[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 英語 内容一致テクニック 『特定段落以外の内容と合致する選択肢を選ぶ問題』

■ 第6段落
6:1 しかしながら,一体どれだけ事態が深刻であるのか,誰にも確かなことはわからないのであ る。
6:1 Just how bad it is, though, no one knows for sure.
6:2大多数の医療機器で用いられているソフトウエアは非公開とされ,また各社が専有しているも
のである
6:2 The software used in the vast majority of medical devices is closed and [36](1. primary 2. probationary 3. proprietary).
6:3 このため,競合他社が互いにコードをコピーしたり特許侵害を確認したりできなくなってい る。
6:3 This prevents rivals from copying each other’s code or checking for patent infringements.
6:4 また,欠陥がわかりにくくもなっているのである。
6:4 It also makes it harder to [37](1. expose 2. produce 3. protect) flaws.
6:5 FDAは認可する機器それぞれのソースコードを見せるように要求することができるがこれを日 常的には行っておらず,ソフトウェアの検証は製造業者に任せきりなのである。
6:5 The FDA, which could demand to see the source code for every device it approves, does not routinely do so, but instead leaves it to manufacturers to validate their own software.

■ 第7段落
7:1製造業者からの協力が得られないことに不満をもった学者のなかには,オープンソース技術を
使って医療機器産業を根底から再構築したいと考える人もいる。
7:1 Frustrated by the lack of co-operation from manufacturers, some academics now want to reinvent the medical-device industry from the [38](1. belly 2. seat 3. ground) up, using open-source techniques.

7:2 オープンソースのシステムでは,ソースコードは自由に共有され,その機能を知りたい人や改 良版を作成したいと考える人なら誰でも見たり改変したりすることができるのである。
7:2 In open-source systems, the source code is freely shared and can be viewed and modified by anyone who wants to see how it works or build an improved version of it.
7:3 この考えでは,設計が多くの人の手と目に開かれることで,より安全な製品ができるというの である。
7:3 Exposing a design to many hands and [39](1. ears 2. eyes 3. feet), the theory goes, results in safer products.

■ 第12段落
12:1 これらのオープンソースのシステムはすべて医科学におけるきわめて多様な問題に対応する ものだが,共通点が1つある。すなわちどれも生身の人間の患者に対して使うことが今のところ禁 じられている点だ。
12:1 All these open-source systems address very different problems in medical science, but they have one thing in common: all are currently prohibited for use on live human patients.
12:2臨床の場で使うためには,オープンソースの機器は他のどの医療機器とも同じように,まず最
初に,費用も時間もかかるFDAの認可過程を経なければならないのである。
12:2 To be used in a clinical setting, open-source devices must first [45](1. undergo 2. underlie 3. understand) the same expensive and lengthy FDA approval processes as any other medical device.

12:3 FDAの規制ではソフトウェアのバグを解析することは求めていないが,開発過程を詳細に記 した厳密な書類を残すことを求めている。
12:3 FDA regulations do not yet require software to be analyzed for bugs, but they do insist on a rigorous paper trail detailing its development.

12:4 これは開発者が協働しながら,多くの場合形式にとらわれずに行うというオープンソースの コーディングとは相容れないものである。
12:4 This is not always a good fit with the collaborative and often informal nature of open-source coding.

[54]Which of the following is NOT a problem with using open source software for medical devices?
1. It is expensive to pass government regulations.
2. Medical companies have not accepted open-source methods.
3. The informality of open-source programming makes documentation more difficult.
4. Academics disapprove of open-source software because of buggy code and hackers.

・解答 [54]―4
>[54]「オープンソース機器を医療に利用するうえで問題ではないのは次のうちどれか」に対する 正解は,4.「バグの多いコードやハッカーの存在が理由で,学者はオープンソースのソフトウェ アを認めていない」である。第7段第1文の内容に反する。 1.「政府の規制を通過するのに費用がかかる」は第12段第2文,
2.「医療関係企業がオープンソースの方法を受け入れてはいない」は第6段
3.「オープンソースでのプログラム作成は形式ばったものでないので資料を残すことに困難があ る」は第12段最終文に,それぞれ該当する記述がある。

■ 第7段落
7:1 その何かは、実際は3つである。
7:1 That something is actually three things.
7:2第一に、女性の賃金は、子どもがいるかどうかに対してきわめて敏感に反応する。
7:2 First, women’s pay is extremely sensitive to whether or not they have children.
7:3 たとえば、英国では、この問題が集中的に研究されているが、同国では女性が得る平均賃金は 第1子の誕生の少し前に下がり始め、その子がティーンエイジャー(13〜19歳)になるまで下落し 続ける。
7:3 In Britain, for example, where this issue has been studied intensively, the average pay earned by a woman begins to fall shortly before the birth of her first child and continues to drop until the child becomes a teenager.
7:4収入は第1子が20歳くらいを過ぎると回復し始めるとはいえ、完全に元どおりになることは決し
てない。
7:4 Although earnings begin to [39] (1. revive 2. accumulate 3. level off) once the first child passes the age of twenty or so, they never fully recover.

7:5母親となることに関連する収入減は3分の1近くになり、子どもの巣立ち後に回復するのは、そ
の下落の3分の1でしかない。
7:5 The earnings drop associated with motherhood is close to one-third, and only one-third of that drop is regained after [40] (1.. the bottle 2. the container 3. the nest) is empty.
7:6 アメリカのデータは、大西洋のこちら側でも同様の傾向が存在することを示唆している。 7:6 American data suggest that the same pattern is present on [41] (1. the coverage 2. this side 3. the region) of the Atlantic.

■ 第8段落
8:1女性が被る出産賃金減少はさまざまな原因から生じる。
8:1 The parenthood pay declines suffered by women stem from a variety of sources.
8:2責任と労働時間の減少を伴う「ママさん路線」に乗せられる人もあれば、最初の子どもが生ま
れた頃に異なる雇用者のもとに移って、より柔軟な労働時間が提供されるが、その分、低賃金に もなる仕事をする人もいる。
8:2 Some are [42] ( 1. put on 2. put out . put off) the “mommy track,” with reduced responsibilities and hours of work; others move to different employers around the time their first child is born,
taking jobs that offer more flexible work schedules but offer [43] (1. characteristically 2. unduly 3. correspondingly) lower pay as well.
8:3全体に、平均的な技能があり、24歳で子どもをもつ女性は、職歴を通じて受け取る報酬が子ど
ものいない人に比べて,100万ドル近く少なくなると予想できる。
8:3 Overall, a woman with average skills who has a child at age twenty-four can expect to receive nearly $1 million less compensation over her career, [44] (1. as 2. compared to 3. over) one who remains childless.
8:4男性では,同様の影響が見られないことは,強調しておく価値がある。
8:4 It is worth emphasizing that no similar effect is observed with men.
8:5 それどころか,実は子どもをもつ男性は子どもをもたない男性よりも多くの給与を支払われて いることを示す多少の証拠もある。
8:5 In fact, there is some evidence that men with children are actually paid more than men without children.
8:6 こうした知見から強く示唆されるのは,大半の人には何ら驚くことのない事実,つまり,女性 が幅広く労働力に加わったにもかかわらず,女性は家庭での子どもの世話に第一義的責任を保持 しており,その結果,職業があおりを受けるということである。
8:6 These findings strongly suggest a fact that will [45] (1. consider 2. show 3. come) as no surprise to most people: Despite the widespread entry of women into the labor force, they retain the primary responsibility for child care at home, and their careers suffer as a result.

[57] According to the 7th and 8th paragraphs, which of the following is correct about the relationship between motherhood and women’s pay ?
1. In Britain, having a child is a major cause for the drop of women’s pay, while in America, the situation is less obvious.
2. Women’s earnings start to drop after the birth of a child and go up gradually until they reach the original level.
3. Women with children are paid less than women without children because the former prefer more flexible work schedules.
4. With the entry of more women in the labor force, the wages of women with children will naturally increase.

・解答 [57]―3
>[57] 「第7・8段によれば,母親になることと女性の賃金との関係について,次のうちどれが正し いか」
1. 「英国では,子どもをもつことは女性の賃金の下落の主要原因であるが,一方アメリカでは,
状況はそれほど明瞭ではない」
2. 「女性の収入は子どもの誕生後に下落し始め,それから徐々に上昇してもとの水準にまで達す る」
3. 「子どものいる女性は子どものいない女性より給与が低い。なぜなら前者はより柔軟な勤務時 間を望むからである」
4. 「より多くの女性が労働力に加わるにつれて,子どものいる女性の賃金はft然増加するだろ う」 1については,第7段最終文に「アメリカのデータは、大西洋のこちら側(=つまりアメリカのこ と)でも同様の傾向が存在することを示唆している」とあるので誤り。2については,第7段第4文
(Although earnings begin … )後半に「完全に元どおりになることは決してない」とあるので, 誤り。3については,第8段第1文後半の「最初の子どもが生まれた頃に異なる雇用者のもとに移っ て,より柔軟な労働時間が提供されるがその分,低賃金にもなる仕事をする人もいる」という記 述に一致している。よって,正解。4については,第8段最終文の「女性が幅広く労働力に加わっ たにもかかわらず女性は家庭での子どもの世話に第一義的責任を保持しており,その結果,職業 があおりを受ける」という記述に反している。よって誤り。

・解答 [58]―4
>[58] 「本文によると、正しいのは以下のいずれか」
1. 「インターネットは、神経回路同様にその構成要素の協調が必要である」
2. 「インターネットの接続は、神経回路の信号のように、決められた距離の範囲内に制限され る」
3. 「インターネットは、神経回路のように、多くの特化したコミュニケーションの仕組みを持 つ」
4. 「インターネット上の個人は、神経回路の部品 (ニューロンのこと)のように、一対一でつな がれる」
第1段第2文 (What makes the … )に、インターネットの特徴としてmany-to-many「多数対多数」と
いう結びつきの特徴があるが、これは問題文中では、第1段第5文 (This parallels … )にあるホル モン型のone-to-many「一対多数」の対立概念であると同時にone-to-oneを内包すると考えられる。 また、ホルモン型と対照的仕組みであるニューロン型では,第6段第3文 (From the beginning … ) に「最初からネットワークとして組織されていた」とあるように、一対一の結びつきがあると考え られる。よって正解は4である。1はnervous systemが協調するという記述は第6段第3文 (From the beginning…)にあるが、インターネットが何かと協調する、という記述はない。2は、インターネッ トの接続は、第9段第4文 (Like individual neurons … )にby information from anyone,anywhere「誰 からの、どこからの情報によっても」とあるように、距離的な制約はない。3は、本文にはイン ターネットにmany specialized communication mechanisms「多くの特化したコミュニケーションの仕 組みがある」という記述はない。

[30] Which of the following is the key idea of the article?
1. The importance of understanding context in assessing human character.
2. The importance of developing ethical education.
3. The importance of critical thinking in understanding humanity.
4. The importance of understanding the impact of society on the human mind.

・解答 [30]―1
>[30] 「この文の主題は,以下のどれか」
1. 「人間の性格を判断するときに状況を理解することの大切さ」
2. 「道徳教育を発達させることの大切さ」
3. 「人間性を理解する上での批評的考えの大切さ」
4. 「人間の心への社会の影響力を理解することの大切さ」 この文では物事を判断する際に,状況を考慮に入れることの大切さが繰り返し述べられている。 また,人間にそれができない理由を解明しFAEという概念を理解することで人間の性格を判断す るときに注意すべきことを指摘し,教育的目的への応用の可能性にも言及している。以上のこと をまとめて言い表していると考えられるのは,1である。他の選択肢は,いずれも本文中に言及の ないものばかりである。

■ 第9段落
9:1公衆の信頼というのは,公衆を代表して保管する所蔵品を保存,保護増強するという一連の責
任と,この責任を最高水準の技能と不断の努力をもって確実に果たしていくという行動準則の両
方を意味する言葉である。

conduct to ensure that this responsibility is discharged with the highest degree of skill and diligence.
9: 2 公共機関として,美術館はそれが体現していると受けとめられている価値観と調和するよう
に,行動し行為するように求められている。
9:2 As public institutions, museums are expected to act and behave in a way that is in keeping with the perceived [45] ( 1. thoughts 2. values 3. politics) they embody.
9:3 このことはその運営資金が私的か公的か,それが市営か国営かとは無関係にあてはまる。 9:3 This is true regardless of whether they are privately or publicly funded, civic or state institutions.

■ 第12段落
12:1要するに美術館が使命感を動力とする教育機関として生き延びていくには,公衆を説得して,
自分たちは誠実に不断の努力を重ねてその責任を果たしており,創作されたのが千年前であれつ い先週であれ真に新しい芸術と思想がもつ困難な挑戦と,有名ブランド店で買い物したり,テー マパークに行ったりする手近な快楽とは,はっきりと区別できるのであり,そして,美術館は公 衆の信頼に値し,それゆえに,美術館にその公共的な使命を果たすために特別の地位を与えるこ とには価値があるのだと思われ続けるほかないであろう。
12:1 Art museums, in short, will be able to survive as mission-driven educational institutions only if they can continue to [49] (1. provoke 2. convince 3. question) the public that they discharge their responsibilities with integrity and diligence; that there is a discernible difference between the discomforting challenge of genuinely new art and ideas, whether created a thousand years ago or just last week, and the immediate pleasure of shopping at a designer store or going to a theme park; and that they [50] (1. manage 2. manipulate 3. merit) the public’s trust in them, and that because of this it is worth according them a special status in order to fulfill their public mission.

[59] Which of the following most closely explains the phrase “they discharge their responsibilities with integrity and diligence” in the last paragraph?
1. Museums should become more transparent in balancing economics and mission.
2. Museums should serve visitors’ needs for shopping and pleasure as well as education.
3. Museums should focus their activities on education and enlightenment.
4. Museums should show both new pop art and old national heritage.

・解答 [59]―3
>[59] 「次のうちどれが最終段の『美術館は誠実に不断の努力を重ねてその責任を果たす』の説明 に最も近いか」
1. 「美術館は経済状態と使命の均衡をとるのにさらに透明性を高めるべきである」
2. 「美術館は教育ばかりでなく買い物や娯楽という来館者の需要に尽くすべきである」
3. 「美術館は教育と啓蒙にその活動の焦点を合わせるべきである」
4. 「美術館は新たな大衆芸術と旧来の国家的遺産の両方を見せるべきである」
「美術館は誠実に不断の努力を重ねてその責任を果たす」に似た表現が第9段第1文にもあるが, 続く同段第2文に,それを行う際に,「美術館はそれが体現していると受けとめられている価値観 と調和するように,行動し行為するように求められている」とある。これは最終段末尾にあるよ うに「公共的な使命を果たす」こと,すなわち,mission-driven educational institute|使命感を動
力とする教育機関」(最終段第1文)として誠意をつくすことであると考えられる。よって3が正 解。1は「経済状態と使命の均衡をとる」「透明性」が主旨から外れる。

■第7段落
7:1 Large societies are unsustainable without organizations or midlevel formations.
7:1大きな社会は、組織体や中間層なしには維持できない。

7:2 If organizations disappear, societies [41] (1. Destabilize 2. Consolidate 3. Develop) until new ones emerge.
7:2組織体が消えてしまったら、社会は、新たな組織体が生じるまで、不安定になる。
7:3 De Tocqueville, for example, considered towns and associations [42] (1. vital 2. detrimental 3. harmless) to 19th century American democracy.
7:3 たとえば、ド=トクヴィルは、町や連合組織が19世紀アメリカの民主主義に極めて重要であっ
たと考えた。
7:4 The immense Soviet Union was also just that — a union of mid level social formations called soviets.
7:4巨大なソビエト連邦もまた、まさにそうしたものだった。ソビエトと呼ばれる社会的中間
層の連合だったのである。
7:5 However, mid level social formations grounded in place have at amazed in the last 30 years.
7:5しかしきちんと根を張っていた社会的中間層はこの30年間のうちに個々ばらばらとなってし
まった。
7:6 Structures that once made sense local government, neighborhood, and community – destabilized.
7:6かつては理にかなっていた構造体であった地方政府、近隣地域、地域社会といったものは安定 を失った。
7:7 This instability will [43] (1. insist 2. resist 3. persist) until we recognize that organizations, not collectivities of is,” are the thick was” in which we share fates with others.
7:7この不安定は組織体が「私の集まり」ではなく、他者と運命を共にする場となる「濃密な私た
ち」なのだと、私たちがわかるまで持続するであろう。
7:8 Organizations are the mid level social formations in a world of purposes.
7:8組織体は目的の世界の社会的中間層なのである。
■第8段落
8:1 Organizations are “thick we’s” in which individuals must [44] (1. hinder 2. balance 3. inflate) self-interest with the common good.
8:1組織体は、個人が私利私欲と共通の利益とを均衡させなければならない場となる「濃密な私た
ち」なのだ。

8:2 It is in organizations, not in places, that we most meaningfully share fates with other people beyond friends and family.
8:2私たちが友人や家族以外の他者と運命を共にすることに最も意味があるのは、地域ではなく、
組織体という場所においてなのである。
■第11段落
11:1 People who experience robust democracy in organizations are more likely to respect dissent, free speech, consent, participation, and responsibility.
11:1 組織体の中で確固とした民主主義を経験した人々は違う意見、自由な言論、意見の一致、参
加、責任を尊重する傾向がある。

11:2 They are less likely to violate the liberty and freedoms of others.
11:2 他者の自由を踏みにじるようなことをする傾向は低い。
11:3 Neither value nor values can be [49] (1. promoted 2. ignored 3. achieved) in organizations.
11:3 価値も価値観もどちらも組織体の中でないがしろにされることはありえない。
11:4 Again, organizations must link their common good to the greater good of the planet.
11:4 繰り返すが組織体はその共通の利益を世界のより大きな利益に結びつけなければならないの
である。
11:5 In a world of purposes, this is what organizations do – this is what they are for.
11:5 目的の世界で組織体が行うのは、このことである。これこそが組織体の目的なのである。

11:6 Organizations are the solutions to [50] (1. restore 2. regulate 3. monopolize) “thick we’s,” where value and values as well as “I’s” and “we’s” can migrate.
11:6 組織体は「濃密な私たち」を回復する解決策であり「私」と「私たち」ばかりでなく、価値
と価値観が行きつく先である。
11:7 Organizations decide the fate of the twin towers of democracy.
11:7 組織体が、民主主義の双壁の命運を決するのである。

[58] Which of the following best explains the relationship between liberty and “thick we’s”?
1. Liberty means freedom only in “thin we’s,” not in “thick we’s.” 2. Liberty is something that people learn to respect in “thick we’s.” 3. Liberty conflicts with “thick we’s.”
4. Liberty has nothing to do with “thick we’s” or “thin we’s.”

[58]「次のうちのどれが自由と『濃密な私たち』の間の関係を最もよく説明しているか」 1.「自由が解放を意味するのは、『希薄な私たち』の中でだけであって『濃密な私たち』の中で
はない」 2.「自由は人々が『濃密な私たち』の中で尊重するようになるものである」
3.「自由は『濃密な私たち」と対立する」
4.「自由は『濃密な私たち』とも、『希薄な私たち』とも関係がない」
解答:[58]-2
1は、そもそもこの論考でliberty(奴隷でない自由な市民のもつ自由)とfreedom(何ものにも束縛さ れない状態である自由)との違いは論じられていないので、「説明」にならない。2は最終段第1文 (People who experience…)の記述に一致するので正解。3は最終段最終2文(Organizations are the solutions…)の主旨「政治的自由と市場経済が維持できるかどうかは、組織体 の中で『濃密な私たち』が成立するかどうかにかかっている」に矛盾するため、「説明」として 不適切である。4も、同様に主旨とは相容れないので、「説明」として不適切である。

■第5段落
5:1 In our placeless world, our dominant shared role in relation to government is consumer, not citizen.
5:1 地域の消えた現代社会では、統治に関連して私たちが共有する主要な役目は、消費者であっ
て、市民ではない。
5:2 Citizenship becomes [37] (1. no less than 2. no more than 3. as little as) a nostalgically shared idea.
5:2市民であることは、懐かしく分かち合う概念にすぎなくなる。

5:3 We experience the self-governance historically linked to the role of citizen in organizations, not places.
5:3私たちが市民の役割に結びついた自治を歴史的に経験するのは、組織体の中なのであって、地
域ではない。
5:4 If we find the meaning of community, we do so in organizations and among friends, not places. 5:4もしも私たちが地域社会の意味を見出すとすれば、それは組織体や、友人たちの間でのことで あって、地域ではない。
5:5 We can vote.
5:5私たちは投票をすることができる。
5:6 But voting is a single thread of democracy.
5:6 しかし、投票は民主主義のたった一本の糸なのだ。
5:7 In the [38] (1. event 2. absence 3. institution) of accompanying political and social values, voting is a specialized currency for consumption in political markets.
5:7それに伴う政治的・社会的な価値観がなくては、投票は政治という市場で流通する特殊な消費
用通貨になってしまうのである。
■第11段落

11:1 People who experience robust democracy in organizations are more likely to respect dissent, free speech, consent, participation, and responsibility.
11:1 組織体の中で確固とした民主主義を経験した人々は違う意見、自由な言論、意見の一致、参
加、責任を尊重する傾向がある。
11:2 They are less likely to violate the liberty and freedoms of others.
11:2 他者の自由を踏みにじるようなことをする傾向は低い。
11:3 Neither value nor values can be [49] (1. promoted 2. ignored 3. achieved) in organizations.
11:3 価値も価値観もどちらも組織体の中でないがしろにされることはありえない。
11:4 Again, organizations must link their common good to the greater good of the planet.
11:4 繰り返すが組織体はその共通の利益を世界のより大きな利益に結びつけなければならないの
である。
11:5 In a world of purposes, this is what organizations do – this is what they are for.
11:5 目的の世界で組織体が行うのは、このことである。これこそが組織体の目的なのである。
11:6 Organizations are the solutions to [50] (1. restore 2. regulate 3. monopolize) thick was,” where value and values as well as “I’s” and “we’s” can migrate.
11:6 組織体は「濃密な私たち」を回復する解決策であり「私」と「私たち」ばかりでなく、価値
と価値観が行きつく先である。
11:7 Organizations decide the fate of the twin towers of democracy.
11:7 組織体が、民主主義の双壁の命運を決するのである。
[60] Which of the following is true, according to this article?
1. Economic-value-oriented societies are dynamic, but respect for human values is also important in today’s democracy.
2. Democracy can be maintained only by creating new types of organizations where “value” and “values” can merge without conflict.
3. Place based traditional democracy no longer functions properly. A new type of organizational democracy is necessary for the world of purposes.
4. It is more important to think about “we’s” than “I’s.” The quality of democracy depends on self control and caring for others.

[60]「この文章によれば、次のうちのどれが正しいか」
1.「経済的な価値中心の社会は、活力があるが、人間的な価値を尊重することも、今日の民主主
義では重要である」 2.「民主主義は、『価値」と「価値観」が、対立することなく混じり合うことができる新しい種 類の組織体を創造することによって、初めて維持することができる」 3.「場所中心の伝統的な民主主義はもはや適切に機能することはない。新しい種類の組織的民主 主義が、目的の世界には必要である」 4.「「私たち」について考える方が「私」について考えるよりも重要である。民主主義の質は、 自制と他者への配慮によって決まる」
順に選択肢を検討しよう。1は、dynamic「活発だ」とあるが、本文は「私利私欲の追求が行き過 ぎている」市場経済について述べているという食い違いがある。よって、正しくはない。2は、
「新しいタイプの組織を創造する」という記述は、本文にはない。本文は、「旧来とは異なる(新 しい、ではない)」組織体の中に「新しい役割」を見ているだけである。さらに「対立なく融け合 う」という記述もない。よって、正しくはない。3は、前半については、第5段第1・2文(In our placeless world…)に一致。後半については、最終段の主旨そのものであるから、正しい。4について は、第1段第3文(That year The Declaration of Independence…)や最終段最終文(Organizations decide the fate…)からわかるように筆者は“we’s”と“I’s”の重要性の比較をしているのではなく、両者のバラン スをとり、共に機能させることを主張しているのである。また、「民主主義の質」ではなく「民

主主義」そのものが、今の社会では脅かされているということが本文の核心であるため、正しく はない。

[30] Which of the following statements best summarizes this article?
1. A solution to the complex problems relating to water management can be found by international collaboration.
2. Global climate change limits people’s ability to manage safe water supplies.
3. Scientific, engineering, and political factors all need to be incorporated in order to manage safe water supplies.
4. Arsenic in drinking water is less of a problem than diarrhea and drought.

・解答 [30]―3
>[30]「次の文の中で本文の要約として、最もよいものはどれか」 1.「水の管理に関する複雑な問題の解決策は、国際的な協調によって見つけることが可能であ
る」
水の管理について国際協調が必要だ、という記述はないので不適。
2.「地球の気候の変動は、人間が安全な水の供給を管理する能力を制限する」気候の変動と、安 全な・水の供給を管理する能力の関係については、本文中で は述べられていないので不適。 3.「安全な水の供給を管理するには、科学的要素、工学的要素、そして政治的要素のすべてが1つ
になる必要がある」
正解。チャクラボルテイやイスラムの研究の成果が、第9段から第12段に紹介されている。また最
終段でも、問題解決のための調査や新技術の開発の大切さが述べられている。そして第5段ではバ ングラデシュとインドが、ガンジス川の管理に関して協力しているという主旨の記述も見られ、政 治的な要素の大切さにも触れている。
4.「飲料水に含まれるヒ素は、下痢や干ばつほどの大きな問題ではない」
ヒ素の問題と、下痢や干ばつのどちらが深刻か、という比較をする記述はないので不適。

■第11段落
11:1 The arsenic was washed from the sediments of the Himalayas, and is thought to have been accumulating beneath the Bengal Delta for at least 2 million years.
11:1 ヒ素はヒマラヤ山脈の堆積物から洗い出され、少なくとも200万年の間ベンガル=デルタの 地下に堆積していたと考えられている。
11:2 The puzzle is why it is now being drawn to the surface in some wells, but not in others.
11:2不思議なのは、なぜ現在そのヒ素を表面に引き寄せる井戸もあれば、そうでない井戸もあるの
か、ということだ。
11:3 One leading theory is that the arsenic is released from the sediments into groundwater under oxygen-free, reducing conditions.
11:3有力な説の1つは、ヒ素は酸素のない還元状態で、堆積物から離れて地下水に入り込む、とい
う考えだ。
11:4 And some researchers suspect that rotting vegetation in the uppermost 30 meters or so of sediment creates just such an environment.
11:4 そして、堆積物最上層30メートルほどにある腐敗した植物層が、ちょうどそのような環境を
作っているのだと考える研究者もいる。

11:5 That would help to explain why the problem seems worse in shallower wells, and adds to hopes that it may be possible to [17] (1. modify 2. identify. overcome) and selectively shut down those that are hazardous.
11:5 この説は、浅い井戸で問題がより深刻な理由を説明する助けになるであろうしまた危険な井 戸を特定し慎重に選別して閉鎖できる可能性を大きくする。

[28] Which of the following statements is supported by the 10th and 11th paragraphs?
1. Almost all of the wells in the Bengal Delta do not contain water with arsenic levels above the WHO limit.
2. Deeper wells have a high probability of including a high concentration of arsenic in the water.
3. Shallower wells are more likely to contain an unacceptable concentration of arsenic.
4. The concentration of arsenic in well water is not dependent on factors such as the depth of the well.

・解答 [28]―3
>[28]「第10・11段から正しいと認められる文は次のうちどれか」 1.「ベンガル=デルタにあるほとんどすべての井戸の水には、WHOの基準を超えるレベルのヒ素 は含まれていない」
2.「深い井戸には、水に高濃度のヒ素が含まれている可能性が高い」
3.「浅い井戸の方が、許容範囲を超えた濃度のヒ素を含んでいる可能性が高い」
4.「井戸水のヒ素濃度は、井戸の深さといった要素には左右されない」
第10段第2・3文(Some wells contain-)にWHOの基準の400倍や5倍のレベルのヒ素を含む井戸水
があったことが述べられているので1は不適。
第11段最終文(That would help to…)の記述(浅い井戸の方がヒ素の汚染が深刻である)より、2
と4は不一致で、3は一致するとわかる。

■第10段落
10:1 Over the ensuing five years, Chakraborty and his colleagues at Dhaka Community Hospital showed that the problem extends across large areas of the Bengal Delta on both sides of the India- Bangladesh border.
10:1 その後の5年の問に、チャクラボルティとダッカ地域病院の同僚たちは、その問題がインド・ バングラデシュ国境の両側にまたがる、ベンガル=デルタの広範な地域に拡大していることを証
明した。

10:2 Some wells contain 400 times the World Health Organization (WHO) safe drinking water standard for arsenic.
10:2世界保健機関(WHO)が定める飲料水用基準の400倍のヒ素が水に含まれた井戸もあった。
10:3 Current estimates are that 80 million Bangladeshis are [16] ( 1. at large 2. at odds 3. at risk), with 30 million drinking water containing five times the WHO arsenic limit.
10:3現在の推定では、8000万人のバングラデシュ人が危機的状況にあり、そのうち3000万人が
WHOの定める上限の5倍のヒ素を含む水を飲んでいる。

10:4 “The danger is very, very real,” says Chakraborty.
10:4 「その危険は、間違いのない現実である」とチャクラボルテイは言う。
[27] According to the 9th and 10th paragraphs, epidemiologist Dipankar Chakraborti asserted that
1. the problem of contaminated water is confined to the areas of the Bengal Delta on one side of the India Bangladesh border.
2. the increase in skin lesions and cancers in Bengali villages was caused by well water massively contaminated by arsenic.
3. 30 million people drink water that is safe by WHO standards.
4. wells, once proven safe, are unlikely to become unsafe over time.

・解答 [27]―2
>[27]「第9・10段によると、伝染病学者のデイパンカー=チャクラボルティが主張したのは…」

1.「汚染水の問題は、ベンガル=デルタ地域の、インド・バングラデシュ国境の片側に限られて
いる」
第10段第1文(Overtheensuing…)に、インド・バングラデシュ国境の「両側」に問題が広がった、
という記述があるので不適。
2.「ベンガル州の村における皮膚病やガンの増加は、ヒ素によってひどく汚染された井戸水に よって起こった」
第9段第2・3文(It was Dipankar Chakraborti,…)に一致する。
3.「WHOの基準で安全とされている水を飲んでいる人は3000万人である」
第10段第3文(Current estimates are that…)によると、「3000万人」は、WHOの基準の5倍のヒ素を
含んだ、水を飲んでいる人の数であるので不適。 4.「いったんは安全だとされた井戸が、再び安全でなくなることはない」 第9・10段には該当する記述はないが、第12段最終文(Chakrabortihasalsofound…)に、チャクラボ
ルティが、安全だった井戸がそうでなくなった例を発見したことが述べられているので不適。
■第6段落
6:1 The picture looks bleak, but experts point out that Bangladesh is, in some ways, a victim of its own success.
6:1見通しは暗いが、バングラデシュはある意味、自らの成功の犠牲者である、と専門家は指摘す
る。
6:2 Given the hydrological hand they were dealt, the inhabitants of the Bengal Delta traditionally grew low-yielding but flood tolerant rice, and fished wetlands and pools that were recharged by annual floods.
6:2彼らに与えられた水文学的な手札を考えると、ベンガル=デルタの住民は、低収穫でも洪水に
強い種類の米を伝統的に栽培し、毎年の洪水で補充される湿地や水溜りで漁業をしていた。
6:3 This could support a modest population at [8](1. Flat 2. Similar 3. Subsistence) levels, but no more.
6:3 これはささやかな数の人が、何とか食べていくことを可能にしたが、それ以上は無理であっ
た。
6:4 Since the late 1950s, however, aid donor-backed irrigation schemes, later incorporating groundwater pumping, have opened up vast areas of fertile delta soil to the plough.
6:4 しかし1950年代の終わり頃から、援助国の支援による灌漑計画が、後に地下水の汲み上げと 一緒になって肥沃な三角州の広大な土地を開発し耕作地へと変えた。
6:4 Now almost all of the land in Bangladesh that is suitable for agriculture is in use.
6:4現在では、農業に適したバングラデシュの土地は、ほとんどすべてが利用されている。
6:5 High-yielding rice varieties have boosted productivity hugely, while the development of coastal areas for shrimp farming has also provided further food and revenue.
6:5高収穫な品種の米が生産性を大幅に向上させ、その一方でエビの養殖を目的とした沿岸地域の
土地の開発もまた、さらに多くの食糧と歳入をもたらした。

■第7段落
7:1 As a result, the population has quadrupled since 1950.
7:1その結果、1950年以降人口は4倍に増えた。

7:2 Today, an average of 920 people crowd into each square kilometer of Bangladesh, making it one of the most [9](1. largely 2. densely 3. appropriately) populated countries in the world.
7:2今日では、平均920人が1平方キロメートル当りにひしめきバングラデシュを世界で最も人口密
度が高い国の1つに押し上げている。
7:3 Therein lies the problem:
7:3 そこに問題が存在する。

7:4 population pressure has helped to make droughts more severe and floods potentially more [10] (1. devastating 2. demanding 3. enriching).
7:4 つまり、人口により圧力がかけられたことで干ばつはより厳しくなり、洪水の潜在的な脅威は
さらに大きくなった。

7:3 Also, with sanitation still inadequate, the rapid population growth of the past half century has exacerbated problems with waterborne disease.
7:3 また、下水設備がいまだ不十分なことと相まって、過去半世紀聞の急激な人口の増加は、水を
媒介とする病気の問題を深刻化させた。
7:4 Environmental scientist Atiq Rahman [11](1. prefers 2. likens 3. ascribes) Bangladesh to a giant toilet flushed just once a year.
7:4環境科学者のアティク=ラーマンは、バングラデシュを、年に1度しか水が流れない巨大な水洗
トイレに喩えた。
[24] According to this article, aid donor-backed irrigation schemes incorporating groundwater pumping
1. benefited only the international donors and local companies providing the pumping equipment.
2. increased the risk of infectious diseases among people in the Bengal Delta.
3. alleviated international tensions concerning the water of the Ganges.
4. made more land suitable for agriculture, accelerating the population explosion.

・解答 [24]―4
>[24]「本文によると、支援国の援助を受けた地下水の汲み上げを組み入れた潅減計画は…」 1.「海外の支援者と、揚水装置を提供する地元の会社のみを潤わせた」
第6段第5・6文(Now almost all of…)の内容から、農業従事者や漁業従事者も収入を増やしたと考 えられるので、不一致。
2.「ベンガル=デルタの人が伝染病にかかる危険を高めた」
第7段第4文(Also, with sanitation…)に、伝染病にかかる危険を高めたのは不十分な下水設備と急
激な人口の増加である、という主旨の記述があるので不一致。 3.「ガンジス川の水に関する国際的緊張を和らげた」 灌漑計画と国際的緊張との関係については、本文では述べられていないので不一致。 4.「農業に適した土地を増やし、人口の増加を加速させた」 第6段第5・6文と第7段第1文(As a result,…)に一致する。

[60] Which of the following statements best summarizes this article?
1. Student volunteer groups are on the rise in Asia.
2. The 2004 tsunami has triggered unprecedented volunteerism across Asia.
3. Collaborative relationships between governments and NGOs are developing across Asia.
4. Humanitarianism is a powerful force among today’s Asian young people.

・解答 [60]―4
>[60]本文の要点を最もよく表している文を選ぶ。 1.「学生ボランテイア団体がアジアで増加中である」
2.「2004年の津波をきっかけにアジア一帯に前例のないボランテイア活動が起こった」
3.「政府とNGOとの協力関係はアジア一帯で発展しつつある」
4.「人道主義は今日のアジアの若者の間にある大きな力である」
1と2は、本文に記述はあるが、中心的な論点ではない。ボランテイア団体やNGOの増加の事実だ
けではなく、その背景にある若者の姿勢の変化について述べている。このことから、4が全体的な
主旨に近いと言える。なお、3は本文に記述がない。

■第4段落
4:1 In fact, the interplay between individualism and collective action forms the background of much of Asia’s dynamism.
4:1実際、個人主義と集団的行動との聞の相互作用は、大部分においてアジアの活力の背景を形成
している。

4:2 One example is modern day Bangladesh.
4:2 その一例が今日のバングラデシュである。
4:3 [38] (1. Due to 2. Infamous for 3. Motivated by) bad governance and incessant civil unrest, the country of 145 million has, nevertheless, become an overachiever among developing nations.
4:3統治の悪さと絶えず不穏な市民情勢で悪評が高いにもかかわらず、人口1億4500万人のこの国
は、発展途上国の中では期待を上回る成長をとげている。
4:4 Its gravity―defying economy was expected to grow by 6.7 percent in 2006, and the country is on [39](1. track 2. hold 3. top) to meet its development goals on poverty reduction, gender equality, literacy and rural development.
4:4 うなぎ上りのその経済は、2006年には6.7パーセントの成長が見込まれ、国は、貧困の低減、 男女平等、識字率の上昇、農村地域の開発といった発展目標を達成する過程を順調に進めてい
る。
■第5段落
5:1 But how?
5:1 しかしどのようにしてそうなったのだろうか。
5:2 One growth [40] (1. expectation 2. obstacle 3. driver) is the millions of small scale enterprises funded by loans extended without conditions to poor households.
5:2成長の推進力のひとつは、貧困家庭に無条件で貸し出されるローンを資金とした、何百万もの
数の小規模事業である。
5:3 The other: a vibrant, youth oriented NGO community that bolsters educational and health services.
5:3 もうひとつは、教育や厚生の事業を支える、若者向けの精力的なNGO共同体である。
5:4 “The government is wobbly and [41] (1. ineffective 2. incisive 3. influential),” says Muhammad Yuns, founder of the microcredit project called the Graeme Bank and winner of this year’s Nobel Peace Prize.
5:4 「政府は不安定で役立たずだ」と、グラミン銀行という名の小口貸付け事業の創設者で今年の
ノーベル平和賞受賞者のムハマド=ユヌス氏は述べている。
5:5 “But our NGOs are strong and getting stronger, and they focus on the issues we need them to.” 5:5 「しかし我々のNGOは強いしまたさらに強くなりつつあり、重点的に取り組んでもらう必要 のある問題に取り組んでいる」と。
[54] What is the main reason that the example of Bangladesh is mentioned in paragraphs 4 and 5?
1. It has many younger people who work for health and educational NGOs.
2. It has high economic growth, and is following the same consumption trends as other Asian countries.
3. It has a gravity―defying economy thanks to the efforts of a Nobel Prize winner.
4. It suffers from the tension between individualism and collective action.

・解答 [54]―1
>[54]第4・5段においてバングラデシュの例が挙げられている理由を選ぶ。第5段で、国の経済 成長が著しい理由として、1つ目に「貧困家庭に無条件で貸し出されるローンを資金とした、何百 万もの数の小規模事業(the millions of…households)」、2つ目にThe otherとして「教育や厚 生の事業を支える、若者向けの精力的なNGO共肉体(a vibrant…health services)」が挙げら れている。1の「厚生や教育関係のNGOで働く、より若い人々が多くいるから」が2つ自の理由と
一致している。

2.「経済成長が著しく、その次に他のアジア諸国と同じ消費が続いているから」バングラデシュ が例として挙がっているのは他の国とは違うことをしている、または状況が異なるからである。
したがって「他のアジア諸国と同じ」というところがおかしい。 3.「ノーベル賞受賞者の努力のおかげで経済はうなぎ上りであるから」ノーベル賞受賞者ムハマ ド=ユヌスはNGO組織の創始者で経済成長にある程度の貢献をしているかもしれないが、「ノー ベル賞受賞者の努力のおかげ」というのは言いすぎ。 4.「その国は個人主義と集団的行動との聞の緊迫状態に苦しんでいるから」第4段冒頭文に「個人 主義と集団的行動との関の相互作用はアジアの活力の背景を形成している(the interplay… Asia’s dynamism)」とあるが、個人主義と集団的行動の聞に緊迫状態があることまでは言及され ていない。少なくとも両者の間にあるものはプラス要因になっていることがわかるので、一致し
ない。

[30] Based on the entire reading, which of the following best summarizes Edison’s overall contribution?
1. He produced many of our current technologies by concentrating purely on invention.
2. He built a number of significant edifices as symbols of industrial progress.
3. He pioneered the process of developing, modifying, and commercializing inventions.
4. He successfully promoted his electric technology to countries outside the United States.

・解答 [30]―3
>[30]エジソンの「全体的な貢献(overall contribution)」を最もよく表した文を選ぶ。第6段か ら最終段まで、エジソンが単なる発明にとどまらず商業的な成功を目指していたことが何度も述 べられている。特に最終段冒頭文(Innovation covers…)に「技術革新とは、エジソンの言う新 技術の発明、完成、そして開拓を含む」とあり、その「開拓(pioneering)」とは第7段の最後か ら2つ自の文にあるように「(ある技術を)生産ベースに乗せ、商業的な実現可能性を証明するこ と(putting it into production and proving its commercial feasibility)」である。3の「彼は発明を発 展させ、修正し商業化する過程を切り開いた」がこの主旨と一致する。 1.「彼は我々が現在利用している技術の多くを純粋に発明のみに集中することによって生み出し
た」「純粋に発明のみに集中することによって」の部分がおかしい。 2.「彼は産業の発展のシンボルとしていくつもの重要な大建造物を建てた」エジソンは工場や研 究所を設立したかもしれないがシンボルとして建てたわけではない。 4.「彼は電気の技術を合衆国以外の国に広めるのに成功した」発電所が国外にも(=大西洋の両
側で)建てられたという記述はあるが、それは特にエジソンの貢献ではない。

■第5段落
5:1 Perhaps the most serious concern about virtual schools is whether they can teach students to work cooperatively, and to [4](1. acquire 2. interrupt 3. reject) the humanistic and egalitarian values that are the foundations of democratic society.
5:1 バーチャル=スクールに関する最も深刻な懸念は、おそらく協力して物事に取り組んだり、民
主的社会の基礎である人道的・平等主義的価値観を獲得することを生徒に教えられるかどうかで あろう。
5:2 Many who oppose on demand virtual schools claim that, because such schools do not [5](1. prevent 2. provide 3. propose) live interaction, they are destined to diminish civic engagement and deepen the social isolation that can be seen among so many of today’s young people.

5:2 オンデマンド方式のバーチャル=スクールに反対する人の多くは、そのような学校では生きた やりとりができないため、市民としての参加が減少し、今日の非常に多くの若者の間に見られる ような社会的孤立を深めてしまうと主張している。

■第8段落
8:1 This point, however, is called into question by the fact of socioeconomic inequality.
8:1 しかしこの論点は社会経済的な不平等という事実からは問題視されている。
8:2 Technology mediated education may, at least in the short term, prevent people at the lower end of the income scale from participating in online education.

8:2科学技術が媒体となる教育では、少なくとも短期的には、収入面で最下層の人々がオンライン
教育に参加することができないかもしれない。
8:3 Indeed, students whose families can afford Internet access and the required hardware and software currently [11](1. regulate 2. reduce 3. constitute) the majority of those participating in virtual schooling.
8:3確かに、現在バーチャル教育に参加している者の大多数を構成しているのはインターネットに
よるアクセスやそれに必要なハードウェアとソフトウェアが金銭的にまかなえる家庭の生徒であ る。
8:4 However, as computers and Internet access become less expensive, they will come within reach even of disadvantaged groups.
8:4 しかしコンピューターやインターネットのアクセスにかかる費用が安くなるにつれ、不利な境
遇の人々でも手が届くようになるであろう。
8:5 At that point, debate will likely focus on the overall quality of the online educational experience rather than on [12](1. access 2. excess 3. success) itself.
8:5 その時点で、論点はおそらく、アクセスそのものよりもオンライン教育の経験の全体的な質へ
と焦点が向けられることになるだろう。
8:6 Therefore, it will probably become necessary to demonstrate to potential users that high-quality education is being provided.
8:6 したがって、質の高い教育が供給されていることを、利用者となる可能性のある人々に説明す
ることがおそらく必要になるだろう。
8:7 One way this can be accomplished is by establishing standards for teacher certification and course content with which virtual schools must [13](1.comply 2. contend 3. contract).
8:7 このことを達成する方法の一つはバーチャル=スクールが従うべき教員免許付与や課程内容の
基準を確立することである。

■第11段落
11:1 Over the past century, we have witnessed an evolution of approaches, structures, and technologies related to distance education.
11:1 この100年間、遠隔教育に関係する方法、構造技術の発展を我々は目にしてきた。
11:2 Since the advent of the computer and the Internet, this evolution has [19] (1. accelerated 2. accentuated 3. accorded) to the point that no one can confidently predict how the educational landscape will look in the future.
11:2 コンピューターとインターネットの出現以来、この発展は、教育界が将来どのようになるか
を確実に予測できる者が誰もいない状況になるまでに加速してきている。
11:3 While there is ample research on distance education, research on virtual schooling is still in its infancy.
11:3遠隔教育については十分な研究がなされている一方、バーチャル教育の研究はまだ初期段階に
ある。

[29] Research on the effectiveness of virtual schooling is
1. conclusive.
2. questionable.
3. misleading.
4. incomplete.

・解答 [29]―4
バーチャル教育の効率性についての研究は
1 決定的である。
2 疑わしい。
3 誤解を招く。
4 未完成である。
>[29]11:3(While there is…)に「バーチャル教育の研究はまだ初期段階にある」とあり4が最 も近い。本文のinfancyは「初期(の段階)」という意味。

[30] According to the article, computers and the Internet will
1. replace books, paper, and pens in conventional schools.
2. be provided to most disadvantaged students.
3. change the way school-based education is approached.
4. worsen the problems of race and class in our society.

・解答 [30]―3
本文によると、コンピューターとインターネットは
1 従来からある学校の本や紙やペンに取って代わるだろう。
2 最も不利な立場の生徒に供給されるだろう。
3 学校を基礎とした教育の取り組み方を変えるだろう。
4 社会における人種や階級の問題を悪化させるだろう。
>[30]「本文によると、コンピューターとインターネットは…」に続くものを選ぶ。12:2(It is likely that…)で、バーチャル=スクールが普及するにつれて「教員の訓練、修了の証明、教育水 準、教授法、アクセス、社会化といった問題について、熱い議論が交わされるだろう」とある。It is likely that…「おそらく…となるだろう」さらに12:3(It is to be hoped…)では、「現代社会に おける教育の手段と目的を新たに考え直すこと(a renewed consideration of the means and ends of education in contemporary society)」とあることから、3の「学校を基礎とした教育の取り組 み方を変えるだろう」と一致している。(the way+S+V)の形で「~する方法」を表す。1は「従来 からある学校の本や紙やペンに取って代わるだろう」、2は「最も不利な立場の生徒に供給される だろう」、4は「社会における人種や階級の問題を悪化させるだろう」という意味で、いずれも本 文では述べられていない。

■第4段落
4:1 There was a crude but very efficient knife or saw, which would serve well for the next three million years.
4:1未加工であるが非常に効果的なナイフやのこぎりがあり、それは向こう300万年十分に役立ちそ
うなものだった。

4:2 It was simply the lower jawbone of an antelope, with the teeth still in [5](1. frame 2. pattern 3. place); there would be no substantial improvement until the coming of steel.
4:2 それはまだ、歯が残ったままの、レイヨウの下あごの骨にすぎなかったが、鋼鉄の出現までは
事実上進歩はなかった。
4:3 Then there was an awl or dagger in the form of a gazelle horn, and finally a scraping tool made from the complete jaw of almost any small animal.
4:3 ガゼルの角という形のきりや短剣もあり、またほぼすべての種類の小型動物の、あご全体から
作った削り道具もあった。
■第5段落
5:1 The bone club, the toothed saw, the horn dagger, the bone scraper these were the marvelous inventions which the manages needed in order to survive.
5:1骨でできたこん棒、歯のついたのこぎり、角でできた短剣、骨でできた削り器―これらは猿人
が生き延びるために必要とした驚くべき発明であった。

5:2 Soon they would recognize them for the symbols of power that they were, but many months [6] (1. could 2. had to 3. might) pass before their clumsy fingers would acquire the skill or the will to use them.
5:2 ほどなく彼らはそれらをカの象徴として認めるのであるが、彼らの不器用な指がそれら(道 具)を使う技術―あるいは意志―を得るまでには何カ月もの期聞が経過する必要があった。
5:3 The odds were still [7](1. against 2. between 3. beyond) them, and there were endless
opportunities for failure in the ages that lay ahead.
5:3 まだ彼らには勝ち目はなく、その先に続く年月において数限りない失敗の機会があった。
5:4 Yet the manages had been given their first chance. 5:4 しかし猿人は最初のチャンスを与えられた。
5:5 There would be no second one;
5:5 2度目のチャンスはもうないだろう。
5:6 the future was, very literally, in their own hands.
5:6 つまり未来はまさに文字どおり、彼ら自身の手の中(道具を手にして)にあったのだ。

[22] In the statement “the man-apes had been given their first chance” in the 5th paragraph, what kind of chance does the author mean?
1. To grow crops.
2. To tame the animals.
3. To survive by using tools.
4. To recognize symbols.

・解説 [22]―3
>[22]「第5段の『猿人は最初のチャンスを与えられた』との記述において、筆者はどのような
チャンスのことを言っているのか」
1.「穀物を栽培すること」
2.「動物を飼いならすこと」
3.「道具を使って生き延びること」
4.「記号を見分けること」
前後の段落も含めてずっと道具の使用について述べているので明らかに3が正しい。

■第6段落
6:1 However, this view confuses a feature of languages which is due just to their history with an [13] (1. insistent 2. inherent 3. initial) property of languages.
6:1 しかし、この見解はその言語の歴史だけに起因する特徴と、その言語に固有の特徴とを混同し
ている。
6:2 That is, this opinion concludes that because there has been no occasion or need to discuss, for arguments sake, nuclear physics in Maori; it could never be done because of some inherent fault in Maori.
6:2 すなわち、議論を進めるためにいうと、この意見は、マオリ語で核物理学を論じる機会や必要 がこれまでなかったからだと結論づけ、マオリ語に固有の欠陥のせいでそれを決して議論するこ
とができないとするのである。

6:3 A little thought, however, will show that this argument cannot be maintained.
6:3 しかし、少し考えてみれば、この議論が支持できないとわかるだろう。
6:4 Computers were not discussed in Old English;
6:4古英語でコンピュータは論じられなかった。
6:5 Modern English is the same language as Old English, only later;
6:5近代英語は古英語と同じものであって、時期が新しいというに過ぎない。
6:6 it should follow that Modern English cannot be used to discuss computers.
6:6 だから、近代英語はコンピュータを論じるのに使うことはできないということになるはずであ
る。
6:7 This is clearly [14] (1. assertive 2. absurd 3.appropriate).
6:7 これは明らかにばかげている。
6:8 What of course has happened is that through time English has developed the resources necessary to the discussion of computers and very many other topics which were simply unknown in earlier times.
6:8 もちろん実際には英語はずっとコンピュータやその他、昔はまったく知られていなかったきわ めて多くの話題の議論に不可欠な資源を開発してきたのだ。
6:9 And ‘developed’ is the crucial word in this matter.
6:9 また、「開発した」というのはこの問題では大変重要な言葉である。
6:10 English expanded its vocabulary in a variety of ways so as to meet the new [15] (1.demands
2. supply 3. necessity) being made of it.
6:10英語は発展により生じている新たな需要を満たすために様々な方法でその語いを拡大してき
た。
6:11 All languages are capable of the same types of expansion of vocabulary to deal with whatever new areas of life their speakers need to talk about.
6:11 すべての言語は同じように語いを拡大して、話し手が話題にする必要がある新しい生活領域
がどのようなものであれ、それに対処することができるのである。
■第7段落
7:1 If one looks at the words which are used in English to handle technical subjects, one sees that in fact the vast majority of these words have actually come from other languages.
7:1英語で専門的な問題に対処するのに使われている言葉をみれば、実はこうした言葉の大多数が
実際は他の言語に由来するのがわかる。
7:2 This process is usually called ‘borrowing’, though there is no thought that the words will be given back somehow!
7:2 この方法は一般に「借用」と呼ばれる。もっとも、その語がどうにかして返却されるとは、と ても思えないけれど。
7:3 All languages do this to some extent, though English is perhaps the language which has the highest level of ‘borrowed’ vocabulary, at least among the world’s major languages.
7:3 すべての言語はある程度、こうした借用を行う。といっても英語という言語の「借用」語い は、少なくとも世界の主要言語のうちで、おそらく最高レベルだろう。

[29] Which of the following statements would be supported by the author?
1. English is now used extensively for international communication for reasons which are not related to the structure of the language.
2. English is so rich in vocabulary that it is not necessary to import words from other languages.
3. Borrowing is a process through which languages expand their vocabulary by using their own existing resources.
4. Certain languages are destined to become international languages.

・解答 [29]―1

>[29]「次の記述のうちで、どれが著者によって支持されているか」 1.「英語が国際的情報伝達に広く使われているのは、言語構造には関係のない理由による」
2.「英語の語いはきわめて豊かなので、他の言語から言葉を輸入する必要はない」
3.「借用は言語が自分自身の現存資源を使うことによってその語いを拡大する手段である」
4.「ある種の言語は国際語となるよう運命づけられている」
1に関して、言語構造の一例として複合語を作れるかどうかについての記述は第4段でなされてい る。英語が「複合語」を作れるかどうかに関しては本文では触れられていない。よって、少なく ともこの点において、英語が他言語より優位であるとは、著者は主張していない。第6段より、英
語が優位である点はむしろ、
様々な分野に対応できる語いをもっているためと考えられる。2に関しては、第7段に英語が他言語
から借用をしているという主旨の記述があるので、明らかに著者の主張に反する。3は、同じく第 7段の記述から、「他言語に由来する語句を用いるようになること」であるから、これも著者の主 張に反する。4については、著者は第6段最終文で「すべての言語が(英語と)同じような語い拡大が 可能である」と述べ、また最終段最終文で「マオリ語もロマンシュ語も、歴史によっては国際語 になり得ただろう」と述べていることからして、「国際語となる運命にある言語などない」とい うのが著者の主張であるといえる。以上の検討から、正解は1であると決められる。
[30] Which of the following statements is in accordance with the author’s opinion?
1. There are things you can do in one language but not in another; therefore some languages are better than others.
2. Some languages have greater vocabulary than others; therefore some languages are better than others.
3. You cannot claim that some languages are superior to others based on the size of vocabulary.
4. All languages are equal in terms of the structural complexity and the size of vocabulary.

・解答 [30]―3
>[30]「次の記述のうちで、著者の見解に一致するものはどれか」 1.「ある言語では可能であるが、別な言語では不可能なことがある。それゆえに、他よりも優れ
ている言語というものがある」 2.「他より豊富な語いをもつ言語がある。それゆえに、他よりも優れている言語というものがあ る」
3.「語いの大きさに基づいて、ある言語が他よりも優れていると主張することはできない」
4.「すべての言語は、構造的な複雑度と語い量という見地からすれば、同等である」
1に関しては、「言語構造」の議論(第4段)から、「ある言語でできる(たとえば複合語を作る)こと が、他の言語でできないからというだけで、言語の優劣は決められない」というのが著者の主張 であった。2に関しては、第6段最終文で「すべての言語が語い拡大が可能だ」と述べているのだ から、「語い量によって言語の優劣を決めることはできない」とするのが著者の主張である。3 は、2での検討から、著者の主張にふさわしいものといえる。よって、正解。4に関しては、「構 造的な差異」と「語い量の多寡」について、第4段から最終段まで詳細に論じている。よってこの
2点において言語の間に差があるということだから、4は誤り。

■第8段落
8:1 So how does the ambiguity of international customary law affect a contemporary issue of the laws of war such as nuclear weapons?
8:1 それでは、国際的な慣習法のあいまいさが、核兵器などのような「戦争に関する法律」の現代
的な問題にどのような影響を与えているのだろうか。
8:2 What is the legal status of nuclear weapons?
8:2核兵器は法的にどのような位置づけをされているのだろうか。
8:3 Are they prohibited or not?
8:3核兵器は禁止されているのだろうか、禁止されていないのだろうか。

8:4 There are treaties regulating the use of particular weapons such as biological and chemical weapons, but as yet there is no established law concerning the use of nuclear weapons, [14](1. though 2. and 3. no less than) there are treaties directed against the testing of such weapons and limiting the number of such weapons.
8:4生物兵器や化学兵器のような特定の兵器の使用を規制する条約はあるが、核実験や核兵器の数
を制限する条約はあるけれども、核兵器の使用に関する確立された法はまだない。

8:5 Consequently, there are various legal opinions on this issue.
8:5 その結果、この問題に関してはさまざまな法律上の意見がある。

[28] Based on the discussion of nuclear weapons in this article, which of the following statements best summarizes the current status of nuclear weapons?
1. Without a specific treaty banning the nuclear weapons, their legal status cannot be discussed.
2. Some school teachers support war if it can stop more nations from developing nuclear weapons.
3. There are some treaties trying to control nuclear weapons, though there is no treaty to totally ban them.
4. Unnecessary suffering can be avoided by resorting to nuclear weapons.

・解答 [28]―3
>[28]「この記事の核兵器の議論に基づくと、次の文のどれが核兵器の現在の位置づけを最もよ く要約しているか」 1.核兵器禁止条約の特定がなければ、彼らの法的地位を議論することはできない。
2.それは核兵器開発からより多くの国を停止することができます場合、一部の学校の先生は、戦 争をサポートしています。 3.核兵器を全面的に禁止する条約はないけれども、規制しようとする条約はある
4.不要な苦しみは、核兵器に頼ることで回避できる。
第8段第4文(There are treaties…)に、核兵器の数などを制限する条約はあるけれど、まだ核兵器 の使用に関する確立された法律はないと述べられているので、3が正解。

■第1段落
1:1 It has been recognized since earliest times that some restraints should be observed during armed conflict.
1:1武器を使って戦うときにもいくらかの抑制がされていなければならないということは、遠い昔
から認識されてきた。
1:2 Already in the Old Testament* there are instances of limitations set by God.
1:2旧約聖書においてすでに、神によって課された制限の例がある。
1:3 Sun Tzu* maintained that in war one should attack the enemy armies, and that “the worst policy is to attack cities.
1:3孫子は、戦争においては敵の軍隊を攻撃すべきであって、「最悪の方策は都市を攻撃すること
だ。
1:4 Attack cities only when there is no alternative.”
1:4他の方法がないときにのみ都市を攻撃せよ」と主張した。
1:5 In ancient India it was considered that war should be conducted on a basis of equality between the opponents: 1:5古代インドでは、戦争は交戦する者たちが対等の力をもっているという基本に基づいて行われ
るべきだと考えられていた。
1:6 “A car warrior should fight a car warrior.
1:6 つまり、「二輪馬車の戦士は二輪馬車の戦士と戦わなければならない。
1:7 One on horse should fight one on horse.
1:7馬に乗る者は馬に乗る者と戦わなければならない。
1:8 Elephant riders must fight with elephant riders, as one on foot fights a foot soldier.”

1:8歩兵が歩兵と戦わなければならないのと同じように、象に乗る者は象に乗る者と戦わなければ ならない」ということだった。
1:9 According to Homer*, the ancient Greeks considered that the use of poison on weapons was forbidden by the gods;
1:9 ホメロスによると、古代ギリシア人は、武器に毒を塗ることは神によって禁止されていると考
えていた。
1:10 and among the city states, temples and priests and embassies could not be attacked.
1:10 また、都市国家の中では、寺院や神宮や外国の大使館を攻撃することはできなかった。
1:11 The Romans were more regular and disciplined soldiers than those of any other ancient nation.
1:11 ローマ人は、他のいかなる古代国家の兵士よりも組織化され、規律のある兵士であった。
1:12 They did not, as a rule, lower themselves to indiscriminate massacre and [1](1. unrestrained
2. unavailable 3. spotted) destruction.
1:12彼らは一般的に、無差別の大虐殺や無制限の破壊を恥ずべきものと考え、このようなことを行
うことはなかった。

■第2段落
2:1 By the seventh century some of these principles had spread to the Islamic world.
2:1 これらの原則の中には、7世紀までにイスラム世界にまで広がっていたものもあった。
2:2 The leading Islamic statement on the law of nations written in the ninth century to some extent reflects principles laid [2](1. upon 2. down 3. by) in the Old Testament, with its ban on the killing of women, children, the old and [3](1. the helpless 2. the help 3. helpful).
2:2 9世紀に書かれた国家の法律に関する主要なイスラム教の記述は、旧約聖書に規定されていた
原則をある程度反映していて、女性、子供、老人、無カの者を殺すことを禁じていた。
2:3 Moreover, a prisoner of war should not be killed, but he may be ransomed* or set free.
2:3 さらに、捕虜は殺すべきではなく、身代金を払わせるか自由にするかであろう。
2:4 But, prisoners might be killed if it were considered advantageous in conducting a war [4](1. therefore 2. however 3. despite), this would not be so if the prisoners converted to Islam.
2:4 しかし、戦争を行っていく上で有利と考えられるならば、捕虜は殺されるかもしれない。しか
しながら、もし捕虜がイスラム教に改宗するならば、こういうことにはならないだろう。

■第3段落
3:1 By the Middle Ages the power of the Church was such that it was able to forbid Christian knights [5](1. to 2. from 3. against) using certain weapons as hateful to God.
3:1中世までには、教会の力は強大なものとなっていたので、キリスト教徒の騎士がある種の武器
を使うのを、神にとって憎むべきものであるとして禁止することができた。
3:2 Thus, in 1139, the Second Lateran Council condemned the use of the crossbow and arc*, a view that matched the concept of chivalry* which regarded such weapons [6](1. as 2. such 3. very) disgraceful, since they could be used from a distance enabling a man to strike [7](1. with 2. before
3. without) the risk of himself being struck.
3:2 その結果、1139年に第2回ラテラノ公会議は戦闘用大弓の使用を非難したが、この考えはその
ような武器を卑劣なものとみなす騎士道の概念に合致したものであった。なぜなら、それらは距 離をおいて使用できるため、自分が攻撃される危険はなく他を攻撃することを可能にするもので
あるからだった。
3:3 In fact, the feudal knights were aware of what they knew as the “law of chivalry,” a customary code of chivalrous conduct that controlled their affairs and which was enforced by specially appointed arbitrators* or, in the case of England and France, by Courts of Chivalry.
3:3実際、封建時代の騎士は「騎士道の法」として知られているものに気づいていた。
それは騎士の行動に関する慣習法で、彼らの行動をつかさどり、特別に任命された仲裁者か、あ るいはイギリスやフランスの場合には騎士道法廷によって施行された。
3:4 However, these limitations only covered those who shared the code of chivalry, such as knights of noble birth, and did not cover common soldiers.
3:4 しかしながら、このような制限は、貴族生まれの騎士などのような騎士道の法を共有する者に しか及ばず、一般の兵士に及ぶことはなかった。
■第11段落
11:1 In general, in the absence of any specific treaty or international customary law relating to a particular weapon and restricting or controlling its use, the employment of such weapons is subject to the general rules of the law of armed conflict.
11:1一般に、ある特定の兵器に関して、その使用を制限したり規制したりする特定の条約や国際的
な慣習法がない場合、そのような兵器の使用は武器を使用する戦闘の一般的な規則に従う。

11:2 The question of the legality of such weapons should be decided in accordance with those rules, particularly those concerning unnecessary suffering and proportionality.
11:2 そのような兵器が合法かどうかという問題は、そういった一般的な規則、特に不必要な苦し
みや広がりに関する規則に従って決定されるべきである。
11:3 In view of the effects of a nuclear explosion, the long-term nature of its radioactive fallout, and the existence of treaties banning the use of poison or other biological weapons, it might be expected [19](1. to 2. although 3. that) nuclear weapons would fall under the ban on those weapons causing unnecessary suffering and adversely affecting the environment.
11:3核兵器の爆発の影響、放射性降下物の影響が長期にわたるという性質、毒物や他の生物兵器の
使用を禁止する条約の存在を考えると、核兵器は、不必要な苦しみを引き起こし環境に悪影響宇
与える兵器に対する禁止を受けると考えられるだろう。

11:4 However, some schools of international lawyers hold that war employing nuclear weapons to prevent new nuclear powers from emerging would be reasonable in some circumstances.
11:4 しかしながら、国際的法律家たちの派閥の中には、新しい核保有国が現れるのを防ぐために
核兵器を使用する戦争は、ある状況下では道理にかなっているとする説をとる者もある。

[30] Based on the entire reading, which of the following statements best represents the view of the author of this article?
1. Nuclear weapons are against international law under any circumstances.
2. Since nuclear weapons were thought to be hateful to God, they were already prohibited in the Old Testament.
3. The historical growth of the laws of war seems to support a treaty to control nuclear weapons.
4. Although ICJ tried to draw up a treaty of nuclear ban, it nevertheless did not succeed in doing it.

・解答 [30]―3
>[30]「文全体に基づくと、次の文のどれがこの記事の著者の考えを最もよく表しているか」第 11段第3文(In view of…)後半の、「核兵器は、不必要な苦しみを引き起こし環境に悪影響を与
える兵器に対する禁止を受けると考えられるだろう」などを参照。生物兵器などの禁止等、これ までの武器による戦闘に関する法律を基仏核兵器の規制も可能であろうと思われるので、3の「戦 争に関する法律の歴史的な発展は、核兵器を規制する条約を支持するように思われる」が正解。

慶應義塾大学総合政策学部 問二 2002年度 英語長文問題解答 過去問 内容一致問題
[25] According to the entire reading, which of the following statements is most correct?
1. The United Nations Charter explicitly forbids the use of nuclear weapons.
2. The law of armed conflict was established through treaties during the Middle Ages.
3. The contents of the Hague Law are different from those of the Geneva Law.
4. Civilian population has been exempted from the misery of war through the whole history.

・解答 [25]―3 [25]「文全体によれば、次の文のどれが最も正しいか」 1.国連憲章は、明示的に核兵器の使用を禁止する。
2武力紛争の法律では、中世の間条約を通じて設立される。
3.ハーグ法の内容は、ジュネーブ法とは異なっている。
4.民間人は全体の歴史を通して戦争の悲惨さを減らしている。
第6段第1文(In contrast to the…)・第2文(This is generally…)参照。ジュネーヴ法と対照をなす のがハーグ法で、これは武器による戦闘中に実際に軍の行為を行う手段と方法に関する法律であ る。3が正解。

■第5段落
5:1 The next phase of the experiment showed that color was (6) (1. negligible 2. responsible 3. eligible) for this choice.
5:1実験の次の段階は、色が雄によるこのような選択の原因であることを示すことであった。
5:2 I prepared a card with two sets of male wings.
5:2私は2組の雄の羽のついたカードを用意した。
5:3 A quartz slide that transmits both visible and ultraviolet light covered one set of wings, and a filter that blocks ultraviolet wavelengths overlaid the other.
5:3可視光線と紫外線の両方を通す水晶のスライドが1組の羽を覆い、紫外線の波長を通さないフィ
ルターがもう一方を覆った。
5:4 Males now attempted to mate with the male wings under the filter — wings that appeared to be female.
5:4 すると、雄はフィルターの下にある雄の羽―つまり雌のように見える羽―と交尾をしようとし
た。
5:5 This species displays a sexual difference in ultraviolet reflectance*, and after a male’s ultraviolet reflectance is (7) (1. deleted 2. enhanced 3. alleviated) other males treat him like a female.
5:5 この種は紫外線の反射率によって性の違いを示しており、雄の紫外線反射率がなくなると、他
の雄はその雄を雌のように扱うのである。
■第7段落
7:1 The best-understood case of (10) (1. visual 2. nonvisual 3. acoustic) butterfly communication involves the Queen butterfly.
7:1 視覚に訴えない蝶の意思伝達のうち最もよく知られている事例はクイーン蝶に関するものであ
る。
7:2 Males of this species produce pheromones, compounds designed to elicit specific reactions — of sexual interest in this case from other butterflies.
7:2 この種の雄はフェロモンを作り出すが、それは他の蝶から特別な反応―この場合は性的関心―を
引き出すことを目的とする化合物である。
7:3 These pheromones disseminate from brush like structures, called hair pencils, found at the end of the abdomen in males only.
7:3 これらのフェロモンは、ヘアペンシルと呼ばれる、雄の腹部の端にしか見られないブラシのよ うな組織からまき散らされる。
7:4 Hair pencils have a particularly large surface area for their small volume and are thus highly efficient at distributing chemicals.
7:4 ヘアペンシルは小さな体積の割には特に大きな表面積をもっており、そのため化学物質をまき
散らすのには非常に効果的である。
7:5 As a male flies up and down in front of a female, he touches her antennae with his protruding hair pencils, thereby depositing pheromones.

7:5雄は雌の前を上下に飛ぶ時、その突き出たヘアペンシルで雌の触角に触れ、それによってフェ ロモンを付けるのである。
7:6 The female responds to this chemical signal by alighting and remaining still while the male copulates with her.
7:6雄が雌と交尾をしている間、上まってじっとしていることによって、雌はこの化学的合図に応
えるのである。
■第12段落
12:1 The male impulse to send their genetic material into the next generation causes them to try to prevent their mate from mating again.
12:1 自分の遺伝物質を次世代に送り込みたいという衝動のために、雄はつがいの相手が再び交尾
をするのを妨げようとする。
12:2 Male butterflies actually make a substantial contribution to females during copulation, passing along a large quantity of nutrients.
12:2雄の蝶は大量の栄養物を渡すことで、実は交尾の間に雌に実質的な貢献をしている。
12:3 This nutrient store can be as much as 6 to 10 percent of the males body weight; a male cannot afford such (16) (1. an investment 2. and experiment 3. a waste) in a female who will use his competitors sperm to fertilize her eggs.
12:3 この栄養物貯蔵は雄の体重の6〜10%にもなりうる。雄には、卵を受精させるために競争相手 の精子を使うような雌に対しては、そのような殺資をする余裕はない。
12:4 In fact, evolution has come up with a mechanism that favors the male that has succeeded in mating first.
12:4事実、進化は最初に交尾に成功した雄を優先するメカニズムを作り出した。
12:5 The presence of the nutrient store in the female’s reproductive tract* causes her to be unresponsive to further sexual advances.
12:5雌の生殖管に栄養物貯蔵が存在することで、雌はさらなる雄による誘いには反応しない。
12:6 Experimental evidence supports this (17)(1. evolution 2. conclusion 3. prediction): artificially filling a virgin’s reproductive tract renders her uninterested in mating, while cutting the nerves to this area in a mated female restores her sexual interest.
12:6実験的証拠によってこの結論は支持されている。つまり、交尾経験のない雌の生殖管を人工的
にふさぐことで、雌は交尾に興味がなくなるが、一方、交尾経験のある雌のこの部位の神経を切 ると、その雌の性的関心は回復するということである。
12:7 Another male technique for barring other suitors from his mate is less elegant — he leaves a plug that obstructs the reproductive tract.
12:7自分のつがい相手から他の求愛者を締め出す、雄による別の技術はそれほど上品ではない。つ
まり、雄は生殖管をふさぐ栓を詰めるのである。
■第2段落
2:1 Recent experimental work with butterflies has (1)(1. borne out 2. taken out 3. washed out) Darwin’s suspicions of more than a century ago that species tend to evolve attributes and behaviors that enhance courtship — and thus reproductive success.
2:1蝶による最近の実験は、種は求愛を高め、ひいては生殖面での成功を招く特質や行動を進化さ
せる傾向にあるのではないかという、1世紀以上前のダーウィンの考えを証明した。
2:2 Some traits might render an individual more attractive to the opposite sex.
2:2特徴の中には、個体を異性にとってより魅力的なものにするものがある。
2:3 Color is now known to spark sexual interest for some species in the butterfly world, as do other sensory signals that were (2) (1. beyond 2. against 3. within) Darwin’s human perception.
2:3 ダーウィンの人間としての知覚では理解できない、他の感覚的シグナルと同様に、蝶の世界で
は種によっては色も性的関心の引き金となることが、現在では知られている。
2:4 But the creatures are more discerning than this observation might suggest.

2:4 しかし、蝶はこの観察が示すよりも識別力がある。
2:5 Ostentatious coloration or scent may do more than attract attention.
2:5目立つ配色やにおいは、注意を引く以上の働きをする。
2:6 Appearance and aroma may be shorthand notations of their bearer’s health and heartiness.
2:6外観やにおいは、その運び手の健康や元気さを直接示すものであろう。
■第13段落
13:1 Females face different evolutionary pressures.
13:1雌はまた別の進化的圧迫に直面する。
13:2 They often get but one chance to mate and must therefore be highly (18) (1. responsible 2. reliable 3. selective).
13:2雌は、交尾をする機会は一度しかないために、非常に選択的にならざるをえない。
13:3 By accepting only the fittest male, a female can assure her own offspring a quality genetic endowment, and she might also secure for herself a more generous nutrient store — which most likely helps her live longer and, in turn, lay more of her eggs.
13:3最も適した雄を受け入れることで、雌は自分の子孫に上質の遺伝的資質を保証することがで
き、また、自分のためにより大量の栄養物貯蔵を確保するかもしれない。そのおかげで、雌はよ り長生きし、ひいては卵をより多く産む可能性は非常に高くなる。
13:4 Male colors, pheromones and displays may allow females to judge a suitor’s overall fitness and success in life.
13:4雄の色、フェロモン、誇示行動によって、雌は求愛者の全体的な適切さや一生の成功を判断で
きるであろう。
13:5 We suspect that (19) (1. physical 2. chemical 3. color) signals indicate the quality of a male’s diet: the crucial mating pheromone of male Queen Butterflies, for instance, is produced only when the males have fed at certain plants.
13:5 われわれは化学的なシグナルが、雄の食事の質を示しているのではないかと考えている。た とえばクイーン蝶の雄の出すつがいのための最も重要なフェロモンは、雄が特定の植物を食べた 時にしか生み出されない。
13:6 And vibrant colors can signal younger, healthier individuals.
13:6 また、明るい色は、より若く、健康な個体のシグナルなのである。
(27) According to the article, which one of the following statements does not reflect the role of chemical signals?
1. Male butterflies can identify sex by aroma.
2. Compounds from males increase or decrease female sexual interest.
3. Females can determine the health of males by their aroma.
4. The age and health of males can be determined by sight and smell.

・解答 (27)1
(27)第5段で雄の蝶は色によって性別を識別するとあるので、1は内容に不一致。2は第7段第2文
(Males of this species…)と第12段第5文(The presence of the nutrient store…)に一致。3は第2段最終文 (Appearance and aroma…)に一致。4は第13段第4文(Male colors, pheromones and displays…)と最終文 (And vibrant colors can…)に一致。

■第7段落
7:1 The best-understood case of (10) (1. visual 2. nonvisual 3. acoustic) butterfly communication involves the Queen butterfly.
7:1 視覚に訴えない蝶の意思伝達のうち最もよく知られている事例はクイーン蝶に関するものであ
る。

7:2 Males of this species produce pheromones, compounds designed to elicit specific reactions — of sexual interest in this case from other butterflies.
7:2 この種の雄はフェロモンを作り出すが、それは他の蝶から特別な反応―この場合は性的関心―を
引き出すことを目的とする化合物である。
7:3 These pheromones disseminate from brush like structures, called hair pencils, found at the end of the abdomen in males only.
7:3 これらのフェロモンは、ヘアペンシルと呼ばれる、雄の腹部の端にしか見られないブラシのよ うな組織からまき散らされる。
7:4 Hair pencils have a particularly large surface area for their small volume and are thus highly efficient at distributing chemicals.
7:4 ヘアペンシルは小さな体積の割には特に大きな表面積をもっており、そのため化学物質をまき
散らすのには非常に効果的である。
7:5 As a male flies up and down in front of a female, he touches her antennae with his protruding hair pencils, thereby depositing pheromones.
7:5雄は雌の前を上下に飛ぶ時、その突き出たヘアペンシルで雌の触角に触れ、それによってフェ
ロモンを付けるのである。
7:6 The female responds to this chemical signal by alighting and remaining still while the male copulates with her.
7:6雄が雌と交尾をしている間、上まってじっとしていることによって、雌はこの化学的合図に応
えるのである。
■第5段落
5:1 The next phase of the experiment showed that color was (6) (1. negligible 2. responsible 3. eligible) for this choice.
5:1実験の次の段階は、色が雄によるこのような選択の原因であることを示すことであった。
5:2 I prepared a card with two sets of male wings.
5:2私は2組の雄の羽のついたカードを用意した。
5:3 A quartz slide that transmits both visible and ultraviolet light covered one set of wings, and a filter that blocks ultraviolet wavelengths overlaid the other.
5:3可視光線と紫外線の両方を通す水晶のスライドが1組の羽を覆い、紫外線の波長を通さないフィ
ルターがもう一方を覆った。
5:4 Males now attempted to mate with the male wings under the filter — wings that appeared to be female.
5:4 すると、雄はフィルターの下にある雄の羽―つまり雌のように見える羽―と交尾をしようとし
た。
5:5 This species displays a sexual difference in ultraviolet reflectance*, and after a male’s ultraviolet reflectance is (7) (1. deleted 2. enhanced 3. alleviated) other males treat him like a female.
5:5 この種は紫外線の反射率によって性の違いを示しており、雄の紫外線反射率がなくなると、他
の雄はその雄を雌のように扱うのである。
■第11段落
11:1 Early in the day the males perch on the ground in open, sunny spaces near the trees.
11:1 1日の早い時間に、雄は木の近くの広々とした日当たりのよい場所の地面に止まる。
11:2 This early-morning sunbathing probably allows them to keep an eye out for other butterflies while keeping their bodies warm enough to give chase.
11:2 このような早朝の日光浴によって、雄は追跡ができるように体を暖めておきながら、他の蝶 から目を離さないでおくことができるのだろう。
11:3 Because they cannot regulate body temperature internally, butterflies grow (14) (1. restless 2. impatient 3. sluggish) if the environment is too cold.
11:3蝶は体内で体温を調整できないので、もし周囲が寒すぎると、蝶は動きが鈍くなる。

11:4 Later in the morning the males move up into the trees to exactly the average plane of flight of females, about one meter above the ground.
11:4朝おそくになると、雄は木をのぼって、雌が飛ぶちょうど平均的な高さである地上約1メート
ルのところまでくる。
11:5 My students and I have observed that even when the male butterflies are perched at a tilt, they hold their heads so that their eyes are looking horizontally out of the tree.
11:5学生たちと私は、雄の蝶は傾いて止まっている時でさえ、目が木の外を水平に見るように頭を
固定するということに気づいた。
11:6 This (15) (1.change 2. structure 3. orientation) seems to ensure that their area of greatest visual clearness — which lies in a band at the equator of the visual field coincides with the plane of likeliest female flight.
11:6 この定位によって、視野の中心帯にある最大視覚明瞭度の範囲が、雌が飛ぶ可能性の最も大
きい高さに一致することが保証されているように思われる。
■第6段落
6:1 Once a male and a female butterfly have noticed one another, courtship begins in earnest.
6:1 いったん雄と雌がお互いに気づくと、熱心な求愛が始まる。
6:2 The male’s goal is to (8) (1. indulge 2. induce 3. infer) the female to alight and remain still for mating, which sometimes lasts an hour or more.
6:2雄の目標は、雌を交尾のために降りてきて止まってじっとしておくように仕向けることであ
り、交尾は時に1時間以上続くことがある。
6:3 In some species the female must also move her abdomen out from between her hindwings to grant the male access.
6:3種によっては、雄の接触を許すために、雌は後羽の間から腹部を出すこともしなければならな
い。
6:4 Butterfly biologists have studied the ritual that precedes actual copulation in only a few dozen of the roughly 12,000 species of butterfly, but it seems (9) (1. unexpected 2. reliable 3. clear) that, for butterflies, what humans might think of as scent can be a language of love.
6:4蝶研究の生物学者はおよそ12,000種の蝶のうち、わずか数十種でしか実際の交尾に先立つ儀式
の研究をしていないのだが、人間にはにおいと思われるものが、葉にとっては愛情の言語である ことは明白なように思える。
6:5 The vocabulary of this language is chemical.
6:5 この言語の語いは化学的なものである。
(23)According to the author, which one of the following statements about butterflies is true?
1. Pheromones from male’s hair pencils excite a female to continue to move.
2. Butterflies use the ultraviolet light to determine the physical condition of potential mates.
3. Butterflies are not so sensitive to the temperature when mating.
4. Chemical signals play a key role in courtship in butterflies.

・解答 (23)4
(23)1は第7段最終文(The female responds…)に不一致。第5段からわかるように、紫外線は性別の 識別に使うので、2も内容に不一致。3は第11段第3文(Because they cannot regulate…)に不一致。 4は第6段最終文(The vocabulary of this language…)に一致する。フェロモンなど化学的合図が重
要な役割を果たす。

(24)Which of the following would make the most suitable title of this article?
1. Mating Strategies in Butterflies
2. The Evolution of Butterflies
3. Darwin’s Contribution to the Study of Butterflies 4 . Human and Butterfly Mating Patterns

・解答 (24)1
(24)色やフェロモン等によって交尾相手を探すなど、蝶の交尾の方法が述べられている。

■第1段落
1:1 For more than 500 years, the bulk of human knowledge and information has been stored as paper documents.
1:1五百年以上の間、人間の知識や情報の大半は、紙に書かれた文書として蓄積されてきた。
1:2 You’ve got one in your hands right now (unless you’re reading this from a CD-ROM or a future on-line edition).
1:2 たった今、現にあなたはそのひとつを手にしている(もしあなたがこれをCD-ROMや未来のオ
ンライン版で読んでいるのでなければ)。
1:3 Paper will be with us for the foreseeable future, but its importance as a medium for finding, preserving, and distributing information is already (1)( 1. expanding 2. diminishing 3. stabilizing).
1:3紙は当分の間は我々と共に存在するであろうが、情報を発見・保存・分配する媒体としての重
要性はすでに減少しつつある。

■第2段落
2:1 When you think of a “document,” you probably visualize one or more pieces of paper with print on them, but that’s a narrow definition.
2:1 「文書」というものを考えたとき、あなたはたぶん活字の印刷された1枚かそれ以上の紙を思 い描くであろうが、それは狭い意味での定義である。
2:2 A document can be any body of information.
2:2文書とは情報のいかなる形態にもなりうるものである。
2:3 A newspaper article is a document, but the broadest definition of the word includes a Web page, a TV show, a song, or an interactive video game.
2:3新聞記事はひとつの文書であるが、その語の最も広い意味の定義では、ネットワーク上のホー
ムページ、テレビ番組、歌、あるいは対話型の映像ゲームをも含んでいる。
2:4 Because all kinds of information can be stored in digital form, documents containing all kinds of information will get easier and easier to find, store, and send across a network.
2:4 あらゆる種類の情報がデジタル形式で保管できるため、あらゆる種類の情報を含む文書がます ます容易に発見でき、保管でき、ネットワーク上で伝達することができるようになるであろう。
2:5 Paper is more (2) (1. suitable 2. reliable 3. awkward) to store and transmit, and its content is pretty much limited to text with drawings and images.
2:5 それに比して紙は保管したり伝達したりするには不便であり、またその内容は図面や画像を付 した文章にかなり限定されてしまう。

2:6 A digitally stored document can be made (3) (1. out with 2. up with 3. up of) photos, video, audio, programming instructions for interactivity, animation, or a combination of these elements and others.
2:6 デジタル形式で保管された文書は写真、映像、音声、対話のためのプログラム作成の指示、ア
ニメーション、あるいはこれらや他の要素の組み合わせから構成することができる。
■第4段落
4:1 But let’s not sell paper documents short.
4:1 しかし紙による文書を見下すことはしないようにしよう。
4:2 The paper-based book, magazine, or newspaper still has a lot of advantages (5)(1. upon 2. over 3. with) its digital counterpart.
4:2紙をベースにして作られる本・雑誌・新聞は、それに対応するデジタル形式のものよりも依
然、有利な点をたくさんもっている。
4:3 A newspaper offers a wide field of vision, good resolution, portability, and ease of use.
4:3新聞は広い視界、鮮明度の良さ、軽便さ、利用の容易さを備えている。
4:4 A book is small, lightweight, high-resolution, and inexpensive compared to the cost of a computer or some other information appliance you need to read a digital document.
4:4本は小さく、軽量で、鮮明度が高く、またデジタル形式の文書を読むために必要なコンピュー
ターや他の情報機器に比べて安価である。
4:5 For at least a decade, it won’t be as convenient to read a long, sequential document on a computer screen as on paper.
4:5少なくとも十年間は、長く連続した文書をコンピューターで読むことは、紙で読むほどに便利
ではないであろう。

4:6 {I’ll admit that I’ve done a lot of the editing of this book with a pen on paper.
4:6 (私はこの本の編集の多くの部分を、ペンを使って紙に書くことで行ったことを認めよう。
4:7 I like reading text on paper.}
4:7私は紙に書かれた文章を読むのが好きだ。)
4:8 The first digital documents that achieve widespread use will offer new (6) (1. functionality 2. productivity 3. reliability) rather than simply duplicate the older medium.
4:8広範囲に渡る利用を最初に達成するデジタル文書は、単に旧式のメディアをまねたものという
よりむしろ、新たな機能性を提供するであろう。
4:9 After all, a television set is larger, more expensive, and (7) (1. more cumbersome 2. more widespread 3. more convenient) and offers lower resolution than a book or a magazine, but that hasn’t limited TV’s popularity.
4:9結局のところ、テレビは本や雑誌に比べて大きく、高価で、扱いにくく、低い解像度しか得ら
れないが、そのことがテレビの人気を制限してはいない。
4:10 Television brought video entertainment into our homes, and it was so (8) (1. aggravating 2. enduring 3. compelling) that television sets found their place alongside our books and magazines.
4:10 テレビは映像の娯楽を家庭にもたらし、また非常に興味をそそるものであるため、本や雑誌 と共にその地位を確保したのである。
■第5段落
5:1 Ultimately (9)(1. implicit 2. incremental 3. incidental) improvements in computer and screen technology will give us a lightweight, universal electronic book, or “e-book,” that will approximate today’s paper book.
5:1最終的にはコンピューターやスクリーン技術がますます進歩することにより、現在の紙製の本
に近い、軽量で万能の電子本、いわば「E-ブック」ができるであろう。

5:2 Inside a case roughly the same size and weight as today’s hardcover or paperback book, you’ll have a display for high-resolution text, pictures, and video.
5:2現在のハードカバーやペーパーバックの本とサイズや重さがほぼ同じケースの中に、高い解像
度の文章・画像・映像を映す表示装置がある。
5:3 You’ll be able to (10)(1. write 2. flip 3. edit) pages with your finger or use voice commands to search for the passages you want.
5:3指でページをめくったり、声による指令で見たい一節を捜すことができる。
5:4 Any document on the network will be accessible from such a device.
5:4 そしてこのような装置を用いてネットワーク上のどんな文書にもアクセスできる、というふう
に。
(21) The author claims that
1. paper is currently better than digital documents for handling and storing information.
2. paper will be quickly replaced by digital documents.
3. e-books will one day function like conventional books as a result of continuous advances in computer and screen technology.
4. within ten years a long, sequential document will be as convenient to read in digital form as on paper.

筆者の主張は
1.紙は取り扱いや情報を格納するためのデジタル文書よりも、現在良好です。
2.用紙がすぐにデジタル文書に置き換えられます。
3.電子書籍は、使用するコンピュータとスクリーン技術の継続的進歩の結果として、従来の書籍の ような一日の関数は。 4.10年以内に長い、連続的な文書では、紙の上のようなデジタル形式で読み、便利になります。 解答 (21)3
(21)3.「コンピューターやスクリーン技術の発達の結果、いつの日かE-ブックが従来の本のような
機能をもつであろう」第5段第1文に一致。1は第2段第5文に、2は第1段第3文に、4は第4段第5文 に反する。

copyright 2016/Everyday school