慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 1995年 大問一 単語

●構文・語句●
[第1段] vary from A to B 「AからBまで多様である」
in some degree 「ある程度」
・The degree to which ~ socially un equalにおいて、to which以下は前のThe degreeを修飾。
[第2段] inasmuch as 「だから」
[第3段] be barred from~ 「から除外される」
be made subject to 「〜に服従させられる」
・Those (=The religions) that became monotheisticである。
[第4段] ・(Being) Left unchecked「抑制されないと」受動態の分詞構文。
・resulting in the irony that~「そして、結果として~という皮肉になる」分詞構文、result in~、同格のthatに注意。
[第5段] To the extent that~ 「~の範囲内では」
・(Being) Denied~ 受動態の分詞構文。
[第6段] worthy of being judged at all 「少しでも判断される価値がある」
a double bind 「二重の締め付け」
・It is their imagery ~ that…は強調構文。
・Men define that which~においてthat which = whatと考える。
[第7段] become synonymous with~ 「~と同義になる」
・The former (=Males) tend to base morality on abstract principles, the latter(=females) tend to base morality on a concern with~と考える。
・has assumed that the masculine ~ and that…においてassumedの内容は2つある。
[第8段] ・are not simply denied ~ but are denied …においてnot simply ~ but …「~だけでなく…も」に注意。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です