年中無休の家庭教師 毎日学習会

本文対訳

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1995年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 Social behaviour commonly includes communication, which may be defined as the sending of a messag

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1995年 大問二 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 Liberalism, in politics, is a doctrine that holds that constitutions, laws, and political proposa

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1996年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 Leadership has been defined as the power of one or a few individuals to induce a group to adopt a

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1996年 大問二 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 Festivals are collective phenomena and serve purposes rooted in group life. 1:1祭りは集団的な現象であり、集団生活に

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1997年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 A month ago I happened to turn on the TV to find something I remembered with admiration, affectio

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1997年 大問二 本文対訳

本文 (The following passage, published in 1971, reflects some personal views on education by Abraham H. Maslow,

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1998年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 For more than 500 years, the bulk of human knowledge and information has been stored as paper doc

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1998年 大問二 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 We all know how pearls are made. 1:1我々は皆、真珠がどのように作られるのかを知っている。 1:2 When a grain of grit accidenta

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1999年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 In the early 1960s, the concept of self-organizing systems began to take hold. 1:1 1960年代の初期、組織を自

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1999年 大問二 本文対訳

■第1段落 1:1 The greatest obstacle in science to investigating the emotions of other animals has been an inordina

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2000年 大問一 本文対訳

本文 The Child Prodigy* of 1997-9[8](El Niño in 1997-98) 1997年から98年の神童(1997年から98年のエルニーニョ) ■第1段落 1:1 Just under a

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2000年 大問二 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 The photograph above won a Pulitzer Prize for The New York Times. 1:1上の写真は『ニューヨーク・タイムズ』紙がピューリッツァー

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2001年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 Around the year 1500, King James IV of Scotland ordered that a baby be raised in isolation to see

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2001年 大問二 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 The Roman poet Catullus lamented the death of a pet sparrow, probably a house sparrow or a tree s

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2002年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 Compared with misery, happiness is a relatively unexplored area for social scientists. 1:1不幸と比べて、

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2002年 大問二 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 When and where did our species arise? 1:1我々の種は、いつどこで起こったのであろうか。 1:2 Over the past two decades mol

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2005年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 The drought had lasted now for ten million years, and the reign of the dinosaurs had long since e

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2005年 大問二 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 The issue of sustainable urban development has concentrated the minds of governments and research

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2006年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 As soon as infants can crawl, they begin to explore their environments. 1:1赤ん坊は、ハイハイができるようになるとすぐに

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2006年 大問二 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 As the reach of our daily activities expands to the global level, many people find themselves ask

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2007年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 Various forms of school-based education have been with us for over two millennia. 1:1 学校を基盤とした教育の

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2007年 大問二 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 Sarah Kallie is a Manhattan executive who is so busy at her job that she does not have time to do

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2008年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 The Thomas A. Edison National Historic Site in West Orange attracts thousands of people who would

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2008年 大問二 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 The humanitarian response to the 2004 Asian tsunami was swift and global. 1:1 2004年のアジアの津波に対する人道主

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2009年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 If Bangladesh were to count her blessings, they would number three: the Brahmaputra, the Meghan a

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2009年 大問二 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 Ideally, competence and self-confidence will have developed from a child’s earliest days through

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2010年 大問一 本文対訳

本文 ■ 第1段落 1:1 20世紀は急速な科学技術の発展や,民主主義と人権意識の広がりが世界中で見られた時代だった。 1:1 The twentieth century was a time of exponentia

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2010年 大問二 本文対訳

本文 ■ 第1段落 1:1 500年ほど昔,ルネサンス期の学者であるロッテルダムのエラスムスは自分の学生の礼儀作法を非常に気にかけていた。 1:1 About 500 years ago, the Renaissance

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2011年 大問一 本文対訳

本文 次の文章に関して,空所補充問題と読解問題の二つがあります。まず,[1]から[20]の空欄を埋めるのに,文脈的に最も適切な語を1から3の中から選びその番号を解答欄(1)から(20)にマークしなさい。次に,内容に関する

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2011年 大問二 本文対訳

本文 ■ 第1段落 1:1 インターネットの影響に関する私自身の考えについて思うとき、私はいつも同じ比喩に戻ってくる。 1:1 When I consider the effect of the Internet on

続きを読む >

copyright 2016/Everyday school