ブロックチェーン

☆ ブロックチェーン

議論の整理……

近年の金融機関は、24時間365日時間を選ばすに取引できるか否かで選ばれるよ うになっている。なぜなら、ビジネスのスピード感がますます早くなり、銀行窓口 の混雑すら機会損失となりうる時代になっているからだ。たとえば、従来型の大手 金融機関でも数日のシステムトラブルで預金の二割を失う一方、新興のネット銀行 がますます興隆してきている。

問題発見……

こうした背景にあるのは、自社内製でシステムを作るネット銀行の持つシステム の使いやすさに、相次ぐ合併で困難なシステム統合に直面している大手銀行が勝て ずにいることがある。だが、ネット銀行といえど、システムの安定性には欠陥があ る。

原因分析……

なぜならば、現状ほとんどのネット銀行が、もしなんらかの障害に見舞われた際 にはシステムが停止する可能性があるからである。これは、サーバーを一極集中化 させているために起こる事態である。サーバーが一極集中している限り、たとえバ ックアップを取っていたとしても、システムが停止する可能性は間違いなく存在す る。また、過大なシステム投資が振込手数料などに反映され、他社との差別化を困 難にするという側面もある。

解決策……

そうした中で、現在注目されているのがブロックチェーンという技術である。こ れは、自律・分散・協調というインターネットにも似た仕組みを用いることで、ま ずシステム障害の起こることの無い仕組みを実現している。それぞれが自ら作動 し、高度に分散し、一部のシステムで障害が起きた際には素早く他のシステムでバ ックアップする仕組みを導入しているため、一極集中型のシステムにはない安定性 を誇っている。

解決策の吟味……

また、一極集中型のシステムでは起こりがちな記録の改ざんなどが困難であるた め、金融システムとして、抜群の安定性を誇っている。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です