[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 英語 語法三択テクニック 『前置詞の意味が重要な問題』

環境情報学部 1,995 問1、
■第2段落
2:1 The information involved in animal communication can come from many sources; any facet of
the environment (1)( 1. created 2. perceived 3. imagined) is considered information.
2:1動物のコミュニケーションに含まれる情報の源は数多い。環境のなかに認められる面相はいか
なるものでも情報と考えられる。
2:2 In linguistic communication the primary function of words is to convey information.
2:2 言語によるコミュニケーションにおいては、単語の第一の機能は情報を伝えることにある。
2:3 Similarly, animals (including man) have modes of behaviour that, in the course of evolution,
were selected for their value in providing vehicles for conveying information.
2:3 同様に、(人間を含めて)動物は、情報を伝える媒体として価値があるために進化の過程で選
択されてきたいくつかの行動様式をもっている。
2:4 During the evolutionary process some of these vehicles also (2)(1. remained 2. retained 3.
underwent) more direct functions, but many became specialized for a communicative function
alone.
2:4 しだいに進化発展するうちに、これらの伝達手段のいくつかは、さらに直接的な機能を保持し
たが、多くはコミュニケーション機能のみのために特殊化した。
2:5 These communicative acts, known as displays, include various posturings and movements;
sounds; particular ways of making contact among individuals; the release of specialized chemicals
called pheromones; and even electrical discharges.
2:5 誇示として知られるこのコミュニケーションの動作には、さまざまな姿勢や動きがある。音、
個体と個体の間で連絡をとる特別手段、フェロモンと呼ばれる特殊な化学物質の放出、放電等ま
である。
2:6 Displays have been studied as important means for transmitting information in animal
communication.
2:6 誇示は、動物のコミュニケーションで情報を伝える重要な方法として研究されている。
2:7 There are, of course, other information sources in animals, some of which have also
undergone evolutionary (3)(1.specification 2. specialization 3. generalization) toward a
communication function.
2:7 もちろん、動物にはそのほかにも情報源があり、そのうちのあるものはコミュニケーション機
能を果たすように発展して特殊化している。
2:8 Among them are what may be called badges — i.e., attributes that are merely structural and
nonbehavioral in nature: the red breast of the robin, the red underside of the breeding male
stickleback fish, and the mane of the male lion.
2:8 その中には、象徴とでもいえるものがある。すなわち、本来は単に構造上のもので動作ではな
い属性である。こま鳥の赤い胸、卵を抱いている雄のトゲウオの赤いわき腹、雄ライオンのたて
がみといったようなものである。
2:9 Many other sources of information can be found in the repeated forms of interaction that
develop during prolonged relationships between two individuals and in individual expectations
about the nature of the roles in which they encounter others, both familiar associates and
strangers.
2:9 そのほか数多くの情報源が、2つの個体の間に続けられる関係により発達し、繰り返し行われ
る相互作用の型のなかに、またなじみの仲間や見知らぬ者の両者を含めて他者と出会うなかで果
たされる役割の性質に関するそれぞれの予想のなかに発見できる。
2:10 The activities of individuals who interact socially provide a constant and usually rich
information source, but, in the study of nonhuman communication, the bulk of systematic research
thus far has been (4)(1. directed 2. induced 3. stipulated) toward displays and badges; it is,
therefore, these highly specialized categories that are of the greatest concern here.
2:10 打ち解けて相互作用する個体の活動は絶えず豊富な情報源を提供する。しかし、人間以外の
コミュニケーションの研究において、これまでの系統的な研究の大部分は誇示と象徴に向けられ
てきた。したがって、ここで最も関心があるのはこの高度に特殊化された部門ということになる
(4)1 (4)
direct toward~「~に向ける」
induce「誘発する」(通常、目的語+to doと用いる。Towardは用いない)
stipulate「規定する、要求する」(SV+that節)

環境情報学部 1,995 問2
■第13段落
13:1 The “New” Liberalism — To understand the growth of this second tendency, a virtually
separate history of liberalism must be considered.
13:1 「『新』自由主義」―この第二の傾向の成長を理解するためには、自由主義のほとんど別の歴
史を考えねばならない。
13:2 This view of liberalism derives from a conception of the modern state not as an association of
independent individuals but as a productive enterprise to be managed by its ruler.
13:2自由主義に関するこの考え方は、近代国家は独立した個人の集まりではなく、その支配者に
よって管理される生産的企業であると考える概念から生じている。
13:3 It is a concept held by men (14) (1. nevertheless 2. otherwise 3.once) as different as John
Calvin and Francis Bacon, and it has its theological roots in the Christian injunction that men
should enjoy the fruits of the earth.
13:3 それは、ジョン=カルバンとフランシス=ベーコンといったように他の点ではまったく異な
る人たちによって考えられた概念である。そして、この考え方は、人は地球の果実を楽しむべき
であるというキリスト教の訓令に論理の起源を有している。
13:4 In the 18th century this concept was developed and popularized as a set of doctrines called
by its promoters “enlightenment.”
13:4 18世紀に、この概念はその推進者によって「啓蒙運動」と呼ばれる一連の理論として発達し
一般化した。
・解答 (14)2
(14)
Nevertheless「それにかかわらず」
Otherwise「さもなければ」
Once「いったん」
カルバンとベーコンは啓蒙思想という共通項以外の点ではまったく考えを異にしていた、という
文脈を読みとる。

環境情報学部 1997 問1
■第3段落
3:1 And yet we (2) (1. considered 2. are considering 3. had considered) Kubrick an innovator of
genius.
3:1 だというのに、我々はキューブリックのことを天才革新者だと思っていたのだった。
3:2 But that is the point; the media have a history but they have no memory (two characteristics
that ought to be incompatible).
3:2 しかし、そこが大事な点だ。メディアには歴史はあるが、記憶がないのだ(それは当然両立し
がたい2つの特色である)。
3:3 The mass media are genealogical because, in them, every new invention sets (3) (1. off 2. out
3. on)
a chain reaction of inventions and produces a sort of common language.
3:3 マスメディアには家系的なところがある。理由は、マスメディアにおいては新しい発明はこと
ごとく発明が次々となされるきっかけとなり、ある種の共通言語を生み出すからである。
3:4 They have no memory because, when the chain of imitations has been produced, no one can
remember who started it, and the head of the clan is confused with the latest great grandson.
3:4 一連の似たものが作り出されるとだれがその先端をつくったのかを思い出せる人間はおらず、
一族の長は一番新しい曾孫と取り違えられてしまうから、メディアには記憶力がない。
3:5 (4)(1. Therefore 2. In contrast 3. Furthermore), the media learn ; and thus the spaceships of
Star Wars, descended from Kubrick’s, are more complex and plausible than their ancestor, and
now the ancestor seems to be their (5) (1 .imitator 2. origin 3. model).
3:5 そのうえメディアは学習する。そこで、キューブリックの宇宙船の子孫である『スターウォー
ズ』の宇宙船は、どれもその先祖の宇宙船より複雑でそれらしくなっている。そして今や先人の
ほうが彼らの模倣者のように見えてしまう。
(3)1 (3)
set off「点火する、~のきっかけとなる」

■第9段落
9:1 Once again, what is a mass medium?
9:1 もう一度、マスメディアとは何であろうか。
9:2 Is it the newspaper advertisement?
9:2 それは新聞広告か。
9:3 The TV broadcast?
9:3 テレビ放送か。
9:4 The polo shirt?
9:4 例のポロシャツか。
9:5 Here we have not one but two, three, perhaps more mass media, active (14) (1. with · 2. from
3. through)
different channels.
9:5 さあ我々には、異なったチャンネルを通して活躍しているマスメディアが一つや二つ、三つで
はなく恐らくもっとたくさんある。
9:6 The media have multiplied, but some of them act as media of media, or in other words media
squared.
9:6 メディアは掛け算のように増えた。しかし、そのうちのあるものはメディアのメディアの働
き、換言すれば二乗のメディアの働きをしている。
9:7 And at this point who is sending the message?
9:7 そして、この点でメッセージを送っているのはだれであろうか。
9:8 The manufacturer of the polo shirt?
9:8 ポロシャツの製造者か。
9:9 Its wearer?
9:9 そのポロシャツを着ている人か。
9:10 The person who talks about it on the TV screen?
9:10 テレビの画面でそのポロシャツについて語っている人か。
9:11 Who is the producer of ideology?
9:11 イデオロギーの製作者はだれか。
9:12 And what is the polo shirt manufacturer trying to say?
9:12 そして、ポロシャツの製造者は何を言おうとしているのか。
9:13 What does the wearer want to say?
9:13 ポロシャツを着ている人は何を言いたいのか。
9:14 (15)(1. As 2.To 3.In) a certain sense the meaning of the message changes according to the
channel under consideration, and perhaps also its ideological weight.
9:14 ある意味ではメッセージの意味はいま検討中のチャンネルに従って変わってしまう。そして
たぶんそのイデオロギー的重点も。
・解答 (14)3
(14)
Throughは手段、経路を表す前置詞。
(15)3 (15)
in a certain sense「ある意味では」

■第11段落
11:1 Another example.
11:1 別の例。
11:2 There is nothing more private than a telephone call.
11:2 電話ほどプライベートなものはない。
11:3 But what happens when someone hands over to an investigator the tape of a private phone
call which is then leaked by someone in the government to the newspapers so that the
newspapers will (18)( 1. print 2. talk 3. publish) about it, and thus compromise the investigations?
11:3 しかし、プライベートな電話のテープをだれかが捜査官に手渡したとしたらどうなること
か。テープの内容は政府のだれかによって新聞社に漏らされ、その結果新聞各紙はそのことにつ
いて話し、互いに協力して捜査を解決するだろう。
11:4 Who produced the message (and its ideology)?
11:4 だれがメッセージ(そしてそのイデオロギー)を作成したのか。
11:5 The person who spoke over the phone?
11:5電話で話した人か。
11:6 The one who taped it?
11:6 テープに録音した人か。
11:7 The police investigator?
11:7警察の捜査官か。
11:8 The newspaper?
11:8新聞か。
11:9 Or perhaps the reader who passed it on to a friend with no idea how all this happened?
11:9 経緯など何も知らないで友達に新聞を渡した読者だろうか。
・解答 (18)2
(18)
talk about~「~について語る」
Publish「発行する」
3は他動詞で、「新聞紙が発行する」では意味が通らないので不適。

環境情報学部 1,997 問2
■第9段落
9:1 The ideal college would be a kind of educational retreat in which you could try to find yourself;
find out what you like and want, what you are and are not good at.
9:1 理想的な大学は自己発見を試みることのできる一種の隠れ家のようなものであるかもしれな
い。つまり、自分の好きなもの、欲するものを見つけ、自分は何が得意で、何が不得意かを見つ
けだす場であるかもしれない。
9:2 People would take various subjects, attend various seminars, not quite sure of where they were
going, but moving toward the discovery of vocation, and once they found it, they could then make
good use of technological education.
9:2学生は多様な科目を取り、さまざまなセミナーに出席するが、自分がどこへ向かって進んでい
るのかあまりよくわからない。しかし、天職の発見に向けて動いている。一度天職を発見すれば
そのときこそ彼らは技術に関する教育を十分に活用することが可能となろう。
9:3 The chief goals of the ideal college, in other words, would be the discovery of identity, and (13)
(1. with 2. for 3. against)
it, the discovery of vocation.
9:3 理想的な大学の第一の目的とは、別の言葉で言えば、アイデンティティの発見であり、それに
よる天職の発見である。
・解答 (13)1
(13)
With「同伴の前置詞」
For「目的の前置詞」
Against「反対、対抗の前置詞」
このitは「言葉」を示す。
authenticity「信頼できること、真正なこと」

■第13段落
13:1 Schools should be helping people to look within themselves, and from this self-knowledge
derive a set of values.
13:1 学校は生徒が自分の内部を見つめる手助けをするべきである。この自己を知るということか
ら価値観が生まれる。
13:2 Yet values are not taught in our schools today.
13:2 しかし今日、価値観は学校では教えられていない。
13:3 This may be a (19)( 1. leftover 2. turnover 3. holdover) from the religious wars in which the
church and the state were made separate and the rulers decided that the discussion of values
would be the church’s concern, while the secular schools would concern themselves with other
problems.
13:3 これはたぶん、教会と国家が分けられ、支配者によって価値観に関する議論は教会のやるこ
と、一方、非宗教的な学校はもっと別の問題に関わることと決められた宗教戦争の名残であろ
う。
13:4 Perhaps it is just as (20) (1. good 2. well 3. fine) that our schools, with their grievous lack of a
real philosophy and of suitably trained teachers, do not teach values.
13:4 ひょっとしたら、真の哲学も適切な訓練を受けた教員も存在しないというひどい状態では、
現在の学校は、価値なんか教えないほうがよいかもしれない。
・解答 (19)3
(19)
leftover「(通例複数形で)残り物、残飯」
turnover「転覆、総売上高」
holdover(from)「(~の)名残、遺物」直後のfromに着目。

環境情報学部 1998 問1
■第4段落
4:1 But let’s not sell paper documents short.
4:1 しかし紙による文書を見下すことはしないようにしよう。
4:2 The paper-based book, magazine, or newspaper still has a lot of advantages (5)(1. upon 2.
over 3. with)
its digital counterpart.
4:2紙をベースにして作られる本・雑誌・新聞は、それに対応するデジタル形式のものよりも依
然、有利な点をたくさんもっている。
4:3 A newspaper offers a wide field of vision, good resolution, portability, and ease of use.
4:3新聞は広い視界、鮮明度の良さ、軽便さ、利用の容易さを備えている。
4:4 A book is small, lightweight, high-resolution, and inexpensive compared to the cost of a
computer or some other information appliance you need to read a digital document.
4:4本は小さく、軽量で、鮮明度が高く、またデジタル形式の文書を読むために必要なコンピュー
ターや他の情報機器に比べて安価である。
4:5 For at least a decade, it won’t be as convenient to read a long, sequential document on a
computer screen as on paper.
4:5少なくとも十年間は、長く連続した文書をコンピューターで読むことは、紙で読むほどに便利
ではないであろう。
4:6 {I’ll admit that I’ve done a lot of the editing of this book with a pen on paper.
4:6 (私はこの本の編集の多くの部分を、ペンを使って紙に書くことで行ったことを認めよう。
4:7 I like reading text on paper.}
4:7私は紙に書かれた文章を読むのが好きだ。)
4:8 The first digital documents that achieve widespread use will offer new (6) (1. functionality 2.
productivity 3. reliability) rather than simply duplicate the older medium.
4:8広範囲に渡る利用を最初に達成するデジタル文書は、単に旧式のメディアをまねたものという
よりむしろ、新たな機能性を提供するであろう。
4:9 After all, a television set is larger, more expensive, and (7) (1. more cumbersome 2. more
widespread 3. more convenient) and offers lower resolution than a book or a magazine, but that
hasn’t limited TV’s popularity.
4:9結局のところ、テレビは本や雑誌に比べて大きく、高価で、扱いにくく、低い解像度しか得ら
れないが、そのことがテレビの人気を制限してはいない。
4:10 Television brought video entertainment into our homes, and it was so (8) (1. aggravating 2.
enduring 3. compelling) that television sets found their place alongside our books and magazines.
4:10 テレビは映像の娯楽を家庭にもたらし、また非常に興味をそそるものであるため、本や雑誌
と共にその地位を確保したのである。
・解答 (5)2
(5)advantage over~「~よりも有利な点」

■第11段落
11:1 Will the next decade bring us the Griffiths and Eisensteins of multimedia?
11:1今後十年間でマルチメディアのグリフィスやエイゼンシュテインが生まれるだろうか。
11:2 There’s every reason to think they’re already tinkering (18) (1. at 2. with 3. in) the existing
technology to see what it can do and what they can do with it.
11:2彼らがすでに既存の技術に手を加え、それによって何ができるかを調べていると考える十分な
理由はある。
・解答 (18)2
(18)
tinker「いじくり回す、手を加える」atは「修理しようとしていじってみる」というニュアンスが
強く、法令などの無形物に対して用いられることが多い。ここでは実際にいじって手を加えてし
まうニュアンスが強いwithを選ぶ。

■第7段落
7:1 In the ideal college, there would be no credits, no degrees, and no required courses.
7:1 理想的な大学では、単位、学位、さらには必修科目などというものはないであろう。
7:2 A person would learn what he wanted to learn.
7:2人は学びたいと思うものを学ぶであろう。
7:3 A friend and I attempted to put this ideal into action by starting a series of seminars called
“Freshman Seminars — Introduction to the Intellectual Life.”
7:3 友人と私は、一連のセミナー「新入生セミナ―知的生活入門」を始めることによってこの理想
を実現しようとした。
7:4 We announced that the course would have no required reading or writing and give no credits,
and that whatever was discussed would be· of the student’s own choosing.
7:4 このセミナーには読書や作文の課題はなく、単位も_______ない。しかも討論の題は学生自身の選択に
よる、と発表した。
7:5 We also stated who we were a professor of psychology and a practicing psychiatrist, expecting
that the description of the seminar and of our own interests would indicate to the student who
should come and who should not.
7:5 私たちは心理学の教授と開業している精神科医であると自己紹介もした。セミナーの説明と私
たちが何に興味を抱いているかを知らせることによって学生はセミナーに出るか出ないかを決める
であろうと期待して。
7:6 The students who came to this seminar came (11)(1. at 2. of 3. for) their own volition and were
at least partially responsible for its successes and failures.
7:6 このセミナーに来た学生は自分自身の意志で決断してやってきたのであり、成功するか失敗す
るかの責任を少なくとも一部は負っていた。
7:7 The exact opposite holds true for the classical schoolroom — it is compulsory; people have
been forced into it one way or another.
7:7 伝統的な教室ではその正反対のことがあてはまる―すなわち、必修なのだ。どちらにせよ、
学生は教室の中に入らされるのだから。
・解答 (11)2
(11)
of one’s own voition「自分自身の意志(決断、選択)で」

環境情報学部 1998 問2
 ■第16段落
16:1 The Vietnamese Buddhist poet-priest, Thich Nhat Hanh, devised an interesting telephone
meditation.
16:1 ベトナムの仏教詩人兼僧であるニャット=ハイン師は、電話による興味深い瞑想法を考案し
た。
16:2 The sound of the telephone ringing, and our semiautomatic instinct to jump up and answer it,
seem the very opposite of meditation.
16:2 電話が鳴る音や、半ば自動的に飛び上がって電話に出ようとする本能は、瞑想とは全く逆の
もののように思われる。
16:3 Ring and reaction bring (19) (1. in 2. out 3. along) the essence of the choppy, nervous
character of the way time is lived in our world.
16:3 呼び出し音とそれに対する反応は、この世界での時の過ごし方の、ゆらぎやすく神経質な性
質をよく表している。
16:4 He says use the first ring as a reminder, in the midst of whatever you were doing, of
mindfulness, a reminder of breath, and of your own center.
16:4 彼は、最初のベルは、何をしている最中であっても注意深くあることを思い出す合図として、
呼吸することを思い出す合図、自分自身の中心を思い出す合図として利用せよ、と述べている。
16:5 Use the second and third rings to breathe and smile.
16:5 2回目と3回目のベルは呼吸をして微笑むために利用せよ。
16:6 If the caller wants to talk, he or she will wait for the fourth ring, and you will be ready.
16:6 掛け手が話したいと思っているのなら4回目のベルまで待つであろうし、そのときには心の準
備ができるだろう、と。
16:7 What Thich Nhat Hanh is saying here is that mindfulness, practice, and poetry in life are not to
be reserved for a time and place where everything is perfect ; we can use the very instruments of
society’s nervous pressures on us to (20)( 1. relieve 2. retrieve 3. repress) the pressure.
16:7 ニャット=ハイン師がここで述べているのは、人生において注意深くすること、実行するこ
と、詩を作ることを、すべてが完璧である時や場所のためにとっておくことはできないというこ
とである。社会による我々への神経質な圧力という、まさにその道具を利用して、その圧力を軽
減することができるのである。
16:8 Even under the sound of helicopters-and this is a man who buried many children in Vietnam
to the roar of helicopters and bombs he can say, “Listen, listen; this sound brings me back to my
true self.”
16:8 ヘリコプターの音の下でさえも一彼はベトナムでヘリコプターと爆弾の轟音を聞きながら多
くの子供達を埋葬した男であるが彼はこう言える。「聞け、聞くんだ。この音が私を本当の自分
に戻してくれる。」
・解答 (19)2
(19)
bring in「もたらす」
bring out「明らかにする」
bring along「同伴する、養成する」

環境情報学部 2002 問2 
■第1段落
1:1 When and where did our species arise?
1:1我々の種は、いつどこで起こったのであろうか。
1:2 Over the past two decades molecular evolutionists have pursued this question.
1:2過去20年にわたり、分子進化論者らはこの疑問を追究してきた。
1:3 DNA evidence from the mitochondrion, an independent element inside every cell that acts as
the “powerhouse” of the cell, has figured prominently in these studies, providing the raw data for
producing evolutionary trees and molecular clocks to illustrate a theory of the development of
diverse human populations.
1:3細胞の「発電所」として働く、すべての細胞の中で独立した構成要素であるミトコンドリアか
らのDNAの証拠が、これらの研究で顕著に現れており、そしてそれは、さまざまな人間の個体群
が発達したことについての理論を説明する進化の系図や分子時計を作るための、生のデータを提
供している。
1:4 The mitochondrial family tree of humans has suggested that our roots [1](1. started 2. lie
3.occurred)
in Africa; but, so far, this theory have had only weak statistical support.
1:4 ミトコンドリアによる人間の家系図は、我々の起源がアフリカにあることを示唆している。し
かしこれまでのところ、この理論は統計的な裏付けはわずかしかない。
1:5 Another theory is that modern humans arose simultaneously in different regions of the world.
1:5現代の人類は世界の異なる地域で同時に現れたとする説もある。
・解答 [1]―2
>[1]直後のinに注目すればよい。lie in~「~にある、存在する」 1.start「始まる」3.occur「起こ
る」

■第3段落
3:1 Dr. Gyllensten and his colleagues have described the [4] (1. local 2. global 3. various) mtDNA
diversity in humans based on analyses of the complete mitochondrial genomes of 53 people of
diverse geographical, racial and linguistic backgrounds.
3:1 ジレンステン博士とその同僚は、地理的・人種的・言語的背景の異なる53人のすべてのミトコ
ンドリア・ゲノムの分析に基づき、全世界にわたるヒトのmtDNAの多様性について述べている。
3:2 Each sequence in these genomes is much longer than those previously studied.
3:2 これらのゲノムにおけるひとつひとつの配列は、以前研究されたものよりも、ずっと長い。
3:3 The result is a robust family tree* rooted in Africa, which indicates the exodus* from Africa
within the past 100,000 years (recent in evolutionary terms).
3:3 その結果わかったのは、アフリカに根づく家系の堅固な木構造であり、それは過去10万年以内
に(進化の観点では最近ということになるが)アフリカからの移動があったことを示している。
3:4 With this result, the scientific opinion further shifted [5](1. away from 2. along with 3. towards)
the claim that modern humans, Homo sapiens, originated in Africa.
3:4 この結果により、科学的見解は現代の人類、つまりホモ・サピエンスがアフリカで起こったと
する主張へと方向を変えた。
[5]―3
>[5]第1段第4・最終文(The mitochondrial family tree … of the world)で、これまで人類の起源がアフリ
カにあるという説はあまり有力でなかったとある。しかし、この直前の第3段第3文(The result is…)
では、人類の起源がアフリカにあるという内容が述べられており、見解が変わっていることがわ
かる。よって、towardsが適切。shift towards~「~へと方向を変える」

総合政策学部 1995 問1
■第3段落
3:1 The most extreme female socioeconomic disadvantage is found generally in agrarian and
pastoral societies.
3:1社会経済面で女性が受ける最も極端な不利益は、一般に農業社会と牧畜社会に見られる。
3:2 Virtually all the great world religions, namely, those that spread beyond the tribal level,
developed in agrarian or mixed agrarian and pastoral societies.
3:2 ほとんどすべての偉大な世界的宗教、すなわち、種族の範囲を越えて広がった宗教は、農業社
会または農業と牧畜の混合社会で発達した。
3:3 Those that became monotheistic (e.g., Judaism, Christianity, Islam) dropped the female
element entirely (3) (1. from 2. over 3. in) their concept of the deity and original creation.
3:3一神教となった宗教(例えば、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)は、それらの神格と創造に
関する概念から完全に女性の要素を排除した。
3:4 They came to view the sexes in an invidious fashion.
3:4 それらの宗教は女性を不快な様子で見るようになった。
3:5 Women were barred from formal religious roles (4) (1. such as 2. rather than 3. for)the clergy,
were defined as polluted or as temptresses, and were made subject to the secular as well as
sacred authority of male kin.
3:5女性は聖職者のような正式な宗教的役割から除外され、汚れたもの、誘惑するものと定めら
れ、宗教的にも世俗的にも男性という権威に服従させられた。
3:6 Even when monotheism did not develop (e.g., Hinduism, Confucianism), the same types of
controls over women came to be justified by religion (5) (1. by means of 2. in spite of 3. on the
basis of) women’s supposed innate inferiority.
3:6 ヒンズー教や儒教のように一神教が発達しなかった場合でさえ、女性は生まれつき劣っている
という考えに基づいて、女性に対する同じ種類の統制が宗教によって正当化されるようになっ
た。
・解答 
(3)1
Drop from「~から脱退させる」
Drop over「ひょっこり訪れる」
Drop in「中に入れる、落とす」
次にくる文章の文脈から判断し、女性の神格化の風潮が排除されたことを読み取る。

総合政策学部 1996 問2、
■第3段落
3:1 Within hermeneutics there has been an ongoing debate between those who place the meaning
(5)(1. within 2. outside 3. of) the text and those who see meaning as grounded in a process of
understanding in which the text, its production, and its interpretation all play a vital part.
3:1解釈学の内部では意味を原典の内部に置く者と意味を理解の過程に基づくものとし、その過程
において原典、その提示、その解釈がすべて重要な役割を果たしていると見る者との間で、論議が
交わされてきている。
・解答 
(5)1
4段落2行目に「彼らの解釈学理論の目標は、すべての先入観を取り除き、本当にそこに存在す
るものを客観的に分析して提示する方法を生み出すことである」とあるので、原点の内部に置く
ものが必要である。

総合政策学部 1,997 問2
■第2段落
2:1 Wolfgang Amadeus Mozart is known the world over (1) (1. for 2. as 3. being) a musical genius,
and was recognized as such even in his own day.
2:1 ヴォルフガング=アマデウスーモーツアルトは音楽の天才として世界中に知られており、その
生きた時代においてさえそのように認められていた。
2:2 The English journal, Philosophical Transactions, carried an article written by Daines Barrington
in 1770, after he had personally tested young Wolfgang’s musical skills (2)(1. for 2. with 3. in)
reading, memory, and musical improvisation.
2:2 イギリスの雑誌「心理学紀要」は、デインズ=バリントンが1770年に書いた論文を載せてお
り、それは、幼いヴォルフガングの、解釈、記憶、音楽的即興における音楽的技量を彼が個人的
に検査した後に書いたものであった。
(2)3
Skill in「手腕、腕前」

総合政策学部 1,998 問2、
■第1段落
1:1 In the social sciences the terms “literate” and “literacy” occur in a variety of contexts.
1:1社会科学では、“literate”と“literacy”という用語は、さまざまな状況の中で使われる。
1:2 Most generally a contrast is drawn between those preliterate or no literate (and therefore in one
sense prehistoric) societies that do not have a full-fledged system of writing for transcribing
language and those that do.
1:2最も一般的には、言葉を書き取るための十分に出来上がった書記法をもたない文字使用以前ま
たは文字不使用(それゆえにある意味では有史前)の社会と、書記法をもつ社会の間には一線が引か
れている。
1:3 More frequently the terms refer not to societies but to individuals, the percentage of people who
can read and write in a particular society, which is therefore divided into the literate and the
illiterate.
1:3 しばしば、それらの用語は社会ではなくて個人、つまり、ある特定の社会における読み書きの
できる人の割合のことを表すことがあり、そのため社会は読み書きのできる人とできない人に分
かれるのである。
1:4 Even among those who can read, competence obviously varies, so that literacy becomes a
measurable quality, (1) (1. for 2. with 3. because) some individuals being more literate than others.
1:4読むことができる人の間でさえ能力は明らかにさまざまであり、その結果、読み書きができる
ことは測定可能な特質となり、ある人は他の人より読み書きができる、となっている。
・解答 (1)2
For「というのも(接続詞)」
With「~と(前置詞)」
この後の文章に動詞がないので前置詞のみ当てはまる

総合政策学部 1,999 問2
 ■第2段落
2:1 Recent experimental work with butterflies has (1)(1. borne out 2. taken out 3. washed out)
Darwin’s suspicions of more than a century ago that species tend to evolve attributes and
behaviors that enhance courtship — and thus reproductive success.
2:1蝶による最近の実験は、種は求愛を高め、ひいては生殖面での成功を招く特質や行動を進化さ
せる傾向にあるのではないかという、1世紀以上前のダーウィンの考えを証明した。
2:2 Some traits might render an individual more attractive to the opposite sex.
2:2特徴の中には、個体を異性にとってより魅力的なものにするものがある。
2:3 Color is now known to spark sexual interest for some species in the butterfly world, as do other
sensory signals that were (2) (1. beyond 2. against 3. within) Darwin’s human perception.
2:3 ダーウィンの人間としての知覚では理解できない、他の感覚的シグナルと同様に、蝶の世界で
は種によっては色も性的関心の引き金となることが、現在では知られている。
2:4 But the creatures are more discerning than this observation might suggest.
2:4 しかし、蝶はこの観察が示すよりも識別力がある。
2:5 Ostentatious coloration or scent may do more than attract attention.
2:5目立つ配色やにおいは、注意を引く以上の働きをする。
2:6 Appearance and aroma may be shorthand notations of their bearer’s health and heartiness.
2:6外観やにおいは、その運び手の健康や元気さを直接示すものであろう。
・解答 (2)1
(2)
「ダーウィンの人間としての知覚では( )、他の感覚的シグナルと同様に、蝶の世界では種によっ
ては色も、性的関心の引き金となることが、現在では知られている」の空所の意味を考える。
「ダーウィンの時代には人間に理解できなかったことが、現在の科学ならわかるようになった」
という趣旨なので、1のbeyondが入る。
be beyond「の能力を越えている」

■第8段落
8:1 This point, however, is called into question by the fact of socioeconomic inequality.
8:1 しかしこの論点は社会経済的な不平等という事実からは問題視されている。
8:2 Technology mediated education may, at least in the short term, prevent people at the lower end
of the income scale from participating in online education.
8:2科学技術が媒体となる教育では、少なくとも短期的には、収入面で最下層の人々がオンライン
教育に参加することができないかもしれない。
8:3 Indeed, students whose families can afford Internet access and the required hardware and
software currently [11] (1. regulate 2. reduce 3. constitute) the majority of those participating in
virtual schooling.
8:3確かに、現在バーチャル教育に参加している者の大多数を構成しているのはインターネットに
よるアクセスやそれに必要なハードウェアとソフトウェアが金銭的にまかなえる家庭の生徒であ
る。
8:4 However, as computers and Internet access become less expensive, they will come within
reach even of disadvantaged groups.
8:4 しかしコンピューターやインターネットのアクセスにかかる費用が安くなるにつれ、不利な境
遇の人々でも手が届くようになるであろう。
8:5 At that point, debate will likely focus on the overall quality of the online educational experience
rather than on [12] (1. access 2. excess 3. success) itself.
8:5 その時点で、論点はおそらく、アクセスそのものよりもオンライン教育の経験の全体的な質へ
と焦点が向けられることになるだろう。
8:6 Therefore, it will probably become necessary to demonstrate to potential users that high-quality
education is being provided.
8:6 したがって、質の高い教育が供給されていることを、利用者となる可能性のある人々に説明す
ることがおそらく必要になるだろう。
8:7 One way this can be accomplished is by establishing standards for teacher certification and
course content with which virtual schools must [13](1.comply 2. contend 3. contract).
8:7 このことを達成する方法の一つはバーチャル=スクールが従うべき教員免許付与や課程内容の
基準を確立することである。
・解答 [12]―1
1 access 「アクセス」
2 ac(~の方へ)+cess(進む) 「進み入る、対象の近くへ進む→中へ入る, 近づく, アク
セスする(コンピュータ用語)」
3 excess 「過剰、超過」
4 ex(外側へ)+cess(進む) 「外に進みすぎてはみ出ること→過剰、超過」
5 success 「成功」
6 suc(下へ)+cess(進む) 「下に続くこと → あとに続くこと → うまく事が運び続け
ること→成功」
>[12]直前のonは、文中のfocus on~「~に注意を向ける」に続くと考える。
インターネットアクセスの「費用が安くなる(become less expensive)」と、「アクセスそのも
の」よりも「オンライン教育の経験の全体的な質」へ注意が向けられると述べている。

■第4段落
4:1 Now let’s look at the ways in which languages are supposed to be inadequate.
4:1 では、どのようにして言語が不十分であると考えられるのかをみてみよう。
4:2 In some instances, it is features of the structure of a language which are picked on as the
reason why another language is to be [7] (1. preferred 2. provoked 3. supported) for a particular
function.
4:2 いくつかの事例では、言語の構造の特徴こそが、別の言語が特定の機能を果たすには好ましい
理由として選ばれる。
4:3 In Switzerland, some people speak Romansh, a language descended from Latin, although
German has been making inroads for centuries.
4:3 スイスでは、ドイツ語が何世紀間も侵食し続けてきたにもかかわらず、ラテン語に由来するロ
マンシュ語を話す人々がいる。
4:4 [8] (1. As for 2. As with 3. As regards) Maori, there has been a [9] (1. play 2. push 3. pick) in
recent decades to increase the areas of life and activity in which Romansh is used.
4:4 マオリ語と同様に、最近数十年間にロマンシユ語を使う生活や活動の場を増やそうと推進され
てきた。
4:5 Now, German is a language which can very easily combine words into ‘compounds’.
4:5 ところで、ドイツ語は単語を結合して「複合語」にすることがきわめてたやすくできる言語で
ある。
4:6 Romansh is a language which cannot do this so readily and [10] (1. instead 2. furthermore.
additionally) uses phrases as a way of combining ideas.
4:6 ロマンシュ語は、そうたやすくはできないので、代わりに句を用いて概念を結合する言語であ
る。
4:7 Some speakers of Romansh believe that Romansh is not good enough to be used in really
technical areas of life because ‘German is able to construct clearly defined single words for
technical ideas, Romansh is not’.
4:7 「ドイツ語は専門的な概念を表すはっきり定義された単一語を作ることができるが、ロマン
シュ語はできない」からロマンシュ語は生活の真に専門的な領域で使うには不十分であると信じ
ているロマンシュ語の話者もいる。
4:8 This notion ignores the fact that other languages such as French and Italian are in exactly the
same boat as Romansh, yet obviously have no problem in being precise in technical areas.
4:8 この考え方は他のフランス語やイタリア語のような言語もロマンシュ語とまったく同じ苦境に
ありながら専門領域における精密さに何の問題もないことを無視している。
[8]―2 [9]―2
>[8][9]
 As for「~に関する限りでは」
As with「~の場合のように」
As regards「~に関しては」
Instead「代わりに」
Furthermore「その上に」
Additionally「さらに」
[8]と次の[9]とは密接に関係していて、[9]の意味が理解できないとうまく解答できない。まず[9]の
方から考えてみよう。「ロマンシュ語が使われる領域を増やそうとする~が近年なされてきた」
というのだから、には「努力」といった意味合いをもつ語が入るはずである。選択肢の中では、2
のpush「後押し、奮闘、努力」が適切。この事態は第3段冒頭に記述されたマオリ語の状況と同じ
だということがわかる。したがって、[8]は「マオリ語と同じように」という意味にすればよい。
選択肢の中で、そのような意味をもつのは2のAs with~「の場合のように」である。
1のAsfor4と3のAsregards4はそれぞれ「4について言えば」、「4に関しては」という意味で、そ
の後には4についての記述が続く表現であるから、ここに入れることはできない。

■第4段落
4:1 It is questionable whether these statistics themselves necessarily represent a problem.
4:1 これらの統計の数字そのものが、必ずや問題を表しているのかどうかについては疑問の余地が
ある。
4:2 It is true that the [36](1 . better 2. more . very) size of the cities and the high proportion of the
world’s population living within them will inevitably intensify problems, which will include the
intensive use of resources such as land, water and energy, the overstretching of infrastructure,
poor sanitation and health, and social and economic inequalities.
4:2確かに、都市の大きさそのものや世界の人口の都市居住率が高いことは、必然的に問題を大き
くするであろうし、それには土地・水・エネルギーなどの資源の集中的使用、インフラの過剰な
広がり、公衆衛生や健康状態の悪化、社会的・経済的不平等が含まれるであろう。
4:3 The more serious problem, however, is concerned with [37](1. affluent 2. broad 3. simple)
lifestyles and wasteful use of land, both in developed and developing countries, which result [38](1.
as 2. in 3. to)
a disproportionate use of resources and urban forms that are often unsustainable.
4:3 しかしながら、より深刻な問題は先進国・発展途上国の両方における豊かな生活様式や土地の
無駄な使い方に関係があり、それらは結果として偏った資源の使用や、持続不可能になることが
多い都市形態を生み出している。
4:4 For example, commercial enterprises outside cities such as the ubiquitous shopping mall are
likely to cause most waste, pollution and harmful emissions.
4:4 たとえば、至る所にあるショッピングセンターのような郊外の商業的事業は、最も多くのご
み、汚染、有害な排出物を発生させる可能性が高い。
4:5 Also the lifestyles of those living in low-density suburban areas on the periphery will be
responsible [39](1. by 2. for 3. to) the consumption of more resources than those with similar
incomes living in cities.
4:5 また、都市周辺部の、人口密度の低い郊外に住む人々の生活様式も、「都市に住む同じくらい
の収入の人々」よりも多くの資源を消費する原因になるであろう。
[38]―2
>[38]result in~「~という結果になる」
[39]―2
>[39]be responsible for~「~に対して責任がある、~の原因となる」
   Be responsible to~「~に対して責任がある」

■第6段落
6:1 There is a strong [43](1. barrier 2. force 3. link) between urban form and sustainable
development, but it is not simple and straightforward.
6:1都市形態と持続可能な発展との間には強い結びつきがあるが、それは単純でわかりやすいもの
ではない。
6:2 It has been suggested that a sustainable city must be of a form and scale appropriate to
walking, cycling and efficient public transport, and with a compactness that encourages social
interaction.
6:2持続可能な都市とは、歩いたり自転車に乗ったりすることや効率的な公共交通機関にちょうど
よしまた社会的相互作用を促進する密集性を備えた形態と規模のものでなければならない、とい
うことが言われてきている。
6:3 Some other proponents have suggested forms with large concentrated centers, those with
decentralized but compact settlements linked by public transport systems, or those with a set of
self-sufficient communities based on development strategies [44](1. for 2. On 3. To) dispersion.
6:3 また別の提唱者らは、集中化された大きな中心部を持つ形態、分散しているがそれぞれが公共
交通機関で結ぼれた、コンパクトな居住地を持つ形態、あるいは分散化のための開発計画に基づ
いたひとそろいの自給自足コミュニティを備えた形態を提案している。
[44]―1
>[44]strategy(「戦略、計画」)の後につく「~のための」「目標」を意味する前置詞はfor。
Onは「接触」toは「到達点」を表す。

■第2段落
2:1 Over the past five years the world has seen a 2.5% growth in urban population, but that [31](1.
scatters 2. stands 3. varies) between the more developed regions (0.7%) and the less developed
regions (3.3%).
2:1 ここ5年間に、世界の都市人口は2.5パーセント増加したが、その数値は、より発展した地域
(0.7パーセント)とより発展していない地域(3.3パーセント)との間でばらつきがある。
2:2 In 1999, 47%, or 28 billion, of the world’s population lived in cities, and this is set to increase
[32](1. by 2. to 3. with) around 70 million people each year.
2:2 1999年においては、世界の人口の47パーセント、28億人が都市に住んでおり、またこの数は毎
年約7千万人ずつ増加している。
2:3 The expectation is that by 2030 nearly 5 billion (61%) of the world’s 8.1 billion people will live in
cities.
2:3予想によると、2030年までには、世界人口81億人のうち50億人(61パーセント)近くが都市に
住むであろうとされている。
2:4 Of the urban population, for every one person now living in cities in developed countries, there
are two in the cities of the developing world.
2:4都市人口のうち、現在先進国の都市に住んでいる1人に対して、発展途上国の都市には2人とい
う割合になっている。
2:5 Within 30 years this proportion is predicted to rise to 1:4, indicating that 90% of the growth in
urbanization will be in developing countries.
2:5 30年以内にはこの比率は1対4に上昇すると予想されているが、それは都市化における増加分の
90パーセントが発展途上国におけるものであることを示している。
>[32]increase by around 70 million people「約7千万人増加する」byは増減の程度や差異を表
す。toは到達点、withは同伴、付加を表す。

■第9段落
9:1 For in using clubs and flints, their hands had developed a [12](1. clumsiness 2. dexterity 3.
sloppiness) found nowhere else in the animal kingdom, permitting them to make still better tools,
which in turn had developed their limbs and brains yet further.
9:1 というのも、こん棒や火打ち石を使用するうち、彼らの手は動物たちの王国の他のどこにもみ
られない器用さを発達させ、さらにすぐれた道具を作れるようになり、その結果、手足や脳がさ
らに発達したからである。
9:2 It was an accelerating, cumulative process; and [13] (1. at 2. in 3. of) its end was Man.
9:2 それは加速度的で累積的なプロセスであり、その終点には人類がいた。
[13]―1
>[13]
at its end was Man「その終点には人類がいた」「端(はし)」の意味のendにつく前置調はat。
In 「中に」 of 「~の」

10:1 The first true humans had tools and weapons only a little better than those of their ancestor’s
a million years earlier, but they could use them with far greater skill.
10:1最初の真の人聞が持っていた道具や武器は、100万年前の祖先が持っていたものよりほんのわ
ずかによい程度のものだったが、それらをはるかに高度な技術で使用することができた。
10:2 And somewhere in these shadowy centuries they invented the most essential tool [14](1. at 2.
in 3. of) all, though it could be neither seen nor touched.
10:2 また、これらの謎に包まれた世紀のどこかで、彼らはあらゆるものの中で最も重要な道具を
発明した。もっとも、それを見たりさわったりすることはできなかったが。
10:3 They learned to speak, and so won their first great victory over Time.
10:3彼らは話すことを覚え、そして時間というものに対して最初の大勝利をおさめた。
10:4 Now the knowledge of one generation could be handed on to the next, so that each age could
[15](1.escape 2. profit 3. suffer) from those that had gone before.
10:4今や、ある世代の知識は次の世代に引き継ぐことができるようになり、その結果どの時代も、
過ぎ去った時代から利益を得ることができた。
10:5 Unlike the animals, who knew only the present, humans acquired a past;
10:5現在のことしか知らない動物とは違い、人聞は過去を得た。
10:6 and they were beginning to [16](1. come 2.grope 3. vanish) toward a future.
10:6 そして未来ヘ向けて手探りを始めようとしていた。
[16]―2
>[16]
Come 「来る」
Grope「手さぐりで探す」
Vanish 「消える、見えなくなる」
言葉の習得によって人間が「過去を得た(acquired a past)」とあり、それに続けて述べている部
分であることから、「未来に向けて手探りする(grope toward a future)」とするのが最適。あまり
なじみのない単語かもしれないが、消去法で選ぶとよいだろう。

総合政策学部 2,001 問1
■第6段落
6:1 This argument, though, claims too much, for we feel a similar sense of loss when we face not
the destruction of a culture but merely it’s reworking from the inside — and, thereby, the loss of
specific elements [10](1. within 2. upon 3. beside) the culture.
6:1 しかし、この主張はあまりにも多くを求め過ぎている。なぜなら、われわれは、文化の破壊で
はなくて、ただ単に内側からの文化の補整、そして、それによる文化の内側にある特定の要素の
喪失に直面するときに、同様の喪失感を感じるからである。
6:2 Over time, all of our cultures are remade and many traditional norms and practices are
abandoned.
6:2時を経て、われわれの文化のすべては作り直され、多くの伝統的基準や慣習は捨てられる。
6:3 We might easily sympathize that there was a loss to the world in what was thereby abandoned.
6:3 それによって捨てられるものの中に、世界にとって損失となるものがあると思い、われわれは
すぐに同情する。
6:4 We do have reason to regret that the current ways by which the world is understood — our own
ways included — will eventually disappear.
6:4世界が理解される現在の方法(これにはわれわれ自身の方法も含まれている)がゆくゆくは消
え去ってしまうことを後悔するのはもっともなことである。
6:5 But our justifiable sadness does not give us good reason to declare that what is now
endangered ought to be preserved forever; or to forbid ourselves from altering inherited cultural
norms — abandoning some, changing others — and [11](1.adopting 2. excluding 3. enclosing) new
ways and customs as our own.
6:5 しかし、正当と認められる悲しみをもってしても、今絶滅に瀕しているものが永久に保護され
るべきであると宣言したり、継承している文化的基準を変更して(あるものを捨てたり、あるも
のを変更して)新しい方法や習慣を自分自身のものとして採用することを禁止したりするだけの
十分な理由にはならない。
・解説 [10]―1
>[10]
「ただ単に内側からの文化の補整、そして、それによる文化( )特定の要素の喪失に直面するとき
に」の空所に入るもの。直前の「内側からの文化の補整」がヒント。1のwithin~「~の内側にあ
る」が入る。2のupon~は「~の上にある、~に接して」など、3のbeside~は「~の側にある」
の意。

■第11段落
11:1 Cultural survival, then, seems surprisingly hard to fashion into an attractive ideal.
11:1 それなら文化的生存を魅力的な理想に作り上げることは驚くほどに難しいことのように思わ
れる。
11:2 But in many of the cases of cultural loss that motivate activists and popular sentiment,
something else is going on [16](1.except 2. besides 3. additionally) the simple disappearance of
particular cultures and folkways.
11:2 しかし、活動家や人々の心情に刺激を与える文化的喪失が起こる多くの場合において、特定
の文化と習俗の単なる消失の他に何か別のことが起こっている。
11:3 All too many aboriginal groups, for example, face persistent marginalization*.
11:3 たとえば、あまりにも多くの原住民の集団が永続的な社会的軽視に直面している。
11:4 This suggests that it is not the disappearance of a culture so much as the reason for its loss
that should be the focus of our moral attention.
11:4 われわれの道徳的関心の焦点になるべきなのは、文化の消失よりもむしろ消失の理由である
ことを、これは示している。
11:5 We should condemn and seek to remedy the discrimination and poverty faced by peoples
around the world.
11:5 われわれは世界中の民族が直面している差別と貧困を非難し、矯正しようと努めるべきであ
る。
11:6 But it is [17](1. invaluable 2. justifiable 3. mistaken) to think that the best way to achieve this is
to insist that cultural survival is a value in itself.
11:6 しかし、これを成し遂げる最良の方法が、文化的生存そのものが重要だと主張することであ
ると思うのは間違いである。
・解説 [16]―2
>[16]
「特定の文化と習俗の単なる消失( )何か別のことが起こっている」の空所に入るもの。直後の3
文でわかるように、文化などの単なる消失以外に、その理由である差別や貧困などに注意を向け
るべきだと述べられている。
2の前置詞besides~「~以外に、~の他に」が入る。1のexcept~は「~を除いて」、3の
additionallyは副詞「その上、さらに」なので、後に名詞を従えない。

総合政策学部 2,002 問2、
第2段落
2:1 By the seventh century some of these principles had spread to the Islamic world.
2:1 これらの原則の中には、7世紀までにイスラム世界にまで広がっていたものもあった。
2:2 The leading Islamic statement on the law of nations written in the ninth century to some extent
reflects principles laid [2](1. upon 2. down 3. by) in the Old Testament, with its ban on the killing of
women, children, the old and [3](1. the helpless 2. the help 3. helpful).
2:2 9世紀に書かれた国家の法律に関する主要なイスラム教の記述は、旧約聖書に規定されていた
原則をある程度反映していて、女性、子供、老人、無カの者を殺すことを禁じていた。
2:3 Moreover, a prisoner of war should not be killed, but he may be ransomed* or set free.
2:3 さらに、捕虜は殺すべきではなく、身代金を払わせるか自由にするかであろう。
2:4 But, prisoners might be killed if it were considered advantageous in conducting a war [4](1.
therefore 2. however 3. despite), this would not be so if the prisoners converted to Islam.
2:4 しかし、戦争を行っていく上で有利と考えられるならば、捕虜は殺されるかもしれない。しか
しながら、もし捕虜がイスラム教に改宗するならば、こういうことにはならないだろう。
・解答  [2]―2
>[2]「9世紀に書かれた国家の法律に関する主要なイスラム教の記述は、旧約聖書に(されてい
た)原則をある程度反映していて」の空所に入るもの。lay down~「~を規定する」→ be laid
down「規定される」なので、downが入る。

■第3段落
3:1 By the Middle Ages the power of the Church was such that it was able to forbid Christian
knights [5](1. to 2. from 3. against) using certain weapons as hateful to God.
3:1中世までには、教会の力は強大なものとなっていたので、キリスト教徒の騎士がある種の武器
を使うのを、神にとって憎むべきものであるとして禁止することができた。
3:2 Thus, in 1139, the Second Lateran Council condemned the use of the crossbow and arc*, a
view that matched the concept of chivalry* which regarded such weapons [6](1. as 2. such 3. very)
disgraceful, since they could be used from a distance enabling a man to strike [7](1. with 2. before
3. without)
the risk of himself being struck.
3:2 その結果、1139年に第2回ラテラノ公会議は戦闘用大弓の使用を非難したが、この考えはその
ような武器を卑劣なものとみなす騎士道の概念に合致したものであった。なぜなら、それらは距
離をおいて使用できるため、自分が攻撃される危険はなく他を攻撃することを可能にするもので
あるからだった。
3:3 In fact, the feudal knights were aware of what they knew as the “law of chivalry,” a customary
code of chivalrous conduct that controlled their affairs and which was enforced by specially
appointed arbitrators* or, in the case of England and France, by Courts of Chivalry.
3:3実際、封建時代の騎士は「騎士道の法」として知られているものに気づいていた。
それは騎士の行動に関する慣習法で、彼らの行動をつかさどり、特別に任命された仲裁者か、あ
るいはイギリスやフランスの場合には騎士道法廷によって施行された。
3:4 However, these limitations only covered those who shared the code of chivalry, such as knights
of noble birth, and did not cover common soldiers.
3:4 しかしながら、このような制限は、貴族生まれの騎士などのような騎士道の法を共有する者に
しか及ばず、一般の兵士に及ぶことはなかった。
・解答 [5]―2 
>[5]「キリスト教徒の騎士がある穏の武器を使う( )、神にとって憎むべきものであるとして禁
止することができた」の空所に入るもの。forbid A from~ing「Aが~するのを禁止する」なので、
fromが入る。forbid A to doが標準的。
[7]―3 >[7]「それら(戦闘用大弓など)は距離をおいて使用できるため、自分が攻撃される危険
は( )他を攻撃することを可能にするものであるからだった」の空所に入るもの。大弓などで他人
を攻撃する場合には自分が攻撃される危険性はないと考えられるので、without「~なしに」が入
る。1のwithは「~をもって」、2のbeforeは「~の前に」の意。

■第7段落
7:1 At the time of the Hague Conferences both in 1899 and 1907, it was not understood that aerial
warfare might be [13](1. as much as 2. no more than 3. of) major significance.
7:1 1899年と1907年のハーグ会議のどちらのときも、空中戦が非常に重要であろうとは思われてい
なかった。
7:2 However, the role played by aircraft during World War I made it clear that some rules were
necessary to regulate aerial conflict.
7:2 しかしながら、第一次世界大戦中に飛行機が果たした役割によって、空中戦を規定する法律が
必要であることが明らかになった。
7:3 As a result, a commission of legal experts met at The Hague in 1922 to agree on the Rules of
Air Warfare.
7:3 その結果として、1922年、空中戦の法律に関する協定を結ぶため、法律の専門家の委員会が
ハーグで聞かれた。
7:4 These rules were never put into any international treaty and are, as such, not legally binding.
7:4 これらの協定は決して国際条約になることはなく、そのようなものとして、法的な拘束力はな
い。
7:5 To be a legally binding international law, the agreement between countries has to be in a form
of a treaty signed and approved by representatives of these countries.
7:5国家間の協定が法的に拘束力をもつ国際法になるためには、関係諸国の代表によって調印され
承認された条約の形をとらなければならない。
7:6 Alternatively, there is international customary law, which is not a written treaty but an unwritten
law made of generally accepted state practices around the world.
7:6 また別に、国際的な慣習法があるが、それは成文化された条約ではなく、世界中で一般的に受
け入れられている国家慣習からできた不文律である。
7:7 Any other rule is just a political declaration or a moral recommendation although it may
sometimes be influential and widely supported by peoples around the world.
7:7 それ以外の決まりは、影響力をもっていたり、世界中の国民によって広く支持されたりするこ
とはあるかもしれないが、単なる政治宣言や道徳上の勧告にすぎないのだ。
・解答 [13]―3
>[13]「1899年と1907年のハーグ会議のどちらのときも、空中戦が非常に重要( )あろうとは思
われていなかった」の空所に入るもの。of major significance=very significant「重要で」(「of+
抽象名詞=形容詞」に注意)1のas much as~は「~もの」、2のno more than~は「~だけ」の
意。

■第10段落
10:1 Another opinion was offered by the International Court of Justice (ICJ).
10:1別の意見が国際司法裁判所(ICJ)から出された。
10:2 In 1996, [17](1. anonymously 2. unanimously 3.necessarily) held that “A threat or use of force
by means of nuclear weapons that is contrary to Article 2, paragraph 4 of the United Nations
Charter* and that fails to meet all the requirements of Article 51 [relating to self-defense], is
unlawful.”
10:2 1996年に、ICJは、「国連憲章第2条第4項に反し、第51条(正当防衛に関する)の要件をすべ
て満たすことのできない、核兵器を手段とする武力による威嚇または行使は非合法である」と全
員一致で判断を下した。
10:3 Nevertheless, it went [18](1. toward 2. again 3. on) to hold that in the current state of
international law, the Court cannot conclude definitively whether the threat or use of nuclear
weapons would be lawful or unlawful in an extreme circumstance of self-defense, in which the very
survival of a State would be at stake.
10:3 それにもかかわらず、ICJは続けて、国際法の現在の状態では、まさに国家の存続が危うく
なっているような正当防衛の極端な状況の中では、核兵器の威嚇または行使が合法か非合法かど
うかを同裁判所が最終的に結論づけることはできないとも判断を下した。
[18]―3
>[18]「IC」は( )、国際法の現在の状態では、……核兵器の威嚇または行使が合法か非合法化
かどうかを同裁判所が最終的に結論づけることはできないとも判断を下した」の空所に入るも
の。直前の文に続けて裁判所が判断を下している。onが入り、went on to doで「続けて~した」
となる。1のtowardは「~の方へ」、2のagainは「再び」の意。

総合政策学部 2006 問2、
■第2段落
2:1 Looked at [33] (1. with 2. from 3. as) an economic point of view, the agricultural sector
becomes extremely important.
2:1経済的な観点からみれば、農業部門は極めて重要となってくる。
2:2 Developing nations throughout Asia depend on agricultural production both for domestic
consumption and for their export economies.
2:2 アジア一帯の発展途上国は、国内消費と輸出経済の両方において、農業生産に頼っている。
2:3 Further, close to 45% of Southeast Asia’s economy in terms of GDP (Gross Domestic Product)
depends on agriculture.
2:3 さらに、GDP(国内総生産)でみると東南アジアの経済の45%近くは、農業に依存している。
2:4 These developing countries’ livelihood itself comes from their agricultural products.
こうした発展途上国の生計それ自体が、農業生産物から生じる。
2:5 Further, rural people in small communities contribute in [34] (1. erratic 2. probable.
direct) ways to the whole society as well as the environmental conservation of Southeast Asia.
2:5 さらに、小さな地域の農民が、東南アジアの環境保全ばかりでなく、社会全体に直接的に寄与
しているのである。
2:6 But they also bear new costs related to the stresses of economic development.
2:6 しかも、彼らは経済発展の重要性に関連してあらたな費用も負担する。
・解答  [33]―2
>[33]定型表現の理解が問われている。from a point of view of Aあるいは、from A’s point of
view「Aの観点から」となる。ここではA’sの部分がeconomicという形容詞になっている。cf. from
a historical point of view「歴史的な観点からすると」

総合政策学部 2006 問1
■第5段落
5:1 Latin Americans, for example, are among the happiest people in the world, according to study
[8] (1. after 2. from 3. by) study.
5:1例えば、ラテンアメリカ人は、次々に出てくる研究によれば世界で最も幸福な民族の1つであ
る。
5:2 An international survey of college students in the mid1990s compared so-called national
differences in positivity and ranked Puerto Rico, Colombia and Spain as the three most cheerful.
5:2 1990年代半ばの大学生に関する国際調査では、積極性においていわゆる国民性の違いを比較
し、プエルトリコ、コロンビア、スペインが明るさのトップ3に位置づけられた。
5:3 To those who [9] (1. evaluate 2. count 3. equate) happiness with digital cable and icecubedispensing
refrigerator doors, these results may be surprising.
5:3幸福をデジタルケーブルや氷の取り出し口がついた扉のある冷蔵庫に結びつけて考える人々に
とって、このような結果は驚くべきことかもしれない。
5:4 But not to Ed Diner.
5:4 しかし、エド=ディーナーにとっては、違う。
5:5 For him, the astonishingly high spirits of the relatively poor Puerto Ricans and Colombians [10]
(1. depart 2. Stem 3. Escape) from a “positivity tendency” that “may be rooted in cultural norms
regarding the value of believing in aspects of life in general to be good.”
5:5彼にとっては、比較的貧しいプエルトリコ人やコロンビア人が驚くほど上機嫌であることは、
「積極的な性向」から生じている。その性向は、「人生の局面はおおむね良好であると信じるこ
とに価値があるとみなす文化規範に根ざして」いるのであろう。
5:6 We take this to mean that Latin Americans are happier because they look on the sunny side of
life.
5:6 これは、ラテンアメリカ人は人生の明るい面を見るから、より幸せなのだということを意味す
るのだと思う。
・解答 [8]―1
>[8]まず大きなヒントになるのは、studyという名詞に冠詞がないこと。冠詞がないことから、
1.study after study「研究に次ぐ研究(で)」か、3.study by study「研究ごとに、少しずつ」
のどちらかになる。「ラテンアメリカ人は世界で最も幸福な民族の1つ」であることは、日常的に
明らかな事態であって、「徐々に」わかってきた事実とは到底思われないので、1が正解といえ
る。

■第5段落
5:1 Latin Americans, for example, are among the happiest people in the world, according to study
[8] (1. after 2. from 3. by) study.
5:1例えば、ラテンアメリカ人は、次々に出てくる研究によれば世界で最も幸福な民族の1つであ
る。
5:2 An international survey of college students in the mid1990s compared so-called national
differences in positivity and ranked Puerto Rico, Colombia and Spain as the three most cheerful.
5:2 1990年代半ばの大学生に関する国際調査では、積極性においていわゆる国民性の違いを比較
し、プエルトリコ、コロンビア、スペインが明るさのトップ3に位置づけられた。
5:3 To those who [9] (1. evaluate 2. count 3. equate) happiness with digital cable and icecubedispensing
refrigerator doors, these results may be surprising.
5:3幸福をデジタルケーブルや氷の取り出し口がついた扉のある冷蔵庫に結びつけて考える人々に
とって、このような結果は驚くべきことかもしれない。
5:4 But not to Ed Diner.
5:4 しかし、エド=ディーナーにとっては、違う。
5:5 For him, the astonishingly high spirits of the relatively poor Puerto Ricans and Colombians [10]
(1. depart 2. Stem 3. Escape) from a “positivity tendency” that “may be rooted in cultural norms
regarding the value of believing in aspects of life in general to be good.”
5:5彼にとっては、比較的貧しいプエルトリコ人やコロンビア人が驚くほど上機嫌であることは、
「積極的な性向」から生じている。その性向は、「人生の局面はおおむね良好であると信じるこ
とに価値があるとみなす文化規範に根ざして」いるのであろう。
5:6 We take this to mean that Latin Americans are happier because they look on the sunny side of
life.
5:6 これは、ラテンアメリカ人は人生の明るい面を見るから、より幸せなのだということを意味す
るのだと思う。
[9]―3
>[9]「幸福をデジタルケーブルや氷の取り出し口がついた扉のある冷蔵庫」とどうするのか、とい
うことから、1.「評価する」、2.「算定する」、3.「同一視する」の中では、3が最もふさわし
い。また、V O with ~という型式から、withと結合する動詞という基準で判断してもそうした動
詞は、選択肢の中にはequateしかない。

総合政策学部 2,008 問1
■第5段落
5:1 Hypotheses are derived from theory.
5:1仮説は理論に由来する。
5:2 A good theory produces good hypotheses.
5:2 よい理論はよい仮説を生み出す。
5:3 And yet, it is also hypotheses that make theories better and sounder.
5:3しかし、理論を改善し健全化するのもまた、仮説なのである。
5:4 There are two aspects to handling hypotheses: hypothesis making and hypothesis testing.
5:4仮説の扱いには2つの面がある。仮説の形成と仮説の検証である。
5:5 [13] (1. Distinguishing 2. Discounting 3. Defending) these aspects are the key to seeing how
hypotheses can contribute to theory.
5:5 これらの面を区別することが仮説が理論にどのように寄与できるかを知るカギを握っている。
5:6 For example, Freud had a theory of anxiety that included the concept of “repression.”
5:6 たとえばフロイトは「抑圧」という概念を含む不安の理論をもっていた。
5:7 [14] (1. By 2. On 3. To) repression, Freud meant the forcing of unacceptable ideas into the
unconscious.
5:7 フロイトのいう抑圧とは、容認できない考えを無意識へと押し込めることを意味していた。
5:8 Testing Freud’s theory is thus a difficult matter, because the concepts of “repression” and the
“unconscious” need to be defined in a measurable, empirical way.
5:8 だから、フロイト理論を検証することは困難なことだった。なぜなら、「抑圧」と「無意識」
という概念を、測定可能な経験的な仕方で定義する必要があるからである。
5:9 This is [15] (1. part 2. Soil. Most) of making a hypothesis and testing it empirically.
5:9 これが仮説を立て、それを経験的に検証するということの重要部分である。
5:10 If the concepts used in a hypothesis are operationally defined, that is, empirically testable,
then a scientist can test the theory itself, and the theory can be improved upon.
5:10 もしも仮説中で使われている概念が操作的に定義されているなら、すなわち、経験的に検証
可能なら、科学者は理論そのものを検証することができ、そして理論をよりよいものにしていく
ことができる。
5:11 [16] (1. Relative to 2. Depending Oil 3. Owing to) the hypothesis-testing activity tests not only
the hypothesis in question but also the validity of the theory under consideration.
5:11仮説検証作業の結果次第で、仮説を支持するか拒絶するかを決めることができるのである。仮
説検証作業は、当該の仮説だけでなく、検討中の理論の妥当性をも検証するのである。
[14]ー1
>[14]これはmeanが支配する前置詞の問題。mean O by~で「〜ということでOを意味する」とい
う意味になる。ここでは「フロイトのいう抑圧とは、~を意味していた」となる。よって、正解
は1である。

■第6段落
6:1 Hypotheses are important in scientific investigation in that they can be tested and shown to be
probably true or probably false.
6:1仮説が科学的な探究において重要なのは、それらが検証されることができ、おそらく真である
かおそらく偽であるかを示すことができるからである。
6:2 Isolated facts are not tested;
6:2 バラバラの事実は検証されない。
6:3 only relations are tested.
6:3検証されるのは関係だけである。
6:4 The fact that hypotheses are relational propositions is the main [17] (1. way 2. reason 3.
argument) they are used in scientific inquiry.
6:4仮説は関係に関わる命題だという事実が、それらが科学研究で使われる主な理由である。
6:5 They are, in essence, predictions of the form, “If A, then B” which we set up to test the relation
between A and B.
6:5 それらは、本質的に、「AならばB」という形式の予測であって、AとBのあいだの関係を検証
するために設定されるものである。
6:6 We [18] (1. let 2. make 3. see) the facts have a chance to establish the probable truth or falsity
of the hypothesis.
6:6私たちは、その仮説がおそらくは真なのかそれとも偽なのかを確定する機会を、事実が提供す
るのにまかせる。
6:7 A hypothesis is a prediction.
6:7仮説は予測である。
6:8 It says that if x occurs, y will also occur.
6:8仮説が語るのはxが起きれば、yもまた起きるだろうということである。
6:9 That is, y is predicted from x.
6:9 すなわち、yはxから予測されるのである。
6:10 If, then, x is made to occur, and it is observed that y also occurs, then the hypothesis is
confirmed.
6:10 だから、もしもxを起こしてみて、yもまた起きることが観察されれば、仮説は確証されるの
である。
6:11 This is more powerful evidence than simply observing, [19] (1. with reservations 2. within the
limit 3. without prediction)
, the covering of x and y.
6:11 このことは単に、予測なしにxとyとが共に変化することを観察する場合よりも強力な証拠で
ある。
6:12 The scientist makes a bet that x leads to y.
6:12科学者はxがyを生じるのだという賭けをする。
6:13 If, in an experiment, x does lead to y, then she wins the bet.
6:13 もし、実験において本当にxがyを生じるなら、賭けは科学者の勝ちである。
6:14 She cannot just enter the game at any point and pick a perhaps accidental common
occurrence of x and y.
6:14科学者はいつでもゲームに加わることができるというわけではないし、ことによると偶然xとy
が共に生じたような場合を取り上げるわけにもいかない。
6:15 Games are not played this way.
6:15 ゲームはそんな仕方では行われないのである。
6:16 She must play according to the rules, and the rules in science are made to minimize error.
6:16科学者はルールに従ってゲームをせねばならないのであり、科学のルールは誤りを最小限にす
るようできているのである。
[19]ー3
>[19]設問部分は「このこと(=xを起こしてみて、yもまた起きるのを観察すること)は単に、~で
あってxとyとが共に変化することを観察するのよりも強力な証拠である」という内容。起こそう
と思って起こした場合の方が、たまたま両方が起きるのを目にした場合より、強力な証拠になる
という実質的な意味にすればいい。選択肢はそれぞれ、1「条件つきで」2「限界内で」3「予測な
しに」という意味だから、「たまたま」にもっとも近いのは、3である。

総合政策学部 2008 問2
 ■第3段落
3:1 Nevertheless, the number of hungry people has grown in many other regions.
3:1 とはいえ、飢餓人口は他の多くの地域で増大した。
3:2 Drought, civil war and growing numbers of AIDS patients have led to stagnation in agricultural
food production.
3:2干ばつ、内戦、エイズ患者の増大によって、農業食物生産は沈滞することになった。
3:3 HIV/AIDS has [34] (1. robbed 2. attacked 3. downgraded) many developing countries of
valuable labor, leading to poverty and hunger.
3:3 HIVあるいはエイズのために、多くの途上国は貴重な労働力を奪われ、貧困と飢餓が生じた。
3:4 In some developing countries, on the other hand, agricultural production has been expanded to
an [35] (1. unreasonable 2. appropriate 3.accumulated) level to support population growth, leading
to environmental problems.
3:4逆に、途上国の中には、農業生産が人口増加を支えるには過度なまでに増大して、環境問題を
生じた国もある。
・解答 [34]―1
>[34]設問部分は「HIVあるいはエイズが、多くの途上国から貴重な労働力を~した」という内
容。選択肢はそれぞれ、1.「奪った」2.「攻撃した」3.「格下げした」という意味。ここではmany 
developing countries of valuable laborとなっており、前置詞ofは動詞と結びつけて読まない
と、文意を把握できない。選択肢の中でofを要するものは1だけであり、rob countries of labor「諸
国から労働力を強奪する」となって、文意によく合う。よって、1が正解である。

■第2段落
2:1 The public response to the natural disasters of 2005 shows there is no lack of funds.
2:1 2005年の自然災害に対する、大衆の反応は資金不足はないことを示している。
2:2 In fact, the financial conditions of the various aid agencies have probably never been healthier.
2:2実のところ、さまざまな援助機関の財政状態がこれほど健全だったことは、恐らくこれまでに
なかっただろう。
2:3 The poor, however, continue to suffer.
2:3 しかし、貧困者は、苦しみ続けている。
2:4 Meanwhile, donors give blindly without demanding the accountability that guarantees results.
2:4 その一方、寄付者は成果を保証する会計責任を要求することなく、やみくもに寄贈している。
2:5 This is simply [31] (1. untrue 2. Uneasy 3.unacceptable).
2:5 こんなことは、まったく容認できることではない。
・解答 [31]-3
>[31]
Untrue「事実に反する、嘘の」
Uneasy「不安な、不安定な」
Unacceptable「容認できない」
慈善事業の財政状態が健全であるのに、貧困者は依然として苦しんでおり、それにもかかわらず
寄付者は会計責任を求めずやみくもに寄贈しているという事態を形容する語を選ぶ。

■第11段落
11:1 What schools should do is to teach evolution emphasizing both its successes and it’s still
unexplained limitations.
11:1学校がすべきことは、その成功と依然として説明のつかない限界の両方に力点を置きながら進
化を教えることである。
11:2 Evolution, like almost every scientific theory, has some problems.
11:2進化には、ほとんどすべての科学的な理論と同様に、問題もある。
11:3 But they are not the kinds of problems that can be solved by assuming that an intelligent
designer created life.
11:3 しかしそれらは、知的設計者が生命を創造したと想定することで解決できるようなものでは
ない。
11:4 Not a single [17] (1. piece 2. proportion 3. property) of scientific evidence in support of this
theory has been put forth since the critics of Darwin began writing in the 19th century.
11:4 この理論を支持する科学的な証拠はダーウィンの批判者たちが19世紀に書き始めて以来、た
だ一つとして提出されたことはないのである。
・解答 [17]―1
>[17]
Piece「かけら」
Proportion「割合」
Property「財産」
not a singleは「一つとしてない」という意味であるが、これは直接、名詞evidenceにつけること
はできない。evidenceは不可算名詞だからである。よって、ここにはpieceが入ることがわかる。
not a single piece of evidenceで「証拠は一つとして~ない」となる。

■第9段落
9:1 When those talented creatures lived in a world that rewarded such precision, they [14] (1.
recovered 2. regained 3. reproduced)
while untalented creatures died out.
9:1 そうした才能を持った生物が、その精密さの報われる暮らしをしていた時、彼らが繁殖する一
方で才能に恵まれない生物は死に絶えた。
9:2 Maybe the talented ones were better able to find food or avoid being eaten and the untalented
ones could not.
9:2 ことによると、才能のある方は食物を見つけたり、食べられるのを避けたりすることに長けて
いて、才能に恵まれない方は、それができなかったのかもしれない。
9:3 These first genetic accidents were followed, over millions of years, by others that made it
possible for some creatures to see very tiny objects or see at great distances.
9:3 こうした最初の遺伝的な偶然の後に、数百万年にわたって別の偶然が続き、ある生物は、きわ
めて小さいものが見えたり、きわめて遠く離れたものが見えたりするようになった。
9:4 Such creatures had an evolutionary [15] (1. advantage 2. preference 3. priority) over other
creatures that could not do those things.
9:4 それらの生物は、こうしたことができない生物よりも進化上有利であった。
・解答 [14]―3
>[14]
Recover「回復する」re(再び)+cover(覆う)
Regain「取り戻す」re(再び)+gain(手に入れる)
Reproduce「生殖する、再生産する」re(再び)+produce(作る)
whileは《対照》を表す接続詞であるからこの部分は「彼らは~したが、一方才能に恵まれない生
物は死に絶えた」という意味になる。die outと対になる動詞が入る。1.「回復した」2.「取り戻し
た」3.「繁殖した」なお、reproduceは、このような生物を話題にする文脈では「再生産する」で
はなく「生殖する、繁殖する」という意味になることは知っておくべきである。
■第9段落
[15]―1
>[15]
Advantage「強み、有利な点」avant(~の前にいる)+age(状態)
Preference「好み、嗜好」pre(前に)+fer(運ぶ)→派生
Priority「優越」
「よくものが見える生物は、そうでない生物に比べて進化の上で何をもっていたのか」を考えて
みる。1の「利点」、2の「嗜好」、3の「優越」の中では「利点」ではあるが、「優先、優越」と
までは言えないと判断できる。have an advantage over~「~より有利な立場にある」

■第1段落
1:1 He has been called “the greatest leader that ever came on Gods earth,” yet he never led a
group larger than twenty-seven.
1:1 彼は「神の地球にかつてやって来た最大の指導者」と呼ばれてきたが彼は27人より多い集団を
率いたことは一度もなかったのだ。
1:2 He failed to reach nearly every goal he ever set, and until recently, he had been little
remembered after his death.
1:2彼は自分がかつて定めた目標のほとんどを達成することはなかったし, 最近まで, その死後ほと
んど回想されることもなかった。
1:3 But once you learn the story of Sir Ernest Shackleton and his remarkable Antarctic expedition
of 1914-1916, you’ll come to agree with the effusive praise of those [1] ( 1. Around 2. Beyond 3.
Under)
his command.
1:3 しかし, ひとたびサー=アーネスト=シャクルトンと1914年から1916年にわたるその驚くべき
南極探険の物語を知ると, 彼の指揮の下にあった人々の惜しみない賞賛を認めるようになるだろ
う。
1:4 He is a model of great leadership and, in particular, a master of guidance in crisis.
1:4彼は優れた指揮官の見本であり, とりわけ危機を乗り切る名人であった。
・解答 [1]―3
>[1]
those ( ) his commandの部分はthose who was ( ) his command 「彼の指揮の〜にあった人々」
と、補って読む必要がある。 commandはここでは、「命令」という意味ではなく「指揮 (権)」と
いう 意味であることを文脈から読み取ることが正解の必須条件。
1. 「〜のまわりに」
2. 「〜を越えて」
3. 「〜の下に」
という3つの前置詞のうちで、意味をなすのは「指揮の下にあって」という意味になる3だとわかる。

■第5段落
5:1 Sir Ernest set out at age forty on an independent voyage to make what he considered the last
great expedition [7] ( 1. accomplished 2. left 3. devoted) on earth: an eighteen-hundredmile
crossing of Antarctica on foot.
5:1 サー=アーネストは40歳のとき、彼が地上に残された最後だと考えた大冒険、南極大陸1800マ
イル徒歩横断をするため、独自の航海に出発した。
5:2 The expedition ship, named the Endurance after the Shackleton family motto Fortitude Vicious,
By Endurance We Conquer,” set sail in August 1914 at the dawn of World War I and [8] (1. made
up with 2. made its way to 3. made off with) Buenos Aires, to South Georgia Island, and eventually
to the Antarctic Circle, where it plowed through one thousand miles of ice-Encrusted waters.
5:2 探険船は、シャクルトン家の銘、Fortitudine Vincimus「忍耐によって我らは克つ」にちなんで
「エンデュアランス(忍耐)」と名づけられ、第一次世界大戦が幕を開けた1914年8月に出帆し、ブ
エノスアイレス、サウスジョージア島、そしてついに南極圏まで進み、そこから1千マイル、氷で
堅く覆われた海域をかき分けるように進んだ。
5:3 Just one days sail [9] (1. from 2. beyond 3. near) its destination in Vassal Bay on the Antarctic
coast, the ship got stuck like an almond in a chocolate bar” as it was later described, in the polar
ice of the Weddell Sea.
5:3 南極沿岸のヴァーゼル湾の目的地まで、ほんの1日分の航海というところで、船は後の記録に
ある通り、「まるで板チョコの中のアーモンドのように」ウェッデル海の極地の氷の中で立ち往
生した。
[9]―1 [9]
ポイントは、just one day’s sailという名詞がどのように働いているかを理解できるかどうかであ
る。このsailという名詞は、文中では名詞としてでなく副詞として働いており、ここでは「立ち往
生した」場所が目的地からの距離を基準に示されている。「その目的地からほんの1日分の航海ほ
どのところで」という意味になる。これは《副詞的対格》と呼ばれる重要な用法で、距離の起点
を表すfromが一緒によく使われる。

■第9段落
9:1 In the end, Shackleton took five men and sailed eight hundred miles in a lifeboat over stormy
seas to reach the inhabited island of South Georgia in the remote South Atlantic.
9:1 ついに、シャクルトンは5人の部下を連れ荒れる海を救命ボートで800マイル航行し、南大西
洋のはるか沖合、有人島サウスジョージアに着いた。
9:2 When [17] (1. in 2. by. for) some miracle they made their destination, they found they had to
cross a nearly impassable frozen mountain range to reach civilization: a whaling station.
9:2奇跡的に目的地に着いて、彼らが悟ったのは、ほとんど通過不能の凍てつく山岳地帯を横断し
なければ、人間のいる場所、捕鯨基地には行きつけないということだった。
9:3 The whalers, who had seen so much in their own hard lives, were in awe of the invincibility of
the men.
9:3捕鯨者たちは、自分自身の厳しい暮らしをあまりに多く目にしてきたので、隊員の不操不屈に
恐れ入った。
9:4 Immediately, Shackleton [18] (1. gave up 2. turned around 3. backed out) and led an effort to
rescue the rest of the crew on Elephant Island.
9:4直ちに、シャクルトンはとって返し、先頭に立ってエレフアント島にいる残りの乗組員を救助
しようとした。
9:5 Amazingly, every single one had survived.
9:5驚嘆すべきことに、全員1人残らず生還したのだった。
・解答 [17]―2 
>[17]
miracle「奇跡」に結びつく前置詞が問われている。「奇跡的に」 という意味にするには2のbyが
正しい。ただし、make one’s destination の意味が「目的地に着く」であると正確に理解していな
いと、迷いが生じたかもしれない。

総合政策学部 2010 問1
■ 第4段落
4:1 8才の女児,例えばモリーの両親を考えてみよう。
4:1 Consider the parents of an eight-year-old girl named, say, Molly.
4:2彼女の2人の親友,エイミーと,イマーニが近所に住んでいる。
4:2 Her two best friends, Amy and Imani, live nearby.
4:3 モリーの両親は,エイミーの親が銃を家に置いているのを知っているので,モリーにそこで遊
んではいけないと言った。
4:3 Molly’s parents know that Amy’s parents keep a gun in their house, so they have forbidden
Molly to play there.
4:4 その代わり,モリーはイマーニのうちで多くの時間を過ごす。そこの庭にはプールがある。
4:4 Instead, Molly spends a lot of time at Imani’s house, which has a swimming pool in the
backyard.
4:5 モリーの両親は娘を守るのに賢い決断をしたと気分がいい。
4:5 Molly’s parents feel good about having made such a smart choice to protect their daughter.
4:6 しかし,データによれば,彼らの選択は賢くも何ともない。
4:6 But according to the data, their choice isn’t smart at all.
4:7 どの年をとっても,合衆国では1万1千の住宅用プールにつき1人,子どもが水死する。
4:7 [8] (1. In any given 2. In a certain 3. In one particular) year, there is one drowning of a child for
every 11,000 residential pools in the United States.
4:8 ということは,600万のプールのある国では,おおよそ550人の10歳未満の子どもが毎年溺れ
るということになる。
4:8 In a country with 6 million pools, this means that roughly 550 children under the age of ten
drown each year.
4:9一方銃100万丁強ごとに1人,子どもが銃で命を落とす。
4:9 Meanwhile, there is 1 child killed by a gun for every 1 million-plus guns.
4:10 ということは,推定2億丁の銃のある国では,おおよそ175人の10歳未満の子どもが毎年銃に
よって亡くなることになる。
4:10 In a country with an estimated 200 million guns, this means that roughly 175 children under
ten die each year from guns.
4:11 プールによる死亡の可能性(1万1千分の1)対銃による死亡の可能性(百万強分の1)は,近
くさえない。モリーがイマーニの家のプール事故で落命する可能性は,エイミーの家での銃の撃
ち合いに比べて,おおよそ100倍なのだ。
4:11 The likelihood of death by pool (1 in 11,000) versus death by gun (1 in 1 million-plus) isn’t
even close: Molly is roughly 100 times more likely to die in a swimming accident at Imani’s house
than in gunplay at Amy’s.
・解答 [8]―1
>[8] 次文に「600万のプールのある国では、おおよそ550人の10歳未満の子どもが毎年溺れる」と
ある。このデータは特定の年のものではなく、統計的平均でないと意味がないので、設問部分は
「任意の年に」という意味でなければならない。選択肢はそれぞれ、1が「どの所定の年にも」2
が「ある年に」、3が「ある特定の年に」という意味だから、1が正解。このgivenは「与えられ
た」ではなく「一定の、所定の、所与の」という意味の重要語である。

総合政策学部 2010 問2、
■ 第5段落
5:1 このことの最も悪名高い事例が近年,ブルックリン美術館で起きた。その件では,「センセー
ション」展という,チャールズ=サーチ・コレクションによるイギリス若手画家たちの展覧会を行
い,当初ニューヨーク市長によって,自分には冒涜的な絵画だと思えるものを展示しているとし
て,次には報道機関によって,多くの事実を伏せていて,サーチが展覧会の主要な金銭的支援者
であるかどうかもまた隠しているとして,激しく非難されることになったのだった。
5:1 The most [38] (1. ambitious 2. notorious 3. prosperous) recent example of this occurred at the
Brooklyn Museum of Art, when it presented Sensation, an exhibition of young British artists from
Charles Saatchi’s collection, and found itself initially under attack by the mayor of New York [39] (1.
by 2. in 3. for)
displaying what he perceived to be blasphemous art, and then by the press for being
less than forthright about a number of facts, including whether Saatchi was also a major financial
donor to the exhibition.
・解答 [39]―3
>[39] 設問部分はunder attack by A「Aによってひどい批判を受けている」の後を受けるのだから,
批判の理由が示されているのが普通である。批判・非難の理由は,たとえばblame A for B 「AをB
だと言って非難する」のように,forという前置詞を使うのが普通。よって,正解は3に決まる。

総合政策学部 2011 問2、
■ 第4段落
4:1多くの評者に広まった意見では,男女の賃金間の説明のつかない差異は主に,女性差別の結果
だということだ。
4:1 The widespread opinion of many observers is that the unexplained gap between the pay of
men and women is chiefly the result of discrimination against women.
4:2説明は簡単である。
4:2 The reasoning is simple.
4:3大半の事業主あるいは経営幹部は男性であり,男性を雇うか女性を雇うかを選ぶことになれ
ば、「同窓生組織」が男性に有利に働く。
4:3 Most business owners or senior managers are men, and [35] (1. over 2. for 3. given) a choice
between hiring a man or a woman, the “old-boy network” operates in favor of the man.
4:4 こうした見方によれば、低賃金に甘んじて、初めて女性が就職できることになる。
4:4 According to this view, women can get the job only if they agree to accept lower wages.
・解答 [35]―3
>[35] 設問部分は「男性を雇うか女性を雇うかを選ぶこと(    ),『同窓生組織』が男性に
有利に働く」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「~を巡って」,2は「~に対して」,3は「~
があるとすれば」という意味。1のoverが「~を巡って」という意味になるときは,「争い」とい
う意味の表現とともに使われるのが通例だが,この文にはそうした語句はないので,ここに入れ
ることはできない。よって,正解は3である。ここでの3は「~が与えられて」ではなく,「~があ
るとすれば」という特殊な意味で,givenの重要な用法の知識が問われている。

■ 第8段落
8:1女性が被る出産賃金減少はさまざまな原因から生じる。
8:1 The parenthood pay declines suffered by women stem from a variety of sources.
8:2責任と労働時間の減少を伴う「ママさん路線」に乗せられる人もあれば、最初の子どもが生ま
れた頃に異なる雇用者のもとに移って、より柔軟な労働時間が提供されるが、その分、低賃金に
もなる仕事をする人もいる。
8:2 Some are [42] ( 1. put on 2. put out . put off) the “mommy track,” with reduced responsibilities
and hours of work; others move to different employers around the time their first child is born,
taking jobs that offer more flexible work schedules but offer [43] (1. characteristically 2. unduly 3.
correspondingly) lower pay as well.
8:3全体に、平均的な技能があり、24歳で子どもをもつ女性は、職歴を通じて受け取る報酬が子ど
ものいない人に比べて,100万ドル近く少なくなると予想できる。
8:3 Overall, a woman with average skills who has a child at age twenty-four can expect to receive
nearly $1 million less compensation over her career, [44] (1. as 2. compared to 3. over) one who
remains childless.
8:4男性では,同様の影響が見られないことは,強調しておく価値がある。
8:4 It is worth emphasizing that no similar effect is observed with men.
8:5 それどころか,実は子どもをもつ男性は子どもをもたない男性よりも多くの給与を支払われて
いることを示す多少の証拠もある。
8:5 In fact, there is some evidence that men with children are actually paid more than men without
children.
8:6 こうした知見から強く示唆されるのは,大半の人には何ら驚くことのない事実,つまり,女性
が幅広く労働力に加わったにもかかわらず,女性は家庭での子どもの世話に第一義的責任を保持
しており,その結果,職業があおりを受けるということである。
8:6 These findings strongly suggest a fact that will [45] (1. consider 2. show 3. come) as no
surprise to most people: Despite the widespread entry of women into the labor force, they retain
the primary responsibility for child care at home, and their careers suffer as a result.
・解答 [44]―2
>[44] 設問部分は「平均的技能があり,24歳で子どもをもつ女性は,…受け取る報酬が,子どもの
いない人(    ),100万ドル近く少なくなると予想できる」という意味。これまでの本文の
記述から,「子どもを産むと女性は賃金が低下する」ことが前提となる。選択肢はそれぞれ,1は
「~として」,2は「~に比べて」,3は「~を超えて」という意味だから2を選べば,これまでの
記述と整合する文意となる。

総合政策学部 2012 問1、
■ 第2段落
2:1私はこれらのうち最初の移行を「権力移行」と,そして二つ目を「権力分散」と名づけること
にする。
2:1 I call the first of these shifts “power transition” and the second,”power diffusion.”
2:2権力移行の問題はアジアの台頭と呼ばれることがあるが,より正しくはアジアの「復興」と呼
ぶべきだろう。
2:2 The issue of power transition is sometimes called the rise of Asia, but it should more properly
be called the recovery of Asia.
2:3 もし1750年に世界を見れば,アジアは世界の人口の半数以上を擁し,世界の産物の半数以上
が出てくるのを目にしたことだろう。
2:3 If one looked at the world in 1750, one would see that Asia had more than half of the world’s
population, and represented more than half of the world’s products.
2:4 1900年には,アジアは依然として世界の人口の半数以上を擁していたが,世界の産物のわずか
20%まで衰退してしまった。
2:4 By 1900, Asia still had more than half of the world’s population, [1](1. but 2. so 3. for) it had
declined to only 20 percent of the world’s products.
2:5 これまで見てきたのは,そして21世紀に目にすることになるのは,アジアが正常な割合まで回
復し,世界の半数以上の人口と世界の半数以上の産物を手にするようになることなのである。
2:5 What we have been seeing, and what we will see in the 21st century, is the recovery of Asia to
its normal proportions, with more than half of the world’s population and more than half of the
world’s products.
2:6 もちろん,これが始まったのは1868年の明治維新後の日本からであり,それに規模の小さい
国ではあるが朝鮮,シンガポール,マレーシアなどが続いた。
2:6 This started, of course, with Japan after the Meiji Restoration in 1868, and it [2](1. coincided 2.
worked 3. continued) with smaller countries like Korea, Singapore, Malaysia, and so forth.
2:7現在,その流れは中国に広がったばかりでなく,インドにも及ぼうとしている。
2:7 Now the trend has spread to China, but it is also going to include India.
2:8 インドは今や年8〜9%の成長率である。
2:8 India now has growth rates of 8 to 9 percent a year.
2:9今世紀中に,私たちはアジアが全体としてほぼ正常だと思われる割合にまで回復していくのを
目にするであろう。
2:9 During the course of the century, we should [3](1. see 2. understand 3. recognize) Asia as a
whole recovering to about what one would think would be normal proportions.
2:10 そしてそれが権力移行である。
2:10 And that is power transition.
・解答 [1]―1
>[1]設問部分は「1900年には,アジアは依然として世界の人口の半数以上を擁しており,( ),世
界の産物のわずか20%まで衰退してしまった」という意味。空所の前後は相容れない内容となって
いる。選択肢はそれぞれ,1は「しかし」,2は「それで」,3は「というのも~だからだ」という
意味だから,《相容れない》関係を示すのにふさわしいのは1であるとわかる。

■ 第7段落
7:1同様に重要なのは,権力分散を過度に恐れないことである。
7:1 It is equally important not to be too fearful of the diffusion of power.
7:2私たちが知りつつあるのは,中国とアメリカ合衆国の双方,また当然日本とヨーロッパなど
が,新しい一連の多国間問題,例えば気候変動,多国間テロ,サイバースペースでの危険,世界的
伝染病といった問題に直面していることになるということだ。
7:2 What we are seeing is that both China and the United States, and of course Japan and Europe
and others, will be facing a new set of transnational challenges, including climate change,
transnational terrorism, cyber insecurity, and pandemics.
7:3 これらのすべての問題は,将来増大していくであろうが,それらには協調が求められる。
7:3 All these issues, which are going to be increasing in the future, are going to require
cooperation.
7:4 どの一国も単独では解決できない。
7:4 They cannot be solved by any one country alone.
7:5私たちが直面するこうした新たな多国間問題の多くは,私たちが他者を支配する力について考
えるだけというのを脱し,他者とともにもつ力について考えなければならない領域なのである。
7:5 Many of these new transnational issues that we face are areas where we have to get away
from just thinking about power over others and think about power [18](1. with 2. without 3. under)
others.
・解答 [18]―1
>[18]設問部分は「私たちが直面するこうした新たな多国間問題の多くは私たちが他者を支配する
力について考えるだけというのを脱し,他者(    )である力について考えなければならな
い領域なのである」という意味。Power over othersと対になる前置詞を考える。「他者を支配する…
のを脱する」のだから,「他者を支配しない」ということ。それに結びつくのは「他者とともに
もつ力」であろう。選択肢はそれぞれ,1は「~とともにある」,2は「~なしの」,3は「~のも
とにある」という意味だから,正解は1に決まる。

総合政策学部 2012 問2、
■ 第6段落
6:1 その書物は読者にその分野を案内し,医学,生物学,社会学人類学政治学,経済学,数学,さ
らにその先の発見を見せてくれる。
6:1 The book guides readers through the field, [39](1. presenting 2. presents 3. presented) findings
from medicine, biology, sociology, anthropology, political science, economics, mathematics, and
beyond.
6:2筆者は笑い,音楽の好み,性行動,ナッツアレルギーの不安の広がり方を論じる。
6:2 The authors discuss the spread of laughter, tastes in music, sexual behavior, and anxiety over
nut allergies.
6:3筆者は,多くの現象のネットワークの構造を慎重に比較し,アメリカ合衆国上院議員の投票パ
ターンと,牝牛間の社会的な結びつきの間の強い類似性を見出したある研究に注目する。
6:3 The authors note one study that carefully compared the structure of networks of many
phenomena and found a strong similarity between the voting patterns of U.S. senators and social
bonding among cows.
6:4彼らは日本の生物学者中垣俊之の,ある種のカビがネットワークの形で広がっていくことに
よって,目的地までのすべての可能な通路を探るのに「力を合わせる」ことができ,迷路を抜ける
最短の通路を発見するのに,大学院生よりも効率がよいという発見も報告している。
6:4 They also report on Japanese biologist Toshiyuki Nakagaki’s findings that a kind of mold****
can “collaborate” by spreading out in the form of a network to explore all possible paths to a goal,
and that it is more efficient than his graduate students in finding the shortest route [40](1. on 2.
beyond 3. through)
a maze.
6:5同書は,彼の追跡研究も示していて,それによると,そのカビは英国と日本の鉄道網の地図を
作るのが,人間と同じかそれ以上にうまかったのである。
6:5 The book also presents his follow-up studies, in which the mold was as good as or better than
humans at creating maps for railway systems in Great Britain and Japan.
6:6 こうした研究は,ネットワークがもっている問題解決能力を示すものだと,彼らは語る。
6:6 These studies, they say, demonstrate the problem-solving power [41](1. capable of 2.
possessed by 3. used for) networks.
・解答 [40]―3
>[40]設問部分は「迷路を(    )する最短の通路を発見するのに,大学院生よりも効率がよ
い」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「~の上の」,2は「~の向こうにある」,3は「~を通
過する」という意味だから文意が通るのは3しかないが,maze「迷路」の意味がわかるかどうかが
大きなポイントになる。

■ 第8段落
8:1 しかしクリスタキス―ファウラー共同研究の核心は,人間の社会的ネットワークを通じて何が
広がっていくのかに関する独創的な研究である。
8:1 But the core of the Christakis-Fowler collaboration is original research on what spreads through
human social networks.
8:2 1948年から続いているフラミンガム心臓研究のデータを用いて,2人は(12,000人以上の外部
ネットワークにつながった)5,124人の間の,5万以上の社会的な結合を図示した。
8:2 [43](1. By 2. Of 3. With) data from the Framingham Heart Study, which has been going on
since 1948, they mapped more than 50,000 social ties among 5,124 people (who were connected
to an external network of more than 12,000 people).
8:3 その研究は健康指標のあらゆるものを追跡し,被験者に余すところのない一連の行動――食事と
運動,薬物,喫煙,感情――について質問を行ったので,それは豊かな情報源となった。
8:3 Because the study tracked all manner of health markers and asked subjects about an
exhaustive list of behaviors―diet and exercise, medications, smoking, emotions―it was [44](1. a
rich 2. a prosperous 3. an affluent) source of data.
・解答 [43]―3
>[43]設問部分は「1948年から続いているフラミンガム心臓研究のデータ(    ),2人は…
5,124人の間の,5万以上の社会的な結合を図示した」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「~に
よって」,2は「~のうちで」,3は「~を用いて」という意味。data「資料,データ」はmap「図
表を描く」のに用いられる《道具》に近いものだから,withという前置詞がふさわしい。

■ 第9段落
9:1 2人の男たちは彼らの発見を派手に公表し始めた。2007年の『ニューイングランド・ジャーナ
ル・オブ・メディシン』の論文は,人々が一見すると友人の体重増加によって影響されて自分自身
も肥満になるというように,肥満が社会的なネットワークを通じて広まると報告した。
9:1 The two men started publishing their findings with a splash: a 2007 article in the New England
Journal of Medicine reporting that obesity spreads through social networks, as people are
apparently influenced by friends’ weight gain to become fat themselves.
9:2 さらに込み入っているのは,肥満は3段階離れたところまで及ぶという彼らの発見である。
9:2 More [45](1. irrelevant 2. perplexing 3. obvious) is their finding that obesity spreads through up
to three degrees of separation.
9:3被験者がやはり研究範囲にいる友人を決め,その友人の友人が肥満になれば,最初の被験者が
肥満になる確率はおよそ20%上昇した。
9:3 If a subject named a friend who was also in the study, and that friend’s friend became obese,
the first subjects chances of becoming obese were roughly 20 percent greater.
9:4影響はもう1段階向こうまで及び(例えば,夫の友人の友人,すなわち3段階離れたところ),
危険性は10%大きくなった。
9:4 Across one more degree of influence (for instance, husband’s friend’s friend―i.e, three
degrees away), the risk was 10 percent greater.
9:5体重増加は友人集団の中を,例えば,食事や運動行動の変化や,体重に関する社会規準の調整
といった,何らかの目に見えない仕組みによって移動していくように見える。
9:5 Weight gain appears to move through friend groups [46](1. versus 2. via 3. without) some
unseen mechanism such as changed eating or exercise behavior, or adjustment of social norms
regarding weight.
・解答 [46]―2
>[46]設問部分は「体重増加は友人集団の中を,…何らかの目に見えない仕組み(    )移動
していくように見える」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「~に対して」,2は「~を通じて,
~によって」,3は「~なしに」という意味だから,正解は2だとわかる。ただしvia「~を経由し
て,~によって」という前置詞を知っていることが前提になる。

■ 第11段落
11:1 ネットワークの中を広がっていくそれぞれの特徴に対して,クリスタキスとファウラー(ま
た,今日その分野で研究するその他の人々)はどのように,そして誰と誰の間に伝送が生じるか
を入念に図表化している。
11:1 [47](1. By 2. For 3. Against) each trait that spreads through networks, Christakis and Fowler
(and others working in the field today) carefully chart how, and between whom transmission
occurs.
11:2地理的な近さが重要なのだろうか。
11:2 Does geographic proximity matter?
11:3家族の関係の方が社会的な関係より影響力があるのだろうか。
11:3 Are family relationships more influential than social relationships?
11:4 ともに働く人々はどうだろうか。
11:4 What about people who work together?
11:5解答は,何が伝送されていくかによって変わる。
11:5 The answers vary depending on what is being transmitted.
・解答 [47]―2
>[47]設問部分は「ネットワークの中を広がっていくそれぞれの特徴(    ),クリスタキス
とファウラー…は…を入念に図表化している」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「~によっ
て」,2は「~に対して,~ごとに」,3は「~に照らして」という意味だから,正解は2に決まる。

■ 第12段落
12:1彼らの想定しているようなネットワークベースの公衆衛生上の介入には正確な知識が必要であ
る。
12:1 Precise knowledge is needed for the type of network-based public-health interventions they
envision.
12:2何が作用するのか――肥満の事例であれば,まあ,健康的なレシピを配布するとか,フェイス
ブックやツイッターに,「ランニングに行った後はすごく気分がいい」と投稿して友人に運動を促
すとかいったこと――を知るのに加えて,そうした介入には誰が最も影響力があるかを知る必要
があり,またこれは目的ごとに変わってしまうかもしれないのである。
12:2 In addition to knowing what works―in the case of obesity, perhaps distributing healthy
recipes, or posting on Facebook or Twitter that you “feel so great after going for a run” to
encourage friends to exercise―such interventions require knowing who is most influential, and this
may vary from purpose to purpose.
12:3 クリスタキスとファウラーは,ネットワークベースのワクチン接種キャンペーンは,最も多
くの社会的な接触をもつ人を標的にすると,全体に及ぶワクチン接種を狙いとするキャンペーン
より,費用対効果が3倍高くなるだろうと書いている。
12:3 Christakis and Fowler write that a network-based vaccination campaign, [48](1. consulting 2.
excluding 3. targeting) people with the most social contacts, could be three times more costeffective
than a campaign that aims for universal vaccination.
12:4後者のようなキャンペーンでは,ワクチン接種が過剰になる。社会的なネットワークで中核に
なる人物だけに免疫をもたせることで,最小限の薬剤を施して最大限の効果をあげることが可能
になるだろう。
12:4 Campaigns of the latter type over-vaccinate; immunizing only people who are hubs in social
networks would enable administering a minimum of doses for maximum effect.
12:5例えば,医療労働者が平均的な市民よりも多くのワクチン接種を受けるべく勧告することは,
同じモデルに従っており,そうした労働者は病人に接することが多く,したがって感染をより広
めやすいと考えるわけである。
12:5 For instance, recommendations that healthcare workers receive more vaccinations than
average citizens follow a similar model, assuming that such workers will have more [49](1.
sympathy for 2. contact with 3. knowledge about)
sick people and thus are more likely to spread
infections.
12:6 ネットワークベースの疾病予防キャンペーンが感染拡大を監視するのにつながりの多い人々
を優先するなら,無作為の監視に比べ700倍も効率的になりうる。
12:6 A network-based disease prevention campaign, prioritizing well-connected people when
monitoring infection’s spread, could be 700 times more efficient than random monitoring.
・解答 [49]―2
>[49]設問部分は「そうした労働者は病人(    )をもつことが多く,したがって感染をより
広めやすい」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「~への同情」,2は「~との接触」,3は「~
に関する知識」という意味だから,感染拡大と因果関係をもつのは2であると決められる。

■ 第13段落
13:1 しかし,食事と運動ということになると,より多くのつながりをもつ人々に健康的なレシピ
を勧めてもらったり,運動のメッセージを投稿してもらったりする方がよいのだろうか。それと
も,明確な信号が標的になる人の親しい友人から来るようにする方がよいのだろうか。
13:1 But when it comes to diet and exercise, is it better to have people with more connections
recommend the healthy recipes and post exercise messages, or to have the positive signals come
from close friends of the target?
13:2 その問題はまだ解決されていない。効率的な公衆衛生のための支出がそうした問題への解答
如何で決まってしまうというのに。
13:2 That puzzle has not been solved, [50](1. even though 2. unless 3. except) efficient publichealth
spending depends on the answers to such questions.
13:3 しかし,こうしたネットワークモデルはいつの日かこの答えが出てくるのに不可欠な洞察を
提供してくれるはずである。たくさんの政治的,社会的,経済的,その他の問題に対する解答に
も,もちろんのことである。
13:3 However, these network models should provide the insight necessary to come up with these
answers one day, as well as answers to a host of political, social, economic, and other problems.
・解答 [50]―1
>[50]設問部分は「効率的な公衆衛生のための支出が,そうした問題への解答如何で決まってしま
う(    )」という意味。選択肢はそれぞれ1は「~にもかかわらず」,2は「~でない限
り」,3は「~を除いて」という意味だから,未解決だという情報に続けるには,1が最もふさわ
しいと判断できる。

総合政策学部 2013 問1、
■ 第12段落
12:1 ブドウ糖の恩恵は,本文冒頭で言及したイスラエルの仮釈放会議の研究では紛れもなかっ
た。
12:1 The benefits of glucose were [18] (1. unmistakable 2. inconsequential. unobservable) in the
study of the Israeli parole board mentioned at the beginning of this article.
12:2 午前半ばに,仮釈放会議は休憩することになり,判事はサンドイッチと果物を一つ振る舞わ
れるようになった。
12:2 In midmorning, the parole board would take a break, and the judges would be served a
sandwich and a piece of fruit.
12:3 休憩直前に出頭した囚人は,仮釈放を得られる可能性はほぼ20%にすぎなかったが直後に出
頭した者は,おおよそ65%の可能性になった。
12:3 The prisoners who appeared just before the break had only about a 20 percent chance of
getting parole, but the ones appearing right after had around a 65 percent chance.
12:4 さらに時が過ぎていくと,午前中には確率は再び下降し,実際囚人たちは昼食直前に判事の
前に出るのを嫌がった。その時期に仮釈放になる可能性は,たったの10%であった。
12:4 The odds dropped again as the morning wore on, and prisoners really didn’t want to appear
just before lunch: the chance of getting parole at that time was only 10 percent.
12:5 昼食後は,それが60%まで跳ね上がったが,といってもほんの短期間だけであった。
12:5 After lunch it soared up to 60 percent, but only [19] (1. somewhat 2. briefly. nominally).
12:6 午後3時10分に出頭したユダヤ系イスラエル人の囚人が,暴行罪の刑からの仮釈放を与えられ
なかったのを覚えているだろうか。
12:6 Remember that Jewish Israeli prisoner who appeared at 3:10 p.m. and was denied parole
from his sentence for assault?
12:7 彼は不運にも,昼食後の審理の6事例目であった。
12:7 He had the misfortune of being the sixth case heard after lunch.
12:8 しかし同じ犯罪で同じ刑に服していたもう一人のユダヤ系イスラエル人の囚人は幸運にも午
後1時27分に出頭し,昼食後最初の事例となって,彼には仮釈放が与えられたのだった。
12:8 But another Jewish Israeli prisoner serving the same sentence for the same crime was lucky
enough to appear at 1:27 p.m., the first case after lunch, and he was rewarded with parole.
12:9 彼には司法制度が機能している好例に思われたに違いないが,実はそれはおそらく事件の詳
細よりも,判事のブドウ糖値の方により関係していたのである。
12:9 It must have seemed to him like a fine example of the justice system at work, but [20](1. in
addition 2. in actuality 3 . In sum)
, it probably had more to do with the judge’s glucose levels than
the details of his case.
・解答 [20]―2
>[20]設問部分は「彼には司法制度が機能している好例に思われたに違いないが(    )それ
はおそらく事件の詳細よりも,判事のブドウ糖値の方により関係していたのである」という意味。
よって,この部分が「事件の事情より,むしろ血糖値が決め手だった」という記述になっていると
読み取れる。選択肢はそれぞれ,1は「加えて」,2は「実は」,3は「要するに」という意味だか
ら,上記の論理関係に近いのは,2だとわかる。

総合政策学部 2013 問2、
■ 第4段落
4:1 その結果,大半の政治生態学者は暗黙のうちに「穏健な方の」構成主義を支持するようになる
が,その思想は,私たちがもつ現実についての考えは本物であり,実世界でも力をもつけれど
も,それらは経験的にわかる現実の不完全,不正確で偏向し,誤った理解を反映していると考え
るのである。
4:1 As a result, most political ecologists tacitly cling to a “softer” form of constructivism, which holds
that our concepts of reality are real and have force in the world but that they reflect incomplete,
incorrect, biased and false understandings of an empirical reality.
4:2別言すれば,客観的な世界は実在し,私たちの行う分類からは独立しているけれども主観的な
概念構造と社会的に条件付けられた科学的な手法の中をくぐり抜けることになる。
4:2 In other words, the objective world is real and independent of our [37] (1. sophistication 2
categorization 3. cohabitation) but filtered through subjective conceptual systems and scientific
methods that are socially conditioned.
4:3構成主義のこうした研究手法の内部では,力点は異なったところに置かれるが,関心の中心は
客観的な事実に対する人々の誤解か,科学的な探求に入り込んでいる社会的な偏見のどちらかに
なる。
4:3 [38](1 Within 2. Without 3. By) this approach to constructivism, there are differing emphases,
which center attention either on people’s misunderstanding of objective facts or on the social
biases that enter into scientific exploration.
・解答 [38]―1
>[38]設問部分は「構成主義のこうした研究手法(    ),力点は異なるところに置かれる」
という意味。選択肢はそれぞれ,1は「の内部では」,2は「なしには」,3は「によって」という
意味。後続の関係詞節に「力点が関心を集中するのは,客観的な事実に対する人々の誤解か科学
的な探求に入り込んでいる社会的な偏見のどちらかだ」とあり,これらは先行する記述から,「穏
健な構成主義」の内部の要素であることがわかる。よって,[38]は「内部」であることを示す語句
がふさわしい。それは1である。

■ 第7段落
7:1生態学の歴史はこの面では,啓発的である。
7:1 The history of ecology is revealing in this respect.
7:2自然の仕組みの作用についての支配的な理論は,一貫してその時代の支配的な社会的言語と前
提を反映してきた。
7:2 The dominant theories of the operation of natural systems have consistently reflected the
prevailing social languages and assumptions of their times.
7:3高度工業時代の間に登場してきたので,生態学という科学は機械工学に由来する比喩や概念に
強く依存するようになり,秩序正しい周期的な過程が,均衡と相称とを取り巻く構造をもつよう
になった。
7:3 [41] (1. Underachieving 2. Culminating 3. Emerging) during the high Industrial age, the science
of ecology came to depend heavily on metaphors and concepts from mechanical engineering, with
orderly, cyclical processes structured around balance and symmetry.
7:4 それはまた哲学的なロマン主義と,全体論と相互依存に対する執着とに,強くまたいくらか矛
盾をはらみながら,依存していた。それはヘンリー=デイヴィッド=ソローのようなロマン主義の
作家に見られるのと同様である。
7:4 It also [42](1. laid 2 drew 3. carried) heavily, and somewhat contradictorily, upon philosophical
Romanticism and the obsession with holism and interdependence, as is found in Romantic writers
like Henry David Thoreau.
7:5 こうした比喩に科学は依存しているのだが,それらが近年不十分となってきたのは,いずれそ
れらが現実をよく反映しなくなったか,あるいは変わりゆく社会的文化的な規準に適応しなく
なったかであり,今や激変状態にあるのである。
7:5 These metaphors, on which science depends, became unsatisfactory in recent years, either
because they reflected reality poorly, or didn’t fit changing social and cultural codes and now are In
a state of [43](1. satisfaction 2. agreement 3. upheaval).
・解答 [43]―3
>[43]設問部分は「そして今や(    )状態にある」という意味。これは構文理解の問題であ
る。These metaphors(S) … became(V1) unsatisfactory(C1) in recent years,(either because A or
B) and now are(V2) in a state of …(C2).「こうした比喩…は,いずれAのせいかBのせいで近年,不
十分となってしまい,そして今や(    )状態にある」となっているのである。これを正確
に読み取れるなら,正解は,不十分な状態からさらに悪化した状態という意味になる選択肢だと
わかる。選択肢はそれぞれ,1は「満足」2は「合意,一致」,3は「激変」という意味だから,正
解は3である。

総合政策学部 2014 問1、
■ 第4段落
4:1 第2の特徴は,形式的な知識のもつ力は,特定の発見を一般原理によって規定される論理的な
範疇へと組織化する能力の中にあるけれども,常識の力は,あらゆる具体的な状況を思いのまま
に処理する能力の中にある,ということである。
4:1 The second feature is that while the power of formal knowledge [3](1. does away with 2.
presides over 3. resides in) its ability to organize specific findings into logical categories described
by general principles, the power of common sense lies in its ability to deal with every concrete
situation on its own terms.
4:2 たとえば上司の前でどんな服装をし,何を行い,何を言うかは,友人の前でどんなふるまいを
するかとは違うだろうというのは常識の問題である。
4:2 For example, it is a matter of common sense that what we wear or do or say in front of our
boss will be different from how we behave in front of our friends.
4:3 常識は,特定の状況の下ですべきことは何なのかを,どうしてわかっているのかがわからない
ままに,ただ「わかっている」のである。
4:3 Common sense just “knows” what the appropriate thing to do is in any particular situation, [4](1.
without 2. upon 3. while)
knowing how it knows it.
 
・解答 [4]―1
>[4]設問部分は「常識は,特定の状況の下ですべきことは何なのかを,どうしてわかっているのか
がわかっている(    ),ただ『わかっている」のである」という意味。 How it knows it が
how common sense knows what the appropriate thing to do is 「常識がすべきことは何なのかをどうし
て知るのか」という意味であることを正しく把握することが先決。このことから,該当の一節が
前半との対比で「手段を知ることなく(ただわかっている)」という意味になるはずだと理解でき
る。選択肢はそれぞれ、1は「~しないままに」、2は「~するときに」、3は「~しながら」とい
う意味だから、上記の検討に合致するのは1だとわかる。

■第3段落
3:1 For a hundred thousand years, the manages invented nothing.
3:1 10万年の間、猿人は何も発明しなかった。
3:2 But they started to change, and developed skills which no other animal possessed.
3:2 しかし彼らは変化し始め、他の動物が持たない技術を発達させた。
3:3 The tools they had been programmed to use were simple enough, yet they could change this
world and make the manages its masters.
3:3彼らが本能的に使うよう方向づけられていた道具はごく簡素なものだったが、その道具によっ
てこの世界は変わり、猿人はその支配者となれたのである。
3:4 The most [2](1. complicated 2. elegant 3. primitive) was the hand-held stone, that multiplied
many-fold the power of a blow.
3:4 その最も原始的なものは手で握れる石で、殴打の力を何倍も強力にした。
3:5 Then there was the bone club, that lengthened the [3](1. edge 2. reach 3. weight) and could
provide a buffer against the fangs or claws of angry animals.
3:5次に骨でできたこん棒が用いられたが、それは手の届く距離を延ばし、怒った動物の牙や爪に
対する緩衝装置の役目を果たすことができた。
3:6 With these weapons, the limitless food that roamed the savannas was theirs to [4](1. come 2.
make 3. Take)
.
3:6 このような武器により、サバンナをうろつく無限の食べ物が彼らのものとなった。
3:7 They were no longer defenseless against the predators with whom they had to compete.
3:7彼らは、競争せねばならない相手である捕食動物に対して、もはや無防備ではなくなった。
3:8 They could drive away the smaller carnivores;
3:8小型の肉食動物は追い払うことができた。
3:9 the larger ones they could at least discourage from attacking, and sometimes put to flight.
3:9大型のものについては、少なくとも攻撃を思いとどまらせ、時には退散させることができた。
3:10 But they needed other aids, for their teeth and nails could not readily dismember anything
larger than a rabbit.
3:10 しかし彼らは他にも助けとなるものが必要だった。というのは、彼らの歯や爪ではウサギよ
り大きな動物の体をたやすくばらばらにすることはできなかったからである。
3:11 Luckily, nature had provided the ‘perfect’ tools, requiring only the wit to pick them up.
3:11幸運にも、自然は「申し分ない」道具を与えてくれていたが、それには拾い上げるという機転
しか求められていなかった。
 [4]―3
>[4]
 to come 「~になる」
 to make 「化粧する」
 to take 「手にする」
theirs to take「彼らの(入手できる)もの」つまり自分たちが自由に手に入れられるもの、という
こと。

■第4段落
4:1 There was a crude but very efficient knife or saw, which would serve well for the next three
million years.
4:1未加工であるが非常に効果的なナイフやのこぎりがあり、それは向こう300万年十分に役立ちそ
うなものだった。
4:2 It was simply the lower jawbone of an antelope, with the teeth still in [5](1. frame 2. pattern 3.
place)
; there would be no substantial improvement until the coming of steel.
4:2 それはまだ、歯が残ったままの、レイヨウの下あごの骨にすぎなかったが、鋼鉄の出現までは
事実上進歩はなかった。
4:3 Then there was an awl or dagger in the form of a gazelle horn, and finally a scraping tool made
from the complete jaw of almost any small animal.
4:3 ガゼルの角という形のきりや短剣もあり、またほぼすべての種類の小型動物の、あご全体から
作った削り道具もあった。
・解説 [5]―3
>[5」
 Frame 「骨格、骨組み」
 Pattern 「傾向、原型」
 Place 「場所」
in place「本来の(正しい)位置に」つまり歯が「元のまま」残っているということ。
In (the)frame ~に参加して

copyright 2016/Everyday school