年中無休の家庭教師 毎日学習会

過去問20ヵ年分解説

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 1995年 過去問

1995年 慶應義塾大学 総合政策学部 小論文 課題文 問題 世界や日本のいたるところで,政治や経済や社会のさまざまな局面で,既存の秩序が崩壊したり揺らいだりしています。この状況を,人は,“変革の時代”とも“転換期”とも

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 1994年 過去問

1994年 慶應義塾大学 総合政策学部 小論文 課題文 問題 現在,歴史は大きな変化の時代に入ったと言われています。つぎの3つの文章はいずれも「国家の観念と形態の変化」について書かれたものです。現代の国家は,かつての近代

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 1993年 過去問

1993年 慶應義塾大学 総合政策学部 小論文 課題文 問題 西欧近代が生みだした「科学の知」は全人類史に普遍的な,唯一絶対の知であると主張する説に対して,最近では,近代科学を相対化し,知の多様性と多元性を強調して,新し

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 小論文 1992年 過去問

1992年 慶應義塾大学 総合政策学部 小論文 課題文 問題 つぎの3つの文章は、いずれも時代および社会・文化によって「時間」の観念がいかに相対的で、多様であるかを語っています。  それぞれの文章の論点に言及しながら、き

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2014年 過去問

湘南藤沢キャンパス (SFC) 開設25周年を記念して、シリーズ『地球と人間』が 出版されることになり、その準備がはじまりました。あなたは、高校生編集者として、 このシリーズのうちの一冊の本を編集することになりました。

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2013年 過去問

2013年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 1. 様々な知とその獲得  マイケル・ポランニーはその著書「暗黙知の次元」の冒頭で次のように述べています。 「私たちは言葉にできるより多くのことを知ることができる」

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2012年 過去問

2012年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文   次ページから、生活用品のデザインについての4つの資料が掲載されています。資料1は、日本で最初の「工業製品をデザインをする会社」を作ったデザイナーの秋岡

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2011年 過去問

2011年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文  いま現実に存在する問題を、科学技術を用いて科学的に計量する新たな方法を提案してください。  計量する問題は、科学技術上の問題でも、社会問題でもかまいません。地球規

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2010年 過去問

2010年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題1 資料Aは三つの部分、Aー1、Aー2、Aー3からなっています。Aー1に書かれている電子的な図書館がもし実現するとしたとき、Aー2とAー3に基づいて、将来の電子

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2009年 過去問

2009年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題1  資料A,資料B,資料Cを読んで,メディアとコンテンツとはどのような相互関係にあるかを整理して,解答用紙に600字以内で記述してください。解答用紙「おもて」

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2008年 過去問

2008年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文    最初からびっくりしたと思いますが,資料1の50の研究テーマは2007年度にSFCで開かれている研究会のタイトルの一部です。ではさっそくここで問題です

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2006年 過去問

2006年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題 21世紀にふさわしいモノやサービスを「発明」してください。 資料1  「来るべき産業革命」は現在の社会を分析しながら,来るべき社会システムについて説明したもの

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2005年 過去問

2005年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 ①  人が作り出すあらゆる物を人工物といいます。人工物の使いやすさや分かりやすさを決める概念の一つとしてアフォーダンスがあります。アフォーダンスに関して書かれた資料

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2002年 過去問

2002年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題  「Skyscraper」すなわち「摩天楼」とは,天をかすめるものという意味から超高層建築の代名詞のように使われています。ここに,人類の空に対する夢と願望を示

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2001年 過去問

2001年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題  さまざまなデジタルテクノロジーを中核としたコンテンツ(資料1参照)やサービスが、次の時代を担うビジネス分野として注目されています。資料1~5を読み。21世紀

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 2000年 過去問

2000年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題 アメリカ合衆国には,宗教上の理由から,自動車,電気,電話。テレビなどの使用を制限し,ほぼ300年前の暮らし方を続けている,アーミッシュと呼ばれる人々がいます。

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 1999年 過去問

1999年 慶應義塾大学 総合政策学部 小論文 課題文 問題 「公」と「私」のあり方について相対立する立場をとっているという 視点から以下の2つの論文 (AおよびB) を読んだうえで, どちらかの立 場に立って。相手方の

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 1998年 過去問

1998年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題 何かを表現するには,メディア(媒体,媒介)が必要です。どのメディアを選ぶかによって,表現もまた影響を受けます。そして,同時にメディアは表現によってメディアとし

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 1997年 過去問

1997年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題 以下の資料1~4はすべて「知識」と「情報」について論じたものであるが,これらの資料のそれぞれの論点に必ず言及しながら,来たるべき21世紀の社会における「知識」

続きを読む >
慶應義塾大学SFC 環境情報学部 小論文 1996年 過去問

1996年 慶應義塾大学 環境情報学部 小論文 課題文 問題 資料1,資料2,資料3をそれぞれ良く読んだ上で,問1と問2に対する答を解答用紙の解答欄に記入しなさい。 問1.資料の中で使われているキーワードを10個程度使い

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2015年 過去問

2015年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 赤い色は波長七七○ナノメートルの光として物理学的に定義できるが、 それを個人がどのような感覚(クオリア)として受け取っているかは、自分 に関してはわかっても、他人について

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2014年 過去問

2014年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 次の文章を読み、設問に答えなさい。 異邦人ーという言葉は、私にとって特別の響きを持っている。 もう半世紀以上も前のこと、学生時代に読んだカミュの『異邦人』の読 後感は、鋭

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2013年 過去問

2013年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 次の文章を読み、設問に答えなさい。 設問1「アノミー」「自己本位主義的志向」「自己領域化」という言葉を使用して、携帯電話が社会に及ぼす影響について、筆者の考えをまとめたさ

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2012年 過去問

2012年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 以下のAとBの文章は、池澤夏樹(編)小論集『本は、これから』に収められた二編である。文章を読んで、設問に答えなさい。 A iPadを手にして一週間もしないうちに、電子書籍

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2011年 過去問

2011年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 次の文章を読み、設問に答えなさい。  日本的な感性を考えるということは、それが中国的な感性やフランス的な感性とは異なるということ、感じ方に個性がある、ということである。文

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2010年 過去問

2010年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 次のインタビュー記事を読み、設問に答えなさい。 ー水村さん(注)は、『日本語が亡びるとき』の中で、こう指摘します。世界中をいとも簡単につないでしまうインターネットの出現に

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2009年 過去問

2009年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 次の文章を読み、設問に答えなさい。 「演出に必要なものはなにか」 と聞かれたら、私は、 「何を見て、何を聞くのか」 と答えるでしょう。「見る」/「聞く」。この一つの人間の

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2008年 過去問

2008年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 人家が焼け落ちるのを、間近で見ていたことがある。小学校からの帰り、いつもはがらんとしている一画にたいへんな ひとだかりができていて、なにごとかと思ってふだんは寄り道にすら

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2007年 過去問

2007年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 一九四八年七月、イスラエル軍に占領されたパレスチナ人の街リッダでは、住民一万人以上が追放された。炎天下、ヨ ルダン領となった西岸を目指して歩く人々。体力のない子どもたちが

続きを読む >
慶應義塾大学 文学部 小論文 2006年 過去問

2006年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文 つぎの文章を読んで、設問に答えなさい  画面に一個の錠剤が映しだされる。どこから見ても薬物に見える。それが恐るべき毒物に変質することを映画『薬に病むークロロキン網膜症」(

続きを読む >

copyright 2016/Everyday school