[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 英語 語法三択テクニック 『語源から類推する問題』

環境情報学部 1,995 問1、
■第2段落
2:1 The information involved in animal communication can come from many sources; any facet of the environment (1)( 1. created 2. perceived 3. imagined) is considered information.
2:1動物のコミュニケーションに含まれる情報の源は数多い。環境のなかに認められる面相はいか
なるものでも情報と考えられる。
2:2 In linguistic communication the primary function of words is to convey information.
2:2 言語によるコミュニケーションにおいては、単語の第一の機能は情報を伝えることにある。
2:3 Similarly, animals (including man) have modes of behaviour that, in the course of evolution, were selected for their value in providing vehicles for conveying information.
2:3 同様に、(人間を含めて)動物は、情報を伝える媒体として価値があるために進化の過程で選
択されてきたいくつかの行動様式をもっている。
2:4 During the evolutionary process some of these vehicles also (2)(1. remained 2. retained 3. underwent) more direct functions, but many became specialized for a communicative function alone.
2:4 しだいに進化発展するうちに、これらの伝達手段のいくつかは、さらに直接的な機能を保持し たが、多くはコミュニケーション機能のみのために特殊化した。
2:5 These communicative acts, known as displays, include various posturings and movements; sounds; particular ways of making contact among individuals; the release of specialized chemicals called pheromones; and even electrical discharges.
2:5 誇示として知られるこのコミュニケーションの動作には、さまざまな姿勢や動きがある。音、
個体と個体の間で連絡をとる特別手段、フェロモンと呼ばれる特殊な化学物質の放出、放電等ま である。
2:6 Displays have been studied as important means for transmitting information in animal communication.
2:6 誇示は、動物のコミュニケーションで情報を伝える重要な方法として研究されている。
2:7 There are, of course, other information sources in animals, some of which have also undergone evolutionary (3)(1.specification 2. specialization 3. generalization) toward a communication function.
2:7 もちろん、動物にはそのほかにも情報源があり、そのうちのあるものはコミュニケーション機 能を果たすように発展して特殊化している。
2:8 Among them are what may be called badges — i.e., attributes that are merely structural and nonbehavioral in nature: the red breast of the robin, the red underside of the breeding male stickleback fish, and the mane of the male lion.
2:8 その中には、象徴とでもいえるものがある。すなわち、本来は単に構造上のもので動作ではな い属性である。こま鳥の赤い胸、卵を抱いている雄のトゲウオの赤いわき腹、雄ライオンのたて がみといったようなものである。
2:9 Many other sources of information can be found in the repeated forms of interaction that develop during prolonged relationships between two individuals and in individual expectations about the nature of the roles in which they encounter others, both familiar associates and strangers.
2:9 そのほか数多くの情報源が、2つの個体の間に続けられる関係により発達し、繰り返し行われ る相互作用の型のなかに、またなじみの仲間や見知らぬ者の両者を含めて他者と出会うなかで果 たされる役割の性質に関するそれぞれの予想のなかに発見できる。
2:10 The activities of individuals who interact socially provide a constant and usually rich information source, but, in the study of nonhuman communication, the bulk of systematic research

thus far has been (4)(1. directed 2. induced 3. stipulated) toward displays and badges; it is, therefore, these highly specialized categories that are of the greatest concern here.
2:10 打ち解けて相互作用する個体の活動は絶えず豊富な情報源を提供する。しかし、人間以外の
コミュニケーションの研究において、これまでの系統的な研究の大部分は誇示と象徴に向けられ てきた。したがって、ここで最も関心があるのはこの高度に特殊化された部門ということになる (2)2 (2)
remain 「~のままである、とどまる、(自動詞)」 re(後に)+main(とどまる)
retain 「維持する(他動詞)」re(後に)+tain(保つ) undergo「経験する」under(下を)+go(行く) remainは自動詞。undergo「経験する」では意味が通らない。

■第3段落
3:1 Because the complexity of social interactions makes experimental manipulation difficult, human understanding of the signalling in the social life of animals remains largely based upon inference.
3:1社会的相互作用の複雑さが実験のための細工を困難にしているために、動物の社会生活におけ
る合図に関する人間の理解は依然としてほとんど推論の域にとどまっている。
3:2 It is difficult to repeat an example many times with rigid control of all (5)(1. variations 2. variables 3. functions) except the one being investigated, and attempts to structure the testing situation to simplify the form of interaction often obviate the interaction.
3:2現に調査中のものを除くすべての変数を正確にコントロールしながら何度も繰り返すというこ
とは大変困難なことである。相互作用の型を簡素化するために実験の構造を組み立てようとする と相互作用が除去されてしまうということもしばしばある。
3:3 Displays are universal among animals of any degree of structural complexity, however, so that they would not have been evolved and retained if they lacked important function.
3:3 しかし、構造的にある程度複雑ないかなる動物の間にも、誇示は普通的に見られる。したがっ
て、誇示が重要な機能に欠けるならば、進化し保持されるようなことはなかったであろう。
3:4 But the function of a display is likely to differ, depending upon the individuals involved.
3:4 しかし、誇示の機能は関係する個体によって違いがあるらしい。
3:5 A small bird seeing an approaching hawk, for example, may utter a vocal display indicating the high probability that it (the communicator) is, or soon will be, engaged in an attempt to escape.
3:5例えば、タカが近づいてくるのを見たある小鳥は、自分(コミュニケーションの発信者)は逃
げる、あるいは間もなく逃げようとしているという高い可能性を示すような、声による誇示行動を するかもしれない。
3:6 Other small birds, upon hearing the vocalization, may seek cover immediately.
3:6 その発声を聞いた他の小鳥たちは、ただちに隠れ場所を探すであろう。
3:7 Hence, the function of the vocalization is to give them a better opportunity to remain alive and not to increase the immediate chances of survival of the communicator — indeed, its chances for survival may slightly decrease.
3:7 というわけで発声の機能は彼らに生き延びる機会を与えるものであり、コミュニケーションの 発信者が生き延びる機会を増すためのものではない。それどころか生き延びる機会は少し減るで あろう。
3:8 The display functions for the communicator (6)(1. in that 2. for which 3. for whom) it protects individuals whose continued existence provides a benefit to him greater than the cost of using the display.
3:8この場合の誇示行動は、それによって払う犠牲よりもそれによって救われ生き延びる小鳥たち を守り、その方が発信者にとって益が大であるという点において、発信者に対して機能を果たす ということになる。
3:9 These individuals may be his offspring or associates whose similar responses to the environment will provide him future protection and, through their alertness in the future, make it
possible for him to spend less time (7) ( 1. glancing 2. looking 3. scanning) his surroundings for predators.
3:9 この救われた小鳥たちは、発信者の子どもか仲間であるかもしれない。彼らが環境に対して示 す同じような反応が、将来自分を守ることになろう。そして、将来警報を発することによって、 彼らの周囲に捕食者がいないかどうか入念に調べるのに長い時間をかけないで済むようにしてく れるであろう。
・解答 (5)2
(5)
Variation「変化すること、変化量」 variable 「変わるもの、変数」 function「機能、作用」
実験する際にコントロールする必要があるのは「変数」である。ちなみにVariationもvariableも vary(異なる→自動詞、変化を与える→他動詞)の派生語。
(7)3 (7)
Glance at「ちらりと見る」
Look at「注視する」
Scan「細かく調べる、ざっと見る」 glanceもlookも自動詞なので不可。また「長い時間をかける」とあるので少なくともglanceは選択 肢から外れる。

■第9段落
9:1 The functions in which communication appears to be used vary considerably among different species; each has specialized features, some quite remarkable.
9:1 コミュニケーションが用いられていると思われる作用は種によってかなりの違いがある。それ ぞれ特殊な特徴があり、中には目をみはるようなものもある。
9:2 It has been demonstrated, for example, that vocalizations and other sounds made during hatching by chicken-like birds influence the rate of hatching of sibling chicks, so that all members of the brood can leave the nest simultaneously.
9:2例えば次のようなことが証明されている。すなわち、あるにわとりに似た鳥がひなを卵からか
えすときの声や音はひなどりが殻を破る速さに影響を与える。そしてそれは、一かえりのひながみ んなそろって同時に巣を離れることができるようにする。
9:3 It has been suggested that birds (17)(1.immigrating 2. emigrating 3. migrating) in flocks may use signals in order to inform each other of their position in the night sky, so that the individuals in the flock can perhaps (18)(1. confiscate 2. compensate 3. commensurate) for small individual navigational errors.
9:3 群をなして渡る鳥は、夜空で自分の位置をお互いに知らせ合うために合図を送る。そうして、
群の中でそれぞれが自分の飛行上の小さな誤りを修正することができるというわけだ。
・解答 (17)3
(17)
Immigrate「人が他国から入ってきて定住する」 Emigrate「人が他国へ移って定住する」 Migrate「移住する、鳥が渡る」 鳥の「渡り」はmigrationを使う。

環境情報学部 1,995 問2
■第6段落
6:1 Origin of Liberalism — Because liberalism, in its most abstract sense, is a belief in the value of individual liberty with a minimum of state intervention in personal life, its origin may be sought as far back in remote times as one chooses.
6:1 「自由主義の起源」―最も抽象的な意味において、自由主義は国の個人生活への干渉は最小限 にして個人の自由の価値を尊しとするものであるから、その起源は人によっていくらでも遠い昔 までさかのぼれる。
6:2 The Devil has been called the first Whig (liberal), because, in the form of a serpent, he persuaded Eve to (7) (1. worship 2. confer with 3. throw off) the authoritarian yoke of God.
6:2 魔王が最初のホイッグ党(自由党)であると言われる。それは、ヘビの形をして、イヴに神に
よる権威主義的な束縛状態を捨て去るように説得したからである。
6:3 But not until the 16th and the 17th centuries did a political doctrine arise that may confidently be regarded as liberal.
6:3 しかし、自信をもって自由主義と言えるような政治的論理は16・17世紀になってやっと生ま
れた。
6:4 This was the social contract theory, which asserted that political authority had originally been established by free and rational individuals as a device for combining freedom with the fruits of social cooperation.
6:4 それは社会契約説である。この論理は、政治的権威は元来、自由と社会的協力の果実とを結合
させるための工夫として自由で理性的な個人個人によって設けられたものだと主張する。
6:5 Government, accordingly, rested on consent.
6:5 したがって、政府は意見の一致によって支えられている。
・解答 (7)3
(7)
worship「崇拝する」
confer with~「~と協議する」 throw off~「~を捨て去る」
ヘビにそそのかされたイヴは神に背いてりんごを食べた、という聖書の記述に基づく。

■第4段落
4:1 From the ways and circumstances in which displays are used and from the apparent responses of recipients, it is possible to (8) (1.emancipate 2. emulate 3. enumerate) the general functions of animal communication.
4:1誇示行動がなされる方法やその時の状況から、また誇示行動の受け手の反応から、動物のコ
ミュニケーションの一般的な機能を列挙することが可能である。
4:2 First, displays guide animals to one another, (9) (1. thereby 2. therefore 3. thereof) enabling one to advertise its presence and behavioral predispositions to potential recipients.
4:2 第一に、誇示行動は動物を互いに手引きする。それによって動物は潜在的な受け手に対してそ
の存在を宣伝し、行動の傾向を示す。
4:3 Displays enable individuals in a group to respond selectively to particular associates at appropriate times.
4:3 誇示行動によって、グループ内の個体が特定の仲間に適切な時に選択的に反応できる。
・解答 (8)3
(8)
Emancipate「~を解放する」 Emulate「~を見習う、まねる」 Enumerate「~を列挙する」
後にFirst, …….Second,…….と続いていくので、enumerate「列挙する」が入ることがわかる。

■第6段落

6:1 Third, communication reduces the amount of actual fighting and fleeing among animals, an excess of which could (10)(1. dislocate 2. disrupt 3. distribute) social encounters.
6:1 第三に、コミュニケーションは動物の実際の闘争や避難の回数を減ずる。それが過度であると
社交的な出会いの場を途絶させるのである。
6:2 In functionally aggressive encounters, such as territorial or dominance disputes, this reduction is achieved by threat displays that often lead to some form of capitulation by one opponent before fighting occurs.
6:2 なわ張りや支配の問題のような、機能的に攻撃的な出会いにおいては、闘争が始まる前にどち
らかが降伏するというような形にしばしばなる、おどし的誇示行動によってこの減少は達成され る。
6:3 In less aggressive circumstances, communication enables animals to appease and (11)(.1. reassure 2. confirm 3. assess) one another that each is not likely to be initially aggressive in his present state.
6:3 より攻撃的でない状況においては、コミュニケーションによって動物たちはお互いに自分は現
在の状況においては最初に攻撃をしかけることはないということを相手に保障したり、なだめた りする。
6:4 Fourth, communication aids in (12) (1. positing 2. contracting 3. synchronizing) the behaviour of individuals who must come into appropriate physiological states in order to breed.
6:4 第四に、コミュニケーションは、子を産むのに適切な生理的状態になる動物の行動に同時性を
もたせるのを助ける。
6:5 This is necessary within pairs and, in some species, among whole colonies of pairs.
6:5 これはつがいの中で、またある種においては、すべてのつがいの集団の中で必要なことであ る。
・解答 (10)2
(10)
dislocate「(計画・機械などを)狂わせる」 disrupt「(国家などを)崩壊させる、(交通などを)途絶させる」 distribute「分配する」
文脈から判断する。「闘争や避難の回数を減らす」→「過度であると社交的な出会いの場を~」に ftてはまるのは2しかない。

環境情報学部 1,996 問1、
■第4段落
4:1 There is, however, a second and even more fundamental way in which the environment appears to condition or even mould leadership : the circumstances are not equally advantageous to all those who hold top positions.
4:1 だが、環境がリーダーシップ発揮の条件づけをしたり、さらにはリーダーシップを形成しさえ
する、もう一つ別の根本的とさえ言える面がある。それは、その時その時の状況は頂点の位置を
占めている者すべてにとって同じように都合がいいわけではない、という一面である。
4:2 Of course, a “real” leader is the one who can (10)(1. lose 2. hold 3. seize) the opportunities and (11)(1. exploit 2. explain 3. extort) them to the full; but the opportunities may be rare.
4:2 もちろん、「真の」リーダーは、機会をすばやくつかみ、その機会を十分に利用することので
きる人である。しかし、そんな機会はまれである。
4:3 Some leaders may benefit from the disunion of their enemies at home and abroad; others may benefit from the fact that external circumstances are favorable.
4:3国内外の敵の内輪もめによって利を得るリーダーもいるだろうし、外国の情勢が有利に働くと
いう事実から利を得るリーダーもいるであろう。
4:4 Indeed, it is in the context of foreign affairs that the characteristics of leadership have tended to (12)(1. indulge 2. submerge 3. emerge) most strongly, in part because foreign affairs have always been more glamorous than internal policy making and in part because, the stakes being much higher, up to and including the destruction of the country, the successes can be immense.
4:4 たしかに、リーダーシップの特質が最も強く現れる傾向にあるのは、外交関係においてであ る。それは、一つには外交は常に内政での政策立案よりも魅力に満ちたものであるからだし、ま た一つには、国の崩壊には至らないまでもそれを含め賭けられたものが(内政に比べて)ずっと 大きく、成功すればその成功ははかりしれないものとなり得るからである。
4:5 Machiavelli knew this well: most of his 1ecommendations to the Prince were connected to the aim of establishing leadership through prestigious victories against (13)(1. domestic 2. foreign 3. native) enemies.
4:5 マキアベリはこのことをよく知っていた。王子に対する彼の勧告のほとんどは、国外の敵に対 して名声ある勝利を収めることによりリーダーシップを確立するという目的に結びついていた。 4:6 Closer to our own day, one wonders how Winston Churchill would have fared — indeed whether he would still play a part in the history books, despite having been minister several times
— had he not “met with destiny” in 1940; the same might be said of Charles de Gaulle, as a result of the brutal French defeat of the same year.
4:6 今日に近い時代に目を移すと、ウインストン=チャーチルは、もしも1940年に「運命に出会
う」ことがなかったら、どれほどうまくやったか―確かに何度か首相を務めはしたが、歴史書に おいて今でもひと役つとめていたかどうか―は疑問である。同じ年のフランスの敗北という厳し い現実の結果として、同じことがシャルル=ド=ゴールについても言えるのではなかろうか。
(13)2
Domestic「国内の」 Foreign「外国の」 Native「現地の」
foreignは「外」であるのに対し、domestic、nativeはともに「内」を意味する。直前の文で「外交 面における成功は非常に大きなものとなる」とあることに着目する。

環境情報学部 1,996 問2、
■第2段落
2:1 (3)(1. Change 2. Consideration 3. Coinage) of terminology also raises the question of festival’s relationship to ritual.
2:1用語について考察すると祭りと儀式の関係という問題も生じてくる。
2:2 The separation of the two types of symbolic enactment evolved as a consequence of modern religious systems’ attempts to obliterate native religions.
2:2 この二つの形の象徴的な再現の分離は、土着の宗教を痕跡も残さぬように消してしまおうとす
る現代宗教組織の試みの結果として徐々に進んだ。
2:3 Quite commonly, however, indigenous practices (4)(1. survived 2. predominated 3. died down)
under a new name, disguising their origins.
2:3 しかし、大変一般的なこととして、土着の慣習はその起源をおおい隠し新しい名前のもとに生 き残った。
2:4 These became known as festival or fiesta, in contrast to ritual, which became the serious occasions focusing on male authority legitimated by modern official religion.
2:4 これらは、儀式とは対照をなして、祭りとか聖日として知られるようになった。一方、儀式は
現代の公的宗教によって合法化され、男性の権威者に焦点を合わせたおごそかな場となった。
2:5 In an effort to denigrate indigenous religious practices, modern religion thus assigned festival to a position (5)(1.through 2. crucial to 3.peripheral to) the core of ritual life.
2:5土着の宗教的慣習を誹謗することに努めながら、現代宗教はこのようにして儀式の世界の中核
から外れたところに祭りを位置づけたのだった。
2:6 The most recent modern religions, such as Protestantism, completely dissociate festival from religion, and it then becomes a secular event.
2:6 プロテスタントのような最も新しい現代宗教は宗教から祭りを完全に分離した。そこで祭りは
宗教と関係のない世俗的な行事となった。
2:7 As a result, ritual is associated with official religion, whereas festival designates occasions considered to be pagan, recreational, or for children.
2:7 その結果、儀式は公的宗教と結びつき、一方祭りは非宗教的、娯楽的あるいは子供のためのも のと考えられるような場を意味するようになった。
2:8 Like play and creativity, festival explores and (6)(1. copes 2. experiments 3. defines itself) with meaning.
2:8芝居や創造的活動と同様に、祭りは意味について探査をし実験を試みた。
2:9 Both forms utilize multiple codes and channels.
2:9 どちらの形も多数の決まりごとと伝達経路を利用する。
2:10 Examples of contemporary festivals and holidays with ancient roots include celebrations of saints’ days, the Virgin Mary, Christmas, the new year, Easter, May Day, and Halloween, all of which represent a fusion of early Indo-European and/or Native American religious rituals with modern religion and culture.
2:10古代に起源を有する現代の祭りや休日(聖日)の例をみると、聖人たちの日、聖母マリアの
日、クリスマス、新年、イースター(復活祭)、メーデー、ハロウィーンなどのお祝いがあり、そ れらのすべては初期のインドーヨーロッパ語族そして/あるいはアメリカの先住民の宗教的儀式が 現代の宗教や文化と融合したものであることを示している。
(6)2 (6)
cope with~「~に対処する」
experiment with~「~で実験する、~で試してみる」 define「定義する」 直前のexplore「(問題などを)探る」と類義の語を選ぶ。

■第5段落
5:1 In the second of these dimensions of temporality, expressions of tradition and change confront each other.
5:1 「時」に関する面の第二に、伝統の表現と変化の表現が互いに対立するということがある。
5:2 Meaning in festival derives from (10)(1. experience 2. natural power 3. establishment) : thus, festival emphasizes the past.
5:2 祭りの意義は経験に由来する。そこで、祭りは過去を重視する。
5:3 Yet festival happens in the present and for the present, directed toward the future.
5:3 しかし、祭りは現在行われ、さしあたり未来に向けられている。
5:4 Thus, the new and different are legitimate dimensions of festival, contributing to its vitality.
5:4 そこで、新しいこと、今までと違うことは祭りの道理にかなった面となり、祭りの活力のもと となる。
・解答 (10)1
(1O)
Experience「経験」ex(十分に)+peri(試してみる)+ence(こと)
祭りは過去を重視する、とあるので自然の力や施設ではなく「経験」に由来する。meaning in
festival「祭りの意味、意義」derive from~「~に由来する、~から出ている」

環境情報学部 1997 問1
■第8段落
8:1 What is a mass medium today?
8:1 マスメディアとは、何であろうか。
8:2 Let’s try to imagine a not so imaginary situation.
8:2 それほど現実離れしていない場面を考えてみよう。
8:3 A company produces polo shirts with an alligator on them and advertises them.
8:3 ある会社がワニの図柄のついたポロシャツを生産してその宣伝をする。
8:4 A (12) (1. member 2. generation 3. character) begins to wear the polo shirts. 8:4 同時代の人々がそのポロシャツを着始める。
8:5 Each consumer of the polo shirt advertises, via the alligator on his chest, this brand of polo shirt (just as the owner of a Toyota is an unpaid, and paying, advertiser of the Toyota line and the model he drives).
8:5 このポロシャツの消費者の一人一人が、胸のワニの図柄を通してこのブランドのポロシャツの
宣伝をする(それはトヨタの製品の所有者がただで、いやそれどころか金を払ってトヨタの製品と 彼が運転している車の宣伝をしているのと同じだ)。
8:6 A TV broadcast, to be faithful to reality, shows some young people wearing the alligator polo shirt.
8:6 あるテレビ放送は、真実に忠実であらんがためにワニのポロシャツを着た何人かの若者を映し
出す。
8:7 The young (and the old) see the TV broadcast and buy more alligator polo shirts because they
(13) (1. have 2. take 3. give) “the young look.”
8:7 若者たちは(そして年寄りも)そのテレビの放送を見て、「若い外見」を与えてくれる(=それを
着ると若々しくみえる)のでワニのポロシャツをますます買うようになる。
・解答 (12)2
(12)
a generation「同時代(同世代)の人たち」
a member(一人の会員)やa character(一人の有名な人)では影響力は弱い。

環境情報学部 1998 問1
■第5段落
5:1 Ultimately (9)(1. implicit 2. incremental 3. incidental) improvements in computer and screen technology will give us a lightweight, universal electronic book, or “e-book,” that will approximate today’s paper book.
5:1最終的にはコンピューターやスクリーン技術がますます進歩することにより、現在の紙製の本
に近い、軽量で万能の電子本、いわば「E-ブック」ができるであろう。
5:2 Inside a case roughly the same size and weight as today’s hardcover or paperback book, you’ll have a display for high-resolution text, pictures, and video.
5:2現在のハードカバーやペーパーバックの本とサイズや重さがほぼ同じケースの中に、高い解像
度の文章・画像・映像を映す表示装置がある。
5:3 You’ll be able to (10)(1. write 2. flip 3. edit) pages with your finger or use voice commands to search for the passages you want.
5:3指でページをめくったり、声による指令で見たい一節を捜すことができる。
5:4 Any document on the network will be accessible from such a device.
5:4 そしてこのような装置を用いてネットワーク上のどんな文書にもアクセスできる、というふう に。
・解答 (9)2
(9)
1.「盲目的な」
2.「増加(増大)する」
3.「付随的な」

環境情報学部 1998 問2
■第7段落
7:1 Often the process of our artwork is thrown onto a new track by the inherent balkiness of the world.
7:1 我々の芸術的制作活動の過程は、世の常である、急に物事が進まなくなる事態によって、方針
転換を迫られることがしばしばある。
7:2 Murphy’s Law states that if anything can go wrong, it will.
7:2 失敗するかも知れないものは失敗する、とマーフィーの法則にある。
7:3 Performers experience this daily and hourly.
7:3 役者達はこのことを毎日、毎時間経験している。
7:4 When dealing with instruments, tape recorders, projectors, computers, sound systems, and theater lights, there are inevitable breakdowns before a performance.
7:4 楽器、テープレコーダー、投影機、コンピューター、音響システム、劇場照明を扱うとき、必
ず上演前に故障が発生するのである。
7:5 A performer can become sick.
7:5 ある役者は具合が悪くなる。
7:6 A valued assistant can quit at the last minute, or lose his girlfriend and become mentally incapacitated.
7:6 ある大切な助手が土壇場になって辞めてしまったり、ガールフレンドを失って精神的に不能に なってしまうこともある。
7:7 Often it is these very accidents that give rise to the most (6) (1. ingenuous 2. indigenous 3. ingenious) solutions, and sometimes to off-the-cuff creativity of the highest order.
7:7 多くの場合、非常に巧みな解決策や、時には即興で最高級の独創性を生み出すもととなるの
は、まさにこのような事故なのである。
・解答 (6)3
(6)
1.「正直な」
2.「固有の」
3.「工夫に富む、巧妙な」

環境情報学部 2,000 問2
■第4段落
4:1 The photograph [9] (1. calls for 2. opens for 3. goes for) words to answer other questions.
4:1 その写真は別の疑問への答えも要求する。
4:2 How did Carter allow the vulture to get so close without doing something to protect the child?
4:2 カーターはどうしてその子供を守ることを何もせず、ハゲワシがそこまで接近するの を許したのか。
4:3 What did he do after the picture was taken?
4:3 その写真をとったあと、彼はどうしたのか。
4:4 Was it in some sense posed?
4:4 それはある意味でやらせだったのか。
4:5 [10] (1. Despite the fact that 2. Questioning that 3. Inasmuch as) Kevin Carter chose to take the time, minutes that may have been critical at this point when she is near death, to compose an effective picture rather than to save the child, is he not also to blame for the child’s situation?
4:5少女が瀕死の状態のこの瞬間に、決定的となったかもしれない何分間もの時間をと
り、子供を救うことよりも効果的な写真を撮ることをケビン=カーターが選んだからには、 その子供の状況に対して彼にもまた責任があるのではないのだろうか。
・解答 [9]―1
>[9]
The photograph calls for words to answer rother questions.「その写真はある別の疑問に答 える言葉をも要求する」その写真を見ると別の疑問がわいてきて、その答えが知りたくな る、ということ。

総合政策学部 1996 問1、
■第3段落
3:1 Persuasion has often been defined as an act of human communication that has the specific goal of influencing the beliefs, opinions, and attitudes, and/or behavior of others. 3:1説得はしばしば、人間のコミュニケーション行為であり、他人の信念、意見、態度、
そして(または)行動に影響を与えるという特定の目標をもつと、定義されてきた。
3:2 In many instances this definition does not describe the full range of conditions under which persuasion takes place.
3:2多くの場合、この定義は説得が行われる状況の全範囲に言及するものではない。
3:3 Specifically, when receiver factors are taken into account one message may be a clear example of persuasive communication to a specific audience or individual, while presented to another it may simply (2)(1. devalue 2. impair 3. validate) existing beliefs and opinions and thus fail to present a clear distinction of persuasion.
3:3特に、受け手側の要素を考慮してみると、あるメッセージが特定の聴き手や個人にとっ
ては説得的な意志伝達の明らかな例であるのに別の者に示されると、ただ単に既存の信念 や意見を確証するだけになり、したがって説得行為であるとは明確に区別できなくなるこ とがある。
3:4 Furthermore, instances of coercion can be (3)(1. misguided 2. misplaced 3. misconstrued) as acts of persuasion since there is a fine boundary between forced change and persuasive change.
3:4 さらに、強制的変化と説得的変化の間の境界は微妙なものなので、強制例が説得的行
為として誤解されることがある。
3:5 For practical purposes, we will focus on the more (4)(1. salient 2. opaque 3. congenial) instances of persuasion and contrast them with examples that are not as distinct.
3:5実際的には説得のより顕著な例に焦点を当て、それほど明確ではない例と対比してみる
ことにする。
(3)3
Misguide「間違って案内する」 Misplace「置き違える」
Misconstrue「誤解する」
境界は微妙だと前にある。

■第4段落
4:1 Within the large body of theory and research on persuasion the concept of attitude has received a great deal of attention since itis closely linked to the success of persuasive communication.
4:1説得に関する多くの理論と研究の中で、「態度」が説得的な意志伝達の成功に密接に
関係していることから、「態度」の概念が大きな注目を集めている。
4:2 The mental state of the receiver is an important part of persuasion and in many instances the ultimate goal of the persuader is to bring about some form of attitude change.
4:2受け手の精神状態は説得の重要な部分であり、多くの場合、説得する側の最終的な目
標は何らかの形の態度の変化を引き起こすことである。
4:3 Furthermore, in many cases attitudes are the (5) (1. precedents 2. precursors 3. premises) to behavior, and many theories of persuasion involve the concept of attitude. 4:3 さらに、多くの場合、態度は行動に先行するものであり、説得に関する多くの理論に は態度の概念が含まれるのである。
・解答
(5)2
Precedent「先例」 Precursor「先駆者」 Premise「前提」
3行目後半より、態度が行動より先にくることがわかる。

■第6段落
6:1 Credible communicators are looked upon as experts.
6:1 「信頼できる伝達者」は専門家と見なされる。
6:2 That is, they display a degree of competence in their field and are commonly viewed as knowledgeable and experienced.
6:2 つまり、彼らは自分の分野においてある程度の能力を示し、知識があり経験があると
一般に見られているのである。
6:3 Furthermore, receiver judgments of competence are significantly influenced by the communicator’s level of training, occupation, and experience.
6:3 さらに受け手側が能力を判断する際には、伝達者の訓練、職業、経験の程度に影響さ れるのである。
6:4 This value judgment made on the part of the receiver is important in whether the message is accepted or rejected.
6:4受け手側においてなされるこのような価値判断は、メッセージが受け入れられるか拒
絶されるかどうかにおいて重要である。
6:5 If the receiver believes the communicator has (6)( 1. disposed 2. displayed 3. dismissed) a high degree of competence, then it is much more likely that the message being conveyed will have an impact.
6:5 もし受け手が、伝達者がかなりの程度の能力を示していると信じるならば、伝えられ ているメッセージが影響を与える可能性ははるかに大きくなるだろう。
6:6 In addition to this, a communicator’s degree of trustworthiness is also (7) (1. assessed
2. assured 3. accorded) by the receiver.
6:6 これに加えて、伝達者の信頼度もまた、受け手によって測られうる。
6:7 If a communicator is viewed as being truthful then the message will seem much more reliable and acceptable.
6:7 もし伝達者が信頼できると見なされれば、そのメッセージははるかに信頼でき受け入 れられうるものになる。
6:8 On the other hand, if a persuasive message is remembered but not its source, then the influence of a communicator of high credibility may have a diminishing effect over time.
6:8また一方、説得的なメッセージ自体は覚えられているが、その出所が覚えられていな い場合、信用度の高い伝達者がもたらす影響でも、時がたてば弱くなるかもしれない。 6:9 However, low credibility communicators may receive a beneficial gain in this situation which would result in having a more persuasive response to their message after a period of time has passed.
6:9しかしながら、このような状況では信用度の低い伝達者が利益を得る(大きな影響を与 える)こともあり、ある期間が経過した後、自分のメッセージに対してより説得的な反応 を得るという結果になる。
6:10 This is a phenomenon known as the sleeper effect that occurs under circumstances in which the receiver remembers the message but not reasons that may (8)(1. discount 2. support 3. discourage)it.
6:10 これは、「仮眠効果」と呼ばれる現象で、受け手がメッセージは覚えているが、そ れを支持する理由を覚えていない状況で起こるものである。
6:11 For example, a receiver may remember factual information from a message but forget about the credibility of the communicator and other source factors which we normally rely upon to judge information.
6:11例えば、受け手がメッセージから得た事実に基づく情報は覚えているのだが、我々が
情報を判断するために普通頼っている伝達者の信頼性や他の出所の要素を忘れる場合がそ れである。
6:12 (9)(1. Thus 2. On the contrary 3. In addition), practical issues that may influence the credibility of communicators include their rate of delivery and the degree of confidence in their tone.
6:12 その上、伝達者の信頼性に影響を与えるであろう現実的な問題には、話し方の速さ と口調における自信の度合いが含まれる。
6:13 A communicator is viewed as more credible if his or her speech contains no hesitations and is delivered at a rapid pace.
6:13伝達者は、ためらいのない話しぶりで速く話すと、より信頼できると見なされるので
ある。
・解答 (6)2
(6)
Dispose「配置する、処分する」 Display「表示する、陳列する」 Dismiss「解散させる」

総合政策学部 1,998 問1、
■第2段落
2:1 Alice was the admissions officer’s dream. 2:1 アリスは入学許可担ft者の夢であった。
2:2 She was easily admitted to our graduate program.
2:2彼女はわれわれの大学院課程に入るのを容易に認められた。
2:3 She came with (1) (1. average 2. stellar 3. satisfactory) test scores, outstanding college grades, excellent letters of recommendation, and, overall, close to a perfect record. 2:3彼女は、すばらしい試験結果と傑出した大学の成績とすぐれた推薦状、そして、全体と
してほとんど完璧な履歴をもって入ってきた。
2:4 Alice proved to be more or less what her record promised.
2:4 アリスはだいたいその履歴が約束したものになった。
2:5 She had excellent critical and analytical abilities, which earned her outstanding grades during her first two years at our school.
2:5彼女にはすぐれた批判能力、分析能力があり、そのおかげで彼女はわれわれの学校で
の最初の2年間は傑出した成績を得ることができた。
2:6 When it came to taking tests and writing papers, she (2) (1. had no peer 2. had no help
3. was popular) among her classmates.
2:6試験を受けるとか論文を書くということになると、クラスメートの中で彼女に並ぶ者
はなかった。
2:7 But after the first two years, Alice no longer looked quite so outstanding.
2:7 しかし、最初の2年が終わると、アリスはもはやそれほど傑出しているようには見え なかった。
2:8 In our graduate program, as in most, emphasis shifts after the first couple of years. 2:8 ほとんどの大学院課程と同様に、われわれの大学院課程も最初の2年が終わると、重 視する点が変わる。
2:9 It is not enough just to criticize other people’s ideas or to study concepts that other people have proposed.
2:9他人の考えを批判したり、他人が提唱している概念を研究するだけでは不十分なのであ
る。
2:10 You must (3) (1. not rely on 2. begin reviewing 3. start coming up with) your own ideas and figuring out ways of implementing them.
2:10自分自身の考えを思いつき、それらを実行する方法を考え出し始めなければならない
のである。
2:11 Alice’s synthetic abilities were far inferior to her analytic ones.
2:11 アリスの統合能力は分析能力よりはるかに劣っていた。
2:12 But there was no way of knowing this from the evidence available in the admissions folder, for (4) (1. although 2. however 3. whenever) conventional measures can give us a good reading on analytic abilities, they give virtually no assessment of synthetic abilities. 2:12 しかし、入試書類で入手できる証拠からこれがわかる術はまったくなかった。とい うのは、昔ながらの尺度では分析能力に関しては正確な値がわかるが、統合能力に関する 評価は実際のところまったくわからないからである。
2:13 Thus, Alice was “IQ test” smart, but not equally (5)(1. discreet 2. disciplined 3. distinguished) in the synthetic, or practical, areas of intelligence.
2:13 かくしてアリスは「知能指数テスト」的には利口だが、知能の統合的または実用的 な分野では同じように、すぐれているというわけではなかった。
(5)3
Discreet「慎重な」 Disciplined「訓練された」
Distinguished「顕著な」

■第8段落
8:1 The (13) (1. convergence 2. divergence 3. incompatibility) of my analysis of the research literature and my personal experience convinced me that what was needed was a “triarchic” theory of human intelligence — one that did justice to each of these three aspects of intelligence.
8:1研究文献の分析と私の個人的経験が、二点に集中していることから、必要なものは人
間知能の「三様性」理論であると私は確信した。それは、知能の三面のそれぞれを公平に 扱うものであった。
8:2 It is important to mention that my goal in constructing the tribrachic theory was quite
(14) (1. contrary to 2. interchangeable with 3. compatible with) that of most psychologists who have developed theories of intelligence. 8:2三様性理論を築く際の私の目標が、知能に関する理論を築いた大部分の心理学者の目
標とはまったくは異なったものであったと述べるのは重要である。
8:3 The field has been (15)1. Exceptionally focused 2. Notoriously contentious 3. Unusually harmonious), with every theorist setting out to prove that his theory is right and everyone else’s is wrong.
8:3 その分野は、悪名高いほど争い好きで、すべての理論家が、自分の理論が正しく他の みなの理論が間違いであると証明しようと努めている。
8:4 For example, Arthur Jensen argues for the predominance of a single, general factor in human intelligence, while Howard Gardner maintains that there are at least seven or eight multiple intelligences.
8:4 たとえば、アーサー=ジェンセンは、人間知能において単独の一般的な要素が支配し ていると主張しているが、ハワード=ガードナーは、少なくとも7つか8つの複合的な知能 があると主張している。
8:5 For me, the most disturbing element of these and other opposing theorists has been that while they have done reasonably well in (16) (1. amassing 2. refuting 3. responding to) evidence to support their own point of view, they have generally failed to disprove the views of others.
8:5 これらの理論家や他の異なった意見の理論家に関する、私にとって最も頭を悩ます要 素は、彼らは自分自身の観点を支持する証拠を集めるのにはかなり成功しているが、他人 の観点の反証をあげることには、だいたい失敗しているということである。
8:6 How could this be?
8:6 どうしてこのようになるのであろうか。
8:7 After reviewing earlier theories, I came to the conclusion that the reason for this was that virtually all of them have been (17)(1. inaccurate 2. incomplete 3. inconsistent) .
8:7私は初期の理論を調査したあと、この理由はそれらの理論のすべてが実際、不完全で
あったからだという結論に達した。
8:8 Though proposed as full theories of intelligence, each has dealt with only some limited aspects.
8:8 それぞれは知能に関する完全な理論として提唱されるが、ある限られた面しか扱って いないのである。
8:9 Often, too, these theories have proved to be complementary rather than contradictory, as might be expected.
8:9 またしばしば、これらの理論はお互いに矛盾したものではなくて、相補的なものであ るともわかったが、そのことは予想のつくことだったかもしれない。
8:10 It is not difficult to show that a theory of general intelligence and the theory of multiple intelligences can be (18) (1. infused 2. installed 3. integrated) in a hierarchical framework, with general intelligence at the top of the hierarchy and multiple intelligences lower down. 8:10一般的知能に関する理論と複合的知能に関する理論が階層構造の中に、一般的知能が
階層の頂点に、複合的知能が底辺の方にというように、まとめられうることを示すのは難 しいことではない。
8:11 More specific abilities would then be viewed as sub-abilities.
8:11 より特定的な能力は下位能力と見られるであろう。
8:12 The point to be made, then, is that often the competition among theorists has been
(19) (1. fierce 2. spurious 3. accommodating).
8:12 したがって、言いたい点は、理論家間の論争はしばしば、まがいものであるという ことである。
8:13 Their theories are really theories of different aspects of intelligence.
8:13彼らの理論は実際は、知能の異なった面に関する理論なのである。
(17)2
Inaccurate「不正確な」 Incomplete「不完全な」 Inconsistent「矛盾する」 In-は否定の接頭辞である (18)3
Infuse「~を吹き込む」 Installed「~に据え付ける」in(中に)+stall(おく)
Integrate「まとめる」
このin-は「中に」という意味の接頭辞である

■第9段落
9:1 The goal of the tribrachic theory is not to compete with other theories, but to (20) (1. subsume 2. submerge 3. sublet) them in a sense; that is, to view them as subdivisions of a more general theory.
9:1三様性理論の目標は他の理論と争うことではなくて、ある意味においてそれらを包括
することである。つまり、より一般的な理論の下位区分であるとみなすことである。
9:2 The tribrachic theory is so named because it attempts to deal with each of the three aspects of intelligence described earlier.
9:2三様性理論と名づけられているのは、それが先に述べられた知能の三面のそれぞれを
扱おうと試みているからである。
9:3 It is not the only possible theory that might successfully account for the interplay of intelligence with the internal world of the individual, with experience, and with the external world of the individual.
9:3 それは、知能がいかに個人の内的世界や経験や個人の外的世界と相互に作用している かをうまく説明する唯一の可能な理論ではない。
9:4 Indeed, I hope other theories will be proposed.
9:4実際、私は他の理論が提唱されることを望んでいる。
9:5 But for the present, it does seem to have somewhat fewer gaps than existing theories.
9:5 しかし、現在のところ、それは既存の理論に比べると多少とも欠陥は少ないように思 われる。
・解答
(20)1
Subsume「包括する」 Submerge「鎮める」 Sublet「また貸しする」
Sub-は「下、中」の意味の接頭辞である

総合政策学部 1,998 問2、
■第4段落
4:1 The deliberate visual recording of language means not only a search for words but a search for genres.
4:1言葉を考えながら目に見える形で記録することは、単語を探すことだけではなくて、様
式を探すことでもある。
4:2 Oral discourse, even when not informal, often trails off into another activity, being punctuated by a drink of water, a mouthful of food, the rustle of paper, the closing of a door, or, in other words, by another nonlinguistic activity.
4:2口頭による談話は、公式の場においてさえしばしば次第に別の行動となる。談話を水
を飲んで中断したり、食物を一口食べて中断したり、紙をがさがさ動かして中断したり、 ドアを閉めて中断したり、言い換えると、別の非言語的な行動をして中断するのである。
4:3 Written composition, however, has to have a formal beginning and an end; “Dear Christine” is completed by “Yours sincerely, Stephen,” (7) (1. put out 2. put forward 3. laid out) in a particular format, with the specification of place and date.
4:3 しかし、書かれた文章には、「親愛なるクリスティーナ」と書き出せば、最後は「敬 具スティーブン」で締めくくり、書き出しは、場所と日付をきちんと記した上で特定の書 式にのっとって配置する、といった形式上の始まりと終わりがなければならない。
4:4 Apart from the letter, there is a gamut of genres from the report to the passport, as well as the literary genres ranging from the novel to the poem.
4:4文学のジャンルが小説から詩にいたるまであるように、手紙以外にもレポートからパ
スポートにいたるまで、あらゆる様式(ジャンル)がある。
4:5 These developments appear gradually over time, but eventually not only each composition but each subunit (8) (1. takes after 2. takes on 3. takes in) a specific form each topic requires a paragraph, each sentence a capital letter and full stop, each word its break.
4:5 このような進展は時を経て徐々に現れるのであるが、結局はそれぞれの文章だけでな くそれぞれの下位単位も特定の型をとる。それぞれのトピックには段落が必要で、それぞ れの文には大文字とピリオドが必要で、それぞれの単語には切れ目が必要である。
4:6 Syntax and punctuation become more precise and more formal as a result of becoming visual.
4:6目に見えるようになった結果、構文と句読がより正確で、より形式的になるのであ
る。
4:7 Part of the reason behind these changes is that whereas speech (9) (1. operates as 2. addresses 3. defines) one of the channels in face-to-face communication, writing as a register stands on its own.
4:7 これらの変化の背後にある理由の一つには、話し言葉は面と向かって意思伝達のチャ ンネルの1つとして働くが、1つの言語形態としての書き言葉はそれ自体で独立している。 4:8 It is “decontextualized,” or rather the context is highly (10) (1. restricted 2. redundant 3. reserved) .
4:8 それは「脱文脈化」されている。もっと正確にいえば、文脈はきわめて限定されてい るのである。
4:9 Hence, clarity of expression and precision of genre, syntax, and punctuation are encouraged by the visual representation of language.
4:9 したがって、表現の明快さと様式、構文、句読の正確さは言葉を視覚的に表現するこ とによって促進されるのである。
(10)1
Restricted「制限された」re(もとへ)+strict(締め付けられた) Redundant「過剰な」
Reserved「供給された」

総合政策学部 1999 問1
■第11段落
11:1 Botstein does worry about healthcare discrimination, (8) (1. giving 2. making 3. calling) it a serious social problem.
11:1 ボツタインは、健康管理面での差別を重大な社会問題であると言って、その差別に 本ftに頭を悩ませている。
11:2 But he points out that it is mostly a problem in the United States — in Europe, there is
(9) (1. some 2. little 3. a little) incentive to discriminate because everyone is guaranteed some level of healthcare.
11:2 しかし、彼はそれはほとんどアメリカ合衆国での問題だと指摘する。ヨーロッパで は、すべての人が一定レベルの健康管理を保証されているので、差別しようという気持ち はほとんどない。
11:3 Paul Billings, deputy chief of staff at the Veterans Affairs Medical Center in Palo Alto, says that people like Botstein are (10) (1.deluding 2. cheating 3. camouflaging) themselves if they think that healthcare is the only arena where genetic information is misused.
11:3 パロ・アルトにある退役軍人医療センターの副所長であるポール=ビリングスは、も しボツタインなどの人々が健康管理を遺伝子情報が誤用されている唯一の場であると考え るならば、彼らは、勘違いしているのだと言う。
11:4 He cites a number of nightmarish cases: The 24year old woman fired from her job after her employer learned of her risk of Huntington’s disease, an ailment that usually doesn’t strike until after 40; their recruits turned down by the Air Force because they were
(11) (1. carriers 2. patients 3. agents) of sickle cell disease; the two Marines court- martialed for refusing to take a gene test. 11:4彼は悪夢のような事例をいくらか挙げている。普通は40歳を越えるまでは起こらない
病気であるハンティントン舞踏症にかかる危険性があると雇用主が知ったあとで、仕事を 解雇された24歳の女性の例、鎌形赤血球性貧血の、保因者という理由で空軍に拒絶された 新兵の例、遺伝子検査を受けるのを拒否したために軍法会議にかけられた2人の海兵隊員 の例などである。
・解答 (8)3
「ボツタインは、健康管理面での差別を重大な社会問題であると( )、その差別に頭を悩 ませている」の空所に入るもの。
1のgiving「与えて」と2のmaking「作って」では意味が通らない。したがって3のcalling
「言って、呼んで」が入る。

■第23段落
23:1 Those are just the complexities for the few hundred diseases, like cystic fibrosis and sickle cell anemia, that are (19)(1. unintentionally 2. unreasonably 3. unquestionably) caused by genes.
23:1 これらはまさに、嚢胞(のうほう)性線維症や鎌形赤血球性貧血などのような、疑 いなく遺伝子によって引き起こされる数百の病気の複雑さに過ぎないのである。
23:2 Much of the research linking genes to traits like obesity or alcoholism is preliminary, based on only a few human subjects — and still on shaky scientific ground, Cox and Billings say.
23:2肥満やアルコール中毒などのような特徴に遺伝子を結びつける研究の多くは、少数の
人間被験者に基づく予備的なもので、なお不確実な科学的根拠に基づくものだと、コック スとビリングスは言う。
・解答 (19)3
(19)「これらは、…、( )遺伝子によって引き起こされる数百の病気の複雑さに過ぎない」
次の文で、それらの病気以外の研究の多くは未だ不確実なものだ、というように話が展開 するので、ここでは「疑いなく、確かに」の意を表す3のunquestionablyが入る。1の unintentionallyは「意図せずに」、2のunreasonably「不合理に、無分的に」の意。

■第24段落
24:1 Some geneticists now doubt whether gene tests will be (20) (1. sensitive 2. Sensuous 3. Sensory) risk detectors after all.
24:1今、遺伝学者の中には、遺伝子検査が結局のところ、感度のよい危険度探知器になれ
るか否かを疑う者もいる。
24:2 The comprehensive gene profile may not be the fortune-teller people imagined.
24:2総合的な遺伝子プロフィールは、人々の考えていたような占い師ではないのかもしれ
ない。
・解答 (20)1
(20)「今、遺伝学者の中には、遺伝子検査が結局のところ、( )危険度探知器になれるか 否かを疑う者もいる」 1のsensitiveは「高感度の」、2のsensuousは「感覚的な」、3のsensoryは「感覚上の」 の意味なので、1が正解となる。

総合政策学部 2,000 問1
■第14段落
14:1 Kay: One of the things that Marshall McLuhan pointed out in Gutenberg Galaxy was that the sense of the individual [18](1. One 2. People 3. Self) in the Renaissance was somehow connected with the fact that you could take a book by yourself under a tree and think your own thoughts for the first time.
14:1 ケイ:マーシャル=マクルーハンがGutenberg Galaxyの中で指摘したことのひとつ は、ルネサンスにおける個人的利己という感覚は、本を一人で木の下へ持っていき、自分 の考えをめぐらすことが初めてできたという事実となぜか関係があるということでした。
・解答 [18]―3
>[18]「個人的( )という感覚」に入るものO「個人的利己」と考え、3のself「利己」が
正解。1のone、2のpeopleは文意にそぐわない。

総合政策学部 2006 問1
■第4段落
4:1 Ed Diner thinks of this predilection as a “gift” bestowed on people by evolution that helps us adapt and flourish even in fairly trying circumstances.
4:1 エド=ディーナーは、こうした好みは、進化によって人々に与えられた「能力」であ り、かなり厳しい環境下でさえも、私たちが適応し繁栄するのに役立つと考える。
4:2 But there are other [6] (1. theories 2. conditions 3. facts).
4:2 しかし、他の考え方もある。
4:3 Maybe, he thinks, were “socialized” to be happy, in order to facilitate smooth social functioning.
4:3 ことによると、私たちは、社会の機能を容易に円滑にするため、幸せになるように
「社会化され」ているのかもしれないと、彼は考えている。
4:4 Whatever the reasons for this gift, however, its benefits don’t seem to be [7] (1. positively 2. evenly 3. exactly) distributed around the globe.
4:4 しかしながら、この能力がある理由は何であるにしろ、その利益が世界全体に均一に
分布しているようには思われない。
[7]―2
>「7」ここは語い力が直接問われている。選択肢はそれぞれ1.「はっきり、決定的に」、2.「均等に」、3.
「はっきり、正確に」である。本文は「その利益は世界全体に…分布しているようには思われない」という 意味であるから、evenlyが「均等に、平等に」という意味であることを知つていればすぐに正解であるとわ かるが、知らない場合、文脈からこの語の意味を把握するのは、極めて難しい。

総合政策学部 2,008 問1
■第4段落
4:1 The use of the hypothesis in scientific investigation is similar to playing a game of chance.
4:1科学的な探究における仮説使用は、運まかせのゲームをするのに似ている。
4:2 The rules of the game are [8]( 1. held forth 2.Set up 3. taken over), and bets are made, in advance.
4:2 ゲームにはルールが定められており、都けをするのは事前である。
4:3 One cannot change the rules after an outcome,[9] ( 1. seldom 2. Never 3. Nor) can one change ones bet after making it.
4:3結果が出たあとにルールを変えることはできないし、あとから賭けを変えることもでき
ない。
4:4 That would not be fair.
4:4 そんなことをすればフェアではないであろう。
4:5 One cannot throw the dice first and then bet.
4:5最初にサイコロを振って、それから賭けることはできないのである。
4:6 Similarly, if one gathers data first, then [10] (1. selects 2. throws 3. spares) only a few data and comes to a conclusion on the basis of those few data, one has violated the rules of the scientific game.
同じように、最初にデータを集めて、それからわずかばかりのデータを選び出し、そのい
くつかのデータに基づいて結論に達するなら、その人は科学というゲームのルールに違反 したことになる。
4:7 The game would not be fair because the investigator could easily [11] (1. capitalize on 2. take over 3. give in) , say, two significant relations out of five tested.
4:7 そんなゲームがフェアではないのは調査者が検証した5つの関係のうちたとえば2つの 重大な関係を利用するということが、簡単にできるからである。
4:8 What happens to the other three?
4:8残りの3つはどうなるのか。
4:9 They might be forgotten.
4:9忘れられてしまうのかもしれない。
4:10 But in a fair game every throw of the dice is counted, in the [12] (1. game 2. hypothesis 3. sense) that one either wins or does not win on the basis of the outcome of each throw.
4:10 しかし、フェアなゲームでは、サイコロを振るそれぞれの結果によって、ある人が 勝ったり勝たなかったりするという意味で、サイコロの一振り一振りが考慮に入れられて いるのである。
4:11 The main point is that the purpose of hypotheses is to direct inquiry.
4:11 肝心なのは、仮説の目的は研究の方向づけだということである。
4:12 As Darwin pointed out long ago, all observations have to be for or against some view, if they are to be of any U1Se.
4:12 はるか以前にダーウィンが指摘したとおり、あらゆる観察は、それが有益であろう ものならば何らかの見解に賛成するか反対するかせねばならないのである。
[11]ー1
>[11]設問部分は「…調査者が検証した5つからたとえば2つの重大な関係を~することが、 簡単にできるからである」という内容。選択肢はそれぞれ、1.「~を利用する、つけ込 む」2.「~を引き継ぐ」3.「~を提出する、手渡す」であるから、正解は1に決まる。 capital「資本」は必修語句だが、それを動詞にして「(資本として)使う、利用する」まで連 想できれば、うまく正解が引き出せるだろう。

総合政策学部 2008 問2
■第10段落
10:1 Indeed, the practice of “do ecology” can be [47] (1. triggered 2. followed 3. symbolized) by an ecological disaster.
10:1実は、「する環境保護」の実践は、生態系上の災害がきっかけとなることもある。
10:2 Preaching does not help.
10:2 お説教は役に立たない。
10:3 We see this being demonstrated in areas of the Punjab too.
10:3私たちはこれがパンジャブ地域でも証明されているのを目にしている。
10:4 Thirty years ago, when it was pointed out to Punjab farmers that their livelihoods would be threatened by the [48](1. modest 2. specified 3. excessive) use of chemical
fertilizers and the overexploitation of ground water, they listened politely, but did not change course.
10:4 30年前、パンジャブの農民に対し、生活が化学肥料の過剰使用と、地下水の濫用に
よって脅かされることになるだろうと指摘されたとき、彼らは行儀よく聞いていたが、進 路を変えなかった。
10:5 Now, in a despairing mood, they are ready to change.
10:5今、絶望しながらも、彼らは変わろうとしている。
10:6 The adverse economics of unsustainable farming has led to indebtedness and occasional suicides.
10:6維持不可能な農業の不経済によって、借金を背負い、ときには自殺をも生むことに
なったのだから。
10:7 The timing has become [49] (1. inappropriate 2. tricky. opportune) for farmers to take to conservation farming.
10:7農民が保全農法へ移るにはおあつらえ向きの時期が来たのである。
・解答 [47]―1
>[47]設問部分は「『する環境保護』の実践は、生態系に起きた大災害によってされること
もある」という内容。選択肢はそれぞれ、1。「引き金を引かれる」2。「後をつけられ る」3。「象徴化される」という意味。次文の「お説教は役立たない」を手がかりにし て、「大災害」が環境保護の実践を後押しする場合もあるという文意を想定する。よって、 正解は1.「引き金を引かれる=きっかけで始まる」である。2では、大災害と環境保護の順 序が逆になってしまう。

■第5段落
5:1 Some economists say that one of the most common miscalculations in households is “outsourcing” child care, in order to free both parents to [40](1. contribute 2. attribute 3. conform) to the household income.
5:1何人かの経済学者は、家庭内での最も一般的な計算違いの1つは、両方の親を自由にし
て家庭の収入に貢献できるよう、子供の世話を「外部委託」することであると述べている。

5:2 Many parents stay in the labor force because they enjoy their jobs, but others stay because they think that they cannot [41](1. prefer 2. begin 3. afford) to quit.
5:2仕事が楽しいから仕事を続ける親も多いが、金銭的に仕事をやめる余裕がないと思っ
てそうしている親もいる。
5:3 Yet sometimes a mathematical calculation proves otherwise.
5:3 しかし数学的に計算すると時にはそうではないことがわかる。
5:4 One example was found in a couple who earned a combined income of 120,000 per year.
5:4 2人合わせて12万ドルの年収を得ているある夫婦にその一例が見られた。
5:5 They looked at what the mothers job was actually costing” the household. 5:5彼らは、妻の方の仕事が家庭にとって実際どれだけ「お金がかかっている」かを調べ
てみた。
5:6 Child care was costing 15,000 per year, and because their combined income was [42] (1. estimated 2. high 3. realized), they were losing another 12,000 in taxes.
5:6子供の世話は年に1万5000ドルかかり、また夫婦合わせての収入が高いため、税金とし
てさらに1万2000ドルを失っていた。
5:7 They also calculated the “work-related costs,” such as car parking at the office, dry cleaning, and restaurant meals because they ate out frequently.
5:7彼らはまた「仕事に関係する費用」、例えば会社での駐車やドライクリーニング、また
しょっちゅう外食するためレストランでの食事の費用を計算してみた。
5:8 Finally, they determined that if the mother quit her job, they would not lose too much money.
5:8最終的に彼らは、妻が仕事をやめてもそんなに多くのお金を失うことはないと結論づ
けた。

・解答 [40]―1
1 contribute to~「~に貢献する」
ontribute con(共に)+tribute(与える) 「貢献する、役に立つ」
1 attribute 「~のせいにする」
2 at(~へ)+tribute(与える)「あるものに対して面倒なことを与える→~のせい にする」
3 conform 「~に一致する、従う」
4 con(共に)+form(形作る)「形を共にする→一致する、従う」
>[40]contribute to~「~に貢献する」“outsourcing” child care「子供の世話を外部委託す る」のは、夫婦2人とも働くことができることで収入が増える、つまり「家計に貢献す る」ことにつながる。2の「~のせいにする」、3の「~に一致する、従う」は、文意に合 わず、さらに2のattributeは目的語を必要とするため文法的にも不可。

■第2段落
2:1 Is it possible that it was worth her time?
2:1 それは彼女の時間を費やすに値することだろうか。
2:2 This is a question that economists have been [31](1. denying 2. tackling 3. formulating) for some time.
2:2 これは経済学者がここしばらく取り組んでいる問題である。
2:3 Economists have spent decades using time value formulas to help companies maximize productivity.
2:3 経済学者らは何十年もかけて、時間・価値の数式を用い、企業が生産性を最大限に高
められるよう手助けしてきた。
2:4 Now, researchers and governments are looking at how those concepts apply to the household in many advanced countries.
2:4 現在、研究者や政府は、そのような概念が多くの先進国の家庭にどれくらい当てはま るかを調べている。
2:5 In the present day economy of [32] (1. convenience 2. waste 3. scale), time can be purchased.
2:5 今日の便利さを求める経済においては、時間は金で買うことができる。
2:6 Everything from bags of pre washed salad to dog walking services is now available for people who are starved for time.
2:6洗浄済みでパックされた野菜サラダから犬の散歩サービスまで、いまやあらゆるもの
が時間を切望する人々にとって利用可能である。
2:7 Economic studies of time use aim to answer the global question:
2:7 時間の利用に関する経済学的な研究では、次のような世界規模の疑問に答えることを
目指している。
2:8 How do we measure whether we can afford a babysitter, a gardener, or other services, [33] (1. better 2.worse 3. rather) than doing them ourselves?
2:8 それは、自分自身が行うよりも子守りや庭師や他のサービスを頼む余裕があるかどう
かを、どのようにして測るかということである。

・解答 [33]―3
1 better 「~よりもよい」
2 worse 「~よりも悪い」
3 rather 「~よりもむしろ」
>[33]前に「子守りや庭師を雇う余裕がある(can afford a babysitter, a gardener)」と あることから、3のrather than doing them ourselves「それらを自分でやらずに、自分でや るよりむしろ」となる。

■第6段落
6:1 Arguments [6](1.related 2. responsible. resistant) to direct experience are not new. 6:1直接的経験に関する主張は目新しいものではない。
6:2 The Greek philosopher Aristotle argued in The Rhetoric that temporal distancing [7](1. compares with 2. contrasts with 3. contributes to) a lack of sympathy, because it is difficult for people to feel close to events of the past or future.
6:2 ギリシアの哲学者アリストテレスは『修辞学』の中で、時間的な隔たりは共感の欠如
の一因となるなぜなら人は過去や未来の事象を近い存在と感じることは難しいからである、 と主張している。
6:3 The English philosopher David Hume made similar comments about spatial distancing in A Treatise on Human Nature (1740), maintaining that it is difficult for people to feel any relation to objects from which they are [8](1. logically derived 2. far removed 3. separated by time).
6:3 イギリスの哲学者デイピッド=ヒュームは『人間本性論』(1740年)の中で空間的な隔 たりについて似た意見を述べており、人は自分から遠く離された物に対して関わりを感じ ることは難しいと主張している。

・解答 [6]―1
1 related to ~「~に関係した」
2 relate re(後ろに)+late(運ぶ) 「運んで戻する」
3 responsible to ~「~に対して責任がある」
4 responsible re(~し返す)+spond(約束) 「約束し返す→返答する」
5 resistant to ~「~に耐えうる」
6 resist re(~に逆らって)+sist(立つ) 「逆らって立つ→抵抗する、耐える」
>[6]related to~は「~に関係した」。文頭から訳すと「直接的経験に関する主張は目新 しいものではない」となる。次の文以降にアリストテレスとヒュームの考えが例として示 されている。

・解答 [7]―3
1 compares with~「~に匹敵する」
2 compare com(ともに)+par(同等、平均) 「ともに同等にする→互いに同 等のものを並べて比べる」
3 contrasts with ~「~と対照をなす、~に反する」
4 contrast contra(逆らって)+st(立つ) 「相手に逆らって立ち、お互いを照ら し合わせる→対照」
5 contributes to ~「~の一因となる」
6 contribute con(共に)+tribute(与える) 「貢献する、役に立つ→一因とな る」
>[7]contribute to~は「~の一因となる」という意味で、temporal … sympathyの部分 は「時間的な隔たりは共感の欠如の一因となる」という意味になる。temporal「時間的 な」後のbecause以下の「人は過去や未来の出来事を近い存在と感じることは難しいから である」の部分から推測できる。

■第7段落
7:1 Defenders of conventional schooling make parallel arguments, claiming that children need the physical and emotional peer connections that they experience in classroom activities, school assemblies, club meetings, and the like in order to develop the social skills they will need to [9]( 1 .participate in 2. borrow from 3. retreat from) democratic society.
7:1従来の学校教育の擁護者も類似した主張をしており、民主的社会に参加するのに必要 な社交技術を発達させるためには、子供は教室での活動、学校の集会、クラブでの集会な どにおいて経験する、仲間との物理的・情緒的つながりが必要なのだと説いている。
7:2 On the other hand, some argue that virtual schooling can actually promote civic participation because it provides a [10](1.measurement 2. mechanism 3. messenger) by which thoughtful communication can take place among a nearly limitless range of students.
7:2一方、バーチャル教育は無限に近い範囲の生徒問で、思慮に富んだコミュニケーショ
ンが行われる仕組みを提供するため、市民参加を実際に促進しうると主張する者もいる。

・解答 [9]―1
1 participate in「~に参加する」
2 participate part(部分)+cip(つかむ、取る)+ate(単語を動詞化するための接 尾辞) 「集まりの一員(一部分)になる→参加する」
3 borrow from「~から取り入れる」
4 retreat from「~から退く」
5 retreat re(後ろに)+treat(引く) 「後ろに引き戻す→退く」
>[9」前に「社交技術(social skills)」とあることから考えると、後にある「民主的社会
(the democratic society)」に対しては、「参加する(participate」)と考えるのが自 然。the social skills … societyの部分の意味は「民主的社会に参加するために彼らが必要 とする社交技術」となる。they will needの部分は関係代名詞節(theyの前に関係代名詞が 省略されている)であり、先行詞skillsを修飾している。they will needはカッコでくくって 考える。

■第8段落
8:1 This point, however, is called into question by the fact of socioeconomic inequality. 8:1 しかしこの論点は社会経済的な不平等という事実からは問題視されている。
8:2 Technology mediated education may, at least in the short term, prevent people at the lower end of the income scale from participating in online education.
8:2科学技術が媒体となる教育では、少なくとも短期的には、収入面で最下層の人々がオ
ンライン教育に参加することができないかもしれない。
8:3 Indeed, students whose families can afford Internet access and the required hardware and software currently [11] (1. regulate 2. reduce 3. constitute) the majority of those participating in virtual schooling.
8:3確かに、現在バーチャル教育に参加している者の大多数を構成しているのはインター
ネットによるアクセスやそれに必要なハードウェアとソフトウェアが金銭的にまかなえる 家庭の生徒である。
8:4 However, as computers and Internet access become less expensive, they will come within reach even of disadvantaged groups.
8:4 しかしコンピューターやインターネットのアクセスにかかる費用が安くなるにつれ、
不利な境遇の人々でも手が届くようになるであろう。
8:5 At that point, debate will likely focus on the overall quality of the online educational experience rather than on [12] (1. access 2. excess 3. success) itself.
8:5 その時点で、論点はおそらく、アクセスそのものよりもオンライン教育の経験の全体
的な質へと焦点が向けられることになるだろう。
8:6 Therefore, it will probably become necessary to demonstrate to potential users that high-quality education is being provided.
8:6 したがって、質の高い教育が供給されていることを、利用者となる可能性のある人々
に説明することがおそらく必要になるだろう。
8:7 One way this can be accomplished is by establishing standards for teacher certification and course content with which virtual schools must [13](1.comply 2. contend 3. contract) .
8:7 このことを達成する方法の一つはバーチャル=スクールが従うべき教員免許付与や課
程内容の基準を確立することである。

・解答 [13]―1
1 comply 「従う」
2 com(完全に)+ply(重ねる) 「完全に満たす→応じる、従う」
3 contend 「競争する」
4 con(共に)+tend(手を伸ばす) 「共に手を伸ばす→競争する」
5 contract「合意する、契約する」
6 con(共に)+tract(引き寄せる) 「お互いに引き寄せる → 合意する、契約す る」
[13]comply with~の形で「~に従う」という意味になるが、このwithが本文では関係代名 詞whichの前にある。whichの先行詞はstandardsであり、standardsから文末までの意味は
「バーチャル=スクールが従うべき教員免許状や課程内容の基準」となる。

■第4段落
4:1 Over the past several years, virtual schools have dramatically proliferated around the globe.
4:1 ここ数年間、バーチャル=スクールは世界中で飛躍的に増加した。
4:2 A major educational technology research and consulting firm estimates that in the United States alone, more than one million students now enroll in virtual schools each year.
4:2 ある大手の教育先端技術研究とコンサルト会社は、いまやアメリカだけで毎年100万
人以上の生徒がバーチャル=スクールに登録していると見積もっている。
4:3 Virtual schools have indeed arrived, and brought with them a [3](1. heart 2.host 3. whole) of new challenges to the concept of schooling.
4:3 バーチャル=スクールはまさしく到来し、またそれとともに学校教育の概念に対する
多くの新しい異議を提起した。
・解答 [3]―2
1 (the) heart of ~「~の中心」
2 a host of ~「多くの~」
3 (the) whole of ~「~全体」
>[3]2. a host of~「多くの~」の後ろのchallengesは「異議(を唱えること)」や「課題 問題」という意味。

総合政策学部 2,009 問1
■第2段落
2:1 That’s because Shackleton failed only at the improbable; he succeeded at the unimaginable.
2:1それはシャクルトンがありそうもないことにおいてのみ失敗し, 想像もつかないことに
おいて成功したからである。
2:2 “I love the fight and when things are easy, I hate It.” he once wrote to his wife, Emily. 2:2「私は闘いを好み, たやすい事態であるのは, 大嫌いだ」と, 彼は妻のエミリーあてにか つて手紙を書いた。
2:3 He [2] (1.fought his way toward 2.managed to reach 3.lost track of) the South Pole in 1902 when he was part of a three-man Farthest South team on the Discovery expedition of the renowned explorer Robert F. Scott.
2:3 彼は1902年, 有名な冒険家ロバート=F.スコットのディスカバリー号探険の3人の極南隊
の一員であったとき, 闘いながら南極点を目指した。
2:4 But the men turned back only after walking their ravaged bodies to within 460 miles of the Pole in a terrifying cold experienced by only a handful of human beings at that time.
2:4 しかし, 男たちは, ぼろぼろの体で歩いて南極点から460マイル以内まで達し、ft時ほ んの一握りの人々しか体験したことのない恐ろしい寒さに触れたのち、初めて引き返し た。
2:5 Six years later, commanding his own expedition, Shackleton was forced to turn back a [3] (1.heartfelt 2. hearty 3. heartbreaking) 97 miles short of the Pole, but only after realizing it would be certain death by starvation had his team continued.
2:5 6年後、自分自身の探険隊を指揮しながら、シャクルトンは極点まで97マイルのところ
で断腸の思いで引き返さざるをえなかったのだが、続ければ彼のチームは確実に餓死する だろうとわかって、初めてそうしたのだった。
2:6 He was forgiven that [4] (1. accomplishment 2. failure 3. crisis) in light of the greatness of the effort;
2:6 彼が大変な努力をしたことを鑑みれば、その失敗も許された。
2:7 he was knighted by King Edward Wall and honored as a hero throughout the world.
2:7彼はエドワード7世によってナイトに叙せられ、世界の英雄として尊敬された。
[3]―3 >[3]
「南極点まで残り97マイルがシャクルトンにとってどのような距離であったか」を考え る問題。選択肢の意味はそれぞれ以下の通り。
1. 「心に感じる、心からの」
2. 「心のこもった、 心からの」
3. 「胸の張り裂けるような、断腸の思いにさせる」
3が正解。 heartbreakingはbreak(V)+heart(O) 「心臓を壊す」という構造になっており、
「心臓が(何かを)壊す」という意味にはならないことを理解していると、 正解に大いに近
づく。

■第7段落
7:1 When the weather was its most brutal, the men endured temperatures that were so low they could hear the water freeze.
7:1 この上もない荒天時には、隊員は水が凍るのが聞こえるほどの低温に耐えた。
7:2 The bitter cold froze their garments [13] (1. sharp 2. fragile 3. solid) and burned their hands and feet.
7:2 厳しい寒さで衣類が凍りついて固まり、手や足は凍傷になった。
7:3 They slept in tents so flimsy they could see the moon through them.
7:3 彼らは月が透けて見えるほど薄いテントで眠った。
7:4 They spent nearly four months in the frigid darkness of the long polar night.
7:4 彼らは長い極地の夜の極寒の暗黒の中で4カ月近くを過ごした。
7:5 When the Antarctic summer finally brought warmer temperatures and the [14] (1.protection 2. promise 3. progress) of some relief, the men awoke every morning in cold puddles of water as their body heat melted the icy floor of their tents.
7:5 ついに南極の夏が気温の上昇をもたらし、少しは息のつける兆しが見えたとき、隊員 は毎朝目が覚めてみると、体温でテントの氷床が溶けたため、冷水に浸かっていた。
7:6 They subsisted on a [15] (1. diet 2. feast 3. recipe) of mostly penguin, seal, and sometimes dog.
7:6 彼らは主にペンギン、アザラシ、時にはイヌを食料にして生き延びた。
[14]―2 >[14]
南極の夏が温暖な気温とともにもたらすものを考える。 promise は「約束」以外に「前
兆」という意味があり、この場合promise of some relief|ほっと一息つける兆し」と読める ため、正解は2。他の選択肢はそれぞれ1は「保護」、 3は「前進」という意味。

総合政策学部 2010 問1
■ 第5段落
5:1 しかし、私たちの大半は、モリーの両親同様、リスク評価がひどく苦手である。 5:1 But most of us are, like Molly’s parents, terrible [9] (1.. risk takers 2. risk assessors 3. risk controllers) .
5:2 ピーター=サンドマンは自称、ニュージャージー州、プリンストンの「危険情報コン サルタント」であるが、彼は2004年の初頭、合衆国のたった一件の狂牛病の事例で、反 牛肉騒乱が誘発された後に、このことを主張したのだった。
5:2 Peter Sandman, a self-described “risk communications consultant” in Princeton, New Jersey, made this point in early 2004 after a single case of mad-cow disease in the United States prompted an anti-beef frenzy.
5:3彼はニューヨークタイムズ紙に、「実は、基本的に人々が震え上がる危険と、人々に死
をもたらす危険とは、まったく別物なのです」と語った。
5:3 “The basic reality,” Sandman told The New York Times, “is that the risks that scare people and the risks that kill people are very different.”
・解答 [9]―2
>[9] 設問部分は、前段のモリーの両親の例から考えて、「リスクを見誤って、間違ったほ
うを選択する人」という意味にならなければいけない。選択肢はそれぞれ、1が「危険を 冒す(とんでもない)人」、2が「危険を評価する(とんでもない)人」、3が「危険を管 理する(とんでもない)人」という意味だから、2が正しい。risk takerは「(危険である とわかったうえで)危険を冒す人」の意味であることに注意。モリーの両親はじめ私たち の大半は、「危険でないと思って、実は危険なことをする」人である。

総合政策学部 2009 問2
■第2段落
2:1 That path is now gravely threatened.
2:1その旅路は今や重大な脅威にさらされている。
2:2 An extreme individualism equating happiness [31] (1. for 2. with 3. as) “value” alone now trumps choices and policies made in markets of all kinds, political and otherwise. 2:2幸福をただ「価値」だけと同一視する極端な個人主義が、政治やその他のあらゆる種
類の市場でなされる選択や政策に勝っているのである。
2:3 “Value” and “I” can never migrate back into a sustainable blend with values” and “we must think differently about the real “we’s” of our lives – especially our organizations – and [32] (1. purposefully 2. accidentally 3. incidentally) blend “value” and “values” in those “we’s.” 2:3「価値」と「私」が、後戻りして「価値観」と「私たち」に混ざり合って維持されて いくことは、決してありえない。私たちは、自分の暮らし、とりわけ組織体の中の現実の
「私たち」について違う考え方をして、意図的にそうした「私たち」の中で「価値」と
「価値観」とを混ぜ合わせなくてはいけないのである。
・解答
[32]―1 [32]
「個人主義全盛の時代にあって、公共性について違った考え方をして、次にどのように個 人主義との折り合いをつけねばならないのか」を考える。選択肢の意味はそれぞれ以下の 通り。
1.「意図的に、故意に、目的をもって」pur(前に)pose(置く)ly(副詞の語尾)
2.「偶然に」ac(~へ)cident(降りかかってくる)
3.「付言すれば」in(~に)cident(降りかかってくる)
直前に「個人主義の方からは戻ってこない」とあるのだから、こちらの方から「意図的に」
混ぜ合わせないといけないという文意になると判断できる。よって、正解は1である。

■第3段落
3:1 It is to be noted here that people use the words “value” and “values” in different ways. 3:1ここで注意すべきは、人々は「価値」と「価値観」という言葉をさまざまに使うとい うことである。
3:2 On the one hand, the singular “value” arises in conversations about economics, finance, business, and markets.
3:2 単数形の「価値」は、経済や財政、事業、市場に関する話題で現れる。
3:3 Value connotes a pointed [33] (1. estimation 2. escalation 3. investment) of current or anticipated worth not distant from monetary equivalence.
3:3 それが意味するのは、現在の価値あるいは予想される価値の的確な評価であって、そ の金銭的対価から離れることはないのである。
3:4 On the other hand, the plural term ”values” crops up when people talk about beliefs and behaviors regarding how human beings do or do not get along with one another and with gods, spirits, and nature.
3:4他方、複数形の「価値観」が出現するのは、人間が人間同士、あるいは、神々、精霊、
自然といかにうまく折り合えたり、折り合えなかったりするのかに関わる信条や行動につ いて語るときなのである。
3:5 “Values” is a noun, but a noun concerned with attitude and action.
3:5 「価値観」は、名詞であるとはいえ、態度や行動に関わる名詞である。
3:6 Values are sorted into several categories: social values, political values, family and religious values, and environmental values.
3:6価値観はいくつかの分類概念に分けられる。社会的価値観、政治的価値観、家族宗教
的価値観、環境的価値観といったものだ。
3:7 Unlike value, talk of values [34] (1.increases 2. incorporates 3. ignores) money.
3:7価値とは異なり、価値観について語るのに、金銭を顧慮したりはしない。
3:8 There is a deep, backward and forward-looking quality to values.
3:8 価値観には、奥深くて、これまでとこれからを見据える性質がある。
3:9 If value makes us wealthy, values make us human.
3:9価値によって私たちが豊かになるとすれば、価値観によって私たちは、人間となるので
ある。
・解答 [33]―1
[33]設問部分は「価値は、金銭的対価から離れることがない、現在の価値あるいは予想さ
れる価値の的確な…を暗示している」が文字通りの意味だが、これを「価値が暗示してい るのは、現在の価値あるいは予想される価値の的確な…であって、その金銭的対価から離 れることはない」と読み換えることができればよい。
1.「見積もり、推定、評価」estim(評価)ate(する)tion(名詞化) 2.「増大、拡大、段々と増加していくこと」
3.「投資」 investment in(中に)vest(身に着ける)
[34]―3
[34]「価値」というものが、「金銭的なもの」と不可分であることがft該段落の前半に記 述されている。そうした「価値とは違って」というのだから、「価値観(について語るこ と)は金銭とは無関係である」という意味になるはずである。選択肢の意味はそれぞれ以 下の通り。
1.「増やす」increase in(中に)crease(成長する) 2.「組み込む、包含する」incorporate in(中に)corporate(いれる) 3.「無視する、顧慮しない」 ignore 否定の含意があるのは、3しかない。

総合政策学部 2012 問1、
■ 第8段落
8:1世界恐慌時のアメリカ大統領フランクリン=ルーズベルトは,「私たちに恐怖そのもの
以外,恐れるものはない」と語った。
8:1 The American president Franklin Roosevelt at the time of the Great Depression said, “We have nothing to fear but fear itself.”
8:2 ことによると21世紀の方に目を向けるとき,最も厄介なことの一つは,恐怖そのもの なのだと言わなくてはいけないのかもしれない。
8:2 Perhaps as we turn to the 21st century, we should say one of the most worrisome things is fear itself.
8:3私たちが全体的な権力の分配について均衡のとれた評定を保持し,私たちが直面する
こうした共通の難題に対処する方法を見出すことができるなら――ここで私たちとは,ア メリカ合衆国,日本,中国,ヨーロッパなどのことであるが――私たちは本当に,双方が 得をする状況を手にできるだろう。
8:3 If we can keep a balanced [19](1. assembly 2. assortment 3. assessment) of the overall distribution of power, and figure out ways to deal with these common challenges that we face―we, meaning the United States, Japan, China, Europe and others we can indeed have a [20](1. win-win 2. win-lose 3. lose-lose) situation.

・解答 [19]―3
>[19]設問部分は「私たちが全体的な権力の分配について均衡のとれた( )を保
持…することができるなら…」という意味。選択肢はそれぞれ、1は「集会、会合」、2は
「詰め合わせ、盛り合わせ」、3は「査定評価」という意味だから、話題に合うのは3だけ である。

総合政策学部 2012 問2、
■ 第6段落
6:1 その書物は読者にその分野を案内し,医学,生物学,社会学人類学政治学,経済学, 数学,さらにその先の発見を見せてくれる。
6:1 The book guides readers through the field, [39](1. presenting 2. presents 3. presented) findings from medicine, biology, sociology, anthropology, political science, economics, mathematics, and beyond.
6:2筆者は笑い,音楽の好み,性行動,ナッツアレルギーの不安の広がり方を論じる。
6:2 The authors discuss the spread of laughter, tastes in music, sexual behavior, and anxiety over nut allergies.
6:3筆者は,多くの現象のネットワークの構造を慎重に比較し,アメリカ合衆国上院議員
の投票パターンと,牝牛間の社会的な結びつきの間の強い類似性を見出したある研究に注 目する。
6:3 The authors note one study that carefully compared the structure of networks of many phenomena and found a strong similarity between the voting patterns of U.S. senators and social bonding among cows.
6:4彼らは日本の生物学者中垣俊之の,ある種のカビがネットワークの形で広がっていく ことによって,目的地までのすべての可能な通路を探るのに「力を合わせる」ことができ, 迷路を抜ける最短の通路を発見するのに,大学院生よりも効率がよいという発見も報告し ている。
6:4 They also report on Japanese biologist Toshiyuki Nakagaki’s findings that a kind of mold**** can “collaborate” by spreading out in the form of a network to explore all possible paths to a goal, and that it is more efficient than his graduate students in finding the shortest route [40](1. on 2. beyond 3. through) a maze.
6:5同書は,彼の追跡研究も示していて,それによると,そのカビは英国と日本の鉄道網の
地図を作るのが,人間と同じかそれ以上にうまかったのである。
6:5 The book also presents his follow-up studies, in which the mold was as good as or better than humans at creating maps for railway systems in Great Britain and Japan.
6:6 こうした研究は,ネットワークがもっている問題解決能力を示すものだと,彼らは語 る。
6:6 These studies, they say, demonstrate the problem-solving power [41](1. capable of 2. possessed by 3. used for) networks.

・解答 [41]―2
>[41]設問部分は「こうした研究は,ネットワーク( )である問題解決能力を示
すものだと,彼らは語る」という意味。選択肢はそれぞれ1は「~を可能とする」,2は
「~によって所持されている」,3は「~のために使われている」という意味だから,文 意が通るのは2しかない。

総合政策学部 2013 問1、
■ 第4段落
4:1決断疲労は,自我消耗と呼ばれる現象に関する最新の発見であり,その言葉は,自我
はエネルギーの転移に依存するというジークムント=フロイトの思想に敬意を表して造語 されたものである。
4:1 Decision fatigue is the newest discovery [4] (1. challenging 2. involving. intensifying) a 4:1 phenomenon called ego depletion, a term coined in honor of Sigmund Freud’s idea that the ego depended on the transfer of energy.
4:2 この思想は世紀末までおおよそ無視されていたが,その頃にロイ=バウマイスターと いうアメリカ人研究者が,自分のところの大学院生を使って精神訓練の研究を始めたの だった。
4:2 This idea was generally ignored until the end of the century, when an American researcher named Roy Baumeister began studying mental discipline with hisI graduate students.

・解答 [4]―2
>[4]設問部分は「決断疲労は,自我消耗と呼ばれる現象に( )する最新の発見で
ある」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「挑戦する」2は「関係する」,3は「強化す る」という意味だから,文意が通るものは2しかない。involveはここでは「関係する,か
かわる」の意味。「巻き込む」という意味だけしか知らないと対処できなくなるだろう。
intensifyはintense「強い」の動詞派生形だから「強くする」の意。

■ 第8段落
8:1 買い物はとりわけ貧しい人々にとって,疲弊を招くことがある。彼らは続けざまに比
較考量に苦しまなければいけないからである。
8:1 Shopping can be especially tiring for the poor, who have to struggle continually with trade-offs.
8:2 先進国の人々の大半は,多くの時間を,セッケンを買う余裕があるかどうかに悩んで
過ごしたりはしないだろうが,インドの農村ではそれは,消耗させる選択になりうる。
8:2 Most of us in developed countries won’t spend a lot of time agonizing over whether we can afford to buy soap, but it can be a depleting choice in rural India.
8:3 ある経済学者が北西インドの20ヶ村の人々に,アメリカドル20セント未満相ft額で,
2個のブランド品のセッケンを買う機会を提供した。
8:3 An economist offered people in 20 villages in northwestern India the chance to buy a couple of bars of brand-name soap for the equivalent of less than 20 US cents.
8:4 それは通常価格より大幅な値引きであったが,それでもなおその価額は最貧の10ヶ村 の人々にとっては大負担であった。
8:4 It was a [11] (1. scant 2. shallow 3. steep) discount off the regular price, yet even that sum was a strain for the people in the 10 poorest villages.
8:5 セッケンを買ったかどうかにかかわらず,意思決定行為によって彼らは,どれだけ長 く柄を握っていられるかの検査で後に測定したところでは,意志力が弱まってしまってい た。
8:5 Whether or not they bought the soap, the act of making the decision left them with less willpower, as measured afterward in a test of how long they could squeeze a hand grip.
8:6 ほんの少しだけ豊かな村では,人々の意志力は有意に影響されることはなかった。
8:6 In the slightly more [12] (1. sanitary 2. affluent 3. determined) villages, peoples willpower wasn’t affected significantly.
8:7 より多くの資金をもっているがゆえに,彼らはセツケンと,例えば食物や薬との利益 を考量するのに同じだけの労力を費やす必要はなかったのである。
8:7 Because they had more money, they didn’t have to spend as much effort weighing the merits of the soap versus, say, food or medicine.

・解答 [11]―3
>[11]設問部分は「それは通常価格より( )な値引きであった」という意味。後
続の文は,「それでもなお. . . 大負担であった」となっているから,この部分は通常なら 負担にならない事態が示されていなければならない。選択肢はそれぞれ,1は「わずか な」,2は「浅い」,3は「険しい。大幅な」という意味だから,3とすれば「とんでもな い値引き」となって普通なら負担にならない事態を導ける。

■ 第12段落
12:1 ブドウ糖の恩恵は,本文冒頭で言及したイスラエルの仮釈放会議の研究では紛れも なかった。
12:1 The benefits of glucose were [18] (1. unmistakable 2. inconsequential. unobservable) in the study of the Israeli parole board mentioned at the beginning of this article.
12:2 午前半ばに,仮釈放会議は休憩することになり,判事はサンドイッチと果物を一つ振 る舞われるようになった。
12:2 In midmorning, the parole board would take a break, and the judges would be served a sandwich and a piece of fruit.
12:3 休憩直前に出頭した囚人は,仮釈放を得られる可能性はほぼ20%にすぎなかったが直
後に出頭した者は,おおよそ65%の可能性になった。
12:3 The prisoners who appeared just before the break had only about a 20 percent chance of getting parole, but the ones appearing right after had around a 65 percent chance.
12:4 さらに時が過ぎていくと,午前中には確率は再び下降し,実際囚人たちは昼食直前 に判事の前に出るのを嫌がった。その時期に仮釈放になる可能性は,たったの10%であっ た。
12:4 The odds dropped again as the morning wore on, and prisoners really didn’t want to appear just before lunch: the chance of getting parole at that time was only 10 percent.
12:5 昼食後は,それが60%まで跳ね上がったが,といってもほんの短期間だけであった。
12:5 After lunch it soared up to 60 percent, but only [19] (1. somewhat 2. briefly. nominally).
12:6 午後3時10分に出頭したユダヤ系イスラエル人の囚人が,暴行罪の刑からの仮釈放を
与えられなかったのを覚えているだろうか。
12:6 Remember that Jewish Israeli prisoner who appeared at 3:10 p.m. and was denied parole from his sentence for assault?
12:7 彼は不運にも,昼食後の審理の6事例目であった。
12:7 He had the misfortune of being the sixth case heard after lunch.
12:8 しかし同じ犯罪で同じ刑に服していたもう一人のユダヤ系イスラエル人の囚人は幸 運にも午後1時27分に出頭し,昼食後最初の事例となって,彼には仮釈放が与えられたの だった。
12:8 But another Jewish Israeli prisoner serving the same sentence for the same crime was lucky enough to appear at 1:27 p.m., the first case after lunch, and he was rewarded with parole.
12:9 彼には司法制度が機能している好例に思われたに違いないが,実はそれはおそらく事
件の詳細よりも,判事のブドウ糖値の方により関係していたのである。
12:9 It must have seemed to him like a fine example of the justice system at work, but [20] (1. in addition 2. in actuality 3 . In sum), it probably had more to do with the judge’s glucose levels than the details of his case.

・解答 [18]―1
>[18]設問部分は「ブドウ糖の恩恵は,本文冒頭で言及したイスラエルの仮釈放会議の研 究でも( )だった」という意味。この後に述べられる事態は,糖分補給による仮 釈放認定率の顕著な上昇である。よって「恩恵は明らかだ」といった意味にするのがふさ わしいと判断できる。選択肢はそれぞれ,1は「誤解しようもない,紛れもない」,2は
「取るに足りない」,3は「見きわめられない」という意味だから,正解は1に決まる。

総合政策学部 2013 問2、
■ 第3段落
3:1大半の政治生態学者にとって,このような研究手法はやや鋭すぎる諸刃の剣である。
3:1 For most political ecologists, this approach is somewhat too sharp a double-edged sword.
3:2 それによって,どのように政治的に権力を付与された環境科学が私たちの周りの世界 の環境に影響を及ぼし,それを創造してきたのかを批判的に検証できるようになり,それ は重要な政治的,生態学的企てではあるのだが,その一方,この手法では,結果を説明す るのに人間以外の関与要因や過程(土壌や樹木,気候といったような)に言及することは できない。
3:2 While it [34](1. defies 2 undergoes 3. allows) a critical examination of how politically empowered environmental science has influenced and created the environments of the world around us, which is an important political ecological project, this approach does not allow us to make [35](1. adaptations 2 contributions 3. references) to non-human actors and processes (like soil, trees, and climate) In explaining outcomes.
3:3 このために,極端な構成主義は多くの研究者にとって魅力に欠けるものとなる。
3:3 This makes hard constructivism unattractive to many researchers.
3:4森の住人や,遊牧民,宗教哲学者といった他の社会団体によって保持されている代替的
な環境構成を受容し正しく評価するための価値ある開放的な空間が生み出される一方で, この手法のために,象徴的な人間的制度がそれ以外のすべての現実より以上に重要となり, 一見従来の環境科学の経験による調査が無力化されてしまうのである。
3:4 while producing a valuable open space for accepting and appreciating alternative constructions of the environment held by other social communities, like forest dwellers, nomadic herders, and religious philosophers, this approach makes the symbolic systems of humans [36](1. sovereign 2. go 3. carry) over all other reality, apparently disabling empirical Investigation In traditional environmental science.

・解答 [35]―3
>[35]設問部分は「結果を説明するのに人間以外の関与要因や過程…に( )するこ
とはできない」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「適合,適応」,2は「貢献」,3は
「言及」という意味だから,「結果を説明する」ためになされる行為として適切なのは, 3以外にあり得ないとわかる。ただし,make reference to~が「~に言及する」の意味であ ると理解できることが前提。

■ 第9段落
9:1 また別の穏健な構成主義的な研究手法である,「社会制度的な構成主義」が認めるの は,そうした偏見が科学的な実践の構造的な一部であるが,にもかかわらず,それらは客 観的な物質世界の条件を決定するだけではないということなのだ。
9:1 An alternative soft constructivist approach, “social institutional constructivism,” allows that such biases are a structural part of scientific practice, but that they nevertheless do not solely determine the conditions of the objective material world.
9:2 むしろ,科学のこうした概念的な偏向は,なぜ科学がときに事実を誤認するのかを説
明するのに役立つ。
9:2 [46](1. Rather 2 Moreover 3. Hence) these conceptual biases in science help to explain why science some times gets facts wrong.
9:3社会制度的な構成主義論者にとって,誤った自然観念は,学界の必然的な「社会性」
の産物なのである。
9:3 For social institutional constructivists, wrong ideas about nature are a product of the inevitable “socialness” of scientific communities.
9:4 しかしながら,時間とともに,また実験と反証の進行につれて「社会的な」観念は私 たちの自然理解からは除去され,自然界の物体の正しい理解へと進んでいく。
9:4 Overtime, however, and through progressive experimentation and refutation the “social” ideas are purged from our understanding of nature, moving towards a true understanding of the objects of the natural world.
9:5社会制度的な構成主義論者の意見では,現代生態学と生命科学が,客観的な構造に対
する自らの分析の基礎を支える比喩についてますます反省的になるにつれて,とりわけそ う言えるようになる。
9:5 This is especially true, a social institutional constructivist might argue, as contemporary ecology and life sciences become more and more reflexive about the metaphors that [47] (1. understand 2. underpin 3. underestimate) their analysis of objective systems.

・解答 [47]―2
>[47]設問部分は「現代生態学と生命科学が、その客観的な仕組みの分析を( )
する比喩についてますます反省的になるにつれて…」という意味。metaphors「比喩」がど のような働きをするものであるかは、第7段の設問[41]のある文に「生態学という科学は、 機械工学に由来する比喩や概念に、強く依存するようになった」とあるから、科学による 客観的世界の分析を社会の構造や潮流に沿って構成するものだと読み取ることができる。 選択肢はそれぞれ、1は「理解する」、2は「基礎づける」、3は「過小評価する」という 意味だから、前述の検討に合致するのは2である。underpinは「(支柱などで)下から支え る、支持する、基礎づける」という重要語である。

総合政策学部 2014 問1、
■ 第8段落
8:1 こうした差異はどう説明できるのだろう。
8:1 What explains these differences?
8:2 実は,グナウ族には贈答の慣行があり,それによって,贈与を受けると将来のある時
点で贈り主に返礼をする義務を負うことになる。
8:2 As it turns out, the Gnau tribe had customs of gift exchange, according to which receiving a gift [13](1. obligates 2. expects 3. persuades) the receiver to reciprocate at some point in the future.
8:3 グナウ族の社会には,最後通牌ゲ―ムに相ftするものはないのだから,彼らはそのな じみのない交易を,考えられる限り最も類似した社会的な交換上にただ位置づけ,それが たまたま贈答となり,それに応じた反応をしたのだった。
8:3 Because there was no equivalent of the ultimatum game in the Gnau society, they simply “mapped” the unfamiliar interaction onto the most similar social exchange they could think of―which happened to be gift exchange―and responded [14](1. casually 2. belatedly 3 accordingly).
8:4 こうして,西洋の被験者からすればタダでもらえそうに見えたお金が,グナウ族の被 験者にとっては望ましからぬ義務にきわめて近いものに見えたのだった。
8:4 Thus what might have seemed like free money to a Western participant looked to a Gnau participant very much like an [15](1. unearned 2. unwanted 3.
unpredicted) obligation.
8:5 逆に,マチゲンガ族の暮らす社会では,誠実さの期待を帯びている関係の絆は,直接 の家族の間にあるだけである。
8:5 The Machiguenga, by contrast, live in a society in which the only relationship bonds that carry any expectation of loyalty are with immediate family members.
8:6 それゆえ,見知らぬ人と最後通牌業ゲ―ムをするとき,マチゲンガ族の被験者は,こ
こでもまたなじみのないものをおなじみのものの上に位置づけて,公平な提示をする義務 を感じることはほとんどないし,明らかに不平等な分配の提示を受けたとき西洋人の被験 者に沸き上がるであろう怒りを経験することもほとんどなかったのである。
8:6 When playing the ultimatum game with a stranger, therefore, Machiguenga participants―again mapping the unfamiliar onto the familiar―saw little obligation to make fair offers, and experienced very little of the [16](1. resentment 2. contentment 3. euphemism) that would well up in a Western player upon being presented with a split that was patently unequal.
8:7 彼らにとっては,低額の提示でさえいい話に見えたのだった。
8:7 To them, even low offers were seen as a good deal.

・解答 [13]―1
>[13]設問部分は「それによって, 贈与を受けることが, 受贈者に, 将来 のある時点で贈 り主に返礼をするように ( ) する」という意味。 gift exchangeより,「贈与を 受ければ,お返ししなければならない」という意味になるべき。日本人でも同じなので, わかりやすい概念だろう。選択肢はそれぞれ,1は「義務づける」,2は「期待する」,3 は「説得する」という意味だから,上記の検討にふさわしいものは1であるとわかる。

■第2段落
2:1 Is it possible that it was worth her time?
2:1 それは彼女の時間を費やすに値することだろうか。
2:2 This is a question that economists have been [31](1. denying 2. tackling 3. formulating) for some time.
2:2 これは経済学者がここしばらく取り組んでいる問題である。
2:3 Economists have spent decades using time value formulas to help companies maximize productivity.
2:3 経済学者らは何十年もかけて、時間・価値の数式を用い、企業が生産性を最大限に高められる
よう手助けしてきた。
2:4 Now, researchers and governments are looking at how those concepts apply to the household in many advanced countries.
2:4 現在、研究者や政府は、そのような概念が多くの先進国の家庭にどれくらい当てはまるかを調 べている。
2:5 In the present day economy of [32] (1. convenience 2. waste 3. scale) , time can be purchased. 2:5 今日の便利さを求める経済においては、時間は金で買うことができる。
2:6 Everything from bags of pre washed salad to dog walking services is now available for people who are starved for time.
2:6洗浄済みでパックされた野菜サラダから犬の散歩サービスまで、いまやあらゆるものが時間を
切望する人々にとって利用可能である。
2:7 Economic studies of time use aim to answer the global question:
2:7 時間の利用に関する経済学的な研究では、次のような世界規模の疑問に答えることを目指して
いる。
2:8 How do we measure whether we can afford a babysitter, a gardener, or other services, [33] (1. better 2.worse 3. rather) than doing them ourselves?
2:8 それは、自分自身が行うよりも子守りや庭師や他のサービスを頼む余裕があるかどうかを、ど
のようにして測るかということである。
・解答 [31]―2
1 denying 「否定する」
2 de(強意)+ny(否定する) 「強く否定する」
3 tackling 「~に取り組む」
4 formulating 「組み立てる、まとめる」 form(形)+ula(ラテン語由来の接尾辞)+ate(~な状態にする) 「形を作る→組み立てる、 まとめる」
>[31]tackle「~に取り組む」前のthatは関係代名詞でa question that economists have been tackling は「経済学者らが取り組んでいる問題」ということ。1の「否定する」は段落の内容に明らかに反 する。また3のformulate「組み立てる、まとめる」は、目的語に当たるquestionとのつながりが不 自然。

・解答 [32]―1
1 convenience 「便利さ」
2 con(共に)+ven(来る)+ence(名詞化するための接尾辞) 「共にやって来ること→つ いて来ること→手元にあること、いつでも使えること→便利さ」
3 waste 「浪費」
4 scale 「規模」
>[32]直後に「時間はお金で買える(time can be purchased))とあることから、今日の経済は 時間的効率が重視されると判断できるので、1のconvenience「便利さ」が最適であり、2のwaste
「浪費」や3のscale「規模」は文脈に合わない。

■第3段落
3:1 Some economics professors regard a household as a small company that employs labor, buys technology, and makes decisions about what services to outsource.
3:1 経済学の教授らの中には家庭を、労働力を雇い、先端技術を購入し、どのサービスを外部委託
するかを決定する小さな企業のようにみなす者がいる。
3:2 But the household is a “company” that nowadays needs [34] (1. welfare 2. management 3. tax) consultants.
3:2 しかし家庭は今や経営コンサルタントを必要とする「会社」である。
3:3 People often make drastic miscalculations about the [35](1. value 2. pace 3. amount) of their time, and take a do-it-yourself approach to tasks that might be less costly in time and money if they were hired out.
3:3 人々は、しばしば自分たちの時間の価値について重大な計算違いをし、お金を払って人にやっ
てもらった方が、時間的にも金銭的にもより負担が小さいかもしれぬ仕事に対し、自分でやると いう方法を選んでいる。
3:4 A simple oil change for your car, for example, costs the equivalent of $25 at some gasoline
stations, [36] ( 1. or 2. if 3. while) buying the supplies to do it yourself costs at least 20, meaning it is cost-efficient to let the gasoline station do it for you.
3:4 例えば単なる車のオイル交換の場合、25ドル相当の経費でやってくれるガソリンスタンドがあ
るのに対し、それを自ら行うために必要なものを自分で買いそろえると最低で、20ドルはかかっ てしまう。これはガソリンスタンドでやってもらった方が費用的に効率がよいということを意味 している。
3:5 Yet millions of people say that they change the oil in their cars themselves. 3:5しかし何百万という人々が自分の車のオイルは自分で交換すると言っている。

・解答 [34]―2
1 welfare 「福祉」
2 well(良い)+fare(旅) 「生きるという旅をより良くするためのこと→福利厚生, 福祉, 生活保護」
3 management 「経営、管理」
4 manage(手で扱う(ラテン語のmano(手)から派生)+ment(単語を名詞化する接尾 辞)「手で扱う→管理する」
5 tax 「税金」
6 tax(評価する(ラテン語のtaxareから派生) 「財産を評価して課税する→税金」
>[34]空所を含む文では家庭を会社にたとえ、特に前文で言及した「どのサービスを外部委託す るか(what services to outsource)」について、オイル交換や子供の世話などの例を示して説明し ている。これは1の「福祉」や3の「税金」ではなく、2の「経営、管理」に関する事柄である。

・解答 [35]―1
1 value 「価値」
2 val(強い、価値がある)+ue(単語を名詞化するための接尾辞)「強さ、力を持つこと→ 価値」
3 pace 「速度、ペース」
4 amount 「量」
5 a(~へ)+mount(登る) 「ずっと登りつめて合計に達する→その合計量→(総)量」
[35]valueは「価値」という意味で、「人はしばしば時間の価値について重大な計算間違いをす る」となる。 drastic「重大な」同文の後半部分では「人を雇ってしてもらった方が時間的にも金銭的にも負担 が小さいかもしれぬ仕事に対し、自分でやるという方法を選ぶ」とあり、「時間の価値」につい
て計算を誤っていることの説明になっている。take a do-it yourself approach「自分でやるという 方法を選ぶ」

■第4段落
4:1 It the past, economists looked [37](1. liberally 2. unwillingly. strictly) at your income in order to calculate the value of your leisure hours.
4:1 かつて経済学者らは、余暇時間の価値を計算するため、収入を厳密に調査していた。
4:2 Now, the study of the “household economy” is getting fresh encouragement. 4:2 現在では「家庭経済」の研究は新たな促進材料を得つつある。
4:3 It is even beginning to take into account intangible factors such as satisfaction and pleasure. 4:3 満足とか喜びといった無形の要素を考慮に入れようとさえしているのである。
4:4 Many governments have conducted surveys on the use of time within the household, in an effort to provide reliable data.
4:4 多くの政府が、信頼できるデータを提供しようとして、家庭内の時間の使い方について調査を
行った。
4:5 Some use a monthly survey, [38](1. if 2. where 3. which) they ask people to report how much time they spend doing such things as exercising or driving their kids to various places.
4:5 月単位で調査を行うところもあり、その場合には運動したり子供をいろいろな場所に車で、連
れて行ったりするようなことにどれだけ時間を使うかを人々に尋ねている。
4:6 A large number of academic essays on this topic are also circulating. 4:6 この話題に関しては多数の学術論文が読まれている。
4:7 Some of them address issues such as the impact of timesaving technology, including microwave ovens and washing machines.
4:7 それらのうちいくつかは、電子レンジや洗濯機を含めた時間節約技術の影響といった問題を取
り扱っている。
4:8 This kind of scholarship is gaining new relevance now that lower household budgets are [39] (1. forcing 2. requesting 3. helping) some people to work longer hours, which emphasizes the importance of the cost-effective use of free time.
4:8 この種の学問はいまや、新たな関連性を得つつある。というのは、より低収入の家庭では、よ
り長時間働かざるをえない人々がおり、そのことが自由時間を費用面で効率的に使うことの重要 性を際立たせているからである。

・解答 [37]―3
1 liberally 「文字通りでないやり方で自由に」
2 liber(社会の諸制度に制約されない)+ral()+ly(単語を副詞化するための接尾辞) 「社会 の諸制度に制約されずに→決まり事にとらわれずに自由に」
3 unwillingly 「しぶしぶ」
4 un(~でない)+will(望むこと、願うこと)+ing(単語を形容詞化するための接尾辞)
+ly(単語を副詞化するための接尾辞)「望んで~しない→しぶしぶ」
5 strictly 「厳しく」
6 strict(強く引く)+ly(単語を副詞化するための接尾辞) 「強く引いて緩みをなくす→ 厳しい(副詞化→厳しく)」
>[37]後ろに「余暇の価値を計算するため(in order to calculate the value of your leisure hours))とあることから、収入を「厳しく(strictly)」検証していた、と考えるのが自然。1の
「気前よく、大量に、大ざっぱに」、2の「しぶしぶ」は不自然であり根拠がない。

■第5段落
5:1 Some economists say that one of the most common miscalculations in households is “outsourcing” child care, in order to free both parents to [40](1. contribute 2. attribute 3. conform) to the household income.
5:1何人かの経済学者は、家庭内での最も一般的な計算違いの1つは、両方の親を自由にして家庭
の収入に貢献できるよう、子供の世話を「外部委託」することであると述べている。
5:2 Many parents stay in the labor force because they enjoy their jobs, but others stay because they think that they cannot [41](1. prefer 2. begin 3. afford) to quit.
5:2仕事が楽しいから仕事を続ける親も多いが、金銭的に仕事をやめる余裕がないと思ってそうし
ている親もいる。
5:3 Yet sometimes a mathematical calculation proves otherwise. 5:3 しかし数学的に計算すると時にはそうではないことがわかる。
5:4 One example was found in a couple who earned a combined income of 120,000 per year. 5:4 2人合わせて12万ドルの年収を得ているある夫婦にその一例が見られた。
5:5 They looked at what the mothers job was actually costing” the household. 5:5彼らは、妻の方の仕事が家庭にとって実際どれだけ「お金がかかっている」かを調べてみた。
5:6 Child care was costing 15,000 per year, and because their combined income was [42](1. estimated 2. high 3. realized) , they were losing another 12,000 in taxes.
5:6子供の世話は年に1万5000ドルかかり、また夫婦合わせての収入が高いため、税金としてさら
に1万2000ドルを失っていた。
5:7 They also calculated the “work-related costs,” such as car parking at the office, dry cleaning, and restaurant meals because they ate out frequently.
5:7彼らはまた「仕事に関係する費用」、例えば会社での駐車やドライクリーニング、またしょっ
ちゅう外食するためレストランでの食事の費用を計算してみた。
5:8 Finally, they determined that if the mother quit her job, they would not lose too much money. 5:8最終的に彼らは、妻が仕事をやめてもそんなに多くのお金を失うことはないと結論づけた。

・解答 [41]―3
1 prefer 「~するほうを好む」
2 pre(前に)+fer(運ぶ) 「選ぶ順番、地位などを前にする→~の方を好む、昇進させる」
3 begin 「~を始める」
4 afford 「(金銭的に)~する余裕がある」
5 af(~へ)+ford((forth)前方へ) 「前に向かう余裕がある→(金銭的に)~する余裕が ある」
>[41]afford「(金銭的に)~する余裕がある」多くの夫婦が共に「労働者のままでいる」、つま
り共働きを続けることの理由として、「(金銭的に)仕事をやめる余裕がない」と述べている。 次の文で共働きの場合とそうでない場合のいろいろな費用を検証していることから、金銭的理由 により仕事をやめられないことを述べていると判断できる。

・解答 [42]―2
1 estimated 「見積もる、推定する」
2 estimate estim(価値)+ate(単語を動詞化するための接尾辞) 「価値を算定する、判断 する→見積もる、推定する」
3 high 「高い」
4 realized 「理解する、悟る」
5 realize
>[42]後に「さらに税金で1万2000ドルを失っていた」とあることから収入が「高い」ためと考 えられる。

■第6段落
6:1 But economists recognize that for many families, you must adjust these calculations using what they call “psychological variables.”
6:1 しかし経済学者らは、多くの家族の場合、これらの計算にはいわゆる「心理的変数」を用いて
調整しなければならないと認識している。
6:2 Some divide household [43](1. expenditures 2. management 3. activities) into two categories: 6:2学者の中には、家庭での活動を2つの部門に分ける者もいる。
6:3“consumption,” which should be something you enjoy, and “production,” which is anything that feels like work.
6:3一方は「消費」で、楽しんでするものであり、他方は「生産」で、仕事のように感じられるも
のすべてである。
6:4 If you love gardening, it is consumption, but if you hate gardening, it is production and you will be more [44](1. reluctant 2. inclined 3. able) to hire someone else to do it.
6:4 もし庭いじりが好きならば、それは消費であるが、庭いじりが嫌いならば、それは生産であ
り、むしろ誰か他の人を雇ってそれをやってもらいたいと思うだろう。
6:5 As one economist says, “it’s not just about the money.”
6:5 ある経済学者が言うように「お金に関することだけではない」のである。
6:6 That was how Sarah Kallie [45] (1. justified 2. uncovered 3. undermined) her long battle with the telephone company.
6:6 そのような考え方で、サラ=カリーは電話会社と長時間争ったことを正当化した。
6:7 It was worth it for the satisfaction, says Ms. Kalliney. 6:7満足するためにはそうする価値があった、とカリニーさんは言う。

・解答 [43]―3
1 expenditures 「支出」
2 expenditure ex(外に)+pend(はかりで量る)+ure(動作・過程を示す名詞を作るた めの接尾辞) 「量って出すもの→支出」
3 management 「管理」
4 mano(手で扱うという意味のラテン語)+ment(単語を名詞化するための接尾辞) 「手で 扱うこと→管理」
5 activities 「活動」
6 activity act(追いやり動かすこと、引っ張ること)+ity(単語を名詞化するための接尾辞
「動くこと、ひっぱること→活動」
>[43]コロンの後に、「楽しんでやること」と「仕事のように感じられること(feel like work)」という、2つに「分類(divide))した結果が書かれているが、これは家庭での「活動」を 分類したものであり、1の「支出」や2の「管理」ではない。

・解答 [45]―1
1 justified 「正当化する」
justi(正しい)+fy(~にする) 「正しいものにする→正当化する」
1 uncovered 「明らかにする」
uncover un(~しない)+cover(覆いをする) 「覆いを取る→隠していたものを明らかにす る」
1 undermined 「弱める、傷つける」
under(~の下に)+mine(坑道を掘る)「下に穴を掘る→山が崩れる→弱める、痛めつける」
>[45]justify「正当化する」justified her long battleとは「長時間争ったことを正当化した」という こと。次の文に「満足のためにはそうする価値があった(無駄なことをしたのではない)」とあ ることから、「正当化している」と言える。2は「明らかにする」、3は「弱める、傷つける」と いう意味。

■第7段落
7:1 A more traditional economic approach measured the value of leisure time based on one’s hourly wage, and it was made famous by the American economist Gary Becker in 1965.
7:1 より伝統的な経済学的研究方法では、余暇時間の価値をその人の時給に基づいて測っていた。
それは1965年に、アメリカの経済学者ゲーリー=ベッカーによって広く知られるようになった。
7:2 The idea was that any time that went toward leisure could be reinvested in work. 7:2その考え方は、余暇に使うための時間は、いかなるものでも仕事に再投入できる、というもの
であった。
7:3 But income based formulas have [46](1. negligible 2. contrasting 3. obvious) limitations. 7:3 しかし収入を基礎とする数式では、明らかな制限がある。
7:4 For instance, many people on a fixed salary do not have the choice of getting extra pay if they work overtime.
7:4例えば、固定給をもらっている多くの人々は、超過勤務をして余計に給料をもらうという選択
はできない。
7:5 In addition, some people’s work is keeping house, which usually does not [47](1. come 2. advance 3. decrease) with a salary.
7:5 さらに、家事をすることが仕事である人もいるが、それは給与を伴わないのが普通である。
7:6 Yet in figuring out how to maximize your time, salary is a logical starting point.
7:6 しかし自分の時間を最大限に利用する方法を算出する際には、給料というものは論理的な出発
点である。
7:7 Economists suggest that you begin by calculating what an hour of your time is worth, based on your salary.
7:7経済学者らは、給料を基にして、自分の時間が1時間あたりどれくらい価値があるかを計算す
ることから始めてみることを提案している。
7:8 Using that figure, you can then compare the cost of doing a task yourself versus outsourcing it. 7:8 この数字を用いれば、ある仕事を自分でやる場合と外部に委託する場合とで費用を比較するこ
とができる。
7:9 If you do it yourself, you have to add the price of materials or supplies. 7:9自分でやるならば、材料や必要なものの値段を加えなければならない。
7:10 If you hire someone else, of course, you have to calculate the time it takes to find and manage that person.
7:10誰か他の人を雇うなら、もちろん、その人を見つけ、管理することに要する時間を計算しな
ければならない。
7:11 Then you are [48](1. ready 2. opposed 3. ineligible) to tackle the other half of the calculation. 7:11 それが済むと計算の残り半分に取り組む準備ができる。
7:12 This looks at the non financial costs and benefits.
7:12 これは、お金とは別の犠牲や利益を検査するものである。
7:13 Among the factors to consider are how much you enjoy doing the job yourself, and what you are willing to give up in order to do it.
7:13考慮すべき要因の中には、その仕事を自分でやってどれくらい楽しいか、そしてそれをするた
めに放棄してもよいと思うことが含まれる。

・解答 [46]―3
1 negligible 「無視できるほどの」
2 negli()ible(~できる、~しうる)
3 contrasting 「対照的な」
4 contra(反対に)+st(立つ)+ing(単語を形容詞化するための接尾辞)「相手に逆らっ て立ち、お互いを照らし合わせる→対照的な」
5 obvious 「明らかな」
6 ob(~に対して、~に向かって)+via(道)+ous(~の性質があるという意味を持つ接 尾辞) 「道に向かって出ている→目立つ→明らかな」
>[46]「収入を基礎とする数式(income-based formulas)」には「明らかな制限(obvious limitations))があると述べている。その例として、固定給の人が超過勤務手当をもらえない事実が 述べられている。fixed salary「固定給」1の「無視できるほどの(negligible)」という消極的な意 味はそぐわない。また2は「対照的な」という意味だが、「何に対して」なのか、対象がないため 不適切。

・解答 [47]―1
1 come with~「~を伴う」 2 advance「前払いする」
3 ad
4 decrease「減少する」
5 de(~離れる)+crease(増える、成長する) 「増えることから離れる→減少する」
>[47]「家事をすること」が「給料を伴わない(does not come with a salary)」と述べてい る。前の文で、固定給の人が超過勤務手当をもらえないと述べたあと、さらに給料がもらえない 例を続けて挙げている。

・解答 [48]―1
1 ready 「準備ができている」
2 opposed 「反対の」
3 op(~に向かって、~に反対して)+pose(置く) 「あるものの反対に向き合わせても のを置く→意見・主張・提案などに対して反対向きに自らを置く→反対する」
4 ineligible 「~する資格がない」
5 in(否定の接尾辞)+eligo(選ぶ)+ible(~できる、しうる) 「選ばれる資格のない→
~する資格がない、不適当な」
>[48]「それが済むと計算の残り半分に取り組む準備ができる」となる。この段落では時間の価 値の計算方法について2段階で説明している。第1段階は7:8「ひとつの仕事を自分でやるか外部 に委託するかを比較する(compare the cost of doing a task yourself versus outsourcing it)」こと であり、第2段階は7:12「お金とは別の犠牲や利益(the non-financial costs and benefits)を検証 する」ことである。この「残り半分(the other half)」をするための「準備ができている」と読 み取れる。2の「反対の」、3の「~する資格がない」は、文脈に合わない。また2のopposedは用 法としてto不定詞を伴わないため、語法的にも不可。

■第8段落
8:1 Many do-it-yourself veterans are grappling with these same issues. 8:1自分でする経験が豊富な人の多くも、これらと同じ問題に取り組んでいる。
8:2 We tried two tasks: 8:2我々は2つの課題を試した。
8:3 one, filling in our tax forms by ourselves versus hiring a tax accountant; 8:3 1つ目は、税の申告書を自分で記入するか税理士を雇うか。
8:4 two, buying a jar of pre-chopped garlic versus buying a garlic press device and doing it ourselves.
8:4 2つ目は、刻みニンニクのビン詰めを買うかニンニクおろし器を買って自分でやるか、であ
る。
8:5 The tax accountant finished his work only two minutes faster than we did ourselves when we used a software program, if we include the time it took to travel to his office.
8:5税理士が作業を終えたのは、我々がソフトウェアのプログラムを使って自分でやった場合と比
べると、彼の事務所まで行くのに要した時間を含めれば、わずか2分早いだけだった。
8:6 However, employing him cost $100 more.
8:6 しかし、彼を雇うことには100ドル余計にかかっている。
8:7 Buying the jar of garlic saved us 22 minutes of chopping and slicing by ourselves, making it worthwhile, but the garlic in the jar does not taste as good as fresh garlic.
8:7 ビン詰めのニンニクを買うと自分で刻んだりスライスしたりする時間を22分節約できたが、そ
れはそれで価値があるとはいえ、ビン詰めのニンニクは新鮮なニンニクほど味がよくない。
8:7 We then hired a professional to organize our desk. 8:7次に我々は、机を整理する専門家を雇った。
8:8 She did half of it, but [49](1. charged 2. paid 3. saved) nearly $100 per hour, during which we had to stay with her to help her understand the piles of papers, making it not worthwhile.
8:8彼女はその半分しかしなかったが、1時間あたり100ドル近くを請求した。その間我々は彼女と
一緒にいて山積みの書類を彼女が理解するのを手助けせねばならず、したがってお金をかける価値 のないものだった。
・解答 [49]―1
1 charged 「請求される」
2 paid 「支払う」
3 saved 「節約する」
>[49]1のchargeは「(料金として)請求する」という意味。主語のSheが、雇われた「専門家
(professional)」を指すことから明らか。

■第9段落
9:1 One financial consultant, who earns over %150 per hour at his job, tried holding a garage sale at his home to earn extra money.
9:1 ある財政コンサルタントは仕事で1時間あたり150ドル以上稼いでいるが、さらにお金を稼ぐた
めに自宅でガレージ=セールを催そうとした。
9:2 It took many hours of planning and standing outside in the summer sun, at the [50] (1. location 2. end 3. duration) of which he had earned only $4.
9:2何時間もかけて計画を立て、夏の炎天下に外で立ち続けたが、終わってみると4ドル稼いだだ
けであった。
9:3 He says that he will never try this again. 9:3二度とこれはやるまい、と彼は言っている。

・解答 [50]―2
1 location 「場所」
2 locus(場所、(力の)中心、軌跡)+ation(ateで終わる動詞を名詞化するための接尾辞)
3 end 「結局」
4 duration 「持続期間」
5 ラテン語の「duratio」(持続期間)に由来。
>[50]at the end of which「そしてその終わりには」whichの先行詞は文の前半It took … in the summer sunの部分を指す。後に「4ドル稼いでいただけであった」とあることから「終わってみ れば」「結局は」という意味合いでendを選ぶのが自然。3のdurationは「持続期間」という意味で あり、「その間」という意味ではない。

■第2段落
2:1 During the 19th century, however, education by postal correspondence was established in some areas of England, Germany, the U.S., and Sweden.
2:1 しかし19世紀には、イングランド、ドイツ、アメリカスウェーデンのいくつかの地域で、郵便
を使った通信教育が確立された。
2:2 In the 20th century, additional forms of distance education that made use of radio and television emerged.
2:2 20世紀にはさらにラジオやテレビを利用した遠隔教育の形態が現れた。
2:3 Virtual schooling, another [1](1. ancestor of 2. type of 3. alternative to) distance learning that uses online computers to provide some or all of a student’s education, first appeared in the closing years of the 20century.
2:3 バーチャル教育、つまり生徒の教育の一部またはすべてを供給するためにインターネットに接
続されたコンピューターを利用する、遠隔学習のもう一つの形が20世紀も終わりを告げるころに 初めて現れた。
・解答 [1]―2
1 ancestor of ~「~の祖先」
2 type of 「~の一種」
3 alternative to ~「~の代用物」
>[1」バーチャル教育(virtual schooling)はオンライン(online)つまりインターネットを利用 した教育であり、遠隔教育(distance learning)の一つであるから2が正解。1のancestor「祖先」 や3のalternative「代用物」は文脈に合わない。

■第3段落
3:1 Virtual schools make it possible for students to do coursework at convenient times, in their homes or elsewhere, rather than being subject to meeting at specified times and places.
3:1 バーチャル=スクールにより、Th徒は、特定された時間と場所に集合することを強いられるの
ではなく、家または他の場所で、課せられた学習を都合のよい時間に行うことができるようにな る。
3:2 Because computers serve as the [2](1.preceding 2. principal 3. principle) media of instruction, virtual school courses tend to be rich in audio, video or other graphic contents, and usually incorporate email, instant messaging blogging, and other forms of online interactivity.
3:2 コンピューターが教育の主な手段としての役割を果たすため、バーチャル=スクールの講座
は、音声や動画や他の画像を含んだ豊富な内容となることが多く、また電子メール、インスタン ト=メッセージ、ブログあるいは他の形態のオンラインでのやりとりを含むのが通常である。
・解答 [2]―2
1 preceding pre(前に)+cede(進む) 「先行する」
2 principal princi(第1の)+pal(人) 「主要な、そのグループの筆頭者」
3 principle princi(第1の)+ple(名詞語尾) 「第1のもの=原則・主義」
>[2」直前のserve as~は「~としての役割を果たす」という意味。オンラインを利用するバー チャル=スクールではコンピューターは当然「主要な(principal)」手段としての役割を果たす。

■第5段落
5:1 Perhaps the most serious concern about virtual schools is whether they can teach students to work cooperatively, and to [4](1. acquire 2. interrupt 3. reject) the humanistic and egalitarian values that are the foundations of democratic society.
5:1 バーチャル=スクールに関する最も深刻な懸念は、おそらく協力して物事に取り組んだり、民
主的社会の基礎である人道的・平等主義的価値観を獲得することをTh徒に教えられるかどうかで あろう。
5:2 Many who oppose on demand virtual schools claim that, because such schools do not [5](1. prevent 2. provide 3. propose) live interaction, they are destined to diminish civic engagement and deepen the social isolation that can be seen among so many of today’s young people.
5:2 オンデマンド方式のバーチャル=スクールに反対する人の多くは、そのような学校ではThきた
やりとりができないため、市民としての参加が減少し、今日の非常に多くの若者の間に見られる ような社会的孤立を深めてしまうと主張している。

・解答 [4]―1
1 acquire ac(付加)+quire(探し求める) 「獲得する」
2 interrupt inter(~の間で)+rrupt(壊れる) 「二つのものの間を壊す→邪魔する」
3 reject re(後ろへ)+ject(投げる) 「見向きもしなくする→拒絶する」
>[4]直前の「協力して物事に取り組むこと(to work cooperatively)」と並べて述べた部分であ るから、後ろの「人道的・平等主義的価値観を(the humanistic and egalitarian values)」にかかっ ていく動詞としては1のacquire「獲得する」が適切。2のinterrupt「邪魔する」や3のreject「拒絶 する」では前の「協力して~」の内容に反する。

・解答 [5]―2
1 prevent pre(前もって)+vent(来る) 「先んじる→妨げる」
2.provide pro(前で)+vide(見る) 「前もって見ておいて必要なものを準備する→与える、供給す る」
3.propose pro(前に)+pose(置く) 「前に置く→提唱する、提案する」
>[5]provideは「与える、供給する」という意味で、such schools do not provide live interactionは
「そのような学校はThきたふれあいを与えない」、つまり「そのような学校ではThきたやりとり ができない」ということ。これを受けて後にdiminish civic engagement「市民としての参加を減ら す」と述べている。

■第6段落
6:1 Arguments [6](1.related 2. responsible. resistant) to direct experience are not new. 6:1直接的経験に関する主張は目新しいものではない。
6:2 The Greek philosopher Aristotle argued in The Rhetoric that temporal distancing [7](1. compares with 2. contrasts with 3. contributes to) a lack of sympathy, because it is difficult for people to feel close to events of the past or future.
6:2 ギリシアの哲学者アリストテレスは『修辞学』の中で、時間的な隔たりは共感の欠如の一因と
なるなぜなら人は過去や未来の事象を近い存在と感じることは難しいからである、と主張してい る。
6:3 The English philosopher David Hume made similar comments about spatial distancing in A Treatise on Human Nature (1740), maintaining that it is difficult for people to feel any relation to objects from which they are [8](1. logically derived 2. far removed 3. separated by time) .
6:3 イギリスの哲学者デイピッド=ヒュームは『人間本性論』(1740年)の中で空間的な隔たりに
ついて似た意見を述べており、人は自分から遠く離された物に対して関わりを感じることは難し いと主張している。

・解答 [8]―2
1 logically derived「論理的に導き出された」
2 derive de(下る)+rive(川、流れ) 「本流から下る→派Thする、導き出す」
3 far removed「遠く離された」
4 remove re(再び)+move(動かす) 「ほかの場所に動かす、取り除く」
5 separated by time「時間的に隔てられた」
6 separate se(離す)+par(作る)+ate(単語を動詞化するための接尾辞) 「分け る、隔てる」
>[8]spatial distancing「空間的な隔たり」について述べているのであるから、2の「遠く離され た」とすべき。1のlogically「論理的に」や3のby time「時間によって」という語句は、「空間的」 の概念とは異なる。

■第8段落
8:1 This point, however, is called into question by the fact of socioeconomic inequality. 8:1 しかしこの論点は社会経済的な不平等という事実からは問題視されている。
8:2 Technology mediated education may, at least in the short term, prevent people at the lower end of the income scale from participating in online education.
8:2科学技術が媒体となる教育では、少なくとも短期的には、収入面で最下層の人々がオンライン
教育に参加することができないかもしれない。
8:3 Indeed, students whose families can afford Internet access and the required hardware and software currently [11] (1. regulate 2. reduce 3. constitute) the majority of those participating in virtual schooling.
8:3確かに、現在バーチャル教育に参加している者の大多数を構成しているのはインターネットに
よるアクセスやそれに必要なハードウェアとソフトウェアが金銭的にまかなえる家庭の生徒であ る。
8:4 However, as computers and Internet access become less expensive, they will come within reach even of disadvantaged groups.
8:4 しかしコンピューターやインターネットのアクセスにかかる費用が安くなるにつれ、不利な境
遇の人々でも手が届くようになるであろう。
8:5 At that point, debate will likely focus on the overall quality of the online educational experience rather than on [12] (1. access 2. excess 3. success) itself.
8:5 その時点で、論点はおそらく、アクセスそのものよりもオンライン教育の経験の全体的な質へ
と焦点が向けられることになるだろう。
8:6 Therefore, it will probably become necessary to demonstrate to potential users that high-quality education is being provided.
8:6 したがって、質の高い教育が供給されていることを、利用者となる可能性のある人々に説明す
ることがおそらく必要になるだろう。
8:7 One way this can be accomplished is by establishing standards for teacher certification and course content with which virtual schools must [13](1.comply 2. contend 3. contract).
8:7 このことを達成する方法の一つはバーチャル=スクールが従うべき教員免許付与や課程内容の
基準を確立することである。

・解答 [11]―3
1 regulate 「規制する」
2 regul(正しく)+ate(させる) 「正しくさせる→規制する」
3 reduce 「減少させる」
4 re(後ろへ)+duce(導く) 「後ろへ導く→元の段階に戻す→減少させる、縮小する」
5 constitute 「構成する」
6 con(共に)+stitute(立つ) 「共に立って構成する→構成する」
>[11]constituteは「構成する、(構成要素として)占めている」という意味。
the majority of those participating in virtual schooling「バーチャル教育の参加者の大部分」をどの ような人が占めているかを述べた文。

■第9段落
9:1 Another point in favor of virtual schooling can be seen in the positive effects of on demand discussions.
9:1 バーチャル教育を支持するもう一つの点はオンデマンド式討論のプラス効果の中に見ることが
できる。
9:2 In most conventional school classes, discussions tend to be dominated by the few, most [14] (1. excluded 2. extroverted 3. indifferent) students.
9:2従来からある学校の授業ではほとんど、議論の場は少数の最も外向的な生徒によって支配され
る傾向がある。
9:3 Also, the number and variety of students in a given class are [15](1. limited 2. multiplied 3. unrestricted) by the size and location of the classroom in which they gather.
9:3 また、決められたクラス内では、生徒の数や多様性は、集合する教室のサイズや場所によって
制限されてしまう。
9:4 In the online classroom environment, spatial barriers are removed, and discussions enter a new dimension.
9:4 オンライン教室の環境では空間の障壁は取り除かれ、議論は新たな次元へ広がってゆく。
9:5 When a virtual school instructor posts a question on an online discussion board, students are given a certain number of days in which to respond.
9:5 バーチャル=スクールの教員がオンライン上の討論用掲示板に質問を掲示すると、生徒は返答
するまでの期間を何日か与えられる。
9:6 For many introverted students, this type of discussion [16](1. rejects 2. revives 3. represents) a first opportunity to “speak up” in class.
9:6内向的な生徒の多くにとって、このタイプの討論はクラスで「声を上げる」最初の機会とな
る。
9:7 Also, the fact that classmates cannot see each other promotes the participation of students who are socially marginalized for one reason or another.
9:7 また、クラスメートが互いの姿を見られないという事実は、何らかの理由により社会的に周辺
的な地位に追いやられた生徒の参加を促すことになる。
9:8 Finally, because the discussions do not take place in [17](1. broadband 2.cyberspace 3. real time) , non native speakers have the extra time they need to contemplate questions and contribute their points of view.
9:8 そして最後に、議論が即時応答の形式で行われないため、母国語の異なる者にとっては、質問
を熟考して自分の観点を述べるのに必要な時間的余裕が生まれる。

・解答 [14]―2
1 excluded 「排除された」
2 exclude ex(外側へ)+clude(閉じる) 「中にあるものを外へ出して入り口を閉じる→ 排除する、除外する」
3 extroverted 「外向的な」
4 extrovert extro(外側へ)+trovert(回す、向ける) 「外側に向いた→外向的な」
5 indifferent 「無関心な」
6 in(~ではない)+dif(離れて)+fer(運ぶ)+ent(単語を形容詞化するための接尾辞)
「別々に運ぶほどの違いがない→区別するほど良くも悪くもない→特段好き嫌いの感情が わかない→どうでもよい→無関心」
>[14]「従来からある学校の授業(conventional school classes」)において「議論
(discussion)」の場で、優位な立場に立つのはどのような生徒かを考えれば、2の「外向的な」 生徒ということになる。1は「排除された」、また3は「無関心な」という意味で文脈に合わな い。

・解答 [15]―1
1 limit(ed) 「制限される」
2 multipli(ed) 「多重化される」
3 multi(多くの)+ply(重ねる) 「多くのものを重ねる→多重化する」
4 unrestrict(ed) 「無制限な」
5 un(~でない)+restrict(強く引く) 「後ろに強く引いて引き戻す→制限する。」の反対 の意味になり「無制限な」

>[15]前文に続いて「従来からある学校の授業(conventional school classes)」での話であるか ら、「決められたクラス内の、生徒の数や多様性(the number and variety of students in a given class)」は教室の規模や場所によって「制限されて」しまうことになる。次の文でオンライン教育 では「空間の障壁は取り除かれる」と対比して書かれていることからも判断できる。

・解答 [16]―3
1 rejects 「~を拒否する」
2 reject re(後ろへ)+ject(投げる) 「見向きもしなくする→拒絶する」
3 revives 「復活する」
4 re(再び)+vive(生きる) 「命を吹き返す→復活する」
5 represents「~を表す」
6 re(再び)+present(述べる、表示する) 「表す、代表する」
>[16]3のrepresentsは「~を表す」という意味で、空欄を含む文を直訳すると「内向的な生徒の多 くにとって、このタイプの討論はクラスで『声を上げる』最初の機会を表す」となる。これは従 来からある学校で議論の場を支配してきたような外向的でない生徒にもオンライン教育の場では 発言の機会が得られることを述べたもの。

・解答 [17]―3
1 in broadband 「ブロードバンド(広(周波数)帯域)環境で、高速回線で」
2 in cyberspace 「サイバースペース(コンピューターネットワーク上に広がる情報空間) で」
3 in real time 「即時応答で」
>[17]because the discussions do not take place in real time「議論が即時応答の形式で行われない ため」in real timeとは「リアルタイムで」「瞬時に」「同時に」などと訳されることが多いが、こ
こでは「即時応答に」、つまり日常の会話のように、質問にその場で答えたり、時間を置かずに やりとりする形態のこと。

■第10段落
10:1 Supporters of virtual schooling also argue that, while virtual Schools may not be for everyone, they play an [18](1. questionable 2. trivial 3. vital) role as policy levers in contemporary educational politics.
10:1 バーチャル教育の支持者らはまた、バーチャル=スクールが万人向けではないにしろ、現代
の教育行政における政策手段として重要な役割を果たすものだ、と主張している。
10:2 Their very presence and proliferation continue to challenge the status quo on issues of instructional equality, the quality of teaching, and the way schools are organized to deliver services.
10:2 それらがまさしく存在し、急増していることは、教育の平等、授業の質、そしてサービス供
給のために学校がどう編成されるかという問題に関する現状に異議を唱え続けるであろう。

・解答 [18]―3
1 questionable 「疑わしい」
2 question(疑問)+able(~できる、~するに足る) 「疑問を持つに足る→疑わしい」
3 trivial 「取るに足らない」
4 vital 「重要な」
5 vit(生きる,命)+al(名詞化、形容詞化するための接尾辞) 「生命の, 生きるために不 可欠な→重要な」
>[18]vitalは「重要な」という意味で、they play a vital roleは「それら(バーチャル=スクール)
は重要な役割を果たす」ということ。バーチャル教育の支持者(Supporters of virtual schooling)」らが主張している内容であることから判断できる。1は「疑わしい」、2は「取るに 足りない」という否定的な意味で文脈に合わない。

■第11段落
11:1 Over the past century, we have witnessed an evolution of approaches, structures, and technologies related to distance education.
11:1 この100年間、遠隔教育に関係する方法、構造技術の発展を我々は目にしてきた。
11:2 Since the advent of the computer and the Internet, this evolution has [19] (1. accelerated 2. accentuated 3. accorded) to the point that no one can confidently predict how the educational landscape will look in the future.
11:2 コンピューターとインターネットの出現以来、この発展は、教育界が将来どのようになるか
を確実に予測できる者が誰もいない状況になるまでに加速してきている。
11:3 While there is ample research on distance education, research on virtual schooling is still in its infancy.
11:3遠隔教育については十分な研究がなされている一方、バーチャル教育の研究はまだ初期段階に
ある。

・解答 [19]―1
1 accelerate(d) 「加速する」
2 ac(~の方へ)+cel(上がる)+rate(動詞化するための接尾辞) 「速度を上げていく
→加速する」
3 accentuate(d) 「強調する」
4 ac(~の方へ)+centu()+ate(動詞化するための接尾辞)
5 accord(ed) 「(二つのことが)一致する、調和する」
6 ac(~の方へ)+cord(心、中心)「心を一つに合わせる→一致する、調和する」
>[19]「教育界が将来どのようになるかを確実に予測できる者が誰もいない状況になるほどまで に」とある。to the point that S V「SがVする地点・程度まで」このことから、発展の速度や度合 いが非常に大きいと判断できるので1のaccelerated「加速してきている」が正解。2のaccentuate
「強調する」は他動詞であり、目的語を必要とするので文法的に合わない。

■第12段落
12:1 As virtual schools become more prevalent, they will compete with conventional schools for funding, teachers, and students.
12:1 バーチャル=スクールがより普及するにつれ、資金、教員、生徒をめぐって従来の学校と競
争することになるであろう。
12:2 It is likely that there will be [20] (1. a lack of interest in 2. harmonious discussions on 3. heated debates on) issues such as teacher training, course certification, academic standards, teaching methods, access, and socialization.
12:2教員の訓練、修了の証明、教育水準、教授法、アクセス、社会化といった問題について、熱い
議論が交わされることになるだろう。
12:3 It is to be hoped that the result of these exchanges will be a renewed consideration of the means and ends of education in contemporary society.
12:3望まれるのは、こういった意見交換の結果が、現代社会における教育の手段と目的を新たに
考え直すことにつながるということである。

・解答 [20]―3
1 a lack of interest in 「興味の欠如」
2 harmonious discussions on 「友好的な話し合い」
3 heated debates on 「熱い議論」
>[20]前文で、バーチャル=スクールが「従来の学校と競争することになるだろう(they will compete with conventional schools)」と述べていることから、「熱い議論(heated debates)」が 起こるとなる。1のような「興味の欠如(a lack of interest)」や2の「友好的な話し合い
(harmonious discussions)」にはつながらない。

copyright 2016/Everyday school