2020年 慶應義塾大学環境情報学部 小論文

【2020年 慶應義塾大学環境情報学部 小論文】

問1.は図表を書かずに文章だけで説明する形にした。

問1.

資料1.(目安200字、「人」「環境」「情報」を入れる)

結論……筆者が論じている「人間性」とは、「人」は「情報」を手に入れたことによって「環境」を支配するというものである。
根拠……ここでは、「人」が「言葉」を介して「情報」を手に入れたことによって、他の動物を含めた「環境」を支配することが出来たという考え方を紹介することで、こうした「人間性」を明らかにしている。また人は「言葉」を通じて、未来を予測することが可能になり、そこから宗教のような集団を形成するようになったとも論じている。
具体例……
結論……

筆者が論じている「人間性」とは、「人」は「情報」を手に入れたことによって「環境」を支配するというものである。
ここでは、「人」が「言葉」を介して「情報」を手に入れたことによって、他の動物を含めた「環境」を支配することが出来たという考え方を紹介することで、こうした「人間性」を明らかにしている。また人は「言葉」を通じて、未来を予測することが可能になり、宗教のような集団を形成するようになったとしている。(199文字)

図で書く場合どのように書くか:「人」が「情報」を手に入れたことによって過去や未来に連なる「環境」を支配する、というような図を書く

資料2.(目安200字、「人」「環境」「情報」を入れる)

結論……筆者が論じている「人間性」とは、「人」は「環境」の内部にある「情報」に人間性を付与するというものである。
根拠……なぜなら、人は「環境」の内部にある「情報」を理解できないときに、人間性を付与することでその解釈を試みるためである。
具体例……例えば、人はロボットに対して、その想像力を用いて「人間っぽさ」を補完することがある。
結論……人間らしくない身体・表情に人間らしさを付与することでそれを理解しようとするのである。

筆者が論じている「人間性」とは、「人」は「環境」の内部にある「情報」に人間性を付与するというものである。
なぜなら、人は「環境」の内部にある「情報」を理解できないときに、人間性を付与することでその解釈を試みるためである。
例えば、人はロボットに対して、その想像力を用いて「人間っぽさ」を補完することがある。人間らしくない身体・表情に人間らしさを付与することでそれを理解しようとするのである。(196文字)

図で書く場合どのように書くか:「人」は「環境」の内部にある「情報」に人間性を付与する、というような図を書く

資料3.(目安200字、「人」「環境」「情報」を入れる)

結論……筆者が論じている「人間性」とは、「人」は多くの「情報」を「環境」に適応する形で処理しているというものである。
根拠……なぜなら、筆者は人間が意識にのぼらないが活動する脳を通じて、多くの「情報」を統合し、「環境」に適応する形で処理していると考えているためだ。
具体例……たとえば、スケート一つとっても、人間は多くの「情報」を統合し、「環境」に適応する形で処理している。

筆者が論じている「人間性」とは、「人」は多くの「情報」を「環境」に適応する形で処理しているというものである。
なぜなら、筆者は人間が意識にのぼらないが活動する脳を通じて、多くの「情報」を統合し、「環境」に適応する形で処理していると考えているためだ。
たとえば、スケート一つとっても、人間は多くの「情報」を統合し、「環境」に適応する形で処理している。(175文字)

図で書く場合どのように書くか:「人」は多くの「情報」を「環境」に適応する形で処理している、というような図を書く

資料4.(目安200字、「人」「環境」「情報」を入れる)

結論……筆者が論じている「人間性」とは、「人」は「環境」から多くの「情報」を取り入れ、「情報」に影響を受けて「環境」や「人」そのものを変えていく相互作用を起こしているというものである。
根拠……
具体例……たとえば、「人」は服を選ぶときも、「環境」から多くの「情報」を取り入れ、そうして選択した服が「環境」や「人」に影響を与える相互作用を起こしている。
結論……

筆者が論じている「人間性」とは、「人」は「環境」から多くの「情報」を取り入れ、「情報」に影響を受けて「環境」や「人」そのものを変えていく相互作用を起こしているというものである。
たとえば、「人」は服を選ぶときも、「環境」から多くの「情報」を取り入れ、そうして選択した服が「環境」や「人」に影響を与える相互作用を起こしている。(161文字)

図で書く場合どのように書くか:「人」は「環境」から多くの「情報」を取り入れ、「情報」に影響を受けて「環境」や「人」そのものを変えていく相互作用を起こしている、というような図を書く

問2.

議論の整理……資料1〜4の要約、これからの30年で起こりうる社会システムの変容
資料1では、「人」が「情報」を手に入れたことによって過去や未来に連なる「環境」を支配する、資料2では「人」は「環境」の内部にある「情報」に人間性を付与する、資料3では「人」は多くの「情報」を「環境」に適応する形で処理している、資料4では「人」は「環境」から多くの「情報」を取り入れ、「情報」に影響を受けて「環境」や「人」そのものを変えていく相互作用を起こしているという「人間性」のあり方が紹介されている。
これからの30年で起こりうる社会システムの変容としては、陸海空を問わない自動運転による都市開発の変化、AIの普及による社会システム全体のあらゆる判断能力・解析能力の向上、超大容量通信によるよりリアリティのあるサイバーコミュニケーション、など様々なものが考えられる。
問題発見……これからの30年で起こりうる社会システムの変容に、私達の「人間性」はどのように影響されるでしょうか?
こうした、これからの30年で起こりうる社会システムの変容に私達の「人間性」はどのように影響されるか、これからの「人間性」とはなにか、未来社会をよく生きるためにはどうすればよいか、という問いは今日の私達が問うべき重要なテーマになっている。
論証……論証
私は、今後、陸海空を問わない自動運転による都市開発の変化、AIの普及による社会システム全体のあらゆる判断能力・解析能力の向上、超大容量通信によるよりリアリティのあるサイバーコミュニケーションというこれからの30年で起こりうる社会システムの変容が、資料4で紹介されているような「人」は「環境」から多くの「情報」を取り入れ、「情報」に影響を受けて「環境」や「人」そのものを変えていく相互作用を起こしているという「人間性」のあり方、その作用の速度をより加速させていくと考える。なぜなら、超大容量通信によるよりリアリティのあるサイバーコミュニケーションは、匂いや質感など今までであれば伝達されえなかった情報をも伝達可能にし、AIの普及による社会システム全体のあらゆる判断能力・解析能力の向上が言語の壁を打ち破ることで、全世界的なファッショントレンド情報がいままでより広い範囲で共有され、そうした情報に人が影響を受け、自らのあり方や環境を変えていく相互作用がいままでにないスピードで起こると考えるためだ。陸海空を問わない自動運転による都市開発の変化もこうした変化をより加速していくだろう。
結論……これからの「人間性」とはなにか?(人柄ではなく人間らしさ)、未来社会をよく生きるためのあなたの考え
つまり、これからの「人間性」とは「人」が「環境」から多くの「情報」を取り入れ、「情報」に影響を受けて「環境」や「人」そのものを変えていく相互作用が急加速することである。そうした中で、未来社会をよく生きるためには、逆説的ではあるが自らの民族的アイデンティティ・宗教的アイデンティティ・思想的アイデンティティに基づいたファッションを含めた自分自身のあり方、「人間性」を広く世界に発信し、その影響力を保つ、ないしは拡大していくことにあると考える。
吟味……吟味
「人」が「環境」から多くの「情報」を取り入れ、「情報」に影響を受けて「環境」や「人」そのものを変えていく相互作用が世界規模で急加速する社会は、非常に慌ただしく、かつ自らのアイデンティティを揺るがしかねないものである。そうした社会の中で自らがより良く生きるためには、自らの生き方そのものを世界に発信し、自らのアイデンティティを確立する必要がある。それぞれの個々人が自らのアイデンティティを発信し、相互にそれが受容される社会こそが技術進歩の先にある豊かな人間性のある社会であるといえる、と私は考える。

これからの30年で起こりうる社会システムの変容としては、陸海空を問わない自動運転による都市開発の変化、AIの普及による社会システム全体のあらゆる判断能力・解析能力の向上、超大容量通信によるよりリアリティのあるサイバーコミュニケーション、など様々なものが考えられる。
こうした、これからの30年で起こりうる社会システムの変容に私達の「人間性」はどのように影響されるか、これからの「人間性」とはなにか、未来社会をよく生きるためにはどうすればよいか、という問いは今日の私達が問うべき重要なテーマになっている。
私は、これからの30年で起こりうる社会システムの変容が、資料4で紹介されているような「人」が「環境」から多くの「情報」を取り入れ、「情報」に影響を受けて「環境」や「人」そのものを変えていく相互作用を起こしているという「人間性」のあり方、その作用の速度をより加速させていくと考える。なぜなら、こうした社会システムの変容は、匂いや質感など今までであれば伝達されえなかった情報をも全世界的に伝達可能にし、全世界的なファッショントレンド情報がいままでより広い範囲でより多くの情報とともに共有され、そうした情報に人が影響を受け、自らのあり方や環境を変えていく相互作用がいままでにないスピードで起こると考えるためだ。
そうした中で、未来社会をよく生きるためには、逆説的ではあるが自らの民族的アイデンティティ・宗教的アイデンティティ・思想的アイデンティティに基づいたファッションを含めた自分自身のあり方、「人間性」を広く世界に発信し、その影響力を保つ、ないしは拡大していくことにあると考える。
「人」が「環境」から多くの「情報」を取り入れ、「情報」に影響を受けて「環境」や「人」そのものを変えていく相互作用が世界規模で急加速する社会は、非常に慌ただしく、かつ自らのアイデンティティを揺るがしかねないものである。そうした社会の中で自らがより良く生きるためには、自らの生き方そのものを世界に発信し、自らのアイデンティティを確立する必要がある。それぞれの個々人が自らのアイデンティティを発信し、相互にそれが受容される社会こそが技術進歩の先にある豊かな人間性のある社会であるといえる、と私は考える。(936文字)

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)

LINEはこちら↓





LINEはこちら↓

 

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)

LINEはこちら↓





LINEはこちら↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です