[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 英語 内容一致テクニック 『特定段落の内容と合致する選択肢を選ぶ問題』

■ 第7段落
7:1 逆に,「部分的に自由な」国々と「自由のない」国々は第3世代の権利の主要な支持者となっ
たのである。
7:1In contrast, “partly free” and “not free” states have become the main proponents of third generation rights.
7:2 当然,その大半にとっては,このような関与は実際には,ほとんど無意味である。なぜなら自
国で法の支配を守らない国々が国際的な法的義務を真剣に受け止めることなどほとんどないから である。
7:2 For most of them, of course, these commitments in practice mean very little, since countries that do not adhere to the rule of law at home [41](1.freely 2. strictly. rarely) take international legal obligations seriously.
7:3 しかし,こうした新たな人権の擁護者として姿を現すことによって,そうした国々は自由主義 諸国を道徳的に優位な立場からたたき落とし,自らの政治的な正ft性を強化しようと努めるので ある。
7:3 But by presenting themselves as the champions of these new human rights, they seek to knock liberal states off the moral high ground and shore up their own political legitimacy.

[55] As stated in the 7th paragraph, non-free states support third-generation rights
1. not because the rights are important to abide by, but because they want to use them to secure stronger political positions.
2. not because the rights are based on the international consensus, but because international obligations override the rule of law at home.
3. not because the rights are what non-free states seek, but because free states hold higher moral standards.
4. not because non-free states can be the champions of new human rights, but because they want to increase their popularity at home.

・解答[55]―1
>[55]「第7段で述べられているように,自由のない国々が第3世代の人権を支持しているのは
( )」
1.「その権利を守るのが重要だからではなく,その権利を使ってより強い政治的立場を確保しよ うとしているからである」 2.「その権利が国際的な合意に基づいているからではなく,国際的な義務は本国の法の支配に優 先するからである」 3.「その権利は自由のない国々が探し求めていたものだからではなく,自由な国々がより高い道 徳的な規準を保持しているからである」 4.「自由のない国々が新たな人権の擁護者になれるからではなく,本国での人気を上げたいと 思っているからである」
第7段には「第3世代人権擁護の理由」として,最終文に「こうした新たな人権の擁護者として姿を
現すことによって,そうした国々は自由主義諸国を道徳的に優位な立場からたたき落とし,自ら の政治的な正当性を強化しようと努めるのである」とある。よって,その主目的は「政治的な正 当性の強化」であると読み取れる。そのような目的を指摘しているのは,選択肢の中では1のみで ある。

■ 第4段落
4:1 人権の急増をどう説明できるだろうか。
4:1 What explains the proliferation of human rights?
4:2 その過程は一つには,自分の主張を人権問題として認知してもらう切り札を探している特別な 利益団体による善意の陳情によって,押し進められてきた。
4:2 The process has been driven partly by well-meaning lobbies for special interest groups that are looking for the trump card of having their cause recognized as a human rights issue.

4:3 国際人権運動家や,国際機関,官僚的な領域の拡大を求める国際組織の技術官僚も,役割を果
たしてきた。
4:3 International human rights advocates, some national governments, and technocrats in international organizations seeking larger bureaucratic domains have also played a role.

[53]According to the article, which of the following is a factor that triggered the proliferation of human rights?
1. Special interest groups wanted their causes recognized as human rights issues.
2. Some states made derogatory statements about religion, leading to religious hatred.
3. International human rights advocates stopped seeking to expand human rights law.
4. The international Covenant on Civil and Political rights prohibited hate speech.

・解答[53]―1
>[53]「本文によれば,次のうちどれが人権の急増を起こした要因であるか」 1.「特殊な利益団体が自分の主張を人権問題として認知してもらうことを望んだ」
2.「一部の国家が,宗教的な憎悪へとつながる,宗教にかかわる侮蔑的な発言を行った」
3.「国際的な人権運動家が人権法規を拡大しようと努めるのをやめた」
4.「市民的及び政治的権利に関する国際規約がヘイトスピーチを禁じた」
「人権の急増を起こした要因」については,第4段に述べられている。第2文に「その過程(=人権 の急増)は一つには,自分の主張を人権問題として認知してもらう切り札を探している特別な利 益団体による善意の陳情によって,押し進められてきた」とある。この文が正しく読めれば,正 解は1だとわかる。

■ 第10段落
10:1 しかし、仮にコンピュータ等による社会の変化がそれ以前のものと同規模のものであったと しても,それで十分ではないのだ。
10:1 But even if they could, that would not be enough.
10:2 「成長率を上げるのはとても大変なことだ」とゴードンは言う。
10:2 “The growth rate is a heavy taskmaster,” Gordon says.
10:3 その数字は過酷なものである。
10:3 The math is [45](1. invigorating 2. encouraging 3. punishing).
10:4 人口は1870年に比べて大幅に増えているし,そもそもずっと豊かになっているので同じ経済効
果をもたらすには技術革新は変化をもたらす力がより強いものとなることが必要なのだ。
10:4 The population is far larger than it was in 1870, and far wealthier to begin with, which means that the innovations will need to be more transformative to have the same economic effect.
10:5 「以前の8倍の影響力を持つ技術革新が必要なのだ」とゴードンは述べる。
10:5 “We need innovations that are eight times as important as those we had before,” he says.

[58] Why do “we need innovations that are eight times as important as we had before,” as is claimed in the 10th paragraph?
1. Growth is limited by the rules of mathematics.
2. People must work harder for the same gains their parents made with less.
3. The natural resource needs of today’s larger population outstrip what the planet can produce.
4. Given the high degree of development we enjoy today, increasing it further will require much more than it did before.

・解答 [58]-4
>[58]「第10段で主張されているように,『以前のものの8倍の大規模な技術革新が必要」なのは なぜか」に対する正解は,同段第4文の記述に照らして4の「今日享受している進歩が高い程度の ものであるから,それをさらに向上させるには以前と比べてずっと多くのことが必要であるか
ら」である。 1.「成長は数学の規則によって制限されるから」
2.「親の世代があまり働かずに成し遂げたのと同じ成長のために人々は懸命に働かなければなら
ないから」 3.「今日多くなった人口が必要とする天然資源は地球の産出量を上回るから」

■ 第9段落
9:1 これらはすべて第2の産業革命の結果であるが,これらの改善が将来どう続いていくかは想像 しがたい。女性を家事から解放してもう一度労働力に組み込むことはできないし,移動は速くな らないし,教育の達成度も頭打ちになっている。
9:1 These are all consequences of the second industrial revolution, but it is hard to imagine how those improvements might be [43](1. extended 2. delayed 3. deteriorated): Women cannot be liberated from housework to join the labor force again, travel is not getting faster, and educational attainment has plateaued.
9:2 この変化の規模を何ともうまく表しているのが,ノーベル賞受賞者・経済学者のポール=ク ルーグマンが彼の家の台所のようすを述べたものである。現代の台所は,いくつかの表面的な改 善点を除いては,50年前に存在していたものと同じである。
9:2 The classic example of the scale of these transformations is Nobel-laureate economist Paul Kurgan’s description of his kitchen: The modern kitchen, except for a few surface improvements, is the same one that existed half a century ago.
9:3 しかし,そこからさらに50年さかのぼれば,箱に入った大きな氷以外の冷蔵設備はなく,ガス コンロもなく,ただ新が積まれているとわかる。
9:3 But go back half a century before that, and you are [44](1. speaking 2. talking. telling) about no refrigeration, just huge blocks of ice in a box, and no gas-fired stove, just piles of wood.
9:4 この観点を採れば,70年代初頭から生産性の向上が鈍っていると考えるのもごく自然なことな
のだ。
9:4 If you take this perspective, it is no wonder that the productivity gains have diminished since the early seventies.
9:5 コンピュータやインターネットによってもたらされた様々な社会の変化もこれらにはかなわな
いのである。
9:5 The social transformations brought by computers and the Internet cannot match any of this.

[57] Which of the following can be inferred from the comparison between kitchens and computers at the end of the 9th paragraph?
1. If computers and the Internet had been developed 100 years earlier, the modern kitchen would not be so different from that of those days.
2. Despite the changes to lifestyle that computers and the Internet have brought about, they are smaller than those evidenced by improvements in kitchens seen even 50 years ago.
3. Without the rapid technological changes evidenced by the development of the modern kitchen, neither computers nor the Internet would have ever come to pass.
4. Although there was a great deal of advancement in productivity between 50 and 100 years ago, productivity gains stagnated until the more recent development of computers and the Internet.

・解答 [57]-2
>[57]「第9段の最後で台所とコンピュータを比較していることから推測されるのは次のうちどれ か」に対する正解は,同段第4文の内容と一致する「コンピュータやインターネットは生活様式の 変化をもたらしたが,それらはさらに50年前に起こった台所の改善が表すものよりは小さいもの である」という内容の2である。
1.「コンピュータやインターネットが100年早く開発されていれば,現代の台所はft時のものとそ れほど違ったものとはならないであろう」 3.「現代の台所に見られる急速な技術の変化がなければ,コンピュータもインターネットも普及 しなかったであろう」 4.「50年前と100年前とでは生産性が大きく向上したが,より最近になってコンピュータやイン ターネットが開発されるまで生産性の向上は停滞した」

■ 第8段落
8:1 ゴードンの主張は,第2の産業革命の力はきわめて強力で類を見ないものであったので,それ が再び起こることはないというものだ。
8:1 Gordon’s [39](1. complaint 2. argument 3. rebuttal) is that the forces of the second industrial revolution were so powerful and so unique that they will not be repeated.
8:2 この革命の影響は形となって現れるのに100年かかった。内燃エンジンのおかげで自動車,そ してついには航空機ができ,電気のおかげでラジオや電話,マスメディアができるにつれて,そ れらが社会の力を再編して日常生活を変えたのである。
8:2 The consequences of that breakthrough took a century to be fully realized, and as the internal combustion engine gave [40](1. rise 2. lift 3. height) to the car and eventually the airplane, and electricity to radio and the telephone and then mass media, they came to [41](1. restrict 2. retrench 3. rearrange) social forces and transform everyday lives.

8:3 機械化された農業用具のおかげで,人々は学校に長く通い田舎を出て都市に移り住むことがで
きるようになった。
8:3 Mechanized farm equipment permitted people to stay in school longer and to leave rural areas and move to cities.
8:4 家電製品のおかげであらゆる社会階層の女性は家事から離れて生産的な仕事ができるように
なった。
8:4 Electrical appliances allowed women of all social classes to leave behind housework for more productive jobs.

8:5 公共下水道や下水設備が導入されて,疾病や乳児死亡率は低下した。
8:5 The introduction of public sewers and water sanitation reduced illness and infant mortality.
8:6 自動車,マスメディアや民間航空機のおかげで地理的に狭い範囲に閉じ込められていたことか
ら自由になり,ずっと広く豊かな世界にふれることができるようになったのだ。
8:6 The car, mass media, and commercial aircraft led to a liberation from the [42](1. wide expanses
2. narrow confines 3. unbound spaces) of geography and an introduction to a far broader and richer world.
8:7 中産階級や労働者階級の人が高校以上の教育を受けることもできるようになったのである。
8:7 Education beyond high school was made accessible to the middle and working classes.
・解答 [55]-4
>[55]「本文によると,女性が労働力に加わったことがもたらした影響は何か」に対する正解は, 第8段第4文の内容と一致する4の「経済の生産性が向上したこと」である。 1.「家電市場が発展したこと」
2.「女性の充実感が向上したこと」
3.「男性の肉体労働に依存しなくなったこと」

[56] Advancements in which of the following areas are cited in the 8th paragraph as having a positive effect on public health?
1. Transportation.
2. Communications.
3. Agriculture.
4. Infrastructure.

■ 第8段落
8:1 こうした差異はどう説明できるのだろう。
8:1 What explains these differences?
8:2 実は,グナウ族には贈答の慣行があり,それによって,贈与を受けると将来のある時点で贈り
主に返礼をする義務を負うことになる。
8:2 As it turns out, the Gnau tribe had customs of gift exchange, according to which receiving a gift [13](1. obligates 2. expects 3. persuades) the receiver to reciprocate at some point in the future.
8:3 グナウ族の社会には,最後通牌ゲ―ムに相ftするものはないのだから,彼らはそのなじみのな
い交易を,考えられる限り最も類似した社会的な交換上にただ位置づけ,それがたまたま贈答と なり,それに応じた反応をしたのだった。
8:3 Because there was no equivalent of the ultimatum game in the Gnau society, they simply “mapped” the unfamiliar interaction onto the most similar social exchange they could think of―which happened to be gift exchange―and responded [14](1. casually 2. belatedly 3 accordingly).
8:4 こうして,西洋の被験者からすればタダでもらえそうに見えたお金が,グナウ族の被験者に
とっては望ましからぬ義務にきわめて近いものに見えたのだった。
8:4 Thus what might have seemed like free money to a Western participant looked to a Gnau
participant very much like an [15](1. unearned 2. unwanted 3. unpredicted) obligation.
8:5 逆に,マチゲンガ族の暮らす社会では,誠実さの期待を帯びている関係の絆は,直接の家族の 間にあるだけである。
8:5 The Machiguenga, by contrast, live in a society in which the only relationship bonds that carry any expectation of loyalty are with immediate family members.
8:6 それゆえ,見知らぬ人と最後通牌業ゲ―ムをするとき,マチゲンガ族の被験者は,ここでもま たなじみのないものをおなじみのものの上に位置づけて,公平な提示をする義務を感じることは ほとんどないし,明らかに不平等な分配の提示を受けたとき西洋人の被験者に沸き上がるであろ う怒りを経験することもほとんどなかったのである。
8:6 When playing the ultimatum game with a stranger, therefore, Machiguenga participants―again mapping the unfamiliar onto the familiar―saw little obligation to make fair offers, and experienced very little of the [16](1. resentment 2. contentment 3. euphemism) that would well up in a Western player upon being presented with a split that was patently unequal.

8:7 彼らにとっては,低額の提示でさえいい話に見えたのだった。
8:7 To them, even low offers were seen as a good deal.

[26] In the 8th paragraph, it is mentioned that the Gnau people “mapped” the unfamiliar interaction onto their most similar social exchange. From this we can assume that the Gnau people
1. learned to win the ultimatum game by offering gifts to the proposer.
2. learned to play the ultimatum game by drawing charts.
3. drew a map of some of the important features of the ultimatum game.
4. drew an analogy between the ultimatum game and their customs of gift exchange.

・解答 [26]―4
>[26]「第8段で,グナウ族はなじみのない交易を自分たちの最も類似した社会的な交換上に『位置 づけた」と言及されている。ここから私たちはグナウ族の人々が( )だと想定できる」 1. 「提供者に贈り物をすることで最後通牌集ゲ―ムに勝つことができるようになった」
2.「図表を描くことによって最後通牌ゲ―ムをすることができるようになった」
3.「最後通牌ゲ―ムの重要な特徴のいくつかの地図を描いた」
4.「最後通牌ゲ―ムと彼らの贈答習慣の間の類似性を引き出した」
要するに (the Gnau people) “mapped” the unfamiliar interaction onto their most similar social exchange. という文は,具体的にどういう意味なのかということ。「グナウ族はなじみのない交易を自分た ちのもっとも類似した社会的な交換上に『位置づけた』」というのだから,普段したことのない 行為をするに当たって,普段の生活の中にある,その行為に一番近い行為を参考にした,という
意味だと読み取れる。そのような意味になっているものを選択肢の中から探せば,4が正解だとわ かる。 draw an analogy between A and B 「AとBの間の類似性を引き出す」という表現の知識が正解 の伴を握っている。

■ 第3段落
3:1 しかし常識には,科学や数学といった他種の人間の知識と差異を設けるように思われる,決定
的な特徴が2つある。
3:1 However, there are two defining features of common sense that seem to differentiate it from other kinds of human knowledge like science or mathematics.

3:2 そうした特徴の第1は,形式的な知識とは異なり,常識は圧倒的に実用的なものだということ である。それは,どのようにして解答を手にしたのかを思いわずらうより,問題に対する解答を 提供することの方に関心を寄せる。
3:2 The first of these features is that, unlike formal knowledge, common sense is overwhelmingly practical; it is more [2](1. indifferent to 2. concerned with 3. tolerant to) providing answers to questions than in worrying about how it came by the answers.
3:3 形式的な知識とは逆に常識は世界のあり方を熟慮したりはせず,その代わりに「ただあるがま
ま」にそれに対処しようとする。
3:3 In contrast to formal knowledge, common sense does not reflect on the world,

[22] Which of the following best paraphrases the statement“Common sense does no reflect on the world”in the 3rd paragraph?
1. Common sense does not “think” deeply about why the world is the way it is.
2. Common sense has nothing to do with the way we interact with the world.
3. Common sense is not good at representing the real world.
4. Common sense often contradicts the way in which the world really operates.

・解答 [22]―1
>[22]「次のうちどれが,第3段の『常識は世界のあり方を熟慮したりはしない」の言い換えとして
もっとも適切か」
1. 「常識はどうして世界がこのようなものなのかを深く『考慮』したりはしない」
2. 「常識は私たちが世界とどのようにかかわっているのかとは何の関係もない」
3. 「常識は現実の世界を表現するのは得意ではない」
4. 「常識は世界の実際の機能の仕方とは相容れないことが多い」
当該の文は,常識が「形式的な知識とは違う」ことを示すための文である。形式的な知識の代表
は本文にあるように「科学と数学」である。そうした学問は,世界の成り立ちを論理的に緻密に 研究する。常識はそうではない。というのである。そのような意味になっている選択肢は,1だけ である。

■ 第9段落
9:1 グナウ族とマチゲンガ族の文化のこうした特徴を理解するやいなや彼らの不可解な行動は, すっかり合理的に,それどころか,常識的だとさえ思えるようになる。
9:1 Once you understand these features of Gnau and Machiguenga cultures, their puzzling behavior starts to seem entirely reasonable―commonsense, even.
9:2 また,正しくその通りだったのである。
9:2 And that’s exactly what it was.
9:3 私たちが公平や互恵を自分の世界での常識的な原理であると考え,一般に尊重すべきだとして
いるのとちょうど同じように,工業化前の社会の人々にも,社会のあるべき仕組みに関して,彼 ら独特の一定の暗黙の了解がある。

9:3 Just as we regard fairness and reciprocity as commonsense principles in our world that should be respected in general, so the people of the preindustrial societies have their own [17](1. immature 2. explicit 3. implicit) set of understandings about how the world is supposed to work.
9:4 こうした了解は私たちのものとは違っているかもしれない。
9:4 Those understandings might be different from ours.
9:5 しかしそれを受け入れてしまうやいなや,彼らの常識的な論理は私たちの論理と全く同じよう に機能するのである。
9:5 But once they have been accepted, their commonsense logic works in exactly the same way as ours does.

[28] According to the article, which of the following is true about commonsense principles?
1. Commonsense principles such as fairness and reciprocity are universally accepted not only in industrial societies but also in preindustrial societies.
2. Commonsense principles of preindustrial societies will eventually be replaced by those of industrial societies.
3. Commonsense principles of preindustrial societies and those of industrial societies are both equally functional in their own societies.
4. Commonsense principles are deeply rooted in all kinds of human knowledge, including formal knowledge like science and mathematics.

・解答 [28]―3
>[28]「本文によれば,次のうちどれが常識原理に関して正しいか」
1. 「公平と互恵といった常識原理は,工業社会ばかりでなく工業化前社会でも普遍的に受容され
ている」
2. 「工業化前の社会の常識原理は,最終的に工業社会の常識原理に置き換わっていくだろう」
3. 「工業化前の社会の常識原理と工業社会の常識原理は,ともにそれぞれの社会で同じくらい有
効である」
4. 「常識原理は,科学や数学といった形式的な知識を含めて,あらゆる人間の知識に深く根を下 ろしている」 第9段の最後の2文に「こうした了解は私たちのものとは違っているかもしれない。しかしそれを
受け入れてしまうやいなや,彼らの常識的な論理は私たちの論理と全く同じように機能するので ある」とある。これは3と同主旨の記述であると読み取れる。

■ 第8段落
8:1 ライゼンとクリッチャーは分析の範囲を広げて,のどの渇きの感覚がもう1つの環境問題につ いての考えを左右するかどうかを検討した。
8:1 Risen and Critter expanded their analysis to look at the effect of thirst on the belief in another environmental problem: drought and desertification.

8:2 すなわち,干ばつと砂漠化である。彼らはある被験者たちにはプレッツェルを食べさせてのど を渇かさせる一方,他の被験者たちにはコンピュータの画面に0.017秒間「のどの渇き」という語 を表示してのどの渇きに関するサブリミナルメッセージを見せ,さらに別の被験者たちにはのど の渇きと無関係なあたりさわりのない課題をやってもらった。
8:2 They had some participants eat pretzels to become thirsty, while they showed other participants a [13](1. subversive 2. substandard 3. subliminal) message about thirst―they flashed the word“thirst” on a computer screen for 17 milliseconds, and had a third group of participants complete a neutral task that was unrelated to thirst.
8:3 のどの渇きを経験した学生のほうが,砂漠化の脅威を現実のものだと考える可能性が高いこと
がわかった。
8:3 They found that the students who physically experienced thirst were more likely to believe in the threat of desertification.
8:4 のどの渇きを感じることで,被験者は渇きについてより考えるようになった(渇きという語を
素早く表示させた場合と同様である)が意見を左右するには現実の体験が必要だったのである。

8:4 Feeling thirsty led people to think about thirst more (as did the quickly flashed presentation of the word), but the actual physical experience was necessary to affect people’s views.
8:5 「渇きについての思考プロセスに,経験抜きで「渇き」の観念を呼び起こすことによって途中 で割り込んでも,学生の考えは変わらなかったのです」とライゼンは言う。
8:5 “Jumping in the process midway, by activating the thought without having the physical experience, did not lead to a change in belief,” says Risen.

[27] What can be said to be a goal of Risen and Critcher’s research?
1. To teach people how to be more intuitive.
2. To create political policies that reduce global warming.
3. To understand how physical sensation affects belief.
4. To increase people’s awareness of their physical condition.

・解答 [27]-3
>[27]「ライゼンとクリッチャーの研究の目標は何であると言えるか」の正解は,3の「身体で感じ ることが考えをどう左右するかを理解すること」である。両者が行った実験について,その意図 が明かされている箇所,第8段第1文・第9段第1文の内容から判断できる。
1. 「より直感に従って行動する方法を人々に教えること」
2. 「地球温暖化を緩和する政策をつくること」
4. 「身体の状況に対する人々の意識を高めること」

■ 第13段落
13:1自由主義者と保守主義者が実験で同じように反応したという事実はある問題に対するはっきり
とした主張を提示された場合に見せる反応と好対照をなす。
13:1 The fact that liberals and conservatives responded similarly in the experiments is in sharp contrast to the response people of ten have when presented with explicit claims about an issue.
13:2先行研究では,ある話題について肯定・否定の混じった証拠を示されると,その問題について
肯定的立場に立つ傾向にある人はさらにそれを信じるようになり,懐疑的な人はより懐疑的にな
ることがわかっている。
13:2 Previous studies have shown that after people are given mixed evidence about a topic, those who are [19](1.inclined 2.declined 3.reclined) to favor a position will come to believe in it even more, while those who are skeptical will tend to become even more sceptical.
13:3単に様々な事実を示すだけで人々に何かを信じさせようとすれば反応の対象を与えることにな
るので分極化が生じることがありえる,とライゼンは主張する。
13:3 Risen claims that trying to convince people of something by simply delivering facts can sometimes be polarizing because it gives people something to react to.

13:4暑さの経験は,より普遍性のある直感的な反応を人々から引き出すように思われる。
13:4 The experience of heat seems to elicit a more [20](1. universal 2 dependent 3. accidental) intuitive response.

[30] According to the authors, what is one problem with relying on facts to convince people?
1. Facts are easily manipulated to support or refute any position.
2. People perceive that the “facts” in any given situation frequently change.
3. Most people lack the appropriate background to understand the science.

・解答 [30]-4
>[30]「筆者によれば,人々を説得するために事実に頼ることの問題の1つは何か」に対する正解 は,第13段第2・3文の記述内容と一致する4の「単にデータを提供するだけでは,すでに持ってい る意見を変えるのではなく, それらをむしろ強める傾向がある」である。
1. 「どんな立場を裏づけたり反証したりするのにも,事実は簡単に操作されてしまう」
2. 「いかなる状況であれ『事実』はころころ変わると人々はとらえている」
3. 「たいていの人は,科学を理解するのに適切な背景知識を持っていない」

■ 第7段落
7:1別の実験で研究者たちは,学生に「部屋は暑い」とか「ベーコンがジュージュー焼けている」
という文を見聞きさせると,暑さの観念を想起させることはうまくできても,地球温暖化につい
て彼らが抱いている考えが左右されることはないことを見出した。
7:1 In another experiment, the authors found that exposing Students to sentences such as “the room is hot” or “the bacon is [12](1. sizzling 2. growling 3. banging)” successfully summoned the concept of heat but did not influence their beliefs in global warming.

[26] Why was bacon mentioned in the experiment described in the 7th paragraph?
1. To make the participants hungry.
2. To evoke images of heat in the participants’ minds.
3. To make an authentic atmosphere for the experiment.
4. To distract the participants from the topic.

・解答 [26]-2
>[26]「第7段で述べられている実験でベーコンについて言及されるのはなぜか」の正解は,2の
「被験者の頭の中に暑いというイメージを想起させるため」である。同段のsuccessfully summoned the concept of heat の部分がこの選択肢の内容と一致する。
1. 「被験者を空腹にするため」
3. 「実験がもっともらしく感じられるような雰囲気を出すため」
4. 「被験者の意識を話題からそらすため」

■ 第6段落
6:1 しかし,ライゼンとクリッチャーが室内で実験を行ったときでも,暖房の効いた個室で調査票 に記入するように求められた学生は,地球温暖化が現実に起こっていると考える可能性が高いこ
とがわかった。
6:1 But even when Risen and Critter took the experiment indoors, they found that students who were asked to complete a survey in a cubicle that had been heated were more likely to believe in global warming.
6:2 さらに別の実験では,地球温暖化に関する質問に答える前に,部屋がどの程度暑いあるいは寒
いと感じているかを学生に尋ねた。
6:2 Furthermore, students were asked in another experiment [9](1.to what extent 2. on what grounds 3. on whose authority) they felt the room was warm or cold before responding to the global warming question.
6:3自らの見解が部屋の温度に無意識にもとづくものだったならば,学生は部屋の温度に注意を向
けることでその考えを「補正」したはずである。
6:3 Calling attention to the temperature in the room should have led students to “correct” their views if those had been unintentionally based on the room’s temperature.

6:4しかし,暑さの感覚は,考え方に重大な影響を及ぼし続けたのである。
6:4 But the feeling of heat continued to have a significant [10](1. collision 2 hit 3.impact) on belief. 6:5 これらの結果からうかがえるのは暑さがもたらした情報というより,暑さの経験が,学生が地 球温暖化をどれだけ強く感じるかを左右したということだ。
6:5 These results Suggest that the experience of heat―rather than the information it conveyed―influenced how strongly the students felt about global warming.
6:6 暑さを現実に自分の身体で経験したことが,単にそれに言及したことよりも強力だったという
ことなのだ。
6:6 The actual physical experience of heat was more powerful than the [11](1.solitary 2.mere 3. only) mention of it.
[25] The reason that the researchers called attention to the room’s temperature in the 6th paragraph is
1. to see if the participants could discount physical sensations when forming opinions.
2. to subliminally suggest that the world was getting hotter.
3. to make it difficult for the participants to focus on the activities in the experiment.
4. to create a situation where people felt irritable and negative.

・解答 [25]-1
>[25] 「第6段で研究者たちが室温に注意を向けさせた理由は ( ) である」の正解は,1の「意見が 形づくられる際に身体で感じることを被験者が無視できるかどうかを確かめるため」である。こ れは,同段第3文 の内容に照らして正しい。
2. 「世界の気温が上がっていることをサブリミナルの方法を使って暗示するため」
3. 「実験でするべきことに被験者が集中するのを難しくするため」
4. 「いらいらして悪い気分になるような状況をつくりだすため」

■ 第1段落
1:1 ハリケーンサンディがアメリカ合衆国の大西洋岸に大きな被害をもたらしたあと,気候変動に 関する論争が再び人々の想像力をひきつけるようになった。
1:1 After Hurricane Sandy devastated the US Atlantic coast the debate over climate change recaptured the public imagination.

1:2 2012年に全米を襲った記録的な熱波と干ばつによっても,より多くの人々が地球温暖化は現実
に起こっている現象であると確信するようになっている。どれほど極端なものであれ,たった1つ の気象現象の原因を気温の上昇傾向に帰するのはほとんど意味をなさないにもかかわらず,である。

1:2 The record heat wave and drought across the United States in 2012seems also to have convinced more people that global warming is a real phenomenon even though it makes little sense to[1](1. engage 2 attribute 3. instill) a single weather event―no matter how extreme―to an upward trend in temperature.

[21] Which of the following is true, according to the 1st paragraph?
1. After Hurricane Sandy, the term global warming was coined.
2. After Hurricane Sandy, the worst drought in American history hit the Atlantic coast.
3. Prior to Hurricane Sandy, Americans were unaware of global warming.
4. Prior to Hurricane Sandy, there was a period of lessened interest in global warming.

・解答 [21]-4
>[21] 「第1段の内容に照らして正しいのは次のどれか」に対する正解は,同段第1文にrecaptured
「再び〜を捉えた」という表現がある。その内容から考えて4の「ハリケーンサンディ以前は,地 球温暖化に関する関心が薄れていた時期があった」である。 1.「ハリケーンサンディ以降,地球温暖化という用語がつくられた」
2.「ハリケーンサンディの後,アメリカ史上最悪の干ばつが大西洋岸を襲った」
3.「ハリケーンサンディ以前,アメリカ人は地球温暖化のことを知らなかった」

■ 第18段落
18:1 こうした変化は早すぎるということはない。
18:1 Such changes cannot happen too soon.
18:2 「飛行機が墜落すれば気がつく人がいます。でも,医療機器のせいで傷つく人が1人か2人い ても,あるいは国内のいろいろな場所で傷つく人が100人いても,誰も気がつきません」とフー博
士は言う。
18:2 “When a plane falls out of the sky, people notice,” says Dr. Fu. “But when one or two people are hurt by a medical device, or even if hundreds are hurt in different parts of the country, nobody notices.”
18:3 これまでにもまして複雑な機器が使われるようになると,医療技術の隠されている核心部分
をあらわにすることには大きな意味がある。
18:3 With ever more complex devices, opening up the hidden heart of medical technology makes a great deal of sense.

[57]Which of the following is an implication of the article?
1 Open-source medical software is impractical because of the lack of organization of open-source programmers.
2 The FDA approval process has ruined any chance of future success for open-source in the field of medicine.
3. Open-source software has the potential to make medical devices safer.
4. A closed-source system is necessary to ensure patient safety.

・解答 [57]―3
>[57]「本文から読み取れることは次のうちのどれか」に対する正解は本文の前半で医療機器が抱
える問題点が提示され,その後オープンソースの利点が続けて記述されているという展開から,
「オープンソースソフトウェアには医療機器を安全なものとする潜在能力がある」という内容の3
であると判断できる。 1.「オープンソースのプログラマーの組織が存在しないため,オープンソースの医療用ソフト ウェアは実現不可能である」 2.「FDAの認可過程のせいでオープンソースが医療分野で成功する将来の可能性は一切なくなっ
ている」 4.「ソースコードを公開しないシステムが患者の安全を確保するためには必要だ」

■ 第13段落
13:1規制の制度をうまく切りぬけるためのコストが高いために,非営利のオープンソースプロジェ
クトのなかにはビジネスモデルの変更を余儀なくされたものもある。
13:1 The high cost of navigating the regulatory [46](1. regime 2. regiment 3. reproduction) has forced some not-for-profit, open-source projects to alter their business models.
13:2 「1990年代に,私たちはすばらしい放射線治療の計画システムを開発して,他の病院に提供
しようとしました」とマッキー博士は言う。
13:2 “In the 1990s we developed an excellent radiation-therapy treatment planning system and tried to give it away to other clinics,” says Dr. Mackie.
13:3 「しかしFDAからソフトウェアの認可を受けなければならないと言われたとき,病院はその
費用を出したがりませんでした」
13:3 “But when we were told by the FDA that we should get our software approved, the hospital wasn’t willing to fund it.”
13:4 彼はFDAの認可を受けることを目的とする別会社を設立した。
13:4 He formed a spin-off firm specifically to get FDA approval.
13:5 それには4年の歳月と数百万ドルの費用がかかったのである。
13:5 It took four years and cost millions of dollars.
13:6 その後,ソフトウェアは従来と同じソースコード非公開の製品として販売された。
13:6 The software was subsequently sold as a traditional, closed source product.

[55] What ultimately happened to Dr. Mackie’s radiation-therapy treatment-planning system?
1. It could not successfully compete in the marketplace.
2. It was released as closed-source software.
3. It failed due to poor open-source coding.
4. It was too expensive to build.

・解答 [55]―2

>[55]「マッキー博士の放射線照射治療計画システムは最終的にどうなったか」に対する正解は, 第13段最終文の内容とする2.「ソースコードを公開しないソフトウェアとして発売された」であ
る。 1.「市場でうまく競争力をもつことはできなかった」
3.「まずいオープンソースのコーディングのために失敗した」
4.「構築するのに費用がかかりすぎた」

■ 第8段落
8:1 ペンシルベニア大学とFDAの共同事業である汎用点満ポンププロジェクトでは,これらのやっ かいな機器を基本に立ち戻って考えようとしている
8:1 The Generic Infusion Pump project, a joint effort between the University of Pennsylvania and the FDA, is taking these [40](1. meddlesome 2. quarrelsome 3. troublesome) devices back to basics.
8:2研究者は最初に,機器を設計したりコードを書いたりするのではなく,薬剤点満ポンプに生じ
うる問題をすべて想定することからはじめたのである。
8:2 The researchers began not by building a device or writing code but by imagining everything that could possibly go wrong with a drug-infusion pump.

[52]According to the 8th paragraph, the Generic Infusion Pump project developed their product by first
1. considering potential problems.
2. studying all of the competing products.
3. surveying medical professionals about their needs.
4. creating open-source equivalents from proprietary rivals.

・解答 [52]―1
>[52]「第8段によれば,汎用点満ポンププロジェクトが製品を開発する際に最初にしたことは
( )」に対する正解は,同段第2文の内容とする1.「生じうる問題点をすべて考慮すること」で
ある。 2.「競合する製品をすべて研究すること」
3.「医療の専門家に対してニーズを聞き取り調査すること」
4.「各社独自規格の競合商品からオープンソースの対応する製品を作ること」

■ 第4段落
4:1医療機器のソフトウェアが誤動作すると,その結果はただPCを再起動しなければならないとき よりもずっと深刻なものとなる。
4:1 When software in a medical device malfunctions, the consequences can be far more serious than just having to reboot your PC.

4:2 1980年代には,セラック25放射線治療器のソフトウェアのバグが原因で数人の患者に許容量を
大幅に超える放射線を照射し,少なくとも5人が亡くなっている。
4:2 During the 1980s, a bug in the software of Therac-25 radiotherapy machines caused massive overdoses of radiation to be [33](1. delivered 2. dragged 3. driven) to several patients, killing at least five.
4:3 アメリカの食品医薬品局(FDA)は,2005年から2009年までの間に,薬剤点満ポンプの問題 が原因で約2万人が重篤な障害に陥り,700人以上が亡くなったことを明らかにした。
4:3 Americas Food and Drug Administration (FDA) has linked problems with drug-infusion pumps to nearly 20,000 serious injuries and over 700 deaths between 2005 and 2009.
4:4 ソフトウェアの誤動作は最も多く言及される問題である。
4:4 Software errors were the most frequently cited problem.

[60]Which of the following is an argument made by the article with reference to the widespread use of open-source software in the medical industry?
1. The use of open software prevents cyber-security breaches.
2. The wider use of open-source would lessen the influence of closed-source companies.
3. Open-source allows for more error checking, which could prevent medical emergencies.
4. Closed-source software has superior design and safety to that of its open-source counterparts.

・解答 [60]―3
>[60]「医療産業で広範囲にオープンソースソフトウェアが使われることについて,本文でなされ ている主張は次のうちどれか」に対する正解は3.「オープンソースによってエラーの検出がより できるようになり,それによって救急事象を防ぐことができる」である。とりわけ第7段最終文に 一致。「救急事象を防ぐ」という部分は,第4段のソフトウェアのエラーによる死など,このよう な事態を防げるという意味と考えられる。 1.「オープンソースソフトウェアを使うことで,ネットワークセキュリティの侵害を防ぐことが
できる」 2.「オープンソースをより広く使うことで,ソースコードを公開しない会社の影響力を弱めるこ
とができる」 4.「ソースコードを公開しないソフトウェアのほうが,オープンソースのものと比べると設計面 でも安全面でもすぐれている」

■ 第18段落
18:1 こうした変化は早すぎるということはない。
18:1 Such changes cannot happen too soon.
18:2 「飛行機が墜落すれば気がつく人がいます。でも,医療機器のせいで傷つく人が1人か2人い ても,あるいは国内のいろいろな場所で傷つく人が100人いても,誰も気がつきません」とフー博
士は言う。
18:2 “When a plane falls out of the sky, people notice,” says Dr. Fu. “But when one or two people are hurt by a medical device, or even if hundreds are hurt in different parts of the country, nobody notices.”
18:3 これまでにもまして複雑な機器が使われるようになると,医療技術の隠されている核心部分
をあらわにすることには大きな意味がある。
18:3 With ever more complex devices, opening up the hidden heart of medical technology makes a great deal of sense.

[58] According to the article, what is currently true about ALL open-source medical devices?
1. They have been approved by the FDA.
2. They are restricted to non-human testing.
3. They are more costly than similar proprietary versions.
4. They are considerably more popular in the developing world.

・解答 [58]―2
>[58]「本文によれば,オープンソースの医療機器すべてに現在ftてはまるのはどれか」に対する 正解は,第12段第1文の記述と一致する2.「それらは人間以外で試すのに限定されている」であ
る。 1.「FDAによって認可されている」
3.「類似の各社独自のものよりも費用がかかる」
4.「発展途上国でのほうがずっと人気がある」

■ 第11段落

11:1 脳もそれ以外の身体と同じく,あらゆる種類の食品から作られる単純な糖であるブドウ糖か らエネルギーを得ている。
11:1 The brain, like the rest of the body, derives energy from glucose, the simple sugar manufactured from all kinds of foods.
11:2 これが自制心の改善につながるかどうかを確かめるために,バウマイスター研究室の研究者
たちは砂糖かダイエット用甘味料のどちらかを混ぜたレモネードを使った一連の実験で,脳に燃
料補給してみた。
11:2 To establish whether this could cause an improvement in self-control, researchers at Baumeister’s lab tried refueling the brain in a series of experiments involving lemonade mixed either with sugar or with a diet sweetener.
11:3 砂糖入りレモネードは,ブドウ糖をどっと供給した。砂糖なしの方は同じだけの量のブドウ
糖は供給することはないが味はとてもよく似ていた。
11:3 The sugary lemonade provided a burst of glucose; the sugarless variety tasted quite similar without providing the same burst of glucose.

11:4 再三再四,砂糖は意志力の回復を生んだが人工甘味料は何の効果もなかった。
11:4 Again and again, the sugar restored willpower, but the artificial sweetener had no effect.
11:5 ブドウ糖は少なくとも決断疲労を緩和し,ときにはそれを完全にうち消すことにもなった。
11:5 The glucose would at least [17] (1. mitigate 2. instigate. 3. eradicate) the decision fatigue and sometimes completely reverse it.
11:6 回復した意志力は決断の質ばかりでなく,人々の自制心をも改善した。すなわち,選択を求
められると非合理な偏見に抵抗し,経済的な決断を行うよう求められると,彼らはすぐに報酬を 得られる方に行くのではなく,よりよい長期的な戦略を選択する可能性が高くなったのだった。
11:6 The restored willpower improved people’s self-control as well as the quality of their decisions; they resisted irrational bias when making choices, and when asked to make financial decisions, they were more likely to choose the better long-term strategy instead of going for a quick payoff.

[28] What was the purpose of the experiment described in the 11th paragraph ?
1. To determine if artificial sweeteners produce glucose.
2. To determine if lemonade helps people think.
3. To determine if sweet drinks make it hard to think.
4. To determine if glucose helps tired people think.

・解答 [28]―4
>[28]「第11段で述べられている実験の目的は何であったか」
1. 「人工甘味料はブドウ糖を作るかどうかを決定するため」2. 「レモネードは人々がものを考え るのに役立つかどうかを決定するため」
3. 「甘い飲み物がものを考えるのを難しくするかどうかを決定するため」
4. 「ブドウ糖は疲れた人々がものを考えるのに役立つかどうかを決定するため」
第11段では,砂糖入りレモネードと人工甘味料入りレモネードを使ってどちらが脳の回復に効く
かを調べる実験がなされたことが記述されている。ポイントは,甘いものでも,ブドウ糖でない と効き目はない,というところであった。それが正確に指摘されているのは,4である。

■ 第4段落
4:1決断疲労は,自我消耗と呼ばれる現象に関する最新の発見であり,その言葉は,自我はエネル
ギーの転移に依存するというジークムント=フロイトの思想に敬意を表して造語されたものであ る。
4:1 Decision fatigue is the newest discovery [4] (1. challenging 2. involving. intensifying) a 4:1 phenomenon called ego depletion, a term coined in honor of Sigmund Freud’s idea that the ego depended on the transfer of energy.

4:2 この思想は世紀末までおおよそ無視されていたが,その頃にロイ=バウマイスターというアメ
リカ人研究者が,自分のところの大学院生を使って精神訓練の研究を始めたのだった。
4:2 This idea was generally ignored until the end of the century, when an American researcher named Roy Baumeister began studying mental discipline with hisI graduate students.

[23]According to the article, who coined the term “decision fatigue?”
1. It is not stated.
2. Sigmund Freud.
3. Roy Baumeister.
4. Jean Twenge.

・解答 [23]―1
>[23]「本文によれば、誰が「決断疲労」という言葉を造語したのか」1. 「記述がない」 2. 「ジークムント=フロイト」
3. 「ロイ=バウマイスター」
4. 「ジーン=トウウェンジ」
第4段の「この思想は世紀末までおおよそ無視されていたが、その頃にバウマイスターが一連の実
験で、知能訓練について自分のところの大学院生を使って研究し始めたのだった」という記述か らは、バウマイスターが名付けたのであろうと強く推測されるのだが、はっきり彼が造語したと は書かれていない。迷うところだが、決定的な記述がない以上、1を選ぶのが妥当であろう。

■ 第12段落
12:1ブドウ糖の恩恵は,本文冒頭で言及したイスラエルの仮釈放会議の研究では紛れもなかっ
た。
12:1 The benefits of glucose were [18] (1. unmistakable 2. inconsequential. unobservable) in the study of the Israeli parole board mentioned at the beginning of this article.

12:2 午前半ばに,仮釈放会議は休憩することになり,判事はサンドイッチと果物を一つ振る舞わ
れるようになった。
12:2 In midmorning, the parole board would take a break, and the judges would be served a sandwich and a piece of fruit.
12:3 休憩直前に出頭した囚人は,仮釈放を得られる可能性はほぼ20%にすぎなかったが直後に出
頭した者は,おおよそ65%の可能性になった。
12:3 The prisoners who appeared just before the break had only about a 20 percent chance of getting parole, but the ones appearing right after had around a 65 percent chance.
12:4 さらに時が過ぎていくと,午前中には確率は再び下降し,実際囚人たちは昼食直前に判事の
前に出るのを嫌がった。その時期に仮釈放になる可能性は,たったの10%であった。
12:4 The odds dropped again as the morning wore on, and prisoners really didn’t want to appear just before lunch: the chance of getting parole at that time was only 10 percent.
12:5 昼食後は,それが60%まで跳ね上がったが,といってもほんの短期間だけであった。
12:5 After lunch it soared up to 60 percent, but only [19] (1. somewhat 2. briefly. nominally).
12:6 午後3時10分に出頭したユダヤ系イスラエル人の囚人が,暴行罪の刑からの仮釈放を与えられ
なかったのを覚えているだろうか。
12:6 Remember that Jewish Israeli prisoner who appeared at 3:10 p.m. and was denied parole from his sentence for assault?
12:7 彼は不運にも,昼食後の審理の6事例目であった。
12:7 He had the misfortune of being the sixth case heard after lunch.
12:8 しかし同じ犯罪で同じ刑に服していたもう一人のユダヤ系イスラエル人の囚人は幸運にも午
後1時27分に出頭し,昼食後最初の事例となって,彼には仮釈放が与えられたのだった。
12:8 But another Jewish Israeli prisoner serving the same sentence for the same crime was lucky enough to appear at 1:27 p.m., the first case after lunch, and he was rewarded with parole.
12:9 彼には司法制度が機能している好例に思われたに違いないが,実はそれはおそらく事件の詳
細よりも,判事のブドウ糖値の方により関係していたのである。
12:9 It must have seemed to him like a fine example of the justice system at work, but [20](1. in addition 2. in actuality 3 . In sum,) it probably had more to do with the judge’s glucose levels than the details of his case.

[30]Which of the following is the best summary of the research presented in the article?
1. Ego depletion is an important new field of research, with applications to marketing, poverty relief, and criminal justice
2. Ego depletion is a serious problem that allows companies to take advantage of shoppers, causes the poor to make bad choices, and undermines court rulings.
3. Every time we make a decision, we lose willpower, hurting our ability to avoid trade-offs; this can, however, be helped by periodically eating when making decisions.
4. The more decisions we make, the more mental energy we lose, hurting our ability to make good decisions; this can, however, be helped by consuming sugar when making decisions

・解答 [30]―4
>[30]「次のうちどれが本文中に示されている研究の要約として,最もよいか」
1. 「自我消耗は重要な新研究分野であり,マーケティング,貧困からの解放,刑事司法に応用さ
れている」
2. 「自我消耗は,企業に買い物客の弱みにつけ込ませたり,貧しい人々にまずい選択をさせた り,公判の決定の基礎を掘りくずしたりする重大な問題である」
3. 「意思決定をするたびごとに,私たちは意志力を失って,考量を行うのを避ける能力を傷めて しまう。しかしこれには,意思決定をする際に定期的に食事をとることで対処することができ
る」
4. 「意思決定をすればするほど,それだけ私たちは心理的な力を失っていく。しかし,これには 意思決定をする際に糖分を取ることによって対処することができる」
1. with applications「応用,適用されて」となっているが,本文には「応用」の事例は示されてい ないので不適切。2. allows companies to take advantage of~「企業につけ込むのを認める」とあ る。確かに本文には商人が自我消耗を経験的に利用しているとは書かれているが,それが消費者 につけ込み,ひいては貧しい人々に悪い選択をさせていることであるとまでは言えない。3. avoid trade-offs「考量を避ける」とあるが,本文にそうした能力に関する記述はないので誤り。4. 意思 決定を繰り返すと,意志力が低下する。それは糖分を補給することで回復する,という研究の成 果に一致する。Consume sugarは「糖分を消費する」ではなく「糖分をとる」の意であることに
注意する。

■ 第2段落
2:1 グーグルの個人化のシステムは,ウェブの閲覧履歴と何をクリックしたかを大いにもとにして その人の嗜好を推測するというものである
2:1 Google’s personalization system relies heavily on web history and what you click on to [1](1. infer 2. defer 3. prefer) what you like and dislike.

2:2 これらのクリックは全く私的な環境でなされるものである。
2:2 These clicks often happen in an entirely private context:
2:3 つまり,「腸ガス」と有名人のゴシップを検索したことは,自分とブラウザの間の出来事だと
想定しているのだ。

2:3 The assumption is that searches for “intestinal gas” and celebrity gossip are between you and your browser.
2:4 もし検索していることを他人が知りえると思っていれば,あなたは違う行動を取るかもしれな
い。
2:4 You might behave differently if you thought other people were going to see your searches. 2:5 しかしこの行動こそが,グーグルニュースで何を見るかやグーグルでどんな広告を目にする か,つまり,グーグルがあなたの人格をどう理論化するかを決めているのである。
2:5 But its that behavior that determines what content you see in Google News, what ads Google displays that determines, in other words, Googles theory of you.

[21]Which of the following is closest to the description of Google’s personalization system mentioned in the 2nd paragraph?
1. Providing users with information by filtering it through their self-reported data on likes and dislikes.
2. Letting users adjust their clicking history in case their families, fiends and other users gain access to it.
3. Keeping your online identity just between you and Google, beyond the reach of other users.
4. Adjusting the type of information they provide based on each user’s browsing record on the web.

・解答 [21]―4
>[21]「第2段で言及されているグーグルの個人化のしくみの説明にいちばん近いのは次のうちどれ か」に対する正解は,4.「各利用者のウェブでの閲覧履歴をもとに提供する情報の種類を調節す る」である。「ウェブの閲覧履歴と何をクリックしたかにもとづく」とある同段第1文の記述と一 致する。 1.「嗜好について各利用者が自分で報告したデータを調べて,利用者に情報を提供する」
2.「家族,友人や他の利用者に見られてもよいように,クリックの履歴を利用者に調整させる」
3.「利用者のオンラインでの自己を他の利用者には見せず,利用者とグーグルとの間での秘密に しておく」

■ 第9段落
9:1人格というのは変化するものである。
9:1 Our personalities are fluid.
9:2幸福だと人づきあいがよく外向的な人でも,ストレスを受けると内向的になることもある。
9:2 Someone who’s gregarious and outgoing when happy may be introverted when [13](1. stressed 2. excited 3.joyful).
9:3人格というのは変わらず,行動は予測可能だと考えるかもしれないが,これは必ずしもそうで
はない。
9:3 We may think that our personalities are set, and our behaviors are predictable, but this is not necessarily the case.
9:4自分は温和でおとなしいと考えている人でも,ある状況下では残忍な行動をとることがある。
9:4 Even people who think themselves to be gentle and mild-mannered may act brutally under certain conditions.
9:5こうしたことは,1960年代にエール大学で心理学者スタンレー=ミルグラムが行った,よく引 き合いに出される実験で明らかになった。そこで彼は,権威の象徴である白衣を着た研究者から の指示によって,普通のまともな人に他の被験者に対し電気による処罰めいたことをさせたので
ある。
9:5 This was demonstrated by psychologist Stanley Milgram in his oft-cited experiment at Yale in the 1960s where he got decent ordinary people to apparently electrocute other subjects upon the instruction of a researcher in a white lab coat, a symbol of authority.

[26] The purpose of the experiment conducted by Stanley Milgram as mentioned in the 9th paragraph was to show that
1. humans hide a natural inborn drive to harm others though it is rarely put into action.
2. people’s willingness to harm others is affected by what type of context they are in.
3. people’s cruelty is typically the result of overbearing authority figures.
4. people’s personality traits have a strong effect on how they act in a given situation.

・解答 [26]―2
>[26]「第9段で出てくるスタンレー=ミルグラムが行った実験の目的は( )を示すことであった」 の正解は,2.「置かれた状況によって人が他人に危害を加えようとする気持ちは影響を受ける」 である。実験の目的はft段第5文のThis was demonstrated by…で示されており,このThisの内容 は直前の第4文にある。この文の内容が選択肢2に一致する。 1.「めったに行動に移されることはないが,人間は,生まれつきもっている他人に危害を加えた
いという衝動を隠すものである」 3.「人の残忍さは,典型的に圧倒的な権威をもっている人物に起因する」
4.「人格の特徴は,ある状況で人がどう行動するかを強く左右する」

■ 第4段落
4:1 どちらの考え方にもそれぞれの利点と欠点がある。
4:1 Both ways of thinking have their benefits and drawbacks.
4:2 グーグルのクリックにもとづいた自己について言えば,両親にカミングアウトしていないゲイ の10代の少年でも,より広範囲に及ぶゲイの共同体から,自分がひとりではないことがわかる個 人化されたグーグルニュースのフィードが得られるのである。
4:2 With Google’s click-based self, the gay teenager who hasn’t [5](1. run up 2. come out .3 looked up) to his parents can still get a personalized Google News feed with pieces from the broader gay community that affirm that he’s not alone.

4:3 しかし同時に,クリックにもとづいた自己によって,我々はもともと見る傾向があるものによ
けいに引き寄せられてしまうということもある。
4:3 But at the same time, a self built on clicks will tend to draw us even more toward the items we’re [6]1, predisposed 2. entitled 3. embarrassed) to look at already.
4:4有名人のゴシップを扱うサイトの記事に目を通したという情報が保存されると,次回ニュース
をみるときに,ある俳優の不倫について下品な詳報が画面に出る可能性が高いのである。
4:4 Your perusal of an article on a celebrity gossip site is [7]1.filed 2. thrown 3. given) away and the next time you’re looking at the news, you are more likely to find salacious details about an actor’s infidelity on the screen.

[22] In the 4th paragraph, the author mentions the case of a gay teenager in order to illustrate
1. how seriously Google is committed to basic human rights and liberalism.
2. what a narrow range of personal interests can be maintained by using Google.
3. how you can get information you want without revealing yourself to the public.
4. how your information environment can be jeopardized by Google’s click-based self.

・解答 [22]―3
>[22]「第4段で筆者は( )を例示するためにゲイの10代の少年を引き合いに出している」に対す る正解は,同段第2文の内容から考えて3.「自分のことを公にさらすことなく自分の欲しい情報を 得られる方法」が正解である。同段落は,第1文の内容を加味すれば,グーグルの個人化技術にお ける利点と問題点がトピックとなっているとわかる。3の内容は,利点についてふれている同段第 2文の内容に一致する。
1.「グーグルが人権や自由をどれだけ真剣にめざしているか」
2.「グーグルを使うことで保つことができる個人的興味はどれだけ限られたものであるか」
4.「グーグルのクリックをもとにした自己によって情報環境がどれだけ危険にさらされるか」

■ 第12段落

12:1彼らの想定しているようなネットワークベースの公衆衛生上の介入には正確な知識が必要であ る。
12:1 Precise knowledge is needed for the type of network-based public-health interventions they envision.
12:2何が作用するのか――肥満の事例であれば,まあ,健康的なレシピを配布するとか,フェイス
ブックやツイッターに,「ランニングに行った後はすごく気分がいい」と投稿して友人に運動を促 すとかいったこと――を知るのに加えて,そうした介入には誰が最も影響力があるかを知る必要 があり,またこれは目的ごとに変わってしまうかもしれないのである。
12:2 In addition to knowing what works―in the case of obesity, perhaps distributing healthy recipes, or posting on Facebook or Twitter that you “feel so great after going for a run” to encourage friends to exercise―such interventions require knowing who is most influential, and this may vary from purpose to purpose.
12:3 クリスタキスとファウラーは,ネットワークベースのワクチン接種キャンペーンは,最も多 くの社会的な接触をもつ人を標的にすると,全体に及ぶワクチン接種を狙いとするキャンペーン より,費用対効果が3倍高くなるだろうと書いている。
12:3 Christakis and Fowler write that a network-based vaccination campaign, [48](1. consulting 2. excluding 3. targeting) people with the most social contacts, could be three times more cost- effective than a campaign that aims for universal vaccination.
12:4後者のようなキャンペーンでは,ワクチン接種が過剰になる。社会的なネットワークで中核に
なる人物だけに免疫をもたせることで,最小限の薬剤を施して最大限の効果をあげることが可能
になるだろう。
12:4 Campaigns of the latter type over-vaccinate; immunizing only people who are hubs in social networks would enable administering a minimum of doses for maximum effect.

12:5例えば,医療労働者が平均的な市民よりも多くのワクチン接種を受けるべく勧告することは,
同じモデルに従っており,そうした労働者は病人に接することが多く,したがって感染をより広 めやすいと考えるわけである。
12:5 For instance, recommendations that healthcare workers receive more vaccinations than average citizens follow a similar model, assuming that such workers will have more [49](1. sympathy for 2. contact with 3. knowledge about) sick people and thus are more likely to spread infections.
12:6 ネットワークベースの疾病予防キャンペーンが感染拡大を監視するのにつながりの多い人々 を優先するなら,無作為の監視に比べ700倍も効率的になりうる。
12:6 A network-based disease prevention campaign, prioritizing well-connected people when monitoring infection’s spread, could be 700 times more efficient than random monitoring.

[58] According to the article, which of the following is the weakness of vaccination campaigns that aim to vaccinate everybody?
1. They waste time and money by giving too many vaccinations.
2. They are ineffective at stopping the spread of disease.
3. Some people refuse vaccinations because of Internet rumors.
4. They neglect to adequately protect healthcare workers.

・解答 [58]―1
>[58] 「本文によれば、次のうちどれが、全員接種を狙いとするワクチン接種キャンペーンの弱点
か」
1. 「過剰なワクチン接種のために時間と資金を無駄にする」
2. 「疾病の拡大を押しとどめるのに効率が悪い」
3. 「インターネットの噂のせいでワクチン接種を拒む人がいる」
4. 「医療労働者を十分に保護しない」
第12段第4文に「後者(=全体に及ぶワクチン接種)のようなキャンペーンでは、ワクチン接種が過剰
になる」とあるので、正解は1であるとわかる。

■ 第9段落
9:1 2人の男たちは彼らの発見を派手に公表し始めた。2007年の『ニューイングランド・ジャーナ
ル・オブ・メディシン』の論文は,人々が一見すると友人の体重増加によって影響されて自分自身 も肥満になるというように,肥満が社会的なネットワークを通じて広まると報告した。
9:1 The two men started publishing their findings with a splash: a 2007 article in the New England Journal of Medicine reporting that obesity spreads through social networks, as people are apparently influenced by friends’ weight gain to become fat themselves.
9:2 さらに込み入っているのは,肥満は3段階離れたところまで及ぶという彼らの発見である。
9:2 More [45](1. irrelevant 2. perplexing 3. obvious) is their finding that obesity spreads through up to three degrees of separation.
9:3被験者がやはり研究範囲にいる友人を決め,その友人の友人が肥満になれば,最初の被験者が
肥満になる確率はおよそ20%上昇した。
9:3 If a subject named a friend who was also in the study, and that friend’s friend became obese, the first subjects chances of becoming obese were roughly 20 percent greater.
9:4影響はもう1段階向こうまで及び(例えば,夫の友人の友人,すなわち3段階離れたところ),
危険性は10%大きくなった。
9:4 Across one more degree of influence (for instance, husband’s friend’s friend―i.e, three degrees away), the risk was 10 percent greater.

9:5体重増加は友人集団の中を,例えば,食事や運動行動の変化や,体重に関する社会規準の調整
といった,何らかの目に見えない仕組みによって移動していくように見える。
9:5 Weight gain appears to move through friend groups [46](1. versus 2. via 3. without) some unseen mechanism such as changed eating or exercise behavior, or adjustment of social norms regarding weight.

[57] According to Christakis & Fowlers study on obesity, which of the following is true?
1. If your cousin’s mother is fat, you have a 30% greater risk of becoming fat.
2. If your friend’s brother is fat, you have a 10% greater risk of becoming fat.
3. If your friend’s fathers coworker is fat, you have a 10% greater risk of becoming fat.
4. If your mother’s friend has a fat daughter, you have a 20% greater risk of becoming fat.

・解答 [57]―3
>[57] 「肥満についてのクリスタキスとファウラーの研究によれば、次のうちどれが正しいか」
1.「あなたのいとこの母が肥満なら、あなたが肥満になる危険性は30%高まる」
2.「あなたの友人の兄弟が肥満なら、あなたが肥満になる危険性は10%高まる」
3.「あなたの友人の父の同僚が肥満なら、あなたが肥満になる危険性は10%高まる」
4.「あなたの母の友人に肥満の娘がいたら、あなたが肥満になる危険性は20%高まる」
第9段第3・4文参照。2段階の距離なら20%、3段階の距離なら10%危険性が高まる。1. クリスタキ
スとファウラーの研究で30%という数字は出てこないので、誤り。2.「あなたの友人の兄弟」は、 2段階の距離なので20%高まる。よって、誤り。3.「あなたの友人の父の同僚」は,3段階の距離な ので10%高まる。よって、正しい。4.「あなたの母の友人の肥満の娘」は3段階の距離なので10%高 まる。よって、誤り。

■ 第9段落
9:1 2人の男たちは彼らの発見を派手に公表し始めた。2007年の『ニューイングランド・ジャーナ
ル・オブ・メディシン』の論文は,人々が一見すると友人の体重増加によって影響されて自分自身 も肥満になるというように,肥満が社会的なネットワークを通じて広まると報告した。

9:1 The two men started publishing their findings with a splash: a 2007 article in the New England Journal of Medicine reporting that obesity spreads through social networks, as people are apparently influenced by friends’ weight gain to become fat themselves.
9:2 さらに込み入っているのは,肥満は3段階離れたところまで及ぶという彼らの発見である。
9:2 More [45](1. irrelevant 2. perplexing 3. obvious) is their finding that obesity spreads through up to three degrees of separation.
9:3被験者がやはり研究範囲にいる友人を決め,その友人の友人が肥満になれば,最初の被験者が
肥満になる確率はおよそ20%上昇した。
9:3 If a subject named a friend who was also in the study, and that friend’s friend became obese, the first subjects chances of becoming obese were roughly 20 percent greater.
9:4影響はもう1段階向こうまで及び(例えば,夫の友人の友人,すなわち3段階離れたところ),
危険性は10%大きくなった。
9:4 Across one more degree of influence (for instance, husband’s friend’s friend―i.e, three degrees away), the risk was 10 percent greater.

9:5体重増加は友人集団の中を,例えば,食事や運動行動の変化や,体重に関する社会規準の調整
といった,何らかの目に見えない仕組みによって移動していくように見える。
9:5 Weight gain appears to move through friend groups [46](1. versus 2. via 3. without) some unseen mechanism such as changed eating or exercise behavior, or adjustment of social norms regarding weight.

[57] According to Christakis & Fowlers study on obesity, which of the following is true?
1. If your cousin’s mother is fat, you have a 30% greater risk of becoming fat.
2. If your friend’s brother is fat, you have a 10% greater risk of becoming fat.
3. If your friend’s fathers coworker is fat, you have a 10% greater risk of becoming fat.
4. If your mother’s friend has a fat daughter, you have a 20% greater risk of becoming fat.

・解答 [57]―3
>[57] 「肥満についてのクリスタキスとファウラーの研究によれば、次のうちどれが正しいか」
1.「あなたのいとこの母が肥満なら、あなたが肥満になる危険性は30%高まる」
2.「あなたの友人の兄弟が肥満なら、あなたが肥満になる危険性は10%高まる」
3.「あなたの友人の父の同僚が肥満なら、あなたが肥満になる危険性は10%高まる」
4.「あなたの母の友人に肥満の娘がいたら、あなたが肥満になる危険性は20%高まる」
第9段第3・4文参照。2段階の距離なら20%、3段階の距離なら10%危険性が高まる。1. クリスタキ スとファウラーの研究で30%という数字は出てこないので、誤り。2.「あなたの友人の兄弟」は、 2段階の距離なので20%高まる。よって、誤り。3.「あなたの友人の父の同僚」は,3段階の距離な ので10%高まる。よって、正しい。4.「あなたの母の友人の肥満の娘」は3段階の距離なので10%高 まる。よって、誤り。

[57] Which of the following applies to all three of the people mentioned in the 6th paragraph―Justin Bieber, Lady Gaga and Anthony Weiner?
1. Their professional careers got started by using social networking services.
2. Their popularity made their personal information available on the web.
3. The new openness on the Internet brought them more attention from the public.
4. Their online self-promotion was fundamentally against the idea of freedom of speech.

・解答 [57]―3
>[57]「第6パラグラフで話題に上った3人(ジャスティン=ビーバー,レディ=ガガ,アンソニー= ウィーナー)全員にftてはまるのは,以下のうちのどれか」 1.「ソーシャルネットワーキングサービスを使うことでプロとしてのキャリアが始まった」
2.「人気のおかげで,彼らの個人情報がウェブ上で手に入るようになった」

3.「インターネット上の新しい開放性のおかげで大衆からより多くの注目を浴びるようになっ
た」 4.「オンライン上での自己宣伝は,言論の自由という考えに根本的に反する」
1にftてはまるのは,第6段第5文(Justin Bieber,for example …)と第6文(Similarly,Lady Gaga’s …)から判断すると,ジャスティン=ビーバー,レディ=ガガの2人のみ。2については,人 気が出たから個人情報が手に入るようになったという記述はないので,誰も該ftしない。人気を 得るために情報を公開した,というのが実状である。3については,ジャスティン=ビーバー,レ ディ=ガガは良い意味で注目を集め,空欄[43]で始まる第7文にあるように,アンソニー=ウィー ナーは悪い意味で注目を集めた。よって3人全員に該ftする,この3が正解である。4のような記述
は本文にはない。

■ 第8段落
8:1 アルブレヒツルンドによれば,ネット上のソーシャルネットワーキングに加わることは,自主 的に他人と関わり,アイデンティティを築くための方法なのである。
8:1 According to Albrechtslund, to participate in online social networking is a way to voluntarily engage with other people and construct identities.

8:2 また同時に,自分自身を,あるいは築かれたアイデンティティを他人と共有する行為なのだ。
8:2 It is also the act of sharing yourself―or your constructed identity―with others.
8:3 したがって,自分自身(の情報)を共有することの役割は,過小評価されるべきではない。な ぜなら,人々が共有する,プロフィールや活動,信条,居所,地位,好みなどの個人情報は,求 められていないレベルのコミュニケーションを表している。
8:3 Accordingly, the role of sharing should not be underestimated, as the personal information people share―profiles, activities, beliefs, whereabouts, status, preferences, etc.―represents a level of communication that is not asked for.
8:4 それはただ,「そこに存在」し,誰からも求められないが,ある種のグループに属す人々に とっては,交流の一部なのだ。
8:4 It is just “out there”, unasked for, but something that is part of the socializing in certain groups of people.
8:5事実,大多数の十代の若者は実生活ではめったに会わない友達と連絡を保つためにインター
ネットのソーシャルネットワーキングを利用することがわかっている。
8:5 Actually, it has been found that a great majority of teens use online social networking to keep in touch with friends they rarely see in real life.
8:6 この場合は参加型の監視は,他人が分け与えてくれる情報をチェックすることで友人関係を維
持するための方策なのである。
8:6 In this case, participatory surveillance is a way of maintaining friendships by [47](1. hanging on to 2. checking up on 3. getting away with) information that other people share.
8:7 そのような友情は浅いものに思えるが,たくさんの友人と連絡をとり続けるためには便利なや
り方である。
8:7 Such a friendship might seem shallow, but it is a convenient way of keeping in touch with a large circle of friends.
8:8 だからこそ,現代の参加型の監視は,個人の成長やアイデンティティの創造と,実りがあり多
様で広範な社会的つながりを発展させることを可能にするのである。
8:8 Thus, modern participatory surveillance [48](1. gives out 2. takes to . allows for) individual growth and identity creation, and the possibility of developing rewarding and diverse extended social relationships.

[59] According to Albrechtslund, “participatory surveillance” allows social networking users to
1. construct identities through sharing personal information with other users.
2. gain opportunities to deepen friendships with a small group of people.
3. take advantage of all sorts of personal information at low cost.
4. watch over others without exposing themselves to strangers.

・解答 [59]―1
>[59]「アルブレヒツルンドによると,『参加型の監視」は,ソーシャルネットワーキングの利用
者が( )ことを可能にする」 1.「他の利用者と個人情報を共有することを通じて,アイデンティティを構築する」
2.「小さなグループの人たちと,友情を深める機会を得る」
3.「あらゆる種類の個人情報を,低料金で利用する」
4.「知らない人に自分の姿を見せずに,他人を監視する」1は,第8段第1文(According to Albrechtslund …)に該ftする記述がある。2は,同段第7文(Such a friendship …)の,「たくさ んの友人と連絡をとり続けるためには便利なやり方である」と一致しない。3はat low cost|低料金 で」とあるが,金額についての言及は本文中には見られない。4については,「参加型の監視」と は,第7段第4文にあるように,自らも見られることを特徴としているので一致しない。

■ 第7段落
7:1 デンマークにあるオーフス大学のアンダース=アルブレヒツルンドはコミュニケーションとプ ライバシーとウェブ上での倫理に関する著作の中で,インターネットのソーシャルネットワーキ ングに見られるこの新しいタイプの交流のことを「参加型の監視」と呼んでいる。
7:1 In his writings on communication, privacy, and web ethics, Anders Albrechtslund of Aarhus University in Denmark refers to this new type of interaction found in online social networking as “participatory surveillance.
7:2彼は階層的な力関係という概念は,「監視」という語の古典的な解釈のためには極めて重要で
ある,と主張する。
7:2 “He argues that the concept of a hierarchical power relation is [45](1. absent from 2. crucial to
3. opposed to) a classical interpretation of the term “surveillance.”
7:3 この見方によると,監視者は,比喩的には監視される側より高いところにいる。
7:3 From this perspective, the watcher occupies a position metaphorically above the watched.
7:4 しかし,新しい形の監視では,その関係は「平らな」権力構造によって特徴づけられその関係 の中では,監視する側とされる側は,対等な立場なのだ。
7:4 In the new form of surveillance, however, the relation is characterized by a “flat” power structure wherein the watcher and watched are of equal standing.

るのだ,と主張する。
7:5 He extends this notion as far as including modern online social media, arguing that we are all surveilling each other as well as being surveilled ourselves.
7:6 さらに,彼はこの発展はおおむね肯定的なものだと主張している。
7:6 [46](1. Moreover 2. On the contrary . For instance), he argues that this development is largely a positive one.

[58] According to Albrechtslund, which of the following is not true of “participatory surveillance”?
1. It can be extended to users of modern online social media.
2. It is characterized by a lack of hierarchical power relation.
3. It may lead to complete loss of privacy, as exemplified by Orwell’s fiction.
4. It is characterized by flat power relation between the watcher and watched.

・解答 [58]―3
>[58]「アルブレヒツルンドによると,『参加型の監視』について正しくないのは,以下のうちど
れか」 1.「現代のネット上のソーシャルメディアの利用者まで含められ得る」
2.「階層的な権力構造を持たないことによって,特徴づけられる」
3.「オーウェルの小説で書き表されたように,プライバシーの完全な喪失につながるかもしれな
い」

4.「監視する側とされる側の間にある,平らな権力構造によって特徴づけられる」
1は,第7段第5文(He extends this …)「現代のインターネットによるソーシャルメディアが含ま れるところまで拡大し」とある部分に一致するので,正しい。2と4は,同段第4文(In the new form …)に,「『平らな』権力構造によって特徴づけられる」とあり,一致する。3は「プライバ シーの完全な喪失につながる」という記述は本文中にはない。よってこれが正解。

■ 第6段落
6:1 しかし,我々は少なくともインターネット上での新しい情報開放性の一部は自己選択によるも のであり,プライバシーの設定,コメントの管理いくつかのサービスを選択しないことを通じ て,他人に公開する情報への十分な管理能力を持っていることを認識すべきである。
6:1 However, we should recognize that at least some of the new openness of information on the Internet is [40](1. self-employed 2. self-important 3. self-selected) and that people still have a good amount of control over what they reveal to others, through privacy settings, comment moderation, or opting out of certain services.

6:2我々は,個人の意見,才能,風変わりな性質,興味などを,ネット上に公開できることを喜ぶ
人がいることを,忘れるべきではない。
6:2 We should not forget that some people are glad to be able to put their personal opinions, talents, oddities, or interests online.
6:3 そのような人たちは,インターネットが彼らに創造性を表現する手段や,彼らが演技できる舞
台や,前の時代には手に入らなかった会場と観客を与えてくれることで,世界中の人が彼らのこ とを見て評価してくれるのがうれしいのだ。
6:3 They are happy for the whole world to see and judge them, as it gives them [41](1. an outlet for
2. an exhaustion of 3. a retreat from) their creativity, a stage upon which they can perform, a venue and an audience which in previous times would have been unavailable.
6:4 まれなケースではそのようなインターネットの持つ露出性が,職業につながることすらあっ
た。
6:4 In some rare cases, such Internet [42](1. humanism 2. conservatism 3. exhibitionism) has even led to careers.
6:5例えば,ジャスティン=ビーバーは,ユーチューブのおかげで,郊外に住む普通の子どもから世
界的な音楽界のスーパースターになった。
6:5 Justin Bieber, for example, went from being an average suburban kid to being an international music superstar with the help of YouTube.
6:6同様に,レディ=ガガの名声は驚くほどの成功を収めたフェイスブックのページと,他のイン
ターネット上の自己宣伝によって広まった。
6:6 Similarly, Lady Gaga’s fame spread through her incredibly successful Facebook page and other forms of online self-promotion.
6:7 その一方でそのようなインターネット上の活動が,時にマイナスの結果を生じることもあり得
るのだ。例えば,ツイッターのフォロワー全員に,恥ずかしいプライベートでの写真とメッセー ジをうっかり送ってしまい,キャリアを台無しにしてしまったアメリカの政治家アンソニー= ウィーナーの例がそうである。
6:7 [43](1. Simply put 2. As a matter of fact 3.On the other hand), such online activities can sometimes have negative consequences, as in the case of American politician Anthony Weiner, whose career was ruined when he accidentally sent embarrassing private photos and messages to all of his followers on Twitter.

6:8 このように,この新しいタイプの自発的な監視は,諸刃の剣なのである。
6:8 As we can see, this new type of voluntary surveillance is a [44](1. one-dimensional design 2. double-edged sword 3. half-finished tool).

[56] Which of the following best represents the authors opinion about “the new openness of information on the Internet” as mentioned in the 6th paragraph?
1. It makes it impossible to control the amount of personal information available on the Internet.
2. Though it is largely positive, Internet users need to be well-aware of pitfalls at the same time.
3. It prevents Internet users from expanding their potential by sharing their talents and creativity with others.
4. It should be kept to a minimum because people tend to run the risk of ruining their career without being aware of it.

・解答 [56]―2
>[56]「第6パラグラフに述べられているように『インターネット上にある,新しい情報開放性」に 関する著者の意見を最も表しているのは以下のうちのどれか」 1.「インターネット上で入手可能な個人情報の量を管理することを不可能にする」
2.「おおむね肯定的ではあるが,同時にインターネットの利用者は隠れた危険についてもよく 知っておかねばならない」 3.「インターネットの利用者が才能と想像力を他人と分け合うことで潜在能力を高めることを妨
害する」 4.「人々が気づかぬうちに,自分のキャリアを台無しにする危険を冒しがちになるので,最小限 に留めておかれるべきである」 ネット上での情報公開性について,第6段ではまずネット上に公開する個人情報は,かなりの部分 が自己管理できると指摘している。続いてインターネットが表現の場を与えてくれる強力な手段 であり社会的成功に結びつく可能性があることを,実例をあげ指摘している。一方,情報の管理 を誤り社会的地位を失ったアンソニー=ウィーナーの例をあげ,インターネットの持つ危険に対し ても注意を促している。以上のことから判断して,2が一致すると考えられる。1は,第6段第1文
(However,we should …)に,インターネット上に公開する情報に対して,人々はhave a good amount of control「十分な管理能力を持っている」と述べているので,一致しない。3は,ジャス ティン=ビーバーらのようにネットは才能と想像力を共有することを可能にしているので,一致し ない。4に関しては,アンソニー=ウィーナーの例を出して情報管理に対する注意を促してはいる が,「最小限に留めるべきだ」とは述べていない。

■ 第3段落
3:1 「監視」という言葉は,フランス語のsurveillerという言葉に由来するが,単に「見張る
(watch over)こと」と訳される。
3:1 The word “surveillance” comes from the French word surveiller, which translates simply as to “watch over.”
3:2 この訳語は,誰かが人や物を上からじっと見つめている,というイメージを思い起こさせる。
3:2 This translation suggests the image of a person looking carefully at someone or something from above.
3:3 しかし,日常会話と学術的な議論の両方において,「監視」という語は,監視する行為の全般 を意味する,決まった言い方になった。
3:3 But both in ordinary language and academic debate, the word “surveillance” has become the conventional way of describing the activity of monitoring in general.

3:4人々が英語の”surveillance”を使う時は,ほとんど常に否定的な含意を持つ。
3:4 When people use the word “surveillance” in English, it almost always has a negative [34] (1. campaign 2. assumption 3. connotation).
3:5例えば,「警察が犯罪者を監視中だ」とか「政府はテロの容疑者を追跡するために,ハイテク
の監視システムを使った」などと耳にするかもしれない。
3:5 One may hear, for example, “the police have a criminal under surveillance” or “the government used a high-tech surveillance system to follow a suspected terrorist.”
3:6 そのイメージは,たいていは誰かが社会に対して良からぬことを企んでいると疑って,その行 動を密かに見る,といったものであろう。
3:6 The image is often that of secretly viewing someone’s activities, suspecting that they are up to something harmful to society.
3:7 このマイナスのイメージは,ネット上のソーシャルネットワーキングの場合にもあてはまる。
3:7 This negative image [35](1. holds true 2. fades away 3. goes off) in the context of online social networking.
3:8 ネット上の監視は,しばしばスパイ行為やプライバシーの侵害に結びつけられる。そして,監
視に関連するものは可能な限り,すべて避けられるべきだという考えが広まることになった。
3:8 Online surveillance is frequently associated with spying and privacy invasion, and it has become a [36](1. preliminary 2. prevalent 3. privileged) view that everything related to it should be avoided if at all possible.

[53] According to the article, which of the following is not true of the word “surveillance”?
1. It is etymologically associated with the French word for “watching over.”
2. It is now used in reference to monitoring activities in general.
3. It is likely to evoke negative reactions from people rather than positive ones.
4. It is mainly used in the literal sense of looking at someone or something from above.

・解答 [53]―4
>[53]「記事によると『監視」という言葉について正しくないのは以下のうちのどれか」 1.「語源的には,フランス語のwatching over(見張ること)にftたる言葉と関連がある」
2.「現在では監視をする行為全般に対して使われている」
3.「おそらく肯定的な反応よりも否定的な反応を人々から引き出すであろう」
4.「人や物を上から見るという文字通りの意味で主に使われる」
1は,第3段第1文(The word “surveillance” …)に一致する。2は同段第3文(But both in …)に一 致する。3は同段第4文(When people use …)に一致する。4については,同段第2文(This translation suggests …)と続く第3文(But both in …)の,“watch over”には,誰かが人や物を上 からじっと見つめている,というイメージがあるが,監視する行為の全般を表現する言い方に なったという主旨の記述と矛盾する。よって,これが正解。

■ 第5段落
5:1 テロの問題を考えるなら,テロリストには,軍事力はほんのわずかしかないが,彼らは多くの
「ソフトパワー」をもっている。人々を引きつけ説得する力である。
5:1 If you think of the problem of terrorism, terrorists have very little military power, but they have a lot of “soft power”―the ability to attract and persuade people.

5:2 それで,ビン=ラディンは,ワールドトレードセンターに飛び込んだ人々の頭に銃を突きつけ たわけではなかった。
5:2 [12](1. So 2. Nonetheless 3. However), Bin Laden did not point a gun at the head of the people who flew into the World Trade Center.
5:3彼らに金を支払ったりもしなかった。
5:3 He did not pay them.
5:4彼はその人たちを「脅威にさらされているイスラム」とイスラムを浄化する必要があるという
彼の物語によって引きつけたのである。
5:4 He attracted them by his narrative of “Islam under threat” and the need to purify Islam.
5:5 それが興味深いのは,それはつまり,こうしたことに対処しようとすると,私たちが誤って,
単に軍事力あるいは経済力だけでこれを解決できると考えるかもしれないということになるから
である。
5:5 That is interesting because it means that as we then try to [13(1. come up 2. get away 3. cope) with this, we may make the mistake of thinking that we can solve this by military or economic power alone.
5:6 もしも力というものが自分の望む結果を手に入れる能力のことであるなら,強制や脅迫,いわ ば「ムチ」によってそうすることもできるだろう。
5:6 If power means the ability to get the outcomes you want, you could do this through coercion, threats, so-called “sticks.”
5:7 「ニンジン」という報酬によってそうすることもできるだろう。
5:7 You could do it with payments you might call [14](1. “lemons.” 2. “whips.” 3. “carrots”.)
5:8 あるいは誘惑と説得によってそうすることもできるだろう。
5:8 Or you could do it with attraction and persuasion.
5:9 また,情報時代にあっては,ソフトパワーの役割がもつ重要性は高まっている。
5:9 And in an information age, the role of soft power is increasing in its importance.
5:10今やそれは,私たちに必要なのは,力についての新たな考え方だということなのである。
5:10 Now that means that what we need is a new way of thinking about power.
5:11高名な英国の歴史学者A. J. P.テイラーは,19世紀のヨーロッパ支配権を巡る闘争に関する書物
を著した人物であるが,彼は大国を戦争で勝てる国であると定義した。
5:11 The famous British historian A.J.P. Taylor, who wrote a book about the struggle for mastery of Europe in the 19th century, defined a great power as a country that was able to prevail in war.
5:12 しかし,21世紀にあっては,力とは何なのかに関するそうした限定的な考え方を乗り越えて いかなければならないし,それを,はるかに3次元的なものであり,軍事力のみならず経済力もソ フトパワーも含まれているものだと見なければならない。
5:12 But we have to [15](1. put up with 2. go beyond 3. cling to) that limited way of thinking about what power means in the 21st century, and see it as much more three-dimensional, as including not only military power but also economic power and also soft power.

[25] The author of the article defines “soft power” as the ability to
1. win others’ hearts and minds.
2. threaten others to make them act in a certain way.
3. provide funds to change others’ minds.
4. effectively combine military and economic power.

・解答 [25]―1
>[25]「本文の筆者は『ソフトパワー』を( )する能力だと定義している」 1.「他者の心と頭を勝ち得る」
2.「他者を脅かして一定の仕方で行動させる」
3.「他者の心を変える資金を提供する」
4.「効果的に軍事力と経済力を結合する」
第5段第1文に「『ソフトパワー」,すなわち,人々を引きつけ説得する力」と明確に述べられて
いる。よって,それに最も近い1が正解だとわかる。

■ 第3段落
3:1権力分散とはどういう意味なのかを一言述べておこう。
3:1 Let me say a word about what I mean by power diffusion.
3:2 それは技術とりわけ情報技術が国際問題に参加する費用にどう影響しているのかという観点か ら理解するのが最もよい。
3:2 That is best understood in terms of the way technologies, and particularly information technologies, are [4](1. increasing 2. sustaining 3. affecting) the costs of participating in international affairs.

3:3 コンピュータの能力の価格は1970年から2000年までに1000分の1に減少した。
3:3 The price of computing power declined a thousand-fold from 1970 to 2000.
3:4 これは異常な数字であり,あまりにも大きいので,それがどういうことなのかをつかむのは難
しい。
3:4 That is an extraordinary number, so big that it is hard to know what it means.
3:5 これを考える最善策は,もし自動車の価格がコンピュータの能力の価格と同じくらい急速に下 落していたら,今日では自動車を,例えば,1万円で買うことができることになってしまうという
ことだ。
3:5 The best way to think of this would be that if the price of an automobile had declined as rapidly as the price of computing power, you should be able to buy an automobile today, for, lets say, 10,000 yen.
3:6 それはまさに異常な変化である。
3:6 It is [5](1. just 2. hardly 3. nonetheless) an extraordinary change.
3:7物の価格がそれほどに下落すると,参入障壁がなくなる。
3:7 When the price of something declines that much, it removes the barriers to entry.
3:8以前は政府や大企業専用だったことを,今ではそうでない者ができるのである。
3:8 Now others can do what previously was [6](1. prepared 2. reserved 3. preserved) for governments or big corporations.
3:9 もし1970年に東京からニューヨーク,ロンドン,ヨハネスバーグまで瞬時に通信したければ
できることはできた。
3:9 If you wanted to communicate instantaneously from Tokyo to New York to London to Johannesburg in 1970, you could do that.
3:10技術的には可能だったがしかしきわめて高価だった。
3:10Technologically you could do it, but it was very, very expensive.
3:11今では誰でもできるし,ほとんど無料である。
3:11 [7](1. Still 2. Now 3. However), anybody can do it and it is virtually free.
3:12 スカイプがあれば,料金は要らない。
3:12 If you have Skype, it is free.

[23] The author of the article refers to information technologies in the 3rd paragraph in order to
1. demonstrate how their development has been influenced by power diffusion.
2. illustrate how their development has facilitated power diffusion.
3. criticize the close ties with governments or big corporations.
4. celebrate the changes of everyday life brought by their development.

・解答 [23]―2
>[23]「本文の筆者が第3段で情報技術に言及しているのは( )するためである」 1.「情報技術の発達が権力分散によってどのように影響を受けてきたのかを証明する」
2.「情報技術の発達が権力分散をどのように容易にしたかを例証する」
3.「政府あるいは大企業との緊密な結合を批判する」
4.「情報技術の発達によってもたらされた日常生活の変化を称賛する」
第3段では,情報技術の発達によって,以前は政府や大企業に独占されていた情報通信が,広く行
き渡ることになり,権力分散が起きたと述べられている。そのような主旨に合致するのは2であ る。

■ 第8段落
8:1世界恐慌時のアメリカ大統領フランクリン=ルーズベルトは,「私たちに恐怖そのもの以外,恐
れるものはない」と語った。
8:1 The American president Franklin Roosevelt at the time of the Great Depression said, “We have nothing to fear but fear itself.”
8:2 ことによると21世紀の方に目を向けるとき,最も厄介なことの一つは,恐怖そのものなのだと
言わなくてはいけないのかもしれない。
8:2 Perhaps as we turn to the 21st century, we should say one of the most worrisome things is fear itself.

8:3私たちが全体的な権力の分配について均衡のとれた評定を保持し,私たちが直面するこうした
共通の難題に対処する方法を見出すことができるなら――ここで私たちとは,アメリカ合衆国, 日本,中国,ヨーロッパなどのことであるが――私たちは本当に,双方が得をする状況を手にで きるだろう。
8:3 If we can keep a balanced [19](1. assembly 2. assortment 3. assessment) of the overall distribution of power, and figure out ways to deal with these common challenges that we face―we,
meaning the United States, Japan, China, Europe and others we can indeed have a [20](1. win-win
2. win-lose 3. lose-lose) situation.

[29] Which of the following best reflects the argument of the article?
1. More military power is needed in order to speed up power transition.
2. More soft power is needed in order to slow down power diffusion.
3. Politicians are well-aware of the possible dangers that fear creates in world politics.
4. Fear will make both power transition and power diffusion more difficult.

・解答 [29]―4
>[29]「次のうちどれが本文の議論を最もよく反映しているか」 1.「権力移行を加速するにはより多くの軍事力が必要である」
2.「権力分散を減速するにはより多くのソフトパワーが必要である」
3.「政治家は、世界政治に恐怖が生み出しうる危険についてよく知っている」
4.「恐怖は権力移行と権力分散の両方をより困難なものにするだろう」
1と2については、本文にそうした記述はない。3については、最終段第2文に「最も厄介なことの 一つは、恐怖そのものなのだと言わなくてはいけないのかもしれない」とあるところから、「恐 怖のもつ恐怖」が政治家に周知されているとは筆者は考えていないことが読み取れる。4は第6段 第1・2文や第7段第1文、および最終段の筆者の指摘とよく一致するので、正解といえる。

■ 第10段落
10:1 サンデル:私が懸念するのは遺伝子工学そのものではなく、激化する競争社会における社会 的、文化的な姿勢を伴った新しい遺伝子工学の利用可能性なのです。
10:1 MS: What worries me are not the genetic technologies by themselves but the availability of new genetic technologies together with social and cultural attitudes in an increasingly competitive society.
10:2大問題になるのは、この組み合わせです。
10:2 It is this combination that is so troubling.
10:3私は遺伝学における技術革新は、医療や、苦痛の緩和にとっては大いに喜ぶべきことだと考え
ています。
10:3 I should emphasize that I consider breakthroughs in genetics a great blessing for medicine and for the relief of [14](1. debt 2. suffering 3. oppression).

10:4私が心配するのは、遺伝子工学の医療以外での利用なのです。
10:4 My concern is with non-medical uses of genetic technologies.
10:5私は遺伝学の研究や技術革新を抑制したくはありません。
10:5 I would not want to restrain research and breakthroughs in genetics.
10:6 それどころか、それらは健康にとっては極めて大切です。
10:6 [15](1. Likewise 2. In the meantime 3. On the contrary), they are crucially important for health.
10:7私が心配なのは、健康を促進するために考案された科学技術が、医療とは関係のない目的に使
われ。消費主義社会において競争の道具にされてしまうことなのです。
10:7 My concern is when technologies that were designed for promoting health are used for non- medical purposes, and are turned into instruments of competition in a consumer-driven society.
10:8 これらの道徳的な懸念は、ナチスドイツの優生学の歴史に遡ります。
10:8 These moral concerns go back to the history of eugenics in Nazi Germany.

10:9 そのft時、優生学は生殖における強制と国家による管理に関わるものでした。
10:9 Eugenics was then associated with coercion and state control of reproduction.
10:10今日、優生学は復活しつつありますが、国家による強制はありません。
10:10 Today it is making a comeback, but without state coercion.
10:11現在では民営化された、自由市場における優生学という形になります。
10:11 It’s now in the form of privatized, free-market eugenics.
10:12私は優生学には、国家による強制がなくても道徳的に問題があると思います。なぜなら現在 では、優生学的な野望は、競争社会においては、消費主義に結びつけられるからです。
10:12 I think that eugenics is morally troubling even without the state coercion because now the eugenic [16](1. completion 2. prohibition 3. ambition) is connected to consumerism in a competitive society.
10:13 だから親は、競争社会で子どもを優位に立たせるためには遺伝子工学を用いなくては、とい
う圧力をますます強く感じるのです。
10:13 So, parents will feel increasing pressures to resort to genetic engineering in order to give their children a leg up in a
competitive society.

10:14私が心配なのは、この組み合わせなのです。
10:14 It’s this combination that worries me.

[26] The term “a leg up” in the 10th paragraph can be taken to mean
1. a competition.
2. an advantage.
3. a higher purpose.
4. a medical condition.

・解答 [26]―2
>[26]「第10パラグラフの“a leg up” という語句は,( )を意味するために用いられてい
る」 1.「競争」
2.「優位性,強み」
3.「より高い目的」
4.「病状」
A leg upを含む第10段第13文 (So,parents will…) のin order to give their children a leg upは, 競争社会において,親が遺伝子工学を用いる目的を述べた部分である。「子どもに( ) を与えるために」の空欄を埋める問題だと考えれば,2が正解。

[27] According to the article, which of the following best represents Sandel’s position?
1. Competition among parents is morally wrong, whereas competition among young people is to be highly encouraged.
2. Competition is part of modern life, and therefore parents should be allowed to use genetic technologies to create perfect children.
3. In a competitive society, parents may want to genetically enhance their children, but it is morally questionable.
4. Parents are encouraged to use genetic technologies for their children so that they may become winners in a competitive society.

・解答 [27]―3
>[27]「この文章によると,サンデルの立場を最もよく表しているのは以下のどれか」 1.「親どうしの競争は道徳的に問題があるが,その一方で若者どうしの競争は大いに奨励される
べきだ」 2.「競争は現代の生活の一部であり,それゆえ親は完璧な子どもを作り出すために遺伝子工学を
用いることを認められるべきだ」 3.「競争社会では,親は子どもを遺伝子的に強化したいと考えるかもしれないがそれは道徳的に
問題がある」 4.「親は子どもが競争社会において勝者となるように彼らのために遺伝子工学を使うことを奨励 されている」
第10段第7文(My concern is…)によると,サンデルは,遺伝子工学が「医療とは関係のない目的
に使われ,消費主義社会において競争の道具にされてしまう」ことを心配している。次の同段第8
文(These moral concerns…)にmoral concerns「道徳的な懸念」とあり,サンデルの心配は道徳面で の懸念だとわかる。この部分が3に一致する。1は,親どうしの競争や若者どうしの競争について の良し悪しは,本文中では言及されていない。2と4は,子どもに対する医療目的でない遺伝子工 学の使用に賛成しているので,サンデルの意見とは正反対である。

[30] Which of the following is in accordance with Sandel’s opinion regarding genetic technologies?
1. Though useful to humankind, when misused, genetic technologies can cause problems.
2. Genetic technologies are extremely dangerous and should be suspended immediately.
3. Genetic technologies may help humanity, but they can also cause serious illnesses.
4. The use of genetic technologies should create perfect children, but it is expensive.

・解答 [30]―1
>[30]「遺伝子工学に関するサンデルの意見と一致するのは,以下のどれか」 1.「人類にとっては有用だが,使い方を誤ると,遺伝子工学は問題を引き起こす可能性がある」
2.「遺伝子工学は極めて危険なので,即刻中止されるべきだ」
3.「遺伝子工学は人間の役に立つかもしれないが,同時に深刻な病気を引き起こす」4.「遺伝子工
学の利用は完全な子どもを作り出すはずだが, 高価である」
第10段第3文 (I should emphasize…) や同段第5文 (I would not…) にあるように, サンデルは遺 伝学の進歩に対して反対なのではなく, 医療等のために利用することには賛成である。彼が懸念 するのは, 同段第4文 (My concern is with…) や続く第7文 (My concern is when…) にあるよう に, 「遺伝子工学が医療目的以外に使われること」であり,それが消費者中心の社会で, instruments of competition「競争のための道具」に使われ,道徳的な問題を引き起こすことを心配し ている。よって,サンデルの意見と一致するのは1である。2については,上記の通りサンデルは
「遺伝子工学が危険だ」とも「即刻中止すべきだ」とも言っていないので不一致。3は「深刻な病 気を引き起こす」という記述が,本文中にない。4は「完全な子どもを作り出す」という記述が本 文にはない。

■ 第10段落
10:1 サンデル:私が懸念するのは遺伝子工学そのものではなく、激化する競争社会における社会 的、文化的な姿勢を伴った新しい遺伝子工学の利用可能性なのです。
10:1 MS: What worries me are not the genetic technologies by themselves but the availability of new genetic technologies together with social and cultural attitudes in an increasingly competitive society.
10:2大問題になるのは、この組み合わせです。
10:2 It is this combination that is so troubling.
10:3私は遺伝学における技術革新は、医療や、苦痛の緩和にとっては大いに喜ぶべきことだと考え
ています。
10:3 I should emphasize that I consider breakthroughs in genetics a great blessing for medicine and for the relief of [14](1. debt 2. suffering 3. oppression).

10:4私が心配するのは、遺伝子工学の医療以外での利用なのです。
10:4 My concern is with non-medical uses of genetic technologies.
10:5私は遺伝学の研究や技術革新を抑制したくはありません。
10:5 I would not want to restrain research and breakthroughs in genetics.
10:6 それどころか、それらは健康にとっては極めて大切です。
10:6 [15](1. Likewise 2. In the meantime 3. On the contrary), they are crucially important for health.

10:7私が心配なのは、健康を促進するために考案された科学技術が、医療とは関係のない目的に使 われ。消費主義社会において競争の道具にされてしまうことなのです。
10:7 My concern is when technologies that were designed for promoting health are used for non- medical purposes, and are turned into instruments of competition in a consumer-driven society.
10:8 これらの道徳的な懸念は、ナチスドイツの優生学の歴史に遡ります。
10:8 These moral concerns go back to the history of eugenics in Nazi Germany.

10:9 そのft時、優生学は生殖における強制と国家による管理に関わるものでした。
10:9 Eugenics was then associated with coercion and state control of reproduction.
10:10今日、優生学は復活しつつありますが、国家による強制はありません。
10:10 Today it is making a comeback, but without state coercion.
10:11現在では民営化された、自由市場における優生学という形になります。
10:11 It’s now in the form of privatized, free-market eugenics.
10:12私は優生学には、国家による強制がなくても道徳的に問題があると思います。なぜなら現在
では、優生学的な野望は、競争社会においては、消費主義に結びつけられるからです。
10:12 I think that eugenics is morally troubling even without the state coercion because now the eugenic [16](1. completion 2. prohibition 3. ambition) is connected to consumerism in a competitive society.
10:13 だから親は、競争社会で子どもを優位に立たせるためには遺伝子工学を用いなくては、とい う圧力をますます強く感じるのです。
10:13 So, parents will feel increasing pressures to resort to genetic engineering in order to give their children a leg up in a
competitive society.

10:14私が心配なのは、この組み合わせなのです。
10:14 It’s this combination that worries me.

[25] Which of the following best represents Sandel’s thoughts on modern eugenics?
1. It should be promoted only under the guidance by the government.
2. It can be of some use in a consumer-driven, free-market society.
3. It is problematic on ethical grounds especially in a consumer-driven society.
4. It should be promoted without state coercion in order to create designer children.

・解答 [25]―3
>[25]「現代の優生学に対するサンデルの考えを最もよく表しているのは以下のどれか」 1.「優生学は政府の指導の下でのみ推進されるべきだ」
2.「消費者中心の自由市場社会では役に立つ可能性がある」
3.「特に消費者中心社会では,倫理的見地から問題がある」
4.「デザイナー=チルドレンを作るためには,国家の強制なしで推進されるべきだ」
modern eugenics「現代の優生学」については,第10段第12文 (I think that…) に,「国家によ る強制がなくても道徳的に問題があると思います」とあることから,サンデルは否定的立場だと わかる。その理由は,同文のbecause以下に「競争社会においては,消費主義に結びつけられるか ら」と述べられている。よって内容が一致するのは,3である。他の選択肢は,優生学を肯定的に とらえているので一致しない。

9:1男女の賃金格差を説明するのに効いてくる第二の要因は,職業選択ということである。
9:1 The second factor at work in explaining male-female wage differences is occupational selection.
9:2女性に比べ,男性は危険だったり,不快だったりする有給雇用に集まる傾向がある。
9:2 Compared to women, men tend to be concentrated in paid employment that is dangerous or unpleasant.

9:3商業的漁業,建設,警察,消防,トラックの運転,採掘などは,ほんの一例に過ぎないが,こ れらは平均よりはるかに危険であり,男性が優勢な職業である。
9:3 Commercial fishing, construction, law enforcement, firefighting, truck driving, and mining, to name but a few, are occupations that are much more dangerous than average and are dominated by men.
9:4結果として,業務中の全死者の92%が男性である。
9:4 As a result, men represent 92 percent of all occupational deaths.
9:5危険な業務では,いわゆる補償的差額,つまり,仕事中に亡くなったり,怪我をしたりする特
別な危険を引き受けることに対する割増賃金が提供される。
9:5 Hazardous jobs offer what is known as a compensating differential, extra pay for [46] (1. avoiding 2. assuming 3. allowing) the differential risk of death or injury on the job.

9:6釣り合いがとれていると,こうした割増賃金は危険の増加分を埋め合わせるにすぎない。
9:6 In equilibrium, these extra wages do no more than offset the extra hazards.
9:7 だから,実測賃金は職業の教育面やその他の要件に比して,高く見えるけれども,見かけはft
てにならないのである。
9:7 So even though measured earnings look high relative to the educational and other requirements of the jobs, appearances are deceiving.
9:8危険に応じた調整をした後では,その給与の価値は実際は,それほど危険でない雇用を上回る
ことはまったくないのであるが,高額の給料の見かけは,測定された性差に寄与するのである。
9:8 After [47] (1. adjusting for 2. minimizing 3. dealing with) risk, the value of that pay is really no greater than for less hazardous employment―but the appearance of higher pay contributes to the measured gender gap.

[58] Which of the following accords with the authors claim about male-female wage differences with respect to occupational selection ?
1. Men take dangerous jobs more often than women, and as a result, men receive more money than women, thus yielding an obvious advantage for men.
2. Men receive extra wages for dangerous jobs, and the appearance of higher pay gives us a false impression that their wages are higher than women’s.
3. If women select dangerous and unpleasant jobs, they will receive the same pay as men receive for such jobs.
4. We will take it for granted that there exist gender differences in wages as long as men tend to work in hazardous situations.

・解答 [58]―2
>[58] 「次のうちどれが職業選択にかかわる男女間賃金格差に関する筆者の主張に合致している
か」
1. 「男性は女性より危険な仕事に就く頻度が高く,その結果,男性は女性より受け取る金額が高 くなり,よって男性の方が明らかに有利となる」
2. 「男性は危険な仕事の分の割増賃金を受け取るので,賃金が高めだという見かけは,男性の賃
金は女性より高いという誤った印象を与える」
3. 「もし女性が危険で不快な仕事を選べば,女性はそのような仕事で男性が受け取るのとまった く同じ給与を受け取るだろう」
4. 「男性が危険な状況で働く傾向がある限り,給料に性差があるのはft然のことだと考えるだろ
う」
職業選択について記述されるのは,第9段(The second factor … )である。それぞれの選択肢につ いて,検討していこう。1については,第2文(Compared to women. . . ),第5文(Hazardous jobs offer…)に「女性に比べ,男性は危険だったり,不快だったりする有給雇用に集まる傾向があ る」「危険な業務では,…割増賃金が提供される」とあって,前半はそのとおりだが,後半の
「有利」という記述はない。よって誤り。2については,最終文に「その給与の価値は実際は,そ

れほど危険でない雇用を上回ることはまったくないのであるが,高額の給料の見かけは,測定さ れた性差に寄与する」とあって,要するに「見かけは別にして,実際は同じ」という本文の主張と, 同趣旨である。よって,正解。3については,本文に「女性が危険で不快な仕事を選べば…」と いった語述はない。よって,筆者の主張に沿ったものだとは言えない。4については,「給料に性 差があるのは当然」という主張であるが,そもそも筆者の主張は「なぜ賃金に性差が存在するの か」についてであるので,筆者の王張からは遠い記述であると判断できる。

■ 第6段落
6:1何が起きているのかがかいま見え始めるのは、経済学者が個別の会社の給料支払い記録を調べ
て、会社の位置、労働の種類、被用者責任、その他の要因に関して具体的かつ詳細に記された、 実際の従業員情報を用いるときである。
6:1 A hint of what might be going on begins to emerge when economists study the payroll records of individual firms, using actual employee information that is specific and detailed regarding location of the firm, type of work, employee responsibilities, and other factors.
6:2 こうした分析で、いわゆる男女間賃金格差がはるかに小さく、たいていたったの5%であり、
また多くの場合、格差はまったくないことが明らかになる。
6:2 These analyses reveal that the so-called wage gap between men and women is much smaller―typically [38] (1. as much as 2. no more than 3. no less than) 5 percent―and often there is no gap at all.
6:3会社の段階のデータと全国データ間の際だった対立が示唆するのは、あからさまな性差別以外
に、ここでは何かが作用しているらしいということである。
6:3 The sharp contrast between firm-level data and nationwide data suggests that something may be at work here besides outright gender discrimination.

[56] What does the comparison between the nationwide data and the payroll records of individual firms show in relation to the wage difference between men and women?
1. Both data confirm that women receive 20 percent less wages than men.
2. The gender difference alone does not account for the wage difference between men and women.
3. The firm-level data are too specific to generalize about gender discrimination in terms of wages.
4. Different interpretations of the data are possible according to the location of the firm, the type of work, employee responsibilities and other factors.

・解答 [56]―2
>[56] 「全国的なデータと個別の会社の給料支払い記録の間の比較によって,男女間の賃金の差異 に関連して何が示されているか」
1. 「双方のデータとも,女性は男性に比べて,受け取る賃金が20%低いことを証明している」
2. 「性差だけでは,男女間の賃金の差異は説明がつかない」
3. 「会社段階のデータは具体的すぎて,賃金に関しての性差別を一般化することはできない」
4. 「会社の位置,労働の種類,従業員の責任,その他の要因に応じてデータのさまざまな解釈が
可能である」
「全国的なデータと個別の会社の給料支払い記録」についての記述は,第6段にある。その最終文 に「…データ間の際だった対立は,あからさまな性差別以外に,ここでは何かが作用しているら しいということを示唆している」とある。これは,選択肢2と同趣旨の記述である。よって,正解
は2だとわかる。

■ 第7段落
7:1 その何かは、実際は3つである。
7:1 That something is actually three things.
7:2第一に、女性の賃金は、子どもがいるかどうかに対してきわめて敏感に反応する。

7:2 First, women’s pay is extremely sensitive to whether or not they have children.
7:3 たとえば、英国では、この問題が集中的に研究されているが、同国では女性が得る平均賃金は 第1子の誕生の少し前に下がり始め、その子がティーンエイジャー(13〜19歳)になるまで下落し 続ける。
7:3 In Britain, for example, where this issue has been studied intensively, the average pay earned by a woman begins to fall shortly before the birth of her first child and continues to drop until the child becomes a teenager.
7:4収入は第1子が20歳くらいを過ぎると回復し始めるとはいえ、完全に元どおりになることは決し
てない。
7:4 Although earnings begin to [39] (1. revive 2. accumulate 3. level off) once the first child passes the age of twenty or so, they never fully recover.

7:5母親となることに関連する収入減は3分の1近くになり、子どもの巣立ち後に回復するのは、そ
の下落の3分の1でしかない。
7:5 The earnings drop associated with motherhood is close to one-third, and only one-third of that drop is regained after [40] (1.. the bottle 2. the container 3. the nest) is empty.
7:6 アメリカのデータは、大西洋のこちら側でも同様の傾向が存在することを示唆している。
7:6 American data suggest that the same pattern is present on [41] (1. the coverage 2. this side 3. the region) of the Atlantic.
■ 第8段落
8:1女性が被る出産賃金減少はさまざまな原因から生じる。
8:1 The parenthood pay declines suffered by women stem from a variety of sources.
8:2責任と労働時間の減少を伴う「ママさん路線」に乗せられる人もあれば、最初の子どもが生ま
れた頃に異なる雇用者のもとに移って、より柔軟な労働時間が提供されるが、その分、低賃金に もなる仕事をする人もいる。
8:2 Some are [42] ( 1. put on 2. put out . put off) the “mommy track,” with reduced responsibilities and hours of work; others move to different employers around the time their first child is born, taking jobs that offer more flexible work schedules but offer [43] (1. characteristically 2. unduly 3. correspondingly) lower pay as well.
8:3全体に、平均的な技能があり、24歳で子どもをもつ女性は、職歴を通じて受け取る報酬が子ど
ものいない人に比べて,100万ドル近く少なくなると予想できる。
8:3 Overall, a woman with average skills who has a child at age twenty-four can expect to receive nearly $1 million less compensation over her career, [44] (1. as 2. compared to 3. over) one who remains childless.
8:4男性では,同様の影響が見られないことは,強調しておく価値がある。
8:4 It is worth emphasizing that no similar effect is observed with men.
8:5 それどころか,実は子どもをもつ男性は子どもをもたない男性よりも多くの給与を支払われて いることを示す多少の証拠もある。
8:5 In fact, there is some evidence that men with children are actually paid more than men without children.
8:6 こうした知見から強く示唆されるのは,大半の人には何ら驚くことのない事実,つまり,女性 が幅広く労働力に加わったにもかかわらず,女性は家庭での子どもの世話に第一義的責任を保持 しており,その結果,職業があおりを受けるということである。
8:6 These findings strongly suggest a fact that will [45] (1. consider 2. show 3. come) as no surprise to most people: Despite the widespread entry of women into the labor force, they retain the primary responsibility for child care at home, and their careers suffer as a result.

[57] According to the 7th and 8th paragraphs, which of the following is correct about the relationship between motherhood and women’s pay ?
1. In Britain, having a child is a major cause for the drop of women’s pay, while in America, the situation is less obvious.

2. Women’s earnings start to drop after the birth of a child and go up gradually until they reach the original level.
3. Women with children are paid less than women without children because the former prefer more flexible work schedules.
4. With the entry of more women in the labor force, the wages of women with children will naturally increase.

・解答 [57]―3
>[57] 「第7・8段によれば,母親になることと女性の賃金との関係について,次のうちどれが正し
いか」
1. 「英国では,子どもをもつことは女性の賃金の下落の主要原因であるが,一方アメリカでは,
状況はそれほど明瞭ではない」
2. 「女性の収入は子どもの誕生後に下落し始め,それから徐々に上昇してもとの水準にまで達す
る」
3. 「子どものいる女性は子どものいない女性より給与が低い。なぜなら前者はより柔軟な勤務時
間を望むからである」
4. 「より多くの女性が労働力に加わるにつれて,子どものいる女性の賃金はft然増加するだろ
う」 1については,第7段最終文に「アメリカのデータは、大西洋のこちら側(=つまりアメリカのこ と)でも同様の傾向が存在することを示唆している」とあるので誤り。2については,第7段第4文
(Although earnings begin … )後半に「完全に元どおりになることは決してない」とあるので, 誤り。3については,第8段第1文後半の「最初の子どもが生まれた頃に異なる雇用者のもとに移っ て,より柔軟な労働時間が提供されるがその分,低賃金にもなる仕事をする人もいる」という記 述に一致している。よって,正解。4については,第8段最終文の「女性が幅広く労働力に加わっ たにもかかわらず女性は家庭での子どもの世話に第一義的責任を保持しており,その結果,職業 があおりを受ける」という記述に反している。よって誤り。

■ 第10段落
10:1 これらの軸索は、実質的にはすでに配置されている。
10:1 These axons are already essentially [48] (1. in place 2. in touch 3. in shape).
10:2 HTMLやTCP/IPのような情報伝達のための世界共通のプロトコルは、台頭する世界脳が持つ 神経伝達物質である。
10:2 Universal protocols for information transfer such as HTML and TCP/IP are the neurotransmitters of the emerging global brain.
10:3 まもなく、英語や中国語やスペイン語のような少数の有力な言語が、世界的な情報伝達を可 能にするであろう。
10:3 Soon a few dominant languages like English, Chinese and Spanish will provide for universal information exchange.
10:4 グーグルやウィキペディアのような強い連結力を持った集合体が、他のすべての情報の集ま りが適応しなければならない脳幹の核の役割を果たすことになるだろう。
10:4 Well-connected collective entities like Google and Wikipedia will play the role of brainstem nuclei to which all other information nexuses must [49] (1. apply 2. adapt 3. distribute).

[59] With regard to universal protocols as mentioned in the 10th paragraph, which of the following is true?
1. Diplomatic protocols help make political treaties more universal.
2. Universal protocols make it possible to translate any message into English, Chinese or Spanish.
3. Without a common language and agreed-upon way to transfer information, data cannot be shared.
4. Without universal protocols, only a few languages dominate over the others.

・解答 [59]―3
>[59] 「第10段で述べられている世界的プロトコルに関して正しいのは以下のどれか」

1. 「外交上のプロトコルは、政治条約をより普遍的にすることを助ける」
2. 「世界共通のプロトコルは、いかなるメッセージでも英語、中国語,またはスペイン語に翻訳
することを可能にする」
3. 「共通の言語と、情報を伝達するための合意ずみの方法がなければデータを共有することはで
きない」
4. 「世界共通のプロトコルなくしては、こく少数の対して優位になる」
第10段では、インターネット時代の情報伝達に必要なものとして、HTMLやTCP/IPのような普遍的
なプロトコル、英語・中国語・スペイン語といった有力な言語、グーグルやウィキペディアのよう な連結力の強い集合体の3つが挙げられている。3にあるagreed-upon way to transfer information「情 報を伝達するための合意ずみの方法」とは、プロトコルを指すと考えられるので、3が正解であ る。1は本文に該当する記述がない。プロトコルによって情報を翻訳する、という記述もないため 2は不適。4は、プロトコルがあることと、こく少数の言語が有利になることの関係を述べた記述 は本文中に見られない。

■ 第5段落
5:1我々の体は、何十億の半独立細胞を統合することによって起こる組織的な問題を解決するうえ で基本的に2通りのやり方を持っている。
5:1 Our bodies have essentially two ways of solving the organizational problems raised by coordinating billions of semi-independent cells.
5:2 ホルモンにおいては、主制御細胞が他の細胞すべてが従わなければならない影響力を持つ信号
を発信する。
5:2 In hormonal systems, master control cells broadcast potent signals all other cells must obey.

5:3 ホルモンは体の細胞に入り、細胞核を貫いて、直接遺伝子発現を制御する。
5:3 Hormones enter the body’s cells, penetrating their nuclei and directly controlling gene expression.
5:4 ホルモンは、ものすごく強い力を持った独裁者のようで、すべてが従わなければならない全体
に向けた命令を下す。
5:4 The hormonal system is like an [38] (1. intimately 2. immensely 3. intricately) powerful dictatorship, issuing sweeping orders that all must obey.

[56] Which of the following is in agreement with the authors argument?
1. All cells in one body receive all hormonal signals.
2. Hormonal communication works similarly to neuronal communication.
3. Neuronal signals support broadcast communication.
4. Neurons and hormones work together.

・解答 [56]―1
>[56] 「筆者の主張と一致するのは以下のいずれか」
1. 「ある個体のすべての細胞はすべてのホルモンの信号を受け取る」
2. 「ホルモン型のコミュニケーションは、ニューロン型のコミュニケーションと同じように機能
する」
3. 「ニューロンの信号は、放送通信を助ける」
4. 「ニューロンとホルモンは、一緒に機能する」
第5段第2文 (In hormonal systems … )にある通り、ホルモン型の情報伝達では「主制御細胞
(mastercontrolcells)」がすべての細胞に対して信号を発する、という主旨の記述がある。よって、 1が正解。2については第5段でホルモン型、第6段でニューロン型のコミュニケーションの説明が されているが、対比的に記述されており、同じように機能するとは言えない。3に関する記述は本 文中にない。4も本文中にはホルモンとニューロンが「一緒に機能する」という記述はない。

■ 第6段落
6:1家族から離れて別々の環境にいるときには,年上のきょうだいが横柄な可能性も,年下のきょ
うだいが反抗的な可能性も,他の人と同じ程度でしかない。
6:1 When they are away from their families―in different contexts―older siblings are no more likely to be domineering and younger siblings no more likely to be rebellious than anyone else.

6:2生まれた順番に関する神話は,実際にあるFAEの一例なのである。
6:2 The birth order myth is an example of the FAE in [13](1. suspicion 2. doubt 3. action).
6:3 しかし,なぜ我々がこのような考えを信じるのかはおわかりであろう。
6:3 But you can see why we are so drawn [14] (1. to 2. by 3. in) it.
6:4家族内での性格によってのみ人々を判断するのは,とても容易だからである。
6:4 It is rather easy to define people just in terms of their family personality.
6:5 これは簡略表現のようなものなのだ。
6:5 It’s a kind of short-hand.
6:6 もし我々が周りの人間に対する評価をずっと修正し続けなければならなかったら,どうして世
の中を理解できようか。
6:6 If we constantly had to qualify every assessment of those around us, how would we [15](1. remain loyal to 2. run away with 3. make sense of) the world?
6:7我々が誰かを好きか,愛しているか,信じているか,誰かに助言したいかを決めるときに必要
な幾千もの判断がどれだけ困難になるであろうか。
6:7 How much harder would it be to make the thousands of decisions we are required to make about whether we like someone, love someone, trust someone, or want to give someone advice?

[25] In the 5th and 6th paragraphs, what does the author say about the birth order theory ?
1. It does not hold outside the context of the family.
2. It generally holds across different social situations.
3. It works differently even within a family, depending on the occasion.
4. It works equally well in the social context and in the family context.

・解答 [25]―1
>[25] 「第5段と第6段で作者は生まれた順番の理論についてどのように述べているか」
1. 「家庭の外側の状況では通じない」
2. 「さまざまな社会的状況において概ね通用する」
3. 「状況によって,家族の中でさえも通用したりしなかったりする」
4. 「社会的状況でも家族内の状況でも同じように通用する」
第5段第4文(Psychologists actually tried … )には,この説が正しいことが心理学者によって明らか
にされた,という主旨の記述がある。しかし続く第5文(However,as the … )と,第6段第1文
(When they are … )には,この説が正しいのは家族の中での話で,子どもが家族と離れて別の状 況に置かれれば,生まれた順番に基づく性格の特徴は見られなくなる,という主旨の説明がある。 よって,「家庭内」では正しいが「家庭の外」では正しくないという説明と矛盾しないのは1のみ である。

■ 第2段落
2:1例えば,ある実験では,一つのグループの人たちが,同じくらいの技量を持つ二組のグループ
のバスケットボール選手を見るように指示された。最初の選手たちが照明の十分な体育館でシュー トを打つ一方で,2番目の選手たちは照明の暗い体育館でシュートを打ち,言うまでもなく多くの
シュートを外した。
2:1 In one experiment, for example, a group of people are told to watch two similarly talented sets of basketball players, the first of whom are shooting baskets in a well-lighted gym and the second of whom are shooting baskets in a badly lighted gym, and obviously missing a lot of shots.

2:2 その後,プレーを見た人たちは,選手の技量を評価するように言われた。
2:2 Then they are asked to judge how good the players were.
2:3 うまいと判断されたのは,照明の明るい体育館の選手の方だった。
2:3 The players in the well-lighted gym were considered superior.

■ 第3段落
3:1別の例では,ひとグループの人たちが実験に呼ばれ,クイズゲームをすると聞かされた。
3:1 In another example, a group of people are brought in for an experiment and told they are going to play a quiz game.
3:2参加者はペアを組まされ,くじを引いた。
3:2 They are [5](1. carried away 2. paired off 3. handed of) and they draw lots.
3:3片方が引いたくじにはその人が「解答者」になると書かれており,
3:3 One person gets a card that says he or she is going to be the “Contestant.”
3:4 もう片方の人は「出題者」になるように指示された。
3:4 The other is told he or she is going to be the “Questioner.”
3:5次に出題者は,自分たちが特別な関心や専門知識を持つ分野から「難しいが解答が不可能では
ない」10問のリストを作成するように求められた。よってウクライナの民謡が大好きな人は,ウ クライナの民謡から一連の問題を出題する可能性もあった。
3:5 The Questioner is then asked to draw up a list of ten “challenging but not impossible” questions based on his or her own areas of particular interest or expertise, so someone who is into Ukrainian folk music might [6](1. come up with 2. go together with 3. come down with) a series of questions based on Ukrainian folk music.
3:6 それらの問題は解答者に出題され,クイズの終了後に,両者が相手方の一般知識のレベルを評
価するように求められた。
3:6 The questions are posed to the Contestant, and after the quiz is over, both parties are asked to estimate the level of general knowledge of the other.
3:7必然的に,解答者は出題者が自分たちよりずっと頭が良いと評価した。
3:7 [7](1. Indiscreetly 2. Unexpectedly . Invariably), the Contestants rated the Questioners as being a lot Smarter than they themselves are.

[22] In the 2nd and 3rd paragraphs, the author gives the examples of the basketball players and the Contestant/Questioner in order to illustrate that
1. it is human nature to rely on context and hunch in determining people’s traits.
2. it is humane to think positively of others irrespective of context.
3. it is unreasonable for people to judge players under different conditions.
4. we have a propensity to overlook context in assessing people’s capability.

・解答 [22]―4
>[22] 「第2段と第3段では、筆者は( )を説明するためにバスケットボール選手の例と、 解答者と出題者の例を示した」
1. 「人間の特質を決めるのに状況と勘に頼るのは、人間の性質である」
2. 「状況に関係なく他人のことを肯定的に考えることは、思いやりのある行為だ」
3. 「人々が選手のことを異なる条件に基づいて評価するのは合理的ではない」
4. 「我々は人間の能力を測るときに、状況を見過ごしてしまう傾向がある」
第1段第8文(We will always reach … )、同段最終文(Many experiments … )をみると,我々は出来
事についての「状況的な説明(contextual explanation)よりも「『性質に基づく』説明づけ
(“dispositional” explanation)」を求めようとする傾向があり,それを証明するために行われた実 験として,第2段のバスケットボールの実験と,第3段のクイズの実験の例が紹介されている。よって我々の「状況を見過ごしてしまう傾向(a propensity to overlook context)」に言及した4が正解で ある。1は「状況(context)と勘(hunch)に頼る」が正しくない。また3は,第2段のバスケット ボールの実験の持つ不合理さにのみ言及したもので上記2つの実験によって説明される事柄とは言 えない。

■ 第7段落
7:1我々は500年前の,より礼節のある社会と,相互に敬意を示すことが意見や信条の違いよりも大 切な世界を求める声に目を向けることから,このエッセーを始めた。
7:1 We began this essay by looking at a 500-yearold call for a more civil society, for a world in which respect for one another [47] (1.. outweighs 2. effaces 3. contrasts) any differences in opinion or belief.
7:2 しかし今日の我々は,エラスムスの時代の暴力的な野蛮人よりもましなふるまいをしているの だろうか。
7:2 But do we behave any better today than the violent barbarians of Erasmus’ day ?
7:3我々は自分たちの権利をめぐって言い争い,義務は無視する。
7:3 We squabble over our rights, and ignore our obligations.
7:4我々は,政府の役割は,我々が欲しいものや,繁栄や,平和と進歩をもたらすことだと信じて
いる。しかし病院から博物館に至るまでの,礼節ある社会を機能させるための民間団体への奉仕 は怠る。
7:4 We believe the function of government is to give us the things we desire, prosperity, peace and progress, but we fail to volunteer for those non-governmental organizations, from hospitals to museums, that make civil society function.
7:5我々自身の礼節ある行動の規範が,電車,バス,飛行機の中でわかりやすく掲示された場合で
さえも,我々自身のもつ礼節ある行動の規範にわざわざ従うことはめったにない。
7:5 We rarely [48] (1. fail 2. wish 3. bother) to follow our own codes of civil behavior even when they are clearly posted on trains, buses or planes.
7:6我々は,皆が集団で礼儀作法をすべて忘れて気ままにふるまい,エラスムスが憂えたような野
蛮人そのものになりつつあるようだ。
7:6 We seem to be indulging in a collective act of [49] (1. forgetting 2. forging 3. restructuring) all of our manners and becoming the very barbarians Erasmus worried about.
7:7欲しいものを得ることを重要視するのが特徴の市場価値が我々が欲しがる「べき」ものを決め
る手助けのために伝統的に対話を重ねてきた共同体での社会生活の中に入り込むことが許容され た過程に問題はある。
7:7 The problem lies in the process by which the values of the market, which are characterized by emphasis on getting what we want, have been [50] (1. allowed 2. conditioned 3. blocked) to move into the social life of our communities where we have traditionally engaged in a discourse to help us decide what we should want.
7:8 しかし,シビリティを再発見し,それゆえ我々の人間性と文明を守ることは手遅れではない。
7:8 However, it is not too late to rediscover civility, and thus preserve both our humanity and our civilization.

7:9 シビリティを再構築するための鍵は,我々が隣人に対して親切心と気遣いをもってふるまうこ
との大切さを学び直すことと,欲の目的を満たすことに加えて,達成の手段を重要視することに
ある。
7:9 The key to reconstructing civility lies in our learning anew the virtue of acting towards our neighbors with kindness and concern, and to value the means of our achievements as well as the ends of our desires.

[55] Which of the following statements best represents the main theme of this article ?
1. Civility depends on courtesy which has been destroyed by partisan politics.
2. Civility is a key concept for the maintenance of civilized society.
3. Civility, etiquette and courtesy are the same―lose one, lose all.
4. Civility is useful because it offers an effective political strategy.

・解答 [55]―2
>[55] 「以下の文の中で,この記事の主題を最もよく表しているのはどれか」
1. 「シビリティは党派政治によって壊された礼儀作法に依存している」 シビリティが「党派政治によって壊された」というような記述はない。 2. 「シビリティは文明社会の維持の鍵となる概念である」
正解である。筆者は本文全体を通し,シビリティの大切さを述べている。寺に,結びの最終段で
は筆者の主張がまとまっているが,第8文(However,it is not … )の「シビリティを再発見し,そ れゆえ我々の人間性と文明を守ることは手遅れではない」という部分から,シビリティをどれだ け重要視しているかがわかる。また,2の主旨とも一致する。
3.「シビリティとetiquette(エチケット)とcourtesy(礼儀作法)は皆同じで,一つを失えば,す
べてを失う」
本文にはシビリティが単なるpoliteness「礼儀正しさ」以上のものだ(第2段第5文)という記述は
あるが,エチケットや礼儀作法と比較して同じとは書いていない。 4.「シビリティは有効な政治戦略を示すので有用である」 政治的活動においてシビリティが大切なことは,公民権運動のエピソードからもわかるが,政治
戦略そのものとシビリティを結びつける記述は本文にはない。

■ 第5段落
5:1 1950年代と1960年代にあった,アメリカの公民権運動における集団抗議運動について考えよ う。
5:1 Consider the mass protests of the American Civil Rights movement in the 1950s and 1960s. 5:2 この運動の成功は,一つには指導者の一人であったマルティン=ルーサー=キング=ジュニア博 士のもつ非凡な才能のおかげである。
5:2 The success of this movement is due in part to the genius of one of its leaders, Dr. Martin Luther King, Jr.
5:3 キング博士の才能とは,運動に加わった多様な人々を,異議を唱える中でも礼節を守り,愛情 を示すように啓発した彼の能力にある。
5:3 Dr. King’s genius was in his ability to inspire the diverse people involved in the struggle to be civil and loving in their [41l ( 1. dissent 2. company 3. brotherhood).
5:4 この市民の不服従は,偽善とは正反対のものであり,高い倫理的な原則をもった行動としての
シビリティの一例であった。
5:4 This civil disobedience was the antithesis of hypocrisy; it was an example of civility as an act of high ethical principle.
5:5 公民権運動は,アメリカの民主主義の破壊を目的としたものではなかった。むしろこの運動
は,アメリカ社会と関係を築き,「万人は平等につくられた」という建国時の約束をアメリカ社
会に履行させることを目的としていた。
5:5 The Civil Rights movement did not seek to destroy American democracy; rather it sought to engage with American society, and to have it [42] ( 1. fulfilling 2. fulfill 3. fulfilled) its founding promise that “all are created equal.”

5:6 キング博士は,礼儀を欠いた対話は民主主義的機能を果たさないことを理解していた。
5:6 Dr. King understood that uncivil dialog cannot serve a democratic function.
5:7確かに民主主義には率直な対話が必要だし,そのような対話は意見の不一致から生まれるが,
積極的に無作法にふるまわなくても,強い政治的王張をもつことは可能なはずである。
5:7 While it is true that democracy demands open dialog, and that dialog arises from [43] ( 1. disagreement 2. mutual understanding 3. respectful attitudes), it must be possible to be partisan without being actively uncivil.

5:8公民権運動に精神的な強さを与えたのは,この考え方である。つまり,主張の目的だけでな く,説得のための手段も同様に重要だということである。
5:8 It is this concept that gave the Civil Rights movement its moral strength―that the means of persuasion as well as the goal of an argument were equally important.
5:9 ソローやガンジーのような昔の思想家から受け継いで,公民権運動の推進者たちは,抑圧的で
しばしば暴力的な人種差別の体制に対峙しても,礼儀をわきまえ,非暴力の姿勢をもち続けるよ う教育されていた。
5:9 Deriving from earlier thinkers like Thoreau and Ghandi, the civil rights protesters were trained to remain civil and nonviolent in the face of a repressive, and often violent, system of segregation.

5:10繰り返すが,キング博士は,公民権を得るための闘いは,単にアフリカ系アメリカ人の利益の
ための運動ではなく,「万人のための正義」の問題に関する,国民的対話の始まりであることを 理解していた。
5:10 Again, Dr. King understood that the struggle for civil rights was not simply a movement to [44] (1. benefit 2. fight with 3. flatter) African-Americans, but an opening for a national dialog on the issue of “justice for all.” 5:11敵方よりも行儀よく,より礼儀正しくふるまうことで,運動家たちは相手を打ち負かすのでは
なく,自分たちの意見の側に転向させることを目指した。
5:11 By behaving better, more civilly, than their opponents, protestors sought not to defeat their opposition, but to convert them to their point of view.
5:12礼儀正しくない暴力的な運動は,いかに「正当化」されようとも,アメリカの多民族からなる
国民を,一つの結束した共同体にまとめた絆を断ち切ってしまったであろう。
5:12 Uncivil and violent protest, [45] (1. when 2. however 3. since) “justified,” might have broken the connections that bind Americas heterogeneous population into a united community.

[54] According to this article, which of the following was not one of Dr. King’s goals in his civil disobedience campaign?
1. To secure a special place in society for African-Americans through the use of better manners.
2. To secure that the founding promise of America, that all are created equal, is the birthright of all citizens.
3. To use civility as a “public relations” strategy, and convert a nation to his views on civil rights.
4. To use civility as a means of holding an ethical advantage over the opponents of desegregation.

・解答 [54]―1
>[54] 「記事によると,社会的不服従運動においてキング博士が目標としなかったものは以下のい
ずれか」
1. 「よりよい礼儀作法を用いることで,アフリカ系アメリカ人のために特別な場所を社会の中に
確保すること」
第5段第10文(Again,Dr. King … )によれば,キング博士は,公民権運動の目的は単にアフリカ系
アメリカ人に利益をもたらすことではなく「すべての人のための正義(justice for all)」を求める ための対話の始まりと考えていた。アフリカ系アメリカ人にも利益をもたらすことにはなるが彼 らのために「特別な場所を確保する」という目的についての記述はない。よって,1が正解であ る。
2. 「すべての人々は平等につくられた,という合衆国建国時の約束がすべての市民の生まれなが
らにもつ権利であることを保証すること」
第5段第5文(The Civil Rights movement … )の内容に一致する。
3. 「シビリティを「広報」戦略として使い,国自体を,公民権に関する彼の意見の賛成側にもっ ていくこと」
“public relations” strategy「『広報』戦略」という言葉は本文にはないが第5段第11文(By behaving better … )の「敵側よりも行儀よく,礼儀正しくふるまうことで…相手を自分たちの意
見の側に転向させることを目指した」という戦略は,内容的に「広報」戦略のことを言っている と考えられる。 4.「差別肯定側の敵に対して,シビリティを,倫理的優位性を保つために用いること」 第5段第9文(Deriving from earlier thinkers … )に,公民権運動の推進者は,反対派が抑圧的,ある
いは暴力的態度であっても,礼節をもって非暴力で臨むように教育された,という主旨の記述が ある。

■ 第6段落
6:1 サンドマンは狂牛病という、きわめて恐ろしいがきわめてまれな脅威と,平均的な家庭の台所 で食物が媒介する病原体の墓延という、きわめてありふれたしかし、何となくあまり恐ろしくな いものとの比較を提示した。
6:1 Sandman offered a comparison between mad-cow disease, a super-scary but exceedingly rare threat, and the spread of food-borne pathogens in the average home kitchen, exceedingly common but somehow not very scary.

6:2 「制御できる危険は、手に負えない危険に比べて、反狂乱になる理由にはなかなかならないの
です」と、サンドマンは語った。
6:2 “Risks that you control are much less a source of outrage than risks that are out of your control,” Sandman said.
6:3 「狂牛病の事例では自分の手に負えないように感じます。
6:3 “In the case of mad-cow, it feels like its beyond my control.
6:4 この肉にプリオンがあるかどうかわかりません。
6:4 I can’t tell if my meat has prions in it or not.
6:5見えないし、臭いもしない。
6:5 I can’t see it, I can’t smell it.
6:6他方、台所の汚れは、自分で何とでもなります。
6:6 On the other hand, dirt in my own kitchen is very much in my own control.
6:7床を掃除すればいいのですから」
6:7 I can clean the floor.”

[26] According to Peter Sandman, the threat of mad-cow disease
1. drives people to clean their kitchens to remove food-borne pathogens.
2. Scares people primarily because they are not familiar with the disease.
3. frightens people because they cannot control the possible dangers.
4. Outrages people because it is not only exceedingly widespread but also deadly.

・解答 [26]―3
>[26] 「ピーター=サンドマンによれば、狂牛病の脅威は〜」
1. 「食品によって媒介される病原体を除去するために、人々が台所を清掃するよう駆り立てる」
2. 「人々を恐れさせるのは、基本的に病気になじみがないからである」
3. 「人々を恐れさせるのは、生じうる危険を制御できないからである」
4. 「人々を狂乱させるのは、それが過度に広汎にわたるだけでなく、致命的でもあるからであ
る」
サンドマンの説明は、第6段(Sandman offered a …)に示されている。そこの引用文に「制御で きる危険は、手に負えない危険に比べて、反狂乱になる理由にはなかなかならない」、「狂牛病 の事例では、自分の手に負えないように感じる」と述べられている。そのような内容になってい
る選択肢は、3である。

■ 第4段落
4:1 8才の女児,例えばモリーの両親を考えてみよう。
4:1 Consider the parents of an eight-year-old girl named, say, Molly.

4:2彼女の2人の親友,エイミーと,イマーニが近所に住んでいる。
4:2 Her two best friends, Amy and Imani, live nearby.
4:3 モリーの両親は,エイミーの親が銃を家に置いているのを知っているので,モリーにそこで遊
んではいけないと言った。
4:3 Molly’s parents know that Amy’s parents keep a gun in their house, so they have forbidden Molly to play there.
4:4 その代わり,モリーはイマーニのうちで多くの時間を過ごす。そこの庭にはプールがある。
4:4 Instead, Molly spends a lot of time at Imani’s house, which has a swimming pool in the backyard.
4:5 モリーの両親は娘を守るのに賢い決断をしたと気分がいい。
4:5 Molly’s parents feel good about having made such a smart choice to protect their daughter.
4:6 しかし,データによれば,彼らの選択は賢くも何ともない。
4:6 But according to the data, their choice isn’t smart at all.
4:7 どの年をとっても,合衆国では1万1千の住宅用プールにつき1人,子どもが水死する。
4:7 [8] (1. In any given 2. In a certain 3. In one particular) year, there is one drowning of a child for every 11,000 residential pools in the United States.
4:8 ということは,600万のプールのある国では,おおよそ550人の10歳未満の子どもが毎年溺れ
るということになる。
4:8 In a country with 6 million pools, this means that roughly 550 children under the age of ten drown each year.
4:9一方銃100万丁強ごとに1人,子どもが銃で命を落とす。
4:9 Meanwhile, there is 1 child killed by a gun for every 1 million-plus guns.
4:10 ということは,推定2億丁の銃のある国では,おおよそ175人の10歳未満の子どもが毎年銃に
よって亡くなることになる。
4:10 In a country with an estimated 200 million guns, this means that roughly 175 children under ten die each year from guns.
4:11 プールによる死亡の可能性(1万1千分の1)対銃による死亡の可能性(百万強分の1)は,近
くさえない。モリーがイマーニの家のプール事故で落命する可能性は,エイミーの家での銃の撃 ち合いに比べて,おおよそ100倍なのだ。
4:11 The likelihood of death by pool (1 in 11,000) versus death by gun (1 in 1 million-plus) isn’t even close: Molly is roughly 100 times more likely to die in a swimming accident at Imani’s house than in gunplay at Amy’s.

[23] According to the hypothetical case of Molly’s parents mentioned in the 4th paragraph, which of the following is true?
1. They thought a house with a gun was not remotely as dangerous as a house with a swimming pool.
2. They told her to play at Imani’s house to teach her to be afraid of guns.
3. They thought Amy’s parents might accidentally pull the trigger of their gun.
4. They did not make a very sensible choice from a statistical point of view.

・解答 [23]―4
>[23] 「第4段で言及されるモリーの両親の仮定例によると,次のうち正しいのはどれか」
1. 「彼らは銃の置いてある家は,プールのある家と危険度はそれほど違わないと考えた」
2. 「彼らは,銃を怖がるよう教えるため娘にイマーニの家で遊ぶように言った」
3. 「彼らはエイミーの親が偶然銃の引き金を引くかもしれないと考えた」
4. 「彼らは統計的な見方からすれば,あまり理に適った選択をしなかった」

第4段(Considertheparents…)最終文に「イマーニの家のプール事故で落命する可能性は,エイミー の家での銃の撃ち合いに比べて,おおよそ100倍なのだ」とあるので,両親の行動は,「理に適っ た選択」だとはいえない。よって,正解は4に決まる。

■ 第14段落
14:1 これが環境保護主義の本質である。
14:1 This is the essence of environmentalism.
14:2 それはこの惑星の健全性に尽くす人の指針となる原則なのだが,まだ一般的な世界観には
なっていない。
14:2 It is the guiding principle of [18](2. confined 3. devoted) to the health of the planet, but it is not yet a general worldview.
14:3環境に対する相対的な関心の低さは,人間の本質の奥深いところから生じている。
14:3 The relative indifference to the environment springs from deep within human nature.
14:4人間の脳は,狭い地域や,限られた同族の集団や,2.3世代先の将来にだけ注意が向く感情を
もつように進化してきたようである。
14:4 The human brain evidently evolved to commit itself emotionally only to a small piece of geography, a limited band of kinsmen, and two or three generations into the future.
14:5 なぜ我々はこのように近視眼的に考えるのだろうか。
14:5 Why do we think in this short-sighted way?

14:6理由は簡単である。これは我々が受け継ぐ遺産の変われない部分だからである。
14:6 The reason is simple: it is a hard-wired part of our heritage.
14:7何十万年の間,親族や友人からなる小さな輪の中で,目先の利益を求めて働いてきた人々は長
生きして,多くの子孫を残してきた。それは,その集団の奮闘により,所属する首長社会や帝国が 滅ぼうとも同様であった。
14:7 For hundreds of millennia those who worked for short-term gain within a small circle of relatives and friends lived longer and left more offspring―even when their collective striving caused their chiefdoms and empires to [19] ( 1. crumble 2. grumble 3. trample) around them. 14:8遠く離れた子孫たちを救ったかもしれない長期的な展望をもつためには,本能的にもつことが
難しい先見性と,広い意味での利他主義が必要だった。
14:8 The long view that might have saved their distant descendants required a vision and an extended altruism instinctively difficult to marshal.

[29] According to the author, we tend to be rather indifferent to the environment because
1. economists have misled us into believing that environmental problems do not exist.
2. environmentalists have not put enough effort into raising our awareness about it.
3. the human brain has evolved in such a way that we tend to think in the short term.
4. we are egocentric by nature, which prevents us from thinking about the environment.

・解答 [29]―3
>[29] 「著者によると,我々が環境に対し無関心になりがちな理由は〜」
1. 「経済学者が,我々を環境問題など存在しないと考えるように間違った誘導をしたからだ」
第6段第2文(There are environmental problems … )によれば,経済学者は環境問題の存在を認めて
いるし,彼らの意見に人々が間違って誘導された,という記述はない。
2. 「環境保護論者が,環境に対する我々の意識を高めるための努力を十分にしていないからだ」
環境保護論者が努力を十分にしなかった,ということを具体的に述べる記述は本文中には見られ
ない。
3. 「人間の脳は我々が短期的な視点で物事を考えがちなように発達したからだ」

第14段第4文(The human brain evidently … )の内容に一致する。「2,3世代先(two or three generations into the future)」
を著者が「短期的な視点」
と考えているのは,これを指して第5文で,in this short-sighted way「このように近視眼的に」と
述べていることからわかる。
4. 「我々は生来自己中心的で,そのため環境について考えることができない」
「生まれつき自己中心的」という記述は本文中には見られない。

■ 第13段落
13:1環境保護論者の考え,つまり環境保護主義は,幸いにも広まっている。
13:1 The environmentalist view, or environmentalism, is fortunately spreading.
13:2 この考えの本質は,以下のように定義される。
13:2 The essence of this view has been defined in the following way.
13:3地球は,他の太陽系の惑星と異なり,物理的均衡状態にはない。
13:3 Earth, unlike the other solar planets, is not in physical equilibrium.
13:4地球は,生命が存続可能な特別な諸条件をつくり出すことを,その生きた外殻に依存してい
る。
13:4 It depends on its living shell to create the special conditions under which life is sustainable.
13:5地球の表面の土壌や水や表層の大気は,生物圏,つまり,きわめて複雑な生物のつくる層の活
動によって,何億年もかけて現在の状態に進化してきたのだ。
13:5 The soil, water, and atmosphere of its surface have evolved over hundreds of millions of years to their present condition by activity of the biosphere, an extremely complex layer of living creatures.
13:6生物圏は,我々の世界を日々つくり直し,地球を特有の物理的不均衡状態に保っている。
13:6 The biosphere creates our world anew every day and holds it in a unique physical disequilibrium.

13:7我々が生態系を破壊し,種を絶滅させることは,この惑星が与えうる最大の遺産を傷つけ,そ
れによって我々自身の存在を危機にさらすことになるのだ。
13:7 When we destroy ecosystems and extinguish species, we degrade the greatest heritage this planet has to offer and [17]( 1. hardly 2. conversely 3. thereby) threaten our own existence.

[28] According to the environmentalist’s point of view, which of the following is true about the biosphere?
1. It is possible for us to keep Earth in physical equilibrium by preserving the biosphere.
3. The biosphere plays a relatively minor role in creating the special conditions of Earth.
4. The geographical conditions of Earth accelerate the activity of the biosphere.

・解答 [28]―2
>[28] 「環境保護論者の見方によると,生物圏について正しい記述は以下のどれか」
1. 「生物圏を保全することによって,我々が地球の物理的均衡状態を維持することは可能であ
る」
第13段第3文(Earth,unlike the other … )に「地球は … 物理的均衡状態にあるわけではない」とあ
るので,正しくない。
2. 「生物圏は常に地球との間に相互作用を働かせ,特有の不均衡状態を形成している」
第13段第6文(The biosphere creates … )に,地球のbiosphere「生物圏」が,「地球を特有の物理的 不均衡状態に保っている」という記述があり,この部分と一致する。よって,2が正解。

3. 「生物圏は,地球のもつ特別な諸条件をつくることに対して,比較的小さな働きしかもってい
ない」
第13段第4文(It depends on … )に,地球が生命の存続を可能とする諸条件をつくるためにliving
shel「生きた外殻」に依存している,という主旨の記述がある。これは,文脈から,第5文の biosphereを指していると考えられるので,本文の記述とは反対の内容である。
4. 「地球の地理的な条件は生物圏の活動を加速する」 このような記述は本文中には見られない。

■ 第6段落
6:1 2世紀にわたる悲惨な未来を予言する声にもかかわらず,人類は空前の繁栄を享受している。
6:1 In spite of two centuries of doomsaying, humanity is enjoying [6] ( 1. unperturbed 2. unperceived 3. unprecedented) prosperity.
6:2環境問題は存在するが,解決は可能であろう。
6:2There are environmental problems, but they can be solved.
6:3環境問題のことは,進歩の結果生じた処理しなければならない廃棄物だと考えなさい。
6:3 Think of them as the detritus of progress, to be cleared away.

6:4地球の経済の見通しは明るい。
6:4 The global economic picture is favorable.
6:5先進国のGNP(国民総生産)は増え続けている。
6:5 The GNPs of the industrial countries continue to rise.

6:6 1950年以来,一人当たりの所得はずっと上昇している。
6:6 Since 1950 percapita income has risen continuously.
6:7同じ期間に、世界人口は年率1.8パーセントという爆発的なペースで増えたが,貧困国では摂取
カロリーの半分以上の源となる穀物の生産高は,人口の伸びを超えるペースを保っており,1950年 代初期の一人当たり275キログラムから,1980年代までには370キログラムに増加した。
6:7 Even though the world population has increased at an explosive 1.8 percent each year during the same period, cereal production, the source of more than half the food calories of the poorer nations, has more than kept [7] ( 1. pace 2. face 3. race), rising from 275 kilograms per head in the early 1950s to 370 kilograms by the 1980s.

[25] According to this article, which of the following best represents the economists position with regard to environmental problems?
1. Environmental problems can be solved if the GNPs of industrial countries continue to rise.
2. Economic prosperity should be taken into consideration first before talking about environmental problems.
3. Some of the environmental problems are so serious that we may not be able to find solutions in the immediate future.
4. There are indeed environmental problems, but that does not mean that we cannot cope with them.

・解答 [25]―4
>[25] 「この記事によると,環境問題に関する経済学者の意見を最も正しく表すものは以下のどれ
か」
1. 「工業国の国民総生産(GNP)が増え続ければ,環境問題は解決されうる」
第6段第3文(Think of them as … ),および第5文(The GNPs of the industrial … )参照。GNPが成長
し続けている事実は,経済の見通しの明るさを示す具体例であり,環境問題の解決につながると いう記述はない。
2. 「環境問題について話す前に,経済的な繁栄を念頭におくべきである」

第6段第3文参照。経済学者は,環境問題は経済発展に付随して生じる廃棄物だから処理していく しかない,と考えていることがわかる。環境問題と経済的繁栄の優先順位について述べているわ けではない。
3. 「環境問題のいくつかは非常に深刻なもので,近い将来に解決することは不可能かもしれな
い」
「近い将来に解決不可能」な環境問題については,本文中に該ftする記述はない。また,第8段最
終文(The harmful perturbations … )でも人類の力で環境問題は解決できる,という主旨のこと
が述べられている。
4. 「環境問題は確かに存在するが,我々がそれに対処できないということではない」
第6段第2文(There are environmental problems … )に一致。環境問題は「解決は可能であろう」と 述べている。

■ 第7段落
7:1 2世紀の間,マルサスの亡霊が未来学者の描く夢を阻んできた。
7:1 For two centuries the specter of Malthus* troubled the dreams of futurists.
7:2悲惨な未来を予言する人たちは、人口が急激な増加によって世界の限りある資源を追い越して
しまい、飢籠や混乱や戦争を引き起こすと主張した。
7:2 By rising exponentially, the doomsayers claimed, population must outstrip the limited resources of the world and bring about famine, chaos, and war.
7:3時には一部の地域でこのシナリオが展開されることもあった。
7:3 On occasion this scenario did [8]( 1. unfold 2. display 3. appeal) locally.
7:4 しかしそれは、マルサスの理論に基づいてというより、政治的な不手際の結果であった。
7:4 But that has been more the result of political mismanagement than Malthusian theory.

7:5人類の創意は、増え続ける人口に順応する手だてを常に見出してきたし、その大部分を繁栄さ
せてきた。
7:5 Human ingenuity has always found a way to [9]( 1. accelerate 2. accommodate 3. encourage) rising populations and allow most to prosper.

[26] The economist in this article seems to believe that Malthusian theory
1. has not been proven by sufficient evidence.
2. has been proven beyond reasonable doubt.
3. has been applied both locally and globally.
4. has occasionally caused famine, chaos, and war.

>[26] 「記事に登場する経済学者は,マルサスの理論は~と考えているようだ」
1. 「十分な証拠によって証明されていない」
2. 「理にかなった疑問を挟む余地なく証明されている」
3. 「地域的にも,地球的規模にもftてはまってきた」
4. 「時に飢龍や混乱や戦争を起こしてきた」
第7段第3・4文(On occasion this scenario … )によると,マルサスの描いたシナリオは,時に「地
域的に(locally)」展開することはあったがそれはマルサスの理論に基づいてというよりも, political mismanagement「政治的な失敗」の結果だと筆者は述べている。よって,1は本文に一致す るので正解。2は上述したように,マルサスの理論は,はっきりとその正しさが証明されたわけで はないので不一致。3は地球的規模では当てはまっていないので不一致。4は,マルサスの理論に 基づいたものではなく「政治的な失敗」の結果によるものなので不一致。

■ 第10段落

10:1 そう、確かに人類の生きる条件は、多くの方法で飛躍的に改善されてきた。
10:1 Yes, it’s true that the human condition has improved dramatically in many ways.
10:2 しかし、あなた(経済学者)は、全体像の半分を描いたにすぎない。
10:2 But you’re painted only half the [12] ( 1. picture 2. view 3. perspective).
10:3 あなたの世界観が示すように、人類は経済主導による楽園のつくり方を学んだ。

話である。
10:4 Yes again―but only on an infinitely large and malleable planet.
10:5地球は限りがあり、その環境がますます脆弱になっているのは、あなたにも明らかなはずだ。
10:5 It should be obvious to you that Earth is finite and its environment increasingly brittle.
10:6長期的視点でみた世界経済の未来に関する適切な予測をするために、GNPや企業の年次報告書
に目をやるべきではない。
10:6 No one should look to GNPs and corporate annual reports for a competent [13] ( 1. project 2. projection 3. provider) of the world’s long-term economic future.
10:7我々が現実の世界を理解するためには,天然資源の専門家による調査報告書が、それらの情報
に加えられねばならない。
10:7 To the information there, if we are to understand the real world, must be added the research reports of natural-resource specialists.

[27] According to the environmentalist, the bright outlook for the future as depicted by the economist is an illusion because
1. it is not based upon GNPs and corporate annual reports.
2. no one knows for sure about the long-term economic future of the world.
3. the economist is just looking at wealthy industrial nations.
4. it is based upon a wrong assumption about Earth.

・解答 [27]―4
>[27] 「環境保護論者によると,経済学者によって描かれた未来に対する明るい展望は幻想であ る。なぜなら,〜」
1. 「国民総生産や企業の年次決算書に基づいていないから」
不正解。逆に経済学者は,GNPなどの経済的指標から将来を予測し,明るい展望をもっている。
2. 「世界経済の長期的な将来について確実に見通せる人はいないから」 不正解。経済学者に,長期的な将来が見通せる人がいない,という記述はない。 3. 「経済学者は,裕福な先進国だけを見ているから」
不正解。経済学者の意見をまとめた第5~8段の中の第6段最終文(Eventhoughtheworld … )で最貧
国の食糧事情に関する記述がある。
4. 「地球に関する間違った想定に基づいているから」
第10段第1~5文(Yes, it’s true … )参照。経済学者は「全体像の半分を描いた」だけで,経済主導
の楽園が実現可能なのは,「無限の広さと融通性をもつ惑星」での話だ,とある。これらは地球 が有限であるという現実に目を向けず,一面的な見方しかできないところに,経済学者の問題があ ることを指摘している,と考えられるので,本文と一致する。

■ 第6段落
6:1 2世紀にわたる悲惨な未来を予言する声にもかかわらず,人類は空前の繁栄を享受している。
6:1 In spite of two centuries of doomsaying, humanity is enjoying [6] ( 1. unperturbed 2.
unperceived 3. unprecedented) prosperity.
6:2環境問題は存在するが,解決は可能であろう。
6:2There are environmental problems, but they can be solved.
6:3環境問題のことは,進歩の結果生じた処理しなければならない廃棄物だと考えなさい。 6:3 Think of them as the detritus of progress, to be cleared away.
6:4地球の経済の見通しは明るい。
6:4 The global economic picture is favorable. 6:5先進国のGNP(国民総生産)は増え続けている。 6:5 The GNPs of the industrial countries continue to rise.
6:6 1950年以来,一人ftたりの所得はずっと上昇している。
6:6 Since 1950 percapita income has risen continuously. 6:7同じ期間に、世界人口は年率1.8パーセントという爆発的なペースで増えたが,貧困国では摂取 カロリーの半分以上の源となる穀物の生産高は,人口の伸びを超えるペースを保っており,1950 年代初期の一人ftたり275キログラムから,1980年代までには370キログラムに増加した。
6:7 Even though the world population has increased at an explosive 1.8 percent each year during
the same period, cereal production, the source of more than half the food calories of the poorer nations, has more than kept [7] ( 1. pace 2. face 3. race), rising from 275 kilograms per head in the
early 1950s to 370 kilograms by the 1980s.

[25] According to this article, which of the following best represents the economists position with regard to environmental problems?
1. Environmental problems can be solved if the GNPs of industrial countries continue to rise.
2. Economic prosperity should be taken into consideration first before talking about environmental problems.
3. Some of the environmental problems are so serious that we may not be able to find solutions in the immediate future.
4. There are indeed environmental problems, but that does not mean
that we cannot cope with them.

・解答 [25]―4
>[25] 「この記事によると,環境問題に関する経済学者の意見を最も正しく表すものは以下のどれ
か」
1. 「工業国の国民総生産(GNP)が増え続ければ,環境問題は解決されうる」 第6段第3文(Think of them as … ),および第5文(The GNPs of the industrial … )参照。GNPが 成長し続けている事実は,経済の見通しの明るさを示す具体例であり,環境問題の解決につなが るという記述はない。
2. 「環境問題について話す前に,経済的な繁栄を念頭におくべきである」 第6段第3文参照。経済学者は,環境問題は経済発展に付随して生じる廃棄物だから処理していく しかない,と考えていることがわかる。環境問題と経済的繁栄の優先順位について述べているわ けではない。
3. 「環境問題のいくつかは非常に深刻なもので,近い将来に解決することは不可能かもしれな
い」
「近い将来に解決不可能」な環境問題については,本文中に該ftする記述はない。また,第8段最
終文(The harmful perturbations … )でも人類の力で環境問題は解決できる,という主旨のこと
が述べられている。
4. 「環境問題は確かに存在するが,我々がそれに対処できないということではない」 第6段第2文(There are environmental problems … )に一致。環境問題は「解決は可能であろう」
と述べている。

■第2段落

2:1 One of the critical stages occurs at about the age of two years and can be very [31] (1. trying 2. satisfying 3. obliging) to a parent, tempting him to resolve the situation in a decisive manner which is not conducive to the growth of competence in the child.
2:1 そのような非常に大切な段階の1つは、2歳前後に起こるが、これは親にとっては非常に厳しい 時期かもしれない。なぜならこの段階は、子供の中にある能力の発達を促さない一方的なやり方 で状況を解決してしまおうと、親をそそのかすからだ。
2:2 Most children go through a stage of experimentation and exploration of feeding, for example, in which the child [32] (1. frowns upon 2. insists upon 3. attempts to avoid) doing it himself and brooks no interference or suggestion from parents.
2:2 たとえば、ほとんどの子供は食べることに対する実験と探索の段階を経験するが、その過程で
子供は自分で食べることを譲らず、両親の干渉や提言を一切受け入れない。
2:3 Often the child’s activity seems inefficient and time-consuming to the parent, who in exasperation finally intervenes or [33](1. takes over 2. holds in 3. gives out, wrests the spoon from the child and shovels the mashed and scattered food in his mouth.

て散らかった食べ物を子供の口に押し込む。
2:4 Ideally, the parent would allow the child to gain coordination and competency through manipulating his utensils and feeding himself.
2:4理想を言えば、親は子供が自分で、道具を使って食べ物を口に運ぶことから、体の使い方や能
力を習得させるのだろうが。
2:5 Similarly, the teacher may later discourage the autonomy strivings of the young child who is fumbling with words, trying to make a circuit with the batteries upside down, or [34] (1. technically
2. also 3. otherwise) engaged in awkward or inefficient behavior, by taking over and doing for the youngster what he wishes and should be allowed to do for himself.
2:5 同様に後に教師が子供が自分でやりたがることやすることが認められるべきことを代わりに
やってしまうことで、言葉を言い間違えたり、電池を逆に入れて電気回路を作ろうとしたり、ある いはぎこちないか効率の悪い動きに没頭する子供の自主的な努力を、妨げてしまうかもしれない
のだ。
[51] According to this article, which o the following descriptions is true regarding the critical stage of competence growth at the age of two?
1. Many children are adept at acquiring the skills of using utensils properly, and do not need any parental support in feeding.
2. Most children gain competence in feeding themselves through parental help and suggestion when their activity is inefficient.
3. Children go through a natural order of competence growth although the speed of skill development may vary individually.
4. The development of a child’s competence can be hindered by the parents’ intervention in the child’s process of trial and error.

・解答 [51]―4
>[51]「本文によると、2歳における能力の重要な発達段階に関して、正しい説明はどれか」 1.「多くの子供は道具を正しく使う技能を習得することに優れており、食べることに関して親の 助けを必要としない」
第2段第3文(Often the child’s…)でなかなかutensil「道具」を上手に使えない子の話が紹介されて おり、その内容と一致しないので不適。
2.「ほとんどの子供は、ものを食べる技能を、自分たちの行動が不十分なときには親の助力と助
言によって獲得する」

第2段第2文(Most children go…)に、よくない例として「親がつい手を貸してしまう」という主旨 の記述はあるものの、「親の助力と助言によって獲得する」という内容とは一致しないので不適。

3.「子供たちは、技能の発達の速度には個人差があるにせよ、自然に決まった順序で能力の発達 を経験する」
本文中には、習得の順序に関する記述はないので不適。
4.「子供の能力の発達は子供の試行錯誤の過程への親の介入によって阻害されることもある」第2 段第3文(Often the child’s…)に一致する。
食べる作業を親が邪魔する例が紹介されている。

■第7段落
7:1 As a result, the population has quadrupled since 1950.
7:1その結果、1950年以降人口は4倍に増えた。

7:2 Today, an average of 920 people crowd into each square kilometer of Bangladesh, making it one of the most [9](1. largely 2. densely 3. appropriately) populated countries in the world.
7:2今日では、平均920人が1平方キロメートル当りにひしめきバングラデシュを世界で最も人口密
度が高い国の1つに押し上げている。
7:3 Therein lies the problem:
7:3 そこに問題が存在する。
7:4 population pressure has helped to make droughts more severe and floods potentially more [10] (1. devastating 2. demanding 3. enriching).
7:4 つまり、人口により圧力がかけられたことで干ばつはより厳しくなり、洪水の潜在的な脅威は
さらに大きくなった。

7:3 Also, with sanitation still inadequate, the rapid population growth of the past half century has exacerbated problems with waterborne disease.
7:3 また、下水設備がいまだ不十分なことと相まって、過去半世紀聞の急激な人口の増加は、水を
媒介とする病気の問題を深刻化させた。
7:4 Environmental scientist Atiq Rahman [11](1. prefers 2. likens 3. ascribes) Bangladesh to a giant toilet flushed just once a year.
7:4環境科学者のアティク=ラーマンは、バングラデシュを、年に1度しか水が流れない巨大な水洗
トイレに喩えた。
[23] Which of the following best fits the interpretation of the phrase “a victim of its own success” in the 6th paragraph?
1. Initial success creates serious problems later.
2. Success and failure are opposite sides of the same coin.
3. One man’s meat is another man’s poison.
4. Failure is the basis for success.

・解答 [23]―1
>[23]「第6段の『自らの成功の犠牲者』という表現の解釈として、下記のいずれが最も適してい
るか」 1.「最初の成功が、後に深刻な問題を引き起こした」
a victim of its own successという語句は第1文で登場する。第2文以降に、バングラデシュの経済 的成功の話が紹介されているが続く第7段でその成功が人口の急増を招き、洪水や伝染病の流行に つながったとある。よってa victim of its own successの解釈としては最も適切である。 2.「成功と失敗は、1つのコインの裏表である」 失敗と成功が裏表であることを表現する記述はないので不適。

3.「甲の薬は乙の毒」
成功を手にしたのも、そこから生まれた被害を受けたのもバングラデシュ自身なので、この表現
は適当ではない。
4.「失敗は成功の礎」
失敗がその先の成功につながった、という話ではないので不適切。

■第5段落
5:1 Worse still, the issues are overlaid by fractious regional politics.
5:1 さらに悪いことに、それらの問題には、手に余る地域的政治問題が覆いかぶさっている。
5:2 For decades, Bangladesh has been [6](1. in harmony with 2. in dispute with 3. in correspondence with) its neighbours ― particularly India― over their management of the rivers that drain into Bangladeshi territory.
5:2何十年もの間、バングラデシュは、自国の領土に流れ込む河川の管理に関して隣国、特にイン
ドと争ってきた。
5:3 For the country’s politicians, water is the defining issue, and the Ganges ― known in Bangladesh as the Padma ― whose basin is home to some 400 million people, is a perennial bone of contention.
5:3 バングラデシュの政治家にとって、水は決定的な問題で、流域に約4億人が住むガンジス川―バ
ングラデシュではパドマ川として知られているが―は、絶えず繰り返される紛争の火種となってい
る。
5:4 Despite some progress in reaching agreement over the river’s management, Bangladesh still blames India for [7](1. holding back 2. taking back 3. giving back) too much water in the dry season, and letting the floodgates open each time the monsoon threatens.
5:4河川の管理に関する合意の形成にはいくらかの進展があったにせよ、バングラデシュは、イン
ドが乾季に過度に大量の水をせき止めていること、モンスーンが迫る度に水門を開けたままにして
いることを、今でも非難している。

[22] How does the political relationship between Bangladesh and India relate to the problem of obtaining safe water?
1. Bangladesh and India have been working together to construct wells in order to use underground water.
2. Bangladesh and India have somehow managed to solve the problem together.
3. Bangladesh and India have seen some progress in the rivers management, but serious disputes still remain.
4. After years of serious discussion, each country now respects the others position with regard to the use of water.

・解答 [22]―3
>[22〕「バングラデシュとインドの政治的な関係は、安全な水を入手する問題とどのように関係
しているか」 1.「バングラデシュとインドは、地下水を利用する目的で井戸を作るためにずっと協力してきて
いる」
両国が協力を試みたのはガンジス川の管理についてであり(第5段最終文)、「井戸を作るために
協力している」という記述はないので不適。
2.「バングラデシュとインドは、共同でその問題をどうにか解決した」
「その問題」、つまり「安全な水を入手する問題」は、解決済みの問題ではないので不適。
manage to~「どうにか~する」 3.「バングラデシュとインドは河川の管理についてある程度の前進を見たが、まだ大きな対立が
残っている」
第5段最終文(Despite some progress…)の記述に一致する。

4.「何年もの真剣な議論の後、それぞれの国は水の使用に関するお互いの立場を尊重しあってい
る」
第5段最終文に、バングラデシュはインドの河川管理を非難しているという記述がある。ここから
も「お互いの立場を尊重しあっている」とは言えないので不一致。

■第1段落
1:1 If Bangladesh were to count her blessings, they would number three: the Brahmaputra, the Meghan and the mighty Ganges.
1:1 もしバングラデシュが自分に与えられた恵みを数えるなら、以下の3つを挙げるだろう。すな
わち、ブラマプトラ川、メグナ川、そして広大なガンジス川である。
1:2 These great rivers are practically Bangladesh’s only natural resources.
1:2 これらの大河はバングラデシュ唯一の天然資源と言ってもよい。
1:3 In a predominately rural country in which agriculture and freshwater fishing are the keys to the economy, the rivers are the people’s lifeblood.
1:3農業と淡水漁業が経済のカギを握る、農村が大部分を占めるこの国では、これらの河川は人々
にとって不可欠な存在なのである。
■第2段落
2:1 But these blessings, allied with the regions summer monsoon climate, are also a curse.
2:1 しかしこれらの恵みはまた、その地域の夏のモンスーン気候と結びついて災いにもなる。
2:2 Although almost two meters of rain fall on Bangladesh each year, more than two thirds [1] (1. go in 2. get in 3. arrive in) just four months.
2:2 バングラデシュでは年間に2メートル近い降雨があるが、その3分の2以上はわずか4カ月の聞
に降り注ぐ。
2:3 For much of the year, the vast delta formed by the three rivers is parched, but in many summers their banks burst, causing massive floods.
2:3 1年の大半の期間、3つの河川によって作られる巨大な三角州は干上がっているが、夏にはしば
しば堤防が決壊し大規模な洪水を引き起こす。

2:4 Lacking proper sanitation and water storage facilities, Bangladesh is also [2] (1. prone to 2. immune to 3. adapted to) epidemics of waterborne disease.
2:4十分な下水設備や水の貯蔵施設がないため、同時にバングラデシュでは水を媒介とする病気が
流行しやすい。
2:5 Even during floods, the major problem is the availability of safe water.
2:5洪水の最中でさえ、いかに安全な水を手にするか、ということが大きな問題となる。
[21] Which of the following agrees with the description of Bangladesh’s natural environment in the 1st and 2nd paragraphs?
1. The three major rivers in Bangladesh are the country’s only means for supplying safe, sanitary water throughout the year.
2. The cycle of dry and rainy seasons causes flood and drought, changing the features of the rivers.
3. The combination of the rivers and summer monsoon climate creates a good natural environment for supplying safe water.
4. Bangladeshs abundant rainfall keeps the country green all the year round.

・解答 [21]―2
>[21]「第1・2段で述べられているバングラデシュの自然環境に一致するものはどれか」 1.「バングラデシュの3つの主要河川は、国にとって1年を通して安全で衛生的な水を供給するた めの唯一の手段である」
3つの河川は農業と漁業のために重要(第1段最終文)なのであり、水の供給のためではないので
不一致。 2.「乾季と雨季の循環が、洪水と干ばつを招き、河川の様子を変える」

第2段第1~3文の内容に一致する。
3.「河川と夏のモンスーン気候の組み合わせが、安全な水を供給するのに適した自然環境を作り 出す」 第2段第1~3文によると、河川とモンスーン気候がもたらすのは洪水である。同段最終文には洪水
の最中でも安全な水を確保するのが困難だ、という記述もあるので不一致。
4.「バングラデシュは降水量が豊富なため、1年を通じて緑が多い」
第2段第2・3文(Although almost two meters…)に、降水の3分の2以上が4カ月に集中し、1年の大
半は乾燥している、という主旨の記述があるので不一致。

■第9段落
9:1 In the end, Shackleton took five men and sailed eight hundred miles in a lifeboat over stormy seas to reach the inhabited island of South Georgia in the remote South Atlantic.
9:1 ついに、シャクルトンは5人の部下を連れ荒れる海を救命ボートで800マイル航行し、南大西
洋のはるか沖合、有人島サウスジョージアに着いた。
9:2 When [17] (1. in 2. by. for) some miracle they made their destination, they found they had to cross a nearly impassable frozen mountain range to reach civilization: a whaling station.
9:2奇跡的に目的地に着いて、彼らが悟ったのは、ほとんど通過不能の凍てつく山岳地帯を横断し
なければ、人間のいる場所、捕鯨基地には行きつけないということだった。
9:3 The whalers, who had seen so much in their own hard lives, were in awe of the invincibility of the men.
9:3捕鯨者たちは、自分自身の厳しい暮らしをあまりに多く目にしてきたので、隊員の不操不屈に
恐れ入った。
9:4 Immediately, Shackleton [18] (1. gave up 2. turned around 3. backed out) and led an effort to rescue the rest of the crew on Elephant Island.
9:4直ちに、シャクルトンはとって返し、先頭に立ってエレフアント島にいる残りの乗組員を救助
しようとした。
9:5 Amazingly, every single one had survived.
9:5驚嘆すべきことに、全員1人残らず生還したのだった。

[21] Which of the following statements about Shackleton’s expedition best matches the meaning of the expression “he succeeded at the unimaginable” in the 2nd paragraph?
1. Shackleton did not have a good imagination.
2. The survival of the expedition defies the imagination.
3. Shackleton’s expedition was so successful that it’s hard to believe.
4. The Endurance expedition discovered things that no one had imagined before.

・解答 [21]―2
[21] 「シャクルトンの探険についての以下の記述のうち、どれが第2段の『想像もつかないことに
成功した』という表現の意味に最もよく合うか」 1. 「シャクルトンには優れた想像力がなかった」
2. 「探険隊の生存は、想像を絶している」
3. 「シャクルトンの探険は、信じがたいほどの大変な成功だった」
4. 「エンデュアランス号探険は、以前誰も想像もしなかったことを発見した」 シャクルトンの探険に関して、the unimaginable「想像を絶すること」とは、具体的に何なのかが 問われている。本文第5段以降に記述される、失敗に終わったエンデュアランス号探険で、「想像 もつかないこと」とは 第9段最終文にある通り、隊員が全員生還したという驚くべき事態であ
る。 よって、それを指摘する2が正解。

■第9段落

9:1 In the end, Shackleton took five men and sailed eight hundred miles in a lifeboat over stormy seas to reach the inhabited island of South Georgia in the remote South Atlantic.
9:1 ついに、シャクルトンは5人の部下を連れ荒れる海を救命ボートで800マイル航行し、南大西 洋のはるか沖合、有人島サウスジョージアに着いた。

9:2 When [17] (1. in 2. by. for) some miracle they made their destination, they found they had to cross a nearly impassable frozen mountain range to reach civilization: a whaling station.
9:2奇跡的に目的地に着いて、彼らが悟ったのは、ほとんど通過不能の凍てつく山岳地帯を横断し
なければ、人間のいる場所、捕鯨基地には行きつけないということだった。
9:3 The whalers, who had seen so much in their own hard lives, were in awe of the invincibility of the men.
9:3捕鯨者たちは、自分自身の厳しい暮らしをあまりに多く目にしてきたので、隊員の不操不屈に
恐れ入った。
9:4 Immediately, Shackleton [18] (1. gave up 2. turned around 3. backed out) and led an effort to rescue the rest of the crew on Elephant Island.
9:4直ちに、シャクルトンはとって返し、先頭に立ってエレフアント島にいる残りの乗組員を救助
しようとした。
9:5 Amazingly, every single one had survived.
9:5驚嘆すべきことに、全員1人残らず生還したのだった。
[29] According to this article, which of the following is a true statement about the Endurance?
1. The Endurance stood firm against the brutal weather.
2. The Endurance moved north to a whaling station.
3. The Endurance carried penguins, seals, and dogs.
4. The Endurance tragically sank to the bottom.

・解答 [29]―4
「29] 「この文章によれば、エンデュアランス号に関して、正しい記述は次のうちどれか」 1. 「エンデュアランス号は悪天候をものともしなかった」
2. 「エンデユアランス号は北方へ向かい捕鯨基地に着いた」
3. 「エンデュアランス号はペンギンやアザラシ、イヌを積んでいた」
4. 「エンデュアランス号は痛ましくも、海底に没した」
1は 第5段第3文 (Just one day’s sail…) にgot stuck「立ち往生した」 とあるので、誤り。 2は第9 段第1文 (In the end, Shackleton…) から 捕鯨基地に着いたのは、lifeboat 「救命ボート」であるこ とがわかる。よ って、誤り。3の「ペンギンやアザラシ、イヌ」は第7段最終文 (They subsisted on a…) から、彼らの食料であったことがわかるが、イヌはともかく、ペンギンやアザラシを積み 込んでいたと考える根拠はない。4は 第6段第5文 (They watched in horror…)に一致するので、こ れが正解。 ただしvesselが「船」という意味で shipを言い換えたものだとわかるだけの語い力が 必要である。

■第8段落
8:1 Eventually, when the ice began shattering beneath them, the men took to their three small lifeboats.
8:1 とうとう、氷が足下で崩れ始めたとき、隊員は3隻の小型救命ボートに 乗り込んだ。
8:2 After more than four months of mind-numbing boredom, they suddenly were [16] (1. pitched into 2. thrown beyond 3. empowered by) an intense battle for survival that brought them to the limits of human capabilities.
8:2 4カ月以上のえも言われぬほどの退屈を過ごした後、突然彼らは強烈な生存競争へと放り込ま れ、それによって彼らは人間の能力の限界というところにまで達することになった。

8:3 They fought the sea for nearly a week before landing.
8:3 彼らは1週間近く海と闘って やっと上陸した。
8:4 They were cold, hungry, exhausted, and so thirsty their tongues swelled in their mouths.

8:4 彼らは凍え、空腹で、疲れ果て、喉が渇いて口の中で舌 が腫れあがった。
8:5 When they finally reached Elephant Island, they found it a stinking, guano covered place ravaged by storms.
8:5 ついに彼らがエレフアント島に着いたとき、彼らが目に したのは、悪臭がする、鳥糞石で覆
われた嵐で荒廃した土地であった。
8:6 Most of the crew spent the last months of their ordeal huddled under two overturned lifeboats. 8:6 乗組員のほとんどはその試練の日々の最後の数カ月を2隻の横倒しにした救命ボートの下に 身を潜めて過ごしたのだった。
[26] What happened to Shackleton and his men when the Antarctic summer came?
1. Warmer temperatures finally made their survival battle less intense.
2. The shattering ice forced them onto small lifeboats.
3. They floated on the sea in their lifeboats, going nowhere.
4. Animals such as penguins, seals, and dogs came back to the camp.

・解答 [26]―2
[26] 「南極に夏が来たとき、シャクルトンとその部下に何が起きたか」
1. 「気温上昇によって最後には彼らの生存競争はそれほど厳烈ではなくなった」
2. 「氷が砕けて、小さな救命ボートに乗り込まざるをえなくなった」
3. 「彼らは救命ボートに乗って、あてどもなく海上を浮遊した」
4. 「ペンギンやアザラシ、イヌといった動物は、野営地に戻った」
第7段後半 (When the Antarctic summer…) 以下に記述がある。shatter「粉々になる、砕け散る」 1は 第8段第2文 (After more than…) にan intense battle for survival「熾烈な生存競争」とあるので、誤り。 2 は第8段第1文 (Eventually, when…) に一致するので、正解。3は1週間近く海と苦闘した後、 Elephant Island (第8段)やSouth Georgia (第 9段)にたどり着いたことがわかるので、go nowhere「どこ へ行くともない」が、誤り。4に示される動物たちは、第7段最終文 (They subsisted on a…)より、 隊員たちが食料として食べたものであるので、誤り。

■第4段落
4:1 It is a tale so amazing you’ll wonder why the Endurance saga hasn’t become a part of every school age child’s reading.
4:1 あまりに驚くべき話なので、どうしてエンデュアランス号伝説がすべて の学齢期の児童用読
書の一部にならなかったのだろうと思うことだろう。
4:2 If Shackleton’s expeditions ultimately were all disappointments to him for [6] (1. coming close to
2. keeping up with 3. falling short of) their goals, he made plenty of grand achievements to his credit along the way.
4:2 たとえシャクルトンの探険が、最終的には目的を達せられなかったのだから、彼にとっては失
望であったとしても、途中で彼は自らの手柄となるたくさんの偉業を成し遂げたのだった。
4:3 As a member of the Discovery team, Shackleton was among the first to attempt to reach the South Pole, or even to venture inland from the Antarctic Coast.
4:3 ディスカバリー号探険隊の一員とし て、シャクルトンは南極点を目指すこと、それどころか
南極沿岸から内陸へと踏み込むことでさえ、それに挑んだ最初の人々の1人であった。
4:4 He was the first to discover vegetation on a remote Antarctic island.
4:4彼は 最初に辺鄙な南極の島に植物があることを発見した。

4:5 His Nimrod expedition located the Magnetic South Pole, invaluable for navigational charts.
4:5彼のニムロッド号探険隊が磁南極の位置を定めたが、それは航海用海図には計り知れない価値
のあることだった。
4:6 He was the first to find coal in the Antarctic, altering how scientists saw the makeup and the origins of the continent.
4:6彼は最初に南極の石炭を発見し、科学者の大陸の構造と起源の見方を変えたのだった。

4:7 He pioneered innovations in exploration packing, clothing, diet, transport, and equipment.
4:7彼は探険用の梱包や衣類、食事、輸送、装備を改良する先駆者となった。
[23] Which of the following is not a true statement about Shackleton’s great achievements? 1 . He was one of the first to venture into the Antarctic interior.
2. He discovered that there were plants on an Antarctic island.
3. He found that the Antarctic had coal, as anticipated by scientists.
4. He was a pioneer of innovating what was necessary for expeditions.

・解答 [23]―3 [23]「シャクルトンの偉業について、正しい記述でないのは、次のうちどれか」 1. 「彼は、最初に南極大陸内陸部へと踏み込んだうちの1人であった」
2. 「彼は南極の島に植物があることを発見した」
3. 「彼は南極に石炭があることを発見したが、それは科学者の予想通りであった」
4. 「彼は探険に必要なものを改善する先駆者であった」 シャクルトンの数々の偉業については第4段に記述がある。1はその第3文 (As a member of…) に一 致する。2は、第4文 (He was the first…) に一致。 3は、第6文 (He was the first…) の後半に、「科 学者の・・・見方を変えた」とあるのに反する。よって、これが正解。4は最終文 (He pioneered…) に一致する。 pioneer 「〜を開拓する、〜の先駆けとなる」 innovation「改変、改 良、(技術) 革新」 equipment 「装備、用具、器具」

■第10段落
10:1 On the other hand, less individualism is [47](1. not always 2. far from 3. anything but) a good thing.
10:1他方では、個人主義が薄れていくことは必ずしもよいことではない。
10:2 In Malaysia, Prime Minister Abdullah Ahmad Bidaai recently warned that religious and ethnic tensions could cause the country “to fail as a multiracial and multireligious nation.”
10:2 マレーシアでは、アブドラ=アフマド=バダウィ首相が最近国は宗教や民族問の緊張がある と「多民族・多宗教国家として失敗する」ことになりうる、と警告している。
10:3 His comments followed recent clashes between Malay Muslims and ethnic Chinese.
10:3彼のそのコメントは、最近起こったマレー系イスラム教徒と中国系市民との聞の衝突の後に出
されたものである。
10:4 [48](1. At 2. By 3. On) Internet bulletin boards in Japan, South Korea and China, young nationalists trade insults over everything from Japan’s 20th-century imperialism to North Koreas recent nuclear test ― suggesting that economic integration does not necessarily lead to warm diplomatic relations.
10:4 日本や韓国や中国のインターネットの掲示板では、若い国家主義者達が、20世紀の日本の帝
国主義から最近の北朝鮮の核実験にいたるまで、ありとあらゆることについてののしり合っている
―それは経済の統合が必ずしも良好な外交関係につながらないことを示している。

[57] The article cautions that
1. among todays youth, nationalism and individualism have combined to incite violence.
2. diplomatic relations throughout the Asian region have led to newly emerging conflicts.
3. differing ideas about religion are causing tensions between older and younger generations.
4. too much of a sense of belonging to one group can cause hatred or distrust of others.

・解答 [57]―4
>[57]「本文は…を警告している」に続くものを選ぶ。第10段第3文(His comments followed…)に民族聞の「衝突(clashes)」の例が述べられ、また次の文でも日・中・韓の若者が
「ののしり合っている(trade insults)」と述べられているが、この原因は段落冒頭文にある「個 人主義が薄れていくこと(less individualism)」にある。4はこれに内容が一致する。
1.「今日の若者の間では、国家主義と個人主義が組み合わさって暴力をあおっている」「個人主 義が組み合わさって」がおかしい。 2.「アジア地域一帯の外交関係は、新たに出現しつつある紛争につながった」原因として挙げて いる事柄が本文と一致しない。 3.「宗教に関する異なる考え方が、年長者と若者の世代聞の緊張を引き起こしている」「年長者 と若者の世代間」についての記述が本文にはない。 4.「ある集団への過剰な帰属意識は、他の者への憎悪や不信を引き起こすことがある」

[58] Economic integration in Asia has
1. led to a cooling of relations with non Asian countries such as the United States.
2. supported the development of pan―Asian NGO networks.
3. caused bad governance and political unrest in some countries.
4. not removed all of the tensions that exist among Asian countries.

・解答 [58]―4
>[58]「アジアの経済統合は…した」に続くものを選ぶ。4は、第10段最終文後半(suggesting that economic…)の「それは経済の統合が必ずしも良好な外交関係につながらないことを示して いる」という記述と内容が一致する。 1.「アメリカ合衆国などのアジア以外の国との関係を悪くすることになった」本文に記述なし。
2.「全アジア地域のNGOネットワークの発展を支持した」本文に記述なし。
3.「統治の悪さと政治的不穏をいくつかの国で引き起こした」第4段の問題[38]を含む文にこれ と似た記述があるが、問の文の「経済統合」とは無関係。 4.「アジア諸国間に存在する緊張をすべて取り除いているわけではない」

■第8段落
8:1 “We have a lot of young people who are extremely intelligent and earn big salaries,” says 27 year old Mishap Bhatt, who heads the group’s Mumbai operation.
8:1 「我々のところには非常に頭がよく高給取りの若者がたくさんいる」と、その団体のムンパイ での活動を指揮するミーシャ=バット(27歳)は言う。
8:2 “They meet others, brainstorm solutions to problems.
8:2 「彼らは他の者と会い、問題の解決策を皆で、言い合って考える。

8:3 The feel-good factor is extremely high.”
8:3楽観的気運は非常に高い」と。
8:4 iVolunteers, which is expanding its services through links with companies also looking to do [45](1. business 2. good 3. better), reflects a change in India:
8:4 アイ・ボランティアズは人のためになることをしたいと考えている企業とのつながりを通して
その事業を拡大しているが、インドにおけるある変化を反映している。
8:5 The tradition of village level charitable giving is being replaced by corporate and individual giving, coming from cities and the new rich.
8:5 つまり、村レベルの慈善的な施しの伝統が、都市や新富裕層の企業や個人による施しに取って
代わられつつある、ということである。

[56] According to the article, the new organization called “iVolunteers” is beginning to
1. substitute charity in the village with charity from wealthy urban professionals.
2. encourage urban youth to meet and discuss their problems with each other.
3. form new companies that wish to expand and operate within villages.
4. offer high salaries in order to attract the most intelligent young workers in India.

・解答 [56]―1
>[56]「本文によると、『アイ・ボランティアズ』 という名の新組織は…し始めつつある」に 続くものを選ぶ。1の中のsubstitute A with Bの形は「AをBに代える、AをBで代用する」の意味 で、全体は「村の慈善事業を裕福な都会の職業人による慈善事業に代える」となる。これは第8段 最終文のコロン以下(The tradition…)の「村レベルの慈善的な施しの伝統が、企業や個人による

施しに取って代わられつつあり、それも都市や新富裕層からのものである」という記述と一致す
る。
2.「都会の若者が集まって問題を議論し合うように奨励する」第8段第2文(They meet…)にこれ と似た記述があるが、「奨励している」とは書かれていないし、またこれがその団体の中心的な 活動ではないので、正解とは言えない。 3.「事業を広げて村の中で営業したいと望む新企業を作る」本文に記述なし。
4.「インドで最も知能の高い若い労働者を引きつけるため高い給料を提示する」本文に記述な
し。

■第6段落
6:1 Disorienting change can inspire what looks like selfish behavior, to be sure, as rapid economic growth destroys traditional social structures faster than new ones can be built.
6:1急速な経済成長によって、伝統的な社会構造が新たな社会構造ができあがるのが追いつかない
ほど破壊される中、方向を見失わせるような変化が一見自分勝手な行動に思えるような行動を触 発することは確かにあるだろう。
6:2 One example is the magnetic pull that boomtowns like Shanghai, Ho Chi Minh City or Bangalore exert on the best and brightest young talent in their [42] ( 1. respective 2. competitive . developing) countries.
6:2 ひとつの例は、上海やホーチミンやバンガロールのような新興都市が、それぞれの国での最高
で最優秀のレベルの若い人材に及ぼしている磁力である。

6:3 Often, the rural migrants who make good in the city find themselves disconnected and alone.
6:3 しばしば農村から移住して都市で成功した者は自分が隔絶されて孤独であるように感じる。
6:4 “Initially, a lot of their riches go to satisfying selfish demands,” says Shelagh Sanai, a 30-year- old resident of Mumbai, India, who received his M.B.A from the Indian Institute of Rural Development.
6:4 「最初は、彼らの財産の多くは自己の欲求を満たすことに使われる」とシャラブ=サハイ氏
(30歳、インドのムンバイ在住)は言う。彼はインドの農村部開発協会から経営管理学修士号を
与えられた。
[55] During the initial stages of their lives in cities, young Asian jobseekers from rural areas tend to
1. become socially isolated, lacking bonds with friends and neighbors.
2. seek ways to help their parents and relatives back home in rural areas.
3. join with other youth and participate in NGOs and volunteer activities.
4. find employment related to new development initiatives in large companies.

・解答 [55]―1
>[55]「都市生活の最初の段階では、田舎出身のアジアの若い求職者らは…する傾向がある」に
続くものを選ぶ。1は「社会的に孤立し友人や隣人とのきずながない」の意味で、第6段の問題
[42]の後の文中にある「自分が隔絶されて孤独であるように感じる(find themselves disconnected and alone)」という記述と一致する。 2.「田舎にいる両親や親戚を助ける方法を模索する」本文に記述なし。なお、田舎に戻って地元 の役に立ちたいという傾向があるのはイスラム学生連盟のメンバーである。 3.「他の若者と合流してNGOやボランテイア活動に参加する」都会生活を続けるうちにそのよう なことをするようになることも考えられるが「最初の段階(initial stages)」という観点では正解とならない。 4.「大企業の新開発の主導権と関連した雇用を見つける」本文に記述なし。

■第1段落
1:1 The humanitarian response to the 2004 Asian tsunami was swift and global.
1:1 2004年のアジアの津波に対する人道主義的な反応は、迅速で世界規模的なものだった。
1:2 But compared to the tasks that outside relief agencies and foreign soldiers undertook, those assigned to local Indonesian volunteers in Banda Aceh were far more grim.

1:2 しかし外部の救助機関や外国人兵士が引き受けた任務に比べ、バンダ・アチェの現地インドネ
シア人ボランテイアに割りftてられた任務は、はるかに厳しいものだ、った。
1:3 Their mission: to clear the provincial capital of corpses, both in order to preserve the dignity of the tens of thousands of victims and also to prevent epidemics among survivors.
1:3彼らの任務とは、州都から遺体を除去することであり、それは何万人もの犠牲者の威厳を守る
ためだけでなく、生存者に伝染病が広がるのを防ぐためでもあった。
1:4 For weeks, they gradually went district by district through the wrecked city, freeing decomposing remains from the rubble for burial in mass graves.
1:4何週間にもわたって、徐々に、彼らは壊滅した町の地域をひとつひとつ回り、腐敗しつつある
遺体を、集団墓地に埋葬するために瓦磯から取り出した。
1:5 “It was very, very surprising,” says Hezbollah M. Saad, an Indonesian human rights commissioner.
1:5 「非常に驚くべきことでした」と、インドネシアの人権団体役員のハスバラ=M.サード氏は述
べている。
1:6 “We never imagined that people would come [31] (1. reluctantly 2. Spontaneously 3. Finally).”
1:6 「人々が自発的にやって来るとは想像もしませんでした」と。

[51] An Indonesian rights commissioner was surprised by the humanitarian response to the 2004 Asian tsunami because
1. there were so many corpses to clear.
2. it took weeks to go district by district through the wrecked city. 3. many people came because of a natural impulse to help.
4. an unexpected number of people were unwilling to join the relief effort.

・解答 [51]―3
>[51]「あるインドネシアの人権団体役員は、2004年のアジアの津波に対する人道的な反応に 驚いた。なぜなら…」に続くものを選ぶ。第1段の最後の2文において、その人にとって「驚くべ き(surprising)」ことだったのは、人々が「自発的に」(spontaneously、問題[31])現れた
ことだったと書かれている。3の「多くの人が、手助けしたいという自然の衝動によりやって来 た」がこれと一致する。 1.「除去しなければならない遺体があまりにも多くあった」惨状に対して驚いたわけではないの で不適切。 2.「壊滅した町の地域をひとつひとつ回るのに何週間もかかった」仕事の内容に驚いているわけ ではないので不適切。 4.「予想外の数の人々が救助活動に加わるのを嫌がった」「嫌がった」がおかしい。

■第5段落
5:1 When Edison reached the age of forty in February 1887, he had achieved more than many men do in their [8](1. Scopes 2. Areas 3. Lifetimes).
5:1 エジソンは1887年2月に40歳を迎えた時、多くの男性が生涯でなし得る以上のことをすでに達 成していた。
5:2 The development of commercial electric lighting had brought him worldwide fame and a considerable fortune.
5:2商業としての電気照明の発達が、彼に世界的名声とかなりの富をもたらしていた。
5:3 The famous invention of his incandescent lamp had taken place in 1879 at his laboratory in Menlo Park, New Jersey, the “invention factory” where groups of [9](1. investors 2. experimenters
3. executives) had developed a stream of new products that included electric lighting.
5:3有名な白熱灯の発明が、1879年に、ニュージャージーのメンロ・パークにある彼の研究所、す
なわち「発明工場」でなされており、そこでは何班もの実験者らが電気照明を含む一連の新製品 を開発していた。
5:4 In the years that [10](1. made 2. continued 3. followed) the invention of the electric lamp, Edison and his men built the first complete supply system based on a central power station.

5:4電灯の発明後の期間には、エジソンとその部下達は中心となる発電所を基盤とする完全な電気 供給設備を初めて建設した。
5:5 New York’s Pearl Street station was completed in 1882.
5:5 ニューヨークのパール街にある発電所は1882年に完成された。
5:6 It distributed electricity to a few blocks of the business district in lower Manhattan.
5:6 それは南部マンハッタン地区の数ブロックにわたる商業地区へ電気を送った。
5:7 This was not the first electric light in New York City.
5:7 これがニューヨーク市の最初の電灯というわけで、はなかった。
5:8 [11](1.when 2. for 3. although) Charles Brush and Edward Weston had already installed arc lights in public places, but it was the prototype of the commercial distribution of electricity.
5:8 というのは、すでにチャールズ=ブラッシュとエドワード=ウエストンが公共の場所にアーク
灯を設置していたからである。しかしそれは商業的な電気の配給の原形であった。
5:9 The plain, shop front facade of the Pearl Street station did not do justice to this historic installation, which proved that large-scale electricity supply was technologically feasible.
5:9 パール街発電所の建物の質素な正面部分からはうかがいしれないかもしれないが、この歴史的
な設備は大規模な電気の供給が技術的に実現可能であることを証明するものであった。
5:10 It was a triumph for Edison and the small beginning of a great new industry.
5:10 それは、エジソンにとっての勝利であり、また偉大なる新産業の小さな始まりでもあった。
5:11 [12] (1. The structures 2. The features 3. Copies) of the station soon appeared on both sides of the Atlantic, as affluent city dwellers clamored for the new light and entrepreneurs rushed to form local Edison lighting companies.
5:11裕福な都市居住者が新しい照明を要求しそして起業家達がこぞって地元にエジソン照明会社を
設立するにつれ、その発電所と同じものが、ほどなくして大西洋の両側に出現した。
5:12 To his contemporaries, Edison, now known as the “Wizard of Menlo Park,” stood astride a mighty business empire.
5:12 エジソンは同時代の人々にとって目下「メンロ・パークの魔術師」として知られ、強大なビ ジネス帝国の上に立っていた。
[24] As regards electricity and electric light, which of the following is Edison’s contribution?
1. The scientific discovery of electricity.
2. The supply of electric power to new industries.
3. The first electric light in use in New York City.
4. The first electric power supply system for the public.

・解答 [24]―4
>[24]
「電気と電灯に関しては、次のうちどれがエジソンによる貢献か」
1.電気の科学的発見。
2.新産業への電力供給。
3.ニューヨーク市で使用されている最初の電灯。
4.公共のための第一の電力供給システム
As regards~「~に関して」
第5段の問題[10]の文に「完全な電気供給設備を初めて建設した(built the first complete supply system)」とあり、続く2文にも実際に発電所から電気を供給したことが書かれており、4の内容が これと一致する。
1は電気そのものがエジソンによって発見されたという記述はないので誤り。
2は第2段第3文(Edison’s invention…)に「エジソンによる白熱電球の発明は、数々の新しい主要 産業を生み出す、技術革新の第二の到来の始まりを示していた」とあることからわかるように、 新産業がすでに生まれていたわけではないので誤り。

■第7段落
7:1 A more traditional economic approach measured the value of leisure time based on one’s hourly wage, and it was made famous by the American economist Gary Becker in 1965.
7:1 より伝統的な経済学的研究方法では、余暇時間の価値をその人の時給に基づいて測っていた。
それは1965年に、アメリカの経済学者ゲーリー=ベッカーによって広く知られるようになった。
7:2 The idea was that any time that went toward leisure could be reinvested in work. 7:2その考え方は、余暇に使うための時間は、いかなるものでも仕事に再投入できる、というもの
であった。
7:3 But income based formulas have [46](1. negligible 2. contrasting. obvious) limitations.
7:3 しかし収入を基礎とする数式では、明らかな制限がある。

7:4 For instance, many people on a fixed salary do not have the choice of getting extra pay if they work overtime.
7:4例えば、固定給をもらっている多くの人々は、超過勤務をして余計に給料をもらうという選択
はできない。
7:5 In addition, some people’s work is keeping house, which usually does not [47](1. come 2. advance 3. decrease) with a salary.
7:5 さらに、家事をすることが仕事である人もいるが、それは給与を伴わないのが普通である。
7:6 Yet in figuring out how to maximize your time, salary is a logical starting point.
7:6 しかし自分の時間を最大限に利用する方法を算出する際には、給料というものは論理的な出発
点である。
7:7 Economists suggest that you begin by calculating what an hour of your time is worth, based on your salary.
7:7経済学者らは、給料を基にして、自分の時間が1時間あたりどれくらい価値があるかを計算す
ることから始めてみることを提案している。
7:8 Using that figure, you can then compare the cost of doing a task yourself versus outsourcing it.
7:8 この数字を用いれば、ある仕事を自分でやる場合と外部に委託する場合とで費用を比較するこ
とができる。

7:9 If you do it yourself, you have to add the price of materials or supplies. 7:9自分でやるならば、材料や必要なものの値段を加えなければならない。
7:10 If you hire someone else, of course, you have to calculate the time it takes to find and manage that person.
7:10誰か他の人を雇うなら、もちろん、その人を見つけ、管理することに要する時間を計算しな
ければならない。
7:11 Then you are [48](1. ready 2. opposed 3. ineligible) to tackle the other half of the calculation. 7:11 それが済むと計算の残り半分に取り組む準備ができる。
7:12 This looks at the non financial costs and benefits.
7:12 これは、お金とは別の犠牲や利益を検査するものである。
7:13 Among the factors to consider are how much you enjoy doing the job yourself, and what you are willing to give up in order to do it.
7:13考慮すべき要因の中には、その仕事を自分でやってどれくらい楽しいか、そしてそれをするた
めに放棄してもよいと思うことが含まれる。

[58] According to the article, which of the following do income-based formulas ignore?
1. Some uses of time or some tasks are not paid or do not earn income.
2. You Will receive overtime pay when you stay late at work.
3. Ones income can vary throughout the year or throughout life.
4. Income-based formulas do not calculate how much we spend.

・解答 [58]―1
本文によると、収入を基礎とした数式が無視していることは次のうちどれか
1 時間の利用法もしくは仕事の中には、給料が支払われなかったり収入を得られなかったり するものもある。
2 残業すると超過勤務手当がもらえる。
3 人の収入は年間、あるいは生涯を通して変化しうる。
4 収入を基礎とする数式は、いくら費やすかを計算するものではない。
>[58]1の「時間の利用法もしくは仕事の中には、給料が支払われなかったり収入を得られな かったりするものもある」は、7:3(But income-based formulas…)で「収入を基礎とする数式で は明らかな制限がある」とあり、その例として超過勤務に対する報酬が得られない人や家事に給 料が支払われない人のことを述べており、1の内容と一致するので正解。2の「残業すると超過勤 務手当がもらえる」は、1といわば逆の内容。3の「人の収入は年間、あるいは生涯を通して変化 しうる」はその通りかもしれないが本文に記述なし。4の「収入を基礎とする数式は、いくら費や すかを計算するものではない」は、7:8(Using that figure,…)に「ある仕事を自分でやる場合と 外部に委託する場合とで、費用を比較することができる」とあり、明らかに「いくら費やすかを 計算」しているわけであるから選択肢の文そのものが誤り。

[59] According to the article, where should you start in order to calculate the worth of your time?
1. The value of your feeling of enjoyment or feeling of sacrifice.
2. The value of materials and supplies you need to do tasks at home.
3. The value of your salary divided by the number of hours you work.
4. The value of the salary of the person you hire to do tasks for you.

・解答 [59]―3
本文によると、時間の価値を計算するためにはどこから始めるべきか。
1 楽しみの感覚あるいは犠牲の感覚の値
2 自宅で仕事をするために必要な材料や必需品の価値
3 給料を労働時間数で、割った数値
4 自分に代わって仕事をしてくれる人の給料
>[59]3の「給料を労働時間数で、割った数値」は、7:6(Yet in figuring out…)「給料は論理的 な出発点である(salary is a logical starting point)」、さらに7:7で「経済学者らは、給料を基にし て、自分の時間が1時間あたりどれくらいの価値があるかを計算することから始めてみることを提 案している」とあるから内容は一致する。2と4は関連する記述が本文にあるが「どこから始める べきか」という問いの答えとはならない。1は記述がない。

■第8段落
8:1 Many do-it-yourself veterans are grappling with these same issues. 8:1自分でする経験が豊富な人の多くも、これらと同じ問題に取り組んでいる。 8:2 We tried two tasks:
8:2我々は2つの課題を試した。
8:3 one, filling in our tax forms by ourselves versus hiring a tax accountant; 8:3 1つ目は、税の申告書を自分で記入するか税理士を雇うか。

8:4 two, buying a jar of pre-chopped garlic versus buying a garlic press device and
doing it ourselves.
8:4 2つ目は、刻みニンニクのビン詰めを買うかニンニクおろし器を買って自分でやるか、である。
8:5 The tax accountant finished his work only two minutes faster than we did ourselves when we used a software program, if we include the time it took to travel to his office.
8:5税理士が作業を終えたのは、我々がソフトウェアのプログラムを使って自分でやった場合と比 べると、彼の事務所まで行くのに要した時間を含めれば、わずか2分早いだけだった。
8:6 However, employing him cost $100 more.
8:6 しかし、彼を雇うことには100ドル余計にかかっている。
8:7 Buying the jar of garlic saved us 22 minutes of chopping and slicing by ourselves, making it worthwhile, but the garlic in the jar does not taste as good as fresh garlic.
8:7 ビン詰めのニンニクを買うと自分で刻んだりスライスしたりする時間を22分節約できたが、 それはそれで価値があるとはいえ、ビン詰めのニンニクは新鮮なニンニクほど味がよくない。
8:7 We then hired a professional to organize our desk. 8:7次に我々は、机を整理する専門家を雇った。
8:8 She did half of it, but [49](1. charged 2. paid 3. saved) nearly $100 per hour, during which we had to stay with her to help her understand the piles of papers, making it not worthwhile.
8:8彼女はその半分しかしなかったが、1時間あたり100ドル近くを請求した。その間我々は彼女 と一緒にいて山積みの書類を彼女が理解するのを手助けせねばならず、したがってお金をかける価 値のないものだった。

[55] According to the article, time-value calculations can show us how much money
1. we spend outsourcing a task, compared to our income during the time that task takes.
2. we spend going to the places that provide services for us.
3. we should try to eliminate from expenditures by cooking for ourselves.
4. we would save if every household had one parent who stayed home to raise children.

・解答 [55]―1 本文によると、時間の価値の計算によって示されるのは…
ある仕事を外部委託することは、その仕事が要する時間に得られる収入と比較して、どれほど多 くのお金を我々が費やすか。 サービスを提供してくれる場所へ行くのにどれほど多くのお金を費やすか。 自分で料理をすることによって、どれほど多くのお金を支出から削るようにすべきか。 すべての家庭で子育てのために一方の親が家庭に残ればどれほど多くのお金を節約できるか。
>[55]7:7(Economists suggest that…)に「給料を基にして、自分の時間が1時間あたりど れくらい価値があるか(what an hour of your time is worth)を計算する」とあり、さらに7:8 に「この数値を使うことによってある仕事を自分でやる場合と外部に委託する場合とで、費用を 比較することができる」とあるから、内容に一致する。2は、4:5(Some use…)の「子供をさ まざまな場所へ車で連れて行くこと」、また8:5(The tax accountant…)の「彼(税理士)の 事務所まで行く」にはいずれもお金についてではなくその時間が問われているから、不適切。3は、 5:7(They also calculated…)に外食費の話題があるが、「自分で料理をして支出を削減すべき」

とまでは述べていない。4も第5段落で例として取り上げられているが、「すべての家庭(every
household)」について述べてはいないから、不適切。

■第6段落
6:1 But economists recognize that for many families, you must adjust these calculations using what they call “psychological variables.”
6:1 しかし経済学者らは、多くの家族の場合、これらの計算にはいわゆる「心理的変数」を用いて
調整しなければならないと認識している。
6:2 Some divide household [43](1. expenditures 2. management 3. activities) into two categories: 6:2学者の中には、家庭での活動を2つの部門に分ける者もいる。
6:3“consumption,” which should be something you enjoy, and “production,” which is anything that feels like work.
6:3一方は「消費」で、楽しんでするものであり、他方は「生産」で、仕事のように感じられるも
のすべてである。
6:4 If you love gardening, it is consumption, but if you hate gardening, it is production and you will be more [44](1. reluctant 2. inclined 3. able) to hire someone else to do it.
6:4 もし庭いじりが好きならば、それは消費であるが、庭いじりが嫌いならば、それは生産であ
り、むしろ誰か他の人を雇ってそれをやってもらいたいと思うだろう。

6:5 As one economist says, “it’s not just about the money.”
6:5 ある経済学者が言うように「お金に関することだけではない」のである。
6:6 That was how Sarah Kallie [45] (1. justified 2. uncovered 3. undermined) her long battle with the telephone company.
6:6 そのような考え方で、サラ=カリーは電話会社と長時間争ったことを正当化した。
6:7 It was worth it for the satisfaction, says Ms. Kalliney. 6:7満足するためにはそうする価値があった、とカリニーさんは言う。

57] According to the 6th paragraph, which of the following can we determine by distinguishing between “consumption” and “production”?
1. Gardening is less time-consuming when we hire a gardener to help us.
2. The cost basis of outsourcing a task, measured against our hourly income.
3. Whether hiring an accountant saves time but will cost the same as doing it yourself.
4. How enjoyment or the feeling of “work” helps us in measuring the value of our time.

・解答 [57]―4
第6段落によると、「消費」と「生産」を区別することによって決定づけられることは次のうちど れか。
1 庭いじりは庭師を雇ってする方が時間の無駄が少ない。
2 1時間あたりの収入と比べて計算された、仕事を外部委託することの経費の基準。
3 税理士を雇うことは時間の節約になるが自分でやるのと同じ経費がかかるのかどうか。
4 楽しむこと、もしくは『仕事』の感覚が、いかに時間の価値を測ることの助けとなるか。
>[57]4の「楽しむこと、もしくは『仕事』の感覚が、いかに時間の価値を測ることの助けとな るか」は、言い換えれば「楽しんでするか、仕事だと思ってするかによって、それにかける時間の 価値が変わる」ということであり、6:2(Some divide…)の内容に一致する。これに対して1~3 は「どちらが効率的か」だけを述べているので不適当である。

■第4段落
4:1 It the past, economists looked [37](1. liberally 2. unwillingly. strictly) at your income in order to calculate the value of your leisure hours.
4:1 かつて経済学者らは、余暇時間の価値を計算するため、収入を厳密に調査していた。
4:2 Now, the study of the “household economy” is getting fresh encouragement. 4:2 現在では「家庭経済」の研究は新たな促進材料を得つつある。
4:3 It is even beginning to take into account intangible factors such as satisfaction and pleasure. 4:3 満足とか喜びといった無形の要素を考慮に入れようとさえしているのである。
4:4 Many governments have conducted surveys on the use of time within the household, in an effort to provide reliable data.
4:4 多くの政府が、信頼できるデータを提供しようとして、家庭内の時間の使い方について調査を
行った。
4:5 Some use a monthly survey, [38](1. if 2. where 3. which) they ask people to report how much
time they spend doing such things as exercising or driving their kids to various places.
4:5 月単位で調査を行うところもあり、その場合には運動したり子供をいろいろな場所に車で、連
れて行ったりするようなことにどれだけ時間を使うかを人々に尋ねている。 4:6 A large number of academic essays on this topic are also circulating.
4:6 この話題に関しては多数の学術論文が読まれている。
4:7 Some of them address issues such as the impact of timesaving technology, including microwave ovens and washing machines.
4:7 それらのうちいくつかは、電子レンジや洗濯機を含めた時間節約技術の影響といった問題を取
り扱っている。
4:8 This kind of scholarship is gaining new relevance now that lower household budgets are [39]
(1. forcing 2. requesting 3. helping) some people to work longer hours, which emphasizes the importance of the cost-effective use of free time.
4:8 この種の学問はいまや、新たな関連性を得つつある。というのは、より低収入の家庭では、よ
り長時間働かざるをえない人々がおり、そのことが自由時間を費用面で効率的に使うことの重要 性を際立たせているからである。

[53] In the 4th paragraph, the notion of the “household economy” is introduced in order to emphasize
1. the economic value of the earnings of all family members.
2. the time used for various activities of the entire household as a unit.
3. the psychological value of the time spent by all family members.
4. the value placed on shrinking household budgets.

・解答 [53]―2
第4段落でhousehold economyの考え方が紹介されているのは、何を強調するためか。 家族全員の所得の経済的価値 単位としての家庭全体の、さまざまな活動に使われる時間 家族全員が使う時間の心理的価値
家計を縮小することに置かれる価値
>[53]2の「単位としての家庭全体の、さまざまな活動に使われる時間」は、4:4(Many governments have…)に「多くの政府が家庭内の時間の使い方について調査を行った」とあり、内 容が一致する。1の「家族全員の所得の経済的価値」3の「家族全員が使う時間の心理的価値」、 および4の「家計を縮小することに置かれる価値」は、いずれも記述がない。

■第1段落

1:1 Sarah Kallie is a Manhattan executive who is so busy at her job that she does not have time to do her laundry, visit her parents, or clean the cats sand box.
1:1 サラ=カリーは、仕事が大変忙しいため、洗濯をしたり両親に会いに行ったり、猫の砂箱を掃
除したりする時間のない、マンハッタンの管理職である。
1:2 She eats out six nights a week and gets her groceries delivered to her doorstep.
1:2週に6回は夕食を外食で済ませ、食料雑貨は玄関先まで届けてもらっている。

1:3 But she recently spent nearly 10 hours battling her mobile phone company because they charged her 9 in late fees.
1:3 しかし彼女は最近、携帯電話会社が料金支払いの遅延に対して9ドルを請求したため、10時間
近くも費やして言い争った。

[51] According to the article, some people save time by
1. visiting their parents to get help with household tasks.
2. relaxing with a variety of leisure-time activities.
3. buying a garlic press device in order to taste fresh garlic.
4. eating out and having daily necessities delivered to their homes.

・解答 [51]―4
本文によると、時間を節約する人々がいるがそれは何をすることによってなのか。
1 家事を手伝ってもらうため親を訪問すること。
2 様々は余暇活動をしてくつろぐこと。
3 新鮮なニンニクを味わうためにニンニクおろし器を買うこと。
4 外食し、日常の必需品は家に配達してもらうこと。
>[51]1の「家事を手伝ってもらうため親を訪問すること」と2の「さまざまな余暇活動をしてく つろぐこと」は本文に記述なし。3の「新鮮なニンニクを味わうためにニンニクおろし器を買うこ と」は「ビン詰めのニンニク」を買う方が時間の節約となるので不正解。4の「外食し、日常の必 需品は家に配達してもらうこと」は、第1段落に登場する多忙なカリーさんのしていることで本文 の内容と一致する。

■第10段落
10:1 But if an intelligent designer indeed created the human eye, that designer made some big mistakes.
10:1 しかし、もし知的設計者が人間の目を作ったのだとすれば、その設計者はある大きな誤りを
犯した。
10:2 The eye has a blind spot in the middle that [16] (1. enhances 2. induces 3. reduces) its capacity to see.
10:2目には中心に盲点があって、その見る力を損なっているのである。
10:3 Other creatures, more dependent on sharp eyesight than we are, do not have this blind spot.
10:3私たち以上に鋭い視力に依存する生物には、このような盲点のないものもいる。
10:4 Some people are colorblind and others must start wearing glasses when they are small children.
10:4人間には色覚異常の人がいるし、幼児のうちからメガネを必要とする人もいる。
10:5 All of these variations and shortcomings are consistent with evolution.
10:5 こうした変異や欠点すべてが進化に合致しているのである。
10:6 None is consistent with the view that the eye was designed by an intelligent being.

10:6 どれ一つとして、知的存在によって目が設計されたとする見解に合致するものはないのであ
る。
[26] In the 10th paragraph, the example of the blind spot is used to support the argument that
1. other creatures depend more on sharp eyesight than we do.
2. the human eye is not perfect.
3. the theory of evolution does not tell the full story.
4. the theory of evolution is acceptable.

・解答 [26]―4
>[26]「第10段で盲点の例は…という主張を支持するために使われている」 1.「私たち以上に鋭い視力に依存している生物がいる」
2.「人間の目は不完全である」
3.「進化論は詳しい話を語っていない」
4.「進化論は受け容れることができる」
4以外は「知的設計論の否定」と関連がないので誤り。

■第6段落
6:1 What existed before the Big Bang created the universe?
6:1 ビッグバンが宇宙を創造する以前に、何が存在していたのか。
6:2 Is there an afterlife of heaven (or hell) that awaits us after we die?
6:2天国(あるいは地獄)という、死後私たちを待ち受ける来世はあるのか。
6:3 Can a faith in God change our lives?
6:3神への信仰は私たちの暮らしを変えられるのか。
6:4 There are religious scientists who believe that God exists and affects our lives, and there are scientists who reject the idea of God and his actions.
6:4神は存在するし、私たちの暮らしに影響すると信じる宗教的な科学者たちもいるし、神とその
行為という思想を否認する科学者もいる。
6:5 For example, Isaac Newton was a deeply religious man, and what we today call the Newtonian laws, he [10] (1. attached 2. attributed 3. contributed) to Gods handiwork.
6:5 たとえば、アイザック=ニュートンは信心深い人間であったし、今日私たちがニュートンの法
則と呼ぶものを彼は神の御業によるものだと考えていたのである。

6:6 On the other hand, Charles Darwin, though he started his adult life as a sincere believer intending to become a priest, abandoned his insistence that God created animal species and replaced that view with his extraordinary, and now widely accepted, theory of evolution.
6:6他方、チャールズ=ダーウインは、青年期の初めには、聖職者になろうとしていた敬度な信者で
あったが神が動物を作ったのだとする説を捨て、その見解を自分のとんでもない、だが今は広く 受け容れられている、進化論に置き換えたのだった。
[22] According to the article, which of the following is in accordance with Isaac Newton’s thinking
1. God was the designer of the Big Bang that created the universe.
2. The speed with which an object falls toward the ground depends on its weight.
3. The theory of evolution has not been proven as fully as the theory of gravity.
4. The theory of gravity prevails because God exists.

・解答 [22]―4
>「22]「この文章によると、アイザック=ニュートンの思考と一致するのは次のうちどれか」 1.「神は宇宙を創造したビッグバンの設計者だった」
2.「地面に物体が落下する速度はその重量によって決まる」
3.「進化論は、重力理論ほどには十分に証明されなかった」
4.「重力理論は神が存在するので、広く行きわたっている」 ニュートンの思考については、第6段第5文(For example Isaac…)以下に記述がある。今日のニュー トンの法則は神の御業によるものだとしていたことがわかる。1・3については、ニュートンの時

代にビッグバンも進化論も知られていなかったのだから、明らかな誤り。2はニュートン以前の考 え。

■第5段落
5:1 Perhaps the most serious concern about virtual schools is whether they can teach students to work cooperatively, and to [4](1. acquire 2. interrupt 3. reject) the humanistic and egalitarian values that are the foundations of democratic society.
5:1 バーチャル=スクールに関する最も深刻な懸念は、おそらく協力して物事に取り組んだり、民
主的社会の基礎である人道的・平等主義的価値観を獲得することを生徒に教えられるかどうかで あろう。
5:2 Many who oppose on demand virtual schools claim that, because such schools do not [5](1. prevent 2. provide 3. propose) live interaction, they are destined to diminish civic engagement and deepen the social isolation that can be seen among so many of today’s young people.
5:2 オンデマンド方式のバーチャル=スクールに反対する人の多くは、そのような学校では生きた
やりとりができないため、市民としての参加が減少し、今日の非常に多くの若者の間に見られる ような社会的孤立を深めてしまうと主張している。

[25] According to the article, opponents of virtual schooling think that increasing numbers of young people
1. do not like to speak up in class.
2. will not have Internet access in the future.
3. lack a significant connection to anyone.
4. have a great deal of civic awareness.

・解答 [25]―3
本文によると、バーチャル教育に反対する人々が考えるのは、ますます多くの若者が
1 授業中に発言するのを好まない。
2 将来インターネットにアクセスしない。
3 他人との有意義なかかわりを持たない。
4 市民意識を大いに持つ。
>[25]3は「他人との有意義な関わりをもたない」という意味。lackは「~を欠く、~がない」 という意味の動詞。5:2(Many who oppose…)に「今日の非常に多くの若者の間に見られるよう な社会的孤立」とあり、内容的に一致する。

■第6段落
6:1 Arguments [6](1.related 2. responsible. resistant) to direct experience are not new. 6:1直接的経験に関する主張は目新しいものではない。
6:2 The Greek philosopher Aristotle argued in The Rhetoric that temporal distancing [7](1. compares with 2.contrasts with 3. contributes to) a lack of sympathy, because it is difficult for people to feel close to events of the past or future.
6:2 ギリシアの哲学者アリストテレスは『修辞学』の中で、時間的な隔たりは共感の欠如の一因と
なるなぜなら人は過去や未来の事象を近い存在と感じることは難しいからである、と主張してい る。

6:3 The English philosopher David Hume made similar comments about spatial distancing in A Treatise on Human Nature (1740), maintaining that it is difficult for people to feel any relation to objects from which they are [8](1. logically derived 2. far removed 3. separated by time).

6:3 イギリスの哲学者デイピッド=ヒュームは『人間本性論』(1740年)の中で空間的な隔たりに
ついて似た意見を述べており、人は自分から遠く離された物に対して関わりを感じることは難し いと主張している。

[27] The author cites Aristotle and Hume in order to emphasize that spatial and temporal distancing can
1. remove barriers to communication among a wide variety of participants.
2. hinder the development of sympathy.
3. help people to develop the skills they need in democratic society.
4. bring people closer to the events of the past or future.

・解答 [27]―2
筆者がアリストテレスやヒュームを引用することで強調しようとしていることは空間的に、また時 間的に遠ざかることによって以下のことがありうるということである。
1 広範囲の参加者同士の意思疎通を阻む障壁を取り除く。
2 共感する気持ちの発達を妨げる。
3 人が民主社会で必要とする技術を発達させる助けになる。
4 人を過去や未来の出来事に近づける。
>[27]citeは「引用する」という意味。 2の「共感する気持ちの発達を妨げる」は、第6段落の内容と一致する。
1の「広範囲の参加者同士の意思疎通を阻む障壁を取り除く」、3の「人が民主社会で必要とする 技術を発達させる助けになる」は、ともにこれとは反対の内容が述べられている。 4の「人を過去や未来の出来事に近づける」は6:2後半(because it is…)「人が過去や未来の出来 事を近い存在と感じることは難しい」という記述に反する。

■第9段落
9:1 However, the compact city policies proposed so far have been based more in theory than in practice, and the arguments are contentious.
9:1 しかしながら、これまで提案されてきたコンパクト・シティの政策は、実践よりも理論に基づ いており、さまざまな主張が飛びかっている。

9:2 The theory is to an extent based on the assumption that restrictions on land use will help to concentrate development and lessen the need to travel, thus [48](1. generating 2. increasing 3. reducing) vehicle emissions.
9:2 その理論は、土地利用の制限が開発の集中的実施、および移動の必要性の減少と、その結果と しての車両の排ガスの減少に役立つだろうという想定にある程度基づいている。
9:3 The promotion of the use of public transport, walking and cycling is often cited as a solution.
9:3公共交通機関を利用する、歩く、自転車を使うといったことの促進は、一つの解決法としてし
ばしばあげられる。
9:4 Further reductions of harmful emissions might also result from more energy efficient land use planning, combined power and heating schemes, and energy efficient buildings.
9:4 よりエネルギー効率のよい土地利用計画、熱電併給事業、エネルギー効率のよい建物によって
も、有害排出物のさらなる削減が可能になるかもしれない。

9:5 It is also argued that higher densities may help to make the provision of amenities and facilities economically viable, [49](1.blocking 2. enhancing 3. reducing) social sustainability.

9:5 また、より高い密集性は便利な設備や施設の供給を経済的に実現可能にするのに役立ち、その 結果社会の持続性を高めるかもしれないとも主張されている。
■第10段落
10:1 But on the down side, the compact city may become overcrowded and suffer a loss of urban quality, with less open space, more congestion and pollution, and may simply not represent the sort of environment in which the majority of people would wish to live if they had the [50](1.choice 2. interest 3. right).
10:1 しかし、否定的な側面について言えば、コンパクト・シティはともすると過密状態になり、 開放されたスペースの減少と渋滞や汚染の増加をともなって都市の特性を失うかもしれないし、 また単に、大多数の人々が機会があれば住んでみたいと思うような種類の環境を象徴しないかも
しれない。

[59] Which of the following statements is inconsistent with the article?
1. Compact city policies have been proposed more on the basis of theory than practice.
2. Energy efficient land use planning may reduce vehicle emissions.
3. The overcrowding of a compact city will make social sustainability impossible.
4. People may not wish to live in compact cities unless their amenities are guaranteed.

・解答 [59]―3
>[59]「次の記述のうち、本文と一致しないのはどれか」 1.「コンパクト・シティの政策は、実践よりも理論に基づいて提唱されてきた」第9段第1文
(However, ……)に一致。 2.「エネルギー効率のよい土地利用計画は車両の排ガスを減少させるかもしれない」第9段第4文 のFurther …… planningの部分に「よりエネルギー効率のよい土地利用計画によって、有害排出物 のさらなる削減が可能になるかもしれない」とあり、内容的に一致する。 3.「コンパクト・シティの過密状態は社会の持続性を不可能にする」第10段(But ……)では「過 密状態になる(become overcrowded)」ことによって起こる問題(スペースの減少や渋滞の増加 など)が指摘されているが、「社会の持続性を不可能にする」とまでは述べられていない。 4.「人々は、便利な設備が保証されなければ、コンパクト・シティに住みたいとは思わないかも しれない」第10段に「都市の特性を失う(suffer a loss of urban quality)」ことによって「大多数 の人々が機会があれば住みたいと思うような種類の環境を象徴しないかもしれない(may
simply …… choice)」とあることから、ほぼ一致すると言える。

■第8段落
8:1 The vision of the compact city has been dominated by the model of the densely developed core of many historic European cities.
8:1 コンパクト・シティというビジョンは、歴史上重要な多くのヨーロッパ諸都市の、密集して発
達した中心部というモデルに多大な影響を受けている。

8:2 These are a great attraction not just to architects, planners and urban designers, [46](1. and 2. but 3. or) to countless tourists who flock to see them.
8:2 これらは建築家やプランナーや都市設計者だけでなく、群れをなして見に来る無数の観光客に とってもおおいに魅力あるものである。
8:3 They are seen, often by those from outside, as ideal places to live and experience the vitality and variety of urban life.
8:3 それらは、しばしば外部から来た人々によって、住んだり都会生活の活気や多様性を経験した りするのに理想的な場所とみなされている。
8:4 The danger is that it is a romantic vision, one which assumes a golden age that can be recaptured through urban form, leading to a sustainable and benign civility.
8:4危険なのは、それが現実離れしたビジョンであり、そこでは、都市形態を通して取り戻すこと
ができて、しかも持続可能で温和な礼儀正しさにつながる黄金時代を想定していることである。

8:5 Perhaps it is not [47](1. believable 2. interesting 3. Surprising) that the strongest advocate for the compact city has been the European Community.

8:5 コンパクト・シティの最大の支持者がヨーロッパ共同体(EC)であることは、ひょっとする
と驚くべきことではないかもしれない。
[58] Which of the following statements is consistent with the argument of the 8th paragraph?
1. Compact city policies are a great attraction to countless tourists.
2. The golden age can be recaptured through urban form.
3. A compact city is an ideal place to live and experience the vitality and variety of urban life.
4. The current vision of the compact city may be dangerous because it has been dominated by the model of historic European cities.

・解答 [58]―4
>[58]「次の記述のうち、第8段の主張と一致するものはどれか」 1.「コンパクト・シティの政策は、無数の観光客にとって大きな魅力である」
2.「黄金時代は都市形態によって取り戻すことができる」
3.「コンパクト・シティは、居住し、都会生活の活気と多様性を経験するのに理想的な場所であ
る」 4.「コンパクト・シティについての現在の考え方は、歴史的なヨーロッパの都市のモデルに支配 されたものであるので、危険であるかもしれない」
1は同段第2文(These are……)に、2は第4文(The danger……)に、3は第3文(They are……) に述べられているが、第4文で「危険なのは、それが現実離れしたビジョンであること(The
danger is that it is a romantic vision)」と警告している。したがって、4が正解。

■第1段落
1:1 The issue of sustainable urban development has concentrated the minds of governments and research organizations around the world.
1:1持続可能な都市開発の問題は、世界中の政府や研究機関の頭脳を集結させてきた。
1:2 Cities have been seen as the cause of environmental degradation and resource depletion, casting an ecological footprint across the globe, far beyond their immediate regions.
1:2都市は、環境の悪化や資源の枯渇の原因とみなされ、近隣地域の枠をはるかに越え、世界中で
環境上の踏み跡を残している。
1:3 More often than not, cities are seen as problematic with congestion, pollution, poor housing, collapsing infrastructure, crime and poverty.
1:3渋滞、汚染、悪い住宅事情、崩壊しつつあるインフラ、犯罪、貧困のため、しばしば都市は問
題が多いとみなされる。

1:4 Yet it is cities that drive economies, and it is within them that innovation occurs and the majority of global output is produced.
1:4 しかし、経済を押し進めるのは都市であり、また革新が起こったり、世界の生産の大部分がな
されるのも都市の中なのである。
[51] In the 1st paragraph, the term “ecological footprint” means
1. expansion of urban areas to undeveloped land.
2. road or railway construction across undeveloped land.
3. forest conservation activities.
4. planting trees on barren land.

・解答 [51]―1
>[51]「第1段の『環境上の踏み跡』という言葉は……を意味している」 1.「都市地域が未開発地へと広がること」
2.「未開発地に道路や鉄道を建設すること」
3.「森林保護の活動」
4.「不毛の土地に植林すること」 footprintは「踏み跡」、つまり「悪影響、問題」の意味を含めて使われている。後の文で「汚染
(pollution)」や「悪い住宅事情(poor housing)」などさまざまな例が出されていることから1 が最適。

[27] Which of the following items can be included in the list, “the spear, the bow, the gun, and the guided missile” in the 12th paragraph?
1. Armor.
2. The cannon.
3. The helmet.
4. The sword.

・解説 [27]―2
>[27]「第12段に『やり、弓、銃、そして誘導ミサイル』と並べられているものの中に含めら
れるものは、次のうちどれか」 1.「よろいかぶと」
2.「大砲」
3.「ヘルメット」
4.「剣」
直前に「遠く離れた場所から犠牲者を打ち倒す方法(how to strike down their victims from a long
distance)」とあり、The spear, ……the guided missileはその手段であると考えられる。よってそこに 含まれるのは2。

■第12段落
12:1 As their bodies became more and more defenseless, so their means of offense became steadily more frightful.
12:1身体がますます無防備になるにつれて、攻撃の手段は着々とより恐ろしいものとなった。
12:2 With stone, bronze, and iron, they [19] (1. got 2. made 3. ran) the gamut of everything that could pierce and slash, and quite early in time they learned how to strike down their victims from a long distance.
12:2石や青銅、鉄を用いて、突いたり切ったりできるあらゆるものを製造し、さらにほどなくし
て、遠く離れた場所から犠牲者を打ち倒す方法を覚えた。
12:3 The spear, the bow, the gun, and finally the guided missile gave them weapons of infinite range and [20](1. all 2. more. none) but infinite power.
12:3 やり、弓、銃、そしてついには誘導ミサイルによって、彼らは無限の範囲におよぶ、武器
と、ほぼ無限の力を得た。

[26] Why was it that “their means of offense became steadily more frightful” as stated in the 12th paragraph?
1. Humans learned the art of aggressive diplomacy.
2. Humans adapted to harsh environmental changes.
3. Humans learned how to fight in groups.
4. Humans transformed simple tools into weapons.

・解説 [26]―4
>[26]「第12段で述べられているように『攻撃の手段は着々とより恐ろしいものとなった』の はなぜか」
1.「人間が攻撃的な外交術を覚えた」
2.「人間が厳しい環境の変化に順応した」
3.「人間が集団で戦う方法を覚えた」
4.「人間が単純な道具を武器に変えた」
同段の第2文(With……)の「石や青銅、鉄を用いて、突いたり切ったりできるあらゆるものを製 造し、さらにほどなくして、遠く離れた場所から犠牲者を打ち倒す方法を覚えた」という内容が、 4と一致する。

Steadily「しっかりと、着々と」

■第9段落
9:1 Minority languages, like Maori and Romansh, are today doing very much the same thing as Cicero did for Latin, constructing vocabulary out of existing resources within the languages, precisely so that they can be used to talk about areas like computers, law, science, and so on, for which they have not been used so much in the past.
9:1 マオリ語やロマンシュ語のような少数言語は、今日、キケロがラテン語にしたのとほぼ同じこ とを行って、言語内部にある現存資源から語いを作り上げて、まさにコンピュータや法律、科学 などといった領域のことを語るのに使えるようにしようとしているが、それらの言語は過去に は、そうしたことにはあまり使われたことがなかったのである。

9:2 These two languages are [20] (1. likely 2. unlikely 3. inclined) ever to become international languages of science or diplomacy, but if history had been different, they could have, and then we might have been wondering whether perhaps English was ‘just not good enough’.
9:2 この2言語がいつか、科学や外交の国際語になることは、ありそうもないけれども、もしも歴 史が違っていたならばそうなっていたかもしれないのであり、そうだったとしたら、私たちは、 ひょっとすると英語では「まったく不十分」なのではないかしらと思ったかもしれない。
[27] According to this article, in what way is Maori similar to Romansh? 1. Neither of them is an official language.
2. Neither of them is suitable for discussing technical subjects.
3. Both of them make extensive use of compounds.
4. Both of them are considered minority languages.

・解答 [27]―4
>[27]「この論文によれば、マオリ語とロマンシュ語はどんなところが似ているか」 1.「どちらも公用語ではない」
2.「どちらも専門的な問題を論じるには適していない」
3.「どちらも複合語を広く利用する」
4.「どちらも少数言語であると考えられている」
最終段冒頭に「マオリ語やロマンシュ語のように、少数言語は…」とあることから、4が正解であ
る。1については、第3段第1文に「マオリ語はニュージーランドの公用語」との記述がある。2は 第5段に述べられている「説得力のある意見」の内容であって、著者は第6段でそれに反論してい る。3についてはマオリ語はともかく、ロマンシュ語が複合語を利用しにくいと第4段第6文 (Romansh is a language which…)に記述されている。

■第8段落
8:1 The research results by Gyllensten and colleagues have indicated that the field of mitochondrial population genomics will provide a rich [16] (1. evidence 2. solution 3. resource) of genetic information for evolutionary studies.
8:1 ジレンステンとその同僚による調査結果は、ミトコンドリアの個体群のゲノミクスの領域が、
進化の研究のための遺伝学上の豊富な情報源を与えてくれることを示している。
8:2 Nevertheless, mtDNA is only one aspect of the analysis of human evolution and only reflects the genetic history of females.
8:2 しかしながら、mtDNAは人類の進化の分析のほんの一面にすぎず、女性における遺伝子の歴
史を映し出しているにすぎない。
8:3 For a [17] (1. neutral view 2. ambiguous view 3. detailed view), a combination of genetic systems is required.
8:3 より詳細な考察のためには、遺伝子学の体系の融合が必要である。

8:4 With the human genome project reaching completion, the ease by which such data may be generated will increase, providing us with an ever more detailed understanding of our genetic history.
8:4 ヒトゲノムの計画が完成しつつあるなか、そのようなデータを作ることが容易になり、我々の
遺伝子学的な歴史をより詳細に理解できるようになるであろう。
[28] According to the eighth paragraph, which of the following statements is most correct?
1. mtDNA analysis is the only way to provide us with a detailed understanding of our genetic history.
2. More than one genetic system should be used in combination to analyze human evolution.
3. mtDNA analysis will not be significant in future evolutionary studies because it only reflects the genetic history of females.
4. The human genome project will support genetic systems for understanding our genetic history.

・解答 [28]―2
>[28]第8段に照らして、もっとも正確な文を選ぶ。
1.「mtDNAの分析は、我々の遺伝学的歴史の詳細な理解を与えてくれる唯一の方法である」第8段 第2文(Nevertheless…)に、「mtDNAは人類の進化の分析のほんの一面にすぎない」とあることか ら誤り。
2.「人類の進化を分析するためには、複数の遺伝学の体系を組み合わせて用いるべきである」第8 段第3文(For a detailed…)に「より詳細な考察のためには、遺伝子学の体系の融合が必要である」 とあり、これに一致する。 3.「mtDNAの分析は、女性についての遺伝学的歴史しか反映しないため、将来の進化の研究には 重要でなくなるであろう」第8段第3文で「体系の融合が必要」と述べているのであり、「重要で
なくなる」とは述べていない。 4.「ヒトゲノム計画は、我々の遺伝学的歴史を理解するための、遺伝学体系を支えてくれるだろ う」第8段最終文(With the human…)にヒトゲノム計画についての記述はあるが、「遺伝学の体系 を支えてくれる」とは述べられていない。

■第7段落
7:1 Another question is when H. sapiens arose in the first place.
7:1 もうひとつの疑問は、そもそもホモ・サピエンスはいつ現れたのかということである。
7:2 Molecular clocks would be well suited to address that question if our closest relative were living.
7:2 もし我々人間にもっとも近い動物が生きていたら、分子時計はその問題に取り組むのに十分適
していることだろう。
7:3 [14] (1. Also 2. Not only 3. But) the closest relative to modern humans, whether H. erectus or some other species, is unfortunately extinct.
7:3 しかし、直立原人であれ他の種であれ、現代の人類にもっとも近いものは不運にも絶滅してい
る。
7:4 The earliest fossils of modern H. sapiens are 130,000 years old, so that is the most recent time boundary for the origin of our species.
7:4現代のホモ・サピエンスの最古の化石は13万年前のものであり、それが我々の穏の起源の、
もっとも現在に近い時間的境界なのである。
7:5 Studies of ancient DNA provide hints to the older time boundary.
7:5古代のDNAの研究は、より古い年代の境界を探るヒントを与えてくれる。

7:6 The split between H. neanderthalensis (a species which is not necessarily our closest relative) and H. sapiens has been indicated by a DNA clock at 465,000 years ago.
7:6 ネアンデルタール人(必ずしも我々にもっとも近い動物ではない種)とホモ・サピエンスとの
間の分かれ目は、46万5千年前のDNA時計によって示されている。
7:7 So our species probably arose somewhere between 130,000 and 465,000 years ago.
7:7 したがって我々の種はおそらく13万年前から46万5千年前の間のどこかで発生したのであろ
う。

7:8 An estimate of 200,000 years ago is not [15] (1. possible 2. appropriate 3. unreasonable) given the transition seen in the African fossil record between ancient and modern humans around that time.
7:8 アフリカの化石の記録にみられるような、そのころの古代の人類から現代の人類への推移をみ
れば、20万年前という概算は不合理なものではないのである。

[27] According to the seventh paragraph, which of the following statements is most correct?
1. The molecular clocks show precisely when H. sapiens first arose.
2. It is not difficult to estimate when H. sapiens first arose because the molecular clocks of our closest relative show the timing of the origin of our species.
3. The time boundaries for the origin of our species are estimated by the studies of fossils and DNA evidence respectively.
4. The estimate about the origin of our species should include the transition seen in the African fossil record.

・解答 [27]―3
>[27]第7段に照らして、もっとも正確な文を選ぶ。
1.「分子時計は、ホモ・サピエンスが最初に起こったのはいつなのかを正確に示す」第7段第2文 (Molecular clocks…)にあるように、それは「もし我々人間にもっとも近い動物が生きていたら」 の話であるから誤り。 2.「ホモ・サピエンスが最初に起こったのはいつなのかを算定することは、我々にもっとも近い 動物の分子時計が我々の種の起源の時期を示してくれているため、困難ではない」1の解説と同様
の理由で誤り。 3.「我々の種についての起源の年代の境界は、化石とDNAの証拠をそれぞれに研究することに よって算定される」第7段第4・5文(The earliest … time boundary.)以降に、化石とDNAの両方の 記述があり、この内容と一致する。 4.「我々の種の起源についての算定はアフリカの化石の記録にみられる推移を含むべきである」 関連した記述が第7段最終文(An estimate…)にあるが、化石の記録が算定の絶対条件であるとは述
べていない。

■第6段落
6:1 Gyllensten and colleagues estimate that the divergence of Africans and non Africans occurred 52,000 plus or minus 28,000 years ago, shortly followed by a population expansion in non- Africans.
6:1 ジレンステンとその同僚は、アフリカ人と非アフリカ人の分岐は5万2千年(プラスマイナス2
万8千年ほどの誤差はあるが)前に起こり、その後まもなく非アフリカ人の人口増加が起こったと
推定している。

6:2 This date may even be a bit too recent.
6:2 この年代は少し現在に近すぎるかもしれない。
6:3 Other genetic markers indicate an exodus from Africa around 100,000 years ago, which would be more consistent with fossil and archaeological evidence of modern humans outside Africa.
6:3 他の遺伝標識はアフリカからの移動が10万年前ごろにあったことを示しており、その方がアフ
リカ外の現代人類についての化石や考古学上の証拠と一致する。

6:4 But, no single genetic marker can indicate that event precisely, and the mitochondrion date is approximately [12](1.scope 2. range 3. term).
6:4 しかし、その事象を正確に示すことのできる遺伝標識はひとつもなく、ミトコンドリアの年代 がおおよそ適ftな範囲におさまっている。
6:5 Some nuclear DNA markers have suggested earlier dates for the exodus from Africa, so more data is needed to provide a fuller picture.
6:5 いくつかの核DNA標識は、アフリカからの移動がもっと早い年代であったことを示唆してお り、より完全な全体像を得るにはもっと多くのデータが必要である。
6:6 Nonetheless, most of the genetic evidence indicates that there were only about 10,000 breeding individuals for a long time before the recent expansion of modern humans outside Africa.

6:6 それにもかかわらず、遺伝学上の証拠のほとんどは、アフリカ外で現代の人類が最近増加する までは、長期にわたって繁殖している個体は約1万しかなかったことを示している。
6:7 Such a small population size is [13](1. incompatible 2. compatible 3. comparable) with the multiregional model, which would require many more individuals to maintain genetic movement among continents.
6:7 そのような小さな個体群の規模では、大陸間で遺伝上の移動を維持するのにもっと多くの個体
数を必要とする多地域的モデルと矛盾する。
[25] According to the sixth paragraph, which of the following statements is incorrect?
1. Gyllensten and colleagues’ research shows that the divergence between Africans and non- Africans occurred within the past 100,000 years.
2. The fossil and archaeological evidence of modern humans outside of Africa appears to agree with the genetic analysis that the exodus from Africa occurred around 100,000 years ago.
3. The analysis for mitochondrial genomes gives new evidence in terms of the exodus from Africa.
4. All the genetic markers show a common time for the divergence of Africans and non Africans.

・解答 [25]―4
>[25]第6段の内容に照らして、不適切な文を選ぶ。
1.「ジレンステンとその同僚の研究は、アフリカ人と非アフリカ人との分岐が過去10万年以内に 起こったことを示している」第6段第1文(Gylesten and…)に一致。 2.「アフリカ以外における現代人類の化石や考古学的証拠は、アフリカからの移動が10万年前ご ろに起こったという遺伝学的分析と一致するように思われる」第6段第3文(Other genetic…)に一 致。 3.「ミトコンドリア・ゲノムの分析は、アフリカからの移動の点で新しい証拠を提供する」第5段 から第6段にかけての内容に一致する。 4.「すべての遺伝標識は、アフリカ人と非アフリカ人との分岐について、共通の時期を示してい る」「共通の時期」は誤り。第6段第3文や第5文(Some nuclear DNA…)から、さまざまな時期が示 されていることがわかる。

[26] According to the scientific information in the sixth paragraph, which of the following statements is most correct?
1. The multiregional model seems to be correct because it assumes that more than 10,000 breeding individuals existed for a long time before the recent expansion of modern humans outside Africa.
2. Only one piece of evidence suggests that there were only about 10,000 breeding individuals for a long time before the recent expansion of modern humans outside Africa.
3. The multiregional model provides similar analytical evidence to the genetic evidence that there were only 10,000 breeding individuals for a long time before the recent expansion of modern humans outside Africa.
4. It seems true that there were only 10,000 breeding individuals for a long time before the recent expansion of modern humans outside Africa because most of the genetic analyses show the same result.

・解答 [26]―4
>[26]第6段にある科学的情報に照らして、もっとも正確な文を選ぶ。
1.「多地域的モデルは、アフリカの外で現代の人類が最近増加する前に1万以上の繁殖個体が長期 間存在していたとみなしているため、正確であると思われる」 2.「アフリカの外で現代の人類が最近増加する前に約1万のみの繁殖個体が長期間存在していたこ とを示している証拠は、たったひとつである」 3.「多地域的モデルは、アフリカの外で現代の人類が最近増加する前に約1万のみの繁殖個体が長 期間存在していたとする遺伝学的証拠と類似した分析上の証拠を提供している」 4.「遺伝学的分析のほとんどが同じ結果を示しているため、アフリカの外で現代の人類が最近増 加する前に1万のみの繁殖個体が長期間存在していたのは真実だと思われる」 4が第6段第6文(Nonetheless,…)の内容に一致する。1・3は「多地域的モデル」の部分が2は
「たったひとつ」が誤り。

■第10段落
10:1 Another opinion was offered by the International Court of Justice (ICJ).
10:1別の意見が国際司法裁判所(ICJ)から出された。
10:2 In 1996, [17](1. anonymously 2. unanimously 3.necessarily) held that “A threat or use of force by means of nuclear weapons that is contrary to Article 2, paragraph 4 of the United Nations Charter* and that fails to meet all the requirements of Article 51 [relating to self-defense], is unlawful.”
10:2 1996年に、ICJは、「国連憲章第2条第4項に反し、第51条(正当防衛に関する)の要件をすべ
て満たすことのできない、核兵器を手段とする武力による威嚇または行使は非合法である」と全 員一致で判断を下した。
10:3 Nevertheless, it went [18](1. toward 2. again 3. on) to hold that in the current state of international law, the Court cannot conclude definitively whether the threat or use of nuclear weapons would be lawful or unlawful in an extreme circumstance of self-defense, in which the very survival of a State would be at stake.
10:3 それにもかかわらず、ICJは続けて、国際法の現在の状態では、まさに国家の存続が危うく なっているような正ft防衛の極端な状況の中では、核兵器の威嚇または行使が合法か非合法かど うかを同裁判所が最終的に結論づけることはできないとも判断を下した。

[27] Based on the tenth paragraph, which of the following statements is most correct?
1. The ICJ categorically condemned the use of nuclear weapons as illegal.
2. 1’he ICJ said that nuclear weapons might possibly be used for the sake of self-defense.
3. The ICJ did not say anything about nuclear weapons; instead, it prohibited the use or threat of use of biological weapons.
4. The ICJ supported the ban of weapons of mass destruction, for they threaten the global environment.

・解答 [27]―2
>[27]「第10段に基づけば、次の文のどれが最も正しいか」
1.国際司法裁判所は断固として違法として核兵器の使用を非難した。
2.国際司法裁判所は、核兵器はおそらく正当防衛のために使われうるだろうと言った。
3.国際司法裁判所は、核兵器については何も言いませんでした。代わりに、使用または生物兵器の 使用の脅威を禁止した。 4.国際司法裁判所は、大量破壊兵器の禁止を支持し、ために彼らは地球環境を脅かす。 第10段最終文(Nevertheless, it went…)の後半に、正当防衛の極端な状況の中では、核兵器の使用 が合法か非合法かどうかを結論づけることはできないと述べ、使用の可能性を示唆しているので、 2が正解。

■第2段落
2:1 By the seventh century some of these principles had spread to the Islamic world.
2:1 これらの原則の中には、7世紀までにイスラム世界にまで広がっていたものもあった。

2:2 The leading Islamic statement on the law of nations written in the ninth century to some extent
reflects principles laid [2](1. upon 2. down 3. by) in the Old Testament, with its ban on the killing of women, children, the old and [3](1. the helpless 2. the help 3. helpful).
2:2 9世紀に書かれた国家の法律に関する主要なイスラム教の記述は、旧約聖書に規定されていた
原則をある程度反映していて、女性、子供、老人、無カの者を殺すことを禁じていた。
2:3 Moreover, a prisoner of war should not be killed, but he may be ransomed* or set free.
2:3 さらに、捕虜は殺すべきではなく、身代金を払わせるか自由にするかであろう。

2:4 But, prisoners might be killed if it were considered advantageous in conducting a war [4](1. therefore 2. however 3. despite), this would not be so if the prisoners converted to Islam.
2:4 しかし、戦争を行っていく上で有利と考えられるならば、捕虜は殺されるかもしれない。しか しながら、もし捕虜がイスラム教に改宗するならば、こういうことにはならないだろう。
[22] Based on the discussion of Islamic law in the second paragraph, which of the following statements is most correct?
1. In fact, the prisoners of war tended to be treated badly in the Islamic world.
2. The prisoners of war were killed unless they were ransomed.
3. Some restrictions were observed during armed conflict in the Islamic world by the seventh century.
4. Even if prisoners of war became Muslims, they were killed unless they were ransomed.

・解答 [22]―3
>[22]「第2段のイスラム法に関する議論に基づくと、次の文章のどれが最も正しいか」
1.実際には、戦争の捕虜は、イスラム世界にひどく扱われる傾向にあった。
2.彼らは身代金が渡されない限り、戦争の捕虜が死亡しました。
3. 7世紀までにイスラム世界では武器による戦いにおいていくらかの抑制が保たれていた
4.戦争捕虜はムスリムになった場合でも、彼らは身代金が渡されたれtaものでない限り、彼らは殺 されました。
第2段第1文(By the seventh century,…)参照。7世紀までに、武器による戦いの間抑制を保つとい う考えはイスラム世界にまで広がっていたと、述べられているので、3が正解。

■第1段落
1:1 It has been recognized since earliest times that some restraints should be observed during armed conflict.
1:1武器を使って戦うときにもいくらかの抑制がされていなければならないということは、遠い昔
から認識されてきた。

1:2 Already in the Old Testament* there are instances of limitations set by God.
1:2旧約聖書においてすでに、神によって課された制限の例がある。
1:3 Sun Tzu* maintained that in war one should attack the enemy armies, and that “the worst policy is to attack cities.
1:3孫子は、戦争においては敵の軍隊を攻撃すべきであって、「最悪の方策は都市を攻撃すること
だ。
1:4 Attack cities only when there is no alternative.”
1:4他の方法がないときにのみ都市を攻撃せよ」と主張した。
1:5 In ancient India it was considered that war should be conducted on a basis of equality between the opponents: 1:5古代インドでは、戦争は交戦する者たちが対等の力をもっているという基本に基づいて行われ
るべきだと考えられていた。
1:6 “A car warrior should fight a car warrior.
1:6 つまり、「二輪馬車の戦士は二輪馬車の戦士と戦わなければならない。
1:7 One on horse should fight one on horse.
1:7馬に乗る者は馬に乗る者と戦わなければならない。
1:8 Elephant riders must fight with elephant riders, as one on foot fights a foot soldier.”
1:8歩兵が歩兵と戦わなければならないのと同じように、象に乗る者は象に乗る者と戦わなければ
ならない」ということだった。
1:9 According to Homer*, the ancient Greeks considered that the use of poison on weapons was forbidden by the gods;

1:9 ホメロスによると、古代ギリシア人は、武器に毒を塗ることは神によって禁止されていると考 えていた。
1:10 and among the city states, temples and priests and embassies could not be attacked.
1:10 また、都市国家の中では、寺院や神宮や外国の大使館を攻撃することはできなかった。
1:11 The Romans were more regular and disciplined soldiers than those of any other ancient nation.
1:11 ローマ人は、他のいかなる古代国家の兵士よりも組織化され、規律のある兵士であった。
1:12 They did not, as a rule, lower themselves to indiscriminate massacre and [1](1. unrestrained
2. unavailable 3. spotted) destruction.
1:12彼らは一般的に、無差別の大虐殺や無制限の破壊を恥ずべきものと考え、このようなことを行
うことはなかった。
[21] Based on the entire reading, which of the following statements is most correct?
1. The Old Testament was used to effectively control the war.
2. In the Middle Ages, the rules of war were more systematically explained in military documents than today.
3. The Geneva Conventions provide that nuclear weapons have to be used according to the opinions of the ICJ.
4. Even in ancient times, there existed the concept of having to observe some restraints during armed conflict.

・解答 [21]―4
>[21]「文全体に基づくと、次の文章のどれが最も正しいか」
1.旧約聖書は効果的に戦争を制御するために使用された。
2.中世では、戦争のルールは、より体系今日より軍の文書で説明された。
3.ジュネーブ条約は、核兵器がICJの意見に応じて使用しなければならないことを提供している。
4.古代でさえ、武力紛争の際にいくつかの制約を観察することの概念が存在していました。
第1段参照。第1文(It has been recognized…)で、「武器を使って戦うときにもいくらかの抑制が されていなければならないということは、遠い昔から認識されてきた」と述べ、その後古代中国、 古代インド、古代ギリシア、古代ローマでの具体例が示されているので、4の「古代においでさ え、武器による争いの聞いくらかの抑制を保つという考えが存在した」が正解。

■第5段落
5:1 Peace Works, founded in 1994, also believes that peace may be reached through joint enterprise, but it is (1. by no means 2. not only 3. perhaps) unique because it was established expressly for the purpose of encouraging the development of cooperative business ventures between different groups of people.
5:1 1994年に設立されたピースワークスも、平和は合弁事業によって達成されると信じているが、
それは、異なった人々の集団聞の協力的な企業活動の発展を勧めることを明確に目的として設立
されたので、おそらく他に類をみないものであろう。

5:2 To qualify for PeaceWorks’ aid, companies must be crowned by persons of different nationalities or ethnicities that have habitually been in conflict.
5:2 ピースワークスから援助を受けるためには、企業は、常習的に争っている異なった国籍や民族
性をもつ人々によって共同所有されなければならない。
5:3 Peace Works serves as a consultant for marketing these companies’ products and [10](1. exchanging 2. facilitating 3. profiting) distribution and sales.
5:3今では、ピースワークスはこれらの企業の製品を市場に出し、流通と販売を促進するためのコ
ンサルタントとして働く。

5:4 Peace Works is now a multinational corporation with more than 3,000 sales outlets in the United States alone.
5:4 ピースワークスは、アメリカだけでも3,000以上の販売店をもつ多国籍企業である。
5:5 Peace Works Specialty Foods, a subsidiary of Peace Works, supports ventures between Israeli manufacturers who buy their raw materials from Palestinian farmers; it also directs a project involving a Texan manufacturer and farmers in the strife filled Mexican state of Chiapas.
5:5 ピースワークスの子会社であるピースワークススペシヤルティフーズは、パレスチナ人の農場 経営者から原材料を買うイスラエル人製造業者の間の事業を支援する。それはまた、メキシコの 争いに満ちたチアパス州におけるテキサスの製造業者と農場経営者に関わるプロジェクトも指導
する。
5:6 Peace Works provides similar services to the textile and clothing industries.
5:6 ピースワークスは繊維衣料産業にも同様のサービスを提供している。
5:7 The Arab co-owner of a company with which PeaceWorks [11](1. promotes 2. disputes 3. collaborates) commented, “Companies like this are good for the Arab people, better than making war.”
5:7 ピースワークスが協力する企業のアラブ人共同経営者は、「このような企業はアラブ民族に
とってよいもので、戦争をするよりもよい」と言った。
5:8 Peace Works’ local partners are not the only ones acknowledging its work so far.
5:8 ピースワークスの地元の共同事業者だけがこれまでのその成果を認めているのではない。
5:9 Global leaders have also acknowledged the success of Peace Works.
5:9全世界の指導者たちもピースワークスの成功を認めてきた。
[24] According to this article, which of the following statements about Peace Works is most correct?
1. Peace Works is not directly involved in producing particular products.
2. Peace Works has sales outlets only in the United States so far.
3. Peace Works operates solely in the Middle East.
4. Peace Works is more highly regarded by local partners than by global leaders.

・解答 [24]―1
>[24]
「この記事によれば、ピースワークスに関する次の文章のどれが最も正しいか」
1.平和ワークスは、直接特定の製品の生産に関与していない。
2.平和作品は、これまで米国内でのみ販売店舗を持っている。
3.平和ワークスはもっぱら中東で動作する。
4.平和の作品は、より高度にグローバルリーダーによってより現地パートナーによってみなされて いる。
第5段第1文(PeaceWorks, foundedin1994, …)の後半部分参照。ピースワークスは、「異なった人々 の集団関の協力的な企業活動の発展を勧めることを明確に目的として設立された」と述べられてい るので、1が正解。

■第2段落
2:1 The need for socially conscious enterprise was initially recognized in the 1980s, when organizations like the Social Venture Network [2](1. founded 2. sought 3. found) to create a network of entrepreneurs who would design and implement innovative ways in which business could be used to benefit society.
2:1社会を意識した企業の必要性はまず1980年代に認識され、その当時、ソーシャルベンチャー
ネットワークのような団体が、企業活動が社会に益をもたらすように使われうる刷新的な方法を計
画し実行する事業家たちのネットワークを作り出そうと努めた。

2:2 Until recently, this agenda meant that companies gave away a certain percentage of their pre tax earnings to a worthy cause or Organization and supported projects for social change, which benefited children, families, disadvantaged groups, and the environment.

2:2最近まで、この実践項目は、企業が税引き前の収入の一定の割合を価値のある主義や団体に与 え、子供や家族や恵まれない集団や環境のためになるような社会変化を目指す計画を支援するこ とを意味していた。
2:3 Since the 1990s, [3](1. nonetheless 2. nevertheless 3. However), this original philosophy has evolved further.
2:3 しかしながら、1990年代以来、この元来の考え方はさらに発展してきた。
2:4 Businesses have realized that creating a highly profitable venture does not require a sole focus on increasing profitability: businesses can simultaneously create profit and foster long-term economic stability and peace in their countries of operation.
2:4企業は、大きな利益を上げる事業を生み出すことは、収益率を増すことだけに焦点、を当てる
よう要求するのではないと気づいた。つまり、企業活動とは、その操業する国において利益を上 げることと長期にわたる経済的安定と平和を育てることが同時にできるということなのである。 [22] The “agenda” in the second paragraph means to
1. foster peace between groups in conflict.
2. create a network of entrepreneurs.
3. benefit society through business.
4. create a highly profitable venture.

・解答 [22]―3
>[22]
「第2段の『実践項目』は…することを意味する」
1.紛争におけるグループ間の平和をまもる。
2.起業家のネットワークを作成する。
3.事業を通じて社会に利益をもたらす。
4.収益性の高いベンチャーを作る
第2段第1文(The need for…)最終部分の「企業活動が社会に益をもたらすように使われうる刷新的 な方法を計画し実行する」からわかるように、3が正解。

■第1段落
1:1 The idea of using trade to create political stability is not a new one.
1:1政治的安定を生み出すために貿易を利用するという考えは新しいものではない。

1:2 It took the form of imperialism in the late 19th century, when colonies were used to help the industrialization of the colonial powers.
1:2 それは19世紀終わりには帝国主義の形をとったが、そのft時、植民地は植民政策をとる列強の
工業化の助けになるように利用された。
1:3 After centuries of change, the fundamental principle remains the same, though with a shift in focus.
1:3数世紀にわたる変化の後も、焦点の変化はあるけれども基本的な原則は変わっていない。
1:4 Now, private companies rather than governments are attempting to foster peace between groups in conflict by involving them in cooperative business ventures.
1:4今、政府よりもむしろ民間企業の方が、争っている集団を共同事業に参加させることによって
両者の聞に平和を育てようと試みている。
1:5 David Lubetsky, CEO of one such company, Peace Works, says, “The more companies operate and profit together, the more they will gain a common interest in preserving and cementing those bonds… and hopefully someday, prosperity will make stability prevail.”
1:5 そのような企業のひとつであるピースワークスの経営最高責任者デービッド=ルベツキーは、
「より多くの会社が共同で操業し利益を上げれば上げるほど、そのきずなを保持し固めることに

共通の利害をもち、そして、うまくいけば、いつの日か繁栄が安定を広めてくれるだろう」と言
う。
1:6 This movement takes the socially conscious business practices of the last quarter century one step [1](1. more 2. further 3. far) ; rather than just promoting donations, this new theory gives businesses an incentive to become involved in creating peace by establishing commercial and personal links between groups in conflict.
1:6 この動きは、過去四半世紀の社会を意識した企業活動を一歩さらに先へと進める。つまり、こ の新しい考え方は、単に寄付を促すよりもむしろ、争っている集団の聞に商業面と個人面でのつ ながりを築くことによって平和を生み出すことに関わろうとする動機を企業に与える。
[21] The “fundamental principle” in the first paragraph is one in which
1. trade is used to create political stability.
2. imperial colonies help the governments of industrializing countries.
3. the governments of industrial countries handle social unrest at home.
4. private companies rather than governments are attempting to faster peace.

・解答 [21]―1
>[21]
最初の段落の「基本原則」は
1.貿易は政治的安定を作成するために使用される。
2.帝国集団は工業国の政府を助ける。
3.工業国の政府は、家庭での社会不安を扱う。
4.民間企業ではなく、政府が早めに平和にしようとする。
the fundamental principle「基本的な原則」は、第1段第1文(The idea of…)のThe idea of using trade to create political stabilityを指しているので、1が正解。

■第5段落
5:1 The new losses in biodiversity are sometimes called the “second Silent Spring.”
5:1 種の多様性が新たな形で失われてきている事態は、しばしば「第2の沈黙の春」と呼ばれる。
5:2 However, although they are [6](1. comparable 2. concerned 3. associated) with the intensification and industrialization of agriculture, they involve more subtle and indirect effects than the poisoning of wildlife by insecticides.
5:2 しかしながら、それらは農業の集約化や工業化と結びつけて考えられているものの、野生生物
を殺虫剤で汚染することよりももっと微妙で間接的な影響と関係しているのである。

5:3 In general terms, intensification refers to making the greatest possible proportion of primary production available for human consumption.
5:3一般的な観点からすれば、農業の集約化とは、人間の消費に有効な一次生産の比率を可能なか
ぎり高めることを指している。
5:4 To the [7](1. area 2. amount 3. extent) that this is achieved, the rest of nature is bound to suffer.
5:4 このことが達成されれば、他の自然はft然損害を被ることになる。
[29] In this article, what does the term “second Silent Spring” mean?
1. There are more subtle and indirect effects than the insecticide traces in the decline in the number of bird species.
2. A traditional environment is protected in the farmland to avoid a decline in bird numbers.
3. The side effects of insecticides damaged the intensification and industrialization of agriculture.
4. The decline in insect and plant populations in primary production farmland caused the decline of bird numbers.

・解答 [29]―1
>[29]本文では「第2の沈黙の春」とは何を意味するかを選ぶ。
1.「鳥の種の数の減少には、殺虫剤の痕跡よりも微妙で間接的な影響が存在している」第5段第2 文の後半(they involve more…)の内容に一致する。

■第3段落
3:1 [2](1. Opposite 2. Particular 3. Parallel) changes have taken place in many other European countries, although these have not been documented in as much detail as in Britain, where censuses are carried out by the British Trust for Ornithology (BTO).
3:1同様の変化がヨーロッパの他の多くの国で起こっている。もっとも、これらの変化は、英国鳥
類学トラスト(BTO)によって一斉調査が行われたイギリスほどには詳細に記録されてはいないが。

3:2 In all, 116 species of farmland birds — one fifth of European birds — are now of conservation concern.
3:2全体で、農地に生息する116種の鳥が―それはヨーロッパの鳥の5分の1であるが―現在、保護す
べきものとして懸念されている。
[28] Which of the following is true about farmland birds according to the information given in this article?
1. All European countries have detailed documentation concerning the changes in farmland birds.
2. Only Britain has any documentation on the decline in bird numbers.
3. Similar changes in farmland birds have been documented in many European countries.
4. Similar schemes for increasing farmland birds have been documented in many European countries.

・解答 [28]―3
>[28]本文に照らして、農地に生息する鳥について正しい文を選ぶ。第3段第1文(Parallel changes have…)に、イギリスほどには詳細に記録されていないまでも、多くのヨーロッパ諸国で同じよう な変化が起こっていると述べられている部分から判断する。他の諸国では詳細ではないにせよ、何 らかの記録を持っているものと推論できる。
1.「ヨーロッパの国々はすべて、農地に生息する鳥の変化に関する詳細な文書による証拠を持っ ている」「詳細な」という部分が不一致。 2.「イギリスだけが、鳥の減少についての記録を持っている」イギリスだけが記録を持っている わけではないので、不一致。 3.「農地の鳥に関する同じような変化が、多くのヨーロッパの国々で記録されている」本文に一 致する。 4.「農地の鳥を増やすための同様の計画が多くのヨーロッパの国々で記録されている」計画の記 録については言及されていないので、不一致。

■第10段落
10:1 On a larger scale, there are unresolved questions for conservation ecology about the [15](1. moral values 2. policy decisions 3. relative merits) of a less intensive, more environmentally friendly agriculture throughout the countryside on the Eastern European model versus a highly intensive agriculture in bread basket regions with separate, large nature reserves on the North American model.
10:1 より大きな観点からすれば、田園地方全体にわたってより低集約的な、より環境にやさしい
農業を展開する東欧型農業と、穀倉地帯で高度に集約的な農業をおこない、それとは別に大きな 自然保護区域を設けておく北米型農業との優劣をめぐる、保護生態学上の問題がまだ解決されて
いない。
10:2 The United Kingdom is probably too small for the North American model, but one could imagine some form of it on a Europe wide basis, especially if reduced subsidies were to make agricultural production [16](1. unresponsive 2. unrealized 3.uneconomic) in some areas, and instead conservation were to be subsidized.
10:2 イギリスは北米型をとるにはおそらく狭すぎるが、ヨーロッパ全体を基礎とした一種の北米
型という形態を想像することはできるだろう。とりわけ、もしも補助金が減少することで一部の
地域での農業生産が経済に合わなくなり、逆に環境保全に補助金が出されるようなことになると
したら。
[27] In the 10th paragraph, the Eastern European model of agriculture is compared with the North American model, in order to illustrate

1. a State planned economy versus a free market economy.
2. an agriculture for import versus an agriculture for export.
3. an uneconomic local agribusiness versus a government-subsidized agriculture.
4. an environmentally friendly agriculture versus an intensive agriculture.
・解答 [27]―4
>[27]第10段で東欧型の農業が北米型と比較されているのは何を説明するためかを答える。第10段
第1文(On a larger…)では、東欧型を「環境に優しい(environmentally friendly)」、北米型を「高度に 集約的な(highly intensive)」農業と述べているので、4が最適。

■第7段落
7:1 The changes in British agriculture over the past 30 years, which have many parallels with other parts of the world, have sought to increase production and productivity.
7:1 ここ30年間のイギリスにおける農業の変化―世界の他の地域でも同様の変化が見られる―は、
生産高および生産性を高めることを目標としてきた。

7:2 The success of the green revolution in achieving this is undeniable.
7:2緑の革命がこのことの達成に成功したことは否定できない。
7:3 In spite of rapid population growth, about 25% more food per person is produced now than 30 years ago.
7:3 急速な人口増加にもかかわらず、現在では、30年前に比べて1人あたり約25パーセント多くの
食料が生産されているのである。
7:4 However, the need to conserve wildlife [9](1. in comparison with 2. in opposition to 3. in harmony with) agriculture is beginning to be recognized.
7:4 しかしながら、農業とうまく調和をとりながら野生生物を保護することの必要性が認識され始
めている。
7:5 Reforms have been proposed that will reduce the incentive for production and allow other important considerations, such as environmental benefits, to come into play.
7:5生産をかりたてる刺激を弱め、環境に対する利益といった他の考慮すべき重要事項を実践に移
そうとする改革が提案されている。
7:6 But the proposals as they stand are [10](1. totally clear 2. virtually silent 3. completely sound) about what environmental benefits are expected and how they will be achieved.
7:6 しかし現在のままでは、それらの提案は、どのような環境上の利益が期待され、またそれらが
どのように達成されるのかということについては、事実上何も語っていない。
[24] In the 7th paragraph, the term “green revolution” refers to
1. the technological changes in agriculture over the past 30 years.
2. the peaceful change of power in former Eastern European countries.
3. the victory of the Green Party in EU elections.
4. the increasing world awareness of environmental issues.

・解答 [24]―1
>[24]第7段中の「緑の革命」は何のことを指すのかを答える。
1. 「過去30年間の農業における技術的変化」緑の革命とは、1960~70年代の、品種改良・農薬な どによる穀物の大増産をいう。第7段第1文(The changes in…)では、過去30年間の農業の変化は生 産性を向上させようと努めてきた、と述べられている。

■第6段落
6:1 Can we be sure that the bird declines in the United Kingdom are caused by agricultural intensification?
6:1 イギリスにおける鳥の減少は、本ftに農業の集約化が原因であると言えるだろうか。
6:2 Although the cause of these declines has not been proven, there are some suggestive figures.
6:2 これらの減少の原因は証明されてはいないものの、示唆に富んだ数字がいくつかある。

6:3 For example, annual BTO censuses of 42 species of breeding birds show that 13 species living [8](1. exclusively 2. prevalently 3. geographically) in farmland declined by an average of 30% between 1968 and 1995, while 29 species of birds that can live anywhere have increased by an average of 23%.
6:3例えば、繁殖している42種の鳥についてのBTOによる年間調査によると、もっぱら農地だけに
生息する13種が1968年から1995年の間に平均30パーセント減少したのに対し、どこにでも生息で
きる29種の鳥は平均23パーセント増加しているのである。

[23] According to the figures in the 6th paragraph, which of the following is correct?
1. A total of 42 species of birds declined over the last 27 years.
2. In 1995, farmland species declined by a total of 53%.
3. A total of 29 species of birds decreased by 23%.
4. The birds increased or decreased in number depending on their habitats.

・解答 [23]―4
>[23]第6段中の数値に照らして正しいものを選ぶ。
4.「鳥の数は生息地によって増えたり減ったりした」第6段では、農地だけに棲む13種が30パーセ ント減少し、どこにでも棲める29種が23パーセント増加したとある。

■第10段落
10:1 Supporters of the “language organ” theory still try to [14](1. reject 2. Support 3. reconcile) Chomsky’s theory with Charles Darwin’s theory of evolution.
10:1 「言語器官」理論の支持者は、依然としてチョムスキーの理論とチャールズ=ダー
ウィンの進化論とを一致させようとしている。
10:2 They argue that complex organs — the eye, for example — arise through an evolutionary process of natural selection.
10:2例えば目のような複雑な器官は、自然淘汰の進化の過程から発生したのだと彼らは主
張している。
10:3 This is true, but organs such as the eye emerge over tens of millions of years not over a mere six million years.
10:3 このことは真実だが、目のような器官は何千万年もかかって発生するものであり、
たかだか600万年のあいだに発生するものではない。
10:4 When it comes to closely related species that have recently descended from a common ancestor, one of them can’t possibly have enough time to develop an entirely new biological system.
10:4共通した祖先から最近派生した関係の深い種ということになると、それらの一つが、
全く新しい生物学的な組織を発達させる十分な時間を有することは不可能である。
10:5 For example, if the African elephant has a trunk, you expect to find a trunk on its relative, the Indian elephant.
10:5例えば、アフリカゾウがもし鼻を持っていれば、あなたはその親戚であるインドゾウ
にも鼻がついていると予想するだろう。
10:6 The human and the chimpanzee descended from a common ancestor even more recently than the two elephant species.
10:6人間とチンパンジーは、その2つのゾウの種よりももっと最近になってからある共通の
祖先から派生したのである。
10:7 Finding a language organ in humans but not in chimps would be like finding a trunk on only one of the elephants.

10:7人間の体内には言語器官を発見し、チンパンジーには発見できないことは、それらの ゾウのうちの一方だけに鼻を発見するようなものである。
[28] The author discusses the case of the African elephant and the Indian elephant in order to show that
1. it is against the theory of evolution for the two elephant species to develop a trunk.
2. it is theoretically possible for closely related species to have totally different biological systems.
3. an evolutionary process of natural selection enables new organs to emerge within a short period of time.
4. it is inconceivable for humans to have developed a new organ that apes don’t have within a relatively short period of time.

・解答 [28]―4
>[28]筆者がアフリカゾウとインドゾウのケースについて論じているのは何を示すためかを
答える。第10段第4・5文(When it comes…)参照。
1.「その2つの種のゾウの鼻が発達していく進化の理論に反する」
2.「密接に関連がある種が全く違う生物学的構造を持つことは理論的に可能である」
3.「自然海汰の進化の過程は、新しい器官が短期間に出現することを可能にする」第10段 第2・3文(They argue that…)に反する。 4.「類人猿が持っていない新たな器官を人間が比較的短期間で発達させることは考えられ ない」第10段最終文(Finding a language…)に一致。

■第2段落
2:1 Today linguists agree that King James was wrong: a child is not born with knowledge of a specific language.
2:1 今日、言語学者はジェームズ王が間違っていたことを皆認めるだろう。子供は特定の
言語の知識を持って生まれてくるのではない。
2:2 We know that language develops as a child interacts with adults.
2:2 言語は子供が大人と相互に影響し合いながら発達するものであることを我々は知って
いる。
2:3 However, exactly what happens in the process of language acquisition [1](1. regains 2. retains 3. remains) a matter of debate.
2:3 しかし、言語習得の過程で厳密に何が起こっているかということは依然として議論の
的である。
2:4 Somehow, virtually all children acquire a means of communication so complex that no one has ever fully described the grammatical rules for even a single language.
2:4 どういうわけかたった一つの言語の文法規則でさえ十分に記述した人がいないほど複
雑な意思疎通の一つの手段を、事実上すべての子供が獲得するのである。
■第4段落
4:1 What does this have to do with the mystery of child language acquisition?
4:1 このことは子供の言語習得の謎とどういう関係があるのだろうか。
4:2 If we knew that our ancestors developed language through cognition and learning, then it [4] (1. denies 2. follows 3. proves) that modern human children probably do the same thing.
4:2 もし我々の祖先が認識と学習によって言語を発達させたということがわかっているな
らば、ft然、現代の人間の子供もおそらく同じことをするということになる。

4:3 Children must use the same [5] (1. applications 2. rules 3. strategies) to learn language — observation, imitation, and play — that they use to learn other skills, like tying their shoes or playing the piano.
4:3子供は言語を学習するのに同じ方策、観察、模倣、遊びなどの方法を用いるはずであ
るが、それらは靴のひもを結んだりピアノを弾いたりというような他の技術を学ぶ時に用 いるような方策である。
4:4 Language, of course, is more complicated than shoe tying and more universal than piano playing, so somewhere along the [6] (1. avenue 2. way 3. street) humans must have developed a specialized way of learning in order to acquire language.
4:4 もちろん言語というものは靴のひもを結ぶことよりも複雑で、ピアノを弾くことより
もより普遍的であるので、その過程のどこかで人間は言語を習得するために専門的な学習 方法を発達させたに違いない。
■第8段落
8:1 [10](1.Unexpectedly 2. Fortunately 3. Obviously), if a universal grammar did exist, no human two year-old would be able to learn such a complex system.
8:1 明らかに、たとえ普遍的な文法が存在するとしても、2歳の人間がそのような複雑な体
系を学ぶことはできないであろう。
8:2 So Chomsky suggested that every child is born with a “language acquisition device” that already has the universal grammar built in.
8:2 したがってチョムスキーは、すべての子供は普遍的文法をすでに内蔵した「言語習得
装置」を持って生まれるということを示唆した。
8:3 According to Chomsky, the universal grammar was part of a child’s genetic makeup, making language unique to humans.
8:3 チョムスキーによると、普遍的な文法は子供の遺伝子構造の一部であり、言語を人間
特有のものにしているのだという。

[22] According to the author, child language acquisition is a mystery because
1. children can acquire language in spite of the fact that it is an extremely complex system.
2. children can learn language without imitating adults’ speech.
3. children can learn the rules of grammar without interacting with adults.
4. children can acquire a universal grammar within a short period of time.

・解答 [22]―1
>[22]子供の言語習得が謎である理由を選ぶ。
1.「非常に複雑な体系であるにもかかわらず、子供は言語を習得できる」第2段最終文 (Somehow, virtually all…)に一致。 2.「子供は大人の話ぶりをまねることなしに言語を学習する」第4段第3文(Children must use)に不一致。 3.「子供は大人との相互作用なしに文法規則を学習する」第2段第2文(We know that…)に 不一致。
4.「子供は短期間のうちに普遍的な文法を習得する」第8段第1文(Obviously, if a…)に不一
致。

■第8段落

8:1 Another effect of the world’s political and economic appropria tion of images of such serious forms of suffering at a distance is that it has desensitized the viewer.
8:1離れた場所でのそのような深刻な形態の不幸を表す画像を、世界が政治的・経済的に悪用する
ことのもう一つの影響は、それを見る者の感覚を鈍らせているということである。
8:2 Viewers are overwhelmed by the sheer number of brutal massacres.
8:2 おびただしい数の残忍な虐殺を見せられた人々は圧倒される。
8:3 There is too much to see, and there appears to be too much to do anything about.
8:3 目に余るものであり、どうにもしようがないほどひどいもののように見える。
8:4 Thus, our epoch’s dominating sense that complex problems can be neither understood nor fixed [19] (1. strikes 2. works 3. conflicts) with the massive globalization of images of suffering to produce moral fatigue, exhaustion of empathy, and political despair.
8:4 このようにして、複雑な問題は理解することも解決することもできないという我々の時代の支 配的な感覚が、不幸を写す画像の大規模な世界化とともに作用し、道徳観の麻痺、共感の枯渇、 政治的絶望を生むのである。
■第3段落
3:1 The photograph has been [7] (1. taken 2. kept back 3. reprinted) many times, and it has been duplicated in advertisements for a number of nongovernmental aid agencies that are raising funds to provide food to refugees.
3:1 その写真は何度も再版され、難民への食糧供給の資金を集めている多数の非政府組織の援助団 体の宣伝のために複製されてきた。
3:2 This is a classic instance of the use of moral sentiment to mobilize support for social action.
3:2 これは、社会的行動への援助を結集させるために道徳的感傷を利用する古典的な例である。
3:3 One [8] (1. should appreciate 2. cannot look at 3. will evaluate) this picture without wanting to do something to protect the child and drive the vulture away, or, as one aid agency puts it, to prevent other children from succumbing in the same heartlessly inhuman way by giving a donation. 3:3人はこの写真を見ると必ず、その子供を守ってハゲワシを追い払うために何かをしたいと思う
か、あるいはある援助団体も言っているように、寄付することによって、他の子供たちが同様の冷
酷非情な状態で死ぬのを防ぎたいと思うであろう。

■第9段落
9:1 The photograph is a professional transformation of social life, a politically relevant rhetoric, a constructed form that ironically naturalizes experience.
9:1 この写真は専門家による社会生活の変形であり、政治に関係したレトリックであり、皮肉にも
経験を自然なものとみなす、一つのつくられた形なのである。
9:2 As Michael Shapiro puts it,
… representation is the absence of presence, but because the real is never wholly present to us — how it is real for us is always [20](1. cut 2. gone 3. mediated) through some representational practice — we lose something when we think of representation as mimetic (or the exact copy of reality) …
9:2 マイケル=シャピロも言ったように、「…表現することは実在の欠如である。しかし、現実の
全体は決して我々に提示されないのであるから―我々にとっての現実のありようは常に何らかの表 現上の操作を通じて伝えられているので―表現を模倣(もしくは真実の忠実なコピー)とみなすと き、我々は何かを失うのである…」
■第5段落
5:1 Those moral questions particular to Carter’s relationship (or nonrelations hip) to the dying child were only intensified when, on July 29, 1994, a few months after the Pulitzer Prize was given, The New York Times ran a death announcement for Kevin Carter, who had committed suicide at age thirty-three.
5:1 カーターとその瀕死の子供との関係(あるいは無関係)に特有のそれらの道徳的な疑問は、
ピューリッツァー賞が贈られた数カ月後の1994年7月29日、33歳で自殺したケビン=カーターの
死を『ニューヨーク・タイムズ』紙が伝えたときに、かえって強まった。

[29] Which one of the following is true according to the passage?
1. Carter’s photograph has been effective enough to make people donate.
2. Carter won the Pulitzer Prize solely due to the misery of a poor child, who was dying.
3. Carter’s photograph correctly represents human misery in the age of globalization.
4. Carter’s death is obviously related to the moral questions his photograph evoked.

・解答 [29]―1
>[29]本文の内容に一致する文を選ぶ。
1.「カーターの写真は人々に寄付をさせるのに十分な効果をもつものである」第3段最終文の内容 に一致。 2.「カーターがピューリッツァー賞を取ったのは、ひとえに死にかかっている哀れな子供の惨状
を撮ったがためである」(Solely due to~「ただ~が原因で」)その写真が広く関心を集めるのは、 単に飢餓の状態を効果的に訴えているということだけでなく、問題25の解説中にもあるような、 人々の不幸に対する西欧人の感覚が深く作用していることも原因といえるので、2は誤り。 3.「カーターの写真は世界化の時代における人間の惨状を正確に表現している」第9段の内容か ら、「正確に表現している」とはいえない。 4.「カーターの死は、彼の写真が喚起した道徳的疑問と明らかに関係している」第5段にそれをほ のめかす記述があるが、「明らかに関係している」とまではいえない。

■第9段落
9:1 The photograph is a professional transformation of social life, a politically relevant rhetoric, a constructed form that ironically naturalizes experience.
9:1 この写真は専門家による社会生活の変形であり、政治に関係したレトリックであり、皮肉にも
経験を自然なものとみなす、一つのつくられた形なのである。
9:2 As Michael Shapiro puts it,
… representation is the absence of presence, but because the real is never wholly present to us — how it is real for us is always [20](1. cut 2. gone 3. mediated) through some representational practice — we lose something when we think of representation as mimetic (or the exact copy of reality) …
9:2 マイケル=シャピロも言ったように、「…表現することは実在の欠如である。しかし、現実の
全体は決して我々に提示されないのであるから―我々にとっての現実のありようは常に何らかの表 現上の操作を通じて伝えられているので―表現を模倣(もしくは真実の忠実なコピー)とみなすと き、我々は何かを失うのである…」
[28] This passage suggests that consumption of suffering in Western society today results in
1. accelerating the process of professional and political transformation.
2. producing moral fatigue, exhaustion of empathy, and political despair.
3. promoting so-called “disordered capitalism.”
4. increasing the number of people who are sympathetic about the deprived people.

・解答 [28]―2
>[28]今日の西欧社会における不幸の消費がどのような結果になっているかを選ぶ。 2.「道徳観の麻痺、共感の枯渇、政治的絶望を生み出す」第8段最終文(Thus, our…)の内容に一致 する。
1.「専門的・政治的変形の過程を加速する」
3.「いわゆる“乱れた資本主義”を促進する」
4.「恵まれない人々に同情的な人の数を増やす」

■第6段落
6:1 Watching and reading about suffering, especially suffering that exists [11] ( 1. in the past 2.
nowhere 3. somewhere else), has become a form of entertainment.
6:1不幸を見たり読んだりすることは、特にどこか別の場所に存在している不幸については、娯楽
の一形態となっている。

6:2 Images of trauma are part of our political economy.
6:2 ショッキングな映像は我々の政治経済学の一部なのである。
6:3 Papers are sold, television pro grams gain [12] (1. audience share 2. no program 3. less time), careers are advanced, jobs are created, and prizes are awarded through the consumption and appropriation of images of suffering.
6:3 不幸を写した画像を消費し、流用することで、新聞は売れ、テレビ番組は視聴率を稼ぎ、職業
的地位は向上し、仕事が生み出され、賞が与えられるのである。

6:4 Kevin Carter won the Pulitzer Prize, but his victory, substantial [13] (1. for 2. as 3. like) it was, was won because of the misery (and probably death) of a nameless little girl.
6:4 ケビン=カーターはピューリッツァー賞を受賞したが、彼の勝利は、それが重要なことだった
とはいえ、名もなき少女の不幸(そしておそらくは死)によって獲得されたものである。
6:5 That [14] (1. least 2. more 3. less) dubious side of the appropriation of human misery in the globalization of cultural processes is what must be addressed.
6:5文化的経過の世界化の中で、人間の不幸を不当に利用するという、そのようなより疑わしい側
面にこそ取り組まなければならないのである。
[22] According to the article, serious forms of suffering
1. tend to unite people together to overcome it.
2. can be a source of profitmaking and personal advancement.
3. cause political and economic problems to emerge.
4. can be best captured by photographers.

・解答 [22]―2
>[22]深刻な不幸の形態とは何か。
2.「利益を上げることや個人的な地位向上の要因になりうる」第6段第2文(Images of…)および第3 文(Papers are…)参照。
1.「それを克服するために人々を団結させる傾向がある」
3.「政治的・経済的問題を発生させる」
4.「写真家によってよく表現されうる」

■第4段落
4:1 The general mechanisms underlying ENSO involve large-scale ocean-atmosphere interactions and equatorial ocean dynamics.
4:1 ENSOの基礎となる全般的なメカニズムは、大規模な海洋・大気間の相互作用と赤道付近の海
洋のエネルギーが関係している。
4:2 But each El Niño and La Niña is unique in the [8](1. combination 2. division 3. category) of its strength, duration and pattern of development.
4:2 しかしエルニーニョやラニーニャの一つ一つは、その強さ、持続期間、発達の形態の組み合わ
せが違う。

4:3 Irregularity in the ENSO cycle can be seen both in the record dating back to the middle of the last century, and in other supporting data, such as lake sediments*, coral growth rings and tree rings, going back hundreds or [9](1. less 2. more 3. even) thousands of years.
4:3 ENSOの周期の不規則性は前世紀の半ばにまでさかのぼる記録においてもみられるし、また湖
の堆積物や環礁や年輪といったような、何百年あるいは何千年も前の他のデータにも裏づけられ
る。
4:4 So, in principle, it should not be surprising that an unusually strong El Niño occurs every so often.
4:4 したがって、原則的には、異常に強烈なエルニーニョがときどき発生することは驚くべきこと
ではないはずである。
[24] Which of the following statements about the ENSO cycle is true according to the information given in this article?
1. The strength, duration and pattern of development of each El Niño and La Niña are independent of the ENSO cycle.

2. Many computer forecast models can accurately predict the irregularity in the recent ENSO cycle.
3. It does not seem that a strong El Niño occurred hundreds or thousands of years ago.
4. Irregularity in the ENSO cycle makes each El Niño and La Niña unique.
・解答 [24]―4
>[24]ENSO周期について正しい文を選ぶ。
1.「それぞれのエルニーニョとラニーニャの強さ、期間、形態はENSO周期からの影響を受けな い」本文全体の主旨に明らかにはずれている。 2.「多くの予報用コンピュータ機器は最近のENSO周期の不規則性を正確に予測できる」問題22の 解説参照。 3.「強烈なエルニーニョが何百年あるいは何千年も前に発生したとは思われない」第4段第3文 (Irregularity…)の内容に不一致。 4.「ENSO周期の不規則性は、それぞれのエルニーニョとラニーニャを独特なものにしている」第
4段第2文(But…)および第3文の内容から正解。

■第5段落
5:1 Nonetheless, the 1997-98 El Niño was an unusual one.
5:1 とはいっても、1997年から98年にかけてのエルニーニョは異常なものだった。
5:2 It developed so rapidly that every month between June and December 1997 set a new [10] (1. annually 2. monthly 3. weekly) record high for sea-surface temperatures in the eastern equatorial Pacific.
5:2 それはきわめて急速に発達したため、1997年の6月から12月までの毎月、太平洋東部の赤道付
近の海面温度の月間値は最高記録を更新した。

5:3 Anomalies (that is, deviations from normal) in December 1997 were the highest ever recorded along the Equator in the eastern Pacific.
5:3 1997年12月の偏差(つまり標準値からのずれ具合のこと)は、太平洋東部の赤道付近でかつて記
録されたうちでは最も激しいものであった。
5:4 Moreover, before 1997-98, the previous record setting El Niño occurred in 1982-83.
5:4 さらに、1997年から98年にかけての現象よりも以前、1982年から83年にかけて記録的なエル
ニーニョが発生している。

5:5 These two ‘super El Niños’ were [11] (1. similar 2. different 3. separated) by only 15 years, compared with a typical 30-40 year gap between such events earlier this century.
5:5 これら2つの「スーパー・エルニーニョ」は、今世紀初頭の同様の現象の際にみられたよう な、30~40年という典型的な間隔と比較しても、15年というわずかな間隔でしかなかったのであ
る。
■第6段落
6:1 Several factors may have contributed to the [12] (1. strength 2. Weakness 3. Calmness) of the 1997-98 El Niño.
6:1 1997年から98年のエルニーニョの強さには、いくつもの要因が関与したのだろう。
6:2 One is chaos, which some theories invoke to account for the irregularity of the ENSO cycle.
6:2一つはENSOの周期の不規則性を説明するためにいくつかの理論で引き合いに出される無秩序
というものである。
6:3 Nonlinear resonances involving ENSO and the seasonal cycle have received special attention, but other chaotic interactions may affect ENSO as well.
6:3 ENSOや季節の周期に関わる非直線的な共鳴振動はすでにかなり注目されてきたが、他の無秩 序な相互作用もまた、ENSOに影響を及ぼすことがある。
6:4 In 1997-98, events possibly acted together to produce an extraordinarily strong El Niño simply due to the underlying tendency towards chaos in the climate system.
6:4 1997年から98年にかけては、複数の現象が同時に作用して異常に激しいエルニーニョ現象を生
み出したが、おそらくそれは単に気象体系に潜在する無秩序への傾向が原因である。

6:5 A related issue is [13] (1. another 2. that 3. in case) of weather ‘noise.’
6:5関連した問題に気象の「ノイズ(雑音)」がある。

6:6 Weather phenomena, inherently unpredictable more than about two weeks [14] (1. in advance
2. ago 3. later), are a source of random forcing in the climate system.
6:6気象現象は、本来約2週間以上前に予知することはできず、気象体系に無原則に入り込む力のも
とになっている。
6:7 In the tropical Pacific, weather events occurring at the right time, and on time and space scales [15] (1. for 2. in 3. to) which the ocean is sensitive, can markedly alter the evolution of the ENSO cycle.
6:7熱帯地方の太平洋では、まさにうってつけのときに発生し、海に影響を与えやすいような時間
と空間の規模の気象現象は、ENSOの周期の発達を著しく変化させることがあるのである。
[25] Which of the following statements about El Niño is true according to the information given in this article?
1. The records for sea-surface temperatures between June and December 1997 in the 1997-98 El Niño were higher than the record in the 1982-83 El Niño.
2. The El Niño occurred in 1982-83 was relatively weak in comparison with the usual El Niño.
3. After the 1982-83 El Niño occurred]d, 10 years have to pass before the next super El Niño.
4. The irregularity between El Niño and La Niña is not related to weather noise.

・解答 [25]―1
>[25]エルニーニョについての正しい文を選ぶ。 1.「1997年から98年のエルニーニョにおいて、1997年6月から12月までの海面温度の記録は、
1982年から83年のエルニーニョ記録よりも高いものであった」第5段第2文(It developed…)にnew
monthly recordとあることから正しい。 2.「1982年から83年に発生したエルニーニョは、通常のエルニーニョに比較して相対的に弱いも のであった」第5段第4文(Moreover,…)中に「1982年から83年に記録的なエルニーニョが発生し
た」とある。 3.「1982年から83年のエルニーニョが発生したのち、次の最大級エルニーニョが起こるまでは10 年が経過しなければならない」第5段最終文(These two…)に15年の間隔で次の大きなエルニーニ ヨが起こったとあるので、不一致。 4.「エルニーニョとラニーニャとの間の不規則性は、気象のノイズとは関係ない」第6段第5文(A related issue…)に、気象のノイズの問題は「関連した問題」と述べられている。

■第2段落
2:1 Identifying why it was so strong challenges our [1] (1. interest 2. objective 3. understanding) of the physical mechanisms responsible for El Niño.
2:1 それがどうしてそれほど強烈なものであったかを確認することは、エルニーニョの原因となっ ている物理学的メカニズムを理解することを必要とする。
2:2 This is more than simply an academic question: the 1997-98 El Niño severely disrupted global weather patterns and Pacific marine ecosystems, and by one estimate caused $33 billion in damage and cost 23,000 lives [2](1. locally 2. worldwide 3. in the space).
2:2 これは単なる学問上の疑問というだけで済むものではない。1997年から98年のエルニーニョ は、地球規模の気候形態や太平洋の生態系を崩壊させ、またある算定ではそれが330億ドルの被害 を生み、世界中で2万3千人の命が犠牲になったという。
2:3 There were warnings of a coming El Niño before it occurred.
2:3 エルニーニョの到来はその発生以前から兆候があった。

2:4 But although many computer forecast models predicted that 1997 would be warm in the
tropical Pacific up to three seasons in advance, none predicted the rapid development or ultimate intensity of the event before it began.
2:4 しかし、予報型の多くのコンピュータが1997年は熱帯地方の太平洋が暖かくなると3シーズン も前から予想したが、その現象が急激に発達しきわめて強烈なものになるとあらかじめ予想した
コンピュータはなかった。

2:5 Clearly we have much to learn from this experience.
2:5 この経験から学ぶべきことがたくさんあることは明らかである。

[26] What motivated the author to say at the end of the second paragraph, “Clearly we have much to learn from this experience”?
1. The fact that the 1997-98 El Niño was unpredictable because there were no warning signs.
2. The fact that Pacific Rim governments needed to give more funding to study El Niño.
3. The fact that computer forecast models alone were not able to predict the nature of the 1997-98 El Niño.
4. The fact that scientists went through a series of bad experiences.

・解答 [26]―3
>[26]第2段最終文(Clearly…)を筆者が述べる動機となったものを選ぶ。
3.「コンピュータの予報機器だけでは、1997年から98年のエルニーニョの性質を予報できなかっ たという事実」問題の個所の直前の文(But although…)の内容と一致することから正解。 1.「1997-98年エルニーニョはまったく兆候がなかったので予測不可能だったという事実」「兆候 はなかった」(no warning signs)の部分が第2段第3文(There were…)に矛盾する。 2.「環太平洋地域の国の政府は、エルニーニョ研究のためにもっと資金を出す必要があったとい う事実」
4.「科学者たちは一連の苦い経験をしたという事実」2・4は本文に計述なし。

■第3段落
3:1 El Niño, Spanish for ‘the child’ (and specifically the Christ child), is the name Peruvian fishermen gave to coastal sea temperature [3](1. silence 2. coldness 3. warmings) that first appeared around Christmas time.
3:1 エルニーニョはスペイン語で「子供」(具体的には幼児キリスト)を意味するが、それは、クリ
スマスの時期に最初に現れた沿岸地方の海水温度の上昇に対してペルー人の漁師たちがつけた名
前である。
3:2 Now El Niño more generally refers to a warming of the tropical Pacific basin that occurs roughly [4] (1. every 2. any 3. some) three to seven years in association with a weakening of the trade winds.
3:2現在ではもっと一般的に、エルニーニョというのは、およそ3年から7年に一度、貿易風の弱ま
りに伴って発生する熱帯地方の太平洋海域における温度上昇のことを指す。

3:3 The opposite side of El Niño, La Niña, is characterized by stronger-than-normal trade winds and unusually cold sea-surface temperatures in the tropical Pacific.
3:3 エルニーニョの逆の現象であるラニーニャは、通常よりも強い貿易風と、熱帯地方の太平洋の
海面温度が異常に低いことが特徴である。
3:4 Both El Niño and La Niña are [5] (1. disrupted 2. exchanged 3. accompanied) by swings in atmospheric pressure between the eastern and western Pacific.
3:4 エルニーニョ、ラニーニャとも、太平洋の東部と西部の間の気圧変動を伴う。

3:5 These swings are known as the Southern Oscillation.
3:5 このような変動は南方振動として知られている。
3:6 These phenomena are collectively [6] (1. preferred 2. referred to 3. gathered) as ENSO or El Niño/Southern Oscillation.
3:6 これらの現象はまとめてENSO(エンソ)あるいはエルニーニョ/南方振動と呼ばれる。
3:7 At the moment, a strong La Niña is evident in the tropical Pacific, with several (but not all) forecast models predicting a return to [7] (1. abnormal 2. formal 3. normal) by the end of 1999.
3:7現在、熱帯地方の太平洋で強いラニーニャ現象が起こっているが、いくつかの(すべてではない
が)予測機器は1999年末までには正常な状態に戻ると予想している。

[23] Which of the following statements about La Niña is true according to the information given in this article?
1. La Niña, as well as El Niño, is related to the trade winds.
2. The phenomenon for La Niña makes sea-surface temperatures higher in the tropical Pacific.

3. The ENSO cycle is not related to the atmospheric pressure in La Niña.
4. Several forecast models predict that a strong La Niña will occur by the end of 2000.
・解答 [23]―1
<エルニーニョ現象>
>[23]ラニーニャに関して正しい文を選ぶ。 1.「ラニーニャはエルニーニョと同様、貿易風と関係がある」第3段第2文(Now…)および第3文 (The opposite…)の内容に一致。 2.「ラニーニャ現象は熱帯地方の太平洋の海面温度を上昇させる」これはエルニーニョ現象の説 明である。第3段第2文参照。 3.「ENSOの周期はラニーニャにおける気圧とは関係ない」エルニーニョとラニーニャは逆の現象 であり、両者とも気圧変動がおおいに関係している。第3段第4文(Both…)参照。 4.「いくつかの気象予報機器は2000年の終わりまでに強烈なラニーニャが発生すると予測してい る」本文に記述なし。第3段最終文に照らしても不自然。

■第4段落
4:1 The general mechanisms underlying ENSO involve large-scale ocean-atmosphere interactions and equatorial ocean dynamics.
4:1 ENSOの基礎となる全般的なメカニズムは、大規模な海洋・大気間の相互作用と赤道付近の海
洋のエネルギーが関係している。
4:2 But each El Niño and La Niña is unique in the [8](1. combination 2. division 3. category) of its strength, duration and pattern of development.
4:2 しかしエルニーニョやラニーニャの一つ一つは、その強さ、持続期間、発達の形態の組み合わ
せが違う。
4:3 Irregularity in the ENSO cycle can be seen both in the record dating back to the middle of the last century, and in other supporting data, such as lake sediments*, coral growth rings and tree rings, going back hundreds or [9](1. less 2. more 3. even) thousands of years.
4:3 ENSOの周期の不規則性は前世紀の半ばにまでさかのぼる記録においてもみられるし、また湖
の堆積物や環礁や年輪といったような、何百年あるいは何千年も前の他のデータにも裏づけられ
る。
4:4 So, in principle, it should not be surprising that an unusually strong El Niño occurs every so often.
4:4 したがって、原則的には、異常に強烈なエルニーニョがときどき発生することは驚くべきこと ではないはずである。
■第2段落
2:1 Identifying why it was so strong challenges our [1] (1. interest 2. objective 3. understanding) of the physical mechanisms responsible for El Niño.
2:1 それがどうしてそれほど強烈なものであったかを確認することは、エルニーニョの原因となっ ている物理学的メカニズムを理解することを必要とする。
2:2 This is more than simply an academic question: the 1997-98 El Niño severely disrupted global weather patterns and Pacific marine ecosystems, and by one estimate caused $33 billion in damage and cost 23,000 lives [2](1. locally 2. worldwide 3. in the space).
2:2 これは単なる学問上の疑問というだけで済むものではない。1997年から98年のエルニーニョ は、地球規模の気候形態や太平洋の生態系を崩壊させ、またある算定ではそれが330億ドルの被害 を生み、世界中で2万3千人の命が犠牲になったという。
2:3 There were warnings of a coming El Niño before it occurred.
2:3 エルニーニョの到来はその発生以前から兆候があった。
2:4 But although many computer forecast models predicted that 1997 would be warm in the
tropical Pacific up to three seasons in advance, none predicted the rapid development or ultimate intensity of the event before it began.

2:4 しかし、予報型の多くのコンピュータが1997年は熱帯地方の太平洋が暖かくなると3シーズン も前から予想したが、その現象が急激に発達しきわめて強烈なものになるとあらかじめ予想した
コンピュータはなかった。

2:5 Clearly we have much to learn from this experience.
2:5 この経験から学ぶべきことがたくさんあることは明らかである。
[22] Which of the following statements about El Niño is true according to the information given in this article?
1. The unusual nature of the 1997-98 El Niño had been predicted before it occurred.
2. Many computer forecast models were very effective in predicting the rapid development of the 1997-98 El Niño.
3. The exact physical mechanisms of El Niño have not been discovered yet.
4. The end of a strong El Niño can be predicted by using several forecast models.

・解答 [22]―3
>[22]エルニーニョに関して正しい文を選ぶ。
1.「1997-98年のエルニーニョの異常な性質は発生以前に予測されていた」
2.「多くのコンピュータ予報機器は、1997-98年のエルニーニョの急速な発達を予測するのにとて も効果的だった」 3.「エルニーニョの正確な物理的メカニズムはいまだ発見されていない」第4段冒頭に、generalな (「大ざっぱな」)メカニズムについては述べられているが、第4段第2・3文(But each … of years) にエルニーニョの複雑さや不規則性が述べられており、予測の難しさがわかる。 4.「強いエルニーニョの終わりは、いくつか予報機器を使うことで予測されうる」
3以外は、エルニーニョ現象の予測が可能であるかのように書かれており、第2段第4文(But
although…)の内容に不一致。

■第9段落
9:1 Do we find similar pronouncements in favor of individual freedom in non-Western traditions, particularly in Asia?
9:1 非西洋的伝統、特にアジアにおいて、個人の自由に賛成する似たような意見を見つけることが
できようか。
9:2 The answer is emphatically yes.
9:2 その答えは間違いなくイエスである。
9:3 Confucius is not the only philosopher in Asia, not even in China.
9:3 孔子だけがアジアにおいて唯一の哲学者ではないし、中国においてさえそうではない。
9:4 There is much variety in Asian intellectual traditions, and many writers did emphasize the importance of freedom and tolerance, and some even saw this as the entitlement of every human being.
9:4 アジアの知的伝統にはかなりの多様性があり、多くの作家が自由と寛容の重要性を実際に強調
し、これをすべての人間の権利であると見なす者さえいた。

9:5 The language of freedom is very important, for example, in Buddhism, which originated and first flourished in South Asia and then spread to Southeast Asia and East Asia, including China, Japan, Korea, and Thailand.
9:5 自由という言葉は、たとえば仏教においてとても重要である。仏教は南アジアに生まれ、そこ
で最初に栄え、その後中国、日本、韓国、タイを含む東南アジアや東アジアヘ広がった。
9:6 Even the [14](1. outline 2. layout 3.portrayal) of Confucius as a strict authoritarian is far from accurate.
9:6 孔子を厳格な権威主義者と描くことでさえ、まったく正確でない。
9:7 Confucius did believe in order, [15](1. and 2. so 3. but) he did not recommend blind loyalty to the ruler.

9:7孔子は秩序の価値を確かに信じていたが、統治者への盲目的な忠誠を勧めたわけではなかっ た。
[27] The expression “Confucius is not the only philosopher in Asia” in the ninth paragraph means that
1. Confucius is deeply respected in Asia as being more than a philosopher.
2. Confucius is not regarded as a philosopher in Asia.
3. Confucius does not necessarily represent all Asian philosophers.
4. Confucius is more known as a political figure in Asia.

・解答 [27]―3
>[27]「第9段の『孔子だけがアジアにおいて唯一の哲学者ではない』という表現は、…を意味 している」第9段第4文(There is much…)参照。「アジアの知的伝統にはかなりの多様性があ る」→「孔子が必ずしもすべてのアジアの哲学者を代表しない」と考え、3が正解。

■第8段落
8:1 There are, however, other ideas, [12](1. either 2. such as 3. of) the value of toleration or the importance of individual freedom, which have been advocated and defended for a long time, often for the selected few.
8:1 しかしながら、寛容の価値とか個人的自由の重要性のような他の考えもあり、それらは長い間
主唱され擁護されてきたが、選ばれた少数の人々のためであることが多い。
8:2 For example, Aristotle’s writings on freedom and human flourishing provide good background material for the contemporary ideas of human rights.
8:2 たとえば、自由と人間の隆盛に関するアリストテレスの書物は、人権の現代的な考え方のため
のよい背景材料を与えてくれる。
8:3 But there are other Western philosophers (Plato and St. Augustine, for example) whose preference for order and discipline over freedom was no less pronounced than Confucius’.
8:3 しかし、他の西洋の哲学者には、自由よりも秩序と規律を好んでいるのが孔子と同じぐらい顕
著であった者もいる。たとえば、プラトンや聖アウグスティヌスである。
8:4 [13](1. Also 2. Therefore 3. On the contrary), even those in the West who did emphasize the value of freedom did not, typically, see this as a right of all human beings.
8:4 また、自由の価値を非常に強調した西洋の人々でさえ、一般的には、これをすべての人間の権
利とは見ていなかった。
8:5 Aristotle’s exclusion of women and slaves is a good illustration of this no universality. 8:5 アリストテレスが女性と奴隷を除外したのは、この非普遍性のよい例証である。
8:6 The defenses of individual freedom in Western tradition did exist but took a limited form. 8:6西洋の伝統において個人の自由は実際に存在したのだが、限られた形を取っていたのである。
■第8段落
8:1 There are, however, other ideas, [12](1. either 2. such as 3. of) the value of toleration or the importance of individual freedom, which have been advocated and defended for a long time, often for the selected few.
8:1 しかしながら、寛容の価値とか個人的自由の重要性のような他の考えもあり、それらは長い間
主唱され擁護されてきたが、選ばれた少数の人々のためであることが多い。
8:2 For example, Aristotle’s writings on freedom and human flourishing provide good background material for the contemporary ideas of human rights.
8:2 たとえば、自由と人間の隆盛に関するアリストテレスの書物は、人権の現代的な考え方のため
のよい背景材料を与えてくれる。
8:3 But there are other Western philosophers (Plato and St. Augustine, for example) whose preference for order and discipline over freedom was no less pronounced than Confucius’.

8:3 しかし、他の西洋の哲学者には、自由よりも秩序と規律を好んでいるのが孔子と同じぐらい顕
著であった者もいる。たとえば、プラトンや聖アウグスティヌスである。
8:4 [13](1. Also 2. Therefore 3. On the contrary), even those in the West who did emphasize the value of freedom did not, typically, see this as a right of all human beings.
8:4 また、自由の価値を非常に強調した西洋の人々でさえ、一般的には、これをすべての人間の権
利とは見ていなかった。
8:5 Aristotle’s exclusion of women and slaves is a good illustration of this no universality. 8:5 アリストテレスが女性と奴隷を除外したのは、この非普遍性のよい例証である。
8:6 The defenses of individual freedom in Western tradition did exist but took a limited form. 8:6西洋の伝統において個人の自由は実際に存在したのだが、限られた形を取っていたのである。
■第9段落
9:1 Do we find similar pronouncements in favor of individual freedom in non-Western traditions, particularly in Asia?
9:1 非西洋的伝統、特にアジアにおいて、個人の自由に賛成する似たような意見を見つけることが
できようか。
9:2 The answer is emphatically yes.
9:2 その答えは間違いなくイエスである。
9:3 Confucius is not the only philosopher in Asia, not even in China.
9:3 孔子だけがアジアにおいて唯一の哲学者ではないし、中国においてさえそうではない。
9:4 There is much variety in Asian intellectual traditions, and many writers did emphasize the importance of freedom and tolerance, and some even saw this as the entitlement of every human being.
9:4 アジアの知的伝統にはかなりの多様性があり、多くの作家が自由と寛容の重要性を実際に強調
し、これをすべての人間の権利であると見なす者さえいた。

9:5 The language of freedom is very important, for example, in Buddhism, which originated and first flourished in South Asia and then spread to Southeast Asia and East Asia, including China, Japan, Korea, and Thailand.
9:5 自由という言葉は、たとえば仏教においてとても重要である。仏教は南アジアに生まれ、そこ
で最初に栄え、その後中国、日本、韓国、タイを含む東南アジアや東アジアヘ広がった。
9:6 Even the [14](1. outline 2. layout 3.portrayal) of Confucius as a strict authoritarian is far from accurate.
9:6 孔子を厳格な権威主義者と描くことでさえ、まったく正確でない。
9:7 Confucius did believe in order, [15](1. and 2. so 3. but) he did not recommend blind loyalty to the ruler.
9:7孔子は秩序の価値を確かに信じていたが、統治者への盲目的な忠誠を勧めたわけではなかっ た。

■第10段落
10:1 The so-called “Western values of freedom and liberty,” sometimes seen as an ancient Western inheritance, are not particularly [16](1.but uniquely 2. but proudly 3. nor exclusively) Western in their origins.
10:1 いわゆる「自由という西洋の価値観」は、時には、古代の西洋の遺産であると見られるが、
とりたてて古いわけでもないし、その起源が西洋に限られるというわけでもない。
10:2 Many of these values have taken their full form only over the [17](1. last 2. earlier 3. recent) few centuries.
10:2 これらの価値観の多くは、わずかこの2数世紀の間に全形を成したのである。
10:3 While we do find some anticipatory components in parts of the ancient Western traditions, there are other such anticipatory components in parts of nonwestern ancient traditions as well.

10:3 古代西洋の伝統の一部にいくらかの先行要素を確かに見いだすが、一方、非西洋の古代文明 の伝統の一部にもそのような先行要素が存在している。
10:4 On the particular subject of toleration, Plato and Confucius may be on a somewhat similar side, [18](1. such as 2. just as 3. thereby) Aristotle and Ashoka may be on another side.
10:4 寛容という特定の問題に関して、プラトンと孔子はやや似た側にいるが、それは別の側にア
リストテレスとアショーカ王がいるのとちょうど同じである。
10:5 The need to acknowledge diversity applies not only between nations and cultures, but also
within each nation and culture. 10:5多様性を認める必要性は、国家間と文化間に当てはまるだけではなくて、各国家と各文化内
にも当てはまる。
10:6 In the anxiety to [19](1. write 2. take 3. put) adequate note of international diversity and cultural divergences, and the so-called differences between “Western civilization,”“Asian values,” “African culture, and so on, there is often a dramatic neglect of heterogeneity within each country and culture.
10:6国際的多様性や文化的相違や、「西洋文明」「アジア的価値」「アフリカ文化」などの間の
いわゆる相違などに十分な注意を払いたいという願望のために、それぞれの国や文化内の異種性 をまったく無視することになりがちである。
10:7 “Nations” and “cultures” are not particularly good units to understand and analyze intellectual and political differences.
10:7 「国家」や「文化」は、知的・政治的相違を理解し分析するのに特によい基準単位ではな い。
10:8 Lines of division in commitments and skepticism do not run along national boundaries — they
run at many different [20](1. speeds 2. faces 3. Levels). 10:8傾倒と懐疑の境界線は国境沿いを延びているのではなく、多くの異なった段階を延びてい
る。
10:9 The rhetoric of cultures, with each “culture” seen in largely homogenized terms, can trouble us politically as well as intellectually.
10:9 それぞれの「文化」は主に同質化された観点で見られるので、文化という言葉は、知的面だ
けでなく政治面でも我々を悩ませるのである。

[25] Aristotle’s philosophy in this article is characterized as advocating
1. the ideas of Plato and St. Augustine.
2. the human rights of women and slaves.
3. the ideas of toleration and freedom.
4. the ideas of Confucius.

・解答 [25]―3
>[25]「この文章において、アリストテレスの哲学は…を唱えるものとして特徴づけられてい る」第8段第1文(There are, however,…)・第2文(For example, Aristotle’s…)参照。 寛容の価値と個人的自由の重要性が長い間主唱され擁護されてきたと述べ、その具体例としてアリ
ストテレスの書物が挙がっているので、3の「寛容と自由の考え」が正解。

[26] Which one is incorrect, according to the author, about Confucius?
1. He preferred order and discipline over freedom.
2. He had a similar point of view with Plato.
3. He considered human rights as the entitlement of every human being.
4. He justified certain kinds of disobedience to power.

・解答 [26]―3

>[26]「筆者によれば、孔子について正しくないものは次のどれか」1•「孔子は自由よりも秩序 と規律を好んだ」第8段第3文(But there are…)に一致。2.「孔子はプラトンと同じ観点、をもっ ていた」最終段第4文(On the particular…)に一致。3.「孔子は人権をすべての人間の権利である と考えていた」に関しては、第9段第4文(There is much…)に「アジアの哲学者の中には自由な どをすべての人間の権利と見なした者もいた」とあるが、「孔子が人権をすべての人間の権利と 考えた」とは述べられていない。4.「孔子は権力に対するある種の不服従を正ft化した」第9段最 終文(Confucius did believe…)に一致。

■第7段落
7:1 In seeing Western civilization as the natural habitat of individual freedom and political democracy, there is a tendency to extrapolate backwards from the present.
7:1西洋文明を個人的自由と政治的民主主義の生息地と見る視点には、現在から過去を振り返って
推定する傾向がある。
7:2 Values that the European Enlightenment and other recent developments since the eighteenth century [10](1. did make 2. have made 3.are made) common and widespread are often seen as part of the long-run Western heritage, experienced in the West over millennia.
7:2 18世紀以降のヨーロッパの啓蒙運動や他の最近の運動によって一般的になり、広く普及してき
た価値観は、千年以上にわたって西洋で経験されてきた、長期にわたる西洋の遺産の一部である としばしば見られている。
7:3 The concept of universal human rights in the broad general sense of entitlements of every human being is really a relatively new idea, [11](1. as being not 2. not to be 3. As never been) much found either in the ancient West or in ancient civilizations elsewhere.
7:3 すべての人間の権利という広い一般的な意味において、普遍的人権という概念は本ftに比較的 新しい考えで、古代の西洋にも、他地域の古代文明にもほとんど見いだすことのできないもので
ある。
[24] The expression “a tendency to extrapolate backwards from the present” in the seventh paragraph means that one
1. assumes that the present has a continuous basis in the past.
2. denies that the present has a continuous basis in the past.
3. denies that history moves backward.
4. assumes that history moves backward.

・解答 [24]―1
>[24]「第7段の『現在から過去を振り返って推定する傾向」という表現は、…を意味する」直 後の文(Values that the…)参照。過去に生じたことであっても現在続いていることは、古くから あることと思っていると述べているので、1の「現在は過去において継続的な基盤をもっていると
思う」が正解。

■第8段落
8:1 The real problem underlying many of the criticisms of anthropomorphism is actually anthropocentrism.
8:1 擬人観への批判の多くの根底にある真の問題は、実は人間中心主義である。
8:2 Placing humans at the center of all interpretation, observation, and concern, and dominant men at the center of that, has led to some of the worst errors in science, whether in astronomy, psychology, or animal behavior.

いるのである。
8:3 Anthropocentrism treats animals as (18)(1. superior 2. inferior 3. compatible) forms of people and denies what they really are.

8:3 人間中心主義は、動物を人の下等な形とみなし、その本当の姿を否定するものである。
8:4 It reflects a passionate wish to (19)(1. differentiate 2. alienate 3. dismiss) ourselves from animals, to make animals other, presumably in order to maintain humans at the top of the evolutionary hierarchy and the food chain.
8:4 それはおそらく人間を進化の階層社会と食物連鎖のトップに位置づけておくために自分たちを
動物と区別し、動物を別の物としておきたいという熱心な願望を映し出している。
8:5 The notion that animals are wholly other from humans, despite our common ancestry, is more
(20) (1. likely 2. rational 3. irrational) than the notion that they are like us.
8:5 我々が共通の祖先を持つにもかかわらず、動物が全く人間と異なるという考えを抱くのは、動
物が我々と似ているという考えよりも理性を欠くものである。
(27) Which of the following statements best reflects the author’s opinion regarding anthropocentrism?
1. No scientists would accept anthropocentrism because it supports the idea that humans are at the top of the evolutionary hierarchy.
2. The development of science would have been accelerated if scientists had realized the value of anthropocentrism.
3. Scientists will never be able to overcome the problems of anthropocentrism.
4. Anthropocentrism has been responsible for misleading scientists in serious ways.

・解答 (27)4
(27)人間中心主義に関して筆者の見解に沿うものを選ぶ。第8段第2文(Placing humans…)に「すべて
の解釈や観察や関心の中心に人間を置くこと、そして有力な人間をその中心に据えることは、天 文学であれ心理学であれ動物行動学であれ、科学的な最悪の誤りにつながってきているのである」 とある。
1.「人間中心主義は人間が進化的階層の頂点に位置するという考えを支持するものなので、受け 入れる科学者はいない」 2.「もし科学者が人間中心主義の価値に気づいていれば、科学の発達は加速されていたであろ う」はこれに反する。 3.「科学者は人間中心主義の問題を克服することは決してできないだろう」も記述なし。
4.「人間中心主義は科学者をきわめて誤った方向に導いた原因となっている」のみが一致する。

■第4段落
4:1 To accuse a scientist of anthropomorphism is to make a severe criticism of unreliability.
4:1 擬人観を理由に科学者を非難することは、信頼性の欠如を厳しく批判するということである。
4:2 It is regarded as a species-confusion, a forgetting of the line between subject and object.
4:2擬人観は種の混同として、主体と客体の境界線を忘れていることとしてみなされる。
4:3 To assign thoughts or feelings to a creature known incapable of them would, indeed, be a problem.
4:3思考や感情を持つことができないとわかっている動物にそれらを当てはめようとすることは実
際に問題であろう。
4:4 But to ascribe to an animal emotions such as joy or sorrow is only anthropomorphic error if one knows that animals cannot feel such emotions.
4:4 しかし喜びや悲しみのような感情が動物にあると考えることは、動物がそのような感情を感じ
得ないということを知っているのであれば、擬人観的な誤りにすぎないのである。
4:5 Many scientists have made this decision, but not on the basis of evidence.
4:5 多くの科学者はこのような決定を下しているが、それは証拠に基づくものではない。

4:6 The situation is not so much that emotion is denied but that it is regarded as too dangerous — such a minefield of (8)(1. relativity 2. objectivity 3.subjectivity) that no investigation of it should take place.

4:6感情の存在が否定されているというよりはむしろ、感情は危険すぎる―主観性という地雷の埋 まった危険地帯である―ので、それについての調査は行うべきではないとみなされている、という のが状況なのである。
4:7 As a result, all but the most prominent scientists (9)(1. obtain 2. risk 3. establish) their reputations and credibility in venturing into this area.
4:7 その結果、最も著名な科学者でない限りは、この領域に入るにあたっては自らの評判と威信を
危険にさらすことになるのだ。
4:8 Thus many scientists may actually believe that animals have emotions, but be unwilling not only to say that they believe it, but unwilling to study it or encourage their students to investigate it.
4:8 こうして、多くの科学者が実際には動物が感情を持つと信じているかもしれないが、自分がそ
れを信じていると進んで言うことをしないだけでなく、進んでそれを研究したり門下の学生にそ れを調査させたりすることもしないであろう。
4:9 They may also (10)(1. defend 2. attack 3. copy) other scientists who try to use the language of the emotions.
4:9 彼らはまた感情に関する用語を使おうとする他の科学者を攻撃するかもしれない。
4:10 Nonscientists who seek to retain scientific credibility must tread carefully.
4:10 科学的な信頼性を保持しようとする自然科学以外の学者は、慎重に進まなければならない。
4:11 An administrator at one internationally known animal training institute remarked, “We don’t take a position on whether animals have emotions, but I’m sure if you talked to any one of us we’d say ‘Sure they have emotions.’
4:11 ある国際的に知られた動物訓練施設の管理者は次のように発言している。「我々としては動
物が感情を持つかどうかについて一定の見解を取ることはしませんが、あなた方が我々のうちの 誰に聞いても、我々は『もちろん動物は感情を持っている』と答えるはずだと思いますよ。
4:12 But as an organization we would not want to be (11)(1. depicted 2. anticipated 3. rejected) as saying they have emotions.”
4:12 しかし一つの組織として我々は我々が動物は感情を持つと言っていると語られるのはありが
たくないですね」

(23) According to the article, many scientists
1. have accumulated enough evidence to show that animals cannot feel joy or sorrow as humans do.
2. claim, without providing evidence, that ascribing emotions to animals is “anthropomorphic error.”
3. have succeeded in differentiating between animal emotions and human emotions.
4. know for sure that animals do not have emotions such as joy or sorrow, and therefore it is anthropomorphic error to ascribe emotions to them.

・解答 (23)2
(23)第4段第5文(Many scientists…)に「多くの科学者がこのような決定を下しているが、それは証拠 に基づくものではない」とあり、これに一致するのは2のみで、あとは反する。各選択肢の訳の下 線部に注目。
1.「(多くの科学者は)動物が人間のように喜びや悲しみを感じることはできないということを示す 十分な証拠を積み重ねてきている」 2.「(多くの科学者は)動物に感情があるとすることは「擬人観の誤り」であると、証拠を出すこと
なしに主張している」 3.「(多くの科学者は)動物の感情と人間の感情を区別することに成功している」
4.「(多くの科学者は)動物が喜びや悲しみのような感情を持っていないことを確実に知っており、
ゆえに動物に感情があるとすることは擬人観の誤りである」

■第11段落
11:1 The space scientists at NASA, by the way, did not like Lovelock’s discovery at all.
11:1 ところで、NASAの宇宙科学者たちはラブロックの発見を全く好まなかった。

11:2 They had developed an impressive array of life-detection experiments for their Viking mission to Mars, and now Lovelock was telling them that there was really no need to send a spacecraft to the red planet in search of life.
11:2 彼らは見事に揃った生命探査の実験を、火星に向けてのバイキング任務のために、すでに展
開していたが、ラブロックは彼らに、生命を探査するためにその赤い惑星に宇宙船を飛ばす必要 は実際にはないのだと話していたのだ。
11:3 All they needed was a spectral analysis of the Martian atmosphere, which could easily be done through a telescope on Earth.
11:3必要なのは火星の大気のスペクトル分析だけであり、またそれは地球上の望遠鏡で容易に行え
るというのである。
11:4 Noo surprisingly, NASA (17) (1. disregarded 2. followed 3. solicited) Lovelock’s advice and continued to develop the Viking program.
11:4驚くにはあたらないことだが、NASAはラブロックの忠告を無視し、バイキング計画を進展さ
せ続けた。

11:5 Their spacecraft landed on Mars several years later, and as Lovelock had (18) (1. predicted 2. wanted 3. wondered), it found no trace of life.
11:5数年後にその宇宙船は火星に着陸したが、ラブロックが予想していたとおり、生命の痕跡は発
見できなかった。
(26) After NASA learned of Lovelock’s theory, they
1. performed an exploration of Mars by means of telescopes.
2. decided to launch the Viking program.
3. proceeded with their original plans as scheduled.
4. cancelled certain space exploration projects.

・解答 (26)3 (26)3.「(NASAはラブロックの理論を知った後も)従来の計画をスケジユールどおり進めた」第11 段第4文(Not surprisingly…)参照。

■第10段落
10:1 The process of self-regulation is the key to Lovelock’s idea.
10:1 自己調節の過程はラブロックの概念にとってのカギである。
10:2 He knew from astrophysics that the heat of the sun has increased by 25 percent since life began on Earth and that, in spite of this increase, the Earth’s surface temperature has remained constant, at a level (15) ( 1 .ready 2 . profitable 3. comfortable) for life, during those four billion years.
10:2彼は天体物理学によって、太陽の熱は地球上に生命が誕生してから25パーセント上昇したこ
と、またこの上昇にもかかわらず地球の表面温度はこの40億年の間、生物にとって快適な水準の
ままずっと一定していることを知っていた。

10:3 What if the Earth were able to regulate its temperature, he asked, as well as other planetary conditions — the composition of its atmosphere, the salinity of its oceans, and so on — just as living organisms are able to self-regulate and keep their body temperature and other variables constant?
10:3 仮に地球がちょうど生物が自分の体温やその他変化しやすいものを自分で調節して一定に保
つことができるのと同じように、地球の他の状況―大気の構成や海の塩度など―のみならず自ら の温度をも調節することができるとしたらどうだろう、と彼は問うてみた。
10:4 Lovelock realized that this hypothesis amounted to a radical break with conventional science:
10:4 ラブロックはこの仮説が従来の科学との根本的な断絶につながることに気づいた。
10:5 Consider Gaia theory as an alternative to the conventional wisdom that sees the Earth as a dead planet made of inanimate rocks, ocean, and atmosphere, and merely inhabited by life.

10:5 ガイア理論を従来の知識、つまり、地球が生命のない岩や海や大気から成り、単にそこに生
物が住んでいるだけの死んだ惑星であるとみなす知識に代わるものとしてみなせ。
10:6 Consider it as a real system, comprising all of life and all of its environment tightly (16) (1. wound 2. coupled 3. as sociated) so as to form a self-regulating entity.
10:6 すべての生命、および自己調節を行う統一体を形成するために密接に関連したすべての環境 を含んだ真の体系としてみなせ。
(25)According to the article, the rise in the sun’s temperature over the last four billion years has
1. forced the Earth to lose water.
2. increased the salt content in the ocean.
3. had devastating effects on the solar system.
4. had little effect on the planet Earth.

・解答 (24)4 (24)4.「(40億年にわたる太陽の温度上昇は)地球にほとんど影響を与えていない」第10段第2文(He knew from…)参照。
(25)The author seems to believe that most people see the Earth as
1. a dead planet.
2. an integrated system.
3. a living planet.
4. a self-regulating entity.

・解答 (25)1 (25)1.「ほとんどの人が地球を死んでいる惑星だとみなしていると筆者は信じているようだ」第10 段の引用箇所の冒頭文(Consider…)に「地球が死んだ惑星であるとみなす従来の知識(conventional
wisdom that sees the Earth as a dead planet)」とある。

■第7段落
7:1 The best-understood case of (10) (1. visual 2. nonvisual 3. acoustic) butterfly communication involves the Queen butterfly.
7:1 視覚に訴えない蝶の意思伝達のうち最もよく知られている事例はクイーン蝶に関するものであ
る。
7:2 Males of this species produce pheromones, compounds designed to elicit specific reactions — of sexual interest in this case from other butterflies.
7:2この種の雄はフェロモンを作り出すが、それは他の蝶から特別な反応―この場合は性的関心―を
引き出すことを目的とする化合物である。

7:3 These pheromones disseminate from brush like structures, called hair pencils, found at the end of the abdomen in males only.
7:3 これらのフェロモンは、ヘアペンシルと呼ばれる、雄の腹部の端にしか見られないブラシのよ
うな組織からまき散らされる。
7:4 Hair pencils have a particularly large surface area for their small volume and are thus highly efficient at distributing chemicals.
7:4 ヘアペンシルは小さな体積の割には特に大きな表面積をもっており、そのため化学物質をまき
散らすのには非常に効果的である。
7:5 As a male flies up and down in front of a female, he touches her antennae with his protruding hair pencils, thereby depositing pheromones.
7:5雄は雌の前を上下に飛ぶ時、その突き出たヘアペンシルで雌の触角に触れ、それによってフェ
ロモンを付けるのである。
7:6 The female responds to this chemical signal by alighting and remaining still while the male copulates with her.
7:6雄が雌と交尾をしている間、上まってじっとしていることによって、雌はこの化学的合図に応
えるのである。

(29) Which one of the following statements can be made on the basis of information given in this article?
1. Male and female butterflies both produce pheromones.
2. Male butterflies use pheromones to attract females.
3. Female butterflies use pheromones to attract males.
4. Colors play a more important role in sexual attraction than aroma.

・解答 (29)2
(29)第7段第2文(Males of this species…)より、2が正解。

■第14段落

■第1段落
1:1 As any adult knows, interest in potential mating partners is heavily influenced by sensory cues.
1:1大人ならだれでも知っているように、可能性のある結婚相手に対する関心は、感覚によるシグ
ナルによって大きな影響を受ける。
1:2 A glimpse of lustrous hair or of piercing eyes can suddenly cause a man to be attracted with a woman, or she with him.
1:2輝く髪や刺すような視線をちらっと見るだけで、突然男性は女性に引きつけられ、女性は男性
に引きつけられる。
1:3 The detection of a provocative scent or a sensuous touch may also kindle desire.
1:3挑発的なにおいや感性に訴える接触に気づくことによっても欲望はかきたてられるだろう
(26) According to the author, “sensory cues” refers to signals which
1. females need to locate the best male partners.
2. determine the sex of butterflies.
3. help determine the selection of mating partners.
4. are perceived under ultraviolet light.

・解答 (26)3
(26)
筆者によると「触覚は」
1.女性が最高の男性パートナーを検索する必要があります。
2.蝶の性別を決定します。
3.ヘルプには、交配相手の選択を決定。
4.紫外線光の下で認識されています。
冒頭文(As any adult knows,…)にあるように、「感覚に訴える合図」はつがい相手を選ぶのに助けと なる。

■第5段落
5:1 The next phase of the experiment showed that color was (6) (1. negligible 2. responsible 3. eligible) for this choice.
5:1実験の次の段階は、色が雄によるこのような選択の原因であることを示すことであった。
5:2 I prepared a card with two sets of male wings.
5:2私は2組の雄の羽のついたカードを用意した。
5:3 A quartz slide that transmits both visible and ultraviolet light covered one set of wings, and a filter that blocks ultraviolet wavelengths overlaid the other.
5:3可視光線と紫外線の両方を通す水晶のスライドが1組の羽を覆い、紫外線の波長を通さないフィ
ルターがもう一方を覆った。
5:4 Males now attempted to mate with the male wings under the filter — wings that appeared to be female.

5:4すると、雄はフィルターの下にある雄の羽―つまり雌のように見える羽―と交尾をしようとし
た。
5:5 This species displays a sexual difference in ultraviolet reflectance*, and after a male’s ultraviolet reflectance is (7) (1. deleted 2. enhanced 3. alleviated) other males treat him like a female.
5:5 この種は紫外線の反射率によって性の違いを示しており、雄の紫外線反射率がなくなると、他
の雄はその雄を雌のように扱うのである。

(22) What did the author’s study of the Little Yellow lead him to conclude about how males recognize sex?
1. They use human visible and ultraviolet light information.
2. They use human visible light information.
3. They use ultraviolet light information.
4. They use sunlight information.

・解答 (22)3
(22)第5段最終文(This species displays…)にあるように、紫外線の反射率によって性別を識別すると
わかった。

■第2段落
2:1 Recent experimental work with butterflies has (1)(1. borne out 2. taken out 3. washed out) Darwin’s suspicions of more than a century ago that species tend to evolve attributes and behaviors that enhance courtship — and thus reproductive success.
2:1蝶による最近の実験は、種は求愛を高め、ひいては生殖面での成功を招く特質や行動を進化さ せる傾向にあるのではないかという、1世紀以上前のダーウィンの考えを証明した。

2:2 Some traits might render an individual more attractive to the opposite sex.
2:2特徴の中には、個体を異性にとってより魅力的なものにするものがある。
2:3 Color is now known to spark sexual interest for some species in the butterfly world, as do other sensory signals that were (2) (1. beyond 2. against 3. within) Darwin’s human perception.
2:3 ダーウィンの人間としての知覚では理解できない、他の感覚的シグナルと同様に、蝶の世界で は種によっては色も性的関心の引き金となることが、現在では知られている。
2:4 But the creatures are more discerning than this observation might suggest.
2:4 しかし、蝶はこの観察が示すよりも識別力がある。
2:5 Ostentatious coloration or scent may do more than attract attention.
2:5目立つ配色やにおいは、注意を引く以上の働きをする。
2:6 Appearance and aroma may be shorthand notations of their bearer’s health and heartiness.
2:6外観やにおいは、その運び手の健康や元気さを直接示すものであろう。
(21)Which one of the following statements cannot be made based on information given in this article?
1. Darwin’s ideas on mating have been shown to be false.
2. Butterfly mating attraction is determined by appearance and scent.
3. Color is one of several important elements in sexual attraction in butterflies.
4. Darwin did not know that butterflies perceive ultraviolet light.

・解答 (21)1
(21)1は第2段第1文(Recent experimental work…)に一致しない。2は第2段第5文(Ostentatious
coloration or scent…)で述べられ、3は第2段第3文(Color is now known to spark…)で述べられてい る。4については、第2段第3文の最後(beyond Darwin’s human perception)より、ダーウィンは蝶 が紫外線を知覚できるのを知らなかったと思われる。

■第7段落

7:1 When scientists offer a powerful new technology, “they are making policy in our Society,” Joan Fujimura, an anthropologist at Stanford University, says.
7:1科学者が強力な新しい技術を提供する時、「彼らはわれわれの社会において指針を立案してい
るのだ」と、スタンフォード大学の人類学者であるジョアン=フジムラは言う。
7:2 “When I talk to scientists, they don’t always see that.”
7:2 「私が科学者に話しても、彼らは必ずしもそのようには考えていないのです」
7:3 Fujimura says even highly influential scientists often see their role as narrowly focused on finding out how nature works, while others in society think of the effect.
7:3非常に影響力のある科学者でさえ、自分たちの役割は自然がどのように機能しているかを発見
することに焦点をあてるだけであり、社会の他の人々がその影響のことを考えるものなのだとみ なしていることがよくあると、フジムラは言う。
7:4 “Biologists are producing the technology that will (5) (1. shape 2. twist 3. capture) our future,” she says.
7:4 「生物学者はわれわれの将来を形づくる技術を生み出しているのだ」と、彼女は言う。
7:5 “It is important for them to think about the culture that will use their technology, what kind of society we want to have.”
7:6 「科学者が自分たちの技術を用いる文化について、そしてわれわれがどんな種類の社会を望む
かについて考えることが重要である」

(29) Which of the following statements is accurate according to information given in the text?
1. Fujimura wants to direct scientists’ attention more to social policy.
2. Cox is worried about the risks of genetic research.
3. Billings is an ivory tower researcher.
4. Cox agrees with Billings.

・解答 (29)1
(29)第7段最終文(It is important for them…)参照。フジムラは、科学者の関心をもっと社会的方針へ 向けさせたいと思っている。

■第7段落
7:1 When scientists offer a powerful new technology, “they are making policy in our Society,” Joan Fujimura, an anthropologist at Stanford University, says.
7:1科学者が強力な新しい技術を提供する時、「彼らはわれわれの社会において指針を立案してい
るのだ」と、スタンフォード大学の人類学者であるジョアン=フジムラは言う。
7:2 “When I talk to scientists, they don’t always see that.”
7:2 「私が科学者に話しても、彼らは必ずしもそのようには考えていないのです」
7:3 Fujimura says even highly influential scientists often see their role as narrowly focused on finding out how nature works, while others in society think of the effect.
7:3非常に影響力のある科学者でさえ、自分たちの役割は自然がどのように機能しているかを発見
することに焦点をあてるだけであり、社会の他の人々がその影響のことを考えるものなのだとみ なしていることがよくあると、フジムラは言う。
7:4 “Biologists are producing the technology that will (5) (1. shape 2. twist 3. capture) our future,” she says.
7:4 「生物学者はわれわれの将来を形づくる技術を生み出しているのだ」と、彼女は言う。
7:5 “It is important for them to think about the culture that will use their technology, what kind of society we want to have.”
7:6 「科学者が自分たちの技術を用いる文化について、そしてわれわれがどんな種類の社会を望む
かについて考えることが重要である」

(24) Joan Fujimura says “they (the scientists) are making policy.” Which of the following statements would she most likely agree with?
1. By bringing about medical advances, scientists are in fact determining social policy.

2. Scientists are regularly being appointed to government panels that oversee genetic research.
3. Government policy is determined by individual initiative.
4. Powerful technologies need to be under government control so that they will be used safely.
・解答 (24)1
(24)第7段最終文(It is important for them…)参照。「科学者が、われわれがどんな社会に住みたい のかを考えるのが重要である」→「科学者は実際には社会的方針を決めている」と考える。

■第6段落
6:1 This is intimate knowledge, a biography in advance, not just of the individual but of her family.
6:1 これは、個人だけでなく家族に関するプライベートな知識であり、前もって書かれた伝記であ
る。

6:2 How do we interpret that information?
6:2 そのような情報をどのように解釈すればよいのだろうか。
6:3 How do we ensure that it doesn’t fall into the wrong hands?
6:3 それが不適切な手のもとに落ちないことをどうやれば保証できるだろうか。
6:4 Do we really want to know this much about ourselves?
6:4 われわれは、自分自身に関してこれほど多くのことを本ftに知りたいと思っているのだろう
か。
(23)The author implies that some people are “wary” of the gene project because
1. it involves genetic experiments on human beings.
2. it may create a “mutant” disease by mistake.
3. it will hinder the development of mass medicine.
4. its focus on individualized medicine may lead to an invasion of personal privacy.

・解答 (23)4
(23)第6段第1文(This is intimate knowledge…)、第3文(How do we ensure that…)にあるように、遺伝子
プロフィールはプライベートな知識であり、プライバシーの侵害につながる恐れがある。

■第8段落
8:1 Equipment breaks down, it is Sunday night, the stores are all closed, and the audience is arriving in an hour.
8:1設備が故障したが日曜の夜であり、店は全部閉まっており、観客は1時間後にやって来る。
8:2 You are forced to do a little bricolage, improvising some new and crazy device.
8:2 そこでちょっとしたブリコラージュ、つまり即興の斬新で奇抜な工夫をせざるを得なくなる。
8:3 Then you attain some of your best moments.
8:3 そのとき、最高の瞬間に達することがある。
8:4 Ordinary objects or trash suddenly become valuable working materials, and your perceptions of what you need and what you don’t need (7)( 1. adversely 2. radically 3. momentarily) shift.
8:4 ありふれた物やがらくたが、突然価値ある仕事の道具に変わり、何が必要で何が必要でないか
という認識が根本的に変わる。
8:5 Among the things I love so much about performing are those totally unforeseen, impossible calamities.
8:5演じることに関して私が大好きなことのひとつは、そのような全く思いがけない、起こるはず
のない災難である。

8:6 In life, as in a Zen koan, we create by shifting our perspective to the point at which interruptions are the answer.
8:6禅宗の公案にあるように、人生において我々は、妨害物が解答になるような観点へと、見方を
変えることによって物事を創作するのである。
8:7 The (8) (1. sharpening 2. relaxation 3. redirec tion) of attention involved in incorporating the accident into the flow of our work frees us to see the interruption with new eyes, and find the alchemical gold in it.
8:7不測の事態を自分の仕事の流れの中に組み込むことに伴う注意の向け直しをすることで、我々
は妨害物を自由に新しい目で見、錬金術による金をその中に見出すことができるようになる。
(23)According to the author, in what way are mistakes like alchemy?
1. They are mystical occurrences understood only by a few.
2. They allow accidents to flow naturally into our work.
3. They incorporate secret knowledge.
4. They can change ordinary situations to precious opportunities.
筆者によればどのように錬金術のようなミスはおこるか
1彼らは少数だけ理解神秘的な出現する。
2.彼らは、事故が私たちの仕事に自然に流れることを可能にします。
3.彼らは秘密の知識を組み込みます。
4.彼らは貴重な機会に、通常の状況を変更することができます
(24) The author loves the “unforeseen, impossible calamities” of performing because they
1. inspire him to improvise.
2. remind him of a Zen koan.
3. allow him to polish his performance.
4. allow him to face obstacles realistically.
24)著者は、実「予期しない、不可能な災害」を愛して使っていた、なぜならそれらは
1.即興するために彼を鼓舞。
2.禅の公案の彼を思い出させます。
3.彼は彼のパフォーマンスを磨くことができます。
4.彼は現実的障害に直面することができます

・解答 (23)1 (23)calamity「災難」inspire~to…「~を激励して…させる」improvise「即興で行う」第8段第2~ 5文参照。
・解答 (24)4 (24)「筆者によれば、間違いはどのようにして錬金術のようになるか」が問いの意味。第8段最終 文のincorporating…our workは「不測の事態を自分の仕事の流れの中に組み入れてしまうこと」で あり、選択肢2の「不測の事態を自然に仕事の中に流れ込ませる(発生させる)」とは意味が異な る。4は、この段の第2~5文の主旨に一致。

(21) In this passage, the author takes up the story of the oyster to suggest that
1. the oyster has the ability to integrate errors and otherness into its own system.
2. people can utilize an accidental occurrence to create something valuable.
3. people should seek out errors and accidents as a way to be creative.
4. the oyster uses grit and mucous to produce a beautiful pearl out of a foreign irritation.

・解答 (21)2
(21)
筆者がカキを用いて伝えたかったことは
1.カキは、独自のシステムにエラーや他者を統合する能力を持っています。
2.人々は貴重な何かを作成するために、偶発的発生を利用することができます。
3.人々が創造的にするための方法として、エラーや事故を模索する必要があります。
4.カキは、外国の刺激から美しい真珠を生産するためにグリットと粘液を使用しています。

筆者がカキを例示として伝えたかった事柄を選ぶ。2.「人は不測の事態を利用して価値のあるもの を創造することができる」

■第4段落
4:1 But let’s not sell paper documents short.
4:1 しかし紙による文書を見下すことはしないようにしよう。
4:2 The paper-based book, magazine, or newspaper still has a lot of advantages (5)(1. upon 2. over 3. with) its digital counterpart.
4:2紙をベースにして作られる本・雑誌・新聞は、それに対応するデジタル形式のものよりも依
然、有利な点をたくさんもっている。
4:3 A newspaper offers a wide field of vision, good resolution, portability, and ease of use.
4:3新聞は広い視界、鮮明度の良さ、軽便さ、利用の容易さを備えている。
4:4 A book is small, lightweight, high-resolution, and inexpensive compared to the cost of a computer or some other information appliance you need to read a digital document.
4:4本は小さく、軽量で、鮮明度が高く、またデジタル形式の文書を読むために必要なコンピュー
ターや他の情報機器に比べて安価である。
4:5 For at least a decade, it won’t be as convenient to read a long, sequential document on a computer screen as on paper.
4:5少なくとも十年間は、長く連続した文書をコンピューターで読むことは、紙で読むほどに便利
ではないであろう。
4:6 {I’ll admit that I’ve done a lot of the editing of this book with a pen on paper.
4:6 (私はこの本の編集の多くの部分を、ペンを使って紙に書くことで行ったことを認めよう。
4:7 I like reading text on paper.}
4:7私は紙に書かれた文章を読むのが好きだ。)

4:8 The first digital documents that achieve widespread use will offer new (6) (1. functionality 2. productivity 3. reliability) rather than simply duplicate the older medium.
4:8広範囲に渡る利用を最初に達成するデジタル文書は、単に旧式のメディアをまねたものという
よりむしろ、新たな機能性を提供するであろう。
4:9 After all, a television set is larger, more expensive, and (7) (1. more cumbersome 2. more widespread 3. more convenient) and offers lower resolution than a book or a magazine, but that hasn’t limited TV’s popularity.
4:9結局のところ、テレビは本や雑誌に比べて大きく、高価で、扱いにくく、低い解像度しか得ら
れないが、そのことがテレビの人気を制限してはいない。
4:10 Television brought video entertainment into our homes, and it was so (8) (1. aggravating 2. enduring 3. compelling) that television sets found their place alongside our books and magazines.
4:10 テレビは映像の娯楽を家庭にもたらし、また非常に興味をそそるものであるため、本や雑誌
と共にその地位を確保したのである。
(27)The author has done a lot of the editing of this book with a pen on paper because
1. the computer screen resolution is high.
2. electronic documents are currently unreliable.
3. editing a digital document is expensive.
4. he is fond of reading printed documents.

・解答 (27)4
(27)
著者は紙にペンでこの本の編集の多くを行っています、なぜなら
1コンピュータの画面解像度が高いです。
2.電子文書は、現在信頼できません。

3.デジタル文書を編集することは高価です。
4.彼は印刷された文書を読み込むのが好きです。
第4段第6・7文({}内の文)参照。
(28)Which statement does not reflect the author’s opinion about the future?
1. Documents will be accessible over a network.
2. You will be able to turn e-book pages like paper documents.
3. CD ROMs will completely replace printed paper documents.
4. More audio and video elements will be seen across a network.

・解答 (28)3
(28)3.「CD-ROMは紙に印刷された文書に完全に取って代わるだろう」は第4段の内容に反する。 1は第2段第3・4文、2は第5段第3文、4は第7段最終文に一致。

■第3段落
3:1 We will be able to do things with these rich electronic docu ments we could never do with pieces of paper.
3:1 これらの豊富な電子情報による文書があれば、紙ではできないようなことができるようにな
る。
3:2 The future net work’s powerful database technology will (4)(1. allow 2.replace 3. require) documents to be indexed and retrieved by means of interactive exploration.
3:2将来のネットワークの強力なデータベース技術は、対話型の探索によって文書に索引を付けた
り検索したりすることを可能にするであろう。

3:3 It will be extremely cheap and easy to distribute them.
3:3 またそれらを配布することも極めて安価で容易になるだろう。
3:4 These new digital documents will replace many printed paper documents because they’ll be able to help us in new ways.
3:4 これらの新しいデジタル形式の文書は、新しい点で我々の役に立つため、多くの印刷された紙
による文書に取って代わるであろう。
■第4段落
4:1 But let’s not sell paper documents short.
4:1 しかし紙による文書を見下すことはしないようにしよう。
4:2 The paper-based book, magazine, or newspaper still has a lot of advantages (5)(1. upon 2. over 3. with) its digital counterpart.
4:2紙をベースにして作られる本・雑誌・新聞は、それに対応するデジタル形式のものよりも依
然、有利な点をたくさんもっている。
4:3 A newspaper offers a wide field of vision, good resolution, portability, and ease of use.
4:3新聞は広い視界、鮮明度の良さ、軽便さ、利用の容易さを備えている。
4:4 A book is small, lightweight, high-resolution, and inexpensive compared to the cost of a computer or some other information appliance you need to read a digital document.
4:4本は小さく、軽量で、鮮明度が高く、またデジタル形式の文書を読むために必要なコンピュー
ターや他の情報機器に比べて安価である。
4:5 For at least a decade, it won’t be as convenient to read a long, sequential document on a computer screen as on paper.
4:5少なくとも十年間は、長く連続した文書をコンピューターで読むことは、紙で読むほどに便利
ではないであろう。

4:6 {I’ll admit that I’ve done a lot of the editing of this book with a pen on paper.
4:6 (私はこの本の編集の多くの部分を、ペンを使って紙に書くことで行ったことを認めよう。
4:7 I like reading text on paper.}
4:7私は紙に書かれた文章を読むのが好きだ。)

4:8 The first digital documents that achieve widespread use will offer new (6) (1. functionality 2. productivity 3. reliability) rather than simply duplicate the older medium.
4:8広範囲に渡る利用を最初に達成するデジタル文書は、単に旧式のメディアをまねたものという
よりむしろ、新たな機能性を提供するであろう。
4:9 After all, a television set is larger, more expensive, and (7) (1. more cumbersome 2. more widespread 3. more convenient) and offers lower resolution than a book or a magazine, but that hasn’t limited TV’s popularity.
4:9結局のところ、テレビは本や雑誌に比べて大きく、高価で、扱いにくく、低い解像度しか得ら
れないが、そのことがテレビの人気を制限してはいない。
4:10 Television brought video entertainment into our homes, and it was so (8) (1. aggravating 2. enduring 3. compelling) that television sets found their place alongside our books and magazines.
4:10 テレビは映像の娯楽を家庭にもたらし、また非常に興味をそそるものであるため、本や雑誌
と共にその地位を確保したのである。
■第5段落
5:1 Ultimately (9)(1. implicit 2. incremental 3. incidental) improvements in computer and screen technology will give us a lightweight, universal electronic book, or “e-book,” that will approximate today’s paper book.
5:1最終的にはコンピューターやスクリーン技術がますます進歩することにより、現在の紙製の本
に近い、軽量で万能の電子本、いわば「E-ブック」ができるであろう。
5:2 Inside a case roughly the same size and weight as today’s hardcover or paperback book, you’ll have a display for high-resolution text, pictures, and video.
5:2現在のハードカバーやペーパーバックの本とサイズや重さがほぼ同じケースの中に、高い解像
度の文章・画像・映像を映す表示装置がある。
5:3 You’ll be able to (10)(1. write 2. flip 3. edit) pages with your finger or use voice commands to search for the passages you want.
5:3指でページをめくったり、声による指令で見たい一節を捜すことができる。
5:4 Any document on the network will be accessible from such a device.
5:4 そしてこのような装置を用いてネットワーク上のどんな文書にもアクセスできる、というふう
に。
■第8段落
8:1 CD-ROMs provide us with some models for the creation of on-line content.
8:1 CD-ROMはオンラインの内容を作るためのいくつかの手本を提供してくれる。
8:2 CD-ROM-based multimedia titles have integrated different types of information — text,
graphics,photographic images,animation,music,and video — into single documents,and right
now they’re our best (15) (1.approximations 2.solutions 3.resolutions) of what the rich
documents of the future will be like.
8:2 CD-ROMをベースとしたマルチメディアの出版物は、本文・グラフィック・写真の画像・アニ メーション・音楽・映像などの異なる形の情報を単一の文書に統合したものとなってきており、 現在のところそれらは、内容の豊富な未来の文書の様子に最も近いものである。

(26) According to the author, current digital technology allows us to
1. integrate many kinds of information.
2. deal efficiently with long sequential texts.
3. explore multimedia databases interactively.
4. access any document we wish on the network.


著者によると、現在のデジタル技術が~を可能にします
1.多くの種類の情報を統合します。
2 長いシーケンシャルテキストで効率的な契約。
3.対話的マルチメディアデータベースを探ります。

4.アクセス我々は、ネットワーク上の望む任意のドキュメント
解答 (26)1
(26)2は第4段第5文、3は第3段第2文。4は第5段最終文参照。いずれも「現在の(current)デジタル 技術」によっては不可能。1は第8段第2文参照。

■第9段落
9:1 Other than Web pages, very few multimedia documents are being created by PC users so far. 9:1 ネットワーク上のホームページ以外には、パソコン利用者によって作られるマルチメディア文 書は今までのところほとんどない。
9:2 It still takes too much effort.
9:2 それは依然としてあまりに労力がかかりすぎるのである。
9:3 Millions of people have camcorders and make videos of their kids or their vacations.
9:3何百万人もの人々がポータブルビデオカメラを所有し、自分の子供や休日のビデオを制作して
いる。
9:4 But to edit video right now you have to be a professional with expensive equipment.
9:4 しかし現在のところ、ビデオを編集するには高価な機器を有する専門家になる必要がある。
9:5 This will change.
9:5 この状況はやがて変化するだろう。
9:6 Advances in PC word processors and desktop publishing software have already made professional-quality tools for creating sophis ticated paper documents available relatively inexpensively to millions of people.
9:6 パソコンのワープロや卓上出版のソフトウェアが発達したことにより、きちんとした紙上の文 書を作るためのプロ並みの機能をもつ道具が、すでに何百万もの人々に比較的安価に利用できる
ようになっている。
9:7 Desktop publishing software has progressed to the point that many magazines and newspapers are produced with the same sort of PC and software packages you can buy at any local computer store and use to design an invitation to your daughter’s birthday party.
9:7地方のどんなコンピューター店でも買え、また娘の誕生パーティーの招待状をデザインするの
にも使えるのと同種のパソコンやパックになったソフトによって多くの雑誌や新聞が作られる、 という程度にまで卓上出版のソフトウェアは発達している。
9:8 PC software for editing film and creating special effects will become as (16) (1. mediocre 2. commonplace 3. outdated) as desktop publishing software.
9:8 フィルムを編集したり特殊効果を作り出したりするパソコンソフトは、卓上出版のソフトウェ
アと同じくらい普通のものとなるであろう。
9:9 At that point the difference between professionals and amateurs will be one of talent and craft rather than access to tools
9:9 その点においては、専門家とアマチュアの違いは機器の使用よりもむしろ才能と技術の違いと
いうことになろう。

(25) According to the author, when film-editing software for PCs is as popular as desktop publishing software, what will be the difference between professionals and amateurs who edit videos?
1. Talent and skill.
2. Networking capability.
3. Access to tools.
4. The use of CD ROMs.

・著者によるとPC用フィルム編集ソフトウェアとデスクトップパブリッシングソフトウェアはビ
デオを編集専門家とアマチュアによって何が違うのか
1.才能とスキル。
2.ネットワーク機能。
3アクセスツール。

4CDROMの使用。
解答 (25)1
(25)第9段最終文参照。

■第2段落
2:1 When you think of a “document,” you probably visualize one or more pieces of paper with print on them, but that’s a narrow definition.
2:1 「文書」というものを考えたとき、あなたはたぶん活字の印刷された1枚かそれ以上の紙を思 い描くであろうが、それは狭い意味での定義である。
2:2 A document can be any body of information.
2:2文書とは情報のいかなる形態にもなりうるものである。
2:3 A newspaper article is a document, but the broadest definition of the word includes a Web page, a TV show, a song, or an interactive video game.
2:3新聞記事はひとつの文書であるが、その語の最も広い意味の定義では、ネットワーク上のホー
ムページ、テレビ番組、歌、あるいは対話型の映像ゲームをも含んでいる。

2:4 Because all kinds of information can be stored in digital form, documents containing all kinds of information will get easier and easier to find, store, and send across a network.
2:4 あらゆる種類の情報がデジタル形式で保管できるため、あらゆる種類の情報を含む文書がます
ます容易に発見でき、保管でき、ネットワーク上で伝達することができるようになるであろう。
2:5 Paper is more (2) (1. suitable 2. reliable 3. awkward) to store and transmit, and its content is pretty much limited to text with drawings and images.
2:5 それに比して紙は保管したり伝達したりするには不便であり、またその内容は図面や画像を付 した文章にかなり限定されてしまう。
2:6 A digitally stored document can be made (3) (1. out with 2. up with 3. up of) photos, video, audio, programming instructions for interactivity, animation, or a combination of these elements and others.
2:6 デジタル形式で保管された文書は写真、映像、音声、対話のためのプログラム作成の指示、ア
ニメーション、あるいはこれらや他の要素の組み合わせから構成することができる。
(22) Which of the following definitions of “document” best expresses the view of the author?
1. A “document” is one or more pieces of printed paper that are found, stored, and sent across a network.
2. A “document” is one or more pieces of printed material that offer a wide field of vision, good resolution, portability, and ease of use.
3. A “document” is a digital form sent across a network like a Web page.
4. A “document” includes paper, video games, TV shows, music, and Web pages.

・解答 (22)4 (22)「文書」について著者の見解を最適に表現しているのはどれか?
1.「文書」は、見つかった格納し、ネットワーク経由で送信された印刷用紙の1枚以上です。
2.「文書」は、広い視野、良好な解像度、携帯性、および使いやすさを提供する印刷物の1または 複数です。 3.「文書」とは、Webページなどのネットワークを介して送信されるデジタル形式です。
4.「文書」は、紙、ビデオゲーム、テレビ番組、音楽、Webページが含まれています。
)第2段第2・3文参照。

■第6段落
6:1 So much for writing.
6:1文章についてはここまでにしよう。

6:2 While reading aloud is necessarily an individual task and a frequent feature of early literacy, especially when only a small proportion of the population had the skills, it involved an immediate audience, the (14)(1. Physiological 2. Virtual 3. Physical) presence of hearers.
6:2人口のほんの一部しか読む技術をもっていなかったときに特にそうなのだが、音読が必然的に
個人の作業であり、読み書きを覚えた初期にしばしば見られる特徴である間は、直接の聴衆、つ まり聞き手の、実際の存在が必要であった。
6:3 So, too, did a parallel feature of early literacy, the repetitive reading to oneself of a piece, then its subsequent recitation, as if produced purely orally, to a collected audience.
6:3 また、読み書きを覚えた初期の同様の特徴である、ある文章を繰り返し自分に読むことにも直
接の聞き手が必要であったし、その次の段階である集まった聴衆に対して行うまるでまったく口 頭で生み出されたかのような暗唱にも、直接の聞き手が必要であった。
6:4 Such a process involves rereading, that is, going over for a second or a third time the linguistic message, in a fashion that is virtually impossible without writing.
6:4 そのような過程には読み返しが伴う。すなわち、2回、3回と言語的メッセージを読み返さねば
ならない。それは文字なしにはほとんど不可能な方法である。

6:5 The backward look facilitates not only verbatim memorizing but also understanding and critical analysis, as well as enabling the writer to construct and present more complex sentences than would otherwise be possible.
6:5読み返すことによって、一語一句を記憶できるだけでなく、容易に理解や批判的分析ができる
ようになるとともに、読み返さない場合に比べ、書き手がより複雑な文を組み立て呈示できるよ うになる。
6:6 Such reviewing is the counterpart of comparing several versions of the same incident, poem, or account and of evaluating their differences, a procedure that gave (15) (1. birth 2. impetus 3. way) to history in the technical sense.
6:6 そのように読み返すことは、同じ出来事や詩や話に関するいくらかの説明を比べたり、その違 いを評価したりすることに相ftする。それは技術的な意味において歴史を記生み出した手順であ
る。
(28) Which of the following is true according to the article?
1. People were not able to construct complex sentences until they acquired the skill of using paralinguistic devices.
2. “Objective knowledge” stored in libraries made only a negligible contribution to the development of the critical analysis of texts.
3. Reviewing and reciting the same description of an event would have been very difficult without the development of literacy.
4. Paralinguistic devices played an important role in intellectual operations before the development of writing.


文意にあるのはどれか?
1彼らはパラ言語デバイスを使用してのスキルを取得するまで、人は、複雑な文章を構築するこ とができませんでした。 2ライブラリに保存されている「客観的知識」は、テキストの批判的な分析の発展にごくわずか な貢献をしました。 3確認とイベントの同じ説明を暗唱、リテラシーの発展なしには非常に困難であっただろう。
4.パラ言語のデバイスは書き込みの開発前に知的操作において重要な役割を果たしました。
解答 (28)3
(28)第6段第3・4文参照。文字の発達がなければ、ある出来事に関する記述を何度も調べたり、暗 唱したりできなかったであろう。

■第7段落

7:1 After conducting this extensive review of the literature on intelligence, I was impressed that my review led me to exactly the same place that my observations of Alice, Barbara, and Celia had taken me.
7:1知能に関する論文をこのように幅広く調査したあと、私が感銘を受けたのは、その調査によっ
て、アリスとバーバラとセリアの観察によってたどりついたのとまったく同じところへたどりつい たことであった。
7:2 To understand intelligence completely, it seems that one needs to understand the relationship of intelligence to three things: the internal world of the individual, the external world of the individual, and the experience with the world that (12) (1. Separates 2. Intercepts 3. Mediates between) the internal and the external worlds.
7:2知能を完全に理解するためには、知能が3つのものといかに関係するかを理解する必要があるよ
うだ。つまり、個人の内的世界、個人の外的世界、内的世界と外的世界記の間の仲介をする世界
との経験である

(25) The term “triarchic theory of intelligence” refers to which of the following ideas?
1. Three well-known psychologists (the author, Arthur Jensen, and Howard Gardner) have developed the most important theories of intelligence.
2. Intelligence consists of three kinds of interrelated mental processes.
3. Intelligence is characterized by three different internal and external factors that relate to each other.
4. Intelligence is best explained as three hierarchically arranged levels of analytical ability.


用語「知性のtriarchic理論」は、「次のアイデアのどれか?
1.三つの良く知られた心理学者(著者、アーサー・ジェンセン、ハワード・ガードナー)は知性の 最も重要な理論を開発しました。
2.インテリジェンスは、相互に精神的なプロセスの3種類で構成されています。
3.インテリジェンスは、相互に関連する三つの異なる内部および外部要因によって特徴付けられ
ます。
4.知能は最高の分析能力の3階層的に配置されたレベルとして説明します。
解答 (25)3
(25)第7段第2文で、筆者は知性を3つの事物の関係から説明しようとしていることがわかる。ここ で3つの事物とは、①internal world「内的世界」、②external world「外的世界」、③経験(内的世界 と外的世界に介在するもの)である。

■第8段落
8:1 The (13) (1. convergence 2. divergence 3. incompatibility) of my analysis of the research literature and my personal experience convinced me that what was needed was a “triarchic” theory of human intelligence — one that did justice to each of these three aspects of intelligence.
8:1研究文献の分析と私の個人的経験が、二点に集中していることから、必要なものは人間知能の
「三様性」理論であると私は確信した。それは、知能の三面のそれぞれを公平に扱うものであっ た。
8:2 It is important to mention that my goal in constructing the tribrachic theory was quite (14) (1. contrary to 2. interchangeable with 3. compatible with) that of most psychologists who have developed theories of intelligence.
8:2三様性理論を築く際の私の目標が、知能に関する理論を築いた大部分の心理学者の目標とは
まったくは異なったものであったと述べるのは重要である。

8:3 The field has been (15)1. Exceptionally focused 2. Notoriously contentious 3. Unusually harmonious), with every theorist setting out to prove that his theory is right and everyone else’s is wrong.
8:3 その分野は、悪名高いほど争い好きで、すべての理論家が、自分の理論が正しく他のみなの理 論が間違いであると証明しようと努めている。
8:4 For example, Arthur Jensen argues for the predominance of a single, general factor in human intelligence, while Howard Gardner maintains that there are at least seven or eight multiple intelligences.
8:4 たとえば、アーサー=ジェンセンは、人間知能において単独の一般的な要素が支配していると 主張しているが、ハワード=ガードナーは、少なくとも7つか8つの複合的な知能があると主張して
いる。
8:5 For me, the most disturbing element of these and other opposing theorists has been that while they have done reasonably well in (16) (1. amassing 2. refuting 3. responding to) evidence to support their own point of view, they have generally failed to disprove the views of others.
8:5 これらの理論家や他の異なった意見の理論家に関する、私にとって最も頭を悩ます要素は、彼 らは自分自身の観点を支持する証拠を集めるのにはかなり成功しているが、他人の観点の反証を
あげることには、だいたい失敗しているということである。
8:6 How could this be?
8:6 どうしてこのようになるのであろうか。
8:7 After reviewing earlier theories, I came to the conclusion that the reason for this was that virtually all of them have been (17)(1. inaccurate 2. incomplete 3. inconsistent).
8:7私は初期の理論を調査したあと、この理由はそれらの理論のすべてが実際、不完全であったか
らだという結論に達した。
8:8 Though proposed as full theories of intelligence, each has dealt with only some limited aspects.
8:8 それぞれは知能に関する完全な理論として提唱されるが、ある限られた面しか扱っていないの
である。
8:9 Often, too, these theories have proved to be complementary rather than contradictory, as might be expected.

8:9 またしばしば、これらの理論はお互いに矛盾したものではなくて、相補的なものであるともわ
かったが、そのことは予想のつくことだったかもしれない。
8:10 It is not difficult to show that a theory of general intelligence and the theory of multiple intelligences can be (18) (1. infused 2. installed 3. integrated) in a hierarchical framework, with general intelligence at the top of the hierarchy and multiple intelligences lower down.
8:10一般的知能に関する理論と複合的知能に関する理論が階層構造の中に、一般的知能が階層の頂
点に、複合的知能が底辺の方にというように、まとめられうることを示すのは難しいことではな い。
8:11 More specific abilities would then be viewed as sub-abilities.
8:11 より特定的な能力は下位能力と見られるであろう。
8:12 The point to be made, then, is that often the competition among theorists has been (19) (1. fierce 2. spurious 3. accommodating).
8:12 したがって、言いたい点は、理論家間の論争はしばしば、まがいものであるということであ
る。
8:13 Their theories are really theories of different aspects of intelligence.
8:13彼らの理論は実際は、知能の異なった面に関する理論なのである。
(23) The author seems to believe that
1. previous theories of intelligence are wrong.
2. previous theories of intelligence do not encompass enough aspects of intelligence.
3. previous theories of intelligence contradict each other.
4. his own theory of intelligence is still rather incomplete in comparison with existing theories.


著者は、~と信じているようです
1インテリジェンス以前の理論が間違っています。
2知性以前の理論は知性の十分な側面を包含しません。
3知性以前の理論は互いに矛盾。
4知性の彼自身の理論はまだ既存の理論と比べてかなり不完全です。
解答 (23)2
(23)第8段第8文で「完全な知能理論だといって打ち出しているものの、各理論は、限定されたあ る側面しか扱っていない」とあるのがヒント。「限定された側面しか扱っていない」→「各側面を 十分に網羅していない」と考える。deal with~「~を扱う」encompass「取り巻く、包含する」

■第10段落
10:1 And what about authority?
10:1 では、権威者はどうだろう。
10:2 Do we perhaps identify authority with the designer who had the idea of inventing a new polo shirt design, or with the manufacturer who decided to sell it, and to sell it on a wide scale, to make money?
10:2 たぶん我々は新しいポロシャツのデザインを考え出したデザイナー、あるいはそのポロシャ
ツを売ろうと、それも大規模に売ろうと、そして金儲けをしようと決心した製造者と権威者を同
一視するのではなかろうか。
10:3 Or with those who legitimate lee agree to wear it, and to advertise an image of youth and recklessness, or happiness?
10:3 あるいは、そのポロシャツを着ることに何の不自然なところもなく同意し、若さと無鉄砲あ
るいは幸福のイメージを宣伝することに同意した人々と同一視するのだろうか。
10:4 Or with the TV director, who has one of his young actors wear the polo shirt to characterize a genera tion?
10:4 あるいは、テレビのディレクターと同一視するのだろうか。ある世代の特色にするために若
い俳優の一人にそのポロシャツを着せたりするからだ。
10:5 Or with the singer who, to cover his expenses, agrees to sponsor the polo shirt?
10:5 あるいは、出費を賄うためにポロシャツのスポンサーに同意した歌手と同一視するのだろう
か。
10:6 All are in it, and all are outside it.
10:6 すべてが関係者であり、またすべてが無関係でもある。
10:7 Power is elusive, and there is no longer (16) (1. any 2. some 3. all) telling where the “plan” comes from.
10:7権力は捕まえどころがなく、その「計画」がどこから生じたのかを知る手立てはもはやない。
10:8 There is a plan, but it is no longer intentional.
10:8 ある計画がある。しかし、それはもはや意図されたものではない。
10:9 Therefore, it cannot be criticized with the traditional (17) (1. critic 2. criticism 3. critics) of intentions.
10:9 そこでそれを意図に対する昔ながらの批判の仕方で批判することはできない。

10:10 All the professors of communication, trained by the texts of twenty years ago (this includes me), should be pensioned off.
10:10 20年前の教科書で教育されたコミュニケーション関係の教授は(これには私も入るが)、すべ
てお払い箱にされるべきである。
[6] When the author says, “All are in it, and all are outside it,” he is referring to :
1. the media.
2. advertising.
3. ideology.
4. authority.


著者は「すべてがそれであり、すべてはそれの外にある」を~から参照しています:

1.メディア。
2.広告。
3.イデオロギー。
4.権限。
解答 [6]4
[6]第10段の主題(Key Sentence)は冒頭のAnd what about authority?である。

■第9段落
9:1 Once again, what is a mass medium?
9:1 もう一度、マスメディアとは何であろうか。
9:2 Is it the newspaper advertisement?
9:2 それは新聞広告か。
9:3 The TV broadcast?
9:3 テレビ放送か。
9:4 The polo shirt?
9:4 例のポロシャツか。
9:5 Here we have not one but two, three, perhaps more mass media, active (14) (1. with · 2. from
3. through) different channels.
9:5 さあ我々には、異なったチャンネルを通して活躍しているマスメディアが一つや二つ、三つで はなく恐らくもっとたくさんある。
9:6 The media have multiplied, but some of them act as media of media, or in other words media squared.
9:6 メディアは掛け算のように増えた。しかし、そのうちのあるものはメディアのメディアの働
き、換言すれば二乗のメディアの働きをしている。

9:7 And at this point who is sending the message?
9:7 そして、この点でメッセージを送っているのはだれであろうか。
9:8 The manufacturer of the polo shirt?
9:8 ポロシャツの製造者か。
9:9 Its wearer?
9:9 そのポロシャツを着ている人か。
9:10 The person who talks about it on the TV screen?
9:10 テレビの画面でそのポロシャツについて語っている人か。
9:11 Who is the producer of ideology?
9:11 イデオロギーの製作者はだれか。
9:12 And what is the polo shirt manufacturer trying to say?
9:12 そして、ポロシャツの製造者は何を言おうとしているのか。
9:13 What does the wearer want to say?
9:13 ポロシャツを着ている人は何を言いたいのか。
9:14 (15)(1. As 2.To 3.In) a certain sense the meaning of the message changes according to the channel under consideration, and perhaps also its ideological weight.
9:14 ある意味ではメッセージの意味はいま検討中のチャンネルに従って変わってしまう。そして
たぶんそのイデオロギー的重点も。
[5] “Media squared” refers to
1. the fact that media can portray other media.
2. media’s relationship to authority.
3. the question of free advertising.
4. the increased number of television channels.


メディアの二乗とは
1メディアは他のメディアを描くことができる事実。

2対局へのメディアの関係。
3無料広告の質問。
4テレビチャンネルの増加数。
解答 [5]1
[5]第9段の半ばにact as media of media, or in other words media squaredとある。

■第8段落
8:1 What is a mass medium today?
8:1 マスメディアとは、何であろうか。
8:2 Let’s try to imagine a not so imaginary situation.
8:2 それほど現実離れしていない場面を考えてみよう。
8:3 A company produces polo shirts with an alligator on them and advertises them.
8:3 ある会社がワニの図柄のついたポロシャツを生産してその宣伝をする。
8:4 A (12) (1. member 2. generation 3. character) begins to wear the polo shirts.
8:4 同時代の人々がそのポロシャツを着始める。
8:5 Each consumer of the polo shirt advertises, via the alligator on his chest, this brand of polo shirt (just as the owner of a Toyota is an unpaid, and paying, advertiser of the Toyota line and the model he drives).
8:5 このポロシャツの消費者の一人一人が、胸のワニの図柄を通してこのブランドのポロシャツの
宣伝をする(それはトヨタの製品の所有者がただで、いやそれどころか金を払ってトヨタの製品と
彼が運転している車の宣伝をしているのと同じだ)。

8:6 A TV broadcast, to be faithful to reality, shows some young people wearing the alligator polo shirt.
8:6 あるテレビ放送は、真実に忠実であらんがためにワニのポロシャツを着た何人かの若者を映し
出す。
8:7 The young (and the old) see the TV broadcast and buy more alligator polo shirts because they
(13) (1. have 2. take 3. give) “the young look.”
8:7 若者たちは(そして年寄りも)そのテレビの放送を見て、「若い外見」を与えてくれる(=それを
着ると若々しくみえる)のでワニのポロシャツをますます買うようになる。
[4] The thing that the polo shirt and the Toyota have in common is that
1. they have the same kind of consumers.
2. their appeal is in the way we learn to read their messages.”
3. their consumers are also their advertisers.
4. they have replaced earlier forms of media.


ポロシャツとトヨタに共通している事は~ということです
1.彼らは消費者の同じ種類を持っています。
2.彼らの魅力は、我々は彼らのメッセージを読むことを学ぶ方法です。」
3.彼らの消費者は、彼らの広告主です。
4.彼らは、メディアの以前の形式を交換しました 解答 [4]3
[4]have in common「共通に持っている→共通している」第8段第5文にEach consumer …
advertises,(…the owner of a Toyota is an…advertiser of the Toyota line…)とある。

■第16段落
16:1 The concept of modularity (19) (1. lies 2. forms 3. stays) at the heart of much innovative research in cognitive science.

16:1 モジュラリティーという概念は、認識科学におけるより革新的な研究の中心に位置してい
る。
16:2 The brain does a great deal of work by complex coordination among its parts, but we have also known for a long time that highly particular attitudes and behaviors map to specific portions of the brain.
16:2脳はその部分の間の複雑な調整によって多くの仕事をしているが、我々はまた、非常に特殊な
才能や行動は脳の特定の部分に対応することも昔から知っている。
16:3 Barrington’s study of Mozart and the modern scientific research on the behavior of newborn gulls may seem at first sight to have (20) (1. little 2. much 3. everything) in common.
16:3一見しただけでは、バリントンによるモーツァルトの研究と生まれたばかりのカモメの行動に
関する現代の科学的研究には、共通点がほとんどないように思えるかもしれない。
16:4 However, although we may read it to learn more about the life of a man revered for his contribution to the world of art, the illustration of modularity evidenced both in Mozart’s own behavior and in his ability to separate and abstract single emotions is an important contribution to our understanding of the human mind.
16:4 しかし、われわれは、モーツァルトに関する研究を、芸術の世界に対する貢献によって尊敬 されている男の人生をさらに知るために読むのかもしれないけれども、モーツァルト自身の行動 と個々の感情を区分して抽象化する彼の能力の両方で明示されたモジュラリティーの例証は、わ
れわれが人間の心を理解するのに重要な貢献をしている。

[9] Barrington’s study of Mozart and modern research on gulls both illustrate
1. the correlation of parts of the brain.
2. the principle of dissociability.
3. the optimal functions of the brain.
4. the logic of Cuvier’s thinking.

・バーリントンのモーツァルトの研究と現代の研究の両方が示しているのは
1.脳の部分の相関。
2.解離性の原則。
3脳の最適な機能。
4.キュビエの思考のロジック。
解答 [9]2
[9]最終段最終文参照。2つの研究がモジュラリティーの例証であるということは、つまり区分理論 を例証するものである。

■第9段落
9:1 This fundamental principle of dissociability works just as well for the mental complexities of emotions and intelligence as for designs of entire bodies.
9:1 この区分可能性という基本的原理は、感情と知能という精神的な複雑さに対しても、身体全体 の構造に対するのとまったく同様に機能する。

9:2 As he began to (9) (1. compile 2. change 3. contain) the notes that would lead to his evolutionary theory, Charles Darwin recognized that he could not give an evolutionary account of human emotions without the principles of modularity and dissociation.
9:2 チャールズ=ダーウィンはその進化論につながる原稿を編集し始めたときに、モジュラリ ティーと区分の理論なしには人間の感情の進化論的な説明ができないと認識した。
[5] According to this essay, the evolution of the mind is
1. unrelated to physical evolution.
2. beyond the capacity of most species to attain.
3. known as the “principle of simplified modularity.”
4. in principle, similar to physical evolution.

このエッセイによると、心の進化は
1物理的な進化とは無関係
2ほとんどの種の能力を超え.達成します。
3「単純化モジュール方式の原則」として知られている
4物理的な進化と同様の原理
解答 [5]4
[5]第9段第1文参照。区分可能性という原理は精神的な面と身体的な面の両方に関係する、という 点から考える。

■第7段落
7:1 Cuvier used this principle primarily to argue that he could reconstruct entire organisms from fossil fragments, because one bone implied a necessary shape for all others.
7:1 キュヴィエがこの原理を用いたのは、本来、一つの骨は他のすべての骨に必然的な形を含むの であるから、化石の破片から有機体全体を再び組み立てることができると主張するためであっ
た。
7:2 But Cuvier had a Second, even grander motive — the denial of evolution.
7:2 しかし、キュヴィエにはまた別のもっと大きな動機、つまり進化の否定があった。

7:3 How can transmutation (6)(1. disappear 2. occur 3. lessen) if parts cannot alter separately, or at least with some degree of independence?
7:3 もし諸部分が別々に、少なくともある程度の独立性をもって変化できないならば、どのように して変異が起こるのだろうか。
7:4 If each tiny modification requires a redesign of absolutely every other feature, then inertia itself must prevent evolution.
7:4 もしそれぞれの小さな変化にも完全に他のすべての特徴の再設計が必要ならば、慣性そのもの が進化を妨げるに違いない。
7:5 Cuvier continued:
7:5 キュヴィエは続ける。
7:6 Animals have certain fixed and natural characters, which resist the effects of every kind of influence, whether proceeding from natural causes or human interference; and we have not the smallest reason to suspect that time has any more effect upon them than climate.
7:6動物はある固定した生まれつきの特質をもっていて、それらは、自然の原因からであれ、ある
いは人間の干渉からであれ、生じるあらゆる種類の影響に抵抗するのである。そして気候が動物 の特質に影響を与えないのと同様に、時間が影響を与えると考える理由はまったくないのである。

[2] The author of this essay suggests that Cuvier’s principle of the “correlation of parts”
1. means that inertia requires that organisms evolve together with other organisms.
2. is in conflict with the theory of evolution.
3. is, in fact, similar to the principle of “mosaic evolution.”
4. increases the possibility that animals are affected by weather, time, and human influences.

・ このエッセイの著者は示唆している「部分の相関関係」のキュビエの原則とは
1.慣性が生物が他の生物と一緒に進化している必要があることを意味します。
2.進化論と矛盾します。
3.は、実際には、の原則に似ている”モザイク進化。”
4.動物は天候、時間、及び人間の影響によって影響される可能性を増大させます。 解答 [2]2
[2]第7段第2文にthe denial of evolution「進化の否定」とある。

■第3段落
3:1 What especially intrigued Barrington was the nature of genius itself.
3:1特にバリントンの興味をそそったものは、天才そのもののもつ本質であった。
3:2 (3)(1. How it is, he wondered 2. How is it, wondered he 3. How is it, he wondered), that this child could be so exceptional in one particular arena, and so normal a child in apparently every other way?
3:2 この子どもは一つの特定の面では非常に優秀なのに、見たところ他のすべての面ではごく普通
の子どもであるのはどういうことなのだろうかと、彼は疑問に思った。
3:3 Not only did Mozart look like a child, but
3:3 モーツアルトは子どものように見えただけでなく、
3:4 …whilst he was playing to me (Barrington wrote), a favorite cat came in, upon which he immediately left his harpsichord, nor could we bring him back for a considerable time.
3:4 (バリントンはこう書いている)彼が私に演奏をしてくれていると、大好きな猫が入ってきた。
すると彼はすぐにハープシコードを離れてしまい、我々はかなりの間、彼を戻らせることができ
なかった。
3:5 He would also sometimes run about the room with a stick between his legs (playing horse).
3:5 彼はまた、ときどき(馬遊びをして)足の間に棒切れをはさんで部屋を走り回ったりもした。
■第4段落
4:1 When asked to write a song of love, and a song of rage, Mozart astonished Barrington with passion he had trouble attributing to an eight year-old boy, with presumably limited experience of (4)(1. his times 2. any lessons 3. such passions).
4:1愛の歌と怒りの歌を書いてくれるようにと頼まれたとき、モーツアルトは情熱にあふれる歌を
書いてバリントンを驚かせた。それは多分そのような情熱について限られた経験しかもたないで あろう8才の子どもが書いたとは考えにくいものであった。
[1] The principle of dissociation suggests that
1. Mozart’s genius is the source of his ability to express passion in his music.
2. Barrington’s theory is premature and based on too little evidence.
3. intelligence has not evolved beyond the skills still exhibited by severely handicapped people.
4. Mozart’s ability to express the passion of an adult does not interfere with his ability to enjoy child’s play.


分離の原理は、~ことを示唆しています
1.モーツァルトの天才は、彼の音楽に情熱を表現する彼の能力の源だという。
2.バリントンの理論はあまりにも少ない証拠に時期尚早とベースだという。
3.知能はまだ深刻な障害者によって示されたスキルを超えて進化していない。
大人の情熱を表現する4.モーツァルトの能力は、子どもの遊びを楽しむために彼の能力を妨げる ことはない。
解答 [1]4 [1]第3・4段にあるように、モーツァルトには大人の感情(情熱の歌をつくる)と子どもらしさ(馬遊 び)の両方があった。

■第10段落
10:1 The demographic effects of migration are sometimes difficult to evaluate.
10:1移住による人口統計上の影響を評価することは時には難しい。

10:2 The movement of x number of people from Country A to Country B would seem to have the effect of reducing A’s population and increasing B’s by the same amount.
10:2 A国からB国へX人が移動することは、同じ数でA国の人口を減らしB国の人口を増やす結果を
もたらすと思われるだろう。

10:3 But in the long run, this is not necessarily true.
10:3 しかし、長期的にはこれは必ずしも事実ではない。
10:4 Since the migrants typically are young adults, the fertility rate in the sending country may go down, while that in the receiving country may go up.
10:4移住者は一般的に青年層であるので、送り出す国の出生率は下がり、受け入れ側の国の出生率
は上がるだろう。
10:5 On the other hand, emigration may result in a higher birthrate by [17](1. relieving 2. receiving 3. retracting) population pressures that delay marriage and conception.
10:5他方、結婚や妊娠を遅らせている人口による圧迫感が軽減されるので、移出がより高い出生率
という結果をもたらすこともある。
10:6 Immigration may lower the birthrate by speeding industrialization and urbanization, thus promoting the upward social mobility of the established population with a consequent [18](1.
reduction 2. increase 3.balance) in average family size.
10:6移入は、産業化と都市化を速めることで出生率を下げ、定着した人口の社会的移動性が上昇す
るのを促進し、その結果として家族の平均人数の減少をもたらすかもしれない。
[8] As for the effect of migration on population, which of the following is true according to the article?
1. Immigration will cause a gradual increase in the population of the receiving country.
2. The birthrate of the sending country will rise because early marriage and conception are encouraged.
3. The effect of migration on population accurate measurement.
4. Upward social mobility will cause industrialization and urbanization which in turn will delay marriage.

・解答 [8]3
[8]
記事によると、真である以下の人口の移動の影響、についてはどう書かれているか?
1.移民は受け入れ国の人口の緩やかな増加の原因となります。 早婚と構想が奨励されているので、2送信国の出生率が上昇します。 3.人口正確な測定上のマイグレーションが影響する。
4.上向き社会的流動性は、順番に結婚を遅らせます工業化と都市化の原因となります。 第10段第1文にあるように「人口に及ぼす移住の影響を正確に測ることは難しい」

■第6段落
6:1 Although distance is the chief obstacle to migration, a gold rush, a famine, or religious persecution may produce a sudden large movement to a distant and unfamiliar place.
6:1距離は移住に対する主な障害であるといっても、ゴールドラッシュや飢籠や宗教的迫害によっ
て、突然大量に遠く馴染みのない所へ移動することもあるだろう。
6:2 But when the Strong pul or push factor is[11](1. considered 2. removed 3. reinforced), the volume of subsequent migration in the same direction will depend on interregional evaluations by potential migrants, now better informed.
6:2 しかし、強力な「引っぱり要因」または「押し出し要因」が取り除かれれば、続いて同じ方向 へ移住する総数は、移住を考えている人々が今や以前より知識をもって行なう地域間の評価次第
である。

6:3 After the California gold rush of 1848-1852and the depletion of the gold, migration to California continued despite the long journey because the state’s basic natural wealth became known and transportation was improved.

6:31848年から1852年にかけてのカリフォルニア州のゴールドラッシュと金の枯渇の後も、カリフォ ルニア州への移住は長旅にもかかわらず続いたが、それはその州の基本的な天然資源が知られ輸 送機関が改善されたことによるものである。
[5] The volume of migration to anew community will
1. automatically decrease if distance becomes a big obstacle to migration.
2. decrease only if a strong pull factor (such as a gold rush) that once motivated a migration of a large group later becomes unattractive.
3. Vary according to how the migrants evaluate the good points and bad points of moving to the community.
4. continually increase if migrants are better informed about the new community they intend to migrate to.

・新たなコミュニティへの移行は~でしょう
1距離は移行の大きな障害になると自動的に減少します。
2かつて大規模なグループの移行の動機(例えばゴールドラッシュのような)強い引く要因が後 に魅力的でないとなった場合にのみ減少する。 3.移民は良い点と社会への移行の悪い点を評価する方法に応じて変化します。
4。移住者は、彼らがに移行する予定の新しいコミュニティについてのよりよい情報にある場合 は、継続的に増加します。
解答 [5]3
[5]第6段第2文にあるように「移住者の量は移住者の評価次第である」。

■第3段落
3:1 Push factors are more likely to predominate in a less developed country, where families are large and land is scarce.
3:1 あまり発展していない国では、「押し出し要因」の方が顕著になりやすいが、そこでは家族が
多人数で土地が少ないからである。
3:2 People who can find no means of support in rural areas migrate to the cities in desperate search of work.
3:2田舎で扶養手段が見つけられない人々は、仕事を必死に求めて都会へと移り住む。
3:3 In developed countries, where opportunities for better housing and employment are more available and where knowledge of other communities is both more abundant and more exact, push
and pull factors tend to interact[6](1. contradictorily 2. more evenly 3.profoundly).
3:3諸先進国では、良好な住宅状況と雇用に対する機会により恵まれており、他の地域会に関する
知識がより豊富でより正確であるので、「押し出し要因」と「引っぱり要因」がより均等に相互
作用する傾向がある。

3:4 Potential migrants weigh the advantages and disadvantages of the region of origin and of the possible regions of destination.
3:4移住者になり得る人々は、今住んでいる土地および移り住む可能性のある目的地について利点
と不利益な点をよく検討するのである。
[4] As for the relationship between the push factors and pull factors of migration, this article points out that
1. the push and pull factors are essentially different and operate in dependently in motivating a migration.
2. migration tends to be reciprocal when migrants evaluate the pull factors more strongly than the push factors.
3. if a new community provides opportunities for better housing and jobs, the push and pull factors reinforce each other.
4. adequate information about the receiving community is an important factor for the push and pull factors to operate together.

・解答 [4]4
[4]
押す要因との関係のために、移行の要因を引くように、この記事では~を指摘します
1.押す要因と引く要因は、本質的に異なっており、移行をやる気に依存で動作します。
2.移行が移住者が押す要素よりも強く引っ張り係数を評価する際に逆数である傾向があります。
3.新しいコミュニティがより良い住宅や仕事、押すための機会を提供する場合と引く要因が相互に 補強しています。
4。
受信コミュニティについての十分な情報を押すための重要な因子であり、一緒に動作するような 要因を引きます。
第3段第3文参照。

■第10段落
10:1 Scholarly interpretations of festival stress the licensed relaxation of norms and rules, a (19)(1. stipulation 2. negation 3. creation) of the social order that opens doors of risk and confronts destruction and recreation.
10:1祭りに関する学術的な解釈では、規範や規則の例外的に許された緩和、すなわち冒険の機会を
与え破壊と再生とを対立させる社会秩序の否定(という側面)が強調される。
10:2 Closely associated are themes of revitalization, suggesting that the principles of excess, reversal, repetition, juxtaposition and condensation lead participants to experience transformation and regeneration.
10:2密接に結びついていることが再生のテーマであり、過剰、逆転、反復、並列、凝縮の原理は参
加者を変容と再生の体験へと導くことを示唆している。

10:3 This may take many forms: personal affirmation, political action, courtship and marriage, social revitalization, and so on.
10:3 このことは個人的な断言、改治的行動、求愛と結婚、社会復興、等々多くの形をとるであろ
う。
[10] Social revitalization becomes possible when
1. festival permits the social order to be maintained in a harmonious manner.
2. festival permits people to enhance the strength of the group activities.
3. festival permits people to experience transformation through the relaxation of social norms and rules.


[10]社会活性化は~ときに可能になります 1.祭りが調和のとれた方法で維持することで社会秩序を保つ。
2.祭りがグループ活動の強度を高めるため。
3.祭りが社会規範やルールの緩和を通じて変革を人々に体験させる。 解答 [10]3
[10]第10段第1・2文参照。revitalization「再生」

■第9段落
9:1 Almost any theme selected by festival will be repeated in many codes, and most behaviors and
actions can be found (17)(1. in excess 2. in a clear-cut fashion 3. in some special festivals).
9:1祭りに選ばれるほとんどすべてのテーマは、多くの慣例の中で繰り返されるであろう。またほ
とんどの振舞いや所作は過剰に見いだすことができよう。

9:2 Symbolic forms permit the communication of a larger quantity of cultural knowledge because symbols condense messages and carry multiple meanings, offering some ambiguity in meaning.
9:2象徴的な表現形式は、意味の暖昧さを生み出すこともあるが、象徴が伝えたいことを凝縮し多
くの意味を伝えるのでより多量の文化的知識を伝えることを可能にする。

9:3 Among the most dramatic symbols associated with festival are masks and costumes.
9:3祭りと結びついた最も劇的な象徴には、仮面や衣装がある。
9:4 They (18)(1. take off 2. keep out 3. draw upon) both the familiar and the strange but distinctly transform the human inside into a message bearer — carrying information that may be supernatural, exotic, or mysterious in nature.

える。
[9] Masks and costumes are used in festival because they
1. turn the wearer into a symbolic being carrying unusual messages.
2. make mysterious messages understandable to everybody.
3. are bright and colorful and contribute to the festive atmosphere.

・9]マスクと衣装が祭りで使用されているのは、
1.異常なメッセージを運ぶ象徴を着用者に負わせるため。
2.みんなに謎のメッセージが理解しやすくするため。
3.明るくカラフルで、祭りの雰囲気に貢献するため
解答 [9]1
[9]第9段最終文参照。選択肢中のthe wearerとは、仮面や仮装をつけた人のこと。transform A into B≒ turn A into B

■第9段落
9:1 Almost any theme selected by festival will be repeated in many codes, and most behaviors and
actions can be found (17)(1. in excess 2. in a clear-cut fashion 3. in some special festivals).
9:1祭りに選ばれるほとんどすべてのテーマは、多くの慣例の中で繰り返されるであろう。またほ
とんどの振舞いや所作は過剰に見いだすことができよう。
9:2 Symbolic forms permit the communication of a larger quantity of cultural knowledge because symbols condense messages and carry multiple meanings, offering some ambiguity in meaning.
9:2象徴的な表現形式は、意味の暖昧さを生み出すこともあるが、象徴が伝えたいことを凝縮し多
くの意味を伝えるのでより多量の文化的知識を伝えることを可能にする。

9:3 Among the most dramatic symbols associated with festival are masks and costumes.
9:3祭りと結びついた最も劇的な象徴には、仮面や衣装がある。
9:4 They (18)(1. take off 2. keep out 3. draw upon) both the familiar and the strange but distinctly transform the human inside into a message bearer — carrying information that may be supernatural, exotic, or mysterious in nature.
9:4 仮面と衣装は馴染み深いもの、馴染みのないものの両方を利用し、人間の内面をはっきりと
メッセージの伝達人に変える。そして、神秘的・異国的、あるいは自然界の不可思議な情報を伝
える。

[8] The power of symbols to carry a large amount of cultural knowledge is explained in terms of 1. the nature of symbols which permits different ways of interpretation.
2. the potential of symbols to indicate their specific referents.
3. the relationship between the intended meaning and the interpreted meaning.

・[8]文化的知識を大量に搬送するシンボルの力は~の観点から説明されています
1.解釈のさまざまな方法を可能にするシンボルの性質。

2. 特定の対象が示すシンボルの可能性。
3 意図した意味と解釈した意味との関係。
解答 [8]1 [8]第9段第2文参照。referent「(語の)指示物」

■第4段落
4:1 Two symbolic processes contribute heavily to the festival mystique: the manipulation of temporal reality and transformation.
4:1 象徴を用いるこつの進行過程が祭りの神秘的な雰囲気に大きく寄与している。それは、「時」
に関する現実と変容の巧みな扱い方である。
4:2 The temporal reality of festival incorporates time in at least two dimensions.
4:2 祭りの中での「時」に関する現実は、「時」を少なくとも二つの面で組み入れている。
4:3 In the first, the principles of periodicity and rhythm define the experience.
4:3 まず第一に、周期性とリズムの原則がこの(祭りという)体験を限定する(という面があ
る)。
4:4 Not surprisingly, this cyclic pattern is associated with the cycles of the moon in cultures (8)(1. in which 2. of which 3. by which) the lunar calendar is or has been used in recent history.
4:4 驚くまでもなくこの周期的パターンは、(その文化の中で)太陰暦の使われている、もしくは
最近まで使われていた文明においては月の周期と結びついている。
4:5 With the passage of time festival occurs again and again, marking the cycles of the moon, the annual repetition of the seasons, and the movements of the planets governing the solar calendar. 4:5時の経過とともに祭りは繰り返され、月の周期、年々の季節の繰り返し、太陽暦を支配する天
体の動きなどがしるしづけられる。
4:6 Festival occurs calendrically, either on a certain date each month or on a specific date or periodic time each year.
4:6毎月のある特定の日、一年の中の特別の日や定期的な時期といったように、祭りは暦に従って
行われる。
4:7 The cycles of time are the justification for festival, independent of any human agent.
4:7時の周期が祭りを行う根拠であり、人間の主体的な行動とは無関係である。

4:8 Unlike rites of passage, which move individuals through time, festival yokes the social group to this cyclic force, (9)(1. breaking 2. establishing 3. changing) contact with the cosmos and the eternal process of time.
4:8時の流れの中で個々人の位置を移動させる通過儀礼とは異なり、祭りは、社会集団をこの周期
的なカに結びつけ、宇宙や「時の永遠の経過」との接点をつくりだすのである。
[3] With respect to the process of time, how does the article describe festival?
1. The date on which festival occurs is adjustable according to the social climate.
2. Humans can justify the cycles of time on the basis of the solar calendar when festival takes place.
3. The cyclic pattern of the passage of time is the primary factor that determines when festival occurs.


]時間のプロセスに関しては、記事ではどのように祭りを説明していますか?
1祭りが発生した日は、社会環境に応じて調整可能です。
2祭りが行われるとき人は太陽暦に基づいて時間のサイクルを正ft化することができます。
3時間の経過の周期的なパターンは、祭りが発生したときに決定する主な要因です。
解答 [3]3

[3]第4段第6・7文参照。with respect to~「~については、~に関して」adjustable「調整(調節、順 応)できる」

■第7段落
7:1 It seems reasonable to continue to assume that leaders play a major part in determining political actions though it is also reasonable to believe that this part is larger in some circumstances than in others and especially (19)(1. large 2. small 3. negligible) at times of crisis or when a new country is created.
7:1確かにリーダーたちの果たす役割は状況によって大小があり、国が危機に瀕したときや新しい
国が創り出されようとするときに特に大きいと考えるのも妥当なことであるが、政治的行動を決 定するときリーダーは重要な役割を果たしていると考え続けることは理にかなったことのように思 われる。
7:2 This is probably why the strongest form of leadership, described as “charismatic,” often (2)(1. failed 2. prevailed 3. disappeared) during the post second-world-war period, when dozens of states became independent and many others underwent revolutions.
7:2 これが恐らく何十もの国が独立し、また多数の国で革命が起こった第二次世界大戦後の時期 に、「カリスマ的」と描写されるような最も強力なリーダーシップの形が支配的になった理由で あろう。

[10] The strongest form of leadership emerged following World War II because
1. of the occurrence of revolutions and the emergence of new nations.
2. rebuilding a nation after a war demands powerful leadership.
3. charismatic leaders are born in wartime and flower in peace.

・ 10]リーダーシップの最強の形は、次の第二次世界大戦が浮上している、なぜなら
1 革命が発生し、新国家の出現したから。
2 戦争は、強力なリーダーシップを要求した後、国家を再建したから。
3 カリスマ的指導者が戦時に生まれ、平和の花となったから
解答 [10]1
[10]第7段最終文、特にwhen以下を参照。

■第6段落
6:1 So far there has been no definite answer to the question and none is likely to be given in the near future.
6:1 これまでのところ、この問題に対する確固たる解答はないし、近い将来においても解答は出て
きそうにない。
6:2 Attempts to compare different situations and assess how much of the variations could be attributed to leaders have occasionally been made.
6:2 さまざまな状況を比較し、リーダーにはどの程度のバリエーションがあり得るか査定しようと する試みもなされてきた。
6:3 Even if the efforts are not wholly convincing they (16)(1. take 2. rest 3.make) the case of those who suggest that leaders merely reflect their environment more difficult to sustain: it goes against common sense; it goes against the way people have always behaved, not least those who have (17)(1. processed 2. possessed 3. professed) that the environment was all powerful.
6:3 その努力は完全に説得力あるものとは言えないかもしれないが、リーダーは単に環境を映し出 しているに過ぎないと示唆した人々の主張が支持しがたいものであることを明らかにしている。 これは常識には反している。人々のそれまでの行動の仕方、特に環境が最も強力であると明言し てきた人々のものに反するものである。

6:4 It is the political regimes that are most closely built on this philosophy, the communist systems, that produce the politicians who place most emphasis on leadership as though the socioeconomic forces needed Lenin, Mao, Tito and others to (18)(1. materialize 2. destroy .
neutralize) themselves in the reality of political life.
6:4 このような考え方に最大限即してうちたてられた政治体制、すなわち共産主義体制こそが、指 導力に最も重きを置く政治家たちを生み出したのである。それはあたかも社会経済的勢力が現実 政治の中で自らを形にするためにレーニン、毛沢東、チトーその他の人物を必要としていたかの
ようだった。

[8] In the debate about how leaders and the environment affect history, which position does the author probably take?
1. Leaders are mere symbols reflecting social and economic trends.
2. Social and economic trends are created by leaders.
3. Leaders serve to allow socio economic forces to develop into reality of political life.

・[8]の指導者と環境の歴史にどのように影響するかについての議論では、著者は、おそらくどの位 置を取るのでしょうか?
1.リーダーは、社会的、経済動向を反映し、単なる記号です。
2.社会・経済動向は、指導者によって作成されます。
3.リーダーは社会経済的な力が政治生活の現実へと発展することを可能にするのに役立ちます。
解答 [8]3
[8]第6段最終文参照。It is … that produce…は強調構文。that are most…のthatは関係代名詞で、the political regimes(「政治体制」)が先行詞。socio-economic「社会経済的な」

■第4段落
4:1 There is, however, a second and even more fundamental way in which the environment appears to condition or even mould leadership : the circumstances are not equally advantageous to all those who hold top positions.
4:1 だが、環境がリーダーシップ発揮の条件づけをしたり、さらにはリーダーシップを形成しさえ する、もう一つ別の根本的とさえ言える面がある。それは、その時その時の状況は頂点の位置を 占めている者すべてにとって同じように都合がいいわけではない、という一面である。
4:2 Of course, a “real” leader is the one who can (10)(1. lose 2. hold 3. seize) the opportunities and (11)(1. exploit 2. explain 3. extort) them to the full; but the opportunities may be rare.
4:2 もちろん、「真の」リーダーは、機会をすばやくつかみ、その機会を十分に利用することので きる人である。しかし、そんな機会はまれである。
4:3 Some leaders may benefit from the disunion of their enemies at home and abroad; others may benefit from the fact that external circumstances are favorable.
4:3国内外の敵の内輪もめによって利を得るリーダーもいるだろうし、外国の情勢が有利に働くと
いう事実から利を得るリーダーもいるであろう。

4:4 Indeed, it is in the context of foreign affairs that the characteristics of leadership have tended to (12)(1. indulge 2. submerge 3. emerge) most strongly, in part because foreign affairs have always been more glamorous than internal policy making and in part because, the stakes being much higher, up to and including the destruction of the country, the successes can be immense.
4:4 たしかに、リーダーシップの特質が最も強く現れる傾向にあるのは、外交関係においてであ
る。それは、一つには外交は常に内政での政策立案よりも魅力に満ちたものであるからだし、ま た一つには、国の崩壊には至らないまでもそれを含め賭けられたものが(内政に比べて)ずっと 大きく、成功すればその成功ははかりしれないものとなり得るからである。
4:5 Machiavelli knew this well: most of his 1ecommendations to the Prince were connected to the aim of establishing leadership through prestigious victories against (13)(1. domestic 2. foreign 3. native) enemies.

4:5 マキアベリはこのことをよく知っていた。王子に対する彼の勧告のほとんどは、国外の敵に対
して名声ある勝利を収めることによりリーダーシップを確立するという目的に結びついていた。
4:6 Closer to our own day, one wonders how Winston Churchill would have fared — indeed whether he would still play a part in the history books, despite having been minister several times
— had he not “met with destiny” in 1940; the same might be said of Charles de Gaulle, as a result of the brutal French defeat of the same year.
4:6 今日に近い時代に目を移すと、ウインストン=チャーチルは、もしも1940年に「運命に出会
う」ことがなかったら、どれほどうまくやったか―確かに何度か首相を務めはしたが、歴史書に おいて今でもひと役つとめていたかどうか―は疑問である。同じ年のフランスの敗北という厳し い現実の結果として、同じことがシャルル=ド=ゴールについても言えるのではなかろうか。

[5] In comparing the British and Italian governments which aspect of the institutional framework that fashions leadership does the article mention as important?
1. The relationship of the political parties to one another.
2. The role of the prime minister in the government.
3. The size and wealth of the countries.

・[5] 英国とイタリアの政府を比較すると、政府のどの側面が重要なのか
1.互いに政党の関係。
2.政府首相の役割。
3.国の大きさと富 解答 [5]1
[5]第3段の最終文中に述べられている。whose many componentsとは、連立政府を構成するもの、す なわち「多くの政党」のことである。institutional framework「制度上の体制、構成」in this respect
「この点で」head「首班となる」coalition「連立」

■第1段落
1:1 Leadership has been defined as the power of one or a few individuals to induce a group to adopt a particular line of policy.
1:1 リーダーシップとは、一つの集団に、ある特定の政策や行為に関する方針をとらせる個人また は数人の力量であると定義されている。
1:2 Leadership has always fascinated the general public (1)(1. as well as 2. as told to 3.as understood by) observers of political life because of the element of “miracle” which seems embedded in the phenomenon.
1:2 リーダーシップが発揮されている場合、その現象の中にあると思われる「奇蹟」という要素の ために、政治の世界に携わる人はもちろんのこと、一般大衆をも常に魅了してきた。
1:3 It appears to belong to the realm of the divine, of the (2)(1. secular 2. mundane 3. sacred) as it creates a bond between rulers and ruled which defies ordinary explanations.
1:3 リーダーシップは、支配者と被支配者の間に普通の説明では説明しきれないきずなを創り出す がゆえに、人間を超越した人々の領域、すなわち神聖な人々の領域に属しているもののように思
われる。

1:4 Not surprisingly, therefore, leadership has (3)(1. proved 2. found 3. judged) difficult to measure and to assess; works on the subject have tended to be descriptions of the deeds of heroes rather than careful analyses of the subject.
1:4 したがって、リーダーシップを判定し、評価することは困難であるとわかっても驚くことはな い。このテーマに関する数々の研究は、従来、対象の注意深い分析というよりも英雄たちの行っ た行為の記述になるという傾向があった。
[1] According to this article, why does there seem to be an element of “miracle” embedded in the phenomenon of leadership?

1. Leadership has always fascinated the general public.
2. Leaders are often charismatic people.
3. The bond between leaders and followers seems to be of divine origin.
・ [1]この記事によると、なぜリーダーシップの現象に埋め込まれた「奇跡」の要素があるように見 えるのでしょうか?
1.リーダーシップは常に一般の人を魅了しているから。
2.リーダーはしばしばカリスマ人々だから。
3.リーダーとフォロワーとの間の結合は、神の起源であるように思われるから。
解答 [1]3
[1]第1段第3文、特にas以下を参照。realm「領域、分野」defy「(法律・権威などを)無視する、
拒む、受けつけない」

■第11段落
11:1 Gadamer’s approach accepts the inevitability of the hermeneutic circle.
11:1 ガダマーの取り組み法は「解釈学的循環」の必然性を受け入れる。
11:2 The meaning of an individual text is contextual, depending on the moment of interpretation and the horizon brought to it by the (18)(1. text 2. interpreter 3. fallacy).
11:2個々の原典の意味は文脈におけるものであり、解釈される時期や、解釈者がもたらす視野に依
存している。
11:3 But that horizon is itself the product of a history of interactions in language, interactions which themselves represent texts that had to be understood in the light of preunderstanding.
11:3 しかし、そのような視野はそれ自体、言語における相互作用の歴史の産物であり、その相互 作用は、それ自体、先入観に照らして理解されなければならない原典を表すのである。
11:4 What we understand is based on what we already know, and what we already know comes from being able to (19)(1. decontextualize 2. understand 3. forget).
11:4我々が理解するものは、我々がすでに知っているものに基づいており、我々がすでに知ってい
るものは理解できるということから生じるのである。

[9] What is the hermeneutic circle?
1. It refers to the dependence of one individual text on another.
2. Our understanding is based on knowledge, which is in turn based on understanding.
3. It refers to a group of scholars who concentrates on human understanding and knowledge.


9]解釈学的円とは何ですか?
1.別の上の1つの個々の原典の依存性。
2.私たちの理解は、理解に基づく知識である。
3.人間の理解や知識に集中学者の基。 解答 [9]2
[9]第11段最終文にあるように、我々の理解は知識に基づき、知識はまた理解に基づくことを言っ ている。

■第10段落
10:1 We can become aware of some of our prejudices, and in that way emancipate ourselves from some of the limits they place on our thinking.
10:1我々は自らの先入観のいくらかは認識できるようになり、そのようにして、先入観が我々の思
考に課す制限のいくらかから自分自身を解放できるのである。

10:2 But we commit a fallacy in believing we can ever be (17) (1. full 2. free 3. composed) of all prejudice.
10:2 しかし、我々はすべての先入観から、解放されうると信じることにおいて、間違いを犯して
いる。
10:3 Instead of striving for a means of getting away from our own preunderstanding, a theory of interpretation should aim at revealing the ways in which that preunderstanding interacts with the text.
10:3解釈の理論は、我々自身の先入観から逃れる手段を求めようとするのではなく、先入観が原典
と相互作用する様を明らかにすることを目指すべきである。

[8] Which of the following restates a point that Gadamer makes?
1. We can free ourselves from prejudices and fallacies by taking the objectivist view of hermeneutics.
2. We should realize that we can free ourselves of our prejudices.
3. We should realize how prejudices interact with the text.

・次のうちどれがガダマーの論に合致するか?
1.私たちは、解釈学の客観ビューを取ることによって、偏見と誤謬から自分を解放することができ る。
2.我々は、偏見の自分自身を解放することができることを認識すべきだ。
3.私たちは、先入観が原典と対話する方法を理解する必要がある。 解答 [8]3
[8]第10段最終文にあるように、我々は先入観が原典とどのように相互作用しているかを明らかに することを目指すべきである。

■第7段落
7:1 In fact history does not belong to us, but we belong to it.
7:1実際のところ、歴史が我々に属しているのではなく、我々が歴史に属しているのである。
7:2 Long before we understand ourselves through the process of self-examination, we understand ourselves in a self-evident way in the family, society, and (10)(1. history 2. state 3. psychology) in which we live.
7:2我々は自省の過程を通して自分自身を理解するよりもかなり前に、自分が生きている家庭、社
会、国家の中で自明の方法で自分自身を理解している。

7:3 The focus of subjectivity is a distorting mirror.
7:3主観性の焦点は歪んだ鏡である。
7:4 The self-awareness of the individual is only a flickering in the closed circuits of historical life.
7:4個人の自己認識は、歴史的生活の閉回路における単なる明滅する光にすぎない。
7:5 That is why the prejudices of the individual, far (11)(1. more 2. less 3. later) than his judgments, constitute the historical reality of his being.
7:5 それ故に、個人の先入観はその判断以上に個人の存在の歴史的現実を構成するのである。
7:6 Gadamer, Truth and Method (1975), p. 245.
7:6 ガダマー「真理と方法」(1975年) p.245
[6] Gadamer insists that we are social creatures because
1. we mainly understand ourselves through self-examination.
2. our self-awareness is not based on the historical reality of our being.
3. our self-awareness is based on social environments.

・ ガダマーは、我々は社会的な生き物であることを主張している、なぜなら 1.私たちは、主に自己検査を通じて自分自身を理解しているから。
2.私たちの自己認識は、私たちの存在の歴史的現実に基づいていないから。

3.私たちの自己認識は、社会環境に基づいているから 解答 [6]3
[6]第7段のガダマーの論文の第2文にあるように、我々は家庭、社会、国家等の社会的環境の中で 自分を理解する。

■第4段落
4:1 For the objectivist school of hermeneutics, the text must have a meaning that exists independently of the act of interpretation.
4:1解釈学の客観主義学派にとっては、原典は解釈行為から独立して存在する意味をもたなければ
ならないのである。

4:2 Their goal of a hermeneutic theory is to develop methods by which we rid ourselves of all prejudices and produce an objective analysis of what is really there.
4:2彼らの解釈学理論の目標は、すべての先入観を取り除き、本当にそこに存在するものを客観的
に分析して提示する方法を生み出すことである。
4:3 The ideal is to completely (6)(1. contextualize 2. decorate 3. decontextualize) the text.
4:3理想は原典を完全に脱状況化することである。
[4] The objectivist school of hermeneutics
1. accepts a relativistic appeal to individual reactions in favor of realities.
2. is not interested in interactions between the text and interpretation.
3. rejects the idea that the meaning of a text derives from interpretation.


解釈学の客観学では
1.現実よりの個々の反応に相対論的なアピールを受け付ける。
2.テキストと解釈の間の相互作用に興味を持っていない。
3.テキストの意味を解釈から派生という考えを拒否する。
解答 [4]3 [4]第4段第1文参照。

■第3段落
3:1 Within hermeneutics there has been an ongoing debate between those who place the meaning (5)(1. within 2. outside 3. of) the text and those who see meaning as grounded in a process of understanding in which the text, its production, and its interpretation all play a vital part.
3:1解釈学の内部では意味を原典の内部に置く者と意味を理解の過程に基づくものとし、その過程
において原典、その提示、その解釈がすべて重要な役割を果たしていると見る者との間で、論議が 交わされてきている。
[3] People who disagree with the notion that the meaning is in the text would claim that
1. meaning does not exist apart from interpretation.
2. all careful readers should arrive at the same meaning of a text.
3. those who see meaning as grounded in a process of understanding are wrong.


意味が原文にあるという考えに反対する人々は~と主張する
1.意味が解釈から離れて存在していない。
2.すべての注意深い読者は、テキストのと同じ意味に到着する必要がある。
3.理解の過程で接地の意味を見る人は間違っている 解答 [3]1

[3]第3段にあるように、意味は原典の中にあるという考えの人に対して、意味は解釈を離れては存 在しないと主張する人もいる。
■第10段落
10:1 Moreover, emotional appeals have been found to be quite effective, especially when they are incorporated with factual information.
10:1 さらに、感情的な訴えが非常に効果的であるとわかっているのは、特に事実に基づく情報と
合わさった時にである。

10:2 For example, the American Lung Association’s antismoking campaign and the driver education programs in high schools that show horrible traffic accidents both share a common element of fear with the (13)(1. intention 2. pretension3. contention) to persuade.
10:2例えば、American Lung Associationの禁煙運動と、高校における運転教育プログラムで恐ろし
い交通事故を見せることは、説得の意図に加えて、恐怖という共通の要素を共有しているのである。

10:3 Research suggests that fearful and emotional appeals that are successful in producing greater fear will, in fact, strengthen the message’s effectiveness.
10:3調査によれば、より大きな恐怖を生み出すことに成功するような、恐怖に満ちた感情的な訴え
は、実際メッセージの効果を強めるのである。
10:4 The degree of fear appeals in a message and the amount of fear (14)(1. established 2. erased
3. evoked) in an audience are prime determinants of successful persuasion.
10:4 あるメッセージにおける恐怖に満ちた訴えの程度と、聴衆の中に引き起こされる恐怖の量に よって、説得が成功したかどうかが一番に決まるのである。
10:5 However, if a message contains an extremely high degree of fear it may persuade an audience but it might also (15)(1. attract 2. detract from 3. diversify) the message content, producing an opposite effect.
10:5 しかしながら、メッセージが極端に強度な恐怖を含む場合は、その恐怖は聴衆を説得するか
もしれないが、同時にメッセージの内容を損ない、逆効果を生み出すかもしれない。
[6] Messages containing fearful or emotional appeals tend to be more persuasive when they
1. contain factual information.
2. are addressed to well-educated people.
3. are addressed to highly motivated audiences.


恐ろしいまたは感情的な訴えを含むメッセージは、~な時、より説得力になる傾向がある
1.事実情報が含まれている。
2.高学歴の人に送信される。
3.意欲観客に送信される。 解答 [6]1
[6]第10段第1文にあるように感情的な訴えは、事実に基づく情報を含むとき、より効果的になる。

■第20段落
20:1 Second, many persons became fascinated with the possibility of bureaucratic organization, by contrast with which the hit-and-miss of capitalist entrepreneurs seemed outmoded and inefficient. 20:1 第二に、多くの人が官僚的機構の将来性に魅力を感じた。それと比較して資本主義の企業家
の行きあたりばったりのやり方は旧式で無能のように見えた。
20:2 Third, moral admiration was directed away from the person who mastered his passions and
(20) (1. committed 2. submitted 3. emitted) to authority and toward the one who struggled against authority.

20:2第三に、道徳的尊敬の念は、情欲を抑制し権威に服従した人には向けられなくなり、権威と 闘った人に向けられるようになった。
20:3 Fourth, many things previously attributed to the “original sin” of human nature came to be attributed to the irrational fries of social structure.
20:3 第四に、以前は人間性の「原罪」に原因ありとされた多くのことが社会構造の不合理さに原
因するとされるようになった。
20:4 And finally, these enlightened ideas, although they had earlier been associated with despotism, gained democratic favor from their sponsorship by the French revolutionaries.
20:4 そして最後に、これらの啓蒙思想は、初期には専制政治と結び付いたこともあったけれど も、フランスの革命家たちによって後援され民主的な支持を得た。
20:5 All these considerations facilitated the advance of modern liberalism.
20:5 これらすべての考えが近代自由主義の進歩を促進したのである。

[10] According to the author, “many things previously attributed to the ‘original sin’ of human nature came to be attributed to the irrationalities of social structure.” What is the implication of this statement in relation to the new liberalism?
1. New Liberalism fought against privileges of the church, which advocated the “original sin” of human nature. This change helped the modern liberal denounce the church.
2. New Liberalism focused on eliminating wrong social structures instead of blaming individuals for their imperfection.
3. This ideological shift supported “enlightened” ideas, because despotism helped gain democratic favor.


著者によれば、「多くのことは以前に人間の本性の「原罪」に起因するには社会構造に不合理で
あると述べているが、この文における「新自由主義との関係」とは何か。
1 新自由主義は、人間の本性の「原罪」を提唱し、教会の権限と争った。この変更は、現代の
リベラルな非難の教会をほう助した。
2 新自由主義は間違った社会構造を排除する代わりに、自分の不完全さのために個人を非難す るに焦点をftてた。
3 専制政治は民主支持を得たので、このイデオロギーのシフトは、「啓発」の考えを支持し
た。
解答 [10]2
[10]第20段参照。Fourthで始まる文の内容と一致。advocate「唱導する、擁護する」

■第19段落
19:1 Many later intellectual developments have given impetus to the new liberalism.
19:1 その後の知的進歩の数多くが新自由主義を促進した。
19:2 First, toward the end of the 19th century, a compassionate sensibility developed among Europeans.
19:2 まず、19世紀末になって、ヨーロッパ人の中に同情的な感覚が発達した。
19:3 The old political concern with justice was jostled by a new concern with happiness, and political discussion concerned itself with classes of persons who were thought to have been deprived of happiness by the arrangements of society: slaves, prisoners, women, the poor, prostitutes, racial minorities, and so on.
19:3 昔の正義にかかわる政治的関心は、幸福にかかわる新しい関心によって押しのけられ、政治
的討論は社会構造の仕組みによって幸福を奪われたと考えられる階級の人たちにかかわった。奴 隷、囚人、女性、貧乏人、売春婦、少数民族などである。

19:4 (19)(1. Preoccupation with 2. Strength in 3. Ignorance of) such concerns led many persons in the 19th century from liberalism to socialism, which, in some forms, is a modified version of modern liberalism.
19:4 そのような関心事に夢中になっているうちに多くの人たちが19世紀になって自由主義から社 会主義に移った。社会主義はいくつかの点で近代自由主義が修正された解釈と言える。

[9] Why does the author consider socialism to be a type of modern liberalism?
1. Because both Classical Liberalism and Modern Liberalism succeeded in eliminating the king as the absolute power of the State.
2. Because New Liberalism was friendly to any state power fighting against feudal and entrenched interests.
3. Because New Liberalism, with its concern with happiness, was influenced by the concern with “deprived” people.

・ [9]なぜ著者は、現代の自由主義の型に社会主義を検討したのか?
1.古典的自由主義と現代リベラリズムの両方が国家の絶対的な力として王を排除することに成功
したので
2.新自由主義は封建的と強固な利益に対するあらゆる国家権力の戦いに友好的だったので
3.幸福と関係のある新自由主義は、「奪われた」人々に関する影響も受けていたので 解答
[9]3
[9]第19段最終文と3が一致。

■第7段落
7:1 By the 18th century the social contract theory of government had displaced its main rival, the divine right of king’s doctrine, which asserted that rulers exercised authority by gift from God.
7:1 18世紀までには、政府に関する社会契約説はその大きな競争相手にとって代わった。競争相手
とは、支配者は神から与えられた力によって権力を行使するのだと主張する王権神授説であった。

7:2 The popular version of the social contract envisaged a contract between rulers and ruled and granted the people the right to displace rulers thought to have (8) (1 .renewed 2. admired 3.broken) the contract.
7:2 社会契約説の一般的な解釈では、支配するものとされる者の間に一つの契約を心に描き、その
契約を破ったと考えられる支配者を解任する権利を人民に与えていた。
7:3 The metaphor of a contract requires an impartial party to judge whether the contract has been broken, and in politics no such party exists.
7:3契約の隠ゆは契約が破られたかどうかを判定する公平な関与者を必要とするが、政治において
はそのようなものは存在しない。
7:4 The more carefully considered versions of the theory — those of Hobbes, Locke, and Spinoza
— all take this difficulty into account.
7:4 さらに注意深く考えられたこの説の解釈は、ホップズ、ロック、スピノザなどの解釈である が、すべてこの困難さを考慮に入れている。
7:5 Later liberal writers have tended to dispense with the metaphor of a contract.
7:5後世になって自由主義作家は契約説のこの隠ゆを忘れる傾向にある。
[4] Why does the author say that the metaphor “contract” is imperfect?
1. Because Hobbes, Locke and Spinoza found out that rulers often broke the contract.
2. Because the contract must be written with authority from God.
3. Because the word “contract” presupposes the existence of a party with fair judgement.

・ なぜ著者は「契約」の暗喩が不完全だと述べるのか
1 ホッブズ、ロックとスピノザは、支配者は、多くの場合、契約を破ったことが分かったため
2 契約は、神から権威をもって書かれなければならないので。
3 契約とは、公正な判断と党の存在を前提としているので
解答 [4]3
[4]presuppose「前もって仮定する」3が第7段の内容に一致。

■第5段落
5:1 Wherever and whenever it has become current, “liberal” has acquired local (5) (1. overtones 2. syndicates 3. predominance).
5:1 いつでも、どこでも時の流れに乗ると、「リベラル」はその土地の思想や言葉としての含みを
持つようになる。
5:2 In France it has been associated with anticlericalism, because the Roman Catholic Church was viewed as the embodiment of feudalism.
5:2 フランスでは、リベラルは教権反対主義と結び付いた。ローマカトリック教会が封建主義の権
化であると考えられたからである。
5:3 In Germany liberals have always supported party politics against the old Prussian tradition of absolute government.
5:3 ドイツでは自由主義者は常に昔のプロイセンの専制独裁主義の伝統に反対する党の政策を支持
してきた。

5:4 In Russia and Spain the liberals traditionally have supported a policy of political democracy and industrial modernization, in contrast with those who believed that such innovations would (6) (1. destroy 2. upgrade 3. restore) the unique moral qualities of Russian or Spanish life.
5:4 ロシアやスペインでは、自由主義者は伝統的に民主的政策と産業の近代化という方針を支持し
てきた。それは、そのような改革はロシア人やスペイン人の生活に特有の道徳的特質を破壊する であろうと信じていた人たちとは対照的であった。
[3] Which of the following statements is supported by the essay?
1. The Devil has been called the first liberal because he did not believe in the Whigs intervention in personal life.
2. The social contract theory claims that once people are free and rational, they can always have political authority.
3. The enemy of liberalism was feudalism in France but a fear of the loss of the moral system in Spain.


次のうちどれが文章と合致しているか。
1 悪魔は最初のリベラルと呼ばれている、なぜなら彼は個人的生活の中でホイッグ党の介入を
信じていなかったからだ
2 社会契約論は、人々が自由で合理的なされたら、彼らは常に政治的な権限を持つことができ
ると主張している
3 自由主義の敵は、フランスでの封建制度だったが、スペインの道徳的なシステムの損失の恐
れもあった
解答 [3]3 [3]第5段に3が一致する。

■第2段落
2:1 One way to grasp the idea central to liberalism is to consider what liberalism is (2) (1. not 2. claiming 3. revealing).
2:1 自由主義の中心的考えを理解する一つの方法は、何が自由主義でないかを考えることである。
2:2 From a liberal point of view, the slave and the serf are the most miserable of men — the slave because he is at the mercy of arbitrary despotism, and the serf because his life is repressively regulated by customary rules and duties.

2:2 自由という見地からすれば、奴隷と農奴が最もみじめな人たちである。奴隷は独断的な専制政 治のなすがままになり、農奴の生活は慣習的なきまりと義務によって抑圧的に制限されているから である。
2:3 Neither can exercise his rational will.
2:3 奴隷も農奴も自分の理性的意志を行使することができない。
2:4 Despotism and feudalism are the twin enemies of liberalism.
2:4 専制政治と封建制度は自由主義のふた子の敵である。

[1] How does the author describe the slave and the serf in relation to the concept of liberalism?
1. The slave and the serf are the twin enemies of liberalism.
2. The slave and the serf paradoxically illustrate what liberalism is.
3. The tyrant often shows the slave and the serf a little mercy.


著者はどのように奴隷と自由主義の概念に関して農奴をせつめいしているか?
1奴隷と農奴は、自由主義の双子の敵がある。
2奴隷と農奴は逆説的に何であるか自由主義を示している。
3暴君は、多くの場合、スレーブと農奴少し慈悲を示している
解答 [1]2
[1]第2段参照。paradoxically「逆説的に(だが)」「何が自由でないかを考える」のは逆説的。最
終文に同じ表現がある。

■第5段落
5:1 Second, communication permits animals to identify one another.
5:1第二に、コミュニケーションによって動物はお互いに相手を特定できるようになる。
5:2 Individuals can thus select information of importance to them — usually from members of their own species and often particular individuals.
5:2 そうして、自分の仲間の種や特定の個体から発せられる重要な情報を選択できるようになる。
5:3 Special cases exist, however; members of different species that normally coexist in the same environment may attend each other’s signal.
5:3 しかし、次のような特殊な場合もある。通常同一の環境に共存する異なる種のものがお互いの
合図の場に居合わせる場合である。
5:4 Thus, the maximum alarm communicated by one songbird when it discovers a falcon or hawk in its environment is attended by all other songbirds species in the area.
5:4 そのような場合、ハヤブサもしくはタカを周囲に発見した鳴き鳥によって発せられる最大限の
警報は、その地域のすべての鳴き鳥の耳に入る。
5:5 In addition, by facilitating identification, communication acts at a premating level to help maintain reproductive isolation among species.
5:5 加えて、特定化を容易にすることにより、コミュニケーションは各種の間で孤立した生殖を維
持するために交尾前に作用する。

[6] According to the article, which of the following statements is true?
1. Vocalization of songbirds of a certain species is never attended by members of different species.
2. Vocalization of a songbird always indicates that the communicator is about to flee from its predator.
3. Vocalization helps species to isolate themselves from other species for the purpose of reproduction.

・解答 [6]3
文章によると、どの選択肢が正しいか。
1 ある種の鳥の鳴き声は、違う種の鳥は理解できない

2 コミュニケーションの発信者の小鳥の声は、捕食者から逃げようとしていることを示してい

3 鳴き声は、生殖の目的において他の種から孤立するための手助けとなる。
[6] 第3段参照。1.attend「(結果として~に)伴う」はしばしば受身で用いて前置詞はwith、by。
2.always indicates that the communicator is about to flee~が、第3段には、indicating the high probability
とある。3.第5段最終文と一致。

3:1 Because the complexity of social interactions makes experimental manipulation difficult, human understanding of the signalling in the social life of animals remains largely based upon inference.
3:1社会的相互作用の複雑さが実験のための細工を困難にしているために、動物の社会生活におけ
る合図に関する人間の理解は依然としてほとんど推論の域にとどまっている。
3:2 It is difficult to repeat an example many times with rigid control of all (5)(1. variations 2. variables 3. functions) except the one being investigated, and attempts to structure the testing situation to simplify the form of interaction often obviate the interaction.

と相互作用が除去されてしまうということもしばしばある。
3:3 Displays are universal among animals of any degree of structural complexity, however, so that they would not have been evolved and retained if they lacked important function.
3:3 しかし、構造的にある程度複雑ないかなる動物の間にも、誇示は普通的に見られる。したがっ
て、誇示が重要な機能に欠けるならば、進化し保持されるようなことはなかったであろう。
3:4 But the function of a display is likely to differ, depending upon the individuals involved.
3:4 しかし、誇示の機能は関係する個体によって違いがあるらしい。
3:5 A small bird seeing an approaching hawk, for example, may utter a vocal display indicating the high probability that it (the communicator) is, or soon will be, engaged in an attempt to escape.
3:5例えば、タカが近づいてくるのを見たある小鳥は、自分(コミュニケーションの発信者)は逃
げる、あるいは間もなく逃げようとしているという高い可能性を示すような、声による誇示行動を するかもしれない。
3:6 Other small birds, upon hearing the vocalization, may seek cover immediately.
3:6 その発声を聞いた他の小鳥たちは、ただちに隠れ場所を探すであろう。
3:7 Hence, the function of the vocalization is to give them a better opportunity to remain alive and not to increase the immediate chances of survival of the communicator — indeed, its chances for survival may slightly decrease.
3:7 というわけで発声の機能は彼らに生き延びる機会を与えるものであり、コミュニケーションの 発信者が生き延びる機会を増すためのものではない。それどころか生き延びる機会は少し減るで あろう。

3:8 The display functions for the communicator (6)(1. in that 2. for which 3. for whom) it protects individuals whose continued existence provides a benefit to him greater than the cost of using the display.
3:8この場合の誇示行動は、それによって払う犠牲よりもそれによって救われ生き延びる小鳥たち を守り、その方が発信者にとって益が大であるという点において、発信者に対して機能を果たす
ということになる。
3:9 These individuals may be his offspring or associates whose similar responses to the environment will provide him future protection and, through their alertness in the future, make it possible for him to spend less time (7) ( 1. glancing 2. looking 3. scanning) his surroundings for predators.
3:9 この救われた小鳥たちは、発信者の子どもか仲間であるかもしれない。彼らが環境に対して示 す同じような反応が、将来自分を守ることになろう。そして、将来警報を発することによって、

彼らの周囲に捕食者がいないかどうか入念に調べるのに長い時間をかけないで済むようにしてく れるであろう。
[3] The study of nonhuman communication has neglected social aspects of animal interaction because
1. social interactions are so complex that it is difficult for researchers to conduct an experiment in scientifically rigorous manner.
2. social interactions are universal among animals of any degree of structural complexity.
3. it is difficult for researchers to design an experiment in such a way that it reveals the universal nature of interaction.

・解答 [3]1
ヒト以外での意思疎通の研究は、動物の相互作用のための社会的側面を無視している、なぜなら

1 社会的相互作用は、研究者が科学的に厳密な方法で実験を実施することが非常に複雑だから

2 社会的相互作用は、構造の複雑任意の程度の動物間普遍的なものだからだ
3 研究者が相互作用の普遍性を明らかにするように実験を設計することは困難だからだ
[3] 第3段の冒頭に正解が求められる。rigorous「厳密な、正確な」

[4] When the article states that “attempts to structure the testing situation to simplify the form of interaction often obviate the interaction,” it means that such attempts
1. exaggerate the very interaction that is being investigated.
2. misinterpret the very interaction that is being investigated.
3. preclude the very interaction that is being investigated.

・解答 [4]3
記事において、「頻繁に相互作用を回避相互作用の形を簡素化するための試験状況を構築しよう
とする試み」とは、以下のような試みのようなものである
1 研究されている強い相互作用を誇張する
2 研究されている強い相互作用を誤解する
3 研究されている強い相互作用を妨げる
[4] 第3段第2文参照。obviate~「~を除去する」preclude~「~を排除する」

■第5段落
5:1 The close links between rules and arguments can be illustrated by considering a culture which has formalized its rules of everyday behavior to an unequalled extent.
5:1 ルールと論争の緊密な結びつきは、日常の行動のルールを比類ないほどまで作り上げた文化を 考えれば証明できうる。
5:2 The Talmud, containing the rules of Orthodox Judaism, specifies in detail what correct actions for every aspect of daily life are.
5:2正統ユダヤ教のルールを含むタルムードは、日常生活のあらゆる面で何が正しい行動であるか
を詳細に規定する。
5:3 Even the most trivial action must be performed in a sanctified manner to prevent godlessness from (16) (1. entering into 2. ruling over 3. opening up) everyday routines.
5:3不信心が毎日の日課に入ってこないようにと最も基細な行動でさえ規定された方法でなされな
ければならない。
5:4 The novelist Jorge Luis Borges, in his story The Zahir, describes the Talmud as having “codified every conceivable human eventuality.” 5:4小説家ジョルジュ=ルイ=ボルジュは、彼の小説のThe Zahirにおいて、タルムードを「考えうる
人間の可能性のすべてを成文化している」ものと描いている。

5:5 This is (17) (1. an accurate description 2. a general conclusion 3. an exaggerated description), for the continuation of Talmudic debates shows that the complete codification is unattained but aimed for.
5:5 これは誇張された描写である。なぜなら、タルムードに関する議論が続いていることから、完
全な成文化は達成不可能で目標にすぎないのだとわかるからである。
5:6 The Talmud represents a self-produced anthropology, explaining to orthodox Jews the meaning of their rituals in a detail which the professional anthropologist, seeking the unwritten rules of social life, can only admire.
5:6 タルムードは自ら生み出した人類学を表しており、正統派ユダヤ人に自分たちの儀式の意味を
詳しく説明する。それは、不文律の社会生活のルールを求める専門の人類学者が賞賛するしかな
いようなものである。
5:7 Just as the behavior of game players is meaningless without knowledge of the rules of the game, so the customs of orthodox Jews are incomprehensible without the Talmud.
5:7 ゲームのルールの知識がないとゲームの選手の行動が無意味になるのとちょうど同じように、 タルムードがないと正統派ユダヤ人の習慣は理解できない。
5:8 However, this great code of behavior, which seeks to leave (18) (1. nothing to chance 2. a lot to be desired 3. much room to debate) but dictates detailed rule following, is principally a record of arguments.
5:8 しかしこの偉大な行動規範は何事も運任せにしないで詳しくルールの遵守を指示しており、こ れは主として論争の記録なのである。
5:9 From its opening page, through its sixty or so volumes of tractates, it describes the arguments of the ancient rabbis, as they disputed their interpretations of the Holy Law.
5:9 それは、最初のページから約60巻の文章を通して、聖なる法律の解釈をめぐって議論する古代 のラビの論争を描いている。

5:10 Every pronouncement is a subject of argument, and, as Heiman has shown in his account of modern Talmudic study groups, even today the Orthodox learn the rules by (19) ( 1. abandoning 2. reliving 3.authorizing) the ancient arguments.
5:10 すべての宣告が議論の対象であり、ハイルマンが現代のタルムードの研究グループに関する 報告で示しているように、今日でさえユダヤ教正統派は古代の論争を追体験することによって ルールを学ぶのである。
5:11 All in all, the Talmud represents not merely one of the most detailed codes of behavior ever produced, but is also one of the greatest collections of arguments in literature.
5:11要するに、タルムードはただ単にこれまでに生まれた最も詳細な行動規範のひとつであるだけ
でなく、文献に残る最も大きな論争の収集物のひとつでもある。
[9] Of the following descriptions of the Talmud, which is most relevant to the conclusion in this article?
1. The Talmud codifies orthodox Jew’s everyday behaviour, being one of the most detailed codes of behaviour ever produced.
2. The Talmud contains the ancient arguments made by rabbis about their interpretations of the Holy Law.
3. The Talmud represents a self-produced anthropology, explaining to orthodox Jews the meaning of their rituals.

・ タルムードに最も関係する結論はどれか
1.タルムードは、これまで生産行動の最も詳細なコードの一つである、正統派ユダヤ人の日常行
動を体系化した。 2.タルムードは聖法の彼らの解釈についてのラビによって行われた古代の引数が含まれる。
3.タルムードは、正統派ユダヤ人にその儀式の意味を説明する、自分で書いた人類学を表す
解答 [9]2
[9]第5段第8・9文から、タルムードがa record of argumentsであると最も強調したいとわかる。

■第4段落
4:1 There is a general point which does not concern the details of that unhappy cricket tour, and which is not even restricted to the world of sport.
4:1 その不幸なクリケットのツアーの詳細とは関係なく、スポーツの世界に限られるわけでもない 一般的な論点がある。
4:2 The (13) (1. more specific 2. more ambiguous 3. wider) issue is the close connection between lawmaking and argumentation.
4:2 より広い問題は法律制定と論争の間の密接な関係である。
4:3 Laws may exist to resolve disputes, but they are created out of dispute, frequently at the cost of provoking further Argument.
4:3法律は争いを解決するために存在するのであろうが、法律は争いから生まれる。しかも一層の
論争を引き起こすという代価を払うことがしばしばである。
4:4 A simple syllogism might illustrate this: if there are lawyers, there will be arguments; therefore, if there are laws, there will be arguments.
4:4 これは簡単な三段論法によって証明されよう。つまり、もし法律家がいれば論争があるであろ
う。それゆえに、もし法律があれば論争があるであろう、ということである。
4:5 This same general point is better expressed in Plato’s Republic, which looked forward to the creation of a well-ordered state.
4:5 これと同じ一般的な論点はプラトンの「国家論」によりよく示されていて、それは秩序のとれ
た国を創造することを期待していた。

4:6 The citizenry of this ideal republic would obey the states rationally founded laws without dispute.
4:6 この理想的な国の市民は、その国において合理的に作られた法律に疑いもなく従うであろう。
4:7 Such a perfect state, in the interests of maintaining its ordered harmony, would need to (14) (1. dispense with 2. formulate 3. abide by) laws about trivia such as contracts made in the market and contracts for manufacture, questions of slander and assault, the lodging of legal actions and empaneling of juries, exaction and payment of market or harbor dues and the general business of regulating business and police and harbor charges and other similar matters.
4:7 そのような完璧な国は、秩序のとれた調和を維持するために、次のような基細なことに関する 法律はなしですます必要があるであろう。つまり、市場や製造のための契約、中傷や暴行の尋 問、法的訴訟の提出や陪審員の選出、市場や港の使用料の徴収と支払い、事業や警察や港の使用 料やその他細かい事柄を規制する一般的な業務等に関してである。
4:8 If laws were formulated on such minor matters, then the citizenry would waste their whole time making and correcting detailed regulations, with the result that harmonious order would (15) (1. naturally follow 2. never be achieved 3. often be guaranteed).
4:8 もし法律がそのような基細なことに関して制定されれば、市民は自分たちの時間をすべて、細
かい規制を作ったり改めたりするのに浪費するであろう。その結果、調和ある秩序は決して達成 されないことになるであろう。
4:9 Sextons Empirics blamed the rhetoricians, rather than the existence of laws, for argumentation.
4:9 セクスツス=エンピリクスは論争の責任を、法律の存在よりもむしろ修辞学者の非とした。
4:10 He noted that among the barbarians there were no rhetoricians, and the laws remained unaltered and generally obeyed, whereas amongst those who cultivate rhetoric they are altered daily, as is the case with the Athenians.
4:10彼によると、未開人の間には修辞学者はいなくて法律は変更なく一般に守られるが、それに対
して古代アテネ人の場合のように、修辞法を修める人々の間では法律は日々変更される、という
ことである。
4:11 We could add that the “barbarians” Sextus Empiricus had in mind would not have codified their laws with the precision of the legislative bodies presiding over modern bat and ball games.
4:11 セクスツス=エンピリクスが心に抱いていた「未開人」は、現代のクリケットを統轄する立法
府のような正確さで、自分たちの法律を成文化してはいなかったであろうと付け加えることがで
きよう。

[8] According to the article, how did Sextus Empiricus characterize ‘the barbarians’?
1. The barbarians do not use rhetorical argumentation and, hence, abide by the existing laws without major changes.
2. The barbarians find it hard to obtain the harmonious order because there are no rhetoricians among them.
3. The barbarians make laws just as precise as those governing modern bat and ball games.

・解答 [8]1
記事によると、どのようにセクストス・エンペイリコスは「未開人」を特徴づけるのですか?
1.未開人は、修辞的な議論を使用して主要な変更を加えることなく、既存の法律を遵守していな い。 2.未開人はそれらの間には修辞家が存在しないので、それが調和のとれた順序を得ることが難し い。 3.未開人は、現代のバットとボールゲームを支配するものとして法律が同じように正確にする [8]第4段第10・11文参照。

■第2段落
2:1 Much of the early rule formation arose directly out of argumentation, for it had been necessary to develop more regular procedures for settling disputes.
2:1初期のルール制定の多くは論争の結果直接起こったものであり、それは争いを解決するための
より一般的な手続きを見い出すことが必要だったからである。
2:2 For example, the 1846 rules of rugby were (5) (1. complete 2. not exhaustive 3.closed) rules of procedure, covering all aspects of the sport, but, in point of fact, were little more than decisions of certain disputed points.
2:2例えば、1846年のラグビーのルールは、そのスポーツのあらゆる面を統轄する包括的な手続き
のルールではなくて、実際のところ特定の争点の解決例にすぎなかった。

2:3 Things were not settled once-and for all when the various self-appointed rule makers had codified their decisions into proper systems of rules.
2:3自任のルール制定者が各自の解決例を適当なルールのシステムに成文化していたような状況で
は、物事はきっちりとは解決しなかった。
2:4 Disputes were still liable to arise, especially as tactics and styles developed.
2:4特に作戦と型が発達したので、争いは依然として起こりがちであった。
2:5 In fact, the administrators of all sports need to monitor the rules, in order to make certain that the delicate balances between attack and defense, between vigor and dullness, and so on, are maintained.
2:5事実、あらゆるスポーツの運営委員は、攻撃と防御、激しさと単調さ等の微妙なバランスが維
持されているのを確認するためにルールをチェックする必要がある。
2:6 If the authorities (6) (1. succeed in 2. tackle with 3. fail in) this task, the new developments, which are so necessary if a game is to continue to be interesting, can so easily upset the balances on which all sports depend.
2:6もし対局者たちがこの仕事に失敗すれば、新しい進展(これはゲームがおもしろくあり続ける
ためにかなり必要である)によって、あらゆるスポーツが依っているバランスは非常に容易に崩さ れるであろう。

2:7 Within every sport there will be individuals or lobbies who will (7) (1. deny 2. announce 3. support) that the change would lead to improvement.
2:7 どのスポーツ内にも、変化が改善につながることを拒否する個人または団体があるであろう。
2:8 The continual monitoring of rules ensures that the process of rule formulation is never ended.
2:8 ルールを絶えずチェックすることで、ルール制定の過程が決して終わらないことが保証され
る。

[5] How does the author probably view ‘the continual monitoring of rules’?
1. It is a good decision making process and yet, ideally, rules should be fixed to avoid unnecessary disputes.
2. It is inevitable and, in fact, necessary in order to make the game interesting.
3. It could be stopped if disputes among the administrators end up with a rational consensus.


著者はおそらくどのように「ルールの継続的な監視」を表しますか?
1.それは良い意思決定プロセスであり、まだ、理想的にはルールは不必要な論争を避けるために
修正する必要がある。 2.それは、ゲームを面白くするために必要であり実際には避けられない。
3 管理者間の紛争は、合理的なコンセンサスで終わる場合、それは停止することができた。
解答 [5]2
[5]第2段第5・6文からわかるように戦略やスタイルを変えることによって、ゲームをおもしろくで きるのでルールのチェックが不可避。

■第4段落
4:1 There is a general point which does not concern the details of that unhappy cricket tour, and which is not even restricted to the world of sport.
4:1 その不幸なクリケットのツアーの詳細とは関係なく、スポーツの世界に限られるわけでもない 一般的な論点がある。
4:2 The (13) (1. more specific 2. more ambiguous 3. wider) issue is the close connection between lawmaking and argumentation.
4:2 より広い問題は法律制定と論争の間の密接な関係である。
4:3 Laws may exist to resolve disputes, but they are created out of dispute, frequently at the cost of provoking further Argument.
4:3法律は争いを解決するために存在するのであろうが、法律は争いから生まれる。しかも一層の
論争を引き起こすという代価を払うことがしばしばである。

4:4 A simple syllogism might illustrate this: if there are lawyers, there will be arguments; therefore, if there are laws, there will be arguments.
4:4 これは簡単な三段論法によって証明されよう。つまり、もし法律家がいれば論争があるであろ
う。それゆえに、もし法律があれば論争があるであろう、ということである。
4:5 This same general point is better expressed in Plato’s Republic, which looked forward to the creation of a well-ordered state.
4:5 これと同じ一般的な論点はプラトンの「国家論」によりよく示されていて、それは秩序のとれ
た国を創造することを期待していた。
4:6 The citizenry of this ideal republic would obey the states rationally founded laws without dispute.
4:6 この理想的な国の市民は、その国において合理的に作られた法律に疑いもなく従うであろう。
4:7 Such a perfect state, in the interests of maintaining its ordered harmony, would need to (14) (1. dispense with 2. formulate 3. abide by) laws about trivia such as contracts made in the market and contracts for manufacture, questions of slander and assault, the lodging of legal actions and empaneling of juries, exaction and payment of market or harbor dues and the general business of regulating business and police and harbor charges and other similar matters.
4:7 そのような完璧な国は、秩序のとれた調和を維持するために、次のような基細なことに関する 法律はなしですます必要があるであろう。つまり、市場や製造のための契約、中傷や暴行の尋 問、法的訴訟の提出や陪審員の選出、市場や港の使用料の徴収と支払い、事業や警察や港の使用 料やその他細かい事柄を規制する一般的な業務等に関してである。
4:8 If laws were formulated on such minor matters, then the citizenry would waste their whole time making and correcting detailed regulations, with the result that harmonious order would (15) (1. naturally follow 2. never be achieved 3. often be guaranteed).

4:8 もし法律がそのような基細なことに関して制定されれば、市民は自分たちの時間をすべて、細 かい規制を作ったり改めたりするのに浪費するであろう。その結果、調和ある秩序は決して達成 されないことになるであろう。
4:9 Sextons Empirics blamed the rhetoricians, rather than the existence of laws, for argumentation.
4:9 セクスツス=エンピリクスは論争の責任を、法律の存在よりもむしろ修辞学者の非とした。
4:10 He noted that among the barbarians there were no rhetoricians, and the laws remained unaltered and generally obeyed, whereas amongst those who cultivate rhetoric they are altered daily, as is the case with the Athenians.
4:10彼によると、未開人の間には修辞学者はいなくて法律は変更なく一般に守られるが、それに対
して古代アテネ人の場合のように、修辞法を修める人々の間では法律は日々変更される、という ことである。
4:11 We could add that the “barbarians” Sextus Empiricus had in mind would not have codified their laws with the precision of the legislative bodies presiding over modern bat and ball games.
4:11 セクスツス=エンピリクスが心に抱いていた「未開人」は、現代のクリケットを統轄する立法
府のような正確さで、自分たちの法律を成文化してはいなかったであろうと付け加えることがで
きよう。
[4] In the early stages of
1. codify how rugby should be played properly.
2. set up procedures to settle disputed points.
3. make sure that the game would be interesting.


初期段階で
1.ラグビーを適切に再生する方法を体系化した。
2.論点を解決するための手順を設定した。
3.ゲームは興味深いものになるだろうことを確認した
解答 [4]2
[4]第2段第1・2文参照。

■第1段落
1:1 If rules are treated as fixed and non controversial entities, then it becomes difficult to explain their origins.
1:1 もしルールが固定した議論の余地のないものだとすれば、その起源を説明することは難しくな
る。
1:2 The problem is a particularly acute one for theorists applying the game metaphor.
1:2 ゲームをたとえに使う理論家にとっては、それは特に深刻な問題である。
1:3 The difficulty of discussing the origins of games by applying the game metaphor is well illustrated by Michael Argyle’s article about the rules of social life.
1:3 ゲームをたとえに使ってゲームの起源を議論する難しさは、社会生活のルールに関するマイケ ル=アーガイルの論文によってうまく説明されている。
1:4 Argyle, having stated that “even the most fiercely competitive and aggressive games can only take place if both sides abide by the rules”, adds the comment that “rules are developed gradually, as cultural products, as ways of handling certain situations; they can be changed, but changes are slow.”
1:4 アーガイルは、「最も激しく争われ攻撃的なゲームでさえ、両者がルールを守る場合にのみ起 こりうるのである」と述べ、さらに「ルールは、文化的産物として特定の状況を処理する方法と して徐々にでき上がる。つまりルールは変えられうるが、その変化はゆっくりしたものである」 ということばを付け加えている。
1:5 These comments suggest that the formulation of rules is something which somehow evolves with (1) (1. observable changes 2. sluggish mystery 3. open arguments) almost as imperceptibly as biological evolution.

1:5 これらのことばによってルールの制定はいつまでも解けない謎をかかえ、生物進化とほとんど
同じくらい知覚されずに、なぜか進化していくものだということがわかる。
1:6 Just as the experimental social psychologist can safely assume that the course of biological evolution is not going to be changed in the middle of an experiment, so the rule theorist can rest (2) ( 1. assured 2. debated 3. informed) that the rules of social life will not be subject to sudden and troublesome alterations.
1:6生物進化の道筋が1つの実験の間に変わることはないと、実験社会心理学者が考えるのは間違い
ではないのとちょうど同様に、社会生活のルールも突然で面倒な変化を受けるものではないと、 ルールの理論家は確信できる。
1:7 However, this tacit dismissal of the issue of rule formulation is based upon (3) (1. a misconception 2. a new assumption 3. a historical condition).
1:7 しかしながらこのようにルール制定の問題を暗黙のうちに放棄することは、誤解に基づくもの
である。
1:8 The major Sports of the modern world, such as football, cricket, tennis, and rugby, do not owe their rules to a slow process of accumulation, stretching over centuries of folk custom.
1:8 サッカー、クリケット、テニス、ラグビーのような現代世界の主要スポーツにおいて、その
ルールが存在するのは、何世紀もの民衆の習慣にわたるゆっくりとした蓄積の過程の故ではな
い。
1:9 On the contrary, the nineteenth century (4) (1. reached 2. evolved 3.saw) an energetic burst of rulemaking.
1:9実際は逆に、19世紀においてルール制定が突然激しく見られたのであった。

1:10 Some important studies in the sociology of sport have shown that this rulemaking occurred at specific times of social change.
1:10 スポーツ社会学における重要な研究によって、このようなルール制定が社会変化の特定の時
代に起こったことがわかった。
1:11 Moreover, it was predominantly confined to a particular class.
1:11 さらに、それはある特定の階級に主に限定されていた。
[3] How is the relationship between rules and arguments described in this article?
1. Rules are formed independently of arguments.
2. The nature of rules determines the nature of arguments.
3. Rules and arguments operate reciprocally.

・ [3]ルールと議論の間の関係はどのように記載されていますか? 1.ルールは独立して、議論で構成されています。
2.ルールの性質は、引数の性質を決定。
3.ルールと議論は、相互に動作します。
解答 [3]3
[3]第4段第3文から、法律(ルール)と論争が相互作用であるとわかる。

■第6段落
6:1 Because arguments are such a constant theme in the history of social rules, their psychological importance should be recognized.
6:1論争は社会ルールの歴史においてまったく絶えることのないテーマであるので、その心理的な
重要性が認められるべきである。
6:2 However, psychologists will be unable to give due attention to argumentation as long as they employ theoretical frameworks which subtract the argumentative aspects from human activities.
6:2 しかしながら、心理学者は、人間活動から論争的側面を取り去るような理論的枠組みを用いる
かぎり、論争に対してしかるべき注意を払うことはできないであろう。

6:3 If this point is accepted, then we now have our excuse to (2) (1. leave 2. emphasize 3. construct) modern theory, and to enter the ramshackle old city center of rhetoric: it is in ancient rhetoric, but not in recent social psychology, that argumentation is placed in the center of human affairs.
6:3 もしこの論点が受け入れられれば、我々には今や、現代理論を離れ、今にも倒れそうな古い修 辞学の町中へ入っていける言い訳ができる。論争が人間活動の中心に置かれるのは、古代の修辞 学においてであって、最近の社会心理学においてではない。
6:4 Consequently, the antiquarian psychologist is able to offer a justification for temporarily closing the modern psychology books, and for opening the texts of the ancient rhetorical tradition.
6:4 その結果、しばらく現代心理学の本を閉じ、古代修辞学の伝統に関する文献を開くことに対す る正ft化を、古代研究の心理学者が与えてくれるのである。
[1] According to the article, the author suggests that
1. the study of argumentation should be restricted to the field of rhetoric.
2. modern psychological theories can account for the mental processes of argumentation.
3. it is necessary to develop a new psychological framework to handle the issue of argumentation.


文章によると、著者は~と提案している
1.議論の研究はレトリックの分野に限定する必要がある。
2.現代心理学の理論が議論の精神的なプロセスを説明することができる。
3.それは議論の問題に対処するための新しい心理的なフレームワークを開発する必要がある
解答 [1]3
[1]最終段第2文にあるように、心理学者は論争的側面を無視するかぎり、論争に注意を払えないの だから、3の「論争の問題を処理するためには新しい心理的枠組みを作り出す必要がある」が正 解。

■第8段落
8:1 The power to define the world and to define standards of judgment constitutes the power to shape the sociocultural world to one’s own image and interests.
8:1世の中を定義し、判断の基準を定義する力は、自分自身のイメージと利益に合わせて社会文化
的な世界を形成する力となる。
8:2 Sexism, rooted in economic phenomena, legitimated and extended by ideologies, (12) (1. tests 2. vests 3. lifts) such power in males.
8:2経済現象に根付きイデオロギーによって合法化され広げられる性差別は、男性にそのような力
を与える。

8:3 In turn, definitional power reinforces sexism.
8:3 そして今度は定義する力が性差別をより強いものにする。
8:4 When extreme Sexism exists, women are not simply denied all manner of rights, resources, and opportunity but are denied the ability to define themselves, their experience, and their works as worthy and valuable, sometimes even as real.
8:4極端な性差別が存在するとき、女性はただ、あらゆる種類の権利、資産、機会を与えられない
だけでなく、自分自身や自分の経験や自分の作品を価値があり貴重なものとして、時には現実の
ものとしてさえ定義する能力も与えられないのである。

[9] According to the author, our concepts of what is real are primarily shaped by
1. natural phenomena legitimated by scientific investigation.
2. religious doctrine legitimated by philosophical inquiry.
3. economic phenomena legitimated by ideology.

・著者によると、 実際私たちの概念は~によって作られている 1 科学的調査によって正ft化される自然現象。

2 哲学問いによって正ft化される宗教教義。
3 イデオロギーによって正ft化される経済現象。
解答 [9]3
[9]最終段第2文参照。

■第6段落
6:1 In controlling the cultural, public aspects of their societies, including the very institutions that produce the ideology legitimating such control, men in sexist societies become the gatekeepers who decide what is to be defined as valuable, worthy, and proper.
6:2性差別社会の男性は、自分たちの社会の文化的・公的側面を管理する際(それには、そのような
管理を合法化するイデオロギーを生む制度が含まれる)、何が貴重で価値があり正当であると定め るべきかを決定する門衛になる。
6:2 It is their imagery of females that becomes the official, societal definition.
6:2正式な社会的定義となるのは、彼らの抱く女性像なのである。
6:3 Men define that which constitutes humanness, and, in the words of French existentialist Simone de Beauvoir, women become simply “the other.” 6:3男性は人間なるものを定義し、フランスの実存主義者であるシモーヌ=ド=ボーボアールのこと
ばを借りれば、女性はただ単に「他者」にすぎなくなる。
6:4 Substantial research suggests that conceptions of “human” and “masculine” tend to coincide, but they differ from those of(11)(1. “individual” 2. “feminine” 3. “artistic”).
6:4 かなりの研究によって、「人間」と「男性」の概念は一致する傾向にあるが、それらは「女 性」の概念とは異なると示されている。

6:5 If a woman manages to produce a painting, a musical composition, a poem, or a scientific paper, it is judged by the standards men have set, if indeed male gatekeepers deem a woman’s production worthy of being judged at all.
6:5 もし女性が絵画、作曲、詩、科学論文を産み出すと、それらは男性が設定した基準によって判 断される(それも、実際、男性の門衛が女性の作品を、少しでも審査する価値があるとみなした場 合のみであるが)。
6:6 Such standards are taken to be universal and unbiased, not as the product of specific people with vested interests.
6:6 そのような基準は、それによって利益を得ている特別な人々の作り出したものではなくて、普
遍的で偏見のないものと思われている。
6:7 They assume a reality of their own that transcends their social origins and are seen as applicable across time and space.
6:7 その基準は、その社会的起源を越えてそれ自体として現実性を帯び、時と空間を越えて適用可 能と見られている。
6:8 Women who would produce cultural artifacts in a sexist society are caught in a double bind: they can attempt to meet male standards that are defined as (12) (1. universal 2. masculine. esthetic), but since they are not male they compete for recognition at a disadvantage; or they can produce according to their own experience and ideas of quality, and their products will typically be defined as (13) (1. innocent 2. inferior 3. tasteful) by societal gatekeepers.
6:8性差別社会で文化的工芸品を産み出す女性は、二重の締め付けを受けている。つまり、ひとつ
は、女性は普遍的であると定められている男性の基準に合うようにと努めることができるが、男 性ではないので不利な立場から認められようと努力することである。もうひとつは、女性は自分 自身の経験と作品の質に関する考えに従って作品を産み出すことができるが、その作品は社会的
門衛によって劣悪であると一般に定められるということである。
6:9 Thus, for instance, women’s art in basketry, weaving, and needlework constitute only “crafts,” whereas men’s in paint, stone, and bronze are “fine arts.”

6:9 かくして、例えば、かご細工や織物や裁縫における女性の技巧はただ「工芸品」にしかならな いが、一方絵画や石製品や青銅製品における男性の技巧は「芸術品」となる。
[7] According to the author, in sexist societies the conception of what is masculine tends to be the same as the conception of
1. power.
2. humanity.
3. justice.


著者によると、性差別的な社会で男性的であるものの概念は、~の概念と同じになる傾向があり
ます
1.力。
2.人類。
3.正義。
[7]2
[7]第6段第4文参照。

■第4段落
4:1 One very common practice in extremely sexist societies has been much stricter control over women’s sexuality than over men’s (6) (1. economic power 2. sexuality 3. political influence).
4:1極めて性差別の激しい社会における非常に一般的な慣習は、男性の性的特異性に対するよりも
女性の性的特異性に対するはるかに厳しい統制である。
4:2 This has been done in order to ensure “proper” paternity, which in turn is linked to the intergenerational transmission of property from father to son.
4:2これは「正ftな」父権を保証するためになされてきたものである。こうすることによって今度
はその父権が父から息子への世代間の財産相続につながるのである。

4:3 It takes an extreme form such as purdah (the total seclusion of women in Hindu and Islamic tradition) or milder forms such as chaperoning unmarried women, (7) (1. painting 2. covering 3. washing) women’s bodies and faces almost entirely, or simply a double standard that punishes women (either alone or more harshly than men) who lose their virginity premarital or commit adultery.
4:3 それは、パーダー制度(ヒンズー教やイスラム教における女性の完全隔離)のような極端な形式
をとることもあり、あるいは未婚女性の付添いをするとか女性の体や顔をほとんど完全に覆うと か結婚前に処女を失ったり不貞を行う女性を(女性だけか、一緒の場合は男性より厳しく)罰する二 重の基準というようなゆるやかな形式をとることもある。
4:4 The ideological justification often stresses women’s extreme sexuality and the diversion from duty this supposedly creates for men.
4:4 イデオロギーによる正ft化はしばしば、女性の極端な性的特異性と、これが男性に対して引き
起こすと思われている義務からの気持ちの散漫を強調する。
4:5 Left unchecked, female sexuality would presumably constitute a danger to the social collectivity.
4:5抑制されないと、女性の性的特異性は社会の集団体に対して多分、危険なものとなるのであろ
う。
4:6 In such cases the image of females is sharply bifurcated: the pure, virginal, or chaste woman who conforms to religious and social strictures (the lady) versus the polluted whore like temptress, the fallen woman who has rebelled against God and society.

4:6 そのような場合、女性の姿ははっきりと2つに分けられる。つまり、宗教的・社会的拘束に従 う無垢で純潔で貞淑な女性(つまり「淑女」)と、神と社会に反抗した堕落した女性である、汚れた 売春婦のような誘惑的女性である。
4:7 There is no counterpart bifurcation of males on the basis of sexuality.
4:7男性には性的特異性に基づく、これに相当する二分化はない。
4:8 Language often reflects this phenomenon by producing a vast terminology of dirty words” to refer to women who step (8) (1. out of sight 2. out of hand 3. out of bounds) and more generally to specific parts of the female anatomy.
4:8言語は、礼儀を破る女性やさらに一般的には女性の体の特別な部位を指すために、「下品なこ
とば」の多くの用語を作り出すことによって、この現象をしばしば映しだす。
4:9 Women are thus defined essentially on the basis of their sexuality and sexual conduct, resulting in the irony that in attempting to repress female sexuality women are made into sexual objects.
4:9 このように女性は基本的には、その性的特異性と行為に基づいて定義され、その結果、女性の 性的特異性を抑えようとしながら女性が性的対象物にされるという皮肉に陥るのである。
4:10 Moreover, when the repressive aspect is removed the objectification does not quickly disappear, as manifested by contemporary advertising and pornography.
4:10 さらに、抑圧的な面が除かれても、現代の広告やポルノに示されるように、対象化はすぐに は消えないのである。
[4] According to the author, extremely sexist societies control women’s sexuality much more strictly than men’s. Why?
1. To ensure that property passes smoothly from fathers to sons.
2. To ensure that women’s extreme sexuality in kept under control.
3. To meet religious requirements that women be secluded and protected.

・ [5]「女性の性的特異性を抑えようとして、逆に性的対象物にされる」というのは、意図に反する 結果が生じた皮肉的な事象である。
[6] In a sexist society the image of females is sharply bifurcated :
1. the lady and the tramp.
2. the sexual partner and the mother.
3. the homemaker and the wage earner.

性差別的な社会では、女性の画像がこのように厳しく分岐されています。
1.淑女と売春婦
2.セックスパートナーと母。
3.主婦と賃金労働 解答 [6]1 [6]第4段第6文参照。

■第4段落
4:1 One very common practice in extremely sexist societies has been much stricter control over women’s sexuality than over men’s (6) (1. economic power 2. sexuality 3. political influence).
4:1極めて性差別の激しい社会における非常に一般的な慣習は、男性の性的特異性に対するよりも
女性の性的特異性に対するはるかに厳しい統制である。
4:2 This has been done in order to ensure “proper” paternity, which in turn is linked to the intergenerational transmission of property from father to son.
4:2 これは「正ftな」父権を保証するためになされてきたものである。こうすることによって今度
はその父権が父から息子への世代間の財産相続につながるのである。

4:3 It takes an extreme form such as purdah (the total seclusion of women in Hindu and Islamic tradition) or milder forms such as chaperoning unmarried women, (7) (1. painting 2. covering 3.

washing) women’s bodies and faces almost entirely, or simply a double standard that punishes women (either alone or more harshly than men) who lose their virginity premarital or commit adultery.
4:3 それは、パーダー制度(ヒンズー教やイスラム教における女性の完全隔離)のような極端な形式 をとることもあり、あるいは未婚女性の付添いをするとか女性の体や顔をほとんど完全に覆うと か結婚前に処女を失ったり不貞を行う女性を(女性だけか、一緒の場合は男性より厳しく)罰する二 重の基準というようなゆるやかな形式をとることもある。
4:4 The ideological justification often stresses women’s extreme sexuality and the diversion from duty this supposedly creates for men.
4:4 イデオロギーによる正ft化はしばしば、女性の極端な性的特異性と、これが男性に対して引き
起こすと思われている義務からの気持ちの散漫を強調する。
4:5 Left unchecked, female sexuality would presumably constitute a danger to the social collectivity.
4:5抑制されないと、女性の性的特異性は社会の集団体に対して多分、危険なものとなるのであろ
う。
4:6 In such cases the image of females is sharply bifurcated: the pure, virginal, or chaste woman who conforms to religious and social strictures (the lady) versus the polluted whore like temptress, the fallen woman who has rebelled against God and society.
4:6 そのような場合、女性の姿ははっきりと2つに分けられる。つまり、宗教的・社会的拘束に従
う無垢で純潔で貞淑な女性(つまり「淑女」)と、神と社会に反抗した堕落した女性である、汚れた
売春婦のような誘惑的女性である。

4:7 There is no counterpart bifurcation of males on the basis of sexuality.
4:7男性には性的特異性に基づく、これに相当する二分化はない。
4:8 Language often reflects this phenomenon by producing a vast terminology of dirty words” to refer to women who step (8) (1. out of sight 2. out of hand 3. out of bounds) and more generally to specific parts of the female anatomy.
4:8言語は、礼儀を破る女性やさらに一般的には女性の体の特別な部位を指すために、「下品なこ
とば」の多くの用語を作り出すことによって、この現象をしばしば映しだす。
4:9 Women are thus defined essentially on the basis of their sexuality and sexual conduct, resulting in the irony that in attempting to repress female sexuality women are made into sexual objects.
4:9 このように女性は基本的には、その性的特異性と行為に基づいて定義され、その結果、女性の
性的特異性を抑えようとしながら女性が性的対象物にされるという皮肉に陥るのである。
4:10 Moreover, when the repressive aspect is removed the objectification does not quickly disappear, as manifested by contemporary advertising and pornography.
4:10 さらに、抑圧的な面が除かれても、現代の広告やポルノに示されるように、対象化はすぐに
は消えないのである。
[4] According to the author, extremely sexist societies control women’s sexuality much more strictly than men’s. Why?
1. To ensure that property passes smoothly from fathers to sons.
2. To ensure that women’s extreme sexuality in kept under control.
3. To meet religious requirements that women be secluded and protected.


著者によると非常に性差別社会は男子よりもはるかに厳しく、女性の性を制御するが、それは な ぜか?
1.財産が息子に父親からスムーズに相続されるため。
2.女性の極端な性を制御下に保つことを確認するため。
3.女性が隔離および保護される宗教的な要件を満たすため 解答 [4]1

[4]第4段第2文にあるように「正当な父権を保証し、父親から息子への財産相続を目的としてなさ れる」。

■第2段落
2:1 In technologically simple, no surplus producing societies (horticultural and hunting gathering) women’s productive roles are usually (1) (1. peripheral 2. central 3. closed) to the collectivity inasmuch as they typically provide from 40 to 80 percent of the food.
2:1技術的に単純で余剰を産まない社会(園芸的社会と狩猟採集的社会)においては、女性が概して40
から80パーセントの食料を供給するので、女性の生産的役割は普通その集合体に対して中心的な
ものである。
2:2 In such societies sexism is minimal to nonexistent, and their religious imagery typically incorporates a female principle.
2:2 そのような社会では性差別は存在しないほどごく少なく、その宗教像には一般的に女性の要素
が組み入れられている。

2:3 As the technology becomes more complex, the production of surplus commodities for trade and familial aggrandizement (2) (1. scores 2. achieves 3. becomes) a primary goal.
2:3技術がより複雑になるにつれ取り引きと家族の増大のために余剰物品を産み出すことが第一の
目標になる。
2:4 When this happens, males come increasingly to control economic resources, and religion increasingly stresses the male principle.
2:4 こうなると、男性がますます経済的資産を支配するようになり、宗教はますます男性原理を強
調するようになる。
[2] In which type of society is sexism most likely to be rare or nonexistent?
1. Industrial-technological
2. Agrarian pastoral
3. Horticultural and hunting-gathering

・ どのタイプの社会で性差別は稀または存在しない可能性が高いか? 1.産業・技術
2. 農業 牧畜
3.園芸や狩猟収集
!問題違うと思われます
解答 [2]3 [2]第2段第1・2文参照。

■第1段落
1:1 The degree to which males and females are socially unequal has varied, both cross culturally and historically, from near equality to radical female disadvantage.
1:1 男性と女性が社会的にどの程度不平等であるかは、比較文化的にも歴史的にも、ほぼ平等であ
るものから著しく女性が不利益を受けるものにまで多岐にわたっている。

1:2 Such variation is linked to the type of technology and economy (e.g., industrial, agrarian, horticultural, foraging) and to women’s role in the economy.
1:2 そのような違いは、技術や経済の種類(例えば、工業的、農業的、園芸的、食料採集的等)とそ の経済における女性の役割に関係がある。
1:3 Women’s status relative to men’s in a given society is closely related to that society’s dominant, gender related ideology, whether secular, religious, or both.
1:3 ある特定の社会における男性の地位と比較しての女性の地位は、その社会の支配的な、性別に 関するイデオロギーと密接に関係している。そのイデオロギーは世俗的であれ、宗教的であれ、 その両方であれ、かまわない。
1:4 Dominant, gender related ideology refers to the manner in which a society defines appropriate behavior, personality, interests, and so on for each sex and justifies any differences in their rights, duties, and rewards.
1:4 支配的な、性別に関するイデオロギーは、それぞれの性にふさわしい行動、人格、関心等を定
め、その権利、義務、報酬における相違を正当化する方法を述べるのである。
1:5 When women are disadvantaged relative to men in their access to socially valued resources and the dominant ideology explains and justifies such disadvantage, we use the term sexism.
1:5女性が男性に比べて社会的に価値の高い資産を利用する権利において不利益を受け、支配的な
イデオロギーがその不利益を説明し正当化するとき、われわれはそれを性差別と呼ぶ。

1:6 Sexism in some degree is universal in contemporary societies.
1:6性差別は現代社会においては、ある程度全世界的なものである。
[1] According to the author, a sexist society is one in which
1. men have much greater access to valuable social resources than women.
2. religious and/or secular ideology defines women as inferior to men.
3. women have an inferior position within the context of an ideology which justifies their inferiority.


著者によると、社会の性差別とは
1.男性は女性よりも貴重な社会資源にはるかに大きなアクセス権を持っているこち。
2.宗教および/または世俗的なイデオロギーが男性に劣るとして女性を定義すること。
3.女性が自分の劣等感を正当化するイデオロギーの文脈の中で劣るポジションを持っていること。

解答 [1]3 [1]第1段第5文にあるように「女性が男性に比して不利な立場にあり、かつ、それを正当化するイ デオロギーが存在する」状況が性差別社会である。

■第6段落
6:1 In controlling the cultural, public aspects of their societies, including the very institutions that produce the ideology legitimating such control, men in sexist societies become the gatekeepers who decide what is to be defined as valuable, worthy, and proper.
6:2性差別社会の男性は、自分たちの社会の文化的・公的側面を管理する際(それには、そのような
管理を合法化するイデオロギーを生む制度が含まれる)、何が貴重で価値があり正当であると定め るべきかを決定する門衛になる。
6:2 It is their imagery of females that becomes the official, societal definition.
6:2正式な社会的定義となるのは、彼らの抱く女性像なのである。
6:3 Men define that which constitutes humanness, and, in the words of French existentialist Simone de Beauvoir, women become simply “the other.”

6:3男性は人間なるものを定義し、フランスの実存主義者であるシモーヌ=ド=ボーボアールのこと ばを借りれば、女性はただ単に「他者」にすぎなくなる。
6:4 Substantial research suggests that conceptions of “human” and “masculine” tend to coincide, but they differ from those of(11)(1. “individual” 2. “feminine” 3. “artistic”).
6:4 かなりの研究によって、「人間」と「男性」の概念は一致する傾向にあるが、それらは「女
性」の概念とは異なると示されている。

6:5 If a woman manages to produce a painting, a musical composition, a poem, or a scientific paper, it is judged by the standards men have set, if indeed male gatekeepers deem a woman’s production worthy of being judged at all.
6:5 もし女性が絵画、作曲、詩、科学論文を産み出すと、それらは男性が設定した基準によって判
断される(それも、実際、男性の門衛が女性の作品を、少しでも審査する価値があるとみなした場 合のみであるが)。
6:6 Such standards are taken to be universal and unbiased, not as the product of specific people with vested interests.
6:6 そのような基準は、それによって利益を得ている特別な人々の作り出したものではなくて、普
遍的で偏見のないものと思われている。
6:7 They assume a reality of their own that transcends their social origins and are seen as applicable across time and space.
6:7 その基準は、その社会的起源を越えてそれ自体として現実性を帯び、時と空間を越えて適用可
能と見られている。
6:8 Women who would produce cultural artifacts in a sexist society are caught in a double bind: they can attempt to meet male standards that are defined as (12) (1. universal 2. masculine. esthetic), but since they are not male they compete for recognition at a disadvantage; or they can produce according to their own experience and ideas of quality, and their products will typically be defined as (13) (1. innocent 2. inferior 3. tasteful) by societal gatekeepers.
6:8性差別社会で文化的工芸品を産み出す女性は、二重の締め付けを受けている。つまり、ひとつ
は、女性は普遍的であると定められている男性の基準に合うようにと努めることができるが、男 性ではないので不利な立場から認められようと努力することである。もうひとつは、女性は自分 自身の経験と作品の質に関する考えに従って作品を産み出すことができるが、その作品は社会的
門衛によって劣悪であると一般に定められるということである。
6:9 Thus, for instance, women’s art in basketry, weaving, and needlework constitute only “crafts,” whereas men’s in paint, stone, and bronze are “fine arts.”
6:9 かくして、例えば、かご細工や織物や裁縫における女性の技巧はただ「工芸品」にしかならな いが、一方絵画や石製品や青銅製品における男性の技巧は「芸術品」となる。

[8] “Women are caught in a double bind.” What is the nature of this double bind?
1. If women try to meet male standards, they compete at a disadvantage and their work will be judged inferior.
2. If women follow their own standards, they produce work which will be judged inferior.
3. Whether women follow male standards or their own standards, their work will be judged inferior.

・[8]「女性がダブルバインドに巻き込まれています。」このダブルバインドとは何ですか?
1 女性は男性の基準を満たすためにしようとすると、彼らは不利な立場に競争し、彼らの仕事
が劣ると判断されること。
2 女性が自分の基準に従うならば、彼らは劣ると判断される作品を制作。
3 女性は男性の基準や独自の基準に従うかどうかは、自分の仕事が劣ると判断されます。
解答 [8]3
[8]第6段第8・9文から「女性が男性の基準に従おうと自分たちの基準に従おうと、その作品は劣っ ていると判断される」とわかる。

copyright 2016/Everyday school