介護問題

☆ 介護問題

議論の整理……

現在、介護労働力の人手不足が大きな問題になりつつある。アベノミクスの影響 もあり、外食・介護・建築など低賃金で加重な労働を強いる労働集約型産業では、 ますます人手不足に悩まされている現状がある。特に介護は全産業の平均賃金より も極めて低い水準の賃金水準に甘んじているため、人手不足がますます深刻になり つつある。

問題発見……

このように介護業界が、低賃金で加重な労働を強いる構造になっているのは、介 護士一人あたりの労働生産性が極めて低いためである。

原因分析……

介護士一人あたりの労働生産性が低い理由は、作業動線が複雑で、一人の介護士 で多くの高齢者をケアをすることが難しいためである。このような複雑な作業動線 が採用されている原因は、介護実務に対する規制が多く、その規制を遵守すると必 然的にそのような作業動線で作業をせざるを得なくなるためである。

解決策……

つまり、介護労働者の処遇改善のためには、不必要な規制を緩和し、高齢者の万 が一の事故を防ぐための過剰な規制については、再検討する必要があるということ がわかる。また、さらなる処遇改善のためには、たとえば話しをよく聞いてくれる 介護士については、利用者が保険外でプラスの報酬を払うことができるようにする などの改革も必要不可欠だろう。

解決策の吟味……

このように、不必要な規制や付加価値についての見直しを行うことで、介護事業 はより効率的で、より付加価値の高い事業になる。本来、高齢者は多くの金融資産 を持つ者、まだまだ壮健なものも多いのだから、こうした付加価値の創造や不必要 な規制の撤廃を行うことで、介護士の処遇を改善できるようになるだろう。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です