年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應・環境情報学部

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1998年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 (21) In this passage, the author takes up the story of the oyster to suggest that 1. the oyster has the

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1998年 大問二 単語

●構文・語句● [第1段] grain 「粒」 grit 「砂」 oyster 「真珠貝(pearl oyster)」 secrete 「分泌する」 mucous 「粘液」 microscopic 「極端に小さい」 la

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1999年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 In the early 1960s, the concept of self-organizing systems began to take hold. 1:1 1960年代の初期、組織を自

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1999年 大問一 空所補充問題

空所補充問題 ■第1段落 1:1 In the early 1960s, the concept of self-organizing systems began to take hold. 1:1 1960年代の初期、

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1999年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第1段落 1:1 In the early 1960s, the concept of self-organizing systems began to take hold. 1:1 1960年代の初期、

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1999年 大問一 単語

●構文・語句● [第1段] self-organizing 「組織を自己形成する」 take hold 「定着する」 organization 「形成」 living system 「生命体」 as a whole 「全

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1999年 大問二 本文対訳

■第1段落 1:1 The greatest obstacle in science to investigating the emotions of other animals has been an inordina

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1999年 大問二 空所補充問題

空所補充問題 ■第2段落 2:1 Science considers anthropomorphism toward animals a grave mistake, even a sin. 2:1 科学では、動物に対す

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1999年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 ■第2段落 2:1 Science considers anthropomorphism toward animals a grave mistake, even a sin. 2:1 科学では、動物に対す

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1999年 大問二 単語

●語句・構文● [第1段] obstacle to~ 「~に対する障害物」 emotion 「感情」 inordinate desire to… 「…しようとする過度の願望」 ascription of A to B 「

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2000年 大問一 本文対訳

本文 The Child Prodigy* of 1997-9[8](El Niño in 1997-98) 1997年から98年の神童(1997年から98年のエルニーニョ) ■第1段落 1:1 Just under a

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2000年 大問一 空所補充問題

空所補充問題 ■第2段落 2:1 Identifying why it was so strong challenges our [1] (1. interest 2. objective 3. understandin

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2000年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第3段落 3:1 El Niño, Spanish for ‘the child’ (and specifically the Christ child), is the name Peruvian fi

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2000年 大問一 単語

●語句・構文● [第1段] by several measures 「いくつかの基準に照らしても」 [第2段] disrupt 「崩壊させる」 ecosystem 「生態系」 cost 「犠牲にする」 [第3段] Per

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2000年 大問二 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 The photograph above won a Pulitzer Prize for The New York Times. 1:1上の写真は『ニューヨーク・タイムズ』紙がピューリッツァー

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2000年 大問二 空所補充問題

空所補充問題 ■第2段落 2:1 When the photograph first appeared, it accompanied a story of the famine that has once again

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2000年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 [21] By starting out the article with Kevin Carter’s photograph, the authors are generally concerned wi

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2000年 大問二 単語

●語句・構文● [第1段] Pulitzer Prize 「ピューリッツァー賞」毎年ジャーナリズムや文学などで功績のあるアメリカ人に与えられる賞。 The New York Times 「ニューヨーク・タイムズ」アメリカ

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2001年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 Around the year 1500, King James IV of Scotland ordered that a baby be raised in isolation to see

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2001年 大問一 空所補充問題

空所補充問題 ■第2段落 2:1 Today linguists agree that King James was wrong: a child is not born with knowledge of a spec

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2001年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第3段落 3:1 How do children do it? 3:2 どうやって子供達はそれをするのだろうか。 3:2 It is possible that Project Washoe may in

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2001年 大問一 単語

●語句・構文● [第1段] in isolation 「孤立して」 speculate 「推測する」 Hebrew 「へブライ語」 waste away 「衰弱する」 [第2段] interact 「相互に作用する。影響

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2001年 大問二 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 The Roman poet Catullus lamented the death of a pet sparrow, probably a house sparrow or a tree s

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2001年 大問二 空所補充問題

空所補充問題 ■第2段落 2:1 It is estimated that, in the past 20 years, ten million breeding individuals of ten species o

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2001年 大問二 内容一致問題

内容一致問題 ■第1段落 1:1 The Roman poet Catullus lamented the death of a pet sparrow, probably a house sparrow or a tr

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2001年 大問二 単語

●語句・構文● [第1段] house sparrow 「イエスズメ」 tree sparrow 「(イエスズメより小型の)スズメ」 species 「種」 decline 「減少する」 [第2段] breed 「繁殖す

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2002年 大問一 本文対訳

本文 ■第1段落 1:1 Compared with misery, happiness is a relatively unexplored area for social scientists. 1:1不幸と比べて、

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2002年 大問一 空所補充問題

空所補充問題 ■第3段落 3:1 Using this data, researchers have uncovered some surprising findings. 3:1 これらのデータを用い、研究者たちはいく

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2002年 大問一 内容一致問題

内容一致問題 ■第2段落 2:1 Recently, a number of researchers have begun a systematic study of happiness. 2:1最近、多くの研究者が幸福

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2002年 大問一 単語

●語句・構文● [第1段] unexplored 「調査されていない、未踏の」 ・2,340 of life satisfaction = 2,340 articles spoke of life satisfactio

続きを読む >

copyright 2016/Everyday school