[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 英語 内容一致テクニック 『タイトル付け問題』

慶應義塾大学総合政策学部 問二 2012年度 英語長文問題解答 内容一致問題
■ 第1段落 1:1選挙運動のボランティアがあなたの家の玄関先に現れ,来るべき選挙で投票に行くようにあな たに迫ると,投票に行く可能性が10%高まり,そして家族の他の人が投票する可能性は6%高ま る。
1:1 If a campaign volunteer shows up at your door, urging you to vote in an upcoming election, you are 10 percent more likely to go to the poll―sand others in your household are 6 percent more likely to vote.
1:2使い慣れない言葉を思い出そうとする場合,思い出せる可能性は,一つには,似た音がする言
葉のネットワーク上のどこにその言葉が位置するかによって決まる。
1:2 When you try to recall an unfamiliar word, the [31](1.fact 2. assumption 3. likelihood) you’ll remember it depends partly on its position in a network of words that sound similar.
1:3 また,身体の細胞がガンの突然変異をしたとき,その娘細胞は,変異したガン細胞を運ぶこと になる。ガンになるかどうかは,その細胞が細胞増殖のネットワーク上のどの位置にいるかに よって大部分決まる。
1:3 And when a cell in your body develops a cancerous mutation*, its daughter cells** will carry that mutation; whether you get cancer depends largely on that cell’s position in the network of cellular reproduction.

■ 第2段落
2:1 こうした現象がどれほど無関係に思えるとしても,一つの学問分野がこれらすべてを明らかに するのに役立ってきた。
2:1 [2](1. However 2. Despite 3. Whatever) unrelated these phenomena may seem, a single scholarly field has helped illuminate all of them.

2:2ネットワークの研究が,ウィルスや考え方や情報がどのように人から人へと広まっていくのか を明らかにすることができ,肥満,自殺,腰痛の拡大を追跡可能にできるのである。
2:2 The study of networks can illustrate how viruses, opinions, and news spread from person to person and can make it possible to track the spread of obesity, suicide, and back pain.
2:3 ネットワーク科学が株価傾向を予測したり,交通システムを設計したり,ガンを探知したりす る手段を指し示しているのである。
2:3 Network science points toward tools for predicting stock-price trends, designing transportation systems, and detecting cancer.

■ 第3段落
3:1 かつては社会学者が人々のネットワークを研究する一方,物理学者やコンピュータ科学者が自 分自身の学問分野で異なる種類のネットワークを研究してきた。
3:1 It [33](1. often is 2. used to be 3. never could be) that sociologists studied networks of people, while physicists and computer scientists studied different kinds of networks in their own fields.
3:2 しかし社会科学者は,より大規模で精緻なネットワークを理解しようと努めるにつれ,物理学 に目を向けてこのような複雑性に適した手段を手に入れようとしてきた。
3:2 But [34](1. as 2. though 3. unless) social scientists sought to understand larger, more sophisticated networks, they looked to physics for methods suited to this [35](1. flexibility 2. complexity 3. equality).
3:3 そしてそれは双方向の通路なのだ。ネットワーク科学は「物理学者と分子生物学者が敬意を込 めて社会科学者の研究を引用し,彼らの発想を借用しているのを見られるまれな分野の一つなの です」と,ニコラス=クリスタキスは語る。この人物は,ハーバード大学の医師・医療社会学者で あり,『つながり:私たちの社会的なネットワークのもつ驚くべき力と,それがいかに私たちの 暮らしを形作るか」(訳注:邦訳の書名は『つながり:社会的ネットワークの驚くべき力」)の共 著者である。
3:3 And it is a two-way street: network science “is one of the rare areas where you see physicists and molecular biologists respectfully citing the work of social scientists and borrowing their ideas,”

says Nicholas Christakis, a physician and medical sociologist at Harvard and coauthor of
Connected: The Surprising Power of Our Social Networks and How They Shape Our Lives.

■ 第4段落
4:1 ネットワークの基本要素は単純である。それは連絡路(「結合」とも呼ばれる)によって結ば れた結節点からなる。
4:1 The basic elements of a network are simple: it consists of nodes*** connected by links (also called “ties”).
4:2 しかし結節点と連絡路の数が増えるにつれ,ネットワークの取りうる形態の数は劇的に増大す る。
4:2 But as the numbers of nodes and links increase, the number of possible forms of the network grows dramatically.
4:3同様に,結節点と連絡路が表せるものには数え切れないほどの可能性がある。
4:3 [36](1. Conversely 2. Otherwise 3. Likewise), there are innumerable possibilities for what a node and a link can represent.

4:4構造的には簡潔であるが,分析するには信じがたいほどに複雑なものとして,ネットワークは
非常に多くの問題に対する解答を握っているので,それを研究する学者の数はハーバード大学だ けでも3桁に届くかもしれない。
4:4 Structurally simple, yet analytically incredibly complex, networks hold the answers to so many questions that at Harvard alone, the number of researchers studying them may reach three digits. 4:5 この活力あふれる分野の最新研究の一例をこれから示そう。
4:5 Here is a sampling of the newest work in this [37](1. unchanging 2. unfashionable 3. dynamic) field.

■ 第6段落
6:1 その書物は読者にその分野を案内し,医学,生物学,社会学人類学政治学,経済学,数学,さ らにその先の発見を見せてくれる。
6:1 The book guides readers through the field, [39](1. presenting 2. presents 3. presented) findings from medicine, biology, sociology, anthropology, political science, economics, mathematics, and beyond.
6:2筆者は笑い,音楽の好み,性行動,ナッツアレルギーの不安の広がり方を論じる。
6:2 The authors discuss the spread of laughter, tastes in music, sexual behavior, and anxiety over nut allergies.
6:3筆者は,多くの現象のネットワークの構造を慎重に比較し,アメリカ合衆国上院議員の投票パ
ターンと,牝牛間の社会的な結びつきの間の強い類似性を見出したある研究に注目する。
6:3 The authors note one study that carefully compared the structure of networks of many phenomena and found a strong similarity between the voting patterns of U.S. senators and social bonding among cows.
6:4彼らは日本の生物学者中垣俊之の,ある種のカビがネットワークの形で広がっていくことに
よって,目的地までのすべての可能な通路を探るのに「力を合わせる」ことができ,迷路を抜ける 最短の通路を発見するのに,大学院生よりも効率がよいという発見も報告している。
6:4 They also report on Japanese biologist Toshiyuki Nakagaki’s findings that a kind of mold**** can “collaborate” by spreading out in the form of a network to explore all possible paths to a goal, and that it is more efficient than his graduate students in finding the shortest route [40](1. on 2. beyond 3. through) a maze.
6:5同書は,彼の追跡研究も示していて,それによると,そのカビは英国と日本の鉄道網の地図を
作るのが,人間と同じかそれ以上にうまかったのである。
6:5 The book also presents his follow-up studies, in which the mold was as good as or better than humans at creating maps for railway systems in Great Britain and Japan.
6:6 こうした研究は,ネットワークがもっている問題解決能力を示すものだと,彼らは語る。 6:6 These studies, they say, demonstrate the problem-solving power [41](1. capable of 2. possessed by 3. used for) networks.

■ 第8段落
8:1 しかしクリスタキス―ファウラー共同研究の核心は,人間の社会的ネットワークを通じて何が 広がっていくのかに関する独創的な研究である。
8:1 But the core of the Christakis-Fowler collaboration is original research on what spreads through human social networks.
8:2 1948年から続いているフラミンガム心臓研究のデータを用いて,2人は(12,000人以上の外部
ネットワークにつながった)5,124人の間の,5万以上の社会的な結合を図示した。
8:2 [43](1. By 2. Of 3. With) data from the Framingham Heart Study, which has been going on since 1948, they mapped more than 50,000 social ties among 5,124 people (who were connected to an external network of more than 12,000 people).

8:3 その研究は健康指標のあらゆるものを追跡し,被験者に余すところのない一連の行動――食事と 運動,薬物,喫煙,感情――について質問を行ったので,それは豊かな情報源となった。
8:3 Because the study tracked all manner of health markers and asked subjects about an exhaustive list of behaviors―diet and exercise, medications, smoking, emotions―it was [44](1. a rich 2. a prosperous 3. an affluent) source of data.

■ 第9段落
9:1 2人の男たちは彼らの発見を派手に公表し始めた。2007年の『ニューイングランド・ジャーナ
ル・オブ・メディシン』の論文は,人々が一見すると友人の体重増加によって影響されて自分自身 も肥満になるというように,肥満が社会的なネットワークを通じて広まると報告した。
9:1 The two men started publishing their findings with a splash: a 2007 article in the New England Journal of Medicine reporting that obesity spreads through social networks, as people are apparently influenced by friends’ weight gain to become fat themselves.
9:2 さらに込み入っているのは,肥満は3段階離れたところまで及ぶという彼らの発見である。 9:2 More [45](1. irrelevant 2. perplexing 3. obvious) is their finding that obesity spreads through up to three degrees of separation.
9:3被験者がやはり研究範囲にいる友人を決め,その友人の友人が肥満になれば,最初の被験者が
肥満になる確率はおよそ20%上昇した。
9:3 If a subject named a friend who was also in the study, and that friend’s friend became obese, the first subjects chances of becoming obese were roughly 20 percent greater.
9:4影響はもう1段階向こうまで及び(例えば,夫の友人の友人,すなわち3段階離れたところ),
危険性は10%大きくなった。
9:4 Across one more degree of influence (for instance, husband’s friend’s friend―i.e, three degrees away), the risk was 10 percent greater.

9:5体重増加は友人集団の中を,例えば,食事や運動行動の変化や,体重に関する社会規準の調整
といった,何らかの目に見えない仕組みによって移動していくように見える。
9:5 Weight gain appears to move through friend groups [46](1. versus 2. via 3. without) some unseen mechanism such as changed eating or exercise behavior, or adjustment of social norms regarding weight.

■ 第12段落
12:1彼らの想定しているようなネットワークベースの公衆衛生上の介入には正確な知識が必要であ
る。
12:1 Precise knowledge is needed for the type of network-based public-health interventions they envision.
12:2何が作用するのか――肥満の事例であれば,まあ,健康的なレシピを配布するとか,フェイス
ブックやツイッターに,「ランニングに行った後はすごく気分がいい」と投稿して友人に運動を促 すとかいったこと――を知るのに加えて,そうした介入には誰が最も影響力があるかを知る必要 があり,またこれは目的ごとに変わってしまうかもしれないのである。
12:2 In addition to knowing what works―in the case of obesity, perhaps distributing healthy recipes, or posting on Facebook or Twitter that you “feel so great after going for a run” to encourage friends to exercise―such interventions require knowing who is most influential, and this may vary from purpose to purpose.
12:3 クリスタキスとファウラーは,ネットワークベースのワクチン接種キャンペーンは,最も多 くの社会的な接触をもつ人を標的にすると,全体に及ぶワクチン接種を狙いとするキャンペーン より,費用対効果が3倍高くなるだろうと書いている。
12:3 Christakis and Fowler write that a network-based vaccination campaign, [48](1. consulting 2. excluding 3. targeting) people with the most social contacts, could be three times more cost- effective than a campaign that aims for universal vaccination.
12:4後者のようなキャンペーンでは,ワクチン接種が過剰になる。社会的なネットワークで中核に
なる人物だけに免疫をもたせることで,最小限の薬剤を施して最大限の効果をあげることが可能
になるだろう。
12:4 Campaigns of the latter type over-vaccinate; immunizing only people who are hubs in social networks would enable administering a minimum of doses for maximum effect.

12:5例えば,医療労働者が平均的な市民よりも多くのワクチン接種を受けるべく勧告することは,
同じモデルに従っており,そうした労働者は病人に接することが多く,したがって感染をより広 めやすいと考えるわけである。
12:5 For instance, recommendations that healthcare workers receive more vaccinations than average citizens follow a similar model, assuming that such workers will have more [49](1. sympathy for 2. contact with 3. knowledge about) sick people and thus are more likely to spread infections.
12:6 ネットワークベースの疾病予防キャンペーンが感染拡大を監視するのにつながりの多い人々 を優先するなら,無作為の監視に比べ700倍も効率的になりうる。
12:6 A network-based disease prevention campaign, prioritizing well-connected people when monitoring infection’s spread, could be 700 times more efficient than random monitoring.

・解答 [60]―3
>[60]「この文章の原題は『ネットワーク化』である。次のうちどれが副題として最もふさわしい か」
1.「学際的なアプローチの崩壊」
2.「コンピュータ科学は社会科学に取って代わりつつあるのか」
3.「あらゆるものの基礎にある網状組織の探究」
4.「現代の社会ネットワーク化の危険」
1.「崩壊」と逆に,本文で語られていたのは,学際的なアプローチの成功であった。よって,誤 り。2.「コンピュータ科学」は本文の主要な論題ではないので,不適切。3. weblike structure「網 状組織,網状構造」とは,つまりnetwork「ネットワーク,網状組織」のことだから,これが最も ふさわしいと判断できる。4.「危険」については,本文では何も語られていない。よって,不適 切。

慶應義塾大学総合政策学部 問一 2012年度 英語長文問題解答 内容一致問題
■ 第2段落
2:1私はこれらのうち最初の移行を「権力移行」と,そして二つ目を「権力分散」と名づけること
にする。
2:1 I call the first of these shifts “power transition” and the second,”power diffusion.”
2:2権力移行の問題はアジアの台頭と呼ばれることがあるが,より正しくはアジアの「復興」と呼
ぶべきだろう。
2:3 もし1750年に世界を見れば,アジアは世界の人口の半数以上を擁し,世界の産物の半数以上 が出てくるのを目にしたことだろう。
2:3 If one looked at the world in 1750, one would see that Asia had more than half of the world’s population, and represented more than half of the world’s products.

2:4 1900年には,アジアは依然として世界の人口の半数以上を擁していたが,世界の産物のわずか
20%まで衰退してしまった。
2:4 By 1900, Asia still had more than half of the world’s population, [1](1. but 2. so 3. for) it had declined to only 20 percent of the world’s products.
2:5 これまで見てきたのは,そして21世紀に目にすることになるのは,アジアが正常な割合まで回 復し,世界の半数以上の人口と世界の半数以上の産物を手にするようになることなのである。 2:5 What we have been seeing, and what we will see in the 21st century, is the recovery of Asia to its normal proportions, with more than half of the world’s population and more than half of the world’s products.
2:6 もちろん,これが始まったのは1868年の明治維新後の日本からであり,それに規模の小さい
国ではあるが朝鮮,シンガポール,マレーシアなどが続いた。
2:6 This started, of course, with Japan after the Meiji Restoration in 1868, and it [2](1. coincided 2. worked 3. continued) with smaller countries like Korea, Singapore, Malaysia, and so forth.
2:7現在,その流れは中国に広がったばかりでなく,インドにも及ぼうとしている。
2:7 Now the trend has spread to China, but it is also going to include India.
2:8 インドは今や年8〜9%の成長率である。
2:8 India now has growth rates of 8 to 9 percent a year.
2:9今世紀中に,私たちはアジアが全体としてほぼ正常だと思われる割合にまで回復していくのを
目にするであろう。
2:9 During the course of the century, we should [3](1. see 2. understand 3. recognize) Asia as a whole recovering to about what one would think would be normal proportions.
2:10 そしてそれが権力移行である。
2:10 And that is power transition.

■ 第3段落
3:1権力分散とはどういう意味なのかを一言述べておこう。
3:1 Let me say a word about what I mean by power diffusion.
3:2 それは技術とりわけ情報技術が国際問題に参加する費用にどう影響しているのかという観点か ら理解するのが最もよい。
3:2 That is best understood in terms of the way technologies, and particularly information technologies, are [4](1. increasing 2. sustaining 3. affecting) the costs of participating in international affairs.

3:3 コンピュータの能力の価格は1970年から2000年までに1000分の1に減少した。
3:3 The price of computing power declined a thousand-fold from 1970 to 2000.
3:4 これは異常な数字であり,あまりにも大きいので,それがどういうことなのかをつかむのは難 しい。
3:4 That is an extraordinary number, so big that it is hard to know what it means.
3:5 これを考える最善策は,もし自動車の価格がコンピュータの能力の価格と同じくらい急速に下 落していたら,今日では自動車を,例えば,1万円で買うことができることになってしまうという ことだ。
3:5 The best way to think of this would be that if the price of an automobile had declined as rapidly as the price of computing power, you should be able to buy an automobile today, for, lets say, 10,000 yen.
3:6 それはまさに異常な変化である。
3:6 It is [5](1. just 2. hardly 3. nonetheless) an extraordinary change.
3:7物の価格がそれほどに下落すると,参入障壁がなくなる。
3:7 When the price of something declines that much, it removes the barriers to entry.
3:8以前は政府や大企業専用だったことを,今ではそうでない者ができるのである。
3:8 Now others can do what previously was [6](1. prepared 2. reserved 3. preserved) for governments or big corporations.
3:9 もし1970年に東京からニューヨーク,ロンドン,ヨハネスバーグまで瞬時に通信したければ できることはできた。
3:9 If you wanted to communicate instantaneously from Tokyo to New York to London to Johannesburg in 1970, you could do that.
3:10技術的には可能だったがしかしきわめて高価だった。
3:10Technologically you could do it, but it was very, very expensive.
3:11今では誰でもできるし,ほとんど無料である。
3:11 [7](1. Still 2. Now 3. However), anybody can do it and it is virtually free.
3:12 スカイプがあれば,料金は要らない。
3:12 If you have Skype, it is free.

■ 第4段落
4:1 だからこれは,以前はきわめて大きな組織,例えば政府や会社などに制限されていたものが,
今は誰にでも利用可能だということなのである。
4:1 So that means that things that were previously restricted to very large organizations like governments or corporations are now [8](1. meaningful 2. useless . available) to anyone.
4:2 そしてこれは世界政治に有意義な影響を及ぼす。
4:2 And this has a significant impact on world politics.
4:3 だからといって,政府が取って代わられているとか,国民国家が時代遅れになるということで はない。
4:3 It does not mean that governments are being replaced or that the nation-state is obsolete.
4:4 それはむしろ,政府が活動する舞台には,今では多くの小規模な行為者があふれているという ことなのだ。
4:4 What it [9](1. does 2. does not . could not) mean is that the stage on which governments act is now crowded with many more, smaller actors.

4:5 それら小規模の行為者の中には,例えばオックスファム・インターナショナルという,貧困を 減らそうと努める非営利組織のようなよいものもあれば,例えばアルカイダという,明らかに 人々の殺害を狙う悪いものもある。
4:5 Some of those smaller actors are good―lets take Oxfam International, an NPO which serves to relieve poverty―and some of them are bad―lets take Al Qaeda, which is obviously trying to kill people.
4:6 しかし,要点は,それは新種の国際政治だということであり,これをどう考えればよいかを私 たちはまだしっかり受け止めていない。
4:6 But the main point is that it is a new type of international politics and we have [10](1. already 2. often 3. not yet) come to terms with how to think about this.
4:7 だから,例えば,情報技術がこれほど強力で重要となっている時代にあっては,誰の軍隊が勝 つかだけでなく,誰の「物語」が勝つかなのだということが,よくあるといってよいと,私たち は知っておく必要がある。
4:7 So, for example, we need to realize that in an age in which information technology is so powerful and important, it may often be the case that it is not only whose army wins, but whose story wins.
4:8効果的な物語を語る能力がきわめて重要なのである。
4:8 The ability to tell an effective story is [11](1. persuasive 2. crucial 3. risky).

■ 第5段落
5:1 テロの問題を考えるなら,テロリストには,軍事力はほんのわずかしかないが,彼らは多くの
「ソフトパワー」をもっている。人々を引きつけ説得する力である。
5:1 If you think of the problem of terrorism, terrorists have very little military power, but they have a lot of “soft power”―the ability to attract and persuade people.

5:2 それで,ビン=ラディンは,ワールドトレードセンターに飛び込んだ人々の頭に銃を突きつけ たわけではなかった。
5:2 [12](1. So 2. Nonetheless 3. However), Bin Laden did not point a gun at the head of the people who flew into the World Trade Center.
5:3彼らに金を支払ったりもしなかった。
5:3 He did not pay them.
5:4彼はその人たちを「脅威にさらされているイスラム」とイスラムを浄化する必要があるという
彼の物語によって引きつけたのである。
5:4 He attracted them by his narrative of “Islam under threat” and the need to purify Islam.
5:5 それが興味深いのは,それはつまり,こうしたことに対処しようとすると,私たちが誤って, 単に軍事力あるいは経済力だけでこれを解決できると考えるかもしれないということになるから である。
5:5 That is interesting because it means that as we then try to [13(1. come up 2. get away 3. cope) with this, we may make the mistake of thinking that we can solve this by military or economic power alone.
5:6 もしも力というものが自分の望む結果を手に入れる能力のことであるなら,強制や脅迫,いわ ば「ムチ」によってそうすることもできるだろう。
5:6 If power means the ability to get the outcomes you want, you could do this through coercion, threats, so-called “sticks.”
5:7 「ニンジン」という報酬によってそうすることもできるだろう。
5:7 You could do it with payments you might call [14](1. “lemons.” 2. “whips.” 3. “carrots”.)
5:8 あるいは誘惑と説得によってそうすることもできるだろう。
5:8 Or you could do it with attraction and persuasion.
5:9 また,情報時代にあっては,ソフトパワーの役割がもつ重要性は高まっている。
5:9 And in an information age, the role of soft power is increasing in its importance.
5:10今やそれは,私たちに必要なのは,力についての新たな考え方だということなのである。
5:10 Now that means that what we need is a new way of thinking about power.
5:11高名な英国の歴史学者A. J. P.テイラーは,19世紀のヨーロッパ支配権を巡る闘争に関する書物
を著した人物であるが,彼は大国を戦争で勝てる国であると定義した。
5:11 The famous British historian A.J.P. Taylor, who wrote a book about the struggle for mastery of Europe in the 19th century, defined a great power as a country that was able to prevail in war.
5:12 しかし,21世紀にあっては,力とは何なのかに関するそうした限定的な考え方を乗り越えて いかなければならないし,それを,はるかに3次元的なものであり,軍事力のみならず経済力もソ フトパワーも含まれているものだと見なければならない。
5:12 But we have to [15](1. put up with 2. go beyond 3. cling to) that limited way of thinking about what power means in the 21st century, and see it as much more three-dimensional, as including not only military power but also economic power and also soft power.

■ 第6段落
6:1権力移行に関して正確な認識をもつことはきわめて重要である。
6:1 It is very important to have accurate perceptions about the transition of power.
6:2 なぜなら,人々が権力について心配しすぎると,彼らは過剰反応したり,危険な戦略に付き
従ったりしかねないからである。
6:2 And the reason is that when people are too worried about power, they may overreact or follow strategies that are [16](1. relevant 2. meaningful 3. dangerous).
6:3歴史を振り返ると,ペロポネソス戦争の有名な事例があり,ギリシアの都市国家体制が自壊し
たのであった。
6:3 When you look back in history, there is the famous case of the Peloponnesian War, in which the Greek city-state system tore itself apart.
6:4 トゥキディデスという古代ギリシアの歴史家は,この戦争の理由はアテネの力の台頭と,それ がスパルタに生み出した恐怖であったと述べた。
6:4 Thucydides, the ancient Greek historian, said the reason for this war was the rise in the power of Athens and the fear it created in Sparta.

6:5同様に,ヨーロッパの国家体制の世界的な中枢性を破壊した第一次世界大戦を見ればそれは,
ドイツの力の台頭とそれが英国に生み出した恐怖のために生じたと,しばしば言われているので ある。

■ 第7段落
7:1同様に重要なのは,権力分散を過度に恐れないことである。
7:1 It is equally important not to be too fearful of the diffusion of power.
7:2 私たちが知りつつあるのは,中国とアメリカ合衆国の双方,また当然日本とヨーロッパなど
が,新しい一連の多国間問題,例えば気候変動,多国間テロ,サイバースペースでの危険,世界的
伝染病といった問題に直面していることになるということだ。
7:2 What we are seeing is that both China and the United States, and of course Japan and Europe and others, will be facing a new set of transnational challenges, including climate change, transnational terrorism, cyber insecurity, and pandemics.
7:3 これらのすべての問題は,将来増大していくであろうが,それらには協調が求められる。 7:3 All these issues, which are going to be increasing in the future, are going to require cooperation.

7:4 どの一国も単独では解決できない。
7:4 They cannot be solved by any one country alone.
7:5私たちが直面するこうした新たな多国間問題の多くは,私たちが他者を支配する力について考
えるだけというのを脱し,他者とともにもつ力について考えなければならない領域なのである。
7:5 Many of these new transnational issues that we face are areas where we have to get away from just thinking about power over others and think about power [18](1. with 2. without 3. under) others.

■ 第8段落
8:1世界恐慌時のアメリカ大統領フランクリン=ルーズベルトは,「私たちに恐怖そのもの以外,恐
れるものはない」と語った。
8:1 The American president Franklin Roosevelt at the time of the Great Depression said, “We have nothing to fear but fear itself.”
8:2 ことによると21世紀の方に目を向けるとき,最も厄介なことの一つは,恐怖そのものなのだと
言わなくてはいけないのかもしれない。
8:2 Perhaps as we turn to the 21st century, we should say one of the most worrisome things is fear itself.

8:3私たちが全体的な権力の分配について均衡のとれた評定を保持し,私たちが直面するこうした
共通の難題に対処する方法を見出すことができるなら――ここで私たちとは,アメリカ合衆国,
日本,中国,ヨーロッパなどのことであるが――私たちは本当に,双方が得をする状況を手にで きるだろう。
8:3 If we can keep a balanced [19](1. assembly 2. assortment 3. assessment) of the overall distribution of power, and figure out ways to deal with these common challenges that we face―we, meaning the United States, Japan, China, Europe and others we can indeed have a [20](1. win-win
2. win-lose 3. lose-lose) situation.

[30] Which of the following would make the best title of this article?
1. The Failings of Power
2. The Future of Power
3. The Fixation of Power
4. The Function of Power

・解答 [30]―2
>[30]「次のうちどれがこの文章の最もよい表題となりそうか」 1.「権力の弱点」
2.「権力の未来」
3.「権力の定着」
4.「権力の機能」
本文に述べられていたのは,「権力移行」と「権力分散」という事態であり,それはいずれも現
在起こっており,今後も進展するであろう事態である。そのような内容を反映する表題は,2が最 もふさわしいであろう。

慶應義塾大学環境情報学部 問二 2010年度 英語長文問題解答 過去問 内容一致問題
■ 第2段落
2:1 この本の中でエラスムスは「civité(シビリテ)」という概念を広め始めた。
2:1 In this book, Erasmus set out to popularize the concept of “civilité.”
2:2 しばしばこの言葉は礼儀正しさと訳されるが,エラスムスはこの言葉を生活に対する一つのア プローチ,すなわち皆が仲良く一緒に暮らすことを可能にするためのふるまい方,話し方,他人 との関わり方を表現するための言葉として使った。
2:2 Although often translated as politeness, Erasmus used the term to [32] ( 1. create 2. devise 3. represent) an approach to life, a way of carrying one’s self, of speaking and relating to others that would enable all to live together harmoniously.
2:3 エラスムスは,現代語の「シビリティ(civility)」の由来でもある「civité」を,文明の礎にな るものととらえた。
2:3 Erasmus saw “civilité,” from which the modern word “civility” is descended, as the basis for civilization.
2:4他人に対する気遣いをせずに行動する人は,「文明化されていない」有害な未開人と考えられ
た。2:4 Those who acted without concern for others were considered “un-civilized,” destructive barbarians.
2:5 シビリティは単なる礼儀正しさ以上のものであるが人々がお互いに敬意を表すための,人間社 会における大切な構成要素である。
2:5 Civility, which is [33] (1. far from 2. the Same as 3. more than) simple politeness, is an important component of human society by which we show respect for each other.
2:6 これは大昔から存する普遍的に近い倫理的規範である。
2:6 It is an old and nearly universal ethical imperative.
2:7大昔の世界では古代ギリシアのアリストテレスも,皇帝による支配が始まる以前の中国に生き
た孔子も,立派な人物は立派な礼儀作法を守らなければならない,と考えた。
2:7 In the ancient world, both Aristotle in classical Greece and Confucius in pre-imperial China held that a good man had to have good manners.
2:8 しかし,公の場でのシビリティに対する関心は,単なる大昔からの伝統ではない。
2:8 However, concern with public civility is not simply an ancient tradition.

■ 第3段落
3:1 1997年に南カリフォルニア大学のアネンバーグ・コミュニケーション研究所がある調査を発表 した。その調査で人々は,アメリカ社会の様々な集団がもつ,公の場でのシビリティを評価する ように依頼された。
3:1 In 1997, the Annenberg School of Communications at the University of Southern California published a study in which people were asked to [34] (1. evaluate 2. explain 3. upgrade) the public civility of different groups in American society.
3:2礼儀正しさの尺度で最も低く評価されたのは,政治家だった。
3:2 The group that was rated the lowest on the scale of politeness was politicians.
3:3議会のある委員会は,討論におけるシビリティの水準は1935年以来最低水準に落ち込んだとい
う結論を出した。
3:3 A congressional commission concluded that civility in debate had reached the lowest level [35] (1. by 2. around 3. since) 1935.
3:4両党の議員は報告書の影響と世の中でのイメージを心配して,ペンシルベニアのハーシーで修
養会を開いた。
3:4 Members of both parties, [36] (1. impressed by 2. repressed by 3. worried about) the effects of the report and their public image, held a retreat in Hershey, Pennsylvania.
3:5 その表向きの目的は,「活発な議論と相互尊重が共存する環境を育成するために,下院議員の 間によりもっとシビリティを求めるため」というものであった。
3:5 The stated purpose of the retreat was: “To seek a greater degree of civility among members of the House of Representatives in order to foster an environment in which vigorous debate and mutual respect can coexist.”
3:6 このイベントはシビリティがかつては他人とつき合ううえでの大切な社会的「道具」で,その 後もそうあり続けたし,再びそうなりうることを示している。
3:6 This event illustrates that civility was, has been, and can again become an important social “tool” for interacting with others.

■ 第4段落
4:1 しかし,すべての人がシビリティを受け入れる心構えがあるわけではない。
4:1 Yet, [37] (1. all 2. not all 3. no) people are ready to accept civility.
4:2実際,上記のシビリティのための修養会への参加を拒否した議員もいた。
4:2 In fact, some members of Congress refused to participate in the civility retreat mentioned above.

4:3共和党員,民主党員の双方から,同じ反対意見が出された。自分たちが反対する意見の持ち主
に対して,礼儀正しくふるまう必要はない,というものであった。
4:3 From both Republicans and Democrats, the same objection was raised―there is no need to be civil with those whose ideas we oppose.
4:4確かに,正直であるためには,我々は社会のマナーという覆いの下に根本的な意見の不一致を
隠すべきではない。
4:4 Indeed, honesty requires that we should not hide real disagreements under the [38] (1. cover 2. function 3. structure) of social manners.
4:5 これは,ベンジャミン=デモットが書いた「シビリティにたぶらかされて」という題の,非常 に議論を巻き起こしたエッセーの主張だった。
4:5 This was the argument of a much discussed essay by Benjamin DeMott entitled “Seduced by Civility.”
4:6 1996年に『ネーション』誌に掲載されたこの記事は,過剰なシビリティは,根深い社会論争を
覆い隠すかもしれない,と主張した。
4:6 Published in The Nation in 1996, the article proposed that too much civility might [39] ( 1. deepen 2. mask 3. minimize) deep social conflict.
4:7 デモットによれば,シビリティのルールに従うべきだという社会への要求は,権力の座にある 人が批判から逃れるための方便である。
4:7 The demand for society to conform to the rules of civility, said DeMott, is how people [40] (1. in
2. Of 3. for) power avoid criticism.
4:8言い換えれば,シビリティとそれに関連する概念は,社会において公民権をもたぬ人々をさら
に虐げるための,偽善そのものである。
4:8 In other words, civility and its related concepts are a gross hypocrisy meant to further oppress the disenfranchised in our society.
4:9 この主張のもつ力を「感じる」のはたやすい。なぜなら不公正に対して大声を上げたり,偏見 の壁を打ち壊したりしたいと思わない人はいないからである。
4:9 It is easy to “feel” the strength of this argument; after all, who has not felt like yelling at injustice or tearing down the walls of prejudice?

4:10 しかし,この主張は歴史的には立証されない。
4:10 This argument is not, however, borne out historically.
4:11 それどころか,近年の社会闘争によって否定されてしまうのである。
4:11 It is, in fact, contradicted by recent social struggles.
■ 第5段落
5:1 1950年代と1960年代にあった,アメリカの公民権運動における集団抗議運動について考えよ う。
5:1 Consider the mass protests of the American Civil Rights movement in the 1950s and 1960s. 5:2 この運動の成功は,一つには指導者の一人であったマルティン=ルーサー=キング=ジュニア博 士のもつ非凡な才能のおかげである。
5:2 The success of this movement is due in part to the genius of one of its leaders, Dr. Martin Luther King, Jr.
5:3 キング博士の才能とは,運動に加わった多様な人々を,異議を唱える中でも礼節を守り,愛情 を示すように啓発した彼の能力にある。
5:3 Dr. King’s genius was in his ability to inspire the diverse people involved in the struggle to be civil and loving in their [41l ( 1. dissent 2. company 3. brotherhood).
5:4 この市民の不服従は,偽善とは正反対のものであり,高い倫理的な原則をもった行動としての シビリティの一例であった。
5:4 This civil disobedience was the antithesis of hypocrisy; it was an example of civility as an act of high ethical principle.
5:5 公民権運動は,アメリカの民主主義の破壊を目的としたものではなかった。むしろこの運動
は,アメリカ社会と関係を築き,「万人は平等につくられた」という建国時の約束をアメリカ社
会に履行させることを目的としていた。
5:5 The Civil Rights movement did not seek to destroy American democracy; rather it sought to engage with American society, and to have it [42] ( 1. fulfilling 2. fulfill 3. fulfilled) its founding promise that “all are created equal.”

5:6 キング博士は,礼儀を欠いた対話は民主主義的機能を果たさないことを理解していた。
5:6 Dr. King understood that uncivil dialog cannot serve a democratic function.
5:7確かに民主主義には率直な対話が必要だし,そのような対話は意見の不一致から生まれるが,
積極的に無作法にふるまわなくても,強い政治的王張をもつことは可能なはずである。
5:7 While it is true that democracy demands open dialog, and that dialog arises from [43] ( 1. disagreement 2. mutual understanding 3. respectful attitudes), it must be possible to be partisan without being actively uncivil.
5:8公民権運動に精神的な強さを与えたのは,この考え方である。つまり,主張の目的だけでな
く,説得のための手段も同様に重要だということである。
5:8 It is this concept that gave the Civil Rights movement its moral strength―that the means of persuasion as well as the goal of an argument were equally important.
5:9 ソローやガンジーのような昔の思想家から受け継いで,公民権運動の推進者たちは,抑圧的で しばしば暴力的な人種差別の体制に対峙しても,礼儀をわきまえ,非暴力の姿勢をもち続けるよ う教育されていた。
5:9 Deriving from earlier thinkers like Thoreau and Ghandi, the civil rights protesters were trained to remain civil and nonviolent in the face of a repressive, and often violent, system of segregation.

5:10繰り返すが,キング博士は,公民権を得るための闘いは,単にアフリカ系アメリカ人の利益の
ための運動ではなく,「万人のための正義」の問題に関する,国民的対話の始まりであることを 理解していた。
5:10 Again, Dr. King understood that the struggle for civil rights was not simply a movement to [44] (1. benefit 2. fight with 3. flatter) African-Americans, but an opening for a national dialog on the issue of “justice for all.” 5:11敵方よりも行儀よく,より礼儀正しくふるまうことで,運動家たちは相手を打ち負かすのでは
なく,自分たちの意見の側に転向させることを目指した。
5:11 By behaving better, more civilly, than their opponents, protestors sought not to defeat their opposition, but to convert them to their point of view.
5:12礼儀正しくない暴力的な運動は,いかに「正当化」されようとも,アメリカの多民族からなる
国民を,一つの結束した共同体にまとめた絆を断ち切ってしまったであろう。
5:12 Uncivil and violent protest, [45] (1. when 2. however 3. since) “justified,” might have broken the connections that bind Americas heterogeneous population into a united community.
■ 第2段落
2:1 この本の中でエラスムスは「civité(シビリテ)」という概念を広め始めた。
2:1 In this book, Erasmus set out to popularize the concept of “civilité.”
2:2 しばしばこの言葉は礼儀正しさと訳されるが,エラスムスはこの言葉を生活に対する一つのア プローチ,すなわち皆が仲良く一緒に暮らすことを可能にするためのふるまい方,話し方,他人 との関わり方を表現するための言葉として使った。
2:2 Although often translated as politeness, Erasmus used the term to [32] ( 1. create 2. devise 3. represent) an approach to life, a way of carrying one’s self, of speaking and relating to others that would enable all to live together harmoniously.
2:3 エラスムスは,現代語の「シビリティ(civility)」の由来でもある「civité」を,文明の礎にな るものととらえた。
2:3 Erasmus saw “civilité,” from which the modern word “civility” is descended, as the basis for civilization.
2:4他人に対する気遣いをせずに行動する人は,「文明化されていない」有害な未開人と考えられ
た。2:4 Those who acted without concern for others were considered “un-civilized,” destructive barbarians.
2:5 シビリティは単なる礼儀正しさ以上のものであるが人々がお互いに敬意を表すための,人間社 会における大切な構成要素である。
2:5 Civility, which is [33] (1. far from 2. the Same as 3. more than) simple politeness, is an important component of human society by which we show respect for each other.

2:6 これは大昔から存する普遍的に近い倫理的規範である。
2:6 It is an old and nearly universal ethical imperative.
2:7大昔の世界では古代ギリシアのアリストテレスも,皇帝による支配が始まる以前の中国に生き
た孔子も,立派な人物は立派な礼儀作法を守らなければならない,と考えた。
2:7 In the ancient world, both Aristotle in classical Greece and Confucius in pre-imperial China held that a good man had to have good manners.
2:8 しかし,公の場でのシビリティに対する関心は,単なる大昔からの伝統ではない。
2:8 However, concern with public civility is not simply an ancient tradition.

■ 第7段落
7:1我々は500年前の,より礼節のある社会と,相互に敬意を示すことが意見や信条の違いよりも大 切な世界を求める声に目を向けることから,このエッセーを始めた。
7:1 We began this essay by looking at a 500-yearold call for a more civil society, for a world in which respect for one another [47] (1.. outweighs 2. effaces 3. contrasts) any differences in opinion or belief.
7:2 しかし今日の我々は,エラスムスの時代の暴力的な野蛮人よりもましなふるまいをしているの だろうか。
7:2 But do we behave any better today than the violent barbarians of Erasmus’ day ?
7:3我々は自分たちの権利をめぐって言い争い,義務は無視する。
7:3 We squabble over our rights, and ignore our obligations.
7:4我々は,政府の役割は,我々が欲しいものや,繁栄や,平和と進歩をもたらすことだと信じて
いる。しかし病院から博物館に至るまでの,礼節ある社会を機能させるための民間団体への奉仕 は怠る。
7:4 We believe the function of government is to give us the things we desire, prosperity, peace and progress, but we fail to volunteer for those non-governmental organizations, from hospitals to museums, that make civil society function.
7:5我々自身の礼節ある行動の規範が,電車,バス,飛行機の中でわかりやすく掲示された場合で
さえも,我々自身のもつ礼節ある行動の規範にわざわざ従うことはめったにない。
7:5 We rarely [48] (1. fail 2. wish 3. bother) to follow our own codes of civil behavior even when they are clearly posted on trains, buses or planes.
7:6我々は,皆が集団で礼儀作法をすべて忘れて気ままにふるまい,エラスムスが憂えたような野
蛮人そのものになりつつあるようだ。
7:6 We seem to be indulging in a collective act of [49] (1. forgetting 2. forging 3. restructuring) all of our manners and becoming the very barbarians Erasmus worried about.
7:7欲しいものを得ることを重要視するのが特徴の市場価値が我々が欲しがる「べき」ものを決め
る手助けのために伝統的に対話を重ねてきた共同体での社会生活の中に入り込むことが許容され た過程に問題はある。
7:7 The problem lies in the process by which the values of the market, which are characterized by emphasis on getting what we want, have been [50] (1. allowed 2. conditioned 3. blocked) to move into the social life of our communities where we have traditionally engaged in a discourse to help us decide what we should want.
7:8 しかし,シビリティを再発見し,それゆえ我々の人間性と文明を守ることは手遅れではない。 7:8 However, it is not too late to rediscover civility, and thus preserve both our humanity and our civilization.
7:9 シビリティを再構築するための鍵は,我々が隣人に対して親切心と気遣いをもってふるまうこ との大切さを学び直すことと,欲の目的を満たすことに加えて,達成の手段を重要視することに ある。
7:9 The key to reconstructing civility lies in our learning anew the virtue of acting towards our neighbors with kindness and concern, and to value the means of our achievements as well as the ends of our desires.
■ 第1段落
1:1 500年ほど昔,ルネサンス期の学者であるロッテルダムのエラスムスは自分の学生の礼儀作法を 非常に気にかけていた。
1:1 About 500 years ago, the Renaissance scholar Erasmus of Rotterdam was deeply concerned with the manners of his students.
1:2彼は生涯を通じて書簡や書籍,会話や授業を通したコミュニケーションの大切さを信じてきた
がその当時になると,世の中は宗教,統治,さらには学問といった問題に分化し,その分かれ方 は,いかなる対話も不可能に思えるほどだったため,エラスムスは心配だったのである。
1:2 He was worried because all of his life he had believed in communication through letters and books, conversation and teaching, and now his world had become divided on issues such as religion, governance and even scholarship―so divided that any discourse seemed impossible. 1:3彼の職歴はケンブリッジ大学の教師が始まりだったが,最も人気の高い著作の何冊かは,学生
に正しいふるまい方,つまり身分の上下に関係なく,社会全体に対しての慎み深さと,親切心と, 英知をもって接することを教えるための,古典的な知識を用いることに関する教科書だった。
1:3 At the beginning of his career, Erasmus had been a teacher at Cambridge and some of his most popular writings were textbooks concerned [31] (1. for 2. about 3. with) using classical knowledge to train students to act correctly―with modesty, kindness and wisdom towards all in society, high and low.
1:4 それゆえ,彼はもう一冊,「子供にシビリティを教えることについて」を書いたが,彼はこの 本によって社会が直面している問題が解決されれば,と望んでいた。
1:4 Thus, he wrote one more book, On Teaching Civility for Children, which he hoped might solve the problems that his society faced.

■ 第4段落
4:1 しかし,すべての人がシビリティを受け入れる心構えがあるわけではない。
4:1 Yet, [37] (1. all 2. not all 3. no) people are ready to accept civility.
4:2実際,上記のシビリティのための修養会への参加を拒否した議員もいた。
4:2 In fact, some members of Congress refused to participate in the civility retreat mentioned above.

4:3共和党員,民主党員の双方から,同じ反対意見が出された。自分たちが反対する意見の持ち主
に対して,礼儀正しくふるまう必要はない,というものであった。
4:3 From both Republicans and Democrats, the same objection was raised―there is no need to be civil with those whose ideas we oppose.

4:4確かに,正直であるためには,我々は社会のマナーという覆いの下に根本的な意見の不一致を 隠すべきではない。
4:4 Indeed, honesty requires that we should not hide real disagreements under the [38] (1. cover 2. function 3. structure) of social manners.
4:5 これは,ベンジャミン=デモットが書いた「シビリティにたぶらかされて」という題の,非常 に議論を巻き起こしたエッセーの主張だった。
4:5 This was the argument of a much discussed essay by Benjamin DeMott entitled “Seduced by Civility.”
4:6 1996年に『ネーション』誌に掲載されたこの記事は,過剰なシビリティは,根深い社会論争を
覆い隠すかもしれない,と主張した。
4:6 Published in The Nation in 1996, the article proposed that too much civility might [39] ( 1. deepen 2. mask 3. minimize) deep social conflict.
4:7 デモットによれば,シビリティのルールに従うべきだという社会への要求は,権力の座にある 人が批判から逃れるための方便である。
4:7 The demand for society to conform to the rules of civility, said DeMott, is how people [40] (1. in
2. Of 3. for) power avoid criticism.
4:8言い換えれば,シビリティとそれに関連する概念は,社会において公民権をもたぬ人々をさら
に虐げるための,偽善そのものである。
4:8 In other words, civility and its related concepts are a gross hypocrisy meant to further oppress the disenfranchised in our society.

4:9 この主張のもつ力を「感じる」のはたやすい。なぜなら不公正に対して大声を上げたり,偏見 の壁を打ち壊したりしたいと思わない人はいないからである。
4:9 It is easy to “feel” the strength of this argument; after all, who has not felt like yelling at injustice or tearing down the walls of prejudice?
4:10 しかし,この主張は歴史的には立証されない。
4:10 This argument is not, however, borne out historically.
4:11 それどころか,近年の社会闘争によって否定されてしまうのである。
4:11 It is, in fact, contradicted by recent social struggles.

■ 第6段落
6:1 この経験から,我々はデモット氏の反シビリティの議論の誤りに気づくだけでなく,礼節を もった対話が礼儀正しい社会を生み出すという,シビリティのもつ重要な社会的影響を感じ取る ことができる。
6:1 From this experience we can not only observe the fallacy of Mr. DeMott’s anti-civility argument, but we can also sense an important social implication of civility―that civil discourse makes for a civil society.

6:2 マナーについての常識がなければ,我々は共通のつながりをもたない。
6:2 Without a common sense of manners, we have no common [46] (1. property 2. link 3. factor). 6:3 シビリティは,大きな民主的対話の中で,我々皆を一つに結びつける絆の役割を果たす。 6:3 Civility acts as a tie that binds us all together in a great democratic dialog.

6:4歴史家のアーサー=シュレシンガーが述べたように,シビリティは「紹介状」としての機能を果
たすものであり,民族性,信条,社会経済的地位が明白に異なっていても,我々は同じ礼儀作法 の実践と,シビリティを行動規範と信じることで結びついた一つの共同体だと,新参者に保証す
るものなのである。
6:4 As the historian Arthur Schlesinger observed, civility acts as “a letter of introduction” to assure strangers that despite apparent differences of ethnicity, belief or socio-economic status, we are one community linked by shared practices of politeness and a belief in civility as a code of conduct.

■ 第7段落
7:1我々は500年前の,より礼節のある社会と,相互に敬意を示すことが意見や信条の違いよりも大
切な世界を求める声に目を向けることから,このエッセーを始めた。
7:1 We began this essay by looking at a 500-yearold call for a more civil society, for a world in which respect for one another [47] (1.. outweighs 2. effaces 3. contrasts) any differences in opinion or belief.

7:2 しかし今日の我々は,エラスムスの時代の暴力的な野蛮人よりもましなふるまいをしているの だろうか。
7:2 But do we behave any better today than the violent barbarians of Erasmus’ day ?
7:3我々は自分たちの権利をめぐって言い争い,義務は無視する。
7:3 We squabble over our rights, and ignore our obligations.
7:4我々は,政府の役割は,我々が欲しいものや,繁栄や,平和と進歩をもたらすことだと信じて
いる。しかし病院から博物館に至るまでの,礼節ある社会を機能させるための民間団体への奉仕 は怠る。
7:4 We believe the function of government is to give us the things we desire, prosperity, peace and progress, but we fail to volunteer for those non-governmental organizations, from hospitals to museums, that make civil society function.
7:5我々自身の礼節ある行動の規範が,電車,バス,飛行機の中でわかりやすく掲示された場合で
さえも,我々自身のもつ礼節ある行動の規範にわざわざ従うことはめったにない。
7:5 We rarely [48] (1. fail 2. wish 3. bother) to follow our own codes of civil behavior even when they are clearly posted on trains, buses or planes.
7:6我々は,皆が集団で礼儀作法をすべて忘れて気ままにふるまい,エラスムスが憂えたような野
蛮人そのものになりつつあるようだ。
7:6 We seem to be indulging in a collective act of [49] (1. forgetting 2. forging 3. restructuring) all of our manners and becoming the very barbarians Erasmus worried about.
7:7欲しいものを得ることを重要視するのが特徴の市場価値が我々が欲しがる「べき」ものを決め
る手助けのために伝統的に対話を重ねてきた共同体での社会生活の中に入り込むことが許容され
た過程に問題はある。
7:7 The problem lies in the process by which the values of the market, which are characterized by emphasis on getting what we want, have been [50] (1. allowed 2. conditioned 3. blocked) to move into the social life of our communities where we have traditionally engaged in a discourse to help us decide what we should want.
7:8 しかし,シビリティを再発見し,それゆえ我々の人間性と文明を守ることは手遅れではない。 7:8 However, it is not too late to rediscover civility, and thus preserve both our humanity and our civilization.
7:9 シビリティを再構築するための鍵は,我々が隣人に対して親切心と気遣いをもってふるまうこ との大切さを学び直すことと,欲の目的を満たすことに加えて,達成の手段を重要視することに ある。

[60] Which of the following would make the best title for this article?
1. The Heritage of the Civil Rights Movement
2. Manners and Civilization
3. What’s the Matter with Politicians Today ?
4. The Importance of Tradition

・解答 [60]―2
>[60] 「この記事の表題として,最も適ftなものは以下のうちのどれか」 1.「公民権運動の遺産」 第5段で公民権運動について触れられているが,これはcivilityに対して否定的な見解をもつデモッ
トの主張に対する反証として紹介されている具体例に関することなので,表題としては不適。
2.「礼儀作法と文明化」
我々の文明にシビリティは必要な要素だ,と訴えることがこの記事の趣旨
3.「今日の政治家の問題は?」
政治に関する話題もあるが主題ではなく例示なので不適
4.「伝統の大切さ」
伝統は主題の一部だが2のほうが丁寧かつ具体的なテーマのほうなので不適。

慶應義塾大学環境情報学部 問二 2005年度 英語長文問題解答 過去問 内容一致問題
■第1段落
1:1 The issue of sustainable urban development has concentrated the minds of governments and research organizations around the world.
1:1持続可能な都市開発の問題は、世界中の政府や研究機関の頭脳を集結させてきた。
1:2 Cities have been seen as the cause of environmental degradation and resource depletion, casting an ecological footprint across the globe, far beyond their immediate regions.
1:2都市は、環境の悪化や資源の枯渇の原因とみなされ、近隣地域の枠をはるかに越え、世界中で
環境上の踏み跡を残している。
1:3 More often than not, cities are seen as problematic with congestion, pollution, poor housing, collapsing infrastructure, crime and poverty.
1:3渋滞、汚染、悪い住宅事情、崩壊しつつあるインフラ、犯罪、貧困のため、しばしば都市は問
題が多いとみなされる。

1:4 Yet it is cities that drive economies, and it is within them that innovation occurs and the majority of global output is produced.
1:4 しかし、経済を押し進めるのは都市であり、また革新が起こったり、世界の生産の大部分がな
されるのも都市の中なのである。

■第2段落
2:1 Over the past five years the world has seen a 2.5% growth in urban population, but that [31](1. scatters 2. stands 3. varies) between the more developed regions (0.7%) and the less developed regions (3.3%).
2:1 ここ5年間に、世界の都市人口は2.5パーセント増加したが、その数値は、より発展した地域
(0.7パーセント)とより発展していない地域(3.3パーセント)との間でばらつきがある。
2:2 In 1999, 47%, or 28 billion, of the world’s population lived in cities, and this is set to increase [32](1. by 2. to 3. with) around 70 million people each year.
2:2 1999年においては、世界の人口の47パーセント、28億人が都市に住んでおり、またこの数は毎
年約7千万人ずつ増加している。
2:3 The expectation is that by 2030 nearly 5 billion (61%) of the world’s 8.1 billion people will live in cities.
2:3予想によると、2030年までには、世界人口81億人のうち50億人(61パーセント)近くが都市に
住むであろうとされている。
2:4 Of the urban population, for every one person now living in cities in developed countries, there are two in the cities of the developing world.
2:4都市人口のうち、現在先進国の都市に住んでいる1人に対して、発展途上国の都市には2人とい
う割合になっている。
2:5 Within 30 years this proportion is predicted to rise to 1:4, indicating that 90% of the growth in urbanization will be in developing countries.
2:5 30年以内にはこの比率は1対4に上昇すると予想されているが、それは都市化における増加分の
90パーセントが発展途上国におけるものであることを示している。

■第3段落
3:1 In these countries the expansion of urbanization is [33](1. controlling 2. growing 3. occurring) on an unimaginable scale.
3:1 これらの国々においては、都市化の拡大は想像を超えた規模で起こっている。
3:2 Very large cities the megacities with populations of over 10 million people are becoming commonplace.
3:2非常に大きな都市―1千万以上の人口を持つメガ・シティ(巨大都市)―はありふれたものと なっている。
3:3 New York and Tokyo were the only megacities in 1960, but by 1999 there were 17.
3:3 1960年の時はニューヨークと東京だけがメガ・シティであったが、1999年には17都市になっ
た。
3:4 In another 15 years projections suggest there will be at [34](1. largest 2. least 3. most) 26 such cities, 22 of which will be in developing countries, and 18 of these in Asia.
3:4見積もられているところによると、あと15年すれば少なくともそのような都市が26になり、う
ち22都市が発展途上国にあり、さらにその18都市はアジアにあるという。
3:5 However, the most aggressive growth [35](1. Appears 2. Continues 3. Corresponds) to be in the cities of between 1 and 10 million.
3:5 しかし、最も激しい増加は、100万人から1千万人の都市にみられるようである。
3:6 In 1990, we had 270 million cities; by 2015, various predictions show that there may be between 358 and 516 of these cities.
3:6 1990年には270の「百万都市」があったが、さまざまな予測によると、2015年までにはこのよ
うな都市の数が358から516の間になるかもしれないという。

■第4段落
4:1 It is questionable whether these statistics themselves necessarily represent a problem.
4:1 これらの統計の数字そのものが、必ずや問題を表しているのかどうかについては疑問の余地が ある。
4:2 It is true that the [36](1 . better 2. more . very) size of the cities and the high proportion of the world’s population living within them will inevitably intensify problems, which will include the intensive use of resources such as land, water and energy, the overstretching of infrastructure, poor sanitation and health, and social and economic inequalities.
4:2確かに、都市の大きさそのものや世界の人口の都市居住率が高いことは、必然的に問題を大き
くするであろうし、それには土地・水・エネルギーなどの資源の集中的使用、インフラの過剰な 広がり、公衆衛生や健康状態の悪化、社会的・経済的不平等が含まれるであろう。
4:3 The more serious problem, however, is concerned with [37](1. affluent 2. broad 3. simple) lifestyles and wasteful use of land, both in developed and developing countries, which result [38](1. as 2. in 3. to) a disproportionate use of resources and urban forms that are often unsustainable.
4:3 しかしながら、より深刻な問題は先進国・発展途上国の両方における豊かな生活様式や土地の
無駄な使い方に関係があり、それらは結果として偏った資源の使用や、持続不可能になることが
多い都市形態を生み出している。
4:4 For example, commercial enterprises outside cities such as the ubiquitous shopping mall are likely to cause most waste, pollution and harmful emissions.
4:4 たとえば、至る所にあるショッピングセンターのような郊外の商業的事業は、最も多くのご
み、汚染、有害な排出物を発生させる可能性が高い。

4:5 Also the lifestyles of those living in low-density suburban areas on the periphery will be responsible [39](1. by 2. for 3. to) the consumption of more resources than those with similar incomes living in cities.
4:5 また、都市周辺部の、人口密度の低い郊外に住む人々の生活様式も、「都市に住む同じくらい
の収入の人々」よりも多くの資源を消費する原因になるであろう。

■第5段落
5:1 Cities may have problems, but they are not necessarily a problem in themselves.
5:1都市には問題があるかもしれないが、都市自体が必ずしも問題なのではない。

5:2 According to some urban planners in England, it is the ‘failure of effective governance within cities that explains the poor environmental performance of so many cities rather than a [40] (1.active 2. exceptional 3. inherent) characteristic of cities in general.’
5:2 イングランドのある都市計画立案者らによると、「非常に多くの都市で環境面での問題がみら れる原因は、一般的な都市固有の特徴というよりはむしろ、都市内部での効果的な統治の失敗に
ある」という。
5:3 The manipulation of urban form, and the provision of better forms of governance, may go some way to overcome city problems.
5:3都市形態の巧みな操作、より良い統治形態の用意が、都市問題を克服するのにいくらか役立つ
かもしれない。
5:4 [41](1. Because of 2. Despite. Instead of) many problems, the fastest growing cities in developing countries have benefits for those living there.
5:4多くの問題にもかかわらず、発展途上国における最も成長の速い都市はそこに住む人々に利益
をもたらしている。
5:5 They can provide ‘enhanced opportunity for millions of people’ and ‘refuges from a stifling, restrictive rural life’ that may no longer be economically sustainable.
5:5それらは「何百万もの人々のための機会の増大」と、もはや経済的に持続不可能な「息苦し く、制限の多い田舎の生活から逃れる場所」を提供することができる。

5:6 The sheer vitality and numbers of people and ideas tend to change attitudes and lifestyles, and lead to higher [42](1. aspirations 2. levels 3. means) to improve standards of living.
5:6人々や考え方の、純然たる活力や数の多さが、態度や生活様式を変化させる傾向にあり、また
生活水準を上げようというより高い向上心へとつながっていく。
5:7 How, then, does this tendency relate to sustainable development and sustainable urban form? 5:7 では、どのようにしてこの傾向が持続可能な発展と持続可能な都市形態へと関係してゆくので あろうか。

■第6段落
6:1 There is a strong [43](1. barrier 2. force 3. link) between urban form and sustainable development, but it is not simple and straightforward.
6:1都市形態と持続可能な発展との間には強い結びつきがあるが、それは単純でわかりやすいもの
ではない。
6:2 It has been suggested that a sustainable city must be of a form and scale appropriate to walking, cycling and efficient public transport, and with a compactness that encourages social interaction.
6:2持続可能な都市とは、歩いたり自転車に乗ったりすることや効率的な公共交通機関にちょうど
よしまた社会的相互作用を促進する密集性を備えた形態と規模のものでなければならない、とい うことが言われてきている。
6:3 Some other proponents have suggested forms with large concentrated centers, those with decentralized but compact settlements linked by public transport systems, or those with a set of self-sufficient communities based on development strategies [44](1. for 2. On 3. To) dispersion.
6:3 また別の提唱者らは、集中化された大きな中心部を持つ形態、分散しているがそれぞれが公共
交通機関で結ぼれた、コンパクトな居住地を持つ形態、あるいは分散化のための開発計画に基づ いたひとそろいの自給自足コミュニティを備えた形態を提案している。

■第8段落
8:1 The vision of the compact city has been dominated by the model of the densely developed core of many historic European cities.
8:1 コンパクト・シティというビジョンは、歴史上重要な多くのヨーロッパ諸都市の、密集して発
達した中心部というモデルに多大な影響を受けている。

8:2 These are a great attraction not just to architects, planners and urban designers, [46](1. and 2. but 3. or) to countless tourists who flock to see them.
8:2 これらは建築家やプランナーや都市設計者だけでなく、群れをなして見に来る無数の観光客に とってもおおいに魅力あるものである。
8:3 They are seen, often by those from outside, as ideal places to live and experience the vitality and variety of urban life.
8:3 それらは、しばしば外部から来た人々によって、住んだり都会生活の活気や多様性を経験した
りするのに理想的な場所とみなされている。
8:4 The danger is that it is a romantic vision, one which assumes a golden age that can be recaptured through urban form, leading to a sustainable and benign civility.
8:4危険なのは、それが現実離れしたビジョンであり、そこでは、都市形態を通して取り戻すこと
ができて、しかも持続可能で温和な礼儀正しさにつながる黄金時代を想定していることである。

8:5 Perhaps it is not [47](1. believable 2. interesting 3. Surprising) that the strongest advocate for the compact city has been the European Community.
8:5 コンパクト・シティの最大の支持者がヨーロッパ共同体(EC)であることは、ひょっとする
と驚くべきことではないかもしれない。

■第9段落
9:1 However, the compact city policies proposed so far have been based more in theory than in practice, and the arguments are contentious.
9:1 しかしながら、これまで提案されてきたコンパクト・シティの政策は、実践よりも理論に基づ いており、さまざまな主張が飛びかっている。

9:2 The theory is to an extent based on the assumption that restrictions on land use will help to concentrate development and lessen the need to travel, thus [48](1. generating 2. increasing 3. reducing) vehicle emissions.
9:2 その理論は、土地利用の制限が開発の集中的実施、および移動の必要性の減少と、その結果と しての車両の排ガスの減少に役立つだろうという想定にある程度基づいている。
9:3 The promotion of the use of public transport, walking and cycling is often cited as a solution.
9:3公共交通機関を利用する、歩く、自転車を使うといったことの促進は、一つの解決法としてし
ばしばあげられる。
9:4 Further reductions of harmful emissions might also result from more energy efficient land use planning, combined power and heating schemes, and energy efficient buildings.
9:4 よりエネルギー効率のよい土地利用計画、熱電併給事業、エネルギー効率のよい建物によって
も、有害排出物のさらなる削減が可能になるかもしれない。

9:5 It is also argued that higher densities may help to make the provision of amenities and facilities economically viable, [49](1.blocking 2. enhancing 3. reducing) social sustainability.
9:5 また、より高い密集性は便利な設備や施設の供給を経済的に実現可能にするのに役立ち、その
結果社会の持続性を高めるかもしれないとも主張されている。
■第10段落
10:1 But on the down side, the compact city may become overcrowded and suffer a loss of urban quality, with less open space, more congestion and pollution, and may simply not represent the sort of environment in which the majority of people would wish to live if they had the [50](1.choice 2. interest 3. right).
10:1 しかし、否定的な側面について言えば、コンパクト・シティはともすると過密状態になり、
開放されたスペースの減少と渋滞や汚染の増加をともなって都市の特性を失うかもしれないし、
また単に、大多数の人々が機会があれば住んでみたいと思うような種類の環境を象徴しないかも
しれない。

[60] Which of the following makes the most suitable title for this article?
1. Historic Compact Cities in Europe
2. Sustainable Urban Governance in Developed Countries
3. Global Urbanization in Developing Countries
4. Sustainable Urban Forms

・解答 [60]―4
>[60]「この論説文に最もふさわしい表題となるのは次のうちどれか」 1.「ヨーロッパの密集性のある歴史都市」
2.「先進国における持続可能な都市の統治」
3.「発展途上国における世界規模の都市化」
4.「持続可能な都市形態」
第1段冒頭で「持続可能な都市開発の問題(The issue of sustainable urban development)」が関心を
集めていることが述べられ、次に大都市の増加とその問題について第4段あたりまで述べられる。 そして第5段最終文(How, ……)で改めて「持続可能な発展と持続可能な都市形態(sustainable development and sustainable urban form)」について問題が提起された後、第6段以降ではその可能性 を持つものとしてコンパクト・シティについて詳しく論じられている。以上のことから4が全体の テーマを表していると言える。

慶應義塾大学環境情報学部 問一 2002年度 英語長文問題解答 過去問 内容一致問題
■第2段落
2:1 Recently, a number of researchers have begun a systematic study of happiness.
2:1最近、多くの研究者が幸福についての系統的な研究を始めている。
2:2 Dozens of investigators around the world have asked a cross-section of several hundred thousand people to reflect on their happiness and satisfaction with life — or what psychologists call “subjective well-being.”

2:2世界中の何十人もの研究者が、各社会層にわたる数10万の人々に、生活における幸福や満足に
ついて―あるいは心理学者たちが「主観的幸福」と呼んでいることについて考えてみることを依頼
した。
2:3 In the U.S., the National Opinion Research Center at the University of Chicago has surveyed a representative sample of roughly 1,500 people a year since 1957; the Institute of Social Research at the University of Michigan has carried out similar studies.
2:3 アメリカでは、シカゴ大学のナショナルオピニオンリサーチセンターが、1957年以来、毎年
抽出標本として選ばれた約1,500人を調査している。またミシガン大学のインスティテュート・オ ブ・ソーシャルリサーチも同じような調査を行っている。
2:4 Government-funded efforts have also studied the moods of European citizens.
2:4政府が資金を出している活動でも、ヨーロッパ人の心的状態の研究を行っている。

■第5段落
5:1 How can social scientists measure something as hard to pin down as happiness?
5:1幸福ほど明確な定義づけが難しいことがらを、社会科学者たちはどうやって判断できるのだろ
うか。
5:2 Most researchers simply ask people to report their feelings of happiness or unhappiness and to [3](1. count 2. assess 3. realize) how satisfying their lives are.
5:2 ほとんどの研究者は、人々に、自分の幸福感や不幸な気持ちを伝えたり、自分の生活がどれく
らい満足のいくものかを評価することをただ、依頼するだけである。
5:3 Such self-reported well-being is moderately consistent over years of retesting.
5:3 そのような自ら告げる幸福というものは、何年間もの期間にわたる再調査でもだいたい一貫し
ている。
5:4 Furthermore, those who say they are happy and satisfied seem happy to their close friends and family members and to a psychologist interviewer.
5:4 さらに、自分は幸福であり満足していると言う人は、親しい友人や家族からみても、また心理
学者の面接官からみても、幸福にみえる。
5:5 Their daily mood ratings reveal more positive emotions, and they smile more than those who call themselves unhappy.
5:5彼らの毎日の気分を評価すると、自分を不幸だ、と言う人よりもはっきりとした感情を示して
おり、よく笑う。
5:6 Self-reported happiness also links to other [4](1. indicators 2. futures 3. formations) of well- being.
5:6 また自ら告げる幸福は、幸福を示す他のものにもつながっている。
5:7 Compared with the depressed, happy people are less self-focused, less hostile and abusive and less susceptible to disease.
5:7憂うつな人に比べ、幸福な人は自己中心的でなく、人に敵意を抱いたりののしったりせず、ま
た病気にかかりにくい。

■第6段落
6:1 Researchers have found that the even distribution of happiness cuts across almost all demographic classifications of age, economic class, race and educational level.
6:1研究者たちは、年齢、経済的階級、人種や教育水準による人口統計学上の分類のほぼすべての 範囲にわたって、幸福の分布が均一であることを発見した。

6:2 In addition, almost all [5](1. research 2. study 3.real) strategies for assessing subjective well- being turn up similar findings.
6:2 さらに、主観的幸福を評価するほぼすべての研究方策で、同じような研究結果になることがわ
かっている。

■第6段落
6:1 Researchers have found that the even distribution of happiness cuts across almost all demographic classifications of age, economic class, race and educational level.
6:1研究者たちは、年齢、経済的階級、人種や教育水準による人口統計学上の分類のほぼすべての
範囲にわたって、幸福の分布が均一であることを発見した。
6:2 In addition, almost all [5](1. research 2. study 3.real) strategies for assessing subjective well- being turn up similar findings.
6:2 さらに、主観的幸福を評価するほぼすべての研究方策で、同じような研究結果になることがわ
かっている。

■第7段落
7:1 Interviews with representative samples of people of all ages, for example, reveal that no time of life is especially happier or unhappier.
7:1例えば、あらゆる年齢層から選ばれた抽出標本の人との面接では、人生には特に幸せである、
あるいは幸せでない時期があるわけではないということがわかっている。

7:2 [6](1. Simultaneously 2. Similarly 3.Definitely), men and women are equally likely to declare themselves “very happy” and “satisfied” with life, according to a statistical digest of 146 studies compiled by researchers at Arizona State University.
7:2同様に、アリゾナ州立大学の研究者たちがまとめた146の研究の統計学的要録によると、男性も
女性も同じように自分は「とても幸福」で人生に「満足している」と言うことが多い。
7:3 Other researchers at the University of Northern British Columbia and the University of Michigan summarizing surveys of 18,000 university students in 39 countries and 170,000 adults in 16 countries have supported these findings.
7:3 ノーザンブリティッシュコロンビア大学とミシガン大学の他の研究者たちは、39カ国の大学生
1万8千人と16カ国の成人17万人の調査をまとめ、これらの研究結果を立証している。

■第8段落
8:1 Ethnicity also gives little clue to subjective well-being.
8:1民族性にもまた、主観的幸福につながる手がかりはほとんどない。

8:2 African-Americans are only slightly less likely to feel “very happy” when compared to European- Americans.
8:2 アフリカ系アメリカ人は、ヨーロツパ系アメリカ人と比べて「とても幸福」と感じないことは
ほんのわずかだけである。
8:3 The National Institute of Mental Health found that the rates of depression and alcoholism among blacks and whites are roughly equal.
8:3国立精神衛生研究所は、黒人と白人のうつ病やアルコール中毒の比率はおおむね等しいことを
発見している。
8:4 Social psychologists at the University of California have also found that people in [7](1. discovered 2. aristocrat 3.disadvantaged) groups maintain self-esteem by valuing things at which they excel, by making comparisons within their own groups and by blaming problems on external sources such as prejudice.
8:4 カリフォルニア大学の社会心理学者もまた、恵まれない境遇の集団にいる人は、自分がすぐれ ていることがらを評価することによって、また自分の集団の中で比較することによって、そして 問題を差別のような外的要因のせいにすることによって、自尊心を保っているということを発見
した。

■第9段落
9:1 Wealth is also a poor [8](1. predictor 2. fortune-teller 3. future) of happiness.
9:1財産もまた、幸福かどうかを予測する手段としてはあてにならない。

9:2 People have not become happier over time as their cultures have increased in wealth.
9:2人は自分の文化が裕福になったからといって、やがてより幸福になっているというわけではな
い。
9:3 Even though Americans earn twice as much in today’s dollars as they did in 1957, the proportion of those telling interviewers from the National Opinion Research Center that they are “very happy” has declined from 35 to 29 percent.
9:3 アメリカ人は1957年ft時よりも今日2倍のドルを稼いでいるが、ナショナルオピニオンリサー チセンターの面接官に自分は「とても幸福」だと答えた人の比率は、35パーセントから29パーセ
ントに減少している。

■第10段落
10:1 Even very rich people — those surveyed among Forbes magazine’s 100 wealthiest Americans — are only slightly happier than the average American.
10:1非常に裕福な人々―フォープズ誌のもっとも裕福なアメリカ人100人の中で調査された人々で
あるが―でさえ、平均的なアメリカ人よりもわずかに幸福であるにすぎない。

10:2 Those whose income has increased over a ten-year period are not happier than those whose income is stagnant.
10:2 10年聞にわたって収入が増えた人も、収入が停滞している人より幸福であるというわけでは
ない。
10:3 Indeed in most nations the [9](1. collaboration 2. equation 3. correlation) between income and happiness is negligible — only in the poorest countries, such as Bangladesh, is income a good measure of emotional well-being.
10:3実にほとんどの国で、収入と幸福の相関性は無視できるほど小さいものである。もっとも、バ
ングラデシュのような最貧国だけは、収入は感情的な幸福の有効な尺度であるが。

■第13段落
13:1 In a large number of studies, four traits [12](1.diminish 2. evaluate 3.characterize) happy people.
13:1 数多くの研究の中で、幸福な人を特徴づけている4つの特色がある。
13:2 First, especially in individualistic Western cultures, they like themselves.
13:2 第一に、特に個人主義の西洋文化において、幸福な人は自分自身が好きである。
12:3 They have high self-esteem and usually believe themselves to be more ethical, more intelligent, less prejudiced, better able to get along with others and healthier than the average person.
13:3 高い自尊心をもち、平均的な人に比べて自分はより道徳的で、頭がよく、差別されておらず、
他人とのつき合いがうまく、健康であると信じていることが多い。

13:4 Second, happy people typically feel personal control.
13:4 第二に、概して幸福な人は自己支配権を感じている。
13:5 Those with little or no control over their lives — such as prisoners, nursing home patients, severely impoverished groups or individuals, and citizens of totalitarian regimes — suffer lower morale* and worse [13](1. happiness 2. health 3. success).
13:5 自分の生活に対する支配権がほとんど、あるいは一切もてない人、例えば囚人、老人ホーム の入所者、非常に困窮した集団や何人、全体主義体制の国民のような人は、士気の低下や健康状 態の悪化に悩む。
13:6 Third, happy people are usually optimistic.
13:6 第三に、幸福な人はたいてい楽観的である。
13:7 Fourth, most happy people are extroverted*.
13:7 第四に、幸福な人はほとんどが外向型である。
13:8 Although one might expect that introverts* would live more happily in the calmness of their less stressed, contemplative lives, extroverts are happier — whether alone or with others.
13:8 内向型の人はストレスが少ない静けさのなか、瞑想にふける生活の中でより幸福に暮らすだ
ろうと思うかもしれないが、外向型の人の方が、一人であれ他の人と一緒であれ、幸福なのであ る。

■第5段落
5:1 How can social scientists measure something as hard to pin down as happiness?
5:1幸福ほど明確な定義づけが難しいことがらを、社会科学者たちはどうやって判断できるのだろ
うか。
5:2 Most researchers simply ask people to report their feelings of happiness or unhappiness and to [3](1. count 2. assess 3. realize) how satisfying their lives are.
5:2 ほとんどの研究者は、人々に、自分の幸福感や不幸な気持ちを伝えたり、自分の生活がどれく
らい満足のいくものかを評価することをただ、依頼するだけである。
5:3 Such self-reported well-being is moderately consistent over years of retesting.
5:3 そのような自ら告げる幸福というものは、何年間もの期間にわたる再調査でもだいたい一貫し
ている。
5:4 Furthermore, those who say they are happy and satisfied seem happy to their close friends and family members and to a psychologist interviewer.
5:4 さらに、自分は幸福であり満足していると言う人は、親しい友人や家族からみても、また心理
学者の面接官からみても、幸福にみえる。
5:5 Their daily mood ratings reveal more positive emotions, and they smile more than those who call themselves unhappy.
5:5彼らの毎日の気分を評価すると、自分を不幸だ、と言う人よりもはっきりとした感情を示して
おり、よく笑う。
5:6 Self-reported happiness also links to other [4](1. indicators 2. futures 3. formations) of well- being.
5:6 また自ら告げる幸福は、幸福を示す他のものにもつながっている。
5:7 Compared with the depressed, happy people are less self-focused, less hostile and abusive and less susceptible to disease.
5:7憂うつな人に比べ、幸福な人は自己中心的でなく、人に敵意を抱いたりののしったりせず、ま
た病気にかかりにくい。

■第15段落
15:1 Whatever the reason, the close personal relationships that characterize happy lives are also correlated with health.
15:1理由が何であれ、幸福な人生を特徴づける親しい人間関係は健康にも関連している。

15:2 Compared with loners, those who can name several [15] (1.aged 2.intimate 3.social) friends are healthier and less likely to die prematurely.
15:2弧独を好む人に比べ、数名の親しい友人の名を挙げられる人は、健康で、早死にすることが少
ない。
15:3 For nine out of ten people, the most significant alternative to aloneness is marriage.
15:3 10人中9人の人にとって、孤独にとって代わるもっとも重要なものは結婚である。
15:4 Although a broken marriage can cause much misery, a good marriage apparently is a strong source of support.
15:4破綻した結婚が多くの不幸を引き起こすこともあるが、うまくいった結婚は明らかに強い支え
のもととなる。
15:5 During the 1970s and 1980s, 39 percent of married adults told the National Opinion Research Center they were “very happy,” as compared with 24 percent of those who had never married.
15:5 1970年代と1980年代には、ナショナルオピニオンリサーチセンターに対し、結婚した成人の39
パーセントが、自分は「とても幸福」だと述べているが、それに比べて結婚したことがない人で そう答えたのは24パーセントであった。
15:5 In other surveys, only 12 percent of those who had divorced [16](1. perceived 2. correlated 3. persuaded) themselves to be “very happy.” 15:5他の調査においては、離婚したことのある人の中で、自分は「とても幸福」だと思っている人
はたった12パーセントだけであった。
15:6 The happiness gap between the married and never married was similar for men and women.
15:6結婚している人と結婚をしたことがない人との間の幸福の差は、男性と女性で類似している。
■第16段落
16:1 Religiously active people also report greater happiness.
16:1宗教上で活動的な人もまた、幸福がより大きいことを示している。
16:2 One survey found that highly religious people were twice as likely as those lowest in spiritual commitment to declare them very happy.
16:2 ある調査では、非常に信心深い人は、信仰への傾倒が低い人に比べ、自分をとても幸福だ、
という人が2倍もいた。
16:3 Other surveys, including a collaborative study of 166,000 people in 16 nations, have found that reported happiness and life satisfaction [17] (1. rise 2. relate 3.register) with the strength of religious affiliation and frequency of attendance at worship services.
16:3 16カ国における16万6千人のある共同研究を合む他の調査でも、幸福や生活への満足は、宗
教に加入することの度合いや礼拝の参加回数とともに増すことがわかっている。
16:4 Some researchers believe that religious affiliation [18] (1. equates 2. encourages 3. evolves) greater social support and hopefulness.
16:4宗教への加入がより大きな社会的支持と有望さを高めると信じる研究者もいる。

■第17段落
17:1 Researchers on happiness are now beginning to examine happy people’s exercise routines, worldviews and goals.
17:1幸福についての研究者たちは、現在、幸福な人々の運動の日課や世界観、目標について調査を
始めようとしている。
17:2 It is possible that some of the [19](1. traditions 2. customs 3. patterns) discovered in the research may offer clues for transforming circumstances and behaviors that work against well- being into ones that promote it.
17:2 その研究で発見される傾向のいくつかは、幸福とは逆の働きをする状況や行動を、幸福を促
進するものへと変化させるための手がかりを提供してくれるかもしれない。
17:3 Ultimately, then, the scientific study of happiness could help us understand how to build a world that[20] (1. enhances 2. evaluates 3. examines) human well-being and to aid people in getting the most satisfaction from their circumstances.
17:3 そして最終的には、幸福に関する科学的研究は、人間の幸福を高めてくれる世界をどのよう に構築するか、また人が自分のおかれた境遇から最大の満足を得られるよう、いかに援助するか を理解する手助けとなりうるのである。
■第9段落
9:1 Wealth is also a poor [8](1. predictor 2. fortune-teller 3. future) of happiness.
9:1財産もまた、幸福かどうかを予測する手段としてはあてにならない。

9:2 People have not become happier over time as their cultures have increased in wealth.
9:2人は自分の文化が裕福になったからといって、やがてより幸福になっているというわけではな
い。
9:3 Even though Americans earn twice as much in today’s dollars as they did in 1957, the proportion of those telling interviewers from the National Opinion Research Center that they are “very happy” has declined from 35 to 29 percent.
9:3 アメリカ人は1957年ft時よりも今日2倍のドルを稼いでいるが、ナショナルオピニオンリサー チセンターの面接官に自分は「とても幸福」だと答えた人の比率は、35パーセントから29パーセ
ントに減少している。
■第7段落
7:1 Interviews with representative samples of people of all ages, for example, reveal that no time of life is especially happier or unhappier.
7:1例えば、あらゆる年齢層から選ばれた抽出標本の人との面接では、人生には特に幸せである、
あるいは幸せでない時期があるわけではないということがわかっている。

7:2 [6](1. Simultaneously 2. Similarly 3.Definitely), men and women are equally likely to declare themselves “very happy” and “satisfied” with life, according to a statistical digest of 146 studies compiled by researchers at Arizona State University.
7:2同様に、アリゾナ州立大学の研究者たちがまとめた146の研究の統計学的要録によると、男性も
女性も同じように自分は「とても幸福」で人生に「満足している」と言うことが多い。
7:3 Other researchers at the University of Northern British Columbia and the University of Michigan summarizing surveys of 18,000 university students in 39 countries and 170,000 adults in 16 countries have supported these findings.
7:3 ノーザンブリティッシュコロンビア大学とミシガン大学の他の研究者たちは、39カ国の大学生
1万8千人と16カ国の成人17万人の調査をまとめ、これらの研究結果を立証している。
■第16段落
16:1 Religiously active people also report greater happiness.
16:1宗教上で活動的な人もまた、幸福がより大きいことを示している。

16:2 One survey found that highly religious people were twice as likely as those lowest in spiritual commitment to declare them very happy.
16:2 ある調査では、非常に信心深い人は、信仰への傾倒が低い人に比べ、自分をとても幸福だ、
という人が2倍もいた。
16:3 Other surveys, including a collaborative study of 166,000 people in 16 nations, have found that reported happiness and life satisfaction [17] (1. rise 2. relate 3.register) with the strength of religious affiliation and frequency of attendance at worship services.
16:3 16カ国における16万6千人のある共同研究を合む他の調査でも、幸福や生活への満足は、宗
教に加入することの度合いや礼拝の参加回数とともに増すことがわかっている。
16:4 Some researchers believe that religious affiliation [18] (1. equates 2. encourages 3. evolves) greater social support and hopefulness.
16:4宗教への加入がより大きな社会的支持と有望さを高めると信じる研究者もいる。
■第6段落
6:1 Researchers have found that the even distribution of happiness cuts across almost all demographic classifications of age, economic class, race and educational level.
6:1研究者たちは、年齢、経済的階級、人種や教育水準による人口統計学上の分類のほぼすべての
範囲にわたって、幸福の分布が均一であることを発見した。
6:2 In addition, almost all [5](1. research 2. study 3.real) strategies for assessing subjective well- being turn up similar findings.
6:2 さらに、主観的幸福を評価するほぼすべての研究方策で、同じような研究結果になることがわ
かっている。
■第8段落
8:1 Ethnicity also gives little clue to subjective well-being.
8:1民族性にもまた、主観的幸福につながる手がかりはほとんどない。

8:2 African-Americans are only slightly less likely to feel “very happy” when compared to European- Americans.
8:2 アフリカ系アメリカ人は、ヨーロツパ系アメリカ人と比べて「とても幸福」と感じないことは
ほんのわずかだけである。
8:3 The National Institute of Mental Health found that the rates of depression and alcoholism among blacks and whites are roughly equal.
8:3国立精神衛生研究所は、黒人と白人のうつ病やアルコール中毒の比率はおおむね等しいことを
発見している。
8:4 Social psychologists at the University of California have also found that people in [7](1. discovered 2. aristocrat 3.disadvantaged) groups maintain self-esteem by valuing things at which they excel, by making comparisons within their own groups and by blaming problems on external sources such as prejudice.
8:4 カリフォルニア大学の社会心理学者もまた、恵まれない境遇の集団にいる人は、自分がすぐれ ていることがらを評価することによって、また自分の集団の中で比較することによって、そして 問題を差別のような外的要因のせいにすることによって、自尊心を保っているということを発見
した。
■第11段落
11:1 Are people in rich countries happier, by and large, than the people in not so rich countries?
11:1概して裕福な国の人は、それほど裕福でない国の人よりも幸福であろうか。
11:2 It appears in general that they are, but the margin may not be very large.
11:2一般にその通りであるように思えるが、その格差はあまり大きくないかもしれない。

11:3 In Portugal, for example, only one in ten people reports being very happy, [10](1. whereas 2. whereby 3.wherefore) in the much more prosperous Netherlands the proportion of very happy people is four in ten.
11:3例えばポルトガルでは、10人中わずか1人だけがとても幸福であると述べているが、一方そこ
よりずっと裕福なオランダでは、とても幸福な人の比率は10人中4人になる。
11:4 Yet there are curious exceptions in this correlation between national wealth and well-being — the Irish during the 1980’s consistently reported greater life satisfaction than the wealthier West Germans.
11:4 しかし、この国家の豊かさと幸福の間の相関性には奇妙な例外がある。1980年代のアイルラ ンド人は、より裕福な西ドイツ人よりも生活への大きな満足感を一貫して示していた。
11:5 Furthermore, other factors, such as civil rights, literacy and the duration of democratic government, all of which also [11](1. accept 2. promote 3.prove) a sense of life satisfaction, tend to go hand in hand with national wealth.
11:5 さらに、公民権や読み書き能力、民主政治期間のような他の要因は、そのすべてが生活への 満足感を促すものであるが、国家の豊かさと密接な関連をもつ傾向がある。
11:6 As a result, it is impossible to tell whether the happiness of people in wealthier nations is based on money or is a byproduct of other important aspects of life.
11:6 その結果、裕福な国の人の幸福がお金に基づくものなのか、それとも生活上の他の重要な側
面の副産物なのかを判断することはできない。

■第17段落
17:1 Researchers on happiness are now beginning to examine happy people’s exercise routines, worldviews and goals.
17:1幸福についての研究者たちは、現在、幸福な人々の運動の日課や世界観、目標について調査を 始めようとしている。
17:2 It is possible that some of the [19](1. traditions 2. customs 3. patterns) discovered in the research may offer clues for transforming circumstances and behaviors that work against well- being into ones that promote it.
17:2 その研究で発見される傾向のいくつかは、幸福とは逆の働きをする状況や行動を、幸福を促
進するものへと変化させるための手がかりを提供してくれるかもしれない。
17:3 Ultimately, then, the scientific study of happiness could help us understand how to build a world that[20] (1. enhances 2. evaluates 3. examines) human well-being and to aid people in getting the most satisfaction from their circumstances.
17:3 そして最終的には、幸福に関する科学的研究は、人間の幸福を高めてくれる世界をどのよう
に構築するか、また人が自分のおかれた境遇から最大の満足を得られるよう、いかに援助するか を理解する手助けとなりうるのである。

[30] Which of the following would make the 1nost appropriate title for this article?
1. Better Health through Smiling
2. Demographics as a Basis for Happiness
3. Subjective Well-being for Objective Goals
4. Formula for Self-Esteem

・解答 [30]―3
>[30]本文にふさわしいタイトルを選ぶ。 1.「笑うことによる健康増進」
2.「幸福の基礎としての人口統計学」
3.「客観的目標のための主観的幸福」
4.「自尊心のための公式」
本文最終文や問題[28]にもあるように、主観的幸福の研究は、人々が幸福を得られる方法を見 つけることが最終目標であるので、3が最適。

慶應義塾大学総合政策学部 問一 2002年度 英語長文問題解答 過去問 内容一致問題
■第1段落
1:1 The idea of using trade to create political stability is not a new one.
1:1政治的安定を生み出すために貿易を利用するという考えは新しいものではない。
1:2 It took the form of imperialism in the late 19th century, when colonies were used to help the industrialization of the colonial powers.
1:2 それは19世紀終わりには帝国主義の形をとったが、そのft時、植民地は植民政策をとる列強の
工業化の助けになるように利用された。
1:3 After centuries of change, the fundamental principle remains the same, though with a shift in focus.
1:3数世紀にわたる変化の後も、焦点の変化はあるけれども基本的な原則は変わっていない。
1:4 Now, private companies rather than governments are attempting to foster peace between groups in conflict by involving them in cooperative business ventures.
1:4今、政府よりもむしろ民間企業の方が、争っている集団を共同事業に参加させることによって
両者の聞に平和を育てようと試みている。
1:5 David Lubetsky, CEO of one such company, Peace Works, says, “The more companies operate and profit together, the more they will gain a common interest in preserving and cementing those bonds… and hopefully someday, prosperity will make stability prevail.”
1:5 そのような企業のひとつであるピースワークスの経営最高責任者デービッド=ルベツキーは、
「より多くの会社が共同で操業し利益を上げれば上げるほど、そのきずなを保持し固めることに 共通の利害をもち、そして、うまくいけば、いつの日か繁栄が安定を広めてくれるだろう」と言
う。
1:6 This movement takes the socially conscious business practices of the last quarter century one step [1](1. more 2. further 3. far) ; rather than just promoting donations, this new theory gives businesses an incentive to become involved in creating peace by establishing commercial and personal links between groups in conflict.
1:6 この動きは、過去四半世紀の社会を意識した企業活動を一歩さらに先へと進める。つまり、こ の新しい考え方は、単に寄付を促すよりもむしろ、争っている集団の聞に商業面と個人面でのつ ながりを築くことによって平和を生み出すことに関わろうとする動機を企業に与える。

[30] Which makes the best title for this article?
1. Peace and Profit through Joint Ventures
2. Technology, Conflict, and Change in the Middle East
3. The Irony of the Business of Cooperation Project
4. Coming Conflicts in the New Millennium

・解答 [30]―1
>[30]「この記事の表題として最も適ftなものは次のどれか」
1.合弁事業を通じての平和と利益
2.中東のテクノロジー、対立、変化
3.協力事業の皮肉
4。来る新世紀の競合
第1段参照。政治的安定を生み出すために貿易を利用するという考えは、以前からあったが、第1 段最終文(This movement takes…)にあるように、現在では、争っている集団の聞に商業面と個人 面でのつながりを築くことによって平和を生み出すことに関わることが重要である。よって、1が 正解。

慶應義塾大学環境情報学部 問二 2001年度 英語長文問題解答 過去問 内容一致問題
■第1段落
1:1 The Roman poet Catullus lamented the death of a pet sparrow, probably a house sparrow or a tree sparrow.
1:1 ローマの詩人カトウルスは、ペットのスズメの死を悲しんだ。それは、おそらくイエスズメか
スズメであろうと思われるが
1:2 In either case, a present-day Catullus would have ample cause for lamentation.
1:2、いずれにせよ、現代のカトゥルスならば悲しむのに十分な理由があるだろう。
1:3 Both kinds of sparrows are among the many species of birds, insects and plants that have declined dramatically in Northern Europe during the past 25 years.
1:3 どちらの種類のスズメも、ここ25年の間に北ヨーロッパにおいて著しく減少している多くの鳥
や虫や植物の種のうちの一つなのである。

■第4段落
4:1 Rachel Carson’s classic 1963 books Silent Spring [3](1. announced 2. alerted 3. altered) the public to the toxic side effects sofa insecticides, such as DDT, that had fueled the green revolution.
4:1 1963年に書かれたレイチェル=カーソンの古典的な著書『沈黙の春』は、緑の革命の原動力と
なったDDTのような殺虫剤の有毒な副作用について人々に警告した。

4:2 Traces of these chemicals were found to persist in the food chain, reaching higher [4](1. worries 2. concentrations 3. weights), and hence having more severe effects, at successive levels in the food chain.
4:2 これらの微量の化学物質が食物連鎖の中に残存し、より高い濃度に達してゆくことで、結果と
して、食物連鎖の後の方の段階でより深刻な影響を持つことが知られている。
4:3 They were identified as the cause of rapid population decline in birds of prey, such as falcons and hawks, through the thinning of eggshells.
4:3 それらは、ハヤブサやタカのような猛禽が、卵の殻が薄くなったために急速に個体数が減少し
ていることの原因として確認されている。
4:4 The offending chemicals have now been [5](1. phased out 2. accumulated 3. retained) in the United Kingdom and many other countries, but their use is still increasing in some parts of the world.
4:4 それらのやっかいな化学物質は、現在、イギリスや他の多くの国で段階的に使用が禁止されて
いるが、世界のいくつかの地域ではそれらの使用がなおも増加しつづけている。

■第5段落
5:1 The new losses in biodiversity are sometimes called the “second Silent Spring.”
5:1 種の多様性が新たな形で失われてきている事態は、しばしば「第2の沈黙の春」と呼ばれる。
5:2 However, although they are [6](1. comparable 2. concerned 3. associated) with the intensification and industrialization of agriculture, they involve more subtle and indirect effects than the poisoning of wildlife by insecticides.
5:2 しかしながら、それらは農業の集約化や工業化と結びつけて考えられているものの、野生生物 を殺虫剤で汚染することよりももっと微妙で間接的な影響と関係しているのである。

5:3 In general terms, intensification refers to making the greatest possible proportion of primary production available for human consumption.
5:3一般的な観点からすれば、農業の集約化とは、人間の消費に有効な一次生産の比率を可能なか
ぎり高めることを指している。
5:4 To the [7](1. area 2. amount 3. extent) that this is achieved, the rest of nature is bound to suffer.
5:4 このことが達成されれば、他の自然はft然損害を被ることになる。

■第6段落
6:1 Can we be sure that the bird declines in the United Kingdom are caused by agricultural intensification?
6:1 イギリスにおける鳥の減少は、本ftに農業の集約化が原因であると言えるだろうか。
6:2 Although the cause of these declines has not been proven, there are some suggestive figures.
6:2 これらの減少の原因は証明されてはいないものの、示唆に富んだ数字がいくつかある。
6:3 For example, annual BTO censuses of 42 species of breeding birds show that 13 species living [8](1. exclusively 2. prevalently 3. geographically) in farmland declined by an average of 30% between 1968 and 1995, while 29 species of birds that can live anywhere have increased by an average of 23%.
6:3例えば、繁殖している42種の鳥についてのBTOによる年間調査によると、もっぱら農地だけに
生息する13種が1968年から1995年の間に平均30パーセント減少したのに対し、どこにでも生息で
きる29種の鳥は平均23パーセント増加しているのである。

■第7段落
7:1 The changes in British agriculture over the past 30 years, which have many parallels with other parts of the world, have sought to increase production and productivity.
7:1 ここ30年間のイギリスにおける農業の変化―世界の他の地域でも同様の変化が見られる―は、
生産高および生産性を高めることを目標としてきた。

7:2 The success of the green revolution in achieving this is undeniable.
7:2緑の革命がこのことの達成に成功したことは否定できない。
7:3 In spite of rapid population growth, about 25% more food per person is produced now than 30 years ago.
7:3 急速な人口増加にもかかわらず、現在では、30年前に比べて1人あたり約25パーセント多くの
食料が生産されているのである。
7:4 However, the need to conserve wildlife [9](1. in comparison with 2. in opposition to 3. in harmony with) agriculture is beginning to be recognized.
7:4 しかしながら、農業とうまく調和をとりながら野生生物を保護することの必要性が認識され始
めている。
7:5 Reforms have been proposed that will reduce the incentive for production and allow other important considerations, such as environmental benefits, to come into play.
7:5生産をかりたてる刺激を弱め、環境に対する利益といった他の考慮すべき重要事項を実践に移
そうとする改革が提案されている。
7:6 But the proposals as they stand are [10](1. totally clear 2. virtually silent 3. completely sound) about what environmental benefits are expected and how they will be achieved.
7:6 しかし現在のままでは、それらの提案は、どのような環境上の利益が期待され、またそれらが どのように達成されるのかということについては、事実上何も語っていない。

■第8段落
8:1 The United Kingdom has three agricultural schemes that could have benefits for [11] (1.intensification 2. biodiversity 3. revolution).
8:1 イギリスでは、種の多様性に対して利益をもたらしうる3つの農業計画が立てられている。
8:2 Two of these schemes, the Environmentally Sensitive Areas and the Countryside Stewardship Scheme, both subsidize* farmers to preserve traditional landscape features.
8:2 これらの計画のうちの2つは、「環境上の影響を受けやすい地域」と「田園地方土地管理計
画」であり、どちらも昔からある地形の特徴を保全するために農場経営者に補助金を出すもので
ある。
8:3 Between them they cover about 12.5% of agricultural land.
8:3 3つの計画のうち、両者で農地の約12.5パーセントをカバーしている。
8:4 Unfortunately, there are few data to [12](1. demonstrate 2. experiment 3. authorize) whether or not these schemes have benefits for biodiversity, although some habitats have been preserved or restored.
8:4 いくつかの生息地は保護あるいは復旧されてはいるが、不運にもこれらの計画が種の多様性に
利益をもたらしているのかどうかを実証するデータはほとんどない。
8:5 A third scheme, “set-aside,” subsidizes farmers to leave some fields uncultivated.
8:5 「農地使用差し止め」という第3の計画は、農場経営者に補助金を出し、いくつかの農地を休 耕地にしておくというものである。
8:6 The available data show that set-aside can be beneficial for birds and other wildlife.
8:6入手可能なデータによると、農地使用差し止めは、鳥や他の野生生物に利益を与えうるもので
あることがわかっている。
8:7 But set-aside will probably be discontinued early in the 21st century.
8:7 しかし、農地使用差し止めは21世紀初頭におそらく中断されるであろう。
8:8 Although we can, as described above, devise schemes that may help a traditional environment or individual species to [13](1. recover 2. conserve 3. adhere), there appears to be no single program or combination of programs that can reverse the decline in a large general population such as farmland birds.
8:8昔からある環境や個々の種を回復させる助けになるような計画を上記のように考案することは
できるが、農地に生息する鳥といった広く全般的な単位での個体数の減少を逆転させうる計画、 あるいは計画の組み合わせは、一つもないように見える。
8:9 Therefore, the most general prescription seems to be to reverse the intensification of agriculture as a whole.
8:9 したがって、最も包括的な処方箋は、農業の集約化そのものを転換させることであるように思
われる。

■第9段落
9:1 A slightly more specific prescription comes from the habitat heterogeneity and lower intensive agriculture found in the concepts of organic farming.
9:1 わずかだがより明確な処方箋が得られるのは、生息環境の多様性、および有機農業の概念に見 られる低集約的農業という考えからである。
9:2 Although several comparisons of organic and conventional farms have [14](1. recommended 2. Suggested 3. Guaranteed) that organic farming is good for biodiversity, this benefit probably relates to such features as crop diversity and maintenance of natural field borders rather than to any “belief” in organic farming.

もむしろ、作物の多様性や自然の原野の境界線の維持というような特徴と関係している。
9:3 Although there have been no systematic comparisons of the biodiversity benefits of organic and other “wildlife friendly” farming methods, it seems that heterogeneous landscapes are good for birds.
9:3 有機農業と他の「野生生物にやさしい」農法とが、種の多様性に対してどのような貢献をして
いるかについての系統的な比較は今までなされていないが、多様性の保たれた地形は鳥のために よいように思われる。

■第10段落
10:1 On a larger scale, there are unresolved questions for conservation ecology about the [15](1. moral values 2. policy decisions 3. relative merits) of a less intensive, more environmentally friendly agriculture throughout the countryside on the Eastern European model versus a highly intensive agriculture in bread basket regions with separate, large nature reserves on the North American model.
10:1 より大きな観点からすれば、田園地方全体にわたってより低集約的な、より環境にやさしい 農業を展開する東欧型農業と、穀倉地帯で高度に集約的な農業をおこない、それとは別に大きな 自然保護区域を設けておく北米型農業との優劣をめぐる、保護生態学上の問題がまだ解決されて
いない。
10:2 The United Kingdom is probably too small for the North American model, but one could imagine some form of it on a Europe wide basis, especially if reduced subsidies were to make agricultural production [16](1. unresponsive 2. unrealized 3.uneconomic) in some areas, and instead conservation were to be subsidized.
10:2 イギリスは北米型をとるにはおそらく狭すぎるが、ヨーロッパ全体を基礎とした一種の北米 型という形態を想像することはできるだろう。とりわけ、もしも補助金が減少することで一部の 地域での農業生産が経済に合わなくなり、逆に環境保全に補助金が出されるようなことになると
したら。

[30] Which of the following will make the most suitable title for this article?
1. Conflicts between Organic Farming and Intensive Agriculture
2. Maintaining Biodiversity in the 21st Century Farmland
3. The Green Revolution: Comparisons between US and EU Agriculture
4. Genetically Modified Crops: Friend or Enemy?

・解答 [30]―2
>[30]本文にふさわしいタイトルを選ぶ。本文第1~6段では、カーソンが問題にした殺虫剤の副作
用による種の減少(「沈黙の春」)と近年における農業の集約化が原因と思われる種の減少(「第2の 沈黙の春」)について紹介し、第7段以降は後者の問題の解決について論じている。このような本文 の内容を過不足なくあらわすタイトルとしては、2の「21世紀の農地における種の多様性の維持」 が最適。
1.「有機農業と集約農業との摩擦」3.「緑の革命:米国とEUの農業の比較」4.「遺伝子組み換え作 物:味方か、それとも敵か」1、3、4はすべて本文の内容の一部にしかftてはまらないので、不
適。

慶應義塾大学環境情報学部 問一 2001年度 英語長文問題解答 過去問 内容一致問題
■第3段落
3:1 How do children do it?
3:2 どうやって子供達はそれをするのだろうか。
3:2 It is possible that Project Washoe may indicate an answer.
3:2 プロジェクト・ワシューが一つの答えを示している可能性がある。
3:3 This project was an attempt to teach a form of human language, namely American Sign Language, or ASL, to a chimpanzee named Washoe.
3:3 このプロジェクトは人間の言語の一つの形態、すなわちアメリカサインランゲージつ
まりASLを、ワシューという名のチンパンジーに教える試みであった。
3:4 She acquired about 240 signs and produced them in sequences.
3:4彼女は約240の身ぶりを習得し、それらを連続して示した。
3:5 Her progress in learning ASL could help answer the question by [2] (1. pulling 2.switching 3. Shedding) light on the origins of language.
3:5彼女のASL習得の過程は、言語の起源に光を当てることによってその疑問の解明に寄与
するものであった。
3:6 Until she began signing, it was assumed that sometime after our ancestors diverged from Washoe’s ancestors about six million years ago, we evolved an anatomical structure that enabled us to develop language.
3:6彼女が身ぶりを使い始めるまでは、我々の祖先がワシューの祖先から約600万年前に枝
分かれした後のある時期に、我々は言語発達を可能にする解剖学的構造を進化させたと考 えられていた。
3:7 But if Washoe could learn a human sign language it meant that the common ancestor of both humans and chimps also must have had the [3] (1. capacity 2. longing 3. admiration) for gestural communication.
3:7 しかし、もしワシューが人間の手話を学ぶことができるのなら、それは人間とチンパ ンジーの両方に共通する祖先が、身ぶりによるコミュニケーション能力を有していたに違
いないということを意味していた。

■第7段落
7:1 Chomsky suggested that there is a “deep structure” of meanings that all languages have in common.
7:1 すべての言語が共通して持つ、意味の「深い構造」があるとチョムスキーは示唆して
いる。
7:2 Those meanings are transformed into the words of different languages by means of a “universal grammar.”
7:2 それらの意味は「普遍的な文法」によって異なる言語の言葉に変形される。
7:3 He claimed that once this grammar was mapped out, it would [9](1. reveal 2. conceal 3. modify) the logical properties that govern the infinite variety of Sentences that can be formed.
7:3 いったんこの文法が精密に示されれば、形成できる文の無限の多様性を支配する論理
的特質が明らかになるであろう。
7:4 This mapping task, however, proved almost impossible.
7:4 しかしこの図示する作業はほとんど不可能であるということが判明している。
7:5 Every time the “universal grammar” encountered a new language it had to be revised.
7:5 「普遍的な文法」は、新たな言語に出くわすたびに改定されなければならなかった。

7:6 One attempt to describe French in this fashion required twelve thousand items just to classify its verb structures.
7:6 この方法でフランス語を説明する試みを一回行ってみても、その動詞の構造を分類す
るだけで1万2千の項目が必要になった。
[30] Which of the following will make the most suitable title for this article?
1. Project Washoe and its Implication for Language Acquisition
2. In Support of Chomsky’s Theory of Language Acquisition
3. The Significance of the Universal Grammar Hypothesis
4. American Sign Language and a Theory of Evolution

・解答 [30]―1
>[30]本文に最もふさわしいタイトルを選ぶ。
筆者がチョムスキーの理論に批判的であること、また普遍文法(universal grammar)がチョ ムスキーの理論である(第7段参照)ことから2、3は不適切。また、4にあるアメリカサイン ランゲージは第3段で取り上げられているが、それ以降本文の主題とはなっていない。意 味は以下の通り。
1.「プロジェクトワシューとそれが言語習得に与える影響」
2.「チョムスキーの言語習得理論を支持して」
3.「普遍文法仮説の重要性」
4.「アメリカサインランゲージと進化の理論」

慶應義塾大学総合政策学部 問二 2001年度 英語長文問題解答 過去問 内容一致問題
■第1段落
1:1 Information technology, and the low cost communications it enables, is almost certainly the most fundamental change in the mechanisms of politics at the international level.
1:1情報技術と、それが可能にする低コストの通信は、国際的レベルでの政治体系におい
て、ほとんど間違いなく最も重要な変化である。
1:2 It has created a rich new set of both actors and interactions.
1:2 それは行為者と相互作用両方の豊富で新たな集合を生み出してきた。
1:3 This explosion of interconnectivity and the number of players has created the possibility for a network-like structure for international discourse.
1:3相互結合性と行為者のこのような爆発的増加は、国際的意思伝達のためのネットワー
クのような構造の可能性を生み出した。
1:4 This structure contrasts sharply with the more hierarchical structure that previously constrained interactions.
1:4 この構造は、以前相互作用を阻止していた、より階級的な構造とははっきりと対照を
なすものである。
1:5 It provides access for small groups that had no influence in the past.
1:5 それは、過去において影響を持たなかった少数グループに利用・入手の権利を与え
る。
1:6 Also, by connecting multiple levels of interactions, it facilitates the complex governance arrangements* developing in Europe (such as the EU and NATO).
1:6 さらに、それは、相互作用の複合的なレベルを結びつけることによって、ヨーロツパ
で展開している複雑な政治的統治形態(たとえば、EUやNATOなど)を促進する。
1:7 Both the access and the complex governance arrangements are important new features of international politics.
1:7 そのような利用の権利と複雑な政治的統治形態の両方は、国際政治の重要で新たな特
徴である。
1:8 These features increase the number of organizations with which nation-states can and must deal on international issues.
1:8 これらの特徴のために、国民国家が国際問題について関係することができ、また、関
係しなければならない組織の数が増えている。

■第3段落
3:1 The consequences of technological change fall into two major categories: firstly, an increasing need to rely on scientific and technical knowledge in choosing policies; secondly, a need to address the uncertainty that scientific and technical change bring about in policy formation.
3:1技術変化の結果は大きく2つに分けられる。1つ目は、政策決定の際に科学的、技術的
知識に頼る必要性が増していることである。2つ目は、政策決定において科学的、技術的 変化がもたらす不確実性に取り組む必要性である。

■第4段落
4:1 Advances in science change what we know (or believe we know) about our surroundings.
4:1科学における進歩は、環境に関してわれわれが知っているもの(または知っていると信
じているもの)を変化させる。
4:2 [3](1. Such as 2. As such 3. Such that), they would seem to have only a limited effect on international relations.
4:2 それ自体では、進歩は国際関係に限られた影響しか与えていないように思われるだろ
う。
4:3 The experience of the past few decades, however, demonstrates that science is uncovering issues of consequence to the entire globe, [4](1. and 2. not 3. for) just one country or region.
4:3 しかしながら過去数十年間の経験によって、科学が重要な問題を、1つの国や地域に
対してだけではなくて全世界に対して明かしていることがわかっている。
4:4 Global warming, the potential disruption of oceanic climate patterns, and damage to the ozone layer are [5](1. but 2. except 3. not) a few examples.
4:4地球温暖化や海洋性気候型の潜在的錯乱やオゾン層への悪影響はほんの2、3の例に過
ぎない。
4:5 This adds a new degree of complexity to international relations.
4:5 このことは国際関係に新たな複雑性を加える。
4:6 Increasingly, the modern world faces issues that are beyond our ability to understand through conventional experience.
4:6 ますます、現代世界は、従来の経験を通して理解するわれわれの能力を越えた問題に
直面している。
4:7 They require scientific expertise to collect and interpret data, build and use simulation models, and [6](1. take 2. do 3. make) the judgements necessary for policy choices.
4:7 それらが必要としているのは、データを集めて解釈し、模擬実験のモデルを作って使
用し、そして政策決定に必要な判断を下す科学的な専門知識である。

■第5段落
5:1 We have faced similar problems before; nuclear conflict is a prime example.
5:1 われわれは同様の問題にこれまでに直面している。核に関する衝突が主な例である。
5:2 To a larger extent than [7](1.like 2. long 3.ever) before, the process of problem identification and policy response at the international level must be developed based on the scientific merits of the arguments.
5:2以前よりまして大きな程度で、国際レベルでの問題確認や政策反応のプロセスは、議論
の科学的価値に基づいて進められなければならない。
5:3 This requires policymakers to rely on scientific expertise to a much greater extent than before.
5:3 このことは政策立案者に、以前よりもはるかに大きな程度で科学的な専門知識に頼る
ことを要求する。
5:4 The scientific community, with its concern that its freedom of inquiry will be restrained if lines of investigation are determined by policy needs, is often constrained by its own disciplines on broad ranging issues.
5:4 もし研究の方針が政策の必要性によって決定されるならば、研究の自由が抑制される
だろうという懸念を抱く科学界は、広範囲にわたる問題に関するそれ自身の規律によって
しばしば抑制される。
5:5 The policy community, with its need for clear and sometimes overly [8](1. lengthy 2. complex
3. simple) explanations, is often limited by its understanding of scientific matters.
5:5明白で、時には過度に単純な説明をする必要性のある政策決定者たちは、科学的問題
の理解にしばしば限界がある。
5:6 While this is changing, neither group is currently well suited to work with the other to shape policy at the international level.
5:6 このような状況は変化しつつあるが、どちらのグループも現在のところ、国際レベル
で政策を形成するためにお互い協力しあうにはあまり適切ではない。

■第6段落
6:1 The adaptation necessary to continue stable economic growth, [9](1. address 2. refer 3. speak) global environmental problems, or prevent conflict while preserving national interests will be a challenge of the first [10](1. order 2. color 3. line).
6:1安定した経済成長を続けたり、世界的環境問題に取り組んだり、国益を守りながら衝
突を防いだりするのに必要な適応は、第一級の難題である。
6:2 But, the problem is compounded by the growing pace of change in Science and technology, the unpredictable source of that change, and the uncertain nature of the advance.
6:2 しかし、科学や技術においてますます速度を上げる変化や、その変化の予期できない
源や、進歩の不確定性によって、その問題は増幅される。
6:3 This makes our usual approaches to formulating policy and strategy more likely to produce results that are either ineffective due to changing circumstances or harmful due to unintended consequences.
6:3 このことによって、政策や計画の組み立てに対してわれわれが普通に行う取り組み方
法は、変化しつつある状況のために無益であるか、または意図しない結果のために有害で
あるか、どちらかの結果を生む可能性がより高くなっている。

■第7段落
7:1 We usually choose strategies or policies that are in some sense “best” for example, the most cost effective — for the envisioned future.
7:1 われわれは、心に描く将来にとって、ある意味において「最良な」(たとえば、費用
に関して最も効率が大きい)計画か政策を普通選ぶ。
7:2 These choices may not serve us well when scientific or technological advances change the [11] (1. ground 2. Surface 3. underground) rules.
7:2科学的、技術的進歩が基本原則を変えると、これらの選択は十分役に立たないかもし
れない。
7:3 One approach to managing this problem is to regard more carefully the range of possible future scenarios rather than focusing on the few we believe to be more likely.
7:3 これらの問題を処理する1つの取り組み方法は、より可能性が高いと信じられる少数 の筋書きに集中するよりもむしろ、可能性のある将来の筋書きの範囲をもっと注意深く考 慮に入れることである。
7:4 We often use this approach as individuals but rely on it less frequently in choices of international policy.
7:4 われわれはしばしば個人としてこの取り組み方法を使うが、国際的な政策を選ぶ際に
は、それほど頻繁にはそれに頼らない。
7:5 When we step out in the morning, we take the weather forecast with skepticism.
7:5 われわれは朝出かけるとき、疑いをもって天気予報を見る。
7:6 For example, we consider it quite likely that we will be faced with other scenarios despite a prediction of fair weather we might carry an umbrella, [12](1.by all means 2. just in case 3. this being so).

7:6 たとえば、われわれは他の筋書きに直面する可能性がかなり高いと考える。晴天の予 報にかかわらず、念のために傘を持っていくことがある。
7:7 Choosing robust strategies — ones that can accommodate the futures wide range of possibilities
— has the potential for fewer regrets.
7:7強固な計画、つまり将来の広範囲にわたる可能性を適応させることができる計画に
は、後悔がより少なくてすむ可能性がある。

■第8段落
8:1 This shift away from “best” strategies to “robust” strategies will require a different approach both by the public and by policymakers.
8:1 「最良の」計画から「強固な」計画への、このような変化は、一般大衆と政策決定者
の両方による異なった取り組み方法を要求する。
8:2 Currently a policy structured to adapt to changes in the international arena is often [13](1. esteemed 2. viewed 3. referred) as “ill-defined” or “no policy at all.”
8:2現在のところ、国際的な場における変化に順応するようにと組み立てられている政策
は、しばしば「不明確」か「全く方針とは言えない」と思われている。
8:3 Yet these approaches — adaptive strategies that can deal with alternative futures — are some of the key tools we use as individuals to cope with uncertainty in everyday life — as illustrated by the umbrella.
8:3 しかし、このような取り組み方法、つまり、今までにない将来を処理できる適応性の ある計画は、傘の例に示されるように、われわれが日常生活で不確実性を扱うために、個
人として使用する重要な道具である。

■第7段落
7:1 We usually choose strategies or policies that are in some sense “best” for example, the most cost effective — for the envisioned future.
7:1 われわれは、心に描く将来にとって、ある意味において「最良な」(たとえば、費用
に関して最も効率が大きい)計画か政策を普通選ぶ。
7:2 These choices may not serve us well when scientific or technological advances change the [11] (1. ground 2. Surface 3. underground) rules.
7:2科学的、技術的進歩が基本原則を変えると、これらの選択は十分役に立たないかもし
れない。
7:3 One approach to managing this problem is to regard more carefully the range of possible future scenarios rather than focusing on the few we believe to be more likely.
7:3 これらの問題を処理する1つの取り組み方法は、より可能性が高いと信じられる少数 の筋書きに集中するよりもむしろ、可能性のある将来の筋書きの範囲をもっと注意深く考 慮に入れることである。
7:4 We often use this approach as individuals but rely on it less frequently in choices of international policy.
7:4 われわれはしばしば個人としてこの取り組み方法を使うが、国際的な政策を選ぶ際に
は、それほど頻繁にはそれに頼らない。
7:5 When we step out in the morning, we take the weather forecast with skepticism.
7:5 われわれは朝出かけるとき、疑いをもって天気予報を見る。

7:6 For example, we consider it quite likely that we will be faced with other scenarios despite a prediction of fair weather we might carry an umbrella, [12](1.by all means 2. just in case 3. this being so).
7:6 たとえば、われわれは他の筋書きに直面する可能性がかなり高いと考える。晴天の予
報にかかわらず、念のために傘を持っていくことがある。
7:7 Choosing robust strategies — ones that can accommodate the futures wide range of possibilities
— has the potential for fewer regrets.
7:7強固な計画、つまり将来の広範囲にわたる可能性を適応させることができる計画に
は、後悔がより少なくてすむ可能性がある。
■第10段落
10:1 Additional obstacles exist.
10:1 さらなる障害も存在する。
10:2 Other challenges include distinguishing between insufficiently defined policy approaches and adaptive approaches, and accurately judging how much is enough when designing initiatives that can deal with [16](1. which 2. what 3. that) are seemingly unlikely alternative futures.
10:2他の難題には、明確化が十分でない政策取り組みと適応力のある取り組みとを区別す
ることと、見たところでは起こり得ない別の未来となるものを処理する独創性を作り出す ときに、「どれぐらいで十分か」を正確に判断すること、などがある。
10:3 It is even more difficult to build the public and international consensus necessary to implement policies that are more complex and difficult to explain.
10:3説明するのがより複雑で困難な政策を実行するのに必要な大衆の、そして国際的な同
意を築くことは、さらに難しいことである。
10:4 [17](1. Therefore 2. Nonetheless 3. All the more), recently completed analysis on global climate change indicates that it is possible to formulate adaptive strategies and to demonstrate their suitability for problems of an international scope.
10:4 それにもかかわらず、世界的気候変化に関して最近完成した分析によると、適応力
のある計画を形成し、国際的な範囲の問題に対するその計画の適切さを証明することは可
能である。
10:5 Other work on national security strategy suggests that strategies that can deal with a variety of futures are both practical and affordable.
10:5国家的安全計画に関する他の研究は、さまざまな将来を扱うことができる計画が、実
行可能であるし、また手ごろでもあると示唆している。
[28] According to this article, which of the fallowing is correct?
1. A recent analysis on global climate supports not robust strategies but adaptive strategies.
2. Adaptive strategies are useful but used too much for problems of an international scope.
3. It is suggested that “best” strategies that can deal with a variety of futures are both practical and affordable.
4. It is suggested that “robust” strategies that can deal with a variety of futures are both practical and affordable.

■第11段落
11:1 Advances in science and technology may fundamentally change the “way the world works” in surprising and unanticipated ways.

11:1科学と技術における進歩は、驚くような、また予期しない方法で、「世界のはたらき 方」を根本的に変えるであろう。
11:2 They have the potential to [18](1. reproduce 2. redefine 3. refuse) the actors on the international stage and to change the objectives of those actors in dealing with others.
11:2進歩は、国際舞台にいる行為者たちを再び明確なものにし、他者と関係する際にその
行為者たちの目的を変える潜在能力がある。
11:3 They can also affect commerce, conflict, and international politics.
11:3進歩はまた、商業や紛争や国際政治に影響を与える。
11:4 Increasing economic instability and the rapid creation of wealthy multilateral corporations are possible consequences.
11:4経済的不安定が増すことと裕福な多国籍企業が急に生まれることが、可能性のある結
果である。
11:5 A shift in the nature of warfare to more hidden and secret [19](1. forms 2. formalities 3. fortress) of conflict and a decrease in the influence and sovereignty of the nation-state are also possible.
11:5紛争の形がより多く隠され、そして秘密にされるような、戦争の性質における変化
と、民族国家の影響や支配の減少もまた可能である。
11:6 In the face of such [20](1. peripheral 2. fundamental 3. misdirected) changes, we need to find ways to regard more carefully the range of possible changes and choose policies and strategies that work, despite advances in Science and technology.
11:6 そのような根本的な変化に直面して、われわれは可能性のある変化の範聞をより注
意深く考慮し、科学と技術の進歩にかかわらず機能する政策や計画を選ぶ方法を見つけだ
す必要がある。

[30] Which of the following will make the most suitable title for this article?
1. The Scientific Consequences of Network Governance
2. Network Governance and Robust Policy Management
3. The Supremacy of Science in Network Governance
4. The Collapse of Science and Network Governance

解答
[30]―2
>[30]「この論文の最もふさわしい表題は次のどれか」情報技術の時代におけるrobust policy「強固な政策」(=adaptive policy「適応性のある政策」)の必要性が述べられて いるので、2の「ネットワーク管理と適応性のある政策能力」が正解。

慶應義塾大学環境情報学部 問二 2000年度 英語長文問題解答 過去問 内容一致問題
■第2段落
2:1 When the photograph first appeared, it accompanied a story of the famine that has once again [1] (1. moved 2. solved 3. resulted from) political violence and the chaos of civil war in the southern Sudan.
2:1 この写真が初めて登場したとき、スーダン南部での政治的暴力と内戦の混乱からまたもや生じ た飢饉の話が写真についていた。
2:2 The Times’ self-congratulatory account fails to adequately evoke the image’s shocking effect.
2:2 『タイムズ』紙の自画自賛めいたその説明は、その写真のもつ衝撃的な効果を十分に呼び起こ
してはいない。
2:3 The child is [2] (1. much 2. hardly 3. a little) larger than an infant; she is naked; she appears bowed over in weakness and sickness, incapable, it would seem, [3] (1. from 2. of 3. for) moving; she is unprotected.
2:3 その子供の体はほとんど幼児同然の大きさしかない。彼女は裸で、衰弱と病気でうつぶせてい
るように見え、動けないようであり、無防備である。
2:4 No mother, no family, no one is present to prevent her from being attacked by the vulture, or succumbing to starvation and then being eaten.
2:4母も、家族も、いや誰一人として、ハゲワシに攻撃されること、あるいは飢死してついには食
べられてしまうことから彼女を守る者はそこにいない。
2:5 The image suggests that she has been abandoned.
2:5 その画像から彼女は置き去りにされたと伺える。
2:6 Why?
2:6 それはなぜか。
2:7 The reader again is led to imagine various [4] ( 1. scenarios 2. styles 3. col lections) of suffering: she has been lost in the chaos of forced uprooting; her family has died ; she has been deserted near death in order for her mother to [5] ( 1. keep up with 2 .get rid of 3. hold on to) more viable children.
2:7 ここで再度読者はさまざまな不幸のシナリオを想像させられるのである。強制退去の混乱の中
で迷子になってしまった。家族が死んでしまった。 あるいは、もっと生き延びる見込みのある子供らを母親が手放さないためにこの子が瀕死の状態 で見捨てられた、などというふうに。
2:8 The image’s great success is that it causes the reader to want to know more.
2:8 この画像の成功の大きな点は読者にさらなる情報を知りたいと思わせるところにある。

2:9 Why is this innocent victim of civil war and famine unprotected?
2:9 なぜこの罪のない内戦や飢饉の犠牲者は保護されないままなのか。
2:10 The vulture embodies danger and evil, but the greater dangers and real forces of evil are not in the “natural world”; they are in the political world, [6] (1. including 2. predicting 3. speaking of) those nearby in army uniforms or in government offices in Khartoum.
2:10 ハゲワシは危険と悪を具体化しているが、より大きな危険や本ftの悪の力は自然界には存在
しない。それらは、軍服を着た人々やハルツームの官庁にいる身近な人々を含む、政治の世界の
中にある。

2:11 Famine has become a political strategy in the Sudan.
2:11 スーダンにおいて飢饉は政治的な戦略となっているのである。
[23] The authors consider Kevin Carter’s photograph to be powerful and successful because
1. it impressively captures the famine caused by political turmoils in the Sudan.
2. it has a vulture that embodies danger and evil.
3. it shows that an infant, the victim of civil war and famine, is unprotected.
4. it has a strong image that evokes a number of questions and speculations.

■第7段落

7:1 One message that comes across from viewing suffering from a distance is that [15] (1. based on 2. together with 3. for all) the havoc and chaos in Western society, we are somehow better than this African society.
7:1遠くから人の不幸を眺めることから伝わってくるメッセージの一つは、西欧社会の荒廃と混沌
にもかかわらず、我々のほうがこのアフリカ社会よりも幾分ましであるということである。
7:2 We gain in moral status, and some of our organizations gain financially and politically, while those whom we represent, or appropriate, remain where they are, slowly dying, surrounded by [16] ( 1. vultures 2. chance 3. mistake).
7:2我々は道徳的地位において利益を得、また我々の組織のいくつかは経済的・政治的に利益を得
ている。だが一方では我々が表現し、利用している人々はその場にとどまり、ハゲワシに囲まれ てじわじわと死につつあるのである。
7:3 This “consumption” of suffering in an era of so-called “disordered capitalism” is not so very different from the late nineteenth-century view that the savage barbarism in non-Christian lands justified the valuing of our own civilization at a higher level of development — a view that authorized colonial exploitation.
7:3 このようないわゆる「乱れた資本主義」の時代における不幸の「消費」は、非キリスト教国の 野蛮な未開状態が、我々の文明がより高い発達水準にあると評価するのを正当化したという、19 世紀後半の考え方―つまり植民地開発を認めた考え方―と大差ないのである。

7:4 Both are [17] (1. forms 2. aware 3. igno rant) of cultural representation in which the moral, the commer cial, and the political are deeply involved in each other.
7:4両者とも、その中に道徳、商業、政治が互いに深く関わった文化の表現形態である。
7:5 The point is that the image of the vulture and the child carries cultural entailments, including the brutal history of colonialism as well as the dubious cultural baggage of the more recent programs of “modernization” and globalization (of markets and financing), that have too often [18] ( 1. improved 2. worsened 3. overcame) human problems in sub-Saharan Africa.
7:5重要なのは、ハゲワシと子供の画像は文化的内含を伴っているということである。それは植民
地主義の残忍な歴史、およびより近年の(市場と財政の)「現代化」と世界化の計画といういかがわ しい文化的な荷物を含むものであり、またそれはアフリカのサハラ以南の人々の問題をあまりに
も頻繁に悪化させてきたものである。

■第9段落
9:1 The photograph is a professional transformation of social life, a politically relevant rhetoric, a constructed form that ironically naturalizes experience.
9:1 この写真は専門家による社会生活の変形であり、政治に関係したレトリックであり、皮肉にも
経験を自然なものとみなす、一つのつくられた形なのである。
9:2 As Michael Shapiro puts it,
… representation is the absence of presence, but because the real is never wholly present to us — how it is real for us is always [20](1. cut 2. gone 3. mediated) through some representational practice — we lose something when we think of representation as mimetic (or the exact copy of reality) …
9:2 マイケル=シャピロも言ったように、「…表現することは実在の欠如である。しかし、現実の
全体は決して我々に提示されないのであるから―我々にとっての現実のありようは常に何らかの表 現上の操作を通じて伝えられているので―表現を模倣(もしくは真実の忠実なコピー)とみなすと き、我々は何かを失うのである…」

■第8段落
8:1 Another effect of the world’s political and economic appropria tion of images of such serious forms of suffering at a distance is that it has desensitized the viewer.
8:1離れた場所でのそのような深刻な形態の不幸を表す画像を、世界が政治的・経済的に悪用する
ことのもう一つの影響は、それを見る者の感覚を鈍らせているということである。

8:2 Viewers are overwhelmed by the sheer number of brutal massacres.
8:2 おびただしい数の残忍な虐殺を見せられた人々は圧倒される。
8:3 There is too much to see, and there appears to be too much to do anything about.
8:3 目に余るものであり、どうにもしようがないほどひどいもののように見える。
8:4 Thus, our epoch’s dominating sense that complex problems can be neither understood nor fixed [19] (1. strikes 2. works 3. conflicts) with the massive globalization of images of suffering to produce moral fatigue, exhaustion of empathy, and political despair.
8:4 このようにして、複雑な問題は理解することも解決することもできないという我々の時代の支
配的な感覚が、不幸を写す画像の大規模な世界化とともに作用し、道徳観の麻痺、共感の枯渇、
政治的絶望を生むのである。
■第3段落
3:1 The photograph has been [7] (1. taken 2. kept back 3. reprinted) many times, and it has been duplicated in advertisements for a number of nongovernmental aid agencies that are raising funds to provide food to refugees.
3:1 その写真は何度も再版され、難民への食糧供給の資金を集めている多数の非政府組織の援助団
体の宣伝のために複製されてきた。
3:2 This is a classic instance of the use of moral sentiment to mobilize support for social action.
3:2 これは、社会的行動への援助を結集させるために道徳的感傷を利用する古典的な例である。
3:3 One [8] (1. should appreciate 2. cannot look at 3. will evaluate) this picture without wanting to do something to protect the child and drive the vulture away, or, as one aid agency puts it, to prevent other children from succumbing in the same heartlessly inhuman way by giving a donation. 3:3人はこの写真を見ると必ず、その子供を守ってハゲワシを追い払うために何かをしたいと思う
か、あるいはある援助団体も言っているように、寄付することによって、他の子供たちが同様の冷
酷非情な状態で死ぬのを防ぎたいと思うであろう。

■第9段落
9:1 The photograph is a professional transformation of social life, a politically relevant rhetoric, a constructed form that ironically naturalizes experience.
9:1 この写真は専門家による社会生活の変形であり、政治に関係したレトリックであり、皮肉にも
経験を自然なものとみなす、一つのつくられた形なのである。
9:2 As Michael Shapiro puts it,
… representation is the absence of presence, but because the real is never wholly present to us — how it is real for us is always [20](1. cut 2. gone 3. mediated) through some representational practice — we lose something when we think of representation as mimetic (or the exact copy of reality) …
9:2 マイケル=シャピロも言ったように、「…表現することは実在の欠如である。しかし、現実の 全体は決して我々に提示されないのであるから―我々にとっての現実のありようは常に何らかの表 現上の操作を通じて伝えられているので―表現を模倣(もしくは真実の忠実なコピー)とみなすと き、我々は何かを失うのである…」
■第5段落
5:1 Those moral questions particular to Carter’s relationship (or nonrelations hip) to the dying child were only intensified when, on July 29, 1994, a few months after the Pulitzer Prize was given, The New York Times ran a death announcement for Kevin Carter, who had committed suicide at age thirty-three.
5:1 カーターとその瀕死の子供との関係(あるいは無関係)に特有のそれらの道徳的な疑問は、 ピューリッツァー賞が贈られた数カ月後の1994年7月29日、33歳で自殺したケビン=カーターの 死を『ニューヨーク・タイムズ』紙が伝えたときに、かえって強まった。

[30] The title of the passage, which captures the essence of the article, would be :
1. Famine in Sub Saharan Africa
2. Photo-journalism: A Powerful Tool for Social Justice

3. The Problem of the Pulitzer Prize Winning Photograph
4. The Social Construction of Suffering
・解答 [30]―4
>[30]表題にふさわしいものを選ぶ。
4.「不幸の社会的構造」問題25・27の解説中にもあるように、人々の不幸が西欧人によって商品
化され、経済的・政治的に利用されていることが本文で力説されている。 1.「アフリカのサハラ砂漠以南での飢館勤」
2.「写真報道のジャーナリズム:社会正義のための強力な道具」
3.「ピューリッツァー賞受賞写真の問題」

慶應義塾大学総合政策学部 問一 2000年度 英語長文問題解答 過去問 内容一致問題
■第3段落
3:1 Kay: I think the book makes a good starting point because it was a great invention for distance learning.
3:1 ケイ:書物は非対面学習のためのすばらしい発明だったので、よい出発点になっていると私は
思います。
3:2 The disembodied nature of the symbols provides a different stimulus to imagination than face- to-face learning does.
3:2記号がもっている非具体性は、想像力に対して対面学習とは異なった刺激を与えてくれます。

3:3 I think reading [1](1. detects 2. lessens 3. strengthens) the ability to imagine things and deal abstractly.
3:3読書は、物事を想像し抽象的に処理する能力を強化してくれると思います。
3:4 But, I ask, is there anything a new technology like computers could add?
3:4 しかし、コンピュータのような新しい科学技術が追加できるものが存在するかどうか、尋ねた
いのです。
3:5 In fact there is; not a lot of things, but a couple of really important ones.
3:5実際、存在するでしょう。多くではないが、本当に重要なものがいくらか存在するでしょう。
■第4段落
4:1 One is dialoging, Socrates preferred method of learning.
4:1 ひとつは対話するということで、これはソクラテスが好んだ学習法です。
4:2 In a good essay, the author [2](1.unless 2. invites 3. increases) the reader to argue with him or her a little bit.
4:2 よい論文では、著者は一緒に少しだけ論じ合おうと読者に勧めるのです。
4:3 But debate usually stops in scientific or technical essays when an author puts a formula in.
4:3 しかし、科学や技術に関する論文では、著者が公式をはさみこむときに議論はたいてい終わっ
てしまいます。
4:4 Most people, even educated people, [3](1. unless 2. when 3. while) they know something special about the topic or the formula, are pretty much at the mercy of the authors claims.
4:4大部分の人は、教養のある人でもそうですが、その話題や公式について何か特別なことを知ら
ない限り、ほとんど著者の主張のなすがままになってしまいます。
4:5 So it would be great if those mathematical symbols in a formula could lead into a computer simulation of what’s being talked about in the essay — if the reader could experiment as much as the author had.
4:5 ですから、もし公式の中の数学記号が、論文中で語られていることに関するコンピュータ・シ
ミュレーションに導入され、読者が著者と同じように実験を行うことができるなら、それはすば らしいことでしょう。
4:6 So the computer can provide an extra dimension in which people can argue more deeply with the author.
4:6 そして、コンピュータは、人々が著者とより深く議論できる特別の場面を提供できるのです。
■第8段落
8:1 I always think of the longevity of the lecture method [8](1. in use 2. in demand 3. in style) in most universities.
8:1私は、ほとんどの大学で使われている講義方法が長続きしていることをいつも考えるのです。

8:2 In the 15th century, just before the invention of the machine-made book, a professor had the only manuscript of an author’s work.
8:2機械によって作られた書物が発明される直前の15世紀には、教授はある著者の作品の唯一の写
本を持っていました。
8:3 So of course, lecturing made sense.
8:3 だからもちろん、講義は意味をなしていました。

8:4 In the first fifty years after the invention of printing, more than eight million books were printed.
8:4印刷が発明された直後の50年間に800万以上の書物が印刷されました。
8:5 You would think that the lecture method would have disappeared.
8:5講義形式は消えてしまっただろうと思うでしょう。
8:6 [9](1.When 2. Why 3. Where) should we have a professor standing in front of a group of students who could all read the same book that the professor had?
8:6 教授が持っているのと同じ本を全員が読むことができる学生のグループの前に、教授が立って
いる必要があるのでしょうか。
8:7 The odd thing is that at New York University, this [10](1. one 2. very 3. only) day, probably 95% of the instruction is through the lecture method.
8:7不思議なことに、ニューヨーク大学では、まさに今日、おそらく授業の95%が講義形式で行わ
れているのです。
8:8 So I have to ask why, after 500 years, were still using a method that ought to have become obsolete through technological development.
8:8 それで、技術の発展によってすたれているはずの方法を500年後になっても、なぜまだ我々が
使っているのかを私は尋ねなければならないのです。
■第10段落
10:1 Kay: It’s possible that the label distance learning” is a bit misleading.
10:1 ケイ:「非対面学習」という呼び方は少し紛らわしいのではないでしょうか。
10:2 To me, most of the real learning that happens doesn’t happen in a social situation.
10:2私にとって、行われている真の学習の大部分は、社会的状況の中では行われていないのです。
10:3 That’s only where you find out about things.
10:3 そこは単に物事を発見するための場所です。
10:4 Real learning happens when you go off and [13](1. try out 2. hold out 3. take out) these new models that you are trying to build in order to comprehend ideas that you haven’t been able to deal with before.
10:4真の学習とは、一人になり、以前には処理できなかった考えを理解するために築こうとしてい
る新しいモデルを試してみるときに行われるのです。
10:5 To me, almost all real learning is a kind of distance learning.
10:5私にとって、ほとんどすべての真の学習は、ある種の非対面学習なのです。
10:6 Your [14](1. more or less 2. more and more 3. more than less) off by yourself.
10:6人は多かれ少なかれ独りぼっちなのです。
■第9段落
9:1 I don’t know what the answer would be, [11](1. except that 2. so that 3. just that) there is some power in the oral tradition and in the fact of compresence which facilitates learning and makes it into a certain kind of event that can’t be duplicated by technology.
9:1 口頭教授の伝統と共存の事実の中に、学習を促進し、学習を科学技術によってまねることがで
きないある種のものにしてしまう力がある点を除けば、その答えが何なのか私にはわかりません。

9:2 So I am [12](1. realistic 2. Optimistic 3. Skeptical) when people talk about distance learning as a future process that will replace the current methods of teaching and learning
9:2 ですから、人々が、現在の教授方法と学習方法に取って代わるであろう将来の過程として、非
対面学習の話をするとき、私は懐疑的になります。

■第13段落
13:1 An interesting [17]( 1. prospect 2. aspect 3. respect) of this discussion is that technology could lead to a broad change in the way people see themselves, much as the book did.
13:1 この議論のおもしろい面は、書物とほぼ同様に、科学技術も人々が自らを見る方法の大きな
変化につながりうるということです。

13:2 In Elizabeth Eisenstein’s book, The Printing Press as an Agent of Change, she ends a chapter by saying that the preprinting culture held narcissism in check, and the printing press released it.
13:2 エリザベス=アイゼンシュタインはその著書である、The Printing Press as an Agent of Changeにおいて、ある章の最後に、印刷発明以前の文化が利己主義を抑えていて、印刷機がそれ を解放したと言っています。
13:3 There is little doubt that the book created a sense of individuality and self that didn’t exist before.
13:3書物がそれ以前には存在していなかった個人や自己という感覚を生み出したことにはほとんど
疑いはないのです。
■第14段落
14:1 Kay: One of the things that Marshall McLuhan pointed out in Gutenberg Galaxy was that the sense of the individual [18](1. One 2. People 3. Self) in the Renaissance was somehow connected with the fact that you could take a book by yourself under a tree and think your own thoughts for the first time.
14:1 ケイ:マーシャル=マクルーハンがGutenberg Galaxyの中で指摘したことのひとつは、ルネ
サンスにおける個人的利己という感覚は、本を一人で木の下へ持っていき、自分の考えをめぐら すことが初めてできたという事実となぜか関係があるということでした。
■第16段落
16:1 Kay: That might happen if computers weren’t connected to the Internet.
16:1 ケイ:もしコンピュータがインターネットに接続されていないなら、そういうことは起こる
かもしれません。
16:2 After the Internet caught on we found that by far the most popular things on the Internet are what you might call tribalization mechanisms such as chat rooms, forums, virtual spaces, where people could find each other.
16:2 インターネットが広く使われるようになった後、我々が気づいたのは、インターネットで飛 び抜けて人気があるのが、種族化機構と呼べるものだということです。たとえば、チャットルー ムやフォーラムやヴァーチャルスペースなどがあり、そこで人はお互いを見つけることができる
のです。
16:3 So there are enormous numbers of people doing what you might call “clubbing.”
16:3 そして、非常に多くの人が「クラブ化」と呼べることをしているのです。
16:4 I don’t call them communities.
16:4私はそれらを共同体とは呼びません。
16:5 I call them clubs of people of similar interests; and these constitute something that looks a lot like McLuhan’s “global village,” but more divided and fragmented.
16:5私はそれらを同じ趣味をもつ人々のクラブと呼びます。そして、これらはマクルーハンの「地
球村」によく似たものを構成しますが、もっと分割され、ばらばらになったものです。

■第17段落
17:1 Postman: I very much like the idea that you use the word “clubbing,” which I prefer to community.
17:1 ポストマン:あなたの「クラブ化」という言葉を使う考えには、私もまったく同感で、共同
体という言葉より好ましく思います。
17:2 I think we have to pay a lot of attention to the new words were using in the computer age.
17:2 コンピュータ時代において我々が使っている新語には多くの注意を払わなければならないと
私は思います。
17:3 My point is that we need to pay attention to differences.
17:3私が言いたいのは、我々は違いに注意を払う必要があるということです。

17:4 When we talk about distance learning, we have to ask ourselves what are the differences between what we call “distance learning” and other kinds of learning.
17:4我々は非対面学習について語るとき、いわゆる「非対面学習」と他の学習方法の間の違いが何
なのかを、自らに問いかけなければならないのです。

17:5 If we are careful about noting those [20](1. commonalities 2. differences 3. similarities), then we can make better use of these new technologies.
17:5 もし我々がそれらの違いに注目するように気をつけていれば、これらの新しい科学技術をよ
りよく利用することができるのです。

[30] Which one of the following would make the best title for this dialog?
1. Five Centuries of Educational Methodologies
2. Students, Will They Ever Learn?
3. Concepts in Learning: Technologies and Change
4. Tribalization in a Global Village

・解答 [30]―3
>[30]「この対話の表題として最も適切なものは次のうちどれか」印刷の発明、コンピュータ技 術の発達等がもたらす変化との関連による学習形式の考え方が述べられている。

慶應義塾大学環境情報学部 問一 1999年度 英語長文問題解答 過去問 内容一致問題
■第9段落
9:1 This insight was so (13) (1. progressive 2. painful 3. momentous) for Lovelock that he still remembers the exact moment when it occurred:
9:1 この洞察はラブロックにとって非常に重大であったので、それが起こったまさにその瞬間を彼
はいまだに記憶している。
9:2 For me, the personal revelation of Gaia came quite suddenly like a flash of enlightenment.
9:2 私にとって、直接に与えられたガイアという天啓は全く突然に、悟りの一瞬のようにやって来
た。
9:3 I was in a small room on the top floor of a building at the Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, California.
9:3 私はカリフォルニア州パサデナのジェット推進研究所の最上階の小さな部屋にいた。
9:4 It was the autumn of 1965… and I was talking with a colleague, Dian Hitchcock, about a paper we were preparing….
9:4 1965年秋のことだった…そして私は同僚のディアン=ヒッチコックと、2人で準備していた論に
ついて話していた…。
9:5 It was at that moment that I glimpsed Gaia.
9:5 私がガイアを見たのはその時だった。
9:6 An awesome thought came to me.
9:6 畏敬の念を起こさせるような考えが私の頭に浮かんだ。
9:7 The Earth’s atmosphere was an extraordinary and unstable mixture of gases, yet I knew that it was constant in composition over quite long periods of time.
9:7地球の大気は複数の気体の異常で不安定な混合であるが、私はそれがきわめて長い年月にわ
たって構成が変化しないことを知っていた。
9:8 Could it be that life on Earth not only made the atmosphere, but also (14) (1. froze 2. regulated
3. generated) it — keeping it at a constant composition, and at a level favorable for organisms? 9:8 それはもしかすると地球上の生命は大気を生成するだけでなくそれを調節することもしてい る、つまり大気を一定の構成に保ち、生物に都合のよい水準に保っているということなのだろう
か。
■第12段落
12:1 In 1969, at a scientific meeting in Princeton, Lovelock for the first time presented his hypothesis of the Earth as a self-regulating system.
12:1 1969年、プリンストンでの学術会議で、ラブロックは初めて、一つの自己調節組織体としての
地球という仮説を発表した。

12:2 Shortly after that a novelist friend, recognizing that Lovelock’s idea represents the renaissance of a powerful ancient myth, suggested the name “Gaia hypothesis” in honor of the Greek goddess of the Earth.
12:2 その後まもなく小説家である友人が、ラブロックの概念が力強い古代の神話の再興を象徴す
ることに気づき、ギリシアの大地の女神に敬意を表して「ガイア説」と名づけてはどうかと提案
した。
12:3 Lovelock gladly accepted the sugges tion and in 1972 published the first extensive version of his idea in a paper titled “Gaia as Seen through the Atmosphere.”
12:3 ラブロックはその提案を喜んで受け入れ、1972年には、自らの概念を発展させた最初の報告
を「大気を通して見られるガイア」と題した論文に発表した。
(30) The best title for this article is:
1. The Organization of Living Systems.
2. Reflections of Life on Mars.
3. Gaia — the Living Earth.
4. Improving Our Knowledge of Space Exploration.

・解答 (30)3
(30)
タイトルにふさわしいのはどれか

1.生体系の組織。
2火星に生命の反射。
3.ガイア – 生きている地球。
4.宇宙探査の知識を向上させます。
3.Gaia「ガイア(ギリシア神話の、大地の女神の名)」第9段(This insight…)の引用箇所でGaiaとい う表現を用い、地球が生命を持っていることをなぞらえている。第12段(In 1969…)でも用いられ
ており、キーワードの一つと言える。

慶應義塾大学総合政策学部 問一 1999年度 英語長文問題解答 過去問 内容一致問題

■第26段落
26:1 To the scientists, the genome project is akin to building a national highway system, an infrastructure for the hoped-for cures and the unexpected discoveries that will come later.
26:1科学者にとって、ゲノム計画は全国的幹線道路網を築くことに似ている。つまり、待ち望まれ
る治療法と後にやってくる予期されない発見のための基礎構造である。
26:2 They know that the pace of those discoveries will be uneven and unpredictable — that’s the way science usually works.
26:2彼らは、それらの発見の速度は一定ではなく、予想できないものであることを知っている。科
学というものは普通、そのように機能するのである。
(30) Which of the following would make the best title for this report?
1. The Dangers of Genetic Research
2. Genetic Research — A Scientific Issue
3. A New Look at Genetic Research
4. Science and Society

・ タイトルにふさわしいのはどれか 解答 (30)3
(30)
1.遺伝子研究の危険性
2.遺伝研究 – 科学的問題
3遺伝子研究での新たな観点
4.科学と社会
最終段にあるように、遺伝子研究は将来のための基礎構造と考えるベきであるという、新しい見 方が示されている。

慶應義塾大学環境情報学部 問二 1998年度 英語長文問題解答 過去問 内容一致問題
■第7段落
7:1 Often the process of our artwork is thrown onto a new track by the inherent balkiness of the world.
7:1 我々の芸術的制作活動の過程は、世の常である、急に物事が進まなくなる事態によって、方針
転換を迫られることがしばしばある。
7:2 Murphy’s Law states that if anything can go wrong, it will.
7:2 失敗するかも知れないものは失敗する、とマーフィーの法則にある。
7:3 Performers experience this daily and hourly.
7:3 役者達はこのことを毎日、毎時間経験している。
7:4 When dealing with instruments, tape recorders, projectors, computers, sound systems, and theater lights, there are inevitable breakdowns before a performance.
7:4 楽器、テープレコーダー、投影機、コンピューター、音響システム、劇場照明を扱うとき、必
ず上演前に故障が発生するのである。
7:5 A performer can become sick.
7:5 ある役者は具合が悪くなる。
7:6 A valued assistant can quit at the last minute, or lose his girlfriend and become mentally incapacitated.
7:6 ある大切な助手が土壇場になって辞めてしまったり、ガールフレンドを失って精神的に不能に
なってしまうこともある。
7:7 Often it is these very accidents that give rise to the most (6) (1. ingenuous 2. indigenous 3. ingenious) solutions, and sometimes to off-the-cuff creativity of the highest order.
7:7 多くの場合、非常に巧みな解決策や、時には即興で最高級の独創性を生み出すもととなるの
は、まさにこのような事故なのである。

■第8段落
8:1 Equipment breaks down, it is Sunday night, the stores are all closed, and the audience is arriving in an hour.
8:1設備が故障したが日曜の夜であり、店は全部閉まっており、観客は1時間後にやって来る。
8:2 You are forced to do a little bricolage, improvising some new and crazy device.
8:2 そこでちょっとしたブリコラージュ、つまり即興の斬新で奇抜な工夫をせざるを得なくなる。
8:3 Then you attain some of your best moments.
8:3 そのとき、最高の瞬間に達することがある。
8:4 Ordinary objects or trash suddenly become valuable working materials,you’re your perceptions of what you need and what you don’t need (7)( 1. adversely 2. radically 3. momentarily) shift.
8:4 ありふれた物やがらくたが、突然価値ある仕事の道具に変わり、何が必要で何が必要でないか という認識が根本的に変わる。
8:5 Among the things I love so much about performing are those totally unforeseen, impossible calamities.
8:5演じることに関して私が大好きなことのひとつは、そのような全く思いがけない、起こるはず
のない災難である。

8:6 In life, as in a Zen koan, we create by shifting our perspective to the point at which interruptions are the answer.
8:6禅宗の公案にあるように、人生において我々は、妨害物が解答になるような観点へと、見方を
変えることによって物事を創作するのである。
8:7 The (8) (1. sharpening 2. relaxation 3. redirec tion) of attention involved in incorporating the accident into the flow of our work frees us to see the interruption with new eyes, and find the alchemical gold in it.

8:7不測の事態を自分の仕事の流れの中に組み込むことに伴う注意の向け直しをすることで、我々 は妨害物を自由に新しい目で見、錬金術による金をその中に見出すことができるようになる。

■第9段落
9:1 Once I was preparing for a full evening poetry performance, with multiscreen slide projections and electronic music I had composed on tape for the occasion.
9:1 かつて私は夜の詩の発表会の準備をした。それはマルチスクリーンのスライド投影と、その時
のために自分で作曲して、テープに入れておいた電子音楽を用いるものであった。
9:2 But in the course of overrehearsing during the preceding week, I managed to give myself a case of laryngitis, and woke up the morning of the performance with a ruined voice and a high fever.
9:2 しかしその前の週に何度もリハーサルをしているうちに、ものの見事に喉頭炎の症状が現れ、
発表会の朝目覚めると声がかれ、高熱が出ていた。
9:3 I was (9) (1. ready 2. forced 3. obliged) to cancel, but in the end decided that would be no fun.
9:3 私は会を中止する覚悟はできていたが、最後にはそれでは面白くないと判断した。
9:4 Instead I dropped my attachment to my music and preempted the sound system for use as a public address system.
9:4 その代わりに私は音楽への執着をやめ、音響設備を場内放送設備として使用してしまうことに
した。
9:5 I sat in an old wicker wheelchair and croaked into a microphone.
9:5 私は古い枝編み細工の車椅子にすわり、マイクにしわがれ声を発した。
9:6 My soft, spooky, obsessive, guttural voice, amplified, became an instrument of qualities that totally surprised me, releasing me to find a hitherto unsuspected depth in my own poetic line.
9:6 くすんだ幽霊のような、ものにとりつかれたような、がらがら声はアンプによって増幅され、
自分でも全く驚くような質の楽器と化し、私自身の詩行にそれまで思いもかけなかったような深
みを発見させてくれた。

■第10段落
10:1 A “mistake” on the violin : I have been playing some pattern : 1, 2, 3, 6 ; 1, 2, 3, 6.
10:1 バイオリンにまつわる「間違い」のひとつを挙げよう。私はあるパターンを1・2・3・6、
1・2・3・6と演奏している。
10:2 Suddenly I make a slip and play 1, 2, 3, 7, 6.
10:2突然私は間違えて1・2・3・7・6と弾いてしまう。
10:3 It doesn’t matter to me at the time whether I have broken a rule or not; what matters is what I do in the next tenth of a second.
10:3 そのとき私が規則を破ったかどうかが重要なのではない。重要なのは次の10分の1秒の間に
どうするかなのである。
10:4 I can adopt the traditional attitude, treating what I have done as (10) (1. a mistake 2. and improvisation 3. and innovation): Don’t do it again, hope it doesn’t happen again, and in the meantime, feel guilty.
10:4今やってしまったことを間違いとして扱い、慣例的な態度を取ることはできる。つまり二度と
やっちゃいけない、二度と起こりませんようにと思い、そのうち罪悪感を感じるようになる。
10:5 Or I can repeat it, amplify it, and develop it further until it becomes a new pattern.
10:5 あるいはそれを繰り返し、増幅し、さらに発展させて新しいパターンにすることもできる。
10:6 Or beyond that I can drop neither the old pattern nor the new one but discover the unforeseen context that includes both of them.
10:6 またあるいはそれを越えて、従来のパターンも新しいパターンも省くことなく、両方を含ん
だ思いもかけない曲の流れを発見することもできる。
■第13段落

13:1 The history of science, as we well know, is liberally (15) ( 1. peppered 2. preoccupied 3. prepared) with stories of essential discoveries seeded by mistakes and accidents: Fleming’s discovery of penicillin, thanks to the dust-borne mold that contaminated his petri dish; Roentgen’s discovery of X-rays, thanks to the careless handling of a photographic plate.
13:1科学の歴史には、周知の通り、間違いや不測の事態がもとになって重要な発見ができたという
逸話が散りばめられている。空気によって運ばれるカビがペトリ皿を汚染したおかげでフレミング がペニシリンを発見したこと。感光板を不注意に操作したおかげでレントゲンがエックス線を発 見したことなどである。
13:2 Time after time, the quirks and mishaps that one might be tempted to reject as “bad data” are often the best.
13:2何度もあることだが、「悪いデータ」だとして拒絶したくなるかもしれないような運命のいた
ずらや災難がしばしば最良のものとなる。
13:3 Many spiritual traditions point up the vitality we gain by reseeding the value of what we may have rejected as insignificant: “The stone which the builders refused,” sing the Psalms of David, “has come to be the cornerstone.”

と詩篇にうたわれている。

■第16段落
16:1 The Vietnamese Buddhist poet-priest, Thich Nhat Hanh, devised an interesting telephone meditation.
16:1 ベトナムの仏教詩人兼僧であるニャット=ハイン師は、電話による興味深い瞑想法を考案し
た。
16:2 The sound of the telephone ringing, and our semiautomatic instinct to jump up and answer it, seem the very opposite of meditation.
16:2 電話が鳴る音や、半ば自動的に飛び上がって電話に出ようとする本能は、瞑想とは全く逆の
もののように思われる。
16:3 Ring and reaction bring (19) (1. in 2. out 3. along) the essence of the choppy, nervous character of the way time is lived in our world.
16:3 呼び出し音とそれに対する反応は、この世界での時の過ごし方の、ゆらぎやすく神経質な性
質をよく表している。
16:4 He says use the first ring as a reminder, in the midst of whatever you were doing, of mindfulness, a reminder of breath, and of your own center.
16:4 彼は、最初のベルは、何をしている最中であっても注意深くあることを思い出す合図として、
呼吸することを思い出す合図、自分自身の中心を思い出す合図として利用せよ、と述べている。
16:5 Use the second and third rings to breathe and smile.
16:5 2回目と3回目のベルは呼吸をして微笑むために利用せよ。
16:6 If the caller wants to talk, he or she will wait for the fourth ring, and you will be ready.
16:6 掛け手が話したいと思っているのなら4回目のベルまで待つであろうし、そのときには心の準
備ができるだろう、と。
16:7 What Thich Nhat Hanh is saying here is that mindfulness, practice, and poetry in life are not to be reserved for a time and place where everything is perfect ; we can use the very instruments of society’s nervous pressures on us to (20)( 1. relieve 2. retrieve 3. repress) the pressure.
16:7 ニャット=ハイン師がここで述べているのは、人生において注意深くすること、実行するこ と、詩を作ることを、すべてが完璧である時や場所のためにとっておくことはできないというこ とである。社会による我々への神経質な圧力という、まさにその道具を利用して、その圧力を軽
減することができるのである。

16:8 Even under the sound of helicopters-and this is a man who buried many children in Vietnam to the roar of helicopters and bombs he can say, “Listen, listen; this sound brings me back to my true self.”
16:8 ヘリコプターの音の下でさえも一彼はベトナムでヘリコプターと爆弾の轟音を聞きながら多 くの子供達を埋葬した男であるが彼はこう言える。「聞け、聞くんだ。この音が私を本ftの自分 に戻してくれる。」
(29) In this essay, the passage about the poet-priest, Thich Nhat Hanh, is not meant to illustrate
1. the importance of meditation to lessen nervous pressures of everyday life.
2. that anything can be used to our advantage if we are not shackled by preconceptions.
3. the way the telephone can be used as an instrument of meditation.
4. that poetry and creativity should be practiced when we feel calm.

文章にタイトルをつけるとしたらどれか
1.詩、プロセス、およびパフォーマンス
2.間違いが持つ創造の力
3.間違った文化の観点
4.カキの知恵
解答 (39)2
(30)2.「間違いがもつ創造の力」
文章にタイトルをつけるとしたらどれか
1.詩、プロセス、およびパフォーマンス
2.間違いが持つ創造の力
3.間違った文化の観点
4.カキの知恵
解答 (39)2
(30)2.「間違いがもつ創造の力」

慶應義塾大学環境情報学部 問一 1995年度 英語長文問題解答 過去問 内容一致問題
■第2段落
2:1 The information involved in animal communication can come from many sources; any facet of the environment (1)( 1. created 2. perceived 3. imagined) is considered information.
2:1動物のコミュニケーションに含まれる情報の源は数多い。環境のなかに認められる面相はいか
なるものでも情報と考えられる。
2:2 In linguistic communication the primary function of words is to convey information.
2:2 言語によるコミュニケーションにおいては、単語の第一の機能は情報を伝えることにある。
2:3 Similarly, animals (including man) have modes of behaviour that, in the course of evolution, were selected for their value in providing vehicles for conveying information.
2:3 同様に、(人間を含めて)動物は、情報を伝える媒体として価値があるために進化の過程で選
択されてきたいくつかの行動様式をもっている。
2:4 During the evolutionary process some of these vehicles also (2)(1. remained 2. retained 3. underwent) more direct functions, but many became specialized for a communicative function alone.
2:4 しだいに進化発展するうちに、これらの伝達手段のいくつかは、さらに直接的な機能を保持し
たが、多くはコミュニケーション機能のみのために特殊化した。
2:5 These communicative acts, known as displays, include various posturings and movements; sounds; particular ways of making contact among individuals; the release of specialized chemicals called pheromones; and even electrical discharges.
2:5 誇示として知られるこのコミュニケーションの動作には、さまざまな姿勢や動きがある。音、
個体と個体の間で連絡をとる特別手段、フェロモンと呼ばれる特殊な化学物質の放出、放電等ま である。
2:6 Displays have been studied as important means for transmitting information in animal communication.
2:6 誇示は、動物のコミュニケーションで情報を伝える重要な方法として研究されている。
2:7 There are, of course, other information sources in animals, some of which have also undergone evolutionary (3)(1.specification 2. specialization 3. generalization) toward a communication function.
2:7 もちろん、動物にはそのほかにも情報源があり、そのうちのあるものはコミュニケーション機
能を果たすように発展して特殊化している。
2:8 Among them are what may be called badges — i.e., attributes that are merely structural and nonbehavioral in nature: the red breast of the robin, the red underside of the breeding male stickleback fish, and the mane of the male lion.
2:8 その中には、象徴とでもいえるものがある。すなわち、本来は単に構造上のもので動作ではな
い属性である。こま鳥の赤い胸、卵を抱いている雄のトゲウオの赤いわき腹、雄ライオンのたて
がみといったようなものである。

2:9 Many other sources of information can be found in the repeated forms of interaction that develop during prolonged relationships between two individuals and in individual expectations about the nature of the roles in which they encounter others, both familiar associates and strangers.
2:9 そのほか数多くの情報源が、2つの個体の間に続けられる関係により発達し、繰り返し行われ る相互作用の型のなかに、またなじみの仲間や見知らぬ者の両者を含めて他者と出会うなかで果 たされる役割の性質に関するそれぞれの予想のなかに発見できる。
2:10 The activities of individuals who interact socially provide a constant and usually rich information source, but, in the study of nonhuman communication, the bulk of systematic research thus far has been (4)(1. directed 2. induced 3. stipulated) toward displays and badges; it is, therefore, these highly specialized categories that are of the greatest concern here.

2:10 打ち解けて相互作用する個体の活動は絶えず豊富な情報源を提供する。しかし、人間以外の コミュニケーションの研究において、これまでの系統的な研究の大部分は誇示と象徴に向けられ てきた。したがって、ここで最も関心があるのはこの高度に特殊化された部門ということにな る。
■第3段落
3:1 Because the complexity of social interactions makes experimental manipulation difficult, human understanding of the signalling in the social life of animals remains largely based upon inference.
3:1社会的相互作用の複雑さが実験のための細工を困難にしているために、動物の社会生活におけ
る合図に関する人間の理解は依然としてほとんど推論の域にとどまっている。
3:2 It is difficult to repeat an example many times with rigid control of all (5)(1. variations 2. variables 3. functions) except the one being investigated, and attempts to structure the testing situation to simplify the form of interaction often obviate the interaction.

と相互作用が除去されてしまうということもしばしばある。
3:3 Displays are universal among animals of any degree of structural complexity, however, so that they would not have been evolved and retained if they lacked important function.
3:3 しかし、構造的にある程度複雑ないかなる動物の間にも、誇示は普通的に見られる。したがっ
て、誇示が重要な機能に欠けるならば、進化し保持されるようなことはなかったであろう。
3:4 But the function of a display is likely to differ, depending upon the individuals involved.
3:4 しかし、誇示の機能は関係する個体によって違いがあるらしい。
3:5 A small bird seeing an approaching hawk, for example, may utter a vocal display indicating the high probability that it (the communicator) is, or soon will be, engaged in an attempt to escape.
3:5例えば、タカが近づいてくるのを見たある小鳥は、自分(コミュニケーションの発信者)は逃
げる、あるいは間もなく逃げようとしているという高い可能性を示すような、声による誇示行動を するかもしれない。
3:6 Other small birds, upon hearing the vocalization, may seek cover immediately.
3:6 その発声を聞いた他の小鳥たちは、ただちに隠れ場所を探すであろう。
3:7 Hence, the function of the vocalization is to give them a better opportunity to remain alive and not to increase the immediate chances of survival of the communicator — indeed, its chances for survival may slightly decrease.
3:7 というわけで発声の機能は彼らに生き延びる機会を与えるものであり、コミュニケーションの 発信者が生き延びる機会を増すためのものではない。それどころか生き延びる機会は少し減るで
あろう。

3:8 The display functions for the communicator (6)(1. in that 2. for which 3. for whom) it protects individuals whose continued existence provides a benefit to him greater than the cost of using the display.
3:8この場合の誇示行動は、それによって払う犠牲よりもそれによって救われ生き延びる小鳥たち を守り、その方が発信者にとって益が大であるという点において、発信者に対して機能を果たす
ということになる。
3:9 These individuals may be his offspring or associates whose similar responses to the environment will provide him future protection and, through their alertness in the future, make it possible for him to spend less time (7) ( 1. glancing 2. looking 3. scanning) his surroundings for predators.
3:9 この救われた小鳥たちは、発信者の子どもか仲間であるかもしれない。彼らが環境に対して示 す同じような反応が、将来自分を守ることになろう。そして、将来警報を発することによって、 彼らの周囲に捕食者がいないかどうか入念に調べるのに長い時間をかけないで済むようにしてく
れるであろう。

■第5段落
5:1 Second, communication permits animals to identify one another.
5:1第二に、コミュニケーションによって動物はお互いに相手を特定できるようになる。
5:2 Individuals can thus select information of importance to them — usually from members of their own species and often particular individuals.
5:2 そうして、自分の仲間の種や特定の個体から発せられる重要な情報を選択できるようになる。
5:3 Special cases exist, however; members of different species that normally coexist in the same environment may attend each other’s signal.
5:3 しかし、次のような特殊な場合もある。通常同一の環境に共存する異なる種のものがお互いの
合図の場に居合わせる場合である。
5:4 Thus, the maximum alarm communicated by one songbird when it discovers a falcon or hawk in its environment is attended by all other songbirds species in the area.
5:4 そのような場合、ハヤブサもしくはタカを周囲に発見した鳴き鳥によって発せられる最大限の
警報は、その地域のすべての鳴き鳥の耳に入る。
5:5 In addition, by facilitating identification, communication acts at a premating level to help maintain reproductive isolation among species.
5:5 加えて、特定化を容易にすることにより、コミュニケーションは各種の間で孤立した生殖を維
持するために交尾前に作用する。

■第6段落
6:1 Third, communication reduces the amount of actual fighting and fleeing among animals, an excess of which could (10)(1. dislocate 2. disrupt 3. distribute) social encounters.
6:1 第三に、コミュニケーションは動物の実際の闘争や避難の回数を減ずる。それが過度であると
社交的な出会いの場を途絶させるのである。
6:2 In functionally aggressive encounters, such as territorial or dominance disputes, this reduction is achieved by threat displays that often lead to some form of capitulation by one opponent before fighting occurs.
6:2 なわ張りや支配の問題のような、機能的に攻撃的な出会いにおいては、闘争が始まる前にどち
らかが降伏するというような形にしばしばなる、おどし的誇示行動によってこの減少は達成され
る。
6:3 In less aggressive circumstances, communication enables animals to appease and (11)(.1. reassure 2. confirm 3. assess) one another that each is not likely to be initially aggressive in his present state.
6:3 より攻撃的でない状況においては、コミュニケーションによって動物たちはお互いに自分は現
在の状況においては最初に攻撃をしかけることはないということを相手に保障したり、なだめた
りする。

6:4 Fourth, communication aids in (12) (1. positing 2. contracting 3. synchronizing) the behaviour of individuals who must come into appropriate physiological states in order to breed.
6:4 第四に、コミュニケーションは、子を産むのに適切な生理的状態になる動物の行動に同時性を
もたせるのを助ける。
6:5 This is necessary within pairs and, in some species, among whole colonies of pairs.
6:5 これはつがいの中で、またある種においては、すべてのつがいの集団の中で必要なことであ
る。

■第10段落
10:1 One interesting aspect of birdsong is the occurrence of dialectal differences (regional variations) among populations of a single species living in different areas.
10:1 鳥の鳴き声で一つの面白い面は、同一種の鳥でも地域によって方言(地域差)があるという
ことだ。

10:2 Several such changes that are known to occur between adjacent populations of the South American rufous-collared sparrow correlate with relatively major habitat changes.
10:2 南アメリカの首が赤茶けた輪になっている雀で、近隣のものの中で生じるということが知られ
ているそのような変化(方言)は、比較的大きな生息地の変化と相互関係がある。
10:3 Very few dialectal changes occur over an enormous range on the Argentine pampas, but in this case the habitat of the species also changes little.
10:3 アルゼンチンの大草原パンパの広大な地域では方言の変化はわずかしかないが、この場合
は、種の生息地の環境もあまり変わらない。
10:4 The habitat changes markedly in the Andes mountains over short distances, however, as elevation rapidly increases, and, (19)(1. concurrently 2. additionally 3. jointly), many more dialectal changes occur there in birds’ songs.
10:4 しかし、アンデス山中では生息地の環境は短距離のうちに大きく変わる。例えば、海放が急
速に上がると、それと同時に、鳥の鳴き声に、地域による大きな変化が生じる。
10:5 The suggested function of the correlations between display and features of the habitat is that they provide markers that identify populations adapted to different local conditions; such markers would permit more appropriate selection of mates than would otherwise occur, at least in the marginal areas between populations.
10:5 誇示行動と生息地の間には機能上相互関係がありそうだということは、その土地土地によっ
て異なる条件に適応しているそこの住人だという目印を提供していることになる。そのような目印 があることによって、ない場合よりもより適切なつがいの相棒の選択が可能になるのであろう。 少なくとも2種類の住人たちの生息地が重なる周辺地域においてはそうである。
10:6 It has been suggested that a similar (20)(1. structural 2. marginal 3. functional) explanation may by involved in the evolution of human dialects.
10:6 人間の方言の発達の場合にも同じような機能があるとの説明ができそうである。

・解答 [10]1 [10]
この文章の題名はどれか?
1 動物のコミュニケーションの誇示の機能と象徴
2 動物社会の維持
3 動物のコミュニケーションの誇示の進化
この文章は、「動物のコミュニケーションにおける誇示行動と象徴の機能」について述べてい
る。

copyright 2016/Everyday school