[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 英語 内容一致テクニック 『特定段落の内容から類推する選択肢を選ぶ問題』

内容一致四択問題

■ 第1段落
1:1 1750年までの有史では、重要なことは何も起きなかった。
1:1 For all of measurable human history up until the year 1750, nothing happened that mattered.

■ 第2段落
2:1 だからといって、歴史が停滞していたとか、生活は単に暗く変化もないものであって、ふつう の人々の幸福度は目に見えて改善しなかったというのではない。
2:1 This isn’t to say history was stagnant, or that life was only grim and blank, but the well-being of average people did not perceptibly improve.

2:2 戦争、文学、帝国や探検のすべては記録に残すにはあまりに規模が小さく、ふつうの人々の運
命を改善させるにはあまりにちっぽけだったのである。
2:2 All of the wars, literature, empires, and exploration took place on a scale too small to register, too minor too much improve the lot of ordinary human beings.
2:3 18世紀中頃以前、工業化が最初に始まったイギリスでは進歩の速度があまりに遅かったので、
家族の生活水準が2倍になるのに350年もかかってしまったのである。
2:3 In England before the middle of the eighteenth century, where industrialization first began, the pace of progress was so slow that it took 350 years for a family to double its standard of living.
2:4 18世紀中頃までは、技術水準と、ふつうの個人の手に入るぜいたくさと生活の質は、2000年前
の古代ロ-マ時代と大差なかったのである。
2:4 By the middle of the eighteenth century, the state of technology and the luxury and quality of life afforded the average individual were little better than they had been two millennia earlier, in ancient Rome.

[51]As used in the 1st paragraph, “nothing happened that mattered.” is referring to
1. artistic development.
2. population increase.
3. quality of life.
4. fair trade.

・解答 [51]-3
> [51] 「第1段で使われている「重要なことは何も起きなかった」が指すのは( )につい てである」に対する正解は、3の「生活の質」である。第2段第1文でこの文の意味が説明されてお り、そこにthe wellbeing of average people did not perceptibly improveとあることから。第1段の この部分が生活の質に関するものであると判断できる。
1.「芸術の展開」
2.「人口増加」
4.「フェアトレード」

■ 第4段落
4:1 しかし60年代後半から70年代初頭にかけて、この大きな進歩は次第に鈍り始めたのである。 4:1 At some point in the late sixties or early seventies, though, this great acceleration began to taper off.

4:2 この変化は最初は緩やかなものであり,年ごとのデータの激しい数値の上下動の中に紛れてし まっていたのだ。
4:2 The shift was modest at first, and it was concealed in the hectic up-and-down of yearly data.

4:3 しかし70年代初頭以来のデータを調べていて,曲線適合ができるくらいの数学的な分析知識が あれば,明らかな傾向が見てとれる。生活が向上する速度は鈍っているのである。
4:3 [34](1. So 2. But 3. Or) if you examine the growth data since the early seventies, and if you are mathematically astute enough to fit a curve to it, you can see a clear trend: The rate at which life is improving has slowed.

[52] Why wasn’t the socioeconomic slowdown of the late sixties or early seventies noticed originally according to the 4th paragraph?
1. Society was in a state of upheaval.
2. Technological advancement continued unabated.
3. Annual fluctuations in growth statistics are to be expected.
4. Computational technology was not sufficiently advanced to model the data.

・解答 [52]-3
>[52] 「60年代後半から70年代初頭にかけての社会経済的停滞がもともと気づかれなかったのは, 第4段によるとなぜか」に対する正解は,同段第2文後半の内容との関連から考えて,3の「成長に 関する統計数値は変動するのがftたり前であるから」である。年ごとのデータだと変動が大き く,より長期的なトレンドを跡づけにくい,という事情に言及したもの。 1.「社会が激変していたから」
2.「技術の進歩が衰えなかったから」
4.「コンピュータ技術がデータをモデル化するのに十分なほど進んでいなかったから」

■ 第7段落
7:1 「一度しか起こりえない,という類のものがあるのだ」とゴードンは言う。
7:1 “Some things,” Gordon says, “can happen only once.”

■ 第8段落
8:1 ゴードンの主張は,第2の産業革命の力はきわめて強力で類を見ないものであったので,それ が再び起こることはないというものだ。
8:1 Gordon’s [39](1. complaint 2. argument 3. rebuttal) is that the forces of the second industrial revolution were so powerful and so unique that they will not be repeated.
8:2 この革命の影響は形となって現れるのに100年かかった。内燃エンジンのおかげで自動車,そ してついには航空機ができ,電気のおかげでラジオや電話,マスメディアができるにつれて,そ れらが社会の力を再編して日常生活を変えたのである。
8:2 The consequences of that breakthrough took a century to be fully realized, and as the internal combustion engine gave [40](1. rise 2. lift 3. height) to the car and eventually the airplane, and electricity to radio and the telephone and then mass media, they came to [41](1. restrict 2. retrench 3. rearrange) social forces and transform everyday lives.

8:3 機械化された農業用具のおかげで,人々は学校に長く通い田舎を出て都市に移り住むことがで
きるようになった。
8:3 Mechanized farm equipment permitted people to stay in school longer and to leave rural areas and move to cities.
8:4 家電製品のおかげであらゆる社会階層の女性は家事から離れて生産的な仕事ができるように
なった。
8:4 Electrical appliances allowed women of all social classes to leave behind housework for more productive jobs.

8:5 公共下水道や下水設備が導入されて,疾病や乳児死亡率は低下した。
8:5 The introduction of public sewers and water sanitation reduced illness and infant mortality.
8:6 自動車,マスメディアや民間航空機のおかげで地理的に狭い範囲に閉じ込められていたことか ら自由になり,ずっと広く豊かな世界にふれることができるようになったのだ。
8:6 The car, mass media, and commercial aircraft led to a liberation from the [42](1. wide expanses
2. narrow confines 3. unbound spaces) of geography and an introduction to a far broader and richer world.
8:7 中産階級や労働者階級の人が高校以上の教育を受けることもできるようになったのである。
8:7 Education beyond high school was made accessible to the middle and working classes.

[53] Why does Robert Gordon believe that another industrial revolution is unlikely? 1 We have already experienced two in the history of mankind.
2. The population is no longer at the ideal density.
3. Automation is unable to replace a sufficient portion of the workforce.
4. Increased global connectedness hampers competition.

・解答 [53]-1
>[53]「ロバート=ゴードンが産業革命がもう一度起こる可能性は低いと考えているのはなぜか」 の正解は,1の「人類史上すでに2回経験されているから」である。第7段でゴードンは「ある種の ものごとは一度しか生じない」という旨の発言をしており,次段で最初の産業革命に続いた第2の 産業革命に言及し「それは強力で特別なものだったので再び起こることはない」という旨を述べ ている。ここから,ゴードンが産業革命に匹敵するイノベーションが生起する頻度を問題にして いることが理解できる。第10段で人口規模とイノベーションの関係について言及があるが,人口 規模のideal「理想的」な密度について議論されているわけではないので不可。 2.「人口がもはや理想的な密度ではないから」
3.「自動化が労働力の相ft部分にとってかわることができないから」
4.「地球規模のつながりのせいで競争が妨げられるから」

[54] Which of the following is the reason for listing inventions such as airplanes and the mass media in the 8th paragraph?
1. They demonstrate the influence of American ingenuity.
2. They illustrate the problems associated with mechanization.
3. To argue that they were the natural result of the second industrial revolution.
4. To argue that these seemingly positive developments have actually harmed society.

・解答 [54]-3
>[54]「航空機やマスメディアのような発明を第8段で列挙している理由は次のうちどれか」に対す る正解は,3の「それらが第2の産業革命の自然な結果であると主張するため」である。同段第2文 が,The consequences of that breakthrough「第2の産業革命の影響」がどういう形をとったのか をas以下で例示することを主意としていることをつかむ。 1.「それらがアメリカ人の独創性を示すものであるから」
2.「それらが機械化に関連する問題点を例示しているから」
4.「これらの一見よいものに思える発展が実は社会に害を及ぼしたと主張するため」

[55] According to the article, what was the effect of women joining the workforce?
1. Development of the home-appliance market.
2. An increase in women’s sense of fulfillment.
3. Reduced dependency on unskilled male labor.
4. Increased economic productivity.

・解答 [56]-4
>[56]「公衆衛生に良い影響を及ぼしたものとして第8段に上がっているのは,次のどの分野の発展 か」の正解は,同段第5文のpublic sewersやwater sanitationに相ftする4の「社会基盤|である。 1.「交通手段」

2.「通信技術」
3.「農業」

■ 第12段落
12:1 私は,技術の経済学の専門家であり,未来の技術革新について楽観的な考えを持っているエ
リック=ブリニョルフソンをMITの研究室に訪ねて,ロボット化された社会がどんなものになる可
能性があるかについてよりよく理解しようと考えた。
12:1 I called Erik Brynjolfsson, an expert in the economics of technology and an optimist about future breakthroughs, at his office at MIT to try to get a better sense of what a robotized society might look like.
12:2 楽観主義者である彼の考えは,予測していたよりも暗いものであることがわかった。
12:2 It turns out the optimist’s case is darker than I expected.

12:3 「問題は仕事なんです」と彼は言った。
12:3 “The problem is jobs,” he said.
12:4 65%の労働者は,基本的な業務が情報処理に分類される仕事をしているのである。
12:4 Sixty-five percent of workers occupy jobs whose basic tasks can be classified as information processing.
12:5 機械よりも人間のほうが競争上優れている点を見つけようとしているならばこれはよくない知
らせである。「人間の頭脳は3桁の数字のかけ算をするようには進化していないのです」と彼は 語ってくれた。
12:5 If you are trying to find a competitive advantage for people over machines, this does not [47] (1. bode 2. bid 3. bide) well: “The human mind did not evolve to multiply triple-digit numbers,” he told me.
12:6 ロボットの頭脳はそのように進化しているのだ。
12:6 The robot mind has.
12:7 つまり,事務仕事は人間性を失わせるものであると主張するマルクス主義的な文学や映画は 大したものだったのだ。
12:7 In other words, the long history of Marx-inflected literature and film that claims that office work is dehumanizing may have been [48](1. into 2. onto 3. up to) something.
12:8 このような仕事は,人間の頭脳を使ってするようにはできていないのだ。
12:8 Those jobs were never really designed for the human mind.
12:9 ロボットのためのものなのである。
12:9 They were designed for robots.
12:10 現在存在するロボットはこれらの仕事をするのに十分な水準にはない。
12:10 The existing robots just weren’t good enough to take them.
12:11 しかしそれは最初のうちだけだ。
12:11At first.

[59] Which of the following groups seem to be most worried about the prospect of roboticization?
1. Those who believe that economic growth has peaked.
2. Those who believe that technological advances will preserve growth.
3. Those who are employed as skilled craftspeople.
4. Those whose jobs involve the management of workers.

・解答 [59]-2
>[59]「ロボット化の予測について最も懸念しているように思われるのは次のうちどのグループ か」の正解は,第12段第2文の記述との関連で2の「技術の進歩のおかげで成長が続いていくと考 える人たち」であると判断できる。

1.「経済成長は衰退期に入っていると考える人たち」
3.「熟練の職人として雇用されている人たち」
4.「労働者の管理を仕事とする人たち」

■ 第13段落
13:1 しかし,給与水準では対極的な位置に,ロボットにとられる心配のない仕事がある,とブリ ニョルフソンは言う。給与の高い創造的な仕事や経営の仕事,あるいは庭造りのように定型的で はない肉体労働である。
13:1 At opposite ends of the pay scale, however, there are jobs that seem safe from the robot menace, Brynjolfsson said―high-paying creative and managerial work, and non-routine physical work, like gardening.

13:2 「情報処理」業務に従事している65%の人については,機械のできることに人間の力を組み 合わせること,彼の言葉を借りれば「機械と競争すること」が課題だとブリニョルフソンは言 う。
13:2 As for the 65 percent of us who are employed in “information processing” jobs, Brynjolfsson said, the challenge is for us to integrate human skills with machine capacities―his phrase is “racing with machines.”

■ 第14段落
14:1 世のものごとはずっとよくなり続けるという期待にもとづく,様々な振るまいがある。自由
放任主義,なせばなるという考え,そして個人の崇拝である。
14:1 There is a whole set of behaviors that depends upon an expectation that things will always get better: our laissez-faire-ism, our can-do-ism, our cult of the individual.
14:2 こうした考え方から,1970年代初頭に起こった暗い社会変化は60年代の社会の力が自己崩壊 したことにだけ関係があると考えてしまうのだ。
14:2 For that reason, we think of the darkening social [49](1, spin 2. curve 3. turn) that happened in the early 1970s as having something to do only with the social energies of the sixties collapsing in on them.
14:3 しかし,ゴードンの述べるところでは,より構造的な変化が起こっていたのだ。第2の産業革 命は役割を果たし終えており,それゆえ社会に対する重大な影響も及ぼし終えているのだ。
14:3 In Gordon’s description, however, something more mechanistic was happening: the second industrial revolution had simply [50](1. run 2. plotted. served) its course, and so, in many ways, had its social implications.

■ 第15段落
15:1 議論がここまで来て,ゴードンはいたずらっぽく笑って「あなたの持っているスマートフォン のことをどう思いますか」と言うのである。
15:1 It is at about this point in the discussion that Gordon will grin mischievously and say: “So, how do you like your smartphone now”?

[60] Why does Gordon ask the author of the article if he likes his smartphone in the final paragraph?
1. He wants to call attention to how far we have come since the 1970s.
2. He is joking that the smartphone may become the author’s competition.
3. He is implying that there will be no better smartphones in the future.
4. He is suggesting that consumer demand may be the key to restarting growth.

・解答 [60]-2
>[60]「最終段で,ゴードンはなぜ本文の筆者に,自分のスマートフォンについてどう思うか尋ね ているのか」の正解は,第12段以降でロボットが人間の仕事を奪うという話をしている流れから 考えて,2の「スマートフォンが筆者の競争相手になるかもしれないことを冗談めかして言ってい るから」である。
1.「1970年代から我々がどれだけ進歩したかに注目してほしかったから」

3.「将来,よりよくなったスマートフォンは出てこないと暗に言っているから」
4.「消費者の需要が成長を再スタートさせるカギだと言っているから」

■ 第6段落
6:1 工業化した社会で行われた数百回のこの実験で,研究者はすでに,大半のプレ―ヤ―が半分ず
つ分けると提案し,30ドル以下の提案だとたいてい拒否されることを明らかにしてきた。
6:1 In hundreds of these experiments conducted in industrialized societies, researchers had already demonstrated that most players propose a fifty-fifty split, and offers of less than $30 are typically rejected.
6:2 経済学者はこの行動を驚くべきことだと考える。なぜなら彼らの経済合理性という標準的な概
念と相容れないからである。
6:2 Economists find this behavior surprising because it [7]([1. agrees 2. conflicts 3. coincides) with their standard notion of economic rationality.

6:3 たとえ1ドルでも,推論すれば,何もないよりはましであり,だから厳密に合理的な観点から すれば,相手はゼロより高ければ,どんな提案でも受け入れるのがft然である。
6:3 Even a single dollar, the reasoning goes, is better than nothing at all, so from a strictly rational perspective, recipients ought to accept any offer above zero.
6:4 そしてこれを知っていれば,合理的な「提供者」は,最小額を提供してうまいこと切り抜けよ うとするのがft然である。すなわち,1ドルである。
6:4 And knowing this, rational “proposers” ought to offer the [8](1. least 2. most 3. less) they can get away with―namely, one dollar.
6:5 当然,少し考えればなぜ人々が実際には違うふるまいをするのかが浮かんでくる。すなわち,
ただそれが可能だからといって,有利な立場につけ込むのは,公平ではないように思われるとい うわけである。
6:5 Of course, a moment’s thought suggests why people play the way they do―namely that it doesn’t seem fair to [9](1. damage 2. jeopardize 3. exploit) a situation just because you can.
6:6 それゆえに,3分の1に満たない額を提示された相手は,弱みにつけ込まれたと感じ,だからた とえ相ftの金額であってもけち臭い提供者に教えを垂らしてやるために,その場を立ち去る方を 選ぶのである。
6:6 Recipients being offered less than a third, therefore, feel taken advantage of and so opt to walk away from even a substantial sum of money in order to teach miserly proposers a [10](1. reason 2. lesson 3. fact).
6:7 そして,この反応を予期しているがゆえに,提供者は,相手が公平な分配だと考えると想定す るだけの額を提供することが多い。
6:7 And anticipating this response, proposers tend to offer what they assume the recipient will consider a fair split.

[24] Which of the following best characterizes the behavior of the people in industrialized societies when playing the ultimatum game?
1. Their behavior is based on the standard notion of economic rationality.
2. They are most likely to reject even a fifty-fifty split just to be mean to the proposer.
3. Proposers take into account what the recipient will regard as a fair deal.
4. Recipients are usually satisfied with whatever amount of money they might receive.

・解答 [24]―3
>[24]「次のうちどれが,最後通牌ゲ―ムをしているときの工業化社会の人間の行動の特徴を最も よく表しているか」
1. 「彼らの行動は経済合理性という標準概念に基づいている」
2. 「彼らは,ただ提案者に意地悪しようというだけで半分分けでさえも拒否することがきわめて
多い」
3. 「提案者は,受贈者が何を公平な取引だと考えるかを考慮に入れる」

4. 「受贈者はたいがい自分がたとえどれだけの額を受け取るとしてもそれに満足する」
「最後通牌ゲ―ムをしているときの工業化社会の人間の行動の特徴」は第6段に記述されている。 第1文に「大半のプレ―ヤ―が半分ずつ分けると提案し,30ドル以下の提案だとたいてい拒否され る」とある。そしてこれは「経済的合理性」に反すると指摘される(第2文)。その行動を説明し て「提供者は相手が公平な分配だと考えると想定されるだけの額を提供することが多い」と最終 文にある。以上の検討より,工業化社会の人間の行動の特徴に合致する選択肢は3しかない。

■ 第7段落
7:1 もしもこのような洞察に対するあなたの反応が,経済学者はもう少し世間を見た方がいいとい うものなら,それはおひとりだけの考えではない。
7:1 If your reaction to this insight is that economists need to get out a little more, then you’re not alone.
7:2 何か常識らしきものがあるとするなら,それは人間はお金だけでなく,公平さにも配慮すると
いうことなのだ。
7:2 If anything seems like common sense, it’s that people care about fairness as well as money.
7:3 しかし,同じ実験を5大陸にまたがる工業化以前の15の社会で再現してみると,社会が違えば 何が公平なのかにかかわる考え方も大いに違うことがわかった。
7:3 But when the experimenters replicated the game in fifteen preindustrial societies across five continents, they found that people in different societies have very different ideas about what [11](1. reveals 2. counts 3. exhibits) as fair.

7:4 一方の極では,ペル―のマチゲンガ族は総額のたった4分の1だけを提供することが多く,提示
が拒絶されることはほとんどなかった。
7:4 At one extreme, the Machiguenga tribe of Peru tended to offer only about a quarter of the total amount, and virtually no offers were refused.
7:5 反対の極では,パプアニユ―ギニアのグナウ族は半分ずつよりさらによい提示をすることが多
いけれど驚くべきことにこうした「超公平」な提示も不公平な提示と同じ頻度で拒否されること が多かった。
7:5 At the other extreme, the Gnau tribe of Papua New Guinea tended to make offers that were even better than fifty fifty, but [12](1. logically 2. Obviously 3 . surprisingly) these “ hyper fair” offers tended to get rejected just as frequently as unfair offers.

[25] In the 7th paragraph, the author discusses the way the Machiguenga tribe and the Gnau tribe play the ultimatum game in order to show that
1. the concept of fairness is different in different cultures.
2. people in preindustrial societies tend to be more generous than those in industrial societies.
3. it is impossible to make sense of the behavior of those in preindustrial societies
4. people in preindustrial societies enjoy the ultimatum game just as much as those in Industrial societies.

・解答 [25]―1
>[25]「第7段で,筆者がマチゲンガ族とグナウ族の最後通牌業ゲ―ムの仕方を論じるのは,
( )ということを示すためである」 1. 「文化が違えば,公平の観念も違う」
2. 「工業化前の社会の人々は工業化社会の人々よりも気前がよい」
3. 「工業化前の社会の人々の行動を理解することは不可能である」
4. 「工業化前の社会の人々は工業化社会の人々と同じだけ最後通牌ゲ―ムを楽しむ」
第7段の[11]を含む文に「社会が違えば何が公平なのかにかかわる考え方も大いに違うことがわ かった」とある。よって,「マチゲンガ族とグナウ族」の例を論じた目的にふさわしいのは,1で あると読み取れる。

[27] Which of the following would be the most likely behavior of the Machiguenga when they are playing the ultimatum game with a stranger?
1. they would be easily offended if they were offered an uneven split.
2. they would accept whatever small amount they might be offered.
3. they would do the best they could in order to be loyal to the stranger.
4. they would feel obliged to offer a fifty-fifty split.

・解答 [27]―2
>[27]「次のうちどれが,マチゲンガ族の人々が最後通牌ゲ―ムを見知らぬ人と行うとき,彼らの とる行動として,可能性が最も高いか」
1. 「もし不均衡な分配をすれば,彼らはすぐに憤概するだろう」
2. 「どれほどわずかな金額を提供されたとしても,彼らはそれを受け入れるだろう」
3. 「見知らぬ人に対して誠実であるために,彼らは最善を尽くすだろう」
4. 「彼らは半分ずつに分けると提案せざるを得ないと思うだろう」 マチゲンガ族の最後通牌業ゲ―ムをするときの行動については,第8段後半に記述があり,見知ら ぬ人にも公平な分配をしなければいけないという義務を彼らは感じないし,同段最終文には「彼 らにとっては,低額の提示でさえいい話に見えたのだった」とある。よって,どんな分配でも受 け入れるという主旨の2が正解。

■ 第11段落
11:1 常識は社会の中に埋め込まれたものだという性質から来る最も重要な帰結の一つは,常識の
問題をめぐる争いは,きわめて解決しづらいということである。
11:1 One of the most important consequences of the socially [19](1. demanded 2. employed 3. embedded) nature of common sense is that disagreements over matters of common sense can be extremely difficult to resolve.
11:2 アメリカの文化人類学者クリフォ―ド=ギアツはジャワの魔術研究の中で「ジャワの男の子の 家族が全員私に,うちの子が木から落ちて足を折ったのは,うっかり何か儀礼上の義務を見逃し たせいで,亡くなった祖父の霊がうちの子を落としたからだと語るとき,彼らは本ftにそういう ことが起きたのだと思っているのであり,それしか起きはしなかったのだと思っているのであっ て,だから彼らがとまどっているのは,自分たちにとまどいのないことに私がとまどっているか らにすぎない」と,とりわけ言及したのだった。
11:2 The American anthropologist Clifford Geertz noted in his study of witchcraft in Java that “when the whole family of a Javanese boy tells me that the reason he has fallen out of a tree and broken his leg is that the spirit of his deceased grandfather pushed him out because some ritual duty has been inadvertently overlooked, it is precisely what they think has occurred, it is all they think has occurred, and they are puzzled only at my puzzlement at their lack of puzzlement.”
11:3 別言すれば,常識の問題をめぐる争いが解決しにくいのは,どんな理由に基づけば筋の通っ
た議論ができるのかさえもどちらの側にも明らかでないからなのである。
11:3 Disagreements over matters of common sense, [20](1. however 2, in other words 3, by the way), are hard to resolve because its unclear to either side on what grounds one can even conduct a reasonable argument.

[29] In the 11th paragraph, the author quotes Geertz’s words about a Javanese boy in order to show
1. how difficult it is to resolved disagreements over maters of common sense.
2. that people in preindustrial societies are well aware of the kind of “collective tacit knowledge” they have accumulated over a lifetime.
3. that “collective tacit knowledge” often enhances understanding of a different culture.
4. how incompetent Geertz was in understanding Javanese culture.

・解答 [29]―1

>[29]「第11段で,筆者がジャワの男の子に関するギアツの言葉を引用しているのは( ) を示すためである」
1. 「常識の問題をめぐる争いを解決するのはどれほど難しいか」
2. 「工業化前の社会の人々は,生涯にわたって積み上げてきた『集団的な暗黙知」を熟知してい るということ」
3. 「『集団的な暗黙知』はよく異なる文化の理解を高めるということ」
4. 「ギアツはジャワの文化を理解するのに,どれほど無能だったか」
第11段冒頭に「常識の問題をめぐる争いは,きわめて解決しづらい」と述べられ,その例証にギ
アツの引用が使われているという構造をつかむ。とても面白い引用文が示すのは,「集団的暗黙 知=常識」は社会によって全く異なっていて,他の社会の人間にとってはとりつく島もないほど だ。だから解決は難しい,ということ。その主旨に合致しているのは1である。

[30] Given the nature of Common sense as discussed in the article, we can safely infer that
1. our assumptions about the world are generally shared by different cultures.
2. commonsense knowledge can easily be turned into formal knowledge.
3. our shared common sense should be the foundation of international policy.
4. it would be extremely difficult, if not impossible, to replicate commonsense knowledge in computers.

・解答 [30]―4
>[30]「本文で論じられているような常識の本質を考慮すると,私たちは( )だと推断し てもよいだろう」
1. 「世界に関する私たちの想定は,一般に様々な文化で共有されている」
2. 「常識的な知識はすぐに形式的な知識に転換できる」
3. 「私たちが共有する常識が,国際政策の基礎であるべきだ」
4. 「常識的な知識をコンピュ―タ―で再現するのは,不可能ではないにしても,きわめて難しい」
1は「常識は文化が違えば様々に変わる」という本文の主旨に反する。2は「常識は,形式的な知 識とは異なる」という本文の主旨に反する。3は「国際政策の基礎」といった話題は,本文にはな いので不可。4はコンピュ―タ―が科学と数学の産物であり,人類の形式的すなわち,論理的,構成 的な知識に依存していることを考えると,「経験知」に依存する「常識」を模倣させるのはきわ めて困難と考えられる。よって,これが正解。

■ 第2段落
2:1 地球温暖化が現実に起こっていることは研究から証明されており,科学者はふつう,人々の見 解を左右しようと個々の研究やメタ分析から得られた結果を指摘する。
2:1 Research proves global warming exists and scientists typically point to results from independent studies and meta-analyses to try to sway people’s views.
2:2 地球温暖化が現実に起こっていることは研究から証明されており,科学者はふつう,人々の見
解を左右しようと個々の研究やメタ分析から得られた結果を指摘する。
2:2 But people seem to rely on factors other than data to inform themselves about the likelihood of global warming.
2:3 「データでは人々に想像してもらうことができない」とジェーン=ライゼン教授は言う。
2:3 “Data cannot move people to imagine.” says professor Jane Risen.
2:4 彼女の研究では,地球温暖化が生じていると考えるかどうかを決めるのは,統計やデータでは
なく,人々が地球温暖化の影響を想像できるかどうかであると示唆されている。
2:4 Her research Suggests that it is people’s ability to imagine the [2](1.affects 2. effects 3. efforts)of global warming, not the statistics or data, that determine belief in global warming.

[22] Which of the following is included among the “factors other than data” as mentioned in the 2nd paragraph?

1 Imaginative capacity.
2 Numerical inconsistency.
3. Statistical accuracy.
4. Temperature fluctuation.

・解答 [22]-1
>[22]「第2段に出てくる『データ以外の要因』に含まれるのは次のうちどれか」に対する正解は,
「データ以外の要因」が同段最終文のpeople’s ability to imagine…であると考えられるので,1の
「想像力」が正解である。 2.「数字が合わないこと」
3.「統計の正確さ」
4.「気温の変動」

■ 第4段落
4:1 高温,空腹やのどの渇きといった身体的感覚により,人々はこうした感覚がより恒常化した世
界のくっきりとした心象を頭に思い描きやすくなり,考え方が左右されることがある。
4:1 Physical sensations of warmth, hunger, or thirst can influence people’s beliefs by helping them form clear mental images [4](1. in 2. of 3. on)a world where those sensations are more common.

4:2 研究の結果からは,頭がよく教養もある人を含むふつうの人たちは,地球温暖化やその他の差
し迫った環境・社会問題を知的というより直感的にとらえる場合があることがわかっている。
4:2 The results of the Study Suggest that ordinary people―including bright and educated ones―may think of global warming and other pressing environmental and social concerns in intuitive rather than [5](1.intelectual 2.interpretive 3.inteligible) ways.
4:3 科学者たちは,気候変動に関する研究結果を,この問題の緊急性や重大な結果を人々が想像し
やすくすることで伝えることがうまくいくかもしれないのだ。
4:3 Scientists maybe more successful in communicating their findings about climate change if they make it easier for people to imagine the urgency and consequences of this issue.

[23] What would be a logical application of the findings of Risen and Critcher to effectively change people’s opinions about world hunger?
1. Produce documentary films that graphically show the difficulties of poverty.
2. Create situations wherein participants are hungry while learning about the issue.
3. Separate liberals and conservatives into different groups with different presentations.
4. Quickly flash words such as “hunger,” “famine,” “poverty,” and “deprivation” in between slides.

・解答 [23]-2
>[23]「ライゼンとクリッチャーの知見を,世界の飢餓に対する人々の意見を効果的に変えるため の応用として論理的に正しいものはどれか」に対する正解は,2の「その問題について学んでいる 間に被験者が空腹を感じる状況をつくりだすこと」である。第4段第1文によれば,自分の身体で 暑さ・空腹・のどの渇きといった感覚を直接経験すると,それに関連する問題がより深刻なもの だと感じられる,とあるから,空腹を自分の身体で直接経験することで,飢餓問題がより深刻に 感じるようになると言える。
1. 「貧困の問題を視覚的に示すドキュメンタリー映画を制作すること」
3. 「自由主義者と保守主義者を別々のグループに分け,異なる情報を提示すること」
4. 「『飢餓』『飢籠』『貧困』や『欠乏』などの語をスライドの間に素早く 映写すること」

■ 第5段落
5:1 ある実験では,学生を異なる日に戸外に出し,いくつか質問した。そのうちの1つは彼らが地 球温暖化について持っている見解の強さを尋ねるものであった。
5:1 In an experiment, Students were taken outside on different days and asked questions, one of which [6](1.fabricated 2.mirored 3.solicited) the strength of their views on global warming.

5:2 ライゼンとクリッチャーは,戸外が暑いときのほうが学生は地球温暖化が現実のものだと考え る傾向が強いことを見出した。
5:2 Risen and Critter found that students tended to believe more in global warming when it was hotter outside.
5:3 言うまでもなく,彼らの答えは地球が温暖化していることを頭で想像する以外の要因にも関係
している
5:3 Of course, their answers may have been related to factors other than their mental images of a hotter planet.
5:4 戸外がうだるように暑いと,人々は地表の平均気温が実際に上昇していると思いうる。
5:4 [7](1. Blemishing 2. Bruising 3.Blistering) heat outdoors could lead people to think that the earth’s average surface temperature is indeed rising.
5:5地球温暖化によって実際に生じるのは地球の平均気温が緩やかに上昇することであるのを忘れ
て,地球の気候が変化していると推測するのが理にかなっていると考えるのかもしれない。
5:5 They may think it reasonable to [8](1.imply 2.infer 3.induce) that the global climate is changing, for getting that global warming actually entails a gradual elevation in the earth’s average temperature.

[24] Why did the researchers move the experiment indoors as mentioned in the 6th paragraph?
1. To avoid unforeseen circumstances.
2. To increase the number of eligible participants.
3. To control for the rapid increase of external temperature.
4. To clarify the results of the earlier experiment.

・解答 [24]-4
>[24]「なぜ研究者たちは第6段で述べられているように実験を屋内で行うようにしたのか」に対す る正解は,4の「先に行った実験結果をより明らかなものとするため」である。同段第1文では, 第5段で述べられている実験で得られた結果,つまり,気温と回答内容に相関が見られるという結 果が,実験を屋内で行うようになっても変わらなかったと述べられている。また,この内容は同 段第4文でも引き続き述べられている。これらのことから,実験の結果を実験方法を変えて確認し ようとしたのではないかと判断できる。
1. 「予測できない状況を避けるため」
2. 「対象として適した被験者の数を増やすため」
3. 「外気温の急激な上昇を統制するため」

■ 第9段落
9:1高温を感じることで人々は世界が温暖化しているという心象をより先鋭化させるという仮説を
確かめるために,ライゼンとクリッチャーは,被験者が温度の高い部屋にいると,どの程度高温
の風景の映像を想像しやすくなるかを測定する新しい方法を使った。
9:1 To test the idea that feeling warm leads people to form sharper mental images of a world becoming hotter Risen and Critcherused a new technique that measured how easily participants in a warm room imagined a picture of a hot landscape.

9:2 この実験に参加した学生は,暖房の効いた個室と常温の個室に無作為に割りftてられた。 9:2 Students who participated in this experiment were randomly assigned to heated or room- temperature cubicles.
9:3個室にいる間に,彼らはまず,戸外の暑さや寒さを喚起させる風景を含む一連の画像をコン
ピュータの画面上で見せられた。

9:3 [14](1.As 2.Though 3.While) in the cubicles, they were first shown a series of pictures on a computer screen that included hot and cold outdoor scenes.
9:4 黄色や赤の色調の暑さを喚起させる風景は,地球温暖化の影響を受け乾ききった世界を描いた
ものであった。
9:4 The hot scenes with yellow and red tones, showed parched landscapes that depicted the world as affected by global warming.
9:5 マイクロソフトオフィスの画像編集機能を用いて,研究者たちは画像が半透明でいくぶんぼや けたものになるように鮮明度を調整した。
9:5 Using Microsoft Office’s picture editing features the researchers had adjusted each image’s clarity so that the pictures were semitransparent and somewhat blurry.

[28] What is the purpose of asking students to adjust the transparency of photos in the 9th, 10th, and 11th paragraphs?
1. To incorporate a common indoor activity into the study.
2. To investigate the connection between heat and human vision.
3. To understand how much the heat is affecting their recollections.
4. To explore how the clarity of photos determines the accuracy of memory.

・解答 [28]-3
>[28]「第9・10・11段で,学生に写真の透明度を調整させることの目的は何か」の正解は,3の
「暑さがどれだけ記憶内容を左右するかを理解すること」である。第9段第1文にft実験の主眼と するところが述べられていることから判断できる。
1. 「よく行われる屋内の活動を研究に取り入れること」
2. 「暑さと人間の視覚との関係を調べること」
4. 「写真の鮮明度によって記憶の正確さがどのように決まるかを調べること」

■ 第12段落
12:1 これらの実験すべてにおいてライゼンとクリッチャーは,政治的見解には関係なく,被験者 は温暖な環境下で地球温暖化について尋ねられるとそれが現実に起こっていると考えやすくなる ことを見出した。
12:1 In all of these experiments, Risen and Critter found that regardless of participants’ political views, participants believed more in global warming when asked about their views in a warm environment.
12:2 つまり,政治的な考えの傾向から人々の地球温暖化に対する考えは予測できる(自由主義者 のほうが保守主義者よりも地球温暖化が現実に起こっていると考える可能性が高い)ものの,高 温を体感することのほうが考え方に大きく影響を与えているということである。
12:2 In other words, although political [18](1. funding 2.orientation 3. ecology) predicted people’s beliefs on global warming (liberals were more likely than conservatives to believe in global warming), feeling warm still had a significant impact on their beliefs.

12:3自由主義者も保守主義者も,高温を体感した場合のほうが地球温暖化が起こっていると想像し
やすかったのである。
12:3 Both liberals and conservatives were better able to imagine global warming occurring when they felt warm.

[29] Politics is included as a variable in the discussion in the 12th and 13th paragraphs because it is generally understood that
1. belief in global warming falls along political lines.
2. political debate shifts as science proves new things.
3. collaboration between political groups leads to solutions for global warming.
4. liberals want to convince conservatives of the dangers of global warming.

・解答 [29]-1

>[29]「第12・13段の議論で政治が項目に加えられているのは, 一般に ( )ことがわかっている からである」に対する正解は, 1の「地球温暖化に対する意見は政治的な立場によって決まる」で ある。第12段第2文で,人々の地球温暖化に対する考えについてカッコ内で述べられていることに 一致する。
2. 「科学が新たなことがらを証明するにつれて, 政治的議論も変化する」
3. 「政治的集団の協働が地球温暖化の解決につながる」
4. 「自由主義者は保守主義者に地球温暖化の危険を信じさせたい」

■ 第3段落
3:1大半の政治生態学者にとって,このような研究手法はやや鋭すぎる諸刃の剣である。
3:1 For most political ecologists, this approach is somewhat too sharp a double-edged sword.
3:2 それによって,どのように政治的に権力を付与された環境科学が私たちの周りの世界の環境に 影響を及ぼし,それを創造してきたのかを批判的に検証できるようになり,それは重要な政治 的,生態学的企てではあるのだが,その一方,この手法では,結果を説明するのに人間以外の関 与要因や過程(土壌や樹木,気候といったような)に言及することはできない。
3:2 While it [34](1. defies 2 undergoes 3. allows) a critical examination of how politically empowered environmental science has influenced and created the environments of the world around us, which is an important political ecological project, this approach does not allow us to make [35](1. adaptations 2 contributions 3. references) to non-human actors and processes (like soil, trees, and climate) In explaining outcomes.
3:3 このために,極端な構成主義は多くの研究者にとって魅力に欠けるものとなる。
3:3 This makes hard constructivism unattractive to many researchers.
3:4森の住人や,遊牧民,宗教哲学者といった他の社会団体によって保持されている代替的な環境
構成を受容し正しく評価するための価値ある開放的な空間が生み出される一方で,この手法のた めに,象徴的な人間的制度がそれ以外のすべての現実より以上に重要となり,一見従来の環境科
学の経験による調査が無力化されてしまうのである。
3:4 while producing a valuable open space for accepting and appreciating alternative constructions of the environment held by other social communities, like forest dwellers, nomadic herders, and religious philosophers, this approach makes the symbolic systems of humans [36](1. sovereign 2. go 3. carry) over all other reality, apparently disabling empirical Investigation In traditional environmental science.

■ 第11段落
11:1 この研究手法は実利的な妥協ではあるが,科学と政治を見守る多くの人々にとって厄介なも のである。
11:1 This approach is a pragmatic compromise but is troubling for many observers of science and politics.

11:2哲学的,歴史的観点からすると,それはどこか説得力に欠け,均衡を失している。社会制度的
な構成主義は,ただ誤りだけが,科学的な事実が誤っているという事態だけが社会的に説明可能 でありながら,一方で事実と自然の真の理解とには,社会的な要素は何もないと主張する。 11:2 From a philosophical and historical point of view, it is some what unconvincing and
asymmetrical; social institutional constructivism Insists that only falsehoods, those situations where
scientific facts are wrong, can be explained socially, whereas facts and true understandings of nature have no social component.

[51] Which of the following best represents the author’s position about the constructivist approach or constructivism in political ecology?
1. Whatever type of constructivism is used, studying the construction of nature is difficult and presents complex methodological problems.
2. The constructivist approach is more viable than orthodox scientific approaches to account for ecological problems.

3. The scientific approach should be improved to minimize the impact of the constructivist approach in the field.
4. A clear line needs to be drawn between the constructivist approach and the scientific investigation, because there is no compromise.

・解答 [51]―1
>[51]「次のうちどれが、政治生態学の構成主義的な研究手法や構成主義に関する著者の立場を最 もよく表現しているか」 1.「どの種類の構成主義が使われるとしても、自然の構成を研究することは困難であり、複雑な 方法論的な問題を生じる」 2.「構成主義的な研究手法は、正統的な科学的理解よりも、生態学的な問題を説明する見込みが 大きい」 3.「科学的な研究手法は、その分野の構成主義の衝撃を最小化するように改善されなければなら ない」 4.「構成主義的な研究手法と科学的な調査の間には明確な一線が画される必要がある。なぜな ら、妥協点はないからである」
本文は様々な構成主義が紹介され、それぞれが比較検討されているが、著者がそれについてどのよ
うな立場に立つか、また、どのような構成主義が優れているのかも、明確に述べられていない。1 については、要するにどの構成主義がよいとも決まらないという趣旨なので、誤っているとは言え ない。2は第3段最終文の「象徴的な人間的制度がそれ以外のすべての現実より以上に重要とな り、一見従来の環境科学の経験による調査が無力化されてしまう」という記述に反するので誤り。 3は科学的な理解に焦点があるが、本文は「構成主義」の記述が焦点である。さらにこのような記 述は本文中に見られない。よって誤り。4は、第11段冒頭の「この研究手法は実利的な妥協であ る」という記述に反する。したがって、1が正解。

■ 第2段落
2:1 その最も急進的な形である,「極端な」構成主義は,環境の知識の,この象徴的で観念的な特 性をきわめて真剣に受け止める。
2:1 In its most radical form, “hard” constructivism[31](1. takes 2. puts 3. gets) this symbolic and ideational character of environmental knowledge extremely seriously.
2:2 ただ社会的な状況のみが世界を理解するための概念を条件づけ,決定し,そうして世界をその
過程で,少なくとも実質的に創造するのだと,その考えは主張する。
2:2 It insists that it is social context alone that conditions and determines our concepts for understanding the world, and [32』(1. here 2. so 3. there) creates the world, at least effectively, in the process.
2:3 こうした立場は,物事が真なのは,社会的に権力のあるものや影響力のあるものがそれを真だ と考えているからであり,テレビ上では真だから,私たちの心の中では真だからだと,示唆して いる。
2:3 This position suggests that things are true because they are held to be true by the socially powerful and influential, because they are true on television, and because they are true In our minds.

2:4科学哲学者のスティーブ=ウールガーが主張するように,「自然と現実は,科学的な活動の事前
決定要因であるというよりむしろ,副産物なのだ」。
2:4 As philosopher of science Steve Woogar insists, “nature and reality are the by-product rather than the pre-determinants of scientific activity.”
2:5 それゆえに環境的な対立は,自然論をめぐる争いなのであり,そこでは一団体が優勢となるに してもそれは土壌浸食とか,地球温暖化,オゾン量減少といった変化のよりよい,あるいはより 正確な説明ができるからではなく,真理に関する合意を生み出す社会的な権力に接近し,その権 力を動員するからなのだ。

2:5 Environmental confects are, therefore, struggles [33](1. over 2. without 3. around) ideas about nature, in which one group prevails, not because they hold a better or more accurate account of a process―soil erosion, global warming, ozone depletion―but because they access and mobilize social power to create consensus on the truth.

[52] What does Steve Woolgar mean by “nature and reality are the by-product rather than the pre- determinants of scientific activity” in the 2nd paragraph?
1. Science deals with nature independently, but reality is not the same as nature.
2. Nature and reality are the objective targets of scientific Investigation.
3. Neither nature nor reality exists as an objective entity.
4. Scientific studies distinguish what is real from what is merely conceptual.

・解答 [52]―3
>[52]「スティーブ=ウールガーは第2段の「自然と現実は、科学的な活動の事前決定要因であると いうよりむしろ、副産物なのだ」という発言で何を言おうとしているのか」 1.「科学は自然を独立して取り扱うが、現実は自然とまったく同じではない」
2.「自然と現実は科学的な調査の客観的な対象である」
3.「自然も現実もどちらも客観的な実体としては存在していない」
4.「科学的な研究は現実的なものと単なる概念上のものとを区別する」
第2段第3文に「物事が真なのは、社会的に権力のあるものや影響力のあるものがそれを真だと考
えているから」とある。それはつまり、物事は主観的な存在にすぎない、ということだから、言 い換えれば「客観的な実体」は存在しない、ということである。よって、正解は3だと決まる。

■ 第3段落
3:1大半の政治生態学者にとって,このような研究手法はやや鋭すぎる諸刃の剣である。
3:1 For most political ecologists, this approach is somewhat too sharp a double-edged sword.
3:2 それによって,どのように政治的に権力を付与された環境科学が私たちの周りの世界の環境に 影響を及ぼし,それを創造してきたのかを批判的に検証できるようになり,それは重要な政治 的,生態学的企てではあるのだが,その一方,この手法では,結果を説明するのに人間以外の関 与要因や過程(土壌や樹木,気候といったような)に言及することはできない。
3:2 While it [34](1. defies 2 undergoes 3. allows) a critical examination of how politically empowered environmental science has influenced and created the environments of the world around us, which is an important political ecological project, this approach does not allow us to make [35](1. adaptations 2 contributions 3. references) to non-human actors and processes (like soil, trees, and climate) In explaining outcomes.

3:3 このために,極端な構成主義は多くの研究者にとって魅力に欠けるものとなる。
3:3 This makes hard constructivism unattractive to many researchers.
3:4森の住人や,遊牧民,宗教哲学者といった他の社会団体によって保持されている代替的な環境
構成を受容し正しく評価するための価値ある開放的な空間が生み出される一方で,この手法のた めに,象徴的な人間的制度がそれ以外のすべての現実より以上に重要となり,一見従来の環境科 学の経験による調査が無力化されてしまうのである。
3:4 while producing a valuable open space for accepting and appreciating alternative constructions of the environment held by other social communities, like forest dwellers, nomadic herders, and religious philosophers, this approach makes the symbolic systems of humans [36](1. sovereign 2. go 3. carry) over all other reality, apparently disabling empirical Investigation In traditional environmental science.

[53] With reference to the 2nd and the 3rd paragraphs, the author uses the term “politically empowered environmental science” to mean that
1. politicians support environmental science in order to give power to it.
2. environmental science is not immune to power structure.
3. politics makes environmental science more powerful.
4. environmental science is politically influential.

・解答 [53]―2
>[53]「第2・3段に関連して、著者は「政治的に権力を付与された環境科学」という用語を使って いるのは、( )ということを意味するためである」 1.「政治家が環境科学を支えるのは、それに力を与えるためである」
2.「環境科学は権力構造に影響されないわけではない」
3.「政治は環境科学をより強力なものにする」
4.「環境科学は政治的に影響力を持っている」
第2段の主旨は「客観的な環境科学というものはなく、権力が認めたもの。力を付与したものが、
真とみなされる」ということだった。それはとりもなおさず、「環境科学」が「科学的な真理」 ではなく、「権力」を背景とした科学だということを意味する。第3段ではそうした理解にどのよ うな功罪があるかが記述される。これを前提に環境科学と、権力との関係を考えると、「環境科 学は権力によって左右される」ということになる。そのような主旨を述べる選択肢は2である。

■ 第5段落
5:1最初の事例では,「人種」といった,誤った,社会的に偏向した世界分類法が,たとえそれら の実体である,一貫した,人種的に分化した遺伝的な差異が客観的に存在しないとしても,理解 したり,探求したりするには重要となる。
5:1 In the first case, false and socially biased categories of the world like “race,” are important to understand and explore even while their reality―consistent, racially-differentiated genetic differences―does not objectively exist.
5:2人々はそれらを経験的に保持しているので,こうした概念や社会的な構造物は世界に差を生
じ,しばしば,有害な結果を生じるが,それゆえに,理解しておく必要がある。
5:2 Since people hold them [39](1. importantly 2. experimentally 3. experientially), these concepts or social constructions make a difference In the world, often with harmful effects and therefore need to be understood.
5:3 自然に対するこのような「社会的物体」的な研究手法は,政治生態学者にとって魅力的であ
る。というのも彼らは生態科学が土壌浸食といった現実の環境の趨勢を明らかにすることができ る一方で,社会的な調査によって,無知な人々がどのようにして誤った世界像を,権力が付与され
た社会的な過程を経て生み出すのかを示しうると考えるからである。
5:3 This “social object” approach to nature is attractive for political ecologists, who are able to assume that ecological science can reveal real environmental trends, like soil erosion, while social investigation can show how ignorant people can create false pictures of the world through power- laden social processes.

5:4 このような研究手法は大半の研究者にとって満足のいくものなのだ。なぜなら,彼らは自分が
科学者だと考えているからである。
5:4 This approach is satisfactory for most researchers since they consider themselves scientists.
5:5彼らは科学という道具を使って問題を見るという彼らの手法が偏向した不正確な自然観を暴く
のに役立つと主張することができるのである。
5:5 They can insist that their way of seeing the problem, using the tools of science, helps to unmask biased and incorrect views of nature.

[55]Which of the following best summarizes the 5th paragraph?
1. political ecologists have to be careful about false understandings of our reality brought by the “social object” approach. Otherwise, their scientific study can be misled.
2. The “social object” approach shows that people can have an erroneous conception of the world. It is the tools of science that give us true understandings of the world

3. The “social object” approach is effective in dealing with social concepts such as “race,” but it does not hold in the area of political ecology.
4. Political ecologists are aware that ecological science must be at the heart of their research, but people’s false understandings of the world make their scientific research difficult to carry out.

・解答 [55]―2
>[55]「次のうちどれが第5段の要約として最もよいか」 1.「政治生態学者は,『社会的物体」的な研究手法によってもたらされる。今の現実の誤った理 解に用心しなければならない。さもなければ,彼らの科学的な研究が誤解を招くこともありう る」 2.「『社会的物体」的な研究手法によって,人々が世界に関して誤った概念をもちうることが明 らかになる。世界に関する正しい理解を私たちに授けるのは科学という道具である」 3.「『社会的物体』的な研究手法は『人種」といった社会的概念に対処するのに効果的である が,政治生態学の分野にはそれはftてはまらない」 4.「政治生態学者は,生態学が自分たちの研究の中心に位置しなければならないと知っているけ れども,世界に関する人々の誤った理解のために,彼らの科学的な研究は,行いにくくなる」 1は同段第3文の内容に反するので誤り。2は同段第3文後半(while social investigation…)以下, 段落の主旨をよく反映している。よって正解。3は第3文前半の「政治生態学者にとって魅力的で ある」という記述に反する。4の「中心に位置する」の部分は,第5段の記述にはないので不適 切。

■ 第7段落
7:1生態学の歴史はこの面では,啓発的である。
7:1 The history of ecology is revealing in this respect.
7:2自然の仕組みの作用についての支配的な理論は,一貫してその時代の支配的な社会的言語と前
提を反映してきた。
7:2 The dominant theories of the operation of natural systems have consistently reflected the prevailing social languages and assumptions of their times.

7:3高度工業時代の間に登場してきたので,生態学という科学は機械工学に由来する比喩や概念に
強く依存するようになり,秩序正しい周期的な過程が,均衡と相称とを取り巻く構造をもつよう になった。
7:3 [41] (1. Underachieving 2. Culminating 3. Emerging) during the high Industrial age, the science of ecology came to depend heavily on metaphors and concepts from mechanical engineering, with orderly, cyclical processes structured around balance and symmetry.
7:4 それはまた哲学的なロマン主義と,全体論と相互依存に対する執着とに,強くまたいくらか矛 盾をはらみながら,依存していた。それはヘンリー=デイヴィッド=ソローのようなロマン主義の 作家に見られるのと同様である。
7:4 It also [42](1. laid 2 drew 3. carried) heavily, and somewhat contradictorily, upon philosophical Romanticism and the obsession with holism and interdependence, as is found in Romantic writers like Henry David Thoreau.
7:5 こうした比喩に科学は依存しているのだが,それらが近年不十分となってきたのは,いずれそ れらが現実をよく反映しなくなったか,あるいは変わりゆく社会的文化的な規準に適応しなく なったかであり,今や激変状態にあるのである。
7:5 These metaphors, on which science depends, became unsatisfactory in recent years, either because they reflected reality poorly, or didn’t fit changing social and cultural codes and now are In a state of [43](1. satisfaction 2. agreement 3. upheaval).

[56]In the 7th paragraph, the author refers to “metaphors” to illustrate that
1. theoretical creativity and originality come from interesting metaphors as revealed by careful studies of metaphors in science.
2. theories based on metaphors do not have solid empirical ground and should not be accepted unconditionally.

3. if the prevailing metaphor changes, then the scientific community must fight against it.
4. the history of ecology has been influenced by the dominant metaphors of the times.

・解答 [56]―4
>[56]「第7段で,著者が『比喩」に言及しているのは,( )ことを例証するためである」 1.「理論的な創造性や独自性が面白い比喩に由来するのは,科学の中の比喩に関する入念な研究 によって明らかとなっているとおりである」 2.「比喩に基づく理論は堅牢な経験論的根拠をもたないし,無条件に受け入れるべきでもない」
3.「もしも広く行き渡っている比喩が変われば,学界はそれに抗して戦わなければならない」
4.「生態学の歴史はその時代時代の支配的な比喩に影響されてきた」
第7段で比喩に言及されるのは,第2文に示されるように「自然の仕組みの作用についての支配的
な理論は,一貫してその時代の支配的な社会的言語と前提を反映してきた」からである。「その時 代の支配的な社会的言語と前提」を端的に表現するのがmetaphor「隠喩,比喩」なのである。その ような理解が表現されている選択肢は4である。迷うとしたら2であるが,第7段では,比喩に基づ く理論が経験論的根拠をもつか否かについては述べられておらず,「無条件に受け入れるべきでも ない」という批判的な見解までは読み取れないため不適。

■ 第8段落
8:1 このことはまったく驚くに値しないと,生態学者のダニエル=ボトキンは主張する。以前の自 然観は,有機的な全体としてであれ,神聖な秩序をもった一家としてであれ,明らかに,自然の 秩序を説明しようと努めていた人々に利用可能な社会的言語を反映していた。
8:1 This should be in no way surprising, ecologist Daniel Botkin Insists: Previous views of nature, either as an organic [44](1. food 2 element 3. whole) or as a divinely ordered house, clearly reflected the social languages available to those who sought to explain nature’s order.
8:2 だから,ドナ=ハラウェイによって入念に詳細にわたって研究された霊長類学の歴史もまた, 同様の社会的に制約された進化を示しているのである。チンパンジーとゴリラに関する調査と実 験の変わりゆく主題(母親の本能攻撃,競争)はその歴史的な時期における社会の関心を反映し ているのである。
8:2 So too, the history of primatology,* studied In careful detail by Donna Haraway, shows similar socially-bounded evolution; the changing topics of explorations and experiments on chimpanzees and gorillas (maternal instinct, aggression, competition) reflect the social concerns of their historical moment.
8:3 それは,動物行動学の秩序だった進化というよりむしろ現代アメリカ文化の歴史のように読め る。
8:3 It reads more like a history of contemporary American culture than orderly evolution of animal ethology. ** 8:4私たちの科学的な自然思想は,必然的にそれらが形成される場となった社会的条件と支配的な
比喩とを反映している。
8:4 Our scientific ideas of nature inevitably reflect the social conditions and dominant metaphors in which they were formed.
8:5 このことは必ずしも悪いことではない。
8:5 This is not necessarily bad.
8:6変わりゆく比喩とともに,世界を考慮し再構成する新しい方法がやってくるのである。
8:6 With changing metaphors come emerging ways of thinking about and [45] (1. reproducing 2. reinventing g 3. reaching) the world.
8:7科学は「社会的物体」を免れることはできない。
8:7 Science is not free of “social objects.”

[57]
The history of primatology is mentioned in the 8th paragraph in order to illustrate that

1. the scientific study of gorillas and chimpanzees has followed a socially conditioned path similar to the case of political ecology.
2. the topics of exploration in primatology have been discussed within the framework of cultural studies.
3. primatology and political ecology have used semantically similar metaphors when framing theories in their respective fields.
4. primatology has given political ecologists insightful ideas when they develop their thinking about the world.

・解答 [57]―1
>[57]「第8段で霊長類学に言及しているのは,( )を例証するためである」 1.「ゴリラとチンパンジーの科学的研究は,政治生態学の事例に類似した社会的に条件づけられ た経路をたどってきた」 2.「霊長類学の探求の話題は文化研究の枠組みの内部で議論されてきた」
3.「霊長類学と政治生態学は,それぞれの分野で理論を作り上げる際に意味論的に類似した比喩 を用いてきた」 4.「霊長類学は政治生態学者がその世界観を育むときに,彼らに洞察に満ちた発想を提供してき た」
霊長類学に対する言及の目的は,同段第2文「霊長類学の歴史もまた,同様の社会的に制約された
進化を示していた」に端的に示されている。ここで「同様の」とは,前段で示されたように,生 態学がその時代の支配的な社会的言語と前提を反映するのと同様だということ。すなわち,霊長 類研究に言及したのは,その研究もまた生態学同様,社会的言語と前提とを反映することを例証 するためだったのである。そのような理解にふさわしい選択肢は,1である。

■ 第9段落
9:1 また別の穏健な構成主義的な研究手法である,「社会制度的な構成主義」が認めるのは,そう した偏見が科学的な実践の構造的な一部であるが,にもかかわらず,それらは客観的な物質世界 の条件を決定するだけではないということなのだ。
9:1 An alternative soft constructivist approach, “social institutional constructivism,” allows that such biases are a structural par t of scientific practice, but that they nevertheless do not solely determine the conditions of the objective material world.

9:2 むしろ,科学のこうした概念的な偏向は,なぜ科学がときに事実を誤認するのかを説明するの に役立つ。
9:2 [46](1. Rather 2 Moreover 3. Hence) these conceptual biases in science help to explain why science some times gets facts wrong.
9:3社会制度的な構成主義論者にとって,誤った自然観念は,学界の必然的な「社会性」の産物な
のである。
9:3 For social institutional constructivists, wrong ideas about nature are a product of the inevitable “socialness” of scientific communities.
9:4 しかしながら,時間とともに,また実験と反証の進行につれて「社会的な」観念は私たちの自 然理解からは除去され,自然界の物体の正しい理解へと進んでいく。
9:4 Overtime, however, and through progressive experimentation and refutation the “social” ideas are purged from our understanding of nature, moving towards a true understanding of the objects of the natural world.

9:5社会制度的な構成主義論者の意見では,現代生態学と生命科学が,客観的な構造に対する自ら
の分析の基礎を支える比喩についてますます反省的になるにつれて,とりわけそう言えるようにな る。
9:5 This is especially true, a social institutional constructivist might argue, as contemporary ecology and life sciences become more and more reflexive about the metaphors that [47](1. understand 2. underpin 3. underestimate) their analysis of objective systems.

[58] The phrase “the inevitable ‘socialness’ of scientific communities” in the 9th paragraph means that when they develop their theories, scientists
1. can escape from the reality of being members of a social community.
2. must become aware of the social power over their communities.
3. must emphasize the roles of as society in which they live.
4. cannot be free from the influence of social construction.

・解答 [58]―4
>[58]「第9段の『学界の必然的な「社会性」という語句が意味しているのは,科学者がその理論を 育むときに,彼らは( )ということである」 1.「社会的な団体の一員であるという現実から逃避できる」
2.「自分たちの社会を支配する社会的な権力に気づかざるを得ない」
3.「自分たちの暮らす社会の役割を強調しなければならない」
4.「社会的な構成の及ぼす影響を免れることはできない」
第9段では,「学界の必然的な『社会性』」は「誤った自然思想」を生み出す原因であると指摘さ
れている。そして第8段には,科学が生む自然史思想は「必然的にそれらが形成される場となった 社会的条件と支配的な比喩とを反映」するのだという指摘がある。以上から,「必然的な社会性」 というのは,科学者に必ず影響を及ぼす社会的な要因のことだとわかる。そのような理解にふさ わしい選択肢は,4であると判断できる。

■ 第10段落
10:1政治生態学への取り組みとして,これはおそらく最もよくある魅力的な妥協であろう。
10:1 As an approach to political ecology, this is perhaps the most common and attractive compromise.
10:2大半の研究者の主張するところでは,知識はすべて多様であり,そして様々な経験は,生物学
者,遊牧民,歴史家,農民,森の民の経験と同様,自然世界の客観的な現実を解釈するためのき
わめて多様な分類上の構造を実際に生み出す。
10:2 Knowledges are all different, most researchers maintain, and different experiences, like those of biologists, herders, historians, famers, and foresters, [48』(1. counter-intuitively 2 are unlikely to
3. do indeed) produce extremely different categorical structures for interpreting the objective realities of the natural world.

10:3 そうではあっても,こうした知識は局所的な理解方法を,柔軟ではあるが厳密な科学的構造 へと組み込むことによって検証することができる。そして,そのような構造によって,現実から 神話をこし取り,よりよい,より解放的な知識を生み出すことになるだろう。
10:3 Even so, these knowledges can be examined by incorporating local ways of knowing into a flexible but rigorous scientific framework, which will distill myths from realities and produce better, more emancipatory knowledge.
10:4科学のもつ社会的に位置づけられた特性を認めながらであれば,そうした手法はなおも相争う
主張を検証するのに利用することができるのである。
10:4 [49](1. Acknowledging 2. Refuting 3. Reinforcing) the socially situated character of science, the method can still be used to test contested claims.

[59] Which of the following is stated in the 9th and 10th paragraphs as a claim of “social institutional constructivism”?
1. People categorize the world according to their own interests, and scientific knowledge is one type of categorization.
2. Science and social constructivism are essentially different practices, and do not permit a compromise between the two.
3. Life science and contemporary ecology are the areas of investigation which are socially institutionalized.

4. Due to its conceptual biases, social institutional constructivism cannot attain a true understanding of nature.

・解答 [59]―1
>[59]「次のうちどれが,第9段と第10段で『社会制度的な構成主義」の主張として述べられてい るか」 1.「人間は世界を自分自身の興味によって分類するのであり,また科学的な知識は一種の分類概 念である」 2.「科学と社会的な構成主義は本質的に異なる実践であり,両者の間の妥協は不可能である」
3.「生命科学と現代生態学は社会的に制度化された研究分野である」
4.「概念的な偏向のために,社会制度的な構成主義は自然の真の理解を達成することはできな い」1は第10段第2文の記述をまとめたものであり,制度的な構成主義の主張であると言える。 よって正解。2は第9段冒頭に反する。3については何かが社会制度化しているかどうかと,どんな 科学も社会的な影響を免れないという社会制度的な構成主義の主張とは関係がない。4は,第9段 第4文に反する。

■ 第12段落
12:1 どのようにして環境的な概念が有力で正しいものになるのかということに際立った興味をも つ一部の政治生態学者にとって、このことはきわめて不満足なものかもしれない。
12:1 For some political ecologists who are most definitely interested in how environmental concepts become powerful and true, this might be quite unsatisfactory.
12:2 そうした研究手法が機能するのは、自然に関する支配的な説明を含めて「誤っている」と私 たちが信じている物事を説明するためだけでしかなく、またその主張がどのようなものであるに しても、それらが誤っており、科学的に不ftであるとすでに確信している場合だけでしかない。 12:2 Such an approach only functions to explain things that we believe to be “wrong” including the dominant account of nature, and only if we are [50] (1. already 2. still 3. far from ) confident that whatever the claims are, they are wrong, and scientifically untrue.
12:3一般に、これはつまり、他者(国有石油保護論者や、世界銀行の役員、種子会社の代表者のよ
うな「敵」)の主張は「構成」であるとして処理できる一方で、他の団体(地方の放牧民や漁民
のような「味方」)の主張は環境的な「知識」として提示することができるということである。
12:3 Generally this means that the claims of others (“enemies” like state oil conservationists, World Bank officers, or seed company representatives) can be disposed of as “constructions,” while the claims of other parties (“allies” like local herders or fishermen) are held up as environmental “knowledge.”
12:4 こうした味方の知識でさえも、科学的実地検査に通らない場合には、それらもまた構成とな るのである。
12:4 Where even those allies’ knowledges fail the practical tests of science―whatever that is taken to mean―they too become constructions.

[60] The main idea of the 12th paragraph is that the constructivist approach
1. lacks a set of solid criteria to differentiate scientific facts from social constructions, and hence can be used arbitrarily.
2. highlights the social aspect of knowledge more strongly than the scientific aspect of knowledge, and thus produce social biases.
3. operates In such away as to rationalize the claims of those who do not maintain the dominant account of nature, and thus encourages a power struggle.
4. has an important function of telling what is wrong from what is right in a variety of claims about ecological concerns, thus functioning as Occam’s razor.

・解答 [60]―1
>[60]「構成主義的な研究手法は( )というのが,第12段の主旨である」 1.「科学的な事実を社会的な構成要素から区別するための一組の堅固な規準を欠いており,それ ゆえに恋意的に利用されることもありうる」

2.「知識の社会的な一面を,知識の科学的な一面よりも大きく強調するので,社会的な偏向を生 む」 3.「自然の支配的な説明を主張しない人々の主張を合理化するように作用し,それによって権力 闘争を奨励する」 4.「生態学的な関心事についての様々な主張の中で,間違っていることを正しいことから区別す るという重要な機能をもち,それゆえにオッカムのカミソリとして機能する」 1の前半は同段第2文が指摘する内容であり,後半は,最後の2文の指摘する内容である。よって正 解。2は構成主義的な研究手法が誤りを除去する手法である,とする本文の主旨に反する。3につ いては「権力闘争を奨励する」という記述がない。4は「オッカムのカミソリとして機能する」と いう記述はどこにもない。Occam’s razorとは「無用な複雑化を避け,採るべきだという原則」の ことである。

■ 第5段落
5:1偶発的な誤動作に加え,無線やネットワークに接続されている医療機器は悪意をもったハッ
カーによる攻撃にもさらされうる。
5:1 [34](1. As regards 2. Despite 3. In addition to) accidental malfunctions, wireless and networked medical devices are also vulnerable to attacks by malicious hackers.
5:2 フー博士と共同研究者は,埋め込み式の心臓除細動器を遠隔操作で再プログラムし,必要なと きに治療を行わせないようにしたり,さらに悪いことには,不要な電気ショックを与えたりする ようにできる方法を示したのである。
5:2 Dr. Fu and his colleagues showed how an implantable cardioverter defibrillator could be remotely reprogrammed either to withhold therapy when it is needed or, [35](1. as if 2. even worse
3. if so), to deliver unnecessary shocks.
5:3 ソフトウェアの検証となると,医療機器の製造業者には航空産業など他の高いリスクに対処す る業界で見られるような安全を重視する土壌がないばかりか彼らはソフトウェア工学の最新の進 歩にも追いつけていない,とフー博士は言う。
5:3 Dr. Fu says that when it comes to testing their software, device manufacturers lack the safety culture found in other high-risk industries such as aviation, and are failing to keep up with the latest advances in software engineering.

5:4 ペンシルベニア大学のコンピュータ科学教授であるインサップ=リー氏も同様の意見を口にす る。
5:4 Insup Lee, professor of computer science at the University of Pennsylvania, agrees:
5:5 「多くの製造業者はコンピュータ科学で開発されている新しい道具を活用する専門的能力も気
力もないのです」と。
5:5 “Many manufacturers do not have the expertise or the willingness to utilize new tools

[51] In the 5th paragraph, what does “safety culture” refer to? 1 National training for dangerous situations.
2. A culture in which medical safety laws are especially strong.
3. Countries with low levels of crime, like Denmark and Canada. 4 An organizational situation in which safety is of first importance.

・解答 [51]―4
>[51]「第5段の『安全重視の土壌』が指すのは次のうちどれか」に対する正解は,4.「安全が最重 要とされる組織の状況」である。このcultureは「風土,組織の基本姿勢」という意味。 1.「危険な状況に対する国家レベルでの訓練」
2.「医療の安全に関する法律がとりわけ強力な文化」
3.「デンマークやカナダのように犯罪率の低い国」

■ 第14段落

14:1 アメリカの規制のしくみを全面的に回避しようとする者もいる。
14:1 Others are skirting America’s regulatory system altogether.
14:2 手術用ロボットのレイブンは動物を対象とする研究用途のものとされ,一方オープンソース医
療機器を用いた撮影装置はラットやウサギにしか使えない大きさになる。
14:2 The Raven surgical robot is intended for research use on animals, while the Open Source Medical Device scanner will be large enough only to [47](1. accommodate 2. eradicate 3. relocate) rats and rabbits.
14:3 しかし,誰かがその設計を採用して,他国の規制過程を通すのを妨げるものは何もない,と
マッキー博士は言う。
14:3 However, says Dr. Mackie, there is nothing to stop anyone taking the design and putting it through a regulatory process in another country.
14:4 「厳格な規制が存在しない国でこれらの機器が人間に使われるかもしれない」と彼は言う。 14:4 “It may even happen that the device will be used on humans in parts of the world where strict regulation does not exist,” he says.
14:5 「そのように使われるときには,誰も傷つけないようにしっかり設計されることを期待しま す」
14:5 “We would hope that if it is used in such a way, it will be well-enough-designed not to hurt anybody.”

[53] What does the quotation in the last two sentences of the 14th paragraph indicate?
1. The belief of the speaker that the regulations for open-source medical equipment should be less strict.
2. An admission that if not used correctly, the technology could be dangerous.
3. The possibility that foreign countries are more advanced in the design of open-source devices. 4 Only through internationalization can open-source technologies become readily available.

・解答 [53]―2
>[53]「第14段の最後の2文の引用が示すのは次のうちどれか」に対する正解は,2.「正しく使わな ければその技術は危険なものとなりうると認めていること」である。同段最終文では《願望》を 表すwouldとhopeが用いられ,「オープンソースを用いた医療機器が人体に使用される場合,安 全性が十分に考慮されることを願う」と述べられている。つまり,安全性が高められていない状 態での使用は望ましいことではない,という懸念を言外に伝えていることになる。 1.「オープンソースの医療機器に対する規制を現状ほど厳格ではなくすべきだと筆者が考えてい ること」
3.「オープンソース機器の設計で外国のほうが進んでいるという可能性」
4.「国際化によってしか,オープンソース技術は簡単に利用できるようにはならないだろう」

■ 第18段落
18:1 こうした変化は早すぎるということはない。
18:1 Such changes cannot happen too soon.
18:2 「飛行機が墜落すれば気がつく人がいます。でも,医療機器のせいで傷つく人が1人か2人い ても,あるいは国内のいろいろな場所で傷つく人が100人いても,誰も気がつきません」とフー博 士は言う。
18:2 “When a plane falls out of the sky, people notice,” says Dr. Fu. “But when one or two people are hurt by a medical device, or even if hundreds are hurt in different parts of the country, nobody notices.”
18:3 これまでにもまして複雑な機器が使われるようになると,医療技術の隠されている核心部分 をあらわにすることには大きな意味がある。
18:3 With ever more complex devices, opening up the hidden heart of medical technology makes a great deal of sense.

[56] In the last paragraph, Dr. Fu’s comment, “When a plane falls out of the sky, people notice,” can be taken to mean that
1. the dramatic nature of airplane failures bring more attention and faster change than medical software failures.
2. people are more likely to notice very dramatic events, so only when someone dies from medical software, will change occur.
3. the medical industry has nothing to learn from the aviation industry. 4 aviation disasters are more important than medical disasters.

・解答 [56]―1
>[56]「最終段のフー博士の発言『飛行機が墜落すれば気がつく人がいます」が意味すると考えら れるのは」に続けるべきものは,1.「飛行機の故障は顕著なものであるために,医療機器の故障 に比べて多くの注目を浴び,速い変化をもたらす」である。Butで始まる引用文の内容と対比させ て考えるとよい。 2.「非常に激しい出来事のほうが気がつきやすいので,医療ソフトウェアで死者が出ないと変化 は起こらない」
3.「医療産業は航空産業から学べることは何もない」
4.「航空の惨事は医療の惨事よりも重要だ」

■ 第1段落
1:1 イスラエルの監獄で服役している3人の男が最近,ユダヤ系イスラエル人の仮釈放判事の前に 現れた。
1:1 Three men serving time in Israeli prisons recently appeared before a Jewish Israeli parole judge.
1:2 3人の囚人は少なくとも判決の刑期の3分の2を終えていたが,仮釈放会議は3人のうちたった一
人にしか自由を認めなかった。
1:2 The three prisoners had completed at least two-thirds of their sentences, but the parole board granted freedom to only one of them.
1:3 どの囚人だと思うか。
1:3 Guess which one:
1:4事例1(午前8時50分審理):詐欺で,刑期30カ月のアラブ系イスラエル人
1:4 Case 1 (heard at 8:50 a.m.): An Arab Israeli serving a 30 month sentence for fraud.
1:5事例2(午後3時10分審理):暴行で刑期16カ月のユダヤ系イスラエル人。
1:5 Case 2 (heard at 3:10 p.m.): A Jewish Israeli serving a 16 month sentence for assault.
1:6事例3(午後4時25分審理):詐欺で刑期30カ月のアラブ系イスラエル人。
1:6 Case 3 (heard at 4:25 p.m.): An Arab Israeli serving a 30 month sentence for fraud.

■ 第2段落
2:1 判事の決定には,あるパタ―ンがあったが,それは男たちの民族的な背景にも,犯罪にも,刑
期にも関係はなかった
2:1 There was a pattern to the judge’s decisions, but it wasn’t related to the men’s [1] (] 1. educational 2. ethnic 3. employment) backgrounds, crimes or sentences.
2:2 研究者が1100件以上の仮釈放決定を分析することによって発見したところでは,その本質はタ
イミングであった。
2:2 It was all about timing, as researchers discovered by analyzing more than 1,100 parole decisions.

2:3 判事は事案の約3分の1に仮釈放を認めたが,仮釈放の確率は一日の間に激しく変動した。

2:3 Judges approved parole in about a third of the cases, but the probability of being paroled fluctuated [2] (1. minimally 2. wildly. randomly) throughout the day.
2:4 早朝に出頭した囚人はその時間帯の約70%で仮釈放を認められたが,一方その日遅くに出頭し
た囚人が仮釈放になったのは,その時間帯の10%に満たなかった。
2:4 Prisoners who appeared early in the morning received parole about 70 percent of the time, while those who appeared late in the day were paroled less than 10 percent of the time.
2:5 結果として,その日釈放されたのは午前8時50分に出頭した男だけだった。午後4時25分に出頭
した男は,同じ罪を犯し,同じ判決を受けていたのに,である。
2:5 As a result, it was only the man at 8:50 a.m. who was set free that day, even though the man at 4:25 p.m. had committed the same crime with the Same Sentence.

[21] Why does the 1st paragraph make note of whether the men were Jewish Israeli or Arab Israeli?
1. To add human interest to the article.
2. It might adversely affect the judge’s ruling.
3. To show that some of the men were foreigners.
4. Jewish and Arab cultures “ink about time differently.

・解答 [21]―2
>[21]「なぜ第1段は男たちがユダヤ系イスラエル人かアラブ系イスラエル人かに注目したのか」 1. 「本文に人間的な興味を加えるため」
2. 「それが判事の決定に悪影響を及ぼすかもしれない」
3. 「男たちのうち数人は外国人であることを示すため」
4. 「ユダヤとアラブの文化は時間について違った考え方をしている」
第2段冒頭に「判事の決定には、あるパターンがあった」とあるように,研究はパターンを明らか にすべくなされたのである。そのパターンの要素として、第1段に「民族」があげられていたので ある。よって、正解は、民族が決定のパターンの要因かもしれないと考えたから、といった意味 になっているものだと考えられる。このような検討にふさわしいものは、2である。

■ 第12段落
12:1 ブドウ糖の恩恵は,本文冒頭で言及したイスラエルの仮釈放会議の研究では紛れもなかっ た。
12:1 The benefits of glucose were [18] (1. unmistakable 2. inconsequential. unobservable) in the study of the Israeli parole board mentioned at the beginning of this article.
12:2 午前半ばに,仮釈放会議は休憩することになり,判事はサンドイッチと果物を一つ振る舞わ
れるようになった。
12:2 In midmorning, the parole board would take a break, and the judges would be served a sandwich and a piece of fruit.
12:3 休憩直前に出頭した囚人は,仮釈放を得られる可能性はほぼ20%にすぎなかったが直後に出
頭した者は,おおよそ65%の可能性になった。
12:3 The prisoners who appeared just before the break had only about a 20 percent chance of getting parole, but the ones appearing right after had around a 65 percent chance.
12:4 さらに時が過ぎていくと,午前中には確率は再び下降し,実際囚人たちは昼食直前に判事の 前に出るのを嫌がった。その時期に仮釈放になる可能性は,たったの10%であった。
12:4 The odds dropped again as the morning wore on, and prisoners really didn’t want to appear just before lunch: the chance of getting parole at that time was only 10 percent.
12:5 昼食後は,それが60%まで跳ね上がったが,といってもほんの短期間だけであった。
12:5 After lunch it soared up to 60 percent, but only [19] (1. somewhat 2. briefly. nominally).
12:6 午後3時10分に出頭したユダヤ系イスラエル人の囚人が,暴行罪の刑からの仮釈放を与えられ
なかったのを覚えているだろうか。

12:6 Remember that Jewish Israeli prisoner who appeared at 3:10 p.m. and was denied parole from his sentence for assault?
12:7 彼は不運にも,昼食後の審理の6事例目であった。
12:7 He had the misfortune of being the sixth case heard after lunch.
12:8 しかし同じ犯罪で同じ刑に服していたもう一人のユダヤ系イスラエル人の囚人は幸運にも午 後1時27分に出頭し,昼食後最初の事例となって,彼には仮釈放が与えられたのだった。
12:8 But another Jewish Israeli prisoner serving the same sentence for the same crime was lucky enough to appear at 1:27 p.m., the first case after lunch, and he was rewarded with parole.
12:9 彼には司法制度が機能している好例に思われたに違いないが,実はそれはおそらく事件の詳
細よりも,判事のブドウ糖値の方により関係していたのである。
12:9 It must have seemed to him like a fine example of the justice system at work, but [20](1. in addition 2. in actuality 3 . In sum,) it probably had more to do with the judge’s glucose levels than the details of his case.

[22] What reason does the article suggest for the man from Case 2 being denied parole?
1. He had not completed enough of his sentence.
2. He was the victim of ethnic discrimination.
3. He had his hearing at the wrong time.
4. He was a dangerous violent of ender.

・解答 [22]―3
>[22]「本文は事例2の男が仮釈放を認められなかったのはどうしてであると示唆しているか」 1. 「彼は刑期を十分に勤めていなかったから」
2. 「彼は民族差別の犠牲者だったから」
3. 「彼は悪い時期に聴聞を受けたから」
4. 「彼は危険な暴力的な犯罪者だから」
最終段に「午後3時10分に出頭したユダヤ系イスラエル人の囚人が、暴行罪の刑からの仮釈放を与
えられなかったのを覚えているだろうか。彼は不運にも、昼食後の審理の6事例目であった」とあ るから、「時期が悪かった」のである。よって正解は3に決まる。

■ 第6段落
6:1 「終わり頃には,言われたら何でもしていたでしょうね」と,トゥウェンジは新たに同僚と なった人たちに語った。
6:1 By the end, you could have [6] (1. changed 2. talked. 3. invited) me into anything,” Twinge told her new colleagues.
6:2 その症状は彼らにもおなじみのことであるように思え,それで彼らはひらめいた。
6:2 The symptoms sounded familiar to them too, and gave them an idea.
6:3 彼らはいろいろな小物を購入し,それを実験の被験者に提示した。
6:3 They purchased a range of simple products and presented them to their experimental subjects.
6: 被験者は,実験の見返りに,実験終了時に品物を一つもらえるが,まずは連続して選択をしな
いといけないと告げられた。
6:4 The subjects were told that, in return for doing the experiment, they would [7] (1. have 2. expect. 3. get) to keep one item at the end of the experiment, but first they had to make a series of choices.
6:5 ペンかろうそくか。
6:5 Would they prefer a pen or a candle?
6:6 バニラの匂うろうそくかアーモンドの匂いのものか。
6:6 A vanilla scented candle or an almond scented one?

6:7 ろうそくかTシャツか。
6:7 A candle or a T-shirt?
6:8 黒のTシャツか赤のか。
6:8 A black T-shirt or a red T-shirt?
6:9 一方で,対照群の「決断不要者たち」は同じ長さの期間をこうした同じ品物すべてを,何も選
択することなくどれにするか熟慮するのに費やした。
6:9 [8](1. Meanwhile 2. Furthermore 3. All the same), a control group of “nondeciders” spent an equally long period contemplating all these same products without having to make any choices.

6:10 後になって参加者全員に,自制心を量る共通検査が課せられた。できる限り長く手を氷水に
つけておくのである。
6:10 Afterward, all the participants were given a common test of self-control: holding your hand in ice water for as long as you can.
6:11 手を引っ込めたいという衝動が起きるから,手を水につけておくには自制心が必要になる。
6:11 The impulse is to pull your hand out, so self-discipline is needed to keep the hand underwater.
6:12 決断を経た人々ははるかに早くやめてしまった。彼らは28秒もったが,決断しなかった人の
平均67秒の半分以下だったのである。
6:12 The deciders gave up much faster; they lasted 28 seconds, less than half the 67-second average of the nondeciders.
6:13 すべてそういった選択を行ったことが,彼らの意志力をしぼり取ってしまったように見え る。
6:13 Making all those choices had apparently [9] (1. bolstered 2. restored 3. sapped) their willpower.
6:14 決断疲労が起きたのだ。
6:14 They had decision fatigue.

[24] Why did the “nondeciders” discussed in the 6th paragraph find it easier to keep their hands in the ice water?
1. They were naturally more strong-willed
2. They had not made any decisions.
3. They were reluctant to make any trade-offs
4. They were not trying to keep any products

・解答 [24]―2
>[24]「なぜ第6段で論じられている『決断不要者」の方が氷水に手を漬けているのを,たやすいと
思ったのか」
1. 「彼らは元来,意志がより強かったから」
2. 「彼らは決断を下さなかったから」
3. 「彼らは考量を一切したくなかったから」
4. 「彼らは品物を何も取っておこうとしなかったから」
設問[8]を含む文に「『決断不要者たち』は同じ長さの期間をこうした同じ品物すべてを,何も選
択することなくどれにするか熟慮するのに費やした」とある。よって,選択=決断することなく時 間を過ごしていたために決断疲労が起きなかったとわかる。そのような意味になっているのは2で ある。

■ 第7段落
7:1 いったん精神的に消耗すると,比較考量をしようとしなくなることが判明している。
7:1 It turns out that once you’re mentally depleted, you become reluctant to make trade-offs.
7:2 買い物をしているなら,たった一つの次元,例えば価格しか見なくなりがちである。「一番安
いものを下さい」である。

7:2 If you’re shopping, you’re liable to look at only one dimension, like price: “just give me the cheapest.”
7:3 あるいは,品質をみるのに没頭する。「最高のものがほしい」である。
7:3 Or you indulge yourself by looking at quality: “I want the very best.”
7:4 決断疲労によって,販売時期の決め方を知っている市場の商人たちに,弱みにつけ込まれやす
くなってしまうのである。
7:4 Decision fatigue leaves you [10] (1. indifferent 2. vulnerable. resistant) to marketers who know how to time their sales.

[25] Using the phenomenon described in the article, how could marketers take advantage of customers?
1. By announcing a surprise early-morning sale.
2. By emphasizing the trade-offs between price and quality.
3. By beginning an unannounced sale late in the day.
4. By offering expensive products at low prices.

・解答 [25]―3
>[25]「どのように市場の商人たちは,本文に記述されている現象を用いて顧客の弱みにつけ込む ことができるか」
1. 「意表をつく早朝販売を告知することによって」
2. 「価格と品質の間の妥協点を強調することによって」
3. 「その日遅くに予告なしの販売を行うことによって」
4. 「高価な賞品を低価格で提供することによって」
第7段最終文に「決断疲労によって,販売時期の決め方を知っている市場の商人たちに,弱みにつ け込まれやすくなってしまうのである」とある。ということは,決断疲労に陥った頃を見計らっ て販売すれば,売りたいものを買ってもらえる,ということになる。それにふさわしい販売方法 は3と判断できる。

■ 第8段落
8:1 買い物はとりわけ貧しい人々にとって,疲弊を招くことがある。彼らは続けざまに比較考量に 苦しまなければいけないからである。
8:1 Shopping can be especially tiring for the poor, who have to struggle continually with trade-offs.
8:2 先進国の人々の大半は,多くの時間を,セッケンを買う余裕があるかどうかに悩んで過ごした
りはしないだろうが,インドの農村ではそれは,消耗させる選択になりうる。
8:2 Most of us in developed countries won’t spend a lot of time agonizing over whether we can afford to buy soap, but it can be a depleting choice in rural India.
8:3 ある経済学者が北西インドの20ヶ村の人々に,アメリカドル20セント未満相ft額で,2個のブ ランド品のセッケンを買う機会を提供した。
8:3 An economist offered people in 20 villages in northwestern India the chance to buy a couple of bars of brand-name soap for the equivalent of less than 20 US cents.
8:4 それは通常価格より大幅な値引きであったが,それでもなおその価額は最貧の10ヶ村の人々に とっては大負担であった。
8:4 It was a [11] (1. scant 2. shallow 3. steep) discount off the regular price, yet even that sum was a strain for the people in the 10 poorest villages.
8:5 セッケンを買ったかどうかにかかわらず,意思決定行為によって彼らは,どれだけ長く柄を
握っていられるかの検査で後に測定したところでは,意志力が弱まってしまっていた。
8:5 Whether or not they bought the soap, the act of making the decision left them with less willpower, as measured afterward in a test of how long they could squeeze a hand grip.
8:6 ほんの少しだけ豊かな村では,人々の意志力は有意に影響されることはなかった。
8:6 In the slightly more [12] (1. sanitary 2. affluent 3. determined) villages, peoples willpower wasn’t affected significantly.

8:7 より多くの資金をもっているがゆえに,彼らはセツケンと,例えば食物や薬との利益を考量す るのに同じだけの労力を費やす必要はなかったのである。
8:7 Because they had more money, they didn’t have to spend as much effort weighing the merits of the soap versus, say, food or medicine.

■ 第9段落
9:1 研究者は,この種の決断疲労は人々を貧困の中に封じ込める主因であると論じている。
9:1 Researchers argue that this sort of decision fatigue is a major factor trapping people in poverty.
9:2 経済状況のためにきわめて多くの比較考量を強いられるせいで彼らは学校,労働,その他の中
産階級へと自分たちを押し上げてくれるかもしれない活動に使う意志力が低下する。
9:2 [13](1. Although 2. Until 3. Because) their financial situation forces them to make so many trade-offs, they have less willpower to devote to school, work and other activities that might get them into the middle class.
9:3 研究に次ぐ研究から,自制心の低下が他の多くの問題と同様に,低収入とも相関することが示
されてきた。自制心の減退は「当然だとは言えない貧困」という概念,生活保護を受ける母親が 食料クーポンを使ってジャンクフードを買っているというイメージが典型であるが,そうした考え に結びついてきた。しかし,研究者たちは乏しい予算で終日,決断を行う人に同情を寄せるよう に求める。
9:3 Study after study has shown that low self-control correlates with low income as well as with a host of other problems. Lapses in self-control have led to the notion of the “undeserving poor”―epitomized by the image of the welfare mom using food stamps to buy junk food―but researchers urge sympathy for someone who makes decisions all day on a [14](1. tight 2. narrow
3. tense) budget.
9:4 ある研究では,貧しい人とお金持ちが買い物に行くと,貧しい人々は買い物をしている間に何 か食べる可能性がはるかに高いということが示された。
9:4 In one study, it was found that when the poor and the rich go shopping, the poor are much more likely to eat during the shopping trip.
9:5 これで彼らの人格の弱さが確認されたように思えるかもしれないがもしスーパーマーケットへ 行くことで,貧しい人々にお金持ちよりも決断疲労がたくさん起きることになるのなら,という のもそれぞれの買い物にははるかに多く,頭の中で比較考量が必要になるからであるが,そうで あれば彼らがレジにやってくる頃には,そこに並んでいるチョコレートやキャンディに抗うだけ の意志力は彼らには残っていないだろう。
9:5 This might seem like confirmation of their weak character, but if a trip to the supermarket induces more decision fatigue in the poor than in the rich―because each purchase requires more mental trade-offs by the time they reach the cash register, they’ll have less willpower left to resist the chocolate bars and candies displayed there.

9:6 こうした品目が「衝動買い商品」と呼ばれるのは,十分に理由がある。
9:6 Not for [15] (1. anything2. something. nothing) are these items called “impulse purchases.”

[26]Which of the following is the best summary of the problem addressed in the 8th and 9th paragraphs?
1. Rich people often look down on poor people for their poor hygiene without appreciating the cost of toiletries.
2. Rich people often look down on poor people, thinking that they simply lack willpower, without understanding their difficult lives.
3. Poor people are poor because they have weak characters, which causes many problems in their personal and financial lives.
4. Poor people have less willpower due to the strain of living in poverty which makes it difficult to succeed.

・解答 [26]―4
>[26]「第8・9段で取り組まれている問題の要約として,次のうちどれが最もよいか」

1. 「お金持ちはしばしば貧乏な人を,洗面用具の費用を正しく評価することなく衛生状態が悪い といって見下す」
2. 「お金持ちは,貧乏な人はまったく意志力に欠けると考えて,困難な暮らしを理解せずに,彼 らを見下す」
3. 「貧乏な人が貧しいのは,彼らの性格がひ弱でそのために多くの問題が個人的なあるいは経済 的な生活上で生じてくるからである」
4. 「貧乏な人は,貧困な暮らしをしている重圧のせいで意志力が低下しそのため成功することが 困難になってしまう」 第8・9段で述べられていたのは,貧しいゆえに,ちょっとしたものを買うのにも苦心し,そのせ
いで意志力の低下が生じ,それが貧困を脱することを一層困難にするのである,という事態であ る。それを的確に指摘しているのは,4であると判断できる。

■ 第10段落
10:1 ただこれだけの理由で,甘いお菓子がレジで目につくように大きく扱われているわけではな い。
10:1 This isn’t the only reason that sweet snacks are featured prominently at the cash register.
10:2 意志力が低下すると,人々はとりわけ糖分一発をすぐ提供してくれるものなら何にでも弱く
なってしまう。
10:2 With their willpower reduced, people are especially vulnerable to anything offering a quick hit of sugar.

10:3 スーパーマーケットははるか昔にこれを考えついたが,それがなぜなのかを研究者が発見し たのは,つい最近のことにすぎなかった。
10:3 While supermarkets figured this out a long time ago, only recently did researchers discover [16] (1. how 2. why. when).

[27]Which of the following is NOT a reason that supermarkets place chocolate and candy near the cash register according to the article?
1. People with decision fatigue will be enticed in to buying them.
2. Decisive people will be enticed in to buying them.
3. People often crave sugar when they are mentally depleted.
4. Supermarkets have many years of experience recommending this.

・解答 [27]―2
>[27]「本文によると,次のうちスーパーマーケットがチョコレートやキャンディをレジの近くに
置いている理由だと言えないものはどれか」
1. 「決断疲労に陥っている人々は,それらを買うように誘われてしまう」
2. 「決断力のある人々は,それらを買うように誘われてしまう」
3. 「人々はしばしば,精神的に消耗していると砂糖がたまらなくほしくなる」
4. |スーパーマーケットはこれを勧めてきた長年の経験がある」
第9段の最終から2文目に「それぞれの買い物に,頭の中でより多くの比較考量が必要になるた め,彼らがレジにやってくる頃には,そこに並んでいるチョコレートやキャンディに抗うだけの意 志力は彼らには残っていないだろう」とあるので,「決断疲労」のために,レジのそばに食べ物 を置いておくとそれが売れるということがわかる。第10段第2文には「意志力が低下すると,人々 はとりわけ糖分一発をすぐ提供してくれるものなら何にでも弱くなってしまう」とあり,また最終 文前半に「スーパーマーケットは,はるか昔にこれがわかっていた」とある。よって,1,3,4は いずれも理由となるので,正解は2に決まる。

■ 第12段落
12:1 ブドウ糖の恩恵は,本文冒頭で言及したイスラエルの仮釈放会議の研究では紛れもなかっ た。
12:1 The benefits of glucose were [18] (1. unmistakable 2. inconsequential. unobservable) in the study of the Israeli parole board mentioned at the beginning of this article.

12:2 午前半ばに,仮釈放会議は休憩することになり,判事はサンドイッチと果物を一つ振る舞わ
れるようになった。
12:2 In midmorning, the parole board would take a break, and the judges would be served a sandwich and a piece of fruit.
12:3 休憩直前に出頭した囚人は,仮釈放を得られる可能性はほぼ20%にすぎなかったが直後に出
頭した者は,おおよそ65%の可能性になった。
12:3 The prisoners who appeared just before the break had only about a 20 percent chance of getting parole, but the ones appearing right after had around a 65 percent chance.
12:4 さらに時が過ぎていくと,午前中には確率は再び下降し,実際囚人たちは昼食直前に判事の 前に出るのを嫌がった。その時期に仮釈放になる可能性は,たったの10%であった。
12:4 The odds dropped again as the morning wore on, and prisoners really didn’t want to appear just before lunch: the chance of getting parole at that time was only 10 percent.
12:5 昼食後は,それが60%まで跳ね上がったが,といってもほんの短期間だけであった。
12:5 After lunch it soared up to 60 percent, but only [19] (1. somewhat 2. briefly. nominally).
12:6 午後3時10分に出頭したユダヤ系イスラエル人の囚人が,暴行罪の刑からの仮釈放を与えられ
なかったのを覚えているだろうか。
12:6 Remember that Jewish Israeli prisoner who appeared at 3:10 p.m. and was denied parole from his sentence for assault?
12:7 彼は不運にも,昼食後の審理の6事例目であった。
12:7 He had the misfortune of being the sixth case heard after lunch.
12:8 しかし同じ犯罪で同じ刑に服していたもう一人のユダヤ系イスラエル人の囚人は幸運にも午 後1時27分に出頭し,昼食後最初の事例となって,彼には仮釈放が与えられたのだった。
12:8 But another Jewish Israeli prisoner serving the same sentence for the same crime was lucky enough to appear at 1:27 p.m., the first case after lunch, and he was rewarded with parole.
12:9 彼には司法制度が機能している好例に思われたに違いないが,実はそれはおそらく事件の詳
細よりも,判事のブドウ糖値の方により関係していたのである。
12:9 It must have seemed to him like a fine example of the justice system at work, but [20](1. in addition 2. in actuality 3 . In sum,) it probably had more to do with the judge’s glucose levels than the details of his case.

[29] What did the author mean in the 12th paragraph when he suggested that “prisoners really didn’t want to appear just before lunch”?
1. The judge was getting hungry and likely looking forward to his midmorning snack.
2. The judge’s glucose levels were low and he was less likely to make good decisions.
3. The probability of being found guilty at that time was very high.
4. The probability of being denied parole at that time was very low.

・解答 [29]―2
>[29]「第12段で著者が『囚人たちは昼食直前に出頭したくはなかった』
言うとき,その言わんとすることは何であったか」
1. 「判事はお腹が減ってきて,たぶん午前半ばの軽食を楽しみに待っていた」
2. 「判事のブドウ糖の値は下がっていて,彼はよい判断ができそうになかった」
3. 「そのときに有罪だとされる確率はかなり高かった」
4. 「そのときに仮釈放が認められない確率はかなり低かった」
本文のように,囚人たちが昼食前に出頭したくない理由は,設問にあげられたprisoners really…の 直前に示されているように「仮釈放が認められる確率が午前中に再び低下する」からであり,そ れは判事の糖分レベルが低下するからに他ならない。そのような内容をもっている選択肢は,2で ある。

■ 第5段落
5:1 フェイスブックでの共有にもとづく自己は,より向上心をかきたてるものである。
5:1 Facebook’s share-based self is more aspirational:
5:2 フェイスブックは,あなたをあなたが言ったこと以上に評価してくれるものであり,他人にそ う見られたいと思っている通りに自分を表してくれるのである。
5:2 Facebook takes you more at your word, presenting you as you’d like to be seen by others.
5:3 フェイスブック上の自己は,ブラックボックスにたとえられるものよりもむしろ演技に近いも のであり,究極的にはグーグルが追跡する信号のまとまりよりも社会性がはっきりしたものであ る。
5:3 Your Facebook self is more of a performance, less of a metaphorical black box, and ultimately it may be more prosocial than the bundle of signals Google tracks.

5:4 しかし,フェイスブック上の自己にも欠点はある。フェイスブックが他人に見せようとする自 分をもとにすればするほど,私的な興味や関心が入り込む余地は少なくなるのである。
5:4 But the Facebook approach has its downsides as well―to the extent that Facebook draws on the more public self, it necessarily has [8](1. no rooms 2. less room 3. a tiny room) for private interests and concerns.
5:5先に取り上げたカミングアウトしていないゲイの少年のフェイスブック上での情報環境は,不
完全なままになるのだ。
5:5 The same closeted gay teenager’s information environment on Facebook remains [9](1 inhuman 2, incomplete . indifferent).

[23] Which of the following would be closest in meaning to the phrase “more of a performance, less of a metaphorical black box” as mentioned in the 5th paragraph?
1. Facebook is concerned with what you show, rather than what you click.
2. You are more of what you do than what you feel.
3. Treat others as you would like to be treated.
4. You hide what people want to see rather than what you want to show.

・解答 [23]―1
>[23]「第5段で言及される『ブラックボックスにたとえられるものよりもむしろ演技に近いもの』 という表現に意味が最も近いのは次のうちどれか」に対する正解は,1.「フェイスブックは利用 者がクリックするものにではなく,利用者が見せるものに関心がある」である。ft該部分は, フェイスブックのシェアにもとづいた自己とグーグルの捉える自己とを対比したもの。A performanceは,ここではフェイスブック上で自分が他人に見せたい自己像を反映させた情報を他 人と共有する行為を意味し,metaphorical black boxは,クリックやウェブの閲覧履歴を意味して いる。この対応関係を読み解くことがポイント。2.「自我は自分の感じるところよりも自分のす るところのものなのだ」
3.「他人からされたいように他人に接しなさい」
4.「他人に見せたいものではなく,他人が見たいものを隠すものである」

■ 第7段落
7:1 ロボット工学の専門家は,生きているものによく似たものを作ろうとするときにさまざまな問 題に遭遇する。
7:1 Robotics engineers frequently run [11](1. down 2. into 3. over) problems when attempting to create realistic reflections of life.

7:2中途半端に生きているように見せられた人型のものや,プラスチックのような質感の人面ロ ボットを見ると,関係がとり結べないという違和感を覚えるものである。いわゆる「不気味の谷 現象」だ。
7:2 There can actually be an uncomfortable sense of disconnect that one feels when looking at imperfectly animated humans or plastic-looking, human-faced robots―the so-called “uncanny valley.”
7:3問題なのは,データが必ずしも現実を表すとは限らない点である。
7:3 The problem is that the data do not necessarily represent reality.
7:4 フェイスブックやグーグルも実は,個人の人格を把握しようとするうえで似たような問題を経
験していると言える。
7:4 We can say that Facebook and Google are in fact experiencing similar problems in their efforts to capture individual personalities.

7:5 フェイスブックについて言えば,利用者は世界に対して見せる仮面,現在のところは不完全で 説得力のないものを実のところは作っているのである。
7:5 With Facebook, users are actually creating a mask to show the world, but at the moment it is an imperfect and unconvincing one.
7:6 グーグルの枠組みについて言えば,利用者について作成された人格の素描にも,フェイスブッ クとは異なるものだが,欠点がある。
7:6 With the Google paradigm, the personality sketch created of users is also flawed, albeit differently.
7:7 この点は,あるユーザーがオンライン上でとる行動の諸要素がその人の個性を表すと誤解して いることに原因がある。
7:7 This is due to misinterpreting aspects of a given customer’s online behavior as being indicative of his or her identity.
7:8 インターネットは個人を十分に表現するものではなく,今のところはまがいものの複製自己し か提示できないと言える。
7:8 It could be said that rather than a good representation of self, right now the Internet can only provide a shoddy doppelganger.

[24] Which of the following is claimed by the 7th paragraph?
1. Facebook encourages users to put up a façade to hide their true identities on the Internet.
2. Neither robotics engineering nor social networking has solved the problem of the “uncanny valley”
3. With Google’s personality profile method, you show the world an imperfect version of yourself.
4. Internet services can learn from other technological fields to overcome the problems of online identity.

・解答 [24]―2
>[24]「第7段で主張されているのは次のうちどれか」に対する正解は,2.「ロボット工学もソー シャルネットワーキングも『不気味の谷現象』という問題を解決してはいない」である。ft段で は,第1文でロボット工学を引き合いに出し,「人間を模すことの困難さ」という問題を示したう えで,第4文で「同様の問題にフェイスブックもグーグルも直面している」と話題を展開してい る。この第4文が,ft段のトピックセンテンスとなっているので,ここから筆者の主張を捉えれば よい。 1.「フェイスブックは利用者にインターネット上で本ftの自己を隠すための仮面をかぶることを 推奨する」 3.「グーグルが人格を構築する方法を用いると,世界に対して不完全な自己を見せることにな る」 4.「インターネットサービスはオンラインでの自己の問題を克服するために他の技術分野から学 ぶことができる」

■ 第8段落

8:1 フェイスブックの創業者であるマーク=ザッカーバーグは,我々の
「自己は1つ」であると主張しているが,この主張がフェイスブックの個人化モデルの根本となっ ている。
8:1 Mark Zuckerberg, the founder of Facebook, claims that we have “one identity”, a claim that has become the foundation of the Facebook personalization model.

8:2 しかし,心理学者はこうした誤解に警鐘を鳴らす。
8:2 Psychologists, however, warn us against this misconception.
8:3 しかし,心理学者はこうした誤解に警鐘を鳴らす。
8:3 We tend to explain people’s behavior in terms of their unchanging inner traits rather than the situations in which they’re placed.
8:4 その場の状況が大きな役割を果たしているのが明らかな場面においても,個人の行動と人格と を区別するのは難しいのである。
8:4 Even in situations where the context clearly plays a major role, we find it hard to separate [12] (1. how 2. when 3.where) someone behaves from who she is.

[25] In order to avoid the misconception discussed in the 8th paragraph, it would be necessary to
1. take into consideration people’s psychological factors as well as behavioral patterns.
2. regard people’s personality based on various behaviors in different situations.
3. distinguish behaviors visible from the outside from feelings buried inside the heart.
4. realize there is no consistency to be found when you observe someone’s behaviors.

・解答 [25]―2
>[25]「第8段で論じられている誤解を避けるためには,( )をする必要がある」に対する正解 は,2.「個性が様々な状況での多様な行動にもとづくものだと考えること」である。 misconceptionは同段第1文にあるように自己をone identityと考えるものである。その具体的な内 容は,同段第3文で示されている。そこでは人のふるまいを,状況にもとづくものではなく,「変 わらない内的な特性がある」という見方にもとづいて解釈しようとする傾向があると述べられて いる。これが誤解を生む考えなのであれば,この逆の考え方をすればよいとわかる。 1.「行動の傾向だけではなく心理的な要因も考慮すること」
3.「外から見える行動と心の奥底に秘められた感情とを区別すること」
4.「誰かのふるまいを観察した際に,そこにいかなる一貫性も見られないことを理解すること」

■ 第11段落
11:1自己を1つと考えることの問題は,自己とは何かについてゆがんだ見方をしている企業に対
し,最も秘密にしておくべき情報を渡してしまうことがはらむ危険性を示している。

11:1 The one-identity problem illustrates one of the dangers of [17](1. running 2. turning 3. getting) over your most personal details to companies who have a skewed view of what identity is.
11:2自分のすることが,何でも永久に,そして広範囲に及ぶオンラインの記録に残るとわかると,
もう1つの問題が生じる。
11:2 And when we’re aware that everything we do enters a permanent, pervasive online record, another problem emerges:
11:3自分の行いが,自分の目にするものや企業が自分をどう見るかを左右するという知識は,ぞっ
とするような結果をもたらしうるのだ。
11:3 The knowledge that what we do affects what we see and how companies see us can create a chilling effect.
11:4遺伝情報保護の専門家であるマーク=ロススタインは,遺伝情報に関する規制が緩いと,ある
特定の病気の検査を受けようとする人が実際に少なくなりうる,と述べている。
11:4 Genetic privacy expert Mark Rothstein describes how lax regulations around genetic data can actually reduce the number of people willing to be tested for certain diseases:

11:5 パーキンソン病と関係する遺伝子をもっているからといって差別を受けたり保険を断られた りする可能性があれば,検査を受けずにおいてそこから生じるやっかいな情報を避けようとする のは,理不尽なことではないからだ。
11:5 If you might be discriminated against or denied insurance for having a gene linked to Parkinson’s disease, it’s not unreasonable just to skip the test and the troubling knowledge that might result.

[27] Which of the following is another example of a “chilling effect” as it is used in the 11th paragraph?
1. If regulations are not strict enough, personal records of diseases may leak out to the public causing distrust in authority.
2. When a large number of people skip medical tests, there will be an increased chance of infectious diseases going rampant.
3. Once people know you have a gene linked to a specific disease, there will be no way to avoid their discrimination against you.
4. If you work in a hospital with an incompetent doctor, you do not report him because you are afraid you will be fired.

・解答 [27]―4
>[27]「第11段で用いられている『恐ろしい結果』に関するもう1つの例は次のうちどれか」の正 解は,4.「無資格の医師のいる病院に勤務していても,解雇されるのを恐れてその医師のことを 訴えない」である。A chilling effectの1例については,同段第3文以下で遺伝情報がもれて差別さ れるリスクを避けるために人々が検査を受けない可能性がある,と言及されている。自分の行動 が他人に知られることで被る可能性のあるリスクを回避しようとしているという点で4が同様の例 と考えられる。 1.「規制が十分に強力でない場合,病気についての個人記録が公にもれて権威に対する不信が生 じるかもしれない」 2.「医学的検査を受けない人が多くなると,感染症が大流行する可能性が高くなる」
3.「特定の病気に関連する遺伝子をもつことがわかると,差別されるのを避ける方法がない」

■ 第12段落
12:1 しかしながら,自己を1つだけと考えることの問題は,根本的な欠陥ではない。
12:1 However, the one-identity problem isn’t a fundamental flaw.
12:2 むしろプログラムのミスのようなものである。
12:2 It’s more of a [18] (1. bug 2. bit 3. virus):
12:3 フェイスブックでは、自己は1つだけだと考えているが,実際にはそうではないので,情報環 境をうまく個人化できなくなるのである。
12:3 Because Facebook thinks you have one identity and you don’t, it will do a worse job of personalizing your information environment.

12:4 ある友人が私に言うように,「技術の捉えるニュアンスに反映されているかぎり,我々は, 人間であることの意味がもつニュアンスからはほど遠いのである」。
12:4 As a friend of mine told me, “We’re so far away from the nuances of what it means to be human, as reflected in the nuances of the technology.”
12:5 あらゆる状況において,人は単一の確立した自己をもっているのではなく,すぐにも消え
去ってしまう幻像は人の核心にある欲求や興味を示すものではないのだ。
12:5 People don’t have a single, tidy identity in all contexts, and every [19] (1. increasing 2. dropping 3.passing) fancy is not demonstrative of some core desire or interest.
12:6 しかし理論上は,自己が1つだけだと考え,また状況を考慮しないという問題は,解決不可能 なものではない。
12:6 In theory, however, the one-identity, context-blind problem isn’t impossible to fix.
12:7個人化は,間違いなく,状況の判断を改善するだろうし,実際その分野の研究者はそれに取り
組んでいるのだ。
12:7 Personalization will undoubtedly get better at sensing context, and, in fact, people in the field are working on it.
12:8長期的な興味と短期的な興味とのバランスをうまくとれるようになりさえするかもしれないの
だ。
12:8 They might even be able to better balance long-term and short-term interests.
12:9 しかし,それができるようになれば,利用者の心の働きが精密に測れるようになり,事態は よりやっかいなことになりさえするであろう。
12:9 But when they do―when they are able to accurately [20](1. dial 2. gauge 3. switch) the workings of your psyche―things will get even more uncomfortable.

[28] The statement “people in the field are working on it” in the 12th paragraph means that they are trying to
1. strike a balance between leaving users unknown to each other and requiring them to maintain a single identity.
2. incorporate Facebook’s sharing functions into Google search functions.
3. better personalize search results by making personalization more context-sensitive.
4. help Facebook improve the way they personalize the type of information users access on the Internet.

・解答 [28]―3
>[28]「第12段の『その分野の研究者はこの問題に取り組んでいる』という表現が表しているの は,彼らが( )をしているということである」の正解は,3.「個人化をより状況にもとづいたも のにすることで検索結果をよりうまく個人向けにする」である。設問文で引用されている部分のit は直前のsensing contextを受けていることを理解する。 1.「利用者が互いを知ることができないようにすることと,単一の自己を維持するように要求す ることとの間のつり合いを保つ」 2.「フェイスブックの共有機能をグーグルの検索機能に組み込む」
4.「利用者がインターネット上で利用する情報のタイプを個人化する方法をフェイスブックが改 善するのを手助けする」

[29] Which of the following phrases from the article best corresponds to the phrase “a single, tidy identity” as used in the 12th paragraph?
1. unchanging inner traits
2. a mask
3. the public self
4. a shoddy doppelganger

・解答 [29]―1
>[29]「第12段で用いられている『単一の確立した自己』にいちばんよく対応するものは次のうち どれか」に対する正解は,1.「変化しない内面の性質」である。設問文に引用されているa single,tidy identityとは本文のここまでで批判の対象となっている「状況に左右されない一貫した 自己」のことである。
2.「仮面」
3.「公に見せる自己」
4.「まがいもののドッペルゲンガー」

■ 第4段落
4:1 どちらの考え方にもそれぞれの利点と欠点がある。
4:1 Both ways of thinking have their benefits and drawbacks.
4:2 グーグルのクリックにもとづいた自己について言えば,両親にカミングアウトしていないゲイ の10代の少年でも,より広範囲に及ぶゲイの共同体から,自分がひとりではないことがわかる個 人化されたグーグルニュースのフィードが得られるのである。

4:2 With Google’s click-based self, the gay teenager who hasn’t [5](1. run up 2. come out .3 looked up) to his parents can still get a personalized Google News feed with pieces from the broader gay community that affirm that he’s not alone.
4:3 しかし同時に,クリックにもとづいた自己によって,我々はもともと見る傾向があるものによ けいに引き寄せられてしまうということもある。
4:3 But at the same time, a self built on clicks will tend to draw us even more toward the items we’re [6]1, predisposed 2. entitled 3. embarrassed) to look at already.
4:4有名人のゴシップを扱うサイトの記事に目を通したという情報が保存されると,次回ニュース
をみるときに,ある俳優の不倫について下品な詳報が画面に出る可能性が高いのである。
4:4 Your perusal of an article on a celebrity gossip site is [7]1.filed 2. thrown 3. given) away and the next time you’re looking at the news, you are more likely to find salacious details about an actor’s infidelity on the screen.

[30] Which of the following can be inferred from this article?
1. Personalization on the web makes you look multi-dimensional, although in reality your full personality is hard to pinpoint.
2. Invisible filtering of web content via personalization may threaten to limit your exposure to different thoughts and ideas.
3. As a Facebook user, you might feel like sharing any kind of news with your friends, whether it is favorable or unfavorable to your self-image.
4. Two people in different regions with different interests will receive identical Google results when typing in the same search phrase.

・解答 [30]―2
>[30]「この記事から推論されるのは次のうちどれか」に対する正解は2.「個人化によって見えな いところでウェブのコンテンツの選別が行われると,多様な考えや意見にふれることが制限され るかもしれない」である。第4段第3・4文では,グーグルやフェイスブックの個人化技術がもたら す欠点が述べられている。2の内容はそれらをまとめたものとなっている。 1.「ウェブにおける個人化によって,ユーザーは多面的な存在に見えるが,現実には完全な個性 を特定するのは難しい」 3.「フェイスブックの利用者なら,自己イメージに有利であろうが不利であろうがどんなニュー スでも友人と共有したいと感じるだろう」 4.「違う地域に暮らし違う興味をもった2人の人でも,同じ検索語句を打ち込めばグーグルでまっ たく同じ結果を得る」

■ 第1段落
1:1選挙運動のボランティアがあなたの家の玄関先に現れ,来るべき選挙で投票に行くようにあな たに迫ると,投票に行く可能性が10%高まり,そして家族の他の人が投票する可能性は6%高ま る。
1:1 If a campaign volunteer shows up at your door, urging you to vote in an upcoming election, you are 10 percent more likely to go to the poll―sand others in your household are 6 percent more likely to vote.
1:2使い慣れない言葉を思い出そうとする場合,思い出せる可能性は,一つには,似た音がする言
葉のネットワーク上のどこにその言葉が位置するかによって決まる。
1:2 When you try to recall an unfamiliar word, the [31](1.fact 2. assumption 3. likelihood) you’ll remember it depends partly on its position in a network of words that sound similar.
1:3 また,身体の細胞がガンの突然変異をしたとき,その娘細胞は,変異したガン細胞を運ぶこと になる。ガンになるかどうかは,その細胞が細胞増殖のネットワーク上のどの位置にいるかに よって大部分決まる。
1:3 And when a cell in your body develops a cancerous mutation*, its daughter cells** will carry that mutation; whether you get cancer depends largely on that cell’s position in the network of cellular reproduction.

■ 第2段落
2:1 こうした現象がどれほど無関係に思えるとしても,一つの学問分野がこれらすべてを明らかに するのに役立ってきた。
2:1 [2](1. However 2. Despite 3. Whatever) unrelated these phenomena may seem, a single scholarly field has helped illuminate all of them.

2:2ネットワークの研究が,ウィルスや考え方や情報がどのように人から人へと広まっていくのか を明らかにすることができ,肥満,自殺,腰痛の拡大を追跡可能にできるのである。
2:2 The study of networks can illustrate how viruses, opinions, and news spread from person to person and can make it possible to track the spread of obesity, suicide, and back pain.
2:3 ネットワーク科学が株価傾向を予測したり,交通システムを設計したり,ガンを探知したりす る手段を指し示しているのである。
2:3 Network science points toward tools for predicting stock-price trends, designing transportation systems, and detecting cancer.

[51] Why does the author introduce three different examples (voting, word recall, and cancerous mutation) in the 1st paragraph?
1. To show that the problem explored in this article is complicated.
2. To suggest that seemingly different phenomena can be guided by a similar principle.
3. To propose that different academic fields should collaborate to solve human problems.
4. To demonstrate that human behaviors are beyond explanation.

・解答 [51]―2
>[51]「筆者はなぜ第1段で3つの異なる事例(投票,言葉を思い出すこと,ガンの突然変異)を紹
介しているのか」 1.「この文章で探られる問題が複雑であることを示すため」
2.「一見異なる現象が,類似した原理によって導かれうることを示すため」
3.「さまざまな学問分野が共同して人間の問題を解決すべきであると提案するため」
4.「人間の行動は説明がつかないことを証明するため」
第2段第1文に「こうした現象がどれほど無関係に思えるとしても,一つの学問分野がこれらすべて
を明らかにするのに役立ってきた」とある。よって,正解は2であるとわかる。

■ 第3段落
3:1 かつては社会学者が人々のネットワークを研究する一方,物理学者やコンピュータ科学者が自 分自身の学問分野で異なる種類のネットワークを研究してきた。
3:1 It [33](1. often is 2. used to be 3. never could be) that sociologists studied networks of people, while physicists and computer scientists studied different kinds of networks in their own fields.
3:2 しかし社会科学者は,より大規模で精緻なネットワークを理解しようと努めるにつれ,物理学 に目を向けてこのような複雑性に適した手段を手に入れようとしてきた。
3:2 But [34](1. as 2. though 3. unless) social scientists sought to understand larger, more sophisticated networks, they looked to physics for methods suited to this [35](1. flexibility 2. complexity 3. equality).
3:3 そしてそれは双方向の通路なのだ。ネットワーク科学は「物理学者と分子生物学者が敬意を込 めて社会科学者の研究を引用し,彼らの発想を借用しているのを見られるまれな分野の一つなの です」と,ニコラス=クリスタキスは語る。この人物は,ハーバード大学の医師・医療社会学者で あり,『つながり:私たちの社会的なネットワークのもつ驚くべき力と,それがいかに私たちの 暮らしを形作るか」(訳注:邦訳の書名は『つながり:社会的ネットワークの驚くべき力」)の共 著者である。

Connected: The Surprising Power of Our Social Networks and How They Shape Our Lives.

[52] The phrase “two-way street” as used in the 3rd paragraph is closest in meaning to

1. divergence.
2. reciprocity.
3. monoculture.
4. rapidity.

・解答 [52]―2
>[52]「第3段で使われているような『双方向の通路」という言葉に最も意味が近いのは
( )である」 1.「相違,発散」
2.「相互利益,相互依存」
3.「単一栽培」
4.「急速性」
「双方向の通路」というのだから,お互いに行き来して利益が得られる,ということ。それに最 もふさわしいのは2であるが,reciprocityという語は,かなり高度な語彙である。

[53] Network science is described as one of the rare areas in the 3rd paragraph because
1. social scientists, physicists, and molecular biologists compete against each other to develop a strong theory.
2. social scientists find it difficult to use ideas borrowed from the field of molecular biology to account for the complexity of human behavior.
3. researchers in social science and molecular biology look to each other crossing disciplinary boundaries to approach network issues.
4. molecular biologists think that ideas in social science are more powerful and persuasive than those in their own field.

・解答 [53]―3
>[53]「ネットワーク科学が『まれな分野の一つ」と第3段で述べられているのは( )から である」 1.「社会科学者,物理学者,分子生物学者が互いに競争しあって強力な理論を生み出している」
2.「社会科学者が分子生物学の分野から借り入れた発想を使って人間行動の複雑性を説明するの は難しいとわかる」 3.「社会科学と分子生物学の研究者が互いに学問の境界を越えてネットワーク問題に取り組むこ とに目を向けている」
4. 「分子生物学者が社会科学の発想は自分自身の分野の発想よりも強力で説得力があると考えて いる」 第3段第3文に「物理学者と分子生物学者が敬意を込めて社会科学者の研究を引用し,彼らの発想
を借用しているのが見られる」とある。これに最も近いのは,3である。

■ 第4段落
4:1 ネットワークの基本要素は単純である。それは連絡路(「結合」とも呼ばれる)によって結ば れた結節点からなる。
4:1 The basic elements of a network are simple: it consists of nodes*** connected by links (also called “ties”).
4:2 しかし結節点と連絡路の数が増えるにつれ,ネットワークの取りうる形態の数は劇的に増大す る。
4:2 But as the numbers of nodes and links increase, the number of possible forms of the network grows dramatically.
4:3同様に,結節点と連絡路が表せるものには数え切れないほどの可能性がある。
4:3 [36](1. Conversely 2. Otherwise 3. Likewise), there are innumerable possibilities for what a node and a link can represent.

4:4構造的には簡潔であるが,分析するには信じがたいほどに複雑なものとして,ネットワークは 非常に多くの問題に対する解答を握っているので,それを研究する学者の数はハーバード大学だ けでも3桁に届くかもしれない。
4:4 Structurally simple, yet analytically incredibly complex, networks hold the answers to so many questions that at Harvard alone, the number of researchers studying them may reach three digits. 4:5 この活力あふれる分野の最新研究の一例をこれから示そう。
4:5 Here is a sampling of the newest work in this [37](1. unchanging 2. unfashionable 3. dynamic) field.

[54] What is meant by “structurally simple, yet analytically incredibly complex” in the 4th paragraph?
1. Nodes and links in a network are simple in structure, but one cannot make a scientific analysis of the structure.
2. The basic structure of a network is simple, but what nodes and links can represent is virtually unlimited.
3. The theory of social networks has simple parts and components, but one cannot analyze their functions because of the great number of nodes and links.
4. The phenomenon under consideration is simple, but the number of researchers makes it complicated with their own interpretations of nodes and links.

・解答 [54]―2
>[54] 「第4段の『構造的には簡潔であるが,分析するには信じがたいほどに複雑な」という語句 は何を意味しているのか」
1. 「ネットワーク内の結節点と連絡路は,構造的には単純であるが,その構造を科学的に分析す ることはできない」
2. 「ネットワークの基本構造は単純であるが,結節点と連絡路が表せるものはほとんど無制限で ある」
3. 「社会的なネットワークの理論は単純な部分と構成要素をもっているが,結節点と連絡路の数 が大変多いので,その機能を分析することはできない」
4. 「考慮されている現象は単純であるが,究者の数のせいで,節点と連絡路についての独自の解
釈があるため,それが複雑化している」
第4段第3文に 「結節点と連絡路が表せるものには数え切れないほどの可能性がある」と記述され
ている。これは 「ほとんど無限の可能性」と同意であるから,正解は2であるとわかる。

■ 第2段落
2:1我々の多くにとって,これらのソーシャルネットワーキングツールは必要不可欠のものになっ
たが,同時にスパイ活動,政府による過剰な監視,ストーカー行為,不正な商取引や,その他の 非合法で反社会的,非道徳的な,またはそれ以外の有害な行為に対する恐怖を呼び起こすことに なった。
2:1 [31](1. Unless 2. As 3. Far from) indispensable as these social networking tools have become to many of us, they also call up fears of spying, excessive government monitoring, stalking, crooked business dealings, and other illegal, antisocial, unethical, and otherwise destructive behaviors.

2:2法律,倫理学,社会学,心理学やその他多くの学問分野は,我々が科学技術を基盤としたこれ
ら新しいコミュニケーション様式の全潜在能力をよりよく理解し,そのリスクを管理できるよう
支援をするために,いずれ意見を求められるのは間違いないだろう。
2:2 The fields of law, ethics, sociology, psychology and many others will no doubt be [32](1. asked after 2. called upon 3. taken over) over time to help us better understand the full potential, and manage the risks, of these new modes of technology-based communication.

2:3 この記事では,小さいが我々が現在直面している重要な問題,すなわちインターネットの時代 における「監視」という概念の進化について見ることになる。
2:3 In this article, we will look at one small but central issue currently [33](1. facing 2. heading 3. backing) us, namely, the evolution of the concept of surveillance” in the Internet age.

[52] According to the article, which of the following will be needed to have a clearer view of the strengths and drawbacks of online social networking?
1. An economic viewpoint.
2. A political perspective.
3. Expertise in computer science.
4. An approach from multiple disciplines.

・解答 [52]―4
>[52]「この記事によれば,オンラインソーシャルネットワーキングの利点と欠点を見極めるため に必要とされるのは,以下のどれか」
1.「経済的な視点」
2.「政治的な見方」
3.「コンピュータ科学における専門知識」
4.「複数の学問分野からの手引き」
1,2,3に関する記述は,本文中には見ftたらない。4については,第2段第2文(The fields of
law …)に,我々が「これら新しいコミュニケーション様式の全潜在能力をよりよく理解し,その リスクを管理できるためには」諸学問分野からの提言が必要となるだろう,という記述がある。 よって,これが正解である。

■ 第4段落
4:1 インターネットの発達が,我々の世の中に対する見方を急激に変えた,ということを否定する 人はほとんどいないだろう。
4:1 There are few who would deny that the development of the Internet has drastically changed the way that we see the world.
4:2 しかし,おそらく我々が気づくべき同じくらい重要なことは,インターネットは,一良きにつ け悪しきにつけ一世界の我々に対する見方をどのように変えたかということである。
4:2 Perhaps of equal importance for us to note, however, is how the Internet has changed the way that the world sees us―for good and bad.
4:3 ハッキングや,個人情報の盗難や,ネットワーク上の金銭詐欺やその他のネット上の悪事や犯 罪行為のニュースを目にすると,インターネットをいつも利用していることで,自分たちが望ま ない監視を受ける危険の中に置かれていることに,不安を募らせるのは容易い。
4:3 With news stories about hacking, identity theft, online financial scams, as well as other cyber crimes and misdemeanors, it is easy for us to grow [37](1. doubtful 2. anxious 3. contented) that using the Internet constantly puts us at risk of unwanted surveillance.
4:4 常に監視され,行動は記録され,見知らぬ人間からのあり得る攻撃を受けやすいのではない
か,と感じるかもしれない。
4:4 You might feel that you are constantly being watched, that your movements are being logged, and that you may be [38](1. longing for 2. particular about 3. susceptible to) possible attacks from strangers.
4:5 この感覚は,グーグル=ストリート=ビューや,撮影地のタグを付けられる写真のような科学 技術によってひどくなる。これらのものは,人々の現実の行動に関する情報を,ネット上での行 動から割り出してしまう可能性があるのだ。それもしばしば知らないうちに,同意もないまま に,である。
4:5 That feeling is worsened by technologies such as Google Street View or location-tagged photographs, which may reveal information about peoples physical movements from their cyber activities, often without their knowledge or consent.

[54] The author of the article refers to Google Street View in the 4th paragraph in order to
1. illustrate how modern web technologies can make people feel insecure.
2. explain technically how individual movements are recorded online.
3. complain of the quality of service this online technology provides.
4. suggest that we should be more knowledgeable about the merits of new technologies.

・解答 [54]―1
>「54]「この記事の著者は第4パラグラフで( )ためにグーグル=ストリート=ビューに言 及している」
1.「現代のウェブ技術がいかに人々を不安に感じさせるかを説明する」
2.「個人の行動がどのようにオンライン上に記録されるかについて,技術的に説明する」
3.「このネット上の科学技術が供給するサービスの質について,不満を述べる」
4.「我々が新しい科学技術の持つ利点に関する知識を,もっと持つべきだと提言する」
第4段第4文(You might feel …)では,始終監視され行動を記録されていると感じるかもしれない,
とある。それを受けて,続く同段第5文(That feeing is…)では,「この感覚は,グーグル=ストリー ト=ビューや,撮影地のタグを付けられる写真のような科学技術によってひどくなる」とある。つ まり,インターネットの利用者が,その使用に対して不安に感じる気持ちが,グーグル=ストリー ト=ビューによって悪化する,と述べているわけである。よって,正解は1である。2は,人々の行 動がどのようにインターネット上に記録されるかについて,「技術的に説明(explain technically)」はしていない。3はグーグル=ストリート=ビューの「サービスの質(the quality of service)」についての不満は述べられていない。4は,「新しい科学技術の持つ利点(the merits of new technologies)」に対してもっと知識を持つべきだ,という記述はない。

■ 第5段落
5:1 インターネットや,それに似たような形式の相互に接続された情報技術は,ジョージ=オー ウェルの著作のように,プライバシーを完全に消滅させる可能性を潜在的に秘めているのかもし れない,と恐れる人もいる。
5:1 Some people fear that the Internet and related forms of interconnected information technology may potentially lead to a complete loss of privacy, [39](1. in the manner of 2. at the rate of 3. in the name of) the writings of George Orwell.
5:2彼の傑作である『1984年』でオーウェルは,政府が常に国民を監視することで,彼らを管理す
る社会を描いている。
5:2 In his masterpiece, 1984, he describes a society where the government controls the people by constantly spying on them.

5:3国民の同意に基づかない,このタイプの24時間監視体制は,自由な社会にとっては大変な害毒
である。
5:3 This type of round-the-clock surveillance without peoples consent would be totally destructive to a free society.

[55] Which of the following most closely represents the fictional surveillance system as mentioned in the 5th paragraph?
1. The government is under public surveillance 24 hours a day.

2. The government watches the people’s behavior 24 hours a day.
3. The people are forced to labor all day under government surveillance.
4. The people have no privacy except when they use their personal computers.

・解答 [55]―2
>[55]「第5パラグラフで述べられた架空の監視システムを最もよく表しているのは,以下のうちど れか」
1.「政府は一日中,国民の監視下にある」
2.「政府は国民の行動を一日中監視している」
3.「国民は政府の監視下で一日中労働することを強いられている」
4.「国民には,パソコンを使う時以外には,プライバシーはない」
第5段第2文(In his masterpiece…)から,オーウェルの小説の中の社会は,政府が「常に国民を監
視することで(by constantly spying on them)」彼らを管理する,とある。またそれは,同段第3文
(This type of…)のround-the-clock surveillance「24時間体制の監視」であるとわかる。以上のこと から,2が正しい。1は,監視する側とされる側が反対である。3はThe people are forced to labor「国 民は労働を強いられる」という部分が,本文にはない。4も該当する記述がない。

■ 第9段落
9:1 しかし,アルブレヒツルンドの「参加型の監視」という考えは,監視という言葉が持つ普通の 意味とは大きくかけ離れているので,まったく新しい言葉が必要になる可能性はある。
9:1 Albrechtslund’s concept of “participatory surveillance” is so radically different from the standard meaning of surveillance, however, that it may require an entirely new term.

9:2科学技術は発展し,文化は変容するが,言葉が常に追いついていけるとは限らない。
9:2 As technology develops and culture changes, language cannot always [49](1. keep pace 2. make haste . fall behind).
9:3新しい種類の人間どうしの交流には,それらについての新しい考え方が必要となるが,同時に
それに付随する新しい言葉も必要になる。
9:3 New kinds of human interaction require new ways of thinking about them, as well as new words to [50](1.go along with 2. put up with 3. do away with) them.
9:4 おそらく,新しい世界を表す新しい言葉を発明するのは,現在と未来の世代に与えられた課題 である。
9:4 It is, perhaps, a task for this and future generations to invent a new vocabulary for a new world.

[60] The author of the article feels that the phrase “participatory surveillance” as suggested by Albrechtslund
1. fails to stress the importance of strict regulations on social networking services.
2. correctly captures both the positive and negative sides of social networking services.
3. should be replaced immediately with a new phrase which does not involve the distortion of the standard meaning of “participatory.”
4. has not quite succeeded in reconciling the positive meaning of “participatory” with the negative meaning of “surveillance” in its standard usage.

・解答 [60]―4
>[60]「この記事の著者は,アルブレヒツルンドが提唱した『参加型の監視』という言葉は
( )と感じている」

1「ソーシャルネットワーキングサービスに対する厳しい規制の重要性を強く主張できていない」
2.「ソーシャルネットワーキングサービスの利点と欠点の両方を正しくとらえている」
3.「『参加型の』という言葉の普通の意味をねじ曲げない新しい言葉に直ちに取って代わられる べきだ」 4.「『参加型の』の持つ肯定的な意味と,通常の用法での『監視』の持つ否定的な意味を調和さ せることにあまり成功していない」
Participatory surveillance「参加型の監視」という言葉に対する記事の筆者の感想は第9段にある。 この言葉における「監視」の持つ意味は,従来のものとはかなり違うので,新しい言葉が必要に なるかもしれない,ということである。1のような,「厳しい規制の重要性を強く主張できていな い」という記述はない。2の「利点と欠点の両方を正しくとらえている」という記述もない。3 は,surveillance「監視」ではなく,participatory「参加型の」を問題にしている点が,本文と合わ ない。4については,第9段第1文(Albrechtslund’s concept of …)でparticipatory surveillance「参 加型の監視」での「監視」は従来と意味が大きく違うので,まったく新しい名称が必要かもしれ ない,と述べていることから,著者はこの2語の組合せを,あまりよく思っていないと考えられ る。また,第3段第4文(When people use …)でsurveillanceが否定的な含意を持つことに触れて いる。「participatoryは肯定的意味だ」という記述はないが,他の選択肢は明らかに間違っている ことを考えるとこれが正解である。

■ 第2段落
2:1私はこれらのうち最初の移行を「権力移行」と,そして二つ目を「権力分散」と名づけること
にする。
2:1 I call the first of these shifts “power transition” and the second,”power diffusion.”
2:2権力移行の問題はアジアの台頭と呼ばれることがあるが,より正しくはアジアの「復興」と呼
ぶべきだろう。
2:2 The issue of power transition is sometimes called the rise of Asia, but it should more properly be called the recovery of Asia.
2:3 もし1750年に世界を見れば,アジアは世界の人口の半数以上を擁し,世界の産物の半数以上 が出てくるのを目にしたことだろう。
2:3 If one looked at the world in 1750, one would see that Asia had more than half of the world’s population, and represented more than half of the world’s products.

2:4 1900年には,アジアは依然として世界の人口の半数以上を擁していたが,世界の産物のわずか
20%まで衰退してしまった。
2:4 By 1900, Asia still had more than half of the world’s population, [1](1. but 2. so 3. for) it had declined to only 20 percent of the world’s products.
2:5 これまで見てきたのは,そして21世紀に目にすることになるのは,アジアが正常な割合まで回 復し,世界の半数以上の人口と世界の半数以上の産物を手にするようになることなのである。 2:5 What we have been seeing, and what we will see in the 21st century, is the recovery of Asia to its normal proportions, with more than half of the world’s population and more than half of the world’s products.
2:6 もちろん,これが始まったのは1868年の明治維新後の日本からであり,それに規模の小さい
国ではあるが朝鮮,シンガポール,マレーシアなどが続いた。
2:6 This started, of course, with Japan after the Meiji Restoration in 1868, and it [2](1. coincided 2. worked 3. continued) with smaller countries like Korea, Singapore, Malaysia, and so forth.
2:7現在,その流れは中国に広がったばかりでなく,インドにも及ぼうとしている。
2:7 Now the trend has spread to China, but it is also going to include India.
2:8 インドは今や年8〜9%の成長率である。
2:8 India now has growth rates of 8 to 9 percent a year.

2:9今世紀中に,私たちはアジアが全体としてほぼ正常だと思われる割合にまで回復していくのを 目にするであろう。
2:9 During the course of the century, we should [3](1. see 2. understand 3. recognize) Asia as a whole recovering to about what one would think would be normal proportions.
2:10 そしてそれが権力移行である。
2:10 And that is power transition.

[21] The author of the article assumes that
1. power transition has never happened in international politics.
2. power diffusion has never happened in international politics.
3. power transition is now centered in Asia.
4. power diffusion is now centered in Asia.

・解答 [21]―3
>[21]「本文の筆者は( )と考えている」 1.「権力移行は国際政治では起きたことがない」
2。「権力分散は国際政治では起きたことがない」
3。「権力移行は現在アジアを中心とする」
4。「権力分散は現在アジアを中心とする」
第2段最終2文から、「権力移行」がアジアを中心としていることがわかる。よって、正解は3であ る。

[22] The phrase “normal proportions” in the 2nd paragraph means more or less the same share of power
1. as that of other countries.
2. as that of the United States and Europe.
3. as was held in the 18century.
4. as was held in the past century.

・解答 [22]―3
>[22]「第2段の「正常な割合」という語句はほぼ( )と同じ権力の持ち分を意味してい る」
1.「他国の持ち分」
2.「アメリカ合衆国とヨーロッパの持ち分」
3.「18世紀にもっていた分」
4.「前世紀にもっていた分」
第2段第3文「もし1750年に世界を見れば、アジアは、世界の人口の半数以上を擁し、世界の産物
の半数以上が出てくるのを目にしたことだろう」と第5文「21世紀に目にすることになるのは、ア ジアが正常な割合まで回復し、世界の半数以上の人口と世界の半数以上の産物を手にするように なることなのである」から、正解は3に決まる。

■ 第4段落
4:1 だからこれは,以前はきわめて大きな組織,例えば政府や会社などに制限されていたものが,
今は誰にでも利用可能だということなのである。
4:1 So that means that things that were previously restricted to very large organizations like governments or corporations are now [8](1. meaningful 2. useless . available) to anyone.
4:2 そしてこれは世界政治に有意義な影響を及ぼす。
4:2 And this has a significant impact on world politics.

4:3 だからといって,政府が取って代わられているとか,国民国家が時代遅れになるということで はない。
4:3 It does not mean that governments are being replaced or that the nation-state is obsolete.
4:4 それはむしろ,政府が活動する舞台には,今では多くの小規模な行為者があふれているという ことなのだ。
4:4 What it [9](1. does 2. does not . could not) mean is that the stage on which governments act is now crowded with many more, smaller actors.

4:5 それら小規模の行為者の中には,例えばオックスファム・インターナショナルという,貧困を 減らそうと努める非営利組織のようなよいものもあれば,例えばアルカイダという,明らかに 人々の殺害を狙う悪いものもある。
4:5 Some of those smaller actors are good―lets take Oxfam International, an NPO which serves to relieve poverty―and some of them are bad―lets take Al Qaeda, which is obviously trying to kill people.
4:6 しかし,要点は,それは新種の国際政治だということであり,これをどう考えればよいかを私 たちはまだしっかり受け止めていない。
4:6 But the main point is that it is a new type of international politics and we have [10](1. already 2. often 3. not yet) come to terms with how to think about this.
4:7 だから,例えば,情報技術がこれほど強力で重要となっている時代にあっては,誰の軍隊が勝 つかだけでなく,誰の「物語」が勝つかなのだということが,よくあるといってよいと,私たち は知っておく必要がある。
4:7 So, for example, we need to realize that in an age in which information technology is so powerful and important, it may often be the case that it is not only whose army wins, but whose story wins.
4:8効果的な物語を語る能力がきわめて重要なのである。
4:8 The ability to tell an effective story is [11](1. persuasive 2. crucial 3. risky).

[24] In the 4th paragraph, the phrase “a new type of international politics” is used in the sense that
1. governments or big corporations play a bigger role in world politics.
2. smaller actors play a bigger role in world politics.
3. information technology has become more important than governments.
4. information technology has become more accessible to everyone.

・解答 [24]―2
>[24]「第4段で『新種の国際政治」という語句は,( )という意味で使われている」 1.「政府あるいは大企業が世界政治でより大きな役割を演じる」
2.「より小さな参加者が世界政治でより大きな役割を演じる」
3.「情報技術は政府より重要になってしまった」
4.「情報技術は誰にとってもより手に入れやすくなった」
第4段第4文に「それはむしろ,政府が活動する舞台には,今では多くの小規模な行為者があふれ ているということなのだ」とあり,さらに第6文に「それは新種の国際政治だ」とある。これはす なわち2と同趣旨である。

■ 第6段落
6:1権力移行に関して正確な認識をもつことはきわめて重要である。
6:1 It is very important to have accurate perceptions about the transition of power.
6:2 なぜなら,人々が権力について心配しすぎると,彼らは過剰反応したり,危険な戦略に付き
従ったりしかねないからである。
6:2 And the reason is that when people are too worried about power, they may overreact or follow strategies that are [16](1. relevant 2. meaningful 3. dangerous).

6:3歴史を振り返ると,ペロポネソス戦争の有名な事例があり,ギリシアの都市国家体制が自壊し たのであった。
6:3 When you look back in history, there is the famous case of the Peloponnesian War, in which the Greek city-state system tore itself apart.
6:4 トゥキディデスという古代ギリシアの歴史家は,この戦争の理由はアテネの力の台頭と,それ がスパルタに生み出した恐怖であったと述べた。
6:4 Thucydides, the ancient Greek historian, said the reason for this war was the rise in the power of Athens and the fear it created in Sparta.

6:5同様に,ヨーロッパの国家体制の世界的な中枢性を破壊した第一次世界大戦を見ればそれは,
ドイツの力の台頭とそれが英国に生み出した恐怖のために生じたと,しばしば言われているので ある。
6:5 [17](1. Contrarily 2. Similarly 3. Paradoxically), if you look at World War I, which destroyed the centrality of the European state system in the world, it is often said it was caused by the rise in power of Germany and the fear that it created in Britain.

[26] According to the 6th paragraph, the author seems to believe that
1. Thucydides wrongly predicted the transition of power in ancient Greece.
2. Thucydides correctly predicted the transition of power in ancient Greece.
3. people in Athens reacted too strongly.
4. people in Sparta reacted too strongly.

・解答 [26]―4
>[26]「第6段によれば,筆者は( )と信じているようである」 1.「トゥキディデスは誤って古代ギリシアの権力移行を予測した」
2.「トゥキディデスは正しく古代ギリシアの権力移行を予測した」
3.「アテネの人々は過剰に反応した」
4.「スパルタの人々は過剰に反応した」
第6段第4文に「この戦争の理由はアテネの力の台頭と,それがスパルタに生み出した恐怖であっ
た」というトゥキディデスの見解が引用されている。これは,「過剰反応」の歴史的な実例として 筆者が引いたものだから正解は4だとわかる。

■ 第7段落
7:1同様に重要なのは,権力分散を過度に恐れないことである。
7:1 It is equally important not to be too fearful of the diffusion of power.
7:2 私たちが知りつつあるのは,中国とアメリカ合衆国の双方,また当然日本とヨーロッパなど
が,新しい一連の多国間問題,例えば気候変動,多国間テロ,サイバースペースでの危険,世界的
伝染病といった問題に直面していることになるということだ。
7:2 What we are seeing is that both China and the United States, and of course Japan and Europe and others, will be facing a new set of transnational challenges, including climate change, transnational terrorism, cyber insecurity, and pandemics.
7:3 これらのすべての問題は,将来増大していくであろうが,それらには協調が求められる。 7:3 All these issues, which are going to be increasing in the future, are going to require cooperation.

7:4 どの一国も単独では解決できない。
7:4 They cannot be solved by any one country alone.
7:5私たちが直面するこうした新たな多国間問題の多くは,私たちが他者を支配する力について考
えるだけというのを脱し,他者とともにもつ力について考えなければならない領域なのである。
7:5 Many of these new transnational issues that we face are areas where we have to get away from just thinking about power over others and think about power [18](1. with 2. without 3. under) others.

[27] According to the article, the author suspects that
1. climate change might be worsened by power diffusion.
2. transnational terrorism will not be feared in the future.
3. cyber insecurity might get worse in the future.
4. pandemics will be worsened by power transition.

・解答 [27]―3
>[27]「本文によれば,筆者は( )と疑っている」 1.「気候変動は権力分散によって悪化するかもしれない」
2. 「多国間テロは将来危惧されなくなるだろう」
3 「サイバースペースでの危険は将来悪化するかもしれない」
4.「世界的伝染病は権力移行によって悪化するだろう」
第7段第2・3文に「気候変動、多国間テロ、サイバースペースでの危険世界的伝染病といった問題
に直面している」、さらに「これらのすべての問題は、将来増大していく」と述べられている。1 は「権力分散によって」が不適切。同段第1文に「重要なのは、権力分散を過度に恐れないこと」 とあるのに矛盾する。4は、「権力移行」は伝染病流行の原因ではないから誤り。3は本文どおり の内容なので、これが正解。

[28] It can be inferred from the article that the author is
1. equally concerned with power transition and power diffusion.
2. more concerned with power transition than power diffusion.
3. more concerned with power diffusion than power transition.
4. fearful of both power transition and power diffusion.

・解答 [28]―1
>[28]「本文からは筆者が( )であると推定できる」 1.「権力移行と権力分散とに等しく関心がある」
2.「権力分散より権力移行の方に関心がある」
3.「権力移行より権力分散の方に関心がある」
4.「権力移行と権力分散の両方を恐れている」
本文では、「権力移行」と「権力分散」について、それぞれ重要な変化であるとして説明されてい
る。よって、筆者は両者に等しく関心を抱いていると考えるのが最も適切だと判断できる。したがっ て、正解は1である。

■ 第6段落
6:1 サンデル:親が子どもを過度に管理したり,型にはめようとしたりすることです。
6:1 MS: I mean the excessive parental management and molding of children.
6:2 「デザイナー=チルドレン」を得るために遺伝子工学を利用することの危険はそれが過干渉教 育の傾向を強め,親が子どもを,自分たちの望みを叶えるための道具のように考えてしまうこと にあります。
6:2 The danger of using genetic technologies to get “designer children” is that it will [6](1. distrust
2. forget 3. reinforce) the tendency of hyperparents to see their children as instruments of their own ambition.
6:3私が憂慮するのは,この完璧さを求める傾向がある点についてなのです。
6:3 It’s this aspect of the drive for perfection that worries me.

6:4子どもを独立した人間だと見なすのではなく,子どもを自分たちの創作の材料,あるいは購入
可能な商品に変え,子どもに持たせたい特徴をあれこれ選ぶようになる,という危険があります。
6:4 The risk is that we will turn children into objects of manufacture, into commodities to be purchased, picking and choosing the traits we want in our children, rather than viewing them as independent persons.

6:5 また,子どもが生まれもしないうちに,我々が髪の毛の色や目の色や背丈や性別や頭のよさを
決め始めたら親が子どもに持つ無条件の愛が損なわれる危険性もあります。
6:5 There is the risk, too, of undermining the [7](1. unconditional 2. unexpected 3. uninformed) love parents have for their children, if we begin to specify hair color, eye color, height, sex, and intelligence, before they are even born.
6:6子育てを消費社会の延長に変えてしまう危険もあります。
6:6 There is the risk of turning parenting into an extension of the consumer society.

6:7 そしてこのことが,子どもに対する親の愛情をむしばんでしまうかもしれないのです。
6:7 And that could [8](1. erode 2. subtract 3. extract) the love of parents for their children.

[21] The term “hyperparenting” is used in the article in reference to those cases in which
1. parents care enough about their children.
2. parents try to excessively manipulate their children’s lives.
3. parents resort to genetic technologies for medical purposes.
4. the government takes control of parenting, education, and healthcare.

・解答 [21]―2
>[21]「『過干渉教育』という言葉は,文中では( )場合に関して使われている」 1.「親が十分に子どもの世話をする」
2.「親が子どもの人生を過度に操作しようとする」
3.「親が医療目的で遺伝子工学を用いる」
4.「政府が子育て,教育,健康管理を掌握する」 hyperparenting「過干渉教育」については,第6段第1文(I mean the …) に,「親が子どもを過 度に管理したり,型にはめようとしたりすること」と端的に説明されている。よって正解は2であ る。1は「十分に世話をする」には「行き過ぎた」というニュアンスがない。3は「医療目的」で 用いることを過干渉教育と考える,という記述はない。サンデルが危惧する遺伝子工学の使用 は,第2段第3文(But Sandel also…) にあるnon-medical uses「医療以外の用途」である。4も該 ftする記述はない。なお,hyperという接頭辞は,「過度の」という意味を加えるために用いられ ることがある(例:hyperinflation「超インフレ」)。

[22] According to the 6th paragraph, what are “designer children”?
1. Children who are well cared for by their parents and society.
2. Children who are overly competitive, and overly controlling.
3. Children whose high intelligence leads to a strong interest in design.
4. Children whose traits are preselected by their parents.

・解答 [22]―4
>[22]「第6パラグラフによると,『デザイナー=チルドレン』とは何か」 1.「親と社会によって十分に世話を受けた子ども」
2.「過剰に競争心が旺盛で,過度に支配欲の強い子ども」
3.「高い知能を持つことで,デザインに強い関心を示す子ども|
4.「親によって資質をあらかじめ選択された子ども」
第6段第4文 (The risk is that…)の「子どもに持たせたい特徴をあれこれ選ぶようになる」,同段
第5文 (There is the risk, …) の「子どもが生まれもしないうちに,我々が髪の毛の色や目の色や背 丈や性別や頭のよさを決め始めたら」から判断すると,正解は4である。他の選択肢の記述は,同
段落中には見られない。なお,designer child「デザイナー=チャイルド」とは,ある特質を持たせ るために親が持たない遺伝子を意図的に組み込むことで生まれる子どものこと。「親がデザイン してできた子ども」ということで生まれた呼び名である。

[23] In the 6th paragraph, Sandel explains his opinion that genetic engineering may
1. make children dislike their parents.
2. discourage racism and advance freedom.
3. make children into products.
4. allow everyone to have perfect lives.

・解答 [23]―3
>[23]「第6パラグラフでは、サンデルは、遺伝子工学は( )かもしれない、という自説 を説明している」
1.「子どもが親を嫌いにさせる」
2.「人種差別をやめさせ、自由を促進する」
3.「子どもを製品にする」
4.「みんなが完全な人生を送れるようにする」
第6段第4文(The risk is that…) にあるように、子どもをobjects of manufacture「創作の材料」 commodities to be purchased「購入可能な商品」に変えてしまう、という記述、また、同段第6文
(There is the risk…) の the risk of turning parenting into an extension of the consumer society「子育てを 消費社会の延長に変えてしまう危険」といった記述から、正解は3だとわかる。他の選択肢の記述 は、同段落中には見られない。

■ 第8段落 8:1サンデル:自分はこの衝動には無縁だったと言ったら、それは正直ではないですね。
8:1 MS: It would be dishonest to claim that I am [9](1. indebted 2. immune 3. obliged) to this urge.
8:2誰しもが過干渉教育をしたいという気持ちを持った経験があると、私は思います。
8:2 I think everyone has experienced the inclination to hyperparent.
8:3我々は子育てをする時に、過度に管理をしてはいけないのです。確かに過干渉教育は、特に最
近は魅力的ではあるのですが。
8:3 We must not be overly controlling when raising children, though hyperparenting is [10](1. an outdated 2. an annoying 3. a tempting) thing to do, especially these days.
8:4今日では,特に裕福な郊外の学校ではそうですが、親は周りを見渡すと、軍拡競争志向のよう
なものが存在することを感じます。
8:4 Today, parents look around, especially in affluent suburban schools, and feel that there’s a kind of arms-race [11](1. compromise 2. mentality 3. reduction).
8:5他のみんなが大学準備科目を履修していると、そうしないことが自分の子どもから競争力を
奪ってしまうと思えるのでしよう。
8:5 Since everyone else is taking college prep courses, not to do so seems to be [12](1. depriving
2. accusing . informing) one’s child of a competitive advantage.
8:6過干渉教育の持つ真の危険が訪れるのは、親が自分の子どもに競争力を持たせるために、遺伝
子工学を用いるよう圧力を感じる時なのです。
8:6 The real danger of hyperparenting will come when parents feel pressured to resort to genetic engineering for the sake of giving their children a competitive [13](1. wedge 2. edge 3. pledge).

8:7我々はすでにこのことを、限られた範囲ではありますが子どもの身長を高くすることができる
ヒト成長ホルモンの使用に関連して見ています。
8:7 We see this already in a limited way with the use of human growth hormone, which can increase the height of children.
8:8 このホルモンはホルモン欠乏症の子どもを救うために導入されましたが、それだけでなく、背 が低いこと以外は身体的問題がない子どもにも有効なのです。
8:8 It was introduced to help children with a hormonal deficiency, but it also works with short, but otherwise healthy, children.

[24] According to the 8th paragraph, we can assume that Sandel thinks that the use of human growth hormone
1. can be problematic when it is extended to non-medical purposes.
2. should be limited because it can cause severe medical problems.
3. should be promoted because it enables the creation of “designer children.”
4. should be allowed for everyone who wishes to be tall and handsome.

・解答 [24]―1
>[24]「第8パラグラフによると、我々は、サンデルがヒト成長ホルモンの使用を( )と 考えていると推測することができる」 1.「医療目的以外に用途が広がると、問題となる可能性がある」
2.「深刻な医学的問題を引き起こす可能性があるので、制限されるべきだ」
3.「デザイナー=チルドレン」を生み出すことが可能になるので、促進されるべきだ」
4.「背が高く、ハンサムになることを願う人全員に認められるべきだ」
第8段第6文 (The real danger…)から、サンデルは「遺伝子工学が親が自分の子どもに競争力を持
たせるために」使われることを問題視していることがわかる。ヒト成長ホルモンの例は、同様の 問題点を抱える現実の話として取り上げられているので、正解は1である。2の、Severe medical problems「深刻な医学的問題」を引き起こす、という記述はない。3と4は医療目的以外の用途に肯 定的な意見なので、正しくない。

■ 第10段落
10:1 サンデル:私が懸念するのは遺伝子工学そのものではなく、激化する競争社会における社会 的、文化的な姿勢を伴った新しい遺伝子工学の利用可能性なのです。
10:1 MS: What worries me are not the genetic technologies by themselves but the availability of new genetic technologies together with social and cultural attitudes in an increasingly competitive society.
10:2大問題になるのは、この組み合わせです。
10:2 It is this combination that is so troubling.
10:3私は遺伝学における技術革新は、医療や、苦痛の緩和にとっては大いに喜ぶべきことだと考え
ています。
10:3 I should emphasize that I consider breakthroughs in genetics a great blessing for medicine and for the relief of [14](1. debt 2. suffering 3. oppression).

10:4私が心配するのは、遺伝子工学の医療以外での利用なのです。
10:4 My concern is with non-medical uses of genetic technologies.
10:5私は遺伝学の研究や技術革新を抑制したくはありません。
10:5 I would not want to restrain research and breakthroughs in genetics.
10:6 それどころか、それらは健康にとっては極めて大切です。
10:6 [15](1. Likewise 2. In the meantime 3. On the contrary), they are crucially important for health.
10:7私が心配なのは、健康を促進するために考案された科学技術が、医療とは関係のない目的に使
われ。消費主義社会において競争の道具にされてしまうことなのです。
10:7 My concern is when technologies that were designed for promoting health are used for non- medical purposes, and are turned into instruments of competition in a consumer-driven society.
10:8 これらの道徳的な懸念は、ナチスドイツの優生学の歴史に遡ります。
10:8 These moral concerns go back to the history of eugenics in Nazi Germany.

10:9 そのft時、優生学は生殖における強制と国家による管理に関わるものでした。 10:9 Eugenics was then associated with coercion and state control of reproduction. 10:10今日、優生学は復活しつつありますが、国家による強制はありません。
10:10 Today it is making a comeback, but without state coercion.
10:11現在では民営化された、自由市場における優生学という形になります。
10:11 It’s now in the form of privatized, free-market eugenics.
10:12私は優生学には、国家による強制がなくても道徳的に問題があると思います。なぜなら現在
では、優生学的な野望は、競争社会においては、消費主義に結びつけられるからです。
10:12 I think that eugenics is morally troubling even without the state coercion because now the eugenic [16](1. completion 2. prohibition 3. ambition) is connected to consumerism in a competitive society.
10:13 だから親は、競争社会で子どもを優位に立たせるためには遺伝子工学を用いなくては、とい う圧力をますます強く感じるのです。
10:13 So, parents will feel increasing pressures to resort to genetic engineering in order to give their children a leg up in a
competitive society.

10:14私が心配なのは、この組み合わせなのです。
10:14 It’s this combination that worries me.

[26] The term “a leg up” in the 10th paragraph can be taken to mean
1. a competition.
2. an advantage.
3. a higher purpose.
4. a medical condition.

・解答 [26]―2
>[26]「第10パラグラフの“a leg up” という語句は,( )を意味するために用いられてい る」
1.「競争」
2.「優位性,強み」
3.「より高い目的」
4.「病状」
A leg upを含む第10段第13文 (So,parents will…) のin order to give their children a leg upは, 競争社会において,親が遺伝子工学を用いる目的を述べた部分である。「子どもに( ) を与えるために」の空欄を埋める問題だと考えれば,2が正解。

[28] In the 12th paragraph, Sandel states that “the gap between rich and poor will be genetically reinforced.” What does he mean?
1. Rich people can receive proper medical care, whereas poor people cannot, but this situation will change in the future.
2. Both rich and poor will be able to take advantage of genetic technologies in the future, thus bridging the gap between them.
3. Rich people are genetically stronger and healthier than poor people, and the difference between them will increase in the future.
4. Rich people will remain rich, and poor people will remain poor, because only the former can afford genetic enhancement for their children.

・解答 [28]―4
>[28]「第12パラグラフでサンデルは『貧富の格差が遺伝子的に強化される」と述べている。彼の 言いたいことは何か」 1.「金持ちは適切な医療を受けられるが,貧乏人は受けられない。しかしこの状況は将来変わ る」
2.「将来は金持ちも貧乏人も遺伝子工学を利用できる。よって両者の差は埋められる」
3.「金持ちは貧乏人よりも遺伝子的に強く,健康である。そしてその差は将来大きくなる」
4.「金持ちは金持ちのままで,貧乏人は貧乏のままである。なぜなら金持ちだけが子どものため に遺伝子の強化をする経済的余裕があるからだ」
第12段第2文 (Now that eugenics…)に,遺伝子工学を利用できるのは経済的に余裕がある人だと
ある。つまり経済格差が遺伝子工学を使用できるか否かを決める要件になる,と言っているわけ である。それに続くのが「貧富の格差が遺伝子的に強化される」であることを考えると,金持ち は遺伝子工学が使え,貧しい人は遺伝子工学が使えないことから,両者の経済格差が遺伝子工学 の利用の有無によって強化される,と述べられていることがわかる。よって正解は4である。1は medical care「医療」全般についての話でテーマ自体が無関係。2は「格差が埋まる」という正反対 の内容である。3のgenetically stronger「遺伝子的に強い」は遺伝子工学には関係のない,持って生 まれた遺伝子を比較しているので正しくない。

■ 第14段落
14:1 サンデル:私の見方では、天からの授かり物という考えは、人生における予測不可能さを喜
んで受け入れることと同調するのです。
14:1 MS: In my view, the idea of giftedness goes along with a willingness to be open to the unpredictability of life.
14:2子どもを贈り物と考えることは、生まれたままの子どもを受け入れることで、我々が「デザイ
ン」するかもしれないものを受け入れることではありません。
14:2 To appreciate children as gifts is to accept them as they come, not as we might “design” them.
14:3 それにはある程度の謙遜と自制が伴われ、私にとっては道徳的に重要なだけではなく、社会 に資する結果をももたらすように思えます。
14:3 It involves a certain [17](1. humility 2. desirability . offense) and restraint, and it seems to me to not only be important morally, but to also have civic consequences.
14:4連帯に関しては、「社会において、なぜ恵まれた人は恵まれない人に対して借りがあるの
か?」を考えてみてください。
14:4 As for solidarity, just think, “Why do the fortunate owe anything to the less fortunate in a society?”
14:5 この問いに対する一つの答えは、天分という考えに依存するところが大きいのです。 14:5 One answer to that question depends [18](1. lightly 2. densely . heavily) on the idea of giftedness.
14:6 たまたま幸運で才能に恵まれた人がいるのです。
14:6 Some people are fortunate or gifted by chance.
14:7 もし我々が持つ優位性の多くが、我々自身の行いによるものだと言えないのなら、それは連 帯に対する大きな原動力となります。連帯とは、共存しているという思いと、自分よりも恵まれ ていない人と経験を分かち合うことなのです。
14:7 If many of our advantages can’t be said to be our own [19](1. showing 2. doing 3. playing), then that gives a powerful drive to solidarity, to feelings of togetherness and shared experience with those less fortunate than us.

14:8 もし将来、ある人々が遺伝子工学を用いて人類の進歩のすべての面を管理したら、その人た
ちが他人の抱える困難を知ることは決してないでしょう。
14:8 If in the future certain people use genetic technologies to control all aspects of human development, those people may feel [20](1. in no way 2. by all means 3. to some extent) connected to the difficulties of others.

[29] According to Sandel, we feel a sense of solidarity when we realize that
1. genetic technologies make life more predictable.
2. people around us are more gifted and fortunate than we are.
3. we owe what we are to our own efforts and hard work.
4. the difference between the fortunate and the less fortunate is simply by chance.

・解答 [29]―4
>[29]「サンデルによると,我々は( )ことを理解したときに連帯という感覚を理解す る」
1.「遺伝子工学によって,人生がもっと予見可能になる」
2.「周りの人が我々よりも共能にあふれ,幸運である」
3.「我々の現在は,我々自身の努力と働きによって決まる」
4.「幸運な人と,比較的に幸運でない人の差は,偶然にすぎない」
第14段第6文(Some people are…)「たまたま幸運で才能に恵まれた人がいる」と,続く第7文(If
many of…)「もし我々が持つ優位性の多くが,我々自身の行いによるものだと言えないのなら, それは連帯に対する大きな原動力となる」の内容から,4が正解。1と2は本文中に該当する記述が ない。3は,サンデルの主張と正反対である。

■ 第1段落
1:1 20世紀半ば以来,求人市場に革命が起きた。
1:1 Since the middle of the twentieth century, there has been a revolution in the job market.
1:2未曾有の数の女性が有給労働力に加わったのである。
1:2 Women have entered the paid workforce in unprecedented numbers.

1:3 たとえば,1950年には,労働年齢の女性の約3分の1しか,有給労働力とはなっていなかっ た。今日では,約61%である。
1:3 In 1950, for example, only about one-third of working-age women were in the paid workforce; today, some 61 percent are.
1:4女性によってなされる有給労働の性質にも,圧倒的な変化が生じてきた。
1:4 There has also been an overwhelming change in the nature of paid work done by women.

1:5 50年前には,看護と教職以外の女性の専門職はまれであった。
1:5 Fifty years ago, professional careers for women [31] (1. apropos 2. out 3. outside) of nursing or teaching were unusual.
1:6今日では毎年仕事に就く新規の弁護士と医師のほぼ半数を女性が占める。
1:6 Today, women comprise nearly half of the newly minted attorneys and physicians starting work each year.

1:7同じ50年間に,賃金の変化も生じた。
1:7 Over the same fifty-year period, there has been a transformation of wages, too.
1:8 1950年には女性の平均収入は男性の3分の2でしかなかった。
1:8 In 1950, median earnings of women were only two-thirds those of men.
1:9今日,女性は,男性に対する支払いの80%を得るのである。
1:9 Today, women earn 80 percent of what men are paid.

[51] In the 1st paragraph, the author uses the expression a revolution in the job market” with respect to
1. the number of women in the paid workforce, the type of paid work women are engaged in, and the earnings of women.
2. the nature of the paid workforce, the number of female attorneys and physicians, and a transformation of wages.
3. professional careers for women, a change in the wage rate for women, and the number of attorneys and physicians.
4. the contribution to the labor force, diversity of professional skills, and wealth accumulated by women.

・解答 [51]―1
>[51] 「第1段で,筆者が『求人市場に革命』という表現を使っているのは( )に関してである」
1. 「有給労働力の中の女性の数,女性が携わる有給労働の種類,女性の収入」
2. 「有給労働力の性質,女性弁護士と医師の数,賃金の変化」
3. 「女性の専門職,女性に対する賃金水準の変化,弁護士と医師の数」
4. 「労働力への貢献,専門的技能の多様性,女性によって蓄積された財産」
第1段で指摘されているのは,①「有給労働力に加わった女性の数」,②「女性によってなされる
有給労働の性質」,③「女性の賃金の変化」,以上3つである。これらを含む選択肢は,1であ る。

■ 第2段落
2:1最後の文を再読してほしい。
2:1 Reread that last sentence.
2:2平均して,男性が得る1ドルごとに,女性には80セント支払われる。
2:2 On average, for every dollar a man earns, a woman gets paid 80 cents.
2:3 こんなことは本ftでありうるだろうか。
2:3 Can this possibly be true?

2:4考えてほしいのは,こういう事柄である。雇用者の費用の70%近くは,労働が占める。
2:4 Consider this fact: Nearly 70 percent of employers’ costs are accounted for by labor.
2:5 1ドルかかるところ,80セントで女性だけを雇った雇用者は男性だけを雇う雇用者に比べて労 働コストを20%切りつめられるだろう。
2:5 An employer who hired only women at 80 cents on the dollar could cut labor costs by 20 percent [32] (1. in spite of 2. relative to 3. similar to) an employer who hires only men.
2:6 これによって,販売高の約14%の付加的利益が生じるであろう。それにより,典型的な会社の
得られる利益は3倍になるだろう。
2:6 This would yield added profits of about 14 percent of sales―which would triple the profit earned by the typical firm.
2:7 もし女性が男性より,支払いが20%少なくてすむのなら,どんな雇用者であれ,女性以外の誰 かを雇えるのだろうか。
2:7 If women are paid 20 percent less than men, how could any employer possibly [33] (1. expect
2. afford 3. refuse) to hire anyone but women?

[52] What is the main point of the 2nd paragraph?
1. Companies should hire more women than men because it can cut labor costs by 20%.
2. Hypothetically, hiring women would bring in more profit to the employer, but the reality is not as simple as that.
3. Due to lower earnings, an increasing number of companies are hiring more women than in the past.
4. The claim that women earn 80 percent of what men earn has no supporting evidence.

・解答 [52]―2
>[52] 「第2段の趣旨は何か」
1. 「企業は,労働コストを20%下げることができるのだから,男性より女性をもっと雇うべきで ある」
2. 「仮定としては,女性を雇うことは雇用者により多くの利益をもたらすことになるが,現実は それほど単純ではない」
3. 「賃金がより低いために,昔より女性をたくさん雇う企業の数が増えている」
4. 「女性は男性の稼ぎの80%を稼ぐという主張には,支持する証拠が何もない」
第2段第3文に「こんなことは本当でありうるだろうか」とあるとおり,「女性は男性の8割の給 与」という第2段第2文に示された事実を鵜呑みにすれば,どのような不合理な事態が考えられる かが記述されていたことをつかむ。そのような理解に最も近いのは,2である。

■ 第4段落
4:1多くの評者に広まった意見では,男女の賃金間の説明のつかない差異は主に,女性差別の結果
だということだ。
4:1 The widespread opinion of many observers is that the unexplained gap between the pay of men and women is chiefly the result of discrimination against women.
4:2説明は簡単である。
4:2 The reasoning is simple.
4:3 大半の事業主あるいは経営幹部は男性であり,男性を雇うか女性を雇うかを選ぶことになれ
ば、「同窓生組織」が男性に有利に働く。
4:3 Most business owners or senior managers are men, and [35] (1. over 2. for 3. given) a choice between hiring a man or a woman, the “old-boy network” operates in favor of the man.

4:4 こうした見方によれば、低賃金に甘んじて、初めて女性が就職できることになる。
4:4 According to this view, women can get the job only if they agree to accept lower wages.

[54]. Which of the following best represents the concept of the “old-boy network” as used in the 4th paragraph?
1. A democratic system of within-company communication which exclusively consists of aged colleagues.
2. A predisposition of the male employer which influences his decision of hiring a male or a female.
3. A theory of communication which explains the old-men-flock together phenomenon in a company.
4. A wisdom of human experience which directs human reasoning in the right direction.

・解答 [54]―2
>[54] 「次のうちどれが第4段で使われているような『同窓生組織』の概念を最もよく表現してい るか」
1. 「年輩の同僚だけからなる,民主的な企業内情報伝達制度」
2. 「男性と女性のどちらを雇うかという決断に影響する男性雇用者の傾向」
3. 「企業内の高齢男性集合現象を説明する,情報伝達理論」
4. 「人間の推論を正しい方向に導く人間経験の知恵」
空所[35] を含む文に「男性を雇うか女性を雇うかを選ぶことになれば『(男子校)同窓生組織』 が男性に有利に働く」とある。後輩である男性の方を選ぶことを「『同窓生組織」が男性に有利 に働く」と表現したと考えればよいだろう。よって,正解は2である。

■ 第10段落
10:1給与に影響する第三の重要要因は,労働時間である。
10:1 The third key factor influencing pay is hours of work.
10:2有給労働で週当たり50時間以上働く可能性は,男性が女性の2倍を上回る。
10:2 Men are more than twice as likely as women to work in excess of fifty hours a week in paid employment.
10:3一般に,男性の平均有給週労働は,女性より約15%長い。
10:3 Overall, the average paid workweek for men is about 15 percent longer than it is for women. 10:4 また,男性は,女性より,パートタイム労働でなく,常勤労働に従事することも多いので賃 金格差はここでも大変に大きくなりうる。
10:4 Men are also more likely than women to be in full-time, rather than part-time, paid employment, and the wage differences here can be huge.

10:5たとえば,週ftたり平均44時間の労働は,週ftたり34時間労働に対して,性別にかかわらず
2倍を超える給料を生じる。
10:5 Working an average of forty-four hours per week versus thirty-four hours per week, for example, yields more than twice the pay, [48] (1. sensitive to 2. considering 3. regardless of) gender.
10:6有給労働時間のこうした相当な性別格差は一つには「ママさん路線」現象のためであるが,残
る問題は,これが雇用者の方での差別を生じるのか,あるいは女性による選択の結果なのか,と
いうことである。
10:6 This substantial gender gap in hours of paid work is due in part to the “mommy track” phenomenon, but the question that remains is, does this constitute discrimination on the part of employers, or is it the result of choices by women?

[59] The “mommy track” phenomenon is mentioned to explain gender differences in terms of hours of paid work. It refers to
1. a working condition under which women with children can continue working with less required hours of work.
2. a work-sharing system for women who would rather cut their own hours than see a friend lose her job.
3. a career course for women who want to work on schedules adjustable according to their own need.
4. a type of work designed for mothers who want to take their children to their workplaces.

・解答 [59]―1
>[59] 「『ママさん路線』現象に言及されているのは,有給労働時間に関しての性差を説明するた めである。それは,( )のことである」
1. 「子どものいる女性が,要求される労働時間を減らして労働を続けられる労働条件」
2. 「友人が失業するのを見るよりは自分の時間を削った方がよいと思う女性のための労働共有制 度」
3. 「自分自身の必要に応じて調節できる時間で働きたい女性のための職業コース」
4. 「子どもたちを職場に連れていきたい母親のために立案されたある種の仕事」
「『ママさん路線』現象」は,第10段末尾に記述があるが,これは第8段冒頭文(The parenthood pay declines … )後半の「責任と労働時間の減少を伴う『ママさん路線』を踏まえた表現であ り,「ママさん路線」とは要するに「育児のための都合を重視した労働形態」のことである。そ うなっている選択肢は,1のみ。

■ 第1段落
1:1 インターネットの影響に関する私自身の考えについて思うとき、私はいつも同じ比喩に戻って くる。
1:1 When I consider the effect of the Internet on my thought, I keep coming back to the same metaphor.
1:2 インターネットを、全く新しい人間のコミュニケーションのシステムたらしめているものは、 それが可能にする多数対多数の結びつきなのである。つまり、インターネットを使う技術を身に つけた任意の二人の人間は、原則的にいかなる情報でも、柔軟に、かつ効率的に転送しあうこと が突然可能になった。
1:2 What makes the Internet a fundamentally new human communication system is the many-to- many connections it allows: suddenly any two Internet-equipped humans can transfer essentially any information, flexibly and efficiently.
1:3我々は言葉、暗号、方程式、また音楽やビデオを、いつでも誰にでも、本質的には無料で転送
することができる。
1:3 We can transfer words, code, equations, music or video anytime to anyone, essentially for free.

1:4我々は、自分たちどうしが結びつくために出版社やメディアの製作者にはもはや頼らずともよ い。
1:4 We are no longer dependent on publishers or media producers to connect us.
1:5 これは、動物の進化の過程で起きたことと似ている。我々は自分たちの行動を司る複雑な脳 を、それ以前から存在した基本的にはホルモンの一対多数のシステムに、部分的に取って代わる ことで発達させたからである。
1:5 This [31] (1. parallels 2. contradicts 3. supports) what happened in animal evolution, as we evolved complex brains controlling our behavior, partially displacing the basically hormonal, one-to- many systems that came before.
1:6 そこで、この新しい様式のコミュニケーションを、過去5億年にわたる動物の進化の過程で起 きた情報革命、つまり脳の進化と比較することで、長期的な進化の視点から考えてみよう。
1:6 So let’s consider this new mode of communication from the long evolutionary viewpoint, by [32] ( 1. adding 2. comparing 3. subordinating) it to the information revolution that occurred during animal evolution over the last half-billion years: the evolution of brains.

[51] In the 1st paragraph, words, code, equations, music and videos are offered as examples of information that
1. are created by publishers for global readers.
2. can flow without restriction.
3. displace hormonal communications.
4. are part of the animal evolutionary process.

・解答 [51]―2
>[51] 「第1段では,言葉,暗号,方程式,音楽,ビデオは ( )情報の例として示されている」 1. 「世界中の読者向けに出版社によって作られた」
2. 「制限なしに流通することができる」
3. 「ホルモン型のコミュニケーションに取って代わる」
4. 「動物が進化する過程の一部」
第1段第2文 (What makes the … )・第3文 (We can transfer … )では,インターネットがもたら す,人間どうしの新しい結びつきについて述べられている。その結びつきの持つ特徴である「いか なる情報 (any information)」でも「本質的には無料で (essentially for free)」で送ることが可能 であるという部分を言い換えていると考えられる2が正解である。1はインターネット以前の, publisher「出版社」のような媒体が必要な情報を指すことになるので不正解。3を入れると,言葉 や暗号などがホルモン型の情報伝達に取って代わる,という意味になってしまう。問題になってい るのは,これらの情報を伝達する手段についてなので正しくない。4のような記述はない。

■ 第4段落
4:1 とは言っても、「何でも屋」であることで、このような細胞には傑出した点がなかった。 4:1 Nonetheless, being “jacks of all trades”, such cells were [36] ( 1. rulers 2. dictators 3. masters) of none.
4:2共同的多細胞性は細胞が専門化し、補助的支援、食料摂取、生殖等の個別の役割に集中するこ
とを可能にした。
4:2 Cooperative multi-cellularity allowed cells to specialize, focusing on the individual tasks of support, feeding, and reproduction.
4:3専門化と労働の分業により、細胞の一団が、個体の大きさや、効率性や、複雑さにおいて単細
胞の祖先たちを大きく凌駕することを可能にし、全く新しい種類の生物を作るに至った。
4:3 Specialization and division of labor allowed teams of cells to vastly outclass their single-celled ancestors in terms of size, efficiency, and complexity, leading to a whole new class of organisms.

4:4 しかし、この新しい生物は、自分たち自身のコミュニケーションに関わる問題を作りだした。 それは、この個々の細胞すべての間で、円滑で効率的な協調体制をいかに保持するか、という問 題であった。
4:4 But this new organization created its own problems of communication: how to [37l ( 1. empower 2. ensure 3. entitle) smooth, effective cooperation among all of these independent cells.
4:5 この問題は、専門技能を身につけた人間によって構成される社会の起源と非常に似ている。
4:5 This question directly parallels the origin of societies of specialized humans.

[52] The metaphor of the evolutionary specialization of cells is intended to portray
l. the demand for division of labor as society grows more complex.
2. the relationship between evolution and reproduction.
3. the complexity of the human evolutionary story.
4. the need for masters and subordinates in class-based societies.

・解答 [52]―1
>[52] 「細胞の進化的分業化というたとえは ( )を表現することを意図している」 1. 「社会が複雑化する際の,労働の分業に対する需要」
2. 「進化と生殖との関係」
3. 「人類の進化の物語が持つ複雑さ」
4. 「階級社会における主人と家来の必要性」
人体における細胞の「専門化と労働の分業化 (specialization and division of labor)」については第4
段第3文 (Specialization and division … )にある通り,単細胞の祖先たちをいろいろな面で上回 り,全く新しい種類の生物を作ることになった。第4段第4文 (But this new … )と最終文 (This question directly … )では,そこで持ち上がったコミュニケーションの問題が,「専門技能を身に つけた人間によって構成される社会の起源と非常に似ている」と述べられていることから,正解 は1である。それ以外については,本文中に該当する記述はない。

■ 第7段落
7:1人類においては,言語が意思伝達の組織的なシステムの発端を備え,個々の人間を大きな組織 化された集合体にまとめた。
7:1 In humans, language provided the beginnings of a communicative organizational system, [41] (1. identifying 2. unifying 3. categorizing) individuals into larger, organized collectives.
7:2 すべての動物は意思の伝達を行うが,その経路はたいてい狭く,ありとあらゆる思考の表現を
支えるものではない。
7:2 Although all animals communicate, their channels are typically narrow and do not [42] (1. receive 2. support 3. broadcast) expression of any and all thoughts.
7:3言語によって人類は,自由な考えを一人の頭から別の人の頭に移すことを可能にし,集団組織
という新しい文化的な発展段階を作り出した。
7:3 Language enables humans to move arbitrary thoughts from one mind to another, creating a new, cultural level of group organization.

7:4人類の進化の大部分において,このシステムは非常に地域的で,小さな集団が地域的な組織集
団を作るのを可能にしただけだった。
7:4 For most of human evolution, this system was very local, allowing small bands of people to form local clusters of organization.
7:5話し言葉は狩猟採集民が狩猟採集の成果をまとめたり,小さな農耕共同体が作物をまとめたり
することを可能にしたが,それ以上のものではなかった。
7:5 Spoken language allowed hunter-gatherers to organize their foraging efforts, or small farming communities their harvest, but not much more.

[53] According to the 7th paragraph, why is communication among animals other than humans limited ?
1. Other animals do not possess a verbal communication system.
2. Other animals do not possess culture.
3. Other animals do not possess minds.
4. Other animals do not possess organizational skills.

・解答 [53]―1
>[53] 「第7段によると,なぜ人類以外の動物のコミュニケーションには限界があるのか」
1. 「他の動物は言葉によるコミュニケーションの仕組みを持たないから」
2. 「他の動物は文化を持たないから」
3. 「他の動物は心を持たないから」
4. 「他の動物は組織としてまとまる技能を持たないから」
第7段第2文 (Although all animals … )に,すべての動物はコミュニケーションをするが,その経路
は限られている」という記述があり,続く第3文 (Language enables humans … )には言語によって 人類は「集団組織の新しい文化レベル (a new cultural level of group organization)」を作った,と いう記述がある。この記述から,言語の獲得がコミュニケーションのレベルにおいて人と他の動 物を隔てたと考えられるので,1が正解。2は「文化を持たない」という記述はない。むしろ上記 の記述から筆者は動物も低いレベルにしろ,文化はあると考えている。3は本文中に記述がない。 4は,現実にはコミュニケーションに限界があるので組織としてまとまれない,と考えられるの で,因果関係が逆である。

■ 第9段落
9:1 グーテンベルク以来,人間社会は新しい組織原理に向かってゆっくりと手探りで進んできた。 9:1 Since Gutenberg, human society has slowly groped its way towards a new organizational principle.
9:2読み書き,郵便,電報,そして民主主義はホルモンよりも神経組織に近い,比喩的な新しい組
織に向かう途中の段階だった。
9:2 Literacy, mail, telegraphs and democracy were steps along the way to a new organizational metaphor, more like the nervous system than hormones.
9:3 インターネットがそのプロセスを完結させる。つまり現在では各地に散らばった任意の個人が 結びつき、情報を共有し、この新しく、共有された情報の源泉に基づいて、自分たちの決断を行 うことが可能になった。
9:3 The Internet completes the process: now [46] (1. necessarily 2. slightly 3. arbitrarily) far-flung individuals can link, share information, and base their decisions upon this new, shared source of meaning.
9:4我々の脳内に存在する個々のニューロンのように、個々の人間は潜在的に影響力を持ち、また
どこからでも誰からでも突然発信される情報に影響を与えられたりする。
9:4 [47] (1. Like 2. As for 3. As in) individual neurons in our brain, each human can potentially influence and be influenced, rapidly, by information from anyone, anywhere.

9:5比喩的な意味で世界脳のニューロンである我々は、全く新しい社会組織のシステムへと変わる
寸前であり、その新しいシステムは,我々を一つにつなぐインターネットという比喩上の軸索によっ て、世界全体を繋げるのである。

9:5 We, the metaphoric neurons of the global brain, are on the brink of a wholly new system of societal organization, one spanning the globe with the metaphoric axons** of the Internet linking us together.

[57] In the 9th paragraph, the author suggests that the Internet society allows people to influence each other and
1. a person in power can dominate the relationship.
2. people tend to move in the direction of democratization.
3. one cannot predict how and where one will be influenced by others.
4. people can base their decisions on the structure of the Internet.

・解答 [57]―4
>[57] 「第9段で筆者は、インターネット社会では人々がお互いに影響しあい、 ( )を可能にする と示唆している」
1. 「権力を持つ側が、その関係において優位に立つ」
2. 「人々は民主化の方向に動く傾向がある」
3. 「人はどこでどのように他人に影響されるかについて予測することはできない」
4. 「人々はインターネットの構造を自分たちの判断の根拠にできる」
第9段第3文 (The Internet completes … )のthis new, shared source of meaning「この新しく共有された
情報の源泉」とは、インターネットのことを指していると考えられるので、この部分は4と同じこ とを述べていると考えられる。よって4が正解である。1・2は、該当する記述がない。3について は、one cannot predict「予想することはできない」の部分が第9段の内容を考えると言い過ぎであ る。

[58] According to the article, which of the following is true?
l. The Internet, like the nervous system, requires the coordination of its components.
2. Internet connections, like signals on the nervous system, are restricted to limited distances.
3. The Internet, like the nervous system, has many specialized communication mechanisms.
4. Individuals on the Internet, like parts of the nervous system, can be connected one-to-one.

■ 第11段落
11:1 2つの大きな問題が、この「世界脳」という比喩を損なっている。
11:1 Two main problems mar this “global brain” metaphor.
11:2第一に、現在の世界脳は、世界的に力を持つ組織と弱く結びついているにすぎない。
11:2 First, the current global brain is only weakly linked to the organs of international power.
11: 3政治的、経済的、そして軍事的な勢力は世界脳とは絶縁されたままであり、力を持った個人
は、ホルモン型の統治モデルと情報交換にしがみついて離れないかもしれない。
11:3 Political, economic and military power remains insulated from the global brain, and powerful individuals can be expected to cling tightly to the [50] (1. hormonal 2. neuronal 3. collective) model of control and information exchange.
11:4第二に、我々の神経回路は4億年にわたる自然選択を経て進化してきており、その間に何十億
もの出だしでつまずいた競争相手や、誤って結びついた個々の細胞は容赦なく淘汰された。
11:4 Second, our nervous systems evolved over 400 million years of natural selection, during which billions of competing false starts and miswired individuals were ruthlessly weeded out.
11:5 しかし、今日においては、世界脳は一つしかない。そして実用的な構成を、可能性を持った 何兆もの候補から選び出すための試行錯誤の過程はないのである。
11:5 But there is only one global brain today, and no trial and error process to extract a functional configuration from the trillions of possible configurations.

11:6 このやっかいなデザインの作業は、我々の手に委ねられているのである。
11:6 This formidable design task is left up to us.

[60] According to the author, what are the two problems with the “global brain” metaphor referred to in the last paragraph?
l. The Internet is strongly connected to society, and trial and error will force it to evolve.
2. The Internet is not used by the military, but there are too many choices for configuring the global brain.
3. Some holders of power protect themselves from the Internet, and the design configuration is left open.
4. The Internet has no internal organs, and is not a natural phenomenon.

・解答 [60]―3
>[60] 「筆者によると、最終段に述べられている「世界脳」というたとえに関する2つの問題とは 何か」
1. 「インターネットが社会と強固につながり、試行錯誤によってインターネットが進化してい く」
2. 「インターネットは軍隊によっては使われないが、世界脳を構成するための選択肢が多すぎ る」
3. 「力を持った人の中に、インターネットから自分たちを守る人が現れることと、設計形態が
(試行錯誤を経ずに)開かれてしまっていること」
4. 「インターネットには内部機関がなく、自然現象ではない」
the two problems with the “global brain” metaphor「「世界脳」というたとえに関する2つの問題」 の1つめは、最終段第2文 (First the current … )・第3文 (Political economic … )にある。その 主旨は、世界脳の影響力はまだ小さく、影響力を持った個人による従来型の統治に対抗するする 力を持たない、ということである。2つめは、第4文 (Second,our nervous … )・第5文 (But there is … )にあるが、自然海決を経て生き残った神経組織と違い、世界脳は最初から唯一の選択 肢として存在するがゆえの弱さに対する不安である。この2つに言及している3が正解である。1は 2点とも、本文の内容の反対である。2は「軍隊では使われない」とは書かれていないし、イン ターネットに「選択肢が多すぎる」という記述もない。4も該ftする記述はない。

■ 第1段落
1:1世界規模の統治にかかわる問題は,現代の世界では,人間集団が世界貿易から人間の安全保障
まで,さまざまな問題に対処しようとするにつれてますます重要性を帯びるようになった。
1:1 The issues related to global governance have assumed an increasing importance in our world as human populations attempt to deal with a variety of issues, from world trade to human security.

1:2 「世界経済」,「地球社会」,「地球温暖化」といった言葉が,現在ますます多く使われるこ
とが,こうした問題に専門的な世論形成者がますます関与するようになっている証左である。 1:2 The current growing usage of such terms as “global economy,” “global society” and “global warming” is a sign of the increasing engagement of expert opinion-makers with these issues.
1:3通常の世論形成者もまた,フェイスブックの世界統治ページといったサイトによって示される
ように,こうした問題に関与してきた。
1:3 Ordinary opinion-makers have also engaged with these issues, as demonstrated by such sites as the Global Governance Page on Facebook.
1:4最近,こうした大問題は,この地球の比較的狭い地域,カナリア諸島でくっきりと浮かび上
がった。
1:4 Recently, these large issues have come into [1] (1. action 2. shape 3. focus) in a relatively small section of our globe, the Canary Islands.

[21] Which of the following best explains the purpose of comparing the interest of “expert opinion- makers” and “ordinary opinion-makers” in the issues of global governance mentioned in the 1st paragraph?
1. To demonstrate that intellectual elites are better qualified to deal with global issues than the average user of the World Wide Web.
2. To demonstrate that the average user of the World Wide Web can use technology to solve global problems better than experts.
3. To demonstrate the democratic nature of Facebook as a global network.
4. To demonstrate that all levels of people are taking part in the solution of global issues.

・解答 [21]―4
>[21] 「次のうちどれが,第1段で言及された世界規模の統治の問題における『専門的な世論形成
者』と『通常の世論形成者』の関心を比較した目的を,最もよく説明しているか」
1. 「知的なエリートの方が,平均的なインターネットユーザーよりも地球的な問題を処理するの にふさわしいことを証明するため」
2. 「平均的なインターネットユーザーの方が,専門家よりも,地球的な問題を解決するのに,科 学技術を使うことができることを証明するため」
3. 「世界規模の組織としてのフェイスブックの民主的な性質を証明するため」
4.「すべての段階の人々が地球的な問題の解決に参加していることを証明するため」
「専門的な世論形成者」が世界規模の問題に深く関与しているという事態は,特に不審な事態で はない。しかし,「通常の世論形成者」が世界規模の問題に関与することは,ひと昔前には考え られない事態だった。よって第1段の指摘で特に意味があるのは,「通常の世論形成者」の方の事 態である。それを適切に指摘しているのは,4である。

■ 第2段落
2:1 カナリア諸島はアフリカ西海岸沖合の大西洋上に位置する群島である。
2:1 The Canary Islands are an archipelago located in the Atlantic off the west coast of Africa. 2:2 かつてはスペイン最古の植民地の一つであり,島は1978年にスペインの自治州となった。 2:2 Formerly one of Spain’s oldest colonies, they became a Spanish Autonomous Community in 1978.
2:3 スペインがヨーロッパ連合,すなわちEU(ft時はヨーロッパ共同体として知られていた)に
1986年に加入したとき,島はEUの外縁地域の資格を得た。
2:3 When Spain joined the European Union, or the EU (at that time known as the European Communities), in 1986, they [2] ( 1. subordinated 2. qualified 3. modified) as an Outermost Region of the Union.
2:4外縁地域は,地理的にはヨーロッパ地域でないけれども,EUの一部だと考えられる,EU加盟
国内の9地域である。
2:4 The Outermost Regions are nine regions of EU member states which, though not geographically part of Europe, are considered part of the EU.

2:5 EUは一般に,超国家的な統治の最も重要な事例だと考えられている。
2:5 The EU is generally considered a prime example of supranational* governance.
2:6財政的な規制や環境保護,管理支配権の問題にまで及ぶ,深まるスキャンダルがこうした島々
で明るみに出た。
2:6 A growing scandal covering issues of financial regulation, environmental protection and regulatory jurisdiction has come to [3] (1. light 2. pass 3. an end) in these islands.

[22] Which of the following best expresses the concept of the EU as “a prime example of supranational governance” as mentioned in the 2nd paragraph?
1. The EU has increased membership since the fall of the Soviet Union.
2. The EU has created the strong euro trading bloc among its members.
3. The EU has many member nations within its governance network.
4. The EU has assisted the development of smaller members within the group.

・解答 [22]―3

>[22] 「次のうちどれが,第2段で言及された『超国家的な統治の最も重要な事例」としてのEUの
概念を最もよく表現しているか」
1. 「EUはソビエト連邦の崩壊以来,加盟国を増やしてきた」
2. 「EUは加盟国内で,強固なユーロ貿易圏を作り出してきた」
3. 「EUはその統治組織内に多数の加盟国をもつ」
4.「EUは域内でより小さなメンバーの発展を支援してきた」
「超国家的な統治の最も重要な事例」としてふさわしいものを,選択肢の中から探し出すことが 求められている。1について,本文中にソビエト連邦の崩壊については述べられてはいない。2に ついて,ユーロ貿易圏ができたことも本文に記述はない。3については,第2段第3・4文でEU加盟 国に関する記述があるので,これが正解。4について,「域内メンバーの発展支援」は第2段に記 述がない。

■ 第8段落
8:1 ユネスコの報道担ft者が「ランサロテ島は,とても優れた使い方があったのです。巨大観光業 を開発しようというのではありませんでした。環境をより尊重した持続可能な観光業が推進され たのです」と発言したと,フィナンシャルタイムズ紙の記事に引用された。
8:1 A UNESCO spokesperson was quoted in the Financial Times article as saying, “Lanzarote had a very good application. Mass tourism was not something they were developing. They [15] ( 1. prompted 2. promoted 3. proclaimed) sustainable tourism that was more respectful to the environment.”
8:2実は,1995年の持続可能観光世界会議はランサロテ島で開かれたのだった。
8:2 In fact, the 1995 World Conference on Sustainable Tourism was held in Lanzarote.
8:3 BIJとフィナンシャルタイムズ紙によって報じられた記事に照らせば,「新たな観光文化へ向 けて」という会議の議題はとりわけ皮肉に聞こえる。
8:3 In light of the 16] (1. speculations 2. allegations 3. expectations) reported by the BIJ and the Financial Times, the conference theme, “Towards a New Tourist Culture,” sounds particularly ironic.

[26] Which of the following best explains the irony of the tourism conference mentioned in the 8th paragraph?
1. It is ironic that such an important conference took place on a small island.
2. It is ironic that the conference would combine the concept of culture with an industry like tourism.
3. It is ironic that a conference on tourism issues took place in a location that is a focus of a scandal.
4. It is ironic that sustainability is a key component of eco-tourism.

・解答 [26]―3
>[26] 「次のうちどれが、第8段で言及されている観光会議の皮肉を最もよく説明しているか」
1. 「それほどの重要会議が小さな島で開催されたのは、皮肉である」
2. 「会議が文化の概念と観光のような産業とを結びつけるのは、皮肉である」
3. 「観光問題の会議が、スキャンダルの焦点となっている地域で開催されたのは、皮肉である」
4. 「持続可能性がエコツーリズムの重要要因であるのは、皮肉である」
「皮肉」に関して第8段には、環境保護を標粉する観光を議題にする会議を開いてみれば、開催地 は環境保護を口実にした不正融資で揺れる島だった、という皮肉な巡り合わせが記述されてい る。そのような内容を表現している選択肢は、3以外にない。

■ 第10段落
10:1 BIJは1900万ユーロがこれまでに回収されたことを探知したが,これはスペインに支払うべ きEU補助金からそうした資金分が差し引かれたことで成し遂げられた。

10:1 The BIJ has found that 19 million euros has been recovered so far, but this has been achieved by withholding those funds from the EU subsidies [18] ( 1. due 2. according 3. Owing) to Spain.
10:2 スペイン政府の関与は責任問題を生じている。
10:2 The involvement of the Spanish national government raises the issue of responsibility.
10:3 1988年のスペイン国内法の「沿岸法」は,スペインの地中海沿岸の乱開発に対応して作成さ
れたのであるが,スペインの全海岸線を国有化し,地方自治体に管理権を与えた。
10:3 The Spanish national “Coastal Law” of 1988, drawn up [19] (1. in association with 2. in response to 3. without regard to) the uncontrolled development of Spain’s Mediterranean coast, nationalized the entire Spanish coastline and vested control in local governmental bodies.
10:4 1991年に,ランサロテ島地方行政当局が進歩的な土地利用計画を作成したが,それは持続的
開発と生態系の保護のための手本として,世界的に認められた。
10:4 In 1991, the Lanzarote local government drew up a progressive land use plan, which gained world recognition as a model for sustainable development and safeguarding the ecosystem.
10:5 実はユネスコが当初,ランサロテ島に生物圏資格を授与したのは,この計画を基礎としてい
たのだった。
10:5 [20] (1. Hence 2. Therefore . In fact), it was on the basis of this plan that UNESCO initially awarded Lanzarote its Biosphere Status.

[28] Which of the following best paraphrases the meaning of the phrase “symbolic of the pitfalls of global governance” as used in the last paragraph?
1. Lanzarote has become an international example of economic corruption.
2. Lanzarote is representative of the complexities in global society.
3. Lanzarote has become a logo for the development of tourism economies.
4. Lanzarote is a sign of flaws in EU funding.

・解答 [28]―2
>[28] 「次のうちどれが、最終段で使われているような「世界規模の統治 の落とし穴を象徴する」という言い回しの意味を最もよく言い換えているか」 1. 「ランサロテ島は,経済的不正の国際的な事例となった」
2. 「ランサロテ島は,地球規模の社会の複雑さを表している」
3. 「ランサロテ島は,観光経済の発達を表すシンボルマークとなった」
4.「ランサロテ島は,EU基金の欠陥を示す印である」
「世界規模の統治の落とし穴を象徴する」というのは,「従来の国家という枠組みを超えた,地 球規模に広がる組織が出現している現代にあっては,そうした組織がないときには起こりえな かった不測の事態が現れてくるがそうした困った事態を象徴する」,ということである。そうし た意味を端的に表現している選択肢は,2以外にはない。

■ 第11段落
11:1 ランサロテ島の事例が世界規模の統治の落とし穴の象徴となったのは政策,支配権,規制,
責任が集合したためである。
11:1 It is the meeting of policy and jurisdiction, regulation and responsibility that has made the case of Lanzarote symbolic of the pitfalls of global governance.
11:2開発中の地域の支援や世界的な生物圏の保護といった問題に取り組むために設立された世界的
な組織が本当に効果を発揮するためには,第一の必要条件は,統治のあらゆる段階,地方的,国
家的,超国家的のどの段階でも,透明性を確保することである。
11:2 If the global organizations which are set up to address issues such as support for developing regions and protection of the world’s biosphere are to be truly effective, then the first requirement is transparency at all levels of governance, local, national and supranational.

[29] Which of the following would be the best definition of the term “tansparency” as it is used in the last paragraph?
1. Transferring the jurisdiction from a local authority to a global System.
2. Being able to see all the rules and functions of a given system.
3. Transferring monitoring power of local economies to a regulatory agency.
4. Being able to see the various results of sustainable development.

・解答 [29]―2
>[29] 「次のうちどれが,最終段で使われているような『透明性」という語の最もよい定義である か」
1. 「地方的権威から地球的な制度へと支配権を移転すること」
2. 「所定の組織の法則と機能すべてを見ることができること」
3. 「地方経済の監視権限を規制部局へ移転すること」
4.「持続可能な開発のさまざまな成果を見ることができること」
本文で述べられている「透明性」とは,統治機構すべてが外部から可視的であることを意味する
ことは,最終段最終文から明確である。そのような意味に最も近いのは,2である。

[30] Which of the following would best summarize the key issue of this article?
1. Conflicts between expert and web opinions on global governance.
2. The problems of tourism economy as a development plan.
3. The negative effects of EU governance on global business promotion.
4. The problems of sustainability and transparency in global tourism.

・解答 [30]―4
>[30] 「次のうちどれが,この本文の重要問題を最もよく要約しているか」
1. 「世界規模の統治に関する専門家とネット上の意見の間の対立」
2. 「開発計画としての観光経済の問題点|
3. 「世界規模の事業の促進に対してEU統治が及ぼすマイナス効果」
4. 「世界観光の持続可能性と透明性の問題」
本文の「重要問題」とは,ランサロテ島スキャンダル,すなわち観光開発にEU資金が違法に使わ れた事件である。そしてこの問題の特徴は,①「環境保護に配慮した開発」を名目に,②不正な 資金利用が起きたことである。選択肢の中で,この2点に関連するのは,①に関しては「持続可能 性」,②に関しては「透明性」を指摘している4しかない。

■ 第3段落
3:1英国の新聞フィナンシャルタイムズ紙のある記事によれば,スキャンダルの焦点はカナリア諸
島東端のランサロテ島の8つの豪華ホテルである。
3:1 According to an article in the British newspaper, the Financial Times, the focus of the scandal is eight luxury hotels on Lanzarote, the easternmost of the Canary Islands.
3:2地理的に遠方であり,観光に過度に依存しているために,ランサロテ島はEU条約の下でヨー
ロッパおよび国内からのさまざまな補助金を受ける資格があった。
3:2 Because of its remote geography and its overdependence on tourism, Lanzarote was [4] (1. provided 2. accounted 3. eligible), under the EU treaty, for a variety of European and national subsidies.
3:3 1990年代の膨張する経済にあおられて,過去40年間にわたって島の経済の頼みの綱であった観
光産業が急成長した。
3:3 Fuelled by the expanding economy of the 1990s, tourism, which had been the mainstay of the islands economy for the past 40 years, [5] (1. boomed 2. bubbled 3. banged).
3:4 ホテルが建設され,1999年に島の飛行場が拡張され,EU諸国からの観光便の流入を処理でき るようになった。

3:4 Hotels were built, and the islands airfield was expanded in 1999 to handle the [6] (1. intrusion 2. influence 3. inflow) of tourist flights from EU countries.
3:5 2008年には,500万人以上の乗客がランサロテ島へ旅した。
3:5 In 2008, more than five million passengers travelled to Lanzarote.
3:6 この発展に論評を加えて,フィナンシャルタイムズ紙の記事は「観光産業の急速な発展によっ て,農業と漁業が地域経済から押し出されてしまい,島の持続可能性が揺らいでしまった」と述 べている。
3:6 Commenting on this development, the Financial Times article states, “The rapid growth of the tourism industry has crowded out agriculture and fishing from the local economy and [7] (1. undermined 2. strengthened 3. demonstrated) the sustainability of an island.”

■ 第5段落
5:1 カナリア諸島の最高裁判所は,ランサロテ島のさまざまな事業に対する22の建設免許を無効と した。
5:1 The Canary Islands High Court has annulled 22 building licenses for various projects on Lanzarote.
5:2金銭的な不正事件に政治的な不正の面を付加することになったのは,開発と環境問題の間のこ
うした関係である。
5:2 It is this relationship between development and environmental issues that has added aspects of political corruption to the financial [9] (1. assistance 2. award 3. fraud) case.
5:3 フィナンシャルタイムズ紙は,これまでに30人を超える公務員と実業家が違法な建築と操業許
可にかかわる不正の申し立てによって逮捕されたと報じた。
5:3 The Financial Times reported that more than 30 public officials and businessmen have been arrested on allegations of corruption regarding illegal building and operating [10] (1.. systems 2. principles 3. permits).
5:4 こうした告発は地域的な政治問題を超越し,政策と責任の問題にかかわる主要な国際組織を巻 き込んでいる。
5:4 These charges transcend local political issues and involve major international organizations on the questions of policy and responsibility.

■ 第6段落
6:1 その記事の背景調査を準備するのに,フィナンシャルタイムズ紙は,ロンドンに本拠がある
NPO,調査報道事務局(BIJ)と共同で作業した。
6:1 In preparing the background research for the article, the Financial Times collaborated with the London-based NPO, the Bureau of Investigative Journalism (BIJ).
6:2 BIJは,そのウェブサイトで,その目的が「良質の調査報告を制作することによって独自の報 道を支援すること,および,調査報道を実施し,資金を提供する新たな手法を探ること」である と述べている。
6:2 On its web site, the BIJ states that its goal is “to bolster original journalism by producing high- quality investigations, and to explore new ways of conducting and funding investigative journalism.”

6:3他の報道機関と共同作業をすることによって,同局は,国内,国際メディアが長期にわたる出
費のかさむ調査に資金を出すときにしばしば直面する難題に取り組もうとしている。
6:3 By working in collaboration with other news groups, it aims to [11] ( 1. call 2. address 3. support) the difficulty that national and international media often face in [12] (1. funding 2. avoiding
3. finding) expensive long-term investigations.
6:4 フィナンシャルタイムズ紙とBIJによる共同調査は,8つの大ホテルが特別な環境上の地位を利 用して自分の事業を促進したり,地域の雇用を創出するのに役立てるため2360万ユーロの融資を 受ける資格を手にするのに役立てたと,訴えている。
6:4 The joint investigation by the Financial Times and the BIJ alleges that eight large hotels used a special environmental status to promote their business and to help [13] (1. clarify 2. qualify . exemplify) for the 23.6 million euros in loans to help generate employment in the area.

6:5彼らの調査によると,開発ブーム以前は,ランサロテ島は1993年にユネスコの「人間と生物
圏」(MAB)計画のもとで「生物圏特別保護区」の資格(以後「生物圏資格」と呼ぶ)を授与さ
れた。
6:5 According to their research, before the development boom Lanzarote received a “Reservation of the Biosphere” status (hereafter called Biosphere status) in 1993 under the UNESCO “Man and the Biosphere” (MAB) Program.
6:6 この資格は島が持続可能な開発のための特別基金を得るのに役立ったのだ。
6:6 This status helped the island win special funding for sustainable development.

■ 第9段落
9:1ユネスコがランサロテ島の生物圏資格を見直すにつれて,EUの職員たちは,加盟国の資金が
政治的な不正に関与していることの影響を考慮し始めた。
9:1 As UNESCO reviews Lanzarote’s Biosphere status, EU officials have begun to consider the implications of member states’ money being involved in political corruption.

9:2 ヨーロッパ詐欺防止事務所は,不法建設の資金を出すのに使われたEU補助金を確実に回収す ることを任された。
9:2 The European Anti-Fraud Office has been charged with ensuring the [17] (1. recovery 2. expenditure 3. loss) of any EU subsidies used to finance illegal construction.

[24] Which of the following best paraphrases the goal of the BIJ mentioned in the 6th paragraph?
1. To attempt to expose fraud and mismanagement in the EU jurisdiction.
2. To attempt to provide original journalistic coverage for the EU on its web site.
3. To provide an alternative for funding and conducting long-term investigations for various media.
4. To provide non-governmental information for press and broad cast media outlets.

・解答 [24]―3
>[24] 「次のうちどれが第6段で言及されたBIJの目的を最もよく言い換えているか」
1. 「EUの支配域で詐欺と不正管理を明るみに出そうと試みること」
2. 「そのウェブサイトでEUに独自の報道範囲を提供しようと試みること」
3. 「さまざまなメディアに長期的な調査の資金を出したり,調査を実施したりするためのもう一 つの手段を提供すること」
4. 「出版・放送メデイア拠点に非政府情報を提供すること」
第6段第2文に,BIJの目的として,「良質の調査報告を制作することによって独自の報道を支援す
ること,および,調査報道を実施し,資金を提供する新たな手法を探ること」と記述されている。 その言い換えに当たるのは3である。選択肢のan alter native for~「~のためのもう一つの手段」を 正確に読み取る必要がある。

[25] According to the article, which of the following is the problem with Lanzarote’s Biosphere status?
1. Lanzarote is the only entire island to apply for Biosphere status.
2. Lanzarote failed to build a sufficient number of sustainable tourism hotels.
3. Lanzarote used its Biosphere status to gain funding for luxury tourism hotels.
4. Lanzarote failed to share their experience with the World Network of Biosphere Reserves.

・解答 [25]―3
>[25] 「本文によれば,次のうちどれが,ランサロテ島の生物圏資格の問題であるか」
1. 「ランサロテ島は,生物圏資格を島全体として申請する唯一の島である」
2. 「ランサロテ島は,十分な数の持続可能な観光ホテルを建設しなかった」
3. 「ランサロテ島はその生物圏資格を、豪華な観光ホテルのための資金を獲得するのに使った」
4. 「ランサロテ島はその経験を生物圏特別保護区の世界組織と分かち合うことはなかった」
第6段第4~最終文に、ランサロテ島のスキャンダルの内容として、ホテルが環境資格を開発目的に 利用したということが書かれているので、正解は3に決まる。

■ 第2段落
2:1例えば,ある実験では,一つのグループの人たちが,同じくらいの技量を持つ二組のグループ
のバスケットボール選手を見るように指示された。最初の選手たちが照明の十分な体育館でシュー トを打つ一方で,2番目の選手たちは照明の暗い体育館でシュートを打ち,言うまでもなく多くの
シュートを外した。
2:1 In one experiment, for example, a group of people are told to watch two similarly talented sets of basketball players, the first of whom are shooting baskets in a well-lighted gym and the second of whom are shooting baskets in a badly lighted gym, and obviously missing a lot of shots.

2:2 その後,プレーを見た人たちは,選手の技量を評価するように言われた。
2:2 Then they are asked to judge how good the players were.
2:3 うまいと判断されたのは,照明の明るい体育館の選手の方だった。
2:3 The players in the well-lighted gym were considered superior.

■ 第3段落
3:1別の例では,ひとグループの人たちが実験に呼ばれ,クイズゲームをすると聞かされた。
3:1 In another example, a group of people are brought in for an experiment and told they are going to play a quiz game.
3:2参加者はペアを組まされ,くじを引いた。
3:2 They are [5](1. carried away 2. paired off 3. handed of) and they draw lots.
3:3片方が引いたくじにはその人が「解答者」になると書かれており,
3:3 One person gets a card that says he or she is going to be the “Contestant.”
3:4 もう片方の人は「出題者」になるように指示された。
3:4 The other is told he or she is going to be the “Questioner.”
3:5次に出題者は,自分たちが特別な関心や専門知識を持つ分野から「難しいが解答が不可能では
ない」10問のリストを作成するように求められた。よってウクライナの民謡が大好きな人は,ウ クライナの民謡から一連の問題を出題する可能性もあった。
3:5 The Questioner is then asked to draw up a list of ten “challenging but not impossible” questions based on his or her own areas of particular interest or expertise, so someone who is into Ukrainian folk music might [6](1. come up with 2. go together with 3. come down with) a series of questions based on Ukrainian folk music.
3:6 それらの問題は解答者に出題され,クイズの終了後に,両者が相手方の一般知識のレベルを評 価するように求められた。
3:6 The questions are posed to the Contestant, and after the quiz is over, both parties are asked to estimate the level of general knowledge of the other.
3:7必然的に,解答者は出題者が自分たちよりずっと頭が良いと評価した。
3:7 [7](1. Indiscreetly 2. Unexpectedly . Invariably), the Contestants rated the Questioners as being a lot Smarter than they themselves are.

[23] According to the article, people tend to make a mistake in judging character by
1. over-relying on perceived stable traits rather than on observation.
2. underestimating nurture rather than nature.
3. attributing errors to unstable character traits.
4. attributing errors to stable character traits.

・解答 [23]―1
>[23] 「記事によると,人々は( )ことによって,性格を判断するときに誤りを犯しがち である」
1. 「観察よりも,目に見える安定的な特徴に過度に頼る」
2. 「生まれ持ったものに比べてしつけを過小評価する」
3. 「失敗の原因を,不安定な性格的特徴に求める」
4. 「失敗の原因を,安定した性格的特徴に求める」
「性格を判断するときの過ち(a mistake in judging character)」とは第1段第7文(In fact, psychologists … )のthe mistake of overestimating … the situation and context「根本的な性格の特 徴を過大評価し,状況や背景の持つ重要性を過小評価する過ち」を指すと考えられる。よって perceived stable traits「目に見える安定的特徴」,observation「観察」という別の表現を使って 同じポイントについて述べていると考えられる1が正解である。2にあるnurture「しつけ」につい ては,第5段に本のタイトルとして1度出てくるだけ。3・4はともに本文中に該ftする記述がな い。設問中にあるmistakeと意味の似たerrorを使うことで,受験生を惑わそうと考えたものと思わ れる。

■ 第5段落
5:1我々がこうするのは,状況が示す手がかりよりも,個々の人が出す手がかりの方にずっと慣れ
ているからである。
5:1 We do this because we are a lot more [10](1. responsible for 2. independent of 3. attuned to) personal cues than contextual cues.
5:2 FAEはまた,世の中をずっと単純で理解しやすい場所にしてしまう。
5:2 The FAE also makes the world a much simpler and more understandable place.
5:3例えば近年,性格を説明する基本的な要因の一つに生まれた順番がある,という考えに大きな
関心が集まってきた。つまり,年上のきょうだいは横柄で保守的,年下のきょうだいは創造的で
反抗的,といった考えである。
5:3 In recent years, for example, there has been much interest in the idea that one of the fundamental factors in explaining personality is birth order: older siblings are domineering and conservative: younger siblings are more creative and rebellious.
5:4心理学者は実際にこのような主張の証明を試み,我々が生まれた順番の影響を間違いなく見せ
ることを証明した。
5:4 Psychologists actually tried to [11](1. verify 2. hypothesize 3. resolve) this claim and showed that we do reflect the influences of birth order.
5:5 しかし心理学者のジュディス=ハリスが『子育ての大誤解』で指摘したように,この「特徴」 は家族と一緒にいるときのみftてはまることで,子どもたちがそれぞれ異なる状況にいるときに は,ftてはまらない。
5:5 However, as the psychologist Judith Harris points out in The Nurture Assumption, this character [12](1. modifies 2. applies 3. notifies) only within family situations, and not once the children are in independent situations.

[24] Which of the following best matches the statement, “The FAE also makes the world a much simpler and more understandable place” in the 5th paragraph?
1. You can simplify your life by not judging people by their personalities.
2. Considering every possible contextual factor would make life rather complicated.
3. Innocuous errors people make don’t affect society in any significant way.
4. It would be simpler to deal with basic errors than critical ones.

・解答 [24]―2
>[24] 「第5段にある『FAEはまた,世の中をより単純でわかりやすい場所にしてしまう』という 文に最も合うのは以下のどれか」
1. 「人々を性格で判断しないことで,生活をわかりやすいものにすることができる」

2. 「可能な限りすべての状況的な要因を考慮することで人生は複雑なものになる」
3. 「人間が犯す無害な失敗は,いかなる重要な意味においても社会に影響しない」
4. 「重大な間違いに対処するよりも基本的な間違いに対処することの方が簡単であろう」 FAE「根本的な帰属の誤り」については第1段第7文(In fact,psychologists … )にwhen it comes to … situation and context「他人の行動を解釈するときに,人間は根本的な性格の特徴が持つ重要 性を過大評価し状況や背景の持つ重要性を過小評価する」という誤りである,と説明されてい る。第5段ではFAEが「世の中をより単純でわかりやすい場所にしてしまう」例の一つとして,第 3文(In recent years … )以下で,性格と生まれた順番の関係に関する話が紹介されている。この 例では「生まれた順番」という事実以外の状況(家庭の中の話か,外の社会での話なのか)を考 慮せずに,単純に性格を判断することの問題を指摘している。よって選択肢中で主旨が合うの は,「状況に考慮しないと世の中が単純でわかりやすいものになる」という内容を,逆の言い方 で表したと考えられる2が正解である。

■ 第7段落
7:1心理学者のウォルター=ミッシェルは,人の心には「減圧弁」のような仕掛けがあり,それが現
実の動きの中で常に見られる変化を目の当たりにしても,物事が変わらずに続いているという感
覚を作り出し,持続させている,と主張する。
7:1 The psychologist Walter Mischel argues that the human mind has a kind of “reducing valve” that creates and maintains the perception of [16](1. interval 2. modification 3. continuity) even in the face of perpetual observed changes in actual behavior.
7:2彼はこのように書いている。
7:2 He writes:
7:3 「あるときは冷淡で非常に独立心が強いが,あるときには消極的で依存心が強く女らしい女性 を見ると,我々はたいていの場合,減圧弁の働きによってどちらか一方の姿を選択する。
7:3 “When we observe a woman who seems hostile and fiercely independent some of the time but passive, dependent and feminine on other occasions, our reducing valve usually makes us choose between the two patterns.
7:4我々は一つの姿がもう一つの姿に従属するものかあるいは両方が第三の性格に従属すると考え
る。
7:4 We decide that one pattern is in the service of the other, or that both are in the service of a third motive.

7:5彼女は一見おとなしそうだが,とても冷酷な人に違いないとか,また表面的な攻撃性で身を
守っているが,実は温かく,受動性・依存性の高い人かもしれない,と考えてしまう。
7:5 She must be a really ruthless lady with a façade of passivity―or perhaps she is a warm, passive-dependent woman with a surface [17](1. trickery 2. defense 3. offense) of aggressiveness. 7:6 しかし,人の本質というものは我々が考えているよりも大きなものらしく,ある女性が,威圧 的で,非常に独立心が強く,おとなしく,依存心が強く,女性的で攻撃的で,温かく,残酷だと いう特徴をすべて持ち合わせた人だということがありうるのだ。
7:6 But perhaps nature is bigger than our concepts and it is possible for the lady to be an intimidating, fiercely independent, passive, dependent, feminine, aggressive, warm, brutal person [18](1. nothing-but-one 2. all-in-one 3. One-for-all.
7:7 もちろん,その人がどのようなときに,これらのうちどの面を見せるかは,無作為に決まるわ けではない。それは彼女が,誰と,いつ,どのように一緒にいるのか,それ以外にもたくさんの 条件が関係する。
7:7 Of course which of these she is at any particular moment would not be random―it would depend on who she is with, when, how, and much, much more.
7:8 しかし,その女性が持つこれらの面は皆本物であり,彼女という存在全体が持つ本ftの一面な のである」

7:8 But each of these aspects of herself may be a quite genuine and real aspect of her total being.”

[26] In the 7th paragraph, Walter Mischel proposes the image of the “reducing valve” in order to illustrate how the mind prefers
1. character over inherent traits.
2. situations over complex flows.
3. stable categories over daily flux.
4. stable observation over stereotypes.

・解答 [26]―3
>[26] 「第7段において,ウォルター=ミッシェルは『減圧弁』のイメージを,人の心はいかに
( )を好むかを説明するために提示している」 1. 「生まれ持った特徴よりも性格を」
2. 「複雑な流れよりも状況を」
3. 「日々の変化よりも安定した物事を」
4. 「固定観念よりも安定した観察を」
“reducing valve”「減圧弁」の働きについては、第7段第1文(The psychologist Walter
Mischel … )、引用部の第1文(When we observe … )、第2文(We decide that … )に記述があ る。まとめると、減圧弁の働きにより、我々は変化を目にしてもそれを変化と感じなくなる。例 えば、相反する性格的特徴を示す女性を見ても、女性の性格が時によって変化するとは認識せ ず、どちらかが本ftの彼女の性格だと考えるようになる、という主旨の説明がされている。ま た、第6段第6文(If we constantly … )、第7文(How much harder … )では、環境の変化に応じ て判断を変えることに伴って人々が感じる困難について述べられている。以上のことから、人間 の安定を好む性質によって、変化を感じさせないための心的働きが「減圧弁」にたとえられてい ることがわかる。よって、3が本文の内容と合う。

[27] In the quote by Walter Mischel, we find the statement, “We decide that one pattern is in the service of the other.” What does that mean?
1. We maintain a façade in public to protect our inner character.
2. We tend to use aggressiveness to serve our goals in work situations.
3. When faced with multiple motives for a persons behavior, we choose one as a primary motive.
4. When faced with multiple motives for a persons behavior, we give equal weight to all.

・解答 [27]―3
>[27] 「ウォルター=ミッシェルの引用の中に、「我々は一つの姿はもう一つに従属するものであ ると結論づける」とある。これはどのような意味か」
1. 「我々は内に秘めた個性を守るために、公の場での外面を持ち続ける」
2. 「我々は仕事上の目標を達成するために、攻撃性を用いる傾向がある」
3. 「ある人間の行動について複数の性格的特性に遭遇したとき、我々はそのうちの一つを主要な
性格だと考えがちである」
4. 「ある人間の行動について複数の性格的特性に遭遇したとき、我々はそのすべてを等しく大切 だと考えがちである」
We decide that … the other「我々は一つの姿はもう一つに従属するものであると結論づける」は 引用部の第2文に見られるが、これは第1文(When we observe … )にある、「減圧弁」の働きに よってもたらされるchoose between the two patterns「どちらかの姿を選ぶ」に説明を加えたもの である。つまり、一つの性格に決まらない女性の性格を判断するときには、我々は両方ともその 人の本来の姿で、それが時として変化するとは考えずに、減圧弁の働きによって、どちらか片方 を本ftの姿として選び、もう片方はそれに付随するものだと考える、という意味である。よって 同様の内容を説明していると考えられる3が正解である。

[28] Which of the following best expresses the meaning of the phrase “perhaps nature is bigger than our concepts” in the quote by Walter Mischel?
l. Human concepts cannot capture the totality of nature.
2. Nature should be appreciated more than the human mind.
3. Conceptual thinking conquers all.
4. Humans are children of nature.

・解答 [28]―1
>[28] 「ウォルター=ミッシェルの引用にある「おそらく性格というものは、我々の考えよりも大 きいのだろう」を最もよく言い表しているのはどれか」
1. 「人間の考えは、人の本性の全体像をとらえることはできない」
2. 「性格は人間の思考力よりも尊重されるべきだ」
3. 「概念的な思考はすべてを征服する」
4. 「人類は自然の子どもだ」
このperhaps nature … our conceptsは、第7段の引用部第4文But perhaps … )に見られる。nature
「人の本性」はour concepts「(人の本性に対し)我々が持つ考え」よりも大きい、の意味すると ころは、同じ第4文のand it is possible … all-in-one「そして、ある人が … 可能なのだ」で具体的 に言い換えられている。つまり、人の考えでは及ばないくらい多面的である可能性がある、とい うことがここでの主張なので、正解は1である。他の選択肢は、この主張とは無関係である。

■ 第8段落
8:1 これは性格がさまざまな状況を通じて不変のものではないことを言い表している。
8:1 This illustrates that character is not something which is stable across different situations.
8:2 性格とは,習慣と傾向と興味が束ねられたようなもので,ゆるく束ねられているために,状況
や背景に時として左右されるものなのである。
8:2 It is more like a bundle [19] (1. of 2. with 3. in) habits and tendencies and interests, loosely bound together and dependent, at certain times, on circumstance and context.
8:3 我々が,性格の評価における周りの状況が持つ影響について理解すれば,教育の場で状況の持
つ力を教えることを検討することが可能であろう。
8:3 Once we understand the effect of context on our assessment of character, it is possible to consider teaching about the power of context in educational settings.
8:4 これは我々が人に間違った判断を下し,偏見を生むことにつながる機会を減らすのに役立つだ
ろう。
8:4 This may help reduce our tendency to judge people inaccurately, which can lead to prejudice.

8:5 FAEという概念を実践的な教育の道具に変えるという課題は非常に手ごわいが社会にとっての その利益を考えると,その難題に挑む価値はあるだろう。
8:5 The challenge of [20] (1. forcing 2. turning 3. breaking) the concept of FAE into a practical educational tool is enormous, but the benefits to our society could make this challenge worth attempting.

[29] According to the last paragraph, an implication of the theory of FAE for education is that it may be possible
1. to change ones identity according to context.
2. to help people to judge others without bias.
3. to give people power to control others.
4. to help people to behave themselves.

・解答 [29]―2
>[29] 「最終段によると、教育に与えるFAE理論の影響は( )が可能かもしれない、とい うことである」
1. 「状況に応じてアイデンティティを変えること」
2. 「人が偏見を持たずに他人を評価するのを助けること」
3. 「人に他人を支配する力を与えること」
4. 「人が礼儀正しく振舞うのを助けること」
最終段(引用部のあと)の第3文(Once we understand … )に、性格の評価において、「周りの状
況が持つ影響(the effect of context on our assessment of character)」が理解できれば「教育の場で
(in educational settings)」状況の持つ力を教えることを検討するのは可能である、とある。また、 続く第4文(This may help … )に「このことは、人を間違って判断して偏見を生むこともありうる 我々の行動を直すのに役立つだろう」とある。これらの内容が、FAEという人間の持つ欠陥を、教 育に応用する可能性を述べていると考えられる。よって正解は、同様の内容が書かれている2であ る。

■ 第4段落
4:1 美術館の成功と人気を考慮すればその信頼性が今や揺らぎつつあるのは,ある種皮肉なこと
だ。
4:1 Given the success and popularity of art museums there is a certain irony that their credibility is now being questioned.

ようになった。
4:2 [36] (1. As long as 2. As far as 3. As) art museums dramatically increased their audiences, adopted marketing strategies from the business world, and began demonstrating that they could generate substantial economic returns for their communities, the public and the media started to take a much closer look at their operations.
4:3 そして,こうした注目が集まるにつれて,わかってきたのは美術館も,他の機関同様に,完全 無欠ではないし,折に触れて怪しげな業務を行い,主催者がうまく展示品を購入することができ たり,寄贈者や収集家が展示内容を思うままにできたり,展覧会を収益を生むためだけに構成し たり,現実の,あるいはあると感じられている利害関係の対立に関わる協定を結んだりするとい うことであった。
4:3 And with this attention came an [37] ( 1. awareness 2. attack 3. anticipation) that art museums, like other institutions, are not perfect, that they occasionally engage in questionable practices, whether allowing a sponsor to effectively buy an exhibition, or giving control of exhibition content to a donor or collector, or programming exhibitions solely to generate income, or entering into arrangements that involve real or perceived conflicts of interest.

[51] Which of the following examples represents the concept of irony discussed in the 4th paragraph?
1. Museums, funded by people’s generosity, have become profit-oriented.
2. As museums attract more visitors, they get fewer donations from corporations.
3. As museums become more popular, they become less credible.
4. Museums emphasize beauty, but their management is dirty.

・解答 [51]―3
>[51] 「次の事例のうち,第4段で論じられている皮肉の意味を表しているものはどれか」
1. 「美術館は,人々の厚意によって創設されたのに,利益中心になってしまった」
2. 「美術館の来館者が増えるにつれて,法人からの寄付が少なくなる」
3. 「美術館の人気が高まるにつれて,信用をなくしてしまう」
4. 「美術館は美を重要視するが,しかしその運営はけがれている」
第4段冒頭の「美術館の成功と人気を考慮すれば,その信頼性が今や揺らぎつつあるのは,ある種
皮肉なことだ」という記述の具体的な意味を問う問題。「成功して人気を博すれば,普通ならさ
らに信頼が高まるだろうに,逆に信頼が薄くなるのは,皮肉な結果だ」という具体的な意味を念 頭におけば,それにふさわしい事例は3であるとわかる。

[52] Which of the following hypothetical cases parallels the phrase “conflict of interest” as applied to museums in the 4th paragraph?
1. Superhighways reduce traffic jams, but they create noise and pollution.
2. Popular products are not always profitable for the company.
3. Social welfare for all requires higher taxes for some.
4. Doctors prescribe more medicine than patients need in order to make more money.

・解答 [52]―4
>[52] 「次の仮説例のうち,第4段で美術館に適用されているような「利害の対立』という表現に
相ftするものはどれか」
1. 「高速道路は交通渋滞を軽減するが,騒音や公害を生じる」
2. 「人気製品は会社にとって,常に利益をもたらすとは限らない」
3. 「全体に対する社会福祉は一部の人への重税を必要とする」
4. 「医師が稼ぎを増やすために患者に必要以上に薬を処方する」 ここで言われている「利害の対立」というのは,《美術館という社会に利益をもたらす存在は, 自己の利益を図ることが社会の利益になる》のが原則である(利害の相反はない)はずだが,
《一定の状況の下では,美術館の利益を図ることが社会の利益にならない場合》が生じてくるこ と。たとえば,入場者数を増やす(=自己の利益を図る)ために,芸術的な価値はないのに人気だ け高い作品展を催す(=社会は損失を被る),といったようなことである。こうした事態を「利害 の対立」と表現する。このような構図にftてはまる事例は,選択肢の中では4である。《患者の健 康を守るはずの医師が,自己の利益を図って薬をたくさん出す(=患者の損害となる)〉という
「利害の対立」が生じているからである。

■ 第7段落
7:1 ニューヨークタイムズその他の新聞が繰り返し非難したのは,展覧会の資金がどのように提供 されたのかを巡って,ブルックリン美術館が一見意図的に公衆を欺こうとしたことだった。
7:1 What the Times and other papers criticized repeatedly was Brooklyn’s apparently intentional misleading of the public over the way in which the exhibition was financed.
7:2 「健康に関する警告:この展覧会の内容は衝撃的で嘔吐をまねくことがあります」というス ローガンを中心としたきわめて扇動的な宣伝活動によって,「センセーション」展を売り込み, また大手映画会社の営業戦術を活用したので,美術館は今や,自分が生み出した関心それ自体の 対象に自分がなっていることがわかったのだ。
7:2 Having promoted Sensation with a highly [40] (1. inflammatory 2. nostalgic 3. authoritative) advertising campaign that centered on the slogan, “Health Warning: the contents of this exhibition may cause shock and vomiting,” and deployed the marketing tactics of a major movie studio, the museum discovered that it was now the subject of the very attention it had generated.

7:3公衆は言うまでもなく,メディアも,自分が目にしているものが気に入らなかった。
7:3 The media, not to mention the public, did not like what it [41] (1. saw 2. promoted 3. constructed).
7:4美術館の計画や業務が精査され,その倫理意識が疑われその最も熱心な支持者たちでさえ,報
道機関と公衆から浴びせられる絶えざる批判の集中砲火に対して美術館を弁護するのにうんざりし てしまった。
7:4 The museum’s programs and practices were scrutinized and its [42] (1. ethics 2. attendants 3. securities) were questioned, and even its most ardent supporters wearied of defending the institution against the constant barrage of accusations that came from the press and the public at large.

[53] The Brooklyn museum jeopardized its credibility by
1. running an ad campaign that was more sensational than the content of the exhibition.

2. trying to hide the fact that Charles Saatchi financed the exhibition.
3. not sincerely listening to the mayors criticism.
4. criticizing The New York Times for not supporting the museums freedom of exhibition.

・解答 [53]―2
>[53] 「ブルックリン美術館は~によって,その信頼性を危機に陥れた」
1. 「展覧会の内容よりも騒ぎを呼ぶ宣伝活動を行ったこと」
2. 「チャールズ=サーチによって展覧会の資金が提供されていたという事実を隠そうとしたこと」
3. 「市長の批判に誠実に耳を傾けなかったこと」
4. 「ニューヨークタイムズ紙を美術館のもつ展示の自由を支持しなかったからといって非難した こと」 jeopardizeは「〜を危機に陥れる」という意味の他動詞。ブルックリン美術館が危機に陥った理由 は,第7段(What the Times and … )冒頭に「展覧会の資金がどのように提供されたのかを巡っ て,ブルックリン美術館が一見,意図的に大衆を欺こうとしたことだった」と記述されている。 よって,正解は2である。

■ 第9段落
9:1公衆の信頼というのは,公衆を代表して保管する所蔵品を保存,保護増強するという一連の責
任と,この責任を最高水準の技能と不断の努力をもって確実に果たしていくという行動準則の両
方を意味する言葉である。
9:1 Public trust is a term that implies both a set of responsibilities to preserve, protect, and enhance property held [44] (1. on top of 2. on behalf of 3. in addition to) the public and a code of conduct to ensure that this responsibility is discharged with the highest degree of skill and diligence.
9: 2 公共機関として,美術館はそれが体現していると受けとめられている価値観と調和するよう
に,行動し行為するように求められている。
9:2 As public institutions, museums are expected to act and behave in a way that is in keeping with the perceived [45] ( 1. thoughts 2. values 3. politics) they embody.

9:3 このことはその運営資金が私的か公的か,それが市営か国営かとは無関係にftてはまる。 9:3 This is true regardless of whether they are privately or publicly funded, civic or state institutions.

■ 第11段落
11:1 ここでカギを握っているのは,道徳的な権威という言葉であり,それによって私たちは再び
責任という問題へと,出発した地点へと戻ってくる。
11:1 The key term here is moral authority, which brings us back to the issue of responsibility and where we began.
11:2美術館が繁栄を続けるのに,知っておかねばならないのは,美術館の道徳的な権威が由来する
のは,美術館が責任をもって公益のために行動していると信じるがゆえに,公衆が美術館に投資
した信頼からなのだ,ということなのである。
11:2 If art museums are to continue [47l (1. thriving 2. sliding 3. revolving) they must recognize that their moral authority derives from the trust the public invests in them because the public believes they are acting responsibly and for the common good.

11:3信頼が薄くなるということは,究極的には美術館の権威と信用性が失われるということであ
り,いったん失われればその信頼はきわめて取り戻しにくいのである。
11:3 Lessening of trust is ultimately a loss of a museum’s authority and credibility, and once lost, that trust is very difficult to [48] ( 1. sustain 2. regain 3. refrain).
11:4 しかし問題は,美術館が商業文化を受容する手段を見出せるかどうかではなく,芸術と商業 の間には,保持するに値する明瞭なくっきりとした区別があることを示すことができるかどうか なのだ。

11:4 The question, however, is not whether art museums can find a way to embrace commercial culture but whether they can demonstrate that there is a clear and discernible difference between art and commerce that is worth preserving.
11:5芸術と商業が互いに途切れなく結びつくことができ,また実際にしばしば結びついており,美
術館が巨大な総合娯楽産業の一部となるかもしれずまた美術館がますます営利企業のようにふる まわざるを得ない世界においては,この任務は生易しいことではない。
11:5 This is not an easy task in a world where art and commerce can, and often do, merge seamlessly into each other, where museums can become part of vast entertainment complexes, and where museums are compelled to act more and more like commercial enterprises.

[56] Which of the following would be the author’s interpretation of the Brooklyn Museum controversy?
1. Museums should be quiet abodes of the muses for contemplation.
2. Museums should use business strategies to become more accessible to the public.
3. Museums should be judicious in deploying modern marketing while maintaining their institutional purpose.
4. Museums should avoid commercialism and have more scholarly exhibits.

・解答 [56]―3
>[56] 「次のうちどれがブルックリン美術館論争についての著者の解釈となるか」
1. 「美術館は腹想のため,ミューズの神々の静かな住処であるべきだ」
2. 「美術館は営業戦略を使って,公衆がもっと近づきやすくなるべきだ」
3. 「美術館は機関としての目的を維持しながら,慎重に現代の市場戦略を展開すべきである」
4. 「美術館は商業主義を回避し,さらに学問的な展示物をもつべきである」
「ブルックリン美術館論争についての著者の解釈」が端的に示されるのは第11段第4文「問題は, 美術館が商業文化を受容する手段を見出せるかどうかではなく,芸術と商業の間には,…明瞭な くっきりとした区別があることを示すことができるかどうかなのだ」とあるので,《現代の美術 館は,商業主義をある程度受け入れざるを得ない》と著者が考えていることがわかる。そして最 終段の内容から,《しかし,芸術と商業の区別が明らかであるように公衆を説得し続けなければ ならない》と考えていることがわかる。以上の2点を満たす選択肢は3のみである。なお, judiciousは「(判断力のある一)慎重な,分別ある,賢明な」という意味の形容詞である。かな り高級レベルの語彙ではあるが,judgment「裁判,判断」にかかわる派生語であるところから, 何とか意味合いを感じ取ってほしい。

■ 第8段落
8:1実際,この調査はきわめて厳しかったし,他の美術館に対して,それがもつ意味も潜在的には
害がきわめて大きかったので,全米美術館協会は「センセーション」展の余波の中で,展覧会の 資金繰りと利害の対立の回避に関して新しい指針を採択するという異例の策を講じ,美術館に対 する公衆の信頼を回復し,立法者に対して美術館は自浄能力があることを示そうとした。
8:1 Indeed, this scrutiny was so intense, and its implications for other museums so potentially damaging, that the American Association of Museums took the unusual step in the aftermath of Sensation of adopting new guidelines concerning the financing of exhibitions and the avoidance of conflicts of interest in order to bolster public confidence in museums and demonstrate to lawmakers that museums are capable of policing themselves.

8:2入場者数や注目度において,ブルックリン美術館がどんな利得を得たとしても,それは当機関
に対する公衆の信頼を犠牲にして生じたという事実によって帳消しになったどころではすまなかっ た。
8:2 Whatever gains the museum may have had in attendance and profile were more than [43] (1. multiplied 2. repaid 3. offset) by the fact that this came at the cost of public trust in the institution.
■ 第9段落

9:1公衆の信頼というのは,公衆を代表して保管する所蔵品を保存,保護増強するという一連の責 任と,この責任を最高水準の技能と不断の努力をもって確実に果たしていくという行動準則の両 方を意味する言葉である。
9:1 Public trust is a term that implies both a set of responsibilities to preserve, protect, and enhance property held [44] (1. on top of 2. on behalf of 3. in addition to) the public and a code of conduct to ensure that this responsibility is discharged with the highest degree of skill and diligence.
9:2公共機関として,美術館はそれが体現していると受けとめられている価値観と調和するよう
に,行動し行為するように求められている。
9:2 As public institutions, museums are expected to act and behave in a way that is in keeping with the perceived [45] ( 1. thoughts 2. values 3. politics) they embody.
9:3 このことはその運営資金が私的か公的か,それが市営か国営かとは無関係にftてはまる。
9:3 This is true regardless of whether they are privately or publicly funded, civic or state institutions.

[57] Which opinion might the author hold about government-owned museums?
1. They should be privatized to be more open and efficient.
2. They should be based on public trust, not on government authority.
3. Shielding museums’ governance from political interference reduces public trust.
4. They are a legacy of old Europe and cannot survive in American democracy.

・解答 [57]―2
>[57] 「政府が所有する美術館に関して著者がもっているのは,どの意見であるか」
1. 「美術館はより開放的・効率的であるためには民営化すべきである」
2. 「美術館は政府の権威ではなく,公衆の信頼を基礎とすべきである」
3. 「美術館の運営を政治的な干渉から保護すると,公衆の信頼は低下する」
4. 「美術館は古いヨーロッパの遺物であり,アメリカの民主主義のもとでは生き残れない」
1は,第9段(Public trust is … )最終文に「このことは,その運営資金が私的か公的かそれが市営 か国営かとは無関係に…」とあるので,著者の意見ではない。2は,第9段以降の本文,第8段第1 文末尾の「立法者に対して美術館は自浄能力がある…」という記述から,著者の意見と言える。3 は,「立法者に対して美術館は自浄能力がある…」という記述に反するから,著者の意見ではな い。4については本文に記述がない。

■ 第7段落
7:1 ニューヨークタイムズその他の新聞が繰り返し非難したのは,展覧会の資金がどのように提供
されたのかを巡って,ブルックリン美術館が一見意図的に公衆を欺こうとしたことだった。 7:1 What the Times and other papers criticized repeatedly was Brooklyn’s apparently intentional misleading of the public over the way in which the exhibition was financed.
7:2 「健康に関する警告:この展覧会の内容は衝撃的で嘔吐をまねくことがあります」というス ローガンを中心としたきわめて扇動的な宣伝活動によって,「センセーション」展を売り込み, また大手映画会社の営業戦術を活用したので,美術館は今や,自分が生み出した関心それ自体の 対象に自分がなっていることがわかったのだ。
7:2 Having promoted Sensation with a highly [40] (1. inflammatory 2. nostalgic 3. authoritative) advertising campaign that centered on the slogan, “Health Warning: the contents of this exhibition may cause shock and vomiting,” and deployed the marketing tactics of a major movie studio, the museum discovered that it was now the subject of the very attention it had generated.

7:3公衆は言うまでもなく,メディアも,自分が目にしているものが気に入らなかった。
7:3 The media, not to mention the public, did not like what it [41] (1. saw 2. promoted 3. constructed).
7:4美術館の計画や業務が精査され,その倫理意識が疑われその最も熱心な支持者たちでさえ,報
道機関と公衆から浴びせられる絶えざる批判の集中砲火に対して美術館を弁護するのにうんざりし てしまった。

7:4 The museum’s programs and practices were scrutinized and its [42] (1. ethics 2. attendants 3. securities) were questioned, and even its most ardent supporters wearied of defending the institution against the constant barrage of accusations that came from the press and the public at large.

[58] What was the Brooklyn Museums intention in using the slogan, “Health Warning: the contents of this exhibition may cause shock and vomiting” as shown in the 7th paragraph?
1. To discourage the mayor from visiting the museum.
2. To summarize the critical response to Charles Saatchis art collection.
3. To warn parents not to bring their small children.
4. To capture the attention of the public.

・解答 [58]―4
>[58] 「第7段に示されるような『健康に関する警告:この展覧会の内容は衝撃的で嘔吐をまねく ことがあります」というスローガンを使う際のブルックリン美術館の意図は何か」
1. 「市長に美術館に来たいと思わせないため」
2. 「チャールズ=サーチの美術コレクションに対する批判的な反応を要約するため」
3. 「親に小さい子どもたちを連れてこさせないため」
4. 「公衆の注目を引くため」
第7段第2文に「きわめて扇動的な宣伝活動によって,「センセーション」展を売り込み … 」とあ
るので,広く注目を集めようとしていたことがわかる。よって,正解は4である。

■ 第11段落
11:1 ここでカギを握っているのは,道徳的な権威という言葉であり,それによって私たちは再び
責任という問題へと,出発した地点へと戻ってくる。
11:1 The key term here is moral authority, which brings us back to the issue of responsibility and where we began.
11:2美術館が繁栄を続けるのに,知っておかねばならないのは,美術館の道徳的な権威が由来する
のは,美術館が責任をもって公益のために行動していると信じるがゆえに,公衆が美術館に投資
した信頼からなのだ,ということなのである。
11:2 If art museums are to continue [47l (1. thriving 2. sliding 3. revolving) they must recognize that their moral authority derives from the trust the public invests in them because the public believes they are acting responsibly and for the common good.

11:3信頼が薄くなるということは,究極的には美術館の権威と信用性が失われるということであ
り,いったん失われればその信頼はきわめて取り戻しにくいのである。
11:3 Lessening of trust is ultimately a loss of a museum’s authority and credibility, and once lost, that trust is very difficult to [48] ( 1. sustain 2. regain 3. refrain).
11:4 しかし問題は,美術館が商業文化を受容する手段を見出せるかどうかではなく,芸術と商業 の間には,保持するに値する明瞭なくっきりとした区別があることを示すことができるかどうか なのだ。
11:4 The question, however, is not whether art museums can find a way to embrace commercial culture but whether they can demonstrate that there is a clear and discernible difference between art and commerce that is worth preserving.
11:5芸術と商業が互いに途切れなく結びつくことができ,また実際にしばしば結びついており,美
術館が巨大な総合娯楽産業の一部となるかもしれずまた美術館がますます営利企業のようにふる まわざるを得ない世界においては,この任務は生易しいことではない。
11:5 This is not an easy task in a world where art and commerce can, and often do, merge seamlessly into each other, where museums can become part of vast entertainment complexes, and where museums are compelled to act more and more like commercial enterprises.

[60] The moral authority of museums depends on the trust the public bestows upon museums in that
1. there is a consensus that the public has the ultimate right to distinguish what is right from what is wrong.
2. there is a shared perception among the public that museums are acting for the common good.
3. there is an intricate relationship between the public support of museums and the number of visitors.
4. the culture of the Enlightenment is generally considered to be the height of public morality.

・解答 [60]―2
>[60] 「美術館の道徳的な権威は,公衆が美術館に与える信頼にかかっているのは,〜だからであ る」
1. 「公衆には正しいものと誤っているものとを区別する最終的な権利があるということで意見が 一致している」
2. 「公衆の間には美術館は公共の利益のために活動しているという共通の感覚がある」
3. 「美術館に対する公衆の支援と来館者数の間には,ややこしい関係がある」
4. 「啓蒙主義の文化は概して,公共道徳の極みであると考えられている」
「美術館の道徳的な権威」に関する記述は最後から2つ目の第11段(The key term … )の第2文に あり,「美術館の道徳的な権威が由来するのは美術館が責任をもって公益のために行動している と信じるがゆえに,公衆が美術館に投資した信頼からなのだ」と述べられている。よって,正解 は2に決まる。

■ 第8段落
8:1実際,この調査はきわめて厳しかったし,他の美術館に対して,それがもつ意味も潜在的には
害がきわめて大きかったので,全米美術館協会は「センセーション」展の余波の中で,展覧会の 資金繰りと利害の対立の回避に関して新しい指針を採択するという異例の策を講じ,美術館に対 する公衆の信頼を回復し,立法者に対して美術館は自浄能力があることを示そうとした。
8:1 Indeed, this scrutiny was so intense, and its implications for other museums so potentially damaging, that the American Association of Museums took the unusual step in the aftermath of Sensation of adopting new guidelines concerning the financing of exhibitions and the avoidance of conflicts of interest in order to bolster public confidence in museums and demonstrate to lawmakers that museums are capable of policing themselves.

8:2入場者数や注目度において,ブルックリン美術館がどんな利得を得たとしても,それは当機関
に対する公衆の信頼を犠牲にして生じたという事実によって帳消しになったどころではすまなかっ た。
8:2 Whatever gains the museum may have had in attendance and profile were more than [43] (1. multiplied 2. repaid 3. offset) by the fact that this came at the cost of public trust in the institution.

[54] According to the 8th paragraph, which of the following explains the motive of the American Association of the Museums when it stepped into the Brooklyn Museum controversy?
1. To prevent the federal government from stepping into the fight in question.
2. To protect the reputation of American museums by setting higher professional standards.
3. To save the Brooklyn Museum of Art from attack by the mayor and the press.
4. To bolster public interest in museum management.

・解答 [54]―2
>[54] 「第8段によれば,以下のうちで全米美術館協会がブルックリン美術館論争に足を踏み入れ たときの動機を説明しているものはどれか」
1. 「連邦政府がft該の闘争に足を踏み入れるのを防ぐため」
2. 「高い専門的水準を設定して,アメリカの美術館の威信を守るため」
3. 「ブルックリン美術館を市長と報道機関による攻撃から救うため」

4. 「美術館の運営に対する公衆の関心を強化するため」
第8段(Indeed this scrutiny … )第1文後方in order to bolster以下に「美術館に対する公衆の信頼を回
復し,立法者に対して美術館は自浄能力があることを示すために」とある。よって,それに最も近 いのは2である。policeが他動詞で使われ,police oneselfで「自らを律する」という意味であること に注意する。

■ 第2段落
2:1 この本の中でエラスムスは「civité(シビリテ)」という概念を広め始めた。
2:1 In this book, Erasmus set out to popularize the concept of “civilité.”
2:2 しばしばこの言葉は礼儀正しさと訳されるが,エラスムスはこの言葉を生活に対する一つのア プローチ,すなわち皆が仲良く一緒に暮らすことを可能にするためのふるまい方,話し方,他人 との関わり方を表現するための言葉として使った。
2:2 Although often translated as politeness, Erasmus used the term to [32] ( 1. create 2. devise 3. represent) an approach to life, a way of carrying one’s self, of speaking and relating to others that would enable all to live together harmoniously.
2:3 エラスムスは,現代語の「シビリティ(civility)」の由来でもある「civité」を,文明の礎にな るものととらえた。
2:3 Erasmus saw “civilité,” from which the modern word “civility” is descended, as the basis for civilization.
2:4他人に対する気遣いをせずに行動する人は,「文明化されていない」有害な未開人と考えられ
た。2:4 Those who acted without concern for others were considered “un-civilized,” destructive barbarians.
2:5 シビリティは単なる礼儀正しさ以上のものであるが人々がお互いに敬意を表すための,人間社 会における大切な構成要素である。
2:5 Civility, which is [33] (1. far from 2. the Same as 3. more than) simple politeness, is an important component of human society by which we show respect for each other.
2:6 これは大昔から存する普遍的に近い倫理的規範である。
2:6 It is an old and nearly universal ethical imperative.
2:7大昔の世界では古代ギリシアのアリストテレスも,皇帝による支配が始まる以前の中国に生き
た孔子も,立派な人物は立派な礼儀作法を守らなければならない,と考えた。
2:7 In the ancient world, both Aristotle in classical Greece and Confucius in pre-imperial China held that a good man had to have good manners.
2:8 しかし,公の場でのシビリティに対する関心は,単なる大昔からの伝統ではない。
2:8 However, concern with public civility is not simply an ancient tradition.

[51] The implication of the phrase “an old and nearly universal ethical imperative” as used in the 2nd paragraph is that
l. everybody everywhere should follow the same guidelines to good manners or else we will face chaos.
2. the idea of good manners is old-fashioned and should not be used as an universal imperative.
3. good manners are the best letter of introduction and it is imperative to have politeness to join high society.
4. a similar concept of manners as an ethical act towards society can be found in many cultures throughout history.

・解答 [51]―4
>[51] 「第2段で使われているような「昔から存在する普遍的に近い倫理的命題(an old and nearly universal ethical imperative)」という句が含意するのは〜ということである」 1.「誰もがどこにいてもよい礼儀作法に関して同じ指針に従うべきでそうしないと我々は混乱に 直面することになる」
2. 「よい礼儀作法という考えは古い考えで,普遍的な命題としては用いられるべきでない」
3. 「よい礼儀作法は最高の招待状で,礼儀正しさをもつことは,上流社会に加わるためには必要 である」 4.「社会に対する倫理的な行動としての礼儀作法に似た概念は,歴史上多くの文化で見つけられ る」
第2段で筆者は,シビリティはan important component of human society「人間社会における大切な要
素」であり,「昔から存在する普遍的に近い倫理的命題」と述べたうえで,その具体例として第2 段第7文(In the Ancient world … )で,アリストテレスや孔子の考えを紹介し,時代や洋の東西にか かわらずシビリテイが尊ばれたことを示している。よって,正解は4である。1のように,同じ指針 に皆が従うべき,という記述はない。2は本文の記述と逆である。3の「上流社会に加わるため に」という記述は本文にはない。

■ 第3段落
3:1 1997年に南カリフォルニア大学のアネンバーグ・コミュニケーション研究所がある調査を発表 した。その調査で人々は,アメリカ社会の様々な集団がもつ,公の場でのシビリティを評価する ように依頼された。
3:1 In 1997, the Annenberg School of Communications at the University of Southern California published a study in which people were asked to [34] (1. evaluate 2. explain 3. upgrade) the public civility of different groups in American society.
3:2礼儀正しさの尺度で最も低く評価されたのは,政治家だった。
3:2 The group that was rated the lowest on the scale of politeness was politicians.
3:3議会のある委員会は,討論におけるシビリティの水準は1935年以来最低水準に落ち込んだとい
う結論を出した。
3:3 A congressional commission concluded that civility in debate had reached the lowest level [35] (1. by 2. around 3. since) 1935.
3:4両党の議員は報告書の影響と世の中でのイメージを心配して,ペンシルベニアのハーシーで修
養会を開いた。
3:4 Members of both parties, [36] (1. impressed by 2. repressed by 3. worried about) the effects of the report and their public image, held a retreat in Hershey, Pennsylvania.
3:5 その表向きの目的は,「活発な議論と相互尊重が共存する環境を育成するために,下院議員の
間によりもっとシビリティを求めるため」というものであった。
3:5 The stated purpose of the retreat was: “To seek a greater degree of civility among members of the House of Representatives in order to foster an environment in which vigorous debate and mutual respect can coexist.”
3:6 このイベントはシビリティがかつては他人とつき合ううえでの大切な社会的「道具」で,その 後もそうあり続けたし,再びそうなりうることを示している。
3:6 This event illustrates that civility was, has been, and can again become an important social “tool” for interacting with others.

[52] In the 3rd paragraph, the example of the Congressional retreat is mentioned in order to illustrate
l. the need for politicians to be concerned about the public perception of their image.
2. the need to eliminate good manners in partisan political debate in order to facilitate governance.
3. the general lack of common civility in contemporary society.
4. the general lack of etiquette education in government circles.

・解答 [52]―3
>[52] 「第3段にある議会の修養会の例は〜を説明するために紹介されている」
1. 「政治家が,一般の人がもっている自分たちのイメージを気にする必要性」
2. 「政治を円滑に行うために,党派どうしの政治的議論において,礼儀作法を捨てる必要性」
3. 「現代社会における,共有すべきシビリティの全般的欠如」

4. 「政府関係機関における,全般的なエチケット教育の欠如」
第3段では,議員がシビリティを高めるために会合をもった話が紹介され最終文(This event
illustrates … )の内容から,この件は現代社会においては失われているシビリティの大切さを,現 在でも人々は忘れていないことを物語る例として紹介されたとわかる。よって,正解は3である。1 の政治家が「自分たちのイメージを気にする必要性」は一般論として存在するが,ここで筆者が 特に強調したいこととはいえない。2の「礼儀作法を捨てる必要性」は,段落の主旨と正反対であ る。4については,本文では議論における政治家のシビリティの欠如が問題になっているのであっ て「全般的なエチケット」が「政府関係機関」で欠けている,という記述はない。

■ 第4段落
4:1 しかし,すべての人がシビリティを受け入れる心構えがあるわけではない。
4:1 Yet, [37] (1. all 2. not all 3. no) people are ready to accept civility.
4:2実際,上記のシビリティのための修養会への参加を拒否した議員もいた。
4:2 In fact, some members of Congress refused to participate in the civility retreat mentioned above.

4:3共和党員,民主党員の双方から,同じ反対意見が出された。自分たちが反対する意見の持ち主
に対して,礼儀正しくふるまう必要はない,というものであった。
4:3 From both Republicans and Democrats, the same objection was raised―there is no need to be civil with those whose ideas we oppose.
4:4確かに,正直であるためには,我々は社会のマナーという覆いの下に根本的な意見の不一致を
隠すべきではない。
4:4 Indeed, honesty requires that we should not hide real disagreements under the [38] (1. cover 2. function 3. structure) of social manners.
4:5 これは,ベンジャミン=デモットが書いた「シビリティにたぶらかされて」という題の,非常 に議論を巻き起こしたエッセーの主張だった。
4:5 This was the argument of a much discussed essay by Benjamin DeMott entitled “Seduced by Civility.”
4:6 1996年に『ネーション』誌に掲載されたこの記事は,過剰なシビリティは,根深い社会論争を
覆い隠すかもしれない,と主張した。
4:6 Published in The Nation in 1996, the article proposed that too much civility might [39] ( 1. deepen 2. mask 3. minimize) deep social conflict.
4:7 デモットによれば,シビリティのルールに従うべきだという社会への要求は,権力の座にある 人が批判から逃れるための方便である。
4:7 The demand for society to conform to the rules of civility, said DeMott, is how people [40] (1. in
2. Of 3. for) power avoid criticism.
4:8言い換えれば,シビリティとそれに関連する概念は,社会において公民権をもたぬ人々をさら
に虐げるための,偽善そのものである。
4:8 In other words, civility and its related concepts are a gross hypocrisy meant to further oppress the disenfranchised in our society.
4:9 この主張のもつ力を「感じる」のはたやすい。なぜなら不公正に対して大声を上げたり,偏見 の壁を打ち壊したりしたいと思わない人はいないからである。
4:9 It is easy to “feel” the strength of this argument; after all, who has not felt like yelling at injustice or tearing down the walls of prejudice?

4:10 しかし,この主張は歴史的には立証されない。
4:10 This argument is not, however, borne out historically.
4:11 それどころか,近年の社会闘争によって否定されてしまうのである。
4:11 It is, in fact, contradicted by recent social struggles.

[53] Which of the following statements is closest to the key concept of Benjamin DeMott’s article mentioned in the 4th paragraph?

1. Republicans and Democrats need to agree on better rules for polite debate.
2. Republicans and Democrats need to revive traditional manners for better governance.
3. Adherence to the code of civility helps social bonding by promoting kind manners toward the weak.
4. Adherence to the code of civility hides social problems by promoting manners above honesty.

・解答 [53]―4
>[53] 「以下の文のうち,第4段で述べられている,ベンジャミン=デモットの記事の主張に最も近 いものはどれか」
1. 「共和党員と民主党員は,礼節をもった議論のために,よりよい取り決めに合意する必要があ る」
2. 「共和党員と民主党員は,よい政治を行うために伝統的な礼儀作法を復興させる必要がある」
3. 「シビリティの規範を遵守することは,弱者に対し優しい作法で接することを促進することで 社会的団結に役立つ」
4. 「シビリティの規範を遵守することは,正直さよりも礼儀作法の優先を推進することで社会問 題を隠してしまう」 第4段によると,デモットはシビリティをもつことを常に好ましいとは考えておらず,社会の不正
義に対して向けられる率直な反対意見を封じてしまう可能性を危惧している。第 4 段第 6 文
(Published in The Nation … )では,エッセー「シビリティにたぶらかされて」の中で,「過剰な
シビリティは根深い社会的論争を覆い隠すかもしれない」と主張したことが紹介されている。 よって,正解は4である。1は,第3段で述べられた会合に参加した議員の目指したものである。2 の「伝統的な礼儀作法(traditional manners)」を復興させる必要がある,という記述はない。3 のような主旨の記述も本文にはない。

■ 第7段落
:1我々は500年前の,より礼節のある社会と,相互に敬意を示すことが意見や信条の違いよりも大 切な世界を求める声に目を向けることから,このエッセーを始めた。
7:1 We began this essay by looking at a 500-yearold call for a more civil society, for a world in which respect for one another [47] (1.. outweighs 2. effaces 3. contrasts) any differences in opinion or belief.

7:2 しかし今日の我々は,エラスムスの時代の暴力的な野蛮人よりもましなふるまいをしているの だろうか。
7:2 But do we behave any better today than the violent barbarians of Erasmus’ day ?
7:3我々は自分たちの権利をめぐって言い争い,義務は無視する。
7:3 We squabble over our rights, and ignore our obligations.
7:4我々は,政府の役割は,我々が欲しいものや,繁栄や,平和と進歩をもたらすことだと信じて
いる。しかし病院から博物館に至るまでの,礼節ある社会を機能させるための民間団体への奉仕 は怠る。
7:4 We believe the function of government is to give us the things we desire, prosperity, peace and progress, but we fail to volunteer for those non-governmental organizations, from hospitals to museums, that make civil society function.
7:5我々自身の礼節ある行動の規範が,電車,バス,飛行機の中でわかりやすく掲示された場合で
さえも,我々自身のもつ礼節ある行動の規範にわざわざ従うことはめったにない。
7:5 We rarely [48] (1. fail 2. wish 3. bother) to follow our own codes of civil behavior even when they are clearly posted on trains, buses or planes.

7:6我々は,皆が集団で礼儀作法をすべて忘れて気ままにふるまい,エラスムスが憂えたような野 蛮人そのものになりつつあるようだ。
7:6 We seem to be indulging in a collective act of [49] (1. forgetting 2. forging 3. restructuring) all of our manners and becoming the very barbarians Erasmus worried about.

た過程に問題はある。
7:7 The problem lies in the process by which the values of the market, which are characterized by emphasis on getting what we want, have been [50] (1. allowed 2. conditioned 3. blocked) to move into the social life of our communities where we have traditionally engaged in a discourse to help us decide what we should want.
7:8 しかし,シビリティを再発見し,それゆえ我々の人間性と文明を守ることは手遅れではない。 7:8 However, it is not too late to rediscover civility, and thus preserve both our humanity and our civilization.
7:9 シビリティを再構築するための鍵は,我々が隣人に対して親切心と気遣いをもってふるまうこ との大切さを学び直すことと,欲の目的を満たすことに加えて,達成の手段を重要視することに ある。
7:9 The key to reconstructing civility lies in our learning anew the virtue of acting towards our neighbors with kindness and concern, and to value the means of our achievements as well as the ends of our desires.

[58] In the last paragraph of this article, the contrast between the phrases “values of the market” and “the social life of our communities” is meant to illustrate that
1. socialism represents the only form of ethical governance.
2. capitalism cannot function in small communities.
3. free market consumerism represents the best source for determining our social values.
4. social values need to be considered from the perspective of personal duty, not desire.

・解答 [58]―4
>[58] 「この記事の最終段にある『市場での価値』と『我々の共同体における社会生活』という句 の対比は~ことを説明している」
1. 「社会主義は唯一の倫理的統治形態を表す」
本文中でsocialism「社会主義」については触れられていない。
2. 「資本主義は小さな共同体では機能しない」
資本主義の機能する社会がどのような社会か,ということに関する記述はない。
3. 「自由市場消費者主義は,我々の社会価値を決めるための最高の源泉を示す」
我々が手にするものの選択を市場に任せたことが反省点として述べられているので,正しくない。
4. 「社会価値は,望みではなく個人の義務から考えられることが必要である」
市場に依存してwhat we want「我々が欲しいもの」を求めるのでなく,対話を通じてwhat we should want「我々が手にすべきだと考えるもの」を求めるべきだ,という主旨の記述が最終段第7文にあ ることから,これが正解である。

[59] The word “discourse” in the last paragraph can best be replaced by
1. political debate.
2. public discussion.
3. ethical education.
4. moral dilemma.

・解答 [59]―2
>[59] 「最終段の「対話」という言葉は〜によって最もよく言い換えられる」
1. 「政治討論」

2. 「公での議論」
3. 「道徳教育」
4. 「道徳上のジレンマ」 ここでのdiscourse「対話」は,物事を決める際の人どうしの話し合いを意味している。よって, 2が近い。1は政治に限った話ではないので不可。3の道徳教育も意味的に無関係である。4のジレ ンマについての記述も本文にはない。

■ 第2段落
2:1 この本の中でエラスムスは「civité(シビリテ)」という概念を広め始めた。
2:1 In this book, Erasmus set out to popularize the concept of “civilité.”
2:2 しばしばこの言葉は礼儀正しさと訳されるが,エラスムスはこの言葉を生活に対する一つのア プローチ,すなわち皆が仲良く一緒に暮らすことを可能にするためのふるまい方,話し方,他人 との関わり方を表現するための言葉として使った。
2:2 Although often translated as politeness, Erasmus used the term to [32] ( 1. create 2. devise 3. represent) an approach to life, a way of carrying one’s self, of speaking and relating to others that would enable all to live together harmoniously.
2:3 エラスムスは,現代語の「シビリティ(civility)」の由来でもある「civité」を,文明の礎にな るものととらえた。
2:3 Erasmus saw “civilité,” from which the modern word “civility” is descended, as the basis for civilization.
2:4他人に対する気遣いをせずに行動する人は,「文明化されていない」有害な未開人と考えられ
た。2:4 Those who acted without concern for others were considered “un-civilized,” destructive barbarians.
2:5 シビリティは単なる礼儀正しさ以上のものであるが人々がお互いに敬意を表すための,人間社 会における大切な構成要素である。
2:5 Civility, which is [33] (1. far from 2. the Same as 3. more than) simple politeness, is an important component of human society by which we show respect for each other.

2:6 これは大昔から存する普遍的に近い倫理的規範である。
2:6 It is an old and nearly universal ethical imperative.
2:7大昔の世界では古代ギリシアのアリストテレスも,皇帝による支配が始まる以前の中国に生き
た孔子も,立派な人物は立派な礼儀作法を守らなければならない,と考えた。
2:7 In the ancient world, both Aristotle in classical Greece and Confucius in pre-imperial China held that a good man had to have good manners.
2:8 しかし,公の場でのシビリティに対する関心は,単なる大昔からの伝統ではない。
2:8 However, concern with public civility is not simply an ancient tradition.

■ 第1段落
1:1 500年ほど昔,ルネサンス期の学者であるロッテルダムのエラスムスは自分の学生の礼儀作法を 非常に気にかけていた。
1:1 About 500 years ago, the Renaissance scholar Erasmus of Rotterdam was deeply concerned with the manners of his students.
1:2彼は生涯を通じて書簡や書籍,会話や授業を通したコミュニケーションの大切さを信じてきた
がその当時になると,世の中は宗教,統治,さらには学問といった問題に分化し,その分かれ方 は,いかなる対話も不可能に思えるほどだったため,エラスムスは心配だったのである。
1:2 He was worried because all of his life he had believed in communication through letters and books, conversation and teaching, and now his world had become divided on issues such as religion, governance and even scholarship―so divided that any discourse seemed impossible.

1:3彼の職歴はケンブリッジ大学の教師が始まりだったが,最も人気の高い著作の何冊かは,学生 に正しいふるまい方,つまり身分の上下に関係なく,社会全体に対しての慎み深さと,親切心と, 英知をもって接することを教えるための,古典的な知識を用いることに関する教科書だった。
1:3 At the beginning of his career, Erasmus had been a teacher at Cambridge and some of his most popular writings were textbooks concerned [31] (1. for 2. about 3. with) using classical knowledge to train students to act correctly―with modesty, kindness and wisdom towards all in society, high and low.
1:4 それゆえ,彼はもう一冊,「子供にシビリティを教えることについて」を書いたが,彼はこの
本によって社会が直面している問題が解決されれば,と望んでいた。
1:4 Thus, he wrote one more book, On Teaching Civility for Children, which he hoped might solve the problems that his society faced.

■ 第4段落
4:1 しかし,すべての人がシビリティを受け入れる心構えがあるわけではない。
4:1 Yet, [37] (1. all 2. not all 3. no) people are ready to accept civility.
4:2実際,上記のシビリティのための修養会への参加を拒否した議員もいた。
4:2 In fact, some members of Congress refused to participate in the civility retreat mentioned above.

4:3共和党員,民主党員の双方から,同じ反対意見が出された。自分たちが反対する意見の持ち主
に対して,礼儀正しくふるまう必要はない,というものであった。
4:3 From both Republicans and Democrats, the same objection was raised―there is no need to be civil with those whose ideas we oppose.
4:4確かに,正直であるためには,我々は社会のマナーという覆いの下に根本的な意見の不一致を
隠すべきではない。
4:4 Indeed, honesty requires that we should not hide real disagreements under the [38] (1. cover 2. function 3. structure) of social manners.
4:5 これは,ベンジャミン=デモットが書いた「シビリティにたぶらかされて」という題の,非常 に議論を巻き起こしたエッセーの主張だった。
4:5 This was the argument of a much discussed essay by Benjamin DeMott entitled “Seduced by Civility.”
4:6 1996年に『ネーション』誌に掲載されたこの記事は,過剰なシビリティは,根深い社会論争を
覆い隠すかもしれない,と主張した。
4:6 Published in The Nation in 1996, the article proposed that too much civility might [39] ( 1. deepen 2. mask 3. minimize) deep social conflict.
4:7 デモットによれば,シビリティのルールに従うべきだという社会への要求は,権力の座にある 人が批判から逃れるための方便である。
4:7 The demand for society to conform to the rules of civility, said DeMott, is how people [40] (1. in
2. Of 3. for) power avoid criticism.
4:8言い換えれば,シビリティとそれに関連する概念は,社会において公民権をもたぬ人々をさら
に虐げるための,偽善そのものである。
4:8 In other words, civility and its related concepts are a gross hypocrisy meant to further oppress the disenfranchised in our society.

4:9 この主張のもつ力を「感じる」のはたやすい。なぜなら不公正に対して大声を上げたり,偏見 の壁を打ち壊したりしたいと思わない人はいないからである。
4:9 It is easy to “feel” the strength of this argument; after all, who has not felt like yelling at injustice or tearing down the walls of prejudice?
4:10 しかし,この主張は歴史的には立証されない。
4:10 This argument is not, however, borne out historically.
4:11 それどころか,近年の社会闘争によって否定されてしまうのである。
4:11 It is, in fact, contradicted by recent social struggles.

■ 第6段落
6:1 この経験から,我々はデモット氏の反シビリティの議論の誤りに気づくだけでなく,礼節を もった対話が礼儀正しい社会を生み出すという,シビリティのもつ重要な社会的影響を感じ取る ことができる。
6:1 From this experience we can not only observe the fallacy of Mr. DeMott’s anti-civility argument, but we can also sense an important social implication of civility―that civil discourse makes for a civil society.

6:2 マナーについての常識がなければ,我々は共通のつながりをもたない。
6:2 Without a common sense of manners, we have no common [46] (1. property 2. link 3. factor).
6:3 シビリティは,大きな民主的対話の中で,我々皆を一つに結びつける絆の役割を果たす。
6:3 Civility acts as a tie that binds us all together in a great democratic dialog.
6:4歴史家のアーサー=シュレシンガーが述べたように,シビリティは「紹介状」としての機能を果
たすものであり,民族性,信条,社会経済的地位が明白に異なっていても,我々は同じ礼儀作法 の実践と,シビリティを行動規範と信じることで結びついた一つの共同体だと,新参者に保証す
るものなのである。
6:4 As the historian Arthur Schlesinger observed, civility acts as “a letter of introduction” to assure strangers that despite apparent differences of ethnicity, belief or socio-economic status, we are one community linked by shared practices of politeness and a belief in civility as a code of conduct.

[56] Which of following people would the author of this article most likely not agree with ?
l. The scholar Erasmus of Rotterdam, who felt that unless we teach students the rules of civility we will all become barbarians.
2. The historian Arthur Schlesinger, who wrote that civility acts as “a letter of introduction” to assure strangers that despite our differences we are one community linked by shared practices of politeness.
3. The philosopher Confucius, who believed that the ethically good man had to be a civil and polite man.
4. The writer Benjamin DeMott, who said that civility can act as a tool of oppression hiding social conflict under the cover of good manners.

・解答 [56]―4
>[56] 「以下に述べられた人物のうち,この記事の筆者が最も同意しそうもないのはいずれか」
1. 「シビリティについての決まり事を我々が教えない限り,我々は皆野蛮人になってしまう,と 考えた学者であるロッテルダムのエラスムス」
2. 「シビリティのある行動は,我々が様々な相違をもっていても,我々が共有する礼儀を実践す ることでつながる一つの共同体であることを知らない人にわからせるための「招待状」だ,と書 いた歴史家のアーサー=シユレシンガー」
3. 「倫理的に優れた人とは,礼儀をわきまえ,思いやりのある人物でなければならない,と考え た哲学者の孔子」 4.「シビリティは,優れた礼儀作法に覆われた社会的対立を隠す,弾圧の道具として働くかもし れない,と述べた著述家のベンジャミン=デモット」 筆者は,記事を通じてシビリティをもつことの重要性について述べている。1のエラスムス(第1段
参照),2のシュレシンガー(第6段参照),3の孔子(第2段参照)は筆者と同様にシビリティ, あるいは礼儀正しくふるまうことに肯定的な見解をもった人物である。それに対して4のデモット のみが第4段にあるように,シビリティに対して否定的な見解をもっている。また。第6段第1文
(From this experience … )で筆者は「この経験から我々はデモット氏の反シビリティの議論の誤り に気づくだけでなく … 」と述べていることからも,デモット氏と筆者は意見を異にすることがわ かる。よって,正解は4である。

[57] Which of the following is closest in meaning to the expression “civil discourse makes for a civil society” as used in the 6th paragraph?
1. Good manners will open doors that the best education cannot.
2. Civility costs nothing and buys everything.
3. Its nice to be important, but more important to be nice.
4. Consideration for others is the basis of a good life and a good society.

・解答 [57]―4
>[57] 「第6段で使われているような『礼節をもった対話が市民社会を生み出す(civil discourse makes for a civil society)』という表現に,意味的に一番近いのは以下のどれか」 1.「よい礼儀作法は最高の教育でも開くことのできないドアを開ける」 本文中に礼儀作法と教育のもつ可能性を対比させて論じた記述はない。
2.「シビリティはお金を払わずに何でも買える」 シビリティと金銭の関係については,本文では一切触れられていない。 3.「えらい人になるのはいいことだが,よい人になるのは,もっと大切だ」 英語のことわざで地位よりも人柄が大事だという意味で使うが,本文の内容とは意味が異なる。
4.「他人に対する思いやりがよい生活とよい社会の根底にある」
本文を通じて筆者は現代社会をよくするためのシビリティの重要性について述べており,また最
終段最終文(The key to reconstructing … )にそのシビリティを再構築するために重要なことの一つ として,我々が||隣人に対して親切心と気遣いをもってふるまうことの大切さ(the virtue of acting towards our neighbors with kindness and concern)」が挙げられている。以上のことから,4が正解で ある。

■ 第1段落
1:1 ここ数十年にわたって,大勢の様々な育児専門家が出現した。
1;1 Over the recent decades, a vast and diverse flock of parenting experts has arisen.
1:2何の気なしであってさえ,彼らの助言に従おうとする人々は,困惑するだろう。というのも,
育児に関する一般常識は,時間ごとに変わるように思われるからである。
1:2 Anyone who tries even casually to follow their advice may be stymied, for the conventional wisdom on parenting seems to shift by the hour.
1:3専門家どうし,言うことが違うという場合もある。
1:3 Sometimes it is a case of one expert differing from another.
1:4最も声の大きい専門家たちが突然一団となって,古い知見は誤りであり,新たな知見が,少な
くとも当面は,反論の余地なく正しいことに意見が一致することもある。
1:4 At other times, the most vocal experts suddenly agree en masse that the old wisdom was wrong and that the new wisdom is, for a little while at least, irrefutably right.
1:5典型的な育児専門家は,他分野の専門家同様,自信過剰のように聞こえがちである。
1:5 The typical parenting expert, like experts in other fields, is [1] (1. prone 2. unlikely 3. afraid) to sound exceedingly sure of himself.

1:6専門家は問題の様々な側面を論議するのではなく,むしろ一方の側に自分の旗をしっかりと打
ち立てるのである。
1:6 An expert doesn’t so much argue the various sides of an issue as plant his flag firmly on one side.
1:7遠慮や曖昧さの臭う議論をする専門家は,あまり注意を引かないことが多いからである。
1:7 That’s because an expert whose argument reeks of restraint or nuance often doesn’t get much attention.
1:8専門家は自分の手作りの理論を黄金の一般常識に変えたいと思うなら図太くなければならない
のだ。

1:8 An expert must be bold if he hopes to alchemize his homespun theory into conventional wisdom.
1:9 そうするには,大衆の関心を引くのが絶好なのである。というのも感情は合理的な議論の敵だ からである。
1:9 His best chance of doing so is to [2] (1. dispute 2. ignore 3. engage) the publics emotions, for emotion is the enemy of rational argument.
1:10 そして感情としては,そのうちの一つである恐怖感は,他よりも強い影響力がある。
1:10 And as emotions go, one of them―fear―is more potent than the rest.
1:11狂牛病,乳児の突然死,鳥インフル,これらの脅威について専門家の助言にどうして留意せず
にいられるだろうか。あの意地悪なおじさんが幼すぎる子どもたちに怖すぎる話を語って聞かせ るように,専門家は私たちを震え上がらせてしまっているというのに。
1:11 Mad-cow disease, crib death, avian flu―how can we fail to heed the expert’s advice on these horrors when, like that mean uncle telling too-scary stories to too-young children, he has reduced us to quivers?

[21] According to the 1st paragraph, parenting experts tend to
1. be indecisive when discussing controversial issues on parenting.
2. firmly stand by their views on parenting in order to attract public attention.
3. disregard the publics emotional side, as emotions run counter to logical theory.
4. put forward conservative views since they want to be well received by the public at large.

・解答 [21]―2
>[21] 「第1段によれば,育児専門家は~しやすい」
1. 「育児に関して議論の分かれる問題を論じるときに,優柔不断である」
2. 「大衆の注意を引くため育児に関する自分の見解を強く固守する」
3. 「感情は論理的な理論に反するから,大衆の感情的な面を無視する」
4. 「一般大衆からよく思われたいので,保守的な意見を出す」
設問[1] のbe prone to doが,ここではtend to doと言い換えられているだけで,同一部分の趣旨が問
われている。[1] の部分は「典型的な育児専門家は…自信過剰のように聞こえがちである」の意 味。「自信過剰な言い方をしがち」というのは,つまり自分の見解が絶対正しいという言い方を するということ。すなわち「自分の見解を強く固守する」ということだから,正解は2に決まる。

■ 第3段落
3:1問題は,彼らはしばしば誤ったことを恐れるということなのだ。
3:1 The problem is that they are often scared of the wrong things.
3:2 それは実は彼らの罪ではない。
3:2 It’s not their fault, really.
3:3事実と噂を区別することは,特に忙しい親にとっては常に荷の重い仕事である。
3:3 Separating facts from rumors is always [5] (1. hard work 2. hard-line 3. hard luck), especially for a busy parent.
3:4 そして,専門家によって生み出されるホワイトノイズ(様々な周波数を含む雑音)は,仲間の 親たちから加えられる圧力は言うまでもなく,あまりにも強力なので,親はほとんど自分では考 えられないのである。
3:4 And the white noise generated by the experts―to say nothing of the pressure exerted by fellow parents is―so [6] (1. overwhelmed 2. overwhelming 3. being overwhelmed) that they can barely think for themselves.

3:5 かろうじて拾い集めることのできた事実は,たいがいごまかされているか,誇張されている か,さもなくば事情を無視して自分自身の問題とは違う問題を解決するためにもってこられたも のである。

3:5 The facts they do manage to glean have usually been varnished or exaggerated or otherwise taken [7] (1. into consideration 2. out of context 3. by surprise) to serve an agenda that isn’t their own.

[22] In the 3rd paragraph, the expression “white noise” is used as a metaphor for
1. a storm of severe criticism.
2. a cascade of diverse opinions.
3. a shower of little white lies.
4. a torrent of abusive commentary.

・解答 [22]―2
>[22] 「第3段で,『ホワイトノイズ』という表現は~を表す隠喩として使われている」
1. 「厳しい批判の嵐」
2. 「様々な意見の奔流」
3. 「多量の小さなちょっとした嘘」
4. 「辛口批評の激流」
「ホワイトノイズ」とは,様々な周波数を含む雑音のこと。ここでは,「専門家」の意見が様々 であり,一つの声を聞き取れず雑音のように聞こえてしまうことのたとえ。だから,「批判,批 評,嘘」という意味ではなく,2の「様々な意見」と考えるのが,適切である。

■ 第7段落
7:1 サンドマンの「制御できる」原理から、大半の人々が車を運転するより飛行機に乗るほうを怖
がる理由もまた、説明できるかもしれない。
7:1 Sandman’s “control” [10] ( 1. predicament 2. contradiction 3. principle) might also explain why most people are more scared of flying in an airplane than driving a car.
7:2彼らの考えは、こんな具合だろう。私は車を自在に操れるので、自分自身の安全を確保できる
人間である。飛行機を操ることは私にはまったくできないので、無数の外的な要因のなすがまま である、と。
7:2 Their thinking [11] ( 1. goes like 2. disagrees with 3. passes judgment on) this; since I control the car, I am the one keeping myself safe; since I have no control of the airplane, I am at the mercy of myriad [12] (1. external 2. internal 3. undisputed) factors.

■ 第1段落
1:1 ここ数十年にわたって,大勢の様々な育児専門家が出現した。
1;1 Over the recent decades, a vast and diverse flock of parenting experts has arisen.
1:2何の気なしであってさえ,彼らの助言に従おうとする人々は,困惑するだろう。というのも,
育児に関する一般常識は,時間ごとに変わるように思われるからである。
1:2 Anyone who tries even casually to follow their advice may be stymied, for the conventional wisdom on parenting seems to shift by the hour.
1:3専門家どうし,言うことが違うという場合もある。
1:3 Sometimes it is a case of one expert differing from another.
1:4最も声の大きい専門家たちが突然一団となって,古い知見は誤りであり,新たな知見が,少な
くとも当面は,反論の余地なく正しいことに意見が一致することもある。
1:4 At other times, the most vocal experts suddenly agree en masse that the old wisdom was wrong and that the new wisdom is, for a little while at least, irrefutably right.
1:5典型的な育児専門家は,他分野の専門家同様,自信過剰のように聞こえがちである。
1:5 The typical parenting expert, like experts in other fields, is [1] (1. prone 2. unlikely 3. afraid) to sound exceedingly sure of himself.

1:6専門家は問題の様々な側面を論議するのではなく,むしろ一方の側に自分の旗をしっかりと打 ち立てるのである。
1:6 An expert doesn’t so much argue the various sides of an issue as plant his flag firmly on one side.
1:7遠慮や曖昧さの臭う議論をする専門家は,あまり注意を引かないことが多いからである。
1:7 That’s because an expert whose argument reeks of restraint or nuance often doesn’t get much attention.
1:8専門家は自分の手作りの理論を黄金の一般常識に変えたいと思うなら図太くなければならない
のだ。
1:8 An expert must be bold if he hopes to alchemize his homespun theory into conventional wisdom.
1:9 そうするには,大衆の関心を引くのが絶好なのである。というのも感情は合理的な議論の敵だ からである。
1:9 His best chance of doing so is to [2] (1. dispute 2. ignore 3. engage) the publics emotions, for emotion is the enemy of rational argument.

1:10 そして感情としては,そのうちの一つである恐怖感は,他よりも強い影響力がある。
1:10 And as emotions go, one of them―fear―is more potent than the rest.
1:11狂牛病,乳児の突然死,鳥インフル,これらの脅威について専門家の助言にどうして留意せず
にいられるだろうか。あの意地悪なおじさんが幼すぎる子どもたちに怖すぎる話を語って聞かせ るように,専門家は私たちを震え上がらせてしまっているというのに。
1:11 Mad-cow disease, crib death, avian flu―how can we fail to heed the expert’s advice on these horrors when, like that mean uncle telling too-scary stories to too-young children, he has reduced us to quivers?
■ 第2段落
2:1親ほどに,専門家の恐怖心のあおり立てに影響を受けやすい人はいない。
2:1 No one is more [3] (1. indifferent to 2. suspicious of 3. susceptible to) an expert’s fear- mongering than a parent.

2:2恐怖心は実は育児行為の主要構成要素である。恐怖心は実は育児行為の主要構成要素である。
2:2 Fear is, in fact, a major component of the act of parenting.
2:3親というのは何と言っても,別の生物の命,始めのうちは他のほとんどどの種の新生児よりも
無力な生物の介添え役だからである。
2:3 A parent, after all, is the [4] (1. beneficiary 2. steward 3. successor) of another creature’s life, a creature who in the beginning is more helpless than the newborn of nearly any other species.
2:4 このために,多くの親たちは大量の育児に使う労力を単に怯えることに費やすことになるので ある。
2:4 This leads a lot of parents to spend a lot of their parenting energy simply being scared.

[25] Which of the following sets of adjectives best expresses the author’s attitude toward parenting experts?
1. Skeptical, doubtful, and dubious.
2. Sympathetic, friendly, and warm.
3. Respectful, admiring, and supporting.
4. Unbiased, objective, and fair.

・解答 [25]―1
>[25] 「次の形容詞の組み合わせのうちで,子育て専門家に対する著者の態度を最もよく表してい るものはどれか」
1. 「懐疑的,疑わしい,怪しい」
2. 「同情的,友好的,あたたかい」
3. 「敬意を示す、感服して、支持している」
4. 「歪みのない、客観的、公正な」
「著者の子育て専門家に対する見方」は第1・2段に示され、専門家は①自信たっぷり、②関心を 引くため感情に訴える、③感情のうち最も影響力の大きい恐怖をあおる、と指摘されている。そ こからわかるのは、専門家は①合理的な議論を避け、②恐怖心に訴え、③自分の考えを押し通そ うとする、という評価である。それを端的に表している形容詞群は、1である。

[27] According to this article, which of the following statements about parenting is true?
1. Rumors are just as relevant as facts in evaluating risks.
2. Experts’ opinions are more valuable than parental instincts in making choices in child rearing.
3. Parents should be overprotective when it comes to the safety of their children.
4. Parents should weigh data on risks when considering how to keep their children safe.

・解答 [27]―4
>[27] 「この文章によれば、育児に関する以下の記述のうち正しいものはどれか」
1. 「危険を評価するのに、噂は行動と同じくらい重要である」
2. 「育児上の選択をするのに、専門家の意見は親の本能よりも有益である」
3. 「親は子どもの安全ということでは、過保護であるべきだ」
4. 「親は子どもの安全を確保する方法を考える際に、リスクに関するデータを考慮しなければな らない」 この文章の趣旨は、「見かけ上の危険が、本ftの危険だとは限らない。感情に溺れず、冷静に客 観的なデータに基づいたリスク評価をしなければならない」ということである。そうした理解に 沿っているのは、明らかに4である。

■ 第11段落
11:1 もしもあらゆる親がこうした予防処置に従うなら,毎年400人の幼子が救えるかもしれな い。
11:1 If every parent followed these precautions, the lives of perhaps four hundred young children could be saved each year.
11:2 その数は,最近の記憶に残る最も広く推奨された2つの発明によって救われる命を上回ること になるだろう。安全性の高い幼児ベッドとチャイルドシートである。
11:2 That would [19] ( 1. outnumber 2. succeed 3. proceed) the lives saved by two of the most widely promoted inventions in recent memory: safer cribs and child car seats.
11:3 データによれば,チャイルドシートは有益だといっても,せいぜい名ばかり程度である。 11:3 The data show that car seats are, [20] ( 1. in the least 2. for the most . at best), nominally helpful.
11:4後部座席に座らせておくほうが前の座席で膝の上に座らせておくよりも確かに安全である。前
部にいて万が一,事故が起きれば,子どもは必然的に飛んでいってしまうのだから。
11:4 It is certainly safer to keep a child in the rear seat than sitting on a lap in the front seat, where in the event of an accident he essentially becomes a projectile.
11:5 しかし,ここで得られる安全性は,子どもが前部座席に座るのを防ぐことから生じるので あって,ベルトをかけて子どもを200ドルするチャイルドシートに収めておくのから生じるのでは ない。
11:5 But the safety to be gained here is from preventing the kids from sitting in the front seat, not from strapping them into a 200 car seat.
11:5 にもかかわらず多くの親たちはチャイルドシートの利益をあまりに誇張するので,彼らは地
元の警察署か消防署にのこのこ出向き,それをきちんと設置してもらうのである。
11:5 Nevertheless, many parents so magnify the benefit of a car seat that they trek to the local police station or firehouse to have it installed just right.
11:6確かに,愛情の表現ではあるが,いわば心配性育児の表れでもあるのだ。

11:6 Theirs is a gesture of love, surely, but also a gesture of what might be called obsessive parenting.

[29] What does the author mean by “a gesture of love” in the last paragraph?
1. A way of showing love.
2. A physical demonstration of love.
3. An attempt at obtaining love.
4. Pretense of love.

・解答 [29]―1
>[29] 「最終段の”a gesture of love”で著者は何を言おうとしているのか」 1. 「愛情の示し方」
2. 「愛情の身体的表示」
3. 「愛情を得ようとする試み」
4. 「愛情の装い」
a gesture of loveは文字通りには「愛情のそぶり」であるが、何か具体的な動作(たとえば、抱擁 など)を指しているわけではないことに注意。ここでは、「愛情の表れ」というほどの意味。 よって、正解は2ではなく1である。本ftに愛情があるのだから4の「愛情があるふり」は不適切。 子どもに好かれようとして、チャイルドシートを設置するわけではないから。3も不適切。

内容一致問題
■第2段落
2:1 One of the critical stages occurs at about the age of two years and can be very [31] (1. trying 2. satisfying 3. obliging) to a parent, tempting him to resolve the situation in a decisive manner which is not conducive to the growth of competence in the child.
2:1 そのような非常に大切な段階の1つは、2歳前後に起こるが、これは親にとっては非常に厳しい 時期かもしれない。なぜならこの段階は、子供の中にある能力の発達を促さない一方的なやり方 で状況を解決してしまおうと、親をそそのかすからだ。
2:2 Most children go through a stage of experimentation and exploration of feeding, for example, in which the child [32] (1. frowns upon 2. insists upon 3. attempts to avoid) doing it himself and brooks no interference or suggestion from parents.
2:2 たとえば、ほとんどの子供は食べることに対する実験と探索の段階を経験するが、その過程で
子供は自分で食べることを譲らず、両親の干渉や提言を一切受け入れない。
2:3 Often the child’s activity seems inefficient and time-consuming to the parent, who in exasperation finally intervenes or [33](1. takes over 2. holds in 3. gives out, wrests the spoon from the child and shovels the mashed and scattered food in his mouth.

て散らかった食べ物を子供の口に押し込む。
2:4 Ideally, the parent would allow the child to gain coordination and competency through manipulating his utensils and feeding himself.
2:4理想を言えば、親は子供が自分で、道具を使って食べ物を口に運ぶことから、体の使い方や能
力を習得させるのだろうが。
2:5 Similarly, the teacher may later discourage the autonomy strivings of the young child who is fumbling with words, trying to make a circuit with the batteries upside down, or [34] (1. technically
2. also 3. otherwise) engaged in awkward or inefficient behavior, by taking over and doing for the youngster what he wishes and should be allowed to do for himself.

いはぎこちないか効率の悪い動きに没頭する子供の自主的な努力を、妨げてしまうかもしれない のだ。
[52] What implication can be drawn from the 2paragraph of this article in order for the parent and teacher to encourage the child’s growth of competence?
1. The parent and teacher should be ready to offer aid when necessary.
2. The parent and teacher should test the child’s innate competence.
3. The parent and teacher should bear with the child’s effort.
4. The parent and teacher should be compassionate and cooperative.

・解答 [52]―3
>[52]「親や教師が子供の能力の発達を促すために、本文の第2段から導きだせる主張は何か」 1.「親と教師は必要なときに手助けをする準備をするべきだ」
「必要なときに手助けをすべき」という記述はないので不適。 2.「親と教師は子供の生まれつきの能力を測るべきだ」
「生まれもった能力」に関する記述はないので不適。 3.「親と教師は子供の努力に我慢して付き合うべきだ」
第2段第4文(Ideally, the parent…)で、食事の仕方は、子供自身が道具を使って食べることを通し
て学ばせた方がよいという主旨の記述がある。また、続く第5文(Similarly, the teacher…)でも、 教師も親と同様に、子供の自主性の発達を損ねることがある例を紹介している。以上の点から、 筆者は、親と教師はともに子供の自主的な努力に付き合うべきだ、と主張していると考えられる。

4.「親と教師は、子を理解する気持ちをもち、協力的であるべきだ」「協力的であるべき」とい う記述はないので不適。
■第3段落
3:1 The time of school entrance is another of the critical stages in the growth of competence.
3:1学校に通い始める時期もまた、能力の成長においては非常に大切な時期である。
3:2 Ideally, the home situation will have provided opportunities for the child to deal successfully with his environment.
3:2理想を言えば、家庭の状況が、子供が周りの環境にうまく適応する機会を与えることになる。
3:3 Thus, the child comes to school expecting further opportunities for new explorations and learning experiences.
3:3 だから子供は、新しい冒険や学ぶ体験をするさらなる機会があることを期待して、学校に来 る。
3:4 Erikson points out: “Many a child’s development is disrupted when family life may not have prepared him for school life, or when school life may fail to sustain the promises of earlier.”
3:4 エリクソンは「多くの子供の成長が中断されるのは、家庭生活が子供が学校生活を送る準備に ならなかった可能性がある場合、あるいは学校生活がft初の期待に耐えられなかった場合であ る」と指摘する。
3:5 It is at this stage of school entrance that the child experiences, often for the first time, the full weight of the world outside his family.
3:5子供が家の外の世界からのあらゆる重圧を、多くの場合初めて経験するのはこの入学の段階で
ある。
3:6 The ideal situation will provide an initial confrontation that allows the child opportunities to succeed, thereby strengthening his skills and confirming his status in his own eyes as a worthy and competent individual.
3:6理想的な状況は、子供に成功体験の機会を与える最初の試練を課し、それによって子供の技能
を強化し、自分が価値ある有能な人間だという立場にあることを、子供自身の目により確認させ るものである。

3:7 The [35] (1. implication 2. danger 3. conflict), as Erikson warns, lies in a sense of inadequacy and inferiority which the child may gain if his initial efforts in school result in consistent failure. 3:7危険が潜んでいるのは、もしも子供の学校における最初の努力が一貫して失敗に終わってし
まった際、その子が抱くかもしれない不足感や劣等感の中であると、エリクソンは警告する。
3:8 It does not take long for the child who is not learning to read to recognize his failure and to develop feelings of inadequacy about his ability, feelings which often [36](1. come from 2. are caused by 3. result in) a failure syndrome. Failure becomes a self-fulfilling prophecy.

ない。
3:9 The child fails, [37](1. leads 2. to lead 3. leading) him to expect failure which, in turn, produces further failure.
3:9 失敗は自己充足的予言になる。子供は失敗すると、今度はその失敗がさらなる失敗を生み出す
と考えるようになる。
3:10 Thus, early School experiences are crucial in the determination of competence or incompetence, and the teacher is a prime determinant of the child’s sense of accomplishment or defeat.
3:10だから、学校生活の早い時期での経験は、子供の能力の有無を測る上で非常に大切で、教師
は子供の達成感や敗北感の主要な決定要素になるのだ。
[53] What does the expression “the promises of earlier” in the 3rd paragraph probably refer to?
1. The child’s potential for success as expected at School entrance.
2. The child’s successful performance during the early stages of Schooling.
3. The teacher’s periodic estimation of the child’s ability.
4. The school’s manifesto given at the beginning of the school year.

・解答 [53]―1
>[53]「第3段の『それ以前の期待』という表現は、おそらく何を意味するか」1.「入学時に予 想される子供が成功する見込み」
promises of earlierは学校で学び始めるより早い時期、つまり入学時以前を指すと考えられるので 正解。
2.「学校教育の早い時期における子供の優れた成績」 promiseは学校に入ってからの実際の成績を意味するのではなく、それ以前の段階で子供自身が もっている見込みを表す言葉なので、不適である。 3.「教師による子供の能力の定期的な評価」 promiseには「評価」という意味はないので不適。 4.「新年度の初めに公になる学校のマニフェスト」
本文中にマニフェスト(宣言書)が配られるという記述はないので不適。

[54] According to this article, if a child experienced consistent failure in the early stages of school life, he would
1. overcome a challenging situation by strengthening his coping skills.
2. develop a sense of inadequacy, which hinders the growth of competence. 3. regard failure as an opportunity to become a worthy and competent individual.
4. experience the full weight of the harsh world through a series of confrontations.

・解答 [54]―2
>[54]「本文によれば、学校生活の早い時期に失敗が続くと、子供は…」 1.「他人をまねる技能を強化して、厳しい状況を打破するようになる」 他人のまねをする技能を強化する、という記述はないので不適。
2.「不足感が大きくなり能力の発達を妨げる」
第3段第8文(It does not take…)に失敗の連続がfailure syndrome「失敗症候群」を引き起こすこと や、第3段第9文(Failure becomes a self-fulfilling prophecy.「失敗は自己充足的予言となる」)に失

敗すると予想することでかえって失敗してしまうことが記述され、連続した失敗が成長に悪影響を 与えることが指摘されている。self-fulfilling prophecy「自己充足的予言、自己成就的予言」とは予 言に沿った行動を取ることによって、結果的に的中してしまう予言のこと([55]の解説参照)。
3.「失敗を立派で有能な人間になるための機会だと考える」
第3段第9・10文(Failure becomes…)に、失敗は自己充足的予言となり、失敗することがさらなる
失敗を呼ぶようになってしまうという主旨の記述があり、内容が正反対である。よって不適。
4.「対決の連続を通して厳しい世の中の大きな重みを背負う経験をする」第3段第5・6文(It is at this stage…)によると、the full weight of the world「世界からのあらゆる重圧」とは、家庭の外 の世界の生活から受ける圧力全般を比聡的に表現したものである。よってa series of confrontation
「対決の連続」を通して学ぶものとは言えないので不適。
[55] The expression “a self fulfilling prophecy” in the 3rd paragraph is used in order to illustrate that
1. one has a hidden ability to make a prophecy which will eventually lead to self actualization.
2. one makes a plausible prophecy about a future event in order to avoid unnecessary confrontation.
3. One can obtain the power of making a valid prediction about the future through a series of failures.
4. ones assessment of a situation can change ones behavior and eventually make the reality match that assessment.

・解答 [55]―4
>[55]「第3段の『自己充足的予言』という表現は…を説明するために使われている」 1.「人には最終的に自己実現につながる予言をする隠れた能力がある」
2.「人は不要な対立を避けるために先の出来事についてもっともらしい予想をする」
3.「人は失敗の連続から、将来に関する有効な予想、をする力を得る」
4.「人のある状況に関する評価はその行動を変え、最終的に現実をその評価に合わせることもあ りうる」
self-fulfilling prophecyが登場する第3段第9文に続く第10文が、この言葉の意味を具体的に説明し ている。4が正解。過去における失敗の連続が、次もまた失敗するだろうという予言となり、子供 の行動を縛ってしまうのである。1・2・3のような記述は、本文中には見られないので不適。

■第4段落
4:1 In the ideal development of competence, the child tests his abilities in a range of areas and, by observing the results of his efforts, acquires an accurate [38] (1. figure 2. estimate. function) of his capabilities.
4:1理想的な能力の発達においては、子供は色々な分野で自分の能力を試し、自分の努力の結果を
よく観察することで、自分の才能についての正確な評価を得る。
4:2 However, it is often the case that the misguided efforts of adults seriously interfere with growth in competence and cause lasting damage.
4:2しかし大人の誤った努力が、子供の能力の発達を大きく阻害し、消えない傷をもたらすことが よくある。
4:3 Adults often create competitive situations for children on the assumption that competition will act as a stimulus or perhaps [39](1. a goad 2. a wheel 3. a mirror) spurring the child on to greater efforts.
4:3大人はしばしば競争は刺激か、子供がさらに努力するように仕向ける促進剤として機能するだ
ろうという前提で、子供が競争する状況を作り出す。
4:4 Competition, if channeled and controlled, may result in behavior which contributes to gaining mastery by inspiring the individual to exert that little extra something that makes a [40](1. usual 2. superior 3. competitive) performance possible.

行動につながるのかもしれない。
4:5 However, competitive situations also can result in the child’s acquiring a crippling feeling of inadequacy and despair if he continually loses, especially to his peers.
4:5 しかし競争のある状況は、もしも特定の子供がずっと負け続けた場合、自分は無価値だという
気持ちや絶望感のような、非常によくない感情を抱くことにもつながる。特に仲間に対して負け
続けた場合にはそうである。
4:6 The competition may in reality be unfair;
4:6 その競争は現実に不公正なものかもしれないのだ。
4:7 that is, the child may be [41](1. pitted against 2. counted as 3. cooperative with) a larger, more mature, more popular, or more intelligent peer so that his defeat is almost assured from the beginning.
4:7 つまり子供は、自分よりも大きく、成熟した、人気があって、頭もいい仲間と競争する可能性
もあり、そうであれば負けは最初からほとんど決まっていることになってしまう。
4:8 Usually the child will not perceive the competition as unequal or realize that he may have made a good showing, all things considered.
4:8普通は、子供は競争を不公平だとは感じないし、色々な条件を考えたら自分はよくやった、と
考えることもない。
4:9 He may mutter that it isn’t fair,” but the anger, hurt, and discouragement [42](1. on 2. against 3. at) being a constant loser, always being chosen last, or being in the slow reading group may create attitudes and patterns of behavior that tend to enhance continued failure.
4:9 ただ、「不公平だ」とつぶやくだけかもしれない。しかしいつも負けていることや、いつも最 後に選ばれること、また読むのが苦手な子のグループにいることに対する怒り、痛み、落胆は、 継続的な失敗を助長しがちな態度や行動様式を生み出すかもしれない。
4:10 Failure in competition thus may discourage a child from additional attempts at mastering the environment.
4:10 かくして競争における失敗は子供が環境を克服するためのさらなる試みを思い止まらせてし まう。
4:11 Persistent failure may lead to anxiety and failure avoidance patterns of effort in which the child simply refuses to try or else selects a task so difficult that no one will expect him to succeed and hence will not condemn him for failing.
4:11立て続けの失敗によって、子供は不安を感じ、ただ取り組むことを拒んだり、そうでなければ
難しすぎて誰も成功を期待していないために失敗しても誰にも責められないような課題を選んだり するといった失敗回避の努力様式を身につけるようになる可能性がある。
[56] According to this article, what is the main reason that competition can be unfair if practiced in school?
1. Some children are well motivated by competition, but others are not.
2. Some children are placed in a disadvantaged position from the beginning.
3. Some children reinforce a sense of despair by constantly choosing impossible challenges.
4. Some introverted children find it threatening to compete against their peers.

・解答 [56]―2
>[56]「本文によると、学校で競争が行われると、それが不公平なものになるかもしれない主な
理由は何か」 1.「競争によってやる気が増す生徒もいるが、そうでない生徒もいる」
第4段第3文(Adults often create…)に、大人は競争によって子供のやる気を引き出せると考え
る、という主旨の記述はあるが、やる気を出す子供と出さない子供の差が競争を不公正にする、 という記述はないので、不適。
2.「最初から不利な立場にいる子供もいる」

第4段第6文(The competition may in…)で、成長度・人気・知性などの面で、子供の資質は初めか ら違うことが説明されている。資質の違う子供を同じスタートラインに立たせることが、競争が 不公平なものになる原因なのだ、ということが本文の主張である。 3.「不可能な課題にいつも挑むことにより、絶望感を強くしてしまう子供がいる」
impossible challenges「不可能な課題」に挑むことが絶望感を強くする、という記述はないので不
適。 4.「仲間と競うことに恐れを抱く内気な子もいる」
第4段第4文(Competition, if channeled…)に、peers「仲間」に負け続けることによって子供が好ま
しくない感情を抱くようになる、という主旨の説明はあるが、introverted children「内気な子」が 仲間と競うのを恐れる、という記述はないので不適。
[57] Which of the following statements seems to best capture the nature of the self concept developed by a constant loser?
1. “I’m OK and you’re OK.”
2. “I’m not wrong.”
3. “I’m not good enough.”
4. “I am what I am.”

・解答 [57]―3
>[57]「以下の文で、負け続けることによって大きくなる自己像の性質を最もよくとらえている ようであるのはどれか」
1.「僕も大丈夫だし君も大丈夫だ」
2.「僕は間違っていない」
3.「僕は力不足だ」
4.「僕は僕だ」
第4段第5文(However, competitive situations…)に、子供は負け続けることによってa crippling feeling of inadequacy and despair「自分は無価値だという気持ちや絶望感のような、非常に有害な感 情」を抱く、とある。この気持ちに最も近いのは3である。その他は自分の判断を強く信じる考え なので不適切。

■第5段落
5:1 A teacher who sets a common standard of performance for the whole class will inevitably contribute to the failure of some children to develop competence.
5:1成績に関してクラス全員に共通の基準を設ける教師は間違いなく何人かの子供たちが能力を伸
ばせなくなる原因を作り出すことになる。
5:2 One fact of life that faces the teacher is that children enter school with varying degrees of competencies and proceed to develop at uneven rates, with the result that divergence increases with each [43](1. preceding 2. passing 3. follow-up) year.
5:2 教師の自の前にある避けがたい現実は、子供たちは能力の程度がそれぞれ異なる状態で入学
し、さらに一様でない速度で成長し、結果として年々その差異は大きくなる、ということだ。

5:3 A teacher who grades the class on a sliding scale with A’s going to the children who complete the most problems correctly or write the most imaginative or sophisticated papers and B’s, C’s, and D’s awarded to the other children [44] (1. in 2. for 3. as) their work compares to that of the A children, is setting up a competitive situation that will defeat some children all of the time.
5:3 ほとんどの課題をきちんと済ませ、最も創造的なレポートないし洗練されたレポートを書いた 生徒のところにAがゆき、Aをもらったその子と作業を比べた上で、他の子にB、C、Dがつくとい うようなスライド制で評価をする教師は、ある子供たちをいつも敗者にさせる競争状態を作って いることになる。
5:4 A child whose mind is not as agile as that of the best student, or whose personality or approach is different from that which the teacher favors or ranks as most desirable, is doomed to spend six hours a day, week after week, in a failure situation.

5:4最優秀の子ほどに頭の回転が速くはない、または性格や取り組み方が、教師が気に入っている か最も望ましいと考えられているものと違う子供は、1日6時間を、毎週、負けが決まった場所で 過ごす運命にあるのだ。
5:5 Interestingly, some of the children who appear as mediocre or even as slow in one setting may show too much greater advantage when placed in a different class or school.
5:5面白いことに、ある状況ではごく凡庸か、むしろ頭の回転が遅い子の中に、別のクラスや学校
では大変な長所を見せる子がいるかもしれないのである。
5:6 Thus, a child who is rated as a C student in an elite private school whose entrance exams have eliminated [45](1. all but 2. some of 3. none of) the brightest children may be rated as a B child or even as an A child in a school with a more normal distribution.
5:6 だから、最優秀の子供以外はすべて落としてしまう入試を課すエリート私立校ではCランクを
つけられた子供が、生徒の学力の偏りが小さい学校ではBクラスあるいはAクラスと評価されるか もしれない。
5:7 A child who does not excel in this group might have been one of the pacesetters of the class [46](1. had 2. only if 3. unless) he just come along one year sooner or later and had lesser or different competition.
5:7 このグループでは抜きん出たところのない生徒が、もしも登場が1年早いか遅くて、それほど
厳しくないか違う種類の競争をしていたら、クラスのリーダーだったのかもしれないのだ。
5:8 The child does not change;
5:8子供は変わらない。
5:9 only the context in which he appears determines whether he is to be an A, B, or C child.
5:9子供が姿を現す状況だけが、その生徒がAランクかBランクか、あるいはCランクかを決定する
のだ。
5:10 Yet this child placed in a context where he is rated as C will think of himself as mediocre, and his further performances will probably reflect his attitude and his [47](1.degraded 2.heightend 3.defended) self-concept.
5:10 しかし自分がCランクと評価される環境にいる生徒は、自分自身を凡庸であると考えてしま い、それ以降の成績はおそらく彼自身の態度と、低い自己像を反映させるものになるだろう。
[58] What is one problem with a common standard of performance if used for the whole class?
1. The standard can ignore tremendous individual variations in developing competence.
2. The standard has a coarse scale, which is not fine enough to assess the advanced learner’s ability.
3. The standard is an unfair device, with the teacher grading his “favorite” children highly.
4. The standard appears objective, but in fact, is highly subjective as a scale of assessment.

・解答 [58]―1
>[58]「成績をつける共通の基準がクラス全体に使われると何が問題となるか」 1.「その基準は、能力の発達に存在する非常に大きな個人差を無視する可能性がある」 まず、第5段第1文(A teacher who sets a common…)で、共通の基準を使うことが、ある子供の 能力を伸ばすのに悪影響がある可能性を述べている。続く第2文(One fact of life…)で、子供は 入学時点で能力に差があり、それが異なる速度で発展するために、個人差は年を追うごとに広が る点を指摘している。 2.「その基準は大ざっぱな尺度で、優秀な子供の能力を測るには十分に精巧なものでない」 評価に使われるのがa coarse scale「大ざっぱな尺度」であるという記述はないので不適。
3.「その基準は不公正なもので、教師が『お気に入りの』子を高く評価してしまう」
基準がan unfair device「不公正な道具」である、という記述はないので不適。
4.「その基準は客観的に見えるが、実は評価の基準としては非常に主観的である」「客観的に見 えるが、非常に主観的」という記述は本文中にないので不適。1つの基準を、資質の異なる子供た ち全員にftてはめることが、危険だと言っているのである。

■第6段落
6:1 What of the child who is in fact a slow or below average learner?
6:1本当に勉強ができない生徒や、並以下の生徒についてはどうだろうか。
6:2 This child faces the continual discouragement of always finding himself at the bottom of the academic heap.
6:2 そのような子は、常に成績の序列の一番底辺に自分がいるという、絶え間ない落胆に直面して
いる。

6:3 The child is not developing competency according to the teachers judgment as [48] (1. opposed to 2. reflected in 3. compared with) his grades and feelings about his ability and his motivation to stand on his own feet.
6:3成績に表れている通り、教師の判断によれば、その子は自身の能力を発達させておらず、自分
の能力に対する感情や自分の足で立とうという意欲も発達させていない。
6:4 The first grade teacher, in an attempt to save some degree of self-respect for the low ability child, may have appointed him chief chalkboard eraser clapper, but such a distinction hardly balances the realization of academic no achievement and recognition of intellectual incompetency that the child sees in his marks.
6:4 1年生担当の先生なら、できない生徒が自尊心をある程度もてるようにするため、その子を、
黒板消しをはたく係のリーダーにしたかもしれない。しかしそのような区別が、子供が自分の成 績から見て取る、学業を達成していないという実感や、知的能力が低いという認識を埋め合わせ ることはほとんどない。
6:5 For this child, school is probably a maintenance situation at best and perhaps [49] (1. more of 2. less than 3. nothing against) a treadmill on which his in competencies and the resultant feelings of defeat increase as he marks time and stays in place.
6:5 その子にとっては、学校はおそらくせいぜい保守管理の場であり、そして多分、自分の無能ぶ
りとそれに伴う敗北感が、足踏みをしながらそこに留まるほど大きくなる足踏み水車のような場
所なのだ。

[59] What does the expression “school is probably a maintenance situation” in the paragraph mean?
1. In school, any child somehow finds a place for himself
2. School makes it possible for a child to keep his academic and intellectual level high.
3. School provides a situation in which any child can save some degree of self respect.
4. A slow child will remain a slow one as long as he stays in school.

・解答 [59]―4
>[59]「第6段の『学校はおそらく保守管理の場である』という表現は、何を意味するか」 1.「学校ではどの子供も自分の居場所をどうにか見つけることができる」
第6段最終文(For this child、…)で、成績の悪い子にとっての学校はmaintenance situation「保守管
理の場」やtreadmill「足踏み水車」のようだ、と述べられており、これは成長することができない 停滞した状況にあることの喩えである。よって、「子供の居場所」という意味ではないので不適。 2.「学校は、子供が自分の学業レベルと、知的レベルを高く保つことを可能にする」
「学業と知的レベルを高く保つ」という記述は本文中にないので不適。
3.「学校はどの子もある程度の自尊心をもてる状況を与える」第6段最終文(For this child…)に あるように、勉強の苦手な子にとって学校は「自分の能力のなさとそれに伴う敗北感が足踏みし ながらそこに留まるほど大きくなる」場所であるので不適。 4.「勉強のできない子は、学校にいる限りずっとできないままである」 第6段第1・2文に、成績の悪い子は自分が他人より劣っていることでやる気を失っており、教師の
評価に従って、能力を成長させない(=できないままでいる)、という主旨の記述がある。つま

りその子にとって学校は、能力を成長させる場所ではなく、せいぜい現状をmaintenance「保守管 理」する場所だ、と筆者は述べているわけである。
■第7段落
7:1 The process of competence training and growth is delicate and complex.
7:1能力鍛錬と成長の過程は繊細かつ複雑である。
7:2 The task of setting adequate performance levels and healthy expectations for individual children is very difficult, and to do so the teacher must come to know each child well enough to encourage him and demand that he do [50](1. more than 2. as well as 3. rather than) he can, without imposing unrealistic expectations.
7:2適切な成績レベルと子供一人一人に対する良識ある期待とを設定する作業は難しく、そうする
ためには、教師は生徒を励まし、現実離れした期待は押しつけずに、その子にできる最大限のこ とをするよう求めるのに十分なだけ、彼らをよく理解するようにならなければならない。
7:3 The line between wasting a child’s potential through under expectancy and destroying self- confidence through over expectancy is a fine distinction indeed, one which can be drawn only by a teacher highly sensitive to the performance and confidence levels of the children in his classroom.

な教師のみが引くことができるものである。
7:4 Paradoxically, the criterion of ultimate success for the teacher is a child who is competent to direct his own learning with minimal guidance and help from the teacher.
7:4矛盾するようだが、教師が求める究極の成功の基準は、教師からの最小限の助言と助力で、自
分の学習を管理できる生徒なのだ。
[60] What would be the implication the author is trying to suggest in the last paragraph?
1. Often the quality of success is more important than the quantity of success.
2. Overexpectancy is generally better than underexpectancy.
3. A good teacher is a facilitator who helps children become independent learners.
4. Some children need support from the teacher, and others do not.

・解答 [60]―3
>[60]「最後の段で筆者が言おうとしていることは何か」 1.「成功の質はしばしば、量よりも重要で、ある」 成功のquality「質」とquantity「量」を比較した記述はないので不適。
2.「一般に、過度な期待は過小な期待よりはよい」
最終段第3文(Thelinebetween…)にunderexpectancy「過小な期待」とoverexpectancy「過大な期待」
は両方とも子供によいものではない、という主旨の記述はあるが、この2つを比較してはいないの で不適。
3.「よい教師は子供が自立した学習者になるように手助けをする」
最終段最終文(Paradoxically, the criterion…)で、the criterion of ultimate success for the teacher「教師
にとっての究極の成功の基準」になるのは、最小限のサポートで勉強を進められる生徒だ、とい う主旨の記述がある。これは自主的に学ぶ生徒を理想と考えている、と解釈できる。よってこれ が正解。
4.「教師の助けが必要な子もいれば、必要でない子もいる」
本文中にこのような記述はないので不適。

■第1段落
1:1 The twin towers of democracy – individual political liberty and self-interested market economics took root in the 18th and 19th centuries.

1:1民主主義の双璧である、個人の政治的自由と利己的な市場経済は、18世紀と19世紀に定着し た。
1:2 The market democracies rise from the works authored by Thomas Jefferson and Adam Smith in 1776.
1:2市場民主制は、トマス=ジェファーソンとアダム=スミスが1776年に著した著作に始まる。
1:3 That year The Declaration of Independence and The Wealth of Nations launched humanity on a journey toward “I’s” and “we’s” who could fulfill the best in our natures.
1:3その年、「独立宣言」と『諸国民の富』が、人類をその性質中の最善を実現しうる「私」と
「私たち」を目指す旅へと送り出したのだ。

■第2段落
2:1 That path is now gravely threatened.
2:1その旅路は今や重大な脅威にさらされている。
2:2 An extreme individualism equating happiness [31] (1. for 2. with 3. as) “value” alone now trumps choices and policies made in markets of all kinds, political and otherwise.
2:2幸福をただ「価値」だけと同一視する極端な個人主義が、政治やその他のあらゆる種類の市場
でなされる選択や政策に勝っているのである。

2:3 “Value” and “I” can never migrate back into a sustainable blend with values” and “we must think differently about the real “we’s” of our lives – especially our organizations – and [32] (1. purposefully 2. accidentally 3. incidentally) blend “value” and “values” in those “we’s.” 2:3「価値」と「私」が、後戻りして「価値観」と「私たち」に混ざり合って維持されていくこと は、決してありえない。私たちは、自分の暮らし、とりわけ組織体の中の現実の「私たち」につ いて違う考え方をして、意図的にそうした「私たち」の中で「価値」と「価値観」とを混ぜ合わ せなくてはいけないのである。
[51] According to the author, which of the following is the most serious threat to democracy? 1 . The decline of communities and the world of places.
2. Pursuit of common goals with no regard to the individual’s rights
3. Extreme pursuit of self interest and the separation of “I’s” from “we’s.”
4. Friction between various types of “values” in such areas as ecology, religion and race.

[51]「著者によれば、次のうちのどれが最も深刻な民主主義に対する脅威であるか」
1.「共同社会と地域の世界の衰退」
2.「個人の権利を無視して共通の目的を追求すること」
3.「私利私欲を極端に追求し、『私』を『私たち』から分離してしまうこと」
4.「生態、宗教、人種といったさまざまな種類の『価値観』の間で生じる摩擦」
解答:[51]-3
「深刻な民主主義に対する脅威」については、第2段に記述されている。その第2文(An extreme individualism…)に「幸福をただ『価値」だけと同一視する極端な個人主義」が脅威の原因として 指摘され、さらに最終文(We must think differenty…)で「価値と価値観の分離」を前提して「『価 値』と『価値観』を混合しなければならない」と述べられている。よって、「最も深刻な脅威」 は3である。

[52] Which of the following is most probably the authors view about market economics ?
1. Equal distribution of wealth is more important than economic growth.
2. Market economics is important for democracy.
3. The intrusion of market economics into politics is a natural evolution of democracy.
4. In a democratic society, government and organizations should control market economics in order to protect values.

[52]「次のうちのどれが、市場経済に対する著者の見解である可能性が最も高いか」 1.「富の平等な分配は、経済成長よりも重要である」 2.「市場経済は民主主義にとって重要である」 3.「市場経済の政治への侵入は、民主主義の自然な進化である」

4.「民主主義社会では、政府と組織体は市場経済を管理して、価値観を守るべきである」
解答:[52]-4
まず「利己的な市場経済による過度の個人主義が、民主主義を脅かしている」(第1・2段)というの が著者の認識で、「組織体が私益と公益の均衡を図る不可欠の手段」(最終段)と考えていることを 押さえれば、「民主的に、組織体によって、市場経済を管理抑制すること」を主張する4が著者の 見解である可能性は高い。1では、「富の平等な分配」と「経済成長」については、この文では何 も触れられておらず、著者がこう考えているかどうかは不明である。2については、この文は「極 端な個人主義が市場に墓延することで民主主義が脅かされている」現状についての論考なので単 純に「市場経済が重要だ」と著者が考えているとすることは難しい。3については、「侵入が自然 な進化」だとするのであれば、そのまま「侵入」するに任せておけばよい、という結論になるは ずである。しかし、著者は現状を「民主主義の危機」ととらえているため、これを著者の見解だ とすることはできない。
■第3段落
3:1 It is to be noted here that people use the words “value” and “values” in different ways. 3:1ここで注意すべきは、人々は「価値」と「価値観」という言葉をさまざまに使うということで ある。
3:2 On the one hand, the singular “value” arises in conversations about economics, finance, business, and markets.
3:2 単数形の「価値」は、経済や財政、事業、市場に関する話題で現れる。
3:3 Value connotes a pointed [33] (1. estimation 2. escalation 3. investment) of current or anticipated worth not distant from monetary equivalence.
3:3 それが意味するのは、現在の価値あるいは予想される価値の的確な評価であって、その金銭的 対価から離れることはないのである。
3:4 On the other hand, the plural term ”values” crops up when people talk about beliefs and behaviors regarding how human beings do or do not get along with one another and with gods, spirits, and nature.

なのである。
3:5 Values” is a noun, but a noun concerned with attitude and action.
3:5 「価値観」は、名詞であるとはいえ、態度や行動に関わる名詞である。
3:6 Values are sorted into several categories: social values, political values, family and religious values, and environmental values.
3:6価値観はいくつかの分類概念に分けられる。社会的価値観、政治的価値観、家族宗教的価値
観、環境的価値観といったものだ。
3:7 Unlike value, talk of values [34] (1.increases 2. incorporates 3. ignores) money.
3:7価値とは異なり、価値観について語るのに、金銭を顧慮したりはしない。
3:8 There is a deep, backward and forward-looking quality to values.
3:8 価値観には、奥深くて、これまでとこれからを見据える性質がある。
3:9 If value makes us wealthy, values make us human.
3:9価値によって私たちが豊かになるとすれば、価値観によって私たちは、人間となるのである。
[53] What makes “values” different from “value”?
1. “Values” is actually the same as “value” at the end of one’s life.
2. “Values” means our attitude toward non economic aspects of life, while “value” basically means money.
3. “Values”means a lot of donations that solve various Social issues. 4. “Values” means a dream or aspiration, while “value” means its achievement.

[53]「『価値観』と『価値」を異なったものにするのは何か」 1.「『価値観』は実は生涯の終わりには『価値』と同じものになる」

2.「『価値観』は、生活の非経済的な面に対する姿勢である一方、『価値」は基本的に金銭を意 味している」
3.「『価値観』はさまざまな社会問題を解決する多額の寄付のことである」
4.「『価値観』は夢や大望を意味する一方、『価値』はその実現を意味する」
解答:[53]-2
「価値」と「価値観」の違いについては、第3段に記述がある。まず第2・3文(On the one hand…)に、「価値」とは「物事の金銭的な評価」であると述べられ、「価値観」については第4 文(On the other hand…)以下に、「人間の信条や行動についての奥の深い概念で、金銭的評価 になじまない」とされている。そのような内容に近い選択肢は2である。
[54] Which of the following cases exemplifies “values” overriding “value”?
1. This shop provides the best value in the neighborhood.
2. In the tourism industry, a good smile is as important as a good price.
3. The railway labor union decided to stop a strike on Mondays so that patients could go to the hospital.
4. To recruit managers, interviewing is more reliable than paper based examination.

[54]「次のうちのどの事例が『価値」に勝る『価値観』の実例となるか」 1.「この店はこの近辺で一番のお買い得を提供します」 2.「観光産業では、よい笑顔が、よい値段と同じくらい重要である」 3.「鉄道労働組合は、患者が病院に通えるように、月曜日のストライキを止めることに決めた」 4.「管理職を募集するには、ペーパーテストより面接の方が信頼できる」
解答:[54]-3
前問で述べた「価値」と「価値観」の違いに着目して、「価値観を優先しているような」事例を探 せばいい。1は「金銭的評価」のみに関わるので不適。2は「よい笑顔」が金銭的評価と同じ価値 をもつものとして並べられているので、やはり「価値」についての記述である。3は「ストライ キ」という金銭的な目標を、「患者の利益」という「金銭的評価には無縁の価値」のために抑え ている。よって、実例として好適である。4にある「管理職の採用」は、方法のいかんを問わず、 第3段第3文(Value connotes a pointed…)にあるような金銭的価値につながる評価である。よって、不 適。

■第5段落
5:1 In our placeless world, our dominant shared role in relation to government is consumer, not citizen.
5:1地域の消えた現代社会では、統治に関連して私たちが共有する主要な役目は、消費者であっ
て、市民ではない。
5:2 Citizenship becomes [37] (1. no less than 2. no more than 3. as little as) a nostalgically shared idea.
5:2市民であることは、懐かしく分かち合う概念にすぎなくなる。
5:3 We experience the self-governance historically linked to the role of citizen in organizations, not places.
5:3私たちが市民の役割に結びついた自治を歴史的に経験するのは、組織体の中なのであって、地
域ではない。
5:4 If we find the meaning of community, we do so in organizations and among friends, not places. 5:4もしも私たちが地域社会の意味を見出すとすれば、それは組織体や、友人たちの間でのことで あって、地域ではない。
5:5 We can vote.
5:5私たちは投票をすることができる。
5:6 But voting is a single thread of democracy.
5:6 しかし、投票は民主主義のたった一本の糸なのだ。

5:7 In the [38] (1. event 2. absence 3. institution) of accompanying political and social values, voting is a specialized currency for consumption in political markets.
5:7それに伴う政治的・社会的な価値観がなくては、投票は政治という市場で流通する特殊な消費 用通貨になってしまうのである。
■第6段落
6:1 In worlds where people share ideas, roles, resources, purposes, and fates because of places, shared paths weave into the larger was” of town and neighborhood, city, and state.
6:1地域のために人々が思想や役割、資源、目的、運命を共有する世界では、共有の通路が搬り合
わさって、町や近隣、都市、国という「より大きな私たち」となっていく。
6:2 Place blends religious, ethnic, national, political, and other values to [39] (1. forbid 2. forsake 3.forge) “thick we’s.”
6:2地域が宗教的、民族的、国家的、政治的、その他の価値観をない交ぜにして「濃密な私たち」
を練り上げていくのである。
6:3 In a world of purposes, the inescapable shared fates necessary to “thick we’s” occur among friends and families, and in organizations.
6:3 目的の世界では、「濃密な私たち」に不可欠な必然的に共有される運命は、友人や家族の間
や、組織体の中で生じる。

6:4 Our cares and animosities arise in them.
6:4私たちの不安も憎しみもそこから生まれる。
6:5 We know that Germany and France were mortal enemies many times in the olden days. 6:5ドイツとフランスは昔には何度も、不倶戴天の敵同士だったことを私たちは知っている。 6:6 But we do not [40] (1. allow 2. expect 3. implore) them to go to war ever again.
6:6しかし、私たちは両国がまた再び戦争をし始めるとは思っていない。
6:7 In a world of purposes, we do not hate people in the “thick we’s” of other organizations.
6:7目的の世界では、組織体は違っても「濃密な私たち」の中の人々を憎悪することはないのであ
る。
[55] Which of the following opinions will most probably be supported by the author?
1. Organizations are more important than friends or families to keep democracy vital.
2. Communism is one effective method to maintain “thick we’s”.
3. Individual voting through the Internet on policy and budget is a solution for revitalizing democracy.
4. Organizations are incubators for creating values and “thick we’s” in our society.

[55]「次の意見のうちのどれが著者によって支持される可能性が最も高いか」 1.「組織体は民主主義の活力を保つには友人や家族よりも重要である」 2.「共産主義は『濃密な私たち』を維持するのに効果的な一手法である」 3.「政策や予算に関してインターネットを通じて個人が投票することは民主主義に新たな活力を 与える解決法である」 4.「組織体は私たちの社会で価値観と『濃密な私たち』を生み出す培養器である」
解答:[55]-4
1については、第5段第4文(If we find the meaning…)、第6段第3文(In a world of purposes…)でも
「組織体」と「友人家族」は同列に扱われていて、両者に優劣はないので、可能性は低い。2につ いては、第7段第4文(The immense Soviet Union was…)に共産主義のソビエト連邦の記述がある が、これは「組織体」が社会の中間層であることの普遍性を述べたもので共産主義を有効手段と 認めている記述ではない。よって、支持される可能性は低い。3の「投票」については、第5段の 第5文以下(We can vote. But voting…)に記述されているが、投票は場合によっては特殊な消費用通 貨にすぎないという否定的な評価がなされており、支持される可能性は低い。4については、第6 段第3文(In a world of purposes…)に、「『濃密な私たち』に不可欠な必然的に共有される運命 は、…組織体の中で生じる」とあり、その言い換えとして、incubators「孵卵器、保育器、培養 器」は適切である。

[56] Which of the following would most likely be used by the author as an example to emphasize his main point?
1. The UN is a good case of an organization which has realized values across national boundaries.
2. Finding a solution for class conflict is a key for todays democracy in developing countries.
3. Conflict among regional organizations will be dangerous because it destroys democratic society.
4. Each country needs to be independent and autonomous to solve global issues.

[56]「次の意見のうちのどれが、著者によってその要点を強調するのに例として使用される可能性 が最も高いか」
1.「国際連合は国境を越えて価値観を実現してきた組織体の好例である」
2.「階級闘争の解決策を見出すことは、発展途上国の今日の民主主義の鍵となる」
3.「地域的な組織同士の紛争は、それが民主社会を破壊するがゆえに危険となるだろう」
4.「各国が地球規模の問題を解決するには独立し自治を確立する必要がある」
解答:[56]-1
著者の主張の主要論点とは今日の「目的の世界」では、中間層をなす組織体の中で「共通利益」 と「私利私欲」の均衡をとることが、市場制民主主義を守るのに不可欠だ、ということであった。 1の国際連合は、まさにそうした組織体である。よって、正解。2は「階級闘争」や「発展途上 国」という要素は、著者の論点とは無縁である。3では、「地域的な組織同士の紛争」ではなく、
「過剰な私的利益の追求」が「民主主義を破壊する」危険性をもつというのが著者の主張である。 4は「植民地支配」や「民族独立」といった話題についての記述であるが、それらは本論考とは無 縁である。

内容一致問題

■第1段落
1:1 The twin towers of democracy – individual political liberty and self-interested market economics took root in the 18th and 19th centuries.
1:1民主主義の双璧である、個人の政治的自由と利己的な市場経済は、18世紀と19世紀に定着し
た。
1:2 The market democracies rise from the works authored by Thomas Jefferson and Adam Smith in 1776.
1:2市場民主制は、トマス=ジェファーソンとアダム=スミスが1776年に著した著作に始まる。
1:3 That year The Declaration of Independence and The Wealth of Nations launched humanity on a journey toward “I’s” and “we’s” who could fulfill the best in our natures.
1:3その年、「独立宣言」と『諸国民の富』が、人類をその性質中の最善を実現しうる「私」と
「私たち」を目指す旅へと送り出したのだ。

■第2段落
2:1 That path is now gravely threatened.
2:1その旅路は今や重大な脅威にさらされている。
2:2 An extreme individualism equating happiness [31] (1. for 2. with 3. as) “value” alone now trumps choices and policies made in markets of all kinds, political and otherwise.
2:2幸福をただ「価値」だけと同一視する極端な個人主義が、政治やその他のあらゆる種類の市場
でなされる選択や政策に勝っているのである。

2:3 “Value” and “I” can never migrate back into a sustainable blend with values” and “we must think differently about the real “we’s” of our lives – especially our organizations – and [32] (1. purposefully 2. accidentally 3. incidentally) blend “value” and “values” in those “we’s.” 2:3「価値」と「私」が、後戻りして「価値観」と「私たち」に混ざり合って維持されていくこと は、決してありえない。私たちは、自分の暮らし、とりわけ組織体の中の現実の「私たち」につ いて違う考え方をして、意図的にそうした「私たち」の中で「価値」と「価値観」とを混ぜ合わ せなくてはいけないのである。
[51] According to the author, which of the following is the most serious threat to democracy? 1 . The decline of communities and the world of places.
2. Pursuit of common goals with no regard to the individual’s rights
3. Extreme pursuit of self interest and the separation of “I’s” from “we’s.”
4. Friction between various types of “values” in such areas as ecology, religion and race.

[51]「著者によれば、次のうちのどれが最も深刻な民主主義に対する脅威であるか」 1.「共同社会と地域の世界の衰退」 2.「個人の権利を無視して共通の目的を追求すること」 3.「私利私欲を極端に追求し、『私』を『私たち』から分離してしまうこと」 4.「生態、宗教、人種といったさまざまな種類の『価値観』の間で生じる摩擦」
解答:[51]-3
「深刻な民主主義に対する脅威」については、第2段に記述されている。その第2文(An extreme individualism…)に「幸福をただ『価値」だけと同一視する極端な個人主義」が脅威の原因として 指摘され、さらに最終文(We must think differenty…)で「価値と価値観の分離」を前提して「『価 値』と『価値観』を混合しなければならない」と述べられている。よって、「最も深刻な脅威」 は3である。

[52] Which of the following is most probably the authors view about market economics ?
1. Equal distribution of wealth is more important than economic growth.
2. Market economics is important for democracy.
3. The intrusion of market economics into politics is a natural evolution of democracy.
4. In a democratic society, government and organizations should control market economics in order to protect values.

[52]「次のうちのどれが、市場経済に対する著者の見解である可能性が最も高いか」 1.「富の平等な分配は、経済成長よりも重要である」 2.「市場経済は民主主義にとって重要である」 3.「市場経済の政治への侵入は、民主主義の自然な進化である」 4.「民主主義社会では、政府と組織体は市場経済を管理して、価値観を守るべきである」 解答:[52]-4
まず「利己的な市場経済による過度の個人主義が、民主主義を脅かしている」(第1・2段)というの が著者の認識で、「組織体が私益と公益の均衡を図る不可欠の手段」(最終段)と考えていることを 押さえれば、「民主的に、組織体によって、市場経済を管理抑制すること」を主張する4が著者の 見解である可能性は高い。1では、「富の平等な分配」と「経済成長」については、この文では何 も触れられておらず、著者がこう考えているかどうかは不明である。2については、この文は「極 端な個人主義が市場に墓延することで民主主義が脅かされている」現状についての論考なので単 純に「市場経済が重要だ」と著者が考えているとすることは難しい。3については、「侵入が自然 な進化」だとするのであれば、そのまま「侵入」するに任せておけばよい、という結論になるは ずである。しかし、著者は現状を「民主主義の危機」ととらえているため、これを著者の見解だ とすることはできない。

■第3段落
3:1 It is to be noted here that people use the words “value” and “values” in different ways. 3:1ここで注意すべきは、人々は「価値」と「価値観」という言葉をさまざまに使うということで ある。

3:2 On the one hand, the singular “value” arises in conversations about economics, finance, business, and markets.
3:2 単数形の「価値」は、経済や財政、事業、市場に関する話題で現れる。
3:3 Value connotes a pointed [33] (1. estimation 2. escalation 3. investment) of current or anticipated worth not distant from monetary equivalence.
3:3 それが意味するのは、現在の価値あるいは予想される価値の的確な評価であって、その金銭的
対価から離れることはないのである。
3:4 On the other hand, the plural term ”values” crops up when people talk about beliefs and behaviors regarding how human beings do or do not get along with one another and with gods, spirits, and nature.

なのである。
3:5 Values” is a noun, but a noun concerned with attitude and action.
3:5 「価値観」は、名詞であるとはいえ、態度や行動に関わる名詞である。
3:6 Values are sorted into several categories: social values, political values, family and religious values, and environmental values.
3:6価値観はいくつかの分類概念に分けられる。社会的価値観、政治的価値観、家族宗教的価値
観、環境的価値観といったものだ。
3:7 Unlike value, talk of values [34] (1.increases 2. incorporates 3. ignores) money.
3:7価値とは異なり、価値観について語るのに、金銭を顧慮したりはしない。
3:8 There is a deep, backward and forward-looking quality to values.
3:8 価値観には、奥深くて、これまでとこれからを見据える性質がある。
3:9 If value makes us wealthy, values make us human.
3:9価値によって私たちが豊かになるとすれば、価値観によって私たちは、人間となるのである。
[53] What makes “values” different from “value”?
1. “Values” is actually the same as “value” at the end of one’s life.
2. “Values” means our attitude toward non economic aspects of life, while “value” basically means money.
3. “Values”means a lot of donations that solve various Social issues.
4. “Values” means a dream or aspiration, while “value” means its achievement.

[53]「『価値観』と『価値」を異なったものにするのは何か」 1.「『価値観』は実は生涯の終わりには『価値』と同じものになる」 2.「『価値観』は、生活の非経済的な面に対する姿勢である一方、『価値」は基本的に金銭を意 味している」
3.「『価値観』はさまざまな社会問題を解決する多額の寄付のことである」
4.「『価値観』は夢や大望を意味する一方、『価値』はその実現を意味する」
解答:[53]-2
「価値」と「価値観」の違いについては、第3段に記述がある。まず第2・3文(On the one hand…)に、「価値」とは「物事の金銭的な評価」であると述べられ、「価値観」については第4 文(On the other hand…)以下に、「人間の信条や行動についての奥の深い概念で、金銭的評価 になじまない」とされている。そのような内容に近い選択肢は2である。

[54] Which of the following cases exemplifies “values” overriding “value”?
1. This shop provides the best value in the neighborhood.
2. In the tourism industry, a good smile is as important as a good price.
3. The railway labor union decided to stop a strike on Mondays so that patients could go to the hospital.
4. To recruit managers, interviewing is more reliable than paper based examination.

[54]「次のうちのどの事例が『価値」に勝る『価値観』の実例となるか」

1.「この店はこの近辺で一番のお買い得を提供します」
2.「観光産業では、よい笑顔が、よい値段と同じくらい重要である」
3.「鉄道労働組合は、患者が病院に通えるように、月曜日のストライキを止めることに決めた」
4.「管理職を募集するには、ペーパーテストより面接の方が信頼できる」
解答:[54]-3
前問で述べた「価値」と「価値観」の違いに着目して、「価値観を優先しているような」事例を探 せばいい。1は「金銭的評価」のみに関わるので不適。2は「よい笑顔」が金銭的評価と同じ価値 をもつものとして並べられているので、やはり「価値」についての記述である。3は「ストライ キ」という金銭的な目標を、「患者の利益」という「金銭的評価には無縁の価値」のために抑え ている。よって、実例として好適である。4にある「管理職の採用」は、方法のいかんを問わず、 第3段第3文(Value connotes a pointed…)にあるような金銭的価値につながる評価である。よって、不 適。
■第5段落
5:1 In our placeless world, our dominant shared role in relation to government is consumer, not citizen.
5:1地域の消えた現代社会では、統治に関連して私たちが共有する主要な役目は、消費者であっ
て、市民ではない。
5:2 Citizenship becomes [37] (1. no less than 2. no more than 3. as little as) a nostalgically shared idea.
5:2市民であることは、懐かしく分かち合う概念にすぎなくなる。
5:3 We experience the self-governance historically linked to the role of citizen in organizations, not places.
5:3私たちが市民の役割に結びついた自治を歴史的に経験するのは、組織体の中なのであって、地
域ではない。
5:4 If we find the meaning of community, we do so in organizations and among friends, not places. 5:4もしも私たちが地域社会の意味を見出すとすれば、それは組織体や、友人たちの間でのことで あって、地域ではない。
5:5 We can vote.
5:5私たちは投票をすることができる。
5:6 But voting is a single thread of democracy.
5:6 しかし、投票は民主主義のたった一本の糸なのだ。
5:7 In the [38] (1. event 2. absence 3. institution) of accompanying political and social values, voting is a specialized currency for consumption in political markets.
5:7それに伴う政治的・社会的な価値観がなくては、投票は政治という市場で流通する特殊な消費
用通貨になってしまうのである。
■第6段落
6:1 In worlds where people share ideas, roles, resources, purposes, and fates because of places, shared paths weave into the larger was” of town and neighborhood, city, and state.
6:1地域のために人々が思想や役割、資源、目的、運命を共有する世界では、共有の通路が搬り合
わさって、町や近隣、都市、国という「より大きな私たち」となっていく。
6:2 Place blends religious, ethnic, national, political, and other values to [39] (1. forbid 2. forsake 3.forge) “thick we’s.”
6:2地域が宗教的、民族的、国家的、政治的、その他の価値観をない交ぜにして「濃密な私たち」
を練り上げていくのである。
6:3 In a world of purposes, the inescapable shared fates necessary to “thick we’s” occur among friends and families, and in organizations.

6:3 目的の世界では、「濃密な私たち」に不可欠な必然的に共有される運命は、友人や家族の間 や、組織体の中で生じる。
6:4 Our cares and animosities arise in them.
6:4私たちの不安も憎しみもそこから生まれる。
6:5 We know that Germany and France were mortal enemies many times in the olden days. 6:5ドイツとフランスは昔には何度も、不倶戴天の敵同士だったことを私たちは知っている。 6:6 But we do not [40] (1. allow 2. expect 3. implore) them to go to war ever again.
6:6しかし、私たちは両国がまた再び戦争をし始めるとは思っていない。
6:7 In a world of purposes, we do not hate people in the “thick we’s” of other organizations.
6:7目的の世界では、組織体は違っても「濃密な私たち」の中の人々を憎悪することはないのであ
る。
[55] Which of the following opinions will most probably be supported by the author?
1. Organizations are more important than friends or families to keep democracy vital.
2. Communism is one effective method to maintain “thick we’s”.
3. Individual voting through the Internet on policy and budget is a solution for revitalizing democracy.
4. Organizations are incubators for creating values and “thick we’s” in our society.

[55]「次の意見のうちのどれが著者によって支持される可能性が最も高いか」 1.「組織体は民主主義の活力を保つには友人や家族よりも重要である」 2.「共産主義は『濃密な私たち』を維持するのに効果的な一手法である」 3.「政策や予算に関してインターネットを通じて個人が投票することは民主主義に新たな活力を 与える解決法である」 4.「組織体は私たちの社会で価値観と『濃密な私たち』を生み出す培養器である」
解答:[55]-4
1については、第5段第4文(If we find the meaning…)、第6段第3文(In a world of purposes…)でも
「組織体」と「友人家族」は同列に扱われていて、両者に優劣はないので、可能性は低い。2につ いては、第7段第4文(The immense Soviet Union was…)に共産主義のソビエト連邦の記述がある が、これは「組織体」が社会の中間層であることの普遍性を述べたもので共産主義を有効手段と 認めている記述ではない。よって、支持される可能性は低い。3の「投票」については、第5段の 第5文以下(We can vote. But voting…)に記述されているが、投票は場合によっては特殊な消費用通 貨にすぎないという否定的な評価がなされており、支持される可能性は低い。4については、第6 段第3文(In a world of purposes…)に、「『濃密な私たち』に不可欠な必然的に共有される運命 は、…組織体の中で生じる」とあり、その言い換えとして、incubators「孵卵器、保育器、培養 器」は適切である。

[56] Which of the following would most likely be used by the author as an example to emphasize his main point?
1. The UN is a good case of an organization which has realized values across national boundaries.
2. Finding a solution for class conflict is a key for todays democracy in developing countries.
3. Conflict among regional organizations will be dangerous because it destroys democratic society.
4. Each country needs to be independent and autonomous to solve global issues.

[56]「次の意見のうちのどれが、著者によってその要点を強調するのに例として使用される可能性 が最も高いか」
1.「国際連合は国境を越えて価値観を実現してきた組織体の好例である」
2.「階級闘争の解決策を見出すことは、発展途上国の今日の民主主義の鍵となる」
3.「地域的な組織同士の紛争は、それが民主社会を破壊するがゆえに危険となるだろう」
4.「各国が地球規模の問題を解決するには独立し自治を確立する必要がある」
解答:[56]-1

著者の主張の主要論点とは今日の「目的の世界」では、中間層をなす組織体の中で「共通利益」 と「私利私欲」の均衡をとることが、市場制民主主義を守るのに不可欠だ、ということであった。 1の国際連合は、まさにそうした組織体である。よって、正解。2は「階級闘争」や「発展途上 国」という要素は、著者の論点とは無縁である。3では、「地域的な組織同士の紛争」ではなく、
「過剰な私的利益の追求」が「民主主義を破壊する」危険性をもつというのが著者の主張である。 4は「植民地支配」や「民族独立」といった話題についての記述であるが、それらは本論考とは無 縁である。

■第6段落
6:1 The picture looks bleak, but experts point out that Bangladesh is, in some ways, a victim of its own success.
6:1見通しは暗いが、バングラデシュはある意味、自らの成功の犠牲者である、と専門家は指摘す
る。
6:2 Given the hydrological hand they were dealt, the inhabitants of the Bengal Delta traditionally grew low-yielding but flood tolerant rice, and fished wetlands and pools that were recharged by annual floods.
6:2彼らに与えられた水文学的な手札を考えると、ベンガル=デルタの住民は、低収穫でも洪水に
強い種類の米を伝統的に栽培し、毎年の洪水で補充される湿地や水溜りで漁業をしていた。
6:3 This could support a modest population at [8](1. Flat 2. Similar 3. Subsistence) levels, but no more.
6:3 これはささやかな数の人が、何とか食べていくことを可能にしたが、それ以上は無理であっ
た。
6:4 Since the late 1950s, however, aid donor-backed irrigation schemes, later incorporating groundwater pumping, have opened up vast areas of fertile delta soil to the plough.
6:4 しかし1950年代の終わり頃から、援助国の支援による灌漑計画が、後に地下水の汲み上げと
一緒になって肥沃な三角州の広大な土地を開発し耕作地へと変えた。
6:4 Now almost all of the land in Bangladesh that is suitable for agriculture is in use.
6:4現在では、農業に適したバングラデシュの土地は、ほとんどすべてが利用されている。
6:5 High-yielding rice varieties have boosted productivity hugely, while the development of coastal areas for shrimp farming has also provided further food and revenue.
6:5高収穫な品種の米が生産性を大幅に向上させ、その一方でエビの養殖を目的とした沿岸地域の
土地の開発もまた、さらに多くの食糧と歳入をもたらした。

■第9段落
9:1 If only things were that simple:
9:1物事がこれほど単純だったらどんなによかっただろう。
9:2 the tragedy that has subsequently unfolded reveals in stark terms how “solutions” to water resource problems can go astray if our knowledge of a region’s hydrology and geology is [14] (1. incomplete 2. sufficient 3. accumulated).
9:2後に明らかになる悲劇は、ある土地について我々の水文学や地質学に関する知識が不十分だと
水源問題に関する「解決策」がいかに迷走するかを、如実に物語る。
9:3 It was Dipankar Chakraborty, an epidemiologist, who first raised the alarm.
9:3最初に警鐘を鳴らしたのは伝染病学者のデイパンカー=チャクラボルテイだった。

9:4 In 1988, on a visit to his Bengali parents’ rural village, Chakraborty noticed that many local people were suffering from skin lesions and cancers that seemed to be [15] (1. independent of 2. causing 3. consistent with) arsenic poisoning.
9:4 1988年に、ベンガル人の両親が住む田舎の村を訪ねたときに、チャクラボルテイは多くの地元
民が、ヒ索中毒と見られる皮膚病やガンを患っているのに気がついた。

9:5 When he tested samples of well water in his laboratory at Jabalpur University in Calcutta, it became clear why:
9:5 カルカッタのジャダヴプル大学の自分の実験室で、井戸水のサンプルを調べると、その理由が
明らかになった。
9:6 the villagers’ water supply was massively tainted with the metal.
9:6村民の水源は、その金属によってひどく汚染されていたのだ。
[25] According to this article, sinking tube wells into underground reservoirs
1. caused the sinking of the ground level.
2. decreased the amount of arable land.
3. increased the damage caused by the annual monsoons.
4. made the name Devils Water” unfortunately appropriate.

・解答 [25]―4
>[25]「本文によれば、地下の溜り池に井戸を掘ることにより…」 1.「地表面が低下した」
2.「耕地が減少した」
3.「毎年のモンスーンによる被害が大きくなった」
4.「不幸にも『悪魔の水』という呼び名がふさわしくなった」
上記1~3に該当する記述は本文には見られないので不適。第9段と第10段に、井戸の水に含まれて
いたヒ素がもたらした被害の実態が紹介されている。この事実からもともとは迷信に過ぎない「悪 魔の水」という呼び名が、不幸にも現実化したと考えられるので4が正解。

■第8段落
8:1 By the 1970s, it was clear that something had to be done, and aid agencies ― led by the World Bank and UNICEF ― [12] ( 1. caught up with 2. hit on 3. got away with) the idea of sinking tube wells into the underground water reservoirs that lie beneath the deltas surface.
8:1 1970年代までには何らかの対策が必要で、あることは明らかになり、世界銀行やユニセフに率
いられた支援組織が、三角州表面の地下に存在する地下水の溜りに掘り抜き井戸を掘る計画を思 いついた。
8:2 Local people, [13](1. dependent on 2. fearful of 3. indifferent to) this subterranean source, initially called it the Devils water.” 8:2地元民は、この地下に潜む水源を恐れ、当初は「悪魔の水」と呼んでいた。
8:3 But when rates of diarrheal disease halved, the programmer was deemed an unqualified success.
8:3 しかし下痢を伴う疾患の発症率が半分になると、計画は大成功と考えられるようになった。

8:4 By the 1990s, as many as 10 million wells had been sunk, many of them by local companies. 8:4 1990年代までには1000万もの井戸が、多くは地元の会社によって掘られた。
[26] The statement “the programme was deemed an unqualified success” in the 8th paragraph means that
1. the programme was considered a complete success.
2. the programme was considered a partial success.
3. the programme was considered a conditional success.
4. the programme was considered an unjustifiable success.

・解答 [26]―1
>[26]「第8段の『計画は大成功と考えられるようになった』という文が意味するのは…」 1.「その計画は完全な成功だと見なされた」

2.「その計画は部分的には成功したと見なされた」
3.「その計画は条件つきの成功だと見なされた」
4.「その計画は不ftな成功だと見なされた」 ここではunqualifiedは「完全な」「制限のない」という強意を意味する。よって1が正解。他の文 はすべて、限定された成功を表しているので不適。

■第12段落
12:1 But recent research from a team led by Shaniqua Islam, a Bangladeshi hydrologist, suggests that the pumping of groundwater for irrigation seems to be drawing arsenic into deeper wells.
12:1 しかしバングラデシュの水文学者シャフイクル=イスラムが中心となった最近の研究による と、灌漑目的の地下水の汲み上げが、ヒ素をより深い井戸へと導くようなのだ。
12:2 The mechanism remains [18] (1. unclear 2. transparent 3. simple, but Islam suspects that deep groundwater is being replaced by surface water that is rich in organic material, which then mobilizes previously insoluble arsenic.
12:2 その仕組みは明らかではないが、イスラムは、深層部の地下水が多量の有機物を含む表面の 水に取って代わられ、その地下水がそれまで、は不溶性だったヒ素を移動させるのでは、と考え ている。
12:3 Chakraborty has also found that wells that his group tested and marked as safe had become dangerous when surveyed again a few years later.
12:3 チャクラボルティもまた、自分たちのグループが検査をして安全を確認した井戸が、何年か 後の再検査では危険になっていた事例を見つけた。

[29] What is the implication of Chakraborti’s finding mentioned in the 12th paragraph?
1. It contradicts previous research findings.
2. It opens up a new interpretation of the behavior of arsenic.
3. It rejects Shafiqul Islams theory about arsenic.
4. It supports Shafiqul Islams theory about arsenic.

・解答 [29]―4
>[29]「第12段にあるチャクラボルテイの発見の意味するところは何か」 1.「その発見は、それ以前の研究による発見とは矛盾する」
2.「その発見は、ヒ素の性質に関する新しい説明を導く」
3.「その発見は、シャフイクル=イスラムのヒ素に関する理論を否定する」
4.「その発見は、シャフイクル=イスラムのヒ素に関する理論を裏付ける」
第12段によると、イスラムは地下水の汲み上げによって有機物を含んだ浅い地下水が深い場所へ
移動し不溶性だったヒ素を動かしているのではないかと考えている。つまりヒ素の汚染の拡大を 指摘しているのである。第12段最終文にhakraborti has also found…)のチャクラボルティの発見は、 ヒ素汚染が1度は安全と見なされた井戸にも広まっていることを示しており、イスラムの考えを裏 付けるものとして、紹介されている。よって4が正解である。1と3は本文に該当する記述がなく、2 は発見とヒ素の「性質」とは無関係であるので不適。

■第3段落
3:1 His greatest failure was his 1914-1916 Endurance expedition.
3:1彼の最大の失敗は、1914年から1916年までのエンデュアランス号探険であった。
3:2 He lost his ship before even [5] (1. touching 2. abandoning 3. leaving) Antarctica.
3:2彼は南極大陸に触れさえしないうちに自分の船を失った。
3:3 But he reached a new pinnacle in leadership when he successfully led all the members of his crew to safety after an agonizing two-year fight for their lives.

3:3 しかし、彼が生き延びようとする2年間の苦閣の闘争ののち、すべての乗組員を安全地帯まで
導くのに成功したとき、彼の統率力は新たな頂きへと到達したのだった。
[22] In the 3rd paragraph, the expression “he reached a new pinnacle in leadership” refers to the fact that
1. Shackleton crossed a high mountain range on South Georgia Island.
2. Shackleton can be seen as one of the best leaders in history.
3. Shackleton’s men admired him because of the success of his Endurance expedition.
4. Shackleton’s men felt high emotions toward him during their

・解答 [22]―2
[22] 「第3段で、『彼の統率力は新たな頂きへと到達した」という表現が指すのは…という事実の ことである」
1. 「シャクルトンはサウスジョージア島の高山地帯を横断した」
2. 「シャクルトンは歴史上最高の指導者の1人だと見てよい」
3. 「シャクルトンの部下たちが彼を賞賛したのは、エンデュアランス号探険の成功のためだっ た」
4. 「シャクルトンの部下たちは、困難な状況にいる間、彼に対して感情を昂ぶらせていた」 pinnacleは「高峰、頂点」という意味。「統率力」に関する記述なので 実際の「場所」のことを 意味しているわけではないことから、1が誤りであるとわかる。 2は「彼の統率力が高く評価され ている」という意味になるので、正解となる。 3は「失敗」なのに、「成功」としていることで 誤りと判断できる。4は「部下の感情が最ぶって」となっていて、「シャクルトンの統率力が高 い」ではないので、誤りである。

■第5段落
5:1 Sir Ernest set out at age forty on an independent voyage to make what he considered the last great expedition [7] ( 1. accomplished 2. left 3. devoted) on earth: an eighteen-hundredmile crossing of Antarctica on foot.
5:1 サー=アーネストは40歳のとき、彼が地上に残された最後だと考えた大冒険、南極大陸1800マ イル徒歩横断をするため、独自の航海に出発した。
5:2 The expedition ship, named the Endurance after the Shackleton family motto Fortitude Vicious, By Endurance We Conquer,” set sail in August 1914 at the dawn of World War I and [8] (1. made up with 2. made its way to 3. made off with) Buenos Aires, to South Georgia Island, and eventually to the Antarctic Circle, where it plowed through one thousand miles of ice-Encrusted waters.

5:2 探険船は、シャクルトン家の銘、Fortitudine Vincimus「忍耐によって我らは克つ」にちなんで
「エンデュアランス(忍耐)」と名づけられ、第一次世界大戦が幕を開けた1914年8月に出帆し、ブ エノスアイレス、サウスジョージア島、そしてついに南極圏まで進み、そこから1千マイル、氷で
堅く覆われた海域をかき分けるように進んだ。
5:3 Just one days sail [9] (1. from 2. beyond 3. near) its destination in Vassal Bay on the Antarctic coast, the ship got stuck like an almond in a chocolate bar” as it was later described, in the polar ice of the Weddell Sea.
5:3 南極沿岸のヴァーゼル湾の目的地まで、ほんの1日分の航海というところで、船は後の記録に
ある通り、「まるで板チョコの中のアーモンドのように」ウェッデル海の極地の氷の中で立ち往 生した。
[24] Which of the following is true with regard to the expression “By Endurance We Conquer” in the 5th paragraph?
1. It was made the Shackleton family motto after Sir Ernest’s return from the Endurance expedition.
2. It means that an army can be beaten by waiting for the opportunity to attack.
3. It was selected by Shackleton’s grandfather to be the family motto.
4. It proved to be an extremely apt description of the Endurance expedition.

・解答 [24]―4

[24]「第5段の『忍耐によって我らは克つ』という表現に関して、正しいのは次のうちどれか」 1. 「それはエンデュアランス号探険からのサー=アーネストの帰還の後に、シャクルトン家の銘 となった」
2. 「それは攻撃する好機を待つことによって、軍隊をうち負かすことができるということであ
る」 3. 「それはシャクルトンの祖父によって選ばれて、家銘となった」
4. 「それはエンデュアランス号探険の極めて適切な記述であることが判明した」
1は 第5段第2文 (The expedition ship named…) に反する。2や3 のような記述は本文中にはない。 4は第5段以下に記述されるエンデュア ランス号探険の長期間に及ぶ忍耐に次ぐ忍耐を考えれば、 正しいと判断できる。
[25] In the 5th paragraph, what does the expression “like an almond in a chocolate bar” mean?
1. The ice around the ship held it firmly in place.
2. The ship got stuck because it was carrying so much chocolate.
3. The ice was the color of chocolate.
4. The ice flowed and covered the ship entirely.

・解答 [25]―1 [25]「第5段の『まるで板チョコの中のアーモンドのように』という表現は、何を言おうとしてい るのか」
1. 「船の周囲の氷が船をしっかりと固定してしまった」
2. 「船が立ち往生したのは、チョコレートをたくさん積みすぎたせいである」
3. 「氷はチョコレート色をしていた」
4. 「氷が流れてきてすっかり船を覆った」
「板チョコの中のアーモンド」という比喩が、具体的に何を意味するかが 問われている。海が氷 で覆われており、その上にぽつんと船が浮いている様を「板チョコの中のアーモンド」と形容し たのだから、正解は1である。 hold O in place「Oを固定する」という定型表現の知識がない と、苦しい。 2のような「積みすぎ」といった記述はない。3は、南極の氷としてはありえない記 述である。4はcover the shipであるから、「船の上まで氷が覆う」状況を想定しなければならな い。そうした記述はないので、誤りである。

■第7段落
7:1 When the weather was its most brutal, the men endured temperatures that were so low they could hear the water freeze.
7:1 この上もない荒天時には、隊員は水が凍るのが聞こえるほどの低温に耐えた。
7:2 The bitter cold froze their garments [13] (1. sharp 2. fragile 3. solid) and burned their hands and feet.
7:2 厳しい寒さで衣類が凍りついて固まり、手や足は凍傷になった。
7:3 They slept in tents so flimsy they could see the moon through them.
7:3 彼らは月が透けて見えるほど薄いテントで眠った。
7:4 They spent nearly four months in the frigid darkness of the long polar night.
7:4 彼らは長い極地の夜の極寒の暗黒の中で4カ月近くを過ごした。
7:5 When the Antarctic summer finally brought warmer temperatures and the [14] (1.protection 2. promise 3. progress) of some relief, the men awoke every morning in cold puddles of water as their body heat melted the icy floor of their tents.
7:5 ついに南極の夏が気温の上昇をもたらし、少しは息のつける兆しが見えたとき、隊員は毎朝目
が覚めてみると、体温でテントの氷床が溶けたため、冷水に浸かっていた。
7:6 They subsisted on a [15] (1. diet 2. feast 3. recipe) of mostly penguin, seal, and sometimes dog.
7:6 彼らは主にペンギン、アザラシ、時にはイヌを食料にして生き延びた。

■第10段落
10:1 According to Napoleon, a leader is a dealer in hope.”

10:1ナポレオンによれば、「指導者とは希望を商う者である」のだそうだ。
10:2 Shackleton knew how to keep hope in plentiful supply – during the 1907–1909 Nimrod expedition to the Pole when death was nearer to the men than their waiting ship, and during the long hardship of the Endurance expedition.
10:2シャクルトンは希望をたっぶりと保持しておく方法を知っていた。待機船よりも死の方に近 づいた1907年から1909年の南極点までのニムロッド号探険の間にも、またエンデュアランス号探 険の長期にわたる苦難の間にも。
10:3 When it was preposterous to think they could get out alive, he convinced his men that only a fool would say they wouldn’t.
10:3生きて脱出できると考える方がおかしいときにも、彼は部下たちに、できないと考えるのはバ
カだけだ、と言って説き伏せた。
10:4 “We were in a mess, and the Boss was the man who could get us out.
10:4 「窮地に陥ってはいたが、隊長という男は、俺たちを脱出させてくれる。
10:5 It is a measure of his leadership that this seemed almost axiomatic,” said Reginald W. James, physicist on the Endurance.

10:5これがほとんど自明だと思えるようにしたことで、彼の統率力がよくわかります」と、エン
デュアランス号に乗っていた物理学者、レジナルド=W.ジエームズは語った。
[27] Which of the following is closest to the meaning of the expression “a leader is a dealer in hope” in the 10th paragraph?
1. A good leader makes people happy behind the scenes.
2. A good leader inspires people to think positively about their destiny.
3. A good leader is good at solving conflicts among his men.
4. A good leader is an opportunist who takes advantage of people.

・解答 [27]―2 [27]「第10段の「指導者は希望の商人」という表現の意味に最も近いのは、次のうちどれか」 1. 「優れた指導者は、舞台裏で人々を幸福にする」
2.「優れた指導者は、人々に自分の運命を前向きに考えるように促す」
3.「優れた指導者は、部下たちの対立を解消するのが得意である」
4. 「優れた指導者は、人々を利用する日和見主義者である」
2つ目の***以下の記述から、「希望の商人」とは、「部下に楽観を植えつける指導者」であること がわかる。その意味に最も近いのは2である。 positivelyを「前向きに、プラスに」と、正しく理 解することが大切。1 や3には根拠になる記述がない。4のopportunistは「日和見主義者」という 意味で、take advantage of人「人を利用する、人の弱みにつけ込む」 という記述からも、優れた 指導者の説明として誤りと判断できる。

[28] In the 10th paragraph, what does the author mean when he states “It is a measure of his leadership that this seemed almost axiomatic”?
1. Shackleton’s leadership was so great that his men were certain that they would survive.
2. Shackleton’s leadership was too great to be appreciated by his men.
3. Shackleton’s leadership should be evaluated on the basis of his success as an explorer.
4. Shackleton’s leadership was so great that it didn’t require any proof.

・解答 [28]―1 [28]「第10段で『これがほとんど自明のことだと思えるようにしたことで、彼の統率力がどれほど のものであったかよくわかります』と述べるとき、著者は何を言おうとしているのか」
1. 「シャクルトンの統率力はとても強いので、彼の部下たちは自分が生き延びると確信した」
2. 「シャクルトンの統率力は強すぎたので、彼の部下たちには、高く評価してもらえなかった」
3. 「シャクルトンの統率力は探検家としての彼の成功を基準として評価されなければならない」
4. 「シャクルトンの統率力は極めて強いので、証明する必要は何もなかった」
It is a measure of A that・・・は、文字通りには「…は、Aを計る尺度である」となるが、そ れは具体的には、「…することで、Aの程度がよくわかる」という意味である。 thisは原則として 直前の内容を指示するから、ここでは「隊長によって、自分たちが窮地を脱することができる」

ことだと考えられる。そして、axiomaticはaxiom 「公理 (証明なしに前提される命題)」の派生形 容詞で、「公理であるような、自明の」という意味。すると全体は「隊長によって自分たちが窮 地を脱することができるのは、ほとんど自明、絶対確実だと思えるようにしたことで、彼の統率 力がどれほどだったかわかる」という具体的な意味をもつことになる。それに最も近いのは1であ る。 2はtoo great 「強すぎる」が誤り。 3は「探検家としての彼の成功」が誤り。4は「統率力 は、証明を要しない」とあるが、前述の検討のように、証明を要しない自明の理だったのは、
「隊長のおかげで自分たちが窮地を脱することができる」ことであって、「彼の統率力」そのも のではない。よって、誤り。

内容一致問題
■第1段落
1:1 In 1996, the World Food Summit set a goal of halving the number of hungry people worldwide by 2015.
1:1 1996年に、世界食糧サミットは世界中の飢餓人口を2015年までに半減させるという目標を立て
た。
1:2 In 2000, the United Nations as a whole adopted a set of goals which included halving poverty and hunger by the year 2015.
1:2 2000年に国連全体は、2015年までに貧困と飢餓を半減させることもその一つとする一連の目標
を採択した。

1:3 The world came together in order to tackle the hunger problem.
1:3世界は一丸となって飢餓問題に取り組むことになった。
1:4 And yet, conditions have [31] (1.deteriorated 2. rebounded 3. developed) in many places.
1:4 しかし、状況は多くの地域で悪化してしまった。
1:5 Indeed, according to The State of Food Insecurity in the World 2003, the annual hunger report of the Food and Agriculture Organization (FAO) of the United Nations, the number of people suffering from hunger worldwide has begun to rise once more.
1:5実は、国連食糧農業機関(FAO)の飢餓年報、「世界食糧不安状況2003」によれば、世界中の飢
餓に苦しむ人々の数は再び上昇し始めたのだった。
[51] According to the article, world hunger has been on the increase despite
1. the United Nations having set out to cut it in half within the next several years.
2. the efforts of First-World countries to pour economic aid into the least-developed countries.
3. the remarkable improvements in agriculture and public health throughout developing countries.
4. the World Food Summit having provided relief assistance to famine plagued areas.

・解答 [51]―1
>[51]「この文章によれば、世界的な飢餓は…にも関わらず増大してきた」 1.「国連が今後数年以内にそれを半減させるのに着手した」
2.「第一世界諸国がもっとも発展の遅れた国々に経済的な援助をそそぎ込もうと努力した」
3.「全途上国で農業と公衆衛生の驚くべき進歩があった」
4.「世界食糧サミットが飢餓輩に苦しむ地域に救済援助を提供した」
第1段第2文に「国連は、2015年までに貧困と飢餓を半減させることもその一つとする一連の目標
を採用した」とあるので、正解は1に決まる。

■第2段落
2:1 With a view to identifying the causes of this failure, the report begins with an analysis of countries that have, [32] (1. deceptively 2. naturally 3. on the contrary), been successful in dealing with hunger.

2:1 この失敗の原因を確定するために、報告は、反対に飢餓に対処するのに成功した国々の分析か ら始める。
2:2 In Brazil and in China, rapid overall economic growth has led to significant growth of agriculture in particular.
2:2 ブラジルと中国では、急速な全体的経済発展によって、特に農業の大発展が生じた。
2:3 Both countries have made an [33] (1. obligation 2. illustration 3. effort) to control population growth and develop human resources, and have relatively low rates of HIV infection.
2:3両国とも人口増加を抑制し人的資源を開発するのに努めてきたし、エイズの感染は比較的低率
である。
[52] According to the article, those countries that have lowered their rate of hunger have
1. increased the supply of jobs, educational opportunities, and health facilities.
2. halved the number of people who are forced to live on less than $1 per day.
3. halved the number of people who must depend on external sources for food.
4. increased agricultural production and controlled the rate of HIV infection.

・解答 [52]―4
>[52]「この文章によれば、飢餓率を低下させた諸国は…した」 1.「勤め口、教育の機会、保健施設の供給を増やした」
2.「1日1ドル以下で暮らさざるを得ない人々の数を半減させた」
3.「外部に食糧源を頼らざるを得ない人々の数を半減させた」
4.「農業生産を増やしエイズ感染率を制御した」
第2段第1文で「飢餓に対処するのに成功した国々」について言及され第2・3文に「農業の大発展 が生じ」「エイズの感染は比較的低率である」とあるから、正解は4に決まる。

■第3段落
3:1 Nevertheless, the number of hungry people has grown in many other regions.
3:1 とはいえ、飢餓人口は他の多くの地域で増大した。
3:2 Drought, civil war and growing numbers of AIDS patients have led to stagnation in agricultural food production.
3:2干ばつ、内戦、エイズ患者の増大によって、農業食物生産は沈滞することになった。

3:3 HIV/AIDS has [34] (1. robbed 2. attacked 3. downgraded) many developing countries of valuable labor, leading to poverty and hunger.
3:3 HIVあるいはエイズのために、多くの途上国は貴重な労働力を奪われ、貧困と飢餓が生じた。 3:4 In some developing countries, on the other hand, agricultural production has been expanded to an [35] (1. unreasonable 2. appropriate 3.accumulated) level to support population growth, leading to environmental problems.
3:4逆に、途上国の中には、農業生産が人口増加を支えるには過度なまでに増大して、環境問題を
生じた国もある。
[53] According to the article, some causes of the growing rate of hunger in certain countries include
1. economic policies that control the prices of goods.
2. drought, civil war, and an increasing number of AIDS patients.
3. lack of anti poverty measures along with unfair trade balances.
4. interventions by governments to stop new initiatives to provide food.

・解答 [53]―2
>[53]「この文章によれば一定の国で飢餓率が増加した原因には…が含まれる」 1.「物価を統制する経済政策」
2.「干ばつ、内戦、ますます増えるエイズ患者」
3.「不公正な貿易のバランスとともに、反貧困方策の欠如」
4.「食物を供給する新企画を抑止する政府による介入」

第3段第2文に「干ばつ内戦、エイズ患者の増大によって、農業食物生産は沈滞することになっ た」とある。農産物の生産が沈滞することは飢餓率の増加につながると考えられるので2が正解で ある。
■第4段落
4:1 Subsequently, in September of 2006, there was a meeting at the Food and Agriculture Organization in Rome to identify ways to achieve the U. N. goal of halving hunger by 2015. 4:1続いて2006年9月に、ローマの国連食糧農業機関で、2015年までに飢餓を半減させるという国連
の目標を達成するための方法を定める会議があった。
4:2 At the meeting, all of the participants were asked how the pace of reducing hunger could be accelerated, [36] (1. even though 2. Since 3. While) a 2005 review showed that progress was poor in most developing countries.
4:2会議では、2005年の調査によって、大半の途上国では進歩がごくわずかだとわかったため、参
加者全員にどうすれば飢餓を減少させる歩みを加速できるかという質問がなされた。
4:3 Almost all the participants felt that the greatest threats to food security in the future come, first, from climate change (potential adverse changes in temperature, rainfall, and sea level) l, and, second, from the loss of biodiversity.

た。
4:4 There was a great deal of consensus on this issue among the diverse groups of representatives, including a farmer from Senegal, leaders of Oxfam and other non-governmental organizations, agricultural scientists, and food security specialists.
4:4 この問題については、セネガルの農家、オックスファムその他のNGOの指導者、農業科学 者、食糧安全保障問題の専門家を含めさまざまな代表者集団のあいだに広範な合意があった。 4:5 The suggested ways to go forward [37] (1. ranged 2. Sprang. Diverged) from faithful implementation of the Kyoto Protocol to acting on the provisions of biodiversity, climate, and the prevention of the spread of deserts.
4:5提案された前進の方法は、京都議定書の誠実な履行から、生物多様性、気候、砂漠拡大の防止
という規定に基づく行動にまで及んだ。
[54] Which of the following were identified as the most dangerous threats to food security by those present at the 2006 meeting of the Food and Agriculture Organization?
1. Climate change and loss of biodiversity.
2. Continuing external and internal conflicts.
3. Lack of means to develop human resources.
4. The existence of barriers to free trade.

・解答 [54]―1
>[54]「次のうちどれが2006年の国連食糧農業機関会議によって食糧安全保障にとってもっとも危 険な脅威であると認められたのか」
1.「気候変動と生物多様性の喪失」
2.「継続する対外的、内部的紛争」
3.「人的資源を開発する方法の欠如」
4.「自由貿易に対する障害の存在」
2006年の国連食糧農業機関会議については第4段に記述されている。その第3文に「参加者はほぼ 全員、将来の食糧安全保障に対する最大の脅威は第一に気候の変化、第二に生物多様性の喪失に よって生じると思っていた」とあるので、正解は1に決まる。

■第5段落
5:1 The growing awareness of the impact of climate change and biodiversity on food security and hunger has produced some interesting approaches to the issue.

5:1気候変動と生物多様性の、食糧安全保障と飢餓に及ぼす衝撃が広く知られるようになると、そ の問題への興味深い取り組みが生じてきた。
5:2 M. S. Swami Nathan, the Chair for Eco technology in U.N.E.S.C.O., described what he considers to be a way to turn awareness into action.
5:2 ユネスコ環境技術の議長、M.S.スワミナサンは、意識しているだけの状態から行動に移すため
の方法だと彼が考えるものを説明した。
5:3 Speaking on Agriculture on Our Spaceship Earth” in 1973, he proposed a strategy called do ecology” to deal with problems in developing countries.
5:3 1973年に「宇宙船地球号の農業」について語りながら、彼は途上国の問題を処理するのに「す
る環境保護」と呼ばれる戦略を提案した。
5:4 The “do ecology” strategy revolves around activities which will 38] (1. generate 2. curtail 3. conceal) an awareness of the economic possibilities of conservation and will thus help to reduce poverty.
5:4 「する環境保護」戦略が展開する中心となるのは、保全が経済的でありうるという意識を生み だしそれによって貧困を減少させるのに役立つことになる活動である。

5:5 Two recent examples of “do ecology” below show its great potential.
5:5下記の「する環境保護」の2つの最近の事例は、それのもつ大きな可能性を示している。
[55] U.N.E.S.C.O. expert M.S. Swaminathan coined the term “Do ecology” to describe a set of activities that attempt to
1. improve productivity in the agricultural sector of developing countries.
2. improve our ability to predict and prevent natural disasters.
3. reconcile environmental conservation with practices that lead to economic advantage.
4. reduce unacceptable levels of emissions of pollutants and toxic wasters.

・解答 [55]―3
>[55]「ユネスコの専門家、M.S.スワミナサンは…のを試みる一連の活動を記述するために『する
環境保護」という言葉を作った」 1.「発展途上国の農業部門の生産性を改善する」
2.「自然災害を予測し、防止する能力を改善する」
3.「環境保全と経済的な利益につながる実践との折り合いをつける」
4.「汚染物質や有害な廃棄物の容認不可能な排出水準を下げる」 スワミナサン氏の唱えた「する環境保護」については、第5段第4文(The“do ecology” strategy…) に、「『する環境保護」戦略が展開する中心となるのは、保全が経済的でありうるという意識を 生み出し、それによって貧困を減少させるのに役立つことになる活動である」と記述されてい る。「保全が経済的である」というのは、具体的には「環境保全する方が経済的に有利である」 という意味なので、3が正解である。reconcile A with B「AとBを調和させる、AとBの折り合いを つける」

■第6段落
6:1 First, the tsunami of December 2004 resulted in a severe loss of life and property along coastal Tamil Nadu in southern India, which is where Mr. Swami Nathan lives.
6:1第一に、2004年12月の津波が南インドの沿岸部タミルナードゥ州で人と財産に甚大な損害をも
たらした。実はそこに、スワミナサン氏は住んでいるのである。
6:2 For 15 years [39] (1. previously 2. Since then 3. Now, many residents of that district have been trying to persuade coastal communities not to destroy the mangrove forests along the coast.
6:2 これまで15年間、その地域の多くの住民は海岸沿いのマングローブ林を破壊しないように沿岸 のコミュニティを説得してきた。
6:3 But the coastal people’s preoccupations with their livelihood did not allow them to heed that request.
6:3 しかし、沿岸住民は生計を立てるのに没頭していたので、そうした要請に耳を貸す余裕はな かった。
6:4 The tsunami miraculously changed their outlook.

6:4津波は彼らの考え方を驚くほど変えてしまった。
6:5 Villages adjoining thick mangrove forests were saved from the fury of the tsunami because of the wave breaking [40] (1. impact 2. role 3. force) played by the mangroves.
6:5深いマングローブ林に隣接する村落は、樹林が波の威力をそぐ役割を果たしたため、津波の猛
威から救われたのだった。

6:6 But in nearby villages, where mangroves had been destroyed either for fuel wood or to create fishponds, several hundred fishermen died.
6:6 しかし、近隣の村落では燃料を得るためであれ養魚池を作るためであれ、マングローブ林が破
壊されていたので数百人の漁師が亡くなった。
6:7 This area is near the temple town of Chidambaram, [41] (1which. 2. Where 3. When) centuries ago the temple builders had chosen a mangrove species as the temple tree.
6:7 この地域は門前町チダンバラム近隣であり、その地では何世紀も前に寺院建造者がマングロー
ブの木を寺院の木に選んだのだった。

6:8 Following the tsunami there was a sudden awareness of the reason for this choice, and local people now refer to mangrove trees as “life savers.” 6:8津波の後、この選択の理由が急に知られるようになり、地元の人々は今ではマングローブの木
を「命の恩人」と呼んでいる。
6:9 What the residents could not achieve in 15 years by arguing that mangroves would serve as a natural, biological shield in the event of a flood was thus achieved in a day.
6:9住民たちが、洪水のときにマングローブは自然の、生物による防御柵として役立つのだと論じ
ながら15年かかっても成し遂げられなかったことが、こうして1日で成し遂げられたのである。
[56] According to Swaminathan, the main activities of “Don’t ecology” should be
1. reducing consumption and pollution by industrialized countries.
2. reducing the use of harmful agricultural pesticides and fertilizers.
3. increasing the use of natural products and ingredients in developing countries.
4. enhancing awareness of the benefits of natural, organic products in industrialized countries.

・解答 [56]―1
>[56]「スワミナサンによれば、『しない環境保護』の主要活動は、…であるはずだ」 1.「工業国による消費と汚染を削減すること」
2.「有害な農薬や肥料の使用を削減すること」
3.「途上国の天然の産物や材料の使用を増やすこと」
4.「工業国の天然、有機産物の利点に対する認知を高めること」
「しない環境保護」については、最終段第4文に「この戦略は、炭素放出や、天然資源の維持不可 能な消費といった分野での制限や規制に関わる」とあるので「先進国の消費削減」を眼目とする ことがわかる。そのような意味にもっとも近い選択肢は、1であると判断できる。

[57] Farmers in southern India who were impacted by the tsunami of 2004 realized that mangroves
1. would have disappeared entirely, had they not built a seawall to protect them.
2. could not survive unless humans used more environmentally sound techniques.
3. had been objects of religious veneration as well as sources of food for their ancestors.
4. had traditionally been appreciated for a very practical reason.

・解答 [57]―4
>[57]「2004年の津波によって衝撃を被った南インドの農民は、マングローブは…と気づいた」 1.「それらを保護するために防波堤を築かなければ、完全に消滅してしまっただろう」
2.「人間がもっと環境に優しい技術を使わない限り、生き延びられないだろう」3.「彼らの祖先に とって食物源であるばかりでなく、宗教的な尊崇の対象でもあった」 4.「昔からきわめて実用的な理由で大切にされてきた」
第6段第7文(This area is near…)などの記述からこの地域では昔からマングローブの木が大切に思われ
ていたことがわかる。また、第5文(Villages adjoining thick…)に「樹林が波の威力をそぐ役割を果た
したため、津波の猛威から救われた」とあることから、マングローブ林が「防波堤」の役目を果 たすという「実用」性を読み取れる。よって、正解は4に決まる。

■第7段落
7:1 The same tsunami [42] (1. dictated to 2. concealed from 3. demonstrated to) farmers living near the shoreline the importance of conserving local varieties of rice.
7:1同じ津波によって、沿岸部付近に暮らす農民たちは、米の地域品種を保存することの大切さを
教えられた。
7:2 Several thousand hectares of rice fields along the coast became flooded with sea water.
7:2沿岸部にある数千ヘクタールの米畑が海水に浸かったのであった。
7:3 Most varieties of rice [43] (1. survived 2. perished 3. mutated), but a few salt resistant ones withstood the flood.
7:3 ほとんどの米の品種は枯れてしまったが、洪水を堪え忍んだ耐塩性の品種もいくつかあった。
7:4 This disaster, however, greatly helped to promote the conservation of local biodiversity, and now every farmer wishes to maintain a “seed bank” for the preservation of seeds belonging to diverse varieties.
7:4 しかし、この大災害は地域の生物多様性保全の推進に大いに役立ち、そして今では、農民は誰
もが多様な品種に属する種子を保存するため、「種子銀行」を支援したいと願っている。

7:5 The disaster became an opportunity to prepare both fishing and farming communities to meet the [44] (1. challenges 2. demands 3. diseases) that are directly linked to a rise in sea level.
7:5災害は、漁民と農民の集団両方に、海面上昇とじかに結びついた難題に立ち向かう用意を整え
る機会となった。
7:6 The biodiversity conservation movements in this area have now become community driven.
7:6 この地域の生物多様性保全運動は今やコミュニテイ主導となった。
[58] As a result of the tsunami, many farmers in India now want to
1. conserve the remaining rice stocks to produce a surplus for the next disaster.
2. maintain a degree of diversity in their stocks of rice and rice seeds.
3. gradually expose the rice to seawater to increase its resistance to salt.

4. mix the old rice with new breeds that are brought in from outside.
・解答 [58]―2
>[58]「津波の結果、インドの多くの農民が今や…のを望む」 1.「次の災害に備え余剰分を作るため、残りの貯蔵米を保存する」
2.「米と米の種子の貯蔵分に一定の多様性を維持する」
3.「塩に対する耐性を増加するため、米を海水に徐々に浸す」
4.「昔からの米を外部から買い入れられる新品種と混ぜる」
津波がインドの農民に及ぼした影響については、第7段に記述されている。その第4文(This disaster,
however,…)前半に「この大災害は地域の生物多様性保全の推進に大いに役立ち」とあり、さらに後 半に「今では、農民は誰もが多様な品種に属する種子を保存するため、「種子銀行」を保持した いと願っている」とある。よって、「米の多様性保持」が、農民の願望であるとわかる。その主旨 にもっとも近いのは、2である。

■第10段落
10:1 Indeed, the practice of “do ecology” can be [47] (1. triggered 2. followed 3. symbolized) by an ecological disaster.
10:1実は、「する環境保護」の実践は、生態系上の災害がきっかけとなることもある。
10:2 Preaching does not help.
10:2 お説教は役に立たない。

10:3 We see this being demonstrated in areas of the Punjab too.
10:3私たちはこれがパンジャブ地域でも証明されているのを目にしている。

10:4 Thirty years ago, when it was pointed out to Punjab farmers that their livelihoods would be threatened by the [48] (1. modest 2. specified 3. excessive) use of chemical fertilizers and the overexploitation of ground water, they listened politely, but did not change course.
10:4 30年前、パンジャブの農民に対し、生活が化学肥料の過剰使用と、地下水の濫用によって脅
かされることになるだろうと指摘されたとき、彼らは行儀よく聞いていたが、進路を変えなかっ た。
10:5 Now, in a despairing mood, they are ready to change.
10:5今、絶望しながらも、彼らは変わろうとしている。
10:6 The adverse economics of unsustainable farming has led to indebtedness and occasional suicides.
10:6維持不可能な農業の不経済によって、借金を背負い、ときには自殺をも生むことになったのだ
から。

10:7 The timing has become [49] (1. inappropriate 2. tricky. opportune) for farmers to take to conservation farming.
10:7農民が保全農法へ移るにはおあつらえ向きの時期が来たのである。
[59] In the 10th paragraph, what is the example of the Punjab farmers mainly being used to illustrate ?
1. It is important to alert local people to the future consequences of their ecological choices.
2. Sometimes an ecological problem can motivate people to change their attitudes toward agricultural practices.
3. Chemical fertilizers and overexploitation of groundwater can lead to indebtedness.
4. Changing from unsustainable practices to conservation can take decades for some villages.

・解答 [59]―2
>[59]「第10段でパンジャブ地方の農民の事例は主に何を例示するために使われているのか」 1.「環境を保護する選択が将来的にどのような結果を生むのかに対して地元民の注意を喚起する のは重要である」 2.「ときには環境問題が人々の農業実践に対する態度を変える動機になりうる」3.「化学肥料と地 下水の過剰利用によって、負債が生じることがある」 4.「維持不可能な実践から保全に変わるには、いくつかの村落では数十年かかることもありう る」
第10段第2文に「私たちはこれがパンジャブ地域でも証明されているのを目にしている」とあり、
this「これ」の内容が何なのかを考えると、直前の第1文「『する環境保護』の実践は、生態系上 の災害がきっかけとなることもある」だとわかる。つまり、環境面での大被害のせいで人々が環 境保護に向かい始めることがあるということを例示するために、パンジャブ地域は言及されてい るのだから、正解は2である。

[60] Which of the following is closest to the idea of “adverse” economics mentioned in the article?
1. People will insist on their traditional ways of doing things even when those ways are unprofitable.
2. Misuse of the natural environment will eventually have negative consequences for the local economy.
3. Countries that do not safeguard their natural resources will be burdened with a “don’t ecology.”
4. Countries that do not have organic agriculture will not be able to participate in the green revolution.”

・解答 [60]―2
>[60]「次のうちどれが、この文章で言及される『不』経済の発想にもっとも近いか」 1.「人々はものごとの伝統的なやり方が不利益であってさえ、それに固執する」
2.「自然環境の濫用は、最終的に地域経済によくない結果を生じるだろう」
3.「天然資源を保護しない国は、『しない環境保護』という重荷を背負うことになるだろう」
4.「有機農法をもたない国々は、『緑の革命」に参加できなくなるだろう』

adverse economics「不経済」については、第10段最後から2番目の文(The adverse economics of…)に記述され、「不経済」とは「維持不可能な農法」によってもたらされることがわかる。つ まり、資源などを維持できないほどに濫用すると、将来的には経済的な不利益につながってしま うということである。それにもっとも近い内容をもつ選択肢は、2である。adverse「反対するよ うな、不利な」

■第2段落
2:1 The volunteers’ sacrifices were symbolic of an underappreciated force in modern Asia:
2:1 ボランテイア達の献身的行為は、現代のアジアにおいて過小評価されているひとつの力を象徴
するものだった。
2:2 that of groups formed to address social and economic issues.
2:2 それは、社会や経済の問題に取り組むために作られた集団の力である。

2:3 Time and again, the region’s youth are portrayed as money grubbing “me-firsters”― that is, the 21st century’s version of Americas post World War II “baby boomers.”
2:3 しばしば、その地域の若者は金もうけ主義の「自分優先主義者」だと表現される―つまり、第
二次大戦後のアメリカにおける「ベビーブーム世代」の21世紀版である。
2:4 In Japan, leaders criticize “parasite singles,” people over age 25 who live at home with their parents in [32] (1. suspended 2. accelerated 3. hostile) adolescence; 2:4日本では、指導者達が「パラサイト・シングル(居候の独身者)」、つまり延期された青年期
を親と一緒に自宅で過ごす25歳を超える人々のことを批判している。
2:5 in Singapore, they fret about the younger generation’s tendency to avoid the costs and cares of childrearing.
2:5 シンガポールでは、子育ての費用や世話を避けようとする若い世代の傾向が心配されている。 2:6 Everywhere the premise that an Asian “me generation” has [33] (1. succeeded 2. receded 3. emerged) is seldom if ever challenged.
2:6 いたる所で、アジアの「ミー・ジエネレーション(自己中心世代)」が出現したという前提に
異議が唱えられることは、あるとしてもめったにない。

2:7 After all, study after study has plotted the rise of millions of new consumers across the region, noting that global economic growth is increasingly driven by the buying power of [34](1. afflicted 2. affiliated 3. affluent) households in places like Shanghai, Jakarta and Mumbai.
2:7 とは言っても、調査によれば、アジア地域一帯で何百万という新しい消費者が出現しているこ とが次々と示され、上海、ジャカルタ、ムンバイのような都市に住む裕福な家庭の購買力によっ て世界規模の経済成長がいっそう押し進められていると言われている。
2:8 One would think that all they want to do – and all the world wants them to do – is spend, spend, spend.
2:8彼らのしたいことは―そして全世界が彼らにしてほしいことは―ひたすらお金を使うことであ
るように思えてしまう。
[52] The “me-first” image of globalized youth in modern Asia is
1. fitting.
2. lacking depth or scope.
3. false.
4. often challenged.

・解答 [52]―2
>[52]「現代アジアの国際化した若者の『自分優先主義』 的な印象は…」に続くものを選ぶ。 正解の2は「(考察の)深みや視野を欠いている」という意味。
第2段第2文(Time and again---“me-firsters”)で、「しばしばその(アジアの)地域の若者は金
もうけ主義の『自分優先主義者』だと表現される」と述べ、その具体例を挙げたあと、次の段落

の冒頭文(Such observations…)で「そのような考察は、誤りというよりむしろ一面的すぎる」と 述べており、2と内容が近い。
3の「真実ではない(false)」という言い方は断定的すぎる。また、本文にも「誤りというより も…」とある。 4は「しばしば異議を唱えられる」という意味だが、第2段の問題[33]の文中に「異議を唱えら れることはあるとしてもめったにない(is seldom if ever challenged)」とあることから誤り。if everは「たとえあるにしても」を意味する挿入句。
■第3段落
3:1 Such observations aren’t so much wrong as one dimensional.
3:1 そのような考察は、誤りというよりむしろ一面的すぎる。
3:2 History shows that industrializing societies evolve – often radically – with each successive generation.
3:2工業化しつつある社会というものは―しばしば大幅に―連続する世代ごとに発展するものであ
る。
3:3 So in light of Asia’s [35](1. breakneck 2. uncharted 3. sluggish) modernization, it is little wonder that values are changing fast.
3:3 したがって、アジアの異常な速さで進む現代化を考えれば、価値観が急速に変わりつつあるこ
とはほとんど驚きに値しない。
3:4 But alongside the spread of capitalism and conspicuous consumption, the region is also experiencing a profusion of new nongovernmental organizations (NGOs), a religious resurgence and rising nationalism.
3:4 しかし資本主義や著しい消費の広がりと並んで、アジア地域には、多くの新しい非政府組織
(NGO)、宗教の復活、ナショナリズムの高まりも見られつつある。

3:5 There are an estimated 2 million NGOs in India, and China now has 2,000 [36](1. unwelcome
2. banned 3. registered) “green” groups – up from zero in the early 1990s.
3:5 インドでは推定で200万のNGOがあるとされ、また中国には、登録された「緑」の団体が―
1990年代ft初はゼロだったが―現在は2000もある。
3:6 In Indonesia, students from the top three universities in the country were surveyed on their career plans in 2004.
3:6 インドネシアでは2004年、国のトップの三大学の学生を対象に、キャリアプランについての
調査が行われた。
3:7 An astonishing 73 percent said they would prefer to work for an NGO rather than for the government, and about the same number said civic organizations could do more than the government to improve the country.
3:7驚くべきことに、73パーセントの者が政府で働くよりもNGOで働きたいと答え、またほぼ同数
の者が、政府よりも市民団体の方が国を発展させるためにできる仕事が多いと答えている。
3:8 In these Asian countries and others, the operative pronoun is “we” – the power of groups to enhance the [37] (1. common 2. political 3. commercial) good.
3:8 これらの国や他のアジア諸国では、重要な代名詞は「私達」であり、それは共通の利益を高め るための集団の力なのである。
[53] According to the article, the proliferation of NGOs in Asia is associated with
1. a resurgence of socialism.
2. capitalism and conspicuous consumption.
3. a spirit of altruism.
4. egocentric behavior.

・解答 [53]―3
>[53]「本文によると、アジアにおけるNGOの激増は…と関係がある」に続くものを選ぶ。正 解の3の意味は「利他主義の精神」。「利他主義(altruism)」とは「利己主義(egoism)」の反意語 である。第3段第4文(But alongside the…)から後に、アジア地域のNGOの増加の現状や、NGOに 対する学生の支持についての記述があり、さらに段落の最終文(In these Asian…)に「これらの

国や他のアジア諸国では重要な代名詞は『私達』であり、それは共通の利益を高めるための集団 の力なのである」と書かれていることから、「利他主義」という説明がftてはまる。 なお1は「社会主義の再起」、2は「資本主義と著しい消費」4は「自己中心的な行動」の意味。

■第11段落
11:1 But at least the passion shows that Asians have more on their minds than just making money. 11:1 しかしアジア人が単なる金もうけ以上のことを頭に描いていることは、少なくともその熱意 が示している。
11:2 Take the Muslim Student Association at the University of the Philippines in Manila, an elite training ground for future business and political leaders.
11:2未来の実業界・政治界の指導者を作り出すエリート養成場である、マニラのフィリピン大学に
あるイスラム学生連盟を例にとってみよう。
11:3 Its members, many of them from impoverished Mindanao province, are [49](1. promoted 2. 2verse 3. eager) to serve their home communities.
11:3 そのメンバー達は、多くが貧しいミンダナオ州の出身だが、郷里の共同体のために奉仕する ことに熱心である。
11:4 Association President Abdel Jamal Disangcopan, 22, is the son of two doctors.
11:4連盟の会長であるアブデル=ジャマル=デイサンコパン氏(22歳)の両親は医者である。
11:5 He attends law school but doesn’t dream of becoming a highly paid corporate lawyer.
11:5彼は法学部の学生だが、給料の高い企業顧問弁護士になることは夢見ていない。
11:6 “Money is just a plus. Fulfillment is first,” he says.
11:6 「お金は単なるおまけ。達成感が第一です。
11:7 “I don’t want to be stuck in a life where… I’m not helping anybody.”
11:7自分が誰の役にも立っていない…そんな人生にはまり込んでしまいたくないんです」と彼は言
う。
11:8 He aims to return to Mindanao and become a much needed public attorney for low-income residents.
11:8彼はミンダナオへ戻り、低所得の住民のための本当に必要とされる公的な弁護士になることを
志している。

11:9 Another student in the Muslim Student Association says she wants to return to Mindanao to practice medicine after she earns her degrees, and a third [50](1. plan 2. plans 3. planning) to return to become a teacher.
11:9別のイスラム学生連盟の学生は、学位を取った後ミンダナオへ戻って医者を開業したいと考え
ており、さらに別の学生は帰郷して教師になることを計画している。
11:10 All are likely to make good on their pledges making small but invaluable contributions to the societies in which they live.
11:10彼らは皆おそらくその誓約を果たすであろう―そして自分達の住む社会へ、小さいが貴重な
貢献をすることだろう。
[59] Which of the following is closest in meaning to the passage beginning with “Money is just a plus” in the final paragraph?
1. There is nothing intrinsically wrong with making money.
2. Money alone cannot solve social and economic problems.
3. Earning a great deal of money is not the main goal of life.
4. Money does not have a negative image among the younger generation.

・解答 [59]―3

>[59]問の文は「最終段の『お金は単なるおまけ』で始まる文章に、意味の上で最も近いのは次 のうちどれか」という意味。最終段の該ft部分には、続けて「達成感が第一です(Fulfillment is first)」という言葉があり、また前の文には、その若者が「給料の高い企業顧問弁護士になること は夢見ていない(doesn’t dream of becoming a highly paid corporate lawyer)」とある。このこと から3が最も近いと言える。
1.「お金もうけに関しては本質的に間違っていることはない」
2.「お金だけでは社会的問題や経済的問題を解決することはできない」
3.「多額の金を稼ぐことが人生の主な目的ではない」
4.「若い世代の間でお金は否定的なイメージはない」

■第4段落
4:1 The use of the hypothesis in scientific investigation is similar to playing a game of chance.
4:1科学的な探究における仮説使用は、運まかせのゲームをするのに似ている。
4:2 The rules of the game are [8] ( 1. held forth 2.Set up 3. taken over, and bets are made, in advance.
4:2 ゲームにはルールが定められており、都けをするのは事前である。
4:3 One cannot change the rules after an outcome,[9] ( 1. seldom 2. Never 3. Nor) can one change ones bet after making it.
4:3結果が出たあとにルールを変えることはできないし、あとから賭けを変えることもできない。

4:4 That would not be fair.
4:4 そんなことをすればフェアではないであろう。
4:5 One cannot throw the dice first and then bet.
4:5最初にサイコロを振って、それから賭けることはできないのである。
4:6 Similarly, if one gathers data first, then [10] (1. selects 2. throws 3. spares) only a few data and comes to a conclusion on the basis of those few data, one has violated the rules of the scientific game.
同じように、最初にデータを集めて、それからわずかばかりのデータを選び出し、そのいくつかの
データに基づいて結論に達するなら、その人は科学というゲームのルールに違反したことになる。
4:7 The game would not be fair because the investigator could easily [11] (1. capitalize on 2. take over 3. give in), say, two significant relations out of five tested.
4:7 そんなゲームがフェアではないのは調査者が検証した5つの関係のうちたとえば2つの重大な関
係を利用するということが、簡単にできるからである。
4:8 What happens to the other three?
4:8残りの3つはどうなるのか。
4:9 They might be forgotten.
4:9忘れられてしまうのかもしれない。
4:10 But in a fair game every throw of the dice is counted, in the [12] (1. game 2. hypothesis 3. sense) that one either wins or does not win on the basis of the outcome of each throw.
4:10 しかし、フェアなゲームでは、サイコロを振るそれぞれの結果によって、ある人が勝ったり
勝たなかったりするという意味で、サイコロの一振り一振りが考慮に入れられているのである。
4:11 The main point is that the purpose of hypotheses is to direct inquiry.
4:11 肝心なのは、仮説の目的は研究の方向づけだということである。
4:12 As Darwin pointed out long ago, all observations have to be for or against some view, if they are to be of any U1Se.

4:12 はるか以前にダーウィンが指摘したとおり、あらゆる観察は、それが有益であろうものなら ば何らかの見解に賛成するか反対するかせねばならないのである。
[21] In the article, the main point of comparing the use of a hypothesis to a game is to show that both of them
1. involve the risk of being wrong.
2. follow the rules of the game.
3. deal with random phenomena.
4. involve a zero sum game.

解答 [21]ー2
>[21]「この文章で、仮説の使用をゲームになぞらえる主要な意味は、それらがどちらも〜ことを
示すことにある」 1.「誤りの可能性を秘めている」
2.「ゲームのルールに従う」
3.「乱雑な現象を扱う」
4.「ゼロサム・ゲームに関わる」この文章全体の主旨に関わる設問である。
科学における仮説の使用をこの文章ではゲームになぞらえているが、その真意は、第4段第2・3文 にあるように、ルールに従い、事前になされ、後から変更することはできないということであっ た。よって、正解は2に決まる。ちなみに、ゼロサム・ゲームとは、参加者の得点と失点を合計す れば常に0になるようなゲームのこと。

■第2段落
2:1 Secondly, the scientist systematically and empirically tests her hypotheses.
2:1 第二に、科学者は体系的、経験的に自分の仮説を検証する。
2:2 The man in the street certainly tests his “hypotheses,” too, but he tests them in what might be [4] (1. defined 2. assumed 3. called) a selective fashion.
2:2一般人もまた、確かに自分の「仮説」を検証しはするのだが、しかし検証の方法はいわばえり
好みである。

2:3 He often “selects” evidence simply because it is consistent with his hypothesis.
2:3 そういう人は自分の仮説と整合的だからというだけの理由で、証拠を「選択する」ことが多 い。
2:4 Take the stereotype: Fast food is bad for you.
2:4 ファーストフードは体に悪い、という固定観念で考えてみよう。
2:5 If some people believe this, they can easily “verify” their belief by noting that many kinds of fast food are unhealthy.
2:5 もしもある人々がこれを信じている場合、彼らは多くの種類のファーストフードが健康によく ないことに言及することで、容易に自分の信念を「証明」することができる。
2:6 [5] (1. Exceptions 2. Rules 3. Objectives) to the stereotype, such as healthy or low-fat fast foods, are not taken into account.
2:6 固定観念に対する例外、たとえば健康的な、脂肪分の少ないファーストフードが考慮されるこ
とはない。
2:7 The true social scientist, knowing this “selection tendency” to be a common psychological phenomenon, carefully guards her research against her own preconceptions and predilections, and avoids selecting only the kinds of data that support her hypotheses.
2:7真の社会科学者は、この「選択傾向」が一般的な心理現象であることを知っているので、自身
の先入観や偏愛から自分の研究を注意深く守り、自分の仮説を支持するようなデータだけを選択 することがないようにするのである。
2:8 Most importantly, she is not content with an armchair exploration of a relation;
2:8 もっとも大切なのは、ある関係を机上で研究することに科学者は満足しないということであ る。

2:9 she feels it [6] ( 1. uncomfortable 2. obligatory 3. stressful) to test her hypothesis against empirical reality.
2:9 科学者は自分の仮説を経験的な現実に照らして検証しなければならないと思う。
2:10 She thus emphasizes the importance of systematic, controlled, and empirical testing of her hypotheses.
2:10それゆえに、自分の仮説の体系的で、制御され、しかも経験的な検証の重要性を強調するの
である。
[22] The “selection tendency” is mentioned in the 2nd paragraph to explain the fact that
1. Scientists select the data that support their hypothesis based on their predictions.
2. scientists select the best data because the data collected include a variety of uncontrolled factors.
3. people are affected by their pre existing knowledge when interpreting things around them.
4. lay persons as well as scientists intentionally select certain data because they fit their intuitions.

解答 [22]ー3
>[22]「第2段で「選択傾向」が言及されているのは、〜という事実を説明するためである」 1.「科学者は自分の予測に基づく仮説を支持するデータだけを選び出す」
2.「科学者は集めたデータにはさまざまな制御できない要因が含まれるから、最善のデータを選 び出す」 3.「周囲のものごとを解釈するとき、自分がすでにもっている知識によって影響される」
4.「科学者同様素人も、自分の直感に合うという理由である種のデータを意図的に選び出す」
第2段で言及される「選択傾向」は、同段第2文(The man in the street…)以降に示される、証拠をそ
れが自分の仮説に合うというだけの理由で選択する傾向のことである。そのような内容になって いるのは3である。4は「科学者同様素人も」の部分が誤りで、科学者は同段第1文にあるように
「体系的、経験的に自分の仮説を検証する」のであって、えり好みはしない。

■第6段落
6:1 Hypotheses are important in scientific investigation in that they can be tested and shown to be probably true or probably false.
6:1仮説が科学的な探究において重要なのは、それらが検証されることができ、おそらく真である
かおそらく偽であるかを示すことができるからである。
6:2 Isolated facts are not tested;
6:2 バラバラの事実は検証されない。
6:3 only relations are tested.
6:3検証されるのは関係だけである。
6:4 The fact that hypotheses are relational propositions is the main [17] (1. way 2. reason 3. argument) they are used in scientific inquiry.
6:4仮説は関係に関わる命題だという事実が、それらが科学研究で使われる主な理由である。

6:5 They are, in essence, predictions of the form, “If A, then B” which we set up to test the relation between A and B.
6:5 それらは、本質的に、「AならばB」という形式の予測であって、AとBのあいだの関係を検証
するために設定されるものである。
6:6 We [18] (1. let 2. make 3. see) the facts have a chance to establish the probable truth or falsity of the hypothesis.
6:6私たちは、その仮説がおそらくは真なのかそれとも偽なのかを確定する機会を、事実が提供す
るのにまかせる。
6:7 A hypothesis is a prediction.
6:7仮説は予測である。
6:8 It says that if x occurs, y will also occur.
6:8仮説が語るのはxが起きれば、yもまた起きるだろうということである。

6:9 That is, y is predicted from x.
6:9 すなわち、yはxから予測されるのである。
6:10 If, then, x is made to occur, and it is observed that y also occurs, then the hypothesis is confirmed.
6:10 だから、もしもxを起こしてみて、yもまた起きることが観察されれば、仮説は確証されるの である。
6:11 This is more powerful evidence than simply observing, [19] (1. with reservations 2. within the limit 3. without prediction), the covering of x and y.
6:11 このことは単に、予測なしにxとyとが共に変化することを観察する場合よりも強力な証拠で ある。
6:12 The scientist makes a bet that x leads to y.
6:12科学者はxがyを生じるのだという賭けをする。
6:13 If, in an experiment, x does lead to y, then she wins the bet.
6:13 もし、実験において本ftにxがyを生じるなら、賭けは科学者の勝ちである。
6:14 She cannot just enter the game at any point and pick a perhaps accidental common occurrence of x and y.
6:14科学者はいつでもゲームに加わることができるというわけではないし、ことによると偶然xとy
が共に生じたような場合を取り上げるわけにもいかない。
6:15 Games are not played this way.
6:15 ゲームはそんな仕方では行われないのである。
6:16 She must play according to the rules, and the rules in science are made to minimize error.
6:16科学者はルールに従ってゲームをせねばならないのであり、科学のルールは誤りを最小限にす
るようできているのである。
[23] What is meant by the statement “The scientist makes a bet that x leads to y” in the 6th paragraph?
1. The scientist sometimes enjoys playing a game of chance.
2. The scientist cannot always determine which is the cause and which is the effect.
3. The scientist makes a prediction in the form of the hypothesis “if X, then y.”
4. The scientist makes a guess about the values of x and y.

解答 [23]ー3
>[23]「第6段にある『科学者は、xがyを生じるのだという賭けをする』という文言はどういう意味 か」
1.「科学者は、偶然に左右される賭けをして楽しむことがある」
2.「科学者はどちらが原因でどちらが結果かをいつでも決められるわけではない」
3.「科学者は『もしもxならば、yである』という仮説の形で予測をする」
4.「科学者はxとyの値をftて推量する」
「科学者はxがyを生じるのだという賭けをする」というたとえの理解が問われている。「xがyを 生じる賭け」とは、第6段第4文(They are, in essence,…)に「それら(=仮説)は、本質的に、『Aな らば、B』という形式の予測である」と示されているとおり、科学者が「xならばyである」という 仮説を立てることである。よって、正解は3に決まる。

■第3段落
3:1 There is little doubt that hypotheses are important and indispensable tools for scientific research.
3:1 ほぼ疑いなく、仮説は科学的研究にとって重要かつ不可欠な道具である。
3:2 Indeed you can call hypotheses the[7] ( 1. working 2. Newly-devised 3. Easy-to access) instruments of theory.
3:2実は、仮説を理論の作業用機材と呼ぶこともできる。
3:3 Hypotheses can be deduced from theory.

3:3仮説は理論から導き出すことができる。
3:4 If, for instance, we are working on a theory of aggression, we are presumably looking for causes and effects of aggressive behavior.
3:4 たとえばもしも攻撃性に関する理論を研究しているとすると、探し求めているのはたぶん、攻
撃的な行動の原因と結果であろう。

3:5 We might have observed cases of aggressive behavior occurring after frustrating circumstances.
3:5攻撃的な行動がフラストレーションを感じさせるような事態の後で生じる事例を観察したとし
よう。
3:6 The theory, then, might include the following proposition: Frustration produces aggression.
3:6 そうすると、理論には次のような命題が含まれることだろう。フラストレーションは攻撃を生
じる、と。
3:7 From this proposition, we may deduce more specific hypotheses, such as the following:
3:7 この命題から、より特定の仮説が導き出せる。たとえば以下のごとくである。
3:8 Preventing children from reaching goals they find desirable (thus causing frustration) will result in their fighting with each other (i.e., aggression); 3:8子どもたちが自分の望ましいと思っている目的に達するのを阻む(それゆえフラストレーション
を引き起こす)と、お互いに喧嘩し合うという事態(すなわち攻撃)を生む結果になるであろう、 と。
3:9 If children are deprived of parental love (causing frustration), they will react, in part, with aggressive behavior.
3:9 もしも子どもたちが親の愛を奪われる(そしてフラストレーションを生じる)ならば、彼らには ある程度攻撃的な行動を伴う反応が生じる、と。
[25] In the 3rd paragraph, the relationship between frustration and aggression is used as an example to show that
1. a theory provides a framework for making hypotheses.
2. a hypothesis guides how a theory is constructed.
3. a proposition is different from a hypothesis.
4. a hypothesis is a statement about the results of a phenomenon.

解答 [25]ー1
>[25]「第3段で、フラストレーションと攻撃性とのあいだの関係は、ことを示すために実例として 使われている」
1.「理論は仮説を立てるための枠組みを与える」
2.「仮説は、理論がどのように構築されるかの手引きになる」
3.「命題は仮説とは異なる」
4.「仮説は現象の結果に関する言明である」
第3段第4文(If for instance,…)以降にあげられる「フラストレーションと攻撃性の関係」に関する具 体例により、「フラストレーションは攻撃を生じる」という理論から「子どもたちが自分の望ま しいと思っている目的に達するのを阻まれると、お互いにけんかし合う事態が生じる」という仮 説ができることがわかる。そうした「理論が仮説を生む」という内容を端的に表現しているのは、 1である。なお、4は「現象の結果」ではなく「現象の関係」となっていなければならない。

■第5段落
5:1 Hypotheses are derived from theory.
5:1仮説は理論に由来する。
5:2 A good theory produces good hypotheses.
5:2 よい理論はよい仮説を生み出す。
5:3 And yet, it is also hypotheses that make theories better and sounder.
5:3しかし、理論を改善し健全化するのもまた、仮説なのである。

5:4 There are two aspects to handling hypotheses: hypothesis making and hypothesis testing.
5:4仮説の扱いには2つの面がある。仮説の形成と仮説の検証である。
5:5 [13] (1. Distinguishing 2. Discounting 3. Defending) these aspects are the key to seeing how hypotheses can contribute to theory.
5:5 これらの面を区別することが仮説が理論にどのように寄与できるかを知るカギを握っている。
5:6 For example, Freud had a theory of anxiety that included the concept of “repression.”
5:6 たとえばフロイトは「抑圧」という概念を含む不安の理論をもっていた。

5:7 [14] (1. By 2. On 3. To) repression, Freud meant the forcing of unacceptable ideas into the unconscious.
5:7 フロイトのいう抑圧とは、容認できない考えを無意識へと押し込めることを意味していた。
5:8 Testing Freud’s theory is thus a difficult matter, because the concepts of “repression” and the “unconscious” need to be defined in a measurable, empirical way.
5:8 だから、フロイト理論を検証することは困難なことだった。なぜなら、「抑圧」と「無意識」
という概念を、測定可能な経験的な仕方で定義する必要があるからである。

5:9 This is [15] (1. part 2. Soil. Most) of making a hypothesis and testing it empirically.
5:9 これが仮説を立て、それを経験的に検証するということの重要部分である。
5:10 If the concepts used in a hypothesis are operationally defined, that is, empirically testable, then a scientist can test the theory itself, and the theory can be improved upon.
5:10 もしも仮説中で使われている概念が操作的に定義されているなら、すなわち、経験的に検証
可能なら、科学者は理論そのものを検証することができ、そして理論をよりよいものにしていく ことができる。

5:11 [16] (1. Relative to 2. Depending Oil 3. Owing to) the hypothesis-testing activity tests not only the hypothesis in question but also the validity of the theory under consideration.
5:11仮説検証作業の結果次第で、仮説を支持するか拒絶するかを決めることができるのである。仮
説検証作業は、当該の仮説だけでなく、検討中の理論の妥当性をも検証するのである。
[26] In the article, which of the following statements is true of the description of the Freudian theory of anxiety?
1. The concepts included in the theory are well-defined and interconnected.
2. Having a theory does not always result in well-defined concepts and testable hypotheses.
3. The concept of repression can be described independently of the notion of the unconscious.
4. The concept of anxiety has been made explicit with the use of the concept of repression.

解答 [26]ー2
>[26]「この文章で、次の記述のどれが不安に関するフロイト理論の説明にftてはまるか」 1.「その理論に含まれる概念は、よく定義され、内的関連性がある」
2.「理論をもつことは、必ずしもよく定義された概念と検証可能な仮説を生み出すことにはなら ない」
3.「抑圧の概念は無意識の概念と独立に記述することができる」
4.「不安の概念は、抑圧の概念を使用することによって、明確になった」
第5段第6文(Forexample、Freudhad…)に「たとえば、フロイトは『抑圧』という概念を含む不安の 理論をもっていた」とあり、第8文に「フロイト理論を検証することは困難なことだった。なぜな ら『抑圧』と『無意識』という概念を、測定可能な経験的な仕方で定義する必要があるからだ」 とあることから、フロイト理論が「検証不可能な仮説」を生む理論であると考えられていること がわかる。
よって正解は、2である。

[27] According to the 5th paragraph, hypothesis-making and hypothesis-testing are bridged by means of
1. the operational definition of concepts.
2. the refinement of theory.
3. the explanatory power of concepts.
4. the validity of the theory.

解答 [27]ー1
>[27]「第5段によれば、仮説を立てることと仮説を検証することは~によって架橋される」 1.「概念の操作的な定義」
2.「理論の更新」
3.「概念のもつ説明力」
4.「理論の妥ft性」
第5段第10文(If the concepts used…)に「もしも仮説中で使われている概念が操作的に定義されている なら、すなわち、経験的に検証可能なら」とあるので、正解は1に決まる。要するに、仮説はつね に検証可能とは限らないのだから、両者を結ぶためには、「検証可能な定義」という通路が必要 になる、ということなのだが、それが本文から読み取れたかどうかが大きなポイント。

■第6段落
6:1 Hypotheses are important in scientific investigation in that they can be tested and shown to be probably true or probably false.
6:1仮説が科学的な探究において重要なのは、それらが検証されることができ、おそらく真である
かおそらく偽であるかを示すことができるからである。
6:2 Isolated facts are not tested;
6:2 バラバラの事実は検証されない。
6:3 only relations are tested.
6:3検証されるのは関係だけである。
6:4 The fact that hypotheses are relational propositions is the main [17] (1. way 2. reason 3. argument) they are used in scientific inquiry.
6:4仮説は関係に関わる命題だという事実が、それらが科学研究で使われる主な理由である。

6:5 They are, in essence, predictions of the form, “If A, then B” which we set up to test the relation between A and B.
6:5 それらは、本質的に、「AならばB」という形式の予測であって、AとBのあいだの関係を検証 するために設定されるものである。
6:6 We [18] (1. let 2. make 3. see) the facts have a chance to establish the probable truth or falsity of the hypothesis.
6:6私たちは、その仮説がおそらくは真なのかそれとも偽なのかを確定する機会を、事実が提供す
るのにまかせる。
6:7 A hypothesis is a prediction.
6:7仮説は予測である。
6:8 It says that if x occurs, y will also occur.
6:8仮説が語るのはxが起きれば、yもまた起きるだろうということである。
6:9 That is, y is predicted from x.
6:9 すなわち、yはxから予測されるのである。
6:10 If, then, x is made to occur, and it is observed that y also occurs, then the hypothesis is confirmed.
6:10 だから、もしもxを起こしてみて、yもまた起きることが観察されれば、仮説は確証されるの
である。
6:11 This is more powerful evidence than simply observing, [19] (1. with reservations 2. within the limit 3. without prediction), the covering of x and y.
6:11 このことは単に、予測なしにxとyとが共に変化することを観察する場合よりも強力な証拠で
ある。
6:12 The scientist makes a bet that x leads to y.
6:12科学者はxがyを生じるのだという賭けをする。
6:13 If, in an experiment, x does lead to y, then she wins the bet.
6:13 もし、実験において本ftにxがyを生じるなら、賭けは科学者の勝ちである。

6:14 She cannot just enter the game at any point and pick a perhaps accidental common occurrence of x and y.
6:14科学者はいつでもゲームに加わることができるというわけではないし、ことによると偶然xとy
が共に生じたような場合を取り上げるわけにもいかない。
6:15 Games are not played this way.
6:15 ゲームはそんな仕方では行われないのである。
6:16 She must play according to the rules, and the rules in science are made to minimize error.
6:16科学者はルールに従ってゲームをせねばならないのであり、科学のルールは誤りを最小限にす
るようできているのである。
[28] What is the most appropriate interpretation of “hypotheses are relational propositions” in the 6th paragraph?
1. Hypotheses are closely related to propositions.
2. Hypotheses are statements that contain the relations between x and y.
3. Hypotheses are propositions related to other propositions.
4. Hypotheses are statements about the relations between different propositions.

解答 [28]ー2
>[28]「第6段の「仮説は、関係に関わる命題である」のもっとも適切な解釈はどれか」 1.「仮説は、命題と密接に関連している」
2.「仮説は、xとyとのあいだの関係を含む記述である」
3.「仮説は、他の命題と関係する命題である」
4.「仮説は、さまざまな命題の関係についての記述である」

第6段第4文(They are, in essence,…)に「それらは、本質的に「Aならば、B」という形式の予測であっ て、AとBのあいだの関係を検証するために、作り出される」とあるから、正解は2に決まる。仮 説とは、ものごとではなくものごとのあいだの関係を記述するという第6段の主旨を把握していれ ば、迷わず解答できる。
■第1段落
1:1 Some people think that science and common sense are alike because science is a systematic and controlled extension of common sense, which is, in turn, a series of concepts and conceptual schemes satisfactory for practical uses.
1:1 科学とは常識の体系的で統制された拡張であり、反対に常識は、実用的な用途に見合った一連
の概念と概念的な枠組みなのだから、科学と常識はよく似ている、と考える人もいる。
1:2 But science and common sense differ in two significant ways.
1:2 しかし、科学と常識は2つの重要な点で異なる。
1:3 First, their uses of conceptual schemes and theoretical structures are strikingly different.
1:3 第一に、両者の概念的な枠組みと理論的な構造の使い方は著しく異なっている。
1:4 [1] (1. Since 2. While. Now that) the man in the street uses “theories” and concepts, he ordinarily does so in a loose fashion.
1:4 一般人は、「理論」や概念を使うとはいえ、たいていその使い方はずさんである。
1:5 He often accepts fanciful explanations of natural and human phenomena.
1:5 しばしば彼は、自然現象や人間に関わる事象についての空想的な説明を受け入れる。

1:6 An illness, for instance, may be thought to be a punishment for sin.
1:6 たとえば病気は罪に対する罰だと考えられたりするかもしれない。
1:7 The scientist, on the other hand, systematically builds her theoretical structures, tests them for [2] (1. internal 2. external 3. social) consistency, and subjects aspects of them [3] (1. for 2. to 3. through) empirical testing.
1:7 他方、科学者は体系的に理論構造を構築し、それらの内的な整合性を検証し、またそれらの複
数の側面を経験的な検証にかける。

1:8 Furthermore, she knows that the concepts she is using are manmade terms that may or may not exhibit a close relation to reality.
1:8 そのうえ、科学者は自分が使っている概念が、現実と密接な関係を示すことも示さないことも ある人工的な用語であることを知っているのである。
[29] The statement “An illness, for instance, may be thought to be a punishment for sin” in the 1st paragraph is intended to show that
1. scientists do not accept superstitions no matter how plausible they are.
2. Ordinary people tend to accept common views without question.
3. Scientists should test the relationship between illness and punishment.
4. there are many views that cannot be tested on empirical grounds.

解答 [29]―2
>[29]「第1段の「たとえば、病気は罪に対する罰だと考えられるかもしれない」という記述は、〜 ことを示すのが目的である」 1.「科学者は迷信を、それらがどれほどもっともらしいとしても、受け入れない」2.「一般人は疑 いもせずに、ありふれた見解を受け入れがちである」 3.「科学者は、病と罰のあいだの関係を検証すべきである」
4.「経験的な基盤に基づいて検証することのできない、数多くの見解がある」両気の例は、第1段 第5文(He often accepts…)に示される、一般人が空想的な説明を受け入れるのを示す例である。選 択肢中で「空想的な説明の受容」という主旨になっているのは、2のみである。

■第3段落
3:1 The complex of buildings in West Orange was erected in the late 1880s, when the Second Industrial Revolution was just beginning.
3:1 ウエスト・オレンジにある一群の建物は、ちょうど第2次産業革命が始まろうとする1880年代 後半に造られた。
3:2 As the greatest industrial research facility in the United States, the laboratory was the breeding ground for a new generation of technology and the starting point of some important new industries of the twentieth century.
3:2合衆国最大の産業研究施設として、その研究所は、新世代の科学技術の発生地であり、また20
世紀の重要な新産業のための出発点であった。

3:3 Here Edison worked at spreading his electrical lighting systems throughout the industrialized West and [5] (1. estimating 2. lowering. dispersing) the price of electricity until it was available to everyone.
3:3 この場所で、エジソンは、自ら考案した電気照明装置を工業化の進んだ西部地方一帯へ広め、
電気の値段を誰もが使える程度にまで下げることに取り組んだ。
3:4 The motion picture camera was invented at the laboratory, along with a host of other important products, such as the Edison storage battery and the dictating machine.
3:4映画の撮影機がその研究所で発明され、またエジソン式蓄電池や口述録音機など、他の重要な
製品も多数発明された。
3:5 Edison perfected the phonograph at this facility and manufactured thousands of them at his nearby factories.
3:5 エジソンはこの施設で蓄音機を完成させ、近くの自分の工場で大量に生産した。
3:6 Two of the twentieth century’s most influential media industries -motion pictures and musical entertainment – had their humble beginnings in this cluster of brick buildings.
3:6 20世紀で最も影響力のあった2つのメディア産業、つまり映画と音楽の娯楽産業は、このれん
が造りの建物の一群から、静かに始まったのである。
[22] In the 3rd paragraph, the phrase “the breeding ground” refers to the birthplace of
1. new sciences.
2. a new breed of people.

3. new industries and technologies.
4. new start up companies.
・解答 [22]―3
>[22]
[22]3番目の段落では、「温床」とは~発祥の土地を示す
1.新しい科学。
2人の新品種。
3.新しい産業や技術。
4.新しい新興企業。
第3段の「発生地(the breeding ground)」とは何が生まれる場所であるかを答える。第3段第2文
(As the greatest…)中に「新世代の科学技術の発生地であり、また20世紀の重要な新産業のため の出発点(the breeding ground・・・century)」とあることから3が正解。

■第7段落
7:1 In Edison’s view a patent was hardly worth the trouble of inventing something.
7:1 エジソンの考え方では、特許とは、物を発明する苦労ほどの価値はほとんどない。

7:2 He knew from experience that selling patents to businessmen often left the inventor
shortchanged.
7:2実業家に特許を売り渡してしまえば、発明者の方に残るべき金が少なくなりがちだということ
を、彼は経験から知っていた。
7:3 More often than not the returns from a new idea went to the financier or manufacturer, while the inventor struggled to protect his patent in the courts and [16] (1. lose 2. enlarge 3. obtain) his share of the profits.
7:3新しい着想から得られる利益は資本家や製造業者の元に渡ってしまうことがしばしばあり、発
明者の方は特許を守って利益の取り分を得ようと法廷で苦闘した。
7:4 A patent alone was not enough, nor was an invention.
7:4特許だけでは十分でなく、発明もまたそうであった。
7:5 The original idea had to be developed into something more tangible than a patent;
7:5最初のアイデアは特許権よりももっと実質的なものに発展させる必要があった。
7:6 it had to be transformed, or “perfected,” into a working model or a prototype – something a businessman could see and touch rather than [17](1. imagine 2. create 3. materialize.
7:6 つまり形を変え、あるいは「完成」させて、実用模型や試作品―実業家が頭で想像するのでは なくむしろ見たり触ったりできるようなもの―にする必要があった。
7:7 This was essential to obtaining financial support.
7:7 このことは金銭的な援助を得るためには不可欠であった。
7:8 In Edison’s words, “the money people” had to see money in an invention before they would invest in it.
7:8エジソンの言葉で言えば、「金にかかわる人々」は、ひとつの発明に投資する前に、そこに金 の存在を見出す必要があった。
7:9 Perfecting an invention included finding and remedying the bugs – the defects and design problems – that inevitably [18](1. broke down 2. went through 3. cropped up) in the development of an idea into a working model or process.
7:9 ひとつの発明を完成させることには、バグ、つまり欠陥や設計上の問題点を見つけ、除去して いくことも含まれていた。それはあるアイデアを実用模型や製作過程の段階へと発展させていく 際に必ず発生するものであった。

7:10 This stage of innovation ended when the invention was translated into a factory ready prototype.
7:10技術革新のこの段階は、その発明が工場ですぐに生産できる試作品へと転化された時終了する
のであった。
7:11 The idea was now embodied in a technology, an amalgamation of ideas, knowledge, and hardware all directed [19] (1. in 2. toward 3. under) a practical goal.
7:11 その時点ではもう、最初のアイデアは、ひとつの技術、つまりアイデアと知識と機器の融合
物の中に具体化されており、そのすべては実際的な目標へと向けられていた。
7:12 Its value was much greater than a patent.
7:12 その価値は特許よりもずっと大きかった。
7:13 The final step was “pioneering” a technology by putting it into production and proving its commercial feasibility.
7:13 そして最後の段階は、ひとつの技術を生産ベースに乗せ、商業的な実現可能性を証明するこ
とによって「開拓する」ことであった。
7:14 This meant financing and administrating a manufacturing operation until it could be sold to entrepreneurs.
7:14 このことは、起業家に売れるようになるまで、製造作業の資金を調達し、管理することを意
味した。

[26] According to the article, which of the following best represents Edison’s general attitude toward Science?
1. Science should not be evaluated on the basis of its commercial feasibility.
2. Scientific progress can lead to new commercial possibilities.
3. Scientific research should follow industrial revolutions.
4. Scientific findings should be accumulated for scholarly purposes.

・解答 [26]―2
>[26]問の文は「本文によると、次のうち、エジソンの科学に対する全体的な姿勢を最もよく表 しているのはどれか」という意味。
第7段の最後から2つ自の文(The final…)に「最後の段階は、ひとつの技術を生産ベースに乗せ、
商業的な実現可能性を証明することによって『開拓する』ことであった」とあり、商業的な可能 性を重要視していることから、2の「科学の進歩は新たな商業的可能性につながりうる」と主旨が 近いと言える。
1の「科学は、商業的な実現可能性に基づいて評価されるべきではない」はエジソンの考えとは逆 である。 3は「科学的研究は産業革命のあとに続いてなされるべきである」という意味だが、「発明が新産 業につながる」という順序と全く逆なので誤り。 4の「科学上の発見は、学術目的のために蓄積されるべきである」は、特に本文に記述はない。

[28] Edison regarded those he called “the money people” as
1. intrusive and demanding.
2. congenial and supportive.
3. irrelevant to his business.
4. potential partners and supporters.

・解答 [28]―4
>[28]
「エジソンは『金にかかわる人々』と自分が呼んでいる人々を…だと見なしていた」
1.出しゃばりで要求が多い
2.気が合い、協力的
3.彼のビジネスに無関係
4.潜在的なパートナーとサポーター

第7段問題[17]の後の2文に「このことは金銭的な援助を得るためには不可欠であった。エジソン の言葉で言えば、『金にかかわる人々』は、ひとつの発明に投資する前に、そこに金の存在を見 出す必要があった(This was … in it.)」とある。「金にかかわる人々」は、ひとつの発明が商品と して完成される過程で「金銭的な援助」をしてくれる存在であると読み取れる。第7段最終文の
「製造作業の資金を調達し管理する(financing and administrating a manufacturing operation)」とい う表現からもうかがえる。したがって4の「パートナーおよび援助者となってくれそうな人」が最 も近い。
3の「彼のビジネスとは無関係」は内容が正反対。2の「気が合う(congenial)」や、1の「出 しゃばりで要求が多い」という表現は、本文からは読み取れない。
■第6段落
6:1 Innovation is a term that Edison did not use.
6:1技術革新というのはエジソンが使わなかった言葉である。
6:2 He described himself as an inventor and the work he did in the laboratory as invention.
6:2彼は自分を発明家と呼び、研究所でやる仕事を発明と呼んだ。
6:3 Yet to label Edison a mere inventor does not do justice to his genius, nor does it [13] (1. account for 2. turn out 3. lead to) the enormous impact he had.
6:3 しかしエジソンを単なる発明家と呼ぶのは、彼の天性を十分には表しておらず、また彼の与え
た莫大な影響も説明してはいない。
6:4 Inventing was the idea stage, the first step in a long process.
6:4発明することは着想、の段階であり、長い過程の第一歩であったにすぎない。
6:5 Its formal ending came when a patent was filed.
6:5 それが正式に完了するのは特許が申請された時であった。
6:6 Edison considered getting ideas for an invention the easy part;
6:6 エジソンは、ある発明品のアイデアを思いつくことは容易な部分であると考えていた。 6:7 the hard part was “the long laborious trouble of working them out and producing apparatus which is commercial.” 6:7困難な部分は「それらを練り上げ、市販できるような装置を作り出すことの長くて大変な苦
労」であった。
6:8 Innovation defines Edison’s work, [14] (1. leaving 2. keeping 3 taking) it from the laboratory into the commercial world.
6:8 技術革新はエジソンの仕事の大きな特徴であり、彼の仕事を研究所から商業的世界へと導い
た。

6:9 Innovation covers the setting up of a commercial enterprise based on an idea.
6:9技術革新とは、ある着想に基づいて営利的事業を設立することを含む。
6:10 Edison’s record number of U. patents [15] (1. might as well 2. should not 3. cannot but) obscure his even greater achievement of founding several industries.
6:10 エジソンは合衆国で記録的な数の特許を取ったが、それによって数々の産業の創設という、
さらに大きな業績がかすんでしまうことはないはずである。
■第8段落
8:1 Innovation covers what Edison called inventing, perfecting, and pioneering a new technology.
8:1技術革新とは、エジソンの言う新技術の発明、完成、そして開拓を含む。
8:2 The business of innovation encompasses decision making, from establishing the technical goals of a research program to devising a marketing strategy for a new product.
8:2技術革新のビジネスとは研究プログラムの技術的目標を設置することから新製品の販売戦略の
考案にいたるまでの意志決定を含む。
8:3 It also covers the management of the research and development effort and the financing of the whole operation.

8:3 またそれは、研究や開発の仕事の管理や、事業全体の資金調達をも含む。
8:4 Inventors in the nineteenth century had often [20] (1. emphasized 2. imagined 3. ignored) the business of innovation, preferring to remain in the technical domain.
8:4 19世紀の発明家達は、技術的な領域にとどまることを好み、技術革新のビジネスをしばしば無
視していた。
8:5 This was fine for the individual who did not mind a life of poverty and obscurity, but for the operator of an invention factory, the management of resources was of primary importance.
8:5 これは貧困と無名の生活を気にしない人にとっては問題ないが、発明品工場の経営者にとって
は、資金の管理は何より重要なことであった。

[29] Which of the following statements best summarizes the concept of innovation as used in the article?
1. The main point of innovation is to do new research.
2. The objective of innovation is to create new technologies.
3. The process of innovation involves trial and error.
4. The aim of innovation is to realize the commercial value of an invention.

・解答 [29]―4
>[29]本文で用いられている「技術革新(innovation)」の概念を最もよく表しているものを選 ぶ。第6段の問題[14]の後の文「技術革新とはある着想に基づいて営利的事業を設立することを 含む(Innovation covers…)」や、最終段第2文「技術革新のビジネスとは、研究プログラムの技 術的目標を設置することから新製品の販売戦略の考案にいたるまでの意志決定を含む(The business…)」などから、4の「技術革新の目的は、発明の商業的価値を実現することである」が 正解。
1.「技術革新の主要な点は新しい研究をすることである」
2.「技術革新の目的は新技術を生み出すことである」
3.「技術革新の過程は試行錯誤である」内容としては間違っていないかもしれないがそれだけで は概念の説明として不十分。

■第1段落
1:1 The year 2005 will be remembered as a year of monumental generosity that donors demonstrated in the face of natural disasters.
1:1 2005年は、人々が自然災害に直面して、歴史に残るほどたっぷりと寄付をした年として記憶さ
れるだろう。
1:2 It should also be remembered as the year when traditional philanthropy* displayed how
stagnant and ineffective it really is.
1:2 その年はまた、従来の慈善事業が実はどれほど澱み、効率が悪いかを示した年として記憶され るはずである。

■第4段落
4:1 Approaching philanthropy as a form of investment is an important part of the solution to the problems of philanthropy.
4:1一種の投資として慈善事業に臨むことは、慈善事業の問題解決の重要な一部である。
4:2There is reason for [33] (1. optimism 2. pessimism 3. Nihilism):
4:2楽観できる理由がある。
4:3 Increasingly, donors are treating their giving like their investments.
4:3 ますますもって、寄付者は投資と同じように自分の資金提供を扱うようになってきている。

4:4 Many philanthropists have begun to see philanthropy as a capital market.
4:4多くの慈善事業者が慈善事業を資本市場であると見るようになりだした。

4:5 They demand the same levels of transparency and accountability that they expect from stock markets.
4:5彼らは株式市場に期待するのと同じレベルの透明度と会計責任を求める。
4:6 Some have termed this “social investment” or “venture philanthropy.”
4:6 これを「社会投資」あるいは「冒険的慈善事業」と名づけた者もいる。
4:7 Geneva Global, and organization created by donors in search of real accountability, prefers the term “performance philanthropy.”
4:7 ジュネーブ=グローバルは真の会計責任を求める寄付者によって創設されたがこの組織は「業
績重視慈善事業」という言葉を好む。
4:8 Performance philanthropy is a hopeful alternative to traditional approaches to giving, [34] (1. unless 2. because 3. although) it is working.
4:8業績重視慈善事業はそれが効き目があるだけに、提供に対する伝統的取り組みに代わる有望な
代替手段である。

■第11段落
11:1 The [44] (1. marriage 2. failure 3. uniqueness) of measurable results and more committed donors is why performance philanthropy is so convincing as a strategy for reducing global poverty and its related consequences.
11:1計測可能な成果とより深く関わる寄付者との結びつきがあるゆえに、業績重視慈善事業は、世
界規模の貧困およびそれに関連して生じる影響を縮減する戦略として、きわめて説得力がある。

11:2 According to the World Bank, half the world’s 6 billion people live on less than $2 a day, and
1.3 billion people – more than 20 percent of the world’s population – live on less than $1 per day.
11:2世界銀行によれば世界の60億人の半数が1日2ドル以下で暮らしており、13億人という、世界人
口の20%以上に当たる人々が1日1ドル以下で暮らしている。
11:3 These poverty figures, [45] (1. due to 2. roughly 3. despite) hundreds of billions of dollars of traditional philanthropy, keep growing.
11:3 こうした貧困数値は数千億ドルに及ぶ従来の慈善事業があるにもかかわらず増大し続けてい
る。
11:4 The number of people living on less than $2 a day grew by 300 million in the last 20 years.
11:4 1日2ドル以下で暮らす人々の数は過去20年間で3億人増えたのである。
[51] According to the article, “traditional philanthropy” is what we should
1. return to in order to mitigate global poverty.
2. reject because it worsens global poverty.
3. replace with performance philanthropy.
4. convert to a capital market.

・解答 [51]―3
>[51]「この文章によれば『従来の慈善事業』は…すべきものである」 1.「世界的貧困を緩和するために回帰する」
2.「世界的貧困の悪化を招くので却下する」
3.「業績重視慈善事業に置き換える」
4.「資本市場に転換する」
第1段最終文に「従来の慈善事業が、実はどれほど振わず、非効率的であるかを示した…」とある
ので著者は「従来の慈善事業」が「よくないもの」だと判断していることがわかる。stagnant「不 振な、不活発な」ineffective「効果のない、非効率的な、無力な」さらに読み進むと、第4段最終文 に「業績重視慈善事業は…提供に対する伝統的取り組みに代わる有望な代替手段である」という3 とほぼ同主旨の記述がある。よって、正解は3である。1の「世界的貧困の緩和」は、第11段第1文 後半に、performance philanthropyによって達成されうるというように記述されているから誤り。2の
「世界的貧困の悪化」については、最終段冒頭に「改善しない」とあるだけで積極的に「悪化」 を招くわけではないので誤り。4の「資本市場」に関しては、第4段第3文(Many philanthropists have

begun…)に「慈善事業を資本市場だと見なし始めた」とあるだけで「転換する」ほうがよいとは記 述されていないので、誤り。
■第6段落
6:1 But economists recognize that for many families, you must adjust these calculations using what they call “psychological variables.”
6:1 しかし経済学者らは、多くの家族の場合、これらの計算にはいわゆる「心理的変数」を用いて
調整しなければならないと認識している。
6:2 Some divide household [43](1. expenditures 2. management 3. activities) into two categories: 6:2学者の中には、家庭での活動を2つの部門に分ける者もいる。
6:3“consumption,” which should be something you enjoy, and “production,” which is anything that feels like work.
6:3一方は「消費」で、楽しんでするものであり、他方は「生産」で、仕事のように感じられるも
のすべてである。
6:4 If you love gardening, it is consumption, but if you hate gardening, it is production and you will be more [44](1. reluctant 2. inclined 3. able) to hire someone else to do it.
6:4 もし庭いじりが好きならば、それは消費であるが、庭いじりが嫌いならば、それは生産であ
り、むしろ誰か他の人を雇ってそれをやってもらいたいと思うだろう。
6:5 As one economist says, “it’s not just about the money.”
6:5 ある経済学者が言うように「お金に関することだけではない」のである。
6:6 That was how Sarah Kallie [45] (1. justified 2. uncovered 3. undermined) her long battle with the telephone company.
6:6 そのような考え方で、サラ=カリーは電話会社と長時間争ったことを正当化した。
6:7 It was worth it for the satisfaction, says Ms. Kalliney. 6:7満足するためにはそうする価値があった、とカリニーさんは言う。

■第8段落
8:1 Many do-it-yourself veterans are grappling with these same issues. 8:1自分でする経験が豊富な人の多くも、これらと同じ問題に取り組んでいる。
8:2 We tried two tasks: 8:2我々は2つの課題を試した。
8:3 one, filling in our tax forms by ourselves versus hiring a tax accountant; 8:3 1つ目は、税の申告書を自分で記入するか税理士を雇うか。
8:4 two, buying a jar of pre-chopped garlic versus buying a garlic press device and doing it ourselves.
8:4 2つ目は、刻みニンニクのビン詰めを買うかニンニクおろし器を買って自分でやるか、であ
る。
8:5 The tax accountant finished his work only two minutes faster than we did ourselves when we used a software program, if we include the time it took to travel to his office.
8:5税理士が作業を終えたのは、我々がソフトウェアのプログラムを使って自分でやった場合と比
べると、彼の事務所まで行くのに要した時間を含めれば、わずか2分早いだけだった。
8:6 However, employing him cost $100 more.
8:6 しかし、彼を雇うことには100ドル余計にかかっている。
8:7 Buying the jar of garlic saved us 22 minutes of chopping and slicing by ourselves, making it worthwhile, but the garlic in the jar does not taste as good as fresh garlic.
8:7 ビン詰めのニンニクを買うと自分で刻んだりスライスしたりする時間を22分節約できたが、そ
れはそれで価値があるとはいえ、ビン詰めのニンニクは新鮮なニンニクほど味がよくない。

8:7 We then hired a professional to organize our desk. 8:7次に我々は、机を整理する専門家を雇った。
8:8 She did half of it, but [49](1. charged 2. paid 3. saved) nearly $100 per hour, during which we had to stay with her to help her understand the piles of papers, making it not worthwhile.
8:8彼女はその半分しかしなかったが、1時間あたり100ドル近くを請求した。その間我々は彼女と
一緒にいて山積みの書類を彼女が理解するのを手助けせねばならず、したがってお金をかける価値 のないものだった。

[52] According to the article, which of the following would result from miscalculating the value of our time ?
1. Assuming that having another person do certain tasks for us is cost-efficient.
2. Calculating the “psychological variables” of doing tasks we enjoy.
3. Spending too much time on leisure activities and not enough on work.
4. Not using our work time as productively as we could.

・解答 [52]―1
本文によると、時間の価値の計算を誤ったことから生じることは次のうちどれか
1 ある仕事を別の人に代わりにやってもらうことが費用面で効率的だと考えること。
2 やって楽しい仕事をすることの「心理的変数」を計算すること。
3 余暇活動に時間をかけすぎて仕事に十分な時聞をかけないこと。
4 仕事の時間を最大限効果的に使おうとしないこと。
>[52]「本文から時間の価値の計算を誤ったことから生じることは次のうちどれか」という質問 に答える。1の「ある仕事を別の人に代わりにやってもらうことが費用面で効率的だと考えるこ と」は第8段落に挙げられたいくつかの例(税の申告書作成や、机の整理のために人を雇うこと) を参考にすると時間の価値の計算を誤った結果であることがわかる。よってこれが正解。2の
「やって楽しい仕事をすることの『心理的変数』を計算すること」は、6:1(But economists recognize…)に記述があるが、これは「計算を調整する(adjust these calculations)」ために必 要なことである。3の「余暇活動に時間をかけすぎて仕事に十分な時聞をかけないこと」、および 4の「仕事の時間を最大限効果的に使おうとしないこと」は本文に記述なし。

■第3段落
3:1 Some economics professors regard a household as a small company that employs labor, buys technology, and makes decisions about what services to outsource.
3:1 経済学の教授らの中には家庭を、労働力を雇い、先端技術を購入し、どのサービスを外部委託
するかを決定する小さな企業のようにみなす者がいる。
3:2 But the household is a “company” that nowadays needs [34] (1. welfare 2. management 3. tax) consultants.
3:2 しかし家庭は今や経営コンサルタントを必要とする「会社」である。
3:3 People often make drastic miscalculations about the [35](1. value 2. pace 3. amount) of their time, and take a do-it-yourself approach to tasks that might be less costly in time and money if they were hired out.
3:3 人々は、しばしば自分たちの時間の価値について重大な計算違いをし、お金を払って人にやっ
てもらった方が、時間的にも金銭的にもより負担が小さいかもしれぬ仕事に対し、自分でやると いう方法を選んでいる。

3:4 A simple oil change for your car, for example, costs the equivalent of $25 at some gasoline
stations, [36] ( 1. or 2. if 3. while) buying the supplies to do it yourself costs at least 20, meaning it is cost-efficient to let the gasoline station do it for you.
3:4 例えば単なる車のオイル交換の場合、25ドル相当の経費でやってくれるガソリンスタンドがあ
るのに対し、それを自ら行うために必要なものを自分で買いそろえると最低で、20ドルはかかっ てしまう。これはガソリンスタンドでやってもらった方が費用的に効率がよいということを意味 している。
3:5 Yet millions of people say that they change the oil in their cars themselves. 3:5しかし何百万という人々が自分の車のオイルは自分で交換すると言っている。

■第6段落
6:1 But economists recognize that for many families, you must adjust these calculations using what they call “psychological variables.”
6:1 しかし経済学者らは、多くの家族の場合、これらの計算にはいわゆる「心理的変数」を用いて
調整しなければならないと認識している。
6:2 Some divide household [43](1. expenditures 2. management 3. activities) into two categories:
6:2学者の中には、家庭での活動を2つの部門に分ける者もいる。
6:3“consumption,” which should be something you enjoy, and “production,” which is anything that feels like work.
6:3一方は「消費」で、楽しんでするものであり、他方は「生産」で、仕事のように感じられるも
のすべてである。
6:4 If you love gardening, it is consumption, but if you hate gardening, it is production and you will be more [44](1. reluctant 2. inclined 3. able) to hire someone else to do it.

6:4 もし庭いじりが好きならば、それは消費であるが、庭いじりが嫌いならば、それは生産であ
り、むしろ誰か他の人を雇ってそれをやってもらいたいと思うだろう。
6:5 As one economist says, “it’s not just about the money.”
6:5 ある経済学者が言うように「お金に関することだけではない」のである。
6:6 That was how Sarah Kallie [45] (1. justified 2. uncovered 3. undermined) her long battle with the telephone company.
6:6 そのような考え方で、サラ=カリーは電話会社と長時間争ったことを正当化した。
6:7 It was worth it for the satisfaction, says Ms. Kalliney. 6:7満足するためにはそうする価値があった、とカリニーさんは言う。

[56] Which of the following is closest to the meaning of “psychological variables” in the 6th paragraph?
1. The personal value of leisure time within the household.
2. The choice of emotional satisfaction or economic feasibility.
3. The choice between consumption and investment.
4. Ones like or dislike of a task in relation to the cost of outsourcing it.

・解答 [56]―4
第6段落の「「心理的変数(psychological variables)」の意味に最も近いものはどれか。 1 家庭内での余暇の個人的価値
2 感情的な満足か経済的な実現可能性かの選択

3 消費と投資との間の選択
4 外部委託する際の費用に関連したある仕事の好き嫌い
>[56]第6段落の「心理的変数(psychological variables)」の意味に最も近いものを選ぶ。 variableは「変わりやすいもの」「変数」などといった意味で、psychological variables「心理状態 によって変わるもの」。
6:2、6:3(Some divide…)で、やって楽しいことを「消費」、仕事のように感じられることを
「生産」として分類しさらに6:4では「庭いじり」を例に挙げ、好きか嫌いかでどちらにもなりう ること、嫌いならば「誰か他の人を雇う」気持ちになることを説明している。これは4と内容が最 も近い。

[60] As a whole, this article stresses the importance of
1. calculating the real value of your time.
2. measuring the impact of psychological variables.
3. balancing consumption and production in the household.
4. Saving time and money by doing things yourself.

・解答 [60]―1
全体を通して何の重要性が強調されているか。
1 時間の真の価値を計算すること。
2 心理的変数の影響を測ること。
3 家庭内での消費と生産のバランスをとること。
4 物事を自分でやって時間とお金を節約すること。
>[60]stressは「強調する」という意味の動詞。 全体的に「時間の価値」について論じられていると判断できるので、1が最適。2は「時間の真の 価値を計算する」ための手段。3は本文中に記述なし。4は時間の価値の計算を間違ったために生 じがちなことであるから、不適切。

■第3段落
3:1 The other meaning of “theory” is the popular and not the scientific one.
3:1 「理論」のもう一つの意味は、大衆的なものであって、科学的なものではない。
3:2 It is referred to as a guess, a faith, or an idea.
3:2 それはftてずっぽうとか、信仰、思いつきなどと言われている。
3:3 It does not state L [4] (1. an adaptable 2. a testable. a usable) relationship between two or more things.
3:3 それは2つ以上のものの間の検証可能な関係を表しはしない。
3:4 It is a belief that may be true, but its truth cannot be tested by scientific inquiry.
3:4 それは、正しいかもしれない信念であるが、しかし、その正しさは科学的な探求によって検証 することはできない。

3:5 One such theory is that God exists and [5] (1.includes 2. infers 3. intervenes) in human life in ways that affect its outcome.
3:5 そうした理論の一つに、神は存在し、人間の暮らしに干渉しその結果に影響するのだ、とする
ものがある。
3:6 God may well exist, and He may well help people overcome problems or even (if we believe certain athletes) determine the outcome of a game.

3:6神は存在することもあろうし、人間が問題を克服するのに手を貸したり、さらには(あるスポー ツ選手の言うことを信じるなら)試合の結果を決定することもあろう。
3:7 But that theory cannot be verified.
3:7 しかし、そうした理論を証明することはできない。
3:8 There is no way anyone has found that we can prove empirically that God exists or that His action has affected some human life.
3:8神が実在するとか、神の行為が人間の暮らしに影響したとかいうことを経験的に証明する方法
が見つかったことはかつてない。

3:9 If such a test could be found, the scientist who performed it would overnight become a [6]( 1.
Genius 2. hero 3. Successor).
3:9 もしそうした検証方法が見つかれば、それを成し遂げた科学者は、一夜にして英雄となること だろう。
[23] Which of the following is consistent with the meaning of “theory” as explained in the 3rd paragraph?
1. It is based on empirical investigation.
2. It does not affect any human action.
3. It cannot be tested by scientific inquiry.
4. It is mainly concerned with the relationships among various things.

・解答 [23]―3
>[23]「次のうちどれが、第3段で説明される「理論」の意味と合致しているか」 1.「それは経験論的な調査に基づいている」
2.「それは人間の行動には影響しない」
3.「それは科学的な探求によって検証することはできない」
4.「それは多種多様なもの同士の関係に主に関与している」
第4文(It is a belief…)後半に「それが正しいことを科学的な探求によって検証することはできない」 とあるので、3が正解。1は、最後から2つ目の文(There is no way…)に、「経験的に証明できない」 とあるので誤り。2は第6文(God maywellexist,…)に「影響している例」があげられているので誤り。 4は第3文(It does not state…)に「2つ以上のものの間の検証可能な関係を表しはしない」とあるので、 誤り。

■第7段落
7:1 There is another theory called “intelligent design.”
7:1 もう一つ、「知的設計」と呼ばれる理論もある。
7:2 Its [11] (1. Consumers 2. Critics 3. Proponents) argue that there are some things in the natural world that are so complex that they could not have been created by accident.
7:2 その提唱者たちは、自然界にはあまりにも複雑なので偶然によって作られたのではありえない
ものがあると論じる。
7:3 They often use the mousetrap as a metaphor.
7:3彼らはしばしば、ねずみ取りを比喩として使う。
7:4 We can have all of the parts of a trap – a board, a spring, a clamp – but it will not be a mousetrap unless someone assembles it.
7:4私たちに板、バネ、留め金といった罠のすべての部品があっても、誰かがそれを組み立てない
限り、それはねずみ取りにはならないだろう。
7:5 The assembler is the “intelligent designer.”
7:5 その組立人が「知的設計者」なのである。

[24] In the 7th paragraph, the example of a mousetrap is used by those who claim that
1. Darwin gave up any belief that God created animal species.
2. evolution is a product of accidents.
3. parts make a whole without a designer.

4. the theory of evolution is questionable.
・解答 [24]―4
>[24]「第7段でねずみ取りの例は…と主張する人々によって使われている」 1.「ダーウィンは神が動物を作ったのだとする説をどれも捨てた」
2.「進化は偶然の産物である」
3.「部品は設計者なしで全体となる」
4.「進化論は疑わしい」
「知的設計」論は、実はcreationism「創造説」の新形態で、「聖書の記述を信じ、進化論を否定 し、学校で進化論を教えることに反対する」人々の言説である。最終文の「知的設計者」とは、 すなわち「造物主」を言い換えたものにすぎない。この文章を最後まで読み通せば著者が「創造 説=知的設計説」を論破し、進化論を支持していることが明らかになるので進化論に異を唱えてい る4が正解であることがわかるだろう。1も2も進化論の主張であり、3も「設計者を不要」として いる以上、進化論の主張である。

■第8段落
8:1 Mousetraps, however, are not created by nature but are manufactured by people.
8:1 しかし、ねずみ取りは自然によって作られたのではなく、人間によって製造されたのである。 8:2 Then, we must ask what part of natural life is so complex that it cannot be fully explained by Darwinian Theory.
8:2 だから私たちは、ダーウイン理論では十分に説明できないほど複雑なのは自然生物のどの部分 なのかと尋ねなければならない。
8:3 Some have suggested that the human eye is one such example.
8:3人間の目がその一例であると言った人もいる。
8:4 But the eye has been studied for decades with results that strongly [12] (1. deny 2. doubt 3. suggest) it has evolved.
8:4 しかし、目は数十年も研究され、進化したのだということを強く示す結果が出ている。
8:5 At first there were light sensitive plates in prehistoric creatures that enabled them to move toward and away from illumination.
8:5最初、先史時代の生物には、光に敏感な板があり、それによって彼らは光源に近づいたり遠ざ
かったりできたのである。
8:6 In a few animals, these light sensitive plates were more precise.
8:6 こうした光に敏感な板が、ある少数の生物においては、より精密になっていったのだ。
8:7 This was the result of genetic differences.
8:7 これは遺伝的な差異の結果である。
8:8 Just as only a few people today can see a baseball [13] (1. as long as 2. as poorly as 3. as well as) Ted Williams could, so then some creatures were able not only to detect light but to see shapes or colors in the light.
8:8 テッド=ウイリアムズと同じくらい野球の球が見える人が、今日ほんのわずかながらいるのと
ちょうど同じように、ft時光を探りftてるだけでなく、光の中で形態や色を見ることができる生 物もいたのである。

[25] In the 8th paragraph, the example of Ted Williams is meant to explain that
1. genetic differences can explain the patterns of evolution.
2. some creatures have sharper eyesight than humans because of evolution.
3. the great career of Ted Williams is inconsistent with the theory of evolution.
4. the theory of evolution has some limitations.

・解答 [25]―1
>[25]「第8段でテッド=ウィリアムズの例は…を説明するためのものである」 1.「遺伝的差異は進化の様式を説明できる」
2.「進化によって、人間よりも視力が鋭い生物もいる」
3.「テッド=ウィリアムズの素晴らしい経歴は進化論と相容れない」
4.「進化論には限界がある」

伝説の4割打者テッド=ウィリアムズはアメリカ人なら誰でも知っている人物として、人間の中の
「よく目が見える特異な例」「人間離れした視力の人間」としてあげられている。そして、直前の 文(Thiswastheresult…)に、それは「遺伝的な差異」が原因であると述べられている。こうして、「遺 伝的差異が進化を引き起こす」ことがテッドの例によって明らかにされているのである。このよう な趣旨に合致するのは1である。テッドのことを知らないとしても、最終文後半から、生存に有利 な「遺伝的差異」の一例であることがつかめるだろう。

■第11段落
11:1 What schools should do is to teach evolution emphasizing both its successes and it’s still unexplained limitations.
11:1学校がすべきことは、その成功と依然として説明のつかない限界の両方に力点を置きながら進
化を教えることである。
11:2 Evolution, like almost every scientific theory, has some problems.
11:2進化には、ほとんどすべての科学的な理論と同様に、問題もある。
11:3 But they are not the kinds of problems that can be solved by assuming that an intelligent designer created life.
11:3 しかしそれらは、知的設計者が生命を創造したと想定することで解決できるようなものでは
ない。
11:4 Not a single [17] (1. piece 2. proportion 3. property) of scientific evidence in support of this theory has been put forth since the critics of Darwin began writing in the 19th century.
11:4 この理論を支持する科学的な証拠はダーウィンの批判者たちが19世紀に書き始めて以来、た
だ一つとして提出されたことはないのである。

[27] According to the article, intelligent design refers to
1. a theory that can be verified by factual observations.
2. a theory that is becoming more prevalent than the theory of evolution.
3. the idea that evolution occurs because of Gods handiwork.
4. the idea that some things in the natural world do not occur by accident.

・解答 [27]―4
>[27]「この文章によると、知的設計とは…のことである」 1.「事実を観察することによって証明することができる理論
2.「進化論より広く普及しつつある理論
3.「進化は神の御業によって生じるという思想」
4.「自然界にあるものには、偶然によって生じたのではないものもあるという思想」
1は「科学的理論」のことで「知的設計」論は科学的に証明されていないと第11段(最後から2つ目 の段落)最終文(Not a single…)にあるので科学的理論とはいえない。よって、誤り。2のような記述 は、本文にはない。3は「進化」ではなく、「生物」が生じたのだとするのが「知的設計」論の主 張である。4は「偶然によって生じる」=「進化によって生じる」であるから、進化を否定する主 張になっており、よって正解である。

■第12段落
12:1 Some people claim that if evolution is a useful (and, so far, correct) theory, we should still see it at work all around us in humans.
12:1 もし進化が有益な(そして、これまでのところ、正しい)理論であるなら、それは依然とし
て、私たちの周りすべて、人間の中にも作用しているのが見えるはずだと主張する人もいる。
12:2 We do not.
12:2見えないではないかと。
12:3 But we can see it if we adopt a long enough time frame.
12:3 しかし十分に長い時間的枠組みを採用すればそれが見えるのである。
12:4 Mankind is believed to have been on this earth for about 100,000 years.

12:4人類は地上に現れてから約10万年経っていると信じられている。
12:5 In that time there have been changes in people’s appearance, but those changes have occurred very slowly.
12:5 それだけの時間に人間の外観には変化があったがそうした変化は極めてゆっくり生じた。

12:6 After all, 1,000 centuries is just a [18] (1. blank 2. blink 3. block) in geological time.
12:6 なにしろ1000世紀など、地質学的な時間ではほんの一瞬なのだから。
12:7 [19] (1. Besides 2.Therefore 3. However), the modern world has created an environment by means of public health measures, the reduction in crime rates, and improved levels of diet that have sharply reduced the environmental variation that is necessary to [20] (1. reconstruct 2. renew
3. reward) some genetic accidents and penalize others.
12:7 その上、現代世界が生み出した環境では公衆衛生施策や、犯罪率減少食糧水準の向上によっ て、遺伝的偶然のうちあるものを優遇し、他のものには不利益を課すためには不可欠な環境的な 変化が著しく減少してしまった。
12:8 But 100,000 years from now, will the environment change so much that people who now have unusual characteristics will become the dominant group in society?
12:8 しかし、今後10万年で環境が大きく変化して、今は一般的でない特徴をもつ人々が社会の主
流となるのだろうか。
12:9 Maybe.
12:9 さてどうだろう。
[28] According to the article, we are unable to see evolution at work in humans, because
1. the record of the human species does not include any reference to it.
2. it does not occur fast enough for us to observe.
3. it is slowing down in the modern era.
4. the environment has recently assumed unusual characteristics.

・解答 [28]―2
>[28』「この文章によると、進化が人間に作用しているのが見えないのは…だからである」 1.「人類の記録にはそれに対する言及が一切含まれていない」
2.「私たちに観察できるほど急速には生じない」
3.「現代ではそれは速度が落ちている」
4.「環境が近年、まれな特性を帯びた」
最終段に関する設問。第3文(But we can see…)に「十分に長い時間的枠組み(timeframe)を取れば見え る」と述べられているので「短い時間では見えない」と読み取れる。では、短い時間ではなぜ見 えないのかは第5文(In that time there…)後半に、「きわめてゆっくり生じた」とある。よって、「あ まりにもゆっくりなので見えない」ことがわかる。

■第7段落
7:1 There is another theory called “intelligent design.”
7:1 もう一つ、「知的設計」と呼ばれる理論もある。
7:2 Its [11] (1. Consumers 2. Critics 3. Proponents) argue that there are some things in the natural world that are so complex that they could not have been created by accident.
7:2 その提唱者たちは、自然界にはあまりにも複雑なので偶然によって作られたのではありえない
ものがあると論じる。
7:3 They often use the mousetrap as a metaphor.
7:3彼らはしばしば、ねずみ取りを比喩として使う。

7:4 We can have all of the parts of a trap – a board, a spring, a clamp – but it will not be a
mousetrap unless someone assembles it.
7:4私たちに板、バネ、留め金といった罠のすべての部品があっても、誰かがそれを組み立てない
限り、それはねずみ取りにはならないだろう。
7:5 The assembler is the “intelligent designer.”
7:5 その組立人が「知的設計者」なのである。
[29] Which of the following is mentioned in support of the theory of intelligent design?
1. Isaac Newton.
2. The mousetrap.
3. Ted Williams.
4. Prehistoric creatures.

・解答 [29]―2
>[29]「次のうちどれが知的設計論を裏付けるものとして言及されているか」 1.「アイザック=ニュートン」
2.「ねずみ取り」
3.「テッド=ウィリアムズ」
4.「先史時代の生物」
知的設計については、第7段で話題として導入され、第3文(They often use…)に「比喩としてねずみ
取りを使う」と述べられているので、正解は2に決まる。metaphor「比喩、隠喩」1の「アイザック
=ニュートン」は、科学理論と信仰が両立する例として用いられ、3の「テッド=ウィリアムズ」 は、「遺伝的な差異」により、進化が生じる例として、4の「先史時代の生物」は進化論が完全に すべてを説明しているわけではないものの例として取り上げられていて、知的設計論を支持する事 例ではない。

■第2段落
2:1 During the 19th century, however, education by postal correspondence was established in some areas of England, Germany, the U.S., and Sweden.
2:1 しかし19世紀には、イングランド、ドイツ、アメリカスウェーデンのいくつかの地域で、郵便
を使った通信教育が確立された。
2:2 In the 20th century, additional forms of distance education that made use of radio and television emerged.
2:2 20世紀にはさらにラジオやテレビを利用した遠隔教育の形態が現れた。
2:3 Virtual schooling, another [1](1. ancestor of 2. type of 3. alternative to) distance learning that uses online computers to provide some or all of a student’s education, first appeared in the closing years of the 20century.
2:3 バーチャル教育、つまり生徒の教育の一部またはすべてを供給するためにインターネットに接
続されたコンピューターを利用する、遠隔学習のもう一つの形が20世紀も終わりを告げるころに 初めて現れた。

[21]The world’s first virtual schools
1. can be traced to Aristotle’s time.
2. taught by means of correspondence more than a century ago.
3. do not exist anymore.
4. came into existence just a few years ago.

・解答 [21]―4
世界初のバーチャル教育機関は
1 アリストテレスの時代までさかのぼることができる。
2 1世紀以上前の文書を使って教育を行った。
3 もはや存在しない。
4 ほんの数年前に誕生した。

>[21]2:3(Virtual schooling、another…)に、バーチャル=スクールは「20世紀も終わりを告げ るころに初めて現れた(first appeared in the closing years of the 20th century)」とあるので、4の
「ほんの数年前に誕生した。」が正解。

[22]Which of the following best describes the authors feeling about the future of virtual schooling?
1 Optimistic.
2. Pessimistic.
3. Indifferent
4. Intolerant.

・解答 [22]―1
次のうち、バーチャル教育の将来について筆者が感じていることを最も適切に述べたものはどれ か。
1 楽観的
2 悲観的
3 無関心
4 受け入れられない

>[22]12:2で「熱い議論が交わされるだろう」とした上で、12:3では「望まれるのは、こう いった意見交換の結果が、現代社会における教育の手段と目的を新たに考え直すことにつながる ということである」と述べていることから、1の「楽観的」と判断できる。2の「悲観的な」、3の
「無関心で」、4の「受け入れられない」はいずれも否定的な意味で、当てはまらない。

■第9段落
9:1 Another point in favor of virtual schooling can be seen in the positive effects of on demand discussions.
9:1 バーチャル教育を支持するもう一つの点はオンデマンド式討論のプラス効果の中に見ることが
できる。
9:2 In most conventional school classes, discussions tend to be dominated by the few, most [14] (1. excluded 2. extroverted 3. indifferent) students.
9:2従来からある学校の授業ではほとんど、議論の場は少数の最も外向的な生徒によって支配され
る傾向がある。
9:3 Also, the number and variety of students in a given class are [15](1. limited 2. multiplied 3. unrestricted) by the size and location of the classroom in which they gather.
9:3 また、決められたクラス内では、生徒の数や多様性は、集合する教室のサイズや場所によって
制限されてしまう。
9:4 In the online classroom environment, spatial barriers are removed, and discussions enter a new dimension.
9:4 オンライン教室の環境では空間の障壁は取り除かれ、議論は新たな次元へ広がってゆく。
9:5 When a virtual school instructor posts a question on an online discussion board, students are given a certain number of days in which to respond.
9:5 バーチャル=スクールの教員がオンライン上の討論用掲示板に質問を掲示すると、生徒は返答
するまでの期間を何日か与えられる。

9:6 For many introverted students, this type of discussion [16](1. rejects 2. revives 3. represents) a first opportunity to “speak up” in class.
9:6内向的な生徒の多くにとって、このタイプの討論はクラスで「声を上げる」最初の機会とな
る。
9:7 Also, the fact that classmates cannot see each other promotes the participation of students who are socially marginalized for one reason or another.
9:7 また、クラスメートが互いの姿を見られないという事実は、何らかの理由により社会的に周辺
的な地位に追いやられた生徒の参加を促すことになる。
9:8 Finally, because the discussions do not take place in [17](1. broadband 2.cyberspace 3. real time), non native speakers have the extra time they need to contemplate questions and contribute their points of view.
9:8 そして最後に、議論が即時応答の形式で行われないため、母国語の異なる者にとっては、質問
を熟考して自分の観点を述べるのに必要な時間的余裕が生まれる。

[24] According to the article, which of the following types of students can online discussions benefit the most?
1. Extroverted students.
2. Non native speakers.
3. Students with fast Internet access.
4. Students in the U.S. and Europe.

・解答 [24]―2
本文によると、オンラインの議論が最も利益を与えるのは、次の生徒のタイプのうちのどれか
1 外向的な生徒
2 母国語がそれとは異なる人
3 インターネットに高速でアクセスできる生徒
4 欧米に住む生徒
>[24]「本文によると、オンラインの議論が最も利益を与えるのは、次の生徒のタイプのうちの どれか」という質問に答える。本文に記述があるのは1と2のみ。1の「外向的な生徒」について は、オンラインではない旧来の学校で議論の場を支配していたのだから、オンライン化によって それほど大きな利益を得たとは言えない。2の「母国語がそれとは異なる人」については、9:8
(Finally, because the discussions…)に「母国語の異なる者は質問を熟考して自分の観点を述べ るのに必要な余分の時間を得る(=時間的余裕ができる)」とありオンライン化によって利益を 得られると断言できる。contemplate「熟考する」contribute their points of view「自分の観点を述 べる」

■第10段落
10:1 Supporters of virtual schooling also argue that, while virtual Schools may not be for everyone, they play an [18](1. questionable 2. trivial 3. vital) role as policy levers in contemporary educational politics.
10:1 バーチャル教育の支持者らはまた、バーチャル=スクールが万人向けではないにしろ、現代
の教育行政における政策手段として重要な役割を果たすものだ、と主張している。
10:2 Their very presence and proliferation continue to challenge the status quo on issues of instructional equality, the quality of teaching, and the way schools are organized to deliver services.

10:2 それらがまさしく存在し、急増していることは、教育の平等、授業の質、そしてサービス供 給のために学校がどう編成されるかという問題に関する現状に異議を唱え続けるであろう。

[26] In the 10th paragraph, “lever” is intended to mean
1. an instrument used to prevent change within a system.
2. a compromise offered in order to reach consensus.
3. a means of maintaining the status quo.
4. a means of promoting reform.

・解答 [26]―4
第10段落で、“lever”は次のうちどのような意味で用いられているか
1 組織の中の変化を妨げるために用いられる道具
2 合意に至るために示される妥協案
3 現状を維持する手段
4 改革を促進する手段
>[26]このleverは「手段」という意味。policy levers in contemporary educational politicsとは
「現代の教育行政における政策手段」であり、さらにその次の文に「現状に異議を唱える
(challenge the status quo)」とあることから、4の「改革を促進する手段」が正解。 1は「組織の中の変化を妨げるために用いられる道具」、2は「合意に至るために示される妥協 案」、3は「現状を維持する手段」で、いずれも4のような積極的な意味はない。なおstatus quoは 連語で「現状」という意味。

■第4段落
4:1 It is questionable whether these statistics themselves necessarily represent a problem.
4:1 これらの統計の数字そのものが、必ずや問題を表しているのかどうかについては疑問の余地が ある。
4:2 It is true that the [36](1 . better 2. more . very) size of the cities and the high proportion of the world’s population living within them will inevitably intensify problems, which will include the intensive use of resources such as land, water and energy, the overstretching of infrastructure, poor sanitation and health, and social and economic inequalities.
4:2確かに、都市の大きさそのものや世界の人口の都市居住率が高いことは、必然的に問題を大き
くするであろうし、それには土地・水・エネルギーなどの資源の集中的使用、インフラの過剰な 広がり、公衆衛生や健康状態の悪化、社会的・経済的不平等が含まれるであろう。
4:3 The more serious problem, however, is concerned with [37](1. affluent 2. broad 3. simple) lifestyles and wasteful use of land, both in developed and developing countries, which result [38](1. as 2. in 3. to) a disproportionate use of resources and urban forms that are often unsustainable.
4:3 しかしながら、より深刻な問題は先進国・発展途上国の両方における豊かな生活様式や土地の 無駄な使い方に関係があり、それらは結果として偏った資源の使用や、持続不可能になることが 多い都市形態を生み出している。

4:4 For example, commercial enterprises outside cities such as the ubiquitous shopping mall are likely to cause most waste, pollution and harmful emissions.
4:4 たとえば、至る所にあるショッピングセンターのような郊外の商業的事業は、最も多くのご
み、汚染、有害な排出物を発生させる可能性が高い。
4:5 Also the lifestyles of those living in low-density suburban areas on the periphery will be responsible [39](1. by 2. for 3. to) the consumption of more resources than those with similar incomes living in cities.
4:5 また、都市周辺部の、人口密度の低い郊外に住む人々の生活様式も、「都市に住む同じくらい の収入の人々」よりも多くの資源を消費する原因になるであろう。
[54] Which of the following statements is the main idea of the 4th paragraph?
1. The high proportion of the world’s population living within cities will inevitably intensify problems.
2. Commercial enterprises should not locate outside cities because they are the main causes of waste, pollution and harmful emissions.
3. The lifestyles of people living in low density suburban areas consume less resources.
4. Luxurious lifestyles and use of land and resources are not sustainable.

・解答 [54]―4
>[54]「次の記述のうち、第4段の主な論点であるのはどれか」 1.「都市部に住む世界の人口の比率が高いことは、必然的に問題を大きくする」
2.「ごみ、汚染、有害排出物の主な原因となるので、商業的事業は郊外で始めるべきではない」 (locate「~で事業を始める」) 3.「人口密度が低い郊外に住む人々の生活様式では、資源の消費は少ない
4.「ぜいたくな生活様式やぜいたくな土地・資源の利用は持続できない」
「しかしながら」以下は筆者の主張が強い内容であるので注目すべき文章である。1の内容は同段 第2文(It is……)に書かれているが、続く第3文で「しかしながら、より深刻な問題は先進国・発 展途上国の両方における豊かな生活様式や土地の無駄な使い方に関係がある(The more …… countries)」と述べられ、それが「持続不可能な(unsustainable)」都市形態につながるとして おり、4の内容に主眼が置かれていることがわかる。また、2は第4文(For example,……)で一例 としてあげられているにすぎず、主たる論点、とは言えない。3は最終文(Also……)の内容に一 致しない。

[55] In the 4th paragraph, the term “ubiquitous shopping mall’ refers to
1. the large department store with all sorts of goods in a city center.
2. the large shopping center with a vast parking space located in a suburban area.
3. the shopping district neighboring an urban residential area.
4. ecommerce using online shopping websites.

・解答 [55]―2
>[55]「第4段の『至る所にあるショッピングセンタ-』という言葉は…のことを述べたもので ある」(ubiquitous「(同時に)至る所にある」) 1.「都市の中心にある、あらゆる種類の商品を備えた大きなデパート」
2.「郊外に位置する、大駐車場をそなえた大型のショッピングセンター」
3.「都市の居住地に隣接するショッピング区域」
4.「インターネットのショッピング・サイトを用いた電子商取引」
同段第4文(For example, ……)に「都市の外側(outside cities)」とあり、またそれらが「有害な排
出物(harmful emissions)」の原因となる、とあることから、2が正解。

■第6段落
6:1 There is a strong [43](1. barrier 2. force 3. link) between urban form and sustainable development, but it is not simple and straightforward.
6:1都市形態と持続可能な発展との間には強い結びつきがあるが、それは単純でわかりやすいもの
ではない。

6:2 It has been suggested that a sustainable city must be of a form and scale appropriate to walking, cycling and efficient public transport, and with a compactness that encourages social interaction.
6:2持続可能な都市とは、歩いたり自転車に乗ったりすることや効率的な公共交通機関にちょうど
よしまた社会的相互作用を促進する密集性を備えた形態と規模のものでなければならない、とい うことが言われてきている。
6:3 Some other proponents have suggested forms with large concentrated centers, those with decentralized but compact settlements linked by public transport systems, or those with a set of self-sufficient communities based on development strategies [44](1. for 2. On 3. To) dispersion.
6:3 また別の提唱者らは、集中化された大きな中心部を持つ形態、分散しているがそれぞれが公共
交通機関で結ぼれた、コンパクトな居住地を持つ形態、あるいは分散化のための開発計画に基づ いたひとそろいの自給自足コミュニティを備えた形態を提案している。

[57] Which of the following forms of a city with a population of 1 million people matches the idea of “decentralized but compact settlements linked by public transport systems” in the 6th paragraph?
1. A city with one compact settlement, in which mass transit systems are well developed.
2. A city with two compact settlements with 500,000 people, which are connected by a highway for private automobiles.
3. A city with three compact settlements with about 330,000 people, which are connected by a highway network for private cars.
4. A city with four compact settlements with 250,000 people, which are connected by mass transit systems.

・解答 [57]―4
>[57]「次にあげる100万の人口を持つ都市の形態のうち、第6段の『分散しているがそれぞれ が公共交通機関で結ぼれた、コンパクトな居住地』という概念に合うものはどれか」 1.「1つのコンパクトな居住地を持ち、大量輸送システムが十分発達している都市」
2.「50万人を有する2つのコンパクトな居住地を持ち、それらが自家用車用の幹線道路で結ぼれて いる都市」 3.「約33万人を有する3つのコンパクトな居住地を持ち、それらが自家用車用の幹線道路網で結ぼ れている都市」 4.「25万人を有する4つのコンパクトな居住地を持ち、それらが大量輸送システムで結ぼれている 都市」
同段最終文(Some other……)には「分散化されて(decentralized)」いて、しかも「公共交通機関
で結ばれている(linked by public transport)」とあるので、4が正解。「大量輸送システム(mass transit system)」とは、たとえば都心の地下鉄などを指す。

■第2段落
2:1 A new animal appeared on the planet, spreading slowly out from the African heartland. 2:1新しい動物がこの惑星に現れ、アフリカ中央部からゆっくりと外へ広がっていった。
2:2 It was still so rare that a hasty census might have overlooked it, among the teeming billions of creatures roving over land and sea.
2:2 まだ非常に希少なものだったので、何十億ものおびただしい数の生物が陸や海をうろついてい
る中では、せっかちな調査ならそれを見逃していたかもしれない。
2:3 There was no evidence, as yet, that it would prosper or even survive;
2:3 その動物が繁栄する、あるいは生き延びるということさえも、その確証はまだなかった。

2:4 in this world where so many mightier beasts had passed [1](1. away 2. off 3. Out), its fate still wavered in the balance
2:4 より強力な動物でさえ非常に多数が死に絶えているこの世界では、その運命はまだどっちつか
ずの状態で揺れ動いていた。
[21] What is the meaning of the statement “its fate still wavered in the balance” in the 2nd paragraph?
1. It was uncertain whether the new animal would survive.
2. Two or three groups of animals might take over the earth.
3. The form of animal life was unpredictable.
4. Two different animal groups took turns as animal kings.

・解説 [21]―1
>[21]「第2段の『その運命はまだどっちつかずの状態で揺れ動いていた』という記述はどうい う意味か」
1.「その新しい動物が生き延びるかどうかは定かでなかった」
2.「2、3の動物の集団が地球を支配するかもしれない」
3.「動物の生命形態は予測不可能だった」
4.「2つの異なる動物集団が交互に動物の王者になった」
第二段落からa new animalの話題に入っている。「その動物が繁栄する、あるいは生き延びるとい
うことさえも、その確証はまだなかった」「より強力な動物でさえ非常に多数が死に絶えている この世界では」とあるので、「新しい動物が生き延びる確証はなかった」ということが読み取れ る。 2は2,3の動物の話ではないので不適。3は生命形態の話題ではないので不適。4は2つの異
なる~の記述はないので不適。
fate「運命」waver「揺れる」in the balance「どっちつかずの、不安定な状態で」

■第8段落
8:1 When the ice had passed, [11](1. now 2. SO 3. Then) had much of the planets early life including the manages.
8:1氷河が消えた時には、地球上に早くからあった生命―猿人も含めて―の多くもまた死に絶えて
いた。
8:2 But, unlike so many others, they had left descendants;
8:2 しかし、他の多くの生物と違い、彼らは子孫を残した。
8:3 they had not merely become extinct they had been transformed.
8:3 つまり単に絶滅しかけたのではなく、変質したのである。
8:4 The toolmakers had been remade by their own tools.
8:4 道具を作る者は、自らの道具によって再生したのである。
■第9段落
9:1 For in using clubs and flints, their hands had developed a [12](1. clumsiness 2. dexterity 3. sloppiness) found nowhere else in the animal kingdom, permitting them to make still better tools, which in turn had developed their limbs and brains yet further.
9:1 というのも、こん棒や火打ち石を使用するうち、彼らの手は動物たちの王国の他のどこにもみ
られない器用さを発達させ、さらにすぐれた道具を作れるようになり、その結果、手足や脳がさ らに発達したからである。
9:2 It was an accelerating, cumulative process; and [13] (1. at 2. in 3. of) its end was Man. 9:2 それは加速度的で累積的なプロセスであり、その終点には人類がいた。

[23] Which of the following is the intended meaning of the statement “the toolmakers had been remade by their own tools” in the 8th paragraph?
1. People were classified by the tools they made.
2. Man-apes continued making new tools.
3. Man-apes evolved into humans.

4. New tools were produced by old tools.
・解説 [23]―3
>[23]「第8段の『道具を作る者は、自らの道具によって再生したのである』という記述が意図 している意味は、次のうちどれか」
1.「人は自ら作った道具によって分類された」
2.「猿人は新しい道具を作り続けた」
3.「猿人はヒトへと進化した」
4.「新しい道具が古い道具によって作られた」
次の段落で、道具を使うことによって「手足や脳をさらに発達させ(had developed their limbs and
brains yet further)」、そのプロセスの「終点には人類がいた(at its end was Man)」とあることから 3が正解。

■第10段落
10:1 The first true humans had tools and weapons only a little better than those of their ancestor’s a million years earlier, but they could use them with far greater skill.
10:1最初の真の人間が持っていた道具や武器は、100万年前の祖先が持っていたものよりほんのわ
ずかによい程度のものだったが、それらをはるかに高度な技術で使用することができた。
10:2 And somewhere in these shadowy centuries they invented the most essential tool [14](1. at 2. in 3. of) all, though it could be neither seen nor touched.
10:2 また、これらの謎に包まれた世紀のどこかで、彼らはあらゆるものの中で最も重要な道具を
発明した。もっとも、それを見たりさわったりすることはできなかったが。
10:3 They learned to speak, and so won their first great victory over Time. 10:3彼らは話すことを覚え、そして時間というものに対して最初の大勝利をおさめた。
10:4 Now the knowledge of one generation could be handed on to the next, so that each age could [15](1.escape 2. profit 3. suffer) from those that had gone before.
10:4今や、ある世代の知識は次の世代に引き継ぐことができるようになり、その結果どの時代
も、過ぎ去った時代から利益を得ることができた。

10:5 Unlike the animals, who knew only the present, humans acquired a past;
10:5現在のことしか知らない動物とは違い、人間は過去を得た。
10:6 and they were beginning to [16](1. come 2.grope 3. vanish) toward a future.
10:6 そして未来に向けて手探りを始めようとしていた。
[24] What made it possible for humans to acquire a past?
1. Historical accidents.
2. Language.
3. Papyrus.
4. Time.

・解説 [24]―2
>[24]「人間が過去を得ることを可能にしたものは何か」 1.「歴史的な出来事」
2.「言語」
3.「パピルス」
4.「時間」
第10段最終文(Unlike the animals,……)に「過去を得た(acquired a past)」とあるが、それは明ら
かに同段第3文の「彼らは話すことを覚えた(They learned to speak)」ことが理由であり、2が正 解。
Acquire「得る、獲得する」

■第11段落
11:1 Humans were also learning to harness the forces of nature;

11:1人間はまた、自然の力を利用することを覚えつつあった。
11:2 with the taming of fire, they laid the foundations of technology and left their animal origins far behind.
11:2火を使いこなすことにより、科学技術の基礎を築き、動物としての起源をはるか後方へ置き去
りにした。
11:3 Stone gave [17](1. merit 2. birth 3. way) to bronze, and then to iron.
11:3石は青銅に、そして鉄に取って代わられた。
11:4 Hunting was succeeded by agriculture.
11:4狩猟についで農業が起こった。
11:5 The tribe grew into the village, the village into the town.
11:5部族は村へと成長し、村は町へと成長した。
11:6 Speech became eternal, [18] (1. more 2. relative 3. thanks) to certain marks on stone and clay and papyrus.
11:6石や粘土やパピルスに残されたある種の印のおかげで、言葉は永遠のものとなった。
11:7 Presently they invented philosophy, and religion.
11:7間もなくすると彼らは哲学や宗教を発明した。
11:8 And they peopled the sky, not altogether inaccurately, with gods.
11:8 また彼らは、全くでたらめにではなく、空に神々を住まわせた。

[25] What does the author mean by the statement “they peopled the sky … with gods” in the 11th paragraph?
1. Humans separated politics and religion.
2. Humans traced the figures of gods in the constellations.
3. Humans developed politics based on astrology.
4. Humans fostered a philosophy based on mythology.

・解説 [25]―2
>[25]「第11段の『彼らは空に……神々を住まわせた』という記述によって、筆者は何を意味し ているのか」
1.「人間は政治と宗教を区別した」
2.「人間は神々の姿を星座の中にたどった」
3.「人間は占星術に基づいて政治を発達させた」
4.「人間は神話に基づいて一つの哲学を作り上げていった」
1と3は、政治の記述はないので不適。4は神話(宗教)と哲学の関連を述べているが、文中に
「彼らは哲学や宗教を発明した」とあり、両者の関係を述べた内容はないので不適。日本語訳で も遠まわしな言い回しだが、消去法からも2が正解。
people A with B〔人〕で「AにB〔人〕を住まわせる」の意味。

■第13段落
13:1 Without these weapons, though they often used them against themselves, humans would never have conquered their world.
13:1 しばしば人間自身に対して用いられたとはいえ、もしこれらの武器がなかったならば、人間
は決して世界を征服することはなかったであろう。
13:2 Into their weapons they put their heart and soul, and for ages the weapons served them well.
13:2彼らは自分たちの武器に全身全霊を注ぎ込み、そして長きにわたって武器は十分に彼らに尽く
した。
13:3 But now, as long as weapons existed, humans were living on borrowed time.
13:3 しかし今や、武器が存在する限り人間はかろうじて生き長らえているという状態にあった。

[28] What does the author mean by the statement “they often used them against themselves” in the 13th paragraph?
1. By misusing tools, humans destroyed them.
2. Humans were not able to maximize their power.
3. Humans were not able to conquer the forces of nature.
4. Humans fought each other.

・解説 [28]―4
>[28]「第13段の『彼らはそれらを自分(人間)自身に対してしばしば用いた』との記述で、
筆者が言おうとしていることは何か」 1.「道具の誤った使用により、人間がそれらを壊した」
2.「人間は自分の力を最大限に利用することができなかった」
3.「人間は自然の力を征服することができなかった」
4.「人間は戦い合った」
本文該当箇所においてtheyは主節の主語humans, themは直前のthese weaponsを指しており、「人間
が武器を人間自身に対して用いた」という意味になるので、4が正解。

[29] The statement “humans were living on borrowed time” in the 13th paragraph indicates that
1. humans were obliged to return time to the lender someday.
2. time could be reversed.
3. the human race might come to an end.
4. the human rule over time was simply accidental.

・解説 [29]―3
>[29]「第13段の『人間はかろうじて生き長らえているという状態にあった』という記述は…… ということを指している」
1.「人間はいつか時間を、貸した人に返さなければならなかった」
2.「時間はひっくり返すことができた」
3.「人類は滅びるかもしれなかった」
4.「時聞に対する人間の支配は偶然のものにすぎなかった」
be living on borrowed timeとは「やっと生き長らえている、死を間近にしている」の意味の慣用表
現。したがって、3が正解。

■第1段落
1:1 If we look at the languages spoken in the world today, we notice wide differences in the use to which they are put.
1:1今日世界で話されている言語をみてみれば、それらの使われ方に大きな違いがあるのに気づ
く。
1:2 Most languages are the first language of some community and serve the everyday functions of that community perfectly well.
1:2 ほとんどの言語が、ある社会の第一言語であり、その社会で日常的な機能を完璧に果たしてい
る。
1:3 On the other hand, some languages have wider functions than that of everyday communication and are used as official languages in the administration of whole nations.
1:3他方、日常的な意思伝達以上の幅広い機能を果たし、国全体の行政において公用語として使わ
れているものもある。
1:4 Yet other languages enjoy an international role. 1:4国際的な役割をもっている言語さえある。
1:5 English, for instance, is the language of international air traffic, business communication, and scientific publication, and is the lingua franca of tourism.
1:5 たとえば、英語は国際航空交通や、商業通信、科学出版物の用語であり、観光の国際共通語で
ある。

1:6 [1](1. Fortunately 2. Unfortunately 3. Hopefully), the differences in the roles that languages play frequently lead some people to believe that some languages which do not fulfill a wide range of functions are in fact incapable of doing so.
1:6不運にも、言語が果たす役割の違いのため、広汎な機能を果たしていない言語のいくつかに
は、実際それをできる能力がないのだと信じてしまう人々もいる。
1:7 In the view of some people, some languages are just not good enough.
1:7 まったく不十分な言語もあるという見方をする人もいる。
[21] The term ‘lingua franca’ as used in the 1st paragraph means
1. the language spoken by the descendants of European settlers in South America.
2. the language peculiar to an occupational group or a particular social class.
3. a simplified form of speech, usually a mixture of two or more languages.
4. a language used as a medium of communication between speakers of different languages.

・解答 [21]―4
>[21]「第1段で使われているような『国際共通語』という言葉が意味しているのは…」 1.「南アメリカにいるヨーロッパ人移入民の子孫によって話されている語」
2.「職業集団か、特定の社会階級に特有の言語」
3.「単純化された話し言葉で、たいてい2種かそれ以上の言語の混合物」
4.「様々な言語の話者の間の意思伝達の手段として使われる言語」
第1段第5文(English, for instance,…)に「英語は…観光のlingua francaだ」とあるので、英語の性質を 述べるものとしてふさわしくなければいけない。1は「ポルトガル語やスペイン語」のことであろ うし、2は「専門用語」の、3はクレオールやピジンの説明といえるだろうが、英語の説明ではな い。4は、「(国際)観光」に使われる言語の説明として、ふさわしい。

■第2段落
2:1 This sort of opinion is often seen in societies where a minority language is spoken alongside a major language.
2:1 この種の意見はしばしば、主要言語と並んで少数言語が話されている社会にみられる。
2:2 Consider the situation of Maori, the [2] (1. indigenous 2. Inevitable 3. Institutional) language of New Zealand.
2:2 ニュージーランドの現地語、マオリ語の状況を考えてみよう。
2:3 Linguists estimate that English is the native language of some 95 percent of the New Zealand population and the only language of about 90 percent.
2:3言語学者は、英語がニュージーランドの人口の約95%の母国語であり、約90%の人々にとって
唯一の言語であると見積もっている。
2:4 People who identify themselves as Maori [3] (1. come out 2. make up 3. sum up) about 12 percent of the New Zealand population of just over 3 million.
2:4自分をマオリ人だとみなす人々は、300万をわずかに越えるニュージーランドの人口の約12%を
占める。

2:5 Although the Maori language is regarded as an important part of identity as a Maori, it is spoken fluently by only 30,000 people.
2:5 マオリ語はマオリ人の独自性の重要部分であるとみなされているとはいえ、それを流陽に話す
のは、ほんの3万人に過ぎない。
[22] The figures given in the 2paragraph of this article indicate that
1. less than 10 percent of the Maori population speaks the Maori language fluently.
2. about 20 percent the Maori population speaks the Maori language fluently.
3. about 12 percent of the Maori population has never learned to speak the Maori language.
4. just over 3 million people identify themselves as the speakers of the Maori language.

・解答 [22]―1
>[22]「この論文の第2段で与えられている数字は、…を示している」 1.「マオリ語を流幌易に話す人々は、マオリ族の人口の10%に満たない」

2.「マオリ族の人口の約20%がマオリ語を流陽に話す」
3.「マオリ族の人口の約12%がマオリ語を話すことができるようになったことは一度もない」
4.「300万をわずかに越える人々が自分をマオリ語の話者であるとみなしている」
第2段第4文(People who identify…)から、マオリ族の人口は300万人の約12%であるから、36万人程度
であることがわかる。同段最終文(Although the Maori…)から、マオリ語が流陽に話せるのは3万人。 その比率は1割(3万6千)に満たない。よって1が正解。
■第3段落
3:1 Over the last twenty years, there have been a number of initiatives in the areas of politics, education and broadcasting to try to use Maori and, [4] (1. by the way 2. in addition 3. as a result), it is now an official language of New Zealand.
3:1過去20年にわたって、政治、教育、放送の分野でマオリ語を使おうという発案が何度もなされ
てきたのであり、その結果、マオリ語はニュージーランドの公用語になっている。
3:2 As these initiatives have progressed, however, some people have begun to express the view that Maori is simply not capable of being used as an official language.
3:2 しかし、このような発案が進展するにつれて、マオリ語は公用語として使うことはまったくで きないという見解を表明する人が出始めた。
3:3 This kind of opinion, in fact, is not based on logic.
3:3実は、この種の意見は、論理的な根拠がない。
3:4 I recall a comment in a New Zealand newspaper, which tried to [5] (1. make 2. see 3. show) the point that Maori was no good as a language because it had to borrow words from English in order to express new ideas.

張しようとしていた。
3:5 English, [6] (1. on the one hand 2. on the other hand 3. On top of that), was a very flexible and vital language because it had throughout its history been able to draw resources from many other languages to express new ideas.
3:5一方、英語は歴史を通じて、新概念を表現するために、他の多くの言語から糧を得てきたがゆ
えに、きわめて柔軟で生き生きした言語であるというのだ。
[23] The author of this article refers to a comment in a New Zealand newspaper in order to show that
1. people should be allowed to express their opinions no matter how illogical they may be.
2. the comment is invalid because of the apparent contradictions involved.
3. Maori is superior to English in term of flexibility and vitality.
4. English is superior to Maori in terms of flexibility and vitality.

・解答 [23]―2
>[23]「この論文の著者がニュージーランドの新聞に載った意見に言及しているのは…を示すため である」 1.「どんなに非論理的であっても、人々は自分の意見を表現することが許されるべきである」
2.「その意見は、明白な矛盾が含まれているがゆえに、説得力がない」
3.「マオリ語は柔軟性と活力という観点からは、英語に勝る」
4.「英語は、柔軟性と活力という観点からは、マオリ語に勝る」
「ニュージーランドの新聞に載った意見」について記述があるのは第3段第4文(I recall a comment…)である。この意見は、その直前にあるように、「論理的な根拠がない」具体例だと考 えることができる。「マオリ語が英語から言葉を借り入れなければならないから、言語として不 十分」であるといっているが、同時に「英語は他の言語より言葉を借り入れてきたから、柔軟で 活力のある言語である」といっている。これは明らかな矛盾である。よって、2が正解。

■第4段落

4:1 Now let’s look at the ways in which languages are supposed to be inadequate.
4:1 では、どのようにして言語が不十分であると考えられるのかをみてみよう。
4:2 In some instances, it is features of the structure of a language which are picked on as the reason why another language is to be [7] (1. preferred 2. provoked 3. supported) for a particular function.
4:2 いくつかの事例では、言語の構造の特徴こそが、別の言語が特定の機能を果たすには好ましい
理由として選ばれる。
4:3 In Switzerland, some people speak Romansh, a language descended from Latin, although German has been making inroads for centuries.
4:3 スイスでは、ドイツ語が何世紀間も侵食し続けてきたにもかかわらず、ラテン語に由来するロ マンシュ語を話す人々がいる。
4:4 [8] (1. As for 2. As with 3. As regards) Maori, there has been a [9] (1. play 2. push 3. pick) in recent decades to increase the areas of life and activity in which Romansh is used.
4:4 マオリ語と同様に、最近数十年間にロマンシユ語を使う生活や活動の場を増やそうと推進され てきた。

4:5 Now, German is a language which can very easily combine words into ‘compounds’.
4:5 ところで、ドイツ語は単語を結合して「複合語」にすることがきわめてたやすくできる言語で ある。
4:6 Romansh is a language which cannot do this so readily and [10] (1. instead 2. furthermore. additionally) uses phrases as a way of combining ideas.
4:6 ロマンシュ語は、そうたやすくはできないので、代わりに句を用いて概念を結合する言語であ る。
4:7 Some speakers of Romansh believe that Romansh is not good enough to be used in really technical areas of life because ‘German is able to construct clearly defined single words for technical ideas, Romansh is not’.
4:7 「ドイツ語は専門的な概念を表すはっきり定義された単一語を作ることができるが、ロマン シュ語はできない」からロマンシュ語は生活の真に専門的な領域で使うには不十分であると信じ ているロマンシュ語の話者もいる。
4:8 This notion ignores the fact that other languages such as French and Italian are in exactly the same boat as Romansh, yet obviously have no problem in being precise in technical areas.
4:8 この考え方は他のフランス語やイタリア語のような言語もロマンシュ語とまったく同じ苦境に ありながら専門領域における精密さに何の問題もないことを無視している。

[24] Which of the following best represents the authors view on Romansh? 1. More people should speak Romansh because it is a language descended from Latin.
2. Romansh is defective as a language in the sense that it lacks the expressive power that German has.
3. Romansh’s inability to form compounds has prevented it from becoming a major language such as German.
4. Romansh is potentially just as good as German in expressing technical ideas.

・解答 [24]―4
>[24]「次のうちで、著者のロマンシュ語に関する見解を最もよく表しているものはどれか」 1.「ロマンシュ語を話す人が増えるべきである。なぜならそれはラテン語に由来する言語だから である」 2.「ロマンシュ語は、ドイツ語がもつ表現力を欠いているという意味で言語として欠陥がある」
3.「ロマンシュ語では複合語を作れないために、ドイツ語のような主要言語にはなれなかった
4.「ロマンシュ語は専門的な概念を表現するのに、ドイツ語と同じだけの潜在能力がある」 ロマンシュ語に関しては、第4段に記述があって、著者の見解はその最終文(This notion ignores…) に端的に表れている。そこには、フランス語とイタリア語を引き合いに出して、ロマンシュ語が ドイツ語と遜色ないのは、フランス語やイタリア語がドイツ語に劣らないのと同じだという著者 の考えが表れている。
選択肢の中で、そのような主旨になっているのは、4である。

[25] In the 4th paragraph, the author states that “other languages such as French and Italian are in exactly the same boat as Romansh.” What does he mean by this?
1. The fate of Romansh is the same as that of French and Italian.
2. The Social and cultural conditions surrounding Romansh are the same as those of French and Italian.
3. French and Italian cannot readily combine words into compounds, just like Romansh.
4. French and Italian have a way to form compounds easily just like Romansh.

・解答 [25]―3
>[25]「第4段で、著者は『他のフランス語やイタリア語のような言語もロマンシュ語とまったく同 じ苦境にある』と述べる。これによって著者が言おうとしていることは何か」 1.「ロマンシュ語の運命はフランス語やイタリア語と同じである」
2.「ロマンシュ語を取り巻く社会的、文化的な状況は、フランス語やイタリア語と同じである」
3.「フランス語とイタリア語が、すぐに単語を複合語にできないのはロマンシュ語とまったく同 じである」 4.「フランス語とイタリア語には、ロマンシュ語とちょうど同じように複合語をすぐに作り上げ る手段がある」
語句の理解、知識と、指示内容に関する設問である。be in the same boat asは「と同じ苦境にある」
という意味の慣用表現。「同じ苦境」とはどのような立場か、が問われている。ここでは、「複 合語をすぐに作れない」という言語的な性質であることは第4段後半の記述から読み取れる。よっ て正解は3である。1はfate「運命」が誤り。2は「社会的、文化的状況」が誤り。4は「複合語をす ぐに作れる」が誤り。

■第6段落
6:1 However, this view confuses a feature of languages which is due just to their history with an [13] (1. insistent 2. inherent 3. initial) property of languages.
6:1 しかし、この見解はその言語の歴史だけに起因する特徴と、その言語に固有の特徴とを混同し
ている。
6:2 That is, this opinion concludes that because there has been no occasion or need to discuss, for arguments sake, nuclear physics in Maori; it could never be done because of some inherent fault in Maori.
6:2 すなわち、議論を進めるためにいうと、この意見は、マオリ語で核物理学を論じる機会や必要
がこれまでなかったからだと結論づけ、マオリ語に固有の欠陥のせいでそれを決して議論するこ とができないとするのである。

6:3 A little thought, however, will show that this argument cannot be maintained.
6:3 しかし、少し考えてみれば、この議論が支持できないとわかるだろう。
6:4 Computers were not discussed in Old English;
6:4古英語でコンピュータは論じられなかった。
6:5 Modern English is the same language as Old English, only later;
6:5近代英語は古英語と同じものであって、時期が新しいというに過ぎない。
6:6 it should follow that Modern English cannot be used to discuss computers.
6:6 だから、近代英語はコンピュータを論じるのに使うことはできないということになるはずであ る。
6:7 This is clearly [14] (1. assertive 2. absurd 3.appropriate).
6:7 これは明らかにばかげている。
6:8 What of course has happened is that through time English has developed the resources necessary to the discussion of computers and very many other topics which were simply unknown in earlier times.
6:8 もちろん実際には英語はずっとコンピュータやその他、昔はまったく知られていなかったきわ
めて多くの話題の議論に不可欠な資源を開発してきたのだ。

6:9 And ‘developed’ is the crucial word in this matter.

6:9 また、「開発した」というのはこの問題では大変重要な言葉である。
6:10 English expanded its vocabulary in a variety of ways so as to meet the new [15] (1.demands
2. supply 3. necessity) being made of it.
6:10英語は発展により生じている新たな需要を満たすために様々な方法でその語いを拡大してき
た。
6:11 All languages are capable of the same types of expansion of vocabulary to deal with whatever new areas of life their speakers need to talk about.
6:11 すべての言語は同じように語いを拡大して、話し手が話題にする必要がある新しい生活領域
がどのようなものであれ、それに対処することができるのである。

[26] If a certain language lacks the vocabulary needed to discuss technical matters, the author would argue that
1. there are some essential factors which prevent the language from dealing with technical matters.
2. it just happened that there has been no need in history for the language to develop such vocabulary.
3. the speakers of the language have not reached a certain level of maturity which allows for intellectual discussion.
4. it is a historical fact that there is no way to compensate for the lack of vocabulary.

・解答 [26]―2
>[26]「専門的な問題を論じるのに必要な語いが、ある言語に欠けているなら、著者は…と論じる であろう」
1.「その言語が専門的な問題を論じるのを妨げる、根本的な要因がある」
2.「たまたま、歴史的にその言語がそうした語いを生み出す必要はなかったというだけである」
3.「その言語の話者は、知的な議論ができるようになるだけの一定の成熟度に達しなかった」
4.「語いの欠如を埋め合わせる方法はないというのは、歴史的な事実である」「専門用語の欠 如」に関する議論は、第6段でなされる。第6段冒頭にその欠如が「歴史に起因する」ものだと論 じている。そして「その欠如が言語固有の特徴と考えるのは誤りだ」と、論を進めている。そう した本文の論旨を的確に把握すれば、正解は2だと決められる。

■第8段落
8:1 However, this is by [16] (1. all 2. some 3. no) means the only way in which a language can develop its vocabulary;
8:1 しかしながら、これは決して言語がその語いを拡大する唯一の手段ではないのである。
8:2 there are many cases where the vocabulary of a language is developed from within, that is, by using its own existing resources.
8:2言語の語いが「内部から」、すなわち、自分自身の現存資源を利用することによって発達する
数多くの事例がある。
8:3 One of the reasons why a languages own resources may be used in the expansion of its vocabulary is that a writer wants his/her work to be readily understood by its intended audience, who might be [17](1. put on 2. put off 3. pulled off) by too much borrowing.
8:3言語自身の資源がその語い拡大に利用される理由の1つは、作家が自分の作品を、対象とする読
み手にたやすく理解してもらいたいと思うからであり、読み手は借用が多すぎれば、嫌気がさして
しまうかもしれない。
8:4 This is what Cicero* did.
8:4 こうしたことを、キケロがやってのけたのだった。
8:5 In order to write in Latin about the ideas of Greek philosophy, he developed a Latin vocabulary which corresponded to the ideas he wanted to put [18(] 1. away 2. down 3. across).
8:5 ラテン語でギリシャ哲学の思想のことを書くために、彼は自分が理解してもらいたかった思想
に対応するラテン語の語いを生み出したのだった。

8:6 An example of this was his use of the Latin word ratio to mean ‘reason’, a usage which has come down to us today in English.
8:6 この一例として、彼はラテン語のratioという語を「理性」を意味するように用いたのであり、 その用法は今日まで英語に受け継がれている。
8:7 He also invented new words made up of Latin elements:
8:7 また彼は、ラテン語の要素からなる新語も造った。

8:8 for instance, the word qualitas, which became ‘quality’ in English, was [19] (1. coined 2.
depicted 3. designated) by Cicero to correspond to a Greek idea.
8:8 たとえば、qualitasという、英語ではqualityとなった語は、ギリシャの念に対応するようにキ
ケロによって造語されたのだった。
8:9 Thus, he composed his philosophical works in Latin partly to make Greek philosophy available to a Latin-speaking audience, but also partly to show that it could be done.
8:9 こうして、彼がラテン語で自分の哲学の著作を書いたのは、1つにはラテン語の話し手である 読者がギリシャ哲学を理解できるようにするためであったが、また1つには、それができるという ことを示すためだった。
8:10 This was because some of his contemporaries were skeptical about the possibility of Latin being able to express the ideas of the Greeks!
8:10 それは、彼の同時代人にはギリシャの思想をラテン語が表現できる可能性に懐疑的だった人 がいたからだったのだ。

[28] The attitude of Cicero’s contemporaries toward Latin would be considered absurd given the fact that
1. until recently Latin was restricted to certain uses within the Roman Catholic Church.
2. Latin was to become the language of scholarship, science, international diplomacy and literature for over a thousand years.
3. Latin is now used only by a few people to read the literature originally written in that language.
4. at the end of the Middle Ages, languages such as French, English, or Italian took over the functions that had previously been the domain of Latin.

・解答 [28]―2
>[28]「キケロと同時代の人々のラテン語に対する態度は…という事実を考慮すればばかげたもの だと考えられるだろう」 1.「最近までラテン語が使われるのはローマカトリック教会内部で、それもある程度だけに制限 されていた」 2.「ラテン語は千年以上も、学術、科学、国際外交、文学での言語となることができた」
3.「ラテン語はいまでは、元々その言語で書かれていた文献を読むために少数の人々によっての み、使われている」 4.「中世の終わりに、フランス語、英語、イタリア語といった言語が以前はラテン語の領域に属 していた役目を引き継いだ」
「キケロと同時代の人々のラテン語に対する態度」に関しては、第8段最終文に記述があり、「ギ リシャの思想をラテン語が表現できる可能性に懐疑的だった」のである。それがばかげていると いうことは、「ラテン語には他の言語の概念を表現する力がある」ということである。その結果 考えられるのは「ラテン語が広く受け入れられて、世界の主要言語となった」というラテン語に とって唯一プラスの事態を記述している2である。このような事実は本文には明瞭に記述されてい ないことに注意。

■第1段落
1:1 When and where did our species arise?
1:1我々の種は、いつどこで起こったのであろうか。
1:2 Over the past two decades molecular evolutionists have pursued this question.
1:2過去20年にわたり、分子進化論者らはこの疑問を追究してきた。

1:3 DNA evidence from the mitochondrion, an independent element inside every cell that acts as the “powerhouse” of the cell, has figured prominently in these studies, providing the raw data for producing evolutionary trees and molecular clocks to illustrate a theory of the development of diverse human populations.
1:3細胞の「発電所」として働く、すべての細胞の中で独立した構成要素であるミトコンドリアか
らのDNAの証拠が、これらの研究で顕著に現れており、そしてそれは、さまざまな人間の個体群 が発達したことについての理論を説明する進化の系図や分子時計を作るための、生のデータを提 供している。
1:4 The mitochondrial family tree of humans has suggested that our roots [1](1. started 2. lie 3.occurred) in Africa; but, so far, this theory have had only weak statistical support.
1:4 ミトコンドリアによる人間の家系図は、我々の起源がアフリカにあることを示唆している。し かしこれまでのところ、この理論は統計的な裏付けはわずかしかない。

1:5 Another theory is that modern humans arose simultaneously in different regions of the world.
1:5現代の人類は世界の異なる地域で同時に現れたとする説もある。
[21] Which of the following statements best summarizes the main point of the opening of this article?
1. The analysis of mtDNA has strongly suggested that the origin of modern human beings lies in Africa.
2. Before DNA research was introduced, researchers had shown that modern humans arose in Africa.
3. The family tree of humans was analyzed with statistical data from non human mitochondrial DNA.
4. The complete family tree is not clear due to the lack of statistical support from the raw data.

・解答 [21]―4
>[21]本文の冒頭部分の要点をもっとも適切に述べている文を選ぶ。
1.「mtDNAの分析は現代の人類の起源がアフリカにあることを強く示唆している」
2.「DNAの研究が導入される前に、研究者たちは、人類はアフリカで起こったことを示してい た」 3.「人類の系図は、ヒト以外のミトコンドリアDNAから得た統計的なデータによって分析され た」 4.「完全な家系図は、生のデータによる統計的裏付けが足りないため、はっきりしない」
第1段第4文(The mitochondrial…)では「ミトコンドリアによる人間の家系図は、我々の起源がアフ
リカにあることを示唆している。しかしこれまでのところ、この理論は統計的な裏付けはわずか しかない」と述べられており、4がこれに一致する。人類の起源がアフリカにあるということは完 全に証明されたわけではないので、1のhas strongly suggested「強く示している」という部分は誤り であり、2のhad shown「示した」という表現もおかしい。また3の「ヒト以外のミトコンドリア DNA」は本文に記述がない。

■第2段落
2:1 Recently, Dr. Gyllensten of the University of Uppsala in Sweden and his colleagues have conducted the most thorough analysis yet of diversity in human mitochondrial DNA*.
2:1最近、スウェーデンのウプサラ大学のジレンステン博士とその同僚は、ヒトのミトコンドリア
DNAの多様性について、これまででもっとも徹底的な分析を行った。
2:2 The results support the [2](1. view 2. process 3. nature) that modern humans originated in Africa.
2:2 その結果は、現代の人類がアフリカで起こったという見解を立証するものであった。
2:3 The analysis of mitochondrial DNA (mtDNA) has become an important tool in this debate on human evolution.

2:3 ミトコンドリアDNA(mtDNA)の分析は、人類の進化についてこのように論じる際に重要な道 具となっている。
2:4 This is [3](1. due to 2. created by 3.made from) the fact that mtDNA is inherited solely from the mother and does not change as much as cellular DNA from generation to generation, and therefore can offer evidence of human mitochondrial lineages*.
2:5 これは、mtDNAが母親からのみ受け継がれ、細胞DNAほどには世代ごとに変化しない。それ
ゆえにヒトのミトコンドリアの系統の証拠を提供しうる、という事実によるものである。

■第9段落
9:1 Gyllensten and colleagues have used sequences from a large number of complete mitochondrial genomes to [18] (1. address 2. evaluate 3. estimate) these evolutionary questions, an approach that could be called population genomics.
9:1 ジレンステンとその同僚は、これらの進化上の疑問に取り組むため、多数の完全なミトコンド リア・ゲノムから得た配列を用いてきたが、それは個体群ゲノミクスとも呼べるであろう方法で ある。
9:2 Genes responsible for physical and behavioral traits will probably be found and their allelic histories provide [19](1.cloud 2. clear 3. additional) information.
9:2 おそらく肉体的・行動的特徴の原因となる遺伝子が発見され、そしてそれらの対立遺伝子の歴 史がさらに多くの情報を提供してくれるであろう。

9:3 Molecular evolutionary trees and time estimates will have greater precision, all of which will help to [20](1. cloud 2. conclude 3.clarify) our evolutionary history.
9:3 分子の進化の系図と年代評価はさらに正確さを増すであろうし、またそのことすべてが、我々
の進化の歴史を明らかにすることに役立つであろう。
[29] The future research of human genomics will best be provided by
1. a more precise fossil record of global regions.
2. a deeper analysis of mtDNA for biological clocks.
3. more discoveries of various lineages in human evolution.
4. more analytical research into the genes responsible for physical and behavioral traits.

・解答 [29]―4
>[29]ヒトゲノムの将来の研究が、何によってもっとももたらされるかを選ぶ。 1.「全世界にわたる地域の、より正確な化石の記録」[27]にもあるとおり、化石の記録だけでは解 明はできない。 2.「生物時計のためのmtDNAについての、より深い分析」生物時計に関する記述はない。
3.「人類の進化におけるさまざまな家系の、より多くの発見」このことは進化の歴史を解くため の目標そのものであり、手段ではない。 4.「肉体的・行動的特徴の原因となる遺伝子の、さらなる分析的研究」最終段第2文(Genes responsible…)の内容に一致する。

■第2段落
2:1 Recently, Dr. Gyllensten of the University of Uppsala in Sweden and his colleagues have conducted the most thorough analysis yet of diversity in human mitochondrial DNA*.
2:1最近、スウェーデンのウプサラ大学のジレンステン博士とその同僚は、ヒトのミトコンドリア
DNAの多様性について、これまででもっとも徹底的な分析を行った。
2:2 The results support the [2](1. view 2. process 3. nature) that modern humans originated in Africa.

2:2 その結果は、現代の人類がアフリカで起こったという見解を立証するものであった。
2:3 The analysis of mitochondrial DNA (mtDNA) has become an important tool in this debate on human evolution.
2:3 ミトコンドリアDNA(mtDNA)の分析は、人類の進化についてこのように論じる際に重要な道 具となっている。
2:4 This is [3](1. due to 2. created by 3.made from) the fact that mtDNA is inherited solely from the mother and does not change as much as cellular DNA from generation to generation, and therefore can offer evidence of human mitochondrial lineages*.
2:5 これは、mtDNAが母親からのみ受け継がれ、細胞DNAほどには世代ごとに変化しない。それ
ゆえにヒトのミトコンドリアの系統の証拠を提供しうる、という事実によるものである。

■第5段落
5:1 How can social scientists measure something as hard to pin down as happiness?
5:1幸福ほど明確な定義づけが難しいことがらを、社会科学者たちはどうやって判断できるのだろ
うか。
5:2 Most researchers simply ask people to report their feelings of happiness or unhappiness and to [3](1. count 2. assess 3. realize) how satisfying their lives are.
5:2 ほとんどの研究者は、人々に、自分の幸福感や不幸な気持ちを伝えたり、自分の生活がどれく
らい満足のいくものかを評価することをただ、依頼するだけである。
5:3 Such self-reported well-being is moderately consistent over years of retesting.
5:3 そのような自ら告げる幸福というものは、何年間もの期間にわたる再調査でもだいたい一貫し ている。
5:4 Furthermore, those who say they are happy and satisfied seem happy to their close friends and family members and to a psychologist interviewer.
5:4 さらに、自分は幸福であり満足していると言う人は、親しい友人や家族からみても、また心理
学者の面接官からみても、幸福にみえる。
5:5 Their daily mood ratings reveal more positive emotions, and they smile more than those who call themselves unhappy.
5:5彼らの毎日の気分を評価すると、自分を不幸だ、と言う人よりもはっきりとした感情を示して
おり、よく笑う。
5:6 Self-reported happiness also links to other [4](1. indicators 2. futures 3. formations) of well- being.
5:6 また自ら告げる幸福は、幸福を示す他のものにもつながっている。
5:7 Compared with the depressed, happy people are less self-focused, less hostile and abusive and less susceptible to disease.
5:7憂うつな人に比べ、幸福な人は自己中心的でなく、人に敵意を抱いたりののしったりせず、ま
た病気にかかりにくい。

■第15段落
15:1 Whatever the reason, the close personal relationships that characterize happy lives are also correlated with health.
15:1理由が何であれ、幸福な人生を特徴づける親しい人間関係は健康にも関連している。

15:2 Compared with loners, those who can name several [15] (1.aged 2.intimate 3.social) friends are healthier and less likely to die prematurely.
15:2弧独を好む人に比べ、数名の親しい友人の名を挙げられる人は、健康で、早死にすることが少
ない。
15:3 For nine out of ten people, the most significant alternative to aloneness is marriage.
15:3 10人中9人の人にとって、孤独にとって代わるもっとも重要なものは結婚である。

15:4 Although a broken marriage can cause much misery, a good marriage apparently is a strong source of support.
15:4破綻した結婚が多くの不幸を引き起こすこともあるが、うまくいった結婚は明らかに強い支え
のもととなる。
15:5 During the 1970s and 1980s, 39 percent of married adults told the National Opinion Research Center they were “very happy,” as compared with 24 percent of those who had never married.
15:5 1970年代と1980年代には、ナショナルオピニオンリサーチセンターに対し、結婚した成人の39
パーセントが、自分は「とても幸福」だと述べているが、それに比べて結婚したことがない人で そう答えたのは24パーセントであった。
15:5 In other surveys, only 12 percent of those who had divorced [16](1. perceived 2. correlated 3. persuaded) themselves to be “very happy.” 15:5他の調査においては、離婚したことのある人の中で、自分は「とても幸福」だと思っている人
はたった12パーセントだけであった。
15:6 The happiness gap between the married and never married was similar for men and women.
15:6結婚している人と結婚をしたことがない人との間の幸福の差は、男性と女性で類似している。
■第16段落
16:1 Religiously active people also report greater happiness.
16:1宗教上で活動的な人もまた、幸福がより大きいことを示している。
16:2 One survey found that highly religious people were twice as likely as those lowest in spiritual commitment to declare them very happy.
16:2 ある調査では、非常に信心深い人は、信仰への傾倒が低い人に比べ、自分をとても幸福だ、
という人が2倍もいた。
16:3 Other surveys, including a collaborative study of 166,000 people in 16 nations, have found that reported happiness and life satisfaction [17] (1. rise 2. relate 3.register) with the strength of religious affiliation and frequency of attendance at worship services.
16:3 16カ国における16万6千人のある共同研究を合む他の調査でも、幸福や生活への満足は、宗
教に加入することの度合いや礼拝の参加回数とともに増すことがわかっている。
16:4 Some researchers believe that religious affiliation [18] (1. equates 2. encourages 3. evolves) greater social support and hopefulness.
16:4宗教への加入がより大きな社会的支持と有望さを高めると信じる研究者もいる。
[27] According to the research mentioned in this article, one of the objectively demonstrated benefits associated with subjective well-being is
1. a happy marriage.
2. religious faith.
3. close friends.
4. better health.

・解答 [27]―4
>[27]「この論文に述べられている研究によると、客観的に証明されている、主観的幸福に関係 のある利益のひとつは…」に続くものを選ぶ。第5段最終文(Compared with the…)参照。憂う つな人に比べ、幸福な人はless susceptible to disease「病気にかかりにくい」と述べている。1の a happy marriage「幸せな結婚」と3のclose friends「親しい友人」については第15段(Whatever the reason…)に、また2のreligious faith「宗教的信仰」については第16段において述べられてい るが、これらは幸福を生み出す要因と考えられ、幸福が生み出す利益ではないので、不適切。

■第17段落
17:1 Researchers on happiness are now beginning to examine happy people’s exercise routines, worldviews and goals.
17:1幸福についての研究者たちは、現在、幸福な人々の運動の日課や世界観、目標について調査を
始めようとしている。

17:2 It is possible that some of the [19](1. traditions 2. customs 3. patterns) discovered in the research may offer clues for transforming circumstances and behaviors that work against well- being into ones that promote it.
17:2 その研究で発見される傾向のいくつかは、幸福とは逆の働きをする状況や行動を、幸福を促 進するものへと変化させるための手がかりを提供してくれるかもしれない。
17:3 Ultimately, then, the scientific study of happiness could help us understand how to build a world that[20] (1. enhances 2. evaluates 3. examines) human well-being and to aid people in getting the most satisfaction from their circumstances.
17:3 そして最終的には、幸福に関する科学的研究は、人間の幸福を高めてくれる世界をどのよう に構築するか、また人が自分のおかれた境遇から最大の満足を得られるよう、いかに援助するか を理解する手助けとなりうるのである。

[28] According to the conclusion of this article, the ultimate goal of the research into happiness is
1. to find concrete ways to help people gain satisfaction in their lives.
2. to promote greater frequency of attendance at worship . services.
3. to establish a connection between exercise and well-being.
4. to find clues to understand tl1e happiness gap.

・解答 [28]―1
>[28]「この論文の結論によると、幸福の研究の最終的な目標は…」に続くものを選ぶ。 1.「人々が生活の中で満足を得る助けとなる具体的方法を見つけること」
2.「礼拝への参加回数が増えるように促すこと」
3.「運動と幸福との関係を確立すること」
4.「幸福の相違を理解する手がかりを見つけること」
本文最終文(Ultimately,…)の内容に1が一致する。

■第13段落
13:1 In a large number of studies, four traits [12](1.diminish 2. evaluate 3.characterize) happy people.
13:1 数多くの研究の中で、幸福な人を特徴づけている4つの特色がある。
13:2 First, especially in individualistic Western cultures, they like themselves.
13:2 第一に、特に個人主義の西洋文化において、幸福な人は自分自身が好きである。
12:3 They have high self-esteem and usually believe themselves to be more ethical, more intelligent, less prejudiced, better able to get along with others and healthier than the average person.
13:3 高い自尊心をもち、平均的な人に比べて自分はより道徳的で、頭がよく、差別されておらず、
他人とのつき合いがうまく、健康であると信じていることが多い。

13:4 Second, happy people typically feel personal control.
13:4 第二に、概して幸福な人は自己支配権を感じている。
13:5 Those with little or no control over their lives — such as prisoners, nursing home patients, severely impoverished groups or individuals, and citizens of totalitarian regimes — suffer lower morale* and worse [13](1. happiness 2. health 3. success).
13:5 自分の生活に対する支配権がほとんど、あるいは一切もてない人、例えば囚人、老人ホーム
の入所者、非常に困窮した集団や何人、全体主義体制の国民のような人は、士気の低下や健康状 態の悪化に悩む。
13:6 Third, happy people are usually optimistic.
13:6 第三に、幸福な人はたいてい楽観的である。
13:7 Fourth, most happy people are extroverted*.
13:7 第四に、幸福な人はほとんどが外向型である。

13:8 Although one might expect that introverts* would live more happily in the calmness of their less stressed, contemplative lives, extroverts are happier — whether alone or with others.
13:8 内向型の人はストレスが少ない静けさのなか、瞑想にふける生活の中でより幸福に暮らすだ
ろうと思うかもしれないが、外向型の人の方が、一人であれ他の人と一緒であれ、幸福なのであ る。
[26] According to the various studies n1entioned in this article, which of the following is a key trait of happiness?
1. Wealth
2. Self-esteem
3. Self-actualization
4. Subjectivity

・解答 [26]―2
>[26]「この論文で述べられているさまざまな研究によると、次のうちどれが幸福の重要な特色 か」が問いの意味。第13段(In a large number of…)で幸福を特徴づける4つの特色が述べられて いる。第3文(They have…)では、その特色の第1番目としてhigh self-esteem「高い自尊心」を もつことが挙げられている。このことから2が最適。4のSubjectivityは「主観性」の意味で、一見 正解に思えるが、「主観的な幸福」の調査・研究がこの本文のテーマであるというだけで、「幸 福の特色」が「主観的」なのではない。3.Self-actualization「自己実現」

■第6段落
6:1 Researchers have found that the even distribution of happiness cuts across almost all demographic classifications of age, economic class, race and educational level.
6:1研究者たちは、年齢、経済的階級、人種や教育水準による人口統計学上の分類のほぼすべての
範囲にわたって、幸福の分布が均一であることを発見した。
6:2 In addition, almost all [5](1. research 2. study 3.real) strategies for assessing subjective well- being turn up similar findings.
6:2 さらに、主観的幸福を評価するほぼすべての研究方策で、同じような研究結果になることがわ かっている。

■第7段落
7:1 Interviews with representative samples of people of all ages, for example, reveal that no time of life is especially happier or unhappier.
7:1例えば、あらゆる年齢層から選ばれた抽出標本の人との面接では、人生には特に幸せである、
あるいは幸せでない時期があるわけではないということがわかっている。

7:2 [6](1. Simultaneously 2. Similarly 3.Definitely), men and women are equally likely to declare themselves “very happy” and “satisfied” with life, according to a statistical digest of 146 studies compiled by researchers at Arizona State University.
7:2同様に、アリゾナ州立大学の研究者たちがまとめた146の研究の統計学的要録によると、男性も
女性も同じように自分は「とても幸福」で人生に「満足している」と言うことが多い。
7:3 Other researchers at the University of Northern British Columbia and the University of Michigan summarizing surveys of 18,000 university students in 39 countries and 170,000 adults in 16 countries have supported these findings.
7:3 ノーザンブリティッシュコロンビア大学とミシガン大学の他の研究者たちは、39カ国の大学生
1万8千人と16カ国の成人17万人の調査をまとめ、これらの研究結果を立証している。

■第8段落
8:1 Ethnicity also gives little clue to subjective well-being.
8:1民族性にもまた、主観的幸福につながる手がかりはほとんどない。

8:2 African-Americans are only slightly less likely to feel “very happy” when compared to European- Americans.

8:2 アフリカ系アメリカ人は、ヨーロツパ系アメリカ人と比べて「とても幸福」と感じないことは ほんのわずかだけである。
8:3 The National Institute of Mental Health found that the rates of depression and alcoholism among blacks and whites are roughly equal.
8:3国立精神衛生研究所は、黒人と白人のうつ病やアルコール中毒の比率はおおむね等しいことを
発見している。
8:4 Social psychologists at the University of California have also found that people in [7](1. discovered 2. aristocrat 3.disadvantaged) groups maintain self-esteem by valuing things at which they excel, by making comparisons within their own groups and by blaming problems on external sources such as prejudice.
8:4 カリフォルニア大学の社会心理学者もまた、恵まれない境遇の集団にいる人は、自分がすぐれ
ていることがらを評価することによって、また自分の集団の中で比較することによって、そして 問題を差別のような外的要因のせいにすることによって、自尊心を保っているということを発見 した。

■第9段落
9:1 Wealth is also a poor [8](1. predictor 2. fortune-teller 3. future) of happiness.
9:1財産もまた、幸福かどうかを予測する手段としてはあてにならない。

9:2 People have not become happier over time as their cultures have increased in wealth.
9:2人は自分の文化が裕福になったからといって、やがてより幸福になっているというわけではな
い。
9:3 Even though Americans earn twice as much in today’s dollars as they did in 1957, the proportion of those telling interviewers from the National Opinion Research Center that they are “very happy” has declined from 35 to 29 percent.
9:3アメリカ人は1957年ft時よりも今日2倍のドルを稼いでいるが、ナショナルオピニオンリサー
チセンターの面接官に自分は「とても幸福」だと答えた人の比率は、35パーセントから29パーセ
ントに減少している。

■第10段落
10:1 Even very rich people — those surveyed among Forbes magazine’s 100 wealthiest Americans — are only slightly happier than the average American.
10:1非常に裕福な人々―フォープズ誌のもっとも裕福なアメリカ人100人の中で調査された人々で
あるが―でさえ、平均的なアメリカ人よりもわずかに幸福であるにすぎない。

10:2 Those whose income has increased over a ten-year period are not happier than those whose income is stagnant.
10:2 10年聞にわたって収入が増えた人も、収入が停滞している人より幸福であるというわけでは
ない。
10:3 Indeed in most nations the [9](1. collaboration 2. equation 3. correlation) between income and happiness is negligible — only in the poorest countries, such as Bangladesh, is income a good measure of emotional well-being.
10:3実にほとんどの国で、収入と幸福の相関性は無視できるほど小さいものである。もっとも、バ
ングラデシュのような最貧国だけは、収入は感情的な幸福の有効な尺度であるが。
[25] The graphs above HAPPINESS APPEARS CONSISTENT seem to illustrate
1. that personal satisfaction rises in relation to personal success.
2. that personal satisfaction and happiness are statistically opposite.
3. that rates of happiness vary according to age, family and work.
4. that rates of happiness remain the same regardless of specific circumstances.

・解答 [25]―4

>[25]「幸福は一貫して変わらないように思える」という解説文の上にあるグラフが示している ことがらを選ぶ。
1.「個人の満足はその人の成功に関連して増加する」
2.「個人の満足と幸福は統計上反対である」
3.「幸福の比率は、年齢や家庭、仕事によって変わる」
4.「幸福の比率は、特定の境遇とは関係なく同じままである」
問題文中p.7のグラフをみると、男女(MALE, FEMALE)、年齢(AGE)、収入(INCOME)によっ
て満足度や幸福度がほとんど変化していないことが読み取れることから、4が最適。本文第6~10 段にも詳しく述べられている。

■第2段落
2:1 Recently, a number of researchers have begun a systematic study of happiness.
2:1最近、多くの研究者が幸福についての系統的な研究を始めている。
2:2 Dozens of investigators around the world have asked a cross-section of several hundred thousand people to reflect on their happiness and satisfaction with life — or what psychologists call “subjective well-being.”
2:2世界中の何十人もの研究者が、各社会層にわたる数10万の人々に、生活における幸福や満足に
ついて―あるいは心理学者たちが「主観的幸福」と呼んでいることについて考えてみることを依頼
した。

2:3 In the U.S., the National Opinion Research Center at the University of Chicago has surveyed a representative sample of roughly 1,500 people a year since 1957; the Institute of Social Research at the University of Michigan has carried out similar studies.
2:3 アメリカでは、シカゴ大学のナショナルオピニオンリサーチセンターが、1957年以来、毎年 抽出標本として選ばれた約1,500人を調査している。またミシガン大学のインスティテュート・オ ブ・ソーシャルリサーチも同じような調査を行っている。
2:4 Government-funded efforts have also studied the moods of European citizens.
2:4政府が資金を出している活動でも、ヨーロッパ人の心的状態の研究を行っている。
[21] The phrase “subjective well-being” in the second paragraph of the article refers to
1. the qualitatively established scale for measuring ht1ma11 happiness.
2. the scientifically evaluated chemical basis for happiness.
3. tl1e psychological theory of e111otional well-being.
4. the personal evaluation of one’s emotional well-being.

・解答 [21]―4
>[21]第2段のsubjective well-being「主観的幸福」とは何を表すのかを選ぶ。 1.「人間の幸福をはかるための、質的に確立された基準」
2.「科学的に評価される、幸福の化学的基礎」
3.「感情的幸福についての心理学的学説」
4.「感情的な幸福についての個人の評価」
第2段第2文(Dozens of…)にあるように、研究者が生活への幸福感や満足を自分で考えてみるよ うに求めていることより、4が適切。1~3のような客観的な尺度に基づくものではない。

■第5段落
5:1 How can social scientists measure something as hard to pin down as happiness?
5:1幸福ほど明確な定義づけが難しいことがらを、社会科学者たちはどうやって判断できるのだろ
うか。
5:2 Most researchers simply ask people to report their feelings of happiness or unhappiness and to [3](1. count 2. assess 3. realize) how satisfying their lives are.
5:2 ほとんどの研究者は、人々に、自分の幸福感や不幸な気持ちを伝えたり、自分の生活がどれく らい満足のいくものかを評価することをただ、依頼するだけである。

5:3 Such self-reported well-being is moderately consistent over years of retesting.
5:3 そのような自ら告げる幸福というものは、何年間もの期間にわたる再調査でもだいたい一貫し ている。
5:4 Furthermore, those who say they are happy and satisfied seem happy to their close friends and family members and to a psychologist interviewer.
5:4 さらに、自分は幸福であり満足していると言う人は、親しい友人や家族からみても、また心理 学者の面接官からみても、幸福にみえる。
5:5 Their daily mood ratings reveal more positive emotions, and they smile more than those who call themselves unhappy.
5:5彼らの毎日の気分を評価すると、自分を不幸だ、と言う人よりもはっきりとした感情を示して
おり、よく笑う。
5:6 Self-reported happiness also links to other [4](1. indicators 2. futures 3. formations) of well- being.
5:6 また自ら告げる幸福は、幸福を示す他のものにもつながっている。
5:7 Compared with the depressed, happy people are less self-focused, less hostile and abusive and less susceptible to disease.
5:7憂うつな人に比べ、幸福な人は自己中心的でなく、人に敵意を抱いたりののしったりせず、ま
た病気にかかりにくい。
[22] The question asked in the fifth paragraph of the article, “How can social scientists measure something as hard to pin down as happiness?” suggests that
1. scientists do not yet have the tools to analyze emotio11s.
2. scientists have developed a variety of objective surveys on happiness.
3. happiness is subjective, so science may have difficulty with a definition.
4. happiness is objective, and therefore science can offer an accurate picture.

・解答 [22]―3
>[22]第5段の「幸福ほど明確な定義づけが難しいことがらを、社会科学者たちはどうやって評 価できるのだろうか」という問いが示唆しているものを選ぶ。
something hard to pin down「明確な定義づけをすることが難しいもの」これにas ~ as happiness
「幸福と同じくらい、幸福のような」という比較構文が組み合わさっている。 1.「科学者たちは、感情を分析する手段をまだ得ていない」
2.「科学者たちは、幸福に関するさまざまな客観的調査を発展させた」
3.「幸福は主観的なものであり、それゆえ科学では定義づけることが困難である」
4.「幸福は客観的なものであり、それゆえ科学は正確な全体像を提供することができる」

■第6段落
6:1 Researchers have found that the even distribution of happiness cuts across almost all demographic classifications of age, economic class, race and educational level.
6:1研究者たちは、年齢、経済的階級、人種や教育水準による人口統計学上の分類のほぼすべての
範囲にわたって、幸福の分布が均一であることを発見した。

6:2 In addition, almost all [5](1. research 2. study 3.real) strategies for assessing subjective well- being turn up similar findings.
6:2 さらに、主観的幸福を評価するほぼすべての研究方策で、同じような研究結果になることがわ
かっている。
[23] The main concept in the sixth paragraph is
1.a sense of persona l happiness is dependent on an individual’s ethnicity and social status.
2.a sense of personal happiness has a direct relation to an individual’s level of education.
3.a sense of well-being is determined by demographic classification.
4.a sense of well-being is independent of an individual’s demographic background.

・解答 [23]―4
>[23]第6段の主な概念を選ぶ。 1.「個人の幸福感は、その人の民族性や社会的地位に左右される」

2.「個人の幸福感は、その人の教育水準と直接の関係がある」
3.「幸福感は、人口統計学上の分類によって決定される」
4.「幸福感は、個人の人口統計学的背景には影響されない」
第6段冒頭文(Researchers have…)では、「研究者たちは、年齢、経済的階級、人種や教育水準に
よる入口統計学上の分類のほぼすべての範囲にわたって、幸福の分布が均一であることを発見した」 とある。even distribution「均一な分布」cuts across~「あらゆる~にまたがる」
[24] The key concept behind the graphs under “Probing for Happiness” is
1. despite differing methods all surveys depend on personal response.
2. images are more effective than words when estimating global happiness.
3. scales of subjective well-being are constructed by national representation.
4. similar results arise in surveys when life nears ideal conditions.

・解答 [24]―1
>[24]Probing for Happiness「幸福の調査」の下にあるグラフの背後にある主要な概念を選ぶ。 1.「方法は異なるが、調査はすべて一人一人の応答に依存している」
2.「世界規模の幸福を算定する際には、画像の方が言葉よりも効果的である」
3.「主観的幸福の算定基準は、国家の代表によってつくられる」
4.「生活が理想的な状態に近づくと、類似した結果が調査に現れる」
問題の“ProbingforHappiness”というタイトルの下に書かれた説明文に、「すべての質問は本質的に、
つまるところ自分の生活についてどう感じているかを人に尋ねるということになる」とある。1が 適切。

■第7段落
7:1 At the time of the Hague Conferences both in 1899 and 1907, it was not understood that aerial warfare might be [13](1. as much as 2. no more than 3. of) major significance.
7:1 1899年と1907年のハーグ会議のどちらのときも、空中戦が非常に重要であろうとは思われてい
なかった。
7:2 However, the role played by aircraft during World War I made it clear that some rules were necessary to regulate aerial conflict.
7:2 しかしながら、第一次世界大戦中に飛行機が果たした役割によって、空中戦を規定する法律が
必要であることが明らかになった。
7:3 As a result, a commission of legal experts met at The Hague in 1922 to agree on the Rules of Air Warfare.
7:3 その結果として、1922年、空中戦の法律に関する協定を結ぶため、法律の専門家の委員会が
ハーグで聞かれた。
7:4 These rules were never put into any international treaty and are, as such, not legally binding.
7:4 これらの協定は決して国際条約になることはなく、そのようなものとして、法的な拘束力はな い。

7:5 To be a legally binding international law, the agreement between countries has to be in a form of a treaty signed and approved by representatives of these countries.
7:5国家間の協定が法的に拘束力をもつ国際法になるためには、関係諸国の代表によって調印され
承認された条約の形をとらなければならない。
7:6 Alternatively, there is international customary law, which is not a written treaty but an unwritten law made of generally accepted state practices around the world.
7:6 また別に、国際的な慣習法があるが、それは成文化された条約ではなく、世界中で一般的に受 け入れられている国家慣習からできた不文律である。
7:7 Any other rule is just a political declaration or a moral recommendation although it may sometimes be influential and widely supported by peoples around the world.

7:7 それ以外の決まりは、影響力をもっていたり、世界中の国民によって広く支持されたりするこ とはあるかもしれないが、単なる政治宣言や道徳上の勧告にすぎないのだ。
■第6段落
6:1 In contrast to the Geneva Law is the law concerning the means and methods of conducting actual military operations in armed conflict.
6:1 ジュネーヴ法と対照をなすのが、武器による戦闘中において、実際に軍事行為を行うときの手 段と方法に関する法律である。
6:2 This is generally known as the Hague Law.
6:2 これは一般にハーグ法として知られている。

6:3 The Hague Law has evolved mainly through the disarmament conferences, which were held at the invitation of Russian Emperor in 1899 and 1907.
6:3 ハーグ法は主に軍縮会議を通して発展してきたが、その会議は1899年と1907年にロシア皇帝
の招きで開かれた。
6:4 In 1899, 26 countries met at The Hague and adopted Conventions concerning the ban of gas weapons [12](1. besides 2. addition to 3. as well as) certain methods of military operations such as attacking civilian population and denial of quarter*.
6:4 1899年に、26カ国がハーグに集まり、民間人の攻撃や命乞いの拒絶などといった軍事行為につ
いての方法とガス兵器の禁止に関する条約を採択した。
[24] In the seventh paragraph, the author refers to “Rules of Air Warfare” as
1. rules of international customary law ; therefore such rules binding.
2. an example of treaty ; therefore such rules are not binding.
3. rules other than a treaty at that time, but that later became a treaty.
4. rules which were not included in the formal sources of international law.

・解答 [24]―4
>[24]「第7段において、著者は『空中戦の法律』のことを…と言った」
1.国際慣習法の規則。したがって、このような法律が関係する。
2.条約の例は、したがって、このような法律が関係しない。
3.当時の条約以外の法律は後で条約になった。
4.国際法の正式な情報源に含まれていない法律
第7段第4文(These rules were never…)参照。これらの規定が国際法になることは決してなかった と述べられているので、4が正解。

■第4段落
4:1 Siemens Data Communications (SDC), an Israel-based electrical -engineering company, has [6](1. same objects 2. similar goals 3. different purposes.
4:1 イスラエルに本拠を置く電気工学の企業であるジーメンスデータコミュニケーションズ
(SDC)も同様の目標をもっている。
4:2 In October 1998, SDC and a Palestinian engineering company signed a pioneering joint venture in which SDC agreed to hire, train, and integrate Palestinian engineers into company projects.
4:2 1998年10月、SDCとパレスチナの工学技術の企業がある先駆的な合弁事業にサインをしたが、
その中でSDCはパレスチナ人の技術者を雇い、訓練し、会社のプロジェクトに迎え入れることに 同意した。

4:3 This contract [7](1.hardly 2. neatly 3. rarely) solved two problems: first, it lowered the high rates of unemployment among Palestinian engineers; and second, it filled the gaps in the Israeli labor market.
4:3 この契約は見事に一つの問題を解決した。一つめは、パレスチナ人の技術者の高い失業率を下
げたことであった。二つめは、イスラエルの労働市場の隙聞を埋めたことであった。
4:4 As for the success of this joint venture, Ari Ben-Zichri, the head of research and development at SDC, noted, “during the training period at SDC there was no tension of any kind even though many of the Israeli employees were in the army and helped to put down the uprisings in Ramallah.”
4:4 この合弁事業の成功に関して、SDCの研究開発部長であるアリ=ベン=ジクリは、「イスラエ ルの従業員の多くは軍隊にいてラマラでの暴動を鎮めるのに手を貸したことがあったのだが、 SDCでの訓練期間中は、いかなる種類の緊迫状態もなかった」と言った。

4:5 One of the Palestinian employees stressed that “As engineers, we all speak the same language and have the same goals.
4:5 パレスチナ人の従業員の一人が、「技術者としてわれわれはみな、同じことばを話し同じ目標
をもっている。
4:6 I think the only real hope for a peaceful settlement [8](1. Lies in 2. Results in 3. differs from) such cooperative projects.” 4:6平和的解決の唯一の実質的な望みは、そのような協力的プロジェクトにあると私は思う」と強
調した。
[23] Ari Ben-Zichri, the head of research and development at SDC, seems
1. delighted at the successful collaboration between Israeli and Palestinian employees.
2. skeptical of many Israeli employees who once served in the army.
3. critical of many Israeli employees who ended up fighting with Palestinian employees.
4. proud of the sharp increase of Israel’s foreign investment figures since 1998.

・解答 [23]―1
>[23]
「SDCの研究開発部長であるアリ=ベンコジクリは…であるように思われる」
1 イスラエルとパレスチナの従業員との協力がうまくいったことに喜んでいる。
2.かつて軍隊で提供し、多くのイスラエル人の従業員が懐疑的になっている。
3.パレスチナの従業員と戦うことになった多くのイスラエル人の従業員が重要である。
4.1998年以来、イスラエルの対外投資の数値の急激な増加を誇っている。
第4段第4文(As for the success…)参照。アリコベン=ジクリは、「SDCでの訓練期間中いかなる 種類の緊迫状態もなかった」と喜んでいるので、1の「イスラエル人従業員とパレスチナ人従業員 の聞の協力がうまくいったことに喜んでいる」が正解。

■第7段落
7:1 The BOC model is built on the idea that business can create the setting necessary to reach long-lasting Social understanding and prosperity in conflict regions while simultaneously achieving its business objectives.
7:1 BOCのモデルは、企業活動は事業目的を達成するのと同時に、紛争地域において長く続く社 会的理解と繁栄に達するために必要な道具立てを生み出すことができるという考えに基づいてい る。

7:2 It works at three levels.
7:2 それは三つの段階で機能する。
7:3 First, human interaction: when people work together under conditions of equality, they overcome cultural stereotypes.
7:3一つめは人間の交流である。平等の条件で一緒に働くとき、人々は文化的な固定観念を克服す
る。

7:4 Second, commercial cooperation: all businesses profiting from joint Ventures [13](1. achieve 2. restrain 3. refrain) a fixed interest in preserving those business ties.
7:4二つめは、商業面での協力である。合弁事業から利益を上げるすべての企業は、その事業面で
のつながりを維持することに一定の利宣をもつようになる。
7:5 And finally, regional participation: the people participating in joint ventures “gain a stake in the system,” which eventually leads to even greater stability.
7:5 そして最後に、地域の参加である。合弁事業に参加する人々は「その仕組みの中で利害関係を
得て、そのおかげで、最終的にはさらに大きな安定につながるのである。

[25] According to this article, which of the following statements is the basic idea of the BOC model?
1. Profit-making and peace-making are essentially contradictory.
2. The tension between profit-making and peace-making is a cause of conflicts in the Middle East.
3. Profit-making is the fundamental condition of peacemaking.
4. Profit-making and peace-making can go hand in hand.

・解答 [25]―4
>[25]
「この記事によれば、次の文章のどれがBOCのモデルの基本的な考え方か」
1.営利と平和づくりは、基本的に矛盾している。
2.営利と平和作りの間の緊張は、中東での紛争の原因がある。
3.営利は和平の基本的な条件である。
4.営利と平和づくりは、手をつないで行くことができる。
第7段第1文(The BOC model is…)参照。BOCのモデルは、企業活動は事業目的を達成する(=利 益を上げる)のと同時に、紛争地域において長く続く社会的理解と繁栄に達する(=平和を築く) のに必要な背景を生み出すことができるという考えに基づいていると述べられているので、4の
「利益を上げることと平和を築くこととは連携する」が正解。

[26] To “gain a stake in the system” in the seventh paragraph means to
1. put the system at risk for greater gains.
2. make money out of the system.
3. hire more Palestinian workers in the system.
4. secure confidence and an interest in the system.

・解答 [26]―4
>[26]
「第7段の『その仕組みの中で利害関係を得る』は…することを意味する」 1.より大きな利益のために危険にシステムを置く
2.システムからお金を稼ぐ
3.システムでより多くのパレスチナ人労働者を雇用
4.セキュアな自信とシステムへの関心
第7段最終文(And finally, regional…)参照。信頼関係を築き利害関係を得るのだから、4の「その 仕組みの中で信頼と利害関係を確保する」が正解。

■第10段落
10:1 The BOC report outlines these potential gains, but it also warns of some difficulties in applying the model to real life.
10:1 BOCの報告はこれらの潜在的な利点の概略を述べているが、それはまた、そのモデルを現実
の生活にftてはめる困難さについて警告もしている。
10:2 Furthermore, the socioeconomic impact of the model is limited by the number of companies incorporating it into their operations framework.
10:2 さらに、そのモデルの社会経済的な影響は、それを操業の枠組みの中に組み入れる企業の数 によって制限を受ける。

10:3 BOC committee members believe that before their model can have a powerful effect, it must reach “critical mass,” with a sufficient number of corporations following its guidelines.
10:3 BOC委員会のメンバーは、自分たちのモデルが大きな影響をもつようになるには、十分な数
の企業がそのガイドラインに従う「臨界質量」に達しなければならないと信じている。
10:4 The success of the model [110](1.also 2. Scarcely 3. Thereby) depends on the assumption that joint business ventures are based on a relationship of equality between partners.
10:4そのモデルの成功はまた、合弁事業が共同者間の平等の関係に基づくという前提に依ってい
る。
10:5 If these relations are not rooted in an equal and honest alliance, the ventures may not succeed in reducing tensions between groups in conflict.
10:5 もしこれらの関係が平等で正直な提携に根づかないものならば、事業は争っている集団の聞
の緊迫状態を和らげるのに成功しないであろう。
10:6 Daily commercial interaction alone does not guarantee a peaceful coexistence.
10:6毎日の商業面でのふれ合いだけでは、平和的な共存は保証されない。

[27] According to this article, the BOC report assumes that businesses grow when
1. a sole focus on increasing profitability is required.
2. equal and honest partnerships are created in conflict areas.
3. prosperity is shared by parent companies.
4. governments succeed in reforming economic and political structures.

・解答 [27]―2
>[27]「この記事によれば、…するときに事業は成長するとBOCの報告は想定する」
1.増加する収益性には一つの焦点が必要です。
2.等しく、正直なパートナーシップは、紛争地域で作られる。
3.繁栄は、親会社で共有される。
4.政府は経済と政治構造の改革に成功した。
第10段第4文(The success of the model…)参照。事業の成功は共同者聞の平等の関係に基づくとい う前提に依っていると述べられているので、2の「紛争地域において、平等で正直な共同関係が生 み出される」が正解。

[28] The BOC model is less likely to succeed in real life, according to this article, if
1. companies have employees of different backgrounds that have habitually been in conflict.
2. states and private companies are closely connected.
3. too many companies incorporate it into their operations framework.
4. commercial interaction is not sustained by equal partnerships.

・解答 [28]―4
>[28]「この記事によれば、もし…ならばBOCのモデルが現実の生活の中で成功する可能性は
低い」
1.会社は、習慣的に対立してきたさまざまな背景の従業員がいる。
2.州と民間企業が密接に接続されている。
3.あまりにも多くの企業が運用フレームワークに組み込む。
4.商業相互作用は同等なパートナーシップによって維持されない。
第10段第5文(If these relations…)・最終文(Daily commercial interaction…)参照。もし平等で正 直な提携に根づかないものならば、毎日の商業面でのふれ合いがあっても成功しないと述べてい るので、4の「商業面でのふれ合いが平等な共同関係によって支えられない」が正解。

■第11段落
11:1 [20](1. Fortunately 2. Clearly 3. Theoretically), the social benefits of joint ventures have a limited scope; they merely touch their local communities.

11:1明らかに、合弁事業の社会的利益には限られた範囲しかない。それはただ地元の社会にしか影 響を与えない。
11:2 But the failure of peace talks and negotiations only serves to emphasize that politics are not sufficient, and that the BOC model may indeed be one of the better ways to guide the Middle East and similarly troubled regions to peace.
11:2 しかし、平和会談や和平交渉の失敗はただ、政治は不十分なもので、BOCのモデルは確かに
中東や同様の紛争地域を平和に導く、よりよい方法のひとつであるかもしれないと強調するのに
役立つだけである。

[29] Which of the following statements best represents the view of the author of this article?
1. Peace in the Middle East may be achieved if governments rather than private companies take the initiative.
2. Private companies should donate more to improve the critical conditions of people in the Middle East.
3. Private companies can become potential actors in the peace-making diplomacy in the Middle East.
4. The BOC model is not theoretically sophisticated enough to have any impact on the Middle East.

・解答 [29]―3
>[29]「次の文のどれが、この記事の著者の考えを最もよく表しているか」
1.民間企業よりも政府がイニシアチブをとる場合は、中東の平和を達成することができる。
2.民間企業が中東の人々の重要な条件を改善するために、より多くの寄付をする必要がある。
3.民間企業が中東和平作り外交における潜在的な俳優になることができる。
4. BOCモデルは、中東への影響はありするのに十分な理論的に洗練されていない。
最終段第2文(But the failure…)参照。政治は不十分なもので、BOCのモデルなど民間企業の方が
中東や同様の紛争地域を平和に導く、よりよい方法であるかもしれないと述べられているように、
3の「民間企業は、中東における平和構築外交の潜在的な俳優になりうる」が正解。

■第8段落
8:1 The United Kingdom has three agricultural schemes that could have benefits for [11] (1.intensification 2. biodiversity 3. revolution).
8:1 イギリスでは、種の多様性に対して利益をもたらしうる3つの農業計画が立てられている。 8:2 Two of these schemes, the Environmentally Sensitive Areas and the Countryside Stewardship Scheme, both subsidize* farmers to preserve traditional landscape features.
8:2 これらの計画のうちの2つは、「環境上の影響を受けやすい地域」と「田園地方土地管理計 画」であり、どちらも昔からある地形の特徴を保全するために農場経営者に補助金を出すもので ある。
8:3 Between them they cover about 12.5% of agricultural land.
8:3 3つの計画のうち、両者で農地の約12.5パーセントをカバーしている。
8:4 Unfortunately, there are few data to [12](1. demonstrate 2. experiment 3. authorize) whether or not these schemes have benefits for biodiversity, although some habitats have been preserved or restored.
8:4 いくつかの生息地は保護あるいは復旧されてはいるが、不運にもこれらの計画が種の多様性に
利益をもたらしているのかどうかを実証するデータはほとんどない。
8:5 A third scheme, “set-aside,” subsidizes farmers to leave some fields uncultivated.
8:5 「農地使用差し止め」という第3の計画は、農場経営者に補助金を出し、いくつかの農地を休
耕地にしておくというものである。
8:6 The available data show that set-aside can be beneficial for birds and other wildlife.
8:6入手可能なデータによると、農地使用差し止めは、鳥や他の野生生物に利益を与えうるもので
あることがわかっている。
8:7 But set-aside will probably be discontinued early in the 21st century.

8:7 しかし、農地使用差し止めは21世紀初頭におそらく中断されるであろう。
8:8 Although we can, as described above, devise schemes that may help a traditional environment or individual species to [13](1. recover 2. conserve 3. adhere), there appears to be no single program or combination of programs that can reverse the decline in a large general population such as farmland birds.
8:8昔からある環境や個々の種を回復させる助けになるような計画を上記のように考案することは
できるが、農地に生息する鳥といった広く全般的な単位での個体数の減少を逆転させうる計画、 あるいは計画の組み合わせは、一つもないように見える。
8:9 Therefore, the most general prescription seems to be to reverse the intensification of agriculture as a whole.
8:9 したがって、最も包括的な処方箋は、農業の集約化そのものを転換させることであるように思
われる。
[25] Which of the following best summarizes the evaluation of the three schemes for biodiversity mentioned in the 8th paragraph?
1. The effectiveness of all three schemes has been evaluated by comprehensive data.
2. The “set-aside” scheme is the most effective to assure biodiversity for the long term future.
3. The schemes are ineffective without the intensification of agriculture.
4. The beneficial effects of all three schemes are limited.

・解答 [25]―4
>[25]第8段で述べられている、種の多様性を守る3つの計画の評価について、最も適切に要点を述 べている文を選ぶ。第8段の最後から2つ目の文(Although we can,…)に、全般的な個体数の減少を逆 転できる計画はない、とあるので「3つの計画はすべて、有益な効果は限られている」とする4が最 適。

■第9段落
9:1 A slightly more specific prescription comes from the habitat heterogeneity and lower intensive agriculture found in the concepts of organic farming.
9:1 わずかだがより明確な処方箋が得られるのは、生息環境の多様性、および有機農業の概念に見 られる低集約的農業という考えからである。
9:2 Although several comparisons of organic and conventional farms have [14](1. recommended 2. Suggested 3. Guaranteed) that organic farming is good for biodiversity, this benefit probably relates to such features as crop diversity and maintenance of natural field borders rather than to any “belief” in organic farming.

もむしろ、作物の多様性や自然の原野の境界線の維持というような特徴と関係している。
9:3 Although there have been no systematic comparisons of the biodiversity benefits of organic and other “wildlife friendly” farming methods, it seems that heterogeneous landscapes are good for birds.
9:3 有機農業と他の「野生生物にやさしい」農法とが、種の多様性に対してどのような貢献をして
いるかについての系統的な比較は今までなされていないが、多様性の保たれた地形は鳥のために よいように思われる。
[26] According to the 9th paragraph, which of the following is an example of a beneficial “heterogeneous landscape”?
1. Natural field borders.
2. Conventional farms.
3. Environmentally sensitive areas.
4. Bread basket regions.

・解答 [26]―1

>[26]「第9段によると、有益な「多様な地形」の例は次のうちどれか」が問題文。heterogeneous とは「異種のものが混じり合った、不均質な」ことをいう。第9段第2文(Although several comparisons…)の後半に「このような利益はおそらく、作物の多様性や自然の原野の境界線の維 持というような特徴と関係している」とあるので、1のNatural field borders「自然の原野の境界 線」が適切。

■第6段落
6:1 Can we be sure that the bird declines in the United Kingdom are caused by agricultural intensification?
6:1 イギリスにおける鳥の減少は、本ftに農業の集約化が原因であると言えるだろうか。
6:2 Although the cause of these declines has not been proven, there are some suggestive figures.
6:2 これらの減少の原因は証明されてはいないものの、示唆に富んだ数字がいくつかある。
6:3 For example, annual BTO censuses of 42 species of breeding birds show that 13 species living [8](1. exclusively 2. prevalently 3. geographically) in farmland declined by an average of 30% between 1968 and 1995, while 29 species of birds that can live anywhere have increased by an average of 23%.

6:3例えば、繁殖している42種の鳥についてのBTOによる年間調査によると、もっぱら農地だけに
生息する13種が1968年から1995年の間に平均30パーセント減少したのに対し、どこにでも生息できる29種の鳥は平均23パーセント増加しているのである。
[23] According to the figures in the 6th paragraph, which of the following is correct?
1. A total of 42 species of birds declined over the last 27 years.
2. In 1995, farmland species declined by a total of 53%.
3. A total of 29 species of birds decreased by 23%.
4. The birds increased or decreased in number depending on their habitats.

・解答 [23]―4
>[23]第6段中の数値に照らして正しいものを選ぶ。
4.「鳥の数は生息地によって増えたり減ったりした」第6段では、農地だけに棲む13種が30パーセ ント減少し、どこにでも棲める29種が23パーセント増加したとある。

■第12段落
12:1 It is easy to see how Chomsky reached this conclusion.
12:1 チョムスキーがこのような結論に達した経緯は簡単にわかる。
12:2 He did not study language as social communication, namely, the face-to-face interactions between humans that integrate words, intonation, and body language.
12:2彼は社会的意思疎通、つまり単語やイントネーションやボディランゲージを統合する
人間同士の間での直接の相互作用として言語を研究したのではない。
12:3 The way people speak is [17] (1. based upon 2. similar to 3. different from) the visual grammar of ASL.
12:3人の話し方はASLの「視覚的な」文法に類似している。
12:4 In ASL I can color the sentence “I feel good” with different shades of meaning — from “cautiously good” to “unbelievably good” — by altering the height or speed of my sign.
12:4 ASLでは、「私は気分が良い」という文に、身ぶりの高さや速さを変えることによっ
て、「おそらく気分が良い」から「信じられないくらい良い」に至るまで、いろいろな意 味の濃淡をつけることができる。
12:5 When speaking English, I can use tone and facial expression to color the word “good” with the same shadings.

12:5英語を話す時には、「良い」という言葉に同じ濃淡をつけるのに語調や顔の表情を利 用することができる。
■第13段落
13:1 By focusing on words on the page, Chomsky [18] (1. placed 2. removed 3. interpreted) language from its social context.
13:1書面に書かれた言葉に焦点を当てることによって、チョムスキーは言語をその社会的
状況から取り除いた。
13:2 All the face-to-face signaling behaviors we share with chimpanzees were considered unimportant; the idea of a chimpanzee learning language was considered [19] (1.absurd 2. ambiguous 3. acceptable).
13:2我々がチンパンジーと共有する、差し向かいで行う身ぶり動作のすべては、重要でな
いとみなされた。チンパンジーが言語を学ぶという考えはばかげているとみなされたので ある。
13:3 Chomsky said it was like an island of birds that had the power to fly but had never done so; if chimps had an innate capacity to use language, they’d already be talking in the wild.
13:3 チョムスキーは、それは飛ぶ能力を持ちながら、一度も飛ぼうとしたことがない鳥
の棲む島のようなものだと言った。もしチンパンジーが言語を使用する能力を生まれつき
持っているならば、すでに野生のままで会話をしているであろう、というのである。
[29] Which of the following best represents the author’s opinion about language and communication?
1. Human language has nothing in common with animal communication.
2. In the study of language, we must take its social context into consideration.
3. Nonverbal elements of human language play only an insignificant role in communication.
4. The use of gesture or facial expression should be regarded as nonlinguistic.

・解答 [29]―2
>[29]言語やコミュニケーションについての筆者の意見を最もよく表しているものを選ぶ。
1.「人間の言語は動物のコミュニケーションと何ら共通点はない」
2.「言語の研究においては社会的状況を考慮に入れなければならない」「社会的状況 (social context)」とは第13段第1文(By focusing on…)で出てくるが、第12段第2文(He did not…)で述べられているように、人間どうしの相互作用の中でSocial communicationが行 われる状況をいう。チョムスキーがこれを無視していることに筆者は批判的であることか ら、2が正解。 3.「人間の言語の非言語的要素は、コミュニケーションではわずかな役割しか果たしてい ない」
4.「身ぶりや顔の表情の使用は非言語的とみなされるべきだ」

■第9段落
9:1 Chomsky said that the language acquisition device — or “language organ” — was located in the left hemisphere of the brain, but there is no anatomical [11] (1. counterpart 2. hypothesis 3. evidence) to support this.
9:1言語習得装置、言い換えれば「言語器官」は左脳に位置するとチョムスキーは言った
が、このことを立証する解剖学的証拠はない。
9:2 But anatomy aside, the language device was a reasonable hypothesis for explaining how children acquired language.

9:2 しかし解剖学はさておき、その言語装置というのは子供が言語を習得する方法を説明 するための理にかなった仮説であった。
9:3 What was not reasonable, however, was Chomsky’s [12] (1. suggestion 2. criticism 3. analogy) that such a device was unique to humans.
9:3 しかし理にかなっていないのはそのような装置が人間に特有のものであるとチョムス
キーが示唆したことであった。
9:4 There simply wasn’t enough time, in the brief six million year period since humans diverged from apes, for evolution to add on a completely new brain structure.
9:4人類がサルから枝分かれしてからの600万年という短期間に、全く新しい脳の構造に進
化を加える十分な余裕は決してなかった。
9:5 This “add on” scenario was at odds with the laws of biology.
9:5 この「付加」のシナリオは生物学の法則と一致しなかった。
9:6 The primate brain did not evolve like an ever-expanding house, adding on new rooms as it grew from monkey ancestor to ape ancestor to human.
9:6霊長類の脳は、サルの祖先から類人猿の祖先へ、そして人間へと変わっていくにつれ
て、新しい部屋を付加しながら膨張し続ける家のように進化したのではない。
9:7 Instead, evolution was continually [13](1.abandoning 2. reorganizing 3. eliminating) what it already had taking old structures and putting them to use for new mental tasks.
9:7 そうではなく、進化はすでに有するものを継続的に再編成していた。すなわち古い構
造を用いて、新たな思考の仕事のために利用していたのである。
[25] The author criticizes Chomsky’s suggestion that the language organ” is unique to humans on the grounds that
1. it is impossible for human beings to evolve a uniquely human device within a relatively short period of time since humans diverged from apes.
2. it is highly unlikely that the evolutionary process enabled human beings to develop such an organ no matter how long this process might take.
3. scientists have not been able to construct any theory that anatomically supports the existence of such an organ.
4. all the related species such as humans and apes are genetically determined to share the same organs.

・解答 [25]―1
>[25]on the ground that~「~という理由で」「言語器官」が人間特有のものであると チョムスキーが示していることを筆者が批判している理由を選ぶ。 1.「人間が類人猿から枝分かれしてからの比較的短い期間に、人間に特有の装置を進化さ せるのは不可能である」第9段第3・4文(What was not…)に一致。 2.「進化の過程がどんなに長かろうと、それによって人間がそのような器官を発達させる ことができたということは極めて可能性が低い」1にあるように、問題視されているのは 人間の進化の過程が短いことである。 3.「科学者らは、そのような器官の存在を解剖学的に立証する学説を確立できていない」 第9段第1文(Chomsky said that …)にあるが、筆者が批判している理由はこれではなく、 同段第3文(What was not …)の内容である。 4.「人間と類人猿のような関係の深い種のすべては、遺伝的に同じ器官を持つことを決定 づけられる」本文では述べられていない。

[26] The “add on” scenario, as mentioned in the 9th paragraph, is
1. supported by the author because the theory of evolution has provided ample evidence for it.
2. criticized by the author because it goes against the nature of evolution.

3. criticized by Chomsky because it goes against his theory of a universal grammar.
4. supported by Chomsky because the theory of evolution has already proved its validity.
・解答 [26]―2
>[26]「第9段に述べられている「付加」のシナリオは」に続くものを選ぶ。 1.「進化の理論がそれに対する十分な証拠を与えているので、筆者によって支持されてい る」第9段第3文(What was not…)で筆者は「理にかなっていない(not reasonable)」と批判 しているし、第5文(This “add-on” scenario…)でも「生物学の法則と一致しない」と述べ ている。 2.「進化の本質に反するので、筆者によって批判されている」1の解説で述べた本文の部 分と一致する。 3.「普遍的文法の学説に反するのでチョムスキーによって批判されている」「付加」のシ ナリオはチョムスキーの述べている内容を指しているので不一致。 4.「進化の理論がすでにその有効性を証明しているので、チョムスキーによって支持され ている」第9段第1文(Chonsky said that…)に「立証する解剖学的証拠」がないとある。

■第11段落
11:1 From the viewpoint of biologists, this has always been the problem with the language acquisition device.
11:1生物学者の見地からすると、このことは常に言語習得装置にかかる問題となってい
る。
11:2 Whenever we study [15] (1.account for 2. discount 3. calculate) its evolutionary development from ancestral species.
11:2我々が解剖学の一面を研究するといつでも、祖先の種からの進化的発達を説明しなけ
ればならない。
11:3 Linguists, however, did not consider evolutionary constraints.
11:3 しかし言語学者は進化の上での制約のことを考えてはいなかった。
11:4 They simply assumed a discontinuity between humans and apes and worked on the assumption that human language stood [16] (1. outside 2. inside 3. beside) the animal kingdom.
11:4彼らはただ人間と類人猿との間の「断絶」を想定し、人間の言語は動物界の外側に位
置するという想定で取り組んでいた。
11:5 To Chomsky, human language bore no relation to any other form of animal communication. 11:5 チョムスキーにとって、人間の言語は他のいかなる動物の意思疎通形態とも関連を 持たなかったのである。
[27] The author seems to claim that the language acquisition device, as proposed by Chomsky, has a crucial problem in that Chomsky
1. takes it for granted that humans and apes share the same biological makeup.
2. is too much concerned with an aspect of anatomy in his study of language.
3. does not take evolutionary constraints into consideration.
4. provides only a few pieces of evidence for the validity of the “add on” scenario.

・解答 [27]―3
>[27]問題文「チョムスキーによって提唱された言語習得装置はチョムスキーが~という点
で重大な問題がある、と筆者は主張しているようである」の~の部分に当たるものを選ぶ。

1.「人間と類人猿が同じ生物学的構造を共有していることをft然とみなしている」
2.「言語の研究において解剖学的側面をあまりに気にかけすぎである」

3.「進化的制約を考慮に入れていない」take~into consideration「~を考慮に入れる」 4.「『付加』のシナリオの有効性に対する証拠をほんのいくつかしか与えていない」 第11段にもあるように、チョムスキーは言語習得の器官は人間独自のものとみなしている
ので、1は誤り。

■第2段落
2:1 Today linguists agree that King James was wrong: a child is not born with knowledge of a specific language.
2:1 今日、言語学者はジェームズ王が間違っていたことを皆認めるだろう。子供は特定の
言語の知識を持って生まれてくるのではない。
2:2 We know that language develops as a child interacts with adults.
2:2 言語は子供が大人と相互に影響し合いながら発達するものであることを我々は知って
いる。
2:3 However, exactly what happens in the process of language acquisition [1](1. regains 2. retains 3. remains) a matter of debate.
2:3 しかし、言語習得の過程で厳密に何が起こっているかということは依然として議論の
的である。
2:4 Somehow, virtually all children acquire a means of communication so complex that no one has ever fully described the grammatical rules for even a single language.
2:4 どういうわけかたった一つの言語の文法規則でさえ十分に記述した人がいないほど複
雑な意思疎通の一つの手段を、事実上すべての子供が獲得するのである。
■第4段落
4:1 What does this have to do with the mystery of child language acquisition?
4:1 このことは子供の言語習得の謎とどういう関係があるのだろうか。
4:2 If we knew that our ancestors developed language through cognition and learning, then it [4] (1. denies 2. follows 3. proves) that modern human children probably do the same thing.
4:2 もし我々の祖先が認識と学習によって言語を発達させたということがわかっているな
らば、ft然、現代の人間の子供もおそらく同じことをするということになる。
4:3 Children must use the same [5] (1. applications 2. rules 3. strategies) to learn language — observation, imitation, and play — that they use to learn other skills, like tying their shoes or playing the piano.
4:3子供は言語を学習するのに同じ方策、観察、模倣、遊びなどの方法を用いるはずであ
るが、それらは靴のひもを結んだりピアノを弾いたりというような他の技術を学ぶ時に用 いるような方策である。
4:4 Language, of course, is more complicated than shoe tying and more universal than piano playing, so somewhere along the [6] (1. avenue 2. way 3. street) humans must have developed a specialized way of learning in order to acquire language.
4:4 もちろん言語というものは靴のひもを結ぶことよりも複雑で、ピアノを弾くことより
もより普遍的であるので、その過程のどこかで人間は言語を習得するために専門的な学習
方法を発達させたに違いない。
■第8段落
8:1 [10](1.Unexpectedly 2. Fortunately 3. Obviously), if a universal grammar did exist, no human two year-old would be able to learn such a complex system.

8:1 明らかに、たとえ普遍的な文法が存在するとしても、2歳の人間がそのような複雑な体 系を学ぶことはできないであろう。
8:2 So Chomsky suggested that every child is born with a “language acquisition device” that already has the universal grammar built in.
8:2 したがってチョムスキーは、すべての子供は普遍的文法をすでに内蔵した「言語習得
装置」を持って生まれるということを示唆した。
8:3 According to Chomsky, the universal grammar was part of a child’s genetic makeup, making language unique to humans.
8:3 チョムスキーによると、普遍的な文法は子供の遺伝子構造の一部であり、言語を人間
特有のものにしているのだという。

[23] With regard to child language acquisition, Chomsky seems to hold the view that children are
1. faced with the problem of how to deal with the complex rules of language as well as the disordered adult speech.
2. born with the rules of language already stored in the brain, thereby facilitating language acquisition.
3. equipped with cognitive abilities which enable them to learn language by imitating.
4. born with a fully developed language system stored in the brain, thus making it unnecessary for them to imitate adult speech.

・解答 [23]―2
>[23]子供の言語習得に関してチョムスキーが抱いている観点を選ぶ。
1.「(子供は)無秩序な大人の話ぶりだけでなく、言語の複雑な規則にどう対処するかとい う問題に直面している」第2段最終文(Somehow, virtually all…)に、すべての子供が複雑な 意思疎通手段を習得することが述べられているので誤り。 2.「(子供は)脳内にすでに言語の規則を蓄えた状態で生まれ、それによって言語習得を容 易にしている」第8段に一致。子供は生まれたときから言語習得装置(language acquisition device)」を備えているという考え方である。 3.「(子供は)模倣によって言語を学習することを可能にする認知能力が備わっている」
4.「(子供は)完全に発達した言語体系が脳内に蓄えられた状態で生まれ。
ゆえに大人の話をまねることを不必要にしている」

[24] Which of the following best characterizes the author’s attitude toward a universal grammar as proposed by Chomsky?
1. He is fully in support of it.
2. He is totally indifferent to it.
3. He is at best skeptical about it.
4. He is very much enthusiastic about it.

・解答 [24]―3
>[24|チョムスキーが提唱する普遍的文法に対する筆者の態度を最も特徴づけているもの を選ぶ。
1.「完全に支持している」
2.「全く無関心である」
3.「いくらよくても懐疑的という程度である」
4.「非常に熱狂的である」
全体を通じて筆者はチョムスキーの理論に批判的であることから3が最適。

■第3段落
3:1 How do children do it?
3:2 どうやって子供達はそれをするのだろうか。
3:2 It is possible that Project Washoe may indicate an answer.
3:2 プロジェクト・ワシューが一つの答えを示している可能性がある。
3:3 This project was an attempt to teach a form of human language, namely American Sign Language, or ASL, to a chimpanzee named Washoe.
3:3 このプロジェクトは人間の言語の一つの形態、すなわちアメリカサインランゲージつ
まりASLを、ワシューという名のチンパンジーに教える試みであった。
3:4 She acquired about 240 signs and produced them in sequences.
3:4彼女は約240の身ぶりを習得し、それらを連続して示した。
3:5 Her progress in learning ASL could help answer the question by [2] (1. pulling 2.switching 3. Shedding) light on the origins of language.
3:5彼女のASL習得の過程は、言語の起源に光を当てることによってその疑問の解明に寄与
するものであった。
3:6 Until she began signing, it was assumed that sometime after our ancestors diverged from Washoe’s ancestors about six million years ago, we evolved an anatomical structure that enabled us to develop language.
3:6彼女が身ぶりを使い始めるまでは、我々の祖先がワシューの祖先から約600万年前に枝
分かれした後のある時期に、我々は言語発達を可能にする解剖学的構造を進化させたと考 えられていた。
3:7 But if Washoe could learn a human sign language it meant that the common ancestor of both humans and chimps also must have had the [3] (1. capacity 2. longing 3. admiration) for gestural communication.
3:7 しかし、もしワシューが人間の手話を学ぶことができるのなら、それは人間とチンパ
ンジーの両方に共通する祖先が、身ぶりによるコミュニケーション能力を有していたに違 いないということを意味していた。
[21] Project Washoe has an important implication to the theory of language acquisition because
1. it will suggest when Washoe’s ancestors developed an anatomical change that enabled us to develop language.
2. it has the possibility of increasing our understanding of the origins of human language, thus helping us understand how children acquire language.
3. it has the possibility of proving that human beings learned gestural communication from Washoe’s ancestors.
4. it will suggest that the ability of learning a sign language is a basis for acquiring a human language.

・解答 [21]―2
>[21]プロジェクト・ワシューが言語習得の理論に重要な影響を持つ理由を選ぶ。 1.「我々が言語を発達させることを可能にした解剖学的変化を、ワシューの祖先がいつ発 達させたかを示してくれる」人間とチンパンジーが、言語発達に関して同じ解剖学的変化 を発達させたとは本文で断定していない。 2.「それは、人間の言語の起源に関する理解を増し、子供が言語を習得する方法を理解す ることの助けになる可能性を持っている」第3段第1・2文(How do children…)に一致。ま たこれに関連づけながら第3・4段で人間の言語の起源について述べられている。

3.「それは、人間がワシューの祖先から身ぶり言語を学んだことを証明する可能性を持っ ている」 4.「それは、手話の学習能力が人間の言語を習得するための基礎であることを示す」

■第1段落
1:1 Information technology, and the low cost communications it enables, is almost certainly the most fundamental change in the mechanisms of politics at the international level.
1:1情報技術と、それが可能にする低コストの通信は、国際的レベルでの政治体系におい
て、ほとんど間違いなく最も重要な変化である。
1:2 It has created a rich new set of both actors and interactions.
1:2 それは行為者と相互作用両方の豊富で新たな集合を生み出してきた。
1:3 This explosion of interconnectivity and the number of players has created the possibility for a network-like structure for international discourse.
1:3相互結合性と行為者のこのような爆発的増加は、国際的意思伝達のためのネットワー
クのような構造の可能性を生み出した。
1:4 This structure contrasts sharply with the more hierarchical structure that previously constrained interactions.
1:4 この構造は、以前相互作用を阻止していた、より階級的な構造とははっきりと対照を
なすものである。
1:5 It provides access for small groups that had no influence in the past.
1:5 それは、過去において影響を持たなかった少数グループに利用・入手の権利を与え る。
1:6 Also, by connecting multiple levels of interactions, it facilitates the complex governance arrangements* developing in Europe (such as the EU and NATO).
1:6 さらに、それは、相互作用の複合的なレベルを結びつけることによって、ヨーロツパ
で展開している複雑な政治的統治形態(たとえば、EUやNATOなど)を促進する。 1:7 Both the access and the complex governance arrangements are important new features of international politics.
1:7 そのような利用の権利と複雑な政治的統治形態の両方は、国際政治の重要で新たな特
徴である。
1:8 These features increase the number of organizations with which nation-states can and must deal on international issues.
1:8 これらの特徴のために、国民国家が国際問題について関係することができ、また、関
係しなければならない組織の数が増えている。
[21] According to this article, a network-like structure
1 . constrains interactions, as a hierarchical structure did before.
2. invites more interactions and players than a hierarchical structure.
3. puts too much pressure on nation-states to deal with.
4. makes consensus formation in democracies almost impossible.

・解答 [21]―2
>[21]「この論文によると、ネットワークのような構造は…」第1段第2文(It has created…)・第3文(This explosion of…)・第4文(This structure contrasts…)参照。ネッ トワークのような構造は、階層制度の構造と対照的に、行為者と相互作用両方の豊富で新 しい組み合わせを生み出してきたと述べられているので、2の「階層制度の構造より多く の相互作用と行為者を誘い入れる」が正解。

■第5段落
5:1 So why would we think that cultural survival is valuable in itself?
5:1 それでは、なぜわれわれは、文化的生存はそれ自体価値があると思うのであろうか。
5:2 One argument draws an analogy between cultures and other threatened aspects of the natural world: we ought to preserve cultures because to do otherwise is to allow something unique and [8] (1. irrational 2. irreplaceable 3. irrelevant) to leave the world.
5:2 ある主張では、文化と、自然界の他の絶滅に瀕した面との間の類似が引き合いに出される。つ まり、文化を保護しなければならないのは、そうしないと何か独特でかけがえのないものを世界 から失ってしまうことになるからだ。
5:3 Refusing to act against assimilation might be thought [9](1. compatible with 2. contrasted with 3. equivalent to), say, shooting the last panda.

5:3同化に反対するのを拒否することは、たとえば、最後のパンダを撃ち殺すことと同等であると
思われるだろう。
[24] In the 5th paragraph, the analogy between cultural survival and pandas is used to illustrate the idea that
1. we need to protect endangered cultures the way we protect endangered species.
2. assimilation is the best way to protect endangered cultures just as zoos protect pandas.
3. cultural diversities are best understood by using analogies.
4. the natural world and the cultural world are both unique.

・解説 [24]―1
>[24]「第5段において、文化的生存とパンダの聞の類似は…という考えを証明するために使わ れている」第5段第2文(One argument draws…)参照。endangered cultures「絶滅の危機に瀕し た文化」と、パンダなどのother threatened aspects of the natural world=endangered species「絶 滅の危機に瀕した種」との類似を引き合いに出すことによって、両者の保護の必要性を述べてい る。1の「絶滅の危機に瀕した種を保護するように、絶滅の危機に瀕した文化を保護する必要があ る」が正解。

■第6段落
6:1 This argument, though, claims too much, for we feel a similar sense of loss when we face not the destruction of a culture but merely it’s reworking from the inside — and, thereby, the loss of specific elements [10](1. within 2. upon 3. beside) the culture.
6:1 しかし、この主張はあまりにも多くを求め過ぎている。なぜなら、われわれは、文化の破壊で
はなくて、ただ単に内側からの文化の補整、そして、それによる文化の内側にある特定の要素の
喪失に直面するときに、同様の喪失感を感じるからである。
6:2 Over time, all of our cultures are remade and many traditional norms and practices are abandoned.
6:2時を経て、われわれの文化のすべては作り直され、多くの伝統的基準や慣習は捨てられる。
6:3 We might easily sympathize that there was a loss to the world in what was thereby abandoned. 6:3 それによって捨てられるものの中に、世界にとって損失となるものがあると思い、われわれは すぐに同情する。
6:4 We do have reason to regret that the current ways by which the world is understood — our own ways included — will eventually disappear.
6:4世界が理解される現在の方法(これにはわれわれ自身の方法も含まれている)がゆくゆくは消
え去ってしまうことを後悔するのはもっともなことである。
6:5 But our justifiable sadness does not give us good reason to declare that what is now endangered ought to be preserved forever; or to forbid ourselves from altering inherited cultural norms — abandoning some, changing others — and [11](1.adopting 2. excluding 3. enclosing) new ways and customs as our own.
6:5 しかし、正ftと認められる悲しみをもってしても、今絶滅に瀕しているものが永久に保護され
るべきであると宣言したり、継承している文化的基準を変更して(あるものを捨てたり、あるも

のを変更して)新しい方法や習慣を自分自身のものとして採用することを禁止したりするだけの 十分な理由にはならない。
[25] In the 6th paragraph, the phrase “inherited cultural norms” refers to
1. the genetic aspects of brain developn1ent that determine an individual’s cultural identity.
2. the aspects of culture that develop over time forming an individual’s sense of the world.
3. the daily behavioral patterns that an individual adopts against elders and peers.
4. the traditional behavioral patterns that elders impose on the next generation.

・解説 [25]―4
>[25]「第6段において、『継承されている文化的基準」という言葉は…のことを言っている」 inherited cultural normsは「継承されている文化的基準」だから、4の「年長者が次の世代に負わ せる伝統的な行動様式」が正解。

■第7段落
7:1 One might even say that this sadness is the inevitable price we pay for freedom.
7:1 このような悲しみは、われわれが自由に対して支払う避けられない代償であるとさえ言う人が いるかもしれない。
7:2 If we had no choice about what norms to adopt, and knew that the next generation would live as our ancestors lived before us, the world might lose one source of trouble but gain many more.
7:2 もしわれわれにどのような基準を採用すべきかに関して選択権がなく、また次の世代も先祖が われわれよりも以前に生活したのと同じように生活していくのを知っているのなら、世界はもめ 事の原因を1つ失うが、もっと多くのもめ事の原因を得ることになるだろう。

7:3 The “endangered species” approach to [12](1. defending 2. delaying 3. destroying) cultural
survival, then, has some serious defects.
7:3 このように、文化的生存を擁護することに対する、「絶滅寸前の種」を扱うような取り組み方 には深刻な問題がいくつかある。
[26] In using the phrase “this sadI1ess is the inevitable price we pay for freedom” in the 7th paragraph, the author suggests that
1. humans feel fearful when they realize that certain events are inevitable.
2. freedom of action demands a serious reflection on life.
3. in the course of our lives the values that we have abandoned may come back.
4. freedom of choice is necessarily bound to cultural change.

・解説 [26]―4
>[26]「第7段において、『このような悲しみは、われわれが自由に対して支払う避けられない 代償である』という言葉を使うとき、著者は…と言おうとしている」第6段第3文(We might easily…)・第4文(We do have…)・第5文(But our justifiable…)からわかるように、this sadnessはcultural changeに対する悲しみや後悔の気持ちを表している。また、第7段第2文(If we had…)からわかるように、cultural changeがないならば、どの基準を採用すべきかに関して選択 権(自由)がなくなる。したがって、4の「選択の自由は文化的変化と必然的に結びついている」 が正解。

■第10段落
10:1 The second notion — that of valuing cultural diversity in the abstract — raises in turn another deep ambiguity, the difference between diversity of cultures and diversity within cultures.
10:1 2目の考え方、つまり、抽象的に文化的多様性を重んじる考え方も、同様に別の深いあいまい
さを提起するが、それは文化の多様性と文化内の多様性の間の相違である。
10:2 Exposure to a wide variety of lifeways is clearly of great moral value; it enables people to flourish in ways that conformity and sameness instead suppress.
10:2 さまざまな生活様式にさらされることは、明らかに大きな道徳的価値のあるものであり、画
一性や同一性なら逆に抑えてしまうような方法で人々は活躍することができる。

10:3 But there is no necessary [15](1. break 2. link 3. chain) between the desirability of diversity within cultures and the demand that there be a wide variety of cultures themselves.
10:3 しかし、文化内の多様性の望ましさと文化そのものの多様性の要求の間には必然的なつなが
りはない。
[27] In the 10th paragraph, the distinction between diversity of cultures and within cultures is drawn in order to suggest that
1. it is more important to accept a diversity of behavior within cultures than to have a great number of diverse cultures.
2. it is more important to have great moral values than to be exposed to a wide variety of lifestyles.
3. it is more important for people to flourish than to be linked to a particular form of cultural diversity.
4. it is more important to support diversity in cultural values than to be ambiguous about moral values.

・解説 [27]―1
>[27]「第10段において、文化の多様性と文化内の多様性の聞の相違が引き合いに出されてい るのは、…と言いたいためである」第10段第2文(Exposure to a wide…)・最終文(But there is…)参照。文化内のさまざまな生活様式に触れることは価値のあることだが、文化内の多様性の 望ましさと文化そのものの多様性の要求の聞には必然的なつながりはない、と言っている。よっ て、1の「多数のさまざまな文化を持つよりも文化内で多様な行動を受け入れる方が重要である」 が正解。

■第13段落
13:1 The proper focus for our moral concern, then, is [19](1. by all means 2. not 3. except) the survival of cultures as collective practices and traditions, but rather the political, civil and human rights of the individuals that constitute the cultures.
13:1 したがって、われわれの道徳的関心の適切な焦点は、集団的な慣習や伝統としての文化の生
存ではなくて、むしろ文化を構成する個人の政治的権利、公民権、人権である。

13:2 A culture has no moral claim to [20](1. temporal 2. transient 3. eternal) existence, especially as against the rights and choices of its own individual members.
13:2文化には永久的な存在に対する道徳的権利はない。その文化の個人構成員の権利や選択権に比
べると特にそうである。
13:3 Our concern about cultures, endangered or otherwise, should ultimately stem from the moral status and rights of their individual members.
13:3絶滅の危機に瀕していようとそうでなかろうと、文化に関するわれわれの関心は、その個人構
成員の道徳的地位と権利から究極的には生じるべきなのである。
[28] Based on this article, which of the following would the author most likely support?
1. We should base our moral concerns on large abstract principles like cultural rights.
2. We should base our moral concerns on balance between the natural and cultural worlds.
3. We should base our moral concerns on the ethical methods for cultural assimilation.
4. We should base our moral concerns on ethical concepts such as human rights.

・解説 [28]―4
>[28]「この論文に基づけば、著者が支持する可能性の最も高いものは次のどれか」最終段第1 文(The proper focus…)参照。文化を構成する個人の政治的権利、公民権、人権を重視している ので、4の「われわれは人権などの倫理的概念に道徳的関心の基礎を置くべきだ」が正解。

■第12段落
12:1 While I cannot accept the argument that all existing cultures have a moral right to permanent survival, I would assert that there are circumstances under which allowing the destruction of a culture is immoral.
12:1現存するすべての文化には永久的に生存する道徳的権利があるという主張を、私は受け入れる
ことはできないが、文化の破壊を許すことが不道徳である状況が存在することは強く主張したい。
12:2 Cultures can go out of the world because its members gradually and freely choose to adopt the norms of an outside culture.

12:2文化が世界から消えるのは、その構成員が徐々に、進んで外部の文化の基準を採用することを 選ぶからである。
12:3 But much more often, the members of a culture assimilate because the surrounding community has made it impossible not to do so.
12:3 しかし、はるかに頻繁に、文化の構成員が同化するのは、同化しないことを周囲の社会が不
可能にしているからである。
12:4 Injustice and oppression have made many cultures around the world less likely to survive than they would otherwise be; allowing these cultures to disappear would reflect the tragic outcome of an unjust process.
12:4不正と圧制によって、世界中の多くの文化は、それらがない場合に比べて生き延びにくくなっ
ている。これらの文化を消えさせてしまうことは、不正な作用の悲劇的な結果を反映しているだ
ろう。

12:5 But this conclusion derives from the circumstances of the disappearance [18](1. rather than 2. more than 3. less than) from the disappearance itself.
12:5 しかし、このような結論は、消失そのものよりもむしろ消失の状況に由来するものである。 [29] Based on the ideas in the 12th paragraph and your reading of this whole article, which of the fallowing would the author consider “immoral”?
1. The extinction of the panda due to cultural preservation.
2. The cultural extinction caused by such global institutions as McDonald’s.
3. The use of economic or physical means to enforce cultural conformity.
4. The attempts of parents to teach the importance of cultural conformity to their children.

・解説 [29]―3
>[29]「第12段の考えに基づき、また全論文を読んでみて、著者が『不道徳』であると思うの は次のどれか」第12段第1文(While I cannot…)の後半部分に、文化破壊が不道徳である状況が 存在するとあり、また第3文(But much more…)・第4文(Injustice and oppression…)におい て、周囲の社会の影響、その例としてinjustice「不正」とoppression「圧制」が挙がっているとこ ろから考える。3の「文化的画一性を押しつけるために経済的または実際的手段を使うこと」が正 解。

■第13段落
13:1 The proper focus for our moral concern, then, is [19](1. by all means 2. not 3. except) the survival of cultures as collective practices and traditions, but rather the political, civil and human rights of the individuals that constitute the cultures.
13:1 したがって、われわれの道徳的関心の適切な焦点は、集団的な慣習や伝統としての文化の生
存ではなくて、むしろ文化を構成する個人の政治的権利、公民権、人権である。
13:2 A culture has no moral claim to [20](1. temporal 2. transient 3. eternal) existence, especially as against the rights and choices of its own individual members.
13:2文化には永久的な存在に対する道徳的権利はない。その文化の個人構成員の権利や選択権に比
べると特にそうである。
13:3 Our concern about cultures, endangered or otherwise, should ultimately stem from the moral status and rights of their individual members.
13:3絶滅の危機に瀕していようとそうでなかろうと、文化に関するわれわれの関心は、その個人構
成員の道徳的地位と権利から究極的には生じるべきなのである。

[30] Which of the following will make the n1ost suitable title for this article?
1. A Call for Cultural Rights
2. Cultural Preservation versus Cultural Conformity
3. Rights for People not for Cultures
4. Pandas, Rhetoric and Modern Ethics

・解説 [30]―3
>[30]「この論文の表題として最も適ftなものは次のどれか」最終段参照。この論文では、文化 的生存に触れながら、文化に関して関心を持つべきなのは個人の権利であって文化の永久的生存

の権利ではないと述べている。したがって、3の「文化のための権利ではなくて人間のための権 利」が正解。

■第2段落
2:1 This vague moral claim has turned up in the discussion of issues as [1](1. variety 2. varied 3. variously) as affirmative action* and the moral status of such culturally overwhelming institutions as McDonalds.
2:1 このようなあいまいな道徳的主張は、積極的措置や、マクドナルドのような文化的に圧倒的な
組織の道徳上の地位といった多様な問題を議論する際に現れている。
2:2 If we take these arguments literally, cultural survival is [2](1. something 2. anything 3. nothing) very close to a moral absolute; to refuse to agree with it is to sign up on the side of cultural destruction and global conformity.
2:2 もしこれらの主張を文字通りにとるならば、文化的生存は絶対不動の道徳規範にごく近いもの であり、それに同意するのを―拒否することは文化破壊と世界的画一性の側に署名することとな る。

[21] When the author uses the phrase “a moral absolute” in the 2nd paragraph, this refers to
1. a belief that a few people hold about which actions are good or evil.
2. a belief that anthropologists have identified about the moral values of a culture.
3. a belief used by activists as a political slogan to persuade people.
4. a belief that all people would agree to as a guide to their ethical choices.

・解説 [21]―4
>[21]「著者が第2段で『絶対不動の道徳規範』という言葉を使用するとき、このことばは…の ことを言っている」moral absoluteは「道徳上の絶対的なもの」が直訳である。よって、4の「す べての人々が各自の道徳上の選択の指針として同意する信条」が正解。
[22] In the 2nd paragraph, the author refers to McDonald’s as an example of
1. cultural conformity.
2. cultural sanctions.
3. moral absolute.
4. moral equation.

・解説 [22]―1
>[22]「第2段で、著者は…の例としてマクドナルドに言及している」第2段最終文(If we take…)の最終部分参照。マクドナルドはcultural destruction「文化破壊」、global conformity「世 界的画一性」の例として述べられている。よって、1のcultural conformity「文化的画一性」が正 解。

■第9段落
9:1 The photograph is a professional transformation of social life, a politically relevant rhetoric, a constructed form that ironically naturalizes experience.
9:1 この写真は専門家による社会生活の変形であり、政治に関係したレトリックであり、皮肉にも 経験を自然なものとみなす、一つのつくられた形なのである。
9:2 As Michael Shapiro puts it,
… representation is the absence of presence, but because the real is never wholly present to us — how it is real for us is always [20](1. cut 2. gone 3. mediated) through some representational practice — we lose something when we think of representation as mimetic (or the exact copy of reality) …
9:2 マイケル=シャピロも言ったように、「…表現することは実在の欠如である。しかし、現実の 全体は決して我々に提示されないのであるから―我々にとっての現実のありようは常に何らかの表 現上の操作を通じて伝えられているので―表現を模倣(もしくは真実の忠実なコピー)とみなすと き、我々は何かを失うのである…」
[27] What do the authors mean by the phrase “a constructed form that ironically naturalizes experience” in the ninth paragraph?
1. Despite our natural desire to understand reality, we don’t wish to take reality as it is.

2. The photograph is a professional and natural representation of social life.
3. Photographs can capture reality as it is and purify our experience.
4. Photographs cannot capture reality as it is, yet we accept a photo image as constructing a natural experience.
・解答 [27]―4
>[27]第9段の「皮肉にも経験を自然なものとみなす、一つのつくられた形」とはどういう意味かを
選ぶ。
4.「写真というものは現実をそのままとらえることはできないが、我々は写真による画像を、自 然の経験を構成するものとして受け入れている」第9段冒頭(The photograph is…)に「この写真は 専門家による社会生活の変形である」と述べられているし、また同段のマイケル=シャピロ氏の 言葉の中にもhow it is… practice「我々にとっての現実のありようは常に何らかの表現上の操作を 通じて伝えられている」とある。 1.「現実を理解しようとする我々の自然な願望にもかかわらず、我々は現実をそのまま受け入れ たくはない」
2.「その写真は社会生活を専門的に自然に表現したものだ」
3.「写真は現実をそのままとらえ、我々の経験を浄化することができる」

■第7段落
7:1 One message that comes across from viewing suffering from a distance is that [15] (1. based on 2. together with 3. for all) the havoc and chaos in Western society, we are somehow better than this African society.
7:1遠くから人の不幸を眺めることから伝わってくるメッセージの一つは、西欧社会の荒廃と混沌
にもかかわらず、我々のほうがこのアフリカ社会よりも幾分ましであるということである。
7:2 We gain in moral status, and some of our organizations gain financially and politically, while those whom we represent, or appropriate, remain where they are, slowly dying, surrounded by [16] ( 1. vultures 2. chance 3. mistake).
7:2我々は道徳的地位において利益を得、また我々の組織のいくつかは経済的・政治的に利益を得
ている。だが一方では我々が表現し、利用している人々はその場にとどまり、ハゲワシに囲まれ てじわじわと死につつあるのである。
7:3 This “consumption” of suffering in an era of so-called “disordered capitalism” is not so very different from the late nineteenth-century view that the savage barbarism in non-Christian lands justified the valuing of our own civilization at a higher level of development — a view that authorized colonial exploitation.
7:3 このようないわゆる「乱れた資本主義」の時代における不幸の「消費」は、非キリスト教国の
野蛮な未開状態が、我々の文明がより高い発達水準にあると評価するのを正ft化したという、19
世紀後半の考え方―つまり植民地開発を認めた考え方―と大差ないのである。

7:4 Both are [17] (1. forms 2. aware 3. igno rant) of cultural representation in which the moral, the commer cial, and the political are deeply involved in each other.
7:4両者とも、その中に道徳、商業、政治が互いに深く関わった文化の表現形態である。
7:5 The point is that the image of the vulture and the child carries cultural entailments, including the brutal history of colonialism as well as the dubious cultural baggage of the more recent programs of “modernization” and globalization (of markets and financing), that have too often [18] ( 1. improved 2. worsened 3. overcame) human problems in sub-Saharan Africa.
7:5重要なのは、ハゲワシと子供の画像は文化的内含を伴っているということである。それは植民
地主義の残忍な歴史、およびより近年の(市場と財政の)「現代化」と世界化の計画といういかがわ しい文化的な荷物を含むものであり、またそれはアフリカのサハラ以南の人々の問題をあまりに
も頻繁に悪化させてきたものである。

[25] The authors refer to colonial exploitation in the late 19th century in the seventh paragraph, in order to demonstrate that

1. Western society has been dominant over African society since the age of colonialism.
2. Westerners tend to believe that their civilization is superior to that of Africa.
3. people in the media consume others’ suffering today in the Same way pagan lands were colonized in the past.
4. the same attitude is found working both in justifying the colonial exploitation in the 19th century and in consuming today’s suffering.
・解答 [25]―4
>[25]第7段で筆者が19世紀の植民地開発について述べることによって示そうとしている事柄を選
ぶ。
4.「19世紀の植民地開発を正ft化すること。そして現在人々の不幸を消費していることの両方 に、同じ態度が作用しているのがみられる」第7段第3文(This“consumption”of…)参照。「このよ うないわゆる『乱れた資本主義』の時代における不幸の『消費』は、非キリスト教国の野蛮な未 開状態がより高い発達水準にある我々の文明の価値を正ft化したという。19世紀後半の考え方―つ まり植民地開発を認めた考え方―と大差ないのである」とある。ここでいう「消費」 (consumption)とは、人々の不幸な状態がメディアなどの画像を通して商品のように消費され、経 済的・政治的利益の追求に利用されていることを述べた表現である。 1.「植民地主義時代以来、西洋社会がアフリカ社会より優位に立っているということ」
2.「西洋人は、自分たちの文明がアフリカの文明より優れていると思いがちだ」3.「メディアの 人々は、異教徒の土地が過去に植民地にされたのと同じ方法で、今日、他の人々の苦しみを消費 している」

[26] What is the author’s main point about the image of the child and the vulture in the photograph?
1. The image implies that Westerners have something to do with the human problem in the photograph in the form of colonialism in the past, and modernization and globalization now.
2. The image suggests that the child is abandoned and that she is unprotected.
3. The image was horrible, and Kevin Carter was not able to overcome the burden of horror. So he committed suicide.
4. The image can be effectively used to heighten moral sentiment to mobilize support for social action.

・解答 [26]―1
>[26]写真の子供とハゲワシについての、筆者の主な論点を選ぶ。
1.「西欧人が過去においては植民地主義という形で、そして現在では現代化や世界化という形 で、写真の中にある人類の問題と関わりがあるということをその画像は意味している」第7段第3 文(前問25で解説)、さらに最終文(The point is that…)参照。 2.「その画像は、子供が見捨てられ、保護されていないことを示唆している」
3.「その画像はひどいもので、ケビン=カーターは、恐怖の負担に耐えることができず自殺した」
4.「その画像は、社会的行動への支持を集めるため、道徳的感傷を高めるために効果的に使うこ とができる」

■第2段落
2:1 When the photograph first appeared, it accompanied a story of the famine that has once again [1] (1. moved 2. solved 3. resulted from) political violence and the chaos of civil war in the southern Sudan.
2:1 この写真が初めて登場したとき、スーダン南部での政治的暴力と内戦の混乱からまたもや生じ た飢饉の話が写真についていた。
2:2 The Times’ self-congratulatory account fails to adequately evoke the image’s shocking effect. 2:2 『タイムズ』紙の自画自賛めいたその説明は、その写真のもつ衝撃的な効果を十分に呼び起こ してはいない。
2:3 The child is [2] (1. much 2. hardly 3. a little) larger than an infant; she is naked; she appears bowed over in weakness and sickness, incapable, it would seem, [3] (1. from 2. of 3. for) moving; she is unprotected.

2:3 その子供の体はほとんど幼児同然の大きさしかない。彼女は裸で、衰弱と病気でうつぶせてい るように見え、動けないようであり、無防備である。
2:4 No mother, no family, no one is present to prevent her from being attacked by the vulture, or succumbing to starvation and then being eaten.
2:4母も、家族も、いや誰一人として、ハゲワシに攻撃されること、あるいは飢死してついには食
べられてしまうことから彼女を守る者はそこにいない。
2:5 The image suggests that she has been abandoned.
2:5 その画像から彼女は置き去りにされたと伺える。
2:6 Why?
2:6 それはなぜか。
2:7 The reader again is led to imagine various [4] ( 1. scenarios 2. styles 3. col lections) of suffering: she has been lost in the chaos of forced uprooting; her family has died ; she has been deserted near death in order for her mother to [5] ( 1. keep up with 2 .get rid of 3. hold on to) more viable children.
2:7 ここで再度読者はさまざまな不幸のシナリオを想像させられるのである。強制退去の混乱の中
で迷子になってしまった。家族が死んでしまった。 あるいは、もっと生き延びる見込みのある子供らを母親が手放さないためにこの子が瀕死の状態 で見捨てられた、などというふうに。
2:8 The image’s great success is that it causes the reader to want to know more.
2:8 この画像の成功の大きな点は読者にさらなる情報を知りたいと思わせるところにある。
2:9 Why is this innocent victim of civil war and famine unprotected?
2:9 なぜこの罪のない内戦や飢饉の犠牲者は保護されないままなのか。
2:10 The vulture embodies danger and evil, but the greater dangers and real forces of evil are not in the “natural world”; they are in the political world, [6] (1. including 2. predicting 3. speaking of) those nearby in army uniforms or in government offices in Khartoum.
2:10ハゲワシは危険と悪を具体化しているが、より大きな危険や本ftの悪の力は自然界には存在
しない。それらは、軍服を着た人々やハルツームの官庁にいる身近な人々を含む、政治の世界の 中にある。
2:11 Famine has become a political strategy in the Sudan.
2:11 スーダンにおいて飢饉は政治的な戦略となっているのである。
[23] The authors consider Kevin Carter’s photograph to be powerful and successful because
1. it impressively captures the famine caused by political turmoils in the Sudan.
2. it has a vulture that embodies danger and evil.
3. it shows that an infant, the victim of civil war and famine, is unprotected.
4. it has a strong image that evokes a number of questions and speculations.

・解答 [23]―4
>[23]筆者がケビン=カーターの写真を力強くて成功したものとみなしている理由を選ぶ。
1.「スーダンの政治的混乱によって引き起こされた飢饉を印象的に捕らえている」
2.「危険と悪を具体化しているハゲワシが写っている」
3.「内乱と飢餓輩の犠牲者である幼児の無防備な状態を写している」
4.「数々の疑問や推測を呼び起こすような強烈な画像が写っている」
1~3とも本文の内容には合っているが、この写真は1~3のような特徴を備えた結果、4のような効 果が生まれたといえる。第2段第8文(The image’s great success…)にも成功の理由を示す記述があ る。

[24] The term “natural world” in the second paragraph is used in contrast to the political world in order to indicate that
1. real suffering is caused by people.
2. the vulture represents danger and evil in the actual political world.
3. there are two types of problems people confront.
4. natural factors explain the problem of famine in the Sudan.

・解答 [24]―1

>「24]第2段第10文にある“natural world”という語句は政治の世界と対照的に使われているが、何 を示すために用いられているか。 1.「本ftの苦しみは人間によって引き起こされる」第2段第10文には「より大きな危険や本ftの悪 の力は自然界には存在しない」とある。 2.「ハゲワシは実際の政治の世界での危険や悪を表している」
3.「人々が直面する問題は2種類ある」
4.「自然の要因がスーダンの飢餓置問題を説明している」

[21] By starting out the article with Kevin Carter’s photograph, the authors are generally concerned with
1. the strength and merit of photojournalism.
2. the eloquence and immediacy of photographs.
3. the social and political meanings behind the photograph.
4. the disaster and suffering in the Sudan.

・解答 [21]―3
>[21]書き出しにケビン=カーターの写真を引用した筆者の関心事を選ぶ。3は「その写真の背後に
ある社会的・政治的意味」本文全体に通じる主題である。
1.「写真報道ジャーナリズムの長所と短所」
2.「写真の雄弁性と速攻性」
4.「スーダンの災害と苦しみ」

■第6段落
6:1 Several factors may have contributed to the [12] (1. strength 2. Weakness 3. Calmness) of the 1997-98 El Niño.
6:1 1997年から98年のエルニーニョの強さには、いくつもの要因が関与したのだろう。
6:2 One is chaos, which some theories invoke to account for the irregularity of the ENSO cycle.
6:2一つはENSOの周期の不規則性を説明するためにいくつかの理論で引き合いに出される無秩序
というものである。

6:3 Nonlinear resonances involving ENSO and the seasonal cycle have received special attention, but other chaotic interactions may affect ENSO as well.
6:3 ENSOや季節の周期に関わる非直線的な共鳴振動はすでにかなり注目されてきたが、他の無秩
序な相互作用もまた、ENSOに影響を及ぼすことがある。
6:4 In 1997-98, events possibly acted together to produce an extraordinarily strong El Niño simply due to the underlying tendency towards chaos in the climate system.
6:4 1997年から98年にかけては、複数の現象が同時に作用して異常に激しいエルニーニョ現象を生
み出したが、おそらくそれは単に気象体系に潜在する無秩序への傾向が原因である。
6:5 A related issue is [13] (1. another 2. that 3. in case) of weather ‘noise.’
6:5関連した問題に気象の「ノイズ(雑音)」がある。
6:6 Weather phenomena, inherently unpredictable more than about two weeks [14] (1. in advance
2. ago 3. later), are a source of random forcing in the climate system.
6:6気象現象は、本来約2週間以上前に予知することはできず、気象体系に無原則に入り込む力のも
とになっている。
6:7 In the tropical Pacific, weather events occurring at the right time, and on time and space scales [15] (1. for 2. in 3. to) which the ocean is sensitive, can markedly alter the evolution of the ENSO cycle.

6:7熱帯地方の太平洋では、まさにうってつけのときに発生し、海に影響を与えやすいような時間 と空間の規模の気象現象は、ENSOの周期の発達を著しく変化させることがあるのである。
[29] In this article, the term “chaos” is used to explain
1. the irregularity of Pacific marine ecosystems.
2. the unpredictability of the strength of La Niña.
3. the irregularity of the ENSO cycle.
4. the unpredictability of the strength of El Niño.

・解答 [29]―3
>[29]chaos(「混乱」)は何を説明するために使われている語か。 1.「太平洋の生態系の不規則性」
2.「ラニーニャの強さの予測不可能性」
3.「ENSO周期の不規則性」
4.「エルニーニョの強さの予測不可能性」第6段第2文(One is chaos,…)より、chaosとはENSO周 期の不規則性を意味するので3。

■第1段落
1:1 Just under a year ago, a sharp drop in equatorial Pacific sea surface temperatures indicated the end of the 1997-98 El Niño.
1:1 ほんの1年足らず前、赤道直下の太平洋の海面温度が急激に低下し、1997年から98年のエル
ニーニョは終わりを告げた。
1:2 Called by someone “the climate event of the century,” it was by several measures the strongest on record.
1:2 それはある人によって「気象上の今世紀最大の出来事」と呼ばれ、いくつかの基準に照らして も、記録に残る最も強烈なものであった。
[30] The author uses the phrase, “the climate event of the century,” in the first paragraph, in order to
1. show the extraordinary nature of the 1997-98 El Niño.
2. demonstrate the irregularity of the ENSO.
3. illustrate the importance of the MJO.
4. explain the combination of El Niño and La Niña.

・解答 [30]―1
>[30]著者が「気象上の今世紀最大の出来事」といっているのは何のためか。直前にある1997-98年
のエルニーニョのことで、あとにthe strongest on recordとあるように、その異常な性質のことをいっ ているので、1の「1997-98年のエルニーニョの異常な性質を示すため」が正解。 2.「ENSOの不規則性を説明するため」
3.「MJOの重要性を示すため」
4.「エルニーニョとラニーニャの組み合わせを説明するため」

■第7段落
7:1 One notable source of weather in the tropics is the Madden Julian Oscillation(MJO), a wave- like disturbance in the atmosphere with a period of 30-60 days that originates over the Indian Ocean.
7:1熱帯地方の気象の注目すべき源の一つに、マデン・ジュリアン振動(MJO)があるが、それはイ
ンド洋に端を発し、30日から60日の期間にわたって波状に大気が乱れる現象である。
7:2 It could have been that the ocean got a healthy kick from the MJO at just the right time to send it on a course towards record [16] (1. cold 2. low 3. high) temperatures.
7:2記録的な高温を生む経過につながるまさにうってつけの時期に海洋がMJOからかなりの影響を
受けたということが可能性としてある。
7:3 The tropical Pacific was preconditioned for the beginning of an EI Nino by the build-up of excess heat in the western equatorial Pacific due to stronger than normal trade winds in 1995-96.

7:3熱帯地方の太平洋は、1995年から96年に通常よりも貿易風が強まったため、赤道付近の西太平 洋に過剰な熱が形成され、エルニーニョが始まる条件は整っていた。
7:4 However, beginning in late 1996, the MJO was particularly energetic, and several cycles of the wave amplified through nonlinear ocean-atmosphere interactions [17](1. since 2. as 3. because) they passed over the western Pacific.
7:4 しかし、1996年後半からのMJOは特に強く、いくつかの波の周期は、太平洋西部を通過する
際に、海洋と大気の非直線的な相互作用によって増大した。
7:5 This set in motion a series of positive feedbacks between the ocean and the atmosphere which reinforced initial MJO-induced warming.
7:5 このことによって海洋と大気の相互作用が増大し始め、MJOが引き起こした最初の温度上昇が
補強された。
[28] At the end of the seventh paragraph, when the author refers to “positive feedbacks,” this refers to
1. the effect of weather ‘noise’ on radio waves.
2. the effect of El Niño on crop harvests.
3. the amplification of the ocean atmosphere interaction.
4. the amplification of the western Pacific ENSO cycle.

・解答 [28]―3
>[28]positive feedbacks「プラス方向のフィードバック」とは何を指すか。 3.「海洋と大気の相互作用の増大」問題の個所の前の(However,…)文の中に「非直線的な海洋と大 気の相互作用」とあることから推測。
1.「電波への気象の“ノイズ”への影響」
2.「エルニーニョの作物収穫への影響」
4.「西太平洋のENSO周期の増大」

■第4段落
4:1 The general mechanisms underlying ENSO involve large-scale ocean-atmosphere interactions and equatorial ocean dynamics.
4:1 ENSOの基礎となる全般的なメカニズムは、大規模な海洋・大気間の相互作用と赤道付近の海
洋のエネルギーが関係している。
4:2 But each El Niño and La Niña is unique in the [8](1. combination 2. division 3. category) of its strength, duration and pattern of development.
4:2 しかしエルニーニョやラニーニャの一つ一つは、その強さ、持続期間、発達の形態の組み合わ
せが違う。
4:3 Irregularity in the ENSO cycle can be seen both in the record dating back to the middle of the last century, and in other supporting data, such as lake sediments*, coral growth rings and tree rings, going back hundreds or [9](1. less 2. more 3. even) thousands of years.
4:3 ENSOの周期の不規則性は前世紀の半ばにまでさかのぼる記録においてもみられるし、また湖
の堆積物や環礁や年輪といったような、何百年あるいは何千年も前の他のデータにも裏づけられ る。
4:4 So, in principle, it should not be surprising that an unusually strong El Niño occurs every so often.
4:4 したがって、原則的には、異常に強烈なエルニーニョがときどき発生することは驚くべきこと
ではないはずである。

[27] At the end of the fourth paragraph, when the author says “in principle,” it suggests that if the record and data are read carefully,
1. large-scale ocean atmosphere interactions should be surprising.
2. frequent ENSO cycles should not be surprising.
3. occasionally strong El Niños should not be surprising.
4. equatorial ocean dynamics should not be surprising.

・解答 [27]―3

>「27]第4段最終文(So,…)の「原則的には」(in principle)という表現は、記録やデータを正確に読 めばどうだということを示唆しているのか。 3.「時折強烈なエルニーニョが発生するのは驚くべきことではない」問題の個所のあとに続く部 分とほぼ同じ意味。本文中のevery so oftenは「ときどき」の意味。 1.「大規模な海洋と大気の相互作用は驚くべきことである」
2.「頻繁なENSO周期は驚くことではない」
4.「赤道付近の海洋エネルギーは驚くことではない」

■第3段落
3:1 El Niño, Spanish for ‘the child’ (and specifically the Christ child), is the name Peruvian fishermen gave to coastal sea temperature [3](1. silence 2. coldness 3. warmings) that first appeared around Christmas time.
3:1 エルニーニョはスペイン語で「子供」(具体的には幼児キリスト)を意味するが、それは、クリ スマスの時期に最初に現れた沿岸地方の海水温度の上昇に対してペルー人の漁師たちがつけた名 前である。

3:2 Now El Niño more generally refers to a warming of the tropical Pacific basin that occurs roughly [4] (1. every 2. any 3. some) three to seven years in association with a weakening of the trade winds.
3:2現在ではもっと一般的に、エルニーニョというのは、およそ3年から7年に一度、貿易風の弱ま
りに伴って発生する熱帯地方の太平洋海域における温度上昇のことを指す。
3:3 The opposite side of El Niño, La Niña, is characterized by stronger-than-normal trade winds and unusually cold sea-surface temperatures in the tropical Pacific.
3:3 エルニーニョの逆の現象であるラニーニャは、通常よりも強い貿易風と、熱帯地方の太平洋の
海面温度が異常に低いことが特徴である。
3:4 Both El Niño and La Niña are [5] (1. disrupted 2. exchanged 3. accompanied) by swings in atmospheric pressure between the eastern and western Pacific.
3:4 エルニーニョ、ラニーニャとも、太平洋の東部と西部の間の気圧変動を伴う。
3:5 These swings are known as the Southern Oscillation.
3:5 このような変動は南方振動として知られている。
3:6 These phenomena are collectively [6] (1. preferred 2. referred to 3. gathered) as ENSO or El Niño/Southern Oscillation.
3:6 これらの現象はまとめてENSO(エンソ)あるいはエルニーニョ/南方振動と呼ばれる。
3:7 At the moment, a strong La Niña is evident in the tropical Pacific, with several (but not all) forecast models predicting a return to [7] (1. abnormal 2. formal 3. normal) by the end of 1999. 3:7現在、熱帯地方の太平洋で強いラニーニャ現象が起こっているが、いくつかの(すべてではない
が)予測機器は1999年末までには正常な状態に戻ると予想している。
[21] The author uses the title “The Child Prodigy of 1997-98” for this article in order to
1. personify the phenomenon and to indicate that the 1997-98 El Niño was extraordinarily strong.
2. suggest that the effect of the 1997-98 El Niño was moderately small and that it was good for Peruvian fishermen.
3. show that the 1997-98 El Niño was a new type of intelligent Storm.
4. say that the 199798 El Niño was born 15 years after the previous and tremendous El Niño.

・解答 [21]―1
>[21]筆者がThe Child Prodigy…というタイトルを用いているのは何のためか。
1.「その現象を擬人化し、1997-98年のエルニーニョがきわめて強烈だったことを示すため」第3 段冒頭(El Nino,…)にも述べられているように、「エルニーニョ」とはスペイン語で「神の子」を 意味する。これは、毎年12月頃に南米ペルー沖の海面温度が上昇する現象を、クリスマスにちな んで名づけたものである。prodigyには「驚異」のほか、「神童」の意味がある。

2.「1997-98年のエルニーニョの影響はとても小さく、ペルー人の漁師にとってはよかったことを
示唆するため」

3.「1997-98年のエルニーニョは新しいタイプの知的騒動であったことを示すため」
4.「1997-98年のエルニーニョは前回の大きなエルニーニョの15年後に発生したことをいうため」

■第10段落
10:1 The so-called “Western values of freedom and liberty,” sometimes seen as an ancient Western inheritance, are not particularly [16](1.but uniquely 2. but proudly 3. nor exclusively) Western in their origins.
10:1 いわゆる「自由という西洋の価値観」は、時には、古代の西洋の遺産であると見られるが、 とりたてて古いわけでもないし、その起源が西洋に限られるというわけでもない。
10:2 Many of these values have taken their full form only over the [17](1. last 2. earlier 3. recent) few centuries.
10:2 これらの価値観の多くは、わずかこの2数世紀の間に全形を成したのである。
10:3 While we do find some anticipatory components in parts of the ancient Western traditions, there are other such anticipatory components in parts of nonwestern ancient traditions as well. 10:3 古代西洋の伝統の一部にいくらかの先行要素を確かに見いだすが、一方、非西洋の古代文明
の伝統の一部にもそのような先行要素が存在している。
10:4 On the particular subject of toleration, Plato and Confucius may be on a somewhat similar side, [18](1. such as 2. just as 3. thereby) Aristotle and Ashoka may be on another side.
10:4 寛容という特定の問題に関して、プラトンと孔子はやや似た側にいるが、それは別の側にア
リストテレスとアショーカ王がいるのとちょうど同じである。
10:5 The need to acknowledge diversity applies not only between nations and cultures, but also
within each nation and culture.
10:5多様性を認める必要性は、国家間と文化間に当てはまるだけではなくて、各国家と各文化内
にも当てはまる。

10:6 In the anxiety to [19](1. write 2. take 3. put) adequate note of international diversity and cultural divergences, and the so-called differences between “Western civilization,”“Asian values,” “African culture, and so on, there is often a dramatic neglect of heterogeneity within each country and culture.
10:6国際的多様性や文化的相違や、「西洋文明」「アジア的価値」「アフリカ文化」などの間の いわゆる相違などに十分な注意を払いたいという願望のために、それぞれの国や文化内の異種性 をまったく無視することになりがちである。
10:7 “Nations” and “cultures” are not particularly good units to understand and analyze intellectual and political differences.
10:7 「国家」や「文化」は、知的・政治的相違を理解し分析するのに特によい基準単位ではな い。
10:8 Lines of division in commitments and skepticism do not run along national boundaries — they
run at many different [20](1. speeds 2. faces 3. Levels). 10:8傾倒と懐疑の境界線は国境沿いを延びているのではなく、多くの異なった段階を延びてい
る。
10:9 The rhetoric of cultures, with each “culture” seen in largely homogenized terms, can trouble us politically as well as intellectually.
10:9 それぞれの「文化」は主に同質化された観点で見られるので、文化という言葉は、知的面だ けでなく政治面でも我々を悩ませるのである。
[28] According to this article, what can be inferred about Ashoka?
1. He behaved as a strict authoritarian.
2. He preferred order and discipline over freedom.
3. He excluded women and slaves.

4. He emphasized the importance of freedom and tolerance.
・解答 [28]―4
>[28]「この文章によれば、アショーカ王についてどのようなことが推測できるか」最終段第4 文(On the particular…)参照。「アリストテレスと同じ側にいる」から考える。[25]でアリス トテレスの特徴として、自由と寛容を重視したとあるので、4の「自由と寛容の重要性を強調し た」が正解。

[29] What is the author’s main point in the last paragraph?
1. The word “culture” should be replaced.
2. We need to be more aware of the power of culture in today’s world.
3. We should be more attentive to the heterogeneity within each culture.
4. Governmental spokesmen tend to monopolize the rhetoric of cultures.

・解答 [29]―3
>[29]「最終段における筆者の主な要点は何か」最終段第5文(The need to…)参照。「各国家 内、各文化内の違いを認める必要がある」→「各文化内の異質性にもっと注意すべきである」と考 え、3が正解。

■第5段落
5:1 If one influence in separating out human rights as specifically “Western” comes from the [6](1. pleading 2. denying 3. escaping) of governmental spokesmen from Asia, then another influence relates to the way this issue is perceived in the West itself.
5:1 人権を特に「西洋的なもの」として選別する際のひとつの影響が、アジアからの政府代表者の 嘆願から生じるものであれば、また別の影響は、この問題が西洋自体でどのように理解されてい
るかに関係がある。
5:2 There is a tendency in Europe and the United States to assume that it is in the West — and only in the West — that human rights have been valued from ancient times.
5:2 ヨーロッパやアメリカには、人権が古い時代から尊重されてきたのは西洋においてであり、ま た西洋においてだけであると考える傾向がある。
5:3 This allegedly unique feature of Western civilization has been, it is assumed, an alien concept [7](1. everywhere 2. anywhere 3. elsewhere).
5:3 西洋文明に特有のものであると言われるこの特徴は他の地域では異質な考えであると考えられ ている。
5:4 By stressing regional and cultural specificities, these Western theories of the origin of human
rights tend to reinforce the questioning of the concept of universal human rights in nonwestern societies.
5:4 地域的、文化的特異性を強調することによって、人権の起源に関するこのような西洋の理論
は、非西洋社会における普遍的人権という概念に対する疑問を強めるのである。
5:5 By arguing that the valuing of toleration, of personal liberty, and of civil rights is a particular contribution of Western civilization, Western advocates of these rights often give an ironic support to the nonwestern critics of human rights.
5:5 寛容や個人的自由や市民権の尊重が西洋文明の特別な貢献であると主張することによって、こ れらの権利を主唱する西洋人は、しばしば皮肉にも非西洋の人権批判者に支持を与えることにな る。
5:6 The advocacy of an allegedly “alien” idea in non-Western societies can indeed look like cultural imperialism [8](1. attacked 2. sponsored 3. installed) by the West.
5:6非西洋社会において「異質」と言われる考えを主唱することは、西洋によって後押しされた文 化的帝国主義のように実際見えうるのである。

[23] The expression “an ironic support to the non-Western critics of human rights” in the fifth paragraph means that one
1. intentionally criticizes the Asian critics who criticize the notion of human rights.
2. unintentionally supports the Asian critics who criticize the notion of human rights.
3. intentionally supports the Western critics who criticize the notion of human rights.
4. unintentionally criticizes the Western critics who criticize the notion of human rights.

・解答 [23]―2
>[23]「第5段の『非西洋の人権批判者に対する皮肉な支持』という表現は、…を意味する」第 5段最終文(The advocacy of…)参照。「非西洋社会において『異質な』人権などの考えを主唱 することが、西洋による文化的帝国主義のように見える」→「アジアで人権という概念を批判する 人を皮肉にも(知らず知らずに)支持してしまう」と考える。 2が正解。unintentionally「知らず知らずに」

■第3段落
3:1 Are there really such [3](1. great mysteries 2. good terms 3. firm differences) on this subject in terms of traditions and cultures across the world ?
3:1世界において伝統や文化の点から考えて、この問題にはそのような確固たる相違が本ftにある のだろうか。
3:2 It is certainly true that governmental spokesmen in several Asian countries have not only
disputed the relevance and importance of universal human rights, but they have also frequently done this disputing in the name of “Asian values,” in contrast to Western values.
3:2 アジアのいくつかの国々の政府代表者は、普遍的人権の妥当性や重要性に異議をさしはさんで
きただけでなく、西洋の価値観と対照的に「アジア的価値」という名目でこのような反論をしば しば行ってきたことは確かに事実である。
3:3 The claim is that in the system of so-called Asian values, for example in the Confucian system, there is greater emphasis on order and discipline, and [4](1. less 2. fewer 3. than) on rights and freedoms.
3:3 その主張は、いわゆるアジア的価値の制度、たとえば儒教の制度では、秩序と規律にはより大 きな強調がなされ、権利と自由には強調がそれほどなされていないというものである。

[22] According to the author, the unique feature of “Asian values” is commonly described in terms of
1. the emphasis on a shared community.
2. the denial of human rights and freedoms.
3. the denial of political democracy.
4. the emphasis on order and discipline.

・解答 [22]―4
>[22]「筆者によれば、『アジア的価値』に特有の特徴は、一般に…の点から述べられている」 第3段最終文(The claim is…)参照。「アジア的価値の制度では、秩序と規律により大きな強調 がおかれている」とあることから考える。4の「秩序と規律に対する強調」が正解。1の「共有さ れた社会に対する強調」は人権に基づく考えで、アジア特有のものではない。最終段第3文
(While we do・…)にあるように、アジアでも自由などの価値観は古くからあったので、2の
「人権と自由の否定」は間違い。3の「政治的民主主義の否定」は述べられていない。

■第1段落
1:1 My students seem to be very concerned — and also very divided — on how to approach the difficult subject of human rights in nonwestern societies.
1:1私の学生は非西洋社会における人権という難しい問題にどのように取り組むかということにと
ても関心があり、また意見がとても分かれている。

1:2 Is it right, the question is often asked, that nonwestern societies should be encouraged and pressed to conform to “Western values of liberty and freedom?” 1:2非西洋社会に対し、「自由という西洋の価値観」に合わせるようにと促し勧めるのが正しいの
だろうかという質問がしばしばされる。

1:3 Is this not cultural imperialism?
1:3 これは文化的帝国主義ではないのだろうか。
1:4 The notion of human rights [1](1. builds 2. reflects 3. dwells) on the idea of a shared community.
1:4人権という概念は共有された社会という考えに基づいている。
1:5 These rights are not derived from citizenship of any country, or membership of any nation, but taken as entitlements of every human being.
1:5 この権利は特定の国の国民であることや特定の国家の一員であることに由来しているのではな く、すべての人間に備わる権利とみなされている。
1:6 The concept of universal human rights is, in this sense, a uniting idea.
1:6 この意味において、普遍的な人権という概念は人を結びつける考えである。
1:7 Yet the subject of human rights has ended up being a very real battleground of political debates and ethical disputes, particularly in their application to nonwestern societies.
1:7 しかし、人権問題は結局のところ、政治的議論や倫理的論争の現実の戦場になってしまってお
り、特にそれを非西洋社会に当てはめる際にそうなっている。
1:8 Why so?
1:8 なぜそうなのだろうか。
[21] The term “cultural imperialism” is specifically used in this article to indicate that
1. each culture tends to be seen in homogenized terms.
2. culture can explain anything about our lives.
3. one culture imposes its values on other cultures.
4. the “West” colonizes and rules non-Western cultures.

・解答 [21]―3
>[21]「この文章の中で、『文化帝国主義』という用語は特に…を示すのに使われている」第1 段第2文(Is it right,…)・第3文(Is this not…)参照。非西洋社会に対して「自由という西洋の価 値観」に合わせるようにと促すことが、文化的帝国主義ではないのかと問うていることから考え る。
3の「ある文化が他の文化にその価値観を押しつけること」が正解。

■第17段落
17:1 Postman: I very much like the idea that you use the word “clubbing,” which I prefer to community.
17:1 ポストマン:あなたの「クラブ化」という言葉を使う考えには、私もまったく同感で、共同
体という言葉より好ましく思います。
17:2 I think we have to pay a lot of attention to the new words were using in the computer age. 17:2 コンピュータ時代において我々が使っている新語には多くの注意を払わなければならないと 私は思います。
17:3 My point is that we need to pay attention to differences.
17:3私が言いたいのは、我々は違いに注意を払う必要があるということです。

17:4 When we talk about distance learning, we have to ask ourselves what are the differences between what we call “distance learning” and other kinds of learning.
17:4我々は非対面学習について語るとき、いわゆる「非対面学習」と他の学習方法の間の違いが何
なのかを、自らに問いかけなければならないのです。

17:5 If we are careful about noting those [20](1. commonalities 2. differences 3. similarities), then we can make better use of these new technologies.
17:5 もし我々がそれらの違いに注目するように気をつけていれば、これらの新しい科学技術をよ りよく利用することができるのです。
[28] Postman prefers Kay’s use of the term “clubbing” rather than community because it implies
1. a difference in technology between distance learning and the Internet. 2. a difference in learning between student-teacher and student-computer.
3. a difference in awareness between a word’s common image and its actual usage in the computer age.
4. a difference in preference between the printing and computer age.

・解答 [28]―3
>[28]「ポストマンは、ケイが共同体よりもむしろ『クラブ化』という用語を使用するのを好ま しいと思っている。なぜなら…を含むからである」ポストマンの最終発言の第2文(I think we…)・第3文(My point is…)参照。「コンピュータ時代の新語に注意し、違いに注意を払う必 要がある」→「言葉の一般的なイメージとコンピュータ時代における実際の使用法の違いに注意す る」と考える。

■第16段落
16:1 Kay: That might happen if computers weren’t connected to the Internet.
16:1 ケイ:もしコンピュータがインターネットに接続されていないなら、そういうことは起こる かもしれません。
16:2 After the Internet caught on we found that by far the most popular things on the Internet are what you might call tribalization mechanisms such as chat rooms, forums, virtual spaces, where people could find each other.
16:2 インターネットが広く使われるようになった後、我々が気づいたのは、インターネットで飛 び抜けて人気があるのが、種族化機構と呼べるものだということです。たとえば、チャットルー ムやフォーラムやヴァーチャルスペースなどがあり、そこで人はお互いを見つけることができる のです。
16:3 So there are enormous numbers of people doing what you might call “clubbing.”
16:3 そして、非常に多くの人が「クラブ化」と呼べることをしているのです。
16:4 I don’t call them communities.
16:4私はそれらを共同体とは呼びません。
16:5 I call them clubs of people of similar interests; and these constitute something that looks a lot like McLuhan’s “global village,” but more divided and fragmented.
16:5私はそれらを同じ趣味をもつ人々のクラブと呼びます。そして、これらはマクルーハンの「地
球村」によく似たものを構成しますが、もっと分割され、ばらばらになったものです。

16:6 Not a “virtual community,” but a return to something more like tribalization.
16:6 「仮想共同体」ではなくて、むしろ種族化のような状態に戻っているのです。
[27] Kay believes that chatrooms have a function as a “tribalization mechanism” because
1. people who use chatrooms tend to form small fragmented groups.
2. people who use chatrooms tend to join social clubs together.
3. people who use chatrooms are the main Internet customers.
4. people who use chatrooms are members of the global village.

・解答 [27]―1
>[27]「ケイは、チャットルームは『種族化機構』としての機能をもっと考えている。なぜな ら…」ケイの最終発言の第5文(I call them…)参照。チャットルームなどは「種族化機構」と呼 ばれているが、その理由は、それらが「地球村」のように見えるが、実際はもっと分割され、ぱ らぱらの状態であるからである。

■第9段落

9:1 I don’t know what the answer would be, [11](1. except that 2. so that 3. just that) there is some power in the oral tradition and in the fact of compresence which facilitates learning and makes it into a certain kind of event that can’t be duplicated by technology.
9:1 口頭教授の伝統と共存の事実の中に、学習を促進し、学習を科学技術によってまねることがで
きないある種のものにしてしまう力がある点を除けば、その答えが何なのか私にはわかりません。

9:2 So I am [12](1. realistic 2. Optimistic 3. Skeptical) when people talk about distance learning as a future process that will replace the current methods of teaching and learning
9:2 ですから、人々が、現在の教授方法と学習方法に取って代わるであろう将来の過程として、非
対面学習の話をするとき、私は懐疑的になります。
[25] Postman believes that the “power in the oral tradition” comes from
1. the fact that people working together on a problem create an atmosphere that can’t be duplicated by technology.
2. the fact that teachers can encourage students to challenge their ideas and create manuscripts.
3. the fact that when people are together in a room they share a strong feeling of tribalization.
4. the fact that we have been using lectures for 500 years and it is used in 95 % of the classes at New York University.

・解答 [25]―1
>[25]「ポストマンは『口頭教授の伝統の中にある力』は…に由来すると考えている」ポストマ ンの3番目の発言の第3段第1文(Idon’t know…)参照。口頭教授の伝統と共存の事実を特徴とする 講義形式では、皆が一緒に同じ問題に取り組むことによって、科学技術にはまねできない雰囲気 を生み出しており、それが力になっている。

■第10段落
10:1 Kay: It’s possible that the label distance learning” is a bit misleading.
10:1 ケイ:「非対面学習」という呼び方は少し紛らわしいのではないでしょうか。
10:2 To me, most of the real learning that happens doesn’t happen in a social situation.
10:2私にとって、行われている真の学習の大部分は、社会的状況の中では行われていないのです。
10:3 That’s only where you find out about things.
10:3 そこは単に物事を発見するための場所です。
10:4 Real learning happens when you go off and [13](1. try out 2. hold out 3. take out) these new models that you are trying to build in order to comprehend ideas that you haven’t been able to deal with before.
10:4真の学習とは、一人になり、以前には処理できなかった考えを理解するために築こうとしてい
る新しいモデルを試してみるときに行われるのです。
10:5 To me, almost all real learning is a kind of distance learning.
10:5私にとって、ほとんどすべての真の学習は、ある種の非対面学習なのです。
10:6 Your [14](1. more or less 2. more and more 3. more than less) off by yourself.
10:6人は多かれ少なかれ独りぼっちなのです。
[24] Kay believes that “real learning happens when you go off” because
1. then you are at a distance to better understand events and react emotionally.
2. then you are like a scholar of the Renaissance with individualism held in check.
3. then you can test ideas and try to comprehend them on an individual level.
4. then you are under a tree, more contemplative and better able to see yourself.

・解答 [24]―3
>[24]「ケイは『真の学習は一人になったとき行われる』と考えている。なぜなら…」ケイの4 番目の発言の第1段第4文(Real learning happens…)参照。一人になってこそ、実際に考えを試 して個人レベルで考えを理解しようと努めることができるので、真の学習は一人になったときに 行われるのである。

■第8段落
8:1 I always think of the longevity of the lecture method [8](1. in use 2. in demand 3. in style) in most universities.
8:1私は、ほとんどの大学で使われている講義方法が長続きしていることをいつも考えるのです。

8:2 In the 15th century, just before the invention of the machine-made book, a professor had the only manuscript of an author’s work.
8:2機械によって作られた書物が発明される直前の15世紀には、教授はある著者の作品の唯一の写
本を持っていました。
8:3 So of course, lecturing made sense.
8:3 だからもちろん、講義は意味をなしていました。
8:4 In the first fifty years after the invention of printing, more than eight million books were printed.
8:4印刷が発明された直後の50年間に800万以上の書物が印刷されました。
8:5 You would think that the lecture method would have disappeared.
8:5講義形式は消えてしまっただろうと思うでしょう。
8:6 [9](1.When 2. Why 3. Where) should we have a professor standing in front of a group of students who could all read the same book that the professor had?
8:6 教授が持っているのと同じ本を全員が読むことができる学生のグループの前に、教授が立って
いる必要があるのでしょうか。
8:7 The odd thing is that at New York University, this [10](1. one 2. very 3. only) day, probably 95% of the instruction is through the lecture method.
8:7不思議なことに、ニューヨーク大学では、まさに今日、おそらく授業の95%が講義形式で行わ
れているのです。
8:8 So I have to ask why, after 500 years, were still using a method that ought to have become obsolete through technological development.
8:8 それで、技術の発展によってすたれているはずの方法を500年後になっても、なぜまだ我々が 使っているのかを私は尋ねなければならないのです。
[23] When Postman refers to ”the longevity of the lecture method” he is trying to
1. demonstrate the long history of the lecture to reject the method.
2. compare a lecture to a computer simulation in terms of duration.
3. illustrate why we no longer need professors actually present in classrooms.
4. demonstrate the persistence of the lecture method despite changes in technology.

・解答 [23]―4
>[23]「ポストマンが『長続きしている講義方法』について言及するとき、彼は…しようとして いる」ポストマンの3番目の発言の第2段(I always think…)参照。印刷が発明されて以来500年を 経た現在も講義形式の教授法がとられていることを述べている。4の「科学技術の変化にもかかわ らず講義形式が続いていることを示す」が正解。

■第4段落
4:1 One is dialoging, Socrates preferred method of learning.
4:1 ひとつは対話するということで、これはソクラテスが好んだ学習法です。
4:2 In a good essay, the author [2](1.unless 2. invites 3. increases) the reader to argue with him or her a little bit.
4:2 よい論文では、著者は一緒に少しだけ論じ合おうと読者に勧めるのです。
4:3 But debate usually stops in scientific or technical essays when an author puts a formula in.
4:3 しかし、科学や技術に関する論文では、著者が公式をはさみこむときに議論はたいてい終わっ てしまいます。
4:4 Most people, even educated people, [3](1. unless 2. when 3. while) they know something special about the topic or the formula, are pretty much at the mercy of the authors claims.

4:4大部分の人は、教養のある人でもそうですが、その話題や公式について何か特別なことを知ら ない限り、ほとんど著者の主張のなすがままになってしまいます。
4:5 So it would be great if those mathematical symbols in a formula could lead into a computer simulation of what’s being talked about in the essay — if the reader could experiment as much as the author had.
4:5 ですから、もし公式の中の数学記号が、論文中で語られていることに関するコンピュータ・シ
ミュレーションに導入され、読者が著者と同じように実験を行うことができるなら、それはすば らしいことでしょう。
4:6 So the computer can provide an extra dimension in which people can argue more deeply with the author.
4:6 そして、コンピュータは、人々が著者とより深く議論できる特別の場面を提供できるのです。
[22] According to Kay, computer learning is like Socrates’ “preferred method of learning” because
1. both make it easier to understand abstract mathematical formulas.
2. both offer an opportunity to argue with the person presenting the idea.
3. neither stop debating unless they are working with educated people.
4. neither can be easily disconnected from the task they are working on.

・解答 [22]―2
>[22]「ケイによれば、コンピュータ学習はソクラテスの『好んだ学習法』に似ている。なぜな ら…」ケイの2番目の発言の第2段第1文(One is dialoging…)参照。コンピュータなどの新しい 科学技術が学習手段としてもたらすもののひとつに、ソクラテスが好んだ手段であるdialoging
「対話」があると述べている。つまり、両者とも考えを提示している相手と議論する機会を与え てくれるのである。

■第3段落
3:1 Kay: I think the book makes a good starting point because it was a great invention for distance learning.
3:1 ケイ:書物は非対面学習のためのすばらしい発明だったので、よい出発点になっていると私は
思います。
3:2 The disembodied nature of the symbols provides a different stimulus to imagination than face- to-face learning does.
3:2記号がもっている非具体性は、想像力に対して対面学習とは異なった刺激を与えてくれます。

3:3 I think reading [1](1. detects 2. lessens 3. strengthens) the ability to imagine things and deal abstractly.
3:3読書は、物事を想像し抽象的に処理する能力を強化してくれると思います。
3:4 But, I ask, is there anything a new technology like computers could add?
3:4 しかし、コンピュータのような新しい科学技術が追加できるものが存在するかどうか、尋ねた いのです。
3:5 In fact there is; not a lot of things, but a couple of really important ones.
3:5実際、存在するでしょう。多くではないが、本当に重要なものがいくらか存在するでしょう。
[21] Kay thinks that the book was a great invention for distance learning because
1. it changed the conception of the individual.
2. it embodies McLuhan’s concept of tribalization.
3. it exercises a different quality of imagination.
4. it emphasizes the case for computers by the use of symbols.

・解答 [21]―3
>[21]「ケイは、書物が非対面学習のためのすばらしい発明だったと考えている。 なぜなら…」ケイの2番目の発言の第1段第2文(The disembodied nature…)参照。「書物のもつ 非具体性が想像力に異なった刺激を与える」→「想像力のもつ異なった性質を働かせる」と考え る。これが書物が非対面学習にとって大きな発明となった理由である。

■第8段落
8:1 The real problem underlying many of the criticisms of anthropomorphism is actually anthropocentrism.
8:1 擬人観への批判の多くの根底にある真の問題は、実は人間中心主義である。
8:2 Placing humans at the center of all interpretation, observation, and concern, and dominant men at the center of that, has led to some of the worst errors in science, whether in astronomy, psychology, or animal behavior.

いるのである。
8:3 Anthropocentrism treats animals as (18)(1. superior 2. inferior 3. compatible) forms of people and denies what they really are.
8:3 人間中心主義は、動物を人の下等な形とみなし、その本当の姿を否定するものである。
8:4 It reflects a passionate wish to (19)(1. differentiate 2. alienate 3. dismiss) ourselves from animals, to make animals other, presumably in order to maintain humans at the top of the evolutionary hierarchy and the food chain.
8:4 それはおそらく人間を進化の階層社会と食物連鎖のトップに位置づけておくために自分たちを
動物と区別し、動物を別の物としておきたいという熱心な願望を映し出している。
8:5 The notion that animals are wholly other from humans, despite our common ancestry, is more
(20) (1. likely 2. rational 3. irrational) than the notion that they are like us.
8:5 我々が共通の祖先を持つにもかかわらず、動物が全く人間と異なるという考えを抱くのは、動
物が我々と似ているという考えよりも理性を欠くものである。
(28)The author seems to support which of the following statements about scientists?
1. Young scientists should be trained in such a way that they will not fall into the trap of anthropomorphism.
2. Scientists who have received proper training will be careful enough to avoid using psychological terms in describing emotions in animals.
3. Only the most prominent scientists should be allowed to go into the study of emotions in animals.
4. Scientists should realize that anthropocentrism, rather than anthropomorphism, is the real problem in science.

・解答 (28)4
(28)筆者が支持する内容の文を選ぶ。
1.「若い科学者は擬人観のわなにはまらないような方法で訓練されねばならない」
2.「適切な訓練を受けた科学者は、十分に注意し、動物の感情を表す心理学用語の使用を避ける ようになる」第3段第12文(Young scientists…)にこれに近い記述があるが、人間中心主義を批判す る筆者の立場(27)のチェック参照)に反する。 3.「最も著名な科学者だけが動物の感情を研究するのを許されるべきだ」第4段第7文(As a result…)に「最も著名な科学者以外は、この領域に入るにあたって……が危険にさらされる」とあ るが、これは「だけが許されるべき」という見解ではなく、現状に対する批判である。 4.「擬人観よりもむしろ人間中心主義が科学における真の問題であるということを、科学者は気 づくべきだ」第8段第1文(The real problem…)に一致。

■第6段落
6:1 Against this scientific orthodoxy, the biologist Julian Huxley has argued that to imagine oneself into the life of another animal is both scientifically (15)(1. avoidable 2. predictable 3. justifiable) and productive of knowledge.

6:1 この科学的正統主義に反し、生物学者ジュリアン=ハクスレーは、他の動物の生活に自分自身 をftてはめて想像することは科学的に見て正ftであり、知識を生み出すものであると主張してい る。
6:2 Huxley introduced one of the most extraordinary accounts of a deep and emotional tie between a human being and a free-living lioness, Joy Adamson’s Living Free, as follows:
6:2 ハクスレーは、ある人間と自由生活性の雌ライオンとの間の深く情緒的な絆についての最も並 外れた説明の一つであるジョイ=アダムソン著『リビングーフリー』を次のように紹介している。 6:3 When people like Mrs.Adamson (or Darwin for that matter) interpret an animal’s gestures or postures with the aid of psychological terms — anger or curiosity, affection or jealousy — the strict behaviorist (16)1. relieves 2. deprives 3. accuses) them of anthropomorphism, of seeing a human mind at work within the animal’s skin.
6:3 アダムソン夫人(もしくはこの問題に関してはダーウィン)のような人々が動物の身ぶりや姿勢 を、怒りや好奇心や愛情や嫉妬のような心理学的用語の助けを得て解釈するとき、厳格な行動主 義者は彼らが擬人観を持っており、人間の精神が動物の皮の内側に機能しているように見ている と言って非難する。
6:4 This is not necessarily so.
6:4必ずしもそのとおりではない。
6:5 The true ethologist* must be evolution-minded.
6:5本当の動物行動学者は発展的な心を持っていなければならない。
6:6 After all, he is a mammal.
6:6結局は彼も哺乳類なのだ。
6:7 To give the fullest possible interpretation of behavior he must have (17)(1. recourse 2. resistance 3. immunity) to a language that will apply to his fellow-mammals as well as to his fellow man.
6:7行動についての可能な限りの解釈を行うためには、自分と同類である人間にと同様、自分と同
類の哺乳類にも当てはまる言語に頼らなければならない。
6:8 And such a language must employ subjective as well as objective terminology — fear as well as impulse to flee, curiosity as well as exploratory urge, maternal solitude in all its modulations in welcome addition to goodness knows what complication of behaviorist terminology.
6:8 そしてそのような言語は客観的な用語だけでなく主観的な用語も含む。すなわち「逃走への衝 動」だけでなく「恐怖」も、「探検の衝動」だけでなく「好奇心」も、行動主義の専門用語の訳 のわからぬ複雑さに加えてあらゆる抑揚で言われる「母親の孤独」という言葉も。
(26) Which of the following statements is in accordance with Julian Huxley’s position on anthropomorphism?
1. In order to provide a satisfactory interpretation of animal behavior, the use of objective terms should be encouraged while that of subjective terms should be restricted as much as possible.
2. Mrs. Adamson’s interpretation of a free-living lioness is nothing but a typical example of anthropomorphism which any scientist should try to avoid.
3. The use of psychological terms in interpreting animal behavior is not to be criticized; rather it might even be necessary.
4. Mrs. Adamson’s account of her relationship with a free-living lioness is so moving that scientists who have read it would take no notice of its anthropomorphic nature.

・解答 (26)3 (26)ジュリアン=ハクスレーの見解に沿うものを選ぶ。第6段第1文(Against…)よりハクスレーは
「他の動物の生命に自分自身をftてはめて想像することは科学的に見て正ftであり、知識を生み 出すものである」と主張している。 1.「動物の行動について満足のいく解釈をするためには客観的な用語の使用が奨励されるべきで あり、主観的な語の使用は極力制限されるべきである」第6段引用部分の最終文(And such a language…)に反する。

2.「アダムソン夫人の自由生活性の雌ライオンに関する解釈は、いかなる科学者も避けなければ ならない擬人観の典型例にすぎない」第6段の引用部分参照。この第1文後半(the strict behaviorist…)でアダムソンに対してこのような批判が起こるだろうことを述べているが、彼女の 意見ではない。 3.「動物の行動を解釈する際に心理学用語を使用することは批判されるべきものではない。むし ろそれは必要でさえあるかもしれない」第6段の引用部分の第1文(When people like…)よりアダム ソンが心理学用語を援用し、ハクスレーはこれを支持していることがわかる。 4.「アダムソン夫人が自由生活性の雌ライオンとの関係を述べたものは大変感動的であるので、 それを読んだ科学者はその擬人観的性質に注意を払わなくなるだろう」第6段の引用部分の第1文 後半で、アダムソンの解釈はその擬人観的性質が非難されるだろうことが述べられている。

■第5段落
5:1 From the belief that anthropomorphism is a desperate error, a sin or a disease, flow further research (12)(1.taboos 2. incentives 3. interests), including rules that dictate use of language. 5:1擬人観が絶望的な誤り、罪、あるいは病いであるという信念から、言語の用法を決定する法則
を含む、研究上のタブーがさらに発生する。
5:2 A monkey cannot be angry; it exhibits aggression.
5:2 猿が腹を立てるはずはない。攻撃性を示しているだけだ。
5:3 A crane does not feel affection; it (13)1.conceals 2. displays 3. prohibits) courtship or parental behavior.
5:3 鶴は愛情を感じることはない。求愛や親としての行動を示しているだけだ。
5:4 A cheetah is not frightened by a lion; it shows flight behavior.
5:4 チーターはライオンを恐れてなどいない。それは逃走行動を示しているだけだ、などである。 5:5 In keeping with this, Frans de Waal’s use of the word reconciliation in reference to chimpanzees who come together after a fight has been criticized: Wouldn’t it be more objective to say “first postconflict contact”?
5:5この意見に同調して、フランス=ド=ワールが「和解(reconciliation)」という言葉をチンパン
ジーが喧嘩の後に寄り添うことについて述べるのに使用したことが、批判されてきている。「闘 争後の最初の接触」と言う方が客観的ではないか、というのだ。

5:6 In the struggle to be objective, this kind of language employs distance and the refusal to (14)(1. maneuver 2. manage 3. identify) with another creature’s pain.
5:6客観的であろうとする努力のうちに、この種類の言葉は疎遠さ、および他の動物の苦痛に共感
を持つことの拒否を含んでしまう。
(25) With regard to rules dictating use of language, the author seems to hold the view that
1. the use of the term reconciliation by Frans de Waal should rightly be criticized because it is impossible to observe chimpanzees’ motivation for their behavior.
2. to say “first postconflict contact” is preferable because it sounds more suitable for scientific writing.
3. the use of objective language such as first “postconflict contact” makes it difficult for us to have empathy toward animals.
4. scientists should try to avoid the use of subjective language such as reconciliation in order to be more objective.

・解答 (25)3
(25)用語の使用についての著者の見解を選ぶ問題。用語に関しては第5段(From the belief…)で述べ
られているが、筆者の見解と言えるのはその最終文(In the struggle…)のみであり、それ以外は「擬 人観を誤りだとする信念による規則」の紹介である。 1.「フランス=ド=ワールによる「和解」という言葉の使用は、その行動を取るチンパンジーの動
機を観察することが不可能であることから、ft然批判されるべきである」

2.「『争いの後の最初の接触』と言う方が、科学的な記述としてはよりふさわしく響くので適切 である」 3.「『争いの後の最初の接触』というような客観的な語法は、我々が動物に対して共感を持つこ とを難しくしてしまう」が第5段最終文に一致。 4.「科学者は、より客観的になるために、『和解』というような主観的な語の使用を避けるべき である」は第5段第5文(In keeping…)に類似した記述があるが、筆者の見解には反する。

■第4段落
4:1 To accuse a scientist of anthropomorphism is to make a severe criticism of unreliability.
4:1 擬人観を理由に科学者を非難することは、信頼性の欠如を厳しく批判するということである。
4:2 It is regarded as a species-confusion, a forgetting of the line between subject and object.
4:2擬人観は種の混同として、主体と客体の境界線を忘れていることとしてみなされる。
4:3 To assign thoughts or feelings to a creature known incapable of them would, indeed, be a problem.
4:3思考や感情を持つことができないとわかっている動物にそれらを当てはめようとすることは実
際に問題であろう。
4:4 But to ascribe to an animal emotions such as joy or sorrow is only anthropomorphic error if one knows that animals cannot feel such emotions.
4:4 しかし喜びや悲しみのような感情が動物にあると考えることは、動物がそのような感情を感じ
得ないということを知っているのであれば、擬人観的な誤りにすぎないのである。
4:5 Many scientists have made this decision, but not on the basis of evidence.
4:5 多くの科学者はこのような決定を下しているが、それは証拠に基づくものではない。

4:6 The situation is not so much that emotion is denied but that it is regarded as too dangerous — such a minefield of (8)(1. relativity 2. objectivity 3.subjectivity) that no investigation of it should take place.
4:6感情の存在が否定されているというよりはむしろ、感情は危険すぎる―主観性という地雷の埋
まった危険地帯である―ので、それについての調査は行うべきではないとみなされている、という のが状況なのである。
4:7 As a result, all but the most prominent scientists (9)(1. obtain 2. risk 3. establish) their reputations and credibility in venturing into this area.
4:7 その結果、最も著名な科学者でない限りは、この領域に入るにあたっては自らの評判と威信を
危険にさらすことになるのだ。
4:8 Thus many scientists may actually believe that animals have emotions, but be unwilling not only to say that they believe it, but unwilling to study it or encourage their students to investigate it. 4:8 こうして、多くの科学者が実際には動物が感情を持つと信じているかもしれないが、自分がそ れを信じていると進んで言うことをしないだけでなく、進んでそれを研究したり門下の学生にそ れを調査させたりすることもしないであろう。
4:9 They may also (10)(1. defend 2. attack 3. copy) other scientists who try to use the language of the emotions.
4:9 彼らはまた感情に関する用語を使おうとする他の科学者を攻撃するかもしれない。
4:10 Nonscientists who seek to retain scientific credibility must tread carefully.
4:10 科学的な信頼性を保持しようとする自然科学以外の学者は、慎重に進まなければならない。
4:11 An administrator at one internationally known animal training institute remarked, “We don’t take a position on whether animals have emotions, but I’m sure if you talked to any one of us we’d say ‘Sure they have emotions.’
4:11 ある国際的に知られた動物訓練施設の管理者は次のように発言している。「我々としては動
物が感情を持つかどうかについて一定の見解を取ることはしませんが、あなた方が我々のうちの
誰に聞いても、我々は『もちろん動物は感情を持っている』と答えるはずだと思いますよ。

4:12 But as an organization we would not want to be (11)(1. depicted 2. anticipated 3. rejected) as saying they have emotions.”
4:12 しかし一つの組織として我々は我々が動物は感情を持つと言っていると語られるのはありが たくないですね」

(24) In this article, an administrator at an internationally known animal training institute is quoted as saying that they do not take a position on whether animals have emotions.This remark suggests that people in the institute
1. tend to be hypocritical in their attitude toward prominent scientists in this field.
2. do not wish to risk the reputation of their institute by saying that animals have emotions.
3. are uncertain about how much they should commit themselves to conducting research on emotions in animals.
4. are not generally interested in the issue about whether animals have emotions.

・解答 (24)2
(24)設問文は「この本文において、国際的に知られた動物訓練施設の管理者は、自分たちは動物が
感情を持つかどうかについての見解は取らないと言ったことが引用されている。この意見は、こ の施設の人々が…だということを暗示している」である。2は「動物が感情を持つと発言すること によって自分たちの施設の評判を危険にさらしたくない」の意味。第4段最終文(But as an organization…)の発言を丁寧に読むこと。組織としての意見とメンバー個人としての意見を慎重に 区別した発言であることがわかるだろう。

■第3段落
3:1 Young scientists are indoctrinated with the gravity of this error.
3:1若い科学者はこの誤りの重大さをたたき込まれる。
3:2 As animal behaviorist* David McFarland explains, “They often have to be specially trained to (5)(1. describe 2.accept 3. resist) the temptation to interpret the behavior of other species in terms of their normal behavior-recognition mechanisms.”
3:2動物についての行動主義者ディビッド-マクファーランドは「彼らはしばしば他の種の行動を自
分の通常の行動認識メカニズムの見地から解釈しようとする誘惑に抵抗するように、特別に訓練
されなければならない」と説明している。

3:3 In his recent book The New Anthropomorphism, behaviorist John S. Kennedy laments, “The scientific study of animal behavior was inevitably marked from birth by its anthropomorphic parentage and to a significant extent it still is.
3:3行動主義者ジョン=S.ケネディは、最近の著書『新しい擬人観』の中で次のように嘆いている。
「動物の行動に関する科学的研究は、誕生のときから擬人観的な出自によって必然的に特徴づけ られ、またかなりの程度、今でもそうである。
3:4 It has had to struggle to free itself from this erroneous approach and the struggle is not over. 3:4 この誤った研究方法から抜け出すべく奮闘する必要が続いており、その闘いはまだ終わってい ない。
3:5 Anthropomorphism (6)(1. remains 2. restructures 3. recognizes) much more of a problem than most of today’s neobehaviorists believed….
3:5擬人観は今日の新行動主義者の大部分が信じているよりもはるかに大きな問題であるままであ
る…。
3:6 If the study of animal behavior is to mature as a science, the process of (7)1. cancellation 2. liberation 3. interference) from the delusions of anthropomorphism must go on.”
3:6 もし動物の行動に関する研究が科学として成熟しようとするものであるならば、擬人観の妄想
からの解放の過程が進まなければならない」

3:7 His hope is that “anthropomorphism will be brought under control, even if it cannot be cured completely.
3:7彼が望むのは「たとえ完全に治癒できなくても擬人観を統制下に置かれるようにする。
3:8 Although it is probably programmed into us genetically as well as being learned culturally, that does not mean the disease is untreatable.”
3:8擬人観は教養上学習されるだけでなく、おそらく遺伝学上我々の脳の中にプログラムされてい
るのであろうが、それはその病気が治療できないという意味ではない」ということである。

(22) Which of the following statements best represents John S. Kennedy’s views on anthropomorphism?
1. The study of animal behavior has to overcome the problem of anthropomorphism in order to mature as a science.
2. Scientists who have been engaged in the study of animal behavior have failed to bring anthropomorphism under control and they never will in the future.
3. The time will come in the future when scientists will realize the importance of training young scientists to overcome the temptation to personify animals and their behavior.
4. In the future, the study of animal behavior will develop to such an extent that scientists will be able to overcome anthropomorphic mistakes.

・解答 (22)1 (22)ジョン=S.ケネディの擬人観に対する見解を最もよく表したものを選ぶ。
1.「動物の行動についての研究は、科学として成熟するためには擬人観の問題を克服しなければ ならない」第3段第3文(In his recent…)以下にケネディの言葉が書かれているが、第6文(If the study…)に、「もし動物の行動の研究が科学として成熟しようとするものであるならば、擬人観の 妄想からの解放の過程が進まなければならない」とあり一致。 2.「動物行動の研究に携わっている科学者は、擬人観を統制下に置くことに失敗しており、また 今後もそのままであろう」第3段末尾のケネディの言葉(anthropomorphism will be brought…)「擬 人観はたとえ完全に治癒できなくても統制下に置かれるようになる」に反する。 3.「動物や動物の行動を擬人化する誘惑に打ち勝つように若い科学者を訓練する重要性に科学者 が気づく時が、将来やって来るだろう」第3段第2文(As animal behaviorist…)に似た記述がある が、これはDavid McFarlandの見解である。 4.「将来、動物行動の研究は、科学者が擬人観の誤りを克服できる程度にまで発展するであろ う」to such an extent that~「するほどの程度にまで」第3段末尾のケネディの言葉の中に「擬人 観はたとえ完全に治癒できなくても統制下に置かれるようになる」とあるが、これを「擬人観の 誤りを克服できる」とまでは解釈できない。

■第2段落
2:1 Science considers anthropomorphism toward animals a grave mistake, even a sin.
2:1 科学では、動物に対する擬人観は重大な誤りであり、罪でさえあると考える。
2:2 It is common in science to speak of “committing” anthropomorphism.
2:2 科学においては擬人観「を犯す」という表現を使うことは普通のことである。
2:3 The term originally was religious, referring to the (1)(1. modifying 2. shaping 3.assigning) of human form or characteristics to God — the hierarchical error of acting as though the merely human could be (2)(1. divine 2. secular 3. religious) — hence the connotation of sin.
2:3 その用語は本来宗教的なものであり、人間の姿や特徴を神に割りftてること―人間にすぎない ものがあたかも神聖なものになりうるかのように振る舞うという階層の誤り―を指すものであった が、それゆえに罪という響きを含むのである。
2:4 In the long article on anthropomorphism in the 1908 Encyclopedia of Religion and Ethics, the author (Frank B. Jevons) writes: “The tendency to (3)(1. personify 2. imitate 3. create) objects — whether objects of sense or objects of thought — which is found in animals and children as well as in savages, is the origin of anthropomorphism.”

2:4 1908年の『宗教・倫理百科』にある擬人観(神人同形説)についての長い論説の中で、著者(フラ ンク=B.ジェボンズ)は次のように書いている。「対象を―それが感覚の対象であれ思考の対象であ れ―擬人化するという傾向は、未開人だけでなく動物や子供にも見られるものだが、それは擬人 観(神人同形説)の生まれる源である」
2:5 Men, the idea goes, create gods in their own image.
2:5 その考えによると、人間は自分自身の像の中に神を創り出すという。
2:6 The best-known example of this tendency comes from the Greek author Xenophanes (fifth century B.C.).
2:6 この傾向の最もよく知られている例はギリシアの作家クセノパネス(紀元前5世紀)によって述
べられている。
2:7 He notes that Ethiopians represent the gods as black, Thracians depict them as blue-eyed and red-haired, and “if oxen and horses … had hands and could paint” their images of gods would depict oxen and horses.
2:7 エチオピア人は神を黒人として表現しており、またトラキア人は神を青い目、赤い髪をしてい
るように描写していると彼は述べている。また「もし牛や馬が手を持ち絵が描けたなら」、彼ら の神の像は牛や馬の姿で描かれるであろうとも述べている。

2:8 The philosopher Ludwig Feuerbach concluded that God is nothing but our (4)(1. injection 2. projection 3. introspection), on a celestial screen, of the essence of man.
2:8哲学者ルートビッヒ=フォイエルバッハは、神は天のスクリーンに映した人間の本質の投影にす
ぎないと結論づけている。
2:9 In science, the sin against hierarchy is to assign human characteristics to animals.
2:9科学においては、階級組織に反する罪は人間の特徴を動物に割り当てることである。
2:10 Just as humans could not be like God, now animals cannot be like humans (note who has taken God’s place).
2:10人間が神のようになり得ないのと同様、動物は人間のようにはなれないのである(誰が神に
取って代わったかということに注意せよ)。
(21) The author quotes Xenophane’s remarks in order to
1. indicate that the essence of man is to be found on a celestial screen.
2. explain that humans have the tendency to create gods with the same characteristics as themselves.
3. show that oxen and horses would create gods in their own image if they were competent enough.
4. argue that imagination plays an important role in creating the images of gods.

・解答 (21)2
(21) 2.「(著者がクセノパネスの言葉を引用しているのは)人間が自分たちと同じ特徴を用いて神を 創造する傾向を持っているということを説明する(ためである)」Xenophanes「クセノパネス(ギリ シアの詩人、哲学者)」第2段第5文(Men, the idea goes…)で「人間は自分自身の像の中に神を創り 出す」と述べられており、クセノパネスの見解(第2段第7文; He notes that…)はその具体例であ る。

■第13段落
13:1 At that time Lovelock had no idea how the Earth might regulate its temperature and the composition of its atmosphere, (19) (1. provided 2. except 3. granted) that he knew that the self- regulating processes had to involve organisms in the bio sphere.
13:1 その時ラブロックは、自己調節の過程が生物圏内にいる生物を含んでいなければならないこ
とはわかっていたが、地球がどのように自らの温度や大気の構成を調節しているのかわからな かった。
13:2 Nor did he know which organisms produced which gases.
13:2 また彼はどの生物がどの気体を作り出すのかもわからなかった。

13:3 At the same time, however, the American microbiologist Lynn Margulies was studying the very processes Lovelock needed to understand — the production and removal of gases by various organisms, including especially the myriad bacteria in the Earth’s soil.
13:3 しかし同じ頃、アメリカの微生物学者リン=マーギュリスは、まさにラブロックが理解する必 要のある過程を研究していた。それは特に地球の土中にいる無数のバクテリアを含む様々な生物 による、気体の生成と除去についてである。
13:4 Margulies remembers that she kept asking, “Why does everybody agree that atmospheric oxygen … comes from life, but no one speaks about the other atmospheric gases coming from life?

13:4 「大気中の酸素が生物から出されたものであることは誰もが認めるのに、どうして大気中の
他の気体が生物から出されているということを誰も言わないのか?」とマーギュリスは問い続けた
ことを覚えている。
13:5 Soon several of her colleagues recommended that she speak to James Lovelock, which led to a long and fruitful (20) (1. corre lation 2. combination 3. collaboration) that resulted in the full scientific Gaia Hypothesis.
13:5 まもなく彼女の同僚のうち何人かがジェームス=ラブロックと話をすることを彼女に勧め、そ のことがゆくゆくは完全な科学的ガイア説を生む長く実りのある協力につながったのである。
(27) The best description of Lynn Margulis’ work is that it
1. paralleled Lovelocks work.
2. replaced Lovelocks work.
3. contradicted Lovelocks work.
4. complemented Lovelocks work.


リン・マーギュリスの説明は
1. Lovelocks作業を並行していました。
2. Lovelocks作業を置き換えます。
3. Lovelocks作業を矛盾しました。
4. Lovelocks作業を補完します 解答 (27)4
(27)4.「(リン=マーギュリスの取り組みを最もうまく言い表すものは)ラブロックの取り組みを完 全なものにしたということである」complement「補完する、完全にする」第13段第3文(At the same time…)参照。

■第4段落
4:1 At that time NASA invited James Lovelock to the Jet Propulsion Laboratories in Pasadena, California, to help them design instruments for the (5)( 1. proof 2. anticipation 3. detection) of life on Mars.
4:1 その頃、NASAはジェームス=ラブロックをカリフォルニア州パサデナにあるジェット推進研
究所に招いた。火星の生命探知機器の設計を援助してもらうためである。

4:2 NASA’s plan was to send a spacecraft to Mars that would search for life at the landing site by perform ing a series of experiments with the Martian soil.
4:2 NASAの計画は、宇宙船を火星に送り、その宇宙船が火星の土を用いた一連の実験を行うこと
によって着陸地点での生命の存在を調査するというものであった。
4:3 While Lovelock worked on technical problems of instrument design, he also asked himself a more general question: How can we be sure that the Martian way of life, if any, will reveal itself to tests based on Earth’s lifestyle?
4:3 ラブロックは、機器の設計における技術的な問題に取り組む一方で、より一般的な疑問を自ら
に投げかけてもいた。それは、火星での生命がたとえあるにせよ、そのあり方が地球の生命形態 に基づくテストによって明らかになるなどとどうして確信できるのだろうか、ということだっ た。

4:4 Over the following months and years this question led him to think deeply about the nature of life and how it could be recognized.
4:4 その後の数カ月間、そして数年間、彼はこの疑問に導かれて、生命の本質について、またそれ はいかに認識されうるのかについて深く考えるようになった。
(23) It may be inferred from the article that the primary function of Lovelock’s place of employment in Pasadena, California, is
1. the search for jet fuel.
2. the development of space instruments.
3. the technology of jet propulsion.
4. the exploration of space.

・解答 (23)2 (23)ラブロックがカリフォルニア州パサデナで雇われた所(第4段冒頭文中のJet Propulsion Laboratoriesのこと)の主な役割を選ぶ。
1.「ジェットの燃料の捜索」
2.「宇宙機器の開発」
3.「ジェット推進の技術」
4.「宇宙の探検」
第4段第1文(At that time…)の後半(to help them design…)「火星の生命を探索するための機器を設計
するのを援助するため」。

■第3段落
3:1 The clearest evidence for the (3) (1. resolution 2. role 3. realm) of color in sexual attraction among butterflies comes from studies of species in which males and females have distinctly different appearances.
3:1蝶の間での性的関心面における、色の役割の最も明白な証拠は、雄と雌がはっきりと異なった
外観をしている種の研究によって見出せる。
3:2 Obviously, to mate successfully, individuals must be able to determine whether other conspecific butterflies are of their own or of the opposite sex.
3:2 明らかなことは、うまくつがいになるためには、個体は他の同種の蝶が同性なのか異性なのか
どうかを決めることができなければならないことである。
3:3 The rest, it can be argued, is fine-tuning.
3:3 あとは微調整をするだけでいいと言える。
(28) “Conspecific butterflies” (paragraph 3) means
1. butterflies of the same species.
2. butterflies of different species.
3. butterflies in general.
4. mating butterflies.


(28)「同種の蝶」(パラグラフ3)は~を意味する
1同じ種も蝶。
2異なる種の蝶。
3一般的な蝶。
4.交配蝶。 解答 (28)1
(28)conspecific「同種の」

■第17段落
17:1 Cox says that what he’s learned in the ELSI process has taught him to be cautious about how much those achievements mean.

17:1 ELSIで仕事をしていて学んだことによって、それらの成果がどれほど重要であるかについて
注意すべきだということを教わったと、コックスは言う。
17:2 “You don’t legislate away discrimination,” he says.
17:2 「法律によって差別がなくなるわけではない」と彼は言う。
17:3 “You just make it more painful for people to discriminate.
17:3 「人が差別をすることをより辛いものにするだけである。
17:4 It (16) (1. takes 2. gives 3. makes) a social belief that discrimination on the basis of genetic information is bad.” 17:4遺伝子情報に基づく差別は悪だという社会的な信念を必要とするのだ」
(27) When the author says, “You don’t legislate away discrimination,” he implies that
1. the law cannot assure a prejudice free society.
2. one should not look to the law for help in fighting discrimination.
3. discrimination will eventually go away by itself.
4. discrimination is not always illegal.

・解答 (27)1 (27)第17段参照。「法律によって差別をなくしているわけではない」→「法律では偏見のない社会 を保証できない」と考える。

■第11段落
11:1 Botstein does worry about healthcare discrimination, (8) (1. giving 2. making 3. calling) it a serious social problem.
11:1 ボツタインは、健康管理面での差別を重大な社会問題であると言って、その差別に本ftに頭 を悩ませている。
11:2 But he points out that it is mostly a problem in the United States — in Europe, there is (9) (1. some 2. little 3. a little) incentive to discriminate because everyone is guaranteed some level of healthcare.
11:2 しかし、彼はそれはほとんどアメリカ合衆国での問題だと指摘する。ヨーロッパでは、すべ
ての人が一定レベルの健康管理を保証されているので、差別しようという気持ちはほとんどな い。

11:3 Paul Billings, deputy chief of staff at the Veterans Affairs Medical Center in Palo Alto, says that people like Botstein are (10) (1.deluding 2. cheating 3. camouflaging) themselves if they think that healthcare is the only arena where genetic information is misused.
11:3 パロ・アルトにある退役軍人医療センターの副所長であるポール=ビリングスは、もしボツタ
インなどの人々が健康管理を遺伝子情報が誤用されている唯一の場であると考えるならば、彼ら は、勘違いしているのだと言う。
11:4 He cites a number of nightmarish cases: The 24 year old woman fired from her job after her employer learned of her risk of Huntington’s disease, an ailment that usually doesn’t strike until after 40; their recruits turned down by the Air Force because they were (11) (1. carriers 2. patients
3. agents) of sickle cell disease; the two Marines court-martialed for refusing to take a gene test.
11:4彼は悪夢のような事例をいくらか挙げている。普通は40歳を越えるまでは起こらない病気であ
るハンティントン舞踏症にかかる危険性があると雇用主が知ったあとで、仕事を解雇された24歳 の女性の例、鎌形赤血球性貧血の、保因者という理由で空軍に拒絶された新兵の例、遺伝子検査 を受けるのを拒否したために軍法会議にかけられた2人の海兵隊員の例などである。
■第13段落
13:1 “The genie is out of the bottle,” Billings says.
13:1 「ジーニー(精霊)が瓶から出てきた」とビリングスは言う。
13:2 “Every risk assessment event could be linked to gene tests: your driver’s license, gun permit, home mortgage.”
13:2 「すべての危険度査定行為は遺伝子検査に結びつくだろう。運転免許、銃許可書、住宅ロー
ンなどである」

(26) In the phrase “the genie is out of the bottle,” genie refers to
1. the genome project of genetic mapping.
2. the “magical” appearance of a new social underclass, the “asymptomatic ill.”
3. the working group on bioethics established by President Clinton.
4. the potential for both good and evil inherent in knowledge from genetic research.

・解答 (26)4
(26)遺伝子という精霊のこと。つまり、得体の知れないもののたとえと考えられる。4の「遺伝子
研究から得られる知識に固有の善悪両方の可能性のあるもの」が適当。

■第11段落
11:1 Botstein does worry about healthcare discrimination, (8) (1. giving 2. making 3. calling) it a serious social problem.
11:1 ボツタインは、健康管理面での差別を重大な社会問題であると言って、その差別に本ftに頭 を悩ませている。
11:2 But he points out that it is mostly a problem in the United States — in Europe, there is (9) (1. some 2. little 3. a little) incentive to discriminate because everyone is guaranteed some level of healthcare.
11:2 しかし、彼はそれはほとんどアメリカ合衆国での問題だと指摘する。ヨーロッパでは、すべ
ての人が一定レベルの健康管理を保証されているので、差別しようという気持ちはほとんどな い。

11:3 Paul Billings, deputy chief of staff at the Veterans Affairs Medical Center in Palo Alto, says that people like Botstein are (10) (1.deluding 2. cheating 3. camouflaging) themselves if they think that healthcare is the only arena where genetic information is misused.
11:3 パロ・アルトにある退役軍人医療センターの副所長であるポール=ビリングスは、もしボツタ
インなどの人々が健康管理を遺伝子情報が誤用されている唯一の場であると考えるならば、彼ら は、勘違いしているのだと言う。
11:4 He cites a number of nightmarish cases: The 24 year old woman fired from her job after her employer learned of her risk of Huntington’s disease, an ailment that usually doesn’t strike until after 40; their recruits turned down by the Air Force because they were (11) (1. carriers 2. patients
3. agents) of sickle cell disease; the two Marines court-martialed for refusing to take a gene test.
11:4彼は悪夢のような事例をいくらか挙げている。普通は40歳を越えるまでは起こらない病気であ
るハンティントン舞踏症にかかる危険性があると雇用主が知ったあとで、仕事を解雇された24歳 の女性の例、鎌形赤血球性貧血の、保因者という理由で空軍に拒絶された新兵の例、遺伝子検査 を受けるのを拒否したために軍法会議にかけられた2人の海兵隊員の例などである。
(25) According to the author,
1. genetic research might lead to discrimination in the United States because there are so many people there with inadequate healthcare.
2. people in the United States are more prone to having a “master race” complex.
3. the European model works well in the United States because both are market driven societies.
4. there are more people with genetic mutations in the U. than in Europe.

・解答 (25)1
(25)第11段第2文(But he points out that…)参照。「ヨーロッパでは皆が一定レベルの健康管理を保 証されている」→「アメリカでは健康管理が不十分である」と考えられるので、アメリカでは遺伝 子研究のために健康管理面での差別が生じる可能性がある。

■第2段落
2:1 “Genetics offers the best road to understanding disease at this time,” says David Botstein, chair of genetics at Stanford and a national leader in the field.

2:1 「現時点では、遺伝学は病気を理解するのに最もよい方法を提供してくれる」と、スタン フォード大学の遺伝学教授で、その分野の全国的リーダーであるデービッド=ボツタインは言う。 2:2 We can ask: Which genes predispose a person to this disease, what are the factors that work with the gene to cause the disease, and what can you do about it?”
2:2 「われわれは次のように問うことができる。つまり、どの遺伝子によって人はこの病気にかか りやすいのか。遺伝子といっしょになって病気を引き起こしている要因は何なのか。それに関し て何ができるのか」
(22) When the author says, “…genes predispose a person to this disease,” he suggests that
1. a person with a genetic disease is likely to have a lowered immune system.
2. a person with a particular gene may be more likely to develop certain diseases.
3. genetic structure determines an individual’s future health.
4. a person will develop diseases without preventive gene therapy.

・解答 (22)2 (22)「遺伝子によって人はこの病気にかかりやすい」という意味なので、2の「特定の遺伝子をも つ人は特定の病気にかかる可能性が高い」が正解。’
■第11段落
11:1 Botstein does worry about healthcare discrimination, (8) (1. giving 2. making 3. calling) it a serious social problem.
11:1 ボツタインは、健康管理面での差別を重大な社会問題であると言って、その差別に本ftに頭 を悩ませている。

11:2 But he points out that it is mostly a problem in the United States — in Europe, there is (9) (1. some 2. little 3. a little) incentive to discriminate because everyone is guaranteed some level of healthcare.
11:2 しかし、彼はそれはほとんどアメリカ合衆国での問題だと指摘する。ヨーロッパでは、すべ ての人が一定レベルの健康管理を保証されているので、差別しようという気持ちはほとんどな い。
11:3 Paul Billings, deputy chief of staff at the Veterans Affairs Medical Center in Palo Alto, says that people like Botstein are (10) (1.deluding 2. cheating 3. camouflaging) themselves if they think that healthcare is the only arena where genetic information is misused.
11:3 パロ・アルトにある退役軍人医療センターの副所長であるポール=ビリングスは、もしボツタ
インなどの人々が健康管理を遺伝子情報が誤用されている唯一の場であると考えるならば、彼ら は、勘違いしているのだと言う。
11:4 He cites a number of nightmarish cases: The 24 year old woman fired from her job after her employer learned of her risk of Huntington’s disease, an ailment that usually doesn’t strike until after 40; their recruits turned down by the Air Force because they were (11) (1. carriers 2. patients
3. agents) of sickle cell disease; the two Marines court-martialed for refusing to take a gene test.
11:4彼は悪夢のような事例をいくらか挙げている。普通は40歳を越えるまでは起こらない病気であ
るハンティントン舞踏症にかかる危険性があると雇用主が知ったあとで、仕事を解雇された24歳 の女性の例、鎌形赤血球性貧血の、保因者という理由で空軍に拒絶された新兵の例、遺伝子検査 を受けるのを拒否したために軍法会議にかけられた2人の海兵隊員の例などである。
(21) When the author says “the Human Genome Project will have an impact far beyond the diseases it might help cure,” he means that
1. medical advances may result from genetic research.
2. social change often occurs faster than genetic research can keep up with.
3. genetic research will lead to changes in social belief.
4. genetic research may cause more problems than it solves.

・解答 (21)3
(21)第11段第1文(Botstein does worry about…)に「(遺伝子病の保因者の)健康管理面での差別が重大 な社会問題であると言って」とあり、また第17段最終文(It takes a social belief…)に、「遺伝子情報

に基づく差別は悪だという社会的考えを必要とする」とあるように、遺伝子研究は社会的考えを 変えるような影響を与えることを意味している。

■第10段落
10:1 A “mistake” on the violin : I have been playing some pattern : 1, 2, 3, 6 ; 1, 2, 3, 6.
10:1 バイオリンにまつわる「間違い」のひとつを挙げよう。私はあるパターンを1・2・3・6、
1・2・3・6と演奏している。
10:2 Suddenly I make a slip and play 1, 2, 3, 7, 6.
10:2突然私は間違えて1・2・3・7・6と弾いてしまう。
10:3 It doesn’t matter to me at the time whether I have broken a rule or not; what matters is what I do in the next tenth of a second.
10:3 そのとき私が規則を破ったかどうかが重要なのではない。重要なのは次の10分の1秒の間に
どうするかなのである。
10:4 I can adopt the traditional attitude, treating what I have done as (10) (1. a mistake 2. and improvisation 3. and innovation): Don’t do it again, hope it doesn’t happen again, and in the meantime, feel guilty.
10:4今やってしまったことを間違いとして扱い、慣例的な態度を取ることはできる。つまり二度と
やっちゃいけない、二度と起こりませんようにと思い、そのうち罪悪感を感じるようになる。
10:5 Or I can repeat it, amplify it, and develop it further until it becomes a new pattern.
10:5 あるいはそれを繰り返し、増幅し、さらに発展させて新しいパターンにすることもできる。 10:6 Or beyond that I can drop neither the old pattern nor the new one but discover the unforeseen context that includes both of them.
10:6 またあるいはそれを越えて、従来のパターンも新しいパターンも省くことなく、両方を含ん
だ思いもかけない曲の流れを発見することもできる。
■第13段落
13:1 The history of science, as we well know, is liberally (15) ( 1. peppered 2. preoccupied 3. prepared) with stories of essential discoveries seeded by mistakes and accidents: Fleming’s discovery of penicillin, thanks to the dust-borne mold that contaminated his petri dish; Roentgen’s discovery of X-rays, thanks to the careless handling of a photographic plate.
13:1科学の歴史には、周知の通り、間違いや不測の事態がもとになって重要な発見ができたという
逸話が散りばめられている。空気によって運ばれるカビがペトリ皿を汚染したおかげでフレミング がペニシリンを発見したこと。感光板を不注意に操作したおかげでレントゲンがエックス線を発 見したことなどである。
13:2 Time after time, the quirks and mishaps that one might be tempted to reject as “bad data” are often the best.
13:2何度もあることだが、「悪いデータ」だとして拒絶したくなるかもしれないような運命のいた
ずらや災難がしばしば最良のものとなる。
13:3 Many spiritual traditions point up the vitality we gain by reseeding the value of what we may have rejected as insignificant: “The stone which the builders refused,” sing the Psalms of David, “has come to be the cornerstone.”
13:3多くの宗教上の言い伝えは、我々が重要でないとして拒絶していたかもしれないものの価値を
見直すことによって得られる活力について強調している。「建築工が拒否した石は、隅石となった」と詩篇にうたわれている。

(27)The author uses the examples of Fleming and Roentgen to suggest that
1. serendipitous blunder is essential to important scientific discovery.
2. scientists need accidents in order to be inspired.
3. quirks and mishaps are unavoidable in scientific experiments.
4. scientific discoveries can result from quirks and mishaps.

著者は、~ことを示唆してフレミングとレントゲンの例を使用しています
1.偶然失態は、重要な科学的発見に不可欠です。
2.科学者は順番に事故が触発される必要があります。
3.癖や事故は、科学的な実験では避けられません。
4.科学的発見は、癖や事故に起因することができます。 解答 (27)4
(27)フレミングやレントゲンの例を用いて筆者が伝えたかった事柄を選ぶ。第13段参照。4.「科 学的発見は運命のいたずらや災難から生じうる」1や2のように「必要」だと言っているのではな い。
(28)In this essay the quote from the “Psalms of David” is used to illustrate
1. the author’s faith that what appears to be useless could become essential.
2. the author’s religious conviction that all our work is guided by a master plan.
3. the author’s belief in the importance of spiritual traditions in everyday work.
4. the author’s notion that great results grow from small beginnings.

・解答 (28)1
(28
このエッセイ「ダビデの詩篇」からの引用で~は説明するために使用されます
1何が不可欠になる可能性が役に立たないように思われる.著者の信仰。
2すべての私たちの仕事は、マスタープランに案内される作者の宗教的信念。
3日常の仕事で精神的な伝統の重要な.著者の信念。
4素晴らしい結果が小さな始まりから成長する作者の概念。
第13段最終文参照。1.「一見無用に見えるものが不可欠なものになることもあるという筆者の信 念」であり。第13段の内容にも、それ以前の文脈にも一致。Psalms of David「詩篇」旧約聖書中の 一書。

■第9段落
9:1 Once I was preparing for a full evening poetry performance, with multiscreen slide projections and electronic music I had composed on tape for the occasion.
9:1 かつて私は夜の詩の発表会の準備をした。それはマルチスクリーンのスライド投影と、その時
のために自分で作曲して、テープに入れておいた電子音楽を用いるものであった。
9:2 But in the course of overrehearsing during the preceding week, I managed to give myself a case of laryngitis, and woke up the morning of the performance with a ruined voice and a high fever.
9:2 しかしその前の週に何度もリハーサルをしているうちに、ものの見事に喉頭炎の症状が現れ、
発表会の朝目覚めると声がかれ、高熱が出ていた。
9:3 I was (9) (1. ready 2. forced 3. obliged) to cancel, but in the end decided that would be no fun.
9:3 私は会を中止する覚悟はできていたが、最後にはそれでは面白くないと判断した。
9:4 Instead I dropped my attachment to my music and preempted the sound system for use as a public address system.
9:4 その代わりに私は音楽への執着をやめ、音響設備を場内放送設備として使用してしまうことに した。
9:5 I sat in an old wicker wheelchair and croaked into a microphone.
9:5 私は古い枝編み細工の車椅子にすわり、マイクにしわがれ声を発した。
9:6 My soft, spooky, obsessive, guttural voice, amplified, became an instrument of qualities that totally surprised me, releasing me to find a hitherto unsuspected depth in my own poetic line.
9:6 くすんだ幽霊のような、ものにとりつかれたような、がらがら声はアンプによって増幅され、
自分でも全く驚くような質の楽器と化し、私自身の詩行にそれまで思いもかけなかったような深 みを発見させてくれた。

(25)When the author says, “I dropped my attachment to my music,” he implies that
1. he no longer enjoyed playing music, so he stopped doing it.
2. he began to dislike the music he had written, so he decided to do something different.
3. he no longer felt bound by the expectation of what his performance should be.
4. he considered cancelling his performance.

・解答 (25)3
(25)
「私は私の音楽に私」の添付ファイルをいれた」と筆者がいう時、この隠喩は
1.彼はもはや音楽を楽しんないので、彼はそれをやって停止しました。
2.彼は彼が書いた音楽を嫌うようになったので、彼は別の何かを行うことを決めました。
3.彼はもはや彼のパフォーマンスはどうあるべきかの期待によって拘束されなかったと感じまし た。
4.彼は彼のパフォーマンスをキャンセルする考え
第9段第4文以降参照。I dropped my…「私は(準備していた)音楽に対する執着を捨てた」3.「彼はも はや期待していた発表会の形にとらわれなくなった」

(26)Which of the following statements best reflects the author’s view of the “traditional attitude” toward mistakes?
1. Mistakes are like pearls, a jewel hidden in an accident.
2. Mistakes are indispensable.
3. Mistakes are like sin, and should be prevented.
4. Mistakes can lead to further errors.

・解答
次の文のうちどれが「伝統的な態度」の著者の見解を誤って反映していますか?
1.間違いは、真珠のような事故に隠された宝石です。
2.間違いが不可欠です。
3.間違いは罪のようなものであり、防止する必要があります。
4.間違いは、さらにエラーが発生することができます。
(26)3
(26)traditional attitude「慣例的な(従来通りの)態度」第10段第4文参照。Don’t do it again…は、
「あやまちであり、避けるべき」という態度を表す。

■第7段落
7:1 Often the process of our artwork is thrown onto a new track by the inherent balkiness of the world.
7:1 我々の芸術的制作活動の過程は、世の常である、急に物事が進まなくなる事態によって、方針
転換を迫られることがしばしばある。
7:2 Murphy’s Law states that if anything can go wrong, it will.
7:2 失敗するかも知れないものは失敗する、とマーフィーの法則にある。
7:3 Performers experience this daily and hourly.
7:3 役者達はこのことを毎日、毎時間経験している。
7:4 When dealing with instruments, tape recorders, projectors, computers, sound systems, and theater lights, there are inevitable breakdowns before a performance.
7:4 楽器、テープレコーダー、投影機、コンピューター、音響システム、劇場照明を扱うとき、必
ず上演前に故障が発生するのである。
7:5 A performer can become sick.
7:5 ある役者は具合が悪くなる。

7:6 A valued assistant can quit at the last minute, or lose his girlfriend and become mentally incapacitated.
7:6 ある大切な助手が土壇場になって辞めてしまったり、ガールフレンドを失って精神的に不能に
なってしまうこともある。
7:7 Often it is these very accidents that give rise to the most (6) (1. ingenuous 2. indigenous 3. ingenious) solutions, and sometimes to off-the-cuff creativity of the highest order.
7:7 多くの場合、非常に巧みな解決策や、時には即興で最高級の独創性を生み出すもととなるの
は、まさにこのような事故なのである。
(22)What is the author’s ultimate purpose in referring to Murphy’s Law?
1. To suggest that problems are inevitable.
2. To suggest that problems lead to chaos.
3. To convince us that all artists and performers experience accidents.
4. To lead us to his point about creative solutions.

・解答 (22)4
(22)
22)マーフィーの法則に言及する際の著者の究極の目的は何ですか?
1.問題が避けられないことを示唆する。
2.問題が混乱につながることを示唆する。
3.すべてのアーティストやパフォーマーは、事故を経験していることを、私たちを説得します。
4.創造的な解決策についての彼のポイントに私たちを導く
「マーフィーの法則」とは「失敗しそうなものは失敗する」という経験から生まれた知恵。筆者 がそれを引用した「最終的な(ultimate)」目的を選ぶ。4.「(失敗を肯定的に考えることによる)創造 的な解決についての筆者の論点に我々を導くため」

■第6段落
6:1 But the real point of electronic documents is not simply that we’ll read them on hardware devices.
6:1 しかし電子文書の本ftに重要な点は、単にそれらをハードウエアの装置で読むということだけ ではない。
6:2 Going from paper book to e-book is just the final stage of a process already well under way.
6:2紙製の本から電子本へ移行するということは、すでに順調に進行している過程の最終段階に過
ぎない。
6:3 The significant aspect of digital documents is the (11) (1. reinstallation 2. replacement 3. redefinition) of the document itself, which will cause dramatic repercussions.

引き起こすであろう。
6:4 We’ll have to rethink not only what we mean by the term “document” but also what we mean by “author,” “publisher,” “office,” “classroom,” and “text.” 6:4我々は「文書」という用語の意味だけでなく、「著者」「出版社」「オフィス」「教室」「テ
キスト」の意味をも考え直さなければならなくなる。
(23)The expression “dramatic repercussions” as used in this article may be paraphrased as
1. profound changes.
2. significant replacements.
3. great reductions.
4. impressive digitalizations.

・ この記事で使用される「劇的な影響」は~と言い換えることもできます 1.重大な変化。
2.重要な代替品。

3.大きな削減。
4.印象的なデジタル化。 解答 (23)1
(23)dramatic repercussion「劇的な(重大な)影響」第6段第3文の文末。document以外の用語の意味 も再考せざるを得なくなることを指す。1.「重大な変化」2.「重大な置き換え」3.「重大な縮小」 4.「印象的なジギタリス作用」

■第6段落
6:1 So much for writing.
6:1文章についてはここまでにしよう。
6:2 While reading aloud is necessarily an individual task and a frequent feature of early literacy, especially when only a small proportion of the population had the skills, it involved an immediate audience, the (14)(1. Physiological 2. Virtual 3. Physical) presence of hearers.
6:2人口のほんの一部しか読む技術をもっていなかったときに特にそうなのだが、音読が必然的に
個人の作業であり、読み書きを覚えた初期にしばしば見られる特徴である間は、直接の聴衆、つ まり聞き手の、実際の存在が必要であった。
6:3 So, too, did a parallel feature of early literacy, the repetitive reading to oneself of a piece, then its subsequent recitation, as if produced purely orally, to a collected audience.
6:3 また、読み書きを覚えた初期の同様の特徴である、ある文章を繰り返し自分に読むことにも直
接の聞き手が必要であったし、その次の段階である集まった聴衆に対して行うまるでまったく口 頭で生み出されたかのような暗唱にも、直接の聞き手が必要であった。
6:4 Such a process involves rereading, that is, going over for a second or a third time the linguistic message, in a fashion that is virtually impossible without writing.
6:4 そのような過程には読み返しが伴う。すなわち、2回、3回と言語的メッセージを読み返さねば
ならない。それは文字なしにはほとんど不可能な方法である。
6:5 The backward look facilitates not only verbatim memorizing but also understanding and critical analysis, as well as enabling the writer to construct and present more complex sentences than would otherwise be possible.

うになる。
6:6 Such reviewing is the counterpart of comparing several versions of the same incident, poem, or account and of evaluating their differences, a procedure that gave (15) (1. birth 2. impetus 3. way) to history in the technical sense.
6:6 そのように読み返すことは、同じ出来事や詩や話に関するいくらかの説明を比べたり、その違 いを評価したりすることに相ftする。それは技術的な意味において歴史を記生み出した手順であ る。
(30) Which of the following best expresses one of the main points of the article?
1. Written language is merely a representation of speech.
2. People in literate societies have taken advantage of those in nonliterate societies.
3. Speech is best characterized as a secondary mode of communication.
4. Literacy has contributed to our intellectual ability by facilitating critical thinking.

・解答
記事の要点はどれか
1.書き込みの言語は、単に音声の表現です。 学問の社会で2人は、原始的な社会では、それらを利用してきました。 3.スピーチは最高のコミュニケーションの二次モードとして特徴付けられます。
4.リテラシーは、批判的思考を促進することによって、私たちの知的能力に貢献してきました。

(30)4
(30)第6段第5文参照。「読み返すこと」によって、批判的分析が容易になる、と述べられている。
「読み返す」にはliteracy「読み書きの能力」は必要不可欠なので、「読み書きの能力は、批判的 思考を容易にすることによって知的能力の向上に貢献している」といえる。

■第7段落
7:1 Literacy not only encourages such deliberate perusal of the text, it also makes possible the opposite, that is, the highly (16) (1. holistic 2. haphazard 3. Selective) forms of retrieval that are involved in consulting a dictionary (or even a library), as well as the skipping and the speed reading that takes place when we read a detective story rather than a poem.
7:1読み書きができると、文章をそのようにじっくり通読することが促進されるだけでなく、その
反対のことも可能になる。つまり、辞書を引く際に(また図書館を利用する際にも)行われる、選択 的な(端から端まで読まない)形の検索や、飛ばし読みや、詩を読むときよりむしろ推理小説を読む ときにする速読などが可能になる。
7:2 The potential results of such procedures are vital to the growth of knowledge.
7:2 そのような手続きの潜在的な結果は、知識の増加にきわめて重要である。

7:3 In the first place, the deliberate perusal of a text facilitates the search for inconsistencies, for contradictions, while the ability to set side by side different texts referring to the same events or notions leads to the (17)(1. reconsideration 2. cultivation 3. evaluation) of criticism and of skepticism.
7:3 まず第1に、文章をじっくり通読することによって不一致や矛盾を探すのが容易になり、また
同じ出来事や概念を述べるさまざまな文章を並べる能力は、批判力と懐疑的態度の育成につなが る。
7:4 It allows not only for criticism of the texts but also their further elaboration by commentary, which can (18) (1. in this respect 2. in its turn 3. as it turns out) be stored away for future reference, leading to the building up of libraries of stored knowledge.
7:4 そういった能力があると、文章を批判することだけでなく、注釈によってさらに推敲を重ねる
こともできるようになる。そして次にはそれが将来参照するためにしまっておかれ、蓄えられた 知識の図書館を築くことになるのである。
7:5 These libraries encapsulate objective knowledge in the sense that this information has become theoretically (19) (1. inaccessible to 2. associated with 3. independent of) specific human teachers. 7:5 このような情報が名目上特定の人間の教師から独立したという意味において、これらの図書 館は「客観的な知識」を包み込んでいるといえる。
(29) The author seems to hold the view that
1. finding inconsistencies and contradictions is essential to the growth of knowledge.
2. highly advanced forms of information retrieval were available even in early literate cultures.
3. scrutinizing texts describing the same incidents or ideas is detrimental to the development of analytical abilities.
4. the main function of libraries is to store knowledge in such a way that skeptical people will be able to find inconsistencies in texts.


著者の観点は
1.矛盾や矛盾を見つけることは、知識の成長に不可欠です。
2情報検索の高度なフォームがあっても早期の学問の文化に利用可能でした。
3同じ事件やアイデアを説明、精査テキストは、分析能力の発達に有害です。
4.ライブラリの主な機能は、懐疑的な人々はテキストに矛盾を見つけることができるようになり ますように知識を格納することです
解答 (29)1

(29)第7段第2文のsuch proceduresは精読と速読を指す。そのうち精読については第3文に「精読(じっ くり通読)すると不一致や矛盾が見つけやすくなり」とある。それが知識の増加に不可欠であると 導ける。

■第4段落
4:1 The deliberate visual recording of language means not only a search for words but a search for genres.
4:1言葉を考えながら目に見える形で記録することは、単語を探すことだけではなくて、様式を探
すことでもある。
4:2 Oral discourse, even when not informal, often trails off into another activity, being punctuated by a drink of water, a mouthful of food, the rustle of paper, the closing of a door, or, in other words, by another nonlinguistic activity.
4:2口頭による談話は、公式の場においてさえしばしば次第に別の行動となる。談話を水を飲んで
中断したり、食物を一口食べて中断したり、紙をがさがさ動かして中断したり、ドアを閉めて中 断したり、言い換えると、別の非言語的な行動をして中断するのである。
4:3 Written composition, however, has to have a formal beginning and an end; “Dear Christine” is completed by “Yours sincerely, Stephen,” (7) (1. put out 2. put forward 3. laid out) in a particular format, with the specification of place and date.
4:3 しかし、書かれた文章には、「親愛なるクリスティーナ」と書き出せば、最後は「敬具ス
ティーブン」で締めくくり、書き出しは、場所と日付をきちんと記した上で特定の書式にのっ
とって配置する、といった形式上の始まりと終わりがなければならない。
4:4 Apart from the letter, there is a gamut of genres from the report to the passport, as well as the literary genres ranging from the novel to the poem.
4:4文学のジャンルが小説から詩にいたるまであるように、手紙以外にもレポートからパスポート
にいたるまで、あらゆる様式(ジャンル)がある。
4:5 These developments appear gradually over time, but eventually not only each composition but each subunit (8) (1. takes after 2. takes on 3. takes in) a specific form each topic requires a paragraph, each sentence a capital letter and full stop, each word its break.
4:5 このような進展は時を経て徐々に現れるのであるが、結局はそれぞれの文章だけでなくそれぞ れの下位単位も特定の型をとる。それぞれのトピックには段落が必要で、それぞれの文には大文 字とピリオドが必要で、それぞれの単語には切れ目が必要である。
4:6 Syntax and punctuation become more precise and more formal as a result of becoming visual.
4:6目に見えるようになった結果、構文と句読がより正確で、より形式的になるのである。
4:7 Part of the reason behind these changes is that whereas speech (9) (1. operates as 2. addresses 3. defines) one of the channels in face-to-face communication, writing as a register stands on its own.
4:7 これらの変化の背後にある理由の一つには、話し言葉は面と向かって意思伝達のチャンネルの
1つとして働くが、1つの言語形態としての書き言葉はそれ自体で独立している。
4:8 It is “decontextualized,” or rather the context is highly (10) (1. restricted 2. redundant 3. reserved).
4:8 それは「脱文脈化」されている。もっと正確にいえば、文脈はきわめて限定されているのであ
る。

4:9 Hence, clarity of expression and precision of genre, syntax, and punctuation are encouraged by the visual representation of language.
4:9 したがって、表現の明快さと様式、構文、句読の正確さは言葉を視覚的に表現することによっ
て促進されるのである。
(26) According to the article, face-to face communication is characterized by the fact that
1. it is highly dependent on the contexts in which communication takes place.
2. it often involves misunderstandings caused by the speaker’s lack of syntax and structure.
3. it often involves nonlinguistic activities, particularly in formal circumstances.
4. it is loosely tied to the contexts in which communication takes place.


文章から、対面したコミュニケーションは~tぴう特徴がある
解答 (26)1
1.それは通信が行われるコンテキストに大きく依存します。
2.それは、多くの場合、構文や構造のスピーカーの不足による誤解を伴います。
3.それは、多くの場合、特にフォーマルな状況では、非言語活動を伴います。
4.それは緩く通信が行われるコンテキストに関連付けられています。
(26)第4段第7・8文にあるように、文章は文脈がなくても理解できる(stand on its own「独立してい る」on one’s own「自力で、単独で」)が、面と向かっての意思伝達は文章と対比されていることか ら、文脈に頼る必要があるとわかる。

■第3段落
3:1 The first achievement of writing is to ensure the storage and communication over time and space of linguistic messages.
3:1文字による業績の第1のものは、時間と空間を超えて言語メッセージを蓄え、伝えることであ
る。
3:2 There lies its prime role in transforming social organizations, but the process of setting down such messages, whether or not they are then communicated to anyone, leads to changes in human understanding itself.
3:2 その主要な役割は社会組織を変えることにあるが、そのようなメッセージを書き留める過程 は、次に誰かに伝えられようと伝えられまいと、人間の理解そのものを変えることにつながる。 3:3 In terms of the mechanics of reading and writing, these involve the development of secondary skills, the coordination of the eye with the brain, the inner ear, and the silent voice, by which linguistic thoughts are expressed in visual formulae and vice versa.
3:3読み書きの仕組みの点からみると、これらには、目と脳との協調、内なる耳や音にならない声
などといった二次的な技術の発達が必要になる。それらによって、言語的な考えは視覚的な方法 で表現され、また逆にもなるのである。
3:4 The process of learning to read involves the deliberate cultivation of exact memory and verbatim recall right from the start.
3:4読むことができるようになる過程には、まさに最初から正確な記憶力と一語一句思い出す力を
計画的に養うことが伴うのである。
3:5 The memorizing of hundreds of basic shapes is (6) (1. crucial 2. marginal 3. irrelevant) to any logographic writing such as Chinese; syllabic scripts make fewer initial demands, and alphabetic ones fewer still.
3:5 何百もの基本的な形を覚えることは中国語のような表語文字には、決定的なことである。音節
文字は最初にそれほどの要求はしないし、アルファベット文字はさらに要求は少ない。

(25) According to the article, the author claims that
1. the nature of human understanding has been greatly influenced by the kind of writing system we adopt.
2. some writing systems are more efficient for recording linguistic thoughts than others.

3. the more complex the writing system is, the more demanding it is for the learner to acquire it.
4. the acquisition of a writing system necessarily leads to the cultivation of analytical skills.

1.人間の理解の性質は大きく、我々が採用ライティングシステムの種類に影響されています。
2.いくつかの書き込みシステムは、他よりも言語的思考を記録するためのより効率的です。
3.より複雑な書き込みシステムは、より厳しいそれを取得するための学習者のためのものです。
4.書き込みシステムの取得は、必ずしも分析能力の育成につながります。 解答 (25)3
(25)第3段最終文のlogographic writing「表語文字」は漢字、syllabic scripts「音節文字」は仮名、
alphabetic ones(=scripts)「アルファベット文字」はA、B、C、…のことと考えるとよい。書記法 が単純になるほど(漢字→仮名→アルファベット)、要求されることは少なくなるという内容。

4:1 The deliberate visual recording of language means not only a search for words but a search for genres.
4:1言葉を考えながら目に見える形で記録することは、単語を探すことだけではなくて、様式を探
すことでもある。
4:2 Oral discourse, even when not informal, often trails off into another activity, being punctuated by a drink of water, a mouthful of food, the rustle of paper, the closing of a door, or, in other words, by another nonlinguistic activity.
4:2口頭による談話は、公式の場においてさえしばしば次第に別の行動となる。談話を水を飲んで
中断したり、食物を一口食べて中断したり、紙をがさがさ動かして中断したり、ドアを閉めて中 断したり、言い換えると、別の非言語的な行動をして中断するのである。
4:3 Written composition, however, has to have a formal beginning and an end; “Dear Christine” is completed by “Yours sincerely, Stephen,” (7) (1. put out 2. put forward 3. laid out) in a particular format, with the specification of place and date.
4:3 しかし、書かれた文章には、「親愛なるクリスティーナ」と書き出せば、最後は「敬具ス
ティーブン」で締めくくり、書き出しは、場所と日付をきちんと記した上で特定の書式にのっ
とって配置する、といった形式上の始まりと終わりがなければならない。
4:4 Apart from the letter, there is a gamut of genres from the report to the passport, as well as the literary genres ranging from the novel to the poem.
4:4文学のジャンルが小説から詩にいたるまであるように、手紙以外にもレポートからパスポート
にいたるまで、あらゆる様式(ジャンル)がある。
4:5 These developments appear gradually over time, but eventually not only each composition but each subunit (8) (1. takes after 2. takes on 3. takes in) a specific form each topic requires a paragraph, each sentence a capital letter and full stop, each word its break.
4:5 このような進展は時を経て徐々に現れるのであるが、結局はそれぞれの文章だけでなくそれぞ
れの下位単位も特定の型をとる。それぞれのトピックには段落が必要で、それぞれの文には大文
字とピリオドが必要で、それぞれの単語には切れ目が必要である。
4:6 Syntax and punctuation become more precise and more formal as a result of becoming visual.
4:6目に見えるようになった結果、構文と句読がより正確で、より形式的になるのである。

4:7 Part of the reason behind these changes is that whereas speech (9) (1. operates as 2.
addresses 3. defines) one of the channels in face-to-face communication, writing as a register stands on its own.
4:7 これらの変化の背後にある理由の一つには、話し言葉は面と向かって意思伝達のチャンネルの
1つとして働くが、1つの言語形態としての書き言葉はそれ自体で独立している。
4:8 It is “decontextualized,” or rather the context is highly (10) (1. restricted 2. redundant 3. reserved).
4:8 それは「脱文脈化」されている。もっと正確にいえば、文脈はきわめて限定されているのであ
る。
4:9 Hence, clarity of expression and precision of genre, syntax, and punctuation are encouraged by the visual representation of language.
4:9 したがって、表現の明快さと様式、構文、句読の正確さは言葉を視覚的に表現することによっ
て促進されるのである。
(24) The author seems to hold the view that written language differs from speech in that
1. it has a far more flexible structure than speech.
2. it has triggered the instantaneous development of genres.
3. it tends to be more precise in terms of syntax and punctuation.
4. it does not make any sense when taken out of context.


著者が書かれた言語は、~中で、音声とは異なるビューを保持しているようです
1.これは、音声よりもはるかに柔軟な構造を有しています。
2.それはジャンルの瞬間開発の引き金となってきました。
3.それは、構文および句読点の点でより正確になる傾向があります。
文脈から取り出したときに4.それはどんな意味がありません。
解答 (24)3
(24)第4段第6文参照。

■第2段落
2:1 In most societies with writing, until 100 years ago only a minority could read and write; the rest were illiterate and hence were themselves dependent on the oral or visual transmission of knowledge.
2:1文字をもつ大部分の社会でも、100年前までは読み書きができたのはごく一部の者で、残りの者
は読み書きができず、そのため口頭または視覚による知識の伝達に頼っていた。
2:2 They were not, (2) (1. therefore 2. however 3. on the contrary), dependent on knowledge originating in the oral or visual registers, and, consequently, their traditions differed in kind from those of a society without writing because they would be indirectly influenced by the written forms; illiterates would absorb Christian or Buddhist book learning through stories, sermons, paintings, and sculpture.
2:2 しかしながら、彼らは口頭または視覚による言語形態から生まれた知識には頼っていなかっ た。その結果、彼らの慣習は文字のない社会の慣習とは本質的に異なっていた。なぜなら、彼ら は書き言葉の影響を間接的に受けたからである。たとえば、読み書きのできない人は、話や説教
や絵画や彫刻を通してキリスト教や仏教の本を理解したのである。

2:3 Equally, they might learn to conduct cognitive operations invented by the written culture (such as the arithmetic tables learned by heart).
2:3同様に、彼らは文字文化によって発明された(九九の表を暗記するなどといった)認識作業を行
うことを学んだであろう。
2:4 The same is true of technological advances developed through the medium of written operations; illiterates may (3) (1. benefit from 2. be prevented from 3. resist) living in a literate culture, although the inability to read and write will place them in a disadvantageous position relative to others who can.
2:4文字作業の手段を通して発達した科学の進歩にも同じことがあてはまる。読み書きのできない
人は、読み書きができないために読み書きのできる人に比べて不利な状況に置かれるだろうが、 文字のある文化で暮らすことで利益を得ることもあろう。
2:5 Even cultures without writing may be influenced by contact with literate outsiders in a similar manner.
2:5文字のない文化でさえ、読み書きのできる外部の者との接触によって似たような形で影響を受
けるであろう。

2:6 The radio could stand as one example, because literacy was clearly (4)(1. a side effect 2. an outcome 3. a prerequisite) of its invention but not its operation.
2:6 ラジオが1つの例としてあげられよう。なぜなら、明らかに、読み書きができることがその発
明の必須条件であったが、その操作の必須条件ではなかったからである。
2:7 Today, however, there is probably no society in the world that does not have some literates who are capable of (5) (1. deriving 2. manipulating 3. gaining) access to written knowledge produced elsewhere.
2:7 しかし、今日では世界のどの社会でも、他のところで生み出された文字による知識の利用権を
得る(=知識を利用する)ことのできる読み書きのできる人がたぶん存在するであろう。
(22) With regard to illiterates living in a literate culture in the past, which of the following statements is true according to the article?
1. The knowledge they acquired was necessarily derived from oral or visual registers.
2. The channel through which they acquired knowledge was restricted to the oral or visual mode.
3. They learned to conduct cognitive operations quite differently from literates.
4. They were placed in a disadvantageous position because there was no way for them to acquire written knowledge.

・解答 (22)2
(22)
次の文の記事によると、真である過去の識字文化に住んでいる非識字者については
1.彼らが得た知識は、絶対口頭または視覚レジスタに由来するものでした。
2.彼らは知識を取得するチャネルは、経口またはビジュアルモードに制限されていました。
3.彼らはliteratesから全く異なる認知操作を行うことを学びました。 彼らは書面による知識を獲得するための方法がなかったため、4それらは不利な立場に置かれまし た。
第2段第1文参照。知識の伝達は口頭または視覚的なものに頼っていた、と述べられている。
transmission「伝達」知識の内容そのものは文字文化の影響を受けていたことに注意。

■第6段落
6:1 The actual ideas for my theory of intelligence were inspired by contact with people I have known.
6:1私が知能に関する理論を実際に考えるようになったのは、知り合った人たちとの付き合いを通
してであった。
6:2 In developing a (11) (1. consensus 2. purpose 3. rationale) for a theory of intelligence, however, it is necessary to have both a scientific and an observational basis for making theoretical claims.
6:2 しかしながら、知能に関する理論の調論的根拠を築き上げる際には、理論的主張のための科学
的かつ観察に基づく根拠が必要である。
6:3 I therefore decided to look back at the major theories of intelligence that have been proposed during the twentieth century.
6:3 それゆえに、私は20世紀に提唱された知能に関する主な理論を振り返ろうと決めたのである。
6:4 All of these seemed to be doing one, or in rare cases, two, of three things.
6:4 これらはすべて、3つのうちの1つ、または(まれな場合だが)2つを扱っているように思われ た。
6:5 The first kind of theory attempted to relate intelligence to the internal world of individuals: What goes on inside people’s heads when they think intelligently?
6:5第1のタイプの理論は、知能を個人の内的世界に関係づけようと試みていた。つまり、人が知的
に考えるとき、その頭の中では何が起こっているのかということである。
6:6 In the second kind of theory, psychologists sought to relate intelligence to the experience of individuals: How does experience affect people’s intelligence, and how does their intelligence affect the kinds of experiences they have?

6:6第2のタイプの理論では、心理学者が知能を個人の経験に関係づけようと努めていた。つまり、
経験がいかに人の知能に影響を与えるのか、人の知能がいかに人の経験の種類に影響を与えるの
かということである。
6:7 The third kind of theory is concerned with the relationship of intelligence to the external world of individuals: How do their interactions with the world at large affect their intelligence, and how does their intelligence affect the world in which they live?
6:7第3のタイプの理論は、知能が個人の外的世界といかに関係しているかに関わるものである。つ
まり、世界全体との触れ合いがいかに人の知能に影響を与えるのか、人の知能がその住む世界に
いかに影響を与えるのかということである。
6:8 Furthermore, how does the world in which we live shape our very notions of what intelligence is?
6:8 さらに、われわれの住む世界が、知能とは何なのかに関するわれわれの概念そのものを、いか に形成してくれるかということでもある。
(29) How does the authors theory of intelligence differ from those of other theorists?
1. His theory relates intelligence to the internal world of the individual.
2. His theory tries to explain how experience affects intelligence.
3. His theory posits an interaction between individuals and the external world.
4. His theory is both scientific and observational.

・解答 (29)4
(29)
はどのように知性の作者の理論は、他の理論家のものとは違いますか?
1.彼の理論は、個々の内部世界にインテリジェンスに関する。
2.彼の理論は経験が知能にどのように影響するかを説明しようと。
3.彼の理論は、個人と外界との間の相互作用を仮定する。
4.彼の理論は科学的観察の両方です 第6段第4文以降、筆者は先人の理論を3つに分けている。それぞれ、The first kind of…, In the second kind of…、The third kind of…以下に述べられている。筆者の理論はそれらの3つをまとめたもので ある。

8:1 The (13) (1. convergence 2. divergence 3. incompatibility) of my analysis of the research literature and my personal experience convinced me that what was needed was a “triarchic” theory of human intelligence — one that did justice to each of these three aspects of intelligence.
8:1研究文献の分析と私の個人的経験が、二点に集中していることから、必要なものは人間知能の
「三様性」理論であると私は確信した。それは、知能の三面のそれぞれを公平に扱うものであっ た。
8:2 It is important to mention that my goal in constructing the tribrachic theory was quite (14) (1. contrary to 2. interchangeable with 3. compatible with) that of most psychologists who have developed theories of intelligence.
8:2三様性理論を築く際の私の目標が、知能に関する理論を築いた大部分の心理学者の目標とは
まったくは異なったものであったと述べるのは重要である。
8:3 The field has been (15)1. Exceptionally focused 2. Notoriously contentious 3. Unusually harmonious), with every theorist setting out to prove that his theory is right and everyone else’s is wrong.
8:3 その分野は、悪名高いほど争い好きで、すべての理論家が、自分の理論が正しく他のみなの理 論が間違いであると証明しようと努めている。
8:4 For example, Arthur Jensen argues for the predominance of a single, general factor in human intelligence, while Howard Gardner maintains that there are at least seven or eight multiple intelligences.

8:4 たとえば、アーサー=ジェンセンは、人間知能において単独の一般的な要素が支配していると 主張しているが、ハワード=ガードナーは、少なくとも7つか8つの複合的な知能があると主張して いる。
8:5 For me, the most disturbing element of these and other opposing theorists has been that while they have done reasonably well in (16) (1. amassing 2. refuting 3. responding to) evidence to support their own point of view, they have generally failed to disprove the views of others.
8:5 これらの理論家や他の異なった意見の理論家に関する、私にとって最も頭を悩ます要素は、彼
らは自分自身の観点を支持する証拠を集めるのにはかなり成功しているが、他人の観点の反証を あげることには、だいたい失敗しているということである。

8:6 How could this be?
8:6 どうしてこのようになるのであろうか。
8:7 After reviewing earlier theories, I came to the conclusion that the reason for this was that virtually all of them have been (17)(1. inaccurate 2. incomplete 3. inconsistent).
8:7私は初期の理論を調査したあと、この理由はそれらの理論のすべてが実際、不完全であったか
らだという結論に達した。
8:8 Though proposed as full theories of intelligence, each has dealt with only some limited aspects. 8:8 それぞれは知能に関する完全な理論として提唱されるが、ある限られた面しか扱っていないの である。
8:9 Often, too, these theories have proved to be complementary rather than contradictory, as might be expected.
8:9 またしばしば、これらの理論はお互いに矛盾したものではなくて、相補的なものであるともわ
かったが、そのことは予想のつくことだったかもしれない。
8:10 It is not difficult to show that a theory of general intelligence and the theory of multiple intelligences can be (18) (1. infused 2. installed 3. integrated) in a hierarchical framework, with general intelligence at the top of the hierarchy and multiple intelligences lower down.
8:10一般的知能に関する理論と複合的知能に関する理論が階層構造の中に、一般的知能が階層の頂
点に、複合的知能が底辺の方にというように、まとめられうることを示すのは難しいことではな
い。

8:11 More specific abilities would then be viewed as sub-abilities.
8:11 より特定的な能力は下位能力と見られるであろう。
8:12 The point to be made, then, is that often the competition among theorists has been (19) (1. fierce 2. spurious 3. accommodating).
8:12 したがって、言いたい点は、理論家間の論争はしばしば、まがいものであるということであ る。
8:13 Their theories are really theories of different aspects of intelligence.
8:13彼らの理論は実際は、知能の異なった面に関する理論なのである。
(26)According to the author, a theory of general intelligence and a theory of multiple intelligences
1. relate to each other as competing views.
2. exist together in a hierarchical relationship.
3. appear to be related but in fact are not.
4. share related kinds of evidence.

・解答 (26)2
(26)
筆者によると一般知能の理論と多重知能の理論は
1.競合ビューとして相互に関連しています。
2.階層関係で一緒に存在します。
3.関連すると思われるが、実際にはありません。
4証拠のシェア関連の種類。

第8段最後から4つ目の文(空所(18)を含む文)で、general intelligence「一般的知能」を頂点に、 multiple intelligence「複合的知能」を底辺の方へ…、とあるのがヒント。hierarchical「階層的な」
(27)The author is upset that psychologists who have developed theories of intelligence
1. have little evidence to support their views.
2. have not been able to prove the views of other theorists.
3. have come up with too many different theories.
4. have not used their evidence to reject the theories of others.

(27)著者は心理学者のうち~の知能の理論を開発している人いることを怒っています
1.自分の意見をサポートする証拠をほとんど持っていない。
2.他の理論家の意見を証明することができていない。
3.あまりにも多くの異なった理論が出ている。
4.他の理論を拒否するように彼らの証拠を使用していない
解答 (27)4
(27)第8段第5文に、各理論は自論の立証はできても、他の論を反証することができない、という記 述がある。disprove「反証をあげる」

(28)Which of the following qualities does the author consider least important for success in graduate school ?
1. The ability to use intelligence in dealing with novelty.
2. The ability to use both synthetic and analytic skills.
3. The ability to apply ones knowledge in practical ways in everyday settings.
4. The ability to score well on various kinds of conventional measures of intelligence.

・解答 (28)4
(28)
著者が大学院で成功するための最も重要と考えるのはどれか?
1.能力は新規性に対処するインテリジェンスを使用しています。
2.能力は、合成と分析スキルの両方を使用しています。
3.能力は日常の設定で実用的な方法でのものの知識を適用します。
4.能力は知性の従来の対策の様々な種類によく得点します
1はバーバラの知性、2はアリスの知性、3はセリアの知性。アリスのような知性の持ち主は、従来 の尺度では高く評価されることは確かだが、それは結果であって、そのこと自体には特に価値は ない。

■第5段落
5:1 Just how would you characterize the similarities and differences among Alice, Barbara, and Celia?
5:1 アリスとバーバラとセリアの間の類似点と相違点を、どのように特徴づけることができるだろ うか。
5:2 Clearly, all are exceedingly intelligent, though in very different ways.
5:2明らかに3人とも非常に知能は高いが、まったく異なった面においてである。

5:3 People like Alice excel in traditional academic, or analytic, intelligence.
5:3 アリスのような人は伝統的な学問的、つまり分析的能力にたけている。
5:4 To the extent that intelligence is measured by (8)1. conventional 2. genetic 3. creative) factors or information processing components, by its relationship to the internal world, Alice and individuals like her would be considered very, very smart.
5:4知能が型にはまった要素や情報処理要素とか内部世界との関係によって測られる限りは、アリ
スや彼女のような人は非常に利口であると考えられる。

5:5 Individuals like Barbara, on the other hand, do not appear nearly so intelligent by such ordinary standards.
5:5他方、バーバラのような人は、そのような通常の基準ではそれほど知能が高いようには見えな
い。
5:6 Where they excel is in their synthetic ability, the ability to deal with novelty — to view new things in old ways or old things in new ways.
5:6彼女たちがすぐれているのは、その統合能力においてであり、それは新しいものを処理する能
力、つまり新しいものを古い観点から、古いものを新しい観点から見る能力である。
5:7 Hence Barbara’s intelligence, and that of others like her, becomes truly apparent (9) (1. unless
2. even though 3. only if) it is viewed in terms of the relationship of intelligence to experience, particularly novel experience.
5:7 したがって、バーバラの知能および彼女のような他の人たちの知能は、知能が経験、特に新し い経験とどのように関係しているかという点から見られる場合のみ、本ftに明らかになるのであ る。
5:8 People like Celia have neither Alice’s nor Barbara’s pattern of strength.
5:8 セリアのような人は、アリスやバーバラのような型の長所をもっていない。
5:9 Instead, they excel in terms of the relationship between intelligence and the external world of the individual.
5:9 その代わりに、彼女たちは知能と個人の外的世界との間の関係という点においてすぐれてい る。
5:10 Their excellence resides in their practical intelligence — the ability to apply their mental abilities to (10) (1. novel 2. unusual 3. every day) situations.
5:10彼女たちのすぐれている点は、その実用的な知能、つまり知的能力を常の状況に応用する能力
にある。
5:11 Their street smarts are not measured by typical tests but quickly show up in their performance in real-world settings.
5:11 その世渡り能力は典型的なテストでは測定できないが、現実世界の状況の中で行動していく
につれて、すぐに現れる。
(24) In the author’s opinion, which of the following statements is true?
1. Intelligence and experience are related.
2. Practical intelligence is not as useful a measure of intelligence as are test scores.
3. People like Alice, Barbara, and Celia tend to do equally well, but in different ways, in graduate school.
4. A good theory of intelligence needs to focus primarily on how the mind processes information.

・解答 (24)3
(24)
筆者の意見は
1.インテリジェンスと経験が関係しています。
2テストの点数がそうであるように、実用的な知性は知性のように有用な尺度ではありません。
3アリス、バーバラ、およびセリアのような人は同じようにうまくやって傾向があるが、大学院 での様々な方法、です。 4知性の良い理論は、心が情報を処理する方法に主に焦点をftてる必要があります。 第5段第2文参照。1は、バーバラの知性についてはあてはまるが、アリスやセリアのようなタイプ
の知性には完全にはあてはまらない。

■第2段落
2:1 Alice was the admissions officer’s dream. 2:1 アリスは入学許可担ft者の夢であった。
2:2 She was easily admitted to our graduate program.

2:2彼女はわれわれの大学院課程に入るのを容易に認められた。
2:3 She came with (1) (1. average 2. stellar 3. satisfactory) test scores, outstanding college grades, excellent letters of recommendation, and, overall, close to a perfect record.
2:3彼女は、すばらしい試験結果と傑出した大学の成績とすぐれた推薦状、そして、全体としてほ
とんど完璧な履歴をもって入ってきた。

2:4 Alice proved to be more or less what her record promised.
2:4 アリスはだいたいその履歴が約束したものになった。
2:5 She had excellent critical and analytical abilities, which earned her outstanding grades during her first two years at our school.
2:5彼女にはすぐれた批判能力、分析能力があり、そのおかげで彼女はわれわれの学校での最初の2
年間は傑出した成績を得ることができた。
2:6 When it came to taking tests and writing papers, she (2) (1. had no peer 2. had no help 3. was popular) among her classmates.
2:6試験を受けるとか論文を書くということになると、クラスメートの中で彼女に並ぶ者はなかっ
た。
2:7 But after the first two years, Alice no longer looked quite so outstanding.
2:7 しかし、最初の2年が終わると、アリスはもはやそれほど傑出しているようには見えなかっ た。
2:8 In our graduate program, as in most, emphasis shifts after the first couple of years.
2:8 ほとんどの大学院課程と同様に、われわれの大学院課程も最初の2年が終わると、重視する点 が変わる。
2:9 It is not enough just to criticize other people’s ideas or to study concepts that other people have proposed.
2:9他人の考えを批判したり、他人が提唱している概念を研究するだけでは不十分なのである。
2:10 You must (3) (1. not rely on 2. begin reviewing 3. start coming up with) your own ideas and figuring out ways of implementing them.
2:10自分自身の考えを思いつき、それらを実行する方法を考え出し始めなければならないのであ
る。
2:11 Alice’s synthetic abilities were far inferior to her analytic ones.
2:11 アリスの統合能力は分析能力よりはるかに劣っていた。
2:12 But there was no way of knowing this from the evidence available in the admissions folder, for
(4) (1. although 2. however 3. whenever) conventional measures can give us a good reading on analytic abilities, they give virtually no assessment of synthetic abilities.
2:12 しかし、入試書類で入手できる証拠からこれがわかる術はまったくなかった。というのは、 昔ながらの尺度では分析能力に関しては正確な値がわかるが、統合能力に関する評価は実際のと ころまったくわからないからである。

2:13 Thus, Alice was “IQ test” smart, but not equally (5)1. discreet 2. disciplined 3. distinguished) in the synthetic, or practical, areas of intelligence.
2:13 かくしてアリスは「知能指数テスト」的には利口だが、知能の統合的または実用的な分野で は同じように、すぐれているというわけではなかった。
■第3段落
3:1 In sharp contrast to Alice, Barbara was the admissions officer’s nightmare.
3:1 アリスとはまったく対照的に、バーバラは入学許可担ft者の悪夢であった。
3:2 When she applied to our graduate school, she had good grades but abysmal aptitude test scores.
3:2 彼女はわれわれの大学院に出願してきたとき、成績はよかったが適性検査の得点はひどく悪
かった。

3:3 Still, she had superlative letters of recommendation, which described her as an exceptionally creative young woman who had designed and implemented creative research with only minimal guidance.
3:3 それでも、彼女の推薦状は最高のもので、それによると彼女は最小の指導で創造的な研究を計
画、実行してきた非常に創造的な若い女性ということであった。
3:4 Moreover, her resume showed her to have been actively involved in important research. 3:4 さらに、彼女の履歴書から彼女が重要な研究に積極的に関わってきたことがわかった。
3:5 Unfortunately, people like Barbara are rejected from many graduate programs.
3:5不幸なことに、バーバラのような人は多くの大学院課程から受け入れてもらえない。
3:6 As a result, they either have to enter a program that is much less competitive or change their field altogether.
3:6 その結果、そのような人ははるかに競争の楽な課程に入らざるをえなくなるか、その専攻を
まったく変えてしまうのである。

■第1段落
1:1 Consider three type of graduate students with whom I have been associated.
1:1私が接してきた3つのタイプの大学院生のことを考えてみよう。
1:2 If you understand the similarities and differences among these students — we’ll call them Alice, Barbara, and Celia — and their strengths and weaknesses, you will have a better basis for understanding the tribrachic theory of human intelligence that I am proposing.
1:2 もしこれらの学生(彼女たちをアリス、バーバラ、セリアと呼ぶことにしよう)の間の類似点と 相違点、長所と短所を理解するならば、私がこれから提唱しようとしている人間知能の三様性理 論を理解するのに、かなりよい下地をつくったことになるであろう。
(22) What was the authors point in describing Alice, Barbara, and Celia?
1. To point out which kind of student had the most appropriate kind of intelligence to succeed in graduate school.
2. To demonstrate three different kinds of admissions criteria.
3. To exemplify three kinds of interrelated intelligence in his theory.
4. To stress the importance of analytic intelligence in success in school.

・解答 (22)3
(22)
著者らはアリス、バーバラ、及びセリアを説明する際にポイントは何としていたか?
1.大学院で成功する知性の最も適切なものを持っていた学生の種類を指摘します。
2.入学基準の3種類を証明するために。
3.彼の理論で、相互に知性の三種類を例示します。
4.学校での成功のアナリインテリジェンスの重要性を強調します。 第1段参照。3人の大学院生の類似点・相違点、長所・短所の理解によって筆者の理論(知能の三様 性)を説明しようとしている。

■第10段落
10:1 And what about authority?
10:1 では、権威者はどうだろう。
10:2 Do we perhaps identify authority with the designer who had the idea of inventing a new polo shirt design, or with the manufacturer who decided to sell it, and to sell it on a wide scale, to make money?
10:2 たぶん我々は新しいポロシャツのデザインを考え出したデザイナー、あるいはそのポロシャ ツを売ろうと、それも大規模に売ろうと、そして金儲けをしようと決心した製造者と権威者を同
一視するのではなかろうか。

10:3 Or with those who legitimate lee agree to wear it, and to advertise an image of youth and recklessness, or happiness?
10:3 あるいは、そのポロシャツを着ることに何の不自然なところもなく同意し、若さと無鉄砲あ
るいは幸福のイメージを宣伝することに同意した人々と同一視するのだろうか。
10:4 Or with the TV director, who has one of his young actors wear the polo shirt to characterize a genera tion?
10:4 あるいは、テレビのディレクターと同一視するのだろうか。ある世代の特色にするために若 い俳優の一人にそのポロシャツを着せたりするからだ。
10:5 Or with the singer who, to cover his expenses, agrees to sponsor the polo shirt?
10:5 あるいは、出費を賄うためにポロシャツのスポンサーに同意した歌手と同一視するのだろう
か。
10:6 All are in it, and all are outside it.
10:6 すべてが関係者であり、またすべてが無関係でもある。
10:7 Power is elusive, and there is no longer (16) (1. any 2. some 3. all) telling where the “plan” comes from.
10:7権力は捕まえどころがなく、その「計画」がどこから生じたのかを知る手立てはもはやない。
10:8 There is a plan, but it is no longer intentional.
10:8 ある計画がある。しかし、それはもはや意図されたものではない。
10:9 Therefore, it cannot be criticized with the traditional (17) (1. critic 2. criticism 3. critics) of intentions.
10:9 そこでそれを意図に対する昔ながらの批判の仕方で批判することはできない。

10:10 All the professors of communication, trained by the texts of twenty years ago (this includes me), should be pensioned off.
10:10 20年前の教科書で教育されたコミュニケーション関係の教授は(これには私も入るが)、すべ
てお払い箱にされるべきである。
[8] The author suggests that people like himself should retire because
1. their understanding of things no longer applies.
2. criticism is no longer useful in modern times.
3. his generation no longer has plans for the future.
4. they have too much power.


著者は彼自身のような人々が引退すべきであることを示唆しています、なぜなら
1.物事の理解は適用されなくなったから
2.批判は、もはや現代に有用ではないから。
3.彼の世代は、もはや将来の計画を持っていないから。
4.彼らはあまりにも多くの電力を持っているから 解答 [8]1
[8]第10段の最後の2文参照。retire≒pension off「年金などを与えて退職させる、(古くなった物を)お 払い箱にする」本文ではtraditional criticism(≒their understanding of things)は役に立たないと述べてい る。

■第7段落
7:1 Radio and television today send out countless, uncontrollable messages that each individual uses to make up his own composi tion with the remote control switch.
7:1 今日、ラジオやテレビは無統制のメッセージを数えきれないほど多く送り出し、人々はそれぞ
れリモコンのスイッチでそれらのメッセージを自分なりに組み立てる。
7:2 The consumer’s freedom may not have increased, but surely the way to teach him to be free has changed.

7:2消費者の自由は増えていないかもしれない。しかし消費者に自由になる方法の教え方は確実に 変わった。
7:3 We are faced with a new phenomenon; the multiplica tion of the media and “media squared.”
7:3 我々は新しい現象に直面している。すなわち、メディアの増加と「二乗のメディア」である。

[3] According to the author, we have to reexamine everything that was said in the 60s and 70s
because
1. what people demanded in the 60s and 70s has largely been achieved.
2. there is a change in the nature of the media itself.
3. we have new authorities and new political plans.
4. we are not victims of indoctrination any more.


著者によると、私たちは60年代と70年代に言われていたすべてのものを再検討する必要がありま
す、なぜなら
1.人々は、主に達成された60年代と70年代に要求しましたからです。
2.メディア自体の性質の変化があるからです。
3.私たちは、新しい当局と新しい政治制度を採用しているからです。
4.私たちは、任意のより多くの教化の被害者ではないから。 解答 [3]2
[3]第7段最終文参照。

■第3段落
3:1 And yet we (2) (1. considered 2. are considering 3. had considered) Kubrick an innovator of genius.
3:1 だというのに、我々はキューブリックのことを天才革新者だと思っていたのだった。
3:2 But that is the point; the media have a history but they have no memory (two characteristics that ought to be incompatible).
3:2 しかし、そこが大事な点だ。メディアには歴史はあるが、記憶がないのだ(それはft然両立し がたい2つの特色である)。
3:3 The mass media are genealogical because, in them, every new invention sets (3) (1. off 2. out
3. on) a chain reaction of inventions and produces a sort of common language.
3:3 マスメディアには家系的なところがある。理由は、マスメディアにおいては新しい発明はこと ごとく発明が次々となされるきっかけとなり、ある種の共通言語を生み出すからである。
3:4 They have no memory because, when the chain of imitations has been produced, no one can remember who started it, and the head of the clan is confused with the latest great grandson.
3:4 一連の似たものが作り出されるとだれがその先端をつくったのかを思い出せる人間はおらず、
一族の長は一番新しい曾孫と取り違えられてしまうから、メディアには記憶力がない。
3:5 (4)(1. Therefore 2. In contrast 3. Furthermore), the media learn ; and thus the space ships of Star Wars, descended from Kubrick’s, are more complex and plausible than their ancestor, and now the ancestor seems to be their (5) (1 .imitator 2. origin 3. model).
3:5 そのうえメディアは学習する。そこで、キューブリックの宇宙船の子孫である『スターウォー
ズ』の宇宙船は、どれもその先祖の宇宙船より複雑でそれらしくなっている。そして今や先人の
ほうが彼らの模倣者のように見えてしまう。
[1] When the author says that the media are “genealogical,” he means that the media
1. have characteristics that are incompatible.
2. have no memory.
3. constantly invent new technologies.
4. contain their own history.


[1]著者がメディアを「家系図」であると言うとき 彼は~を意味する 1.互換性のない特性を持っている。
2.にはメモリがない。
3.常に新しい技術を発明。
4.自分自身の歴史が含まれている。 解答 [1]4
[1]第3段参照。genealogical「系図の、家系の」設問文中のmeanは「~のつもりでいう」という意 味でgenealogicalは何の言い換えであるかを問うているのであって、理由を問うているのではな い。

■第13段落
13:1 But what inspires the pecking behavior?
13:1 しかし、何がつつくという行動を引き起こしているのだろうか。
13:2 The baby gull has no conscious understanding of a reward to be gained.
13:2赤ん坊のカモメは得られる報酬について意識的な理解をまったくしていない。
13:3 It has never eaten before and cannot know (15) (1. what 2. how 3. that) a knock on a parents bill will provide.
13:3赤ん坊のカモメはこれまでに一度も食事をとったこともないし、親のくちばしをつつくこと
で、何がもらえるのかも知らない。
13:4 The behavior must be innate and unlearned.
13:4 その行動は生得的なもので、学ぶことのできないものであるに違いない。

[10] Newborn gulls peck at their parents’ beak because of
1. early habit formation.
2. instinct.
3. an attraction to odors and movement.
4. a knowledge of where the food is.


生児カモメは~のため親のくちばしでつつきます
1.初期の習慣形成。
2.本能。
3.匂いや動きにも魅力。
4 食べ物がどこにあるかの知識。
解答 [10]2
[10]第13段最終文参照。本能的にくちばしの赤い部分をつつくのである。

■第5段落
5:1 Barrington reasoned that the fundamental emotions in our behavioral storehouses are dissociable and that our totality must be an amalgam of separable components.
5:1 バリントンは、われわれの行動の宝庫にある基本的な感情は区分可能なものであり、統一体と
してのわれわれは分離可能な要素の合成物に違いないと推論した。
5:2 Such a splintering of skills is also (5) (1. captured 2. evident 3. enclosed) sometimes in severely handicapped people, and we are all familiar with people who can reckon the day of the week for any date over centuries in their head.
5:2 このように技量が分裂することは重度の障害者においても時に明白であり、われわれは皆、何
世紀にもわたるどんな日の曜日も暗算できる人をよく知っている。

5:3 This suggests that we must construct our understanding of the world from separate modules, and this principle of dissociation may be a key to the nature of the evolution of intelligence.
5:3 このことから、われわれが別個のモジュール(基準)から世界の理解を組み立てなければならな いことがわかる。そして、この区分の理論は知能の進化の本質を理解する手がかりであるかもし れない。

[8] The main focus of this essay is on
1. the meaning of Mozart’s genius.
2. the importance of careful research.
3. the nature of biological change.
4. the origin of animal behavior.

・ このエッセイの主な焦点は
1.モーツァルトの天才の意味。
2.慎重に研究することの重要性。
3.生物学的変化の性質。
4動物行動の起源
解答 [8]3
[8]第5段最終文にあるように、区分という理論が進化の本質を知る手がかりであるというのが、 本文の中心的内容である。

■第10段落
10:1 He wished, (10) (1. to be sure 2. in sum 3. for example), to trace facial gestures to antecedent states in ancestral animals.
10:1彼は、たとえば顔の動きを祖先である動物における先行的状態までたどりたいと思ったので
あった。
10:2 But if the human complement forms an integrated array, locked together by our unique consciousness, then a historical origin from simpler systems becomes impossible.
10:2 しかし、もし人間のもつ補完的なものがわれわれに独自の意識というものによって固定され
た統合的な配列を形成するならば、より単純な体系から生じた歴史的な起源が不可能になる。
10:3 Darwin recognized that two principles must underlie the possibility of evolution.
10:3 ダーウィンは、二つの原理が進化の可能性の基礎となっているに違いないと認識した。 10:4 First, gestures cannot be subject to fully conscious control; some, at least, must represent automatic, evolved responses.
10:4一つには、身ぶりは十分に意識された制御の下にはありえないということである。身ぶりは少
なくとも、自動的で進化した反応を表しているに違いないのである。
10:5 As (11) (1. examples 2. collections 3. evidence) for ancestral states, Darwin cited several gestures that make no sense without modern morphology, but must have served our ancestors well.
10:5先駆的状態の証拠として、ダーウィンはいくつかの身ぶりを引用したが、それらは現代形態学
がなければ意味をなさないが、われわれの祖先には非常に役に立ったに違いないものである。
10:6 In sneering, we tighten our upper lips and raise them in the region of our canine teeth.
10:6 われわれはあざ笑う際、上唇を堅くして犬歯の近くまで上げる。
10:7 This motion once exposed the fighting weapons of our ancestors, but human canines are no bigger than our other teeth and this inherited reaction has lost its original function.
10:7 かつてはこの身ぶりによって、われわれの祖先が持っていた戦いの武器をはっきり示したの であるが、人間の犬歯は今では他の歯と同じぐらいの大きさにすぎず、この受け継いだ反応はそ
の元の機能を失ってしまったのである。
[7] The fact that we now have small canine teeth shows that
1. we use gestures to threaten our enemies.

2. our facial expressions are tied to our emotions.
3. we have evolved from ancestors who used their teeth to frighten a potential attacker.
4. our gestures develop independently of our body parts.
・ [7]、我々は今、小さな犬歯を持っているという事実は、~ことを示しています 1.私たちは私たちの敵を脅かすためにジェスチャーを使用しています。
2.私たちの表情は、私たちの感情に関連付けられています。
3.私たちは、潜在的な攻撃者を怖がらせるために自分の歯を使用祖先から進化しました。
4.私たちのジェスチャーは、独立して、私たちの体のパーツの開発します。 解答 [7]3
[7]第10段には、相手を威嚇するには役に立たない小さな犬歯を現代人が相手をあざ笑うときに見 せる理由が述べられている。

■第16段落
16:1 The concept of modularity (19) (1. lies 2. forms 3. stays) at the heart of much innovative research in cognitive science.
16:1 モジュラリティーという概念は、認識科学におけるより革新的な研究の中心に位置してい る。

16:2 The brain does a great deal of work by complex coordination among its parts, but we have also known for a long time that highly particular attitudes and behaviors map to specific portions of the brain.
16:2脳はその部分の間の複雑な調整によって多くの仕事をしているが、我々はまた、非常に特殊な
才能や行動は脳の特定の部分に対応することも昔から知っている。
16:3 Barrington’s study of Mozart and the modern scientific research on the behavior of newborn gulls may seem at first sight to have (20) (1. little 2. much 3. everything) in common.
16:3一見しただけでは、バリントンによるモーツァルトの研究と生まれたばかりのカモメの行動に
関する現代の科学的研究には、共通点がほとんどないように思えるかもしれない。
16:4 However, although we may read it to learn more about the life of a man revered for his contribution to the world of art, the illustration of modularity evidenced both in Mozart’s own behavior and in his ability to separate and abstract single emotions is an important contribution to our understanding of the human mind.
16:4 しかし、われわれは、モーツァルトに関する研究を、芸術の世界に対する貢献によって尊敬 されている男の人生をさらに知るために読むのかもしれないけれども、モーツァルト自身の行動 と個々の感情を区分して抽象化する彼の能力の両方で明示されたモジュラリティーの例証は、わ れわれが人間の心を理解するのに重要な貢献をしている。
[6] The concept of modularity, the author suggests,
1. is responsible for a great deal of original research.
2. is a new and exciting concept.
3. shows the degree to which the complexity of the brain has developed.
4. proves that some parts of the brain are more highly adapted to development than others.

・ [6]モジュール方式の概念は、著者が、~と示唆しています 1.元の多くの研究を担当しています。
2.新しいエキサイティングな概念です。
3.脳の複雑さが開発している度合いを示しています。
4.脳の一部が、より高度に他のものよりも開発に適合していることを証明しています。

解答 [6]1 [6]最終段第1文参照。

■第3段落
3:1 What especially intrigued Barrington was the nature of genius itself.
3:1特にバリントンの興味をそそったものは、天才そのもののもつ本質であった。
3:2 (3)(1. How it is, he wondered 2. How is it, wondered he 3. How is it, he wondered), that this child could be so exceptional in one particular arena, and so normal a child in apparently every other way?
3:2 この子どもは一つの特定の面では非常に優秀なのに、見たところ他のすべての面ではごく普通
の子どもであるのはどういうことなのだろうかと、彼は疑問に思った。
3:3 Not only did Mozart look like a child, but
3:3 モーツアルトは子どものように見えただけでなく、
3:4 …whilst he was playing to me (Barrington wrote), a favorite cat came in, upon which he immediately left his harpsichord, nor could we bring him back for a considerable time.
3:4 (バリントンはこう書いている)彼が私に演奏をしてくれていると、大好きな猫が入ってきた。
すると彼はすぐにハープシコードを離れてしまい、我々はかなりの間、彼を戻らせることができ なかった。
3:5 He would also sometimes run about the room with a stick between his legs (playing horse).
3:5 彼はまた、ときどき(馬遊びをして)足の間に棒切れをはさんで部屋を走り回ったりもした。
[4] Barrington uses “playing horse” as an illustration that Mozart
1. had a short attention span as a child.
2. was good at expressing emotions.
3. was less developed in some ways than in others.
4. was a child with well-balanced interests.

・ バリントンは、例示されるような「馬を再生する」を使って、モーツァルトを~と表現した 1.子として短い注意スパンを持っていました。
2.感情を表現するのが得意でした。
3.他の子どもよりも発達していませんでした
4.バランス良い子供でした。
解答 [4]3 [4]第3段の引用文中には、モーツァルトの子供っぽい行動が述べられている。

■第9段落
9:1 This fundamental principle of dissociability works just as well for the mental complexities of emotions and intelligence as for designs of entire bodies.
9:1 この区分可能性という基本的原理は、感情と知能という精神的な複雑さに対しても、身体全体
の構造に対するのとまったく同様に機能する。
9:2 As he began to (9) (1. compile 2. change 3. contain) the notes that would lead to his evolutionary theory, Charles Darwin recognized that he could not give an evolutionary account of human emotions without the principles of modularity and dissociation.
9:2 チャールズ=ダーウィンはその進化論につながる原稿を編集し始めたときに、モジュラリ
ティーと区分の理論なしには人間の感情の進化論的な説明ができないと認識した。
■第11段落
11:1 (12)(1. Therefore 2. Second 3. Nonetheless), just as young Mozart could separate and abstract single emotions, Darwin realized that standard facial gestures must be modules of largely independent action and that the human emotional repertoire must be more like the separate items in a shopper’s bag than the facets of an unbreakable totality.

11:1二つ目にダーウィンが気づいたのは、幼いモーツァルトが個々の情緒を区分して引き出すこと ができたのとちょうど同じように、標準的な顔の動きが大部分独立した行動のモジュールに違い ないこと、そして人間の感情面のレパートリーは区分できない全体面というよりも買物袋の個々 の品物に近いはずであることだった。
11:2 Evolution can mix, (13) (1. run 2. survive 3. match), and modify independently.
11:2進化は混ざり、調和し、そして独立に変化することができるのである。
11:3 Otherwise we face Cuvier’s dilemma: if all emotions are inextricably bound by their status as interacting, optimal expressions, then how can anything ever change?
11:3 そうでなければ、我々はキュヴィエのジレンマに陥る。つまり、もしすべての感情が、それ らの相互作用的で最適の表現という地位によって、解決できないほど束縛されているならば、 いったいなぜ物事が変わるのだろうかということである。
[3] If we follow the principles of modularity and dissociation, we must conclude that:
1. the expression of fear may have evolved separately from the expression of sadness.
2. facial gestures familiar to us today may be found unchanged in ancestral animals.
3. the evolution of an upright posture had to occur before enlargement of the human brain.
4. Darwin thought that all emotions interact and are inextricably bound to all other emotions.

・ わたしたちはモジュール性と解離の原則に従っている場合、我々は~を考慮する必要がありま す。
1恐怖の表情は悲しみの表現とは別に進化した可能性。
今日、私たちに馴染みの2顔のジェスチャーは、先祖の動物で変わらずに見出すことが。
3.直立姿勢の進化は、人間の脳の拡大前に発生しなければならない。
4.ダーウィンは、すべての感情が相互作用し、密接に他のすべての感情にバインドされているこ と。
解答 [3]1
[3]第9・11段参照。それぞれの感情は別個に進化してきたのである。

■第11段落
11:1 When immigrants of diverse cultural backgrounds are assimilated into a new society, they may contribute to the dominant culture.
11:1 さまざまな文化的背景をもつ移住者が新しい社会に同化するとき、彼らは(その社会の)支配
的文化に貢献することもある。
11:2 The degree to which assimilation occurs depends on the migrants’ ability and on the receiving society’s willingness to accept them.
11:2同化がどの程度起こるかは、移住者の能力と、受け入れ側の社会の彼らを受け入れようとする
気持ち次第である。
11:3 Assimilation works best where mutual integration is desired, permitting the incoming individuals and groups to remain different[19](1. such that 2. so that 3. so long as) they do not be come dominant or cause disunity.
11:3相互融和が望まれ、移住してくる個人や集団が異なったままでいるのを、支配的になったり不
和を引き起こさない限りで許すようなところで、同化は最もよく機能する。

11:4 Where minorities have remained unintegrated or where an attempt has been made to achieve
[20](1. social welfare 2. mutual independence 3. complete uniformity), cultural collisions have occurred.
11:4少数派が融合されないままでいるところや、完全な一体化を達成しようと試みられているとこ
ろでは文化的な衝突が起こっている。

11:5 In the United States the concept of the population as a “melting pot”or uniform blend of human ingredients, has changed since the mid-20th Century.
11:5 アメリカ合衆国では、「るつぼ」、つまり人間という成分を混ぜあわせて一様にしたものと しての住民という概念は、20世紀半ば以降変わってきた。
11:6 It is now generally recognized that immigration produced something more like a mosaic, in which each element has retained its own characteristics while contributing to a commonality.
11 : 6移住がモザイクにより近いものを生み出し、そこではそれぞれの要素が共同体に貢献しなが
ら、それぞれの特徴を保っているということが今では一般的に認められている。

[10] In this article the expression “something more like a mosaic” is used to
1. describe a condition in which people of different backgrounds are well mixed and assimilated into Society.
2. refer to cultural conflicts among minority groups which tend to remain unintegrated.
3. reinforce the idea of the “melting pot” which typically characterizes American society.
4. emphasize the plurality of the ethnic backgrounds of American people.

・解答 [10]4
[10]
「よりモザイクのようなもの」に使用されている表現は
1.異なるバックグラウンドの人々が十分に混合し、社会に同化された状態を説明します。
2.統合されていないままにする傾向がある少数民族の間で文化的な競合を参照してください。
3.一般的にアメリカ社会を特徴づける「るつぼ」の考え方を強化します。
4.アメリカ人の民族的背景の複数を強調する。
最終段最終文の後半部参照。「アメリカ人の間にある、さまざまな民族的背景の存在を強調して
いる」

■第11段落
11:1 When immigrants of diverse cultural backgrounds are assimilated into a new society, they may contribute to the dominant culture.
11:1 さまざまな文化的背景をもつ移住者が新しい社会に同化するとき、彼らは(その社会の)支配 的文化に貢献することもある。
11:2 The degree to which assimilation occurs depends on the migrants’ ability and on the receiving society’s willingness to accept them.
11:2同化がどの程度起こるかは、移住者の能力と、受け入れ側の社会の彼らを受け入れようとする
気持ち次第である。
11:3 Assimilation works best where mutual integration is desired, permitting the incoming individuals and groups to remain different[19](1. such that 2. so that 3. so long as) they do not be come dominant or cause disunity.
11:3相互融和が望まれ、移住してくる個人や集団が異なったままでいるのを、支配的になったり不
和を引き起こさない限りで許すようなところで、同化は最もよく機能する。

11:4 Where minorities have remained unintegrated or where an attempt has been made to achieve
[20](1. social welfare 2. mutual independence 3. complete uniformity), cultural collisions have occurred.
11:4少数派が融合されないままでいるところや、完全な一体化を達成しようと試みられているとこ
ろでは文化的な衝突が起こっている。
11:5 In the United States the concept of the population as a “melting pot”or uniform blend of human ingredients, has changed since the mid-20th Century.
11:5 アメリカ合衆国では、「るつぼ」、つまり人間という成分を混ぜあわせて一様にしたものと
しての住民という概念は、20世紀半ば以降変わってきた。

11:6 It is now generally recognized that immigration produced something more like a mosaic, in which each element has retained its own characteristics while contributing to a commonality.
11 : 6移住がモザイクにより近いものを生み出し、そこではそれぞれの要素が共同体に貢献しなが
ら、それぞれの特徴を保っているということが今では一般的に認められている。
[9] According to the author assimilation
1. works when the individuality of each group is well maintained.
2. produces good results when incoming people take on the norms and lifestyles of the mainstream culture.
3. becomes successful if the dominant group accepts the lifestyles of minority groups.
4. results in a failure when too many cultural values are introduced into a host Society.

著者によると、同化は
1各グループの個性がよく維持されている場合動作します。
2入ってくる人が主流の文化の規範やライフスタイルを取るとき優れた結果が得られます。
3支配的なグループは、少数民族の生活様式を受け入れた場合成功します。
4結果はあまりにも多くの文化的価値観はホスト社会に導入されたとき故障します。・

解答 [9]1 [9]最終段第3文にあるように「支配的になったり不和を引き起こさない程度に上手にそれぞれの集 団の独自性を保つ時に同化が成功する」のである。

■第9段落
9:1 Current patterns of migration are linked with serious social and economic problems in many countries.
9:1昨今の移住の型は、多くの国における深刻な社会的、経済的問題と結びついている。
9:2 In the United States, the movement of millions of people from cities to suburbs and their [15] (1. increase 2. replacement 3. involvement) in the Cities by people of lower average incomes are causal factors of the modern “urban crisis”
9:2 アメリカ合衆国では、何百万もの人々が都会から郊外へ移動し、そして都会では低所得者が彼 らに取って代わっていることが現代の「都会危機」を引き起こす要因である。
9:3 The migration from the northern to the “Sunbelt” states has threatened to increase the population of the Southwest beyond the limits of some areas’ water resources.
9:3北部の州から「サンベルト」の州への移住が、地域によっては水資源の限界以上に南西部の人
口を増やす恐れがある。
9:4 In many third-world countries, rural-urban migration has caused over-urbanization and depopulation of rural areas.
9:4多くの第三世界では、田舎から都会への移住が過度な都市化と田舎の人口減を引き起こしてい
る。

9:5 The selective migration of highly intelligent, skilled individuals from less to more affluent countries has resulted in the problem of “brain-drain” for [16](1. receiving 2. Sending 3. both) countries.
9:5高い知識と技術のある人たちを富まない国から富んだ国へ選りすぐって移住させる結果、送り
出す国にとっては「頭脳流出」という問題を引き起こすことになる。
[7] Regarding the social and economic problems of migration, which of the following is not mentioned in the article?
1. A modern urban crisis occurs in the U.S. when people of lower average incomes move into cities while the rich move to suburbs.
2. A brain-drain occurs because the government of a sending country selectively permits less skilled persons to emigrate.

3. In third-world countries, migration from rural to urban areas is a cause of an unbalanced distribution of population.
4. An increase of population due to movement from the northern to the southwestern states causes water shortage in some sunbelt areas.
[7]資料に記載されていない、次の移動の社会的・経済的な問題についてあらわしているのはどれ
か? 1低い平均所得の人々が郊外に移動しながら豊かな都市に移動したときに現代の都市危機は米国で 発生します。 2送信国の政府が選択的に移住するためにより少ない業者を可能にするため、脳ドレインが発生し ます。
3第三世界の国で農村から都市部への移行は、人口のアンバランス分布の原因です。
4南西部の州北部からの移動に人口増加は、いくつかのサンベルト地域で水不足が発生します。
解答 [7]2
[7]1は第9段第2文に、3は第9段第4文に、4は第9段第3文に、それぞれ述べられている。

■第8段落
8:1 Another obstacle to migration is the unwillingness of people to consider moving because of commitments to family, friends, property, and community.
8:1移住を妨げる別の障害は、家族、友人、財産、地域社会に対する愛着のために、人々があまり
移動を考えたがらないということである。
8:2 [13](1. Nonetheless 2. In addition 3. For this reason), the migration rate for older groups is
lower than for young adults and their children.
8:2 このために、年老いた人たちが移住する割合は、壮年層やその子どもたちよりも低いのであ
る。

8:3 Transportation costs are often a great obstacle, and some countries and private enterprises that have[14](1. restricted 2. promoted 3. rejected) immigration have offered financial incentives to desired new comers.
8:3交通費がしばしば大きな障害となり、移民の受け入れを促進してきた国や私企業は望ましい新
来者に財政的な援助を提供してきた。
[6] As compared with young adults, older people are less willing to migrate to a distant and unfamiliar place because
1. linguistic and cultural barriers are impossible for older people to overcome
2. financial support is less likely to be offered to them, since they are considered less desirable by the host community.
3. they tend to have stronger ties to their own community.
4. they are set in their ways and lack a sense of adventure

・解答 [6]3
年成人と比較して、高齢者には遠いとなじみのない場所への移行に消極あります、なぜなら
1言語・文化の壁は高齢者が克服するには不可能だから
2.財政支援は、それらがホスト社会があまり望ましくないと考えられているので、それらに提供さ れにくくなるから
3.彼らは自分のコミュニティに強いつながりを持っている傾向があるから
4.彼らは、彼らの方法で設定し、冒険の感覚を欠いているから
[6]第8段第1・2文にあるように「年老いた人たちは地域社会との結びつきが強いので移住したくな いのである」。

■第2段落
2:1 People may move because of dissatisfaction with their community, or because of the attraction of a different community.
2:1人々は、自分たちの地域社会に対する不満、または別の地域社会の魅力のために移動すること
がある。
2:2 Examples of the first type of [3](1. effect 2. movement 3. incentive) to migrate are the loss of a job, causing the person to consider equivalent employment in another locality, or the exhaustion of natural resources, [4](1. including 2. inducing 3. providing) a group to move to a foreign land. 2:2移住する動機のうち前者の例としては失業が、人が他の地域で以前と同等の職に就くことを考
える原因となることや、天然資源の枯渇が異国への集団移動を誘発していることが挙げられる。
2:3 These are push factors of migration.
2:3 これらは移住の「押し出し要因」である。
2:4 On the other hand, a person may choose a new community because its housing or job opportunities are superior, or a relatively large group may suddenly migrate to a distant place when gold is discovered there.
2:4 他方、住宅事情や仕事を得る機会が勝っているという理由で新しい地域社会を選んだり、遠い
場所で金が発見されると比較的大きな集団が突然そこへ移ったりすることもあるだろう。
2:5 These are pull factors.
2:5 これらは「引っぱり要因」である。
2:6 Either kind of motive may operate alone, but these factors generally [5](1. interact 2. predominate 3. function) in a migration.
2:6移住において、それぞれの動機は単独で作用しているのであろうがこれらの要因は一般的に担
互に作用している。

[3] In describing motives for migration, the author suggests that
1. people move to a new community only if they find cross cultural barriers easy to overcome.
2. the main reason for migrating to another community is either the loss of a job or the exhaustion of natural resources.
3. discovery of gold and superior housing are equally good reasons for a large group to migrate to a new community.
4. the factors that motivate a single individual to move may be different from those that motivate a large group of people to move.


3]移行のための動機を説明する際に、著者は~ことを示唆しています
1それらを克服しやすいクロス文化の壁を見つける場合にのみ、人々は新しいコミュニティに移動 する。 2.別のコミュニティに移行するための主な理由は、ジョブの損失や天然資源の枯渇のいずれかとい
う。 3金と優れた住宅の発見が均等に新しいコミュニティに移行する大規模なグループのために十分 な理由である。 4.移動する単一の個人に動機を与える要因には、移動する人々の大規模なグループに動機を与える
ものとは異なる場合がある。 解答 [3]4
[3]第2段に、個人が移住する要因として「住宅事情や仕事」が挙げられ、集団が移住する要因とし て「金の発見や資源の枯渇」が挙げられている。

■第8段落
8:1 The principle of juxtaposition permits the enactment of cultural themes that may be deeply rooted in concepts of (16)(1. difference 2. maintenance 3. structure) and contrast or may derive from oppositions or conflicts in social experience.
8:1並列の原理は、差異や対比の概念に深く根ざした文化的テーマ、あるいは社会的経験における
反対や対立に由来する文化的テーマの再現を可能にする。
8:2 For example, until the modern era, most societies were preoccupied with survival and thus concentrated attention on fertility rites and reproductive acts, emphasizing gender differences. 8:2例えば、現代に至るまでは、ほとんどの社会は生き延びることに心を奪われて、男女の差を強
調することにより繁殖力を求める儀式や再生産的な行為に専念した。
8:3 Today festivals continue to represent an opportunity for the enactment of gender roles and for courtship and romance.
8:3今日でも祭りは、男女の役割の再現や、求愛や情事の機会をひきつづき表現している。

[7] Which of the following is the example of juxtaposition cited in the article?
1. The contrast between fertility rites and reproductive acts.
2. The contrast between male and female.
3. The contrast between gender differences and gender roles.

・次のうちどれが記事で引用された並列か 1 豊作の儀式と生殖行為の対比。
2 男性と女性の対比。
3 性差とジェンダーの役割との対比
解答 [7]2 [7]第8段最終文参照。

内容一致問題
■第1段落
1:1 In a broad sense, human migration is a relatively permanent movement of an individual or a group over a significant distance.
1:1人間の移住とは、広義において、個人または集団がかなりの距離を越え比較的永続して移動す
ることである。
1:2 Although the significance of a distance is usually measured geographically, it can also be determined by social criteria.
1:2距離のもつ意味は、普通地理的に測られるけれども、それはまた社会的基準によっても決定さ
れうる。
1:3 For example, a farmer who moves to a city apartment within the same County probably changes his life more [1](1. minimally 2. gradually 3. drastically) than does a person who moves from an apartment in New York to one in San Francisco.
1:3 たとえば、同じ郡内にある都会のアパートへ移る農民は、ニューヨークのアパートからサンフ
ランシスコのアパートへ移る人に比べて、より徹底的に生活を変えるであろう。
1:4 Taking into account short moves that are socially significant, most analysts agree that a migration must include at least a relatively permanent change of community.
1:4大部分の専門家は短い距離であっても社会的に意味のある移動を考慮に入れながら、移住は少
なくとも地域社会の比較的永続する変化を含まなければならない、ということに同意している。

1:5 Movements that involve only a temporary change of residence are generally considered nonmigratory.
1:5居住地の一時的な変化しか含まない移動は、一般に非移住的であると考えられる。

1:6 These include nomadism, for the nomad has no fixed home, and seasonal movements, [2]
(1. as in the case of 2. unlike 3. aside from) farm workers who follow the growing season.
1:6 これらには遊牧生活が含まれるが、それは、遊牧民には定まった住居がなく、収穫期を追って
移動する農業労働者の場合のように季節に合わせて移動するからである。
1:7 Tourism and commuting also are nonmigratory.
1:7旅行や通勤もまた非移住的である。
[1] As regards the definition of “human migration” the author mentions that
1. human migration is exclusively defined by the two factors: “permanent movement” and “geographically significant distance.”
2. a permanent change of community is generally accepted among experts as a factor defining human migration
3. human migration Cannot be defined because of too many arbitrary factors involved in determining what migration is.
4. nomadism reflects the origin of migration since nomads do not settle in one place and move regularly.


「人の移動」の定義について、筆者は~と主張する
[1.人間の移行が独占的に「地理的にかなりの距離」「永久運動」の2つの要素によって定義され る。
2.コミュニティの永続的な変更は、一般的に人間の移行を決定する要素として、専門家の間で受 け入れられています 3.人間の移行があるため、移行が何であるかを決定することに関与してあまりにも多くの任意の要
素の定義することはできません。 4遊牧民は、一つの場所に定住し、定期的に移動しないので、遊牧は、移行の起源を反映してい ます。
解答 [1]2 [1]第1段第4文から「地域社会の永続する変化が移住を定義する要素であると専門家に認められて いる」ことがわかる。

■第7段落
7:1 Festival use of symbolic form has captured the interest of a number of scholars in different disciplines, from Jane Ellen Harrison to Victor Turner and Mikhail Bakhtin, all of whom noted the transformative potential in rites and festivals.
7:1祭りが象徴的表現形式を用いることは、ジェーン=エレン=ハリソンからヴィクター=ターナー
やミハイル=パフチンまで様々な分野の大勢の学者たちの興味を引いた。彼らは皆、儀式や祭り のもつ、ものを変える潜在能力に注目した。
7:2 Transformation in festivals