早稲田大学 政治経済学部 AO入試 志望理由書 提出例 (上條良夫研究会向け)

  • 議論の整理・・・

経済学において、市場の動きは重要な問題の一つである。市場の動きは、その市場のそれぞれの主体が、どの様な意思決定をするかに大きく依存する。それ故に、そのプレイヤーの意志決定について解をあたえることは、その市場の動きを最適化するのに有用である。これまで、ゲーム理論では、その意思決定に様々な解が与えられてきた。

しかし、協力ゲームであれ、非協力ゲームであれ、必ずしもその与えられた解に合致する意思決定が、その意思決定の主体によって選択されるとは限らない。

  • 問題発見・・・

では、意思決定の主体が下す意志決定についてゲーム理論からどのように分析することができるだろうか。

  • 論証・・・

私はこれらの問題を解決するためには、意思決定の主体が、ゲーム理論にする知識を前提とし、それぞれの主体が下した意思決定について整理し、分析することが重要だと考える。

たとえば、ゲーム理論の専門家である上條良夫教授は

協力ゲームでは、主体たち全員の協力により得られる成果を分配するルールのことを当該問題に対する解(概念)とよぶ。これまで、様々な解が提案され、分析されてきた。解の研究とは、解の性質を明らかにし、さらに様々な解の関連性を明らかにするような研究である。そのような研究を通じて、各解が妥当であり正当化されうるような環境に対して我々の理解を深めることが可能となると発表している。[1]

  • 結論・・・

そこで、ゲーム理論における主体の意志決定について、分配ルールを専門的に研究するため、ゲーム理論について専門的知識に富む貴学政治経済学部の上條良夫教授の下で、上述の問題点を整理するべく市場の意志決定プロセスについて研究を深めたいと考えている。

貴学政治経済学部の上條良夫研究会が上述の研究を進めるのに最適な研究環境との確信のもと、貴学政治経済学部に入学し上條良夫研究会に入会することを強く希望する。

 

[1]上條良夫著『協力による余剰の分配問題に対する公理的接近と非協力ゲームによる接近』(2009-02)

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)

LINEはこちら↓





LINEはこちら↓

 

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)

LINEはこちら↓





LINEはこちら↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です