AI

☆ AI

議論の整理……

近年、日本社会では、少子高齢化に伴い労働環境が厳しい企業は、人材を集める のが困難になってきている。実際に、過労死報道が為された企業が業績の急降下を 経験するなど、日本社会においては労働環境の改善がますます厳しく求められてい る。

問題発見……

だが、そうした中にあっても、長時間労働を是とする向きもある。なぜなら、長 時間労働なくしては仕事が成立し得ないと考える管理職が多いからだ。だが、仕事 をする上で、本当に長時間労働が必要不可欠なのかをここでは考えたい。

原因分析……

(時として無給の)長時間労働が生じる原因は、本来、機械でできることを人間が 行っているか、本来存続すべきでない事業を行っているか、仕事が属人的になって いるかのいずれかである。この中でも特に、機械で出来ることを人間が行っている ケースについて、原因を分析していきたい。機械で出来ることを人間が行っている ケースについては、そもそも人間がそれを機械で行うことができるということすら 知らないことが多い。単純な計算であれば表計算ソフトなどで処理することができ るということは多くの人が知っているが、例えばレントゲンなどからガンを発見す ることについても、多くのレントゲン写真から機械学習することによって相当の精 度で可能になりうる。

解決策……

このように、多くの人が自分の仕事を機械学習によって自動化することができ る、ということをまずは知り、そのためのプログラミングスキルを付けることが、 労働生産性を高め、しっかりと休暇を確保できるようにするためには必要不可欠で ある。

解決策の吟味……

過労死を防ぐために、ただ単純に労働時間を減らすだけでは、労働生産性が改善 されず、結果として経済全体が落ち込む。大切なことは、労働生産性を改善するた めに、人工知能や機械学習など最先端の技術を自らの刀として使いこなしつつ、労 働時間を少なくする工夫をすることだ。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です