[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 英語 語法三択テクニック 『接続詞(または、それに準ずる副詞)を選ぶ問題』

環境情報学部 1,995 問1、
■第4段落
4:1 From the ways and circumstances in which displays are used and from the apparent responses
of recipients, it is possible to (8) (1.emancipate 2. emulate 3. enumerate) the general functions of
animal communication.
4:1誇示行動がなされる方法やその時の状況から、また誇示行動の受け手の反応から、動物のコ
ミュニケーションの一般的な機能を列挙することが可能である。
4:2 First, displays guide animals to one another, (9) (1. thereby 2. therefore 3. thereof) enabling
one to advertise its presence and behavioral predispositions to potential recipients.
4:2 第一に、誇示行動は動物を互いに手引きする。それによって動物は潜在的な受け手に対してそ
の存在を宣伝し、行動の傾向を示す。
4:3 Displays enable individuals in a group to respond selectively to particular associates at
appropriate times.
4:3 誇示行動によって、グループ内の個体が特定の仲間に適切な時に選択的に反応できる。
(9)1
(9)
thereby「それによって」≒by that means
therefore「それゆえに、その結果」
thereof「その」
「誇示行動は動物を互いに手引きする」→「動物は潜在的な受け手に対してその存在を宣伝し、行
動の傾向を示す」

環境情報学部 1,995 問2
■第9段落
9:1 Classical Liberalism — After the Revolution of 1688, Britain was thought to be the country
whose political practices were the most free.
9:1 「古典的自由主義」―1688年の革命後、英国は政治的習慣が最も自由な国だと考えられてい
た。
9:2 The revolution had ensured that rulers would act according to legal process and that the
judiciary was independent of political control.
9:2革命によって支配者は法的手順を踏んで行動すること、司法権は政治的コントロールを受けな
いことが保証された。
9:3 French writers like Voltaire and Montesquieu contrasted this situation with that of France
where, (9) (1. since 2. although 3. if) government in many respects was mild, it could act in an
arbitrary way.
9:3 ボルテール、モンテスキューなどのフランスの作家はこの状況をフランスの状況と比較した。
フランスでは、多くの面で政府は穏健ではあったけれども、専制的に動こうとすれば動けた。
9:4 Sentiments favorable to liberty were also widely promoted in the 18th century by a passionate
admiration for ancient Rome that was especially strong in France and the American colonies.
9:4 自由を歓迎する感情は、特にフランスとアメリカ植民地で強かった古代ローマに対す之熱情的
なあこがれによって18世紀に広く推進された。
・解答 (9)2
(9)
Since「だから」
Although「しかしながら」
If「もし~ならば、たとえ~でも」
政府が「穏健であった」と、arbitrary「窓意的な」行動をとることとは逆接の関係。

環境情報学部 1,996 問1、
■第5段落
5:1 Not unnaturally, psychologists and others have come increasingly to note that the qualities
required of leaders cannot be defined in the abstract; they must, (14)(1. moreover 2. on the
contrary 3. nevertheless)
, be related to the circumstances in which the leader emerges.
5:1心理学者やその他の人々が、リーダーに要求される特質を理論的に定義するのは不可能である
とますます言うようになってきたのは無理もないことである。特質はそれとは逆にリーダーの出
現する環境と関係があるに違いないからである。
5:2 Leaders and their environment are so closely related that the question of the assessment of
their role has become extremely difficult to undertake.
5:2 リーダーとその環境が非常に密接に結びついているので、彼らの果たした役割を評価するとい
う問題はきわめて困難なものとなってしまった。
5:3 Here too, biographies have described the achievements of arge numbers of great rulers but are
of little help in answering the question: how have leaders changed the course of history?
5:3 ここでも再び、数多くの偉大な支配者の功績を記述した伝記があるが、それらも、リーダーた
ちはいかにして歴史の流れを変えたかという問題に対する解答を出すにはほとんど助けとならな
い。
5:4 The question has become the subject of a major debate between those who emphasize
“heroes” and those who (15)(1. interpret 2. live in 3. ignore) the past on the basis of broad
economic and social trends in which leaders are mere symbols.
5:4 この問題は、「英雄」を強調する人々と、経済的・社会的な大きな流れの中でリーダーは単な
る象徴的存在であったという点から過去を解釈する人々の間で大きな論争の材料になった。
・解答 (14)2
(14)
Moreover「そのうえに」
on the contrary「(今述べられたことに強く反対して)それどころか、とんでもない」
nevertheless「けれども」
前後の文脈で接続を決定する。in the abstract「抽象的に」

環境情報学部 1997 問1
■第12段落
12:1 Times have changed.
12:1 時代は変わった。
12:2 It used to be that we could blame the media for everything.
12:2 以前はすべてをメディアの責任に帰することができた。
12:3 There was a guilty party.
12:3 有罪犯人がいたのだ。
12:4 (19)(1. Again 2. Because 3. Then) there were the virtuous voices that showed us who the
criminals were.
12:4 そのときは犯人がだれであるかを我々に示してくれる有徳者の声があった。
12:5 Art offered alternatives for those who were not prisoners of the mass media.
12:5 マスメディアにとらわれていない人々に対しては芸術は選択肢を提供した。
12:6 Those days are gone forever and we have to start again from the beginning, asking one
another what’s going (20) (1. on 2. to happen 3. to be happening).
12:6 そういう時代は永久に去ったのだ。我々は最初から再出発しなければならない。一体何が起
こっているのだろうとお互いに尋ねあいながら。
・解答 (19)3
(19)
前文を受けて「thenそのときは~」と続く。

■第3段落
3:1 And yet we (2) (1. considered 2. are considering 3. had considered) Kubrick an innovator of
genius.
3:1 だというのに、我々はキューブリックのことを天才革新者だと思っていたのだった。
3:2 But that is the point; the media have a history but they have no memory (two characteristics
that ought to be incompatible).
3:2 しかし、そこが大事な点だ。メディアには歴史はあるが、記憶がないのだ(それは当然両立し
がたい2つの特色である)。
3:3 The mass media are genealogical because, in them, every new invention sets (3) (1. off 2. out
3. on) a chain reaction of inventions and produces a sort of common language.
3:3 マスメディアには家系的なところがある。理由は、マスメディアにおいては新しい発明はこと
ごとく発明が次々となされるきっかけとなり、ある種の共通言語を生み出すからである。
3:4 They have no memory because, when the chain of imitations has been produced, no one can
remember who started it, and the head of the clan is confused with the latest great grandson.
3:4 一連の似たものが作り出されるとだれがその先端をつくったのかを思い出せる人間はおらず、
一族の長は一番新しい曾孫と取り違えられてしまうから、メディアには記憶力がない。
3:5 (4)(1. Therefore 2. In contrast 3. Furthermore), the media learn ; and thus the spaceships of
Star Wars, descended from Kubrick’s, are more complex and plausible than their ancestor, and
now the ancestor seems to be their (5) (1 .imitator 2. origin 3. model).
3:5 そのうえメディアは学習する。そこで、キューブリックの宇宙船の子孫である『スターウォー
ズ』の宇宙船は、どれもその先祖の宇宙船より複雑でそれらしくなっている。そして今や先人の
ほうが彼らの模倣者のように見えてしまう。
(4)3 (4)
therefore「それゆえに」
in contrast「(前文を受けて)これに比べて、それとは対照的に」
furthermore「なお、そのうえに」直前には、どれがオリジナルかわからなくなる、ということが
述べられ、その次にはオリジナルがわからなくなるどころか、オリジナルが模倣に見えてしまう
といった逆転現象が起こるというところまで話が進められていることから、前文よりも程度が強
いことを述べるときに使うものを選ぶ。

環境情報学部 1,997 問2
 ■第4段落
4:1 Thought, (5) (1. on the contrary 2. in fact 3. in contrast), is often inimical to extrinsic learning.
4:1 確かに外からものを教えこむ(非本質的な教育)際には、思考は邪魔になる。
4:2 The effects of propaganda, indoctrination, and operant conditioning all disappear with insight.
4:2 プロパガンダ、教化。オペラント条件づけなどの効果は洞察力によりすべてなくなってしま
う。
4:3 Take advertising, for example.
4:3 広告を例に考えてみよう。
4:4 The simplest medicine for it is the truth.
4:4 広告に対する最も簡単な治療薬は真実である。
4:5 You may worry about subliminal advertising and motivational research, but all you need are the
data which prove that a particular brand of toothpaste stinks, and you’ll be able to resist all the
advertising in the world.
4:5 閾外広告や購買動機調査に悩まされている人もいるかもしれないが、あるメーカーの歯磨き粉
は悪臭を放つということを証明するデータさえあれば、世間にあふれているすべての広告に抵抗で
きるようになる。
4:6 As another example of the destructive effect of truth upon extrinsic learning, a psychology class
played a joke on their professor by secretly conditioning him while he was delivering a lecture on
conditioning.
4:6 外からものを教えこもうとする学習に対して真実がもつ破壊的効果の例をもう一つ挙げよう。
心理学の教室で教授が条件づけの講義をしている最中に、学生たちは教授をこっそりと条件づけ
るいたずらをした。
4:7 The professor, without realizing it, learned to nod (i.e., acquired the habit of nodding) more and
more, and by the end of the lecture he was nodding continually.
4:7 教授は気づかないうちにますますうなずくようになった(すなわち、うなずく癖がついてしまっ
た)。そうして、講義の終わりごろにはしょっちゅううなずいているようになってしまった。
4:8 As soon as the class told the professor what he was doing, however, he stopped nodding, and
of course after that no amount of smiling on the part of the class could make him nod again.
4:8 しかし、教授に学生たちが教授のしていることを伝えると、教授はうなずくのをやめた。そし
て、それ以後はもちろん、学生がいくら微笑んでも教授をうなずかせることはできなかった。
4:9 Truth made the learning (6) (1. accumulate 2. progress 3. disappear).
4:9 真実を知ることによって学習したことは消え失せてしまった。
4:10 Extending this point, we ought to ask ourselves how much classroom learning is actually
supported by ignorance, and would be destroyed by insight.
4:10 このことからさらに言えば、教室内の学習のいかに多くの部分が無知によって実際に支えら
れており、そして、洞察力があれば、いかに多くの部分が破壊されることになるだろうかと自ら
に問いかけるべきであろう。
・解答 (5)2
(5)
on the contrary「それどころか」
in contrast「(前文を受けて)(それと)対照的に」

環境情報学部 2,000 問1、
■第7段落
7:1 One notable source of weather in the tropics is the Madden Julian Oscillation(MJO), a
wave-like disturbance in the atmosphere with a period of 30-60 days that originates over
the Indian Ocean.
7:1熱帯地方の気象の注目すべき源の一つに、マデン・ジュリアン振動(MJO)があるが、そ
れはインド洋に端を発し、30日から60日の期間にわたって波状に大気が乱れる現象であ
る。
7:2 It could have been that the ocean got a healthy kick from the MJO at just the right time
to send it on a course towards record [16] (1. cold 2. low 3. high) temperatures.
7:2記録的な高温を生む経過につながるまさにうってつけの時期に海洋がMJOからかなり
の影響を受けたということが可能性としてある。
7:3 The tropical Pacific was preconditioned for the beginning of an EI Nino by the build-up
of excess heat in the western equatorial Pacific due to stronger than normal trade winds in
1995-96.
7:3熱帯地方の太平洋は、1995年から96年に通常よりも貿易風が強まったため、赤道付近
の西太平洋に過剰な熱が形成され、エルニーニョが始まる条件は整っていた。
7:4 However, beginning in late 1996, the MJO was particularly energetic, and several
cycles of the wave amplified through nonlinear ocean-atmosphere interactions [17](1.
since 2. as 3. because)
they passed over the western Pacific.
7:4 しかし、1996年後半からのMJOは特に強く、いくつかの波の周期は、太平洋西部を通
過する際に、海洋と大気の非直線的な相互作用によって増大した。
7:5 This set in motion a series of positive feedbacks between the ocean and the
atmosphere which reinforced initial MJO-induced warming.
7:5 このことによって海洋と大気の相互作用が増大し始め、MJOが引き起こした最初の温
度上昇が補強された。
[17]―2
>[17]
「~するとき、~する際」の意味のas。

環境情報学部 2,000 問2
■第4段落
4:1 The photograph [9] (1. calls for 2. opens for 3. goes for) words to answer other
questions.
4:1 その写真は別の疑問への答えも要求する。
4:2 How did Carter allow the vulture to get so close without doing something to protect
the child?
4:2 カーターはどうしてその子供を守ることを何もせず、ハゲワシがそこまで接近するの
を許したのか。
4:3 What did he do after the picture was taken?
4:3 その写真をとったあと、彼はどうしたのか。
4:4 Was it in some sense posed?
4:4 それはある意味でやらせだったのか。
4:5 [10] (1. Despite the fact that 2. Questioning that 3. Inasmuch as) Kevin Carter chose to
take the time, minutes that may have been critical at this point when she is near death, to
compose an effective picture rather than to save the child, is he not also to blame for the
child’s situation?
4:5少女が瀕死の状態のこの瞬間に、決定的となったかもしれない何分間もの時間をと
り、子供を救うことよりも効果的な写真を撮ることをケビン=カーターが選んだからには、
その子供の状況に対して彼にもまた責任があるのではないのだろうか。
[10]―3 >[10]
despite the fact that「という事実にもかかわらず」
3.inasmuch as「だから」becauseとほぼ同義。
この文の主節「その子供の状況に対して彼もまた責任を負うべきではないのだろうか」(is
he not … situation)に続くことから3が適切。

■第6段落
6:1 Watching and reading about suffering, especially suffering that exists [11]( 1. in the
past 2. nowhere 3. somewhere else), has become a form of entertainment.
6:1不幸を見たり読んだりすることは、特にどこか別の場所に存在している不幸について
は、娯楽の一形態となっている。
6:2 Images of trauma are part of our political economy.
6:2 ショッキングな映像は我々の政治経済学の一部なのである。
6:3 Papers are sold, television programs gain [12] (1. audience share 2. no program 3.
less time), careers are advanced, jobs are created, and prizes are awarded through the
consumption and appropriation of images of suffering.
6:3 不幸を写した画像を消費し、流用することで、新聞は売れ、テレビ番組は視聴率を稼
ぎ、職業的地位は向上し、仕事が生み出され、賞が与えられるのである。
6:4 Kevin Carter won the Pulitzer Prize, but his victory, substantial [13] (1. for 2. as 3. like)
it was, was won because of the misery (and probably death) of a nameless little girl.
6:4 ケビン=カーターはピューリッツァー賞を受賞したが、彼の勝利は、それが重要なこ
とだったとはいえ、名もなき少女の不幸(そしておそらくは死)によって獲得されたもので
ある。
6:5 That [14] (1. least 2. more 3. less) dubious side of the appropriation of human misery in
the globalization of cultural processes is what must be addressed.
6:5文化的経過の世界化の中で、人間の不幸を不当に利用するという、そのようなより疑
わしい側面にこそ取り組まなければならないのである。
[13]―2 >[13]
2.このasは譲歩を表し、「けれども」の意。
(ex)Poor as he is, he is happy.「彼は貧しいけれども幸福だ」

■第7段落
7:1 One message that comes across from viewing suffering from a distance is that [15] (1.
based on 2. together with 3. for all)
the havoc and chaos in Western society, we are
somehow better than this African society.
7:1遠くから人の不幸を眺めることから伝わってくるメッセージの一つは、西欧社会の荒
廃と混沌にもかかわらず、我々のほうがこのアフリカ社会よりも幾分ましであるというこ
とである。
7:2 We gain in moral status, and some of our organizations gain financially and politically,
while those whom we represent, or appropriate, remain where they are, slowly dying,
surrounded by [16] ( 1. vultures 2. chance 3. mistake).
7:2我々は道徳的地位において利益を得、また我々の組織のいくつかは経済的・政治的に
利益を得ている。だが一方では我々が表現し、利用している人々はその場にとどまり、ハ
ゲワシに囲まれてじわじわと死につつあるのである。
7:3 This “consumption” of suffering in an era of so-called “disordered capitalism” is not so
very different from the late nineteenth-century view that the savage barbarism in non-
Christian lands justified the valuing of our own civilization at a higher level of development
— a view that authorized colonial exploitation.
7:3 このようないわゆる「乱れた資本主義」の時代における不幸の「消費」は、非キリス
ト教国の野蛮な未開状態が、我々の文明がより高い発達水準にあると評価するのを正当化
したという、19世紀後半の考え方―つまり植民地開発を認めた考え方―と大差ないのであ
る。
7:4 Both are [17] (1. forms 2. aware 3. ignorant) of cultural representation in which the
moral, the commercial, and the political are deeply involved in each other.
7:4両者とも、その中に道徳、商業、政治が互いに深く関わった文化の表現形態である。
7:5 The point is that the image of the vulture and the child carries cultural entailments,
including the brutal history of colonialism as well as the dubious cultural baggage of the
more recent programs of “modernization” and globalization (of markets and financing), that
have too often [18] ( 1. improved 2. worsened 3. overcame) human problems in sub-
Saharan Africa.
7:5重要なのは、ハゲワシと子供の画像は文化的内含を伴っているということである。そ
れは植民地主義の残忍な歴史、およびより近年の(市場と財政の)「現代化」と世界化の計
画といういかがわしい文化的な荷物を含むものであり、またそれはアフリカのサハラ以南
の人々の問題をあまりにも頻繁に悪化させてきたものである。
・解答 [15]―3
>[15]
for all the havoc and chaos in Western society「西欧社会の荒廃と混沖にもかかわらず」
あとに「このアフリカ社会よりまし」(better than this African society)とあることから、3
が適切。

環境情報学部 2,001 問1、
■第6段落
6:1 The theory, first advanced by Noam Chomsky, a well-known linguist at the Massachusetts
Institute of Technology, argued that language is acquired independently from other cognitive
abilities.
6:1 マサチューセッツ工科大学の有名な言語学者であるノーム=チョムスキーによって最
初に唱えられたその理論は、言語は他の認識の能力とは無関係に習得されると主張するも
のであった。
6:2 According to him, the rules of language are so complex, and the adult speech is so disordered,
that a child couldn’t possibly learn language by imitation.
6:2彼によると、言語の法則は非常に複雑であり、また成人の話し方は非常に秩序が乱れ
ているので、子供が模倣によって言語を学ぶのは不可能であるという。
6:3 [8] (1. In the same way 2. Instead 3. Nonetheless), the rules of language had to be encoded in
the brain.
6:3 そうではなく、言語の法則は脳の中に符号化されなければならないのである。
・解答 [8]―2
>[8]instead「そうではなく、その代わりに」
直前に「子供が模倣によって言語を学ぶのは不可能である(a child … imitation)」とあり、
「そう(模倣)ではなくて」と続けている。

環境情報学部 2,001 問2、
■第11段落
11:1 In the United Kingdom, as in most of Europe, people have made the landscape.
11:1 イギリスでは、ヨーロッパのほとんどがそうであるように、地形は人々の手によってつくら
れてきた。
11:2 This means that the characteristic habitats and species that conservationists wish to preserve
are generally there because of traditional land management rather than [17](1. in spite of 2. in
conjunction with 3. in consequence of)
it.
11:2 このことが意味するのは、保護論者たちが保全したいと思っている特有の生息地や種は、概
して、伝統的な土地管理にもかかわらずというよりはむしろ、それがあったからこそ、今もそこ
に残っているということである。
11:3 The future shape and purpose of the countryside is society’s choice.
11:3将来、田園地帯がいかなる形をとり、いかなる目的を持つようになるかは、社会が選択するこ
とである。
11:4 At present, most of those in the United Kingdom who voice an opinion would prefer a
countryside in which agricultural production is moderated with conservation.
11:4現時点では、意見を表明するイギリスの人々のほとんどは、農業生産が穏やかな形をとって環
境保全と両立しているような田園地帯になればよいと思うだろう。
11:5 And on a worldwide stage this makes sense for a sustainable future: the green revolution
gave success at a price, and that price cannot be paid [18](1. finally 2. indefinitely 3. absolutely).
11:5全世界的な規模でいうならこれは持続可能な未来のためには意味のあることである。緑の革命
は大きな犠牲を払って成功したが、その代価を際限なく払うことはできないのだ。
・解答 [17]―1
>[17]
in spite of~「にもかかわらず」ここでは同文中のbecause ofと比較して、「in spite ofというより
もむしろbecause ofである」という表現を用いており、「伝統的な土地管理にもかかわらず、と
いうよりはむしろ、それがあったからこそ」という意味になる

環境情報学部 2002 問1、
■第11段落
11:1 Are people in rich countries happier, by and large, than the people in not so rich countries?
11:1概して裕福な国の人は、それほど裕福でない国の人よりも幸福であろうか。
11:2 It appears in general that they are, but the margin may not be very large.
11:2一般にその通りであるように思えるが、その格差はあまり大きくないかもしれない。
11:3 In Portugal, for example, only one in ten people reports being very happy, [10](1. whereas 2.
whereby 3.wherefore)
in the much more prosperous Netherlands the proportion of very happy
people is four in ten.
11:3例えばポルトガルでは、10人中わずか1人だけがとても幸福であると述べているが、一方そこ
よりずっと裕福なオランダでは、とても幸福な人の比率は10人中4人になる。
11:4 Yet there are curious exceptions in this correlation between national wealth and well-being —
the Irish during the 1980’s consistently reported greater life satisfaction than the wealthier West
Germans.
11:4 しかし、この国家の豊かさと幸福の間の相関性には奇妙な例外がある。1980年代のアイルラ
ンド人は、より裕福な西ドイツ人よりも生活への大きな満足感を一貫して示していた。
11:5 Furthermore, other factors, such as civil rights, literacy and the duration of democratic
government, all of which also [11](1. accept 2. promote 3.prove) a sense of life satisfaction, tend to
go hand in hand with national wealth.
11:5 さらに、公民権や読み書き能力、民主政治期間のような他の要因は、そのすべてが生活への
満足感を促すものであるが、国家の豊かさと密接な関連をもつ傾向がある。
11:6 As a result, it is impossible to tell whether the happiness of people in wealthier nations is
based on money or is a byproduct of other important aspects of life.
11:6 その結果、裕福な国の人の幸福がお金に基づくものなのか、それとも生活上の他の重要な側
面の副産物なのかを判断することはできない。
・解答 [10]―1
>[10]
ポルトガルとオランダを対比して述べているので、whereas「~であるが一方…」が最適。
2.whereby「どのようにして、それによって」3.wherefore「それゆえ」

■第7段落
7:1 Interviews with representative samples of people of all ages, for example, reveal that no time of
life is especially happier or unhappier.
7:1例えば、あらゆる年齢層から選ばれた抽出標本の人との面接では、人生には特に幸せである、
あるいは幸せでない時期があるわけではないということがわかっている。
7:2 [6](1. Simultaneously 2. Similarly 3.Definitely), men and women are equally likely to declare
themselves “very happy” and “satisfied” with life, according to a statistical digest of 146 studies
compiled by researchers at Arizona State University.
7:2同様に、アリゾナ州立大学の研究者たちがまとめた146の研究の統計学的要録によると、男性も
女性も同じように自分は「とても幸福」で人生に「満足している」と言うことが多い。
7:3 Other researchers at the University of Northern British Columbia and the University of Michigan
summarizing surveys of 18,000 university students in 39 countries and 170,000 adults in 16
countries have supported these findings.
7:3 ノーザンブリティッシュコロンビア大学とミシガン大学の他の研究者たちは、39カ国の大学生
1万8千人と16カ国の成人17万人の調査をまとめ、これらの研究結果を立証している。
・解答 [6]―2
>[6]
直前の文(Interviews with…)では、年齢によって幸不幸の差がないことが、そして後では幸福に
は男女による差がないことが述べられている。これら2文を結ぶものとしては、Similarly「同様
に」が最適。1.Simultaneously「同時に」3.Definitely「確かに」

環境情報学部 2002 問1
■第4段落
4:1 Our closest living relatives are African apes, so why is an African origin for modern humans [6]
(1. advantageous 2. discovered 3. controversial)?
4:1現在生きている、我々にもっとも近い動物はアフリカの類人猿であるが、それではなぜ現代の
人類の起源がアフリカであるとすることが物議をかもすのだろうか。
4:2 The reason is that our immediate ancestors, now extinct, are known to have wandered out of
Africa as early as two million years ago.
4:2 その理由は、今や絶滅している我々の直接の祖先が、200万年も前にアフリカから流れ出てし
まったことが知られているということである。
4:3 The [7](1 .main 2. complex 3. typical) alternative to a model of an African origin is a
multiregional model that holds that modern humans arose simultaneously in Africa, Europe and
Asia from these ancestors.
4:3 アフリカを起源とするモデルにとって代わる主なものとしては、現代の人類がこれらの祖先か
らアフリカやヨーロッパ、アジアで同時に発生したとする多地域的モデルである。
4:4 Proponents of this view argue that the fossil record indicates transitions between, for example,
Neanderthals (H. neanderthalensis*) and modern humans in Europe, and between H. erectus* and
modern humans in Asia.
4:4 この見解の提案者らは、化石の記録が、例えばネアンデルタール人とヨーロッパの現代の人類
との間の、また直立原人とアジアの現代の人類との問の推移を示していると主張している。
4:5 [8](1. Clearly 2. Therefore 3.However), the existence of non-African traditional fossils is
debatable, and there is genetic evidence that Neanderthals did not widely interbreed with modern
humans even though the two coexisted for at least 10,000 years.
4:5 しかし、非アフリカ系の従来の化石の存在については異論があり、またネアンデルタール人は
現代の人類と―両者は少なくとも1万年は共存していたが―広範囲で、交配することはなかったとい
う遺伝学上の証拠がある。
4:6 Such coexistence is good evidence for recognizing the two as Separate species.
4:6 そのように共存していたことは、両者を異なる種とみなす有力な証拠である。
[8]―3
>[8]直後に「非アフリカ系の従来の化石の存在については異論がある」と続くことから、逆説の
However「しかし」が適当。

■第5段落
5:1 The key point of the mitochondrial evidence for an African origin has been several African
mitochondrial lineages that go far back in the evolutionary trees of human populations, [9]
(1.because 2. even though 3.if)
they have only had weak statistical support.
5:1 わずかな統計上の裏付けしかないものの、アフリカを起源とすることに関する、ミトコンドリ
アについての証拠となるキーポイントは、人類の個体群の進化の系図において、かなり前までさ
かのぼるようなアフリカのミトコンドリアの系統がいくつかあることである。
5:2 Gyllensten’s team also found this pattern, but obtained a stronger family tree by collecting a
larger data set than in previous studies.
5:2 ジレンステンの研究チームもまたこの系統モデルを発見したが、それ以前の研究よりも多くの
まとまったデータを収集することにより、より堅固な家系図を得た。
5:3 Interpreted literally, the tree indicates that some Africans are genetically closer to Europeans
and Asians than to other Africans.
5:3 そのまま忠実に解釈すると、いくらかのアフリカ人は、他のアフリカ人よりも、ヨーロッパ人
やアジア人に遺伝学的に近いということをその系図は示している。
5:4 However, the history of a single gene or molecule may not [10](1.always 2. Sometimes 3.ever)
mirror that of the population, and other molecular studies place Africans in a single group.
5:4 しかし、ひとつの遺伝子や分子の歴史が必ずしもその個体群の歴史を映しているとは限らない
し、また他の分子の研究では、アフリカ人をひとつの集団として位置づけている。
5:5 [11](1. Otherwise 2. Together 3. Similarly), these studies suggest that the founding population
leaving Africa carried with it a group of mitochondrion alleles — alternative forms of the same gene
— and that African populations continued to interbreed after the exodus.
5:5合わせると、これらの研究は、基となった個体群がアフリカを離れる際に一団のミトコンドリ
アの対立遺伝子―同一遺伝子の別の形態―を運び出したこと、そしてアフリカの個体群が移動の
後も交配を続けたことを示唆している。
[9]―2 >[9]The key point of the mitochondrial evidence「キーポイントとなるミトコンドリアの証
拠」とthey have only had…「わずかな統計上の裏付けしかない」という2文を結ぶのは、even
thoughがよい。
[11]―2 >[11]このTogetherは「合わせて」の意味で文全体を修飾している。

■第7段落
7:1 Another question is when H. sapiens arose in the first place.
7:1 もうひとつの疑問は、そもそもホモ・サピエンスはいつ現れたのかということである。
7:2 Molecular clocks would be well suited to address that question if our closest relative were
living.
7:2 もし我々人間にもっとも近い動物が生きていたら、分子時計はその問題に取り組むのに十分適
していることだろう。
7:3 [14] (1. Also 2. Not only 3. But) the closest relative to modern humans, whether H. erectus or
some other species, is unfortunately extinct.
7:3 しかし、直立原人であれ他の種であれ、現代の人類にもっとも近いものは不運にも絶滅してい
る。
7:4 The earliest fossils of modern H. sapiens are 130,000 years old, so that is the most recent time
boundary for the origin of our species.
7:4現代のホモ・サピエンスの最古の化石は13万年前のものであり、それが我々の穏の起源の、
もっとも現在に近い時間的境界なのである。
7:5 Studies of ancient DNA provide hints to the older time boundary.
7:5古代のDNAの研究は、より古い年代の境界を探るヒントを与えてくれる。
7:6 The split between H. neanderthalensis (a species which is not necessarily our closest relative)
and H. sapiens has been indicated by a DNA clock at 465,000 years ago.
7:6 ネアンデルタール人(必ずしも我々にもっとも近い動物ではない種)とホモ・サピエンスとの
間の分かれ目は、46万5千年前のDNA時計によって示されている。
7:7 So our species probably arose somewhere between 130,000 and 465,000 years ago.
7:7 したがって我々の種はおそらく13万年前から46万5千年前の間のどこかで発生したのであろ
う。
7:8 An estimate of 200,000 years ago is not [15] (1. possible 2. appropriate 3. unreasonable) given
the transition seen in the African fossil record between ancient and modern humans around that
time.
7:8 アフリカの化石の記録にみられるような、そのころの古代の人類から現代の人類への推移をみ
れば、20万年前という概算は不合理なものではないのである。
・解答 [14]―3
>[14]直前の文はif our closest relative were living「もし我々人間にもっとも近い動物が生きていたら」
と書かれているのに対し、後では、それはextinct「絶滅している」と述べている。Butが適切。

総合政策学部 1995 問1
■第3段落
3:1 The most extreme female socioeconomic disadvantage is found generally in agrarian and
pastoral societies.
3:1社会経済面で女性が受ける最も極端な不利益は、一般に農業社会と牧畜社会に見られる。
3:2 Virtually all the great world religions, namely, those that spread beyond the tribal level,
developed in agrarian or mixed agrarian and pastoral societies.
3:2 ほとんどすべての偉大な世界的宗教、すなわち、種族の範囲を越えて広がった宗教は、農業社
会または農業と牧畜の混合社会で発達した。
3:3 Those that became monotheistic (e.g., Judaism, Christianity, Islam) dropped the female
element entirely (3) (1. from 2. over 3. in) their concept of the deity and original creation.
3:3一神教となった宗教(例えば、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)は、それらの神格と創造に
関する概念から完全に女性の要素を排除した。
3:4 They came to view the sexes in an invidious fashion.
3:4 それらの宗教は女性を不快な様子で見るようになった。
3:5 Women were barred from formal religious roles (4) (1. such as 2. rather than 3. for) the clergy,
were defined as polluted or as temptresses, and were made subject to the secular as well as
sacred authority of male kin.
3:5女性は聖職者のような正式な宗教的役割から除外され、汚れたもの、誘惑するものと定めら
れ、宗教的にも世俗的にも男性という権威に服従させられた。
3:6 Even when monotheism did not develop (e.g., Hinduism, Confucianism), the same types of
controls over women came to be justified by religion (5) (1. by means of 2. in spite of 3. on the
basis of)
women’s supposed innate inferiority.
3:6 ヒンズー教や儒教のように一神教が発達しなかった場合でさえ、女性は生まれつき劣っている
という考えに基づいて、女性に対する同じ種類の統制が宗教によって正当化されるようになっ
た。
(4)1
Such as「~のような」
Rather than「~よりむしろ」
For「~のために」
Religious rolesに選択肢がかかっているようにみえるが、どの選択肢もうまく意味がつながらない
ので前文すべてにかかっていると考える。
(5)3
By means of「~によって」
In spite of「~にも関わらず」
On the basis of「~に基づいて」
「女性は生まれつき劣っている」→「女性に対する同じ種類の統制が正当化」のつながりの合うも
のを選ぶ

■第7段落
7:1 (14) (1. Concerning 2. Regardless of 3. Besides) standards of judgment, male assumptions
about the world, male definitions, and male perceptions of what constitute problems all become
synonymous with “reality.”
7:1判断の基準に加えて世の中に関する男性による想定、男性による定義、何が問題であるかに関
する男性による認識等もすべて、「現実」と同義となる。
7:2 Western science has provided numerous examples of how sexism intrudes to shape even the
ostensibly most objective type of cultural production.
7:2外見上最も客観的な種類の文化的産物を形成するのにさえ、性差別が侵入している数多くの例
を、西洋科学の中に見いだせる。
7:3 For example, in the seventeenth century European scientists defined sperm as carrying a
miniature fetus; the female provided only the environment for its growth.
7:3例えば、17世紀において、ヨーロッパの科学者は精子を小型の胎児を運ぶものと定義した。女
性はその成長のための環境を提供するだけであった。
7:4 The resulting (15) (1. child 2. wife 3. woman) “obviously” belonged to the father.
7:4 その結果、生まれてくる子供は明らかに父親のものであった。
7:5 As (male) medical doctors took over childbirth from (female) midwives in the nineteenth
century, pregnancy and parturition became increasingly defined as a problem, even a kind of
illness; after all, physicians do not treat normal events.
7:5 19世紀に(男性の)医者が(女性の)助産婦から分嫉免を引き継いだとき、妊娠と出産はますます
異常な事態、さらに一種の病気とさえ定義されるようになった。結局のところ、医者は「正常な」
事柄は扱わないからである。
7:6 Until about 1970 anthropologists largely ignored women’s extensive contributions to the food
supplies of preliterate societies, developing theories based on the centrality of male hunting to the
survival of families and (16) ( 1. cities 2. industry 3. societies).
7:6約1970年まで人類学者は、文字使用以前の社会の食料供給に対して女性が広く貢献したことを
大いに無視し、家族と社会の生存にとって男性による狩猟が中心であったことに基づく理論を展
開した。
7:7 Sigmund Freud and his followers defined masochism, passivity, and narcissism as normal
female traits and developed a theory to explain women’s innately inferior conscience.
7:7 シグモント=フロイトとその弟子たちは、マゾヒズムや受動性やナルシシズムを一般的な女性
の特徴と定義し女性が生まれつき善悪の判断に劣ることを説明する理論を推し進めた。
7:8 Psychologist Carol Gilligan has demonstrated that males and females employ basically (17) (1.
possible 2. similar 3. different) notions of moral behavior.
7:8心理学者のキャロル=ギリガンは、男性と女性は道徳的行動に関して基本的には異なった概念を
もっていることを示した。
7:9 The former tend to base morality on abstract principles, the latter on a (18) (1. concern with 2.
interpretation of 3. familiarity with) concrete relationships.
7:9 前者は道徳性を抽象的な主義に基づいて捉え、後者は具体的なつながりへの関心に基づいて捉
える傾向がある、としたのである。
7:10 Yet the field of psychology has assumed that the masculine approach is synonymous with the
general concept of moral behavior and that therefore females are less moral.
7:10 しかし、心理学は、そのような男性による捉え方が道徳的行動の一般的概念と同義であり、
それ故に女性は男性より道徳性に劣っていると考えてきたのであった。
7:11 Work has been defined by economists and sociologists in terms of the labor force, ignoring
the domestic labor of homemakers and (19) (1. implying 2. employing 3. inferring) that they do not
“work.”
7:11経済学者と社会学者は仕事を労働力の点から定義していて、主婦の行う家庭労働を無視し、主
婦は「労働」をしないと暗に示している。
・解答 
(14)3
Concerning「~に関しては」
Regardless of「~にかかわらず」
Besides「~の他にも、~に加えて」
前段で、男性が判断の基準となっていることが述べられてきたので、添加の接続が選ばれることに
なる。

総合政策学部 1,995 問2
■第3段落
3:1 If rule-following is a necessary prerequisite on the field of play, one might say that the existence
of such rules implies an off field structure to permit the alternation of rules amidst argument and
debate.
3:1 もしルールを守ることがプレーの現場において必要前提条件であれば、そのようなルールの存
在が論争と議論の中でルールの変更を許す現場外の組織の存在を意味すると言ってもかまわない
であろう。
3:2 In fact, the more rules a sport may have, the more arguments and changes of rules can be
expected.
3:2事実、スポーツにルールが増えれば増えるほど、議論とルールの変化も増えると思われる。
3:3 Cricket is probably the most ornate of all sports, demanding that the players (8) (1. break 2.
question 3. obey) both the formal rules and informal spirit of the game.
3:3多分クリケットはあらゆるスポーツのなかで最も派手で、選手はそのゲームの公式のルールと
非公式の精神に従うことを要求される。
3:4 Not a season passes without the games officials arguing amongst themselves about changing
rules.
3:4 いずれのシーズンも、ゲームの役員が自分たちの間でルールを変えることについて議論しない
ということはない。
3:5 In fact controversies on the pitch can end up in the (9) (1. committee rooms 2. on the field
fights 3. new rules) as controversies about the appropriateness of rules.
3:5実際、投球に関する対立が委員会室においてのルールの適格性に関する議論につながることも
ありうる。
3:6 This is certainly true of the most furious, and enduring, of cricket’s on the field controversies.
3:6 これはクリケットの現場における議論のうちで最も激しく、最も延々と続いた議論には確かに
当てはまる。
3:7 On the tour of Australia in 1932/3, the English bowlers adopted a tactic which the Australian
team and public considered to be unfairly dangerous.
3:7 1932年から33年のオーストラリアへのツアーにおいて、イングランドの投手は、オーストラリ
アのチームと人々が不当に危険と考える作戦を採用した。
3:8 The arguments stretched from the field of play right up to the highest levels of government.
3:8 その論争はプレーの現場からそのまま政府の高い部所まで広がった。
3:9 As with Socrates and Protagoras, the words used in the dispute would not keep agreeably (10)
(1. open 2. still 3. conflicting), but the choice of terms became a matter of controversy in itself, as
well as being a signal of the speakers sympathies.
3:9 ソクラテスやプロタゴラスの場合と同様に、議論において使われたことばがいつまでも心地よ
くそのままでいることはなく、どういうことばを選ぶかが、話し手の同情を表すとともに、それ
自体が議論の対象ともなった。
3:10 The British preferred to call their bowling tactic by the neutral, even academic, name of ‘Leg
Theory’, (11) ( 1. in case 2. even if 3. as if) nothing more than strategy were involved.
3:10 イギリス人は自分たちの投球術を、まるで戦術上のみの問題であるかのように、当たり障り
のない、学問的でさえある「レッグ・セオリー」という名前で呼びたいと思った。
3:11 The Australians insisted on Bodyline to express their indignation with a ploy which they felt to
be unsparingly intimidator.
3:11 オーストラリア人は公正でないほどに脅迫的であると感じられる策略に対して怒りを表すた
めに、「ボディライン」と呼ぶことを主張した。
3:12 What is significant is that the controversy led to a change in the rules of cricket, and that the
merits of this change (12) (1. occasion 2. discontinue 3.discourage) arguments to this day amongst
the legislators of the game.
3:12重要であるのは、その議論がクリケットのルールの変更につながり、この変更のお陰でその
ゲームのルール制定者の間で今日まで論争が起こっていることである。
(11)3
In case「~の場合なら」
Even if「たとえ~でも」
As if「まるで~であるかのように」
選択肢のある文を丁寧に読んで最もあう選択肢を選ぶ

総合政策学部 1996 問1、 
■第6段落
6:1 Credible communicators are looked upon as experts.
6:1 「信頼できる伝達者」は専門家と見なされる。
6:2 That is, they display a degree of competence in their field and are commonly viewed as
knowledgeable and experienced.
6:2 つまり、彼らは自分の分野においてある程度の能力を示し、知識があり経験があると一般に見
られているのである。
6:3 Furthermore, receiver judgments of competence are significantly influenced by the
communicator’s level of training, occupation, and experience.
6:3 さらに受け手側が能力を判断する際には、伝達者の訓練、職業、経験の程度に影響されるので
ある。
6:4 This value judgment made on the part of the receiver is important in whether the message is
accepted or rejected.
6:4受け手側においてなされるこのような価値判断は、メッセージが受け入れられるか拒絶される
かどうかにおいて重要である。
6:5 If the receiver believes the communicator has (6)( 1. disposed 2. displayed 3. dismissed) a high
degree of competence, then it is much more likely that the message being conveyed will have an
impact.
6:5 もし受け手が、伝達者がかなりの程度の能力を示していると信じるならば、伝えられている
メッセージが影響を与える可能性ははるかに大きくなるだろう。
6:6 In addition to this, a communicator’s degree of trustworthiness is also (7) (1. assessed 2.
assured 3. accorded) by the receiver.
6:6 これに加えて、伝達者の信頼度もまた、受け手によって測られうる。
6:7 If a communicator is viewed as being truthful then the message will seem much more reliable
and acceptable.
6:7 もし伝達者が信頼できると見なされれば、そのメッセージははるかに信頼でき受け入れられう
るものになる。
6:8 On the other hand, if a persuasive message is remembered but not its source, then the
influence of a communicator of high credibility may have a diminishing effect over time.
6:8また一方、説得的なメッセージ自体は覚えられているが、その出所が覚えられていない場合、
信用度の高い伝達者がもたらす影響でも、時がたてば弱くなるかもしれない。
6:9 However, low credibility communicators may receive a beneficial gain in this situation which
would result in having a more persuasive response to their message after a period of time has
passed.
6:9しかしながら、このような状況では信用度の低い伝達者が利益を得る(大きな影響を与える)こ
ともあり、ある期間が経過した後、自分のメッセージに対してより説得的な反応を得るという結
果になる。
6:10 This is a phenomenon known as the sleeper effect that occurs under circumstances in which
the receiver remembers the message but not reasons that may (8)(1. discount 2. support 3.
discourage)it.
6:10 これは、「仮眠効果」と呼ばれる現象で、受け手がメッセージは覚えているが、それを支持
する理由を覚えていない状況で起こるものである。
6:11 For example, a receiver may remember factual information from a message but forget about
the credibility of the communicator and other source factors which we normally rely upon to judge
information.
6:11例えば、受け手がメッセージから得た事実に基づく情報は覚えているのだが、我々が情報を判
断するために普通頼っている伝達者の信頼性や他の出所の要素を忘れる場合がそれである。
6:12 (9)(1. Thus 2. On the contrary 3. In addition), practical issues that may influence the credibility
of communicators include their rate of delivery and the degree of confidence in their tone.
6:12 その上、伝達者の信頼性に影響を与えるであろう現実的な問題には、話し方の速さと口調に
おける自信の度合いが含まれる。
6:13 A communicator is viewed as more credible if his or her speech contains no hesitations and is
delivered at a rapid pace.
6:13伝達者は、ためらいのない話しぶりで速く話すと、より信頼できると見なされるのである。
(9)3 (9)
Thus「このように」
On the contrary「それどころか」
In addition「加えて」
メッセージの出所に関する要素を忘れることに加えて、口調なども影響を与える。

■第9段落
9:1 In cases where existing audiences are composed of well-educated people, messages that
have objective and rational appeals tend to be much more persuasive than those containing fearful
or emotional appeals.
9:1目の前にいる聴衆が教養のある人から構成されている場合は、客観的で合理的な訴えをもった
メッセージの方が、恐怖に満ちたまたは感情的な訴えを含むものよりもはるかに説得的である傾
向がある。
9:2 (12)(1. Otherwise 2. Likewise 3. However), highly motivated and involved audiences are
equally as responsive to rational appeals.
9:2同様に、非常にやる気に富み関心のある聴衆も、合理的な訴えに同じぐらい反応してくれる。
9:3 On the other hand, audiences that may be less analytically oriented or not personally involved
in the message content will be motivated more by the liking of the communicator than the content
of the message.
9:3 一方、分析的な傾向をあまりもたなかったり、メッセージの内容に個人的な関心がなかったり
する聴衆は、メッセージの内容よりも伝達者の好みの方により気持ちが向くのである。
・解答 (12)2
(12)
Otherwise「別な方法では」
Likewise「同様に」
どちらも合理的な訴えが効果を持つ。

総1 宮合政策学部 1996 問2、
■第8段落
8:1 Gadamer sees in this essential historicity of our being the cause of our (12)(1. competence 2.
tendency 3. inability)
to achieve full explicit understanding of ourselves.
8:1 ガダマーは、我々の存在のもつこのような本質的な史実性の中に、我々が自分自身を十分に明
白に理解できない原因があると見ている。
8:2 The nature of our being is determined by our cultural background, and (13)(1. after 2. since 3.
before)
it is formed in our very way of experiencing and living in language, it cannot be made fully
explicit in that language:
8:2我々の存在の本質は、我々の文化的背景によって決定されるもので、それは言語においてまさ
に我々が経験し生活する様式の内で形成されるので、その言語において十分に明白にすることは
できないのである。
・解答 
(12)3
Competence「能力」
Tendency「傾向」
Inability「できないこと、無能」
2行目の後半に明確に示されている。
(13)2
ここでのsinceは「~だから」の意味

総合政策学部 1,997 問1、
■第4段落
4:1 Local migrations are usually motivated by housing and aspects of residential environment such
as schools.
4:1地域内の移住では普通、住宅状況や学校などの居住環境面が動機となる。
4:2 The chief factor in long-distance migrations is employment, [7](1. in that 2. thereby 3.
although)
differences in housing and climate are the main incentive for elderly people to migrate
long distances.
4:2長距離にわたる移住の主な要因は雇用の問題である。ただし、年老いた人たちが長距離を移住
する主な動機は住居と気候の違いである。
4:3 The volume of migration tends to be [8](1. inversely 2. generally 3. positively) proportional to
the distance traveled, because nearby communities are better known.
4:3移住の総計は移る距離に反比例する傾向があり、それは近くの地域社会の方がよくわかってい
るからである。
4:4 For the same reason the volume of internal migration is greater than that of international
migration.
4:4同じ理由で、国内移住の総計の方が国家間移住の総計より大きいのである。
・解答 
(7)3
前後の文のつながりから逆接。

■第8段落
8:1 Another obstacle to migration is the unwillingness of people to consider moving because of
commitments to family, friends, property, and community.
8:1移住を妨げる別の障害は、家族、友人、財産、地域社会に対する愛着のために、人々があまり
移動を考えたがらないということである。
8:2 [13](1. Nonetheless 2. In addition 3. For this reason), the migration rate for older groups is
lower than for young adults and their children.
8:2 このために、年老いた人たちが移住する割合は、壮年層やその子どもたちよりも低いのであ
る。
8:3 Transportation costs are often a great obstacle, and some countries and private enterprises
that have[14](1. restricted 2. promoted 3. rejected) immigration have offered financial incentives
to desired new comers.
8:3交通費がしばしば大きな障害となり、移民の受け入れを促進してきた国や私企業は望ましい新
来者に財政的な援助を提供してきた。
・解答 
(13)3
Nonetheless「それでもなお」
1行目と2行目の接続を考える。

■第11段落
11:1 When immigrants of diverse cultural backgrounds are assimilated into a new society, they
may contribute to the dominant culture.
11:1 さまざまな文化的背景をもつ移住者が新しい社会に同化するとき、彼らは(その社会の)支配
的文化に貢献することもある。
11:2 The degree to which assimilation occurs depends on the migrants’ ability and on the receiving
society’s willingness to accept them.
11:2同化がどの程度起こるかは、移住者の能力と、受け入れ側の社会の彼らを受け入れようとする
気持ち次第である。
11:3 Assimilation works best where mutual integration is desired, permitting the incoming
individuals and groups to remain different [19](1. such that 2. so that 3. so long as) they do not
be come dominant or cause disunity.
11:3相互融和が望まれ、移住してくる個人や集団が異なったままでいるのを、支配的になったり不
和を引き起こさない限りで許すようなところで、同化は最もよく機能する。
11:4 Where minorities have remained unintegrated or where an attempt has been made to achieve
[20](1. social welfare 2. mutual independence 3. complete uniformity), cultural collisions have
occurred.
11:4少数派が融合されないままでいるところや、完全な一体化を達成しようと試みられているとこ
ろでは文化的な衝突が起こっている。
11:5 In the United States the concept of the population as a “melting pot”or uniform blend of human
ingredients, has changed since the mid-20th Century.
11:5 アメリカ合衆国では、「るつぼ」、つまり人間という成分を混ぜあわせて一様にしたものと
しての住民という概念は、20世紀半ば以降変わってきた。
11:6 It is now generally recognized that immigration produced something more like a mosaic, in
which each element has retained its own characteristics while contributing to a commonality.
11:6移住がモザイクにより近いものを生み出し、そこではそれぞれの要素が共同体に貢献しなが
ら、それぞれの特徴を保っているということが今では一般的に認められている。
・解答 
(19)3
3行目の前半と後半の接続に最適なものを選ぶ。

総合政策学部 1,998 問2、
■第2段落
2:1 Alice was the admissions officer’s dream.
2:1 アリスは入学許可担当者の夢であった。
2:2 She was easily admitted to our graduate program.
2:2彼女はわれわれの大学院課程に入るのを容易に認められた。
2:3 She came with (1) (1. average 2. stellar 3. satisfactory) test scores, outstanding college grades,
excellent letters of recommendation, and, overall, close to a perfect record.
2:3彼女は、すばらしい試験結果と傑出した大学の成績とすぐれた推薦状、そして、全体としてほ
とんど完璧な履歴をもって入ってきた。
2:4 Alice proved to be more or less what her record promised.
2:4 アリスはだいたいその履歴が約束したものになった。
2:5 She had excellent critical and analytical abilities, which earned her outstanding grades during
her first two years at our school.
2:5彼女にはすぐれた批判能力、分析能力があり、そのおかげで彼女はわれわれの学校での最初の2
年間は傑出した成績を得ることができた。
2:6 When it came to taking tests and writing papers, she (2) (1. had no peer 2. had no help 3. was
popular) among her classmates.
2:6試験を受けるとか論文を書くということになると、クラスメートの中で彼女に並ぶ者はなかっ
た。
2:7 But after the first two years, Alice no longer looked quite so outstanding.
2:7 しかし、最初の2年が終わると、アリスはもはやそれほど傑出しているようには見えなかっ
た。
2:8 In our graduate program, as in most, emphasis shifts after the first couple of years.
2:8 ほとんどの大学院課程と同様に、われわれの大学院課程も最初の2年が終わると、重視する点
が変わる。
2:9 It is not enough just to criticize other people’s ideas or to study concepts that other people have
proposed.
2:9他人の考えを批判したり、他人が提唱している概念を研究するだけでは不十分なのである。
2:10 You must (3) (1. not rely on 2. begin reviewing 3. start coming up with) your own ideas and
figuring out ways of implementing them.
2:10自分自身の考えを思いつき、それらを実行する方法を考え出し始めなければならないのであ
る。
2:11 Alice’s synthetic abilities were far inferior to her analytic ones.
2:11 アリスの統合能力は分析能力よりはるかに劣っていた。
2:12 But there was no way of knowing this from the evidence available in the admissions folder, for
(4) (1. although 2. however 3. whenever) conventional measures can give us a good reading on
analytic abilities, they give virtually no assessment of synthetic abilities.
2:12 しかし、入試書類で入手できる証拠からこれがわかる術はまったくなかった。というのは、
昔ながらの尺度では分析能力に関しては正確な値がわかるが、統合能力に関する評価は実際のと
ころまったくわからないからである。
2:13 Thus, Alice was “IQ test” smart, but not equally (5)(1. discreet 2. disciplined 3. distinguished)
in the synthetic, or practical, areas of intelligence.
2:13 かくしてアリスは「知能指数テスト」的には利口だが、知能の統合的または実用的な分野で
は同じように、すぐれているというわけではなかった。
(4)1
For「というのも」以降も二つに文が分かれていることに注目する。

■第5段落
5:1 Just how would you characterize the similarities and differences among Alice, Barbara, and
Celia?
5:1 アリスとバーバラとセリアの間の類似点と相違点を、どのように特徴づけることができるだろ
うか。
5:2 Clearly, all are exceedingly intelligent, though in very different ways.
5:2明らかに3人とも非常に知能は高いが、まったく異なった面においてである。
5:3 People like Alice excel in traditional academic, or analytic, intelligence.
5:3 アリスのような人は伝統的な学問的、つまり分析的能力にたけている。
5:4 To the extent that intelligence is measured by (8)(1. conventional 2. genetic 3. creative)
factors or information processing components, by its relationship to the internal world, Alice and
individuals like her would be considered very, very smart.
5:4知能が型にはまった要素や情報処理要素とか内部世界との関係によって測られる限りは、アリ
スや彼女のような人は非常に利口であると考えられる。
5:5 Individuals like Barbara, on the other hand, do not appear nearly so intelligent by such ordinary
standards.
5:5他方、バーバラのような人は、そのような通常の基準ではそれほど知能が高いようには見えな
い。
5:6 Where they excel is in their synthetic ability, the ability to deal with novelty — to view new
things in old ways or old things in new ways.
5:6彼女たちがすぐれているのは、その統合能力においてであり、それは新しいものを処理する能
力、つまり新しいものを古い観点から、古いものを新しい観点から見る能力である。
5:7 Hence Barbara’s intelligence, and that of others like her, becomes truly apparent (9) (1. unless
2. even though 3. only if)
it is viewed in terms of the relationship of intelligence to experience,
particularly novel experience.
5:7 したがって、バーバラの知能および彼女のような他の人たちの知能は、知能が経験、特に新し
い経験とどのように関係しているかという点から見られる場合のみ、本当に明らかになるのであ
る。
5:8 People like Celia have neither Alice’s nor Barbara’s pattern of strength.
5:8 セリアのような人は、アリスやバーバラのような型の長所をもっていない。
5:9 Instead, they excel in terms of the relationship between intelligence and the external world of
the individual.
5:9 その代わりに、彼女たちは知能と個人の外的世界との間の関係という点においてすぐれてい
る。
5:10 Their excellence resides in their practical intelligence — the ability to apply their mental
abilities to (10) (1. novel 2. unusual 3. every day) situations.
5:10彼女たちのすぐれている点は、その実用的な知能、つまり知的能力を常の状況に応用する能力
にある。
5:11 Their street smarts are not measured by typical tests but quickly show up in their performance
in real-world settings.
5:11 その世渡り能力は典型的なテストでは測定できないが、現実世界の状況の中で行動していく
につれて、すぐに現れる。
(9)3
Unless「~出ない限り」
even though「たとえ~でも」
only if「~以外を除く」

総合政策学部 1,998 問2、
■第5段落
5:1 Not only is language decontextualized but because of the permanency of writing, which
materializes the flow of speech, words can be rearranged (11) (1. equally 2. less 3. more) freely in
composition and also taken out of the sentence structure as individual items and grouped with
others of the same “class.”
5:1文字で書かれた文章は話の流れを形にするために、永久に残るという性質があり、そのため、
言葉は脱文脈化されるだけでなく、単語は文章の中では、より自由に配列し直され、また個々の
項目として文構造から取り出され、同じ「クラス」の他のものと一緒に分類される。
5:2 Such an activity is not impossible in oral discourse, but its use is enormously developed in
early literate cultures where the reading and copying of lists, as in Mesopotamia, is one of the
basic methods of instruction.
5:2 そのようにすることは口頭談話においても不可能ではないが、そのような習慣が非常に発達す
るのは、リストを読んで書き写すのが、メソポタミアにおけるように基本的な教授法の一つであ
る初期の文字文化においてである。
5:3 Listing has other implications, because it means placing items in unambiguous categories,
giving each one a position, leading to (12)(1. contextualization 2. consolidation 3. contradiction) on
the one hand and reconsideration on the other.
5:3 リストを作ることには他の意味もある。というのは、そうすることは各項目をはっきりと区分
けし、それぞれに位置を与え、一方では、強化に、他方では再考につながることを意味するから
である。
5:4 The list is a component of the table or matrix, an important instrument of intellectual operations.
5:4 そのリストは表やマトリックスの構成要素で、知的作業の重要な手段である。
5:5 It is also intrinsic to recordkeeping of a multitude of kinds, from trading operations to
administrative personnel to astronomical observations.
5:5 それはまた、商業取引や行政職員や天文観測にいたるまで多くの種類のものの記録をとるのに
本質的なものである。
5:6 It is the relative permanency of writing that makes it valuable as a means of storing information,
(13)(1. whatever 2. whether 3. whichever) in the form of note taking, of the more deliberate
recording of the Nile floods over time, of the history written for future generations, or of the
accidental survival of personal letters.
5:7 メモ書きの形であれ、時を超えたナイル川の洪水の記録といったより計画的な形であれ、将来
の世代のために書かれた歴史の形であれ、個人的な手紙が偶然に残ったという形であれ、情報を
蓄える手段としてそれを価値あるものにしているのは、文章というものが比較的永久に残るもの
であるということだ。
(13)2
後半にorとあるので、whetherが呼応する。

■第2段落
2:1 In most societies with writing, until 100 years ago only a minority could read and write; the rest
were illiterate and hence were themselves dependent on the oral or visual transmission of
knowledge.
2:1文字をもつ大部分の社会でも、100年前までは読み書きができたのはごく一部の者で、残りの者
は読み書きができず、そのため口頭または視覚による知識の伝達に頼っていた。
2:2 They were not, (2) (1. therefore 2. however 3. on the contrary), dependent on knowledge
originating in the oral or visual registers, and, consequently, their traditions differed in kind from
those of a society without writing because they would be indirectly influenced by the written forms;
illiterates would absorb Christian or Buddhist book learning through stories, sermons, paintings,
and sculpture.
2:2 しかしながら、彼らは口頭または視覚による言語形態から生まれた知識には頼っていなかっ
た。その結果、彼らの慣習は文字のない社会の慣習とは本質的に異なっていた。なぜなら、彼ら
は書き言葉の影響を間接的に受けたからである。たとえば、読み書きのできない人は、話や説教
や絵画や彫刻を通してキリスト教や仏教の本を理解したのである。
2:3 Equally, they might learn to conduct cognitive operations invented by the written culture (such
as the arithmetic tables learned by heart).
2:3同様に、彼らは文字文化によって発明された(九九の表を暗記するなどといった)認識作業を行
うことを学んだであろう。
2:4 The same is true of technological advances developed through the medium of written
operations; illiterates may (3) (1. benefit from 2. be prevented from 3. resist) living in a literate
culture, although the inability to read and write will place them in a disadvantageous position
relative to others who can.
2:4文字作業の手段を通して発達した科学の進歩にも同じことがあてはまる。読み書きのできない
人は、読み書きができないために読み書きのできる人に比べて不利な状況に置かれるだろうが、
文字のある文化で暮らすことで利益を得ることもあろう。
2:5 Even cultures without writing may be influenced by contact with literate outsiders in a similar
manner.
2:5文字のない文化でさえ、読み書きのできる外部の者との接触によって似たような形で影響を受
けるであろう。
2:6 The radio could stand as one example, because literacy was clearly (4)(1. a side effect 2. an
outcome 3. a prerequisite) of its invention but not its operation.
2:6 ラジオが1つの例としてあげられよう。なぜなら、明らかに、読み書きができることがその発
明の必須条件であったが、その操作の必須条件ではなかったからである。
2:7 Today, however, there is probably no society in the world that does not have some literates who
are capable of (5) (1. deriving 2. manipulating 3. gaining) access to written knowledge produced
elsewhere.
2:7 しかし、今日では世界のどの社会でも、他のところで生み出された文字による知識の利用権を
得る(=知識を利用する)ことのできる読み書きのできる人がたぶん存在するであろう。
・解答 
(2)2
2行目の内容を考えると逆接が当てはまることがわかる

総合政策学部 1999 問1
 ■第19段落
19:1 Cystic fibrosis, America’s most common fatal inherited disease, is a good example.
19:1 アメリカの最も一般的な致命的遺伝病であるCF(議胞性線維症)がよい例である。
19:2 (18)(1. after 2. When 3. Before) the gene was discovered, doctors assumed they could predict
the fate of any child carrying the mutated CF gene: a lifetime of serious illness, and a 5050 chance
of dying before 30.
19:2 その遺伝子が発見される前c2あには、医者は、突然変異のCF遺伝子をもついかなる子供の運命も
予言できると思い込んでいた。つまり、重病のままの生涯、そして30歳以前に亡くなる50%の可
能性である。
・解答 (18)3
(18)
「その遺伝子が発見される( )には、医師は、突然変異CF遺伝子をもつ子すべての運命が予言で
きると思い込んでいた」の空所に入るものは、明らかに3のBefore「~の前」である。その後遺伝
子が発見されて状況が変わったのである。

総合政策学部 2,000 問1
■第4段落
4:1 One is dialoging, Socrates preferred method of learning.
4:1 ひとつは対話するということで、これはソクラテスが好んだ学習法です。
4:2 In a good essay, the author [2](1.unless 2. invites 3. increases) the reader to argue with him or
her a little bit.
4:2 よい論文では、著者は一緒に少しだけ論じ合おうと読者に勧めるのです。
4:3 But debate usually stops in scientific or technical essays when an author puts a formula in.
4:3 しかし、科学や技術に関する論文では、著者が公式をはさみこむときに議論はたいてい終わっ
てしまいます。
4:4 Most people, even educated people, [3](1. unless 2. when 3. while) they know something
special about the topic or the formula, are pretty much at the mercy of the authors claims.
4:4大部分の人は、教養のある人でもそうですが、その話題や公式について何か特別なことを知ら
ない限り、ほとんど著者の主張のなすがままになってしまいます。
4:5 So it would be great if those mathematical symbols in a formula could lead into a computer
simulation of what’s being talked about in the essay — if the reader could experiment as much as
the author had.
4:5 ですから、もし公式の中の数学記号が、論文中で語られていることに関するコンピュータ・シ
ミュレーションに導入され、読者が著者と同じように実験を行うことができるなら、それはすば
らしいことでしょう。
4:6 So the computer can provide an extra dimension in which people can argue more deeply with
the author.
4:6 そして、コンピュータは、人々が著者とより深く議論できる特別の場面を提供できるのです。
[3]―1 >[3]
「その話題や公式に関して何か特別なことを知る( )、著者の主張のなすがままになる」の空所に
入るもの。「何か特別なことを知らない」→「なすがままになる」と考えたい。否定のつながりが
必要なので、1のunless「…しない限り」が正解。

■第9段落
9:1 I don’t know what the answer would be, [11](1. except that 2. so that 3. just that) there is some
power in the oral tradition and in the fact of compresence which facilitates learning and makes it
into a certain kind of event that can’t be duplicated by technology.
9:1 口頭教授の伝統と共存の事実の中に、学習を促進し、学習を科学技術によってまねることがで
きないある種のものにしてしまう力がある点を除けば、その答えが何なのか私にはわかりません。
9:2 So I am [12](1. realistic 2. Optimistic 3. Skeptical) when people talk about distance learning as
a future process that will replace the current methods of teaching and learning
9:2 ですから、人々が、現在の教授方法と学習方法に取って代わるであろう将来の過程として、非
対面学習の話をするとき、私は懐疑的になります。
・解答 [11]―1
>[11]
「口頭教授の伝統と共存の事実の中にカが存在する( )、答えが何なのか私にはわからない」に入
るもの。前文で、科学技術の発展によって講義形式はすたれるはずなのに今も使用されている理
由を問いかけているのに対する答えである。講義形式が使用される理由は、口頭教授の伝統と共
存の事実という強み(力)以外には考えられないと述べているので、1のexcept that…「…という
点を除いて」が正解。
2のso that…は「だから…」、3のjust that…は「ただ…だけ」の意。

総合政策学部 2,000 問2
■第6段落
6:1 How much truth is there in this grand opposition between Western and nonwestern civilizations
on the subject of liberty and rights?
6:1自由と権利という問題に関する西洋文明と非西洋文明の間のこのような大きな対立には、どれ
ぐらいの真実が含まれているのだろうか。
6:2 I believe there is rather little sense in such a grand opposition.
6:2 そのような大きな対立の間にはほとんど意義はないと私は信じている。
6:3 [9](1. Despite 2. Neither 3. Nor) the claims in favor of the specialness of “Asian values” by
governmental spokesmen from Asia, nor the particular claims for the uniqueness of “Western
values” by spokesmen from Europe and America can survive much historical examination.
6:3 アジアからの政府代表者による「アジア的価値」の特異性に賛成する主張も、ヨーロツパやア
メリカからの代表者による「西洋の価値観」の特異性に賛成する特別な主張も、どちらも多くの
歴史による検証を切り抜けて生き残ることはできない。
・解答 [9]―2
>[9」
文中のnorに注意。neither A nor B「AもBもどちらも~ない」が使われている。2が正解。1のDespite
~は「~にもかかわらず」の意。

■第8段落
8:1 There are, however, other ideas, [12](1. either 2. such as 3. of) the value of toleration or the
importance of individual freedom, which have been advocated and defended for a long time, often
for the selected few.
8:1 しかしながら、寛容の価値とか個人的自由の重要性のような他の考えもあり、それらは長い間
主唱され擁護されてきたが、選ばれた少数の人々のためであることが多い。
8:2 For example, Aristotle’s writings on freedom and human flourishing provide good background
material for the contemporary ideas of human rights.
8:2 たとえば、自由と人間の隆盛に関するアリストテレスの書物は、人権の現代的な考え方のため
のよい背景材料を与えてくれる。
8:3 But there are other Western philosophers (Plato and St. Augustine, for example) whose
preference for order and discipline over freedom was no less pronounced than Confucius’.
8:3 しかし、他の西洋の哲学者には、自由よりも秩序と規律を好んでいるのが孔子と同じぐらい顕
著であった者もいる。たとえば、プラトンや聖アウグスティヌスである。
8:4 [13](1. Also 2. Therefore 3. On the contrary), even those in the West who did emphasize the
value of freedom did not, typically, see this as a right of all human beings.
8:4 また、自由の価値を非常に強調した西洋の人々でさえ、一般的には、これをすべての人間の権
利とは見ていなかった。
8:5 Aristotle’s exclusion of women and slaves is a good illustration of this no universality.
8:5 アリストテレスが女性と奴隷を除外したのは、この非普遍性のよい例証である。
8:6 The defenses of individual freedom in Western tradition did exist but took a limited form.
8:6西洋の伝統において個人の自由は実際に存在したのだが、限られた形を取っていたのである。
[13]―1 >[13]
直前の文で、西洋の哲学者にも自由よりも秩序と規律を好んだ者がいると述べ、この文では、自
由の価値を強調する西洋の人でもそれをすべての人間の権利とは見なかったと述べ、同じ趣旨の
ことを述べているので、1のAlso「また同様に」が正解。
2のThereforeは「それゆえに」、3のOn the contraryは「それに反して」の意。

■第9段落
9:1 Do we find similar pronouncements in favor of individual freedom in non-Western traditions,
particularly in Asia?
9:1 非西洋的伝統、特にアジアにおいて、個人の自由に賛成する似たような意見を見つけることが
できようか。
9:2 The answer is emphatically yes.
9:2 その答えは間違いなくイエスである。
9:3 Confucius is not the only philosopher in Asia, not even in China.
9:3 孔子だけがアジアにおいて唯一の哲学者ではないし、中国においてさえそうではない。
9:4 There is much variety in Asian intellectual traditions, and many writers did emphasize the
importance of freedom and tolerance, and some even saw this as the entitlement of every human
being.
9:4 アジアの知的伝統にはかなりの多様性があり、多くの作家が自由と寛容の重要性を実際に強調
し、これをすべての人間の権利であると見なす者さえいた。
9:5 The language of freedom is very important, for example, in Buddhism, which originated and
first flourished in South Asia and then spread to Southeast Asia and East Asia, including China,
Japan, Korea, and Thailand.
9:5 自由という言葉は、たとえば仏教においてとても重要である。仏教は南アジアに生まれ、そこ
で最初に栄え、その後中国、日本、韓国、タイを含む東南アジアや東アジアヘ広がった。
9:6 Even the [14](1. outline 2. layout 3.portrayal) of Confucius as a strict authoritarian is far from
accurate.
9:6 孔子を厳格な権威主義者と描くことでさえ、まったく正確でない。
9:7 Confucius did believe in order, [15](1. and 2. so 3. but) he did not recommend blind loyalty to
the ruler.
9:7孔子は秩序の価値を確かに信じていたが、統治者への盲目的な忠誠を勧めたわけではなかっ
た。
[15]―3 >[15]
「孔子は秩序の価値を確かに信じた。( )、統治者への盲目的な忠誠は勧めなかった」の空所に入
るもの。逆接のつながりが必要なので、3のbutが正解。

■第10段落
10:1 The so-called “Western values of freedom and liberty,” sometimes seen as an ancient
Western inheritance, are not particularly [16](1.but uniquely 2. but proudly 3. nor exclusively)
Western in their origins.
10:1 いわゆる「自由という西洋の価値観」は、時には、古代の西洋の遺産であると見られるが、
とりたてて古いわけでもないし、その起源が西洋に限られるというわけでもない。
10:2 Many of these values have taken their full form only over the [17](1. last 2. earlier 3. recent)
few centuries.
10:2 これらの価値観の多くは、わずかこの2数世紀の間に全形を成したのである。
10:3 While we do find some anticipatory components in parts of the ancient Western traditions,
there are other such anticipatory components in parts of nonwestern ancient traditions as well.
10:3 古代西洋の伝統の一部にいくらかの先行要素を確かに見いだすが、一方、非西洋の古代文明
の伝統の一部にもそのような先行要素が存在している。
10:4 On the particular subject of toleration, Plato and Confucius may be on a somewhat similar
side, [18](1. such as 2. just as 3. thereby) Aristotle and Ashoka may be on another side.
10:4 寛容という特定の問題に関して、プラトンと孔子はやや似た側にいるが、それは別の側にア
リストテレスとアショーカ王がいるのとちょうど同じである。
10:5 The need to acknowledge diversity applies not only between nations and cultures, but also
within each nation and culture.
10:5多様性を認める必要性は、国家間と文化間に当てはまるだけではなくて、各国家と各文化内
にも当てはまる。
10:6 In the anxiety to [19](1. write 2. take 3. put) adequate note of international diversity and
cultural divergences, and the so-called differences between “Western civilization,”“Asian values,”
“African culture, and so on, there is often a dramatic neglect of heterogeneity within each country
and culture.
10:6国際的多様性や文化的相違や、「西洋文明」「アジア的価値」「アフリカ文化」などの間の
いわゆる相違などに十分な注意を払いたいという願望のために、それぞれの国や文化内の異種性
をまったく無視することになりがちである。
10:7 “Nations” and “cultures” are not particularly good units to understand and analyze intellectual
and political differences.
10:7 「国家」や「文化」は、知的・政治的相違を理解し分析するのに特によい基準単位ではな
い。
10:8 Lines of division in commitments and skepticism do not run along national boundaries — they
run at many different [20](1. speeds 2. faces 3. Levels).
10:8傾倒と懐疑の境界線は国境沿いを延びているのではなく、多くの異なった段階を延びてい
る。
10:9 The rhetoric of cultures, with each “culture” seen in largely homogenized terms, can trouble us
politically as well as intellectually.
10:9 それぞれの「文化」は主に同質化された観点で見られるので、文化という言葉は、知的面だ
けでなく政治面でも我々を悩ませるのである。
[18]―2 >[18]
「プラトンと孔子がやや似た側にいる」のと、「アリストテレスとアショーカ王が別の側にい
る」のが、ちょうど同じであると述べている。2のjust as~「~とちょうど同じように」が正解。
1のsuch as~は「たとえば~のように」の意だが、後に節を従えない。3のtherebyは「それに
よって」の意で副詞。

総合政策学部 2,002 問2、
■第2段落
2:1 By the seventh century some of these principles had spread to the Islamic world.
2:1 これらの原則の中には、7世紀までにイスラム世界にまで広がっていたものもあった。
2:2 The leading Islamic statement on the law of nations written in the ninth century to some extent
reflects principles laid [2](1. upon 2. down 3. by) in the Old Testament, with its ban on the killing of
women, children, the old and [3](1. the helpless 2. the help 3. helpful).
2:2 9世紀に書かれた国家の法律に関する主要なイスラム教の記述は、旧約聖書に規定されていた
原則をある程度反映していて、女性、子供、老人、無カの者を殺すことを禁じていた。
2:3 Moreover, a prisoner of war should not be killed, but he may be ransomed* or set free.
2:3 さらに、捕虜は殺すべきではなく、身代金を払わせるか自由にするかであろう。
2:4 But, prisoners might be killed if it were considered advantageous in conducting a war [4](1.
therefore 2. however 3. despite)
, this would not be so if the prisoners converted to Islam.
2:4 しかし、戦争を行っていく上で有利と考えられるならば、捕虜は殺されるかもしれない。しか
しながら、もし捕虜がイスラム教に改宗するならば、こういうことにはならないだろう。
[4]―2 >[4]「戦争を行っていく上で有利と考えられるならば、捕虜は殺されるかもしれない。
( )、もし捕虜がイスラム教に改宗するならば、こういうことにはならないだろう」の空所に入る
もの。逆接のつながりになっているので、however「しかしながら」が入る。1のthereforeは「そ
れゆえに」、3のdespiteは前置詞で「~にもかかわらず」の意。

■第5段落
5:1 The first international agreement aimed at limiting the conduct of armed conflict was drawn up
at the end of Crimean War in 1856.
5:1武器による戦闘行為を制限することをめざす最初の国際的な協定は、クリミア戦争が終結した
1856年に作成された。
5:2 In terms of its contents, a more important agreement was the Geneva Convention* of 1864 for
the proper treatment of the wounded in armies in the field, signed only a year after the founding
conference of the Red Cross.
5:2内容から考えると、より重要な協定は、1864年に結ばれた、戦闘中に負傷した者の戦場での適
切な取り扱いのためのジュネーヴ条約で、これは赤十字の設立会議のわずか1年後に調印された。
5:3 The 1864 Convention was [10](1. legalized 2. reconstructed 3. revised) by the latter Geneva
Conventions of 1906, 1929 and 1949.
5:3 1864年の条約は、その後1906年、1929年、1949年のジュネーヴ条約によって修正された。
5:4 The contents of the Geneva Conventions include the protection of the sick and the wounded in
the field, prisoners of war, as well as the civilian population.
5:4 ジュネーヴ条約の内容には、民間人だけでなく戦場での病人と負傷者の保護、捕虜の保護が含
まれていた。
5:5 [11](1. However 2. In sum 3. On the contrary), the Geneva Conventions, collectively known as
the Geneva Law, are related to the humanitarian treatment of people, soldiers and civilians, even in
the midst of armed conflict.
5:5要するに、ジュネーヴ条約は、全体でジュネーヴ法として知られていて、武器を使った戦闘中
でも、人々や兵士や民間人を人道的に扱うことに関するものである。
[11]―2 >[11]「( )、ジュネーヴ条約は、全体でジュネーヴ法として知られていて、武器を使っ
た戦闘中でも、人々や兵士や民間人を人道的に扱うことに関係するものである」の空所に入るも
の。直前の文を言い換えているので、In sum「要するに」が入る。1のHoweverは「しかしなが
ら」、3のOn the contraryは「それどころか」の意。

■第6段落
6:1 In contrast to the Geneva Law is the law concerning the means and methods of conducting
actual military operations in armed conflict.
6:1 ジュネーヴ法と対照をなすのが、武器による戦闘中において、実際に軍事行為を行うときの手
段と方法に関する法律である。
6:2 This is generally known as the Hague Law.
6:2 これは一般にハーグ法として知られている。
6:3 The Hague Law has evolved mainly through the disarmament conferences, which were held at
the invitation of Russian Emperor in 1899 and 1907.
6:3 ハーグ法は主に軍縮会議を通して発展してきたが、その会議は1899年と1907年にロシア皇帝
の招きで開かれた。
6:4 In 1899, 26 countries met at The Hague and adopted Conventions concerning the ban of gas
weapons [12](1. besides 2. addition to 3. as well as) certain methods of military operations such as
attacking civilian population and denial of quarter*.
6:4 1899年に、26カ国がハーグに集まり、民間人の攻撃や命乞いの拒絶などといった軍事行為につ
いての方法とガス兵器の禁止に関する条約を採択した。
・解答 [12]―3
>[12]「民間人の攻撃や命乞いの拒絶などといった軍事行為についての方法( )ガス兵器の禁止
に関する条約を採択した」の空所に入るもの。「ガス兵器」と「軍事行為についての方法」両者
の禁止に関する条約のことを述べているので、as well as~「~と(同様に)」が入る。1の
besides~は「~に加えて」、2はin addition to~で「~に加えて」となる。

■第8段落
8:1 So how does the ambiguity of international customary law affect a contemporary issue of the
laws of war such as nuclear weapons?
8:1 それでは、国際的な慣習法のあいまいさが、核兵器などのような「戦争に関する法律」の現代
的な問題にどのような影響を与えているのだろうか。
8:2 What is the legal status of nuclear weapons?
8:2核兵器は法的にどのような位置づけをされているのだろうか。
8:3 Are they prohibited or not?
8:3核兵器は禁止されているのだろうか、禁止されていないのだろうか。
8:4 There are treaties regulating the use of particular weapons such as biological and chemical
weapons, but as yet there is no established law concerning the use of nuclear weapons, [14](1.
though 2. and 3. no less than)
there are treaties directed against the testing of such weapons and
limiting the number of such weapons.
8:4生物兵器や化学兵器のような特定の兵器の使用を規制する条約はあるが、核実験や核兵器の数
を制限する条約はあるけれども、核兵器の使用に関する確立された法はまだない。
8:5 Consequently, there are various legal opinions on this issue.
8:5 その結果、この問題に関してはさまざまな法律上の意見がある。
・解答 [14]―1
>[14]「核実験や核兵器の数を制限する条約はある( )、核兵器の使用に関する確立された法は
まだない」の空所に入るもの。逆接のつながりが必要なので、thot1gh~「~だけれども」が入
る。2のandは「そして」、3のno less than~は「~もの」の意。

総合政策学部 2002 問1 
■第2段落
2:1 The need for socially conscious enterprise was initially recognized in the 1980s, when
organizations like the Social Venture Network [2](1. founded 2. sought 3. found) to create a
network of entrepreneurs who would design and implement innovative ways in which business
could be used to benefit society.
2:1社会を意識した企業の必要性はまず1980年代に認識され、その当時、ソーシャルベンチャー
ネットワークのような団体が、企業活動が社会に益をもたらすように使われうる刷新的な方法を計
画し実行する事業家たちのネットワークを作り出そうと努めた。
2:2 Until recently, this agenda meant that companies gave away a certain percentage of their pretax
earnings to a worthy cause or Organization and supported projects for social change, which
benefited children, families, disadvantaged groups, and the environment.
2:2最近まで、この実践項目は、企業が税引き前の収入の一定の割合を価値のある主義や団体に与
え、子供や家族や恵まれない集団や環境のためになるような社会変化を目指す計画を支援するこ
とを意味していた。
2:3 Since the 1990s, [3](1. nonetheless 2. nevertheless 3. However), this original philosophy has
evolved further.
2:3 しかしながら、1990年代以来、この元来の考え方はさらに発展してきた。
2:4 Businesses have realized that creating a highly profitable venture does not require a sole focus
on increasing profitability: businesses can simultaneously create profit and foster long-term
economic stability and peace in their countries of operation.
2:4企業は、大きな利益を上げる事業を生み出すことは、収益率を増すことだけに焦点、を当てる
よう要求するのではないと気づいた。つまり、企業活動とは、その操業する国において利益を上
げることと長期にわたる経済的安定と平和を育てることが同時にできるということなのである。
[3]―3 >[3]
「( )1990年代以来、この元来の考え方はさらに発展してきた」の空所に入るもの。直前の文にあ
るように、以前は「企業が利益を上げ、収入の一定の割合を恵まれない集団などに与えるのがい
い」と考えられていたが、考え方が発展して、直後の文にあるように、「収益率を増すことだけ
に焦点を当てなくてもいい」となった。逆接のつながりなので、「しかしながら」を表すhowever
が入る。1のnonetheless、2のneverthelessはともに「それにもかかわらず」の意。

■第6段落
6:1 Theoretical support for these ventures comes from a report produced at the 2000 Annual
Meeting of the World Economic Forum.
6:1 これらの事業に対する理論的な支持は、世界経済フォーラムの2000年度例会において出され
た報告から得られる。
6:2 A group of global leaders in business, politics, public interest advocacy, the media, and the arts
and sciences started the Business of Cooperation (BOC) Project to address the difficulty of
building peace after war, [12](1. and 2. but 3. for) in its first report the group outlined the basic
concepts of the theory of economic cooperation.
6:2経済、政治、公益擁護、メディア、芸術・科学における世界的指導者のグループが、戦争後に
平和を築く困難に取り組むためにBOC計画を始め、そして、その最初の報告の中で、そのグループ
は経済協力の理論に関する基本的概念の概略を述べた。
・解答 [12]―1
>[12]
「世界的指導者のグループが、戦争後に平和を築く困難に取り組むためにBOC計画を始め、( )、
その最初の報告の中で、そのグループは経済協力の理論に関する基本的概念の概略を述べた」の
空所に入るもの。事実を続けて述べているだけだから、and「そして」が入る。2のbutは「しか
し」、3のforは「というのは」の意。

■第9段落
9:1 [16](1.While 2. Because 3. Nor) there is some risk in creating partnerships and branches in
conflict areas, there are certainly benefits in doing so.
9:1紛争地域に共同経営会社や支店を作ることには危険が伴うが、そうすることには確かに利益も
ある。
9:2 Because these businesses are joint ventures backed by the personal interests of each party,
they are more likely to succeed, and the parent company will also share in this prosperity.
9:2 これらの事業はそれぞれの側の個人的な利害関係によって後押しされた合弁事業なので、成功
する可能性は比較的高くて、親会社もこの繁栄を共にするであろう。
9:3 [17](1. However 2. Additionally 3. Unfortunately), such ventures will increase innovation
through the diversity of the workers and raise employee performance, as people who see a greater
purpose in their work usually work harder.
9:3 さらに、そのような事業は労働者の多様性によって革新を増し、従業員の実績を上げる。とい
うのも、自分の仕事により大きな目的を見る人々は、たいていもっと熱心に働くからである。
9:4 Finally, a company that develops joint enterprises will cultivate the company image and gain
international recognition, [18](1. which 2. yet 3. thus) further increasing profitability.
9:4最後に、合弁事業を進める企業は企業イメージを育て、国際的認知を得て、その炉果、いっそ
う収益率を増すのである。
・解答 [16]―1
>[16]
「紛争地域に共同経営会社や支店を作ることには危険が伴う( )、そうすることには確かに利益も
ある」の空所に入るもの。前後関係から、While~「~だが一方」(譲歩・対照)が入る。2の
Because~は「~なので」、3のNor~は「~もまたない」の意。
[17]―2 >[17]
「( )、そのような事業は労働者の多様性によって革新を増し、従業員の実績を上げる」の空所に
入るもの。前文の、「これらの事業は成功する可能性は比較的高くて、親会社もこの繁栄を共に
するであろう」を受けて、「その上、さらに」と付け加えている。Additionallyが入る。1の
Howeverは「しかしながら」、3のUnfortunatelyは「不運にも」の意。
[18]―3 >[18]
「最後に、合弁事業を進める企業は企業のイメージを育て、国際的認知を得て、( )、いっそう収
益率を増すのである」の空所に入るもの。「企業のイメージを育て、国際的認知を得る」→「いっ
そう収益率を増す」とつながっている。
thus「その結果、したがって」が入る。increasing…が分詞構文なので、1の関係代名詞whichは不
可。2のyetは「しかし」の意。

総合政策学部 2,008 問1
■第1段落
1:1 Some people think that science and common sense are alike because science is a systematic
and controlled extension of common sense, which is, in turn, a series of concepts and conceptual
schemes satisfactory for practical uses.
1:1 科学とは常識の体系的で統制された拡張であり、反対に常識は、実用的な用途に見合った一連
の概念と概念的な枠組みなのだから、科学と常識はよく似ている、と考える人もいる。
1:2 But science and common sense differ in two significant ways.
1:2 しかし、科学と常識は2つの重要な点で異なる。
1:3 First, their uses of conceptual schemes and theoretical structures are strikingly different.
1:3 第一に、両者の概念的な枠組みと理論的な構造の使い方は著しく異なっている。
1:4 [1] (1. Since 2. While. Now that) the man in the street uses “theories” and concepts, he
ordinarily does so in a loose fashion.
1:4 一般人は、「理論」や概念を使うとはいえ、たいていその使い方はずさんである。
1:5 He often accepts fanciful explanations of natural and human phenomena.
1:5 しばしば彼は、自然現象や人間に関わる事象についての空想的な説明を受け入れる。
1:6 An illness, for instance, may be thought to be a punishment for sin.
1:6 たとえば病気は罪に対する罰だと考えられたりするかもしれない。
1:7 The scientist, on the other hand, systematically builds her theoretical structures, tests them for
[2] (1. internal 2. external 3. social) consistency, and subjects aspects of them [3] (1. for 2. to 3.
through) empirical testing.
1:7 他方、科学者は体系的に理論構造を構築し、それらの内的な整合性を検証し、またそれらの複
数の側面を経験的な検証にかける。
1:8 Furthermore, she knows that the concepts she is using are manmade terms that may or may
not exhibit a close relation to reality.
1:8 そのうえ、科学者は自分が使っている概念が、現実と密接な関係を示すことも示さないことも
ある人工的な用語であることを知っているのである。
解答 [1]ー2
>「1]「一般人は『理論」や概念を使う」ことと、「たいていその使い方はずさんである」という
2つの文がどのような関係で結合するかを考える。
理論を使う「のに」、その使い方がずさんだという文脈がもっとも自然なので、譲歩の意味を表
す2のWhileが正解。3のNow thatは「~であるからには」の意。

■第4段落
4:1 The use of the hypothesis in scientific investigation is similar to playing a game of chance.
4:1科学的な探究における仮説使用は、運まかせのゲームをするのに似ている。
4:2 The rules of the game are [8]( 1. held forth 2.Set up 3. taken over), and bets are made, in
advance.
4:2 ゲームにはルールが定められており、都けをするのは事前である。
4:3 One cannot change the rules after an outcome, [9] ( 1. seldom 2. Never 3. Nor) can one
change ones bet after making it.
4:3結果が出たあとにルールを変えることはできないし、あとから賭けを変えることもできない。
4:4 That would not be fair.
4:4 そんなことをすればフェアではないであろう。
4:5 One cannot throw the dice first and then bet.
4:5最初にサイコロを振って、それから賭けることはできないのである。
4:6 Similarly, if one gathers data first, then [10] (1. selects 2. throws 3. spares) only a few data and
comes to a conclusion on the basis of those few data, one has violated the rules of the scientific
game.
同じように、最初にデータを集めて、それからわずかばかりのデータを選び出し、そのいくつかの
データに基づいて結論に達するなら、その人は科学というゲームのルールに違反したことになる。
4:7 The game would not be fair because the investigator could easily [11] (1. capitalize on 2. take
over 3. give in), say, two significant relations out of five tested.
4:7 そんなゲームがフェアではないのは調査者が検証した5つの関係のうちたとえば2つの重大な関
係を利用するということが、簡単にできるからである。
4:8 What happens to the other three?
4:8残りの3つはどうなるのか。
4:9 They might be forgotten.
4:9忘れられてしまうのかもしれない。
4:10 But in a fair game every throw of the dice is counted, in the [12] (1. game 2. hypothesis 3.
sense) that one either wins or does not win on the basis of the outcome of each throw.
4:10 しかし、フェアなゲームでは、サイコロを振るそれぞれの結果によって、ある人が勝ったり
勝たなかったりするという意味で、サイコロの一振り一振りが考慮に入れられているのである。
4:11 The main point is that the purpose of hypotheses is to direct inquiry.
4:11 肝心なのは、仮説の目的は研究の方向づけだということである。
4:12 As Darwin pointed out long ago, all observations have to be for or against some view, if they
are to be of any U1Se.
4:12 はるか以前にダーウィンが指摘したとおり、あらゆる観察は、それが有益であろうものなら
ば何らかの見解に賛成するか反対するかせねばならないのである。
[9]ー3
>[9]この部分は、前の文と続いているので、接続詞を入れなければならない。選択肢の中で接続詞
として働くのは3のnorだけしかない。

総合政策学部 2008 問2
 ■第4段落
4:1 Subsequently, in September of 2006, there was a meeting at the Food and Agriculture
Organization in Rome to identify ways to achieve the U. N. goal of halving hunger by 2015.
4:1続いて2006年9月に、ローマの国連食糧農業機関で、2015年までに飢餓を半減させるという国連
の目標を達成するための方法を定める会議があった。
4:2 At the meeting, all of the participants were asked how the pace of reducing hunger could be
accelerated, [36] (1. even though 2. Since 3. While) a 2005 review showed that progress was poor
in most developing countries.
4:2会議では、2005年の調査によって、大半の途上国では進歩がごくわずかだとわかったため、参
加者全員にどうすれば飢餓を減少させる歩みを加速できるかという質問がなされた。
4:3 Almost all the participants felt that the greatest threats to food security in the future come, first,
from climate change (potential adverse changes in temperature, rainfall, and sea level) l, and,
second, from the loss of biodiversity.
4:3参加者はほぼ全員、将来の食糧安全保障に対する最大の脅威は、第一に気候の変化(気温、雨
量、海面が潜在的に悪い方向へ変わること)、第二に生物多様性の喪失によって生じると思ってい
た。
4:4 There was a great deal of consensus on this issue among the diverse groups of
representatives, including a farmer from Senegal, leaders of Oxfam and other non-governmental
organizations, agricultural scientists, and food security specialists.
4:4 この問題については、セネガルの農家、オックスファムその他のNGOの指導者、農業科学
者、食糧安全保障問題の専門家を含めさまざまな代表者集団のあいだに広範な合意があった。
4:5 The suggested ways to go forward [37] (1. ranged 2. Sprang. Diverged) from faithful
implementation of the Kyoto Protocol to acting on the provisions of biodiversity, climate, and the
prevention of the spread of deserts.
4:5提案された前進の方法は、京都議定書の誠実な履行から、生物多様性、気候、砂漠拡大の防止
という規定に基づく行動にまで及んだ。
・解答 [36]―2
>[36]設問部分は「会議では、2005年の調査によって、大半の途上国では進歩は貧弱だったとわ
かった~、参加者全員にどうすれば飢餓を減少させるペースを加速できるかという質問がなされ
た」という内容。選択肢はそれぞれ1.「としても」2.「ので」3.「一方」という意味。したがっ
て、「譲歩」なのか「理由」なのか「対照」なのかを考えればよい。進歩が貧弱である「がゆえ
に」、どうすれば加速できるのかと尋ねるわけだから「理由」を意味する2が正解であるとわか
る。

■第4段落
4:1 It the past, economists looked [37](1. liberally 2. unwillingly. strictly) at your income in order to
calculate the value of your leisure hours.
4:1 かつて経済学者らは、余暇時間の価値を計算するため、収入を厳密に調査していた。
4:2 Now, the study of the “household economy” is getting fresh encouragement.
4:2 現在では「家庭経済」の研究は新たな促進材料を得つつある。
4:3 It is even beginning to take into account intangible factors such as satisfaction and pleasure.
4:3 満足とか喜びといった無形の要素を考慮に入れようとさえしているのである。
4:4 Many governments have conducted surveys on the use of time within the household, in an
effort to provide reliable data.
4:4 多くの政府が、信頼できるデータを提供しようとして、家庭内の時間の使い方について調査を
行った。
4:5 Some use a monthly survey, [38](1. if 2. where 3. which) they ask people to report how much
time they spend doing such things as exercising or driving their kids to various places.
4:5 月単位で調査を行うところもあり、その場合には運動したり子供をいろいろな場所に車で、連
れて行ったりするようなことにどれだけ時間を使うかを人々に尋ねている。
4:6 A large number of academic essays on this topic are also circulating.
4:6 この話題に関しては多数の学術論文が読まれている。
4:7 Some of them address issues such as the impact of timesaving technology, including
microwave ovens and washing machines.
4:7 それらのうちいくつかは、電子レンジや洗濯機を含めた時間節約技術の影響といった問題を取
り扱っている。
4:8 This kind of scholarship is gaining new relevance now that lower household budgets are [39]
(1. forcing 2. requesting 3. helping) some people to work longer hours, which emphasizes the
importance of the cost-effective use of free time.
4:8 この種の学問はいまや、新たな関連性を得つつある。というのは、より低収入の家庭では、よ
り長時間働かざるをえない人々がおり、そのことが自由時間を費用面で効率的に使うことの重要
性を際立たせているからである。
・解答 [38]―2
1 if
2 where
3 which
>[38]whereはsurvey「調査」を先行詞とする関係副詞で「そしてその(調査の)中では…」とい
う意味に解釈できる。whichを用いるならin whichとしなければならない。

■第3段落
3:1 Some economics professors regard a household as a small company that employs labor, buys
technology, and makes decisions about what services to outsource.
3:1 経済学の教授らの中には家庭を、労働力を雇い、先端技術を購入し、どのサービスを外部委託
するかを決定する小さな企業のようにみなす者がいる。
3:2 But the household is a “company” that nowadays needs [34] (1. welfare 2. management 3. tax)
consultants.
3:2 しかし家庭は今や経営コンサルタントを必要とする「会社」である。
3:3 People often make drastic miscalculations about the [35](1. value 2. pace 3. amount) of their
time, and take a do-it-yourself approach to tasks that might be less costly in time and money if they
were hired out.
3:3 人々は、しばしば自分たちの時間の価値について重大な計算違いをし、お金を払って人にやっ
てもらった方が、時間的にも金銭的にもより負担が小さいかもしれぬ仕事に対し、自分でやると
いう方法を選んでいる。
3:4 A simple oil change for your car, for example, costs the equivalent of $25 at some gasoline
stations, [36] ( 1. or 2. if 3. while) buying the supplies to do it yourself costs at least 20, meaning it
is cost-efficient to let the gasoline station do it for you.
3:4 例えば単なる車のオイル交換の場合、25ドル相当の経費でやってくれるガソリンスタンドがあ
るのに対し、それを自ら行うために必要なものを自分で買いそろえると最低で、20ドルはかかっ
てしまう。これはガソリンスタンドでやってもらった方が費用的に効率がよいということを意味
している。
3:5 Yet millions of people say that they change the oil in their cars themselves.
3:5しかし何百万という人々が自分の車のオイルは自分で交換すると言っている。
・解答 [36]―3
1 or 「あるいは」
2 if 「もし」
3 while 「それに対して」
>[36]3のwhileは「一方では~」「それに対して~」という〈対比・対照〉を表す接続詞。ここで
は車のオイル交換をガソリンスタンドでやってもらう場合と自分でやった場合を対比させている。

■第9段落
9:1 In the past year, [41] (1. however 2. for example 3. therefore), donors via Geneva Global
placed nearly a million US. dollars in grants related to tsunami relief.
9:1 たとえば、過去1年間に寄付者は、ジュネーブ=グローバル経由で、津波援助に関係した交付金
に100万米ドル近くを投資した。
9:2 These contributions, distributed across more than 20 grassroots projects, will deliver trauma
counseling to more than 60,000 affected individuals, restore incomes to more than 90,000 people,
and provide medical care to more than 30,000 people.
9:2 こうした寄付は20を超える草の根事業に分配され、6万人以上の患者に心的外傷のカウンセリ
ングを実施し、9000を超える人々に収入の回復をもたらし、3万を超える人々に医療を提供するこ
とになるだろう。
9:3 This does not include additional benefits like rebuilding 500 homes and immediate aid such as
access to clean water and food.
9:3 これには、500戸を再建するといった付加的な利益や、清潔な水と食糧の入手のような直接的
な援助は含まれていない。
9:4 At an even more micro scale, one $40,000 grant provided medical care to more than 4,000
people, trained 200 families to grow vegetables for themselves in temporary housing camps, and
provided therapy to hundreds of surviving children who became homeless.
9:4 さらに微小な規模では、4万ドルの交付金1件で4000を超える人々に医療が提供され、200世帯
が仮設住居施設で野菜を独力で栽培するように訓練を受け、生き残って家を失った数百人の子ど
もたちに治療を施した。
9:5 [42](1. In the same way 2. In contrast 3. Instead), the total $14 billion provided by governments
and private aid agencies has thus far provided medical care and temporary housing to
approximately 800,000 displaced people and rebuilt approximately 20000 homes.
9:5一方、政府と民間援助機関によって提供された総額140億ドルで、これまで約80万人の難民に医
療と仮設住宅が提供され、約2万戸の住居が再建された。
9:6 There is a sharp contrast in the cost benefit ratio of these two sets of figures.
9:6 この2組の数字には、コストパフォーマンスにくっきりとした差がある。
・解答 [41]―2 [42]―2
>[41]
However「しかしながら」
For example「例えば」
Therefore「それゆえに」
同段前半(In the past year…more than 30,000 people)で示される慈善事業の成功ぶりは前段最終文
(Nearly 80 percent…)「こうした手法を使って過去5年間に評価し資金提供した80%近くの事業が規
定の事業数値目標を満たしたり、上回ったりした」の例を示していると考えられる。
>[42]
In the same way 「同様に」
In contrast「対照的に」
Instead「その代わりとして」
この空欄以下に示されるのは「政府と民間援助機関によって提供された総額140億ドル」の上げた
成果である。そして、前半に示された「過去1年間にジュネーブ=グローバル経由で投資された100
万米ドル近く」の上げた成果は「コストパフォーマンスにくっきりとした差がある」と最終文に
述べられている。両者の関係は2の「対照的に」によって結びつけることができる。

■第8段落
8:1 The evaluation of grassroots projects must be based on evidence that each initiative has
enjoyed successful performance – that it not only shows “need” but also demonstrates “proven
results.”
8:1草の根事業の評価は、それぞれの新しい試みが成功して業績をあげている―「需要」を示すだ
けでなく「証明済みの結果」も示している―という証拠に基づかなければならない。
8:2 Based on analysis of results from grants given, we have found that there are a number of key
performance indicators that predict results.
8:2授与した交付金から得られた成果の分析に基づき、いくつかの重要な業績指標があって、それ
を使って成果を予想できることがわかった。
8:3 The first is past record.
8:3第1の指標は、過去の記録である。
8:4 [39] (1. Since 2. While 3. Unless) past performance does not guarantee future results in
investing, past performance is a strong predictor of future results in philanthropy.
8:4過去の業績は将来の投資の成果を保証しないとはいえ、過去の業績は慈善事業の将来の成果の
強力な予想指標である。
8:5 Other key indicators are sustainability of the intervention, existence of thorough project plans
with well-defined performance measures, and risk management planning.
8:5他の重要指標は、介入の持続可能性や、明快な業績評価を伴う完全な事業計画の存在、そして
危機管理計画である。
8:6 Project leaders themselves are [40] (1. reliable 2. rare 3.sole) indicators of future performance,
which can be predicted fairly well through demonstrated experience, demonstrated commitment to
power sharing and training of others, and extent of networking to other leaders.
8:6事業の指導者自体も、将来の業績を示す信頼できる指標であってその業績は実証済みの経験
や、共同作業と他者の訓練への実証済みの関与他の指導者との連携の程度によって、かなりうまく
予測することができる。
8:7 Nearly 80 percent of projects evaluated and funded over the past five years using this
methodology met or exceeded their stated numerical project objectives.
8:7 こうした手法を使って過去5年間に評価し資金提供した80%近くの事業が、規定の事業数値目
標を満たしたり、上回ったりしたのである。
・解答 [39]―2
>[39]
Since「~なので」
While「~だけれども」
Unless「~でない限り」
「過去の業績は将来の投資の成功を保証しない」ことと、「過去の業績は慈善事業の将来の成果
の強力な予想指標である」ことがどのような関係になるかを考える。「保証しない」以上、「指
標にはならない」はずであるが、それでもなお「予想指標である」と述べられているのだから両
者の関係は《譲歩》的である。

■第4段落
4:1 Approaching philanthropy as a form of investment is an important part of the solution to the
problems of philanthropy.
4:1一種の投資として慈善事業に臨むことは、慈善事業の問題解決の重要な一部である。
4:2There is reason for [33] (1. optimism 2. pessimism 3. Nihilism):
4:2楽観できる理由がある。
4:3 Increasingly, donors are treating their giving like their investments.
4:3 ますますもって、寄付者は投資と同じように自分の資金提供を扱うようになってきている。
4:4 Many philanthropists have begun to see philanthropy as a capital market.
4:4多くの慈善事業者が慈善事業を資本市場であると見るようになりだした。
4:5 They demand the same levels of transparency and accountability that they expect from stock
markets.
4:5彼らは株式市場に期待するのと同じレベルの透明度と会計責任を求める。
4:6 Some have termed this “social investment” or “venture philanthropy.”
4:6 これを「社会投資」あるいは「冒険的慈善事業」と名づけた者もいる。
4:7 Geneva Global, and organization created by donors in search of real accountability, prefers the
term “performance philanthropy.”
4:7 ジュネーブ=グローバルは真の会計責任を求める寄付者によって創設されたがこの組織は「業
績重視慈善事業」という言葉を好む。
4:8 Performance philanthropy is a hopeful alternative to traditional approaches to giving, [34] (1.
unless 2. because 3. although)
it is working.
4:8業績重視慈善事業はそれが効き目があるだけに、提供に対する伝統的取り組みに代わる有望な
代替手段である。
[34]―2
>[34]
Unless「~でない限り」
Because「~だからである、というのは~」
Although「しかし~」
「業績重視慈善事業が、提供に対する伝統的取り組みに代わる有望な代替手段である」ことと、
「それが効き目がある」ことの関係は、逆接や打ち消しの関係ではなく、因果関係である。「効
き目がある」という原因理由があるから、「代替手段となる」と考えるのが自然。

■第12段落
12:1 Some people claim that if evolution is a useful (and, so far, correct) theory, we should still see
it at work all around us in humans.
12:1 もし進化が有益な(そして、これまでのところ、正しい)理論であるなら、それは依然とし
て、私たちの周りすべて、人間の中にも作用しているのが見えるはずだと主張する人もいる。
12:2 We do not.
12:2見えないではないかと。
12:3 But we can see it if we adopt a long enough time frame.
12:3 しかし十分に長い時間的枠組みを採用すればそれが見えるのである。
12:4 Mankind is believed to have been on this earth for about 100,000 years.
12:4人類は地上に現れてから約10万年経っていると信じられている。
12:5 In that time there have been changes in people’s appearance, but those changes have
occurred very slowly.
12:5 それだけの時間に人間の外観には変化があったがそうした変化は極めてゆっくり生じた。
12:6 After all, 1,000 centuries is just a [18] (1. blank 2. blink 3. block) in geological time.
12:6 なにしろ1000世紀など、地質学的な時間ではほんの一瞬なのだから。
12:7 [19] (1. Besides 2.Therefore 3. However), the modern world has created an environment by
means of public health measures, the reduction in crime rates, and improved levels of diet that
have sharply reduced the environmental variation that is necessary to [20] (1. reconstruct 2. renew
3. reward) some genetic accidents and penalize others.
12:7 その上、現代世界が生み出した環境では公衆衛生施策や、犯罪率減少食糧水準の向上によっ
て、遺伝的偶然のうちあるものを優遇し、他のものには不利益を課すためには不可欠な環境的な
変化が著しく減少してしまった。
12:8 But 100,000 years from now, will the environment change so much that people who now have
unusual characteristics will become the dominant group in society?
12:8 しかし、今後10万年で環境が大きく変化して、今は一般的でない特徴をもつ人々が社会の主
流となるのだろうか。
12:9 Maybe.
12:9 さてどうだろう。
[19]―1
>[19]
Besides「さらに、そのうえ」
Therefore 「それゆえに」
However「しかしながら」
進化は人間に時間をかけて作用するため、作用していることがわかりにくいという記述に続く部
分。「現代では、自然選択が働きにくい環境が実現している」というのだから、「進化の作用が
見えにくい理由」が追加されていると考えられる。《追加》を示すのは1の「そのうえ」である。

■第3段落
3:1 Over the last twenty years, there have been a number of initiatives in the areas of politics,
education and broadcasting to try to use Maori and, [4] (1. by the way 2. in addition 3. as a result),
it is now an official language of New Zealand.
3:1過去20年にわたって、政治、教育、放送の分野でマオリ語を使おうという発案が何度もなされ
てきたのであり、その結果、マオリ語はニュージーランドの公用語になっている。
3:2 As these initiatives have progressed, however, some people have begun to express the view
that Maori is simply not capable of being used as an official language.
3:2 しかし、このような発案が進展するにつれて、マオリ語は公用語として使うことはまったくで
きないという見解を表明する人が出始めた。
3:3 This kind of opinion, in fact, is not based on logic.
3:3実は、この種の意見は、論理的な根拠がない。
3:4 I recall a comment in a New Zealand newspaper, which tried to [5] (1. make 2. see 3. show) the
point that Maori was no good as a language because it had to borrow words from English in order
to express new ideas.
3:4私はニュージーランドの新聞に載った意見を覚えている。その意見は、マオリ語は新たな概念
を表現するのに、英語から言葉を借り入れなければならないから、言語として不十分であると主
張しようとしていた。
3:5 English, [6] (1. on the one hand 2. on the other hand 3. On top of that), was a very flexible and
vital language because it had throughout its history been able to draw resources from many other
languages to express new ideas.
3:5一方、英語は歴史を通じて、新概念を表現するために、他の多くの言語から糧を得てきたがゆ
えに、きわめて柔軟で生き生きした言語であるというのだ。
・解答 [4]―3
>[4]
 By the way 「ところで」
In addition「加えて」
As a result「結果として」
「マオリ語を使おうという発案が何度もなされてきた」こと(A)が「いまではマオリ語はニュー
ジーランドの公用語になっている」こと(B)と、どのような関係になっているかを考える。AとBと
は、Aという「原因」によってBという「結果」が生じたと考えられるから、3のas a result「その
結果」が正解となる。
[6]―2
>[6]
On the one hand「一方では」
On the other hand「その一方で」
On top of that「なおその上に」
マオリ語と英語とが対照的に論じられ、同じ理由で一方が不十分。他方が柔軟で活発とまったく
正反対の評価になっていることが、きちんと把握できたかどうかがポイント。「対照」を示すの
は、2のon the other handである。

■第8段落
8:1 The vision of the compact city has been dominated by the model of the densely developed core
of many historic European cities.
8:1 コンパクト・シティというビジョンは、歴史上重要な多くのヨーロッパ諸都市の、密集して発
達した中心部というモデルに多大な影響を受けている。
8:2 These are a great attraction not just to architects, planners and urban designers, [46](1. and 2.
but 3. or)
to countless tourists who flock to see them.
8:2 これらは建築家やプランナーや都市設計者だけでなく、群れをなして見に来る無数の観光客に
とってもおおいに魅力あるものである。
8:3 They are seen, often by those from outside, as ideal places to live and experience the vitality
and variety of urban life.
8:3 それらは、しばしば外部から来た人々によって、住んだり都会生活の活気や多様性を経験した
りするのに理想的な場所とみなされている。
8:4 The danger is that it is a romantic vision, one which assumes a golden age that can be
recaptured through urban form, leading to a sustainable and benign civility.
8:4危険なのは、それが現実離れしたビジョンであり、そこでは、都市形態を通して取り戻すこと
ができて、しかも持続可能で温和な礼儀正しさにつながる黄金時代を想定していることである。
8:5 Perhaps it is not [47](1. believable 2. interesting 3. Surprising) that the strongest advocate for
the compact city has been the European Community.
8:5 コンパクト・シティの最大の支持者がヨーロツパ共同体(EC)であることは、ひょっとする
と驚くべきことではないかもしれない。
・解答 [46]―2
>[46]前にあるnot just~(「~だけでなく」not only~と同義)に呼応してbut…(「…もま
た」)と置く。but also…とすることが多いが、alsoは省略されることもある。
Not only A but also B 「AだけでなくBもまた」

■第5段落
5:1 Cities may have problems, but they are not necessarily a problem in themselves.
5:1都市には問題があるかもしれないが、都市自体が必ずしも問題なのではない。
5:2 According to some urban planners in England, it is the ‘failure of effective governance within
cities that explains the poor environmental performance of so many cities rather than a [40]
(1.active 2. exceptional 3. inherent) characteristic of cities in general.’
5:2 イングランドのある都市計画立案者らによると、「非常に多くの都市で環境面での問題がみら
れる原因は、一般的な都市固有の特徴というよりはむしろ、都市内部での効果的な統治の失敗に
ある」という。
5:3 The manipulation of urban form, and the provision of better forms of governance, may go some
way to overcome city problems.
5:3都市形態の巧みな操作、より良い統治形態の用意が、都市問題を克服するのにいくらか役立つ
かもしれない。
5:4 [41](1. Because of 2. Despite. Instead of) many problems, the fastest growing cities in
developing countries have benefits for those living there.
5:4多くの問題にもかかわらず、発展途上国における最も成長の速い都市はそこに住む人々に利益
をもたらしている。
5:5 They can provide ‘enhanced opportunity for millions of people’ and ‘refuges from a stifling,
restrictive rural life’ that may no longer be economically sustainable.
5:5それらは「何百万もの人々のための機会の増大」と、もはや経済的に持続不可能な「息苦し
く、制限の多い田舎の生活から逃れる場所」を提供することができる。
5:6 The sheer vitality and numbers of people and ideas tend to change attitudes and lifestyles, and
lead to higher [42](1. aspirations 2. levels 3. means) to improve standards of living.
5:6人々や考え方の、純然たる活力や数の多さが、態度や生活様式を変化させる傾向にあり、また
生活水準を上げようというより高い向上心へとつながっていく。
5:7 How, then, does this tendency relate to sustainable development and sustainable urban form?
5:7 では、どのようにしてこの傾向が持続可能な発展と持続可能な都市形態へと関係してゆくので
あろうか。
・解答 [41]―2
>[41]
 Because of「~のために」
Despite 「~にも関わらず」
Instead of「~の代わりに」
該当箇所の文の後半には「そこに住む人々に利益をもたらしている(have benefits for those living
there)」とあり、「多くの問題(many problems)」とは相反する内容となっていることから、
Despite(「~にもかかわらず」)が最適。
 
総合政策学部 2010 問1
■ 第9段落
9:1 もしも旅行に出かけるのに、車と飛行機のどちらかを選ぶとするなら自動車対飛行機の毎時死
亡率を考慮したいと思うかもしれない。
9:1 If you are taking a trip and have the choice of driving or flying, you might wish to consider the
per-hour death rate of driving versus flying.
9:2合衆国では毎年自動車事故で亡くなる人(おおよそ4万人)のほうが,飛行機の墜落で亡くなる
人(千人に満たない)より,はるかに多いのは間違いない。
9:2 It is true that many more people die in the United States each year in motor vehicle accidents
(roughly forty thousand) than in airplane crashes (fewer than one thousand).
9:3 とはいえ,大半の人は,飛行機よりも自動車内で過ごす時間のほうがはるかに多いのもまた確
かである。
9:3 But it’s also true that most people spend a lot more time in cars than in airplanes.
9:3 ところが,自動車対飛行機の毎時死亡率はだいたい等しいのである。
9:3 The per-hour death rate of driving versus flying, [16] (1. likewise 2. however 3. all the more), is
about equal.
9:4 2つの機械の死につながる可能性は,同じくらい高い,いや実際には,同じくらい低いのであ
る。
9:4 The two contraptions are equally likely―or, in truth, unlikelyto lead to death.
・解答 [16]―2
>[16] 設問部分に先行するのは,it’s true … であるから,それに呼応するのはbutなどの逆説表現で
ある。そうなっているのは2である。残りの選択肢はそれぞれ1が「同様に」,3が「それだけます
ます」という意味で,いずれも不適切。

環境情報学部 2009 問1
■第4段落
4:1 “Nowhere is water more dominant in people’s lives,” says British geographer John Soussan.
4:1 「ここ以上に、人命に水が影響を及ぼす場所はない」とイギリス人の地理学者ジョン=スーザ
ンは言う。
4:2 And nowhere better illustrates the complexity of producing [4] (1. visible 2. subjective
3.workable) solutions to water resource problems.
4:2 そして、水源問題の有効な解決策を作ることの複雑さを、ここ以上によく物語る場所もない。
4:3 The threats that face Bangladesh’s supplies are intimately interconnected:
4:3 バングラデシュの水の供給に立ちはだかる危険は、相互に深く関連している。
4:4 thwart one, [5] (1. and 2.or 3. for) you can create problems downstream―sometimes literally.
4:4 つまり、1つを解決するとその流れに従い時には文字通りに下流でいくつかの問題を作り出し
てしまうことになるのだ。
[5]―1>[5]
コロン(:)は、その前で述べられたことをわかりやすく具体的に言い換えるときに使われる。
第4段最終文(The threats that…)前半の「色々な問題が相互に関わっている」という内容から考
えると、コロン以下は「問題を1つ乗り越えると、後に問題を作り出す」という意味になる。よっ
て、1のand「すると」が正解である。2のor「そうしないと」や3のfor「というのは]は文意からし
て不適。

総合政策学部 2011 問1、
■ 第10段落
10:1 BIJは1900万ユーロがこれまでに回収されたことを探知したが,これはスペインに支払うべ
きEU補助金からそうした資金分が差し引かれたことで成し遂げられた。
10:1 The BIJ has found that 19 million euros has been recovered so far, but this has been
achieved by withholding those funds from the EU subsidies [18] (1. due 2. according 3. Owing) to
Spain.
10:2 スペイン政府の関与は責任問題を生じている。
10:2 The involvement of the Spanish national government raises the issue of responsibility.
10:3 1988年のスペイン国内法の「沿岸法」は,スペインの地中海沿岸の乱開発に対応して作成さ
れたのであるが,スペインの全海岸線を国有化し,地方自治体に管理権を与えた。
10:3 The Spanish national “Coastal Law” of 1988, drawn up [19] (1. in association with 2. in
response to 3. without regard to) the uncontrolled development of Spain’s Mediterranean coast,
nationalized the entire Spanish coastline and vested control in local governmental bodies.
10:4 1991年に,ランサロテ島地方行政当局が進歩的な土地利用計画を作成したが,それは持続的
開発と生態系の保護のための手本として,世界的に認められた。
10:4 In 1991, the Lanzarote local government drew up a progressive land use plan, which gained
world recognition as a model for sustainable development and safeguarding the ecosystem.
10:5 実はユネスコが当初,ランサロテ島に生物圏資格を授与したのは,この計画を基礎としてい
たのだった。
10:5 [20] (1. Hence 2. Therefore . In fact), it was on the basis of this plan that UNESCO initially
awarded Lanzarote its Biosphere Status.
・解答 [20]―3
>[20] 設問部分は「(    )、この計画を基礎としていたからこそ、ユネスコが当初、ランサ
ロテ島に生物圏資格を授与したのだ」という意味。選択肢はそれぞれ、1は「それゆえ」、2は
「その結果」、3は「実は」という意味だから、前文との論理的な関係が問われていることがわか
る。前文はランサロテ島の地方行政当局が策定した土地利用計画が世界的に高く評価されたとい
う趣旨。「世界的な高評価」と「生物圏資格授与」とは,実質的に同内容(具体例)であり,「原
因と結果」という関係ではないことがわかる。よって,正解は前文を補足していることを示す3で
ある。

総合政策学部 2011 問2、
■ 第11段落
11:1 その質問にははっきり答えることはできないとはいえ,職業選択の違いが差別によって生じ
ると信じるだけの理由はある。
11:1 Although we cannot answer that question definitively, there is reason to believe that some
differences in occupational choice are due to discrimination.
11:2 たとえば,最も給料の高いブルーカラー労働は,通常は労働組合のある職業であり,産業
別,職業別組合は,女性を組合員とすることに反対してきた長い歴史がある。
11:2 For example, the highest-paying blue-collar jobs are typically union jobs, and industrial and
crafts unions have had a long history of opposition to women as members.
11:3あるいは,医療を考えてみよう。
11:3 Or consider medicine.
11:4女性は皮膚科や放射線科といった専門分野でははるかに数が多くなってきているが,そうした
分野では日程がより柔軟な傾向があり,労働時間を制限することができ,パート勤務が可能であ
る。
11:4 Women are becoming much more numerous in specialties such as dermatology and
radiology, where schedules tend to be more flexible, hours of work can be limited, and part-time
practice is feasible.
11:5 しかし多くの医師は,女性が給料の高い外科分野で目立って少数であるのは一つには女性差
別のせいであり,女性による職業選好の反映のせいではないと論じるであろう。
11:5 But many physicians would argue that the noticeable underrepresentation of women in the
high-paying surgical specialties is partly the result of discrimination against women, [49] (1. thus 2.
rather than 3. when)
reflecting the occupational choices preferred by women.
11:6 もしこの議論が正しいなら,所定の専門分野にいる女性が,その分野の男性と同じだけ支払
いを受けるとしても,高給与の地位から女性が排除されることによって,平均賃金が低下し,生
活を苦しくすることとなろう。
11:6 If this argument is correct, then even if women in a given specialty are paid the same as men
in that specialty, the exclusion of women from high-paying slots will lower their average wages and
make them worse off.
・解答 [49]―2
>[49] 設問部分は「女性が給料の高い外科分野で目立って少数であるのは一つには女性差別のせい
であり,女性による職業選好を反映している(    )」という意味。この段では賃金の性差
は「女性差別」が原因だと論じられているのだから,「…反映しているのではない」という否定
的な意味にならなければいけないと読み取れるかどうかが大きなポイント。選択肢はそれぞれ,1
は「だから」,2は「~よりはむしろ」,3は「~の場合に」という意味である。これらの中で,
否定的な含意をもつものはどれか。2のrather than~が「~よりむしろ」という単なる比較の意味か
らさらに進んで,「~ではなくて」という否定的な意味を含むことがあることを理解していれば,
正解は2とわかる。

総合政策学部 2012 問1、
■ 第3段落
3:1権力分散とはどういう意味なのかを一言述べておこう。
3:1 Let me say a word about what I mean by power diffusion.
3:2 それは技術とりわけ情報技術が国際問題に参加する費用にどう影響しているのかという観点か
ら理解するのが最もよい。
3:2 That is best understood in terms of the way technologies, and particularly information
technologies, are [4](1. increasing 2. sustaining 3. affecting) the costs of participating in
international affairs.
3:3 コンピュータの能力の価格は1970年から2000年までに1000分の1に減少した。
3:3 The price of computing power declined a thousand-fold from 1970 to 2000.
3:4 これは異常な数字であり,あまりにも大きいので,それがどういうことなのかをつかむのは難
しい。
3:4 That is an extraordinary number, so big that it is hard to know what it means.
3:5 これを考える最善策は,もし自動車の価格がコンピュータの能力の価格と同じくらい急速に下
落していたら,今日では自動車を,例えば,1万円で買うことができることになってしまうという
ことだ。
3:5 The best way to think of this would be that if the price of an automobile had declined as rapidly
as the price of computing power, you should be able to buy an automobile today, for, lets say,
10,000 yen.
3:6 それはまさに異常な変化である。
3:6 It is [5](1. just 2. hardly 3. nonetheless) an extraordinary change.
3:7物の価格がそれほどに下落すると,参入障壁がなくなる。
3:7 When the price of something declines that much, it removes the barriers to entry.
3:8以前は政府や大企業専用だったことを,今ではそうでない者ができるのである。
3:8 Now others can do what previously was [6](1. prepared 2. reserved 3. preserved) for
governments or big corporations.
3:9 もし1970年に東京からニューヨーク,ロンドン,ヨハネスバーグまで瞬時に通信したければ
できることはできた。
3:9 If you wanted to communicate instantaneously from Tokyo to New York to London to
Johannesburg in 1970, you could do that.
3:10技術的には可能だったがしかしきわめて高価だった。
3:10Technologically you could do it, but it was very, very expensive.
3:11今では誰でもできるし,ほとんど無料である。
3:11 [7](1. Still 2. Now 3. However), anybody can do it and it is virtually free.
3:12 スカイプがあれば,料金は要らない。
3:12 If you have Skype, it is free.
・解答 [7]―2
>[7]設問部分は「( )誰でもできるし、ほとんど無料である」という意味。選択肢はそれぞれ、1
は「それでも、なお」、2は「今では」3は「しかし」という意味。この部分は、先行部分が過去
形になっているが、空所を含む文からは現在形になって、時制の対照が起きている。そこで「昔
は~だったが、今は…だ」という対照関係を正確に読み取って2を選ぶと、きれいに文意が通る。

総合政策学部 2012 問2、
■ 第2段落
2:1 こうした現象がどれほど無関係に思えるとしても,一つの学問分野がこれらすべてを明らかに
するのに役立ってきた。
2:1 [32](1. However 2. Despite 3. Whatever) unrelated these phenomena may seem, a single
scholarly field has helped illuminate all of them.
2:2ネットワークの研究が,ウィルスや考え方や情報がどのように人から人へと広まっていくのか
を明らかにすることができ,肥満,自殺,腰痛の拡大を追跡可能にできるのである。
2:2 The study of networks can illustrate how viruses, opinions, and news spread from person to
person and can make it possible to track the spread of obesity, suicide, and back pain.
2:3 ネットワーク科学が株価傾向を予測したり,交通システムを設計したり,ガンを探知したりす
る手段を指し示しているのである。
2:3 Network science points toward tools for predicting stock-price trends, designing transportation
systems, and detecting cancer.
・解答 [32]―1
>[32]設問部分は「こうした現象が(    )無関係に思えるとしても」という意味。unrelatedは
補語であるが,seemの後ろの位置から節頭へと移動している。こうした移動が起きるのはunrelated
にhoweverが結合して一体で移動するからである。despiteやwhateverはそのようなunrelatedとの結合
はない。よって正解は1のHoweverに決まる。

■ 第5段落
5:1 テロの問題を考えるなら,テロリストには,軍事力はほんのわずかしかないが,彼らは多くの
「ソフトパワー」をもっている。人々を引きつけ説得する力である。
5:1 If you think of the problem of terrorism, terrorists have very little military power, but they have a
lot of “soft power”―the ability to attract and persuade people.
5:2 それで,ビン=ラディンは,ワールドトレードセンターに飛び込んだ人々の頭に銃を突きつけ
たわけではなかった。
5:2 [12](1. So 2. Nonetheless 3. However), Bin Laden did not point a gun at the head of the people
who flew into the World Trade Center.
5:3彼らに金を支払ったりもしなかった。
5:3 He did not pay them.
5:4彼はその人たちを「脅威にさらされているイスラム」とイスラムを浄化する必要があるという
彼の物語によって引きつけたのである。
5:4 He attracted them by his narrative of “Islam under threat” and the need to purify Islam.
5:5 それが興味深いのは,それはつまり,こうしたことに対処しようとすると,私たちが誤って,
単に軍事力あるいは経済力だけでこれを解決できると考えるかもしれないということになるから
である。
5:5 That is interesting because it means that as we then try to [13](1. come up 2. get away 3. cope)
with this, we may make the mistake of thinking that we can solve this by military or economic
power alone.
5:6 もしも力というものが自分の望む結果を手に入れる能力のことであるなら,強制や脅迫,いわ
ば「ムチ」によってそうすることもできるだろう。
5:6 If power means the ability to get the outcomes you want, you could do this through coercion,
threats, so-called “sticks.”
5:7 「ニンジン」という報酬によってそうすることもできるだろう。
5:7 You could do it with payments you might call [14](1. “lemons.” 2. “whips.” 3. “carrots”.)
5:8 あるいは誘惑と説得によってそうすることもできるだろう。
5:8 Or you could do it with attraction and persuasion.
5:9 また,情報時代にあっては,ソフトパワーの役割がもつ重要性は高まっている。
5:9 And in an information age, the role of soft power is increasing in its importance.
5:10今やそれは,私たちに必要なのは,力についての新たな考え方だということなのである。
5:10 Now that means that what we need is a new way of thinking about power.
5:11高名な英国の歴史学者A. J. P.テイラーは,19世紀のヨーロッパ支配権を巡る闘争に関する書物
を著した人物であるが,彼は大国を戦争で勝てる国であると定義した。
5:11 The famous British historian A.J.P. Taylor, who wrote a book about the struggle for mastery of
Europe in the 19th century, defined a great power as a country that was able to prevail in war.
5:12 しかし,21世紀にあっては,力とは何なのかに関するそうした限定的な考え方を乗り越えて
いかなければならないし,それを,はるかに3次元的なものであり,軍事力のみならず経済力もソ
フトパワーも含まれているものだと見なければならない。
5:12 But we have to [15](1. put up with 2. go beyond 3. cling to) that limited way of thinking about
what power means in the 21st century, and see it as much more three-dimensional, as including not
only military power but also economic power and also soft power.
・解答 [12]―1
>[12]設問部分は「(    )、ビン=ラデインは、ワールドトレードセンターに飛び込んだ人々
の頭に銃を突きつけたわけではなかった」という意味。これは「ソフトパワー」の力を例証する
文である。選択肢はそれぞれ。1は「それで」、2は「にもかかわらず」、3は「しかしながら」の
意味。よって、《例証》にふさわしい接続関係を表しているのは、この中では1である。

総合政策学部 2013 問1、
■ 第6段落
6:1 「終わり頃には,言われたら何でもしていたでしょうね」と,トゥウェンジは新たに同僚と
なった人たちに語った。
6:1 By the end, you could have [6](1. changed 2. talked. 3. invited) me into anything,” Twinge told
her new colleagues.
6:2 その症状は彼らにもおなじみのことであるように思え,それで彼らはひらめいた。
6:2 The symptoms sounded familiar to them too, and gave them an idea.
6:3 彼らはいろいろな小物を購入し,それを実験の被験者に提示した。
6:3 They purchased a range of simple products and presented them to their experimental
subjects.
6:4 被験者は,実験の見返りに,実験終了時に品物を一つもらえるが,まずは連続して選択をしな
いといけないと告げられた。
6:4 The subjects were told that, in return for doing the experiment, they would [7] (1. have 2.
expect. 3. get) to keep one item at the end of the experiment, but first they had to make a series of
choices.
6:5 ペンかろうそくか。
6:5 Would they prefer a pen or a candle?
6:6 バニラの匂うろうそくかアーモンドの匂いのものか。
6:6 A vanilla scented candle or an almond scented one?
6:7 ろうそくかTシャツか。
6:7 A candle or a T-shirt?
6:8 黒のTシャツか赤のか。
6:8 A black T-shirt or a red T-shirt?
6:9 一方で,対照群の「決断不要者たち」は同じ長さの期間をこうした同じ品物すべてを,何も選
択することなくどれにするか熟慮するのに費やした。
6:9 [8](1. Meanwhile 2. Furthermore 3. All the same), a control group of “nondeciders” spent an
equally long period contemplating all these same products without having to make any choices.
6:10 後になって参加者全員に,自制心を量る共通検査が課せられた。できる限り長く手を氷水に
つけておくのである。
6:10 Afterward, all the participants were given a common test of self-control: holding your hand in
ice water for as long as you can.
6:11 手を引っ込めたいという衝動が起きるから,手を水につけておくには自制心が必要になる。
6:11 The impulse is to pull your hand out, so self-discipline is needed to keep the hand
underwater.
6:12 決断を経た人々ははるかに早くやめてしまった。彼らは28秒もったが,決断しなかった人の
平均67秒の半分以下だったのである。
6:12 The deciders gave up much faster; they lasted 28 seconds, less than half the 67-second
average of the nondeciders.
6:13 すべてそういった選択を行ったことが,彼らの意志力をしぼり取ってしまったように見え
る。
6:13 Making all those choices had apparently [9] (1. bolstered 2. restored 3. sapped) their
willpower.
6:14 決断疲労が起きたのだ。
6:14 They had decision fatigue.
・解答 [8]―1
>[8]設問部分は「(    ),対照群の『決断不要者たち』は同じ長さの期間をこうした同じ品
物すべてを,何も選択することなく,どれにするか熟慮するのに費やした」という意味。Control
groupは「対照群」(実験の条件を課した群experimental group「実験群」に対して,条件を課して
いない集団を指すための用語)の意。それを正しく把握できれば,先行する「実験群」の記述に
「対照」するための,対照群の記述がこの部分に示されることがわかる。選択肢はそれぞれ,1は
「一方で」,2は「そのうえ」,3は「にもかかわらず」という意味だから,対照を示す1が正解だ
とわかる。

■ 第9段落
9:1 研究者は,この種の決断疲労は人々を貧困の中に封じ込める主因であると論じている。
9:1 Researchers argue that this sort of decision fatigue is a major factor trapping people in poverty.
9:2 経済状況のためにきわめて多くの比較考量を強いられるせいで彼らは学校,労働,その他の中
産階級へと自分たちを押し上げてくれるかもしれない活動に使う意志力が低下する。
9:2 [13](1. Although 2. Until 3. Because) their financial situation forces them to make so many
trade-offs, they have less willpower to devote to school, work and other activities that might get
them into the middle class.
9:3 研究に次ぐ研究から,自制心の低下が他の多くの問題と同様に,低収入とも相関することが示
されてきた。自制心の減退は「当然だとは言えない貧困」という概念,生活保護を受ける母親が
食料クーポンを使ってジャンクフードを買っているというイメージが典型であるが,そうした考え
に結びついてきた。しかし,研究者たちは乏しい予算で終日,決断を行う人に同情を寄せるよう
に求める。
9:3 Study after study has shown that low self-control correlates with low income as well as with a
host of other problems. Lapses in self-control have led to the notion of the “undeserving
poor”―epitomized by the image of the welfare mom using food stamps to buy junk food―but
researchers urge sympathy for someone who makes decisions all day on a [14](1. tight 2. narrow
3. tense) budget.
9:4 ある研究では,貧しい人とお金持ちが買い物に行くと,貧しい人々は買い物をしている間に何
か食べる可能性がはるかに高いということが示された。
9:4 In one study, it was found that when the poor and the rich go shopping, the poor are much
more likely to eat during the shopping trip.
9:5 これで彼らの人格の弱さが確認されたように思えるかもしれないがもしスーパーマーケットへ
行くことで,貧しい人々にお金持ちよりも決断疲労がたくさん起きることになるのなら,という
のもそれぞれの買い物にははるかに多く,頭の中で比較考量が必要になるからであるが,そうで
あれば彼らがレジにやってくる頃には,そこに並んでいるチョコレートやキャンディに抗うだけ
の意志力は彼らには残っていないだろう。
9:5 This might seem like confirmation of their weak character, but if a trip to the supermarket
induces more decision fatigue in the poor than in the rich―because each purchase requires more
mental trade-offs by the time they reach the cash register, they’ll have less willpower left to resist
the chocolate bars and candies displayed there.
9:6 こうした品目が「衝動買い商品」と呼ばれるのは,十分に理由がある。
9:6 Not for [15] (1. anything2. something. nothing) are these items called “impulse purchases.”
・解答 [13]―3
>[13]設問部分は「彼らの経済状況のためにきわめて多くの比較考量を強いられる(    ),
彼らは学校,労働,その他の. . . 活動に使う意志力が低下する」という意味。「比較考量」は「決
断疲労」を招く主因であるから,「決断疲労」のせいで意志力が低下するという本文の一貫する
主張を理解していれば,「比較考量が原因で意志力低下が生じる」という意味になるはずだと判
断できる。選択肢はそれぞれ,1は「~にもかかわらず」2は「~まで」,3は「~がゆえに」とい
う意味だから,正解は3であるとわかる。

■ 第10段落
10:1 ただこれだけの理由で,甘いお菓子がレジで目につくように大きく扱われているわけではな
い。
10:1 This isn’t the only reason that sweet snacks are featured prominently at the cash register.
10:2 意志力が低下すると,人々はとりわけ糖分一発をすぐ提供してくれるものなら何にでも弱く
なってしまう。
10:2 With their willpower reduced, people are especially vulnerable to anything offering a quick hit
of sugar.
10:3 スーパーマーケットははるか昔にこれを考えついたが,それがなぜなのかを研究者が発見し
たのは,つい最近のことにすぎなかった。
10:3 While supermarkets figured this out a long time ago, only recently did researchers discover
[16] (1. how 2. why. when).
・解答 [16]―2
>[16]設問部分は「スーパーマーケットがこれをはるか昔に考えついた一方で,研究者が
(    )を発見したのは,最近のことにすぎなかった」という意味。段落冒頭に「これだけ
が,甘いお菓子がレジで目につくように大きく扱われている理由ではない」と述べられている。
よって,この後に記述される事態が,甘いお菓子がレジで目立つ理由であることがわかる。選択
肢はそれぞれ,1は「どのようにしてか」,2は「なぜか」,3は「いつか」という意味だから,2が
正解とわかる。

総合政策学部 2013 問2、
■ 第9段落
9:1 また別の穏健な構成主義的な研究手法である,「社会制度的な構成主義」が認めるのは,そう
した偏見が科学的な実践の構造的な一部であるが,にもかかわらず,それらは客観的な物質世界
の条件を決定するだけではないということなのだ。
9:1 An alternative soft constructivist approach, “social institutional constructivism,” allows that
such biases are a structural part of scientific practice, but that they nevertheless do not solely
determine the conditions of the objective material world.
9:2 むしろ,科学のこうした概念的な偏向は,なぜ科学がときに事実を誤認するのかを説明するの
に役立つ。
9:2 [46](1. Rather 2 Moreover 3. Hence) these conceptual biases in science help to explain why
science some times gets facts wrong.
9:3社会制度的な構成主義論者にとって,誤った自然観念は,学界の必然的な「社会性」の産物な
のである。
9:3 For social institutional constructivists, wrong ideas about nature are a product of the inevitable
“socialness” of scientific communities.
9:4 しかしながら,時間とともに,また実験と反証の進行につれて「社会的な」観念は私たちの自
然理解からは除去され,自然界の物体の正しい理解へと進んでいく。
9:4 Overtime, however, and through progressive experimentation and refutation the “social” ideas
are purged from our understanding of nature, moving towards a true understanding of the objects
of the natural world.
9:5社会制度的な構成主義論者の意見では,現代生態学と生命科学が,客観的な構造に対する自ら
の分析の基礎を支える比喩についてますます反省的になるにつれて,とりわけそう言えるようにな
る。
9:5 This is especially true, a social institutional constructivist might argue, as contemporary ecology
and life sciences become more and more reflexive about the metaphors that [47](1. understand 2.
underpin 3. underestimate) their analysis of objective systems.
・解答 [46]―1
>[46]設問部分は「(    ),科学のこうした概念的な偏向は,なぜ科学がときに事実を誤認
するのかを説明するのに役立つ」という意味。先行部分にはnot solelyという表現が含まれ「そう
した偏向は客観的な物質世界の条件を決定するだけではない」という意味になっている。選択肢
はそれぞれ,1は「むしろ」,2は「そのうえ」,3は「それゆえに」という意味。その後に続く
「科学のこうした概念的な偏向は,なぜ科学がときに事実を誤認するのかを説明するのに役立つ」
という文との連関を考えれば,「それどころか、正しくは」という添加、修正の内容を含むrather
「むしろ」が妥当であろう。よって、正解は1である。

総合政策学部 2014 問1、
■ 第11段落
11:1 常識は社会の中に埋め込まれたものだという性質から来る最も重要な帰結の一つは,常識の
問題をめぐる争いは,きわめて解決しづらいということである。
11:1 One of the most important consequences of the socially [19](1. demanded 2. employed 3.
embedded) nature of common sense is that disagreements over matters of common sense can be
extremely difficult to resolve.
11:2 アメリカの文化人類学者クリフォ―ド=ギアツはジャワの魔術研究の中で「ジャワの男の子の
家族が全員私に,うちの子が木から落ちて足を折ったのは,うっかり何か儀礼上の義務を見逃し
たせいで,亡くなった祖父の霊がうちの子を落としたからだと語るとき,彼らは本当にそういう
ことが起きたのだと思っているのであり,それしか起きはしなかったのだと思っているのであっ
て,だから彼らがとまどっているのは,自分たちにとまどいのないことに私がとまどっているか
らにすぎない」と,とりわけ言及したのだった。
11:2 The American anthropologist Clifford Geertz noted in his study of witchcraft in Java that “when
the whole family of a Javanese boy tells me that the reason he has fallen out of a tree and broken
his leg is that the spirit of his deceased grandfather pushed him out because some ritual duty has
been inadvertently overlooked, it is precisely what they think has occurred, it is all they think has
occurred, and they are puzzled only at my puzzlement at their lack of puzzlement.”
11:3 別言すれば,常識の問題をめぐる争いが解決しにくいのは,どんな理由に基づけば筋の通っ
た議論ができるのかさえもどちらの側にも明らかでないからなのである。
11:3 Disagreements over matters of common sense, [20](1. however 2, in other words 3, by the
way)
, are hard to resolve because its unclear to either side on what grounds one can even conduct
a reasonable argument.
・解答 [20]―2
>[20]設問部分は「(    ),常識の問題をめぐる争いが解決しにくいのはどんな理由に基づ
けば筋の通った議論ができるのかさえもどちらの側にも明らかでないからなのである」という意
味。前文までの記述と,この結びの記述の論理的な関係が問われている。前半部分の「常識の問
題を巡る争いが解決しにくいのは」は,同段第1文の後半と同じ内容になっており,becauseの後に
は,第1文では帰結の原因として述べられている内容が理由として示されている。選択肢はそれぞ
れ,1は「しかしながら」,2は「別言すれば」,3は「ところで」という意味。ここでは,第1文
と同じ内容を別の言い方で表しているのだから2が正解。

copyright 2016/Everyday school