年中無休の家庭教師 毎日学習会

過去問

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2014年 過去問

湘南藤沢キャンパス (SFC) 開設25周年を記念して、シリーズ『地球と人間』が 出版されることになり、その準備がはじまりました。あなたは、高校生編集者として、 このシリーズのうちの一冊の本を編集することになりました。

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2013年 過去問

2013年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 1. 様々な知とその獲得  マイケル・ポランニーはその著書「暗黙知の次元」の冒頭で次のように述べています。 「私たちは言葉にできるより多くのことを知ることができる」

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2012年 過去問

2012年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文   次ページから、生活用品のデザインについての4つの資料が掲載されています。資料1は、日本で最初の「工業製品をデザインをする会社」を作ったデザイナーの秋岡

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2011年 過去問

2011年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文  いま現実に存在する問題を、科学技術を用いて科学的に計量する新たな方法を提案してください。  計量する問題は、科学技術上の問題でも、社会問題でもかまいません。地球規

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2010年 過去問

2010年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題1 資料Aは三つの部分、Aー1、Aー2、Aー3からなっています。Aー1に書かれている電子的な図書館がもし実現するとしたとき、Aー2とAー3に基づいて、将来の電子

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2009年 過去問

2009年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題1  資料A,資料B,資料Cを読んで,メディアとコンテンツとはどのような相互関係にあるかを整理して,解答用紙に600字以内で記述してください。解答用紙「おもて」

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2008年 過去問

2008年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文    最初からびっくりしたと思いますが,資料1の50の研究テーマは2007年度にSFCで開かれている研究会のタイトルの一部です。ではさっそくここで問題です

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2006年 過去問

2006年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題 21世紀にふさわしいモノやサービスを「発明」してください。 資料1  「来るべき産業革命」は現在の社会を分析しながら,来るべき社会システムについて説明したもの

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2005年 過去問

2005年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 ①  人が作り出すあらゆる物を人工物といいます。人工物の使いやすさや分かりやすさを決める概念の一つとしてアフォーダンスがあります。アフォーダンスに関して書かれた資料

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2002年 過去問

2002年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題  「Skyscraper」すなわち「摩天楼」とは,天をかすめるものという意味から超高層建築の代名詞のように使われています。ここに,人類の空に対する夢と願望を示

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2001年 過去問

2001年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題  さまざまなデジタルテクノロジーを中核としたコンテンツ(資料1参照)やサービスが、次の時代を担うビジネス分野として注目されています。資料1~5を読み。21世紀

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2000年 過去問

2000年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題 アメリカ合衆国には,宗教上の理由から,自動車,電気,電話。テレビなどの使用を制限し,ほぼ300年前の暮らし方を続けている,アーミッシュと呼ばれる人々がいます。

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 1999年 過去問

1999年 慶應義塾大学 総合政策学部 小論文 課題文 問題 「公」と「私」のあり方について相対立する立場をとっているという 視点から以下の2つの論文 (AおよびB) を読んだうえで, どちらかの立 場に立って。相手方の

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 1998年 過去問

1998年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題 何かを表現するには,メディア(媒体,媒介)が必要です。どのメディアを選ぶかによって,表現もまた影響を受けます。そして,同時にメディアは表現によってメディアとし

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 1997年 過去問

1997年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題 以下の資料1~4はすべて「知識」と「情報」について論じたものであるが,これらの資料のそれぞれの論点に必ず言及しながら,来たるべき21世紀の社会における「知識」

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 1996年 過去問

1996年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題 資料1,資料2,資料3をそれぞれ良く読んだ上で,問1と問2に対する答を解答用紙の解答欄に記入しなさい。 問1.資料の中で使われているキーワードを10個程度使い

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2014年 過去問

2014年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 1. 様々な知とその獲得  マイケル・ポランニーはその著書「暗黙知の次元」の冒頭で次のように述べています。 「私たちは言葉にできるより多くのことを知ることができる」

続きを読む >

copyright 2016/Everyday school