2019年 上智大学推薦入学試験(公募制) 総合人間科学部・教育学科 小論文 解答例

議論の整理

近年の日本では、少子高齢化が進んでいることにより、地方の学校の閉鎖、クラス人数の減少、学校行事の実施の難航など、マイナスの影響があらわれつつある。家族内の子どもの人数が減ったことで、塾や習い事に占める時間も増えている。社会で生きる力を育める環境がなくなったことで、将来に成人したあとに影響が出ることが心配されている。

問題発見

少子高齢化の現状を活かせるような、子どもの生育や学校教育のあり方を、どのように考えていけばいいのだろうか。少子高齢化の現状を活かした、今にふさわしい教育とは、どのような姿なのだろうか。

論証

私は、少子高齢化により、子どものコミュニケーション能力に開きが出ると考える。なぜなら、子どもの数が減ることで、多様な人間関係を築けなくなる。近年、「いじめ」が増えていることが問題視されている。子どものあいだに上下関係が生じることはありうる。しかし、子どもの人数が減ることで、やりすぎに歯止めが利かなくなり、いじめに発展することが増えているのではないのだろうか。

私は、人間関係を築く経験の少なさは、社会に出た後に影響があらわれると考える。社会にでると、納得がいかないこと、厳しい上下関係、複雑な人間関係にさらされるものである。子ども時代の経験不足から、このような多様な人間関係に対応できなくなるケースが増えてくるのではないだろうか。

結論

このような現状を打破するために、地域を巻き込んで教育環境を整えていく必要がある。地域の少子高齢化問題はすぐに解決するわけではない。そのため高齢化する地域の特性を活かして、学校教育のあり方を改革することが必須である。学校行事を住民参加型にする、住民を交えた教育カリキュラムを構築するなど、授業内容そのものを変えていくことが必要となる。

吟味

少子高齢化と一言でいっても、都市部と地方によって抱えている問題はかなり変わる。そのため地域の課題に合わせて、学校教育のあり方を議論することが、これから求められるだろう。(830文字)

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)

LINEはこちら↓





LINEはこちら↓

 

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)

LINEはこちら↓





LINEはこちら↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です