年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應・総合政策学部

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2012年 大問一 本文対訳

本文 ■ 第1段落 1:1 21世紀には,権力の二大移行が起こりつつある。 1:1 There are two big power shifts going on in the 21st century. 1:2一つは国

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2012年 大問一 語法三択問題

語法三択問題 ■ 第2段落 2:1私はこれらのうち最初の移行を「権力移行」と,そして二つ目を「権力分散」と名づけることにする。 2:1 I call the first of these shifts “po

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2012年 大問一 内容一致問題

内容一致四択問題 ■ 第2段落 2:1私はこれらのうち最初の移行を「権力移行」と,そして二つ目を「権力分散」と名づけることにする。 2:1 I call the first of these shifts “

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2012年 大問一 単語

●語句・構文● 〔第1段〕 power shift 「権力移行」 go on 「起きる」この意味では進行形で用いられることが多い。 nongovernmental 「非政府の」 actor 「行為者,関係者」ここでは「俳

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2012年 大問二 本文対訳

本文 ■ 第1段落 1:1選挙運動のボランティアがあなたの家の玄関先に現れ,来るべき選挙で投票に行くようにあなたに迫ると,投票に行く可能性が10%高まり,そして家族の他の人が投票する可能性は6%高まる。 1:1 If a

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2012年 大問二 語法三択問題

語法三択問題 ■ 第1段落 1:1選挙運動のボランティアがあなたの家の玄関先に現れ,来るべき選挙で投票に行くようにあなたに迫ると,投票に行く可能性が10%高まり,そして家族の他の人が投票する可能性は6%高まる。 1:1

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2012年 大問二 内容一致問題

内容一致四択問題 ■ 第1段落 1:1選挙運動のボランティアがあなたの家の玄関先に現れ,来るべき選挙で投票に行くようにあなたに迫ると,投票に行く可能性が10%高まり,そして家族の他の人が投票する可能性は6%高まる。 1:

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2012年 大問二 単語

●語句・構文● 〔第1段〕 campaign 「運動,選挙運動」 show up 「現れる,姿を現す」 urge A to do 「Aに~するよう迫る」 upcoming election 「来るべき選挙」 go to

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2013年 大問一 本文対訳

本文 ■ 第1段落 1:1 イスラエルの監獄で服役している3人の男が最近,ユダヤ系イスラエル人の仮釈放判事の前に現れた。 1:1 Three men serving time in Israeli prisons rec

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2013年 大問一 語法三択問題

語法三択問題 ■ 第1段落 1:1 イスラエルの監獄で服役している3人の男が最近,ユダヤ系イスラエル人の仮釈放判事の前に現れた。 1:1 Three men serving time in Israeli prisons

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2013年 大問一 内容一致問題

内容一致四択問題 ■ 第1段落 1:1 イスラエルの監獄で服役している3人の男が最近,ユダヤ系イスラエル人の仮釈放判事の前に現れた。 1:1 Three men serving time in Israeli priso

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2013年 大問一 単語

●語句・構文● 〔第1段〕 serve time 「刑期に服する」 complete one’s sentence 「刑期を満了する」 grant 「認める,授与する」 fraud 「詐欺(罪)」 assau

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2013年 大問二 本文対訳

本文 ■ 第1段落 1:1環境は,異論はあるにしろ,私たちの想像力の産物である。 1:1 The environment is arguably an invention of our imagination. 1:2

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2013年 大問二 語法三択問題

語法三択問題 ■ 第2段落 2:1 その最も急進的な形である,「極端な」構成主義は,環境の知識の,この象徴的で観念的な特性をきわめて真剣に受け止める。 2:1 In its most radical form, &#82

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2013年 大問二 内容一致問題

内容一致四択問題 ■ 第3段落 3:1大半の政治生態学者にとって,このような研究手法はやや鋭すぎる諸刃の剣である。 3:1 For most political ecologists, this approach is

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2013年 大問二 単語

●語句・構文● 〔第1段〕 arguably 「異論はあるにしてもほぼ間違いなく」 transition 「移行,推移,変転」 conceptual 「概念の」 This is true 「このことは当てはまる」 For

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2014年 大問一 本文対訳

本文 ■ 第1段落 1:1 常識はあまりに当たり前なので,私たちはなくなって初めてそれに気づくことが多いが,それは日常生活が機能するには絶対に必要なものである。 1:1 Common sense is so ordina

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2014年 大問一 語法三択問題

語法三択問題 ■ 第2段落 2:1 しかし,これだけよく言及するものにしては,常識は驚くほどにつかみにくいものなのである。 2:1 For something we refer to so often, however,

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2014年 大問一 内容一致問題

内容一致四択問題 ■ 第4段落 4:1 第2の特徴は,形式的な知識のもつ力は,特定の発見を一般原理によって規定される論理的な範疇へと組織化する能力の中にあるけれども,常識の力は,あらゆる具体的な状況を思いのままに処理する

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2014年 大問一 単語

●語句・構文● 〔第1段〕 so ordinary that SV 「ごく普通なのでSV」いわゆるso〜that構文。 only when SV 「SVしてはじめて~する」「時」の副詞節を強調する形式。onlyのもつ「〜

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2014年 大問二 本文対訳

本文 ■ 第1段落 1:1 もし人権が通貨であるとするなら,過去数十年間にわたって国際機関によって採択された人権条約と法的拘束力のない国際文書の数の総インフレのおかげで,その価値は急低下することになろう。 1:1 If

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2014年 大問二 語法三択問題

語法三択問題 ■ 第1段落 1:1 もし人権が通貨であるとするなら,過去数十年間にわたって国際機関によって採択された人権条約と法的拘束力のない国際文書の数の総インフレのおかげで,その価値は急低下することになろう。 1:1

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2014年 大問二 内容一致問題

内容一致四択問題 ■ 第1段落 1:1 もし人権が通貨であるとするなら,過去数十年間にわたって国際機関によって採択された人権条約と法的拘束力のない国際文書の数の総インフレのおかげで,その価値は急低下することになろう。 1

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2014年 大問二 単語

●語句・構文● 〔第1段〕 human rights 「人権」 currency 「通貨」 free fall 「自由落下急速な悪化」 gross inflation 「総インフレ」 human rights treat

続きを読む >

copyright 2016/Everyday school