慶應法学部FIT入試対策

【慶應法学部FIT入試】に関するどこよりも詳しい過去問解説を知りたいですか?本カテゴリでは【慶應法学部FIT入試過去問解答例】を集めました。【慶應法学部FIT入試】を受験される方は必見です。

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(山本 爲三郎研究会向け)

■議論の整理論 営業譲渡とは「営業」の「譲渡」である。譲渡の対象としての営業概念が成立することを前提とする。しかしながら、何を指して「営業」と呼ぶのか、また何がなされれば「営業譲渡」と認められるのかについて、従来から周知…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(武川 幸嗣研究会向け)

■議論の整理論 民法五四五条一項ただし書における解除の対第三者効力に関する諸議論については、周知の通りであるが、その特色を要約すれば、「解除と第三者」に関する従来の議論の特色は、第一に、遡及効の有無を中心とする解除の効 …

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(前田 美千代研究会向け)

■議論の整理論 「勧誘」とは、一般的に、「すすめさそうこと」であると定義される。この「勧誘」という用語は、今日、わが国の消費者関係法令において、その条文中で使用される文言として定着し、一定の法的意義を有する概念であると考…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(西川 理恵子研究会向け)

■議論の整理論 一般的に、理想的な民主主義が実現されている状態とは、個の自由が確立されていると同時に全体の調和が取れていることであろう。すなわち、その集団に属するものの 意思が捻じ曲げられることなく、その集団の運営に反映…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(内藤 恵研究会向け)

■議論の整理論 労働契約とは基本的に、労使双方が互いに給付義務(労務提供義務、賃金支払義務)を負う双務有償契約の一つである。したがって労働契約上、労働者が使用者に対して負う義務としては、第一に労務提供義務が挙げられる。 …

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(田村 次朗研究会向け)

■議論の整理論 国家が市場経済を規律するための法として、独占禁止法に代表される競争法がある。一方、国家間の経済 活動を規律するための法として通商法があり、自由貿 易の促進のために締結されたGATT(関税と貿易に関する一般…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(鈴木 千佳子研究会向け)

■議論の整理論 わが国の株式会社は、株主総会、取締役、監査役という三機関により成り立ち、会社運営に関する権限もそれぞれに分属して、株主総会を頂点としてその他の機関がそれぞれに補助しあうようにとされてきた。その制度構造は後…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(杉田 貴洋研究会向け)

■議論の整理論 一般に、募集株式の発行等の払込金額について、市場価格の存在する会社では、原則として払込金額決定時の 市場価格(時価)を基準として決定すべきであるということに、現在、ほぼ争いはない。議論があるのは、第三者割…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(水津 太郎研究会向け)

■議論の整理論 「物権性」の本質とはなにか。この問題につき、ドイツでは、ヴェスターマンを主唱者とする 「帰属論」という見解が主張されている。それによれば、物権性の本質はその「財貨帰属機能」に求められる。この見解は提唱以来…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(佐藤 拓磨研究会向け)

■議論の整理論 ドーピングの歴史は長く、元々は狩猟や闘争の際の恐怖心や眠気を克服する ために興奮作用を有する植物等を摂取することを意味していたとされる。それが、19 世紀に入り、競走馬や競争犬に対して、競技力を高めるため…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(小山 剛研究会向け)

■議論の整理論 安全への要求が高まるにつれ、「監視社会」という言葉が象徴的に示すように、プライバシーとの衝突が問題となる場面も増えてきた。安全という言葉に込められる種々の要請、あるいは安全によって保全される保護法益は、そ…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(駒村 圭吾研究会向け)

■議論の整理論 1996年に下された合衆国最高裁判決において、法廷意見は、文化闘争を発作的悪意と誤解している。本件で問題となっている州憲法修正は、同性愛者に対する「剥き出しの害意」などではない。それは、同性愛者という「政…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(君嶋 祐子研究会向け)

■議論の整理論 我が国では、特許権侵害訴訟における権利濫用の抗弁を認めるキルビー事件最高裁判決及び特許法104条の3の立法以来、特許無効審判に加えて、 特許権侵害訴訟においても、特許無効を抗弁として主張できるようになった…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(北澤 安紀研究会向け)

■議論の整理論 EU法上認められている「相互承認原則」が近時のEUの国際私法理論に影響を与えつつある。EU法上の「相互承認原則」の適用範囲が拡大していくにつれ、従来の国際私法による準拠法決定のアプローチとは別に、構成国相…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(亀井 源太郎研究会向け)

■議論の整理論 2016 年春から、複数回、共謀罪、あるいは、それにかわる犯罪類型を創設 する法案が国会に提出される見込みであるとの報道がなされた。また、同年 8 月 26 日には、朝日新聞が「共謀罪、要件変え新設案」と…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(大森 正仁研究会向け)

■議論の整理論 国際責任法理論は今世紀において大きな発展をとげた連盟および国連における国際責任に関する法典編纂作業において、国の国際責任に関する法は主として外国人の取扱に関する規則から一般原則へとその対象が変化した。そこ…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(田高 寛貴研究会向け)

■議論の整理論 非典型担保、とくに譲渡担保の法的性質をめぐっては種々の考え方が提示されてきたが、 いずれも、なるべく担保権の実質に沿う解釈がなされるべきである、という方向性をもつ点では今日ほぼ 一致したものがあるといえる…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(太田 達也研究会向け)

■議論の整理論 インドネシアでは、現在まで、少年法や少年裁判所法など少年司法手続を定めた法律は制定されておらず、犯罪を 行った少年に対しても、成人と同様、刑事訴訟法が適用され、その手続は刑事手続としての性格を帯びている。…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(岩谷 十郎研究会向け)

■議論の整理論 法・正義の女神ユスティティアの図像の原型は、古代エジプト・ギリシャまで遡り、その後の長いキリスト 教文化を背景に、ラファエロはそれをバチカンの天井画に描き、チェザーレ・リーパはそれを図像の法典『イコノロー…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(大濱 しのぶ研究会向け)

■議論の整理論 わが国の間接強制に相当する制度として知られているフランスのアストラントは、19世紀の裁判実務の中で生み出されたものと解されており、立法化までに長い年月を要したが、1949年7月21日の法律により建物の立退…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(柳 明昌研究会向け)

■議論の整理論 近年、取締役の責任追及を現状よりも緩和する方向での動きが顕著である。その方策は多様であるが、大別すると、二つに分けられる。第一に、取締役の責任確定を阻止するように機能するものである。例えば、訴訟提起等に関…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(大屋 雄裕研究会向け)

■議論の整理論 近代とは「見知らぬ他者」を信頼することのできる社会のことであると、しばしば主張 されてきた。だがその信頼が国家による統制に依存していたこと、国家の手によって問 題のある人物・危険人物があらかじめ排除されて…

慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部法律学科 FIT入試 志望理由書 提出例(丸山 絵美子研究会向け)

■議論の整理論 我が国において、1980年代頃から、英会話受講契約、エステティックサービス契約、資格取得講座契約など、役務の提供を中心的債務とし、比較的長期または多数回にわたって履行がなされる、いわゆる継続的役務提供契約…

慶應義塾大学法学部政治学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部政治学科 FIT入試 志望理由書 提出例(山本 信人研究会向け)

■議論の整理論 インドネシアでの反米「デモ」について、21世紀には、対米感情が大局的には良好であるとしても、インドネシアでは一時的に激しい反米感情が抗議行動という形をとって表現されてきた。激しい反米デモが一部の過激なイス…

慶應義塾大学法学部政治学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部政治学科 FIT入試 志望理由書 提出例(粕谷 祐子研究会向け)

■議論の整理論 民主化後フィリピンにおける政党制が、既存理論が妥当する条件を備えていながら理論的予測からはずれている状況が存在している。既存理論では、以下の四条件のもとで、議会レベルでの二大政党制が予測される。その条件と…

慶應義塾大学法学部政治学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部政治学科 FIT入試 志望理由書 提出例(宮岡 勲研究会向け)

■議論の整理論 主義やパラダイムと呼ばれる、現実主義、自由主義、 および構成主義の主要理論間の論争は終わり、国際関係論は「理論的平和」期に入った。国際関係理論の終焉という点については否定されているが、パラダイム間論争の衰…

慶應義塾大学法学部政治学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部政治学科 FIT入試 志望理由書 提出例(細谷 雄一研究会向け)

■議論の整理論 1948年3月16日に、パリではアーネスト・ベヴィン英外相とジョルジュ・ビドー仏外相の間で、英仏外相会談が行われた。3月17日、ベルギーのブリュッセルで、イギリス、フランス、オランダ、ベルギー、ルクセンブ…

慶應義塾大学法学部政治学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部政治学科 FIT入試 志望理由書 提出例(萩原 能久研究会向け)

■議論の整理論 「ガバナンス」という用語が政治学や経済学、行政学などの様々な社会科学分野で頻繁に用いられはじめたのは1980年代のことだと言われている。しかしこの語には、暖昧さが伴い、混乱をもたらすことのほうが多かった。…

慶應義塾大学法学部政治学科FIT入試・志望理由書・提出例

慶應義塾大学 法学部政治学科 FIT入試 志望理由書 提出例(西野 純也研究会向け)

■議論の整理論 日韓国交正常化40周年にあたる2005年、日韓関係はさらに発展することが期待されていた。日韓両国政府は2005年を「日韓友情年」と定め、文化交流行事などへの積極的支援を通じて未来志向的な関係構築を促進する…