[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 英語 語法三択テクニック 『文中の言葉の置き換えの言葉が入る(対比による書き換えも含む)問題』

環境情報学部 1,995 問1、
■第2段落
2:1 The information involved in animal communication can come from many sources; any facet of the environment (1)( 1. created 2. perceived 3. imagined) is considered information.
2:1動物のコミュニケーションに含まれる情報の源は数多い。環境のなかに認められる面相はいか
なるものでも情報と考えられる。
2:2 In linguistic communication the primary function of words is to convey information.
2:2 言語によるコミュニケーションにおいては、単語の第一の機能は情報を伝えることにある。
2:3 Similarly, animals (including man) have modes of behaviour that, in the course of evolution, were selected for their value in providing vehicles for conveying information.
2:3 同様に、(人間を含めて)動物は、情報を伝える媒体として価値があるために進化の過程で選
択されてきたいくつかの行動様式をもっている。
2:4 During the evolutionary process some of these vehicles also (2)(1. remained 2. retained 3. underwent) more direct functions, but many became specialized for a communicative function alone.
2:4 しだいに進化発展するうちに、これらの伝達手段のいくつかは、さらに直接的な機能を保持し
たが、多くはコミュニケーション機能のみのために特殊化した。
2:5 These communicative acts, known as displays, include various posturings and movements; sounds; particular ways of making contact among individuals; the release of specialized chemicals called pheromones; and even electrical discharges.
2:5 誇示として知られるこのコミュニケーションの動作には、さまざまな姿勢や動きがある。音、
個体と個体の間で連絡をとる特別手段、フェロモンと呼ばれる特殊な化学物質の放出、放電等ま である。
2:6 Displays have been studied as important means for transmitting information in animal communication.
2:6 誇示は、動物のコミュニケーションで情報を伝える重要な方法として研究されている。
2:7 There are, of course, other information sources in animals, some of which have also undergone evolutionary (3)(1.specification 2. specialization 3. generalization) toward a communication function.
2:7 もちろん、動物にはそのほかにも情報源があり、そのうちのあるものはコミュニケーション機
能を果たすように発展して特殊化している。
2:8 Among them are what may be called badges — i.e., attributes that are merely structural and nonbehavioral in nature: the red breast of the robin, the red underside of the breeding male stickleback fish, and the mane of the male lion.
2:8 その中には、象徴とでもいえるものがある。すなわち、本来は単に構造上のもので動作ではな
い属性である。こま鳥の赤い胸、卵を抱いている雄のトゲウオの赤いわき腹、雄ライオンのたて がみといったようなものである。
2:9 Many other sources of information can be found in the repeated forms of interaction that develop during prolonged relationships between two individuals and in individual expectations about the nature of the roles in which they encounter others, both familiar associates and strangers.
2:9 そのほか数多くの情報源が、2つの個体の間に続けられる関係により発達し、繰り返し行われ る相互作用の型のなかに、またなじみの仲間や見知らぬ者の両者を含めて他者と出会うなかで果 たされる役割の性質に関するそれぞれの予想のなかに発見できる。
2:10 The activities of individuals who interact socially provide a constant and usually rich information source, but, in the study of nonhuman communication, the bulk of systematic research thus far has been (4)(1. directed 2. induced 3. stipulated) toward displays and badges; it is, therefore, these highly specialized categories that are of the greatest concern here.
2:10 打ち解けて相互作用する個体の活動は絶えず豊富な情報源を提供する。しかし、人間以外の コミュニケーションの研究において、これまでの系統的な研究の大部分は誇示と象徴に向けられ てきた。したがって、ここで最も関心があるのはこの高度に特殊化された部門ということになる。

(3)2 (3)
Specification 「詳述、明細事項」 specialization 「特殊化」 generalization「普遍化」
第2段第4文にbecame specialized for~という表現があるのでそれがヒントになる。

環境情報学部 1,995 問2
■第1段落
1:1 Liberalism, in politics, is a doctrine that holds that constitutions, laws, and political proposals should promote individual liberty based on the exercise of rational will.
1:1 政治における自由主義とは、憲法、法律、政策が理性的意志の行使に基づく個人の自由を促進
すべきものであるとの考えをもつ教義である。
1:2 Because this criterion is (1) (1. straightforward 2. clear 3. ambiguous) , a great variety of conflicting views have claimed the title “liberal.”
1:2 この基準があいまいであるがために、これまできわめて多くの対立する意見が「リベラル」と
いう肩書きを名乗ってきた。
・解答 (1)3
(1)
Straightforward「まっすぐな、率直な」 Clear「明確な」 Ambiguous「あいまいな」
a great variety of conflicting views「きわめて多くの対立する意見」という言い方が続くことから、 ambiguousが入る。

■第2段落
2:1 One way to grasp the idea central to liberalism is to consider what liberalism is (2) (1. not 2. claiming 3. revealing) .
2:1 自由主義の中心的考えを理解する一つの方法は、何が自由主義でないかを考えることである。
2:2 From a liberal point of view, the slave and the serf are the most miserable of men — the slave because he is at the mercy of arbitrary despotism, and the serf because his life is repressively regulated by customary rules and duties.
2:2 自由という見地からすれば、奴隷と農奴が最もみじめな人たちである。奴隷は独断的な専制政
治のなすがままになり、農奴の生活は慣習的なきまりと義務によって抑圧的に制限されているから である。
2:3 Neither can exercise his rational will.
2:3 奴隷も農奴も自分の理性的意志を行使することができない。
2:4 Despotism and feudalism are the twin enemies of liberalism.
2:4専制政治と封建制度は自由主義のふた子の敵である。
・解答 (2)1
(2)
claim「主張する」
reveal「明らかにする」
次にslaveやserfなど自由ではない人々のことが述べられていることから判断する。

■第12段落
12:1 One result of this opinion has been a vast quantity of social welfare legislation.
12:1 この意見の一つの結果はばく大な量の社会福祉立法であった。
12:2 It has also produced a persistent (13) (1. equality 2. subsidy 3. incoherence) within liberal doctrine.
12:2 それはまた、次々と一貫性の欠如を自由主義の教義にもたらしている。
12:3 For liberalism encompasses strong tendencies hostile to anything more than a minimum amount of state regulation of social life and, on the other hand, Equally strong tendencies to employ the state’s powers of compulsion to solve a variety of problems ranging from racial prejudice to industrial pollution.
12:3自由主義は社会生活に対する最小限の国家規制以上のものには敵対する強い動きを含む一方、
人種偏見から産業汚染に至るまでで、さまざまな問題を解決するために強制力という国の力を借 りようとする同様に強い動きをももたらしたからである。
・解答 (13)3
(13)
Equality「平等、等しいこと」 Subsidy「助成金」 Incoherence「支離滅裂」
次文に相反する2つの考え方が述べられているため、incoherence「支離滅裂」が入る。subsidy「助
成金」

■第20段落
20:1 Second, many persons became fascinated with the possibility of bureaucratic organization, by contrast with which the hit-and-miss of capitalist entrepreneurs seemed outmoded and inefficient. 20:1 第二に、多くの人が官僚的機構の将来性に魅力を感じた。それと比較して資本主義の企業家
の行きあたりばったりのやり方は旧式で無能のように見えた。
20:2 Third, moral admiration was directed away from the person who mastered his passions and (20) (1. committed 2. submitted 3. emitted) to authority and toward the one who struggled against authority.
20:2第三に、道徳的尊敬の念は、情欲を抑制し権威に服従した人には向けられなくなり、権威と
闘った人に向けられるようになった。
20:3 Fourth, many things previously attributed to the “original sin” of human nature came to be attributed to the irrational fries of social structure.
20:3 第四に、以前は人間性の「原罪」に原因ありとされた多くのことが社会構造の不合理さに原
因するとされるようになった。
20:4 And finally, these enlightened ideas, although they had earlier been associated with despotism, gained democratic favor from their sponsorship by the French revolutionaries.
20:4 そして最後に、これらの啓蒙思想は、初期には専制政治と結び付いたこともあったけれど も、フランスの革命家たちによって後援され民主的な支持を得た。
20:5 All these considerations facilitated the advance of modern liberalism.
20:5 これらすべての考えが近代自由主義の進歩を促進したのである。
・解答 (20)2
(20)
Commit「委託する」
Submit「提示する」
Emit「(光・熱・香気・音声を)発する」
struggled against authorityと反対のものとしてsubmitted to authority「権力に服従した」を選ぶ。

環境情報学部 1,996 問1、
■第1段落
1:1 Leadership has been defined as the power of one or a few individuals to induce a group to adopt a particular line of policy.
1:1 リーダーシップとは、一つの集団に、ある特定の政策や行為に関する方針をとらせる個人また は数人の力量であると定義されている。
1:2 Leadership has always fascinated the general public (1)(1. as well as 2. as told to 3.as understood by) observers of political life because of the element of “miracle” which seems embedded in the phenomenon.
1:2 リーダーシップが発揮されている場合、その現象の中にあると思われる「奇蹟」という要素の ために、政治の世界に携わる人はもちろんのこと、一般大衆をも常に魅了してきた。
1:3 It appears to belong to the realm of the divine, of the (2)(1. secular 2. mundane 3. sacred) as it creates a bond between rulers and ruled which defies ordinary explanations.
1:3 リーダーシップは、支配者と被支配者の間に普通の説明では説明しきれないきずなを創り出す がゆえに、人間を超越した人々の領域、すなわち神聖な人々の領域に属しているもののように思 われる。
1:4 Not surprisingly, therefore, leadership has (3)(1. proved 2. found 3. judged) difficult to measure and to assess; works on the subject have tended to be descriptions of the deeds of heroes rather than careful analyses of the subject.
1:4 したがって、リーダーシップを判定し、評価することは困難であるとわかっても驚くことはな い。このテーマに関する数々の研究は、従来、対象の注意深い分析というよりも英雄たちの行っ た行為の記述になるという傾向があった。
(2)3 (2)
secular「世俗の」 mundane「世俗的な」 sacred「神聖な」
直前のthe realm of the divineのof the divineと同格、同じ意味になるもの。

■第3段落
3:1 One reason why the personal qualities required of a leader (6)(1.should 2. may 3. may not) be diverse is because leadership cannot be divorced from the environment within which it occurs.
3:1 リーダーに必要とされる個人的な特質が多様にならざるを得ない理由の一つは、リーダーシッ
プが、リーダーシップの発生する環境と切り離すことができないことにある。
3:2 The role of this environment is (7)(1. manifest 2. manifold 3. manipulative) in several ways.
3:2 この環境の果たす役割はいくつかの面において明白である。
3:3 To begin with, the personal qualities of leaders are personal only in the sense that these leaders happen to possess them: they may also be viewed as being in part the product of the environment, from the family in which the leaders grew up to the nation to which they belong.
3:3 まず第一に、リーダーたちの個人的特質は、これらのリーダーたちがたまたまその個人的特質
をもちあわせたという意味においてのみ個人的である。一方彼らは、育った家庭から所属する国 家に至るまでの、ある程度環境が生み出したものであると考えることもできるかもしれない。 3:4 But there are two other essential ways in which leadership is related to and indeed (8)(1. contends with 2. suspends from 3. depends on) the environment.
3:4 しかし、リーダーシップは環境と関係があり、また実に環境次第であると言える大事な面がほ
かに二つある。
3:5 First, leadership is, usually at least, clearly connected to the holding of a particular position: a prime minister may exercise his or her leadership more or less successfully; in the first instance, however, the fact of being prime minister provides opportunities which others do not have.
3:5第一に、リーダーシップは通常少なくともその人がある特定の地位を占めているかどうかとい
うことと明らかに関係がある。例えば総理大臣は、多少とも首尾よくリーダーシップを発揮する ことができるであろう。しかしまずはじめに、総理大臣であるという事実は、他の人にはないチャ ンスを与えてくれるものである。
3:6 The holder of such a post is expected to be a leader; other politicians and the population as a whole look to the head of the government for guidance.
3:6 そのような地位を占めている人はリーダーとなることをまわりから期待されている。他の政治
家や国民全体が政府の長に指導力を発揮することを期待している。
3:7 What needs explanation is more why some prime ministers or presidents do not succeed in becoming real leaders, rather than why they succeed (9)(1. in doing it 2. in doing so 3. in being it) . 3:7説明を要するのは、総理大臣や大統領のうちのある人々が「真の」リーダーとなることに成功
した理由よりもむしろ、「真の」リーダーとなることに成功しなかった理由の方である。
3:8 Indeed, more generally, the institutional framework truly fashions the characteristics of leadership in that it provides opportunities to exercise power: the British prime minister, for example, has an easier task in this respect than the Italian prime minister, who heads a coalition government whose many components are more likely to rebel than to follow.
3:8実際、さらに一般的には、権力を行使する機会を与えてくれるという点で制度上の体制そのも
のがリーダーシップの特徴を真に作り上げると言える。例えば、イタリアの首相よりも英国の首 相の方がこの点では、仕事が容易である。というのは、イタリアの首相は、つき従うよりも反抗 する可能性の方が大きいたくさんの党からなる連立政府の首班であるからだ。
(9)2 (9)
同文中のin becoming “real” leadersと同じ意味になるもの。

環境情報学部 1,996 問2、
■第8段落
8:1 The principle of juxtaposition permits the enactment of cultural themes that may be deeply rooted in concepts of (16)(1. difference 2. maintenance 3. structure) and contrast or may derive from oppositions or conflicts in social experience.
8:1並列の原理は、差異や対比の概念に深く根ざした文化的テーマ、あるいは社会的経験における
反対や対立に由来する文化的テーマの再現を可能にする。
8:2 For example, until the modern era, most societies were preoccupied with survival and thus concentrated attention on fertility rites and reproductive acts, emphasizing gender differences. 8:2例えば、現代に至るまでは、ほとんどの社会は生き延びることに心を奪われて、男女の差を強
調することにより繁殖力を求める儀式や再生産的な行為に専念した。
8:3 Today festivals continue to represent an opportunity for the enactment of gender roles and for courtship and romance.
8:3今日でも祭りは、男女の役割の再現や、求愛や情事の機会をひきつづき表現している。
・解答 (16)1
(16)
concepts of~ and contrastで意味のかたまりになっているから、contrast(対照)と似た意味の語
「違い、差異」を選ぶ。

環境情報学部 1,997 問2

■第5段落
5:1 So much for the difference between the media and the traditional “high” arts. 5:1 メディアと「高尚な」伝統的芸術の相違についてはこのくらいにしておこう。 5:2 What about the way we deal with material goods?
5:2 形のある商品の扱い方はどうであろうか。
5:3 Our relationship with mass-produced goods has changed as it has with the products of “high” art.
5:3 「高尚な」芸術作品に対する場合と同じように、大量生産される商品と我々の関係は変化して
きた。
5:4 Differences have been (7) (1. induced 2. reduced 3. produced) , or erased; but along with the differences, temporal relationships have been distorted.
5:4 違いは減少してきた。消えたと言ってもよい。しかし、違いとともに現時点での関係も歪めら
れてきた。
5:5 Scholars may still be (8) (1. ignorant 2. unconscious 3. aware) of them, but not the ordinary consumer.
5:5 学者は今でも気がついているかもしれないが、一般の消費者は気がついていない。
5:6 We have achieved what the culture of the 60s was demanding, that there should not be one set of products for the masses and, other, more difficult products for the cultivated, (9)( 1. responsive 2.renowned 3 .refined) public.
5:6 我々は60年代の文化が要求していたものを手に入れた。すなわち、大衆に対してただ1組の製
品しかないというのではなく、教養ある洗練された大衆に対してまた別のもっと歯ごたえのある 製品があってしかるべきなのだ。
・解答 (7)2
(7)
induce「勧誘して~の気にさせる」 ここはerasedと似た意味の語(reduce「減らす」)を選ぶ。

(9)3 (9)
responsive「すぐ反応する、敏感な」 renowned「有名な」 refined「洗練された」
ここはcultivated(洗練された)と似た3を選ぶ。

■第8段落
8:1 In the ideal college, intrinsic education would be available to anyone who wanted it-since anyone can improve and learn.
8:1 理想的な大学においては、望む学生には本質的な教育が受けられるだろう。人はだれでも向上
し学ぶことができるのだから。
8:2 The college would be (12)( 1. unanimous 2. unitary 3. ubiquitous) — that is, not restricted to particular buildings at particular times, and the teachers would be any human beings who had something that they wanted to share with others.
8:2 大学は到る所にあると言えよう―それは換言すれば、大学は特定の建物の中に、特定の時間に
限定されるのではないということで、また教師は他人と分かち合いたい何かがある人間ならだれ でもよいだろう。
8:3 The college would be life-long, for learning can take place all through life.
8:3 大学は生涯続く。なぜなら学習は一生を通して行われることもあるからである。
・解答 (12)3
(12)
unanimous「満場一致で」 unitary「単位1の」
ubiquitous「(同時に)到る所にある、遍在する(=universal)」
言い換えがあるので、その内容を読んで選択肢を選ぶ。

環境情報学部 1998 問1
■第6段落
6:1 But the real point of electronic documents is not simply that we’ll read them on hardware devices.
6:1 しかし電子文書の本ftに重要な点は、単にそれらをハードウエアの装置で読むということだけ
ではない。
6:2 Going from paper book to e-book is just the final stage of a process already well under way.
6:2紙製の本から電子本へ移行するということは、すでに順調に進行している過程の最終段階に過
ぎない。
6:3 The significant aspect of digital documents is the (11) (1. reinstallation 2. replacement 3. redefinition) of the document itself, which will cause dramatic repercussions.
6:3 デジタル文書の重要な点は、文書そのものの新たな定義付けであり、またそれは劇的な影響を
引き起こすであろう。
6:4 We’ll have to rethink not only what we mean by the term “document” but also what we mean by “author,” “publisher,” “office,” “classroom,” and “text.” 6:4我々は「文書」という用語の意味だけでなく、「著者」「出版社」「オフィス」「教室」「テ
キスト」の意味をも考え直さなければならなくなる。
・解答 (11)3
(11)
1.「再インストール」
2.「置換」
3.「再定義」
直後の文に「用語(term)の意味を考え直す」とあることから。

■第8段落
8:1 CD-ROMs provide us with some models for the creation of on-line content.
8:1 CD-ROMはオンラインの内容を作るためのいくつかの手本を提供してくれる。
8:2 CD-ROM-based multimedia titles have integrated different types of information — text, graphics, photographic images, animation, music, and video — into single documents, and right now they’re our best (15) (1. approximations 2. solutions 3. resolutions) of what the rich documents of the future will be like.
8:2 CD-ROMをベースとしたマルチメディアの出版物は、本文・グラフィック・写真の画像・アニ メーション・音楽・映像などの異なる形の情報を単一の文書に統合したものとなってきており、 現在のところそれらは、内容の豊富な未来の文書の様子に最も近いものである。
・解答 (15)1
(15)
1.「近いもの」
2.「解答、解決策」
3.「解答、決定」
「(現在の)CD-ROMの出版物の姿」と「未来の文書」の関係として適切なものは1。

環境情報学部 1998 問2
■第8段落
8:1 Equipment breaks down, it is Sunday night, the stores are all closed, and the audience is arriving in an hour.
8:1設備が故障したが日曜の夜であり、店は全部閉まっており、観客は1時間後にやって来る。
8:2 You are forced to do a little bricolage, improvising some new and crazy device.
8:2 そこでちょっとしたブリコラージュ、つまり即興の斬新で奇抜な工夫をせざるを得なくなる。
8:3 Then you attain some of your best moments.
8:3 そのとき、最高の瞬間に達することがある。
8:4 Ordinary objects or trash suddenly become valuable working materials, and your perceptions of what you need and what you don’t need (7)( 1. adversely 2. radically 3. momentarily) shift.
8:4 ありふれた物やがらくたが、突然価値ある仕事の道具に変わり、何が必要で何が必要でないか という認識が根本的に変わる。
8:5 Among the things I love so much about performing are those totally unforeseen, impossible calamities.
8:5演じることに関して私が大好きなことのひとつは、そのような全く思いがけない、起こるはず
のない災難である。
8:6 In life, as in a Zen koan, we create by shifting our perspective to the point at which interruptions are the answer.
8:6禅宗の公案にあるように、人生において我々は、妨害物が解答になるような観点へと、見方を
変えることによって物事を創作するのである。
8:7 The (8) (1. sharpening 2. relaxation 3. redirection) of attention involved in incorporating the accident into the flow of our work frees us to see the interruption with new eyes, and find the alchemical gold in it.
8:7不測の事態を自分の仕事の流れの中に組み込むことに伴う注意の向け直しをすることで、我々
は妨害物を自由に新しい目で見、錬金術による金をその中に見出すことができるようになる。
・解答 (7)2
(7)
コンマの前に「がらくたが価値ある道具に変わる」とある。1.「逆に」2.「根本的に」3.「少しの 間、瞬間的に」

環境情報学部 1,999 問2
■第3段落
3:1 Young scientists are indoctrinated with the gravity of this error.
3:1若い科学者はこの誤りの重大さをたたき込まれる。
3:2 As animal behaviorist* David McFarland explains, “They often have to be specially trained to (5)(1. describe 2.accept 3. resist) the temptation to interpret the behavior of other species in terms of their normal behavior-recognition mechanisms.”
3:2動物についての行動主義者ディビッド-マクファーランドは「彼らはしばしば他の種の行動を自
分の通常の行動認識メカニズムの見地から解釈しようとする誘惑に抵抗するように、特別に訓練 されなければならない」と説明している。
3:3 In his recent book The New Anthropomorphism, behaviorist John S. Kennedy laments, “The scientific study of animal behavior was inevitably marked from birth by its anthropomorphic parentage and to a significant extent it still is.
3:3行動主義者ジョン=S.ケネディは、最近の著書『新しい擬人観』の中で次のように嘆いている。
「動物の行動に関する科学的研究は、誕生のときから擬人観的な出自によって必然的に特徴づけ られ、またかなりの程度、今でもそうである。
3:4 It has had to struggle to free itself from this erroneous approach and the struggle is not over. 3:4 この誤った研究方法から抜け出すべく奮闘する必要が続いており、その闘いはまだ終わってい ない。
3:5 Anthropomorphism (6)(1. remains 2. restructures 3. recognizes) much more of a problem than most of today’s neobehaviorists believed….
3:5擬人観は今日の新行動主義者の大部分が信じているよりもはるかに大きな問題であるままであ
る…。
3:6 If the study of animal behavior is to mature as a science, the process of (7)1. cancellation 2. liberation 3. interference) from the delusions of anthropomorphism must go on.”
3:6 もし動物の行動に関する研究が科学として成熟しようとするものであるならば、擬人観の妄想
からの解放の過程が進まなければならない」
3:7 His hope is that “anthropomorphism will be brought under control, even if it cannot be cured completely.
3:7彼が望むのは「たとえ完全に治癒できなくても擬人観を統制下に置かれるようにする。
3:8 Although it is probably programmed into us genetically as well as being learned culturally, that does not mean the disease is untreatable.” 3:8擬人観は教養上学習されるだけでなく、おそらく遺伝学上我々の脳の中にプログラムされてい
るのであろうが、それはその病気が治療できないという意味ではない」ということである。
(6)1 (6)
直前の文にthe struggle is not overとある。このstruggleはanthropomorphismとの闘いのこと。よって、
1のremain「~のままである」

■第4段落
4:1 To accuse a scientist of anthropomorphism is to make a severe criticism of unreliability.
4:1 擬人観を理由に科学者を非難することは、信頼性の欠如を厳しく批判するということである。
4:2 It is regarded as a species-confusion, a forgetting of the line between subject and object.
4:2擬人観は種の混同として、主体と客体の境界線を忘れていることとしてみなされる。
4:3 To assign thoughts or feelings to a creature known incapable of them would, indeed, be a problem.
4:3思考や感情を持つことができないとわかっている動物にそれらを当てはめようとすることは実
際に問題であろう。
4:4 But to ascribe to an animal emotions such as joy or sorrow is only anthropomorphic error if one knows that animals cannot feel such emotions.
4:4 しかし喜びや悲しみのような感情が動物にあると考えることは、動物がそのような感情を感じ
得ないということを知っているのであれば、擬人観的な誤りにすぎないのである。
4:5 Many scientists have made this decision, but not on the basis of evidence.
4:5 多くの科学者はこのような決定を下しているが、それは証拠に基づくものではない。
4:6 The situation is not so much that emotion is denied but that it is regarded as too dangerous — such a minefield of (8)(1. relativity 2. objectivity 3.subjectivity) that no investigation of it should take place.
4:6感情の存在が否定されているというよりはむしろ、感情は危険すぎる―主観性という地雷の埋
まった危険地帯である―ので、それについての調査は行うべきではないとみなされている、という のが状況なのである。
4:7 As a result, all but the most prominent scientists (9)(1. obtain 2. risk 3. establish) their reputations and credibility in venturing into this area.
4:7 その結果、最も著名な科学者でない限りは、この領域に入るにあたっては自らの評判と威信を
危険にさらすことになるのだ。
4:8 Thus many scientists may actually believe that animals have emotions, but be unwilling not only to say that they believe it, but unwilling to study it or encourage their students to investigate it. 4:8 こうして、多くの科学者が実際には動物が感情を持つと信じているかもしれないが、自分がそ れを信じていると進んで言うことをしないだけでなく、進んでそれを研究したり門下の学生にそ れを調査させたりすることもしないであろう。
4:9 They may also (10)(1. defend 2. attack 3. copy) other scientists who try to use the language of the emotions.
4:9 彼らはまた感情に関する用語を使おうとする他の科学者を攻撃するかもしれない。
4:10 Nonscientists who seek to retain scientific credibility must tread carefully.
4:10 科学的な信頼性を保持しようとする自然科学以外の学者は、慎重に進まなければならない。
4:11 An administrator at one internationally known animal training institute remarked, “We don’t take a position on whether animals have emotions, but I’m sure if you talked to any one of us we’d say ‘Sure they have emotions.’
4:11 ある国際的に知られた動物訓練施設の管理者は次のように発言している。「我々としては動 物が感情を持つかどうかについて一定の見解を取ることはしませんが、あなた方が我々のうちの 誰に聞いても、我々は『もちろん動物は感情を持っている』と答えるはずだと思いますよ。
4:12 But as an organization we would not want to be (11)(1. depicted 2. anticipated 3. rejected) as saying they have emotions.”
4:12 しかし一つの組織として我々は我々が動物は感情を持つと言っていると語られるのはありが たくないですね」
(8)3 (8)
直前のminefieldは「地雷原」scientistにとって危険な地雷は3のsubjectivity「主観性」
(9)2 (9)
2.risk「~を危険にさらす」
同文中のVenturing into this area「危険を冒してこの領域に入る」という表現からも類推できる。

■第5段落
5:1 From the belief that anthropomorphism is a desperate error, a sin or a disease, flow further research (12)(1.taboos 2. incentives 3. interests), including rules that dictate use of language. 5:1擬人観が絶望的な誤り、罪、あるいは病いであるという信念から、言語の用法を決定する法則
を含む、研究上のタブーがさらに発生する。
5:2 A monkey cannot be angry; it exhibits aggression.
5:2 猿が腹を立てるはずはない。攻撃性を示しているだけだ。
5:3 A crane does not feel affection; it (13)1.conceals 2. displays 3. prohibits) courtship or parental behavior.
5:3 鶴は愛情を感じることはない。求愛や親としての行動を示しているだけだ。
5:4 A cheetah is not frightened by a lion; it shows flight behavior.
5:4 チーターはライオンを恐れてなどいない。それは逃走行動を示しているだけだ、などである。 5:5 In keeping with this, Frans de Waal’s use of the word reconciliation in reference to chimpanzees who come together after a fight has been criticized: Wouldn’t it be more objective to say “first postconflict contact”?
5:5 この意見に同調して、フランス=ド=ワールが「和解(reconciliation)」という言葉をチンパン ジーが喧嘩の後に寄り添うことについて述べるのに使用したことが、批判されてきている。「闘 争後の最初の接触」と言う方が客観的ではないか、というのだ。
5:6 In the struggle to be objective, this kind of language employs distance and the refusal to (14)(1. maneuver 2. manage 3. identify) with another creature’s pain.
5:6客観的であろうとする努力のうちに、この種類の言葉は疎遠さ、および他の動物の苦痛に共感
を持つことの拒否を含んでしまう。
(13)2 (13)
2. display「示す、見せる」
直前の文(A monky is…)にexhibit、直後の文(A cheetah is…)にもshowという語が使われている。

環境情報学部 2,000 問1、
■第5段落
5:1 Nonetheless, the 1997-98 El Niño was an unusual one.
5:1 とはいっても、1997年から98年にかけてのエルニーニョは異常なものだった。
5:2 It developed so rapidly that every month between June and December 1997 set a new [10] (1. annually 2. monthly 3. weekly) record high for sea-surface temperatures in the eastern equatorial Pacific.
5:2 それはきわめて急速に発達したため、1997年の6月から12月までの毎月、太平洋東部 の赤道付近の海面温度の月間値は最高記録を更新した。
5:3 Anomalies (that is, deviations from normal) in December 1997 were the highest ever recorded along the Equator in the eastern Pacific.
5:3 1997年12月の偏差(つまり標準値からのずれ具合のこと)は、太平洋東部の赤道付近で
かつて記録されたうちでは最も激しいものであった。
5:4 Moreover, before 1997-98, the previous record setting El Niño occurred in 1982-83. 5:4 さらに、1997年から98年にかけての現象よりも以前、1982年から83年にかけて記録 的なエルニーニョが発生している。
5:5 These two ‘super El Niños’ were [11] (1. similar 2. different 3. separated) by only 15 years, compared with a typical 30-40 year gap between such events earlier this century. 5:5 これら2つの「スーパー・エルニーニョ」は、今世紀初頭の同様の現象の際にみられ たような、30~40年という典型的な間隔と比較しても、15年というわずかな間隔でしか なかったのである。
・解答 [10]―2
>[10]
前にevery monthとあることから、2のmonthly「月単位での」記録と読み取れる。

環境情報学部 2,000 問2
■第3段落
3:1 The photograph has been [7] (1. taken 2. kept back 3. reprinted) many times, and it has been duplicated in advertisements for a number of nongovernmental aid agencies that are raising funds to provide food to refugees.
3:1 その写真は何度も再版され、難民への食糧供給の資金を集めている多数の非政府組織 の援助団体の宣伝のために複製されてきた。
3:2 This is a classic instance of the use of moral sentiment to mobilize support for social action.
3:2 これは、社会的行動への援助を結集させるために道徳的感傷を利用する古典的な例で ある。
3:3 One [8] (1. should appreciate 2. cannot look at 3. will evaluate) this picture without wanting to do something to protect the child and drive the vulture away, or, as one aid agency puts it, to prevent other children from succumbing in the same heartlessly inhuman way by giving a donation.
3:3人はこの写真を見ると必ず、その子供を守ってハゲワシを追い払うために何かをしたい
と思うか、あるいはある援助団体も言っているように、寄付することによって、他の子供 たちが同様の冷酷非情な状態で死ぬのを防ぎたいと思うであろう。
・解答 [7]―3
>[7]
reprint「再版(増刷)する」
直後に「複製されている」(duplicated)とあることから。

■第8段落
8:1 Another [18] (1. possibility 2. advantage 3. source) is that the ENSO cycle may be interacting with the Pacific Decadal* Oscillation (PDO) — which, as the name [19] (1. compels 2. implies 3. occasions), is a naturally occurring oscillation of the coupled ocean- atmosphere system in the Pacific with a period of several decades.
8:1 もう一つの可能性としては、ENSOの周期がパシフィック・デカダル振動(PDO)と相 互に作用しているかもしれないということがある。それはその名が示すとおり、数十年に わたって、太平洋における海洋と大気の連結システムが自然に振動することである。
8:2 In association with the PDO, sea surface temperatures have generally been higher in the tropical Pacific from the mid-1970s.
8:2 PDOと関連して、1970年代半ばから熱帯地方の太平洋の海面温度が概して上昇してき ている。
8:3 Since then, there have been more EI Nanos than La Niña’s.
8:3 それ以来、ラニーニャよりもエルニーニョのほうがより頻繁に発生している。
8:4 The early 1990s was a [20] (1. length 2. duration 3. period) of extended warmth in the tropical Pacific, and two super EI Nanos occurred.
8:4 1990年代の初めは熱帯地方の太平洋が広範囲にわたって高温になった時期であり、二
度のスーパー・エルニーニョが発生した。
8:5 The PDO may be one of the reasons for the observed decadal changes of the ENSO cycle, because it affects the background conditions on which ENSO events develop.
8:5 PDOはENSO周期が10年規模で変動するのが観測される原因の一つかもしれない。な ぜなら、それはENSOの現象が発達する背景的条件に影響を与えるからである。
8:6 From that perspective, the strength of the 1997-98 EI Nino may be but one manifestation of a linkage between internal and decadal climate variations in the Pacific. 8:6 その観点からすると、1997年から98年にかけてのエルニーニョの強烈さは、太平洋に おける気候の年ごとの変動と10年ごとの変動との関連性を明示したものの一つにすぎない かもしれない。
[20]―3>[20]
主語The early1990s「1990年初め」から考えて、3のperiod「期間」を選ぶ。

環境情報学部 2,001 問1、
■第4段落
4:1 What does this have to do with the mystery of child language acquisition?
4:1 このことは子供の言語習得の謎とどういう関係があるのだろうか。
4:2 If we knew that our ancestors developed language through cognition and learning, then it [4] (1. denies 2. follows 3. proves) that modern human children probably do the same thing.
4:2 もし我々の祖先が認識と学習によって言語を発達させたということがわかっているな らば、ft然、現代の人間の子供もおそらく同じことをするということになる。
4:3 Children must use the same [5] (1. applications 2. rules 3. strategies) to learn language — observation, imitation, and play — that they use to learn other skills, like tying their shoes or playing the piano.
4:3子供は言語を学習するのに同じ方策、観察、模倣、遊びなどの方法を用いるはずであ
るが、それらは靴のひもを結んだりピアノを弾いたりというような他の技術を学ぶ時に用 いるような方策である。
4:4 Language, of course, is more complicated than shoe tying and more universal than piano playing, so somewhere along the [6] (1. avenue 2. way 3. street) humans must have developed a specialized way of learning in order to acquire language.
4:4 もちろん言語というものは靴のひもを結ぶことよりも複雑で、ピアノを弾くことより
もより普遍的であるので、その過程のどこかで人間は言語を習得するために専門的な学習 方法を発達させたに違いない。
[5]―3 >[5]
あとにobservation, imitation, and play(「観察、模倣、遊び」)と言い換えられているとこ ろに注目。ここのstrategiesは「方策、手段」の意味。

■第9段落
9:1 Chomsky said that the language acquisition device — or “language organ” — was located in the left hemisphere of the brain, but there is no anatomical [11] (1. counterpart 2. hypothesis 3. evidence) to support this.
9:1言語習得装置、言い換えれば「言語器官」は左脳に位置するとチョムスキーは言った
が、このことを立証する解剖学的証拠はない。
9:2 But anatomy aside, the language device was a reasonable hypothesis for explaining how children acquired language.
9:2 しかし解剖学はさておき、その言語装置というのは子供が言語を習得する方法を説明
するための理にかなった仮説であった。
9:3 What was not reasonable, however, was Chomsky’s [12] (1. suggestion 2. criticism 3. analogy) that such a device was unique to humans.
9:3 しかし理にかなっていないのはそのような装置が人間に特有のものであるとチョムス
キーが示唆したことであった。
9:4 There simply wasn’t enough time, in the brief six million year period since humans diverged from apes, for evolution to add on a completely new brain structure.
9:4人類がサルから枝分かれしてからの600万年という短期間に、全く新しい脳の構造に進
化を加える十分な余裕は決してなかった。
9:5 This “add on” scenario was at odds with the laws of biology.
9:5 この「付加」のシナリオは生物学の法則と一致しなかった。
9:6 The primate brain did not evolve like an ever-expanding house, adding on new rooms as it grew from monkey ancestor to ape ancestor to human.
9:6霊長類の脳は、サルの祖先から類人猿の祖先へ、そして人間へと変わっていくにつれ
て、新しい部屋を付加しながら膨張し続ける家のように進化したのではない。
9:7 Instead, evolution was continually [13](1.abandoning 2. reorganizing 3. eliminating) what it already had taking old structures and putting them to use for new mental tasks.
9:7 そうではなく、進化はすでに有するものを継続的に再編成していた。すなわち古い構 造を用いて、新たな思考の仕事のために利用していたのである。
[13]―2
>[13]
後述のダッシュ(―)以下で「古い構造を用いて、新たな思考の仕事のために利用してい た」と言い換えていることから、2のreorganize「再編成する」が最適。

環境情報学部 2,001 問2、
■第12段落
12:1 The British public’s concern about genetically modified (GM) crops, based in part on justifiable environmental concerns, must be placed in this context.
12:1遺伝子組み換え作物に対するイギリス人の懸念―その一部は、環境に対する正当な懸念にもと
づいているのだが―は、このような文脈に位置づけなければならない。
12:2 Whatever hazard GM crops may pose to the environment is linked to the general problem of biodiversity in a landscape damaged by the intensification of agriculture.
12:2遺伝子組み換え作物が環境に与えるかもしれない危険がどのようなものであれ、それらはすべ
て、農業の集約化によって損なわれた地形における種の多様性という一般的な問題と関係している。

12:3 The environmental safety aspects of GM must be thoroughly investigated to define the [19](1. risks 2. profits 3. degrees) before moving to large-scale commercial planting.
12:3遺伝子組み換えの環境上の安全面については、大規模な商業的栽培に移る前に、危険な点を明
確にするため徹底的に調査されなければならない。
12:4 Even then, we must continue careful observation and evaluation.
12:4 また、そうした調査が行われたとしても、我々はなおも注意深い観察と評価を続けなければ ならない。
12:5 But we must also recognize a potential benefit of GM crops — to give us a wider range of options as we try to make a more [20](1. heterogeneous 2. sustainable 3. intensive) future for agriculture than that created by the last green revolution.
12:6 しかし我々はまた、遺伝子組み換え作物の潜在的利益―つまり、かの緑の革命がつくりだした 農業の未来よりももっと持続可能な農業の未来を我々がつくりだそうとするとき、より広範囲の 選択肢を我々に与えてくれること―をも認識しなければならない。
・解答 [19]―1
>[19]
define the risks「危険な点を明確にする」
同段で、遺伝子組み換え作物に対するconcern「懸念」(第1文)やhazard「危険」(第2文)が述べられ
ていることから判断する。

環境情報学部 2002 問1、
■第3段落
3:1 Using this data, researchers have uncovered some surprising findings.
3:1 これらのデータを用い、研究者たちはいくつかの驚くべき調査結果を明らかにした。 3:2 People are happier than one might expect, and happiness does not appear to depend significantly on external circumstances.
3:2人は一般に考えられているよりも幸福であり、また幸福は、外的環境にはそれほど左右されて
いるように思えないというのである。
3:3 Although viewing life as a tragedy has a long and honorable history, the responses of random [1](1.samples 2. data 3. theories) of people around the world paint a rosier picture.
3:3人生を悲劇とみなすことには長く名誉ある歴史があるけれども、無作為に抽出標本として選ん だ世界の人々の反応では、もっと明るい未来が描かれているのである。
・解答 [1]―1
>[1]
Sample「標本」 data「データ」 theory「学説」
random samplesは統計学上の「無作為抽出標本」の意味。第2段第3文(In the U.S.,…)にa representative sample「抽出標本」とあるのもヒント。

■第13段落
13:1 In a large number of studies, four traits [12](1.diminish 2. evaluate 3.characterize) happy people.
13:1 数多くの研究の中で、幸福な人を特徴づけている4つの特色がある。
13:2 First, especially in individualistic Western cultures, they like themselves.
13:2 第一に、特に個人主義の西洋文化において、幸福な人は自分自身が好きである。
12:3 They have high self-esteem and usually believe themselves to be more ethical, more intelligent, less prejudiced, better able to get along with others and healthier than the average person.
13:3 高い自尊心をもち、平均的な人に比べて自分はより道徳的で、頭がよく、差別されておらず、
他人とのつき合いがうまく、健康であると信じていることが多い。
13:4 Second, happy people typically feel personal control.
13:4 第二に、概して幸福な人は自己支配権を感じている。
13:5 Those with little or no control over their lives — such as prisoners, nursing home patients, severely impoverished groups or individuals, and citizens of totalitarian regimes — suffer lower morale* and worse [13](1. happiness 2. health 3. success).
13:5 自分の生活に対する支配権がほとんど、あるいは一切もてない人、例えば囚人、老人ホーム
の入所者、非常に困窮した集団や何人、全体主義体制の国民のような人は、士気の低下や健康状 態の悪化に悩む。
13:6 Third, happy people are usually optimistic.
13:6 第三に、幸福な人はたいてい楽観的である。
13:7 Fourth, most happy people are extroverted*.
13:7 第四に、幸福な人はほとんどが外向型である。
13:8 Although one might expect that introverts* would live more happily in the calmness of their less stressed, contemplative lives, extroverts are happier — whether alone or with others.
13:8 内向型の人はストレスが少ない静けさのなか、瞑想にふける生活の中でより幸福に暮らすだ
ろうと思うかもしれないが、外向型の人の方が、一人であれ他の人と一緒であれ、幸福なのであ る。
・解答 [12]―3
>[12]
直前にfour traits「4つの特色」とあるので、幸福な人をcharacterize「特徴づける、描く」と続ける のが適切。3が正解。1.diminish「減らす」2.evaluate「評価する」

■第15段落
15:1 Whatever the reason, the close personal relationships that characterize happy lives are also correlated with health.
15:1理由が何であれ、幸福な人生を特徴づける親しい人間関係は健康にも関連している。
15:2 Compared with loners, those who can name several [15] (1.aged 2.intimate 3.social) friends are healthier and less likely to die prematurely.
15:2弧独を好む人に比べ、数名の親しい友人の名を挙げられる人は、健康で、早死にすることが少
ない。
15:3 For nine out of ten people, the most significant alternative to aloneness is marriage.
15:3 10人中9人の人にとって、孤独にとって代わるもっとも重要なものは結婚である。
15:4 Although a broken marriage can cause much misery, a good marriage apparently is a strong source of support.
15:4破綻した結婚が多くの不幸を引き起こすこともあるが、うまくいった結婚は明らかに強い支え
のもととなる。
15:5 During the 1970s and 1980s, 39 percent of married adults told the National Opinion Research Center they were “very happy,” as compared with 24 percent of those who had never married.
15:5 1970年代と1980年代には、ナショナルオピニオンリサーチセンターに対し、結婚した成人の39
パーセントが、自分は「とても幸福」だと述べているが、それに比べて結婚したことがない人で そう答えたのは24パーセントであった。
15:5 In other surveys, only 12 percent of those who had divorced [16](1. perceived 2. correlated 3. persuaded) themselves to be “very happy.” 15:5他の調査においては、離婚したことのある人の中で、自分は「とても幸福」だと思っている人
はたった12パーセントだけであった。
15:6 The happiness gap between the married and never married was similar for men and women.
15:6結婚している人と結婚をしたことがない人との間の幸福の差は、男性と女性で類似している。
・解答
[15]―2
>[15]
同段の冒頭文(Whatever the reason, the close…)に「幸福な人生を特徴づける親しい人間関係は健
康にも関連している」とあることから、intimate「親しい」友人とするのが適切。1.aged「老いた」
3. social「社交上の」

環境情報学部 2002 問2
■第3段落
3:1 Dr. Gyllensten and his colleagues have described the [4] (1. local 2. global 3. various) mtDNA diversity in humans based on analyses of the complete mitochondrial genomes of 53 people of diverse geographical, racial and linguistic backgrounds.
3:1 ジレンステン博士とその同僚は、地理的・人種的・言語的背景の異なる53人のすべてのミトコ ンドリア・ゲノムの分析に基づき、全世界にわたるヒトのmtDNAの多様性について述べている。 3:2 Each sequence in these genomes is much longer than those previously studied.
3:2 これらのゲノムにおけるひとつひとつの配列は、以前研究されたものよりも、ずっと長い。 3:3 The result is a robust family tree* rooted in Africa, which indicates the exodus* from Africa within the past 100,000 years (recent in evolutionary terms).
3:3 その結果わかったのは、アフリカに根づく家系の堅固な木構造であり、それは過去10万年以内 に(進化の観点では最近ということになるが)アフリカからの移動があったことを示している。 3:4 With this result, the scientific opinion further shifted [5](1. away from 2. along with 3. towards) the claim that modern humans, Homo sapiens, originated in Africa.
3:4 この結果により、科学的見解は現代の人類、つまりホモ・サピエンスがアフリカで起こったと する主張へと方向を変えた。
・解答
[4]―2
>[4]同じ文の中で53 people of … backgrounds「地理的・人種的・言語的背景の異なる53人」の分析 に基づくことが述べられている。よって、global「全世界にわたる、世界的な」が適切。 1.local
「地元の」 3.various「さまざまな」

総合政策学部 1995 問1
■第6段落
6:1 In controlling the cultural, public aspects of their societies, including the very institutions that produce the ideology legitimating such control, men in sexist societies become the gatekeepers who decide what is to be defined as valuable, worthy, and proper.
6:2性差別社会の男性は、自分たちの社会の文化的・公的側面を管理する際(それには、そのような
管理を合法化するイデオロギーを生む制度が含まれる)、何が貴重で価値があり正当であると定め るべきかを決定する門衛になる。
6:2 It is their imagery of females that becomes the official, societal definition.
6:2正式な社会的定義となるのは、彼らの抱く女性像なのである。
6:3 Men define that which constitutes humanness, and, in the words of French existentialist Simone de Beauvoir, women become simply “the other.” 6:3男性は人間なるものを定義し、フランスの実存主義者であるシモーヌ=ド=ボーボアールのこと
ばを借りれば、女性はただ単に「他者」にすぎなくなる。
6:4 Substantial research suggests that conceptions of “human” and “masculine” tend to coincide, but they differ from those of (11)(1. “individual” 2. “feminine” 3. “artistic”) .
6:4 かなりの研究によって、「人間」と「男性」の概念は一致する傾向にあるが、それらは「女 性」の概念とは異なると示されている。
6:5 If a woman manages to produce a painting, a musical composition, a poem, or a scientific paper, it is judged by the standards men have set, if indeed male gatekeepers deem a woman’s production worthy of being judged at all.
6:5 もし女性が絵画、作曲、詩、科学論文を産み出すと、それらは男性が設定した基準によって判 断される(それも、実際、男性の門衛が女性の作品を、少しでも審査する価値があるとみなした場 合のみであるが)。
6:6 Such standards are taken to be universal and unbiased, not as the product of specific people with vested interests.
6:6 そのような基準は、それによって利益を得ている特別な人々の作り出したものではなくて、普 遍的で偏見のないものと思われている。
6:7 They assume a reality of their own that transcends their social origins and are seen as applicable across time and space.
6:7 その基準は、その社会的起源を越えてそれ自体として現実性を帯び、時と空間を越えて適用可 能と見られている。
6:8 Women who would produce cultural artifacts in a sexist society are caught in a double bind: they can attempt to meet male standards that are defined as (12) (1. universal 2. Masculine 3.thetic), but since they are not male they compete for recognition at a disadvantage; or they can produce according to their own experience and ideas of quality, and their products will typically be defined as (13) (1. innocent 2. inferior 3. tasteful) by societal gatekeepers.
6:8性差別社会で文化的工芸品を産み出す女性は、二重の締め付けを受けている。つまり、ひとつ
は、女性は普遍的であると定められている男性の基準に合うようにと努めることができるが、男 性ではないので不利な立場から認められようと努力することである。もうひとつは、女性は自分 自身の経験と作品の質に関する考えに従って作品を産み出すことができるが、その作品は社会的 門衛によって劣悪であると一般に定められるということである。

6:9 Thus, for instance, women’s art in basketry, weaving, and needlework constitute only “crafts,” whereas men’s in paint, stone, and bronze are “fine arts.”
6:9 かくして、例えば、かご細工や織物や裁縫における女性の技巧はただ「工芸品」にしかならな いが、一方絵画や石製品や青銅製品における男性の技巧は「芸術品」となる。
・解答
(11)2
Individual「個人的な」 Feminine「女性的な」 Artistic「芸術的な」
「男性」が直前で強調されているので、反対言葉の2を選ぶ。
(13)2
Innocent「潔白な、無垢の」 Inferior「下級の」 Tasteful「風流な、目が高い」
「女性は自分自身の経験と作品の質に関する考えに従って作品を産み出すことができるが」とプ ラスの意味が逆接で結ばれているので、マイナスの意味の2を選ぶ。

総合政策学部 1,995 問2
■第1段落
1:1 If rules are treated as fixed and non controversial entities, then it becomes difficult to explain their origins.
1:1 もしルールが固定した議論の余地のないものだとすれば、その起源を説明することは難しくな
る。
1:2 The problem is a particularly acute one for theorists applying the game metaphor.
1:2 ゲームをたとえに使う理論家にとっては、それは特に深刻な問題である。
1:3 The difficulty of discussing the origins of games by applying the game metaphor is well illustrated by Michael Argyle’s article about the rules of social life.
1:3 ゲームをたとえに使ってゲームの起源を議論する難しさは、社会生活のルールに関するマイケ
ル=アーガイルの論文によってうまく説明されている。
1:4 Argyle, having stated that “even the most fiercely competitive and aggressive games can only take place if both sides abide by the rules”, adds the comment that “rules are developed gradually, as cultural products, as ways of handling certain situations; they can be changed, but changes are slow.”
1:4 アーガイルは、「最も激しく争われ攻撃的なゲームでさえ、両者がルールを守る場合にのみ起
こりうるのである」と述べ、さらに「ルールは、文化的産物として特定の状況を処理する方法と して徐々にでき上がる。つまりルールは変えられうるが、その変化はゆっくりしたものである」 ということばを付け加えている。
1:5 These comments suggest that the formulation of rules is something which somehow evolves with (1) (1. observable changes 2. sluggish mystery 3. open arguments) almost as imperceptibly as biological evolution.
1:5 これらのことばによってルールの制定はいつまでも解けない謎をかかえ、生物進化とほとんど
同じくらい知覚されずに、なぜか進化していくものだということがわかる。
1:6 Just as the experimental social psychologist can safely assume that the course of biological evolution is not going to be changed in the middle of an experiment, so the rule theorist can rest (2) ( 1. assured 2. debated 3. informed) that the rules of social life will not be subject to sudden and troublesome alterations.
1:6生物進化の道筋が1つの実験の間に変わることはないと、実験社会心理学者が考えるのは間違い
ではないのとちょうど同様に、社会生活のルールも突然で面倒な変化を受けるものではないと、 ルールの理論家は確信できる。
1:7 However, this tacit dismissal of the issue of rule formulation is based upon (3) (1. a misconception 2. a new assumption 3. a historical condition).
1:7 しかしながらこのようにルール制定の問題を暗黙のうちに放棄することは、誤解に基づくもの である。
1:8 The major Sports of the modern world, such as football, cricket, tennis, and rugby, do not owe their rules to a slow process of accumulation, stretching over centuries of folk custom.
1:8 サッカー、クリケット、テニス、ラグビーのような現代世界の主要スポーツにおいて、その ルールが存在するのは、何世紀もの民衆の習慣にわたるゆっくりとした蓄積の過程の故ではな い。
1:9 On the contrary, the nineteenth century (4) (1. reached 2. evolved 3.saw) an energetic burst of rulemaking.
1:9実際は逆に、19世紀においてルール制定が突然激しく見られたのであった。
1:10 Some important studies in the sociology of sport have shown that this rulemaking occurred at specific times of social change.
1:10 スポーツ社会学における重要な研究によって、このようなルール制定が社会変化の特定の時
代に起こったことがわかった。
1:11 Moreover, it was predominantly confined to a particular class.
1:11 さらに、それはある特定の階級に主に限定されていた。
(2)1
Assured「自信のある」 Debated「討論された」 Informed「知識のある」
「~が間違えでないのと同様に」とあるので、自信があるを選択

■第2段落
2:1 Much of the early rule formation arose directly out of argumentation, for it had been necessary to develop more regular procedures for settling disputes.
2:1初期のルール制定の多くは論争の結果直接起こったものであり、それは争いを解決するための
より一般的な手続きを見い出すことが必要だったからである。
2:2 For example, the 1846 rules of rugby were (5) (1. complete 2. not exhaustive 3.closed) rules of procedure, covering all aspects of the sport, but, in point of fact, were little more than decisions of certain disputed points.
2:2例えば、1846年のラグビーのルールは、そのスポーツのあらゆる面を統轄する包括的な手続き
のルールではなくて、実際のところ特定の争点の解決例にすぎなかった。
2:3 Things were not settled once-and for all when the various self-appointed rule makers had codified their decisions into proper systems of rules.
2:3自任のルール制定者が各自の解決例を適当なルールのシステムに成文化していたような状況で
は、物事はきっちりとは解決しなかった。
2:4 Disputes were still liable to arise, especially as tactics and styles developed.
2:4特に作戦と型が発達したので、争いは依然として起こりがちであった。
2:5 In fact, the administrators of all sports need to monitor the rules, in order to make certain that the delicate balances between attack and defense, between vigor and dullness, and so on, are maintained.
2:5事実、あらゆるスポーツの運営委員は、攻撃と防御、激しさと単調さ等の微妙なバランスが維
持されているのを確認するためにルールをチェックする必要がある。
2:6 If the authorities (6) (1. succeed in 2. tackle with 3. fail in) this task, the new developments, which are so necessary if a game is to continue to be interesting, can so easily upset the balances on which all sports depend.
2:6 もしft局者たちがこの仕事に失敗すれば、新しい進展(これはゲームがおもしろくあり続ける ためにかなり必要である)によって、あらゆるスポーツが依っているバランスは非常に容易に崩さ れるであろう。
2:7 Within every sport there will be individuals or lobbies who will (7) (1. deny 2. announce 3. support) that the change would lead to improvement.
2:7 どのスポーツ内にも、変化が改善につながることを拒否する個人または団体があるであろう。 2:8 The continual monitoring of rules ensures that the process of rule formulation is never ended. 2:8 ルールを絶えずチェックすることで、ルール制定の過程が決して終わらないことが保証され る。
・解答
(5)2
Complete「完璧な」 Exhaustive「徹底的な」 Closed「閉鎖的な」
文頭に「例えば」とあるので、前の文章の内容に合致する選択肢を答える。

総合政策学部 1996 問1、
■第3段落
3:1 Persuasion has often been defined as an act of human communication that has the specific goal of influencing the beliefs, opinions, and attitudes, and/or behavior of others.
3:1説得はしばしば、人間のコミュニケーション行為であり、他人の信念、意見、態度、そして(ま
たは)行動に影響を与えるという特定の目標をもつと、定義されてきた。
3:2 In many instances this definition does not describe the full range of conditions under which persuasion takes place.
3:2多くの場合、この定義は説得が行われる状況の全範囲に言及するものではない。
3:3 Specifically, when receiver factors are taken into account one message may be a clear example of persuasive communication to a specific audience or individual, while presented to another it may simply (2)(1. devalue 2. impair 3. validate) existing beliefs and opinions and thus fail to present a clear distinction of persuasion.
3:3特に、受け手側の要素を考慮してみると、あるメッセージが特定の聴き手や個人にとっては説
得的な意志伝達の明らかな例であるのに別の者に示されると、ただ単に既存の信念や意見を確証 するだけになり、したがって説得行為であるとは明確に区別できなくなることがある。
3:4 Furthermore, instances of coercion can be (3)(1. misguided 2. misplaced 3. misconstrued) as acts of persuasion since there is a fine boundary between forced change and persuasive change. 3:4 さらに、強制的変化と説得的変化の間の境界は微妙なものなので、強制例が説得的行為として 誤解されることがある。
3:5 For practical purposes, we will focus on the more (4)(1. salient 2. opaque 3. congenial) instances of persuasion and contrast them with examples that are not as distinct.
3:5実際的には説得のより顕著な例に焦点を当て、それほど明確ではない例と対比してみることに
する。
(4)1
(4)
Salient「顕著な」 Opaque「不透明な」 Congenial「同性質の」 明確ではない例と対比する。

■第7段落
7:1 A related source factor which is closely linked to credibility involves the receivers’ liking of the communicator.
7:1信頼性と密接に結びついた関連のある出所要素には、受け手が伝達者を好むかどうかが含まれ
る。
7:2 Although the effects of liking tend to be weaker than those of credibility factors, they still play a dominant role in persuasibility.
7:2好みの影響は信頼性の要素の影響よりは弱い傾向があるが、それでも説得力において有力な役
割を果たしている。
7:3 There are two general rules to this source factor; one of these rules is that when a receiver is highly involved in an issue, influences such as liking are greatly reduced.
7:3 この出所要素には2つの一般的なルールがある。これらのルールのひとつは受け手がある問題 に深く関わっていると、好みなどの影響は非常に少なくなるということである。
7:4 In this case, receivers tend to actively process the message and pay less attention to peripheral cues such as liking.
7:4 このような場合、受け手はメッセージを積極的に処理する傾向があり、好みなどの周辺的な手 がかりにはあまり注意を払わないのである。
7:5 On the other hand, if a receiver is not highly involved inthe issue then he or she is more likely to rely on (10)(1. simplistic 2. controversial 3. obnoxious) cues such as liking to develop opinions about the message.
7:5一方、受け手がその問題にあまり深く関わっていない場合、好みなどの、単純な手がかりによ
り頼ってそのメッセージに関する意見を展開させようとする傾向がある。
7:6 In some cases disliked communicators are more effective than liked communicators.
7:6場合によっては、嫌いな伝達者の方が、好きな伝達者よりも影響を与えやすいことがある。
7:7 This has been shown to occur when other characteristics of the communicator, such as credibility factors, produce a compensation effect.
7:7 これが起こるのは、信頼性の要素など伝達者の他の特徴が補償効果を引き起こす時である。 7:8 Furthermore, disliked communicators are more persuasive in cases where the receiver has paid more attention to the message content than to the communicator’s personal characteristics. 7:8 さらに、嫌いな伝達者は、受け手が伝達者の個人的特徴よりもメッセージの内容に多くの注意 を払ったような場合にも、より説得力が増す。
・解答
(10)1
Simplistic「過度に単純化した」 Controversial「論争上の」 Obnoxious「気に障る」
3行目からの2つの対比を視野に入れると1が最適。

■第8段落
8:1 Along with factors involving the communicator’s own personal characteristics, structural components of the message contribute to effective persuasive communication also.
8:1伝達者自身の個人的特徴を含む要素とともに、メッセージの構造的要素もまた、説得的コミュ
ニケーションを効果的なものにするのに役立つのである。
8:2 There are a number of important questions to consider concerning the content of persuasive messages.
8:2説得的なメッセージの内容に関しては考慮すべき多くの重要な問題がある。
8:3 For example, should the message arouse emotion or highlight well-reasoned examples to support your ideas?
8:3例えば、自分の考えを支持するために、メッセージは感情を刺激すべきであろうか。それとも
事実に基づいた例を強調すべきであろうか。
8:4 Should you use one or two-sided appeals?
8:4一面から訴えるべきであろうか。それとも両面から訴えるべきであろうか。
8:5 And lastly, how much discrepancy should the message contain in (11)(1. sight 2. light 3. retrospect) of the audience’s own existing opinions and beliefs?
8:5 そして最後に、聞き手自身がすでにもっている意見と信念を考慮して、メッセージはどれぐら
いの相違点をもつべきだろうか。
8:6 These issues will be examined closely.
8:6 これらの問題を注意して考えてみることにする。
・解答 (11)2
(11)
In sight of~「~の観点から」 in light of~「~を考慮して」
in retrospect「過去を振り返って」

■第13段落
13:1 Persuasive communicators commonly have an idea of how much they wish to modify a given audiences attitudes and opinions.
13:1説得的な伝達者は普通、特定の聴衆の態度と意見をどれぐらい変えたいかということを考えて
いる。
13:2 Some communicators may defend a position strongly discrepant to that held by the audience, while others may possibly advocate a position which is only somewhat discrepant from the audiences initial opinion.
13:2伝達者の中には聴衆がもつ立場とはまったく異なった立場を保持するものもいれば、一方、聴
衆の最初の意見とは少ししか異なっていない立場を主張するものもいるだろう。
13:3 Overall, research shows that with both excessive and (19)(1. conservative 2. liberal 3. radical) usage of discrepancy a communicators effectiveness is diminished.
13:3一般的に、研究によると、(意見の)相違の利用はやりすぎても抑えすぎても効果を減らすらし
い。
13:4 The instance where discrepancy (20)(1. sustains 2. affords 3. works) best is when the message of the communicator is only slightly different from the opinions held by the audience. 13:4 (意見の)相違が最も効果的に機能する例は、伝達者のメッセージが聴衆のもつ意見とほんの
少しだけ異なる時である。
13:5 As one would guess, moderate levels of discrepancy work best when the message is delivered by a credible communicator.
13:5誰もが推測することであろうが、適度な相違が最も効果的に機能するのは、信頼できる伝達者
によってメッセージが伝えられる時である。
13:6 In some cases, messages with extreme levels of discrepancy seem to have positive results when given by a credible communicator.
13:6場合によっては極度な相違をもつメッセージが、信頼できる伝達者によって伝えられた時に、
肯定的な結果となることもあるようである。
13:7 Additionally, when a receiver maintains a high degree of involvement with a message the communicators range of discrepancy is greatly reduced.
13:7 その上、受け入れ側がメッセージとかなりの程度の関わりを維持している時には、伝達者の
もつ相違の許容範囲は大いに狭まるのである。
13:8 As may already be apparent, a receiver who has a personal acquaintance with an issue may become more intolerant of strongly discrepant points of view.
13:8 すでに明らかなように、問題を個人的に知っている受け手は大きく違った意見にはより不寛
容となるであろう。
・解答
(19)1
Conservative「保守的な、控えめな」
Liberal「自由な」
Radical「過激な」 この文の後に例示があるので、参考にするとexcessiveと対照的な語が入ることがわかる。

総合政策学部 1996 問2、
■第7段落
7:1 In fact history does not belong to us, but we belong to it.
7:1実際のところ、歴史が我々に属しているのではなく、我々が歴史に属しているのである。
7:2 Long before we understand ourselves through the process of self-examination, we understand ourselves in a self-evident way in the family, society, and (10)(1. history 2. state 3. psychology) in which we live.
7:2我々は自省の過程を通して自分自身を理解するよりもかなり前に、自分が生きている家庭、社
会、国家の中で自明の方法で自分自身を理解している。
7:3 The focus of subjectivity is a distorting mirror.
7:3主観性の焦点は歪んだ鏡である。
7:4 The self-awareness of the individual is only a flickering in the closed circuits of historical life.
7:4個人の自己認識は、歴史的生活の閉回路における単なる明滅する光にすぎない。
7:5 That is why the prejudices of the individual, far (11)(1. more 2. less 3. later) than his judgments, constitute the historical reality of his being.
7:5 それ故に、個人の先入観はその判断以上に個人の存在の歴史的現実を構成するのである。
7:6 Gadamer, Truth and Method (1975), p. 245.
7:6 ガダマー「真理と方法」(1975年) p.245
・解答
(10)2
家庭、社会に並列できる単語は「state」が最適。

■第10段落
10:1 We can become aware of some of our prejudices, and in that way emancipate ourselves from some of the limits they place on our thinking.
10:1我々は自らの先入観のいくらかは認識できるようになり、そのようにして、先入観が我々の思
考に課す制限のいくらかから自分自身を解放できるのである。
10:2 But we commit a fallacy in believing we can ever be (17)(1. full 2. free 3. composed) of all prejudice.
10:2 しかし、我々はすべての先入観から、解放されうると信じることにおいて、間違いを犯して
いる。
10:3 Instead of striving for a means of getting away from our own preunderstanding, a theory of interpretation should aim at revealing the ways in which that preunderstanding interacts with the text.
10:3解釈の理論は、我々自身の先入観から逃れる手段を求めようとするのではなく、先入観が原典
と相互作用する様を明らかにすることを目指すべきである。
・解答
(17)2
1行目で「~解放できる」とあり、2行目の冒頭で「しかし」とあるので、こちらも解放の意味
を選択する。

■第12段落
12:1 Gadamer’s discourse on language and tradition is based on a rather broad analysis of interpretation and understanding.
12:1 ガダマーの言語と伝統に関する論文は、解釈と理解のかなり広範な分析に基づくものであ る。
12:2 If we observe the hermeneutic circle only at the coarse-grained level offered by texts and societies, we remain (20)(1. geared 2. consistent 3. blind) to its operation at the much finer-grained level of daily life.
12:2 もし我々が、原典と社会によって示されるきめの荒いレベルからのみ、解釈学的循環を観察 するならば、日常生活のはるかにきめの細かいレベルにおけるその循環の作用が、見えないまま となる。
12:3 If we look only at language, we fail to relate it to the interpretation that constitutes non linguistic experience as well.
12:3 もし我々が言語のみを見るならば、言語を、非言語的経験をも構成する解釈と関連づけるこ とができないのである。
・解答
(20)3
Gear「連動させる」3行目に2行目の言い換えが述べられている。

総合政策学部 1,997 問1、
■第10段落
10:1 The demographic effects of migration are sometimes difficult to evaluate.
10:1移住による人口統計上の影響を評価することは時には難しい。
10:2 The movement of x number of people from Country A to Country B would seem to have the effect of reducing A’s population and increasing B’s by the same amount.
10:2 A国からB国へX人が移動することは、同じ数でA国の人口を減らしB国の人口を増やす結果を
もたらすと思われるだろう。
10:3 But in the long run, this is not necessarily true.
10:3 しかし、長期的にはこれは必ずしも事実ではない。
10:4 Since the migrants typically are young adults, the fertility rate in the sending country may go down, while that in the receiving country may go up.
10:4移住者は一般的に青年層であるので、送り出す国の出生率は下がり、受け入れ側の国の出生率
は上がるだろう。
10:5 On the other hand, emigration may result in a higher birthrate by [17](1. relieving 2. receiving 3. retracting) population pressures that delay marriage and conception.
10:5他方、結婚や妊娠を遅らせている人口による圧迫感が軽減されるので、移出がより高い出生率
という結果をもたらすこともある。
10:6 Immigration may lower the birthrate by speeding industrialization and urbanization, thus promoting the upward social mobility of the established population with a consequent [18](1. reduction 2. increase 3.balance) in average family size.
10:6移入は、産業化と都市化を速めることで出生率を下げ、定着した人口の社会的移動性が上昇す るのを促進し、その結果として家族の平均人数の減少をもたらすかもしれない。
・解答
(17)1
Relieve「やわらげる」 Receive「受け取る」 Retract「引っこませる」
4行目と対照的な内容である。

総合政策学部 1,997 問2
■第4段落
4:1 When asked to write a song of love, and a song of rage, Mozart astonished Barrington with passion he had trouble attributing to an eight year-old boy, with presumably limited experience of (4)(1. his times 2. any lessons 3. such passions) .
4:1愛の歌と怒りの歌を書いてくれるようにと頼まれたとき、モーツアルトは情熱にあふれる歌を
書いてバリントンを驚かせた。それは多分そのような情熱について限られた経験しかもたないで あろう8才の子どもが書いたとは考えにくいものであった。
・解答
(4)3
年端もいかないモーツァルトが~について限られた経験がないに当てはまるのは前半にも出てき
た「情熱」である

■第11段落
11:1 (12)(1. Therefore 2. Second 3. Nonetheless), just as young Mozart could separate and abstract single emotions, Darwin realized that standard facial gestures must be modules of largely independent action and that the human emotional repertoire must be more like the separate items in a shopper’s bag than the facets of an unbreakable totality.
11:1二つ目にダーウィンが気づいたのは、幼いモーツァルトが個々の情緒を区分して引き出すこと
ができたのとちょうど同じように、標準的な顔の動きが大部分独立した行動のモジュールに違い ないこと、そして人間の感情面のレパートリーは区分できない全体面というよりも買物袋の個々 の品物に近いはずであることだった。
11:2 Evolution can mix, (13) (1. run 2. survive 3. match) , and modify independently.
11:2進化は混ざり、調和し、そして独立に変化することができるのである。
11:3 Otherwise we face Cuvier’s dilemma: if all emotions are inextricably bound by their status as interacting, optimal expressions, then how can anything ever change?
11:3 そうでなければ、我々はキュヴィエのジレンマに陥る。つまり、もしすべての感情が、それ らの相互作用的で最適の表現という地位によって、解決できないほど束縛されているならば、 いったいなぜ物事が変わるのだろうかということである。
(13)3
混ざる→○○→独立にftてはまるものを考える

総合政策学部 1,998 問1、
■第5段落
5:1 Just how would you characterize the similarities and differences among Alice, Barbara, and Celia?
5:1 アリスとバーバラとセリアの間の類似点と相違点を、どのように特徴づけることができるだろ うか。
5:2 Clearly, all are exceedingly intelligent, though in very different ways.
5:2明らかに3人とも非常に知能は高いが、まったく異なった面においてである。
5:3 People like Alice excel in traditional academic, or analytic, intelligence.
5:3 アリスのような人は伝統的な学問的、つまり分析的能力にたけている。
5:4 To the extent that intelligence is measured by (8)(1. conventional 2. genetic 3. creative) factors or information processing components, by its relationship to the internal world, Alice and individuals like her would be considered very, very smart.
5:4知能が型にはまった要素や情報処理要素とか内部世界との関係によって測られる限りは、アリ スや彼女のような人は非常に利口であると考えられる。
5:5 Individuals like Barbara, on the other hand, do not appear nearly so intelligent by such ordinary standards.
5:5他方、バーバラのような人は、そのような通常の基準ではそれほど知能が高いようには見えな
い。
5:6 Where they excel is in their synthetic ability, the ability to deal with novelty — to view new things in old ways or old things in new ways.
5:6彼女たちがすぐれているのは、その統合能力においてであり、それは新しいものを処理する能
力、つまり新しいものを古い観点から、古いものを新しい観点から見る能力である。
5:7 Hence Barbara’s intelligence, and that of others like her, becomes truly apparent (9) (1. unless
2. even though 3. only if) it is viewed in terms of the relationship of intelligence to experience, particularly novel experience.
5:7 したがって、バーバラの知能および彼女のような他の人たちの知能は、知能が経験、特に新し
い経験とどのように関係しているかという点から見られる場合のみ、本ftに明らかになるのであ る。
5:8 People like Celia have neither Alice’s nor Barbara’s pattern of strength.
5:8 セリアのような人は、アリスやバーバラのような型の長所をもっていない。
5:9 Instead, they excel in terms of the relationship between intelligence and the external world of the individual.
5:9 その代わりに、彼女たちは知能と個人の外的世界との間の関係という点においてすぐれてい
る。
5:10 Their excellence resides in their practical intelligence — the ability to apply their mental abilities to (10) (1. novel 2. unusual 3. every day) situations.
5:10彼女たちのすぐれている点は、その実用的な知能、つまり知的能力を常の状況に応用する能力
にある。
5:11 Their street smarts are not measured by typical tests but quickly show up in their performance in real-world settings.
5:11 その世渡り能力は典型的なテストでは測定できないが、現実世界の状況の中で行動していく につれて、すぐに現れる。
・解答
(8)1
Conventional「紋切型な」 Genetic「遺伝学的な」 Creative「生産性のある」 5行目に対比があるので、これから推測する。

総合政策学部 1999 問1
■第14段落
14:1 David Cox has a counter to that argument.
14:1 デービッド=コックスはその主張に反対する。
14:2 “That genie has been out of the bottle for a long time,” he says.
14:2 「そのようなジーニーが瓶から出てから長い時間がたっている」と彼は言う。
14:3 “If we got rid of genetics today, we would not be at a loss for ways to (13)1. Justify 2. Classify 3. antagonize) people and create social inequities.”
14:3 「もし今日、遺伝学をなくしてしまってもわれわれは人々を分類し、社会的不公平を生み出 す方法を求めて悩むことはないだろう」
・解答 (13)2

(13)「もしも今日、遺伝学をなくしてしまっても、われわれは人々を( )、社会的不公平を生み出 す方法を求めて悩むことはないだろう」 空所直後の「不公平を生み出す」と対になる表現が入るべきところなので、2のclassify「分類す
る」が正解。
1のjustifyは「正当化する」、3のantagonizeは「敵に回す」の意。

環境情報学部 2013 問1
■ 第9段落
9:1人格というのは変化するものである。
9:1 Our personalities are fluid.
9:2幸福だと人づきあいがよく外向的な人でも,ストレスを受けると内向的になることもある。
9:2 Someone who’s gregarious and outgoing when happy may be introverted when [13](1. stressed 2. excited 3.joyful) .
9:3人格というのは変わらず,行動は予測可能だと考えるかもしれないが,これは必ずしもそうで
はない。
9:3 We may think that our personalities are set, and our behaviors are predictable, but this is not necessarily the case.
9:4自分は温和でおとなしいと考えている人でも,ある状況下では残忍な行動をとることがある。
9:4 Even people who think themselves to be gentle and mild-mannered may act brutally under certain conditions.
9:5こうしたことは,1960年代にエール大学で心理学者スタンレー=ミルグラムが行った,よく引
き合いに出される実験で明らかになった。そこで彼は,権威の象徴である白衣を着た研究者から の指示によって,普通のまともな人に他の被験者に対し電気による処罰めいたことをさせたので ある。
9:5 This was demonstrated by psychologist Stanley Milgram in his oft-cited experiment at Yale in the 1960s where he got decent ordinary people to apparently electrocute other subjects upon the instruction of a researcher in a white lab coat, a symbol of authority.

・解答 [13]―1
>[13]当段第1文の「人格は変わるものだ」の具体例となっているので,happyと対比になるstressed
が正解である。When he is stressedが省略されている。

■ 第10段落
10:1 このように行動するのには理由がある。
10:1 There is a reason that we act this way:
10:2家族と夕食をともにしているときにはうまくやってくれる人格の特徴が,列車の乗客と口論に
なったときや仕事で報告書を完成させようとしているときには妨げとなることもあるのだ。
10:2 The personality traits that serve us well when we’re at dinner with our family might get [14](1. on 2. along 3. in) the way when we’re in a dispute with a passenger on the train or trying to finish a report at work.
10:3 このような自己の可変性は,我々がいつもまったく同じように行動するのであれば対処不能 だったり耐えられなかったりするような社会的状況を想定したものである。
10:3 The [15](1. platitude 2. plasticity . profusion) of the self allows for social situations that would be impossible or intolerable if we always behaved exactly the same way.
10:4広告業界の人間はこの現象をずっと前から理解している。
10:4 Advertisers have understood this phenomenon for a long time.
10:5朝出勤するときにビールの広告をあまり耳にしないのは偶然ではないのだ。
10:5 It’s no accident that you don’t hear many beer ads as you’re driving to work in the morning.
10:6 午前8時と午後8時とでは,必要なものやしたいことは異なるのである。
10:6 People have different needs and aspirations at eight a.m. than they do at eight p.m.
10:7同様に,歓楽街に立っている屋外広告板は,そこを訪れたご一行が帰る住宅地に立っている屋
外広告板とは違うものを宣伝しているのだ。
10:7 [16](1. By contrast 2. On the contrary 3. By the same token), billboards in the night life district promote different products than billboards in the residential neighborhoods the same partiers go home to.
[14]―3
>[14]当該部分は,whenを用いた2つの副詞節が対比された構造になっていることに注目。Get in the wayで「妨げとなる」という意味の表現にすれば,serve us wellと対になり,文意が成立する。

■ 第12段落
12:1 しかしながら,自己を1つだけと考えることの問題は,根本的な欠陥ではない。
12:1 However, the one-identity problem isn’t a fundamental flaw.
12:2 むしろプログラムのミスのようなものである。
12:2 It’s more of a [18] (1. bug 2. bit 3. virus) :
12:3 フェイスブックは自己は1つだけだと考えているが,実際にはそうではないので,情報環境を うまく個人化できなくなるのである。
12:3 Because Facebook thinks you have one identity and you don’t, it will do a worse job of personalizing your information environment.
12:4 ある友人が私に言うように,「技術の捉えるニュアンスに反映されているかぎり,我々は,
人間であることの意味がもつニュアンスからはほど遠いのである」。
12:4 As a friend of mine told me, “We’re so far away from the nuances of what it means to be human, as reflected in the nuances of the technology.”
12:5 あらゆる状況において,人は単一の確立した自己をもっているのではなく,すぐにも消え
去ってしまう幻像は人の核心にある欲求や興味を示すものではないのだ。
12:5 People don’t have a single, tidy identity in all contexts, and every [19] (1. increasing 2. dropping 3.passing) fancy is not demonstrative of some core desire or interest.
12:6 しかし理論上は,自己が1つだけだと考え,また状況を考慮しないという問題は,解決不可能
なものではない。
12:6 In theory, however, the one-identity, context-blind problem isn’t impossible to fix.
12:7個人化は,間違いなく,状況の判断を改善するだろうし,実際その分野の研究者はそれに取り
組んでいるのだ。
12:7 Personalization will undoubtedly get better at sensing context, and, in fact, people in the field are working on it.
12:8長期的な興味と短期的な興味とのバランスをうまくとれるようになりさえするかもしれないの
だ。
12:8 They might even be able to better balance long-term and short-term interests.
12:9 しかし,それができるようになれば,利用者の心の働きが精密に測れるようになり,事態は よりやっかいなことになりさえするであろう。
12:9 But when they do―when they are able to accurately [20](1. dial 2. gauge 3. switch) the workings of your psyche―things will get even more uncomfortable.

[18]―1
>[18]当該部分は,more of a Aの形で,Aに当たるものと前文のa fundamental flawを対比している。 A fundamental flawはフェイスブックの個人化技術について言及しているものなのでbug「プログラ ムのミス」とすれば対比が成り立つ。

総合政策学部 2,000 問1
■第17段落
17:1 Postman: I very much like the idea that you use the word “clubbing,” which I prefer to community.
17:1 ポストマン:あなたの「クラブ化」という言葉を使う考えには、私もまったく同感で、共同
体という言葉より好ましく思います。
17:2 I think we have to pay a lot of attention to the new words were using in the computer age. 17:2 コンピュータ時代において我々が使っている新語には多くの注意を払わなければならないと 私は思います。
17:3 My point is that we need to pay attention to differences.
17:3私が言いたいのは、我々は違いに注意を払う必要があるということです。
17:4 When we talk about distance learning, we have to ask ourselves what are the differences between what we call “distance learning” and other kinds of learning.
17:4我々は非対面学習について語るとき、いわゆる「非対面学習」と他の学習方法の間の違いが何
なのかを、自らに問いかけなければならないのです。
17:5 If we are careful about noting those [20](1. commonalities 2. differences 3. similarities) , then we can make better use of these new technologies.
17:5 もし我々がそれらの違いに注目するように気をつけていれば、これらの新しい科学技術をよ りよく利用することができるのです。
・解答 [20]―2
>[20]「我々がそれらの( )に注目するように気をつけるならば」に入るもの。
前文の、「いわゆる『非対面学習』と他の学習方法の聞の違い」から考え、2のdifferences「違
い」が正解。
1のcommonalitiesは「共通性」 3のsimilaritiesは「類似点」

総合政策学部 2,000 問2
■第2段落
2:1 The explanation for this is sometimes sought in the cultural differences that allegedly divide the world, a theory referred to as the “clash of civilizations” or a “battle between cultures.”
2:1 これに対する説明は、世界を分割していると言われる文化的相違の中に、時として求められ
る。つまり、「文明の衝突」とか「文化間の争い」と呼ばれる理論である。
2:2 It is often asserted that Western countries recognize many human rights, related for example to political liberty, that have no great appeal in Asian countries.
2:2 アジアの国々にはまったくたいした魅力ではない多くの人権、たとえば政治的自由に関するも
のを、西洋の国々は承認しているとしばしば主張される。
2:3 Many people see a big divide [2](1. line 2. here 3. created) . 2:3多くの人々はこの点に大きな境界線を見ている。
2:4 The temptation to think in these regional and cultural terms is extremely strong in the contemporary world.
2:4 このような地域的、文化的観点から考えたいという誘惑は、現代世界においてきわめて強いも
のである。
・解答
[2]―2 >[2]
「多くの人々は( )大きな境界線を見ている」の空所に入るもの。
前文の「西洋の国々はアジアの国々にとっては魅力のない多くの人権を承認する」の内容をhere
(「この点に」)で表している。2が正解。
1は、a big divide lineとなるが、lineが不要なので不適切。3は「大きな境界線が生み出されるのを 見る」となって、文意に合わないので不適切。

■第5段落
5:1 If one influence in separating out human rights as specifically “Western” comes from the [6](1. pleading 2. denying 3. escaping) of governmental spokesmen from Asia, then another influence relates to the way this issue is perceived in the West itself.
5:1 人権を特に「西洋的なもの」として選別する際のひとつの影響が、アジアからの政府代表者の 嘆願から生じるものであれば、また別の影響は、この問題が西洋自体でどのように理解されてい
るかに関係がある。
5:2 There is a tendency in Europe and the United States to assume that it is in the West — and only in the West — that human rights have been valued from ancient times.
5:2 ヨーロッパやアメリカには、人権が古い時代から尊重されてきたのは西洋においてであり、ま た西洋においてだけであると考える傾向がある。
5:3 This allegedly unique feature of Western civilization has been, it is assumed, an alien concept [7](1. everywhere 2. anywhere 3. elsewhere) .
5:3 西洋文明に特有のものであると言われるこの特徴は他の地域では異質な考えであると考えられ ている。
5:4 By stressing regional and cultural specificities, these Western theories of the origin of human
rights tend to reinforce the questioning of the concept of universal human rights in nonwestern societies.
5:4 地域的、文化的特異性を強調することによって、人権の起源に関するこのような西洋の理論
は、非西洋社会における普遍的人権という概念に対する疑問を強めるのである。
5:5 By arguing that the valuing of toleration, of personal liberty, and of civil rights is a particular contribution of Western civilization, Western advocates of these rights often give an ironic support to the nonwestern critics of human rights.
5:5 寛容や個人的自由や市民権の尊重が西洋文明の特別な貢献であると主張することによって、こ れらの権利を主唱する西洋人は、しばしば皮肉にも非西洋の人権批判者に支持を与えることにな る。
5:6 The advocacy of an allegedly “alien” idea in non-Western societies can indeed look like cultural imperialism [8](1. attacked 2. sponsored 3. installed) by the West.
5:6非西洋社会において「異質」と言われる考えを主唱することは、西洋によって後押しされた文 化的帝国主義のように実際見えうるのである。
[7]―3 >[7]
「西洋文明に特有と言われるこの特徴は、( )異質な考えである」の空所に入るものO西洋に対し て「他の所では」となるので、3のelsewhereが正解。 1のeverywhereは「いたる所で」、2のanywhereは「どこででも」の意。

■第8段落
8:1 There are, however, other ideas, [12](1. either 2. such as 3. of) the value of toleration or the importance of individual freedom, which have been advocated and defended for a long time, often for the selected few.
8:1 しかしながら、寛容の価値とか個人的自由の重要性のような他の考えもあり、それらは長い間 主唱され擁護されてきたが、選ばれた少数の人々のためであることが多い。
8:2 For example, Aristotle’s writings on freedom and human flourishing provide good background material for the contemporary ideas of human rights.
8:2 たとえば、自由と人間の隆盛に関するアリストテレスの書物は、人権の現代的な考え方のため のよい背景材料を与えてくれる。
8:3 But there are other Western philosophers (Plato and St. Augustine, for example) whose preference for order and discipline over freedom was no less pronounced than Confucius’.
8:3 しかし、他の西洋の哲学者には、自由よりも秩序と規律を好んでいるのが孔子と同じぐらい顕
著であった者もいる。たとえば、プラトンや聖アウグスティヌスである。
8:4 [13](1. Also 2. Therefore 3. On the contrary) , even those in the West who did emphasize the value of freedom did not, typically, see this as a right of all human beings.
8:4 また、自由の価値を非常に強調した西洋の人々でさえ、一般的には、これをすべての人間の権
利とは見ていなかった。
8:5 Aristotle’s exclusion of women and slaves is a good illustration of this no universality. 8:5 アリストテレスが女性と奴隷を除外したのは、この非普遍性のよい例証である。
8:6 The defenses of individual freedom in Western tradition did exist but took a limited form. 8:6西洋の伝統において個人の自由は実際に存在したのだが、限られた形を取っていたのである。
[13]―1 >[13]
直前の文で、西洋の哲学者にも自由よりも秩序と規律を好んだ者がいると述べ、この文では、自
由の価値を強調する西洋の人でもそれをすべての人間の権利とは見なかったと述べ、同じ趣旨の ことを述べているので、1のAlso「また同様に」が正解。 2のThereforeは「それゆえに」、3のOn the contraryは「それに反して」の意。

総合政策学部 2,001 問1
■第4段落
4:1 The reality of cultural survival, then, lies somewhere between total disintegration and permanent preservation.
4:1 そうすると、文化的生存の現実は、完全分解と永久的保護の間のどこかに位置するということ になる。
4:2 The most plausible meaning of the slogan as a political goal might be simply the preservation of difference: the desire that whatever cultures now exist should not lose their [6](1. equivalence 2. distinctiveness 3. universality) .
4:2政治的目標としてのスローガンの最も妥当な意味は、単に差異の保存に過ぎないだろう。つま
り、現在存在する文化はいずれもその特殊性を失うべきではないという願望である。
4:3 That cultural identity continues to serve as a means by which some people make sense of their place in the world, [7](1. no matter 2. therefore 3. however) much the content of their cultures may change over time.
4:3時を経て文化の内容がどんなに変化しようとも、そのような文化的独自性は、ある人々が世の
中での自分の場所を理解する手段として役立ち続ける。
・解説 [6]―2
>[6]
「現在存在する文化はいずれもその( )を失うべきではないという願望である」の空所に入るも の。文前半の「政治的目標としてのスローガンの最も妥ftな意味は、単に差異の保存に過ぎない だろう」の言い換えになっている点に注意。特にthe preservation of difference「差異の保存」が ヒントになる。2のdistinctiveness「特殊性」が入る。1のequivalenceは「等価、同等物」、3の universalityは「普遍性」の意。

■第5段落
5:1 So why would we think that cultural survival is valuable in itself?
5:1 それでは、なぜわれわれは、文化的生存はそれ自体価値があると思うのであろうか。
5:2 One argument draws an analogy between cultures and other threatened aspects of the natural world: we ought to preserve cultures because to do otherwise is to allow something unique and [8] (1. irrational 2. irreplaceable 3. irrelevant) to leave the world.
5:2 ある主張では、文化と、自然界の他の絶滅に瀕した面との間の類似が引き合いに出される。つ まり、文化を保護しなければならないのは、そうしないと何か独特でかけがえのないものを世界 から失ってしまうことになるからだ。
5:3 Refusing to act against assimilation might be thought [9](1. compatible with 2. contrasted with 3. equivalent to) , say, shooting the last panda.
5:3同化に反対するのを拒否することは、たとえば、最後のパンダを撃ち殺すことと同等であると
思われるだろう。
[9]―3 >[9]
「最後のパンダを撃ち殺すこと( )と思われるだろう」の空所に入るもの。「同化に反対するのを 拒否すること」=「最後のパンダを撃ち殺すこと」の関係に気づくこと。3のequivalent to~「~ と同等である」が入る。1のcompatible with~は「~と共存できる、矛盾しない」、2のcontrasted with~は「~と対比される」の意。

総合政策学部 2006 問2、
■第7段落
7:1 Traditional Societies did have their own forms of political and social decision making when facing problems in the community.
7:1伝統的な社会は、共同体の問題に直面した場合に、独自の政治および社会的な意志決定方法を
持っていた。
7:2 Before their exposure to western-style democracy, rural people could discuss their needs and plans [43] (1. in 2. among 3. to) themselves at village meetings, in temple gatherings, or elsewhere.
7:2西欧風の民主主義の影響を受ける前は、農民は村の集会や寺の会合、その他の場所で、自分た
ちが必要とすることや計画について、自分たち自身の間で議論することができた。
7:3 In these traditional ways of discussing and governing, the position of the village head or other local leaders was an inherited position, and this system had its drawbacks in that it was feudalistic and authoritarian.
7:3議論や統治をこうした従来の手法で行う場合、村長など地域指導者の地位は世襲制であったか
ら、この制度には、封建的で、独裁的であるという欠点があった。
7:4 But the [44] (1. advantage 2. reason 3. idea) was that these leaders were people from the same local area and they understood the local culture and values.
7:4 だが、こうした指導者は同じ地域の出身で、彼らが地域の文化と価値観とを理解しているとい う利点もあった。
[44]―1 >[44]直前にある第7段第3文(In these traditional…)の最後にthis system had its drawbacks in that…
「この制度には…という点で、欠点がある」と述べられており、第4文のButで否定されるため、設 問部分はdrawback「欠点」の反対語を埋めればいいことをつかむ。それは1.「利点」、2.「理 由」、3.「考え」のうち、1である。

総合政策学部 2006 問1
■第2段落
2:1 But not as unimaginable as this :
2:1 しかし、想像がつかないといっても、次のことほどではない。
2:2 according to a respected researcher who employs a method of ranking human happiness on a scale of 1 to 7 , poor Calcutta’s score about a 4, suggesting they’re slightly happier than[2](1.not 2. ever 3. before).
2:2人間の幸福を1から7までの尺度で格づけする手法を使う、ある評判の高い研究者によれば、貧
しいカルカッタの住民は約4点を獲得し、かろうじて彼らが不幸だというよりは幸せな方に入るこ とがわかる。
2:3 They may not be as happy as average Americans (who are pretty happy, statistically speaking, and positively [3] (1. cynical 2. pragmatic 3. euphoric) when compared with the dissatisfied Russians and sad Lath unions, but there certainly happier than one might expect.
2:3彼らは平均的なアメリカ人(統計的にいえば、アメリカ人はかなり幸福で、不満を感じているロ
シア人やリトアニア人に比べて、はっきりと幸福を感じている)ほど幸せではないかもしれない が、しかし確かに案外幸福なのである。
[3]―3
>[3]アメリカ人に関する記述であるから、「不満を感じているロシア人やリトアニア人に比べ」た 場合、ft然「幸福」だということになる。選択肢は、それぞれ1.「冷笑的な、皮肉な」、2.「実用 的な、実利的な」3.「幸福感に満たされた」であるから、3が正解。happyの言い換え表現として euphoric(

■第7段落
7:1 If Colombians are happy mostly because they really like to be and Japanese are not so happy because, for them, happiness isn’t part of the plan, it would seem to follow that SWB has less to do with [13](1. subjective 2. material 3. unbiased) wellbeing and more to do with attitude.
7:1 もしも、コロンビア人が幸せなのは、おおよそ本ftに幸せになりたいからであり、日本人がそ れほど幸せでないのは、彼らにとって、幸福は人生設計の一部ではないからだとすれば、主観的 幸福は物質的な幸福とはあまり関係せず、心構えの方により関係するということになるように思 われる。
7:2 This leads one, of course, to the case of the French.
7:2当然、これはフランス人の事例に結びつく。
7:3 Oishi notes that a “happy-go-lucky attitude” is not highly [14] (1. valued 2. unique 3. unusual) there, and thus France ranks lower than Denmark or Sweden on happiness surveys.
7:3大石氏は「なるようになるさという心構え」は、フランスでは高く評価されないので、フラン
スは幸福調査ではデンマークやスウェーデンより下位に位置づけられていることに注目する。
7:4 From this we might conclude that the Danes are happier than the French.
7:4 ここから、デンマーク人はフランス人より幸福だと結論してよいのかもしれない。
7:5 Yet the French report themselves to be healthier than the Danes do.
7:5 しかし、デンマーク人が健康であるというのに比べてフランス人は自分たちのことをより健康 であると報告している。
7:6 And happy or not, the French live longer than the Danes.
7:6 また幸福かどうかは別にして、フランス人の方がデンマーク人よりも長生きである。
7:7 “This is a sort of paradox,” says Oishi.
7:7 「これはある種の逆説である」と、大石氏は語る。
7:8 Well, not if you really know French people.
7:8 まあ、もし実際にフランスの人々と知り合いならそんなことはなかろう。
・解答 [13]―2
>[13』主観的な幸福(SWB)と比較しているのだからここには「客観的な幸福」という意味になる 言葉が入るはずである。1.「主観的な」2.「物質的な」、3.「偏りのない」のうち、そのような意 味に近いのは2である。

総合政策学部 2,008 問1
■第2段落
2:1 Secondly, the scientist systematically and empirically tests her hypotheses.
2:1 第二に、科学者は体系的、経験的に自分の仮説を検証する。
2:2 The man in the street certainly tests his “hypotheses,” too, but he tests them in what might be [4] (1. defined 2. assumed 3. called) a selective fashion.
2:2一般人もまた、確かに自分の「仮説」を検証しはするのだが、しかし検証の方法はいわばえり
好みである。
2:3 He often “selects” evidence simply because it is consistent with his hypothesis.
2:3 そういう人は自分の仮説と整合的だからというだけの理由で、証拠を「選択する」ことが多 い。
2:4 Take the stereotype: Fast food is bad for you.
2:4 ファーストフードは体に悪い、という固定観念で考えてみよう。
2:5 If some people believe this, they can easily “verify” their belief by noting that many kinds of fast food are unhealthy.
2:5 もしもある人々がこれを信じている場合、彼らは多くの種類のファーストフードが健康によく ないことに言及することで、容易に自分の信念を「証明」することができる。
2:6 [5] (1. Exceptions 2. Rules 3. Objectives) to the stereotype, such as healthy or low-fat fast foods, are not taken into account.
2:6 固定観念に対する例外、たとえば健康的な、脂肪分の少ないファーストフードが考慮されるこ
とはない。
2:7 The true social scientist, knowing this “selection tendency” to be a common psychological phenomenon, carefully guards her research against her own preconceptions and predilections, and avoids selecting only the kinds of data that support her hypotheses.
2:7真の社会科学者は、この「選択傾向」が一般的な心理現象であることを知っているので、自身
の先入観や偏愛から自分の研究を注意深く守り、自分の仮説を支持するようなデータだけを選択 することがないようにするのである。
2:8 Most importantly, she is not content with an armchair exploration of a relation;
2:8 もっとも大切なのは、ある関係を机上で研究することに科学者は満足しないということであ る。
2:9 she feels it [6] (1. uncomfortable 2. obligatory 3. stressful) to test her hypothesis against empirical reality.
2:9 科学者は自分の仮説を経験的な現実に照らして検証しなければならないと思う。
2:10 She thus emphasizes the importance of systematic, controlled, and empirical testing of her hypotheses.
2:10それゆえに、自分の仮説の体系的で、制御され、しかも経験的な検証の重要性を強調するの
である。
[5]ー1
>[5]直後の例示「健康的で低脂肪」というのは、明らかに「ファーストフード」の固定観念に対す る例外を示しているから、正解は1.「例外」に決まる。2.「ルール」3.「目標」は、両者とも「例 示」にそぐわない。

総合政策学部 2008 問2
■第7段落
7:1 The same tsunami [42] (1. dictated to 2. concealed from 3. demonstrated to) farmers living near the shoreline the importance of conserving local varieties of rice.
7:1同じ津波によって、沿岸部付近に暮らす農民たちは、米の地域品種を保存することの大切さを 教えられた。
7:2 Several thousand hectares of rice fields along the coast became flooded with sea water.
7:2沿岸部にある数千ヘクタールの米畑が海水に浸かったのであった。
7:3 Most varieties of rice [43] (1. survived 2. perished 3. mutated) , but a few salt resistant ones withstood the flood.
7:3 ほとんどの米の品種は枯れてしまったが、洪水を堪え忍んだ耐塩性の品種もいくつかあった。 7:4 This disaster, however, greatly helped to promote the conservation of local biodiversity, and now every farmer wishes to maintain a “seed bank” for the preservation of seeds belonging to diverse varieties.
7:4 しかし、この大災害は地域の生物多様性保全の推進に大いに役立ち、そして今では、農民は誰 もが多様な品種に属する種子を保存するため、「種子銀行」を支援したいと願っている。
7:5 The disaster became an opportunity to prepare both fishing and farming communities to meet the [44] (1. challenges 2. demands 3. diseases) that are directly linked to a rise in sea level.
7:5災害は、漁民と農民の集団両方に、海面上昇とじかに結びついた難題に立ち向かう用意を整え
る機会となった。
7:6 The biodiversity conservation movements in this area have now become community driven.
7:6 この地域の生物多様性保全運動は今やコミュニテイ主導となった。
[43]―2
>[43]設問部分は「ほとんどの米の品種は~したが、いくつかの耐塩性の品種は洪水をしのいだ|と いう内容。選択肢はそれぞれ、l.「生き延びた」2.「枯死した」3.「変異した」という意味だか ら、正解は2である。ポイントは、設問部分の直後のwithstood the flood「洪水に耐えた、洪水の後 も生き延びた」である。これが読み取れれば、空所にはそれと対照をなす「枯死した」が入ると わかる。

■第6段落
6:1 But economists recognize that for many families, you must adjust these calculations using what they call “psychological variables.”
6:1 しかし経済学者らは、多くの家族の場合、これらの計算にはいわゆる「心理的変数」を用いて
調整しなければならないと認識している。
6:2 Some divide household [43](1. expenditures 2. management 3. activities) into two categories: 6:2学者の中には、家庭での活動を2つの部門に分ける者もいる。
6:3“consumption,” which should be something you enjoy, and “production,” which is anything that feels like work.
6:3一方は「消費」で、楽しんでするものであり、他方は「生産」で、仕事のように感じられるも
のすべてである。
6:4 If you love gardening, it is consumption, but if you hate gardening, it is production and you will be more [44](1. reluctant 2. inclined 3. able) to hire someone else to do it.
6:4 もし庭いじりが好きならば、それは消費であるが、庭いじりが嫌いならば、それは生産であ
り、むしろ誰か他の人を雇ってそれをやってもらいたいと思うだろう。
6:5 As one economist says, “it’s not just about the money.”
6:5 ある経済学者が言うように「お金に関することだけではない」のである。
6:6 That was how Sarah Kallie [45] (1. justified 2. uncovered 3. undermined) her long battle with the telephone company.
6:6 そのような考え方で、サラ=カリーは電話会社と長時間争ったことを正当化した。
6:7 It was worth it for the satisfaction, says Ms. Kalliney. 6:7満足するためにはそうする価値があった、とカリニーさんは言う。
・解答 [44]―2
1 be reluctant to do~「~するのを嫌がる」
2 be inclined to do~「~したいと思う」
3 be able to do~「~できる」
>[44]be inclined to do「~したいと思う」前に「もし庭いじりが嫌いだったら」とあるので当然 誰かを「雇いたいと思う」はずである。1のbe reluctant to do「~するのをいやがる」は、意味が ほぼ反対。

■第7段落
7:1 This leads to the next question:
7:1 このことが次の質問へとつながる。
7:2 How can life change be maximized?
7:2 つまりどうすれば生活の変化を最大化できるのかということだ。
7:3 Geneva Global has found that the highest return on investment is generated by local, grassroots organizations rather than big national agencies or international non governmental organizations (NGOs).
7:3 ジュネーブ=グローバルは、最大の投資収益を生むのは地元の草の根組織であって、巨大な国 家機関や国際的非政府組織(NGO)ではないことに気づいた。
7:4 This should not be [37] (1. surprising 2. common 3. Simple).
7:4 このことは驚くにはftたらない。
7:5 The poor know what they need and are tireless in taking advantage of self-help opportunities.
7:5貧しい民は自分の必要なものを知っているし、倦むことなく自助の機会を利用する。
7:6 A classic example of this is James Tooley’s research demonstrating the success of locally managed schools in the world’s worst slums.
7:6 これの古典的な例は世界最悪の貧民街の学校の地元管理による成功を示したジェームズ=ト
ウーリーの研究である。
7:7 Thus, we find that maximum return on investment comes when funds are invested in the poorest places.
7:7 それゆえに、最大の投資収益は、最も貧しい地域に資金を投資したときに得られることがわか
る。
7:8 These are situations where traditional approaches have most thoroughly [38] (1. failed 2. succeeded 3. disappeared) .
7:8 こういった地域は、伝統的な手法が最も徹底して失敗してきた場所である。
[38]―1
Fail「失敗する」 Succeed「成功する」 Disappear「消滅する」
同段第2文(Geneva Global has…)に「最大の投資収益を生むのは巨大な国家機関や国際的非政府組織 (=伝統的な援助組織)ではない」とあるから、「うまくいかない」という意味の語句が入ることが わかる。

■第6段落
6:1 The most effective measure we have found is prima facie: life change.
6:1私たちがこれまでに見出したうちで最も効果的な手段は明白なものだ。つまり生活の変化であ る。
6:2 This is, at heart, what philanthropy is all about – changing the lives of the neediest among us. 6:2 これは本ftは慈善事業の本質なのであって私たちの中で最も困窮している者の暮らしを変える ことなのである。
6:3 Measuring life change can be remarkably easy.
6:3生活の変化を測るのは極めてたやすい。
6:4 Income growth, improved nutrition, access to health care, orphans housed, AIDS patients cared for, access to clean water, completion of primary education, and falling infant mortality rates are clear indicators of life improvement that can be [36] ( 1. less 2. readily 3. poorly) measured.
6:4収入の伸び、栄養状態の改善、医療を受けること、孤児の収容、エイズ患者の看護、清潔な水
の利用、初等教育の完了、幼児死亡率の低下はすぐに測定できる生活改善の明瞭な指標である。
6:5 In fact, it is these exact statistics that show the failure of traditional “blind” giving.
6:5実は伝統的な「やみくもな」援助の失敗を示すのがこうした正確な統計値なのである。
・解答 [36]―2
>[36]
Less「より少ない」 Readily「すぐに、簡単に(「準備ができて」という意味ではないことに注意)」 Poorly「貧しく、ひどく」
同段第3文(Measuring life change…)に「生活の変化を測るのは極めてたやすい」とある以上、設問
部分は「たやすく測定できる生活改善の明瞭な指標である」とならなくてはいけないことがわか る。

■第12段落
12:1 Some people claim that if evolution is a useful (and, so far, correct) theory, we should still see it at work all around us in humans.
12:1 もし進化が有益な(そして、これまでのところ、正しい)理論であるなら、それは依然とし
て、私たちの周りすべて、人間の中にも作用しているのが見えるはずだと主張する人もいる。
12:2 We do not.
12:2見えないではないかと。
12:3 But we can see it if we adopt a long enough time frame.
12:3 しかし十分に長い時間的枠組みを採用すればそれが見えるのである。 12:4 Mankind is believed to have been on this earth for about 100,000 years. 12:4人類は地上に現れてから約10万年経っていると信じられている。
12:5 In that time there have been changes in people’s appearance, but those changes have occurred very slowly.
12:5 それだけの時間に人間の外観には変化があったがそうした変化は極めてゆっくり生じた。
12:6 After all, 1,000 centuries is just a [18] (1. blank 2. blink 3. block) in geological time.
12:6 なにしろ1000世紀など、地質学的な時間ではほんの一瞬なのだから。
12:7 [19] (1. Besides 2.Therefore 3. However), the modern world has created an environment by means of public health measures, the reduction in crime rates, and improved levels of diet that have sharply reduced the environmental variation that is necessary to [20] (1. reconstruct 2. renew
3. reward) some genetic accidents and penalize others.
12:7 その上、現代世界が生み出した環境では公衆衛生施策や、犯罪率減少食糧水準の向上によっ て、遺伝的偶然のうちあるものを優遇し、他のものには不利益を課すためには不可欠な環境的な 変化が著しく減少してしまった。
12:8 But 100,000 years from now, will the environment change so much that people who now have unusual characteristics will become the dominant group in society?
12:8 しかし、今後10万年で環境が大きく変化して、今は一般的でない特徴をもつ人々が社会の主
流となるのだろうか。
12:9 Maybe.
12:9 さてどうだろう。
・解答 [18]―2
>[18]
Blank「空白」 Blink「瞬き」 Block「かたまり」
geological time「地質学的な時間」地球の誕生以来45億年を扱うのが地質学であるから、10万年 はその4万5千分の1、ほんの「一瞬」ということになる。

■第3段落
3:1 For a hundred thousand years, the manages invented nothing.
3:1 10万年の間、猿人は何も発明しなかった。
3:2 But they started to change, and developed skills which no other animal possessed.
3:2 しかし彼らは変化し始め、他の動物が持たない技術を発達させた。
3:3 The tools they had been programmed to use were simple enough, yet they could change this world and make the manages its masters.
3:3彼らが本能的に使うよう方向づけられていた道具はごく簡素なものだったが、その道具によっ
てこの世界は変わり、猿人はその支配者となれたのである。
3:4 The most [2](1. complicated 2. elegant 3. primitive) was the hand-held stone, that multiplied many-fold the power of a blow.
3:4 その最も原始的なものは手で握れる石で、殴打の力を何倍も強力にした。
3:5 Then there was the bone club, that lengthened the [3](1. edge 2. reach 3. weight) and could provide a buffer against the fangs or claws of angry animals.
3:5次に骨でできたこん棒が用いられたが、それは手の届く距離を延ばし、怒った動物の牙や爪に
対する緩衝装置の役目を果たすことができた。
3:6 With these weapons, the limitless food that roamed the savannas was theirs to [4](1. come 2. make 3. Take).
3:6 このような武器により、サバンナをうろつく無限の食べ物が彼らのものとなった。
3:7 They were no longer defenseless against the predators with whom they had to compete.
3:7彼らは、競争せねばならない相手である捕食動物に対して、もはや無防備ではなくなった。
3:8 They could drive away the smaller carnivores;
3:8小型の肉食動物は追い払うことができた。
3:9 the larger ones they could at least discourage from attacking, and sometimes put to flight.
3:9大型のものについては、少なくとも攻撃を思いとどまらせ、時には退散させることができた。
3:10 But they needed other aids, for their teeth and nails could not readily dismember anything larger than a rabbit.
3:10 しかし彼らは他にも助けとなるものが必要だった。というのは、彼らの歯や爪ではウサギよ
り大きな動物の体をたやすくばらばらにすることはできなかったからである。
3:11 Luckily, nature had provided the ‘perfect’ tools, requiring only the wit to pick them up.
3:11幸運にも、自然は「申し分ない」道具を与えてくれていたが、それには拾い上げるという機転
しか求められていなかった。
[3]―2 >[3]
edge 「端」 reach「届く範囲」 weight「重さ」
reach「(手などの)届く距離」直前の「長くした(lengthened)」という動詞と、「骨でできた こん棒(bone club)

総合政策学部 2010 問1
■ 第2段落
2:1親ほどに,専門家の恐怖心のあおり立てに影響を受けやすい人はいない。
2:1 No one is more [3] (1. indifferent to 2. suspicious of 3. susceptible to) an expert’s fear- mongering than a parent.
2:2恐怖心は実は育児行為の主要構成要素である。恐怖心は実は育児行為の主要構成要素である。
2:2 Fear is, in fact, a major component of the act of parenting.
2:3親というのは何と言っても,別の生物の命,始めのうちは他のほとんどどの種の新生児よりも
無力な生物の介添え役だからである。
2:3 A parent, after all, is the [4] (1. beneficiary 2. steward 3. successor) of another creature’s life, a creature who in the beginning is more helpless than the newborn of nearly any other species.
2:4 このために,多くの親たちは大量の育児に使う労力を単に怯えることに費やすことになるので
ある。
2:4 This leads a lot of parents to spend a lot of their parenting energy simply being scared.

・解答 [4]―2
>[4] 設問部分は「親は…始めのうちは他のほとんどどの種の新生児よりも無力な生物の~だから である」という意味。よって,空欄には「世話をするもの」という意味の語句が入ると判断でき る。選択肢はそれぞれ1が「受益者」,2が「世話係」,3が「後継者」という意味だから,正解は 2だと判断できる。

総合政策学部 2013 問2、
■ 第4段落
4:1 その結果,大半の政治生態学者は暗黙のうちに「穏健な方の」構成主義を支持するようになる が,その思想は,私たちがもつ現実についての考えは本物であり,実世界でも力をもつけれど も,それらは経験的にわかる現実の不完全,不正確で偏向し,誤った理解を反映していると考え るのである。
4:1 As a result, most political ecologists tacitly cling to a “softer” form of constructivism, which holds that our concepts of reality are real and have force in the world but that they reflect incomplete, incorrect, biased and false understandings of an empirical reality.
4:2別言すれば,客観的な世界は実在し,私たちの行う分類からは独立しているけれども主観的な
概念構造と社会的に条件付けられた科学的な手法の中をくぐり抜けることになる。
4:2 In other words, the objective world is real and independent of our [37] (1. sophistication 2 categorization 3. cohabitation) but filtered through subjective conceptual systems and scientific methods that are socially conditioned.
4:3構成主義のこうした研究手法の内部では,力点は異なったところに置かれるが,関心の中心は
客観的な事実に対する人々の誤解か,科学的な探求に入り込んでいる社会的な偏見のどちらかに なる。
4:3 [38](1 Within 2. Without 3. By) this approach to constructivism, there are differing emphases, which center attention either on people’s misunderstanding of objective facts or on the social biases that enter into scientific exploration.
・解答 [37]―2
>[37]設問部分は「客観的な世界は実在し,私たちの行う( )からは独立している」とい
う意味。この部分は,前文の言い換えになっているのだから,私たちがもつ現実の概念は本物で
あり,実世界でも力をもつ,と同意でなければならない。選択肢はそれぞれ,1は「洗練」,2は
「分類」,3は「共存」という意味だから,「客観的な世界は,人間の主観(=自然をどう見て, どう整理するか)によって影響されない」という意味になると考えられる。よって,2がそれにふ さわしい。

■ 第8段落
8:1 このことはまったく驚くに値しないと,生態学者のダニエル=ボトキンは主張する。以前の自 然観は,有機的な全体としてであれ,神聖な秩序をもった一家としてであれ,明らかに,自然の 秩序を説明しようと努めていた人々に利用可能な社会的言語を反映していた。
8:1 This should be in no way surprising, ecologist Daniel Botkin Insists: Previous views of nature, either as an organic [44](1. food 2 element 3. whole) or as a divinely ordered house, clearly reflected the social languages available to those who sought to explain nature’s order.

8:2 だから,ドナ=ハラウェイによって入念に詳細にわたって研究された霊長類学の歴史もまた, 同様の社会的に制約された進化を示しているのである。チンパンジーとゴリラに関する調査と実 験の変わりゆく主題(母親の本能攻撃,競争)はその歴史的な時期における社会の関心を反映し ているのである。
8:2 So too, the history of primatology,* studied In careful detail by Donna Haraway, shows similar socially-bounded evolution; the changing topics of explorations and experiments on chimpanzees and gorillas (maternal instinct, aggression, competition) reflect the social concerns of their historical moment.
8:3 それは,動物行動学の秩序だった進化というよりむしろ現代アメリカ文化の歴史のように読め
る。
8:3 It reads more like a history of contemporary American culture than orderly evolution of animal ethology. ** 8:4私たちの科学的な自然思想は,必然的にそれらが形成される場となった社会的条件と支配的な
比喩とを反映している。
8:4 Our scientific ideas of nature inevitably reflect the social conditions and dominant metaphors in which they were formed.
8:5 このことは必ずしも悪いことではない。
8:5 This is not necessarily bad.
8:6変わりゆく比喩とともに,世界を考慮し再構成する新しい方法がやってくるのである。
8:6 With changing metaphors come emerging ways of thinking about and [45] (1. reproducing 2. reinventing g 3. reaching) the world.
8:7科学は「社会的物体」を免れることはできない。
8:7 Science is not free of “social objects.”

・解答 [44]―3
>[44]設問部分は「以前の自然観は、有機的な( )としてであれ神聖な秩序をもった一家
としてであれ…」という意味だから,後半の「神聖な秩序をもった一家としてであれ」と対照をな すようなものを選べばいいとわかる。選択肢はそれぞれ,1は「食物」,2は「要素」,3は「全 体」という意味だから,house「一家,一家庭」と対になるのは3の「全体,一体」である。

copyright 2016/Everyday school