エネルギー問題

・エネルギー問題

議論の整理…… 2011年の東日本大震災により福島原子力発電所は倒壊し様々な電力の供給先へも 大きな被害をもたらした。発電所から距離のある関東においても、電力が不足し計 画停電を実施するに至った。こうした状況が発生してから、日本ではエネルギー問 題が注目を浴びている。

問題発見…… 現在のエネルギー問題は一局集中型であると私は考える。先ほど挙げた東日本大震 災の件は典型的な例である。つまり、関東に必要な電力を福島という離れた地点に おいて、発電したことにより福島で事故が発生した被害を関東でも受ける事態にな った。

原因分析…… こうした発電所が一局集中型となる主な原因は、先ほど挙げた原子力発電所や同じ 規模である火力発電所等は、大量に発電を行うことが可能な反面、どこでも発電が 可能なわけではないためだ。これらの理由としては、こうした発電は定期的に原料 の補充が必要であるためであり、火力・原子力発電は大きな施設を必要とすること が挙げられる。

解決策…… これら原因を踏まえ、私は地産地消発電への移行という解決策を提案する。具体的 には、小都市には再生可能エネルギーである太陽光発電の推進を必要とする。太陽 光は自然エネルギーであるため、永続的なエネルギー確保が可能だ。 そして、中都市に関しては、再生可能エネルギーのみでは賄えないため太陽光発電 と集中型発電という形をとりたい。。また、大都市に関してはエネルギー消費が膨 大なため、集中型発電を推進したい。

解決策の吟味…… ただし従来の火力発電や原子力発電などの集中型発電と、大きく異なり、太陽光発 電は昼間しか発電できないなどの不利な点も多いが再生可能エネルギーであり、発電量あたりの温室効果ガス発生量は、極めて少なく環境面でのメリットがあるので 採用したい。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です