[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 英語 内容一致テクニック 『特定段落の内容と非一致の選択肢を選ぶ問題』

■ 第11段落
11:1 不幸にも,人権社会の多くは権利の急増に懸念を表明するのに尻込みしてきたばかりでなく,
しばしばその事態を主導してきた。
11:1 Unfortunately, much of the human rights community has not only shied away from expressing qualms about rights proliferation, it has often led the process.

11:2 しかしこの取り組みは,自由主義国と反自由主義国とを分け隔てる核心的自由を前進させる のに役立たなかった。
11:2 But this approach has not helped advance the core freedoms that make the difference between liberal and non-literal states.
11:3 フリーダムハウスによれば,基本的な市民権自由権の尊重が地球全体で減少するのは連続7年 目である。
11:3 According to Freedom House, global respect for basic civil and political rights is in decline for the seventh consecutive year.
11:4 もちろん,反自由諸国が去勢したいと思っているのは,まさにそうした基本権なのである。
11:4 Of course, it is exactly those basic rights that non-free states want to neuter.
11:5 あらゆるものが人権であると定義することができると,そうした権利を侵すことにかかる割 増金は低くなる。
11:5 [47](1. Unless 2. When 3. Though) everything can be defined as a human right, the premium on violating such rights is cheap.
11:6 株を上げて,人権の有効性を確保するためには,人権を擁護する者は,しばしば少ない方が
得なのだということを知る必要がある。
11:6 To raise the stock and ensure the effectiveness of human rights, their defenders need to acknowledge that less is often more.

[58] Which of the following is NOT appropriate as an implication of “less is often more” in the 11th paragraph? Putting human rights in a narrower range would make
1. people respect human rights more.
2. the enforcement of human rights law more feasible.
3. it difficult for non-free states to use human rights to rationalize their claims.
4. free states support the activities of the Human Rights Council.

・解答[58]―4
>[58]「次のうちどれが,第11段の『少ない方が得なことが多いのだ』の意味として適切ではない か。人権を狭い意味にしておくことは( )ようにするであろう」 1.「人々が人権をより尊重する」
2.「人権法規の施行が実行しやすくなる」
3.「自由のない国々にとって人権を使って自分の主張を合理化することが難しくなる」
4.「自由な国々が人権理事会の活動を支援する」
「少ない方が得」というのは,この文脈で具体的にいえば「人権にftたるものが少なければ少な いほど,それだけ多くの人権が守られる」ということ。選択肢の中から「人権に該ftするものを 狭めることで,逆に人権がよく守られる」という主旨に関係の薄いものを選べばよい。それは,4 である。

■ 第5段落
5:1 常識は,特定の状況の下ですべきことは何なのかを,どうしてわかっているのかがわからない
ままに,ただ「わかっている」のである。
5:1 As remarkable as it is, common sense exhibits some mysterious traits, one of the most striking of which is how much it varies across cultures.

5:2 数年前に,経済学者と人類学者の一団が,文化が違うとどのように最後通牌業ゲ―ムという名 のゲ―ムの仕方が変わるかの調査に乗り出した。
5:2 Several years ago, a group of economists and anthropologists [5](1. set out 2. put out 3 . came off) to test how different cultures play a particular kind of game, called an ultimatum game.
5:3 そのゲ―ムはおおよそ,このようなものである。
最初に2人の人間を選び,そのうちの1人に100ドル渡す。
5:3 The game goes something like this: First, pick two people and give one of them $100.
5:4 次にその人は,お金を自分と相手の間で,全額からゼロまでの範囲で,分け合う話をもちかけ
なければならない。
5:4 That person then has to propose a split of the money between himself and the other player, ranging from offering them the whole amount to nothing at all.
5:5 次に相手は,その取引を受け入れるか,拒絶する。
5:5 The other player then gets to accept the deal or reject it.
5:6 もしも第2のプレ―ヤ―が取引を受け入れればそれぞれが提供されたものを受け取り,両者とも 仲良くお別れする。
5:6 If the second player accepts the deal, they get what they were offered and both players go on their [6](1. contented 2. satisfied 3. merry) way.
5:7 しかし,相手が提案をはねつければ、どちらのプレ―ヤ―も何一つ得ることはない。だから,
「最後通牌」なのだ。
5:7 But if they reject the offer, neither player gets anything; hence the ultimatum.”

[23] Which of the following is NOT a character is tic of the game “ultimatum”?
1. the first player has the right to split the money in any way he or she likes.
2. If the second player does not accept the deal, neither player receives any money.
3. The second player can negotiate with the first player if the deal is unfair.
4. the first player can keep all the money if the second player agrees.

・解答 [23]―3
>[23]「次のうちどれが『最後通牌」ゲ―ムに特徴的ではないか」 1. 「第1のプレ―ヤ―は好きなようにお金を分配する権利がある」
2. 「第2のプレ―ヤ―が取引条件を受け入れなければ,どちらのプレ―ヤ―も一銭ももらえない」
3. 「第2のプレ―ヤ―は,取引条件が不ftならば第1のプレ―ヤ―と交渉できる」
4. 「第1のプレ―ヤ―は第2のプレ―ヤ―が同意すれば,お金を独占できる
」第5段にゲ―ムの詳細が記述されている。そこには概略,①2人を選んでその1人に100ドル与え る,②それをもう1人と分け合うが相手に与えるのは全額からゼロまでいくらでもよい,③もう1 人はそれを受け入れるか拒否するかのどちらかである,④受け入れれば,お金はそのまま分配さ れる,⑤受け入れなければ,どちらも何ももらえない(だから,最後通牌一受け入れなければ, 終わり,戦争!―という名前になる),とある。これに反するのは3であり,そもそも交渉できるの なら,ultimatum「最後通牌」にならない。ultimatumは高級語彙であるが,ultimate「究極の最終 の」やultra「極端な」との類縁関係に思いあたれば,正しく解答できたであろう。

■ 第4段落
4:1 第2の特徴は,形式的な知識のもつ力は,特定の発見を一般原理によって規定される論理的な
範疇へと組織化する能力の中にあるけれども,常識の力は,あらゆる具体的な状況を思いのまま
に処理する能力の中にある,ということである。
4:1 The second feature is that while the power of formal knowledge [3](1. does away with 2. presides over 3. resides in) its ability to organize specific findings into logical categories described by general principles, the power of common sense lies in its ability to deal with every concrete situation on its own terms.

4:2 たとえば上司の前でどんな服装をし,何を行い,何を言うかは,友人の前でどんなふるまいを するかとは違うだろうというのは常識の問題である。
4:2 For example, it is a matter of common sense that what we wear or do or say in front of our boss will be different from how we behave in front of our friends.
4:3 常識は,特定の状況の下ですべきことは何なのかを,どうしてわかっているのかがわからない
ままに,ただ「わかっている」のである。
4:3 Common sense just “knows” what the appropriate thing to do is in any particular situation, [4](1. without 2. upon 3. while) knowing how it knows it.

[21]According to the article, which of the following is NOT in accord with the characteristics of common sense?
1. it mainly serves to offer solutions to our daily problems.
2. it tries to account for various facts by underlying general principles.
3. it is very difficult to define exactly what common sense is.
4. it is so common that we hardly recognize its existence in everyday life.

・解答 [21]―2
>[21]「本文によれば次のうちどれが常識の特徴と一致しないか」 1. 「それは主に日常的な問題の解決策を提供するのに役立つ」
2. 「それは様々な事実を根本にある一般原理によって説明しようとする」
3. 「常識とはいったい何なのかを定めるのは,きわめて難しい」
4. 「それはあまりにありふれているので,日常生活ではその存在にはほとんど気づかない」
第4段第1文より,2の「一般原理による説明」は,形式的な知識のことであり,本文のいう常識と は異なっている。よって,不一致なのは2だとわかる。

■ 第3段落
3:1大半の政治生態学者にとって,このような研究手法はやや鋭すぎる諸刃の剣である。
3:1 For most political ecologists, this approach is somewhat too sharp a double-edged sword.
3:2 それによって,どのように政治的に権力を付与された環境科学が私たちの周りの世界の環境に 影響を及ぼし,それを創造してきたのかを批判的に検証できるようになり,それは重要な政治 的,生態学的企てではあるのだが,その一方,この手法では,結果を説明するのに人間以外の関 与要因や過程(土壌や樹木,気候といったような)に言及することはできない。
3:2 While it [34](1. defies 2 undergoes 3. allows) a critical examination of how politically empowered environmental science has influenced and created the environments of the world around us, which is an important political ecological project, this approach does not allow us to make [35](1. adaptations 2 contributions 3. references) to non-human actors and processes (like soil, trees, and climate) In explaining outcomes.

3:3 このために,極端な構成主義は多くの研究者にとって魅力に欠けるものとなる。
3:3 This makes hard constructivism unattractive to many researchers.
3:4森の住人や,遊牧民,宗教哲学者といった他の社会団体によって保持されている代替的な環境
構成を受容し正しく評価するための価値ある開放的な空間が生み出される一方で,この手法のた めに,象徴的な人間的制度がそれ以外のすべての現実より以上に重要となり,一見従来の環境科 学の経験による調査が無力化されてしまうのである。
3:4 while producing a valuable open space for accepting and appreciating alternative constructions of the environment held by other social communities, like forest dwellers, nomadic herders, and religious philosophers, this approach makes the symbolic systems of humans [36](1. sovereign 2. go 3. carry) over all other reality, apparently disabling empirical Investigation In traditional environmental science.
[54] Which of the following does NOT fit the author’s description of “hard constructivism”?
1. There should be alternative views and constructions of the world if people have different perspectives.

2. The truth about the world is not given, but rather something that is produced by the people who are socially powerful and influential.
3. Our conception of the world is symbolically constructed in a social context, but it is objective, scientific facts that determine the validity of such constructions.
4. Mass media contributes to social constructions of the world and consensus-making on the “truth.”

・解答 [54]―3
>[54]「次のうちどれが著者の「極端な構成主義」の記述にそぐわないか」 1.「もしも人々が異なる見方をしているなら、世界の別の見方や構成があってしかるべきであ る」 2.「世界に関する真理は所与のものではなく、むしろ社会的に権力をもち影響力のある人々に よって生み出されるものである」 3.「私たちの世界観は、社会的事情の中で象徴的に構築されるが、しかしそうした構成要素の有 効性を決定するのは客観的、科学的な事実である」 4.「マスメディアは世界の社会的な構成と「真理」に関する合意形成に貢献する」
「極端な構成主義」に関しては、第2・3段に記述がある。その要諦は第2段第2文の「ただ社会的 な状況のみが、世界を理解するための概念を条件づけ、決定する」という記述である。よって、
「人々の見方」は社会的な状況の一部であるから,1は正しい。2も同様に正しい。3は後半の「客 観的…な事実」以下が,「極端な構成主義」の主旨に反している。「マスメディア」も,社会的 な状況の一要素であるから,4は正しい。

■ 第8段落
8:1 しかしクリスタキス―ファウラー共同研究の核心は,人間の社会的ネットワークを通じて何が
広がっていくのかに関する独創的な研究である。
8:1 But the core of the Christakis-Fowler collaboration is original research on what spreads through human social networks.
8:2 1948年から続いているフラミンガム心臓研究のデータを用いて,2人は(12,000人以上の外部
ネットワークにつながった)5,124人の間の,5万以上の社会的な結合を図示した。
8:2 [43](1. By 2. Of 3. With) data from the Framingham Heart Study, which has been going on since 1948, they mapped more than 50,000 social ties among 5,124 people (who were connected to an external network of more than 12,000 people).

8:3 その研究は健康指標のあらゆるものを追跡し,被験者に余すところのない一連の行動――食事と
運動,薬物,喫煙,感情――について質問を行ったので,それは豊かな情報源となった。
8:3 Because the study tracked all manner of health markers and asked subjects about an exhaustive list of behaviors―diet and exercise, medications, smoking, emotions―it was [44](1. a rich 2. a prosperous 3. an affluent) source of data.

[56] Which of the following is not true of the Framingham Heart Study as mentioned in the 8th paragraph?
1. Over 12,000 people took part.
2. It began over 60 years ago.
3. Christakis and Fowler did not lead the study.
4. It included data on the kind of food one eats.

・解答 [56]―1
>[56]「次のうちどれが,第8段で言及されているフラミンガム心臓研究にあてはまらないか」
1. 「12,000人を超える人々が参加した」
2. 「60年以上前に始まった」
3. 「クリスタキスとファウラーは研究を主導していなかった」
4. 「どんな食事をしたかというデータが含まれていた」

第8段第2文には 「(12,000人以上の外部ネットワークにつながった)5,124人の間の、5万以上の社会 的な結合」とあり、参加者は5,124人(かそれ以上)であることがわかる。だが、12,000人を超える かどうかは本文からは不明である。よって、正解は1。

■ 第12段落
12:1彼らの想定しているようなネットワークベースの公衆衛生上の介入には正確な知識が必要であ る。
12:1 Precise knowledge is needed for the type of network-based public-health interventions they envision.
12:2何が作用するのか――肥満の事例であれば,まあ,健康的なレシピを配布するとか,フェイス
ブックやツイッターに,「ランニングに行った後はすごく気分がいい」と投稿して友人に運動を促 すとかいったこと――を知るのに加えて,そうした介入には誰が最も影響力があるかを知る必要 があり,またこれは目的ごとに変わってしまうかもしれないのである。
12:2 In addition to knowing what works―in the case of obesity, perhaps distributing healthy recipes, or posting on Facebook or Twitter that you “feel so great after going for a run” to encourage friends to exercise―such interventions require knowing who is most influential, and this may vary from purpose to purpose.
12:3 クリスタキスとファウラーは,ネットワークベースのワクチン接種キャンペーンは,最も多 くの社会的な接触をもつ人を標的にすると,全体に及ぶワクチン接種を狙いとするキャンペーン より,費用対効果が3倍高くなるだろうと書いている。
12:3 Christakis and Fowler write that a network-based vaccination campaign, [48](1. consulting 2. excluding 3. targeting) people with the most social contacts, could be three times more cost- effective than a campaign that aims for universal vaccination.
12:4後者のようなキャンペーンでは,ワクチン接種が過剰になる。社会的なネットワークで中核に
なる人物だけに免疫をもたせることで,最小限の薬剤を施して最大限の効果をあげることが可能
になるだろう。
12:4 Campaigns of the latter type over-vaccinate; immunizing only people who are hubs in social networks would enable administering a minimum of doses for maximum effect.

12:5例えば,医療労働者が平均的な市民よりも多くのワクチン接種を受けるべく勧告することは,
同じモデルに従っており,そうした労働者は病人に接することが多く,したがって感染をより広 めやすいと考えるわけである。
12:5 For instance, recommendations that healthcare workers receive more vaccinations than average citizens follow a similar model, assuming that such workers will have more [49](1. sympathy for 2. contact with 3. knowledge about) sick people and thus are more likely to spread infections.
12:6 ネットワークベースの疾病予防キャンペーンが感染拡大を監視するのにつながりの多い人々 を優先するなら,無作為の監視に比べ700倍も効率的になりうる。
12:6 A network-based disease prevention campaign, prioritizing well-connected people when monitoring infection’s spread, could be 700 times more efficient than random monitoring.

[59] According to the article, which of the following is not true of the nature of network science?
1. Network science is a new and emerging scientific discipline involving biological, social, physical, and other networks.
2. Network science seeks to discover common principles that govern network behavior.
3. Network science has emerged in diverse disciplines as a means of analyzing complex relational data.
4. Network science has successfully replaced the traditional theories of sociology, biology, and economics.

・解答 [59]―4
>[59] 「本文によれば、次のうちどれが、ネットワーク科学の本質にftてはまらないか」 1.「ネットワーク科学は,生物学的,社会的,物理的,その他のネットワークにかかわる,新し く現れてきた科学分野である」 2.「ネットワーク科学は,ネットワーク行動を統御する共通の原理を発見しようとする」
3.「ネットワーク科学は,複雑な関係をもったデータを分析する手段としてさまざまな分野で出 現してきた」 4.「ネットワーク科学は,社会学,生物学,経済学の従来の理論に取って代わるのに成功した」
1は第3段の内容に一致する。2は第2段第1文の記述に一致する。3は第3・4段の主旨に一致する。
4については,「従来の理論に取って代わるのに成功した」かどうか,本文に記述がない。よっ て,正解は4である。

■ 第1段落
1:1多くの人とつながりを持った,インターネットが利用可能な社会に住むことに,多くの利点が
あるのは明らかである。しかしその利点の中には個人のプライバシーと安全に対する,憂慮すべ
き危険な要素をもたらすものがある。
1:1 There are clearly many benefits to living in a well-connected, Internet-enabled society, but some of the benefits bring with them worrying elements of risk to personal privacy and safety.
1:2現在我々は,広範囲にわたる,地理的な制約がない友情や仕事上のつながりを,以前は想像す
らできなかったほど容易に築き,維持することが可能である。
1:2 We can now make and sustain wide-ranging, geographically unconstrained friendships and business connections with an ease previously unimaginable.
1:3世界中の人によって蓄積された知識の多くは,現在では簡単なキーワード検索によって,瞬時
に自由にアクセス可能になっている。
1:3 Much of the world’s collected knowledge is now freely accessible at a moment’s notice with simple keyword searches.
1:4影響力の大きいウェブ上のフォーラムとソーシャルネットワーキングデータベースによって,
我々は相性のよい恋人や,元クラスメートや,興味や悩みを分かち合える人を,新しく刺激的な方
法で見つけることが可能になっている。
1:4 Powerful web-based forums and social networking databases enable us to find compatible lovers, former classmates, and people with shared interests or problems, in new and exciting ways.

[51] Which of the following is not included among the “worrying elements” mentioned in the 1st paragraph?
1. The government may monitor your online behavior.
2. You might be deceived out of your money at online shopping sites.
3. Too much dependence on the Internet may hinder your creativity.
4. Someone might follow every post you put on social networking media.

・解答 [51]―3
>[51]「第1パラグラフで述べられている『心配な要素』に含まれないのは,以下のどれか」 1.「政府がインターネット上での行動を監視しているかもしれない」
2.「オンラインショッピングのサイトでお金をだまし取られるかもしれない」
3.「インターネットに頼りすぎると,創造性が失われるかもしれない」
4.「誰かが,ソーシャルネットワーキングメディアであなたが残すメッセージをすべてチェック するかもしれない」
worrying elements「心配な要素」は,本文中では,worrying elements of risk to personal privacy and safety「個人のプライバシーと安全に対する,憂慮すべき危険な要素」とあるのでその具体的 記述を探すと,第2段第1文にある。1,2,4が該ftするのは,順番に1: excessive government monitoring「政府による過剰な監視」,2:crooked business dealings「不正な商取引」,4:spying
「スパイ活動」である。3の内容は本文中には見ftたらないので,これが正解。

■ 第11段落
11:1 その質問にははっきり答えることはできないとはいえ,職業選択の違いが差別によって生じ ると信じるだけの理由はある。
11:1 Although we cannot answer that question definitively, there is reason to believe that some differences in occupational choice are due to discrimination.
11:2 たとえば,最も給料の高いブルーカラー労働は,通常は労働組合のある職業であり,産業 別,職業別組合は,女性を組合員とすることに反対してきた長い歴史がある。
11:2 For example, the highest-paying blue-collar jobs are typically union jobs, and industrial and crafts unions have had a long history of opposition to women as members.

11:3あるいは,医療を考えてみよう。
11:3 Or consider medicine.
11:4女性は皮膚科や放射線科といった専門分野でははるかに数が多くなってきているが,そうした
分野では日程がより柔軟な傾向があり,労働時間を制限することができ,パート勤務が可能であ る。
11:4 Women are becoming much more numerous in specialties such as dermatology and radiology, where schedules tend to be more flexible, hours of work can be limited, and part-time practice is feasible.
11:5 しかし多くの医師は,女性が給料の高い外科分野で目立って少数であるのは一つには女性差 別のせいであり,女性による職業選好の反映のせいではないと論じるであろう。
11:5 But many physicians would argue that the noticeable underrepresentation of women in the high-paying surgical specialties is partly the result of discrimination against women, [49] (1. thus 2. rather than 3. when) reflecting the occupational choices preferred by women.

11:6 もしこの議論が正しいなら,所定の専門分野にいる女性が,その分野の男性と同じだけ支払 いを受けるとしても,高給与の地位から女性が排除されることによって,平均賃金が低下し,生 活を苦しくすることとなろう。
11:6 If this argument is correct, then even if women in a given specialty are paid the same as men in that specialty, the exclusion of women from high-paying slots will lower their average wages and make them worse off.

■ 第12段落
12:1職場の性差別がどの程度なのかは,当分ははっきり片がつくことはなさそうである。
12:1 The extent of gender discrimination in the workplace is [50] (1. assumed 2. inclined 3. unlikely) to be definitively settled anytime soon.
12:2測定された賃金格差はたとえそれが経験,教育,その他の要因を説明するものであっても,明
らかに同じ資格の男女間の真の賃金格差を過大に言うものである。
12:2 Measured earnings differences, even those that account for experience, education, and other factors, clearly overstate the true pay gap between equally qualified men and women.
12:3 しかし,同様に明らかながら,通常女性に課せられる育児負担がより重いものであることを
考慮すれば,同じ給与を受け取っても,それは同一労働に対するものではないのである。

12:3 Just as surely, however, given the heavier parenting demands typically made on women, even when they receive equal pay, it is not for equal work.

[60] Which of the following is not mentioned in the 11th and 12th Paragraphs?
1. Surgeons are predominantly men because women tend to choose more flexible and less demanding work such as dermatology and radiology.
2. Some jobs have unions which tend to exclude women from becoming their members, and consequently, it is hard for women to choose those jobs.
3. Women are expected to take on heavier parenting demands, which put women in an unequal position even if they are given equal pay.
4. It is difficult to demonstrate clearly how and to what extent gender discrimination exists in the workplace.

・解答 [60]―1
>[60] 「次のうちどれが第11・12段で言及されていないか」
1. 「外科医は大部分が男性である。なぜなら,女性は,皮膚科や放射線科といったより柔軟であ まり要求が厳しくない仕事を選びがちだからである」
2. 「女性を組合員になることから排除する傾向のある労働組合がある仕事もあり,その結果,女
性がそうした仕事を選ぶのは困難である」
3. 「女性はより厳しい育児の要求を引き受けるよう求められており,そのために,同じ賃金を与 えられるとしても,女性は不平等な境遇に置かれることになる」
4. 「どのようにして,またどの程度まで,職場に性差別が存在するのかをはっきりと証明するの は困難である」
1については,第11段第5文(But many physicians … )に「女性が給料の高い外科分野で目立っ て少数であるのは,一つには女性差別のせいであり…」と述べられていて,女性の選好の結果と は述べられていない。よって,1が正解である。2については,第11段第2文に「ブルーカラー労働 は,通常は労働組合のある職業であり,産業別,職業別組合は,女性を組合員とすることに反対 してきた…」とあって,このことが女性の職業選択を困難にする一因だとする選択肢の内容に合 致する。3については最終段最終文の「通常女性に課せられる育児負担がより重いものであること を考慮すれば,同じ給与を受け取っても,それは同一労働に対するものではないのである」とい う記述に合致する。4については,第11段第1文の「その質問(=差別なのか,女性による選択の 結果なのか)には,はっきり答えることはできない」という記述に合致している。

■ 第5段落
5:1 しかし、このことを考えてほしい。40年以上にわたって、人種や性別によって労働要員を差別 することは違法だったのだ。
5:1 Consider this fact, however: For more than forty years, it has been illegal to discriminate in the workforce on the basis of race or gender.
5:2法廷で解釈されたとおり、今では法は、もしも職場で女性あるいは少数者に対する低賃金が統
計的に出現していれば、雇用者は差別を犯していると推定され、そうでないことを証明しなければ
ならない、と述べている。
5:2 As interpreted by the courts, the law now says that if the statistical appearance of lower wages for women or minorities is present in a workplace, the employer is presumed to be guilty of discrimination and must prove [36] (1. otherwise 2. it 3. so)
.
5:3連邦政府機関が、ここであれどこか他であれ、法の執行に完壁な仕事をしているとは誰も思っ
ていないけれど、連邦の役人がどれほど近視眼的だったとしても、持続する20%の賃金格差が注目 から逃れうると考えるのは難しい。
5:3 No one thinks that federal agencies do a perfect job at enforcing the law here or elsewhere, but it is hard to believe that a persistent 20 percent pay difference could escape the notice of even the most [37] (1. oversight 2. farsighted 3. nearsighted) federal bureaucrat.

[55] On the relationship between the law and the gender discrimination, which of the following is not correct, according to the article?
1. It is illegal both in theory and in practice to discriminate in the workforce on the basis of gender.
2. Even the strict law-enforcement agencies can overlook a 20% difference in pay between men and women.
3. If there is statistical evidence for women receiving lower wages, the employer can be accused of discrimination.
4. The law that prohibits gender discrimination in the workforce is enforced by federal agencies.

・解答 [55]―2
>[55] 「法律と性差別の関係について,本文によれば,次のうちどれが正しくないか」
1. 「理論と実践の両方で,性に基づいて労働力を差別するのは違法である」
2. 「厳正な法執行機関でさえ,男女間で給与には20%の差異があることを見過ごす場合がある」
3. 「女性がより低い給与を受け取っていることを示す統計的な証拠があるなら,雇用者は差別で
告発されうる」
4. 「労働力の性差別を禁じる法律は連邦機関によって施行される」
1については,第5段第1文後半と第2文から,正しい。2については第5段最終文と反対の内容なの で,誤った記述だと判断できる。3については,第5段第2文と同趣旨の記述である。4について は,第5段最終文から,差別禁止に目を光らせているのは,連邦機関であるとわかる。

■ 第6段落
6:1 もう一つのやり方は情報伝達のために特化した新しいタイプの細胞,つまりニューロンが関係 するものであった。
6:1 The other approach involved a novel cell type specialized for information processing: the neuron.
6:2 ホルモン型のやり方は植物や菌類ではうまく働くが,多細胞の動物が動いたり知覚したり行動 したりするためには,もっと鋭敏な神経の制御形態が必要になる。
6:2 While the hormonal approach works fine for plants and fungi, multi-cellular animals move, sense and act, [39] (1. transforming 2. making . requiring) a more subtle neural form of control.
6:3最初からニューロンはネットワークとして組織されていた。つまりニューロンはチームとして
働いており,協力して情報を伝達し,集団としての決定に到達するのである。
6:3 From the beginning, neurons were organized into networks: they are teamworkers collaboratively processing information and reaching group decisions.

6:4運動ニューロンのように,最後の出力段階のニューロンだけが体を制御する直接的な力を持っ
ている。
6:4 Only neurons at the final output stage, like motor neurons, retain direct power over the body. 6:5 そして運動ニューロンでさえも,コントロール不能なけいれんではない協調的な動きを作り出 すためには,協力して活動しなければならない。
6:5 And even motor neurons must act together to produce [40] (1. moderate 2. accelerated 3. coordinated) movement rather than uncontrolled twitching.

[55] Which of the following is not mentioned as a characteristic of the hormonal model or system of control ?
1. Kings can control society through their scribes.
2. Communication is one-to-many.
3. Teamwork enables collaborative information processing.
4. Powerful individuals use the system to retain power.

・解答 [55]―3
>[55] 「ホルモン型のモデル,または制御システムの特徴として述べられていないのはどれか」
1. 「王は自分たちの書記官を通して社会を治める」
2. 「コミュニケーションは一対多数である」
3. 「チームワークによって,協力的な情報伝達が可能になる」
4. 「力を持った個人が力を維持するためにシステムを使う」
1は,第8段第1文 (The invention of …)にホルモン型のモデルとして述べられている。
2は,第1段第5文 (This parallels…)にある,複雑な脳が発達する前の生物のシステムを説明し ている部分のthe basically hormonal, one-to–many systems that came beforeから,ホルモン型の モデルの特徴であるとわかる。3は,第6段 (The other approach … )参照。ここではニューロン による情報システムが説明されているが,その第3文 (From the beginning … )にあるthey
(=neurons)are team workers … group decisions「ニューロンはチームで … 」から,これは ニューロン型の特徴であるとわかるので3が正解。4は,第8段第1文 (The invention of … )・第2 文 (This one-to-many … )にあるking「王」の例がpowerful individuals「力を持った個人」の例 に該ftするとわかる。

■ 第8段落
8:1書き言葉の発明は,階層的な序列を基盤に組織された,最初の大規模な社会の成立を可能にし
た。そういった組織では,少数の権力を持った王と書記官がコミュニケーションの経路を支配し,
すべての人間に対して命令を下した。この一対多数のモデルは基本的にホルモン型である。
8:1 The invention of writing allowed the first largescale societies, organized on [43] (1. hierarchical
2. horizontal 3. diagonal) lines: a few powerful kings and scribes had control over the communication channels and issued orders to all. This one-to-many model is essentially hormonal.

8:2技術的には高度であるにもかかわらず,ラジオやテレビはこの方式を共有する。
8:2 Despite their [44] (1. chronological 2. ecological 3. technological) sophistication, radio and television share this mode.
8:3布告や支配者(あるいはテレビ製作者)による法的決定は我々の体内でホルモンによって運ばれ
る命令と類似している。つまり命令はすべてのものに発信され,すべてがそれに従わなければなら ないのである。
8:3 The proclamations and legal [45] (1. maneuvers 2. properties 3. decisions) of the ruler (or television producer) parallel the orders carried by hormones within our bodies: commands issued to all, which all must obey.

[54] Which of the following is not mentioned as a characteristic of language?
1. Language enables humans to form social groups.
2. Spoken language and written language function in a different Way.
3. Language can be used in either a hormonal model or a neuronal model.
4. Written language is superior to spoken language.

・解答 [54]―4
>[54] 「以下のいずれが言語の特徴として述べられていないか」
1. 「言語は人類が社会集団を作ることを可能にしている」
2. 「話し言葉と書き言葉は,異なる役割を持つ」
3. 「言語はホルモン型モデルにも,ニューロン型モデルにも使われることがある」
4. 「書き言葉は,話し言葉よりも優れている」
1は,第7段第1文 (In humans,language … )で言及されている。2は第8段第1文 (The invention of … )に,「筆記の発明 (the invention of writing)」により,「階層的に組織された最 初の大きな社会 (the first large-scale societies)」が可能になった,とあるので,ここの部分が 話し言葉と違う書き言葉の役割について述べていると考えられる。3は第8段第1文 (The invention of … )にあるような,ホルモン型の社会と考えられる古代の階層社会でも,テレビやラ ジオ,インターネットのある社会でも言語は存在するので,本文で言及されていると考えられ る。4. written language「書き言葉」とspoken language「話し言葉」の優劣については述べられ ていないので,4が正解である。

■ 第8段落
8:1 では、実際に私たちは、飛ぶのと車を運転するのとでは、どちらを恐れるだろうか。
8:1 So which should we actually fear more, flying or driving?
8:2最初にもっと基本的な質問をするのが有益かもしれない。私たちは、一体何を恐れているの
か、と。
8:2 It might first help to ask a more basic question: what, exactly, are we afraid of?
8:3死、であろう。
8:3 Death, presumably.
8:4 しかし、死の恐怖は限定される必要がある。
8:4 But the fear of death needs to be [13] (1. acted upon 2. narrowed down 3. held out).
8:5当然、私たちは皆、自分が必ず死ぬのを知っているし、何気なくそれを気にかけてはいるだろ
う。
8:5 Of course we all know that we are bound to die, and we might worry about it casually.
8:5 しかし、翌年までに死ぬ確率は10%だと言われたらはるかに心配になり、別の生き方をしたい とさえ思うことだろう。
8:5 But if you are told that you have a 10 percent chance of dying within the next year, you might worry a lot more, perhaps even [14] (1. chose 2. being chosen 3. choosing) to live your life differently.
8:6 そして、もし後1分で死ぬ確率は10%だと言われたら、おそらくパニックになるだろう。 8:6 And if you are told that you have a 10 percent chance of dying within the next minute, you’ll probably panic.
8:6 だから、恐怖感を抱かせるのは切迫した死の可能性なのである。ということは、死の恐怖を計 算するのに最も適切な手法は、時間ごとを基準にそれを考えることになろう。
8:6 So it’s the [15] (1. eminent 2. immanent 3. imminent) possibility of death that drives the fear―which means that the most sensible way to calculate fear of death would be to think about it on a per-hour basis.
9:1 もしも旅行に出かけるのに、車と飛行機のどちらかを選ぶとするなら自動車対飛行機の毎時死 亡率を考慮したいと思うかもしれない。
9:1 If you are taking a trip and have the choice of driving or flying, you might wish to consider the per-hour death rate of driving versus flying.

9:2合衆国では毎年自動車事故で亡くなる人(おおよそ4万人)のほうが,飛行機の墜落で亡くなる
人(千人に満たない)より,はるかに多いのは間違いない。
9:2 It is true that many more people die in the United States each year in motor vehicle accidents (roughly forty thousand) than in airplane crashes (fewer than one thousand).
9:3 とはいえ,大半の人は,飛行機よりも自動車内で過ごす時間のほうがはるかに多いのもまた確 かである。
9:3 But it’s also true that most people spend a lot more time in cars than in airplanes.

9:3 ところが,自動車対飛行機の毎時死亡率はだいたい等しいのである。
9:3 The per-hour death rate of driving versus flying, [16] (1. likewise 2. however 3. all the more), is about equal.
9:4 2つの機械の死につながる可能性は,同じくらい高い,いや実際には,同じくらい低いのであ る。
9:4 The two contraptions are equally likely―or, in truth, un likely to lead to death.

[28] Which of the following is not mentioned in the comparison between the fear involved in driving and flying?
1. Control factors.
2. Familiarity factors.
3. Gruesomeness of death.
4. Death rate per hour.

・解答 [28]―3
>[28] 「次のうち、車の運転と飛行機搭乗に関する危険の比較で言及されていないものはどれか」
1. 「制御できる要因」
2. 「親密度の要因」
3. 「死の恐怖」
4. 「毎時死亡率」
「車の運転と飛行機搭乗に関する危険の比較」は、第7〜9段(Sandman’s “control”…)に述べら れている。そこで指摘されているのは、①「制御できる」要因(第7段)、②毎時死亡率(第8 段)、③親密度の要因(第9段第3文)である。両者の死に方については、比較されていないの で、正解は3だとわかる。

■ 第9段落
9:1 もしも旅行に出かけるのに、車と飛行機のどちらかを選ぶとするなら自動車対飛行機の毎時死 亡率を考慮したいと思うかもしれない。
9:1 If you are taking a trip and have the choice of driving or flying, you might wish to consider the per-hour death rate of driving versus flying.

9:2合衆国では毎年自動車事故で亡くなる人(おおよそ4万人)のほうが,飛行機の墜落で亡くなる
人(千人に満たない)より,はるかに多いのは間違いない。
9:2 It is true that many more people die in the United States each year in motor vehicle accidents (roughly forty thousand) than in airplane crashes (fewer than one thousand).
9:3 とはいえ,大半の人は,飛行機よりも自動車内で過ごす時間のほうがはるかに多いのもまた確 かである。
9:3 But it’s also true that most people spend a lot more time in cars than in airplanes.

9:3 ところが,自動車対飛行機の毎時死亡率はだいたい等しいのである。
9:3 The per-hour death rate of driving versus flying, [16] (1. likewise 2. however 3. all the more), is about equal.
9:4 2つの機械の死につながる可能性は,同じくらい高い,いや実際には,同じくらい低いのであ る。
9:4 The two contraptions are equally likely―or, in truth, unlikelyto lead to death.

[24] According to this article, which of the following statements is not true?
1. More people are afraid of unusual ways of dying than of dying of sickness.
2. More children die in pool accidents than in shooting accidents.
3. Driving and flying are equally hazardous, based on death rates per hour.
4. Both car seats and child placement in a car save an equal number of children’s lives.

・解答 [24]―4
>[24] 「この文章によれば,次の記述のうち正しくないのはどれか」
1. 「病死より,異常な死に方のほうを恐れる人々が多い」
2. 「子どもは,プールの事故死のほうが,銃撃事件の死より多い」
3. 「車の運転も飛行機も,毎時死亡率に基づけば,危険度は同様である」
4. 「チャイルドシートと子どもの車内の配置は両方とも,同数の子どもの命を救う」 この文章では,サンドマンの”control” principle「『制御できる』 原理」(第7段)に従っているか ら,「病気」と「異常な死に方」では,人々は「異常」のほうを恐れることになるので,1は正し い。第4段(Consider the parents … )第7文以降の記述から,2は正しい。第9段(If you are taking … )最終文の記述から,3は正しい。最終段終わりから3文目(But the safety … )に「チャ イルドシートが原因ではなく,前部座席にいない( = 後部座席にいるという配置の)おかげだ」 とあり,「両方が救う」のでないし,equal number「同数」かどうかについても判断できない。 よって,4が本文の記述に一致しない。

■第6段落

6:1 In worlds where people share ideas, roles, resources, purposes, and fates because of places, shared paths weave into the larger was” of town and neighborhood, city, and state.
6:1地域のために人々が思想や役割、資源、目的、運命を共有する世界では、共有の通路が搬り合
わさって、町や近隣、都市、国という「より大きな私たち」となっていく。
6:2 Place blends religious, ethnic, national, political, and other values to [39] (1. forbid 2. forsake 3.forge) “thick we’s.” 6:2地域が宗教的、民族的、国家的、政治的、その他の価値観をない交ぜにして「濃密な私たち」
を練り上げていくのである。
6:3 In a world of purposes, the inescapable shared fates necessary to “thick we’s” occur among friends and families, and in organizations.
6:3目的の世界では、「濃密な私たち」に不可欠な必然的に共有される運命は、友人や家族の間
や、組織体の中で生じる。
6:4 Our cares and animosities arise in them.
6:4私たちの不安も憎しみもそこから生まれる。
6:5 We know that Germany and France were mortal enemies many times in the olden days. 6:5ドイツとフランスは昔には何度も、不倶戴天の敵同士だったことを私たちは知っている。 6:6 But we do not [40] (1. allow 2. expect 3. implore) them to go to war ever again.
6:6しかし、私たちは両国がまた再び戦争をし始めるとは思っていない。
6:7 In a world of purposes, we do not hate people in the “thick we’s” of other organizations.
6:7目的の世界では、組織体は違っても「濃密な私たち」の中の人々を憎悪することはないのであ
る。

[59] Why are organizations less important in the world of places than in the world of purposes?
1. In villages and towns, people physically live together in the same place and naturally work together to realize “values.”
2. In the world of places, it is politics and elections that solve most of the issues.
3. In the world of places, organizations are not well developed beyond family, friends and religious groups.
4. In the world of places, people do not face any conflict among “values.”

[59]「なぜ組織体は、地域の世界では、目的の世界よりも重要性が劣るのか」 1.「村や町で、人々は物理的に同一の場所に一緒に暮らし、ft然ながら共に働いて『価値観』を 実現しようとする」
2.「地域の世界では、ほとんどの問題を解決するのは政治と選挙である」
3.「地域の世界では、組織体は家族や友人、宗教団体を越えてはあまり発達しない」
4.「地域の世界では、人々は『価値観』の間の対立に直面することはない」
解答:[59]-1
「地域の世界」については、第6段に詳しく記述されている。その第7文(In worlds where people share…)と一致するのは1でつまり地域の世界では、組織体がなくても共同体が成立する ため、その重要性が劣ると考えられる。2のような記述は本文にない。3については、第8段第2文 (It is in organizations, not…)に「友人や家族を越えた他者と運命を共にすることに最も意味があ るのは組織体」とあるが、「組織体」自体が発達しない、というわけではない。4についても、
「価値観の対立がない」ことと「組織体の重要性」とは、直接関係がない。

■第7段落
7:1 Large societies are unsustainable without organizations or midlevel formations.
7:1大きな社会は、組織体や中間層なしには維持できない。
7:2 If organizations disappear, societies [41] (1. Destabilize 2. Consolidate 3. Develop) until new ones emerge.
7:2組織体が消えてしまったら、社会は、新たな組織体が生じるまで、不安定になる。

7:3 De Tocqueville, for example, considered towns and associations [42] (1. vital 2. detrimental 3. harmless) to 19th century American democracy.
7:3 たとえば、ド=トクヴィルは、町や連合組織が19世紀アメリカの民主主義に極めて重要であっ たと考えた。
7:4 The immense Soviet Union was also just that — a union of mid level social formations called soviets.
7:4巨大なソビエト連邦もまた、まさにそうしたものだった。ソビエトと呼ばれる社会的中間
層の連合だったのである。
7:5 However, mid level social formations grounded in place have at amazed in the last 30 years. 7:5しかしきちんと根を張っていた社会的中間層はこの30年間のうちに個々ばらばらとなってし まった。
7:6 Structures that once made sense local government, neighborhood, and community – destabilized.
7:6かつては理にかなっていた構造体であった地方政府、近隣地域、地域社会といったものは安定
を失った。
7:7 This instability will [43] (1. insist 2. resist 3. persist) until we recognize that organizations, not collectivities of is,” are the thick was” in which we share fates with others.
7:7この不安定は組織体が「私の集まり」ではなく、他者と運命を共にする場となる「濃密な私た
ち」なのだと、私たちがわかるまで持続するであろう。
7:8 Organizations are the mid level social formations in a world of purposes.
7:8組織体は目的の世界の社会的中間層なのである。
■第8段落
8:1 Organizations are “thick we’s” in which individuals must [44] (1. hinder 2. balance 3. inflate) self-interest with the common good.
8:1組織体は、個人が私利私欲と共通の利益とを均衡させなければならない場となる「濃密な私た
ち」なのだ。

8:2 It is in organizations, not in places, that we most meaningfully share fates with other people beyond friends and family.
8:2私たちが友人や家族以外の他者と運命を共にすることに最も意味があるのは、地域ではなく、
組織体という場所においてなのである。
■第11段落
11:1 People who experience robust democracy in organizations are more likely to respect dissent, free speech, consent, participation, and responsibility.
11:1組織体の中で確固とした民主主義を経験した人々は違う意見、自由な言論、意見の一致、参
加、責任を尊重する傾向がある。

11:2 They are less likely to violate the liberty and freedoms of others.
11:2 他者の自由を踏みにじるようなことをする傾向は低い。
11:3 Neither value nor values can be [49] (1. promoted 2. ignored 3. achieved) in organizations.
11:3 価値も価値観もどちらも組織体の中でないがしろにされることはありえない。
11:4 Again, organizations must link their common good to the greater good of the planet.
11:4 繰り返すが組織体はその共通の利益を世界のより大きな利益に結びつけなければならないの
である。
11:5 In a world of purposes, this is what organizations do – this is what they are for.
11:5 目的の世界で組織体が行うのは、このことである。これこそが組織体の目的なのである。
11:6 Organizations are the solutions to [50] (1. restore 2. regulate 3. monopolize) “thick we’s,” where value and values as well as “I’s” and “we’s” can migrate.
11:6 組織体は「濃密な私たち」を回復する解決策であり「私」と「私たち」ばかりでなく、価値
と価値観が行きつく先である。
11:7 Organizations decide the fate of the twin towers of democracy.
11:7 組織体が、民主主義の双壁の命運を決するのである。

[57] Why are organizations important for democracy? Which of the following is not correct?
1. Conflict among values and self interest must be resolved in an organization.
2. Organizations can serve as small scale models for democracy.
3. An organization can be a shelter for losers of severe market competition.
4. Organizations are the key to maintaining a democratic society.

[57]「なぜ組織体は民主主義にとって重要なのか。次の意見のうち正しくないのはどれか」 1.「価値観と私利私欲の間の対立は組織体の中で解決されなければならない」 2.「組織体は民主主義の小規模なモデルとして役立ちうる」 3.「組織体は厳しい市場の競争の敗者のための避難所になりうる」 4.「組織体は民主的な社会を維持するためのカギである」
解答:[57]-3
1は第8段第1文(Organizations are “thick we’s”…)そのままの記述であるから、正しい。2は第7段全 体の主旨そのものであるから、正しい。3は、市場における敗者をどのように処遇するかという問 題と本論考の主題「過剰な私的利益の追求によって生じる弊害」とは、別問題であるため正しい 記述ではない。4は最終段最終文(Organizations decide the fate…)の主旨に等しいので、正しい。

■第5段落
5:1 Hypotheses are derived from theory.
5:1仮説は理論に由来する。
5:2 A good theory produces good hypotheses.
5:2 よい理論はよい仮説を生み出す。
5:3 And yet, it is also hypotheses that make theories better and sounder.
5:3しかし、理論を改善し健全化するのもまた、仮説なのである。

5:4 There are two aspects to handling hypotheses: hypothesis making and hypothesis testing.
5:4仮説の扱いには2つの面がある。仮説の形成と仮説の検証である。
5:5 [13] (1. Distinguishing 2. Discounting 3. Defending) these aspects are the key to seeing how hypotheses can contribute to theory.
5:5 これらの面を区別することが仮説が理論にどのように寄与できるかを知るカギを握っている。
5:6 For example, Freud had a theory of anxiety that included the concept of “repression.”
5:6 たとえばフロイトは「抑圧」という概念を含む不安の理論をもっていた。
5:7 [14] (1. By 2. On 3. To) repression, Freud meant the forcing of unacceptable ideas into the unconscious.
5:7 フロイトのいう抑圧とは、容認できない考えを無意識へと押し込めることを意味していた。
5:8 Testing Freud’s theory is thus a difficult matter, because the concepts of “repression” and the “unconscious” need to be defined in a measurable, empirical way.
5:8 だから、フロイト理論を検証することは困難なことだった。なぜなら、「抑圧」と「無意識」 という概念を、測定可能な経験的な仕方で定義する必要があるからである。

5:9 This is [15] (1. part 2. Soil. Most) of making a hypothesis and testing it empirically.
5:9 これが仮説を立て、それを経験的に検証するということの重要部分である。
5:10 If the concepts used in a hypothesis are operationally defined, that is, empirically testable, then a scientist can test the theory itself, and the theory can be improved upon.
5:10 もしも仮説中で使われている概念が操作的に定義されているなら、すなわち、経験的に検証 可能なら、科学者は理論そのものを検証することができ、そして理論をよりよいものにしていく ことができる。
5:11 [16] (1. Relative to 2. Depending Oil 3. Owing to) the hypothesis-testing activity tests not only the hypothesis in question but also the validity of the theory under consideration.
5:11仮説検証作業の結果次第で、仮説を支持するか拒絶するかを決めることができるのである。仮
説検証作業は、当該の仮説だけでなく、検討中の理論の妥当性をも検証するのである。
[24] According to the article, which of the following statements about the relationship between theory and hypothesis in scientific investigation is not true?
1. Hypotheses are derived from theory.
2. Theories are made better by hypotheses.
3. The validity of theories is tested through hypothesis-testing.
4. Scientists start with hypotheses and then construct theories.

解答 [24]ー4
>[24]「この文章によると、次の科学研究における理論と仮説のあいだの関係に関する記述のう ち、正しくないものはどれか」
1.「仮説は理論に由来する」
2.「理論は仮説によって改良される」
3.「理論の妥ft性は仮説の検証によって検証される」
4.「科学者は仮説から始め、次に理論を構築する」
1は、第5段冒頭に「仮説は理論に由来する」とあるので、正しい。2は同段第8文に「理論をより よいものにしていくことができる」とあるので正しい。3は同段最終文(The hypothesis-testing activity…)に、「仮説検証作業は、ft該の仮説だけでなく、検討中の理論の有効性をも検証するこ とになる」とあるので、正しい。4は、理論は仮説に由来すると述べられているので、同段冒頭の 文に反する。よって、4が正解。

■第7段落
7:1 In Edison’s view a patent was hardly worth the trouble of inventing something.
7:1 エジソンの考え方では、特許とは、物を発明する苦労ほどの価値はほとんどない。

7:2 He knew from experience that selling patents to businessmen often left the inventor shortchanged.
7:2実業家に特許を売り渡してしまえば、発明者の方に残るべき金が少なくなりがちだということ
を、彼は経験から知っていた。
7:3 More often than not the returns from a new idea went to the financier or manufacturer, while the inventor struggled to protect his patent in the courts and [16] (1. lose 2. enlarge 3. obtain) his share of the profits.
7:3新しい着想から得られる利益は資本家や製造業者の元に渡ってしまうことがしばしばあり、発
明者の方は特許を守って利益の取り分を得ようと法廷で苦闘した。
7:4 A patent alone was not enough, nor was an invention.
7:4特許だけでは十分でなく、発明もまたそうであった。
7:5 The original idea had to be developed into something more tangible than a patent;
7:5最初のアイデアは特許権よりももっと実質的なものに発展させる必要があった。
7:6 it had to be transformed, or “perfected,” into a working model or a prototype – something a businessman could see and touch rather than [17](1. imagine 2. create 3. materialize.
7:6つまり形を変え、あるいは「完成」させて、実用模型や試作品―実業家が頭で想像するのでは
なくむしろ見たり触ったりできるようなもの―にする必要があった。
7:7 This was essential to obtaining financial support.
7:7 このことは金銭的な援助を得るためには不可欠であった。
7:8 In Edison’s words, “the money people” had to see money in an invention before they would invest in it.
7:8エジソンの言葉で言えば、「金にかかわる人々」は、ひとつの発明に投資する前に、そこに金
の存在を見出す必要があった。
7:9 Perfecting an invention included finding and remedying the bugs – the defects and design problems – that inevitably [18](1. broke down 2. went through 3. cropped up) in the development of an idea into a working model or process.

7:9 ひとつの発明を完成させることには、バグ、つまり欠陥や設計上の問題点を見つけ、除去して いくことも含まれていた。それはあるアイデアを実用模型や製作過程の段階へと発展させていく 際に必ず発生するものであった。
7:10 This stage of innovation ended when the invention was translated into a factory ready prototype.
7:10技術革新のこの段階は、その発明が工場ですぐに生産できる試作品へと転化された時終了する
のであった。
7:11 The idea was now embodied in a technology, an amalgamation of ideas, knowledge, and hardware all directed [19] (1. in 2. toward 3. under) a practical goal.
7:11 その時点ではもう、最初のアイデアは、ひとつの技術、つまりアイデアと知識と機器の融合
物の中に具体化されており、そのすべては実際的な目標へと向けられていた。
7:12 Its value was much greater than a patent.
7:12 その価値は特許よりもずっと大きかった。
7:13 The final step was “pioneering” a technology by putting it into production and proving its commercial feasibility.
7:13そして最後の段階は、ひとつの技術を生産ベースに乗せ、商業的な実現可能性を証明するこ
とによって「開拓する」ことであった。
7:14 This meant financing and administrating a manufacturing operation until it could be sold to entrepreneurs.
7:14このことは、起業家に売れるようになるまで、製造作業の資金を調達し、管理することを意
味した。

[27] Which of the following statements best summarizes Edison’s view of patents?
1. Obtaining patents is the crucial step in the process of invention.
2. Protecting patents through the legal system is highly important.
3. Patents do not guarantee commercial success.
4. Patents are essential to obtaining financial support.

・解答 [27]―3
>[27]「特許(patent)」に対するエジソンの考え方を最もよく表した文を選ぶ。第7段(In Edison’s view…)全体にエジソンの考えが述べられている。 特に問題[16]の後の2文に「特許だけでは十分でなく、発明もまたそうであった。最初のアイデア
は特許権よりももっと実質的なものに発展させる必要があった(A patent alone … than a patent)」と あり、3の「特許は商業的成功を保証するものではない」と内容が一致する。3以外の選択肢はい ずれも特許を重視した内容なので不適。 1.「特許の取得は発明過程において必要不可欠な段階である」
2.「法的なシステムによって特許を守ることは非常に重要である」
4.「特許は金銭的援助を受けるために必要不可欠である」

■第5段落
5:1 When Edison reached the age of forty in February 1887, he had achieved more than many men do in their [8](1. Scopes 2. Areas 3. Lifetimes).
5:1エジソンは1887年2月に40歳を迎えた時、多くの男性が生涯でなし得る以上のことをすでに達
成していた。
5:2 The development of commercial electric lighting had brought him worldwide fame and a considerable fortune.
5:2商業としての電気照明の発達が、彼に世界的名声とかなりの富をもたらしていた。

5:3 The famous invention of his incandescent lamp had taken place in 1879 at his laboratory in Menlo Park, New Jersey, the “invention factory” where groups of [9](1. investors 2. experimenters
3. executives) had developed a stream of new products that included electric lighting.
5:3有名な白熱灯の発明が、1879年に、ニュージャージーのメンロ・パークにある彼の研究所、す
なわち「発明工場」でなされており、そこでは何班もの実験者らが電気照明を含む一連の新製品 を開発していた。
5:4 In the years that [10](1. made 2. continued 3. followed) the invention of the electric lamp, Edison and his men built the first complete supply system based on a central power station.
5:4電灯の発明後の期間には、エジソンとその部下達は中心となる発電所を基盤とする完全な電気
供給設備を初めて建設した

5:5 New York’s Pearl Street station was completed in 1882.
5:5 ニューヨークのパール街にある発電所は1882年に完成された。
5:6 It distributed electricity to a few blocks of the business district in lower Manhattan. 5:6 それは南部マンハッタン地区の数ブロックにわたる商業地区へ電気を送った。 5:7 This was not the first electric light in New York City.
5:7 これがニューヨーク市の最初の電灯というわけで、はなかった。
5:8 [11](1.when 2. for 3. although) Charles Brush and Edward Weston had already installed arc lights in public places, but it was the prototype of the commercial distribution of electricity.
5:8 というのは、すでにチャールズ=ブラッシュとエドワード=ウエストンが公共の場所にアーク
灯を設置していたからである。しかしそれは商業的な電気の配給の原形であった。
5:9 The plain, shop front facade of the Pearl Street station did not do justice to this historic installation, which proved that large-scale electricity supply was technologically feasible.
5:9 パール街発電所の建物の質素な正面部分からはうかがいしれないかもしれないが、この歴史的 な設備は大規模な電気の供給が技術的に実現可能であることを証明するものであった。
5:10 It was a triumph for Edison and the small beginning of a great new industry.
5:10 それは、エジソンにとっての勝利であり、また偉大なる新産業の小さな始まりでもあった。 5:11 [12] (1. The structures 2. The features 3. Copies) of the station soon appeared on both sides of the Atlantic, as affluent city dwellers clamored for the new light and entrepreneurs rushed to form local Edison lighting companies.
5:11裕福な都市居住者が新しい照明を要求しそして起業家達がこぞって地元にエジソン照明会社を
設立するにつれ、その発電所と同じものが、ほどなくして大西洋の両側に出現した。
5:12 To his contemporaries, Edison, now known as the “Wizard of Menlo Park,” stood astride a mighty business empire.
5:12 エジソンは同時代の人々にとって目下「メンロ・パークの魔術師」として知られ、強大なビ
ジネス帝国の上に立っていた。
[23] Which of the following is not one of Edison’s inventions?
1. The arc light.
2. The storage battery.
3. The phonograph.
4. The motion picture camera.

・解答 [23]―1
>[23]
[23]次のうちどれがエジソンの発明の一つではないか?
1.アークライト。
2.蓄電池。
3.蓄音機。
4.映画用カメラ。
エジソンの発明ではないものを選ぶ。1のarc light「アーク灯」は、本文の問題[11]の文にあるよ うにブラッシュとウエストンが作ったものである。

[25] According to the article, which of the following statements about industrialization is not correct?
1. The steam engine and textile mill are symbols of the first wave of industrialization.
2. The electrical industry was born at the beginning of the second wave of industrialization.
3. None of the powerful symbols of the second wave of industrialization remains today.
4. The microelectronics “revolution” is under way as a third wave of industrialization.

・解答 [25]―3
>[25]工業化に関する記述で、正しくないものを選べ。
1.蒸気機関や織物工場は、工業化の第一波のシンボルである。
2.電気産業は工業化の第二波の初めに生まれた。
3.工業化の第二波の強力な記号のいずれも、今日残っていない。
4.マイクロ電子工業「革命」は、工業化の第三の波として進行中である。
3は「工業化の第二の波の強力なシンボルは今日一つも残っていない」だが、第2段最終文に「ウ エスト・オレンジにあるエジソンの研究所は…シンボルとしてふさわしいものである」とあるの で、「一つも残っていない」という記述は誤り。
1は第2段第4文(This second wave of…)の後半部分、the steam engine and textile mill… movementの部分と一致する。 2は第2次産業革命が1880年代に始まったと第2段第1文に書かれていること、そして1882年にパー ル街の発電所が完成して電力供給が始まったことが第5段第5文(NewYork’s…)以降に書かれて いることなどから一致。 4は「マイクロ電子工学の『革命』は工業化の第三の波として進行中である」という意味だが、第
2段冒頭に記述がある。「マイクロ電子工学の『革命』」が「第三の波」となることを示す直接的 な記述がないが、「第2次産業革命(=第二の波)との関連性を見出した」とあるため、マイクロ 電子工学の「革命」を第三の波と考えてもよいだろう。

■第8段落
8:1 Many do-it-yourself veterans are grappling with these same issues. 8:1自分でする経験が豊富な人の多くも、これらと同じ問題に取り組んでいる。
8:2 We tried two tasks: 8:2我々は2つの課題を試した。
8:3 one, filling in our tax forms by ourselves versus hiring a tax accountant; 8:3 1つ目は、税の申告書を自分で記入するか税理士を雇うか。
8:4 two, buying a jar of pre-chopped garlic versus buying a garlic press device and doing it ourselves.
8:4 2つ目は、刻みニンニクのビン詰めを買うかニンニクおろし器を買って自分でやるか、であ
る。
8:5 The tax accountant finished his work only two minutes faster than we did ourselves when we used a software program, if we include the time it took to travel to his office.
8:5税理士が作業を終えたのは、我々がソフトウェアのプログラムを使って自分でやった場合と比
べると、彼の事務所まで行くのに要した時間を含めれば、わずか2分早いだけだった。
8:6 However, employing him cost $100 more.
8:6 しかし、彼を雇うことには100ドル余計にかかっている。

8:7 Buying the jar of garlic saved us 22 minutes of chopping and slicing by ourselves, making it worthwhile, but the garlic in the jar does not taste as good as fresh garlic.
8:7 ビン詰めのニンニクを買うと自分で刻んだりスライスしたりする時間を22分節約できたが、そ
れはそれで価値があるとはいえ、ビン詰めのニンニクは新鮮なニンニクほど味がよくない。
8:7 We then hired a professional to organize our desk.

8:7次に我々は、机を整理する専門家を雇った。
8:8 She did half of it, but [49](1. charged 2. paid 3. saved) nearly $100 per hour, during which we had to stay with her to help her understand the piles of papers, making it not worthwhile.
8:8彼女はその半分しかしなかったが、1時間あたり100ドル近くを請求した。その間我々は彼女と
一緒にいて山積みの書類を彼女が理解するのを手助けせねばならず、したがってお金をかける価値 のないものだった。

[54] According to the article, which of the following is not a cost-effective use of free time?
1. Organizing your desk at your workplace by yourself.
2. Filling in your yearly tax forms rather than hiring an accountant to do it.
3. Changing the oil in your car by yourself.
4. Working all the time and asking the phone company for a refund.

・解答 [54]―3
本文によると、次のうち「経費の面で効率的な自由時間の使い方」ではないものはどれか。
1 職場の机を自分で整理すること。
2 税理士を雇わないで自分で年間の税金の申告書を書くこと。
3 車のオイルを自分で交換すること。
4 常に仕事をし、そして電話会社に払い戻しを求めること。
>[54]1の「職場の机を自分で整理すること」は、8:8(We then hired…)から「専門家」を雇っ て机の整理をすることは、費用がかかって「価値のない」ことであるから、自分ですることが効 率的となる。よって不正解。2の「税理士を雇わないで自分で年間の税金の申告書を書くこと」は 8:5、8:6(The tax accountant…)から、税理士を雇っても「自分でやった場合より2分早いだ け」で、しかも雇うのに「100ドル余計にかかった」とあるから自分ですることが効率的となる。 よって不正解。3の「車のオイルを自分で交換する」は、3:4(A simple oil change…)の後半に
「ガソリンスタンドでやってもらった方が費用的に効率がよい」とあり、自分ですることは効率 的でない。よって正解となる。4の「常に仕事をし、そして電話会社に払い戻しを求めること」は おそらく第1段落で登場したカリーさんの行動のことだと思われるが、6:7(It was worth…)に
「(電話会社と争ったことは)満足のためには価値あることだった」とあり、その意味では「効 率的」だったのだから不正解。

■第12段落
12:1 As virtual schools become more prevalent, they will compete with conventional schools for funding, teachers, and students.
12:1 バーチャル=スクールがより普及するにつれ、資金、教員、生徒をめぐって従来の学校と競
争することになるであろう。
12:2 It is likely that there will be [20] ( 1. a lack of interest in 2. harmonious discussions on 3. heated debates on) issues such as teacher training, course certification, academic standards, teaching methods, access, and socialization.
12:2教員の訓練、修了の証明、教育水準、教授法、アクセス、社会化といった問題について、熱い
議論が交わされることになるだろう。
12:3 It is to be hoped that the result of these exchanges will be a renewed consideration of the means and ends of education in contemporary society.
12:3望まれるのは、こういった意見交換の結果が、現代社会における教育の手段と目的を新たに
考え直すことにつながるということである。

[28] Which of the following is not mentioned as an issue related to virtual schooling?
1. The quality of parental supervision is likely to vary by household.
2. Students cannot experience live, face to face interactions.
3. Students with slower computers have a lower quality online experience.
4. Virtual and conventional schools will have to compete for funding.

・解答 [28]―1
バーチャル教育に関する問題として本文で述べられていないものはどれか。
1 親による監督(管理)の質は、家庭によって変わることが多い。
2 生徒は生きた面と向かってのやりとりを経験できない。
3 持っているコンビューターの速度が遅い生徒は、より質の低いオンライン経験をする。
4 バーチャルスクールと従来からある学校は、資金を得る競争をしなければならなくなるだ ろう。
>[28]2の「生徒は生きた面と向かってのやりとりを経験できない」は、5:2(Many who oppose…)と内容が一致するので不正解。 3の「持っているコンビューターの速度が遅い生徒は、より質の低いオンライン経験をする」は、 本文中に直接的な記述はないものの、8:1のsocioeconomic inequality「社会経済的な不平等」と 8:2「収入面で最下層の人々がオンライン教育に参加することができないかもしれない」から、 バーチャル教育に対する筆者の社会経済学的な視点が推測されるので、3は内容に一致すると考え られ、不正解。 4の「バーチャルスクールと従来からある学校は、資金を得る競争をしなければならなくなるだろ う」は11:1(As virtual schools…)と一致するので不正解。 1の「親による監督(管理)の質は、家庭によって変わることが多い」は、「親による監督」につ いての記述が本文にはないので、1が正解。

■第5段落
5:1 Cities may have problems, but they are not necessarily a problem in themselves.
5:1都市には問題があるかもしれないが、都市自体が必ずしも問題なのではない。

5:2 According to some urban planners in England, it is the ‘failure of effective governance within cities that explains the poor environmental performance of so many cities rather than a [40] (1.active 2. exceptional 3. inherent) characteristic of cities in general.’
5:2 イングランドのある都市計画立案者らによると、「非常に多くの都市で環境面での問題がみら れる原因は、一般的な都市固有の特徴というよりはむしろ、都市内部での効果的な統治の失敗に ある」という。
5:3 The manipulation of urban form, and the provision of better forms of governance, may go some way to overcome city problems.
5:3都市形態の巧みな操作、より良い統治形態の用意が、都市問題を克服するのにいくらか役立つ
かもしれない。
5:4 [41](1. Because of 2. Despite. Instead of) many problems, the fastest growing cities in developing countries have benefits for those living there.
5:4多くの問題にもかかわらず、発展途上国における最も成長の速い都市はそこに住む人々に利益
をもたらしている。
5:5 They can provide ‘enhanced opportunity for millions of people’ and ‘refuges from a stifling, restrictive rural life’ that may no longer be economically sustainable.

5:5それらは「何百万もの人々のための機会の増大」と、もはや経済的に持続不可能な「息苦し く、制限の多い田舎の生活から逃れる場所」を提供することができる。
5:6 The sheer vitality and numbers of people and ideas tend to change attitudes and lifestyles, and lead to higher [42](1. aspirations 2. levels 3. means) to improve standards of living.
5:6人々や考え方の、純然たる活力や数の多さが、態度や生活様式を変化させる傾向にあり、また
生活水準を上げようというより高い向上心へとつながっていく。
5:7 How, then, does this tendency relate to sustainable development and sustainable urban form? 5:7 では、どのようにしてこの傾向が持続可能な発展と持続可能な都市形態へと関係してゆくので あろうか。
[56] Which of the following is not one of the points made in the 5th paragraph?
1. Cities are not necessarily a problem in themselves, because they can provide enhanced opportunity for millions of people.
2. The worst problems will occur in rural areas, because rural life is no longer economically sustainable.
3. City problems may be overcome by the manipulation of urban form and the provision of better forms of governance.
4. The growing cities in developing countries have benefits for those living there.

・解答 [56]―2
>[56]「次のうち、第5段で主張されていないものはどれか」 1.「都市はそれ自体が必ずしも問題なのではない。なぜなら何百万もの人々にとっての機会を増 大させられるからである」同段第1文と第5文(They can……)に一致。 2.「最悪の問題は田園地帯に起きるだろう。なぜなら田舎での生活はもはや経済的に持続可能で はないからである」第5文で「もはや経済的に持続不可能な、息苦しく制限の多い田舎の生活(a stifling……sustainable)」とあるが、「最悪の問題が起きる」とはどこにも述べられていない。 3.「都市問題は、都市形態の巧みな操作とより良い統治形態の提供によって克服できるかもしれ ない」第3文(The manipulation……)に一致。 4.「発展途上国の成長しつつある都市は、そこに住む人々に恩恵を与えている」第4文([41]か ら始まる文)に一致。

■第3段落
3:1 In these countries the expansion of urbanization is [33](1. controlling 2. growing 3. occurring) on an unimaginable scale.
3:1 これらの国々においては、都市化の拡大は想像を超えた規模で起こっている。
3:2 Very large cities the megacities with populations of over 10 million people are becoming commonplace.
3:2非常に大きな都市―1千万以上の人口を持つメガ・シティ(巨大都市)―はありふれたものと
なっている。
3:3 New York and Tokyo were the only megacities in 1960, but by 1999 there were 17.
3:3 1960年の時はニューヨークと東京だけがメガ・シティであったが、1999年には17都市になっ
た。
3:4 In another 15 years projections suggest there will be at [34](1. largest 2. least 3. most) 26 such cities, 22 of which will be in developing countries, and 18 of these in Asia.
3:4見積もられているところによると、あと15年すれば少なくともそのような都市が26になり、う
ち22都市が発展途上国にあり、さらにその18都市はアジアにあるという。
3:5 However, the most aggressive growth [35](1. Appears 2. Continues 3. Corresponds) to be in the cities of between 1 and 10 million.
3:5 しかし、最も激しい増加は、100万人から1千万人の都市にみられるようである。
3:6 In 1990, we had 270 million cities; by 2015, various predictions show that there may be between 358 and 516 of these cities.

3:6 1990年には270の「百万都市」があったが、さまざまな予測によると、2015年までにはこのよ うな都市の数が358から516の間になるかもしれないという。
[53] Which of the following statements is not in accord with the contents of the 3rd paragraph?
1. It can be predicted that by 2015, 400 ‘million cities’ will appear.
2. By 2015, it is projected that 70% of the world’s ‘million cities’ will be located in Asia.
3. It is predicted that between 1999 and 2015 another 9 mega-cities will appear.
4. Only 4 mega-cities will be in developed countries in 2015.

・解答 [53]―2
>[53]「次の記述うち、第3段の内容と一致しないのはどれか」 1.「2015年までに400の『百万都市』が出現すると予測することは可能である」同段最終文
(In1990,……)に「358から516の間(between 358 and 516)」という予測が述べられており、 400と予測することは可能と言ってよい。
2.「2015年までに世界の『百万都市』の70パーセントがアジアに位置することになると予測され ている」第4文(In another……)を見ると「26のそのような都市(26 such cities)」のうち「18が アジア(18 of these in Asia)」で約70パーセントという計算になるが、これは「1千万以上の人 口を持つメガ・シティ(the mega-cities with populations of over 10 million people;第2文参照)」 の話であって、「百万都市(million city)」の話ではない。
よって、2が正解。 3.「1999年から2015年の聞にさらに9つのメガ・シティが出現すると予測されている」第3・4文 に、メガ・シティが17から26に増加すると書かれており、数が一致する。 4.「2015年には、先進国には4つしかメガ・シティが存在しないであろう」第4文によると「26の うち22が発展途上国にある」のだから、先進国には4つということになる。

■第2段落
2:1 Over the past five years the world has seen a 2.5% growth in urban population, but that [31](1. scatters 2. stands 3. varies) between the more developed regions (0.7%) and the less developed regions (3.3%).
2:1 ここ5年間に、世界の都市人口は2.5パーセント増加したが、その数値は、より発展した地域
(0.7パーセント)とより発展していない地域(3.3パーセント)との間でばらつきがある。
2:2 In 1999, 47%, or 28 billion, of the world’s population lived in cities, and this is set to increase [32](1. by 2. to 3. with) around 70 million people each year.
2:2 1999年においては、世界の人口の47パーセント、28億人が都市に住んでおり、またこの数は毎
年約7千万人ずつ増加している。
2:3 The expectation is that by 2030 nearly 5 billion (61%) of the world’s 8.1 billion people will live in cities.
2:3予想によると、2030年までには、世界人口81億人のうち50億人(61パーセント)近くが都市に
住むであろうとされている。
2:4 Of the urban population, for every one person now living in cities in developed countries, there are two in the cities of the developing world.
2:4都市人口のうち、現在先進国の都市に住んでいる1人に対して、発展途上国の都市には2人とい
う割合になっている。
2:5 Within 30 years this proportion is predicted to rise to 1:4, indicating that 90% of the growth in urbanization will be in developing countries.
2:5 30年以内にはこの比率は1対4に上昇すると予想されているが、それは都市化における増加分の
90パーセントが発展途上国におけるものであることを示している。

[52] With regard to the world population, which of the following is not mentioned in the 2nd paragraph?

1. Between 1999 and 2030, the world’s city population will have added 2.2 billion people.
2. The growth ratio in the urbanization of developing countries has been much higher than that of developed countries.
3. The proportion of the urban population of developing countries to developed countries will double by 2030.
4. Within 30 years, the urban population of developing countries will occupy 90% of the world population living in cities.
・解答 [52]―4
>[52]「世界の人口に関して、第2段で述べられていないものは次のうちどれか」 1.「1999年から2030年の聞に、世界の都市人口は22億増加する」同段の第2文(In 1999,……)に よると「1999年の時点で都市人口は28億(2.8billion)」であり、続く第3文によると「2030年までに 50億(5billion)」となる。その差22億(2.2billion)となり、内容的に一致する。
2.「これまでの発展途上国の都市化の成長率は、先進国のそれよりはるかに高い」冒頭文に、都 市人口の増加率が「発展していない地域(less developed regions)」でより高いことが示されて おり、内容が一致する。 3.「先進国に対する、発展途上国の都市人口の比率は、2030年までに倍増する」第4文(Of the……)で「都市人口のうち、現在先進国の都市に住んでいる1人に対して、発展途上国の都市 には2人という割合になっている」とあり、続く最終文では「30年以内にはこの比率は1対4に上昇 すると予想されている」とある。つまり「1対2」が「1対4」に倍増するわけであるから、内容的 に一致する。 4.「30年以内に、発展途上国の都市人口は、世界の都市人口の90パーセントを占めるようにな る」最終文に“90%”とあるのは「増加分のうちの90パーセント(90% of the growth)」というこ とであり「都市人口全体の90パーセント」ではない。

■第9段落
9:1 During World War II, it became clear that the Laws of Geneva and Hague as they existed were inadequate in relation to the new methods of conducting war that widely involved civilian populations, and to the newly invented weapons such as the atomic bomb.
9:1 ジュネーヴ条約とハーグ条約は確かに存在していたが、これらは民間人を広く巻き込む戦争を 行う新しい方法や、原子爆弾などの新しく発明された武器に関しては不十分なものであること が、第二次世界大戦中に明らかとなった。
9:2 Therefore, the rules of armed conflict did not correspond to the new methods of modern war.
9:2 したがって、武器による戦闘の法律が近代戦争の新しい方法には対応しなかった。
9:3 Nevertheless, if a case were brought before a court, the legality of such new methods of war had to be [15](1. evaluated 2. invented 3. Speculated) based on the existing law.
9:3 それにもかかわらず、訴訟が裁判所に持ち込まれると、そのような新しい戦争の方法の合法性 が、既存の法律に基づいて判断されなければならなかった。
9:4 In 1963, in an opinion on the use of atomic bombs in Hiroshima and Nagasaki, the District Court of Tokyo held that even though the rules of Air Warfare were not written in a treaty they had become international customary law by the start of the World War II, and the indiscriminate aerial bombardment on [16](1. a disdefended 2. an antidefense 3. an undefended) city was perceived to be contrary to the rules of international customary law.
9:4 1963年、広島と長崎の原子爆弾の使用に関する意見の中で、東京地方裁判所は、空中戦に関す
る法律は条約には書かれていないが、第二次世界大戦開戦までには国際的な慣習法になっていて、 無防備な都市を無差別に空中から爆撃することは、国際的な慣習法に反すると思われると判断を
下した。

[26] Based on the ninth paragraph, which of the followir1g statements is most incorrect?
1. The District Court of Tokyo held that atomic bombs were illegally employed during World War II.

2. The District Court of Tokyo held that Rules of Air Warfare had become international customary law when atomic bombs were employed toward Japan.
3. The District Court of Tokyo held that the legality of the use of atomic bombs could not be brought before the court.
4. The District Court of Tokyo held that the indiscriminate aerial bombardment was contrary to the customary rules of law of armed conflict.
・解答 [26]―3
>[26]「第9段に基づけば、次の文のどれが最も間違っているか」
1「東京地方裁判所は、原子爆弾は第二次世界大戦中に不法に使用されたと判断を下した」
2「東京地方裁判所は、日本に対して原子爆弾が使用されたときには、空中戦の法律は国際的な慣 習法になっていたと判断を下した」 4「東京地方裁判所は、無差別の空中からの爆撃は武器による争いの法律に関する慣習法に反する と判断を下した」はすべて、第9段第4文(In 1963, in an…)に一致。 3「東京地方裁判所は、原子爆弾の使用の合法性は裁判所にもちこめないと判断を下した」は、実 際に合法かどうかの判断を下しているので間違い。

■第3段落
3:1 By the Middle Ages the power of the Church was such that it was able to forbid Christian knights [5](1. to 2. from 3. against) using certain weapons as hateful to God.
3:1中世までには、教会の力は強大なものとなっていたので、キリスト教徒の騎士がある種の武器
を使うのを、神にとって憎むべきものであるとして禁止することができた。
3:2 Thus, in 1139, the Second Lateran Council condemned the use of the crossbow and arc*, a view that matched the concept of chivalry* which regarded such weapons [6](1. as 2. such 3. very) disgraceful, since they could be used from a distance enabling a man to strike [7](1. with 2. before 3. without) the risk of himself being struck.
3:2 その結果、1139年に第2回ラテラノ公会議は戦闘用大弓の使用を非難したが、この考えはその
ような武器を卑劣なものとみなす騎士道の概念に合致したものであった。なぜなら、それらは距 離をおいて使用できるため、自分が攻撃される危険はなく他を攻撃することを可能にするもので あるからだった。
3:3 In fact, the feudal knights were aware of what they knew as the “law of chivalry,” a customary code of chivalrous conduct that controlled their affairs and which was enforced by specially appointed arbitrators* or, in the case of England and France, by Courts of Chivalry.
3:3実際、封建時代の騎士は「騎士道の法」として知られているものに気づいていた。
それは騎士の行動に関する慣習法で、彼らの行動をつかさどり、特別に任命された仲裁者か、あ るいはイギリスやフランスの場合には騎士道法廷によって施行された。

3:4 However, these limitations only covered those who shared the code of chivalry, such as knights of noble birth, and did not cover common soldiers.
3:4 しかしながら、このような制限は、貴族生まれの騎士などのような騎士道の法を共有する者に しか及ばず、一般の兵士に及ぶことはなかった。
[23] Based on the discussion of the chivalry in the third paragraph, which of the following statements is most incorrect?
1. The Church was powerful enough to order Christian knights not to use some kind of weapons during the Middle Ages.
2. If a French Christian knight did not observe the “law of chivalry,” he was held before the Courts of Chivalry.
3. The rules of chivalry were applicable to all the combatants unless they were Muslims.
4. The crossbow and arc were considered to be contrary to the concept of chivalry.

・解答 [23]―3
>[23]「第3段の騎士道に関する議論に基づくと、次の文章のどれが最も間違っているか」
1.中世において、教会はキリスト教徒の騎士にある種の武器を使用しないようにと命令できるほど
力があった

2.フランスのキリスト教徒の騎士が『騎士道の法』を守らなければ、騎士道法廷に捕まった
3.騎士道の規則は戦士がイスラム教徒でない限り、すべての戦士に当てはまった
4. 戦闘用大弓は騎士道の概念に反すると考えられていた
1は第3段第1文(By the Middle Ages…)に一致。2は、第3段第3文(In fact, the feudal…)の最終 部分から考えて、内容に一致。3は、イスラム教徒でなくても、たとえば仏教徒などの場合もftて はまることになるので、間違っている。4は、第3段第2文(Thus, in 1139,…)の最初の部分に一 致。

16:1 The Vietnamese Buddhist poet-priest, Thich Nhat Hanh, devised an interesting telephone meditation.
16:1 ベトナムの仏教詩人兼僧であるニャット=ハイン師は、電話による興味深い瞑想法を考案し た。
16:2 The sound of the telephone ringing, and our semiautomatic instinct to jump up and answer it, seem the very opposite of meditation.
16:2 電話が鳴る音や、半ば自動的に飛び上がって電話に出ようとする本能は、瞑想とは全く逆の
もののように思われる。
16:3 Ring and reaction bring (19) (1. in 2. out 3. along) the essence of the choppy, nervous character of the way time is lived in our world.
16:3 呼び出し音とそれに対する反応は、この世界での時の過ごし方の、ゆらぎやすく神経質な性
質をよく表している。
16:4 He says use the first ring as a reminder, in the midst of whatever you were doing, of mindfulness, a reminder of breath, and of your own center.
16:4 彼は、最初のベルは、何をしている最中であっても注意深くあることを思い出す合図として、
呼吸することを思い出す合図、自分自身の中心を思い出す合図として利用せよ、と述べている。
16:5 Use the second and third rings to breathe and smile.
16:5 2回目と3回目のベルは呼吸をして微笑むために利用せよ。
16:6 If the caller wants to talk, he or she will wait for the fourth ring, and you will be ready.
16:6 掛け手が話したいと思っているのなら4回目のベルまで待つであろうし、そのときには心の準
備ができるだろう、と。
16:7 What Thich Nhat Hanh is saying here is that mindfulness, practice, and poetry in life are not to be reserved for a time and place where everything is perfect ; we can use the very instruments of society’s nervous pressures on us to (20)( 1. relieve 2. retrieve 3. repress) the pressure.
16:7ニャット=ハイン師がここで述べているのは、人生において注意深くすること、実行するこ
と、詩を作ることを、すべてが完璧である時や場所のためにとっておくことはできないというこ とである。社会による我々への神経質な圧力という、まさにその道具を利用して、その圧力を軽 減することができるのである。

16:8 Even under the sound of helicopters-and this is a man who buried many children in Vietnam to the roar of helicopters and bombs he can say, “Listen, listen; this sound brings me back to my true self.”
16:8 ヘリコプターの音の下でさえも一彼はベトナムでヘリコプターと爆弾の轟音を聞きながら多
くの子供達を埋葬した男であるが彼はこう言える。「聞け、聞くんだ。この音が私を本ftの自分 に戻してくれる。」
(29)In this essay, the passage about the poet-priest, Thich Nhat Hanh, is not meant to illustrate
1. the importance of meditation to lessen nervous pressures of everyday life.
2. that anything can be used to our advantage if we are not shackled by preconceptions.
3. the way the telephone can be used as an instrument of meditation.
4. that poetry and creativity should be practiced when we feel calm.

このエッセイでは、詩人、司祭、ティク・ナット・ハン、約通路は、~を説明することを意図し ていません
1.瞑想の重要性は、日常生活の神経の圧力を軽減します。
2私たちは先入観によって縛られていない場あい、私達に有利に使用することができます。
3電話が瞑想の道具として使用することができます。
4私たちは穏やかな感じたときにその詩と創造を実践する必要があります。
解答 (29)4
(29)ニャット=ハイン師の記述の意図に合わないものを選ぶ。4.「詩作や創造は精神が落ちついて いる時になされるべきものである」で。最終段第7文(What…)の内容に不一致。
(30) Which of the following would make a suitable title for this essay?
1. Poetry, Process, and Performance
2. The Creative Potential of Error
3. A Cultural View of Mistakes
4. The Wisdom of Oysters

■第8段落
8:1 The use of writing enables us to accumulate knowledge and at the same time to formalize, summarize, and generate it by means of paralinguistic devices, such as diagrams (including Euclidean geometry), lists, and tables.
8:1 われわれは文字の使用によって知識を蓄積することができ、同時に、(ユークリッド幾何学を 含む)図形やリストや表などのような言語を超えた手段によって知識を形式化し、要約し、生み出 すこともできる。
8:2 Such devices not only facilitate comprehension, their creation advances understanding by grouping material in new or question raising ways.
8:2 そのような手段は理解を容易にしてくれるだけでなく、それらを創り出すことは、新たな方法 か問題を提起する方法で材料をグループ分けすることによって理解を深めてもくれる。
8:3 The telephone directory and the dictionary are important developments from the simpler forms, powerful instruments of knowledge and communication.
8:3電話帳や辞書は単純な形から発達した重要なもので知識と意思伝達の力強い手段である。
8:4 At the same time the shopping list or railway timetable enables one to plan ones future action, and the critical value of such tables for the allocation of time, for teaching, for work, in calendars, and in daily diaries needs no stressing.
8:4同時に、買物リストや鉄道時刻表によって、われわれは将来の行動を計画することができ、時
間の割り当てや授業や仕事のための表や、カレンダーや日記の中の表のもつ重要な価値は強調する
までもない。

8:5 Once again, while planning is intrinsic to all human communities, such action can be greatly
(20) (1. enhanced 2. escalated 3. elevated) by the use of literacy.
8:5 もう一度いうと、計画することはあらゆる人間社会にとって本質的なものであるが、そのよう な行動は文字の使用によって非常に高められうるのである。
(27) Which of the following is not mentioned as a function of paralinguistic devices in writing?
1. They help us make plans for the future.
2. They help us predict our future.
3. They promote our understanding.
4. They help us organize and create knowledge.


(27)次のうちどれが書面でパラ言語デバイスの機能として言及されていませんか?
1.彼らは私たちが未来のための計画を立てるのに役立ちます。
2.彼らは私たちが私たちの未来を予測するのに役立ちます。
3.彼らは我々の理解を促進します。

4.彼らは私たちが整理し、知識を作成するのに役立ちます。 解答 (27)2
(27)1は第8段第4文に一致。3は第8段第2文に一致。4は第8段第1文に一致。generate「作り出す」

■第3段落
3:1 The first achievement of writing is to ensure the storage and communication over time and space of linguistic messages.
3:1文字による業績の第1のものは、時間と空間を超えて言語メッセージを蓄え、伝えることであ
る。

3:2 There lies its prime role in transforming social organizations, but the process of setting down such messages, whether or not they are then communicated to anyone, leads to changes in human understanding itself.
3:2 その主要な役割は社会組織を変えることにあるが、そのようなメッセージを書き留める過程
は、次に誰かに伝えられようと伝えられまいと、人間の理解そのものを変えることにつながる。 3:3 In terms of the mechanics of reading and writing, these involve the development of secondary skills, the coordination of the eye with the brain, the inner ear, and the silent voice, by which linguistic thoughts are expressed in visual formulae and vice versa.
3:3読み書きの仕組みの点からみると、これらには、目と脳との協調、内なる耳や音にならない声
などといった二次的な技術の発達が必要になる。それらによって、言語的な考えは視覚的な方法 で表現され、また逆にもなるのである。
3:4 The process of learning to read involves the deliberate cultivation of exact memory and verbatim recall right from the start.
3:4読むことができるようになる過程には、まさに最初から正確な記憶力と一語一句思い出す力を
計画的に養うことが伴うのである。
3:5 The memorizing of hundreds of basic shapes is (6) (1. crucial 2. marginal 3. irrelevant) to any logographic writing such as Chinese; syllabic scripts make fewer initial demands, and alphabetic ones fewer still.
3:5 何百もの基本的な形を覚えることは中国語のような表語文字には、決定的なことである。音節
文字は最初にそれほどの要求はしないし、アルファベット文字はさらに要求は少ない。

(23) Which of the following does not reflect the author’s view of writing?
1. Writing affects human cognition in significant ways.
2. Writing enables us to store and communicate linguistic messages over time and Space.
3. Writing requires that we develop precise memory and word for word recall.
4. Writing has a marginal role to play in changing social organizations.

・解答 (23)4
(23)
次の文の記事によると、真である過去の識字文化に住んでいる非識字者については、
1.彼らが得た知識は、必ずしも口頭または視覚レジスタに由来するものでした。
2.彼らは知識を取得するチャネルは、経口またはビジュアルモードに制限されていました。
3.彼らはliteratesから全く異なる認知操作を行うことを学びましました。 彼らは書面による知識を獲得するための方法がなかったため、4それらは不利な立場に置かれまし た。
1は第2段第3文に一致。2は第3段第1文に一致。3は第3段第4・5文に一致。verbatim「逐語的な、 一語一句」4はmarginal「重要でない」がおかしい。

■第2段落
2:1 Alice was the admissions officer’s dream.

2:1 アリスは入学許可担ft者の夢であった。
2:2 She was easily admitted to our graduate program.
2:2彼女はわれわれの大学院課程に入るのを容易に認められた。
2:3 She came with (1) (1. average 2. stellar 3. satisfactory) test scores, outstanding college grades, excellent letters of recommendation, and, overall, close to a perfect record.
2:3彼女は、すばらしい試験結果と傑出した大学の成績とすぐれた推薦状、そして、全体としてほ
とんど完璧な履歴をもって入ってきた。
2:4 Alice proved to be more or less what her record promised.
2:4 アリスはだいたいその履歴が約束したものになった。
2:5 She had excellent critical and analytical abilities, which earned her outstanding grades during her first two years at our school.
2:5彼女にはすぐれた批判能力、分析能力があり、そのおかげで彼女はわれわれの学校での最初の2
年間は傑出した成績を得ることができた。
2:6 When it came to taking tests and writing papers, she (2) (1. had no peer 2. had no help 3. was popular) among her classmates.
2:6試験を受けるとか論文を書くということになると、クラスメートの中で彼女に並ぶ者はなかっ
た。
2:7 But after the first two years, Alice no longer looked quite so outstanding.
2:7 しかし、最初の2年が終わると、アリスはもはやそれほど傑出しているようには見えなかっ た。

2:8 In our graduate program, as in most, emphasis shifts after the first couple of years.
2:8 ほとんどの大学院課程と同様に、われわれの大学院課程も最初の2年が終わると、重視する点 が変わる。
2:9 It is not enough just to criticize other people’s ideas or to study concepts that other people have proposed.
2:9他人の考えを批判したり、他人が提唱している概念を研究するだけでは不十分なのである。
2:10 You must (3) (1. not rely on 2. begin reviewing 3. start coming up with) your own ideas and figuring out ways of implementing them.
2:10自分自身の考えを思いつき、それらを実行する方法を考え出し始めなければならないのであ
る。
2:11 Alice’s synthetic abilities were far inferior to her analytic ones.
2:11 アリスの統合能力は分析能力よりはるかに劣っていた。
2:12 But there was no way of knowing this from the evidence available in the admissions folder, for
(4) (1. although 2. however 3. whenever) conventional measures can give us a good reading on analytic abilities, they give virtually no assessment of synthetic abilities.
2:12 しかし、入試書類で入手できる証拠からこれがわかる術はまったくなかった。というのは、 昔ながらの尺度では分析能力に関しては正確な値がわかるが、統合能力に関する評価は実際のと ころまったくわからないからである。
2:13 Thus, Alice was “IQ test” smart, but not equally (5)1. discreet 2. disciplined 3. distinguished) in the synthetic, or practical, areas of intelligence.
2:13 かくしてアリスは「知能指数テスト」的には利口だが、知能の統合的または実用的な分野で は同じように、すぐれているというわけではなかった。
■第4段落
4:1 Celia, on paper, appeared to be somewhere between Alice and Barbara in terms of suitability for admission to the graduate program.
4:1 セリアは、書類上では、大学院課程入学の適性の点から考えると、アリスとバーバラの間に位 置するように見えた。
4:2 She was good on almost every measure of success but not truly outstanding on any.

4:2彼女はほとんどすべての成功の尺度においてよい成績だったが、いずれにおいても非常に傑出 しているというわけではなかった。
4:3 We admitted her, (6) (1. expecting that she comes out 2. expecting her to come out 3. having expected to come out) near the middle of the class.
4:3 われわれは彼女がクラスの真ん中くらいにはなるだろうと思って、彼女の入学を認めた。
4:4 This did not happen.
4:4 このようにはならなかった。
4:5 Celia proved to be outstanding, though in a way that is quite different from Alice’s or Barbara’s. 4:5 セリアは傑出した学生とわかったが、それはアリスやバーバラとはまったく異なった面でだっ た。
4:6 Celia’s expertise lies in figuring out and adapting to the demands of the environ mint.
4:6 セリアの能力は周囲の要求を理解し、適応していく点にある。
4:7 Placed in a totally new setting, she loses no time identifying what is required of her and behaving (7) (1. agreeably 2. accordingly 3. selectively).
4:7彼女はまったく新しい状況に置かれると、すぐに自分に要求されていることを特定し、それに
応じて行動するのである。
4:8 She knows exactly what to do to get ahead.
4:8彼女は成功するために何をすればよいかを正確にわかっている。
4:9 In conventional parlance, Celia is “street smart.”
4:9型にはまった用語でいえば、セリアは「世渡りにたけている」のである。
4:10 She excels in practical intelligence.
4:10彼女は実用的な知能にすぐれている。

(30) Which of the following statements does not reflect the beliefs of the author?
1. Students who initially seem as though they might be successful in graduate school sometimes fail later on.
2. “Street smarts” are beneficial in graduate school.
3. It is impossible to judge students accurately from the contents of a typical admissions folder.
4. Applicants to the author’s graduate school need to design and implement some creative research before being accepted.

・解答 (30)4
(30)
次の文のうちどれが著者の信念を反映していませんか?
1最初に大学院で成功する可能性があるかのように見える学生が後で失敗すること
2.「ストリート知性」は大学院に有益だ。
3.これは、一般的な入学フォルダの内容から正確に学生を判断することは不可能です。
4著者の大学院へ応募者は受け入れられる前に、いくつかの創造的研究を設計し、実装する必要 があります。 1は第2段第7文でアリスを例にして述べられ、2は第4段の終わりの2文でセリアを例にして述べら れ、3は第2段の終わりから2文目で述べられているが、4のように「著者の大学院へ入るためには 創造的な研究を計画、実行する必要がある」ならば、アリスとセリアは不合格だったはずである

■第10段落
10:1 And what about authority?
10:1 では、権威者はどうだろう。
10:2 Do we perhaps identify authority with the designer who had the idea of inventing a new polo shirt design, or with the manufacturer who decided to sell it, and to sell it on a wide scale, to make money?

10:2 たぶん我々は新しいポロシャツのデザインを考え出したデザイナー、あるいはそのポロシャ ツを売ろうと、それも大規模に売ろうと、そして金儲けをしようと決心した製造者と権威者を同 一視するのではなかろうか。
10:3 Or with those who legitimate lee agree to wear it, and to advertise an image of youth and recklessness, or happiness?
10:3 あるいは、そのポロシャツを着ることに何の不自然なところもなく同意し、若さと無鉄砲あ るいは幸福のイメージを宣伝することに同意した人々と同一視するのだろうか。
10:4 Or with the TV director, who has one of his young actors wear the polo shirt to characterize a genera tion?
10:4 あるいは、テレビのディレクターと同一視するのだろうか。ある世代の特色にするために若 い俳優の一人にそのポロシャツを着せたりするからだ。
10:5 Or with the singer who, to cover his expenses, agrees to sponsor the polo shirt?
10:5 あるいは、出費を賄うためにポロシャツのスポンサーに同意した歌手と同一視するのだろう か。
10:6 All are in it, and all are outside it.
10:6 すべてが関係者であり、またすべてが無関係でもある。
10:7 Power is elusive, and there is no longer (16) (1. any 2. some 3. all) telling where the “plan” comes from.
10:7権力は捕まえどころがなく、その「計画」がどこから生じたのかを知る手立てはもはやない。
10:8 There is a plan, but it is no longer intentional.
10:8 ある計画がある。しかし、それはもはや意図されたものではない。
10:9 Therefore, it cannot be criticized with the traditional (17) (1. critic 2. criticism 3. critics) of intentions.
10:9 そこでそれを意図に対する昔ながらの批判の仕方で批判することはできない。
10:10 All the professors of communication, trained by the texts of twenty years ago (this includes me), should be pensioned off.
10:10 20年前の教科書で教育されたコミュニケーション関係の教授は(これには私も入るが)、すべ
てお払い箱にされるべきである。
[10] Which one of the following statements does not reflect the author’s opinion?
1. Art since the 1960s has given way to consumerism.
2. Messages today all tend to be ideologica.
3. It is no longer possible to pinpoint the source or receiver of a message with precision.
4. It has become easier to trace the source of a message to people with power.


筆者の主張でないものはどれか
1.1960年代以降のアートは、消費者への道を与えています。
2.メッセージ今日はすべてideologicaになる傾向があります。
3.それは精度で、メッセージの送信元または受信機を特定することはできなくなりました。
4.それはパワーを持つ人々へのメッセージの送信元を追跡することが容易になってきています。
解答 [10]4
[10]4は「メッセージの出所を権力を握っている人物まで追求するのは容易になった」と述べてい るので第10段と不一致。

3:1 One reason why the personal qualities required of a leader (6)(1.should 2. may 3. may not) be diverse is because leadership cannot be divorced from the environment within which it occurs.
3:1 リーダーに必要とされる個人的な特質が多様にならざるを得ない理由の一つは、リーダーシッ プが、リーダーシップの発生する環境と切り離すことができないことにある。
3:2 The role of this environment is (7)(1. manifest 2. manifold 3. manipulative) in several ways.
3:2 この環境の果たす役割はいくつかの面において明白である。

3:3 To begin with, the personal qualities of leaders are personal only in the sense that these leaders happen to possess them: they may also be viewed as being in part the product of the environment, from the family in which the leaders grew up to the nation to which they belong.
3:3 まず第一に、リーダーたちの個人的特質は、これらのリーダーたちがたまたまその個人的特質 をもちあわせたという意味においてのみ個人的である。一方彼らは、育った家庭から所属する国 家に至るまでの、ある程度環境が生み出したものであると考えることもできるかもしれない。

3:4 But there are two other essential ways in which leadership is related to and indeed (8)(1.
contends with 2. suspends from 3. depends on) the environment.
3:4 しかし、リーダーシップは環境と関係があり、また実に環境次第であると言える大事な面がほ かに二つある。
3:5 First, leadership is, usually at least, clearly connected to the holding of a particular position: a prime minister may exercise his or her leadership more or less successfully; in the first instance, however, the fact of being prime minister provides opportunities which others do not have.
3:5第一に、リーダーシップは通常少なくともその人がある特定の地位を占めているかどうかとい
うことと明らかに関係がある。例えば総理大臣は、多少とも首尾よくリーダーシップを発揮する ことができるであろう。しかしまずはじめに、総理大臣であるという事実は、他の人にはないチャ ンスを与えてくれるものである。
3:6 The holder of such a post is expected to be a leader; other politicians and the population as a whole look to the head of the government for guidance.
3:6 そのような地位を占めている人はリーダーとなることをまわりから期待されている。他の政治
家や国民全体が政府の長に指導力を発揮することを期待している。
3:7 What needs explanation is more why some prime ministers or presidents do not succeed in becoming real leaders, rather than why they succeed (9)(1. in doing it 2. in doing so 3. in being it. 3:7説明を要するのは、総理大臣や大統領のうちのある人々が「真の」リーダーとなることに成功
した理由よりもむしろ、「真の」リーダーとなることに成功しなかった理由の方である。
3:8 Indeed, more generally, the institutional framework truly fashions the characteristics of leadership in that it provides opportunities to exercise power: the British prime minister, for example, has an easier task in this respect than the Italian prime minister, who heads a coalition government whose many components are more likely to rebel than to follow.
3:8実際、さらに一般的には、権力を行使する機会を与えてくれるという点で制度上の体制そのも
のがリーダーシップの特徴を真に作り上げると言える。例えば、イタリアの首相よりも英国の首 相の方がこの点では、仕事が容易である。というのは、イタリアの首相は、つき従うよりも反抗
する可能性の方が大きいたくさんの党からなる連立政府の首班であるからだ。

[3] Which of the following is not mentioned as an environmental factor affecting leadership?
1. education
2. family
3. nationality

次のうちどれがリーダーシップに影響を与える環境要因として言及されていませんか?
1.教育
2.家族
3.国籍
解答 [3]1
[3]第3段第3文にfrom the family … to the nationと記述されている。

■第4段落
4:1 The model for this distinction between liberal and conservative tendencies is British politics of the 19th century.
4:1リベラルと保守に対するこのような区別の典型は19世紀の英国の政治にある。
4:2 Even this model is imperfect, however, because political parties in liberal coun tries commonly have only a loose attachment to any political principle.
4:2 しかし、この典型ですら不完全なものある。それは、自由主義国の政党は一般的にいかなる政 治原理に対してもゆるやかな愛着しかもたないからである。
4:3 For example, in the United States in the mid-20th century, the two major political parties might both have been described as “liberal,” though in different senses of the word.
4:3 例えば、20世紀中頃のアメリカ合衆国では、「リベラル」という言葉の違った意味において、
二大政党のいずれもが「リベラル」という名をかぶせてもおかしくなかった。
4:4 The Republicans stood for a minimum of governmental (4)( 1. association 2 . interference 3. attachment) with the affairs of individuals, while the Democrats generally favored legislation to supply underprivileged individuals with what were thought to be the essential conditions for the exercise of individual liberty.
4:4 共和党員は個人の問題に政府が介入するのは最小限にすることに賛成の態度をとり、一方民主
党員は、恵まれない人々に、個人の自由を行使するために必、要な条件と思われるものを与える ための法律制定に、概して賛成した。
[2] Which of the following statements is not supported by the essay?
1. In the United States, the Republican party espouses British conservatism.
2. The word “liberal” might be applied to the Republicans as well as to the Democrats in the United States in 1950s.
3. Since political parties in liberal countries vary, one cannot apply the model distinction between liberal and conservative in Britain to other countries.


当てはまらないものはどれか
1 米国では、共和党はイギリスの保守主義を信奉する
2 「リベラル」という言葉は、1950年代に米国で共和党にだけでなく、民主党にも適用される
可能性がある
3 リベラルの国の政党が変化するので、人は他の国に英国でリベラルと保守の間にモデルの区 別を適用することはできない
解答 [2]1
[2]espouse「(主義・説を)信奉する、支持する」アメリカ合衆国の共和党とイギリス保守党との関 係についての記述はない。2・3は第4段と一致する。

■第3段落
3:1 The most extreme female socioeconomic disadvantage is found generally in agrarian and pastoral societies.
3:1社会経済面で女性が受ける最も極端な不利益は、一般に農業社会と牧畜社会に見られる。

3:2 Virtually all the great world religions, namely, those that spread beyond the tribal level, developed in agrarian or mixed agrarian and pastoral societies.
3:2 ほとんどすべての偉大な世界的宗教、すなわち、種族の範囲を越えて広がった宗教は、農業社 会または農業と牧畜の混合社会で発達した。
3:3 Those that became monotheistic (e.g., Judaism, Christianity, Islam) dropped the female element entirely (3) (1. from 2. over 3. in) their concept of the deity and original creation.
3:3一神教となった宗教(例えば、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)は、それらの神格と創造に
関する概念から完全に女性の要素を排除した。
3:4 They came to view the sexes in an invidious fashion.
3:4 それらの宗教は女性を不快な様子で見るようになった。
3:5 Women were barred from formal religious roles (4) (1. such as 2. rather than 3. for) the clergy, were defined as polluted or as temptresses, and were made subject to the secular as well as sacred authority of male kin.
3:5女性は聖職者のような正式な宗教的役割から除外され、汚れたもの、誘惑するものと定めら れ、宗教的にも世俗的にも男性という権威に服従させられた。
3:6 Even when monotheism did not develop (e.g., Hinduism, Confucianism), the same types of controls over women came to be justified by religion (5) (1. by means of 2. in spite of 3. on the basis of) women’s supposed innate inferiority.
3:6 ヒンズー教や儒教のように一神教が発達しなかった場合でさえ、女性は生まれつき劣っている
という考えに基づいて、女性に対する同じ種類の統制が宗教によって正ft化されるようになっ た。
[3] In which type of society is sexism most likely to be extreme?
1. Industrial-technological
2. Agrarian pastoral
3. Horticultural and hunting-gathering

どのタイプの社会で性差別は稀または存在しない可能性が高いか? 1.産業・技術
2. 農業 牧畜
3.園芸や狩猟収集
解答 [3]2 [3]第3段第1文参照。

copyright 2016/Everyday school