都市・地域政策系問題

都市・地域政策系問題

議論の整理…… 今日の日本社会では、多くの諸問題がある。例えば、少子高齢化、環境破壊、首都 圏一極集中による地域格差の問題、エネルギーや食糧自給率の低さなど問題は多様 で複雑だ。

問題発見…… 中でも、私が今回取り上げたい話題は首都圏一極集中による地域格差問題である。 ただでさえ、我国は急速な人口減少、高齢化に直面しており、首都圏に一極集中す ることで地方における働き手がますます減るのは勿論のこと、都市における孤独 死、限界集落問題というものがクローズアップされている。私は、これら地方と都 市における地域格差を最も深刻な問題として扱いたい。

原因分析…… そもそも、なぜこのように現代社会において地域格差が起きるのかについては主因 として地方からの優秀な人材の流出が挙げられる。これにより、地域における働き 手が減り続け、地域や田舎では過疎化や限界集落といった問題が深刻化する。

解決策…… そこで、次のような解決策を講じたいと私は考える。 地域活性化においては、交流人口が大きな役割を果たす。例えば、私が慶應に入っ たら、あらゆる分野の研究会と合同で限界集落、あるいは被災した地域の復興のた めに商工会議所などと提携して、地域の歴史、文化、自然、食を掘り起こし、先端 情報技術やソーシャルビジネスのフレームを導入して、観光まちづくりに貢献した い。具体的には、ITの知見を生かして、「ふるさとクラウドファンディング」を取 り入れたい。これは、「地域らしさを誰もが楽しめる社会」というテーマのもとに 立ち上げた地域特化型のクラウドファンディングシステムであり、例えば、これま で地域活性化に貢献したいものの、どうすれば良いかわからなかった人がサイト上 の気になる都道府県をクリックするだけでその地域で実際に行われている事業、サ ービスを知れ、さらにそこに資金提供や資本の導入といった貢献ができるように現 地の人と直接コンタクトを取れるようにする。

解決策の吟味…… また、そうしてクラウドファンディングによって集めた資金を使って特産物や文化 などの強みを生かし、それをビジネスチャンスに変えていくというやり方でさらに 地方創生を促す。例えば、その土地では柚子が名産だとすると、柚子に知恵や人の 手を加えることで雇用を生み、そこから製品、食品としての新たな価値を生み出 す。そして、それを発信することで儲かりその地域の経済が潤う。すると、その資 金からさらにビジネスの規模を拡大し、新たな雇用を生むというようにしてその地 域における最適なサイクルを実現させる。これは、優秀な人材を登用することで可 能だ。そうして、その地域の柚子をブランド化し、世界に発信することで観光客も 増えるだろう。こうして、地方のGDPを上げることにより、結果的に日本全体の GDPを上げることにも繋がるだろう。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です