[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 英語 語法三択テクニック 『文法(語法)問題』

環境情報学部 1,995 問1、
■第3段落
3:1 Because the complexity of social interactions makes experimental manipulation difficult, human understanding of the signalling in the social life of animals remains largely based upon inference.
3:1社会的相互作用の複雑さが実験のための細工を困難にしているために、動物の社会生活におけ
る合図に関する人間の理解は依然としてほとんど推論の域にとどまっている。
3:2 It is difficult to repeat an example many times with rigid control of all (5)(1. variations 2. variables 3. functions) except the one being investigated, and attempts to structure the testing situation to simplify the form of interaction often obviate the interaction.
3:2現に調査中のものを除くすべての変数を正確にコントロールしながら何度も繰り返すというこ
とは大変困難なことである。相互作用の型を簡素化するために実験の構造を組み立てようとする と相互作用が除去されてしまうということもしばしばある。
3:3 Displays are universal among animals of any degree of structural complexity, however, so that they would not have been evolved and retained if they lacked important function.
3:3 しかし、構造的にある程度複雑ないかなる動物の間にも、誇示は普通的に見られる。したがっ
て、誇示が重要な機能に欠けるならば、進化し保持されるようなことはなかったであろう。
3:4 But the function of a display is likely to differ, depending upon the individuals involved.
3:4 しかし、誇示の機能は関係する個体によって違いがあるらしい。
3:5 A small bird seeing an approaching hawk, for example, may utter a vocal display indicating the high probability that it (the communicator) is, or soon will be, engaged in an attempt to escape.
3:5例えば、タカが近づいてくるのを見たある小鳥は、自分(コミュニケーションの発信者)は逃
げる、あるいは間もなく逃げようとしているという高い可能性を示すような、声による誇示行動を するかもしれない。
3:6 Other small birds, upon hearing the vocalization, may seek cover immediately.
3:6 その発声を聞いた他の小鳥たちは、ただちに隠れ場所を探すであろう。
3:7 Hence, the function of the vocalization is to give them a better opportunity to remain alive and not to increase the immediate chances of survival of the communicator — indeed, its chances for survival may slightly decrease.
3:7 というわけで発声の機能は彼らに生き延びる機会を与えるものであり、コミュニケーションの 発信者が生き延びる機会を増すためのものではない。それどころか生き延びる機会は少し減るで あろう。
3:8 The display functions for the communicator (6)(1. in that 2. for which 3. for whom) it protects individuals whose continued existence provides a benefit to him greater than the cost of using the display.
3:8この場合の誇示行動は、それによって払う犠牲よりもそれによって救われ生き延びる小鳥たち を守り、その方が発信者にとって益が大であるという点において、発信者に対して機能を果たす ということになる。
3:9 These individuals may be his offspring or associates whose similar responses to the environment will provide him future protection and, through their alertness in the future, make it possible for him to spend less time (7) ( 1. glancing 2. looking 3. scanning) his surroundings for predators.
3:9 この救われた小鳥たちは、発信者の子どもか仲間であるかもしれない。彼らが環境に対して示 す同じような反応が、将来自分を守ることになろう。そして、将来警報を発することによって、 彼らの周囲に捕食者がいないかどうか入念に調べるのに長い時間をかけないで済むようにしてく れるであろう。
(6)1 (6)誇示行動が「どういう意味で」それを発する者に機能するのかを説明した文。2と3では、
forへとつながる部分が後にない。

環境情報学部 1,996 問1、
■第1段落
1:1 Leadership has been defined as the power of one or a few individuals to induce a group to adopt a particular line of policy.
1:1 リーダーシップとは、一つの集団に、ある特定の政策や行為に関する方針をとらせる個人また
は数人の力量であると定義されている。
1:2 Leadership has always fascinated the general public (1)(1. as well as 2. as told to 3.as understood by) observers of political life because of the element of “miracle” which seems embedded in the phenomenon.
1:2 リーダーシップが発揮されている場合、その現象の中にあると思われる「奇蹟」という要素の
ために、政治の世界に携わる人はもちろんのこと、一般大衆をも常に魅了してきた。
1:3 It appears to belong to the realm of the divine, of the (2)(1. secular 2. mundane 3. sacred) as it creates a bond between rulers and ruled which defies ordinary explanations.
1:3 リーダーシップは、支配者と被支配者の間に普通の説明では説明しきれないきずなを創り出す
がゆえに、人間を超越した人々の領域、すなわち神聖な人々の領域に属しているもののように思 われる。
1:4 Not surprisingly, therefore, leadership has (3)(1. proved 2. found 3. judged) difficult to measure and to assess; works on the subject have tended to be descriptions of the deeds of heroes rather than careful analyses of the subject.
1:4 したがって、リーダーシップを判定し、評価することは困難であるとわかっても驚くことはな
い。このテーマに関する数々の研究は、従来、対象の注意深い分析というよりも英雄たちの行っ た行為の記述になるという傾向があった。
・解答 (1)1
as well as~「~はもちろん、~も」 as told to「いわれた通りに」 文意が通るのは1しかない

■第2段落
2:1 Part of the difficulty comes from the fact that the qualities required of a leader are hard to define.
2:1 その困難さの一部は、リーダーに要求される特質を定義することが難しいという事実にある。
2:2 Social psychologists and psychologists, who more than other academics have attempted to analyze the phenomenon and who have set up experiments designed to (4)(1. deflect 2. detect 3.detract) the components of leadership, have found it difficult to agree as to which personality characteristics are most important.
2:2他の分野の学者以上にこの現象の分析を試み、リーダーシップの構成要素を見つけ出すための
実験を工夫してきた社会心理学者や(一般の)心理学者は、どのような個人的性格が最も重要で あるかという点に関して意見の一致を見ることが困難であるということに気づいてきている。
2:3 Many “traits” are felt to be essential, from energy to intelligence and from the ability to communicate to the capacity to make decisions rapidly and firmly.
2:3精力から知性に至るまで、またコミュニケーション能力からすばやく断固たる決断を下す能力
に至るまで、数多くの「特徴」が必要不可欠であるように感じられるのである。
2:4 The results so far do not provide a clear outline of what is or is not required, (5)(1. any less than 2. any more than 3. any other than) the biographies of “illustrious” men have made it possible to determine what exactly were the qualities of Alexander or Caesar, Napoleon or Churchill.
2:4 これまでの(研究の)結果からは、何が必要で、何が必要でないかということについての明快 な大筋は得られていない。それは、「傑出した」人物の伝記からアレキサンダー大王や、シー ザー、ナポレオン、チャーチルなどの人物のもつ特質を正確に決定することができていないのと 同様である。
(5)2 (5)not A any more than B「AでないのはBでないのと同じ」=no more A than B

■第3段落
3:1 One reason why the personal qualities required of a leader (6)(1.should 2. may 3. may not) be diverse is because leadership cannot be divorced from the environment within which it occurs.
3:1 リーダーに必要とされる個人的な特質が多様にならざるを得ない理由の一つは、リーダーシッ プが、リーダーシップの発生する環境と切り離すことができないことにある。
3:2 The role of this environment is (7)(1. manifest 2. manifold 3. manipulative) in several ways.
3:2 この環境の果たす役割はいくつかの面において明白である。
3:3 To begin with, the personal qualities of leaders are personal only in the sense that these leaders happen to possess them: they may also be viewed as being in part the product of the environment, from the family in which the leaders grew up to the nation to which they belong.
3:3 まず第一に、リーダーたちの個人的特質は、これらのリーダーたちがたまたまその個人的特質 をもちあわせたという意味においてのみ個人的である。一方彼らは、育った家庭から所属する国 家に至るまでの、ある程度環境が生み出したものであると考えることもできるかもしれない。
3:4 But there are two other essential ways in which leadership is related to and indeed (8)(1. contends with 2. suspends from 3. depends on) the environment.
3:4 しかし、リーダーシップは環境と関係があり、また実に環境次第であると言える大事な面がほ かに二つある。
3:5 First, leadership is, usually at least, clearly connected to the holding of a particular position: a prime minister may exercise his or her leadership more or less successfully; in the first instance, however, the fact of being prime minister provides opportunities which others do not have.
3:5第一に、リーダーシップは通常少なくともその人がある特定の地位を占めているかどうかとい
うことと明らかに関係がある。例えば総理大臣は、多少とも首尾よくリーダーシップを発揮する ことができるであろう。しかしまずはじめに、総理大臣であるという事実は、他の人にはないチャ ンスを与えてくれるものである。
3:6 The holder of such a post is expected to be a leader; other politicians and the population as a whole look to the head of the government for guidance.
3:6 そのような地位を占めている人はリーダーとなることをまわりから期待されている。他の政治
家や国民全体が政府の長に指導力を発揮することを期待している。
3:7 What needs explanation is more why some prime ministers or presidents do not succeed in becoming real leaders, rather than why they succeed (9)(1. in doing it 2. in doing so 3. in being it).
3:7説明を要するのは、総理大臣や大統領のうちのある人々が「真の」リーダーとなることに成功 した理由よりもむしろ、「真の」リーダーとなることに成功しなかった理由の方である。
3:8 Indeed, more generally, the institutional framework truly fashions the characteristics of leadership in that it provides opportunities to exercise power: the British prime minister, for example, has an easier task in this respect than the Italian prime minister, who heads a coalition government whose many components are more likely to rebel than to follow.
3:8実際、さらに一般的には、権力を行使する機会を与えてくれるという点で制度上の体制そのも
のがリーダーシップの特徴を真に作り上げると言える。例えば、イタリアの首相よりも英国の首 相の方がこの点では、仕事が容易である。というのは、イタリアの首相は、つき従うよりも反抗 する可能性の方が大きいたくさんの党からなる連立政府の首班であるからだ。
・解答 (6)1
(6)
必要・当然などを表す主節(necessary、require、naturalなどが使われる)に続く名調節、命令・要
求・主張・意向などを表す主節(propose、insistなどが使われる)に続く名詞節や、why、howなどと ともに用いて当然の意を強調する場合などにshouldが用いられる。diverse「種々の、多様な」 divorce(from~)「<密接なものを>(~から)分離する」

■第4段落
4:1 There is, however, a second and even more fundamental way in which the environment appears to condition or even mould leadership : the circumstances are not equally advantageous to all those who hold top positions.
4:1 だが、環境がリーダーシップ発揮の条件づけをしたり、さらにはリーダーシップを形成しさえ する、もう一つ別の根本的とさえ言える面がある。それは、その時その時の状況は頂点の位置を 占めている者すべてにとって同じように都合がいいわけではない、という一面である。
4:2 Of course, a “real” leader is the one who can (10)(1. lose 2. hold 3. seize) the opportunities and (11)(1. exploit 2. explain 3. extort) them to the full; but the opportunities may be rare.
4:2 もちろん、「真の」リーダーは、機会をすばやくつかみ、その機会を十分に利用することので きる人である。しかし、そんな機会はまれである。
4:3 Some leaders may benefit from the disunion of their enemies at home and abroad; others may benefit from the fact that external circumstances are favorable.
4:3国内外の敵の内輪もめによって利を得るリーダーもいるだろうし、外国の情勢が有利に働くと
いう事実から利を得るリーダーもいるであろう。
4:4 Indeed, it is in the context of foreign affairs that the characteristics of leadership have tended to (12)(1. indulge 2. submerge 3. emerge) most strongly, in part because foreign affairs have always been more glamorous than internal policy making and in part because, the stakes being much higher, up to and including the destruction of the country, the successes can be immense.
4:4 たしかに、リーダーシップの特質が最も強く現れる傾向にあるのは、外交関係においてであ
る。それは、一つには外交は常に内政での政策立案よりも魅力に満ちたものであるからだし、ま た一つには、国の崩壊には至らないまでもそれを含め賭けられたものが(内政に比べて)ずっと 大きく、成功すればその成功ははかりしれないものとなり得るからである。
4:5 Machiavelli knew this well: most of his 1ecommendations to the Prince were connected to the aim of establishing leadership through prestigious victories against (13)(1. domestic 2. foreign 3. native) enemies.
4:5 マキアベリはこのことをよく知っていた。王子に対する彼の勧告のほとんどは、国外の敵に対
して名声ある勝利を収めることによりリーダーシップを確立するという目的に結びついていた。
4:6 Closer to our own day, one wonders how Winston Churchill would have fared — indeed whether he would still play a part in the history books, despite having been minister several times
— had he not “met with destiny” in 1940; the same might be said of Charles de Gaulle, as a result of the brutal French defeat of the same year.
4:6 今日に近い時代に目を移すと、ウインストン=チャーチルは、もしも1940年に「運命に出会
う」ことがなかったら、どれほどうまくやったか―確かに何度か首相を務めはしたが、歴史書に おいて今でもひと役つとめていたかどうか―は疑問である。同じ年のフランスの敗北という厳し い現実の結果として、同じことがシャルル=ド=ゴールについても言えるのではなかろうか。
(12)3 (12)
Indulge「ほしいままにする」 Submerge「没頭させる」 emerge「出てくる、現れる」
この文はitis~thatの強調構文でin the context of foreign affairsが強調されている。in the context of
~「~の面(状況・環境・関係)において」

■第6段落
6:1 So far there has been no definite answer to the question and none is likely to be given in the near future.
6:1 これまでのところ、この問題に対する確固たる解答はないし、近い将来においても解答は出て
きそうにない。
6:2 Attempts to compare different situations and assess how much of the variations could be attributed to leaders have occasionally been made.
6:2 さまざまな状況を比較し、リーダーにはどの程度のバリエーションがあり得るか査定しようと
する試みもなされてきた。
6:3 Even if the efforts are not wholly convincing they (16)(1. take 2. rest 3.make) the case of those who suggest that leaders merely reflect their environment more difficult to sustain: it goes against common sense; it goes against the way people have always behaved, not least those who have (17)(1. processed 2. possessed 3. professed) that the environment was all powerful.
6:3 その努力は完全に説得力あるものとは言えないかもしれないが、リーダーは単に環境を映し出
しているに過ぎないと示唆した人々の主張が支持しがたいものであることを明らかにしている。 これは常識には反している。人々のそれまでの行動の仕方、特に環境が最も強力であると明言し てきた人々のものに反するものである。
6:4 It is the political regimes that are most closely built on this philosophy, the communist systems, that produce the politicians who place most emphasis on leadership as though the socioeconomic forces needed Lenin, Mao, Tito and others to (18)(1. materialize 2. destroy 3. neutralize) themselves in the reality of political life.
6:4 このような考え方に最大限即してうちたてられた政治体制、すなわち共産主義体制こそが、指
導力に最も重きを置く政治家たちを生み出したのである。それはあたかも社会経済的勢力が現実 政治の中で自らを形にするためにレーニン、毛沢東、チトーその他の人物を必要としていたかの ようだった。
・解答 (16)3
(16)
make〔V〕+the case of…〔O〕+more difficult to…〔C〕の文型。 (17)3 (17)
Process「調査する」 Possess「所有する」 profess「公言する、明言する」
「特に環境が最強であると~」にftてはまる選択肢を選ぶ。not least「特に」

環境情報学部 1,996 問2、
■第4段落
4:1 Two symbolic processes contribute heavily to the festival mystique: the manipulation of temporal reality and transformation.
4:1 象徴を用いるこつの進行過程が祭りの神秘的な雰囲気に大きく寄与している。それは、「時」
に関する現実と変容の巧みな扱い方である。
4:2 The temporal reality of festival incorporates time in at least two dimensions.
4:2 祭りの中での「時」に関する現実は、「時」を少なくとも二つの面で組み入れている。
4:3 In the first, the principles of periodicity and rhythm define the experience.
4:3 まず第一に、周期性とリズムの原則がこの(祭りという)体験を限定する(という面があ る)。
4:4 Not surprisingly, this cyclic pattern is associated with the cycles of the moon in cultures (8)(1. in which 2. of which 3. by which) the lunar calendar is or has been used in recent history.
4:4 驚くまでもなくこの周期的パターンは、(その文化の中で)太陰暦の使われている、もしくは
最近まで使われていた文明においては月の周期と結びついている。
4:5 With the passage of time festival occurs again and again, marking the cycles of the moon, the annual repetition of the seasons, and the movements of the planets governing the solar calendar. 4:5時の経過とともに祭りは繰り返され、月の周期、年々の季節の繰り返し、太陽暦を支配する天
体の動きなどがしるしづけられる。
4:6 Festival occurs calendrically, either on a certain date each month or on a specific date or periodic time each year.
4:6毎月のある特定の日、一年の中の特別の日や定期的な時期といったように、祭りは暦に従って
行われる。
4:7 The cycles of time are the justification for festival, independent of any human agent.
4:7時の周期が祭りを行う根拠であり、人間の主体的な行動とは無関係である。
4:8 Unlike rites of passage, which move individuals through time, festival yokes the social group to this cyclic force, (9)(1. breaking 2. establishing 3. changing) contact with the cosmos and the eternal process of time.
4:8時の流れの中で個々人の位置を移動させる通過儀礼とは異なり、祭りは、社会集団をこの周期
的なカに結びつけ、宇宙や「時の永遠の経過」との接点をつくりだすのである。
・解答 (8)1 (8)
先行詞はculturesである。the lunar calendar is or has been used in the cultures in recent historyという文が 基になっている。lunar calendar「太陰暦」

■第6段落
6:1 In the festival environment, principles of reversal, repetition, juxtaposition, condensation, and excess flourish, leading to communication and behavior that (11)(1. abides by 2. incorporates 3. contrasts with) everyday life.
6:1 祭りという環境の中では逆転、反復、並列、凝縮、過剰の原理が羽振りをきかせ、日常生活と
は対照的な意思伝達や行動へと人々を導く。
6:2 These principles can be applied to every code in use for communication.
6:2 以上の原理は意思伝達のために用いられるすべての決まりごとに当てはめることができる。
6:3 Repetition, for example, operates (12)(1. although 2. so that 3. unless) the sound of drums, fireworks, or singing voices may be continuous throughout an event, or the major visual symbol such as an image of a bear or the symbol of corn or the cowboy/gaucho may be shown in many circumstances.
6:3例えば、反復は太鼓の音、花火、あるいは歌声が催しの始めから終わりまで継続するように作 用するし、熊の像、トウモロコシのシンボルやカウボーイやガウチョなどの大きな視覚に訴える シンボルが多くの状況の中で見えているように作用する。
(12)2
(12)so that A, B, or C may be~「A、B、Cが~になるように」so that ~ mayの目的構文。

■第7段落
7:1 Festival use of symbolic form has captured the interest of a number of scholars in different disciplines, from Jane Ellen Harrison to Victor Turner and Mikhail Bakhtin, all of whom noted the
transformative potential in rites and festivals.
7:1祭りが象徴的表現形式を用いることは、ジェーン=エレン=ハリソンからヴィクター=ターナー やミハイル=パフチンまで様々な分野の大勢の学者たちの興味を引いた。彼らは皆、儀式や祭り のもつ、ものを変える潜在能力に注目した。
7:2 Transformation in festivals takes the form of symbolic manipulation using the principles listed above.
7:2祭りにおける変容は、先に列挙したような原則を用いて象徴を巧みに扱うという形をとる。
7:3 Among the most common is inversion, the reversal of the established social order, (13)(1. including 2. maintaining 3. furthering) social hierarchy and gender roles.
7:3中でも一般的なのは「転倒」で、これは社会的階層制度や男女の役割を含む、すでに確立して
いる社会秩序の逆転のことである。
7:4 In hierarchical societies, symbolic inversion creates an upside-down world with the “inferior” at the top and the “superior” at the bottom, or it declares (14)(1. the social structure 2. inversion 3. egalitarianism) to be in order for the duration of the festival.
7:4 階級組織制度のある社会では象徴的な逆転は、「下位者」が頂点に立ち、「上位者」が底辺に
くるといったような上下が逆の世界を創りだしたり、平等主義が祭りの期間中は合法であると宣 言したりする。
7:5 Special characters such as clowns may assume the role of agent in bringing about the symbolic action.
7:5 道化役のような特別の人物が象徴的な行為を行う代理人の役目を引き受けることもあろう。
7:6 In societies in which egalitarianism is the stated form, symbolic inversion may create a (15)(1. demolition 2. royalty 3. reorientation) of queens and princesses, demonstrating the reversal from egalitarianism to aristocracy and from a male-dominated to a female-dominated social structure. 7:6平等主義が定着している社会では、象徴的な逆転は女王や王妃の王権を創りだすかもしれな
い。これは平等主義から貴族主義、男性中心の社会構造から女性中心の社会構造への逆転を表し ている。
7:7 Competitions in festival serve the same purpose, creating competitive performers and dividing them into the victorious and the defeated, creating differentiation out of sameness.
7:7祭りの中で行われる競争も、競争者を勝者と敗者に分け同一性から差異を創りだすため、(逆
転という)同じ目的にかなっている。
・解答 (13)1
(13)
Include「含む」in(中に)+clude(閉じ込める) Maintain「維持する」main(手に)+tain(所有する) Further「~を促進する」
Among the most common is inversionは倒置。the reversal of the established social orderは inversionと同格。(13)以下は全体で直前のsocial orderを修飾している。hierarchy「階層(級)制 度」

環境情報学部 1997 問1
■第2段落
2:1 The film, which had stunned us a generation ago with its extraordinary technical and figurative invention, now seemed to repeat wearily things we had seen a thousand times before.
2:1 その映画は、一世代前、思いもよらない技術上、造形上の発明で我々を呆然とさせたが、今で
はもう我々がすでに1千回も見たものの退屈な繰り返しのように思われた。
2:2 The drama of the paranoid computer still maintains its tension, though it (1)( 1. still 2. no longer 3. nonetheless) seems amazing; the beginning with the monkeys is still a fine piece of cinema, but those non-aerodynamic spaceships are now no more than the discarded plastic toys of yesteryear.
2:2目を見張るようなことはもはやないが、偏執病的なコンピューターのドラマは依然として緊張
感があった。猿の群れで始まる出だしは相変わらず素晴らしい映画だが、あの無重力状態の宇宙 船はもう捨て去られた往年のプラスチックの玩具に過ぎない。
・解答 (1)2
(1)
still「相変わらず、依然として」 no longer「もはや~ない」
nonetheless「それにもかかわらず」

■第3段落
3:1 And yet we (2) (1. considered 2. are considering 3. had considered) Kubrick an innovator of genius.
3:1 だというのに、我々はキューブリックのことを天才革新者だと思っていたのだった。
3:2 But that is the point; the media have a history but they have no memory (two characteristics that ought to be incompatible).
3:2 しかし、そこが大事な点だ。メディアには歴史はあるが、記憶がないのだ(それはft然両立し がたい2つの特色である)。
3:3 The mass media are genealogical because, in them, every new invention sets (3) (1. off 2. out
3. on) a chain reaction of inventions and produces a sort of common language.
3:3 マスメディアには家系的なところがある。理由は、マスメディアにおいては新しい発明はこと
ごとく発明が次々となされるきっかけとなり、ある種の共通言語を生み出すからである。
3:4 They have no memory because, when the chain of imitations has been produced, no one can remember who started it, and the head of the clan is confused with the latest great grandson.
3:4 一連の似たものが作り出されるとだれがその先端をつくったのかを思い出せる人間はおらず、
一族の長は一番新しい曾孫と取り違えられてしまうから、メディアには記憶力がない。
3:5 (4)(1. Therefore 2. In contrast 3. Furthermore), the media learn ; and thus the spaceships of Star Wars, descended from Kubrick’s, are more complex and plausible than their ancestor, and now the ancestor seems to be their (5) (1 .imitator 2. origin 3. model).
3:5 そのうえメディアは学習する。そこで、キューブリックの宇宙船の子孫である『スターウォー
ズ』の宇宙船は、どれもその先祖の宇宙船より複雑でそれらしくなっている。そして今や先人の ほうが彼らの模倣者のように見えてしまう。
・解答 (2)3
(2)
キューブリックの映画を偶然テレビで見る以前は「~と考えていた」のだから、過去完了形。

■第6段落
6:1 Our relationship with the mass media has also changed.
6:1 我々とマスメディアとの関係も変化した。
6:2 We must learn new instruction on how to (10) (1. react 2. refer 3. return) to the mass media.
6:2我々はマスメディアに対してどのように反応すべきかということについて新しい知識を学ばね
ばならない。
6:3 Everything that was said in the 60s and 70s must be reexamined.
6:3 60年代、70年代に言われていたことはすべて再検討されねばならない。
6:4 Then we were victims of a model of the mass media based on the relationship with authority, a centralized transmitter, with precise political and pedagogical plans.
6:4 我々は権威、集中管理的な伝達者、厳密な政治的・教育学的計画などとの関係に基づいたマス
メディアの原型の犠牲者であった。
6:5 The messages were sent through recognizable techno· logical channels such as TV, radio, and the magazine page, to the victims of ideological indoctrination.
6:5 メッセージはテレビ、ラジオ、雑誌のページなどの認知可能な技術的チャンネルを通してイデ
オロギー教化の犠牲者のもとに送られた。
6:6 We (11) (1. could 2. would 3. might) only have to teach the addressees, we thought, to “read” the messages, to criticize them, and perhaps we would attain the age of intellectual freedom and critical awareness.
6:6我々が考えていたのは、メッセージを「読み取り」、メッセージを批判するように電算機のア
ドレスに教えるだけでいいだろう、そうするだけでひょっとしたら、知的自由と批判的自覚の時 代を手に入れられるだろうということだった。
(11)2 (11)
will only have to…「…さえすればよいだろう」のwillが時制の一致を受けたもの。we thought,に注 目。

■第8段落
8:1 What is a mass medium today?
8:1 マスメディアとは、何であろうか。
8:2 Let’s try to imagine a not so imaginary situation.
8:2 それほど現実離れしていない場面を考えてみよう。
8:3 A company produces polo shirts with an alligator on them and advertises them.
8:3 ある会社がワニの図柄のついたポロシャツを生産してその宣伝をする。
8:4 A (12) (1. member 2. generation 3. character) begins to wear the polo shirts.
8:4 同時代の人々がそのポロシャツを着始める。
8:5 Each consumer of the polo shirt advertises, via the alligator on his chest, this brand of polo shirt (just as the owner of a Toyota is an unpaid, and paying, advertiser of the Toyota line and the model he drives).
8:5 このポロシャツの消費者の一人一人が、胸のワニの図柄を通してこのブランドのポロシャツの 宣伝をする(それはトヨタの製品の所有者がただで、いやそれどころか金を払ってトヨタの製品と 彼が運転している車の宣伝をしているのと同じだ)。
8:6 A TV broadcast, to be faithful to reality, shows some young people wearing the alligator polo shirt.
8:6 あるテレビ放送は、真実に忠実であらんがためにワニのポロシャツを着た何人かの若者を映し 出す。
8:7 The young (and the old) see the TV broadcast and buy more alligator polo shirts because they (13) (1. have 2. take 3. give) “the young look.”
8:7 若者たちは(そして年寄りも)そのテレビの放送を見て、「若い外見」を与えてくれる(=それを
着ると若々しくみえる)のでワニのポロシャツをますます買うようになる。

(13)3 (13)
直前のtheyはaligator polo shirtsを指している。haveとgiveで意見の分かれそうなところ。「ポロ
シャツを着ると若者らしく見える」→「ポロシャツが若い外見を与えてくれる」と考える。

■第10段落
10:1 And what about authority?
10:1 では、権威者はどうだろう。
10:2 Do we perhaps identify authority with the designer who had the idea of inventing a new polo shirt design, or with the manufacturer who decided to sell it, and to sell it on a wide scale, to make money?
10:2 たぶん我々は新しいポロシャツのデザインを考え出したデザイナー、あるいはそのポロシャ ツを売ろうと、それも大規模に売ろうと、そして金儲けをしようと決心した製造者と権威者を同 一視するのではなかろうか。
10:3 Or with those who legitimatelee agree to wear it, and to advertise an image of youth and recklessness, or happiness?
10:3 あるいは、そのポロシャツを着ることに何の不自然なところもなく同意し、若さと無鉄砲あ るいは幸福のイメージを宣伝することに同意した人々と同一視するのだろうか。
10:4 Or with the TV director, who has one of his young actors wear the polo shirt to characterize a generation?
10:4 あるいは、テレビのディレクターと同一視するのだろうか。ある世代の特色にするために若 い俳優の一人にそのポロシャツを着せたりするからだ。
10:5 Or with the singer who, to cover his expenses, agrees to sponsor the polo shirt?
10:5 あるいは、出費を賄うためにポロシャツのスポンサーに同意した歌手と同一視するのだろう か。
10:6 All are in it, and all are outside it.
10:6 すべてが関係者であり、またすべてが無関係でもある。
10:7 Power is elusive, and there is no longer (16) (1. any 2. some 3. all) telling where the “plan” comes from.
10:7権力は捕まえどころがなく、その「計画」がどこから生じたのかを知る手立てはもはやない。
10:8 There is a plan, but it is no longer intentional.
10:8 ある計画がある。しかし、それはもはや意図されたものではない。
10:9 Therefore, it cannot be criticized with the traditional (17) (1. critic 2. criticism 3. critics) of intentions.
10:9 そこでそれを意図に対する昔ながらの批判の仕方で批判することはできない。
10:10 All the professors of communication, trained by the texts of twenty years ago (this includes me), should be pensioned off.
10:10 20年前の教科書で教育されたコミュニケーション関係の教授は(これには私も入るが)、すべ
てお払い箱にされるべきである。
・解答 (16)1
(16)
no longer「もはや~でない」の後ろにこれるのはanyである。 (17)2 (17)
Criticism「批評」 criticsはcritic「批評家」の複数形。

環境情報学部 1,997 問2
■第12段落
12:1 Another goal which our schools and teachers should be (17) (1. revealing 2. provoking 3. pursuing) is the discovery of vocation, of one’s fate and destiny.
12:1 学校や教師が追求すべきもう一つの目的は、天職、生徒の宿命と運命を発見することである。

12:2 Part of learning who you are, part of being able to hear your inner voice, is discovering what it is that you want to do with your life.
12:2 自分を知ることの一部、自分の内なる声を聞くことができることの一部は、生涯をかけて自
分がやりたいことは何であるかを発見することにつながる。
12:3 Finding one’s identity is almost (18)(1. synonymous 2. incompatible 3. coinciding) with finding one’s career, revealing the altar on which one will sacrifice oneself.
12:3 自分のアイデンティティを発見するということは、自分の職業を見つける、つまり、自分を捧
げる祭壇を明らかにすることとほとんど同義である。
12:4 Finding one’s lifework is a little like finding one’s mate.
12:4 自分の一生の仕事を見つけることは、自分の配偶者を見つけることと少し似ている。
12:5 One custom is for young people to “play the field,” to have lots of contacts with people, a love affair or two, and perhaps a serious trial marriage before getting married.
12:5 ある慣習では若者は「大勢の異性と交際し」、人々とたくさんの関係を持ち、一度や二度の
恋愛を経験し、ことによると、結婚前に真剣に試験的結婚をすることになっている。
12:6 In this way they discover what they like and don’t like in members of the opposite sex.
12:6 このようにして彼らは異性と一緒にいて自分の好き嫌いを発見する。
12:7 As they become more and more conscious of their own needs and desires, those people who know themselves well enough eventually just find and recognize one another.
12:7 自分の必要とするものや欲するものが意識されるにつれて、自分自身を十分に知る者同志が
お互いを発見し認めるようになる。
12:8 Sometimes very similar things happen when you find your career, your lifework.
12:8 時として、非常によく似たことが職業や生涯にわたる仕事を見つけるときにも起こる。
12:9 It feels right and suddenly you find that twenty-four hours a day aren’t long enough, and you begin lamenting the shortness of human life.
12:9 まさにぴったりと感じられ、突然1日が24時間では不十分であることに気づき、人間の一生 の短さを嘆き始める。
・解答 (17)3
(17)
reveal「明らかにする」 provoke「刺激してさせる」 pursue「追跡する」 目的にかかる動詞なので、3が最適。

環境情報学部 1998 問2
■第12段落
12:1 An “accident” in computer graphics: I am playing with a paint program, which enables me to create visual art on the screen and then store it on disk as data that can be called up later.
12:1 コンピューター・グラフィックにまつわる「不測の事態」のひとつを挙げよう。私は絵画の プログラムを操作している。それを使うと画面上で視覚芸術を創作し、後で呼び出せるデータと してディスクに保存できるというものである。
12:2 I intend to call up the art I was working on yesterday, but I hit the wrong key and call up the zip code index of my mailing list.
12:2私は昨日作製した作品を呼び出そうとしているが、キーを打ち間違えてしまい、住所録の郵便
番号の目次を開いてしまう。
12:3 The thousands of zip codes, (14) (1. having transformed 2. trans- formed 3. transforming) into a single glowing screen of abstract color and pattern, turn out as a startling and beautiful scene of otherworldly microscopic life.
12:3 その何千という郵便番号は、抽象的な色や模様のあるひとつの輝くスクリーンに形を変え、
別世界のミクロの生活の、びっくりするような美しい光景となって姿を現す。
12:4 From this serendipitous blunder evolves a technique that I use to create dozens of new artworks.
12:4非常に多くの新たな芸術作品を創作するのに私が用いる技術は、このような思わぬ発見をする
大失敗から発展するのである。
・解答 (14)2
(14)
transformは通例他動詞「変化させる」で用いる。(having been) transformed…と受動態で解釈す るのが自然。

環境情報学部 2,000 問1、
■第3段落
3:1 El Niño, Spanish for ‘the child’ (and specifically the Christ child), is the name Peruvian fishermen gave to coastal sea temperature [3](1. silence 2. coldness 3. warmings) that first appeared around Christmas time.
3:1 エルニーニョはスペイン語で「子供」(具体的には幼児キリスト)を意味するが、それ は、クリスマスの時期に最初に現れた沿岸地方の海水温度の上昇に対してペルー人の漁師 たちがつけた名前である。
3:2 Now El Niño more generally refers to a warming of the tropical Pacific basin that occurs roughly [4] (1. every 2. any 3. some) three to seven years in association with a weakening of the trade winds.
3:2現在ではもっと一般的に、エルニーニョというのは、およそ3年から7年に一度、貿易
風の弱まりに伴って発生する熱帯地方の太平洋海域における温度上昇のことを指す。
3:3 The opposite side of El Niño, La Niña, is characterized by stronger-than-normal trade winds and unusually cold sea-surface temperatures in the tropical Pacific.
3:3 エルニーニョの逆の現象であるラニーニャは、通常よりも強い貿易風と、熱帯地方の
太平洋の海面温度が異常に低いことが特徴である。
3:4 Both El Niño and La Niña are [5] (1. disrupted 2. exchanged 3. accompanied) by swings in atmospheric pressure between the eastern and western Pacific.
3:4 エルニーニョ、ラニーニャとも、太平洋の東部と西部の間の気圧変動を伴う。
3:5 These swings are known as the Southern Oscillation.
3:5 このような変動は南方振動として知られている。
3:6 These phenomena are collectively [6] (1. preferred 2. referred to 3. gathered) as ENSO or El Niño/Southern Oscillation.
3:6 これらの現象はまとめてENSO(エンソ)あるいはエルニーニョ/南方振動と呼ばれる。
3:7 At the moment, a strong La Niña is evident in the tropical Pacific, with several (but not all) forecast models predicting a return to [7] (1. abnormal 2. formal 3. normal) by the end of 1999.
3:7現在、熱帯地方の太平洋で強いラニーニャ現象が起こっているが、いくつかの(すべて
ではないが)予測機器は1999年末までには正常な状態に戻ると予想している。
[4]―1 >[4]
every three to seven years「3年から7年ごとに」

■第6段落
6:1 Several factors may have contributed to the [12] (1. strength 2. Weakness 3. Calmness) of the 1997-98 El Niño.
6:1 1997年から98年のエルニーニョの強さには、いくつもの要因が関与したのだろう。
6:2 One is chaos, which some theories invoke to account for the irregularity of the ENSO cycle.
6:2一つはENSOの周期の不規則性を説明するためにいくつかの理論で引き合いに出される
無秩序というものである。
6:3 Nonlinear resonances involving ENSO and the seasonal cycle have received special attention, but other chaotic interactions may affect ENSO as well.
6:3 ENSOや季節の周期に関わる非直線的な共鳴振動はすでにかなり注目されてきたが、 他の無秩序な相互作用もまた、ENSOに影響を及ぼすことがある。
6:4 In 1997-98, events possibly acted together to produce an extraordinarily strong El Niño simply due to the underlying tendency towards chaos in the climate system.
6:4 1997年から98年にかけては、複数の現象が同時に作用して異常に激しいエルニーニョ
現象を生み出したが、おそらくそれは単に気象体系に潜在する無秩序への傾向が原因であ る。
6:5 A related issue is [13] (1. another 2. that 3. in case) of weather ‘noise.’
6:5関連した問題に気象の「ノイズ(雑音)」がある。
6:6 Weather phenomena, inherently unpredictable more than about two weeks [14] (1. in advance 2. ago 3. later), are a source of random forcing in the climate system.
6:6気象現象は、本来約2週間以上前に予知することはできず、気象体系に無原則に入り込
む力のもとになっている。
6:7 In the tropical Pacific, weather events occurring at the right time, and on time and space scales [15] (1. for 2. in 3. to) which the ocean is sensitive, can markedly alter the evolution of the ENSO cycle.
6:7熱帯地方の太平洋では、まさにうってつけのときに発生し、海に影響を与えやすいよう
な時間と空間の規模の気象現象は、ENSOの周期の発達を著しく変化させることがあるの である。
[13]―2
>[13]
that=the issue

■第6段落
6:1 Several factors may have contributed to the [12] (1. strength 2. Weakness 3. Calmness) of the 1997-98 El Niño.
6:1 1997年から98年のエルニーニョの強さには、いくつもの要因が関与したのだろう。
6:2 One is chaos, which some theories invoke to account for the irregularity of the ENSO cycle.
6:2一つはENSOの周期の不規則性を説明するためにいくつかの理論で引き合いに出される
無秩序というものである。
6:3 Nonlinear resonances involving ENSO and the seasonal cycle have received special attention, but other chaotic interactions may affect ENSO as well.
6:3 ENSOや季節の周期に関わる非直線的な共鳴振動はすでにかなり注目されてきたが、 他の無秩序な相互作用もまた、ENSOに影響を及ぼすことがある。
6:4 In 1997-98, events possibly acted together to produce an extraordinarily strong El Niño simply due to the underlying tendency towards chaos in the climate system.
6:4 1997年から98年にかけては、複数の現象が同時に作用して異常に激しいエルニーニョ
現象を生み出したが、おそらくそれは単に気象体系に潜在する無秩序への傾向が原因であ る。
6:5 A related issue is [13] (1. another 2. that 3. in case) of weather ‘noise.’
6:5関連した問題に気象の「ノイズ(雑音)」がある。
6:6 Weather phenomena, inherently unpredictable more than about two weeks [14] (1. in advance 2. ago 3. later), are a source of random forcing in the climate system.
6:6気象現象は、本来約2週間以上前に予知することはできず、気象体系に無原則に入り込
む力のもとになっている。
6:7 In the tropical Pacific, weather events occurring at the right time, and on time and space scales [15] (1. for 2. in 3. to) which the ocean is sensitive, can markedly alter the evolution of the ENSO cycle.
6:7熱帯地方の太平洋では、まさにうってつけのときに発生し、海に影響を与えやすいよう
な時間と空間の規模の気象現象は、ENSOの周期の発達を著しく変化させることがあるの である。
[15]―3 >[15]
be sensitive to~(「~の影響を受けやすい」)のtoが関係代名詞whichの前に出たもの。

環境情報学部 2,000 問2
■第2段落
2:1 When the photograph first appeared, it accompanied a story of the famine that has once again [1] (1. moved 2. solved 3. resulted from) political violence and the chaos of civil war in the southern Sudan.
2:1 この写真が初めて登場したとき、スーダン南部での政治的暴力と内戦の混乱からまた もや生じた飢饉の話が写真についていた。
2:2 The Times’ self-congratulatory account fails to adequately evoke the image’s shocking effect.

2:2 『タイムズ』紙の自画自賛めいたその説明は、その写真のもつ衝撃的な効果を十分に 呼び起こしてはいない。
2:3 The child is [2] (1. much 2. hardly 3. a little) larger than an infant; she is naked; she appears bowed over in weakness and sickness, incapable, it would seem, [3] (1. from 2. of
3. for) moving; she is unprotected.
2:3 その子供の体はほとんど幼児同然の大きさしかない。彼女は裸で、衰弱と病気でうつ
ぶせているように見え、動けないようであり、無防備である。
2:4 No mother, no family, no one is present to prevent her from being attacked by the vulture, or succumbing to starvation and then being eaten.
2:4母も、家族も、いや誰一人として、ハゲワシに攻撃されること、あるいは飢死してつい
には食べられてしまうことから彼女を守る者はそこにいない。
2:5 The image suggests that she has been abandoned.
2:5 その画像から彼女は置き去りにされたと伺える。
2:6 Why?
2:6 それはなぜか。
2:7 The reader again is led to imagine various [4] ( 1. scenarios 2. styles 3. collections) of suffering: she has been lost in the chaos of forced uprooting; her family has died ; she has been deserted near death in order for her mother to [5] ( 1. keep up with 2 .get rid of 3. hold on to) more viable children.
2:7 ここで再度読者はさまざまな不幸のシナリオを想像させられるのである。強制退去の 混乱の中で迷子になってしまった。家族が死んでしまった。 あるいは、もっと生き延びる見込みのある子供らを母親が手放さないためにこの子が瀕死 の状態で見捨てられた、などというふうに。
2:8 The image’s great success is that it causes the reader to want to know more.
2:8 この画像の成功の大きな点は読者にさらなる情報を知りたいと思わせるところにあ る。
2:9 Why is this innocent victim of civil war and famine unprotected?
2:9 なぜこの罪のない内戦や飢饉の犠牲者は保護されないままなのか。
2:10 The vulture embodies danger and evil, but the greater dangers and real forces of evil are not in the “natural world”; they are in the political world, [6] (1. including 2. predicting 3. speaking of) those nearby in army uniforms or in government offices in Khartoum.
2:10 ハゲワシは危険と悪を具体化しているが、より大きな危険や本ftの悪の力は自然界 には存在しない。それらは、軍服を着た人々やハルツームの官庁にいる身近な人々を含 む、政治の世界の中にある。
2:11 Famine has become a political strategy in the Sudan.
2:11 スーダンにおいて飢饉は政治的な戦略となっているのである。
[6]―1 >[6]
including「~を含む、~を含んで」 predict「予想する」
speaking of~「~といえば」
直前のthe political world「政治の世界」に含まれるものを述べている。

■第6段落
6:1 Watching and reading about suffering, especially suffering that exists [11]( 1. in the
past 2. nowhere 3. somewhere else), has become a form of entertainment.
6:1不幸を見たり読んだりすることは、特にどこか別の場所に存在している不幸について
は、娯楽の一形態となっている。

6:2 Images of trauma are part of our political economy.
6:2 ショッキングな映像は我々の政治経済学の一部なのである。
6:3 Papers are sold, television programs gain [12] (1. audience share 2. no program 3. less time), careers are advanced, jobs are created, and prizes are awarded through the consumption and appropriation of images of suffering.
6:3 不幸を写した画像を消費し、流用することで、新聞は売れ、テレビ番組は視聴率を稼
ぎ、職業的地位は向上し、仕事が生み出され、賞が与えられるのである。
6:4 Kevin Carter won the Pulitzer Prize, but his victory, substantial [13] (1. for 2. as 3. like) it was, was won because of the misery (and probably death) of a nameless little girl.
6:4 ケビン=カーターはピューリッツァー賞を受賞したが、彼の勝利は、それが重要なこ とだったとはいえ、名もなき少女の不幸(そしておそらくは死)によって獲得されたもので ある。
6:5 That [14] (1. least 2. more 3. less) dubious side of the appropriation of human misery in the globalization of cultural processes is what must be addressed.
6:5文化的経過の世界化の中で、人間の不幸を不当に利用するという、そのようなより疑
わしい側面にこそ取り組まなければならないのである。
[14]―2 >[14]
more dubious side「より疑わしい面」文末に「取り組まねばならないこと」(what must be addressed)とあることから。

環境情報学部 2,001 問1、
■第2段落
2:1 Today linguists agree that King James was wrong: a child is not born with knowledge of a specific language.
2:1 今日、言語学者はジェームズ王が間違っていたことを皆認めるだろう。子供は特定の
言語の知識を持って生まれてくるのではない。
2:2 We know that language develops as a child interacts with adults.
2:2 言語は子供が大人と相互に影響し合いながら発達するものであることを我々は知って
いる。
2:3 However, exactly what happens in the process of language acquisition [1](1. regains 2. retains 3. remains) a matter of debate.
2:3 しかし、言語習得の過程で厳密に何が起こっているかということは依然として議論の
的である。
2:4 Somehow, virtually all children acquire a means of communication so complex that no one has ever fully described the grammatical rules for even a single language.
2:4 どういうわけかたった一つの言語の文法規則でさえ十分に記述した人がいないほど複
雑な意思疎通の一つの手段を、事実上すべての子供が獲得するのである。
・解答 [1]―3
[1]remain「~のままである」 retain「保持する」は、通常有益なものについて用いるので、ここでは不適。

■第7段落
7:1 Chomsky suggested that there is a “deep structure” of meanings that all languages have in common.
7:1 すべての言語が共通して持つ、意味の「深い構造」があるとチョムスキーは示唆して
いる。
7:2 Those meanings are transformed into the words of different languages by means of a “universal grammar.”
7:2 それらの意味は「普遍的な文法」によって異なる言語の言葉に変形される。
7:3 He claimed that once this grammar was mapped out, it would [9](1. reveal 2. conceal 3. modify) the logical properties that govern the infinite variety of Sentences that can be formed.
7:3 いったんこの文法が精密に示されれば、形成できる文の無限の多様性を支配する論理
的特質が明らかになるであろう。
7:4 This mapping task, however, proved almost impossible.
7:4 しかしこの図示する作業はほとんど不可能であるということが判明している。
7:5 Every time the “universal grammar” encountered a new language it had to be revised.
7:5 「普遍的な文法」は、新たな言語に出くわすたびに改定されなければならなかった。
7:6 One attempt to describe French in this fashion required twelve thousand items just to classify its verb structures.
7:6 この方法でフランス語を説明する試みを一回行ってみても、その動詞の構造を分類す
るだけで1万2千の項目が必要になった。
・解答 [9]―1
>[9]
reveal「~を明らかにする」
「いったんこの文法が精密に示されれば(once … mapped out)」、それは「論理的特質
(logical properties)」を「明らかにする」という流れが自然。

環境情報学部 2,001 問2、
■第8段落
8:1 The United Kingdom has three agricultural schemes that could have benefits for [11] (1.intensification 2. biodiversity 3. revolution).
8:1 イギリスでは、種の多様性に対して利益をもたらしうる3つの農業計画が立てられている。
8:2 Two of these schemes, the Environmentally Sensitive Areas and the Countryside Stewardship Scheme, both subsidize* farmers to preserve traditional landscape features.
8:2 これらの計画のうちの2つは、「環境上の影響を受けやすい地域」と「田園地方土地管理計 画」であり、どちらも昔からある地形の特徴を保全するために農場経営者に補助金を出すもので ある。
8:3 Between them they cover about 12.5% of agricultural land.
8:3 3つの計画のうち、両者で農地の約12.5パーセントをカバーしている。
8:4 Unfortunately, there are few data to [12](1. demonstrate 2. experiment 3. authorize) whether or not these schemes have benefits for biodiversity, although some habitats have been preserved or restored.
8:4 いくつかの生息地は保護あるいは復旧されてはいるが、不運にもこれらの計画が種の多様性に
利益をもたらしているのかどうかを実証するデータはほとんどない。
8:5 A third scheme, “set-aside,” subsidizes farmers to leave some fields uncultivated.
8:5 「農地使用差し止め」という第3の計画は、農場経営者に補助金を出し、いくつかの農地を休 耕地にしておくというものである。
8:6 The available data show that set-aside can be beneficial for birds and other wildlife.
8:6入手可能なデータによると、農地使用差し止めは、鳥や他の野生生物に利益を与えうるもので
あることがわかっている。
8:7 But set-aside will probably be discontinued early in the 21st century.
8:7 しかし、農地使用差し止めは21世紀初頭におそらく中断されるであろう。
8:8 Although we can, as described above, devise schemes that may help a traditional environment or individual species to [13](1. recover 2. conserve 3. adhere) , there appears to be no single program or combination of programs that can reverse the decline in a large general population such as farmland birds.
8:8昔からある環境や個々の種を回復させる助けになるような計画を上記のように考案することは
できるが、農地に生息する鳥といった広く全般的な単位での個体数の減少を逆転させうる計画、 あるいは計画の組み合わせは、一つもないように見える。
8:9 Therefore, the most general prescription seems to be to reverse the intensification of agriculture as a whole.
8:9 したがって、最も包括的な処方箋は、農業の集約化そのものを転換させることであるように思 われる。
[13]―1 >[13]
recover「回復する」 2のconserve「保存する」は他動詞なので不可。

環境情報学部 2002 問1、
■第15段落
15:1 Whatever the reason, the close personal relationships that characterize happy lives are also correlated with health.
15:1理由が何であれ、幸福な人生を特徴づける親しい人間関係は健康にも関連している。
15:2 Compared with loners, those who can name several [15] (1.aged 2.intimate 3.social) friends are healthier and less likely to die prematurely.
15:2弧独を好む人に比べ、数名の親しい友人の名を挙げられる人は、健康で、早死にすることが少
ない。
15:3 For nine out of ten people, the most significant alternative to aloneness is marriage.
15:3 10人中9人の人にとって、孤独にとって代わるもっとも重要なものは結婚である。
15:4 Although a broken marriage can cause much misery, a good marriage apparently is a strong source of support.
15:4破綻した結婚が多くの不幸を引き起こすこともあるが、うまくいった結婚は明らかに強い支え
のもととなる。
15:5 During the 1970s and 1980s, 39 percent of married adults told the National Opinion Research Center they were “very happy,” as compared with 24 percent of those who had never married.
15:5 1970年代と1980年代には、ナショナルオピニオンリサーチセンターに対し、結婚した成人の39
パーセントが、自分は「とても幸福」だと述べているが、それに比べて結婚したことがない人で そう答えたのは24パーセントであった。
15:5 In other surveys, only 12 percent of those who had divorced [16](1. perceived 2. correlated 3. persuaded) themselves to be “very happy.” 15:5他の調査においては、離婚したことのある人の中で、自分は「とても幸福」だと思っている人
はたった12パーセントだけであった。
15:6 The happiness gap between the married and never married was similar for men and women.
15:6結婚している人と結婚をしたことがない人との間の幸福の差は、男性と女性で類似している。
[16]―1 >[16]
perceivedを入れて、perceived themselves to be “very happy”「自分を『とても幸福』だと思う」 とするのが自然。perceive A to be B「AがBであるとわかる」2.correlated「関連づけた」 3.persuaded「説得した」

環境情報学部 2002 問2
■第5段落
5:1 The key point of the mitochondrial evidence for an African origin has been several African mitochondrial lineages that go far back in the evolutionary trees of human populations, [9] (1.because 2. even though 3.if) they have only had weak statistical support.
5:1 わずかな統計上の裏付けしかないものの、アフリカを起源とすることに関する、ミトコンドリ アについての証拠となるキーポイントは、人類の個体群の進化の系図において、かなり前までさ かのぼるようなアフリカのミトコンドリアの系統がいくつかあることである。
5:2 Gyllensten’s team also found this pattern, but obtained a stronger family tree by collecting a larger data set than in previous studies.
5:2 ジレンステンの研究チームもまたこの系統モデルを発見したが、それ以前の研究よりも多くの まとまったデータを収集することにより、より堅固な家系図を得た。
5:3 Interpreted literally, the tree indicates that some Africans are genetically closer to Europeans and Asians than to other Africans.
5:3 そのまま忠実に解釈すると、いくらかのアフリカ人は、他のアフリカ人よりも、ヨーロッパ人 やアジア人に遺伝学的に近いということをその系図は示している。
5:4 However, the history of a single gene or molecule may not [10](1.always 2. Sometimes 3.ever) mirror that of the population, and other molecular studies place Africans in a single group.
5:4 しかし、ひとつの遺伝子や分子の歴史が必ずしもその個体群の歴史を映しているとは限らない し、また他の分子の研究では、アフリカ人をひとつの集団として位置づけている。
5:5 [11](1. Otherwise 2. Together 3. Similarly) , these studies suggest that the founding population leaving Africa carried with it a group of mitochondrion alleles — alternative forms of the same gene
— and that African populations continued to interbreed after the exodus.
5:5合わせると、これらの研究は、基となった個体群がアフリカを離れる際に一団のミトコンドリ
アの対立遺伝子―同一遺伝子の別の形態―を運び出したこと、そしてアフリカの個体群が移動の 後も交配を続けたことを示唆している。
10]―1 >[10]直前の主語the history of a single gene or molecule「ひとつの遺伝子や分子の歴史」と、
直後のmirror that of the population「その個体群の歴史を映す」を結ぶには、alwaysを入れ「必ずし もとは限らない」とする。

■第7段落
7:1 Another question is when H. sapiens arose in the first place.
7:1 もうひとつの疑問は、そもそもホモ・サピエンスはいつ現れたのかということである。
7:2 Molecular clocks would be well suited to address that question if our closest relative were living.
7:2 もし我々人間にもっとも近い動物が生きていたら、分子時計はその問題に取り組むのに十分適 していることだろう。
7:3 [14] (1. Also 2. Not only 3. But) the closest relative to modern humans, whether H. erectus or some other species, is unfortunately extinct.
7:3 しかし、直立原人であれ他の種であれ、現代の人類にもっとも近いものは不運にも絶滅してい る。
7:4 The earliest fossils of modern H. sapiens are 130,000 years old, so that is the most recent time boundary for the origin of our species.
7:4現代のホモ・サピエンスの最古の化石は13万年前のものであり、それが我々の穏の起源の、
もっとも現在に近い時間的境界なのである。
7:5 Studies of ancient DNA provide hints to the older time boundary.
7:5古代のDNAの研究は、より古い年代の境界を探るヒントを与えてくれる。
7:6 The split between H. neanderthalensis (a species which is not necessarily our closest relative) and H. sapiens has been indicated by a DNA clock at 465,000 years ago.
7:6 ネアンデルタール人(必ずしも我々にもっとも近い動物ではない種)とホモ・サピエンスとの 間の分かれ目は、46万5千年前のDNA時計によって示されている。
7:7 So our species probably arose somewhere between 130,000 and 465,000 years ago.
7:7 したがって我々の種はおそらく13万年前から46万5千年前の間のどこかで発生したのであろ う。
7:8 An estimate of 200,000 years ago is not [15] (1. possible 2. appropriate 3. unreasonable) given the transition seen in the African fossil record between ancient and modern humans around that time.
7:8 アフリカの化石の記録にみられるような、そのころの古代の人類から現代の人類への推移をみ
れば、20万年前という概算は不合理なものではないのである。
[15]―3 >[15]An estimate of 200,000 years ago is not unreasonable「20万年前という概算は不合理 なものではない」直後のgiven…以下は分詞構文で「アフリカの化石の記録にみられるような、そ のころの古代の人類から現代の人類への推移をみせられれば」ということ。 1.possible「可能であ る」 2.appropriate「適切な」

総合政策学部 1996 問1、

■第12段落
12:1 When presenting an argument one must consider whether opposing arguments should or should not be addressed.
12:1議論をするときは、反対意見も述べるべきかどうかを考えなければならない。
12:2 As a general rule, presenting two-sided arguments is more effective because the audience tends to believe that the communicator is offering objective and unbiased information.
12:2一般に、両面から議論をすることはより効果的である。なぜなら、聞き手は、伝達者が客観的
で偏見のない情報を提供してくれていると信じやすくなるからである。
12:3 Moreover, well-informed and well-educated audiences are more (17)(1. receptive 2. subordinate 3. liable) to two-sided appeals as opposed to one-sided arguments.
12:3 さらに、知識と教養のある聴衆は、一面だけの議論に対して両面からの訴えを受け入れやす いのである。
12:4 Although there are instances in which recognizing opposing arguments may obscure the communicator’s message and fail to sway people’s opinions, the vantage point is still more robust with a two-sided appeal.

12:4反対意見を認めることで、伝達者のメッセージが不明瞭になり、他人の意見に影響を与えるこ とができなくなるという例があるけれども、両面からの訴えの方が有利なのはそれでもなお間違 いない。
12:5 However, in instances where the audience is in full agreement with the message of the communicator a one-sided appeal is more effective.
12:5 しかし、聴衆が伝達者のメッセージにまったく同意している場合には、一面だけの訴えの方
が効果的である。
12:6 Speculation (18)(1. makes 2. has 3. leaves) it that factors which influence people’s persuasibility to one as opposed to two-sided arguments are dependent upon their educational level and their acquaintance with the issue.
12:6人が両面からの議論に対して一面だけの議論に説得されやすいことに影響を与えている要素は
その人の教育レベルとその問題に対する知識次第であると推測できる。
(18)2
このhaveは使役と考えられる。

総合政策学部 1,997 問2
■第3段落
3:1 What especially intrigued Barrington was the nature of genius itself.
3:1特にバリントンの興味をそそったものは、天才そのもののもつ本質であった。
3:2 (3)(1. How it is, he wondered 2. How is it, wondered he 3. How is it, he wondered) , that this child could be so exceptional in one particular arena, and so normal a child in apparently every other way?
3:2 この子どもは一つの特定の面では非常に優秀なのに、見たところ他のすべての面ではごく普通 の子どもであるのはどういうことなのだろうかと、彼は疑問に思った。
3:3 Not only did Mozart look like a child, but
3:3 モーツアルトは子どものように見えただけでなく、
3:4 …whilst he was playing to me (Barrington wrote), a favorite cat came in, upon which he immediately left his harpsichord, nor could we bring him back for a considerable time.
3:4 (バリントンはこう書いている)彼が私に演奏をしてくれていると、大好きな猫が入ってきた。 すると彼はすぐにハープシコードを離れてしまい、我々はかなりの間、彼を戻らせることができ なかった。
3:5 He would also sometimes run about the room with a stick between his legs (playing horse).
3:5 彼はまた、ときどき(馬遊びをして)足の間に棒切れをはさんで部屋を走り回ったりもした。
・解答
(3)3
疑問形と強調構文が組み合わさっている。

■第13段落
13:1 But what inspires the pecking behavior?
13:1 しかし、何がつつくという行動を引き起こしているのだろうか。
13:2 The baby gull has no conscious understanding of a reward to be gained.
13:2赤ん坊のカモメは得られる報酬について意識的な理解をまったくしていない。
13:3 It has never eaten before and cannot know (15) (1. what 2. how 3. that) a knock on a parents bill will provide.
13:3赤ん坊のカモメはこれまでに一度も食事をとったこともないし、親のくちばしをつつくこと
で、何がもらえるのかも知らない。
13:4 The behavior must be innate and unlearned.
13:4 その行動は生得的なもので、学ぶことのできないものであるに違いない。
・解答
(15)1
文末に目的語が欠けているのでwhatがあてはまる

■第16段落
16:1 The concept of modularity (19) (1. lies 2. forms 3. stays) at the heart of much innovative research in cognitive science.
16:1 モジュラリティーという概念は、認識科学におけるより革新的な研究の中心に位置してい
る。
16:2 The brain does a great deal of work by complex coordination among its parts, but we have also known for a long time that highly particular attitudes and behaviors map to specific portions of the brain.
16:2脳はその部分の間の複雑な調整によって多くの仕事をしているが、我々はまた、非常に特殊な
才能や行動は脳の特定の部分に対応することも昔から知っている。
16:3 Barrington’s study of Mozart and the modern scientific research on the behavior of newborn gulls may seem at first sight to have (20) (1. little 2. much 3. everything) in common.
16:3一見しただけでは、バリントンによるモーツァルトの研究と生まれたばかりのカモメの行動に
関する現代の科学的研究には、共通点がほとんどないように思えるかもしれない。
16:4 However, although we may read it to learn more about the life of a man revered for his contribution to the world of art, the illustration of modularity evidenced both in Mozart’s own behavior and in his ability to separate and abstract single emotions is an important contribution to our understanding of the human mind.
16:4 しかし、われわれは、モーツァルトに関する研究を、芸術の世界に対する貢献によって尊敬
されている男の人生をさらに知るために読むのかもしれないけれども、モーツァルト自身の行動 と個々の感情を区分して抽象化する彼の能力の両方で明示されたモジュラリティーの例証は、わ れわれが人間の心を理解するのに重要な貢献をしている。
・解答
(19)1
Lieは「横たわる」だけでなく「位置する」の意味も持つ

総合政策学部 1,998 問1、
■第4段落
4:1 Celia, on paper, appeared to be somewhere between Alice and Barbara in terms of suitability for admission to the graduate program.
4:1 セリアは、書類上では、大学院課程入学の適性の点から考えると、アリスとバーバラの間に位
置するように見えた。
4:2 She was good on almost every measure of success but not truly outstanding on any.
4:2彼女はほとんどすべての成功の尺度においてよい成績だったが、いずれにおいても非常に傑出
しているというわけではなかった。
4:3 We admitted her, (6) (1. expecting that she comes out 2. expecting her to come out 3. having expected to come out) near the middle of the class.
4:3 われわれは彼女がクラスの真ん中くらいにはなるだろうと思って、彼女の入学を認めた。
4:4 This did not happen.
4:4 このようにはならなかった。
4:5 Celia proved to be outstanding, though in a way that is quite different from Alice’s or Barbara’s. 4:5 セリアは傑出した学生とわかったが、それはアリスやバーバラとはまったく異なった面でだっ た。
4:6 Celia’s expertise lies in figuring out and adapting to the demands of the environ mint.
4:6 セリアの能力は周囲の要求を理解し、適応していく点にある。
4:7 Placed in a totally new setting, she loses no time identifying what is required of her and behaving (7) (1. agreeably 2. accordingly 3. selectively).
4:7彼女はまったく新しい状況に置かれると、すぐに自分に要求されていることを特定し、それに
応じて行動するのである。
4:8 She knows exactly what to do to get ahead.
4:8彼女は成功するために何をすればよいかを正確にわかっている。
4:9 In conventional parlance, Celia is “street smart.”
4:9型にはまった用語でいえば、セリアは「世渡りにたけている」のである。
4:10 She excels in practical intelligence.
4:10彼女は実用的な知能にすぐれている。
(6)2
Expect O to do「Oが~するだろうと思う」

総合政策学部 1,998 問2、
■第8段落
8:1 The use of writing enables us to accumulate knowledge and at the same time to formalize, summarize, and generate it by means of paralinguistic devices, such as diagrams (including Euclidean geometry), lists, and tables.
8:1 われわれは文字の使用によって知識を蓄積することができ、同時に、(ユークリッド幾何学を 含む)図形やリストや表などのような言語を超えた手段によって知識を形式化し、要約し、生み出 すこともできる。
8:2 Such devices not only facilitate comprehension, their creation advances understanding by grouping material in new or question raising ways.
8:2 そのような手段は理解を容易にしてくれるだけでなく、それらを創り出すことは、新たな方法 か問題を提起する方法で材料をグループ分けすることによって理解を深めてもくれる。
8:3 The telephone directory and the dictionary are important developments from the simpler forms, powerful instruments of knowledge and communication.
8:3電話帳や辞書は単純な形から発達した重要なもので知識と意思伝達の力強い手段である。
8:4 At the same time the shopping list or railway timetable enables one to plan ones future action, and the critical value of such tables for the allocation of time, for teaching, for work, in calendars, and in daily diaries needs no stressing.
8:4同時に、買物リストや鉄道時刻表によって、われわれは将来の行動を計画することができ、時
間の割り当てや授業や仕事のための表や、カレンダーや日記の中の表のもつ重要な価値は強調する までもない。
8:5 Once again, while planning is intrinsic to all human communities, such action can be greatly (20) (1. enhanced 2. escalated 3. elevated) by the use of literacy.
8:5 もう一度いうと、計画することはあらゆる人間社会にとって本質的なものであるが、そのよう な行動は文字の使用によって非常に高められうるのである。
・解答 (20)1 Enhance「(質を)高める」 Escalate「段階的に拡大する」 Elevate「(精神、性格などを)高める」
1と3は意味が似ているが、目的語の対象が違うことに着目する。

総合政策学部 1999 問1
■第11段落
11:1 Botstein does worry about healthcare discrimination, (8) (1. giving 2. making 3. calling) it a serious social problem.
11:1 ボツタインは、健康管理面での差別を重大な社会問題であると言って、その差別に本ftに頭
を悩ませている。
11:2 But he points out that it is mostly a problem in the United States — in Europe, there is (9) (1. some 2. little 3. a little) incentive to discriminate because everyone is guaranteed some level of healthcare.
11:2 しかし、彼はそれはほとんどアメリカ合衆国での問題だと指摘する。ヨーロッパでは、すべ ての人が一定レベルの健康管理を保証されているので、差別しようという気持ちはほとんどな い。
11:3 Paul Billings, deputy chief of staff at the Veterans Affairs Medical Center in Palo Alto, says that people like Botstein are (10) (1.deluding 2. cheating 3. camouflaging) themselves if they think that healthcare is the only arena where genetic information is misused.
11:3 パロ・アルトにある退役軍人医療センターの副所長であるポール=ビリングスは、もしボツタ インなどの人々が健康管理を遺伝子情報が誤用されている唯一の場であると考えるならば、彼ら は、勘違いしているのだと言う。
11:4 He cites a number of nightmarish cases: The 24year old woman fired from her job after her employer learned of her risk of Huntington’s disease, an ailment that usually doesn’t strike until after 40; their recruits turned down by the Air Force because they were (11) (1. carriers 2. patients
3. agents) of sickle cell disease; the two Marines court-martialed for refusing to take a gene test.
11:4彼は悪夢のような事例をいくらか挙げている。普通は40歳を越えるまでは起こらない病気であ
るハンティントン舞踏症にかかる危険性があると雇用主が知ったあとで、仕事を解雇された24歳 の女性の例、鎌形赤血球性貧血の、保因者という理由で空軍に拒絶された新兵の例、遺伝子検査 を受けるのを拒否したために軍法会議にかけられた2人の海兵隊員の例などである。
(9)2 (9)
「ヨーロッパでは、すべての人が一定レベルの健康管理を保証されているので、差別しようとい う気持ちが( )」
1のsomeなら「いくらかある」。
2のlittleなら「ほとんどない」、3のalittleなら「少しある」という意味になる。ここでは、アメリ カと比べてヨーロッパでは差別が問題となっていないことを述べているのだから、否定の意味を 表す2が正解。

■第15段落
15:1 Like Billings, Cox has stepped outside the laboratory to try to influence the way that gene technologies are used.
15:1 ビリングスと同様に、コックスも実験室から足を踏み出し、遺伝子技術の利用方法に影響を
与えようと努力している。
15:2 He is both a scientific leader of the national Human Genome Project and (14) (1. an establishing 2. a founding 3. an advocating) member of its unique spinoff: the Ethical, Legal and Social Implications (ELSI) Working Group.
15:2彼は全国的なヒトゲノム計画の科学面でのリーダーであり、また他に類を見ない副次的な組織
である倫理的、法的、社会的意味に関する研究グループ(ELSI)の創設メンバーでもある。
・解答 (14)2
(14)「(また彼は)他に類を見ない副次的な組織である~の( )メンバーでもある」
ここは、おそらく「創設メンバー」となるだろうという予測は立つであろうが、1か2かで迷うと ころ。
正解は2で、a founding memberとなる。establishにも「設立する」の意味はあるのだが、an
establishing memberとは言わない。

総合政策学部 2,000 問1
■第7段落
7:1 Postman: Socrates also says that writing forces us to follow an argument [5](1.more than 2. even more 3. rather than) to participate in it; and I think you see that all the time when a professor is giving a lecture.
7:1 ポストマン:ソクラテスはまた、書物は我々に議論に参加するよりむしろ議論についていくよ うに強制するとも言っています。教授が講義をしているときいつも、それを目にしておられると 思います。
7:2 The students are all writing their notes, trying to follow an argument, and abandoning [6](1. any hope 2. some hope 3. no hope) of participating in the argument.
7:2学生たちは皆、議論についていこうとしてメモをとり、議論に参加しようとするいかなる希望
も捨てています。
7:3 So I think that interactive computer programs might be a good way of correcting this, because then the learner could participate in the argument.
7:3 ですから、対話式のコンピュータ・プログラムはこれを修正するよい方法だろうと私は思うの
です。それなら、学習者も議論に参加できるからです。
7:4 But, when people talk about distance learning, they have in mind something that would replace many of the methods of learning we now have, rather than [7](1. restrict 2. add to 3. abstract) them.
7:4 しかし、人々は非対面学習について語るとき、我々が今もっている学習方法を増やすものより
もむしろそれらの多くに取って代わるものを心に描いているのです。
7:5 So I have my doubts about how much computers will really change education.
7:5 だから、コンピュータがどれほど本ftに教育を変えてくれるかに関して、私は疑いを抱くので す。
・解答 [5]―3
>[5]「
書物は我々に議論に参加する( )議論についていくように強制する」に入るもの。ポストマンの前 の発言にある、「書物の欠点、のひとつは、著者に反論できないことだとソクラテスは言ってい る」に続いている。「議論に反論できない」→「議論に参加するよりもむしろ議論についていく」 と考えられる。
3のrather than~「~よりむしろ」が正解。 1のmore than~は「~より多く」
2のeven moreは「さらに多く」の意。
[6]―1 >[6]
「議論に参加しようとする( )を捨てている」の空所に入るもの。議論に参加するよりも議論につ いていっているだけの例として、講義を受ける学生の様子が挙げられている。「議論に参加しよ うとするいかなる希望も捨てている」と考えられる。1のany hope「いかなる望みも(捨ててい る)」が正解。
2のsome hopeなら「いくらかの望みを(捨てている)」
3のno hopeなら「少しも希望を(捨てて)いない」となり、不適切。

■第8段落
8:1 I always think of the longevity of the lecture method [8](1. in use 2. in demand 3. in style) in most universities.
8:1私は、ほとんどの大学で使われている講義方法が長続きしていることをいつも考えるのです。
8:2 In the 15th century, just before the invention of the machine-made book, a professor had the only manuscript of an author’s work.
8:2機械によって作られた書物が発明される直前の15世紀には、教授はある著者の作品の唯一の写
本を持っていました。
8:3 So of course, lecturing made sense.
8:3 だからもちろん、講義は意味をなしていました。
8:4 In the first fifty years after the invention of printing, more than eight million books were printed.
8:4印刷が発明された直後の50年間に800万以上の書物が印刷されました。
8:5 You would think that the lecture method would have disappeared.
8:5講義形式は消えてしまっただろうと思うでしょう。
8:6 [9](1.When 2. Why 3. Where) should we have a professor standing in front of a group of students who could all read the same book that the professor had?
8:6 教授が持っているのと同じ本を全員が読むことができる学生のグループの前に、教授が立って
いる必要があるのでしょうか。
8:7 The odd thing is that at New York University, this [10](1. one 2. very 3. only) day, probably 95% of the instruction is through the lecture method.
8:7不思議なことに、ニューヨーク大学では、まさに今日、おそらく授業の95%が講義形式で行わ
れているのです。
8:8 So I have to ask why, after 500 years, were still using a method that ought to have become obsolete through technological development.
8:8 それで、技術の発展によってすたれているはずの方法を500年後になっても、なぜまだ我々が
使っているのかを私は尋ねなければならないのです。 [1O]―2 >[10]
「ニューヨーク大学において、( )今日、おそらく授業の95%が講義形式によるものであろう」に 入るもの。ずっと以前にすたれていてもいいと思われる講義形式が今日まで続いていることを強 調している。2のvery~「まさに~」が正解。

■第11段落
11:1 Also, I think a lot of people don’t fully understand the possibilities of the computer in education.
11:1 また、教育におけるコンピュータの可能性を十分には理解していない人が多いとも私は思い ます。
11:2 The state of the art in educational programming is to take a subject matter that’s pretty cut- and-dried, and exhaustively deal with all the different situations that may come up.
11:2教育プログラミングの到達水準は、ある程度型にはまった主題を取り上げ、生じるであろうす
べての異なった状況を徹底的に処理することです。
11:3 Then the computer can recognize all the different possible situations and answers.
11:3 そうすればコンピュータは、すべての異なった、起こりうる状況や答えを認識することがで きるのです。
11:4 For example, the chief scientist at Xerox, John Sealy Brown, has come up with a subtraction program that could actually be of [15](1. any 2. all 3. Some) help because it can recognize enough of what the students were doing, and thereby, correct errors.
11:4 たとえば、ゼロックスの主任研究員であるジョン=シーリー=ブラウンはある減法プログラ
ムを思いついたのですが、それは学生が行っていたことを十分に認識し、それによって間違いを 正すことができるので、現実に何らかの助けになるでしょう。
・解答 [15]―3
>[15]「そのプログラムは学生が行っていることを十分に認識し、間違いを正すことができるの で、現実に( )助けとなりうる」に入るもの。
「何らかの助け」が適切なので、3のsomeが正解。 1のany「いかなる」
2のall「あらゆる」は強すぎるので不適切。

■第12段落
12:1 Postman: Well, for me, the learning situation is at its best when human beings are cop resent, and one can see, hear and feel the full impact of each human being there.
12:1 ポストマン:私にとって、学習状況が最高の状態なのは、人々が同じ場にいて、そこにいる それぞれの人の十分な影響を目にしたり、耳にしたり、感じたりするときなのです。
12:2 The power of a social group drawing on each other’s energy and strength is all part of what’s supposed to happen in a classroom.
12:2 お互いのエネルギーとカに頼っている社会集団の力が、教室で起こると思われるもののすべ てを成しています。
12:3 I think that when you have twenty people together in a room, who can see, and practically smell [16](1. each other 2. every one 3. each one) all trying to solve some sort of problem — there is nothing to compare to it as a learning experience.
12:3部屋の中に20人が一緒にいてお互いを自にすることができ、実際そのにおいをかぐこともでき
るような状態で、全員がある種の問題を解こうとしているとき、学習経験としてそれに匹敵するも のは何もないと私は思います。
・解答 [16]―1
>[16]「部屋の中に20人が一緒にいて、( )目にしたり、実際ににおいをかいだりできる」に入 るもの。「お互いを目にする」が適切なので、1のeach otherが正解。 2のeveryone「すべてのもの」、3のeach one「それぞれのもの」は不適切。

総合政策学部 2,001 問1
■第2段落
2:1 This vague moral claim has turned up in the discussion of issues as [1](1. variety 2. varied 3. variously) as affirmative action* and the moral status of such culturally overwhelming institutions as McDonalds.
2:1 このようなあいまいな道徳的主張は、積極的措置や、マクドナルドのような文化的に圧倒的な
組織の道徳上の地位といった多様な問題を議論する際に現れている。
2:2 If we take these arguments literally, cultural survival is [2](1. something 2. anything 3. nothing) very close to a moral absolute; to refuse to agree with it is to sign up on the side of cultural destruction and global conformity.
2:2 もしこれらの主張を文字通りにとるならば、文化的生存は絶対不動の道徳規範にごく近いもの
であり、それに同意するのを―拒否することは文化破壊と世界的画一性の側に署名することとな る。
[2]―1 >[2]
「文化的生存は絶対不動の道徳規範にごく近い( )である」の空所に入るもの。第1段にあるよう に、文化的生存は生得の価値、特別な権利なので、絶対不動の道徳規範に近いものと考えられ、1 のsomething~「~なもの」が入る。2のanything~は「~なもの何でも」、3のnothing~は「何も
~なものではない」の意。

■第12段落
12:1 While I cannot accept the argument that all existing cultures have a moral right to permanent survival, I would assert that there are circumstances under which allowing the destruction of a culture is immoral.
12:2現存するすべての文化には永久的に生存する道徳的権利があるという主張を、私は受け入れる ことはできないが、文化の破壊を許すことが不道徳である状況が存在することは強く主張したい。

12:2 Cultures can go out of the world because its members gradually and freely choose to adopt the norms of an outside culture.
12:2文化が世界から消えるのは、その構成員が徐々に、進んで外部の文化の基準を採用することを
選ぶからである。
12:3 But much more often, the members of a culture assimilate because the surrounding community has made it impossible not to do so.
12:3 しかし、はるかに頻繁に、文化の構成員が同化するのは、同化しないことを周囲の社会が不 可能にしているからである。
12:4 Injustice and oppression have made many cultures around the world less likely to survive than they would otherwise be; allowing these cultures to disappear would reflect the tragic outcome of an unjust process.
12:3不正と圧制によって、世界中の多くの文化は、それらがない場合に比べて生き延びにくくなっ
ている。これらの文化を消えさせてしまうことは、不正な作用の悲劇的な結果を反映しているだ ろう。
12:5 But this conclusion derives from the circumstances of the disappearance [18](1. rather than 2. more than 3. less than) from the disappearance itself.
12:5 しかし、このような結論は、消失そのものよりもむしろ消失の状況に由来するものである。
・解説 [18]―1
>[18]
「このような結論は、消失そのもの( )消失の状況に由来するものである」の空所に入るもの。文 意より、1のrather than~「~よりむしろ」が入る。
2のmore than~は「~より多く」、3のless than~は「~より少なく」の意。

■第3段落
3:1 Are there really such [3](1. great mysteries 2. good terms 3. firm differences) on this subject in terms of traditions and cultures across the world ?
3:1世界において伝統や文化の点から考えて、この問題にはそのような確固たる相違が本ftにある
のだろうか。
3:2 It is certainly true that governmental spokesmen in several Asian countries have not only disputed the relevance and importance of universal human rights, but they have also frequently done this disputing in the name of “Asian values,” in contrast to Western values.
3:2 アジアのいくつかの国々の政府代表者は、普遍的人権の妥当性や重要性に異議をさしはさんで
きただけでなく、西洋の価値観と対照的に「アジア的価値」という名目でこのような反論をしば しば行ってきたことは確かに事実である。
3:3 The claim is that in the system of so-called Asian values, for example in the Confucian system, there is greater emphasis on order and discipline, and [4](1. less 2. fewer 3. than) on rights and freedoms.
3:3 その主張は、いわゆるアジア的価値の制度、たとえば儒教の制度では、秩序と規律にはより大
きな強調がなされ、権利と自由には強調がそれほどなされていないというものである。
[4]―1
[4]「秩序と規律にはより大きな強調がなされ、権利と自由には強調が( )」の空所に入るもの。 アジアの価値観では、「秩序と規律」は重視されるが、「権利と自由」はあまり重視されないと 考える。直前のgreater emphasisに対してless emphasisとなるので、1が正解。 emphasisが単数形なので2のfewerは不可。3のthanでは文がつながらない。

■第7段落
7:1 In seeing Western civilization as the natural habitat of individual freedom and political democracy, there is a tendency to extrapolate backwards from the present.
7:1西洋文明を個人的自由と政治的民主主義の生息地と見る視点には、現在から過去を振り返って
推定する傾向がある。
7:2 Values that the European Enlightenment and other recent developments since the eighteenth century [10](1. did make 2. have made 3.are made) common and widespread are often seen as part of the long-run Western heritage, experienced in the West over millennia.
7:2 18世紀以降のヨーロッパの啓蒙運動や他の最近の運動によって一般的になり、広く普及してき
た価値観は、千年以上にわたって西洋で経験されてきた、長期にわたる西洋の遺産の一部である としばしば見られている。
7:3 The concept of universal human rights in the broad general sense of entitlements of every human being is really a relatively new idea, [11](1. as being not 2. not to be 3. As never been) much found either in the ancient West or in ancient civilizations elsewhere.
7:3 すべての人間の権利という広い一般的な意味において、普遍的人権という概念は本ftに比較的 新しい考えで、古代の西洋にも、他地域の古代文明にもほとんど見いだすことのできないもので ある。
・解答 [10]―2>[10]
「18世紀以降のヨーロッパの啓蒙運動や他の最近の運動によって一般的になり、広く普及( )価値
観」の空所に入るもの。make + O + C「OをCの状態にする」に注意。
make + O + common and widespreadとつながっているが、目的語は関係代名詞thatで、前に出て いる。「ヨーロッパの啓蒙運動などが一般的で広く普及した価値観」が原意で、受動態である3の are madeは不適切。18世紀以降現在までのことを述べているので、現在完了形である2のhave madeが正解。強調のdidを使った1は過去形なので不適切。
>
[11]―2
[11]「普遍的人権という概念は本ftに比較的新しい考えで、古代の西洋にも、他の地域の古代
文明にもほとんど見いだされ( )」の空所に入るもの。
a relatively new idea, (which is) not to be much found …と考えて2のnot to beが正解。is not to be
=cannot beである。1のas being not, 3のas never beenはつながりがおかしい。

■第10段落
10:1 The so-called “Western values of freedom and liberty,” sometimes seen as an ancient Western inheritance, are not particularly [16](1.but uniquely 2. but proudly 3. nor exclusively) Western in their origins.
10:1 いわゆる「自由という西洋の価値観」は、時には、古代の西洋の遺産であると見られるが、 とりたてて古いわけでもないし、その起源が西洋に限られるというわけでもない。
10:2 Many of these values have taken their full form only over the [17](1. last 2. earlier 3. recent) few centuries.
10:2 これらの価値観の多くは、わずかこの2数世紀の間に全形を成したのである。
10:3 While we do find some anticipatory components in parts of the ancient Western traditions, there are other such anticipatory components in parts of nonwestern ancient traditions as well. 10:3 古代西洋の伝統の一部にいくらかの先行要素を確かに見いだすが、一方、非西洋の古代文明
の伝統の一部にもそのような先行要素が存在している。
10:4 On the particular subject of toleration, Plato and Confucius may be on a somewhat similar side, [18](1. such as 2. just as 3. thereby) Aristotle and Ashoka may be on another side.

10:4 寛容という特定の問題に関して、プラトンと孔子はやや似た側にいるが、それは別の側にア
リストテレスとアショーカ王がいるのとちょうど同じである。
10:5 The need to acknowledge diversity applies not only between nations and cultures, but also
within each nation and culture. 10:5多様性を認める必要性は、国家間と文化間に当てはまるだけではなくて、各国家と各文化内
にも当てはまる。
10:6 In the anxiety to [19](1. write 2. take 3. put) adequate note of international diversity and cultural divergences, and the so-called differences between “Western civilization,”“Asian values,” “African culture, and so on, there is often a dramatic neglect of heterogeneity within each country and culture.
10:6国際的多様性や文化的相違や、「西洋文明」「アジア的価値」「アフリカ文化」などの間の
いわゆる相違などに十分な注意を払いたいという願望のために、それぞれの国や文化内の異種性 をまったく無視することになりがちである。
10:7 “Nations” and “cultures” are not particularly good units to understand and analyze intellectual and political differences.
10:7 「国家」や「文化」は、知的・政治的相違を理解し分析するのに特によい基準単位ではな
い。
10:8 Lines of division in commitments and skepticism do not run along national boundaries — they run at many different [20](1. speeds 2. faces 3. Levels).
10:8傾倒と懐疑の境界線は国境沿いを延びているのではなく、多くの異なった段階を延びてい
る。
10:9 The rhetoric of cultures, with each “culture” seen in largely homogenized terms, can trouble us politically as well as intellectually.
10:9 それぞれの「文化」は主に同質化された観点で見られるので、文化という言葉は、知的面だ
けでなく政治面でも我々を悩ませるのである。
・解答 [17]―1
>[17]
「これらの価値観の多くは、わずか( )数世紀の間に全形を成した」の空所に入るもの。「ここ数 世紀の間」と考え、1のlastが正解。
2のthe earlier few centuries, 3のthe recent few centuriesとは言わない。

総合政策学部 2,002 問2、
■第2段落
2:1 By the seventh century some of these principles had spread to the Islamic world.
2:1 これらの原則の中には、7世紀までにイスラム世界にまで広がっていたものもあった。
2:2 The leading Islamic statement on the law of nations written in the ninth century to some extent reflects principles laid [2](1. upon 2. down 3. by) in the Old Testament, with its ban on the killing of women, children, the old and [3](1. the helpless 2. the help 3. helpful) .
2:2 9世紀に書かれた国家の法律に関する主要なイスラム教の記述は、旧約聖書に規定されていた
原則をある程度反映していて、女性、子供、老人、無カの者を殺すことを禁じていた。
2:3 Moreover, a prisoner of war should not be killed, but he may be ransomed* or set free.
2:3 さらに、捕虜は殺すべきではなく、身代金を払わせるか自由にするかであろう。
2:4 But, prisoners might be killed if it were considered advantageous in conducting a war [4](1. therefore 2. however 3. despite), this would not be so if the prisoners converted to Islam.
2:4 しかし、戦争を行っていく上で有利と考えられるならば、捕虜は殺されるかもしれない。しか
しながら、もし捕虜がイスラム教に改宗するならば、こういうことにはならないだろう。
[3]―1 >[3]「女性、子供、老人、( )を殺すことを禁じていた」の空所に入るもの。the helpless
=helpless people「無力の者」なので、the helplessが入る。 2のthe helpは「その助け」、3のhelpfulは「役立つ」の意。

■第4段落
4:1 [8](1. Such 2. Forbidden 3. It) was not only through the military codes or the rules of chivalry that basic rules for the conduct of war were developing.
4:1戦争行為に対する基本的な規則が発展していったのは、戦闘に関する法律や騎士道の法を通し
てだけではなかった。
4:2 During the Crusades*, religious hatred tended to lead to the total destruction of the enemy.
4:2十字軍の間、宗教的な憎悪のために敵を完全に壊滅させてしまう傾向があった。
4:3 However, by the twelfth century, the Knights of the Order of St. John had established a hospital in Jerusalem for the care of the sick as well as for [9](1. dead 2. injured 3. killed) soldiers.
4:3 しかしながら、12世紀までに聖ヨハネ勲爵士団が負傷した兵士のためだけでなく病人の看護の ためにエルサレムに病院を設立していた。
4:4 In 1552, French Commander François de Guise ordered the French army doctor Amboise Para to take care of the abandoned wounded soldiers of the enemy and to make arrangements for their transport back to their army.
4:4 1552年に、フランスの指揮官であったフランソワ=ド=ギーズは、フランス人軍医のアンプロ
ワーズ=パラに対して、見捨てられた敵の負傷兵の世話をし、彼らの軍へ運び戻す手配をするよう にと命じた。
・解答 [8]―3 [9]―2
>[8]「戦争行為に対する基本的な規則が発展していった( )、戦闘に関する法律や騎士道の法を 通してだけではなかった」の空所に入るもの。It is ~ that…「…するのは~だ」の強調構文。Itが 入る。1のSuchは「そのような」、2のForbiddenは「禁止された」の意。

■第11段落
11:1 In general, in the absence of any specific treaty or international customary law relating to a particular weapon and restricting or controlling its use, the employment of such weapons is subject
to the general rules of the law of armed conflict. 11:1一般に、ある特定の兵器に関して、その使用を制限したり規制したりする特定の条約や国際 的な慣習法がない場合、そのような兵器の使用は武器を使用する戦闘の一般的な規則に従う。 11:2 The question of the legality of such weapons should be decided in accordance with those rules, particularly those concerning unnecessary suffering and proportionality.
11:2 そのような兵器が合法かどうかという問題は、そういった一般的な規則、特に不必要な苦し
みや広がりに関する規則に従って決定されるべきである。
11:3 In view of the effects of a nuclear explosion, the long-term nature of its radioactive fallout, and the existence of treaties banning the use of poison or other biological weapons, it might be expected [19](1. to 2. although 3. that) nuclear weapons would fall under the ban on those
weapons causing unnecessary suffering and adversely affecting the environment. 11:3核兵器の爆発の影響、放射性降下物の影響が長期にわたるという性質、毒物や他の生物兵器 の使用を禁止する条約の存在を考えると、核兵器は、不必要な苦しみを引き起こし環境に悪影響 宇与える兵器に対する禁止を受けると考えられるだろう。
11:4 However, some schools of international lawyers hold that war employing nuclear weapons to
prevent new nuclear powers from emerging would be reasonable in some circumstances.
11:4 しかしながら、国際的法律家たちの派閥の中には、新しい核保有国が現れるのを防ぐために
核兵器を使用する戦争は、ある状況下では道理にかなっているとする説をとる者もある。
・解答 [19]―3
>[19]「核兵器は、不必要な苦しみを引き起こし環境に悪影響を与える兵器に対する禁止を受け る( )考えられるだろう」の空所に入るもの。
it~thatの形式主語構文。thatが入り、it might be expected that~「~と考えられるだろう」とな る。

総合政策学部 2002 問1
■第1段落
1:1 The idea of using trade to create political stability is not a new one.
1:1政治的安定を生み出すために貿易を利用するという考えは新しいものではない。
1:2 It took the form of imperialism in the late 19th century, when colonies were used to help the industrialization of the colonial powers.
1:2 それは19世紀終わりには帝国主義の形をとったが、そのft時、植民地は植民政策をとる列強の
工業化の助けになるように利用された。
1:3 After centuries of change, the fundamental principle remains the same, though with a shift in focus.
1:3数世紀にわたる変化の後も、焦点の変化はあるけれども基本的な原則は変わっていない。
1:4 Now, private companies rather than governments are attempting to foster peace between groups in conflict by involving them in cooperative business ventures.
1:4今、政府よりもむしろ民間企業の方が、争っている集団を共同事業に参加させることによって
両者の聞に平和を育てようと試みている。
1:5 David Lubetsky, CEO of one such company, Peace Works, says, “The more companies operate and profit together, the more they will gain a common interest in preserving and cementing those bonds… and hopefully someday, prosperity will make stability prevail.”
1:5 そのような企業のひとつであるピースワークスの経営最高責任者デービッド=ルベツキーは、
「より多くの会社が共同で操業し利益を上げれば上げるほど、そのきずなを保持し固めることに 共通の利害をもち、そして、うまくいけば、いつの日か繁栄が安定を広めてくれるだろう」と言 う。
1:6 This movement takes the socially conscious business practices of the last quarter century one step [1](1. more 2. further 3. far) ; rather than just promoting donations, this new theory gives businesses an incentive to become involved in creating peace by establishing commercial and personal links between groups in conflict.
1:6 この動きは、過去四半世紀の社会を意識した企業活動を一歩さらに先へと進める。つまり、こ
の新しい考え方は、単に寄付を促すよりもむしろ、争っている集団の聞に商業面と個人面でのつ ながりを築くことによって平和を生み出すことに関わろうとする動機を企業に与える。
・解答 [1]―2
>[1]
「この動きは、過去四半世紀の社会を意識した企業活動を一歩( )進める」の空所に入るもの。直 後に具体例を挙げて、企業が、争っている集団の聞につながりを築く新たな方法を示しているこ とから考え、「一歩さらに先へと進める」とつながる。further「さらに先へと」が入る。1のmore を使う場合はone more stepとなるのが普通。3のfarは「遠くに、はるかに」の意。

■第2段落
2:1 The need for socially conscious enterprise was initially recognized in the 1980s, when organizations like the Social Venture Network [2](1. founded 2. sought 3. found) to create a
network of entrepreneurs who would design and implement innovative ways in which business could be used to benefit society.
2:1社会を意識した企業の必要性はまず1980年代に認識され、その当時、ソーシャルベンチャー
ネットワークのような団体が、企業活動が社会に益をもたらすように使われうる刷新的な方法を計 画し実行する事業家たちのネットワークを作り出そうと努めた。
2:2 Until recently, this agenda meant that companies gave away a certain percentage of their pre- tax earnings to a worthy cause or Organization and supported projects for social change, which benefited children, families, disadvantaged groups, and the environment.
2:2最近まで、この実践項目は、企業が税引き前の収入の一定の割合を価値のある主義や団体に与
え、子供や家族や恵まれない集団や環境のためになるような社会変化を目指す計画を支援するこ とを意味していた。
2:3 Since the 1990s, [3](1. nonetheless 2. nevertheless 3. However), this original philosophy has evolved further.
2:3 しかしながら、1990年代以来、この元来の考え方はさらに発展してきた。
2:4 Businesses have realized that creating a highly profitable venture does not require a sole focus on increasing profitability: businesses can simultaneously create profit and foster long-term economic stability and peace in their countries of operation.
2:4企業は、大きな利益を上げる事業を生み出すことは、収益率を増すことだけに焦点、を当てる
よう要求するのではないと気づいた。つまり、企業活動とは、その操業する国において利益を上 げることと長期にわたる経済的安定と平和を育てることが同時にできるということなのである。
・解答 [2]―2
>[2]
「ソーシャルベンチャーネットワークのような団体が、企業活動が社会に益をもたらすように使 われうる刷新的な方法を計画し実行する事業家たちのネットワークを作り出そうと( )」の空所に 入るもの。soughtが入る。sought to doで「~しようと努めた」となる。また、seek-sought- soughtの活用変化にも注意。1のfoundedはfound「設立する」の過去形。3のfoundは白川「見つけ る」の過去形。ともに不可。

■第9段落
9:1 The first notion — that people ought to be respected as equals regardless of their ethnicity, race, gender and other distinguishing traits is today a part of any plausible political philosophy. 9:1最初の考え方、つまり、人間はその民族、人種、性別、他の顕著な特徴にかかわらず同等のも
のとして尊重されるべきだという考え方は、今日すべてのもっともらしい政治哲学の一部である。

9:2 But it [14](1.necessarily 2. logically 3. hardly) follows that we must value and preserve diversity itself in the abstract.
9:2 しかし、だからといって、われわれが抽象的に多様性そのものを重んじ、保護しなければなら ないということにはほとんどならない。
9:3 We have, I think, no reason to regret that the world does not contain twice as many cultures as it does.
9:3世界に今の2倍の文化が含まれていないことを残念に思う理由はないと私は思う。
・解説 [14]―3
>[14]「しかし、われわれが抽象的に多様性そのものを重んじ、保護しなければならないという ことには( )」の空所に入るもの。直後の文がヒント。「世界に今の2倍の文化が含まれていない ことを残念に思う理由はない」→「文化の多様性を重視し、保護する必要はない」と考える。3の hardlyを入れて、it hardly follows that~「~ということにはほとんどならない」となる。 1のnecessarilyは「必然的に」、2のlogicallyは「論理的に」の意。

総合政策学部 2006 問2、
■第3段落
3:1 In order to examine how rural people develop their own ways of [35] ( 1. governing 2. handling 3. producing) modern economic and social demands, we must first keep in mind that the states of Asia show a great variety in their physical and geographical features as well as in the populations that have traditionally lived in these diverse areas.
3:1農民が近代の経済的、社会的需要にどのように対処しているのかを探るために、最初に留意し
なければならないのは、アジア諸国は、自然や地理の特徴に豊かな多様性があり、同様にこうし た多様な地域で伝統的に暮らしてきた住民にもまた、豊かな多様性があることである。
3:2 Of these, the most important distinction is that between “lowland” and “highland” areas.
3:2 これらのうち、最も重要な区別は、「低地」と「高地」の違いである。
3:3 “Lowland” refers to the lower-altitude areas where most urban and rural areas lie, and also to their populations, which are the majority.
3:3 「低地」は標高の低い地域のことであり、ほとんどの都市部と農村部がそこに存在する。ま
た、多数派民族であるそこにいる住民のことでもある。
3:4 “Highland” refers to the hill and mountain areas that have far fewer, usually minority, people, but that are [36] (1. rich 2. located 3. consistent) in forests and other resources.
3:4 「高地」は、丘陵山岳地域のことである。
人口ははるかに少なく、通常は少数民族が暮らしているが、森林およびその他の資源が豊富であ
る。
3:5 Based on this distinction, the modern Asian nation-state has come to categorize farming people as belonging in two groups:
3:5 この区分にもとづいて、現代のアジアの国民国家は、農民を2つの集団に属すると分類するよ
うになった。
3:6 first, lowland people, who may be defined as the majority group or the major nationality, and second, highland people, who are normally defined as minorities or “hill tribes.” 3:6第1は、低地人であり、主要集団、主要国民であると定義してよかろう。第2は、高地人であ
り、通常は少数民族あるいは「山岳部族」と定義されるのである。
3:7 Between these two major groups there are, of course, many cultural, institutional, and practical differences.
3:7 これら2つの主要集団の間には、もちろん多くの文化や制度上、実務上の差異がある。
3:8 Yet the problems they face within the modernizing nations of Southeast Asia have many similarities.
3:8 しかし、東南アジアの近代化しつつある諸国の中で彼らが直面している問題には、多くの共通 点がある。
・解答 [35]―2
>|35「農民が近代の経済的または社会的需要をどのようにしているのか」。 1.「治める、抑制する」、2.「処理する、取り扱う」、3.「生産する」の中で、demands「需要」 という目的語に最もふさわしいのは、2.handleである。

■第7段落
7:1 Traditional Societies did have their own forms of political and social decision making when facing problems in the community.
7:1伝統的な社会は、共同体の問題に直面した場合に、独自の政治および社会的な意志決定方法を 持っていた。
7:2 Before their exposure to western-style democracy, rural people could discuss their needs and plans [43] (1. in 2. among 3. to) themselves at village meetings, in temple gatherings, or elsewhere.
7:2西欧風の民主主義の影響を受ける前は、農民は村の集会や寺の会合、その他の場所で、自分た
ちが必要とすることや計画について、自分たち自身の間で議論することができた。
7:3 In these traditional ways of discussing and governing, the position of the village head or other local leaders was an inherited position, and this system had its drawbacks in that it was feudalistic and authoritarian.
7:3議論や統治をこうした従来の手法で行う場合、村長など地域指導者の地位は世襲制であったか
ら、この制度には、封建的で、独裁的であるという欠点があった。
7:4 But the [44] (1. advantage 2. reason 3. idea) was that these leaders were people from the same local area and they understood the local culture and values.
7:4 だが、こうした指導者は同じ地域の出身で、彼らが地域の文化と価値観とを理解しているとい
う利点もあった。
・解答 [43]―2
>[43]discuss their needs and plans ( ) themselvesという英文の骨格をつかみ、「必要と計画を 自分たち自身の…で議論する」という意味をつかめば、空所は「自分たち自身の間で」と埋めれ ばいいことがわかる。よって、正解は2.amongに決まる。

■第9段落
9:1 In fact, within traditional ways of life, there was traditional or indigenous knowledge, that is, knowledge about the natural environment, about sustainable production and consumption, and about remedies for illnesses.
9:1実は、伝統的な生活様式の中に、伝統的なあるいはその地に固有の知識、すなわち、自然環境
や、持続可能な生産と消費、病気の治療法に関する知識がある。
9:2 With modernization, “modern” knowledge that comes from education and textbooks was given priority.
9:2近代化に伴って、教育と教科書に示される「近代的な」知識が優先された。
9:3 [46] (1. Such 2. They 3. So) were the uses of machinery and chemicals in work and production.
9:3労働と生産に機械や農薬を使うこともまた、優先された。
9:4 Until recently these had been seen as the sole ways of finding solutions to agricultural poverty.
9:4最近まで、こうしたことが農業の貧困の解決法を見出す唯一の手段だと思われていた。
9:4 Now, however, the world has begun talking about sustainable development [47] (1. as though
2. merely 3. in order) to overcome our previous tendency to overconsumption and pollution.
9:5 しかし、今や、世界は過剰消費と公害へと向かう傾向を克服するため、「持続可能な発展」の ことを語り始めた。
9:5 And for us to achieve sustainability in the 21st century, we must once again put into practice traditional kinds of knowledge.
そして、21世紀に持続可能性を実現するためには、私たちはもう一度、伝統的な類の知識を実行
に移さなければならない。
・解答 [46]―3
>[46]この文の具体的な意味の把握が問われている。第9段第2文(With modernization,・・・)に述
べられた“modern” knowledge・・・ was given priority.
「「近代的な」知識が優先された」と比べて、この文のthe uses of machinery and chemicalsが
“modern” knowledgeに対応し、文の主語となって「労働と生産に機械や農薬を使うこともまた、
優先された」という意味になることがつかめたかどうかがポイント。「~もまた」という意味を
表すためには、So V S.という基本表現を使えばいいのだから、正解は3に決まる。

総合政策学部 2006 問1
■第1段落
1:1 It’s probably impossible for most Americans even to begin to understand how it must feel to live in the extreme poverty of Calcutta, India, surviving in a crude shack or on the street with [1]( 1. little 2. no 3. less) , if any, access to clean water, nutritious food or decent health care.
1:1 >ほとんどのアメリカ人にとって、インドのカルカッタで極貧の生活をすることが、どのよう な感じにならざるをえないかを理解することなど、おそらくまったく不可能だろう。その生活に おいては粗末な掘立小屋か街路で生き抜き、きれいな水、栄養のある食物、あるいは十分な保健 医療が、手には入るにしてもほとんどない。
1:2 The filth.
1:2汚物。
1:3 The crowds.
1:3 群衆。
1:4 The disease.
1:4 病。
1:5 From the perspective of the comfortably housed, amply fed and lavishly entertained, such conditions sound hopeless, and the suffering they must breed seems unimaginable.
1:5快適な住居が与えられ、十分に食べ、養線にもてなされている人々の視点からは、このような
状況は希望がないように思われ、それらが必然的に生み出す苦難は想像もつかないように思える。

・解答 [1]―1
>[1]構文の理解がポイント。選択肢がいずれも、accessという名詞にかかる言葉で、if any「もしあ
るにしても」どのような入手機会なのか理解できないといけない。それがわかればlittle, if any「あ るかなしかの」という必修表現を思い出せるだろう。こうしてwith little, if any, access to clean water は「きれいな水は、手には入るにしてもほとんどない」という意味の付帯状況を示す前置詞句で あることが読み取れる。

■第3段落
3:1 The enormous assumption behind this finding, of course, is that happiness, like Olympic figure skating, can really be scored numerically at all and that the judges who score it don’t even need to come from the same countries or speak the same languages as the people there judging.
3:1 もちろん、この発見の背後には途方もない想定がある。それは幸福がオリンピックのフィギュ
アスケートのように、ともかくも数字によって採点することが本ftにできるのであって、採点す る審判は同じ国の出身である必要はないし、自分が採点している人々と同じ言語を話す必要さえ ないということである。
3:2 Robert BiswasDiener, a professor of psychology at Portland State University in Oregon and the [4] (1. soul 2. heart 3. mind) behind the Calcutta study, believes this.
3:2 ロバート=ビスワズ=ディーナーは、オレゴン州にある州立ポートランド大学の心理学教授で
あり、カルカッタ研究を支持している学者であるが、このことを信じている。
3:3 BiswasDiener has worked extensively with his father, the noted University of Illinois psychologist Ed Diner, to evaluate the “Subjective Well-being” (SWB), as they call it, of people around the globe, from Masa warriors in East Africa to Inuit hunters in Northern Greenland, [5]( 1. inviting 2. permitting 3. indulging) them to answer various questions about their moods and outlook.
3:3 ビスワズ=ディーナーは、父である有名なイリノイ大学の心理学者エド=ディーナーとともに 広範な研究を行ってきた。 それは、東アフリカのマサイ族の兵士から、北部グリーンランドのイヌイットの猟師まで世界中 の人々に気分やものの見方に関するさまざまな質問に答えてもらいながら、いわゆる「主観的な 幸福(SWB)」を評価することである。
3:4 The results have led them to one sweeping conclusion:
3:4 その結果、彼らは決定的な結論に達した。
3:5 human beings, no matter where they live, and almost without regard to how they live, are, in the elder Diner’s words, “preset to be happy.”
3:5つまり、人間は、どこに住んでいようと、どのような暮らしをしていようとも、大ディーナー の言葉でいえば、「幸せになるように予めできている」ということである。
[5]―1
>[5]付帯状況の分詞構文をなす部分。「彼らに気分やものの見方に関するさまざまな質問に答えて
もらいながら」という意味にすればよい。indulge「ふける」でないことはすぐにわかるが、invite がVOC構文となってinvite O to do「Oに~するように求める。、誘う」という形になるという知識 がないと、誤ってpermitを選びやすいところ。

■第6段落
6:1 This positivity tendency does not appear to be popular in East Asia.
6:1 こうした積極的な性向は東アジアでは、一般的であるようには見えない。
6:2 Among the bottom five in the study are Japan, China and South Korea.
6:2 その研究の最下位5国には、日本、中国、韓国が入っている。
6:3 “We have found that East Asians tend to weight the worst areas of their lives when computing their life satisfaction, Ed Diner reports.
6:3 「東アジア人は、人生の満足度を計算するときに、自分の人生の最悪の部分に重きを置く傾向 があることがわかった」と、エド=ディーナーは報告する。
6:4 That’s the weight of cultural expectation, says Shigehiro Oishi, a professor of psychology at the University of Virginia, who does research on the connection between culture and wellbeing.
6:4 それが文化的な期待の重みなのだと、大石繁宏ヴァージニア大学心理学教授は語る。彼は、文 化と幸福の関係を研究している。
6:5 According to Oishi, in most North American and western European cultures there is a general [11] (1. process 2. rule 3. tendency) to value happiness.
6:5大石氏によれば、ほとんどの北アメリカと西ヨーロッパ文化には、幸福を重んじる一般的な傾
向がある。
6:6 In the U.S., when people ask how you are, you have to say, “I’m fine”, but in Japan, you can say, “I’m dying.” 6:6合衆国では、ご機嫌いかがと聞かれると、「元気です」と答えるが日本では「死にそうです」
と答えることもできる。
6:7 And even if you are thriving in Asia, lifting yourself above others by proclaiming your O. Knees in public may [12] (1. comply 2. clash 3. Combine) with broader goals which go beyond the immediate individual goals, says Oishi.
6:7 また、アジアではたとえ成功しているとしても、公然と自分が順風満帆であることを示して自 分を他人よりも上に置けば、すぐ目の前の個人的な目標を超えたところにある、より大きな目標 と衝突することもあると、大石氏は述べる。
6:8 So you don’t.
6:8 だからそんなことはしないのである。
・解答
[11]―3
>[11]3つの選択肢のうちで、不定詞をともなうことができる名詞はtendencyだけ。1.「過程」につ いては述べられていない。2.「規則」というほど明確ではない。よって、正解は3に決まる。

■第8段落
8:1 Biswas-Diener too feels that attitude  [15] (1. explains 2. counts 3. goes) but also notes that highly developed nations in the individualistic West do, as a group, score consistently high, suggesting that it doesn’t [16] ( 1. destroy 2. help 3. hurt) a country to pave its highways and disinfect its water supply.
8:1 ビスワズ=ディーナーはまた、心構えは大事だと感じてはいるが、個人主義的な西欧の高度先 進諸国が、集団としては一貫して高得点をあげていることにも注目している。これらの国々は道 路網を整備したり、上水道を殺菌したりしても国には損害を与えないことを示しているのであ る。
8:2 Happiness wise, attitude gets people over the hump – but it doesn’t get them to the mountaintop.
8:2幸せという点では、心構えがあれば峠を越えられるかもしれないが、しかし山頂に至ることは
ないのである。
・解答 [15]―2 [16]―3
>[15]語句の知識が問われている。2.countという動詞が自動詞として使われて「重要である、大切 である」という意味を表すことを知らないと、正解するのは難しい。
>[16]it doesn’t ( ) a country to pave…は、いわゆる仮主語構文であり、真主語はto pave以下であ ることをまず把握すること。次に、選択肢を検討しよう。destroy、help、hurtはすべて一般動詞 であるが、一般動詞が仮主語構文の述語として使われるのは珍しい。これら3つの中でこのような 構文を作るのはhurt「困ったことになる」のみである。この構文の代表的な動詞はsuitである。 cf.Where would it suit you best for me to meet you?「私がお会いするにはどこがいちばんご都合が よろしいでしょうか」

総合政策学部 2,008 問1
■第2段落
2:1 Secondly, the scientist systematically and empirically tests her hypotheses.
2:1 第二に、科学者は体系的、経験的に自分の仮説を検証する。
2:2 The man in the street certainly tests his “hypotheses,” too, but he tests them in what might be [4] (1. defined 2. assumed 3. called) a selective fashion.
2:2一般人もまた、確かに自分の「仮説」を検証しはするのだが、しかし検証の方法はいわばえり
好みである。
2:3 He often “selects” evidence simply because it is consistent with his hypothesis.
2:3 そういう人は自分の仮説と整合的だからというだけの理由で、証拠を「選択する」ことが多 い。
2:4 Take the stereotype: Fast food is bad for you.
2:4 ファーストフードは体に悪い、という固定観念で考えてみよう。
2:5 If some people believe this, they can easily “verify” their belief by noting that many kinds of fast food are unhealthy.
2:5 もしもある人々がこれを信じている場合、彼らは多くの種類のファーストフードが健康によく ないことに言及することで、容易に自分の信念を「証明」することができる。
2:6 [5] (1. Exceptions 2. Rules 3. Objectives) to the stereotype, such as healthy or low-fat fast foods, are not taken into account.
2:6 固定観念に対する例外、たとえば健康的な、脂肪分の少ないファーストフードが考慮されるこ
とはない。
2:7 The true social scientist, knowing this “selection tendency” to be a common psychological phenomenon, carefully guards her research against her own preconceptions and predilections, and avoids selecting only the kinds of data that support her hypotheses.
2:7真の社会科学者は、この「選択傾向」が一般的な心理現象であることを知っているので、自身
の先入観や偏愛から自分の研究を注意深く守り、自分の仮説を支持するようなデータだけを選択 することがないようにするのである。
2:8 Most importantly, she is not content with an armchair exploration of a relation;
2:8 もっとも大切なのは、ある関係を机上で研究することに科学者は満足しないということであ る。
2:9 she feels it [6] (1. uncomfortable 2. obligatory 3. stressful) to test her hypothesis against empirical reality.
2:9 科学者は自分の仮説を経験的な現実に照らして検証しなければならないと思う。
2:10 She thus emphasizes the importance of systematic, controlled, and empirical testing of her hypotheses.
2:10それゆえに、自分の仮説の体系的で、制御され、しかも経験的な検証の重要性を強調するの
である。
[4]ー3
>[4]英文の構造をしっかり捉える必要がある。
tests them in a selective fashion「それらをえり好みして試す」という基本構造。in a fashion(=way)は「(ある)方法で」の意味。これにwhat is called「いわゆる」という修飾語が加 わったかたちになっている。

■第2段落
2:1 Secondly, the scientist systematically and empirically tests her hypotheses.
2:1 第二に、科学者は体系的、経験的に自分の仮説を検証する。
2:2 The man in the street certainly tests his “hypotheses,” too, but he tests them in what might be [4] (1. defined 2. assumed 3. called) a selective fashion.
2:2一般人もまた、確かに自分の「仮説」を検証しはするのだが、しかし検証の方法はいわばえり
好みである。
2:3 He often “selects” evidence simply because it is consistent with his hypothesis.
2:3 そういう人は自分の仮説と整合的だからというだけの理由で、証拠を「選択する」ことが多 い。
2:4 Take the stereotype: Fast food is bad for you.
2:4 ファーストフードは体に悪い、という固定観念で考えてみよう。
2:5 If some people believe this, they can easily “verify” their belief by noting that many kinds of fast food are unhealthy.
2:5 もしもある人々がこれを信じている場合、彼らは多くの種類のファーストフードが健康によく ないことに言及することで、容易に自分の信念を「証明」することができる。
2:6 [5] (1. Exceptions 2. Rules 3. Objectives) to the stereotype, such as healthy or low-fat fast foods, are not taken into account.
2:6 固定観念に対する例外、たとえば健康的な、脂肪分の少ないファーストフードが考慮されるこ
とはない。
2:7 The true social scientist, knowing this “selection tendency” to be a common psychological phenomenon, carefully guards her research against her own preconceptions and predilections, and avoids selecting only the kinds of data that support her hypotheses.
2:7真の社会科学者は、この「選択傾向」が一般的な心理現象であることを知っているので、自身
の先入観や偏愛から自分の研究を注意深く守り、自分の仮説を支持するようなデータだけを選択 することがないようにするのである。
2:8 Most importantly, she is not content with an armchair exploration of a relation;
2:8 もっとも大切なのは、ある関係を机上で研究することに科学者は満足しないということであ る。
2:9 she feels it [6] (1. uncomfortable 2. obligatory 3. stressful) to test her hypothesis against empirical reality.
2:9 科学者は自分の仮説を経験的な現実に照らして検証しなければならないと思う。
2:10 She thus emphasizes the importance of systematic, controlled, and empirical testing of her hypotheses.
2:10それゆえに、自分の仮説の体系的で、制御され、しかも経験的な検証の重要性を強調するの である。
[6]ー2
>[6]feel it to doという形式(itは仮目的語、to doが真目的語)に注意し、「…するのはだと思う」を 正確に読み取りたい。文脈からは、自分の仮説を経験的な現実に照らして検証しなければならな いと思うという意味になると読み取れるので、1.「不快である」2.「義務的である」3.「緊張し て」のうちでは、2が正解だとわかる。

総合政策学部 2008 問2
■第6段落
6:1 First, the tsunami of December 2004 resulted in a severe loss of life and property along coastal Tamil Nadu in southern India, which is where Mr. Swami Nathan lives.
6:1第一に、2004年12月の津波が南インドの沿岸部タミルナードゥ州で人と財産に甚大な損害をも
たらした。実はそこに、スワミナサン氏は住んでいるのである。
6:2 For 15 years [39] (1. previously 2. Since then 3. Now) , many residents of that district have been trying to persuade coastal communities not to destroy the mangrove forests along the coast.
6:2 これまで15年間、その地域の多くの住民は海岸沿いのマングローブ林を破壊しないように沿岸 のコミュニティを説得してきた。
6:3 But the coastal people’s preoccupations with their livelihood did not allow them to heed that request.
6:3 しかし、沿岸住民は生計を立てるのに没頭していたので、そうした要請に耳を貸す余裕はな かった。
6:4 The tsunami miraculously changed their outlook.
6:4津波は彼らの考え方を驚くほど変えてしまった。
6:5 Villages adjoining thick mangrove forests were saved from the fury of the tsunami because of the wave breaking [40] (1. impact 2. role 3. force) played by the mangroves.
6:5深いマングローブ林に隣接する村落は、樹林が波の威力をそぐ役割を果たしたため、津波の猛
威から救われたのだった。
6:6 But in nearby villages, where mangroves had been destroyed either for fuel wood or to create fishponds, several hundred fishermen died.
6:6 しかし、近隣の村落では燃料を得るためであれ養魚池を作るためであれ、マングローブ林が破
壊されていたので数百人の漁師が亡くなった。
6:7 This area is near the temple town of Chidambaram, [41] (1which. 2. Where 3. When) centuries ago the temple builders had chosen a mangrove species as the temple tree.
6:7 この地域は門前町チダンバラム近隣であり、その地では何世紀も前に寺院建造者がマングロー
ブの木を寺院の木に選んだのだった。
6:8 Following the tsunami there was a sudden awareness of the reason for this choice, and local people now refer to mangrove trees as “life savers.” 6:8津波の後、この選択の理由が急に知られるようになり、地元の人々は今ではマングローブの木
を「命の恩人」と呼んでいる。
6:9 What the residents could not achieve in 15 years by arguing that mangroves would serve as a natural, biological shield in the event of a flood was thus achieved in a day.
6:9住民たちが、洪水のときにマングローブは自然の、生物による防御柵として役立つのだと論じ
ながら15年かかっても成し遂げられなかったことが、こうして1日で成し遂げられたのである。
・解答 [39]―3
>[39]設問部分は「15年間~、その地域の多くの住民は海岸沿いのマングローブ林を破壊しないよ うに沿岸のコミュニテイを説得してきた」という内容。選択肢はそれぞれ、1.「以前に」2.「それ 以来」3.「現在」という意味。時制は現在完了だから、述べられていることが現在にも当てはまる ということに注意。よって、正解は3の「これまで、現在まで」である。このように「時間の表 現」とともに使われたnowは、単に「今、現在」ではなく「これまで、もう」といった意味にな る。ex. It has been five years now since we married「結婚してもう5年になる」

■第6段落
6:1 First, the tsunami of December 2004 resulted in a severe loss of life and property along coastal Tamil Nadu in southern India, which is where Mr. Swami Nathan lives.
6:1第一に、2004年12月の津波が南インドの沿岸部タミルナードゥ州で人と財産に甚大な損害をも
たらした。実はそこに、スワミナサン氏は住んでいるのである。
6:2 For 15 years [39] (1. previously 2. Since then 3. Now), many residents of that district have been trying to persuade coastal communities not to destroy the mangrove forests along the coast.
6:2 これまで15年間、その地域の多くの住民は海岸沿いのマングローブ林を破壊しないように沿岸 のコミュニティを説得してきた。
6:3 But the coastal people’s preoccupations with their livelihood did not allow them to heed that request.
6:3 しかし、沿岸住民は生計を立てるのに没頭していたので、そうした要請に耳を貸す余裕はな かった。
6:4 The tsunami miraculously changed their outlook.
6:4津波は彼らの考え方を驚くほど変えてしまった。
6:5 Villages adjoining thick mangrove forests were saved from the fury of the tsunami because of the wave breaking [40] (1. impact 2. role 3. force) played by the mangroves.
6:5深いマングローブ林に隣接する村落は、樹林が波の威力をそぐ役割を果たしたため、津波の猛
威から救われたのだった。
6:6 But in nearby villages, where mangroves had been destroyed either for fuel wood or to create fishponds, several hundred fishermen died.
6:6 しかし、近隣の村落では燃料を得るためであれ養魚池を作るためであれ、マングローブ林が破
壊されていたので数百人の漁師が亡くなった。
6:7 This area is near the temple town of Chidambaram, [41] (1which. 2. Where 3. When) centuries ago the temple builders had chosen a mangrove species as the temple tree.
6:7 この地域は門前町チダンバラム近隣であり、その地では何世紀も前に寺院建造者がマングロー
ブの木を寺院の木に選んだのだった。
6:8 Following the tsunami there was a sudden awareness of the reason for this choice, and local people now refer to mangrove trees as “life savers.” 6:8津波の後、この選択の理由が急に知られるようになり、地元の人々は今ではマングローブの木
を「命の恩人」と呼んでいる。
6:9 What the residents could not achieve in 15 years by arguing that mangroves would serve as a natural, biological shield in the event of a flood was thus achieved in a day.
6:9住民たちが、洪水のときにマングローブは自然の、生物による防御柵として役立つのだと論じ
ながら15年かかっても成し遂げられなかったことが、こうして1日で成し遂げられたのである。
[41]―2 >[41]この設問は、関係詞がどれになるかを決める問題である。先行詞はthe temple town of Chidambaramであり、続く部分はCenturies ago the temple builders had chosen a mangrove species as the temple tree thereという文がもとになっていると考えられる。よって、thereを whereに変えて関係詞節を作らなければならないから、正解は2である。

■第4段落
4:1 It the past, economists looked [37](1. liberally 2. unwillingly. strictly) at your income in order to calculate the value of your leisure hours.
4:1 かつて経済学者らは、余暇時間の価値を計算するため、収入を厳密に調査していた。
4:2 Now, the study of the “household economy” is getting fresh encouragement. 4:2 現在では「家庭経済」の研究は新たな促進材料を得つつある。
4:3 It is even beginning to take into account intangible factors such as satisfaction and pleasure. 4:3 満足とか喜びといった無形の要素を考慮に入れようとさえしているのである。
4:4 Many governments have conducted surveys on the use of time within the household, in an effort to provide reliable data.
4:4 多くの政府が、信頼できるデータを提供しようとして、家庭内の時間の使い方について調査を
行った。
4:5 Some use a monthly survey, [38](1. if 2. where 3. which) they ask people to report how much time they spend doing such things as exercising or driving their kids to various places.
4:5 月単位で調査を行うところもあり、その場合には運動したり子供をいろいろな場所に車で、連
れて行ったりするようなことにどれだけ時間を使うかを人々に尋ねている。
4:6 A large number of academic essays on this topic are also circulating. 4:6 この話題に関しては多数の学術論文が読まれている。
4:7 Some of them address issues such as the impact of timesaving technology, including microwave ovens and washing machines.
4:7 それらのうちいくつかは、電子レンジや洗濯機を含めた時間節約技術の影響といった問題を取
り扱っている。
4:8 This kind of scholarship is gaining new relevance now that lower household budgets are [39] (1. forcing 2. requesting 3. helping) some people to work longer hours, which emphasizes the importance of the cost-effective use of free time.
4:8 この種の学問はいまや、新たな関連性を得つつある。というのは、より低収入の家庭では、よ
り長時間働かざるをえない人々がおり、そのことが自由時間を費用面で効率的に使うことの重要 性を際立たせているからである。

・解答 [39]―1
1 forcing 「O(目的語)に~することを強いる」
2 requesting「O(目的語)に~するよう頼む」
3 helping 「O(目的語)を助ける」
>[39]force + 0 + to do「0に~することを強いる」主語が「より低い収入の家計が(lower household budget)」で、to doの部分が「より長時間働くことを(to work longer hours)」であ るから、2の「頼む」や3の「助ける」では不適切。

■第7段落
7:1 Defenders of conventional schooling make parallel arguments, claiming that children need the physical and emotional peer connections that they experience in classroom activities, school assemblies, club meetings, and the like in order to develop the social skills they will need to [9]
( 1 .participate in 2. borrow from 3. retreat from) democratic society. 7:1従来の学校教育の擁護者も類似した主張をしており、民主的社会に参加するのに必要な社交技
術を発達させるためには、子供は教室での活動、学校の集会、クラブでの集会などにおいて経験 する、仲間との物理的・情緒的つながりが必要なのだと説いている。
7:2 On the other hand, some argue that virtual schooling can actually promote civic participation because it provides a [10](1.measurement 2. mechanism 3. messenger) by which thoughtful communication can take place among a nearly limitless range of students.
7:2一方、バーチャル教育は無限に近い範囲の生徒問で、思慮に富んだコミュニケーションが行わ
れる仕組みを提供するため、市民参加を実際に促進しうると主張する者もいる。
・解答 [10]―2
1 measurement「測定」
2 measure(測定する)+ment(単語を名刺化するための接尾辞) 「測定すること、(測定 した)寸法」
3 mechanism 「仕組み」
4 messenger 「使者」
5 message(メッセージ、伝言)+er(~する人) 「使いのもの、使者」
>[10]直後のwhichの先行詞にあたるものを選ぶ。by which以下は「(それによって)無限に近 い範囲の生徒間で思慮に富んだコミュニケーションが行われる」ということであるから、by which は「その仕組みによって」と考えるのが自然。

■第13段落
13:1 Giving [49] (1. blindly 2. modestly 3. inevitably) does not improve the status quo of poverty in the world.
13:1 やみくもに提供するのでは世界の貧困の現状は改善しない。
13:2 This need not be the case.
13:2 そんなことにはならなくてよい。
13:3 Much can be accomplished with relatively modest amounts of money when giving is invested in results rather than in need only.
13:3提供資金がただ必要に応じてではなく、成果に応じて投資されれば多くのことが比較的少額の
資金で達成可能である。

13:4 Philanthropists must demand [50] (1. more than 2. nothing less than 3. anything but) real, meaningful and measurable life change for those they seek to help.
13:4慈善事業者は、他でもない、真の有意義な測定しうる生活の変化そのものを、自分が援助しよ
うとしている人々のために要求しなければならない。
>[50]
More than「~より以上のもの」 Less than「決して~でない」 Anything but「~以外は何でも」
先行部分の大意は「提供資金が必要に応じてではなく、成果に応じて投資されれば多くのことが
達成可能である」である。よって、「慈善事業者は、生活の変化(=事業の成果)を要求しなければ ならない」という意味にならなければいけない。

■第5段落
5:1 The first step toward performance philanthropy is gathering data on results, not just needs.
5:1業績重視慈善事業への第1歩は、需要だけでなく、成果に関するデータ収集である。
5:2 Geneva Global began a quest to determine “return on investment” for philanthropy more than five years ago.
5:2 ジュネーブ=グローバルは5年以上も前から慈善事業の「投資収益率」を決定しようと、探求を
始めた。
5:3 We have learned, through detailed research and the handling of hundreds of grants affecting millions of people each year, great deal about measuring [35]( 1. needs 2. receipts 3. performance) in philanthropy.
5:3私たちは詳細にわたる研究と毎年数百万人の人々に影響する数百もの交付金の処理によって、
慈善事業の業績を評価することに関して多くを学んだのだった。
・解答 [35]―3
>[35]
Need「必要」 Receipt「領収書」 Performance「上演、業績」
この文の正しい読解が基礎になる。We have learned a great dealというSVOの構造をしっかりつ かむこと。それによって、「…を評価することに関して多くを学んだ」という意味がわかる。こ の段落の第1文に「需要に関するもののみでなく成果に関するデータ収集」とあることから判断で きる。

■第8段落
8:1 Mousetraps, however, are not created by nature but are manufactured by people.
8:1 しかし、ねずみ取りは自然によって作られたのではなく、人間によって製造されたのである。
8:2 Then, we must ask what part of natural life is so complex that it cannot be fully explained by Darwinian Theory.
8:2 だから私たちは、ダーウイン理論では十分に説明できないほど複雑なのは自然生物のどの部分 なのかと尋ねなければならない。
8:3 Some have suggested that the human eye is one such example.
8:3人間の目がその一例であると言った人もいる。
8:4 But the eye has been studied for decades with results that strongly [12] (1. deny 2. doubt 3. suggest) it has evolved.
8:4 しかし、目は数十年も研究され、進化したのだということを強く示す結果が出ている。
8:5 At first there were light sensitive plates in prehistoric creatures that enabled them to move toward and away from illumination.
8:5最初、先史時代の生物には、光に敏感な板があり、それによって彼らは光源に近づいたり遠ざ かったりできたのである。
8:6 In a few animals, these light sensitive plates were more precise.
8:6 こうした光に敏感な板が、ある少数の生物においては、より精密になっていったのだ。
8:7 This was the result of genetic differences.
8:7 これは遺伝的な差異の結果である。
8:8 Just as only a few people today can see a baseball [13] (1. as long as 2. as poorly as 3. as well as) Ted Williams could, so then some creatures were able not only to detect light but to see shapes or colors in the light.
8:8 テッド=ウイリアムズと同じくらい野球の球が見える人が、今日ほんのわずかながらいるのと
ちょうど同じように、ft時光を探りftてるだけでなく、光の中で形態や色を見ることができる生 物もいたのである。
[13]―3
>[13]
As long as「~だけずっと」 As well as「~と同じくらい」
テッド=ウィリアムズは伝説の大リーガー、4割打者である。だがそれを知らなくても、優れた視 力の持ち主の例としてあげられていることがわかるので3の「~と同じくらいうまく」を選ぶこと になるだろう。Just as S+V, so S’+V’「ちょうどSがVするのと同じようにS’がV’する」の構文にも 注意。

■第6段落
6:1 What existed before the Big Bang created the universe?
6:1 ビッグバンが宇宙を創造する以前に、何が存在していたのか。
6:2 Is there an afterlife of heaven (or hell) that awaits us after we die?
6:2天国(あるいは地獄)という、死後私たちを待ち受ける来世はあるのか。
6:3 Can a faith in God change our lives?
6:3神への信仰は私たちの暮らしを変えられるのか。
6:4 There are religious scientists who believe that God exists and affects our lives, and there are scientists who reject the idea of God and his actions.
6:4神は存在するし、私たちの暮らしに影響すると信じる宗教的な科学者たちもいるし、神とその
行為という思想を否認する科学者もいる。
6:5 For example, Isaac Newton was a deeply religious man, and what we today call the Newtonian laws, he [10] (1. attached 2. attributed 3. contributed) to Gods handiwork.
6:5 たとえば、アイザック=ニュートンは信心深い人間であったし、今日私たちがニュートンの法
則と呼ぶものを彼は神の御業によるものだと考えていたのである。
6:6 On the other hand, Charles Darwin, though he started his adult life as a sincere believer intending to become a priest, abandoned his insistence that God created animal species and replaced that view with his extraordinary, and now widely accepted, theory of evolution.
6:6他方、チャールズ=ダーウインは、青年期の初めには、聖職者になろうとしていた敬度な信者で
あったが神が動物を作ったのだとする説を捨て、その見解を自分のとんでもない、だが今は広く 受け容れられている、進化論に置き換えたのだった。
・解答 [10]―2
>[10]
Attach「貼り付ける」 Attribute「~に帰する」 Contribute「寄与する」
ニュートンの重力理論すなわち万有引力の法則から初期条件が与えられればいかなる物体の運動 も予測できる、という結論が導かれることは、知っておいてもよい知識である。そしてこの結論
こそ、ニュートンが神の存在を示すものだと考えたのである。よってこの部分は「ニュートンの 法則は神の御業によるものだと彼は考えていた」となるはずである。Newtonian「ニュートンの、 ニユートン流の」Newtonの形容詞形。固有名詞がこうした形容詞形に変わることは覚えておくと よい。handiwork「手仕事、仕事、仕業」。またこの文の構造を理解することも大きなポイントで What節がattributeの目的語であり、OSVという特殊な構文(このように、目的語を本来の位置から 前方に繰り上げ、主語より前に置く形式を「話題化」構文と呼び、「倒置」とは区別する)である ことがしっかりと読み取れていることも、正解の条件である。

■第2段落
2:1 This theory has been tested rigorously, [2] (1. as much as 2. so much as 3. so much so) that we can now launch a satellite and know exactly where it must be in space in order to keep it rotating around the earth.
2:1 この理論は厳密に検証されてきたのであり、その厳密さのために私たちは、今衛星を打ち上 げ、それが地球の周りを回り続けるようにするためには、宇宙のどこに置かなければならないの かが正確にわかるほどである。
2:2 It was not always this way.
2:2 つねにそうだったというわけではない。
2:3 From classical times to the Middle Ages, many important thinkers thought that the speed with which objects fall toward the earth depended solely on their weight.
2:3古典時代から中世まで、多くの重要な思想家たちは、物体が地面に向かって落ちる速度は、た
だその重量によって決まると考えていたのである。
2:4 We now know that this view is false.
2:4私たちは今、この見解が誤りであることを知っている。
2:5 In a vacuum, objects fall at the same speed and, thanks to Newton, we know the formula with which to [3] (1.accelerate 2.calculate 3. control) that speed.
2:5真空中では、物体は同一速度で落下するし、またニュートンのおかげで、私たちは、その速度
を計算するための公式を知っているのである。
[3]―2
>[3]
Accelerate「加速する」 Calculate「計算する」 Control「制御する」
本文の意味は「またニュートンのおかげで、私たちはその速度を~するのに使う公式を知ってい
るのである」になる。formula「公式」with which to~という形は、不定詞を使って関係詞節を縮め たもの。withwhichwecan~というのが元の形である。「ニュートンの公式を用いて速度を~する」 にふさわしいのは2であると判断できる。

■第8段落
8:1 However, this is by [16] (1. all 2. some 3. no) means the only way in which a language can develop its vocabulary;
8:1 しかしながら、これは決して言語がその語いを拡大する唯一の手段ではないのである。
8:2 there are many cases where the vocabulary of a language is developed from within, that is, by using its own existing resources.
8:2言語の語いが「内部から」、すなわち、自分自身の現存資源を利用することによって発達する
数多くの事例がある。
8:3 One of the reasons why a languages own resources may be used in the expansion of its vocabulary is that a writer wants his/her work to be readily understood by its intended audience, who might be [17](1. put on 2. put off 3. pulled off) by too much borrowing.
8:3言語自身の資源がその語い拡大に利用される理由の1つは、作家が自分の作品を、対象とする読
み手にたやすく理解してもらいたいと思うからであり、読み手は借用が多すぎれば、嫌気がさして しまうかもしれない。
8:4 This is what Cicero* did.
8:4 こうしたことを、キケロがやってのけたのだった。
8:5 In order to write in Latin about the ideas of Greek philosophy, he developed a Latin vocabulary which corresponded to the ideas he wanted to put [18]( 1. away 2. down 3. across).
8:5 ラテン語でギリシャ哲学の思想のことを書くために、彼は自分が理解してもらいたかった思想
に対応するラテン語の語いを生み出したのだった。
8:6 An example of this was his use of the Latin word ratio to mean ‘reason’, a usage which has come down to us today in English.
8:6 この一例として、彼はラテン語のratioという語を「理性」を意味するように用いたのであり、
その用法は今日まで英語に受け継がれている。
8:7 He also invented new words made up of Latin elements:
8:7 また彼は、ラテン語の要素からなる新語も造った。
8:8 for instance, the word qualitas, which became ‘quality’ in English, was [19] (1. coined 2. depicted 3. designated) by Cicero to correspond to a Greek idea.
8:8 たとえば、qualitasという、英語ではqualityとなった語は、ギリシャの念に対応するようにキ
ケロによって造語されたのだった。
8:9 Thus, he composed his philosophical works in Latin partly to make Greek philosophy available to a Latin-speaking audience, but also partly to show that it could be done.
8:9 こうして、彼がラテン語で自分の哲学の著作を書いたのは、1つにはラテン語の話し手である
読者がギリシャ哲学を理解できるようにするためであったが、また1つには、それができるという ことを示すためだった。
8:10 This was because some of his contemporaries were skeptical about the possibility of Latin being able to express the ideas of the Greeks!
8:10 それは、彼の同時代人にはギリシャの思想をラテン語が表現できる可能性に懐疑的だった人
がいたからだったのだ。
・解答 [16]―3
>[16]
By all means 「どうぞ、ぜひ(口語的)」
By some means「どうにか」
By no means 「決して~ではない」
言語の語いが発展するmany cases「数多くの事例」があるので、the only wayの前には「否定的な意 味」をもつ語句を入れなければならない。したがって正解は3のby no mean 「決して~でない」に 決まる。この前置詞句も必修レベルの表現で「何もない手段によって」などと読むと意味不明に 陥る。

■第4段落
4:1 Now let’s look at the ways in which languages are supposed to be inadequate.
4:1 では、どのようにして言語が不十分であると考えられるのかをみてみよう。
4:2 In some instances, it is features of the structure of a language which are picked on as the reason why another language is to be [7] (1. preferred 2. provoked 3. supported) for a particular function.
4:2 いくつかの事例では、言語の構造の特徴こそが、別の言語が特定の機能を果たすには好ましい
理由として選ばれる。
4:3 In Switzerland, some people speak Romansh, a language descended from Latin, although German has been making inroads for centuries.
4:3 スイスでは、ドイツ語が何世紀間も侵食し続けてきたにもかかわらず、ラテン語に由来するロ
マンシュ語を話す人々がいる。
4:4 [8] (1. As for 2. As with 3. As regards) Maori, there has been a [9] (1. play 2. push 3. pick) in recent decades to increase the areas of life and activity in which Romansh is used.
4:4 マオリ語と同様に、最近数十年間にロマンシユ語を使う生活や活動の場を増やそうと推進され てきた。
4:5 Now, German is a language which can very easily combine words into ‘compounds’.
4:5 ところで、ドイツ語は単語を結合して「複合語」にすることがきわめてたやすくできる言語で ある。
4:6 Romansh is a language which cannot do this so readily and [10] (1. instead 2. furthermore. additionally) uses phrases as a way of combining ideas.
4:6 ロマンシュ語は、そうたやすくはできないので、代わりに句を用いて概念を結合する言語であ る。
4:7 Some speakers of Romansh believe that Romansh is not good enough to be used in really technical areas of life because ‘German is able to construct clearly defined single words for technical ideas, Romansh is not’.
4:7 「ドイツ語は専門的な概念を表すはっきり定義された単一語を作ることができるが、ロマン シュ語はできない」からロマンシュ語は生活の真に専門的な領域で使うには不十分であると信じ ているロマンシュ語の話者もいる。
4:8 This notion ignores the fact that other languages such as French and Italian are in exactly the same boat as Romansh, yet obviously have no problem in being precise in technical areas.
4:8 この考え方は他のフランス語やイタリア語のような言語もロマンシュ語とまったく同じ苦境に ありながら専門領域における精密さに何の問題もないことを無視している。
・解答 [7]―1
>[7]
Prefer「好む」 Provoke「引き起こす」 Support「支える」
不十分な言語と考えられるものがあり、別の言語が特定の役目を果たすのに、その言語よりどう
されるか、を考えると1のpreferred「好まれる」となる。

3:1 In these countries the expansion of urbanization is [33](1. controlling 2. growing 3. occurring) on an unimaginable scale.
3:1 これらの国々においては、都市化の拡大は想像を超えた規模で起こっている。
3:2 Very large cities the megacities with populations of over 10 million people are becoming commonplace.
3:2非常に大きな都市―1千万以上の人口を持つメガ・シティ(巨大都市)―はありふれたものと
なっている。
3:3 New York and Tokyo were the only megacities in 1960, but by 1999 there were 17.
3:3 1960年の時はニューヨークと東京だけがメガ・シティであったが、1999年には17都市になっ
た。
3:4 In another 15 years projections suggest there will be at [34](1. largest 2. least 3. most) 26 such cities, 22 of which will be in developing countries, and 18 of these in Asia.
3:4見積もられているところによると、あと15年すれば少なくともそのような都市が26になり、う
ち22都市が発展途上国にあり、さらにその18都市はアジアにあるという。
3:5 However, the most aggressive growth [35](1. Appears 2. Continues 3. Corresponds) to be in the cities of between 1 and 10 million.
3:5 しかし、最も激しい増加は、100万人から1千万人の都市にみられるようである。
3:6 In 1990, we had 270 million cities; by 2015, various predictions show that there may be between 358 and 516 of these cities.
3:6 1990年には270の「百万都市」があったが、さまざまな予測によると、2015年までにはこのよ
うな都市の数が358から516の間になるかもしれないという。
[34]―2
>[34]
At large 「捕まらないで、一般の」
At least 「少なくとも」
At most 「せいぜい、多くて」
段落冒頭から都市化の拡大について述べられており、第3文(New York…)ではメガ・シティの増加
について述べられている。さらに該当箇所を含む文では「さらに15年後(In another 15years)」のメ ガ・シティの数を予測する内容となっていることから、「少なくとも(at least)」とするのが最適。

[35]―1
>[35]
Appear to do「~するようだ」 Continue to do 「~するのを続ける」 Correspond to O「Oに一致する」
appear to do「~する〔である〕ように思われる、見える」主語the most aggressive growth(「最
も激しい増加は……」)に続く動詞を選ぶ問題であるが、次の文に2015年までの急激な増加を
「予測」している記述があることからこれが最適。

■第6段落
6:1 There is a strong [43](1. barrier 2. force 3. link) between urban form and sustainable development, but it is not simple and straightforward.
6:1都市形態と持続可能な発展との間には強い結びつきがあるが、それは単純でわかりやすいもの
ではない。
6:2 It has been suggested that a sustainable city must be of a form and scale appropriate to walking, cycling and efficient public transport, and with a compactness that encourages social interaction.
6:2持続可能な都市とは、歩いたり自転車に乗ったりすることや効率的な公共交通機関にちょうど
よしまた社会的相互作用を促進する密集性を備えた形態と規模のものでなければならない、とい うことが言われてきている。
6:3 Some other proponents have suggested forms with large concentrated centers, those with decentralized but compact settlements linked by public transport systems, or those with a set of self-sufficient communities based on development strategies [44](1. for 2. On 3. To) dispersion.
6:3 また別の提唱者らは、集中化された大きな中心部を持つ形態、分散しているがそれぞれが公共
交通機関で結ぼれた、コンパクトな居住地を持つ形態、あるいは分散化のための開発計画に基づ
いたひとそろいの自給自足コミュニティを備えた形態を提案している。
・解答 [43]―3
>[43] Barrier「防壁、さく」 Force 「力、影響力」 Link 「つながり、関連」
後にbetween~(「~の間の」)が続くことから、3のlink(「関連、結びつき」)が最適。

■第5段落
5:1 The bone club, the toothed saw, the horn dagger, the bone scraper these were the marvelous inventions which the manages needed in order to survive.
5:1骨でできたこん棒、歯のついたのこぎり、角でできた短剣、骨でできた削り器―これらは猿人
が生き延びるために必要とした驚くべき発明であった。
5:2 Soon they would recognize them for the symbols of power that they were, but many months [6] (1. could 2. had to 3. might) pass before their clumsy fingers would acquire the skill or the will to use them.
5:2 ほどなく彼らはそれらをカの象徴として認めるのであるが、彼らの不器用な指がそれらを使う
技術―あるいは意志―を得るまでには何カ月もの期聞が経過する必要があった。
5:3 The odds were still [7](1. against 2. between 3. beyond) them, and there were endless opportunities for failure in the ages that lay ahead.
5:3 まだ彼らには勝ち目はなく、その先に続く年月において数限りない失敗の機会があった。
5:4 Yet the manages had been given their first chance.
5:5 しかし猿人は最初のチャンスを与えられた。
There would be no second one;
5:5 2度目のチャンスはもうないだろう。
5:6 the future was, very literally, in their own hands.
5:6 つまり未来はまさに文字どおり、彼ら自身の手の中にあったのだ。
・解説 [6]―2
>[6」many months had to pass「何カ月もの期間が経過する必要があった」つまり「何カ月をも 要した」ということ。後述の「彼らの不器用な指がそれらを使う技術を得るまでに(before …… the skill)」から推測。

■第8段落
8:1 When the ice had passed, [11](1. now 2. SO 3. Then) had much of the planets early life including the manages.
8:1氷河が消えた時には、地球上に早くからあった生命―猿人も含めて―の多くもまた死に絶えて
いた。
8:2 But, unlike so many others, they had left descendants;
8:2 しかし、他の多くの生物と違い、彼らは子孫を残した。
8:3 they had not merely become extinct they had been transformed.
8:3 つまり単に絶滅しかけたのではなく、変質したのである。
8:4 The toolmakers had been remade by their own tools.
8:4 道具を作る者は、自らの道具によって再生したのである。
・解説 [11]―2
>[11]so had much of the planet’s early life「地球上に早くからあった生命の多くもまた死に絶え た」soは前のpassedを指し、倒置となっている。次の例と同じ用法。(例)He is from Kyoto, and so am I.「彼は京都の出身ですが、私もそうです」

copyright 2016/Everyday school