慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2008年 大問二 単語

●単語・構文●
[第1段] halve the number 「数を半分にする、半減させる」
the United Nations 「国際連合」
as a whole 「全体として(の)」
adopt 「〜を採用する、採択する」
come together 「集まる、結集する、一つになる」
tackle 「〜に取り組む」
annual report 「年報」
the Food and Agriculture Organization of the United Nations 「国連食糧農業機関」
[第2段] with a view to ~ing 「〜するために」
identify a cause 「原因を突き止める、確認する」
analysis 「分析」
overall 「全体的な、総合的な」
in particular 「特に、特別に」
human resources 「人的資源」
HIV infection 「エイズ感染」
[第3段] drought 「干ばつ」
civil war 「内乱、内戦」
stagnation 「停滞不振」
valuable labor 「貴重な労働力」
[第4段] subsequently 「続いて、その後」
participant 「参加者」
S were asked how S’ V 「SはどのようにS’Vするのかと尋ねられた」
accelerate 「加速する」
potential adverse change 「潜在的な不利な方への変化」
diverse 「多様な、さまざまな」
biodiversity 「生物多様性」
consensus 「意見の一致、合意」
representative 「代表(者)、代議員」
Oxfam = Oxford Committee for Famine Relief 「オックスファム」発展途上地域を支援する英国の慈善団体
non-governmental organization 「非政府組織」
implementation 「履行、実行」
the Kyoto Protocol 「京都議定書」1997年の第3回地球温暖化防止条約締約国会議(京都会議)で採択された議定書。
provision 「規定、条項」
prevention 「予防、防止」
[第5段] impact of A on B 「AのBに対する衝撃、影響」
Spaceship Earth 「宇宙船地球号」地球という惑星を宇宙を進む船に見立てた表現。
“do ecology” 「『する』環境保護」
strategy 「戦略」
revolve around〜 「〜を中心にして回る、展開する」
[第6段] result in a severe loss 「甚大な損失を引き起こす、生み出す」
resident 「住民、居住者」
mangrove forests 「マングローブ林」
preoccupation with~ 「〜への熱中、没頭」
livelihood 「生計(の糧)、生活、暮らし」
heed 「注意を払う、留意する」
outlook 「見解、態度、人生観」
adjoining 「隣接する、隣の」
fury 「激怒、激烈、猛威」
wave-breaking 「波の威力をそぐ勢いを減じる」
fish pond 「養魚池」
refer to A as B 「AをBと呼ぶ」
biological shield 「生物による防楠」
[第7段] local variety 「地元品種」
be flooded with~ 「〜で水浸しになる。一杯にあふれる」
salt-resistant 「耐塩性の、塩に強い」
be linked to~ 「〜に結びついている、関連している」
arise in sea level 「海面上昇」
community-driven 「地域主導の、住民主導の」
[第8段] revitalization 「再活性化、復活、再生」
tribal community 「部族社会、部族共同体」
be familiar with~ 「〜に精通している、よく知っている」
the turn of the century 「世紀の変わり目」
dying wisdom 「いまわの際の知恵、遺言として残された知恵」
vanish 「消える、消え失せる、消滅する」
[第9段] It became clear that SV・・・ 「SVだということが明らかになった」
connect A to B 「AをBに結びつける、結合する」
breeding 「品種改良、育種、飼育」
coupled with~ 「〜と相まって、結びついて」
a big spurt 「急激な大発展、急成長」
aromatic 「よい匂いのする」
snap up〜 「〜に飛びつく、ひったくる、先を争って買う」
medicinal variety 「薬用品種」
medical practice 「医療業務、医療行為」
under-utilized 「活用利用が不十分な、十分生かされていない」
grain 「穀物、穀類」
[第10段] preach 「説教する」
help 「役に立つ、有効である」
it was pointed out・・・that S’ V’・・・ 「SVということが指摘された」
chemical fertilizer 「化学肥料」
over-exploitation 「乱開発、濫用、乱獲」
ground water 「地下水」
change course 「進路を変える」
despairing mood 「絶望的な気分、投げやりな気分」
unsustainable farming 「維持不可能な、持続不可能な農法」
indebtedness 「負債、借金」
suicide 「自殺」
take to~ 「〜におもむく、移る、慣れる」
conservation farming 「保全農法」
[最終段] pervasive 「広く浸透した、普及した」
expanding 「拡大、膨張する」
in addition to~ 「〜に加えて」
self-help 「自助(の)」
on the part of~ 「〜の方での、〜による」
developed nations 「先進国」
regulation 「規制、制御」
restriction 「制約、制限」
carbon emission 「炭素放出」大気中への二酸化炭素放出を規制するための概念。
consumption of natural resources 「天然資源の消費」
hand in hand 「手を取り合って密接な関係を保って」
life-support system 「生命維持装置、環境保全装置」

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です