑さや寒さを喚起させる風景を含む一連の画像をコンピュータの画面上で見せられた。
9:3 [14](1.As 2.Though 3.While) in the cubicles, they were first shown a series of pictures on a computer screen that included hot and cold outdoor scenes.
9:4 黄色や赤の色調の暑さを喚起させる風景は,地球温暖化の影響を受け乾ききった世界を描いたものであった。
9:4 The hot scenes with yellow and red tones, showed parched landscapes that depicted the world as affected by global warming.
9:5 マイクロソフトオフィスの画像編集機能を用いて,研究者たちは画像が半透明でいくぶんぼやけたものになるように鮮明度を調整した。
9:5 Using Microsoft Office’s picture editing features the researchers had adjusted each image’s clarity so that the pictures were semitransparent and somewhat blurry.

[28] What is the purpose of asking students to adjust the transparency of photos in the 9th, 10th, and 11th paragraphs?
1. To incorporate a common indoor activity into the study.
2. To investigate the connection between heat and human vision.
3. To understand how much the heat is affecting their recollections.
4. To explore how the clarity of photos determines the accuracy of memory.

・解答 [28]-3
>[28]「第9・10・11段で,学生に写真の透明度を調整させることの目的は何か」の正解は,3の「暑さがどれだけ記憶内容を左右するかを理解すること」である。第9段第1文に当実験の主眼とするところが述べられていることから判断できる。re(再び)+collect(集める)→recollect「記憶を再び集める」=「回想する、を思い出す」recollection「回想、思い出」
1. 「よく行われる屋内の活動を研究に取り入れること」
2. 「暑さと人間の視覚との関係を調べること」
4. 「写真の鮮明度によって記憶の正確さがどのように決まるかを調べること」

■ 第12段落
12:1 これらの実験すべてにおいてライゼンとクリッチャーは,政治的見解には関係なく,被験者は温暖な環境下で地球温暖化について尋ねられるとそれが現実に起こっていると考えやすくなることを見出した。
12:1 In all of these experiments, Risen and Critter found that regardless of participants’ political views, participants believed more in global warming when asked about their views in a warm environment.
12:2 つまり,政治的な考えの傾向から人々の地球温暖化に対する考えは予測できる(自由主義者のほうが保守主義者よりも地球温暖化が現実に起こっていると考える可能性が高い)ものの,高温を体感することのほうが考え方に大きく影響を与えているということである。
12:2 In other words, although political [18](1. funding 2.orientation 3. ecology) predicted people’s beliefs on global warming (liberals were more likely than conservatives to believe in global warming), feeling warm still had a significant impact on their beliefs.

12:3自由主義者も保守主義者も,高温を体感した場合のほうが地球温暖化が起こっていると想像しやすかったのである。
12:3 Both liberals and conservatives were better able to imagine global warming occurring when they felt warm.

[29] Politics is included as a variable in the discussion in the 12th and 13th paragraphs because it is generally understood that
1. belief in global warming falls along political lines.
2. political debate shifts as science proves new things.
3. collaboration between political groups leads to solutions for global warming.
4. liberals want to convince conservatives of the dangers of global warming.

・解答 [29]-1
>[29]「第12・13段の議論で政治が項目に加えられているのは, 一般に ( )ことがわかっているからである」に対する正解は, 1の「地球温暖化に対する意見は政治的な立場によって決まる」である。第12段第2文で,人々の地球温暖化に対する考えについてカッコ内で述べられていることに一致する。variable「変わる(変わりやすい)もの」fallには「ある状態にする(なる)」という意味がある。従って、1.の直訳は「地球温暖化の考えは政治的な立場に沿ってある状態になる」

2. 「科学が新たなことがらを証明するにつれて, 政治的議論も変化する」
3. 「政治的集団の協働が地球温暖化の解決につながる」
4. 「自由主義者は保守主義者に地球温暖化の危険を信じさせたい」

■ 第13段落
13:1自由主義者と保守主義者が実験で同じように反応したという事実はある問題に対するはっきりとした主張を提示された場合に見せる反応と好対照をなす。
13:1 The fact that liberals and conservatives responded similarly in the experiments is in sharp contrast to the response people of ten have when presented with explicit claims about an issue.
13:2先行研究では,ある話題について肯定・否定の混じった証拠を示されると,その問題について肯定的立場に立つ傾向にある人はさらにそれを信じるようになり,懐疑的な人はより懐疑的になることがわかっている。
13:2 Previous studies have shown that after people are given mixed evidence about a topic, those who are [19](1.inclined 2.declined 3.reclined) to favor a position will come to believe in it even more, while those who are skeptical will tend to become even more sceptical.
13:3単に様々な事実を示すだけで人々に何かを信じさせようとすれば反応の対象を与えることになるので分極化が生じることがありえる,とライゼンは主張する。
13:3 Risen claims that trying to convince people of something by simply delivering facts can sometimes be polarizing because it gives people something to react to.

13:4暑さの経験は,より普遍性のある直感的な反応を人々から引き出すように思われる。
13:4 The experience of heat seems to elicit a more [20](1. universal 2 dependent 3. accidental) intuitive response.

[30] According to the authors, what is one problem with relying on facts to convince people?
1. Facts are easily manipulated to support or refute any position.
2. People perceive that the “facts” in any given situation frequently change.
3. Most people lack the appropriate background to understand the science.
4. Simply offering data tends to strengthen existing opinions, rather than change them.

・解答 [30]-4
>[30]「筆者によれば,人々を説得するために事実に頼ることの問題の1つは何か」に対する正解は,第13段第2・3文の記述内容と一致する4の「単にデータを提供するだけでは,すでに持っている意見を変えるのではなく, それらをむしろ強める傾向がある」である。
1. 「どんな立場を裏づけたり反証したりするのにも,事実は簡単に操作されてしまう」
2. 「いかなる状況であれ『事実』はころころ変わると人々はとらえている」
3. 「たいていの人は,科学を理解するのに適切な背景知識を持っていない」

copyright 2016/Everyday school