慶應文学部・自主応募総合考査II 2018年 解答例

2018

議論の整理…… 
近年、多くの国で「ポピュリズム」が「デモクラシー」の脅威であるとされている。
問題発見…… 
ここで、私が「デモクラシー」の脅威だと考えた「ポピュリズム」はトランプの移民排斥政策である。
原因分析…… 
なぜなら、「デモクラシー」は自ら一人ひとりが独立した判断ができる賢明な市民を前提としているにも関わらず、トランプのポピュリズムはフェイクニュースを鵜呑みにするような層によって支えられており、そうした層が巨大な力となって、力の正しさよりも力の強さを信奉する集団となって、政治を動かすためである。
結果…… 
よって、私はこのように力の正しさよりも力の強さを信じる人々が意思決定権を握ることが、デモクラシーの脅威であると考えるため、ポピュリズムはデモクラシーの脅威だと考える。

近年、多くの国で「ポピュリズム」が「デモクラシー」の脅威であるとされている。
ここで、私が「デモクラシー」の脅威だと考えた「ポピュリズム」はトランプの移民排斥政策である。
なぜなら、「デモクラシー」は自ら一人ひとりが独立した判断ができる賢明な市民を前提としているにも関わらず、トランプのポピュリズムはフェイクニュースを鵜呑みにするような層によって支えられており、そうした層が巨大な力となって、フロムがいうところの力の正しさよりも力の強さを信奉する集団となって、政治を動かすためである。
よって、私はこのように力の正しさよりも力の強さを信じる人々が意思決定権を握ることが、デモクラシーの脅威であると考えるため、ポピュリズムはデモクラシーの脅威だと考える。
(327文字)

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です