慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2009年 大問一 単語

●語句・構文●
[第1段] Antarctic expedition 南極探険
effusive praise 大仰な、あふれるばかりの賛辞
in particular 特に、 とりわけ
crisis 危機
[第2段] renowned 有名な、名高い
ravaged 荒廃した、損なわれた
terrifying ひどく恐ろしい
a handful of〜 一握りの〜
command 指揮する
be forced to do 〜せざるをえない、〜せねばならない
short of~ 〜に足りない、〜に達しない
only after~ 〜した後になって初めて
starvation 飢餓、 餓死
in light of~ 〜に照らして、 〜に鑑みて
knight ナイトの爵位を授ける
honor 〜を尊敬する、〜に敬意を払う
[第3段] safety 安全地帯、安全な場所
agonizing 苦悶の、苦しい、辛い
fight for~ ~を得ようとする闘争、 をめぐる争い
[第4段] a tale so amazing you’ll wonder… …ではないかと思うほどに驚くべき物語
saga 物語、冒険譚
ultimately 究極的に、最後に、ついに
grand achievements 偉大な業績、偉業
to one’s credit ~の名誉 業績となる
along the way 途中で、道すがら
among the first to do 最初に~しようとする人々のうちの1人
venture inland 内陸部にあえて乗り出す、足を踏み入れる
the Magnetic South Pole 磁南極 (磁石上の南極)
invaluable 計り知れないほど貴重な
Navigational charts 航海用海図
makeup 成り 立ち、構造
[第5段] set out 出発する、旅立つ
on foot 徒歩で、歩いて
set sail 出帆する
at the dawn of~ ~の初めに、 の始まったときに
the Antarctic Circle 南極圏
plow through~ ~ をかき分け [押し分け][切り開い]て進む
ice-encrusted 氷によって堅く覆われた
waters 水域、海域
[第6段] ice floe 氷盤、浮氷
outpost 前哨地、辺境の居留地
precariously 不安定に、いい加減に、危なっかしく
crush 押し潰す、粉砕する
in horror ぞっとして、恐れおののいて
salvage 回収する、持ち出す、救 出する
・Whenever it seemed the situation couldn’t possibly get worse, it did. 「状況は、今以上に到底悪化しえないと思われたときにはいつでも、さらに悪化した」はget worse than it (= the situation) was (bad)と補って考える。 また、didは代動詞だから、it did=the situation got worseという意味。今が最悪の状況だと思われても、さらに悪い事態が待っていたということ。状況は悪くなかったと誤読すると、文章全体の理解を損なうので、こうした比較表現の正確な理解は必須である。
・Saved were… diaries and a banjo 「救われたのは、…日記とバンジョーだった」saved(p.p.) were(V) diaries and a banjo(S)という構造になっている文。主語に新情報があるためにこのような語順になる。訳すときは 元に戻さず、英語の順で読んでいくのが原則。
[第7段] brutal (気候が)厳しい、荒々しい
garment 衣服
flimsy 薄っぺらい、透けて見える
frigid 極寒の、ひどく冷涼な
puddle 水たまり
・so low they could hear「とても低いので…が聞こえた」はso~that…構文のthatが省略された形。省略はsoとthat節が近接しているときに生じる。
・so  flimsy they could see 「とても薄いので…が見える」もso~that…構文のthatが省略された形でso flimsy that they could see・・・というのが本来の形。
[第8段] take to~ 〜に逃げ込む、〜に隠れに行く
exhausted 疲れ切った
swell 膨らむ、腫れあがる、増水する
guano 鳥糞石、糞化石 (島に集まる海鳥の糞が堆積硬化したもの)
ordeal 試練、苦難、難儀
huddle ぎっしり詰め込む、体を丸く縮こまらせる
overturn 横倒しにする、ひっくり返す、転覆させる
・so thirsty their tongues swelled 「あまりに喉が渇いたので、舌が腫れあがった」はこの文で頻出するthatが省略されたso~ that…構文。
[第9段] inhabited 人が住んでいる、無人でない
impassable 通過できない、越すことができない
mountain range 山岳地帯、山脈
in awe of~ 〜を喪怖して、〜に長敬の念を感じて
invincibility 無敵であること、揺るぎのなさ、不屈 <invincible征服しがたい、無敵の
rescue 救助する、救出する
・it was preposterous to~ 「〜するのはばかげていた」のitはto 以下の仮主語。aliveは叙述用法の形容詞で、補語として働き、生きたままで、命を落とさずにという意味になる。
[第10段] in plentiful supply 供給量がたっぷりあって
preposterous ばかげた、途方もない、不合理な
get out alive 生きて脱出する
convinced his men that… …だと部下たちを納得させる
in a mess 窮地にある、困ったことになっている
physicist 物理学者
[第11段] build A on B Bの上にAを築く
foundation 基礎、基盤
determination 決断力、決意
[最終段] First Officer 一等航海士

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です