年中無休の家庭教師 毎日学習会

解答例

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2014年 解説

 みなさんは、これまでの学習をつうじて様々な教材を使ってきたと思います。そうした学習のなかで、おそらく教科書は特別な存在だったのではないでしょうか。そこで今日は教科書とは何かについて考えてみたいと思います。  教科書は年

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2013年 解説

問題 SFCでは、毎年11月にオープンリサーチフォーラム(ORF)という研究発表大会を開催し、研究成果の発表やパネル展示、シンポジウムなどを行います。今年は特別プログラムの一つとしてある政党の次期党首候補者の弁論大会を開

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2012年 解説

問題1  資料1~5の内容を参考に、各資料に共通する論点、立場の異なる論点、あなたが重要と考える論点などを挙げつつ、グローバリゼーションが世界の政治・経済にもたらしている変化について論じてください。(800字) 問題2

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2011年 解説

問1  資料1から資料6を参考にして,君が日本をデザインするとき,1)どのような日本を良い日本だと考えますか,2)その根拠となる価値観はどのようなものですか,3)実現のためのプロセスと実現のために君自身ができることあるい

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2010年 解説

問1 資料1~3を参考にして,介護労働者の離職率が高い諸原因とそれらの関係について,枠内に図示してください。参考例は下に示してあります。原因の数や線の引き方は自由です。次に,解答欄にその説明をしてください(400字以内)

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2009年 解説

問1  自民党も民主党も数多くの政策を掲げています。それらの政策に関する情報を集約して,横軸と縦軸からなる座標空間にまとめてみましょう。例えば以下の図では,A党の位置はA党が集団主義の傾向を著しく有し,どちらかといえばタ

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2008年 解説

問1 教育する者(親・教師)と学習する者(子供・生徒)の関係について、資料1、資料2、資料3のそれぞれから読み取れるカント、デューイ、アーレントの考え方は、どのような点で共通し、どのような点で食い違ったり、対立したりして

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2007年 解説

・ 問題文 問題 資料1,資料2,資料3は,「議論の本位」とは何を意味するのかについて述べた文章です。また資料4,資料5,資料6は「少子化」(A)について,資料7,資料8,資料9は「格差社会」(B)について、それぞれ3人

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2006年 解説

・ 問題文 問題 世論とは。何だろうか。それは今日どのようにして形成されるのであろうか。この点について次の二つの問いに答えよ。 問1 資料1,資料2,資料3を参考にして,最近,君が「これが世論である」と考えた「世論の事例

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2005年 解説

・ 問題文 問題  学校の卒業式・入学式などにおける。「日の丸」の掲揚・「君が代」の斉唱にかんする問題が。論議をよんでいます。  文部省(現在の文部科学省)は,1989年に告示された学習指導要領で入学式・卒業式には「国旗

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2004年 解説

・ 問題文 問題 主としてわれわれの税金を原資とした政府レベルの対外援助を政府開発援助(ODA)と呼んでいます。日本は,1980年代にODAを増やし,90年代に入ると,米国,フランス,英国など主要援助国を抜いて,援助額で

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2003年 解説

・ 問題文 問題   以下にあげた二つの文章は、新渡戸稲造(1862~1933)と内村鑑三(1861~1930)のそれぞれの著作『武士道』(1900)と『代表的日本人』(旧版1894,決定版1904)の一部です

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2002年 解説

・ 問題文 問題  われわれの日常生活は、「もの」を作ったり,サービスを提供したりする。さまざまな産業や企業活動の上に成り立っている。精巧な製品や便利なサービスがあるからこそ,快適な生活が送れるのである。しかし,産業やそ

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2001年 解説

・ 問題文  次の7つの資料は,日本の政治とリーダーシップの関係を様々な観点から論じたものです。これらの資料をもとに,あなたが重要と考える論点を対比させ,それを踏まえて,21世紀の日本における政治とリーダーシップはどのよ

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 2000年 解説

・ 問題文 問題 次の5つの資料は、技術革新が経済、社会、国家などに及ぼす影響を様々 な観点から述べたものです。これらの資料の論点に適宜言及しつつ。今日 の技術革新がもたらしている大きな影響について論じ、そうした状況の下

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 1999年 解説

・ 問題文 問題 「公」と「私」のあり方について相対立する立場をとっているという 視点から以下の2つの論文 (AおよびB) を読んだうえで, どちらかの立 場に立って、相手方の立場を批判しなさい (1000字以内)。 解

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 1998年 解説

・ 問題文 問1 次の7つの資料A, B, C, D, E, F, Gは, いずれもわが国が 当面している高齢化現象と、それによって生じると予想される諸問題を 述べたものです。解答欄に高齢化社会の政策課題を1つ挙げてあり

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 1996年 解説

・ 問題文 問1 次の四つのテキストA,B,CおよびDは,それぞれの視点から。現代社会における商品および商品広告について論じています。これらのテキストから読み取れる限りでの,商品および商品広告についての各テキストの論述の

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 1995年 解説

・ 問題文 問題 世界や日本のいたるところで,政治や経済や社会のさまざまな局面で,既存の秩序が崩壊したり揺らいだりしています。この状況を,人は,“変革の時代”とも“転換期”

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 1994年 解説

・ 問題文 問題 現在,歴史は大きな変化の時代に入ったと言われています。つぎの3つの文章はいずれも「国家の観念と形態の変化」について書かれたものです。現代の国家は,かつての近代国家とどこに違いがあり,どのような変化にさら

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 1993年 解説

・ 問題文 問題 西欧近代が生みだした「科学の知」は全人類史に普遍的な,唯一絶対の知であると主張する説に対して,最近では,近代科学を相対化し,知の多様性と多元性を強調して,新しい知の可能性を模索する試みがさまざまな形で行

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 1992年 解説

・ 問題文 問題 つぎの3つの文章は、いずれも時代および社会・文化によって「時間」の観念がいかに相対的で、多様であるかを語っています。  それぞれの文章の論点に言及しながら、きみたちがやがて生きていく21世紀の社会と文化

続きを読む >
慶應義塾大学 総合政策学部 小論文 解説 2015年

=総合2015= 問題  慶應義塾大学総合政策学部・環境情報学部では、2014年度からの新カリキュラムで「データサイエンス」を、「言語コミュニケーション」「情報技術」「ウェルネス」と並び必須の履修科目と位置づけています。

続きを読む >
慶應義塾大学 総合政策学部 2016年 解説

総合政策 2016年 [解説] 問1…… (1)国際比較(2)職業の世代間移動(3)高齢化、という三つの視点のうち、比較的格差について書きやすいのは高齢化についてである。高齢者は若年層と違い格差が如実に出るため、格差につ

続きを読む >

copyright 2016/Everyday school