年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應・文学部

慶應義塾大学 文学部 小論文 2014年 解説

・ 問題文 設問1 この文章で論じられている「異邦人」について、三〇〇字以上三六〇字以内にまとめなさい。 設問2 「異邦人」とはどのような存在か、この文章を踏まえてあなたの考えを三ニ〇字以上四〇〇字以内で述べなさい。 ❐

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2013年 解説

・ 問題文 設問1「アノミー」「自己本位主義的志向」「自己領域化」という言葉を使用して、携帯電話が社会に及ぼす影響について、筆者の考えをまとめたさい。三○○字以上三六○字以内で説明すること。 設問2傍線部「対幻想は衰弱す

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2012年 解説

・ 問題文 設問1 ニ人の著者の、書籍の電子化に対する考え方の共通点を、三〇〇字以上三六〇字以内で説明しなさい。 設問2  あなた自身のこれまでの読書経験を踏まえた上で、本の将来像について、三二〇字以上四〇〇字以内で論じ

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2011年 解説

・ 問題文 設問1  著者が述べる「日本的感性に固有の空間性」とは何か、一八○字以上二○○字以内で説明したさい。 設問2   著者の論じているような日本的感性(感じ方の日本的な個性)について、 ①感性は普遍的なものであっ

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2010年 解説

・ 問題文 □ 問題文の読み方 設問I 「普遍語」「国語」「現地語」の意味をそれぞれ明確化した上で、ただそれらの意味を並べるのではなく、それぞれの言葉にどういう因果関係があるのかをまとめる。 違いが分かるようにというのは

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2009年 解説

・ 問題文 設問1「肉声による対話というダイアローグの時間」(傍線部)が他者への伝達において果たす役割について、一八O字以上二○○字以内で説明したさい。 設問2 著者の主張をふまえ、「間く力」と「アンサンブル」との関係に

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2008年 解説

・ 問題文 設問1 リルケの言葉「詩は感情ではなくてー経験である」(傍線部①)とはどのようなことか、一八〇字以上二〇〇 字以内で説明しなさい。 設問2 シャーンの言う「内面的な災害」(傍線部②)、リルケの言う「静けさ」(

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2007年 解説

・ 問題文 設問1  筆者は、「包囲されたサラエヴォで『ゴドーを待ちながら』を上演すること」をサルトルの「アフリカで子ども が飢えているときに文学に何ができるか」という問いに対する「一つの、根源的な応答にほかならなかった

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2006年 解説

・ 問題文 設問1 なぜ筆者は「測定不能」という文字を「衝撃的な文字」(傍線部@)と受け止めたのか、八○字以上一○○字以内で説明しなさい。 設問2 筆者の述べる「失明した社会」(傍線部の)とはどのような社会のことか、三六

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2005年 解説

・ 問題文 設問1 なぜ傍線部のパラドクスが生じることになるのか、筆者の考えを三○○字以上三四○字以内でまとめなさい。 設問2 つぎに掲げるのは、この文章のすぐ後に筆者が引用している、ある少女の投書です。この投書が仮に新

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2002年 解説

・ 問題文 A、B、Cの三つの文章を読み、設問に答えなさい (設問1)三つの文章において「わかる」という言葉について明らかにしながら説明しなさい(三六○字以内)。 (設問2)「何かをわかる」とは、どのようなことだろうか。

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2001年 解説

・ 問題文 (設問1) テクスト1とテクスト2を踏まえ、一九五○年代から一九七○年代の日本における西洋音楽への対応について略述しなさい(三○○字以内)。 (設問2)  一九八o年代から新世紀にかけての日本における欧米文化

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 1999年 解説

・ 問題文 (問1)モシ族における「もの」と「ひと」の関係を要約して述べなさい(三○○字以内)。 (問2)自分たちと異なる文化を理解するための心構えを、筆者の見方をとり入れながら、具体的な事例をまじえて述べなさい(四○○

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 1998年 解説

・ 問題文 (間1)この文章を読んで、筆者の考え方の筋道がわかるように、全文を要約しなさい(三○○字以内)。 (間2)言語活動を人間独自の進化とする筆者の見方を考慮した上で、言語と人間との関係についてあなたの考えを述べな

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 1997年 解説

・ 問題文 (間1)全域的なリアリティとは何か、局所的なリアリティと対比させて説明しなさい(ニ○○字以内)。 (間2)局所的・全域的というニ重のリアリティは、また芸術や歴史の領域においても見出すことが可能である。いずれか

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 1996年 解説

・ 問題文 (間1)三つの文に描かれた生き方の共通点と相違点を明らかにしなさい。(三百字以内で答えること。) (問2)それぞれの文の筆者が対象をとらえる際の姿勢について、考えるところを述べなさい。(四百字以内で答えること

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 1994年 解説

・ 問題文 (問I) 【B】の文章においてダークスンは、機械仕掛け のカブトムシに対する態度を変化させている。この変 化は【A】の文章の著者の立場からみるとどのように説 明できるか、三○○字以内で述べなさい。 (問Ⅱ)

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 1993年 解説

・ 問題文 (間1)この文章の主旨を三OO字以内で要約しなさい。 (問2) 筆者の主張は、今日の状況においても妥当か否 か、あなたの立場を明確にして、四○○字以内で論じ なさい。 ・ 問題の解き方  問一の要約問題につい

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2015年 過去問

2015年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 赤い色は波長七七○ナノメートルの光として物理学的に定義できるが、 それを個人がどのような感覚(クオリア)として受け取っているかは、自分 に関してはわかっても、他人について

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2014年 過去問

2014年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 次の文章を読み、設問に答えなさい。 異邦人ーという言葉は、私にとって特別の響きを持っている。 もう半世紀以上も前のこと、学生時代に読んだカミュの『異邦人』の読 後感は、鋭

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2013年 過去問

2013年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 次の文章を読み、設問に答えなさい。 設問1「アノミー」「自己本位主義的志向」「自己領域化」という言葉を使用して、携帯電話が社会に及ぼす影響について、筆者の考えをまとめたさ

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2012年 過去問

2012年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 以下のAとBの文章は、池澤夏樹(編)小論集『本は、これから』に収められた二編である。文章を読んで、設問に答えなさい。 A iPadを手にして一週間もしないうちに、電子書籍

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2011年 過去問

2011年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 次の文章を読み、設問に答えなさい。  日本的な感性を考えるということは、それが中国的な感性やフランス的な感性とは異なるということ、感じ方に個性がある、ということである。文

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2010年 過去問

2010年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 次のインタビュー記事を読み、設問に答えなさい。 ー水村さん(注)は、『日本語が亡びるとき』の中で、こう指摘します。世界中をいとも簡単につないでしまうインターネットの出現に

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2009年 過去問

2009年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 次の文章を読み、設問に答えなさい。 「演出に必要なものはなにか」 と聞かれたら、私は、 「何を見て、何を聞くのか」 と答えるでしょう。「見る」/「聞く」。この一つの人間の

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2008年 過去問

2008年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 人家が焼け落ちるのを、間近で見ていたことがある。小学校からの帰り、いつもはがらんとしている一画にたいへんな ひとだかりができていて、なにごとかと思ってふだんは寄り道にすら

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2007年 過去問

2007年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 一九四八年七月、イスラエル軍に占領されたパレスチナ人の街リッダでは、住民一万人以上が追放された。炎天下、ヨ ルダン領となった西岸を目指して歩く人々。体力のない子どもたちが

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2006年 過去問

2006年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 つぎの文章を読んで、設問に答えなさい  画面に一個の錠剤が映しだされる。どこから見ても薬物に見える。それが恐るべき毒物に変質することを映画『薬に病むークロロキン網膜症」(

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2005年 過去問

2005年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 子どもから青年まで、最近の若者たちは、個性的であることを「キャラがたっ」と表現します。そして、自分もまた 「キャラのたつ」個性的な人物でありたいと切に願っています。キャラ

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2002年 過去問

2002年 慶應義塾大学  文学部 小論文 課題文 A、B、Cの三つの文章を読み、設問に答えなさい (設問1)三つの文章において「らかにしながら説明しなさい(三六○字以内)。 (設問2)「何かをわかる」とは、どのようなこ

続きを読む >

copyright 2016/Everyday school