年中無休の家庭教師 毎日学習会

内容一致

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1995年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 [1] According to the article, which of the following statements is true? 1. Displays, which are used to

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1995年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 ■第2段落 2:1 One way to grasp the idea central to liberalism is to consider what liberalism is (2) (1. not

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1996年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第1段落 1:1 Leadership has been defined as the power of one or a few individuals to induce a group to ado

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1996年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 ■第11段落 11:1 Taken as a whole, festival facilitates regeneration through rearrangement of structures, th

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1997年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第3段落 3:1 And yet we (2) (1. considered 2. are considering 3. had considered) Kubrick an innovator of g

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1997年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 [1] The author seems to take a negative view of traditional classroom learning because it fails to 1. e

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1998年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第1段落 1:1 For more than 500 years, the bulk of human knowledge and information has been stored as paper

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1998年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 (21) In this passage, the author takes up the story of the oyster to suggest that 1. the oyster has the

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1999年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第1段落 1:1 In the early 1960s, the concept of self-organizing systems began to take hold. 1:1 1960年代の初期、

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1999年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 ■第2段落 2:1 Science considers anthropomorphism toward animals a grave mistake, even a sin. 2:1 科学では、動物に対す

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2000年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第3段落 3:1 El Niño, Spanish for ‘the child’ (and specifically the Christ child), is the name Peruvian fi

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2000年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 [21] By starting out the article with Kevin Carter’s photograph, the authors are generally concerned wi

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2001年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第3段落 3:1 How do children do it? 3:2 どうやって子供達はそれをするのだろうか。 3:2 It is possible that Project Washoe may in

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2001年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 ■第1段落 1:1 The Roman poet Catullus lamented the death of a pet sparrow, probably a house sparrow or a tr

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2002年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第2段落 2:1 Recently, a number of researchers have begun a systematic study of happiness. 2:1最近、多くの研究者が幸福

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2002年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 ■第1段落 1:1 When and where did our species arise? 1:1我々の種は、いつどこで起こったのであろうか。 1:2 Over the past two decades

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2005年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第2段落 2:1 A new animal appeared on the planet, spreading slowly out from the African heartland. 2:1新しい動

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2005年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 ■第1段落 1:1 The issue of sustainable urban development has concentrated the minds of governments and rese

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2006年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第2段落 2:1 Landmarks are salient objects or points of decision in the environment that are noticed and r

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2006年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 ■第1段落 1:1 As the reach of our daily activities expands to the global level, many people find themselves

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2007年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第2段落 2:1 During the 19th century, however, education by postal correspondence was established in some

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2007年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 ■第1段落 1:1 Sarah Kallie is a Manhattan executive who is so busy at her job that she does not have time t

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2008年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 ■第1段落 1:1 The humanitarian response to the 2004 Asian tsunami was swift and global. 1:1 2004年のアジアの津波に対す

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2009年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第1段落 1:1 If Bangladesh were to count her blessings, they would number three: the Brahmaputra, the Megh

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2009年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 ■第2段落 2:1 One of the critical stages occurs at about the age of two years and can be very [31] (1. tryi

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2010年 大問一 内容一致問題

内容一致四択問題 ■ 第2段落 2:1新世紀が始まり,我々はこの熱に浮かされた状態から醒めつつある。 2:1 As a new century begins, we have begun to awaken from t

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2010年 大問二 内容一致問題

内容一致四択問題 ■ 第2段落 2:1 この本の中でエラスムスは「civité(シビリテ)」という概念を広め始めた。 2:1 In this book, Erasmus set out to popularize the

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2011年 大問一 内容一致問題

内容一致四択問題 ■ 第1段落 1:1我々は、自分の親友の性格について話してほしいと頼まれると、彼は正直だ、とか、彼女は親切だよ、といったことを話す。 1:1 If we are asked to describe th

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2011年 大問二 内容一致問題

内容一致四択問題 ■ 第1段落 1:1 インターネットの影響に関する私自身の考えについて思うとき、私はいつも同じ比喩に戻ってくる。 1:1 When I consider the effect of the Intern

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2012年 大問一 内容一致問題

内容一致四択問題 ■ 第6段落 6:1 サンデル:親が子どもを過度に管理したり,型にはめようとしたりすることです。 6:1 MS: I mean the excessive parental management and

続きを読む >

copyright 2016/Everyday school