[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 英語 内容一致テクニック 『特定段落以外の内容と非一致の選択肢を選ぶ問題』

[59] Which of the following is NOT a theme explored in this article?
1. Doctor liability
2. Medical law
3. Patient safety
4. Wireless security

・解答 [59]―1
>[59]「次のうちで本文で検討されていない主題はどれか」に対する正解は,1.「医師の責任」で ある。2.「医療の法律」はFDAの許認可に関連して,3.「患者の安全」は本文全体で,4.「無線セ キュリティ」はたとえば第5段で,それぞれ検討されている。

[27] According to the article, which of the following would not be an issue for global governance?
1. The maintenance of luxury tourist hotels for developmental purposes.
2. The maintenance of unique ecologies through a global biosphere program.
3. The development of local economies through the extension of subsidized loans.
4. The development of an accessible and transparent system of the rule of law.

・解答 [27]―1
>[27] 「本文によれば、次のうちどれが、世界規模の統治の問題にはならないか」 1。「開発目的のための賛沢な観光ホテルの維持」
2. 「地球的生物圏事業による独特の生態系の維持」
3. 「補助金融資の拡大による地域経済の発展」
4.「近づきやすく透明な、法の支配制度の開発」
「世界規模の統治」の問題については、最終段最終文に記述されているがそこで問題とされてい るのは①開発支援、②環境保護、③統治の透明性である。1については、該ftするものがなく、ま た、第6段第4〜最終文を中心に、豪華ホテルが開発目的にユネスコの世界的な資格を利用したこ とがスキャンダルとして報じられたことが書かれている。2は②に該ftする。3は①に該ftする。4 は③に該ftする。以上より、正解は1に決まる。

■ 第3段落
3:1英国の新聞フィナンシャルタイムズ紙のある記事によれば,スキャンダルの焦点はカナリア諸
島東端のランサロテ島の8つの豪華ホテルである。
3:1 According to an article in the British newspaper, the Financial Times, the focus of the scandal is eight luxury hotels on Lanzarote, the easternmost of the Canary Islands.
3:2地理的に遠方であり,観光に過度に依存しているために,ランサロテ島はEU条約の下でヨー
ロッパおよび国内からのさまざまな補助金を受ける資格があった。
3:2 Because of its remote geography and its overdependence on tourism, Lanzarote was [4] (1. provided 2. accounted 3. eligible), under the EU treaty, for a variety of European and national subsidies.
3:3 1990年代の膨張する経済にあおられて,過去40年間にわたって島の経済の頼みの綱であった観
光産業が急成長した。
3:3 Fuelled by the expanding economy of the 1990s, tourism, which had been the mainstay of the islands economy for the past 40 years, [5] (1. boomed 2. bubbled 3. banged).

3:4 ホテルが建設され,1999年に島の飛行場が拡張され,EU諸国からの観光便の流入を処理でき るようになった。
3:4 Hotels were built, and the islands airfield was expanded in 1999 to handle the [6] (1. intrusion 2. influence 3. inflow) of tourist flights from EU countries.

3:5 2008年には,500万人以上の乗客がランサロテ島へ旅した。
3:5 In 2008, more than five million passengers travelled to Lanzarote.
3:6 この発展に論評を加えて,フィナンシャルタイムズ紙の記事は「観光産業の急速な発展によっ て,農業と漁業が地域経済から押し出されてしまい,島の持続可能性が揺らいでしまった」と述 べている。
3:6 Commenting on this development, the Financial Times article states, “The rapid growth of the tourism industry has crowded out agriculture and fishing from the local economy and [7] (1. undermined 2. strengthened 3. demonstrated) the sustainability of an island.”

■ 第5段落
5:1 カナリア諸島の最高裁判所は,ランサロテ島のさまざまな事業に対する22の建設免許を無効と
した。
5:1 The Canary Islands High Court has annulled 22 building licenses for various projects on Lanzarote.
5:2金銭的な不正事件に政治的な不正の面を付加することになったのは,開発と環境問題の間のこ
うした関係である。
5:2 It is this relationship between development and environmental issues that has added aspects of political corruption to the financial [9] (1. assistance 2. award 3. fraud) case.
5:3 フィナンシャルタイムズ紙は,これまでに30人を超える公務員と実業家が違法な建築と操業許 可にかかわる不正の申し立てによって逮捕されたと報じた。
5:3 The Financial Times reported that more than 30 public officials and businessmen have been arrested on allegations of corruption regarding illegal building and operating [10] (1.. systems 2. principles 3. permits).
5:4 こうした告発は地域的な政治問題を超越し,政策と責任の問題にかかわる主要な国際組織を巻 き込んでいる。
5:4 These charges transcend local political issues and involve major international organizations on the questions of policy and responsibility.

■ 第6段落
6:1 その記事の背景調査を準備するのに,フィナンシャルタイムズ紙は,ロンドンに本拠がある
NPO,調査報道事務局(BIJ)と共同で作業した。
6:1 In preparing the background research for the article, the Financial Times collaborated with the London-based NPO, the Bureau of Investigative Journalism (BIJ).
6:2 BIJは,そのウェブサイトで,その目的が「良質の調査報告を制作することによって独自の報 道を支援すること,および,調査報道を実施し,資金を提供する新たな手法を探ること」である と述べている。
6:2 On its web site, the BIJ states that its goal is “to bolster original journalism by producing high- quality investigations, and to explore new ways of conducting and funding investigative journalism.”

6:3他の報道機関と共同作業をすることによって,同局は,国内,国際メディアが長期にわたる出
費のかさむ調査に資金を出すときにしばしば直面する難題に取り組もうとしている。
6:3 By working in collaboration with other news groups, it aims to [11] ( 1. call 2. address 3. support) the difficulty that national and international media often face in [12] (1. funding 2. avoiding
3. finding) expensive long-term investigations.
6:4 フィナンシャルタイムズ紙とBIJによる共同調査は,8つの大ホテルが特別な環境上の地位を利 用して自分の事業を促進したり,地域の雇用を創出するのに役立てるため2360万ユーロの融資を 受ける資格を手にするのに役立てたと,訴えている。

6:4 The joint investigation by the Financial Times and the BIJ alleges that eight large hotels used a special environmental status to promote their business and to help [13] (1. clarify 2.qualify 3.exemplify) for the 23.6 million euros in loans to help generate employment in the area.
6:5彼らの調査によると,開発ブーム以前は,ランサロテ島は1993年にユネスコの「人間と生物
圏」(MAB)計画のもとで「生物圏特別保護区」の資格(以後「生物圏資格」と呼ぶ)を授与さ
れた。
6:5 According to their research, before the development boom Lanzarote received a “Reservation of the Biosphere” status (hereafter called Biosphere status) in 1993 under the UNESCO “Man and the Biosphere” (MAB) Program.
6:6 この資格は島が持続可能な開発のための特別基金を得るのに役立ったのだ。
6:6 This status helped the island win special funding for sustainable development.

■ 第9段落
9:1ユネスコがランサロテ島の生物圏資格を見直すにつれて,EUの職員たちは,加盟国の資金が
政治的な不正に関与していることの影響を考慮し始めた。
9:1 As UNESCO reviews Lanzarote’s Biosphere status, EU officials have begun to consider the implications of member states’ money being involved in political corruption.

9:2 ヨーロッパ詐欺防止事務所は,不法建設の資金を出すのに使われたEU補助金を確実に回収す
ることを任された。
9:2 The European Anti-Fraud Office has been charged with ensuring the [17] (1. recovery 2. expenditure 3. loss) of any EU subsidies used to finance illegal construction.

[23] Which of the following is not mentioned in the article as a basis of the Lanzarote scandal?
1. The ethical failure of public officials.
2. The conflict between UNESCO and the EU.
3. The overdevelopment of tourism infrastructure.
4. The misuse of UNESCO environmental designations.

・解答 [23]―2
>[23] 「次のうちどれが,ランサロテ島スキャンダルの理由として本文中で言及されていないか」
1. 「公務員の倫理観の不足」
2. 「ユネスコとEUの間の対立」
3. 「観光基盤の過剰開発」
4.「ユネスコの環境資格の不正使用」
1については第5段第3文に「30人を超える公務員 … が違法な建築と操業許可にかかわる不正の申 し立てによって逮捕された」とある。2については,記述がない上,第9段第1文に,ユネスコがラ ンサロテ島の生物圏資格を見直すにつれてEUも資金の不正利用について考え始めたということが 述べられていることと矛盾している。よって,これが正解。3については,第3段第4文に「ホテ ル,飛行場」という記述があり,これらはinfrastructure「基盤」の一つである。4については,第 6段第4〜最終文に記述されており,本文の核心的論点の一つである。

■ 第9段落
9:1公衆の信頼というのは,公衆を代表して保管する所蔵品を保存,保護増強するという一連の責
任と,この責任を最高水準の技能と不断の努力をもって確実に果たしていくという行動準則の両
方を意味する言葉である。
9:1 Public trust is a term that implies both a set of responsibilities to preserve, protect, and enhance property held [44] (1. on top of 2. on behalf of 3. in addition to) the public and a code of conduct to ensure that this responsibility is discharged with the highest degree of skill and diligence.

9: 2 公共機関として,美術館はそれが体現していると受けとめられている価値観と調和するよう に,行動し行為するように求められている。
9:2 As public institutions, museums are expected to act and behave in a way that is in keeping with the perceived [45] ( 1. thoughts 2. values 3. politics) they embody.
9:3このことはその運営資金が私的か公的か,それが市営か国営かとは無関係にあてはまる。
9:3 This is true regardless of whether they are privately or publicly funded, civic or state institutions.

■ 第11段落
11:1 ここでカギを握っているのは,道徳的な権威という言葉であり,それによって私たちは再び 責任という問題へと,出発した地点へと戻ってくる。
11:1 The key term here is moral authority, which brings us back to the issue of responsibility and where we began.
11:2美術館が繁栄を続けるのに,知っておかねばならないのは,美術館の道徳的な権威が由来する
のは,美術館が責任をもって公益のために行動していると信じるがゆえに,公衆が美術館に投資
した信頼からなのだ,ということなのである。
11:2 If art museums are to continue [47l (1. thriving 2. sliding 3. revolving) they must recognize that their moral authority derives from the trust the public invests in them because the public believes they are acting responsibly and for the common good.

11:3信頼が薄くなるということは,究極的には美術館の権威と信用性が失われるということであ
り,いったん失われればその信頼はきわめて取り戻しにくいのである。
11:3 Lessening of trust is ultimately a loss of a museum’s authority and credibility, and once lost, that trust is very difficult to [48] ( 1. sustain 2. regain 3. refrain).
11:4 しかし問題は,美術館が商業文化を受容する手段を見出せるかどうかではなく,芸術と商業
の間には,保持するに値する明瞭なくっきりとした区別があることを示すことができるかどうか なのだ。
11:4 The question, however, is not whether art museums can find a way to embrace commercial culture but whether they can demonstrate that there is a clear and discernible difference between art and commerce that is worth preserving.
11:5芸術と商業が互いに途切れなく結びつくことができ,また実際にしばしば結びついており,美
術館が巨大な総合娯楽産業の一部となるかもしれずまた美術館がますます営利企業のようにふる まわざるを得ない世界においては,この任務は生易しいことではない。
11:5 This is not an easy task in a world where art and commerce can, and often do, merge seamlessly into each other, where museums can become part of vast entertainment complexes, and where museums are compelled to act more and more like commercial enterprises.

[55] Which of the following does not explain the nature of “public trust” in this article?
1. A museum collection is held in trust for the general public.
2. Public trust is an invisible investment by the people in the museum.
3. Museums cannot destroy their public trust because of their popularity.
4. Public trust requires museums to demonstrate responsibility for the common good.

・解答 [55]―3
>[55] 「次のうち,本文中の公衆の信頼とは何かを説明することにはならないものはどれか」
1. 「美術館の所蔵品は公衆のために信託されている」
2. 「公衆の信頼は人々による美術館への見えない投資である」
3. 「美術館は人気があるのだから,自分に対する公衆の信頼を壊すことはできない」
4. 「公衆の信頼は美術館が公共の利益に対する責任を証明することを求めている」
1は,第9段(Public trust is … )第1文「公衆を代表して保管する所蔵品」に示された内容なの で,説明になる。2は,第11段(The key term…)第2文「公衆が美術館に投資した信頼」に示さ れた内容なので,説明になる。3は,「人気があること」と「公衆の信頼」が直接結びつくような

記述は本文にないので,説明にならない。4は,第11段第2文末尾「美術館が責任をもって公益の ために行動していると…」に示される内容なので,説明になる。

■ 第8段落
8:1実際,この調査はきわめて厳しかったし,他の美術館に対して,それがもつ意味も潜在的には
害がきわめて大きかったので,全米美術館協会は「センセーション」展の余波の中で,展覧会の 資金繰りと利害の対立の回避に関して新しい指針を採択するという異例の策を講じ,美術館に対 する公衆の信頼を回復し,立法者に対して美術館は自浄能力があることを示そうとした。
8:1 Indeed, this scrutiny was so intense, and its implications for other museums so potentially damaging, that the American Association of Museums took the unusual step in the aftermath of Sensation of adopting new guidelines concerning the financing of exhibitions and the avoidance of conflicts of interest in order to bolster public confidence in museums and demonstrate to lawmakers that museums are capable of policing themselves.

8:2入場者数や注目度において,ブルックリン美術館がどんな利得を得たとしても,それは当機関
に対する公衆の信頼を犠牲にして生じたという事実によって帳消しになったどころではすまなかっ た。
8:2 Whatever gains the museum may have had in attendance and profile were more than [43] (1. multiplied 2. repaid 3. offset) by the fact that this came at the cost of public trust in the institution.

[54] According to the 8th paragraph, which of the following explains the motive of the American Association of the Museums when it stepped into the Brooklyn Museum controversy?
1. To prevent the federal government from stepping into the fight in question.
2. To protect the reputation of American museums by setting higher professional standards.
3. To save the Brooklyn Museum of Art from attack by the mayor and the press.
4. To bolster public interest in museum management.

・解答 [54]―2
>[54] 「第8段によれば,以下のうちで全米美術館協会がブルックリン美術館論争に足を踏み入れ たときの動機を説明しているものはどれか」
1. 「連邦政府がft該の闘争に足を踏み入れるのを防ぐため」
2. 「高い専門的水準を設定して,アメリカの美術館の威信を守るため」
3. 「ブルックリン美術館を市長と報道機関による攻撃から救うため」
4. 「美術館の運営に対する公衆の関心を強化するため」
第8段(Indeed this scrutiny … )第1文後方in order to bolster以下に「美術館に対する公衆の信頼を回
復し,立法者に対して美術館は自浄能力があることを示すために」とある。よって,それに最も近 いのは2である。policeが他動詞で使われ,police oneselfで「自らを律する」という意味であること に注意する。

■ 第11段落
11:1 ここでカギを握っているのは,道徳的な権威という言葉であり,それによって私たちは再び 責任という問題へと,出発した地点へと戻ってくる。
11:1 The key term here is moral authority, which brings us back to the issue of responsibility and where we began.
11:2美術館が繁栄を続けるのに,知っておかねばならないのは,美術館の道徳的な権威が由来す るのは,美術館が責任をもって公益のために行動していると信じるがゆえに,公衆が美術館に投 資した信頼からなのだ,ということなのである。

11:2 If art museums are to continue [47l (1. thriving 2. sliding 3. revolving) they must recognize that their moral authority derives from the trust the public invests in them because the public believes they are acting responsibly and for the common good.
11:3信頼が薄くなるということは,究極的には美術館の権威と信用性が失われるということであ り,いったん失われればその信頼はきわめて取り戻しにくいのである。
11:3 Lessening of trust is ultimately a loss of a museum’s authority and credibility, and once lost, that trust is very difficult to [48] ( 1. sustain 2. regain 3. refrain).
11:4 しかし問題は,美術館が商業文化を受容する手段を見出せるかどうかではなく,芸術と商業 の間には,保持するに値する明瞭なくっきりとした区別があることを示すことができるかどうか なのだ。
11:4 The question, however, is not whether art museums can find a way to embrace commercial culture but whether they can demonstrate that there is a clear and discernible difference between art and commerce that is worth preserving.
11:5芸術と商業が互いに途切れなく結びつくことができ,また実際にしばしば結びついており, 美術館が巨大な総合娯楽産業の一部となるかもしれずまた美術館がますます営利企業のようにふ るまわざるを得ない世界においては,この任務は生易しいことではない。
11:5 This is not an easy task in a world where art and commerce can, and often do, merge seamlessly into each other, where museums can become part of vast entertainment complexes, and where museums are compelled to act more and more like commercial enterprises.

[55] Which of the following does not explain the nature of “public trust” in this article?
1. A museum collection is held in trust for the general public.
2. Public trust is an invisible investment by the people in the museum.
3. Museums cannot destroy their public trust because of their popularity.
4. Public trust requires museums to demonstrate responsibility for the common good.

・解答 [55]―3
>[55] 「次のうち,本文中の公衆の信頼とは何かを説明することにはならないものはどれか」
1. 「美術館の所蔵品は公衆のために信託されている」
2. 「公衆の信頼は人々による美術館への見えない投資である」
3. 「美術館は人気があるのだから,自分に対する公衆の信頼を壊すことはできない」
4. 「公衆の信頼は美術館が公共の利益に対する責任を証明することを求めている」
1は,第9段(Public trust is … )第1文「公衆を代表して保管する所蔵品」に示された内容なの で,説明になる。2は,第11段(The key term…)第2文「公衆が美術館に投資した信頼」に示さ れた内容なので,説明になる。3は,「人気があること」と「公衆の信頼」が直接結びつくような 記述は本文にないので,説明にならない。4は,第11段第2文末尾「美術館が責任をもって公益の ために行動していると…」に示される内容なので,説明になる。

■第1段落
1:1 Some people think that science and common sense are alike because science is a systematic and controlled extension of common sense, which is, in turn, a series of concepts and conceptual schemes satisfactory for practical uses.
1:1 科学とは常識の体系的で統制された拡張であり、反対に常識は、実用的な用途に見合った一連
の概念と概念的な枠組みなのだから、科学と常識はよく似ている、と考える人もいる。
1:2 But science and common sense differ in two significant ways.
1:2 しかし、科学と常識は2つの重要な点で異なる。

1:3 First, their uses of conceptual schemes and theoretical structures are strikingly different.
1:3 第一に、両者の概念的な枠組みと理論的な構造の使い方は著しく異なっている。
1:4 [1] (1. Since 2. While. Now that) the man in the street uses “theories” and concepts, he ordinarily does so in a loose fashion.
1:4 一般人は、「理論」や概念を使うとはいえ、たいていその使い方はずさんである。
1:5 He often accepts fanciful explanations of natural and human phenomena.
1:5 しばしば彼は、自然現象や人間に関わる事象についての空想的な説明を受け入れる。
1:6 An illness, for instance, may be thought to be a punishment for sin.
1:6 たとえば病気は罪に対する罰だと考えられたりするかもしれない。
1:7 The scientist, on the other hand, systematically builds her theoretical structures, tests them for [2] (1. internal 2. external 3. social) consistency, and subjects aspects of them [3] (1. for 2. to 3. through) empirical testing.
1:7 他方、科学者は体系的に理論構造を構築し、それらの内的な整合性を検証し、またそれらの複
数の側面を経験的な検証にかける。
1:8 Furthermore, she knows that the concepts she is using are manmade terms that may or may not exhibit a close relation to reality.
1:8 そのうえ、科学者は自分が使っている概念が、現実と密接な関係を示すことも示さないことも
ある人工的な用語であることを知っているのである。
■第2段落
2:1 Secondly, the scientist systematically and empirically tests her hypotheses.
2:1 第二に、科学者は体系的、経験的に自分の仮説を検証する。
2:2 The man in the street certainly tests his “hypotheses,” too, but he tests them in what might be [4] (1. defined 2. assumed 3. called) a selective fashion.
2:2一般人もまた、確かに自分の「仮説」を検証しはするのだが、しかし検証の方法はいわばえり
好みである。
2:3 He often “selects” evidence simply because it is consistent with his hypothesis.
2:3 そういう人は自分の仮説と整合的だからというだけの理由で、証拠を「選択する」ことが多
い。
2:4 Take the stereotype: Fast food is bad for you.
2:4 ファーストフードは体に悪い、という固定観念で考えてみよう。
2:5 If some people believe this, they can easily “verify” their belief by noting that many kinds of fast food are unhealthy.
2:5 もしもある人々がこれを信じている場合、彼らは多くの種類のファーストフードが健康によく
ないことに言及することで、容易に自分の信念を「証明」することができる。
2:6 [5] (1. Exceptions 2. Rules 3. Objectives) to the stereotype, such as healthy or low-fat fast foods, are not taken into account.
2:6 固定観念に対する例外、たとえば健康的な、脂肪分の少ないファーストフードが考慮されるこ
とはない。
2:7 The true social scientist, knowing this “selection tendency” to be a common psychological phenomenon, carefully guards her research against her own preconceptions and predilections, and avoids selecting only the kinds of data that support her hypotheses.

することがないようにするのである。
2:8 Most importantly, she is not content with an armchair exploration of a relation;
2:8 もっとも大切なのは、ある関係を机上で研究することに科学者は満足しないということであ
る。
2:9 she feels it [6] ( 1. uncomfortable 2. obligatory 3. stressful) to test her hypothesis against empirical reality.

2:9 科学者は自分の仮説を経験的な現実に照らして検証しなければならないと思う。
2:10 She thus emphasizes the importance of systematic, controlled, and empirical testing of her hypotheses.
2:10それゆえに、自分の仮説の体系的で、制御され、しかも経験的な検証の重要性を強調するの
である。
[30] Which of the following statements about scientists is not true according to this article?
1. Scientists believe that theoretical concepts reflect the real world.
2. Scientists maintain that their theories should be checked against empirical reality.
3. Scientists are aware that their hypotheses are not immune to their personal bias.
4. Scientists make predictions about the outcome of their research.

解答 [30]―1
>[30]「科学者に関する次の記述のうち、この文章によれば正しくないものはどれか」 1.「科学者は、理論的な概念は現実を反映すると信じている」
2.「科学者は自分の理論は経験的な現実に照らして、点検されるべきだと主張している」
3.「科学者は、自分の仮説は自分の個人的な偏見を免れることはないということを知っている」
4.「科学者は、自分の研究の結果についての予測をする」
1については、第1段最終文に「科学者は自分が使っている概念が、現実と密接な関係を示すこと も示さないこともある人工的な用語であることを知っている」と述べられていることに矛盾す る。よって1が正解。2は第2段[6]を含む文「科学者は自分の仮説を経験的な現実に照らして検証し なければならないと思う」とあるので、正しい。3については、第2段第7文(The true social scientist,…)に科学者は「選択傾向」という心理的な現象が、common「一般的な」ことだと自覚 しているとある。よって正しい。4の「研究の結果についての予測」というのは、つまり「仮説を 立てる」ことである。よって、正しい

■第1段落
1:1 The Thomas A. Edison National Historic Site in West Orange attracts thousands of people who would normally avoid the harsh, deindustrialized landscape of northern New Jersey.
1:1 ウエスト・オレンジにあるトーマス=A.エジソン国立史跡は、ニュージャージー州北部の産業
の空洞化を思わせる荒れた景色を普通なら避けるような、そんな人々を多く引きつけている。

1:2 Situated about forty five minutes from New York City, the site of Edison laboratory and museum is one of the most popular national parks on the East Coast.
1:2 エジソンの研究所や博物館のあるこの史跡は、ニューヨーク市から45分のところに位置してお
り、東海岸地域で最も人気のある国立公園のひとつである。
1:3 The Park Service estimated that over 50,000 people visited the site in 1987, its 100″ anniversary.
1:3公園管理局では、100周年にあたる1987年には5万人以上がその史跡を訪れたと算定している。
1:4 These visitors came from all parts of the nation and a large portion came from abroad.
1:4 これらの訪問者は全米各地から来ており外国からの来訪者の占める割合も大きい。
1:5 It is [1] (1. similarly 2. exceedingly 3. hardly) surprising that Edison’s laboratory is most popular with Japanese tourists, who share his work ethic and commitment to innovation.
1:5 エジソンの研究所が日本人観光客に大変人気があることは驚くようなことではない。というの は、エジソンの労働観や技術革新への献身は日本人のそれと相通ずるものがあるからである。
■第2段落
2:1 The creators of today’s microelectronics “revolution” find relevance in the “Second Industrial Revolution,” which began in the 1880s and [2] (1. ended 2. completed 3. lasted) until the Great War of 1914-18.
2:1今日のマイクロ電子工学の「革命」を生み出す人々は、1880年代に始まって1914年から18年の
大戦まで続いた「第2次産業革命」の中に関連性を見出している。
2:2 This period of rapid economic growth came after the first wave of industrialization had begun to transform the economy and society of the United States.

2:2経済が急成長したこの時期は、工業化の最初の波が合衆国の経済と社会を変え始めた後にやっ て来た。
2:3 Edison’s invention of the incandescent light bulb marked the beginning of the second burst of innovation, one that created several major new industries.
2:3 エジソンによる白熱電球の発明は、数々の新しい主要産業を生み出す、技術革新の第二の到来
の始まりを示していた。
2:4 This second wave of industrialization does not have the same powerful images as the first;
2:4 この工業化の第二の波は第一の波が持っていたのと同じような強烈なイメージを持つものでは
ない。

2:5 the steam engine and textile mill are universally recognized as the symbols for the first great movement, which began in Great Britain and [3] (1. led 2. spread 3. continued) to the United States in the early nineteenth century.
2:5 というのも、蒸気機関と織物工場は、英国で始まり19世紀初頭にアメリカ合衆国に広がった第
一の大きな革新のシンボルとして、世界的に認識されている。
2:6 The new industries of the 1870s and 1880s do not have the same familiar symbols.
2:6 1870年代から1880年代の新しい産業には、それと同じようなよく知られたシンボルがないので
ある。
2:7 Edison’s Pearl Street station in downtown Manhattan – the first architectural relic of the electrical industry is no longer standing.
2:7 マンハッタン中心部のパール街にあるエジソンの発電所は、電気産業の最初の建築遺跡であっ
たが、今はもうない。
2:8 But Edison’s laboratory in West Orange is both a [4] (1. accessible 2. attainable 3. adaptable) and appropriate symbol of this movement.
2:8 しかしウエスト・オレンジにあるエジソンの研究所はこの第二の革新を示すシンボルであり、
実際に訪れることができるだけでなくシンボルとしてふさわしいものである。
■第3段落
3:1 The complex of buildings in West Orange was erected in the late 1880s, when the Second Industrial Revolution was just beginning.
3:1 ウエスト・オレンジにある一群の建物は、ちょうど第2次産業革命が始まろうとする1880年代
後半に造られた。
3:2 As the greatest industrial research facility in the United States, the laboratory was the breeding ground for a new generation of technology and the starting point of some important new industries of the twentieth century.
3:2合衆国最大の産業研究施設として、その研究所は、新世代の科学技術の発生地であり、また20
世紀の重要な新産業のための出発点であった。

3:3 Here Edison worked at spreading his electrical lighting systems throughout the industrialized West and [5] (1. estimating 2. lowering. dispersing) the price of electricity until it was available to everyone.
3:3 この場所で、エジソンは、自ら考案した電気照明装置を工業化の進んだ西部地方一帯へ広め、
電気の値段を誰もが使える程度にまで下げることに取り組んだ。
3:4 The motion picture camera was invented at the laboratory, along with a host of other important products, such as the Edison storage battery and the dictating machine.
3:4映画の撮影機がその研究所で発明され、またエジソン式蓄電池や口述録音機など、他の重要な
製品も多数発明された。
3:5 Edison perfected the phonograph at this facility and manufactured thousands of them at his nearby factories.
3:5 エジソンはこの施設で蓄音機を完成させ、近くの自分の工場で大量に生産した。
3:6 Two of the twentieth century’s most influential media industries -motion pictures and musical entertainment – had their humble beginnings in this cluster of brick buildings.

3:6 20世紀で最も影響力のあった2つのメディア産業、つまり映画と音楽の娯楽産業は、このれん が造りの建物の一群から、静かに始まったのである。
[21] Which of the following statements about the Edison National Historic Site is not correct?
1. It attracts many visitors, including Japanese.
2. It is located next to the Pearl Street station.
3. It has the complex of buildings originally erected in the 1880s.
4. It is a rare symbol of the Second Industrial Revolution.

・解答 [21]―2
>[21] エジソン国立史跡に関して誤っているものは? 1.日本を含む多くの訪問者を引き付ける。
2.パールストリート駅の隣に位置する。
3.もともとは1880年代に建てられた建物の複合体を持っている。
4.第二次産業革命の稀な記号がある。
エジソン国立史跡について正しくない記述を選ぶ。第1段第2文に「ニューヨーク市から45分のと ころに位置している」とある。一方、「パール街の発電所(Pearl Street station)」は、問題
[4]の1つ前の文に書かれているように「マンハッタン中心部(downtown Manhattan)」つまり ニューヨークの中心部にある。したがって2の「パール街の発電所のとなりに位置する」が本文と 一致しないので正解となる。
1は第1段第1文の「多くの人々を引きつけている(attracts thousands of people)」と、最終文の
「日本人観光客に大変人気がある(most popular with Japanese tourists)」の部分と一致する。 3は第3段第1文(The complex of…)と一致する。
4は第2段第4文(This second wave of…)の内容(第2次産業革命には第1次産業革命のシンボル のような有名なシンボルがない)と最終文の記述「(エジソンのウエスト・オレンジにある研究 所は)この革新を示すにふさわしいシンボル(appropriate symbol of this movement)」より、内容 に一致する。

■第5段落
5:1 Perhaps the most serious concern about virtual schools is whether they can teach students to work cooperatively, and to [4](1. acquire 2. interrupt 3. reject) the humanistic and egalitarian values that are the foundations of democratic society.
5:1 バーチャル=スクールに関する最も深刻な懸念は、おそらく協力して物事に取り組んだり、民
主的社会の基礎である人道的・平等主義的価値観を獲得することを生徒に教えられるかどうかで あろう。
5:2 Many who oppose on demand virtual schools claim that, because such schools do not [5](1. prevent 2. provide 3. propose) live interaction, they are destined to diminish civic engagement and deepen the social isolation that can be seen among so many of today’s young people.
5:2 オンデマンド方式のバーチャル=スクールに反対する人の多くは、そのような学校では生きた
やりとりができないため、市民としての参加が減少し、今日の非常に多くの若者の間に見られる ような社会的孤立を深めてしまうと主張している。

■第7段落
7:1 Defenders of conventional schooling make parallel arguments, claiming that children need the physical and emotional peer connections that they experience in classroom activities, school assemblies, club meetings, and the like in order to develop the social skills they will need to [9]
( 1 .participate in 2. borrow from 3. retreat from) democratic society.

7:1従来の学校教育の擁護者も類似した主張をしており、民主的社会に参加するのに必要な社交技 術を発達させるためには、子供は教室での活動、学校の集会、クラブでの集会などにおいて経験 する、仲間との物理的・情緒的つながりが必要なのだと説いている。
7:2 On the other hand, some argue that virtual schooling can actually promote civic participation because it provides a [10](1.measurement 2. mechanism 3. messenger) by which thoughtful communication can take place among a nearly limitless range of students.
7:2一方、バーチャル教育は無限に近い範囲の生徒問で、思慮に富んだコミュニケーションが行わ
れるメカニズムを提供するため、市民参加を実際に促進しうると主張する者もいる。

■第8段落
8:1 This point, however, is called into question by the fact of socioeconomic inequality.
8:1 しかしこの論点は社会経済的な不平等という事実からは問題視されている。
8:2 Technology mediated education may, at least in the short term, prevent people at the lower end of the income scale from participating in online education.

8:2科学技術が媒体となる教育では、少なくとも短期的には、収入面で最下層の人々がオンライン
教育に参加することができないかもしれない。
8:3 Indeed, students whose families can afford Internet access and the required hardware and software currently [11](1. regulate 2. reduce 3. constitute) the majority of those participating in virtual schooling.
8:3確かに、現在バーチャル教育に参加している者の大多数を構成しているのはインターネットに
よるアクセスやそれに必要なハードウェアとソフトウェアが金銭的にまかなえる家庭の生徒であ る。
8:4 However, as computers and Internet access become less expensive, they will come within reach even of disadvantaged groups.
8:4 しかしコンピューターやインターネットのアクセスにかかる費用が安くなるにつれ、不利な境
遇の人々でも手が届くようになるであろう。
8:5 At that point, debate will likely focus on the overall quality of the online educational experience rather than on [12](1. access 2. excess 3. success) itself.
8:5 その時点で、論点はおそらく、アクセスそのものよりもオンライン教育の経験の全体的な質へ
と焦点が向けられることになるだろう。
8:6 Therefore, it will probably become necessary to demonstrate to potential users that high-quality education is being provided.
8:6 したがって、質の高い教育が供給されていることを、利用者となる可能性のある人々に説明す
ることがおそらく必要になるだろう。
8:7 One way this can be accomplished is by establishing standards for teacher certification and course content with which virtual schools must [13](1.comply 2. contend 3. contract).
8:7 このことを達成する方法の一つはバーチャル=スクールが従うべき教員免許付与や課程内容の
基準を確立することである。
[23] Which of the following does the author not mention in relation to virtual schooling?
1. Social isolation.
2. Increasing dropout rates.
3. Inequality of opportunity.
4. Civic disengagement.
次のうち、バーチャル教育に関連して筆者が述べていないものはどれか。
1 社会的孤立
2 増加しつつある中退率

3 機会の不平等
4 Civic束縛からの解放
・解答 [23]―2
>[23]「次のうち、バーチャル教育に関連して筆者が述べていないものはどれか」という質問に 答える。2の「増加しつつある中退率」は本文に記述がない。 1の「社会的孤立」は第5段最終文(Many who oppose…)に記述がある。3の「機会の不平等」に ついては、8:1 (This point, however…)で「社会経済的な不平等(socioeconomic inequality)」に 言及した後、8:2「収入面で最下層の人々がオンライン教育に参加することを妨げる(prevent people at the lower end of the income scale from participating in online education)」と説明してい る。4のdisengagementは「(束縛からの)解放、自由」で、civic disengagementとは「市民とし ての束縛から解放される」ということ。7:2(On the other hand,…)でバーチャル教育が「人々の 参加を促進する(promote civic participation)」とある。

■第9段落
9:1 Wealth is also a poor [8](1. predictor 2. fortune-teller 3. future) of happiness.
9:1財産もまた、幸福かどうかを予測する手段としてはあてにならない。

9:2 People have not become happier over time as their cultures have increased in wealth.
9:2人は自分の文化が裕福になったからといって、やがてより幸福になっているというわけではな
い。
9:3 Even though Americans earn twice as much in today’s dollars as they did in 1957, the proportion of those telling interviewers from the National Opinion Research Center that they are “very happy” has declined from 35 to 29 percent.
9:3 アメリカ人は1957年ft時よりも今日2倍のドルを稼いでいるが、ナショナルオピニオンリサー チセンターの面接官に自分は「とても幸福」だと答えた人の比率は、35パーセントから29パーセ ントに減少している。
■第7段落
7:1 Interviews with representative samples of people of all ages, for example, reveal that no time of life is especially happier or unhappier.
7:1例えば、あらゆる年齢層から選ばれた抽出標本の人との面接では、人生には特に幸せである、
あるいは幸せでない時期があるわけではないということがわかっている。

7:2 [6](1. Simultaneously 2. Similarly 3.Definitely), men and women are equally likely to declare themselves “very happy” and “satisfied” with life, according to a statistical digest of 146 studies compiled by researchers at Arizona State University.
7:2同様に、アリゾナ州立大学の研究者たちがまとめた146の研究の統計学的要録によると、男性も
女性も同じように自分は「とても幸福」で人生に「満足している」と言うことが多い。
7:3 Other researchers at the University of Northern British Columbia and the University of Michigan summarizing surveys of 18,000 university students in 39 countries and 170,000 adults in 16 countries have supported these findings.
7:3 ノーザンブリティッシュコロンビア大学とミシガン大学の他の研究者たちは、39カ国の大学生
1万8千人と16カ国の成人17万人の調査をまとめ、これらの研究結果を立証している。
■第16段落
16:1 Religiously active people also report greater happiness.
16:1宗教上で活動的な人もまた、幸福がより大きいことを示している。

16:2 One survey found that highly religious people were twice as likely as those lowest in spiritual commitment to declare them very happy.

16:2 ある調査では、非常に信心深い人は、信仰への傾倒が低い人に比べ、自分をとても幸福だ、 という人が2倍もいた。
16:3 Other surveys, including a collaborative study of 166,000 people in 16 nations, have found that reported happiness and life satisfaction [17] (1. rise 2. relate 3.register) with the strength of religious affiliation and frequency of attendance at worship services.
16:3 16カ国における16万6千人のある共同研究を合む他の調査でも、幸福や生活への満足は、宗 教に加入することの度合いや礼拝の参加回数とともに増すことがわかっている。
16:4 Some researchers believe that religious affiliation [18] (1. equates 2. encourages 3. evolves) greater social support and hopefulness.
16:4宗教への加入がより大きな社会的支持と有望さを高めると信じる研究者もいる。
■第6段落
6:1 Researchers have found that the even distribution of happiness cuts across almost all demographic classifications of age, economic class, race and educational level.
6:1研究者たちは、年齢、経済的階級、人種や教育水準による人口統計学上の分類のほぼすべての
範囲にわたって、幸福の分布が均一であることを発見した。
6:2 In addition, almost all [5](1. research 2. study 3.real) strategies for assessing subjective well- being turn up similar findings.
6:2 さらに、主観的幸福を評価するほぼすべての研究方策で、同じような研究結果になることがわ
かっている。
■第8段落
8:1 Ethnicity also gives little clue to subjective well-being.
8:1民族性にもまた、主観的幸福につながる手がかりはほとんどない。

8:2 African-Americans are only slightly less likely to feel “very happy” when compared to European- Americans.
8:2 アフリカ系アメリカ人は、ヨーロツパ系アメリカ人と比べて「とても幸福」と感じないことは
ほんのわずかだけである。
8:3 The National Institute of Mental Health found that the rates of depression and alcoholism among blacks and whites are roughly equal.
8:3国立精神衛生研究所は、黒人と白人のうつ病やアルコール中毒の比率はおおむね等しいことを
発見している。
8:4 Social psychologists at the University of California have also found that people in [7](1. discovered 2. aristocrat 3.disadvantaged) groups maintain self-esteem by valuing things at which they excel, by making comparisons within their own groups and by blaming problems on external sources such as prejudice.
8:4 カリフォルニア大学の社会心理学者もまた、恵まれない境遇の集団にいる人は、自分がすぐれ ていることがらを評価することによって、また自分の集団の中で比較することによって、そして 問題を差別のような外的要因のせいにすることによって、自尊心を保っているということを発見
した。
■第11段落
11:1 Are people in rich countries happier, by and large, than the people in not so rich countries?
11:1概して裕福な国の人は、それほど裕福でない国の人よりも幸福であろうか。
11:2 It appears in general that they are, but the margin may not be very large.
11:2一般にその通りであるように思えるが、その格差はあまり大きくないかもしれない。

11:3 In Portugal, for example, only one in ten people reports being very happy, [10](1. whereas 2. whereby 3.wherefore) in the much more prosperous Netherlands the proportion of very happy people is four in ten.
11:3例えばポルトガルでは、10人中わずか1人だけがとても幸福であると述べているが、一方そこ
よりずっと裕福なオランダでは、とても幸福な人の比率は10人中4人になる。

11:4 Yet there are curious exceptions in this correlation between national wealth and well-being — the Irish during the 1980’s consistently reported greater life satisfaction than the wealthier West Germans.
11:4 しかし、この国家の豊かさと幸福の間の相関性には奇妙な例外がある。1980年代のアイルラ ンド人は、より裕福な西ドイツ人よりも生活への大きな満足感を一貫して示していた。
11:5 Furthermore, other factors, such as civil rights, literacy and the duration of democratic government, all of which also [11](1. accept 2. promote 3.prove) a sense of life satisfaction, tend to go hand in hand with national wealth.
11:5 さらに、公民権や読み書き能力、民主政治期間のような他の要因は、そのすべてが生活への
満足感を促すものであるが、国家の豊かさと密接な関連をもつ傾向がある。
11:6 As a result, it is impossible to tell whether the happiness of people in wealthier nations is based on money or is a byproduct of other important aspects of life.
11:6 その結果、裕福な国の人の幸福がお金に基づくものなのか、それとも生活上の他の重要な側
面の副産物なのかを判断することはできない。
[29] Which of the following statements does not represent the views of tl1e research mentioned in this article?
1. Persona l happiness is not dependent 0n personal income.
2. Personal happiness is greatest in middle age.
3. Personal happiness is related to religious activity.
4. Personal happiness is not connected to nationality.

・解答 [29]―2
>[29]本文で述べられている見解を表していない文を選ぶ。 1.「個人の幸福はその人の収入に左右されない」第9段第1文(Wealth is…)の内容に一致。
2.「個人の幸福は中年のころがもっとも大きい」第7段第1文(Interviews with…)の「人生には特 に幸せである、あるいは幸せでない時期があるわけではない」という記述に一致しない。 3.「個人の幸福は宗教的活動に関係がある」第16段第1文(Religiously…)の内容に一致。 4.「個人の幸福は国籍とは関係がない」第6段(Researchers have…)、第8段(Ethnicity also gives…)、第11段第2文(It appears in general…)などにおいて、幸福は人種、民族、国の違い などで定義づけることはできないと述べられていることに一致する。

■第1段落
1:1 It has been recognized since earliest times that some restraints should be observed during armed conflict.
1:1武器を使って戦うときにもいくらかの抑制がされていなければならないということは、遠い昔
から認識されてきた。
1:2 Already in the Old Testament* there are instances of limitations set by God.
1:2旧約聖書においてすでに、神によって課された制限の例がある。
1:3 Sun Tzu* maintained that in war one should attack the enemy armies, and that “the worst policy is to attack cities.
1:3孫子は、戦争においては敵の軍隊を攻撃すべきであって、「最悪の方策は都市を攻撃すること
だ。
1:4 Attack cities only when there is no alternative.”
1:4他の方法がないときにのみ都市を攻撃せよ」と主張した。
1:5 In ancient India it was considered that war should be conducted on a basis of equality between the opponents: 1:5古代インドでは、戦争は交戦する者たちが対等の力をもっているという基本に基づいて行われ
るべきだと考えられていた。
1:6 “A car warrior should fight a car warrior.

1:6 つまり、「二輪馬車の戦士は二輪馬車の戦士と戦わなければならない。
1:7 One on horse should fight one on horse.
1:7馬に乗る者は馬に乗る者と戦わなければならない。
1:8 Elephant riders must fight with elephant riders, as one on foot fights a foot soldier.”
1:8歩兵が歩兵と戦わなければならないのと同じように、象に乗る者は象に乗る者と戦わなければ
ならない」ということだった。
1:9 According to Homer*, the ancient Greeks considered that the use of poison on weapons was forbidden by the gods;
1:9 ホメロスによると、古代ギリシア人は、武器に毒を塗ることは神によって禁止されていると考
えていた。
1:10 and among the city states, temples and priests and embassies could not be attacked.
1:10 また、都市国家の中では、寺院や神宮や外国の大使館を攻撃することはできなかった。
1:11 The Romans were more regular and disciplined soldiers than those of any other ancient nation.
1:11 ローマ人は、他のいかなる古代国家の兵士よりも組織化され、規律のある兵士であった。
1:12 They did not, as a rule, lower themselves to indiscriminate massacre and [1](1. unrestrained
2. unavailable 3. spotted) destruction.
1:12彼らは一般的に、無差別の大虐殺や無制限の破壊を恥ずべきものと考え、このようなことを行
うことはなかった。

■第2段落
2:1 By the seventh century some of these principles had spread to the Islamic world.
2:1 これらの原則の中には、7世紀までにイスラム世界にまで広がっていたものもあった。
2:2 The leading Islamic statement on the law of nations written in the ninth century to some extent reflects principles laid [2](1. upon 2. down 3. by) in the Old Testament, with its ban on the killing of women, children, the old and [3](1. the helpless 2. the help 3. helpful).
2:2 9世紀に書かれた国家の法律に関する主要なイスラム教の記述は、旧約聖書に規定されていた
原則をある程度反映していて、女性、子供、老人、無カの者を殺すことを禁じていた。
2:3 Moreover, a prisoner of war should not be killed, but he may be ransomed* or set free.
2:3 さらに、捕虜は殺すべきではなく、身代金を払わせるか自由にするかであろう。
2:4 But, prisoners might be killed if it were considered advantageous in conducting a war [4](1. therefore 2. however 3. despite), this would not be so if the prisoners converted to Islam.
2:4 しかし、戦争を行っていく上で有利と考えられるならば、捕虜は殺されるかもしれない。しか しながら、もし捕虜がイスラム教に改宗するならば、こういうことにはならないだろう。

■第3段落
3:1 By the Middle Ages the power of the Church was such that it was able to forbid Christian knights [5](1. to 2. from 3. against) using certain weapons as hateful to God.
3:1中世までには、教会の力は強大なものとなっていたので、キリスト教徒の騎士がある種の武器
を使うのを、神にとって憎むべきものであるとして禁止することができた。
3:2 Thus, in 1139, the Second Lateran Council condemned the use of the crossbow and arc*, a view that matched the concept of chivalry* which regarded such weapons [6](1. as 2. such 3. very) disgraceful, since they could be used from a distance enabling a man to strike [7](1. with 2. before
3. without) the risk of himself being struck.
3:2 その結果、1139年に第2回ラテラノ公会議は戦闘用大弓の使用を非難したが、この考えはその ような武器を卑劣なものとみなす騎士道の概念に合致したものであった。なぜなら、それらは距 離をおいて使用できるため、自分が攻撃される危険はなく他を攻撃することを可能にするもので あるからだった。

3:3 In fact, the feudal knights were aware of what they knew as the “law of chivalry,” a customary code of chivalrous conduct that controlled their affairs and which was enforced by specially appointed arbitrators* or, in the case of England and France, by Courts of Chivalry.
3:3実際、封建時代の騎士は「騎士道の法」として知られているものに気づいていた。
それは騎士の行動に関する慣習法で、彼らの行動をつかさどり、特別に任命された仲裁者か、あ るいはイギリスやフランスの場合には騎士道法廷によって施行された。
3:4 However, these limitations only covered those who shared the code of chivalry, such as knights of noble birth, and did not cover common soldiers.
3:4 しかしながら、このような制限は、貴族生まれの騎士などのような騎士道の法を共有する者に
しか及ばず、一般の兵士に及ぶことはなかった。
■第11段落
11:1 In general, in the absence of any specific treaty or international customary law relating to a particular weapon and restricting or controlling its use, the employment of such weapons is subject to the general rules of the law of armed conflict.
11:1一般に、ある特定の兵器に関して、その使用を制限したり規制したりする特定の条約や国際的
な慣習法がない場合、そのような兵器の使用は武器を使用する戦闘の一般的な規則に従う。

11:2 The question of the legality of such weapons should be decided in accordance with those rules, particularly those concerning unnecessary suffering and proportionality.
11:2 そのような兵器が合法かどうかという問題は、そういった一般的な規則、特に不必要な苦し
みや広がりに関する規則に従って決定されるべきである。
11:3 In view of the effects of a nuclear explosion, the long-term nature of its radioactive fallout, and the existence of treaties banning the use of poison or other biological weapons, it might be expected [19](1. to 2. although 3. that) nuclear weapons would fall under the ban on those weapons causing unnecessary suffering and adversely affecting the environment.
11:3核兵器の爆発の影響、放射性降下物の影響が長期にわたるという性質、毒物や他の生物兵器の
使用を禁止する条約の存在を考えると、核兵器は、不必要な苦しみを引き起こし環境に悪影響宇
与える兵器に対する禁止を受けると考えられるだろう。

11:4 However, some schools of international lawyers hold that war employing nuclear weapons to prevent new nuclear powers from emerging would be reasonable in some circumstances.
11:4 しかしながら、国際的法律家たちの派閥の中には、新しい核保有国が現れるのを防ぐために
核兵器を使用する戦争は、ある状況下では道理にかなっているとする説をとる者もある。
[29] Based on the entire reading, which of the following statements is most incorrect?
1. The law of armed conflict has gradually evolved since earliest times.
2. The proper treatment of the sick and wounded was first made into a treaty by Russian Emperor.
3. Prisoners of war were t1nder some circumstances allowed to be killed in the Islamic world.
4. The legality of nuclear weapons is considered to be covered by the law of armed conflict.

・解答 [29]―2
>[29]「文全体に基づけば、次の文のどれが最も間違っているか」 1「武器による争いに関する法律は遠い昔からずっと徐々に発展してきた」は、第1段で古代の 例、第2段でイスラムの例、第3段で中世のキリスト教の例というように、武器による争いに関す る歴史が述べられているので、内容に一致。 2の「病人や負傷者の適切な扱いは最初ロシア皇帝によって条約にまとめられた」は述べられてい ないので間違い。第6段第3文(The Hague Law…)に、ロシア皇帝の招きで軍縮会議を聞いたと あるのと混同しないこと。 3の「イスラム世界において、ある状況下では捕虜が殺されるのは許される」は、第2段最終文
(But, prisoners might…)に一致。 4の「核兵器の合法性は、武器による争いの規則で処理されると考えられる」は、第11段第1文
(In general, in the…)の後半部分の、「そのような兵器(=核兵器など)の使用は、武器による
戦闘の一般的な規則に従う」に一致。

■第5段落
5:1 In contemplating this problem, Lovelock found that the fact that all living organisms take in energy and matter and discard waste products was the most general characteristic of life he could (6)( 1. identify 2. modify 3. codify).
5:1 この問題をじっくり考えるうち、ラブロックは、すべての生命体がエネルギーや物質を取り入 れて老廃物を捨てるという事実が、自分が確認しうるうちで最も一般的な生命の特徴であること を発見した。

5:2 He first thought that one should be able to express this key characteristic mathematically in terms of entropy, but then his reasoning went in a different direction.
5:2彼は最初、この重要な特徴をエントロピーの観点から数学的に表現できるはずだと考えたが、
その後彼の推論は異なる方向へ進んで行った。
5:3 Lovelock assumed that life on any planet would use the atmosphere and oceans as fluid media for raw materials and waste products.
5:3 ラブロックは、いかなる惑星の生命体も、大気と海を原料と老廃物との間の流動的な媒体とし て利用すると仮定した。

5:4 Therefore, he speculated, one might be able, somehow, to detect the existence of life by analyz ing the chemical composition of a planet’s atmosphere.
5:4 ゆえに、惑星の大気の化学的構成を分析することによって生命の存在をどうにか発見できるか
もしれないと彼は考えた。
5:5 Thus if there was life on Mars, the Martian atmosphere should (7) (1. remove 2. repel 3. reveal) some special combination of gases, some characteristic “signature” that could be detected even from Earth.
5:5 したがって、もし火星に生命が存在するならば、火星の大気は何らかの特殊な気体の化合物、
すなわち地球からでも検出することのできるある独特の特性を示すはずである、と。
■第7段落
7:1 Lovelock realized that the (10) (1. assumption 2. tendency 3.reason) for that particular atmospheric profile on Mars is that on a planet with no life, all possible chemical reactions among the gases in the atmosphere were completed a long time ago.
7:1 ラブロックは、火星についてのそのような特殊な大気データが出たことの理由は、生命が存在
しない惑星では、大気中の気体間で起こりうるすべての化学反応がはるか昔に完了しているとい うことであると気づいた。
7:2 Today no more chemical reactions are possible on Mars; there is complete chemical equilibrium in the Martian atmosphere.
7:2現在では火星においてはもはや化学反応は起こり得ない。火星の大気は完全な化学的平衡状態
にあるのである。
(22) Which of the following statements does not fit the definition of life in this article?
1. It needs an external source of energy to survive.
2. It is a result of chemical reactions completed a long time ago.
3. It produces waste.
4. It can be detected by studying the chemicals in the ocean.

・解答 (22)2
(22)本文中の生命の定義にそぐわないものを選ぶ。
1.「生命は、生き残るためには外部からのエネルギー源を必要とする」第5段冒頭文(In contemplating…)のthat以下に一致。 2.「生命は遠い過去に完成された化学反応の結果である」第7段冒頭文(Lovelock realized…)参照。 それは生命のない火星の状況を述べたものであり「生命の定義」ではない。

3.「生命は老廃物を生む」第5段冒頭文に一致。
4.「生命は海中の化学物質を調べることによって発見できる」第5段第3文(Lovelock assumed…)

■第1段落
1:1 In the early 1960s, the concept of self-organizing systems began to take hold.
1:1 1960年代の初期、組織を自己形成する生命体という概念が定着し始めた。
1:2 About that time, atmospheric chemist James Lovelock had an (1) ( 1 .erroneous 2. illuminating
3. alternative) insight into the organization of living systems that led him to formulate a model that is perhaps the most surprising and most beautiful expression of self-organization —the idea that the planet Earth as a whole is a living, self-organizing system.
1:2 その頃、大気化学者であるジェームス=ラブロックは、生命体の形成に対して啓蒙的な洞察を
行い、それにより彼は、自己組織形成のおそらく最も驚異的で最も美しい表現法であるモデル―つ まり地球は全体として自己組織形成をする一つの生命体であるという概念を形成するに至ったの
である。
■第5段落
5:1 In contemplating this problem, Lovelock found that the fact that all living organisms take in energy and matter and discard waste products was the most general characteristic of life he could (6)( 1. identify 2. modify 3. codify).
5:1 この問題をじっくり考えるうち、ラブロックは、すべての生命体がエネルギーや物質を取り入
れて老廃物を捨てるという事実が、自分が確認しうるうちで最も一般的な生命の特徴であること を発見した。
5:2 He first thought that one should be able to express this key characteristic mathematically in terms of entropy, but then his reasoning went in a different direction.
5:2彼は最初、この重要な特徴をエントロピーの観点から数学的に表現できるはずだと考えたが、
その後彼の推論は異なる方向へ進んで行った。
5:3 Lovelock assumed that life on any planet would use the atmosphere and oceans as fluid media for raw materials and waste products.
5:3 ラブロックは、いかなる惑星の生命体も、大気と海を原料と老廃物との間の流動的な媒体とし て利用すると仮定した。
5:4 Therefore, he speculated, one might be able, somehow, to detect the existence of life by analyz ing the chemical composition of a planet’s atmosphere.
5:4 ゆえに、惑星の大気の化学的構成を分析することによって生命の存在をどうにか発見できるか もしれないと彼は考えた。
5:5 Thus if there was life on Mars, the Martian atmosphere should (7) (1. remove 2. repel 3. reveal) some special combination of gases, some characteristic “signature” that could be detected even from Earth.
5:5 したがって、もし火星に生命が存在するならば、火星の大気は何らかの特殊な気体の化合物、 すなわち地球からでも検出することのできるある独特の特性を示すはずである、と。
■第6段落
6:1 These speculations were (8)( 1. rejected 2 .confirmed 3.discovered) dramatically when Lovelock and a colleague, Dian Hitchcock, began a systematic analysis of the Martian atmosphere, using observations made from Earth, and compared it with a similar analysis of the Earth’s atmosphere.
6:1 ラブロックとその同僚であるディアン=ヒッチコックが地球からの観測結果を用いて火星の大 気の系統的な分析を始め、そしてそれを地球の大気についての類似した分析と比較したとき、こ れらの推測は劇的に確証された。

6:2 They dis covered that the chemical compositions of the two atmospheres are (9) (1. strikingly
2. slightly 3. arguably) different.
6:2彼らは、それら2カ所の大気の化学的構造が著しく異なっていることを発見したのである。

6:3 While there is very little oxygen, a lot of carbon dioxide (C02) and no methane in the Martian atmosphere, the Earth’s atmos phere contains massive amounts of oxygen, almost no C02, and a lot of methane.
6:3 火星の大気中には酸素がほとんどなく、二酸化炭素が多く、メタンがないのに対し、地球の大
気は大量の酸素を含み、二酸化炭素はほとんど含まず、メタンを多く含んでいる。
(21) Which one of the following statements cannot be made based on information given in this article?
1. There is a need to work on environmental issues on a world wide basis.
2. Mars’ atmosphere can be analyzed by the same instruments we analyze Earth’s by.
3. The earth works as a single integrated system.
4. All planets process waste products differently.

(21)4
(21)本文の内容に基づいて述べることのできないものを選ぶ。
1.「世界的な基準で環境問題に取り組む必要がある」本文全体に展開されている。地球を一つの 生命体とみなす考え方に立てば正しい。 2.「火星の大気は地球の大気を分析するのと同じ機器を用いて分析できる」第6段冒頭文(These speculations…)中に記述あり。 3.「地球は一つの統合された組織として機能している」第1段および本文全体に展開されている主
題。 4.「すべての惑星は老廃物を異なった方法で処理する」第5・6段に地球と火星の比較が述べられ ているが、「すべての惑星」がそうだという記述はない。

14:1 As with human beings, some of the attributes and behaviors of butterfly courtship are quite
(20) (1. simple 2. tangible 3. elaborate), whereas others are fairly straightforward.
14:1人間におけるのと同様に、蝶の求愛の特質や行動の中には非常に手の込んだものもあるが、一
方でかなり簡単なものもある。
14:2 Intricate or simple, courtship and mating remain the mechanism by which survival and evolution take place.
14:2 複雑であろうと単純であろうと、求愛と交尾は、それによって生存と進化が起こるメカニズ
ムであり続ける。
14:3 Whether a butterfly watcher catches a glimpse of a swarming colony of Monarchs mating in the mountains of central Mexico or the mating of two alfalfa butterflies in a backyard, the observer is fortunate enough to be watching the results of, and the continuing course of, evolution.
14:3 蝶の観察者が、メキシコ中央部の山の中で交尾をしているモナーク蝶の群生をちらっと見よ
うと、裏庭で2匹のアルファルファ蝶の交尾をちらっと見ようと、その観察者は幸運にも、進化の 結果また経過を見ているのである。
■第12段落
12:1 The male impulse to send their genetic material into the next generation causes them to try to prevent their mate from mating again.
12:1 自分の遺伝物質を次世代に送り込みたいという衝動のために、雄はつがいの相手が再び交尾
をするのを妨げようとする。
12:2 Male butterflies actually make a substantial contribution to females during copulation, passing along a large quantity of nutrients.
12:2雄の蝶は大量の栄養物を渡すことで、実は交尾の間に雌に実質的な貢献をしている。
12:3 This nutrient store can be as much as 6 to 10 percent of the males body weight; a male cannot afford such (16) (1. an investment 2. and experiment 3. a waste) in a female who will use his competitors sperm to fertilize her eggs.

12:3 この栄養物貯蔵は雄の体重の6〜10%にもなりうる。雄には、卵を受精させるために競争相手 の精子を使うような雌に対しては、そのような殺資をする余裕はない。
12:4 In fact, evolution has come up with a mechanism that favors the male that has succeeded in mating first.
12:4事実、進化は最初に交尾に成功した雄を優先するメカニズムを作り出した。
12:5 The presence of the nutrient store in the female’s reproductive tract* causes her to be unresponsive to further sexual advances.
12:5雌の生殖管に栄養物貯蔵が存在することで、雌はさらなる雄による誘いには反応しない。
12:6 Experimental evidence supports this (17)(1. evolution 2. conclusion 3. prediction): artificially filling a virgin’s reproductive tract renders her uninterested in mating, while cutting the nerves to this area in a mated female restores her sexual interest.
12:6実験的証拠によってこの結論は支持されている。つまり、交尾経験のない雌の生殖管を人工的
にふさぐことで、雌は交尾に興味がなくなるが、一方、交尾経験のある雌のこの部位の神経を切
ると、その雌の性的関心は回復するということである。

12:7 Another male technique for barring other suitors from his mate is less elegant — he leaves a plug that obstructs the reproductive tract.
12:7自分のつがい相手から他の求愛者を締め出す、雄による別の技術はそれほど上品ではない。つ
まり、雄は生殖管をふさぐ栓を詰めるのである。
(30) Which one of the following statements cannot be made on the basis of the information given in this article?
1. Butterfly courtship reflects evolutionary development.
2. We can observe the results of butterfly evolution in our own backyard.
3. Some males leave plugs that prevent females from mating with other males.
4. Butterfly courtship is less sophisticated than that of human beings.

・解答 (30)4
(30)
文意に合致しないのはどれか
1.蝶の求愛は、進化発展を反映しています。
2.私たちは、私たち自身の裏庭で蝶の進化の結果を観察することができます。
3.いくつかの男性は他の雄と交配から女性を防ぐプラグを残します。
4.蝶の求愛は人間のそれより少ない洗練されています。
1は最終段第2文(Intricate or simple, courtship and mating…)に一致。2は最終段最終文(Whether a butterfly watcher catches…)に一致。3は第12段最終文(Another male technique…)に一致。4は最 終段第1文(As with human beings,…)参照。「蝶の求愛は人間の求愛ほどは洗練されていない」は 間違い。

■第12段落
12:1 The male impulse to send their genetic material into the next generation causes them to try to prevent their mate from mating again.
12:1 自分の遺伝物質を次世代に送り込みたいという衝動のために、雄はつがいの相手が再び交尾
をするのを妨げようとする。
12:2 Male butterflies actually make a substantial contribution to females during copulation, passing along a large quantity of nutrients.
12:2雄の蝶は大量の栄養物を渡すことで、実は交尾の間に雌に実質的な貢献をしている。
12:3 This nutrient store can be as much as 6 to 10 percent of the males body weight; a male cannot afford such (16) (1. an investment 2. and experiment 3. a waste) in a female who will use his competitors sperm to fertilize her eggs.

12:3 この栄養物貯蔵は雄の体重の6〜10%にもなりうる。雄には、卵を受精させるために競争相手 の精子を使うような雌に対しては、そのような殺資をする余裕はない。
12:4 In fact, evolution has come up with a mechanism that favors the male that has succeeded in mating first.
12:4事実、進化は最初に交尾に成功した雄を優先するメカニズムを作り出した。
12:5 The presence of the nutrient store in the female’s reproductive tract* causes her to be unresponsive to further sexual advances.
12:5雌の生殖管に栄養物貯蔵が存在することで、雌はさらなる雄による誘いには反応しない。
12:6 Experimental evidence supports this (17)(1. evolution 2. conclusion 3. prediction): artificially filling a virgin’s reproductive tract renders her uninterested in mating, while cutting the nerves to this area in a mated female restores her sexual interest.
12:6実験的証拠によってこの結論は支持されている。つまり、交尾経験のない雌の生殖管を人工的
にふさぐことで、雌は交尾に興味がなくなるが、一方、交尾経験のある雌のこの部位の神経を切 ると、その雌の性的関心は回復するということである。
12:7 Another male technique for barring other suitors from his mate is less elegant — he leaves a plug that obstructs the reproductive tract.
12:7自分のつがい相手から他の求愛者を締め出す、雄による別の技術はそれほど上品ではない。つ
まり、雄は生殖管をふさぐ栓を詰めるのである。
■第2段落
2:1 Recent experimental work with butterflies has (1)(1. borne out 2. taken out 3. washed out) Darwin’s suspicions of more than a century ago that species tend to evolve attributes and behaviors that enhance courtship — and thus reproductive success.
2:1蝶による最近の実験は、種は求愛を高め、ひいては生殖面での成功を招く特質や行動を進化さ
せる傾向にあるのではないかという、1世紀以上前のダーウィンの考えを証明した。
2:2 Some traits might render an individual more attractive to the opposite sex.
2:2特徴の中には、個体を異性にとってより魅力的なものにするものがある。
2:3 Color is now known to spark sexual interest for some species in the butterfly world, as do other sensory signals that were (2) (1. beyond 2. against 3. within) Darwin’s human perception.
2:3 ダーウィンの人間としての知覚では理解できない、他の感覚的シグナルと同様に、蝶の世界で
は種によっては色も性的関心の引き金となることが、現在では知られている。
2:4 But the creatures are more discerning than this observation might suggest.
2:4 しかし、蝶はこの観察が示すよりも識別力がある。
2:5 Ostentatious coloration or scent may do more than attract attention.
2:5目立つ配色やにおいは、注意を引く以上の働きをする。
2:6 Appearance and aroma may be shorthand notations of their bearer’s health and heartiness.
2:6外観やにおいは、その運び手の健康や元気さを直接示すものであろう。
■第13段落
13:1 Females face different evolutionary pressures.
13:1雌はまた別の進化的圧迫に直面する。
13:2 They often get but one chance to mate and must therefore be highly (18) (1. responsible 2. reliable 3. selective).
13:2雌は、交尾をする機会は一度しかないために、非常に選択的にならざるをえない。
13:3 By accepting only the fittest male, a female can assure her own offspring a quality genetic endowment, and she might also secure for herself a more generous nutrient store — which most likely helps her live longer and, in turn, lay more of her eggs.
13:3最も適した雄を受け入れることで、雌は自分の子孫に上質の遺伝的資質を保証することがで
き、また、自分のためにより大量の栄養物貯蔵を確保するかもしれない。そのおかげで、雌はよ
り長生きし、ひいては卵をより多く産む可能性は非常に高くなる。

13:4 Male colors, pheromones and displays may allow females to judge a suitor’s overall fitness and success in life.
13:4雄の色、フェロモン、誇示行動によって、雌は求愛者の全体的な適切さや一生の成功を判断で
きるであろう。
13:5 We suspect that (19) (1. physical 2. chemical 3. color) signals indicate the quality of a male’s diet: the crucial mating pheromone of male Queen Butterflies, for instance, is produced only when the males have fed at certain plants.
13:5 われわれは化学的なシグナルが、雄の食事の質を示しているのではないかと考えている。た
とえばクイーン蝶の雄の出すつがいのための最も重要なフェロモンは、雄が特定の植物を食べた
時にしか生み出されない。
13:6 And vibrant colors can signal younger, healthier individuals.
13:6 また、明るい色は、より若く、健康な個体のシグナルなのである。
■第9段落
9:1 Gaudy wings, smooth moves and pheromones do a male butterfly no good if he cannot find a female butterfly on whom to practice his seduction.
9:1 もし雄が誘惑を行う相手である雌の蝶を見つけられないならば、派手な羽もなめらかな動きも
フェロモンも、雄の蝶には何の役にも立たない。
9:2 Males of many butterfly species adopt a search-on the fly strategy, wandering the landscape looking for mates.
9:2多くの蝶の種において雄は飛んで探す作戦を採用し、相手を求めて野山をさまよい飛ぶ。

9:3 Often they (12) (1. confuse 2. investigate 3. reveal) likely areas, such as plants where females tend to lay their eggs or sites where virgin butterflies emerge from their cocoons.
9:3 しばしば雄は可能性のある場所を探すのであるが、それには、雌が卵を産みやすい植物や、交
尾経験のない蝶がまゆから現れるような場所などがある。

(25) Which one of the following statements cannot be made based on information given in this article?
1. Males emit compounds which cause females to reduce their sexual interest.
2. Males do not have to practice seduction as long as they are healthy and fit.
3. Some males employ a search-on the fly strategy for mating.
4. Females receive nutrients from males during copulation which enable them to live longer.

・解答 (25)2
(25)1は第12段第5文(The presence of the nutrient store…)に一致。2は第2段最終文(Appearance and aroma…)および第13段第3文(Male colors, pheromones…)から正しくないと判断できる。雄が いくら健康で体が強くても、フェロモン等を出して雌を誘わないと交尾はできない。3は第9段第2 文(Males of many butterfly species…)に一致。4は第13段第3文(By accepting…)の最終部分(which most likely…)に一致する。

■第12段落
12:1 I expect multimedia experimentation to continue into the next decade, and the one after that, and so on indefinitely.
12:1 マルチメディアの実験はこれからの十年間も、その次の十年間も、というように無期限に続 いていくだろうと私は思う。

12:2 The multimedia components appearing in documents on the net today are (19) (1. an analysis
2. a rejection 3. a synthesis) of current media — and they often do a clever job of enriching communication. 12:2現在のネット上の文書に現れるマルチメディアの構成要素は、現在のメディアの総合体であ
り、コミュニケーションを豊かにするという見事な仕事をしばしばやってのける。
12:3 But over time we’ll start to create new multimedia forms and formats that will enable us to go significantly beyond what we’re able to do now.

12:3 しかしやがて我々は、現在できることのレベルをはるかに越えることを可能にするような、
新たなマルチメディアの形やフォーマットを創造し始めるであろう。
12:4 The exponential expansion of computing power will keep changing the tools and opening up new possibilities that might seem as remote and farfetched then as some of the things I’ve speculated about here might seem today.
12:4 コンピューターの能力の著しい拡大は、機器を変化させ続けるだろう。また、私がいくつか この場で思いめぐらしたものが現在ではありそうにないと思えるのと同様、その時ありそうにな いと思えるような新しい可能性を切り開き続けるであろう。
12:5 Talent and creativity have always shaped advances in unpredictable ways.
12:5才能と創造性が、これまでいつも予測できない方法で進歩を形作ってきたのである。
■第13段落
13:1 How many have the talent to become a Steven Spielberg, a Jane Austen, or an Albert Einstein?
13:1 スティーブン=スピルバーグやジェーン=オースチンやアルバート=アインシュタインのよう
になれる才能をもっている人は何人いるだろうか。
13:2 We know there has been at least one of each, and maybe one is all we’re allotted.
13:2今までそれぞれ最低一人ずつ出て来ていることはわかっているが、その一人というのがたぶん
我々に与えられているすべてであろう。
13:3 I can’t help but believe, though, that the potential and aspirations of many talented people have been (20) (1. encouraged 2. thwarted 3.supported) by economics and a lack of tools.
13:3 しかし、私は多くの才能ある人々の潜在能力や野心が経済状態や機器の不足によって妨げら れていると信じないではいられない。
13:4 New technology will offer people new means with which to express themselves.
13:4新しい技術は人々に自己表現の新しい手段を提供するであろう。
13:5 The internet will open up undreamed-of artistic and scientific opportunities to a new generation of geniuses — and to everybody else, too.
13:5 また、インターネットによって、新しい世代の天才達に、そして他のすべての人々に、かつ
て夢にも思わなかったような芸術や科学の機会が開かれることだろう。
(30) Which one of the following statements does not reflect the author’s opinion?
1. It is not possible to predict how creativity and talent will influence progress.
2. Many talented people have not been able to achieve their potential because they lacked money and tools.
3. With the advent of digital technology, we are bound to have more Steven Spielbergs, Jane Austens, or Albert Einsteins.
4. For the foreseeable future, people will continue to experiment with multimedia.

・解答 (30)3
(30)
筆者の意見に反するのはどれか
1.それは、創造性と才能が進行に影響を与えるであろうか予測することは不可能です。
彼らはお金とツールを欠いていたので、2多くの有能な人々は彼らの潜在性を達成することができ ていません。
デジタル技術の出現により3は、我々はスティーブンSpielbergs、ジェーンAustens、またはアル バートアインシュタインの多くを持っているにバインドされています。 4.予見可能な将来のために、人々は、マルチメディアを使って実験していきます。

3.「デジタル技術の出現により、より多くのスティーブン=スピルバーグやジェーン=オースチン やアルバート=アインシュタインのような人物が必ず出てくるだろう」最終段第1・2文を見ると
「必ず」とは言い切れない。1は第12段最終文に、2は最終段第3文に、4は第12段第1文に一致す
る。

■第4段落
4:1 But let’s not sell paper documents short.
4:1 しかし紙による文書を見下すことはしないようにしよう。
4:2 The paper-based book, magazine, or newspaper still has a lot of advantages (5)(1. upon 2. over 3. with) its digital counterpart.
4:2紙をベースにして作られる本・雑誌・新聞は、それに対応するデジタル形式のものよりも依
然、有利な点をたくさんもっている。
4:3 A newspaper offers a wide field of vision, good resolution, portability, and ease of use.
4:3新聞は広い視界、鮮明度の良さ、軽便さ、利用の容易さを備えている。
4:4 A book is small, lightweight, high-resolution, and inexpensive compared to the cost of a computer or some other information appliance you need to read a digital document.
4:4本は小さく、軽量で、鮮明度が高く、またデジタル形式の文書を読むために必要なコンピュー
ターや他の情報機器に比べて安価である。
4:5 For at least a decade, it won’t be as convenient to read a long, sequential document on a computer screen as on paper.
4:5少なくとも十年間は、長く連続した文書をコンピューターで読むことは、紙で読むほどに便利
ではないであろう。
4:6 {I’ll admit that I’ve done a lot of the editing of this book with a pen on paper.
4:6 (私はこの本の編集の多くの部分を、ペンを使って紙に書くことで行ったことを認めよう。
4:7 I like reading text on paper.}
4:7私は紙に書かれた文章を読むのが好きだ。)
4:8 The first digital documents that achieve widespread use will offer new (6) (1. functionality 2. productivity 3. reliability) rather than simply duplicate the older medium.
4:8広範囲に渡る利用を最初に達成するデジタル文書は、単に旧式のメディアをまねたものという
よりむしろ、新たな機能性を提供するであろう。
4:9 After all, a television set is larger, more expensive, and (7) (1. more cumbersome 2. more widespread 3. more convenient) and offers lower resolution than a book or a magazine, but that hasn’t limited TV’s popularity.
4:9結局のところ、テレビは本や雑誌に比べて大きく、高価で、扱いにくく、低い解像度しか得ら
れないが、そのことがテレビの人気を制限してはいない。
4:10 Television brought video entertainment into our homes, and it was so (8) (1. aggravating 2. enduring 3. compelling) that television sets found their place alongside our books and magazines.
4:10 テレビは映像の娯楽を家庭にもたらし、また非常に興味をそそるものであるため、本や雑誌 と共にその地位を確保したのである。
■第9段落
9:1 Other than Web pages, very few multimedia documents are being created by PC users so far. 9:1 ネットワーク上のホームページ以外には、パソコン利用者によって作られるマルチメディア文 書は今までのところほとんどない。
9:2 It still takes too much effort.
9:2 それは依然としてあまりに労力がかかりすぎるのである。
9:3 Millions of people have camcorders and make videos of their kids or their vacations.
9:3何百万人もの人々がポータブルビデオカメラを所有し、自分の子供や休日のビデオを制作して
いる。
9:4 But to edit video right now you have to be a professional with expensive equipment.
9:4 しかし現在のところ、ビデオを編集するには高価な機器を有する専門家になる必要がある。
9:5 This will change.
9:5 この状況はやがて変化するだろう。

9:6 Advances in PC word processors and desktop publishing software have already made professional-quality tools for creating sophis ticated paper documents available relatively inexpensively to millions of people.
9:6 パソコンのワープロや卓上出版のソフトウェアが発達したことにより、きちんとした紙上の文 書を作るためのプロ並みの機能をもつ道具が、すでに何百万もの人々に比較的安価に利用できる
ようになっている。
9:7 Desktop publishing software has progressed to the point that many magazines and newspapers are produced with the same sort of PC and software packages you can buy at any local computer store and use to design an invitation to your daughter’s birthday party.
9:7地方のどんなコンピューター店でも買え、また娘の誕生パーティーの招待状をデザインするの
にも使えるのと同種のパソコンやパックになったソフトによって多くの雑誌や新聞が作られる、 という程度にまで卓上出版のソフトウェアは発達している。
9:8 PC software for editing film and creating special effects will become as (16) (1. mediocre 2. commonplace 3. outdated) as desktop publishing software.
9:8 フィルムを編集したり特殊効果を作り出したりするパソコンソフトは、卓上出版のソフトウェ
アと同じくらい普通のものとなるであろう。
9:9 At that point the difference between professionals and amateurs will be one of talent and craft rather than access to tools
9:9 その点においては、専門家とアマチュアの違いは機器の使用よりもむしろ才能と技術の違いと
いうことになろう。
■第10段落
10:1 Imagination will be a key element in creating content for all new applications.
10:1 すべての新技術の適用のための内容を創り出すのには、想像力が重要な要素となる。
10:2 It isn’t enough just to re-create the real world.
10:2現実の世界を再現するだけでは不十分である。
10:3 Great movies are a lot more than just graphic depictions on film of real events.
10:3 すばらしい映画というのは、単に現実の事象をフィルム上で図形描写しただけのものをはる かに上回るものである。
10:3 It took a decade or so for such innovators as D.W. Griffith and Sergei Eisenstein to take the Vitascope and the Lumieres’ Cinematographer technology and (17) (1. make 2. figure 3. stand) out that motion pictures could do more than record real life or even a play.
10:3 D.W.グリフィスやセルゲイ=エイゼンシュテインのような刷新者が、バイタスコープやリュ ミエールのシネマトグラフの技術を用い、映画が現実の生活の記録や演劇以上のことをすること ができるということを理解するのに十年かそこらを必要とした。

10:4 Moving film was a new and dynamic art form, and the way it could engage an audience was very different from the way the theater could.
10:4映画は新しく動的な芸術形態であり、観衆の注意を引く方法が演劇のそれとは非常に異なって
いた。
10:5 The pioneers saw this and invented movies as we know them today.
10:5先駆者達はこれを目にし、映画というものを今日知られているような形に作り上げたのであ
る。
(24) Which one of the following statements does not reflect the author’s opinion?
1. Great movies are not just portrayals of real events.
2. Television sets will continue to be more popular than paper documents.
3. Few multimedia documents have been made by amateur PC users.
4. Imagination will play a key role in creating content.

・解答 (24)2
(24)
著者の意見に反するものはどれか
1.いい映画は現実の出来事の描写だけではありません。

2.テレビセットは、紙文書よりも人気であり続けるであろう。
3.ほとんどのマルチメディア文書は、アマチュアのPCユーザーによって行われています。
4.想像力は、コンテンツを作成する上で重要な役割を果たします。
1は第10段第3文、3は第9段第1文、4は第10段第1文に一致。第4段最終部分にテレビに関する記述 があるが、2のように「テレビが紙の文書よりも一般的になる」とは述べていない。

■第2段落
2:1 People may move because of dissatisfaction with their community, or because of the attraction of a different community.
2:1人々は、自分たちの地域社会に対する不満、または別の地域社会の魅力のために移動すること
がある。
2:2 Examples of the first type of [3](1. effect 2. movement 3. incentive) to migrate are the loss of a job, causing the person to consider equivalent employment in another locality, or the exhaustion of natural resources, [4](1. including 2. inducing 3. providing) a group to move to a foreign land. 2:2移住する動機のうち前者の例としては失業が、人が他の地域で以前と同等の職に就くことを考
える原因となることや、天然資源の枯渇が異国への集団移動を誘発していることが挙げられる。
2:3 These are push factors of migration.
2:3 これらは移住の「押し出し要因」である。
2:4 On the other hand, a person may choose a new community because its housing or job opportunities are superior, or a relatively large group may suddenly migrate to a distant place when gold is discovered there.
2:4 他方、住宅事情や仕事を得る機会が勝っているという理由で新しい地域社会を選んだり、遠い
場所で金が発見されると比較的大きな集団が突然そこへ移ったりすることもあるだろう。
2:5 These are pull factors.
2:5 これらは「引っぱり要因」である。
2:6 Either kind of motive may operate alone, but these factors generally [5](1. interact 2.
predominate 3. function) in a migration.
2:6移住において、それぞれの動機は単独で作用しているのであろうがこれらの要因は一般的に担
互に作用している。

■第3段落
3:1 Push factors are more likely to predominate in a less developed country, where families are large and land is scarce.
3:1 あまり発展していない国では、「押し出し要因」の方が顕著になりやすいが、そこでは家族が
多人数で土地が少ないからである。
3:2 People who can find no means of support in rural areas migrate to the cities in desperate search of work.
3:2田舎で扶養手段が見つけられない人々は、仕事を必死に求めて都会へと移り住む。
3:3 In developed countries, where opportunities for better housing and employment are more available and where knowledge of other communities is both more abundant and more exact, push and pull factors tend to interact[6](1. contradictorily 2. more evenly 3.profoundly).
3:3諸先進国では、良好な住宅状況と雇用に対する機会により恵まれており、他の地域会に関する
知識がより豊富でより正確であるので、「押し出し要因」と「引っぱり要因」がより均等に相互
作用する傾向がある。

3:4 Potential migrants weigh the advantages and disadvantages of the region of origin and of the possible regions of destination.

3:4移住者になり得る人々は、今住んでいる土地および移り住む可能性のある目的地について利点 と不利益な点をよく検討するのである。
■第4段落
4:1 Local migrations are usually motivated by housing and aspects of residential environment such as schools.
4:1地域内の移住では普通、住宅状況や学校などの居住環境面が動機となる。
4:2 The chief factor in long-distance migrations is employment, [7](1. in that 2. thereby 3. although) differences in housing and climate are the main incentive for elderly people to migrate long distances.
4:2長距離にわたる移住の主な要因は雇用の問題である。ただし、年老いた人たちが長距離を移住
する主な動機は住居と気候の違いである。
4:3 The volume of migration tends to be [8](1. inversely 2. generally 3. positively) proportional to the distance traveled, because nearby communities are better known.
4:3移住の総計は移る距離に反比例する傾向があり、それは近くの地域社会の方がよくわかってい るからである。
4:4 For the same reason the volume of internal migration is greater than that of international migration.
4:4同じ理由で、国内移住の総計の方が国家間移住の総計より大きいのである。
■第10段落
10:1 The demographic effects of migration are sometimes difficult to evaluate.
10:1移住による人口統計上の影響を評価することは時には難しい。
10:2 The movement of x number of people from Country A to Country B would seem to have the effect of reducing A’s population and increasing B’s by the same amount.
10:2 A国からB国へX人が移動することは、同じ数でA国の人口を減らしB国の人口を増やす結果を
もたらすと思われるだろう。
10:3 But in the long run, this is not necessarily true.
10:3 しかし、長期的にはこれは必ずしも事実ではない。
10:4 Since the migrants typically are young adults, the fertility rate in the sending country may go down, while that in the receiving country may go up.
10:4移住者は一般的に青年層であるので、送り出す国の出生率は下がり、受け入れ側の国の出生率
は上がるだろう。
10:5 On the other hand, emigration may result in a higher birthrate by [17](1. relieving 2.
receiving 3. retracting) population pressures that delay marriage and conception.
10:5他方、結婚や妊娠を遅らせている人口による圧迫感が軽減されるので、移出がより高い出生率
という結果をもたらすこともある。
10:6 Immigration may lower the birthrate by speeding industrialization and urbanization, thus promoting the upward social mobility of the established population with a consequent [18](1. reduction 2. increase 3.balance) in average family size.
10:6移入は、産業化と都市化を速めることで出生率を下げ、定着した人口の社会的移動性が上昇す るのを促進し、その結果として家族の平均人数の減少をもたらすかもしれない。
[2] Of the topics below, this article does not deal with
1. the historical process of human migration
2. determinants of human migration
3. a definition Of human migration
4. the effects of human migration

~のトピックは、この記事では扱っていません
1人の移動の歴史的プロセス
人間の移動の2決定
3.人間の移動の定義
4人の移動の影響 解答 [2]1
[2]2の「人間の移住の決定要素」は第2~4段で「移住の要因」という形で述べられ、3の「人間の
移住の定義」は第1段で述べられ、4の「人間の移住の結果」は第10段で述べられているが、1の
「人間の移住の歴史的過程」は述べられていない。

copyright 2016/Everyday school