[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 英語 語法三択テクニック 『特定段落以外の内容から考える問題』

環境情報学部 1,995 問2
■第9段落
9:1 Classical Liberalism — After the Revolution of 1688, Britain was thought to be the country whose political practices were the most free.
9:1 「古典的自由主義」―1688年の革命後、英国は政治的習慣が最も自由な国だと考えられてい た。
9:2 The revolution had ensured that rulers would act according to legal process and that the judiciary was independent of political control.
9:2革命によって支配者は法的手順を踏んで行動すること、司法権は政治的コントロールを受けな
いことが保証された。
9:3 French writers like Voltaire and Montesquieu contrasted this situation with that of France where, (9) (1. since 2. although 3. if) government in many respects was mild, it could act in an arbitrary way.
9:3 ボルテール、モンテスキューなどのフランスの作家はこの状況をフランスの状況と比較した。
フランスでは、多くの面で政府は穏健ではあったけれども、専制的に動こうとすれば動けた。
9:4 Sentiments favorable to liberty were also widely promoted in the 18th century by a passionate admiration for ancient Rome that was especially strong in France and the American colonies.
9:4 自由を歓迎する感情は、特にフランスとアメリカ植民地で強かった古代ローマに対す之熱情的
なあこがれによって18世紀に広く推進された。
■第10段落
10:1 The American Revolution gave (10) (1. further impetus 2. a shock 3. a halt) to liberalism.
10:1 アメリカ独立戦争は自由主義にさらにはずみをつけた。
10:2 The rhetoric of the Declaration of Independence asserted the liberal principle that all men have the right to “Life, Liberty and the pursuit of Happiness.” 10:2独立宣言の華麗な文体は、すべての人は「生命、自由、幸街の追求」に対する権利を持つとい
う自由の原理を強く主張した。
10:3 It was soon echoed by the French Declaration of the Rights of Man, which made liberal ideas the (11) (1. vehicle 2. scapegoat 3. replacement) of a revolutionary ferment throughout Europe.
10:3 それはやがて「フランス人権宣言」でくり返された。これによって自由主義思想はヨーロッ パ全域に広がった革命騒ぎの媒体となった。
・解答 (10)1
(10)
Further impetus「一層のはずみ」 A shock「衝撃」
A halt「停止」
前段で自由主義の人気の高まりに言及しているので、gavefurtherimpetus「さらにはずみをつけた」
がよい。

環境情報学部 1,999 問2
■第1段落
1:1 The greatest obstacle in science to investigating the emotions of other animals has been an inordinate desire to avoid anthropomorphism.
1:1 他の動物の感情を調査する際の最大の科学的な障害は、擬人観を避けようとする過度の願望で ある。
1:2 Anthropomorphism means the ascription of human characteristics — thought, feeling, consciousness, and motivation — to the nonhuman.
1:2擬人観とは、人間の特徴―思考、感情、意識、動機―が人間以外の物に属するという仮定のこと である。
1:3 When people claim that the weather is conspiring to ruin their picnic or that a tree is their friend, they are anthropomorphizing.
1:3人々が、天気が自分たちのピクニックを台無しにしようとたくらんでいるのだとか、木は自分 の友達なのだとか主張するとき、彼らは擬人化を行っているのである。
1:4 Few believe that the weather is plotting against them, but anthropomorphic ideas about animals are held more widely.
1:4天気が彼らに対して陰謀をたくらんでいるなどと信じる人はほとんどいないが、動物に関する 擬人観の考え方はより広く保持されている。
1:5 Outside scientific circles, it is common to speak of the thoughts and feelings of pets and of wild and captive animals.
1:5科学の範囲の外では、ペットや野生動物や捕らわれた動物の思考や感情について話すことは普 通のことである。
1:6 Yet many scientists regard even the notion that animals feel pain as the grossest sort of anthropomorphic error.
1:6 しかし科学者たちの多くは、動物が痛みを感じるという考え方でさえ、擬人観による最もひど い種類の誤りであるとみなすのである。
■第2段落
2:1 Science considers anthropomorphism toward animals a grave mistake, even a sin.
2:1 科学では、動物に対する擬人観は重大な誤りであり、罪でさえあると考える。
2:2 It is common in science to speak of “committing” anthropomorphism.
2:2 科学においては擬人観「を犯す」という表現を使うことは普通のことである。
2:3 The term originally was religious, referring to the (1)(1. modifying 2. shaping 3.assigning) of human form or characteristics to God — the hierarchical error of acting as though the merely human could be (2)(1. divine 2. secular 3. religious) — hence the connotation of sin.
2:3 その用語は本来宗教的なものであり、人間の姿や特徴を神に割りftてること―人間にすぎない ものがあたかも神聖なものになりうるかのように振る舞うという階層の誤り―を指すものであった が、それゆえに罪という響きを含むのである。
2:4 In the long article on anthropomorphism in the 1908 Encyclopedia of Religion and Ethics, the author (Frank B. Jevons) writes: “The tendency to (3)(1. personify 2. imitate 3. create) objects — whether objects of sense or objects of thought — which is found in animals and children as well as in savages, is the origin of anthropomorphism.”
2:4 1908年の『宗教・倫理百科』にある擬人観(神人同形説)についての長い論説の中で、著者(フラ
ンク=B.ジェボンズ)は次のように書いている。「対象を―それが感覚の対象であれ思考の対象であ れ―擬人化するという傾向は、未開人だけでなく動物や子供にも見られるものだが、それは擬人 観(神人同形説)の生まれる源である」
2:5 Men, the idea goes, create gods in their own image.
2:5 その考えによると、人間は自分自身の像の中に神を創り出すという。
2:6 The best-known example of this tendency comes from the Greek author Xenophanes (fifth century B.C.).
2:6 この傾向の最もよく知られている例はギリシアの作家クセノパネス(紀元前5世紀)によって述
べられている。
2:7 He notes that Ethiopians represent the gods as black, Thracians depict them as blue-eyed and red-haired, and “if oxen and horses … had hands and could paint” their images of gods would depict oxen and horses.
2:7 エチオピア人は神を黒人として表現しており、またトラキア人は神を青い目、赤い髪をしてい
るように描写していると彼は述べている。また「もし牛や馬が手を持ち絵が描けたなら」、彼ら の神の像は牛や馬の姿で描かれるであろうとも述べている。
2:8 The philosopher Ludwig Feuerbach concluded that God is nothing but our (4)(1. injection 2. projection 3. introspection), on a celestial screen, of the essence of man.
2:8哲学者ルートビッヒ=フォイエルバッハは、神は天のスクリーンに映した人間の本質の投影にす
ぎないと結論づけている。
2:9 In science, the sin against hierarchy is to assign human characteristics to animals.
2:9科学においては、階級組織に反する罪は人間の特徴を動物に割り当てることである。
2:10 Just as humans could not be like God, now animals cannot be like humans (note who has taken God’s place).
2:10人間が神のようになり得ないのと同様、動物は人間のようにはなれないのである(誰が神に
取って代わったかということに注意せよ)。
(3)1 (3)
1.the tendency to personify objects「対象を擬人化する傾向」 この空所はanthropomorphismの定義の一部であるが、この語の説明は第1段第2文 (Anthropomorphism means…)でも行われている。personify「擬人化する」

環境情報学部 2,001 問2、
■第11段落
11:1 In the United Kingdom, as in most of Europe, people have made the landscape.
11:1 イギリスでは、ヨーロッパのほとんどがそうであるように、地形は人々の手によってつくら れてきた。
11:2 This means that the characteristic habitats and species that conservationists wish to preserve are generally there because of traditional land management rather than [17](1. in spite of 2. in conjunction with 3. in consequence of) it.
11:2 このことが意味するのは、保護論者たちが保全したいと思っている特有の生息地や種は、概
して、伝統的な土地管理にもかかわらずというよりはむしろ、それがあったからこそ、今もそこ に残っているということである。
11:3 The future shape and purpose of the countryside is society’s choice.
11:3将来、田園地帯がいかなる形をとり、いかなる目的を持つようになるかは、社会が選択するこ
とである。
11:4 At present, most of those in the United Kingdom who voice an opinion would prefer a countryside in which agricultural production is moderated with conservation.
11:4現時点では、意見を表明するイギリスの人々のほとんどは、農業生産が穏やかな形をとって環
境保全と両立しているような田園地帯になればよいと思うだろう。
11:5 And on a worldwide stage this makes sense for a sustainable future: the green revolution gave success at a price, and that price cannot be paid [18](1. finally 2. indefinitely 3. absolutely).
11:5全世界的な規模でいうならこれは持続可能な未来のためには意味のあることである。緑の革命
は大きな犠牲を払って成功したが、その代価を際限なく払うことはできないのだ。
■第12段落
12:1 The British public’s concern about genetically modified (GM) crops, based in part on justifiable environmental concerns, must be placed in this context.
12:1遺伝子組み換え作物に対するイギリス人の懸念―その一部は、環境に対する正当な懸念にもと
づいているのだが―は、このような文脈に位置づけなければならない。
12:2 Whatever hazard GM crops may pose to the environment is linked to the general problem of biodiversity in a landscape damaged by the intensification of agriculture.
12:2遺伝子組み換え作物が環境に与えるかもしれない危険がどのようなものであれ、それらはすべ
て、農業の集約化によって損なわれた地形における種の多様性という一般的な問題と関係している。
12:3 The environmental safety aspects of GM must be thoroughly investigated to define the [19](1. risks 2. profits 3. degrees) before moving to large-scale commercial planting.
12:3遺伝子組み換えの環境上の安全面については、大規模な商業的栽培に移る前に、危険な点を明
確にするため徹底的に調査されなければならない。
12:4 Even then, we must continue careful observation and evaluation.
12:4 また、そうした調査が行われたとしても、我々はなおも注意深い観察と評価を続けなければ ならない。
12:5 But we must also recognize a potential benefit of GM crops — to give us a wider range of options as we try to make a more [20](1. heterogeneous 2. sustainable 3. intensive) future for agriculture than that created by the last green revolution.
12:6 しかし我々はまた、遺伝子組み換え作物の潜在的利益―つまり、かの緑の革命がつくりだした
農業の未来よりももっと持続可能な農業の未来を我々がつくりだそうとするとき、より広範囲の 選択肢を我々に与えてくれること―をも認識しなければならない。
[20]―2
>[20]
sustainable「持続できる」
「資源や環境などを保ちながら続けられる」という意味あいで使われる語。[18]でふれたように、
前段の最終文(And on a…)にも同じ表現がある。

総合政策学部 1,995 問2
■第3段落
3:1 If rule-following is a necessary prerequisite on the field of play, one might say that the existence of such rules implies an off field structure to permit the alternation of rules amidst argument and debate.
3:1 もしルールを守ることがプレーの現場において必要前提条件であれば、そのようなルールの存 在が論争と議論の中でルールの変更を許す現場外の組織の存在を意味すると言ってもかまわない であろう。
3:2 In fact, the more rules a sport may have, the more arguments and changes of rules can be expected.
3:2事実、スポーツにルールが増えれば増えるほど、議論とルールの変化も増えると思われる。
3:3 Cricket is probably the most ornate of all sports, demanding that the players (8) (1. break 2. question 3. obey) both the formal rules and informal spirit of the game.
3:3多分クリケットはあらゆるスポーツのなかで最も派手で、選手はそのゲームの公式のルールと
非公式の精神に従うことを要求される。
3:4 Not a season passes without the games officials arguing amongst themselves about changing rules.
3:4 いずれのシーズンも、ゲームの役員が自分たちの間でルールを変えることについて議論しない ということはない。
3:5 In fact controversies on the pitch can end up in the (9) (1. committee rooms 2. on the field fights 3. new rules) as controversies about the appropriateness of rules.
3:5実際、投球に関する対立が委員会室においてのルールの適格性に関する議論につながることも
ありうる。
3:6 This is certainly true of the most furious, and enduring, of cricket’s on the field controversies. 3:6 これはクリケットの現場における議論のうちで最も激しく、最も延々と続いた議論には確かに ftてはまる。
3:7 On the tour of Australia in 1932/3, the English bowlers adopted a tactic which the Australian team and public considered to be unfairly dangerous.
3:7 1932年から33年のオーストラリアへのツアーにおいて、イングランドの投手は、オーストラリ アのチームと人々が不当に危険と考える作戦を採用した。
3:8 The arguments stretched from the field of play right up to the highest levels of government.
3:8 その論争はプレーの現場からそのまま政府の高い部所まで広がった。
3:9 As with Socrates and Protagoras, the words used in the dispute would not keep agreeably (10) (1. open 2. still 3. conflicting), but the choice of terms became a matter of controversy in itself, as well as being a signal of the speakers sympathies.
3:9 ソクラテスやプロタゴラスの場合と同様に、議論において使われたことばがいつまでも心地よ
くそのままでいることはなく、どういうことばを選ぶかが、話し手の同情を表すとともに、それ 自体が議論の対象ともなった。
3:10 The British preferred to call their bowling tactic by the neutral, even academic, name of ‘Leg Theory’, (11) ( 1. in case 2. even if 3. as if) nothing more than strategy were involved.
3:10 イギリス人は自分たちの投球術を、まるで戦術上のみの問題であるかのように、ftたり障り
のない、学問的でさえある「レッグ・セオリー」という名前で呼びたいと思った。
3:11 The Australians insisted on Bodyline to express their indignation with a ploy which they felt to be unsparingly intimidator.
3:11 オーストラリア人は公正でないほどに脅迫的であると感じられる策略に対して怒りを表すた
めに、「ボディライン」と呼ぶことを主張した。
3:12 What is significant is that the controversy led to a change in the rules of cricket, and that the merits of this change (12) (1. occasion 2. discontinue 3.discourage) arguments to this day amongst the legislators of the game.
3:12重要であるのは、その議論がクリケットのルールの変更につながり、この変更のお陰でその
ゲームのルール制定者の間で今日まで論争が起こっていることである。
■第4段落
4:1 There is a general point which does not concern the details of that unhappy cricket tour, and which is not even restricted to the world of sport.
4:1 その不幸なクリケットのツアーの詳細とは関係なく、スポーツの世界に限られるわけでもない 一般的な論点がある。
4:2 The (13) (1. more specific 2. more ambiguous 3. wider) issue is the close connection between lawmaking and argumentation.
4:2 より広い問題は法律制定と論争の間の密接な関係である。
4:3 Laws may exist to resolve disputes, but they are created out of dispute, frequently at the cost of provoking further Argument.
4:3法律は争いを解決するために存在するのであろうが、法律は争いから生まれる。しかも一層の
論争を引き起こすという代価を払うことがしばしばである。
4:4 A simple syllogism might illustrate this: if there are lawyers, there will be arguments; therefore, if there are laws, there will be arguments.
4:4 これは簡単な三段論法によって証明されよう。つまり、もし法律家がいれば論争があるであろ
う。それゆえに、もし法律があれば論争があるであろう、ということである。
4:5 This same general point is better expressed in Plato’s Republic, which looked forward to the creation of a well-ordered state.
4:5 これと同じ一般的な論点はプラトンの「国家論」によりよく示されていて、それは秩序のとれ
た国を創造することを期待していた。
4:6 The citizenry of this ideal republic would obey the states rationally founded laws without dispute.
4:6 この理想的な国の市民は、その国において合理的に作られた法律に疑いもなく従うであろう。
4:7 Such a perfect state, in the interests of maintaining its ordered harmony, would need to (14) (1. dispense with 2. formulate 3. abide by) laws about trivia such as contracts made in the market and contracts for manufacture, questions of slander and assault, the lodging of legal actions and empaneling of juries, exaction and payment of market or harbor dues and the general business of regulating business and police and harbor charges and other similar matters.
4:7 そのような完璧な国は、秩序のとれた調和を維持するために、次のような基細なことに関する 法律はなしですます必要があるであろう。つまり、市場や製造のための契約、中傷や暴行の尋 問、法的訴訟の提出や陪審員の選出、市場や港の使用料の徴収と支払い、事業や警察や港の使用 料やその他細かい事柄を規制する一般的な業務等に関してである。
4:8 If laws were formulated on such minor matters, then the citizenry would waste their whole time making and correcting detailed regulations, with the result that harmonious order would (15) (1. naturally follow 2. never be achieved 3. often be guaranteed).
4:8 もし法律がそのような基細なことに関して制定されれば、市民は自分たちの時間をすべて、細 かい規制を作ったり改めたりするのに浪費するであろう。その結果、調和ある秩序は決して達成 されないことになるであろう。
4:9 Sextons Empirics blamed the rhetoricians, rather than the existence of laws, for argumentation.
4:9 セクスツス=エンピリクスは論争の責任を、法律の存在よりもむしろ修辞学者の非とした。
4:10 He noted that among the barbarians there were no rhetoricians, and the laws remained unaltered and generally obeyed, whereas amongst those who cultivate rhetoric they are altered daily, as is the case with the Athenians.
4:10彼によると、未開人の間には修辞学者はいなくて法律は変更なく一般に守られるが、それに対
して古代アテネ人の場合のように、修辞法を修める人々の間では法律は日々変更される、という ことである。
4:11 We could add that the “barbarians” Sextus Empiricus had in mind would not have codified their laws with the precision of the legislative bodies presiding over modern bat and ball games.
4:11 セクスツス=エンピリクスが心に抱いていた「未開人」は、現代のクリケットを統轄する立法
府のような正確さで、自分たちの法律を成文化してはいなかったであろうと付け加えることがで きよう。
・解答
(13)3
Specific「明白な」 Ambiguous「あいまいな」 Wide「広がった」
3段落がクリケットに限られた話題だったが、4段落ではその話題から広げて法律の話題になっ ている。

総合政策学部 1996 問2、
■第5段落
5:1 The opposing approach, most clearly formulated by Gadamer, takes the act of interpretation as primary, understanding it as an interaction between the ‘horizon’ provided by the text and the horizon that the interpreter brings to it.
5:1 これとは逆のアプローチは、ガダマーによって最も明確に作り上げられたものであるが、解釈 行為を最も重要なものと考え、原典によって与えられる「視野」と解釈者が原典にもたらす「視 野」の間の相互作用として理解する。
5:2 Gadamer (7)(1. denies 2. questions 3. insists) that every reading or hearing of a text constitutes an act of giving meaning to it through interpretation.
5:2 ガダマーは、原典を読んだり聞いたりするすべての行為が解釈を通して原典に意味を与える行 為を構成すると主張する。
■第6段落
6:1 Gadamer devotes extensive discussion to the relation of the individual to tradition, clarifying how tradition and interpretation (8)(1. complicate 2. interact 3. separate).
6:1 ガダマーは個人と伝統の関係について広範囲に議論をし、伝統と解釈がどのように担互に作用
するか明らかにしている。
6:2 Any individual, in understanding his or her world, is continually involved in activities of interpretation.
6:2 いかなる個人も自分の世界を理解する際には、絶えず解釈行為に関わっている。
6:3 That interpretation is based on prejudice (or preunderstanding), which includes assumptions implicit in the language that the person uses.
6:3 そのような解釈は先入観(つまり、「前もっての判断」)に基づいており、先入観にはその個人 が使う言語に潜在する前提が含まれている。
6:4 That language in turn is (9)(1. learned 2. forgotten 3 . intervened) through activities of interpretation.
6:4 そして今度は、その言語は解釈行為を通して、学ばれていくのである。
6:5 The individual is changed through the use of language, and the language changes through its use by individuals.
6:5個人は言語の使用によって変えられ、言語は個人による使用によって変わるのである。 6:6 This process is of the first importance, since it constitutes the background of the beliefs and assumptions that determine the nature of our being.
6:6 この過程は最も重要である。というのは、それは、我々の存在の本質を決定する信念と前提の
背景を構成するからである。 6:7 We are social creatures:
6:7我々は社会的生物であるのだ。
(7)3
6段落の内容を読むと3が最適。

総合政策学部 1,997 問2
■第10段落
10:1 He wished, (10) (1. to be sure 2. in sum 3. for example), to trace facial gestures to antecedent states in ancestral animals.
10:1彼は、たとえば顔の動きを祖先である動物における先行的状態までたどりたいと思ったので
あった。
10:2 But if the human complement forms an integrated array, locked together by our unique consciousness, then a historical origin from simpler systems becomes impossible.
10:2 しかし、もし人間のもつ補完的なものがわれわれに独自の意識というものによって固定され
た統合的な配列を形成するならば、より単純な体系から生じた歴史的な起源が不可能になる。
10:3 Darwin recognized that two principles must underlie the possibility of evolution.
10:3 ダーウィンは、二つの原理が進化の可能性の基礎となっているに違いないと認識した。
10:4 First, gestures cannot be subject to fully conscious control; some, at least, must represent automatic, evolved responses.
10:4一つには、身ぶりは十分に意識された制御の下にはありえないということである。身ぶりは少
なくとも、自動的で進化した反応を表しているに違いないのである。
10:5 As (11) (1. examples 2. collections 3. evidence) for ancestral states, Darwin cited several gestures that make no sense without modern morphology, but must have served our ancestors well.
10:5先駆的状態の証拠として、ダーウィンはいくつかの身ぶりを引用したが、それらは現代形態学
がなければ意味をなさないが、われわれの祖先には非常に役に立ったに違いないものである。
10:6 In sneering, we tighten our upper lips and raise them in the region of our canine teeth.
10:6 われわれはあざ笑う際、上唇を堅くして犬歯の近くまで上げる。
10:7 This motion once exposed the fighting weapons of our ancestors, but human canines are no bigger than our other teeth and this inherited reaction has lost its original function.
10:7 かつてはこの身ぶりによって、われわれの祖先が持っていた戦いの武器をはっきり示したの であるが、人間の犬歯は今では他の歯と同じぐらいの大きさにすぎず、この受け継いだ反応はそ の元の機能を失ってしまったのである。
■第11段落
11:1 (12)(1. Therefore 2. Second 3. Nonetheless) , just as young Mozart could separate and abstract single emotions, Darwin realized that standard facial gestures must be modules of largely independent action and that the human emotional repertoire must be more like the separate items in a shopper’s bag than the facets of an unbreakable totality.
11:1二つ目にダーウィンが気づいたのは、幼いモーツァルトが個々の情緒を区分して引き出すこと
ができたのとちょうど同じように、標準的な顔の動きが大部分独立した行動のモジュールに違い ないこと、そして人間の感情面のレパートリーは区分できない全体面というよりも買物袋の個々 の品物に近いはずであることだった。
11:2 Evolution can mix, (13) (1. run 2. survive 3. match), and modify independently.
11:2進化は混ざり、調和し、そして独立に変化することができるのである。
11:3 Otherwise we face Cuvier’s dilemma: if all emotions are inextricably bound by their status as interacting, optimal expressions, then how can anything ever change?
11:3 そうでなければ、我々はキュヴィエのジレンマに陥る。つまり、もしすべての感情が、それ らの相互作用的で最適の表現という地位によって、解決できないほど束縛されているならば、 いったいなぜ物事が変わるのだろうかということである。
・解答 (12)2
10段落4行目に「first」とあり、secondがこれ以外見当たらないので2

総合政策学部 1999 問1
■第9段落
9:1 That sounds like a scientists (6) (1. dilemma 2. cliché 3. fear) .
9:1 これは科学者の決まり文句のように思える。
9:2 But Botstein, an originator of some of the major concepts that made the genome project practical, is no ivory tower researcher.
9:2 しかしゲノム計画を現実的なものにする主要な考えを創り出した人であるボツタインは、象牙
の塔にこもる研究者ではなかった。
9:3 He questions, “How much can we hope to learn about the interactions of genetics and the environment?
9:3 「遺伝学と環境の相互作用について、どれほど多くのことを知ることができるのだろうか。
9:4 Will we actually be able to predict anything by knowing genes?
9:4遺伝子を知ることで、実際に何かを予言できるのだろうか。
9:5 The more thoughtful ones, very quickly, get into the issues of the limits of knowledge.”
9:5 より思慮深い科学者は、すぐに知識の限界という問題に直面する」と、彼は言う。
・解答 (6)2
(6)「これは、科学者の( )のように思える」これが直前のボツタインの発言を受けた表現であるこ とに注意する。科学者がよく言う「(使い古された)決まり文句」というニュアンスを筆者は出した かったと考えられるので、2のclichéが入る。 1のdilemmaは「ジレンマ」、3のfearは「恐れ」の意。

総合政策学部 2002 問1
■第11段落
11:1 [20](1. Fortunately 2. Clearly 3. Theoretically) , the social benefits of joint ventures have a limited scope; they merely touch their local communities.
11:1明らかに、合弁事業の社会的利益には限られた範囲しかない。それはただ地元の社会にしか影 響を与えない。
11:2 But the failure of peace talks and negotiations only serves to emphasize that politics are not sufficient, and that the BOC model may indeed be one of the better ways to guide the Middle East and similarly troubled regions to peace.
10:2 しかし、平和会談や和平交渉の失敗はただ、政治は不十分なもので、BOCのモデルは確かに
中東や同様の紛争地域を平和に導く、よりよい方法のひとつであるかもしれないと強調するのに 役立つだけである。
・解答 [20]―2
>[20]
「( )、合弁事業の社会的利益には限られた範囲しかない。それはただ地元の社会にしか影響を与 えない」の空所に入るもの。ここまでの英文から、合弁事業の社会的利益は地元の社会にしか与 えられないのは明らかなので、Clearly「明らかに」が入る。1のFortunatelyは「幸運にも」、3の Theoreticallyは「理論上は」の意。

総合政策学部 2010 問1
■ 第1段落
1:1 ここ数十年にわたって,大勢の様々な育児専門家が出現した。
1;1 Over the recent decades, a vast and diverse flock of parenting experts has arisen.
1:2何の気なしであってさえ,彼らの助言に従おうとする人々は,困惑するだろう。というのも,
育児に関する一般常識は,時間ごとに変わるように思われるからである。
1:2 Anyone who tries even casually to follow their advice may be stymied, for the conventional wisdom on parenting seems to shift by the hour.
1:3専門家どうし,言うことが違うという場合もある。
1:3 Sometimes it is a case of one expert differing from another.
1:4最も声の大きい専門家たちが突然一団となって,古い知見は誤りであり,新たな知見が,少な
くとも当面は,反論の余地なく正しいことに意見が一致することもある。
1:4 At other times, the most vocal experts suddenly agree en masse that the old wisdom was wrong and that the new wisdom is, for a little while at least, irrefutably right.
1:5典型的な育児専門家は,他分野の専門家同様,自信過剰のように聞こえがちである。
1:5 The typical parenting expert, like experts in other fields, is [1] (1. prone 2. unlikely 3. afraid) to sound exceedingly sure of himself.
1:6専門家は問題の様々な側面を論議するのではなく,むしろ一方の側に自分の旗をしっかりと打
ち立てるのである。
1:6 An expert doesn’t so much argue the various sides of an issue as plant his flag firmly on one side.
1:7遠慮や曖昧さの臭う議論をする専門家は,あまり注意を引かないことが多いからである。
1:7 That’s because an expert whose argument reeks of restraint or nuance often doesn’t get much attention.
1:8専門家は自分の手作りの理論を黄金の一般常識に変えたいと思うなら図太くなければならない
のだ。
1:8 An expert must be bold if he hopes to alchemize his homespun theory into conventional wisdom.
1:9 そうするには,大衆の関心を引くのが絶好なのである。というのも感情は合理的な議論の敵だ からである。
1:9 His best chance of doing so is to [2] (1. dispute 2. ignore 3. engage) the publics emotions, for emotion is the enemy of rational argument.
1:10 そして感情としては,そのうちの一つである恐怖感は,他よりも強い影響力がある。
1:10 And as emotions go, one of them―fear―is more potent than the rest.
1:11狂牛病,乳児の突然死,鳥インフル,これらの脅威について専門家の助言にどうして留意せず
にいられるだろうか。あの意地悪なおじさんが幼すぎる子どもたちに怖すぎる話を語って聞かせ るように,専門家は私たちを震え上がらせてしまっているというのに。
1:11 Mad-cow disease, crib death, avian flu―how can we fail to heed the expert’s advice on these horrors when, like that mean uncle telling too-scary stories to too-young children, he has reduced us to quivers?
■ 第2段落
2:1親ほどに,専門家の恐怖心のあおり立てに影響を受けやすい人はいない。
2:1 No one is more [3] (1. indifferent to 2. suspicious of 3. susceptible to) an expert’s fear- mongering than a parent.
2:2恐怖心は実は育児行為の主要構成要素である。恐怖心は実は育児行為の主要構成要素である。
2:2 Fear is, in fact, a major component of the act of parenting.
2:3親というのは何と言っても,別の生物の命,始めのうちは他のほとんどどの種の新生児よりも
無力な生物の介添え役だからである。
2:3 A parent, after all, is the [4] (1. beneficiary 2. steward 3. successor) of another creature’s life, a creature who in the beginning is more helpless than the newborn of nearly any other species.
2:4 このために,多くの親たちは大量の育児に使う労力を単に怯えることに費やすことになるので ある。
2:4 This leads a lot of parents to spend a lot of their parenting energy simply being scared.
・解答 [3]―3
>[3] 設問部分は「親ほどに,専門家の恐怖心のあおり立てに~な人はいない」という意味。第1段
末尾に「専門家の助言にどうして留意せずにいられるだろうか」とあったのだから,空欄には「弱 い」といった意味になるものが入るとわかる。選択肢はそれぞれ,1が「無関心な」,2が「疑 う」,3が「影響を受けやすい」という意味だから,正解は3だとわかる。

copyright 2016/Everyday school