話し言葉の矯正ドリル 解説

話し言葉の矯正ドリル 解説

・ 話し言葉の矯正ドリル

 以下の話し言葉を、論文にふさわしい書き言葉に書き換えなさい。

とても;すごく 非常に

だいたい 約

だから よって

でも;だけど;けれど;けど しかし、

どうやっても;どうしても いかなる〜を用いても

~と思う。 考える

~かもしれない。 〜の可能性がある

~と感じる。 考える

~おもしろい。 興味深い

~を知りたい。 興味深い

~の意味がわかりません。 〜を理解することは困難である。

~がいっぱいある。 枚挙に暇がない。

~した方がいいと思う。 〜すべきである。

~するのは無駄だ。 〜する余地はない。

~は嫌いだ。 〜は好ましくない。

~はなかった。 存在しない。

~というのは間違いだ。 誤りである。

~というのはインチキだ。根拠がない。

~はバカだ。論ずるに値しない。

こんな話を聞いたことがある。〜という説がある。

そんな事実はない。〜という事実は存在しない。

教科書に~と書いてある。〜が通説である。の

~は読みたくない。〜は調査対象から外した。

~は読まなかった。〜は調査対象から外した。

研究しましたが~はわかりませんでした。〜は今後の課題である。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です