[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 英語 語法三択テクニック 『特定段落の内容から(文脈から)考える問題』

環境情報学部 1,995 問1、
■第2段落
2:1 The information involved in animal communication can come from many sources; any facet of the environment (1)( 1. created 2. perceived 3. imagined) is considered information.
2:1動物のコミュニケーションに含まれる情報の源は数多い。環境のなかに認められる面相はいか
なるものでも情報と考えられる。
2:2 In linguistic communication the primary function of words is to convey information.
2:2 言語によるコミュニケーションにおいては、単語の第一の機能は情報を伝えることにある。
2:3 Similarly, animals (including man) have modes of behaviour that, in the course of evolution, were selected for their value in providing vehicles for conveying information.
2:3 同様に、(人間を含めて)動物は、情報を伝える媒体として価値があるために進化の過程で選
択されてきたいくつかの行動様式をもっている。
2:4 During the evolutionary process some of these vehicles also (2)(1. remained 2. retained 3. underwent) more direct functions, but many became specialized for a communicative function alone.
2:4 しだいに進化発展するうちに、これらの伝達手段のいくつかは、さらに直接的な機能を保持し
たが、多くはコミュニケーション機能のみのために特殊化した。
2:5 These communicative acts, known as displays, include various posturings and movements; sounds; particular ways of making contact among individuals; the release of specialized chemicals called pheromones; and even electrical discharges.
2:5 誇示として知られるこのコミュニケーションの動作には、さまざまな姿勢や動きがある。音、
個体と個体の間で連絡をとる特別手段、フェロモンと呼ばれる特殊な化学物質の放出、放電等ま である。
2:6 Displays have been studied as important means for transmitting information in animal communication.
2:6 誇示は、動物のコミュニケーションで情報を伝える重要な方法として研究されている。
2:7 There are, of course, other information sources in animals, some of which have also undergone evolutionary (3)(1.specification 2. specialization 3. generalization) toward a communication function.
2:7 もちろん、動物にはそのほかにも情報源があり、そのうちのあるものはコミュニケーション機
能を果たすように発展して特殊化している。
2:8 Among them are what may be called badges — i.e., attributes that are merely structural and nonbehavioral in nature: the red breast of the robin, the red underside of the breeding male stickleback fish, and the mane of the male lion.
2:8 その中には、象徴とでもいえるものがある。すなわち、本来は単に構造上のもので動作ではな
い属性である。こま鳥の赤い胸、卵を抱いている雄のトゲウオの赤いわき腹、雄ライオンのたて がみといったようなものである。
2:9 Many other sources of information can be found in the repeated forms of interaction that develop during prolonged relationships between two individuals and in individual expectations about the nature of the roles in which they encounter others, both familiar associates and strangers.
2:9 そのほか数多くの情報源が、2つの個体の間に続けられる関係により発達し、繰り返し行われ る相互作用の型のなかに、またなじみの仲間や見知らぬ者の両者を含めて他者と出会うなかで果 たされる役割の性質に関するそれぞれの予想のなかに発見できる。
2:10 The activities of individuals who interact socially provide a constant and usually rich information source, but, in the study of nonhuman communication, the bulk of systematic research thus far has been (4)(1. directed 2. induced 3. stipulated) toward displays and badges; it is, therefore, these highly specialized categories that are of the greatest concern here.
2:10 打ち解けて相互作用する個体の活動は絶えず豊富な情報源を提供する。しかし、人間以外の コミュニケーションの研究において、これまでの系統的な研究の大部分は誇示と象徴に向けられ てきた。したがって、ここで最も関心があるのはこの高度に特殊化された部門ということになる。

・解答 (1)2
(1)
Create「創造する、創造的なことをする」 Perceive「知覚する、理解する」 per(完全に)+ceive(掴む) Imagine「想像する」
「情報」となるためには環境が「知覚され」なければならない。perceive「(五感で)気づく、認め る」

■第6段落
6:1 Third, communication reduces the amount of actual fighting and fleeing among animals, an excess of which could (10)(1. dislocate 2. disrupt 3. distribute) social encounters.
6:1 第三に、コミュニケーションは動物の実際の闘争や避難の回数を減ずる。それが過度であると
社交的な出会いの場を途絶させるのである。
6:2 In functionally aggressive encounters, such as territorial or dominance disputes, this reduction is achieved by threat displays that often lead to some form of capitulation by one opponent before fighting occurs.
6:2 なわ張りや支配の問題のような、機能的に攻撃的な出会いにおいては、闘争が始まる前にどち らかが降伏するというような形にしばしばなる、おどし的誇示行動によってこの減少は達成され る。
6:3 In less aggressive circumstances, communication enables animals to appease and (11)(.1. reassure 2. confirm 3. assess) one another that each is not likely to be initially aggressive in his present state.
6:3 より攻撃的でない状況においては、コミュニケーションによって動物たちはお互いに自分は現 在の状況においては最初に攻撃をしかけることはないということを相手に保障したり、なだめた りする。
6:4 Fourth, communication aids in (12) (1. positing 2. contracting 3. synchronizing) the behaviour of individuals who must come into appropriate physiological states in order to breed.
6:4 第四に、コミュニケーションは、子を産むのに適切な生理的状態になる動物の行動に同時性を
もたせるのを助ける。
6:5 This is necessary within pairs and, in some species, among whole colonies of pairs.
6:5 これはつがいの中で、またある種においては、すべてのつがいの集団の中で必要なことであ る。
(11)1
(11)
Reassure「(人を)安心させる」 Confirm「示す、確認する」 Assess「(人)の性質を評価する」
appease「なだめる」と似た動詞を探す。reassure「(人を)安心させる」assess「(人・ものなど の)性質(価値)を評価する」
(12)3
(12)
Posit「~を断定する、仮定する」 Contract「契約する」 Synchronizing「同時性をもつ」
子をつくるには、つがいの行動がsynchronize「同時性をもつ」ことが必要。

■第7段落
7:1 Fifth, displays enable individuals to use each other to monitor the environment, not only on a relatively long-term basis but also on a very (13)(1. distant 2. immediate 3. instant) basis.
7:1第五に、誇示行動によって、各自は、比較的長期的な基盤ばかりか瞬間的にも、まわりを監視
するためにお互いを利用し合うことができる。
7:2 Thus, in species that spend much of their time living in compact social groups, such as flocks, coteries, or troops, an indication by any one individual that it is fleeing precipitously — often a vocal display in addition to the flight itself — usually correlates with the presence of a dangerous predator and leads to evasion, hiding, or alertness on the part of the other members of the group. 7:2 というわけで、フロック(羊・アヒル・鳥などの群)、コウタリー(社交界の仲間)、トルー プ(移動中の鳥獣の群)などのように、密集したグループをつくって多くの時間を一緒に過ごし ている種においては、急に逃げ去るぞというだれか一人のきざし―飛び去るという動作そのものに 加えて、しばしば声による誇示―は通常、危険な捕食者の存在と関連があり、回避、避難、警戒態 勢などをグループの他の者たちにとらせる。
・解答 (13)2
(13)
Distant「速い」dis(離れて)+tant(立つ) Immediate「即座の、時間的に差し迫った」mediate(仲介物)+im(を置かない) Instant「即時の」in(近くに)+st(立って)+ant(いる) 次文の内容から判断して、「瞬間的な、差し迫った」とする。

■第8段落
8:1 Finally, communication facilitates the maintenance of special relationships between individuals by making (14)(1. possible 2. available 3. relevant) information about the readiness of each to engage in certain activities.
8:1 最後に、コミュニケーションによって、お互いに相手が次の行動への準備ができているのかと
いうことについて情報を入手することができ、特別な関係を維持することが容易になる。
8:2 The maintenance of individual relationships in cohesive groups is (15)(1.affirmed 2. tied 3. furthered) by communication, which keeps members aware both of the behaviour of associates whom they may not be able to see and of the readiness of associates to change their activities. 8:2 密集したグループにおけるお互いの関係の維持は、コミュニケーションによってさらに進めら
れる。コミュニケーションによって、お互いに見えない仲間の行動や、仲間が動作を変える準備が できていることなどを知ることができる。
8:3 For example, vocal displays usually precede flight by a member of a resting family of geese, and the family then tends to depart as a unit.
8:3 例えば、休息しているガンの一家の一羽は飛び立つ前に声による誇示を行う。
8:4 Within some types of relationship, display behaviour also aides in (16)(1. eliciting 2. eliminating 3.preventing) general classes of responses; for example, offspring usually signal to arouse various forms of care-giving behaviour from their parents.
8:4 するとガンの一家は一つの団体として一斉に飛び立つという傾向がある。いくつかの型の関係 のなかには、一般的な応答を誘い出すのを援助するような誇示行動もある。例えば、子どもはさ まざまな形の世話を親にしてもらうために通常合図を送る。
(15)3
Affirm「~だと断言する」 Tie「くくる」 Further「~を促進する」
前の文にコミュニケーションが個体同士の関係の維持を助けることが述べられており、次にも別
の理由をあげて同じことを支持しているのでfurtherが入る。

■第9段落
9:1 The functions in which communication appears to be used vary considerably among different species; each has specialized features, some quite remarkable.
9:1 コミュニケーションが用いられていると思われる作用は種によってかなりの違いがある。それ ぞれ特殊な特徴があり、中には目をみはるようなものもある。
9:2 It has been demonstrated, for example, that vocalizations and other sounds made during hatching by chicken-like birds influence the rate of hatching of sibling chicks, so that all members of the brood can leave the nest simultaneously.
9:2例えば次のようなことが証明されている。すなわち、あるにわとりに似た鳥がひなを卵からか
えすときの声や音はひなどりが殻を破る速さに影響を与える。そしてそれは、一かえりのひながみ んなそろって同時に巣を離れることができるようにする。
9:3 It has been suggested that birds (17)(1.immigrating 2. emigrating 3. migrating) in flocks may use signals in order to inform each other of their position in the night sky, so that the individuals in the flock can perhaps (18)(1. confiscate 2. compensate 3. commensurate) for small individual navigational errors.
9:3 群をなして渡る鳥は、夜空で自分の位置をお互いに知らせ合うために合図を送る。そうして、
群の中でそれぞれが自分の飛行上の小さな誤りを修正することができるというわけだ。
(18)2
(18)
Confiscate from~「~を没収する」
compensate for~「~を償う、~の埋め合わせをする」 commensurate「等しい(形容詞)」
「お互いに知らせ合うために合図を送る。そうして、群の中でそれぞれが自分の飛行上の小さな
誤りを~」にあてはまるのは2のみ。

■第10段落
10:1 One interesting aspect of birdsong is the occurrence of dialectal differences (regional variations) among populations of a single species living in different areas.
10:1 鳥の鳴き声で一つの面白い面は、同一種の鳥でも地域によって方言(地域差)があるという
ことだ。
10:2 Several such changes that are known to occur between adjacent populations of the South American rufous-collared sparrow correlate with relatively major habitat changes.
10:2 南アメリカの首が赤茶けた輪になっている雀で、近隣のものの中で生じるということが知られ
ているそのような変化(方言)は、比較的大きな生息地の変化と相互関係がある。
10:3 Very few dialectal changes occur over an enormous range on the Argentine pampas, but in this case the habitat of the species also changes little.
10:3 アルゼンチンの大草原パンパの広大な地域では方言の変化はわずかしかないが、この場合
は、種の生息地の環境もあまり変わらない。
10:4 The habitat changes markedly in the Andes mountains over short distances, however, as elevation rapidly increases, and, (19)(1. concurrently 2. additionally 3. jointly) , many more dialectal changes occur there in birds’ songs.
10:4 しかし、アンデス山中では生息地の環境は短距離のうちに大きく変わる。例えば、海放が急 速に上がると、それと同時に、鳥の鳴き声に、地域による大きな変化が生じる。
10:5 The suggested function of the correlations between display and features of the habitat is that they provide markers that identify populations adapted to different local conditions; such markers would permit more appropriate selection of mates than would otherwise occur, at least in the marginal areas between populations.
10:5 誇示行動と生息地の間には機能上相互関係がありそうだということは、その土地土地によっ
て異なる条件に適応しているそこの住人だという目印を提供していることになる。そのような目印
があることによって、ない場合よりもより適切なつがいの相棒の選択が可能になるのであろう。 少なくとも2種類の住人たちの生息地が重なる周辺地域においてはそうである。
10:6 It has been suggested that a similar (20)(1. structural 2. marginal 3. functional) explanation may by involved in the evolution of human dialects.
10:6 人間の方言の発達の場合にも同じような機能があるとの説明ができそうである。

・解答 (19)1
Concurrently「同時に」 Additionally「加えて、そのうえ」 Jointly「一緒に」
as~「~につれて」と呼応してconcurrently「同時に、一致して」が入る。 (20)3
Structural「構造上の」 Marginal「取るに足らない」 Functional「機能上の」
前の文にThe suggested function of~とあるのがヒント。動物の誇示に地域差が見られるのは、それ
が適当なつがいを見つけることを助ける機能があるためで、人間の方言にも閉じ「機能」がある という説明もできる、という文脈である。

環境情報学部 1,995 問2
■第4段落
4:1 The model for this distinction between liberal and conservative tendencies is British politics of the 19th century.
4:1リベラルと保守に対するこのような区別の典型は19世紀の英国の政治にある。
4:2 Even this model is imperfect, however, because political parties in liberal countries commonly have only a loose attachment to any political principle.
4:2 しかし、この典型ですら不完全なものある。それは、自由主義国の政党は一般的にいかなる政
治原理に対してもゆるやかな愛着しかもたないからである。
4:3 For example, in the United States in the mid-20th century, the two major political parties might both have been described as “liberal,” though in different senses of the word.
4:3 例えば、20世紀中頃のアメリカ合衆国では、「リベラル」という言葉の違った意味において、
二大政党のいずれもが「リベラル」という名をかぶせてもおかしくなかった。
4:4 The Republicans stood for a minimum of governmental (4)( 1. association 2 . interference 3. attachment) with the affairs of individuals, while the Democrats generally favored legislation to supply underprivileged individuals with what were thought to be the essential conditions for the exercise of individual liberty.
4:4 共和党員は個人の問題に政府が介入するのは最小限にすることに賛成の態度をとり、一方民主
党員は、恵まれない人々に、個人の自由を行使するために必、要な条件と思われるものを与える ための法律制定に、概して賛成した。
・解答 (4)2
(4)
Association「協会、連想」 Interference「干渉」 Attachment「付着」
governmental interference「政府の介入・干渉」共和党と民主党の基本的政策教義の違いをこの機 会に覚えておこう。

■第5段落
5:1 Wherever and whenever it has become current, “liberal” has acquired local (5) (1. overtones 2. syndicates 3. predominance).
5:1 いつでも、どこでも時の流れに乗ると、「リベラル」はその土地の思想や言葉としての含みを 持つようになる。
5:2 In France it has been associated with anticlericalism, because the Roman Catholic Church was viewed as the embodiment of feudalism.
5:2 フランスでは、リベラルは教権反対主義と結び付いた。ローマカトリック教会が封建主義の権
化であると考えられたからである。
5:3 In Germany liberals have always supported party politics against the old Prussian tradition of absolute government.
5:3 ドイツでは自由主義者は常に昔のプロイセンの専制独裁主義の伝統に反対する党の政策を支持 してきた。
5:4 In Russia and Spain the liberals traditionally have supported a policy of political democracy and industrial modernization, in contrast with those who believed that such innovations would (6) (1. destroy 2. upgrade 3. restore) the unique moral qualities of Russian or Spanish life.
5:4 ロシアやスペインでは、自由主義者は伝統的に民主的政策と産業の近代化という方針を支持し てきた。それは、そのような改革はロシア人やスペイン人の生活に特有の道徳的特質を破壊する であろうと信じていた人たちとは対照的であった。
・解答 (6)1
(6)
Destroy「破壊する」 Upgrade「改良する」 Restore「回復する」
リベラル派は民主化・近代化を支持したのに対し、反対派は…と続くから、否定的な意味の語を
選ぶ。

■第7段落
7:1 By the 18th century the social contract theory of government had displaced its main rival, the divine right of king’s doctrine, which asserted that rulers exercised authority by gift from God.
7:1 18世紀までには、政府に関する社会契約説はその大きな競争相手にとって代わった。競争相手
とは、支配者は神から与えられた力によって権力を行使するのだと主張する王権神授説であった。

7:2 The popular version of the social contract envisaged a contract between rulers and ruled and granted the people the right to displace rulers thought to have (8) (1 .renewed 2. admired 3.broken) the contract.
7:2 社会契約説の一般的な解釈では、支配するものとされる者の間に一つの契約を心に描き、その
契約を破ったと考えられる支配者を解任する権利を人民に与えていた。
7:3 The metaphor of a contract requires an impartial party to judge whether the contract has been broken, and in politics no such party exists.
7:3契約の隠喩は契約が破られたかどうかを判定する公平な関与者を必要とするが、政治において
はそのようなものは存在しない。
7:4 The more carefully considered versions of the theory — those of Hobbes, Locke, and Spinoza
— all take this difficulty into account.
7:4 さらに注意深く考えられたこの説の解釈は、ホップズ、ロック、スピノザなどの解釈である が、すべてこの困難さを考慮に入れている。
7:5 Later liberal writers have tended to dispense with the metaphor of a contract.
7:5後世になって自由主義作家は契約説のこの隠喩を忘れる傾向にある。
・解答 (8)3 Renew「更新する」
Admire「感服する」
Break「壊す」
社会契約説によれば、人が支配者を解任する権利があるのは、君主が契約をどうしたときか。
renew the contractは「契約を更新する」の意。

■第10段落
10:1 The American Revolution gave (10) (1. further impetus 2. a shock 3. a halt) to liberalism.
10:1 アメリカ独立戦争は自由主義にさらにはずみをつけた。
10:2 The rhetoric of the Declaration of Independence asserted the liberal principle that all men have the right to “Life, Liberty and the pursuit of Happiness.” 10:2独立宣言の華麗な文体は、すべての人は「生命、自由、幸街の追求」に対する権利を持つとい
う自由の原理を強く主張した。
10:3 It was soon echoed by the French Declaration of the Rights of Man, which made liberal ideas the (11) (1. vehicle 2. scapegoat 3. replacement) of a revolutionary ferment throughout Europe.
10:3 それはやがて「フランス人権宣言」でくり返された。これによって自由主義思想はヨーロッ パ全域に広がった革命騒ぎの媒体となった。
(11)
Vehicle「車両」 Scapegoat「身代わり、スケープゴート」 Replacement「取り換え品」
「フランス人権宣言」にうたわれた自由主義にのって革命の動揺がヨーロツパ中に広がったので あるから、vehicle「乗り物、媒体」を選ぶ。

■第11段落
11:1 Liberalism in the 19th century may be seen as the political wing of a larger movement toward the rationalization of traditional practices and the (12) (1. concealment 2. exploitation 3.
recovery)
of the resources of the earth.
11:1 19世紀における自由主義は、伝統的慣習の合理化および地球資源の開発へ向けてのより大き
な動きの中の政治的な派として見ることができよう。
11:2 But complications invaded liberal thinking, which have rendered liberalism ambivalent ever since.
11:2 しかし、自由主義思想は次第に複雑化するようになり、その結果、それ以来自由主義は相反
する意味を持つあいまいなものとなった。
11:3 Many liberal-minded persons became concerned with the conditions of the poor and the plight of other groups considered “underprivileged.”
11:3 自由主義思想の持ち主の多くは貧しい人たちの状況や「権利を認められていない」と思われ
る他のグループの苦境などに関心を抱くようになった。
11:4 It seemed to them that liberalism’s basic objection to state intervention was not appropriate to these problems.
11:4国の介入に対する自由主義の基本的な反対はこれらの問題解決には不適当なように彼らには思
えた。
11:5 Many problems could be solved only by collectivist measures taken by representative government.
11:5多くの問題は代表制の政府によって行われる集団主義的手法によってのみ解決可能であった。
・解答 (12)2
(12)
Concealment「隠ぺい、隠匿」
Exploitation「開発、開拓」
Recovery「回復」
19世紀の大きな思想的流れを考える。exploitation「(営利のための)開発」movement toward the
exploitation of the resources of the earthとは資本主義の発達のことを指している。

■第14段落
14:1 “Enlightened” ideas spread quickly throughout Europe, finding favor in two very different quarters: among the middle classes of the towns, who generally were (15) (1. in power in 2. compared to 3. excluded from) political activity, and among many of the absolute rulers of Europe. 14:1 「啓蒙」思想はヨーロッパ中に急速に広がり、二つの大変異なる領域で気に入られた。 14:2 A result was that, in the second half of the 18th century, politics commonly resolved itself into a struggle between a reforming king supported by a largely middleclass bureaucracy, on the one side, and entrenched corporations and parliaments, generally aristocratic, on the other.
14:2 一つは町の中流階級であり、彼らは政治的活動から除外されていた。もう一つは多くのヨー
ロッパの絶対君主たちであった。その結果として、18世紀後半になると、政治は一般的に、かた や主として中流階級の官僚制によって支持された改革的な王と、他方、概して貴族的な、伝統の確 立した都市自治体や議会との聞の争いとなっていった。
・解答 (15)3
(15)
Be compared to「~に比べて」
Be excluded from「~から締め出される」
中間階級は18世紀の段階ではまだ政治的行動からは「締め出されていた」のである。次文にa
struggleとあるのもヒントになる。

■第15段落
15:1 The “enlightened despot” justified his absolute powers by regarding himself as “the first servant of the state” and his subjects as equal in the eyes of the state.
15:1 「啓蒙された専制君主」は彼の絶対的な権力を、自らを「国の第一のしもべ」とみなし、人 民を国という見地からすれば対等者とみなすことによって正ft化した。
15:2 He established schools to teach useful knowledge and a civil service based on merit, and he sought to inaugurate town planning, to reduce church privileges, and to (16) (1. reduce 2. conceal 3. increase) the wealth of the state.
15:2彼は有益な知識を教えるために学校を設立し、功績主義の行政事務制度を確立した。また、都
市計画を始め、教会の特権を減じ、国の富を増やそうとしたのである。
・解答 (16)3
Reduce「減らす」
Conceal「隠す」
Increase「増やす、高める」
「啓蒙専制君主」は皆「富国強兵」→富と国を「高める」を目指した。

■第16段落
16:1 This type of policy was followed, with varying success, by Frederick the Great in Prussia, Catherine in Russia, Joseph II in Austria, and Charles III in Spain, among others.
16:1 この種の政策は、成功度はさまざまだが、多くの者によって継承された。数ある中でもプロ
イセンのフリードリヒ大王、ロシアのエカテリーナ、オーストリアのヨーゼフ2世、スペインの シャルル3世などがあげられる。
16:2 The reforming rulers, supported by the philosophers of the Enlightenment, found themselves locked in a struggle with the aristocracy and the church.
16:2 この改革派の支配者たちは、啓蒙主義の哲学者によって支えられていたが、貴族や教会との
争いの中に身動きできなくなっていった。
16:3 The issue was between feudal custom and a centralizing rationality that sought to turn the state into an (17) (1. impotent 2. efficient 3. indulgent) institution.
16:3問題は封建的な慣習と国家を効率的な機構に変えようとする中央集権的合理性との争いであっ
た。
・解答 (17)2
impotent「無力な」
efficient「効率的な」
indulgent「甘やかす」
「中央集権的合理性」「封建的な慣習との対立」から「効率」がキーワードとしてあがる。

環境情報学部 1,996 問1、
■第1段落
1:1 Leadership has been defined as the power of one or a few individuals to induce a group to adopt a particular line of policy.
1:1 リーダーシップとは、一つの集団に、ある特定の政策や行為に関する方針をとらせる個人また
は数人の力量であると定義されている。
1:2 Leadership has always fascinated the general public (1)(1. as well as 2. as told to 3.as understood by) observers of political life because of the element of “miracle” which seems embedded in the phenomenon.
1:2 リーダーシップが発揮されている場合、その現象の中にあると思われる「奇蹟」という要素の
ために、政治の世界に携わる人はもちろんのこと、一般大衆をも常に魅了してきた。
1:3 It appears to belong to the realm of the divine, of the (2)(1. secular 2. mundane 3. sacred) as it creates a bond between rulers and ruled which defies ordinary explanations.
1:3 リーダーシップは、支配者と被支配者の間に普通の説明では説明しきれないきずなを創り出す
がゆえに、人間を超越した人々の領域、すなわち神聖な人々の領域に属しているもののように思 われる。
1:4 Not surprisingly, therefore, leadership has (3)(1. proved 2. found 3. judged) difficult to measure and to assess; works on the subject have tended to be descriptions of the deeds of heroes rather than careful analyses of the subject.
1:4 したがって、リーダーシップを判定し、評価することは困難であるとわかっても驚くことはな
い。このテーマに関する数々の研究は、従来、対象の注意深い分析というよりも英雄たちの行っ た行為の記述になるという傾向があった。
(3)1 (3)
prove~「~であると判明する、(結果として)~となる」 find「見つける」
assess「評価する」
この場合、~の部分はdifficult(to measure and to assess)である。

■第2段落
2:1 Part of the difficulty comes from the fact that the qualities required of a leader are hard to define.
2:1 その困難さの一部は、リーダーに要求される特質を定義することが難しいという事実にある。
2:2 Social psychologists and psychologists, who more than other academics have attempted to analyze the phenomenon and who have set up experiments designed to (4)(1. deflect 2. detect 3. detract) the components of leadership, have found it difficult to agree as to which personality characteristics are most important.
2:2他の分野の学者以上にこの現象の分析を試み、リーダーシップの構成要素を見つけ出すための
実験を工夫してきた社会心理学者や(一般の)心理学者は、どのような個人的性格が最も重要で あるかという点に関して意見の一致を見ることが困難であるということに気づいてきている。
2:3 Many “traits” are felt to be essential, from energy to intelligence and from the ability to communicate to the capacity to make decisions rapidly and firmly.
2:3精力から知性に至るまで、またコミュニケーション能力からすばやく断固たる決断を下す能力
に至るまで、数多くの「特徴」が必要不可欠であるように感じられるのである。
2:4 The results so far do not provide a clear outline of what is or is not required, (5)(1. any less than 2. any more than 3. any other than) the biographies of “illustrious” men have made it possible to determine what exactly were the qualities of Alexander or Caesar, Napoleon or Churchill.
2:4 これまでの(研究の)結果からは、何が必要で、何が必要でないかということについての明快
な大筋は得られていない。それは、「傑出した」人物の伝記からアレキサンダー大王や、シー ザー、ナポレオン、チャーチルなどの人物のもつ特質を正確に決定することができていないのと 同様である。
・解答 (4)2 detect「見つける」 deflect「(弾丸などを)そらす」
detract「(価値・名声などを)落とす」
the components of leadership「リーダーシップの構成要素」を~すための実験…にftてはまる選 択肢を選ぶ

■第3段落
3:1 One reason why the personal qualities required of a leader (6)(1.should 2. may 3. may not) be diverse is because leadership cannot be divorced from the environment within which it occurs.
3:1 リーダーに必要とされる個人的な特質が多様にならざるを得ない理由の一つは、リーダーシッ
プが、リーダーシップの発生する環境と切り離すことができないことにある。
3:2 The role of this environment is (7)(1. manifest 2. manifold 3. manipulative) in several ways.
3:2 この環境の果たす役割はいくつかの面において明白である。
3:3 To begin with, the personal qualities of leaders are personal only in the sense that these leaders happen to possess them: they may also be viewed as being in part the product of the environment, from the family in which the leaders grew up to the nation to which they belong.
3:3 まず第一に、リーダーたちの個人的特質は、これらのリーダーたちがたまたまその個人的特質
をもちあわせたという意味においてのみ個人的である。一方彼らは、育った家庭から所属する国 家に至るまでの、ある程度環境が生み出したものであると考えることもできるかもしれない。 3:4 But there are two other essential ways in which leadership is related to and indeed (8)(1. contends with 2. suspends from 3. depends on) the environment.
3:4 しかし、リーダーシップは環境と関係があり、また実に環境次第であると言える大事な面がほ
かに二つある。
3:5 First, leadership is, usually at least, clearly connected to the holding of a particular position: a prime minister may exercise his or her leadership more or less successfully; in the first instance, however, the fact of being prime minister provides opportunities which others do not have.
3:5第一に、リーダーシップは通常少なくともその人がある特定の地位を占めているかどうかとい
うことと明らかに関係がある。例えば総理大臣は、多少とも首尾よくリーダーシップを発揮する ことができるであろう。しかしまずはじめに、総理大臣であるという事実は、他の人にはないチャ ンスを与えてくれるものである。
3:6 The holder of such a post is expected to be a leader; other politicians and the population as a whole look to the head of the government for guidance.
3:6 そのような地位を占めている人はリーダーとなることをまわりから期待されている。他の政治 家や国民全体が政府の長に指導力を発揮することを期待している。
3:7 What needs explanation is more why some prime ministers or presidents do not succeed in becoming real leaders, rather than why they succeed (9)(1. in doing it 2. in doing so 3. in being it).
3:7説明を要するのは、総理大臣や大統領のうちのある人々が「真の」リーダーとなることに成功 した理由よりもむしろ、「真の」リーダーとなることに成功しなかった理由の方である。
3:8 Indeed, more generally, the institutional framework truly fashions the characteristics of leadership in that it provides opportunities to exercise power: the British prime minister, for example, has an easier task in this respect than the Italian prime minister, who heads a coalition government whose many components are more likely to rebel than to follow.
3:8実際、さらに一般的には、権力を行使する機会を与えてくれるという点で制度上の体制そのも
のがリーダーシップの特徴を真に作り上げると言える。例えば、イタリアの首相よりも英国の首 相の方がこの点では、仕事が容易である。というのは、イタリアの首相は、つき従うよりも反抗 する可能性の方が大きいたくさんの党からなる連立政府の首班であるからだ。
(7)1 (7)
manifest「明白な、判然とした」 manifold「種々の、多方面にわたる」 manipulative「巧みに扱う」 3行目からの例示、文のつながりを考えると1が最適。

■第4段落
4:1 There is, however, a second and even more fundamental way in which the environment appears to condition or even mould leadership : the circumstances are not equally advantageous to all those who hold top positions.
4:1 だが、環境がリーダーシップ発揮の条件づけをしたり、さらにはリーダーシップを形成しさえ する、もう一つ別の根本的とさえ言える面がある。それは、その時その時の状況は頂点の位置を 占めている者すべてにとって同じように都合がいいわけではない、という一面である。
4:2 Of course, a “real” leader is the one who can (10)(1. lose 2. hold 3. seize) the opportunities and (11)(1. exploit 2. explain 3. extort) them to the full; but the opportunities may be rare.
4:2 もちろん、「真の」リーダーは、機会をすばやくつかみ、その機会を十分に利用することので きる人である。しかし、そんな機会はまれである。
4:3 Some leaders may benefit from the disunion of their enemies at home and abroad; others may benefit from the fact that external circumstances are favorable.
4:3国内外の敵の内輪もめによって利を得るリーダーもいるだろうし、外国の情勢が有利に働くと
いう事実から利を得るリーダーもいるであろう。
4:4 Indeed, it is in the context of foreign affairs that the characteristics of leadership have tended to (12)(1. indulge 2. submerge 3. emerge) most strongly, in part because foreign affairs have always been more glamorous than internal policy making and in part because, the stakes being much higher, up to and including the destruction of the country, the successes can be immense.
4:4 たしかに、リーダーシップの特質が最も強く現れる傾向にあるのは、外交関係においてであ
る。それは、一つには外交は常に内政での政策立案よりも魅力に満ちたものであるからだし、ま た一つには、国の崩壊には至らないまでもそれを含め賭けられたものが(内政に比べて)ずっと 大きく、成功すればその成功ははかりしれないものとなり得るからである。
4:5 Machiavelli knew this well: most of his 1ecommendations to the Prince were connected to the aim of establishing leadership through prestigious victories against (13)(1. domestic 2. foreign 3. native) enemies.
4:5 マキアベリはこのことをよく知っていた。王子に対する彼の勧告のほとんどは、国外の敵に対
して名声ある勝利を収めることによりリーダーシップを確立するという目的に結びついていた。 4:6 Closer to our own day, one wonders how Winston Churchill would have fared — indeed whether he would still play a part in the history books, despite having been minister several times
— had he not “met with destiny” in 1940; the same might be said of Charles de Gaulle, as a result of the brutal French defeat of the same year.
4:6 今日に近い時代に目を移すと、ウインストン=チャーチルは、もしも1940年に「運命に出会
う」ことがなかったら、どれほどうまくやったか―確かに何度か首相を務めはしたが、歴史書に
おいて今でもひと役つとめていたかどうか―は疑問である。同じ年のフランスの敗北という厳し い現実の結果として、同じことがシャルル=ド=ゴールについても言えるのではなかろうか。
・解答 (10)3
(10)
seize「(機会などを)<すばやく>つかむ」
2行目の「機会」について注意深く読むと3が最適だとわかる。
(11)1 (11)
exploit「開発する、利用する」 explain「説明する」
extort「<力ずく・脅迫などで、金などを>(人から)奪い取る」
素早くつかんだ機会を「利用する」
to the full「十分に」

■第6段落
6:1 So far there has been no definite answer to the question and none is likely to be given in the near future.
6:1 これまでのところ、この問題に対する確固たる解答はないし、近い将来においても解答は出て
きそうにない。
6:2 Attempts to compare different situations and assess how much of the variations could be attributed to leaders have occasionally been made.
6:2 さまざまな状況を比較し、リーダーにはどの程度のバリエーションがあり得るか査定しようと
する試みもなされてきた。
6:3 Even if the efforts are not wholly convincing they (16)(1. take 2. rest 3.make) the case of those who suggest that leaders merely reflect their environment more difficult to sustain: it goes against common sense; it goes against the way people have always behaved, not least those who have (17)(1. processed 2. possessed 3. professed) that the environment was all powerful.
6:3 その努力は完全に説得力あるものとは言えないかもしれないが、リーダーは単に環境を映し出
しているに過ぎないと示唆した人々の主張が支持しがたいものであることを明らかにしている。 これは常識には反している。人々のそれまでの行動の仕方、特に環境が最も強力であると明言し てきた人々のものに反するものである。
6:4 It is the political regimes that are most closely built on this philosophy, the communist systems, that produce the politicians who place most emphasis on leadership as though the socioeconomic forces needed Lenin, Mao, Tito and others to (18)(1. materialize 2. destroy 3. neutralize) themselves in the reality of political life.
6:4 このような考え方に最大限即してうちたてられた政治体制、すなわち共産主義体制こそが、指
導力に最も重きを置く政治家たちを生み出したのである。それはあたかも社会経済的勢力が現実 政治の中で自らを形にするためにレーニン、毛沢東、チトーその他の人物を必要としていたかの ようだった。
(18)1 (18)
materialize「具体化する、実現する」 destroy「破壊する」 neutralize「~を無効にする、中和する」
レーニンら共産主義者の代表が挙げられているので、共産主義に関してポジティブな選択肢が望
ましい。

■第7段落
7:1 It seems reasonable to continue to assume that leaders play a major part in determining political actions though it is also reasonable to believe that this part is larger in some circumstances than in others and especially (19)(1. large 2. small 3. negligible) at times of crisis or when a new country is created.
7:1確かにリーダーたちの果たす役割は状況によって大小があり、国が危機に瀕したときや新しい 国が創り出されようとするときに特に大きいと考えるのも妥当なことであるが、政治的行動を決 定するときリーダーは重要な役割を果たしていると考え続けることは理にかなったことのように思 われる。
7:2 This is probably why the strongest form of leadership, described as “charismatic,” often (20)(1. failed 2. prevailed 3. disappeared) during the post second-world-war period, when dozens of states became independent and many others underwent revolutions.
7:2 これが恐らく何十もの国が独立し、また多数の国で革命が起こった第二次世界大戦後の時期
に、「カリスマ的」と描写されるような最も強力なリーダーシップの形が支配的になった理由で あろう。
・解答
(19)1 (19)
Negligible「取るに足らない」
and (this part is)especially…と補う。国の危機や勃興に際しリーダーの役割は特に「大きい」はず である。
(20)2 (20)
prevail「優勢である」
7段落の内容をまとめているので総括的に考える。charismatic「カリスマの、カリスマ的な」

環境情報学部 1,996 問2、
■第1段落
1:1 Festivals are collective phenomena and serve purposes rooted in group life.
1:1祭りは集団的な現象であり、集団生活に根ざしている目的に役立つ。
1:2 Systems of reciprocity and of shared responsibility ensure the continuity of and participation in the festival through the distribution of prestige and production.
1:2相互関係の仕組みと責任を分かち合う仕組みは、威信と生産の分配を通して祭りの継続性と祭
りへの参加を保証する。
1:3 Most festivals provide the opportunity for individual religious devotion or individual performance, and this opportunity is a primary motive for the occasion.
1:3 ほとんどの祭りが、個人的な宗教上の献身や個人的な演技を行う機会を与えてくれる。そし て、この機会を得られるということが祭典を行う主要な動機となる。
1:4 Other unstated but important purposes are the expression of group identity through ancestor worship or memorialization, the performance of highly valued skills and talents, or the articulation of the group heritage.
1:4 その他のまだ述べていない大切な目的には、祖先崇拝や祖先を記念する式、高く評価される技 術や才能を発揮する演技、あるいは集団的世襲財産の明確な表現などを通して集団としての同一 性を表現するということが挙げられる。
1:5 Rarely do such events use the term festival, employing (1)(1. merely 2. thereby 3. instead) a name related to the stated purposes or core symbols of the event: Mardi Gras (Catholic), Sukkot (Jewish), Holi (Hindu), Namahage (Japanese), Cowboy Reunion (American), Feast of Fools (French).
1:5 そのような行事に「祭り」という言葉が用いられることはまれである。「祭り」という代わり に、その行事の公式的な目的、あるいは行事の核心的象徴と関係した名前がつけられる。マル ディーグラ〔告解火曜日〕(カトリック教)、スコウト〔仮庵の祭〕(ユダヤ教)、ホリー祭
(ヒンズー教)、なまはげ(日本)、カウボーイーリユニオン(アメリカ)、愚人祭(フラン
ス)などである。
1:6 Those events that do have festival in their titles are generally contemporary modern constructions, (2)(1. employing 2. strengthening 3. producing) festival characteristics but serving the commercial, ideological, or political purposes of self-interested authorities or entrepreneurs. 1:6 「~祭」をその名前にもつ行事は一般的に近現代につくられたものであって、祭りの特徴を取 り入れてはいるが、私利をはかるft局や企業家の商業的、イデオロギー的、あるいは政治的目的 に役立っている。
・解答 (1)3 Merely「単に~にすぎない」 Thereby「そこで」 Instead「代わりに」
「festivalという言葉は使わないで代わりに~の名前を採用する」 (2)1
Employ「雇う」 Strengthen「強くする」 Produce「産生する」
「祭りの侍徴を利用してはいるが~の役に立っている」

■第2段落
2:1 (3)(1. Change 2. Consideration 3. Coinage) of terminology also raises the question of festival’s relationship to ritual.
2:1用語について考察すると祭りと儀式の関係という問題も生じてくる。
2:2 The separation of the two types of symbolic enactment evolved as a consequence of modern religious systems’ attempts to obliterate native religions.
2:2 この二つの形の象徴的な再現の分離は、土着の宗教を痕跡も残さぬように消してしまおうとす
る現代宗教組織の試みの結果として徐々に進んだ。
2:3 Quite commonly, however, indigenous practices (4)(1. survived 2. predominated 3. died down)
under a new name, disguising their origins.
2:3 しかし、大変一般的なこととして、土着の慣習はその起源をおおい隠し新しい名前のもとに生 き残った。
2:4 These became known as festival or fiesta, in contrast to ritual, which became the serious occasions focusing on male authority legitimated by modern official religion.
2:4 これらは、儀式とは対照をなして、祭りとか聖日として知られるようになった。一方、儀式は
現代の公的宗教によって合法化され、男性の権威者に焦点を合わせたおごそかな場となった。
2:5 In an effort to denigrate indigenous religious practices, modern religion thus assigned festival to a position (5)(1.through 2. crucial to 3.peripheral to) the core of ritual life.
2:5土着の宗教的慣習を誹謗することに努めながら、現代宗教はこのようにして儀式の世界の中核
から外れたところに祭りを位置づけたのだった。
2:6 The most recent modern religions, such as Protestantism, completely dissociate festival from religion, and it then becomes a secular event.
2:6 プロテスタントのような最も新しい現代宗教は宗教から祭りを完全に分離した。そこで祭りは
宗教と関係のない世俗的な行事となった。
2:7 As a result, ritual is associated with official religion, whereas festival designates occasions considered to be pagan, recreational, or for children.
2:7 その結果、儀式は公的宗教と結びつき、一方祭りは非宗教的、娯楽的あるいは子供のためのも のと考えられるような場を意味するようになった。
2:8 Like play and creativity, festival explores and (6)(1. copes 2. experiments 3. defines itself) with meaning.
2:8芝居や創造的活動と同様に、祭りは意味について探査をし実験を試みた。
2:9 Both forms utilize multiple codes and channels.
2:9 どちらの形も多数の決まりごとと伝達経路を利用する。
2:10 Examples of contemporary festivals and holidays with ancient roots include celebrations of saints’ days, the Virgin Mary, Christmas, the new year, Easter, May Day, and Halloween, all of which represent a fusion of early Indo-European and/or Native American religious rituals with modern religion and culture.
2:10古代に起源を有する現代の祭りや休日(聖日)の例をみると、聖人たちの日、聖母マリアの
日、クリスマス、新年、イースター(復活祭)、メーデー、ハロウィーンなどのお祝いがあり、そ れらのすべては初期のインドーヨーロッパ語族そして/あるいはアメリカの先住民の宗教的儀式が 現代の宗教や文化と融合したものであることを示している。
(3)2 (3)
Consideration「熟考」 Coinage「硬貨製造」
「言葉(用語)のことを考えると~の問題が生じる」terminology「(専門)用語、述語」
(4)1 (4)
predominate「支配(圧倒)する、優勢である」 die down「次第に消える」
indigenous「原産の、固有の引生来の」disguise「変装する、覆い隠す」 (5)3 (5)
Through「通じて」 crucial 「極めて重要な」 peripheral「周辺の」
2段落のここまでの内容を総合して考える。assign A to B「AをBに割りftてる、選任する」

■第4段落
4:1 Two symbolic processes contribute heavily to the festival mystique: the manipulation of temporal reality and transformation.
4:1 象徴を用いるこつの進行過程が祭りの神秘的な雰囲気に大きく寄与している。それは、「時」
に関する現実と変容の巧みな扱い方である。
4:2 The temporal reality of festival incorporates time in at least two dimensions.
4:2 祭りの中での「時」に関する現実は、「時」を少なくとも二つの面で組み入れている。
4:3 In the first, the principles of periodicity and rhythm define the experience.
4:3 まず第一に、周期性とリズムの原則がこの(祭りという)体験を限定する(という面があ る)。
4:4 Not surprisingly, this cyclic pattern is associated with the cycles of the moon in cultures (8)(1. in which 2. of which 3. by which) the lunar calendar is or has been used in recent history.
4:4 驚くまでもなくこの周期的パターンは、(その文化の中で)太陰暦の使われている、もしくは
最近まで使われていた文明においては月の周期と結びついている。
4:5 With the passage of time festival occurs again and again, marking the cycles of the moon, the annual repetition of the seasons, and the movements of the planets governing the solar calendar. 4:5時の経過とともに祭りは繰り返され、月の周期、年々の季節の繰り返し、太陽暦を支配する天
体の動きなどがしるしづけられる。
4:6 Festival occurs calendrically, either on a certain date each month or on a specific date or periodic time each year.
4:6毎月のある特定の日、一年の中の特別の日や定期的な時期といったように、祭りは暦に従って
行われる。
4:7 The cycles of time are the justification for festival, independent of any human agent.
4:7時の周期が祭りを行う根拠であり、人間の主体的な行動とは無関係である。
4:8 Unlike rites of passage, which move individuals through time, festival yokes the social group to this cyclic force, (9)(1. breaking 2. establishing 3. changing) contact with the cosmos and the eternal process of time.
4:8時の流れの中で個々人の位置を移動させる通過儀礼とは異なり、祭りは、社会集団をこの周期
的なカに結びつけ、宇宙や「時の永遠の経過」との接点をつくりだすのである。
(9)2
Establish「設立する」
rites of passage「(割礼などの)通過儀礼」yoke A to B「AとBをつなぎ合わせる、結合させる」 this cyclic forceとは、太陽などを基準にして測られる時間周期のこと。

■第9段落
9:1 Almost any theme selected by festival will be repeated in many codes, and most behaviors and actions can be found (17)(1. in excess 2. in a clear-cut fashion 3. in some special festivals) .
9:1祭りに選ばれるほとんどすべてのテーマは、多くの慣例の中で繰り返されるであろう。またほ
とんどの振舞いや所作は過剰に見いだすことができよう。
9:2 Symbolic forms permit the communication of a larger quantity of cultural knowledge because symbols condense messages and carry multiple meanings, offering some ambiguity in meaning. 9:2象徴的な表現形式は、意味の暖昧さを生み出すこともあるが、象徴が伝えたいことを凝縮し多
くの意味を伝えるのでより多量の文化的知識を伝えることを可能にする。
9:3 Among the most dramatic symbols associated with festival are masks and costumes.
9:3祭りと結びついた最も劇的な象徴には、仮面や衣装がある。
9:4 They (18)(1. take off 2. keep out 3. draw upon) both the familiar and the strange but distinctly transform the human inside into a message bearer — carrying information that may be supernatural, exotic, or mysterious in nature.
9:4仮面と衣装は馴染み深いもの、馴染みのないものの両方を利用し、人間の内面をはっきりと
メッセージの伝達人に変える。そして、神秘的・異国的、あるいは自然界の不可思議な情報を伝 える。
・解答 (17)1
(17)
In excess「過剰」 clear-cut「純益」
同文前半でbe repeated in many codes「いろいろな記号体系(=絵画、演劇、音楽など)を用いて繰
り返される」とあるととから、行為・行動の多くがin excess「過剰」であることが予想できる。第 6段第1文のprinciples of…excessもヒント。
(18)3
(18)
Take off「離陸する」
keep out「中に入れない、締め出す」
draw upon「利用する、(経験、人などに)頼る」
文脈から3以外は考え難い。

■第10段落
10:1 Scholarly interpretations of festival stress the licensed relaxation of norms and rules, a (19)(1. stipulation 2. negation 3. creation) of the social order that opens doors of risk and confronts destruction and recreation.
10:1祭りに関する学術的な解釈では、規範や規則の例外的に許された緩和、すなわち冒険の機会を 与え破壊と再生とを対立させる社会秩序の否定(という側面)が強調される。
10:2 Closely associated are themes of revitalization, suggesting that the principles of excess, reversal, repetition, juxtaposition and condensation lead participants to experience transformation and regeneration.
10:2密接に結びついていることが再生のテーマであり、過剰、逆転、反復、並列、凝縮の原理は参
加者を変容と再生の体験へと導くことを示唆している。
10:3 This may take many forms: personal affirmation, political action, courtship and marriage, social revitalization, and so on.
10:3 このことは個人的な断言、改治的行動、求愛と結婚、社会復興、等々多くの形をとるであろ う。
・解答 (19)2
(19)
Stipulation「規定」 Negation「否認」 Creation「創造」
「規範や規則の例外的に許された緩和、すなわち冒険の機会を与え破壊と再生とを対立させる」 は秩序の逆である。 scholarly「学術的な」licensed「認可された」norm「(社会の)標準的な状態、規範」the licensed…rulesとa(19)( )…re-creationは同格。that以下はnegationにかかる。

■第11段落
11:1 Taken as a whole, festival facilitates regeneration through rearrangement of structures, thus creating new frames and processes: consequently, it can strengthen the identity of the group and thus its power to (20)(1. act 2. balance off 3. disappear) in its own interest, or it can contribute to the articulation of social issues and possibly conflict if more than one interpretation prevails on the same subject.
11:1全体として、祭りは社会構造の再配列を通して刷析を促進し、新しい構造と過程を創りだす。
その結果、祭りは集団のアイデンティティを強め、さらに集団自体の利益に従って行動する力を強 化する。あるいは、祭りは同じ一つの問題に関して二つ以上の解釈がゆきわたっている場合に、 社会問題やあるいは衝突を明確に表現するのに寄与する。
11:2 Because of the social power of these regenerative forms, however, festival thrives in both ancient and modern societies, always enacting social life and shaping the expressive enterprise of human society.
11:2 しかし、これらの刷新的な形態がもつ社会的パワーがあるがゆえに、祭りは古代社会でも現
代社会でも盛んである。そして常に社会生活を再現し、人間社会における表現に関する企てを具
体化しているのである。
・解答 (20)1
(20)
Balance off「転倒する」
to actはits powerを修飾する形容詞用法の不定詞。its powerはcan strengthenの目的語。

環境情報学部 1997 問1
■第3段落
3:1 And yet we (2) (1. considered 2. are considering 3. had considered) Kubrick an innovator of genius.
3:1 だというのに、我々はキューブリックのことを天才革新者だと思っていたのだった。
3:2 But that is the point; the media have a history but they have no memory (two characteristics that ought to be incompatible).
3:2 しかし、そこが大事な点だ。メディアには歴史はあるが、記憶がないのだ(それはft然両立し がたい2つの特色である)。
3:3 The mass media are genealogical because, in them, every new invention sets (3) (1. off 2. out
3. on) a chain reaction of inventions and produces a sort of common language.
3:3 マスメディアには家系的なところがある。理由は、マスメディアにおいては新しい発明はこと ごとく発明が次々となされるきっかけとなり、ある種の共通言語を生み出すからである。
3:4 They have no memory because, when the chain of imitations has been produced, no one can remember who started it, and the head of the clan is confused with the latest great grandson.
3:4 一連の似たものが作り出されるとだれがその先端をつくったのかを思い出せる人間はおらず、
一族の長は一番新しい曾孫と取り違えられてしまうから、メディアには記憶力がない。
3:5 (4)(1. Therefore 2. In contrast 3. Furthermore), the media learn ; and thus the spaceships of Star Wars, descended from Kubrick’s, are more complex and plausible than their ancestor, and now the ancestor seems to be their (5) (1 .imitator 2. origin 3. model) .
3:5 そのうえメディアは学習する。そこで、キューブリックの宇宙船の子孫である『スターウォー
ズ』の宇宙船は、どれもその先祖の宇宙船より複雑でそれらしくなっている。そして今や先人の ほうが彼らの模倣者のように見えてしまう。
(5)1 (5)
imitator「模倣者」 origin「起源」 model「模型、ひながた」
現在の宇宙船のほうが先祖のものより複雑なので、先祖のほうが模倣したものにみえてしまう。

環境情報学部 1,997 問2
■第1段落
1:1 Just before he died, Aldous Huxley was on the brink of an enormous breakthrough, on the verge of creating a great synthesis between science, religion, and art.
1:1 オールダス=ハックスレイは死の直前まさに大発見をしようとしていた。今にも科学、宗教、
芸術の偉大な統合を創出しようとしていたのである。
1:2 Many of his ideas are illustrated in his last novel, Island.
1:2彼の考えの多くは最後の小説『島』の中で説明されている。
1:3 Although Island is not very significant as a work of art, it is very exciting as an essay on what man is capable of becoming.
1:3 『島』は芸術作品としてはさほど重要ではないが、人間の可能性という点に関するエッセーと しては大変面白い。
1:4 The most revolutionary ideas in it are those (1) (1. connecting 2. pertaining 3. conforming) to education, for the educational system in Huxley’s utopia is aimed at radically different goals from the educational system of our own society.
1:4 この作品で述べられている最も画期的な考えは、教育に関係のあるものである。というのは、 ハックスレイの理想郷における教育制度は、我々の現在の社会の教育制度とは根本的に違う目標 を掲げているのだ。
・解答 (1)2
Connect to「~をつなげる」
pertain to「(直接)関係のある(=relate)」 conform「順応する」
4行目後半部分から読み取れる。

■第2段落
2:1 In our own society we see two sharply different approaches to education.
2:1 現代社会においては、鋭く対立する二つの教育方法がある。
2:2 On the one hand, there are those who are (2) (1. opposed 2. devoted 3. unaccustomed) to passing on· the knowledge that children need in order to live in our industrialized society.
2:2 一方には、この工業化社会に生きるために必要な知識を子供たちに伝えることに身を捧げてい
る人たちがいる。
2:3 They are not especially imaginative or creative, nor do they often question why they are teaching the things they teach.
2:3 彼らは特に空想的でも創造的でもないし、彼らが今教えている事柄はなぜ教えなければならな
いのだろうというような疑問を抱くことなどめったにない。
2:4 Their chief concern is with efficiency, that is, with implanting the greatest number of facts into the greatest possible number of children, with a (3) (1. minimum 2. maximum 3. loss) of time, expense, and effort.
2:4 彼らの主たる関心事は効率である。すなわち、最小限の時間、費用、努力で、いかにして可能
なかぎり大勢の子供たちに最大限の事実を教えこむかということである。
2:5 On the other hand, there is a minority of humanistic ally oriented educators who have as there.
2:5他方には、少数だが人道主義的志向の教育者がいる。
2:6 Goal the creation of better human beings, or in psychological terms, self-actualization and self- transcendence.
2:6 彼らは教育の目標として、よりよい人間の創造、心理学の用語で言えば、自己実現と自己超越
を挙げている。
・解答 (2)2 (3)1
(2)
Be opposed to「に反対である」 be devoted to「に一身を捧げる」
be unaccustomed to「に不慣れである」 この次の文から文意を読み取る
(3)
「効率」重視であるため、最小限の時間等がカギである。

■第3段落
3:1 Classroom learning often has as its unspoken goal the reward of pleasing the teacher.
3:1 教室内の学習では教師が喜んでくれるというご褒美が暗黙のうちに目標となることがよくあ
る。
3:2 Children in the usual classroom learn very quickly that creativity is punished, while repeating a memorized response is rewarded, and concentrate on what the teacher wants them to say, rather than understanding the problem.
3:2 通常の教室では子供たちは独創性は罰せられ、一方、応答を記憶して繰り返すことは褒められ
るということを非常に素早く学習し、問題を理解しようとするよりも、教師が望んでいることを 言うことに集中する。
3:3 Since classroom learning (4) (1. prevails 2. touches 3. focuses) on behavior rather than on thought, the child learns exactly how to behave while keeping his thoughts his own.
3:3教室内の学習では、思考より品行が焦点になっているので子供たちは自分の考えを人に知らさ
ないで、振る舞い方のみを正確に覚える。
・解答
(4)3
Prevail「打ち勝つ」
Touch「達する」
Focus「焦点をあてる」
3行目後半から読み取れる。

■第4段落
4:1 Thought, (5) (1. on the contrary 2. in fact 3. in contrast), is often inimical to extrinsic learning.
4:1 確かに外からものを教えこむ(非本質的な教育)際には、思考は邪魔になる。
4:2 The effects of propaganda, indoctrination, and operant conditioning all disappear with insight. 4:2 プロパガンダ、教化。オペラント条件づけなどの効果は洞察力によりすべてなくなってしま う。
4:3 Take advertising, for example.
4:3 広告を例に考えてみよう。
4:4 The simplest medicine for it is the truth.
4:4 広告に対する最も簡単な治療薬は真実である。
4:5 You may worry about subliminal advertising and motivational research, but all you need are the data which prove that a particular brand of toothpaste stinks, and you’ll be able to resist all the advertising in the world.
4:5 閾外広告や購買動機調査に悩まされている人もいるかもしれないが、あるメーカーの歯磨き粉
は悪臭を放つということを証明するデータさえあれば、世間にあふれているすべての広告に抵抗で きるようになる。
4:6 As another example of the destructive effect of truth upon extrinsic learning, a psychology class played a joke on their professor by secretly conditioning him while he was delivering a lecture on conditioning.
4:6 外からものを教えこもうとする学習に対して真実がもつ破壊的効果の例をもう一つ挙げよう。
心理学の教室で教授が条件づけの講義をしている最中に、学生たちは教授をこっそりと条件づけ るいたずらをした。
4:7 The professor, without realizing it, learned to nod (i.e., acquired the habit of nodding) more and more, and by the end of the lecture he was nodding continually.
4:7 教授は気づかないうちにますますうなずくようになった(すなわち、うなずく癖がついてしまっ
た)。そうして、講義の終わりごろにはしょっちゅううなずいているようになってしまった。
4:8 As soon as the class told the professor what he was doing, however, he stopped nodding, and of course after that no amount of smiling on the part of the class could make him nod again.
4:8 しかし、教授に学生たちが教授のしていることを伝えると、教授はうなずくのをやめた。そし
て、それ以後はもちろん、学生がいくら微笑んでも教授をうなずかせることはできなかった。
4:9 Truth made the learning (6) (1. accumulate 2. progress 3. disappear) .
4:9 真実を知ることによって学習したことは消え失せてしまった。
4:10 Extending this point, we ought to ask ourselves how much classroom learning is actually supported by ignorance, and would be destroyed by insight.
4:10 このことからさらに言えば、教室内の学習のいかに多くの部分が無知によって実際に支えら れており、そして、洞察力があれば、いかに多くの部分が破壊されることになるだろうかと自ら に問いかけるべきであろう。
(6)3
(6)
accumulate「蓄積する」 progress「前進する」
4段落のここまでの内容を把握すると答えは3が最適。

■第5段落
5:1 The difference between the intrinsic and the extrinsic aspects of a college education is (7) (1. illustrated 2. falsified 3. exasperated) by the following story about Upton Sinclair.
5:1 大学教育の本質的な面と非本質的な面の相違は、アプトン=シンクレアに関する次の話によっ
て説明されている。
5:2 When Sinclair was a young man, he found that he was unable to raise the tuition money needed to attend college.
5:2 若いころシンクレアは大学に通うための授業料を工面することができなかった。
5:3 Upon careful reading of the college catalogue, however, he found that if a student failed a course, he received no credit for the course, but was obliged to take another course in its place. 5:3 しかし、彼は大学要覧を丹念に読んで、学生が講座を落とすとその講座の単位は取れないが、 その講座の代わりに別の講座を取ることを義務付けられていることを見つけた。
5:4 The college did not charge the student for the second course, reasoning that he had already paid once for his credit.
5:4 その際大学は、その学生がすでに単位取得のための費用を支払っているとの理由で学生に授業
料を請求しない。
5:5 Sinclair took advantage of this policy and got a free education by (8) (1, unwittingly 2. deliberately 3. carelessly) failing all his courses.
5:5 シンクレアは、この方針をうまく利用して、計画的にすべての講座を落とすことによって、た だで教育を受けた。
・解答 (7)1 (8)2
(7)
falsify「(理論などの)誤りを実証する」 exasperate「怒らせる」
(8)
deliberately「意識的(計画的)に」
5段落を総括的に理解すると、シンクレアの意図がわかる。

■第6段落
6:1 The phrase “earning a degree” summarizes the (9) (1. merits 2. credits 3. evils) of extrinsically oriented education.
6:1 「学位を稼ぐ」という言葉が、非本質的なものを志向する教育の悪い面を端的に言い表してい る。
6:2 The student automatically gets his degree after investing a certain number of hours at the university, referred to as credits.
6:2 学生は大学で過ごすある決められた時間、すなわち、単位と言われるものに投資した後に自動
的に学位を取得する。
6:3 All the knowledge taught in the university has its “cash value” in credits, with little or no distinction made between various subjects taught at the university.
6:3大学で教えられるすべての知識は、大学で教えられているさまざまな科目間の違いにほとんど、
いや全く関わりなく、単位取得においては「現金価値」がある。
6:4 Since only the final degree is considered to have any real value, leaving college before the completion of one’s senior year is considered to be a waste of time by society and a minor tragedy by parents.
6:4最終的に手にする学位のみが真の価値をもつので、最上級学年を終えないで大学を去ることは
社会からは時間の無駄と考えられ、両親からはちょっとした悲劇だと考えられている。
6:5 You have all heard of the mother (1O) (1. reinforcing 2. bemoaning 3. advocating) her daughter’s foolishness in leaving school to get married during her senior year since the girl’s education had been “wasted.”
6:5 娘の教育は「無駄だった」と言って、最上級学年で結婚するために大学を中退するという娘の
愚行を嘆き悲しむ母親の声を、あなたがたはみな聞いたことがあるだろう。
6:6 The learning value of spending three years at the university has been completely forgotten.
6:6 大学で3年間過ごして学んだという価値はすっかり忘れられている。
・解答 (9)3 (10)2
(9)
merit「利点」 credit「信用」 evil「悪い」 (10)
Reinforce「補強する」
bemoan「を嘆き悲しむ」 advocate「主張する」

■第10段落
10:1 What do we mean by the discovery of identity?
10:1 アイデンティティの発見とはどのようなことであろうか。
10:2 We mean finding out what your real desires and characteristics are, and being able to live in a way that expresses them.
10:2 自分の真に欲するものは何か。自分の特徴は何かを見つけだし、それらを表現できるように
生きていけるということである。
10:3 You learn to be authentic, to be honest in the sense of allowing your behavior and your speech to be the true and spontaneous expressions of your inner feelings.
10:3 真実に生きること、すなわち自分の行動や言動が内なる感情の偽りのない自発的な表現とな
るという意味で正直になることを学ぶ。
10:4 Most of us have learned to (14)(1. avoid 2. find 3.expect) authenticity.
10:4 我々の多くは真実を避けていく術を学んでしまった。
10:5 You may be in the middle of a fight, and your guts are writhing with anger, but if the phone rings, you pick it up and sweetly say hello.
10:5 けんかの真っ最中で、はらわたが怒りで煮えくり返っていたとしても、電話が鳴れば、それ を取って優しくもしもしと言うであろう。
10:6 Authenticity is the (15) (1. reproduction 2. induction 3. reduction) of phoniness toward the zero point.
10:6 真実とは、いんちきをゼロの点まで削減したものである。
・解答 (14)1 (15)3
(14)
Avoid「よける」 5行目が例示になっているので、参考にする。 (15)
reproduction「再生、生殖」
induction「誘導、導入」 reduction「縮小、削減」
いんちきを0まで~するには3がよくあてはまる。

■第12段落
12:1 Another goal which our schools and teachers should be (17) (1. revealing 2. provoking 3. pursuing) is the discovery of vocation, of one’s fate and destiny.
12:1 学校や教師が追求すべきもう一つの目的は、天職、生徒の宿命と運命を発見することである。

12:2 Part of learning who you are, part of being able to hear your inner voice, is discovering what it is that you want to do with your life.
12:2 自分を知ることの一部、自分の内なる声を聞くことができることの一部は、生涯をかけて自 分がやりたいことは何であるかを発見することにつながる。
12:3 Finding one’s identity is almost (18)(1. synonymous 2. incompatible 3. coinciding) with finding one’s career, revealing the altar on which one will sacrifice oneself.
12:3 自分のアイデンティティを発見するということは、自分の職業を見つける、つまり、自分を捧
げる祭壇を明らかにすることとほとんど同義である。
12:4 Finding one’s lifework is a little like finding one’s mate.
12:4 自分の一生の仕事を見つけることは、自分の配偶者を見つけることと少し似ている。
12:5 One custom is for young people to “play the field,” to have lots of contacts with people, a love affair or two, and perhaps a serious trial marriage before getting married.
12:5 ある慣習では若者は「大勢の異性と交際し」、人々とたくさんの関係を持ち、一度や二度の
恋愛を経験し、ことによると、結婚前に真剣に試験的結婚をすることになっている。 12:6 In this way they discover what they like and don’t like in members of the opposite sex. 12:6 このようにして彼らは異性と一緒にいて自分の好き嫌いを発見する。
12:7 As they become more and more conscious of their own needs and desires, those people who know themselves well enough eventually just find and recognize one another.
12:7 自分の必要とするものや欲するものが意識されるにつれて、自分自身を十分に知る者同志が
お互いを発見し認めるようになる。
12:8 Sometimes very similar things happen when you find your career, your lifework.
12:8 時として、非常によく似たことが職業や生涯にわたる仕事を見つけるときにも起こる。
12:9 It feels right and suddenly you find that twenty-four hours a day aren’t long enough, and you begin lamenting the shortness of human life.
12:9 まさにぴったりと感じられ、突然1日が24時間では不十分であることに気づき、人間の一生
の短さを嘆き始める。
・解答 (18)1
(18)
synonymous「同義の」 incompatible「相容れない」 coinciding「符合する」
4行目に例示があるので、それとあった内容にする。

環境情報学部 1998 問1
■第1段落
1:1 For more than 500 years, the bulk of human knowledge and information has been stored as paper documents.
1:1五百年以上の間、人間の知識や情報の大半は、紙に書かれた文書として蓄積されてきた。
1:2 You’ve got one in your hands right now (unless you’re reading this from a CD-ROM or a future on-line edition).
1:2 たった今、現にあなたはそのひとつを手にしている(もしあなたがこれをCD-ROMや未来のオ ンライン版で読んでいるのでなければ)。
1:3 Paper will be with us for the foreseeable future, but its importance as a medium for finding, preserving, and distributing information is already (1)( 1. expanding 2. diminishing 3. stabilizing) . 1:3紙は当分の間は我々と共に存在するであろうが、情報を発見・保存・分配する媒体としての重
要性はすでに減少しつつある。
・解答 (1)2
(1)
1.「拡大している」
2.「減少している」
3.「安定している」
同文の1節目とbutでつながっていることからわかる。

■第2段落
2:1 When you think of a “document,” you probably visualize one or more pieces of paper with print on them, but that’s a narrow definition.
2:1 「文書」というものを考えたとき、あなたはたぶん活字の印刷された1枚かそれ以上の紙を思
い描くであろうが、それは狭い意味での定義である。
2:2 A document can be any body of information.
2:2文書とは情報のいかなる形態にもなりうるものである。
2:3 A newspaper article is a document, but the broadest definition of the word includes a Web page, a TV show, a song, or an interactive video game.
2:3新聞記事はひとつの文書であるが、その語の最も広い意味の定義では、ネットワーク上のホー
ムページ、テレビ番組、歌、あるいは対話型の映像ゲームをも含んでいる。
2:4 Because all kinds of information can be stored in digital form, documents containing all kinds of information will get easier and easier to find, store, and send across a network.
2:4 あらゆる種類の情報がデジタル形式で保管できるため、あらゆる種類の情報を含む文書がます
ます容易に発見でき、保管でき、ネットワーク上で伝達することができるようになるであろう。 2:5 Paper is more (2) (1. suitable 2. reliable 3. awkward) to store and transmit, and its content is pretty much limited to text with drawings and images.
2:5 それに比して紙は保管したり伝達したりするには不便であり、またその内容は図面や画像を付
した文章にかなり限定されてしまう。
2:6 A digitally stored document can be made (3) (1. out with 2. up with 3. up of) photos, video, audio, programming instructions for interactivity, animation, or a combination of these elements and others.
2:6 デジタル形式で保管された文書は写真、映像、音声、対話のためのプログラム作成の指示、ア
ニメーション、あるいはこれらや他の要素の組み合わせから構成することができる。
・解答 (2)3
(2)
1.「適切な」
2.「信頼できる」
3.「不便な」
直前のBecause以下の文で「デジタル形式の文書によってこの点が容易になった」とあることか ら。

■第4段落
4:1 But let’s not sell paper documents short.
4:1 しかし紙による文書を見下すことはしないようにしよう。
4:2 The paper-based book, magazine, or newspaper still has a lot of advantages (5)(1. upon 2. over 3. with) its digital counterpart.
4:2紙をベースにして作られる本・雑誌・新聞は、それに対応するデジタル形式のものよりも依
然、有利な点をたくさんもっている。
4:3 A newspaper offers a wide field of vision, good resolution, portability, and ease of use.
4:3新聞は広い視界、鮮明度の良さ、軽便さ、利用の容易さを備えている。
4:4 A book is small, lightweight, high-resolution, and inexpensive compared to the cost of a computer or some other information appliance you need to read a digital document.
4:4本は小さく、軽量で、鮮明度が高く、またデジタル形式の文書を読むために必要なコンピュー
ターや他の情報機器に比べて安価である。
4:5 For at least a decade, it won’t be as convenient to read a long, sequential document on a computer screen as on paper.
4:5少なくとも十年間は、長く連続した文書をコンピューターで読むことは、紙で読むほどに便利
ではないであろう。
4:6 {I’ll admit that I’ve done a lot of the editing of this book with a pen on paper.
4:6 (私はこの本の編集の多くの部分を、ペンを使って紙に書くことで行ったことを認めよう。
4:7 I like reading text on paper.}
4:7私は紙に書かれた文章を読むのが好きだ。)
4:8 The first digital documents that achieve widespread use will offer new (6) (1. functionality 2. productivity 3. reliability) rather than simply duplicate the older medium.
4:8広範囲に渡る利用を最初に達成するデジタル文書は、単に旧式のメディアをまねたものという
よりむしろ、新たな機能性を提供するであろう。
4:9 After all, a television set is larger, more expensive, and (7) (1. more cumbersome 2. more widespread 3. more convenient) and offers lower resolution than a book or a magazine, but that hasn’t limited TV’s popularity.
4:9結局のところ、テレビは本や雑誌に比べて大きく、高価で、扱いにくく、低い解像度しか得ら
れないが、そのことがテレビの人気を制限してはいない。
4:10 Television brought video entertainment into our homes, and it was so (8) (1. aggravating 2. enduring 3. compelling) that television sets found their place alongside our books and magazines. 4:10 テレビは映像の娯楽を家庭にもたらし、また非常に興味をそそるものであるため、本や雑誌 と共にその地位を確保したのである。
(6)1
(6)1.「機能性」2.「生産性」3.「信頼性」デジタル文書のもつ様々な形態を考慮すると1が最適。 (7)1
(7)cumbersome「(かさばって)扱いにくい」直前にもテレビの欠点が羅列されている。 (8)3
(8)1.「頭に来る」2.「持続する」3.「強い興味をもたせる」compelの意味を確認。that~の理由に なるのはこれだけである。

■第5段落
5:1 Ultimately (9)(1. implicit 2. incremental 3. incidental) improvements in computer and screen technology will give us a lightweight, universal electronic book, or “e-book,” that will approximate today’s paper book.
5:1最終的にはコンピューターやスクリーン技術がますます進歩することにより、現在の紙製の本
に近い、軽量で万能の電子本、いわば「E-ブック」ができるであろう。
5:2 Inside a case roughly the same size and weight as today’s hardcover or paperback book, you’ll have a display for high-resolution text, pictures, and video.
5:2現在のハードカバーやペーパーバックの本とサイズや重さがほぼ同じケースの中に、高い解像
度の文章・画像・映像を映す表示装置がある。
5:3 You’ll be able to (10)(1. write 2. flip 3. edit) pages with your finger or use voice commands to search for the passages you want.
5:3指でページをめくったり、声による指令で見たい一節を捜すことができる。
5:4 Any document on the network will be accessible from such a device.
5:4 そしてこのような装置を用いてネットワーク上のどんな文書にもアクセスできる、というふう に。
(10)2
(10)flip「ぱっとめくる」

■第7段落
7:1 Whenever a new medium comes on the scene, its early content is brought over from other media.
7:1新しいメディアが登場するときは、その初期の内容は常に他のメディアからもたらされる。
7:2 But to take best advantage of the capabilities of the electronic medium, content needs to be specially authored with the medium in mind.
7:2 しかし電子メディアのもつ能力を最大限に利用するためには、内容はそのメディアを考慮に入
れて特別に作られなければならない。
7:3 Up until just recently most of the on-line content we’ve seen has been (12) (1. “dumped” 2. “rejected” 3. “expelled”) from another source.
7:3 つい最近まで見られたオンライン上の内容のほとんどは、別の情報源から「ダンプ」されたも
のであった。
7:4 Magazine and newspaper publishers took text already created for paper editions and simply shoved it on-line, often (13) (1. adding 2. modifying 3. deleting) the pictures, charts, and graphics. 7:4雑誌や新聞の出版社が、すでに書面版用に作っておいた本文をもってきて、写真や図表やグラ
フィックをしばしば削除してオンラインに突っ込んだだけのものである。
7:5 This content was often interesting but it couldn’t compete with the richer forms of information in our lives.
7:5 この内容は興味深いこともしばしばあったが、我々の生活におけるより充実した情報形態に比
肩するものではなかった。
7:6 Now most on-line content from commercial print publishers includes lots of graphics, photos, and links to related information.
7:6現在では、民間の出版社によるオンラインの内容のほとんどは、多くのグラフィックや写真や
関連情報とのつながりを含むものとなっている。
7:7 As communications get faster and commercial opportunities become even more (14) (1. Opaque 2.expensive 3.diffused) , more audio and video elements will be brought into on-line content.
7:7情報伝達が速くなり、商業的な機会もいっそう広がっていくことから、より多くの音声的映像
的要素がオンラインの中身に加わっていくであろう。
・解答 (12)1
(12)
dump「(データや情報を)ダンプする」記憶装置の一部から他の一部へ(例えばディスクから磁気
テープへ)複写すること。直後の文に例が示されている。 (13)3
(13)
「削除して」次文の内容、その次の文のNow~との対比から判断。かつてはオンラインで画像
データを流すことが困難であったことを知っているとよい。 (14)3
(14)
1.「不透明な」
2.「高価な」
3.「広がって」
前文やコンマ以下とのつながりから。

■第9段落
9:1 Other than Web pages, very few multimedia documents are being created by PC users so far. 9:1 ネットワーク上のホームページ以外には、パソコン利用者によって作られるマルチメディア文 書は今までのところほとんどない。
9:2 It still takes too much effort.
9:2 それは依然としてあまりに労力がかかりすぎるのである。
9:3 Millions of people have camcorders and make videos of their kids or their vacations.
9:3何百万人もの人々がポータブルビデオカメラを所有し、自分の子供や休日のビデオを制作して
いる。
9:4 But to edit video right now you have to be a professional with expensive equipment.
9:4 しかし現在のところ、ビデオを編集するには高価な機器を有する専門家になる必要がある。
9:5 This will change.
9:5 この状況はやがて変化するだろう。
9:6 Advances in PC word processors and desktop publishing software have already made professional-quality tools for creating sophisticated paper documents available relatively inexpensively to millions of people.
9:6 パソコンのワープロや卓上出版のソフトウェアが発達したことにより、きちんとした紙上の文
書を作るためのプロ並みの機能をもつ道具が、すでに何百万もの人々に比較的安価に利用できる ようになっている。
9:7 Desktop publishing software has progressed to the point that many magazines and newspapers are produced with the same sort of PC and software packages you can buy at any local computer store and use to design an invitation to your daughter’s birthday party.
9:7地方のどんなコンピューター店でも買え、また娘の誕生パーティーの招待状をデザインするの
にも使えるのと同種のパソコンやパックになったソフトによって多くの雑誌や新聞が作られる、 という程度にまで卓上出版のソフトウェアは発達している。
9:8 PC software for editing film and creating special effects will become as (16) (1. mediocre 2. commonplace 3. outdated) as desktop publishing software.
9:8 フィルムを編集したり特殊効果を作り出したりするパソコンソフトは、卓上出版のソフトウェ アと同じくらい普通のものとなるであろう。
9:9 At that point the difference between professionals and amateurs will be one of talent and craft rather than access to tools
9:9 その点においては、専門家とアマチュアの違いは機器の使用よりもむしろ才能と技術の違いと いうことになろう。
・解答 (16)2
(16)
1.「(けなして)並みの、劣った」
2.「平凡な」
3.「時代遅れの」
この前の2文でdesktop publishing softwareが広範に普及していることが書かれている。

■第12段落
12:1 I expect multimedia experimentation to continue into the next decade, and the one after that, and so on indefinitely.
12:1 マルチメディアの実験はこれからの十年間も、その次の十年間も、というように無期限に続 いていくだろうと私は思う。
12:2 The multimedia components appearing in documents on the net today are (19) (1. an analysis 2. a rejection 3. a synthesis) of current media — and they often do a clever job of enriching communication.
12:2現在のネット上の文書に現れるマルチメディアの構成要素は、現在のメディアの総合体であ
り、コミュニケーションを豊かにするという見事な仕事をしばしばやってのける。
12:3 But over time we’ll start to create new multimedia forms and formats that will enable us to go significantly beyond what we’re able to do now.
12:3 しかしやがて我々は、現在できることのレベルをはるかに越えることを可能にするような、
新たなマルチメディアの形やフォーマットを創造し始めるであろう。
12:4 The exponential expansion of computing power will keep changing the tools and opening up new possibilities that might seem as remote and farfetched then as some of the things I’ve speculated about here might seem today.
12:4 コンピューターの能力の著しい拡大は、機器を変化させ続けるだろう。また、私がいくつか この場で思いめぐらしたものが現在ではありそうにないと思えるのと同様、その時ありそうにな いと思えるような新しい可能性を切り開き続けるであろう。
12:5 Talent and creativity have always shaped advances in unpredictable ways.
12:5才能と創造性が、これまでいつも予測できない方法で進歩を形作ってきたのである。
・解答 (19)3
(19)
1.「分析」
2.「拒絶」
3.「統合(体)」

■第13段落
13:1 How many have the talent to become a Steven Spielberg, a Jane Austen, or an Albert Einstein?
13:1 スティーブン=スピルバーグやジェーン=オースチンやアルバート=アインシュタインのよう
になれる才能をもっている人は何人いるだろうか。
13:2 We know there has been at least one of each, and maybe one is all we’re allotted.
13:2今までそれぞれ最低一人ずつ出て来ていることはわかっているが、その一人というのがたぶん
我々に与えられているすべてであろう。
13:3 I can’t help but believe, though, that the potential and aspirations of many talented people have been (20) (1. encouraged 2. thwarted 3.supported) by economics and a lack of tools.
13:3 しかし、私は多くの才能ある人々の潜在能力や野心が経済状態や機器の不足によって妨げら れていると信じないではいられない。
13:4 New technology will offer people new means with which to express themselves.
13:4新しい技術は人々に自己表現の新しい手段を提供するであろう。
13:5 The internet will open up undreamed-of artistic and scientific opportunities to a new generation of geniuses — and to everybody else, too.
13:5 また、インターネットによって、新しい世代の天才達に、そして他のすべての人々に、かつ
て夢にも思わなかったような芸術や科学の機会が開かれることだろう。
・解答 (20)2
(20)
1.「激励されて」
2.「妨げられて」
3.「支えられて」
lack of toolsから判断する。

環境情報学部 1998 問2
■第1段落
1:1 We all know how pearls are made.
1:1我々は皆、真珠がどのように作られるのかを知っている。
1:2 When a grain of grit accidentally slips into an oyster’s shell, the oyster (1)( 1. digests 2. encloses 3 .endangers) it, secreting more and more of a thick, smooth mucous that hardens in
microscopic layer after layer over the foreign irritation until it becomes a perfectly smooth, round, hard, shiny thing of beauty.
1:2砂粒が真珠貝の殻の中に偶然入り込むと、貝はそれを取り込み、濃いなめらかな粘液をどんど
ん分泌する。その液は外界からの刺激物の表面に非常に薄い層となって重なりながら固まり、や がては完璧になめらかで丸く固い、光り輝く美しい物になる。
1:3 The oyster thereby transforms both the grit and itself into something new, transforming the (2) (1. irrigation 2. interaction 3. intrusion) of error or otherness into its system, completing the gestalt according to its own oyster nature.
1:3真珠貝はそれによって砂と自分自身の両方を新しい物に作り替える。つまり誤りや異物の侵入
を自分の組織に作り替え、自分自身の貝としての性質に応じた形態を完成するのである。
・解答 (1)2 (2)3
(1)
1.「消化する」
2.「囲む」
3.「危うくする」
(2)
1.「かんがい」
2.「相互作用」
3.「侵入」

■第3段落
3:1 In school, in the workplace, in learning an art or sport, we are· taught to fear, hide, or avoid mistakes.
3:1学校で、職場で、また芸術やスポーツを習う際に、我々は間違いを恐れたり隠したり避けたり
することを教えられる。
3:2 But mistakes are of incalculable value to us.
3:2 しかし間違いは我々にとって計り知れないほど価値のあるものである。
3:3 There is first the value of mistakes as the raw material of learning.
3:3 まず学習の素材としての価値がある。
3:4 If we don’t make mistakes, we are (3) (1. difficult 2. impossible 3. unlikely) to make anything at all.
3:4 もし間違いというものを犯さなければ、我々は何も作ることができないであろう。
3:5 Tom Watson, for many years the head of IBM, said, “Good judgment comes from experience.
3:5 長年IBMの社長を務めたトム=ワトソンは、「優れた判断は経験によって得られる。
3:6 Experience comes from bad judgment.”
3:6 経験はまずい判断によって得られる」と述べている。
3:7 But more important, mistakes and accidents can be the irritating grains that become pearls; they present us with unforeseen opportunities, they are (4) (1. fresh 2. ambitious 3. misleading) sources of inspiration in and of themselves.
3:7 しかしより重要なことは、間違いや不測の事態というものは、刺激を与える砂粒であり、やが
ては真珠になるのだということである。それらは思いもよらぬ機会を我々に与えてくれる。それ らはそれ自体がおのずと着想を生む新たな源になる。
3:8 We come to regard our obstacles as ornaments, as opportunities to be exploited and explored.
3:8 我々は障害を勲章として、活用し探究するべき会としてとらえるようになる。
(4)1
1.「新しい」
2.「野心のある」
3.「誤解を招く」
コンマの前のunforeseen opportunitiesなどから判断。

■第5段落
5:1 Freud illuminated the fascinating way in which slips of the tongue (5) (1. recall 2. reveal 3. recognize) unconscious material.
5:1 フロイトは、失言が無意識下にあるものを現す興味深い様子を解明した。
5:2 The unconscious is the very bread and butter of the artist, so mistakes and slips of all kinds are to be treasured as priceless information from beyond and within.
5:2無意識は芸術家にとってまさにバター付パンであり、ゆえにあらゆる種類の間違いや不注意
は、内界・外界からの大変貴重な情報として重んじなければならない。
・解答 (5)2
(5)
次の文で説明されている。
1.「思い出す、呼び戻す」
2.「表す、暴露する」
3.「認識する」

■第8段落
8:1 Equipment breaks down, it is Sunday night, the stores are all closed, and the audience is arriving in an hour.
8:1設備が故障したが日曜の夜であり、店は全部閉まっており、観客は1時間後にやって来る。
8:2 You are forced to do a little bricolage, improvising some new and crazy device.
8:2 そこでちょっとしたブリコラージュ、つまり即興の斬新で奇抜な工夫をせざるを得なくなる。
8:3 Then you attain some of your best moments.
8:3 そのとき、最高の瞬間に達することがある。
8:4 Ordinary objects or trash suddenly become valuable working materials, and your perceptions of what you need and what you don’t need (7)( 1. adversely 2. radically 3. momentarily) shift.
8:4 ありふれた物やがらくたが、突然価値ある仕事の道具に変わり、何が必要で何が必要でないか という認識が根本的に変わる。
8:5 Among the things I love so much about performing are those totally unforeseen, impossible calamities.
8:5演じることに関して私が大好きなことのひとつは、そのような全く思いがけない、起こるはず
のない災難である。
8:6 In life, as in a Zen koan, we create by shifting our perspective to the point at which interruptions are the answer.
8:6禅宗の公案にあるように、人生において我々は、妨害物が解答になるような観点へと、見方を
変えることによって物事を創作するのである。
8:7 The (8) (1. sharpening 2. relaxation 3. redirection) of attention involved in incorporating the accident into the flow of our work frees us to see the interruption with new eyes, and find the alchemical gold in it.
8:7不測の事態を自分の仕事の流れの中に組み込むことに伴う注意の向け直しをすることで、我々
は妨害物を自由に新しい目で見、錬金術による金をその中に見出すことができるようになる。
(8)(8)3
1.「鋭くすること」
2.「ゆるめること」
3.「向け直すこと」
災いや失敗を肯定的にとらえるという論旨から3が適切。

■第10段落
10:1 A “mistake” on the violin : I have been playing some pattern : 1, 2, 3, 6 ; 1, 2, 3, 6.
10:1 バイオリンにまつわる「間違い」のひとつを挙げよう。私はあるパターンを1・2・3・6、
1・2・3・6と演奏している。
10:2 Suddenly I make a slip and play 1, 2, 3, 7, 6.
10:2突然私は間違えて1・2・3・7・6と弾いてしまう。
10:3 It doesn’t matter to me at the time whether I have broken a rule or not; what matters is what I do in the next tenth of a second.
10:3 そのとき私が規則を破ったかどうかが重要なのではない。重要なのは次の10分の1秒の間に
どうするかなのである。
10:4 I can adopt the traditional attitude, treating what I have done as (10) (1. a mistake 2. and improvisation 3. and innovation) : Don’t do it again, hope it doesn’t happen again, and in the meantime, feel guilty.
10:4今やってしまったことを間違いとして扱い、慣例的な態度を取ることはできる。つまり二度と
やっちゃいけない、二度と起こりませんようにと思い、そのうち罪悪感を感じるようになる。
10:5 Or I can repeat it, amplify it, and develop it further until it becomes a new pattern.
10:5 あるいはそれを繰り返し、増幅し、さらに発展させて新しいパターンにすることもできる。 10:6 Or beyond that I can drop neither the old pattern nor the new one but discover the unforeseen context that includes both of them.
10:6 またあるいはそれを越えて、従来のパターンも新しいパターンも省くことなく、両方を含ん だ思いもかけない曲の流れを発見することもできる。
・解答 (10)1
(10)
1.「間違い」
2.「即興」
3.「革新」
失敗をそのまま「間違い」とみなす従来の考え方について述べている。

■第11段落
11:1 An “accident” on the violin: I am playing outdoors at night, in misty hills.
11:1 バイオリンにまつわる「不測の事態」のひとつを挙げよう。私は夜、戸外で、霧のかかった
丘で演奏している。
11:2 Romantic?
11:2 ロマンチックだろうか?
11:3 Yes.
11:3 そう、そのとおり。
11:4 But also humid.
11:4 しかし同時に湿気が多い。
11:5 The cold and the humidity take all the poop out of the bottom string, which suddenly (11)(1. tightens 2. thickens 3. slackens) and goes out of tune.
11:5 寒さと湿気のために最低音の弦がすっかりだめになり、弦は突然ゆるんで調子がはずれてし
まう。
11:6 Out of tune with what?
11:6 調子は何からはずれているのか?
11:7 Out of tune with my (12) (1. preposterous 2. preconceived 3. presumptuous) bench mark of “in tune.”
11:7 私が「調子が合っている」と前もって考えている基準から、調子がはずれているのである。
11:8 Again I can take the same three approaches.
11:8 私はここでもう一度先ほどと同じ3つの方法を講じることができる。
11:9 I can tune it back up and pretend that nothing happened.
11:9調律しなおし、何事もなかったようなふりをすることもできる。
11:10 I can play the flabby string as is, finding the new harmonies and textures it contains.
11:10 たるんだ弦をそのまま弾き、それに含まれる新しいハーモニーや特徴を発見することもでき る。
11:11 A low, thick string, when it goes flabby, not only becomes lower in pitch, but because of the flabbiness will give to the bow’s weight much more (13)( 1. easily 2. seriously 3. deeply) and will produce (if lightly touched) more breathy and resonant tones than a normal string.
11:11低音の太い弦は、たるむと調子が低くなるだけでなく、たるみのために、弓の重さが正常な
弦に比べてたやすく増し、(軽く触れた場合には)かすれた反響するような音を出してしまう。
11:12 I can have a lot of fun down there in the viola’s tonal sub-basement.
11:12私はビオラの最低音よりさらに低音域のところで大いに楽しむことができる。
11:13 Or I can detune it even further, until it comes into some new and interesting harmonic relation with the other strings.
11:13 もしくは、何か新しくて面白いハーモニーの関係が他の弦との間に生まれるまで、さらに調
子を下げることもできる。
11:14 Now I have, instantly, a brand-new instrument with a new and different sonic shape.
11:14 その時には、新しくて今までと違う形の音が出る、全く新しい楽器がその場で出来るのであ る。
・解答 (11)3 (12)2 (13)1
(11)
1.「びんと張る」
2.「厚くなる」
3.「ゆるむ」 バイオリンの最も低音を出す太い弦は、湿気によってゆるみやすい性質がある。 (12)
1.「不合理な」
2.「予想した、前もって考えられた」
3.「生意気な」
直前の疑問文に対する答え。
(13)
1.「たやすく」
2.「深刻に」
3.「深く」
「太い弦は弓の重さを増す」と、単純な文にして考えるとよい。

■第13段落
13:1 The history of science, as we well know, is liberally (15) ( 1. peppered 2. preoccupied 3. prepared) with stories of essential discoveries seeded by mistakes and accidents: Fleming’s discovery of penicillin, thanks to the dust-borne mold that contaminated his petri dish; Roentgen’s discovery of X-rays, thanks to the careless handling of a photographic plate.
13:1科学の歴史には、周知の通り、間違いや不測の事態がもとになって重要な発見ができたという
逸話が散りばめられている。空気によって運ばれるカビがペトリ皿を汚染したおかげでフレミング がペニシリンを発見したこと。感光板を不注意に操作したおかげでレントゲンがエックス線を発 見したことなどである。
13:2 Time after time, the quirks and mishaps that one might be tempted to reject as “bad data” are often the best.
13:2何度もあることだが、「悪いデータ」だとして拒絶したくなるかもしれないような運命のいた
ずらや災難がしばしば最良のものとなる。
13:3 Many spiritual traditions point up the vitality we gain by reseeding the value of what we may have rejected as insignificant: “The stone which the builders refused,” sing the Psalms of David, “has come to be the cornerstone.” 13:3多くの宗教上の言い伝えは、我々が重要でないとして拒絶していたかもしれないものの価値を
見直すことによって得られる活力について強調している。「建築工が拒否した石は、隅石となった」 と詩篇にうたわれている。
・解答 (15)1
(15)
pepper「ふりかける、浴びせる」
is liberally peppered with…「…が大量にちりばめられている」

■第14段落
14:1 The power of mistakes enables us to (16) (1. reinvent 2. retain 3. reframe) creative blocks and turn them around.
14:1 間違いがもつ力によって、我々は創造力のブロックを組み直し、向きを変えることができる。

14:2 Sometimes the very sin of omission or commission for which we’ve been kicking ourselves may be the seed of our best work.
14:2時として、我々が悔やむ怠慢の罪や遂行の罪そのものが、最高の仕事をする源になることもあ
る。
14:3 The troublesome parts of our work, the parts that are most baffling and frustrating, are in fact the growing edges.
14:3仕事の面倒な部分、最も厄介で腹立たしい部分が、実は成長しつつあるへりの部分なのであ
る。
14:4 We see these opportunities the instant we (17) (1. deduce 2. drop 3. delineate) our preconceptions and our self-importance.
14:4我々が先入観やうぬぼれを捨てれば、これらの機会はすぐに見えてくる。
・解答 (16)3 (17)2
(16)
1.「再発明する」
2.「保持する」
3.「組み立て直す」
直後のblockがヒント。
(17)
直前の「先入観やうぬぼれ」から判断。
1.「推論する」
2.「落とす、捨てる」
3.「描写する」

環境情報学部 1,999 問2
■第2段落
2:1 Science considers anthropomorphism toward animals a grave mistake, even a sin.
2:1 科学では、動物に対する擬人観は重大な誤りであり、罪でさえあると考える。
2:2 It is common in science to speak of “committing” anthropomorphism.
2:2 科学においては擬人観「を犯す」という表現を使うことは普通のことである。
2:3 The term originally was religious, referring to the (1)(1. modifying 2. shaping 3.assigning) of human form or characteristics to God — the hierarchical error of acting as though the merely human could be (2)(1. divine 2. secular 3. religious) — hence the connotation of sin.
2:3 その用語は本来宗教的なものであり、人間の姿や特徴を神に割りftてること―人間にすぎない ものがあたかも神聖なものになりうるかのように振る舞うという階層の誤り―を指すものであった が、それゆえに罪という響きを含むのである。
2:4 In the long article on anthropomorphism in the 1908 Encyclopedia of Religion and Ethics, the author (Frank B. Jevons) writes: “The tendency to (3)(1. personify 2. imitate 3. create) objects — whether objects of sense or objects of thought — which is found in animals and children as well as in savages, is the origin of anthropomorphism.”
2:4 1908年の『宗教・倫理百科』にある擬人観(神人同形説)についての長い論説の中で、著者(フラ
ンク=B.ジェボンズ)は次のように書いている。「対象を―それが感覚の対象であれ思考の対象であ れ―擬人化するという傾向は、未開人だけでなく動物や子供にも見られるものだが、それは擬人 観(神人同形説)の生まれる源である」
2:5 Men, the idea goes, create gods in their own image.
2:5 その考えによると、人間は自分自身の像の中に神を創り出すという。
2:6 The best-known example of this tendency comes from the Greek author Xenophanes (fifth century B.C.).
2:6 この傾向の最もよく知られている例はギリシアの作家クセノパネス(紀元前5世紀)によって述
べられている。
2:7 He notes that Ethiopians represent the gods as black, Thracians depict them as blue-eyed and red-haired, and “if oxen and horses … had hands and could paint” their images of gods would depict oxen and horses.
2:7 エチオピア人は神を黒人として表現しており、またトラキア人は神を青い目、赤い髪をしてい
るように描写していると彼は述べている。また「もし牛や馬が手を持ち絵が描けたなら」、彼ら の神の像は牛や馬の姿で描かれるであろうとも述べている。
2:8 The philosopher Ludwig Feuerbach concluded that God is nothing but our (4)(1. injection 2. projection 3. introspection) , on a celestial screen, of the essence of man.
2:8哲学者ルートビッヒ=フォイエルバッハは、神は天のスクリーンに映した人間の本質の投影にす
ぎないと結論づけている。
2:9 In science, the sin against hierarchy is to assign human characteristics to animals.
2:9科学においては、階級組織に反する罪は人間の特徴を動物に割り当てることである。
2:10 Just as humans could not be like God, now animals cannot be like humans (note who has taken God’s place).
2:10人間が神のようになり得ないのと同様、動物は人間のようにはなれないのである(誰が神に
取って代わったかということに注意せよ)。
(2)1 (2)
1. divine「神聖な」 2.secular「世俗的な」 3.religious「宗教的な、信心深い」
直前のad though…「人間にすぎないものがあたかも…になりうるかのように」に続くものとして1
が最適。
(4)2 (4)
2. nothing but our projection … of the essence of man「人間の本質の投影にすぎない」 この直前の文(He notes…)が具体例になっている。
1. injection「投入」
3. introspection「内省」

■第3段落
3:1 Young scientists are indoctrinated with the gravity of this error.
3:1若い科学者はこの誤りの重大さをたたき込まれる。
3:2 As animal behaviorist* David McFarland explains, “They often have to be specially trained to (5)(1. describe 2.accept 3. resist) the temptation to interpret the behavior of other species in terms of their normal behavior-recognition mechanisms.”
3:2動物についての行動主義者ディビッド-マクファーランドは「彼らはしばしば他の種の行動を自
分の通常の行動認識メカニズムの見地から解釈しようとする誘惑に抵抗するように、特別に訓練 されなければならない」と説明している。
3:3 In his recent book The New Anthropomorphism, behaviorist John S. Kennedy laments, “The scientific study of animal behavior was inevitably marked from birth by its anthropomorphic parentage and to a significant extent it still is.
3:3行動主義者ジョン=S.ケネディは、最近の著書『新しい擬人観』の中で次のように嘆いている。
「動物の行動に関する科学的研究は、誕生のときから擬人観的な出自によって必然的に特徴づけ られ、またかなりの程度、今でもそうである。
3:4 It has had to struggle to free itself from this erroneous approach and the struggle is not over. 3:4 この誤った研究方法から抜け出すべく奮闘する必要が続いており、その闘いはまだ終わってい ない。
3:5 Anthropomorphism (6)(1. remains 2. restructures 3. recognizes) much more of a problem than most of today’s neobehaviorists believed….
3:5擬人観は今日の新行動主義者の大部分が信じているよりもはるかに大きな問題であるままであ
る…。
3:6 If the study of animal behavior is to mature as a science, the process of (7)1. cancellation 2. liberation 3. interference) from the delusions of anthropomorphism must go on.”
3:6 もし動物の行動に関する研究が科学として成熟しようとするものであるならば、擬人観の妄想
からの解放の過程が進まなければならない」
3:7 His hope is that “anthropomorphism will be brought under control, even if it cannot be cured completely.
3:7彼が望むのは「たとえ完全に治癒できなくても擬人観を統制下に置かれるようにする。
3:8 Although it is probably programmed into us genetically as well as being learned culturally, that does not mean the disease is untreatable.” 3:8擬人観は教養上学習されるだけでなく、おそらく遺伝学上我々の脳の中にプログラムされてい
るのであろうが、それはその病気が治療できないという意味ではない」ということである。
・解答 (5)3
(5)
3.resist「抵抗する」
直後に続くthe temptation…以下は「他の種の行動を自分の通常の行動認識メカニズムの見地から解 釈しようとする誘惑」の意。この空所はDavid McFarlandの見解の一部である。同段落第1文から も、彼がこのthe temptationに対して否定的であることは明らか。
(7)2 (7)
2. liberation from the delusions of anthropomorphism「擬人観の妄想からの解放」 1のcancellation「消去」、3のinterference「妨害」はfromを続けるのは不適切。

■第4段落
4:1 To accuse a scientist of anthropomorphism is to make a severe criticism of unreliability.
4:1 擬人観を理由に科学者を非難することは、信頼性の欠如を厳しく批判するということである。
4:2 It is regarded as a species-confusion, a forgetting of the line between subject and object.
4:2擬人観は種の混同として、主体と客体の境界線を忘れていることとしてみなされる。
4:3 To assign thoughts or feelings to a creature known incapable of them would, indeed, be a problem.
4:3思考や感情を持つことができないとわかっている動物にそれらを当てはめようとすることは実
際に問題であろう。
4:4 But to ascribe to an animal emotions such as joy or sorrow is only anthropomorphic error if one knows that animals cannot feel such emotions.
4:4 しかし喜びや悲しみのような感情が動物にあると考えることは、動物がそのような感情を感じ
得ないということを知っているのであれば、擬人観的な誤りにすぎないのである。
4:5 Many scientists have made this decision, but not on the basis of evidence.
4:5 多くの科学者はこのような決定を下しているが、それは証拠に基づくものではない。
4:6 The situation is not so much that emotion is denied but that it is regarded as too dangerous — such a minefield of (8)(1. relativity 2. objectivity 3.subjectivity) that no investigation of it should take place.
4:6感情の存在が否定されているというよりはむしろ、感情は危険すぎる―主観性という地雷の埋
まった危険地帯である―ので、それについての調査は行うべきではないとみなされている、という のが状況なのである。
4:7 As a result, all but the most prominent scientists (9)(1. obtain 2. risk 3. establish) their reputations and credibility in venturing into this area.
4:7 その結果、最も著名な科学者でない限りは、この領域に入るにあたっては自らの評判と威信を
危険にさらすことになるのだ。
4:8 Thus many scientists may actually believe that animals have emotions, but be unwilling not only to say that they believe it, but unwilling to study it or encourage their students to investigate it. 4:8 こうして、多くの科学者が実際には動物が感情を持つと信じているかもしれないが、自分がそ れを信じていると進んで言うことをしないだけでなく、進んでそれを研究したり門下の学生にそ れを調査させたりすることもしないであろう。
4:9 They may also (10)(1. defend 2. attack 3. copy) other scientists who try to use the language of the emotions.
4:9 彼らはまた感情に関する用語を使おうとする他の科学者を攻撃するかもしれない。
4:10 Nonscientists who seek to retain scientific credibility must tread carefully.
4:10 科学的な信頼性を保持しようとする自然科学以外の学者は、慎重に進まなければならない。
4:11 An administrator at one internationally known animal training institute remarked, “We don’t take a position on whether animals have emotions, but I’m sure if you talked to any one of us we’d say ‘Sure they have emotions.’
4:11 ある国際的に知られた動物訓練施設の管理者は次のように発言している。「我々としては動
物が感情を持つかどうかについて一定の見解を取ることはしませんが、あなた方が我々のうちの
誰に聞いても、我々は『もちろん動物は感情を持っている』と答えるはずだと思いますよ。
4:12 But as an organization we would not want to be (11)(1. depicted 2. anticipated 3. rejected) as saying they have emotions.”
4:12 しかし一つの組織として我々は我々が動物は感情を持つと言っていると語られるのはありが
たくないですね」
x(10)2 (10)
直前の文中のbe unwilling to say that they believe it「自分がそれを信じていると進んで言うことをし
ない」というような消極的な態度からつながる保身的な行動である。

■第5段落
5:1 From the belief that anthropomorphism is a desperate error, a sin or a disease, flow further research (12)(1.taboos 2. incentives 3. interests) , including rules that dictate use of language.
5:1擬人観が絶望的な誤り、罪、あるいは病いであるという信念から、言語の用法を決定する法則 を含む、研究上のタブーがさらに発生する。
5:2 A monkey cannot be angry; it exhibits aggression.
5:2 猿が腹を立てるはずはない。攻撃性を示しているだけだ。
5:3 A crane does not feel affection; it (13)1.conceals 2. displays 3. prohibits) courtship or parental behavior.
5:3 鶴は愛情を感じることはない。求愛や親としての行動を示しているだけだ。
5:4 A cheetah is not frightened by a lion; it shows flight behavior.
5:4 チーターはライオンを恐れてなどいない。それは逃走行動を示しているだけだ、などである。 5:5 In keeping with this, Frans de Waal’s use of the word reconciliation in reference to chimpanzees who come together after a fight has been criticized: Wouldn’t it be more objective to say “first postconflict contact”?
5:5 この意見に同調して、フランス=ド=ワールが「和解(reconciliation)」という言葉をチンパン
ジーが喧嘩の後に寄り添うことについて述べるのに使用したことが、批判されてきている。「闘 争後の最初の接触」と言う方が客観的ではないか、というのだ。
5:6 In the struggle to be objective, this kind of language employs distance and the refusal to (14)(1. maneuver 2. manage 3. identify) with another creature’s pain.
5:6客観的であろうとする努力のうちに、この種類の言葉は疎遠さ、および他の動物の苦痛に共感
を持つことの拒否を含んでしまう。
・解答 (12)1
(12)
1. research taboo「研究上のタブー、禁制」
直後の文(A monkey cannot…)以下3文の具体例から類推。

■第6段落
6:1 Against this scientific orthodoxy, the biologist Julian Huxley has argued that to imagine oneself into the life of another animal is both scientifically (15)(1. avoidable 2. predictable 3. justifiable) and productive of knowledge.
6:1 この科学的正統主義に反し、生物学者ジュリアン=ハクスレーは、他の動物の生活に自分自身
をftてはめて想像することは科学的に見て正ftであり、知識を生み出すものであると主張してい る。
6:2 Huxley introduced one of the most extraordinary accounts of a deep and emotional tie between a human being and a free-living lioness, Joy Adamson’s Living Free, as follows:
6:2 ハクスレーは、ある人間と自由生活性の雌ライオンとの間の深く情緒的な絆についての最も並
外れた説明の一つであるジョイ=アダムソン著『リビングーフリー』を次のように紹介している。 6:3 When people like Mrs.Adamson (or Darwin for that matter) interpret an animal’s gestures or postures with the aid of psychological terms — anger or curiosity, affection or jealousy — the strict behaviorist (16)1. relieves 2. deprives 3. accuses) them of anthropomorphism, of seeing a human mind at work within the animal’s skin.
6:3 アダムソン夫人(もしくはこの問題に関してはダーウィン)のような人々が動物の身ぶりや姿勢
を、怒りや好奇心や愛情や嫉妬のような心理学的用語の助けを得て解釈するとき、厳格な行動主 義者は彼らが擬人観を持っており、人間の精神が動物の皮の内側に機能しているように見ている と言って非難する。
6:4 This is not necessarily so.
6:4必ずしもそのとおりではない。
6:5 The true ethologist* must be evolution-minded.
6:5本当の動物行動学者は発展的な心を持っていなければならない。
6:6 After all, he is a mammal.
6:6結局は彼も哺乳類なのだ。
6:7 To give the fullest possible interpretation of behavior he must have (17)(1. recourse 2. resistance 3. immunity) to a language that will apply to his fellow-mammals as well as to his fellow- man.
6:7行動についての可能な限りの解釈を行うためには、自分と同類である人間にと同様、自分と同
類の哺乳類にも当てはまる言語に頼らなければならない。
6:8 And such a language must employ subjective as well as objective terminology — fear as well as impulse to flee, curiosity as well as exploratory urge, maternal solitude in all its modulations in welcome addition to goodness knows what complication of behaviorist terminology.
6:8 そしてそのような言語は客観的な用語だけでなく主観的な用語も含む。すなわち「逃走への衝
動」だけでなく「恐怖」も、「探検の衝動」だけでなく「好奇心」も、行動主義の専門用語の訳 のわからぬ複雑さに加えてあらゆる抑揚で言われる「母親の孤独」という言葉も。
・解答 (15)3
(15)
3. justifiable「正ftな」
productive of knowledgeと並列であり、擬人観を正ft視する意見が述べられている。

■第8段落
8:1 The real problem underlying many of the criticisms of anthropomorphism is actually anthropocentrism.
8:1 擬人観への批判の多くの根底にある真の問題は、実は人間中心主義である。
8:2 Placing humans at the center of all interpretation, observation, and concern, and dominant men at the center of that, has led to some of the worst errors in science, whether in astronomy, psychology, or animal behavior.
8:2人間をすべての解釈や観察や関心の中心に置くこと、そして有力な人間をその中心に据えるこ
とは、天文学であれ心理学であれ動物行動学であれ、科学における最悪の誤りをもたらしてきて いるのである。
8:3 Anthropocentrism treats animals as (18)(1. superior 2. inferior 3. compatible) forms of people and denies what they really are.
8:3 人間中心主義は、動物を人の下等な形とみなし、その本当の姿を否定するものである。
8:4 It reflects a passionate wish to (19)(1. differentiate 2. alienate 3. dismiss) ourselves from animals, to make animals other, presumably in order to maintain humans at the top of the evolutionary hierarchy and the food chain.
8:4 それはおそらく人間を進化の階層社会と食物連鎖のトップに位置づけておくために自分たちを 動物と区別し、動物を別の物としておきたいという熱心な願望を映し出している。
8:5 The notion that animals are wholly other from humans, despite our common ancestry, is more (20) (1. likely 2. rational 3. irrational) than the notion that they are like us.
8:5 我々が共通の祖先を持つにもかかわらず、動物が全く人間と異なるという考えを抱くのは、動
物が我々と似ているという考えよりも理性を欠くものである。
・解答 (18)2 (19)1 (20)3
(18)
2.問題箇所を含むAnthropocentrism … peopleの部分は「人間中心主義は動物を人の下等な(inferior)
形とみなす」の意。
(20)
.rational「理性的な」
3.irrational「理性的でない」人間中心主義を非難している文脈から、3が最適。

環境情報学部 2,000 問1、
■第2段落
2:1 Identifying why it was so strong challenges our [1] (1. interest 2. objective 3. understanding) of the physical mechanisms responsible for El Niño.
2:1 それがどうしてそれほど強烈なものであったかを確認することは、エルニーニョの原
因となっている物理学的メカニズムを理解することを必要とする。
2:2 This is more than simply an academic question: the 1997-98 El Niño severely disrupted global weather patterns and Pacific marine ecosystems, and by one estimate caused $33 billion in damage and cost 23,000 lives [2](1. locally 2. worldwide 3. in the space) .
2:2 これは単なる学問上の疑問というだけで済むものではない。1997年から98年のエル ニーニョは、地球規模の気候形態や太平洋の生態系を崩壊させ、またある算定ではそれが 330億ドルの被害を生み、世界中で2万3千人の命が犠牲になったという。
2:3 There were warnings of a coming El Niño before it occurred.
2:3 エルニーニョの到来はその発生以前から兆候があった。
2:4 But although many computer forecast models predicted that 1997 would be warm in the tropical Pacific up to three seasons in advance, none predicted the rapid development or ultimate intensity of the event before it began.
2:4 しかし、予報型の多くのコンピュータが1997年は熱帯地方の太平洋が暖かくなると3 シーズンも前から予想したが、その現象が急激に発達しきわめて強烈なものになるとあら かじめ予想したコンピュータはなかった。
2:5 Clearly we have much to learn from this experience.
2:5 この経験から学ぶべきことがたくさんあることは明らかである。
・解答 [1]―3 [2]―2
<チェック>●(IA)
>[1]
直前の「強く要求する」(strong challenges)から続けるには3のunderstanding「(われわれが)
理解すること」が最適。
>[2]
2. worldwide「世界中の(で)」

■第3段落
3:1 El Niño, Spanish for ‘the child’ (and specifically the Christ child), is the name Peruvian fishermen gave to coastal sea temperature [3](1. silence 2. coldness 3. warmings) that first appeared around Christmas time.
3:1 エルニーニョはスペイン語で「子供」(具体的には幼児キリスト)を意味するが、それ は、クリスマスの時期に最初に現れた沿岸地方の海水温度の上昇に対してペルー人の漁師 たちがつけた名前である。
3:2 Now El Niño more generally refers to a warming of the tropical Pacific basin that occurs roughly [4] (1. every 2. any 3. some) three to seven years in association with a weakening of the trade winds.
3:2現在ではもっと一般的に、エルニーニョというのは、およそ3年から7年に一度、貿易 風の弱まりに伴って発生する熱帯地方の太平洋海域における温度上昇のことを指す。
3:3 The opposite side of El Niño, La Niña, is characterized by stronger-than-normal trade winds and unusually cold sea-surface temperatures in the tropical Pacific.
3:3 エルニーニョの逆の現象であるラニーニャは、通常よりも強い貿易風と、熱帯地方の
太平洋の海面温度が異常に低いことが特徴である。
3:4 Both El Niño and La Niña are [5] (1. disrupted 2. exchanged 3. accompanied) by swings in atmospheric pressure between the eastern and western Pacific.
3:4 エルニーニョ、ラニーニャとも、太平洋の東部と西部の間の気圧変動を伴う。
3:5 These swings are known as the Southern Oscillation.
3:5 このような変動は南方振動として知られている。
3:6 These phenomena are collectively [6] (1. preferred 2. referred to 3. gathered) as ENSO or El Niño/Southern Oscillation.
3:6 これらの現象はまとめてENSO(エンソ)あるいはエルニーニョ/南方振動と呼ばれる。 3:7 At the moment, a strong La Niña is evident in the tropical Pacific, with several (but not all) forecast models predicting a return to [7] (1. abnormal 2. formal 3. normal) by the end of 1999.
3:7現在、熱帯地方の太平洋で強いラニーニャ現象が起こっているが、いくつかの(すべて
ではないが)予測機器は1999年末までには正常な状態に戻ると予想している。
・解答 [3]―3
>[3]
エルニーニョはペルー沖合いの海面温度が上昇する現象をいう。次に続く文(Now…)にあ るa warmingからも容易に判断できる。

■第5段落
5:1 Nonetheless, the 1997-98 El Niño was an unusual one.
5:1 とはいっても、1997年から98年にかけてのエルニーニョは異常なものだった。
5:2 It developed so rapidly that every month between June and December 1997 set a new [10] (1. annually 2. monthly 3. weekly) record high for sea-surface temperatures in the eastern equatorial Pacific.
5:2 それはきわめて急速に発達したため、1997年の6月から12月までの毎月、太平洋東部 の赤道付近の海面温度の月間値は最高記録を更新した。
5:3 Anomalies (that is, deviations from normal) in December 1997 were the highest ever recorded along the Equator in the eastern Pacific.
5:3 1997年12月の偏差(つまり標準値からのずれ具合のこと)は、太平洋東部の赤道付近で
かつて記録されたうちでは最も激しいものであった。
5:4 Moreover, before 1997-98, the previous record setting El Niño occurred in 1982-83. 5:4 さらに、1997年から98年にかけての現象よりも以前、1982年から83年にかけて記録 的なエルニーニョが発生している。
5:5 These two ‘super El Niños’ were [11] (1. similar 2. different 3. separated) by only 15 years, compared with a typical 30-40 year gap between such events earlier this century. 5:5 これら2つの「スーパー・エルニーニョ」は、今世紀初頭の同様の現象の際にみられ たような、30~40年という典型的な間隔と比較しても、15年というわずかな間隔でしか なかったのである。
[11]―3 >[11]
最近の2回のエルニーニョの間隔が15年しか3.separate「離れて」いないことをいってい る。

■第6段落
6:1 Several factors may have contributed to the [12] (1. strength 2. Weakness 3. Calmness) of the 1997-98 El Niño.
6:1 1997年から98年のエルニーニョの強さには、いくつもの要因が関与したのだろう。
6:2 One is chaos, which some theories invoke to account for the irregularity of the ENSO cycle.
6:2一つはENSOの周期の不規則性を説明するためにいくつかの理論で引き合いに出される
無秩序というものである。
6:3 Nonlinear resonances involving ENSO and the seasonal cycle have received special attention, but other chaotic interactions may affect ENSO as well.
6:3 ENSOや季節の周期に関わる非直線的な共鳴振動はすでにかなり注目されてきたが、 他の無秩序な相互作用もまた、ENSOに影響を及ぼすことがある。
6:4 In 1997-98, events possibly acted together to produce an extraordinarily strong El Niño simply due to the underlying tendency towards chaos in the climate system.
6:4 1997年から98年にかけては、複数の現象が同時に作用して異常に激しいエルニーニョ
現象を生み出したが、おそらくそれは単に気象体系に潜在する無秩序への傾向が原因であ る。
6:5 A related issue is [13] (1. another 2. that 3. in case) of weather ‘noise.’
6:5関連した問題に気象の「ノイズ(雑音)」がある。
6:6 Weather phenomena, inherently unpredictable more than about two weeks [14] (1. in advance 2. ago 3. later), are a source of random forcing in the climate system.
6:6気象現象は、本来約2週間以上前に予知することはできず、気象体系に無原則に入り込
む力のもとになっている。
6:7 In the tropical Pacific, weather events occurring at the right time, and on time and space scales [15] (1. for 2. in 3. to) which the ocean is sensitive, can markedly alter the evolution of the ENSO cycle.
6:7熱帯地方の太平洋では、まさにうってつけのときに発生し、海に影響を与えやすいよう
な時間と空間の規模の気象現象は、ENSOの周期の発達を著しく変化させることがあるの である。
・解答 [12]―1
>[12]
第1段第2文(Called by…)にあるように、1997-98年のエルニーニョはその記録的なstrength
「強さ」が特徴。
[14]―1 >[14]
in advance「前もって」
前にunpredictable(「予想できない」)とあることから。

■第7段落
7:1 One notable source of weather in the tropics is the Madden Julian Oscillation(MJO), a wave-like disturbance in the atmosphere with a period of 30-60 days that originates over the Indian Ocean.
7:1熱帯地方の気象の注目すべき源の一つに、マデン・ジュリアン振動(MJO)があるが、そ れはインド洋に端を発し、30日から60日の期間にわたって波状に大気が乱れる現象であ る。
7:2 It could have been that the ocean got a healthy kick from the MJO at just the right time to send it on a course towards record [16] (1. cold 2. low 3. high) temperatures.
7:2記録的な高温を生む経過につながるまさにうってつけの時期に海洋がMJOからかなり
の影響を受けたということが可能性としてある。
7:3 The tropical Pacific was preconditioned for the beginning of an EI Nino by the build-up of excess heat in the western equatorial Pacific due to stronger than normal trade winds in 1995-96.
7:3熱帯地方の太平洋は、1995年から96年に通常よりも貿易風が強まったため、赤道付近
の西太平洋に過剰な熱が形成され、エルニーニョが始まる条件は整っていた。
7:4 However, beginning in late 1996, the MJO was particularly energetic, and several cycles of the wave amplified through nonlinear ocean-atmosphere interactions [17](1. since 2. as 3. because) they passed over the western Pacific.
7:4 しかし、1996年後半からのMJOは特に強く、いくつかの波の周期は、太平洋西部を通 過する際に、海洋と大気の非直線的な相互作用によって増大した。
7:5 This set in motion a series of positive feedbacks between the ocean and the atmosphere which reinforced initial MJO-induced warming.
7:5 このことによって海洋と大気の相互作用が増大し始め、MJOが引き起こした最初の温
度上昇が補強された。
・解答 [16]―3 [17]―2
>[16]
あとに続く文(The tropical Pacific…)にexcess heatとあることから推測。 recordは「記録的な」の意。

■第8段落
8:1 Another [18] (1. possibility 2. advantage 3. source) is that the ENSO cycle may be interacting with the Pacific Decadal* Oscillation (PDO) — which, as the name [19] (1. compels 2. implies 3. occasions), is a naturally occurring oscillation of the coupled ocean- atmosphere system in the Pacific with a period of several decades.
8:1 もう一つの可能性としては、ENSOの周期がパシフィック・デカダル振動(PDO)と相 互に作用しているかもしれないということがある。それはその名が示すとおり、数十年に わたって、太平洋における海洋と大気の連結システムが自然に振動することである。
8:2 In association with the PDO, sea surface temperatures have generally been higher in the tropical Pacific from the mid-1970s.
8:2 PDOと関連して、1970年代半ばから熱帯地方の太平洋の海面温度が概して上昇してき ている。
8:3 Since then, there have been more EI Nanos than La Niña’s.
8:3 それ以来、ラニーニャよりもエルニーニョのほうがより頻繁に発生している。
8:4 The early 1990s was a [20] (1. length 2. duration 3. period) of extended warmth in the tropical Pacific, and two super EI Nanos occurred.
8:4 1990年代の初めは熱帯地方の太平洋が広範囲にわたって高温になった時期であり、二
度のスーパー・エルニーニョが発生した。
8:5 The PDO may be one of the reasons for the observed decadal changes of the ENSO cycle, because it affects the background conditions on which ENSO events develop.
8:5 PDOはENSO周期が10年規模で変動するのが観測される原因の一つかもしれない。な
ぜなら、それはENSOの現象が発達する背景的条件に影響を与えるからである。
8:6 From that perspective, the strength of the 1997-98 EI Nino may be but one manifestation of a linkage between internal and decadal climate variations in the Pacific. 8:6 その観点からすると、1997年から98年にかけてのエルニーニョの強烈さは、太平洋に おける気候の年ごとの変動と10年ごとの変動との関連性を明示したものの一つにすぎない かもしれない。
・解答 [18]―1
>[18]
前段(第7段)の冒頭にOne notable source…とあることから3と考えやすいが、あとにthat節が
続くことを考えると適切でない。
第2文のIt could have been that…(「…であった可能性がある」)を受けてanother possibility(「もう一つの可能性は…」)と記したと考えられる。
[19]―2 >[19]
imply「意味する、ほのめかす」

環境情報学部 2,000 問2
■第2段落
2:1 When the photograph first appeared, it accompanied a story of the famine that has once again [1] (1. moved 2. solved 3. resulted from) political violence and the chaos of civil war in the southern Sudan.
2:1 この写真が初めて登場したとき、スーダン南部での政治的暴力と内戦の混乱からまた もや生じた飢饉の話が写真についていた。
2:2 The Times’ self-congratulatory account fails to adequately evoke the image’s shocking effect.
2:2 『タイムズ』紙の自画自賛めいたその説明は、その写真のもつ衝撃的な効果を十分に
呼び起こしてはいない。
2:3 The child is [2] (1. much 2. hardly 3. a little) larger than an infant; she is naked; she appears bowed over in weakness and sickness, incapable, it would seem, [3] (1. from 2. of
3. for) moving; she is unprotected.
2:3 その子供の体はほとんど幼児同然の大きさしかない。彼女は裸で、衰弱と病気でうつ
ぶせているように見え、動けないようであり、無防備である。
2:4 No mother, no family, no one is present to prevent her from being attacked by the vulture, or succumbing to starvation and then being eaten.
2:4母も、家族も、いや誰一人として、ハゲワシに攻撃されること、あるいは飢死してつい
には食べられてしまうことから彼女を守る者はそこにいない。
2:5 The image suggests that she has been abandoned.
2:5 その画像から彼女は置き去りにされたと伺える。
2:6 Why?
2:6 それはなぜか。
2:7 The reader again is led to imagine various [4] ( 1. scenarios 2. styles 3. collections) of suffering: she has been lost in the chaos of forced uprooting; her family has died ; she has been deserted near death in order for her mother to [5] ( 1. keep up with 2 .get rid of 3. hold on to) more viable children.
2:7 ここで再度読者はさまざまな不幸のシナリオを想像させられるのである。強制退去の 混乱の中で迷子になってしまった。家族が死んでしまった。 あるいは、もっと生き延びる見込みのある子供らを母親が手放さないためにこの子が瀕死 の状態で見捨てられた、などというふうに。
2:8 The image’s great success is that it causes the reader to want to know more.
2:8 この画像の成功の大きな点は読者にさらなる情報を知りたいと思わせるところにあ る。
2:9 Why is this innocent victim of civil war and famine unprotected?
2:9 なぜこの罪のない内戦や飢饉の犠牲者は保護されないままなのか。
2:10 The vulture embodies danger and evil, but the greater dangers and real forces of evil are not in the “natural world”; they are in the political world, [6] (1. including 2. predicting 3. speaking of) those nearby in army uniforms or in government offices in Khartoum.
2:10 ハゲワシは危険と悪を具体化しているが、より大きな危険や本ftの悪の力は自然界 には存在しない。それらは、軍服を着た人々やハルツームの官庁にいる身近な人々を含 む、政治の世界の中にある。
2:11 Famine has become a political strategy in the Sudan.
2:11 スーダンにおいて飢饉は政治的な戦略となっているのである。
[4」―1 [5]2―3
>[4]
scenario「筋書き、シナリオ」
読者が想像する「不幸のシナリオ」の例が直後に述べられている。

■第6段落
6:1 Watching and reading about suffering, especially suffering that exists [11]( 1. in the past 2. nowhere 3. somewhere else) , has become a form of entertainment.
6:1不幸を見たり読んだりすることは、特にどこか別の場所に存在している不幸について
は、娯楽の一形態となっている。
6:2 Images of trauma are part of our political economy.
6:2 ショッキングな映像は我々の政治経済学の一部なのである。
6:3 Papers are sold, television programs gain [12] (1. audience share 2. no program 3. less time) , careers are advanced, jobs are created, and prizes are awarded through the consumption and appropriation of images of suffering.
6:3 不幸を写した画像を消費し、流用することで、新聞は売れ、テレビ番組は視聴率を稼
ぎ、職業的地位は向上し、仕事が生み出され、賞が与えられるのである。
6:4 Kevin Carter won the Pulitzer Prize, but his victory, substantial [13] (1. for 2. as 3. like) it was, was won because of the misery (and probably death) of a nameless little girl.
6:4 ケビン=カーターはピューリッツァー賞を受賞したが、彼の勝利は、それが重要なこ とだったとはいえ、名もなき少女の不幸(そしておそらくは死)によって獲得されたもので ある。
6:5 That [14] (1. least 2. more 3. less) dubious side of the appropriation of human misery in the globalization of cultural processes is what must be addressed.
6:5文化的経過の世界化の中で、人間の不幸を不当に利用するという、そのようなより疑
わしい側面にこそ取り組まなければならないのである。
・解答 [11]―3
>[11]
suffering that exists somewhere else「どこか別の場所で存在している不幸」この段(第6 段)では、直接自分とは関係ない世界で起こっている不幸な出来事が、人々の関心をあお り利用されていることを述べている。
[12]―1 >[12]
gain audience share「視聴占拠率を稼ぐ」直前にPapers are sold「新聞が売れる」とある ことから判断。

■第7段落
7:1 One message that comes across from viewing suffering from a distance is that [15] (1. based on 2. together with 3. for all) the havoc and chaos in Western society, we are somehow better than this African society.
7:1遠くから人の不幸を眺めることから伝わってくるメッセージの一つは、西欧社会の荒
廃と混沌にもかかわらず、我々のほうがこのアフリカ社会よりも幾分ましであるというこ とである。
7:2 We gain in moral status, and some of our organizations gain financially and politically, while those whom we represent, or appropriate, remain where they are, slowly dying, surrounded by [16] ( 1. vultures 2. chance 3. mistake) .
7:2我々は道徳的地位において利益を得、また我々の組織のいくつかは経済的・政治的に
利益を得ている。だが一方では我々が表現し、利用している人々はその場にとどまり、ハ ゲワシに囲まれてじわじわと死につつあるのである。
7:3 This “consumption” of suffering in an era of so-called “disordered capitalism” is not so very different from the late nineteenth-century view that the savage barbarism in non- Christian lands justified the valuing of our own civilization at a higher level of development
— a view that authorized colonial exploitation.
7:3 このようないわゆる「乱れた資本主義」の時代における不幸の「消費」は、非キリス ト教国の野蛮な未開状態が、我々の文明がより高い発達水準にあると評価するのを正ft化 したという、19世紀後半の考え方―つまり植民地開発を認めた考え方―と大差ないのであ る。
7:4 Both are [17] (1. forms 2. aware 3. ignorant) of cultural representation in which the moral, the commercial, and the political are deeply involved in each other.
7:4両者とも、その中に道徳、商業、政治が互いに深く関わった文化の表現形態である。
7:5 The point is that the image of the vulture and the child carries cultural entailments, including the brutal history of colonialism as well as the dubious cultural baggage of the more recent programs of “modernization” and globalization (of markets and financing), that have too often [18] ( 1. improved 2. worsened 3. overcame) human problems in sub- Saharan Africa.
7:5重要なのは、ハゲワシと子供の画像は文化的内含を伴っているということである。そ
れは植民地主義の残忍な歴史、およびより近年の(市場と財政の)「現代化」と世界化の計
画といういかがわしい文化的な荷物を含むものであり、またそれはアフリカのサハラ以南 の人々の問題をあまりにも頻繁に悪化させてきたものである。
[16]―1 >[16]
直前に「~に囲まれ、じわじわと死んでいく」(Slowly dying, surrounded by)とあることか
ら。写真を例にとって述べている。
[17]―1 >[17]
1. forms「形、形態」
文頭の「両者」(Both)とは、一つは今回の写真のような「不幸の消費」を指し、もう一つ
は「19世紀後半の考え方」を指す。
[18]―2 >[18]
2. worsen「悪化させる」

■第9段落
9:1 The photograph is a professional transformation of social life, a politically relevant rhetoric, a constructed form that ironically naturalizes experience.
9:1 この写真は専門家による社会生活の変形であり、政治に関係したレトリックであり、
皮肉にも経験を自然なものとみなす、一つのつくられた形なのである。
9:2 As Michael Shapiro puts it,
… representation is the absence of presence, but because the real is never wholly present to us — how it is real for us is always [20](1. cut 2. gone 3. mediated) through some representational practice — we lose something when we think of representation as mimetic (or the exact copy of reality) …
9:2 マイケル=シャピロも言ったように、「…表現することは実在の欠如である。しかし、 現実の全体は決して我々に提示されないのであるから―我々にとっての現実のありようは 常に何らかの表現上の操作を通じて伝えられているので―表現を模倣(もしくは真実の忠実 なコピー)とみなすとき、我々は何かを失うのである…」
・解答 [20]―3
>[20]
mediate「仲介する、取り次ぐ、伝える」

環境情報学部 2,001 問1、
■第3段落
3:1 How do children do it?
3:2 どうやって子供達はそれをするのだろうか。
3:2 It is possible that Project Washoe may indicate an answer.
3:2 プロジェクト・ワシューが一つの答えを示している可能性がある。
3:3 This project was an attempt to teach a form of human language, namely American Sign Language, or ASL, to a chimpanzee named Washoe.
3:3 このプロジェクトは人間の言語の一つの形態、すなわちアメリカサインランゲージつ
まりASLを、ワシューという名のチンパンジーに教える試みであった。
3:4 She acquired about 240 signs and produced them in sequences.
3:4彼女は約240の身ぶりを習得し、それらを連続して示した。
3:5 Her progress in learning ASL could help answer the question by [2] (1. pulling 2.switching 3. Shedding) light on the origins of language.
3:5彼女のASL習得の過程は、言語の起源に光を当てることによってその疑問の解明に寄与
するものであった。
3:6 Until she began signing, it was assumed that sometime after our ancestors diverged from Washoe’s ancestors about six million years ago, we evolved an anatomical structure that enabled us to develop language.
3:6彼女が身ぶりを使い始めるまでは、我々の祖先がワシューの祖先から約600万年前に枝
分かれした後のある時期に、我々は言語発達を可能にする解剖学的構造を進化させたと考 えられていた。
3:7 But if Washoe could learn a human sign language it meant that the common ancestor of both humans and chimps also must have had the [3] (1. capacity 2. longing 3. admiration) for gestural communication.
3:7 しかし、もしワシューが人間の手話を学ぶことができるのなら、それは人間とチンパ
ンジーの両方に共通する祖先が、身ぶりによるコミュニケーション能力を有していたに違 いないということを意味していた。
[3]―1>[3]
capacity「能力」
「人間とチンパンジーの共通の祖先」が「身ぶりによるコミュニケーション」について 持っていたもの、という文脈である。

■第5段落
5:1 You may think that linguists welcomed Project Was hoes attempt to map out a likely pathway for the evolution of human language.
5:1人間の言語発達のありそうな道筋を精密に示そうというプロジェクト・ワシューの試み
を言語学者らが歓迎していた、とあなたは考えるかもしれない。
5:2 But this pathway pointed in a direction that utterly [7] (1. Supported 2.contradicte 3. reinforced) a theory of language acquisition that was widely accepted in the 1960s.
5:2 しかしこの道筋は、1960年代に広く受け入れられていた言語習得の理論とは全く食い
違った方向を向いていた。
・解答 [7]―2
>[7]
contradict「~と矛盾する、食い違う」
前の文に「人間の言語発達のありそうな道筋を精密に示そうというプロジェクト・ワシュー
の試みを言語学者らが歓迎していた、とあなたは考えるかもしれない」とあり、それに「し かし(But)…」と逆接で続く文であることから推測できる。

■第8段落
8:1 [10](1.Unexpectedly 2. Fortunately 3. Obviously) , if a universal grammar did exist, no human two year-old would be able to learn such a complex system.
8:1 明らかに、たとえ普遍的な文法が存在するとしても、2歳の人間がそのような複雑な体
系を学ぶことはできないであろう。
8:2 So Chomsky suggested that every child is born with a “language acquisition device” that already has the universal grammar built in.
8:2 したがってチョムスキーは、すべての子供は普遍的文法をすでに内蔵した「言語習得
装置」を持って生まれるということを示唆した。
8:3 According to Chomsky, the universal grammar was part of a child’s genetic makeup, making language unique to humans.
8:3 チョムスキーによると、普遍的な文法は子供の遺伝子構造の一部であり、言語を人間
特有のものにしているのだという。
・解答 [10]―3
>[10]
あとの「(~だとしても)2歳の人間がそのような複雑な体系を学ぶことはできない(no
human … system)」という文脈から考える。

■第9段落
9:1 Chomsky said that the language acquisition device — or “language organ” — was located in the left hemisphere of the brain, but there is no anatomical [11] (1. counterpart 2. hypothesis 3. evidence) to support this.
9:1言語習得装置、言い換えれば「言語器官」は左脳に位置するとチョムスキーは言った
が、このことを立証する解剖学的証拠はない。
9:2 But anatomy aside, the language device was a reasonable hypothesis for explaining how children acquired language.
9:2 しかし解剖学はさておき、その言語装置というのは子供が言語を習得する方法を説明
するための理にかなった仮説であった。
9:3 What was not reasonable, however, was Chomsky’s [12] (1. suggestion 2. criticism 3. analogy) that such a device was unique to humans.
9:3 しかし理にかなっていないのはそのような装置が人間に特有のものであるとチョムス
キーが示唆したことであった。
9:4 There simply wasn’t enough time, in the brief six million year period since humans diverged from apes, for evolution to add on a completely new brain structure.
9:4人類がサルから枝分かれしてからの600万年という短期間に、全く新しい脳の構造に進
化を加える十分な余裕は決してなかった。
9:5 This “add on” scenario was at odds with the laws of biology.
9:5 この「付加」のシナリオは生物学の法則と一致しなかった。
9:6 The primate brain did not evolve like an ever-expanding house, adding on new rooms as it grew from monkey ancestor to ape ancestor to human.
9:6霊長類の脳は、サルの祖先から類人猿の祖先へ、そして人間へと変わっていくにつれ
て、新しい部屋を付加しながら膨張し続ける家のように進化したのではない。
9:7 Instead, evolution was continually [13](1.abandoning 2. reorganizing 3. eliminating) what it already had taking old structures and putting them to use for new mental tasks.
9:7 そうではなく、進化はすでに有するものを継続的に再編成していた。すなわち古い構
造を用いて、新たな思考の仕事のために利用していたのである。
・解答 [11]―3
>[11]
直後に「これを立証するための(to support this)」とあることからわかる。
[12]―1
>[12]
Chomsky’s suggestion that…「…というチョムスキーの示唆」that以下を修飾。
3のanalogyは、似たものと比較して「類推」することを意味し、この文脈では不自然。
[13]―2
>[13]
後述のダッシュ(―)以下で「古い構造を用いて、新たな思考の仕事のために利用してい た」と言い換えていることから、2のreorganize「再編成する」が最適。

■第11段落
11:1 From the viewpoint of biologists, this has always been the problem with the language acquisition device.
11:1生物学者の見地からすると、このことは常に言語習得装置にかかる問題となってい
る。
11:2 Whenever we study [15] (1.account for 2. discount 3. calculate) its evolutionary development from ancestral species.
11:2我々が解剖学の一面を研究するといつでも、祖先の種からの進化的発達を説明しなけ
ればならない。
11:3 Linguists, however, did not consider evolutionary constraints.
11:3 しかし言語学者は進化の上での制約のことを考えてはいなかった。
11:4 They simply assumed a discontinuity between humans and apes and worked on the assumption that human language stood [16] (1. outside 2. inside 3. beside) the animal kingdom.
11:4彼らはただ人間と類人猿との間の「断絶」を想定し、人間の言語は動物界の外側に位
置するという想定で取り組んでいた。
11:5 To Chomsky, human language bore no relation to any other form of animal communication.
11:5 チョムスキーにとって、人間の言語は他のいかなる動物の意思疎通形態とも関連を
持たなかったのである。
[16]―1
>[16]
同文中で「人間と類人猿との断絶」と述べていることから明らか。

■第12段落
12:1 It is easy to see how Chomsky reached this conclusion.
12:1 チョムスキーがこのような結論に達した経緯は簡単にわかる。
12:2 He did not study language as social communication, namely, the face-to-face interactions between humans that integrate words, intonation, and body language.
12:2彼は社会的意思疎通、つまり単語やイントネーションやボディランゲージを統合する
人間同士の間での直接の相互作用として言語を研究したのではない。
12:3 The way people speak is [17] (1. based upon 2. similar to 3. different from) the visual grammar of ASL.
12:3人の話し方はASLの「視覚的な」文法に類似している。
12:4 In ASL I can color the sentence “I feel good” with different shades of meaning — from “cautiously good” to “unbelievably good” — by altering the height or speed of my sign.
12:4 ASLでは、「私は気分が良い」という文に、身ぶりの高さや速さを変えることによっ て、「おそらく気分が良い」から「信じられないくらい良い」に至るまで、いろいろな意
味の濃淡をつけることができる。
12:5 When speaking English, I can use tone and facial expression to color the word “good” with the same shadings.
12:5英語を話す時には、「良い」という言葉に同じ濃淡をつけるのに語調や顔の表情を利
用することができる。
・解答 [17]―2
>[17]
文全体の意味は「人の話し方はASLの『視覚的な』文法に類似し(similar)ている」とな
る。あとの2文で、ASLと英語を比較し、その似た点を挙げていることからわかる。

■第13段落
13:1 By focusing on words on the page, Chomsky [18] (1. placed 2. removed 3. interpreted) language from its social context.
13:1書面に書かれた言葉に焦点を当てることによって、チョムスキーは言語をその社会的
状況から取り除いた。
13:2 All the face-to-face signaling behaviors we share with chimpanzees were considered unimportant; the idea of a chimpanzee learning language was considered [19] (1.absurd 2. ambiguous 3. acceptable) .
13:2我々がチンパンジーと共有する、差し向かいで行う身ぶり動作のすべては、重要でな
いとみなされた。チンパンジーが言語を学ぶという考えはばかげているとみなされたので ある。
13:3 Chomsky said it was like an island of birds that had the power to fly but had never done so; if chimps had an innate capacity to use language, they’d already be talking in the wild.
13:3 チョムスキーは、それは飛ぶ能力を持ちながら、一度も飛ぼうとしたことがない鳥 の棲む島のようなものだと言った。もしチンパンジーが言語を使用する能力を生まれつき
持っているならば、すでに野生のままで会話をしているであろう、というのである。
・解答 [18]―2
>[18]
Chomsky以下は「言語をその社会的状況から取り除いた」という意味になる。前の段落の
第2文(He did not …)と似た内容。チンパンジーの行う身ぶりは言語ではなく、また人間の 言語とは関係がないというチョムスキーの考えが、そのあと本文最後まで述べられている。

[19]―1
>[19]
absurd「ばかげた」
同文中に、チンパンジーの身ぶりは「重要でないとみなされた」とあり、それを受けて説
明した文。

■第14段落
14:1 Of course chimpanzees have been using gestural communication in the wild for millions of years, and their dialects of hand movement, facial expression, and body language look like the nonverbal elements of human language.
14:1 もちろん、チンパンジーは身ぶりによるコミュニケーションを、何百万年もの間自
然の中で使用してきており、手の動きや顔の表情やボディランゲージによる彼らの通用語
は、人間の言語のうちの非言語の要素のように見える。
14:2 Those of us in Project Washoe looked at chimpanzee gesture and saw the roots of human language.
14:2 プロジェクト・ワシューに関わった我々メンバーは、チンパンジーの身ぶりを見て
人間の言語のルーツを目にした。
14:3 But Chomsky had already [20] (1. disputed 2. proved 3. decided) that human gesture is not linguistic.
14:3 しかしチョムスキーは、人間の身ぶりは言語ではないとすでに決めてしまってい
た。
14:4 So whatever chimpanzees were doing in the wild, their gestural dialects could not be related in any way to human language.
14:4 したがって、チンパンジーが自然の中で何をしようとも、彼らの身ぶりによる通用
語は、人間の言語とはいかようにも関係づけることはできなかったのである。
・解答 [20]―3
>[20]
that以下を含めて「人間の身ぶりは言語ではないと決めた」の意味になる。前の段落で身
ぶり動作は重要でないとするチョムスキーの考えが紹介されており、2のように「証明し た」とまでは言えない。また1のdisputeは「~に異論を唱える」の意。

環境情報学部 2,001 問2、
■第2段落
2:1 It is estimated that, in the past 20 years, ten million breeding individuals of ten species of farmland birds have disappeared from the British countryside.
2:1 ここ20年間で、農地に生息する鳥10種のうち、繁殖している一千万羽の個体がイギリスの田 園地方から消えたと算定されている。
2:2 The decline in bird numbers in part [1](1. reflects 2. reviews 3. revises) the decline of those insects and plant populations upon which they depend.
2:2鳥の数の減少は、鳥が依存している虫や植物の個体数の減少をいくぶん反映している。
・解答 [1]―1
[1]
「鳥の数の減少は、鳥が依存している虫や植物の個体数の減少をいくぶん( )」のカッコ内に入る
ものとしては、reflect「反映する」が最適。

■第3段落
3:1 [2](1. Opposite 2. Particular 3. Parallel) changes have taken place in many other European countries, although these have not been documented in as much detail as in Britain, where censuses are carried out by the British Trust for Ornithology (BTO).
3:1同様の変化がヨーロッパの他の多くの国で起こっている。もっとも、これらの変化は、英国鳥
類学トラスト(BTO)によって一斉調査が行われたイギリスほどには詳細に記録されてはいないが。
3:2 In all, 116 species of farmland birds — one fifth of European birds — are now of conservation concern.
3:2全体で、農地に生息する116種の鳥が―それはヨーロッパの鳥の5分の1であるが―現在、保護す べきものとして懸念されている。
・解答 [2]―3
>[2]
Parallel changes have taken place「同様の変化が起こっている」同じ段落の最終文(In all…)に、 第1段と同様、鳥の減少について書かれていることから判断できる。

■第4段落
4:1 Rachel Carson’s classic 1963 books Silent Spring [3](1. announced 2. alerted 3. altered) the public to the toxic side effects sofa insecticides, such as DDT, that had fueled the green revolution. 4:1 1963年に書かれたレイチェル=カーソンの古典的な著書『沈黙の春』は、緑の革命の原動力と
なったDDTのような殺虫剤の有毒な副作用について人々に警告した。
4:2 Traces of these chemicals were found to persist in the food chain, reaching higher [4](1. worries 2. concentrations 3. weights) , and hence having more severe effects, at successive levels in the food chain.
4:2 これらの微量の化学物質が食物連鎖の中に残存し、より高い濃度に達してゆくことで、結果と
して、食物連鎖の後の方の段階でより深刻な影響を持つことが知られている。
4:3 They were identified as the cause of rapid population decline in birds of prey, such as falcons and hawks, through the thinning of eggshells.
4:3 それらは、ハヤブサやタカのような猛禽が、卵の殻が薄くなったために急速に個体数が減少し
ていることの原因として確認されている。
4:4 The offending chemicals have now been [5](1. phased out 2. accumulated 3. retained) in the United Kingdom and many other countries, but their use is still increasing in some parts of the world.
4:4 それらのやっかいな化学物質は、現在、イギリスや他の多くの国で段階的に使用が禁止されて
いるが、世界のいくつかの地域ではそれらの使用がなおも増加しつづけている。
[4]―2 >[4]
concentrations「濃度」
食物連鎖(food chain)の中で化学物質の濃度が次第に高くなっていくことが述べられている。
[5]―1 >[5]
phase out「段階的に廃止する」
同じ文の後半で「しかしそれらの使用はなおも増えつづけている」(but their use…)と述べているこ
とから判断できる。

■第6段落
6:1 Can we be sure that the bird declines in the United Kingdom are caused by agricultural intensification?
6:1 イギリスにおける鳥の減少は、本ftに農業の集約化が原因であると言えるだろうか。
6:2 Although the cause of these declines has not been proven, there are some suggestive figures.
6:2 これらの減少の原因は証明されてはいないものの、示唆に富んだ数字がいくつかある。
6:3 For example, annual BTO censuses of 42 species of breeding birds show that 13 species living [8](1. exclusively 2. prevalently 3. geographically) in farmland declined by an average of 30% between 1968 and 1995, while 29 species of birds that can live anywhere have increased by an average of 23%.
6:3例えば、繁殖している42種の鳥についてのBTOによる年間調査によると、もっぱら農地だけに
生息する13種が1968年から1995年の間に平均30パーセント減少したのに対し、どこにでも生息で きる29種の鳥は平均23パーセント増加しているのである。
・解答 [8]―1
>[8]1.exclusively「もっぱら、~のみ」2.prevalently「一般的に」3.geographicaly「地理的に」同 じ文の後半にある。「どこにでも住むことのできる鳥の種」(species of birds that can live anywhere)と対応した表現であることに注目。「もっぱら農地だけに生息する種」という意味にな
るようにする。

■第8段落
8:1 The United Kingdom has three agricultural schemes that could have benefits for [11] (1.intensification 2. biodiversity 3. revolution) .
8:1 イギリスでは、種の多様性に対して利益をもたらしうる3つの農業計画が立てられている。
8:2 Two of these schemes, the Environmentally Sensitive Areas and the Countryside Stewardship Scheme, both subsidize* farmers to preserve traditional landscape features.
8:2 これらの計画のうちの2つは、「環境上の影響を受けやすい地域」と「田園地方土地管理計 画」であり、どちらも昔からある地形の特徴を保全するために農場経営者に補助金を出すもので
ある。
8:3 Between them they cover about 12.5% of agricultural land.
8:3 3つの計画のうち、両者で農地の約12.5パーセントをカバーしている。
8:4 Unfortunately, there are few data to [12](1. demonstrate 2. experiment 3. authorize) whether or not these schemes have benefits for biodiversity, although some habitats have been preserved or restored.
8:4 いくつかの生息地は保護あるいは復旧されてはいるが、不運にもこれらの計画が種の多様性に
利益をもたらしているのかどうかを実証するデータはほとんどない。
8:5 A third scheme, “set-aside,” subsidizes farmers to leave some fields uncultivated.
8:5 「農地使用差し止め」という第3の計画は、農場経営者に補助金を出し、いくつかの農地を休 耕地にしておくというものである。
8:6 The available data show that set-aside can be beneficial for birds and other wildlife.
8:6入手可能なデータによると、農地使用差し止めは、鳥や他の野生生物に利益を与えうるもので
あることがわかっている。
8:7 But set-aside will probably be discontinued early in the 21st century.
8:7 しかし、農地使用差し止めは21世紀初頭におそらく中断されるであろう。
8:8 Although we can, as described above, devise schemes that may help a traditional environment or individual species to [13](1. recover 2. conserve 3. adhere) , there appears to be no single program or combination of programs that can reverse the decline in a large general population such as farmland birds.
8:8昔からある環境や個々の種を回復させる助けになるような計画を上記のように考案することは
できるが、農地に生息する鳥といった広く全般的な単位での個体数の減少を逆転させうる計画、 あるいは計画の組み合わせは、一つもないように見える。
8:9 Therefore, the most general prescription seems to be to reverse the intensification of agriculture as a whole.
8:9 したがって、最も包括的な処方箋は、農業の集約化そのものを転換させることであるように思
われる。
・解答 [11]―2
>[11]
環境保護のための農政について語っている文脈であるから、2のbiodiversity「種の多様性」が最
適。[12]のあとにも同じ表現(Whether or not these schemes have benefits for biodiversity)がある。
[12]―1 >[12]
demonstrate「実証する」
data to demonstrate…「…を実証するデータ」
[13]―1 >[13]
recover「回復する」
2のconserve「保存する」は他動詞なので不可。

■第9段落
9:1 A slightly more specific prescription comes from the habitat heterogeneity and lower intensive agriculture found in the concepts of organic farming.
9:1 わずかだがより明確な処方箋が得られるのは、生息環境の多様性、および有機農業の概念に見 られる低集約的農業という考えからである。
9:2 Although several comparisons of organic and conventional farms have [14](1. recommended 2. Suggested 3. Guaranteed) that organic farming is good for biodiversity, this benefit probably relates to such features as crop diversity and maintenance of natural field borders rather than to any “belief” in organic farming.
9:2 有機農場と従来の農場とのいくつかの比較により、有機農業が種の多様性にとってよいもので
あると示唆されているが、このような利益はおそらく、有機農業に対するいかなる「信念」より もむしろ、作物の多様性や自然の原野の境界線の維持というような特徴と関係している。
9:3 Although there have been no systematic comparisons of the biodiversity benefits of organic and other “wildlife friendly” farming methods, it seems that heterogeneous landscapes are good for birds.
9:3 有機農業と他の「野生生物にやさしい」農法とが、種の多様性に対してどのような貢献をして
いるかについての系統的な比較は今までなされていないが、多様性の保たれた地形は鳥のために よいように思われる。
・解答 [14]―2
>[14]
that以下を含めて「有機農業が種の多様性にとってよいものであると示唆されている」となる。主
語が「有機農場と従来の農場とのいくつかの比較」であることから、1のrecommended「推奨し た」は不自然だし、また完璧な解決策を述べている文脈ではないので、3.guaranteed「保証してい る」ともいえない。

■第10段落
10:1 On a larger scale, there are unresolved questions for conservation ecology about the [15](1. moral values 2. policy decisions 3. relative merits) of a less intensive, more environmentally friendly agriculture throughout the countryside on the Eastern European model versus a highly intensive agriculture in breadbasket regions with separate, large nature reserves on the North American model.
10:1 より大きな観点からすれば、田園地方全体にわたってより低集約的な、より環境にやさしい
農業を展開する東欧型農業と、穀倉地帯で高度に集約的な農業をおこない、それとは別に大きな
自然保護区域を設けておく北米型農業との優劣をめぐる、保護生態学上の問題がまだ解決されて
いない。
10:2 The United Kingdom is probably too small for the North American model, but one could imagine some form of it on a Europe wide basis, especially if reduced subsidies were to make agricultural production [16](1. unresponsive 2. unrealized 3.uneconomic) in some areas, and instead conservation were to be subsidized.
10:2 イギリスは北米型をとるにはおそらく狭すぎるが、ヨーロッパ全体を基礎とした一種の北米
型という形態を想像することはできるだろう。とりわけ、もしも補助金が減少することで一部の
地域での農業生産が経済に合わなくなり、逆に環境保全に補助金が出されるようなことになると
したら。
[16]―3
>[16]
1.unresponsive「感受性の低い、非同調的な」 2.unrealized「実現されていない」 3.uneconomic「非経済的な、利益が上がらない」
「もしも補助金が減少することで一部の地域での農業生産が( )になるなら」のカッコ内に入るも
のとしては3が最適。

■第11段落
11:1 In the United Kingdom, as in most of Europe, people have made the landscape.
11:1 イギリスでは、ヨーロッパのほとんどがそうであるように、地形は人々の手によってつくら れてきた。
11:2 This means that the characteristic habitats and species that conservationists wish to preserve are generally there because of traditional land management rather than [17](1. in spite of 2. in conjunction with 3. in consequence of) it.
11:2 このことが意味するのは、保護論者たちが保全したいと思っている特有の生息地や種は、概 して、伝統的な土地管理にもかかわらずというよりはむしろ、それがあったからこそ、今もそこ に残っているということである。
11:3 The future shape and purpose of the countryside is society’s choice.
11:3将来、田園地帯がいかなる形をとり、いかなる目的を持つようになるかは、社会が選択するこ
とである。
11:4 At present, most of those in the United Kingdom who voice an opinion would prefer a countryside in which agricultural production is moderated with conservation.
11:4現時点では、意見を表明するイギリスの人々のほとんどは、農業生産が穏やかな形をとって環
境保全と両立しているような田園地帯になればよいと思うだろう。
11:5 And on a worldwide stage this makes sense for a sustainable future: the green revolution gave success at a price, and that price cannot be paid [18](1. finally 2. indefinitely 3. absolutely) . 11:5全世界的な規模でいうならこれは持続可能な未来のためには意味のあることである。緑の革命
は大きな犠牲を払って成功したが、その代価を際限なく払うことはできないのだ。
・解答 [18]―2
>[18]
コロンの前の文(And on a…)で「持続可能な未来」(sustainable future)ということに言及している ことから、緑の革命は大きな犠牲を払って成功したが、その「犠牲」(price)は2.indefinitely「際限
なく」払うことはできない、という文意にするのが適する。

環境情報学部 2002 問1、
■第5段落
5:1 How can social scientists measure something as hard to pin down as happiness?
5:1幸福ほど明確な定義づけが難しいことがらを、社会科学者たちはどうやって判断できるのだろ
うか。
5:2 Most researchers simply ask people to report their feelings of happiness or unhappiness and to [3](1. count 2. assess 3. realize) how satisfying their lives are.
5:2 ほとんどの研究者は、人々に、自分の幸福感や不幸な気持ちを伝えたり、自分の生活がどれく
らい満足のいくものかを評価することをただ、依頼するだけである。
5:3 Such self-reported well-being is moderately consistent over years of retesting.
5:3 そのような自ら告げる幸福というものは、何年間もの期間にわたる再調査でもだいたい一貫し
ている。
5:4 Furthermore, those who say they are happy and satisfied seem happy to their close friends and family members and to a psychologist interviewer.
5:4 さらに、自分は幸福であり満足していると言う人は、親しい友人や家族からみても、また心理 学者の面接官からみても、幸福にみえる。
5:5 Their daily mood ratings reveal more positive emotions, and they smile more than those who call themselves unhappy.
5:5彼らの毎日の気分を評価すると、自分を不幸だ、と言う人よりもはっきりとした感情を示して
おり、よく笑う。
5:6 Self-reported happiness also links to other [4](1. indicators 2. futures 3. formations) of well- being.
5:6 また自ら告げる幸福は、幸福を示す他のものにもつながっている。
5:7 Compared with the depressed, happy people are less self-focused, less hostile and abusive and less susceptible to disease.
5:7憂うつな人に比べ、幸福な人は自己中心的でなく、人に敵意を抱いたりののしったりせず、ま
た病気にかかりにくい。
・解答
[3]―2 >[3]
直前のtoは前述のask peopleに続けて考える。直後(how satisfying・・・)の「自分の生活がどれ
くらい満足のいくものかを」に続くものとして、assess「評価する」が最適。1.count「数える」
3.realize「悟る」
[4]―1 >[4]
1のindicatorは「しるしとなるもの、尺度」のこと。links to other indicators of well-being「幸福を 示す他のものともつながっている」後に続く文(Compared with…)で、「憂うつな人に比べ、幸 福な人は自己中心的でなく、人に敵意を抱いたりののしったりせず、また病気にかかりにくい」
と述べていることにつながる。2.future「将来」3.formation「構成」

■第6段落
6:1 Researchers have found that the even distribution of happiness cuts across almost all demographic classifications of age, economic class, race and educational level.
6:1研究者たちは、年齢、経済的階級、人種や教育水準による人口統計学上の分類のほぼすべての
範囲にわたって、幸福の分布が均一であることを発見した。
6:2 In addition, almost all [5](1. research 2. study 3.real) strategies for assessing subjective well- being turn up similar findings.
6:2 さらに、主観的幸福を評価するほぼすべての研究方策で、同じような研究結果になることがわ
かっている。
・解答 [5]―1
>[5]
research strategies「研究〔調査〕の方策〔計画〕」 2のstudyも「研究」の意味だが、「新しい発見を目指しての研究」という意味をもつresearchの 方が適切。

■第9段落
9:1 Wealth is also a poor [8](1. predictor 2. fortune-teller 3. future) of happiness.
9:1財産もまた、幸福かどうかを予測する手段としてはあてにならない。
9:2 People have not become happier over time as their cultures have increased in wealth.
9:2人は自分の文化が裕福になったからといって、やがてより幸福になっているというわけではな
い。
9:3 Even though Americans earn twice as much in today’s dollars as they did in 1957, the proportion of those telling interviewers from the National Opinion Research Center that they are “very happy” has declined from 35 to 29 percent.
9:3 アメリカ人は1957年ft時よりも今日2倍のドルを稼いでいるが、ナショナルオピニオンリサー チセンターの面接官に自分は「とても幸福」だと答えた人の比率は、35パーセントから29パーセ
ントに減少している。
・解答 [8]―1
>[8]
predictorは「予測するもの」の意。poor predictorとは「予測する手段としては役に立たないも の」ということ。前の2つの段(Interviews with…such as prejudice)で年齢や性別、民族の違い によって幸福の差はないことが述べられ、続いてこの段ではwealth「財産」もまた幸福の指標と
はならないことが述べられている。2.fortune-teller「占い師」

■第10段落
10:1 Even very rich people — those surveyed among Forbes magazine’s 100 wealthiest Americans — are only slightly happier than the average American.
10:1非常に裕福な人々―フォープズ誌のもっとも裕福なアメリカ人100人の中で調査された人々で
あるが―でさえ、平均的なアメリカ人よりもわずかに幸福であるにすぎない。
10:2 Those whose income has increased over a ten-year period are not happier than those whose income is stagnant.
10:2 10年聞にわたって収入が増えた人も、収入が停滞している人より幸福であるというわけでは
ない。
10:3 Indeed in most nations the [9](1. collaboration 2. equation 3. correlation) between income and happiness is negligible — only in the poorest countries, such as Bangladesh, is income a good measure of emotional well-being.
10:3実にほとんどの国で、収入と幸福の相関性は無視できるほど小さいものである。もっとも、バ
ングラデシュのような最貧国だけは、収入は感情的な幸福の有効な尺度であるが。
・解答 [9]―3
>[9]
前段(Wealth is also…)から、幸福と収入の関係について述べられているのでcorrelation「相関性」 が適切。1.collaboration「協同」2.equation「均一化」

■第11段落
11:1 Are people in rich countries happier, by and large, than the people in not so rich countries?
11:1概して裕福な国の人は、それほど裕福でない国の人よりも幸福であろうか。
11:2 It appears in general that they are, but the margin may not be very large.
11:2一般にその通りであるように思えるが、その格差はあまり大きくないかもしれない。
11:3 In Portugal, for example, only one in ten people reports being very happy, [10](1. whereas 2. whereby 3.wherefore) in the much more prosperous Netherlands the proportion of very happy people is four in ten.
11:3例えばポルトガルでは、10人中わずか1人だけがとても幸福であると述べているが、一方そこ
よりずっと裕福なオランダでは、とても幸福な人の比率は10人中4人になる。
11:4 Yet there are curious exceptions in this correlation between national wealth and well-being — the Irish during the 1980’s consistently reported greater life satisfaction than the wealthier West Germans.
11:4 しかし、この国家の豊かさと幸福の間の相関性には奇妙な例外がある。1980年代のアイルラ
ンド人は、より裕福な西ドイツ人よりも生活への大きな満足感を一貫して示していた。
11:5 Furthermore, other factors, such as civil rights, literacy and the duration of democratic government, all of which also [11](1. accept 2. promote 3.prove) a sense of life satisfaction, tend to go hand in hand with national wealth.
11:5 さらに、公民権や読み書き能力、民主政治期間のような他の要因は、そのすべてが生活への
満足感を促すものであるが、国家の豊かさと密接な関連をもつ傾向がある。
11:6 As a result, it is impossible to tell whether the happiness of people in wealthier nations is based on money or is a byproduct of other important aspects of life.
11:6 その結果、裕福な国の人の幸福がお金に基づくものなのか、それとも生活上の他の重要な側
面の副産物なのかを判断することはできない。
[11]―2
>[11]
直前のall of whichの先行詞はother factors, such as…government「公民権や読み書き能力、民主政治
期間のような他の要因」である。直後のa sense of life satisfaction「生活への満足感を」に続くもの として、promote「促進する」が最適。1.accept「受け容れる」3.prove「証明する」

■第13段落
13:1 In a large number of studies, four traits [12](1.diminish 2. evaluate 3.characterize) happy people.
13:1 数多くの研究の中で、幸福な人を特徴づけている4つの特色がある。
13:2 First, especially in individualistic Western cultures, they like themselves.
13:2 第一に、特に個人主義の西洋文化において、幸福な人は自分自身が好きである。
12:3 They have high self-esteem and usually believe themselves to be more ethical, more intelligent, less prejudiced, better able to get along with others and healthier than the average person.
13:3 高い自尊心をもち、平均的な人に比べて自分はより道徳的で、頭がよく、差別されておらず、
他人とのつき合いがうまく、健康であると信じていることが多い。
13:4 Second, happy people typically feel personal control.
13:4 第二に、概して幸福な人は自己支配権を感じている。
13:5 Those with little or no control over their lives — such as prisoners, nursing home patients, severely impoverished groups or individuals, and citizens of totalitarian regimes — suffer lower morale* and worse [13](1. happiness 2. health 3. success) .
13:5 自分の生活に対する支配権がほとんど、あるいは一切もてない人、例えば囚人、老人ホーム
の入所者、非常に困窮した集団や何人、全体主義体制の国民のような人は、士気の低下や健康状 態の悪化に悩む。
13:6 Third, happy people are usually optimistic.
13:6 第三に、幸福な人はたいてい楽観的である。
13:7 Fourth, most happy people are extroverted*.
13:7 第四に、幸福な人はほとんどが外向型である。
13:8 Although one might expect that introverts* would live more happily in the calmness of their less stressed, contemplative lives, extroverts are happier — whether alone or with others.
13:8 内向型の人はストレスが少ない静けさのなか、瞑想にふける生活の中でより幸福に暮らすだ
ろうと思うかもしれないが、外向型の人の方が、一人であれ他の人と一緒であれ、幸福なのであ る。
[13]―2
>[13]
直前にlower morale「士気の低下」とあることから、worse health「健康状態の悪化」とするのが自 然なので、healthが適切。1のhappiness「幸福」、3のsuccess「成功」では漠然としすぎている。

■第14段落
14:1 The correlation between these apparent connections is uncertain.
14:1 この外見上の関係における相関性は確かなものではない。
14:2 Does happiness make people more outgoing, or are outgoing people more likely to be happy, perhaps explaining why they marry sooner, get better jobs and make more friends?
14:2幸福が人をより外向的にするのだろうか、それとも外向的な人がより幸福になることが多いの
か。ひょっとするとこのことが、彼らがより早く結婚し、よりよい仕事につき、より多くの友人 を得る理由を明らかにしてくれるかもしれない。
14:3 If extrovert traits do indeed [14] (1. excel 2. predict 3.infect) happiness, people might become happier by acting in certain ways.
14:3 もし外向型の特徴によって本ftに幸福を予測できるのであれば、人はある方法で行動するこ
とによって、より幸福になるかもしれない。
14:4 In experiments people who pretend to have high self-esteem report feeling more positively about themselves, for example.
14:4例えば、実験で高い自尊心をもっているふりをした人が、自分自身についてより前向きに感じ
ると報告しているように。
・解答 [14]―2
>[14]
主語がextrovert traits「外向型の特徴」であることから、幸福を「予測する(ものとなる)」とい
う意味となるpredictが自然。3のinfectは「(人)に感染させる、影響を与える」の意味で、語法的 に不自然。1.excel「より優れている」

■第15段落
15:1 Whatever the reason, the close personal relationships that characterize happy lives are also correlated with health.
15:1理由が何であれ、幸福な人生を特徴づける親しい人間関係は健康にも関連している。
15:2 Compared with loners, those who can name several [15] (1.aged 2.intimate 3.social) friends are healthier and less likely to die prematurely.
15:2弧独を好む人に比べ、数名の親しい友人の名を挙げられる人は、健康で、早死にすることが少
ない。
15:3 For nine out of ten people, the most significant alternative to aloneness is marriage.
15:3 10人中9人の人にとって、孤独にとって代わるもっとも重要なものは結婚である。
15:4 Although a broken marriage can cause much misery, a good marriage apparently is a strong source of support.
15:4破綻した結婚が多くの不幸を引き起こすこともあるが、うまくいった結婚は明らかに強い支え
のもととなる。
15:5 During the 1970s and 1980s, 39 percent of married adults told the National Opinion Research Center they were “very happy,” as compared with 24 percent of those who had never married.
15:5 1970年代と1980年代には、ナショナルオピニオンリサーチセンターに対し、結婚した成人の39
パーセントが、自分は「とても幸福」だと述べているが、それに比べて結婚したことがない人で そう答えたのは24パーセントであった。
15:5 In other surveys, only 12 percent of those who had divorced [16](1. perceived 2. correlated 3. persuaded) themselves to be “very happy.” 15:5他の調査においては、離婚したことのある人の中で、自分は「とても幸福」だと思っている人
はたった12パーセントだけであった。
15:6 The happiness gap between the married and never married was similar for men and women.
15:6結婚している人と結婚をしたことがない人との間の幸福の差は、男性と女性で類似している。
・解答
[15]―2
>[15]
同段の冒頭文(Whatever the reason, the close…)に「幸福な人生を特徴づける親しい人間関係は健
康にも関連している」とあることから、intimate「親しい」友人とするのが適切。1.aged「老いた」
3.social「社交上の」

■第16段落
16:1 Religiously active people also report greater happiness.
16:1宗教上で活動的な人もまた、幸福がより大きいことを示している。
16:2 One survey found that highly religious people were twice as likely as those lowest in spiritual commitment to declare them very happy.
16:2 ある調査では、非常に信心深い人は、信仰への傾倒が低い人に比べ、自分をとても幸福だ、 という人が2倍もいた。
16:3 Other surveys, including a collaborative study of 166,000 people in 16 nations, have found that reported happiness and life satisfaction [17] (1. rise 2. relate 3.register) with the strength of religious affiliation and frequency of attendance at worship services.
16:3 16カ国における16万6千人のある共同研究を合む他の調査でも、幸福や生活への満足は、宗
教に加入することの度合いや礼拝の参加回数とともに増すことがわかっている。
16:4 Some researchers believe that religious affiliation [18] (1. equates 2. encourages 3. evolves) greater social support and hopefulness.
16:4宗教への加入がより大きな社会的支持と有望さを高めると信じる研究者もいる。
・解答
[17]―1 >[17]
ここでは「宗教活動にかかわっている人はより幸福だと感じやすい」という主旨なので、幸福や
生活への満足が、宗教に加入することの度合いや礼拝の参加回数とともにrise「増す」とするのが よい。2のrelateも「~と関係がある」という意味で文法上可能だが、やや意味があいまいにな る。3.register「登録する」
[18]―2 >[18]
直後に「より大きな社会的支持と有望さ」とあることから、2のencourage「促進する、強める」が 最適。3のevolveは「(理論・計画を)発展させる」の意1.equate「等しくする」

■第17段落
17:1 Researchers on happiness are now beginning to examine happy people’s exercise routines, worldviews and goals.
17:1幸福についての研究者たちは、現在、幸福な人々の運動の日課や世界観、目標について調査を
始めようとしている。
17:2 It is possible that some of the [19](1. traditions 2. customs 3. patterns) discovered in the research may offer clues for transforming circumstances and behaviors that work against well- being into ones that promote it.
17:2 その研究で発見される傾向のいくつかは、幸福とは逆の働きをする状況や行動を、幸福を促
進するものへと変化させるための手がかりを提供してくれるかもしれない。
17:3 Ultimately, then, the scientific study of happiness could help us understand how to build a world that [20] (1. enhances 2. evaluates 3. examines) human well-being and to aid people in getting the most satisfaction from their circumstances.
17:3 そして最終的には、幸福に関する科学的研究は、人間の幸福を高めてくれる世界をどのよう に構築するか、また人が自分のおかれた境遇から最大の満足を得られるよう、いかに援助するか
を理解する手助けとなりうるのである。
・解答
[19]―3 >[19]
同段冒頭文(Researchers on happiness…)に「幸福についての研究者たちは、現在、幸福な人の運 動の日課や世界観、目標について調査を始めようとしている」とあることから、3が最適。この patternsは「(行動などの)方向、傾向」の意。1.tradition「伝統」2.custom「習慣」
[20]―1 >[20]
文脈から「人間の幸福を高める」とするのが自然。1のenhance「高める、増す」が適切。
2.evaluate「評価する」3.examine「調べる」

環境情報学部 2002 問2

■第2段落
2:1 Recently, Dr. Gyllensten of the University of Uppsala in Sweden and his colleagues have conducted the most thorough analysis yet of diversity in human mitochondrial DNA*.
2:1最近、スウェーデンのウプサラ大学のジレンステン博士とその同僚は、ヒトのミトコンドリア
DNAの多様性について、これまででもっとも徹底的な分析を行った。
2:2 The results support the [2](1. view 2. process 3. nature) that modern humans originated in Africa.
2:2 その結果は、現代の人類がアフリカで起こったという見解を立証するものであった。
2:3 The analysis of mitochondrial DNA (mtDNA) has become an important tool in this debate on human evolution.
2:3 ミトコンドリアDNA(mtDNA)の分析は、人類の進化についてこのように論じる際に重要な道 具となっている。
2:4 This is [3](1. due to 2. created by 3.made from) the fact that mtDNA is inherited solely from the mother and does not change as much as cellular DNA from generation to generation, and therefore can offer evidence of human mitochondrial lineages*.
2:5これは、mtDNAが母親からのみ受け継がれ、細胞DNAほどには世代ごとに変化しない。それ
ゆえにヒトのミトコンドリアの系統の証拠を提供しうる、という事実によるものである。
・解答 [3]―1
>[2]直前のsupport「立証する」という動詞の目的語として適切なのはviewである。theviewthat~「~
という見解」 2.process「過程」 3.nature「自然」

■第4段落
4:1 Our closest living relatives are African apes, so why is an African origin for modern humans [6] (1. advantageous 2. discovered 3. controversial) ?
4:1現在生きている、我々にもっとも近い動物はアフリカの類人猿であるが、それではなぜ現代の
人類の起源がアフリカであるとすることが物議をかもすのだろうか。
4:2 The reason is that our immediate ancestors, now extinct, are known to have wandered out of Africa as early as two million years ago.
4:2 その理由は、今や絶滅している我々の直接の祖先が、200万年も前にアフリカから流れ出てし
まったことが知られているということである。
4:3 The [7](1 .main 2. complex 3. typical) alternative to a model of an African origin is a multiregional model that holds that modern humans arose simultaneously in Africa, Europe and Asia from these ancestors.
4:3 アフリカを起源とするモデルにとって代わる主なものとしては、現代の人類がこれらの祖先か
らアフリカやヨーロッパ、アジアで同時に発生したとする多地域的モデルである。
4:4 Proponents of this view argue that the fossil record indicates transitions between, for example, Neanderthals (H. neanderthalensis*) and modern humans in Europe, and between H. erectus* and modern humans in Asia.
4:4 この見解の提案者らは、化石の記録が、例えばネアンデルタール人とヨーロッパの現代の人類
との間の、また直立原人とアジアの現代の人類との問の推移を示していると主張している。
4:5 [8](1. Clearly 2. Therefore 3.However), the existence of non-African traditional fossils is debatable, and there is genetic evidence that Neanderthals did not widely interbreed with modern humans even though the two coexisted for at least 10,000 years.
4:5 しかし、非アフリカ系の従来の化石の存在については異論があり、またネアンデルタール人は
現代の人類と―両者は少なくとも1万年は共存していたが―広範囲で、交配することはなかったとい う遺伝学上の証拠がある。
4:6 Such coexistence is good evidence for recognizing the two as Separate species.
4:6 そのように共存していたことは、両者を異なる種とみなす有力な証拠である。
・解答 [6]―3
>[6]直後の文からは判断しにくいが、その後の文(空所「7」を含む文)以降には人類がアフリカ・
ヨーロッパ・アジアで同時に発生したという説など、異論が紹介されている。よって、
controversial「論争を引き起こす、物議をかもす」が適切。 1.advantageous「有利な」 2.discovered
「発見された」

■第6段落
6:1 Gyllensten and colleagues estimate that the divergence of Africans and nonAfricans occurred 52,000 plus or minus 28,000 years ago, shortly followed by a population expansion in non- Africans.
6:1 ジレンステンとその同僚は、アフリカ人と非アフリカ人の分岐は5万2千年(プラスマイナス2
万8千年ほどの誤差はあるが)前に起こり、その後まもなく非アフリカ人の人口増加が起こったと
推定している。
6:2 This date may even be a bit too recent.
6:2 この年代は少し現在に近すぎるかもしれない。
6:3 Other genetic markers indicate an exodus from Africa around 100,000 years ago, which would be more consistent with fossil and archaeological evidence of modern humans outside Africa.
6:3 他の遺伝標識はアフリカからの移動が10万年前ごろにあったことを示しており、その方がアフ
リカ外の現代人類についての化石や考古学上の証拠と一致する。
6:4 But, no single genetic marker can indicate that event precisely, and the mitochondrion date is approximately [12](1.scope 2. range 3. term) .
6:4 しかし、その事象を正確に示すことのできる遺伝標識はひとつもなく、ミトコンドリアの年代
がおおよそ適切な範囲におさまっている。
6:5 Some nuclear DNA markers have suggested earlier dates for the exodus from Africa, so more data is needed to provide a fuller picture.
6:5 いくつかの核DNA標識は、アフリカからの移動がもっと早い年代であったことを示唆してお
り、より完全な全体像を得るにはもっと多くのデータが必要である。
6:6 Nonetheless, most of the genetic evidence indicates that there were only about 10,000 breeding individuals for a long time before the recent expansion of modern humans outside Africa.
6:6 それにもかかわらず、遺伝学上の証拠のほとんどは、アフリカ外で現代の人類が最近増加する
までは、長期にわたって繁殖している個体は約1万しかなかったことを示している。
6:7 Such a small population size is [13](1. incompatible 2. compatible 3. comparable) with the multiregional model, which would require many more individuals to maintain genetic movement among continents.
6:7 そのような小さな個体群の規模では、大陸間で遺伝上の移動を維持するのにもっと多くの個体 数を必要とする多地域的モデルと矛盾する。
・解答 [12]―2
>[12]range「(変動・分布の)範囲、区域」が入る。1のscopeは活動・能力・研究などの範囲や領域
をいうため、rangeの方が適切。 3.term「期間」
[13]―1
>[13]直前にSuch a small population size「そのような小さな個体群の規模は」という主語があり、直
後にはmultiregional model「多地域的モデル」という相反する内容の記述がある。よって、 incompatible「両立しない、矛盾する」がよい。 2.compatible「矛盾しない」3.comparable「比較で きる」

■第8段落
8:1 The research results by Gyllensten and colleagues have indicated that the field of mitochondrial population genomics will provide a rich [16] (1. evidence 2. solution 3. resource) of genetic information for evolutionary studies.
8:1 ジレンステンとその同僚による調査結果は、ミトコンドリアの個体群のゲノミクスの領域が、
進化の研究のための遺伝学上の豊富な情報源を与えてくれることを示している。
8:2 Nevertheless, mtDNA is only one aspect of the analysis of human evolution and only reflects the genetic history of females.
8:2 しかしながら、mtDNAは人類の進化の分析のほんの一面にすぎず、女性における遺伝子の歴
史を映し出しているにすぎない。
8:3 For a [17] (1. neutral view 2. ambiguous view 3. detailed view), a combination of genetic systems is required.
8:3 より詳細な考察のためには、遺伝子学の体系の融合が必要である。
8:4 With the human genome project reaching completion, the ease by which such data may be generated will increase, providing us with an ever more detailed understanding of our genetic history.
8:4 ヒトゲノムの計画が完成しつつあるなか、そのようなデータを作ることが容易になり、我々の
遺伝子学的な歴史をより詳細に理解できるようになるであろう。
・解答 [16]―3
>[16]a rich resource of genetic information「遺伝学上の豊富な情報源」後の文(Nevertheless, …)に
「mtDNAは人類の進化の分析のほんの一面にすぎない」とあることから、1のevidence「証拠」や 2のsolution「解決」は言い過ぎであり、不適切。
[17]―3 >[17]直前で「人類の進化の分析のほんの一面にすぎない」とあることから、より詳細な考
察が必要とされることがわかる。よって3が適切。For a detailed view「より詳細な考察のために は」 1.neutral view「中立な考察」 2.ambiguous view「あいまいな考察」

■第9段落
9:1 Gyllensten and colleagues have used sequences from a large number of complete mitochondrial genomes to [18] (1. address 2. evaluate 3. estimate) these evolutionary questions, an approach that could be called population genomics.
9:1 ジレンステンとその同僚は、これらの進化上の疑問に取り組むため、多数の完全なミトコンド
リア・ゲノムから得た配列を用いてきたが、それは個体群ゲノミクスとも呼べるであろう方法で ある。
9:2 Genes responsible for physical and behavioral traits will probably be found and their allelic histories provide [19](1.cloud 2. clear 3. additional) information.
9:2 おそらく肉体的・行動的特徴の原因となる遺伝子が発見され、そしてそれらの対立遺伝子の歴
史がさらに多くの情報を提供してくれるであろう。
9:3 Molecular evolutionary trees and time estimates will have greater precision, all of which will help to [20](1. cloud 2. conclude 3.clarify) our evolutionary history.
9:3 分子の進化の系図と年代評価はさらに正確さを増すであろうし、またそのことすべてが、我々 の進化の歴史を明らかにすることに役立つであろう。
・解答 [18]―1
>[18]直後にthese evolutionary questions「これらの進化上の疑問」とあることから、address「(問題 に)取り組む、とりかかる」が適当。 2.evaluate「評価する」 3.estimate「見積もる」
[19]―3 >[19]文頭からみていくと、「肉体的・行動的特徴の原因となる遺伝子がおそらく発見さ れ、そしてそれらの対立遺伝子の歴史が…」と述べられている。「新たな発見・情報」という流れ から、additional「付加の、さらにその上の」が適切。
[20]―3 >[20]文脈からclarify「明らかにする」が適切。 1.cloud「曇らせる、あいまいにする」

総合政策学部 1995 問1
空所補充問題
■第2段落
2:1 In technologically simple, no surplus producing societies (horticultural and hunting gathering) women’s productive roles are usually (1) (1. peripheral 2. central 3. closed) to the collectivity inasmuch as they typically provide from 40 to 80 percent of the food.
2:1技術的に単純で余剰を産まない社会(園芸的社会と狩猟採集的社会)においては、女性が概して40
から80パーセントの食料を供給するので、女性の生産的役割は普通その集合体に対して中心的な ものである。
2:2 In such societies sexism is minimal to nonexistent, and their religious imagery typically incorporates a female principle.
2:2 そのような社会では性差別は存在しないほどごく少なく、その宗教像には一般的に女性の要素 が組み入れられている。
2:3 As the technology becomes more complex, the production of surplus commodities for trade and familial aggrandizement (2) (1. scores 2. achieves 3. becomes) a primary goal.
2:3技術がより複雑になるにつれ、取り引きと家族の増大のために余剰物品を産み出すことが第一
の目標になる。
2:4 When this happens, males come increasingly to control economic resources, and religion increasingly stresses the male principle.
2:4 こうなると、男性がますます経済的資産を支配するようになり、宗教はますます男性原理を強
調するようになる。
・解答
(1)2
Peripheral「周辺的な」 Central「中央の、中心的な」
Closed「閉鎖した」
「技術的に単純で余剰を産まない社会(園芸的社会と狩猟採集的社会)においては、女性が概して40 から80パーセントの食料を供給するので」とあるので。文脈から女性の生産的役割は中心的なも
のであることがわかる。
(2)3
Score「得点する」
Achieve「成し遂げる」
Become「~になる」
「第一の目標に~」にftてはまる動詞を選択する。

■第4段落
4:1 One very common practice in extremely sexist societies has been much stricter control over women’s sexuality than over men’s (6) (1. economic power 2. sexuality 3. political influence) .
4:1極めて性差別の激しい社会における非常に一般的な慣習は、男性の性的特異性に対するよりも
女性の性的特異性に対するはるかに厳しい統制である。
4:2 This has been done in order to ensure “proper” paternity, which in turn is linked to the intergenerational transmission of property from father to son.
4:2 これは「正ftな」父権を保証するためになされてきたものである。こうすることによって今度
はその父権が父から息子への世代間の財産相続につながるのである。
4:3 It takes an extreme form such as purdah (the total seclusion of women in Hindu and Islamic tradition) or milder forms such as chaperoning unmarried women, (7) (1. painting 2. covering 3. washing) women’s bodies and faces almost entirely, or simply a double standard that punishes women (either alone or more harshly than men) who lose their virginity premarital or commit adultery.
4:3 それは、パーダー制度(ヒンズー教やイスラム教における女性の完全隔離)のような極端な形式 をとることもあり、あるいは未婚女性の付添いをするとか女性の体や顔をほとんど完全に覆うと か結婚前に処女を失ったり不貞を行う女性を(女性だけか、一緒の場合は男性より厳しく)罰する二
重の基準というようなゆるやかな形式をとることもある。
4:4 The ideological justification often stresses women’s extreme sexuality and the diversion from duty this supposedly creates for men.
4:4 イデオロギーによる正ft化はしばしば、女性の極端な性的特異性と、これが男性に対して引き
起こすと思われている義務からの気持ちの散漫を強調する。
4:5 Left unchecked, female sexuality would presumably constitute a danger to the social collectivity.
4:5抑制されないと、女性の性的特異性は社会の集団体に対して多分、危険なものとなるのであろ
う。
4:6 In such cases the image of females is sharply bifurcated: the pure, virginal, or chaste woman who conforms to religious and social strictures (the lady) versus the polluted whore like temptress, the fallen woman who has rebelled against God and society.
4:6 そのような場合、女性の姿ははっきりと2つに分けられる。つまり、宗教的・社会的拘束に従 う無垢で純潔で貞淑な女性(つまり「淑女」)と、神と社会に反抗した堕落した女性である、汚れた 売春婦のような誘惑的女性である。
4:7 There is no counterpart bifurcation of males on the basis of sexuality.
4:7男性には性的特異性に基づく、これに相当する二分化はない。
4:8 Language often reflects this phenomenon by producing a vast terminology of “dirty words” to refer to women who step (8) (1. out of sight 2. out of hand 3. out of bounds) and more generally to specific parts of the female anatomy.
4:8言語は、礼儀を破る女性やさらに一般的には女性の体の特別な部位を指すために、「下品なこ
とば」の多くの用語を作り出すことによって、この現象をしばしば映しだす。
4:9 Women are thus defined essentially on the basis of their sexuality and sexual conduct, resulting in the irony that in attempting to repress female sexuality women are made into sexual objects.
4:9 このように女性は基本的には、その性的特異性と行為に基づいて定義され、その結果、女性の 性的特異性を抑えようとしながら女性が性的対象物にされるという皮肉に陥るのである。
4:10 Moreover, when the repressive aspect is removed the objectification does not quickly disappear, as manifested by contemporary advertising and pornography.
4:10 さらに、抑圧的な面が除かれても、現代の広告やポルノに示されるように、対象化はすぐに は消えないのである。
・解答
(6)2
economic power「経済力」 Sexuality「性的特異性」 political influence「政治的影響」 4段落の内容より2が正解
(7)2
Paint「ペンキを塗る、色を塗る」
Cover「覆う」 wash 「洗う」
イスラム教徒の女性が夫以外には肌を見せないようにしているのはよく見られる光景である。文
脈と知識から判断する。

■第6段落
6:1 In controlling the cultural, public aspects of their societies, including the very institutions that produce the ideology legitimating such control, men in sexist societies become the gatekeepers who decide what is to be defined as valuable, worthy, and proper.
6:2性差別社会の男性は、自分たちの社会の文化的・公的側面を管理する際(それには、そのような
管理を合法化するイデオロギーを生む制度が含まれる)、何が貴重で価値があり正当であると定め るべきかを決定する門衛になる。
6:2 It is their imagery of females that becomes the official, societal definition.
6:2正式な社会的定義となるのは、彼らの抱く女性像なのである。
6:3 Men define that which constitutes humanness, and, in the words of French existentialist Simone de Beauvoir, women become simply “the other.” 6:3男性は人間なるものを定義し、フランスの実存主義者であるシモーヌ=ド=ボーボアールのこと
ばを借りれば、女性はただ単に「他者」にすぎなくなる。
6:4 Substantial research suggests that conceptions of “human” and “masculine” tend to coincide, but they differ from those of(11)(1. “individual” 2. “feminine” 3. “artistic”).
6:4 かなりの研究によって、「人間」と「男性」の概念は一致する傾向にあるが、それらは「女 性」の概念とは異なると示されている。
6:5 If a woman manages to produce a painting, a musical composition, a poem, or a scientific paper, it is judged by the standards men have set, if indeed male gatekeepers deem a woman’s production worthy of being judged at all.
6:5 もし女性が絵画、作曲、詩、科学論文を産み出すと、それらは男性が設定した基準によって判
断される(それも、実際、男性の門衛が女性の作品を、少しでも審査する価値があるとみなした場
合のみであるが)。
6:6 Such standards are taken to be universal and unbiased, not as the product of specific people with vested interests.
6:6 そのような基準は、それによって利益を得ている特別な人々の作り出したものではなくて、普
遍的で偏見のないものと思われている。
6:7 They assume a reality of their own that transcends their social origins and are seen as applicable across time and space.
6:7 その基準は、その社会的起源を越えてそれ自体として現実性を帯び、時と空間を越えて適用可
能と見られている。
6:8 Women who would produce cultural artifacts in a sexist society are caught in a double bind: they can attempt to meet male standards that are defined as (12) (1. universal 2. Masculine 3.thetic) , but since they are not male they compete for recognition at a disadvantage; or they can
produce according to their own experience and ideas of quality, and their products will typically be defined as (13) (1. innocent 2. inferior 3. tasteful) by societal gatekeepers.
6:8性差別社会で文化的工芸品を産み出す女性は、二重の締め付けを受けている。つまり、ひとつ
は、女性は普遍的であると定められている男性の基準に合うようにと努めることができるが、男 性ではないので不利な立場から認められようと努力することである。もうひとつは、女性は自分 自身の経験と作品の質に関する考えに従って作品を産み出すことができるが、その作品は社会的 門衛によって劣悪であると一般に定められるということである。
6:9 Thus, for instance, women’s art in basketry, weaving, and needlework constitute only “crafts,” whereas men’s in paint, stone, and bronze are “fine arts.”
6:9 かくして、例えば、かご細工や織物や裁縫における女性の技巧はただ「工芸品」にしかならな
いが、一方絵画や石製品や青銅製品における男性の技巧は「芸術品」となる。
(12)1
universal 「一般的な」 Masculine「力強い」 Thetic「独断的な」
この文の前までの段落で、男性が「基準」「普遍」「人間の概念と一致する」と述べられている
ので、1をftてはめる

■第7段落
7:1 (14) (1. Concerning 2. Regardless of 3. Besides) standards of judgment, male assumptions about the world, male definitions, and male perceptions of what constitute problems all become synonymous with “reality.” 7:1判断の基準に加えて世の中に関する男性による想定、男性による定義、何が問題であるかに関
する男性による認識等もすべて、「現実」と同義となる。
7:2 Western science has provided numerous examples of how sexism intrudes to shape even the ostensibly most objective type of cultural production.
7:2外見上最も客観的な種類の文化的産物を形成するのにさえ、性差別が侵入している数多くの例
を、西洋科学の中に見いだせる。
7:3 For example, in the seventeenth century European scientists defined sperm as carrying a miniature fetus; the female provided only the environment for its growth.
7:3例えば、17世紀において、ヨーロッパの科学者は精子を小型の胎児を運ぶものと定義した。女
性はその成長のための環境を提供するだけであった。
7:4 The resulting (15) (1. child 2. wife 3. woman) “obviously” belonged to the father.
7:4 その結果、生まれてくる子供は明らかに父親のものであった。
7:5 As (male) medical doctors took over childbirth from (female) midwives in the nineteenth century, pregnancy and parturition became increasingly defined as a problem, even a kind of illness; after all, physicians do not treat normal events.
7:5 19世紀に(男性の)医者が(女性の)助産婦から分嫉免を引き継いだとき、妊娠と出産はますます
異常な事態、さらに一種の病気とさえ定義されるようになった。結局のところ、医者は「正常な」 事柄は扱わないからである。
7:6 Until about 1970 anthropologists largely ignored women’s extensive contributions to the food supplies of preliterate societies, developing theories based on the centrality of male hunting to the survival of families and (16) ( 1. cities 2. industry 3. societies) .
7:6約1970年まで人類学者は、文字使用以前の社会の食料供給に対して女性が広く貢献したことを
大いに無視し、家族と社会の生存にとって男性による狩猟が中心であったことに基づく理論を展 開した。
7:7 Sigmund Freud and his followers defined masochism, passivity, and narcissism as normal female traits and developed a theory to explain women’s innately inferior conscience.
7:7 シグモント=フロイトとその弟子たちは、マゾヒズムや受動性やナルシシズムを一般的な女性 の特徴と定義し女性が生まれつき善悪の判断に劣ることを説明する理論を推し進めた。
7:8 Psychologist Carol Gilligan has demonstrated that males and females employ basically (17) (1. possible 2. similar 3. different) notions of moral behavior.
7:8心理学者のキャロル=ギリガンは、男性と女性は道徳的行動に関して基本的には異なった概念を
もっていることを示した。
7:9 The former tend to base morality on abstract principles, the latter on a (18) (1. concern with 2. interpretation of 3. familiarity with) concrete relationships.
7:9 前者は道徳性を抽象的な主義に基づいて捉え、後者は具体的なつながりへの関心に基づいて捉
える傾向がある、としたのである。
7:10 Yet the field of psychology has assumed that the masculine approach is synonymous with the general concept of moral behavior and that therefore females are less moral.
7:10 しかし、心理学は、そのような男性による捉え方が道徳的行動の一般的概念と同義であり、 それ故に女性は男性より道徳性に劣っていると考えてきたのであった。
7:11 Work has been defined by economists and sociologists in terms of the labor force, ignoring the domestic labor of homemakers and (19) (1. implying 2. employing 3. inferring) that they do not “work.” 7:11経済学者と社会学者は仕事を労働力の点から定義していて、主婦の行う家庭労働を無視し、主
婦は「労働」をしないと暗に示している。
(15)1
Belong to「~に所属する」前文の内容と左記の熟語がわかれば答えは明確である。
(16)3
City「都市」
Industry「産業」
Society「社会」
狩猟が行われていた時代には都市や産業が発達していたとは考えにくい。
(17)3
Possible「可能な」 Similar「似ている」 Different「異なる」
文章の大部分を「男女は異なる」とのべてきており、逆接もないので男性と女性は道徳的に「異
なる」が当てはまる。
(19)1
Imply「ほのめかす」 Employ「雇う」 Infer「~と推量する」
この文章では家事は労働ではないと述べられているので、「雇う」は不適。また推定されるとい
うつながりも不自然。

■第8段落
8:1 The power to define the world and to define standards of judgment constitutes the power to shape the sociocultural world to one’s own image and interests.
8:1世の中を定義し、判断の基準を定義する力は、自分自身のイメージと利益に合わせて社会文化
的な世界を形成する力となる。
8:2 Sexism, rooted in economic phenomena, legitimated and extended by ideologies, (20) (1. tests 2. vests 3. lifts) such power in males.
8:2経済現象に根付きイデオロギーによって合法化され広げられる性差別は、男性にそのような力
を与える。
8:3 In turn, definitional power reinforces sexism.
8:3 そして今度は定義する力が性差別をより強いものにする。
8:4 When extreme Sexism exists, women are not simply denied all manner of rights, resources, and opportunity but are denied the ability to define themselves, their experience, and their works as worthy and valuable, sometimes even as real.
8:4極端な性差別が存在するとき、女性はただ、あらゆる種類の権利、資産、機会を与えられない
だけでなく、自分自身や自分の経験や自分の作品を価値があり貴重なものとして、時には現実の ものとしてさえ定義する能力も与えられないのである。
・解答
(20)2
Test「試す」 Vest「(資産や権力などを)与える」 Lift「持ち上げる」
Such powerとは1行目で述べられている内容である。

総合政策学部 1,995 問2

■第1段落
1:1 If rules are treated as fixed and non controversial entities, then it becomes difficult to explain their origins.
1:1 もしルールが固定した議論の余地のないものだとすれば、その起源を説明することは難しくな
る。
1:2 The problem is a particularly acute one for theorists applying the game metaphor.
1:2 ゲームをたとえに使う理論家にとっては、それは特に深刻な問題である。
1:3 The difficulty of discussing the origins of games by applying the game metaphor is well illustrated by Michael Argyle’s article about the rules of social life.
1:3 ゲームをたとえに使ってゲームの起源を議論する難しさは、社会生活のルールに関するマイケ
ル=アーガイルの論文によってうまく説明されている。
1:4 Argyle, having stated that “even the most fiercely competitive and aggressive games can only take place if both sides abide by the rules”, adds the comment that “rules are developed gradually, as cultural products, as ways of handling certain situations; they can be changed, but changes are slow.”
1:4 アーガイルは、「最も激しく争われ攻撃的なゲームでさえ、両者がルールを守る場合にのみ起
こりうるのである」と述べ、さらに「ルールは、文化的産物として特定の状況を処理する方法と
して徐々にでき上がる。つまりルールは変えられうるが、その変化はゆっくりしたものである」 ということばを付け加えている。
1:5 These comments suggest that the formulation of rules is something which somehow evolves with (1) (1. observable changes 2. sluggish mystery 3. open arguments) almost as imperceptibly as biological evolution.
1:5 これらのことばによってルールの制定はいつまでも解けない謎をかかえ、生物進化とほとんど
同じくらい知覚されずに、なぜか進化していくものだということがわかる。
1:6 Just as the experimental social psychologist can safely assume that the course of biological evolution is not going to be changed in the middle of an experiment, so the rule theorist can rest (2) ( 1. assured 2. debated 3. informed) that the rules of social life will not be subject to sudden and troublesome alterations.
1:6生物進化の道筋が1つの実験の間に変わることはないと、実験社会心理学者が考えるのは間違い
ではないのとちょうど同様に、社会生活のルールも突然で面倒な変化を受けるものではないと、 ルールの理論家は確信できる。
1:7 However, this tacit dismissal of the issue of rule formulation is based upon (3) (1. a misconception 2. a new assumption 3. a historical condition) .
1:7 しかしながらこのようにルール制定の問題を暗黙のうちに放棄することは、誤解に基づくもの
である。
1:8 The major Sports of the modern world, such as football, cricket, tennis, and rugby, do not owe their rules to a slow process of accumulation, stretching over centuries of folk custom.
1:8 サッカー、クリケット、テニス、ラグビーのような現代世界の主要スポーツにおいて、その
ルールが存在するのは、何世紀もの民衆の習慣にわたるゆっくりとした蓄積の過程の故ではな
い。
1:9 On the contrary, the nineteenth century (4) (1. reached 2. evolved 3.saw) an energetic burst of rulemaking.
1:9実際は逆に、19世紀においてルール制定が突然激しく見られたのであった。
1:10 Some important studies in the sociology of sport have shown that this rulemaking occurred at specific times of social change.
1:10 スポーツ社会学における重要な研究によって、このようなルール制定が社会変化の特定の時
代に起こったことがわかった。
1:11 Moreover, it was predominantly confined to a particular class.
1:11 さらに、それはある特定の階級に主に限定されていた。
・解答
(1)2
observable changes「視認できる変化」 sluggish mystery「とけない謎」
open arguments「開かれた議論」
文中の前後関係を丁寧に読めば答えは2しか考えられない。
(3)1
Misconception「誤解」
new assumption「新たな想定」 historical condition「史実に基づく状況」
この後に書かれている内容を鑑みて選択肢をえらぶ。
(4)3
Evolve「発展させる」

■第2段落
2:1 Much of the early rule formation arose directly out of argumentation, for it had been necessary to develop more regular procedures for settling disputes.
2:1初期のルール制定の多くは論争の結果直接起こったものであり、それは争いを解決するための
より一般的な手続きを見い出すことが必要だったからである。
2:2 For example, the 1846 rules of rugby were (5) (1. complete 2. not exhaustive 3.closed) rules of procedure, covering all aspects of the sport, but, in point of fact, were little more than decisions of certain disputed points.
2:2例えば、1846年のラグビーのルールは、そのスポーツのあらゆる面を統轄する包括的な手続き
のルールではなくて、実際のところ特定の争点の解決例にすぎなかった。
2:3 Things were not settled once-and for all when the various self-appointed rule makers had codified their decisions into proper systems of rules.
2:3自任のルール制定者が各自の解決例を適当なルールのシステムに成文化していたような状況で
は、物事はきっちりとは解決しなかった。
2:4 Disputes were still liable to arise, especially as tactics and styles developed.
2:4特に作戦と型が発達したので、争いは依然として起こりがちであった。
2:5 In fact, the administrators of all sports need to monitor the rules, in order to make certain that the delicate balances between attack and defense, between vigor and dullness, and so on, are maintained.
2:5事実、あらゆるスポーツの運営委員は、攻撃と防御、激しさと単調さ等の微妙なバランスが維 持されているのを確認するためにルールをチェックする必要がある。
2:6 If the authorities (6) (1. succeed in 2. tackle with 3. fail in) this task, the new developments, which are so necessary if a game is to continue to be interesting, can so easily upset the balances on which all sports depend.
2:6もしft局者たちがこの仕事に失敗すれば、新しい進展(これはゲームがおもしろくあり続ける
ためにかなり必要である)によって、あらゆるスポーツが依っているバランスは非常に容易に崩さ れるであろう。
2:7 Within every sport there will be individuals or lobbies who will (7) (1. deny 2. announce 3. support) that the change would lead to improvement.
2:7 どのスポーツ内にも、変化が改善につながることを拒否する個人または団体があるであろう。
2:8 The continual monitoring of rules ensures that the process of rule formulation is never ended. 2:8 ルールを絶えずチェックすることで、ルール制定の過程が決して終わらないことが保証され る。
(7)1
Deny「~と否定する」 Announce「勧告する」 Support「支える」

■第3段落
3:1 If rule-following is a necessary prerequisite on the field of play, one might say that the existence of such rules implies an off field structure to permit the alternation of rules amidst argument and debate.
3:1 もしルールを守ることがプレーの現場において必要前提条件であれば、そのようなルールの存 在が論争と議論の中でルールの変更を許す現場外の組織の存在を意味すると言ってもかまわない
であろう。
3:2 In fact, the more rules a sport may have, the more arguments and changes of rules can be expected.
3:2事実、スポーツにルールが増えれば増えるほど、議論とルールの変化も増えると思われる。
3:3 Cricket is probably the most ornate of all sports, demanding that the players (8) (1. break 2. question 3. obey) both the formal rules and informal spirit of the game.
3:3多分クリケットはあらゆるスポーツのなかで最も派手で、選手はそのゲームの公式のルールと
非公式の精神に従うことを要求される。
3:4 Not a season passes without the games officials arguing amongst themselves about changing rules.
3:4 いずれのシーズンも、ゲームの役員が自分たちの間でルールを変えることについて議論しない
ということはない。
3:5 In fact controversies on the pitch can end up in the (9) (1. committee rooms 2. on the field fights 3. new rules) as controversies about the appropriateness of rules.
3:5実際、投球に関する対立が委員会室においてのルールの適格性に関する議論につながることも
ありうる。
3:6 This is certainly true of the most furious, and enduring, of cricket’s on the field controversies.
3:6 これはクリケットの現場における議論のうちで最も激しく、最も延々と続いた議論には確かに
ftてはまる。
3:7 On the tour of Australia in 1932/3, the English bowlers adopted a tactic which the Australian team and public considered to be unfairly dangerous.
3:7 1932年から33年のオーストラリアへのツアーにおいて、イングランドの投手は、オーストラリ
アのチームと人々が不当に危険と考える作戦を採用した。
3:8 The arguments stretched from the field of play right up to the highest levels of government.
3:8 その論争はプレーの現場からそのまま政府の高い部所まで広がった。
3:9 As with Socrates and Protagoras, the words used in the dispute would not keep agreeably (10) (1. open 2. still 3. conflicting) , but the choice of terms became a matter of controversy in itself, as well as being a signal of the speakers sympathies.
3:9 ソクラテスやプロタゴラスの場合と同様に、議論において使われたことばがいつまでも心地よ
くそのままでいることはなく、どういうことばを選ぶかが、話し手の同情を表すとともに、それ
自体が議論の対象ともなった。
3:10 The British preferred to call their bowling tactic by the neutral, even academic, name of ‘Leg Theory’, (11) ( 1. in case 2. even if 3. as if) nothing more than strategy were involved.
3:10 イギリス人は自分たちの投球術を、まるで戦術上のみの問題であるかのように、ftたり障り のない、学問的でさえある「レッグ・セオリー」という名前で呼びたいと思った。
3:11 The Australians insisted on Bodyline to express their indignation with a ploy which they felt to be unsparingly intimidator.
3:11 オーストラリア人は公正でないほどに脅迫的であると感じられる策略に対して怒りを表すた めに、「ボディライン」と呼ぶことを主張した。
3:12 What is significant is that the controversy led to a change in the rules of cricket, and that the merits of this change (12) (1. occasion 2. discontinue 3.discourage) arguments to this day amongst the legislators of the game.
3:12重要であるのは、その議論がクリケットのルールの変更につながり、この変更のお陰でその
ゲームのルール制定者の間で今日まで論争が起こっていることである。
・解答
(8)3
Break「破る」
Question「質問する」
Obey「従う」 スポーツマンに要求されるのはルールの順守である。 (9)1
committee rooms「委員会室」
on the field fights「試合場」 new rules「新しいルール」
ルールの適格性を審議するのは委員会室である。
(10)2
Still「静かな、そのままで」 Conflicting「矛盾する」
Agreeably「心地よく」に最も自然にフィットするのは2である。
(12)1
Occasion「引き起こす」
Discontinue「やめる」 Discourage「落胆させる」
3段落がクリケットやスポーツのルール改変に伴う争いの話題であったので、ルールを変更する ことで論争が「起こる」

■第5段落
5:1 The close links between rules and arguments can be illustrated by considering a culture which has formalized its rules of everyday behavior to an unequalled extent.
5:1 ルールと論争の緊密な結びつきは、日常の行動のルールを比類ないほどまで作り上げた文化を
考えれば証明できうる。
5:2 The Talmud, containing the rules of Orthodox Judaism, specifies in detail what correct actions for every aspect of daily life are.
5:2正統ユダヤ教のルールを含むタルムードは、日常生活のあらゆる面で何が正しい行動であるか
を詳細に規定する。
5:3 Even the most trivial action must be performed in a sanctified manner to prevent godlessness from (16) (1. entering into 2. ruling over 3. opening up) everyday routines.
5:3不信心が毎日の日課に入ってこないようにと最も基細な行動でさえ規定された方法でなされな
ければならない。
5:4 The novelist Jorge Luis Borges, in his story The Zahir, describes the Talmud as having “codified every conceivable human eventuality.” 5:4小説家ジョルジュ=ルイ=ボルジュは、彼の小説のThe Zahirにおいて、タルムードを「考えうる
人間の可能性のすべてを成文化している」ものと描いている。
5:5 This is (17) (1. an accurate description 2. a general conclusion 3. an exaggerated description) , for the continuation of Talmudic debates shows that the complete codification is unattained but aimed for.
5:5 これは誇張された描写である。なぜなら、タルムードに関する議論が続いていることから、完
全な成文化は達成不可能で目標にすぎないのだとわかるからである。
5:6 The Talmud represents a self-produced anthropology, explaining to orthodox Jews the meaning of their rituals in a detail which the professional anthropologist, seeking the unwritten rules of social life, can only admire.
5:6 タルムードは自ら生み出した人類学を表しており、正統派ユダヤ人に自分たちの儀式の意味を
詳しく説明する。それは、不文律の社会生活のルールを求める専門の人類学者が賞賛するしかな
いようなものである。
5:7 Just as the behavior of game players is meaningless without knowledge of the rules of the game, so the customs of orthodox Jews are incomprehensible without the Talmud.
5:7 ゲームのルールの知識がないとゲームの選手の行動が無意味になるのとちょうど同じように、
タルムードがないと正統派ユダヤ人の習慣は理解できない。
5:8 However, this great code of behavior, which seeks to leave (18) (1. nothing to chance 2. a lot to be desired 3. much room to debate) but dictates detailed rule following, is principally a record of arguments.
5:8 しかしこの偉大な行動規範は何事も運任せにしないで詳しくルールの遵守を指示しており、こ
れは主として論争の記録なのである。
5:9 From its opening page, through its sixty or so volumes of tractates, it describes the arguments of the ancient rabbis, as they disputed their interpretations of the Holy Law.
5:9 それは、最初のページから約60巻の文章を通して、聖なる法律の解釈をめぐって議論する古代
のラビの論争を描いている。
5:10 Every pronouncement is a subject of argument, and, as Heiman has shown in his account of modern Talmudic study groups, even today the Orthodox learn the rules by (19) ( 1. abandoning 2. reliving 3.authorizing) the ancient arguments.
5:10 すべての宣告が議論の対象であり、ハイルマンが現代のタルムードの研究グループに関する 報告で示しているように、今日でさえユダヤ教正統派は古代の論争を追体験することによって
ルールを学ぶのである。
5:11 All in all, the Talmud represents not merely one of the most detailed codes of behavior ever produced, but is also one of the greatest collections of arguments in literature.
5:11要するに、タルムードはただ単にこれまでに生まれた最も詳細な行動規範のひとつであるだけ
でなく、文献に残る最も大きな論争の収集物のひとつでもある。
(17)3
accurate description「正確な描写」 general conclusion「一般論」
exaggerated description「誇張された描写」 5行目の後半の文意から誇張されている事実が明らかとなる (18)1
Nothing A but B「AではなくB」 Chance「運」ではなく「ルールの順守」
Much room to debate「議論の余地がある」
(19)2
Abandon「捨てる」 Relive「再び体験する」 Authorize「権威を与える」
5段落は、過去の文献をさかのぼって論を展開しているので、古代の論争を「再体験する」

■第6段落
6:1 Because arguments are such a constant theme in the history of social rules, their psychological importance should be recognized.
6:1論争は社会ルールの歴史においてまったく絶えることのないテーマであるので、その心理的な
重要性が認められるべきである。
6:2 However, psychologists will be unable to give due attention to argumentation as long as they employ theoretical frameworks which subtract the argumentative aspects from human activities.
6:2 しかしながら、心理学者は、人間活動から論争的側面を取り去るような理論的枠組みを用いる
かぎり、論争に対してしかるべき注意を払うことはできないであろう。
6:3 If this point is accepted, then we now have our excuse to (20) (1. leave 2. emphasize 3. construct) modern theory, and to enter the ramshackle old city center of rhetoric: it is in ancient rhetoric, but not in recent social psychology, that argumentation is placed in the center of human affairs.
6:3 もしこの論点が受け入れられれば、我々には今や、現代理論を離れ、今にも倒れそうな古い修
辞学の町中へ入っていける言い訳ができる。論争が人間活動の中心に置かれるのは、古代の修辞
学においてであって、最近の社会心理学においてではない。
・解答
(20)1
Leave「離れる」 Emphasize「強調する」 Construct「組み立てる」
「今にも倒れそうな古い修辞学の町中へ入っていける言い訳ができる」には現代理論ぁら「離
れ」なければならない

総合政策学部 1996 問1、

■第1段落
1:1 on a daily basis everyone comes into contact with persuasive forces.
1:1誰もが日常的に説得行為に接する。
1:2 Whether it is with friends, family members, or co-workers, elements of persuasion can be found in almost any social interaction.
1:2友人とであれ家族とであれ、同僚とであれ、ほとんどすべての社会的相互作用において説得の
要素を見出すこができる。
1:3 Although most people would argue that they are responsible for their attitudes and beliefs, social scientific theory and research has (1)(1. yielded 2. assumed 3. declared) a large body of evidence that does not support this notion.
1:3 ほとんどの人は、自分の態度や信念については自分に責任があると主張するだろうが、社会科
学の理論と研究によって、この考えを支持しない多くの証拠が挙げられている。
1:4 Within the United States and other developed nations, the media present powerful persuasive forces in the form of consumer advertising, political campaigning, and the dissemination of general news and information that, by and large, play a crucial role in the development of opinions, beliefs, and attitudes of individuals and groups.
1:4 アメリカ合衆国や他の先進諸国では、メディアが消費者への広告、政治運動、一般的なニュー
スや情報の普及という形で、強い説得力を示しており、それが個人および集団の意見、信念、態
度の形成において、概して重要な役割を果たしている。
・解答
(1)1
Yield「産生する」
Assume「ft然のことと思う」 Declare「宣言する」 多くの証拠を~に当てはまるのは1

■第3段落
3:1 Persuasion has often been defined as an act of human communication that has the specific goal of influencing the beliefs, opinions, and attitudes, and/or behavior of others.
3:1説得はしばしば、人間のコミュニケーション行為であり、他人の信念、意見、態度、そして(ま
たは)行動に影響を与えるという特定の目標をもつと、定義されてきた。
3:2 In many instances this definition does not describe the full range of conditions under which persuasion takes place.
3:2多くの場合、この定義は説得が行われる状況の全範囲に言及するものではない。
3:3 Specifically, when receiver factors are taken into account one message may be a clear example of persuasive communication to a specific audience or individual, while presented to another it may simply (2)(1. devalue 2. impair 3. validate) existing beliefs and opinions and thus fail to present a clear distinction of persuasion.
3:3特に、受け手側の要素を考慮してみると、あるメッセージが特定の聴き手や個人にとっては説
得的な意志伝達の明らかな例であるのに別の者に示されると、ただ単に既存の信念や意見を確証 するだけになり、したがって説得行為であるとは明確に区別できなくなることがある。
3:4 Furthermore, instances of coercion can be (3)(1. misguided 2. misplaced 3. misconstrued) as acts of persuasion since there is a fine boundary between forced change and persuasive change.
3:4 さらに、強制的変化と説得的変化の間の境界は微妙なものなので、強制例が説得的行為として
誤解されることがある。
3:5 For practical purposes, we will focus on the more (4)(1. salient 2. opaque 3. congenial) instances of persuasion and contrast them with examples that are not as distinct.
3:5実際的には説得のより顕著な例に焦点を当て、それほど明確ではない例と対比してみることに
する。
・解答 (2)3 (4)1
(2)
Devalue「価値を減じる」 Impair「痛める」
Validate「有効にする、確認する」 3行目の文脈で判断できる
(4)
Salient「顕著な」 Opaque「不透明な」 Congenial「同性質の」
明確ではない例と対比する。

■第4段落
4:1 Within the large body of theory and research on persuasion the concept of attitude has received a great deal of attention since itis closely linked to the success of persuasive communication.
4:1説得に関する多くの理論と研究の中で、「態度」が説得的な意志伝達の成功に密接に関係して
いることから、「態度」の概念が大きな注目を集めている。
4:2 The mental state of the receiver is an important part of persuasion and in many instances the ultimate goal of the persuader is to bring about some form of attitude change.
4:2受け手の精神状態は説得の重要な部分であり、多くの場合、説得する側の最終的な目標は何ら
かの形の態度の変化を引き起こすことである。
4:3 Furthermore, in many cases attitudes are the (5) (1. precedents 2. precursors 3. premises) to behavior, and many theories of persuasion involve the concept of attitude.
4:3 さらに、多くの場合、態度は行動に先行するものであり、説得に関する多くの理論には態度の
概念が含まれるのである。
・解答
(5)2
Precedent「先例」 Precursor「先駆者」
Premise「前提」
3行目後半より、態度が行動より先にくることがわかる。

■第6段落
6:1 Credible communicators are looked upon as experts.
6:1 「信頼できる伝達者」は専門家と見なされる。
6:2 That is, they display a degree of competence in their field and are commonly viewed as knowledgeable and experienced.
6:2 つまり、彼らは自分の分野においてある程度の能力を示し、知識があり経験があると一般に見 られているのである。
6:3 Furthermore, receiver judgments of competence are significantly influenced by the communicator’s level of training, occupation, and experience.
6:3 さらに受け手側が能力を判断する際には、伝達者の訓練、職業、経験の程度に影響されるので
ある。
6:4 This value judgment made on the part of the receiver is important in whether the message is accepted or rejected.
6:4受け手側においてなされるこのような価値判断は、メッセージが受け入れられるか拒絶される
かどうかにおいて重要である。
6:5 If the receiver believes the communicator has (6)( 1. disposed 2. displayed 3. dismissed) a high degree of competence, then it is much more likely that the message being conveyed will have an impact.
6:5 もし受け手が、伝達者がかなりの程度の能力を示していると信じるならば、伝えられている
メッセージが影響を与える可能性ははるかに大きくなるだろう。
6:6 In addition to this, a communicator’s degree of trustworthiness is also (7) (1. assessed 2. assured 3. accorded) by the receiver.
6:6 これに加えて、伝達者の信頼度もまた、受け手によって測られうる。
6:7 If a communicator is viewed as being truthful then the message will seem much more reliable and acceptable.
6:7 もし伝達者が信頼できると見なされれば、そのメッセージははるかに信頼でき受け入れられう
るものになる。
6:8 On the other hand, if a persuasive message is remembered but not its source, then the influence of a communicator of high credibility may have a diminishing effect over time.
6:8また一方、説得的なメッセージ自体は覚えられているが、その出所が覚えられていない場合、
信用度の高い伝達者がもたらす影響でも、時がたてば弱くなるかもしれない。
6:9 However, low credibility communicators may receive a beneficial gain in this situation which would result in having a more persuasive response to their message after a period of time has passed.
6:9しかしながら、このような状況では信用度の低い伝達者が利益を得る(大きな影響を与える)こ ともあり、ある期間が経過した後、自分のメッセージに対してより説得的な反応を得るという結 果になる。
6:10 This is a phenomenon known as the sleeper effect that occurs under circumstances in which the receiver remembers the message but not reasons that may (8)(1. discount 2. support 3. discourage) it.
6:10 これは、「仮眠効果」と呼ばれる現象で、受け手がメッセージは覚えているが、それを支持
する理由を覚えていない状況で起こるものである。
6:11 For example, a receiver may remember factual information from a message but forget about the credibility of the communicator and other source factors which we normally rely upon to judge information.
6:11例えば、受け手がメッセージから得た事実に基づく情報は覚えているのだが、我々が情報を判
断するために普通頼っている伝達者の信頼性や他の出所の要素を忘れる場合がそれである。
6:12 (9)(1. Thus 2. On the contrary 3. In addition), practical issues that may influence the credibility of communicators include their rate of delivery and the degree of confidence in their tone.
6:12 その上、伝達者の信頼性に影響を与えるであろう現実的な問題には、話し方の速さと口調に
おける自信の度合いが含まれる。
6:13 A communicator is viewed as more credible if his or her speech contains no hesitations and is delivered at a rapid pace.
6:13伝達者は、ためらいのない話しぶりで速く話すと、より信頼できると見なされるのである。
(7)1 (7)
Assess「評価する」 Assure「保証する」 Accord「一致する」 (8)2 (8)
Discount「割引する」 Support「支える」
Discourage「落胆させる」
すべて文脈から判断できる。

■第10段落
10:1 Moreover, emotional appeals have been found to be quite effective, especially when they are incorporated with factual information.
10:1 さらに、感情的な訴えが非常に効果的であるとわかっているのは、特に事実に基づく情報と
合わさった時にである。
10:2 For example, the American Lung Association’s antismoking campaign and the driver education programs in high schools that show horrible traffic accidents both share a common element of fear with the (13)(1. intention 2. pretension3. contention) to persuade.
10:2例えば、American Lung Associationの禁煙運動と、高校における運転教育プログラムで恐ろし
い交通事故を見せることは、説得の意図に加えて、恐怖という共通の要素を共有しているのである。

10:3 Research suggests that fearful and emotional appeals that are successful in producing greater fear will, in fact, strengthen the message’s effectiveness.
10:3調査によれば、より大きな恐怖を生み出すことに成功するような、恐怖に満ちた感情的な訴え は、実際メッセージの効果を強めるのである。
10:4 The degree of fear appeals in a message and the amount of fear (14)(1. established 2. erased
3. evoked) in an audience are prime determinants of successful persuasion.
10:4 あるメッセージにおける恐怖に満ちた訴えの程度と、聴衆の中に引き起こされる恐怖の量に よって、説得が成功したかどうかが一番に決まるのである。
10:5 However, if a message contains an extremely high degree of fear it may persuade an audience but it might also (15)(1. attract 2. detract from 3. diversify) the message content, producing an opposite effect.
10:5 しかしながら、メッセージが極端に強度な恐怖を含む場合は、その恐怖は聴衆を説得するか もしれないが、同時にメッセージの内容を損ない、逆効果を生み出すかもしれない。
・解答 (13)1
(13)
Intention「意図」→intendの派生 Pretension「見かけ、うぬぼれ」
Contention「口論」
説得の~に入るのは文脈から1が最適。
(15)2 (15)
Attract「魅了する」 detract from「減ずる」
diversify「様々に変化させる」
逆効果ということから考える。

■第11段落
11:1 It has been found that the amount of fear experienced in any given audience is variable and complex.
11:1一定の聴衆が経験する恐怖の量は多様で複雑であるとわかっている。
11:2 Even in carefully controlled experimental designs the (16)(1. infringement 2. deduction 3. inducement) of fear is variable across individuals.
11:2慎重に管理された実験計画においても、恐怖が誘発する物は個人によって多様である。
11:3 In general, research shows that fearful persuasive appeals may or may not be effective.
11:3一般に、研究からは恐怖に満ちた説得的訴えは効果的な場合もあればそうでない場合もあるこ
とがわかる。
・解答 (16)3 Infringement「冷蔵や冷凍するプロセス」 Deduction「控除」
Inducement「誘導」
10段落から恐怖の誘発に関する実験について述べられているので3.

■第12段落
12:1 When presenting an argument one must consider whether opposing arguments should or should not be addressed.
12:1議論をするときは、反対意見も述べるべきかどうかを考えなければならない。
12:2 As a general rule, presenting two-sided arguments is more effective because the audience tends to believe that the communicator is offering objective and unbiased information.
12:2一般に、両面から議論をすることはより効果的である。なぜなら、聞き手は、伝達者が客観的
で偏見のない情報を提供してくれていると信じやすくなるからである。
12:3 Moreover, well-informed and well-educated audiences are more (17)(1. receptive 2. subordinate 3. liable) to two-sided appeals as opposed to one-sided arguments.
12:3 さらに、知識と教養のある聴衆は、一面だけの議論に対して両面からの訴えを受け入れやす
いのである。
12:4 Although there are instances in which recognizing opposing arguments may obscure the communicator’s message and fail to sway people’s opinions, the vantage point is still more robust with a two-sided appeal.
12:4反対意見を認めることで、伝達者のメッセージが不明瞭になり、他人の意見に影響を与えるこ
とができなくなるという例があるけれども、両面からの訴えの方が有利なのはそれでもなお間違 いない。
12:5 However, in instances where the audience is in full agreement with the message of the communicator a one-sided appeal is more effective.
12:5 しかし、聴衆が伝達者のメッセージにまったく同意している場合には、一面だけの訴えの方
が効果的である。
12:6 Speculation (18)(1. makes 2. has 3. leaves) it that factors which influence people’s persuasibility to one as opposed to two-sided arguments are dependent upon their educational level and their acquaintance with the issue.
12:6人が両面からの議論に対して一面だけの議論に説得されやすいことに影響を与えている要素は
その人の教育レベルとその問題に対する知識次第であると推測できる。
・解答
(17)1
Be receptive to「~を受容する」 Be subordinate to「~に従属する」 Be liable to「~しがちである」
12段落の内容を丁寧の把握する。

■第13段落
13:1 Persuasive communicators commonly have an idea of how much they wish to modify a given audiences attitudes and opinions.
13:1説得的な伝達者は普通、特定の聴衆の態度と意見をどれぐらい変えたいかということを考えて
いる。
13:2 Some communicators may defend a position strongly discrepant to that held by the audience, while others may possibly advocate a position which is only somewhat discrepant from the audiences initial opinion.
13:2伝達者の中には聴衆がもつ立場とはまったく異なった立場を保持するものもいれば、一方、聴
衆の最初の意見とは少ししか異なっていない立場を主張するものもいるだろう。
13:3 Overall, research shows that with both excessive and (19)(1. conservative 2. liberal 3. radical) usage of discrepancy a communicators effectiveness is diminished.
13:3一般的に、研究によると、(意見の)相違の利用はやりすぎても抑えすぎても効果を減らすらし
い。
13:4 The instance where discrepancy (20)(1. sustains 2. affords 3. works) best is when the message of the communicator is only slightly different from the opinions held by the audience. 13:4 (意見の)相違が最も効果的に機能する例は、伝達者のメッセージが聴衆のもつ意見とほんの
少しだけ異なる時である。
13:5 As one would guess, moderate levels of discrepancy work best when the message is delivered by a credible communicator.
13:5誰もが推測することであろうが、適度な相違が最も効果的に機能するのは、信頼できる伝達者
によってメッセージが伝えられる時である。
13:6 In some cases, messages with extreme levels of discrepancy seem to have positive results when given by a credible communicator.
13:6場合によっては極度な相違をもつメッセージが、信頼できる伝達者によって伝えられた時に、 肯定的な結果となることもあるようである。
13:7 Additionally, when a receiver maintains a high degree of involvement with a message the communicators range of discrepancy is greatly reduced.
13:7 その上、受け入れ側がメッセージとかなりの程度の関わりを維持している時には、伝達者の
もつ相違の許容範囲は大いに狭まるのである。
13:8 As may already be apparent, a receiver who has a personal acquaintance with an issue may become more intolerant of strongly discrepant points of view.
13:8 すでに明らかなように、問題を個人的に知っている受け手は大きく違った意見にはより不寛
容となるであろう。
(20)3
Sustain「維持する」 Afford「余裕がある」
Work「機能する」
意見の相違が~するのは…に当てはまるのは前文からも3が最適。

総合政策学部 1996 問2、

■第1段落
1:1 Hermeneutics began as the theory of the interpretation of texts, particularly mythical and sacred texts.
1:1解釈学は原典、特に神話や聖典を解釈する理論として始まった。
1:2 Its practitioners struggled with the problem of characterizing how people find meaning in a text that exists over many centuries and is understood differently in different epochs.
1:2解釈学を行う者は、何世紀にもわたって存在し時代によって異なった理解をされている原典の
中に、人がいかにして意味を見出しているかを示すという問題に取り組んだ。
1:3 A mythical or religious text continues to be spoken or read and to serve as a source of deep meaning, in spite of (1)(1. changes 2. consistency 3. disappearance) in the underlying culture and even in the language.
1:3背後にある文化や言語の中にさえも変化が生まれているにもかかわらず、神話や宗教上の原典
は深い意味の源として話され、読まれ、役に立ち続けている。
1:4 There are obvious questions to be raised.
1:4提起されるべき明らかな疑問がある。
1:5 Is the meaning definable in some absolute sense, independent of the context in which the text was written?
1:5 その意味は、原典が書かれた背景から独立して、絶対的な意味において定義されうるのだろう
か。
1:6 Is it definable only in terms of that original context?
1:6 それとも、原初の文脈との関係においてのみ定義されうるのだろうか。
1:7 If so, is it possible or desirable for a reader to transcend his or her own culture and the intervening history in order to (2)(1. repeat 2. reinforce 3. recover) the correct interpretation?
1:7 もしそうであるならば、読者がその正確な解釈を取り戻すために自分自身の文化と介在する歴
史を超越することは、可能または望ましいことなのだろうか。
・解答
(1)1
Consistency「無頓着」
Disappearance「消失」
In spite ofから、文かや言語と神話が対照的であることがわかる
(2)3
Reinforce「補強する」
1段落を総括して問題提起しているので、1段落の意味を丁寧に読み取って3を選択する。

■第2段落
2:1 If we reject the notion that the meaning is in the text, are we (3) (1. opposed 2. reduced 3. prohibited) to saying only that a particular person at a particular moment had a particular interpretation?
2:1 もし我々が、意味は原典の中にあるという考えを拒絶するならば、それはただある特定の瞬間 のある特定の人がある特定の解釈を行ったとだけ言うことに帰着させられるのであろうか。
2:2 If so, have we given up a naive but solid-seeming view of the reality of the meaning of the text in (4)(1. favor 2. spite 3. terms) of a relativistic appeal to individual subjective reaction?
2:2 もしそうであるならば我々は個人の主観的な反応に対する相対論的な訴えの方を選んで原典の
意味の現実性を素朴にしかし手堅く見るのをあきらめたのだろうか。
・解答
(3)2
Be opposed to「~に反対する」
Be reduced 「すり減る、帰着される」
Be prohibited to「~が禁じられる」

■第4段落
4:1 For the objectivist school of hermeneutics, the text must have a meaning that exists independently of the act of interpretation.
4:1解釈学の客観主義学派にとっては、原典は解釈行為から独立して存在する意味をもたなければ
ならないのである。
4:2 Their goal of a hermeneutic theory is to develop methods by which we rid ourselves of all prejudices and produce an objective analysis of what is really there.
4:2彼らの解釈学理論の目標は、すべての先入観を取り除き、本当にそこに存在するものを客観的
に分析して提示する方法を生み出すことである。
4:3 The ideal is to completely (6)(1. contextualize 2. decorate 3. decontextualize) the text.
4:3理想は原典を完全に脱状況化することである。
・解答 (6)3 Contextualize「文脈によって解釈可能にする」 Decorate「飾る」
Decontextualize「脱構築する」
4段落の内容を総括する。

■第5段落
5:1 The opposing approach, most clearly formulated by Gadamer, takes the act of interpretation as primary, understanding it as an interaction between the ‘horizon’ provided by the text and the horizon that the interpreter brings to it.
5:1 これとは逆のアプローチは、ガダマーによって最も明確に作り上げられたものであるが、解釈
行為を最も重要なものと考え、原典によって与えられる「視野」と解釈者が原典にもたらす「視
野」の間の相互作用として理解する。
5:2 Gadamer (7)(1. denies 2. questions 3. insists) that every reading or hearing of a text constitutes an act of giving meaning to it through interpretation.
5:2 ガダマーは、原典を読んだり聞いたりするすべての行為が解釈を通して原典に意味を与える行
為を構成すると主張する。
・解答
(7)3
6段落の内容を読むと3が最適。

■第6段落
6:1 Gadamer devotes extensive discussion to the relation of the individual to tradition, clarifying how tradition and interpretation (8)(1. complicate 2. interact 3. separate) .
6:1 ガダマーは個人と伝統の関係について広範囲に議論をし、伝統と解釈がどのように担互に作用
するか明らかにしている。
6:2 Any individual, in understanding his or her world, is continually involved in activities of interpretation.
6:2 いかなる個人も自分の世界を理解する際には、絶えず解釈行為に関わっている。
6:3 That interpretation is based on prejudice (or pre understanding), which includes assumptions implicit in the language that the person uses.
6:3 そのような解釈は先入観(つまり、「前もっての判断」)に基づいており、先入観にはその個人 が使う言語に潜在する前提が含まれている。
6:4 That language in turn is (9)(1. learned 2. forgotten 3 . intervened) through activities of interpretation.
6:4 そして今度は、その言語は解釈行為を通して、学ばれていくのである。
6:5 The individual is changed through the use of language, and the language changes through its use by individuals.
6:5個人は言語の使用によって変えられ、言語は個人による使用によって変わるのである。
6:6 This process is of the first importance, since it constitutes the background of the beliefs and assumptions that determine the nature of our being.
6:6 この過程は最も重要である。というのは、それは、我々の存在の本質を決定する信念と前提の
背景を構成するからである。
6:7 We are social creatures:
6:7我々は社会的生物であるのだ。
・解答
(8)2
Complicate「複雑な、込み入った」 Interact「相互に作用する」 Separate「離す」
6段落の全体の要旨を理解すると2が最適
(9)1
言語が解釈を通して忘れられることは考え難い、また「はさまる」も不自然。

■第7段落
7:1 In fact history does not belong to us, but we belong to it.
7:1実際のところ、歴史が我々に属しているのではなく、我々が歴史に属しているのである。
7:2 Long before we understand ourselves through the process of self-examination, we understand ourselves in a self-evident way in the family, society, and (10)(1. history 2. state 3. psychology) in which we live.
7:2我々は自省の過程を通して自分自身を理解するよりもかなり前に、自分が生きている家庭、社
会、国家の中で自明の方法で自分自身を理解している。
7:3 The focus of subjectivity is a distorting mirror.
7:3主観性の焦点は歪んだ鏡である。
7:4 The self-awareness of the individual is only a flickering in the closed circuits of historical life.
7:4個人の自己認識は、歴史的生活の閉回路における単なる明滅する光にすぎない。
7:5 That is why the prejudices of the individual, far (11)(1. more 2. less 3. later) than his judgments, constitute the historical reality of his being.
7:5 それ故に、個人の先入観はその判断以上に個人の存在の歴史的現実を構成するのである。
7:6 Gadamer, Truth and Method (1975), p. 245.
7:6 ガダマー「真理と方法」(1975年) p.245
(11)1
7段落の内容を理解すると、個人の先入観が認識以上に歴史的現実を構成することがわかる。

■第8段落
8:1 Gadamer sees in this essential historicity of our being the cause of our (12)(1. competence 2. tendency 3. inability) to achieve full explicit understanding of ourselves.
8:1 ガダマーは、我々の存在のもつこのような本質的な史実性の中に、我々が自分自身を十分に明 白に理解できない原因があると見ている。
8:2 The nature of our being is determined by our cultural background, and (13)(1. after 2. since 3. before) it is formed in our very way of experiencing and living in language, it cannot be made fully explicit in that language: 8:2我々の存在の本質は、我々の文化的背景によって決定されるもので、それは言語においてまさ
に我々が経験し生活する様式の内で形成されるので、その言語において十分に明白にすることは できないのである。
・解答
(12)3
Competence「能力」
Tendency「傾向」
Inability「できないこと、無能」 2行目の後半に明確に示されている。

■第9段落
9:1 To acquire an awareness of a situation is, however, always a task of particular difficulty.
9:1 しかしながら、ある状況の認識を得ることは、常に特に困難な仕事である。
9:2 The very idea of a situation means that we are (14)(1. really 2. not 3. naturally) standing outside it and hence are unable to have any objective knowledge of it.
9:2状況という観念そのものは、我々がその状況の外部にいるのではなく、それ故それに対して客
観的な知識をもつことができないということを意味している。
9:3 We are always within the situation, and to throw light on it is a task that is never entirely completed.
9:3我々は常にその状況の内部におり、それに光を当てることは決して完全には成し遂げられない
仕事である。
9:4 This is true also of the hermeneutic situation, i.e., the situation in which we find ourselves with regard to the tradition that we are trying to understand.
9:4 これはまた、解釈学的状況、つまり、我々が理解しようと努めている伝統との関係で自分自身
を考える状況にもあてはまる。
9:5 The illumination of this situation — effective-historical reflection — can never be completely (15)(1. achieved 2. ignored 3. persisted) , but this is not due to a lack in the reflection, but lies in the essence of the historical being which is ours.
9:5 この状況を明らかにすること、つまり効果的に歴史的に考えることは、決して完全には成し遂
げられないことであるが、これは思考の不足によるのではなくて、我々のものである歴史的存在
の本質によるのである。
9:6To exist historically means that knowledge of oneself can (16)(1. indeed 2. always 3. never) be complete.
9:6歴史的に存在することは、自分を完全に知ることは、決してできないということを意味するの
である。
9:7 Gadamer, Truth and Method (1975), pp.268-269.
9:7 ガダマー「真理と方法」(1975年) p.268-269
・解答
(14)2
9段落全体から判断する。
(15)1
Achieve「成し遂げる」
Ignore「無視する」 Persist「固執する、持続する」
5行目の前半と後半の関係性を考えると1が正解。
(16)3
Indeed「実に」 こちらも9段落の全体から判断する。

■第11段落
11:1 Gadamer’s approach accepts the inevitability of the hermeneutic circle.
11:1 ガダマーの取り組み法は「解釈学的循環」の必然性を受け入れる。
11:2 The meaning of an individual text is contextual, depending on the moment of interpretation and the horizon brought to it by the (18)(1. text 2. interpreter 3. fallacy) .
11:2個々の原典の意味は文脈におけるものであり、解釈される時期や、解釈者がもたらす視野に依
存している。
11:3 But that horizon is itself the product of a history of interactions in language, interactions which themselves represent texts that had to be understood in the light of preunderstanding.
11:3 しかし、そのような視野はそれ自体、言語における相互作用の歴史の産物であり、その相互
作用は、それ自体、先入観に照らして理解されなければならない原典を表すのである。
11:4 What we understand is based on what we already know, and what we already know comes from being able to (19)(1. decontextualize 2. understand 3. forget).
11:4我々が理解するものは、我々がすでに知っているものに基づいており、我々がすでに知ってい
るものは理解できるということから生じるのである。
・解答
(18)2
Text「本文、原典」 Interpreter「解釈、通訳者」 Fallacy「誤信」
原典は「原典の意味するものは原典に依存する」と不自然になる。また「誤信がもたらす視野」
は文脈にあわない。
(19)2
「相互作用」について最初から着目されているので、4行目前半と相互作用的な文脈になる
「understand」をあてはめる

総合政策学部 1,997 問1、
■第2段落
2:1 People may move because of dissatisfaction with their community, or because of the attraction of a different community.
2:1人々は、自分たちの地域社会に対する不満、または別の地域社会の魅力のために移動すること がある。
2:2 Examples of the first type of [3](1. effect 2. movement 3. incentive) to migrate are the loss of
a job, causing the person to consider equivalent employment in another locality, or the exhaustion of natural resources, [4](1. including 2. inducing 3. providing) a group to move to a foreign land.
2:2移住する動機のうち前者の例としては失業が、人が他の地域で以前と同等の職に就くことを考 える原因となることや、天然資源の枯渇が異国への集団移動を誘発していることが挙げられる。 2:3 These are push factors of migration.
2:3 これらは移住の「押し出し要因」である。
2:4 On the other hand, a person may choose a new community because its housing or job opportunities are superior, or a relatively large group may suddenly migrate to a distant place when gold is discovered there.
2:4 他方、住宅事情や仕事を得る機会が勝っているという理由で新しい地域社会を選んだり、遠い
場所で金が発見されると比較的大きな集団が突然そこへ移ったりすることもあるだろう。
2:5 These are pull factors.
2:5 これらは「引っぱり要因」である。
2:6 Either kind of motive may operate alone, but these factors generally [5](1. interact 2.
predominate 3. function)
in a migration.
2:6移住において、それぞれの動機は単独で作用しているのであろうがこれらの要因は一般的に担 互に作用している。
・解答
(3)3
Incentive「動機」
2行目の後半の内容を読む。 (4)2
Provide「供給する」
遊牧民の例から、資源が枯渇すると集団は移動することがわかる。
(5)1
Interact「互いに影響しあう」 Predominate「占める」
2段落までの総括の文章である。

■第3段落
3:1 Push factors are more likely to predominate in a less developed country, where families are large and land is scarce.
3:1 あまり発展していない国では、「押し出し要因」の方が顕著になりやすいが、そこでは家族が
多人数で土地が少ないからである。
3:2 People who can find no means of support in rural areas migrate to the cities in desperate search of work.
3:2田舎で扶養手段が見つけられない人々は、仕事を必死に求めて都会へと移り住む。
3:3 In developed countries, where opportunities for better housing and employment are more available and where knowledge of other communities is both more abundant and more exact, push
and pull factors tend to interact[6](1. contradictorily 2. more evenly 3.profoundly) .
3:3諸先進国では、良好な住宅状況と雇用に対する機会により恵まれており、他の地域会に関する 知識がより豊富でより正確であるので、「押し出し要因」と「引っぱり要因」がより均等に相互 作用する傾向がある。
3:4 Potential migrants weigh the advantages and disadvantages of the region of origin and of the possible regions of destination.
3:4移住者になり得る人々は、今住んでいる土地および移り住む可能性のある目的地について利点 と不利益な点をよく検討するのである。
・解答 (6)2
(解説なし。)

■第4段落
4:1 Local migrations are usually motivated by housing and aspects of residential environment such as schools.
4:1地域内の移住では普通、住宅状況や学校などの居住環境面が動機となる。
4:2 The chief factor in long-distance migrations is employment, [7](1. in that 2. thereby 3. although) differences in housing and climate are the main incentive for elderly people to migrate long distances.
4:2長距離にわたる移住の主な要因は雇用の問題である。ただし、年老いた人たちが長距離を移住
する主な動機は住居と気候の違いである。
4:3 The volume of migration tends to be [8](1. inversely 2. generally 3. positively) proportional to the distance traveled, because nearby communities are better known.
4:3移住の総計は移る距離に反比例する傾向があり、それは近くの地域社会の方がよくわかってい
るからである。
4:4 For the same reason the volume of internal migration is greater than that of international migration.
4:4同じ理由で、国内移住の総計の方が国家間移住の総計より大きいのである。
(8)1
4行目に、同じ理由で国内移住が多いとあるので、移る距離が短いほど移住する人が多いと読み
取れる。

■第5段落
5:1 Reciprocal migration takes place when the differences between two regions are evaluated in opposite ways.
5:1 2つの地域の違いが正反対に評価される場合に、相互移住が起こる。
5:2 This [9](1. flow 2. difference 3. direction) includes return migration, which often makes statistics on population movements [10](1. easier to assess 2. more reliable 3. misleading) .
5:2 この流れには「戻り移住」が含まれ、そのため人口移動に関する統計がしばしば誤解を招きや
すくなるのである。
5:3 For example, up to 40% of the immigrants admitted to the United States between 1890 and 1910 returned home.
5:3 たとえば、1890年から1910年の間にアメリカ合衆国への入国を許可された移住者の40%近く
が母国へ帰っている。
・解答
(9)1
「戻り移住」が含まれるのは、移住の「流れ」である
(10)3
移住の統計をとる際に、移住者が母国に戻る「戻り移住」が含まれると統計は混乱し、誤解をう
む。

■第6段落
6:1 Although distance is the chief obstacle to migration, a gold rush, a famine, or religious persecution may produce a sudden large movement to a distant and unfamiliar place.
6:1距離は移住に対する主な障害であるといっても、ゴールドラッシュや飢籠や宗教的迫害によっ
て、突然大量に遠く馴染みのない所へ移動することもあるだろう。
6:2 But when the Strong pul or push factor is [11](1. considered 2. removed 3. reinforced) , the
volume of subsequent migration in the same direction will depend on interregional evaluations by potential migrants, now better informed.
6:2 しかし、強力な「引っぱり要因」または「押し出し要因」が取り除かれれば、続いて同じ方向
へ移住する総数は、移住を考えている人々が今や以前より知識をもって行なう地域間の評価次第
である。
6:3 After the California gold rush of 1848-1852and the depletion of the gold, migration to California continued despite the long journey because the state’s basic natural wealth became known and transportation was improved.
6:31848年から1852年にかけてのカリフォルニア州のゴールドラッシュと金の枯渇の後も、カリフォ
ルニア州への移住は長旅にもかかわらず続いたが、それはその州の基本的な天然資源が知られ輸 送機関が改善されたことによるものである。
・解答
(11)2
強力な「ひっぱり要因」などは、統計の正確性を損なうので、「取り除かれ」ればより正確にな

■第7段落
7:1 The national and linguistic boundaries that pose obstacles to international migration are factors of social distance.
7:1国家間の移住を妨げる国家的、言語的境界は、社会的距離の要因である。
7:2 Cultural boundaries may inhibit migration even with in a country, as in Belgium across its Flemish-French language frontier.
7:2 ベルギーのフラマン語―フランス語境界のように、一国内においてさえ文化的境界は移住を妨
げる。
7:3 But if two countries have the same language and there is a tradition of migration between them, other social barriers are more easily [12](1. overcome 2. brought in 3. erected) as in Irish
migration to England
7:3 しかし、二国が同じ言語をもち、その間に移住の伝統があるならば、他の社会的障壁は、アイ
ルランド人のイングランドへの移住のように容易に乗り越えられる。
・解答 (12)
1 Overcome「打ち勝つ」 Erect「立てる」
文化的境界が移住を妨げると2行目にあり、逆接で3行目がつながっているので、障壁を「乗り
越える」

■第8段落
8:1 Another obstacle to migration is the unwillingness of people to consider moving because of commitments to family, friends, property, and community.
8:1移住を妨げる別の障害は、家族、友人、財産、地域社会に対する愛着のために、人々があまり
移動を考えたがらないということである。
8:2 [13](1. Nonetheless 2. In addition 3. For this reason), the migration rate for older groups is lower than for young adults and their children.
8:2 このために、年老いた人たちが移住する割合は、壮年層やその子どもたちよりも低いのであ
る。
8:3 Transportation costs are often a great obstacle, and some countries and private enterprises that have [14](1. restricted 2. promoted 3. rejected) immigration have offered financial incentives
to desired new comers.
8:3交通費がしばしば大きな障害となり、移民の受け入れを促進してきた国や私企業は望ましい新
来者に財政的な援助を提供してきた。
(14)2
Restrict「制限する」 Promote「促進する」 Reject「拒絶する」
移民受け入れを~する国に対して財政的な援助を提供していた

■第9段落
9:1 Current patterns of migration are linked with serious social and economic problems in many countries.
9:1昨今の移住の型は、多くの国における深刻な社会的、経済的問題と結びついている。
9:2 In the United States, the movement of millions of people from cities to suburbs and their [15] (1. increase 2. replacement 3. involvement) in the Cities by people of lower average incomes are causal factors of the modern “urban crisis”
9:2 アメリカ合衆国では、何百万もの人々が都会から郊外へ移動し、そして都会では低所得者が彼
らに取って代わっていることが現代の「都会危機」を引き起こす要因である。
9:3 The migration from the northern to the “Sunbelt” states has threatened to increase the population of the Southwest beyond the limits of some areas’ water resources.
9:3北部の州から「サンベルト」の州への移住が、地域によっては水資源の限界以上に南西部の人
口を増やす恐れがある。
9:4 In many third-world countries, rural-urban migration has caused over-urbanization and depopulation of rural areas.
9:4多くの第三世界では、田舎から都会への移住が過度な都市化と田舎の人口減を引き起こしてい
る。
9:5 The selective migration of highly intelligent, skilled individuals from less to more affluent countries has resulted in the problem of “brain-drain” for [16](1. receiving 2. Sending 3. both)
countries.
9:5高い知識と技術のある人たちを富まない国から富んだ国へ選りすぐって移住させる結果、送り
出す国にとっては「頭脳流出」という問題を引き起こすことになる。
・解答
(15)2
Replacement「取り換え」
(16)2
9段落で移民の問題点を挙げているので、それにそって選択する。

■第10段落
10:1 The demographic effects of migration are sometimes difficult to evaluate.
10:1移住による人口統計上の影響を評価することは時には難しい。
10:2 The movement of x number of people from Country A to Country B would seem to have the effect of reducing A’s population and increasing B’s by the same amount.
10:2 A国からB国へX人が移動することは、同じ数でA国の人口を減らしB国の人口を増やす結果を
もたらすと思われるだろう。
10:3 But in the long run, this is not necessarily true.
10:3 しかし、長期的にはこれは必ずしも事実ではない。
10:4 Since the migrants typically are young adults, the fertility rate in the sending country may go down, while that in the receiving country may go up.
10:4移住者は一般的に青年層であるので、送り出す国の出生率は下がり、受け入れ側の国の出生率
は上がるだろう。
10:5 On the other hand, emigration may result in a higher birthrate by [17](1. relieving 2. receiving 3. retracting) population pressures that delay marriage and conception.
10:5他方、結婚や妊娠を遅らせている人口による圧迫感が軽減されるので、移出がより高い出生率 という結果をもたらすこともある。
10:6 Immigration may lower the birthrate by speeding industrialization and urbanization, thus promoting the upward social mobility of the established population with a consequent [18](1. reduction 2. increase 3.balance) in average family size.
10:6移入は、産業化と都市化を速めることで出生率を下げ、定着した人口の社会的移動性が上昇す るのを促進し、その結果として家族の平均人数の減少をもたらすかもしれない。
(18)1
移入によってどのような結果になるか、10段落で読み取る。

■第11段落
11:1 When immigrants of diverse cultural backgrounds are assimilated into a new society, they may contribute to the dominant culture.
11:1 さまざまな文化的背景をもつ移住者が新しい社会に同化するとき、彼らは(その社会の)支配 的文化に貢献することもある。
11:2 The degree to which assimilation occurs depends on the migrants’ ability and on the receiving society’s willingness to accept them.
11:2同化がどの程度起こるかは、移住者の能力と、受け入れ側の社会の彼らを受け入れようとする
気持ち次第である。
11:3 Assimilation works best where mutual integration is desired, permitting the incoming individuals and groups to remain different[19](1. such that 2. so that 3. so long as) they do not
be come dominant or cause disunity.
11:3相互融和が望まれ、移住してくる個人や集団が異なったままでいるのを、支配的になったり不
和を引き起こさない限りで許すようなところで、同化は最もよく機能する。
11:4 Where minorities have remained unintegrated or where an attempt has been made to achieve
[20](1. social welfare 2. mutual independence 3. complete uniformity) , cultural collisions have
occurred.
11:4少数派が融合されないままでいるところや、完全な一体化を達成しようと試みられているとこ
ろでは文化的な衝突が起こっている。
11:5 In the United States the concept of the population as a “melting pot”or uniform blend of human ingredients, has changed since the mid-20th Century.
11:5 アメリカ合衆国では、「るつぼ」、つまり人間という成分を混ぜあわせて一様にしたものと しての住民という概念は、20世紀半ば以降変わってきた。
11:6 It is now generally recognized that immigration produced something more like a mosaic, in which each element has retained its own characteristics while contributing to a commonality.
11:6移住がモザイクにより近いものを生み出し、そこではそれぞれの要素が共同体に貢献しなが
ら、それぞれの特徴を保っているということが今では一般的に認められている。
(20)3
11段落は文化的な内容について触れているので3である。

総合政策学部 1,997 問2
■第5段落
5:1 Barrington reasoned that the fundamental emotions in our behavioral storehouses are dissociable and that our totality must be an amalgam of separable components.
5:1 バリントンは、われわれの行動の宝庫にある基本的な感情は区分可能なものであり、統一体と
してのわれわれは分離可能な要素の合成物に違いないと推論した。
5:2 Such a splintering of skills is also (5) (1. captured 2. evident 3. enclosed) sometimes in severely handicapped people, and we are all familiar with people who can reckon the day of the week for any date over centuries in their head.
5:2 このように技量が分裂することは重度の障害者においても時に明白であり、われわれは皆、何
世紀にもわたるどんな日の曜日も暗算できる人をよく知っている。
5:3 This suggests that we must construct our understanding of the world from separate modules, and this principle of dissociation may be a key to the nature of the evolution of intelligence.
5:3 このことから、われわれが別個のモジュール(基準)から世界の理解を組み立てなければならな いことがわかる。そして、この区分の理論は知能の進化の本質を理解する手がかりであるかもし れない。
・解答
(5)2
Capture「とらえる」
Evident「明白な」

■第7段落
7:1 Cuvier used this principle primarily to argue that he could reconstruct entire organisms from fossil fragments, because one bone implied a necessary shape for all others.
7:1 キュヴィエがこの原理を用いたのは、本来、一つの骨は他のすべての骨に必然的な形を含むの であるから、化石の破片から有機体全体を再び組み立てることができると主張するためであっ
た。
7:2 But Cuvier had a Second, even grander motive — the denial of evolution.
7:2 しかし、キュヴィエにはまた別のもっと大きな動機、つまり進化の否定があった。
7:3 How can transmutation (6)(1. disappear 2. occur 3. lessen) if parts cannot alter separately, or at least with some degree of independence?
7:3 もし諸部分が別々に、少なくともある程度の独立性をもって変化できないならば、どのように
して変異が起こるのだろうか。
7:4 If each tiny modification requires a redesign of absolutely every other feature, then inertia itself must prevent evolution.
7:4 もしそれぞれの小さな変化にも完全に他のすべての特徴の再設計が必要ならば、慣性そのもの が進化を妨げるに違いない。
7:5 Cuvier continued:
7:5 キュヴィエは続ける。
7:6 Animals have certain fixed and natural characters, which resist the effects of every kind of influence, whether proceeding from natural causes or human interference; and we have not the smallest reason to suspect that time has any more effect upon them than climate.
7:6動物はある固定した生まれつきの特質をもっていて、それらは、自然の原因からであれ、ある
いは人間の干渉からであれ、生じるあらゆる種類の影響に抵抗するのである。そして気候が動物 の特質に影響を与えないのと同様に、時間が影響を与えると考える理由はまったくないのである。

・解答
(6)2
変化について、前半と後半で相対する内容が述べられている。

■第8段落
8:1 The logic of this argument is impeccable.
8:1 この主張の論理は申し分ないものである。
8:2 If parts are not dissociable, then evolution cannot occur.
8:2 もし諸部分が区分できないならば、進化は起こりえない。
8:3 But although Cuvier’s logic was correct, his premise of total integrity was false.
8:3 しかし、キュヴィエの論理が正しくても、全体的な統合という彼の前提は間違いであった。
8:4 Evolution (7) (1. proceeds 2. grows 3. regresses) , in fact, by dissociating complex systems into parts, or modules made of a few correlated features, and by altering the various units at differing rates and times.
8:4実際には、複合体系を諸部分、つまり相互関係のある数個の特徴から成り立つモジュールに区
分したり、さまざまな単位を異なった割合時間で変更したりすることで、進化が進むのである。
8:5 Biologists refer to this principle as mosaic evolution, and we need look no further for an illustration than the history of our own species.
8:5生物学者はこの理論を「モザイク進化」と呼んでおり、例証のためにはわれわれ人類の歴史だ
けを見ればよいのである。
8:6 Our human (8)(1. ancestors 2. characters 3. people) , we now know, evolved an upright posture of nearly modern design before any substantial enlargement of the brain had occurred.
8:6 われわれが今知っているように、人間の祖先はほとんど現代人の構造である直立姿勢を、脳の
実質的な拡大が起こるまでに進化させたのである。
・解答 (7)1
Proceed「続行する」
Regress「退歩する」
7、8段落で変化と進歩について述べられている。
(8)1
Ancestor「祖先」
現代人の構造と同じ~までに進化させた、とあるので、祖先が一番当てはまる。

■第9段落
9:1 This fundamental principle of dissociability works just as well for the mental complexities of emotions and intelligence as for designs of entire bodies.
9:1 この区分可能性という基本的原理は、感情と知能という精神的な複雑さに対しても、身体全体 の構造に対するのとまったく同様に機能する。
9:2 As he began to (9) (1. compile 2. change 3. contain) the notes that would lead to his evolutionary theory, Charles Darwin recognized that he could not give an evolutionary account of human emotions without the principles of modularity and dissociation.
9:2 チャールズ=ダーウィンはその進化論につながる原稿を編集し始めたときに、モジュラリ
ティーと区分の理論なしには人間の感情の進化論的な説明ができないと認識した。
・解答
(9)1
Compile「(資料などを)集める」
ダーウィンは進化論に関して著名な人物である。

■第10段落
10:1 He wished, (10) (1. to be sure 2. in sum 3. for example) , to trace facial gestures to antecedent states in ancestral animals.
10:1彼は、たとえば顔の動きを祖先である動物における先行的状態までたどりたいと思ったので
あった。
10:2 But if the human complement forms an integrated array, locked together by our unique consciousness, then a historical origin from simpler systems becomes impossible.
10:2 しかし、もし人間のもつ補完的なものがわれわれに独自の意識というものによって固定され
た統合的な配列を形成するならば、より単純な体系から生じた歴史的な起源が不可能になる。
10:3 Darwin recognized that two principles must underlie the possibility of evolution.
10:3 ダーウィンは、二つの原理が進化の可能性の基礎となっているに違いないと認識した。
10:4 First, gestures cannot be subject to fully conscious control; some, at least, must represent automatic, evolved responses.
10:4一つには、身ぶりは十分に意識された制御の下にはありえないということである。身ぶりは少
なくとも、自動的で進化した反応を表しているに違いないのである。
10:5 As (11) (1. examples 2. collections 3. evidence) for ancestral states, Darwin cited several gestures that make no sense without modern morphology, but must have served our ancestors well.
10:5先駆的状態の証拠として、ダーウィンはいくつかの身ぶりを引用したが、それらは現代形態学
がなければ意味をなさないが、われわれの祖先には非常に役に立ったに違いないものである。
10:6 In sneering, we tighten our upper lips and raise them in the region of our canine teeth.
10:6 われわれはあざ笑う際、上唇を堅くして犬歯の近くまで上げる。
10:7 This motion once exposed the fighting weapons of our ancestors, but human canines are no bigger than our other teeth and this inherited reaction has lost its original function.
10:7 かつてはこの身ぶりによって、われわれの祖先が持っていた戦いの武器をはっきり示したの であるが、人間の犬歯は今では他の歯と同じぐらいの大きさにすぎず、この受け継いだ反応はそ
の元の機能を失ってしまったのである。
・解答 (10)3
ダーウィンの研究について、10段落で丁寧に書かれているので、例示がftてはまる
(11)3
5行目までの内容を考えると「証拠」が最適。

■第12段落
12:1 Many experiments with animals (14) (1. compose 2. affirm 3. comprise) and extend the principle of modularity.
12:1動物を用いた多くの実験がモジュラリティーの理論を、肯定し拡大する。
12:2 Newborn gulls, for example, peck vigorously at their parents’ beak, apparently aiming for a red spot near the tip.
12:2 たとえば、生まれたばかりのカモメは親のくちばしの先端近くの赤いところを明らかにねら いながら活発につつく。
12:3 If an infant makes proper contact, the parent brings up a parcel of food and the baby gull gets its first meal.
12:3 もしひなが正確に触れると、親は一固まりの食物を取り出し、赤ん坊のカモメは最初の食事
を得るのである。
・解答
(14)2
Affirm「断言する」
2行目から例示があるので、実験が理論を肯定したことがわかる。

■第14段落
14:1 At what, then, does the baby bird direct its pecks?
14:1 それでは、赤ん坊の鳥は何に向かってつつくのだろうか。
14:2 At first consideration, one might (16) (1. estimate 2. conjecture 3. entertain) that the entire form of the parent would provide an optimal target.
14:2 まず最初に親の全体の形が最適な的になっていると推測するだろう。
14:3 After all, what could be more appealing than the parent’s totality — a full, three-dimensional image with the right movements and odors?
14:3結局のところ、親の全体、つまり正しい動きとにおいをもつ完全な3次元の姿よりも注意を引 くものは何もないのである。
14:4 But consider the issue a bit more deeply; the hatchling has never seen a bird.
14:4 しかし、その問題をもう少し深く考えてみよう。ふ化したての鳥は鳥というものを見たこと がない。
14:5 Can the complexities of the entire parental form be planted innately upon its untested brain?
14:5試されていない脳に複雑な親の全体の形を生得的に植えつけることができるであろうか。
14:6 Wouldn’t the goal be more (17)(1. readily 2. appropriately 3. commonly) achieved — easier to program if you will if the hatchling responded to one or a few abstract particulars, that is, to modules extracted from the total form?
14:6 もしふ化したての鳥が一つないし数個の抽象的な項目、すなわち全体の形から引き出された
モジュールに反応するならば、目的はもっと容易に達成できるのではないだろうか。また試みる ならば方向づけもより容易であろう。
・解答 (16)2
Estimate「見積もる」 Conjecture「推測する」 文意から2が最適。
(17)1
14段落全体の意味から判断すると1が最適である

■第16段落
16:1 The concept of modularity (19) (1. lies 2. forms 3. stays) at the heart of much innovative research in cognitive science.
16:1 モジュラリティーという概念は、認識科学におけるより革新的な研究の中心に位置してい
る。
16:2 The brain does a great deal of work by complex coordination among its parts, but we have also known for a long time that highly particular attitudes and behaviors map to specific portions of the brain.
16:2脳はその部分の間の複雑な調整によって多くの仕事をしているが、我々はまた、非常に特殊な
才能や行動は脳の特定の部分に対応することも昔から知っている。
16:3 Barrington’s study of Mozart and the modern scientific research on the behavior of newborn gulls may seem at first sight to have (20) (1. little 2. much 3. everything) in common.
16:3一見しただけでは、バリントンによるモーツァルトの研究と生まれたばかりのカモメの行動に
関する現代の科学的研究には、共通点がほとんどないように思えるかもしれない。
16:4 However, although we may read it to learn more about the life of a man revered for his contribution to the world of art, the illustration of modularity evidenced both in Mozart’s own behavior and in his ability to separate and abstract single emotions is an important contribution to our understanding of the human mind.
16:4 しかし、われわれは、モーツァルトに関する研究を、芸術の世界に対する貢献によって尊敬
されている男の人生をさらに知るために読むのかもしれないけれども、モーツァルト自身の行動 と個々の感情を区分して抽象化する彼の能力の両方で明示されたモジュラリティーの例証は、わ れわれが人間の心を理解するのに重要な貢献をしている。
(20)1
3行目の内容を4行目で否定し、共通点が大きいことをしめしているので「ほとんどない」の意味
の1が当てはまる。

総合政策学部 1,998 問1、
■第2段落
2:1 Alice was the admissions officer’s dream. 2:1 アリスは入学許可担ft者の夢であった。
2:2 She was easily admitted to our graduate program.
2:2彼女はわれわれの大学院課程に入るのを容易に認められた。
2:3 She came with (1) (1. average 2. stellar 3. satisfactory) test scores, outstanding college grades, excellent letters of recommendation, and, overall, close to a perfect record.
2:3彼女は、すばらしい試験結果と傑出した大学の成績とすぐれた推薦状、そして、全体としてほ
とんど完璧な履歴をもって入ってきた。
2:4 Alice proved to be more or less what her record promised.
2:4 アリスはだいたいその履歴が約束したものになった。
2:5 She had excellent critical and analytical abilities, which earned her outstanding grades during her first two years at our school.
2:5彼女にはすぐれた批判能力、分析能力があり、そのおかげで彼女はわれわれの学校での最初の2
年間は傑出した成績を得ることができた。
2:6 When it came to taking tests and writing papers, she (2) (1. had no peer 2. had no help 3. was popular) among her classmates.
2:6試験を受けるとか論文を書くということになると、クラスメートの中で彼女に並ぶ者はなかっ
た。
2:7 But after the first two years, Alice no longer looked quite so outstanding.
2:7 しかし、最初の2年が終わると、アリスはもはやそれほど傑出しているようには見えなかっ た。
2:8 In our graduate program, as in most, emphasis shifts after the first couple of years.
2:8 ほとんどの大学院課程と同様に、われわれの大学院課程も最初の2年が終わると、重視する点
が変わる。
2:9 It is not enough just to criticize other people’s ideas or to study concepts that other people have proposed.
2:9他人の考えを批判したり、他人が提唱している概念を研究するだけでは不十分なのである。
2:10 You must (3) (1. not rely on 2. begin reviewing 3. start coming up with) your own ideas and figuring out ways of implementing them.
2:10自分自身の考えを思いつき、それらを実行する方法を考え出し始めなければならないのであ
る。
2:11 Alice’s synthetic abilities were far inferior to her analytic ones.
2:11 アリスの統合能力は分析能力よりはるかに劣っていた。
2:12 But there was no way of knowing this from the evidence available in the admissions folder, for
(4) (1. although 2. however 3. whenever) conventional measures can give us a good reading on analytic abilities, they give virtually no assessment of synthetic abilities.
2:12 しかし、入試書類で入手できる証拠からこれがわかる術はまったくなかった。というのは、
昔ながらの尺度では分析能力に関しては正確な値がわかるが、統合能力に関する評価は実際のと
ころまったくわからないからである。
2:13 Thus, Alice was “IQ test” smart, but not equally (5)(1. discreet 2. disciplined 3. distinguished)
in the synthetic, or practical, areas of intelligence.
2:13 かくしてアリスは「知能指数テスト」的には利口だが、知能の統合的または実用的な分野で
は同じように、すぐれているというわけではなかった。
・解答
(1)3
Average「平均的な」 Stellar「星の、主要な」 Satisfactory「申し分のない」 優秀な成績で入学を認められたとある、

■第4段落
4:1 Celia, on paper, appeared to be somewhere between Alice and Barbara in terms of suitability for admission to the graduate program.
4:1 セリアは、書類上では、大学院課程入学の適性の点から考えると、アリスとバーバラの間に位
置するように見えた。
4:2 She was good on almost every measure of success but not truly outstanding on any.
4:2彼女はほとんどすべての成功の尺度においてよい成績だったが、いずれにおいても非常に傑出
しているというわけではなかった。
4:3 We admitted her, (6) (1. expecting that she comes out 2. expecting her to come out 3. having expected to come out) near the middle of the class.
4:3 われわれは彼女がクラスの真ん中くらいにはなるだろうと思って、彼女の入学を認めた。
4:4 This did not happen.
4:4 このようにはならなかった。
4:5 Celia proved to be outstanding, though in a way that is quite different from Alice’s or Barbara’s. 4:5 セリアは傑出した学生とわかったが、それはアリスやバーバラとはまったく異なった面でだっ た。
4:6 Celia’s expertise lies in figuring out and adapting to the demands of the environ mint.
4:6 セリアの能力は周囲の要求を理解し、適応していく点にある。
4:7 Placed in a totally new setting, she loses no time identifying what is required of her and behaving (7) (1. agreeably 2. accordingly 3. selectively) .
4:7彼女はまったく新しい状況に置かれると、すぐに自分に要求されていることを特定し、それに
応じて行動するのである。
4:8 She knows exactly what to do to get ahead.
4:8彼女は成功するために何をすればよいかを正確にわかっている。
4:9 In conventional parlance, Celia is “street smart.”
4:9型にはまった用語でいえば、セリアは「世渡りにたけている」のである。
4:10 She excels in practical intelligence.
4:10彼女は実用的な知能にすぐれている。
(7)2
Agreeably「快く」
Accordingly「結果的に」 Selectively「選択的に」

■第6段落
6:1 The actual ideas for my theory of intelligence were inspired by contact with people I have known.
6:1私が知能に関する理論を実際に考えるようになったのは、知り合った人たちとの付き合いを通
してであった。
6:2 In developing a (11) (1. consensus 2. purpose 3. rationale) for a theory of intelligence, however, it is necessary to have both a scientific and an observational basis for making theoretical claims.
6:2 しかしながら、知能に関する理論の調論的根拠を築き上げる際には、理論的主張のための科学
的かつ観察に基づく根拠が必要である。
6:3 I therefore decided to look back at the major theories of intelligence that have been proposed during the twentieth century.
6:3 それゆえに、私は20世紀に提唱された知能に関する主な理論を振り返ろうと決めたのである。
6:4 All of these seemed to be doing one, or in rare cases, two, of three things.
6:4 これらはすべて、3つのうちの1つ、または(まれな場合だが)2つを扱っているように思われ た。
6:5 The first kind of theory attempted to relate intelligence to the internal world of individuals: What goes on inside people’s heads when they think intelligently?
6:5第1のタイプの理論は、知能を個人の内的世界に関係づけようと試みていた。つまり、人が知的
に考えるとき、その頭の中では何が起こっているのかということである。
6:6 In the second kind of theory, psychologists sought to relate intelligence to the experience of individuals: How does experience affect people’s intelligence, and how does their intelligence affect the kinds of experiences they have?
6:6第2のタイプの理論では、心理学者が知能を個人の経験に関係づけようと努めていた。つまり、
経験がいかに人の知能に影響を与えるのか、人の知能がいかに人の経験の種類に影響を与えるの かということである。
6:7 The third kind of theory is concerned with the relationship of intelligence to the external world of individuals: How do their interactions with the world at large affect their intelligence, and how does their intelligence affect the world in which they live?
6:7第3のタイプの理論は、知能が個人の外的世界といかに関係しているかに関わるものである。つ
まり、世界全体との触れ合いがいかに人の知能に影響を与えるのか、人の知能がその住む世界に いかに影響を与えるのかということである。
6:8 Furthermore, how does the world in which we live shape our very notions of what intelligence is?
6:8 さらに、われわれの住む世界が、知能とは何なのかに関するわれわれの概念そのものを、いか
に形成してくれるかということでもある。
・解答
(11)3
consensus 「一致、総意」 purpose「目的」pur(前に)+pose(おく) rationale「理性、理論」

■第7段落
7:1 After conducting this extensive review of the literature on intelligence, I was impressed that my review led me to exactly the same place that my observations of Alice, Barbara, and Celia had taken me.
7:1知能に関する論文をこのように幅広く調査したあと、私が感銘を受けたのは、その調査によっ
て、アリスとバーバラとセリアの観察によってたどりついたのとまったく同じところへたどりつい たことであった。
7:2 To understand intelligence completely, it seems that one needs to understand the relationship of intelligence to three things: the internal world of the individual, the external world of the individual, and the experience with the world that (12) (1. Separates 2. Intercepts 3. Mediates between) the internal and the external worlds.
7:2知能を完全に理解するためには、知能が3つのものといかに関係するかを理解する必要があるよ うだ。つまり、個人の内的世界、個人の外的世界、内的世界と外的世界記の間の仲介をする世界 との経験である。

・解答 (12)3
Separate「分離」
Intercept「妨害」
Mediate「媒介、仲介」

■第8段落
8:1 The (13) (1. convergence 2. divergence 3. incompatibility) of my analysis of the research literature and my personal experience convinced me that what was needed was a “triarchic” theory of human intelligence — one that did justice to each of these three aspects of intelligence.
8:1研究文献の分析と私の個人的経験が、二点に集中していることから、必要なものは人間知能の
「三様性」理論であると私は確信した。それは、知能の三面のそれぞれを公平に扱うものであっ た。
8:2 It is important to mention that my goal in constructing the tribrachic theory was quite (14) (1. contrary to 2. interchangeable with 3. compatible with) that of most psychologists who have developed theories of intelligence.
8:2三様性理論を築く際の私の目標が、知能に関する理論を築いた大部分の心理学者の目標とは
まったくは異なったものであったと述べるのは重要である。
8:3 The field has been (15)1. Exceptionally focused 2. Notoriously contentious 3. Unusually harmonious) , with every theorist setting out to prove that his theory is right and everyone else’s is wrong.
8:3 その分野は、悪名高いほど争い好きで、すべての理論家が、自分の理論が正しく他のみなの理
論が間違いであると証明しようと努めている。
8:4 For example, Arthur Jensen argues for the predominance of a single, general factor in human intelligence, while Howard Gardner maintains that there are at least seven or eight multiple intelligences.
8:4 たとえば、アーサー=ジェンセンは、人間知能において単独の一般的な要素が支配していると
主張しているが、ハワード=ガードナーは、少なくとも7つか8つの複合的な知能があると主張して いる。
8:5 For me, the most disturbing element of these and other opposing theorists has been that while they have done reasonably well in (16) (1. amassing 2. refuting 3. responding to) evidence to support their own point of view, they have generally failed to disprove the views of others.
8:5 これらの理論家や他の異なった意見の理論家に関する、私にとって最も頭を悩ます要素は、彼
らは自分自身の観点を支持する証拠を集めるのにはかなり成功しているが、他人の観点の反証を あげることには、だいたい失敗しているということである。
8:6 How could this be?
8:6 どうしてこのようになるのであろうか。
8:7 After reviewing earlier theories, I came to the conclusion that the reason for this was that virtually all of them have been (17)(1. inaccurate 2. incomplete 3. inconsistent).
8:7私は初期の理論を調査したあと、この理由はそれらの理論のすべてが実際、不完全であったか
らだという結論に達した。
8:8 Though proposed as full theories of intelligence, each has dealt with only some limited aspects.
8:8 それぞれは知能に関する完全な理論として提唱されるが、ある限られた面しか扱っていないの
である。
8:9 Often, too, these theories have proved to be complementary rather than contradictory, as might be expected.
8:9 またしばしば、これらの理論はお互いに矛盾したものではなくて、相補的なものであるともわ
かったが、そのことは予想のつくことだったかもしれない。
8:10 It is not difficult to show that a theory of general intelligence and the theory of multiple intelligences can be (18) (1. infused 2. installed 3. integrated) in a hierarchical framework, with general intelligence at the top of the hierarchy and multiple intelligences lower down.
8:10一般的知能に関する理論と複合的知能に関する理論が階層構造の中に、一般的知能が階層の頂
点に、複合的知能が底辺の方にというように、まとめられうることを示すのは難しいことではな い。
8:11 More specific abilities would then be viewed as sub-abilities.
8:11 より特定的な能力は下位能力と見られるであろう。
8:12 The point to be made, then, is that often the competition among theorists has been (19) (1. fierce 2. spurious 3. accommodating) .
8:12 したがって、言いたい点は、理論家間の論争はしばしば、まがいものであるということであ
る。
8:13 Their theories are really theories of different aspects of intelligence.
8:13彼らの理論は実際は、知能の異なった面に関する理論なのである。
・解答
(13)1
Convergence「集中性」
Divergence「逸脱」
Incompatibility「両立しがたいこと」
(15)2
8行目の前半と後半のつながりを考えると2が一番最適である。
(16)1
Amass「蓄積する」 Refute「論破する」 Respond「反応する」 (19)2
Fierce「獰猛な」
Spurious「偽りの」 Accommodating「包括的な」

総合政策学部 1,998 問2、
■第2段落
2:1 In most societies with writing, until 100 years ago only a minority could read and write; the rest were illiterate and hence were themselves dependent on the oral or visual transmission of knowledge.
2:1文字をもつ大部分の社会でも、100年前までは読み書きができたのはごく一部の者で、残りの者
は読み書きができず、そのため口頭または視覚による知識の伝達に頼っていた。
2:2 They were not, (2) (1. therefore 2. however 3. on the contrary), dependent on knowledge originating in the oral or visual registers, and, consequently, their traditions differed in kind from those of a society without writing because they would be indirectly influenced by the written forms; illiterates would absorb Christian or Buddhist book learning through stories, sermons, paintings, and sculpture.
2:2 しかしながら、彼らは口頭または視覚による言語形態から生まれた知識には頼っていなかっ
た。その結果、彼らの慣習は文字のない社会の慣習とは本質的に異なっていた。なぜなら、彼ら は書き言葉の影響を間接的に受けたからである。たとえば、読み書きのできない人は、話や説教
や絵画や彫刻を通してキリスト教や仏教の本を理解したのである。
2:3 Equally, they might learn to conduct cognitive operations invented by the written culture (such as the arithmetic tables learned by heart).
2:3同様に、彼らは文字文化によって発明された(九九の表を暗記するなどといった)認識作業を行
うことを学んだであろう。
2:4 The same is true of technological advances developed through the medium of written operations; illiterates may (3) (1. benefit from 2. be prevented from 3. resist) living in a literate culture, although the inability to read and write will place them in a disadvantageous position relative to others who can.
2:4文字作業の手段を通して発達した科学の進歩にも同じことがあてはまる。読み書きのできない
人は、読み書きができないために読み書きのできる人に比べて不利な状況に置かれるだろうが、 文字のある文化で暮らすことで利益を得ることもあろう。
2:5 Even cultures without writing may be influenced by contact with literate outsiders in a similar manner.
2:5文字のない文化でさえ、読み書きのできる外部の者との接触によって似たような形で影響を受
けるであろう。
2:6 The radio could stand as one example, because literacy was clearly (4)(1. a side effect 2. an outcome 3. a prerequisite) of its invention but not its operation.
2:6 ラジオが1つの例としてあげられよう。なぜなら、明らかに、読み書きができることがその発
明の必須条件であったが、その操作の必須条件ではなかったからである。
2:7 Today, however, there is probably no society in the world that does not have some literates who are capable of (5) (1. deriving 2. manipulating 3. gaining) access to written knowledge produced elsewhere.
2:7 しかし、今日では世界のどの社会でも、他のところで生み出された文字による知識の利用権を
得る(=知識を利用する)ことのできる読み書きのできる人がたぶん存在するであろう。
(3)1
Benefit「~に役立つ」 Prevent「予防する、防ぐ」 Resist「対抗する」
(4)3
Prerequisite「必要条件」
(5)3
Derive「引き出す」 Manipulate「操る」
Gain「手に入れる」
2段落で読み書きについて述べられているのでそれを念頭において回答する。

■第3段落
3:1 The first achievement of writing is to ensure the storage and communication over time and space of linguistic messages.
3:1文字による業績の第1のものは、時間と空間を超えて言語メッセージを蓄え、伝えることであ
る。
3:2 There lies its prime role in transforming social organizations, but the process of setting down such messages, whether or not they are then communicated to anyone, leads to changes in human understanding itself.
3:2 その主要な役割は社会組織を変えることにあるが、そのようなメッセージを書き留める過程
は、次に誰かに伝えられようと伝えられまいと、人間の理解そのものを変えることにつながる。 3:3 In terms of the mechanics of reading and writing, these involve the development of secondary skills, the coordination of the eye with the brain, the inner ear, and the silent voice, by which linguistic thoughts are expressed in visual formulae and vice versa.
3:3読み書きの仕組みの点からみると、これらには、目と脳との協調、内なる耳や音にならない声 などといった二次的な技術の発達が必要になる。それらによって、言語的な考えは視覚的な方法 で表現され、また逆にもなるのである。
3:4 The process of learning to read involves the deliberate cultivation of exact memory and verbatim recall right from the start.
3:4読むことができるようになる過程には、まさに最初から正確な記憶力と一語一句思い出す力を
計画的に養うことが伴うのである。
3:5 The memorizing of hundreds of basic shapes is (6) (1. crucial 2. marginal 3. irrelevant) to any logographic writing such as Chinese; syllabic scripts make fewer initial demands, and alphabetic ones fewer still.
3:5 何百もの基本的な形を覚えることは中国語のような表語文字には、決定的なことである。音節
文字は最初にそれほどの要求はしないし、アルファベット文字はさらに要求は少ない。
・解答
(6)1
Crucial「決定的な、重要な」 Marginal「周辺的な、あまり重要でない」 Irrelevant「不適切な」 中国語とアルファベットは反対の立場で書かれている。

■第4段落
4:1 The deliberate visual recording of language means not only a search for words but a search for genres.
4:1言葉を考えながら目に見える形で記録することは、単語を探すことだけではなくて、様式を探
すことでもある。
4:2 Oral discourse, even when not informal, often trails off into another activity, being punctuated by a drink of water, a mouthful of food, the rustle of paper, the closing of a door, or, in other words, by another nonlinguistic activity.
4:2口頭による談話は、公式の場においてさえしばしば次第に別の行動となる。談話を水を飲んで
中断したり、食物を一口食べて中断したり、紙をがさがさ動かして中断したり、ドアを閉めて中 断したり、言い換えると、別の非言語的な行動をして中断するのである。
4:3 Written composition, however, has to have a formal beginning and an end; “Dear Christine” is completed by “Yours sincerely, Stephen,” (7) (1. put out 2. put forward 3. laid out) in a particular format, with the specification of place and date.
4:3 しかし、書かれた文章には、「親愛なるクリスティーナ」と書き出せば、最後は「敬具ス
ティーブン」で締めくくり、書き出しは、場所と日付をきちんと記した上で特定の書式にのっ とって配置する、といった形式上の始まりと終わりがなければならない。
4:4 Apart from the letter, there is a gamut of genres from the report to the passport, as well as the literary genres ranging from the novel to the poem.
4:4文学のジャンルが小説から詩にいたるまであるように、手紙以外にもレポートからパスポート
にいたるまで、あらゆる様式(ジャンル)がある。
4:5 These developments appear gradually over time, but eventually not only each composition but each subunit (8) (1. takes after 2. takes on 3. takes in) a specific form each topic requires a paragraph, each sentence a capital letter and full stop, each word its break.
4:5 このような進展は時を経て徐々に現れるのであるが、結局はそれぞれの文章だけでなくそれぞ
れの下位単位も特定の型をとる。それぞれのトピックには段落が必要で、それぞれの文には大文
字とピリオドが必要で、それぞれの単語には切れ目が必要である。
4:6 Syntax and punctuation become more precise and more formal as a result of becoming visual.
4:6目に見えるようになった結果、構文と句読がより正確で、より形式的になるのである。
4:7 Part of the reason behind these changes is that whereas speech (9) (1. operates as 2. addresses 3. defines) one of the channels in face-to-face communication, writing as a register stands on its own.
4:7 これらの変化の背後にある理由の一つには、話し言葉は面と向かって意思伝達のチャンネルの
1つとして働くが、1つの言語形態としての書き言葉はそれ自体で独立している。
4:8 It is “decontextualized,” or rather the context is highly (10) (1. restricted 2. redundant 3. reserved).
4:8 それは「脱文脈化」されている。もっと正確にいえば、文脈はきわめて限定されているのであ
る。
4:9 Hence, clarity of expression and precision of genre, syntax, and punctuation are encouraged by the visual representation of language.
4:9 したがって、表現の明快さと様式、構文、句読の正確さは言葉を視覚的に表現することによっ
て促進されるのである。
(9)1
Operate「働く、影響する」

■第5段落
5:1 Not only is language decontextualized but because of the permanency of writing, which materializes the flow of speech, words can be rearranged (11) (1. equally 2. less 3. more) freely in composition and also taken out of the sentence structure as individual items and grouped with others of the same “class.” 5:1文字で書かれた文章は話の流れを形にするために、永久に残るという性質があり、そのため、
言葉は脱文脈化されるだけでなく、単語は文章の中では、より自由に配列し直され、また個々の 項目として文構造から取り出され、同じ「クラス」の他のものと一緒に分類される。
5:2 Such an activity is not impossible in oral discourse, but its use is enormously developed in early literate cultures where the reading and copying of lists, as in Mesopotamia, is one of the basic methods of instruction.
5:2 そのようにすることは口頭談話においても不可能ではないが、そのような習慣が非常に発達す
るのは、リストを読んで書き写すのが、メソポタミアにおけるように基本的な教授法の一つであ る初期の文字文化においてである。
5:3 Listing has other implications, because it means placing items in unambiguous categories, giving each one a position, leading to (12)(1. contextualization 2. consolidation 3. contradiction) on the one hand and reconsideration on the other.
5:3 リストを作ることには他の意味もある。というのは、そうすることは各項目をはっきりと区分
けし、それぞれに位置を与え、一方では、強化に、他方では再考につながることを意味するから である。
5:4 The list is a component of the table or matrix, an important instrument of intellectual operations.
5:4 そのリストは表やマトリックスの構成要素で、知的作業の重要な手段である。
5:5 It is also intrinsic to recordkeeping of a multitude of kinds, from trading operations to administrative personnel to astronomical observations.
5:5 それはまた、商業取引や行政職員や天文観測にいたるまで多くの種類のものの記録をとるのに
本質的なものである。
5:6 It is the relative permanency of writing that makes it valuable as a means of storing information, (13)(1. whatever 2. whether 3. whichever) in the form of note taking, of the more deliberate recording of the Nile floods over time, of the history written for future generations, or of the accidental survival of personal letters.
5:7 メモ書きの形であれ、時を超えたナイル川の洪水の記録といったより計画的な形であれ、将来
の世代のために書かれた歴史の形であれ、個人的な手紙が偶然に残ったという形であれ、情報を
蓄える手段としてそれを価値あるものにしているのは、文章というものが比較的永久に残るもの
であるということだ。
・解答
(11)3
1行目を丁寧に読むと単語がより自由に配列しなおされる、が一番自然であることがわかる
(12)2
Contextualization「文脈化」 Consolidation「強化、合同」
Contradiction「否定、矛盾」

■第6段落
6:1 So much for writing.
6:1文章についてはここまでにしよう。
6:2 While reading aloud is necessarily an individual task and a frequent feature of early literacy, especially when only a small proportion of the population had the skills, it involved an immediate audience, the (14)(1. Physiological 2. Virtual 3. Physical) presence of hearers.
6:2人口のほんの一部しか読む技術をもっていなかったときに特にそうなのだが、音読が必然的に
個人の作業であり、読み書きを覚えた初期にしばしば見られる特徴である間は、直接の聴衆、つ まり聞き手の、実際の存在が必要であった。
6:3 So, too, did a parallel feature of early literacy, the repetitive reading to oneself of a piece, then its subsequent recitation, as if produced purely orally, to a collected audience.
6:3 また、読み書きを覚えた初期の同様の特徴である、ある文章を繰り返し自分に読むことにも直 接の聞き手が必要であったし、その次の段階である集まった聴衆に対して行うまるでまったく口 頭で生み出されたかのような暗唱にも、直接の聞き手が必要であった。
6:4 Such a process involves rereading, that is, going over for a second or a third time the linguistic message, in a fashion that is virtually impossible without writing.
6:4 そのような過程には読み返しが伴う。すなわち、2回、3回と言語的メッセージを読み返さねば ならない。それは文字なしにはほとんど不可能な方法である。
6:5 The backward look facilitates not only verbatim memorizing but also understanding and critical analysis, as well as enabling the writer to construct and present more complex sentences than would otherwise be possible.
6:5読み返すことによって、一語一句を記憶できるだけでなく、容易に理解や批判的分析ができる
ようになるとともに、読み返さない場合に比べ、書き手がより複雑な文を組み立て呈示できるよ うになる。
6:6 Such reviewing is the counterpart of comparing several versions of the same incident, poem, or account and of evaluating their differences, a procedure that gave (15) (1. birth 2. impetus 3. way) to history in the technical sense.
6:6 そのように読み返すことは、同じ出来事や詩や話に関するいくらかの説明を比べたり、その違
いを評価したりすることに相ftする。それは技術的な意味において歴史を生み出した手順であ る。
・解答
(14)3
Physiological「生理学上の」 Virtual「事実上の」 Physical「身体上の」
(15)1
Give birth to「~が生を受ける、生まれる」
Impetus「勢い」
6段落の内容を総括し、歴史を「作り出す」というニュアンスが適しているとわかる。

■第7段落
7:1 Literacy not only encourages such deliberate perusal of the text, it also makes possible the opposite, that is, the highly (16) (1. holistic 2. haphazard 3. Selective) forms of retrieval that are involved in consulting a dictionary (or even a library), as well as the skipping and the speed reading that takes place when we read a detective story rather than a poem.
7:1読み書きができると、文章をそのようにじっくり通読することが促進されるだけでなく、その
反対のことも可能になる。つまり、辞書を引く際に(また図書館を利用する際にも)行われる、選択 的な(端から端まで読まない)形の検索や、飛ばし読みや、詩を読むときよりむしろ推理小説を読む ときにする速読などが可能になる。
7:2 The potential results of such procedures are vital to the growth of knowledge.
7:2 そのような手続きの潜在的な結果は、知識の増加にきわめて重要である。
7:3 In the first place, the deliberate perusal of a text facilitates the search for inconsistencies, for contradictions, while the ability to set side by side different texts referring to the same events or notions leads to the (17)(1. reconsideration 2. cultivation 3. evaluation) of criticism and of skepticism.
7:3 まず第1に、文章をじっくり通読することによって不一致や矛盾を探すのが容易になり、また
同じ出来事や概念を述べるさまざまな文章を並べる能力は、批判力と懐疑的態度の育成につなが
る。
7:4 It allows not only for criticism of the texts but also their further elaboration by commentary, which can (18) (1. in this respect 2. in its turn 3. as it turns out) be stored away for future reference, leading to the building up of libraries of stored knowledge.
7:4 そういった能力があると、文章を批判することだけでなく、注釈によってさらに推敲を重ねる
こともできるようになる。そして次にはそれが将来参照するためにしまっておかれ、蓄えられた 知識の図書館を築くことになるのである。
7:5 These libraries encapsulate objective knowledge in the sense that this information has become theoretically (19) (1. inaccessible to 2. associated with 3. independent of) specific human teachers. 7:5 このような情報が名目上特定の人間の教師から独立したという意味において、これらの図書
館は「客観的な知識」を包み込んでいるといえる。
・解答
(16)3
Holistic「全体論の」 Haphazard「いいかげんな」 Selective「選択的な」
飛ばし読みについてのちに述べられているので1は除外。キーワードは拾ってよむので、いい加減
という意味は不適。
(17)2
Reconsideration「再考」 Cultivation「耕作、育成」
Evaluation「評価」
文脈から2と判断できる。

総合政策学部 1,999 問2
■第3段落
3:1 The clearest evidence for the (3) (1. resolution 2. role 3. realm) of color in sexual attraction among butterflies comes from studies of species in which males and females have distinctly different appearances.
3:1蝶の間での性的関心面における、色の役割の最も明白な証拠は、雄と雌がはっきりと異なった
外観をしている種の研究によって見出せる。
3:2 Obviously, to mate successfully, individuals must be able to determine whether other conspecific butterflies are of their own or of the opposite sex.
3:2 明らかなことは、うまくつがいになるためには、個体は他の同種の蝶が同性なのか異性なのか
どうかを決めることができなければならないことである。
3:3 The rest, it can be argued, is fine-tuning.
3:3 あとは微調整をするだけでいいと言える。
・解答 (3)2
(3)
「蝶の間での性的関心面における色の( )の最も明白な証拠は」の空所に入るもの。
1のresolutionは「決断」、2のroleは「役割」、3のrealmは「領域」の意。明らかに2が入る。

■第4段落
4:1 A gorgeous butterfly species whose males and females differ in color is the Little Yellow.
4:1雄と雌で色が異なる派手な蝶の種にリトル・イエロー蝶がいる。
4:2 Both sexes appear an identical yellow to the human eye.
4:2人間の目には両性とも同じ黄色に見える。
4:3 The shade being produced by pigments in the females looks quite different to butterflies, however, which (4) (1. perceive 2. filter 3. shed) light at wavelengths beyond the human visible range and into the ultraviolet.
4:3 しかし、蝶は人間の可視範囲を越えて紫外線の波長の光を、感知するため、雌において色素に よって生み出されている色合いは蝶にはまったく異なって見えるのだ。
4:4 Yellow wing scales on the upper surface of the males’ wings reflect ultraviolet light, and those of females do not.
4:4雄の羽の表面にある黄色い鱗粉は紫外線を反射するが、雌の鱗粉は反射しない。
4:5 On encountering a female, a Little Yellow male flutters about her briefly before landing and attempting to copulate.
4:5雌に出会うと、リトル・イエロー蝶の雄は止まって交尾を試みる前に、しばらくの間雌の周り
をひらひらと飛ぶ。
4:6 On confronting another (5) (1. sex 2. male 3. female) , he speeds away and continues his search.
4:6 別の雄に会うと、その雄は急いで飛び去り、雌を探し続ける。
4:7 These simple behaviors allowed me to develop a test for the cues males use to recognize females.
4:7 これらの単純な行動によって、私は、雄が雌を認識するために使う合図のための検査を開発す
ることができた。
4:8 I first glued Little Yellow wings to cards and presented them to males.
4:8 まず、私はリトル・イエロー蝶の羽をカードに接着剤で付け、それらを雄に示した。
4:9 Males landed on, and even attempted to copulate with, female wings.
4:9雄は雌の羽に舞い下り、交尾を試みさえした。
4:10 But male study subjects paid scant attention to male wings similarly mounted.
4:10 しかし、実験に使われた雄は同じようにカードに付けられた雄の羽にはほとんど注意を払わ
なかった。
(5)「別の( )に出会うと、その雄は急いで飛び去り、雌を探し続ける」雄は雌を求めているのだか ら、別の「雄」に出会った時に急いで飛び去ると考えられる。したがって、正解は2のmale「雄」 となる。
■第5段落
5:1 The next phase of the experiment showed that color was (6) (1. negligible 2. responsible 3. eligible) for this choice.
5:1実験の次の段階は、色が雄によるこのような選択の原因であることを示すことであった。
5:2 I prepared a card with two sets of male wings.
5:2私は2組の雄の羽のついたカードを用意した。
5:3 A quartz slide that transmits both visible and ultraviolet light covered one set of wings, and a filter that blocks ultraviolet wavelengths overlaid the other.
5:3可視光線と紫外線の両方を通す水晶のスライドが1組の羽を覆い、紫外線の波長を通さないフィ
ルターがもう一方を覆った。
5:4 Males now attempted to mate with the male wings under the filter — wings that appeared to be female.
5:4 すると、雄はフィルターの下にある雄の羽―つまり雌のように見える羽―と交尾をしようとし
た。
5:5 This species displays a sexual difference in ultraviolet reflectance*, and after a male’s ultraviolet reflectance is (7) (1. deleted 2. enhanced 3. alleviated) other males treat him like a female.
5:5 この種は紫外線の反射率によって性の違いを示しており、雄の紫外線反射率がなくなると、他
の雄はその雄を雌のように扱うのである。
・解答 (6)2 (7)1
(6)
「実験の次の段階は、色が雄によるこのような選択の( )ことを示した」2のresponsibleが入って
「色が選択の原因となっている」という流れになる。 1「無視してよい」や3「ふさわしい」では意味をなさない。 (7)
「この種は紫外線の反射率によって性の違いを示しており、雄の紫外線反射率が( )と、他の雄は
その雄を雌のように扱う」 1のdeleteは「消す」、2のenhanceは「強める」、3のalleviateは「軽減する」の意。前文で、 フィルターに覆われた雄の羽が雌の羽に見えるとあることからわかるように、「紫外線反射が消
えると」という意味になるべきところ。したがって1が正解。

■第6段落
6:1 Once a male and a female butterfly have noticed one another, courtship begins in earnest.
6:1 いったん雄と雌がお互いに気づくと、熱心な求愛が始まる。
6:2 The male’s goal is to (8) (1. indulge 2. induce 3. infer) the female to alight and remain still for mating, which sometimes lasts an hour or more.
6:2雄の目標は、雌を交尾のために降りてきて止まってじっとしておくように仕向けることであ
り、交尾は時に1時間以上続くことがある。
6:3 In some species the female must also move her abdomen out from between her hindwings to grant the male access.
6:3種によっては、雄の接触を許すために、雌は後羽の間から腹部を出すこともしなければならな
い。
6:4 Butterfly biologists have studied the ritual that precedes actual copulation in only a few dozen of the roughly 12,000 species of butterfly, but it seems (9) (1. unexpected 2. reliable 3. clear) that, for butterflies, what humans might think of as scent can be a language of love.
6:4蝶研究の生物学者はおよそ12,000種の蝶のうち、わずか数十種でしか実際の交尾に先立つ儀式
の研究をしていないのだが、人間にはにおいと思われるものが、葉にとっては愛情の言語である ことは明白なように思える。
6:5 The vocabulary of this language is chemical.
6:5 この言語の語いは化学的なものである。
・解答 (8)2 (9)3
(8)
「雄の目標は、雌を、交尾のために降りてきて止まってじっとしておく( )ことである」の空所に
入るもの。 1のindulgeは「ふける」、2のinduceは「するように仕向ける」、3のinferは「推論する」の意。こ こは2以外では意味が通らない。
(9)
「人間にはにおいと思われるものが、蝶にとっては愛情の言語であることは( )ように思える」の
空所には、3のclearが入って「明白な」となる。

■第7段落
7:1 The best-understood case of (10) (1. visual 2. nonvisual 3. acoustic) butterfly communication involves the Queen butterfly.
7:1 視覚に訴えない蝶の意思伝達のうち最もよく知られている事例はクイーン蝶に関するものであ
る。
7:2 Males of this species produce pheromones, compounds designed to elicit specific reactions — of sexual interest in this case from other butterflies.
7:2 この種の雄はフェロモンを作り出すが、それは他の蝶から特別な反応―この場合は性的関心―を
引き出すことを目的とする化合物である。
7:3 These pheromones disseminate from brush like structures, called hair pencils, found at the end of the abdomen in males only.
7:3 これらのフェロモンは、ヘアペンシルと呼ばれる、雄の腹部の端にしか見られないブラシのよ
うな組織からまき散らされる。
7:4 Hair pencils have a particularly large surface area for their small volume and are thus highly efficient at distributing chemicals.
7:4 ヘアペンシルは小さな体積の割には特に大きな表面積をもっており、そのため化学物質をまき
散らすのには非常に効果的である。
7:5 As a male flies up and down in front of a female, he touches her antennae with his protruding hair pencils, thereby depositing pheromones.
7:5雄は雌の前を上下に飛ぶ時、その突き出たヘアペンシルで雌の触角に触れ、それによってフェ
ロモンを付けるのである。
7:6 The female responds to this chemical signal by alighting and remaining still while the male copulates with her.
7:6雄が雌と交尾をしている間、上まってじっとしていることによって、雌はこの化学的合図に応
えるのである。
・解答 (10)2
(10)
「( )蝶の意思伝達のうち、最もよく知られている事例は、クイーン蝶に関するものである」次文 以降でフェロモンによるコミュニケーションの説明がなされているので、2のnonvisual「視覚に訴 えない」が入る。1では意味が逆になる。

■第8段落
8:1 Many species of butterfly probably use (11) (1. ultraviolet light 2. pheromones 3. sound) in courtship.
8:1蝶の種のうち多くは、求愛においてたぶんフェロモンを使うのだろう。
8:2 Males often possess features reminiscent of the Queens Hair pencils, such as patches of unusual scales on the wings and brush like structures on the chest.
8:2 雄はしばしばクイーン蝶のへアペンシルを思い出させるような特徴をもっている。たとえば、
羽にある珍しい鱗粉の斑点や胸にあるブラシのような組織などである。
8:3 Like hair pencils, these scales and hairs have relatively large surface areas that would presumably enhance pheromone distribution.
8:3 ヘアペンシルと同様に、これらの鱗粉や毛は比較的大きな表面積をもっていて、そのために
フェロモン散布率は高まると思われる。
8:4 And for the family of butterflies classified as Sulphurs, special scales on the male’s generally bright yellow orange wings do indeed emit compounds that may affect female behavior.
8:4 また、サルファーズと分類される蝶にとっては、たいていは明るい黄色かオレンジ色である雄 の羽にある特別な鱗粉は、雌の行動に影響を与える化合物を実際に放つ。
・解答 (11)2
(11)
「蝶の種のうち多くは、求愛においてたぶん( )を使うのだろう」前段の議論をうけて「フェロモ
ン」が入る。したがって2が正解。

■第9段落
9:1 Gaudy wings, smooth moves and pheromones do a male butterfly no good if he cannot find a female butterfly on whom to practice his seduction.
9:1 もし雄が誘惑を行う相手である雌の蝶を見つけられないならば、派手な羽もなめらかな動きも
フェロモンも、雄の蝶には何の役にも立たない。
9:2 Males of many butterfly species adopt a search-onthefly strategy, wandering the landscape looking for mates.
9:2多くの蝶の種において雄は飛んで探す作戦を採用し、相手を求めて野山をさまよい飛ぶ。
9:3 Often they (12) (1. confuse 2. investigate 3. reveal) likely areas, such as plants where females tend to lay their eggs or sites where virgin butterflies emerge from their cocoons.
9:3 しばしば雄は可能性のある場所を探すのであるが、それには、雌が卵を産みやすい植物や、交
尾経験のない蝶がまゆから現れるような場所などがある。
・解答 (12)2 (12)「しばしば雄は、可能性のある場所を( )」
1のconfuseは「混乱させる」、2のinvestigateは「調査する」、3のrevealは「暴露する」の意味。
文脈上2しか入りようがない。

■第10段落
10:1 Males of the Empress Leila species, however, use a highly systematic approach.
10:1 しかし、エンプレス・レイリア蝶の雄は非常に組織的な方法をとる。
10:2 Because that species’ larvae* feed and pupate* on desert hackberry trees and because the females mate but once in their short lives, the males actually seek out that vegetation in search of young virgins.
10:2 その種の幼虫は、砂漠エノキの木を食料にしてさなぎになり、また、雌は短い一生の中で一
度しかつがいにならないので、雄は実際に、若い交尾経験のない雌を求めてその植生の中を探し
回るのである。
10:3 A few hours after dawn, just when the females emerge from their cocoons and become ready to (13) (1. chase 2. fly 3. change) for the first time, the males begin their watch.
10:3夜明けの2、3時間後、ちょうど雌がさなぎからかえって、初めて飛ぶ準備ができた時に雄は監
視を始める。
・解答 (13)2
(13)
「ちょうど雌がさなぎからかえって、はじめて( )準備ができた時に、雄は監視を始める」 さなぎからかえった蝶は、次に「飛ぶ」のであるから、2のflyが入る。

■第11段落
11:1 Early in the day the males perch on the ground in open, sunny spaces near the trees.
11:1 1日の早い時間に、雄は木の近くの広々とした日当たりのよい場所の地面に止まる。
11:2 This early-morning sunbathing probably allows them to keep an eye out for other butterflies while keeping their bodies warm enough to give chase.
11:2 このような早朝の日光浴によって、雄は追跡ができるように体を暖めておきながら、他の蝶
から目を離さないでおくことができるのだろう。
11:3 Because they cannot regulate body temperature internally, butterflies grow (14) (1. restless 2. impatient 3. sluggish) if the environment is too cold.
11:3蝶は体内で体温を調整できないので、もし周囲が寒すぎると、蝶は動きが鈍くなる。
11:4 Later in the morning the males move up into the trees to exactly the average plane of flight of females, about one meter above the ground.
11:4朝おそくになると、雄は木をのぼって、雌が飛ぶちょうど平均的な高さである地上約1メート
ルのところまでくる。
11:5 My students and I have observed that even when the male butterflies are perched at a tilt, they hold their heads so that their eyes are looking horizontally out of the tree.
11:5学生たちと私は、雄の蝶は傾いて止まっている時でさえ、目が木の外を水平に見るように頭を
固定するということに気づいた。
11:6 This (15) (1.change 2. structure 3. orientation) seems to ensure that their area of greatest visual clearness — which lies in a band at the equator of the visual field coincides with the plane of likeliest female flight.
11:6 この定位によって、視野の中心帯にある最大視覚明瞭度の範囲が、雌が飛ぶ可能性の最も大
きい高さに一致することが保証されているように思われる。
・解答 (14)3 (15)3
(14)
「蝶は体内で体温を調整できないので、もし周囲が寒すぎると、蝶は( )となる」
体温が下がると動きが鈍くなるので、3のsluggish「鈍い」が入る。
1のrestlessは「不安な」、2のimpatientは「せっかちな」の意。
(15)
「この( )によって、…最大視覚明瞭度の範囲が、雌が飛ぶ可能性の最も大きい高さに一致するこ とが保証されているように思われる」の空所に入るべきもの。1・2では意味をなさない。

■第12段落
12:1 The male impulse to send their genetic material into the next generation causes them to try to prevent their mate from mating again.
12:1 自分の遺伝物質を次世代に送り込みたいという衝動のために、雄はつがいの相手が再び交尾
をするのを妨げようとする。
12:2 Male butterflies actually make a substantial contribution to females during copulation, passing along a large quantity of nutrients.
12:2雄の蝶は大量の栄養物を渡すことで、実は交尾の間に雌に実質的な貢献をしている。
12:3 This nutrient store can be as much as 6 to 10 percent of the males body weight; a male cannot afford such (16) (1. an investment 2. and experiment 3. a waste) in a female who will use his competitors sperm to fertilize her eggs.
12:3 この栄養物貯蔵は雄の体重の6〜10%にもなりうる。雄には、卵を受精させるために競争相手 の精子を使うような雌に対しては、そのような殺資をする余裕はない。
12:4 In fact, evolution has come up with a mechanism that favors the male that has succeeded in mating first.
12:4事実、進化は最初に交尾に成功した雄を優先するメカニズムを作り出した。
12:5 The presence of the nutrient store in the female’s reproductive tract* causes her to be unresponsive to further sexual advances.
12:5雌の生殖管に栄養物貯蔵が存在することで、雌はさらなる雄による誘いには反応しない。
12:6 Experimental evidence supports this (17)(1. evolution 2. conclusion 3. prediction) : artificially filling a virgin’s reproductive tract renders her uninterested in mating, while cutting the nerves to this area in a mated female restores her sexual interest.
12:6実験的証拠によってこの結論は支持されている。つまり、交尾経験のない雌の生殖管を人工的
にふさぐことで、雌は交尾に興味がなくなるが、一方、交尾経験のある雌のこの部位の神経を切 ると、その雌の性的関心は回復するということである。
12:7 Another male technique for barring other suitors from his mate is less elegant — he leaves a plug that obstructs the reproductive tract.
12:7自分のつがい相手から他の求愛者を締め出す、雄による別の技術はそれほど上品ではない。つ
まり、雄は生殖管をふさぐ栓を詰めるのである。
・解答 (16)1 (17)2
(16)
「雄には、卵を受精させるために競争相手の(雄の)精子を使うような雌に対して、そのような( ) をする余裕はない」体重の6~10%もの栄養物を渡すのであるから、これは「投資」と考えられ
る。 したがって1が正解。 (17)
「実験的証拠によって、この( )は支持されている」支持される対象となりうるものなので、2の
conclusion「結論」か3のprediction「予言」となる。もうすでに実験的証拠があるのだから、「結
論」が正解となる。

■第13段落
13:1 Females face different evolutionary pressures.
13:1雌はまた別の進化的圧迫に直面する。
13:2 They often get but one chance to mate and must therefore be highly (18) (1. responsible 2. reliable 3. selective) .
13:2雌は、交尾をする機会は一度しかないために、非常に選択的にならざるをえない。
13:3 By accepting only the fittest male, a female can assure her own offspring a quality genetic endowment, and she might also secure for herself a more generous nutrient store — which most likely helps her live longer and, in turn, lay more of her eggs.
13:3最も適した雄を受け入れることで、雌は自分の子孫に上質の遺伝的資質を保証することがで
き、また、自分のためにより大量の栄養物貯蔵を確保するかもしれない。そのおかげで、雌はよ り長生きし、ひいては卵をより多く産む可能性は非常に高くなる。
13:4 Male colors, pheromones and displays may allow females to judge a suitor’s overall fitness and success in life.
13:4雄の色、フェロモン、誇示行動によって、雌は求愛者の全体的な適切さや一生の成功を判断で
きるであろう。
13:5 We suspect that (19) (1. physical 2. Chemical 3. Color) signals indicate the quality of a male’s diet: the crucial mating pheromone of male Queen Butterflies, for instance, is produced only when the males have fed at certain plants.
13:5 われわれは化学的なシグナルが、雄の食事の質を示しているのではないかと考えている。た とえばクイーン蝶の雄の出すつがいのための最も重要なフェロモンは、雄が特定の植物を食べた
時にしか生み出されない。
13:6 And vibrant colors can signal younger, healthier individuals.
13:6 また、明るい色は、より若く、健康な個体のシグナルなのである。
・解答 (18)3 (19)2
(18)
「雌は、交尾をする機会が一度しかないために、非常に( )にならざるをえない」ワンチャンスに
賭けるのだから相手を慎重に選ぶであろう。したがって、3のselective「選択的な」が入る。
(19)
「われわれは、( )シグナルが、雄の食事の質を示しているのではないかと思っている」文の後半 (コロン以下)で、例としてフェロモンが挙げられているので、2のchemical「化学的な」が入ると わかる。

■第14段落
14:1 As with human beings, some of the attributes and behaviors of butterfly courtship are quite (20) (1. simple 2. tangible 3. elaborate) , whereas others are fairly straightforward.
14:1人間におけるのと同様に、蝶の求愛の特質や行動の中には非常に手の込んだものもあるが、一 方でかなり簡単なものもある。
14:2 Intricate or simple, courtship and mating remain the mechanism by which survival and evolution take place.
14:2 複雑であろうと単純であろうと、求愛と交尾は、それによって生存と進化が起こるメカニズ
ムであり続ける。
14:3 Whether a butterfly watcher catches a glimpse of a swarming colony of Monarchs mating in the mountains of central Mexico or the mating of two alfalfa butterflies in a backyard, the observer is fortunate enough to be watching the results of, and the continuing course of, evolution.
14:3 蝶の観察者が、メキシコ中央部の山の中で交尾をしているモナーク蝶の群生をちらっと見よ
うと、裏庭で2匹のアルファルファ蝶の交尾をちらっと見ようと、その観察者は幸運にも、進化の 結果また経過を見ているのである。
・解答 (20)3
(20)
「人間におけるのと同様に、蝶の求愛の特質や行動の中には、非常に( )ものもあるが、一方でか
なり単純なものもある」「単純」と対比されるべきものが入るのだから、「複雑」であろうと予
測がつく。
選択肢の中では3のelaborate「手の込んだ、精巧な」が適当である。

総合政策学部 1999 問1
■第1段落
1:1 To advocates and critics alike, the Human Genome Project will have an impact far beyond the diseases that it might help cure.
1:1擁護者、批判者両者にとって、ヒトゲノム計画は、それが治療の助けになる病気をはるかに越
えた影響を与えるであろう。
1:2 Nobel Laureate Paul Berg, whose work on recombinant DNA* helped (1)(1. turn 2. launch 3. stifle) the biotechnology revolution, calls the genome map “a new beginning for biology.” 1:2組み換えDNAに関する彼の研究が生命工学の革命を始めるのに役立った、ノーベル賞受賞者の
ポール=バーグはゲノム地図を、「生物学にとっての新しい始まり」と呼んでいる。
1:3 Already the genes of organisms ranging from laboratory mice to the HIV virus are yielding never before revealed (2) (1. Clues 2. Directions 3. Dilemmas) about the mechanisms of living things.
1:3 すでに実験用マウスからHIVウイルスにいたる生物の遺伝子が、生物の構造に関する、以前に
は明らかではなかった、手がかりを提供しつつある。
・解答 (1)2 (2)1
(1)
launchには「発射する、進水させる」の意味もあるが、ここでは「始める、到来させる」の意味
で用いられている。
3のstifleは「窒息させる」の意。
(2)
「生物の構造に関して、以前には明らかではなかった( )」の空所に入るべきものであるから、1
のclues「手がかり」が適切。 2のdirections「命令」と3のdilemmas「ジレンマ(板ばさみ)」では意味不明となる。

■第4段落
4:1 It is exactly that individualized gene profile that makes even (3) (1. opportunists 2. pessimists 3. enthusiasts) of the genome project wary.
4:1 ゲノム計画の、熱狂的推進者をも慎重にさせるのはその個人の遺伝子プロフィールに他ならな
い。
・解答 (3)3
(3)「ゲノム計画の( )をも慎重にさせるのは、個人の遺伝子プロフィール(の問題)に他ならない」 の空所に入るべきもの。「重大な問題をはらんでいるがゆえに( )でさえ慎重になる」という文脈 なので、3のenthusiasts「熱狂的推進者」が入る。
1のopportunistsは「日より見主義者」。2のpessimistsは「悲観主義者」の意。

■第5段落
5:1 Gene tests long have been used in prenatal* testing.
5:1遺伝子検査は長い間、胎児の段階での検査に使われてきた。
5:2 But the next generation of tests will (4)1. Touch 2. Cover 3. Treat) many more lives.
5:2 しかし、次世代の検査は、はるかに多くの生命を敗り扱うことになるであろう。
5:3 Geneticists disagree about how much a genetic profile can show, but to an individual it will read like the chart of her lifeline — her chances of developing asthma in childhood, the risk of getting breast cancer in her 40s, or the odds of suffering from Alzheimer’s in old age.
5:3 遺伝学者の間では、遺伝子プロフィールがどれくらい多くのことを示すことができるかに関し
て、意見の一致をみていない。だが、個人にとっては、それは自分の生命線の図表のように読め る。つまり、子供の時にぜんそくにかかる可能性、40歳代で乳ガンにかかる危険性、年をとった 時にアルツハイマー病にかかる可能性などである。
・解答 (4)2
(4)
「次世代の検査は、はるかに多くの生命を( )だろう」 ここは、「扱う、カバーする」の意味で、2のcoverが入る。3のtreatにも「扱う」の意味がある
が、ここでtreatを入れると「治療する、処置する」のニュアンスが強くなり、不自然である。本
問は「カバーすべき領域が広がるだろう」という文脈で問われていることに留意する。
1のtouch「触れる」は明らかに不適。

■第7段落
7:1 When scientists offer a powerful new technology, “they are making policy in our Society,” Joan Fujimura, an anthropologist at Stanford University, says.
7:1科学者が強力な新しい技術を提供する時、「彼らはわれわれの社会において指針を立案してい
るのだ」と、スタンフォード大学の人類学者であるジョアン=フジムラは言う。
7:2 “When I talk to scientists, they don’t always see that.”
7:2 「私が科学者に話しても、彼らは必ずしもそのようには考えていないのです」
7:3 Fujimura says even highly influential scientists often see their role as narrowly focused on finding out how nature works, while others in society think of the effect.
7:3非常に影響力のある科学者でさえ、自分たちの役割は自然がどのように機能しているかを発見
することに焦点をあてるだけであり、社会の他の人々がその影響のことを考えるものなのだとみ なしていることがよくあると、フジムラは言う。
7:4 “Biologists are producing the technology that will (5) (1. shape 2. twist 3. capture) our future,” she says.
7:4 「生物学者はわれわれの将来を形づくる技術を生み出しているのだ」と、彼女は言う。
7:5 “It is important for them to think about the culture that will use their technology, what kind of society we want to have.”
7:6 「科学者が自分たちの技術を用いる文化について、そしてわれわれがどんな種類の社会を望む かについて考えることが重要である」
・解答 (5)1
(5)
「生物学者はわれわれの将来を( )技術を生み出しているのだ」の空所に入るべき動詞。1のshape
「形づくる」を入れて「将来を形づくる技術」とするのが自然。 2のtwist「ひねる」、3のcapture「捕らえる」では意味が不自然である。

■第10段落
10:1 Those limits — simply practical realities — will prevent most of the outrages that people worry about when they imagine the Brave New World of genomics, Botstein says.
10:1 それらの限界は本ftに実質的な現実であって、人々が遺伝学のすばらしい新世界を思い描く
時に心配する非道行為のほとんどを防いでくれると、ボツタインは言う。
10:2 He tells people to forget (7) (1. brand-name 2. designer 3. master) babies or an engineered human race: It will be mathematically impossible to tinker with enough of our 80,000gene inheritance to design a “perfect” baby, let alone a “master race.”
10:2 彼は人々にの設計された赤ん坊や作り上げられた人類といったことは忘れるようにと言う。
「主人たるべき人種」はもちろんとして、「完全な」赤ん坊を作るのに十分なだけ、われわれの8 万もの遺伝子をいじくり回すことは数学的に不可能であろう。
・解答 (7)2
(7)
「彼は人々に( )赤ん坊や作り上げられた人類といったことは忘れるようにと言う」の空所に入る もの。遺伝子工学が作りうるモンスターの危険性に触れている箇所なので、2のdesignerが入り、 designer babies「(人工的に)設計された赤ん坊」という意味となる。
1のbrand-nameは「商標名の」、3のmasterは「主要な」の意。

■第11段落
11:1 Botstein does worry about healthcare discrimination, (8) (1. giving 2. making 3. calling) it a serious social problem.
11:1 ボツタインは、健康管理面での差別を重大な社会問題であると言って、その差別に本ftに頭
を悩ませている。
11:2 But he points out that it is mostly a problem in the United States — in Europe, there is (9) (1. some 2. little 3. a little) incentive to discriminate because everyone is guaranteed some level of healthcare.
11:2 しかし、彼はそれはほとんどアメリカ合衆国での問題だと指摘する。ヨーロッパでは、すべ ての人が一定レベルの健康管理を保証されているので、差別しようという気持ちはほとんどな
い。
11:3 Paul Billings, deputy chief of staff at the Veterans Affairs Medical Center in Palo Alto, says that people like Botstein are (10) (1.deluding 2. cheating 3. camouflaging) themselves if they think that healthcare is the only arena where genetic information is misused.
11:3 パロ・アルトにある退役軍人医療センターの副所長であるポール=ビリングスは、もしボツタ インなどの人々が健康管理を遺伝子情報が誤用されている唯一の場であると考えるならば、彼ら は、勘違いしているのだと言う。
11:4 He cites a number of nightmarish cases: The 24year old woman fired from her job after her employer learned of her risk of Huntington’s disease, an ailment that usually doesn’t strike until after 40; their recruits turned down by the Air Force because they were (11) (1. carriers 2. patients 3. agents) of sickle cell disease; the two Marines court-martialed for refusing to take a gene test.
11:4彼は悪夢のような事例をいくらか挙げている。普通は40歳を越えるまでは起こらない病気であ るハンティントン舞踏症にかかる危険性があると雇用主が知ったあとで、仕事を解雇された24歳 の女性の例、鎌形赤血球性貧血の、保因者という理由で空軍に拒絶された新兵の例、遺伝子検査 を受けるのを拒否したために軍法会議にかけられた2人の海兵隊員の例などである。
(10)1 (10)
「もし~だと考えるならば、ボツタインなどの人々は( )」 ここは1のdeludingが入り、delude oneself「勘違いしている」という意味の表現を作る。 2のcheatは「欺く」、3のcamouflageは「偽装する」の意。
(11)1 (11)
「鎌形赤血球性貧血の( )という理由で空軍に拒絶された新兵」
ここには「保因者」という意味のcarriersが入るので1が正解。まだ発病していないので2の patients「患者」は不適切。
3のagentsは「代理人、主体」の意味。

■第16段落
16:1 “The idea was to have preemptive discussions,” Cox says.
16:1 「ねらいは機先を制する議論をすることだった」とコックスは言う。
16:2 “To consider the effects of this technology before it happens so we won’t constantly have to clean up spilt milk.”
16:2 「取り返しのつかないことの始末をたえずする必要のないように、実際に起こる前にこの技
術の影響を考えることであった」
16:3 In July, President Clinton (15) (1. admitted 2. appointed 3. adapted) Cox to a new National Bioethics Advisory Commission.
16:3 7月には、クリントン大統領がコックスを新しい全国生命倫理諮問委員会の一員に、任命し
た。
・解答 (15)2 (15)「7月には、クリントン大統領がコックスを新しい全国生命倫理諮問委会の一員に( )」の空
所に入るべきもの。 ここでは意味の上から2のappointed「任命した」が最適である。 1のadmitは「許容する」、3のadaptは「適応させる」の意。

■第17段落
17:1 Cox says that what he’s learned in the ELSI process has taught him to be cautious about how much those achievements mean.
17:1 ELSIで仕事をしていて学んだことによって、それらの成果がどれほど重要であるかについて 注意すべきだということを教わったと、コックスは言う。
17:2 “You don’t legislate away discrimination,” he says.
17:2 「法律によって差別がなくなるわけではない」と彼は言う。
17:3 “You just make it more painful for people to discriminate.
17:3 「人が差別をすることをより辛いものにするだけである。
17:4 It (16) (1. takes 2. gives 3. makes) a social belief that discrimination on the basis of genetic information is bad.” 17:4遺伝子情報に基づく差別は悪だという社会的な信念を必要とするのだ」
・解答 (16)1 (16)「遺伝子情報に基づく差別は悪だという社会的な信念を( )」
ここは1のtakesが入って、It takes a social belief「社会的信念を必要とするのだ」という表現にな る。2・3では意味をなさない。

■第18段落
18:1 If there is one thing Cox would like to tell people about genes, it is: “It’s genetic” doesn’t mean “it’s (17) (1. inevitable 2. indispensable 3. incalculable) .” 18:1遺伝子に関してコックスが人々に言いたいことが1つあるとすれば、それは「遺伝的だ」とい
うことは「避けられない」ということを意味するのではないということである。
18:2 In fact, Cox says that modern genetic discoveries are changing some of geneticists’ own beliefs about predictability.
18:2実際、現代の遺伝に関する発見によって、予測可能性に関する遺伝学者自身の信念が変わりつ
つあると、コックスは言う。
18:3 The more they learn, the more they find that our genes are not complete predictors of destiny.
18:3彼らは知れば知るほど、われわれの遺伝子は運命の完璧な予言者ではないことに気づくように
なる。
・解答 (17)1
(17)「『遺伝的だ」ということは「( )ことだ」ということを意味しない」
次の2文を読めばわかるように、遺伝子によってすべて決定されるかどうかはわからないと考えら れているのであるから、1のinevitable「避けられない」が入る。2のindispensableは「欠くことので きない」、3のincalculableは「測りしれない」の意。

総合政策学部 2,000 問1
■第3段落
3:1 Kay: I think the book makes a good starting point because it was a great invention for distance learning.
3:1 ケイ:書物は非対面学習のためのすばらしい発明だったので、よい出発点になっていると私は
思います。
3:2 The disembodied nature of the symbols provides a different stimulus to imagination than face- to-face learning does.
3:2記号がもっている非具体性は、想像力に対して対面学習とは異なった刺激を与えてくれます。
3:3 I think reading [1](1. detects 2. lessens 3. strengthens) the ability to imagine things and deal abstractly.
3:3読書は、物事を想像し抽象的に処理する能力を強化してくれると思います。
3:4 But, I ask, is there anything a new technology like computers could add?
3:4 しかし、コンピュータのような新しい科学技術が追加できるものが存在するかどうか、尋ねた
いのです。
3:5 In fact there is; not a lot of things, but a couple of really important ones.
3:5実際、存在するでしょう。多くではないが、本当に重要なものがいくらか存在するでしょう。
・解答 [1]― 3
>[1]
「読書は、物事を想像し抽象的に処理する能力を( )」の空所に入るもの。
直前の文で、書物のもつ非具体性が想像力に対して対面学習とは異なった刺激を与えてくれるとあ
るので、3のstrengthens「強化する」が入る。1のdetectsは「見つける」、2のlessensは「少なくす る」の意。

■第4段落
4:1 One is dialoging, Socrates preferred method of learning.
4:1 ひとつは対話するということで、これはソクラテスが好んだ学習法です。
4:2 In a good essay, the author [2](1.unless 2. invites 3. increases) the reader to argue with him or her a little bit.
4:2 よい論文では、著者は一緒に少しだけ論じ合おうと読者に勧めるのです。
4:3 But debate usually stops in scientific or technical essays when an author puts a formula in.
4:3 しかし、科学や技術に関する論文では、著者が公式をはさみこむときに議論はたいてい終わっ
てしまいます。
4:4 Most people, even educated people, [3](1. unless 2. when 3. while) they know something special about the topic or the formula, are pretty much at the mercy of the authors claims.
4:4大部分の人は、教養のある人でもそうですが、その話題や公式について何か特別なことを知ら
ない限り、ほとんど著者の主張のなすがままになってしまいます。
4:5 So it would be great if those mathematical symbols in a formula could lead into a computer simulation of what’s being talked about in the essay — if the reader could experiment as much as the author had.
4:5 ですから、もし公式の中の数学記号が、論文中で語られていることに関するコンピュータ・シ
ミュレーションに導入され、読者が著者と同じように実験を行うことができるなら、それはすば らしいことでしょう。
4:6 So the computer can provide an extra dimension in which people can argue more deeply with the author.
4:6 そして、コンピュータは、人々が著者とより深く議論できる特別の場面を提供できるのです。
・解答 [2]― 2
>[2]
「よい論文では、著者は一緒に少しだけ論じ合おうと読者に( )」の空所に入るもの。よい論文に
関することなので、1のinstructs「指図する」より、2のinvites「勧める」の方が適切。
3のincreasesは「増加する」の意。

■第7段落
7:1 Postman: Socrates also says that writing forces us to follow an argument [5](1.more than 2. even more 3. rather than) to participate in it; and I think you see that all the time when a professor is giving a lecture.
7:1 ポストマン:ソクラテスはまた、書物は我々に議論に参加するよりむしろ議論についていくよ
うに強制するとも言っています。教授が講義をしているときいつも、それを目にしておられると
思います。
7:2 The students are all writing their notes, trying to follow an argument, and abandoning [6](1. any hope 2. some hope 3. no hope) of participating in the argument.
7:2学生たちは皆、議論についていこうとしてメモをとり、議論に参加しようとするいかなる希望
も捨てています。
7:3 So I think that interactive computer programs might be a good way of correcting this, because then the learner could participate in the argument.
7:3 ですから、対話式のコンピュータ・プログラムはこれを修正するよい方法だろうと私は思うの です。それなら、学習者も議論に参加できるからです。
7:4 But, when people talk about distance learning, they have in mind something that would replace many of the methods of learning we now have, rather than [7](1. restrict 2. add to 3. abstract) them.
7:4 しかし、人々は非対面学習について語るとき、我々が今もっている学習方法を増やすものより もむしろそれらの多くに取って代わるものを心に描いているのです。
7:5 So I have my doubts about how much computers will really change education.
7:5 だから、コンピュータがどれほど本ftに教育を変えてくれるかに関して、私は疑いを抱くので す。
[7]― 2 >[7]
「学習方法を( )よりむしろ学習方法の多くに取って代わるものを心に描いている」に入るもの。
既存の学習方法とはまったく別個のものを考えているということなので、学習方法を増やすので
はない。2のadd to~「~を増やす」が正解。
1のrestrictは「制限する」
3のabstractは「取り出す」の意。

■第8段落
8:1 I always think of the longevity of the lecture method [8](1. in use 2. in demand 3. in style) in most universities.
8:1私は、ほとんどの大学で使われている講義方法が長続きしていることをいつも考えるのです。
8:2 In the 15th century, just before the invention of the machine-made book, a professor had the only manuscript of an author’s work.
8:2機械によって作られた書物が発明される直前の15世紀には、教授はある著者の作品の唯一の写
本を持っていました。
8:3 So of course, lecturing made sense.
8:3 だからもちろん、講義は意味をなしていました。
8:4 In the first fifty years after the invention of printing, more than eight million books were printed.
8:4印刷が発明された直後の50年間に800万以上の書物が印刷されました。
8:5 You would think that the lecture method would have disappeared.
8:5講義形式は消えてしまっただろうと思うでしょう。
8:6 [9](1.When 2. Why 3. Where) should we have a professor standing in front of a group of students who could all read the same book that the professor had?
8:6 教授が持っているのと同じ本を全員が読むことができる学生のグループの前に、教授が立って
いる必要があるのでしょうか。
8:7 The odd thing is that at New York University, this [10](1. one 2. very 3. only) day, probably 95% of the instruction is through the lecture method.
8:7不思議なことに、ニューヨーク大学では、まさに今日、おそらく授業の95%が講義形式で行わ
れているのです。
8:8 So I have to ask why, after 500 years, were still using a method that ought to have become obsolete through technological development.
8:8 それで、技術の発展によってすたれているはずの方法を500年後になっても、なぜまだ我々が
使っているのかを私は尋ねなければならないのです。
[9]―2 >[9]
「教授が持っているのと同じ本を全員読むことができる学生のグループの前に、( )教授が立って
いる必要があるのか」に入るもの。教授は不必要ではないかと思われるのに、教授が学生の前に
立っている、その理由を問うているので、2のWhyが正解。

総合政策学部 2,000 問2
■第1段落
1:1 My students seem to be very concerned — and also very divided — on how to approach the difficult subject of human rights in nonwestern societies.
1:1私の学生は非西洋社会における人権という難しい問題にどのように取り組むかということにと
ても関心があり、また意見がとても分かれている。
1:2 Is it right, the question is often asked, that nonwestern societies should be encouraged and pressed to conform to “Western values of liberty and freedom?”
1:2非西洋社会に対し、「自由という西洋の価値観」に合わせるようにと促し勧めるのが正しいの だろうかという質問がしばしばされる。
1:3 Is this not cultural imperialism?
1:3 これは文化的帝国主義ではないのだろうか。
1:4 The notion of human rights [1](1. builds 2. reflects 3. dwells) on the idea of a shared community.
1:4人権という概念は共有された社会という考えに基づいている。
1:5 These rights are not derived from citizenship of any country, or membership of any nation, but taken as entitlements of every human being.
1:5 この権利は特定の国の国民であることや特定の国家の一員であることに由来しているのではな
く、すべての人間に備わる権利とみなされている。
1:6 The concept of universal human rights is, in this sense, a uniting idea.
1:6 この意味において、普遍的な人権という概念は人を結びつける考えである。
1:7 Yet the subject of human rights has ended up being a very real battleground of political debates and ethical disputes, particularly in their application to nonwestern societies.
1:7 しかし、人権問題は結局のところ、政治的議論や倫理的論争の現実の戦場になってしまってお
り、特にそれを非西洋社会に当てはめる際にそうなっている。
1:8 Why so?
1:8 なぜそうなのだろうか。
・解答 [1]―1
>[1]
「人権という概念は共有された社会という考えに( )」の空所に入るもの。
1のbuilds on~は「~に基づく」、2のreflects on~は「~を熟考する」、3のdwells on~は「~に ついて話す」の意。文意から1が正解。

■第3段落
3:1 Are there really such [3](1. great mysteries 2. good terms 3. firm differences) on this subject in terms of traditions and cultures across the world ?
3:1世界において伝統や文化の点から考えて、この問題にはそのような確固たる相違が本ftにある
のだろうか。
3:2 It is certainly true that governmental spokesmen in several Asian countries have not only disputed the relevance and importance of universal human rights, but they have also frequently done this disputing in the name of “Asian values,” in contrast to Western values.
3:2 アジアのいくつかの国々の政府代表者は、普遍的人権の妥当性や重要性に異議をさしはさんで きただけでなく、西洋の価値観と対照的に「アジア的価値」という名目でこのような反論をしば しば行ってきたことは確かに事実である。
3:3 The claim is that in the system of so-called Asian values, for example in the Confucian system, there is greater emphasis on order and discipline, and [4](1. less 2. fewer 3. than) on rights and freedoms.
3:3 その主張は、いわゆるアジア的価値の制度、たとえば儒教の制度では、秩序と規律にはより大
きな強調がなされ、権利と自由には強調がそれほどなされていないというものである。
・解答 [3]―3
>[3]
「この問題にはそのような( )が本ftにあるのだろうか」の空所に入るもの。前段で、西洋とアジ
アの国々の間の人権に対する考え方の違いを例に、両者の地域的・文化的違いが述べられている
点から考える。3のfirm differences「確固たる違い」が正解。1のgreat mysteriesは「大きな謎」、
2のgood termsは意味がはっきりしない。

■第4段落
4:1 Many Asian spokesmen have gone on to argue that the call for universal acceptance of human rights reflects the imposition of Western values on other cultures.
4:1 アジアの代表者の多くは続けて、人権を世界的に受け入れるようにという要請は西洋の価値観 の他の文化への押しつけを表していると主張している。
4:2 For example, the censorship of the press may be more [5](1. restricted 2. benevolent 3. acceptable) , it is argued, in Asian society because of its greater emphasis on discipline and order. 4:2 たとえば、規律と秩序がより強調されるので、アジアの社会のほうが報道に対する検閲はより
受け入れやすいだろうと主張されている。
4:3 This position was powerfully expressed by a number of governmental spokesmen from Asia at the Vienna Conference on Human Rights in 1993.
4:3 この立場は、1993年の人権に関するウィーン会議においてアジアの複数の政府代表者によって
強く表明された。
・解答 [5]―3
>[5」「アジアの社会では規律と秩序がより強調されるので、報道に対する検閲はより( )だろ う」の空所に入るもの。報道に対する検閲は社会の秩序と規律を保持するために行われると考え られる。3のacceptable「受け入れやすい」が正解。1のrestrictedは「制限された」、2の
benevolentは「慈悲深い」の意。

■第5段落
5:1 If one influence in separating out human rights as specifically “Western” comes from the [6](1. pleading 2. denying 3. escaping) of governmental spokesmen from Asia, then another influence relates to the way this issue is perceived in the West itself.
5:1 人権を特に「西洋的なもの」として選別する際のひとつの影響が、アジアからの政府代表者の
嘆願から生じるものであれば、また別の影響は、この問題が西洋自体でどのように理解されてい るかに関係がある。
5:2 There is a tendency in Europe and the United States to assume that it is in the West — and
only in the West — that human rights have been valued from ancient times.
5:2 ヨーロッパやアメリカには、人権が古い時代から尊重されてきたのは西洋においてであり、ま
た西洋においてだけであると考える傾向がある。
5:3 This allegedly unique feature of Western civilization has been, it is assumed, an alien concept [7](1. everywhere 2. anywhere 3. elsewhere) .
5:3 西洋文明に特有のものであると言われるこの特徴は他の地域では異質な考えであると考えられ
ている。
5:4 By stressing regional and cultural specificities, these Western theories of the origin of human rights tend to reinforce the questioning of the concept of universal human rights in nonwestern societies.
5:4 地域的、文化的特異性を強調することによって、人権の起源に関するこのような西洋の理論
は、非西洋社会における普遍的人権という概念に対する疑問を強めるのである。
5:5 By arguing that the valuing of toleration, of personal liberty, and of civil rights is a particular contribution of Western civilization, Western advocates of these rights often give an ironic support to the nonwestern critics of human rights.
5:5 寛容や個人的自由や市民権の尊重が西洋文明の特別な貢献であると主張することによって、こ
れらの権利を主唱する西洋人は、しばしば皮肉にも非西洋の人権批判者に支持を与えることにな る。
5:6 The advocacy of an allegedly “alien” idea in non-Western societies can indeed look like cultural imperialism [8](1. attacked 2. sponsored 3. installed) by the West.
5:6非西洋社会において「異質」と言われる考えを主唱することは、西洋によって後押しされた文 化的帝国主義のように実際見えうるのである。
・解答 [6]―1
>[6]
「人権を特に『西洋的なもの」として選別する際のひとつの影響が、アジアからの政府代表者の ( )から生じるならば」の空所に入るもの。直前の文の「複数の政府代表者によって強く表明され
た」から考える。「強く表明する」→「嘆願する」となる。1のpleading「嘆願すること」が正 解。
2のdenyingは「否定すること」、3のescapingは「逃げること」の意。
[7]―3 >[7]
「西洋文明に特有と言われるこの特徴は、( )異質な考えである」の空所に入るものO西洋に対し
て「他の所では」となるので、3のelsewhereが正解。 1のeverywhereは「いたる所で」、2のanywhereは「どこででも」の意。
[8]―2 >[8]
「西洋によって( )文化的帝国主義のように実際見えうる」の空所に入るもの。「西洋によって後 押しされる文化的帝国主義」と考えられるので、2のsponsored「後押しされる」が正解。 1のattackedは「攻撃される」、3のinstalledは「取り付けられる」の意。

■第9段落
9:1 Do we find similar pronouncements in favor of individual freedom in non-Western traditions, particularly in Asia?
9:1 非西洋的伝統、特にアジアにおいて、個人の自由に賛成する似たような意見を見つけることが
できようか。
9:2 The answer is emphatically yes.
9:2 その答えは間違いなくイエスである。
9:3 Confucius is not the only philosopher in Asia, not even in China.
9:3 孔子だけがアジアにおいて唯一の哲学者ではないし、中国においてさえそうではない。
9:4 There is much variety in Asian intellectual traditions, and many writers did emphasize the importance of freedom and tolerance, and some even saw this as the entitlement of every human being.
9:4 アジアの知的伝統にはかなりの多様性があり、多くの作家が自由と寛容の重要性を実際に強調 し、これをすべての人間の権利であると見なす者さえいた。
9:5 The language of freedom is very important, for example, in Buddhism, which originated and first flourished in South Asia and then spread to Southeast Asia and East Asia, including China, Japan, Korea, and Thailand.
9:5 自由という言葉は、たとえば仏教においてとても重要である。仏教は南アジアに生まれ、そこ
で最初に栄え、その後中国、日本、韓国、タイを含む東南アジアや東アジアヘ広がった。
9:6 Even the [14](1. outline 2. layout 3.portrayal) of Confucius as a strict authoritarian is far from accurate.
9:6 孔子を厳格な権威主義者と描くことでさえ、まったく正確でない。
9:7 Confucius did believe in order, [15](1. and 2. so 3. but) he did not recommend blind loyalty to the ruler.
9:7孔子は秩序の価値を確かに信じていたが、統治者への盲目的な忠誠を勧めたわけではなかっ
た。
・解答 [14]―3
>[14]
「孔子を厳格な権威主義者と( )でさえまったく正確でない」の空所に入るもの。文意から3の
portrayal「描くこと」が正解。 1のoutlineは「概略」、2のlayoutは「割付、配置」の意。

■第10段落
10:1 The so-called “Western values of freedom and liberty,” sometimes seen as an ancient Western inheritance, are not particularly [16](1.but uniquely 2. but proudly 3. nor exclusively) Western in their origins.
10:1 いわゆる「自由という西洋の価値観」は、時には、古代の西洋の遺産であると見られるが、
とりたてて古いわけでもないし、その起源が西洋に限られるというわけでもない。
10:2 Many of these values have taken their full form only over the [17](1. last 2. earlier 3. recent) few centuries.
10:2 これらの価値観の多くは、わずかこの2数世紀の間に全形を成したのである。
10:3 While we do find some anticipatory components in parts of the ancient Western traditions, there are other such anticipatory components in parts of nonwestern ancient traditions as well. 10:3 古代西洋の伝統の一部にいくらかの先行要素を確かに見いだすが、一方、非西洋の古代文明
の伝統の一部にもそのような先行要素が存在している。
10:4 On the particular subject of toleration, Plato and Confucius may be on a somewhat similar side, [18](1. such as 2. just as 3. thereby) Aristotle and Ashoka may be on another side.
10:4 寛容という特定の問題に関して、プラトンと孔子はやや似た側にいるが、それは別の側にア
リストテレスとアショーカ王がいるのとちょうど同じである。
10:5 The need to acknowledge diversity applies not only between nations and cultures, but also
within each nation and culture. 10:5多様性を認める必要性は、国家間と文化間に当てはまるだけではなくて、各国家と各文化内
にも当てはまる。
10:6 In the anxiety to [19](1. write 2. take 3. put) adequate note of international diversity and cultural divergences, and the so-called differences between “Western civilization,”“Asian values,” “African culture, and so on, there is often a dramatic neglect of heterogeneity within each country and culture.
10:6国際的多様性や文化的相違や、「西洋文明」「アジア的価値」「アフリカ文化」などの間の いわゆる相違などに十分な注意を払いたいという願望のために、それぞれの国や文化内の異種性 をまったく無視することになりがちである。
10:7 “Nations” and “cultures” are not particularly good units to understand and analyze intellectual and political differences.
10:7 「国家」や「文化」は、知的・政治的相違を理解し分析するのに特によい基準単位ではな い。
10:8 Lines of division in commitments and skepticism do not run along national boundaries — they
run at many different [20](1. speeds 2. faces 3. Levels) . 10:8傾倒と懐疑の境界線は国境沿いを延びているのではなく、多くの異なった段階を延びてい
る。
10:9 The rhetoric of cultures, with each “culture” seen in largely homogenized terms, can trouble us politically as well as intellectually.
10:9 それぞれの「文化」は主に同質化された観点で見られるので、文化という言葉は、知的面だ けでなく政治面でも我々を悩ませるのである。
・解答 [16]―3
>[16]
「いわゆる『自由という西洋の価値観』は特に古いものではなく、その起源において西洋( )」の
空所に入るもの。2文後に、自由という価値観などは古代西洋の伝統だけでなく、非西洋の古代文
明の伝統にも先行要素が見られると述べている点から考える。否定の意をもつ、3のnor exclusively~「まったく~に限るわけでもない」が正解。
1のbut uniquely~は「しかし、~に特有である」、2のbut proudly~は「しかし、誇りをもって
~」の意。
[20]―3 >[20]
「境界線は多くの異なった( )を延びている」の空所に入るもの。
3のlevels「段階」が正解。1のspeedsは「速度」、2のfacesは「表面」の意。

■第9段落
9:1 I don’t know what the answer would be, [11](1. except that 2. so that 3. just that) there is some power in the oral tradition and in the fact of compresence which facilitates learning and makes it into a certain kind of event that can’t be duplicated by technology.
9:1 口頭教授の伝統と共存の事実の中に、学習を促進し、学習を科学技術によってまねることがで
きないある種のものにしてしまう力がある点を除けば、その答えが何なのか私にはわかりません。

9:2 So I am [12](1. realistic 2. Optimistic 3. Skeptical) when people talk about distance learning as a future process that will replace the current methods of teaching and learning
9:2 ですから、人々が、現在の教授方法と学習方法に取って代わるであろう将来の過程として、非
対面学習の話をするとき、私は懐疑的になります。
[12]―3 >[12]
「人々が将来の過程として、非対面学習の話をするとき、私は( )である」に入るもの。前文で、
講義形式には科学技術ではまねることができない力があると述べているので、非対面学習を現在 の教授法、学習法に代わるものとすることには懐疑的である。 3のskeptical「懐疑的な、疑い深い」が正解。1のrealisticは「現実的な」、2のoptimisticは「楽観
的な」の意。

■第13段落
13:1 An interesting [17]( 1. prospect 2. aspect 3. respect) of this discussion is that technology could lead to a broad change in the way people see themselves, much as the book did.
13:1 この議論のおもしろい面は、書物とほぼ同様に、科学技術も人々が自らを見る方法の大きな
変化につながりうるということです。
13:2 In Elizabeth Eisenstein’s book, The Printing Press as an Agent of Change, she ends a chapter by saying that the preprinting culture held narcissism in check, and the printing press released it.
13:2 エリザベス=アイゼンシュタインはその著書である、The Printing Press as an Agent of Changeにおいて、ある章の最後に、印刷発明以前の文化が利己主義を抑えていて、印刷機がそれ
を解放したと言っています。
13:3 There is little doubt that the book created a sense of individuality and self that didn’t exist before.
13:3書物がそれ以前には存在していなかった個人や自己という感覚を生み出したことにはほとんど
疑いはないのです。
・解答 [17]―2
>[17]「この議論のおもしろい( )は、科学技術が大きな変化につながりうるということだ」に
入るもの。「この議論のもっているおもしろい面」と考えるのが妥ft。2のaspect「面」が正解。
1のprospect of~は「~(が起こること)に対する見込み」なので不適切。3のrespectは「尊敬、
点」の意で、「点」の意の場合は、in this respect「この点において」等、inの後で使われるのが
一般的なので、この場合は不適切。

■第15段落
15:1 Postman: So the question arises whether computer technology will further enhance the idea of individuality.
15:1 ポストマン:そこで、コンピュータ技術がさらに個人という考えを高めるかどうかという問
題が生じます。
15:2 Perhaps, in this context, individuality may even become a psychological problem, because it would lead to an idea of learning, and even schooling, as a strictly [19](1. educational 2. technological 3. individual) matter.
15:2 おそらく、このような状況では個人性は心理的な問題にさえなるでしょう。というのは、学
習ひいては学校教育でさえ厳密に個人的問題とする考えにつながると思われるからです。
・解答 [19]―3
>[19]「学習ひいては学校教育でさえ厳密に( )問題とする考えにつながるだろう」に入るもの。
「コンピュータ技術によって個人という考えが高まる」→「学習、学校教育を個人的な問題と考え
る」とつながっているので、3のindividual「個人的な」が正解。 1のeducationalは「教育的な」、2のtechnologicalは「科学技術の」の意。

総合政策学部 2,001 問1
■第3段落
3:1 This is a bit confusing, because it is rather difficult to figure out what is morally [3](1. prevalent 2. relevant 3. evident) about cultural survival in itself.
3:1 これには少し困惑する。なぜなら、文化的生存それ自体に関して何が道徳的に関連するのかを
理解するのはかなり難しいからである。
3:2 The first challenge is to determine just what the term might mean.
3:2最初の課題はその言葉がまさに何を意味するかを決定することである。
3:3 It cannot simply mean the continued existence of the individuals that make up the endangered culture, since their survival is entirely [4] (1. comfortable 2. compounded 3. compatible) with their complete assimilation, and therefore, with the destruction of their culture.
3:3 それはただ単に、危機に瀕した文化を構成する個体の継続的な存在を意味するのではない。と
いうのは、個体の生存はその完全な同化と全く共存できるものであり、それゆえにそれらの文化 の破壊とも共存できるものであるからだ。
3:4 Nor, however, can it mean the preservation of all existing aspects of a culture; for some degree of cultural change and [5](1. confirmation 2. concentration 3. adaptation) is normal, indeed inevitable.
3:4 しかしながら、それはまた、文化のあらゆる既存の面を保護することも意味しない。なぜな
ら、ある程度の文化的変化や順応は普通であり、実際避けられないからである。
3:5 Permanent cultural preservation is an ideal we could hardly hope to attain, let alone a worthy guide to policy.
3:5永久的な文化保護は、われわれが達成をほとんど望めない理想であり、言うまでもなく政策へ
の価値ある指針にはなりえない。
・解説 [3]―2
>[3]
「文化的生存それ自体に関して何が道徳的に( )かを理解するのはかなり難しいからである」の空
所に入るもの。
第3段第2文(The first challenge is…)以降、および第4段(The reality of cultural survival…)におい て、文化的生存の意味、はたらきなどが述べられている点から考え、2のrelevant「関連がある、適 切な」が入る。1のprevalentは「普及している」、3のevidentは「明白な」の意。
[4]―3 >[4]
「個体の生存はその完全な同化と全く( )である」の空所に入るもの。
「文化的生存がただ単に危機に瀕した文化を構成する個体の継続的な存在を意味するのではな い」理由として述べられている。同化が進み、その結果文化が破壊されても個体は生存するとい
うこと。3のcompatible「共存できる、矛盾しない」が入る。1のcomfortableは「心地よい」、2の
compoundedは「構成される、さらに増す」の意。
[5]―3 >[5]
「ある程度の文化的変化や( )は普通であり、実際避けられないからである」の空所に入るもの。
「文化的生存とは、文化のあらゆる既存の面を保護することではない」理由として、「文化的変
化」や「順応」が普通であると述べているので、3のadaptation「順応」が入る。1のconfirmation は「確認」、2のconcentrationは「集中」の意。

■第5段落
5:1 So why would we think that cultural survival is valuable in itself?
5:1 それでは、なぜわれわれは、文化的生存はそれ自体価値があると思うのであろうか。
5:2 One argument draws an analogy between cultures and other threatened aspects of the natural world: we ought to preserve cultures because to do otherwise is to allow something unique and [8] (1. irrational 2. irreplaceable 3. irrelevant) to leave the world.
5:2 ある主張では、文化と、自然界の他の絶滅に瀕した面との間の類似が引き合いに出される。つ
まり、文化を保護しなければならないのは、そうしないと何か独特でかけがえのないものを世界 から失ってしまうことになるからだ。
5:3 Refusing to act against assimilation might be thought [9](1. compatible with 2. contrasted with
3. equivalent to), say, shooting the last panda.
5:3同化に反対するのを拒否することは、たとえば、最後のパンダを撃ち殺すことと同等であると
思われるだろう。
・解説 [8]―2
>[8]
「何か独特で( )ものを世界から失ってしまうことになるからだ」の空所に入るもの。文化を価値
あるものと考えているので、「独特でかけがえのないもの」となり、2のirreplaceable「かけがえ のない」が入る。1のirrationalは「不合理な」、3のirrelevantは「不適切な、無関係な」の意。

■第6段落
6:1 This argument, though, claims too much, for we feel a similar sense of loss when we face not the destruction of a culture but merely it’s reworking from the inside — and, thereby, the loss of specific elements [10](1. within 2. upon 3. beside) the culture.
6:1 しかし、この主張はあまりにも多くを求め過ぎている。なぜなら、われわれは、文化の破壊で はなくて、ただ単に内側からの文化の補整、そして、それによる文化の内側にある特定の要素の 喪失に直面するときに、同様の喪失感を感じるからである。
6:2 Over time, all of our cultures are remade and many traditional norms and practices are abandoned.
6:2時を経て、われわれの文化のすべては作り直され、多くの伝統的基準や慣習は捨てられる。
6:3 We might easily sympathize that there was a loss to the world in what was thereby abandoned.
6:3 それによって捨てられるものの中に、世界にとって損失となるものがあると思い、われわれは
すぐに同情する。
6:4 We do have reason to regret that the current ways by which the world is understood — our own ways included — will eventually disappear.
6:4世界が理解される現在の方法(これにはわれわれ自身の方法も含まれている)がゆくゆくは消 え去ってしまうことを後悔するのはもっともなことである。
6:5 But our justifiable sadness does not give us good reason to declare that what is now endangered ought to be preserved forever; or to forbid ourselves from altering inherited cultural norms — abandoning some, changing others — and [11](1.adopting 2. excluding 3. enclosing) new ways and customs as our own.
6:5 しかし、正ftと認められる悲しみをもってしても、今絶滅に瀕しているものが永久に保護され
るべきであると宣言したり、継承している文化的基準を変更して(あるものを捨てたり、あるも のを変更して)新しい方法や習慣を自分自身のものとして採用することを禁止したりするだけの
十分な理由にはならない。
[11]―1
>[11]
「われわれ自身が、継承している文化的基準を変更して、新しい方法や習慣を自分自身のものと して( )を禁止する」の空所に入るもの。「継承している文化的基準を変更する」→「新しい方法
や習慣を採用する」の流れに注意。1のadopting「採用すること」が入る。2のexcludingは「除外 すること」、3のenclosingは「囲むこと」の意。

■第7段落
7:1 One might even say that this sadness is the inevitable price we pay for freedom.
7:1 このような悲しみは、われわれが自由に対して支払う避けられない代償であるとさえ言う人が いるかもしれない。
7:2 If we had no choice about what norms to adopt, and knew that the next generation would live as our ancestors lived before us, the world might lose one source of trouble but gain many more. 7:2 もしわれわれにどのような基準を採用すべきかに関して選択権がなく、また次の世代も先祖が われわれよりも以前に生活したのと同じように生活していくのを知っているのなら、世界はもめ 事の原因を1つ失うが、もっと多くのもめ事の原因を得ることになるだろう。
7:3 The “endangered species” approach to [12](1. defending 2. delaying 3. destroying) cultural survival, then, has some serious defects.
7:3 このように、文化的生存を擁護することに対する、「絶滅寸前の種」を扱うような取り組み方
には深刻な問題がいくつかある。
・解説 [12]―1
>[12]
「文化的生存を( )に対する、『絶滅寸前の種」を扱うような取り組み方には深刻な問題がいくつ かある」の空所に入るもの。第5段(So why would we think…)にあるように、文化的生存を擁護 することは、「絶滅寸前の種」を保護するのと同じであるので、1のdefending「擁護すること」
が入る。 2のdelayingは「遅らせること」、3のdestroyingは「破壊すること」の意。

■第8段落
8:1 Another line of argument connects the value of cultural survival to the value of cultural [13](1. conformity 2. diversity 3. transformation) , gaining support from the undoubted attractiveness of the latter.
8:1別の主張では、文化的生存の価値が文化的多様性の価値に結びつけられ、後者の疑いのない魅
力から支持を得ている。
8:2 On reflection, however, the idea of cultural diversity seems scarcely less ambiguous than the notion of cultural survival itself.
8:2 しかしながら、よく考えてみると、文化的多様性という考え方は、文化的生存という考え方そ のものと比べてほとんど同じぐらいあいまいであるように思われる。
8:3 This ambiguity lies in whether it means valuing diverse people of distinct backgrounds or valuing the diversity of backgrounds itself.
8:3 その考え方が別個の背景をもつ多様な人々を重んじることを意味するのか、それとも背景その ものの多様性を重んじることを意味するのかどうかに、このようなあいまいさが存在している。
・解説 [13]―2
>[13]
「別の主張では、文化的生存の価値が文化的( )の価値に結びつけられる」の空所に入るもの。直
後の文のthe idea of cultural diversityにつながる。2のdiversity「多様性」が入る。 1のconformityは「画一性」、3のtransformationは「変化、変形」の意。

■第10段落
10:1 The second notion — that of valuing cultural diversity in the abstract — raises in turn another deep ambiguity, the difference between diversity of cultures and diversity within cultures.
10:1 2目の考え方、つまり、抽象的に文化的多様性を重んじる考え方も、同様に別の深いあいまい
さを提起するが、それは文化の多様性と文化内の多様性の間の相違である。
10:2 Exposure to a wide variety of lifeways is clearly of great moral value; it enables people to flourish in ways that conformity and sameness instead suppress.
10:2 さまざまな生活様式にさらされることは、明らかに大きな道徳的価値のあるものであり、画
一性や同一性なら逆に抑えてしまうような方法で人々は活躍することができる。
10:3 But there is no necessary [15](1. break 2. link 3. chain) between the desirability of diversity within cultures and the demand that there be a wide variety of cultures themselves.
10:3 しかし、文化内の多様性の望ましさと文化そのものの多様性の要求の間には必然的なつなが
りはない。
・解説 [15]―2
>[15]
「しかし、文化内の多様性の望ましさと文化そのものの多様性の要求の間には必然的な( )はな い」の空所に入るもの。前文の「さまざまな生活様式にさらされることは、明らかに大きな道徳
的価値のあるものである」を受けて、この文は逆接のButで始まっている点に注意。2のlink「つな がり」を入れて、「必然的なつながりはない」となる。1のbreakは「破壊、中断」、3のchainは
「くさり、連鎖」の意。

■第11段落
11:1 Cultural survival, then, seems surprisingly hard to fashion into an attractive ideal.
11:1 それなら文化的生存を魅力的な理想に作り上げることは驚くほどに難しいことのように思わ れる。
11:2 But in many of the cases of cultural loss that motivate activists and popular sentiment, something else is going on [16](1.except 2. besides 3. additionally) the simple disappearance of particular cultures and folkways.
11:2 しかし、活動家や人々の心情に刺激を与える文化的喪失が起こる多くの場合において、特定
の文化と習俗の単なる消失の他に何か別のことが起こっている。
11:3 All too many aboriginal groups, for example, face persistent marginalization*.
11:3 たとえば、あまりにも多くの原住民の集団が永続的な社会的軽視に直面している。
11:4 This suggests that it is not the disappearance of a culture so much as the reason for its loss that should be the focus of our moral attention.
11:4 われわれの道徳的関心の焦点になるべきなのは、文化の消失よりもむしろ消失の理由である
ことを、これは示している。
11:5 We should condemn and seek to remedy the discrimination and poverty faced by peoples around the world.
11:5 われわれは世界中の民族が直面している差別と貧困を非難し、矯正しようと努めるべきであ
る。
11:6 But it is [17](1. invaluable 2. justifiable 3. mistaken) to think that the best way to achieve this is to insist that cultural survival is a value in itself.
11:6 しかし、これを成し遂げる最良の方法が、文化的生存そのものが重要だと主張することであ
ると思うのは間違いである。
[17]―3 >[17]
「しかし、これを成し遂げる最良の方法が、文化的生存そのものが重要だと主張することである と思うのは( )である」の空所に入るもの。文頭のButに注意すると、3のmistaken「間違いであ る」が入ることがわかる。
1のinvaluableは「評価できないほど貴重な」、2のjustifiableは「正ftと認められる」の意。

■第13段落
13:1 The proper focus for our moral concern, then, is [19](1. by all means 2. not 3. except) the survival of cultures as collective practices and traditions, but rather the political, civil and human rights of the individuals that constitute the cultures.
13:1 したがって、われわれの道徳的関心の適切な焦点は、集団的な慣習や伝統としての文化の生 存ではなくて、むしろ文化を構成する個人の政治的権利、公民権、人権である。
13:2 A culture has no moral claim to [20](1. temporal 2. transient 3. eternal) existence, especially as against the rights and choices of its own individual members.
13:2文化には永久的な存在に対する道徳的権利はない。その文化の個人構成員の権利や選択権に比
べると特にそうである。
13:3 Our concern about cultures, endangered or otherwise, should ultimately stem from the moral status and rights of their individual members.
13:3絶滅の危機に瀕していようとそうでなかろうと、文化に関するわれわれの関心は、その個人構
成員の道徳的地位と権利から究極的には生じるべきなのである。
[20]―3 >[20]
「文化には( )存在に対する道徳的権利はない」の空所に入るもの。
前文前半の「われわれの道徳的関心の適切な焦点、は、集団的な慣習や伝統としての文化の生存
ではない」を参照。
3のeternal「永久的な」が入る。1のtemporalは「時間の」、2のtransientは「一時的な」の意。

総合政策学部 2,002 問2、
■第1段落
1:1 It has been recognized since earliest times that some restraints should be observed during armed conflict.
1:1武器を使って戦うときにもいくらかの抑制がされていなければならないということは、遠い昔
から認識されてきた。
1:2 Already in the Old Testament* there are instances of limitations set by God.
1:2旧約聖書においてすでに、神によって課された制限の例がある。
1:3 Sun Tzu* maintained that in war one should attack the enemy armies, and that “the worst policy is to attack cities.
1:3孫子は、戦争においては敵の軍隊を攻撃すべきであって、「最悪の方策は都市を攻撃すること だ。
1:4 Attack cities only when there is no alternative.”
1:4他の方法がないときにのみ都市を攻撃せよ」と主張した。
1:5 In ancient India it was considered that war should be conducted on a basis of equality between the opponents: 1:5古代インドでは、戦争は交戦する者たちが対等の力をもっているという基本に基づいて行われ
るべきだと考えられていた。
1:6 “A car warrior should fight a car warrior.
1:6 つまり、「二輪馬車の戦士は二輪馬車の戦士と戦わなければならない。
1:7 One on horse should fight one on horse.
1:7馬に乗る者は馬に乗る者と戦わなければならない。
1:8 Elephant riders must fight with elephant riders, as one on foot fights a foot soldier.”
1:8歩兵が歩兵と戦わなければならないのと同じように、象に乗る者は象に乗る者と戦わなければ
ならない」ということだった。
1:9 According to Homer*, the ancient Greeks considered that the use of poison on weapons was forbidden by the gods;
1:9 ホメロスによると、古代ギリシア人は、武器に毒を塗ることは神によって禁止されていると考
えていた。
1:10 and among the city states, temples and priests and embassies could not be attacked.
1:10 また、都市国家の中では、寺院や神宮や外国の大使館を攻撃することはできなかった。
1:11 The Romans were more regular and disciplined soldiers than those of any other ancient nation.
1:11 ローマ人は、他のいかなる古代国家の兵士よりも組織化され、規律のある兵士であった。
1:12 They did not, as a rule, lower themselves to indiscriminate massacre and [1](1. unrestrained 2. unavailable 3. spotted) destruction.
1:12彼らは一般的に、無差別の大虐殺や無制限の破壊を恥ずべきものと考え、このようなことを行
うことはなかった。
・解答 [1]―1
>[1]「彼らは一般的に、無差別の大虐殺や( )破壊を恥ずべきものと考え、このようなことを行 うことはなかった」の空所に入るもの。直前の「無差別の大虐殺」に続いて「無制限の破壊」と なる。unrestrained「抑制のない、無制限の」が入る。2のunavailableは「入手できない」、3の
spottedは「しみのついた、傷つけられた」の意。

■第4段落
4:1 [8](1. Such 2. Forbidden 3. It) was not only through the military codes or the rules of chivalry that basic rules for the conduct of war were developing.
4:1戦争行為に対する基本的な規則が発展していったのは、戦闘に関する法律や騎士道の法を通し
てだけではなかった。
4:2 During the Crusades*, religious hatred tended to lead to the total destruction of the enemy.
4:2十字軍の間、宗教的な憎悪のために敵を完全に壊滅させてしまう傾向があった。
4:3 However, by the twelfth century, the Knights of the Order of St. John had established a hospital in Jerusalem for the care of the sick as well as for [9](1. dead 2. injured 3. killed) soldiers.
4:3 しかしながら、12世紀までに聖ヨハネ勲爵士団が負傷した兵士のためだけでなく病人の看護の ためにエルサレムに病院を設立していた。
4:4 In 1552, French Commander François de Guise ordered the French army doctor Amboise Para to take care of the abandoned wounded soldiers of the enemy and to make arrangements for their transport back to their army.
4:4 1552年に、フランスの指揮官であったフランソワ=ド=ギーズは、フランス人軍医のアンプロ ワーズ=パラに対して、見捨てられた敵の負傷兵の世話をし、彼らの軍へ運び戻す手配をするよう にと命じた。
[9]―2 >[9]「12世紀までに聖ヨハネ勲爵士団が、( )兵士のためだけでなく病人の看護のために エノレサレムに病院を設立していた」の空所に入るもの。戦争で負傷した兵士の看護をするので あって、死亡した兵士の看護は無意味。injured「負傷した」が入る。1のdeadは「死んでいる」、 3のkilledは「殺された」の意。

■第5段落
5:1 The first international agreement aimed at limiting the conduct of armed conflict was drawn up at the end of Crimean War in 1856.
5:1武器による戦闘行為を制限することをめざす最初の国際的な協定は、クリミア戦争が終結した
1856年に作成された。
5:2 In terms of its contents, a more important agreement was the Geneva Convention* of 1864 for the proper treatment of the wounded in armies in the field, signed only a year after the founding conference of the Red Cross.
5:2内容から考えると、より重要な協定は、1864年に結ばれた、戦闘中に負傷した者の戦場での適
切な取り扱いのためのジュネーヴ条約で、これは赤十字の設立会議のわずか1年後に調印された。
5:3 The 1864 Convention was [10](1. legalized 2. reconstructed 3. revised) by the latter Geneva Conventions of 1906, 1929 and 1949.
5:3 1864年の条約は、その後1906年、1929年、1949年のジュネーヴ条約によって修正された。
5:4 The contents of the Geneva Conventions include the protection of the sick and the wounded in the field, prisoners of war, as well as the civilian population.
5:4 ジュネーヴ条約の内容には、民間人だけでなく戦場での病人と負傷者の保護、捕虜の保護が含
まれていた。
5:5 [11](1. However 2. In sum 3. On the contrary), the Geneva Conventions, collectively known as the Geneva Law, are related to the humanitarian treatment of people, soldiers and civilians, even in the midst of armed conflict.
5:5要するに、ジュネーヴ条約は、全体でジュネーヴ法として知られていて、武器を使った戦闘中
でも、人々や兵士や民間人を人道的に扱うことに関するものである。
・解答 [10]―3
>[10]「1864年の条約は、その後1906年、1929年、1949年のジュネーヴ条約によって( )た」 の空所に入るもの。その後の条約によって修正されたと考えられる。revisedが入る。be revised で「修正される」の意。1はbe legalizedで「合法化される」、2はbe reconstructedで「再建され
る」の意。

■第9段落
9:1 During World War II, it became clear that the Laws of Geneva and Hague as they existed were inadequate in relation to the new methods of conducting war that widely involved civilian populations, and to the newly invented weapons such as the atomic bomb.
9:1 ジュネーヴ条約とハーグ条約は確かに存在していたが、これらは民間人を広く巻き込む戦争を
行う新しい方法や、原子爆弾などの新しく発明された武器に関しては不十分なものであること
が、第二次世界大戦中に明らかとなった。
9:2 Therefore, the rules of armed conflict did not correspond to the new methods of modern war.
9:2 したがって、武器による戦闘の法律が近代戦争の新しい方法には対応しなかった。
9:3 Nevertheless, if a case were brought before a court, the legality of such new methods of war had to be [15](1. evaluated 2. invented 3. Speculated) based on the existing law.
9:3 それにもかかわらず、訴訟が裁判所に持ち込まれると、そのような新しい戦争の方法の合法性 が、既存の法律に基づいて判断されなければならなかった。
9:4 In 1963, in an opinion on the use of atomic bombs in Hiroshima and Nagasaki, the District Court of Tokyo held that even though the rules of Air Warfare were not written in a treaty they had become international customary law by the start of the World War II, and the indiscriminate aerial bombardment on [16](1. a disdefended 2. an antidefense 3. an undefended) city was perceived to be contrary to the rules of international customary law.
9:4 1963年、広島と長崎の原子爆弾の使用に関する意見の中で、東京地方裁判所は、空中戦に関す
る法律は条約には書かれていないが、第二次世界大戦開戦までには国際的な慣習法になっていて、 無防備な都市を無差別に空中から爆撃することは、国際的な慣習法に反すると思われると判断を 下した。
・解答 [15]―1
>[15]「そのような新しい戦争の方法の合法性が、既存の法律に基づいて(され)なければなら なかった」の空所に入るもの。直後の文の、東京地方裁判所の例にあるように、原爆など新しい 戦争の方法に関する規則は条約に警かれていないが、国際的な慣習法などの既存の法律で判断で
きると述べられているので、evaluatedが入り、be evaluatedで「判断される」となる。2はbe inventedで「発明される」、3はbe speculatedで「推測される」の意。
[16]―3 >[16]「( )都市を無差別に空中から爆撃することは、国際的な慣習法に反すると思われ ると判断を下した」の空所に入るもの。an undefended「無防備な」が入る。1のdisdefended、2
のantidefendedという単語は標準的な英語には存在しない。

■第10段落
10:1 Another opinion was offered by the International Court of Justice (ICJ).
10:1別の意見が国際司法裁判所(ICJ)から出された。
10:2 In 1996, [17](1. anonymously 2. unanimously 3.necessarily) held that “A threat or use of force by means of nuclear weapons that is contrary to Article 2, paragraph 4 of the United Nations Charter* and that fails to meet all the requirements of Article 51 [relating to self-defense], is unlawful.”
10:2 1996年に、ICJは、「国連憲章第2条第4項に反し、第51条(正当防衛に関する)の要件をすべ
て満たすことのできない、核兵器を手段とする武力による威嚇または行使は非合法である」と全 員一致で判断を下した。
10:3 Nevertheless, it went [18](1. toward 2. again 3. on) to hold that in the current state of international law, the Court cannot conclude definitively whether the threat or use of nuclear weapons would be lawful or unlawful in an extreme circumstance of self-defense, in which the very survival of a State would be at stake.
10:3 それにもかかわらず、ICJは続けて、国際法の現在の状態では、まさに国家の存続が危うく なっているような正ft防衛の極端な状況の中では、核兵器の威嚇または行使が合法か非合法かど
うかを同裁判所が最終的に結論づけることはできないとも判断を下した。
・解答 [17]―2
>[17]「IC」は、『……核兵器を手段とする武力による威嚇または行使は非合法である』と( ) 判断を下した」の空所に入るもの。複数の裁判官が判断した。unanimously「全員一致で」が入 る。1のanonymouslyは「匿名で」、3のnecessarilyは「必然的に」の意。

■第12段落
12:1 The debate over the legal status of nuclear weapons continues to dominate contemporary international politics.
12:1核兵器の法的位置づけに関する論争は、現代の国際政治を支配し続けている。
12:2 The inability of international conferences to come up with an agreed resolution on the rules of conflict and disarmament has led in recent years to a growing grassroots movement on the part of war-weary [20](1. populations 2. lawyers 3. politicians) .
12:2国際会議が紛争と軍縮の規則に関する一致した決定を見つけることができずにいるため、戦争
で疲弊した人々の側での草の根運動が近年ますます盛んになってきている。
12:3 More and more, the frontline work of disarmament and weapons control has been carried out by NGOs around the world.
12:3 ますます、軍縮と兵器規制の最前線での取り組みが世界中のNGOによって行われてきてい
る。
12:4 Whether successful or not, these organizations have been crucial in bringing the issue of peace to world attention, and making the issue of arms control part of an international public debate.
12:4成功しようと、そうでなかろうと、これらの団体は、世界の注意を平和問題に向け、軍縮問題
を世界的な公開論争の一部にするのに不可欠になっている。
・解答 [20]―1
>[20]「国際会議が紛争と軍縮の規則に関する一致した決定を見つけることができずにいるた め、戦争で疲弊した( )の側での草の根運動が近年ますます盛んになってきている」の空所に入る もの。国際会議では解決できないために、一般民衆による草の根運動が生まれていると述べてい るので、populations「人々」が入る。2のlawyersは「法律家たち」、3のpoliticiansは「政治家た
ち」の意。

総合政策学部 2002 問1
■第3段落
3:1 One such company is Barilla Alimentary.
3:1 そのような企業のひとつにバリッラ・アリメンターレがある。
3:2 Founded in 1877 by an Italian family, it is now one of the largest producers of pasta in the world.
3:2 1877年にイタリア人の一族によって設立され、その企業は今では世界最大のパスタ生産会社の
ひとつである。
3:3 Recently, it [4](1. withdrew 2. launched 3. spread) a subsidiary* in the Middle East with the joint Cooperation of Egypt, Jordan, the Palestinian Authority, and the Israel based Peres Center for Peace.
3:3最近、それは、エジプト、ヨルダン、パレスチナ当局、そしてイスラエルに本拠を置くペレス
平和センターの協力を得て、中東で子会社を始めた。
3:4 This agricultural venture will create a new strain of wheat that will be used to make pasta for local consumption and export, [5](1. assuming 2. receiving 3. providing) employment and technology to local producers and fostering links between Israel and the Arab states.
3:4 この農業面での事業は、地元での消費と輸出のためのパスタを作るのに使用される小麦の新品
種を生み出し、地元の生産者に雇用と技術を与え、そしてイスラエルとアラブ諸国の問のつなが
りを育てるだろう。
・解答 [4]―2
>[4]
「最近、それは、エジプト、ヨルダン、パレスチナft局、そしてイスラエルに本拠を置くペレス 平和センターの協力を得て、中東で子会社を( )」の空所に入るもの。「子会社を始めた」とつな がるので、launched「始めた」が入る。1のwithdrewは引っ込めた、撤回した」、3のspreadは
「広げた」の意。
[5]―3 >[5]
「この農業面での事業は、地元での消費と輸出のためのパスタを作るのに使用される小麦の新品 種を生み出し、地元の生産者に雇用と技術を( )、そしてイスラエルとアラブ諸国の聞のつながり を育てる」の空所に入るもの。「雇用と技術を与え」とつながるので、providing「与え」が入
る。分詞構文に注意。1のassumingは「想定して、引き受けて」、2のreceivingは「受け入れて」 の意。

■第4段落
4:1 Siemens Data Communications (SDC), an Israel-based electrical -engineering company, has [6](1. same objects 2. similar goals 3. different purposes) .
4:1 イスラエルに本拠を置く電気工学の企業であるジーメンスデータコミュニケーションズ
(SDC)も同様の目標をもっている。
4:2 In October 1998, SDC and a Palestinian engineering company signed a pioneering joint venture in which SDC agreed to hire, train, and integrate Palestinian engineers into company projects.
4:2 1998年10月、SDCとパレスチナの工学技術の企業がある先駆的な合弁事業にサインをしたが、
その中でSDCはパレスチナ人の技術者を雇い、訓練し、会社のプロジェクトに迎え入れることに 同意した。
4:3 This contract [7](1.hardly 2. neatly 3. rarely) solved two problems: first, it lowered the high rates of unemployment among Palestinian engineers; and second, it filled the gaps in the Israeli labor market.
4:3 この契約は見事に一つの問題を解決した。一つめは、パレスチナ人の技術者の高い失業率を下
げたことであった。二つめは、イスラエルの労働市場の隙聞を埋めたことであった。
4:4 As for the success of this joint venture, Ari Ben-Zichri, the head of research and development at SDC, noted, “during the training period at SDC there was no tension of any kind even though many of the Israeli employees were in the army and helped to put down the uprisings in Ramallah.”
4:4 この合弁事業の成功に関して、SDCの研究開発部長であるアリ=ベン=ジクリは、「イスラエ ルの従業員の多くは軍隊にいてラマラでの暴動を鎮めるのに手を貸したことがあったのだが、 SDCでの訓練期間中は、いかなる種類の緊迫状態もなかった」と言った。
4:5 One of the Palestinian employees stressed that “As engineers, we all speak the same language and have the same goals.
4:5 パレスチナ人の従業員の一人が、「技術者としてわれわれはみな、同じことばを話し同じ目標
をもっている。
4:6 I think the only real hope for a peaceful settlement [8](1. Lies in 2. Results in 3. differs from) such cooperative projects.” 4:6平和的解決の唯一の実質的な望みは、そのような協力的プロジェクトにあると私は思う」と強
調した。
・解答 [6}―2
>[6]
「イスラエルに本拠を置く電気工学の企業であるジーメンスデータコミュニケーションズ
(SDC)も( )をもっている」の空所に入るもの。直後の文に、SDCはパレスチナの企業との合弁
事業にサインをし、パレスチナ人の技術者を雇い、訓練し、会社のプロジェクトに統合すること に同意したと述べられているように、前段に述べられていたパリッラ・アリメンターレと同様、 地元の人々の雇用確保や技術指導などを目標としていた。similar goals「同様の目標」が入る。1 のsame objectsはtheがあれば「同じ目標」で可能。3のdifferent purposesは「異なった目的」の 意。
[7]―2 >[7]
「この契約は( )二つの問題を解決した。一つめは、パレスチナ人の技術者の高い失業率を下げた ことであった」の空所に入るもの。問題の解決が具体的に述べられているので、neatly「適切に、
見事に」が入る。1のhardlyは「ほとんど~しない」、3のrarelyは「めったに~しない」の意。

■第5段落
5:1 Peace Works, founded in 1994, also believes that peace may be reached through joint enterprise, but it is [9](1. by no means 2. not only 3. perhaps) unique because it was established expressly for the purpose of encouraging the development of cooperative business ventures between different groups of people.
5:1 1994年に設立されたピースワークスも、平和は合弁事業によって達成されると信じているが、
それは、異なった人々の集団聞の協力的な企業活動の発展を勧めることを明確に目的として設立 されたので、おそらく他に類をみないものであろう。
5:2 To qualify for PeaceWorks’ aid, companies must be crowned by persons of different nationalities or ethnicities that have habitually been in conflict.
5:2 ピースワークスから援助を受けるためには、企業は、常習的に争っている異なった国籍や民族
性をもつ人々によって共同所有されなければならない。
5:3 Peace Works serves as a consultant for marketing these companies’ products and [10](1. exchanging 2. facilitating 3. profiting) distribution and sales.
5:3今では、ピースワークスはこれらの企業の製品を市場に出し、流通と販売を促進するためのコ
ンサルタントとして働く。
5:4 Peace Works is now a multinational corporation with more than 3,000 sales outlets in the United States alone.
5:4 ピースワークスは、アメリカだけでも3,000以上の販売店をもつ多国籍企業である。
5:5 Peace Works Specialty Foods, a subsidiary of Peace Works, supports ventures between Israeli manufacturers who buy their raw materials from Palestinian farmers; it also directs a project involving a Texan manufacturer and farmers in the strife filled Mexican state of Chiapas.
5:5 ピースワークスの子会社であるピースワークススペシヤルティフーズは、パレスチナ人の農場 経営者から原材料を買うイスラエル人製造業者の間の事業を支援する。それはまた、メキシコの 争いに満ちたチアパス州におけるテキサスの製造業者と農場経営者に関わるプロジェクトも指導
する。
5:6 Peace Works provides similar services to the textile and clothing industries.
5:6 ピースワークスは繊維衣料産業にも同様のサービスを提供している。
5:7 The Arab co-owner of a company with which PeaceWorks [11](1. promotes 2. disputes 3. collaborates) commented, “Companies like this are good for the Arab people, better than making war.”
5:7 ピースワークスが協力する企業のアラブ人共同経営者は、「このような企業はアラブ民族に
とってよいもので、戦争をするよりもよい」と言った。
5:8 Peace Works’ local partners are not the only ones acknowledging its work so far.
5:8 ピースワークスの地元の共同事業者だけがこれまでのその成果を認めているのではない。
5:9 Global leaders have also acknowledged the success of Peace Works.
5:9全世界の指導者たちもピースワークスの成功を認めてきた。
[10]―2
>[10]
「ピースワークスはこれらの企業の製品を市場に出し、流通と販売を( )ためのコンサルタントと して働く」の空所に入るもの。「流通と販売を促進する」とつながるので、facilitating「促進する こと」が入る。1のexchangingは「交換すること」、3のprofitingは「利益を上げること」の意。
profit from~で「~から利益を上げる」となる。
[11]―3>[11]
「ピースワークスが( )企業のアラブ人共同経営者は、このような企業はアラブ民族にとってよい もので、戦争をするよりもよい」と言った」の空所に入るもの。ピースワークスは企業に協力し て発展させることを目的として設立されたので、collaboratesが入る。collaborate with~で「~に
協力する」となる。1のpromotesは「促進する」、2のdisputesは「論争する」の意。

■第7段落
7:1 The BOC model is built on the idea that business can create the setting necessary to reach long-lasting Social understanding and prosperity in conflict regions while simultaneously achieving its business objectives.
7:1 BOCのモデルは、企業活動は事業目的を達成するのと同時に、紛争地域において長く続く社
会的理解と繁栄に達するために必要な道具立てを生み出すことができるという考えに基づいてい
る。
7:2 It works at three levels.
7:2 それは三つの段階で機能する。
7:3 First, human interaction: when people work together under conditions of equality, they overcome cultural stereotypes.
7:3一つめは人間の交流である。平等の条件で一緒に働くとき、人々は文化的な固定観念を克服す
る。
7:4 Second, commercial cooperation: all businesses profiting from joint Ventures [13](1. achieve 2. restrain 3. refrain) a fixed interest in preserving those business ties.
7:4二つめは、商業面での協力である。合弁事業から利益を上げるすべての企業は、その事業面で
のつながりを維持することに一定の利宣をもつようになる。
7:5 And finally, regional participation: the people participating in joint ventures “gain a stake in the system,” which eventually leads to even greater stability.
7:5 そして最後に、地域の参加である。合弁事業に参加する人々は「その仕組みの中で利害関係を
得て、そのおかげで、最終的にはさらに大きな安定につながるのである。
・解答 [13]―1
>[13]「合弁事業から利益を上げるすべての企業は、その事業面でのつながりを維持することに 一定の利害を( )」の空所に入るもの。一定の利害を得ると考えられるから、achieve「獲得する」 が入る。2のrestrainは「抑制する」、3のrefrainは「差し控える」の意。

■第8段落
8:1 [14](1. Essentially 2. Repeatedly 3. On the contrary) , the model establishes a connection between states and private sector companies that secure employment and technology for the areas where they operate.
8:1本質的には、そのモデルは、国家と、操業する地域のために雇用と技術を確保する民間企業と
の聞に関係を築くものである。
8:2 Barilla, SDC, and Peace Works have all put this theory [15]( 1. aside 2. into practice 3. on trial); not only do they provide links between different groups of people that have been at odds with each other, but they also Create local employment, technological development, and profits.
8:2 バリッラ、SDC、ピースワークスはすべてこの理論を実行に移してきたが、お互いに争ってい
る異なった人々のグループの聞のつながりを与えるだけでなく、その地域の雇用や技術発展や利
益も生み出す。
・解答 [14]―1
>[14]
「( )、そのモデルは、国家と、操業する地域のために雇用と技術を確保する民間企業との聞に関 係を築くものである」の空所に入るもの。そのモデルの本質的な考えを述べているので、
Essentially「本質的に」が入る。2のRepeatedlyは「繰り返して」、3のOn the contraryは「それ どころか」の意。

■第10段落
10:1 The BOC report outlines these potential gains, but it also warns of some difficulties in applying the model to real life.
10:1 BOCの報告はこれらの潜在的な利点の概略を述べているが、それはまた、そのモデルを現実
の生活にftてはめる困難さについて警告もしている。
10:2 Furthermore, the socioeconomic impact of the model is limited by the number of companies incorporating it into their operations framework.
10:2 さらに、そのモデルの社会経済的な影響は、それを操業の枠組みの中に組み入れる企業の数
によって制限を受ける。
10:3 BOC committee members believe that before their model can have a powerful effect, it must reach “critical mass,” with a sufficient number of corporations following its guidelines.
10:3 BOC委員会のメンバーは、自分たちのモデルが大きな影響をもつようになるには、十分な数
の企業がそのガイドラインに従う「臨界質量」に達しなければならないと信じている。
10:4 The success of the model [19](1.also 2. Scarcely 3. Thereby) depends on the assumption that joint business ventures are based on a relationship of equality between partners.
10:4 そのモデルの成功はまた、合弁事業が共同者間の平等の関係に基づくという前提に依ってい
る。
10:5 If these relations are not rooted in an equal and honest alliance, the ventures may not succeed in reducing tensions between groups in conflict.
10:5 もしこれらの関係が平等で正直な提携に根づかないものならば、事業は争っている集団の聞 の緊迫状態を和らげるのに成功しないであろう。
10:6 Daily commercial interaction alone does not guarantee a peaceful coexistence.
10:6毎日の商業面でのふれ合いだけでは、平和的な共存は保証されない。
・解答 [19]―1
>[19]
「そのモデルの成功は( )、合弁事業が共同者間の平等の関係に基づくという前提に依っている」 の空所に入るもの。前文で、そのモデルが成功するためにはまず、「臨界質量」に達しなければ ならないと述べ、この文で、次に必要なことを挙げている。also「また」が入る。2のscarcelyは
「ほとんど~しない」、3のtherebyは「それによって」の意。

総合政策学部 2006 問2、
■第1段落
1:1 Rural areas of the Southeast Asian mainland and the agricultural sector in general, form the majority of Southeast Asia’s population.
1:1東南アジア本土の農村地帯と、一般の農村部門で、東南アジアの住民の大半が形成される。
1:2 Rural agricultural areas, including forested land, constitute more than half of Southeast Asia’s land area.
1:2森林地域も含めて、農村の農地は、東南アジアの陸地の半分以上を占める。
1:3 The number of persons [31] (1. taken 2. engaged 3. residing) in agriculture, part or full time, varies from country to country.
1:3農業に従事する人数は、兼業であれ専業であれ、国によって異なる。
1:4 It averages, however, between 70% and 80%.
1:4 しかし、平均70%から80%の間になる。
1:5 In terms of these factors, that is, land and population, the rural areas are important.
1:5 こうした要因、すなわち、土地と人口の観点からすれば、農村地帯は重要である。
1:6 Even more important are the local people’s ways of [32] (1.responding 2. opposing 3. appealing) to modern development, especially in terms of their economic and social benefits and costs.
1:6 さらに重要なのは、とりわけ、経済や社会の利益と費用という観点からみた、近代的な開発に
対する地元民の反応の仕方である。
[32]―1
>[32]「さらに重要なのは、とりわけ、経済・社会的な利益と費用という観点からの近代的な開発 に対する、地元民の…する仕方である」というのだから、1.「反応する」、2.「反対する」、3.
「訴える」のうちでは、1が正解であるとわかるが、in terms of以下を正しく読み取れないと、2が
誤りであることがつかめなくなる。特に、必修表現in terms of~「~の観点からすると」の理解が ポイントである。「反対する」とするためには、「経済や社会的な不利益と過剰な費用…」と なっていなければならないからである。

■第2段落
2:1 Looked at [33] (1. with 2. from 3. as) an economic point of view, the agricultural sector becomes extremely important.
2:1経済的な観点からみれば、農業部門は極めて重要となってくる。
2:2 Developing nations throughout Asia depend on agricultural production both for domestic consumption and for their export economies.
2:2 アジア一帯の発展途上国は、国内消費と輸出経済の両方において、農業生産に頼っている。
2:3 Further, close to 45% of Southeast Asia’s economy in terms of GDP (Gross Domestic Product) depends on agriculture.
2:3 さらに、GDP(国内総生産)でみると東南アジアの経済の45%近くは、農業に依存している。
2:4 These developing countries’ livelihood itself comes from their agricultural products.
こうした発展途上国の生計それ自体が、農業生産物から生じる。
2:5 Further, rural people in small communities contribute in [34] (1.erratic 2.probable. 3.direct) ways to the whole society as well as the environmental conservation of Southeast Asia.
2:5 さらに、小さな地域の農民が、東南アジアの環境保全ばかりでなく、社会全体に直接的に寄与
しているのである。
2:6 But they also bear new costs related to the stresses of economic development.
2:6 しかも、彼らは経済発展の重要性に関連してあらたな費用も負担する。
[34]―3>[34]「小さな地域の農民が、東南アジアの環境保全ばかりでなく、社会全体に寄与する」 仕方が、1.「突飛な」、2.「有望な」、3.「直接的な」のか、という問い。第2段前半で、経済に
占める農業の大きな役割について述べていることから、「直接的な貢献」であると考えるのが自
然である。よって、正解は3。

■第4段落
4:1 These problems include, first, education and the job market.
4:1 こうした問題には、第1に教育と労働市場が含まれる。
4:2 There is a mismatch between the education in rural areas and the [37] (1. prices 2. Skills 3. Demands) of the modern labor market.
4:2 農村部の教育と近代的な労働市場の需要の間には、くいちがいがある。
4:3 Modern forms of employment require updated skills and education, and often cannot absorb workers with only a basic education.
4:3近代的な雇用形態は、最新の技術と教育を必要とするし、基礎教育しか受けていない労働者を
吸収することがしばしばできない。
4:4 Second, in many cases such people have lost their traditional livelihood.
4:4第2に、多くの場合、そうした人々は従来の生計の手段がなくなっているのである。
4:5 The land or the forest on which the rural majority [38] (1. rests 2. places 3. depends) can be bought up by corporations, industries, or real estate developers, or it can be lost through the failure to understand the complicated legal requirements of private ownership.
4:5農村の多数が依存する土地や森林は、会社や事業、不動産開発業者に買い上げられることがで
きたり、私的所有権を設定するための複雑な法的要件を理解できなかったために明け渡されたり しうるのである。
4:6 When land or forest is cleared for development, their livelihood disappears.
4:6土地や森林が開発のために開墾されると、彼らの生計の糧は消滅する。
4:7 As their education does not equip them to find immediate employment elsewhere, their survival is in [39] (1. jeopardy 2. need 3. consequence) .
4:7彼らの受ける教育は、すぐに他の場所で雇用を見出せるだけの能力を授けてはくれないので、
彼らは生き延びていけるかどうかの瀬戸際にある。
・解答 [37]―3
>[37]「農村部の教育と近代的な労働市場の…の間には、くいちがいがある」という文。modern labor market「近代的な労働市場」が持つのにふさわしいのは1.「価格」、2.「技能」、3.「需 要」のうちでは、3であると判断できる。
[38]―3 >[38]この空所を含む部分が、「農村の多数が依存する土地や森林」という意味になること は、第4段第4文(Second, in many…)で「生計の手段の喪失」を論じていることから読み取ること
ができる。2のplaceは他動詞なのでここには入れられない。1のres ton、3のdepend onはどちら も「依存する」という意味を持つが、「人が物に頼る、依存する」という場合はdepend onを使う のが普通である。
[39]―1 >[39]「彼らの受ける教育は、すぐに他の場所で雇用を見出せるだけの能力を授けてはくれ ない」ことが原因となって、「生き延びること」が陥る事態として、ふさわしいものを選ぶ。
1.jeopardy「危険」は難しい語だが、2.「必要」、3.「結果」では、意味がつながらないので、消
去法で考える。

■第5段落
5:1 Third, modern agriculture uses chemicals to kill weeds and insect pests as well as to fertilize the soil in order to increase productivity.
5:1第3に、近代農業は農薬を使って、除草したり、害虫駆除したりするし生産性を上げるために化
学肥料で肥沃化する。
5:2 In principle, it is desirable to increase productivity and the [40] (1. income 2. expense 3. consumption) that goes with it.
5:2原則として、生産性を上げそれに伴って収入が上がるのは望ましい。
5:3 For this reason farmers often agree to use expensive, imported chemical fertilizers and pesticides.
5:3 それゆえに、農民は高価な輸入化学肥料や農薬を使うことに同意することが多い。
5:4 As farmers are frequently exposed to these chemicals, they are also the most numerous [41] (1. causes 2. vehicles 3. victims) of the illnesses associated with them.
5:4農民はこれらの化学製品に頻繁に触れるので、彼らはそれらに関連する疾病の最多数の犠牲者
でもあるのだ。
5:5 Further, the average farmer cannot afford the constant expenses that are needed to maintain modern agricultural products.
5:5 さらに、平均的な農民は、近代的な農業生産を維持するために必要な費用を定期的に支払う余 裕がない。
5:6 When prices on the international market are high, they may be able to recover their expenses, but when prices drop, their debts increase.
5:6国際市場の価格が高いと、その費用をまかなうことができるかもしれないが、価格が下落する
と、彼らの借金は膨らむのである。
[41]―3
>[41]空所に先行する「農民はこれらの化学製品に頻繁に触れる」という記述から、それが引き起 こすのは「化学製品によって生じる疾病」にかかるという事態であることがわかる。主語theyは農 民であることからも、1.「原因」、2.「媒体」、3.「犠牲者」の中では、3がふさわしいと判断でき る。

■第6段落
6:1 Finally, people who have lost their land to developers and have no economic resources to fall back on are normally forced to rely on occasional employment in seasonal or day labor.
6:1最後に、土地を開発業者に明け渡し、頼りとする経済的な資源を何も持たない人々は、通常、
季節または日雇い労働の臨時雇いに頼るほかない。
6:2 More often, they must migrate to find work.
6:2 より多くの場合、彼らは仕事を得るのに渡り歩くよりほかはないのである。
6:3 When they go out to find work, they encounter new and different problems at their work destinations.
6:3彼らが仕事を探しに外へ出ると、仕事の行き先で新しいさまざまな問題に出くわす。
6:4 The family who remain in the village also bear a larger burden due to the [42] (1. absence 2. power 3. effort) of the adult earner.
6:4村に残る家族もまた、大人の稼ぎ手がいないせいで重荷を背負うことになる。
6:5 All of these newly arising problems need new solutions and new ways of formulating them. このような新たに出現した問題はすべて、新たな解決法やそれらを考案するような新たな手法を 必要としている。
・解答 [42]―1
>[42]「出稼ぎ」によって生じる事態とは何か、が問われている。「大人の稼ぎ手」が出稼ぎに行 けば、ft然、村を留守にすることになる。よって1.「欠如」、2.「権力」、3.「努力」の中では、
1.absenceが正解である。

■第8段落
8:1 Modern governance and representative democracy, however, bring in people from the center or capital city to govern the local area.
8:1 しかし、近代的な統治と議会制民主主義は、地方を統治するため中心都市あるいは首都から人
間を送り込む。
8:2 These outsiders are normally from urban areas and are highly educated.
8:2 これらの部外者はたいがい都市部出身であり、教育程度も高い。
8:3 They have an understanding of the central governments politics and the way that government organizations operate in decision-making.
8:3彼らは中央政府の政策も、統治機構が意志決定に果たす仕組みも理解している。
8:4 But this does not mean that they can understand the local or traditional way of life.
8:4 しかし、だからといって、彼らが地域の、あるいは伝統的な生活様式も理解できるということ にはならない。
8:5 They often do not possess either local knowledge, or knowledge of the reasons behind local ways of living.
8:5彼らはしばしば、地元に関する知識も、地域の生活様式の背後にある理由に関する知識も持ち
合わせていない。
8:6 [45] (1. Discussions 2. Merging 3. Conflicts) of opinion can easily occur between them and the local people.
8:6彼らと地域住民の間には簡単に意見の衝突が起きうる。
・解答 [45]―3
>[45]直前の第8段第5文(They often do…)に「彼らはしばしば、地元に関する知識も、地域の生活様
式の背後にある理由に関する知識も持ち合わせていない」と述べられているのだから、「意見 の・・・」を埋めるのにふさわしいのは、「対立」であることがつかめる。その意味を持つのは1.
「議論」、2.「同化」、3.「衝突」の中では、3.conflictsである。

■第9段落
9:1 In fact, within traditional ways of life, there was traditional or indigenous knowledge, that is, knowledge about the natural environment, about sustainable production and consumption, and about remedies for illnesses.
9:1実は、伝統的な生活様式の中に、伝統的なあるいはその地に固有の知識、すなわち、自然環境
や、持続可能な生産と消費、病気の治療法に関する知識がある。
9:2 With modernization, “modern” knowledge that comes from education and textbooks was given priority.
9:2近代化に伴って、教育と教科書に示される「近代的な」知識が優先された。
9:3 [46] (1. Such 2. They 3. So) were the uses of machinery and chemicals in work and production.
9:3労働と生産に機械や農薬を使うこともまた、優先された。
9:4 Until recently these had been seen as the sole ways of finding solutions to agricultural poverty.
9:4最近まで、こうしたことが農業の貧困の解決法を見出す唯一の手段だと思われていた。
9:4 Now, however, the world has begun talking about sustainable development [47] (1. as though 2. merely 3. in order) to overcome our previous tendency to overconsumption and pollution.
9:5 しかし、今や、世界は過剰消費と公害へと向かう傾向を克服するため、「持続可能な発展」の
ことを語り始めた。
9:5 And for us to achieve sustainability in the 21st century, we must once again put into practice traditional kinds of knowledge. そして、21世紀に持続可能性を実現するためには、私たちはもう一度、伝統的な類の知識を実行 に移さなければならない。
[47]―3 >[47]「「持続可能な発展」のことを語り始めた」のは、「世界は過剰消費と公害へと向か う傾向を克服する」1.「かのように」なのか、2.「にすぎない」のか、3.「ために」なのかを考え る。単に「〜するために」とするのが、ここでは最もふさわしいといえるだろう。よって正解は3
に決まる。

■第10段落
10:1 Nowadays, in many areas of rural Asia, local communities are using their traditional knowledge and finding their own ways to address problems and pursue development, including marketing local products made by community businesses.
10:1今、アジア農村部の多くの地域で、地域社会は自らの伝統的な知識を使い、地域共同体による
事業で作られた地域の製品を市場で販売することを含めて、問題に取り組み、発展を追求する独 自の手法を見出そうとしている。
10:2 Local movements and associations have also succeeded in greatly reducing the [48] (1. base 2. use 3. price) of harmful chemicals in agriculture.
10:2地域の活動や組織は、農業における有害な農薬の使用量を大幅に減らすことにも成功した。
10:3 Local government agricultural offices, some NGOs, and academic experts have worked together to seek ways of [49] (1. replacing 2. producing 3. promoting) chemical agriculture without loss of income.
10:3地方政府農業事務所やNGO、学術専門家が協働して、収入を減らすことなく農薬農業から脱却
する道を探ってきた。
10:4 Further, the villages and rural districts now have their own elected officials who were born in the same area, and who understand local ways of thinking and local ways to make and market local products.
10:4 その上、村落と農村部には今や、自分たちで選出した役人がいる。彼らは同じ地域に生ま
れ、地域の考え方や、地元の産物を作って市場で売るという。地域の方法を理解しているのであ
る。
・解答 [48]―2 [49]―1
>[48]第10段第1文後半にある「地域社会は自らの伝統的な知識を使い、問題に取り組み、発展を追 求する独自の手法を見出そうとしている」ことを考慮すれば、1.「基礎」、2.「使用」、3.「価 格」のうちでは、2であることがわかる。
>[49]「地方政府農業事務所やNGO、学術専門家が協働して、収入を減らすことなく農薬農業を… する道を探ってきた」という記述にふさわしいのは、[48]で読み取ったように、第10段の主旨から 考えて、1.「取り替える」、2.「生産する」、3.「促進する」のうちでは、1であると考えること
ができる。

総合政策学部 2006 問1
■第4段落
4:1 Ed Diner thinks of this predilection as a “gift” bestowed on people by evolution that helps us adapt and flourish even in fairly trying circumstances.
4:1 エド=ディーナーは、こうした好みは、進化によって人々に与えられた「能力」であり、かな り厳しい環境下でさえも、私たちが適応し繁栄するのに役立つと考える。
4:2 But there are other [6] (1. theories 2. conditions 3. facts) .
4:2 しかし、他の考え方もある。
4:3 Maybe, he thinks, were “socialized” to be happy, in order to facilitate smooth social functioning.
4:3 ことによると、私たちは、社会の機能を容易に円滑にするため、幸せになるように「社会化さ
れ」ているのかもしれないと、彼は考えている。
4:4 Whatever the reasons for this gift, however, its benefits don’t seem to be [7] (1. positively 2. evenly 3. exactly) distributed around the globe.
4:4 しかしながら、この能力がある理由は何であるにしろ、その利益が世界全体に均一に分布して
いるようには思われない。
・解答 [6]―1 [7]―2
>[6]この部分は「しかし他の…もある」という意味。第4段冒頭に示されていたのは、エド=ディー ナーの「考え方」であることから、1.「理論」2.「条件」、3.「事実」の中では、「理論=考え 方」であると判断することができる。

■第5段落
5:1 Latin Americans, for example, are among the happiest people in the world, according to study [8] (1. after 2. from 3. by) study.
5:1例えば、ラテンアメリカ人は、次々に出てくる研究によれば世界で最も幸福な民族の1つであ る。
5:2 An international survey of college students in the mid1990s compared so-called national differences in positivity and ranked Puerto Rico, Colombia and Spain as the three most cheerful. 5:2 1990年代半ばの大学生に関する国際調査では、積極性においていわゆる国民性の違いを比較
し、プエルトリコ、コロンビア、スペインが明るさのトップ3に位置づけられた。
5:3 To those who [9] (1. evaluate 2. count 3. equate) happiness with digital cable and icecube- dispensing refrigerator doors, these results may be surprising.
5:3幸福をデジタルケーブルや氷の取り出し口がついた扉のある冷蔵庫に結びつけて考える人々に
とって、このような結果は驚くべきことかもしれない。
5:4 But not to Ed Diner.
5:4 しかし、エド=ディーナーにとっては、違う。
5:5 For him, the astonishingly high spirits of the relatively poor Puerto Ricans and Colombians [10] (1. depart 2. Stem 3. Escape) from a “positivity tendency” that “may be rooted in cultural norms regarding the value of believing in aspects of life in general to be good.” 5:5彼にとっては、比較的貧しいプエルトリコ人やコロンビア人が驚くほど上機嫌であることは、
「積極的な性向」から生じている。その性向は、「人生の局面はおおむね良好であると信じるこ とに価値があるとみなす文化規範に根ざして」いるのであろう。
5:6 We take this to mean that Latin Americans are happier because they look on the sunny side of life.
5:6 これは、ラテンアメリカ人は人生の明るい面を見るから、より幸せなのだということを意味す
るのだと思う。
[10]―2
>「10]第5段第5文の主語がhigh spiritsであることを正確に把握すること。選択肢はそれぞれ1.「そ れる、はずれる」、2.「生じる」、3.「逃れる」であるから、正解は2に決まる。

■第6段落
6:1 This positivity tendency does not appear to be popular in East Asia.
6:1 こうした積極的な性向は東アジアでは、一般的であるようには見えない。
6:2 Among the bottom five in the study are Japan, China and South Korea.
6:2 その研究の最下位5国には、日本、中国、韓国が入っている。
6:3 “We have found that East Asians tend to weight the worst areas of their lives when computing their life satisfaction, Ed Diner reports.
6:3 「東アジア人は、人生の満足度を計算するときに、自分の人生の最悪の部分に重きを置く傾向
があることがわかった」と、エド=ディーナーは報告する。
6:4 That’s the weight of cultural expectation, says Shigehiro Oishi, a professor of psychology at the University of Virginia, who does research on the connection between culture and wellbeing.
6:4 それが文化的な期待の重みなのだと、大石繁宏ヴァージニア大学心理学教授は語る。彼は、文
化と幸福の関係を研究している。
6:5 According to Oishi, in most North American and western European cultures there is a general [11] (1. process 2. rule 3. tendency) to value happiness.
6:5大石氏によれば、ほとんどの北アメリカと西ヨーロッパ文化には、幸福を重んじる一般的な傾
向がある。
6:6 In the U.S., when people ask how you are, you have to say, “I’m fine”, but in Japan, you can say, “I’m dying.” 6:6合衆国では、ご機嫌いかがと聞かれると、「元気です」と答えるが日本では「死にそうです」
と答えることもできる。
6:7 And even if you are thriving in Asia, lifting yourself above others by proclaiming your O. Knees in public may [12] (1. comply 2. clash 3. Combine) with broader goals which go beyond the immediate individual goals, says Oishi.
6:7 また、アジアではたとえ成功しているとしても、公然と自分が順風満帆であることを示して自
分を他人よりも上に置けば、すぐ目の前の個人的な目標を超えたところにある、より大きな目標
と衝突することもあると、大石氏は述べる。
6:8 So you don’t.
6:8 だからそんなことはしないのである。
[12]―2 >[12]次の文にSo you don’t.とあり、「…自分を他人よりも上に置くようなことはしな い」のだから、ここは「より大きな目標」と「相いれない」という意味にならなければいけない。 そのような意味になるのは1.「従う」、2.「衝突する」、3.「結合する」のうちでは2である。

■第7段落
7:1 If Colombians are happy mostly because they really like to be and Japanese are not so happy because, for them, happiness isn’t part of the plan, it would seem to follow that SWB has less to do with [13](1. subjective 2. material 3. unbiased) wellbeing and more to do with attitude.
7:1 もしも、コロンビア人が幸せなのは、おおよそ本ftに幸せになりたいからであり、日本人がそ れほど幸せでないのは、彼らにとって、幸福は人生設計の一部ではないからだとすれば、主観的 幸福は物質的な幸福とはあまり関係せず、心構えの方により関係するということになるように思
われる。
7:2 This leads one, of course, to the case of the French.
7:2当然、これはフランス人の事例に結びつく。
7:3 Oishi notes that a “happy-go-lucky attitude” is not highly [14] (1. valued 2. unique 3. unusual) there, and thus France ranks lower than Denmark or Sweden on happiness surveys.
7:3大石氏は「なるようになるさという心構え」は、フランスでは高く評価されないので、フラン
スは幸福調査ではデンマークやスウェーデンより下位に位置づけられていることに注目する。
7:4 From this we might conclude that the Danes are happier than the French.
7:4 ここから、デンマーク人はフランス人より幸福だと結論してよいのかもしれない。
7:5 Yet the French report themselves to be healthier than the Danes do.
7:5 しかし、デンマーク人が健康であるというのに比べてフランス人は自分たちのことをより健康
であると報告している。
7:6 And happy or not, the French live longer than the Danes.
7:6 また幸福かどうかは別にして、フランス人の方がデンマーク人よりも長生きである。
7:7 “This is a sort of paradox,” says Oishi.
7:7 「これはある種の逆説である」と、大石氏は語る。
7:8 Well, not if you really know French people.
7:8 まあ、もし実際にフランスの人々と知り合いならそんなことはなかろう。
[14]―1
>[14]第7段第3文は「フランスが幸福調査ではデンマークやスウェーデンより下位に位置づけられ
ている」理由を示している。「下位に位置づけられている」以上、フランス人はなかなか幸福だ と感じないのであり、幸福を感じる条件は厳しいことになる。「『楽天的な、運任せの心構え」 は高く…ない」を、そのような意味の文になるよう補充するなら、1.「評価される」、2.「独特で ある」、3.「尋常ではない」のうちでは、1が最もふさわしいといえる。

■第11段落
11:1 Biswas-Diener cautions that national-happiness rankings are crude, simplistic instruments.
11:1 ビスワズ=ディーナーは、国民幸福順位調査が大ざっぱで単純すぎる手法であることを警告す
る。
11:2 They don’t reflect, for instance, the unique experiences of certain subcultures or the differing outlooks of people in the countryside and those in the city.
11:2例えばそれらは、ある種の下位文化の独特の経験や、田舎の人々や都市住民の持つさまざまな
ものの見方を反映していない。
11:3 Still, it’s interesting and quite amusing to gaze at the big scoreboard and speculate about what makes Puerto Ricans so cheerful and South Koreans so somber, and why the American Dream and the Slovenian Dream, by one measure, inspire identical levels of contentment.
とはいえ、大きな得点板をみつめて、プエルトリコ人がそれほど明るく、韓国人がそれほど暗い
のはどうしてか。アメリカの夢とスロベニアの夢が、ある尺度で、同じ程度の満足感を与えるの はどうしてかなどと思いを巡らすのはおもしろいし、とても楽しい。
11:4 The key is to take the rankings [20] (1. seriously 2. lightly 3. literally) .
11:4 順位づけは軽く考えることが大切である。
11:5 To draw a profound moral from global-happiness studies would be futile.
11:5世界を相手にする幸福調査から深遠な教訓を引き出そうとしても、無意味だろう。
・解答 [20]―2
>[20]文脈理解の問題。順位をどのように受け取るのがふさわしいのか、考える。この後に続く本 文最終文に「世界を相手にする幸福調査から深遠な教訓を引き出そうとしても、無意味だろう」 とあるので、この文は「(真剣に受け止めるのでなく)気軽に考えるのがよい」という意味になるの がふさわしい。よって、1.「真剣に」、2.「気軽に」、3.「文字通り(=ありのままに)」のうちで は、2が正解となる。

総合政策学部 2,008 問1
■第1段落
1:1 Some people think that science and common sense are alike because science is a systematic and controlled extension of common sense, which is, in turn, a series of concepts and conceptual schemes satisfactory for practical uses.
1:1 科学とは常識の体系的で統制された拡張であり、反対に常識は、実用的な用途に見合った一連
の概念と概念的な枠組みなのだから、科学と常識はよく似ている、と考える人もいる。
1:2 But science and common sense differ in two significant ways.
1:2 しかし、科学と常識は2つの重要な点で異なる。
1:3 First, their uses of conceptual schemes and theoretical structures are strikingly different.
1:3 第一に、両者の概念的な枠組みと理論的な構造の使い方は著しく異なっている。
1:4 [1] (1. Since 2. While. Now that) the man in the street uses “theories” and concepts, he ordinarily does so in a loose fashion.
1:4 一般人は、「理論」や概念を使うとはいえ、たいていその使い方はずさんである。
1:5 He often accepts fanciful explanations of natural and human phenomena.
1:5 しばしば彼は、自然現象や人間に関わる事象についての空想的な説明を受け入れる。
1:6 An illness, for instance, may be thought to be a punishment for sin.
1:6 たとえば病気は罪に対する罰だと考えられたりするかもしれない。
1:7 The scientist, on the other hand, systematically builds her theoretical structures, tests them for [2] (1. internal 2. external 3. social) consistency, and subjects aspects of them [3] (1. for 2. to 3. through) empirical testing.
1:7 他方、科学者は体系的に理論構造を構築し、それらの内的な整合性を検証し、またそれらの複
数の側面を経験的な検証にかける。
1:8 Furthermore, she knows that the concepts she is using are manmade terms that may or may not exhibit a close relation to reality.
1:8 そのうえ、科学者は自分が使っている概念が、現実と密接な関係を示すことも示さないことも ある人工的な用語であることを知っているのである。
[2]ー1
>[2]科学者が理論を扱う際の三段階の手続きが書かれているパート。理論の骨格を作る段階と、実 験で検証する段階とのあいだに来る段階がどのようなものになるか考える。1.internalを選んで「内 的な整合性」とすれば、理論そのものの内部に矛盾がないかチェックする段階だということにな り、文脈に沿う。

■第3段落
3:1 There is little doubt that hypotheses are important and indispensable tools for scientific research.
3:1 ほぼ疑いなく、仮説は科学的研究にとって重要かつ不可欠な道具である。
3:2 Indeed you can call hypotheses the [7](1. working 2. Newly-devised 3. Easy-toaccess) instruments of theory.
3:2実は、仮説を理論の作業用機材と呼ぶこともできる。
3:3 Hypotheses can be deduced from theory.
3:3仮説は理論から導き出すことができる。
3:4 If, for instance, we are working on a theory of aggression, we are presumably looking for causes and effects of aggressive behavior.
3:4 たとえばもしも攻撃性に関する理論を研究しているとすると、探し求めているのはたぶん、攻
撃的な行動の原因と結果であろう。
3:5 We might have observed cases of aggressive behavior occurring after frustrating circumstances.
3:5攻撃的な行動がフラストレーションを感じさせるような事態の後で生じる事例を観察したとし
よう。
3:6 The theory, then, might include the following proposition: Frustration produces aggression.
3:6 そうすると、理論には次のような命題が含まれることだろう。フラストレーションは攻撃を生 じる、と。
3:7 From this proposition, we may deduce more specific hypotheses, such as the following:
3:7 この命題から、より特定の仮説が導き出せる。たとえば以下のごとくである。
3:8 Preventing children from reaching goals they find desirable (thus causing frustration) will result in their fighting with each other (i.e., aggression); 3:8子どもたちが自分の望ましいと思っている目的に達するのを阻む(それゆえフラストレーション
を引き起こす)と、お互いに喧嘩し合うという事態(すなわち攻撃)を生む結果になるであろう、 と。
3:9 If children are deprived of parental love (causing frustration), they will react, in part, with aggressive behavior.
3:9 もしも子どもたちが親の愛を奪われる(そしてフラストレーションを生じる)ならば、彼らには ある程度攻撃的な行動を伴う反応が生じる、と。
解答 [7]ー1
>[7]設問部分は「仮説を理論の~機材と呼ぶこともできる」という内容。選択肢はそれぞれ、1.
「作業中の、作業に役立つ」2.「新発明された」3.「接近しやすい」の意。つまり、科学者が理論 を検証するという「作業」をする上で欠くことのできない道具が仮説だということである。

■第4段落
4:1 The use of the hypothesis in scientific investigation is similar to playing a game of chance.
4:1科学的な探究における仮説使用は、運まかせのゲームをするのに似ている。
4:2 The rules of the game are [8]( 1. held forth 2.Set up 3. taken over) , and bets are made, in advance.
4:2 ゲームにはルールが定められており、都けをするのは事前である。
4:3 One cannot change the rules after an outcome,[9] ( 1. seldom 2. Never 3. Nor) can one change ones bet after making it.
4:3結果が出たあとにルールを変えることはできないし、あとから賭けを変えることもできない。
4:4 That would not be fair.
4:4 そんなことをすればフェアではないであろう。
4:5 One cannot throw the dice first and then bet.
4:5最初にサイコロを振って、それから賭けることはできないのである。
4:6 Similarly, if one gathers data first, then [10] (1. selects 2. throws 3. spares) only a few data and comes to a conclusion on the basis of those few data, one has violated the rules of the scientific game.
同じように、最初にデータを集めて、それからわずかばかりのデータを選び出し、そのいくつかの
データに基づいて結論に達するなら、その人は科学というゲームのルールに違反したことになる。

4:7 The game would not be fair because the investigator could easily [11] (1. capitalize on 2. take over 3. give in), say, two significant relations out of five tested.
4:7 そんなゲームがフェアではないのは調査者が検証した5つの関係のうちたとえば2つの重大な関 係を利用するということが、簡単にできるからである。
4:8 What happens to the other three?
4:8残りの3つはどうなるのか。
4:9 They might be forgotten.
4:9忘れられてしまうのかもしれない。
4:10 But in a fair game every throw of the dice is counted, in the [12] (1. game 2. hypothesis 3. sense) that one either wins or does not win on the basis of the outcome of each throw.
4:10 しかし、フェアなゲームでは、サイコロを振るそれぞれの結果によって、ある人が勝ったり
勝たなかったりするという意味で、サイコロの一振り一振りが考慮に入れられているのである。
4:11 The main point is that the purpose of hypotheses is to direct inquiry.
4:11 肝心なのは、仮説の目的は研究の方向づけだということである。
4:12 As Darwin pointed out long ago, all observations have to be for or against some view, if they are to be of any U1Se.
4:12 はるか以前にダーウィンが指摘したとおり、あらゆる観察は、それが有益であろうものなら
ば何らかの見解に賛成するか反対するかせねばならないのである。
解答 [8]ー2
>[8]設問部分は「ゲームのルールが~され、購者けをするのは事前である」という内容。選択肢は それぞれ、1.「提案される、提供される」2.「制定される」3.「引き継がれる」だから、rulesにふ さわしい動詞は2である。
[10]ー1
>[10]設問部分は「ほんのいくつかのデータをする」という内容。選択肢はそれぞれ1.「選び出 す」2.「投げる」3.「使わずにすます」という意味だから、1がもっともふさわしい。第2段第6文 の内容もヒントになる。
[12]ー3
>[12]設問部分は「フェアなゲームでは、サイコロを振るそれぞれの結果によって、ある人が勝っ たり勝たなかったりするという~で、サイコロの一振り一振りが考慮に入れられているのである」 という内容。選択肢はそれぞれ、1.「ゲーム」2.「仮説」3.「意味」という意味だから、「フェ ア」の意味が具体的に設問部分以下で記述されると考えてよい。よって正解は3に決まる。

■第5段落
5:1 Hypotheses are derived from theory.
5:1仮説は理論に由来する。
5:2 A good theory produces good hypotheses.
5:2 よい理論はよい仮説を生み出す。
5:3 And yet, it is also hypotheses that make theories better and sounder.
5:3しかし、理論を改善し健全化するのもまた、仮説なのである。
5:4 There are two aspects to handling hypotheses: hypothesis making and hypothesis testing.
5:4仮説の扱いには2つの面がある。仮説の形成と仮説の検証である。
5:5 [13] (1. Distinguishing 2. Discounting 3. Defending) these aspects are the key to seeing how hypotheses can contribute to theory.
5:5 これらの面を区別することが仮説が理論にどのように寄与できるかを知るカギを握っている。
5:6 For example, Freud had a theory of anxiety that included the concept of “repression.”
5:6 たとえばフロイトは「抑圧」という概念を含む不安の理論をもっていた。
5:7 [14] (1. By 2. On 3. To) repression, Freud meant the forcing of unacceptable ideas into the unconscious.
5:7 フロイトのいう抑圧とは、容認できない考えを無意識へと押し込めることを意味していた。
5:8 Testing Freud’s theory is thus a difficult matter, because the concepts of “repression” and the “unconscious” need to be defined in a measurable, empirical way.
5:8 だから、フロイト理論を検証することは困難なことだった。なぜなら、「抑圧」と「無意識」
という概念を、測定可能な経験的な仕方で定義する必要があるからである。
5:9 This is [15] (1. part 2. Soil. Most) of making a hypothesis and testing it empirically.
5:9 これが仮説を立て、それを経験的に検証するということの重要部分である。
5:10 If the concepts used in a hypothesis are operationally defined, that is, empirically testable, then a scientist can test the theory itself, and the theory can be improved upon.
5:10 もしも仮説中で使われている概念が操作的に定義されているなら、すなわち、経験的に検証
可能なら、科学者は理論そのものを検証することができ、そして理論をよりよいものにしていく ことができる。
5:11 [16] (1. Relative to 2. Depending Oil 3. Owing to) the hypothesis-testing activity tests not only the hypothesis in question but also the validity of the theory under consideration.
5:11仮説検証作業の結果次第で、仮説を支持するか拒絶するかを決めることができるのである。仮
説検証作業は、当該の仮説だけでなく、検討中の理論の妥当性をも検証するのである。
解答 [13]ー1
>[13]設問部分は「これらの面を~することが、仮説が理論にどのように寄与できるかを知るカギ を握っている」という内容。選択肢はそれぞれ1.「区別する」2.「割り引く」3.「守る」という意 味だから、文意が通るものは1しかない。
[15]ー1
>[15]設問部分は「これが仮説を立て、それを経験的に検証することの~である」という内容。part には単に「部分、一部」というだけでなく、「主要部分、要素、成分」といった意味があること を知っていると、これが正解であると素早く気づくことができる。

■第6段落
6:1 Hypotheses are important in scientific investigation in that they can be tested and shown to be probably true or probably false.
6:1仮説が科学的な探究において重要なのは、それらが検証されることができ、おそらく真である
かおそらく偽であるかを示すことができるからである。
6:2 Isolated facts are not tested;
6:2 バラバラの事実は検証されない。
6:3 only relations are tested.
6:3検証されるのは関係だけである。
6:4 The fact that hypotheses are relational propositions is the main [17] (1. way 2. reason 3. argument) they are used in scientific inquiry.
6:4仮説は関係に関わる命題だという事実が、それらが科学研究で使われる主な理由である。
6:5 They are, in essence, predictions of the form, “If A, then B” which we set up to test the relation between A and B.
6:5 それらは、本質的に、「AならばB」という形式の予測であって、AとBのあいだの関係を検証
するために設定されるものである。
6:6 We [18] (1. let 2. make 3. see) the facts have a chance to establish the probable truth or falsity of the hypothesis.
6:6私たちは、その仮説がおそらくは真なのかそれとも偽なのかを確定する機会を、事実が提供す
るのにまかせる。
6:7 A hypothesis is a prediction.
6:7仮説は予測である。
6:8 It says that if x occurs, y will also occur.
6:8仮説が語るのはxが起きれば、yもまた起きるだろうということである。
6:9 That is, y is predicted from x.
6:9 すなわち、yはxから予測されるのである。
6:10 If, then, x is made to occur, and it is observed that y also occurs, then the hypothesis is confirmed.
6:10 だから、もしもxを起こしてみて、yもまた起きることが観察されれば、仮説は確証されるの である。
6:11 This is more powerful evidence than simply observing, [19] (1. with reservations 2. within the limit 3. without prediction), the covering of x and y.
6:11 このことは単に、予測なしにxとyとが共に変化することを観察する場合よりも強力な証拠で ある。
6:12 The scientist makes a bet that x leads to y.
6:12科学者はxがyを生じるのだという賭けをする。
6:13 If, in an experiment, x does lead to y, then she wins the bet.
6:13 もし、実験において本ftにxがyを生じるなら、賭けは科学者の勝ちである。
6:14 She cannot just enter the game at any point and pick a perhaps accidental common occurrence of x and y.
6:14科学者はいつでもゲームに加わることができるというわけではないし、ことによると偶然xとy
が共に生じたような場合を取り上げるわけにもいかない。
6:15 Games are not played this way.
6:15 ゲームはそんな仕方では行われないのである。
6:16 She must play according to the rules, and the rules in science are made to minimize error.
6:16科学者はルールに従ってゲームをせねばならないのであり、科学のルールは誤りを最小限にす
るようできているのである。
解答 [17]ー2
>[17]設問部分は「仮説は関係に関わる命題だという事実がそれらが科学研究に使われる主な~で ある」という内容。選択肢はそれぞれ、1.「方法」2.「理由」3.「論拠、論点」という意味だか ら、2がもっとも自然な文意になる。「仮説が…だという事実があるがゆえに、…に使われるの だ」という読み方ができるからである。
[18]ー1
>[18]設問部分は「私たちは、事実が仮説の確実な真偽を定める機会を得るのを~する」という内 容。仮説を立てたら、後は事実が真実を示してくれるのをそのまま待つという意味にすればいい のだから、正解は2のletがもっともふさわしい。

■第7段落
7:1 Hypotheses are an essential part of the rules of the game.
7:1仮説はゲームのルールの不可欠の一部である。
7:2 The scientist disciplines the whole business by writing systematic and testable hypotheses.
7:2科学者は、体系的で検証可能な仮説を書くことによって、仕事全体を統制している。
7:3 If an explanation cannot be formulated in the form of a testable hypothesis, then it can be considered to be a [20] (1. metaphysical 2. plausible 3. critical) explanation and thus not amenable to scientific investigation.
7:3 もしもある説明が検証可能な仮説の形式で定式化できないなら、それは形面上学的な説明で あって、科学的探究になじまないと考えられる。
7:4 As such, it is dismissed by the scientist as being of no interest.
7:4 そういうものだからこそ、科学者によって何の重要性もないものだとて退けられてしまうので ある。
解答 [20]ー1
>[20]設問部分は「もしも解釈が検証可能な仮説の形式で定式化できないなら、それは~な解釈で あって、科学研究になじまないと考えられる」という内容。 よって、「科学的」と対をなすような形容詞を選べばいいことがわかる。
選択肢はそれぞれ、1「形面上学的な、観念的な」2「確からしい、もっともな」3「決定的な、批
判的な」という意味だから、正解は科学の対極にある1に決まる。

総合政策学部 2008 問2
■第1段落
1:1 In 1996, the World Food Summit set a goal of halving the number of hungry people worldwide by 2015.
1:1 1996年に、世界食糧サミットは世界中の飢餓人口を2015年までに半減させるという目標を立て
た。
1:2 In 2000, the United Nations as a whole adopted a set of goals which included halving poverty and hunger by the year 2015.
1:2 2000年に国連全体は、2015年までに貧困と飢餓を半減させることもその一つとする一連の目標
を採択した。
1:3 The world came together in order to tackle the hunger problem.
1:3世界は一丸となって飢餓問題に取り組むことになった。
1:4 And yet, conditions have [31] (1.deteriorated 2. rebounded 3. developed) in many places.
1:4 しかし、状況は多くの地域で悪化してしまった。
1:5 Indeed, according to The State of Food Insecurity in the World 2003, the annual hunger report of the Food and Agriculture Organization (FAO) of the United Nations, the number of people suffering from hunger worldwide has begun to rise once more.
1:5実は、国連食糧農業機関(FAO)の飢餓年報、「世界食糧不安状況2003」によれば、世界中の飢
餓に苦しむ人々の数は再び上昇し始めたのだった。 解答 [31]―1
>[31]設問部分は「しかし、状況は多くの地域で~してしまった」という内容。選択肢はそれぞ れ、1.「悪化した」2.「元に戻った」3.「発展した」という意味である。次文(Indeed、according to…)には「世界中の飢餓に苦しむ人々の数は再び上昇し始めた」とあるのだから、「事態は悪化 した」と読み取れる。よって、正解は1に決まる。

■第2段落
2:1 With a view to identifying the causes of this failure, the report begins with an analysis of countries that have, [32] (1. deceptively 2. naturally 3. on the contrary) , been successful in dealing with hunger.
2:1 この失敗の原因を確定するために、報告は、反対に飢餓に対処するのに成功した国々の分析か
ら始める。
2:2 In Brazil and in China, rapid overall economic growth has led to significant growth of agriculture in particular.
2:2 ブラジルと中国では、急速な全体的経済発展によって、特に農業の大発展が生じた。
2:3 Both countries have made an [33] (1. obligation 2. illustration 3. effort) to control population growth and develop human resources, and have relatively low rates of HIV infection.
2:3両国とも人口増加を抑制し人的資源を開発するのに努めてきたし、エイズの感染は比較的低率
である。
・解答 [32]―3
>[32]設問部分は「この失敗の原因を確定するために、報告は~に飢餓に対処するのに成功した
国々の分析から始める」という内容。選択肢はそれぞれ、1.「欺くほどに」2.「当然ながら」3.
「逆に、反対に」という意味。「失敗の原因」を探るのに、「成功例」の分析をするというのだ から、空所にふさわしいのは、「反対に」という意味の語句である。よって正解は3に決まる。

■第3段落
3:1 Nevertheless, the number of hungry people has grown in many other regions.
3:1 とはいえ、飢餓人口は他の多くの地域で増大した。
3:2 Drought, civil war and growing numbers of AIDS patients have led to stagnation in agricultural food production.
3:2干ばつ、内戦、エイズ患者の増大によって、農業食物生産は沈滞することになった。
3:3 HIV/AIDS has [34] (1. robbed 2. attacked 3. downgraded) many developing countries of valuable labor, leading to poverty and hunger.
3:3 HIVあるいはエイズのために、多くの途上国は貴重な労働力を奪われ、貧困と飢餓が生じた。
3:4 In some developing countries, on the other hand, agricultural production has been expanded to an [35] (1. unreasonable 2. appropriate 3.accumulated) level to support population growth, leading to environmental problems.
3:4逆に、途上国の中には、農業生産が人口増加を支えるには過度なまでに増大して、環境問題を
生じた国もある。
[35]―1 >[35]設問部分は「一部の途上国では、農業生産が人口増加を支えるには~な程度にまで増 大し、環境問題が生じた」という内容。選択肢はそれぞれ、1.「筋の通らない、過度の、不当な」 2.「適切な」3.「蓄積された」という意味。「環境問題が生じる」以上、不適切な水準まで増大し たという意味にならないと、文意が通らない。そのような意味になるものは選択肢の中では1しか ない。

■第5段落
5:1 The growing awareness of the impact of climate change and biodiversity on food security and hunger has produced some interesting approaches to the issue.
5:1気候変動と生物多様性の、食糧安全保障と飢餓に及ぼす衝撃が広く知られるようになると、そ
の問題への興味深い取り組みが生じてきた。
5:2 M. S. Swami Nathan, the Chair for Eco technology in U.N.E.S.C.O., described what he considers to be a way to turn awareness into action.
5:2 ユネスコ環境技術の議長、M.S.スワミナサンは、意識しているだけの状態から行動に移すため
の方法だと彼が考えるものを説明した。
5:3 Speaking on Agriculture on Our Spaceship Earth” in 1973, he proposed a strategy called do ecology” to deal with problems in developing countries.
5:3 1973年に「宇宙船地球号の農業」について語りながら、彼は途上国の問題を処理するのに「す
る環境保護」と呼ばれる戦略を提案した。
5:4 The “do ecology” strategy revolves around activities which will [38] (1. generate 2. curtail 3. conceal) an awareness of the economic possibilities of conservation and will thus help to reduce poverty.
5:4 「する環境保護」戦略が展開する中心となるのは、保全が経済的でありうるという意識を生み だしそれによって貧困を減少させるのに役立つことになる活動である。
5:5 Two recent examples of “do ecology” below show its great potential.
5:5下記の「する環境保護」の2つの最近の事例は、それのもつ大きな可能性を示している。
・解答 [38]―1
>[38]設問部分は「『する環境保護」戦略が展開する中心となるのは、保全が経済的でありうると いう意識を~し、それによって貧困を減少させるのに役立つことになる活動である」という内容。 選択肢はそれぞれ、1.「生み出す」2.「短縮する」3.「隠蔽する」という意味。ポイントはthe economic possibilities of conservation「保全の経済的可能性」の意味を理解できるかどうか。第6段 (First the tsunami of December…)以下に記述された例からわかるように、これは要するに「保全が経 済的利益を生む可能性があること」を意味している。それをもとにすれば、「保全が経済的利益 につながり得るという意識」を「生じる」ことになる活動と考えた場合に、もっともうまく文意 が通ることがわかる。よって、正解は1である。

■第7段落
7:1 The same tsunami [42] (1. dictated to 2. concealed from 3. demonstrated to) farmers living near the shoreline the importance of conserving local varieties of rice.
7:1同じ津波によって、沿岸部付近に暮らす農民たちは、米の地域品種を保存することの大切さを
教えられた。
7:2 Several thousand hectares of rice fields along the coast became flooded with sea water.
7:2沿岸部にある数千ヘクタールの米畑が海水に浸かったのであった。
7:3 Most varieties of rice [43] (1. survived 2. perished 3. mutated), but a few salt resistant ones withstood the flood.
7:3 ほとんどの米の品種は枯れてしまったが、洪水を堪え忍んだ耐塩性の品種もいくつかあった。
7:4 This disaster, however, greatly helped to promote the conservation of local biodiversity, and now every farmer wishes to maintain a “seed bank” for the preservation of seeds belonging to diverse varieties.
7:4 しかし、この大災害は地域の生物多様性保全の推進に大いに役立ち、そして今では、農民は誰 もが多様な品種に属する種子を保存するため、「種子銀行」を支援したいと願っている。
7:5 The disaster became an opportunity to prepare both fishing and farming communities to meet the [44] (1. challenges 2. demands 3. diseases) that are directly linked to a rise in sea level.
7:5災害は、漁民と農民の集団両方に、海面上昇とじかに結びついた難題に立ち向かう用意を整え
る機会となった。
7:6 The biodiversity conservation movements in this area have now become community driven.
7:6 この地域の生物多様性保全運動は今やコミュニテイ主導となった。
[42]―3
>[42]設問部分は「同じ津波が、米の地域品種を保存することの大切さを沿岸部付近に暮らす農民 たち~した」という内容。選択肢はそれぞれ、1.「に指令した」2.「から隠蔽した」3.「に示し た」という意味になる。よって、正解は3に決まる。

■第8段落
8:1 A second example relates to the revitalization of the conservation traditions of tribal communities in the Eastern region of India.
8:1第二例はインド東部地域の部族社会の保護伝統の再生に関わっている。
8:2 Fifty years ago, the tribal communities in the Kora put region of Orissa in eastern India were familiar with more than 1,000 varieties of rice, but at the turn of the century this [45] (1. hope 2. moment 3. figure) had fallen drastically.
8:2 50年前、東インド、オリッサ州のコラプト地域にある部族社会は、1000品種以上の米に精通し
ていたが、世紀の変わり目にはこの数値は急激に低下した。
8:3 The people’s “dying wisdom” was related to the vanishing of their crops.
8:3民族の「遺言の知恵」は作物の消失に関わっていた。
・解答 [45]―3
>[45]設問部分は「50年前、東インド、オリッサ州のコラプト地域にある部族社会は、1000品種以 上の米に精通していたが、世紀の変わり目にはこの~は急激に低下した」という内容。選択肢は それぞれ、1.「願望」2.「瞬間」3.「数字、数値」という意味。thisの指示対象を考え、かつ「急激 に低下した」ものでなければならないのだから、空所の内容は「1,000を越える数値」だと読み取 れる。よって、正解は3に決まる。

■第9段落
9:1 It became clear that the only way these tribal families would once again start conserving biodiversity would be by connecting conservation to economics.
9:1 こうした部族民が再度生物多様性の保全を始める方法は、保全と経済を結合するしかないこと
が明らかになった。
9:2 A [46] ( 1. dynamic 2. gradual 3. mechanical) program of participatory conservation and breeding, coupled with agricultural improvements, soon led to a big spurt in the production of “Kalajeera,” an aromatic local variety of rice, which is being snapped up by the market almost as soon as it is harvested.
9:2参加による保全と品種改良に関する強力な事業計画により、農法改善とも相まって、香りのい い地元米品種「カラジーラ」の生産がすぐに大成長することとなったのであり、この米は収穫さ れるやいなや、市場で引っ張りだこになっている。
9:3 The same has started happening in southern India with medicinal varieties of rice used in traditional medical practice, and with under-utilized grains in Tamil Nadu.
9:3同じことが部インドの伝統的な医療業に使われる薬効品種米や、タミルナードゥ州の十分に活
用されていなかった穀物に起こり始めた。
・解答 [46]―1
>[46]設問部分は「参加による保全と品種改良の~な事業計画により、農法改善とも相まって、地
元米品種「カラジーラ」の生産がすぐに大成長することとなった」という内容。選択肢はそれぞ れ、1.「力強い、精力的な」2.「緩やかな」3.「機械的な」という意味だから、program「事業計 画」と結合しそうな意味をもつのは、1だけである。

■第10段落
10:1 Indeed, the practice of “do ecology” can be [47] (1. triggered 2. followed 3. symbolized) by an ecological disaster.
10:1実は、「する環境保護」の実践は、生態系上の災害がきっかけとなることもある。
10:2 Preaching does not help.
10:2 お説教は役に立たない。
10:3 We see this being demonstrated in areas of the Punjab too.
10:3私たちはこれがパンジャブ地域でも証明されているのを目にしている。
10:4 Thirty years ago, when it was pointed out to Punjab farmers that their livelihoods would be threatened by the [48](1. modest 2. specified 3. excessive) use of chemical fertilizers and the overexploitation of ground water, they listened politely, but did not change course.
10:4 30年前、パンジャブの農民に対し、生活が化学肥料の過剰使用と、地下水の濫用によって脅
かされることになるだろうと指摘されたとき、彼らは行儀よく聞いていたが、進路を変えなかっ た。
10:5 Now, in a despairing mood, they are ready to change.
10:5今、絶望しながらも、彼らは変わろうとしている。
10:6 The adverse economics of unsustainable farming has led to indebtedness and occasional suicides.
10:6維持不可能な農業の不経済によって、借金を背負い、ときには自殺をも生むことになったのだ
から。
10:7 The timing has become [49] (1. inappropriate 2. tricky. opportune) for farmers to take to conservation farming.
10:7農民が保全農法へ移るにはおあつらえ向きの時期が来たのである。
[48]―3
>[48]設問部分は「30年前、パンジャブの農民に対し、生活が化学肥料の使用と、地下水の過剰利 用によって脅かされることになるだろうと指摘された」という内容。選択肢はそれぞれ、1.「控え めな、並みの」2.「特定の、明示された」3.「過剰な、過度の」という意味。化学肥料の使用量が
「過剰」だと「生活が脅かされることになる」のだと考えられるので、3が正解であることがわか る。
[49]―3
>[49]設問部分は「農民が保全農法へ向かうには~な時期が来たのである」という内容。選択肢は それぞれ、1.「不適切な」2.「人を欺くような」3、「好適な、時宜を得た」という意味。直前の
文には「維持不可能な農業の不経済によって、借金を背負い、ときには自殺をも生むことになっ た」とあるから、そうした農法から環境に負荷をかけない農法に変えるべき時期が来たという意 味になると読み取れる。よって、正解は3に決まる。

総合政策学部 2,009 問1
■第2段落
2:1 That’s because Shackleton failed only at the improbable; he succeeded at the unimaginable.
2:1それはシャクルトンがありそうもないことにおいてのみ失敗し, 想像もつかないことにおいて
成功したからである。
2:2 “I love the fight and when things are easy, I hate It.” he once wrote to his wife, Emily.
2:2「私は闘いを好み, たやすい事態であるのは, 大嫌いだ」と, 彼は妻のエミリーあてにかつて手
紙を書いた。
2:3 He [2] (1.fought his way toward 2.managed to reach 3.lost track of) the South Pole in 1902 when he was part of a three-man Farthest South team on the Discovery expedition of the renowned explorer Robert F. Scott.
2:3 彼は1902年, 有名な冒険家ロバート=F.スコットのディスカバリー号探険の3人の極南隊の一員で
あったとき, 闘いながら南極点を目指した。
2:4 But the men turned back only after walking their ravaged bodies to within 460 miles of the Pole in a terrifying cold experienced by only a handful of human beings at that time.
2:4 しかし, 男たちは, ぼろぼろの体で歩いて南極点から460マイル以内まで達し、ft時ほんの一握
りの人々しか体験したことのない恐ろしい寒さに触れたのち、初めて引き返した。
2:5 Six years later, commanding his own expedition, Shackleton was forced to turn back a [3] (1.heartfelt 2. hearty 3. heartbreaking) 97 miles short of the Pole, but only after realizing it would be certain death by starvation had his team continued.
2:5 6年後、自分自身の探険隊を指揮しながら、シャクルトンは極点まで97マイルのところで断腸
の思いで引き返さざるをえなかったのだが、続ければ彼のチームは確実に餓死するだろうとわかっ て、初めてそうしたのだった。
2:6 He was forgiven that [4] (1. accomplishment 2. failure 3. crisis) in light of the greatness of the effort;
2:6 彼が大変な努力をしたことを鑑みれば、その失敗も許された。
2:7 he was knighted by King Edward Wall and honored as a hero throughout the world.
2:7彼はエドワード7世によってナイトに叙せられ、世界の英雄として尊敬された。
[4]―2 >[4]
「大変な努力に照らして、彼の何が許されたのか」を考える問題。選択肢の意味はそれぞれ以下 の通り。
1. 「達成」
2. 「失敗」
3. 「危機」
動詞forgive「許す」に最もふさわしいのは2だと推測できるが、 前文が only after realizing
(that) it would be certain death by starvation had his team (=if his team had) continuedという仮定法を含む表現で、これが失敗を指していることを読み取ることが必要。

■第3段落
3:1 His greatest failure was his 19141916 Endurance expedition.
3:1彼の最大の失敗は、1914年から1916年までのエンデュアランス号探険であった。
3:2 He lost his ship before even [5] (1. touching 2. abandoning 3. leaving) Antarctica.
3:2彼は南極大陸に触れさえしないうちに自分の船を失った。
3:3 But he reached a new pinnacle in leadership when he successfully led all the members of his crew to safety after an agonizing two-year fight for their lives.
3:3 しかし、彼が生き延びようとする2年間の苦閣の闘争ののち、すべての乗組員を安全地帯まで
導くのに成功したとき、彼の統率力は新たな頂きへと到達したのだった。
・解答 [5]―1
>[5]
設問部分は「彼が船を失ったのは南極大陸をどうする前であったのか」が問われている。選択肢
の意味はそれぞれ以下の通り。
1. 「触れる」
2. 「捨てる」
3. 「出発する」
第5段最終文 (Just one day’s sail…), 第6段第4文 (Then, the Endurance was…)に,南極大陸に着く前にエ
ンデュアランス号が沈没したことが記述されているので、彼が「南極大陸まで到達しなかった」こ とは明白。 よって最もふさわしいのは1である。

■第5段落
5:1 Sir Ernest set out at age forty on an independent voyage to make what he considered the last great expedition [7] ( 1. accomplished 2. left 3. devoted) on earth: an eighteen-hundredmile crossing of Antarctica on foot.
5:1 サー=アーネストは40歳のとき、彼が地上に残された最後だと考えた大冒険、南極大陸1800マ
イル徒歩横断をするため、独自の航海に出発した。
5:2 The expedition ship, named the Endurance after the Shackleton family motto Fortitude Vicious, By Endurance We Conquer,” set sail in August 1914 at the dawn of World War I and [8] (1. made up with 2. made its way to 3. made off with) Buenos Aires, to South Georgia Island, and eventually to the Antarctic Circle, where it plowed through one thousand miles of ice-Encrusted waters.
5:2 探険船は、シャクルトン家の銘、Fortitudine Vincimus「忍耐によって我らは克つ」にちなんで
「エンデュアランス(忍耐)」と名づけられ、第一次世界大戦が幕を開けた1914年8月に出帆し、ブ エノスアイレス、サウスジョージア島、そしてついに南極圏まで進み、そこから1千マイル、氷で 堅く覆われた海域をかき分けるように進んだ。
5:3 Just one days sail [9] (1. from 2. beyond 3. near) its destination in Vassal Bay on the Antarctic coast, the ship got stuck like an almond in a chocolate bar” as it was later described, in the polar ice of the Weddell Sea.
5:3 南極沿岸のヴァーゼル湾の目的地まで、ほんの1日分の航海というところで、船は後の記録に
ある通り、「まるで板チョコの中のアーモンドのように」ウェッデル海の極地の氷の中で立ち往 生した。
・解答 [7]―2
[7]
空所を含む部分は「地上に~された最後の探険を行おうとした」 という意味で、選択肢はすべて
過去分詞でthe last great expeditionを修飾する働きをすることがわかる。選択肢の意味はそれぞれ以 下の通り。
1. 「成し遂げられた」
2. 「残った」
3.「捧げられた」
「最後の・・・行おうとした」にうまく呼応するのは2だけであるとわかる。

■第6段落
6:1 The men [10] (1. would have been stranded 2. could be stranded 3. were stranded) on an ice floe more than twelve hundred miles from the farthest outposts of civilization.
6:1隊員は文明から最も離れた辺境地点から1200マイル以上も離れて氷盤上に乗り上げたのだ。
6:2 Whenever it seemed the situation couldn’t possibly get worse, it did.
6:2 もうこれ以上悪化しようがないと思われたときには、いつでも事態はさらに悪化するのだっ た。
6:3 The pack ice precariously dragged the ship north for ten months.
6:3積氷によって船は10カ月間, あてもなく北方に引きずられた。
6:4 Then, the Endurance was crushed and the men were forced to camp on the ice.
6:4 それから、エンデュアランス号は押し潰され、隊員は氷上で野営を余儀なくされた。
6:5 They watched in horror one month later as their vessel sank to the bottom of the sea.
6:5 彼らは1カ月後、自分たちの船が海底に没するのをおののきながら見つめた。
6:6 No one knew anything had happened to them.
6:6 誰も、自分の身に何事かが起こったのがわからなかった。
6:7 All they had to [11] (1. throw away 2. rely on 3. wait for) were three lifeboats salvaged from the ship.
6:7頼りは、船から持ち出した3隻の救命ボートだけだった。
6:8 Shackleton allowed each crew member to carry only a few items necessary for survival.
6:8 シャクルトンは乗組員それぞれに生き延びるのに不可欠なものを、ほんの僅かだけ持っていく
のを認めた。
6:9 The first things [12] (1. agreed 2. exchanged 3. tossed) : gold coins and a Bible; saved were personal diaries and a banjo.
6:9 最初に捨てられたものは、金貨と聖書。取っておかれたのは、個人の日記とバンジョーだっ
た。

[12]―3>[12]
直前に「生存に不可欠な物品を、ほんの少ししか持っていくのを許さなかった」とあるのだか
ら、果たして「金貨と聖書」 が文明から離れた世界で闘う探険隊員の生存に不可欠なものかどう か考える。正解は3の「放られた、 捨てられた」である。他の選択肢 (1. 「合意された」 2. 「交換 された」) では、文意が通らない。

■第12段落
12:1 Some sixty years after the rescue, an interviewer asked Endurance First Officer Lionel Green street, “How did you survive when so many expeditions [20] ( 1. competed 2. perished 3. elapsed) ?”
12:1救助の約60年後、エンデュアランス号の一等航海士、ライオネル=グリーンストリートに面談 した記者が「それほど多くの探険隊が死亡したのに、どうして生き延びられたのですか」と尋ね た。
12:2 The old officer, then eighty-two, answered in one word : “Shackleton.”
12:2老航海士は今や82歳であったが、それに一言で答えた。「シャクルトンさ」
・解答 [20]―2
> [20]
「とても多くの探検隊が…したとき、どのように生き延びたのか」 という文。選択肢の意味はそ
れぞれ以下の通り。 1. 「競争した」
2. 「死亡した」
3. 「経過した」 Expeditionsは「探検」だけでなく「探検隊、遠征隊」の意味もあり、人間を含意することになる ので、perish「死亡する、死滅する」とうまく整合する。

総合政策学部 2010 問1
■ 第3段落
3:1問題は,彼らはしばしば誤ったことを恐れるということなのだ。
3:1 The problem is that they are often scared of the wrong things.
3:2 それは実は彼らの罪ではない。
3:2 It’s not their fault, really.
3:3事実と噂を区別することは,特に忙しい親にとっては常に荷の重い仕事である。
3:3 Separating facts from rumors is always [5] (1. hard work 2. hard-line 3. hard luck) , especially for a busy parent.
3:4 そして,専門家によって生み出されるホワイトノイズ(様々な周波数を含む雑音)は,仲間の
親たちから加えられる圧力は言うまでもなく,あまりにも強力なので,親はほとんど自分では考
えられないのである。
3:4 And the white noise generated by the experts―to say nothing of the pressure exerted by fellow parents is―so [6] (1. overwhelmed 2. overwhelming 3. being overwhelmed) that they can barely think for themselves.
3:5 かろうじて拾い集めることのできた事実は,たいがいごまかされているか,誇張されている か,さもなくば事情を無視して自分自身の問題とは違う問題を解決するためにもってこられたも
のである。
3:5 The facts they do manage to glean have usually been varnished or exaggerated or otherwise taken [7] (1. into consideration 2. out of context 3. by surprise) to serve an agenda that isn’t their own.

・解答 [5]―1
>[5] 設問部分は「事実と噂を区別することは,特に忙しい親にとっては常に~である」という意
味。前文に親の間違いについて「彼らは悪くない」とあるから,空欄には「難しい」という意味 になる語句がふさわしい。選択肢はそれぞれ,1が「重労働」,2が「強硬路線」,3が「不運」と いう意味だから,1が最もふさわしい。

■ 第7段落
7:1 サンドマンの「制御できる」原理から、大半の人々が車を運転するより飛行機に乗るほうを怖
がる理由もまた、説明できるかもしれない。
7:1 Sandman’s “control” [10] (1. predicament 2. contradiction 3. principle) might also explain why most people are more scared of flying in an airplane than driving a car.
7:2彼らの考えは、こんな具合だろう。私は車を自在に操れるので、自分自身の安全を確保できる
人間である。飛行機を操ることは私にはまったくできないので、無数の外的な要因のなすがまま である、と。
7:2 Their thinking [11] ( 1. goes like 2. disagrees with 3. passes judgment on) this; since I control the car, I am the one keeping myself safe; since I have no control of the airplane, I am at the mercy of myriad [12] (1. external 2. internal 3. undisputed) factors.
・解答 [10]―3
>[10] 設問部分は「サンドマンの「制御できる」~」という意味。これまでに述べられていたの は、「サンドマンの考え方」である。選択肢はそれぞれ、1が「苦境」、2が「矛盾」、3が「原 理、法則」という意味だから、3がふさわしいとわかるが、選択肢に知らない単語があると、判断 に時間がかかるかもしれない。
・解答 [11]―1
>[11]設問部分の直後に述べられるのは、Theirthinkingの具体的な内容である。選択肢はそれぞれ、
1が「~のようなものになる」、2が「~とは一致しない」、3が「~について判断を下す」という 意味だから、1がふさわしい。
・解答 [12]―1
>[12] 設問部分は「飛行機を操ることは私にはまったくできないので,無数の~な要因のなすがま まである」という意味。選択肢はそれぞれ、1が「外的な」、2が「内的な」、3が「議論の余地の ない」という意味。「制御できない」以上、自分の「外部」になければいけないから、1が正解。

■ 第8段落
8:1 では、実際に私たちは、飛ぶのと車を運転するのとでは、どちらを恐れるだろうか。
8:1 So which should we actually fear more, flying or driving?
8:2最初にもっと基本的な質問をするのが有益かもしれない。私たちは、一体何を恐れているの
か、と。
8:2 It might first help to ask a more basic question: what, exactly, are we afraid of?
8:3死、であろう。
8:3 Death, presumably.
8:4 しかし、死の恐怖は限定される必要がある。
8:4 But the fear of death needs to be [13] (1. acted upon 2. narrowed down 3. held out) .
8:5当然、私たちは皆、自分が必ず死ぬのを知っているし、何気なくそれを気にかけてはいるだろ
う。
8:5 Of course we all know that we are bound to die, and we might worry about it casually.
8:5 しかし、翌年までに死ぬ確率は10%だと言われたらはるかに心配になり、別の生き方をしたい
とさえ思うことだろう。
8:5 But if you are told that you have a 10 percent chance of dying within the next year, you might worry a lot more, perhaps even [14] (1. chose 2. being chosen 3. choosing) to live your life differently.
8:6 そして、もし後1分で死ぬ確率は10%だと言われたら、おそらくパニックになるだろう。
8:6 And if you are told that you have a 10 percent chance of dying within the next minute, you’ll probably panic.
8:6 だから、恐怖感を抱かせるのは切迫した死の可能性なのである。ということは、死の恐怖を計
算するのに最も適切な手法は、時間ごとを基準にそれを考えることになろう。
8:6 So it’s the [15] (1. eminent 2. immanent 3. imminent) possibility of death that drives the fear―which means that the most sensible way to calculate fear of death would be to think about it on a per-hour basis.

・解答 [13]―2
>[13] 設問部分の2文後に「翌年までに死ぬ確率は10%だと言われる」という記述がある。これは,
死の恐怖を「具体化」するものだといえる。選択肢はそれぞれ,1が「働きかけられる」,2が
「限定される」,3が「提供される」という意味だから,「限定をかけることで具体化される」と いう意味を表す2が正解である。

・解答 [15]―3
>[15] 設問部分は「恐怖感を抱かせるのは,~な死の可能性なのである」という意味。直前で述べ
られている「1年後」や「1分後」の死亡率によって恐怖を抱くという内容を考える。選択肢はそれ ぞれ,1が「著名な」,2が「内在的な」,3が「今にも起こりそうな,切迫した」という意味だか ら,正解は3である。eminent(e-minent)は「外へ突き出た」imminent(in-minent)は「突き出て 中に入る」の意。高度な語彙力が問われている。

■ 第10段落
10:1 では,プールのほうがどうして銃よりも怖くないのだろうか。
10:1 So why is a swimming pool less frightening than a gun?
10:2子どもが胸を隣人の銃で撃ち抜かれるだなんて,身震いがし,劇的で,身の毛がよだち,一言
でいえば,気も狂わんばかりの思いがする。
10:2 The thought of a child being shot through the chest with a neighbor’s gun is gruesome, dramatic, horrifying―in a word, outrageous.
10:3 プールは,狂乱など引き起こさない。
10:3 Swimming pools do not [17](1.inform 2. contain 3. limit) outrage.
10:4一つには,これは親密度という要因のためである。
10:4 This is due in part to the familiarity factor.
10:5大半の人々が飛行機より,車中で過ごす時間のほうが多いのとちょうど同じように,私たちの
大半は銃を撃つより,プールで泳いでいる経験のほうがはるかに多い。
10:5 Just as most people spend more time in cars than in airplanes, most of us have a lot more experience swimming in pools than shooting guns.
10:6 しかし,子どもが溺れるのは,ものの30秒もかからないし,音もなくということも多い。
10:6 But it takes only about thirty seconds for a child to drown, and it often happens noiselessly.
10:7幼児は数インチばかりの浅い水でも溺れることがある。
10:7 An infant can drown in water as shallow as a few inches.
10:8一方,溺死を予防する方法は,かなり単純である。大人が見張り,プールの周りにフェンスを
張り,裏口にカギをかけて,よちよち歩きの子どもが知らないうちにこっそり外に出ないように することだ。
10:8 The steps to prevent drowning, meanwhile, are pretty straightforward: a watchful adult, a fence around the pool, a locked back door so a toddler doesn’t slip outside [18] (1. unwarned 2. unpunished 3. unnoticed).

・解答 [17]―1
>[17]設問部分は「(銃とは違って)プールは狂乱など~しない」という意味。選択肢はそれぞれ,
1が「~を(人の心に)吹き込む」,2が「~を抑える」,3が「~を制限する」という意味だか
ら,1が正解。前文のThe thought of ~ との対比を考えて,この部分は「人に~を思い起こさせる」 という意味でないと,文意が通らないと考えることがポイント。

■ 第11段落
11:1 もしもあらゆる親がこうした予防処置に従うなら,毎年400人の幼子が救えるかもしれな
い。
11:1 If every parent followed these precautions, the lives of perhaps four hundred young children could be saved each year.
11:2 その数は,最近の記憶に残る最も広く推奨された2つの発明によって救われる命を上回ること
になるだろう。安全性の高い幼児ベッドとチャイルドシートである。
11:2 That would [19] (1. outnumber 2. succeed 3. proceed) the lives saved by two of the most widely promoted inventions in recent memory: safer cribs and child car seats.
11:3 データによれば,チャイルドシートは有益だといっても,せいぜい名ばかり程度である。
11:3 The data show that car seats are, [20] (1. in the least 2. for the most . at best) , nominally helpful.
11:4後部座席に座らせておくほうが前の座席で膝の上に座らせておくよりも確かに安全である。前
部にいて万が一,事故が起きれば,子どもは必然的に飛んでいってしまうのだから。
11:4 It is certainly safer to keep a child in the rear seat than sitting on a lap in the front seat, where in the event of an accident he essentially becomes a projectile.
11:5 しかし,ここで得られる安全性は,子どもが前部座席に座るのを防ぐことから生じるので あって,ベルトをかけて子どもを200ドルするチャイルドシートに収めておくのから生じるのでは
ない。
11:5 But the safety to be gained here is from preventing the kids from sitting in the front seat, not from strapping them into a 200 car seat.
11:5 にもかかわらず多くの親たちはチャイルドシートの利益をあまりに誇張するので,彼らは地
元の警察署か消防署にのこのこ出向き,それをきちんと設置してもらうのである。
11:5 Nevertheless, many parents so magnify the benefit of a car seat that they trek to the local police station or firehouse to have it installed just right.
11:6確かに,愛情の表現ではあるが,いわば心配性育児の表れでもあるのだ。
11:6 Theirs is a gesture of love, surely, but also a gesture of what might be called obsessive parenting.

・解答 [19]―1
>[19] 設問部分は「それ(親が気をつけることで溺死せずにすむ子どもの数)は,最近の記憶に残 る最も広く推奨された2つの発明によって救われる命を~することになるだろう」という意味。筆 者は2つの発明(幼児ベッドと幼児用カーシート)の効果を疑問視していることを考える。選択肢 はそれぞれ,1が「数がまさる」,2が「成功する」,3が「続行する」という意味だから,正解は 1である。1以外は,どちらも自動詞なのでその点でも不適。

・解答 [20]―3
>[20] 設問部分は「データの示すところでは,カーシートは,~,名ばかり程度に有益である」と
いう意味。nominallyが「名ばかりで,名目上は」という意味であることがわかっていれば,「さ ほど有益ではない」という文脈の意味が理解しやすいであろう。選択肢はそれぞれ,1が「最小 限」,2が「最大にとって」,3が「せいぜい」という意味だから,3が正解だとわかる。」

環境情報学部 2009 問1
■第3段落
3:1 Climate change will only make matters worse, with shifting patterns of rainfall and rising sea levels threatening to render large tracts of agricultural land [3] (1. infeasible 2. insignificant 3. useless) .
3:1気候の変動は、降雨のパターンを変化させ、農地の大部分を使えなくする恐れがあるほどに海
水面を上昇させ、事態をいっそう深刻にするだけである。
3:2 Add a cruel and recently discovered twist the poisoning of many millions of people by well water contaminated with arsenic and it’s clear that Bangladesh represents a challenging case study for anyone who wants to solve the world’s water problems.
3:2 ヒ素で汚染された井戸水を飲んだ何百万という人が中毒症状を起こしたという、最近発見され
た痛ましい事態を加えると、世界の水問題を解決したいあらゆる人にとって、バングラデシュ
が、非常に難しい事例研究であるのは間違いないだろう。
・解答 [3]―3
>[3]
第3段第1文(Climatechangewill…)は、気候の変化が国土に与える悪影響を述べている部分である。 large tracts of agricultural land「農地の大部分」がどう変わってしまうのかという内容には、3の useless「役に立たない]が正解。render A Bは「AをBに変える]という意味。1のinfeasible「実行不可 能な」や2のinsignificant「重要でない」は不適当。

■第4段落
4:1 “Nowhere is water more dominant in people’s lives,” says British geographer John Soussan. 4:1 「ここ以上に、人命に水が影響を及ぼす場所はない」とイギリス人の地理学者ジョン=スーザ ンは言う。
4:2 And nowhere better illustrates the complexity of producing [4] (1. visible 2. subjective 3.workable) solutions to water resource problems.
4:2 そして、水源問題の有効な解決策を作ることの複雑さを、ここ以上によく物語る場所もない。
4:3 The threats that face Bangladesh’s supplies are intimately interconnected:
4:3 バングラデシュの水の供給に立ちはだかる危険は、相互に深く関連している。
4:4 thwart one, [5] (1. and 2.or 3. for) you can create problems downstream―sometimes literally. 4:4 つまり、1つを解決するとその流れに従い時には文字通りに下流でいくつかの問題を作り出し てしまうことになるのだ。
・解答 [4]―3
>[4]
第4段は、バングラデシュの水問題の複雑さを述べている。よって空所を含むthe complexity of producing ( ) solutions to water-resource problems「水源問題の~な解決法を作ることの複雑さ」に当 てはまる適語は3のworkable「有効な、実行可能な」である。1のvisible「目に見える」や2の subjective「主観的な」は文意に合わない。

■第6段落
6:1 The picture looks bleak, but experts point out that Bangladesh is, in some ways, a victim of its own success.
6:1見通しは暗いが、バングラデシュはある意味、自らの成功の犠牲者である、と専門家は指摘す
る。
6:2 Given the hydrological hand they were dealt, the inhabitants of the Bengal Delta traditionally grew low-yielding but flood tolerant rice, and fished wetlands and pools that were recharged by annual floods.
6:2彼らに与えられた水文学的な手札を考えると、ベンガル=デルタの住民は、低収穫でも洪水に
強い種類の米を伝統的に栽培し、毎年の洪水で補充される湿地や水溜りで漁業をしていた。
6:3 This could support a modest population at [8](1. Flat 2. Similar 3. Subsistence) levels, but no more.
6:3 これはささやかな数の人が、何とか食べていくことを可能にしたが、それ以上は無理であっ
た。
6:4 Since the late 1950s, however, aiddonor-backed irrigation schemes, later incorporating groundwater pumping, have opened up vast areas of fertile delta soil to the plough.
6:4 しかし1950年代の終わり頃から、援助国の支援による灌漑計画が、後に地下水の汲み上げと
一緒になって肥沃な三角州の広大な土地を開発し耕作地へと変えた。
6:4 Now almost all of the land in Bangladesh that is suitable for agriculture is in use.
6:4現在では、農業に適したバングラデシュの土地は、ほとんどすべてが利用されている。
6:5 High-yielding rice varieties have boosted productivity hugely, while the development of coastal areas for shrimp farming has also provided further food and revenue.
6:5高収穫な品種の米が生産性を大幅に向上させ、その一方でエビの養殖を目的とした沿岸地域の
土地の開発もまた、さらに多くの食糧と歳入をもたらした。
・解答 [8]―3
>[8]
第6段第1~3文では、バングラデシュの伝統的な経済活動では、多くの食糧を得られなかった、と いう主旨のことが述べられている。よって「ささやかな人口を~の水準で支えたが、それ以上は 無理だった」という意味の文章の空所を埋める語としては3のsubsistence「最低限の」がふさわし い。1のflat「平らな」や2のsimilar「よく似た」は文意に合わない。

■第7段落
7:1 As a result, the population has quadrupled since 1950.
7:1その結果、1950年以降人口は4倍に増えた。
7:2 Today, an average of 920 people crowd into each square kilometer of Bangladesh, making it one of the most [9](1. largely 2. densely 3. appropriately) populated countries in the world.
7:2今日では、平均920人が1平方キロメートル当りにひしめきバングラデシュを世界で最も人口密
度が高い国の1つに押し上げている。
7:3 Therein lies the problem:
7:3 そこに問題が存在する。
7:4 population pressure has helped to make droughts more severe and floods potentially more [10] (1. devastating 2. demanding 3. enriching) .
7:4 つまり、人口により圧力がかけられたことで干ばつはより厳しくなり、洪水の潜在的な脅威は
さらに大きくなった。
7:3 Also, with sanitation still inadequate, the rapid population growth of the past half century has exacerbated problems with waterborne disease.
7:3 また、下水設備がいまだ不十分なことと相まって、過去半世紀聞の急激な人口の増加は、水を
媒介とする病気の問題を深刻化させた。
7:4 Environmental scientist Atiq Rahman [11](1. prefers 2. likens 3. ascribes) Bangladesh to a giant toilet flushed just once a year.
7:4環境科学者のアティク=ラーマンは、バングラデシュを、年に1度しか水が流れない巨大な水洗
トイレに喩えた。
・解答 [9]―2
>[9]
第7段第2文(Today, an average of…)は、バングラデシュの人口密度の高さについて述べている。
よって2のdensely「密集して」が正解。1のlargely「主として」や3のappropriately「適切に」は合わ ない。
[10]―1 >[10]
第7段は人口の増加によって、気候がもたらす問題が悪化したことを述べている。とりわけ洪水の
脅威がどうなったか、を補充すべきなので、1のdevastating「破壊的な」が正解。2のdemandingは
「(人の要求が)厳しい」という意味。3のenriching「豊かにする、実りの多い」は文脈からして 不適当である。

■第9段落
9:1 If only things were that simple:
9:1物事がこれほど単純だったらどんなによかっただろう。
9:2 the tragedy that has subsequently unfolded reveals in stark terms how “solutions” to water resource problems can go astray if our knowledge of a region’s hydrology and geology is [14] (1. incomplete 2. sufficient 3. accumulated) .
9:2後に明らかになる悲劇は、ある土地について我々の水文学や地質学に関する知識が不十分だと
水源問題に関する「解決策」がいかに迷走するかを、如実に物語る。
9:3 It was Dipankar Chakraborty, an epidemiologist, who first raised the alarm.
9:3最初に警鐘を鳴らしたのは伝染病学者のデイパンカー=チャクラボルテイだった。
9:4 In 1988, on a visit to his Bengali parents’ rural village, Chakraborty noticed that many local people were suffering from skin lesions and cancers that seemed to be [15] (1. independent of 2. causing 3. consistent with) arsenic poisoning.
9:4 1988年に、ベンガル人の両親が住む田舎の村を訪ねたときに、チャクラボルテイは多くの地元
民が、ヒ索中毒と見られる皮膚病やガンを患っているのに気がついた。
9:5 When he tested samples of well water in his laboratory at Jabalpur University in Calcutta, it became clear why:
9:5 カルカッタのジャダヴプル大学の自分の実験室で、井戸水のサンプルを調べると、その理由が
明らかになった。
9:6 the villagers’ water supply was massively tainted with the metal.
9:6村民の水源は、その金属によってひどく汚染されていたのだ。
・解答 [14]―1 >[14]
水源問題の解決法が迷走するのは、水文学や地質学の知識がどのような場合なのかを答えればよ
い。よって、1のincomplete「不完全な」が正解。2のsufficient「十分な」は意味が反対。3の
accumulated「蓄積された]も合わない。

■第11段落
11:1 The arsenic was washed from the sediments of the Himalayas, and is thought to have been accumulating beneath the Bengal Delta for at least 2 million years.
11:1 ヒ素はヒマラヤ山脈の堆積物から洗い出され、少なくとも200万年の間ベンガル=デルタの 地下に堆積していたと考えられている。
11:2 The puzzle is why it is now being drawn to the surface in some wells, but not in others.
11:2不思議なのは、なぜ現在そのヒ素を表面に引き寄せる井戸もあれば、そうでない井戸もあるの
か、ということだ。
11:3 One leading theory is that the arsenic is released from the sediments into groundwater under oxygen-free, reducing conditions.
11:3有力な説の1つは、ヒ素は酸素のない還元状態で、堆積物から離れて地下水に入り込む、とい う考えだ。
11:4 And some researchers suspect that rotting vegetation in the uppermost 30 meters or so of sediment creates just such an environment.
11:4 そして、堆積物最上層30メートルほどにある腐敗した植物層が、ちょうどそのような環境を
作っているのだと考える研究者もいる。
11:5 That would help to explain why the problem seems worse in shallower wells, and adds to hopes that it may be possible to [17] (1. modify 2. identify. overcome) and selectively shut down those that are hazardous.
11:5 この説は、浅い井戸で問題がより深刻な理由を説明する助けになるであろうしまた危険な井
戸を特定し慎重に選別して閉鎖できる可能性を大きくする。
・解答 [17]―2
>[17]
第11段最終文(That would help to…)は、危険な井戸にどう対処することができるかについて述べ ている部分である。設問部分は「危険な井戸~、慎重に選別して閉鎖できる可能性を大きくする」 という意味なので2のidentify「~を特定する]が正解。1のmodify「~を修正する」や3のovercome
「~に打ち勝つ」は文意に合わない。

■第13段落
13:1 What’s more, drinking water may not be the only hazard:
13:1 その上、危険なのは飲料水だけではないらしい。
13:2 rice crops irrigated with arsenic contaminated groundwater have now been shown to accumulate the toxic element.
13:2 ヒ素で汚染された地下水を引かれた田の米が、有毒な物質を蓄積していることが証明されて
いる。
13:3 Although its [19] (1. too easy 2. too late 3. too early) to tell whether this poses a serious threat, the finding has sown seeds of doubt about the use of groundwater for irrigation, which is the mainstay of Bangladesh’s agriculture.
13:2 この件が深刻な危機を引き起こすか否かを判断するのは時期尚早だが、その発見は、バング
ラデシュ農業の頼みの綱である、灌漑目的の地下水利用に対して疑いの種をまくことになった。
・解答 [19]―3
>[19]第13段では、ヒ素汚染の新たな危険について述べている。設問部分は、Although「~では
あるが」で始まる従属節中にある。「この件が深刻な危機を引き起こすか否かを判断するのは~ だ」という内容から3のtoo early「早すぎる」を選ぶ。1のtoo easy「簡単すぎる」や2のtoo late
「遅すぎる」は文脈に合わない。

■第14段落
14:1 Research and new technology will be central to [20](1. undermining 2. tackling 3. indicating) the arsenic problem.
14:1研究と新技術が、ヒ素の問題への取り組みの中心になるであろう。
14:2 Surveying and screening wells is a top priority, yet arsenic testing kits for use in the field are still unreliable.
14:2井戸の調査と検査は最重要課題だが、畑で使うヒ素検査装置は信頼性がまだ低い。
14:3 More work is also needed to confirm the conditions under which arsenic is mobilized from the sediments, and at what depths this occurs.
14:3 ヒ素が堆積物から移動する条件や、その現象が起こる深度を明らかにするために、さらに作
業が必要とされる。
・解答 [20]―2
>[20]
「研究と新技術」が「ヒ素の問題」をどうすることの中心となるのかを考えれば、2のtackling
「~に取り組む」が選択できる。be central to tackling the arsenic problemは「ヒ素の問題への取 り組みの中心になる」。1のundermining「~の下にトンネルを掘る、~をひそかに傷つける]や3 のindicating「~を指摘する]は文脈からして不適切である。

総合政策学部 2009 問2
■第6段落
6:1 In worlds where people share ideas, roles, resources, purposes, and fates because of places, shared paths weave into the larger was” of town and neighborhood, city, and state.
6:1地域のために人々が思想や役割、資源、目的、運命を共有する世界では、共有の通路が搬り合
わさって、町や近隣、都市、国という「より大きな私たち」となっていく。
6:2 Place blends religious, ethnic, national, political, and other values to [39] (1. forbid 2. forsake 3.forge) “thick we’s.” 6:2地域が宗教的、民族的、国家的、政治的、その他の価値観をない交ぜにして「濃密な私たち」
を練り上げていくのである。
6:3 In a world of purposes, the inescapable shared fates necessary to “thick we’s” occur among friends and families, and in organizations.
6:3目的の世界では、「濃密な私たち」に不可欠な必然的に共有される運命は、友人や家族の間
や、組織体の中で生じる。
6:4 Our cares and animosities arise in them.
6:4私たちの不安も憎しみもそこから生まれる。
6:5 We know that Germany and France were mortal enemies many times in the olden days.
6:5ドイツとフランスは昔には何度も、不倶戴天の敵同士だったことを私たちは知っている。
6:6 But we do not [40] (1. allow 2. expect 3. implore) them to go to war ever again.
6:6しかし、私たちは両国がまた再び戦争をし始めるとは思っていない。
6:7 In a world of purposes, we do not hate people in the “thick we’s” of other organizations.
6:7目的の世界では、組織体は違っても「濃密な私たち」の中の人々を憎悪することはないのであ
る。
・解答 [39]―3
[39]
直前の文に「共有の通路が撚り合わさって、町や近隣、都市、国という『より大きな私たち』と
なっていく」とあるので、後続の設問部分も「地域がさまざまな価値観をない交ぜにして『濃密な 私たち』を生み出していく」といった意味でなければならないことがわかる。選択肢の意味はそ れぞれ次の通り。
1.「〜を禁じる」
2.「〜を見捨てる、止める」
3.「鍛えて作る、築く」
[40]―2 [40]
直後の文に「憎悪することはない」とあるから、設問部分も「戦争が起こらない」という意味に
ならなければいけないとわかる。選択肢の意味はそれぞれ次の通り。
1.「許す」
2.「予期する」
3.「懇願する、お願いする」
2が正解。なお、戦争勃発を「許さない」とするのは、戦争が起きそうな場合に用いるのが自然 で、ここでは「憎しみがない」以上、不自然である。よって、1は不適切である。

■第7段落
7:1 Large societies are unsustainable without organizations or midlevel formations.
7:1大きな社会は、組織体や中間層なしには維持できない。
7:2 If organizations disappear, societies [41] (1. Destabilize 2. Consolidate 3. Develop) until new ones emerge.
7:2組織体が消えてしまったら、社会は、新たな組織体が生じるまで、不安定になる。
7:3 De Tocqueville, for example, considered towns and associations [42] (1. vital 2. detrimental 3. harmless) to 19th century American democracy.
7:3 たとえば、ド=トクヴィルは、町や連合組織が19世紀アメリカの民主主義に極めて重要であっ
たと考えた。
7:4 The immense Soviet Union was also just that — a union of midlevel social formations called soviets.
7:4巨大なソビエト連邦もまた、まさにそうしたものだった。ソビエトと呼ばれる社会的中間層の
連合だったのである。
7:5 However, midlevel social formations grounded in place have at amazed in the last 30 years. 7:5しかしきちんと根を張っていた社会的中間層はこの30年間のうちに個々ばらばらとなってし まった。
7:6 Structures that once made sense local government, neighborhood, and community – destabilized.
7:6かつては理にかなっていた構造体であった地方政府、近隣地域、地域社会といったものは安定
を失った。
7:7 This instability will [43] (1. insist 2. resist 3. persist) until we recognize that organizations, not collectivities of is,” are the thick was” in which we share fates with others.
7:7この不安定は組織体が「私の集まり」ではなく、他者と運命を共にする場となる「濃密な私た
ち」なのだと、私たちがわかるまで持続するであろう。
7:8 Organizations are the midlevel social formations in a world of purposes.
7:8組織体は目的の世界の社会的中間層なのである。
・解答 [41]―1
[41]
前に「大きな社会は、組織体や中間層なしには維持できない」とあるので「組織体が消えてしまっ
たら当然社会は維持できなくなる」という意味になるように、空所を埋める。選択肢の意味はそ れぞれ次の通り。
1.「安定を失する」
2.「堅牢になる、強固になる」
3.「発展する」
[42]―1 [42]
「町や連合組織」は、明らかに「大きな社会」の中間層にftたるものでそれが社会の維持に必要 なことを示す例として挙げられているので「19世紀アメリカの民主主義にとって、維持するのに 不可欠なものだ」と考えて、1の「極めて重要な」を選ぶ。他の選択肢の意味はそれぞれ2は「有
害な、不利益な」、3は「無害な」だから、「維持するのに欠かせない」を表すには不適切
[43]―3 [43]
This instabity「こうした不安定」とは「中間層が消えてしまって社会に生じた不安定」のことで ある。そして、「組織体が…他者と運命を共にする場となる『濃密な私たち』なのだと、私たち
がわか」ればすなわち、中間層の重要性に気がつけば、「中間層」が復活し、社会も安定に向か うことになる。逆に、「気づくまでは」、社会の不安定は続くことになるだろう。よって、空所
には「(不安定が…まで)続く」という意味になるものが入る。選択肢の意味はそれぞれ次の通り。 1.「主張する」
2.「抵抗する」
3.「持続する」

■第9段落
9:1 Organizations compete in markets and networks.
9:1組織体は、市場やネットワークの中で競争を行う。
9:2 Organizations must link their common good to the greater good of the planet.
9:2組織体はその共通の利益を世界全体のより大きな利益と結びつけなければならない。
9:3 For example, in organizations, employees and volunteers must [45] (1. be indifferent to 2. make little of 3. take responsibility for) blending value and values in the good things they provide to others.
9:3たとえば組織体の中では、従業員やボランティアは他者に対して自分が提供する有益物の中に ある価値と価値観とを混ぜ合わせる責任を負わなければならない。
9:4 To ignore or abuse that [46] (1.value 2. right 3. burden) is to fail to lead a good life in our new world of purposes.
9:4 そうした負担を無視したり、悪用したりすれば、私たちの新たな目的の世界では良い暮らしは
送れないのである。
・解答 [46]―3
[46]
直前のthatは指示詞で、空所は前問の「責任をとる」こと、を受けている。したがって、3を空所
に入れて、そうした(責任があるという)「負担」とすれば前にある「組織の一員がしなければなら ないこと」という内容に沿う。他の選択肢は1が「価値」、2が「権利」という意味でいずれも不 適切。

■第10段落
10:1 This ethical imperative is inescapable.
10:1このような倫理的な義務は不可避である。
10:2 We understand that the common good of our organizations must incorporate concerns ranging from work/family balance to customer satisfaction to investment returns.
10:2私たちは自分の組織体の共通利益には、仕事と家庭の両立から、顧客満足度、投資利益までに
及ぶ事項が含まれねばならないことを理解している。
10:3 The common good of organizations [47] (1. demands 2. demonstrates 3. denies) that we weave together hierarchical and democratic social and political values.
10:3 組織体の共通利益が、階級的民主的、また社会的、政治的価値観をまとめ上げるよう私たち
に要求してくる。
10:4 This is [48] (1. progressive 2. promising 3. premature) because strong, predictable shared values practiced in organizations are the values shared among friends and families in markets, networks, nations, and the world.
10:4 これに期待がかけられるのは、組織体の中で実践される強力で予測可能な共有価値観が市場
やネットワーク、国家、世界の中で友人や家族の間で共有される価値観だからなのである。
・解答 [47]―1 [48]―2
「47]
直前の文の記述から、「組織体の共通の利益」とは具体的には「仕事と家庭の両立から、顧客満 足度、投資利益までに及ぶ事項」といったものである。それが「階級的、民主的、また社会的、 政治的価値観をまとめ上げる」ことをどうするのかを考える。これまでの本文の論旨は第8段第1 文(Organizations are“thick we’s”…)にある通り、「組織体は個人が私利私欲と共通利益とを均衡させ なければならないところ」なのだからここでも、「価値観をまとめ上げるようにさせる」といっ た意味になるはずだと判断できる。選択肢の意味はそれぞれ次の通り。
1.「〜を要求する」
2.「〜を証明する」
3.「〜を否定する」
上記の検討に最もふさわしいのは1である。
[48]
本文の中で「組織体の中で共有される価値観」は、一貫して「現代社会を良好に維持するための
カギ」とされてきた。ここでも、そうした意味をもつ選択肢を選べば、論旨が一貫する。選択肢 の意味はそれぞれ次の通り。
1.「進歩的な」
2.「期待のもてる」
3.「時期尚早な」

■第11段落
11:1 People who experience robust democracy in organizations are more likely to respect dissent, free speech, consent, participation, and responsibility.
11:1 組織体の中で確固とした民主主義を経験した人々は違う意見、自由な言論、意見の一致、参
加、責任を尊重する傾向がある。
11:2 They are less likely to violate the liberty and freedoms of others.
11:2 他者の自由を踏みにじるようなことをする傾向は低い。
11:3 Neither value nor values can be [49] (1. promoted 2. ignored 3. achieved) in organizations.
11:3 価値も価値観もどちらも組織体の中でないがしろにされることはありえない。
11:4 Again, organizations must link their common good to the greater good of the planet.
11:4 繰り返すが組織体はその共通の利益を世界のより大きな利益に結びつけなければならないの
である。
11:5 In a world of purposes, this is what organizations do – this is what they are for.
11:5 目的の世界で組織体が行うのは、このことである。これこそが組織体の目的なのである。
11:6 Organizations are the solutions to [50] (1. restore 2. regulate 3. monopolize) “thick we’s,” where value and values as well as “I’s” and “we’s” can migrate.
11:6 組織体は「濃密な私たち」を回復する解決策であり「私」と「私たち」ばかりでなく、価値
と価値観が行きつく先である。
11:7 Organizations decide the fate of the twin towers of democracy.
11:7 組織体が、民主主義の双壁の命運を決するのである。
・解答 [49]―2
[49]
設問部分は「組織体の中の人々は他者のもつ自由を踏みにじるようなことはしそうにない」に続
く部分。「価値も価値観も、どちらも組織体の中では、どうされることはありえないか」を考え る。選択肢の意味はそれぞれ次の通り。
1.「促進される」
2.「無視される」
3.「達成される」
先行文のviolate「踏みにじる」に最も近い意味になるものを選べばいいのだから、正解は2に決ま
る。
[50]―1 [50]
本文の中で共同社会を現代に実現するために一貫して「組織体」に与えられてきた高い評価を前提
にして考えれば、「解決手段」とは、「現代の市場万能社会で失われた共同社会を取り戻す解決 策」という意味になるはずだと理解できる。選択肢の意味はそれぞれ次の通り。 1.「〜を回復する」
2.「〜を規制する」
3.「〜を独占する」

総合政策学部 2010 問2、
■ 第1段落
1:1公共機関としての博物館という概念は,本来啓蒙主義の産物である。
1:1 The idea of the museum as a public institution is primarily a creation of the Enlightenment.
1:2博物館は基本的に教育的なものであり,美術,自然,科学の世界の現象を体系的に組織し,提
示する場所だと考えられていた。
1:2 The museum was construed to be fundamentally educational, a venue for the systematic organization and presentation of artistic, natural, and scientific phenomena.
1:3 その考えに内在するのは,博物館は公共の場所であり,知識の普及のためにあるという思想で
ある。
1:3 [31] (1. Inherent in 2. Indifferent to 3. Insistent on) this is the idea of the museum as a public space, dedicated to the diffusion of knowledge.
1:4啓蒙主義時代の大博物館,たとえば大英博物館やルーブル美術館は自然と芸術の両世界の系統
分類を生み出し,それらを広範な公衆にわかりやすく接しやすくしようとする,こうした努力を 端的に示している。
1:4 The great museums of the Enlightenment―the British Museum or the Louvre, for instance―epitomize this effort to create a taxonomy of both the natural and artistic worlds in order to make them [32] (1. intelligible 2. irresistible 3. intangible) and accessible to a broad public.

・解答 [32]―1
>[32] 設問部分は「啓蒙主義時代の大博物館…は,自然と芸術の両世界の系統分類を生み出し,そ
れらを広範な公衆に~であり,接しやすくしようとするこうした努力を端的に示している」とい う意味。選択肢はそれぞれ,1が「わかりやすい」,2が「きわめて魅力的な,抗いがたい」,3が
「実体のない,わかりにくい」という意味で,博物館がthe diffusion of knowledge「知識の普及」を 目的にしていることから,正解は1だとわかる。ただし,文中に含まれるepitomize,taxonomyと いった単語の知識がないと苦しい。

■ 第2段落
2:1 19世紀末と20世紀初頭に設立された合衆国の大美術館,たとえば,メトロポリタン美術館,ボ ストン美術館,あるいはフィラデルフィア美術館は,啓蒙思想のお手本に基づいて創設されたが, 大英博物館やルーブル美術館とは違って,それらは私有・私営の機関であった。
2:1 The great museums of the United States founded in the late nineteenth and early twentieth centuries, such as the Metropolitan Museum of Art, the Museum of Fine Arts, Boston, or the Philadelphia Museum of Art, were founded on the Enlightenment model, but unlike the British Museum or the Louvre, they were privately owned and financed institutions.
2:2それらは支援を,それらを創設した後支援していた比較的少数の富裕な個人に頼っていただけ
でなく,彼らの美術館所在地の地域社会との関係を確立し,育成していく能力にも頼っていた。
2:2 They depended for support not only on the relatively few wealthy individuals who founded and subsequently supported them, but also on their ability to establish and nurture a relationship with the [33] (1. locations 2. tribes 3. communities) in which they exist.

・解答 [33]―3
>[33] 設問部分は「それらは支援を,…比較的少数の富裕な個人に頼っていただけでなく,彼らの 美術館所在地の~との関係を確立し,育成していく能力にも頼っていた」という意味。選択肢は それぞれ,1が「場所位置,地区」,2が「部族」,3が「地域共同体・社会,自治体」という意 味。それと関係をもつことができ,in which they existの先行詞になることができるものであること を考えると,正解は3である。

■ 第3段落
3:1 アメリカ合衆国だけで,現在約3500の美術館があり,最新の統計によれば,年間6800万を超
える成人がそこを訪れている。驚くべき数字であり,おおよそ住民中3人の男女ごとに1人という
率になる。
3:1 In the United States alone there are currently some 3,500 art museums and according to the most recent statistics they are visited by over 68 million adults a year, an astonishing number that [34] (1. holds out 2. gives out . works out) to roughly one out of every three men and women in the population.
3:2好調な経済強烈な誇り高い市民意識,そして文化観光のもつ経済的な利益に対する地方と合衆
国の政府の意識の高まりに支えられて,アメリカ中の美術館は所在地域社会の典型的な公共機関と なったのであり,国際的に有名な建築家によって設計された壮観な新ビルや増築部分に入居する こともしばしばだった。
3:2 Supported by a booming economy, intense civic [35] ( 1. strife 2. pride 3. resentment) and the local and state governments’ growing awareness of the economic benefits of cultural tourism, museums across America have become the defining public institutions of their communities, often housed in spectacular new buildings or additions designed by internationally celebrated architects.

・解答 [35]―2
>[35] 設問部分は「アメリカ全土の美術館は,好調な経済,強烈な市民の~,そして…政府の意識
の高まりに支えられていたので」という意味。選択肢はそれぞれ1が「不和,反目,紛争」,2が
「誇り」,3が「憤慨,恨み,怒り」という意味だから,美術館を支えるものにふさわしいのは2 だと判断できる。

■ 第4段落
4:1美術館の成功と人気を考慮すればその信頼性が今や揺らぎつつあるのは,ある種皮肉なこと だ。
4:1 Given the success and popularity of art museums there is a certain irony that their credibility is now being questioned.
4:2美術館が入場者を劇的に増やし,実業界から市場戦略を取り入れ,社会に相当の経済的利益を
もたらし得ることが明らかとなるにつれ大衆とマスメディアはその運営をよりいっそう注視する ようになった。
4:2 [36] (1. As long as 2. As far as 3. As) art museums dramatically increased their audiences, adopted marketing strategies from the business world, and began demonstrating that they could generate substantial economic returns for their communities, the public and the media started to take a much closer look at their operations.
4:3 そして,こうした注目が集まるにつれて,わかってきたのは美術館も,他の機関同様に,完全
無欠ではないし,折に触れて怪しげな業務を行い,主催者がうまく展示品を購入することができ たり,寄贈者や収集家が展示内容を思うままにできたり,展覧会を収益を生むためだけに構成し たり,現実の,あるいはあると感じられている利害関係の対立に関わる協定を結んだりするとい
うことであった。
4:3 And with this attention came an [37] ( 1. awareness 2. attack 3. anticipation) that art museums, like other institutions, are not perfect, that they occasionally engage in questionable practices, whether allowing a sponsor to effectively buy an exhibition, or giving control of exhibition content to a donor or collector, or programming exhibitions solely to generate income, or entering into arrangements that involve real or perceived conflicts of interest.

・解答 [37]―1
>[37] 設問部分は「こうした注目が集まるにつれて,やって来たのは,…という~であった」とい う意味。this attention「このような注目」がなされることで,それまではわかっていなかった様々 なことがわかってくる。という事態が予想される。選択肢はそれぞれ,1が「意識,知ること」2 が「攻撃」,3が「予期」という意味。よって,1が正解。2のattackは同格のthat節を従えないので 不適。that節内に記述されている事態は事実であって,これから起こりそうなこと,すなわち「予 期」の内容ではないから,3も不適。

■ 第5段落
5:1 このことの最も悪名高い事例が近年,ブルックリン美術館で起きた。その件では,「センセー ション」展という,チャールズ=サーチ・コレクションによるイギリス若手画家たちの展覧会を行 い,ft初ニューヨーク市長によって,自分には冒涜的な絵画だと思えるものを展示しているとし て,次には報道機関によって,多くの事実を伏せていて,サーチが展覧会の主要な金銭的支援者 であるかどうかもまた隠しているとして,激しく非難されることになったのだった。
5:1 The most [38] (1. ambitious 2. notorious 3. prosperous) recent example of this occurred at the Brooklyn Museum of Art, when it presented Sensation, an exhibition of young British artists from Charles Saatchi’s collection, and found itself initially under attack by the mayor of New York [39] (1. by 2. in 3. for) displaying what he perceived to be blasphemous art, and then by the press for being less than forthright about a number of facts, including whether Saatchi was also a major financial donor to the exhibition.

・解答 [38]―2
>[38] 設問部分は「このことの最も~な事例が近年,ブルックリン美術館で起きた」という意味。 選択肢はそれぞれ,1が「野心的な」,2が「悪名高い」,3が「成功している」という意味。後続 の文にunder attack「激しく非難される」,さらにblasphemous「神を恐れぬ,冒流的な」とあるか ら,2がふさわしいと判断できる。

■ 第7段落
7:1 ニューヨークタイムズその他の新聞が繰り返し非難したのは,展覧会の資金がどのように提供 されたのかを巡って,ブルックリン美術館が一見意図的に公衆を欺こうとしたことだった。
7:1 What the Times and other papers criticized repeatedly was Brooklyn’s apparently intentional misleading of the public over the way in which the exhibition was financed.
7:2 「健康に関する警告:この展覧会の内容は衝撃的で嘔吐をまねくことがあります」というス ローガンを中心としたきわめて扇動的な宣伝活動によって,「センセーション」展を売り込み, また大手映画会社の営業戦術を活用したので,美術館は今や,自分が生み出した関心それ自体の
対象に自分がなっていることがわかったのだ。
7:2 Having promoted Sensation with a highly [40] (1. inflammatory 2. nostalgic 3. authoritative) advertising campaign that centered on the slogan, “Health Warning: the contents of this exhibition may cause shock and vomiting,” and deployed the marketing tactics of a major movie studio, the museum discovered that it was now the subject of the very attention it had generated.
7:3公衆は言うまでもなく,メディアも,自分が目にしているものが気に入らなかった。
7:3 The media, not to mention the public, did not like what it [41] (1. saw 2. promoted 3. constructed) .
7:4美術館の計画や業務が精査され,その倫理意識が疑われその最も熱心な支持者たちでさえ,報
道機関と公衆から浴びせられる絶えざる批判の集中砲火に対して美術館を弁護するのにうんざりし てしまった。
7:4 The museum’s programs and practices were scrutinized and its [42] (1. ethics 2. attendants 3. securities) were questioned, and even its most ardent supporters wearied of defending the institution against the constant barrage of accusations that came from the press and the public at large.

・解答 [40]―1
>[40] 設問部分は「…というスローガンを中心としたきわめて~な宣伝活動によって,『センセー
ション』展を売り込み」という意味。「健康に関する警告:この展覧会の内容は衝撃的で嘔吐を まねくことがあります」という宣伝文句(もちろん,煙草の「煙草は健康に害があるかもしれま せん」という警告のもじり)の内容にふさわしいものを選ぶ。選択肢はそれぞれ,1が「扇動的 な」,2が「郷愁を呼ぶ」,3が「権威のある,高圧的な」という意味だから,1が最もふさわしい といえるだろう。

・解答 [41]―1
>[41]設問部分は「公衆は言うまでもなく,メディアも自分が~しているものが気に入らなかった」 という意味。itがThe mediaとthe publicを指示していることを正確につかむ。選択肢はそれぞれ,1 が「目にした」,2が「促進した」,3が「構築した」という意味。美術館がメディアから注目さ れ,非難されていることを考えると,1が適切だと判断できる。

・解答 [42]―1
>[42] 設問部分は「美術館の計画や実践が精査され,その~が疑われた」という意味。選択肢はそ れぞれ,1が「倫理意識」,2が「館員,案内係。随行者」,3が「資産」という意味。1のethicsは
「倫理(学)」という意味では単数扱い。複数扱い(動詞がwereとなっていることに注意)の場 合は,単に「倫理」ではなく「(守るべき具体的な)道義,倫理観,倫理意識」という意味にな る。そう読み取れれば,これが文意に最もふさわしいと判断できる。よって,正解は1である。

■ 第9段落
9:1公衆の信頼というのは,公衆を代表して保管する所蔵品を保存,保護増強するという一連の責 任と,この責任を最高水準の技能と不断の努力をもって確実に果たしていくという行動準則の両 方を意味する言葉である。
9:1 Public trust is a term that implies both a set of responsibilities to preserve, protect, and enhance property held [44] (1. on top of 2. on behalf of 3. in addition to) the public and a code of conduct to ensure that this responsibility is discharged with the highest degree of skill and diligence.
9:2公共機関として,美術館はそれが体現していると受けとめられている価値観と調和するよう
に,行動し行為するように求められている。
9:2 As public institutions, museums are expected to act and behave in a way that is in keeping with the perceived [45] ( 1. thoughts 2. values 3. politics) they embody.
9:3 このことはその運営資金が私的か公的か,それが市営か国営かとは無関係にftてはまる。
9:3 This is true regardless of whether they are privately or publicly funded, civic or state institutions.

・解答 [45]―2
>[45] 設問部分は「美術館はそれが体現していると受けとめられている~と調和するように,行動
し行為するように求められている」という意味。選択肢はそれぞれ,1が「思想」,2が「価値 観」,3が「政治」という意味。美術館が体現するのにふさわしいものであり,かつ,それにふさ わしいふるまいを美術館がすべきもの,と考えれば,それは2の「価値観」だと判断できるだろ う。

■ 第11段落
11:1 ここでカギを握っているのは,道徳的な権威という言葉であり,それによって私たちは再び
責任という問題へと,出発した地点へと戻ってくる。
11:1 The key term here is moral authority, which brings us back to the issue of responsibility and where we began.
11:2美術館が繁栄を続けるのに,知っておかねばならないのは,美術館の道徳的な権威が由来する
のは,美術館が責任をもって公益のために行動していると信じるがゆえに,公衆が美術館に投資 した信頼からなのだ,ということなのである。
11:2 If art museums are to continue [47] (1. thriving 2. sliding 3. revolving) they must recognize that their moral authority derives from the trust the public invests in them because the public believes they are acting responsibly and for the common good.
11:3信頼が薄くなるということは,究極的には美術館の権威と信用性が失われるということであ
り,いったん失われればその信頼はきわめて取り戻しにくいのである。
11:3 Lessening of trust is ultimately a loss of a museum’s authority and credibility, and once lost, that trust is very difficult to [48] ( 1. sustain 2. regain 3. refrain) .
11:4 しかし問題は,美術館が商業文化を受容する手段を見出せるかどうかではなく,芸術と商業 の間には,保持するに値する明瞭なくっきりとした区別があることを示すことができるかどうか
なのだ。
11:4 The question, however, is not whether art museums can find a way to embrace commercial culture but whether they can demonstrate that there is a clear and discernible difference between art and commerce that is worth preserving.
11:5芸術と商業が互いに途切れなく結びつくことができ,また実際にしばしば結びついており,美
術館が巨大な総合娯楽産業の一部となるかもしれずまた美術館がますます営利企業のようにふる まわざるを得ない世界においては,この任務は生易しいことではない。
11:5 This is not an easy task in a world where art and commerce can, and often do, merge seamlessly into each other, where museums can become part of vast entertainment complexes, and where museums are compelled to act more and more like commercial enterprises.

・解答 [48]―2
>[48] 設問部分は「いったん失われれば,その信頼はきわめて~しにくいのである」という意味。
選択肢はそれぞれ,1が「維持,持続する」2が「取り戻す,回復する」,3が「差し控える,慎 む」という意味。「いったん信頼が失われれば」という条件の下では,すでに信頼はなくなって いるのだから「維持する」ことは不可能なので,ここでは1は不適切。「失った信頼を取り戻す」 という意味になる2が,正解にふさわしい。

■ 第12段落
12:1要するに美術館が使命感を動力とする教育機関として生き延びていくには,公衆を説得して,
自分たちは誠実に不断の努力を重ねてその責任を果たしており,創作されたのが千年前であれつ い先週であれ真に新しい芸術と思想がもつ困難な挑戦と,有名ブランド店で買い物したり,テー マパークに行ったりする手近な快楽とは,はっきりと区別できるのであり,そして,美術館は公 衆の信頼に値し,それゆえに,美術館にその公共的な使命を果たすために特別の地位を与えるこ とには価値があるのだと思われ続けるほかないであろう。
12:1 Art museums, in short, will be able to survive as mission-driven educational institutions only if they can continue to [49] (1. provoke 2. convince 3. question) the public that they discharge their responsibilities with integrity and diligence; that there is a discernible difference between the discomforting challenge of genuinely new art and ideas, whether created a thousand years ago or just last week, and the immediate pleasure of shopping at a designer store or going to a theme park; and that they [50] (1. manage 2. manipulate 3. merit) the public’s trust in them, and that because of this it is worth according them a special status in order to fulfill their public mission.

・解答 [50]―3
>[50] 設問部分は「それ(=美術館)は公衆の信頼を~するということを(公衆に納得してもら う)」という意味。選択肢はそれぞれ,1が「~を経営する」,2が「~を操作する,操る」,3が
「~に値する」という意味だから,「美術館が…教育機関として生き延びていく」ためにはどう するか,という文脈にふさわしいのは3しかない。名詞のmerit「長所」は日本語にもなっている が,それが他動詞として使われたときの意味「~に値する,価値がある」が問われていることに 注意。

総合政策学部 2011 問1、
■ 第1段落
1:1世界規模の統治にかかわる問題は,現代の世界では,人間集団が世界貿易から人間の安全保障 まで,さまざまな問題に対処しようとするにつれてますます重要性を帯びるようになった。
1:1 The issues related to global governance have assumed an increasing importance in our world as human populations attempt to deal with a variety of issues, from world trade to human security.
1:2 「世界経済」,「地球社会」,「地球温暖化」といった言葉が,現在ますます多く使われるこ とが,こうした問題に専門的な世論形成者がますます関与するようになっている証左である。
1:2 The current growing usage of such terms as “global economy,” “global society” and “global warming” is a sign of the increasing engagement of expert opinion-makers with these issues. 1:3通常の世論形成者もまた,フェイスブックの世界統治ページといったサイトによって示される
ように,こうした問題に関与してきた。
1:3 Ordinary opinion-makers have also engaged with these issues, as demonstrated by such sites as the Global Governance Page on Facebook.
1:4最近,こうした大問題は,この地球の比較的狭い地域,カナリア諸島でくっきりと浮かび上
がった。
1:4 Recently, these large issues have come into [1] (1. action 2. shape 3. focus) in a relatively small section of our globe, the Canary Islands.

・解答 [1]―3
>[1] 設問部分は「こうした大問題は…ナリア諸島で( )した」という意味。選択肢は,
have come intoに続くと,1は「活動を始めた」,2は「形になった」,3は「焦点を結んだ」=「くっ きりと浮かび上がった」となるので,3以外は意味をなさないとわかる。

■ 第2段落
2:1 カナリア諸島はアフリカ西海岸沖合の大西洋上に位置する群島である。
2:1 The Canary Islands are an archipelago located in the Atlantic off the west coast of Africa.
2:2 かつてはスペイン最古の植民地の一つであり,島は1978年にスペインの自治州となった。
2:2 Formerly one of Spain’s oldest colonies, they became a Spanish Autonomous Community in 1978.
2:3 スペインがヨーロッパ連合,すなわちEU(ft時はヨーロッパ共同体として知られていた)に
1986年に加入したとき,島はEUの外縁地域の資格を得た。
2:3 When Spain joined the European Union, or the EU (at that time known as the European Communities), in 1986, they [2] ( 1. subordinated 2. qualified 3. modified) as an Outermost Region of the Union.
2:4外縁地域は,地理的にはヨーロッパ地域でないけれども,EUの一部だと考えられる,EU加盟
国内の9地域である。
2:4 The Outermost Regions are nine regions of EU member states which, though not geographically part of Europe, are considered part of the EU.
2:5 EUは一般に,超国家的な統治の最も重要な事例だと考えられている。
2:5 The EU is generally considered a prime example of supranational* governance.
2:6財政的な規制や環境保護,管理支配権の問題にまで及ぶ,深まるスキャンダルがこうした島々
で明るみに出た。
2:6 A growing scandal covering issues of financial regulation, environmental protection and regulatory jurisdiction has come to [3] (1. light 2. pass 3. an end) in these islands.

・解答 [2]―2
>[2] 設問部分は「カナリア諸島はEUの外縁地域として( )した」という意味。選択肢は
それぞれ,1は「従属させた」,2は「資格を認められた」,3は「変更された」という意味だか ら,正解は2に決まる。選択肢の中に未知の単語があると,厳しい。

■ 第3段落
3:1英国の新聞フィナンシャルタイムズ紙のある記事によれば,スキャンダルの焦点はカナリア諸 島東端のランサロテ島の8つの豪華ホテルである。
3:1 According to an article in the British newspaper, the Financial Times, the focus of the scandal is eight luxury hotels on Lanzarote, the easternmost of the Canary Islands.
3:2地理的に遠方であり,観光に過度に依存しているために,ランサロテ島はEU条約の下でヨー
ロッパおよび国内からのさまざまな補助金を受ける資格があった。
3:2 Because of its remote geography and its overdependence on tourism, Lanzarote was [4] (1. provided 2. accounted 3. eligible), under the EU treaty, for a variety of European and national subsidies.
3:3 1990年代の膨張する経済にあおられて,過去40年間にわたって島の経済の頼みの綱であった観
光産業が急成長した。
3:3 Fuelled by the expanding economy of the 1990s, tourism, which had been the mainstay of the islands economy for the past 40 years, [5] (1. boomed 2. bubbled 3. banged) .
3:4 ホテルが建設され,1999年に島の飛行場が拡張され,EU諸国からの観光便の流入を処理でき
るようになった。
3:4 Hotels were built, and the islands airfield was expanded in 1999 to handle the [6] (1. intrusion 2. influence 3. inflow) of tourist flights from EU countries.
3:5 2008年には,500万人以上の乗客がランサロテ島へ旅した。
3:5 In 2008, more than five million passengers travelled to Lanzarote.
3:6 この発展に論評を加えて,フィナンシャルタイムズ紙の記事は「観光産業の急速な発展によっ て,農業と漁業が地域経済から押し出されてしまい,島の持続可能性が揺らいでしまった」と述 べている。
3:6 Commenting on this development, the Financial Times article states, “The rapid growth of the tourism industry has crowded out agriculture and fishing from the local economy and [7] (1. undermined 2. strengthened 3. demonstrated) the sustainability of an island.”

・解答 [5]―1 I
>[5] 設問部分は「過去40年間にわたって島の経済の頼みの綱であった観光産業が( )し た」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「急成長した」,2は「泡だった」,3は「ドンと音をた てた」という意味。「バブル経済」が訪れたという記述はなく,実体を伴っていたのであるから
「ブーム」が起きたとする1が正解である。

・解答 [6]―3
>[6] 設問部分は「ホテルが建設され,1999年に島の飛行場が拡張されEU諸国からの観光便の
( )を処理できるようになった」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「侵入」,2は
「影響」,3は「流入」という意味だから,正解は3の「流入」である。

・解答 [7]―1
>[7] 設問部分は「観光産業の急速な発展が,農業と漁業を地域経済から押し出し,島の持続可能 性を( )した」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「掘りくずした」,2は「強化し た」,3は「証明した」という意味だから,正解は1である。この部分の文意をつかむには,crowd out~「(ぎっしり詰め込んで)~を押し出す」の理解が不可欠である。

■ 第5段落
5:1 カナリア諸島の最高裁判所は,ランサロテ島のさまざまな事業に対する22の建設免許を無効と
した。
5:1 The Canary Islands High Court has annulled 22 building licenses for various projects on Lanzarote.
5:2金銭的な不正事件に政治的な不正の面を付加することになったのは,開発と環境問題の間のこ
うした関係である。
5:2 It is this relationship between development and environmental issues that has added aspects of political corruption to the financial [9] (1. assistance 2. award 3. fraud) case.
5:3 フィナンシャルタイムズ紙は,これまでに30人を超える公務員と実業家が違法な建築と操業許
可にかかわる不正の申し立てによって逮捕されたと報じた。
5:3 The Financial Times reported that more than 30 public officials and businessmen have been arrested on allegations of corruption regarding illegal building and operating [10] (1.. systems 2. principles 3. permits) .
5:4 こうした告発は地域的な政治問題を超越し,政策と責任の問題にかかわる主要な国際組織を巻
き込んでいる。
5:4 These charges transcend local political issues and involve major international organizations on the questions of policy and responsibility.

・解答 [9]―3
>[9] 設問部分は「金銭的な( )事件に政治的な不正の面を付加することになったのは, 開発と環境問題の間のこうした関係である」という意味。この文が強調構文であることの理解, さらにadd A to B「AをBに加える」という表現の知識が前提になる。Political corruption「政治的な 不正,堕落,腐敗」が加えられるのにふさわしい意味を考える。選択肢はfinancialに続けると,1 は「金銭的支援」,2は「賞金」,3は「金銭的詐欺,不正」という意味だから,正解は3以外にな い。

・解答 [10]―3
>[10] 設問部分は「これまでに30人を超える公務員と実業家が,違法な建築と操業( )に かかわる不正の申し立てによって逮捕された」という意味。Arrest A on B 「B(理由)に基づいて
A(人)を逮捕する」 allegation「申し立て,主張,陳述」,regarding「〜について,〜に関し て」といった語句の正確な理解が前提。選択肢はそれぞれ,1は「制度」,2は「原理」,3は「許
可」という意味である。Corruption regarding illegal … operating permits「違法 … 操業許可にかか わる不正」と読めれば,3が正解であることは明らかである。

■ 第6段落
6:1 その記事の背景調査を準備するのに,フィナンシャルタイムズ紙は,ロンドンに本拠がある
NPO,調査報道事務局(BIJ)と共同で作業した。
6:1 In preparing the background research for the article, the Financial Times collaborated with the London-based NPO, the Bureau of Investigative Journalism (BIJ).
6:2 BIJは,そのウェブサイトで,その目的が「良質の調査報告を制作することによって独自の報 道を支援すること,および,調査報道を実施し,資金を提供する新たな手法を探ること」である
と述べている。
6:2 On its web site, the BIJ states that its goal is “to bolster original journalism by producing high- quality investigations, and to explore new ways of conducting and funding investigative journalism.” 6:3他の報道機関と共同作業をすることによって,同局は,国内,国際メディアが長期にわたる出
費のかさむ調査に資金を出すときにしばしば直面する難題に取り組もうとしている。
6:3 By working in collaboration with other news groups, it aims to [11] ( 1. call 2. address 3. support) the difficulty that national and international media often face in [12] (1. funding 2. avoiding 3. finding) expensive long-term investigations.
6:4 フィナンシャルタイムズ紙とBIJによる共同調査は,8つの大ホテルが特別な環境上の地位を利 用して自分の事業を促進したり,地域の雇用を創出するのに役立てるため2360万ユーロの融資を 受ける資格を手にするのに役立てたと,訴えている。
6:4 The joint investigation by the Financial Times and the BIJ alleges that eight large hotels used a special environmental status to promote their business and to help [13] (1. clarify 2. qualify . exemplify) for the 23.6 million euros in loans to help generate employment in the area.
6:5彼らの調査によると,開発ブーム以前は,ランサロテ島は1993年にユネスコの「人間と生物
圏」(MAB)計画のもとで「生物圏特別保護区」の資格(以後「生物圏資格」と呼ぶ)を授与さ れた。
6:5 According to their research, before the development boom Lanzarote received a “Reservation of the Biosphere” status (hereafter called Biosphere status) in 1993 under the UNESCO “Man and the Biosphere” (MAB) Program.
6:6 この資格は島が持続可能な開発のための特別基金を得るのに役立ったのだ。
6:6 This status helped the island win special funding for sustainable development.

・解答 [12]―1
>[12] 設問部分は「国内,国際メディアが長期にわたる出費のかさむ調査( )するときに
しばしば直面する難題」という意味。選択肢はそれぞれ1は「~に資金を出す」,2は「~を回避 する」,3は「~を発見する|という意味である。「メディアが直面する難題」とは何かと考えれば
「金銭面での難題」についての記述だとつかめるだろう。よって,正解は1である。

■ 第7段落
7:1 MAB計画は,指定された生物圏保護地域の保全と維持可能な開発の手法を導入,明示するため
のものである。
7:1 The MAB Program is designed to innovate and demonstrate approaches to conservation and sustainable development for [14] (1. deregulated 2. designed 3. designated) Biosphere Reserve sites.
7:2 こうした生物圏保護地区は国家主権支配下にあるままだが,その経験と思想を,生物圏保護地
区の世界的な組織の中で国内,域内で,また国際的に分かち合っている。
7:2 These Biosphere Reserves remain under national sovereign jurisdiction, but share their experience and ideas nationally, regionally and internationally within the World Network of Biosphere Reserves.
7:3世界に564地域あるとはいえ,ランサロテ島は,島全体に生物圏資格を与えられた唯一の島なの
である。
7:3 Although there are 564 sites worldwide, Lanzarote is the only entire island to receive Biosphere status.

・解答 [14]―3
>[14] 設問部分は「MAB計画は,( )された生物圏保護地域の保全と維持可能な開発の手
法を導入,明示するためのものである」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「規制緩和され た」,2は「計画された」,3は「指定された」という意味だから,3が最も適当である。Biosphere Reserveが「生物圏保護区,保留地」の意味であることをつかんでいればMBA Programはそれを保 全するためのものであることが理解でき,正解を得やすかったであろう。

■ 第8段落
8:1 ユネスコの報道担ft者が「ランサロテ島は,とても優れた使い方があったのです。巨大観光業 を開発しようというのではありませんでした。環境をより尊重した持続可能な観光業が推進され たのです」と発言したと,フィナンシャルタイムズ紙の記事に引用された。
8:1 A UNESCO spokesperson was quoted in the Financial Times article as saying, “Lanzarote had a very good application. Mass tourism was not something they were developing. They [15] (1. prompted 2. promoted 3. proclaimed) sustainable tourism that was more respectful to the environment.”
8:2実は,1995年の持続可能観光世界会議はランサロテ島で開かれたのだった。
8:2 In fact, the 1995 World Conference on Sustainable Tourism was held in Lanzarote.
8:3 BIJとフィナンシャルタイムズ紙によって報じられた記事に照らせば,「新たな観光文化へ向
けて」という会議の議題はとりわけ皮肉に聞こえる。
8:3 In light of the [16] (1. speculations 2. allegations 3. expectations) reported by the BIJ and the Financial Times, the conference theme, “Towards a New Tourist Culture,” sounds particularly ironic.

・解答 [15]―2
>[15] 設問部分は「彼らは環境をより尊重した持続可能な観光業を( )した」という意 味。選択肢はそれぞれ,1は「引き起こした」,2は「推進した」,3は「宣言した」という意味。 1のpromptは,主語が目語に示される事態を「引き起こす,促す」という意味に使う。よって「彼 らは持続可能な観光業を推進した」となる2のpromotedが正解である。

■ 第9段落
9:1 ユネスコがランサロテ島の生物圏資格を見直すにつれて,EUの職員たちは,加盟国の資金が
政治的な不正に関与していることの影響を考慮し始めた。
9:1 As UNESCO reviews Lanzarote’s Biosphere status, EU officials have begun to consider the implications of member states’ money being involved in political corruption.
9:2 ヨーロッパ詐欺防止事務所は,不法建設の資金を出すのに使われたEU補助金を確実に回収す
ることを任された。
9:2 The European Anti-Fraud Office has been charged with ensuring the [17] (1. recovery 2. expenditure 3. loss) of any EU subsidies used to finance illegal construction.

・解答 [17]―1
>[17] 設問部分は「ヨーロッパ詐欺防止事務所は、 … EU補助金の( )を確保することを 任されてきた」という意味。それを受けて、次文に「 … 1900万ユーロがこれまでに回収された」 とあることから、ここには「回収」を表す言葉が入ると読み取れるし、be charged with~が「~を 任されている、引き受ける」の意味であって、「~のせいで非難される。~をとがめられる」とい う意味ではないこともつかめる。選択肢はそれぞれ、1は「回収」、2は「支出」、3は「損失」と いう意味であり、また次文に現れたrecoverという動詞の派生名詞がrecoveryであることから。正解 は1に決まる。

総合政策学部 2011 問2、
■ 第7段落
7:1 その何かは、実際は3つである。
7:1 That something is actually three things.
7:2第一に、女性の賃金は、子どもがいるかどうかに対してきわめて敏感に反応する。
7:2 First, women’s pay is extremely sensitive to whether or not they have children.
7:3 たとえば、英国では、この問題が集中的に研究されているが、同国では女性が得る平均賃金は 第1子の誕生の少し前に下がり始め、その子がティーンエイジャー(13〜19歳)になるまで下落し
続ける。
7:3 In Britain, for example, where this issue has been studied intensively, the average pay earned by a woman begins to fall shortly before the birth of her first child and continues to drop until the child becomes a teenager.
7:4収入は第1子が20歳くらいを過ぎると回復し始めるとはいえ、完全に元どおりになることは決し
てない。
7:4 Although earnings begin to [39] (1. revive 2. accumulate 3. level off) once the first child passes the age of twenty or so, they never fully recover.
7:5母親となることに関連する収入減は3分の1近くになり、子どもの巣立ち後に回復するのは、そ
の下落の3分の1でしかない。

7:5 The earnings drop associated with motherhood is close to one-third, and only one-third of that drop is regained after [40] (1.. the bottle 2. the container 3. the nest) is empty.
7:6 アメリカのデータは、大西洋のこちら側でも同様の傾向が存在することを示唆している。 7:6 American data suggest that the same pattern is present on [41] (1. the coverage 2. this side 3. the region) of the Atlantic.

・解答 [39]―1
>[39] 設問部分は「収入は第1子が20歳くらいを過ぎると( )始めるとはいえ,完全に元
どおりになることは決してない」という意味。譲歩の構文なので,「完全に元どおりになること は決してない」に対してマイナスの意味になる語句が空所に入ると読み取れる。選択肢はそれぞれ 1は「回復する」,2は「蓄積する」,3は「横ばいになる」という意味だから,1が正解。

・解答 [40]―3
>[40] 設問部分は「( )が空になった後には,その下落の3分の1しか回復しない」という
意味。選択肢はそれぞれ,1は「ビン」,2は「容器」,3は「巣」であるが,正解するためには empty nestが「空の巣」=「子どもが巣立ったあと,親だけになった生活」という意味だという知 識を必要とする。これを前提に,3を選んで「子どもの巣立ち後に…」とすれば,文意が通る。

■ 第7段落
7:1 その何かは、実際は3つである。
7:1 That something is actually three things.
7:2第一に、女性の賃金は、子どもがいるかどうかに対してきわめて敏感に反応する。
7:2 First, women’s pay is extremely sensitive to whether or not they have children.
7:3 たとえば、英国では、この問題が集中的に研究されているが、同国では女性が得る平均賃金は 第1子の誕生の少し前に下がり始め、その子がティーンエイジャー(13〜19歳)になるまで下落し
続ける。
7:3 In Britain, for example, where this issue has been studied intensively, the average pay earned by a woman begins to fall shortly before the birth of her first child and continues to drop until the child becomes a teenager.
7:4収入は第1子が20歳くらいを過ぎると回復し始めるとはいえ、完全に元どおりになることは決し
てない。
7:4 Although earnings begin to [39] (1. revive 2. accumulate 3. level off) once the first child passes the age of twenty or so, they never fully recover.
7:5母親となることに関連する収入減は3分の1近くになり、子どもの巣立ち後に回復するのは、そ
の下落の3分の1でしかない。

7:5 The earnings drop associated with motherhood is close to one-third, and only one-third of that drop is regained after [40] (1.. the bottle 2. the container 3. the nest) is empty.
7:6 アメリカのデータは、大西洋のこちら側でも同様の傾向が存在することを示唆している。 7:6 American data suggest that the same pattern is present on [41] (1. the coverage 2. this side 3. the region) of the Atlantic.

・解答 [41]―2
>[41] 設問部分は「アメリカのデータは大西洋の( )でも同様の傾向が存在することを示
唆している」という意味。第7段第2文から設問部分の前まで述べてきたのは,イギリスの事態で あり,筆者からみれば大西洋の向こう側の事態である。話題がアメリカに転じたことを言うのに, アメリカではと言う代わりに「大西洋の( )側」と言っているということがわかれば, 解決する。もちろんアメリカは,大西洋の「こちら側」である。選択肢はそれぞれ,1は「適用範 囲」,2は「こちら側」,3は「地域」という意味だから,2が正解。

■ 第3段落
3:1権力分散とはどういう意味なのかを一言述べておこう。
3:1 Let me say a word about what I mean by power diffusion.
3:2 それは技術とりわけ情報技術が国際問題に参加する費用にどう影響しているのかという観点か ら理解するのが最もよい。
3:2 That is best understood in terms of the way technologies, and particularly information technologies, are [4](1. increasing 2. sustaining 3. affecting) the costs of participating in international affairs.
3:3 コンピュータの能力の価格は1970年から2000年までに1000分の1に減少した。
3:3 The price of computing power declined a thousand-fold from 1970 to 2000.
3:4 これは異常な数字であり,あまりにも大きいので,それがどういうことなのかをつかむのは難
しい。
3:4 That is an extraordinary number, so big that it is hard to know what it means.
3:5 これを考える最善策は,もし自動車の価格がコンピュータの能力の価格と同じくらい急速に下 落していたら,今日では自動車を,例えば,1万円で買うことができることになってしまうという
ことだ。
3:5 The best way to think of this would be that if the price of an automobile had declined as rapidly as the price of computing power, you should be able to buy an automobile today, for, lets say, 10,000 yen.
3:6 それはまさに異常な変化である。
3:6 It is [5](1. just 2. hardly 3. nonetheless) an extraordinary change.
3:7物の価格がそれほどに下落すると,参入障壁がなくなる。
3:7 When the price of something declines that much, it removes the barriers to entry.
3:8以前は政府や大企業専用だったことを,今ではそうでない者ができるのである。
3:8 Now others can do what previously was [6](1. prepared 2. reserved 3. preserved) for governments or big corporations.
3:9 もし1970年に東京からニューヨーク,ロンドン,ヨハネスバーグまで瞬時に通信したければ
できることはできた。
3:9 If you wanted to communicate instantaneously from Tokyo to New York to London to Johannesburg in 1970, you could do that.
3:10技術的には可能だったがしかしきわめて高価だった。
3:10Technologically you could do it, but it was very, very expensive.
3:11今では誰でもできるし,ほとんど無料である。
3:11 [7](1. Still 2. Now 3. However), anybody can do it and it is virtually free.
3:12 スカイプがあれば,料金は要らない。
3:12 If you have Skype, it is free.

・解答 [4]―3
>[4]設問部分は「それは、技術、とりわけ情報技術が国際問題に参加する費用にどう( )している のかという観点から理解するのが最もよい」という意味。選択肢はそれぞれ、1は「増やしてい る」、2は「維持している」、3は「影響している」という意味。直後の文に「コンピュータ…の価 格は…減少した」とあるから、1と2は不適切であるとわかる。

■ 第3段落
3:1権力分散とはどういう意味なのかを一言述べておこう。
3:1 Let me say a word about what I mean by power diffusion.
3:2 それは技術とりわけ情報技術が国際問題に参加する費用にどう影響しているのかという観点か ら理解するのが最もよい。
3:2 That is best understood in terms of the way technologies, and particularly information technologies, are [4](1. increasing 2. sustaining 3. affecting) the costs of participating in international affairs.
3:3 コンピュータの能力の価格は1970年から2000年までに1000分の1に減少した。
3:3 The price of computing power declined a thousand-fold from 1970 to 2000.
3:4 これは異常な数字であり,あまりにも大きいので,それがどういうことなのかをつかむのは難
しい。
3:4 That is an extraordinary number, so big that it is hard to know what it means.
3:5 これを考える最善策は,もし自動車の価格がコンピュータの能力の価格と同じくらい急速に下 落していたら,今日では自動車を,例えば,1万円で買うことができることになってしまうという
ことだ。
3:5 The best way to think of this would be that if the price of an automobile had declined as rapidly as the price of computing power, you should be able to buy an automobile today, for, lets say, 10,000 yen.
3:6 それはまさに異常な変化である。
3:6 It is [5](1. just 2. hardly 3. nonetheless) an extraordinary change.
3:7物の価格がそれほどに下落すると,参入障壁がなくなる。
3:7 When the price of something declines that much, it removes the barriers to entry.
3:8以前は政府や大企業専用だったことを,今ではそうでない者ができるのである。
3:8 Now others can do what previously was [6](1. prepared 2. reserved 3. preserved) for governments or big corporations.
3:9 もし1970年に東京からニューヨーク,ロンドン,ヨハネスバーグまで瞬時に通信したければ
できることはできた。
3:9 If you wanted to communicate instantaneously from Tokyo to New York to London to Johannesburg in 1970, you could do that.
3:10技術的には可能だったがしかしきわめて高価だった。
3:10Technologically you could do it, but it was very, very expensive.
3:11今では誰でもできるし,ほとんど無料である。
3:11 [7](1. Still 2. Now 3. However), anybody can do it and it is virtually free.
3:12 スカイプがあれば,料金は要らない。
3:12 If you have Skype, it is free.
・解答 [6]―2
>[6]設問部分は「以前は政府や大企業のために( )されたことを,今ではそうでない者ができるの
である」という意味。選択肢はそれぞれ、1は「準備された」、2は「とっておかれた」、3は「保 存された」という意味。「以前は政府や大企業…にしかできなかった」というような意味になら ないと文意が通らないので、正解は2に決まる。

■ 第4段落
4:1 だからこれは,以前はきわめて大きな組織,例えば政府や会社などに制限されていたものが,
今は誰にでも利用可能だということなのである。
4:1 So that means that things that were previously restricted to very large organizations like governments or corporations are now [8](1. meaningful 2. useless . available) to anyone.
4:2 そしてこれは世界政治に有意義な影響を及ぼす。
4:2 And this has a significant impact on world politics.
4:3 だからといって,政府が取って代わられているとか,国民国家が時代遅れになるということで
はない。
4:3 It does not mean that governments are being replaced or that the nation-state is obsolete.
4:4 それはむしろ,政府が活動する舞台には,今では多くの小規模な行為者があふれているという
ことなのだ。
4:4 What it [9](1. does 2. does not 3. could not) mean is that the stage on which governments act is now crowded with many more, smaller actors.
4:5 それら小規模の行為者の中には,例えばオックスファム・インターナショナルという,貧困を 減らそうと努める非営利組織のようなよいものもあれば,例えばアルカイダという,明らかに 人々の殺害を狙う悪いものもある。
4:5 Some of those smaller actors are good―lets take Oxfam International, an NPO which serves to relieve poverty―and some of them are bad―lets take Al Qaeda, which is obviously trying to kill people.
4:6 しかし,要点は,それは新種の国際政治だということであり,これをどう考えればよいかを私 たちはまだしっかり受け止めていない。
4:6 But the main point is that it is a new type of international politics and we have [10](1. already 2. often 3. not yet) come to terms with how to think about this.
4:7 だから,例えば,情報技術がこれほど強力で重要となっている時代にあっては,誰の軍隊が勝 つかだけでなく,誰の「物語」が勝つかなのだということが,よくあるといってよいと,私たち
は知っておく必要がある。
4:7 So, for example, we need to realize that in an age in which information technology is so powerful and important, it may often be the case that it is not only whose army wins, but whose story wins.
4:8効果的な物語を語る能力がきわめて重要なのである。
4:8 The ability to tell an effective story is [11](1. persuasive 2. crucial 3. risky).

・解答 [8]―3
>[8]設問部分は「これは、以前はきわめて大きな組織…に制限されていたものが、今は誰にでも
( )だということなのである」という意味。選択肢はそれぞれ、1は「意味のある」、2 は「使いものにならない」、3は「利用可能な」という意味。「制限されている」と逆の意味にな らなければいけないのだから、3が正解であるとわかる。

■ 第4段落
4:1 だからこれは,以前はきわめて大きな組織,例えば政府や会社などに制限されていたものが,
今は誰にでも利用可能だということなのである。
4:1 So that means that things that were previously restricted to very large organizations like governments or corporations are now [8](1. meaningful 2. useless . available) to anyone.
4:2 そしてこれは世界政治に有意義な影響を及ぼす。
4:2 And this has a significant impact on world politics.
4:3 だからといって,政府が取って代わられているとか,国民国家が時代遅れになるということで
はない。
4:3 It does not mean that governments are being replaced or that the nation-state is obsolete.
4:4 それはむしろ,政府が活動する舞台には,今では多くの小規模な行為者があふれているという
ことなのだ。
4:4 What it [9](1. does 2. does not 3. could not) mean is that the stage on which governments act is now crowded with many more, smaller actors.
4:5 それら小規模の行為者の中には,例えばオックスファム・インターナショナルという,貧困を 減らそうと努める非営利組織のようなよいものもあれば,例えばアルカイダという,明らかに 人々の殺害を狙う悪いものもある。
4:5 Some of those smaller actors are good―lets take Oxfam International, an NPO which serves to relieve poverty―and some of them are bad―lets take Al Qaeda, which is obviously trying to kill people.
4:6 しかし,要点は,それは新種の国際政治だということであり,これをどう考えればよいかを私 たちはまだしっかり受け止めていない。
4:6 But the main point is that it is a new type of international politics and we have [10](1. already 2. often 3. not yet) come to terms with how to think about this.
4:7 だから,例えば,情報技術がこれほど強力で重要となっている時代にあっては,誰の軍隊が勝 つかだけでなく,誰の「物語」が勝つかなのだということが,よくあるといってよいと,私たち
は知っておく必要がある。
4:7 So, for example, we need to realize that in an age in which information technology is so powerful and important, it may often be the case that it is not only whose army wins, but whose story wins.
4:8効果的な物語を語る能力がきわめて重要なのである。
4:8 The ability to tell an effective story is [11](1. persuasive 2. crucial 3. risky) .

・解答 [11]―2
>[11]設問部分は「効果的な物語を語る能力が( )なのである」という意味。選択肢はそ れぞれ、1は「説得力のある」、2は「きわめて重要な」、3は「危険性のある」という意味。前文 の「(ものを言うのは)誰の「物語」が勝つかなのだ」から、この部分が「伴を握る」という意味 になるはずだとわかる。そうなるのは2である。

■ 第6段落
6:1権力移行に関して正確な認識をもつことはきわめて重要である。
6:1 It is very important to have accurate perceptions about the transition of power.
6:2 なぜなら,人々が権力について心配しすぎると,彼らは過剰反応したり,危険な戦略に付き
従ったりしかねないからである。
6:2 And the reason is that when people are too worried about power, they may overreact or follow strategies that are [16](1. relevant 2. meaningful 3. dangerous) .
6:3歴史を振り返ると,ペロポネソス戦争の有名な事例があり,ギリシアの都市国家体制が自壊し
たのであった。
6:3 When you look back in history, there is the famous case of the Peloponnesian War, in which the Greek city-state system tore itself apart.
6:4 トゥキディデスという古代ギリシアの歴史家は,この戦争の理由はアテネの力の台頭と,それ
がスパルタに生み出した恐怖であったと述べた。
6:4 Thucydides, the ancient Greek historian, said the reason for this war was the rise in the power of Athens and the fear it created in Sparta.
6:5同様に,ヨーロッパの国家体制の世界的な中枢性を破壊した第一次世界大戦を見ればそれは,
ドイツの力の台頭とそれが英国に生み出した恐怖のために生じたと,しばしば言われているので ある。
6:5 [17](1. Contrarily 2. Similarly 3. Paradoxically), if you look at World War I, which destroyed the centrality of the European state system in the world, it is often said it was caused by the rise in power of Germany and the fear that it created in Britain.

・解答 [16]―3
>[16]設問部分は「人々が権力について心配しすぎると,彼らは過剰反応したり,( )な 戦略に付き従ったりしかねない」という意味。《困った事態》について記述しているのだから, マイナスの意味をもった表現がこないと首尾一貫しない。選択肢はそれぞれ,1は「関連する,重 要な」2は「意味のある」,3は「危険な」という意味だから,マイナスの意味になるのは3以外に ない。

■ 第6段落
6:1権力移行に関して正確な認識をもつことはきわめて重要である。
6:1 It is very important to have accurate perceptions about the transition of power.
6:2 なぜなら,人々が権力について心配しすぎると,彼らは過剰反応したり,危険な戦略に付き
従ったりしかねないからである。
6:2 And the reason is that when people are too worried about power, they may overreact or follow strategies that are [16](1. relevant 2. meaningful 3. dangerous).
6:3歴史を振り返ると,ペロポネソス戦争の有名な事例があり,ギリシアの都市国家体制が自壊し
たのであった。
6:3 When you look back in history, there is the famous case of the Peloponnesian War, in which the Greek city-state system tore itself apart.
6:4 トゥキディデスという古代ギリシアの歴史家は,この戦争の理由はアテネの力の台頭と,それ
がスパルタに生み出した恐怖であったと述べた。
6:4 Thucydides, the ancient Greek historian, said the reason for this war was the rise in the power of Athens and the fear it created in Sparta.
6:5同様に,ヨーロッパの国家体制の世界的な中枢性を破壊した第一次世界大戦を見ればそれは,
ドイツの力の台頭とそれが英国に生み出した恐怖のために生じたと,しばしば言われているので ある。
6:5 [17](1. Contrarily 2. Similarly 3. Paradoxically) , if you look at World War I, which destroyed the centrality of the European state system in the world, it is often said it was caused by the rise in power of Germany and the fear that it created in Britain.

・解答 [17]―2
>[17]設問部分は「( ),ヨーロッパの国家体制の世界的な中枢性を破壊した第一次世界 大戦を見れば,それは,ドイツの力の台頭とそれが英国に生み出した恐怖のために生じたと,し ばしば言われている」という意味。これは直前の文の,「ペロポネソス戦争の理由はアテネの力 の台頭と。それがスパルタに生み出した恐怖であった」という記述と,きれいに並べて表現され ている。選択肢はそれぞれ,1は「反対に」,2は「同様に」3は「逆説的に」という意味だから, 前文と並べるのに合うのは2であるとわかる。

■ 第8段落
8:1世界恐慌時のアメリカ大統領フランクリン=ルーズベルトは,「私たちに恐怖そのもの以外,恐 れるものはない」と語った。
8:1 The American president Franklin Roosevelt at the time of the Great Depression said, “We have nothing to fear but fear itself.”
8:2 ことによると21世紀の方に目を向けるとき,最も厄介なことの一つは,恐怖そのものなのだと
言わなくてはいけないのかもしれない。
8:2 Perhaps as we turn to the 21st century, we should say one of the most worrisome things is fear itself.
8:3私たちが全体的な権力の分配について均衡のとれた評定を保持し,私たちが直面するこうした
共通の難題に対処する方法を見出すことができるなら――ここで私たちとは,アメリカ合衆国, 日本,中国,ヨーロッパなどのことであるが――私たちは本当に,双方が得をする状況を手にで きるだろう。
8:3 If we can keep a balanced [19](1. assembly 2. assortment 3. assessment) of the overall distribution of power, and figure out ways to deal with these common challenges that we face―we, meaning the United States, Japan, China, Europe and others we can indeed have a [20](1. win-win 2. win-lose 3. lose-lose) situation.

・解答 [20]―1
>[20]設問部分は「私たちが直面するこうした共通の難題に対処する方法を見出すことができるな
ら、私たちは本当に、( )である状況を手にできるだろう」という意味。選択肢はそれ ぞれ、1は「双方が得をする」、2は「自分は勝ち相手は負ける」、3は「どちらにとっても不利 な」という意味。「共通の難題に対処」できるなら、共通の利益が得られるはずだから、正解は1 であると判断できる。

■ 第9段落
9:1男女の賃金格差を説明するのに効いてくる第二の要因は,職業選択ということである。
9:1 The second factor at work in explaining male-female wage differences is occupational selection.
9:2女性に比べ,男性は危険だったり,不快だったりする有給雇用に集まる傾向がある。
9:2 Compared to women, men tend to be concentrated in paid employment that is dangerous or unpleasant.
9:3商業的漁業,建設,警察,消防,トラックの運転,採掘などは,ほんの一例に過ぎないが,こ
れらは平均よりはるかに危険であり,男性が優勢な職業である。
9:3 Commercial fishing, construction, law enforcement, firefighting, truck driving, and mining, to name but a few, are occupations that are much more dangerous than average and are dominated by men.
9:4結果として,業務中の全死者の92%が男性である。
9:4 As a result, men represent 92 percent of all occupational deaths.
9:5危険な業務では,いわゆる補償的差額,つまり,仕事中に亡くなったり,怪我をしたりする特
別な危険を引き受けることに対する割増賃金が提供される。
9:5 Hazardous jobs offer what is known as a compensating differential, extra pay for [46] (1. avoiding 2. assuming 3. allowing) the differential risk of death or injury on the job.
9:6釣り合いがとれていると,こうした割増賃金は危険の増加分を埋め合わせるにすぎない。
9:6 In equilibrium, these extra wages do no more than offset the extra hazards.
9:7 だから,実測賃金は職業の教育面やその他の要件に比して,高く見えるけれども,見かけはft
てにならないのである。
9:7 So even though measured earnings look high relative to the educational and other requirements of the jobs, appearances are deceiving.
9:8危険に応じた調整をした後では,その給与の価値は実際は,それほど危険でない雇用を上回る ことはまったくないのであるが,高額の給料の見かけは,測定された性差に寄与するのである。
9:8 After [47] (1. adjusting for 2. minimizing 3. dealing with) risk, the value of that pay is really no greater than for less hazardous employment―but the appearance of higher pay contributes to the measured gender gap.

・解答 [46]―2
>[46] 設問部分は「いわゆる補償的差額,つまり,仕事中に亡くなったり,怪我をしたりする特別 な危険を( )することに対する割増賃金」という意味。Extra pay … the jobがcompensating differential「補償的差額」と同格であり,compensating differentialの具体的な説明となっていること をつかむ。選択肢はそれぞれ,1は「避ける」,2は「引き受ける」3は「許す」という意味で,
「割増賃金」を受けるためには「危険を引き受け」なければならないから,正解は2に決まる。

■ 第9段落
9:1男女の賃金格差を説明するのに効いてくる第二の要因は,職業選択ということである。
9:1 The second factor at work in explaining male-female wage differences is occupational selection.
9:2女性に比べ,男性は危険だったり,不快だったりする有給雇用に集まる傾向がある。
9:2 Compared to women, men tend to be concentrated in paid employment that is dangerous or unpleasant.
9:3商業的漁業,建設,警察,消防,トラックの運転,採掘などは,ほんの一例に過ぎないが,こ
れらは平均よりはるかに危険であり,男性が優勢な職業である。
9:3 Commercial fishing, construction, law enforcement, firefighting, truck driving, and mining, to name but a few, are occupations that are much more dangerous than average and are dominated by men.
9:4結果として,業務中の全死者の92%が男性である。
9:4 As a result, men represent 92 percent of all occupational deaths.
9:5危険な業務では,いわゆる補償的差額,つまり,仕事中に亡くなったり,怪我をしたりする特
別な危険を引き受けることに対する割増賃金が提供される。
9:5 Hazardous jobs offer what is known as a compensating differential, extra pay for [46] (1. avoiding 2. assuming 3. allowing) the differential risk of death or injury on the job.
9:6釣り合いがとれていると,こうした割増賃金は危険の増加分を埋め合わせるにすぎない。
9:6 In equilibrium, these extra wages do no more than offset the extra hazards.
9:7 だから,実測賃金は職業の教育面やその他の要件に比して,高く見えるけれども,見かけはft
てにならないのである。
9:7 So even though measured earnings look high relative to the educational and other requirements of the jobs, appearances are deceiving.
9:8危険に応じた調整をした後では,その給与の価値は実際は,それほど危険でない雇用を上回る
ことはまったくないのであるが,高額の給料の見かけは,測定された性差に寄与するのである。
9:8 After [47] (1. adjusting for 2. minimizing 3. dealing with) risk, the value of that pay is really no greater than for less hazardous employment―but the appearance of higher pay contributes to the measured gender gap.

・解答 [47]―1
>[47] 設問部分は「危険を( )した後では,その給与の価値は…それほど危険でない雇用 を上回ることはまったくない」という意味。危険な仕事に対する給与と,それほど危険でない仕 事に対する給与とが同じ価値であるというのだから,危険に対応した分の額を差し引けばよいわ
けである。そのような意味になるものを探そう。選択肢はそれぞれ,1は「~に応じた調整をす る」,2は「~を最小化する」,3は「~を処理する」という意味だから,実質的に「差し引く」 ことを意味する1が正解。

総合政策学部 2012 問2、
■ 第1段落
1:1選挙運動のボランティアがあなたの家の玄関先に現れ,来るべき選挙で投票に行くようにあな たに迫ると,投票に行く可能性が10%高まり,そして家族の他の人が投票する可能性は6%高ま る。
1:1 If a campaign volunteer shows up at your door, urging you to vote in an upcoming election, you are 10 percent more likely to go to the poll―sand others in your household are 6 percent more likely to vote.
1:2使い慣れない言葉を思い出そうとする場合,思い出せる可能性は,一つには,似た音がする言
葉のネットワーク上のどこにその言葉が位置するかによって決まる。
1:2 When you try to recall an unfamiliar word, the [31](1.fact 2. assumption 3. likelihood) you’ll remember it depends partly on its position in a network of words that sound similar.
1:3 また,身体の細胞がガンの突然変異をしたとき,その娘細胞は,変異したガン細胞を運ぶこと になる。ガンになるかどうかは,その細胞が細胞増殖のネットワーク上のどの位置にいるかに
よって大部分決まる。
1:3 And when a cell in your body develops a cancerous mutation*, its daughter cells** will carry that mutation; whether you get cancer depends largely on that cell’s position in the network of cellular reproduction.

・解答 [31]―3
>[31]設問部分は「それ( = 使い慣れない言葉)を思い出せる( )は一つには,似た音が
する言葉のネットワーク上のどこにその言葉が位置するかによって決まる」という意味。よって, 文脈から「思い出せるかどうか」という意味になると推定できる。選択肢はそれぞれ,1は「事 実」,2は「仮定,前提,想定」,3は「可能性」という意味だから,「~かどうか」という意味 になりそうなものは,3しかない。

■ 第3段落
3:1 かつては社会学者が人々のネットワークを研究する一方,物理学者やコンピュータ科学者が自
分自身の学問分野で異なる種類のネットワークを研究してきた。
3:1 It [33](1. often is 2. used to be 3. never could be) that sociologists studied networks of people, while physicists and computer scientists studied different kinds of networks in their own fields.
3:2 しかし社会科学者は,より大規模で精緻なネットワークを理解しようと努めるにつれ,物理学
に目を向けてこのような複雑性に適した手段を手に入れようとしてきた。
3:2 But [34](1. as 2. though 3. unless) social scientists sought to understand larger, more sophisticated networks, they looked to physics for methods suited to this [35](1. flexibility 2. complexity 3. equality) .
3:3 そしてそれは双方向の通路なのだ。ネットワーク科学は「物理学者と分子生物学者が敬意を込 めて社会科学者の研究を引用し,彼らの発想を借用しているのを見られるまれな分野の一つなの です」と,ニコラス=クリスタキスは語る。この人物は,ハーバード大学の医師・医療社会学者で あり,『つながり:私たちの社会的なネットワークのもつ驚くべき力と,それがいかに私たちの 暮らしを形作るか」(訳注:邦訳の書名は『つながり:社会的ネットワークの驚くべき力」)の共
著者である。
3:3 And it is a two-way street: network science “is one of the rare areas where you see physicists and molecular biologists respectfully citing the work of social scientists and borrowing their ideas,” says Nicholas Christakis, a physician and medical sociologist at Harvard and coauthor of Connected: The Surprising Power of Our Social Networks and How They Shape Our Lives.

・解答 [35]―2
>[35]設問部分は「彼らは物理学に目を向けてこの( )に適した手段を手に入れようとし
てきた」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「柔軟性」,2は「複雑性」,3は「平等」という意 味。本文のthis「この」という指示語はlarger,moresophisticatednetworks「より大規模で精緻なネッ トワーク」に関することだから,そうしたネットワークにふさわしいのは2だと判断できる。

■ 第8段落
8:1 しかしクリスタキス―ファウラー共同研究の核心は,人間の社会的ネットワークを通じて何が
広がっていくのかに関する独創的な研究である。
8:1 But the core of the Christakis-Fowler collaboration is original research on what spreads through human social networks.
8:2 1948年から続いているフラミンガム心臓研究のデータを用いて,2人は(12,000人以上の外部
ネットワークにつながった)5,124人の間の,5万以上の社会的な結合を図示した。
8:2 [43](1. By 2. Of 3. With) data from the Framingham Heart Study, which has been going on since 1948, they mapped more than 50,000 social ties among 5,124 people (who were connected to an external network of more than 12,000 people).
8:3 その研究は健康指標のあらゆるものを追跡し,被験者に余すところのない一連の行動――食事と
運動,薬物,喫煙,感情――について質問を行ったので,それは豊かな情報源となった。
8:3 Because the study tracked all manner of health markers and asked subjects about an exhaustive list of behaviors―diet and exercise, medications, smoking, emotions―it was [44](1. a rich 2. a prosperous 3. an affluent) source of data.

・解答 [44]―1
>[44]設問部分は「それは( )な情報源となった」という意味。選択肢はそれぞれ,1は
「豊かな」,2は「裕福な,繁栄している」,3は「裕福な,あふれるほどの」という意味。どれ も「豊かな」という意味であるが,sourceという名詞とともに使われるのは,普通は1のrichであ る。

■ 第9段落
9:1 2人の男たちは彼らの発見を派手に公表し始めた。2007年の『ニューイングランド・ジャーナ ル・オブ・メディシン』の論文は,人々が一見すると友人の体重増加によって影響されて自分自身 も肥満になるというように,肥満が社会的なネットワークを通じて広まると報告した。
9:1 The two men started publishing their findings with a splash: a 2007 article in the New England Journal of Medicine reporting that obesity spreads through social networks, as people are apparently influenced by friends’ weight gain to become fat themselves.
9:2 さらに込み入っているのは,肥満は3段階離れたところまで及ぶという彼らの発見である。
9:2 More [45](1. irrelevant 2. perplexing 3. obvious) is their finding that obesity spreads through up to three degrees of separation.
9:3被験者がやはり研究範囲にいる友人を決め,その友人の友人が肥満になれば,最初の被験者が
肥満になる確率はおよそ20%上昇した。
9:3 If a subject named a friend who was also in the study, and that friend’s friend became obese, the first subjects chances of becoming obese were roughly 20 percent greater.
9:4影響はもう1段階向こうまで及び(例えば,夫の友人の友人,すなわち3段階離れたところ),
危険性は10%大きくなった。
9:4 Across one more degree of influence (for instance, husband’s friend’s friend―i.e, three degrees away), the risk was 10 percent greater.
9:5体重増加は友人集団の中を,例えば,食事や運動行動の変化や,体重に関する社会規準の調整
といった,何らかの目に見えない仕組みによって移動していくように見える。
9:5 Weight gain appears to move through friend groups [46](1. versus 2. via 3. without) some unseen mechanism such as changed eating or exercise behavior, or adjustment of social norms regarding weight.

・解答 [45]―2
>[45]設問部分は「さらに( )なのは,肥満は3段階離れたところまで及ぶという彼らの発 見である」という意味。設問部分は補語であり,C be Sという構造をもっていることに注意。選択 肢はそれぞれ,1は「無関係な,不適切な」,2は「込み入った,悩ましい」,3は「明白な」とい う意味。肥満の伝播の仕方については,「無関係」だとも,「明白」だともいえないので,正解 は2だとわかる。前文で述べられた友人からの影響のみならず,後続文のさらに離れた人間関係か らの影響があることを述べる文脈に合致する。

■ 第12段落
12:1彼らの想定しているようなネットワークベースの公衆衛生上の介入には正確な知識が必要であ る。
12:1 Precise knowledge is needed for the type of network-based public-health interventions they envision.
12:2何が作用するのか――肥満の事例であれば,まあ,健康的なレシピを配布するとか,フェイス
ブックやツイッターに,「ランニングに行った後はすごく気分がいい」と投稿して友人に運動を促 すとかいったこと――を知るのに加えて,そうした介入には誰が最も影響力があるかを知る必要 があり,またこれは目的ごとに変わってしまうかもしれないのである。
12:2 In addition to knowing what works―in the case of obesity, perhaps distributing healthy recipes, or posting on Facebook or Twitter that you “feel so great after going for a run” to encourage friends to exercise―such interventions require knowing who is most influential, and this may vary from purpose to purpose.
12:3 クリスタキスとファウラーは,ネットワークベースのワクチン接種キャンペーンは,最も多
くの社会的な接触をもつ人を標的にすると,全体に及ぶワクチン接種を狙いとするキャンペーン より,費用対効果が3倍高くなるだろうと書いている。
12:3 Christakis and Fowler write that a network-based vaccination campaign, [48](1. consulting 2. excluding 3. targeting) people with the most social contacts, could be three times more cost- effective than a campaign that aims for universal vaccination.
12:4後者のようなキャンペーンでは,ワクチン接種が過剰になる。社会的なネットワークで中核に
なる人物だけに免疫をもたせることで,最小限の薬剤を施して最大限の効果をあげることが可能 になるだろう。
12:4 Campaigns of the latter type over-vaccinate; immunizing only people who are hubs in social networks would enable administering a minimum of doses for maximum effect.
12:5例えば,医療労働者が平均的な市民よりも多くのワクチン接種を受けるべく勧告することは,
同じモデルに従っており,そうした労働者は病人に接することが多く,したがって感染をより広 めやすいと考えるわけである。
12:5 For instance, recommendations that healthcare workers receive more vaccinations than average citizens follow a similar model, assuming that such workers will have more [49](1. sympathy for 2. contact with 3. knowledge about) sick people and thus are more likely to spread infections.
12:6 ネットワークベースの疾病予防キャンペーンが感染拡大を監視するのにつながりの多い人々
を優先するなら,無作為の監視に比べ700倍も効率的になりうる。
12:6 A network-based disease prevention campaign, prioritizing well-connected people when monitoring infection’s spread, could be 700 times more efficient than random monitoring.

・解答 [48]―3
>[48]設問部分は「ネットワークベースのワクチン接種キャンペーンは最も多くの社会的な接触を
もつ人( )すると,全体に及ぶワクチン接種を狙いとするキャンペーンより,費用対効果 が3倍高くなる」という意味。設問部分が分詞構文となっていることを正確につかむ。選択肢はそ れぞれ1は「~に相談すると」,2は「~を排除すると」,3は「~を標的にすると」という意味だ から,文意が最もうまく通じるのは3であるとわかる。

総合政策学部 2013 問1、
■ 第1段落
1:1 イスラエルの監獄で服役している3人の男が最近,ユダヤ系イスラエル人の仮釈放判事の前に
現れた。
1:1 Three men serving time in Israeli prisons recently appeared before a Jewish Israeli parole judge.
1:2 3人の囚人は少なくとも判決の刑期の3分の2を終えていたが,仮釈放会議は3人のうちたった一
人にしか自由を認めなかった。
1:2 The three prisoners had completed at least two-thirds of their sentences, but the parole board granted freedom to only one of them.
1:3 どの囚人だと思うか。
1:3 Guess which one:
1:4事例1(午前8時50分審理):詐欺で,刑期30カ月のアラブ系イスラエル人
1:4 Case 1 (heard at 8:50 a.m.): An Arab Israeli serving a 30month sentence for fraud.
1:5事例2(午後3時10分審理):暴行で刑期16カ月のユダヤ系イスラエル人。
1:5 Case 2 (heard at 3:10 p.m.): A Jewish Israeli serving a 16month sentence for assault.
1:6事例3(午後4時25分審理):詐欺で刑期30カ月のアラブ系イスラエル人。
1:6 Case 3 (heard at 4:25 p.m.): An Arab Israeli serving a 30month sentence for fraud.
1:7 判事の決定には,あるパタ―ンがあったが,それは男たちの民族的な背景にも,犯罪にも,刑
期にも関係はなかった
1:7 There was a pattern to the judge’s decisions, but it wasn’t related to the men’s [1] ( 1. educational 2. ethnic 3. employment) backgrounds, crimes or sentences.
1:8 研究者が1100件以上の仮釈放決定を分析することによって発見したところでは,その本質はタ
イミングであった。
1:8 It was all about timing, as researchers discovered by analyzing more than 1,100 parole decisions.
1:9 判事は事案の約3分の1に仮釈放を認めたが,仮釈放の確率は一日の間に激しく変動した。
1:9 Judges approved parole in about a third of the cases, but the probability of being paroled fluctuated [2] (1. minimally 2. wildly. randomly) throughout the day.
1:10早朝に出頭した囚人はその時間帯の約70%で仮釈放を認められたが,一方その日遅くに出頭し
た囚人が仮釈放になったのは,その時間帯の10%に満たなかった。
1:10 Prisoners who appeared early in the morning received parole about 70 percent of the time, while those who appeared late in the day were paroled less than 10 percent of the time.
1:11 結果として,その日釈放されたのは午前8時50分に出頭した男だけだった。午後4時25分に出
頭した男は,同じ罪を犯し,同じ判決を受けていたのに,である。
1:11 As a result, it was only the man at 8:50 a.m. who was set free that day, even though the
man at 4:25 p.m. had committed the same crime with the Same Sentence.

・解答 [1]―2
>[1]設問部分は「判事の決定には,あるパターンがあったが,それは男たちの( )な背景
にも,犯罪にも,刑期にも関係はなかった」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「教育の」,2 は「民族的な」,3は「雇用」という意味である。第1段で与えられた情報は「民族,国籍,犯罪 刑期」の4つだから,選択肢の中でそれに含まれるのは2のみである。

・解答 [2]―2
>[2]設問部分は「仮釈放の確率は一日の間に( )変動した」という意味。選択肢はそれぞ
れ,1は「ほんのわずかに」,2は「激しく」,3は「行き当たりばったりに」という意味。この設 問以降には,「早朝は70%,その日遅くだと10%未満」と述べられている。激動といってよい数字 である。よって,正解は2に決まる。

■ 第5段落
5:1 彼らは,最初は日常的な意思決定には関心がなかったが,その後ポストドクター研究員のジー
ン=トゥウェンジがバウマイスターの研究室で結婚式を計画した直後に研究を始めた。
5:1 At first they weren’t concerned with routine decision-making, but then a postdoctoral fellow, Jean Twinge, started working at Baumeister’s laboratory right after planning her wedding.
5:2 トゥウェンジは研究室の自我消耗実験の結果を調べながら,自分と婚約者が結婚のお祝いに何 をもらうか決めていた夜に,どれほど疲労を感じたかを思い出した。
5:2 As Twinge studied the results of the lab’s ego depletion experiments, she remembered how [5] (p091. exhausted 2. invigorated. selfish) she felt the evening she and
her fiancé registered for wedding gifts.
5:3 無地の白い皿がいいか,何か模様のあるものがいいか。
5:3 Did they want plain white plates or something with a pattern?
5:4 ナイフはどのブランドか。
Which brand of knives?
5:4 は何枚か。
5:5 How many towels? 5:5 シーツはどんなのか。 5:6 What kind of sheets?
5:6 平方インチあたり,糸は何本か。
5:6 How many threads per square inch?

・解答 [5]―1
>[5]設問部分は「トゥウェンジは研究室の自我消耗実験の結果を調べながら,自分と婚約者が結婚
式の贈り物の登録をしていた夜にどれほど( )しているのを感じたかを思い出した」と いう意味。「決断疲労」という話題で,「結婚のお祝いに何をもらうかを決めていた夜」となっ ていれば,「疲弊した」という意味でないと論旨が一貫しないとわかるだろう。選択肢はそれぞ れ,1は「疲労して」,2は「元気になって」,3は「利己的な」という意味だから,正解は1に決 まる。

■ 第6段落
6:1 「終わり頃には,言われたら何でもしていたでしょうね」と,トゥウェンジは新たに同僚と
なった人たちに語った。
6:1 By the end, you could have [6](1. changed 2. talked. 3. invited) me into anything,” Twinge told her new colleagues.
6:2 その症状は彼らにもおなじみのことであるように思え,それで彼らはひらめいた。
6:2 The symptoms sounded familiar to them too, and gave them an idea.
6:3 彼らはいろいろな小物を購入し,それを実験の被験者に提示した。
6:3 They purchased a range of simple products and presented them to their experimental subjects.
6:4 被験者は,実験の見返りに,実験終了時に品物を一つもらえるが,まずは連続して選択をしな
いといけないと告げられた。
6:4 The subjects were told that, in return for doing the experiment, they would [7] (1. have 2. expect. 3. get) to keep one item at the end of the experiment, but first they had to make a series of choices.
6:5 ペンかろうそくか。
6:5 Would they prefer a pen or a candle?
6:6 バニラの匂うろうそくかアーモンドの匂いのものか。
6:6 A vanilla scented candle or an almond scented one?
6:7 ろうそくかTシャツか。
6:7 A candle or a T-shirt?
6:8 黒のTシャツか赤のか。
6:8 A black T-shirt or a red T-shirt?
6:9 一方で,対照群の「決断不要者たち」は同じ長さの期間をこうした同じ品物すべてを,何も選
択することなくどれにするか熟慮するのに費やした。
6:9 [8](1. Meanwhile 2. Furthermore 3. All the same), a control group of “nondeciders” spent an equally long period contemplating all these same products without having to make any choices. 6:10 後になって参加者全員に,自制心を量る共通検査が課せられた。できる限り長く手を氷水に
つけておくのである。
6:10 Afterward, all the participants were given a common test of self-control: holding your hand in ice water for as long as you can.
6:11 手を引っ込めたいという衝動が起きるから,手を水につけておくには自制心が必要になる。
6:11 The impulse is to pull your hand out, so self-discipline is needed to keep the hand underwater.
6:12 決断を経た人々ははるかに早くやめてしまった。彼らは28秒もったが,決断しなかった人の
平均67秒の半分以下だったのである。
6:12 The deciders gave up much faster; they lasted 28 seconds, less than half the 67-second average of the nondeciders.
6:13 すべてそういった選択を行ったことが,彼らの意志力をしぼり取ってしまったように見え
る。
6:13 Making all those choices had apparently [9] (1. bolstered 2. restored 3. sapped) their willpower.
6:14 決断疲労が起きたのだ。
6:14 They had decision fatigue.

・解答 [9]―3
>[9]設問部分は「すべてそういった選択を行ったことが,彼らの意志を( )してしまった ように見える」という意味。これまでの実験の記述から,deciders「決断者」は,「決断を繰り返 すことによって精神的に疲弊してしまった」という文意になるとわかる。選択肢はそれぞれ,1は
「補強,支持してしまった」,2は「回復してしまった」,3は「しぼり取ってしまった」という意
味だから,正解は3になるが,bolster「(枕の下に置く)長枕」とsap「樹液」の意味を知らないと 正解にたどり着くことは難しい。

■ 第7段落
7:1 いったん精神的に消耗すると,比較考量をしようとしなくなることが判明している。
7:1 It turns out that once you’re mentally depleted, you become reluctant to make trade-offs.
7:2 買い物をしているなら,たった一つの次元,例えば価格しか見なくなりがちである。「一番安
いものを下さい」である。
7:2 If you’re shopping, you’re liable to look at only one dimension, like price: “just give me the cheapest.”
7:3 あるいは,品質をみるのに没頭する。「最高のものがほしい」である。
7:3 Or you indulge yourself by looking at quality: “I want the very best.”
7:4 決断疲労によって,販売時期の決め方を知っている市場の商人たちに,弱みにつけ込まれやす
くなってしまうのである。
7:4 Decision fatigue leaves you [10] (1. indifferent 2. vulnerable. resistant) to marketers who know how to time their sales.

・解答 [10]―2
>[10]設問部分は文字通りには,「決断疲労はあなたを,販売時期の決め方を知っている市場の商 人たちに対して,( )なままにしてしまう」という意味。「決断疲労」が起こす事態のこ とだから,「商人のなすがままになる」といった意味になると予想がつく。選択肢はそれぞれ,1 は「無関心な」,2は「~の害を受けやすい」,3は「抵抗性のある」という意味だから,2とすれ ば「決断疲労によって. . . 市場の商人たちに,弱みにつけ込まれやすくなってしまうのである」と いう意味となって,ふさわしい文意になることがわかる。

■ 第8段落
8:1 買い物はとりわけ貧しい人々にとって,疲弊を招くことがある。彼らは続けざまに比較考量に 苦しまなければいけないからである。
8:1 Shopping can be especially tiring for the poor, who have to struggle continually with trade-offs.
8:2 先進国の人々の大半は,多くの時間を,セッケンを買う余裕があるかどうかに悩んで過ごした
りはしないだろうが,インドの農村ではそれは,消耗させる選択になりうる。
8:2 Most of us in developed countries won’t spend a lot of time agonizing over whether we can afford to buy soap, but it can be a depleting choice in rural India.
8:3 ある経済学者が北西インドの20ヶ村の人々に,アメリカドル20セント未満相ft額で,2個のブ ランド品のセッケンを買う機会を提供した。
8:3 An economist offered people in 20 villages in northwestern India the chance to buy a couple of bars of brand-name soap for the equivalent of less than 20 US cents.
8:4 それは通常価格より大幅な値引きであったが,それでもなおその価額は最貧の10ヶ村の人々に とっては大負担であった。
8:4 It was a [11] (1. scant 2. shallow 3. steep) discount off the regular price, yet even that sum was a strain for the people in the 10 poorest villages.
8:5 セッケンを買ったかどうかにかかわらず,意思決定行為によって彼らは,どれだけ長く柄を
握っていられるかの検査で後に測定したところでは,意志力が弱まってしまっていた。
8:5 Whether or not they bought the soap, the act of making the decision left them with less willpower, as measured afterward in a test of how long they could squeeze a hand grip.
8:6 ほんの少しだけ豊かな村では,人々の意志力は有意に影響されることはなかった。
8:6 In the slightly more [12] (1. sanitary 2. affluent 3. determined) villages, peoples willpower wasn’t affected significantly.
8:7 より多くの資金をもっているがゆえに,彼らはセツケンと,例えば食物や薬との利益を考量す
るのに同じだけの労力を費やす必要はなかったのである。
8:7 Because they had more money, they didn’t have to spend as much effort weighing the merits of the soap versus, say, food or medicine.

・解答 [12]―2
>[12]設問部分は「ほんの少しだけ( )な村では,人々の意志力は有意に影響されること
はなかった」という意味。直後の文に「より多くの資金をもっているがゆえに」とあるから,解 答は「お金がある」という意味の形容詞になるとわかる。選択肢はそれぞれ,1は「衛生的な」, 2は「豊かな」,3は「決然とした」という意味だから,正解は2に決まる。

■ 第11段落
11:1 脳もそれ以外の身体と同じく,あらゆる種類の食品から作られる単純な糖であるブドウ糖か らエネルギーを得ている。
11:1 The brain, like the rest of the body, derives energy from glucose, the simple sugar manufactured from all kinds of foods.
11:2 これが自制心の改善につながるかどうかを確かめるために,バウマイスター研究室の研究者 たちは砂糖かダイエット用甘味料のどちらかを混ぜたレモネードを使った一連の実験で,脳に燃 料補給してみた。
11:2 To establish whether this could cause an improvement in self-control, researchers at Baumeister’s lab tried refueling the brain in a series of experiments involving lemonade mixed either with sugar or with a diet sweetener.
11:3 砂糖入りレモネードは,ブドウ糖をどっと供給した。砂糖なしの方は同じだけの量のブドウ
糖は供給することはないが味はとてもよく似ていた。
11:3 The sugary lemonade provided a burst of glucose; the sugarless variety tasted quite similar without providing the same burst of glucose.
11:4 再三再四,砂糖は意志力の回復を生んだが人工甘味料は何の効果もなかった。
11:4 Again and again, the sugar restored willpower, but the artificial sweetener had no effect.
11:5 ブドウ糖は少なくとも決断疲労を緩和し,ときにはそれを完全にうち消すことにもなった。
11:5 The glucose would at least [17] (1. mitigate 2. instigate. 3. eradicate) the decision fatigue and sometimes completely reverse it.
11:6 回復した意志力は決断の質ばかりでなく,人々の自制心をも改善した。すなわち,選択を求
められると非合理な偏見に抵抗し,経済的な決断を行うよう求められると,彼らはすぐに報酬を 得られる方に行くのではなく,よりよい長期的な戦略を選択する可能性が高くなったのだった。
11:6 The restored willpower improved people’s self-control as well as the quality of their decisions; they resisted irrational bias when making choices, and when asked to make financial decisions, they were more likely to choose the better long-term strategy instead of going for a quick payoff.

・解答 [17]―1
>[17]設問部分は「ブドウ糖は少なくとも決断疲労を( )し,ときにはそれを完全にうち 消すことにもなった」という意味。「ときにはそれを完全にうち消す」という後半部分の意味か ら,この部分が「一定程度うち消す」という意味になるはずだと読み取れる。選択肢はそれぞれ, 1は「緩和する」,2は「そそのかす」,3は「根こそぎにする」という意味だから,そのような意 味に近いのは1だと判断できるが,3つの選択肢とも難度の高い語彙で,正解できれば素晴らし い。

■ 第12段落
12:1 ブドウ糖の恩恵は,本文冒頭で言及したイスラエルの仮釈放会議の研究では紛れもなかっ
た。
12:1 The benefits of glucose were [18] (1. unmistakable 2. inconsequential. unobservable) in the study of the Israeli parole board mentioned at the beginning of this article.
12:2 午前半ばに,仮釈放会議は休憩することになり,判事はサンドイッチと果物を一つ振る舞わ
れるようになった。
12:2 In midmorning, the parole board would take a break, and the judges would be served a sandwich and a piece of fruit.
12:3 休憩直前に出頭した囚人は,仮釈放を得られる可能性はほぼ20%にすぎなかったが直後に出
頭した者は,おおよそ65%の可能性になった。
12:3 The prisoners who appeared just before the break had only about a 20 percent chance of getting parole, but the ones appearing right after had around a 65 percent chance.
12:4 さらに時が過ぎていくと,午前中には確率は再び下降し,実際囚人たちは昼食直前に判事の
前に出るのを嫌がった。その時期に仮釈放になる可能性は,たったの10%であった。
12:4 The odds dropped again as the morning wore on, and prisoners really didn’t want to appear just before lunch: the chance of getting parole at that time was only 10 percent.
12:5 昼食後は,それが60%まで跳ね上がったが,といってもほんの短期間だけであった。
12:5 After lunch it soared up to 60 percent, but only [19] (1. somewhat 2. briefly. nominally) .
12:6 午後3時10分に出頭したユダヤ系イスラエル人の囚人が,暴行罪の刑からの仮釈放を与えられ
なかったのを覚えているだろうか。
12:6 Remember that Jewish Israeli prisoner who appeared at 3:10 p.m. and was denied parole from his sentence for assault?
12:7 彼は不運にも,昼食後の審理の6事例目であった。
12:7 He had the misfortune of being the sixth case heard after lunch.
12:8 しかし同じ犯罪で同じ刑に服していたもう一人のユダヤ系イスラエル人の囚人は幸運にも午
後1時27分に出頭し,昼食後最初の事例となって,彼には仮釈放が与えられたのだった。
12:8 But another Jewish Israeli prisoner serving the same sentence for the same crime was lucky enough to appear at 1:27 p.m., the first case after lunch, and he was rewarded with parole.
12:9 彼には司法制度が機能している好例に思われたに違いないが,実はそれはおそらく事件の詳
細よりも,判事のブドウ糖値の方により関係していたのである。
12:9 It must have seemed to him like a fine example of the justice system at work, but [20](1. in addition 2. in actuality 3 . In sum), it probably had more to do with the judge’s glucose levels than the details of his case.

・解答 [19]―2
>[19]設問部分は「昼食後は,それが60%に跳ね上がったが,といっても( )にすぎな
かった」という意味。次の文からは,3時10分には,昼食の効果は切れていたことがわかる。昼食 が1時過ぎに終わったとすれば,ほんの2時間で無効となったわけだから,この部分は「短時間し かもたない」という意味になるはずだとつかめる。選択肢はそれぞれ,1は「幾分」,2は「短期 間に」,3は「名目的に」という意味だから,正解は2だと判断できる。

総合政策学部 2013 問2、
■ 第3段落
3:1大半の政治生態学者にとって,このような研究手法はやや鋭すぎる諸刃の剣である。
3:1 For most political ecologists, this approach is somewhat too sharp a double-edged sword.
3:2 それによって,どのように政治的に権力を付与された環境科学が私たちの周りの世界の環境に 影響を及ぼし,それを創造してきたのかを批判的に検証できるようになり,それは重要な政治 的,生態学的企てではあるのだが,その一方,この手法では,結果を説明するのに人間以外の関 与要因や過程(土壌や樹木,気候といったような)に言及することはできない。
3:2 While it [34](1. defies 2 undergoes 3. allows) a critical examination of how politically empowered environmental science has influenced and created the environments of the world around us, which is an important political ecological project, this approach does not allow us to make [35](1. adaptations 2 contributions 3. references) to non-human actors and processes (like soil, trees, and climate) In explaining outcomes.
3:3 このために,極端な構成主義は多くの研究者にとって魅力に欠けるものとなる。
3:3 This makes hard constructivism unattractive to many researchers.
3:4森の住人や,遊牧民,宗教哲学者といった他の社会団体によって保持されている代替的な環境
構成を受容し正しく評価するための価値ある開放的な空間が生み出される一方で,この手法のた めに,象徴的な人間的制度がそれ以外のすべての現実より以上に重要となり,一見従来の環境科 学の経験による調査が無力化されてしまうのである。
3:4 while producing a valuable open space for accepting and appreciating alternative constructions of the environment held by other social communities, like forest dwellers, nomadic herders, and religious philosophers, this approach makes the symbolic systems of humans [36](1. sovereign 2. go 3. carry) over all other reality, apparently disabling empirical Investigation In traditional environmental science.

・解答 [34]―3
>[34]設問部分は「それは、どのように政治的に増強された環境科学が私
たちの周りの世界の環境に影響を及ぼし,それを創造してきたのかについての批判的な検証を
( )する」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「無視する,許さない」,2は「経験す る,耐える」,3は「許す,可能にする」という意味。「鋭すぎる剣」というのだから「検証する ことができる」という意味にならなければ文意が通らない。よって,正解は3に決まる。

■ 第5段落
5:1最初の事例では,「人種」といった,誤った,社会的に偏向した世界分類法が,たとえそれら の実体である,一貫した,人種的に分化した遺伝的な差異が客観的に存在しないとしても,理解 したり,探求したりするには重要となる。
5:1 In the first case, false and socially biased categories of the world like “race,” are important to understand and explore even while their reality―consistent, racially-differentiated genetic differences―does not objectively exist.
5:2人々はそれらを経験的に保持しているので,こうした概念や社会的な構造物は世界に差を生
じ,しばしば,有害な結果を生じるが,それゆえに,理解しておく必要がある。
5:2 Since people hold them [39](1. importantly 2. experimentally 3. experientially) , these concepts or social constructions make a difference In the world, often with harmful effects and therefore need to be understood.
5:3自然に対するこのような「社会的物体」的な研究手法は,政治生態学者にとって魅力的であ る。というのも彼らは生態科学が土壌浸食といった現実の環境の趨勢を明らかにすることができ る一方で,社会的な調査によって,無知な人々がどのようにして誤った世界像を,権力が付与され た社会的な過程を経て生み出すのかを示しうると考えるからである。
5:3 This “social object” approach to nature is attractive for political ecologists, who are able to assume that ecological science can reveal real environmental trends, like soil erosion, while social investigation can show how ignorant people can create false pictures of the world through power- laden social processes.
5:4 このような研究手法は大半の研究者にとって満足のいくものなのだ。なぜなら,彼らは自分が
科学者だと考えているからである。
5:4 This approach is satisfactory for most researchers since they consider themselves scientists.
5:5彼らは科学という道具を使って問題を見るという彼らの手法が偏向した不正確な自然観を暴く
のに役立つと主張することができるのである。
5:5 They can insist that their way of seeing the problem, using the tools of science, helps to unmask biased and incorrect views of nature.

・解答 [39]―3
>[39]設問部分は「人々はそれらを( )保持しているので」という意味。先行文から,
「それらは客観的に存在しない」わけであるから,この部分にはそれ以外の保持法が示されなけ ればならない。選択肢はそれぞれ,1は「重要に」,2は「実験的に」,3は「経験的に」という意 味だから,3以外に文意が通るものはない。experimentとexperienceの区別がつくかどうかが問われ ている。

■ 第7段落
7:1生態学の歴史はこの面では,啓発的である。
7:1 The history of ecology is revealing in this respect.
7:2自然の仕組みの作用についての支配的な理論は,一貫してその時代の支配的な社会的言語と前
提を反映してきた。
7:2 The dominant theories of the operation of natural systems have consistently reflected the prevailing social languages and assumptions of their times.
7:3高度工業時代の間に登場してきたので,生態学という科学は機械工学に由来する比喩や概念に
強く依存するようになり,秩序正しい周期的な過程が,均衡と相称とを取り巻く構造をもつよう になった。
7:3 [41] (1. Underachieving 2. Culminating 3. Emerging) during the high Industrial age, the science of ecology came to depend heavily on metaphors and concepts from mechanical engineering, with orderly, cyclical processes structured around balance and symmetry.
7:4 それはまた哲学的なロマン主義と,全体論と相互依存に対する執着とに,強くまたいくらか矛
盾をはらみながら,依存していた。それはヘンリー=デイヴィッド=ソローのようなロマン主義の
作家に見られるのと同様である。
7:4 It also [42](1. laid 2 drew 3. carried) heavily, and somewhat contradictorily, upon philosophical Romanticism and the obsession with holism and interdependence, as is found in Romantic writers like Henry David Thoreau.
7:5 こうした比喩に科学は依存しているのだが,それらが近年不十分となってきたのは,いずれそ れらが現実をよく反映しなくなったか,あるいは変わりゆく社会的文化的な規準に適応しなく なったかであり,今や激変状態にあるのである。
7:5 These metaphors, on which science depends, became unsatisfactory in recent years, either because they reflected reality poorly, or didn’t fit changing social and cultural codes and now are In a state of [43](1. satisfaction 2. agreement 3. upheaval).
・解答 [41]―3
>[41]設問部分は「高度工業時代の間に( )ので,生態学という科学は,機械工学に由来
する比喩や概念に,強く依存するようになった」という意味。選択肢はそれぞれ,1は「成績が悪 い」,2は「最高潮に達する」,3は「姿を現す,登場する」という意味だから,それぞれの選択 肢の意味さえわかれば3以外に文意が通らないとわかる。

総合政策学部 2014 問1、
■ 第2段落
2:1 しかし,これだけよく言及するものにしては,常識は驚くほどにつかみにくいものなのであ
る。
2:1 For something we refer to so often, however, common sense is surprisingly hard to pin down. 2:2 おおざっぱに言って,常識とは,私たちが生涯にわたって,日常的な場面を処理するうちに蓄 積していく,緩やかにまとまった一連の事実や,観察,経験,知恵のピ―スである。
2:2 Roughly speaking, it is the loosely organized set of facts, observations, experiences, and pieces of wisdom that each of us accumulates over a lifetime in the course of dealing with everyday situations.
2:3 それ以上となると,常識は安易な分類に抵抗を示すことが多い。
2:3 Beyond that, it tends to [1](1. assist 2. resist 3. facilitate) easy classification.

・解答 [1]―2
>[1]設問部分は「それ以上となると,常識は安易な分類に( )することが多い」という意
味。先行する文にRoughly speaking「おおざっぱに言えば」とあるので,ここは「おおざっぱでな い言い方」に関する言及であると読み取れる。また,この段の第1文に「(常識は)驚くほどつかみ にくい」とあることから,「簡単にはいかない」と続くことが予測される。選択肢はそれぞれ,1 は「助力する」,2は「抵抗する」,3は「促進する」という意味だから,そのような文意になっ ているのは2であるとわかる。他の選択肢だと,正反対の意味になってしまう。

■ 第6段落
6:1 工業化した社会で行われた数百回のこの実験で,研究者はすでに,大半のプレ―ヤ―が半分ず
つ分けると提案し,30ドル以下の提案だとたいてい拒否されることを明らかにしてきた。
6:1 In hundreds of these experiments conducted in industrialized societies, researchers had already demonstrated that most players propose a fifty-fifty split, and offers of less than $30 are typically rejected.
6:2 経済学者はこの行動を驚くべきことだと考える。なぜなら彼らの経済合理性という標準的な概
念と相容れないからである。
6:2 Economists find this behavior surprising because it [7]([1. agrees 2. conflicts 3. coincides) with their standard notion of economic rationality.
6:3 たとえ1ドルでも,推論すれば,何もないよりはましであり,だから厳密に合理的な観点から すれば,相手はゼロより高ければ,どんな提案でも受け入れるのがft然である。
6:3 Even a single dollar, the reasoning goes, is better than nothing at all, so from a strictly rational perspective, recipients ought to accept any offer above zero.
6:4 そしてこれを知っていれば,合理的な「提供者」は,最小額を提供してうまいこと切り抜けよ うとするのがft然である。すなわち,1ドルである。
6:4 And knowing this, rational “proposers” ought to offer the [8](1. least 2. most 3. less) they can get away with―namely, one dollar.
6:5 当然,少し考えればなぜ人々が実際には違うふるまいをするのかが浮かんでくる。すなわち,
ただそれが可能だからといって,有利な立場につけ込むのは,公平ではないように思われるとい うわけである。
6:5 Of course, a moment’s thought suggests why people play the way they do―namely that it doesn’t seem fair to [9](1. damage 2. jeopardize 3. exploit) a situation just because you can.
6:6 それゆえに,3分の1に満たない額を提示された相手は,弱みにつけ込まれたと感じ,だからた
とえ相ftの金額であってもけち臭い提供者に教えを垂らしてやるために,その場を立ち去る方を
選ぶのである。
6:6 Recipients being offered less than a third, therefore, feel taken advantage of and so opt to walk away from even a substantial sum of money in order to teach miserly proposers a [10](1. reason 2. lesson 3. fact).
6:7 そして,この反応を予期しているがゆえに,提供者は,相手が公平な分配だと考えると想定す
るだけの額を提供することが多い。
6:7 And anticipating this response, proposers tend to offer what they assume the recipient will consider a fair split.

・解答 [7]―2
>[7]設問部分は「経済学者はこの行動を驚くべきことだと考える。なぜなら彼らの経済合理性とい う標準的な概念と( )からである」という意味。「驚くべき」なのは、「想定している ことと矛盾する」からだと読み取れる。選択肢はそれぞれ、1は「合致する」、2は「相容れな い」、3は「一致する」という意味だから、「矛盾する」という意味になるのは2であるとわか る。

6:1 工業化した社会で行われた数百回のこの実験で,研究者はすでに,大半のプレ―ヤ―が半分ず つ分けると提案し,30ドル以下の提案だとたいてい拒否されることを明らかにしてきた。
6:1 In hundreds of these experiments conducted in industrialized societies, researchers had already demonstrated that most players propose a fifty-fifty split, and offers of less than $30 are typically rejected.
6:2 経済学者はこの行動を驚くべきことだと考える。なぜなら彼らの経済合理性という標準的な概
念と相容れないからである。
6:2 Economists find this behavior surprising because it [7]([1. agrees 2. conflicts 3. coincides) with their standard notion of economic rationality.
6:3 たとえ1ドルでも,推論すれば,何もないよりはましであり,だから厳密に合理的な観点から
すれば,相手はゼロより高ければ,どんな提案でも受け入れるのがft然である。
6:3 Even a single dollar, the reasoning goes, is better than nothing at all, so from a strictly rational perspective, recipients ought to accept any offer above zero.
6:4 そしてこれを知っていれば,合理的な「提供者」は,最小額を提供してうまいこと切り抜けよ
うとするのがft然である。すなわち,1ドルである。
6:4 And knowing this, rational “proposers” ought to offer the [8](1. least 2. most 3. less) they can get away with―namely, one dollar.
6:5 当然,少し考えればなぜ人々が実際には違うふるまいをするのかが浮かんでくる。すなわち, ただそれが可能だからといって,有利な立場につけ込むのは,公平ではないように思われるとい うわけである。
6:5 Of course, a moment’s thought suggests why people play the way they do―namely that it doesn’t seem fair to [9](1. damage 2. jeopardize 3. exploit) a situation just because you can.
6:6 それゆえに,3分の1に満たない額を提示された相手は,弱みにつけ込まれたと感じ,だからた
とえ相ftの金額であってもけち臭い提供者に教えを垂らしてやるために,その場を立ち去る方を
選ぶのである。
6:6 Recipients being offered less than a third, therefore, feel taken advantage of and so opt to walk away from even a substantial sum of money in order to teach miserly proposers a [10](1. reason 2. lesson 3. fact) .
6:7 そして,この反応を予期しているがゆえに,提供者は,相手が公平な分配だと考えると想定す
るだけの額を提供することが多い。
6:7 And anticipating this response, proposers tend to offer what they assume the recipient will consider a fair split.

・解答 [9]―3
>[9]設問部分は「ただそれが可能だからといって、有利な立場を( )するのは、公平では ないように思われる」という意味。不公平となるのは「有利な立場を利用する」からであろう。 選択肢はそれぞれ、1は「損なう」、2は「危険にさらす」、3は「利用する」という意味だから正 解は3だとわかる。

・解答 [10]―2
>[10]設問部分は「3分の1に満たない額を提示された相手は、弱みにつけ込まれたと感じ,だから
たとえ相当の金額であっても,けち臭い提供者に( )を教えてやるために,その場を立 ち去る方を選ぶ」という意。悪いことをした相手に教えてやるのだから,それは「そういうこと をしてはいけないという教え」である。選択肢はそれぞれ,1は「理由」2は「訓戒」,3は「事 実」という意味だから,そのような意味になるのは2だとわかる。

■ 第7段落
7:1 もしもこのような洞察に対するあなたの反応が,経済学者はもう少し世間を見た方がいいとい うものなら,それはおひとりだけの考えではない。
7:1 If your reaction to this insight is that economists need to get out a little more, then you’re not alone.
7:2 何か常識らしきものがあるとするなら,それは人間はお金だけでなく,公平さにも配慮すると
いうことなのだ。
7:2 If anything seems like common sense, it’s that people care about fairness as well as money.
7:3 しかし,同じ実験を5大陸にまたがる工業化以前の15の社会で再現してみると,社会が違えば
何が公平なのかにかかわる考え方も大いに違うことがわかった。
7:3 But when the experimenters replicated the game in fifteen preindustrial societies across five continents, they found that people in different societies have very different ideas about what [11](1. reveals 2. counts 3. exhibits) as fair.
7:4 一方の極では,ペル―のマチゲンガ族は総額のたった4分の1だけを提供することが多く,提示
が拒絶されることはほとんどなかった。
7:4 At one extreme, the Machiguenga tribe of Peru tended to offer only about a quarter of the total amount, and virtually no offers were refused.
7:5 反対の極では,パプアニユ―ギニアのグナウ族は半分ずつよりさらによい提示をすることが多 いけれど驚くべきことにこうした「超公平」な提示も不公平な提示と同じ頻度で拒否されること が多かった。
7:5 At the other extreme, the Gnau tribe of Papua New Guinea tended to make offers that were even better than fifty fifty, but [12](1. logically 2. Obviously 3 . surprisingly) these “ hyper fair” offers tended to get rejected just as frequently as unfair offers.

・解答 [12]―3
>[12]設問部分は「( ), 『超公平」な提示も不公平な提示と同じ頻 度で拒否されること が多かった」という意味。「超公平」も「不公平」も 差がない, といわれたら, それは予想外の 出来事だと考えられる。選択肢 はそれぞれ, 1は「論理的には」, 2は「明白に」, 3は「驚くべ きこと に」という意味だから, 正解は3だとわかる。

■ 第8段落
8:1 こうした差異はどう説明できるのだろう。
8:1 What explains these differences?
8:2 実は,グナウ族には贈答の慣行があり,それによって,贈与を受けると将来のある時点で贈り
主に返礼をする義務を負うことになる。
8:2 As it turns out, the Gnau tribe had customs of gift exchange, according to which receiving a gift [13](1. obligates 2. expects 3. persuades) the receiver to reciprocate at some point in the future.
8:3 グナウ族の社会には,最後通牌ゲ―ムに相ftするものはないのだから,彼らはそのなじみのな い交易を,考えられる限り最も類似した社会的な交換上にただ位置づけ,それがたまたま贈答と なり,それに応じた反応をしたのだった。
8:3 Because there was no equivalent of the ultimatum game in the Gnau society, they simply “mapped” the unfamiliar interaction onto the most similar social exchange they could think of―which happened to be gift exchange―and responded [14](1. casually 2. belatedly 3 accordingly) .
8:4 こうして,西洋の被験者からすればタダでもらえそうに見えたお金が,グナウ族の被験者に
とっては望ましからぬ義務にきわめて近いものに見えたのだった。
8:4 Thus what might have seemed like free money to a Western participant looked to a Gnau participant very much like an [15](1. unearned 2. unwanted 3. unpredicted) obligation.
8:5 逆に,マチゲンガ族の暮らす社会では,誠実さの期待を帯びている関係の絆は,直接の家族の
間にあるだけである。
8:5 The Machiguenga, by contrast, live in a society in which the only relationship bonds that carry any expectation of loyalty are with immediate family members.
8:6 それゆえ,見知らぬ人と最後通牌業ゲ―ムをするとき,マチゲンガ族の被験者は,ここでもま たなじみのないものをおなじみのものの上に位置づけて,公平な提示をする義務を感じることは ほとんどないし,明らかに不平等な分配の提示を受けたとき西洋人の被験者に沸き上がるであろ
う怒りを経験することもほとんどなかったのである。
8:6 When playing the ultimatum game with a stranger, therefore, Machiguenga participants―again mapping the unfamiliar onto the familiar―saw little obligation to make fair offers, and experienced very little of the [16](1. resentment 2. contentment 3. euphemism) that would well up in a Western player upon being presented with a split that was patently unequal.
8:7 彼らにとっては,低額の提示でさえいい話に見えたのだった。
8:7 To them, even low offers were seen as a good deal.

・解答 [14]―3
>[14]設問部分は「グナウ族の社会には,最後通牌業ゲ―ムに相当するものはないのだから,彼ら はそのなじみのない交易を,考えられる限り最も類似した社会的な交換上にただ位置づけ,それ がたまたま贈答だったのであり,そして( )反応した」という意味。「実際にはない交 易に対して,それに最も近い事態を想定した」のだから,「『その事態に応じた」反応を示した」 という意味にすれば,文意が通じる。選択肢はそれぞれ,1は「何気なく」,2は「遅まきなが ら」,3は「それに応じて」という意味だから,正解は3だとわかる。

■ 第8段落
8:1 こうした差異はどう説明できるのだろう。
8:1 What explains these differences?
8:2 実は,グナウ族には贈答の慣行があり,それによって,贈与を受けると将来のある時点で贈り
主に返礼をする義務を負うことになる。
8:2 As it turns out, the Gnau tribe had customs of gift exchange, according to which receiving a gift [13](1. obligates 2. expects 3. persuades) the receiver to reciprocate at some point in the future.
8:3 グナウ族の社会には,最後通牌ゲ―ムに相ftするものはないのだから,彼らはそのなじみのな い交易を,考えられる限り最も類似した社会的な交換上にただ位置づけ,それがたまたま贈答と なり,それに応じた反応をしたのだった。
8:3 Because there was no equivalent of the ultimatum game in the Gnau society, they simply “mapped” the unfamiliar interaction onto the most similar social exchange they could think of―which happened to be gift exchange―and responded [14](1. casually 2. belatedly 3 accordingly).
8:4 こうして,西洋の被験者からすればタダでもらえそうに見えたお金が,グナウ族の被験者に
とっては望ましからぬ義務にきわめて近いものに見えたのだった。
8:4 Thus what might have seemed like free money to a Western participant looked to a Gnau participant very much like an [15](1. unearned 2. unwanted 3. unpredicted) obligation.
8:5 逆に,マチゲンガ族の暮らす社会では,誠実さの期待を帯びている関係の絆は,直接の家族の
間にあるだけである。
8:5 The Machiguenga, by contrast, live in a society in which the only relationship bonds that carry any expectation of loyalty are with immediate family members.
8:6 それゆえ,見知らぬ人と最後通牌業ゲ―ムをするとき,マチゲンガ族の被験者は,ここでもま たなじみのないものをおなじみのものの上に位置づけて,公平な提示をする義務を感じることは ほとんどないし,明らかに不平等な分配の提示を受けたとき西洋人の被験者に沸き上がるであろ
う怒りを経験することもほとんどなかったのである。
8:6 When playing the ultimatum game with a stranger, therefore, Machiguenga participants―again mapping the unfamiliar onto the familiar―saw little obligation to make fair offers, and experienced very little of the [16](1. resentment 2. contentment 3. euphemism) that would well up in a Western player upon being presented with a split that was patently unequal.
8:7 彼らにとっては,低額の提示でさえいい話に見えたのだった。
8:7 To them, even low offers were seen as a good deal.

・解答 [15]―2
>[15]設問部分は「こうして,西洋の被験者からすればタダでもらえそうに見えたお金がグナウ族
の被験者にとっては,( )な義務にきわめて近いものに見えたのだった」という意味。 前段のグナウ族の人々の「不可解」な反応が実は,彼らにとっては合理的な反応だったことを説 明する文になるのだから,「気に入らない」義務といった意味になるはずだと読み取れる。選択 肢はそれぞれ,1は「労せずして得た」,2は「望ましからぬ」,3は「予想されていない」という 意味だから,上記の検討から正解は2だとわかる。

■ 第8段落
8:1 こうした差異はどう説明できるのだろう。
8:1 What explains these differences?
8:2 実は,グナウ族には贈答の慣行があり,それによって,贈与を受けると将来のある時点で贈り
主に返礼をする義務を負うことになる。
8:2 As it turns out, the Gnau tribe had customs of gift exchange, according to which receiving a gift [13](1. obligates 2. expects 3. persuades) the receiver to reciprocate at some point in the future.
8:3 グナウ族の社会には,最後通牌ゲ―ムに相ftするものはないのだから,彼らはそのなじみのな
い交易を,考えられる限り最も類似した社会的な交換上にただ位置づけ,それがたまたま贈答と なり,それに応じた反応をしたのだった。
8:3 Because there was no equivalent of the ultimatum game in the Gnau society, they simply “mapped” the unfamiliar interaction onto the most similar social exchange they could think of―which happened to be gift exchange―and responded [14](1. casually 2. belatedly 3 accordingly).
8:4 こうして,西洋の被験者からすればタダでもらえそうに見えたお金が,グナウ族の被験者に
とっては望ましからぬ義務にきわめて近いものに見えたのだった。
8:4 Thus what might have seemed like free money to a Western participant looked to a Gnau participant very much like an [15](1. unearned 2. unwanted 3. unpredicted) obligation.
8:5 逆に,マチゲンガ族の暮らす社会では,誠実さの期待を帯びている関係の絆は,直接の家族の 間にあるだけである。
8:5 The Machiguenga, by contrast, live in a society in which the only relationship bonds that carry any expectation of loyalty are with immediate family members.
8:6 それゆえ,見知らぬ人と最後通牌業ゲ―ムをするとき,マチゲンガ族の被験者は,ここでもま たなじみのないものをおなじみのものの上に位置づけて,公平な提示をする義務を感じることは ほとんどないし,明らかに不平等な分配の提示を受けたとき西洋人の被験者に沸き上がるであろ
う怒りを経験することもほとんどなかったのである。
8:6 When playing the ultimatum game with a stranger, therefore, Machiguenga participants―again mapping the unfamiliar onto the familiar―saw little obligation to make fair offers, and experienced very little of the [16](1. resentment 2. contentment 3. euphemism) that would well up in a Western player upon being presented with a split that was patently unequal.
8:7 彼らにとっては,低額の提示でさえいい話に見えたのだった。
8:7 To them, even low offers were seen as a good deal.

・解答 [16]―1
>[16]設問部分は「マチゲンガ族の被験者は,ここでもまたなじみのないものをおなじみのものの
上に位置づけて,公平な提示をする義務を感じることはほとんどないし,明らかに不平等な分配 の提示を受けたとき西洋人の被験者に沸き上がるであろう( )を経験することもほとん どなかった」という意味。「不平等な分配を受けた西洋人が感じるもの」なので「不快,立腹, 憤怒」といったものだと予想できる。選択肢はそれぞれ1は「怒り」,2は「満足」,3は「姉曲表 現」という意味だから,正解は1に決まる。

■ 第11段落
11:1 常識は社会の中に埋め込まれたものだという性質から来る最も重要な帰結の一つは,常識の
問題をめぐる争いは,きわめて解決しづらいということである。
11:1 One of the most important consequences of the socially [19](1. demanded 2. employed 3. embedded) nature of common sense is that disagreements over matters of common sense can be extremely difficult to resolve.
11:2 アメリカの文化人類学者クリフォ―ド=ギアツはジャワの魔術研究の中で「ジャワの男の子の 家族が全員私に,うちの子が木から落ちて足を折ったのは,うっかり何か儀礼上の義務を見逃し たせいで,亡くなった祖父の霊がうちの子を落としたからだと語るとき,彼らは本ftにそういう ことが起きたのだと思っているのであり,それしか起きはしなかったのだと思っているのであっ て,だから彼らがとまどっているのは,自分たちにとまどいのないことに私がとまどっているか らにすぎない」と,とりわけ言及したのだった。
11:2 The American anthropologist Clifford Geertz noted in his study of witchcraft in Java that “when the whole family of a Javanese boy tells me that the reason he has fallen out of a tree and broken his leg is that the spirit of his deceased grandfather pushed him out because some ritual duty has been inadvertently overlooked, it is precisely what they think has occurred, it is all they think has occurred, and they are puzzled only at my puzzlement at their lack of puzzlement.”
11:3 別言すれば,常識の問題をめぐる争いが解決しにくいのは,どんな理由に基づけば筋の通っ
た議論ができるのかさえもどちらの側にも明らかでないからなのである。
11:3 Disagreements over matters of common sense, [20](1. however 2, in other words 3, by the way), are hard to resolve because its unclear to either side on what grounds one can even conduct a reasonable argument.

・解答 [19]―3
>[19]設問部分は「常識は社会的に( )されたものだという性質が生む最も重要な結末の 一つは,常識の問題をめぐる争いは,きわめて解決しづらいということである」という意味。常 識問題が解決しづらいのは,これまで,特に第10段第2・3文で述べられてきたように,それが「社 会とは切り離せないもの」だからである。選択肢はそれぞれ,1は「要求される」,2は「使われ る」,3は「埋め込まれた」という意味だから「社会と切り離せない」という意味になるのは3し かない。

総合政策学部 2006 問1
■第3段落
3:1 The enormous assumption behind this finding, of course, is that happiness, like Olympic figure skating, can really be scored numerically at all and that the judges who score it don’t even need to come from the same countries or speak the same languages as the people there judging.
3:1 もちろん、この発見の背後には途方もない想定がある。それは幸福がオリンピックのフィギュ
アスケートのように、ともかくも数字によって採点することが本ftにできるのであって、採点す る審判は同じ国の出身である必要はないし、自分が採点している人々と同じ言語を話す必要さえ
ないということである。
3:2 Robert BiswasDiener, a professor of psychology at Portland State University in Oregon and the [4] (1. soul 2. heart 3. mind) behind the Calcutta study, believes this.
3:2 ロバート=ビスワズ=ディーナーは、オレゴン州にある州立ポートランド大学の心理学教授で
あり、カルカッタ研究を支持している学者であるが、このことを信じている。
3:3 BiswasDiener has worked extensively with his father, the noted University of Illinois psychologist Ed Diner, to evaluate the “Subjective Well-being” (SWB), as they call it, of people around the globe, from Masa warriors in East Africa to Inuit hunters in Northern Greenland, [5]( 1. inviting 2. permitting 3. indulging) them to answer various questions about their moods and outlook.
3:3 ビスワズ=ディーナーは、父である有名なイリノイ大学の心理学者エド=ディーナーとともに
広範な研究を行ってきた。
それは、東アフリカのマサイ族の兵士から、北部グリーンランドのイヌイットの猟師まで世界中
の人々に気分やものの見方に関するさまざまな質問に答えてもらいながら、いわゆる「主観的な
幸福(SWB)」を評価することである。
3:4 The results have led them to one sweeping conclusion:
3:4 その結果、彼らは決定的な結論に達した。
3:5 human beings, no matter where they live, and almost without regard to how they live, are, in the elder Diner’s words, “preset to be happy.”
3:5つまり、人間は、どこに住んでいようと、どのような暮らしをしていようとも、大ディーナー
の言葉でいえば、「幸せになるように予めできている」ということである。
・解答 [4]―3
>[4]設問に続くbehind the Calcuta study「カルカッタ研究を支持している」という語句の理解がポイ
ント。「研究」を支持するのにふさわしいのは1.「魂」、2.「心」、3.「頭」の中では、「頭」す なわち「知性的な人物」である。この部分全体が、Robert Biswas-Dienerに対する同格名詞句となっ ていることも、大切なヒントになる。

慶應義塾大学環境情報学部 問二 2005年度 英語長文問題解答 過去問 空所補充問題
■第2段落
2:1 Over the past five years the world has seen a 2.5% growth in urban population, but that [31](1. scatters 2. stands 3. varies) between the more developed regions (0.7%) and the less developed regions (3.3%).
2:1 ここ5年間に、世界の都市人口は2.5パーセント増加したが、その数値は、より発展した地域
(0.7パーセント)とより発展していない地域(3.3パーセント)との間でばらつきがある。
2:2 In 1999, 47%, or 28 billion, of the world’s population lived in cities, and this is set to increase [32](1. by 2. to 3. with) around 70 million people each year.
2:2 1999年においては、世界の人口の47パーセント、28億人が都市に住んでおり、またこの数は毎
年約7千万人ずつ増加している。
2:3 The expectation is that by 2030 nearly 5 billion (61%) of the world’s 8.1 billion people will live in cities.
2:3予想によると、2030年までには、世界人口81億人のうち50億人(61パーセント)近くが都市に
住むであろうとされている。
2:4 Of the urban population, for every one person now living in cities in developed countries, there are two in the cities of the developing world.
2:4都市人口のうち、現在先進国の都市に住んでいる1人に対して、発展途上国の都市には2人とい
う割合になっている。
2:5 Within 30 years this proportion is predicted to rise to 1:4, indicating that 90% of the growth in urbanization will be in developing countries.
2:5 30年以内にはこの比率は1対4に上昇すると予想されているが、それは都市化における増加分の
90パーセントが発展途上国におけるものであることを示している。
・解答 [31]―3 [32]―1
>[31]
Scatter「まき散らす」
Stand 「立つ、位置する」
Vary 「変わる」 varies「変化する(ばらつきがある)」後に「より発展した地域(0.7パーセント)とより発展して いない地域(3.3パーセント)との間で」と異なる2つの数値があげられていることから推測でき る。

■第3段落
3:1 In these countries the expansion of urbanization is [33](1. controlling 2. growing 3. occurring) on an unimaginable scale.
3:1 これらの国々においては、都市化の拡大は想像を超えた規模で起こっている。
3:2 Very large cities the megacities with populations of over 10 million people are becoming commonplace.
3:2非常に大きな都市―1千万以上の人口を持つメガ・シティ(巨大都市)―はありふれたものと
なっている。
3:3 New York and Tokyo were the only megacities in 1960, but by 1999 there were 17.
3:3 1960年の時はニューヨークと東京だけがメガ・シティであったが、1999年には17都市になっ
た。
3:4 In another 15 years projections suggest there will be at [34](1. largest 2. least 3. most) 26 such cities, 22 of which will be in developing countries, and 18 of these in Asia.
3:4見積もられているところによると、あと15年すれば少なくともそのような都市が26になり、う
ち22都市が発展途上国にあり、さらにその18都市はアジアにあるという。
3:5 However, the most aggressive growth [35](1. Appears 2. Continues 3. Corresponds) to be in the cities of between 1 and 10 million.
3:5 しかし、最も激しい増加は、100万人から1千万人の都市にみられるようである。
3:6 In 1990, we had 270 million cities; by 2015, various predictions show that there may be between 358 and 516 of these cities.
3:6 1990年には270の「百万都市」があったが、さまざまな予測によると、2015年までにはこのよ
うな都市の数が358から516の間になるかもしれないという。
・解答 [33]―3
>[33] Control「制御する」 Grow 「成長する」
Occur 「起こる」
「都市化の拡大(the expansion of urbanization)が……」に続く動詞を選ぶ問題。直後の「想像
を超えた規模で(on an unimaginable scale)」につながるものとして、3の「起こっている
(occurring)」が最適。

■第4段落
4:1 It is questionable whether these statistics themselves necessarily represent a problem.
4:1 これらの統計の数字そのものが、必ずや問題を表しているのかどうかについては疑問の余地が
ある。
4:2 It is true that the [36](1 . better 2. more . very) size of the cities and the high proportion of the world’s population living within them will inevitably intensify problems, which will include the intensive use of resources such as land, water and energy, the overstretching of infrastructure, poor sanitation and health, and social and economic inequalities.
4:2確かに、都市の大きさそのものや世界の人口の都市居住率が高いことは、必然的に問題を大き
くするであろうし、それには土地・水・エネルギーなどの資源の集中的使用、インフラの過剰な 広がり、公衆衛生や健康状態の悪化、社会的・経済的不平等が含まれるであろう。
4:3 The more serious problem, however, is concerned with [37](1. affluent 2. broad 3. simple) lifestyles and wasteful use of land, both in developed and developing countries, which result [38](1. as 2. in 3. to) a disproportionate use of resources and urban forms that are often unsustainable.
4:3 しかしながら、より深刻な問題は先進国・発展途上国の両方における豊かな生活様式や土地の
無駄な使い方に関係があり、それらは結果として偏った資源の使用や、持続不可能になることが 多い都市形態を生み出している。
4:4 For example, commercial enterprises outside cities such as the ubiquitous shopping mall are likely to cause most waste, pollution and harmful emissions.
4:4 たとえば、至る所にあるショッピングセンターのような郊外の商業的事業は、最も多くのご み、汚染、有害な排出物を発生させる可能性が高い。
4:5 Also the lifestyles of those living in low-density suburban areas on the periphery will be responsible [39](1. by 2. for 3. to) the consumption of more resources than those with similar incomes living in cities.
4:5 また、都市周辺部の、人口密度の低い郊外に住む人々の生活様式も、「都市に住む同じくらい
の収入の人々」よりも多くの資源を消費する原因になるであろう。
[37]―1
>[37]
Affluent「裕福な」
Broad 「広々とした」
Simple 「単純な」
The more serious problem, however, is concerned with~「しかしながら、より深刻な問題は~と 関係している」の~に入る部分なので、affluent(豊かな、裕福な)が適切。次の文に例としてあ げられている「至る所にあるショッピングセンター(ubiquitous shopping mall)」からも推測でき
る。

■第5段落
5:1 Cities may have problems, but they are not necessarily a problem in themselves.
5:1都市には問題があるかもしれないが、都市自体が必ずしも問題なのではない。
5:2 According to some urban planners in England, it is the ‘failure of effective governance within cities that explains the poor environmental performance of so many cities rather than a [40] (1.active 2. exceptional 3. inherent) characteristic of cities in general.’
5:2 イングランドのある都市計画立案者らによると、「非常に多くの都市で環境面での問題がみら
れる原因は、一般的な都市固有の特徴というよりはむしろ、都市内部での効果的な統治の失敗に
ある」という。
5:3 The manipulation of urban form, and the provision of better forms of governance, may go some way to overcome city problems.
5:3都市形態の巧みな操作、より良い統治形態の用意が、都市問題を克服するのにいくらか役立つ
かもしれない。
5:4 [41](1. Because of 2. Despite. Instead of) many problems, the fastest growing cities in developing countries have benefits for those living there.
5:4多くの問題にもかかわらず、発展途上国における最も成長の速い都市はそこに住む人々に利益
をもたらしている。
5:5 They can provide ‘enhanced opportunity for millions of people’ and ‘refuges from a stifling, restrictive rural life’ that may no longer be economically sustainable.
5:5それらは「何百万もの人々のための機会の増大」と、もはや経済的に持続不可能な「息苦し
く、制限の多い田舎の生活から逃れる場所」を提供することができる。
5:6 The sheer vitality and numbers of people and ideas tend to change attitudes and lifestyles, and lead to higher [42](1. aspirations 2. levels 3. means) to improve standards of living.
5:6人々や考え方の、純然たる活力や数の多さが、態度や生活様式を変化させる傾向にあり、また
生活水準を上げようというより高い向上心へとつながっていく。
5:7 How, then, does this tendency relate to sustainable development and sustainable urban form?
5:7 では、どのようにしてこの傾向が持続可能な発展と持続可能な都市形態へと関係してゆくので
あろうか。
・解答 [40]―3 [42]―1
>[40]
Active「活動中の」
Exceptional「特に優れた、例外の」
inherent「固有の」
該当箇所を含む文のit is……以下の訳は「非常に多くの都市で環境面での問題がみられる原因は、
一般的な都市固有の特徴というよりはむしろ、都市内部での効果的な統治の失敗にある」となる
(itis…that~は強調構文)。段落冒頭文の「都市自体が必ずしも問題なのではない(they are …… themselves)」という主張をより具体的に説明している。
>[42]
Aspiration「切望」 Level「水準」 Mean 「方法」
lead to higher aspirations to improve standards of living「生活水準を上げようというより高い向上 心へとつながっていく」直前にある「態度を変化させる(change attitudes)」の部分から推測す ると「より高い向上心(higher aspirations)」とするのが最も自然。

■第7段落
7:1 In existing cities, the concept of compactness arises through processes that intensify development and bring in more people to revitalize them.
7:1現存する都市においては、密集性の概念は、発展を押し進める過程、また都市を活性化すべ
く、より多くの人々を呼び込む過程を通して現れている。
7:2 The ideas behind the compact city are an important strand in the attempt to find sustainable urban forms, with the belief that compactness will result in reductions in travel [45](1. demands 2. distances 3. opportunities) and thus vehicle emissions, and that the high densities can create greater viability for service provision, public transport, waste disposal, healthcare and education.
7:2 コンパクト・シティ(さまざまな都市機能がそれほど広すぎないエリアにつまった、密集性を 持つ都市)の背後にある考え方は、持続可能な都市形態を見出そうとする試みの重要な要素であ
り、密集性は移動距離を減らすがゆえに乗り物の排ガスを減らすことになるという信念や、密度 が高いことによってサービスの提供、公共交通機関、廃棄物処理、健康管理、教育の実現可能性
がより高まるという信念をともなっている。
・解答 [45]―2
Demand 「要求、需要」
Distance「距離」
Opportunity「機会」
>[45]後続部分にand thus (result in reductions in) vehicle emissions(「ゆえに乗り物の排ガス
を減らすことになる」)と()を補って考えると、そのような状態をもたらすのは、travel distances(「移動距離」)の減少であることから2が適切。

■第8段落
8:1 The vision of the compact city has been dominated by the model of the densely developed core of many historic European cities.
8:1 コンパクト・シティというビジョンは、歴史上重要な多くのヨーロッパ諸都市の、密集して発
達した中心部というモデルに多大な影響を受けている。
8:2 These are a great attraction not just to architects, planners and urban designers, [46](1. and 2. but 3. or) to countless tourists who flock to see them.
8:2 これらは建築家やプランナーや都市設計者だけでなく、群れをなして見に来る無数の観光客に
とってもおおいに魅力あるものである。
8:3 They are seen, often by those from outside, as ideal places to live and experience the vitality and variety of urban life.
8:3 それらは、しばしば外部から来た人々によって、住んだり都会生活の活気や多様性を経験した
りするのに理想的な場所とみなされている。
8:4 The danger is that it is a romantic vision, one which assumes a golden age that can be recaptured through urban form, leading to a sustainable and benign civility.
8:4危険なのは、それが現実離れしたビジョンであり、そこでは、都市形態を通して取り戻すこと
ができて、しかも持続可能で温和な礼儀正しさにつながる黄金時代を想定していることである。
8:5 Perhaps it is not [47](1. believable 2. interesting 3. Surprising) that the strongest advocate for the compact city has been the European Community.
8:5 コンパクト・シティの最大の支持者がヨーロツパ共同体(EC)であることは、ひょっとする
と驚くべきことではないかもしれない。
・解答 [47]―3
>[47]
Believable「信用できる」 Interesting「興味を引き起こす」 Surprising「驚くべき」
surprising「驚くべき」itis……以下すべてを訳すと「コンパクト・シティの最大の支持者がヨーロ ツパ共同体(EC)であることは驚くべきことではない」となる。段落全体にわたって、ヨーロッ
パの都市が理想的とみなされている実態が述べられていることから推測できる。

■第6段落
6:1 Their massive teeth were growing smaller, for they were no longer [8](1. Absolute 2. Essential
3. Powerful.
6:1彼らのがっしりした歯は次第に小さくなっていった。というのも、それらはもはや必要不可欠
ではなくなったからである。
6:2 The sharp-edged stones that could be used to dig out roots, or to cut and saw through tough flesh or fiber, had begun to replace them, with immeasurable consequences.
6:2根を掘り出したり固い肉や繊維を切り裂くのに使える鋭くとがった石が、それらに取って代わ
り始め、はかり知れない結果をもたらした。
6:3 No longer were the manages faced with starvation when their teeth were damaged or [9](1. killed 2. repaired 3. worn) ; 6:3猿人はもはや、歯が損傷したりぼろぼろになった時でも飢えに直面することはなくなった。
6:4 even the crudest tools could add many years to their lives.
6:4最も粗雑な作りの道具でさえ、彼らの寿命を何年も延ばした。
6:5 And as their fangs diminished, the shape of their face started to alter;
6:5牙が小さくなるにつれて顔の形が変化し始めた。
6:6 the snout receded, the massive jaw became more delicate, the mouth able to make more [10] (1.noisy 2. subtle. Sweet) sounds.
6:6鼻の部分が後退し、がっしりしたあごは細くなり、口はより微妙な音を出せるようになった。
6:7 Speech was still a million years away, but the first steps toward it had been taken.
6:7言語が現れるのはまだ100万年先のことであったが、それに向けての第一歩が踏み出された。
[9]―3
>[9]
Killed 「kill(人や動物を殺す)の過去分詞」
Repaired「repair(修理する)の過去分詞」
Worn 「wear(擦り切れる)の過去分詞」 worn「すり切れた、使い古した」直前のdamaged(「損なわれる」)と同じく、when their teeth
wereに続けられる言葉を選ぶ。
[10]―2
>[1O]
Noisy 「騒がしい」 noise(音) →派生 Subtle「微妙な」
Sweet 「快い声の」
more subtle sounds「より微妙(で複雑)な音」次の文の「言語(speech)」の発生につながる変化
を述べている。

■第9段落
9:1 For in using clubs and flints, their hands had developed a [12](1. clumsiness 2. dexterity 3. sloppiness) found nowhere else in the animal kingdom, permitting them to make still better tools, which in turn had developed their limbs and brains yet further.
9:1 というのも、こん棒や火打ち石を使用するうち、彼らの手は動物たちの王国の他のどこにもみ られない器用さを発達させ、さらにすぐれた道具を作れるようになり、その結果、手足や脳がさ
らに発達したからである。
9:2 It was an accelerating, cumulative process; and [13] (1. at 2. in 3. of) its end was Man.
9:2 それは加速度的で累積的なプロセスであり、その終点には人類がいた。
・解説 [12]―2
>[12]
Clumsiness 「不器用」 Dexterity 「器用さ」 Sloppiness 「ずさん」
dexterity「器用さ」後に「さらにすぐれた道具(still better tools)」を作るようになったとあること から。

■第4段落
4:1 Now let’s look at the ways in which languages are supposed to be inadequate.
4:1 では、どのようにして言語が不十分であると考えられるのかをみてみよう。
4:2 In some instances, it is features of the structure of a language which are picked on as the reason why another language is to be [7] (1. preferred 2. provoked 3. supported) for a particular function.
4:2 いくつかの事例では、言語の構造の特徴こそが、別の言語が特定の機能を果たすには好ましい 理由として選ばれる。
4:3 In Switzerland, some people speak Romansh, a language descended from Latin, although German has been making inroads for centuries.
4:3 スイスでは、ドイツ語が何世紀間も侵食し続けてきたにもかかわらず、ラテン語に由来するロ マンシュ語を話す人々がいる。
4:4 [8] (1. As for 2. As with 3. As regards) Maori, there has been a [9] (1. play 2. push 3. pick) in recent decades to increase the areas of life and activity in which Romansh is used.
4:4 マオリ語と同様に、最近数十年間にロマンシユ語を使う生活や活動の場を増やそうと推進され てきた。
4:5 Now, German is a language which can very easily combine words into ‘compounds’.
4:5 ところで、ドイツ語は単語を結合して「複合語」にすることがきわめてたやすくできる言語で ある。
4:6 Romansh is a language which cannot do this so readily and [10] (1. instead 2. furthermore. additionally) uses phrases as a way of combining ideas.
4:6 ロマンシュ語は、そうたやすくはできないので、代わりに句を用いて概念を結合する言語であ
る。
4:7 Some speakers of Romansh believe that Romansh is not good enough to be used in really technical areas of life because ‘German is able to construct clearly defined single words for technical ideas, Romansh is not’.
4:7 「ドイツ語は専門的な概念を表すはっきり定義された単一語を作ることができるが、ロマン シュ語はできない」からロマンシュ語は生活の真に専門的な領域で使うには不十分であると信じ ているロマンシュ語の話者もいる。
4:8 This notion ignores the fact that other languages such as French and Italian are in exactly the same boat as Romansh, yet obviously have no problem in being precise in technical areas.
4:8 この考え方は他のフランス語やイタリア語のような言語もロマンシュ語とまったく同じ苦境に
ありながら専門領域における精密さに何の問題もないことを無視している。
[10]―1
>[10]「複合語をすぐには作れない」ことと「結合の手段として句を使う」ことの関係は、「代替
(その代わりに)」である。そのような意味になるのは1のinsteadである。

■第5段落
5:1 Another reason given for the view that a language is not good enough is rather more serious; 5:1 ある言語が不十分であるという見解を支持するために示されるもう1つの理由は、かなり重大 である。
5:2 it is the argument that ‘X is not good enough because you can’t discuss nuclear physics in it.’
5:2 それは、「Xという言語では核物理学を議論できないから不十分なのだ」という議論である。
5:3 The [11] (1. objection 2. inclination 3. implication) is that English is a better language than X because there are topics you can discuss in one but not in the other.
5:3 それはつまり、X語より英語が勝っているのは、一方では議論できるが、他方では議論できな
い話題があるからだということだろう。
5:4 At first glance this seems a very [12] (1. saying 2. speaking 3. telling) argument.
5:4一見したところでは、これはかなり説得力のある議論である。
・解答 [11]―3
>[11]
Objection「反対」 Inclination「愛好」 Implication「含蓄、ほのめかし」
「核物理学をその言語で論じられないからX語は不十分だ」という記述と、「X語では論じられな い話題を英語は論じられるから、英語の方が優れている」という記述の関係は、「言い換え(同じ
事態を別のより明瞭な言い方で表現している)」である。選択肢の中で、そのような意味を表して いるのは3のimplicationである。The implication is that「(それが暗に意味しているのはということ
である=)それはつまりということであろう」

■第6段落
6:1 However, this view confuses a feature of languages which is due just to their history with an [13] (1. insistent 2. inherent 3. initial) property of languages.
6:1 しかし、この見解はその言語の歴史だけに起因する特徴と、その言語に固有の特徴とを混同し
ている。
6:2 That is, this opinion concludes that because there has been no occasion or need to discuss, for arguments sake, nuclear physics in Maori; it could never be done because of some inherent fault in Maori.
6:2 すなわち、議論を進めるためにいうと、この意見は、マオリ語で核物理学を論じる機会や必要
がこれまでなかったからだと結論づけ、マオリ語に固有の欠陥のせいでそれを決して議論するこ
とができないとするのである。
6:3 A little thought, however, will show that this argument cannot be maintained.
6:3 しかし、少し考えてみれば、この議論が支持できないとわかるだろう。
6:4 Computers were not discussed in Old English;
6:4古英語でコンピュータは論じられなかった。
6:5 Modern English is the same language as Old English, only later;
6:5近代英語は古英語と同じものであって、時期が新しいというに過ぎない。
6:6 it should follow that Modern English cannot be used to discuss computers.
6:6 だから、近代英語はコンピュータを論じるのに使うことはできないということになるはずであ る。
6:7 This is clearly [14] (1. assertive 2. absurd 3.appropriate) .
6:7 これは明らかにばかげている。
6:8 What of course has happened is that through time English has developed the resources necessary to the discussion of computers and very many other topics which were simply unknown in earlier times.
6:8 もちろん実際には英語はずっとコンピュータやその他、昔はまったく知られていなかったきわ めて多くの話題の議論に不可欠な資源を開発してきたのだ。
6:9 And ‘developed’ is the crucial word in this matter.
6:9 また、「開発した」というのはこの問題では大変重要な言葉である。
6:10 English expanded its vocabulary in a variety of ways so as to meet the new [15] (1.demands
2. supply 3. necessity) being made of it.
6:10英語は発展により生じている新たな需要を満たすために様々な方法でその語いを拡大してき
た。
6:11 All languages are capable of the same types of expansion of vocabulary to deal with whatever new areas of life their speakers need to talk about.
6:11 すべての言語は同じように語いを拡大して、話し手が話題にする必要がある新しい生活領域 がどのようなものであれ、それに対処することができるのである。
[14]―2 [14]
assertive 「正ftに主張する、積極的な」 absurd 「理に反する」
appropriate「適切な」 自分自身のもの(propri)に(ap)する(ate)
直前に述べられた近代英語と古英語の議論を正しく把握できているかどうかが問われている。「近
代英語はコンピュータを論じるのには使えない」という結論は、現実とまったく相容れない。し たがって、2のabsurd「不合理な、ばかげた」が適切である。1のassertive「断定的な」、3の appropriate「適切な」は、語い的な知識があれば不適切であることは明らかである。

■第8段落
8:1 However, this is by [16] (1. all 2. some 3. no) means the only way in which a language can develop its vocabulary;
8:1 しかしながら、これは決して言語がその語いを拡大する唯一の手段ではないのである。
8:2 there are many cases where the vocabulary of a language is developed from within, that is, by using its own existing resources.
8:2言語の語いが「内部から」、すなわち、自分自身の現存資源を利用することによって発達する
数多くの事例がある。
8:3 One of the reasons why a languages own resources may be used in the expansion of its vocabulary is that a writer wants his/her work to be readily understood by its intended audience, who might be [17](1. put on 2. put off 3. pulled off) by too much borrowing.
8:3言語自身の資源がその語い拡大に利用される理由の1つは、作家が自分の作品を、対象とする読
み手にたやすく理解してもらいたいと思うからであり、読み手は借用が多すぎれば、嫌気がさして しまうかもしれない。
8:4 This is what Cicero* did.
8:4 こうしたことを、キケロがやってのけたのだった。
8:5 In order to write in Latin about the ideas of Greek philosophy, he developed a Latin vocabulary which corresponded to the ideas he wanted to put [18]( 1. away 2. down 3. across).
8:5 ラテン語でギリシャ哲学の思想のことを書くために、彼は自分が理解してもらいたかった思想 に対応するラテン語の語いを生み出したのだった。
8:6 An example of this was his use of the Latin word ratio to mean ‘reason’, a usage which has come down to us today in English.
8:6 この一例として、彼はラテン語のratioという語を「理性」を意味するように用いたのであり、 その用法は今日まで英語に受け継がれている。
8:7 He also invented new words made up of Latin elements:
8:7 また彼は、ラテン語の要素からなる新語も造った。
8:8 for instance, the word qualitas, which became ‘quality’ in English, was [19] (1. coined 2. depicted 3. designated) by Cicero to correspond to a Greek idea.
8:8 たとえば、qualitasという、英語ではqualityとなった語は、ギリシャの念に対応するようにキ
ケロによって造語されたのだった。
8:9 Thus, he composed his philosophical works in Latin partly to make Greek philosophy available to a Latin-speaking audience, but also partly to show that it could be done.
8:9 こうして、彼がラテン語で自分の哲学の著作を書いたのは、1つにはラテン語の話し手である 読者がギリシャ哲学を理解できるようにするためであったが、また1つには、それができるという ことを示すためだった。
8:10 This was because some of his contemporaries were skeptical about the possibility of Latin being able to express the ideas of the Greeks!
8:10 それは、彼の同時代人にはギリシャの思想をラテン語が表現できる可能性に懐疑的だった人
がいたからだったのだ。
[19]―1
>[19]
語句の知識が問われている。「造語する」という表現は、coin a wordという、特有のパターンを使
うのである。よって1が正しい。make a wordなどとはいわない。これもしっかり身につけておくべ き重要表現である。

総合政策学部 2006 問2、
■第3段落
3:1 In order to examine how rural people develop their own ways of [35] ( 1. governing 2. handling
3. producing) modern economic and social demands, we must first keep in mind that the states of Asia show a great variety in their physical and geographical features as well as in the populations that have traditionally lived in these diverse areas. 3:1農民が近代の経済的、社会的需要にどのように対処しているのかを探るために、最初に留意し
なければならないのは、アジア諸国は、自然や地理の特徴に豊かな多様性があり、同様にこうし た多様な地域で伝統的に暮らしてきた住民にもまた、豊かな多様性があることである。
3:2 Of these, the most important distinction is that between “lowland” and “highland” areas.
3:2 これらのうち、最も重要な区別は、「低地」と「高地」の違いである。
3:3 “Lowland” refers to the lower-altitude areas where most urban and rural areas lie, and also to their populations, which are the majority.
3:3 「低地」は標高の低い地域のことであり、ほとんどの都市部と農村部がそこに存在する。ま
た、多数派民族であるそこにいる住民のことでもある。
3:4 “Highland” refers to the hill and mountain areas that have far fewer, usually minority, people, but that are [36] (1. rich 2. located 3. consistent) in forests and other resources.
3:4 「高地」は、丘陵山岳地域のことである。
人口ははるかに少なく、通常は少数民族が暮らしているが、森林およびその他の資源が豊富であ る。
3:5 Based on this distinction, the modern Asian nation-state has come to categorize farming people as belonging in two groups:
3:5 この区分にもとづいて、現代のアジアの国民国家は、農民を2つの集団に属すると分類するよ
うになった。
3:6 first, lowland people, who may be defined as the majority group or the major nationality, and second, highland people, who are normally defined as minorities or “hill tribes.” 3:6第1は、低地人であり、主要集団、主要国民であると定義してよかろう。第2は、高地人であ
り、通常は少数民族あるいは「山岳部族」と定義されるのである。
3:7 Between these two major groups there are, of course, many cultural, institutional, and practical differences.
3:7 これら2つの主要集団の間には、もちろん多くの文化や制度上、実務上の差異がある。
3:8 Yet the problems they face within the modernizing nations of Southeast Asia have many similarities.
3:8 しかし、東南アジアの近代化しつつある諸国の中で彼らが直面している問題には、多くの共通
点がある。
[36]―1
>[36]「森林およびその他の資源が…である丘陵山岳地域」という文意。resource「資源」という 言葉が大きなヒント。1.「豊かな」、2.「位置している」、3.「首尾一貫した」という選択肢の中 で、resourceと結合するものは、richしかないので、1が正解だとわかる。

■第5段落
5:1 Third, modern agriculture uses chemicals to kill weeds and insect pests as well as to fertilize the soil in order to increase productivity.
5:1第3に、近代農業は農薬を使って、除草したり、害虫駆除したりするし生産性を上げるために化
学肥料で肥沃化する。
5:2 In principle, it is desirable to increase productivity and the [40] (1. income 2. expense 3. consumption) that goes with it.
5:2原則として、生産性を上げそれに伴って収入が上がるのは望ましい。
5:3 For this reason farmers often agree to use expensive, imported chemical fertilizers and pesticides.
5:3 それゆえに、農民は高価な輸入化学肥料や農薬を使うことに同意することが多い。
5:4 As farmers are frequently exposed to these chemicals, they are also the most numerous [41] (1. causes 2. vehicles 3. victims) of the illnesses associated with them.
5:4農民はこれらの化学製品に頻繁に触れるので、彼らはそれらに関連する疾病の最多数の犠牲者
でもあるのだ。
5:5 Further, the average farmer cannot afford the constant expenses that are needed to maintain modern agricultural products.
5:5 さらに、平均的な農民は、近代的な農業生産を維持するために必要な費用を定期的に支払う余 裕がない。
5:6 When prices on the international market are high, they may be able to recover their expenses, but when prices drop, their debts increase.
5:6国際市場の価格が高いと、その費用をまかなうことができるかもしれないが、価格が下落する
と、彼らの借金は膨らむのである。
・解答 [40]―1
>[40]空所の直後のgoes with itが「生産性の増大に伴う…」という意味であることをまずつかむ。そ うすると、生産性の向上に伴って生じる事態としてふさわしいものを1.「収入」、2.「費用」、3.
「消費」の中から選べばいい。そこで、生産性の向上と直接結びついているのは1だと判断でき る。

■第3段落
3:1 Whatever little attention is given to accountability is usually misplaced.
3:1 どれほどわずかであれ会計責任に注意が向けられることがあるときにはそれはたいてい間違っ
た場所に向いている。
3:2 Most donors and watchdogs have become alert to fraud and theft.
3:2大半の寄付者と監視者は詐欺と窃盗に用心するようになった。
3:3 Fraud and theft are, however, no longer the real accountability issues.
3:3 しかしながら、詐欺と窃盗はもう、現実の会計責任の問題ではない。
3:4 We should focus on avoiding waste and ineffectiveness.
3:4私たちは浪費と非効率を避けることに焦点を当てなければならない。
3:5 The problem with philanthropy today is that too much attention is focused on counting receipts and too little on outcomes.
3:5今日の慈善事業の問題は、領収書を勘定することに注意を払いすぎ、結果にほとんど注目しな
いことである。
3:6 Philanthropy, like business, should have a bottom line.
3:6慈善事業は実業と同様、最終行の決算がなくてはいけない。
3:7 Any industry is going to suffer in the absence of [32] (1. loosely2. blindly 3. clearly) defined measures of success.
3:7 はっきりと定まった成功の尺度なしにはどんな産業も痛い目に遭うことになるだろう。
・解答 [32]―3
>[32]
Loosely「ゆるく、大雑把に」 Blindly「やみくもに」 Clearly「はっきりと、明確に」
直前の文のa bottom lineの意味が正確にわかるかどうかが決め手。bottom line「最終行」とは具体 的には、それまでの損益が差し引きされる。会計帳簿の最終行(最終的な収益)のこと。よって、
「はっきり定義された成功の尺度(たとえば収益)なしにはどんな産業も痛い目に遭うことになるだ ろう」という意味になることがわかる。

■第4段落
4:1 Approaching philanthropy as a form of investment is an important part of the solution to the problems of philanthropy.
4:1一種の投資として慈善事業に臨むことは、慈善事業の問題解決の重要な一部である。
4:2There is reason for [33] (1. optimism 2. pessimism 3. Nihilism) :
4:2楽観できる理由がある。
4:3 Increasingly, donors are treating their giving like their investments.
4:3 ますますもって、寄付者は投資と同じように自分の資金提供を扱うようになってきている。
4:4 Many philanthropists have begun to see philanthropy as a capital market.
4:4多くの慈善事業者が慈善事業を資本市場であると見るようになりだした。
4:5 They demand the same levels of transparency and accountability that they expect from stock markets.
4:5彼らは株式市場に期待するのと同じレベルの透明度と会計責任を求める。
4:6 Some have termed this “social investment” or “venture philanthropy.”
4:6 これを「社会投資」あるいは「冒険的慈善事業」と名づけた者もいる。
4:7 Geneva Global, and organization created by donors in search of real accountability, prefers the term “performance philanthropy.”
4:7 ジュネーブ=グローバルは真の会計責任を求める寄付者によって創設されたがこの組織は「業
績重視慈善事業」という言葉を好む。
4:8 Performance philanthropy is a hopeful alternative to traditional approaches to giving, [34] (1. unless 2. because 3. although) it is working.
4:8業績重視慈善事業はそれが効き目があるだけに、提供に対する伝統的取り組みに代わる有望な
代替手段である。
・解答 [33]―1
>[33]
Optimism「楽観主義」 Pessimism「悲観主義、厭世」 Nihilism「虚無主義」
第4段冒頭部分に一種の投資として慈善事業に臨むことの重要性が述べられ、直後の:以下にはます
ます投資と同じように資金提供が扱われるようになってきていることが述べられているのだから、 事態は望ましい方向で進んでいることがわかる。

■第7段落
7:1 This leads to the next question:
7:1 このことが次の質問へとつながる。
7:2 How can life change be maximized?
7:2 つまりどうすれば生活の変化を最大化できるのかということだ。
7:3 Geneva Global has found that the highest return on investment is generated by local, grassroots organizations rather than big national agencies or international non governmental organizations (NGOs).
7:3 ジュネーブ=グローバルは、最大の投資収益を生むのは地元の草の根組織であって、巨大な国 家機関や国際的非政府組織(NGO)ではないことに気づいた。
7:4 This should not be [37] (1. surprising 2. common 3. Simple) .
7:4 このことは驚くにはftたらない。
7:5 The poor know what they need and are tireless in taking advantage of self-help opportunities.
7:5貧しい民は自分の必要なものを知っているし、倦むことなく自助の機会を利用する。
7:6 A classic example of this is James Tooley’s research demonstrating the success of locally managed schools in the world’s worst slums.
7:6 これの古典的な例は世界最悪の貧民街の学校の地元管理による成功を示したジェームズ=ト
ウーリーの研究である。
7:7 Thus, we find that maximum return on investment comes when funds are invested in the poorest places.
7:7 それゆえに、最大の投資収益は、最も貧しい地域に資金を投資したときに得られることがわか
る。
7:8 These are situations where traditional approaches have most thoroughly [38] (1. failed 2. succeeded 3. disappeared).
7:8 こういった地域は、伝統的な手法が最も徹底して失敗してきた場所である。
・解答 [37]―1
>[37]
Surprising「驚くべき」 Common「ふつうの、ありふれた」 Simple「単純な」
次文に「貧しい民は自分の必要なものを知っているし、倦むことなく自助の機会を利用する」と あるのだから、「最大の投資収益を生むのは地元の草の根組織(=民衆の集まり)であって、巨大組 織ではないのは意外でも何でもない」という意味になることがわかる。>[38]

■第8段落
8:1 The evaluation of grassroots projects must be based on evidence that each initiative has enjoyed successful performance – that it not only shows “need” but also demonstrates “proven results.” 8:1草の根事業の評価は、それぞれの新しい試みが成功して業績をあげている―「需要」を示すだ
けでなく「証明済みの結果」も示している―という証拠に基づかなければならない。
8:2 Based on analysis of results from grants given, we have found that there are a number of key performance indicators that predict results.
8:2授与した交付金から得られた成果の分析に基づき、いくつかの重要な業績指標があって、それ
を使って成果を予想できることがわかった。
8:3 The first is past record.
8:3第1の指標は、過去の記録である。
8:4 [39] (1. Since 2. While 3. Unless) past performance does not guarantee future results in investing, past performance is a strong predictor of future results in philanthropy.
8:4過去の業績は将来の投資の成果を保証しないとはいえ、過去の業績は慈善事業の将来の成果の
強力な予想指標である。
8:5 Other key indicators are sustainability of the intervention, existence of thorough project plans with well-defined performance measures, and risk management planning.
8:5他の重要指標は、介入の持続可能性や、明快な業績評価を伴う完全な事業計画の存在、そして
危機管理計画である。
8:6 Project leaders themselves are [40] (1. reliable 2. rare 3.sole) indicators of future performance, which can be predicted fairly well through demonstrated experience, demonstrated commitment to power sharing and training of others, and extent of networking to other leaders.
8:6事業の指導者自体も、将来の業績を示す信頼できる指標であってその業績は実証済みの経験
や、共同作業と他者の訓練への実証済みの関与他の指導者との連携の程度によって、かなりうまく 予測することができる。
8:7 Nearly 80 percent of projects evaluated and funded over the past five years using this methodology met or exceeded their stated numerical project objectives.
8:7 こうした手法を使って過去5年間に評価し資金提供した80%近くの事業が、規定の事業数値目
標を満たしたり、上回ったりしたのである。
[40]―1
>[40]
Reliable「信頼できる」→rely Rare「めったにない、稀な」
Sole「唯一の」
後出の関係詞節(which can be…)に「その業績は実証済みの経験や共同作業と他者の訓練への実証済
みの関与、他の指導者との連携の程度によってかなりうまく予測することができる」とあるので、 事業の指導者もまた、将来の業績を示す指標になることがわかる。指導者が「唯一の」指標では ないことは直前文に「介入の持続可能性、明快な業績評価を伴う完全な事業計画の存在、危機管 理計画」があげられていることから明らかなので正解は1である。

■第11段落
11:1 The [44] (1. marriage 2. failure 3. uniqueness) of measurable results and more committed donors is why performance philanthropy is so convincing as a strategy for reducing global poverty and its related consequences.
11:1計測可能な成果とより深く関わる寄付者との結びつきがあるゆえに、業績重視慈善事業は、世
界規模の貧困およびそれに関連して生じる影響を縮減する戦略として、きわめて説得力がある。
11:2 According to the World Bank, half the world’s 6 billion people live on less than $2 a day, and
1.3 billion people – more than 20 percent of the world’s population – live on less than $1 per day.
11:2世界銀行によれば世界の60億人の半数が1日2ドル以下で暮らしており、13億人という、世界人
口の20%以上に当たる人々が1日1ドル以下で暮らしている。
11:3 These poverty figures, [45] (1. due to 2. roughly 3. despite) hundreds of billions of dollars of traditional philanthropy, keep growing.
11:3 こうした貧困数値は数千億ドルに及ぶ従来の慈善事業があるにもかかわらず増大し続けてい
る。
11:4 The number of people living on less than $2 a day grew by 300 million in the last 20 years.
11:4 1日2ドル以下で暮らす人々の数は過去20年間で3億人増えたのである。
・解答 [44]―1 [45]―3
>[44]
Marriage「融合、結婚」 Failure「失敗」 Uniqueness「独自性」
本文の構造はX is why SV「Xであるがゆえに、SVである」となっている。Xに該当する部分が後続
の「業績重視慈善事業は…戦略としてきわめて説得力がある」という事態の《理由》でなければな らないからXは「計測可能な成果とより深く関わる寄付者の両方が揃うこと」といった意味になる はず。

■第12段落
12:1 Our experiences show that there are many willing to participate in the noble campaign to end poverty on our planet.
12:1私たちの経験から、地球上の貧困をなくそうという立派な運動に進んで参加しようとする多く
の人々がいることがわかる。
12:2 Unfortunately, most charitable giving stays [46] (1. outside 2. inside 3. beside) the wealthiest countries.
12:2残念ながら、大半の慈善資金提供は最も裕福な国々の内部に留まっている。
12:3 In the United States, which accounts for the majority of private philanthropy worldwide, less than six percent of monetary giving leaves the United States.
12:3 アメリカ合衆国は世界中の民間慈善事業の大半を占めるが、資金提供のうち国外に出るのは
6%に満たない。
12:4 Even using one research organizations liberal calculations that include volunteer time and other forms of giving, the total is still less than eight percent.
12:4 ある研究機関の出したボランティアの時間やその他の種類の提供を含めた甘い計算によって さえ、総計は依然として8%に届かない。
12:5 Research from other [47] (1.imperial 2. developed 3. Christian) nations produce similar results.
12:5他の先進国から出てくる研究も、似たような結果である。
12:6 A leading reason for this disparity in need and giving has been the lack of reliable information and confirmation that donating abroad actually impacts those who need help the most.
12:6需要と提供のこのような不均衡が生じる主要な理由は外国に寄付してそれが実際に最も援助を
必要としている人に届くという信頼できる情報と確認が欠如していたことだった。
12:7 Western private donors give [48] (1. little 2. different 3. great) weight to risk and return on investment.
12:7西洋の民間寄付者は、投資危険率と利益率を重視する。
12:8 When allowed to apply investment strategy to philanthropy, they respond.
12:8投資戦略を慈善事業にも適用することができるようになると、彼らから反応がある。
12:9 This is evident in the growing number of givers adopting similar philosophies.
12:9 このことは同じような理念を採用する提供者の数が増えていることに、はっきり現れてい る。
・解答 [46]―2
>[46]
Outside「~の外側に」 Inside「~の内側に」
Beside「~に隣に」
直後の文に「アメリカ合衆国は…資金提供のうち国外に出るのは6%に満たない」とあるので「国
内に留まる」という意味になるはずである。
[47]―2
>[47]
Imperial「帝国の」→emperor 派生
Developed「先進の」 Christian「キリスト教の」
「他の(=アメリカ以外の)~国から出てくる研究も、似たような結果である」となる。「似たよう な結果」とは、直前に述べられた「提供資金がほとんど国外に出ない」という事態である。その
ような援助供与国は、同段第2文の末尾に示されているように、「最も裕福な国々」である。それ
と似たような意味になるようにする。

■第13段落
13:1 Giving [49] (1. blindly 2. modestly 3. inevitably) does not improve the status quo of poverty in the world.
13:1 やみくもに提供するのでは世界の貧困の現状は改善しない。
13:2 This need not be the case.
13:2 そんなことにはならなくてよい。
13:3 Much can be accomplished with relatively modest amounts of money when giving is invested in results rather than in need only.
13:3提供資金がただ必要に応じてではなく、成果に応じて投資されれば多くのことが比較的少額の
資金で達成可能である。
13:4 Philanthropists must demand [50] (1. more than 2. nothing less than 3. anything but) real, meaningful and measurable life change for those they seek to help.
13:4慈善事業者は、他でもない、真の有意義な測定しうる生活の変化そのものを、自分が援助しよ
うとしている人々のために要求しなければならない。
・解答 [49]―1 [50]―2
>[49]
Blindly「やみくもに」 Modestly「控えめに」
Inevitably「必然的に」 この文は「〜な提供方法では世界の貧困の現状を改善しない」という意味でstatus quoは「現状」 という意味のラテン語由来の表現である。「世界の貧困の現状を改善しない」ような「資金援助
のあり方」を考える。

■第1段落
1:1 There are many meanings of the word “theory.”
1:1 「理論」という言葉には、多くの意味がある。
1:2 In science, a theory states a relationship between two or more things (scientists call them
“variables”) that can be tested by factual observations.
1:2科学では理論は、事実を観察することによって検証することができる2つ以上のもの(科学者は
「変数」と呼ぶ)の間の関係を表す。
1:3 We have a “theory of gravity” that [1] (1. examines 2. predicts 3. acknowledges) the speed at which an object falls, the path on which a satellite must travel if it is to maintain a constant distance from the earth, and the position that a moon will keep with respect to its associated planet.
1:3私たちは、物体が落下する速度や、衛星が地球から一定距離を維持するのに通過せねばならな
い軌跡や、月が自分の連結している惑星との関係で保つ位置を予測する「重力理論」をもっている。

・解答 [1]―2
[1]
Examine「調査する、精査する」 Predict「~を予言する、予想する」pre(前もって)+dict(言う) Acknouledge「~をしぶしぶ認める」acknow(告白する)+knowledge(知っていること)
「物体が落下する速度を~する『重力理論』」にふさわしい動詞を、1の「精査する」、2の「予 想する」、3の「認める」の中から考える。一般に「科学理論」とは、現象を観察することによっ て、事態を「予測」できる一般法則のことだから、正解は2である。

■第3段落
3:1 The other meaning of “theory” is the popular and not the scientific one.
3:1 「理論」のもう一つの意味は、大衆的なものであって、科学的なものではない。
3:2 It is referred to as a guess, a faith, or an idea.
3:2 それはftてずっぽうとか、信仰、思いつきなどと言われている。
3:3 It does not state L [4] (1. an adaptable 2. a testable. a usable) relationship between two or more things.
3:3 それは2つ以上のものの間の検証可能な関係を表しはしない。
3:4 It is a belief that may be true, but its truth cannot be tested by scientific inquiry.
3:4 それは、正しいかもしれない信念であるが、しかし、その正しさは科学的な探求によって検証 することはできない。
3:5 One such theory is that God exists and [5] (1.includes 2. infers 3. intervenes) in human life in ways that affect its outcome.
3:5 そうした理論の一つに、神は存在し、人間の暮らしに干渉しその結果に影響するのだ、とする
ものがある。
3:6 God may well exist, and He may well help people overcome problems or even (if we believe certain athletes) determine the outcome of a game.
3:6神は存在することもあろうし、人間が問題を克服するのに手を貸したり、さらには(あるスポー
ツ選手の言うことを信じるなら)試合の結果を決定することもあろう。
3:7 But that theory cannot be verified.
3:7 しかし、そうした理論を証明することはできない。
3:8 There is no way anyone has found that we can prove empirically that God exists or that His action has affected some human life.
3:8神が実在するとか、神の行為が人間の暮らしに影響したとかいうことを経験的に証明する方法
が見つかったことはかつてない。
3:9 If such a test could be found, the scientist who performed it would overnight become a [6]( 1.
Genius 2. hero 3. Successor)
.
3:9 もしそうした検証方法が見つかれば、それを成し遂げた科学者は、一夜にして英雄となること
だろう。
・解答 [4]―2
>[4]
Adaptable「融通のきく、適応しうる」
Testable「検証できる」
Usable「有用な、利用可能な」
直前のa guess, a faith, or an idea「当てずっぼう、信仰、思いつき」から、この部分が「科学理論」
とは正反対のものだということを示す文であることが読み取れる。よって、正解は1の「適応しう る」でも3の「利用可能な」でもなく2の「検証可能な」になる。
[6]―2
>[6]
Genius「天才」
Hero「英雄」
Successor「後継者」→成功者はsuccess
本文は「もしそうしたこと(=神が実在するとか、神の行為が人間の暮らしに影響したとか)につい て検証方法が見つかれば、それを成し遂げた人は一夜にして、~となることだろう」という意味。 1と2で迷うかもしれないが、「一夜にしてなるもの」にふさわしいのは2である。overnight「一夜 にして、突然に」

■第4段落
4:1 Evolution is a theory in the scientific sense.
4:1進化は科学的な意味での理論である。
4:2 It has been tested repeatedly by examining the remains of now-extinct creatures to see how one [7] (1. sequence 2. Organization 3. Species) has emerged to replace another.
4:2今は絶滅した生物の遺骸を検査して、どのように一つの種が出現しては、別の種に取って代
わったのかを知ることによって、それはくり返し検証されてきた。
4:3 Even today we can see some examples of evolution at work, such as when scholars watch how birds on the Galapagos Islands adapt their beak size from generation to generation to the food supplies they encounter.
4:3今日でさえ、進化が作用していることを示す実例をいくつか目にすることができる。たとえば
ガラパゴス諸島の鳥たちが、世代ごとに、そのくちばしの大きさを接触する食物資源にあわせて 適応させる様を、学者は目にしたりする。
・解答 [7]―3
>[7]
Sequence「順序」
Organization「組織」
Species「生物学分類上の種」
絶滅した生物の遺物を精査するのは、何が現れて、別のものに取つて代わった様子を知るためな
のかを考える。remain(n)「遺物、遺骸化石」extinct「死に絶えた、絶滅した」by examining the remains… to see how S+V「どのようにSがVしたのかを知るために・・・遺物を検査することで」to see以下の不定詞は《目的》を示す副詞用法。emerge「出現する」

■第5段落
5:1 The theory of evolution has not been proven as fully as the theory of gravity.
5:1進化論は、重力理論ほどには十分に証明されていない。
5:2 There are many gaps in what we know about prehistoric creatures.
5:2先史時代の生物に関して私たちの知っていることには、数多くの断絶がある。
5:3 But everything that we have learned is [8](1.consistent with 2. Contrary to 3. irrelevant to) the view that the creatures we encounter today had ancestors from which they evolved.
5:3 しかし私たちが学んだことはすべて、今日私たちが出会う生物には進化の元となった祖先が
あったという見解に合致する。
5:4 This view, which is the only scientifically defensible theory of the origin of species, does not by any [9] (1.means 2. trend 3.accident) rule out the idea that God exists.
5:4 この見解は、種の起源に関する科学的に擁護可能な唯一の理論であるが、神が存在するという
思想を排斥するものでは決してないのである。
[9]―1
>[9]
次段に述べられる「ビッグバン以前に何があったのか、天国(あるいは地獄)といった来世はあるの
か、信仰が暮らしを変えられるのか」といった、科学理論とは無関係な「信仰」が記述されるこ とから、この部分は「進化論は、信仰を排斥するものではない」という意味になることが読み取 れる。the Big Bang「ビッグバン宇宙論」宇宙創生に関する現在の通説。afterlife「死後の生命、来 世」よって、1のmeansを選び、not ~ by any means = by no means「決して~ない」とすればよい。

■第7段落
7:1 There is another theory called “intelligent design.”
7:1 もう一つ、「知的設計」と呼ばれる理論もある。
7:2 Its [11] (1. Consumers 2. Critics 3. Proponents) argue that there are some things in the natural world that are so complex that they could not have been created by accident.
7:2 その提唱者たちは、自然界にはあまりにも複雑なので偶然によって作られたのではありえない
ものがあると論じる。
7:3 They often use the mousetrap as a metaphor.
7:3彼らはしばしば、ねずみ取りを比喩として使う。
7:4 We can have all of the parts of a trap – a board, a spring, a clamp – but it will not be a mousetrap unless someone assembles it.
7:4私たちに板、バネ、留め金といった罠のすべての部品があっても、誰かがそれを組み立てない
限り、それはねずみ取りにはならないだろう。
7:5 The assembler is the “intelligent designer.”
7:5 その組立人が「知的設計者」なのである。
・解答 [11]―3
>[11]
Consumers「消費者」 Critics「批評家」
Proponents「提唱者」
後続のthat節の内容は、「知的設計」理論の具体的な内容であるからそれを主張する(argue)のは
誰かを考えるとよい。proponentsがproposeの派生語で「proposeする者→提唱者、支持者」を表
すというのはかなり高度な知識であるが、他の選択肢が明らかに不適切なので、正解はそれほど
難しくないだろう。

総合政策学部 1999 問1
■第12段落
12:1 Billings has become a forceful advocate for the “asymptomatic ill”— healthy people with only a statistical risk of developing a disease.
12:1 ビリングスは、「無症候性」つまり病気にかかる危険性が統計上のみあるとされる健康な
人々の力強い擁護者になった。
12:2 In a study published in January, he and his colleagues documented 455 cases in which people were (12)(1. offered 2. sold 3. denied) insurance or healthcare — as well as jobs, schooling and the right to adopt children — on the basis of a family history of genetic disease.
12:2 1月に出された研究論文の中で、彼と同僚たちは、家族における遺伝病歴に基づいて、仕事、
学校教育、子供を養子にする権利に加え、保険や健康管理を拒否された人々の455の事例を詳細に 記録した。
12:3 Billings and his coauthors say these people are the first members of a new social underclass.
12:3 ビリングスと共著者たちは、これらの人々は新しい社会的下層階級の最初の一員であると言
う。
・解答 (12)3
(12)
「人々が、保険や健康管理を( )された455の事例」の空所に入るもの。
1のoffered「提供(された)」では、文脈とは逆の意味になるので不適。すなわち、次文でsocial underclass「社会的下層階級」(つまり恵まれない人々であるはず)とあることにそぐわない。
また、2のSold「売(られた)」では意味不明となる。したがって、3のdenied「拒否(された)」が正 解となる。

総合政策学部 2006 問2、
■第11段落
11:1 Modern development has brought about many benefits, but it has also raised many serious issues for rural people in Southeast Asia.
11:1近代的な開発は多くの利益をもたらしたが、東南アジアの農民にとっては多くの重大な問題を
生じることにもなった。
11:2 These people have also, however, been the ones to try out their own ways of resolving these problems.
11:2 しかしながら、このような人々は、こうした問題を解決する自分なりの方法を試してみよう
とする人々でもあった。
11:3 The initiatives above are examples of successful local [50] (1. discussions 2. efforts 3. products) to choose and manage development on their own terms, and can serve as models to others facing similar issues.
11:3上記の発案は、自分なりの条件で開発を選択し管理しようとする地域の努力が実を結んだ事例
であり、同じような問題に直面する人の手本ともなりうるのである。
・解答 [50]―2
>[50]この文が「上記の発案は、自分なりの条件で開発を選択し管理しようとする地域のが実を結
んだ事例である」という意味であることをつかむ。とりわけthe initiative aboveというのが「上の
文で述べた発案、新提案」という意味であることがわかれば、1.「議論」、2.「努力」、3.「製
品」のうちでは、2が最もふさわしいと判断できるだろう。

copyright 2016/Everyday school