[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 英語 語法三択テクニック 『熟語の成り立ちから類推する問題』

環境情報学部 1,995 問1、
■第8段落
8:1 Finally, communication facilitates the maintenance of special relationships between individuals by making (14)(1. possible 2. available 3. relevant) information about the readiness of each to engage in certain activities.
8:1 最後に、コミュニケーションによって、お互いに相手が次の行動への準備ができているのかと
いうことについて情報を入手することができ、特別な関係を維持することが容易になる。
8:2 The maintenance of individual relationships in cohesive groups is (15)(1.affirmed 2. tied 3. furthered) by communication, which keeps members aware both of the behaviour of associates whom they may not be able to see and of the readiness of associates to change their activities. 8:2 密集したグループにおけるお互いの関係の維持は、コミュニケーションによってさらに進めら
れる。コミュニケーションによって、お互いに見えない仲間の行動や、仲間が動作を変える準備が できていることなどを知ることができる。
8:3 For example, vocal displays usually precede flight by a member of a resting family of geese, and the family then tends to depart as a unit.
8:3 例えば、休息しているガンの一家の一羽は飛び立つ前に声による誇示を行う。
8:4 Within some types of relationship, display behaviour also aides in (16)(1. eliciting 2. eliminating 3.preventing) general classes of responses; for example, offspring usually signal to arouse various forms of care-giving behaviour from their parents.
8:4 するとガンの一家は一つの団体として一斉に飛び立つという傾向がある。いくつかの型の関係
のなかには、一般的な応答を誘い出すのを援助するような誇示行動もある。例えば、子どもはさ まざまな形の世話を親にしてもらうために通常合図を送る。
・解答 (14)2
(14)
Make it possible to do「~ができるようになる」 make~available「~を入手可能にする」 relevant「適切な」
目的語がinformation about…… certain activitiesと長いので、availableが目的語の前に出ている。

環境情報学部 1,995 問2
■第3段落
3:1 The word “liberal” may be used to describe either a type of constitution or the tendency of a political party.
3:1 「リベラル」という言葉は、憲法のタイプや政党の傾向を描写するのに使われる。
3:2 A liberal constitution is characterized by the establishing of the rule of law, freedom of political organization, an independent judiciary, and a government (3)(1. irrelevant 2. responsive 3. opposed) to public opinion.
3:2 自由憲法は、法の支配の確立、政治的組織の自由、司法の独立、民衆の意見に応える政府に
よって特徴づけられる。
3:3 Within such a constitutional system, the word “liberal” generally describes the party or tendency that promotes change by constitutional means, as against the “conservative” tendency that generally opposes change and upholds inherited values.
3:3 そのような憲法体系の中では、「リベラル」という言葉は一般的に合憲的手段によって変化を
進めようとする党や傾向を描写する。それに対して、「保守的」傾向は一般的に変化に反対し継 承されてきた価値を支持する。
・解答 (3)2
(3)
Irrelevant「不適切な、見ft違いの」 Responsive「答える、よく反応する」
Opposed「対立する」
自由主義の政府は民意にどのように対処するかを考える。be responsive to~「~に敏感な、共鳴す
る」

■第17段落
17:1 The crucial case was that of France, where a series of reforming monarchs and ministers failed to make much impact up on the church and the aristocracy.
17:1決定的なケースはフランスであった。一連の改革主義的君主と大臣は教会と貴族に大きな影響
を与えることができなかったのである。
17:2 Finally, a violent revolution swept aside the ineffective Bourbon monarchy in (18) (1. place 2. favor 3. search) of the far more ruthless revolutionary and Napoleonic governments, which carried through the programs of the reformers much more successfully and which consequently achieved great military power.
17:2 ついに、はるかに冷酷でナポレオン的な政府を支持する激しい革命が起こり無能なプルボン 王朝を倒した。新政府は改革のプログラムを大変うまく成し遂げ、結果として強大な軍事力を達 成した。
17:3 Similar reforms in Germany during the 19th century also greatly increased military efficiency.
17:3 19世紀のドイツでも同様の改革があり、やはり軍事力をきわめて効率的なものにした。
・解答 (18)2
(18)
in place of~「~の代わりに」 in favor of~「~に味方して」 in search of~「~を探して」 1,2では順序が逆である。

■第19段落
19:1 Many later intellectual developments have given impetus to the new liberalism.
19:1 その後の知的進歩の数多くが新自由主義を促進した。
19:2 First, toward the end of the 19th century, a compassionate sensibility developed among Europeans.
19:2 まず、19世紀末になって、ヨーロッパ人の中に同情的な感覚が発達した。
19:3 The old political concern with justice was jostled by a new concern with happiness, and political discussion concerned itself with classes of persons who were thought to have been deprived of happiness by the arrangements of society: slaves, prisoners, women, the poor, prostitutes, racial minorities, and so on.
19:3 昔の正義にかかわる政治的関心は、幸福にかかわる新しい関心によって押しのけられ、政治
的討論は社会構造の仕組みによって幸福を奪われたと考えられる階級の人たちにかかわった。奴 隷、囚人、女性、貧乏人、売春婦、少数民族などである。
19:4 (19)(1. Preoccupation with 2. Strength in 3. Ignorance of) such concerns led many persons in the 19th century from liberalism to socialism, which, in some forms, is a modified version of modern liberalism.
19:4 そのような関心事に夢中になっているうちに多くの人たちが19世紀になって自由主義から社 会主義に移った。社会主義はいくつかの点で近代自由主義が修正された解釈と言える。
・解答 (19)1
(19)
preoccupation with~「~に夢中になること」 strength 「強さ、強度」
ignorance of~「~について知らないこと」
社会的弱者のことに「没頭して」多くの人は自由主義から社会主義へと移った。

環境情報学部 1,996 問1、
■第5段落
5:1 Not unnaturally, psychologists and others have come increasingly to note that the qualities required of leaders cannot be defined in the abstract; they must, (14)(1. moreover 2. on the contrary 3. nevertheless), be related to the circumstances in which the leader emerges.
5:1心理学者やその他の人々が、リーダーに要求される特質を理論的に定義するのは不可能である
とますます言うようになってきたのは無理もないことである。特質はそれとは逆にリーダーの出 現する環境と関係があるに違いないからである。
5:2 Leaders and their environment are so closely related that the question of the assessment of their role has become extremely difficult to undertake.
5:2 リーダーとその環境が非常に密接に結びついているので、彼らの果たした役割を評価するとい う問題はきわめて困難なものとなってしまった。
5:3 Here too, biographies have described the achievements of arge numbers of great rulers but are of little help in answering the question: how have leaders changed the course of history?
5:3 ここでも再び、数多くの偉大な支配者の功績を記述した伝記があるが、それらも、リーダーた ちはいかにして歴史の流れを変えたかという問題に対する解答を出すにはほとんど助けとならな い。
5:4 The question has become the subject of a major debate between those who emphasize “heroes” and those who (15)(1. interpret 2. live in 3. ignore) the past on the basis of broad economic and social trends in which leaders are mere symbols.
5:4 この問題は、「英雄」を強調する人々と、経済的・社会的な大きな流れの中でリーダーは単な る象徴的存在であったという点から過去を解釈する人々の間で大きな論争の材料になった。
(15)1 (15)interpret the past on the basis of~「~を基盤に過去を解釈(説明)する」

環境情報学部 1,996 問2、
■第3段落
3:1 Ritual and festival occur in modern cultures as separate events, but older religions integrate the calendrical rites we are (7)(1. following 2. combining 3. labeling) festival into the larger ritual cycle. 3:1儀式と祭りは現代文化では別々の行事として行われるが、古い時代の宗教は今日私たちが「祭
り」と呼んでいる暦の上の儀式をもっと大きな儀式の周期の中に統合していた。
3:2 For this reason, much of the literature on religion, ritual, festival, fiesta, or carnival does not distinguish between the two related forms.
3:2 こういうわけで、宗教、儀式、祭り、フイエスタ、カーニパル等に関する文献の多くは、この
お互いに関係のある二つの形を区別していない。
・解答 (7)3
(7)
Follow「従う」 Combine「結合する」
label…(as)~「(…を~と)呼ぶ、言う」
integrate A into B「AをBに統一(合)する」calendrical「(暦に書かれるような)特別の日に起こ る、暦の(に関する、に用いられる)」ritesとweの聞には関係代名詞が省略されている。

6:1 In the festival environment, principles of reversal, repetition, juxtaposition, condensation, and excess flourish, leading to communication and behavior that (11)(1. abides by 2. incorporates 3. contrasts with) everyday life.
6:1 祭りという環境の中では逆転、反復、並列、凝縮、過剰の原理が羽振りをきかせ、日常生活と
は対照的な意思伝達や行動へと人々を導く。
6:2 These principles can be applied to every code in use for communication.
6:2 以上の原理は意思伝達のために用いられるすべての決まりごとに当てはめることができる。
6:3 Repetition, for example, operates (12)(1. although 2. so that 3. unless) the sound of drums, fireworks, or singing voices may be continuous throughout an event, or the major visual symbol such as an image of a bear or the symbol of corn or the cowboy/gaucho may be shown in many circumstances.
6:3例えば、反復は太鼓の音、花火、あるいは歌声が催しの始めから終わりまで継続するように作
用するし、熊の像、トウモロコシのシンボルやカウボーイやガウチョなどの大きな視覚に訴える シンボルが多くの状況の中で見えているように作用する。
・解答 (11)3
(11)
abide by~「~を守る、従う」 incorporate「合体させる」
contrast with~「~と対照をなす、対照的である」
reversal「逆転、反転」やexcess flourishといった句から判断する。condensation「凝縮、濃縮」

■第9段落
9:1 Almost any theme selected by festival will be repeated in many codes, and most behaviors and actions can be found (17)(1. in excess 2. in a clear-cut fashion 3. in some special festivals).
9:1祭りに選ばれるほとんどすべてのテーマは、多くの慣例の中で繰り返されるであろう。またほ
とんどの振舞いや所作は過剰に見いだすことができよう。
9:2 Symbolic forms permit the communication of a larger quantity of cultural knowledge because symbols condense messages and carry multiple meanings, offering some ambiguity in meaning. 9:2象徴的な表現形式は、意味の暖昧さを生み出すこともあるが、象徴が伝えたいことを凝縮し多
くの意味を伝えるのでより多量の文化的知識を伝えることを可能にする。
9:3 Among the most dramatic symbols associated with festival are masks and costumes.
9:3祭りと結びついた最も劇的な象徴には、仮面や衣装がある。
9:4 They (18)(1. take off 2. keep out 3. draw upon) both the familiar and the strange but distinctly transform the human inside into a message bearer — carrying information that may be supernatural, exotic, or mysterious in nature.
9:4仮面と衣装は馴染み深いもの、馴染みのないものの両方を利用し、人間の内面をはっきりと
メッセージの伝達人に変える。そして、神秘的・異国的、あるいは自然界の不可思議な情報を伝 える。
(18)3
(18)
Take off「離陸する」
keep out「中に入れない、締め出す」
draw upon「利用する、(経験、人などに)頼る」
文脈から3以外は考え難い。

■第3段落
3:1 One reason why the personal qualities required of a leader (6)(1.should 2. may 3. may not) be diverse is because leadership cannot be divorced from the environment within which it occurs.
3:1 リーダーに必要とされる個人的な特質が多様にならざるを得ない理由の一つは、リーダーシッ プが、リーダーシップの発生する環境と切り離すことができないことにある。
3:2 The role of this environment is (7)(1. manifest 2. manifold 3. manipulative) in several ways.
3:2 この環境の果たす役割はいくつかの面において明白である。
3:3 To begin with, the personal qualities of leaders are personal only in the sense that these leaders happen to possess them: they may also be viewed as being in part the product of the environment, from the family in which the leaders grew up to the nation to which they belong.
3:3 まず第一に、リーダーたちの個人的特質は、これらのリーダーたちがたまたまその個人的特質 をもちあわせたという意味においてのみ個人的である。一方彼らは、育った家庭から所属する国 家に至るまでの、ある程度環境が生み出したものであると考えることもできるかもしれない。
3:4 But there are two other essential ways in which leadership is related to and indeed (8)(1. contends with 2. suspends from 3. depends on) the environment.
3:4 しかし、リーダーシップは環境と関係があり、また実に環境次第であると言える大事な面がほ かに二つある。
3:5 First, leadership is, usually at least, clearly connected to the holding of a particular position: a prime minister may exercise his or her leadership more or less successfully; in the first instance, however, the fact of being prime minister provides opportunities which others do not have.
3:5第一に、リーダーシップは通常少なくともその人がある特定の地位を占めているかどうかとい
うことと明らかに関係がある。例えば総理大臣は、多少とも首尾よくリーダーシップを発揮する ことができるであろう。しかしまずはじめに、総理大臣であるという事実は、他の人にはないチャ ンスを与えてくれるものである。
3:6 The holder of such a post is expected to be a leader; other politicians and the population as a whole look to the head of the government for guidance.
3:6 そのような地位を占めている人はリーダーとなることをまわりから期待されている。他の政治
家や国民全体が政府の長に指導力を発揮することを期待している。
3:7 What needs explanation is more why some prime ministers or presidents do not succeed in becoming real leaders, rather than why they succeed (9)(1. in doing it 2. in doing so 3. in being it). 3:7説明を要するのは、総理大臣や大統領のうちのある人々が「真の」リーダーとなることに成功
した理由よりもむしろ、「真の」リーダーとなることに成功しなかった理由の方である。
3:8 Indeed, more generally, the institutional framework truly fashions the characteristics of leadership in that it provides opportunities to exercise power: the British prime minister, for example, has an easier task in this respect than the Italian prime minister, who heads a coalition government whose many components are more likely to rebel than to follow.
3:8実際、さらに一般的には、権力を行使する機会を与えてくれるという点で制度上の体制そのも
のがリーダーシップの特徴を真に作り上げると言える。例えば、イタリアの首相よりも英国の首 相の方がこの点では、仕事が容易である。というのは、イタリアの首相は、つき従うよりも反抗 する可能性の方が大きいたくさんの党からなる連立政府の首班であるからだ。
(8)3 (8)
depend on~「~次第である、~に左右される」 contend(with~)「(~と)争う、競う」 suspend(from~)「(ものを~から)つるす、一時停止する」 リーダーシップと環境はかかわりがあり、環境次第であることが読み取れる。

環境情報学部 1997 問1
■第4段落
4:1 It would be interesting to inquire why this process does not occur in the traditional arts, to ask why we can still understand that Rembrandt is better than his imitators.
4:1伝統的な芸術の世界でこのようなことが起きないのはなぜか、レンブラントのほうが彼の模倣
者よりも依然として優れていると我々が理解できるのはなぜかと問いかけたら面白いだろう。
4:2 It could be said that in the mass media it is not invention that dominates, but technical execution, which can be imitated and perfected.
4:2 マスメディアにおいて支配するものは、発明ではなく技術上のできばえであるといえるかもし れない。そしてそれは模倣し完成させることが可能なのだ。
4:3 But that isn’t the whole story.
4:3 しかし、話はそれだけではない。
4:4 For example, Wenders’ film Hammett is technically much more sophisticated than Huston’s classic The Maltese Falcon, and yet we follow the former with interest and the latter with religious devotion.
4:4 たとえば、ウェンダーズの映画『ハメット』は、ヒューストンの有名な『マルタの鷹』より技 術的にははるかに洗練されている。それでもなおかつ我々は、興味をもって前者を見守り、宗教 的な信心を抱いて後者を見守る。
4:5 In other words, a system or a horizon of expectations operates in us, the audience.
4:5換言すれば、我々観衆の中に、ある仕組み、さまざまな予想を展望させる仕組みが働く。
4:6 When Wenders is as old as Huston, will we perhaps see his work with the same emotion?
4:6 ウェンダーズがヒューストンと年齢が同じであったら、我々は彼の作品を同じような気持ちで 眺めるであろうか。
4:7 I’m not up to (6) (1. be able to handle 2. handle 3. handling) here such tough questions.
4:7今ここでそのような難しい問題を論ずることは私にはできない。
4:8 But I believe that a certain innocence that we will always enjoy in The Maltese Falcon is already lost in Wenders.
4:8 しかし、『マルタの鷹』で満喫するある種の無邪気さは、ウェンダーズの中ではすでに失われ ている。
4:9 Wenders’ film, unlike the Falcon, already moves in a universe where the lines are blurred, where it is hard to say that the Beatles are alien to the great musical tradition of the West, and where comic strips enter museums via pop art and museum art enters comic strips.
4:9 『(マルタの)鷹』とは違ってウェンダーズの映画は、すでに境界線のぼんやりとした宇宙を動 いている。そこでは、ビートルズと偉大な西洋音楽の伝統は相容れないとは言いがたく、また、 漫画がポップアートを経由して美術館に入り、美術館の芸術が漫画の世界に入るような宇宙なの だ。
・解答 (6)3
(6)
up to doing「(通例否定文で)~することができる」

■第6段落
6:1 Our relationship with the mass media has also changed.
6:1 我々とマスメディアとの関係も変化した。
6:2 We must learn new instruction on how to (10) (1. react 2. refer 3. return) to the mass media.
6:2我々はマスメディアに対してどのように反応すべきかということについて新しい知識を学ばね
ばならない。
6:3 Everything that was said in the 60s and 70s must be reexamined.
6:3 60年代、70年代に言われていたことはすべて再検討されねばならない。
6:4 Then we were victims of a model of the mass media based on the relationship with authority, a centralized transmitter, with precise political and pedagogical plans.
6:4 我々は権威、集中管理的な伝達者、厳密な政治的・教育学的計画などとの関係に基づいたマス
メディアの原型の犠牲者であった。
6:5 The messages were sent through recognizable techno· logical channels such as TV, radio, and the magazine page, to the victims of ideological indoctrination.
6:5 メッセージはテレビ、ラジオ、雑誌のページなどの認知可能な技術的チャンネルを通してイデ
オロギー教化の犠牲者のもとに送られた。
6:6 We (11) (1. could 2. would 3. might) only have to teach the addressees, we thought, to “read” the messages, to criticize them, and perhaps we would attain the age of intellectual freedom and critical awareness.
6:6我々が考えていたのは、メッセージを「読み取り」、メッセージを批判するように電算機のア
ドレスに教えるだけでいいだろう、そうするだけでひょっとしたら、知的自由と批判的自覚の時 代を手に入れられるだろうということだった。
・解答 (10)1
(10)
React to「反応する」 refer to「~に言及する」

■第12段落
12:1 Times have changed.
12:1 時代は変わった。
12:2 It used to be that we could blame the media for everything.
12:2 以前はすべてをメディアの責任に帰することができた。
12:3 There was a guilty party.
12:3 有罪犯人がいたのだ。
12:4 (19)(1. Again 2. Because 3. Then) there were the virtuous voices that showed us who the criminals were.
12:4 そのときは犯人がだれであるかを我々に示してくれる有徳者の声があった。 12:5 Art offered alternatives for those who were not prisoners of the mass media. 12:5 マスメディアにとらわれていない人々に対しては芸術は選択肢を提供した。
12:6 Those days are gone forever and we have to start again from the beginning, asking one another what’s going (20) (1. on 2. to happen 3. to be happening) .
12:6 そういう時代は永久に去ったのだ。我々は最初から再出発しなければならない。一体何が起 こっているのだろうとお互いに尋ねあいながら。
・解答 (19)3
(19)
前文を受けて「thenそのときは~」と続く。
(20)1 (20)
go on「(しばしばbe goingで)(事が)起こる」
What’s going on?(=What happens?)「何が起こっているのか?」は覚えておく。

環境情報学部 1,997 問2
■第11段落
11:1 Some people seem to know what they want, and they seem to know equally clearly what they don’t want.
11:1 自分のしたいことがわかっているような人がいる。彼らには自分がしたくないことも同様に
はっきりとわかっているようだ。
11:2 Their inner preferences tell them that one color doesn’t go with another, and that they don’t want wool clothing because it makes them itch, or that they dislike superficial sexual relations. 11:2 彼らの内なる好みは、彼らに、ある色は別の色と調和しないとか、むずむずするので毛の衣
類はいやだとか、あるいは表面的な性的関係は嫌いだとかを教える。
11:3 In contrast, other people seem to be empty, (16) (1. in contact 2. out of touch 3. in comparison) with their own inner signals.
11:3 それに対して、虚ろで、自分自身の内なる合図とは連絡が取れないでいるような人もいる。 11:4 They eat, defecate, and go to sleep by the clock’s cues, rather than by the cues of their own bodies.
11:4 彼らは自分自身の体が発する合図よりも時計による合図によって食べ、排便し、就寝する。
11:5 They use external criteria for everything from choosing their food (“it’s good for you”) and clothing (“it’s in style”) to questions of values and ethics (“my daddy told me to”).
11:5 彼らは食物の選択(「それは体にいいから」)や着るもの(「それは流行だから」)から価値判断
や倫理観(「父がそうしろと言った」)まで、すべてに外部の基準を用いる。
・解答 (16)2
(16)
in contact with~「と接触して」
out of touch with~「と接触しないで、連絡が取れないで」 in comparison with~「と比較して」
1,2行目と3、4行目の内容が対照的であることがヒントである。

■第13段落
13:1 Schools should be helping people to look within themselves, and from this self-knowledge derive a set of values.
13:1 学校は生徒が自分の内部を見つめる手助けをするべきである。この自己を知るということか
ら価値観が生まれる。
13:2 Yet values are not taught in our schools today.
13:2 しかし今日、価値観は学校では教えられていない。
13:3 This may be a (19)( 1. leftover 2. turnover 3. holdover) from the religious wars in which the church and the state were made separate and the rulers decided that the discussion of values would be the church’s concern, while the secular schools would concern themselves with other problems.
13:3 これはたぶん、教会と国家が分けられ、支配者によって価値観に関する議論は教会のやるこ と、一方、非宗教的な学校はもっと別の問題に関わることと決められた宗教戦争の名残であろ う。
13:4 Perhaps it is just as (20) (1. good 2. well 3. fine) that our schools, with their grievous lack of a real philosophy and of suitably trained teachers, do not teach values.
13:4 ひょっとしたら、真の哲学も適切な訓練を受けた教員も存在しないというひどい状態では、 現在の学校は、価値なんか教えないほうがよいかもしれない。
(20)2
(20)
it is just as well that~「のほうがよい」thatの代わりにifでも同じ意味。

環境情報学部 1998 問1
■第3段落
3:1 We will be able to do things with these rich electronic documents we could never do with pieces of paper.
3:1 これらの豊富な電子情報による文書があれば、紙ではできないようなことができるようにな る。
3:2 The future net work’s powerful database technology will (4)(1. allow 2.replace 3. require) documents to be indexed and retrieved by means of interactive exploration.
3:2将来のネットワークの強力なデータベース技術は、対話型の探索によって文書に索引を付けた
り検索したりすることを可能にするであろう。
3:3 It will be extremely cheap and easy to distribute them.
3:3 またそれらを配布することも極めて安価で容易になるだろう。
3:4 These new digital documents will replace many printed paper documents because they’ll be able to help us in new ways.
3:4 これらの新しいデジタル形式の文書は、新しい点で我々の役に立つため、多くの印刷された紙 による文書に取って代わるであろう。
・解答 (4)1
(4)
allow A to do「Aが~するのを可能にする」

■第2段落
2:1 When you think of a “document,” you probably visualize one or more pieces of paper with print on them, but that’s a narrow definition.
2:1 「文書」というものを考えたとき、あなたはたぶん活字の印刷された1枚かそれ以上の紙を思 い描くであろうが、それは狭い意味での定義である。
2:2 A document can be any body of information.
2:2文書とは情報のいかなる形態にもなりうるものである。
2:3 A newspaper article is a document, but the broadest definition of the word includes a Web page, a TV show, a song, or an interactive video game.
2:3新聞記事はひとつの文書であるが、その語の最も広い意味の定義では、ネットワーク上のホー
ムページ、テレビ番組、歌、あるいは対話型の映像ゲームをも含んでいる。
2:4 Because all kinds of information can be stored in digital form, documents containing all kinds of information will get easier and easier to find, store, and send across a network.
2:4 あらゆる種類の情報がデジタル形式で保管できるため、あらゆる種類の情報を含む文書がます ます容易に発見でき、保管でき、ネットワーク上で伝達することができるようになるであろう。 2:5 Paper is more (2) (1. suitable 2. reliable 3. awkward) to store and transmit, and its content is pretty much limited to text with drawings and images.
2:5 それに比して紙は保管したり伝達したりするには不便であり、またその内容は図面や画像を付 した文章にかなり限定されてしまう。
2:6 A digitally stored document can be made (3) (1. out with 2. up with 3. up of) photos, video, audio, programming instructions for interactivity, animation, or a combination of these elements and others.
2:6 デジタル形式で保管された文書は写真、映像、音声、対話のためのプログラム作成の指示、ア ニメーション、あるいはこれらや他の要素の組み合わせから構成することができる。
(3)3
(3)be made up of~「~から成る」

■第10段落
10:1 Imagination will be a key element in creating content for all new applications.
10:1 すべての新技術の適用のための内容を創り出すのには、想像力が重要な要素となる。
10:2 It isn’t enough just to re-create the real world.
10:2現実の世界を再現するだけでは不十分である。
10:3 Great movies are a lot more than just graphic depictions on film of real events.
10:3 すばらしい映画というのは、単に現実の事象をフィルム上で図形描写しただけのものをはる かに上回るものである。
10:3 It took a decade or so for such innovators as D.W. Griffith and Sergei Eisenstein to take the Vitascope and the Lumieres’ Cinematographer technology and (17) (1. make 2. figure 3. stand) out that motion pictures could do more than record real life or even a play.
10:3 D.W.グリフィスやセルゲイ=エイゼンシュテインのような刷新者が、バイタスコープやリュ
ミエールのシネマトグラフの技術を用い、映画が現実の生活の記録や演劇以上のことをすること ができるということを理解するのに十年かそこらを必要とした。
10:4 Moving film was a new and dynamic art form, and the way it could engage an audience was very different from the way the theater could.
10:4映画は新しく動的な芸術形態であり、観衆の注意を引く方法が演劇のそれとは非常に異なって
いた。
10:5 The pioneers saw this and invented movies as we know them today.
10:5先駆者達はこれを目にし、映画というものを今日知られているような形に作り上げたのであ
る。
・解答 (17)2
(17)
make out, figure outは共に「わかる」の意味だが、figure outの方が「計算して出す」「考えた末 に解決する」という意味が含まれるので適切。

環境情報学部 1998 問2
■第3段落
3:1 In school, in the workplace, in learning an art or sport, we are· taught to fear, hide, or avoid mistakes.
3:1学校で、職場で、また芸術やスポーツを習う際に、我々は間違いを恐れたり隠したり避けたり
することを教えられる。
3:2 But mistakes are of incalculable value to us.
3:2 しかし間違いは我々にとって計り知れないほど価値のあるものである。
3:3 There is first the value of mistakes as the raw material of learning.
3:3 まず学習の素材としての価値がある。
3:4 If we don’t make mistakes, we are (3) (1. difficult 2. impossible 3. unlikely) to make anything at all.
3:4 もし間違いというものを犯さなければ、我々は何も作ることができないであろう。
3:5 Tom Watson, for many years the head of IBM, said, “Good judgment comes from experience.
3:5 長年IBMの社長を務めたトム=ワトソンは、「優れた判断は経験によって得られる。
3:6 Experience comes from bad judgment.”
3:6 経験はまずい判断によって得られる」と述べている。
3:7 But more important, mistakes and accidents can be the irritating grains that become pearls; they present us with unforeseen opportunities, they are (4) (1. fresh 2. ambitious 3. misleading) sources of inspiration in and of themselves.
3:7 しかしより重要なことは、間違いや不測の事態というものは、刺激を与える砂粒であり、やが
ては真珠になるのだということである。それらは思いもよらぬ機会を我々に与えてくれる。それ らはそれ自体がおのずと着想を生む新たな源になる。
3:8 We come to regard our obstacles as ornaments, as opportunities to be exploited and explored.
3:8 我々は障害を勲章として、活用し探究するべき会としてとらえるようになる。
・解答 (3)3 (4)1
(3
)be unlikely to do「~しそうにない」もし1のdifficult、2のimpossibleを用いるならit is difficult[impossible] for us to make…の形でないと不可。

■第15段落
15:1 Life throws at us innumerable irritations that can be mobilized for pearl making, including all the irritating people who come (18) (1. on our 2. our 3. on the) way.
15:1 人生は真珠を作るために役立つ、いらいらするようなことを無数に我々に投げつけてくる。
15:2 Occasionally we are stuck with a petty tyrant who makes our life hell.
15:2 それは我々が出くわす、いらいらするような人々すべても含んでいる。
15:3 Sometimes these situations, while miserable at the time, cause us to sharpen, focus, and mobilize our inner resources in the most surprising ways.
15:3 時には我々の生活を地獄のようにしてしまう二流の暴君によって困らされることがある。その
ときは悲惨でも、時としてこのような状況のおかげで、我々は最も驚くべき方法で内なる力量を研 ぎすまし焦点を合わせ、運用することができるのである。
15:4 We become, then, no longer victims of circumstance, but able to use circumstance as the vehicle of creativity.
15:4 そのとき我々はもはや境遇の犠牲者ではなく、境遇を創造力を発揮する手段として利用する
ことができるようになる。
15:5 This is the well-known principle of jujitsu, taking your opponent’s blows and using their own energy to deflect them to your advantage.
15:5 これは柔術のよく知られている原理で、敵の攻撃をとらえ、そのエネルギーを逆に利用して
自分に有利な方へもっていく、というものである。
15:6 When you fall, you raise yourself by pushing against the spot where you fell.
15:6 倒れた時は、倒れた地点を押し下げることによって身を起こすのである。
・解答 (18)2
(18)come one’s way「(人)に起こる、ふりかかる」

環境情報学部 1,999 問2
■第2段落
2:1 Science considers anthropomorphism toward animals a grave mistake, even a sin.
2:1 科学では、動物に対する擬人観は重大な誤りであり、罪でさえあると考える。
2:2 It is common in science to speak of “committing” anthropomorphism.
2:2 科学においては擬人観「を犯す」という表現を使うことは普通のことである。
2:3 The term originally was religious, referring to the (1)(1. modifying 2. shaping 3.assigning) of human form or characteristics to God — the hierarchical error of acting as though the merely human could be (2)(1. divine 2. secular 3. religious) — hence the connotation of sin.
2:3 その用語は本来宗教的なものであり、人間の姿や特徴を神に割りftてること―人間にすぎない ものがあたかも神聖なものになりうるかのように振る舞うという階層の誤り―を指すものであった が、それゆえに罪という響きを含むのである。
2:4 In the long article on anthropomorphism in the 1908 Encyclopedia of Religion and Ethics, the author (Frank B. Jevons) writes: “The tendency to (3)(1. personify 2. imitate 3. create) objects — whether objects of sense or objects of thought — which is found in animals and children as well as in savages, is the origin of anthropomorphism.”
2:4 1908年の『宗教・倫理百科』にある擬人観(神人同形説)についての長い論説の中で、著者(フラ
ンク=B.ジェボンズ)は次のように書いている。「対象を―それが感覚の対象であれ思考の対象であ れ―擬人化するという傾向は、未開人だけでなく動物や子供にも見られるものだが、それは擬人 観(神人同形説)の生まれる源である」
2:5 Men, the idea goes, create gods in their own image.
2:5 その考えによると、人間は自分自身の像の中に神を創り出すという。
2:6 The best-known example of this tendency comes from the Greek author Xenophanes (fifth century B.C.).
2:6 この傾向の最もよく知られている例はギリシアの作家クセノパネス(紀元前5世紀)によって述
べられている。
2:7 He notes that Ethiopians represent the gods as black, Thracians depict them as blue-eyed and red-haired, and “if oxen and horses … had hands and could paint” their images of gods would depict oxen and horses.
2:7 エチオピア人は神を黒人として表現しており、またトラキア人は神を青い目、赤い髪をしてい るように描写していると彼は述べている。また「もし牛や馬が手を持ち絵が描けたなら」、彼ら の神の像は牛や馬の姿で描かれるであろうとも述べている。
2:8 The philosopher Ludwig Feuerbach concluded that God is nothing but our (4)(1. injection 2. projection 3. introspection), on a celestial screen, of the essence of man.
2:8哲学者ルートビッヒ=フォイエルバッハは、神は天のスクリーンに映した人間の本質の投影にす
ぎないと結論づけている。
2:9 In science, the sin against hierarchy is to assign human characteristics to animals.
2:9科学においては、階級組織に反する罪は人間の特徴を動物に割り当てることである。
2:10 Just as humans could not be like God, now animals cannot be like humans (note who has taken God’s place).
2:10人間が神のようになり得ないのと同様、動物は人間のようにはなれないのである(誰が神に
取って代わったかということに注意せよ)。
・解答 (1)3
(1)
1.modify「修正する」 2.shape「形作る」
3.assign A to B「AをBに割りftてる、あてがう」
同段落の最後から2つ目の文(In science…)中にも同様の表現がある。

■第4段落
4:1 To accuse a scientist of anthropomorphism is to make a severe criticism of unreliability.
4:1 擬人観を理由に科学者を非難することは、信頼性の欠如を厳しく批判するということである。
4:2 It is regarded as a species-confusion, a forgetting of the line between subject and object.
4:2擬人観は種の混同として、主体と客体の境界線を忘れていることとしてみなされる。
4:3 To assign thoughts or feelings to a creature known incapable of them would, indeed, be a problem.
4:3思考や感情を持つことができないとわかっている動物にそれらを当てはめようとすることは実
際に問題であろう。
4:4 But to ascribe to an animal emotions such as joy or sorrow is only anthropomorphic error if one knows that animals cannot feel such emotions.
4:4 しかし喜びや悲しみのような感情が動物にあると考えることは、動物がそのような感情を感じ 得ないということを知っているのであれば、擬人観的な誤りにすぎないのである。
4:5 Many scientists have made this decision, but not on the basis of evidence.
4:5 多くの科学者はこのような決定を下しているが、それは証拠に基づくものではない。
4:6 The situation is not so much that emotion is denied but that it is regarded as too dangerous — such a minefield of (8)(1. relativity 2. objectivity 3.subjectivity) that no investigation of it should take place.
4:6感情の存在が否定されているというよりはむしろ、感情は危険すぎる―主観性という地雷の埋
まった危険地帯である―ので、それについての調査は行うべきではないとみなされている、という のが状況なのである。
4:7 As a result, all but the most prominent scientists (9)(1. obtain 2. risk 3. establish) their reputations and credibility in venturing into this area.
4:7 その結果、最も著名な科学者でない限りは、この領域に入るにあたっては自らの評判と威信を
危険にさらすことになるのだ。
4:8 Thus many scientists may actually believe that animals have emotions, but be unwilling not only to say that they believe it, but unwilling to study it or encourage their students to investigate it.
4:8 こうして、多くの科学者が実際には動物が感情を持つと信じているかもしれないが、自分がそ れを信じていると進んで言うことをしないだけでなく、進んでそれを研究したり門下の学生にそ れを調査させたりすることもしないであろう。
4:9 They may also (10)(1. defend 2. attack 3. copy) other scientists who try to use the language of the emotions.
4:9 彼らはまた感情に関する用語を使おうとする他の科学者を攻撃するかもしれない。
4:10 Nonscientists who seek to retain scientific credibility must tread carefully.
4:10 科学的な信頼性を保持しようとする自然科学以外の学者は、慎重に進まなければならない。
4:11 An administrator at one internationally known animal training institute remarked, “We don’t take a position on whether animals have emotions, but I’m sure if you talked to any one of us we’d say ‘Sure they have emotions.’
4:11 ある国際的に知られた動物訓練施設の管理者は次のように発言している。「我々としては動 物が感情を持つかどうかについて一定の見解を取ることはしませんが、あなた方が我々のうちの 誰に聞いても、我々は『もちろん動物は感情を持っている』と答えるはずだと思いますよ。
4:12 But as an organization we would not want to be (11)(1. depicted 2. anticipated 3. rejected) as saying they have emotions.”
4:12 しかし一つの組織として我々は我々が動物は感情を持つと言っていると語られるのはありが たくないですね」
(11)1 (11)
1.depict A as B「AをBであると描写する」本文では受動態になっている。

■第5段落
5:1 From the belief that anthropomorphism is a desperate error, a sin or a disease, flow further research (12)(1.taboos 2. incentives 3. interests), including rules that dictate use of language. 5:1擬人観が絶望的な誤り、罪、あるいは病いであるという信念から、言語の用法を決定する法則
を含む、研究上のタブーがさらに発生する。
5:2 A monkey cannot be angry; it exhibits aggression.
5:2 猿が腹を立てるはずはない。攻撃性を示しているだけだ。
5:3 A crane does not feel affection; it (13)1.conceals 2. displays 3. prohibits) courtship or parental behavior.
5:3 鶴は愛情を感じることはない。求愛や親としての行動を示しているだけだ。
5:4 A cheetah is not frightened by a lion; it shows flight behavior.
5:4 チーターはライオンを恐れてなどいない。それは逃走行動を示しているだけだ、などである。 5:5 In keeping with this, Frans de Waal’s use of the word reconciliation in reference to chimpanzees who come together after a fight has been criticized: Wouldn’t it be more objective to say “first postconflict contact”?
5:5 この意見に同調して、フランス=ド=ワールが「和解(reconciliation)」という言葉をチンパン
ジーが喧嘩の後に寄り添うことについて述べるのに使用したことが、批判されてきている。「闘
争後の最初の接触」と言う方が客観的ではないか、というのだ。
5:6 In the struggle to be objective, this kind of language employs distance and the refusal to (14)(1. maneuver 2. manage 3. identify) with another creature’s pain.
5:6客観的であろうとする努力のうちに、この種類の言葉は疎遠さ、および他の動物の苦痛に共感
を持つことの拒否を含んでしまう。
(14)3 (14)
3.identify with~「~に共感を持つ」
この文の前半のthis kind of languageは動物が感情を持たないことを前提としたものである。よっ て、「共感を否定する」のだ。

■第6段落
6:1 Against this scientific orthodoxy, the biologist Julian Huxley has argued that to imagine oneself into the life of another animal is both scientifically (15)(1. avoidable 2. predictable 3. justifiable) and productive of knowledge.
6:1 この科学的正統主義に反し、生物学者ジュリアン=ハクスレーは、他の動物の生活に自分自身 をftてはめて想像することは科学的に見て正ftであり、知識を生み出すものであると主張してい る。
6:2 Huxley introduced one of the most extraordinary accounts of a deep and emotional tie between a human being and a free-living lioness, Joy Adamson’s Living Free, as follows:
6:2 ハクスレーは、ある人間と自由生活性の雌ライオンとの間の深く情緒的な絆についての最も並 外れた説明の一つであるジョイ=アダムソン著『リビングーフリー』を次のように紹介している。 6:3 When people like Mrs.Adamson (or Darwin for that matter) interpret an animal’s gestures or postures with the aid of psychological terms — anger or curiosity, affection or jealousy — the strict behaviorist (16)1. relieves 2. deprives 3. accuses) them of anthropomorphism, of seeing a human mind at work within the animal’s skin.
6:3 アダムソン夫人(もしくはこの問題に関してはダーウィン)のような人々が動物の身ぶりや姿勢 を、怒りや好奇心や愛情や嫉妬のような心理学的用語の助けを得て解釈するとき、厳格な行動主 義者は彼らが擬人観を持っており、人間の精神が動物の皮の内側に機能しているように見ている と言って非難する。
6:4 This is not necessarily so.
6:4必ずしもそのとおりではない。
6:5 The true ethologist* must be evolution-minded.
6:5本当の動物行動学者は発展的な心を持っていなければならない。
6:6 After all, he is a mammal.
6:6結局は彼も哺乳類なのだ。
6:7 To give the fullest possible interpretation of behavior he must have (17)(1. recourse 2. resistance 3. immunity) to a language that will apply to his fellow-mammals as well as to his fellow- man.
6:7行動についての可能な限りの解釈を行うためには、自分と同類である人間にと同様、自分と同
類の哺乳類にも当てはまる言語に頼らなければならない。
6:8 And such a language must employ subjective as well as objective terminology — fear as well as impulse to flee, curiosity as well as exploratory urge, maternal solitude in all its modulations in welcome addition to goodness knows what complication of behaviorist terminology.
6:8 そしてそのような言語は客観的な用語だけでなく主観的な用語も含む。すなわち「逃走への衝 動」だけでなく「恐怖」も、「探検の衝動」だけでなく「好奇心」も、行動主義の専門用語の訳 のわからぬ複雑さに加えてあらゆる抑揚で言われる「母親の孤独」という言葉も。
(16)3 (16)
3. accuse A of B「AをBの理由で非難する」 (17)1 (17)
1. have recourse to~「~に頼る」
同段落引用部分の冒頭文にwith the aid of psychological terms「心理学用語の助けを得て」という似
た表現がある。

■第8段落
8:1 The real problem underlying many of the criticisms of anthropomorphism is actually anthropocentrism.
8:1 擬人観への批判の多くの根底にある真の問題は、実は人間中心主義である。
8:2 Placing humans at the center of all interpretation, observation, and concern, and dominant men at the center of that, has led to some of the worst errors in science, whether in astronomy, psychology, or animal behavior.
8:2人間をすべての解釈や観察や関心の中心に置くこと、そして有力な人間をその中心に据えるこ
とは、天文学であれ心理学であれ動物行動学であれ、科学における最悪の誤りをもたらしてきて いるのである。
8:3 Anthropocentrism treats animals as (18)(1. superior 2. inferior 3. compatible) forms of people and denies what they really are.
8:3 人間中心主義は、動物を人の下等な形とみなし、その本当の姿を否定するものである。
8:4 It reflects a passionate wish to (19)(1. differentiate 2. alienate 3. dismiss) ourselves from animals, to make animals other, presumably in order to maintain humans at the top of the evolutionary hierarchy and the food chain.
8:4 それはおそらく人間を進化の階層社会と食物連鎖のトップに位置づけておくために自分たちを 動物と区別し、動物を別の物としておきたいという熱心な願望を映し出している。
8:5 The notion that animals are wholly other from humans, despite our common ancestry, is more
(20) (1. likely 2. rational 3. irrational) than the notion that they are like us.
8:5 我々が共通の祖先を持つにもかかわらず、動物が全く人間と異なるという考えを抱くのは、動
物が我々と似ているという考えよりも理性を欠くものである。
・解答 (18)2 (19)1 (20)3
(18)
2.問題箇所を含むAnthropocentrism … peopleの部分は「人間中心主義は動物を人の下等な(inferior)
形とみなす」の意。
(19)
1. differentiate A from B「AをBと区別する」

■第9段落
9:1 Once I was preparing for a full evening poetry performance, with multiscreen slide projections and electronic music I had composed on tape for the occasion.
9:1 かつて私は夜の詩の発表会の準備をした。それはマルチスクリーンのスライド投影と、その時 のために自分で作曲して、テープに入れておいた電子音楽を用いるものであった。
9:2 But in the course of overrehearsing during the preceding week, I managed to give myself a case of laryngitis, and woke up the morning of the performance with a ruined voice and a high fever.
9:2 しかしその前の週に何度もリハーサルをしているうちに、ものの見事に喉頭炎の症状が現れ、
発表会の朝目覚めると声がかれ、高熱が出ていた。
9:3 I was (9) (1. ready 2. forced 3. obliged) to cancel, but in the end decided that would be no fun.
9:3 私は会を中止する覚悟はできていたが、最後にはそれでは面白くないと判断した。
9:4 Instead I dropped my attachment to my music and preempted the sound system for use as a public address system.
9:4 その代わりに私は音楽への執着をやめ、音響設備を場内放送設備として使用してしまうことに
した。
9:5 I sat in an old wicker wheelchair and croaked into a microphone.
9:5 私は古い枝編み細工の車椅子にすわり、マイクにしわがれ声を発した。
9:6 My soft, spooky, obsessive, guttural voice, amplified, became an instrument of qualities that totally surprised me, releasing me to find a hitherto unsuspected depth in my own poetic line.
9:6 くすんだ幽霊のような、ものにとりつかれたような、がらがら声はアンプによって増幅され、 自分でも全く驚くような質の楽器と化し、私自身の詩行にそれまで思いもかけなかったような深 みを発見させてくれた。
・解答 (9)1
(9)
1. be ready to do「~する覚悟ができている」 2「強制的にやめさせられる」
3「仕方なくやめることになる」の意味となり、これ以降の内容につながらない。

環境情報学部 2,000 問1、
■第3段落
3:1 El Niño, Spanish for ‘the child’ (and specifically the Christ child), is the name Peruvian fishermen gave to coastal sea temperature [3](1. silence 2. coldness 3. warmings) that first appeared around Christmas time.
3:1 エルニーニョはスペイン語で「子供」(具体的には幼児キリスト)を意味するが、それは、クリ スマスの時期に最初に現れた沿岸地方の海水温度の上昇に対してペルー人の漁師たちがつけた名 前である。
3:2 Now El Niño more generally refers to a warming of the tropical Pacific basin that occurs roughly [4] (1. every 2. any 3. some) three to seven years in association with a weakening of the trade winds.
3:2現在ではもっと一般的に、エルニーニョというのは、およそ3年から7年に一度、貿易風の弱ま
りに伴って発生する熱帯地方の太平洋海域における温度上昇のことを指す。
3:3 The opposite side of El Niño, La Niña, is characterized by stronger-than-normal trade winds and unusually cold sea-surface temperatures in the tropical Pacific.
3:3 エルニーニョの逆の現象であるラニーニャは、通常よりも強い貿易風と、熱帯地方の太平洋の
海面温度が異常に低いことが特徴である。
3:4 Both El Niño and La Niña are [5] (1. disrupted 2. exchanged 3. accompanied) by swings in atmospheric pressure between the eastern and western Pacific.
3:4 エルニーニョ、ラニーニャとも、太平洋の東部と西部の間の気圧変動を伴う。
3:5 These swings are known as the Southern Oscillation.
3:5 このような変動は南方振動として知られている。
3:6 These phenomena are collectively [6] (1. preferred 2. referred to 3. gathered) as ENSO or El Niño/Southern Oscillation.
3:6 これらの現象はまとめてENSO(エンソ)あるいはエルニーニョ/南方振動と呼ばれる。
3:7 At the moment, a strong La Niña is evident in the tropical Pacific, with several (but not all) forecast models predicting a return to [7] (1. abnormal 2. formal 3. normal) by the end of 1999. 3:7現在、熱帯地方の太平洋で強いラニーニャ現象が起こっているが、いくつかの(すべてではない
が)予測機器は1999年末までには正常な状態に戻ると予想している。
[5]―3 >[5]
be accompanied by~「~が伴う」 あとに続くswings(「変動」)とは、赤道太平洋において、東側の気圧が上がると西側の気圧が下が り、東側の気圧が下がると西側の気圧が上がる現象のことを述べたもので、次文にこれを Southern Oscillation「南方振動」と呼ぶ、とある。
[6]―2 >[6]
be referred to as~「~と呼ばれる」 エルニーニョと南方振動は同一現象を海洋側から見たものと大気側から見たものであるが、最近 では両者をひっくるめてENSOと呼ぶことが多い。
[7]―3 >[7]
return to normal「常態に戻る」

■第4段落
4:1 The general mechanisms underlying ENSO involve large-scale ocean-atmosphere interactions and equatorial ocean dynamics.
4:1 ENSOの基礎となる全般的なメカニズムは、大規模な海洋・大気間の相互作用と赤道付近の海
洋のエネルギーが関係している。
4:2 But each El Niño and La Niña is unique in the [8](1. combination 2. division 3. category) of its strength, duration and pattern of development.
4:2 しかしエルニーニョやラニーニャの一つ一つは、その強さ、持続期間、発達の形態の組み合わ
せが違う。
4:3 Irregularity in the ENSO cycle can be seen both in the record dating back to the middle of the last century, and in other supporting data, such as lake sediments*, coral growth rings and tree rings, going back hundreds or [9](1. less 2. more 3. even) thousands of years.
4:3 ENSOの周期の不規則性は前世紀の半ばにまでさかのぼる記録においてもみられるし、また湖 の堆積物や環礁や年輪といったような、何百年あるいは何千年も前の他のデータにも裏づけられ る。
4:4 So, in principle, it should not be surprising that an unusually strong El Niño occurs every so often.
4:4 したがって、原則的には、異常に強烈なエルニーニョがときどき発生することは驚くべきこと ではないはずである。
・解答 [8]―1
>[8]
combination「組み合わせ」
is unique in~「~において独特である」
[9]―3 >[9]
or even~「あるいは~までも、~でさえ」

環境情報学部 2,000 問2
■第2段落
2:1 When the photograph first appeared, it accompanied a story of the famine that has once again [1] (1. moved 2. solved 3. resulted from) political violence and the chaos of civil war in the southern Sudan.
2:1 この写真が初めて登場したとき、スーダン南部での政治的暴力と内戦の混乱からまたもや生じ た飢饉の話が写真についていた。
2:2 The Times’ self-congratulatory account fails to adequately evoke the image’s shocking effect. 2:2 『タイムズ』紙の自画自賛めいたその説明は、その写真のもつ衝撃的な効果を十分に呼び起こ してはいない。
2:3 The child is [2] (1. much 2. hardly 3. a little) larger than an infant; she is naked; she appears bowed over in weakness and sickness, incapable, it would seem, [3] (1. from 2. of 3. for) moving; she is unprotected.
2:3 その子供の体はほとんど幼児同然の大きさしかない。彼女は裸で、衰弱と病気でうつぶせてい るように見え、動けないようであり、無防備である。
2:4 No mother, no family, no one is present to prevent her from being attacked by the vulture, or succumbing to starvation and then being eaten.
2:4母も、家族も、いや誰一人として、ハゲワシに攻撃されること、あるいは飢死してついには食
べられてしまうことから彼女を守る者はそこにいない。
2:5 The image suggests that she has been abandoned.
2:5 その画像から彼女は置き去りにされたと伺える。
2:6 Why?
2:6 それはなぜか。
2:7 The reader again is led to imagine various [4] ( 1. scenarios 2. styles 3. collections) of suffering: she has been lost in the chaos of forced uprooting; her family has died ; she has been deserted
near death in order for her mother to [5] ( 1. keep up with 2 .get rid of 3. hold on to) more viable children.
2:7 ここで再度読者はさまざまな不幸のシナリオを想像させられるのである。強制退去の混乱の中 で迷子になってしまった。家族が死んでしまった。 あるいは、もっと生き延びる見込みのある子供らを母親が手放さないためにこの子が瀕死の状態 で見捨てられた、などというふうに。
2:8 The image’s great success is that it causes the reader to want to know more.
2:8 この画像の成功の大きな点は読者にさらなる情報を知りたいと思わせるところにある。
2:9 Why is this innocent victim of civil war and famine unprotected?
2:9 なぜこの罪のない内戦や飢饉の犠牲者は保護されないままなのか。
2:10 The vulture embodies danger and evil, but the greater dangers and real forces of evil are not in the “natural world”; they are in the political world, [6] (1. including 2. predicting 3. speaking of) those nearby in army uniforms or in government offices in Khartoum.
2:10 ハゲワシは危険と悪を具体化しているが、より大きな危険や本ftの悪の力は自然界には存在 しない。それらは、軍服を着た人々やハルツームの官庁にいる身近な人々を含む、政治の世界の 中にある。
2:11 Famine has become a political strategy in the Sudan.
2:11 スーダンにおいて飢饉は政治的な戦略となっているのである。
・解答 [1]―3 [2]―2 [3]―2
>[1]
result from~「~から生じる」
内戦によって生じる難民の飢餓の問題について述べている部分。
>[3]
直前のit would seem (it seemsの控え目な表現)は挿入節なのでカッコでくくって考える。ofは
incapableから続く。
incapable of~「~できない」
>[5]
hold on to~「~を手放さない」
直前から続くin order forAto doの表現は「Aが~するために」の意。また直後のviableは「生
育可能な」の意。

■第3段落
3:1 The photograph has been [7] (1. taken 2. kept back 3. reprinted) many times, and it has been duplicated in advertisements for a number of nongovernmental aid agencies that are raising funds to provide food to refugees.
3:1 その写真は何度も再版され、難民への食糧供給の資金を集めている多数の非政府組織 の援助団体の宣伝のために複製されてきた。
3:2 This is a classic instance of the use of moral sentiment to mobilize support for social action.
3:2 これは、社会的行動への援助を結集させるために道徳的感傷を利用する古典的な例で ある。
3:3 One [8] (1. should appreciate 2. cannot look at 3. will evaluate) this picture without wanting to do something to protect the child and drive the vulture away, or, as one aid agency puts it, to prevent other children from succumbing in the same heartlessly inhuman way by giving a donation.
3:3人はこの写真を見ると必ず、その子供を守ってハゲワシを追い払うために何かをしたい
と思うか、あるいはある援助団体も言っているように、寄付することによって、他の子供 たちが同様の冷酷非情な状態で死ぬのを防ぎたいと思うであろう。
[8]―2 >[8]
直後のwithoutと呼応した表現。cannot … without~ing「…すると必ず~する」

■第8段落
8:1 Another effect of the world’s political and economic appropriation of images of such serious forms of suffering at a distance is that it has desensitized the viewer.
8:1離れた場所でのそのような深刻な形態の不幸を表す画像を、世界が政治的・経済的に
悪用することのもう一つの影響は、それを見る者の感覚を鈍らせているということである。

8:2 Viewers are overwhelmed by the sheer number of brutal massacres.
8:2 おびただしい数の残忍な虐殺を見せられた人々は圧倒される。
8:3 There is too much to see, and there appears to be too much to do anything about.
8:3 目に余るものであり、どうにもしようがないほどひどいもののように見える。
8:4 Thus, our epoch’s dominating sense that complex problems can be neither understood nor fixed [19] (1. strikes 2. works 3. conflicts) with the massive globalization of images of suffering to produce moral fatigue, exhaustion of empathy, and political despair.
8:4 このようにして、複雑な問題は理解することも解決することもできないという我々の 時代の支配的な感覚が、不幸を写す画像の大規模な世界化とともに作用し、道徳観の麻 痺、共感の枯渇、政治的絶望を生むのである。
・解答 [19]―2
>[19]
works with~「とともに作用する」 この文の主語は「複雑な問題は理解することも解決することもできないという我々の時代 の支配的な感覚」(our epoch’s … fixed)であり、これが今回のような写真の墓延とともに
「作用」して「道徳観の麻痺」などにつながるのである。

環境情報学部 2,001 問1、
■第4段落
4:1 What does this have to do with the mystery of child language acquisition?
4:1 このことは子供の言語習得の謎とどういう関係があるのだろうか。
4:2 If we knew that our ancestors developed language through cognition and learning, then it [4] (1. denies 2. follows 3. proves) that modern human children probably do the same thing.
4:2 もし我々の祖先が認識と学習によって言語を発達させたということがわかっているな
らば、ft然、現代の人間の子供もおそらく同じことをするということになる。
4:3 Children must use the same [5] (1. applications 2. rules 3. strategies) to learn language — observation, imitation, and play — that they use to learn other skills, like tying their shoes or playing the piano.
4:3子供は言語を学習するのに同じ方策、観察、模倣、遊びなどの方法を用いるはずであ
るが、それらは靴のひもを結んだりピアノを弾いたりというような他の技術を学ぶ時に用 いるような方策である。
4:4 Language, of course, is more complicated than shoe tying and more universal than piano playing, so somewhere along the [6] (1. avenue 2. way 3. street) humans must have developed a specialized way of learning in order to acquire language.
4:4 もちろん言語というものは靴のひもを結ぶことよりも複雑で、ピアノを弾くことより もより普遍的であるので、その過程のどこかで人間は言語を習得するために専門的な学習 方法を発達させたに違いない。
・解答 [4]―2
>[4]
it follows that~「ft然~ということになる」
that以下が「現代の人間の子供もおそらく同じことをする」という意味で、前半部分の
「祖先が言語を発達させた過程」と対比している。
[6]―2 >[6]
along the way「途中に」ここでは「その(言語を学ぶ)過程で」ということ。

■第10段落
10:1 Supporters of the “language organ” theory still try to [14](1. reject 2. Support 3. reconcile) Chomsky’s theory with Charles Darwin’s theory of evolution.
10:1 「言語器官」理論の支持者は、依然としてチョムスキーの理論とチャールズ=ダー
ウィンの進化論とを一致させようとしている。
10:2 They argue that complex organs — the eye, for example — arise through an evolutionary process of natural selection.
10:2例えば目のような複雑な器官は、自然淘汰の進化の過程から発生したのだと彼らは主
張している。
10:3 This is true, but organs such as the eye emerge over tens of millions of years not over a mere six million years.
10:3 このことは真実だが、目のような器官は何千万年もかかって発生するものであり、
たかだか600万年のあいだに発生するものではない。
10:4 When it comes to closely related species that have recently descended from a common ancestor, one of them can’t possibly have enough time to develop an entirely new biological system.
10:4共通した祖先から最近派生した関係の深い種ということになると、それらの一つが、
全く新しい生物学的な組織を発達させる十分な時間を有することは不可能である。
10:5 For example, if the African elephant has a trunk, you expect to find a trunk on its relative, the Indian elephant.
10:5例えば、アフリカゾウがもし鼻を持っていれば、あなたはその親戚であるインドゾウ
にも鼻がついていると予想するだろう。
10:6 The human and the chimpanzee descended from a common ancestor even more recently than the two elephant species.
10:6人間とチンパンジーは、その2つのゾウの種よりももっと最近になってからある共通の
祖先から派生したのである。
10:7 Finding a language organ in humans but not in chimps would be like finding a trunk on only one of the elephants.
10:7人間の体内には言語器官を発見し、チンパンジーには発見できないことは、それらの
ゾウのうちの一方だけに鼻を発見するようなものである。
・解答 [14]―3
>[14]
あとのwithに注目。reconcile A with B「AをBと一致させる」

■第11段落
11:1 From the viewpoint of biologists, this has always been the problem with the language acquisition device.
11:1生物学者の見地からすると、このことは常に言語習得装置にかかる問題となってい
る。
11:2 Whenever we study [15] (1.account for 2. discount 3. calculate) its evolutionary development from ancestral species.
11:2我々が解剖学の一面を研究するといつでも、祖先の種からの進化的発達を説明しなけ
ればならない。
11:3 Linguists, however, did not consider evolutionary constraints.
11:3 しかし言語学者は進化の上での制約のことを考えてはいなかった。
11:4 They simply assumed a discontinuity between humans and apes and worked on the assumption that human language stood [16] (1. outside 2. inside 3. beside) the animal kingdom.
11:4彼らはただ人間と類人猿との間の「断絶」を想定し、人間の言語は動物界の外側に位
置するという想定で取り組んでいた。
11:5 To Chomsky, human language bore no relation to any other form of animal communication. 11:5 チョムスキーにとって、人間の言語は他のいかなる動物の意思疎通形態とも関連を 持たなかったのである。
・解答 [15]―1
>[15]
account for~「~を説明する」

環境情報学部 2,001 問2、
■第4段落
4:1 Rachel Carson’s classic 1963 books Silent Spring [3](1. announced 2. alerted 3. altered) the public to the toxic side effects sofa insecticides, such as DDT, that had fueled the green revolution. 4:1 1963年に書かれたレイチェル=カーソンの古典的な著書『沈黙の春』は、緑の革命の原動力と
なったDDTのような殺虫剤の有毒な副作用について人々に警告した。
4:2 Traces of these chemicals were found to persist in the food chain, reaching higher [4](1. worries 2. concentrations 3. weights), and hence having more severe effects, at successive levels in the food chain.
4:2 これらの微量の化学物質が食物連鎖の中に残存し、より高い濃度に達してゆくことで、結果と して、食物連鎖の後の方の段階でより深刻な影響を持つことが知られている。
4:3 They were identified as the cause of rapid population decline in birds of prey, such as falcons and hawks, through the thinning of eggshells.
4:3 それらは、ハヤブサやタカのような猛禽が、卵の殻が薄くなったために急速に個体数が減少し ていることの原因として確認されている。
4:4 The offending chemicals have now been [5](1. phased out 2. accumulated 3. retained) in the United Kingdom and many other countries, but their use is still increasing in some parts of the world.
4:4 それらのやっかいな化学物質は、現在、イギリスや他の多くの国で段階的に使用が禁止されて いるが、世界のいくつかの地域ではそれらの使用がなおも増加しつづけている。
・解答 [3]―2
>[3]
alert A to B「BについてAに警告する」
直後のthe publicは「公衆、民衆」。なお、1のannounceは「知らせる」だが、知らせる相手を言う
ときにはto+(人)という形になるので、ここでは不適。

■第5段落
5:1 The new losses in biodiversity are sometimes called the “second Silent Spring.”
5:1 種の多様性が新たな形で失われてきている事態は、しばしば「第2の沈黙の春」と呼ばれる。
5:2 However, although they are [6](1. comparable 2. concerned 3. associated) with the intensification and industrialization of agriculture, they involve more subtle and indirect effects than the poisoning of wildlife by insecticides.
5:2 しかしながら、それらは農業の集約化や工業化と結びつけて考えられているものの、野生生物
を殺虫剤で汚染することよりももっと微妙で間接的な影響と関係しているのである。
5:3 In general terms, intensification refers to making the greatest possible proportion of primary production available for human consumption.
5:3一般的な観点からすれば、農業の集約化とは、人間の消費に有効な一次生産の比率を可能なか
ぎり高めることを指している。
5:4 To the [7](1. area 2. amount 3. extent) that this is achieved, the rest of nature is bound to suffer.
5:4 このことが達成されれば、他の自然はft然損害を被ることになる。
・解答 [6]―3 [7]―3
>[6]
associate A with B「AをBと結びつけて考える」
この場合は受身になっている。2のbe concerned with~「~に関係する」は、主語が<人・話・ 学問>などに限られるため、ここでは不適。
>[7]
to the extent that~「~であるかぎり」 かなり自由に使われ、ifと置き換えてもよい場合がある。

■第7段落
7:1 The changes in British agriculture over the past 30 years, which have many parallels with other parts of the world, have sought to increase production and productivity.
7:1 ここ30年間のイギリスにおける農業の変化―世界の他の地域でも同様の変化が見られる―は、
生産高および生産性を高めることを目標としてきた。
7:2 The success of the green revolution in achieving this is undeniable.
7:2緑の革命がこのことの達成に成功したことは否定できない。
7:3 In spite of rapid population growth, about 25% more food per person is produced now than 30 years ago.
7:3 急速な人口増加にもかかわらず、現在では、30年前に比べて1人あたり約25パーセント多くの
食料が生産されているのである。
7:4 However, the need to conserve wildlife [9](1. in comparison with 2. in opposition to 3. in harmony with) agriculture is beginning to be recognized.
7:4 しかしながら、農業とうまく調和をとりながら野生生物を保護することの必要性が認識され始 めている。
7:5 Reforms have been proposed that will reduce the incentive for production and allow other important considerations, such as environmental benefits, to come into play.
7:5生産をかりたてる刺激を弱め、環境に対する利益といった他の考慮すべき重要事項を実践に移
そうとする改革が提案されている。
7:6 But the proposals as they stand are [10](1. totally clear 2. virtually silent 3. completely sound) about what environmental benefits are expected and how they will be achieved.
7:6 しかし現在のままでは、それらの提案は、どのような環境上の利益が期待され、またそれらが どのように達成されるのかということについては、事実上何も語っていない。
・解答 [9]―3 [10]―2
>[9]
in harmony with~「~と調和して」
緑の革命によって生産は増加したが、環境についても考えるよう改革が提案されている、という前
後の文脈より判断できる。
>[10]
virtually silent「事実上言及していない」
前の文で環境保護の必要性について述べたあとに、But…と続く文であることからわかる。

■第10段落
10:1 On a larger scale, there are unresolved questions for conservation ecology about the [15](1. moral values 2. policy decisions 3. relative merits) of a less intensive, more environmentally friendly agriculture throughout the countryside on the Eastern European model versus a highly intensive agriculture in breadbasket regions with separate, large nature reserves on the North American model.
10:1 より大きな観点からすれば、田園地方全体にわたってより低集約的な、より環境にやさしい
農業を展開する東欧型農業と、穀倉地帯で高度に集約的な農業をおこない、それとは別に大きな 自然保護区域を設けておく北米型農業との優劣をめぐる、保護生態学上の問題がまだ解決されて いない。
10:2 The United Kingdom is probably too small for the North American model, but one could imagine some form of it on a Europe wide basis, especially if reduced subsidies were to make agricultural production [16](1. unresponsive 2. unrealized 3.uneconomic) in some areas, and instead conservation were to be subsidized.
10:2 イギリスは北米型をとるにはおそらく狭すぎるが、ヨーロッパ全体を基礎とした一種の北米
型という形態を想像することはできるだろう。とりわけ、もしも補助金が減少することで一部の 地域での農業生産が経済に合わなくなり、逆に環境保全に補助金が出されるようなことになると したら。
・解答 [15]―3
>[15]
relative merits「相対的長所、優劣」
ここではrelative merits of A versus B「AとBの優劣」という形になっている。

環境情報学部 2002 問1、
■第4段落
4:1 In the University of Chicago surveys, three in ten Americans say they are very happy, for example.
4:1例えばシカゴ大学の調査では、10人中3人のアメリカ人が自分はとても幸福だと言っている。
4:2 Only one in ten chooses the most negative description, “not too happy.”
4:2 もっとも否定的な表現である「あまり幸福でない」を選んだのは10人中1人だけであった。 4:3 The majority [2](1. choose 2. describe 3. Survey) themselves as “pretty happy.” 4:3大多数が自分は「かなり幸せ」だ、と述べている。
4:4 The few exceptions to global reports of reasonable happiness include hospitalized alcoholics, new psychotherapy clients and people living under conditions of economic and political oppression.
4:4 ほどよい幸福についての世界的な報告に対する数少ない例外としては、入院しているアルコー ル中毒患者、新しい精神療法を施されている患者、そして政治的・経済的な圧迫を受けた状況下 で生きている人々が含まれている。
・解答 [2]―2
>[2] choose「選択する」 describe「評する」 survey「調査する」
直後のasに注目。describe A as B「AをBだと言う、評する」

環境情報学部 2002 問2
■第2段落
2:1 Recently, Dr. Gyllensten of the University of Uppsala in Sweden and his colleagues have conducted the most thorough analysis yet of diversity in human mitochondrial DNA*.
2:1最近、スウェーデンのウプサラ大学のジレンステン博士とその同僚は、ヒトのミトコンドリア
DNAの多様性について、これまででもっとも徹底的な分析を行った。
2:2 The results support the [2](1. view 2. process 3. nature) that modern humans originated in Africa.
2:2 その結果は、現代の人類がアフリカで起こったという見解を立証するものであった。
2:3 The analysis of mitochondrial DNA (mtDNA) has become an important tool in this debate on human evolution.
2:3 ミトコンドリアDNA(mtDNA)の分析は、人類の進化についてこのように論じる際に重要な道
具となっている。
2:4 This is [3](1. due to 2. created by 3.made from) the fact that mtDNA is inherited solely from the mother and does not change as much as cellular DNA from generation to generation, and therefore can offer evidence of human mitochondrial lineages*.
2:5 これは、mtDNAが母親からのみ受け継がれ、細胞DNAほどには世代ごとに変化しない。それ
ゆえにヒトのミトコンドリアの系統の証拠を提供しうる、という事実によるものである。
[3]―1
>[3]直前の文は、mtDNAの分析が人類の進化を論じる際に重要な道具となっていることを述べて
いる。そして空所の後では、その理由として、mtDNAが世代ごとに変化しないことなどが述べら れている。よってdue to~「~のために、~による」が適切。

■第4段落
4:1 Our closest living relatives are African apes, so why is an African origin for modern humans [6] (1. advantageous 2. discovered 3. controversial)?
4:1現在生きている、我々にもっとも近い動物はアフリカの類人猿であるが、それではなぜ現代の
人類の起源がアフリカであるとすることが物議をかもすのだろうか。
4:2 The reason is that our immediate ancestors, now extinct, are known to have wandered out of Africa as early as two million years ago.
4:2 その理由は、今や絶滅している我々の直接の祖先が、200万年も前にアフリカから流れ出てし
まったことが知られているということである。
4:3 The [7](1 .main 2. complex 3. typical) alternative to a model of an African origin is a multiregional model that holds that modern humans arose simultaneously in Africa, Europe and Asia from these ancestors.
4:3 アフリカを起源とするモデルにとって代わる主なものとしては、現代の人類がこれらの祖先か
らアフリカやヨーロッパ、アジアで同時に発生したとする多地域的モデルである。
4:4 Proponents of this view argue that the fossil record indicates transitions between, for example, Neanderthals (H. neanderthalensis*) and modern humans in Europe, and between H. erectus* and modern humans in Asia.
4:4 この見解の提案者らは、化石の記録が、例えばネアンデルタール人とヨーロッパの現代の人類 との間の、また直立原人とアジアの現代の人類との問の推移を示していると主張している。
4:5 [8](1. Clearly 2. Therefore 3.However), the existence of non-African traditional fossils is debatable, and there is genetic evidence that Neanderthals did not widely interbreed with modern humans even though the two coexisted for at least 10,000 years.
4:5 しかし、非アフリカ系の従来の化石の存在については異論があり、またネアンデルタール人は 現代の人類と―両者は少なくとも1万年は共存していたが―広範囲で、交配することはなかったとい う遺伝学上の証拠がある。
4:6 Such coexistence is good evidence for recognizing the two as Separate species. 4:6 そのように共存していたことは、両者を異なる種とみなす有力な証拠である。
[7]―1
>[7]main alternative to~「~にとって代わる主なもの」2.complex「複雑な」3.typical「典型的 な」

総合政策学部 1995 問1
■第4段落
4:1 One very common practice in extremely sexist societies has been much stricter control over women’s sexuality than over men’s (6) (1. economic power 2. sexuality 3. political influence).
4:1極めて性差別の激しい社会における非常に一般的な慣習は、男性の性的特異性に対するよりも
女性の性的特異性に対するはるかに厳しい統制である。
4:2 This has been done in order to ensure “proper” paternity, which in turn is linked to the intergenerational transmission of property from father to son.
4:2 これは「正ftな」父権を保証するためになされてきたものである。こうすることによって今度 はその父権が父から息子への世代間の財産相続につながるのである。
4:3 It takes an extreme form such as purdah (the total seclusion of women in Hindu and Islamic tradition) or milder forms such as chaperoning unmarried women, (7) (1. painting 2. covering 3. washing) women’s bodies and faces almost entirely, or simply a double standard that punishes women (either alone or more harshly than men) who lose their virginity premarital or commit adultery.
4:3 それは、パーダー制度(ヒンズー教やイスラム教における女性の完全隔離)のような極端な形式 をとることもあり、あるいは未婚女性の付添いをするとか女性の体や顔をほとんど完全に覆うと か結婚前に処女を失ったり不貞を行う女性を(女性だけか、一緒の場合は男性より厳しく)罰する二 重の基準というようなゆるやかな形式をとることもある。
4:4 The ideological justification often stresses women’s extreme sexuality and the diversion from duty this supposedly creates for men.
4:4 イデオロギーによる正ft化はしばしば、女性の極端な性的特異性と、これが男性に対して引き 起こすと思われている義務からの気持ちの散漫を強調する。
4:5 Left unchecked, female sexuality would presumably constitute a danger to the social collectivity.
4:5抑制されないと、女性の性的特異性は社会の集団体に対して多分、危険なものとなるのであろ
う。
4:6 In such cases the image of females is sharply bifurcated: the pure, virginal, or chaste woman who conforms to religious and social strictures (the lady) versus the polluted whore like temptress, the fallen woman who has rebelled against God and society.
4:6 そのような場合、女性の姿ははっきりと2つに分けられる。つまり、宗教的・社会的拘束に従
う無垢で純潔で貞淑な女性(つまり「淑女」)と、神と社会に反抗した堕落した女性である、汚れた
売春婦のような誘惑的女性である。
4:7 There is no counterpart bifurcation of males on the basis of sexuality.
4:7男性には性的特異性に基づく、これに相当する二分化はない。
4:8 Language often reflects this phenomenon by producing a vast terminology of “dirty words” to refer to women who step (8) (1. out of sight 2. out of hand 3. out of bounds) and more generally to specific parts of the female anatomy.
4:8言語は、礼儀を破る女性やさらに一般的には女性の体の特別な部位を指すために、「下品なこ
とば」の多くの用語を作り出すことによって、この現象をしばしば映しだす。
4:9 Women are thus defined essentially on the basis of their sexuality and sexual conduct, resulting in the irony that in attempting to repress female sexuality women are made into sexual objects.
4:9 このように女性は基本的には、その性的特異性と行為に基づいて定義され、その結果、女性の
性的特異性を抑えようとしながら女性が性的対象物にされるという皮肉に陥るのである。 4:10 Moreover, when the repressive aspect is removed the objectification does not quickly disappear, as manifested by contemporary advertising and pornography.
4:10 さらに、抑圧的な面が除かれても、現代の広告やポルノに示されるように、対象化はすぐに は消えないのである。
(8)-3
out of sight「眼中にない」
out of hand「手に負えなくなって」
out of bounds「境界を越えて、不貞を働いた」
「下品な言葉」をどのような女性に対して用いるのか、文脈から判断する。

■第5段落
5:1 Extensive control over women by men may result for many women in traits of passivity, childlike dependence, and the inability to function as responsible adults.
5:1男性による女性に対する広範囲にわたる統制は、結果として、多くの女性にとっては、受動
的、子供のような甘え、責任ある大人として行動することができない等の特徴に結びつくかもし れない。
5:2 (9) (1. At last 2. At best 3. At the very least) women come to be stereotyped in this manner.
5:2 ついには、女性はこういうふうに固定観念をもって見られるようになる。
5:3 In turn, such traits and or stereotypes further suggest the “need” for male domination.
5:3次に、そのような特徴と固定観念の両者または一方が、いっそう男性支配の「必要性」を示す
のである。
5:4 Denied the opportunity to become responsible and independent, women come to be defined as fit only for the domestic role, which is relatively devalued in surplus producing societies.
5:4女性は、責任をもち独立する機会を与えられずに、ただ家庭的役割にだけ向くものと定義され
るようになり、そのような役割は余剰を生み出す社会では比較的低く見られている。
5:5 On this basis women become objectified in a second way.
5:5 これに基づいて、女性はまた別の面で対象化される。
5:6 To the extent that they conform to their domestic role and behave in a proper manner sexually, they may be admired, even (10) (1. worshipped 2. ridiculed 3. Despised), but only as idealized mothers, a role nature has ostensibly created them for.
5:6女性は、その家庭的役割に従い女性として適切にふるまうならば、賞賛され、崇められさえす
るであろう。しかし、それはただ、自然がそのために女性を産み出した役割であるとされている 理想的な母親としてのみである。
・解答
(9)1
At last「ついに」
At best「せいぜい」
At the very least「少なくとも、せめて」
5段落1行目の文章と4段落全体の文脈を考慮すると、2行目の接続詞は1だとわかる。

■第7段落
7:1 (14) (1. Concerning 2. Regardless of 3. Besides) standards of judgment, male assumptions about the world, male definitions, and male perceptions of what constitute problems all become synonymous with “reality.” 7:1判断の基準に加えて世の中に関する男性による想定、男性による定義、何が問題であるかに関
する男性による認識等もすべて、「現実」と同義となる。
7:2 Western science has provided numerous examples of how sexism intrudes to shape even the ostensibly most objective type of cultural production.
7:2外見上最も客観的な種類の文化的産物を形成するのにさえ、性差別が侵入している数多くの例
を、西洋科学の中に見いだせる。
7:3 For example, in the seventeenth century European scientists defined sperm as carrying a miniature fetus; the female provided only the environment for its growth.
7:3例えば、17世紀において、ヨーロッパの科学者は精子を小型の胎児を運ぶものと定義した。女
性はその成長のための環境を提供するだけであった。
7:4 The resulting (15) (1. child 2. wife 3. woman) “obviously” belonged to the father.
7:4 その結果、生まれてくる子供は明らかに父親のものであった。
7:5 As (male) medical doctors took over childbirth from (female) midwives in the nineteenth century, pregnancy and parturition became increasingly defined as a problem, even a kind of illness; after all, physicians do not treat normal events.
7:5 19世紀に(男性の)医者が(女性の)助産婦から分嫉免を引き継いだとき、妊娠と出産はますます
異常な事態、さらに一種の病気とさえ定義されるようになった。結局のところ、医者は「正常な」 事柄は扱わないからである。
7:6 Until about 1970 anthropologists largely ignored women’s extensive contributions to the food supplies of preliterate societies, developing theories based on the centrality of male hunting to the survival of families and (16) ( 1. cities 2. industry 3. societies).
7:6約1970年まで人類学者は、文字使用以前の社会の食料供給に対して女性が広く貢献したことを
大いに無視し、家族と社会の生存にとって男性による狩猟が中心であったことに基づく理論を展 開した。
7:7 Sigmund Freud and his followers defined masochism, passivity, and narcissism as normal female traits and developed a theory to explain women’s innately inferior conscience.
7:7 シグモント=フロイトとその弟子たちは、マゾヒズムや受動性やナルシシズムを一般的な女性
の特徴と定義し女性が生まれつき善悪の判断に劣ることを説明する理論を推し進めた。
7:8 Psychologist Carol Gilligan has demonstrated that males and females employ basically (17) (1. possible 2. similar 3. different) notions of moral behavior.
7:8心理学者のキャロル=ギリガンは、男性と女性は道徳的行動に関して基本的には異なった概念を
もっていることを示した。
7:9 The former tend to base morality on abstract principles, the latter on a (18) (1. concern with 2. interpretation of 3. familiarity with) concrete relationships.
7:9 前者は道徳性を抽象的な主義に基づいて捉え、後者は具体的なつながりへの関心に基づいて捉
える傾向がある、としたのである。
7:10 Yet the field of psychology has assumed that the masculine approach is synonymous with the general concept of moral behavior and that therefore females are less moral.
7:10 しかし、心理学は、そのような男性による捉え方が道徳的行動の一般的概念と同義であり、
それ故に女性は男性より道徳性に劣っていると考えてきたのであった。
7:11 Work has been defined by economists and sociologists in terms of the labor force, ignoring the domestic labor of homemakers and (19) (1. implying 2. employing 3. inferring) that they do not “work.” 7:11経済学者と社会学者は仕事を労働力の点から定義していて、主婦の行う家庭労働を無視し、主
婦は「労働」をしないと暗に示している。
(18)1
Concern with「~に関係する」 Interpretation of 「~を解釈する」 Familiarity with「~をよく知っている」 後者とは8行目の内容をさす。

総合政策学部 1,995 問2
■第2段落
2:1 Much of the early rule formation arose directly out of argumentation, for it had been necessary to develop more regular procedures for settling disputes.
2:1初期のルール制定の多くは論争の結果直接起こったものであり、それは争いを解決するための
より一般的な手続きを見い出すことが必要だったからである。
2:2 For example, the 1846 rules of rugby were (5) (1. complete 2. not exhaustive 3.closed) rules of procedure, covering all aspects of the sport, but, in point of fact, were little more than decisions of certain disputed points.
2:2例えば、1846年のラグビーのルールは、そのスポーツのあらゆる面を統轄する包括的な手続き
のルールではなくて、実際のところ特定の争点の解決例にすぎなかった。
2:3 Things were not settled once-and for all when the various self-appointed rule makers had codified their decisions into proper systems of rules.
2:3自任のルール制定者が各自の解決例を適当なルールのシステムに成文化していたような状況で
は、物事はきっちりとは解決しなかった。
2:4 Disputes were still liable to arise, especially as tactics and styles developed.
2:4特に作戦と型が発達したので、争いは依然として起こりがちであった。
2:5 In fact, the administrators of all sports need to monitor the rules, in order to make certain that the delicate balances between attack and defense, between vigor and dullness, and so on, are maintained.
2:5事実、あらゆるスポーツの運営委員は、攻撃と防御、激しさと単調さ等の微妙なバランスが維
持されているのを確認するためにルールをチェックする必要がある。
2:6 If the authorities (6) (1. succeed in 2. tackle with 3. fail in) this task, the new developments, which are so necessary if a game is to continue to be interesting, can so easily upset the balances on which all sports depend.
2:6 もしft局者たちがこの仕事に失敗すれば、新しい進展(これはゲームがおもしろくあり続ける
ためにかなり必要である)によって、あらゆるスポーツが依っているバランスは非常に容易に崩さ れるであろう。
2:7 Within every sport there will be individuals or lobbies who will (7) (1. deny 2. announce 3. support) that the change would lead to improvement.
2:7 どのスポーツ内にも、変化が改善につながることを拒否する個人または団体があるであろう。 2:8 The continual monitoring of rules ensures that the process of rule formulation is never ended. 2:8 ルールを絶えずチェックすることで、ルール制定の過程が決して終わらないことが保証され
る。
(6)3
Succeed in「成功する」 Tackle with「ぶつかる」 Fail in「失敗する」
「あらゆるスポーツが依っているバランスは非常に容易に崩されるであろう。」とあるので、こ の仕事に「失敗すれば」が正しいとわかる。

■第4段落
4:1 There is a general point which does not concern the details of that unhappy cricket tour, and which is not even restricted to the world of sport.
4:1 その不幸なクリケットのツアーの詳細とは関係なく、スポーツの世界に限られるわけでもない 一般的な論点がある。
4:2 The (13) (1. more specific 2. more ambiguous 3. wider) issue is the close connection between lawmaking and argumentation.
4:2 より広い問題は法律制定と論争の間の密接な関係である。
4:3 Laws may exist to resolve disputes, but they are created out of dispute, frequently at the cost of provoking further Argument.
4:3法律は争いを解決するために存在するのであろうが、法律は争いから生まれる。しかも一層の
論争を引き起こすという代価を払うことがしばしばである。
4:4 A simple syllogism might illustrate this: if there are lawyers, there will be arguments; therefore, if there are laws, there will be arguments.
4:4 これは簡単な三段論法によって証明されよう。つまり、もし法律家がいれば論争があるであろ
う。それゆえに、もし法律があれば論争があるであろう、ということである。
4:5 This same general point is better expressed in Plato’s Republic, which looked forward to the creation of a well-ordered state.
4:5 これと同じ一般的な論点はプラトンの「国家論」によりよく示されていて、それは秩序のとれ
た国を創造することを期待していた。
4:6 The citizenry of this ideal republic would obey the states rationally founded laws without dispute.
4:6 この理想的な国の市民は、その国において合理的に作られた法律に疑いもなく従うであろう。
4:7 Such a perfect state, in the interests of maintaining its ordered harmony, would need to (14) (1. dispense with 2. formulate 3. abide by) laws about trivia such as contracts made in the market and contracts for manufacture, questions of slander and assault, the lodging of legal actions and empaneling of juries, exaction and payment of market or harbor dues and the general business of regulating business and police and harbor charges and other similar matters.
4:7 そのような完璧な国は、秩序のとれた調和を維持するために、次のような基細なことに関する
法律はなしですます必要があるであろう。つまり、市場や製造のための契約、中傷や暴行の尋 問、法的訴訟の提出や陪審員の選出、市場や港の使用料の徴収と支払い、事業や警察や港の使用 料やその他細かい事柄を規制する一般的な業務等に関してである。
4:8 If laws were formulated on such minor matters, then the citizenry would waste their whole time making and correcting detailed regulations, with the result that harmonious order would (15) (1. naturally follow 2. never be achieved 3. often be guaranteed) .
4:8 もし法律がそのような基細なことに関して制定されれば、市民は自分たちの時間をすべて、細
かい規制を作ったり改めたりするのに浪費するであろう。その結果、調和ある秩序は決して達成 されないことになるであろう。
4:9 Sextons Empirics blamed the rhetoricians, rather than the existence of laws, for argumentation.
4:9 セクスツス=エンピリクスは論争の責任を、法律の存在よりもむしろ修辞学者の非とした。 4:10 He noted that among the barbarians there were no rhetoricians, and the laws remained unaltered and generally obeyed, whereas amongst those who cultivate rhetoric they are altered daily, as is the case with the Athenians.
4:10彼によると、未開人の間には修辞学者はいなくて法律は変更なく一般に守られるが、それに対
して古代アテネ人の場合のように、修辞法を修める人々の間では法律は日々変更される、という ことである。
4:11 We could add that the “barbarians” Sextus Empiricus had in mind would not have codified their laws with the precision of the legislative bodies presiding over modern bat and ball games.
4:11 セクスツス=エンピリクスが心に抱いていた「未開人」は、現代のクリケットを統轄する立法 府のような正確さで、自分たちの法律を成文化してはいなかったであろうと付け加えることがで きよう。
(14)1 (15)2
二つの問題は関わりが深く、4段落の全体の趣旨を理解しているかどうかが問われる。
dispense with「~を抜きにする」 formulate「明確に述べる、公式化する」 abide by「尊敬を示す」
8行目に「もし法律がそのような基細なことを制定すれば~」とあり、その後否定的な立場を とっているため、(14)は1である。また他の選択肢では一文でも意味が通らない。これを受けて
「その結果」(15)は2「never be achieved」(決して達成されない)

■第5段落
5:1 The close links between rules and arguments can be illustrated by considering a culture which has formalized its rules of everyday behavior to an unequalled extent.
5:1 ルールと論争の緊密な結びつきは、日常の行動のルールを比類ないほどまで作り上げた文化を
考えれば証明できうる。
5:2 The Talmud, containing the rules of Orthodox Judaism, specifies in detail what correct actions for every aspect of daily life are.
5:2正統ユダヤ教のルールを含むタルムードは、日常生活のあらゆる面で何が正しい行動であるか
を詳細に規定する。
5:3 Even the most trivial action must be performed in a sanctified manner to prevent godlessness from (16) (1. entering into 2. ruling over 3. opening up) everyday routines.
5:3不信心が毎日の日課に入ってこないようにと最も基細な行動でさえ規定された方法でなされな
ければならない。
5:4 The novelist Jorge Luis Borges, in his story The Zahir, describes the Talmud as having “codified every conceivable human eventuality.” 5:4小説家ジョルジュ=ルイ=ボルジュは、彼の小説のThe Zahirにおいて、タルムードを「考えうる
人間の可能性のすべてを成文化している」ものと描いている。
5:5 This is (17) (1. an accurate description 2. a general conclusion 3. an exaggerated description), for the continuation of Talmudic debates shows that the complete codification is unattained but aimed for.
5:5 これは誇張された描写である。なぜなら、タルムードに関する議論が続いていることから、完
全な成文化は達成不可能で目標にすぎないのだとわかるからである。
5:6 The Talmud represents a self-produced anthropology, explaining to orthodox Jews the meaning of their rituals in a detail which the professional anthropologist, seeking the unwritten rules of social life, can only admire.
5:6 タルムードは自ら生み出した人類学を表しており、正統派ユダヤ人に自分たちの儀式の意味を
詳しく説明する。それは、不文律の社会生活のルールを求める専門の人類学者が賞賛するしかな いようなものである。
5:7 Just as the behavior of game players is meaningless without knowledge of the rules of the game, so the customs of orthodox Jews are incomprehensible without the Talmud.
5:7 ゲームのルールの知識がないとゲームの選手の行動が無意味になるのとちょうど同じように、
タルムードがないと正統派ユダヤ人の習慣は理解できない。
5:8 However, this great code of behavior, which seeks to leave (18) (1. nothing to chance 2. a lot to be desired 3. much room to debate) but dictates detailed rule following, is principally a record of arguments.
5:8 しかしこの偉大な行動規範は何事も運任せにしないで詳しくルールの遵守を指示しており、こ
れは主として論争の記録なのである。
5:9 From its opening page, through its sixty or so volumes of tractates, it describes the arguments of the ancient rabbis, as they disputed their interpretations of the Holy Law.
5:9 それは、最初のページから約60巻の文章を通して、聖なる法律の解釈をめぐって議論する古代 のラビの論争を描いている。
5:10 Every pronouncement is a subject of argument, and, as Heiman has shown in his account of modern Talmudic study groups, even today the Orthodox learn the rules by (19) ( 1. abandoning 2. reliving 3.authorizing) the ancient arguments.
5:10 すべての宣告が議論の対象であり、ハイルマンが現代のタルムードの研究グループに関する 報告で示しているように、今日でさえユダヤ教正統派は古代の論争を追体験することによって ルールを学ぶのである。
5:11 All in all, the Talmud represents not merely one of the most detailed codes of behavior ever produced, but is also one of the greatest collections of arguments in literature.
5:11要するに、タルムードはただ単にこれまでに生まれた最も詳細な行動規範のひとつであるだけ
でなく、文献に残る最も大きな論争の収集物のひとつでもある。
・解答
(16)1
Enter into「~を始める」 Rule over「支配する」 Open up「ひろげる」

総合政策学部 1996 問2、
■第2段落
2:1 If we reject the notion that the meaning is in the text, are we (3) (1. opposed 2. reduced 3. prohibited) to saying only that a particular person at a particular moment had a particular interpretation?
2:1 もし我々が、意味は原典の中にあるという考えを拒絶するならば、それはただある特定の瞬間 のある特定の人がある特定の解釈を行ったとだけ言うことに帰着させられるのであろうか。
2:2 If so, have we given up a naive but solid-seeming view of the reality of the meaning of the text in (4)(1. favor 2. spite 3. terms) of a relativistic appeal to individual subjective reaction?
2:2 もしそうであるならば我々は個人の主観的な反応に対する相対論的な訴えの方を選んで原典の
意味の現実性を素朴にしかし手堅く見るのをあきらめたのだろうか。
・解答
(4)1
In favor of「~を好む、支持する」 In spite of「~にも関わらず」
In terms of「~の言葉で」

総合政策学部 1,997 問1、
■第1段落
1:1 In a broad sense, human migration is a relatively permanent movement of an individual or a group over a significant distance.
1:1人間の移住とは、広義において、個人または集団がかなりの距離を越え比較的永続して移動す
ることである。
1:2 Although the significance of a distance is usually measured geographically, it can also be determined by social criteria.
1:2距離のもつ意味は、普通地理的に測られるけれども、それはまた社会的基準によっても決定さ
れうる。
1:3 For example, a farmer who moves to a city apartment within the same County probably changes his life more [1](1. minimally 2. gradually 3. drastically) than does a person who moves from an apartment in New York to one in San Francisco.
1:3 たとえば、同じ郡内にある都会のアパートへ移る農民は、ニューヨークのアパートからサンフ ランシスコのアパートへ移る人に比べて、より徹底的に生活を変えるであろう。
1:4 Taking into account short moves that are socially significant, most analysts agree that a migration must include at least a relatively permanent change of community.
1:4大部分の専門家は短い距離であっても社会的に意味のある移動を考慮に入れながら、移住は少
なくとも地域社会の比較的永続する変化を含まなければならない、ということに同意している。
1:5 Movements that involve only a temporary change of residence are generally considered nonmigratory.
1:5居住地の一時的な変化しか含まない移動は、一般に非移住的であると考えられる。
1:6 These include nomadism, for the nomad has no fixed home, and seasonal movements, [2](1. as in the case of 2. unlike 3. aside from) farm workers who follow the growing season.
1:6 これらには遊牧生活が含まれるが、それは、遊牧民には定まった住居がなく、収穫期を追って
移動する農業労働者の場合のように季節に合わせて移動するからである。
1:7 Tourism and commuting also are nonmigratory.
1:7旅行や通勤もまた非移住的である。
(2)1
As in the case of「~の場合のように」
遊牧民は定住しないので、1が文意に当てはまる。

総合政策学部 1,997 問2
■第2段落
2:1 Wolfgang Amadeus Mozart is known the world over (1) (1. for 2. as 3. being) a musical genius, and was recognized as such even in his own day.
2:1 ヴォルフガング=アマデウスーモーツアルトは音楽の天才として世界中に知られており、その
生きた時代においてさえそのように認められていた。
2:2 The English journal, Philosophical Transactions, carried an article written by Daines Barrington in 1770, after he had personally tested young Wolfgang’s musical skills (2)(1. for 2. with 3. in) reading, memory, and musical improvisation.
2:2 イギリスの雑誌「心理学紀要」は、デインズ=バリントンが1770年に書いた論文を載せてお り、それは、幼いヴォルフガングの、解釈、記憶、音楽的即興における音楽的技量を彼が個人的 に検査した後に書いたものであった。
・解答
(1)2
モーツァルトは音楽の天才~世界に知られていたに適合するのは2である。

■第15段落
15:1 As a result of extensive research on gulls, we now know that hatchling gulls do respond to modules and abstractions.
15:1 カモメに関する広範囲にわたる研究の結果、われわれは今ではふ化したばかりのカモメがモ
ジュールや抽象物に実際に反応することがわかっている。
15:2 They peck preferentially at long and skinny objects, red things, and regions of markedly contrasting colors.
15:2赤ん坊のカモメは、長くて皮でできた物や赤い物や著しく対照的な色の部分を好んでつつくの
である。
15:3 As an effect of this simplified modularity, they hit the spot at the tip of the parental bill the only red region at the end of a long object, in an area of contrasting color with surrounding yellow.
15:3 この単純化されたモジュラリティーの結果として、赤ん坊のカモメは親のくちばしの先端部 をつつく。つまり、長い物の端にあり、地の黄色と対照をなしている唯一の赤い部分である。 15:4 Complex totality may be beyond the cognitive capacity of a hatchling gull, but any rich object can be broken down to simpler components and then (18) (1. built up 2. destroyed 3. put aside) .
15:4複雑な全体はふ化したばかりのカモメの認識能力を越えているかもしれないが、いかなる複雑
な物もより単純な部分に分割し、それから組み立てることが可能である。
15:5 Any developing complexity — whether in the cognitive growth of an individual or the evolution of a lineage — may require this principle of construction from modules.
15:5個人の認識面の向上であれ、種全体の進化であれ、いかなる複雑性の増大も、このモジュール
から組み立てるという原理を必要とするであろう。
・解答
(18)1
複雑なものをいったん分割し、それから~。2の壊すや3の片づけるは意味が通らない

総合政策学部 1,998 問1、
■第2段落
2:1 Alice was the admissions officer’s dream. 2:1 アリスは入学許可担ft者の夢であった。
2:2 She was easily admitted to our graduate program.
2:2彼女はわれわれの大学院課程に入るのを容易に認められた。
2:3 She came with (1) (1. average 2. stellar 3. satisfactory) test scores, outstanding college grades, excellent letters of recommendation, and, overall, close to a perfect record.
2:3彼女は、すばらしい試験結果と傑出した大学の成績とすぐれた推薦状、そして、全体としてほ
とんど完璧な履歴をもって入ってきた。
2:4 Alice proved to be more or less what her record promised.
2:4 アリスはだいたいその履歴が約束したものになった。
2:5 She had excellent critical and analytical abilities, which earned her outstanding grades during her first two years at our school.
2:5彼女にはすぐれた批判能力、分析能力があり、そのおかげで彼女はわれわれの学校での最初の2
年間は傑出した成績を得ることができた。
2:6 When it came to taking tests and writing papers, she (2) (1. had no peer 2. had no help 3. was popular) among her classmates.
2:6試験を受けるとか論文を書くということになると、クラスメートの中で彼女に並ぶ者はなかっ
た。
2:7 But after the first two years, Alice no longer looked quite so outstanding.
2:7 しかし、最初の2年が終わると、アリスはもはやそれほど傑出しているようには見えなかっ た。
2:8 In our graduate program, as in most, emphasis shifts after the first couple of years.
2:8 ほとんどの大学院課程と同様に、われわれの大学院課程も最初の2年が終わると、重視する点
が変わる。
2:9 It is not enough just to criticize other people’s ideas or to study concepts that other people have proposed.
2:9他人の考えを批判したり、他人が提唱している概念を研究するだけでは不十分なのである。
2:10 You must (3) (1. not rely on 2. begin reviewing 3. start coming up with) your own ideas and figuring out ways of implementing them.
2:10自分自身の考えを思いつき、それらを実行する方法を考え出し始めなければならないのであ
る。
2:11 Alice’s synthetic abilities were far inferior to her analytic ones.
2:11 アリスの統合能力は分析能力よりはるかに劣っていた。
2:12 But there was no way of knowing this from the evidence available in the admissions folder, for
(4) (1. although 2. however 3. whenever) conventional measures can give us a good reading on analytic abilities, they give virtually no assessment of synthetic abilities.
2:12 しかし、入試書類で入手できる証拠からこれがわかる術はまったくなかった。というのは、 昔ながらの尺度では分析能力に関しては正確な値がわかるが、統合能力に関する評価は実際のと ころまったくわからないからである。
2:13 Thus, Alice was “IQ test” smart, but not equally (5)(1. discreet 2. disciplined 3. distinguished)
in the synthetic, or practical, areas of intelligence.
2:13 かくしてアリスは「知能指数テスト」的には利口だが、知能の統合的または実用的な分野で は同じように、すぐれているというわけではなかった。
(2)1
Have no peer「並ぶ者がいない」
Peer「並列」
(3)3
Come up with「なんとかする」

■第8段落
8:1 The (13) (1. convergence 2. divergence 3. incompatibility) of my analysis of the research literature and my personal experience convinced me that what was needed was a “triarchic” theory of human intelligence — one that did justice to each of these three aspects of intelligence.
8:1研究文献の分析と私の個人的経験が、二点に集中していることから、必要なものは人間知能の
「三様性」理論であると私は確信した。それは、知能の三面のそれぞれを公平に扱うものであっ た。
8:2 It is important to mention that my goal in constructing the tribrachic theory was quite (14) (1. contrary to 2. interchangeable with 3. compatible with) that of most psychologists who have developed theories of intelligence.
8:2三様性理論を築く際の私の目標が、知能に関する理論を築いた大部分の心理学者の目標とは
まったくは異なったものであったと述べるのは重要である。
8:3 The field has been (15)1. Exceptionally focused 2. Notoriously contentious 3. Unusually harmonious), with every theorist setting out to prove that his theory is right and everyone else’s is wrong.
8:3 その分野は、悪名高いほど争い好きで、すべての理論家が、自分の理論が正しく他のみなの理 論が間違いであると証明しようと努めている。
8:4 For example, Arthur Jensen argues for the predominance of a single, general factor in human intelligence, while Howard Gardner maintains that there are at least seven or eight multiple intelligences.
8:4 たとえば、アーサー=ジェンセンは、人間知能において単独の一般的な要素が支配していると 主張しているが、ハワード=ガードナーは、少なくとも7つか8つの複合的な知能があると主張して いる。
8:5 For me, the most disturbing element of these and other opposing theorists has been that while they have done reasonably well in (16) (1. amassing 2. refuting 3. responding to) evidence to support their own point of view, they have generally failed to disprove the views of others.
8:5 これらの理論家や他の異なった意見の理論家に関する、私にとって最も頭を悩ます要素は、彼 らは自分自身の観点を支持する証拠を集めるのにはかなり成功しているが、他人の観点の反証を あげることには、だいたい失敗しているということである。
8:6 How could this be?
8:6 どうしてこのようになるのであろうか。
8:7 After reviewing earlier theories, I came to the conclusion that the reason for this was that virtually all of them have been (17)(1. inaccurate 2. incomplete 3. inconsistent).
8:7私は初期の理論を調査したあと、この理由はそれらの理論のすべてが実際、不完全であったか
らだという結論に達した。
8:8 Though proposed as full theories of intelligence, each has dealt with only some limited aspects. 8:8 それぞれは知能に関する完全な理論として提唱されるが、ある限られた面しか扱っていないの である。
8:9 Often, too, these theories have proved to be complementary rather than contradictory, as might be expected.
8:9 またしばしば、これらの理論はお互いに矛盾したものではなくて、相補的なものであるともわ
かったが、そのことは予想のつくことだったかもしれない。
8:10 It is not difficult to show that a theory of general intelligence and the theory of multiple intelligences can be (18) (1. infused 2. installed 3. integrated) in a hierarchical framework, with general intelligence at the top of the hierarchy and multiple intelligences lower down.
8:10一般的知能に関する理論と複合的知能に関する理論が階層構造の中に、一般的知能が階層の頂
点に、複合的知能が底辺の方にというように、まとめられうることを示すのは難しいことではな い。
8:11 More specific abilities would then be viewed as sub-abilities.
8:11 より特定的な能力は下位能力と見られるであろう。
8:12 The point to be made, then, is that often the competition among theorists has been (19) (1. fierce 2. spurious 3. accommodating).
8:12 したがって、言いたい点は、理論家間の論争はしばしば、まがいものであるということであ る。
8:13 Their theories are really theories of different aspects of intelligence.
8:13彼らの理論は実際は、知能の異なった面に関する理論なのである。
(14)1
contrary to「対照的に」
interchangeable with「取り換えが出来て」 compatible with「互換性がある」

■第5段落
5:1 Just how would you characterize the similarities and differences among Alice, Barbara, and Celia?
5:1 アリスとバーバラとセリアの間の類似点と相違点を、どのように特徴づけることができるだろ
うか。
5:2 Clearly, all are exceedingly intelligent, though in very different ways.
5:2明らかに3人とも非常に知能は高いが、まったく異なった面においてである。
5:3 People like Alice excel in traditional academic, or analytic, intelligence.
5:3 アリスのような人は伝統的な学問的、つまり分析的能力にたけている。
5:4 To the extent that intelligence is measured by (8)(1. conventional 2. genetic 3. creative) factors or information processing components, by its relationship to the internal world, Alice and individuals like her would be considered very, very smart.
5:4知能が型にはまった要素や情報処理要素とか内部世界との関係によって測られる限りは、アリ
スや彼女のような人は非常に利口であると考えられる。
5:5 Individuals like Barbara, on the other hand, do not appear nearly so intelligent by such ordinary standards.
5:5他方、バーバラのような人は、そのような通常の基準ではそれほど知能が高いようには見えな
い。
5:6 Where they excel is in their synthetic ability, the ability to deal with novelty — to view new things in old ways or old things in new ways.
5:6彼女たちがすぐれているのは、その統合能力においてであり、それは新しいものを処理する能
力、つまり新しいものを古い観点から、古いものを新しい観点から見る能力である。
5:7 Hence Barbara’s intelligence, and that of others like her, becomes truly apparent (9) (1. unless
2. even though 3. only if) it is viewed in terms of the relationship of intelligence to experience, particularly novel experience.
5:7 したがって、バーバラの知能および彼女のような他の人たちの知能は、知能が経験、特に新し
い経験とどのように関係しているかという点から見られる場合のみ、本ftに明らかになるのであ る。
5:8 People like Celia have neither Alice’s nor Barbara’s pattern of strength.
5:8 セリアのような人は、アリスやバーバラのような型の長所をもっていない。
5:9 Instead, they excel in terms of the relationship between intelligence and the external world of the individual.
5:9 その代わりに、彼女たちは知能と個人の外的世界との間の関係という点においてすぐれてい
る。
5:10 Their excellence resides in their practical intelligence — the ability to apply their mental abilities to (10) (1. novel 2. unusual 3. every day) situations.
5:10彼女たちのすぐれている点は、その実用的な知能、つまり知的能力を常の状況に応用する能力
にある。
5:11 Their street smarts are not measured by typical tests but quickly show up in their performance in real-world settings.
5:11 その世渡り能力は典型的なテストでは測定できないが、現実世界の状況の中で行動していく につれて、すぐに現れる。
(10)3
Everyday「毎日」
Every day「常時、いつでも」

総合政策学部 1,998 問2、
■第4段落
4:1 The deliberate visual recording of language means not only a search for words but a search for genres.
4:1言葉を考えながら目に見える形で記録することは、単語を探すことだけではなくて、様式を探
すことでもある。
4:2 Oral discourse, even when not informal, often trails off into another activity, being punctuated by a drink of water, a mouthful of food, the rustle of paper, the closing of a door, or, in other words, by another nonlinguistic activity.
4:2口頭による談話は、公式の場においてさえしばしば次第に別の行動となる。談話を水を飲んで
中断したり、食物を一口食べて中断したり、紙をがさがさ動かして中断したり、ドアを閉めて中 断したり、言い換えると、別の非言語的な行動をして中断するのである。
4:3 Written composition, however, has to have a formal beginning and an end; “Dear Christine” is completed by “Yours sincerely, Stephen,” (7) (1. put out 2. put forward 3. laid out) in a particular format, with the specification of place and date.
4:3 しかし、書かれた文章には、「親愛なるクリスティーナ」と書き出せば、最後は「敬具ス ティーブン」で締めくくり、書き出しは、場所と日付をきちんと記した上で特定の書式にのっ とって配置する、といった形式上の始まりと終わりがなければならない。
4:4 Apart from the letter, there is a gamut of genres from the report to the passport, as well as the literary genres ranging from the novel to the poem.
4:4文学のジャンルが小説から詩にいたるまであるように、手紙以外にもレポートからパスポート にいたるまで、あらゆる様式(ジャンル)がある。
4:5 These developments appear gradually over time, but eventually not only each composition but each subunit (8) (1. takes after 2. takes on 3. takes in) a specific form each topic requires a paragraph, each sentence a capital letter and full stop, each word its break.
4:5 このような進展は時を経て徐々に現れるのであるが、結局はそれぞれの文章だけでなくそれぞ れの下位単位も特定の型をとる。それぞれのトピックには段落が必要で、それぞれの文には大文 字とピリオドが必要で、それぞれの単語には切れ目が必要である。
4:6 Syntax and punctuation become more precise and more formal as a result of becoming visual.
4:6目に見えるようになった結果、構文と句読がより正確で、より形式的になるのである。
4:7 Part of the reason behind these changes is that whereas speech (9) (1. operates as 2. addresses 3. defines) one of the channels in face-to-face communication, writing as a register stands on its own.
4:7 これらの変化の背後にある理由の一つには、話し言葉は面と向かって意思伝達のチャンネルの
1つとして働くが、1つの言語形態としての書き言葉はそれ自体で独立している。
4:8 It is “decontextualized,” or rather the context is highly (10) (1. restricted 2. redundant 3. reserved).
4:8 それは「脱文脈化」されている。もっと正確にいえば、文脈はきわめて限定されているのであ
る。
4:9 Hence, clarity of expression and precision of genre, syntax, and punctuation are encouraged by the visual representation of language.
4:9 したがって、表現の明快さと様式、構文、句読の正確さは言葉を視覚的に表現することによっ
て促進されるのである。
(7)3
put out「消す、差し出す」 put forward「提唱する」
lay out「ひろげる、展開する、配置する」
(8)2
Take after「似ている」
Take on「雇う、引き受ける」
Take in「騙される」

■第7段落
7:1 Literacy not only encourages such deliberate perusal of the text, it also makes possible the opposite, that is, the highly (16) (1. holistic 2. haphazard 3. Selective) forms of retrieval that are involved in consulting a dictionary (or even a library), as well as the skipping and the speed reading that takes place when we read a detective story rather than a poem.
7:1読み書きができると、文章をそのようにじっくり通読することが促進されるだけでなく、その
反対のことも可能になる。つまり、辞書を引く際に(また図書館を利用する際にも)行われる、選択 的な(端から端まで読まない)形の検索や、飛ばし読みや、詩を読むときよりむしろ推理小説を読む ときにする速読などが可能になる。
7:2 The potential results of such procedures are vital to the growth of knowledge.
7:2 そのような手続きの潜在的な結果は、知識の増加にきわめて重要である。
7:3 In the first place, the deliberate perusal of a text facilitates the search for inconsistencies, for contradictions, while the ability to set side by side different texts referring to the same events or notions leads to the (17)(1. reconsideration 2. cultivation 3. evaluation) of criticism and of skepticism.
7:3 まず第1に、文章をじっくり通読することによって不一致や矛盾を探すのが容易になり、また 同じ出来事や概念を述べるさまざまな文章を並べる能力は、批判力と懐疑的態度の育成につなが る。
7:4 It allows not only for criticism of the texts but also their further elaboration by commentary, which can (18) (1. in this respect 2. in its turn 3. as it turns out) be stored away for future reference, leading to the building up of libraries of stored knowledge.
7:4 そういった能力があると、文章を批判することだけでなく、注釈によってさらに推敲を重ねる こともできるようになる。そして次にはそれが将来参照するためにしまっておかれ、蓄えられた 知識の図書館を築くことになるのである。
7:5 These libraries encapsulate objective knowledge in the sense that this information has become theoretically (19) (1. inaccessible to 2. associated with 3. independent of) specific human teachers. 7:5 このような情報が名目上特定の人間の教師から独立したという意味において、これらの図書 館は「客観的な知識」を包み込んでいるといえる。
(18)2
In its turn「それが原因となって~」
(19)3
inaccessible to「到達しがたい」 associate with「~と関連づける」 independent of「~から独立した」
7段落で辞書や図書館の利用に関しての議論がされているので、それを丁寧に読み取る

総合政策学部 1,999 問2
■第2段落
2:1 Recent experimental work with butterflies has (1)(1. borne out 2. taken out 3. washed out) Darwin’s suspicions of more than a century ago that species tend to evolve attributes and behaviors that enhance courtship — and thus reproductive success.
2:1蝶による最近の実験は、種は求愛を高め、ひいては生殖面での成功を招く特質や行動を進化さ
せる傾向にあるのではないかという、1世紀以上前のダーウィンの考えを証明した。
2:2 Some traits might render an individual more attractive to the opposite sex.
2:2特徴の中には、個体を異性にとってより魅力的なものにするものがある。
2:3 Color is now known to spark sexual interest for some species in the butterfly world, as do other sensory signals that were (2) (1. beyond 2. against 3. within) Darwin’s human perception.
2:3 ダーウィンの人間としての知覚では理解できない、他の感覚的シグナルと同様に、蝶の世界で
は種によっては色も性的関心の引き金となることが、現在では知られている。 2:4 But the creatures are more discerning than this observation might suggest. 2:4 しかし、蝶はこの観察が示すよりも識別力がある。
2:5 Ostentatious coloration or scent may do more than attract attention.
2:5目立つ配色やにおいは、注意を引く以上の働きをする。
2:6 Appearance and aroma may be shorthand notations of their bearer’s health and heartiness.
2:6外観やにおいは、その運び手の健康や元気さを直接示すものであろう。
・解答 (1)1
(1)
「蝶による最近の実験は、1世紀以上前のダーウィンの考えを( )」の空所に入るもの。1が入って
「証明した」の意味となる。 bear outで「証明する」の意。

総合政策学部 2,000 問1
■第8段落
8:1 I always think of the longevity of the lecture method [8](1. in use 2. in demand 3. in style) in most universities.
8:1私は、ほとんどの大学で使われている講義方法が長続きしていることをいつも考えるのです。
8:2 In the 15th century, just before the invention of the machine-made book, a professor had the only manuscript of an author’s work.
8:2機械によって作られた書物が発明される直前の15世紀には、教授はある著者の作品の唯一の写
本を持っていました。
8:3 So of course, lecturing made sense.
8:3 だからもちろん、講義は意味をなしていました。
8:4 In the first fifty years after the invention of printing, more than eight million books were printed.
8:4印刷が発明された直後の50年間に800万以上の書物が印刷されました。
8:5 You would think that the lecture method would have disappeared.
8:5講義形式は消えてしまっただろうと思うでしょう。
8:6 [9](1.When 2. Why 3. Where) should we have a professor standing in front of a group of students who could all read the same book that the professor had?
8:6 教授が持っているのと同じ本を全員が読むことができる学生のグループの前に、教授が立って
いる必要があるのでしょうか。
8:7 The odd thing is that at New York University, this [10](1. one 2. very 3. only) day, probably 95% of the instruction is through the lecture method.
8:7不思議なことに、ニューヨーク大学では、まさに今日、おそらく授業の95%が講義形式で行わ
れているのです。
8:8 So I have to ask why, after 500 years, were still using a method that ought to have become obsolete through technological development.
8:8 それで、技術の発展によってすたれているはずの方法を500年後になっても、なぜまだ我々が 使っているのかを私は尋ねなければならないのです。
・解答 [8]―1
>[8]
「大部分の大学で( )講義方法が長続きしていること」に入るもの。
500年にわたって使用されている形式である。
1のin use「使用されている」が正解。 2のin demandは「需要がある」
3のin styleは「流行に合っている」の意。

■第10段落
10:1 Kay: It’s possible that the label “distance learning” is a bit misleading.
10:1 ケイ:「非対面学習」という呼び方は少し紛らわしいのではないでしょうか。
10:2 To me, most of the real learning that happens doesn’t happen in a social situation.
10:2私にとって、行われている真の学習の大部分は、社会的状況の中では行われていないのです。
10:3 That’s only where you find out about things.
10:3 そこは単に物事を発見するための場所です。
10:4 Real learning happens when you go off and [13](1. try out 2. hold out 3. take out) these new models that you are trying to build in order to comprehend ideas that you haven’t been able to deal with before.
10:4真の学習とは、一人になり、以前には処理できなかった考えを理解するために築こうとしてい
る新しいモデルを試してみるときに行われるのです。
10:5 To me, almost all real learning is a kind of distance learning.
10:5私にとって、ほとんどすべての真の学習は、ある種の非対面学習なのです。
10:6 Your [14](1. more or less 2. more and more 3. more than less) off by yourself.
10:6人は多かれ少なかれ独りぼっちなのです。
・解答 [13]―1
>[13]
「真の学習は、一人になり、新しいモデルを( )ときに行われる」に入るもの。「新しいモデルを
試してみる」とつながるのが妥ftなので、1のtry out~「~を試してみる」が正解。
2のhold out~は「~を与える、差し出す」、3のtake out~は「~を取り出す、持ち出す」の意。
[14]―1 >[14]
「人は( )独りぽっちである」に入るもの。人はある程度孤独であるという現状を述べているの で、2のmore and more~「ますます~」よりも、1のmore or less~「多かれ少なかれ~」が適 ft。3のmore than less~は意味不明。

総合政策学部 2,000 問2
■第10段落
10:1 The so-called “Western values of freedom and liberty,” sometimes seen as an ancient Western inheritance, are not particularly [16](1.but uniquely 2. but proudly 3. nor exclusively) Western in their origins.
10:1 いわゆる「自由という西洋の価値観」は、時には、古代の西洋の遺産であると見られるが、 とりたてて古いわけでもないし、その起源が西洋に限られるというわけでもない。
10:2 Many of these values have taken their full form only over the [17](1. last 2. earlier 3. recent) few centuries.
10:2 これらの価値観の多くは、わずかこの2数世紀の間に全形を成したのである。
10:3 While we do find some anticipatory components in parts of the ancient Western traditions, there are other such anticipatory components in parts of nonwestern ancient traditions as well. 10:3 古代西洋の伝統の一部にいくらかの先行要素を確かに見いだすが、一方、非西洋の古代文明
の伝統の一部にもそのような先行要素が存在している。
10:4 On the particular subject of toleration, Plato and Confucius may be on a somewhat similar side, [18](1. such as 2. just as 3. thereby) Aristotle and Ashoka may be on another side.
10:4 寛容という特定の問題に関して、プラトンと孔子はやや似た側にいるが、それは別の側にア
リストテレスとアショーカ王がいるのとちょうど同じである。
10:5 The need to acknowledge diversity applies not only between nations and cultures, but also
within each nation and culture. 10:5多様性を認める必要性は、国家間と文化間に当てはまるだけではなくて、各国家と各文化内
にも当てはまる。
10:6 In the anxiety to [19](1. write 2. take 3. put) adequate note of international diversity and cultural divergences, and the so-called differences between “Western civilization,”“Asian values,” “African culture, and so on, there is often a dramatic neglect of heterogeneity within each country and culture.
10:6国際的多様性や文化的相違や、「西洋文明」「アジア的価値」「アフリカ文化」などの間の いわゆる相違などに十分な注意を払いたいという願望のために、それぞれの国や文化内の異種性 をまったく無視することになりがちである。
10:7 “Nations” and “cultures” are not particularly good units to understand and analyze intellectual and political differences.
10:7 「国家」や「文化」は、知的・政治的相違を理解し分析するのに特によい基準単位ではな い。
10:8 Lines of division in commitments and skepticism do not run along national boundaries — they run at many different [20](1. speeds 2. faces 3. Levels).
10:8傾倒と懐疑の境界線は国境沿いを延びているのではなく、多くの異なった段階を延びてい る。
10:9 The rhetoric of cultures, with each “culture” seen in largely homogenized terms, can trouble us
politically as well as intellectually.
10:9 それぞれの「文化」は主に同質化された観点で見られるので、文化という言葉は、知的面だ けでなく政治面でも我々を悩ませるのである。
[19]―2 >[19]
「国際的多様性や文化的相違等に十分な注意を( )たいという願望のために」の空所に入るもの。 take note of~で「~に注意する」なので、2のtakeが正解。

■第5段落
5:1 Postman: I have no argument with that.
5:1 ポストマン:私もそれには異議はありません。
5:2 As a matter of fact, when Socrates makes his case against writing, he says that one of its deficiencies is that you can’t [4](1. keep to 2. agree with 3. talk back to) the author.
5:2実際のところ、ソクラテスが書物に関して異議を唱えるとき、彼が言っているのは、著者に反
論することができないということが書物の欠点のひとつだということです。
・解答 [4]―3
>[4]
「書物の欠点、のひとつは、著者に( )ことができないということだ」の空所に入るもの。直前の ケイの発言の「コンピュータは、人々が著者とより深く議論できる特別の場面を与えてくれる」 に同意した上で、ソクラテスが述べている審物の欠点のひとつとして、書物は議論(反論)の場 を与えてくれないと言っていると考えられる。
3のtalk back to~「~に反論する」が正解。 1のkeep to~は「~に従う」
2のagree with~は「~に同意する」の意。

総合政策学部 2,001 問1
■第4段落
4:1 The reality of cultural survival, then, lies somewhere between total disintegration and permanent preservation.
4:1 そうすると、文化的生存の現実は、完全分解と永久的保護の間のどこかに位置するということ
になる。
4:2 The most plausible meaning of the slogan as a political goal might be simply the preservation of difference: the desire that whatever cultures now exist should not lose their [6](1. equivalence 2. distinctiveness 3. universality).
4:2政治的目標としてのスローガンの最も妥当な意味は、単に差異の保存に過ぎないだろう。つま
り、現在存在する文化はいずれもその特殊性を失うべきではないという願望である。
4:3 That cultural identity continues to serve as a means by which some people make sense of their place in the world, [7](1. no matter 2. therefore 3. however) much the content of their cultures may change over time.
4:3時を経て文化の内容がどんなに変化しようとも、そのような文化的独自性は、ある人々が世の
中での自分の場所を理解する手段として役立ち続ける。
[7]―3 >[7]
「時を経て文化の内容が( )変化しようとも」の空所に入るもの。however much~「どんなに(多 く)~しようとも」で、3のhoweverが入る。1はno matter how (much)なら正解。2のtherefore は「それゆえに」の意で不適ft。

■第13段落
13:1 The proper focus for our moral concern, then, is [19](1. by all means 2. not 3. except) the survival of cultures as collective practices and traditions, but rather the political, civil and human rights of the individuals that constitute the cultures.
13:1 したがって、われわれの道徳的関心の適切な焦点は、集団的な慣習や伝統としての文化の生 存ではなくて、むしろ文化を構成する個人の政治的権利、公民権、人権である。
13:2 A culture has no moral claim to [20](1. temporal 2. transient 3. eternal) existence, especially as against the rights and choices of its own individual members.
13:2文化には永久的な存在に対する道徳的権利はない。その文化の個人構成員の権利や選択権に比
べると特にそうである。
13:3 Our concern about cultures, endangered or otherwise, should ultimately stem from the moral status and rights of their individual members.
13:3絶滅の危機に瀕していようとそうでなかろうと、文化に関するわれわれの関心は、その個人構
成員の道徳的地位と権利から究極的には生じるべきなのである。
・解説 [19]―2
>[19]
「われわれの道徳的関心の適切な焦点は、集団的な慣習や伝統としての文化の生存では( )、むし ろ文化を構成する個人の政治的権利、公民権、人権である」の空所に入るもの。not~、but rather…「~ではなくて、むしろ…」に注意。2のnotが入る。1のby all meansは「必ず」、3の except~は「~を除いて」の意。

総合政策学部 2,002 問2、
■第3段落
3:1 By the Middle Ages the power of the Church was such that it was able to forbid Christian knights [5](1. to 2. from 3. against) using certain weapons as hateful to God.
3:1中世までには、教会の力は強大なものとなっていたので、キリスト教徒の騎士がある種の武器
を使うのを、神にとって憎むべきものであるとして禁止することができた。
3:2 Thus, in 1139, the Second Lateran Council condemned the use of the crossbow and arc*, a view that matched the concept of chivalry* which regarded such weapons [6](1. as 2. such 3. very) disgraceful, since they could be used from a distance enabling a man to strike [7](1. with 2. before
3. without) the risk of himself being struck.
3:2 その結果、1139年に第2回ラテラノ公会議は戦闘用大弓の使用を非難したが、この考えはその ような武器を卑劣なものとみなす騎士道の概念に合致したものであった。なぜなら、それらは距 離をおいて使用できるため、自分が攻撃される危険はなく他を攻撃することを可能にするもので あるからだった。
3:3 In fact, the feudal knights were aware of what they knew as the “law of chivalry,” a customary code of chivalrous conduct that controlled their affairs and which was enforced by specially appointed arbitrators* or, in the case of England and France, by Courts of Chivalry.
3:3実際、封建時代の騎士は「騎士道の法」として知られているものに気づいていた。
それは騎士の行動に関する慣習法で、彼らの行動をつかさどり、特別に任命された仲裁者か、あ るいはイギリスやフランスの場合には騎士道法廷によって施行された。
3:4 However, these limitations only covered those who shared the code of chivalry, such as knights of noble birth, and did not cover common soldiers.
3:4 しかしながら、このような制限は、貴族生まれの騎士などのような騎士道の法を共有する者に しか及ばず、一般の兵士に及ぶことはなかった。
[6]―1 >[6]「この考えは、そのような武器を卑劣なもの( )みなす騎士道の概念に合致したもの であった」の空所に入るもの。regard A as B「AをBとみなす」なので、asが入る。

総合政策学部 2002 問1
■第4段落
4:1 Siemens Data Communications (SDC), an Israel-based electrical -engineering company, has [6](1. same objects 2. similar goals 3. different purposes).
4:1 イスラエルに本拠を置く電気工学の企業であるジーメンスデータコミュニケーションズ
(SDC)も同様の目標をもっている。
4:2 In October 1998, SDC and a Palestinian engineering company signed a pioneering joint venture in which SDC agreed to hire, train, and integrate Palestinian engineers into company projects.
4:2 1998年10月、SDCとパレスチナの工学技術の企業がある先駆的な合弁事業にサインをしたが、
その中でSDCはパレスチナ人の技術者を雇い、訓練し、会社のプロジェクトに迎え入れることに 同意した。
4:3 This contract [7](1.hardly 2. neatly 3. rarely) solved two problems: first, it lowered the high rates of unemployment among Palestinian engineers; and second, it filled the gaps in the Israeli labor market.
4:3 この契約は見事に一つの問題を解決した。一つめは、パレスチナ人の技術者の高い失業率を下 げたことであった。二つめは、イスラエルの労働市場の隙聞を埋めたことであった。
4:4 As for the success of this joint venture, Ari Ben-Zichri, the head of research and development at SDC, noted, “during the training period at SDC there was no tension of any kind even though many of the Israeli employees were in the army and helped to put down the uprisings in Ramallah.”
4:4 この合弁事業の成功に関して、SDCの研究開発部長であるアリ=ベン=ジクリは、「イスラエ ルの従業員の多くは軍隊にいてラマラでの暴動を鎮めるのに手を貸したことがあったのだが、
SDCでの訓練期間中は、いかなる種類の緊迫状態もなかった」と言った。
4:5 One of the Palestinian employees stressed that “As engineers, we all speak the same language and have the same goals.
4:5 パレスチナ人の従業員の一人が、「技術者としてわれわれはみな、同じことばを話し同じ目標
をもっている。
4:6 I think the only real hope for a peaceful settlement [8](1. Lies in 2. Results in 3. differs from) such cooperative projects.” 4:6平和的解決の唯一の実質的な望みは、そのような協力的プロジェクトにあると私は思う」と強
調した。
[8]―1 >[8]
「平和的解決の唯一の実質的な望みは、そのような協力的プロジェクト( )と私は思う」の空所に
入るもの。lies in~「~にある」が入る。2のresults in~は「結果として~になる」、3のdiffers from~は「~と異なる」の意。

■第5段落
5:1 Peace Works, founded in 1994, also believes that peace may be reached through joint enterprise, but it is [9](1. by no means 2. not only 3. perhaps) unique because it was established expressly for the purpose of encouraging the development of cooperative business ventures between different groups of people.
5:1 1994年に設立されたピースワークスも、平和は合弁事業によって達成されると信じているが、
それは、異なった人々の集団聞の協力的な企業活動の発展を勧めることを明確に目的として設立 されたので、おそらく他に類をみないものであろう。
5:2 To qualify for PeaceWorks’ aid, companies must be crowned by persons of different nationalities or ethnicities that have habitually been in conflict.
5:2 ピースワークスから援助を受けるためには、企業は、常習的に争っている異なった国籍や民族
性をもつ人々によって共同所有されなければならない。
5:3 Peace Works serves as a consultant for marketing these companies’ products and [10](1. exchanging 2. facilitating 3. profiting) distribution and sales.
5:3今では、ピースワークスはこれらの企業の製品を市場に出し、流通と販売を促進するためのコ
ンサルタントとして働く。
5:4 Peace Works is now a multinational corporation with more than 3,000 sales outlets in the United States alone.
5:4 ピースワークスは、アメリカだけでも3,000以上の販売店をもつ多国籍企業である。
5:5 Peace Works Specialty Foods, a subsidiary of Peace Works, supports ventures between Israeli manufacturers who buy their raw materials from Palestinian farmers; it also directs a project involving a Texan manufacturer and farmers in the strife filled Mexican state of Chiapas.
5:5 ピースワークスの子会社であるピースワークススペシヤルティフーズは、パレスチナ人の農場 経営者から原材料を買うイスラエル人製造業者の間の事業を支援する。それはまた、メキシコの 争いに満ちたチアパス州におけるテキサスの製造業者と農場経営者に関わるプロジェクトも指導
する。
5:6 Peace Works provides similar services to the textile and clothing industries.
5:6 ピースワークスは繊維衣料産業にも同様のサービスを提供している。
5:7 The Arab co-owner of a company with which PeaceWorks [11](1. promotes 2. disputes 3. collaborates) commented, “Companies like this are good for the Arab people, better than making war.”
5:7 ピースワークスが協力する企業のアラブ人共同経営者は、「このような企業はアラブ民族に
とってよいもので、戦争をするよりもよい」と言った。
5:8 Peace Works’ local partners are not the only ones acknowledging its work so far.
5:8 ピースワークスの地元の共同事業者だけがこれまでのその成果を認めているのではない。
5:9 Global leaders have also acknowledged the success of Peace Works.
5:9全世界の指導者たちもピースワークスの成功を認めてきた。
・解答 [9]―3 >[9]
「それは、異なった人々の集団関の協力的な企業活動の発展を勧めることを明確に目的として設
立されたので、( )他に類をみないものであろう」の空所に入るもの。独特の目的を明確に表して 設立されたので、他に類はみないだろうと推測しているので、perhaps「おそらく~だろう」が入 る。1のby no meansは「決して~でない」の意で明らかに不可。2のnot onlyは「~だけではな い」の意だが、後に「~でもある」にftたる部分がないので不可。

■第8段落
8:1 [14](1. Essentially 2. Repeatedly 3. On the contrary), the model establishes a connection between states and private sector companies that secure employment and technology for the areas where they operate.
8:1本質的には、そのモデルは、国家と、操業する地域のために雇用と技術を確保する民間企業と
の聞に関係を築くものである。
8:2 Barilla, SDC, and Peace Works have all put this theory [15]( 1. aside 2. into practice 3. on trial) ; not only do they provide links between different groups of people that have been at odds with each other, but they also Create local employment, technological development, and profits.
8:2 バリッラ、SDC、ピースワークスはすべてこの理論を実行に移してきたが、お互いに争ってい
る異なった人々のグループの聞のつながりを与えるだけでなく、その地域の雇用や技術発展や利
益も生み出す。
[15]―2 >[15]
「パリッラ、SDC、ピースワークスはすべてこの理論を( )移してきた」の空所に入るもの。直後 に、実際に行っていることが具体的に挙げられている点から考える。into practiceを入れて、put~
into practice「~を実行に移す」となる。1のasideは「わきへ」、3のon trialは「試しに」の意。

総合政策学部 2006 問2、
■第1段落
1:1 Rural areas of the Southeast Asian mainland and the agricultural sector in general, form the majority of Southeast Asia’s population.
1:1東南アジア本土の農村地帯と、一般の農村部門で、東南アジアの住民の大半が形成される。
1:2 Rural agricultural areas, including forested land, constitute more than half of Southeast Asia’s land area.
1:2森林地域も含めて、農村の農地は、東南アジアの陸地の半分以上を占める。
1:3 The number of persons [31] (1. taken 2. engaged 3. residing) in agriculture, part or full time, varies from country to country.
1:3農業に従事する人数は、兼業であれ専業であれ、国によって異なる。
1:4 It averages, however, between 70% and 80%.
1:4 しかし、平均70%から80%の間になる。
1:5 In terms of these factors, that is, land and population, the rural areas are important.
1:5 こうした要因、すなわち、土地と人口の観点からすれば、農村地帯は重要である。
1:6 Even more important are the local people’s ways of [32] (1.responding 2. opposing 3. appealing) to modern development, especially in terms of their economic and social benefits and costs.
1:6 さらに重要なのは、とりわけ、経済や社会の利益と費用という観点からみた、近代的な開発に
対する地元民の反応の仕方である。
・解答
[31]―2
>[31]「農業に…する人々の数」というのであるから、1.「取られる」、2.「従事する」、3.「暮ら す」のうちでは、明らかに2が正解。be engaged in~「〜に従事する」

総合政策学部 2006 問1
■第2段落
2:1 But not as unimaginable as this :
2:1 しかし、想像がつかないといっても、次のことほどではない。
2:2 according to a respected researcher who employs a method of ranking human happiness on a scale of 1 to 7 , poor Calcutta’s score about a 4, suggesting they’re slightly happier than [2](1.not 2. ever 3. before) .
2:2人間の幸福を1から7までの尺度で格づけする手法を使う、ある評判の高い研究者によれば、貧
しいカルカッタの住民は約4点を獲得し、かろうじて彼らが不幸だというよりは幸せな方に入るこ とがわかる。
2:3 They may not be as happy as average Americans (who are pretty happy, statistically speaking, and positively [3] (1. cynical 2. pragmatic 3. euphoric) when compared with the dissatisfied Russians and sad Lath unions, but there certainly happier than one might expect.
2:3彼らは平均的なアメリカ人(統計的にいえば、アメリカ人はかなり幸福で、不満を感じているロ
シア人やリトアニア人に比べて、はっきりと幸福を感じている)ほど幸せではないかもしれない が、しかし確かに案外幸福なのである。
・解答 [2]―1
>[2]先行部分に「人間の幸福を1から7までの尺度で格づけする手法を使って、貧しいカルカッタの 住民は約4点を獲得し」たとあるから、設問部分は「彼らは不幸というよりは幸福だということに
なる(なぜなら、中点の3.5点よりもやや多い得点だから)」という意味になっていることがわか る。than ever「これまでより」やthan before「以前より」では、先行部分と結びつけることがで きない。

■第9段落
9:1 Consider the case of the United States.
9:1合衆国の事例を考えてみよう。
9:2 In the study of international college students, America ranked a respectable eighth, statistically tied [17] (1. in 2. to 3. with) Slovenia.
9:2国際的な学生調査で、アメリカはまずまずの第8位に位置づけられ、統計的にはスロベニアと同
点である。
9:3 The US.s leaders were slightly pained by this, no doubt, whereas Slovenia’s leaders were overjoyed.
9:3疑いなく、この結果に合衆国の指導者はいささかきずついたが、一方、スロベニアの指導者は
大喜びであった。
9:4 It would appear from these results that merely living as if you are No. 1, and running around the world shouting you are No. 1, doesn’t mean that you feel like No. 1 inside.
9:4 こうした結果から、第1位であるかのごとく暮らしたり、または第1位だと喚きながら世界中を
駆け回ったりするだけでは、心の中で第1位の実感があるということにはならないようだ。
・解答 [17]―3
>[17]tieはtie O with~「Oを〜と結びつける」が基本形。よって、正解がwithになるのは問題がな いが、ここでは、「〜と同点になる」の意。

総合政策学部 2,008 問1
■第1段落
1:1 Some people think that science and common sense are alike because science is a systematic and controlled extension of common sense, which is, in turn, a series of concepts and conceptual schemes satisfactory for practical uses.
1:1 科学とは常識の体系的で統制された拡張であり、反対に常識は、実用的な用途に見合った一連
の概念と概念的な枠組みなのだから、科学と常識はよく似ている、と考える人もいる。
1:2 But science and common sense differ in two significant ways.
1:2 しかし、科学と常識は2つの重要な点で異なる。
1:3 First, their uses of conceptual schemes and theoretical structures are strikingly different.
1:3 第一に、両者の概念的な枠組みと理論的な構造の使い方は著しく異なっている。
1:4 [1] (1. Since 2. While. Now that) the man in the street uses “theories” and concepts, he ordinarily does so in a loose fashion.
1:4 一般人は、「理論」や概念を使うとはいえ、たいていその使い方はずさんである。
1:5 He often accepts fanciful explanations of natural and human phenomena.
1:5 しばしば彼は、自然現象や人間に関わる事象についての空想的な説明を受け入れる。
1:6 An illness, for instance, may be thought to be a punishment for sin.
1:6 たとえば病気は罪に対する罰だと考えられたりするかもしれない。
1:7 The scientist, on the other hand, systematically builds her theoretical structures, tests them for [2] (1. internal 2. external 3. social) consistency, and subjects aspects of them [3] (1. for 2. to 3. through) empirical testing.
1:7 他方、科学者は体系的に理論構造を構築し、それらの内的な整合性を検証し、またそれらの複
数の側面を経験的な検証にかける。
1:8 Furthermore, she knows that the concepts she is using are manmade terms that may or may not exhibit a close relation to reality.
1:8 そのうえ、科学者は自分が使っている概念が、現実と密接な関係を示すことも示さないことも ある人工的な用語であることを知っているのである。
[3]ー2
>[3]subjectという動詞の語法的な知識を試す問題。subjectはsubject A to Bという形で用いられ、
「AをBに従わせる、AをBにさらす」といった意味。empirical testing「経験的な検証」に従わせ るとは、経験的な検証を行うということ。

■第5段落
5:1 Hypotheses are derived from theory.
5:1仮説は理論に由来する。
5:2 A good theory produces good hypotheses.
5:2 よい理論はよい仮説を生み出す。
5:3 And yet, it is also hypotheses that make theories better and sounder.
5:3しかし、理論を改善し健全化するのもまた、仮説なのである。
5:4 There are two aspects to handling hypotheses: hypothesis making and hypothesis testing.
5:4仮説の扱いには2つの面がある。仮説の形成と仮説の検証である。
5:5 [13] (1. Distinguishing 2. Discounting 3. Defending) these aspects are the key to seeing how hypotheses can contribute to theory.
5:5 これらの面を区別することが仮説が理論にどのように寄与できるかを知るカギを握っている。
5:6 For example, Freud had a theory of anxiety that included the concept of “repression.”
5:6 たとえばフロイトは「抑圧」という概念を含む不安の理論をもっていた。
5:7 [14] (1. By 2. On 3. To) repression, Freud meant the forcing of unacceptable ideas into the unconscious.
5:7 フロイトのいう抑圧とは、容認できない考えを無意識へと押し込めることを意味していた。
5:8 Testing Freud’s theory is thus a difficult matter, because the concepts of “repression” and the “unconscious” need to be defined in a measurable, empirical way.
5:8 だから、フロイト理論を検証することは困難なことだった。なぜなら、「抑圧」と「無意識」
という概念を、測定可能な経験的な仕方で定義する必要があるからである。
5:9 This is [15] (1. part 2. Soil. Most) of making a hypothesis and testing it empirically.
5:9 これが仮説を立て、それを経験的に検証するということの重要部分である。
5:10 If the concepts used in a hypothesis are operationally defined, that is, empirically testable, then a scientist can test the theory itself, and the theory can be improved upon.
5:10 もしも仮説中で使われている概念が操作的に定義されているなら、すなわち、経験的に検証
可能なら、科学者は理論そのものを検証することができ、そして理論をよりよいものにしていく ことができる。
5:11 [16] (1. Relative to 2. Depending Oil 3. Owing to) the hypothesis-testing activity tests not only the hypothesis in question but also the validity of the theory under consideration.
5:11仮説検証作業の結果次第で、仮説を支持するか拒絶するかを決めることができるのである。仮
説検証作業は、当該の仮説だけでなく、検討中の理論の妥当性をも検証するのである。
「16]ー2
>[16]設問部分は「仮説検証作業の結果、仮説を支持するか否定するかを決めることができる」と いう内容。選択肢はそれぞれ、1.「~に関係して、比例して」2.「~によって、~次第で」3.「~ のせいで~のために」という意味。検証の結果で、支持、不支持が決まるという意味にすると文 意が通るから、2が正解と決まる。

■第10段落
10:1 Biswas-Diener did further research by comparing the SWB scores of the impoverished Calcuttans with those of some homeless Californians in Fresno.
10:1 ビスワズ=ディーナーはさらに研究を進め、貧乏なカルカッタ人の主観的幸福の得点をフレズ
ノにいる家のないカリフォルニア人の得点と比べてみた。
10:2 Although the Californians had the advantage of decidedly better social welfare, they lagged [18] (1. behind 2. from 3. after) the Calcutta’s in happiness.
10:2 カリフォルニア人は明らかに良質の社会福祉という利点があったにもかかわらず、幸福に関 してはカルカッタ人に遅れをとったのだった。
10:3 One factor may be the lofty expectations Americans have for themselves and the despair they feel when they [19] (1.drop 2. fall 3. lack) short of them.
10:3一因としては、アメリカ人が自分に対してもっている高い期待と、それに達しないときに感じ
る絶望感があろう。
10:4 Or, as Biswas-Diener has suggested, the difference may come down to simple loneliness.
10:4 あるいは、ビスワズ=ディーナーが示唆したように、その差は単純な孤独感に帰せられるのか
もしれない。
10:5 Poor Calcutta’s, he observes, tend to live surrounded by their families, while the poor Californians are very often out there on their own.
10:5貧しいカルカッタ人は、彼の見るところでは、家族に囲まれて暮らしているが、一方、貧しい
カリフォルニア人は、外に一人でいることが極めて多いのである。
[19]―2
>[19]語句の知識が問われている。fall short of~「~に達しない、不足する」は、必修表現の1つ。
cf.The book fell short of my expectations「その本は私の期待にそわなかった」

総合政策学部 2008 問2
■第2段落
2:1 With a view to identifying the causes of this failure, the report begins with an analysis of countries that have, [32] (1. deceptively 2. naturally 3. on the contrary), been successful in dealing with hunger.
2:1 この失敗の原因を確定するために、報告は、反対に飢餓に対処するのに成功した国々の分析か
ら始める。
2:2 In Brazil and in China, rapid overall economic growth has led to significant growth of agriculture in particular.
2:2 ブラジルと中国では、急速な全体的経済発展によって、特に農業の大発展が生じた。
2:3 Both countries have made an [33] (1. obligation 2. illustration 3. effort) to control population growth and develop human resources, and have relatively low rates of HIV infection.
2:3両国とも人口増加を抑制し人的資源を開発するのに努めてきたし、エイズの感染は比較的低率
である。
[33]―3 >[33]設問部分は「両国とも人口増加を抑制し、人的資源を開発するのに~してきた」とい う内容。選択肢はそれぞれ、1.「義務」2.「例示、図解」3.「努力」という意味。選択肢の意味さ えわかれば、正解はmake an effort to do「~しようと努力する、努める」という成句を作る3だとわ かるだろう。

■第4段落
4:1 Subsequently, in September of 2006, there was a meeting at the Food and Agriculture Organization in Rome to identify ways to achieve the U. N. goal of halving hunger by 2015.
4:1続いて2006年9月に、ローマの国連食糧農業機関で、2015年までに飢餓を半減させるという国連 の目標を達成するための方法を定める会議があった。
4:2 At the meeting, all of the participants were asked how the pace of reducing hunger could be accelerated, [36] (1. even though 2. Since 3. While) a 2005 review showed that progress was poor in most developing countries.
4:2会議では、2005年の調査によって、大半の途上国では進歩がごくわずかだとわかったため、参
加者全員にどうすれば飢餓を減少させる歩みを加速できるかという質問がなされた。
4:3 Almost all the participants felt that the greatest threats to food security in the future come, first, from climate change (potential adverse changes in temperature, rainfall, and sea level) l, and, second, from the loss of biodiversity.
4:3参加者はほぼ全員、将来の食糧安全保障に対する最大の脅威は、第一に気候の変化(気温、雨
量、海面が潜在的に悪い方向へ変わること)、第二に生物多様性の喪失によって生じると思ってい た。
4:4 There was a great deal of consensus on this issue among the diverse groups of representatives, including a farmer from Senegal, leaders of Oxfam and other non-governmental organizations, agricultural scientists, and food security specialists.
4:4 この問題については、セネガルの農家、オックスファムその他のNGOの指導者、農業科学
者、食糧安全保障問題の専門家を含めさまざまな代表者集団のあいだに広範な合意があった。
4:5 The suggested ways to go forward [37] (1. ranged 2. Sprang. Diverged) from faithful implementation of the Kyoto Protocol to acting on the provisions of biodiversity, climate, and the prevention of the spread of deserts.
4:5提案された前進の方法は、京都議定書の誠実な履行から、生物多様性、気候、砂漠拡大の防止
という規定に基づく行動にまで及んだ。
[37]―1 >[37]設問部分は「提案された前進する方法は、京都議定書の誠実な履行から、生物多様 性、気候、砂漠拡大の防止という規定に基づく行動にまで~した」という内容。選択肢はそれぞ れ、1.「及んだ」2.「突然現れた」3.「分岐した」という意味。注目すべきポイントはfrom A to B
「AからBに至るまで」という部分。こうした前置詞の使い方と結合する動詞は、選択肢の中では
1のrange「(AからBまでに)及ぶ」だけしかない。

■第6段落
6:1 First, the tsunami of December 2004 resulted in a severe loss of life and property along coastal Tamil Nadu in southern India, which is where Mr. Swami Nathan lives.
6:1第一に、2004年12月の津波が南インドの沿岸部タミルナードゥ州で人と財産に甚大な損害をも
たらした。実はそこに、スワミナサン氏は住んでいるのである。
6:2 For 15 years [39] (1. previously 2. Since then 3. Now), many residents of that district have been trying to persuade coastal communities not to destroy the mangrove forests along the coast.
6:2 これまで15年間、その地域の多くの住民は海岸沿いのマングローブ林を破壊しないように沿岸
のコミュニティを説得してきた。
6:3 But the coastal people’s preoccupations with their livelihood did not allow them to heed that request.
6:3 しかし、沿岸住民は生計を立てるのに没頭していたので、そうした要請に耳を貸す余裕はな
かった。
6:4 The tsunami miraculously changed their outlook.
6:4津波は彼らの考え方を驚くほど変えてしまった。
6:5 Villages adjoining thick mangrove forests were saved from the fury of the tsunami because of the wave breaking [40] (1. impact 2. role 3. force) played by the mangroves.
6:5深いマングローブ林に隣接する村落は、樹林が波の威力をそぐ役割を果たしたため、津波の猛 威から救われたのだった。
6:6 But in nearby villages, where mangroves had been destroyed either for fuel wood or to create fishponds, several hundred fishermen died.
6:6 しかし、近隣の村落では燃料を得るためであれ養魚池を作るためであれ、マングローブ林が破
壊されていたので数百人の漁師が亡くなった。
6:7 This area is near the temple town of Chidambaram, [41] (1which. 2. Where 3. When) centuries ago the temple builders had chosen a mangrove species as the temple tree.
6:7 この地域は門前町チダンバラム近隣であり、その地では何世紀も前に寺院建造者がマングロー
ブの木を寺院の木に選んだのだった。
6:8 Following the tsunami there was a sudden awareness of the reason for this choice, and local people now refer to mangrove trees as “life savers.” 6:8津波の後、この選択の理由が急に知られるようになり、地元の人々は今ではマングローブの木
を「命の恩人」と呼んでいる。
6:9 What the residents could not achieve in 15 years by arguing that mangroves would serve as a natural, biological shield in the event of a flood was thus achieved in a day.
6:9住民たちが、洪水のときにマングローブは自然の、生物による防御柵として役立つのだと論じ
ながら15年かかっても成し遂げられなかったことが、こうして1日で成し遂げられたのである。
[40]―2 >[40]設問部分は「深いマングローブ林に隣接する村落は、樹林が波の威力をそぐ~を果た したため、津波の猛威から救われたのだった」という内容。選択肢はそれぞれ、1.「衝撃」2。
「役割」3。「威力」という意味だから、正解は2である。空所の直後のplayed by the mangroves「マ
ングローブ林によって果たされた」という部分から、設問の名詞がplayの目的語になることがわか る。play a role/part in~「~に役割を果たす」を知っていれば、ヒントになるだろう。

■第7段落
7:1 The same tsunami [42] (1. dictated to 2. concealed from 3. demonstrated to) farmers living near the shoreline the importance of conserving local varieties of rice.
7:1同じ津波によって、沿岸部付近に暮らす農民たちは、米の地域品種を保存することの大切さを
教えられた。
7:2 Several thousand hectares of rice fields along the coast became flooded with sea water.
7:2沿岸部にある数千ヘクタールの米畑が海水に浸かったのであった。
7:3 Most varieties of rice [43] (1. survived 2. perished 3. mutated), but a few salt resistant ones withstood the flood.
7:3 ほとんどの米の品種は枯れてしまったが、洪水を堪え忍んだ耐塩性の品種もいくつかあった。
7:4 This disaster, however, greatly helped to promote the conservation of local biodiversity, and now every farmer wishes to maintain a “seed bank” for the preservation of seeds belonging to diverse varieties.
7:4 しかし、この大災害は地域の生物多様性保全の推進に大いに役立ち、そして今では、農民は誰
もが多様な品種に属する種子を保存するため、「種子銀行」を支援したいと願っている。
7:5 The disaster became an opportunity to prepare both fishing and farming communities to meet the [44] (1. challenges 2. demands 3. diseases) that are directly linked to a rise in sea level.
7:5災害は、漁民と農民の集団両方に、海面上昇とじかに結びついた難題に立ち向かう用意を整え
る機会となった。
7:6 The biodiversity conservation movements in this area have now become community driven.
7:6 この地域の生物多様性保全運動は今やコミュニテイ主導となった。
[44]―1
>[44]設問部分は「災害は、漁業と農業の社会両方に海面上昇とじかに結びついた~に取り組む用 意を整える機会となった」という内容。選択肢はそれぞれ、1.「難題」2.「需要」3.「病気」とい う意味。本問のポイントは、meet the challengeが「難題に立ち向かう、難問をうまく処理する」と いう意味になることをつかめたかどうか。meetには「~に立ち向かう、対処する、切り抜ける」 といった意味があり、challengeには「挑戦」以外に「難題、難問」の意味があることは知っておき たい。ちなみにmeet the demandは「需要を満たす」の意味があるが、文脈に合わない。

■第11段落
11:1 Developing countries with pervasive poverty and expanding populations should spread a “do ecology” approach which can [50] (1. bring about 2. hold up 3. adhere to) both ecological and economic benefits.
11:1貧困が行き渡り、人口が増加している途上国は、「する環境保護」手法を広め、環境保護と経
済面の利益を両方とも生じるようにせねばならない。
11:2 In addition to self-help efforts on the part of developing countries, there is also a need for still greater support from the developed nations.
11:2途上国側の自助努力とともに、先進諸国からのより一層の支援もまた、必要である。
11:3 For this, Swami Nathan has proposed another important strategy named “don’t ecology” for developed countries.
11:3 このために、スワミナサンは先進国に「しない環境保護」と名づけられたもう一つの重要戦
略を提起してきた。
11:4 This strategy relates to regulations and restrictions in areas such as carbon emissions and the unsustainable consumption of natural resources.
11:4 この戦略は、炭素放出や、天然資源の維持不可能な消費といった分野での制限や規制に関わ
る。
11:5 These two strategies, “do ecology” and “don’t ecology,” should work hand in hand to deal with
the growing damage to our life-support systems.
11:5 これら2つの戦略、「する環境保護」と「しない環境保護」は手を携えて作用し、私たちの生
命を維持するシステムに対する損害の増大に対処するはずである。
・解答 [50]―1
>[50]設問部分は「貧困が行き渡り、人口が増加している途上国は、環境保護と経済面の利益の両
方~できる「する環境保護」手法を広めなければならない」という内容。選択肢はそれぞれ、1.
「を生み出す」2.「を保持する、提示する」3.「に固執する、忠実である」という意味。「する環 境保護」とは、第5段の最後から2番目の文にあるように、経済的利益にもつながるような環境保 護のことなので、「環境保護と経済面の利益を両方とも生じる」という意味になるはずだとわか る。そのような意味になるのは、1である。

■第9段落
9:1 However, the compact city policies proposed so far have been based more in theory than in practice, and the arguments are contentious.
9:1 しかしながら、これまで提案されてきたコンパクト・シティの政策は、実践よりも理論に基づ
いており、さまざまな主張が飛びかっている。
9:2 The theory is to an extent based on the assumption that restrictions on land use will help to concentrate development and lessen the need to travel, thus [48](1. generating 2. increasing 3. reducing) vehicle emissions.
9:2 その理論は、土地利用の制限が開発の集中的実施、および移動の必要性の減少と、その結果と しての車両の排ガスの減少に役立つだろうという想定にある程度基づいている。
9:3 The promotion of the use of public transport, walking and cycling is often cited as a solution.
9:3公共交通機関を利用する、歩く、自転車を使うといったことの促進は、一つの解決法としてし
ばしばあげられる。
9:4 Further reductions of harmful emissions might also result from more energy efficient land use planning, combined power and heating schemes, and energy efficient buildings.
9:4 よりエネルギー効率のよい土地利用計画、熱電併給事業、エネルギー効率のよい建物によって
も、有害排出物のさらなる削減が可能になるかもしれない。
9:5 It is also argued that higher densities may help to make the provision of amenities and facilities economically viable, [49](1.blocking 2. enhancing 3. reducing) social sustainability.
9:5 また、より高い密集性は便利な設備や施設の供給を経済的に実現可能にするのに役立ち、その
結果社会の持続性を高めるかもしれないとも主張されている。
[49]―2
>[49」
Block「(通路や交通を)ふさぐ、阻止する」
Enhance「(価値や可能性を)高める」 Reduce「減少させる」
enhance「高める」後のsocial sustainabilityは「社会の持続性」。
前の部分で「便利な設備や施設の供給を経済的に実現可能にするのに役立つ(help to … viable)」 と述べられていることから、肯定的な意味の語となるはずで、1の「阻止する(block)」や3の
「減少させる(reduce)」は不適切。

■第12段落
12:1 Our experiences show that there are many willing to participate in the noble campaign to end poverty on our planet.
12:1私たちの経験から、地球上の貧困をなくそうという立派な運動に進んで参加しようと
する多くの人々がいることがわかる。
12:2 Unfortunately, most charitable giving stays [46] (1. outside 2. inside 3. beside) the wealthiest countries.
12:2残念ながら、大半の慈善資金提供は最も裕福な国々の内部に留まっている。
12:3 In the United States, which accounts for the majority of private philanthropy worldwide, less than six percent of monetary giving leaves the United States.
12:3 アメリカ合衆国は世界中の民間慈善事業の大半を占めるが、資金提供のうち国外に 出るのは6%に満たない。
12:4 Even using one research organizations liberal calculations that include volunteer time and other forms of giving, the total is still less than eight percent.
12:4 ある研究機関の出したボランティアの時間やその他の種類の提供を含めた甘い計算 によってさえ、総計は依然として8%に届かない。
12:5 Research from other [47] (1.imperial 2. developed 3. Christian) nations produce similar results.
12:5他の先進国から出てくる研究も、似たような結果である。
12:6 A leading reason for this disparity in need and giving has been the lack of reliable information and confirmation that donating abroad actually impacts those who need help the most.
12:6需要と提供のこのような不均衡が生じる主要な理由は外国に寄付してそれが実際に最 も援助を必要としている人に届くという信頼できる情報と確認が欠如していたことだった。

12:7 Western private donors give [48] (1. little 2. different 3. great) weight to risk and return on investment.
12:7西洋の民間寄付者は、投資危険率と利益率を重視する。
12:8 When allowed to apply investment strategy to philanthropy, they respond.
12:8投資戦略を慈善事業にも適用することができるようになると、彼らから反応がある。
12:9 This is evident in the growing number of givers adopting similar philosophies.
12:9 このことは同じような理念を採用する提供者の数が増えていることに、はっきり現
れている。
[48]―3
>[48]
直後に「投資戦略を慈善事業にも適用することができるようになると、同じような理念を
採用する提供者の数が増える」とある。投資戦略とは「投資危険率と利益率」を十分に考 慮することだから「投資危険率と利益率を重視する」という意味になることがわかる。 give great weight to~「~を重大だと考える」

■第11段落
11:1 The [44] (1. marriage 2. failure 3. uniqueness) of measurable results and more committed donors is why performance philanthropy is so convincing as a strategy for reducing global poverty and its related consequences.
11:1計測可能な成果とより深く関わる寄付者との結びつきがあるゆえに、業績重視慈善事
業は、世界規模の貧困およびそれに関連して生じる影響を縮減する戦略として、きわめて 説得力がある。
11:2 According to the World Bank, half the world’s 6 billion people live on less than $2 a day, and 1.3 billion people – more than 20 percent of the world’s population – live on less than $1 per day.
11:2世界銀行によれば世界の60億人の半数が1日2ドル以下で暮らしており、13億人とい
う、世界人口の20%以上に当たる人々が1日1ドル以下で暮らしている。
11:3 These poverty figures, [45] (1. due to 2. roughly 3. despite) hundreds of billions of dollars of traditional philanthropy, keep growing.
11:3 こうした貧困数値は数千億ドルに及ぶ従来の慈善事業があるにもかかわらず増大し
続けている。
11:4 The number of people living on less than $2 a day grew by 300 million in the last 20 years.
11:4 1日2ドル以下で暮らす人々の数は過去20年間で3億人増えたのである。
[45]―3
>[45]
due to 「~のために」 roughly「おおよそ」 despite「~にも関わらず」
「貧困数値が増大を続けている」ことと「数千億ドルに及ぶ従来の慈善事業が行われてい る」こととの関係は、1の「〜のおかげで(理由)」2の「おおよそ大ざっぱに」、3の「〜
にもかかわらず(譲歩)」の中でどれが適切かを考える。数千億ドルもの資金があれば貧困
は減少するのが普通なのだから、「それだけのお金をかけているにもかかわらず」という
譲歩の意味にならなければいけない。よって、正解は3である。

■第10段落
10:1 Performance philanthropy has additional benefits.
10:1業績重視慈善事業には、さらに利益がある。
10:2 Not only does it maximize results;
10:2 それは成果を最大化するだけではない。 10:3 it also encourages additional investment. 10:3追加投資を促進することにもなるのである。
10:4 When donors are [43] (1. able 2. reluctant 3. insensitive) to follow their money and understand the direct results of their generosity, they become much more committed to the philanthropic process.
10:4寄付者が自分のお金の後をたどり、自分の寄付の直接の成果を理解することができる
と彼らは慈善事業の営みに、さらに深く関わるようになる。
10:5 These committed and involved donors help to energize and expand the field of giving.
10:5 こうした関わりや関係をもつ寄付者は資金提供分野の活性化と拡大に役立つ。
・解答 [43]―1
>[43]
Be able to「~することができる」
Be reluctant to「~するのをためらう」
Be insensitive to「~に鈍感である」
直前文「業績重視慈善事業は追加投資を促進することになる」理由がこの部分に述べられ
ているのだから「寄付者が後をたどって寄付の直接の成果がわかればさらに深く関与する ようになる」といった意味でなければならない。

■第5段落
5:1 The theory of evolution has not been proven as fully as the theory of gravity.
5:1進化論は、重力理論ほどには十分に証明されていない。
5:2 There are many gaps in what we know about prehistoric creatures.
5:2先史時代の生物に関して私たちの知っていることには、数多くの断絶がある。
5:3 But everything that we have learned is [8](1.consistent with 2. Contrary to 3. irrelevant to) the view that the creatures we encounter today had ancestors from which they evolved.
5:3 しかし私たちが学んだことはすべて、今日私たちが出会う生物には進化の元となった
祖先があったという見解に合致する。
5:4 This view, which is the only scientifically defensible theory of the origin of species, does not by any [9] (1.means 2. trend 3.accident) rule out the idea that God exists.
5:4 この見解は、種の起源に関する科学的に擁護可能な唯一の理論であるが、神が存在す るという思想を排斥するものでは決してないのである。
・解答 [8]―1
>[8]
Be consistent with 「~に一致する」
Be contrary to「~に反して」
Be irrelevant to「~と無関係の」
論旨の流れは「進化論(the theory of evolution)は、重力理論ほど十分に証明されず、断絶も
多いが、しかしこれまでの知識はすべて、進化論に~するのである」となっているのだか ら、ここは「進化論を肯定するもの」という意味の語句でなければならない。

■第2段落
2:1 This theory has been tested rigorously, [2] (1. as much as 2. so much as 3. so much so) that we can now launch a satellite and know exactly where it must be in space in order to keep it rotating around the earth.
2:1 この理論は厳密に検証されてきたのであり、その厳密さのために私たちは、今衛星を
打ち上げ、それが地球の周りを回り続けるようにするためには、宇宙のどこに置かなけれ
ばならないのかが正確にわかるほどである。
2:2 It was not always this way.
2:2 つねにそうだったというわけではない。
2:3 From classical times to the Middle Ages, many important thinkers thought that the speed with which objects fall toward the earth depended solely on their weight.
2:3古典時代から中世まで、多くの重要な思想家たちは、物体が地面に向かって落ちる速度
は、ただその重量によって決まると考えていたのである。
2:4 We now know that this view is false.
2:4私たちは今、この見解が誤りであることを知っている。
2:5 In a vacuum, objects fall at the same speed and, thanks to Newton, we know the formula with which to [3] (1.accelerate 2.calculate 3. control) that speed.
2:5真空中では、物体は同一速度で落下するし、またニュートンのおかげで、私たちは、
その速度を計算するための公式を知っているのである。
・解答 [2]―3
>[2]
As much as「~と同じくらい」
Not so much as「~すらも」
So much so that~「とてもそうなので~」
so much so that…は前文の形容詞・副詞を強めて「とてもそうなので・・・するくらい
に」という意味。ここでは具体的には「とても厳密に(rigorously)検証されるので…」とい う意味である。

■第8段落
8:1 However, this is by [16] (1. all 2. some 3. no) means the only way in which a language can develop its vocabulary;
8:1 しかしながら、これは決して言語がその語いを拡大する唯一の手段ではないのであ
る。
8:2 there are many cases where the vocabulary of a language is developed from within, that is, by using its own existing resources.
8:2言語の語いが「内部から」、すなわち、自分自身の現存資源を利用することによって発
達する数多くの事例がある。
8:3 One of the reasons why a languages own resources may be used in the expansion of its vocabulary is that a writer wants his/her work to be readily understood by its intended audience, who might be [17](1. put on 2. put off 3. pulled off) by too much borrowing.
8:3言語自身の資源がその語い拡大に利用される理由の1つは、作家が自分の作品を、対象
とする読み手にたやすく理解してもらいたいと思うからであり、読み手は借用が多すぎれ ば、嫌気がさしてしまうかもしれない。
8:4 This is what Cicero* did.
8:4 こうしたことを、キケロがやってのけたのだった。
8:5 In order to write in Latin about the ideas of Greek philosophy, he developed a Latin vocabulary which corresponded to the ideas he wanted to put [18]( 1. away 2. down 3. across) .
8:5 ラテン語でギリシャ哲学の思想のことを書くために、彼は自分が理解してもらいた かった思想に対応するラテン語の語いを生み出したのだった。
8:6 An example of this was his use of the Latin word ratio to mean ‘reason’, a usage which has come down to us today in English.
8:6 この一例として、彼はラテン語のratioという語を「理性」を意味するように用いたの であり、その用法は今日まで英語に受け継がれている。
8:7 He also invented new words made up of Latin elements:
8:7 また彼は、ラテン語の要素からなる新語も造った。
8:8 for instance, the word qualitas, which became ‘quality’ in English, was [19] (1. coined 2. depicted 3. designated) by Cicero to correspond to a Greek idea.
8:8 たとえば、qualitasという、英語ではqualityとなった語は、ギリシャの念に対応するよ うにキケロによって造語されたのだった。
8:9 Thus, he composed his philosophical works in Latin partly to make Greek philosophy available to a Latin-speaking audience, but also partly to show that it could be done.
8:9 こうして、彼がラテン語で自分の哲学の著作を書いたのは、1つにはラテン語の話し 手である読者がギリシャ哲学を理解できるようにするためであったが、また1つには、そ れができるということを示すためだった。
8:10 This was because some of his contemporaries were skeptical about the possibility of Latin being able to express the ideas of the Greeks!
8:10 それは、彼の同時代人にはギリシャの思想をラテン語が表現できる可能性に懐疑的
だった人がいたからだったのだ。
[17]―2
>[17]
put on 「身に着ける、装う」
put off 「延期する、いやにさせる」
pull off「去る、脱ぐ、うまくやり遂げる」 まず文脈を探ろう。「語い拡大に言語内部の資源を使う理由は、読み手にわかりやすいか らであって、借用語が多すぎると読み手はすなくすかもしれない」という意味になること
が理解できる。そのような意味になるのは2のput off「やる気をなくさせる、いやがらせ をする、不快にする、気を散らす」である。putoffは「延期する」だと即断して、除外す ると正解がみつからなくなってしまう。
[18]―3
>[18]
Put away「片づける、取っておく」
Put down「下に置く、鎮める」
Put across「わかりやすく伝える、見事に行う」
この部分が[17]の直前に記述されたa writer wants his/her work to be readily understood by its intended audience「書き手は読み手に自分の著作を容易にわかってほしいと思う」に 対応していることをつかむのが、正解のために不可欠である。その対応から、この部分が
「キケロが(読み手に)理解してもらいたい思想」という意味になりそうだと判断できる。 そのような意味になるのはput~across「~をわからせる。受け入れさせる」であり、正 解は3。

■第6段落
6:1 However, this view confuses a feature of languages which is due just to their history with an [13] (1. insistent 2. inherent 3. initial) property of languages.
6:1 しかし、この見解はその言語の歴史だけに起因する特徴と、その言語に固有の特徴と を混同している。
6:2 That is, this opinion concludes that because there has been no occasion or need to discuss, for arguments sake, nuclear physics in Maori; it could never be done because of some inherent fault in Maori.
6:2 すなわち、議論を進めるためにいうと、この意見は、マオリ語で核物理学を論じる機
会や必要がこれまでなかったからだと結論づけ、マオリ語に固有の欠陥のせいでそれを決
して議論することができないとするのである。
6:3 A little thought, however, will show that this argument cannot be maintained. 6:3 しかし、少し考えてみれば、この議論が支持できないとわかるだろう。 6:4 Computers were not discussed in Old English; 6:4古英語でコンピュータは論じられなかった。
6:5 Modern English is the same language as Old English, only later;
6:5近代英語は古英語と同じものであって、時期が新しいというに過ぎない。
6:6 it should follow that Modern English cannot be used to discuss computers.
6:6 だから、近代英語はコンピュータを論じるのに使うことはできないということになる はずである。
6:7 This is clearly [14] (1. assertive 2. absurd 3.appropriate).
6:7 これは明らかにばかげている。
6:8 What of course has happened is that through time English has developed the resources necessary to the discussion of computers and very many other topics which were simply unknown in earlier times.
6:8 もちろん実際には英語はずっとコンピュータやその他、昔はまったく知られていな かったきわめて多くの話題の議論に不可欠な資源を開発してきたのだ。
6:9 And ‘developed’ is the crucial word in this matter.
6:9 また、「開発した」というのはこの問題では大変重要な言葉である。
6:10 English expanded its vocabulary in a variety of ways so as to meet the new [15] (1.demands 2. supply 3. necessity) being made of it.
6:10英語は発展により生じている新たな需要を満たすために様々な方法でその語いを拡大
してきた。
6:11 All languages are capable of the same types of expansion of vocabulary to deal with whatever new areas of life their speakers need to talk about.
6:11 すべての言語は同じように語いを拡大して、話し手が話題にする必要がある新しい
生活領域がどのようなものであれ、それに対処することができるのである。
[15]―1>
>[15]
demands 「需要、要求」
supply 「供給」 necessity「必要」
語句の知識が問われている。meet the demand「需要を満たす、需要に応じる」という表現
は必修レベルの重要語句。3のnecessityもdemandに近い意味だが、meet the necessityとはい わない。

■第3段落
3:1 Over the last twenty years, there have been a number of initiatives in the areas of politics, education and broadcasting to try to use Maori and, [4] (1. by the way 2. in addition 3. as a result), it is now an official language of New Zealand.
3:1過去20年にわたって、政治、教育、放送の分野でマオリ語を使おうという発案が何度
もなされてきたのであり、その結果、マオリ語はニュージーランドの公用語になっている。

3:2 As these initiatives have progressed, however, some people have begun to express the view that Maori is simply not capable of being used as an official language.
3:2 しかし、このような発案が進展するにつれて、マオリ語は公用語として使うことは まったくできないという見解を表明する人が出始めた。
3:3 This kind of opinion, in fact, is not based on logic.
3:3実は、この種の意見は、論理的な根拠がない。
3:4 I recall a comment in a New Zealand newspaper, which tried to [5] (1. make 2. see 3. show) the point that Maori was no good as a language because it had to borrow words from English in order to express new ideas.
3:4私はニュージーランドの新聞に載った意見を覚えている。その意見は、マオリ語は新
たな概念を表現するのに、英語から言葉を借り入れなければならないから、言語として不 十分であると主張しようとしていた。
3:5 English, [6] (1. on the one hand 2. on the other hand 3. On top of that), was a very flexible and vital language because it had throughout its history been able to draw resources from many other languages to express new ideas.
3:5一方、英語は歴史を通じて、新概念を表現するために、他の多くの言語から糧を得て
きたがゆえに、きわめて柔軟で生き生きした言語であるというのだ。
[5]―1
>[5]
熟語表現の知識が問われている。新聞の意見がしていることはmake the point that S V…「…
であると主張する」である。よって1のmakeが正解。3のshowでは、「という事項を示 す」となり、やや不自然。

■第2段落
2:1 This sort of opinion is often seen in societies where a minority language is spoken alongside a major language.
2:1 この種の意見はしばしば、主要言語と並んで少数言語が話されている社会にみられ る。
2:2 Consider the situation of Maori, the [2] (1. indigenous 2. Inevitable 3. Institutional) language of New Zealand.
2:2 ニュージーランドの現地語、マオリ語の状況を考えてみよう。
2:3 Linguists estimate that English is the native language of some 95 percent of the New Zealand population and the only language of about 90 percent.
2:3言語学者は、英語がニュージーランドの人口の約95%の母国語であり、約90%の人々に
とって唯一の言語であると見積もっている。
2:4 People who identify themselves as Maori [3] (1. come out 2. make up 3. sum up) about 12 percent of the New Zealand population of just over 3 million.
2:4自分をマオリ人だとみなす人々は、300万をわずかに越えるニュージーランドの人口の
約12%を占める。
2:5 Although the Maori language is regarded as an important part of identity as a Maori, it is spoken fluently by only 30,000 people.
2:5 マオリ語はマオリ人の独自性の重要部分であるとみなされているとはいえ、それを流
陽に話すのは、ほんの3万人に過ぎない。
[3]―2
>「3]
Come up「出世する、上ってくる」 Make up「化粧する、占める」
Sum up「要約する」
「マオリ族がニュージーランドの人口の約12%を〜する」というのだから、2のmake up〜「〜を占める」がふさわしい。cf. Female students make up about half the campus population.「女子学生が全学生数の約半分を占める」

■第2段落
2:1 A new animal appeared on the planet, spreading slowly out from the African heartland.
2:1新しい動物がこの惑星に現れ、アフリカ中央部からゆっくりと外へ広がっていった。
2:2 It was still so rare that a hasty census might have overlooked it, among the teeming billions of creatures roving over land and sea.
2:2 まだ非常に希少なものだったので、何十億ものおびただしい数の生物が陸や海をうろ
ついている中では、せっかちな調査ならそれを見逃していたかもしれない。
2:3 There was no evidence, as yet, that it would prosper or even survive;
2:3 その動物が繁栄する、あるいは生き延びるということさえも、その証拠はまだなかっ
た。
2:4 in this world where so many mightier beasts had passed [1](1. away 2. off 3. Out) , its fate still wavered in the balance
2:4 より強力な動物でさえ非常に多数が死に絶えているこの世界では、その運命はまだ どっちつかずの状態で揺れ動いていた。
・解説 [1]―1
>[1] pass away「亡くなる、消滅する」 pass off 「偽ってだます」
pass out 「意識を失う」

■第5段落
5:1 The bone club, the toothed saw, the horn dagger, the bone scraper these were the marvelous inventions which the manages needed in order to survive.
5:1骨でできたこん棒、歯のついたのこぎり、角でできた短剣、骨でできた削り器―これ らは猿人が生き延びるために必要とした驚くべき発明であった。
5:2 Soon they would recognize them for the symbols of power that they were, but many months [6](1. could 2. had to 3. might) pass before their clumsy fingers would acquire the skill or the will to use them.
5:2 ほどなく彼らはそれらをカの象徴として認めるのであるが、彼らの不器用な指がそれ らを使う技術―あるいは意志―を得るまでには何カ月もの期聞が経過する必要があった。
5:3 The odds were still [7](1. against 2. between 3. beyond) them, and there were endless opportunities for failure in the ages that lay ahead.
5:3 まだ彼らには勝ち目はなく、その先に続く年月において数限りない失敗の機会があっ
た。
5:4 Yet the manages had been given their first chance.
5:5 しかし猿人は最初のチャンスを与えられた。
There would be no second one;
5:5 2度目のチャンスはもうないだろう。
5:6 the future was, very literally, in their own hands.
5:6 つまり未来はまさに文字どおり、彼ら自身の手の中にあったのだ。
[7]―1
>[7]The odds are against~「~に勝ち目はない、うまくいきそうにない」慣用表現。
Against all odds 「強い抵抗に対抗して」

■第11段落
11:1 Humans were also learning to harness the forces of nature;
11:1人間はまた、自然の力を利用することを覚えつつあった。
11:2 with the taming of fire, they laid the foundations of technology and left their animal origins far behind.
11:2火を使いこなすことにより、科学技術の基礎を築き、動物としての起源をはるか後方
ヘ置き去りにした。
11:3 Stone gave [17](1. merit 2. birth 3. way) to bronze, and then to iron.
11:3石は青銅に、そして鉄に取って代わられた。
11:4 Hunting was succeeded by agriculture.
11:4狩猟についで農業が起こった。
11:5 The tribe grew into the village, the village into the town.
11:5部族は村へと成長し、村は町へと成長した。
11:6 Speech became eternal, [18] (1. more 2. relative 3. thanks) to certain marks on stone and clay and papyrus.
11:6石や粘土やパピルスに残されたある種の印のおかげで、言葉は永遠のものとなった。
11:7 Presently they invented philosophy, and religion.
11:7間もなくすると彼らは哲学や宗教を発明した。
11:8 And they peopled the sky, not altogether inaccurately, with gods.
11:8 また彼らは、全くでたらめにではなく、空に神々を住まわせた。
・解説 [17]―3 [18]―3
>[17]give way to~「~に取って代わられる」
Give birth to~「~を産む」
Give merit 「手柄を得る」
>[18]thanks to~「~のおかげで」
there’s more to A than B「Bと言っただけではAの説明[理由,描写]として不十
分[不適切]である」
relative to~「~に関して」

■第12段落
12:1 As their bodies became more and more defenseless, so their means of offense became steadily more frightful.
12:1身体がますます無防備になるにつれて、攻撃の手段は着々とより恐ろしいものとなっ
た。
12:2 With stone, bronze, and iron, they [19] (1. got 2. made 3. ran) the gamut of everything that could pierce and slash, and quite early in time they learned how to strike down their victims from a long distance.
12:2石や青銅、鉄を用いて、突いたり切ったりできるあらゆるものを製造し、さらにほど
なくして、遠く離れた場所から犠牲者を打ち倒す方法を覚えた。
12:3 The spear, the bow, the gun, and finally the guided missile gave them weapons of infinite range and [20](1. all 2. more. none) but infinite power.
12:3 やり、弓、銃、そしてついには誘導ミサイルによって、彼らは無限の範囲におよ
ぶ、武器と、ほぼ無限の力を得た。
・解説 [19]―3 [20]―1
>[19]run the gamut of~「~のすべてを経験する」
The gamut 「全領域」
>[20]all but~「ほとんど~」almostとほぼ同義。

copyright 2016/Everyday school