早稲田大学 政治経済学部 AO入試 志望理由書 提出例 (上條良夫研究会向け)

  • 議論の整理・・・

経済学において、社会に属する主体がその経済活動によって獲得した財の分配方法に関して研究する際、その方法論の一つとしてゲーム理論が採用される。ゲーム理論において、その主体たちが定めた分配ルールのことを解概念と称し、特に協力ゲーム理論においては、主体たちの協力によって解概念が重要であると位置づけられが、非協力ゲームにおいては、解概念に対する研究自体が盛んではないというのが現状である。

しかし、実社会においては、非協力ゲーム理論においても、主体間の交渉により協力が取り付けられ、それらの解概念が運用される場合が見られる。

  • 問題発見・・・

では、方法論としてのゲーム理論と実社会での運用方法はどのように分析することができるだろうか。

  • 論証・・・

私はこれらの問題を解決するためには、方法論としてのゲーム理論に対する理解を前提とし、それらがどの様に社会に適用可能かを整理し、現状のゲーム理論で適用不可能とされる部分について、ゲーム理論をどの様に位置づけることが可能かを考察することが重要であると考える。

たとえば、ゲーム理論の専門家である上條良夫教授はゲーム理論におけるこれまでの前提が、協力ゲームにおいて、確立されてきた解概念を非協力交渉ゲームに基礎づけるという研究の少なさを指摘し、また、解概念を適用しようとしている社会計画者が主体たちについて有するとは限らないという点を指摘し、考察している。[1]

  • 結論・・・

そこで、ゲーム理論における位置づけについて、ゲーム理論の性質を専門的に研究するため、ゲーム理論について専門的知識に富む貴学政治経済学部の上條良夫教授の下で、上述の問題点を整理するべく実社会におけるゲーム理論の運用方法について研究を深めたいと考えている。

貴学政治経済学部の上條良夫研究会が上述の研究を進めるのに最適な研究環境との確信のもと、貴学政治経済学部に入学し上條良夫研究会に入会することを強く希望する。

 

[1]上條良夫『OwenのCoalitional valueの非協力メカニズムによる遂行』(早稲田大学大学院経済学研究科経済学研究会2007-09-01)

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)

LINEはこちら↓





LINEはこちら↓

 

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)

LINEはこちら↓





LINEはこちら↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です