早稲田大学 文化構想学部 AO入試 志望理由書 提出例(浦野正樹研究会向け)

議論の整理・・・

近年、地震や台風などの自然災害の被害が相次いでいる。特に東日本大震災地震、津波、原発被害、風評被害と災難が重なり、いまだに影響が残る地域もある。このような大震災を契機にコミュニティを基盤にした組織や活動の重要性に焦点が当てられるようになってきた。それがより力を発揮するための制度的な枠組みや支援の仕組みを整える方策の可能性で研究が進められている。研究において必要な災害データについてはアーカイブが蓄積されてきている。それと同時に、被害地域の記憶もアーカイブ化が進められていく。被災前の地域の日常を記録として残すことは、地域生活を振り返ることでもあり、住民のアイデンティティの形成につながることが期待されている。そして、地域の復旧作業を行うことは地域の結束力を強め、精神的なダメージから回復するための基盤の形成に繋がっていくと考えられている。

問題発見・・・

コミュニティの希薄化が問題視されている大都市において、災害に備えるためのコミュニティと、絆の形成をどのように進めていけば良いのだろうか。

論証・・・

災害において地域における近所付き合いや隣人同士の信頼関係の必要性について明らかにしていきたい。これまでのデータを分析した上で、都会の生活において無理なく形成できるコミュニティのあり方を模索していきたい。それは災害予防のためのみならず、問題視されている核家族化や高齢化社会において犯罪予防などの役割も果たすのではないかと考えられる。

結論・・・

上記について貴学文化構想学部にて自然災害科学・防災学に精通した浦野正樹教授のもとで上述の研究を進めることを希望する。

浦野正樹・大矢根淳・吉川忠寛編著「復興コミュニティ論入門」弘文堂2007年 12月

浦野正樹「被災者の生活再建への道程」自治体学研究/65, pp.62-691995年

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)

LINEはこちら↓





LINEはこちら↓

 

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)

LINEはこちら↓





LINEはこちら↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です