デザインコンテンツ系問題

議論の整理…… 今日の社会において、我々は様々な発展を遂げてきた。その中で、ファッションと いうものは心の様相、つまり精神、自己の延長を表すものであり、日本社会におい て独自の変化を遂げてきた。そして、他の文化と密接な関係を持つファッションは いわば、コミュニケーションであり今日ではあらゆるファッション雑誌も普及し、 人々の生活に楽しみを与えている。

問題発見…… 従来までは衣服を買う際、店に足を運び自分の嗜好にマッチし、かつサイズが合う まで何度も選びなおさねばならなかった。しかしながら、それ以上にネット上で衣 服を買う際、サイズミスでオーダーをしてしまう、届いた商品が想像していたのと は異なるもので後悔した経験を持つ人は多いはずだ。そして、私はこのネットショ ッピングでの衣服の購入について特に問題だとする。

原因分析…… では、なぜこのようにネット上での購買が思わしくない結果を生むのかというと、 主因として供給側が需要側のニーズを十分に理解していない、顧客の身体に関わる 詳細なデータを持たないことにある。そして、これらの詳細のデータを持てないの は、これまでそれを可能にする仕組みがなかったためである。

解決策…… これらの問題を解決するためには私は「FO(Fashion Optimazation)というアプリケーションを開発したいと考える。これは、 ファッション×ITという学祭領域からの問題アプローチでありネットショッピングで の問題を解決する。 具体的には、アプリ登録時に、自分の体型に関するデータをクラウド上に保存す る。次に実際に好みの服を選択し、購入ボタンを押すだけで、それらのデータが直 接アパレル工場に送られ、一着ずつ製作された商品が数日後には自宅に届けられる ような仕組みづくりを実現したい。

解決策の吟味…… こうした解決策により、実際の店舗の需要がなくなってしまう。こうした問題に対 しては、実際の店舗を試着専用にし、試着料金を徴収する形が理想的である。ま た、このシステムに、人工知能が顧客に関するデータやこれまでの嗜好傾向のデー タをもとに顧客が満足するようなファッションコーディネートをしてくれるような 機能を搭載する。そうすることにより、休日ちょっと外に出る際でも自分に自信を 持ちまた、ファッションを楽しむことが可能となるため、多くの人がこのシステム を利用することを願う。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です